キルヒアイス家出身 レベッカ・アルテザック 499239 Edit

工房開きましたID:499239
名前:レベッカ・アルテザック
出身家:キルヒアイス
年齢:17+11
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit

ショートカット(随時追加します) Edit

http://notarejini.orz.hm/?%CC%BE%CA%ED%2F499239#g0b030e4http://notarejini.orz.hm/?%CC%BE%CA%ED%2F499239#jca61f19http://notarejini.orz.hm/?%CC%BE%CA%ED%2F499239#s8ebcfc2http://notarejini.orz.hm/?%CC%BE%CA%ED%2F499239#e252bf3chttp://notarejini.orz.hm/?%CC%BE%CA%ED%2F499239#d032768bhttp://notarejini.orz.hm/?%CC%BE%CA%ED%2F499239#z46f3621

わかりづらい霊圧インジケータ Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp025892.pngさむい - 2014-01-27 (月) 17:03:46Edit

始まりのはじまり Edit

「ちょっとまって大将! クビ?! アタシが?! どうしてさ!」
「仕方ねぇんだよ…この鍛冶場もだんだん苦しくなってきてんだよ…」
「…」
「それにホラ…ウチは武器防具専門なんだ。 装飾品ばかり作ってるお前を面倒見るほどの余裕がなくなったってことさ…」
「ちょっと…! アタシが装飾品を作っていたのは、修行の一環として大将がアタシにやらせたんでしょ!」
「まぁ…すまない…わかってくれ…レベッカ」

数分後に鉄鍛冶見習いの少女は荷物をまとめて工房の敷地を出ていた。
「─Scheiße!!(畜生!!)」

レベッカの鍛冶屋 武具の制作・整備、装飾品の制作承ります(日用品も歓迎!) Edit

exp025790.png 街の隅っこにある小さな鍛冶屋・もしくはどこか Edit

&color(#e95464){};
http://notarejini.orz.hm/?cmd=edit&page=%A5%D6%A5%E9%A5%C3%A5%AF%A5%B9%A5%DF%A5%B9vs.%A5%B6%A1%A6%A5%EF%A1%BC%A5%EB%A5%C9http://notarejini.orz.hm/?cmd=diff&page=%A5%D6%A5%E9%A5%C3%A5%AF%A5%B9%A5%DF%A5%B9vs.%A5%B6%A1%A6%A5%EF%A1%BC%A5%EB%A5%C9
お名前:
  • (帰還しピースサイン、「伝説」の免状をもらったことを報告する) -- 吹佳 2014-04-25 (金) 16:08:02
    • (ぶんだばー!(Wonderful!) と抱きつく) -- 2014-04-26 (土) 19:58:16
      • (妻を受け止め、抱きしめる。あれから十数年が経ったがこうして無事に帰ってこられるのは妻と子供達のもとに帰るために何が何でも生き残る気になれるからだろう) -- 吹佳 2014-04-26 (土) 20:14:22
      • それにしてもホントすごいねスイカ。 ずっと前にも言った気がするけど、なんていうか、うん、強い!(大きく頷く) -- 2014-05-06 (火) 19:15:04
      • 僕だけの力じゃ、ないから…(同行してくれるフェリックスさんや、ハウスのみんな、処スさんやいろんな人たちのおかげで今の自分がある)
        …ヨシュカとマヤは?(そろそろ適齢期になる二人にプレゼントを渡そうと所在を聞く) -- 吹佳 2014-05-06 (火) 19:27:51
      • そっか。 今日もお疲れさま。(吹佳の頭に手を伸ばして撫でた)
        んー 二人? 工房の奥にいるんじゃー…(奥から聞こえる何か言い合ってる声)
        -- 2014-05-07 (水) 00:33:55
      • …姉さん、僕は近づいて殴るっていうのは…あんまり…(分解整備中のクロスボウをいじりつつ姉に応える、積極的でなく引っ込み事案なタイプの弟) -- ヨシュカ? 2014-05-07 (水) 00:49:22
      • んー、私たち双子なんだから連携とって戦ったりしてみたいのになぁー。 しょうがないわね。
        そこは私がなんとか、手段はその時までに決めて合図を送ったりするから、それでお願いね。(弟が触るクロスボウを興味深げに眺め、にこにことしてる姉) -- マヤ? 2014-05-08 (木) 01:05:43
      • …(双子の姉弟にそれぞれ贈り物を用意した、姉のマヤには布に包まれた剣をひとふり)
        (そして弟のヨシュカには…渡そうとしていたものがいま手元にはなかった) -- 吹佳 2014-05-08 (木) 21:06:13
      • …(父のやりたいことが解って察したような顔、欲しいことは欲しいが、絶対に欲しくないものでもあって、自分ではどうにもならないものであるが、ご先祖から受け継がれた大切なものだ) -- ヨシュカ? 2014-05-08 (木) 21:07:26
      • え? 私に? これをくれるの! へぇー… すごい! (父から受け取った剣を両の手で持ちまじまじと眺める) -- マヤ? 2014-05-12 (月) 00:20:21
      • (夫が娘に渡した物を見、そして息子の反応を見、これはー…? といろいろ考えを巡らす) -- 2014-05-12 (月) 00:22:53
      • (自分も既に他界した父、要はこの双子の祖父から受け継いだもので詳しくは知らない…まっくろ森の族長の天鱗を用いた黒龍剣という太刀だと聞いただけだ)
        ……(ヨシュカに渡そうとしたものについては、いつかふらっと戻ってくる。そういうものだと話し…そろそろひと段落ついて食事にでもしようと微笑む) -- 吹佳 2014-05-12 (月) 00:52:26
      • (食事の用意は母を手伝いよくこなす、引っ込み事案のインドア派だけに家事は自主的にこなす子にそだった) -- ヨシュカ? 2014-05-12 (月) 00:54:31
      • (母の仕事を昔から見ていたが「なんかむずかしそう」という理由で作ることより使うことが好き、
        外で遊ぶことが好きな、男勝りな女の子としてこの日を迎えた) -- マヤ? 2014-05-13 (火) 00:43:38
  • さんごのひだち -- 2014-04-24 (木) 01:08:32
    • お子さんはおげんきですか -- 2014-04-24 (木) 22:38:01
      • よく育ってますよー! ふたりとも元気がよ…あだだだ(子供に髪を後ろからぐいぐい引っ張られる) -- 2014-04-26 (土) 19:59:15
  • -- 2014-04-24 (木) 01:08:16
  • -- 2014-04-24 (木) 01:08:10
  • -- 2014-04-24 (木) 01:08:05

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

exp025795.pngライブラリ Edit

ちびっこくステータス1こめ

使えるかどうかわかんないアイコン類 Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp025895.pnghttp://notarejini.orz.hm/up3/img/exp025892.pnghttp://notarejini.orz.hm/up3/img/exp025893.pnghttp://notarejini.orz.hm/up3/img/exp025894.png

exp025794.pngDialog Edit

+  249
+  248

exp025791.png少しずつ付け加えていく設定 Edit

  • 生まれは少し遠い西の国、山岳の地方の出身
    • 家は代々木こりの家系だったが、数代前に大規模林業で財を成した
    • が、十数年前から少しずつ経営が悪化、とうとうレベッカは家を出て、傾いた家を立て直す為に自立することに
  • レベッカは家の実の子ではなく養子として迎えられた
    • 家では血の繋がった家族同様に育てられたが、本人は養子であることに劣等感を感じている
    • 通わせてもらえていた学校でもその事でいじめられることも多かったが、生来の強気な性格ですべてに「歯向かって」は打ち勝ち、その度に先生に怒られていた
  • 冒険者になる前は街の武具工房で見習いとして働いていた
    • まずは修行として武器防具に施す装飾品や、銀などのアクセサリーを作っていた
    • 修行を初めて1年ちょっとで工房の経営事情によりクビになってしまった
    • こっそり工房の道具を借りて短刀などを作ったことがある、出来は商品に出来るくらいには上々のもの
  • 身長168cm、目方は軽い方
    • 性格は基本快活ではあるが少々ガサツ、時折でる言葉遣いもお世辞にもキレイとは言えない
  • キルヒアイス家の養子になる前、子供の頃の記憶はあまりない
    • 身長:168cm言語:ゲルマン系、冒険者の街での共通言語も話せるが、
      ゲルマン系発音が抜けない部分が多い。
      体重:51kg好きなもの:美味しいもの、と酒
      BWH:79/63/80嫌いなもの:特になし
      髪の色:明るめの赤茶趣味:ベッドでごろごろすること
      瞳の色:赤茶特技:アクセサリー作り(趣味というより仕事の癖で普段から作っている)

キルヒアイス家の詳細 Edit

山岳の地方で代々木こりとして続いてきた、ごく普通の家だった。
ところが今から1世紀ほど前、木こりから離れ、別の商売で財を成した一家の娘が
年老いてから大規模林業を起こし、伐採から木材、燃料、工芸品の生産などに手を広げ、 キルヒアイス家は栄えていった。
事業を起こした娘は生涯独身で、財を成したころには高齢になっていたため、
彼女は養子を家に迎えた。 そこからこの家系では養子を迎える慣習ができていった。

しかし月日は流れ、少しずつキルヒアイス家の事業は縮小をはじめた。
それでも養子を家族に迎えることには変わりなかったが、十年と少し前、ちょうど
レベッカが家に来たときからは、事業はますます苦しくなっていった。
そしてレベッカ16歳の時、とうとうすべての事業から手を引き、もとの木こりの家系として暮らすために彼女は家を離れざるを得なくなった。
「家のために働いてくれ」と頼まれたレベッカはそれを信じ、何か手に職をつけようと
街の工房に住み込みで修行させてもらうことになった。 そして修行して1年ほど、
いよいよこれからといったところのクビであったのだ。

exp025792.png出会った人たち Edit

レベッカ初めてこの街で会った子。 同じ名前ということで来てくれた。ユユはじめての冒険で一緒になった子。
ドッペルピストーレ・あの二艇拳銃はキョーミ深いわね
サニー古書の修繕と探検の研磨を頼みにきた子。 頭のいいカラスといつも一緒みたいミカエラ依頼で一緒になった方。 なんでもこの街に長く住む重鎮? らしい
エメロッタ依頼で同行した人。
かなりテクノロギーあるほうきを持っている黒魔道士
ティアフウル依頼で同行することになった人。
学園都市に住む釣り人? な人

exp025796.pngBriefkasten // Edit


Last-modified: 2014-06-11 Wed 01:46:55 JST (2005d)