名簿/498242

  • (卒業も間近に迫ったある日の昼下がり、食堂にて)
    …ジェリクさんは、今後はどうするんでしたっけ?(デザートのプリンを片手に、今思いついたかのような口調で問いかける) -- つむぎ 2013-06-09 (日) 20:49:36
    • 帰るわよ、国に(食後のレモネードの氷をストローで揺らす)
      私の家の話はしたわよね?(行間で) -- ジェリク 2013-06-09 (日) 20:58:48
      • 商業都市《ヴェルネー》の、でしたよねー。実家は商人、でしたっけ。
        家業、継ぐんですねー…。ジェリクさんが商人かあ…(視線を宙に向けて、何かを想像している) -- つむぎ 2013-06-09 (日) 21:06:39
      • 多分あなたが思ってるのとは大分違うわよ、家は規模も大きいし、色々手広いから
        しばらくは兄様達のところで、またお勉強する事になるでしょうね(ちゅー、とレモネードを啜り)
        そういうあなたは? -- ジェリク 2013-06-09 (日) 21:14:55
      • 勤勉ですねー…頭が下がります、はい(もぐもぐ)
        私、ですか? …もうしばらく、この都市にいるつもりですよ。こっちでやりたいこと、見つかったので…!
        念のために言っておきますけど、ジェリクさんに動物耳をつけることではないですからね、安心してくださいね…! -- つむぎ 2013-06-09 (日) 21:36:10
      • 必要な事だもの、普通よ(ストローを置いて、からんと氷を鳴らす)
        それは良かったわ、ええ、とても(ジト目)
        差し支えなければ、どんな事か教えてもらえるかしら? -- ジェリク 2013-06-09 (日) 22:12:05
      • …えー、あー…笑わないでくださいね? 絶対ですよ?(と、念を押してから、プリンを手放し、姿勢を正す)
        …がっこーのせんせいに、なろうかなって…。 -- つむぎ 2013-06-09 (日) 22:34:08
      • わかったわよ、言ってみなさい(身を正す様子を眺め)
        あら……誰かと同じこと言うのね(ぱちくりと瞬き。よく知る赤毛の先輩も、そういう道を選んだと伝え聞いている)
        そう、良いのではなくて? あなた、子供には好かれそうだもの(頬杖をつき、くすりと微笑う) -- ジェリク 2013-06-09 (日) 22:56:29
      • そ、そうですか…? 子供に…あまり、実感はないですけど…(えへへ、と照れたように笑う。微笑みは笑われたという範疇には入らなかったらしい)
        いろいろとハードルは高いんですけど…もう少し、頑張ってみようかなって。お互い、自分のなりたいものになれるといいですよね…。 -- つむぎ 2013-06-09 (日) 23:11:47
      • そうね……ええ、当然よ、私を誰だと思っているの?(背筋を伸ばし、腰に手を当て不敵な笑み)
        落ち着いたら…手紙くらい寄越しなさいな、お返事、してあげないこともないから(口元に手をやり、ついと目線を逸らして) -- ジェリク 2013-06-09 (日) 23:26:37
      • …今照れました? 照れましたよね?(にこにこしつつ、手紙を出すことを約束する。普段通りの、ちょっとしたやりとりだった) -- つむぎ 2013-06-09 (日) 23:33:56
  • (卒業間近のある月夜。ジェリクの部屋の窓にコツン、と何かがぶつかる音が響く) -- 2013-06-08 (土) 22:09:06
    • …?(書物をしていた手を止め、窓から外を覗く) -- ジェリク 2013-06-08 (土) 23:51:53
      • (窓の外からぶんぶんと手を振る少女の姿。獣の耳と尻尾を夜風に揺らし、何やら「こっちに来て」とのジェスチャーを送っている) -- ステイシア 2013-06-08 (土) 23:58:05
      • ステイシア…!?(ペンを投げ出し、上着を羽織ってぱたぱたと足早に階下へ降りていく)
        どうしたのよ…姿を見ないと思ったら、その格好。またヨシオカの仕業?(しばらく行方の知れなかった彼女の姿を認め、内心安堵する) -- ジェリク 2013-06-09 (日) 00:06:15
      • 心配かけてごめんね?でも、もう大丈夫。私の中の悪い化け物は居なくなって…キトが、私と一つになって。それで、こういうことになったの
        (どう説明したものか、と困ったように笑う。ただ、その表情に暗い影は一切無く)
        ねぇジェリク。私ね、卒業したら旅に出ることにしたの。それで、皆とも離れちゃうでしょ?…だからね、最後に想い出つくりたいなーって思って
        (そう語る彼女の姿は、耳と尻尾だけでなく、服装もいつもとまったく異なるもの
        ね、ジェリク。私と…踊ってくれる? -- ステイシア 2013-06-09 (日) 00:15:11
      • そう……なの?(何があったか推し量ることはできないが、彼女を苦しめていたものが無くなったのだとしたら、それは喜ぶべき事に違いない)
        旅に……そう、わかったわ(身に纏う、その衣装には見覚えがあった、それは確か彼女の故郷の―)
        (ふっと微笑み、恭しく手を差し出し)喜んで、お受けするわ――リード、お願いできるかしら? -- ジェリク 2013-06-09 (日) 00:27:22
      • うん。でも、リードとか、そんな堅苦しい物は必要ないんだよ
        私の故郷の月巫女のお祭りの踊り。ただ、リズムに合わせて皆で身体を動かして、跳ねて、まわって。…そんな踊りだから
        (そう言ってジェリクの手を取り、踵を、手を鳴らしながらリズムを刻み、メロディを口ずさむ
        (陽気なリズムに合わせ、ただ好き勝手に身体を動かし、ジェリクの手を引き、周り、跳ねる)
        (月明かりの下で、そんな…優雅とは程遠い宴の踊りが始まる) -- ステイシア 2013-06-09 (日) 00:35:01
      • わっ…(唐突に始まった陽気な舞踏、気ままに動きに引っ張られて最初は驚いたが、すぐに慣れて思うさまステップを踏み、跳ねては回る)
        ねえステイシア、それあなたの故郷の衣装よね? とても綺麗だわ(手を結んで円を描き、軽く息を弾ませて) -- ジェリク 2013-06-09 (日) 00:45:06
      • (二人して息を弾ませ、笑顔を浮かべながら舞い踊る。月夜に跳ねるシルエットが、二人を照らす満月と同じく綺麗な輪を描き―)
        うん、そうだよ。こうしてね、大好きな人と一緒に踊ったら楽しいだろうなって思ったから、作ってみたの!
        私、いつも部屋の中で村の皆が踊ってたの見てるだけだったから、いつかやってみたくて!
        (そう語る彼女はとても、とても幸せそうで。ずっと夢見ていた光景。楽しげな声と音楽の中で、大好きな人と心行くまで踊る)
        (そんな夢が叶った幸せで胸がいっぱいだった) -- ステイシア 2013-06-09 (日) 01:00:51
      • 念願叶ったというわけかしら? あなたは幸運よ、この私がダンスのお相手なんだものっ!
        (面と向かって好意を口にされれば、普段なら照れてそっぽを向くところだが、今日は特別)
        (声を重ねて歌を口ずさみ、鼓動と共に手を打ち合わせる)
        ――あなた、行くあてはあるの? -- ジェリク 2013-06-09 (日) 01:15:49
      • (鳴り響くリズムと月夜に響き渡る楽しげなメロディに乗せ、その言葉はステイシアの耳に届いた)
        (数週間前の彼女であれば、きっと答えられなかったであろう問い。しかし、今は違う―)
        ううん、無い!でも、寂しくないよ。キトだって私の中に居るし、皆との絆も持ってる!だから、寂しくないの!
        (極めて明るく、そう答える。本心からの言葉。あの時皆に教えて貰った絆があれば、きっとどこに行ったって寂しくない)
        (未来は明るいのだと。無条件に信じる少女の顔は晴れやかであった) -- ステイシア 2013-06-09 (日) 01:26:12
      • ――そう(答える言葉に偽りは無い。彼女の笑顔にそう信じることができた)
        ―なら、いつか私の故郷に遊びに来なさい、ヴェルネーはすごく綺麗な街なんだからっ!(手を取り、衣服の裾を翻し、夜空に金色の髪を靡かせて)
        大歓迎してあげるわっ、家のみんなにも紹介してあげる、私の、大事な(強く、きゅっと手を握る)
        親友だって!(迷いの無い笑顔で口にする。瞳から、知らず溢れた小さな雫が月光に煌めいて散った) -- ジェリク 2013-06-09 (日) 01:49:03
      • ―うんっ!(ジェリクの言葉に強く、強く手を握り返す)
        私も、私もね!これから出会う友達全員にジェリクを紹介したいの!私の…私の、大事な…大好きな、大親友だって!!
        (心からの笑顔。心からの言葉。月光に煌めく雫は二人分)
        (溢れだした大切な想いの結晶を拭うことはせず、二人の大切な思い出はこうして幕を下ろす)

        (幕が下りてからどれくらいたっただろう。二人で背中を寄せ合い、夜空を見上げて呟く)
        ―ありがとう、ジェリク。…私の、私の大好きな親友。ずっと、ずっと忘れないからね
        (きっと、ジェリクも同じ気持ちで居てくれる。そう信じられることが、何よりの絆)
        (見えないけど、確かにそこにあるその繋がりを再確認し、二人の夜は更けていくのだった) -- ステイシア 2013-06-09 (日) 02:03:57
      • ………うん(頷いて、答える。背中越しに感じる暖かさが、この街で得た大事な宝物)
        私も、忘れない(離れていても、この輝きが失せる事のないように、月と星に祈るように目を閉じた) -- ジェリク 2013-06-09 (日) 21:00:10
  • (フットワークの鈍さが祟ってぜんぜん人のところに遊びに行けていない事実に慄く) -- ジェリク 2013-06-06 (木) 02:55:03
    • 「オツカレ」 「卒業 シチャッタネ」 「コレカラ ドースル?」 -- レイヴンス 2013-06-08 (土) 20:02:45
      • 国に帰るわ。それから、兄様や姉様のところで改めて勉強させてもらうつもり(カラスを手に止まらせて)
        あなた達の騒がしいお喋りに付き合うのも、これでお終いと思うと、少し寂しいわね(くすり、と言葉の通り少し寂しげに微笑う) -- ジェリク 2013-06-08 (土) 23:48:46
      • 「ソッカ 寂シクナルネ」 「国 違ウト サスガニ ボクラノ図書館モナイ」
        「ジェリク スコシ 大人ニ ナッタ?」 「ベンキョウ ガンバッテ」(最後に一回だけ甘えるように嘴を擦り付けると、ばさばさと羽ばたいていった) -- レイヴンス 2013-06-09 (日) 11:00:47
      • そう、かしら?(ぱちぱちと瞬いて)ん…ありがとう、あなた達も元気でね(目を細めて微笑み、飛び立つカラスの影を青空に見送った) -- ジェリク 2013-06-09 (日) 20:34:21
  • そういえばどこ住んでるんだろう…(この間の旅行で知り合ったガラの悪いチャイナが、ジェリクを探してる) -- 2013-06-05 (水) 00:01:50
    • あら…リン?(鞄を提げた姿で、校舎の昇降口から現れる)
      ごきげんよう、今お帰りかしら -- ジェリク 2013-06-05 (水) 22:30:30
      • あ、ああ、ごきげんよう…?すげえ、この挨拶する人はじめてみた…
        まーな、後は御宅訪問とか、この間土産買ったから渡そうと思って…
        (この間の旅行で行った際に買った、竜の古城の描かれた絵画を見せて)
        …その、選んでおいてから気づいたんだが、持ってたりしたら遠慮なくいってくれ…
        (買って届いてるのを見て、ようやく自分と一緒に彼女も旅行に行ってた事を思い出したバカ) -- 2013-06-05 (水) 23:10:30
      • まあ……(絵画を手にとって)素敵ね、ありがとう(緩やかに微笑みを浮かべる)
        でも、絵画の贈り物だなんて驚いたわ。正直、少し意外だったかも -- ジェリク 2013-06-05 (水) 23:25:54
      • いやー…実はあたしもその辺り全くわかんなくてな…と、とにかく気に入ってくれたなら何よりだ!
        (他に買ったのは怪しげな呪いの置物やらよくお土産屋にある妙なジョークグッズだったのは黙っておく)
        ちなみに、ジェリクは何か買ったりしたのか?結構値の張るモンばっかりだったから、あたしはそれとちょっとしたもん位だけ買ったが -- 2013-06-05 (水) 23:33:39
      • たしか…アクセサリーを幾つかと、それとちょっとしたインテリア、あとコートなども少し買ったわね、だいたいそんなところ(極めてお気軽に高級品を購入する良家の令嬢)
        絵画はよく見回れていなかったから、丁度良かったわ(くすりと微笑って、並んで歩き出す)
        あなた、住まいはどちら? -- ジェリク 2013-06-05 (水) 23:49:31
      • おい待て、あそこどれも何か桁がおかしかった気がするんだが…
        (明らかにいいとこの令嬢なジェリクと、どう見ても堅気じゃない女が並ぶ不思議な光景に、何人かが目を向ける)
        あたしは落第街、あんまり人に言えねえ事してた時、使ってた廃ビルがあってな
        そこに寝泊りしてる、住みやすいとは言えねえがまあ、それなりにやってるさ、そっちはどうだ? -- 2013-06-06 (木) 00:02:45
      • そうだったかしら?(好機の視線を気にかけることもなく)
        あんなところに…なかなか良い度胸ね、あなた。私は統治会区の辺りね、治安は一番良い方だから -- ジェリク 2013-06-06 (木) 00:18:44
      • いやー悪さが過ぎてな、むしろあんなとこぐらいじゃないと、何かしたらすぐ風紀がすっ飛んでくるし
        あー、うん、そんな感じするわ、というかそれで逆に女子寮とかだったらびっくりするわ
        そういやジェリクって彼氏いんの?
        (そんな話をしつつ、いつの間にか家の近くまで) -- 2013-06-06 (木) 00:32:03
      • へっ?(きょとん)い、いないけれど…? どうしてそんなことを?
        (一等地の高級コンドミニアム、その前で)――よければ上がっていく? お茶くらいは出せるわ -- ジェリク 2013-06-06 (木) 00:43:19
      • いや、何となくいそうかなーって…たかい(ジェリク宅を見ての第一声)
        え、大丈夫なの?あたし入ったら人相の悪さとかでセキュリティに弾かれねえ? -- 2013-06-06 (木) 00:53:00
      • 私が招いているのだから、安心なさい(くるりと背を向けて、先に立って門を潜る)
        残念だけれど、私の眼鏡に適うような男性はちょっと心当たりが無いわね、そういうあなたはどうなの? -- ジェリク 2013-06-06 (木) 00:58:15
      • 喧嘩相手なら結構いるけどな、同じく恋人だのはさっぱりだ、ってか友達も碌にいねえし
        …しかしやっぱでかいな、ここで誰かとシェアでもしてんの?
        (上京した田舎の良心の如く、あちこちきょろきょろ見る) -- 2013-06-06 (木) 01:07:10
      • いいえ、一人暮らしよ。さぁ、上がって頂戴(自室の前に着くと扉の鍵を開け、広々とした室内へ招き入れる)
        せっかくの一人暮らしだもの、不便はあるけど楽しまなくてはね。紅茶でいいかしら?(キッチンに向かいつつ) -- ジェリク 2013-06-06 (木) 01:17:55
      • あ、すごい、何かもう部屋のつくりからして普通と違う(部屋に入って)
        一人かー…おお、それじゃあ頼むわー(待ってる間、部屋に飾ってある物を見て回る) -- 2013-06-06 (木) 01:22:14
      • (室内を飾るインテリアは例外なく高級な品々だが、華美さは無い。程々の品と落ち着きを備えて空間を彩っていた)
        (南国や北国で購入したと思しき細工品も、そこに慎ましく加えられている)
        ――お待たせしたわね…甘いものは嫌いではなかったかしら
        (ティーセット一式とケーキをテーブルに並べる、カップも茶葉も上等のものと思われるが、その中でケーキだけが妙に素朴な佇まいで存在していた) -- ジェリク 2013-06-06 (木) 01:38:47
      • …一度くらい作法とか誰かに聞いときゃよかった…!!(マナーについては全く無知なチンピラ)
        …?あれ、このケーキ…(恐らくは高級品であろう食器やティーカップを見つめる中、身近な空気を感じるケーキが視界に入り)
        へー、これ、友達か誰かが作ってくれたのか? -- 2013-06-06 (木) 01:47:45
      • 公の場ではないもの、気にしなくていいわ(とすん、とソファーに腰を落ち着けて)
        …ん……そ、それね。買い置きのお菓子が無かったから、昨夜作ったものを、ね…?(そわそわと視線を逸らし、指先で髪をくるくる弄る)
        他に用意があれば良かったんだけど……口に合わなかったら、残してもいいから -- ジェリク 2013-06-06 (木) 01:54:52
      • あたしああいうの全然知らなくてな…昔高いレストランで出るあの指洗うやつ、あれ
        間違えて飲んで変な目で見られた事あったなー…今となっちゃ笑い話だけど
        へー、これジェリクが作ったのか…どれどれ(フォークで半分ぐらいまで切って、一度香りを嗅いでみた後、一口) -- 2013-06-06 (木) 02:04:20
      • フィンガーボウルのことかしら、慣れないとそういうこともあるのね(くすっ)
        ………ど、どう…?(ちらりと横目で反応を窺う) -- ジェリク 2013-06-06 (木) 02:08:11
      • そうだな〜…味は悪くねえと思うが、ただ…
        甘味の中にこう、塩味を感じるのが気になるな…
        後、凄い酒の味がする、そういうケーキなのかもしれねえが(味は気に入ったのか、もぐもぐ食べながら) -- 2013-06-06 (木) 02:22:53
      • そ、そう…? 少し分量多かったかも…(微妙な評価に微かに俯く)
        (食べ続ける様子を見て)む、むり、しなくていいのよ? 出来が良くなかったのなら、代わりに何か―― -- ジェリク 2013-06-06 (木) 02:30:18
      • ふふん、不味い、とは一言も言ってねえぞ(空になった皿を置いて)
        とまあ色々言ったが、あたしは悪くねえと思うぜ、というか気になっただけで味自体は美味しかったし
        ありがとな、ジェリク、ごちそーさん(普段はあまり見せない、普通の笑顔で) -- 2013-06-06 (木) 02:37:33
      • …ほんとう…?(顔色を窺うと、そこに珍しい笑顔を見て)
        ――お粗末さまでした(ほっとした笑みを覗かせる) -- ジェリク 2013-06-06 (木) 02:44:46
      • あたしは嘘は嫌いだし、つくのも苦手だ
        今日はありがとうな、あたしはそろそろ帰るわ
        できればもうちょっと早く、知りあいたかったな…そんじゃあな、ジェリク -- 2013-06-06 (木) 02:49:14
      • もう行ってしまうの?
        そう…ね、ええ、また学校で(小さく手を振り見送った。卒業まであと二ヶ月足らず、麟の言葉はそれを思い起こさせた) -- ジェリク 2013-06-06 (木) 02:51:31
  • おめでとう…熟練おめでとう…!(スタンディングオベーション) -- つむぎ 2013-05-30 (木) 23:29:21
    • おめでとうございます (拍手) -- アトイ 2013-05-30 (木) 23:48:02
      • ええ、ありがとう。まぁ私が少し実力を出せば、こんなものねっ、ふふん♪(誇らしげ) -- ジェリク 2013-05-31 (金) 00:58:20
      • 「マジカ・・マジダ」 「オメデトー」 「デトー」 「光秀モ セーチョー シタモンダー」 -- レイヴンス 2013-05-31 (金) 01:02:12
      • ありがとう。でも一言多いわよ、あなた(光秀と言ったカラスの嘴を指で弾く) -- ジェリク 2013-05-31 (金) 01:17:04
  • -- ジェリク 2013-05-29 (水) 19:40:26
  • (時間軸がだいぶずれてしまったので犬耳は行間でとりました、とれた) -- ジェリク 2013-05-28 (火) 01:44:46
  • あ、ジェリクさん。これからお昼です?(手を振って駆け寄ってくる級友。頭の上とスカートの下には明らかにおかしいものが) -- つむぎ@犬耳 2013-05-26 (日) 16:21:49
    • そうだけれど…(くるりと振り返って)……何なのかと尋ねてもいいのかしら、それとも触れないほうがいい…?(つむぎよおまえもか、といった顔) -- ジェリク 2013-05-26 (日) 16:26:54
      • 会う人会う人皆訊ねてくるか、もしくはすごく何か言いたそうに私の頭の上を見てくるので、触れてもらって大丈夫ですよ…?(だいぶ慣れました、とは言うが、若干赤い顔)
        早い話が、吉岡さんパゥワーなんですがー…ジェリクさんのところにはいってませんか? 緑色のアメ(並んで食堂へ。尻尾が若干揺れているところを見るに、気分は上々といったところ) -- つむぎ@犬耳 2013-05-26 (日) 16:33:15
      • また…ヨシオカなのね…(諦観の顔)来てないわよ、そして来ても食べないわ(メニューを悩んだ末、オムライスのセットをチョイス)
        でも良いんじゃない、なかなか似合ってるわよ、可愛らしくて(テーブルにトレーを置いて席につく) -- ジェリク 2013-05-26 (日) 17:04:39
      • もう吉岡で通じるんですからすごいですよねえ、あの人…。く、先に予防線を張られてしまいました…仕方ないです、アメのおすそ分けは諦めます(自分はA定食、お目当てはデザートについてくるイチゴのムースだった)
        そ、そうですか…? 自分で鏡を見て最初に浮かんだ感想が『痛々しい…!』、だったんですけど私…。ジェリクさんのほうが似合うと思うんだけどなー…見てみたいなー…?(向かいの席に座りつつ、押してみる) -- つむぎ@犬耳 2013-05-26 (日) 17:14:10
      • やめなさい(静かなる、しかし断固たる拒絶)
        どうして私に変な期待をかけてくるのよ…いいように弄りのネタにされるのがオチだわ(はぁ、と溜息をついてスプーンを口に運ぶ) -- ジェリク 2013-05-26 (日) 17:19:50
      • うう…はい、すみません…もうしません…(犬耳をぺたーんとさせ、反省の意を示す。粛々と生姜焼きを摘まみはじめ)
        期待はー…正直、してます、はい。ジェリクさんなら、きっと何かしてくれるって、そういう確信めいたものがですね…!
        実際、最初の頃と比べて、ジェリクさんすごく親しみやすくなったなーって、そう思いますし。 -- つむぎ@犬耳 2013-05-26 (日) 17:32:57
      • なんで!?どういう確信!?
        (意外な発言にスプーンを持つ手を止めて)そ…んなに、近寄り難かったかしら、私…?  -- ジェリク 2013-05-26 (日) 17:47:00
      • ううーん、あくまでも私の印象、ですけどね。最初の頃のジェリクさん、なんていうか…ステージが違う、っていうんでしょうか? そんなところを感じてまして(ごはんを食べ進める)
        でもほら、実習とかでいろいろあって…その完璧さが、丸くなった、みたいな。あと…すごく泣き虫ですよね、ジェリクさん(にへー、とだらしない笑顔を浮かべ) -- つむぎ@犬耳 2013-05-26 (日) 17:59:57
      • ま、まあ確かに……育ちが違う部分はあるわね…(ややぎこちなくスプーンを動かしながら)
        はっ!?(裏返った声)なな、なにを言っているのあなたは?わわ、わたしがいつ泣いたっていうのかしら!? -- ジェリク 2013-05-26 (日) 18:22:30
      • えっ…み、光秀事件の時とか泣いてましたよね…?(すぱっ、と直球を投げる)
        でもほら、そこでこう、印象が変わったわけで…ジェリクさん可愛いなあ! っていう感じですよ、はい(ごちそうさまでした、と手を合わせ) -- つむぎ@犬耳 2013-05-26 (日) 18:32:30
      • んなっ…! 泣いてませんっ!ないてないもの…!(顔を赤くして言い張る)
        む、むむむぅ…それはどうなのかしら、侮られていると言うのではないの…!? -- ジェリク 2013-05-26 (日) 18:40:23
      • ど、どうどう、落ち着いて、落ち着いてください…ほら、周りが見てますから…!(食堂にやってきている他の学生の視線が集まるのに気付き、慌てて小声で注意を促し)
        そんな侮るなんて! そんなこと友達相手に思ってませんよ私…!(想像の枠外にあったことを言われ、思わず頬を膨らませてしまう) -- つむぎ 2013-05-26 (日) 19:33:25
      • んっ……(逆に怒らせてしまったようで、動揺)
        …失言だったわね、悪かったわ(きまり悪げに目を逸らし、水のグラスを口元へ) -- ジェリク 2013-05-26 (日) 23:26:36
      • …い、いえ、こっちこそすみません…。
        …とまあ、こんなことを言えるようになったくらいには、ちょっとは仲良くなれたかなーなんて…思い込み、でしょうけど(バツが悪そうに視線を逸らしつつ、こちらも水を口にした) -- つむぎ@犬耳 2013-05-26 (日) 23:35:03
      • 〜〜〜…(恥ずかしげに俯いて押し黙り、グラスの中身を空にする)
        …今日、授業ないでしょ?午後から(空のグラスを両手で持ったまま、ぽつり) -- ジェリク 2013-05-27 (月) 00:01:57
      • え? あ、はい…ないです、けど…?(相手の問いの意味がわからず、首を傾げながら言葉の先を待つ) -- つむぎ@犬耳 2013-05-27 (月) 00:10:04
      • 買い物…いくから……付き合いなさい…!いいわねっ(俯きながら言い切って、返答も聞かずにトレーを返しに席を立つ) -- ジェリク 2013-05-27 (月) 00:15:02
      • えっ―(言葉の意味を飲み込めたのは、ジェリクが返却所へだいぶ近づいてからのことだった)
        …はいっ! ご一緒します…!(勢いよく立ち上がると、トレイを持ってジェリクの後を追う。その尻尾は、ちぎれんばかりの勢いでぱたぱたと揺れていた) -- つむぎ@犬耳 2013-05-27 (月) 00:21:27
  • ……なんですか、これ……(弾丸。その山を見てボー然) -- トファニア 2013-05-25 (土) 23:44:24
    • 違うのよ…? いえ、ちがわないけれど…
      アトイに銃の練習を勧められてね? 空いた時間で少しずつやってはいるんだけれど、なかなか消費されないのよね… -- ジェリク 2013-05-26 (日) 15:07:23
      • アトイさんに? またどうして……いや、銃は鍛えれば誰にでも扱える強武器ですけれども。威力は買えられないので相手の弱点とかを的確に知る必要がありますね。
        ちょっと見せて下さいよ、どれぐらいできるんです? -- トファニア 2013-05-26 (日) 15:34:39
      • ほら、私って野蛮な仕事に不向きじゃない? それで、っていう事だったのだけれど…
        そう、ね…(ちらりと箱を見て)せっかくだから今日の分の練習もしておきましょうか(流石に庭での練習は憚られるので、学園内の専用施設に移動。きっとある多分ある)
        じゃあ、いくわよ…(イヤープロテクターをつけて、10mほど先の的に標準を絞り、引き金を引く)
        !(響き渡る発砲音。弾丸の行き先は……人型の的のかなり端っこ、肩スレスレ辺り)
        む… -- ジェリク 2013-05-26 (日) 15:46:50
      • 確かに近接攻撃は不向きなように感じますね。遠距離から比較的安全に使える銃火器はお誂え向きかもしれません。
        (洋上学園は様々な生徒を擁する。文明レベルも当然まばらで、巨大ロボが闊歩しているかと思えば馬車が石畳を疾走したりしている)
        (当然中には銃火器を使う生徒も多数おり、そのような生徒のために広く射撃場が開かれていた)
        はー、存在は知っていましたが実際に入るのは初めてです……
        (ごくり、と喉元に唾をしまい込む。試射する相手が百戦練磨の銃士なら話も違うのだろうが、相手はあのジェリクである。実習でまさかの一ヶ月目出落ちをやらかしたある意味伝説的な生徒。不安にもなる)
        (暴発しなければいいけど……と、緊張の一瞬――雷管が弾ける音に思わず耳を塞ぐ)
        ……あー……でも、当たっただけすごくないですか? 肩だって、当たればかなり痛いですよ!
        (舐めきってた) -- トファニア 2013-05-26 (日) 15:57:23
      • そ、そうよね!(自分への励まし)
        見てなさい、今のはたまたま調子が悪かっただけなんだから…!(その後、繰り返し何発もの弾薬を消費するが成果思わしくなく、的にすら当たらないことも珍しくはなかった)
        ぐ、ぬぬぬぬ…!(ぐぬぬ) -- ジェリク 2013-05-26 (日) 16:03:16
      • (最初はハラハラしながら見ていたが、何発売っても狙っただろう箇所に当たることはなく、あくびを噛み殺しつつぼうと眺める)
        うーん……これは、あれですね……なにかいい方法を考えないといけませんね……
        (と、見物用の席に置いてあった銃の雑誌を手に取りパラパラと眺める)
        あっ、これ。ジェリクさん見てください、「レーザーサイト」という照準器が銃にはあるそうですよ? -- トファニア 2013-05-26 (日) 16:14:00
      • むうぅ…(アトイには5mで十分と言われていたが、やはり悔しい)
        れーざーさいと?(横からカタログを覗きこむ) -- ジェリク 2013-05-26 (日) 16:15:49
      • (もしかするとジェリクにはゆっくりと相手を狙う、そう、スナイパーライフルのようなもののほうが合っているのかもしれないが、そう考えに至るまで知識がなかった)
        はい。要するに光を当てて着弾地点を決めやすくするというものですね。ジェリクさんの使っているピストルタイプのものでも取り付けることが可能だそうですよ? -- トファニア 2013-05-26 (日) 16:30:51
      • そんなものがあるの?(じーっとカタログを見て)
        ………いえ、やはりやめておくわ(しばし考えた末、カタログから顔を上げる。腐っても豪商の娘、予算に不備があったわけではない)
        今更そんなものに頼るなんて、私の趣味じゃないわ。見てなさい、絶対当ててあげるんだから!(再びプロテクターをつけて、的に向かう。要は意地の問題であるらしかった)
        (その後しばらく練習を繰り返し、最後にようやく中心近くにあたった時には、誇らしげな笑顔を見せたという) -- ジェリク 2013-05-26 (日) 16:49:03
      • (意固地だなあ、でも、ジェリクさんらしい。くすりと笑って雑誌を閉じた。きっと最初からこんなものに頼っていたらいざというときに使えないだろうし)
        (そして最後の笑顔に、惜しみない拍手を浴びせた後ご褒美として話題のカフェでケーキをごちそうしたとか) -- トファニア 2013-05-26 (日) 16:54:16
  • そして乗り込むアトイさん -- アトイ 2013-05-25 (土) 03:55:07
    • もしもし警備の方?不審者が家に -- ジェリク 2013-05-25 (土) 03:58:47
      • まって!あの人たちとは芸風があわないのです!変なことしないから変なことしないから! -- アトイ 2013-05-25 (土) 03:59:23
      • 勝手に上がりこむ時点で、既に犯罪的行為であることをわかっているのかしら -- ジェリク 2013-05-25 (土) 04:01:26
      • 私とジェリクさんの仲じゃないですか。あ、いまなかで膣内ってでました。 (あがりこんでくつろぐ) -- アトイ 2013-05-25 (土) 04:02:38
      • (椅子で殴打) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 04:06:15
      • あ、はい。それでですね、今日はちょっとお得なお話が…。 
        (顔面に椅子の脚の跡をつけて鼻血をたらしながら笑顔だった。うれしかったのである) -- アトイ 2013-05-25 (土) 04:08:39
      • もう…何なのよ(溜息吐きつつティッシュを渡す) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 04:15:27
      • ジェリクさん探索とか諸々で力不足を感じたりしていませんか?(こりゃどうも、とティッシュを鼻につっこみながら) -- アトイ 2013-05-25 (土) 04:20:11
      • む……そ、それは確かに、私は野蛮な事とか向かないけど?
        でも、でも魔法だってまた練習始めたし…少しは…(弱々しくなる声) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 04:23:03
      • 魔法はたしかにいいですが武芸と同じく使いこなすのに少々やっかいだったりするのですよね、わかります。
        (そういいながら服を脱ぐ) -- アトイ 2013-05-25 (土) 04:28:59
      • (椅子で殴打) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 04:30:27
      • あんっもうひどい♥ 私の異能発動のためですよ。
        (顔面に椅子の脚の跡をつけて鼻血をたらしながら笑顔だった。うれしかったのである)
        (ついでにアトイが着替えたのは現在設定上にだけ存在している、貧乳タンクトップで短パンとウェスタンブーツのカウガール姿であった。カウボーイハットがかわいい)
        手っ取り早く銃装備とかどうですかジェリクさん。 -- アトイ 2013-05-25 (土) 04:35:27
      • え、ごめんなさい…その顔やめて気持ち悪い
        じゅ、じゅう…? 私、銃なんて持ったことないわよ(困惑顔) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 04:37:42
      • ええ、ですから訓練するのです。 (取り出したのはコルトM1911、ガバメントの名で知られる民間モデルの方だ)
        9mm弾使用モデルで反動はソフト、狙いもつけやすいモノです。シンプルな構造で信頼性も抜群です。
        ほら、銃は剣よりも強しって名言もあるじゃないですか。サイドウェポンとして持っておくといいと思うのですよ。 -- アトイ @カウガール 2013-05-25 (土) 04:44:42
      • うわ…本格的…(まじまじと覗きこんで)
        え、持ってて大丈夫なの?爆発しない?(誤解) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 04:50:30
      • 大丈夫です、別にどうってことねぇですよ? (ちなみにこのガバメント、先日ベッキーと裏マーケットで)
        (うさんくさい仲介業者と会って、そいつから値引きまくって買った大量の品物の一つであった。)
        そしていつの間にか庭に移動している私達。5mほど離れたあそこに壊れた時計の文字盤を置いときました。
        12時から時計回りに撃ちます、ました (あっちゅうまに12発連発、片手で撃ってるのに時計の数字が綺麗に打ち抜かれてる。)
        (カウガールコスの能力である) -- アトイ @カウガール 2013-05-25 (土) 04:59:59
      • ひっ!?(発砲音に思わず身を竦め耳を塞ぎ)ぉぉ…(鮮やかな手並みに嘆息)
        …これをやるの? わたしが…? -- ジェリク 2013-05-25 (土) 05:03:23
      • はい、5mは拳銃の有効射程です(慣れた手つきでマガジンリロード、1秒とかかってない)
        体格にすぐれた成人男性で1秒に平均1.8mほど動けます、モンスターがその2倍だとして3.6m、1秒以上はしっかり狙えるのでこの距離で確実に当てられるなら
        戦力として申し分ないでしょう。 (とりあえず、的のどこでも当たればいいよーと、ジェリクにガバを渡す、見た目よりずっしり重い) -- アトイ @カウガール 2013-05-25 (土) 05:10:25
      • ん…結構、重いのね(両手で拳銃の手応えや握り心地を確認)
        これ、もう撃てるのよね? 撃つわよ、いい?(音が怖いので顔を背けつつ、物凄く及び腰で時計を狙う) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 05:16:23
      • はいどうぞ〜(ちょうへっぴり腰なジェリクをニヨニヨしながら見守るアトイさん) -- アトイ @カウガール 2013-05-25 (土) 05:24:43
      • (パンッ)ひっ!(音と衝撃にびくっとして、おっかなびっくり銃弾の行方を探す)
        あれ…当たって…ない?(きょろきょろと探すと、彼方の塀にその痕跡を発見、かなり明後日の方向) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 05:32:57
      • え、なんで? -- ジェリク 2013-05-25 (土) 05:33:15
      • HAHAHA!そんな撃ち方じゃロッキー山脈にだって当りはしないのです (アメリカンジョーク)
        腰はちゃんと伸ばして、足をひらいて体を安定させ、腋をしっかり締めて両手で銃把を握って照準をまっすぐ効き目で見るのです。
        (ジェリクの後ろにくっついて手取り足取り腰取りの具体的な動きをやる) -- アトイ @カウガール 2013-05-25 (土) 05:38:14
      • こ、こうね…?(ぐっと銃口を的に向けて構える ※腰取りは裏拳にてお断りしました)
        せーの… …ッ!(堪える音と衝撃、今度はちゃんと的に向けて放てた筈。弾丸の行方は…)
        ――あたった!(的の隅っこ、ぎりぎりではあるが一応当たってはいる) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 05:56:06
      • できたじゃないですかぁ〜 (顔に青痣つくりながら拍手するアトイさん。指導にかこつけて体触りまくるのは失敗しました)
        バランス能力を鍛えたり、腕の筋トレを少々すれば命中精度はさらにあがっていきますよ
        動く的で練習できるようになれば実戦でも十分つかえるでしょう、ね?簡単でしょ。
        というわけで、その銃と練習用に弾をごそっり箱ごと置いていくので、練習に励むといいのですよ、それでは私はこれで、したっけねーです -- アトイ @カウガール 2013-05-25 (土) 06:07:34
      • ふ、ふふん、とうぜんよ!(自慢気)そうね…考えておくわ(初めて命中したのでやや高揚気味)
        え、こんなに…?(弾薬の山に引く)ええ、ありがとう、またね -- ジェリク 2013-05-25 (土) 06:12:34
  • 海賊部メンバーに送るこれまでの感謝とこれからの期待に込めた、バレンタインの時間
    ジェリクとも一年生のときからの付き合いになるけど、貴方がいるから私も張り合いが出て頑張れるのよね
    だから最後まで私と一緒に競えるよう、頑張りましょう! (ライバルと書いて友と呼ぶジェリクに親指を立てて笑ってみせた) -- レベッカ 2013-05-24 (金) 19:41:27
    • なによ、改まっちゃって…(面と向かって言われると妙にこそばゆい)
      ――ええ、言われるまでもないわ(ふっと笑って髪をかきあげて)
      …と、ちょっと待ちなさい(何か思い立ち、ぱたぱたと室内へ。数分後、紙包みを手に戻ってくる)
      …ん…一応…貰ったわけだし、その、せっかくだから、あげるわ(余所余所しい挙動で目を逸らしつつ、甘い香りのする包みを手渡した) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 02:43:14
      • (甘い香りのする包みを受け取れば、封を開けずとも中身を察することが出来る)
        ありがとうジェリク。…ねえ、貴方は卒業したらどうするつもり? -- レベッカ 2013-05-25 (土) 02:52:30
      • い、言っておくけど、たまたまよ? 急だから、ちゃんとしてないけど、ラッピングとか…うん(ごにょごにょと付け加えて)
        …どうしたのよ、急に。さぁ…まだはっきりとは決めてないわ、一度は国に帰ることになると思うけれど -- ジェリク 2013-05-25 (土) 03:12:30
      • いいのよ。着飾らなくても、貴方からの気持ちはちゃんと貰ったから
        …ねえ。貴方の故郷って内地? それとも港はあるのかしら? -- レベッカ 2013-05-25 (土) 03:14:27
      • ?(小首を傾げ)ヴェルネーは海洋貿易の要所よ、そのくらい知っておきなさいな -- ジェリク 2013-05-25 (土) 03:20:26
      • (眉を顰めるジェリクとは対照的に、レベッカの表情が澄み切った青空のような満面の笑みを露わにする)
        なら良かった! だって、貴方が国に帰ったとしても…
        私が自分の船で貴方に会いに行けるもの。見てなさいよ、ジェリク
        貴方が見たことないような船をドカンと見せてあげるんだからね (にしし、と笑みを浮かべてジェリクを指差す) -- レベッカ 2013-05-25 (土) 03:23:42
      • (唐突な宣言に目をぱちくり。しばらくして)
        …ふっ…ふふっ(何がおかしくなったのか、口元に手を添え、笑い声を漏らす)
        随分大きく出たわね、出来るのかしら、あなたに?(悪戯めいた、挑戦的な眼差しで問う) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 03:30:08
      • 出来る出来ないじゃなくて、やるのよ。だってそれが夢ってものじゃない
        私自身が実力を付けるために海賊部を立ち上げたようなものだし、それに付き添ってくれる貴方を含めたみんなに顔が立たないじゃない
        だから私はやるわ。貴方も頑張りなさいよ、いつまでも泣いてばかりいないで…ね!
        (憎まれ口を最後に叩いて帰れど、それが互いに気を許した部分でもあり思わず笑みがこぼれていたとか) -- レベッカ 2013-05-25 (土) 03:48:37
      • だっ、誰が泣いてなんかいるもんですか!
        (別れて一人息をつく。彼女の吐いた大言に、ほんの少しだけ、わだかまっていた憂鬱さが晴らされた、そんな気がした) -- ジェリク 2013-05-25 (土) 03:54:22
  • (まさかの大逆転勝利に目を疑う)ジェリクさんはやっぱり出来る人だったね -- 美月 2013-05-21 (火) 16:11:56
    • すっげぇ!ジェリク殿が死亡フラグを跳ね返した! -- アトイ 2013-05-21 (火) 16:15:08
      • 私のMAXなでなでが効いたのね……(うんうんと頷きつつ拍手を贈る) -- クレハ 2013-05-21 (火) 17:56:32
      • <お祝いのいちごケーキ1ホールお届けでーす! -- つむぎ 2013-05-21 (火) 22:27:45
      • ふふん、当然よ! 私を誰だと思っているの?(胸を張る)
        このくらい、乗り越えられない私ではなくってよ -- ジェリク 2013-05-21 (火) 22:55:38
      • あら、ありがとう。せっかくだから、あなた達もおあがりなさいな -- ジェリク 2013-05-21 (火) 23:00:04
  • ジェリク…あんたがナンバーワンよ…(祝福) -- 弥生 2013-05-20 (月) 20:09:37
    • あら、今頃気づいたの? 随分遅かったのね(余裕の笑みで髪をかき上げる) -- ジェリク 2013-05-20 (月) 20:11:24
      • いろんな意味でいま気がついたよ!もうしわけねえ…(五体投地ゲザ)
        ところで、なんで呼んでくれたワケ? -- 弥生 2013-05-20 (月) 20:15:24
      • (いろいろ混線しそうなのであっちで会話をまとめんとする試み) -- ジェリク 2013-05-20 (月) 20:31:24
  • おめでとうジェリク。熟練の私から祝辞を送らせて貰うわね (にこにこしながら拍手) -- レベッカ 2013-05-20 (月) 19:59:12
    • ぐぬぬぬ…!この余裕たっぷりな反応…!
      み、みてなさいよ!あなたなんて、すぐに追いぬいてあげるんだから! -- ジェリク 2013-05-20 (月) 20:05:25
      • 何言ってんのよ。貴方は私を追い越さなくても、十分に成長してるわ
        …この間の裏マーケットの話、みんなから聞いたけどあの時は貴方が矢面に立ってみんなを庇ってくれたのよね
        ありがとうね、ジェリク。私がいないときに海賊部のみんなを助けてくれて -- レベッカ 2013-05-20 (月) 20:13:41
      • ん……(面と向かって言われ、口ごもる)いいのよ、あんな連中に無礼な真似をされるのは、私のプライドが許さなかっただけ
        それに、実質あの場をどうにかしたのはクレハだもの、礼を言われる筋合いは無いわ(つんとして、横を向く) -- ジェリク 2013-05-20 (月) 20:28:47
      • 正直、私は貴方がああいうのに絡まれたら涙目になって動けなくなると思ってたの
        でもいい意味で私の期待を裏切ってくれて、改めてジェリクも私の信頼できる仲間(クルー)の一人であることを確認させてくれたわ
        その点では私よりも貴方は立派よ、胸を張りなさいって〜 (にしし、と笑えば横を向いたジェリクの頬を指でつつく) -- レベッカ 2013-05-20 (月) 20:34:02
      • む…(横顔を突かれ、仄かに頬を染める)
        ――甘く見ないでほしいものね、私は誇りあるラッツェの娘よ、そのくらい…(ふん、と鼻を鳴らして)
        当然だわ(くすりと悪戯っぽく笑って、髪をふわりとかきあげた) -- ジェリク 2013-05-20 (月) 20:50:09
      • その意気よ。貴方との張り合いがあるからこそ私も頑張れるしね
        それじゃ私は探索の用意もあるし、これで。Bye! (と、軽やかな足取りで次のステップに向けて走り出す) -- レベッカ 2013-05-20 (月) 20:55:40
      • 忙しい子……(嘆息して背を見送り)せいぜい頑張りなさいな、キャプテン(ひとり呟き、踵を返した) -- ジェリク 2013-05-20 (月) 21:09:10
  • 一人前…!(パパーン -- ジェリク 2013-05-20 (月) 19:49:51
    • (パーンとクラッカーを鳴らす)あ、今の音で死ななかったか…?平気か…? -- パッカー 2013-05-20 (月) 19:52:10
      • 馬鹿にしないでくれる!?死なないわよこのくらいで!(どきどき)
        早速祝いに駆けつけるとは、流石に耳の早い事ね -- ジェリク 2013-05-20 (月) 19:56:04
      • うむ、ちょうどめっちゃ喜んで家に帰るジェリクが見えたもんで。追いかけつつお祝いの品を買っておいたよ(手にはバナナロール)
        …えーと、一年頑張れたってことだよな?頑張ったな…成長したな…(ほろり) -- パッカー 2013-05-20 (月) 19:57:19
      • あら、ありがとう
        なな…なに!? 幼子を労るような優しい目で見るのやめてくれる!?
        馬鹿にしないでよね!3年生なんだからね!? -- ジェリク 2013-05-20 (月) 20:04:06
      • あとそんなに喜んでないから!至極慎ましやかに帰宅したんだから!ごっ、誤解しないでよね! -- ジェリク 2013-05-20 (月) 20:12:18
      • 後輩であることには変わりないし。おう、ジェリクは慎ましい女性だからせっかく用意したこのバナナロールはいらないとか言っちゃいそうだなーどーしよっかなー(いじわるなう) -- パッカー 2013-05-20 (月) 20:13:32
      • むむ……そういう事はするものじゃないわよ(じとっと睨む)
        生憎、私はバナナロールに釣られるほど食い意地の張った人間ではないの(ふん、と胸を張り髪をかき上げる)
        他の子たちなら八割くらいはあっさり釣られたでしょうけれど(いとも簡単に思い浮かぶ様々な例)私には通用しないわ -- ジェリク 2013-05-20 (月) 20:25:13
      • …しょうがないにゃあ…(優しいまなざしでバナナロールをあげる あげた)最近女子に優しい月刊だからな。
        まぁ祝いの気持ちはほんとだし、それとして受け取ってくれよ。今後も気を抜いてやられないようにな?(ほいじゃー、と去って行った) -- パッカー 2013-05-20 (月) 20:28:04
      • はいどうも(やれやれ顔で丁重に受け取って)
        そうね、ええ、ありがとう。む、もう…一言多いんだから(ふぅ、と一息ついて、バナナロールはお茶の時間に頂いたようだ) -- ジェリク 2013-05-20 (月) 20:40:21
  • (自宅前まで送ってもらい、別れ際)
    ぁ……と、待ちなさい(立ち去りかけた背を呼び止める) -- ジェリク 2013-05-19 (日) 03:55:27
    • ジャンプ…………っと? (空間跳躍しようとした、寸でのところで振り返る)
      どしたの? あ、別れ際のキスかな? おーけー、おーけー、さっ、どうぞ! -- キョウコ 2013-05-19 (日) 03:58:42
      • 無いから(ジト目で答え、やっぱりやめておこうかと悩みつつ)
        …あの、ね……色々問題はあったけれど、一応…ちゃんとエスコートは、してくれたみたい、だから…(視線を逸らし、髪先を指で弄びながら、途切れがちに)
        だから、その……
        ありがと -- ジェリク 2013-05-19 (日) 04:03:26
      • (謝辞を聞けば満面の笑顔で応えて、恭しく頭を下げる)
        お姫様をエスコートするのは当たり前だし? それに後輩の面倒見るのは先輩の仕事だし? 当たり前のことしただけだね。
        や……というか私の募集に乗ってくれたジェリクちゃんのほうに感謝しないとだよコレは! ありがとう! -- キョウコ 2013-05-19 (日) 04:10:47
      • ん…(正面から礼を言われ、少し気恥ずかしげに)…いいわよ、単位が必要だっただけだもの(そっけなく言い返す)
        それじゃあ…おやすみなさい(心持ち足早に、コンドミニアムの階段を上がって行くのだった) -- ジェリク 2013-05-19 (日) 04:13:48
  • (お互い自己紹介を済ませて)
    とりあえず最初は旧校舎かな! -- キョウコ 2013-05-18 (土) 23:27:02
    • そうね、軽く攻略してあげるわ -- ジェリク 2013-05-18 (土) 23:28:13
      • 予定を変更して湖畔! 湖畔です! -- キョウコ 2013-05-18 (土) 23:31:50
      • 問題ないわ、エスコートお願いね -- ジェリク 2013-05-18 (土) 23:33:13
      • あ、忘れてた! 発言は私→ジェリクちゃんで行こうか! -- キョウコ 2013-05-18 (土) 23:36:03
      • 了解したわ。ところで夏季は水着がユニフォームらしいけれど、今も水着なのかしら…? -- ジェリク 2013-05-18 (土) 23:38:51
      • はい! シンプルなビキニタイプの水着の上にシャツを羽織っております! -- キョウコ 2013-05-18 (土) 23:41:30
      • つまりいつでも水に落ちれるということですどうぞよろしく! -- キョウコ 2013-05-18 (土) 23:42:03
      • そう…がんばってね… -- ジェリク 2013-05-18 (土) 23:45:03
      • (太字強調文を差し込んだものの、別にこれ必要ないよねと思いました! 判定後は今みたいに直接ジェリクちゃんの反応でいいよね、みたいな!) -- キョウコ 2013-05-19 (日) 00:08:24
      • ジェリクちゃんに〆をお願いして次の場所に移動します! -- キョウコ 2013-05-19 (日) 00:32:45
      • (こっち殆ど見てなかったわごめんなさい、みたいな) -- ジェリク 2013-05-19 (日) 00:44:05
      • そういえばお時間大丈夫でしょうか! 3箇所は巡ろうと思うのですが、旧校舎が終わったら次の場所に行きますか!? -- キョウコ 2013-05-19 (日) 01:22:12
      • お昼寝したからだいじょうぶよ、まかせなさい -- ジェリク 2013-05-19 (日) 01:23:45
      • 金髪美少女の今日は朝まで大丈夫なの宣言きちゃったな……わたし理性保てるかな……。 -- キョウコ 2013-05-19 (日) 01:33:44
      • (ビンタ) -- ジェリク 2013-05-19 (日) 01:36:15
      • (叩かれた頬を擦りながら、とてもいい笑顔) -- キョウコ 2013-05-19 (日) 01:40:56
      • こんなのばっかり… -- ジェリク 2013-05-19 (日) 01:44:01
      • さぁ! 廃工場で〆といこうか! -- キョウコ 2013-05-19 (日) 01:55:28
      • じょ、上等よ、引導を渡してあげるわ! -- ジェリク 2013-05-19 (日) 01:59:40
      • ハイ、キョウコそろそろ引導を渡されます……(フワッ -- キョウコ 2013-05-19 (日) 03:22:33
      • それじゃあ最後にグラウンドに移動して締め、ということでいいかしら
        限界なら今すぐ成仏して頂いても構わないけれど -- ジェリク 2013-05-19 (日) 03:26:00
      • じゃあ廃工場は〆ちゃうね。
        えっ!? 行くよ!? めっちゃ行くよ!? だって二人の夜はまだこれからだし! -- キョウコ 2013-05-19 (日) 03:27:37
      • 妙な表現はやめなさい(ビンタ) -- ジェリク 2013-05-19 (日) 03:29:01
      • とっても楽しい肝試しでしたね! (爽やかな笑顔) -- キョウコ 2013-05-19 (日) 03:53:58
      • そうね(腹パン)
        悪いけれど↑の方で私の身勝手にあともう少しだけ付き合いなさい、文通でもいいわ -- ジェリク 2013-05-19 (日) 03:54:55
      • ということでお疲れ様、遅くまで悪かったわね、帰って寝ていいわよ -- ジェリク 2013-05-19 (日) 04:14:43
      • えっ? おやすみのチューは? -- キョウコ 2013-05-19 (日) 04:16:39
      • 無いわ -- ジェリク 2013-05-19 (日) 04:17:48
      • ハイ、キョウコ帰って寝ます……(フワッ -- キョウコ 2013-05-19 (日) 04:21:43
  • ああジェリクさん、先日(新年会)はどうもです。どうやら来月の実習ご一緒するようでして。その挨拶に参りましたよ? -- トファニア 2013-05-14 (火) 23:42:05
    • おもいださせないでちょうだい(遠い目)
      あら、そう? 律儀なことね
      働きの方は期待させてもらってもいいのかしら(自分より更に小柄な体躯を見て) -- ジェリク 2013-05-14 (火) 23:49:13
      • わたしだけ覚えているなんてそんな理不尽なことがありますか?
        いえ、わたしは極力動かず美味しいところだけをぱぱーっともらおうと思うので是が非でもジェリクさんに頑張っていただきたく参上した次第であります(黄金色のお菓子を献上する もちろんただの焼き菓子) -- トファニア 2013-05-14 (火) 23:52:21
      • しらないわ、なにもしらない
        あなたね……私にそんな体を張った働きを期待するのは見当違いも甚だしいの、言っておくけれど私、か弱いわよ
        あら、和菓子? -- ジェリク 2013-05-14 (火) 23:59:28
      • しんぞう よしおか おなべ ウソイ(不穏当なワードを耳打ちする)
        そもそも今回は鉱脈を見つけ出す依頼であって、美味しいとこ取りも体を張った健闘もできそうにないのですがね
        はい、挨拶するならば差し入れは必要かと。美味しいですので食べてみてください。黒餡タイプと白餡タイプで分かれているんですよ -- トファニア 2013-05-15 (水) 00:05:30
      • ヒッ(ぞわわっ)
        …ンッン(咳払いで気を取り直して)そう、意外と気が利くのね、後で頂くわ、ありがとう
        あぁ、そうだわ、今日は学園でお花見をする――なんて事いっていたかしら -- ジェリク 2013-05-15 (水) 00:19:48
      • 忘れたいと思っても忘れられないことがある。そんなとき効果的なのは、経験という言葉でコーティングして飲み込んでしまうことです。ほら、少し楽になる。
        ああ、そういえばそんなようなことを。どうせまた無茶な食べ物を食したりお酒で暴れたりのいつものパターンでしょうが……一緒に行きます? -- トファニア 2013-05-15 (水) 00:21:47
      • だまって、おねがい(脳が説得を受け付けない状態)
        そうね、今日は時間もあるし…少しぐらいは、お馬鹿な騒ぎに付き合ってあげてもいいかもね(連れ立って、春の陽気の中を学園へと赴いた) -- ジェリク 2013-05-15 (水) 00:30:23
  • ジェリク君! 今日はパウンドケーキで勝負だ! …食べる? (つくってきたー、と手土産で訪れる) -- キエル 2013-05-14 (火) 20:16:18
    • へっ?(唐突な宣戦布告に目をぱちくり)…え、ええ、そうね、頂くわ。上がって頂戴(コホンと小さく咳払いして、招き入れ)
      むむ、あなたもパウンドケーキ…流行ってるのかしら(食器とお茶の用意を整える) -- ジェリク 2013-05-14 (火) 23:38:11
  • 「ドーダイ ジェリク アンテー シテキタ?(ばさばさ)」「マダマダ ユダン デキナイ」 -- レイヴンス? 2013-05-13 (月) 22:37:17
    • もちろん。本来これくらい出来て当然なんだから
      もう、あなた達に慰められるような事もないわねっ(ふふん、と笑って髪を掻き上げる) -- ジェリク 2013-05-13 (月) 22:43:23
      • 「ソンナコトイッテー」 「ユダンスルト マタ・・・」 「ソウ ジェリクハタシカニ ジシンマンマンニ ソウイッタノデス(ナレーション風)」 「シカシ ソノイッカゲツゴ・・・(ばさばさ)」
        「ソイヤァ キョネンアッタ アノクロイゴミ コトシハナイノ(がさごそ)」 「アレナンダッタン ダローネ(ごそごそ)」 -- レイヴンス? 2013-05-13 (月) 22:59:24
      • 不吉なナレーションやめてくれる!?
        な…!――いわよ、そんなもの! って、漁るのやめなさいよ!? 二度と出てくることも無いから、忘れなさい!
        もう…あなた達、そんなにお腹空かせてるの?(腕組みして、呆れたように) -- ジェリク 2013-05-13 (月) 23:21:45
      • 「ナイノ?」 「ナインダ」 「ヨカッタ タベラレズニ ステラレルゴハンハ ナカッタンダ」
        「ト ユーヨリハ・・・」 「オカシヅクリ ウマクイッタンダネ(知ってる)」 「オメデトー」 「オメデトー」 「オメデトー」 「・・・モチロン タベルモノ アルナラ ホシーネ」 -- レイヴンス 2013-05-14 (火) 04:56:42
      • ひゃぃっ!? なな、なんでわか…!?(狼狽)
        ぅぅ、うるさぁーーい! いいでしょ、そんなことっ!(目を瞑り真っ赤になって吠える)
        んぬぬぬ…!(しばし逡巡した末)…ちょ、ちょっとまってなさい(パタパタと自室に駆け戻る)

        (しばらく後、皿を手に戻ってきて)…はい、あげるわ、これ(皿の上に、クッキー)
        作りすぎて、余っちゃったから…(目を逸らしつつ、差し出す) -- ジェリク 2013-05-14 (火) 23:25:22
      • 「ホラネ? ヤッパリ ソーダッタ(こくこく)」 「マー アノアジハ ナ」 「ジャックウタガッテタ ジャーン」(がぁがぁ)
        「「「・・・?」」」(ちょっと待って・・・)「「「ウォーゥ!!(湧き立つカラス達)」」」
        (がっがっがっがっ)「ブンリョー チャント ミキワメナイト アマルゾー」 「オイシ オイシ」 「ヤキデ シッパイスルコトモ アルカラ オオクヨウイ スルンジャネ?」(ばりばりばり)「センキュージェリクー」 -- レイヴンス? 2013-05-14 (火) 23:47:49
      • もう…ごちゃごちゃ言わずにさっさとたべるっ!(照れながらそっぽを向いて食べ終わるのを待つ)
        いいわよ、あんなもの食べさせたっきりじゃ、気分よくないし……でも、この事は内緒よ?いい? -- ジェリク 2013-05-14 (火) 23:54:06
      • 「「「ハーイ(がつがつ、カスも残さず食べ切って)」」」 「ワルクナカッタ ケドナー」 「ボクラ ナンデモ タベルシ」
        「ナイショ」 「ヒミツ」 「イーヨ」(しーっと一斉に嘴の前に翼をやるカラス達)「ソレジャ ソロソロ イクネ」 「ホントニ ヨクデキテタヨ ガンバッタネ ジェリク」 「マタナー」 -- レイヴンス? 2013-05-15 (水) 00:13:27
      • ん…ど、どうってことないわ、こんなの。賛辞は一応受け取っておいてあげる(頬を僅かに染めながら、澄まし顔で髪を掻き上げ)
        ええ、気をつけてお帰りなさい……クス(カラス達が飛び去ると、ほんの少し嬉しげに、皿を片づけ自室に戻った) -- ジェリク 2013-05-15 (水) 00:28:39
  • っつぼ鯛の開き -- アトイ 2013-05-12 (日) 23:31:57
    • ごめんなさい、意味がわからないわ -- ジェリク 2013-05-13 (月) 04:01:23
      • 時節柄甘いものに飽きてしょっぱいものが食べたいかとおもいまして。 -- アトイ 2013-05-14 (火) 00:13:15
      • 一応、贈り物なのね…
        それほど飽いてるわけでもないけれど、頂いておくわ、ありがとう
        返礼は何がいいかしら -- ジェリク 2013-05-14 (火) 00:57:57
      • お礼されるほどのものじゃないですよ、味は保障しますが。しかしどうしてもというなら
        そうですね、世界のためなんだ君のパンティを俺にくれ! -- アトイ 2013-05-14 (火) 01:01:14
      • (躊躇いのない渾身の平手) -- ジェリク 2013-05-14 (火) 01:03:10
      • アリガトウゴザイマスッ! (ぷにぷにほっぺはいい音がしました。)
        冗談ですよ、変態仮面の映画がおもしろくてつい。えへへへへ。 (赤くなったほっぺたをさする、なんでこいつうれしそうなんだ。)
        ああ、それはそうとジェリクさんちってひょっとしてご実家お金持ちですかー? -- アトイ 2013-05-14 (火) 01:11:36
      • 次、同じことをしたら茹でるわ
        なに? 身も蓋もない言い方するのね、そうなのだろうけれど、どうかした? -- ジェリク 2013-05-14 (火) 01:16:49
      • はい、回りくどいものいいはしないアトイさんです。最近海外の品物もよく扱うのですが。
        仕入れでも販売でもラッツェ商会さんをあちこちでみるのです。
        ジェリクさん一人暮らしでイイとこ住んでるからもしかしてお嬢様なのかなって。 -- アトイ 2013-05-14 (火) 01:23:40
      • そう? …ラッツェ家の娘だから、そういう事になるわね
        怪しげな商売してると思ったら、どれだけ手広くやってるのよ、あなた -- ジェリク 2013-05-14 (火) 01:30:40
      • おー属性被った。商人キャラでおそろいですよ、えっへっへ。 (楽しそうである。)
        私は小規模な個人通販ですからね。大量にしいれて大量に販売ができないので、
        珍しいものを見つけるために色んな品物を見るのですよ。 -- アトイ 2013-05-14 (火) 01:34:05
      • いっしょにしないでくれる?(いやそうな顔)
        …まぁ、そういうことなら「ご贔屓に」といったところかしら、ラッツェの人間としては
        …一応あなた学生よね?本業は -- ジェリク 2013-05-14 (火) 01:38:52
      • その冷たい態度でむしろ燃えます! (うれしそうな変態。)
        アトイさんの本業はアトイさんですよ。何かに従属することはしません、色々やっかいですから。 -- アトイ 2013-05-14 (火) 01:47:10
      • 黙らっしゃい
        考えてみれば色々謎よね、あなた
        そういう人間が多いから、あまり気にしないでいたけど -- ジェリク 2013-05-14 (火) 01:51:19
      • はい、色々と枠からはみ出した人が多いので私も安心して馴染めるというものです。
        アトイさんの謎について知りたいならそれはもう、頭のてっぺんからつま先までくまなく触れてみて確かめてもいいんですよ、むしろ確かめて。 -- アトイ 2013-05-14 (火) 01:56:09
      • 謹んで遠慮しておくわ
        本当に口を開けば残念がっかりの塊ね、あなた。どうしてこうなのかしら… -- ジェリク 2013-05-14 (火) 02:03:21
      • 黙ってれば完璧美少女ということですね!
        どうして私がこんなかというと、十中八九ママのせいですね。女の子も男の子も大好きで、とくに小さな子が大好きです。
        この間実家に帰省した折、5本の指にあまるほど異父兄弟がいることが判明しました。
        人を愛することが大好きなのだとでもお思いください。 (ねーだからジェリクさんもたっぷり愛でちゃいましょうねぇ、と抱きつく撫で回す、髪の毛食べる。) -- アトイ 2013-05-14 (火) 02:11:34
      • そこまでは言ってないわ(さらり)
        ………ごめんなさい、私の常識が理解を拒んだわ、聞かなかったことにしてもいいかし―――ら!(セクハラが決まる前に顎に掌底を入れる確定RP) -- ジェリク 2013-05-14 (火) 02:20:24
      • アッ痛ァーーーッザーッス! (痛がりながら感謝である。)
        んもぅ、ジェリクさんったら鉄壁の恥ずかしがり屋さん♥ 攻略には時間がかかりそうでふ。 (綺麗にきまった掌底のせいでかみ合わせがあやしいですね。ドラゴンがアゴを舐める。)
        そういうのも嫌いじゃないよ、嫌いじゃない、よ…。ではじっくり時間をかけて攻略するとしましょう。
        でんでんでぐりがえってばいばいばいでしたっけねーです。 (お戻りなさる。) -- アトイ 2013-05-14 (火) 02:25:57
      • 意味のわかる言葉で喋りなさい!あと何だかぞわってするからやめて!(自分の肩を抱えて身を縮め、二、三歩後退る)
        もう……何なのかしら、アレは…(遭遇を終えて、異様なぐったり感に包まれたのだった) -- ジェリク 2013-05-14 (火) 02:35:47
  • ジェリク、決戦の日だよ。準備は出来た?(バレンタインプレゼントの包みを手に部屋を訪れる) -- ステイシア 2013-05-12 (日) 21:05:26
    • え、ええ…もちろんよ、約束だものね
      じゃ……はい、受け取りなさい
      い、一応、食べられる味にはなってる、はず、だから… -- ジェリク 2013-05-13 (月) 04:00:55
      • ん、ありがとジェリク。私からはこれあげるね(はい、と手作りのパウンドケーキを差出して)
        私のも、ちゃんと味見したから大丈夫。美味しく出来たと思うよ。これ、開けても良い? -- ステイシア 2013-05-13 (月) 20:28:29
      • ん。ええ、ありがとう(ケーキを受け取り)……ど、どうぞ、好きにしたらいいんじゃない?(なんてことない風を装いつつ、髪を掻き上げる)
        (箱の中身はチョコチップクッキー、一見して上手な出来栄えとは云い難いが、お菓子としての体裁は保たれている様子)
        …あなたは…飽きたかもしれない、けど…今のところ、それが一番ちゃんと作れてる…と思うから…(ぼそぼそと繋ぐ。去年と同じ種類のものに挑戦したのはリベンジの意味合いもあるのだろう) -- ジェリク 2013-05-13 (月) 20:59:01
      • (こくりと頷き、クッキーを一つ手に取り、口の中へ)
        (口の中に広がるチョコの甘味とバターの優しい香り。少し焦がした苦みも、良いアクセントだ)
        …うん、美味しいよ。去年のより美味しい。ジェリクが一生懸命作ってくれたんだなって分かって、すごい嬉しい
        (語るその表情は笑顔。友人の、大切な親友の想いと努力の結晶だ。美味しくない筈なんてないのだ) -- ステイシア 2013-05-13 (月) 21:16:15
      • (どきどきしながら、ちらちらと反応を窺って)
        …!(ステイシアの言葉を聞くと、ぱぁ、と束の間表情が明るく緩む)
        そ、そう? お口に合ったのなら、良かったわ(取り繕うような澄まし顔、仄かに頬をそめつつ、内心ほっと胸を撫で下ろす)
        それじゃあ、次はあなたの番よね、そこで待ってなさい、お茶の用意をしてあげる(とんとん、と心なしか足取り軽く、キッチンへ赴く) -- ジェリク 2013-05-13 (月) 21:31:51
      • ん、分かった。私も結構頑張ったから、お口に会えばいいけど(こくこくと頷き、自分は食器などの準備をして)
        そうか、ジェリクは紅茶淹れられるんだ(ほぉ、とジェリクがキッチンで作業している後ろ姿を見ながら) -- ステイシア 2013-05-13 (月) 21:53:11
      • 使用人は雇っていないもの、自分で淹れるしかないじゃない? 自由の対価ね(ぼやきながらポットと茶葉の用意をして、居間に戻り)
        ん……おいしい、上出来だわ、腕を上げたんじゃないかしら(パウンドケーキを口にして、素直に褒める) -- ジェリク 2013-05-13 (月) 22:13:16
      • すごい、こんな近くに教えて欲しい技術持ってる人がいた。ね、ジェリク。今度紅茶の淹れ方教えて?
        ほんと?良かった。頑張った甲斐があった。来年も、その次も、もっともっと美味しいの作れるように頑張るから
        これからも、よろしくねジェリク(穏やかな笑顔。クッキーをもう一つ齧りながら。大切な友達との、大切な時間は過ぎて行くのだった) -- ステイシア 2013-05-13 (月) 22:26:00
      • え、ええ……?! 教えられるようなこと、なんて…(急な食いつきに戸惑う)
        ん、しょうがないわね…あなたがそう言うなら、もうしばらく付き合ってあげるわ(気恥ずかしさで僅かに目を逸らす。けれども、その空間はけして居心地の悪いものではなかった) -- ジェリク 2013-05-13 (月) 22:38:32
  • メリー苦しめます、吉岡さんタだよ、バックリンクと言う煙突を抜けてプレゼントを置いていくよ、ちょっと困るかもしれない奴
    吉岡さんのように死ななければグッドなのにね、そんなジェリクちゃんには霊剣布都御魂をあげるよ、明智光秀が振るう最強の武器だね、光秀だけにね、やったね、これで無双出来るよ!(とても凄い剣ですがきっと重くて振るえないでしょう) -- 吉岡さん 2013-05-11 (土) 12:14:14
    • うう、うるさいわねえ!…なに これ
      なんか凄そうな剣だけど光秀って言うのやめてよね!?(扱えないし無闇にでかいので本当にちょっと困った) -- ジェリク 2013-05-11 (土) 22:43:32
  • ジェリク、めりくり。実習の調子はどうかな。とりあえず、今年もお世話になったから、これあげる(はい、とクッキーを手渡し)
    バレンタインの時よりは、上手く作れた。今年のバレンタインには、もうちょっと美味しいのあげるから、今はこれで我慢してね? -- ステイシア@クリスマス 2013-05-10 (金) 20:25:39
    • あら(突然現れた姿に目を丸くして、ぽかんとしたまま受け取る)あ、ええ…ありがとう
      どうしたのかしら、この格好は(フードの辺りを摘んでくいくい)イベント? -- ジェリク 2013-05-10 (金) 20:38:54
      • うん、クリスマスだから、皆にクッキー配ってる。一応、クリスマスプレゼントのつもり
        この衣装ね、自分で耳と尻尾つけたの。私もちゃんと成長してるんだよ(ふんす、と少し得意げな表情) -- ステイシア@クリスマス 2013-05-10 (金) 20:45:47
      • あなたが? へぇ…よくできてるじゃない(まじまじと見つめ感心)
        とてもお似合いよ、可愛いわ(くすりと微笑んで、フード越しに頭を撫でる) -- ジェリク 2013-05-10 (金) 20:48:30
      • ルチアの教え方が上手なおかげ。ジェリクも、裁縫覚えたかったらルチアに習うといいよ
        褒められた(えへ、と珍しく表情を崩し)ジェリクが褒めてくれたなら、頑張った甲斐はあった
        じゃ、残りの人に配ってくる。またねジェリク。いいクリスマスを(ばいばい、とキトと二人で手を振ってから去って行った) -- ステイシア@クリスマス 2013-05-10 (金) 20:52:12
      • そうなの? そんなに器用だったのね、あの子…意外だわ
        ええ、メリークリスマス、暗くならない内に帰りなさいな(微笑ましげに見つめ、小さく手を振り返した) -- ジェリク 2013-05-10 (金) 21:01:32
  • 見舞いの品陳列所はこちら -- 鈴蘭 2013-05-07 (火) 16:14:02
    • グリコあげるから強い子に育ってね……。(視線は合わせない) -- 鈴蘭 2013-05-07 (火) 16:14:54
      • (例のBGM) -- レベッカ 2013-05-07 (火) 16:18:47
      • ついに生徒やめて先生になったそうだな!(軽快なBGM) -- 弥生 2013-05-07 (火) 16:22:26
      • 奇跡の瞬間を垣間見たぜ… -- パッカー 2013-05-07 (火) 16:34:37
      • すげえ・・・ -- ユメジ 2013-05-07 (火) 16:42:21
      • 「・・・オメデトデ イーノカ?」 「ナカナカ デキナイ コトダヨッ マエムキニ イコウ」(果物の詰め合わせを差し入れる) -- レイヴンス? 2013-05-07 (火) 19:19:09
      • 生きてて良かった。ジェリク、大丈夫?(クッキーを置いておく) -- ステイシア 2013-05-07 (火) 19:24:32
      • ん、無事でなによりだわ……(お見舞いにフルーツ缶置いて行く) -- クレハ 2013-05-07 (火) 20:31:55
      • うぐぐぐぐぐ…まぇ、まけないもん…っ(プルプルプルプルプル -- ジェリク 2013-05-07 (火) 21:11:36
      • (無事なのを確認してパイナップルを丸ごと置いてく)おみまい -- 美月 2013-05-07 (火) 21:12:29
      • ジェリク可愛い……(ジェリク頑張って…!) -- クレハ 2013-05-07 (火) 21:12:45
      • (撫でる) -- ステイシア 2013-05-07 (火) 21:30:16
      • (メロンをお見舞いに持ってくる) -- つむぎ 2013-05-07 (火) 21:42:32
      • こんな…こんなの、ぜんぜん…たいしたこと…ないしっ…(ぐすぐす) -- ジェリク 2013-05-07 (火) 23:03:24
      • (ハンカチを渡す) -- つむぎ 2013-05-08 (水) 00:14:51
      • 光秀……まさかこの目にする日が来ようとは……。 -- オニキス 2013-05-08 (水) 00:14:53
      • ないて…なんか、ないわよぅ…(でも借りる)
        近場のゴブリン退治すら失敗するとか……滅多にいないらしいじゃない、ふふ、わらいなさいよ、わらえばいいじゃない…(ぐしぐし) -- ジェリク 2013-05-08 (水) 00:18:13
      • いいんです、そういうことだってあるんです…(頭を撫でつつ優しく抱きしめる) -- つむぎ 2013-05-08 (水) 00:26:44
      • なによぅ…馴れ馴れしく…むぐ(言いつつも、抵抗はしない)
        見てなさい…絶対見返してあげるんだから、折れなかったら、負けじゃ、ないんだから…! -- ジェリク 2013-05-08 (水) 00:31:25
      • そうですね、ちょっと馴れ馴れし過ぎました。でもきっと今は許される時です、私がそう決めました。
        その意気です、ちゃんとお祝い用意しておきますからね…!(しばらく肩をぽんぽんと叩きつつなだめていたとさ) -- つむぎ 2013-05-08 (水) 00:36:50
      • 人は弱さを知って強くなるの……だから光秀も、留年も、全部素晴らしい経験だと考えるのよ…! -- ルベライト 2013-05-08 (水) 01:03:26
      • 留年は嫌 -- ジェリク 2013-05-08 (水) 01:09:09
      • ジェリク君。…何か、悩みなどがあって実力が制限されているというのなら一教師としていつでも相談に乗るから気を落とさないように…
        なあに先生も昔は似たような扱いを受けていたから気持ちは解らないでもないよ。(光秀までは流石にしてないことは隠しながら) -- サイフ 2013-05-08 (水) 07:13:11
      • ジェリク君、今僕は心から君の事を抱きしめたくなってるよ…… -- リューハ 2013-05-08 (水) 07:24:54
      • (類似カテゴリ)に飾るための写真を撮るっす!はい、チーズ!パシャ -- シュノ 2013-05-08 (水) 21:22:23
      • むむ、だ、大丈夫よ、平気だもの…!
        そんなに心配されることなんて、されることなんて…(パシャ)――なに撮ってるのよ!なに撮ってるのよ!? -- ジェリク 2013-05-08 (水) 22:41:43
      • …大丈夫、時の運だよ… (優しい目…) -- キエル 2013-05-09 (木) 22:39:15
      • 同病相哀れむような目を向けるのやめてくれる…? -- ジェリク 2013-05-10 (金) 20:34:39
  • (ジャージ着て体育座り) -- ジェリク 2013-05-06 (月) 19:35:11
    • (肩に手を置いて微笑む、コレでも食って元気出しな!とアップルパイ一本手渡して帰る) -- 弥生 2013-05-06 (月) 19:37:02
      • うくぅ……!(自棄気味にアップルパイに齧り付く) -- ジェリク 2013-05-06 (月) 19:41:03
    • 「イーカゲン イジメヅラク ナッテキタゼ?(お花を差し出す)」 「ダイジョーブ? ジェリク(冒険者の心得的な本を差し入れる)」 -- レイヴンス? 2013-05-06 (月) 20:01:20
      • むぐ……まけないん、だから…(渡された花を見つめ、しばらく指先で弄んでから髪に挿し、本を抱え込む) -- ジェリク 2013-05-07 (火) 01:00:44
  • むぐぐ… -- ジェリク 2013-05-04 (土) 18:28:16
    • 生きてるって素晴らしい(お見舞いのパン耳揚げ砂糖まぶし) -- 美月 2013-05-04 (土) 18:31:29
      • そっ、そうね…(慌ててそっぽを向いてぐしぐし拭う)
        私でなければあの程度では済まなかったわ…! …これはなあに?(庶民的おやつ未体験) -- ジェリク 2013-05-04 (土) 18:35:17
      • ふぅん、そんなに悔しかったんだ、でも当然だよね(頷く)
        これ?これはー……と、とりあえず食べてみる事をお勧めします(材料を言ったらそんなもの食べれるか、とか言われそうだと思った美月) -- 美月 2013-05-04 (土) 19:28:27
      • なんでもないっ、なんでもないんだから!
        ふうん…? 別に怪しげなものは…使ってないわよね(まじまじと見た後、ぱくり)
        …甘くてさくさく…香ばしい…悪くない味ね。なんて言うのかしら、このお菓子 -- ジェリク 2013-05-04 (土) 19:35:36
      • え、名前?そ、そうだね、パンの耳を油で揚げてそれにシナモンシュガーをこう、ぱらぱらっとー -- 美月 2013-05-04 (土) 19:56:47
      • あえて言えばそう、ラクス、かな?うん(こくこく) -- 美月 2013-05-04 (土) 19:57:09
      • ラスク?は分かるけれど、え、パンの耳…? 言われてみれば…(まじまじ)
        こんな食べ方もあるのね…しらなかったわ(そこはかとなく感心しながら、もう一つぱくり)
        これはあなたが作ったのかしら? -- ジェリク 2013-05-04 (土) 20:13:17
      • えっ?あ、うん、サンドイッチとか作ったあまりで作れる簡単なお菓子だから、結構持ち歩いてるわけで
        というかパンの耳って聞いたらえーとか言われるかと思った、食べ物は全部使わないと勿体無いからねぇ -- 美月 2013-05-04 (土) 21:07:22
      • 言った所でもう食べてしまったもの、これでも粗食には慣らされた方なのよ(もぐもぐ)
        遺跡や洞窟にシェフを連れて行くわけにもいかないじゃない? -- ジェリク 2013-05-04 (土) 21:20:46
    • ジェリ膳殿がまたやられておりますぞー! (モブっぽい顔でひょこ) -- レベッカ 2013-05-04 (土) 18:32:03
      • なっ、なんなのよ!?仕方ないじゃない! -- ジェリク 2013-05-04 (土) 19:06:27
      • あと誰がジェリ膳よ! -- ジェリク 2013-05-04 (土) 19:17:07
    • 「ジェリク ダメダナ」 「ダナー」 「ヨク ブジダッタナー」 -- レイヴンス? 2013-05-04 (土) 18:55:44
      • だ、ダメって言わないでよ!がんばったんだから!これでも! -- ジェリク 2013-05-04 (土) 19:06:58
      • 「ソーダネー ガンバッタネー」 「ジェリクハ エライネー」 「イキテカエッテ コレルアタリ ケッコー タフダヨネ?」 -- レイヴンス? 2013-05-04 (土) 19:24:10
      • ぐぬぬ…それはそれで腹の立つ反応だわ…!
        タフだなんて、私ほど繊細な人間は世界中探したってちょっといないわよ(つんとした済まし顔で髪を掻き上げる)
        この程度で屈するほど柔でもないけれど、ね -- ジェリク 2013-05-04 (土) 19:31:05
      • 「タフダ」 「タフダネ」
        「マ アンマムチャ シナイデネ?」(お見舞いに一羽につき一輪の花を生けて飛び去っていった) -- レイヴンス? 2013-05-04 (土) 19:42:29
      • 話聞いてる? あら、意外と洒落たことするじゃない…(花瓶に咲いた花を眺める) -- ジェリク 2013-05-04 (土) 19:52:45
    • かわいい!かわいい!(丸太を用意) -- 弥生 2013-05-04 (土) 18:56:25
      • ううううるさーい!なによこれ!?変なの持って来ないで! -- ジェリク 2013-05-04 (土) 19:07:27
    • (生きてりゃいい事あるさ、的な視線) -- ジンオウガ? 2013-05-04 (土) 19:09:20
      • ひぃっ!?新入生の変な怪獣!
        なんでまたケダモノが増えてるのよ! -- ジェリク 2013-05-04 (土) 19:10:41
  • ねぇねぇジェリク、指の怪我、もう治った? -- ステイシア 2013-05-03 (金) 23:49:47
    • ふぁっ、指っ!? …なんのことかしら?(目を合わせずに、澄ました顔で髪を掻き上げる) -- ジェリク 2013-05-04 (土) 01:19:24
      • こないだお菓子貰った時、指に怪我してたから。大丈夫かなーって
        あれ、なんで怪我してたの?大丈夫?(じー、とジェリクの顔を見て) -- ステイシア 2013-05-04 (土) 01:25:52
      • (つー、と逃げるように顔を背ける)――なんでもないわよっ、あれは、そうよ、ポットのお湯、お湯をこぼした時にねっ!
        だから、ほら、なんでもないでしょう? -- ジェリク 2013-05-04 (土) 01:31:57
      • 何だ、そうだったのか。私ね、てっきりジェリクがお菓子作って怪我したんだと思ってたの
        だったら嬉しいなーって思ってたけど。お湯かぁ(なんだー、といった感じで小さく頷き) -- ステイシア 2013-05-04 (土) 01:38:22
      • ひゃぃっ!?(見透かされすぎて思わず変な声が出る)
        そそ、そうよ…私がそんなことするわけないじゃない? 勿論、やろうと思えば、出来ないことなんてないと思うけれど…ね!
        それに…出来たのなら、ちゃんと渡しているはずでしょう?(顔を背けたまま、ほんの少しだけ俯く) -- ジェリク 2013-05-04 (土) 01:50:25
      • …出来なかったら、渡してくれてないんじゃないの?(ん?と首を傾げて)
        あのね、私ね、優しいジェリクが好きで、いつもお世話になってるから、自分で作ったの渡したいなーって思ったの
        ジェリクもそう思ってくれて、頑張ってくれたんだったら嬉しいなって思った。違ってたらごめん
        でも、そうだったら嬉しいなってだけだから(変わらず無表情のまま、ストレートな言葉を投げつける。他意はなく、ただ「こうであったら嬉しい」と。そう思っているだけ) -- ステイシア 2013-05-04 (土) 02:09:25
      • ………っ(背中を向け、唇を噛み締める。小さくなった肩が、微かに小刻みに震えた)
        (ほんとうに、どうしてこの子は、いつもこんなに)
        …来年は -- ジェリク 2013-05-04 (土) 02:20:32
      • 来年は……私も、あなたにあげるから(背を向けたまま、か細い声を懸命に絞りだすように)
        今度は……ちゃんと出来るから、見てなさい -- ジェリク 2013-05-04 (土) 02:21:12
      • …うん、分かった。それじゃ、来年までにどっちが上手くなるか競争すればいいよ
        クッキーの作り方なら、私も覚えた。だから教えてあげられるし、ジェリクしかしらない物があれば、私に教えて欲しい
        だから…これからもよろしくね、ジェリク。ありがと。私の…大切な友達(ぎゅ、と背を向けるジェリクに背中から抱きついて) -- ステイシア 2013-05-04 (土) 02:24:14
      • (背は向けたまま顔は見せない、聞こえるのは小さくしゃくり上げるような音)
        …うん(辛うじて、それだけ口にして、気が落ち着くまで、しばらくそのままでいた) -- ジェリク 2013-05-04 (土) 02:33:55
  • (ゴミを漁るカラス達)「イケルイケル マダイケル」 「ナニコレ クロイ」 「コゲテル」 「マー イケナクモ ナイ?」(ばりばり) -- レイヴンス? 2013-05-02 (木) 02:42:36
    • 騒がしいわね……ちょ、あなた達!? 何を漁ってるのよ!! -- ジェリク 2013-05-02 (木) 02:45:35
      • (一斉にヨーっと挨拶するカラス達、3羽くらい)「ナニッテ・・・ オメーンチノ ゴミ? ジェリク ケガハ イーノカ?(J氏)」 「カイゾクノ ホン ヤクタッタ?(C氏)」 「ナンダー? コノクロイノ ナンダー?(ばりばり、A氏)」 -- レイヴンス? 2013-05-02 (木) 02:52:27
      • ええ、もう平気よ、ありがとう。お陰様で、その節はお世話になったわね
        ―って、そんな場合じゃないのよ!退きなさい!それを放しなさいあなた達!(カラスたちの元に駆け寄って追い払おうとする) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 03:05:24
      • 「「「?」」」(互いに顔を見合わせ、ぴょんと一歩離れて距離を取るカラス達)
        「ダメダッタ?」 「ソレッテ ドレダ?(もぐもぐ)」 -- レイヴンス? 2013-05-02 (木) 03:12:22
      • それは…それよ!(かき集めて袋の口を厳重に閉じ、背後に隠す)
        …あなた達、今のは見なかったことにしなさい、ここには、何も、無かった、いいわね?(静かな口調での念押し) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 03:21:23
      • 「「「オー?(不思議そうにかき集める光景を眺め)オー・・・(興味心身に後ろに隠した袋をみる、ばっちしロックオン)」」」
        「ワカッタ」 「オーケー ナニモミテナイ」 「ナニモクッテナイ」(こくこく頷く三羽、降り立ちちゃっかちゃっか飛び跳ね)
        「アレー? ナンダコノフクロー」 「シラナイナー ナンダローネー」 「タベモノアルカナ アルカナ」(見なかった事になったので改めて近づく、ひどい) -- レイヴンス? 2013-05-02 (木) 03:27:35
      • ちっ、ちがうでしょ!? そこはそうじゃなくて! …ちょ、来ないでよ!?あっち行きなさい!(手を横に振りながら、後ずさろうとするが下がれない) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 03:31:53
      • (取り囲むように追い詰め、見上げて)「デー? ナンダヨ アノクロイノー」 「イラナイナラ チョーダイ」 「クエルナラ ステルノ モッタイネー」 -- レイヴンス? 2013-05-02 (木) 03:34:57
      • ちがうの! やめ、やめてよぉ、もぅ……!(追い詰められて若干涙目の様相を呈してきた) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 03:47:02
      • 「ヘイヘイヘーイ(じりじりJ氏)」 「ヨウヨウヨーゥ(じりじりA氏)」 「ジャック アル ナンカ ナキソーダヨ? モーヤメナイ?」
        「ナンデイ チャーリー ノリ ワリーナ」 「マ イヤナラ ショーガナイ」(諦めたようにばさっと飛び立つ二羽)「トモカク ゲンキソーデ ヨカッタゼー」
        「ゴメンネ(ぺこっと一礼するとCのカラスも飛び立ち、さっていった)」 -- レイヴンス? 2013-05-02 (木) 03:52:00
      • うぅ…(ぐすぐす言いながら目の端を拭う)変なふうに思われた、かしら…(ゴミ袋を一瞥、溜息をついて部屋に戻った) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 03:59:16
  • (オーブンから吹き上がる煙で、慌てて扉を開く)ふきゃ…!もう…やだ、なにこれ…! けほっ、けほっ(煙を吸い込んで咳き込みながら、中を覗き) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 01:24:28
    • あ……(黒く炭化した物体を確認して肩を落とす) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 01:25:01
      • どうして…? 時間は合わせてるのに…火力が強すぎたの…?(一旦火を消し、疲労困憊した様子で椅子に座る)
        もう…こんなことも出来ないなんて…(視線の先に積み上がった失敗作の山) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 01:27:11
      • やっぱり誰かに教えを請うべきだったのかしら……でも時間もないし……だいたいこんな事を人に頼むなんて…(頬杖をつき、深く溜息) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 01:30:27
      • もう既成品で手を打つしかないのかしら…
        ほんとうに、もう、嫌になるくらい不器用… -- ジェリク 2013-05-02 (木) 01:36:40
      • ぃ痛…こういう怪我も治ればいいのに(火傷した指先に、もう一つ小さな溜息)
        (肩を落としたまま、散らかったキッチンを片付けた) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 01:44:34
  • (あ、もう16歳で登録してよかったのかしら…) -- ジェリク 2013-05-01 (水) 19:03:23
    • (さっそく落ちてて吹く) -- 弥生 2013-05-01 (水) 20:49:22
      • むぐぐぐぐぐ…!
        なによ…笑いたければ笑いなさいよ…! -- ジェリク 2013-05-02 (木) 00:49:17
  • ツインテールのジェリクがあざとすぎる件について -- レベッカ 2013-05-01 (水) 03:55:32
    • あざといって何よ、あざといって、たまには髪型くらい変えるものでしょう?
      あなたは違うの?
      //(ごめん文通スイッチon…!) -- ジェリク 2013-05-01 (水) 04:05:24
      • 髪型と化粧、一つ変われば女はイメージが変わり、二つ変われば女は別人になるの
        貴方の場合はそのギャップが大きいのよ! く、素直に可愛いじゃない… (敗北感) -- レベッカ 2013-05-01 (水) 19:13:23
      • ふ、ふん、当然でしょっ(若干の照れ隠しを含みつつ、髪の房をふぁさっと掻き上げる)
        そんなに言うなら、あなたも変えてみたらいいじゃない -- ジェリク 2013-05-01 (水) 19:26:22
      • …こう? (ふざけ混じりで横髪を両手で束ね、ジェリクがツインならこっちはポニテ!と、遊んでみる) -- レベッカ 2013-05-01 (水) 19:51:52
      • そうね……ちょっと貸してみなさい(レベッカの背後に回って髪に手を伸ばし)
        …こんなところかしら、悪くないんじゃない?(成果に満足気) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 00:41:05
      • //可愛さに天膳殿が死んでおられるぞー!のように倒れてThankのプレート抱える

        え。な、なに? (遊びで束ねたのがゴムでまとめられ、手鏡で見せられると完成度に驚く)
        え、えっと、その。…うん、貴方には負けるけど。これはこれで…
        (まんざらでもなく、赤めいた頬をぽりぽりと掻く) -- レベッカ 2013-05-02 (木) 02:09:53
      • そうね、私には負けるわね(さらり)けれど捨てたものではないわ、自信持ちなさい(ふっと笑って再度掻き上げ)
        時に、あなたのあの馬鹿げたアレ。聞くところによれば、随分大所帯になったらしいじゃないの -- ジェリク 2013-05-02 (木) 02:17:25
      • (ぐぬぬ…と、おのる)
        そうよ。海賊部もメンバーが増えつつあるけど、それでも地下は危険が大きいもの
        仲間が居て困るということはないわ。みんな良くしてくれるし -- レベッカ(ポニテ) 2013-05-02 (木) 02:29:34
      • 世間には暇人が多いのね。では、そろそろ成果の一つも出たのかしら
        地底人くらいは見つかった?(くす、とからかいの笑み) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 02:36:42
      • 残念だけどモンスターを撃退するたびに戻っての繰り返し、よ
        いよいよもって地底人も出てきそうな雰囲気だけど
        …ねえ、もしかして海賊部にやっぱり興味があるんじゃない? -- レベッカ 2013-05-02 (木) 02:51:31
      • …はっ!?(びっくり顔)
        な、なにを言ってるのかしら? 私がそんな馬鹿げたサークルに興味なんてあるわけないじゃない(平静を装いつつ何度目かのふぁさっ)
        まったくどうしてそんな誤解に至ったのか、理解に苦しむわっ -- ジェリク 2013-05-02 (木) 02:58:56
      • だって貴方、海賊部の活動に興味がないと言いつつ聞いてくるのはなぜかしらね? (にやにや)
        あ。そうそう、今度学校で臨海学校があって海賊部であることは伏せて海の家をやるの
        商業科の生徒はいるんだけどぉ…。私たちじゃやってけるか心配で、どこかに商才のセンスを持った人がいないか探してるんだけど知らない?
        (などと、商家の娘であることをくすぐるような一言と共に横目でちらり) -- レベッカ 2013-05-02 (木) 03:06:30
      • それは…あなた達がバカなことしでかさないかとか…そういう…あれ…で…!(ごにょごにょ)
        ―!(ぴくっ)
        ふ、ふふ、まったくあなた達ときたら無計画ね!(髪先に指を絡ませてくるくる)しょうがないわね、どうしても、どうしても人材が足りないと言うのなら…(クルクルクル)
        この私が、特別に、手を貸してあげないこともなくってよ!(クルクルクルクル) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 03:17:40
      • 本当に? (ジェリクの手を握り、) 貴方が来てくれるなら心強いわ
        よろしくね、Ms.ジェリク (と、流れるがままに) -- レベッカ 2013-05-02 (木) 03:22:19
      • しょ、しょうがないわね…!そこまで言われたら断れないわ…!
        いいわ、手を貸してあげる、ありがたく思いなさい! -- ジェリク 2013-05-02 (木) 03:26:49
      • (ジェリクとは反目するけども嫌いではなく、むしろ楽しいと思える感覚なのでジェリクの協力に表情が柔和となって笑みが生まれる)
        貴方のそういう強がりなところ、嫌いじゃないわ
        (じゃ。今度拠点に遊びに来てね、と手を振り去っていく。リーダーとなってやることも多いのだろう) -- レベッカ 2013-05-02 (木) 03:29:45
      • つ、強がりってなによ!? べつに強がってなんか…!(とか言う間に去っていくレベッカ)
        …もう、人の話を聞かないんだから!(憤慨した素振りで背を向けた口元は、少しだけ緩んでいたかもしれなかった) -- ジェリク 2013-05-02 (木) 03:35:57
  • ジェリク、バレンタインは友チョコっていうのもあるんだって。だから私からもあげる(はい、とクッキーの包みを差し出した) -- ステイシア 2013-05-01 (水) 00:31:08
    • そういうものなの?
      あら、ありがとう…と、この場合、私も何か渡すべきなのかしら? -- ジェリク 2013-05-01 (水) 00:42:11
      • ううん、私があげたいからあげただけ。いつもお世話になってるお礼だから
        私、別にジェリクのお世話できてるわけじゃないから。食べてくれればそれでいいよ。ちょっと焦がしたから苦いと思うけど…いい? -- ステイシア 2013-05-01 (水) 00:46:15
      • じゃあ、とりあえず頂いておくけれど……もしかして、あなた自分で作ったの?これ -- ジェリク 2013-05-01 (水) 00:49:11
      • そうだよ?パッカーに教えて貰ったから、ちゃんと食べられる味になってる筈
        ちょっと焦げたから苦いと思うけど。……でもまぁ、食べられるから許して。うん -- ステイシア 2013-05-01 (水) 00:56:26
      • そうなの…意外だわ、実に(料理スキル0)
        この場で味見してみてもいいかしら? -- ジェリク 2013-05-01 (水) 01:01:51
      • 一応乙女部だからね。そういうの普段練習してるの。ちゃんと作れたの数える程しかないけど
        うん、いいよ。味見したし、味に間違いはない。苦いと思うけど(とは言うものの、やっぱり食べてもらうのは緊張するようだ) -- ステイシア 2013-05-01 (水) 01:13:22
      • じゃあ、頂きます…(包みを開け、クッキーを一つ摘んで、さくり)
        …苦い(焦げ目がほろ苦い、高級品に慣れた舌には色々と粗の感じられる出来だが)
        …けど、悪くないわ(さく、さく、と噛み締めながらあっさりと平らげる)
        上出来じゃない? 初心者にしては(ハンカチを出し、澄ました顔で口元を拭う) -- ジェリク 2013-05-01 (水) 01:22:25
      • (心なしか緊張した面持ちではあったが、ジェリクの「悪くない」の言葉に、珍しく頬をほころばせて)
        …良かった。ジェリクにまずいって言われたら、正直悲しかったから
        吉岡さんの卵は食べて貰えなかったけど、クッキー食べて貰えてうれしい。ありがと、ジェリク。これからもよろしくね? -- ステイシア 2013-05-01 (水) 01:26:11
      • 随分ハードルを高く設定したものね、私の批評は厳しくてよ?(くす、と微かに笑ってハンカチを仕舞い)
        ん…しょうがないわね、あなたときたら、色々と危なっかしくて、全く手が掛かるんだから…(ふぅ、と嘆息して)
        ―いいわ、精々よろしくしてあげる(ふぁさっと髪を掻き上げる) -- ジェリク 2013-05-01 (水) 01:38:23
      • でも、悪くないって言ってくれた。今はそれでいい。来年は、もっと美味しいのあげるね
        うん、よろしく。やっぱりジェリクは優しい。ありがと、ジェリク(仄かな笑顔を浮かべたまま、頭を下げてから去って行ったとさ) -- ステイシア 2013-05-01 (水) 01:41:45
      • んっ(相変わらずの混じりっ気の無い言葉に、思わず息を詰まらせる)
        もう…あの子ったら(頬を染めたまま、ぷいと横を向き、しばらくしてからクッキーをもう一つ口へ運んだ) -- ジェリク 2013-05-01 (水) 01:47:53
  • ぐぬぬ… -- ジェリク 2013-04-29 (月) 16:14:58
    • ばっふー!!(わらいを堪える) -- 弥生 2013-04-29 (月) 16:41:04
      • (イラッ)なによ、わざわざ笑いに来たの? -- ジェリク 2013-04-29 (月) 16:47:04
      • 君を笑いに来た、そう言えば君の気が済むのだろう?(ロリコン大尉のサングラス装備) -- 弥生 2013-04-29 (月) 16:48:41
      • (ビンタでサングラスを吹っ飛ばす) -- ジェリク 2013-04-29 (月) 16:51:22
      • 本気でやるこたねーだろ!?(起き上がって抗議)
        こういうのってのは要は慣れなんだよ、慣れ…あとは気分転換?(と言いつつ鼈甲の櫛を取り出す) -- 弥生 2013-04-29 (月) 16:52:45
      • 安心なさい、峰打ちよ
        慣れって何に対しての慣れよ…こんなものに慣れるつもりは、これっぽっちも無いんだけれど
        …なによ、それ?(櫛に目を落とす) -- ジェリク 2013-04-29 (月) 16:55:08
      • 英雄になったーって奴でも直前で挫折したり75年くらいかけてようやっとなったって奴だっていんの、悟空さは無理でも王子になれっつー事よ(いい事言った風にして後ろに回り込む)
        あんたせっかく髪長いんだからさ、たとえば髪型変えてみるとかでも大分気分変わるかもよ?(まあ任せとけと櫛で髪をとかしつつゴムを使ってツインテールに髪型を変えてく) -- 弥生 2013-04-29 (月) 16:59:43
      • どこの戦闘民族の話よ、もっと分かりやすい例えでお願いしたいわ…ちょ、あなたっ?人の髪に気安く…(思いがけない行為に慌てる)
        …もう、なんて事するのかしら(結局大人しくツインテ化された)どうなってるのよ、鏡は?(肩越しに振り返って) -- ジェリク 2013-04-29 (月) 17:06:02
      • 俺は超(スーパー)ジェリクだ…!って凄んだ直後にどうした?笑えよジェリクって言われるようになれなんて言えるわけないじゃない…(目をそらす)
        鏡?鏡…あぁ…うりゃ!(闇の魔法を用いるので光の屈折うんぬんを利用して目の前に鏡っぽいサムシングを発生させる… 年相応の少女っぽい、子供っぽい髪型かもしれない) -- 弥生 2013-04-29 (月) 17:11:05
      • んっ(突然魔法的なものをお出しされてちょっと驚く)
        んー…悪くないけれど、ちょっと子供っぽくない?(鏡を見ながら、ちょいちょいと結び目など弄る) -- ジェリク 2013-04-29 (月) 17:17:01
      • 子供が子供っぽくて何が悪いのよ、背伸びしたって滑稽だぜえ?(自分よりは年下、よって子供扱いをする)
        大人の色気ってなあ後からついてくるモンなの、せいぜいがんばんなー(思いっきり先輩風を吹かせてそのまま帰ってしまう) -- 弥生 2013-04-29 (月) 17:21:05
      • 子供…って、あなたに言われる筋合い無いと思うんだけど(実年齢を知らないので、あくまで外見で判断)
        何よもう、知った風な事言って…(不満気に口を尖らせるが、しばらくはそのままの髪型で過ごしたようだ) -- ジェリク 2013-04-29 (月) 17:27:28
      • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst083131.png
  • ジェリク、いつもご飯くれるお礼を持ってきたよ -- ステイシア 2013-04-28 (日) 20:27:51
    • ? なによ、突然に(きょとん)
      あと、私=ごはんみたいな結び付けはやめなさい -- ジェリク 2013-04-28 (日) 20:40:45
      • ジェリクはご飯じゃないよ?それ以外にも、色々世話焼いてくれる。だから、それのお礼っていうのもある
        (ん、と持参した袋から取り出されるタッパー) -- ステイシア 2013-04-28 (日) 20:42:42
      • まあいいけど……で、それは? -- ジェリク 2013-04-28 (日) 20:44:19
      • (蓋を開ければ中にはたっぷりの魚卵。イクラのように見える)
        んとね、吉岡さんの卵だよ。イクラみたいな味して美味しい。食べてみて(純粋な瞳) -- ステイシア 2013-04-28 (日) 20:49:18
      • ごめん、無理(即答) -- ジェリク 2013-04-28 (日) 20:51:36
      • ナンデ?? -- ステイシア 2013-04-28 (日) 20:52:22
      • 気持ち悪いから(率直) -- ジェリク 2013-04-28 (日) 21:01:20
      • 美味しいのに…味はイクラなのに。ご飯とかね、パンとか、その辺に乗せて食べると美味しい(自分で一口食べながら)
        女子寮の皆も美味しいって言ってた。だから大丈夫。いけるいける(ずい、とタッパーをジェリクに押し付けつつ) -- ステイシア 2013-04-28 (日) 21:03:29
      • うっ、よく食べられるわね……
        ええー、なんでなんで信じられない…
        た、たべないわよっ?(強引にタッパーを持たされつつ) -- ジェリク 2013-04-28 (日) 21:05:49
      • 私にとっては食べられるか、食べられないかが全て。食べられるなら食べればいい。それだけ(ぱくぱく)
        ナンデって…その場の流れ?私が食べたら皆食べたよ。だからジェリクも食べてくれると……食べてくれないの?
        (俯く。フードに隠れてその表情は見えないが少し寂しげな雰囲気) -- ステイシア 2013-04-28 (日) 21:10:31
      • 清々しい程に割り切った生き様だけれど…
        や、やめなさいよぉ…なんでそんな……そん、なに、食べてほしいの…?(タッパーとステイシアを交互に見ながら困惑顔) -- ジェリク 2013-04-28 (日) 21:15:29
      • だって、ジェリクはいつも私に美味しいもの食べさせてくれるから
        でも、私はジェリクに美味しいもの食べさせてあげてない。だから、恩返ししようと思ったの
        ジェリクが食べたことなくて、それでいて、美味しいもの。今手元にあったのがこれだったから… -- ステイシア 2013-04-28 (日) 21:19:08
      • んん……わ、わかったわよぅ…(とうとう折れたらしく、タッパーの蓋を開け、スプーンを手に取る)
        ちょっとだけ…ちょっとだけだからね…(ふるふる震える手でスプーンを口元に運ぼうとすると、目の前で跳ねまわる吉岡さんの幻影)

        〜〜〜〜〜〜〜〜〜!(葛藤し続けて数十秒、終に目元からぽろぽろと涙が溢れ出した) -- ジェリク 2013-04-28 (日) 21:24:59
      • ………そ、そんなにつらいなら、別にいいよ…?
        何か別の形でお礼するから。ごめんねジェリク……吉岡さんに何かトラウマでも…? -- ステイシア 2013-04-28 (日) 21:32:57
      • う、うん…わたしもごめん、やっぱりむり…(スンスン言いながらスプーンを置く)
        ヨシオカにトラウマというか…魚だけど…人間で…卵って…カニバルっぽさとか…うん…なんだか、むり(生理的に受け付けなかったらしい)
        …悪かった、わね、せっかく持ってきてくれたのに(後ろを向いて目元をぐしぐし) -- ジェリク 2013-04-28 (日) 21:40:46
      • うん、ごめんね、無理にすすめて。吉岡さんも気持ちの問題だって言ってたし、その辺はしょうがない(なでる)
        今度また、別の形でお礼する。……そうだ、まだ荷物持ちしてない。ジェリク、今から買い物行く予定とかない?? -- ステイシア 2013-04-28 (日) 21:54:31
      • ん……(撫でられながら、目元を拭い終え)
        うん、買い物…? そ、そうね、それじゃあ気分転換にでも付き合ってもらおうかしら(目の端がやや赤いものの、ようやく普段の調子で顔を上げる)
        しっかりエスコートしてもらうから、覚悟しておきなさいな -- ジェリク 2013-04-28 (日) 22:03:29
      • うん、頑張るね。あんまり重たいもの持てないけど、頑張る
        それじゃ、行こ?(ジェリクの手を引き歩き出す。そのまま二人で買い物して楽しく過ごしたとか何とか) -- ステイシア 2013-04-28 (日) 22:06:18
  • 「これで男子にプレゼントをお願いします!」とのメモが付いたミニスカのサンタクロース衣装が届けられた -- 2013-04-28 (日) 20:04:07
  • (志望動機間違えたわ…) -- ジェリク 2013-04-28 (日) 11:59:36
    • きっと二年生になってやると言う強い動機だね、吉岡さん応援しているよ(試験の提出記録がなくて追試だが、うっかり映画を見に行って追試も0点と記録された吉岡さん) -- 吉岡さん 2013-04-28 (日) 17:39:05
      • しないわよ!落第なんて!落第なんて…!(わりと必死)
        なんだかあなたに応援されるのって、凄く哀しい気分になるんだけど、どうしてかしら… -- ジェリク 2013-04-28 (日) 17:43:07
      • 吉岡さん48の必殺技のひとつ、吉岡エール!
        ガンバレー、ジェリクちゃんガンバレー(説明しよう!吉岡エールとは応援するのだ) -- 吉岡さん 2013-04-28 (日) 17:45:12
      • やめて!哀しくなってくる!やめて!(たまらず耳を覆う)
        だいたいあなた、人の応援なんてしてる立場じゃないじゃない! -- ジェリク 2013-04-28 (日) 17:49:31
      • それじゃあ吉岡さんにして欲しい事は他に何かあるのかな、魚人柔術でも教えようかな
        吉岡さんはみんなのためにサポート役に徹するよ、吉岡さんのタイプは僧侶かな -- 吉岡さん 2013-04-28 (日) 17:51:09
      • 次から次へと新規に怪しいワードを飛び出させるのはやめなさい、慣れたけど
        こんな物理一点張りな僧侶聞いたことないわよ、転職なさい今すぐに -- ジェリク 2013-04-28 (日) 17:59:18
      • ちょっと海を掴んで海流を投げるだけの技術だよ、でも吉岡さんの知ってるのは海に潜らないと使えないから人間にはつらいかな
        えっ、それじゃあ吉岡さんはなにに転職するんだろう、本場のザラキを覚えた王子様、もといお姫様かな、吉岡さんちょっと照れるな -- 吉岡さん 2013-04-28 (日) 18:02:28
      • あなたのその幸せな思考形態は時々羨ましくなるわ、ならないけど
        この分だと今年も留年記録更新しそうね… -- ジェリク 2013-04-28 (日) 18:06:07
      • 人生は楽しく生きなきゃ損だよ、吉岡さんそう思うよ
        そうなんだ…そんなに更新してたんだね、吉岡さんジェリクちゃんが留年しないように応援しているからね(ジェリクの事だと思うポジティブシンギング)それじゃ吉岡さん、勉強の邪魔をしないようにかえるよ、またね -- 吉岡さん 2013-04-28 (日) 18:14:14
      • 私じゃなくてあなたよ!? 本当にどこまで幸せな脳みそ!?
        もう…ほんと変な人魚(くったり) -- ジェリク 2013-04-28 (日) 18:17:32
  • ってことで謝りに来たわ。教室じゃふざけすぎて泣かせちまってすまなかったな、ジェリク。お詫びに何でもするんで言ってくれや。 -- パッカー 2013-04-27 (土) 19:17:09
    • な、なによ急に……ふんっ(ぷい)別にあなたにお願いするような事なんて何もないわよ
      それに…泣いてないしっ -- ジェリク 2013-04-27 (土) 20:37:12
      • 何もないならそれでいいんだけど俺の気が済まないのでこれを受け取ってください(「出来る事なら何でもします パッカー」と書かれた券を渡す 常に持ってる助っ人パッカーであった)
        いつでも必要なときに使っていいんで。…まぁ、なんだ。泣いてないにしてもやりすぎたかなって思ったので。俺どうやら女子の機微にすげー疎いらしいんだわ、最近気づいたけど。 -- パッカー 2013-04-27 (土) 20:38:53
      • なによこれ……ふぅん、そう、一応持っておいてあげるわ(ジト目で券を眺め、ポケットにしまう)
        冗談でしょ?今更?遅すぎるにも程があるわよ -- ジェリク 2013-04-27 (土) 20:46:34
      • おう、出来る事なら文字通り何でもやるから気軽に頼んでくれや。色々俺顔広いから便利だぞ。
        アッやめてください、俺の心が折れてしまいます、折れた(ぽきっ)…ジェリク、女の子の気持ちってどうやったらわかるかな…? -- パッカー 2013-04-27 (土) 20:47:40
      • さあ、女の子として生活したらいいんじゃない?
        好評だったじゃない、アレ -- ジェリク 2013-04-27 (土) 20:49:41
      • 今俺はジェリクをまた泣かせたい気持ちになりました。怒らないけど怒るぞ、俺は男ですので。女の子には優しいを自負してますが。
        ま、そんなわけで改めてすまなかったわ。またなんか俺が至らんところあったらビシっと指摘してほしい、ほんじゃまたー(去って行った) -- パッカー 2013-04-27 (土) 20:54:13
      • 泣ーいーてーまーせーんーー!
        (嘆息)もう……なんなのよ、まったく……どうしてくれようかしら(ポケットから取り出した券を指先で弄び、呟く) -- ジェリク 2013-04-27 (土) 21:01:01
  • 私が魔術の勉強する事になるなんて…(ぺらりとページを捲るが、中身が頭に入らない) -- ジェリク 2013-04-27 (土) 03:29:57
  • …うちの不肖の弟子がホント… (菓子折り持参で頭を下げる同級生だ) -- キエル 2013-04-24 (水) 22:40:20
    • 多少は礼節を弁えているようね(腕を組んで仁王立ち)
      なんの師弟だか知らないけれど、弟子の教育方針はもう少し改めた方がいいわ -- ジェリク 2013-04-24 (水) 22:53:51
      • はい、それは重々… (平謝りしつつ) あの人にも悪気はあんまり無いんです、多分、きっと…
        どうにも奔放なところがある人なので、もし、また彼女の式がご一緒するときは、よろしくお願いします
        申し遅れました、ボク、エゼキエルといいます (深々お辞儀) -- キエル 2013-04-24 (水) 22:58:28
      • できればその機会が来ないことを祈るわ
        名前は知っているわ。ジェリク・ラッツェよ
        同じ一年だったわね、確か -- ジェリク 2013-04-24 (水) 23:05:27
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst082969.pngぐぬぬ… -- ジェリク 2013-04-24 (水) 20:08:16
    • ダイジョーブ デシタ?(顔を出す足にFのタグをつけたカラス) -- レイヴンス? 2013-04-24 (水) 20:13:02
      • ぜんぜん大丈夫じゃないわよ……まったく、これで二度目だわ(ふう、と溜息)
        あなた達は無事で良かったわね -- ジェリク 2013-04-24 (水) 20:24:55
      • デスヨネ (肩を落とす) ケガトカ ドウ?(首を傾げ)
        (ふるふると首を振り)レイヴンス アノタタカイデ 4ワ ウシナッタ ミンナイナカッタラ モットシンデタ ラクナタタカイジャ ナカッタ(こくこく) -- レイヴンス? 2013-04-24 (水) 20:41:30
      • 別に。致命傷は塞がったし、大したことはないわ
        そう…だったの、悪かったわね、残念だわ(ばつが悪そうに目を伏せて)
        ごめんなさい、しばらく独りにしてもらえるかしら…少し、疲れたわ(自身も含め、間近で生死を目の当たりにしたせいか、どことなく消耗した様子) -- ジェリク 2013-04-24 (水) 21:05:38
      • ウン ゴメン・・ アンマリキ オトサナイデネ? (こくんとうなずくとばっさばっさと羽ばたき、去っていった) -- レイヴンス? 2013-04-24 (水) 21:08:21
      • カラスに気遣われるなんて…ね(自嘲気味に呟き、自室で少し眠ろうと思った) -- ジェリク 2013-04-24 (水) 21:13:02
  • (ベンチに寝そべりながら、ぽけーっと階段の辺りを見上げている。風が強い日である) -- ユメジ 2013-04-23 (火) 20:28:45
    • (風に煽られて飛ばされた何かが、ユメジの顔に落ちる)
      (帽子だ) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 22:42:20
      • わぷっ(パンチラゲット期待してたらなんか視界がブラックアウトした こわい!)
        なになになに??なんだこれ!敵か?敵かコラ!(帽子を顔に貼り付けたまま立ち上がって手足を振り回して威嚇) -- ユメジ 2013-04-23 (火) 22:59:44
      • 失礼、私の帽子がお邪魔したようね(すたすた)
        できれば此方に返してもらえると嬉しいのだけれど -- ジェリク 2013-04-23 (火) 23:05:25
      • ん?(ぽろっと顔から帽子が落ちて手の中に。帽子とジェリクを見比べて)
        ちゃんと躾けておいてくれよな あやうく窒息するところだったぞ (汚れていないか帽子を軽くはたいて、ジェリクに差し出した)
        ふ〜ん (帽子がないジェリクをまじまじとみて) -- ユメジ 2013-04-23 (火) 23:43:21
      • 悪かったわね、どうも(帽子を受け取って)
        …なあに?(視線に対し、怪訝そうな表情)私の顔に何か? -- ジェリク 2013-04-23 (火) 23:51:00
      • んーん 帽子が無くても可愛いなって いつも被ってるから頭の形ヘンなのかなって思ってた -- ユメジ 2013-04-23 (火) 23:53:26
      • む(一瞬口を噤み)
        失敬ね、そんなわけないでしょう(つんとした表情で帽子を被り直して)一応褒め言葉として受け取っておいてあげるわ(ふぁさっと髪を掻き上げる)
        それにしても、こんな日によく外で昼寝なんか…(乱れがちな髪を抑えつつ、ぼやく) -- ジェリク 2013-04-24 (水) 00:17:51
      • 結構いいこともあるもんだぜ。今みたいにさ (にし☆と笑うと、休み時間が終わる鐘が響き、一緒に教室まで戻った) -- ユメジ 2013-04-24 (水) 00:31:06
      • ?(頭に疑問符を浮かべ)
        よくわからないわ(そう言って、急ぎ足にその場を立ち去った) -- ジェリク 2013-04-24 (水) 00:35:06
  • あー…あー……ヘイ!そこのお嬢さん!(叫んで呼ぶ黒づくめの女) -- 弥生 2013-04-23 (火) 19:13:08
    • ?(声に立ち止まり)
      なあに?この私に何か御用?(髪をなびかせて振り返る) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 19:22:00
      • うんまぁ…そんなとこ、かな…もしかしてアンタが最近けだものに付きまとわれてるっていう子?(目を合わせようとしない) -- 弥生 2013-04-23 (火) 19:23:07
      • お待ちなさい、その不名誉な噂に関しては断固として抗議させてもらうわ
        そしてこっちを見なさい -- ジェリク 2013-04-23 (火) 19:26:40
      • ああうん…たぶんアンタにはなんも過失はない、風評被害だよね、わかってる…うn…
        ってかね?ぶっちゃけるとあの動物全部アタイが野に放ったんだよね…(苦笑い) -- 弥生 2013-04-23 (火) 19:28:29
      • パッシィア(ビンタ) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 19:33:29
      • サモハッ!(回る) -- 弥生 2013-04-23 (火) 19:34:36
      • 謝りなさい!私に、そして健気に散っていったタコさんワニさんに謝りなさい! -- ジェリク 2013-04-23 (火) 19:36:29
      • あいつら使い魔だし!こうやってだね…(上にめくる形のメモ帳に筆で蛸とか鰐と書き込むと出てくる蛸とか鰐 わりと無事、そしてジェリクになつきに行く)
        やっぱり動物に好かれるタチなんだ…(その様子を眺めて)
        っていうか文句ならお師さんに言ってくれよ!あいつのハードラックが全部悪いんだよ!(お師匠という人物に責任転嫁し始める) -- 弥生 2013-04-23 (火) 19:40:32
      • きゃああ!?ちょ、気安く触らないで!
        もう…何なのよ!(押しのけつつ深く溜息)
        そもそもあなた何者?(ずいっ)お師さんとやらの素性も含めて、洗いざらい吐いてもらうわよ -- ジェリク 2013-04-23 (火) 19:47:29
      • だから使い魔だって、弱いけど(お嬢さんの腕力で押しのけられてしまうほど弱々しいゆるふわどうぶつたち)
        アタイ?最近女子高生コスプレに目覚めたお師さん…キエルちゃんの弟子の弥生、宵華弥生っていうんだ(剣幕に押されてしぶしぶ名乗る、お師匠さんの名前もだして道連れの構え) -- 弥生 2013-04-23 (火) 19:51:27
      • は? エゼキエル・スティグマ? なによ同級生じゃない
        こんな間抜けを野放しにするなんて監督不行き届きも甚だしいわね…
        ふん、まあ無駄死したのでなければ…(どうぶつ達をちらりと見て)少しは良かったわ(小声) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 20:04:20
      • あー…うn、確かそんな名前だったわね(フルネームで呼ばれると馴染みがないのかそんな事を言う)
        マヌケってあーたちょっと、ちょっとちょっと!頼りないお師さんの冒険サポートのために使い魔を放流するデキル弟子でしょそこは!…こいつらがそっちに流れたのはあんたがフェロモンかなんか出してるのよきっと(自分にも詳しい理由は解らない)
        っつーわけだから?苦情その他はお師さんに申し上げてください、ニンニン!(どろんと雲隠れ、そこにはお嬢様と無害などうぶつだけが残された…) -- 弥生 2013-04-23 (火) 20:07:54
      • 適当なことほざかないでくれる!?
        うわっ、ちょ、待ちなさ……!(煙が晴れると、既に探す相手の姿はなく) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 20:12:05
      • (タコ)(ワニ) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 20:12:21
      • ――連れてきなさいよ!! -- ジェリク 2013-04-23 (火) 20:12:59
  • (ばっさばっさとカラスが一羽飛んで来て)ヨロシク ヨロシク ライゲツ ヨロシク -- レイヴンス? 2013-04-23 (火) 17:10:21
    • またけだものなのね
      またけだものなのね
      どうしてこう動物と縁が… -- ジェリク 2013-04-23 (火) 18:50:10
      • (首を傾げる足にAのタグを付けたカラス)タマゲタモノ ニミエタ
        ドーブツ エンアル? ドーブツ ヨッテクル? ヒトモドーブツ ダケドモ -- レイヴンス? 2013-04-23 (火) 18:57:07
      • 一緒にしないでくれるかしら? 鳥といえど無礼は許さなくてよ
        そもそも私をその辺の一般庶民と同列に見るのが間違いなの、お分かり? -- ジェリク 2013-04-23 (火) 19:07:10
      • ・・・・・・・・・・・・ユルサナイ ドーナル?(首を傾げるAのカラス ふいに、ばさばさと空に羽音が響く)
        ヒトモドーブツ ソレジジツ ユズレナイ(首を振る ジェリクの背後上方の木に降り立つA-0のカラス)
        デモオマエ フツーノヒトトチガウ エライ ソレリカイシタ アヤマル(ぺこりと頭を垂れるAのカラス その後ろに降り立つA-5、A-7のカラス)
        デモ ワレラモ フツーノ カラス チョットチガウ(屋根にずらっと並ぶA-1、2、3、4、6、8、9のカラス)ブジョク ユルサナイ ワレラモオナジ ・・・ライゲツクム ユーコーデ アリタイ ・・・オワカリ?(首を傾げる) -- レイヴンス? 2013-04-23 (火) 19:36:52
      • …ちょ…なんで……ふえてるのよ…!?(周囲を見回しておろおろ)
        ふ、ふうん…そう、あなた達はそれなりに知恵の回るカラスのようね(小刻みに震えながら余裕を装いつつ腕を組む)
        いいわ、そこまで言うなら友好的に接してさしあげてもよろしくってよ(カタカタカタ) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 19:56:28
      • ウン ヨロシク ジェリク(こくこくと満足気に頷くとばささっと一斉にいなくなるカラス達)
        イレヴン・レイヴンス ダイイチノ騎士 アルフレッド アトホカニ 2部隊 ドウコウスル(現場では30羽程のカラスが一斉に群がる光景を目にする事ができるだろう)
        ソレジャ マタライゲツ ジャーネー(ばっさばっさと飛び立ち去っていった) -- レイヴンス? 2013-04-23 (火) 20:01:53
      • ええ、また来月……(カラスが飛び去り、周囲が静まったのを確かめて)
        こ、こわぁ…!(肩を抱えて屈み込んだ) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 20:06:21
  • 実地研修で怪我をしたって聞いて見に来てみたけど…。何で元気そうなのかしら? -- レベッカ 2013-04-22 (月) 23:56:25
    • さあ、なんでかしらね
      怪我どころか、完全に死んだと思ったのだけれど
      不思議と……無事だわ?(なんてことのない調子で肩をすくめ、軽く首を傾げる) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 00:30:04
      • その軽口…。いつものMs.ジェリクじゃない! (心配して損したなどとは言いつつも、無事だったことを喜ぶ) -- レベッカ 2013-04-23 (火) 00:34:15
      • 何よ唐突に、あなたの中の私はいったいどういう存在だったというわけ?(腰に手をあて、不服そうな表情を作る) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 00:39:52
      • 一言でいえば、頭(Head)が高〜い〜 (背伸びして下から見下ろす仕草) -- レベッカ 2013-04-23 (火) 00:42:22
      • わかったわ、喧嘩売りに来たのね(ぐっと拳を握る) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 00:44:08
      • 喧嘩? いいえ、これは宣戦布告よ! 貴方に先を越されないように、異能を見つけてみせるんだから! (ズアッ) -- レベッカ 2013-04-23 (火) 00:48:35
      • 私に…先を……?(ぽかん、と聞き届けた後)
        …フッ(顔を横に背け、くすりと鼻で笑う) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 00:51:22
      • あ! やっぱ能力に目覚めてたのね! (虫の知らせ、怪我を負った彼女が戻ってきたときに無事だったという言葉が気にかかっていた)
        教えなさいよ! 何よ、黙って! (ムキー) -- レベッカ 2013-04-23 (火) 00:53:44
      • あら、レベッカにしては察しがいいのね(口元に手を当ててお上品なポーズ)
        いいわ、そこまで聞きたいなら話してあげないこともなくってよ
        ……戻ってきて、色々検査などしてみたのだけれど、そうね、簡潔に言ってしまうならば… -- ジェリク 2013-04-23 (火) 00:59:18
      • 言ってしまうならば… (握る掌の裏が汗ばむ、ごくり。唾を飲む) -- レベッカ 2013-04-23 (火) 01:03:18
      • 生命活動停止状態における自己蘇生、と言ったところかしら
        そういう事になった、らしいわ -- ジェリク 2013-04-23 (火) 01:05:32
      • つまり再生能力? だから貴方も異能がなかったと思っていた…?
        (先を越されたことが心底悔しいので、むきー!、とジェリクの両頬を引っ張る) -- レベッカ 2013-04-23 (火) 01:07:08
      • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst082942.png
      • 別に元からあったかどうかはんゅぁぁーーーー!(みよーん)
        ひょ、ははひ、ははひははいお!(訳:放しなさいよ)んー!んー!(半分涙目になりながら、頬を掴む手をぺしぺし叩く) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 01:13:16
      • い、異能に先に目覚められたからって……いい気にならないことよ! 負けないんだからーーーー!! (脱兎の勢いで負け惜しみ&言いがかりのようなセリフを残して逃げてく) -- レベッカ 2013-04-23 (火) 01:17:37
      • …ふ、ふん!これが庶民との差というものよ!悔しかったらあなたも何か力に目覚めることね!(ひりひりする頬を押さえながら、駆け去る背中に向かって吠える)
        うぅ…私にこんな顔させるなんて……いひゃい……(じんじん) -- ジェリク 2013-04-23 (火) 01:24:03
  •   -- 2013-04-22 (月) 20:08:59
  •   -- 2013-04-22 (月) 20:08:41
  •   -- 2013-04-22 (月) 20:08:37
  • ジェリクはお金持ちだと聞いた。マジで?マジなら何か私に奢るべきだと思う -- ステイシア 2013-04-22 (月) 00:51:12
    • 生憎、礼儀もへったくれも無い人間にばら撒くような無駄な資産は抱えてないの
      ここまでストレートにたかられたのは初めてよ、いい面の皮と褒めてあげるわ -- ジェリク 2013-04-22 (月) 01:01:46
      • 褒められた。ありがとうジェリク(満足げ)
        礼儀が大事なら奢ってくれるの?じゃぁ言い直すね。お願いジェイク、私お腹すいてるの。何か奢ってくれない? -- ステイシア 2013-04-22 (月) 01:07:58
      • わかったわ、あなた皮肉が通じないタイプの愚か者ね。つい最近居たわ、似たようなタイプが
        はぁ…そうね、そこまで言うなら、それなりの態度というものを見せてもらおうかしら -- ジェリク 2013-04-22 (月) 01:15:39
      • あれ、今の皮肉だったのか。む、じゃあ私はバカにされたのか…?
        それなりの態度。態度?…何すればいいの?頭下げればいい?(お願いします、と目の前で頭を下げてみせる) -- ステイシア 2013-04-22 (月) 01:19:53
      • 近いけど、そういうのよりも…そうね、下僕にでもなってもらおうかしら(小悪魔めいた笑み)
        まず私の呼び方はジェリク“様”よ、“様”、はい言ってみて -- ジェリク 2013-04-22 (月) 01:25:08
      • えー…呼びにくいから嫌。ジェリクはジェリクでいいじゃん。何で「様」?(無表情のまま首を傾げて)
        それよりお腹すいたよジェリク。ね、早く行こうよジェリク。(ぐい、と袖を引っ張って有無を言わさぬ構え) -- ステイシア 2013-04-22 (月) 01:27:19
      • えっ(あっさり拒絶されて)
        も、もう…!つまんない子! いいわよいいわよ奢ってあげる、何がいいの?(溜息混じりにこめかみを抑え) -- ジェリク 2013-04-22 (月) 01:29:36
      • やった。ジェリク優しい(ぐ、とガッツポーズして)
        じゃぁラーメン食べたい。大盛りで3杯ぐらい。トッピング全乗せで。…いける?(遠慮を知らぬ子であった) -- ステイシア 2013-04-22 (月) 01:33:39
      • ふ、ふん、当然よ
        甘く見ないでよね、その程度でがたがた言うほど器の小さい女じゃ……あなたそれ本気で食べる気?(頭の先から爪先まで見て、どう見ても入らないだろと言いたげな視線) -- ジェリク 2013-04-22 (月) 01:36:26
      • …??うん、食べるよ?私、いつも一食でこのぐらいは食べるの(何て事のないように言う)
        というか他の人が小食だと思う。もっと食べるべき。大きくなるために…(自分の無い胸を触りながら) -- ステイシア 2013-04-22 (月) 01:41:04
      • 大きくなくて悪かったわね(若干の流れ弾)
        あなたの燃費の悪さは置いといて、私ラーメン屋って入ったことないのよね、見かけたことはあるけど――美味しいの? -- ジェリク 2013-04-22 (月) 01:49:00
      • 気にしない。私たちはこれから…未来があるから(ない)
        美味しいよ。食べたことないなら匂いにびっくりするかも。とりあえず、行ってみればわかるよ
        (行って、ジェリクの袖を引っ張ってラーメン屋へと連れて行く。そこで出てきたのは所謂豚の餌系ラーメンであり、一般的なラーメンの3倍の量であったとかなんとか) -- ステイシア 2013-04-22 (月) 01:52:02
      • (色々面食らったものの、味の方は意外とお気に召したとかなんとか) -- ジェリク 2013-04-22 (月) 01:55:51
  • よろしくされにきたよ、吉岡さんお魚が好きだからお魚がいいな、マグロはトロより赤身が好きだよ -- 吉岡さん 2013-04-20 (土) 21:03:37
    • ??
      待ちなさい、そして一旦黙りなさい
      見ず知らずの人魚にたかられる覚えは無いのだけれど、何者あなた -- ジェリク 2013-04-20 (土) 23:13:13
      • (沈黙の間)



        吉岡さんは吉岡さんだよ、よろしくするって挨拶を聞きつけてされに来たつもりだったよ -- 吉岡さん 2013-04-20 (土) 23:19:44
      • ……あらそう、結構な心がけね
        ヨシオカが名前でいいのかしら? まるで東洋人みたいな響きね -- ジェリク 2013-04-20 (土) 23:27:09
      • 吉岡さんは吉岡さんだから吉岡さんでいいよ、東洋にはよく行くけどマグロが美味しいよね、吉岡さんマグロ大好き -- 吉岡さん 2013-04-20 (土) 23:29:28
      • そう、それはよかったわ(反応薄)
        見たところ、あなたも新入生ってところかしら。聞いたとおり門戸広いのね、ここ -- ジェリク 2013-04-20 (土) 23:34:07
      • 吉岡さんは新入生じゃないよ、1年生だよ(50年ものの) -- 吉岡さん 2013-04-20 (土) 23:36:31
      • ??
        だから、新入生でしょう? -- ジェリク 2013-04-20 (土) 23:39:39
      • 吉岡さんは入学しっぱなしだよ? -- 吉岡さん 2013-04-20 (土) 23:43:10
      • それって、もしかして留ね……わかったわ、そういうことね(理解)
        じゃあ、同学年だけど此処での生活は先輩ということね、丁度いいわ(何か思いついて) -- ジェリク 2013-04-20 (土) 23:50:42
      • 吉岡さんにはわからない事ばかりだけど、わかってくれたようだから満足だよ
        なにがちょうどいいのかな?吉岡さん今若干不安を感じているよ -- 吉岡さん 2013-04-20 (土) 23:51:59
      • 別に水揚げ出荷するような真似はしないから、安心なさい
        この街、広すぎるのよ。おかげでまだ不案内な場所が多いのよね
        あなた、私が暇な時に案内なさい -- ジェリク 2013-04-20 (土) 23:55:03
      • 吉岡さん出荷されるのは難しいな、鮮魚だからクールで運んで欲しいよ
        ふむふむなるほどそれなら承ったよ、暇な時に声をかけてくれたら深海から海底火山まで色々案内するよ -- 吉岡さん 2013-04-20 (土) 23:58:17
      • そこまでアドベンチャーな事は望んでいないわ…
        頼んでおいて今更だけど、あなた陸上活動とかしてて大丈夫なの? -- ジェリク 2013-04-21 (日) 00:03:14
      • 海の中こそ吉岡さんのメインストリームなのにな…陸上?半分人間だから余裕だよ、半分魚だから海の中も余裕だよ(器用に尾びれでビチビチ跳ねて進んでいる) -- 吉岡さん 2013-04-21 (日) 00:08:03
      • あらそう、都合のいい身体してるのね
        私はそうはいかないの、息ができなきゃ溺れるし、深海なんて行ったらぺちゃんこだわ、おわかり? -- ジェリク 2013-04-21 (日) 00:16:39
      • 不便なものだね、呼吸は吉岡さんなんとかできるかもしれないけど水圧は無理かな、自分が我慢するだけで精一杯だものね -- 吉岡さん 2013-04-21 (日) 00:18:17
      • …呼吸はなんとかできるの? -- ジェリク 2013-04-21 (日) 00:20:30
      • 吉岡さん口移していきを吹き込むよ、これでバッチリだよ -- 吉岡さん 2013-04-21 (日) 00:22:00
      • う、うん…やっぱり遠慮しておくわ
        思いの外ローテクな…もっと人魚の魔法的な何かとか無いの? -- ジェリク 2013-04-21 (日) 00:26:51
      • 吉岡さん魔法は使えないんだ、でも空手チョップで火山を噴火させたりできるよ(超肉体派人魚) -- 吉岡さん 2013-04-21 (日) 00:32:15
      • そう、凄いわね。このぷにぷにの腕でよく言えたものだわ(おもむろに吉岡さんの手首を握る、まったく信じていない) -- ジェリク 2013-04-21 (日) 00:36:06
      • 吉岡さんは人魚だからね、生まれつき人間より強いんだ、人間にお魚パワーがみなぎったようなものだからね(まるで子供の腕のようで、ぷにぷにしているだけではなく身の小ささもあいまっている) -- 吉岡さん 2013-04-21 (日) 00:38:02
      • 本当に都合の良い生き物……でも全然説得力ないわよ、説得力(ぷにぷに) -- ジェリク 2013-04-21 (日) 00:41:13
      • このあたりには海底火山が無いからやって見せられないのが残念だと吉岡さんは思うよ
        どうしたらいいかな?それとも吉岡さんの味に興味があるかな(身がしまってそうな気がしない柔らかさ) -- 吉岡さん 2013-04-21 (日) 00:44:12
      • ゲテモノ趣味は無いわ、バカにしないで頂戴(そう言って、手を放し)
        そうね、そこの柱でも曲げて見せたら、信じてあげないこともないわ(軽い気持ちで近場の鉄柱を指す) -- ジェリク 2013-04-21 (日) 00:56:08
      • 吉岡さんのお肉はわからないけど、きっと魚肉ソーセージ並に美味しいよ、卵はキャビアの味がするいくらだよ
        この柱を曲げればいいのかな、吉岡さん曲げておくよ(うにょっと曲げて近くのもう一本を引っこ抜いて持ってくるとちょうちょ結びに)
        あっ…うっかりたて結びになったよ、吉岡さんちょうちょ結び得意じゃないから -- 吉岡さん 2013-04-21 (日) 00:58:46
      • 自己評価が高いんだか低いんだか……そうそう、それをひゅぃっ!?(思わず漏れる奇声)
        あ…や……やるじゃない……!(慌てて平静を取り繕いつつ、髪をふぁさっ)
        少し、見直したわ―――やだ、どうしようこれ…(頭が冷えてきた途端、後始末に悩み始める) -- ジェリク 2013-04-21 (日) 01:08:18
      • 魚肉ソーセージはとっても美味しいと思うんだ、魚の味だけじゃ出せない塩分が舌にびりびりくるよ、とってもジャンクな味がする
        こんがらがってもう取れないから諦めるしかないかな、吉岡さん解くのは苦手なんだ -- 吉岡さん 2013-04-21 (日) 01:21:24
      • 見なかったことにしましょう(現実から目を背ける)
        あんな前衛的なオブジェ最初からあった気がするわ、うん
        あなたもそう思わない? -- ジェリク 2013-04-21 (日) 01:28:44
      • むっ…そういわれてみればそんな気がする(説明しよう、吉岡さんの記憶回路はそれを真実として今あっさりと塗り替えられたのだ) -- 吉岡さん 2013-04-21 (日) 01:37:24
      • そうよね、あらもうこんな時間(懐中時計を開いて見て)
        こんなところに長居することも無いわ、ねえ、あなた洒落た喫茶店の一つや二つ知らないの?
        気に入ったら奢ってあげないこともないわ -- ジェリク 2013-04-21 (日) 01:49:45
      • 洒落ているかはよくわからないけど、吉岡さんが知ってる喫茶店はあっち?の方にある所かな、お店の名前は知らないけど喫茶店があるよ、どんな感じかはうーん、見てみるしか無いと思うけど -- 吉岡さん 2013-04-21 (日) 01:58:12
      • あっちって、もしかしてカフェテリア…(しってた)
        はぁ、まあいいわ、着いてらっしゃい(心の中で妥協して、現場を後にする)
        (その後、変な人魚とティータイムを過ごす姿が見られたそうだ) -- ジェリク 2013-04-21 (日) 02:09:04
  • セックス! -- 2013-04-20 (土) 20:48:06
    • パッシィア -- ジェリク 2013-04-20 (土) 20:49:30

Last-modified: 2013-06-09 Sun 23:33:56 JST (3528d)