名簿/505107

  • ぐぬぅぅぅ…お、おのれ…このオレ様が…あのような、雑魚などに…。
    オレ様の野望も…ここまでだというのか…(実際は頭にコブや多少の切り傷などそれほど怪我もないが、死亡相当判定にされて冒険はここまでにされたようだ。)
    …はぁ、クノンの姉上のようにはいかぬものか…だが、頑張ったであろう?(同意を求めるようにソフィーアに問いかけた。)
    -- ジャック 2014-02-26 (水) 02:31:53
  • やっほー我が末弟、元気でやってる様じゃない?(長姉はいつも不意に現れる。ただ今回についてはある程度予想出来ていたかも知れないが)
    (遠慮無く、有無も言わさず工房内に立ち入ってあれこれ見たり適当な何かを手に取ったり)
    でさ(そんな冷やかしの最中唐突にジャックの肩に手を乗せ)人雇うんだって? ここ。あーそれとももう雇った後かな? それも女の子を。いやー正直しもべから聞いた時は安心したわよぉ、我が末弟ながら自分の専攻以外に全然興味持とうとしないんだもの(何やら感慨深げに頷きながら) -- ラン 2014-02-06 (木) 01:31:45
    • ランの姉上!?…な、何の用なのだ?(来るかもしれない、とは思っていたがここまで早いのは予想外だったようだ。)
      あ、それは来月納品する予定のものでな…よしそうだ、今日はこれに関して色々と説明すると言うのはどうだろう?
      (そして全く関係のない話をしてお帰りしていただこう、という浅い考えは途中で肩に手を乗せられて遮られる。)
      …な、何故それを!?…い、いや…まぁ、一応雇った後ではあるが…今はおらぬぞ?今日は休みだからな!(その事に天?に感謝する。)
      あ、しもべからだと!おのれ、オレ様を裏切るとは!後で思い知らせねば…それはともかく!べ、別に深い意味はないのだぞ!あ、姉上は勘ぐりすぎなのだ!
      -- ジャック
      • あら休み? ふーん……(弟の眼をじっと見つめ、口元をにまっとさせ)
        まあ私の尊敬すべき可愛い義妹であるしもべをジャックがどう思い知らせるのか気になる所だけど、それはそれとして
        深い意味も無く私の勘繰り過ぎなら、雇った子がどんな子なのか私に説明出来るわよね?(笑顔だ) -- ラン 2014-02-09 (日) 01:16:03
      • …な、なんなのだ?…何か言いたいことでもあるのか姉上(視線はそらさないが、後ずさりはする。)
        …そこは…うむ、オレ様の発明品の試験台とか…ラージャ兄上が怒らない程度のを…。
        …ぐっ…そ、それはだな…まぁ、頼りになる幼馴染で、身長は…(身体的特徴を告げていく。)
        まぁ、こういったところだな!うむ、あとは事務や経理などを任せようとは思っているぞ(この辺りはいずれ説明しようと思っている事なので、淀みはない。)
        -- ジャック 2014-02-09 (日) 01:53:31
      • ふーん? ……あー。あの子ねー、背の段階で他に居ないしすぐ分かったわ。そうかそうかあの子かー……ジークやラージャからしたらまたなんて言うか……(楽しげ)
        あら、任せようかって言う事はまだ何か明確な仕事は任せていない……と言うかそういう段階でもまだ無い訳? これは私の耳がちょっと早過ぎたかしら -- ラン 2014-02-18 (火) 01:24:27
      • なんだと!…くっ、そういえば幼馴染で何度も来店しておるのだから顔見知りであったとしても不思議は…(分からないだろう、と思って教えていたようだ。)
        …むっ、兄上たちがどうしたのだ?(不思議そうに首を傾げる。)
        いや、まだ今は練習段階なのだ…これから、色々とどんどん任せていこう、と言う訳だ!忠実なる我が自慢の配下だからな!…いや、忠実ではないが。
        そうだ、ついでに聞いておくか…姉上、女性を雇う上で何か気を付ける事はあるだろうか?(誰かに聞こうと思っていたのでついでに聞いてみる。)
        -- ジャック 2014-02-18 (火) 01:41:11
      • そういうのもあるけど、別に顔見知りじゃなくても知ってるでしょ。あの子色んな意味で目立つし
        んー? あー別に大した事ではないし、今言うと今後に支障を来たしそうだから……そうね、十年後にでも教えてあげるわ(首を傾げる末弟に笑いながら頭を撫で)
        練習。工房案内が済んだくらいかしらねーこれは。各書類の扱いとかその辺りもちゃんと教えてあげるのよ? 私があなたにしたように、とまでは言わないから
        あらなに? ……ジャック、それは随分今更な問いの様だけれど。大体カヴァテスが居るじゃない、それを何故今になって -- ラン 2014-02-23 (日) 01:23:48
      • …まぁ、確かに目立つ事は目立つであろうが…ぐぬぬ…(何故か若干頬が赤い。)
        …?…良くは分からぬな…あと、オレ様ももうとっくに老練と言われる冒険者なのだぞ!子供扱いはやめるのだ!(頭を撫でられて不満そうだ。)
        あぁ、それはもちろんだぞ!しかし、ラン姉上からも教えてほしいこともあるのだ。ラン姉上は父上の店での長い経験もあるのでな!
        …あやつは雇う、という範疇ではない気がするぞ!気ままに仕事しては、気ままに休むし!オレ様の発明品は持って行くし!なので、通常の場合がよく分からぬ。
        -- ジャック 2014-02-23 (日) 08:34:43
      • あらあら、自分の目論見の当てが外れたって顔になってるわよ? いい加減子供って歳じゃないんだからすぐ顔に出すのは止めなさいって
        10年経つ頃には分かるわよ。……そう言う肩書きを掲げるのではなく、相手から自然と子供扱いされない様になるべきよねー(撫でるのは止めるが)
        私から? ……直接? ……良いけれど、逃げられても私責任取れないわよ? 他に一杯居るだろうにわざわざ選んだ子なんでしょ?
        あーまぁ産まれた頃から一緒だったし、かぁ。とは言え女性の扱いの注意点なんて一律で言えるものでも無いのよね。その子の個性に依るだろうし、その辺りは付き合いの長いあなたの方が心得ているのではなくて?(末弟の額に軽く指を当て) -- ラン 2014-02-23 (日) 23:15:12
      • …これはきっと、父上の血なのだろうな…うむ…オレ様も何かしたいが…鉄仮面でもつけるか?(取り出した鉄仮面は、対人兵器とか開発しそうな感じ。)
        …むぅ…しかし、それがなかなか上手くいかぬのだ。オレ様はこうして工房も持ち、冒険でも長年活躍しているのだがな…(実力はかなりのものだが、やはりまだまだ人生経験は未熟なようだ。)
        …ふん、そう脅されても心配はない。ラン姉上が理不尽にいじめでもしない限りは、きっとやり遂げれると思っているからな(何故か自慢げに語る。)
        …お、オレ様か?…むぅ…それは…しかし、子供扱いばかりだったような気がしたのだ…(雇用主として、という心配事ではない雰囲気だが本人はあまり気付いてなさそうだ。)
        -- ジャック 2014-02-24 (月) 22:40:02
      • あら、私もだったけど日頃の気構えと訓練でどうにかなるわよ? まぁ矯正したらしたで悲しげな顔になる人が居るには居るけど……ああ、日頃からそんなもの付けてたら依頼も無くなりそうね?
        そこはやっぱり見た目と普段の言動かしら。……と言うかあなたもいい加減身体面での成長が来ても良いんだけど……シーナが遅れに遅れたのはシラナのせいと言えたにしても
        別に脅しのつもりは無かったんだけどなー。まぁそれだけあの子の事を信頼しているのなら姉として出来る事はするけど
        そ、なんだかんだで十年単位の付き合いなんでしょ? 私から言う事なんて……あー。あの子相手じゃ多少背が伸びても子供扱いは変わらないような感あるけど……でもそれはあなた個人の不満じゃないの。大人の男或いは子供ではないとしっかり教える事が出来れば済む話ではあるわねぇ -- ラン 2014-02-26 (水) 00:50:36
      • むぅ、そうなのか…あぁ、誰の事かはオレ様にも分かるぞ?…しかし、悪役っぽくて恰好よくはないだろうか?(ラージャが被ってもハロウィンっぽいだけのようだ。)
        …オレ様か…本当にな、何でこんなに遅いのかオレ様にもさっぱりなのだが…し、しかし諦めてはいないからな!
        では、よろしく頼む!父上でもいいが…やはり、父上では別の心配がな(主に杜撰と言うか趣味すぎて問題だとジャックですら思うようだ。)
        うむ、長い付き合いだからな!…むっ、大人の男・あるいは子供ではないと見せるか……何か方策を考えておく必要があるな…。
        -- ジャック 2014-02-26 (水) 02:22:34
      • 時々私達より子供に見える事があるのが困るのよねぇあの人(肩を竦め)……そういうのが似合うには後身長が30cmは足りないんじゃないかしら
        まぁ原因は考え付かないでもないんだけど。ただ……下手に煽るのも危ない感じあるのよねー(苦笑し)
        ええ、任されておくわ。……そうねー、父様はねー、私が居ないとすぐに放埓になっちゃうからねぇ。私はどちらかと言えば要塞側だから、お店の方に余り関わるのも良い顔されないし
        それについては手っ取り早い手があるんだけどね。……とはいえ(まぁ流石に精通はしてるでしょうけど、思いつつやはり言葉が濁る) -- ラン 2014-03-01 (土) 00:44:56
      • まぁ、それもまた良さではあると思うのだ…人徳、とまでいくかは分からぬが…ぐっ、そんなにか!いずれ育てばそれくらいは越えようが!
        ふむ、流石はラン姉上…対処法まで分かっているのだな…まぁ、あまり危険な事は出来ぬか。
        それでも成り立つ腕前ではあるのだから、父上も凄いのだがな。ランの姉上も色々と大変なのだな…。
        むっ、何か妙案があるのだろうか…あるならば教えてほしいぞ、女性視線と言うのも大事なのだからな!
        -- ジャック 2014-03-01 (土) 22:32:42
      • 傾向はとっくに掴めているから、後は具体的な行動に移れば済むんだろうけど……(弟を見)まぁ脈は十分ありそうだし急かす事もなさそうではあるかなー
        母様に美味しい物を食べさせたい一心でああだから尊敬したものか呆れたものかだけどね(苦笑し)……まー弟妹のだーれもがお店の方を継ぐ方向に進んでないのもあるんだけど。その点クノンは惜しかったんだけどねー、暖簾分けの方に進んじゃったから
        あるわよ? 要はあなたを男だと認めざるを得ない状況を作れば良いんだもの。そうねー、言葉を選べば、その子に自分を惚れさせれば良いわね? -- ラン 2014-03-02 (日) 00:20:40
      • むぅ…良くは分からぬが、オレ様はまずは作ってみる派だからな!行動せねば何も生まれぬのだ。
        ラン姉上は要塞、ジーク兄上は婿入り、クノン姉上は嫁入りと暖簾分け、シャナ姉上は帰って来ぬしな…。
        ラージャ兄上も要塞の方だし、シラナ・シーナ姉上は…店員ではあるが、跡継ぎと言うものでもないのだな…次の子に期待しかあるまい。
        オレ様を男と?むぅ、それが難しく……ほ、惚れ、ほれ!?(顔を真っ赤にしながら二の句を言えない、道は険しそうだ。)
        -- ジャック 2014-03-02 (日) 01:41:47
      • やってみてもしダメだったら取り返しつかない感じあるからねー。まとりあえず忘れといて
        うーん……そうしていざ並べてみると要塞寄りが多めね。シラナとシーナはそこまでお店の方にかかりきりになれないし……クノン帰ってこないかなー無理だろうけど(肩を竦め)
        ……あら。……へえ。私の知る限りであなたがそういう反応示したの初めてじゃないかしら?普段なら何を言っているのだで一蹴されそうなのに……脈ありとは見てたけど成る程これ程とはねー -- ラン 2014-03-05 (水) 00:40:38
      • …ふむ、まぁランの姉上がそういうのであらば…。 うむい、そのようだな…シラナとシーナの姉上は、悠々自適だからな。
        クノンの姉上か…結局まだ会えてはおらぬな…お元気であればよいのだが…(夫が亡くなった事は知らないようだ。)
        …ぐ、ぐぬぬっ…も、もう話はこれで良いであろう!オレ様はこれから発明の時間なのだ!さぁ、姉上出ていくのだ!(赤面しながら姉を押し出した。)
        …ふぅ…にしても、惚れ…むぅぅ…(そして発明とは別な事で何時間も頭を悩ますジャックだった。)
        -- ジャック 2014-03-05 (水) 02:12:01
      • クノンはまあ……大丈夫だろうとは思うんだけど(自分は乗り越える事が出来たが、果たしてあの優しく真面目な妹は耐え抜く事が出来るだろうか、という意味だが)
        え? えー? まだこれからじゃない? あっこら、急にそんな見え透いた言い訳をー(楽しそうに言いつつ、余り押しても逆効果なので大人しく追い出される)
        ……さてはて、ジャックはどうするのかねー。ひょっとしたらあの子には悪い事しちゃったかもだけど……(閉ざされた扉の前で呟いた後、楽しげな顔になりアクア・アビスへと帰って行った) -- ラン 2014-03-06 (木) 00:26:43
  • (あと1ヶ月くらいはPC帰ってこないっぽいので今年もシンプルなチョコケーキでお茶を濁すアーシュラさんだ)
    (ただし食べるとき秒数ゾロ目だとワタパチ入り。ついでなので00ならクリティカルヒットにしておくアーシュラさんだ) -- アーシュラ 2013-12-26 (木) 23:20:34
    • …むぅ、引きこもって発明をしすぎたか…いかんな、これでは…(頭をかいてからかなり前のバレンタインを取り出す。)
      …うむ、空間凍結冷蔵庫のお陰で腐っておらんな…ふむ、ちょっと変わったケーキだと言っていたが(ためしに食べてみる。)
      -- ジャック 2014-01-10 (金) 23:26:56
      • ……普通、だな…それはそれで残念に思えてしまうな…(美味しく完食したようだ。) -- ジャック 2014-01-10 (金) 23:27:59
  • (アーシュラさんのPCの物理損傷につき、一ヶ月遅れで簡単なチョコが届けられた) -- アーシュラ 2013-12-15 (日) 18:32:58
    • むぅ…アーシュラさんもなかなか大変なのだな…あとで、何か良いものをプレゼントしてやらねばならぬが…さて、何にすべきか。 -- ジャック 2013-12-15 (日) 23:10:17
  • じゃーっくー、じゃっくぅー。いーるカナー(きょろきょろ) -- タラリ 2013-12-14 (土) 23:05:18
    • むっ、タラリではないか。どうしたのか、珍しく出歩いて…(驚いたように発明品を作る手を止める。) -- ジャック 2013-12-14 (土) 23:45:17
      • いたぁー(ぱああっと明るい顔をしてとてとて近づいてくる)
        ふふふ、今日はねー、発明品の依頼にきたのだよー。 -- タラリ 2013-12-14 (土) 23:55:28
      • むっ…何だその笑顔は…何をたくらんで…ん?発明の依頼?タラリがか?
        ふむ…まぁ、依頼ならば引き受けるが…尚更珍しいな、オレ様にタラリが依頼など…。
        (//お風呂とか色々としてました…ごめんなさい…。)
        -- ジャック 2013-12-15 (日) 01:15:38
      • んーふふー、いっぱいいっぱい考えて、あたしの欲しい物手に入れるにはジャックの発明品が一番いいカナって思ったんだぁ。普通のじゃダメで、ジャックのくらい変な発明じゃないとダメなの。
        でね、あのね、えっとー…あのねぇ、ある場所を、誰にも気付かれないような、隠れ家みたいに隠しちゃう発明って、作れない?
        えっと、本当に誰にも気づかれないんじゃなくてぇ、指定した人とかにはわかってー…変な人だけ来ないようなのー…あと人だけじゃなくて動物も決まったのしか入れなくてぇ(一所懸命説明してるが的を得ない言葉足らず)
        (//いえいえー、こっちもすぐ寝ちゃってたのでした!) -- タラリ 2013-12-15 (日) 18:21:58
      • ふむ、オレ様の発明品を一番だと考えるのは当然であるが正解だな!…待て、今変な発明だと言わなかったか?(ジト目で睨む。)
        まぁ良い…それで内容は…ふむ、なるほどな…大体は把握した…が、なかなか条件が厳しいな。
        そのようなものは空間操作か、あるいは意識操作によるものが考えられるが前者は作るのも維持するのも難しく、そしてその場に自由に出入りするものを増やせば増やすほど厳しくなる。
        シラナの姉上のように空間に特化した能力者ならば、自由自在なのだが…まぁ、完璧に望み通りの物は出来るが、装置が出来上がっても維持費が大変になるとだけは言っておくぞ。
        後者の意識操作は…簡単に言えば、目の前にあるのに探し物が見つからない事がタラリならばよくあるだろう?
        そのように他者の意識にズレを作り、目の前にあるのにないものと錯覚させるものならば作るのも維持も容易ではある。
        あとは、防壁型だが…一番簡単だがそれ自体でバレてしまう可能性があるのでな、オレ様としてはあまりお勧めはしないぞ?(とりあえず3つの方式を提案してみる。)
        -- ジャック 2013-12-15 (日) 23:05:05
      • んふんふぅ、褒め言葉だよ褒め言葉ぁ。
        ん、んー…んーとー…(ジャックに何度か説明してもらいようやくおぼろげに理解し)
        2つめの意識操作?っていうのはいいかもー。維持費みたいなお金がかかるのだと困っちゃうカナ。
        えっと、それって、「この生き物は意識操作されない」みたいに決められない?
        あのね、えっとー…あたし、この街にあざらしだけがのんびり過ごせる場所、作りたいのー。
        だから、あざらしはどんなあざらしでも気づくことができて、他の人や動物は気づかないー…だと嬉しいの。 -- タラリ 2013-12-15 (日) 23:29:23
      • …いや、褒めてはいないだろう…本人にそのつもりがあっても、オレ様は褒められたなどとは思っていないぞ?(ジト目続行中。)
        まぁ、その辺りが無難な選択しであろうな…オレ様も意識操作系ならば、自作も出来るのだから。
        …ただ、アイテムを持っていれば意識操作されない…なら簡単なのだが、ある動物だけ除外と言うのは少々骨が折れるな…。
        人間だけ除外なら、扉を意識操作して壁に見えるようにする…と言うのは可能なのだがな…と言うより、あざらしが出入りする場所…が欲しいのか?
        そもそも、あざらしが自由に出入りするほどいるのか…?(素朴な疑問をぶつけてみる。)
        -- ジャック 2013-12-15 (日) 23:49:04
      • んぬぅ、それくらい気にしないのー。小さいけど大人でしょージャックっ。
        ……そうだよ。あざらしだけが出入りできる、あざらしだけの居場所が欲しいの。
        この街はいろんな生き物がいて、自由に生きてるでしょ?それってすごくいいなあって思うんだけどねぇ、あざらしみたいなぼーっとしてる子はこの街の色んな生き物いじめられやすいって知っちゃったの。
        なのにこの街に迷い込んでくるあざらしはいっぱいいて、いじめられて、困って…だから、あざらしが自由に出入りできる所が欲しいんだぁ。
        そんなわがままを叶えられるのはたぶん、あたしの周りだとジャックの変……ううん、変じゃないかもしれない発明だけなの。
        できたら、あざらしが自由に出入りできる場所だといいけど、大変なら…海の生き物だけ入れる…とか、そういうのでもいいよう。 -- タラリ 2013-12-16 (月) 00:00:06
      • それを言うなら、小さくても大人なのだからタラリも言葉づかいを覚えるべきなのだとオレ様は思うのだがな…まぁ良い、褒めた事は覚えておこう。
        ふむ……なるほど、タラリの意思は確かに分かった…ならば方法は簡単だ。
        あざらしだけが見えるようにすればよいのだ…さらに、そこの内部はあざらしにとっては快適な空間にすれば…あざらしにとっては憩いの場になるやもしれぬな。
        ただし……あざらし以外、となるとタラリもそこにはたどり着けぬようになるが…それでも良いのだな?
        (まるで交換条件、というかのようにその事を言っておく。)
        -- ジャック 2013-12-16 (月) 00:15:31
      • わ、わぁー、そうなんだあ…!(希望を見出し瞳を輝かせ顔をジャックに近づける)
        あのね、あのね、あざらしにぴったりな場所は見つけてあるの。
        廃墟みたいなぼろぼろの家が水に沈んでてね、その家が木に覆われててー…ずっと日陰だから寒くて、少しだけ日差しも入って……そこに繋がるようになれば、嬉しいカナー!ふわぁ。
        あ、あたしも行けない………ぅ、うん。あたしも行けなくていい。
        最初はね…今でもだけど、本当はね?あたしもそこであざらしとだらだらしていたいけど…それが難しいなら。
        あたしが行けなくなるだけで簡単になるなら、あざらしがごろんごろんして、笑顔で暮らして行けるなら(寂しそうな笑顔向ける)
        …ジャック、おねがい、できるカナ…? -- タラリ 2013-12-16 (月) 00:27:49
      • ふ…ハァーハッハッ!よくぞ言ったぞ、タラリ…その覚悟、しかと聞き届けたぞ!
        ならば、オレ様も出来る限りの手を尽くして発明するとしよう…完成は…3か月後、といったところか。
        安心するがいい…これが「契約」だ…魔族は契約が大事なのでな、間違いなく…タラリの希望通りのものを作ってみせるぞ?
        まぁ、果報は寝て待てだ。出来上がるのを楽しみに待っているがいい!(偉そうに、しかしいつもより嬉しそうに宣言するジャックだった。)
        -- ジャック 2013-12-16 (月) 00:59:54
      • ありがと…ありがとぅっ。うん…ジャックのこと、信じてるよう。
        気のせいかちょっとジャックが大人っぽく見えるー…。
        うん、ありがとうー…お願いしちゃうね。それじゃあそろそろ…行くねぇ。
        (去り際に振り向いて)あ、あと、あのね、あざらしの居場所の為に貯金…少しだけどしてあるから、発明にお金が必要だったら言ってねぇ。またねっ -- タラリ 2013-12-16 (月) 01:05:37
  • 今年はうどんチョコ♪ ・・・うん、本当に揚げたうどんが入ってるのよ。誰が考えついたのかしらね、本当に・・・br;こういうのも既に一種の発明品といえるレベルになってる気がするわねぇ・・・ -- アーシュラ 2013-12-03 (火) 01:20:03
    • うどん?…ふむ、ライスチョコやシリアルチョコみたいなものであろうか…うどんする必然性は良く分からぬが。
      とある島には水不足になろうともうどんを食さねば生きて行けぬ者たちもいるという…きっとそこで生み出されたものに違いない。
      …これを発明と呼ばれるのは少々認めにくいぞ…(不満げに言いながら、うどんチョコを食すのだった。)
      -- ジャック 2013-12-03 (火) 23:17:27
  • 今年は紐チョコ♪ ・・ちゃんと食べれるからね?ネタ不足が見え見えなのは認めるけど・・・!
    そういえばうちの息子もアーティファクト弄りが好きなのよねぇ。話が合うかもぉ? -- アーシュラ 2013-11-21 (木) 00:46:20
    • ふむ…アイデアとしては普通だな、これを色々と結んで形作っておけば面白いやもしれぬな。
      ほぅ、それは面白いな…また今度発明品対決をしてやっても良いぞ!
      -- ジャック 2013-11-21 (木) 23:55:22
  • (ペチッペチッという柔らかな物が飛び跳ねる音が工房内に響く…)
    (暫くするとまるで見えない霧の中から現れた様に青い寒天質状の魔物、何処かの世界ではスライムと呼ばれる生き物が現れる)
    (その後ろからやはり何も無い所から追うように現れる老魔)ふむ…そう時を置かずに座標を合わせると案外堪えるな -- アキベドル 2013-11-20 (水) 01:09:40
    • …むっ?…何の音だ…(工房にはあり得ないはずの音に多少警戒心を働かせる。)
      (そして霧のようなものが現れると、それをじっと睨みつけて何が出てくるのかと見定め、スライムの後に老魔王が出てくるのを見て眉を顰める。)
      …ノックもなしに侵入とは不躾ではないか、老魔王…それとも、喧嘩でも売りに来たのか?(前回の去り際の言葉に怒りを覚えているのか、ジャックにしては最初から不機嫌なようだ。)
      -- ジャック 2013-11-20 (水) 23:34:26
      • 目指す果てが違う以上輩となる事は有り得なかろうな、だが争いに来た訳ではない…安心せよ
        (敵意が無い事を示すように腕を組む、この体勢からでも魔術は行える手前信頼に足る行動ではないが)
        挨拶に赴かれれば返礼として返す…それだけの事だ、ノックが欲しければ次に訪れた時に行う事だな
        しかし…懐かしい気配がするな、何処の世もドラゴンというものは変わらぬらしい -- アキベドル 2013-11-21 (木) 00:48:29
      • ……ふん、不安になどはなっておらぬわ…(それで信頼した訳でも安心した訳でもないようだ。)
        …お前のところがややこしいのがいけないのであろう、まぁ必要だというのならば次はしてやらんことはないぞ。
        …むっ?…あぁ、カヴァテスのことか?デアリガズは、要塞内部にいるし違うであろうし…。
        まぁ、あやつも最初は人の体のようなものになった時は色々と…今も正直色々と思っておるものもあるであろうがな…。
        しかし、喧嘩でもないというのなら…用事はただの挨拶返しと言う事なのか?
        -- ジャック 2013-11-21 (木) 23:51:16
      • デアリガズ、ラミーデアリガズか…珍しい名を聞くな、彼奴の原始的な怒りは余に通ずる物がある
        ドラゴンはそうした自らの欲求と力を誇りとする、なれば力の象徴たる巨躯を奪われれば思いもしよう
        (ふむ?と呟いて)それだけだが?ついでの用向きにこうして道を繋げやすくはしたがな
        (指を鳴らせば黒い霧状の門の様な物が現れる)魔力を随分と喰らうので余自身はあまり使わなんだろうが、甘味を求めに魔物が買いにでも来よう -- アキベドル 2013-11-22 (金) 00:41:09
      • …オレ様にはその辺り、良く分からぬ…母上も、元の世界の事は語りたがらぬ故な。
        …なるほど、小さくされたという事であればオレ様も理解は出来るぞ…まぁ、オレ様はいずれ貴様より大きくなって見せるのだがな!(ちびっこが胸を張る。)
        …門だと?やはり時空操作系か…そのような事をしても、ここには甘味などはないぞ?父上の店ではないからな。
        あるとすれば屑鉄で良ければ…分けてやらんでもないがな…(門自体はいくつか設置されてあるので見覚えがあるようだ。)
        -- ジャック 2013-11-22 (金) 00:55:36
      • 語るにも難しき世界でもある、あの世界は実に複雑だ…多くの意味を含めてな
        ふむ、期待しておこう(子供に諭すような静かな口調で)しかし親離れをしていたか…
        まあ金属ならばカレンジュラが好んで食す物の一つでもある、いずれ貰う事も在ろう
        さて用も済んだ…暇としよう、いずれまた(踵を返せば現れた時と同じくスライムと共々去っていった) -- アキベドル 2013-11-22 (金) 01:15:57
  • いやー、俺たちもなんとか黒いスライムでも結構倒せるようになってきたよなー…オーカースライムの奴と最初戦った時は、これの上がいるとかかなり怖かったもんだが
    そういえば、ジャック。お前の家に婚約者がいるんだっけか、ぜひとも紹介してくれよな(分かっていながらあえて) -- リベル 2013-11-14 (木) 19:42:43
    • ハァーハッハッ!オレ様にかかればあのような雑魚を倒すなど朝飯前だ!リベルにモーニングを食べる余裕すら作ってやれるぞ!
      むっ…はぁ、お前もか…まぁ良い、紹介してやろう(もう慣れたというよりくたびれた様子でブザーのスイッチを押す。)
      -- ジャック 2013-11-16 (土) 00:04:55
      • …またー?もー…殿下ちゃんがもっとみんなにちゃんと説明すればいいんじゃないのかなー…毎回呼び出される私の身にもなってくれない?(こちらも疲れた様子で奥のドアから出てくる。)
        あれ…結構今までとは毛並が違うね?なんていうのかな…うん、チャラいね君(ズバリと言った。)
        -- カヴァテス 2013-11-16 (土) 00:10:46
      • ハハハ!流石はジャックだなー、その調子で俺の分まで頑張ってくれよ!まぁ、俺も前衛としての責務はちゃんと果たすけどな
        …よっぽど間違えられてんのか…あー、そりゃ多分意味ないなー。むしろ面白がってからかわれるパターンだからな、愛されてるからなジャックは
        んで、なかなかきっぱり言う子だな!あぁ、俺はリベル、まぁジャックの兄貴分みたいなもんだな(笑顔で言いながら)
        あ、俺は実際は婚約者とかは信じてないから安心してくれ…多分8割くらいわかっててきてると思うしな -- リベル 2013-11-16 (土) 00:27:19
      • うむ、大船に乗った気でいるといいぞ!もちろん、リベルの腕前にも期待はしているからな。
        …ここに来るものの半数はそれだぞ?全く…魔王の子をからかうなど皆いい度胸だ…。
        あぁ、リベルは確か…そう、女っタラシと言う奴だからな。まぁ、カヴァテスは財宝と言うよりアーティファクトに興味があるので安心だな。
        -- ジャック 2013-11-18 (月) 23:59:29
      • こっちはいい迷惑なんだけどねー…はぁ、まぁ殿下ちゃんとここに来た時からある程度覚悟はしてたんだけどね。
        へぇ…確かに、兄貴分って感じのタイプだね?うちの殿下ちゃんをよろしくねー?意外と寂しがり屋だからね。
        -- カヴァテス 2013-11-19 (火) 00:01:20
  • ジャーック!!(勢い良く工房の扉を開く)ひとつ忘れていたことを思い出したです!(小脇に猫を抱えながら) -- リコネット 2013-11-13 (水) 23:58:18
    • …いきなりノックもなしに開けるでない、日光が当たったら駄目な発明をしていたらどうするのだ!全く…まぁ、今はそんなものではないから良いのだが。
      それで、猫を抱いていきなりどうしたのだ?(首を傾げながら聞いてみる。)
      -- ジャック 2013-11-14 (木) 00:25:57
      • ごめんです。そうですそうです、ジャックと結構前…だいぶ前?に約束してたことを思い出したですよ -- リコネット 2013-11-14 (木) 00:32:56
      • …むっ、前に約束していた…あぁ、リコネットが小さい時に約束したぬいぐるみをふわふわに洗濯してくれる全自動機械か?
        お前が取りに来ぬからどこにやったか…後で探さねばならぬな…。
        -- ジャック 2013-11-14 (木) 00:58:34
      • あ、それ欲しいです!
        ――ではなくて、えーと猫と仲良くなる的な?(猫を頭の上に移動させながら) -- リコネット 2013-11-14 (木) 01:03:32
      • うむ、では後で探し出して…むっ、違うのか?ではなんなのだ…。
        あぁ、猫と仲良くなる機械か…すでに仲良しではないのか?(リコネットの頭の上に置かれた猫を見ながら言った。)
        -- ジャック 2013-11-14 (木) 01:09:54
      • はい、そうなのです
        なので、もう要らなくなったかもしれないですと伝えに来た次第です(頭の上であくびする猫) -- リコネット 2013-11-14 (木) 01:14:53
      • なるほど…猫の言葉が分かる機械を作ったが…それほど仲が良いというのであればむしろあれは無粋というものだな。
        うむ、発明品がいらぬというのはそれはそれでよい事なのだ。問題ないぞ!
        それで、そやつの名前は何というのだ?リコネットジュニアか?
        -- ジャック 2013-11-14 (木) 01:17:51
      • さばぶしです
        お待ちなさい、その機械少し興味があるですよ? -- リコネット 2013-11-14 (木) 01:24:40
      • …すまない、聞き間違えたかしたようだ…もう一度名前を言ってはくれぬか?(一度考え込んだあと、もう一度名前を聞いてみる。)
        …ん?どの機械だ…あぁ、この新作の番犬用に作ったクリーチャー型機械か?(触手がぬちゃぬちゃと動き回った化け物がスイッチで動く、気持ち悪い。)
        -- ジャック 2013-11-14 (木) 01:31:17
      • さばぶしです
        ふえ!?(びくっと後退る)ノウ!そういうのはお呼びでないです! -- リコネット 2013-11-14 (木) 01:36:32
      • …何故、そのような名前にしたのだ…(頭痛に苦しむように頭を押さえたまま言った。)
        …なんだ、これではないのか…ちびっこ同盟防衛用に作ったのだがシェリーに入らぬと言われたので、使い道はないのだが…(残念そうにOFFにする。)
        -- ジャック 2013-11-14 (木) 01:39:16
      • さばぶしが好きなので…?
        それではなく猫とお話する方です -- リコネット 2013-11-14 (木) 01:43:00
      • …そうか…まぁ、それもまた名前の理由にもなるか…お前も大変だな、さばぶしよ…(同情の視線を猫に向ける。)
        …あぁ、そちらか…なんだ欲しいのか?もういらぬと思うのだが。
        -- ジャック 2013-11-14 (木) 01:53:21
      • だってだって気になるですよ?ジャックは気にならないです?(うずうず) -- リコネット 2013-11-14 (木) 01:57:26
      • …それは否定はせぬが、しかし何も不要なことまで分からずとも良い事もあるのだぞ?
        知りたくなかった、と思っても遅いのだ…それでも、欲しいと言うのか?(小さなキーホルダーのようなものを見せる、しかしスイッチを押せば自動翻訳してくれる機械のようだ。)
        -- ジャック 2013-11-14 (木) 02:10:17
      • それでも…それでもリコの好奇心は止められないのです!(手を伸ばす) -- リコネット 2013-11-14 (木) 02:13:52
      • …ならば、好きにするがいい…オレ様は責任を取らぬぞ?(そのまま阻むことなく渡す。)
        (この場合、猫の声を聴くこと自体が良い結果になるとは限らないので副作用などはなく、誤変換もないようだ。)
        -- ジャック 2013-11-14 (木) 02:17:18
      • ありがとうです! ではさっそく! -- リコネット 2013-11-14 (木) 02:19:52
      • 「ニャー」(Сакам да јадат богомолка) -- ? 2013-11-14 (木) 02:20:58
      • …外人さんだったです -- リコネット 2013-11-14 (木) 02:21:18
      • …何を言っているのか、さっぱりわからぬな…おそらくは北のどこかの国なのであろうが…。
        …その地方の言語などの翻訳機はないぞ?(言われる前に言っておく。)
        -- ジャック 2013-11-14 (木) 02:24:26
      • ――いたしかたなし!です! 言葉など伝わらなくても通じるものはあるのです!「ニャー」
        作ってくれてありがとうですよジャック、また来るですー!(忙しくどこかへ走り去っていった) -- リコネット 2013-11-14 (木) 02:31:07
  • ……何で情熱こんな持ち直してんの…?おかしくない…? -- フィニス 2013-11-10 (日) 22:34:24
    • ハァーハッハッ!当たり前だろう、言ったではないか!(床が開くと、ペカーとライトアップされながらせりあがってくるちびっこ。)
      オレ様にかかれば、情熱管理などは赤子の手をひねるようなものなのだ!(この結果にはジャックもご満悦のどや顔。)
      して、フィニスよ…お前とは何か約束していたはずなのだが?
      -- ジャック 2013-11-10 (日) 23:27:26
      • (心底嫌そうな顔)
        ……あーはいはい。何か奢るって言いましたよーだ(やけくそ気味である)
        で、何が良いの?出来れば安いのにしてよねー…(財布の中身をチェックしつつ) -- フィニス 2013-11-11 (月) 20:31:43
      • …そこまで露骨な顔をすることはないではないか、まぁ負けを認めているのは良い事ではあるがな!
        うむうむ、苦しゅうないぞ!…むっ、そういえば何を奢らせるか、であったな…。
        …(考え中)…(考え中)…うむ、とりあえず夏芽の店に行くのが良さそうだな!(思いつかなかったようだ。)
        -- ジャック 2013-11-11 (月) 23:44:34
      • …だってさー。ジャックに対して負けを認めるって凄い悔しいんだもん。同じハードルに降りてきた相手に負けるってなー…はぁ
        まぁいいけどさー…って、考えてないの?…それじゃ、その。これで満足しといてよ(はい、と取り出されるタッパー)
        …ハンバーグ食べたいっつってたじゃん。食べればいいよ(ふい、とそれだけ言ってそっぽを向く) -- フィニス 2013-11-12 (火) 21:26:33
      • なるほど…フィニス「も」そうだったのか…ふふふ、恥じ入ることなどはないのだぞ!(自分もだと多分自供しながら言った。)
        うむ、勝つのは当然だとは思っていたが何をして貰うかなどはあまり考えておらぬのだ…さて、何を買ってもらうか…むっ?(差し出されたタッパーを受け取る。)
        …おぉ、あのことか!うむ、もちろんハンバーグで良いぞ!…さて、どのような機械で作ったのだこれは(興味津々な様子で聞きながらタッパーを開けてみる。)
        -- ジャック 2013-11-12 (火) 23:20:53
      • …多分、ジャックが私に負けたくないってのと、私がジャックに負けたくないのとでは何か違うと思う。多分だけどね
        どの、ような…っていうかー…うん。フライパンとガスコンロ…?(タッパーの中身は少し型崩れし、焦げ目のついたハンバーグ)
        ……その、料理出来ないって言いきられるのも何か腹立ったから。それだけだよ(ふん、と再びそっぽを向いた。彼女の言葉が意味するところはつまりは手作りであるということで) -- フィニス 2013-11-12 (火) 23:48:39
      • …むっ、そうなのか……いや、別にオレ様は負けたくないと思っている訳ではないぞ!
        ふむ、フライパンとガスコンロ……むっ、それでは機械ではないではないか?(形もよくなくて、不思議そうにする。)
        ……あぁ、分かったぞ!そしてこれでリベンジと言う訳か…くくくっ、しかしオレ様の舌はそう簡単に褒めたりはせぬぞ?
        まぁ、もちろん頂くのがな(ちゃんと皿に移してから、フォークとナイフで食べ始めるお坊ちゃん。)
        -- ジャック 2013-11-13 (水) 00:08:06
      • …あーはいはい。そういうことにしといてあげるから(やれやれ、とお互い素直じゃないなーとか思いつつ苦笑いして)
        …いいよ別に。そんな簡単に上手くなるとは思ってないし。料理が全く出来ないわけじゃない、ってことだけ分かってもらえればいいし
        …だからさっさと食べて終わらせてよね。…その、何か恥ずかしいし… -- フィニス 2013-11-13 (水) 00:26:26
      • まぁ、それはそうであろうな…父上も最初は試行錯誤だったというからな…ふむ…(半分ほど食べて一旦手を止める。)
        焼き過ぎで固いし、肉汁は切っても全く出ぬし、ボロボロ崩れるし、ナツメグなども足りぬし、ツナギも弱いな(これ以上ないほどはっきりと言った。)
        …だが、悪くない。オレ様は嫌いではないぞ?(そしてマズいと評したハンバーグを最後まで全部食べきる。)
        -- ジャック 2013-11-13 (水) 00:33:56
      • ……そう。別に不味いなら無理して全部食べなくても良かったのに(はぁ、と小さくため息一つ)
        (嫌いではない、とのフォローがあるのだけまだマシだろうか。どちらにせよ不味いのは不味いのだ)&br:…はい、これで私の料理はおしまい。…流石に奢るのがこれだけじゃ申し訳ないし。何か他に食べに行く? -- フィニス 2013-11-13 (水) 22:19:02
      • むっ?無理してなどはないぞ?嫌なものはオレ様は極力食べぬようにしてあるからな(口元をナプキンで拭く。)
        それに、これで食べぬのであれば要求した意味がないではないか。うむ、御馳走さまだ(満足そうに言った。)
        …ふむ、もう食べるのはこれで良いが…そうだな、本を買いにでもいくぞ!(その後本屋で料理の本を買わせ、それを渡すジャックだった。)
        -- ジャック 2013-11-14 (木) 00:13:19
  • 今年はブドウ果汁入りのブドウチョコ♪ ホワイトチョコベースだとこんな色になるのよね〜。味は良いから♪
    そういえばジャン君とこの子の中には要塞の子と結婚した子も居たわよね。ジャック君も? -- アーシュラ 2013-11-09 (土) 02:34:47
    • ふむ…チョコの中に果物のジャムなどを入れるのは北国では定番とも言えるな…ただ、ここまで精巧につくられたのはなかなかないな。あっちは大雑把とも言う。
      ん?あぁ、ラージャの兄上か。しもべと結婚しているようなのだ。ラージャ兄上が幸せそうなのでそれは何よりだ。
      …そしてオレ様も?と言うのはアレか、アーシュラもカヴァテスとオレ様が結婚したと思ってるクチか!
      -- ジャック 2013-11-10 (日) 23:25:02
  • いつの間にか結婚してたって聞いたんだけど、マジで? -- リゲル 2013-11-07 (木) 00:49:47
    • ……(もはや無言でブザーを鳴らす。) -- ジャック 2013-11-07 (木) 00:54:55
      • はいはーい…あれ、殿下ちゃんのその仏頂面にお客様…で、私を呼んだってことは。
        やっぱりお客さんも私と殿下ちゃんが結婚したとか聞いた口?ないない(苦笑しながら手を振る。)
        あぁ、私は殿下ちゃんの付き添いのカヴァテスだよ。よろしくねー?(なかなか軽いノリの長身美人のようだ。)
        -- カヴァテス 2013-11-07 (木) 00:57:15
      • 結構噂になってるからなぁ……俺はリゲル。こっちこそよろしくだわカヴァテス。
        まぁでも色恋沙汰はしゃーないぜ、特にあのジャックがってのがな。めっちゃウケる -- リゲル 2013-11-07 (木) 01:24:25
      • ぐぬぬ…未だにその噂が流れていることに陰謀を感じるぞ…きっと未来の魔王を亡き者にしようとする悪辣な勇者一味のしわざに違いないのだ…。
        今現在進行形でカップルになっておるものたちがあるではないか!…ほぅ、言うではないかリゲルよ…(ちょっと魔族っぽい悪い笑み。)
        カヴァテス、聞くがいい。こやつめは昔な…(中二病の時の話をしようとする。)
        -- ジャック 2013-11-07 (木) 01:45:10
      • まぁ、実際に私と殿下ちゃんを見てたらみんな納得してはくれるんだけどね?(恋人というよりは姉と弟の雰囲気のそれである。)
        ん?なになに、リゲルちゃんが何かしてたの?(興味津々で聞こうとする。)
        -- カヴァテス 2013-11-07 (木) 01:46:47
      • 勇者だらけの街だなここ……ジャックすげぇ街に住んでるわ
        あれは……まぁ、確かにまさかオウガやシグレに先越されるとはな……あ〜、まぁ実際見るとそんな空気全然ないもんなお前ら。
        って、ちょ……! なんでもねぇよ!!何を言い出そうとしてんだお前!! -- リゲル 2013-11-07 (木) 02:31:01
      • まぁ、勇者も天使もそれほど表立って敵対はしておらぬからな…問題なのは、むしろ犯罪者の方であろうし。
        それにオレ様の母上以外にも魔王と呼ばれる存在は何人もいるのだぞ?昔は魔王候補が集まって競い合ったこともあったようなのだ。
        ハァーハッハッ、何を畏れておるのだリゲルよ!…さて、先ほど何がウケると言ったのだ?(どや顔でもう一度問いかける。)
        -- ジャック 2013-11-07 (木) 22:50:40
      • まぁ、私としては殿下ちゃんに早くお嫁さん見つけて欲しいんだけどねー…お世継ぎとかじゃなくて、私がいなくても済むようになるし?
        …へぇ、リゲルちゃん言われたくない過去があるんだ?(ニヨニヨと見守っている。)
        -- カヴァテス 2013-11-07 (木) 23:04:38
      • 昔からこの街はカオス過ぎる……
        ジャックが色恋沙汰とかマジうける!!(高らかに叫ぶ) -- リゲル 2013-11-08 (金) 00:36:14
      • そりゃあね! 19年も生きてリャそりゃあね!! まぁ男の子にはそういう過去もあるってことで…… -- リゲル 2013-11-08 (金) 01:47:10
  • そういえばジャックの同居女性はかなりの長身だって聞くけどぉ……? -- ソフィーア 2013-11-05 (火) 22:16:29
    • ,むっ、カヴァテスのことか?…確か、190cmくらいだったと記憶しているが。まぁ、うちの要塞では4番目の背丈だな。
      しかし、急にどうしたのだ?あやつとの仲はなんでもないということは、ソフィーアは説明したと思うのだが…。
      -- ジャック 2013-11-05 (火) 23:47:04
      • 190くらいか……じゃぁダメだなぁ。……あ、でも四番目って事はまだ上に三人いるんだ?確かジャックの所って女の人ばっかりなんだよね?
        ん、えーとねぇ。ああうん、それは分かってるよ、実際そうみたいだし……ただほら、単に背の高さを聞いて、それが気になって、って感じで。私204cmあるし……ざっと見た感じ普段私より背の高い相手って見当たらないしぃ? -- ソフィーア 2013-11-05 (火) 23:50:50
      • うむ、いるぞ。デルレイッチにテトラバスにデリアガズ…確かこの3人がもう少し高いはずだが…あぁ、皆女だな。ラージャ兄上と父上はもちろん男だが。
        …むっ?…うむ、それならば良いのだが…ならば、何故?…あぁ、なるほど。そのようなことか。
        ならば、要塞のものより高いことになるな。デルレイッチが成長していなければ、確かあやつで202cmだったはずだからな。
        -- ジャック 2013-11-05 (火) 23:56:55
      • ……あんまり女性の名前って感じしないよねぇ。カヴァテスさんもだけど
        そのようなって……結構大事なんだけどなぁ、私にとっては
        えっ。……あー……あぁ……そっかぁ、うん、そっかぁ……(めっちゃ落胆してる) -- ソフィーア 2013-11-06 (水) 00:04:09
      • 元々は女性ではなかったというからな、男だったかどうかは色々とあるだろうから聞かないようにはしているのだが…。
        …ふむ、相変わらず悩んでおるのか…オレ様としても力になってやりたいのだが…どうも調整がうまくいかぬのだ。
        …むぅ…男でさえソフィーアほどの高さはなかなかおらぬからな…あぁ、鬼という種族なら割と高いとは聞いたぞ。
        -- ジャック 2013-11-06 (水) 00:18:03
      • あぁそう言う……え?そうなんだ。性別とか無かったとかなのかな……
        悩むと言うか、解決はできる筈なんだよ?……そうだねぇジャックのお兄さん達って背高いって言うし、ジャックもそんな感じでポーンと私より伸びてくれても良いんだしぃ
        それはそうなんだけど……鬼、鬼って……あんまり見かけないよねぇ -- ソフィーア 2013-11-06 (水) 22:57:00
      • あるものもいたであろうが、悪魔の中には性別のないものもいればアーティファクトだったものもいるのだ。そうなれば性別は分からぬと思うのだ。
        …ふむ、オレ様がソフィーア以上に…流石にそこまでは大きくならぬ気もするが…まぁ、並び立てるほどには大きくなるであろうな!
        ふむ…一時期異世界より召喚されたものたちがいたという話だったが…あぁ、そうだ。オレ様の甥のサイフなどは確か220cm以上のはずだぞ?
        -- ジャック 2013-11-06 (水) 23:48:11
      • ふ〜む……なんだか複雑なんだねぇ
        えっ。なってよ。なろうよ。諦めないでよぅ……うん、並ぶくらいじゃなくて追い越して欲しいなぁ私としては
        そういえばそんな事件もあったねぇ。結局馴染んじゃったみたいだけど……。……でもその人ってアルブのお父さんでしょー? -- ソフィーア 2013-11-07 (木) 00:02:21
      • …しかし、大きすぎると言うのもな…あぁ、しかしアキベドルのあの老魔王に勝ちたいと言えば勝ちたくもあるな…。
        うむ、平和でいいではないか。オレ様は平和は好きだぞ……魔王として乱す余地があるからな!(慌てて付け足す。)
        うむ、サイフはアルブの父親だな。確か5人目の妻との子だとか…父上やジーク兄上もそうだが、うちの男はなぜか子沢山だな…。
        -- ジャック 2013-11-07 (木) 00:18:57
      • 私だって好きで大き過ぎてる訳じゃないしぃ……(身長絡みの話題だと神経質になってしまう乙女心だ)……アキ?あ、なんかそんな感じの名前の魔王がいるんだっけ。そんなに大きいんだなぁ、魔王って感じだなぁ……
        それはそうだけど、ジャックも平和が好……へ?……あ、そっか、だよねぇ、平和が好きなのは後で崩す楽しみがあるからなんだもんねぇ
        ……ジャックの甥がアルブのお父さんってやっぱり冷静に考えなくてもなんだか凄いような感じがするねぇ。それは……それだけお嫁さんと仲が良いって事じゃないかな? -- ソフィーア 2013-11-07 (木) 00:37:46
      • うむ、ソフィーアとほぼ同じくらいであったな…老人であるのに圧迫感といい流石は魔王であった…だが、負けぬぞオレ様は!
        そういうことなのだ!うむ、他にも悪巧みはいっぱいあるのだぞ!火遊びや夜更しなどな!(ドヤ顔で語るちびっこ。)
        オレ様もよく分からぬことになっておる、紫暮も遠縁なのだぞ?シャナ姉上の夫?が紫暮の血縁者なのだ…まぁ、それは確かにそうだな。いつも二人でいるぞ父上と母上は。
        -- ジャック 2013-11-07 (木) 00:46:16
      • へぇぇ……あ、でも老人、老人かぁ。むぅ……。……あ、魔王志望なジャックとしては対抗意識抜群なんだねぇ
        ほうほう……うん?……火遊びに夜更かし……ああ、そういう……(深読んだ)
        そうなん……えっそうなの?……へぇ、なんだかこう、そうだねぇ、そういう風だと家族でもちょっと分かんなくなるかなぁ……遠縁が辿れるっていうのも凄いけど
        ……あれ?ジャックのお父さんとお母さん……と言うと、えっと……お姉さんとかお兄さんが腹違いとかそういう訳じゃない……んだっけ? -- ソフィーア 2013-11-07 (木) 21:54:24
      • うむ、それにオレ様が未熟なのを侮辱するのは百歩譲って未熟さゆえに甘受するとしよう…しかし、その事で母上や家族を馬鹿にしたことだけは許せぬのだ。
        …あやつめ、いずれはあの言葉を吐いた事を後悔させてやるぞ…(ジャックにしては真面目に怒りを感じているようだ。)
        ふっふっふ、なかなかの悪であろう…とはいえ、こっちに移り住んでからは当然のように出来てしまうので物足りぬので。今後は新たな道を開拓せねばならぬが。
        まぁ、紫暮の家もオレ様の家も長く続いておるからな…血縁にもなるというものだ…思わぬ縁もあって面白いものなのだがな。
        むっ、違うぞ?一番上のラン姉上からオレ様まで、全て父上と母上の子供だぞ?(当然のように言った。)
        -- ジャック 2013-11-07 (木) 22:44:11
      • まぁ未熟……の割にジャックは自信一杯だし、思う所あったのかな。……うーん、内容知らないから何とも言えないけど、でもほら、その魔王を相手にジャックに失礼な所は無かったの?
        ひょっとしたらジャックのそれは一方的なものなのかも知れないし……?冷静になってみても良い気がするよ。大体、老いた魔王が特に理由もなく若者を侮辱したりとかしなさそうだもの
        うん……うん?……(あれ?って感じに深読みの間違いを実感)……うんまぁ……頑張って?
        そういう事もあるんだなぁ……ああでも、私の所も遡ってみれば面白い事になってるかも。ただ内の親はその上の世代と殆ど袂分かっちゃってるから無理そうだけどぉ……
        え。……え?……えーと、その一番上の姉上って何歳くらい……なの? -- ソフィーア 2013-11-07 (木) 23:19:09
      • …まぁ、魔王の前に出るにはレベルが低すぎたのかもしれぬが…あの魔王もなかなか無礼であったぞ!
        何を言うのだ!オレ様の防御が確かにお粗末であったかもしれぬが、母上が平和ボケしたなどと言われて黙ってはおれぬぞ!(むっとした顔で言った。)
        うむ、今度ソフィーアに実際仕掛けてみるので楽しみにしてるが良い!
        家名も代々受け継いでおらねばわかりにくいものだからな…ん?ランの姉上の年齢か?確か、黄金歴104年の10月…だったと記憶してるぞ。
        あぁ、実年齢の方がオレ様の口から言う気はないぞ。実年齢を言うと怒られたりするのでな…。
        -- ジャック 2013-11-07 (木) 23:40:55
      • え(大声に少し驚き)……ああ、そんな事言われたんだ。う〜ん、それは……でもそれで怒るなら、自分に対して怒った方が良いんじゃないかなぁ?ジャックの態度とかがもっとこう……ビシッ?としてたら老魔王さんも一目置くくらいはしたかもだし……
        ……えっ?……うわぁ、そっか、気をつけなきゃなぁ……
        ……えーとじゃあつまり、今262年だから……わぁ……それでご両親が健在で今も仲良しなんだ?
        凄いなぁ……羨ましいとかそういうのよりもまず、本当にそう思うよ -- ソフィーア 2013-11-07 (木) 23:54:34
      • 無論、オレ様も未熟な点があったしその点を言われたことに怒りを覚えているぞ…だから言ってるではないか、強くなって後悔させてやると。
        ふふふ…心配せずとも傷つけたりはせぬぞ?まぁ、それ以外は何かあるやもしれぬが。
        うむ、街の歴史の中でもこれほど長く連れ添ったままというのもなかなか少ないからな…オレ様としても父上と母上が仲が良いのは喜ばしいのだ。
        ソフィーアもそういう相手に巡り会えれば良いのだが…おらぬのか?ソフィーアほどなら相手はいるであろうに(リベルとの事は当時も今も知らないようだ。)
        -- ジャック 2013-11-08 (金) 00:02:48
      • ……あ、そうか。う〜ん、じゃあ別に私から何か言う事もなかったかなぁ……余計な事だったかも
        だからその何かあるやもが怖いんだってばぁ。……うー、これは思わぬことになった……
        そういう歳になってもまだジャックが生まれたりするって言うのは、やっぱりこう……うわぁ……(困ったように頬に手を当て、照れだす)
        へ?……ああ、うん、そうだねぇ、居ればいいんだけど(苦笑した後、そうだとジャックを見て)じゃあジャックが大きくなったら私の事貰ってよ。勿論ジャックが良ければだけどね?(そう言って微笑んだ後、なーんてね、と軽く舌を出した。そして相手が何か反応するより前にじゃあねーと手を振って帰って行ったという) -- ソフィーア 2013-11-08 (金) 00:16:38
      • いや、オレ様を案じてくれたのだからな。礼を言うぞソフィーアよ。
        …?…何故そこで、ソフィーアが照れるのかはよく分からぬのだが…(不思議そうに首を傾げる。)
        …むっ?オレ様が、ソフィーアを貰い受ける…むぅ…むっ?あぁ、帰るのか?ではまただ!(見送ってからもう一度考える。)
        …あれは配下、という意味では…うむ、なさそうだな…。
        -- ジャック 2013-11-08 (金) 00:38:19
  • カヴァテスと言う名前の人とお仕事で2ヶ月連続一緒になってびっくりしたのでしたぁ…あ、おじゃましてますよう(椅子に座ってくつろいでる) -- タラリ 2013-11-01 (金) 22:58:28
    • …何故タラリがここにいるのだ?遊びに来たのか?それとも発明の依頼に来たのか?(とりあえず椅子に座る。)
      …なに…オレ様はそんな事聞いておらぬぞ?どうなってるのだ、カヴァテス(お茶とお菓子を出されながら、差し出すカヴァテスに問いかける。)
      -- ジャック 2013-11-02 (土) 00:13:02
      • え、だって殿下ちゃんに言う必要性が見つからないし?言う理由もないし?(平然と答える。)
        あ、タラリちゃんお疲れさまだねー…はい、頑張ったあとには甘いもの(何故かタラリの方がお菓子の量が多い。)
        -- カヴァテス 2013-11-02 (土) 00:17:47
      • ってあれカヴァテスさんだったのー!?ずっと気付かなかったカナー!!?てっきり別人なのかと思ってたよう。
        そしてジャックの発明には興味ないカナっ。この間の「運動しないと脱げない箱みたいな服」でさんざんな目にあったんだからぁ。
        …あっとと、ありがとぅカヴァテスさん(お菓子もぐもぐ) -- タラリ 2013-11-02 (土) 00:26:11
      • …タラリは集中力散漫だからな、気づかなくとも無理はないな…。
        …むっ、何を言うか。タラリの運動不足解消を思って作ってやったというのに…あれはまだよく出来た部類なのだぞ?
        …待てカヴァテス、何故オレ様のよりタラリの方が多いのだ。
        -- ジャック 2013-11-02 (土) 00:37:32
      • 私も別に話しかけてはなかった気がするしね、仕方がないんじゃないかな?
        また殿下ちゃんの発明で迷惑かけたんだって?ごめんねー…後で回収(没収)に行くから安心しといて。
        ん?それはだって迷惑かけたんだし女の子なんだし…まさか魔王の子供でもある殿下ちゃんがお菓子増やしてほしいとか言わないよね?(にっこりと微笑む。)
        -- カヴァテス 2013-11-02 (土) 00:39:55
      • 確かにあれは暖かくて寒い時は嬉しいしぃ、きっと暑い時は涼しくなるんだろけどぉ…運動しないと脱げないのは困りすぎるし運動がますます嫌いになったようっ。
        (もぐもぐ)うんうん、カヴァテスさんはよくわかってるよぅ(もぐもぐ)まおー?とかよくわからないけどそうだそうだぁ。ジャックはむかーしからこうなんだから、もっと言ってあげてぇ。 -- タラリ 2013-11-02 (土) 00:49:16
      • むぅ…北風と太陽からヒントを得て、太陽を当てたあと北風ならば問題なかろうと考えたのだが…駄目だったか。
        ならば逆に運動したら、暖かくして最高の状態で安眠出来る装置を作れば…うむ、いいかもしれぬな!
        …言わぬぞ、そんな事は…ええぃ、タラリはそこで賛同するでない!それにそんなに食べては太って困るのではないのか?
        -- ジャック 2013-11-02 (土) 00:57:11
      • …なんで北風と太陽を合体させたがるんだろうね、うちの殿下ちゃんは…(小声でため息をつく。)
        …ふふ、当然だよー…あ、でも…次組むときにもしアイテム出たらよろしくねー?私はまだ拾ってないしね?なんでもいいから(アイテムコレクターだけに内心必死のようだ。)
        …そーいうの聞く辺りがやっぱり殿下ちゃんだよねー…あ、でもヘルシーなお菓子の方がよかった?
        -- カヴァテス 2013-11-02 (土) 01:00:53
      • や、やめて。変なアイディア浮かばないでぇ。「良い発明を思いついた」って顔しないでジャックっ。キミがその顔すると大体ろくなことないのー。
        んー…そうだねぇ、今度一緒になってぇ、アイテム拾ったらそうしてあげたいけどー…あれってあみだくじとかじゃんけんで決める時もあるから約束はできないカナ…。
        …たしかに、ヘルシーな方がいいかも。最近またきつくなってきたよぅ…(胸を抑えながら -- タラリ 2013-11-02 (土) 01:06:04
      • …フフフ、タラリのような相手のためにまずは使用させて…そしてあまりの安眠のこれがないと眠れないほどにしておけば自然とねるために運動を…(聞こえてないのか、色々とアイデアを練っている。)
        …うむ、よし。大体思い浮かべれたぞ、技術的にはオレ様でもいける!…ん?あぁ、タラリまた大きくなったのか。そこだけ。
        難儀なものだな…オレ様などは何も変わらぬが、タラリの場合はそこだけ大きくなるというのも(まだ胸に惹かれるものはないのか、堂々とした言い方。)
        -- ジャック 2013-11-02 (土) 01:17:15
      • …ダメだよ、タラリちゃん。あーなったらもう全然聞こえてないから…。
        でもまぁ、あの状態なら自動発明モードでもないしまたすぐにもど…あ、戻ってきた。
        …ねー、タラリちゃん。殿下ちゃんのご飯抜きと、お菓子抜き…どっちしてあげよっか?(仕返しの提案らしい。)
        -- カヴァテス 2013-11-02 (土) 01:19:11
      • はぁぅぅ、不吉なことばかり呟いて…次ジャックがいい顔してあたしに寄ってきたら警戒しておくよー…。
        そう、ここだけ成長する…、あんまり大きくなるとか言わないでようっ。
        カヴァテスさん、ご飯抜き、お菓子抜き、添い寝抜きでおねがいしますっ! -- タラリ 2013-11-02 (土) 01:37:24
      • しかし、それを言い始めたのはタラリな気がするのだが…むぅ、ここでそこに触れぬのが良い男なのであろうか…。
        …待て、何故そうなるのだ!オレ様が何をしたと…ええぃ、こんな胸程度で騒ぎすぎなのだ!(指を指して言った。)
        (指を指した時に指先が当たったかもしれない、当たらなかったかもしれない。)
        -- ジャック 2013-11-02 (土) 01:44:35
      • 殿下ちゃんは本当デリカシーを覚えないと駄目だねー…これは女性だけじゃなくて…男性相手にも言えるとは思うんだけどね。
        タラリちゃんもなかなか要求するねー…って、あ…(止める間もなかったようだ。)
        -- カヴァテス 2013-11-02 (土) 01:47:44
      • っ、ひゃあぁっ!?(少しだけ触れた気がして思わず声をあげて両手で胸を隠してカヴァテスの後ろへ)
        こんな胸って、こんな胸ってぇー…あたしだって邪魔だと思ってるけどぉ、ジャックに言われると傷つくよぅーーっ(走って逃げていく) -- タラリ 2013-11-02 (土) 01:55:08
      • あ…ち、違うのだぞ?オレ様は触ろうとしたのではなく…(慌てて訂正しようとする。)
        …って、そっちに怒るのか!?あ、いやそれも誤解があるのだ…あぁ、ま、待て…行ってしまった。
        …くっ、これではオレ様が悪者ではないか…いや、魔王になるのだからありかもしれぬが…うっ(後悔などが入り混じったあと、カヴァテスの顔を見て固まる。)
        -- ジャック 2013-11-02 (土) 02:00:37
      • 殿下ちゃーん…ちゃんとあの子に謝るまで食事抜きっていうのはどうかなー?(にっこりと微笑むカヴァテスであった。) -- カヴァテス 2013-11-02 (土) 02:01:34
  • 既婚者のジャック兄上に聞きたいが、やはり20歳までは待った方がいいんだろうか?(何故か新婚だと認識している狐) -- 紫暮 2013-10-29 (火) 21:06:36
    • うむ…まず、紫暮よ。お前は一体何を言っているのだ…?(真顔で聞き返す。)
      まぁ、一般論で言えばあまり早すぎる結婚をするよりもお互いのことをしっかりと分かりあった方がいいとは聞くがな?
      そんなことよりもなんだ、既婚者というのは…お前もアレか、カヴァテスのことを勘違いしてるのか?
      -- ジャック 2013-10-30 (水) 23:48:03
      • ?はて、新婚生活満喫中と聞いたのだが?(首を傾げて)
        やはり多少は猶予期間を持つべきか、その点ジャック兄上は長年連れ添っただけあるな
        まさか違うとでも?流石に女性に対しその態度はどうかと思うのだが(勘違いと言うか確信している) -- 紫暮 2013-10-31 (木) 00:32:33
      • ほぅ…誰に聞いたか言ってみるがいい…その者にオレ様も話があるのでな(魔王の子らしい、いい笑顔。)
        …どうしてそうなるのだ…まぁ、オレ様の父上のように一目惚れで即婚約になっても幸せになるケースはある。
        あるにはあるが、一足飛びでそうなると、それはそれで大変だったと父上も申しておったぞ。
        違うに決まってるであろう、何故オレ様が配下のカヴァテスとくっつかねばならぬのだ。オレ様はまだまだ発明をしたいのだぞ?
        -- ジャック 2013-10-31 (木) 00:39:51
      • そこらの井戸端会議中の主婦連中からの噂だが、正しいと思っているぞ?(日々瀕死になる訓練が続いたのでだいたいの事には動じない狐)
        ふむ、まあ、そう言うのは割とレアケースではないだろうか、だいたいは相手を知らないままでは怖いだろう
        配下を娶る主従関係はそこそこ多いと聞くからな、だいたいジャック兄上の発明は実用ではなく趣味だろう?日曜大工の延長だと思うぞ -- 紫暮 2013-10-31 (木) 00:45:23
      • くっ…あやつらか!…あやつらは手ごわい…何を言おうが頭を撫でたり飴を渡してきたりと強引なのだ…(苦渋に満ちた顔になる。)
        …まぁ、父上のはほぼ参考にならぬであろうな。今であればまず実現せぬであろうし。
        それは…まぁ、あるにはあるが。オレ様の場合は違うと断言出来るぞ?なんならカヴァテスを呼んでやろうか?
        な、何を言うか!実用であり依頼を受けたりもするのだぞ!ならばプロではないか!まぁ、仕様と違うと言われたりもするが。
        -- ジャック 2013-10-31 (木) 00:59:13
      • ジャック兄上はただでさえ子ども扱いされやすい外見だからな、俺は父上に似てよかった……種族は母上に似たが
        だろうなぁ、そう考えると余り参考になる人物に思い当たらないな……祖父に聞くのが一番かもしれんが
        二人して否定した所で噂は消えんし誰も信じないと思うぞ?
        明らかに仕様のまま作った事例の方が少ない気がするんだが……(その点受けた修理依頼はしっかりやってる狐) -- 紫暮 2013-10-31 (木) 01:02:08
      • 全く、オレ様はもう21だというのにな…オレ様はどちら似なのであろうな?混ざった感じであろうか。
        ふむ…人生経験と結婚の多用さならば、甥のサイフに聞けばよさそうではあるな。家系図から見てもすごいからな。
        …いや、信じてくれる人は結構いるぞ?オレ様の人徳故だな(お子様すぎる、というのは気づいていない。)
        一応仕様通りかそれ以上の性能ではあるぞ?少し副作用や副次効果が付随しているだけで…。
        -- ジャック 2013-10-31 (木) 01:09:56
      • 混ざった状態ではないだろうか?うむ、どちらにも似ていないとも言えるかもしれんが
        サイフさんは別格だと思うが、ちなみに井戸端会議の噂ではアクアアビスの三男が次男と同じ道をたどったと言う物だったぞ、なので信憑性はそこそこ高い
        人徳、人徳だろうか……?まあ、そうkもしれんが
        その副作用が通常必要ないものだと思うんだが…… -- 紫暮 2013-10-31 (木) 22:07:40
      • まぁ、それを言えばシラナ・シーナ姉上たちも容姿としては似てるとは言い難い面もあったからな。それはあまり気にしておらぬのだ。
        うむ、別格であろうな…あぁ、またか…全く、またお菓子を手に説得にいかねばな…(額に手を当て、ため息をつく。)
        …なんだ紫暮よ、オレ様の人徳に何か不服でもあるというのか…(ジロリと睨みつける。)
        …ええぃ、あまり深く考えるでない!とにかく!冒険も発明もしてちゃんと独り立ちしておるのだ!
        -- ジャック 2013-11-01 (金) 23:57:13
  • (バレンタインでチョコパンダまんを持ってきた際、家系図を見せてもらって)・・・ジャン君、ホント子沢山になったわねぇ・・・ -- アーシュラ 2013-10-27 (日) 23:40:27
    • …可愛いのか微妙に怖いのか、どちらとも言い難い品な気がするぞ?まぁ、美味しいのは美味しいのであろうが。
      ふむ、まぁ百数十年も一緒にいるのだから当然だとも思うのだが…あと、サイフやジーク兄上などには負けると思うのだ。
      -- ジャック 2013-10-28 (月) 00:14:58
  • 何か届いた -- 2013-10-26 (土) 00:24:09
    • おぉ、ようやく完成したのだな!…ふむ、ふむふむ…なるほど…ジーク兄上の家系が凄い難解になっているな。
      よし、とりあえずこれはちゃんと貼り直しておくか…うむ、これでよし(新しいのと張り替えて満足げなジャックだった。)
      -- ジャック 2013-10-26 (土) 00:53:15
  • おぉ、ジャック。相変わらずちっさいなー…全然変わってないようで、俺としては安心もするが(即頭を撫でながら)
    あぁ、今日はジャックにはいきなりではあるが発明を頼もうと思ってな…あーでも1月の冬山にいけるかどうかなんだよな…。
    1月の雪山に、スキー&スノボー関連の発明をして欲しいんだ。どんな発明かは問わない!ちなみにフィニスにもお願いするつもりだぞ? -- リベル 2013-10-24 (木) 23:39:34
    • むっ…リベルか、相変わらず無駄に大きいな!…くっ、おのれ先ほどから…少し大きいからといって調子に乗るんじゃないぞ!
      なに、依頼?ふむ、言ってみろ……なんだ、オレ様が直接出向かないといけないのか?
      むぅ…1月か…いける、いやどうであろう…行きたいのは山々ではあるが。
      ふむ、スキー&スノボー…なに、フィニスにも!?…面白い、オレ様は構わんぞ!ただし、確約は出来ぬからな(//行きたいけど、行けなかったらごめんなさい…。)
      -- ジャック 2013-10-24 (木) 23:56:01
      • ハハハ、すまんすまん。悪気はないんだがなー…(ただちょっとからかう気はあっただけで)
        あぁ、出来れば発明品の説明とかもしてほしい…それに、実際使用者を見るのも発明者としては重要だろ?
        あー、まぁ予定があったりするんなら無理にとは言わない…そこらへん、出来ればって話だからな
        あぁ、それでいい…フィニスとの発明合戦、期待してるぞ?(笑って言いながら) -- リベル 2013-10-25 (金) 00:10:14
      • …本当に悪気はないのであろうなー?…まぁ良い、オレ様はそんなに器の小さな男ではないからな。
        ふむ…そう言われると確かに、使ってるところを見なければ今後の改善点などもわからぬし。他人から説明されても、それが正しいか分からぬからな。
        ハァーハッハッ!任せるがいい、今回もオレ様の見事な発明品で勝利を収めて見せるぞ!(腕を組んでどや顔するちびっこ。)
        -- ジャック 2013-10-25 (金) 00:18:28
      • ないない、本当のことさー…あぁ、ジャックはビックな魔王になるんだからな(でも頭は撫でて)
        あぁ、どちらが勝つかも楽しみにしてるぞ!さて、早くはあるがこれくらいで…あぁ、その前に。
        ジャック、サーファー部に入る気はあるか?サーフィンの練習してれば背が伸びるかもだぞ?俺みたいにな! -- リベル 2013-10-25 (金) 00:23:40
      • …うむ、オレ様はビックに……ええぃ、撫でるでない!(両手を振って振り払う。)
        なに、勝負など既に決まっておるわ!オレ様には既に発明のアイデアが出来ておるのだからな!…ん?まだ何かあるのか?
        …あぁ、そのことか。オレ様は入らぬと……い、いや。それでも入らぬぞ!時間が足りぬからな!
        まぁ、リベルのような楽しみ方もありとは思うし…オレ様は応援しているがな。
        -- ジャック 2013-10-25 (金) 00:42:06
      • ハハハ、これからの話だからなー(とはいえ本心では大きくなられると違和感パネェだろうなーとか考えながら)
        さて、どうなるかなー…ジャックも普通のを作れば、いい線いけると思うんだがな…
        あー、やっぱりダメかー…まぁしゃーねーな!あぁ、応援サンキュー!俺は俺で頑張るさ!
        さてと、それじゃあまたなー。発明の方頑張れよー -- リベル 2013-10-25 (金) 01:00:35
  • 「うわっ!なにこれエロッ!エロローッ!」ってカンジの男性用女性水着がお届けなされやがりました -- 2013-10-22 (火) 16:53:28
    • (カヴァテスの荷物だと思ってカヴァテスの部屋に放り込む。) -- ジャック 2013-10-23 (水) 00:31:48
      • (レアアイテムでもないし知らない荷物なので遠慮なく処分する、した。) -- カヴァテス 2013-10-23 (水) 00:33:21
  • ……ジャック、いつの間に結婚したの?
    結婚したならいい加減変な発明やめればいいのに… -- フィニス 2013-10-20 (日) 00:06:21
    • …お前もか、お前までもがそのような与太話を信じるのか!!
      そんな訳がなかろう!今のオレ様は女にうつつを抜かすより発明、そして冒険で良い結果を残す方を選ぶ男だぞ!
      全く、それに一緒に住んでいるのはオレ様の家来のカヴァテスだ。なにもやましい事などはないぞ?
      -- ジャック 2013-10-20 (日) 00:11:29
      • だって皆言ってるもん。…ジャック良い歳じゃん。結婚しててもおかしくないし?
        …冒険はともかく、発明で結果…ねぇ?私に勝てないのに?(ドヤ顔)
        家来て。…ジャックってそんないいとこの出だっけ? -- フィニス 2013-10-20 (日) 01:50:27
      • ぐぬぬ…何でこんな事になったのだ…むっ?確かにおかしくはないが、だからといって結婚する気がないのだから仕方がなかろう。
        何を言う!今までの対戦成績でもほぼ五分だろうが!(自称引き分け分を加えるとちょっと怪しいくらいのようだ。)
        むっ、知らなかったのか?母上は魔王と呼ばれるほどで、父上も街でも有数の老舗洋菓子店の店長。他にも一族はかなり多いはずだぞ。
        -- ジャック 2013-10-20 (日) 01:58:58
      • だって…ねぇ?可愛い子と二人で暮らしてるなんて言ったらそりゃそうなるよ。で、結婚はまだ?
        …というか、貴方のそれって発明じゃないじゃん。理論も、法則も考えてないんだもん
        ……知らなかった。洋菓子店……ジャックのイメージとかけ離れてるなぁ -- フィニス 2013-10-20 (日) 02:40:56
      • …可愛いか?いや、見てくれはいいかもしれないがあやつは性格は良いという訳ではないぞ?…なぜ、そう、なるのだ!
        むっ?よく原理は分からんが、そうなる発見などは世の中には多数あるではないか。フィニスはそれを発見ではないというのか?
        それに、オレ様の発明は大体が魔力で動いているからな…ただ、魔力をどうしてこうなるのか…それが多少謎ではあるな、作ったオレ様からしても。
        それはそうだろう、オレ様はほとんど店の手伝いはしていないのだから…姉上たちはまた別であったが。
        -- ジャック 2013-10-21 (月) 20:26:44
      • …だって男と女が一つ屋根の下でしょ?そりゃそうなるよ。ご祝儀には幾ら包むべきかな…
        ……貴方は何かよく分からない力でほいほい望みのもの作り上げてるだけじゃない
        自分の知識も、時間も必要ないんでしょ?…その産物と私の発明を一緒にされたくない、ってことよ
        …20にもなって、家業を継ぐわけでもなく、女の子を侍らせて趣味に傾倒する男、か……(遠い目) -- フィニス 2013-10-22 (火) 21:49:38
      • …別にいくら包もうが構わんが、即刻書留で送り返してやるぞ?(ジト目で睨んでいる。)
        あぁ、あれは確かにオレ様の能力…オレ様としても多少不本意ではあるのだがな?
        だが、全てがアレで作ったと言われては困るな。こないだの足場などはオレ様の作ったものだぞ?能力なしでな(つまり、実現不可能な発明品でなければ発現しない能力のようだ。)
        …なんでそうなる!オレ様は既に冒険もしているし独り立ちしておるではないか!?
        -- ジャック 2013-10-23 (水) 00:25:45
      • …冗談だってば。ジャックにそんな甲斐性ないことは私も知ってる。幼馴染だし?
        …ふーん。でも、どっちにしろ私は貴方のその能力、嫌い。私が作ろうとしても作れないものを作っちゃうし。…ずるいよね
        いやぁ冒険者なんてこの街じゃ趣味の一環みたいなとこあるし…ごりふれすぎてるし…? -- フィニス 2013-10-24 (木) 21:33:38
      • …うむ、分かれば…少し待て、オレ様のどこが甲斐性がないのだ。オレ様は器の大きい男だぞ!
        ふむ…そうか…でも安心するがいいぞ、フィニスとの勝負にはこの能力は使わずに挑んでいるのだ(そのあたり昔から同じようだ。)
        そ、それでもちゃんとした仕事ではないか。では副業をしておらぬものは皆趣味しかしておらぬものになってしまうぞ!そうれではあるまい?
        -- ジャック 2013-10-24 (木) 23:10:09
      • 自分でそう言う男は器が小さいって誰かが言ってたよ?(くすり、と珍しく笑い)
        …分かってるよそのぐらい。でも、やっぱり私からすると羨ましいの。私に出来ないことがいっぱい出来るのに…わざわざ同じ土俵で戦おうとするとこも。何か、悔しいの
        だって、ジャックが本気出したら私なんて絶対叶わないじゃん。……それなのにわざわざ。何か手ぇ抜かれてる気がするんだよね
        (子供染みた単純な嫉妬心。それを臆さず口に出来るのも相手が昔馴染みだから。積み重ねた年月が生み出す信頼からの言葉を投げかけて) -- フィニス 2013-10-26 (土) 00:55:15
  • とつげき!となりの!ばんごはん!(クリップを弾いて巨大しゃもじを出してジャックに迫る) -- タラリ 2013-10-21 (月) 00:11:45
    • …晩御飯を食べにきたのか、それともカヴァテスに会いにきたのか…どちらなのだ?(普段のテンチョンでジト目で見ている。)
      ちなみに、二つに一つだからな…どちらも、はオレ様が許さん。
      -- ジャック 2013-10-21 (月) 20:37:40
      • …どちらも、はダメなのー!?(信じられない!という表情) -- タラリ 2013-10-21 (月) 23:03:21
      • オレ様が許さん、といったはずだが…?全く、ついでに晩御飯にもありつこうなどと…。
        タラリも家事くらいは出来るのではないか?ただしないだけで…いや、それも問題だろうが。
        -- ジャック 2013-10-21 (月) 23:06:46
      • そんなの宿の人にやらせるしー…生きてくうちで必要じゃないしー。
        じゃあいいよう、そのカヴァテスさんとジャックのきゃっきゃしてるところだけ見るからっ(巨大しゃもじを懐に収納し、適当な椅子に正座する) -- タラリ 2013-10-21 (月) 23:10:33
      • …何でタラリはこうも面倒くさがりなのだ…これを解決する発明があればよいのだがな…。
        そっちか…連続で呼ぶとあとで何か言われそうなのだが…まぁ良いか、配下にも少しは働いて貰おう(さっきと同じようにスイッチで、ブザーが鳴る。)
        -- ジャック 2013-10-21 (月) 23:15:46
      • えー…また用なの殿下ちゃん…さっきのジョシュア?もうレアアイテム持ってきてくれたの?
        って違うじゃん…あ、でも可愛いねこの子。殿下ちゃんとお似合いじゃない?見た目的にも(出てくるなりこんなことを言った。)
        -- カヴァテス 2013-10-21 (月) 23:17:30
      • やだよぅ、発明であたしが働き者になったら疲れて困る。
        ふぁ、ふぁぁ、写真で見た通り、だぁー(とてとてとカヴァテスの元へ駆け寄り見上げるようにじろじろじろじろ)
        んーふーふぅ、カヴァテスさんとジャックは似合わないというかぁ…ねえねえ、どうして同棲してるのー?この発明ばかのどこに惚れたのっ?のっ?のー?(きらきらした瞳で見つめる) -- タラリ 2013-10-21 (月) 23:25:33
      • フン、タラリにはそれぐらいで良いであろう…疲れるのも、普段から怠けているからだ!
        まぁ、写真は見たとおりの実像を写すから当然そうなるが…おい、タラリ。何を聞いている(ジト目で睨んでいる。)
        -- ジャック 2013-10-21 (月) 23:45:10
      • ハハハ、そりゃ殿下ちゃんと私じゃねぇ…あぁ、もちろん身分の違いだよ殿下ちゃん。
        あと、一緒に住んでるのは私がいないと寝られないー!って煩いから仕方なくなんだよ、ほら寝られそうな顔してるでしょ?(根も葉もないことを平然と口にする。)
        -- カヴァテス 2013-10-21 (月) 23:49:21
      • ひみつー、近寄るなぁちびー(ちらっとジャックを見て言い放ち)
        ぁ、ぁぁーっ、うんうん。そういうの言いそう言いそう。(再びジャックを見ながら大きな声で)二人は恋人同士というよりお母さんと息子みたいだねえー?んふふぅ -- タラリ 2013-10-21 (月) 23:53:21
      • 何を言う!タラリもあまり変わらぬではないか!それにオレ様は今までの兄上たちを思えばまだ伸びる可能性は大なのだぞ!
        あと、カヴァテスとオレ様が親子だと!どこを見てそのようなことを言っているのだ!(むっとした顔で怒鳴る。)
        -- ジャック 2013-10-22 (火) 00:00:57
      • でしょー?まぁ、そこが可愛いと言えなくもないけどねー…。
        …ん?私と殿下ちゃんが?ないない、それにいうなら姉と弟がいいね…ところで、君は殿下ちゃんとはどんな関係なの?恋人?婚約者?
        -- カヴァテス 2013-10-22 (火) 00:02:17
      • ほんとかー、ほんとに伸びるのカナー…結構前から「まだ伸びる」って言ってない?
        んむー、そうだねぇ、お姉ちゃんと弟って感じかも。…ん、それじゃ二人のキャッキャしてる所見られないのではぁ!?
        恋人、婚約者?あははっ、そんなのないない。ただ小さい頃から遊ぶ場所が似たり寄ったりなのが多かっただけだよう。ねー? -- タラリ 2013-10-22 (火) 00:32:58
      • の、伸びるぞ!姉上も兄上もみな最終的に伸びたのだからな!伸びぬはずがない!(ただ、多少遅いのは気にしているらしい。)
        このような姉などいらぬのだがな…オレ様の発明品を勝手に取っていくのだぞ、こやつは(主に危険なものばかり。)
        うむ…それはないな、タラリは自堕落すぎる…このような妻を持ったら苦労するのは間違いない。
        -- ジャック 2013-10-22 (火) 00:40:59
      • …キャッキャはないねー…私としても殿下ちゃんにはそういう相手が早く出来てくれたら私の負担が減るから歓迎なんだけどね。
        あー…殿下ちゃんにはもっと、女心をよく理解するところから始めないとダメだろうねー…(ため息をついた。)
        -- カヴァテス 2013-10-22 (火) 00:42:33
      • んーひひひ、その「最終的」が遅くならなければぁ、いいねー?…へぇ、発明品取って行ってくれるなんて、いい人じゃない?危険なのもいっぱいあるしぃ。
        女心!だよねだよねぇ、昔っからこうなんだよ。偉そうだし、上から目線だし。すぐ怒るし。
        …はぁ、カヴァテスさんは写真通りかそれ以上に素敵だったけど、キャッキャないのは残念だったよぉ…記録してばらまこうと、街で安いカメラと録音機買ってきたのになー。
        とりあえずあたしは、お腹すいたから晩ご飯食べにどこかの家行くよぉ。またねぇー。 -- タラリ 2013-10-22 (火) 00:52:47
  • よっ、暇か?(明らかにこいつのほうが暇そうである) -- ジョシュア 2013-10-20 (日) 11:53:14
    • おぉ、ジョシュアか。今しがた新しい発明品にもひと段落ついたところだ、時間はあるぞ!
      しかし何しにきたのだ?何か発明品が欲しい、作って欲しいのならば聞かんでもないが。
      -- ジャック 2013-10-21 (月) 20:32:21
      • 今日は発明品に用があるわけじゃない。このまえ言ってた子にあわせてくれよ!俺はそのために来たんだ!
        40秒で頼むぜ! -- ジョシュア 2013-10-21 (月) 20:44:27
      • なんだ、カヴァテスに会いに来たのか?…オレ様の発明ではないのか(ちょっとしょんぼりしている。)
        まぁ良い、大方そうなるであろうこともオレ様は予見済みだったからな…では、呼んでくるぞ?(スイッチを押すと、奥の部屋でブザーが鳴る。)
        -- ジャック 2013-10-21 (月) 21:16:20
      • はいはーい、なんですか殿下ちゃん…って、あれご友人?珍しいね(気だるそうに出てきてから来客に少し驚く。)
        …あぁ、来客が珍しいんじゃなくて、私がいるのに呼ぶってのが珍しいって意味ね(一応誤解されないようにフォローする。)
        -- カヴァテス 2013-10-21 (月) 21:30:41
      • お前の発明品はどこか抜けてるんだよ!まったく!よし、準備は万端だ・・・!(昔ひどい目にあったらしい)
        やぁこんにちはお嬢さん。僕は彼の友人でジョシュアと言うんだ。どうかな、これから僕と一緒に愛でも語り合わないかい?(歯を光らせながら) -- ジョシュア 2013-10-21 (月) 21:35:35
      • …うんうん、うん?……プッ…ハハハハハ、ねぇ聞いた殿下ちゃん。愛だって愛、よりによって私に(大爆笑している。)
        あー、なかなか面白いね君…ジョシュア君だっけ?いやー、殿下ちゃんもいいご友人持ってるなー(目尻の涙を拭く。)
        -- カヴァテス 2013-10-21 (月) 21:48:20
      • な!?ここ笑うところじゃないよ!?僕はいたって大真面目だ(キリッ)
        お前も笑ってないで何かフォローしろよ! -- ジョシュア 2013-10-21 (月) 21:50:35
      • 抜けてるとは失敬だな!まぁ、副作用や問題点はあるが…それはまぁ、効果を見れば問題ないほどであろう!
        ジョシュアに渡した透視装置もちゃんと動いていただろう?内臓まで見えたのは予想外ではあったが。
        -- ジャック 2013-10-21 (月) 21:54:30
      • フォローと言われてもだな…どんなものか知らぬのにいきなり告白しているジョシュアも悪いからな。
        まぁ、強いて言うなら…ジョシュアは馬鹿だが、悪いものではないぞ(フォローしたつもりのようだ。)
        -- ジャック 2013-10-21 (月) 21:55:51
      • まぁあれはアレで便利ではあるんだが・・・(医療器具に活用してるらしい)
        昔から言うだろう?速さとは力!ってな。ッ手フォローになってないからなそれ!
        あー・・・殿下ってことはやっぱりしもべ系なのこのコ -- ジョシュア 2013-10-21 (月) 22:03:14
      • ふむ、それならば良かったではないか…あぁ、でもそろそろ内部魔力電池が切れる頃だな。ジョシュアが魔力を込め直してもいいとは思うぞ。
        …フォローしたつもりなのだが…むっ?あぁ、オレ様の配下のカヴァテスだ!(どや顔で語る。)
        -- ジャック 2013-10-21 (月) 22:12:13
      • あぁ、実際は違うんだけどね?殿下ちゃんが言い張ってるだけで(ジャックの頭を撫でる。)
        私は…まぁ、この子の親の家に住む居候ってところだねぇ…あ、ちなみに人ではないからね?
        -- カヴァテス 2013-10-21 (月) 22:13:45
      • アフターケアするのも発明家の仕事だろー?今度頼むよ。・・・本来の使用目的は果たしてないけど
        お前のってよりお前の母さんの、だろ。あー人じゃないのは知ってるよ。昔ひどい目にあった・・・
        ま、これから愛を育てれば問題ない。というわけで今後ともよろしく!(わりとタフな奴だった) -- ジョシュア 2013-10-21 (月) 22:17:54
      • やれやれ…仕方がないな…これくらい片手間だろうに(予備の電池を握り、魔力を込める。膨大な魔力を流し込んでいるが、平然としている。)
        うむ、うちのは見た目はいいかもしれないが…どいつもこいつも一癖も二癖もあるものばかりだからな、オレ様の友人でなかったら食われていたかもしれん。
        -- ジャック 2013-10-21 (月) 22:23:22
      • なかなかに頑張るねー…私に期待しても無駄ではあるけど…あぁ、次持ってくる時は何かレアっぽいの持ってきたら話は別かもだけどね?
        (本来は欲深きものなだけに、レアアイテム収集をしているようだ。)
        -- カヴァテス 2013-10-21 (月) 22:27:41
      • 僕はあいにくとただの人間だからね。君の魔力量には足元にも及ばないよ。
        可能性があるのならこじ開ける!それが人間の強さ!・・・レアっぽいもの・・・かいつまんで言うと財宝とか?でもそうなるとクリニックの運転資金が・・・・! -- ジョシュア 2013-10-21 (月) 22:31:28
      • 何を言う、何事もやってみなければ分からんではないか(試しに電池を放り投げて渡そうとする。)
        (受け取ってしまうと、その瞬間から魔力を吸われる。超吸われる。)
        -- ジャック 2013-10-21 (月) 22:46:54
      • (一瞬でミイラっぽくなるひょろガリ)
        殺すきか!? -- ジョシュア 2013-10-21 (月) 22:48:01
      • それよりは…やっぱりアイテムがいいね、今度何か拾ってきたら見せに来てよ。私は大歓迎するから(営業スマイルで言った。) -- カヴァテス 2013-10-21 (月) 22:48:11
      • いかんあやうくおふくろのところに逝きかけた・・・アイテムかあ・・・冒険で拾えるのでめずらしいのってなると大分先かねえ
        ま、今日はこのへんで失礼するよ。電池サンキューな。カヴァデスちゃんまたねー!(ふらふらとした足取りでかえっていく -- ジョシュア 2013-10-21 (月) 23:35:41
  • ジャックが新婚生活に入って毎日がバラ色だと聞きました -- ソフィーア 2013-10-17 (木) 22:55:41
    • ……一体全体、どこの馬鹿がそんなでたらめを流しているのだ。そいつにはよーく「話し合う」必要がある…(頭を抱えて言った。)
      ソフィーアもそんなデタラメを信じるでないわ!オレ様が何故結婚などせねばならんのだ(むすっとした顔で見上げる。見上げる角度もかなり急になる。)
      -- ジャック 2013-10-17 (木) 23:05:55
      • ……いーいジャック、一応年頃の男子が若い女性と同居するっていう事はぁ、つまりそう思われても不思議は無いって事なのよぉ?
        でもひょっとしたらって私は思いました(にこっ)結婚が早いカップルは早いって言うしぃ……?(見下ろす。普段なら前屈みなりしゃがむ所だがあえてそのまま) -- ソフィーア 2013-10-17 (木) 23:11:01
      • …若い女性?…あぁ、もしやカヴァテスのことか?あやつはオレ様の配下、だからそういう関係では全くないぞ。
        …全く、ソフィーアは相変わらずだな…今のところ、オレ様は恋愛などには興味が…ええぃ、話にくい!(足元に平べったい板のようなものを置き、その上に乗る。)
        (そして指を鳴らせば、ガチャンガキンバシーンと音を立てて上へと組み上がり、ソフィーアの目線とほぼ同じくらいの高さになっていく。)
        フフン…これで話しやすくなったな!(60〜70cmもの踏み台の上で腕を組んでどや顔する。)
        -- ジャック 2013-10-17 (木) 23:29:26
      • うん。でもねぇ?そういう関係だって知ってないとぉ……って感じでぇ、尾鰭が付いたり増えたりで。……ジャックは暫く誤解を解くのに奔走しなきゃいけないねぇ
        一度恋に破れた私としては他の誰かが幸せそうにしてるのを見てほんわかしたいしぃ……だよね、本当にそんな感じで……?
        ……おー、凄い凄い(足元はよく見えないが、何か土台に載ってそれが伸びたのは分かった)
        こういう無駄っぽいの作るの上手だもんねぇジャックはー(悪気はないのだ。ないついでに頭を撫でようと手を伸ばす) -- ソフィーア 2013-10-17 (木) 23:37:00
      • それくらい察して欲しいものなのだかな!全く、誰が噂を流しておるのだ…面倒なことこの上ないぞ。
        …それはそれで悪い事ではないが、ソフィーアもまた新たな恋を見つければ良いのではないのか?
        色々と何年も前から、作っては改良を加えてきたからな!(つまりそれだけ小さい時期が長いということでもある。)
        …無駄と言うな無駄と!立派に今役立ってるではないか!…あと撫でるでない!お前とオレ様はほぼ同い年だろうが!(撫でられて不満げに言った。)
        -- ジャック 2013-10-17 (木) 23:46:20
      • それは無茶ってものだよジャック……。……そうは言うけど暫くはいらないかなって。自分のはいいやって感じかなぁ
        だよねぇ、子供の頃はそうでも無かったけど、どんどん角度が付いていっちゃって……胸も邪魔になって……(出会った頃からずっと見下ろしていたが故の表現)
        そうかなぁ……大げさな感じもあるけど……。……えっ?……え〜?ジャックは撫でやすいのになぁ(しぶしぶ手を引っ込め) -- ソフィーア 2013-10-17 (木) 23:52:54
      • …ふむ、そういうものなのか?まぁ、クノンの姉上もそういう時期があったそうだからな…まぁ、オレ様が口を挟むことでもないか。
        …くっ、オレ様を差し置いてどんどんと大きくなりおって…まぁ、それほど大きくなるのも苦労があるようだからな(シラナという姉も負けじと大きな胸だけに、色々と聞かされているらしい。)
        …大げさではないぞ!まぁ、照明やスモーク機能はそうかもしれぬが…魔王の息子ならば、これくらいの演出あってしかるべきであろう!
        撫でやすいからといって撫でておってどうする!まったく、そういうところは全く成長せんな、ソフィーアは。
        -- ジャック 2013-10-18 (金) 00:11:33
      • 信じて寄りかかっていたものを失くすのは中々ねぇ……まぁうん、そんな感じだし、過ぎた事でもあるしぃ
        普段から視線を水平以上にする事が無いのもそれはそれで辛い所なんだよぉ?……その点ジャックは安心できて良いかなぁって。他の男子みたいに胸に興味深々じゃない様だし……
        そうかなぁ……(二度目)……でもジャック自身は変わってないんだし、それにほら。……押されたりしたらどうするの?……落ちちゃうの?
        ジャックもずっとそういう風だよねぇ。…………えい(押した。唐突に) -- ソフィーア 2013-10-18 (金) 00:27:30
      • オレ様としてはその身長をよこせ、と言いたくなるものだぞ!そういう機械を開発しようとしたら、体重だけ移動する欠陥品であったしな。
        安心出来る?…あぁ、その事か。オレ様の家には胸の大きなものなど珍しくもないし、大きいからといってもどうということもないではないか(ある意味まだまだお子様のようだ。)
        そ・う・な・の・だ!…いや、オレ様としては変わりたいのだぞ?主に身長がな…むっ、押されたらか?それはまぁ、重力があるのだから落ちかねないな。
        だから、オレ様は変わりたいというに…っと、甘いわ!(後ろに倒れかかるが、即座にスイッチを置すと体が浮かぶ。)
        ハァーハッハッ!こんな事もあろうかと反重力装置も作っておいたのだ!この上なら落ちる事はないわ!(つまり、もう少し押すと落ちる仕様。)
        -- ジャック 2013-10-18 (金) 00:35:58
      • 差し上げられるものなら差し上げたい所なんだけどねぇ……。……ジャックは本当、おってなるの作るけど見当外れるよね……
        うん。慣れというか諦めが付くまで結構時間かかったから……あー、環境、環境かぁ……。……いやね?ジャックはそうでも他の男子はね?
        ……そう?……でもそこで上げ底にはしるのも何か違う気がするけど……あ、やっぱり?
        ふむん……あ、結構大丈夫そうなんだねぇ。対策してあるんだ、えらいえらい(微笑みながら)
        そっかー……(更に押した。ソフィーアは腕も長いのだ) -- ソフィーア 2013-10-18 (金) 00:41:18
      • いずれは是非とも開発したいものだがな…うむ、何故かそうなるのだ。いずれはそれも克服したいのだが。
        良くは分からぬが、ソフィーアもぽややんとしてるが苦労もしておるのだな…ん?あぁ、胸が好きなものがいるのは知ってるぞ?まぁ、パンやご飯が好きなのと違いはあるまい。
        変わらぬのだから、道具で補うのは当然であろう。人もそうやってここまで発展してきたのだからな。
        フッ、オレ様を誰だと思ってる…黄金歴の発明王となる男だぞ…って、あ、こらっ!やめっ(ふわふわと浮かんでいたが、浮かんでるだけに押されるとそのままズレてしまう。)
        …くっ!(しかし間抜けに落ちて尻餅をつきたくなかったのか、魔力を展開して空中に浮かぶ。)
        …おのれ、ソフィーア!オレ様に道具ではなく魔力を使わせるなど!(どうやら道具で何でも解決したいらしく、魔力で出来る事も道具優先らしい。)
        -- ジャック 2013-10-18 (金) 00:50:08
      • ……前からずっとそうでぇ、今もそうでぇ……。うぅん、出来ると良いねぇ、克服……
        その辺りは、怒る度におかしな事になるからって言うのもあるんだよ?……うーん。……個人の嗜好の問題と言えばそうだけど……(釈然としないものがあった)
        あ、それをジャックが言うんだ?(おかしい、と言いたげに微笑む)
        発明王、発明王か……えっ?えっ?(平気なんだろうと思っていた分しっかり腕を突き出してしまっていた)
        あ、っと、あー……落ちちゃったかと思ったぁ。……いや、落ちたは落ちたんだろうけど
        ……ごめんね?……まさかするっと落ちるとは思わなかったからぁ(申し訳なさそうに手を合わせる) -- ソフィーア 2013-10-18 (金) 00:58:55
      • …あ、諦めなければいずれは叶うのだ!父上も兄上もそうだったのだから、オレ様にも出来る!
        まぁ、オレ様もいつまで経っても小さいと言われ続けて、最早言い返す気力もなくなってはきたがな…お互い、違いはあれど苦労するものだな(ため息をついた。)
        むっ…何かおかしかったか?(きょとんとして聞き返す、その顔は体と相応に見える。)
        まさか、あの状態で押し出してくるとはな…まぁ良い、今後の改良点として付け加えるだけのこと!失敗は成功の母というではないか。
        なに、それにソフィーアが突拍子のないことをするのは一度や二度ではないからな。それくらいで怒るような器の小さい男ではないぞ!(足場に戻ってから腕を組んでドヤ顔する。)
        -- ジャック 2013-10-18 (金) 01:05:10
      • それは……そっかぁ、やっぱり諦めないって大事だねぇ(しみじみと)
        ねぇ(溜息)……あ、でもジャックは自分より小さい子いる訳だし、そこ考えれば……まだ少しは良いんじゃないか、なぁ……?
        だってジャック魔族じゃん。魔王狙いなのにそんな、人がどうとかって……なんかやっぱりおかしいよ?(微笑んだままで)
        そのまま落ちるとは思って無かったしぃ、最初大丈夫そうだったからあー大丈夫なんだなぁって思ったら……ジャックは落ちていた、て感じでした
        あ、その言われ様は……仕方ないかぁ……。…………ジャックはジャックだねぇ(改めてしみじみと呟いた)
        ともかく新婚状態じゃないのが分かったし、今日の所はもう帰るね?それじゃー -- ソフィーア 2013-10-18 (金) 01:20:22
      • あまり下ばかり見てもそれはそれで心を蝕むぞ、ソフィーア…どうせならば上を見なければな!
        なんだ、そういう事か。それならばおかしくもなにもないぞ?人間がここまで発展してきた、ならば王となるオレ様も良い点は学んで然るべきであろう。
        大丈夫だからとエスカレートしていってどうするのだ…まぁ、次はそのようにされてもこんな事もあろうかと!と対策してみせるぞ!
        …むっ、何がなのだ?(しみじみと呟かれて、不思議そうに首を傾げた。)
        うむ、今後誤解しているものがあらばソフィーアからも訂正しておいてくれ。それではまただ
        -- ジャック 2013-10-18 (金) 01:34:24
  • せっくす! -- 2013-10-15 (火) 21:46:35
    • どらっぐ! -- 2013-10-15 (火) 21:46:57
      • …殿下チャンは最初から人気だナー…あ、私はそういうのノーサンキューなんで。 -- カヴァテス 2013-10-15 (火) 21:51:04
      • ええい、オレ様だってこんなのは配下にしてくれと言われても拒否するぞ!まぁ、この街伝統の挨拶ではあるが…。 -- ジャック 2013-10-15 (火) 21:51:53

Last-modified: 2014-03-06 Thu 00:26:43 JST (3038d)