After Millennium Years
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp031575.png 
しらたまビジョンの俺。そうかそうかこんな風に見えているのか。
名前キョーレン・キリカゲ
性別
年齢27
出身地だいぶ東のほう
職業剣客
理由見聞を広める旅
ビジョン出遅れたのに描いてくれた慈悲
手に入れたhttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst084459.png
行動方針
RP傾向色々ふらふらしたい
目的見聞を広めると言っておけば大体言い訳になるから便利だよな。
好みおいしいもの・かわいいもの
苦手まずいもの・グロいもの
 



編集:info/黄昏歴
黄昏歴 1104年10月(西暦 2019-12-09)
NEXT : 6/22
カレンダー



変な格好の剣士に話しかける Edit

qst065599.png
&COLOR(#c53d43){};


編集:ゾロ・メデ・デターノ 差分:ゾロ・メデ・デターノ 交流記憶
お名前:
  • や、経蓮久しぶり。…もう夏が来るねぇ(そう言って厚い雲と日差しを背負ってやってくる少女。その左目は黒く、人の物であり) -- 緋乃 2016-09-09 (金) 21:56:35
    • だなあ。何故かこの国も、俺達の国許と同じような四季がある。不思議なことだ。
      ……約束、守ってくれたな。ありがとう。
      -- キョーレン 2016-09-09 (金) 22:23:59
      • 世界中どこでもあるんじゃないの?…って思ったらこっち来る途中の国じゃあんまそうでもない所もあったな(と、空を見上げ眩しそうにし)
        …あはは、先に言われちゃったよ。こっちこそ…ありがとう(そう言う少女は微笑みを見せ、軽く頭を下げた。なんでもないことのように…しかし思いは深く込めて) -- 緋乃 2016-09-09 (金) 22:29:08
      • どういたしまして。(頷いて、そして笑みを見せた。)
        俺はな、俺の料理を美味そうに食べてくれることにおいて緋乃より上の人間を知らない。そんな友達をこんなに早く失うなんぞ、まっぴらごめんだ。
        -- キョーレン 2016-09-09 (金) 22:39:44
      • (そんなことを言われれば、目をぱちくりさせ)なにそれー、私が一番食い意地が張ってるみたいに!…まあそうなのかもだけど(目を逸らしつつも、ちょっと嬉しそうにして)
        …とは言っても、実は今はそこまでいっぱいは食べれないんだけどね。昔あの寺で作ってくれた煮込み、たぶん今だと食べきれないかも(苦笑を浮かべてそんなことを言い)
        あの野菜たっぷりの鍋、美味しかったなぁ…。あれ、どっかの農場からわざわざ買い付けて来てくれてたんでしょ?その節はどーもお世話になりまして。 -- 緋乃 2016-09-09 (金) 22:48:14
      • ああ、あの時はひやひやした。最大量をいったつもりだったのにまだまだみたいなこと言ってたろ? ……ああ、そうか。もう完全に人だから、そういうところにも影響が出てるのか。
        ……っておい、ちょっと待て。どこから漏れたその情報。誰にも言ってないはずなのに……人の口に戸は立てられんな。(頭をかいて苦笑い)
        -- キョーレン 2016-09-09 (金) 23:28:38
      • そうそう、…そういう意味じゃこれからは太らないようにしないとね?(などとくすりと笑い)経蓮は肉付きのいい子とかのが好きなのかなー?(などとからかうように言い)
        ふふふはらぺこ情報網をなめちゃ駄目だよ…!食べ物に関することなら王様のお昼メニューだって掴んで見せる…!(無理です)
        ともかく、経蓮には色々世話になったね…冒険でもちょいちょい助けられたし。海で貰った手拭いも無事荒れ寺の瓦礫から掘り出せたよ。そろそろまた使うこともあるかな?
        (などと言って懐から取り出す。きちんと洗われているのか、真っ白なそれをぱん、と張ったりなどして) -- 緋乃 2016-09-09 (金) 23:42:35
      • なっ、え、ちょ、おまっ……!!(どうもその手の話題には弱いらしい。顔が一瞬で赤い) いや、肉付きのいいほうがとかそういうんじゃなくて、あのー……なあ? そりゃ俺の好みはあるにはあるけど、そのー……。(もごもご)
        いいんだよ、要するに全部俺がやりたくてやったことだ。……色々あったけど、緋乃が戻ってきてくれて本当に良かった。
        -- キョーレン 2016-09-09 (金) 23:57:34
      • (己も違う意味でその手には弱いのだが、彼の反応はそれでも分かるくらいには分かりやすく、それを好ましく思い)
        あはは!冗談冗談!私なんて多少育ったところでねー。ふふ、でも皆が色々言いたくなる気分は分かっちゃったかも(くすくすと楽しそうに笑って)
        もう…なんて言うかすごい甲斐甲斐しいよね、経蓮って。むしろお嫁さんとかに向いてる気が…なんて言うと流石に怒っちゃうかな?
        あ、でも…しばらくしたら私、旅に出ようと思うんだ。世話になった人の故郷や…私の故郷に行きたいと、思ってさ。親のことは殆ど覚えてないけど…それでもね。 -- 緋乃 2016-09-10 (土) 00:11:11
      • おまえなあ……そういうのはやめれって。あと緋乃はこうー……気取らずに話せるし、育っても育たなくてもこう、いいと思う。
        }別に怒りはしないが…。そうか、旅か。それは…!…寂しく、なるな。; -- キョーレン &new{2016-09-10 (土) 17:57:16
      • えへへ、そう?まー自然が一番ってことと受け取っておくよ、それに全然非力になっちゃったし肉が付き過ぎたら身体重くてたまらないしね(くすくす笑い)
        ん、やらなきゃいけないこともあるからね。…色々ありがとうね。なんだかんだあったけど…経蓮がお隣さんでよかったと思うよ(と、噛み締めるように微笑みを浮かべて) -- 緋乃 2016-09-10 (土) 21:12:29
      • 自然が一番というか、卑下する必要もないだろう、くらいのニュアンスだが。
        やらなきゃいけないこと、か。本当に寂しくなる。が、止めまい。そう言ってくれるのは、俺にとってとても嬉しいことだ。(表情を隠すように上を向く。目を細めて「眩しいな」と一度目元を覆った)
        ……そうだ。多分俺はこの街に長居することになると思う。だから、向こうについたら便りをくれよ。
        -- キョーレン 2016-09-11 (日) 00:00:57
      • (空を見る。初夏を迎えたその日差しは、春のものとは比べものにならず強く、眩しくて…少女は太陽しか見えなかった)
        …手紙?あはは、そんなの今まで一度も書いたこと無いな、…でもそうだね…書くよ。私の故郷についたら、きっと。
        ふふ、アルテアに文字習っておいてよかったな(と楽しそうに言い)でも文字とかが変でも笑わないでね?頑張って書くけどさ(笑って釘を刺し)
        …それじゃ、私、そろそろ行くね。ありがとう経蓮。また、いつかどこかで!(と元気に手を振り…笑顔を一つ残し、少女は去った) -- 緋乃 2016-09-11 (日) 00:23:36
  • キョーレン兄さん、この前は世話になった。改めて礼を言わせて貰おう(深々 -- ドロッセル 2016-08-27 (土) 21:41:16
    • ……ヘンリーがああして人の間に交わることができるようになったのは、きっとひとえにドロッセルのひたむきな想いが実を結んだ成果だ。なので頭を上げてくれドロッセル。俺の助力は微かに過ぎない。それから、俺からも一つ言わせてほしいことがあるのだが。(若干タメて)
      ――やったなドロッセル!(満面の笑みでドロッセルとハイタッチ)
      -- キョーレン 2016-08-27 (土) 22:17:16
      • だが我が一人で彼女に体当りしていっても事態は解決しなかったと思うのだ。キョーレン兄さんや、皆が彼女への思いを示してくれたからこそあの子は心の内を曝け出してくれたんだ…と思う
        ひとえに皆のおかげだ、我は最後のひと押しをしたに過ぎぬ。有難う!(そう言うと改めて頭を下げるのだった)
        …む、なんなりと…(若干のためにビビるが)!?おう!やったぞ兄さん!(ハイタッチ)…なにを?いや、色々か!(にこー) -- ドロッセル 2016-08-27 (土) 22:25:12
      • 色々だ色々だ。というか俺は主にヘンリーのことがうまくいったことを想定していた。あれだよ。お互い頑張って旨く行ったんだからお互いで讃えあったほうがいいだろ? -- キョーレン 2016-08-27 (土) 22:45:23
      • キョーレン兄さん良いことを言うな…そうだな、それが一番だ!
        教授が封印のため亡くなられたことは無念であったが…。その分彼女を支えてやらねばな -- ドロッセル 2016-08-28 (日) 19:50:22
      • HAHAHA、それこそ支えるメインはドロッセルであろうが。まあ、俺も遊びに行かせてもらうけどもな。
        ……そうしてみると、さ。ドロッセルは、凄いよな。(笑顔のまま……目がどこか遠くを見た)
        -- キョーレン 2016-08-29 (月) 04:48:03
      • 当然我も支えるがな!是非顔を見せてやってくれ兄さん、ヘンリーもこの所身辺整理をしたり発掘品の仕事をしたりでいろいろ忙しそうだ、気も晴れるし喜んでくれると思うぞ
        お褒め頂けるのは嬉しいが(てれてれ)…?どうされた…未来でも案じておられるのか?(なにやら遠くを見るようなキョーレンに) -- ドロッセル 2016-08-29 (月) 20:58:28
      • いや、俺の微力とドロッセルの尽力を引き比べずにはおれなかっただけだ。
        勇んで出向いたのはいいが、あの場で俺はヘンリーになんと言葉をかけていいか見当もつかなかった。俺は刀でもって敵を斬ること以外にはほとんど何も学んでいなかったんだよ。
        だから言ったんだ。ドロッセルは凄いよな、と。敵を倒すばかりではなく、言葉でもって友人を救うことのできるドロッセルは、な。
        -- キョーレン 2016-09-01 (木) 01:10:49
      • それ我も同じなんだけど!?…あの時嫌われてると思っておっただけに本当絶望してたからな…救えるならなんでもするって予め腹くくっておったから飛び込んだだけのことだよ
        そうやって出来なかったことを悔いるあたり、本当にキョーレン兄さんは優しいな!代わりに我は貴兄ほどの強力な抜刀術も人の良さも持ちあわせておらぬ、我が凄いんじゃなくてたまたま我のピースが嵌ったってだけさ
        あっでも褒め言葉はしっかり受け取っておきます。有難う兄さん有難う…!(再び深々) -- ドロッセル 2016-09-01 (木) 22:42:07
      • はは、ドロッセルだってそんなふうに気遣ってくれるじゃあないか。……そろそろ深々の応酬になりそうなのでここらで手打ちにしておこう。
        だからほらー頭を上げないとこうだぞー。(頭を下げたのでちょうど手の高さにあるドロッセルの耳をくにくにふにふにこりこりもみゅもみゅ)
        -- キョーレン 2016-09-02 (金) 01:04:40
      • 我が気遣うことも・・・ある!えーでも感謝の気持ちはいあひゃぁああああ!!?(アイサツ中のアンブッシュ!怒涛の攻撃にドロッセルは反論の間もなく屈したのだった) -- ドロッセル 2016-09-02 (金) 23:52:51
  • こんにちはキョーレンにいさん。クリスマス以来ですね。風邪とかひいてないですか? -- H・HJr. 2016-08-21 (日) 21:26:08
    • おお……おおおおお……!!(自分のところに来てくれるまでになった相手を出迎え、一瞬天を仰ぐ)
      ああ、もちろん平気だ。冒険者は身体が資本だからな。それよりも……よく来てくれた。ええと、今はヘンリーと呼べばいいのか?
      -- キョーレン 2016-08-21 (日) 21:39:28
      • はい!ヘンリー・ハリソン・ロスタークJr。父が付けてくれた名前です
        あまりネーミングセンスのある父ではありませんでしたが、これも父が与えてくれた愛情の一つだったんですね -- H・HJr. 2016-08-21 (日) 21:47:49
      • そうだな。名前を付けるというのは、きっとそういうことだ。……ああ、そうだ。まだちゃんと言ってなかったな。(あらためて……と、背筋を伸ばす)
        人間のもとへ、おかえりヘンリー。帰って来てくれて、俺は途方もなく嬉しい。
        -- キョーレン 2016-08-21 (日) 22:00:46
      • ただいま。ただいまキョーレン兄さん
        僕も嬉しいです。キョーレン兄さんがあの時来てくれたこと。ありがとう
        ドロッセルの背を支えてくれたこと。ありがとう -- H・HJr. 2016-08-21 (日) 22:02:47
      • いかんな……正面から礼を言われるのは、どうにも照れる。けど、どういたしまして。
        ドロッセルは俺にとっての友達で、そしてヘンリー、お前も同じだった。俺は友達が悲しい顔をしているのがいやだった。だから全力を尽くした。本当に、俺だけの都合だったんだ。
        -- キョーレン 2016-08-21 (日) 22:15:03
      • 友達……ですか。そうですね、僕にとってもキョーレン兄さんは大事な友だちです
        ドロッセルは自分の都合も何もかも捨てて僕を受け止めてくれました。でも、多分、それが出来たのはきっとキョーレン兄さんたちがドロッセルを見守っていてくれたからだと思うから、僕はお礼を言います
        ありがとう、来てくれて。ありがとう、ドロッセルの背を支えてくれて -- H・HJr. 2016-08-21 (日) 22:32:03
      • ああ、あらためてどういたしまして。
        ところで……これからヘンリーはどうするんだ?
        -- キョーレン 2016-08-21 (日) 22:49:28
      • 今はドロッセルの家に住んでます。前の家は、倉庫兼仕事場にしました
        これからどうするかは……ゆっくりこれまでと同じような仕事に戻りながら、ドロッセルの手助けになれればいいなって思ってます -- H・HJr. 2016-08-21 (日) 22:54:40
      • そうだな、それがいい。……世界のことが片付いたのなら、ヘンリーは優秀な考古学者だ。きっとすぐに復帰できるさ。これまでと変わらず、俺たちやドロッセルの助けもある。(目を細めて頷く) -- キョーレン 2016-08-21 (日) 23:05:24
      • はい。とりあえず協会にも顔を出そうと思います。教授の、教授のことをどう報告すればいいか整理できたら、ですが。これからも、よろしくお願いします!(深くお辞儀をした) -- H・HJr. 2016-08-21 (日) 23:09:30
      • こちらこそ、だ。(ヘンリーに深々とお辞儀を返す)
        今回のようなことは俺は返って専門外だが……また何か困ったことがあったらいつでも話を持ってきてくれよ。俺の剣の腕が友達の助けになるのなら、それは俺にとってとてもうれしいことだからな。
        -- キョーレン 2016-08-21 (日) 23:19:34
      • その時はよろしくおねがいしますね(しゅしゅっと手刀で斬るマネ。もう一度お辞儀をして帰っていった) -- H・HJr. 2016-08-21 (日) 23:27:01

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照



で、どんな恰好なん Edit

  • ライトグレーの詰襟シャツの上から黒いロングコート、裾は広がり気味で胸に弾帯を模した飾り
    • 「チョハ」でググれ
  • 身長187cm、細身で絞った身体の割には重い
  • 細い革のベルトに日本刀を帯びてる
  • 体の前側に脇差も帯びてる
  • 足元は革の編み上げロングブーツ
  • 臙脂の布をマフラーみたいに首元に絡めてる
  • 短く整えた髪も瞳も黒

人となり Edit

  • 漢字で表記すると「霧景・経蓮」となる、森林と大洋と砂漠と山脈を超えた遠い東の国の日本ぽいところから来た剣士。
  • なんかこう退魔剣士みたいな一族がいて、そこの掟的な感じで旅をしている。
  • 名簿作るの疲れたからこんな感じでええやん!?

肉体労働はじめました Edit

会員0038 キョーレン・キリカゲ 
※会員本人以外は触れないこと
選択肢 投票
鉄ポイント 15  
銀ポイント 0  
金ポイント 0  
報酬ポイント 12  
戦闘ポイント 0  
失敗ポイント 3  
折ったツルハシ 1  





「駆け出し採掘師」Edit「小遣いゲッター」Edit
「つまづき採掘師」Edit「懐が暖かい」Edit
「鉄探しの」Edit「鉄鉱掘りの」Edit
「小金持ちの」Edit「        」Edit
「        」Edit「        」Edit
「        」Edit「        」Edit

  

:れんしゅう!


Last-modified: 2016-09-15 Thu 01:38:30 JST (1180d)