ゼイム帝国第八皇子メルス と その従者イスト Edit

exp037728.jpg名前メルス・レトフ・ヴァーゼル 名前イスト・ナジアルexp037729.jpg
性別性別
年齢12年齢240
学年1年学年1年
種族狼人種族ダークエルフ
出身ヴァーゼル辺境伯領グラオハーフェン出身不明
好き兄様たち、各種兵器の運用法研究好き美味しいもの、気持ちいいコト
嫌い非道な行い、向上心の無い者嫌い口うるさい人
BGM決意の心音&英雄のタクトBGM罪な薔薇
戦闘BGM英雄のタクト -覚醒-戦闘BGMプリニー My love
全身全身
企画:企画/帝国学園ロートガルデ

私を三行で語り尽くそうなど! Edit

  • 我儘な第八皇子と
  • 奔放な従者の
  • ドタバタ劇が始まる予感

うむ、私を頼るがよいぞ! Edit

+  ロケーション表

訂正するのだ

お名前:
  • (ダーシオン市場、お菓子を求めてやってきたメルスの耳に奇妙な音が響く…)
    (カァン!カシャン!という陶器が割れる時の様な独特な音だ、そちらに目をやれば…少女が細長い板状の物を食べ歩きしているのを見かけるだろう)
    (その板状の物は見た目からして恐らくはハードクッキーの類…の筈だが音がおかしい、あまりにもハードすぎるのとそれを平気で少女は口にしている) -- ミオソティス 2024-05-25 (土) 22:51:19 New
    • 今日は少し冒険してみるべきであろうか…(今まで買った事のない、それも外見では味の想像がしづらいお菓子を前にしていると)
      …今の音は…?(一度では済まない破砕音に、音の方を振り返る)…ミオソティス殿、よもや陶器を食しているのではあるまいな!?
      いや、アシェ殿が魔石や宝石の類を食べる事ができると言っていたゆえ、大地のマナを吸収する手段としてそのような事もある…のか…?(わからん、という顔)
      -- メルス 2024-05-25 (土) 22:57:29 New
      • ん?おーメルスもお菓子買いに来たの?(パキパキガリガリというおよそお菓子とは思えない音を口内からさせる)
        (が…ほんのり香る小麦と砂糖の香りが陶器ではない事を示していた)あっこれ?違うよー世界一硬いクッキーって売り出されてたから面白いな!と思って買ったの
        確かにボクも金属とか溶岩食べる事はあるけど陶器はお門違いだもんね(何か根本的に生物として大事な何かが違う事を宣う)
        食べる?(一本差し出す…見るだけで水分を完全に飛ばしきった超硬いクッキーだ、ただ薄く平べったく全力で噛めばどうとでもなりそうではある)
        (実際口内の水分と合わせて噛めば怪我をする事無く食べられる作りなのだろう) -- ミオソティス 2024-05-25 (土) 23:06:13 New
      • うむ、今日は少し趣向を変えてみようかと思っていたところであるよ…(歯の音なのだろうか?なんて聞き耳を立てつつ)
        (くんくん)……本当である、陶器ではなかったのだ 世界一硬いって、えらく食べにくそうな代物であるなぁ…
        私もその内なんか普通と違うもの食べれるようになるんであろうか…(遠い目をした)
        む、ではせっかくなので頂こう!世界の頂に挑む機会であるな!(板状のそれを受け取り、まずはしっかり歯を立てる)ぐっ…ぬぬぬぬ…!
        思った以上に硬いであるが、何とか…んんっ!(人のそれよりも頑丈な歯が幸いして、強引に割る事ができた…が、それを砕いて飲み込むにはやはり唾液が必要で)
        …な、なんか口中の水分という水分が吸い取られていくであるよこれ…!
        -- メルス 2024-05-25 (土) 23:19:29 New
      • あはは!そういうジョーク系のお菓子みたいだからねー!日持ちしそうだから宿泊研修のお菓子にいいかもーって試しに買ったの!
        どちらかと言えばボク等のそれは習性に近いものだからふとした時に口にしているかもだー、…歯磨きはしっかりね?(取り込んだ竜の種類を思い出して)
        (そしてメルスが挑むさまを見ればあはは!と楽しげに見ながらも頑張れ頑張れ!と応援、噛めればやったね!と喜び)
        多分元は牛乳に浸して食べる保存食のハードビスケットだろうからなーこれ、糖蜜とか練乳とか豆の粉末を混ぜて更にカッチカチにしてるけど
        とりあえずシェアに向いてないのは分かった!研修先ではボク一人で食べよう(そう言いつつはい、と水の入った木筒を差し出す) -- ミオソティス 2024-05-25 (土) 23:30:31 New
      • 確かに、日持ちしない物は持参できないであるしな…現地で売っていない可能性も考えると、私も用意しておくべきか!
        その流れで行くと、私は自分の身体が受け付けそうもない物を食べそうで怖いのであるが!?(お腹壊しそう…という顔)
        いやはや、硬さは半端ないであるが…噛んでいる内にしみ出してくる味はなかなか好みである(ただのクッキーとは違う味わいに、意外とハマった様子)
        おぉ、すまないのだ!(筒から一口水を飲み、噛みやすくしてもぐもぐ 木筒は返却し)牛乳に浸すという食べ方は面白そうであるなぁ…
        -- メルス 2024-05-25 (土) 23:40:02 New
      • ついでに言えば!あっても間違いなく!お土産価格!!!(地味に庶民じみた思考回路、売っててもお高くつくのでここで買っていこうという考えなのだ)
        大丈夫だよメルス…竜の体が馴染んでくれば本当に何でも食べられるから、ボク達はそれだけ強いんだ
        あっでも腐竜の体自体は石英に封印された時に撒いた自分の腐食毒で溶けたんだっけ、自分の力で作った物は食べないようにね!
        (などと冗談ともそうでないとも言えないような笑顔を向けつつ木筒を受け取る)
        厳寒の山を行く時なんかの保存食なんだって、あっそだそだ聞こうと思ってた事があったんだ…ねえ竜はキミに何を求めて力を与えたの? -- ミオソティス 2024-05-26 (日) 00:00:39 New
      • 観光地特有のアレ…! だが彼らもそれが商売ゆえな…恨まないでやって欲しいのだ…(気にするのはお財布事情だったか…と)
        安心してよいやら悪いやら…(続く腐竜の封印の話には)よく知っているであるな…人間も、普段であれば自分の胃液で胃を溶かす事はないのである。
        が、状況次第では胃壁を溶かしてしまい、自らの痛みに悶える事になる…恐らくそういった事情であるよ、あれは。(自滅の原因をそう推測して)
        ……連れて行ってくれ、と頼まれたである。(ミオソティスの問いとは少しずれた答えを返した)竜の中には、輝く宝を好み…貯め込む手合いがいるのは当然知っているであるな?
        あの竜は、人の心……生命の輝きに、宝の如き価値を見出したのである。それが眼前で見れるからこそ、その輝きが自身に向けられるからこそ…敢えて勇者に挑んだ。
        …それは、少しだけ悲しく、寂しい執着であると私は感じたのだ。
        -- メルス 2024-05-26 (日) 00:13:51 New
      • 分かる…分かるよ…でもおやつ食べる勢いでお土産買える財布事情じゃないのも事実なのさ…
        (超越的な肉体、力を持つ存在でありながら随分湿気った事を言う…が、それだけ人のルールの中で在ろうとしているのだろう)
        うんその辺天竜とかエーミルから聞いてるんだ、勇者トーマ周りのお話は特に天竜が教えてくれたから
        ただ竜が自分の権能で溶けて死ぬまで…?って疑問もあってさ、蘇った辺り外で動く為に偽装で身体を死なせたんじゃ…とか思ってたんだ
        (そこまで言ってメルスから返ってきた答えを聞けば…特に驚く事は無くそっか、と納得の言葉を返した)
        それを宝に感じてしまったら竜の身体は重すぎたのかも知れないね、うんお陰でエーミルとの話で感じた謎に合点が行った!
        ならこれからも輝いてあげて!竜はどこまでも貪欲だから眼が潰れるぐらいに!今はその勇者の傍らに居るんだ、腐竜も満足は行くさ!
        (ぽんぽんと肩を叩けば満面の笑み、まるでその竜の想いは貴いと告げるようで)必要ならボクが邪竜になるから!(何かしれっと邪悪な事を言いながらまたねーと去っていった) -- ミオソティス 2024-05-26 (日) 00:28:50 New
      • 学生の身では稼ぎも限定されてしまうであるし…(何より人竜って食費が大変な事になる…アシェの例を見てそう思った)
        なるほど…彼もその辺りの話には詳しいのであったか。私も以前、本でトーマの事を色々読んだのだっ(多分脚色混じりのやつ)
        もっとも、封印した魔女の方は…とことんまでやるつもりであったようであるが。欺く意図はあったのであろうな…(そしてそれは実際に成功したわけで)
        うむ…これからも特等席で見せてやるのである。そうして人の何たるかを知り…いずれは人に生まれ変わる…そうなって欲しいものであるよ。
        (満面の笑みに対するは、少し涙を堪えるような表情であった)聞いてくれて感謝するのだ。(あれ以来、ずっと抱え込んでいた感情を吐露して 少しだけ気が楽になった)
        …だがそなたと剣を交える気はないであるぞ!?気持ちだけ頂いておくのだっ!(人竜同士のバトルはヤバすぎる!と見送りながら想像するのだった)
        -- メルス 2024-05-26 (日) 00:44:47 New
  •  
  •  

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

メルスの設定 Edit

ゼイム帝国第八皇子。かつて海賊退治で名を馳せ「銀狼提督」の異名を持つマンフレート・ヴァーゼルの孫でもある
ミドルネーム「レトフ」は軍人家系から皇族となった者に与えられる名である
身長140cm、背丈については今後の成長に期待したい
魔導器の設計開発や、軍における各種兵器の新たな運用法を模索するのが大好き どちらかといえば技術屋寄りな性質
興味の湧いたものはとことん掘り下げていくが、興味を引かないものにはとっても淡泊
実力に見合わない威勢の良さを発揮するも、空回りすることもしばしば そして時々野心的。
本来であれば15歳で入学予定だったのだが、本人たっての希望で早めの入学となった
感情が尻尾に出やすい
とある事情により、皇族の証たる龍血は驚くほど薄い。そのため未来の皇帝候補という意味では殆ど期待されていない部類といえる
家系の影響もあってか、式典用などの過剰な装飾の服装を好まず、その様子を「皇子らしからぬ」と評する貴族も居るようだ
制服は着たり着なかったり、その日の気分によって分けている
寮住まいであり、イストと同室
週末には帝都にあるヴァーゼル家の別邸に帰ったりする
叔父のマクシミリアンや執事のルシーン、飛竜のカーメルなどは別邸で暮らす
このほか使用人と銀狼の牙の兵士が20人ばかり詰めている

決闘委員会の委員長に就任した

  • 学業面において
    興味ある分野に関しては予習、復習を怠らず なんなら授業で教わらないとこまで知識を掘り下げる
    その結果成績は上々であるが、興味のない科目は平均程度の点が取れればよいとばかりに勉強時間を割く事さえ惜しむ

  • 戦闘面において
    瞬発力はあるがやや持久力に欠ける とはいえ、行軍用装備一式を身に着けて数キロ歩く程度は普通にこなせる
    近接戦闘においては、自身の生存を最優先とするべく防御、回避の技術を徹底的に叩き込まれた
    攻撃面は未熟な点も多いが、左手で剣を扱う事でそれを補う
    元々右利きだったものを、敢えて剣のみ左利きに矯正したのだという
    前衛が居る状況下では後方支援に徹し、杖による魔法攻撃をメインとする

  • 政治面において
    今のところ特定の派閥に属すことを表明していないが、心情的には第三皇子派寄りと認識される
    現状においてヴァーゼル家だけを味方にしても派閥的に影響力があまり無いため、取り込もうとする派閥はあまりない
    どちらかといえば個人的なコネを作ろうと躍起な貴族が関係作りの為アプローチしてくる事が多い
+  装備や特殊能力
+  身内とか部下とか
+  用語

イストの設定 Edit

一年ほど前に従者として雇用されたダークエルフの少年
どういう訳かエルフ領については殆ど知らず、一般常識の範囲での知識しか有していない
根本的にやる気というものに欠けていて、常時マイペースである
しかし礼儀やマナーといったものに無頓着な訳ではなく、然るべき場面では別人のような振舞いを見せる
とはいえそれも、自分の立場を守る為といった程度の範囲でしかない

知識のある者が見れば分かるが、身に着けた装飾品はどれも魔術的な封印を行う為のアイテム
もっと簡素な作りの物が、牢獄などで特に反抗的な囚人に取り付けられたりしている事もある
特にチョーカーは炎の魔石が埋め込まれており、主人の意思ひとつで首を爆破できる代物である
服の下にも類似した封印系アイテムが装着されているらしい

とても袖の長い服を着ており、袖の中には折り畳み式の鎌が仕込まれている
立場上、武装している事を悟られないように、他者に必要以上の警戒を与えないようにとの配慮
つまり制服は着ていない

実際にはダークエルフではなく淫魔であり、一年前に返り討ちにされ、メルスと契約して使役される立場にある
ヴァーゼル家執事のルシーン・ヴィオーラの手により、偽装魔術がかけられている
当の本人は現在の処遇にこれといって不満もなく、魔界への未練も特にないようで割と楽しそうな毎日を送っている
遊び半分でメルスにベタベタくっついてはウザがられている

+  装備や特殊能力

一人遊びゾーン Edit

訂正

お名前:
  • ◆SIDE ??? -- 2024-05-23 (木) 20:06:53 New
    • (帝都にて第二艦隊によるクーデター事件が未遂に終わった数日後…ミネラとの国境付近にある廃村)
      「全員、私服に着替えろ。徒歩での越境は危険だが、このまま国内に残れば我々も無事では済まない 名を変え、顔を変え…ミネラで暮らす方が幾らかマシだ」
      (廃屋の中で1個分隊ほどの海兵が、民間人に偽装する為に持参した服に着替えている)
      (彼らはクーデターに加担した敗残兵だ。それでいて、事件に深く関わっているがため 他の兵と違い原隊への復帰だけで済むものではなかった) -- 2024-05-23 (木) 20:12:57 New
      • 「…大尉。」
        (着替えを終えた一人が、崩れかけた壁の隙間から外を見て 小さく声を上げた)
        「追手か。随分鼻の利く猟犬が居るらしい…」
        (ハンドサインで、裏口から3名を回り込ませる指示を出し…残りの隊員もそれぞれ武器を手に、戦闘態勢に) -- 2024-05-23 (木) 20:21:20 New
      • (廃村の入り口から広場に向けて、歩いてくる人影が2つ。背は低く、瓜二つのシルエットだ)
        「ねー、気づかれちゃったかなぁ?シャノン」
        「少し面倒な事になりそうね、ヴァーノン。」
        (黒髪にネコ科の耳と尻尾、金色の目…そんな男女の双子は、ダークグレーの軍服に身を包む。しかしゼイムの正規軍とはまるで異なる意匠である)
        「えーと、なんだっけ…シャノン? コードネーム「チャイカ」こと、ザハール大尉は生け捕りで…」
        「他は要らないんですって?ヴァーノン。 要らないってことは、消していいって事。」
        (二人とも、その手にはやや大柄なクロスボウを持っている…この時代にあるのか怪しいコンパウンドクロスボウ、それも上下二連構造で、近代小銃の如き木製のストック。極めつけは銃剣のように付けられた長いナイフだ) -- 2024-05-23 (木) 20:32:17 New
      • (ザハールの部下3名が裏口から密かに脱出し、小さな追手2名を側面から攻撃できるよう廃屋や茂みを回り込む…)
        (そしてザハールと残りの部下が廃屋の壁をバリケード代わりに攻撃準備を完了する)
        「隊長、あいつら何なんです?ガキの癖にゴツい武器持ってますが」
        「……厄介なのが追って来た。魔女の黒猫達……シュピッツェを投入してくるだと…」
        (此方もクロスボウを構えるが、それは隠密作戦用の小型のもの 殺傷力においては劣る為、矢に毒を塗布するなどして用いる)
        「黒猫…? 何ですそりゃぁ…」
        (隊員の一人が怪訝そうな顔をした瞬間、窓を割って投げ込まれる黒い球体。石か何かと思った瞬間には、廃屋が吹き飛ぶほどの威力で爆発が起きる) -- 2024-05-23 (木) 21:27:18 New
      • (それは炎の魔石を粉末状になるまで砕き、金属製の容器に充填したもの。破砕用の別の魔石が頭部に取り付けられており、硬い物に叩き付けて点火後…数秒で爆発を引き起こす)
        (容器の表面には破片効果を増す為に細やかな溝が刻み込まれ、まるで異世界の手榴弾のような外見をしていた)
        「バラバラになっちゃったかなー?」
        「そしたら怒られちゃうね」
        (二連クロスボウを構え、その扉に狙いを定める二人) -- 2024-05-23 (木) 21:50:49 New
      • (二人の意識の外、側面から撃ち込まれる毒矢。そしてそちらに反応した直後、廃屋からも毒矢が何本か飛来する)
        「噂には聞いていたが…最新兵器で武装しているだけか。大抵の魔物なら1〜2発で死ぬ致死毒だ…多少は効くだろう」
        (壊れかけた扉を蹴倒し、爆発で負傷しながらもザハールと部下は生きていた)
        「お前達シュピッツェの異常な再生力は知っている、魔石を生体に埋め込んでいるんだったか…悪趣味なこった」
        (次の矢を番えはせず、ナイフを引き抜いて構えると…それに倣って部下たちも近接戦闘に備えた)
        「てっきり正規軍か、あるいは銀狼の牙が来るだろうと思ってたんだがな…どうやら我々はあのバカ皇子を本気で怒らせたらしい。」 -- 2024-05-23 (木) 22:56:23 New
      • 「そう思うならー」「反撃の隙を与えちゃだめー」
        (側面から仕掛けた3名の内2名と、ザハールの横に居た部下2名が立て続けに倒れる。大型の金属製ボルトで胸や頭を貫かれていた)
        「毒なんてボクたちには」「効かないもの」
        (刺さった毒矢もそのままに、クロスボウの先に付けたナイフを構えて突進 槍の様に突き出して) -- 2024-05-25 (土) 19:47:17 New
      • 「ぎゃああっ!!」(応戦むなしく 短い叫びと共に、残った部下もナイフの餌食となる)
        「あとはー、大尉を確保して…」「おっしまーい」
        (にこにこしながらザハールへと歩み寄って行く。そして…) -- 2024-05-25 (土) 19:53:39 New
      • (帝都、ヴァーゼル邸執務室にて)…目標は無事確保できた次第。では速やかな連行を…なに?
        (メイドの一人からの報告を受けていた執事、その内容に怪訝そうな表情をした)
        無事、ではない…ですか。 えぇ、確かに私…生きていて喋れれば良い、と指示した次第。
        ですが連行に不便だからと、手足を落とすのは如何な物かと…(メイドも「私も同感です」と短く頷き)
        -- ルシーン 2024-05-25 (土) 19:59:13 New
      • シュピッツェ…戦力としては申し分ないですが、もう少々教育を徹底すべきでしょう。
        博士にもその旨伝えておくように。下がって宜しい(メイドが執務室を出ていけば、机に頬杖をつき)
        ………。 まぁ、この程度の滅びは覆してくれなきゃこの先が思いやられるからな。
        とはいえ……馬鹿な連中だなぁ、制御術式はサンプルだから必ず手を加えろと言ったのに そのまま使うとは…。
        お陰であっさり解除されてるじゃないか…シュトラッサーの手駒には、あの程度の術式を弄れる奴も居ないのか…?
        (モノクルの奥の瞳を細め…次なる計画へと思いを馳せるのだった)
        -- ルシーン 2024-05-25 (土) 20:07:43 New

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

作戦会議であるな? Edit

訂正するのだ

お名前:
  • クーラーが壊れて熱風を吐き出すヒーターへとクラスチェンジした結果、新しいクーラーの設置で1日が消し飛んだであるよ… -- メルス 2024-05-25 (土) 20:14:25 New
  • 疲れた。色々と疲れた… -- メルス 2024-05-23 (木) 20:01:25 New
    • ゆっくり休む事も大事だぞ!季節の変わり目だからな、無理はしない様に! -- エデン 2024-05-23 (木) 20:24:05 New
      • すまぬな…あと少々頭を冷やさねばである。 -- メルス 2024-05-23 (木) 20:26:05 New
      • 余のプレイングが負担になっていたなら謝るぞ!個人的なムーブが度々挟まるゆえ負担になるかもしれんが、できればあまり大きく受け止めたりはしないで貰いたい所です!余は普段こう言う関係になるの珍しいので…距離感が難しいの…! -- エデン 2024-05-23 (木) 20:31:32 New
      • 全く意図せぬところで突如地雷が爆発しただけゆえ、気にすることはないのである…
        まぁ明日には治ってると思うので大丈夫であるよ…
        -- メルス 2024-05-23 (木) 20:36:39 New
      • そういうのは大丈夫だと言わないのだぞ!
        RP遊びとは方向性とか相性とか大事だからね…私は周りとあんまり遊んだりしないから、あんまりそう言うあれこれに無頓着な事が多いし -- エデン 2024-05-23 (木) 20:45:06 New
      • 昨日の話を蒸し返したりしない限りはなんも問題ないのであるよー
        キャラとしても「あ、価値観の違いだな」と思ってるからエデンの考えはエデンの考えで尊重するであるし
        私も最大限の譲歩はしたつもり…なのでこの話はこれでお終いである、別にそなたに怒ってるとかじゃないのであるよ
        -- メルス 2024-05-23 (木) 20:59:58 New
      • むう、そう?大丈夫なら良いのだけど…
        駄目なら言ってね? -- エデン 2024-05-23 (木) 21:51:49 New
      • ええい心配性であるな!?こういうのは飯食ってしっかり寝りゃ治るモンであるよーっ(わしゃわしゃモフる)
        なので時間が解決するまでしばし待て!という事である どうせなら何か楽しい事考えた方が前向きであるぞー
        -- メルス 2024-05-23 (木) 22:12:32 New

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2024-05-26 Sun 21:00:46 JST (1d)