篠山家出身  篠山 伊蔵 27649 Edit

ID:27649
名前:イゾウ・シノヤマ
出身家:シノヤマ
年齢:29
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
現在死亡Edit

整理用

お名前:
  • 正月ぐらい・・・あっちでも うまい煙草   吸ってくれ      な・・・父さん。(墓前に何かおいてある  葉・・・乾燥させた葉だろうか しばらく黙っていると、少年は立ち上がり静かに帰っていった) -- ゴン? 2008-12-24 (水) 21:29:07
  • ギリギリながら今年も乗り越える事ができました、相変わらずアイテム運は皆無ですけどね、使えもしない弓ばかり拾ってる気がしますよ、それではまた(酒瓶と杯2つを置いて帰る) -- コーラル 2008-09-26 (金) 23:32:59
  • 盆参りです、依頼がほぼ完全に変化して情熱維持が大変になってきました、まあその分成長が期待できますけどね、引退の方が怖い日々ですよ(墓の周りを掃除して酒を置いて帰る) -- コーラル 2008-09-14 (日) 20:06:09
  • 盆参りに来ました、最近ちょっと内容が変化しましたよ、中々歯ごたえが有っていい依頼でしたけどね
    母が去年の盆参りの後すぐにやられましたが、相変わらず元気なので気にしないでください、それではまた(酒瓶を置いて帰る) -- コーラル 2008-09-02 (火) 21:22:12
  • ちょっと今年は立て込んでて挨拶だけです、すみません(酒カップ2つ置いて帰る) -- コーラル 2008-08-21 (木) 21:36:07
  • トカゲはある程度楽にこなせるようになりました、とは言えサソリが出る時期が速くなってしまいましたけどね
    同郷の方と思う人も冒険者になっていましたけど、やられていました、狐は死に安いんでしょうかね……(吟醸酒を置いて帰る) -- コーラル 2008-08-09 (土) 20:36:52
  • 盆参りです、最近半端に巨大ループ気味でトカゲをよく引いてますよ、直接倒せてないのが残念ですけどね、一度ぐらい一緒に酒を飲んでみたかったと今更ながらに思います、ま、希望ですけどね、それでは(酒を1瓶、杯2つを置いて帰る) -- コーラル 2008-07-28 (月) 20:55:58
  • 悪党が満足して死んで、どうすんだよ(舌打ちした)
    ちっ(今まで言いたくてもいえなかった罵詈雑言を、酔っ払いながら吐き出した) -- ホタル 2008-07-25 (金) 06:16:11
  • 実家から戻ってきたんだが…逝っちまったか、旦那…。にくい反面、あんたとは一度でいいから肌を合わせてみたかったんだが…わりぃね、手土産とかはねぇや!はは…ははは…(その場で泣き崩れる -- アンジェリカ? 2008-07-25 (金) 05:12:14
  • 今年は報告2つですね、一つは偶然ですがトカゲを討ち取れました、もう一つは、あの九尾のお話は終わりました、何もかもです、そちらでよろしくと言っていてください(きつね蕎麦と酒を2人分置いて帰る) -- コーラル 2008-07-16 (水) 20:45:12

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


「まあ……悪党にしては上等な死にかただろうさ」 ――遺言 Edit

  • 元いた国ではこれ以上稼げないと見切りをつけ出奔
    元々食うに困っていたが、旅の最中も食うに困っていた
    実入りが良さそうなので冒険者となる
  • 好きに使ってやってください

故人の人となり Edit

肉体 Edit

  • 狐そのものの顔には多くの傷が刻み込まれ、
    着流しの他には褌と草履のみを身につけている
    体にもまた傷は多く、悠々と煙管をふかしていた
  • 酒を入れる瓢箪も携帯している
  • かなりの酒豪
  • ふさふさ
  • 狐火も出すことは出来る
    煙管に火を灯すくらいだが
    実戦で使うほどではない(剣技一本に集中した方がいいという側面もある)
  • しょっちゅう煙草を吸ってるのは口慰み
    市井の中では利きすぎる鼻を誤魔化すのも兼ねている
  • 武芸はそれなりに修めているので大概は使用可能
    弓術はいまいちだったが、今は弓の質が良いのでそれで補っている
    呪術の類は不得意

人格 Edit

  • ご法度のものの密輸に一枚噛んでたり、煽動して殺させたり
    でも毎回半端な地位にいるのでつかまらない
  • 稼げなくなった理由もその辺にあったりなかったり
  • 狡猾 慇懃無礼
    普段は武人のように振舞っているが、その正体は下衆
  • 一人称は俺 二人称はお前、貴様
  • 占いでおおよその行動を決める
  • 酒の締めにはキツネソバ、夏の日中もキツネソバ
    ウドンも食えないことはないが、ソバのほうが好き
    味付けは関東風
  • 女は静かな方がいい
  • ならずものというよりは浪人の方が近い
    でもやっぱりならずもの
  • 理性的な生活を心がけているが、本能部分が出ることもある
  • 愛読書は「源氏物語」
  • 背景

歴史 Edit

  • 遠く離れた国から流れてきた狐の獣人
  • 元いた国は一応日本のようなところ。日の国という呼び方も無いではなかった
    神話はかなり被っている
  • 幼名は辻丸
    辻で拾われたことに由来する
  • 拾ってくれた家は武門で、そこで過ごす間に多くの武芸を収めた
  • 拾われた家からはそれなりに良くされていたが、歳を取るにつれ卑しい部分が見えてくる
    元服して間もない頃に養親と対立して勘当、大事な客に幾度も無礼を働いたことによる
    恩を仇で返した後、色々とあくどいことも繰り返していた
  • 日の国同盟か、悪くないな。名乗っておくとしよう
    http://notarejini.orz.hm/up/d/hero12637.jpg

故人の肖像 Edit

最初
2つ目
思い出したように
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst034634.jpg

書いたもの Edit

出た、書いてもらった Edit

故人がかつて呟いたもの Edit

Edit

2年分
3年目
4年目
5年目

92年6月 Edit

手間をかけさせられた割には実入りの無い仕事であった
この調子で冒険者を続けて行っても果たして立ち行くものか
あるいは次の方策を練らねばなるまい

梅雨時がまだ巡ってきた
思えば5年前、冒険者稼業に身を投じた時もこの季節であったな
湿った風が心地良い

92年7月 Edit

ものを見つけることは出来たが、満足できては居ない
俺は一体何を求めているのか、そんな子供じみた考えが脳裏をよぎる
楽な仕事を終えてなお、そうなる以上、潮時なのだろうか

また毛皮の抜ける時期となった。夏毛になり、少々身も軽くなるだろう
この時期は毛無しの身が羨ましくもなるな

92年8月 Edit

苦労の果てに報われることも無く、徒労感のみが残された
もはや冒険に向かう気力はほとんど残されていない
そろそろ次の稼ぎ方を考えるべきだろう

真夏は昼、家にこもり。夜に出歩くが良い
しかし今の俺はそれにこだわる事も無く
ひたすらにぶらつきたい気分だ

92年9月 Edit

ここ最近気落ちしていたせいか、今回はやる気が出たように思える
彼岸であいつに会ったせいもあるだろうか
少し気分が良くなったのは確かだ

季節は秋の頃
色づき始める木々を見てふと思う
俺の知己も随分と逝ってしまったなと

92年10月 Edit

ものが見つかることは無く、再びやる気が失われている
この分だと冒険者稼業から足を洗う日も遠くはないか
そうしたらどうするかな

来月は一周忌だ
奴の墓参りを済ませたら何をするか
もしその時にこの稼業から足を洗っていたら……
いずれにせよ、冬篭りを終えてからのことだろう

92年11月 Edit

さんざん歩き回ったが、ものを見つけることは出来なかった
しかしその分だけの財宝は手に入れている
全快手に入らなかったことも手伝っているだろう

今月は奴の一周忌だ、墓参りに行くとしよう
大人しくしているのも飽いた
これを一つの区切りとしておこう

92年12月 Edit

俺がただ突っ立っているうちにものは見つかった
やはり楽な仕事は良い
金もそれなりの入りだ

92年も終わるな
雪も見かけることが多くなり、厳しい季節になる
眠気覚ましを多く持たねば

93年1月 Edit

目的地は近く、ものもすぐに見つけることが出来た
ほとんど日帰りで金が手に入る
これほど良いことはない

新年を迎えた
古き俺を捨てるということはない、全て平らげて再び歩き出すまでのこと
そうすればまた違う俺も現れよう

93年2月 Edit

特に何をするでもなくものを見つけ、財宝も手に入れた
その点で言えば満足の行く仕事だったといえる
だが、しかし……
巨大トカゲの討伐と来たか……死に場所か?

捜索組みといえど、最近は安泰でない噂は聞いていた
それがいよいよ、俺にも回ってきたというわけだ
くだらん
まだまだ死にたくはないのだがな
しかし未だ胸の奥で燻る武士は囁く、死ねと
死んでたまるものかよ

関心のあった人々 Edit

Edit

依頼で同行 Edit

  • クラカライン・クラスタ
    • 最初の依頼で同行した。傭兵に用心棒であった手並みは信用できる
  • レニィ・エストイエ?
    • 以前に依頼で同行した。弓の腕はなかなかのものだが、今は槍を持っている
  • サイコバルタン?
    • 蝉の妖怪。実力はなかなかのもの。
  • スケベビッチ・オンナスキー
    • 名は体をあらわしているのか。それはわからん。
  • クルーヤ・カタクリコ?
    • そこはかとなく美味そうな連想をさせる名前だ
  • マーカス・レイザー?
    • どうやら同郷らしい。本能に忠実な男だ
  • ラトゥーラ・カルトラ?
    • 地上げ屋に追われた過去があるとか。普段は酒場で竪琴を弾いている
  • ダト・フライ?
    • 中々の丈夫。九尾の隻眼組合に入っているらしい
  • レッド・フォックス?
    • 一応狐は狐だが……こう、なんと言ったものだろうか
  • モクサン・モジモジ
    • 野党の一段から逃れるために冒険者になったという。寡黙な伊達男だ。
  • ウィル・ライト
    • 市長を目指しているという男だ
  • パンキー・パズン
    • そっちの趣味らしい。どうやら相手は女限定のようだが。
  • ヒッキィ・ニジメ?
    • なにやら暗い雰囲気の……女中か?
  • ドゥーテーイ・イモゲルゲ?
    • 上半身は裸で、顔を紙の袋で隠している。怪しい風体だ。
  • キリュウ・ツキヨノ
    • 医者の類であると思われるが、そうとも限らない。
  • クー・スールー
    • 蛸料理を食いたくなった。
  • フジプロ・ムクムク
    • ごくつぶしだそうだ
  • ホッチキス・ハサミ
    • 童女が好きらしい

ヤクザ Edit

  • マフィア・イモゲオーネ
    • ヤクザの親分。周囲からの信頼も厚いようで、気をつけなくてはならない
      冒険者稼業からは足を洗ったという話だが……
      奥方に愛想を尽かされたらしい
  • パーマン・チクワシカモッテネ?
    • どこからどうみても忍者。それもヤクザの親分が近づこうとしている。
  • ホタル・ムーンボウ
    • 九尾に少々痛い目を合わせたらしいガキ。銀髪螺旋の女が激怒していた。ヤクザの親分とも近いらしい。

元娼婦 Edit

  • コーネリア・カーティス?
    • 娼婦。なかなかいい抱き心地をしている。
  • アンジェリカ・マルシェンタ?
    • 娼婦。九尾とも近いらしい。一度買ってみる価値はあるだろう。
      この2人、夫婦になったとか……

同郷 Edit

  • 建速須佐之男命?
    • 神話の上では荒ぶる神だが、今は子供だ。やはり上司の上司ということで参拝しておく。
  • 八坂 穂波
    • 気になった男を書きとめているらしい。見かけによらず強かなことだ
      冒険者稼業からは足を洗っている、はずだ
  • アスカ・ミツルギ
    • 俺が日の国同盟に入るきっかけとなった女剣士。故郷のために戦っているという女丈夫だ
  • 近藤 叉吉?
    • 女房に先立たれ、磐城国を出奔したという農民。あまり落ち着きが無い
  • 鼎 千小夜?
    • 巫女だ。こちらでも故郷の行事を行うことはあるから、その際には世話になるだろう。
  • アヤメ・ヒライズミ?
    • そそっかしい忍だ。あんころ餅の腕前は大したものがある。養家に居たころを思い出した。

未分類 Edit

  • アルフレッド・ハインツ?
    • チョコレイト菓子をくれたり、毛皮を撫でた女。よく考えたら俺が撫でていた。冒険者稼業からは足を洗ったらしい。
  • ヘレン・ヴィクセン?
    • 同族の女医。子持ちだがなかなかいい女だ。しかし他人の女に手を出す趣味はない。さり気なくそのあたりを聞いてみるか。
  • ペルナ・チャンデース?
    • 純真無垢……というのが良く似合うか。見ていて和む。
  • ワルプルギス・ナハト
    • 俺を疑っているらしい女だった。今はそうでもない。艶やかな体を持っている。一度は艶姿を拝んでみたいものだな。
    • 死に掛けたようだが、命からがら戻ってきたようだ
  • クロコ・クレイドル
    • 黒子のからくり人形。ハイテクというやつらしい。近頃随分様子が変わった

故人 Edit

  • 故ネピア・トイレットペーパー?
    • 九尾の奴を救おうと考えていたらしい。しかしもういない。
  • 故キュウビパパ?
    • 九尾の父親。娘を追いかけて冒険に出たはいいが野垂れ死に。そっちの趣味はないぞ。
  • 故シル・ハルム?
    • 俺の事を良く思っていないらしい女だったが、もういない
      この辺りはこんな関係だった
  • 故ヴラド・ツェペシュ
    • 強力な妖怪。しかし今は人間に友好的なようだ。要注意人物といって良いだろう。
      奴を故人扱いするのは語弊があるが、冒険者としては死亡なのでここに置く。
  • 故ナッツ・ヘラルド?
    • チョコレイトをくれたり、九尾を救おうとしていた医者。もういない。と思ったら生きていた。しぶとい男だ。
      また死んだとかなんとか
  • 故ジュッテ・ハッチョーボリィ?
    • 要注意人物。身なりからして恐らくは同郷だが、油断ならない気配を感じる。ヤクザの親分とも懇意だ。
    • どうやら命を落としたようだ
  • 故ラズールカ・ミハイノフ?
    • 痴態を晒していた女のガキらしい。胸中複雑だろう。
    • 姿を見なくなった。生きているという噂もあるが……
  • 故ボプロ・ギリデァ
    • 本人も並々ならぬ姿をしているが、問題は杖だ。本人と面識はない。問題は杖だ。寄らば斬る。
    • 姿を見なくなった
  • 故天照大神
    • 狐の上司、稲荷神の上司だ。上司の上司ということで参拝させてもらった
      日の国同盟の元締めでもあるらしい
      建速須佐之男命もいるとかなんとか……いた
    • 黄泉降りされた。故、とつけて良いかは判断しかねるが一応つけておく
  • 故ベルーガ・ベレスネフ?
    • 九尾に自分の面影を重ねているように見えたりする女。いい女だが、注意すべき人物でもある。
    • 今はもう居ない
  • 故アブリャーゲ・キュウビ?
    • 俺の女だった
  • チェリッシュ・ヌーコ
    • 酒に酔って往来で痴態を晒していた。最近女になったようだ。
    • 夫と子を遺し、逝った

思い出は心の内にしまってある// Edit


Last-modified: 2008-04-09 Wed 02:28:43 JST (4085d)