ガルグ家出身 ゲオルド・ガルグ 328830 Edit

ID:328830
名前:ゲオルド・ガルグ
出身家:ガルグ
年齢:800以上
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
マスター:ステータス/戦歴
ランサー:ステータス/戦歴


男はかつて冒険者として暮らしていた
その後妻と共に街を離れ、豊饒の土地で一時の平穏を手に入れる
だが、男は黒い外套を纏い、再びこの酒場へと足を踏み入れた
呪われた己が身の永遠の軛を砕くために

企画/ゴルロア聖杯戦争/1期?

崩れかけた古い屋敷 Edit

戦いで荒れ果てた廃屋は、屋根は落ち床は焼け焦げ、とても人の住めるような様子ではない

ゲオルド>名簿/328830  &color(#4A708B){ };  &br; ''  SIZE(){}  &ruby( ){ };

修正スイッチ

お名前:
  • (自分が本当に殺したのか確かめたくて、無表情のまま廃屋を見つめてる) -- シノ 2009-08-02 (日) 22:47:30
    • 何用だ。(背後から音もなく近付くと突然声をかけるおっさん) -- ゲオルド 2009-08-02 (日) 22:52:24
      • (身体をビクつかせた後、ゆっくり後ろを向き)……………なんで、いきてる、の -- シノ 2009-08-02 (日) 22:54:35
      • 生きてるのが不満か?(顔を顰めると屋根の落ちた廃屋の中に入っていく)
        (酒の買い出しに行っていたのだろう、片手に携えたボトルを床に置くと壁際のスペースに腰を下ろした)
        -- ゲオルド 2009-08-02 (日) 22:58:39
      • わたしが殺したはずなのに…どうして、そんな、何もなかったみたいに… -- シノ 2009-08-02 (日) 23:01:35
      • ようく死体を確かめたか?もしかしたら俺に似た別人だったかも知れん。(煙草を銜えて火を点すと、欠けたグラスに葡萄酒を注ぐ)
        フン!なんにせよ俺が敗れたのは事実だ。安心しろ、自身の仇討ちなどするつもりはない。(じろりと見上げて鼻を鳴らした)
        -- ゲオルド 2009-08-02 (日) 23:08:52
      • 戦ってる最中、気を失って、気が付いたらあなたが真っ黒で死んでて…確かに真っ黒で誰だか解らなかったけど、直前まで戦ってたのはあなただし、え、え、…
        (しばらく考え込んだ後)……・・・・・・え、ええ、もう、あぁ、きーーっ!!もう、良く解んないっ!良く解んないけど、あなたはこうして生きているのね!そうなのね!(注いだ葡萄酒がこぼれんばかりにゲオルドの両肩を揺らす) -- シノ 2009-08-02 (日) 23:13:25
      • 揺らすな、酒が溢れる。(露骨に嫌そうな顔をしてシノの顔を睨み付ける)
        俺が幽霊にでも見えるか?だが、華奢に見えてあの時は随分と痛めつけてくれたな。
        腹を抉られ全身を焼かれ……暫くは痛みで夜も眠れなかったぞ。(グラスの葡萄酒をゆっくりと口に含んでいく)
        -- ゲオルド 2009-08-02 (日) 23:17:55
      • …………って、やっぱり貴方が敵マスター本人じゃなーい!!(良く似た別人説を頭の中でぐしゃぐしゃにして)
        わたしだってね、わたしだってね、全身火傷で喉も焼けてランサーもいなくなってお医者さんは休業で大変だったんだからねっ!!
        ああ、もうっ!人殺ししちゃったかもってずっと落ち込んでたのばかみたいじゃない。…それ、ワインでしょ、わたしにもちょうだい!(しかめっ面で) -- シノ 2009-08-02 (日) 23:22:58
      • 呑むのか?構わん。(新しいグラスを渡すと酒を注ぐ)
        それに、落ちた天井の修理費を出せとも言わんぞ。お陰でこっちは寒空暮らしだがな……ん、貴様の(サーヴァント)が消えた?
        とうとう愛想を尽かされたのか。
        -- ゲオルド 2009-08-02 (日) 23:26:55
      • (グラスを受け取るとくいっと一口飲んで)どんな安酒かと思ったら…そんなに悪くないじゃない。(しかめっ面のまま)
        言われても払うもんですかっ……そんな訳ないじゃない、ランサーは契約してくれたんだから、勝手に消えるなんて。
        貴方のサーヴァントとの戦闘で何かあったから、出て来れないと思うんだけど…ってこんなこと、あなたに言っても無駄よね。 -- シノ 2009-08-02 (日) 23:37:04
      • フン!(気に入らなそうに鼻を鳴らす)
        さあな、内心は貴様の我儘に辟易していたのかも知れん。しかし、居なくなったとなると残念だ。
        こちらのランサーも、奴との再戦を望んでおったようだからな…(ゆったり紫煙を燻らしながら、暫し考えるような表情で)
        -- ゲオルド 2009-08-02 (日) 23:41:54
      • 素直にマスターの言う事だけ聞いてればいいのにさ、お互い知った顔だからって嬉しそうな顔して戦うなんて、サーヴァントっておかしいよ。
        はぁ…なんかどっと疲れた、もう帰る。(いつの間にか空いたグラスを壊れた壁の隙間に置く)
        (背中を向けて少し歩き足を止め)じゃあね、もう会わないかもしれないけど…。ていうか、こんな所いつまでも居ないで、ちゃんとした家住みなさいよっ。おじいちゃんなんだし。ばいばい。 -- シノ 2009-08-02 (日) 23:55:19
      • 壁があるだけ有り難い。(顔を顰めて鼻を鳴らすと、注ぎ足したワインをぐびりと一気に流し込んだ) -- ゲオルド 2009-08-03 (月) 00:00:10
  • ふぇ・・・これは、一体・・・(通りかかった時に、廃墟が戦争に巻き込まれたかのような惨状にただ驚くミサキ)
    そ、そうです。ゲオルドさんは無事なのでしょうか・・・?(不安げに中に入り確かめようとする) -- ミサキ 2009-08-02 (日) 19:11:56
    • 何用だ?(廃屋の暗がりから男が鋭い目線を向ける)
      ああ、貴様か…こんな荒れ屋にどうした?わざわざ見物に来るほど珍しい物でもあるまい。(寛いでいた所だったのだろう。ふたたびごろりと横になると、悠然と煙草をふかし始める)
      -- ゲオルド 2009-08-02 (日) 19:57:40
      • あ、いえ・・・その・・・家が以前よりも酷い状況でしたから、心配になって・・・
        ご無事なら何よりです・・・(安堵しながら胸をなでおろす) -- ミサキ 2009-08-02 (日) 20:50:51
      • お陰でな。だが、聖杯レースからは脱落だ。とはいえ折角だ、もう暫くは戦いの行方を見物しようと思っているが…
        そういう貴様こそ相変わらずか?(横目でミサキの顔を眺めて)
        -- ゲオルド 2009-08-02 (日) 21:05:53
      • ・・・あ、そうなのですか・・・ゲオルドさんにとっては残念だろうと思います・・・
        けど、一度知り合った方と戦うようなことがなくて、良かったです(安心した様子で微笑む)
        ふぇ?私、ですか?・・・あまり変わりなくです(日常も聖杯も、と言う意味のようだ) -- ミサキ 2009-08-02 (日) 21:10:51
      • まあ、な。(鼻を鳴らして天井を見上げ)
        ほお…それは運が良い。貴様の僕があれだけ暴れて、誰も貴様を殺しに来ないとはな。
        それとも、自滅するのを待っておるのか?まあ、今となっては関係ないこと。
        貴様も命永らえたくば、上手く手綱を握ることだな。
        -- ゲオルド 2009-08-02 (日) 21:15:31
      • ・・・いえ、殺しに来たりはしましたけど・・・なんとか、回避をしていますから(ある意味なれてしまったようだ)
        ・・・上手く手綱を・・・難しい気もしますけど、なんとか頑張ってみるつもりです・・・
        今日も助言して下さり有難うございました・・・お体には気をつけて下さいね? -- ミサキ 2009-08-02 (日) 21:25:38
      • 心配無用。(ゆっくりと体を起こすと、不敵な表情でミサキを見据える)
        死にたくとも死ねんのが俺の体だ。貴様こそ、下手を打って飼い犬に臓腑を喰い破られんようにな。
        (煙草の火を向け目を細めると、廃墟と化した荒れ屋を去っていくミサキの背中を見送った)
        -- ゲオルド 2009-08-02 (日) 21:30:15
  • …前来た時は廃屋だったけど、これは……もはや瓦礫だなあ……
    どうしたんだろ、ゲオルドさん埋まってたりしてないだろうか…… -- マーチ? 2009-08-01 (土) 00:57:20
    • 居るぞ。(瓦礫の影から男が声をかけてくる)
      なんだ、貴様か…何用だ。そこは脆くなって居る。床が抜けるぞ。(銜えた煙草の先でマーチの足下を指し示す)
      -- ゲオルド 2009-08-01 (土) 01:01:11
      • ……っととと。なかなか難儀なところにお住まいだね……(慌てて後退しつつ)
        んー……特に怪我とかしてないみたいだね。良かった。この前お酒をもらったから、そのお礼に来ただけだよ(持っていた袋を掲げて見せて) -- マーチ? 2009-08-01 (土) 01:12:21
      • 怪我をしていないように見えるか?(顔を顰めてギロリとマーチを睨み付ける)
        だが、その姿はほんの昨晩全身を炎で焼き尽くされたようには見えないだろう)
        ふむ、酒か?ならば歓迎だ。買い置きの酒瓶も随分割れてしまったからな…(どこからか欠けたグラスを取り出すと、手前に差出し)
        -- ゲオルド 2009-08-01 (土) 01:24:51
      • …い、一見したところでは。どこか悪いの、かな
        ……いやその、お酒は僕はあまり詳しくないし、たくさんあるだろうから……と、思ってたんだけど(袋から小包を取り出して開いて見せる。燻製肉だ)
        まさかこんなことになってるとはね、うん -- マーチ? 2009-08-01 (土) 01:32:34
      • フン、食い物か…(顔を顰めて傍らにあった革袋からグラスに葡萄酒を注ぐ)//勘違いしてました
        まあいい、受け取るぞ。貴様も一杯やるか?この吹きさらしでは冷えるだろう。
        (男は壁際で襤褸を纏った姿勢のまま、グラスの葡萄酒に口を付ける。屋根の抜けた天井からは、冷たい冬の風が吹き込んできていた)
        -- ゲオルド 2009-08-01 (土) 01:39:34
      • こういうものだと喜ばれるって……受け入りだけど //いやまあ袋だけではわからないですし!
        …んー、それじゃ一杯だけいただきます……(やっぱり暗くて壊れたところでは怖いなぁ、と思いつつ近くへ)
        ……前々から思ってたけど、何でこんなところに? -- マーチ? 2009-08-01 (土) 01:58:34
      • こんな所?ああ…(燻製肉をナイフで切り分け、口の中に放り込む)
        別に理由はない。ただたまたまここに住み着いたからな、そのまま居座って居るだけだ。
        雨風が凌げればそれで充分。とはいえ…この有様では確かに困るな。(天井の穴から見える曇天の空に顔を顰めて)
        -- ゲオルド 2009-08-01 (土) 02:16:05
      • ……さすがにこれは、ほとんど屋外だね。人がいないだけ道端よりマシかもしれないけど(つられて上を見上げ)
        余計なお世話かもしれないけど、もうちょっと体を労わった方がいいんじゃないかなあ……うん
        (本当に一杯だけいただいて)…うーん。やっぱり飲むと眠くなる…ごちそうさまでした。それじゃそろそろ失礼するね
        …まあその、事情は全然知らないけど、頑張ってください -- マーチ? 2009-08-01 (土) 02:27:25
      • フン、感謝しよう。(マーチの忠告めいた言葉に黙ってグラスを傾ける)
        なあに、元々その日暮らしの様なもの。じきに次の塒でも見つけよう。
        うむ、早く休め。貴様も命は大事にな。(グラスを置いて鼻を鳴らすと、去っていく後ろ姿を暫しの間見つめていた)
        -- ゲオルド 2009-08-01 (土) 02:31:36

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

マスター Edit

qst042844.png設定等
不死の呪いを受けた男
如何なる刃も彼を永遠に殺すことは敵わず、老衰で倒れることもない
屈強な肉体と腕力を誇り、黒魔術の力で己が血と苦痛を生贄にして、様々な悪魔を召喚することが出来る
数百年前にかけられた永遠の呪いを解くため、聖杯を求めて舞い戻った
以前住んでいた廃屋に再び潜り込んではいるが、実は金持ち
【外見】
濃い無精髭が生え、斜めに大きな傷跡の走った彫りの深い鷲鼻の顔
ぼさぼさの長い黒髪を無造作に垂らしている
身長は2mにもなる大柄な筋肉質で 全身には古傷が走っており、体毛は濃い目
首からは抗魔の金のアミュレットを下げ、裾がボロボロになった黒い外套を羽織っている
【保有スキル】
肉体再生
どれ程の損傷を受けても肉体を再生することが可能だが
その代償として激しい苦痛を味わう事となる
悪魔召喚
己の血と苦痛を生贄として捧げることで地獄から様々な悪魔を呼出し、その能力を一定時間使役することが出来る
【敗北条件】
不死の呪いを受けているため、通常の手段では永久に息の根を止めることは出来ない
そのため、RP上では『敵に』首を刎ねられるか、心臓を貫かれた時点で聖杯を得る条件を失うこととなる
(ゲーム上での死亡はその如何に関わらず即失格)

活動時間は20:00〜24:00前後 その他の詳細は旧名簿
以前組んでいたサーヴァントはすでに死亡している
現在のサーヴァントは槍持つ乙女 残令呪2/3

人物録 Edit

漆黒のランサー鋭き槍持つ黒き娘 この戦いに勝利するため、その力存分に振るって貰おう
戦闘記録スノゥ・ドロップ?同盟を申し込むも決裂 サーヴァントともに工房で戦い、討ち取った
災厄騎士闇に呑まれた狂戦士 闘技場にて対戦、勝負は一時預かり 化け物を相手に戦うのならそれなりの力と術が必要というわけだ
一つ目のアーチャースラムにて他多数と共に対戦 強力な宝具を持った敵であった
アンファング緑髪のセイバーランサーと共に勝負を仕掛けるが、決め時を外し一時撤退 次こそ決着を付けるとしよう
来訪者緑髪のセイバーアンファングのサーヴァント 宝剣と引き替えに一時的な不戦契約を結ぶ いつまで持つかは判らんがな
銀髪のアーチャースノゥ?のサーヴァント 敵陣視察に現われたようだ
灰髪のライダー?どの手の者かは分らぬ こちらを伺っていたようだな
慢心王?英霊の一人とは思うが狙いが掴めん その能力を含め、深入りしたい相手ではないな
ミィユ?依頼にて同行
ミサキ・アレント狂犬の如きサーヴァントを飼う女 もし我らの邪魔をするようであれば、容赦はせん

その他 Edit

  • 聖杯方針
    聖杯レースからは脱落したので基本的には傍観者
    ふらふらとそこらを出歩いたりします

  • フラグ的なもの(自分メモ)
    アルファング組とは敵対
    災厄騎士は倒したい
    スノゥ組とは同盟交渉
    ミサキ組は要注意
    アルエ鯖も当面危険度は低いものの要観察

戦闘スイッチON ガチキャラ。ただし、ガチの意味には個人差があります 長話・文通スイッチON アンデッドなどに

コメントアウト Edit


Last-modified: 2009-11-01 Sun 01:03:16 JST (3671d)