名簿/437254

  • 別時間軸のお話
    • 戻ってきてると姪っこちゃんから聞いたので挨拶なのです、この度旅立ちエンドになったのですよー
      と言う訳でお別れの挨拶なのです、また帰ってくるかもなのですがー -- セレネ 2012-01-01 (日) 23:03:57
      • んもう仕方がないな文葉ちゃんは……あまり大っぴらにしないでね、って言ってたのに
        ともかく!呼ばれちゃったのなら仕方がない、久しぶりそしておめでとう、でいいのかなー?
        こうしてるだけで時間の流れを感じずにはいられないよ
        -- ヒメカ 2012-01-10 (火) 18:36:40
  •  
  •  
  • (しばらく何か考えた後、双子で見詰め合ってにぱっと笑って帰っていった) -- フニョミョール 2011-07-22 (金) 21:05:49
  • ボクは信じてますよ・・・ヒメカなら・・・また元気な笑顔、見せてくれますよね?
    ・・・今日のぬいぐるみは怪獣さんです!またカワイイの見つけたら、持ってきますからね・・・!(いつものように枕元にぬいぐるみを置いて、こっそり帰っていった) -- ペコ? 2011-06-23 (木) 21:20:06
  • (ひょっこりと顔を見にやってくる)…ん、変りなしっと。早く目ー覚ましなよヒメちん、皆待ってるからさ。逆に言えば、何時までも待ってるからさ、何時目覚めてもいいんだからなー。
    (暫く眠っているようなヒメカの顔を眺めてから帰っていった) -- キエル 2011-06-22 (水) 21:26:47
  • (こっそりと見舞い品のはじっこにピンクの花籠を添えていった) -- ピピルン 2011-06-13 (月) 08:40:50
  • ヒメカちゃん…(苦々しげな顔で社の外でため息)まさか久々に来てみればこんな事になってるとはな…
    心臓か、脳か、どちらに魂があるか…心臓にあって欲しいもんだな、だがそれでも嫌な話だぜ… -- ゲイラス? 2011-06-11 (土) 21:09:48
  • いやね、人ってのはいつか死ぬものだよ。そして、冒険者もそれがなおさらで……辞めない限りは、普通の人よりずっと死を身近に感じてなきゃならない。
    ……あくまでそれだけで、死ぬ、っていうことを覚悟してるというだけで……。居なくなるかもしれないってことを……。
    (報告で聞かされたことを反芻する)でもだからって、こんな状態になることを覚悟してるわけじゃナイ。……良かったのか、悪かったのか……解らない。
    首に縄かけられた姿を見るようだよ……死んでしまいそうで。……そういうのはちと、辛いから、戻れるなら、戻ってきてよね。待ってる人も居るだろうしね。 -- カー 2011-06-09 (木) 23:52:04
  • …魔法少女、か…(ぽつりとつぶやいて、見舞いの花束を置いていった) -- エニル 2011-06-09 (木) 22:37:32
  • あいつ……ヘタ打やがって…… 生きてるんならとっとと目を覚ませよ……あーくそ、モヤモヤした気分だぜ……(髪を掻いて立ち去っていく) -- バッド 2011-06-09 (木) 16:10:06
  • 絶対、さようならなんて言わないのです……(歯を食いしばって泣くのを堪えてる狐) -- セレネ 2011-06-09 (木) 07:45:16
  • これは……流石に、ちょっとショックだよヒメ。(神社を見上げながら)
    ……さよならも、おかえりも、ただいまも言えてないなんてさ。 -- セータ 2011-06-09 (木) 02:06:39
  • 生きて帰ってくれたにゃいいが…こいつぁなんともなあ…(今日も今日とて日向ぼっこをしている猫の集団…に混じり座っている巨大な猫がぽつりと零した) -- 2011-06-09 (木) 00:29:38
  • …ヒメカはん………(眠り続けていると何度かあったことのあるヒメカの母からきき…その様子を見ていくこともできず、神社の境内で一言呟く) -- 2011-06-09 (木) 00:06:04
  • ヒメカ…魔法少女の物語は…できれば希望であふれた続きを見ていたかったんだけど…
    ずっとこのままなのか…?いつでもいい、時間がかかってもいい、俺にも見せてくれよ。魔法のような、いや…魔法の奇跡って奴をさ… -- レイル 2011-06-08 (水) 21:29:59
  • ヒメカもやられちゃった……かぁ……
    生きて帰ってこれただけよかったのかな……もう二度と目覚めないって決まった訳じゃないもんねぇ… -- ミーニャ 2011-06-08 (水) 21:17:41
  • 何やってるんだか…もう、そんなんじゃセクハラのし甲斐が無いじゃないか。
    早く起きてよ。ねぇ、早く…ねぇったら… -- ギッグス 2011-06-08 (水) 21:16:15
  • …馬鹿ねー…せっかく私が命拾ってきたのに…ヒメカは命拾っても、それ以外置いて来たら意味ないでしょうに
    …ま、生きているならまだ望みはあるわね…旅先で見つけれるよう、頑張ってみるわ… -- オウコ 2011-06-08 (水) 21:09:01
  • 安産祈願…買いそびれちまったかな… -- アル斗 2011-06-08 (水) 20:52:22
  • なむあみだぶつ…(数珠を持ちながら) -- アルフ? 2011-06-08 (水) 16:28:04
  •  
  •  
  •  
  • (ヒメカの神社の周りをうろうろ)
    (近寄ったり離れたり…………もう1時間ほどこうして神社に入れないままうろついている)
    …はあ……。 覚悟、決めてきたはずなのに……。 -- みう 2011-06-05 (日) 22:17:13
    • (普段と変わりの無い石段に朱塗りの鳥居、暫くうろうろしていると見知った人影が現れる)
      (巫女装束に実を包んだ少女が箒をもっているようだ、これはいつも時間通りの習慣)
      (みうに気づいた様子もなく掃除を始めている)
      -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 22:23:05
      • ……っ!!!(思わず木陰に隠れてしまう 見つからないようにこっそりと少女の様子を伺う) -- みう 2011-06-05 (日) 22:31:30
      • (春も近い暖かな日差しの下、だが少女の顔にはどことなく憂いの表情が浮かんでいる)
        ザッザザッ(規則正しく箒が振るわれる音、それに混じって小さく溜息も聞こえるかもしれない)うーん…(何か考え事をしているようで心ここにあらず、そんな雰囲気だ)
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 22:36:38
      • (咄嗟に隠れてはみたものの、これでは余計に姿を現しにくいのではないか…?)
        (そう思ってしゃがんだままこそこそと神社から離れるべく歩き始める)
        (だが、ヒメカの溜息が聞こえてくると足を止めた) -- みう 2011-06-05 (日) 22:40:01
      • (みうに聞かれているとは思わないまま少女あが口を開く)ね…一度取り込まれたらもう助けられないって、やっぱり本当なの…?
        (隠れているみうへ、ではなく、他の誰かへと聞く、やがてそれに答えるように白い小さな生き物がぽんっと現れ)

        無理だと思うよ?少なくともボクは助けられた前例を知らない、あの少女についてまだ気に病んでるのかい?あの子はもう手遅れだったと言ってるじゃないか -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 22:51:47
      • (白い生物もさることながら、話の内容がとても気になる)
        (このまま、こっそり、盗み聞き………)
        (さすがにダメだと思った)
        (このまま話が進んでしまったらいやでも聞いてしまう、だから、その前に……)
        ガサッ(迷っている間に植木に足を引っ掛けて転んだ) -- みう 2011-06-05 (日) 22:56:59
      • え?あ…みうちゃん、どうしてそんな所に…というより、大丈夫?怪我してない?(たたたっと階段を駆け下りて起こそうと手を出す)
        おやぁ、盗み聞きかい?あまり褒められる趣味じゃないね、どうせなら堂々tもがっ!ご、ごめんねみうちゃん、こいつの言う事は真に受けなくていいからね? -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 23:02:31
      • い、いた………いたい…………(擦り傷が出来上がり赤が滲んでいる)
        ヒメぁ!? あ、あの、久しぶりだねっ(ヒメカが近寄ると痛みも忘れるほど驚いて声が裏返った) 大丈夫、な、なんともないよ 久しぶり…………だね
        (白いのの言葉がグサグサとささる) ごめん、きいちゃいけないと思って帰ろうと思ったんだけど……その……転んじゃって…ばれちゃった… -- みう 2011-06-05 (日) 23:05:22
      • んひぃ!?な、なんでそんなに驚くのみうちゃん?確かに凄く久しぶりだけど…あ、そんな事言ってる場合じゃないよね
        ほら、こんなに擦れて血が滲んでるし(ぐいと手を掴んで優しく起き上がらせる)
        ううん、いいのいいの、聞かれて困るお話じゃないもん、ただ…あまり良い気分になるお話でも無いけどね、えっとちゃんと消毒して行く?(と階段上を見上げて)
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 23:14:35
      • (遠慮しがちに立ち上がって)外に出たのも久しぶりだから……なんて、えへへ……
        消毒…ううん、それより、聞きたいことが…聞かなきゃいけないことがあるの
        さっきのお話について………なんだけど、いい…かな…? -- みう 2011-06-05 (日) 23:19:42
      • え?あ、うん、勿論いいよ、いいけど(心を落ち着けるように小さく咳払い)それで、どんな事…?(石段に腰を下ろす巫女だ) -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 23:23:04
      • あの……その…………(目を合わせられず、自分の足元ばかりみて俯く)
        さなちゃんの………………………………(中々次の言葉がでてこない) -- みう 2011-06-05 (日) 23:33:42
      • (その名前を聞けば同様に顔を俯け)さなちゃん、だね…助けられなかった…私がもう少し早く気づいてたら、何か方法をひらめく事が出来たら、助けられたかもしれないのに…
        (みうの聞きたいこととは微妙にずれているかもしれない、ヒメカはみうが使い魔に止めを刺した事も全部見ている、と思っているのだから)
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 23:39:03
      • ………(小さな疑問がわいたが、それがどうして生まれたのか分からない)
        (だからこそ、まず、根本を確認した) あの…使い魔、が、さなちゃん……だったんだよ、ね……?
        ヒメカは…………………(口だけがぱくぱくと動き、なかなか言葉が出てこない) -- みう 2011-06-05 (日) 23:53:29
      • それは分からないよ…正確に言うとね、あの使い魔の鎧に穴を空けてその中に剣を…(両手を見て、ぐっと握り、それを額に押し当てる)
        倒したと思った、そうしたら…ばらばらになった鎧の中から、だから…だから……
        私がさなちゃんの命を、う、奪った……のか、それとも始めからもう死んでた…のか、わからない……(膝を抱え頭を押し付ける、心なしか震えている)
        -- ヒメカ 2011-06-06 (月) 00:00:50
      • ………!!!(結局言い出せないまま、ヒメカに一番辛いことを言わせてしまった)
        ごめん……ごめん、ヒメカ……ごめんね…………………
        (そっとヒメカに近寄って、抱きしめて良いのか戸惑う)
        (ずっと疑っていたが……答えを聞いて嫌悪する心は全く生まれなかった 嫌悪していたのはヒメカを疑っていた自分自身に対してだったからだ)
        (そう、漸く理解して、なんてことを聞いたんだろうと今さらに後悔したまま立ち尽くす) -- みう 2011-06-06 (月) 00:10:53
      • (顔を伏せたまま大きく呼気を吐き出す)…ううんいいの、それが事実だもん…それから目を逸らしたら、駄目だから
        だからね…?最終的に助けられなかったとしても、その努力だけは最大限にしようって、そう決めたんだ…
        本当なら、さなちゃんのお父さんに、言わなくちゃだめ…なん、だ…けど、それは…できなかった、よ
        -- ヒメカ 2011-06-06 (月) 00:16:50
      • (思い切ってヒメカを抱きしめる)
        ごめんね……………………(ヒメカはちゃんと前を向いているのに、自分が恥ずかしい)
        今だって、言えるよ…ヒメカが…ヒメカだけが、…悪いわけじゃないよ…。 一人の、せいじゃない……私だって、たまたま、ああなっちゃっただけで…………もしも、分断されなかったら…きっと……………二人、で、………
        私たち、ちゃんと……何があったのか…どうして、ああなっちゃったのか、調べて………それで、全部分かったら、………さなちゃんの、お父さんに…………(慰めているのか慰められているのかわからないような状態で、震える手で、震えるヒメカを抱きしめた) -- みう 2011-06-06 (月) 00:33:45
      • そう…だね、全部終わったら、ちゃんとお話して・・・でも、そんな事しても生き返ったりするわけじゃないんだよね(藁にもすがる思いでみうの手を握る)
        ……ふぁ、暖かいね……でも良かった、みうちゃんがよそよそしいままなのも同じくらい辛かったんだもん、どうして何かも分からなかったから…(ぎゅっと力を込めて)
        ありがとう、こうしてお話できて良かったぁ…でもね、一人じゃ無理でも二人ならきっと何とかなったと思う、根拠は無いんだけど…だからこれからも、がんばろうね?
        -- ヒメカ 2011-06-06 (月) 00:41:43
      • (こちらもぎゅっと力を込める)……うん。 戻らない……決して、戻らない………。 でも、だからって…放っておけないから……………
        私、ずっと、ヒメカのこと疑ってて…それでぎこちなくなっちゃって…… でも、本当は違ったの ヒメカのこと疑っちゃう自分も、責任と…覚悟ができない自分も、嫌いで…でも認められなくて……それでヒメカにあんな態度を…本当にごめんね……
        これからも……一緒に………うん、一緒に…がんばろう -- みう 2011-06-06 (月) 00:48:25
      • えへへ、それじゃあ気持ちも新たになったところで、その傷をちゃんと治さないとね?
        久しぶりだもん、沢山おもてなしさせてもらうから…覚悟してよー?さぁ行こう行こう(石段を上へ上へと引っ歩く巫女でした)
        -- ヒメカ 2011-06-06 (月) 00:54:29
      • (一方そのころ境内では・・・)
        おみくじ〜〜〜!ことしはどんなんでるかな〜〜?(でかい声でのんきにおみくじを引いてるのがいた) -- キャロット 2011-06-06 (月) 00:58:07
      • (和気藹々と階段を上ってくる二人)あ、キャロちゃんだ!やほー久しぶりー、おみくじはね…これ!(小吉を渡す巫女) -- ヒメカ 2011-06-06 (月) 01:00:47
      • あ!ひめちゃんとみうみうだー!やっほー!小吉!今年もちょっとラッキー!
        あ!そうだ!!!魔法少女が他に二人もいたんだよ!!!1!!(すごくでかい声で叫ぶ) -- キャロット 2011-06-06 (月) 01:02:39
      • こ、声大きいってば!そんな大声で魔法少女がどうとか叫ばないでよーっ!!(ぴたっと寄り添い)
        そ、それで、二人ってどういうこと?私達4人以外に2人?それともジャスミンちゃんとそれ以外に2人?
        -- ヒメカ 2011-06-06 (月) 01:05:06
      • あ、ジャスミンちゃんはもう知ってるんだ!私もお友達になったんだよ!あとねもう一人!
        フィルちゃんて言うの!ものすごーく強いんだよ!ばし−ってどかーんって!!(二人で共闘した様子を抽象的な表現で説明する) -- キャロット 2011-06-06 (月) 01:09:14
      • 流石にあれだけ鮮烈デビューされたら覚えちゃうよねジャスミンちゃん
        もう一人、フィルちゃんって言うんだ、へーキャロちゃんと共闘、共…闘…?ああ、可哀想にフィルちゃん(きっと脱げたんだろうなーとお祈り)
        -- ヒメカ 2011-06-06 (月) 01:11:31
      • ジャスミンちゃんすごいよね!酒場でも有名人だよ!
        フィルちゃんはねすっごくかわいくて強いんだ!今度みんなに紹介するね!(友達が増えたのがうれしいらしく、すごくニコニコしてる) -- キャロット 2011-06-06 (月) 01:15:04
      • あはは、そんなにテンション上げなくてもー…でもそんなに強いなら心強いよね
        最近は使い魔も狡猾で強くなってきてるし…うん!じゃあ、その時を楽しみにしてる!
        -- ヒメカ 2011-06-06 (月) 01:17:11
      • うん、今度フィルちゃんにあったら伝えとくね!じゃあ私はいそいでるから!二人ともまたねー!(あわただしく帰っていくオレンジ色) -- キャロット 2011-06-06 (月) 01:20:27
  • きのこりたい〜きのこりたい〜(レイプ目でうわごとのように繰り返しつつ参拝 -- アル斗 2011-06-05 (日) 19:31:33
    • (みくじの結果を破って捨てる -- アル斗 2011-06-05 (日) 19:31:58
      • 来月の依頼がああでおみくじがこうでしょ…?これはあれだね、もう覚悟を決めなさいよとかそう言う(破り捨てたおみくじをテープでくっつけながら) -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 22:01:44
      • 死亡フラグが破けて飛んだってことだな!うん!(とことん前向き)ってちょっと!死亡フラグ復活させんなし!割れるのはメガネだけで十分だし!(いつか付けてたひめかのダサ眼鏡を割ろうとしながら) -- アル斗 2011-06-05 (日) 22:22:12
      • アル斗くんの分際で何するのよー!(ガシャーン)私が眼鏡キャラだったら危なかった…知ってるアル斗くん、死亡フラグは適度に立てて置いたほうが助かるんだよ? -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 22:26:26
      • うるせえ!3000円貸せよ!(売り言葉に買い言葉で3000円せびろうとする)
        眼鏡死すべし!(死ぬ死ぬ詐欺の兆候すらなかったZ2眼鏡への恨みを込めながら)
        知ってる!だからこうしていろんなところで死亡フラグを立てまくる…お百度フラグっぽい事をしようとだな…
        (彼女と子作りだろ?友達のとこにちょっかい出しに行くだろ?おみくじ引いて凶だろ?と指折り数える)
        ま、これでダメだったらそんときゃスッパリ諦めるさ…んじゃなー(最後だけかっこつけて響鬼さんっぽく指をシュッして帰る) -- アル斗 2011-06-05 (日) 22:38:21
      • 初期レベルで資金調達してきなさいよー、そうすればLv6×500でほら丁度3000円じゃない!
        アル斗くんは眼鏡に親でも殺されたわけ!?まぁ幸せそうな眼鏡だから割れろって言うのも分からなくも無いケド
        でも割れたら割れたで後味悪いんでしょ!?はーい、無事に孵ってこれるようにお祈りしておくから、余り根を詰めないようにね?
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 23:54:24
  • こ、子供の体だとこの神社にくるの厳しい…(はあ、ひい…! と息を荒げる五歳サイズ) -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 11:02:00
    • (はた、と五歳児に目を向ける巫女)あれ、あれあれ?なんだかすっごく似てる気がする、エニルちゃんに…もしかして、妹!? -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 11:04:17
      • あー、ヒメカさーん元気ですか私もうだめですー…!
        いえ妹じゃないですエニル本人です…と、とりあえず、お水とおみくじを…! -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 11:08:18
      • エニルちゃん…無くて七癖がどんどん増えちゃって…(ほろり)私は元気だけどそっちが、とりあえず抱っこー
        お水とおみくじだね?それじゃあはいお水、はい御籤ー、がっしょがっしょして一本選んでね?
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 11:11:28
      • えと…ピンクにちびっこに…くらいですよね? ね! わぁ…なんか会う人皆にこんなことされてますー(おとなしく抱っこされる。ぐったり)
        あ、ありがとうございます…んく、んく…(水をもらって一息つく。ついでにおみくじの筒を受け取ってがっしょがっしょ、五歳児の背丈には少し大きいそれを振り振り) -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 11:19:27
      • あとケモ耳がどうとか言ってなかったっけ?だって可愛いんだもん、私より小さい子ってそんなにいないからね、かーわいー
        おみくじの結果は…ラッキーセブンだけど実は小吉、こんな災難にあったんだから仕方が無いよね、うん、ちとせあめ食べる?
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 11:26:15
      • あ、そうでした。これも最近利用者がいなくて…やってみませんかヒメカおねーちゃん!(自分の今の武器を最大限利用するスマイル)
        まあ凶とかじゃなければー…楽しいですしねこれ。わーいヒメカおねーちゃんだいすきー!(両手でちとせあめを持ってぺろぺろ) -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 11:30:55
      • 利用者、利用者って何?利用者を知りたい…!そもそもケモ耳てやるものなの?うっ!そ、その笑顔私には眩しすぎるーっ!(頬ずり頬ずり)
        いいなー妹がいたらこんな感じなんだろうなー、はぁ…お姉ちゃんとか大好きとか…(うっとり顔でキラキラ)
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 11:35:26
      • ヒメカさんちょろい(ちょろい) 説明がちょっと足りなかったですね…元は知り合いが、動物耳を生やしたいって言ってたのを受けて作ったのがあるんですよ。
        魔法陣なんですけど、その上に乗って発動させると、動物の耳と尻尾が生えてくるというすばらしい魔法! …ただ、まだ安定してなくて、何の耳が生えてくるかはランダムになっちゃうんです…そのデータ集めのためにも被験者募集中なんですがー(ちとせあめを指揮棒のように振りつつ説明するちびっこ先生) -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 11:45:09
      • 私もちょろちょろ同盟に入れるねフフフ可愛いからいいのだ…作った魔法!?創作魔法とはやるね…!
        ケモ耳薬とかあるから魔法でも出来ないわけじゃないだろうケド…う、うーん興味はあるかな、でもそれって永続じゃないよね?
        (かわいーとほっぺぷにする巫女)
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 12:11:55
      • かわいいですもんねヒメカおねーちゃん(ほっぺぷにぷにされるとやーん、と首を振って逃げようとする)
        ふふふ、もっと褒めていいんですよ崇めていいんです…っていっても、もう本に描いてあったのをちょっと改良しただけなんですけどねー…(恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべて)
        効果は今までの人たちだと、最長でも三ヶ月くらいだったかな? 早ければ一ヶ月で元に戻っちゃいます。永久に、っていうのは本人の相性とかに左右されちゃいますからまず無理ですねー…(ちとせあめごちそうさまでした、と手を合わせる) -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 12:23:24
      • いえいえちびエニルちゃんには適わないよーあざとい、その仕草あざと可愛いーっ!
        でも本に書いてるのをそのまま使うより、自分なりに改良するほうが何倍も大変だよね
        魔法の才能に関しては疑う余地無し…永久にじゃなかったらいいかな?友達にもケモ耳尻尾生やした姿が見たい!って言われてる事だし
        それじゃあぱぱっとお任せしてもいい?(お持ち帰り用も用意しながら)
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 12:33:32
      • やりました、これでまた一人…三人目ですねー。やっぱり家の近くに看板作ったほうがいいんでしょうか、「動物耳はやせます」みたいな…。
        (ばさ、としまっていた布を広げながらヒメカを振り返る)始める前に、一応希望を聞きたいんですけど。特にどの動物をご希望、っていうのはありますか? -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 12:43:52
      • 問題は動物耳を生やす事にどれだけの需要があるか!さっきも言ったけど薬で代用できるのが一番の敵かも(ちびエニルちゃんを降ろして)
        こうやって知り合いに聞いてみるのが手っ取り早いかもね!うーん、特に希望って言うのは無いんだけど…どんな動物耳でも生やせるの?
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 12:52:46
      • ふふふ撒かれるよりこちらのほうが確実に変化をもたらせるんですよ…なーんて。
        幻獣系は厳しいものがありますけどねー。何かあります? キツネとか狸とかでもいいですよ! -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 21:01:52
      • 一応同意の上だもんね、幻獣系の耳ってどんな耳かぱっと思いつかない!
        それじゃあ…狸は千お姉ちゃんがいるから狐にしてみようかなー?
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 22:04:56
      • キツネですね? それじゃあ、この模様で…(布に特製ペンで模様を描きいれていく)よし、じゃあこの上に乗ってくださいねー!
        乗ったら目を閉じて、神経を集中させて…(両手をよいしょ、と魔法陣の描かれた布につける。ぼんやりと、光が宿り始め)
        (次のヒメカのコメの秒数一ケタ判定 0〜6:狐 7〜8:猫 9〜0:ウサギ ぞろ目:天使(羽と輪っか)) -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 23:09:23
      • へーどういう耳にするかでやっぱり魔法陣の模様も変わるんだね、えーとここに乗って…こう?
        はい!それじゃあ精神集中しますエニルせんせー!むんっ!(手を組んで祈りのポーズ、その姿が光の中に消える)
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 23:32:12
      • (…ぼうんっ)&brけほ、こほ…せ、成功…ですよね? ちゃんと狐の耳…うん、ばっちり!
        だんだんこなれてきてる、さすが私!!(キツネ耳を付けたヒメカを少し見上げつつ大はしゃぎ) -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 23:34:11
      • けほ、けほっ…一瞬なんだか危なかった気がしたけど…お、付いてる?…付いてる!(頭の上に手をやってわしわし)うわ感覚もあるこれ!
        でも普通の人の耳はそのままなんだ、えーっと耳だけだから尻尾は付いて無いんだよね?(お尻のあたりさわさわ)
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 23:42:25
      • …あ、そういえばそっちの方の模様付け足すの忘れてましたよ!?(目を見開いて)
        ま、まあ耳だけでもいいですよね…尻尾生えちゃうと穴とか困りますしね…!
        とりあえず今日はこれでー。何か困ったことがあったらすぐに連絡くださいね、ヒメカさん! ちとせあめごちそうさまでしたー!!(お土産をしっかりもらって帰っていった) -- ちびエニル 2011-06-05 (日) 23:50:47
      • 尻尾も生やせるの!?い、いやでもいい、下着とか服とか色々大変そうだし、何となく蒸れそうだし…
        はーい!ありがとうねエニルちゃん、何かあったらすぐ行くよー!(キツネ耳をピコピコさせながら見送る巫女)
        -- ヒメカ 2011-06-07 (火) 08:25:33
  • ヒメカは相変わらず元気そうで安心だ! その元気が羨ましいな
    ハッピーバレンタインヒメカ、今年はジャムパンを作ってきたよ! -- 大地 2011-06-04 (土) 23:42:31
    • しかし大ちゃんみたいにバレンタインのパンを渡して回る元気は無かったのだ…(ごろごろ)
      相変わらずのパンバレンタイン、でもありがたく貰っちゃうよ!
      -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 10:57:02
  • お姉ちゃんちっちゃくなっちゃった……ヒメカの胸を笑えなくなっちゃった…(しょんぼりしながらおみくじを引く12歳児 -- ミーニャ 2011-06-04 (土) 22:08:25
    • ちっちゃ!?どうしちゃったのミーニャちゃん、でもアレだねこれほどちゃん付けが似合う外観も無いよね(頭撫で撫で)
      でも今の姿を見てると私の未来に希望が持てるというか何というか…(ちゅーきちを渡しながら)
      -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 10:55:47
      • お、おのれー!ちっちゃくなってもお姉ちゃんなんだぞー!子供扱いをするなー!(悔しげに両腕をがぁーっ、と挙げながら
        酔っ払った魔術師に魔法をかけられてしまって……お酒ってこわい、なんだかいつも中吉とか吉とか微妙な所だな! -- ミーニャ 2011-06-05 (日) 22:35:15
      • はいはい、そのお年頃って大人ぶってみたくなるものだもんね、よしよし飴ちゃん上げるからねー?(あやす)
        酔っ払った魔術師?ああ、そう言えばやたらと小さくなったり大きくなったりって言ってたっけ…私のところは加護があるからそう言うのと無縁だよ!
        -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 23:34:09
  • キノコでイっちゃっててもろーれんになれるのか…う、うらやましくなんてないぞ! -- アルフ? 2011-06-04 (土) 16:56:47
    • イったとか言わないでよ!あれはもう言い逃れできないトリップ具合だったけど…と言うかアルフくんもでしょ?
      老練は全て積み重ね!安全に行けば老練くらい何とかなるよ!
      -- ヒメカ 2011-06-05 (日) 10:53:42
  • 新年早々死にかけたから今年はちょっと開運というか…お守りでも買った方がいいのかしらねー…
    とりあえずはお賽銭してからおみくじよね…さて、流石に凶とかは出ないんでしょうけどねー -- オウコ 2011-06-03 (金) 22:32:32
    • オウコちゃんのあれは依頼運が悪かったとしか言い用が無い…!でも無事に戻ってこれた、それだけでも感謝しないとね?
      おみくじは吉!これでも良い方なんだよ。今年は更なる飛躍の年になることを祈って(おみくじ渡す)コージョくんは一緒じゃないんだね
      -- ヒメカ 2011-06-03 (金) 23:10:32
      • ま、実際はその運も実力…と言うより、冒険者で一番大切なのは運な気がするわ…戻ってこれただけまだ運もあるんでしょうけど
        へぇ、いいところじゃない。吉なら上がりもするものねー…ありがとね、ヒメカ(有難くおみくじを受け取る)
        あぁ、コージョ?ペコに謝りにいくとかでいないのよ(背伸びしながら木に結び付けてる) -- オウコ 2011-06-03 (金) 23:15:10
      • それは痛いほど分かる、まず最初に良い依頼を受けれるかの運、悪い依頼を受けて生き残れる運、この二つを兼ね備えないと英雄なんてなれないらしいからね
        そう言う意味でもおみくじに認められたオウコちゃんはなかなか優秀だと思うよ!どういたしまして
        ペコちゃんに謝りに?まぁいくつか思い当たる節はあるケド…騒がしい弟がいて大変だねー
        -- ヒメカ 2011-06-03 (金) 23:18:12
      • 私たちもここまで来れてるのは運でもあるんでしょうね…ヒメカも私も、その運が長続きする事を祈るばかりね
        ふふん、私にかかればこれくらいなんでもないわよ…でも、どうせなら武器か防具が欲しいわねー…最近全然ダメなのよね
        …あの子の場合天然で無自覚だから、ある意味騒動の発端になりやすいのよねー(ため息をついた) -- オウコ 2011-06-03 (金) 23:26:33
      • 折り返し点は過ぎたから、あとはゴールに向かって走るだけ!ここまで来てリタイヤしたくないもんね
        武器防具運ね…実はその武器防具との縁結びのお守りがあるんだけど…今まで一勝二敗だから余りお勧めは…
        でも元気なくて引きこもってるよりは男の子っぽくて良いんじゃないかな?ペコちゃんと仲も良いみたいだし、オウコちゃんからすると苦労が耐えないんだろうけど、私は一番末っ子だからちょっとその苦労はわからないんだよね
        -- ヒメカ 2011-06-03 (金) 23:33:55
      • 私としては老練で引退してもいいんだけど…でも、自ら引退もしたくないから安全な依頼でって感じかしらねー
        …それでも1勝してるの?それなら勝ち目は30%以上じゃない!喜んで買うわ!
        ま、どうせペコが女になってると気付かなくて胸に触っちゃったとかじゃない?…それだけで二人とも思いこむから純よねー…でも、暇にはならないわね -- オウコ 2011-06-03 (金) 23:38:23
      • 私はやっぱり行けるところまで行きたいな、みんなに心配をかけないと言う意味では信頼高めの依頼で引退が望ましいんだけどねー
        そう言う考え方もあるんだ!もしこれでオウコちゃんが拾えたら確率が50%に戻る…!是非お願いしなくちゃ!お金は気持ちで良いよ気持ちで(縁結びのお守りを取り出して)
        あはは、私なんかナニコレって思いっきり触っちゃったよ…今思えばちょっとセクハラだったケド、男の子だからいいよね、うん(明後日を向いて)
        -- ヒメカ 2011-06-03 (金) 23:44:37
      • そうなのよねー…それに、私はちょっと引退後もしたい事があるし…
        マイナスに考えてても物事は進まないわよ?えぇ、50%に戻して見せるわ!見てなさい(胸を張りながら受け取る)
        あんなに大きいものねー…思わず歯ぎしりしそうになったわ、男なのに…ま、問題ないわ。きっと -- オウコ 2011-06-03 (金) 23:48:42
      • 引退後の展望があるなら安全第一のまま行けるところまで行くのが良いんじゃないかな!
        危険を省みない私が言う事でも無いけど、幼馴染のみんなには無事引退して欲しいから、でもその前に武器頼むねお守りの効能のために!
        オウコちゃんは耐えたんだ、私は無理だったよ…(思いっきり歯噛みしながら)男の子が性転換すると居乳になる法則なんて放り投げたい
        -- ヒメカ 2011-06-03 (金) 23:58:36
      • そうよねー…一応そのつもりだけど…でも、老練まではちょっと無理して頑張るわよー!
        …そうなのよね…本当皆引退すればいいんだけど…でも、生き延びてもまた出ちゃうから困ったもんだわ…私はこれで、安全になりたいけど
        本当世界の七不思議のひとつよね…あ、ちなみにコージョは全然変わらなかったわよ?その代り妙に可愛くなったとか言われて…(思わず歯ぎしり) -- オウコ 2011-06-04 (土) 00:12:31
      • 確か先々月で冒険開始10年!だから老練も無理せずとも取れそうだよね
        引退お勧め動機は信頼気にする探検だよ!討伐は熊が出てくるから恐くて怖くて…
        そ、それはほら、普段男の子だからそのギャップ分が可愛さに行ってるだけだよ!\オウコちゃんかわいい!/
        -- ヒメカ 2011-06-04 (土) 00:53:10
      • それもそうねー…来月辺りからは方針元に戻しておこうかしら…(本当にそう思っていたようです)
        へぇ、それなら安全に引退出来るの?…それなら引退したい時はそうしようかしらねー…
        …いいもんー、私はコージョより可愛さ負けててもー…(可愛いと言われてもちょっと拗ねたりしてるオウコだった) -- オウコ 2011-06-04 (土) 17:33:48
  • 今さら言うのもナンだけど…ヒメちゃん強くね?(2ページ目に入ってる戦歴を見ながら) -- ギッグス 2011-06-03 (金) 20:57:18
    • これでも10年冒険してるからね、でも私だけじゃないよ?同じ頃から始めた幼馴染のみんなも同じくらい強いのだ -- ヒメカ 2011-06-03 (金) 23:08:41
  • どうだ見てくれよこのトルネードパック!地形適応が壊滅的だぜ!!(噂どおりの酷さに吹きつつ) -- アル斗 2011-05-31 (火) 22:28:49
    • (末吉なので舌打ち) -- アル斗 2011-05-31 (火) 22:30:49
      • 原作では大気中でも使えるはずじゃないですか!やだー!…Aアダプターが無かったら危なかった…でも戦闘は格好いいよね、褒めるのそれしかないとは言わないで -- ヒメカ 2011-05-31 (火) 22:31:16
      • 地形適応いじらないと使えないのでもグレンラガンとえらい差だよな…歌舞伎マニューバー以外見るとこないしなぁ…(これアーマードとどっこいで…なんだろう…と素であれ?と思いながら) -- アル斗 2011-05-31 (火) 22:35:19
      • 前編は宇宙ステージ少ないもんね、後編はきっと宇宙盛りだくさんでバルキリー輝くよ!輝くのは追加武道とは言わないで!
        きっとエースボーナスも本気出すはず…
        -- ヒメカ 2011-05-31 (火) 22:38:44
      • 反応弾とフォールド弾と真お兄ちゃんとの合体攻撃!コレで使えなかったらウソだぜ!(修正必須のABとフル改造ボーナス見ながら)
        宇宙の果てまで追いかけてって3000円借りた後宇宙のどっかまでトンズラこくと聞いてワクワクがとまんねえんだひめか 3000円(さも当然のように手を出す) -- アル斗 2011-05-31 (火) 22:43:48
      • まってアル斗くん!フル改造ボーナスは据え置きでいいでしょ?攻撃力アップだし!残弾とかMAP兵器追加されても困るよ
        フォールドクオーツで銀河の果てまで追いかけるよ!(子供銀行券を渡す巫女)
        -- [[&color(foreground[,background]){text};]] 2011-05-31 (火) 22:46:25
      • 正直弾数アップしても使い切る前にマップは更地になってるよね…(ターン数軽減あってもそれ使うくらいならマクロスさんや愚問砲でイナフなハゲライトキャノン見ながら)
        クソァ!あいつなんなんだ!俺はおっさんと添い遂げたいんだよ!!(おっさん派は多いはず…多いはず…と言い聞かせつつ月本銀行券をレイプ目で受け取って帰る -- アル斗 2011-05-31 (火) 22:50:44
      • せめてデフォルトで援護覚えてれば弾数アップの意味あるんだけどね…(フル改造とBセーブでえらい事になってるヘビーアームズを見ながら)
        この広い宇宙にはランカファンだっている筈なんだよアル斗くん!それでも私はおっさんのディスクを選ぶケド…頑張って逃げ切るんだよ?(見送った)
        -- ヒメカ 2011-06-01 (水) 08:20:12
  • これ…良かったら(ニコリと微笑みつつかつて着ていた女物の衣装を差し出す、基本胸の部分が乳袋になっている) -- ゲイラス? 2011-05-29 (日) 01:38:09
    • ありがとう、ゲイラスさん…でも、嫌がらせですよね?そもそも全体的にサイズ合ってないですよね?(かわりに際どい水着を差し上げながら) -- ヒメカ 2011-05-30 (月) 08:09:15
      • 大丈夫だって、着ていく内に馴染んでいくって言うしな?こう、フィットしてくと思うぜ色々(微笑みつつ頷く)
        それにしてもこの強烈な水着は…ハッ!?まさかヒメカちゃんが実際に使用した?!(広げて掲げつつ) -- ゲイラス? 2011-05-31 (火) 22:31:05
      • どうしよう、今猛烈に腹パンチしたい…!あ、その水着は前にばら撒かれたきわどい水着です、私のサイズにあわなかったのでー(朗らかーに) -- ヒメカ 2011-05-31 (火) 22:32:44
      • フフフ良いんだぜ…腹パンをしてもな!(Tシャツの上からでも分かる割れた腹筋を誇示しつつ)
        合わなかった…ふむん、ここは実際に着てみたがーと受け取りたい所だがその心は? -- ゲイラス? 2011-05-31 (火) 22:38:11
      • え、魔法少女パワー全力で腹パンしていいの!?ありがとう!(全力腹パン)
        残念ながら…着てみるまでも無くこれは無理って分かっちゃったんだ、と言うか!もし試着してたって言ったらどうするつもりだったのよ!
        -- ヒメカ 2011-05-31 (火) 22:44:10
      • (皆川漫画みたいに壁まで吹き飛んでのた打ち回る)そ、そこは女の子パワーで済ませてか弱さ&可愛らしさアピールで行こうぜ…!
        えっそりゃ額縁に入れて毎日拝むけど?俺とヒメカちゃんが結ばれますようにって、女物着たらもろ出しじゃ済まないし…
        最近はシースルーTバックとかいう狂気の男性用パンツも出てるが出して魅せるのにも限度があるかなって -- ゲイラス? 2011-05-31 (火) 22:53:58
      • ゲイラスさん相手に女の子パワーを出す必然性が見当たらないもん、と言うか生きてるだけ凄いかもしれない…
        うん、ありえないからそんな事しても無駄だよ?だからその水着は大人しく処分してね?(腹パンのポーズ)
        …それ、誰が得するパンツなんだろう…なんて言うか同性愛者ご用達…?
        -- ヒメカ 2011-05-31 (火) 22:59:26
      • 殺意…殺意を込めたの?!(鼻血を流しつつ)フッ成る程…殺意の反対は同じぐらいの愛情だものな
        仕方ない…これは仲良くなった女の子に何時か贈るとしよう、フッそれがヒメカちゃんな事を期待しておくぜ
        余程蒸す人でもないとな…あと全く余裕の無い奴、どう考えてもタマタマがこう、な。収納すらしないが今のブームなのかね… -- ゲイラス? 2011-05-31 (火) 23:06:25
      • (容赦の無い腹パン2回目)わ、私の前でちんこの話をするなんていい度胸ですねゲイラスさんー?どうにも憎くて自制出来ないんですよー
        だから、命と男が惜しいのなら私の前でそう言う話題を出さないでくださいね?(にっこり)
        まぁそう言う面倒な体質なので愛情とかそう言うのはノーサンキューなんです(はふーと肩を竦める)
        -- ヒメカ 2011-05-31 (火) 23:12:26
      • 何その新情報?!クッ実際は設定を読んで知っていたがヒメカちゃんの口から聞いたのは初めてだぜ…(腹パンなのに顔がボコボコになりながら)
        だが勘違いをしているようだな…俺という男を!例えそういう事が出来なくても可愛い人を愛し綺麗な人を愛す!それが俺の生き様だ…
        エロスもフィリアもアガペーも俺にとっちゃ同じなのさ…これがね!(皆川フェードアウトしつつ帰っていった) -- ゲイラス? 2011-05-31 (火) 23:21:38
      • それはそうだよ初めて言ったもん、ゲイラスさんの生き様は認めるけどそれで振り向くかどうかは別問題じゃないかなぁ?
        今そのフェードはすっかりネタ枠になってるから気をつけて使おうよ!(直後に爆散しそうな姿を見送る巫女だ)
        -- ヒメカ 2011-06-01 (水) 08:25:15
  •  
  • やあヒメカ、暇なら今使える技でもおさらいしておこうか、その場のノリで量産してる気がしなくもないし、いいアイデアだと思わないかい? -- ??? 2011-06-08 (水) 13:56:21
    • その場のノリ言わないで!大体思いついて出来ると思えば出来るのが魔法少女なんでしょ?どことなく銀河美少年も混ざってる気がするけど…
      ま、いっか、とりあえず最初は無限の小太刀投げだねー
      -- ヒメカ 2011-06-08 (水) 13:57:55
      • 幼馴染との模擬戦でしか使ってないね、割と地味だしそんなんじゃどうにもならない相手ばかりなのも使えない理由かな -- ??? 2011-06-08 (水) 14:02:33
      • 初手に使おう使おう思っていきなりそれどころじゃない状況に追い込まれてばかりだもん、仕方がないよね
        言うなれば何かのために持ってるけど結局使わないTRPGの鞭みたいな?
        ま、まぁいいや、次はそのバリエーションで思念誘導が出来るのがあるんだっけ
        -- ヒメカ 2011-06-08 (水) 14:10:13
      • 自分の事なのになんでそんな他人事なんだろう?これも使えないなって思ってたけど、意外と雷と相性良かったみたいだね
        絶縁体の内部に上下に突き刺して雷の通り道を作るとか、まぁ今となっては電熱でどろどろにも出来そうだ
        -- ??? 2011-06-08 (水) 14:15:48
      • 雷魔術の使い方もいろいろと覚えてきたもん、おかげでフィニッシュがころころ変わるのだけが困りものだったり -- ヒメカ 2011-06-08 (水) 14:26:13
      • しかも名前がついてないのが困り者だ、恥ずかしいのは分かるけどそこを乗り越えないと誰も付いてこないよ?
        お約束だと思って割り切るべきなんだ、ボクとしてはその葛藤が透けて見える分楽しめるわけだけどね
        -- ??? 2011-06-08 (水) 14:27:44
      • …ドS淫獣…!別に叫ばなくても凄い威力とか当たれば止め的な雰囲気を匂わせればいいでしょ! -- ヒメカ 2011-06-08 (水) 14:32:30
      • 見た目は若いけど精神的にきついのは分かるよ、やっぱりああいうのは若い頃から慣らさせないと駄目だね
        あ、ボクちょっと用事があるから、やだなあ別に逃げるわけじゃないよ、う(脱兎)
        -- ??? 2011-06-08 (水) 14:34:05
  •  
  • (誰も居なくなった家族ゾーン) -- 2011-06-08 (水) 14:35:06
    • …うーむ(意識不明で起きないという感じで話を聞いて見舞いに行っていいものなのかと迷って神社の前に立って唸っている。人気が無ければそのうち帰るだろう) -- レオン 2011-06-08 (水) 21:15:05
      • (境内には一人箒を持つ人影、いつもの緋袴ではなく藍の色、大分昔の話だがヒメカの兄だと思い当たるかもしれない)
        (レオンに気がついたらしく遠慮せずに入って来いよ、とジェスチャー) -- 八甲太 2011-06-09 (木) 08:23:11
      • ……あ(人の気配に顔を上げると人影が。いつもの影より大きく少し残念に思いつつ…人に関する記憶力は優れている為、すぐに誰かを把握した。名前の読み方やこうただっけなと思い出し)
        あー…久しぶりです八甲太さん。だいたい話は聞いたんですけど…ヒメカはどうなってるんですかね(軽く頭を下げて挨拶してから、とりあえず来訪の目的を素直に切りだし) -- レオン 2011-06-09 (木) 20:50:04
      • 久しぶりだなレオン、もう10年以上会ってないってのに覚えていてくれて俺は嬉しいぞ!
        まぁとりあえず座ろう、立ち話は落ち着かない(と社務所へ招いて)ヒメカは…端的に言えばまだ眠ったままだ、親父の見立てによれば御霊、まぁ魂の事だが
        これの力が異様に弱っているらしい、そして回復の兆しも無い困ったことにな(そこへ見慣れない女性がお茶を出し一礼していった)
        -- 八甲太 2011-06-09 (木) 21:50:12
      • いやぁ、人の顔と名前を覚えるのだけは得意なんで。子供の頃神社で遊んだ時は世話になりました
        それじゃお邪魔します(軽く頷いてついていき)…御霊…魂。あー…異様に弱ってるって…(首を捻り)
        『…魂を奪われた? 冒険では悪魔が相手だと聞いたけれど』(魔剣の声が割って入った)
        あ。今のは俺の魔剣なんで…回復の兆しが無い……(さすがに暗い顔になった所で、一礼した女性に気付き会釈を返し、出て行った後で)…む。あんな人居たっけ…? -- レオン 2011-06-09 (木) 22:05:31
      • (聞きなれない声を聴いて眉間にしわ寄せ)俺も色々と経験は積んできたが、レオンお前何時の間に人間やめたんだ?
        いやまぁ今それは置いておくか、ヒメカはまぁ俺よりレオンのほうが知ってるだろ、色々面倒な事になってるの
        仮に誰かに奪われたとしても、それだと体が生きてるのは不自然だ、何らかの理由で奪いきれなかったか…あるいは(お茶を口にして)
        ん?ああ、そう言えば知らなくて当然か、俺の妻だ
        -- 八甲太 2011-06-09 (木) 22:19:50
      • …そこまでばれたっ!? いや、最近ですよ辞めざるを得なくなったのは。悪霊とかじゃないんでお祓いは勘弁して下さい(少し笑って誤魔化し)
        詳しい…んでしょうかね。俺はどこまで首突っ込んでもいいか分からないし話とか聞いて見てただけに近いんですが…今思うと、もっと詳しく聞いとけばよかった(溜息を吐いて)
        …む、そうなんですか。抜け殻になったら生きてられないのか……あるいは?『あるいは?』(魔剣とレオンの声がハモる)
        妻ー!? うわぁ、おめでとうございます何時の間に。今は聞きませんけど本題の話終わったら色々聞かせて下さいよ -- レオン 2011-06-09 (木) 22:28:36
      • はは、そんなに驚く事か?30前になったら身を固めるのは当然だろう、まぁ落ち着いたらいくらでも話してやるさ人生の先輩としてな
        それはともかく、この街の事だし人間辞めても今更驚くまでも無いだろ?ある意味ヒメカもそれに近かったわけだからな
        ごほっ(まぁまてと手で制する)これは単純に思いつきの話だが、わざとって可能性もある、あくまで可能性の話だぞ?ヒメカが死ぬほど抵抗したって可能性だってある
        ……いずれにしろ何とかしてやりたい、家族だからな、実際のところこっちが色々と聞きたいところだったんだが…まぁ仕方が無いか
        -- 八甲太 2011-06-09 (木) 22:39:21
      • 俺も5、6年で30だけどまぁ無理だろうなぁ…ま、後で聞きます。驚くかどうかはともかく、辞める度合いってあるじゃないですか。ヒメカは見た目年取らなくなってるだけに感じましたけど
        (制されて落ち着き、真剣に八甲太を見て)…わざと…奪った奴がわざと残したとか…? 『…もう少し情報が無いと何とも言えないわね。現場に何か残っていたりしなかったのかしら』
        家族じゃないけど、気持ちは俺も同じです。実際手を出していいかはともかく…助け舟くらいは出してやりたい。すいません、俺も知ってる限りの事は話すなら話しますけど、家族にも言わない様な事を聞いてる自信はないんで…もうちょっとこう、口と頭が回ればなぁ -- レオン 2011-06-09 (木) 22:46:25
      • 人間を祭り上げれば神様にだって出来る考え方だから何ともな、レオンがレオンでヒメカがヒメカならそれでいい
        (レオンの反応を見れば肩を竦めて)そう謝るなレオンが悪いわけじゃない、それにヒメカと同じような女の子もいるんだろう?俺が直に話を聴くのは憚られるが…
        後はアレだなペットとは言ってたがどう見てもアレは聖獣か精霊の類だと思うんだが、ううむ
        -- 八甲太 2011-06-09 (木) 22:56:07
      • なるほどー…神様になる目標もあったなぁ昔は。まぁ、自分では居られる様に頑張りますよ。ヒメカも…元のヒメカに戻れるといいですね
        いやー、もっと上手くやれたらなと思うと。ああ…知り合いですけど、俺が代理でなんか聞いた方がいい事ありますかね?(事情は向こうの方が詳しそうだしなぁ、と思いつつ)
        …あー。なんか白いの居ましたね。結局聞きそびれた…モザイクと似たようなもんじゃないかと思うんだけどなぁ。あれ…会話できないんですか? -- レオン 2011-06-09 (木) 23:08:17
      • いや元には戻れないさ(さらりと言う)外見は同じでも中身は違う、まぁ生きてんだからそれが普通だよ
        俺が知ってる通りのあいつであればいい、レオンも知り合いがいきなり殺人鬼になったりしたら嫌だろう?
        聞きたい事は特には無いかなレオンに任せる、白いのは…ヒメカと話はしてたな、ここ一ヶ月は見てないが…(見かけたらそっちからも話を聞いてくれと冗談交じりに)
        -- 八甲太 2011-06-10 (金) 08:04:54
      • (元には戻れない、と言われて少し考える様な顔をして)…そういうもんですか。うーむ…
        …ああー。そういう事か…うん、まぁそういう意味でなら、うん。とにかく帰ってきてほしいな…
        それじゃもし何か聞けて伝えた方がいいかなと思ったら持ってきますよ。一ヶ月見てない…(冗談混じりの言葉に割と真面目に頷き)じゃあ、えー…お見舞いに着たわけなんですけど。直接見てきても大丈夫ですか、ヒメカ -- レオン 2011-06-10 (金) 20:41:08
      • ははそう難しく考えるな、時間は前にしか進まないって思えばいい
        ああ、ヒメカがあんな状態になって以後は見てないな…関連性を疑うのが普通だが、そのものが見えないのじゃ手のうちようが無い
        お(お見舞いと聞いてにっと笑う)まったく問題ないさ、見た目はただ寝てるようなものだからな、貴重な寝顔だぞ?(冗談めかして笑うと部屋へと案内する兄)
        -- 八甲太 2011-06-10 (金) 21:42:56
      • 考えるのをセータに任せ過ぎてたせいでバカになってた気がしたんで最近は自分でちゃんと考えるようにしてるんですよー…前にしか進まない、かぁ
        俺の推測通りモザイクみたいなもんだとしたら絶対何か知ってると思うんで捕まえたいですねー…むう
        よかったよかった。どうせ寝顔見るなぁ起きる可能性がある時の方がスリリングでいいのになぁ(と冗談っぽく返して、八甲太についていく) -- レオン 2011-06-10 (金) 21:51:06
      • セータとはまた懐かしい名前が出たな、あっちはあっちで色々大変だとは聞いてたが…まぁ生きてるなら何よりさ
        モザイクが何の事かわからないが、極普通の白い生き物だぞ?おっと、ここだ…(そっと襖をあけて中へ、部屋の中央には布団に寝かされているヒメカがいる)
        祈祷なり薬草なり色々と試してはいるんだがな、まぁ気休めだ
        -- 八甲太 2011-06-10 (金) 21:57:19
      • もうすっかり元気でどっかの大学院? でなんか教えてますよあいつ
        幼馴染を魔法少女にした、らしい奴ですよ。見た目ひたむきにモザイクなんでモザイクです……(入るとまず鼻を少し鳴らし)ああ、薬草の匂いですか…
        (次にヒメカを見て)…眠ってる様にしか見えないな(とにかく、近くで見てみようと布団の傍まで歩み寄り) -- レオン 2011-06-10 (金) 22:04:22
      • 小さいころからそうだとは思っていたが、本当にインテリになるとは…俺なんかより頭いいんじゃないかセータ
        そう言えばセータは結婚したのか?いやいい、その反応で分かった(と近寄るレオンを見て)…ご覧の通り、呼吸も数分に一度だがな
        (特に目立った外傷もなく顔も肌も綺麗なもので、いまにも起きてきそうな錯覚すら覚える)
        -- 八甲太 2011-06-10 (金) 22:16:59
      • うーん。専門の魔術関係ならいいかもしれせんねー、なんとなく。参謀的に凄い頼りになるし
        (ハハハ、ナイスジョークという顔)……呼吸もしてるんですか(さすがに心臓に手を当てたりはしないが、布団の隣に座り耳を澄ませてみて)
        ……ヒメカ(思わず呼びかければ起きるのではと呼びかけたが)……綺麗なもんですね。傷は八甲太さん達が治したんですか?(冒険で無傷だったとは思えず) -- レオン 2011-06-10 (金) 22:25:00
      • それは俺に言ってる?だとしたら期待には応えられないぞ、家族の事があるわけだし(ぐっと親指を立てた)
        (呼びかけに応える様子も無く、ゆっくりとした呼気とわずかに布団が上下するのが見て取れる)
        いや…無傷ではなかったが何も手は施してない、そもそもあれは冒険で受けた傷では無いだろう(心臓、そして頭を順に指差し)
        -- 八甲太 2011-06-10 (金) 22:30:51
      • いやいやさすがに八甲太さんにそこまでは。他の人に話していいならセータでも誰かにも相談してみようとは思いますけど
        ……仮死状態なのか……くそっ。なんでこんな…(悔しそうに自分の手を握りこみ)
        …え、そうなんですか…(心臓を見る。布団。そのまま差されるままにヒメカの頭を覗きこむ) -- レオン 2011-06-10 (金) 22:37:28
      • 仮死か昏睡か意識不明か、どれが適当なんだろうな…レオン、お前が悔しがる必要は無いさ
        (額を覗き込んでも今はかすかに赤い痣が見えるだけ)正直色々とな、わからない事だらけだ、そんな事は差し置いても生きてる事は喜ぶべきなんだが…
        -- 八甲太 2011-06-10 (金) 22:42:10
      • 必要無くても自分に何か出来た訳じゃなくても…こんな風になってたら悔しいですよ。意味はないんでしょうけど…なんで、何も出来ないんだろうなって思えるんで…!(やり場のない憤りを納めるように深呼吸して)…すいません。八甲太さんの方がもっとそう思ってますよね(大きく息を吐いた)
        額に痣…か。急所に的確に攻撃を受けてやられたんだな…生きてるのは喜ばしいけど。意識が戻ったらもっとですよね…何かできないかな…っと(立ち上がり) 今、ここじゃ何も出来ないし今日は帰ります
        また、様子見に着てもいいですか? 合気道習ってた時みたいに毎週来るといいませんけど(特に何もなければ行間で) -- レオン 2011-06-10 (金) 22:53:35
      • まあ、な…修行と称して旅に出ず傍にいてやるべきだったとか、色々思うことはあったさ
        だが「もし」なんてのはありえない、だから今できることを少しずつ…な、ああいつでも来てくれ!そうして貰えば親父も喜ぶさ、気をつけて帰れよレオン
        -- 八甲太 2011-06-11 (土) 20:31:42
      • …よし、じゃあ俺も前向きに何か考えてみます。何が出来るかも分からないけど、出来る事があればして上げたいし
        よし、じゃあちょくちょくお見舞いに来させて貰います。大丈夫ですよここに来るまでの山道、ランニングコースにさせて貰ってたくらいですから、それじゃ(八甲太に軽く頭を下げ、ヒメカにはまたなと一応声をかけ、それから帰っていった) -- レオン 2011-06-11 (土) 21:20:26
  •  
  •  
  • ふむ…(酒場で聞いた生存者の話、危惧したものの禍もなく過ぎる日々がやはり気に掛ったのかついぞ訪れてしまった)
    (彼女に関わる霊的なものを探そうにも容姿を知らぬし場所も場所のせいかと思い家族の方に話を伺おうかと思ってきたのではあるが) -- ヨシュア 2011-06-14 (火) 22:16:23
    • おや、参拝ではなさそうですが、何か御用ですか?あるいはヒメカのお知り合い、と言う線もありますね
      (ヨシュアの姿を見かけ顔を出す神主っぽい、齢40代後半と言う所か) -- 南昌 2011-06-15 (水) 07:58:33
      • はい。此度のヒメカさんの事…謹んでお悔やみ申し上げます
        (神主、この社の主から声をかけられれば彼女の家族ではあろうと思い)
        未だ目を覚まさぬとお聞きしました故…以前ヒメカさんにお話したことや、酒場で聞いた話が気に掛りまして伺わせていただきました -- ヨシュア 2011-06-15 (水) 22:08:02
      • なるほど、ですがお悔やみは頂けません、ヒメカはまだ生きているのですからね(と柔らかく言う)
        気になること、ですか、一体どのような事ですか?
        -- 南昌 2011-06-15 (水) 22:12:45
      • …失礼しました。しかし真に悔やまれる事態であることは確か(ご容赦をと神主に頭を下げ)
        ヒメカさんが以前より…(魔法少女として戦うべき相手である魔女が人間と深い関りを持ち、その中でも人間から成る者であると話したこと。その後、ヒメカが何者かに問いただすためか急いでどこかに向かったこと)
        (その者が何者か、そして酒場で聞いた少女によりヒメカが倒された話は真実ではないかということが気になっているを話した) -- ヨシュア 2011-06-15 (水) 22:31:16
      • いいえ、真に悔やまれる事態というのは何もかもが手遅れになったときだけです(と言い謝罪を手で構いませんよ、と制する)
        (ヨシュアの話を聴いて困ったような表情を浮かべ)あの子は私に色々と隠し事をしていたのですね、正直ある程度はそうでは無いかと思っていましたが…
        となると今私が貴方にお教えできる事はありません、むしろ貴方の方がより詳しいことを知っている、依頼で倒れたのではない事は傷を見て分かりましたが…
        -- 南昌 2011-06-15 (水) 22:38:00
      • 以前より神社の巫女として退魔業を、と聞いていましたのでご承知かと思っていたのですが…
        はい、して…その手にかけた者ではなく、ヒメカさんがその会おうとしていた者についてお伺いしたく
        こと魔女のことを聞こうとする相手ならば…以前今のような姿を変える魔法少女の力を手に入れたことに関りある者かと思った次第
        この神社に由縁のある存在であらば神職であらせられるご家族の方が詳しいのではと
        例えばこの社に祭られている存在や関りのある神、あるいはその使いである聖獣等… -- ヨシュア 2011-06-15 (水) 23:01:01
      • いえ、魔を払う生業と魔法少女に関しては聞いておりました、聞いていなかったのはその相手のことです
        会おうとしていたもの?(暫く考え込み)おそらく貴方は勘違いをされている、その魔法少女の力、それに関してですが
        私共の神社、あるいは祭る神とは関わりが無いものと思います、少なくともこの社を預かった神より伝え聞いてはおりません
        ただ…ヒメカが白い生き物を連れ歩いているのは見ました、残念な事にそれが何者かまでは…そう言えばレオンくんも同じことを聞いていたと八甲太に聞きましたが、ふむ何やら鍵を握るのはその生き物のようですね
        -- 昌南 2011-06-15 (水) 23:09:27
      • …そうでしたか。もし話が本当ならば、いえ私の推測となりますが…相手は魔法少女のような超能をもつ者であったのではと
        …アテが外れましたか。神道、神の力である和魂の力を持って邪妖と戦っているのかと思っておりましたが
        白い生き物…いえ、それで充分にございます。 レオンさんが…ですか
        はい。肉体が滅びていないということは何かしらその生き物により守られているか等があるゆえではないでしょうか。ゆえに何か目覚める手がかりが…あるのではとレオンさんも探しているのではないでしょうか -- ヨシュア 2011-06-15 (水) 23:25:59
      • 恐れながら、貴方は色々と勘違いをされている、確かにヒメカには神道ならびに武道、そして退魔の術は教えましたが
        魔法少女の力はそれとはまた別のまったく異なるものだと私は理解しております、言うなればもっと高い階位の力、でしょうか
        そうかもしれません、むしろ何かあると見るべきでしょう…私たちはヒメカのそばを離れるわけには行きませんが…
        -- 昌南 2011-06-15 (水) 23:34:18
      • 高い位、ですか…重ね重ね失礼を。混同することが多く、お手間を取らせます
        1度、レオンさんともお話してみます。この街で生まれ育った彼ならもしやとも思います
        本日はありがとうございました。このようなときではございますがどうか皆さんで…(最中の菓子折りを手渡し一礼し神社を去っていった) -- ヨシュア 2011-06-15 (水) 23:58:07
      • いえ、何かの手がかりになるのであればそれで十分ですよ、そうですね、情報とはまとめてこそ精度が高まるもの
        その様にして頂ければ何か分かるかもしれません(菓子折りを受け取って一礼)思いやりは言葉ではなく行動で示される
        感謝する事はあれ失礼に思う事はありません、お気をつけて(と見送った)
        -- 昌南 2011-06-16 (木) 16:03:32
  • ひめ・・・ちゃん・・・?(生き人形と化してるヒメかを見て立ち尽くしている)
    どうして・・・?ねぇどうして・・・?ヒメちゃん・・・私だよ?キャロットだよ・・・?(勤めて平静になりながら、軽く肩をゆする) -- キャロット 2011-06-16 (木) 21:38:17
    • (ゆすった所で力なく頭が動くだけ、キャロットの言葉にも何も反応を示さず、ただ眠っている) -- ヒメカ 2011-06-16 (木) 21:42:58
      • ヒメちゃん!どうして・・・!どうしてぇ!(堰をきったように涙を流し、ヒメカにすがりつく)
        一緒に・・・がんばろうっていったのに!なんで!なにが!一体誰が!?どうすれば・・・・どうすればいいのっ!!!!!(大声でまくし立て、慟哭がヒメカの部屋に響く) -- キャロット 2011-06-16 (木) 21:57:01
      • (その様子を沈痛な面持ちで見ている人影、キャロットをこの部屋に案内したヒメカの姉だ)
        (キャロットに声を掛けるでもなくただ部屋の入り口近くでじっと手を握り座っている) -- 氷見香 2011-06-16 (木) 22:00:43
      • うっ・・・ううっ・・・ヒメちゃん・・・(ヒメカの体を起し、抱き寄せる。その胸の中で大粒の涙をこぼしながら、すすり泣く) -- キャロット 2011-06-16 (木) 22:09:20
      • (抱き寄せ胸の上に顔を置けばキャロットの耳にかすかに聞こえる鼓動の音、だがそれだけ、いつものような明るい声がその口から出る事は無い)
        (何時の間に横にいたのかヒメカの姉がキャロットの肩を優しく叩く)大丈夫、きっと目覚めるから…
        -- 氷見香 2011-06-16 (木) 22:21:47
      • どうして・・・どうしてこうなったんですか・・・?(振り向かず、ヒメカを見つめたまま問う)
        本当に・・・本当に目が覚めるんですか?ヒメちゃんは元の明るいヒメちゃんに戻るんですか!!!?!(語気が荒くなり、興奮して問い詰める) -- キャロット 2011-06-16 (木) 22:26:53
      • ……こう言う結果を招く行動をした、それだけ、それだけよ……良い悪いは別にして
        こう言う言い方をするの許して、貴方はヒメカの目が覚めない方が良い?元の明るいあの子に戻らないほうが良い?…私だって同じ気持ちよ
        -- 氷見香 2011-06-16 (木) 22:33:30
      • ・・・だれが、やったんですか?知ってるんですか?教えて・・・教えてください!(鬼気迫る表情で氷見香に迫る)
        ・・・!ごめんなさい・・・でも・・・でもっこんなのって・・・!(再び涙が溢れ、子供の様に泣きじゃくる) -- キャロット 2011-06-16 (木) 22:45:56
      • 誰がやったか、もし分かってたら私が黙ってない…生き残った冒険者が言うには、同じような格好の女の子だって
        ……ありがとう、それだけヒメカのこと心配してくれて、でも貴女が泣く姿を見てもあの子は喜ばないと思う、だから少し心を落ち着けたほうがいいわ…
        -- 氷見香 2011-06-16 (木) 22:51:24
      • 同じような格好・・・(袴姿、ということは理解したらしいが、知人には該当する人物を思い当たらない)
        ・・・ごめんなさい、お姉さん・・・少し・・・色々考えて見ます・・・・ご迷惑を、おかけしました・・・(立ち上がり、ぺこりとお辞儀してしずかに部屋を出て行く)
        ヒメちゃん・・・またくるね?(最後に振り向きヒメカに笑顔を向け、さって行った) -- キャロット 2011-06-16 (木) 23:03:17
  •  
  •  
  • …もう一年以上か(待つのは決めたが少しだけ気になった事があったので見舞いがてら神社の誰かが居ないか探してみる) -- レオン 2011-06-21 (火) 21:56:19
    • (しかし生憎と外に出ている家族の姿は見えず、参拝客と思しき人影がまばらに見えるだけである)
      どうしたのかしら?(不意に、人を探しているレオンが気になったのか掛けられる声、年のころは18かそこらに見える、無論面識は無い)
      -- ??? 2011-06-21 (火) 22:05:24
      • …む。もしかして忙しいか…仕方ない(ヒメカの様子見も別の日にしようと踵を返した所で)
        ?(声をかけられた方に振り向く) ああいや、ここの神社の人に会いに来たんだけど。忙しそうだからいいかなって(知り合いかと思ったが違い、少し首を捻りながらとりあえず答えた) -- レオン 2011-06-21 (火) 22:12:39
      • ふぅん、なるほどね神社の子のお友達かな?大変よね、あんなことになっちゃって……
        そうそう、神社の人なら向こうで見たわ、まだ居ると思うけど、行ってみたらいいのではなくて?(指で促す) -- ??? 2011-06-21 (火) 22:16:20
      • へ? ええまぁ…(そんなにヒメカがやられたのって有名だったっけ、と内心思いつつ頷き)
        …あ、本当に? それは助かる…じゃ、ありがとうございます。失礼します(とりあえず顔だけきちんと確認してから、指で示された方に小走りに走っていった) -- レオン 2011-06-21 (火) 22:20:00
      • (その女性の言うとおり、境内の横手に見える八甲太の姿、レオンを認めると手を振って)ようレオンか、今日もヒメカの見舞いに来てくれたのか?
        (この前見た嫁らしき女性に二言三言話をして歩いてくる)どうやら別に用があるみたいだな、聞きたいことでも出来たか?
        -- 八甲太 2011-06-21 (火) 22:25:16
      • ええ、見舞いついでに確認というか、そろそろはっきりするかなって事を…家族の人は気付いてそうだけど。どうも(二人に軽く頭を下げて挨拶し)
        どうでもいいかもしれないんですが、ヒメカの髪って伸びてます?(生きてるなら何か変化があるかなと思い) それ以外は白いのかもしくはちっちゃい女の子が見舞いに来なかったかとか… -- レオン 2011-06-21 (火) 22:33:01
      • (レオンの質問を聞いてふむと頷き)なるほどな、生きてるとは言えどの程度のものかを知りたくはなる、端的に言えば髪は伸びてる、水も飲ませてる
        その辺りはお袋と姉貴に任せっぱなしだが、レオンが心配するような事は無いさ(ははと笑い表情を改める)白いのは見て無いな、その小さい女の子?と言うのは初耳だが、ヒメカの友達か?
        あと女の子と言えば、さっき見かけない子が来たな……やっぱり白いのの話を聴きにきたんだが
        -- 八甲太 2011-06-21 (火) 22:39:11
      • ハハハ、さすがに男は出来ませんよねー…って事は生きてて体も魔法少女のまま…なのかな
        やっぱ白いのは、大人しく待ちか…ええ、ちょっと似たようなというか魔法少女関連で探してる子がいまして(ざっとみうの容姿を説明した) ここに来る可能性もあるかなぁと
        見かけない…そういやさっきそんな子にこっちの方に八甲太さん達がいるって聞きましたね、その人かな -- レオン 2011-06-21 (火) 22:44:02
      • どうかな、髪の毛は黒いから変身したままと言うのは無いと思うんだが、ふむ、ふむ
        その子は来てないな、もし見かけたら連絡しよう、ヒメカの友達ならいつか来るかもしれない
        そうだ金髪の子だ、てっきりレオン達の知り合いかと思ったが……その様子だと違うようだな、しかし特段怪しい気配は無い普通の人間だったが(考え込む)
        -- 八甲太 2011-06-21 (火) 22:48:57
      • 確か随分長い事容姿があんまり変わらない感じでしたよね、ヒメカ。だからほぼ変わらずに…って事は「変身してない魔法少女」のままなのかなと
        お願いします、なんかやばい状態らしいんで…目が覚めてる分ヒメカよりはマシなんだけど
        見覚えの無い顔でしたね、人の顔の記憶には自信あるし間違いない…まぁ、一応覚えておきましょう。他にも誰か探ってる奴がいるのか… -- レオン 2011-06-21 (火) 23:01:50
      • ヒメカは成長が止まったとか騒いでいたが、まぁそう言うからくりがあったって事だ、知ってたのかは今となっては確かめようも無いが(自嘲気味に頭をかいて)
        みう、ちゃん、だな?分かった、その見知らぬ女の子も魔法少女での関係者かもしれないか、ならヒメカの様子を見なかったことが気になるが…まぁ推測で動いても始まらん
        いっそその女の子に話を聴くのも手かもしれないな、勿論また来たらよく聞いておく
        -- 八甲太 2011-06-21 (火) 23:10:35
      • いつかきっと、確かめられますよ。生き返らせるのに関係ないけど聞きたい事まだまだあるしなぁ…やたら目の仇にしてた急所の事とか
        …あー。そうだ、もし会ってもヒメカの名前を出さない方がいいかもしれません。この前会った時にヒメカの名前を出したら悲鳴上げて消えちゃって…何か知ってるのかもしれないけど、迂闊に触れない状態っぽいというか。慎重にお願いします
        では、お互いその方針で…また何かあったら伝えますから。さてそれじゃお見舞いだけして帰るかな…(特に何もなければヒメカの所にお見舞いしてから帰るだろう) -- レオン 2011-06-21 (火) 23:15:28
  • (今日こそヒメカの様子を見ようと、決心して来たはずなのに神社の境内に入ってからとても足が重い)
    (あの戦いがあったのはどれくらい前だったのか見当も付かないほど長い時間が経ったような気がする)
    (魔法少女の姿のまま、境内の入口で立ち尽くす………) -- みう 2011-06-22 (水) 23:41:20
    • (そんな姿を見咎める巫女装束を来た人影、勿論ヒメカではない、みうはおそらく面識が無いであろう)
      何か探し物?それとも神社に御用かしら?そんな浮かない顔をしていてはせっかくの可愛さが台無し(やんわりと微笑んで話しかけてくる)
      ヒメカちゃんのお友達かしら、私はヒメカちゃんの兄のお嫁さんで、マヤと言うの、義理のお姉さんに当たるのかしら
      -- マヤ 2011-06-22 (水) 23:45:32
      • (優しい声で、優しい口調で話しかけられたのに飛び上がるほど驚いた)
        あ、あの…………っ 私…ヒメカに会いに…………………………………
        (後ろめたいことでも隠すように、長い時間をかけてこれだけ言った) -- みう 2011-06-22 (水) 23:47:44
      • (そんなみうの様子を見て優しくそして妖艶に微笑む)ええ、お友達に会いに来るのに悪い事なんて無い……
        ヒメカあそこの部屋よ?いって、顔を見てあげて?(沈黙を勘ぐるそぶりも見せず、すっと細い指を差す)
        心配しないで、付いていったりはしないから……こう見えても人を見る目には自身があるのよ、貴方なら大丈夫
        -- マヤ 2011-06-22 (水) 23:52:14
      • (本当は言わなくちゃいけないことがたくさんある)
        (恐らく、ヒメカが………………………………された場面を、犯人を、見たのは、自分だけ、だから)
        (分かっていてもどうしても言い出せなくて、何も聞かれない優しさに甘えることにした)
        ありがとう…ございます(ぺこりと頭を下げると逃げるようにヒメカの元に走った) -- みう 2011-06-22 (水) 23:58:34
      • (ふすまを開けると静謐な、そして清められた空間、その中央の布団にヒメカが眠っている)
        (若干髪が伸びた以外はあの時と変わらないまま、声をかければ今すぐにも起き出しそうなほど自然な寝顔)
        (だがその希望が叶うことは無い、みうがそばに寄ってもただ変わらず深い呼吸を繰り返すだけ)
        -- ヒメカ 2011-06-23 (木) 00:01:18
      • (この空間に拒絶されているような、清らかな部屋 自分に立ち入る資格なんてないのかもしれない)
        (長い長い時間傍に近寄ることも出来ず棒になったように襖のそばに立っていた)
        (随分と長い時が過ぎても何も動かないヒメカに、ふと不安が過ぎる)
        (呼吸していないのではないか、もう……………)
        (悪い予感に耐えられなくなり取り乱したようにヒメカに近寄る)ヒメカっ!!!!!
        (ちゃんと呼吸をしている まだ生きている) うう…… あ…… ひっく(それを確認しただけでまた涙が溢れてきた)
        (安堵と、後悔と、悲しみと、憎悪と、不安と……色々な感情が混ざった雫がぽたぽたと布団に染みを作った) -- みう 2011-06-23 (木) 00:11:06
      • (しんとした部屋に響くはみうの嗚咽のみ、ちょっと困った顔して元気付けてくれる事もなく、ただ眠り続ける)
        (みうには分かるだろう、生きる力というべき御魂、それが今にも消えそうなほど弱まっていると言う事を)
        (それでもかろうじて消えずに燃え続ける命の炎、それはふと揺らいだ気がした、何か別な、そしてどこかで似た気配を感じたような…思い出すのはみうと契約を交わしたメレンゲ)
        -- ヒメカ 2011-06-23 (木) 00:19:11
      • (必死にヒメカが繋いでいる命は簡単に消えてしまいそうなほど儚い)ヒメカ……ヒメカ……… わたし、どう、し……いい、の……わたしは、わた…………
        (ちなはいなくなってしまった どうしていいか分からない 眠り続ける相手に問いかけるしかない)
        (涙なんてもう枯れてしまったと思うほどに流してきたはずなのに止め処なく 更に溢れるのは涙だけでなくちなを取り込み制御できない結晶化の力)
        (もう涙の染みが増えることなく、零れるたびに結晶化された透明な欠片が布団に、床に降り注ぐ)
        (これほどまでに取り乱していても今すぐにでも消えてしまいそうな灯火が揺らぐ瞬間を見逃すことは出来なかった) 何…ヒメカ……? ……………………メレンゲ? -- みう 2011-06-23 (木) 00:28:50
      • ようやく来てくれたね、君の事を待ってたんだ、でも始めましてと言うべきかな?ボクは君ことを知ってるけど
        君はボクのことを知らない(姿を現したのは白い龍、と表現出来る様な小さな生き物、みうなら直感で分かるだろう)
        そう、ボクがヒメカと魔法少女の契約を交わした、ましろ、と呼ばれてるいわゆるマスコットかな?(とん、とヒメカの体から降り)
        ボクを助けて欲しい、引いてはそれがヒメカを助ける事になる
        -- ましろ 2011-06-23 (木) 00:34:40
      • まし……ろ……………?(顔を上げて)
        (確かに気配はメレンゲと似ているし、疑う余地はなかった)
        ヒメカを助けられるの? どうしたらいいの? 何でもするから、教えてっ!!!!(必死の形相でましろに縋るように詰め寄り問い詰める) -- みう 2011-06-23 (木) 00:41:48
      • (その剣幕に臆することなく目を閉じ)今ヒメカは魂を奪われてる、その奪った相手から取り戻せばいい
        でも、その相手がどこに居るのか、どうすれば取り戻せるのか、それは今のボクにはわからない
        (一度言葉を区切り顔を上げ)ただ一ついえるのは、奪った相手はあの蔵瀬神社の巫女じゃないんだ
        あの時、ヒメカが生きることに絶望しようとした瞬間、一番魂が弱る瞬間を狙われたからね(淡々と告げる)
        -- ましろ 2011-06-23 (木) 00:48:01
      • (奪われていると教えられて真っ先に疑ったのは、あきらだった)…………!(一段と憎しみが増し、足元から結晶が生える それは憎悪のような闇色だった)
        ………違う、の…? じゃあ、どうしたら…どうすればいいの………教えてよ…ねえ………
        (自由に動けるから見える傷は癒えたからといって状態は芳しくない あの事件に関った魔法少女はそれぞれ何らかの傷を負った それを示すように激しく動揺し、呼応して持っている力は暴走しかけていた)
        (淡々と語るましろとは真逆の言動は余計に目立って) -- みう 2011-06-23 (木) 01:01:51
      • いいかいみう、ヒメカを失うと困るのはボクの本当に気持ちだ、それは君だって、他の魔法少女だってそうだろう?
        だから落ち着いて聞いて欲しい、相手がヒメカの魂を完全に奪えなかったのはボクがいたからなんだ
        (そう切り出し、自分がヒメカの魂に潜んでいた事、今ヒメカの体が生きているのは魂の一部である自分がここにあるから、と言う事)
        (そして完全に奪うべくましろの事を探していることを話す)さっきも言ったけど、その相手がどうしてヒメカを狙うのかは分からない
        そうだとしても、向こうから現れたときに返り討ちに出来れば……!
        -- ましろ 2011-06-23 (木) 01:11:17
      • (この機会を失えば…もう出来ないかもしれない)
        (そう言い聞かせ、大きく深呼吸をした)
        ヒメカの魂を狙っているのは…あきら…じゃなくて、別の人で… 今ヒメカが生きてられるのはましろのおかげで… そして、ましろは狙われているんだね……
        (今度はこそ絶対に負けない 絶対にヒメカを助けてみせる そう宣言するにはあまりにも自信がなかった それでも)わかったよ……待ち伏せて、倒せば………… -- みう 2011-06-23 (木) 01:19:02
      • (みうの宣言にひとまず頷く)ここはちゃんと結界に守られてる、そうそうは見つからないと思うけど逆に逃げ場も無くしてしまう
        そして何より、ヒメカの体を危険に晒すわけにはいかない、だから戦うのであれば別の場所、だね
        もしその時が来たらテレパスで伝えるよ(ちょんとみうの手に触れる)これでバイパスは繋がった、いつでも連絡できる
        だから今は心を落ち着けて力を蓄えて欲しい、ボクが伝えたかったのはこれだけだね(とん、とヒメカの体に乗る、何もなければまた潜むのだろう)
        -- マシロ 2011-06-23 (木) 01:31:16
      • (神妙に頷く)ここで戦って…何かあったら、大変だもんね…
        前は、気付いて、駆けつけたときには……(もう遅かった 今度は繰り返さない 神社の近辺で宿を取ろうと考えながら)
        (そこでふと疑念がわいた)待って…誘導って言っても、どうやって誘導したら良いの…? 狙いがヒメカなら、誘導しても見向きしないんじゃないかな…… -- みう 2011-06-23 (木) 01:35:46
      • (呼び止められてくるんちょこんと振り向く)正確に言うとヒメカの力、さっきも言ったけど魂を狙うんだ
        そしてその魂の一部がボク、この姿で逃げたら相手は追うしかないよね?あと離れていてもボクが生きてる限りヒメカは大丈夫
        (とみうの疑問に丁寧に答えていく)心配なら頻繁に足を運ぶといいんじゃないのかな?辛いとは思うけど、逆に安心も出来るだろう?
        -- ましろ 2011-06-23 (木) 01:45:50
      • あ……そっか…。 じゃあ…ヒメカもましろも……(私が守るよ 言葉は音にならず 口だけが動いた 一人だけの誓い)
        お屋敷はここから遠いから…決着がつくまで、近くに住もうと思うの… ………うん。 よく、来ることになると思うから…よろしくね
        最後に一つだけ…… ヒメカを狙う相手を倒したら…ヒメカは助かる、よね……?(質問というよりも肯定して欲しくて震える声で尋ねた) -- みう 2011-06-23 (木) 01:52:06
      • なるほどね、近いほうが何かと好都合ではある、でもいいのかい?そっちのお屋敷は?
        ヒメカのお見舞いにちょくちょく来てたレオンだったかな?彼もみうのことを心配していたようだけど
        (震える声で問われれば、よく吟味するように頷き)助かるさ(はっきりとそう答えた、だがその単語の意味がどの方向を向いているのか、それはましろにしかわからないだろう)
        さて、それじゃあボクは戻るよ、心を強く持つんだ、それは魔法少女の力になる
        -- ましろ 2011-06-23 (木) 01:58:31
      • ………………………………(屋敷とレオン 二つの質問には) なんとかしなきゃいけないし、謝らなきゃって分かってる………でも……… 
        (今は助かると言う言葉だけが救いで、それさえ聞ければ…まだ頑張れる)&
        (自分が「助かる」という言葉を自分の都合の良い様に受け取っただけかもしれないと疑えるほどの余裕はなかった ただひたすらに信じるのみ)
        うん…………。 -- みう 2011-06-23 (木) 02:08:56
      • (小さい肯定の頷き、だがそれに満足したように目を細め)おやすみ、みう(そう言うと姿を消した、残ったのは部屋に入って来たときと同じ静寂のみ)
        (だがみうの心は大きく変わっているはずだ、少なくとも前を向ける程度には)
        -- ましろ 2011-06-23 (木) 02:20:06
      • (静寂に取り残され、一人で意を固める)
        今度こそ…何があっても…絶対に助けるから…………ヒメカ……それまで、おやすみなさい……………(今度は口に出してはっきりと)
        (もう誰も聞いていないと分かっていても宣誓した)
        (一度ヒメカの髪を撫でた後に部屋を出て、マヤに挨拶した時の顔は最初とは驚くほど違った) -- みう 2011-06-23 (木) 03:53:06
  •   -- 2011-06-27 (月) 08:01:58
  •   -- 2011-06-27 (月) 08:02:04
  • みう「こんにちは この間はごめんなさい きちんと挨拶もできなくて…また、ヒメカの様子を見ても良いですか?」
    (前回とは変わってしっかりした様子で神社を訪ね、非礼を詫びた)
    (少女の後ろにはもう一人女性と、猫がいる)
    (女性は様子を見守っているようで小さく頭を下げただけだった) -- みうとちなと猫 2011-07-05 (火) 08:15:00
    • (訪れたみうをみて、ええ勿論と答えるのは以前に対応してくれたまや、ちなを見ても表情一つ変えずにいつも通りヒメカの部屋へと案内してくれるだろう) -- まや 2011-07-05 (火) 08:18:57
      • 「ありがとうございます」(お辞儀をしたあとゆっくりとヒメカの居る部屋へ立ち入る)
        (それに続く一人と一匹)
        みう「ヒメカ………」(まずは近寄って確かめる まだ、生きていることを) -- みうとちなと猫 2011-07-05 (火) 21:10:04
      • 以前訪れた時と何一つ変わらないヒメカの顔、雪のようだった肌にほんのりと朱が乗っている)
        (肩までかかっていた髪はさらに伸び、それ自体が生きている証と取れるだろう)
        (そしてもう一つ、その中に潜んでいるましろの気配も感じ取れるはずだ)
        -- ヒメカ 2011-07-06 (水) 06:34:22
      • (長くなった襟足の髪をさらりと梳き)
        みう「ちゃんと…生きてる…まだ、大丈夫…まだ、頑張れる……」
        みう「ましろ…いるんでしょ?」(少女に宿るものを呼び)
        (ちなとひなの顔が強ばった) -- みうとちなと猫 2011-07-06 (水) 07:48:37
      • (みうの声に反応し、にゅるん、と湧き立つように実体化する)ちゃんと、とは傷つくよ、ボクを信用してくれても良いじゃないかみう
        ふむ、今日は千客万来だね(ちなを見て)そっちはわかるけど、そっちは誰だい?(首を傾げて猫を見るましろ)
        それと、ボクが呼んでないのにここに来たと言う事は、何か進展があった、そう言う事だろう?(と先を促す)
        -- ましろ 2011-07-06 (水) 08:02:48
      • みう「ましろのこと信頼してない訳じゃないよ、ごめんね だけどどうしても自分で確かめたくなっちゃって……
        今日は進展があったというよりも、自分自身のためにきたようなものだから…私が落ち着いたくらいかな
        そうそう…この間は取り乱していてごめんね」
        (挨拶するきのないちなとひな みうはあきらが屋敷に来たことは知らされていないようだ)
        みう「二人とも、挨拶くらいしてよ~ ちなとひなだよ、私のこと助けてくれてるの
        こちらはそんな感じなんだけど、ましろの方は変わりない?」 -- みうとちなと猫 2011-07-06 (水) 08:13:54
      • その気持ちは分からなくはないさ、だから気にしないで欲しい、みうが戦う理由それがヒメカなら尚更だよね(しっぽぴこん)
        なんだかよく分からないけど、ボクは嫌われてるのかな?それでも挨拶はしないとね、よろしくちなとひな、ボクの名はましろだ
        外は色々と大変みたいだね、でもボクの方はみての通り平和なもんだよー外に出る事は無かったからね(ごろん)
        -- ましろ 2011-07-06 (水) 09:19:42
      • みう「二人ともちょっと気難しくて…嫌いなんてことはないと思うんだけどなぁ
        そっか やっぱりここはとても安全なんだね」(安心したように微笑み、ましろを撫でようとする)
        (その後に立つちな)
        (するとみうは急に眠りに落ちるように倒れかかり……ちなによって支えられた) -- みうとちなと猫 2011-07-11 (月) 06:33:03
      • 完全に安全とは言えない、今は相手が強硬手段に出ないだけだ、とボクは思ってるよ(伸びてくる手に目を細め)
        ……ふむ、どうやらみうに聞かせたくない話があるみたいだ、3人は仲良しだと思っていたボクの見立てに間違いが会ったのかな
        それともよっぽどの事情か……(ちょこんと座ったままじぃと目を細めるましろ)
        -- ??? 2011-07-11 (月) 06:40:46
      • ちな「……それでも……結界があるだけ、ましだわ… 貴方にみうをどうこうできるような力は残っていなさそうだし……
        私たちにはやらなければならないことがある…少しみうをここに非難させてもらうだけよ…
        貴方に聞きたいことは沢山あるわ…でも今は時間がないからひとつだけ…………貴方達の目的は、何?」
        (いつの間にか大人の女性の姿になり、襖にもたれて)ひな「私たちみうと仲良しよ? 少なくともあんたよりは仲良し、これは間違いない
        でもどうしてもやらなくちゃならないことがある とっても危険なことだから…できればみうはここに居て欲しい それだけのこと
        あんただって今は手を出しようがない、そんなとこでしょ?」 -- ちなとひな 2011-07-11 (月) 07:14:29
      • 元々ボクは才能のある少女を魔法少女にするだけの力しか持ってないからね
        避難、か……それを知ったらみうがなんて思うか、そんなのはもう十分に理解してると言う顔だね、いいさ、確かにボクにはそれをどうこう出来る力はない
        達、ねぇ……一つだけはっきり言えるのは魔女を滅ぼす、それが悲願なのは間違いない、どんな手段をとろうとも、ね……
        心外だねひな、ボクとヒメカはいわば一心同体だ、ヒメカがそう考えない限りボクには何の決定権もないよ(そう言うと布団の上に丸くなった)
        何にせよ無茶は止めて欲しい物だけど、君たちに何かあったらヒメカが悲しむ
        -- ??? 2011-07-11 (月) 08:05:29
      • ちな「貴方達、つまりあのモザイクと貴方…つるんでいるのではないのかしら…?」(少なくとも同質のものだろうと踏んで)
        ひな「みうは一人安全な場所にいることなんて望まない、そんなのわかってる
        でも保護者として確かめておきたいことがあるし…これはこれからの方針を決めるために必要なこと。
        魔女を滅ぼすためならどんな手段もとれる…?」(目を細め、瞳孔が細く閉じられる 半ば睨むように) -- ちなとひな 2011-07-12 (火) 10:45:57
      • つるむ?ああ、メレンゲの事かい?素質あるものに魔法少女としての力を与える、それ自体は同じと見てもらって構わない
        でも彼とボクとは生まれは全く別だし、細部の目的は違うんじゃないのかな?詮索もしないしする気もないけどね
        とれるさ、それがボクに与えられた使命だから……とはいえ、たとえばボクがみうが邪魔になったとしてだ、排除するようにヒメカに言ったとしても、それは拒絶されるだろう?
        だから出来ることと言うのがは意外に少ないのさ
        -- ましろ 2011-07-12 (火) 11:15:08
      • 同じ目的じゃないなんて、益々胡散臭い。 もっとも何をいっても胡散臭いとしか思わないよ?
        ひなはみうやちなみたいに優しくないし
        だからあんたがヒメカの体を傀儡にして暴れだすとかそういうことばかり想像してる それをしないのは何らかののっぴきならない理由があるんじゃないかってね
        どのみち今すぐに動くことはないみたいだからほかっとくけど…なんかしたら…(薄ら寒い笑顔を浮かべた) -- ひな 2011-07-13 (水) 19:29:19
      • 今日は随分おしゃべりね…ひな……後で問い詰めることは出来るのだから、早く行きましょう……あの神社へ -- ちな 2011-07-13 (水) 19:39:09
      • (やれやれと首を振る)そう思うのな話なんかしなければ良いじゃないか、訳が分からないよ
        疑うのならいいよボクを殺しても、きっと後悔する結末が待ってると思うけどね、出来もしない事を背景にしての脅迫なんて意味の無いことはやめようよ
        -- ましろ 2011-07-13 (水) 19:44:55
      • 行くのなら一つだけ、みうの事はボクよりヒメカの家族に一言言ってあげなよ?様子を見るだけは見るけどね -- ましろ 2011-07-13 (水) 19:46:07
      • 殺せないから、憂さ晴らし?(おもちゃで遊ぶ猫のように口を歪めて笑う)
        あんたがその事実を盾にとる前に言うだけ言っておこうかなって
        あとひとつ付け足しておくと、あんたが目標達成のためにどんな手段をとれるというように、私達だってみうを守るためなら…どんなことだってするからね? -- ひな 2011-07-13 (水) 19:52:13
      • 言われなくともそれくらいはするわ……(部屋をでると家人を探し、みうは眠ってしまったから暫く置かせて欲しいと、自分達は薬を用があるので先に帰らせてもらうと告げた)
        (あまり嘘が上手くないようだ) -- ちな 2011-07-13 (水) 19:56:15
      • 盾とは心外だね、ボクとヒメカは一心同体ただそれだけの話さ、どんなことだって、真の絶望の前でもなおその言葉を吐けるのなら
        そのときはお世辞抜きできみを尊敬するよ、さて、なにをするかは知らないけれど無茶はしないでほしいな、君たちを当てにしているんだから
        -- ましろ 2011-07-13 (水) 20:03:09
  • (何度も着た様に家族の誰かに挨拶してからヒメカの見舞いに来る)
    ……ああ。ここに託していったのか…(ヒメカの部屋でみうが居るのを見つけ) -- レオン 2011-07-17 (日) 00:02:25
    • (いつもとなんら変わらないその寝顔、この部屋だけまるで時が止まってしまったかのように……)
      (その部屋の壁に寄りかかるようにみうが寝かされている、その体には毛布が掛けられ、おそらく家族の誰かがそうしていたのだろうと推測できる)
      -- ヒメカ 2011-07-17 (日) 11:41:37
      • …(雰囲気は慣れたものだが、何というか速くこの場の時間が動きだして欲しいと切に願うのだった)
        布団無かったのかね…(と壁によりかかっているみうを見たが、視線を寝ているヒメカに戻し、近くに座る)
        さて、そろそろ俺とも会話して欲しいんだがね。魔法少女以外には用はないか?(独り言のように、しかしヒメカの方を見てそう言った) -- レオン 2011-07-17 (日) 20:38:29
      • (しかし何の反応もなく、それでもじっとまじろぎもせず見ること数刻……)んー、ボクとしては魔法少女以外と関わろうとは思わないんだけど(頭の中に響く声)
        声だけで失礼するよ、今のボクは人間に姿を見せることが出来ない、嫌味じゃなくて、力の源のヒメカがこんな状態だからね
        それともキミには見えるのかな?人と言う殻を捨て去ったキミには
        -- ??? 2011-07-17 (日) 21:14:47
      • ま、随分長い事通ってるのに一度も姿見せなかった辺りそのスタンスは分かってたが。状況的に猫の手でも借りたいんじゃないのか?(そこまで切羽詰まってないのだろうかと片隅で考えつつ)
        捨てたくて捨てたわけじゃないんだがね。そんなに便利でもないんだよ(見えないらしい。イストは存在感知はしたようだが特に口に出す事も無く) ま、取りあって貰えるならそれでいいさ
        みうからお前の話と居場所を聞いて辿り着いたわけだが。色々聞きたい事がある -- レオン 2011-07-17 (日) 21:25:44
      • 一度境内でボクの姿を見たじゃないか、偶然だとしても、まぁあの時はヒメカが居たから実体化も容易だったからね
        キミの事はヒメカを通じて知ってるさ、協力者というのであればボクは距離する理由はない
        なんだい言って見てくれよ、みうから聞いた以上の事は話せないと思うけど
        -- ??? 2011-07-17 (日) 21:34:36
      • ありゃあ誰にでも見せてただろ、気付いた奴限定だろうけど…ヒメカの魂の一部なんだっけ?(みうがそんな事を言っていたと思い返し)
        そりゃ有難い。じゃあ遠慮なく行くぞ。聞きたい事は2つの方向性がある、ヒメカの魂を…奪ったサリサから取り戻す方法(カマをかけた。状況証拠だけだが犯人とおぼしき存在にこれは)
        2つ目はヒメカ個人の話だ -- レオン 2011-07-17 (日) 21:49:13
      • まあね、ヒメカの家族の信用を得るにはああするのが一番手っ取り早い、みうから聞いたんだ、そう今のボクはヒメカの魂の一部に間借りしてる存在だよ
        一つ目の質問には答えられない、そのサリサをボクは知らないし、そもそも取り戻す具体的な方法はみう達におまかせなんだ
        それで二つ目質問なんだい?
        -- ??? 2011-07-17 (日) 22:06:54
      • 実に効率的だな(頭は切れる、というより効率重視の思考の存在だと思い) 間借りね、本来はどういう存在なんだ。まさか
        …知らない?(訝しげに)そいつはお前を探してるらしいんだ、無関係って事はないだろう…(当てが外れた顔で…しかし続く言葉でコケた)
        投げっぱなしかよ…なら魔法少女の管理人としての見地から聞かせてくれ。そもそも、どのようにしてヒメカは魂を奪われたんだ。ヒメカの中に潜んでたなら詳細に分かるだろう?
        ヒメカの話の方か。個人的な興味で悪いが、どうしてヒメカが魔法少女になったのかが気になってる。発端だ -- レオン 2011-07-17 (日) 22:23:38
      • ボクの事はメレンゲみたいな存在と思ってくれればそれでいいよ、取るべき方法が違う、それだけさ
        へぇボクを探してるのか、となるとヒメカの魂を奪った相手と結びつける線にはなるね(少し考える)どうやって奪われた、か、予想は出来るけどそれが事実とは限らない
        そしてその方法はヒメカが魔法少女になったのと少し重なる部分がある、まず前提として、人の魂を奪うのはそう容易な事じゃないんだ
        だから奪いやすいようその力が著しく弱まるときを狙う、つまり魂がその体を離れ原初へと回帰する瞬間、要は死にそうになったりしたときだよ
        ヒメカの魂を奪った相手はボクと同じく同化して潜みその瞬間を狙ってたんだ、完全に不意を付かれたボクは自分のみを守るので精一杯だったのさ
        魔法少女になった発端は死にかけてた彼女にボクが契約を持ちかけたんだ、これほどの才能の持ち主を失うのは惜しかったから
        -- ??? 2011-07-17 (日) 22:36:02
      • 似ているだけで同じ物、ね。そうしとこうか、当のモザイク…メレンゲ自体の姿がないんだが…そうだ。お前が消えるとヒメカが死ぬ、と別問題で。お前のような存在が居なくなったら魔法少女はどうなる? 力は残るのか?
        俺は絶対にお前に因縁があると踏んでたんだが…(その可能性は捨てきってないらしくましろ…は見えないのでヒメカをじっと見て) 行動が怪しすぎてな、ほぼ黒だとは思う
        そう簡単に出来たら確かに困るよな……死にかけた時か。つまり…あきらっていう巫女にやられた時…か
        …待て、同化って言ったか。何に同化して潜んでたんだ、どうしてそれが分かった?
        そこまでは知ってる。命の代価に契約したってな…俺が知りたいのはもっと精細な状況だよ、なぜ、死にかけた -- レオン 2011-07-17 (日) 22:46:19
      • ボク達の存在と契約は別物だからね、魔法少女としての力は残るよ、ボクとそのサリサの因縁かい?信じるか信じないかは任せるけど少なくともボクは知らないね
        何にってヒメカの魂にだよ、奪われる瞬間の現れ方はそうとしか言いようが無かった、あの戦いに外部から干渉してきたとは考えにくい
        となると後は内部から、簡単な推理さ。
        ふぅんヒメカはそこまで話してはいないんだ、あるいは記憶を捻じ曲げてるのか忘れたのか……魔女が人間の魂を喰らうのは知ってるかい?端的に言うと魔女に狙われて死に掛けたんだ
        -- ??? 2011-07-17 (日) 23:09:16
      • そうか、みう達が戦えなくなるって事はないのか…… OK、因縁の話はいいや。お前を疑う材料はこれ以上ないしな、サリサ側に聞くとする(ここは退いておく)
        …はぁ!?(すっとんきょうな声を上げて)おいおい、契約を結んでるとかそういう関係のお前はともかく。余人が人の魂にそうそう入り込めるもんなのかよ!? まだ、気配を隠す術でも使ってたって方が信憑性があるぞ…
        ヒメカの魂はヒメカ自身の物だろうに…まぁ、内部からの奪取。瀕死。ね、キーワードはともかくこっちが取り戻す際の決めてにはらねえな…魂を納めやすい器とかないもんかね(実は自分自身がそれだが)
        こっちも深くは突っ込めなかった…ダから聞いてる。あいつに本当は何があったのか知りたいんだよ…魔女が人の魂…!?(首を横に振る)…魔法少女になる前から、狙われてたのか…それで?(まだ事情があるのだろうと思い) -- レオン 2011-07-17 (日) 23:22:26
      • さっきも言ったとおり容易な事じゃないのは間違いないよ、それもボクやヒメカに気づかせる事なく、普通に考えれば無理な話さ
        逆にそこに何かあると考えるべきだろうけど、あいにく今のボクには分からないよ(ふっと肩を竦める気配)
        魂を収めやすい器ならここにあるじゃないか、肉体と魂の結びつきは強い時間と空間を隔てていても、だ
        いいや、ボクの知る限り魔女は無作為に人の死を望むものだ、ヒメカが狙われたのはまったくの偶然だろうね
        -- ??? 2011-07-17 (日) 23:33:38
      • …何かあるな。というか何かないと不可能だろ、さすがに…判断材料が少なすぎて推理の仕様がないけど
        ……ヒメカの体か? さすがに持ち出して魂取り返しに行くわけにも…魂は、自然な状態だと自分の肉体に戻ろうとするのかね(危険かなと思いながら何やら考えていた所で)
        …と。思い出した、みうが言ってたぞ、向こうから着たら返り討ちにする作戦があるんだって?
        ヒメカが具体的に狙われたわけじゃない、と…そこは分かった。で、どういう風に殺されたとかそういうのはお前は知らないのか? -- レオン 2011-07-17 (日) 23:40:33
      • 普通の状態ならね、キミ達人間だって幽体離脱の経験談は多いはずだ、肉体が生きている限りは戻るものさ
        (はあと溜息)みうがそう言ったんだ、さっきも言ったとおりボクとしてはお任せするしか考えて無いよ?
        出来るとすればボクが囮になることくらいだけどさ(捕まったら終わりだねーと肩を竦めるイメージ)
        知ってる知らないでいえば知ってる、言葉にしていいのかはまた別だ、まぁ少女としては考えうる最悪の方法とでも言っておくよ
        -- ??? 2011-07-17 (日) 23:52:20
      • なるほど。じゃあ質問だが、普通の状態と言えるのか? 今のヒメカは。ヒメカの近くで魂を離せば自動的に戻るのかって意味で
        言ってたぞ…?(またコケる)…みうめ…(寝てるみうを溜息吐きながら見て、ヒメカ…ましろがいそうな所に視線を戻した)つまり、そっちとしては方法の提示はなく投げっぱなしなのか
        それは俺も考えたよ。リスクが高いから取りたくないし、ここを戦場にするとヒメカの家族まで巻き込む(まぁ、娘の為ならあの人達は戦ってくれるだろうが…それをしたくはない。と強く思った) 魂を保有してる相手から引き剥がす方法。なんかないかね、長生きしてそうだしなんか考えてくれ
        ……(本来ならヒメカの預かり知らない所で聞いていい話ではないと思う、が深入りすると決める)…それはあれか。ヒメカの妙なトラウマと関わってるのか?(自分の股間の当たりを見て) -- レオン 2011-07-17 (日) 23:59:10
      • それはヒメカの心次第だね、生きたいと強く望めば戻るはずさ、元々それが契約の対価として彼女が望んだものだから
        ふーむ、頼まれると嫌とは言えない、でも(いったん区切る)これはみうには言わないで欲しい、彼女の精神状態からすると好ましくない
        まず相手がどういう方法でどういう目的でヒメカの魂を縛ってるかによる、もし食べて同化しちゃいました、なら手遅れ、もう打つ手は無いね
        何らかの力で押さえつけてるならなら簡単、相手を倒してしまえばいい、さっきも言ったように魂の力が弱まるのは死の間際、相手に同じ目にあわせればいいだけさ
        そこは関わってると見るのが自然じゃないかな?(そこはあっさりと)
        -- ??? 2011-07-18 (月) 00:07:23
      • …チッ。死にたいと思ってたとしても、話が出来ないんじゃ説得もできないじゃねえか…一度魂を奪われたって事は…そういう事なんだろ?(絶望しかけていたのではないか、と聞き)
        みうが不安定なのは把握してるんだな(ここで頷かねば話が進むまい。頷いた)手遅れだとかそういう話はいい、そうなってから考える(顔を顰め)
        それしかないならやるしかないが…簡単に言うな。目撃証言によれば相当な手錬れだぞ…お前なら知ってそうだし聞いておこう。魔法少女は人間に殺せるか? 魔女は人間に殺せるか?(2パターンの場合を尋ねる)
        …嫌な想像が結びつくのは勘弁して欲しいぜ…だが。ちょっとおかしいだろ、トラウマで狂乱するだけなら分かる。でも、異様に攻撃的になるのはどうしてだ。まるで親の仇みたいに -- レオン 2011-07-18 (月) 00:24:23
      • まあそう言うことになるのかな、とは言え選択肢は無いんだよね?ならやるしかないとボクは思うんだ
        だから、みうに手遅れなんて話をしたら、という事だよ、事実これはみうの前では話せなかった仮定だから
        ふーむ要点を纏めるとそのサリサという子は魔法少女で手錬か、となるとサリサが魂を奪った相手と言う仮定は薄れそうだね
        ボクには魔法少女が魔法少女の魂を狙うメリットがさっぱり思いつかないよ、そして質問の答えだ、一つ目は殺せる、二つ目は殺せない
        魔女を暫く無力化することは出来るだろう、でも存在を消し去るのは無理だね、あとボクは人間の心理鑑定師じゃないよ
        だからトラウマの反応がおかしいと聞かれても何とも答えようが無いよね
        -- ??? 2011-07-18 (月) 00:35:34
      • 不確定な要素と不安が多すぎる…さすがにこの体に呼びかけておいても魂…というか意思には届かないよな。魂の一部だけじゃ…分かってるよ、どの道やらないって選択肢はねえんだ
        …ああ。そういう事か(納得して頷き)
        魔法少女だ、とは言ってない。魔法少女と敵対しそうな相手と戦ってた事(ヨシュアの話を思いだし) お前…魔法少女に関連していなければ接触する必要性がない相手を探してる事。関連性は間違いないが、魔法少女なら魂を持ってく理由がない、逆だ
        お前がさっき言っただろ。魔女は人の魂を奪うんじゃなかったのか? …となるとその答えが絶望的になるんだが。質問の答えは了解…魔女は消し去るのは魔法少女にのみ可能って理解で問題ないか?
        鑑定士じゃなくても同化してれば分かる事ぐらいあるだろうと思ったんだよ(アテが外れたのか頭を描いて)ヒメカのトラウマ、なんとかならねえのかな(答えは期待していないが聞いてはおく) -- レオン 2011-07-18 (月) 00:53:59
      • そうかい?ボクには君がヒメカの魂を奪った相手とそのサリサという子を同一にしたくて仕方が無い、と思えるよ
        だから手錬と話を切り出しておいて、魔法少女を人間が殺せるか、と聞いて来たんじゃないのかな?
        まぁ確かに色々と矛盾している話ではあるけど……ああ、魔女は魔法少女でしかその存在を抹消できない、その認識で正解さ
        ヒメカ自身は乗り越えたい、と思っているみたいだね、事実ちょっとは良くなっているとボクは見るから時間が解決するんじゃないかな?(のんびりと)
        -- ??? 2011-07-18 (月) 01:08:20
      • ……あ。ああー…まぁな。手掛かりがそれしかねえから思いこんでた(確信は揺らいでいないが、少し冷静になったようで) 正直、ここまで黒い相手が居て他の可能性考えてなかった、つーか考えたくない(思考が確実に焦っていると自覚したのか大きく息を吐いた)
        ああ、俺が手を出せるか見極めないと行けないからな。OK、じゃあ魔法少女は殺せるのか聞いた別の理由に移ろう
        なぜお前達の魔法少女と魔女だけが相克してるんだろうな?
        …その気はあったって事か…あんま時間ないけど起きたら話に出すしかないかねー…(うーむ、と唸った) -- レオン 2011-07-18 (月) 01:20:46
      • 確かに黒い事は黒いね、もういっその事そのサリサに聞いてみたらどうだい?推測であーだこーだ言っても始まらないと思うんだ
        ボクが出歩いても良いんだけど、話を聞くにちょっとリスクが高そうだし……相克、つまりどうして魔法少女だけが魔女を消せるのか、と言う事かい?
        この街はさまざまな魔法があるから一概には言えないね、だからそのつもりで聞いて欲しい
        理由は至極単純だ、魔女と魔法少女の力が同質だからに他ならない、ここで勘違いして欲しくないのはキミたちが扱う魔法もまた同様だと言う事
        ようは力の程度の問題さ、転がる大岩に石ころを投げても止める事は出来ないだろう?同じだけの大岩をぶつけないと駄目というわけさ
        ちなみに人間だって同じだけの力を持てば魔女を消せるんだよ?ボクは見た事がないけどね、ま、何はともあれヒメカを起こして貰わないと困る、そこだけは一致してる訳さ
        -- ??? 2011-07-19 (火) 16:08:30
      • だろ? …はぁ、それしかないな。探す方法が足しか無いのが問題なんだが…
        その間ヒメカの体がダメになっていくとかなければ頼みたいが、リスクの方が高いな…そういう事、尋常な生き物なら誰がどうやったって殺せる
        例外は何事にもあると(軽く頷き話を聞く)…魔女と魔法少女は、同質……同質なら、魔法少女が魔女になったり逆もありうる…?
        …ん? 力の性質じゃなくて量の問題なのか…?(そんな単純なものなのかと首を傾げ)
        ああ、ヒメカを助けるのは一致してる。何度も悪いが最終確認だ、手遅れじゃないと前提して。ヒメカの魂の回収方法はこっちに全部任せ、そっちから希望や指定はないんだな? -- レオン 2011-07-19 (火) 21:22:05
      • そのサリサがボクを探してるのならいずれ出会うんじゃないかな?これは予想じゃなくて願望だけどね
        ボクが側にいなければ駄目と言う事は無いよ、さっきも言ったように体と魂の結びつきは時間や空間すら越えうるんだ
        余りに量が違いすぎるから質が違ってるように見えるんだ、本質は同じ、だから普通の人間だって魔女や魔獣になりうからね
        うん、それで構わない、ボクのほうから希望や指定は無い、ある意味ボクさえ無事なら現状維持は難しくない(頷く気配)
        -- ??? 2011-07-19 (火) 21:32:15
      • そうだといいな、マジで…以前はあっさり逃げられたしその辺の対策も一応考えとかないと
        …魂とは何か、ってのがホントわからなくなってくるな。時間も空間も超えるなら取り戻した瞬間に体に戻ってくれたりすると楽は楽だが…
        …そういう事か。負の方向に寄り過ぎてる気もするけどな…魔女は(まだ謎がありそうだとは思いつつこの場では納得しておく)
        了解。現状維持の大役は頼んだ、動くしか能がないのは動いてくるよ、じゃあまた何かあれば来る
        …必ず助ける(絶対なんてないけれど、それでも誓うようにヒメカの顔の方を見て言い、その場を去っていった)  -- レオン 2011-07-19 (火) 21:40:58
  •  
  • (陽がくれた参道をフィルが一人で歩く、吐く息が白い、握り締めた手はそれよりもさらに青白い。)
    (『その小太刀を言われた場所に置いてきてください、それだけで十分です』)
    (それだけだ、それが終われば・・・開放される、凍えるような不安と恐怖から。やがて人気がないのを伺うようにそっと境内の中に入っていく) -- フィル 2011-08-20 (土) 22:29:24
    • (果たしてフィルの願いを反映するかのように境内に人気は無かった、参拝客も既に帰路に着き、神社の人間は社務の後始末をしているのだろうか)
      (言われた場所、そこへ目を向ける、さほど遠くもなく障害物も多い、問題なくたどり着けるように思えるだろう)
      (隠れたままそこへ向かうか、誰か人を呼んで断るか、それはフィル次第……社務所からは人の気配がするも外からは見えない)
      -- 2011-08-20 (土) 22:36:51
      • (もともと気が小さいだけに、忍び込むというだけでそうとう緊張しているようだ。刀身に黒い蛇が巻きついたような小太刀を握る手が震えるのは寒いせいだけではない。)
        (やがて森に面したある部屋の前に出ると、しゃがみこんで切っ先を地面に向けた。)
        (突き立てた切っ先を支える手が震える・・・。)
        ・・・ッ!
        (目をつぶって柄を握った右手に左手を押し付けるように地面に突き刺した、ざくりっと切っ先が地面に沈む。)

        (刀身に巻きつく黒い蛇模様が冷たい地面に沈み込むように影となって広がった。)
        (その影がゆっくりと這うように戸の隙間から部屋の中へと入り込んでいく。進む先はいまだ眠り続けるヒメカだ。) -- フィル 2011-08-20 (土) 23:04:04
      • (ざわり、と影の蛇が鎌首をもたげヒメカの眠る部屋へ侵入していく。結界による防御も意に介さずズルリズルリと平面の体をくねらせながら)
        (その蛇に視覚があるかは分からない、だがもし見えるのなら部屋の中央に横たわるヒメカの姿を捉えるはずだ、そして)
        -- 2011-08-20 (土) 23:24:56
      • これは……あの神の手のものかな、こんな強引な手を使うと言うことは大分焦っているみたいだね。でも問題は
        ボクがどうするかと言う事なんだけど、ボクにそんな力ないからね、うーん(にゅるんと実体化したましろはのんきにその蛇を見る)
        -- ましろ 2011-08-20 (土) 23:25:13
      • (鎌首をもたげる真っ黒い蛇の形をしたモノがヒメカのすぐ側までくると、だらり・・・と溶けた。タールような液体となってボタボタと畳の上に広がっていく。)
        (真っ黒な水溜りがじわじわとヒメカを取り囲んだ・・・そして、ゆっくりとその中へ沈めていく。) -- 2011-08-20 (土) 23:37:36
      • (その様子を剣呑に眺めながら)ふぅん、使い魔でもそう言う魔物でもなく単純に魔術なんだね、実に効率的だうわっと(沈みそうになるそこからぴょんと飛びのいて)
        ……これをもってきた子が居るはずだけど、特に何も無いということは妄信してるだけの人間かな?何はともあれみうに知らせないと……(にゅるんと空間に溶けていく)
        -- ましろ 2011-08-20 (土) 23:44:32
      • (ヒメカは目を覚ますこともなく周囲の畳ごとずぶずぶと沈んでいく、邪魔さえ入らなければおそらくは目論見通りにいくだろう) -- 2011-08-20 (土) 23:45:43
      • なに・・・これ・・・
        (黒い影が入っていった部屋のことがどうしても気になって中をそっと覗いていたフィルが思わず声をだした。)
        (どうしようもない不安と不快感がフィルの呼吸を苦しくさせる。音を立てないように立ち上がると地面に突き立てていた小太刀に手を伸ばした。)
        ・・・っくぅ抜けない・・・!
        (地面に軽く突き立てたはずの小太刀がまるで根が生えたように動かなかった。) -- フィル 2011-08-21 (日) 00:01:01
      • ふぅん、なるほどね……貴女が彼が用意した一手、というわけ……(不意にフィルの後ろからそんな声がかかるも)
        それにしても……いくら適してるとは言え、こう言う使い方はどうなのかしらね(フィルの答えを待つ様子も無いままにそう続ける)
        貴女、はやく立ち去りなさいな……私がこうして結界を張っていなければ見つかっていたところよ?あの子の体は別の場所に移されるだけ、命に別状は無いのだから気にやむ事は無い、いい?(沈静の魔術をかけるようにゆっくり丁寧に) -- サリサ 2011-08-21 (日) 00:12:10
      • (不意にかけられる声にフィルがビクッと肩を震わせて、振り返った。)
        わ、私・・・は、その・・・こうしろって、言われただけなの、その・・・
        (気が動転してとっさに聞かれてもない言い訳をするフィル。気の小ささは相当なものだ。)
        あ、あの・・・あなたは・・・この家の人じゃない・・・ですよね? -- フィル 2011-08-21 (日) 00:26:41
      • (そんなフィルの様子にふっと微笑を浮かべる、馬鹿にしてるのではなく本当に可笑しいから)
        ごめんなさい、こう言う事にあまりに不慣れな様子だったから……ね?ええ違うわ、もしそうならお使いを失敗してたでしょうね
        ……さてっと……(何かを見通す様にじっと目を細め)私は行くわ、私のまやかしが効いているうちに早くここを離れなさいな……(言うだけ言うと地を蹴りふわりと舞う、そのまま夜の闇に紛れるように) -- サリサ 2011-08-22 (月) 08:17:47
      • (フィルは一歩も動くことができないままサリサの姿が消えるのを見送った。)
        (その姿が消えたあと、不安げに左右をみまわす。閉じられたままのヒメカの部屋の戸の奥からはもうなんの気配もしない・・・。その戸をもう一度だけ不安げに見つけてから。)
        (その場を駆け出して森の中へ逃げ込んだ。) -- フィル 2011-08-22 (月) 23:18:05
  •  

Last-modified: 2012-01-10 Tue 18:36:40 JST (3382d)