名簿/316338

  •   -- 2013-02-28 (木) 18:18:05
  •   -- 2013-02-28 (木) 18:18:01
  •   -- 2013-02-28 (木) 18:18:01
  • こんにちはー、来月冒険でお世話になります、イプキス・コルテナです! …あ、あの、触ってみても良いですか…? (15歳くらいの少年が、目を輝かせてそわそわした) -- イプキス 2013-01-15 (火) 17:32:32
    • ほー……誰かと一緒ってのも、随分鰤だ。いや、挨拶が、かね。おうとも! 触りてえなら、触ってみな。 -- クラッツ 2013-01-16 (水) 04:03:10
      • アオイって子もこの町の人ですよう えーっと、じゃあー… (そろそろと手を伸ばし、分厚い甲殻に触れて) わぁー…っ (子供のように大喜びしてぺたぺた)
        こんな立派な竜人さんにあったのは初めてです! すごいなぁ、本当に固い…! …素材に使えそう… -- イプキス 2013-01-16 (水) 21:42:36
      • なるほど、案外に多かったってわけか。やっぱりこもってちゃあわからねえことが多くなるな……
        おっとっと、そいつぁよしてくれよ。興味がわくのぁわからんでもねえが。 -- クラッツ 2013-01-16 (水) 21:55:21
      • 長く生きてらっしゃる方は尚更でしょうね (噂はかねがね、と) お仕事もお忙しいでしょうけど、たまにはぶらっと散歩するのもいいものですよ
        あ えへへ…ごめんなさい、つい (そこで自分の職を伝える いろんな素材を使う錬金術師のようだ) 冒険で、お役に立てるようにがんばります! -- イプキス 2013-01-16 (水) 21:59:13
      • そうだな……随分長く生きてる。もう少し短いかと思ったが、どうやら長い血の方が濃かったらしい。へへっ、そうしてみよう。少しばかりぁ慰めにならァな。
        しかし、なるほど。ますます納得いったよ。鎧竜の甲殻ってのもそれだけで中々のもんだろうに。錬金術師と来ればな。んでもま、熱心なのぁわかったさ。その点からも、期待してるぜ。 -- クラッツ 2013-01-16 (水) 22:07:49
      • 近くにお立ち寄りの際は、是非コルテナ工房へ (冗談めかして言ってから、深々と頭を下げて) それじゃあ、また! (元気よく帰っていった) -- イプキス 2013-01-16 (水) 22:17:42
  •   -- 2012-09-09 (日) 22:53:00
  •   -- 2012-09-09 (日) 22:52:56
  •   -- 2012-09-09 (日) 22:52:56
  • …同行挨拶よ (おずおずと) おつかれさま -- グラナーテ 2012-08-13 (月) 22:33:53
    • おう、お疲れさん! 激しくも、激しくない。そんな冒険だったよなあ。 -- クラッツ 2012-08-13 (月) 22:40:41
      • やっぱり、大きいわね…(見上げる真紅の瞳) でも、機敏だったわ
        とても、頼もしかったわよ -- グラナーテ 2012-08-13 (月) 22:46:08
      • 盾をするのだって、きちんと間に合わにゃあ意味がねえからな。ご満足いただけたようで、俺も誇らしいよ。助けにァなれたらしい。 -- クラッツ 2012-08-13 (月) 22:49:33
      • 輝いていたわよ(悪魔らしい、艶のある微笑みで) 私は暫く探険依頼から離れるけれど… また縁があれば頼りにさせてもらうわね
        (角の生えた頭をぺこりと下げて、山羊娘は帰って行った) -- グラナーテ 2012-08-13 (月) 22:53:54
      • おっとそうなのか。折角こうして挨拶までした間だけに、ちっとばっか寂しくなる。だが、そうだな。その時にァ、存分に頼ってくれよ。そんじゃ、またな。 -- クラッツ 2012-08-13 (月) 22:58:44
  •   -- 2012-08-06 (月) 22:31:14
  •   -- 2012-08-06 (月) 22:31:13
  •   -- 2012-08-06 (月) 22:31:13
  • 彼方がクラッツか……ああ、初めまして、私はアンゲルス。来月同行する者だよ
    専攻は闇魔術。まあ、よろしくお願いするね、彼方は見ての通り硬そうだし -- アンゲルス 2012-06-26 (火) 00:37:56
    • いかにも、クラッツ・ジェノスノートさ。こちらこそよろしく頼む。
      んまっ、見た目通りの部分ぁ期待してくれや。 -- クラッツ 2012-06-26 (火) 22:21:32
  • (依頼で同行した老魔族がふと現れて)今月はよくぞ働いた…ご苦労であったな
    …竜でも龍でも無く…爬虫人類種でも無く…ふむ、だが見覚えが在る…かつて異界で人が覇者となる前、地上を征した種…恐竜種か
    その人類種とは珍しい……その力もまた中々の物であったぞクラッツ・ジェノスノートよ…
    またいずれその力を頼りにする事も在ろう、その時を楽しみにしていよう…ではな(挨拶を終えると去っていった) -- アキベドル 2012-06-03 (日) 22:57:03
    • へえ、よくよくご存知じゃねえかい。んまあこのとおり、案外居たりするもんなんだが……そちらさんも、見事なもんだったぜ。
      俺もその時を期待してるよ。いい仕事できそうだからな。そんじゃ、また。 -- クラッツ 2012-06-03 (日) 23:09:04
  •   -- 2012-01-02 (月) 21:17:56
  •   -- 2012-01-02 (月) 21:17:51
  •   -- 2012-01-02 (月) 21:17:51
  • ………はわわ(画像は騎士団のメンバーがこの辺に居ると聞いてやって来たら凄いのがいたので腰を抜かす手前までいってる感じ) -- 巫雪 2011-12-26 (月) 22:55:12
    • ううん? なんだい嬢ちゃん、俺になんかようか?(そんな態度はいくらか慣れている)まあ、まずぁ落ち着け。 -- クラッツ 2011-12-26 (月) 23:05:29
      • ……いえ嬢ちゃんでなく、もう20歳になって久しいですし、用もありますればすいませんおちつきます(大きく繰り返し深呼吸)
        それで……騎士団の方でしたっけ?(見上げる148cm) -- 巫雪 2011-12-26 (月) 23:10:34
      • そりゃ失礼した。(見た感じの印象からそういう言葉も出たものだが、まだまだ見る目が鈍いと)
        おうとも、俺ぁ騎士団員、クラッツ・ジェノスノートってもんだ。(身長差1メートル以上)んで、落ち着いたところで用ぁなんだい。 -- クラッツ 2011-12-26 (月) 23:15:09
      • あい。私は巫雪……あ、灘昂の巫雪です。そして騎士団に興味があるので騎士団員に話を聞けば速いかなといった次第で
        あ、今の所一応ですが入団意志はありますの -- 巫雪 2011-12-26 (月) 23:21:22
      • 巫雪か。覚えさせてもらったぜ。で、なるほど……そういうことだったのか。嬉しいねえ、今時分にんなこと言ってくれる奴がいるたァよ。
        よっし、何でも聞いてくれ。答えられる範囲で答えさせてもらおう。 -- クラッツ 2011-12-26 (月) 23:23:37
      • この街に来て半年くらいですよって、一つ手っ取り早く横の繋がりでも持とうかなーなぞと
        ……えと。何をしてるんですかね、結局 -- 巫雪 2011-12-26 (月) 23:30:21
      • 街の治安維持活動だ。はっは、半年じゃあ街に慣れて、生活整えるので気が回らねえかな。
        一応見回りなんかして活動ァしてるんだぜ? -- クラッツ 2011-12-26 (月) 23:32:38
      • ちあんいじ。……んーまー、聞こえ良く言えば方々旅とかしとりましたんで、腰を据えるとなるとまた違った楽しさ?みたいなのも
        みまわり。……はーん、成る程。策ずるに騎士としての名目あらば散策も怪しまれ難く……これは、慣れるに良い……かも -- 巫雪 2011-12-26 (月) 23:40:01
      • 是非とも腰据える楽しさぁみつけて欲しいところだな。でねえと務まらねえことだけによ。見回りする以上ぁ道も覚えにゃあならねえし、慣れるにもそうだな、悪くねえだろうさ。
        名目云々カンヌンぁ、まあ、置いておくさ。 -- クラッツ 2011-12-26 (月) 23:43:22
      • 冒険者やるには此処に居るのが一番都合が良いそうで、実際そうだからそうしつつ……ふむ、ふむふむ
        ……あ、その辺黙ってた方が良かったですかね -- 巫雪 2011-12-26 (月) 23:49:24
      • 見回りをちゃんとしてくれるんなら問題ねえ。散策も見回りも一緒にやってな。騎士団に身を寄せてみるってんなら、こちらとしちゃあ否やァ無いぜ。 -- クラッツ 2011-12-26 (月) 23:53:29
      • ふむぅ。……所で見回りや治安維持は槍の達人程度だば何とがなりますけ -- 巫雪 2011-12-26 (月) 23:58:01
      • それくらいありゃあなんの問題もないさ。こちらとしても、やってくれるんなら助かるくらいだよ。
        さて……今日ぁそろそろ休まにゃあならんのでね。そろそろゆっくりさせてもらう。 -- クラッツ 2011-12-27 (火) 00:01:18
      • ふむ……ふむ、ふむ。あい、急な事に付き合わせてしもて申し訳無かとでした
        次に会う時は多分私もお仲間になってると思いますんで(頭を下げ、礼を言って帰って行った) -- 巫雪 2011-12-27 (火) 00:04:54
  •   -- 2011-12-20 (火) 20:41:16
  •   -- 2011-12-20 (火) 20:41:11
  •   -- 2011-12-20 (火) 20:41:11
  • さて、こいつはまた頼りがいのありそうな見た目じゃあないか…精々期待させて貰うぜ?
    俺も俺で精々しっかりやらせて貰うからそこん所は安心してくれ、そんじゃ来月は宜しくな -- エンデスト 2011-12-10 (土) 01:52:31
    • おうとも。こちらも期待を裏切らねえよう、精一杯やってみせらあ。
      そちらの手並みも見せてもらうともさ。んじゃ、よろしく頼むぜ。 -- クラッツ 2011-12-10 (土) 02:55:24
  • こんにちは。私、次の依頼で同行しますジェイスという者です。来月はよろしくお願いしますね -- ジェイス 2011-11-08 (火) 16:37:23
    • おう、お疲れさん。んまあ、うっかりしてたな! -- クラッツ 2011-11-09 (水) 20:49:47
  •   -- 2011-11-06 (日) 22:44:29
  •   -- 2011-11-06 (日) 22:44:28
  •   -- 2011-11-06 (日) 22:44:28
  •   -- 2011-11-06 (日) 22:44:28
  • (2mをゆうに超える力強い体躯を見れば、一目でクラッツと気付く。すぐさま手を翳し、敬礼のポーズを取った)
    お疲れ様ですクラッツさん。市中見回りですか? 騎士団に出動の要請が出されましたたか? -- 賀良 2011-10-26 (水) 20:44:42
    • お……誰かと思えば、お前さんかい。(手を上げて)前者だよ。後者ならこうのんびりしてねえさ。 -- クラッツ 2011-10-26 (水) 20:49:29
      • なるほど。やはり騎士団といえど、そう日常的に活動機会は訪れないわけですね。この街が平和を満喫している証拠でしょうか。
        (うんうんと勝手に納得して)ところでこれを見て下さい。
        (依頼書のようだ。クラッツ・ジェノスノートと並び、ガラ・トキワの名前がある)ここにクラッツ・ジェノスノートと書かれているのですが、この街のクラッツさんはあなた一人ですか? -- 賀良 2011-10-26 (水) 20:56:39
      • ああとも。いいことだろ? ん? ……(手にとって覗き込んでみる)確かに書いてあるな。んで、たしか俺だけのはずさ。
        つまり、次回一緒なわけだな。 -- クラッツ 2011-10-26 (水) 20:59:34
      • ええそうです。(ずれた眼鏡を指で直して)
        どうぞよしなに。まだ僕は駆け出しなもので。先達の手腕、参考にさせていただきます。 -- 賀良 2011-10-26 (水) 21:06:22
      • へっへっ、なんとか頑張らせてもらうさ。俺でいいなら、出来る限り世話するからよ。 -- クラッツ 2011-10-26 (水) 21:11:00
  •   -- 2011-10-22 (土) 21:41:00
  •   -- 2011-10-22 (土) 21:41:00
  •   -- 2011-10-22 (土) 21:41:00
  • 説明不要って奴ねっ!オレオをくらえっ!(オレオ手裏剣) -- マッスルーサ北村 2011-10-03 (月) 19:05:32
    • むっ! おお……オレオ! 確かに頂いたぜ! -- クラッツ 2011-10-03 (月) 20:19:11
      • そいじゃあよろしく頼むわよっ!アンキラーザウルス君!(ギャイボンのポーズを取って帰る -- マッスルーサ北村 2011-10-03 (月) 20:23:48
  • …でかい(見上げても顔が見えない 羨ましいというより怖い)  …俺はジョシュ。 …来月、よろしく。 -- ジョシュ 2011-09-04 (日) 17:06:45
    • でけえだろうなあ。俺ぁクラッツ! こちらこそ、よろしくたのまあ! -- クラッツ 2011-09-04 (日) 20:27:24
  •   -- 2011-07-08 (金) 22:48:59
  •   -- 2011-07-08 (金) 22:48:59
  •   -- 2011-07-08 (金) 22:48:58
  • (警邏の時に思い立ち、隣に立って身長差を確かめる騎士だ) -- バルフレア 2011-06-27 (月) 21:54:16
    • (横の動きを目端に捉えて、顔を向けた)どうした? -- クラッツ 2011-06-27 (月) 22:00:18
      • (あ、と気付かれて声を漏らし、それからちょっと首を振って)
        改めて見ると、やはり貴方は大きいのね、クラッツ …円卓だと座っている事が多いから、あまり気にしていなかったけれど -- バルフレア 2011-06-27 (月) 22:04:27
      • ああ……(納得したとばかりに、街並みから自分達に眼の行き場を変えた)縦にも、横にもな。一番ぁ高さだろうが。こうして並ぶ時にでも気にしなけりゃあ、意外と気づかないもんかい。 -- クラッツ 2011-06-27 (月) 22:08:48
      • まるで壁ね ふふ、頼もしいけれど、こうして考えてみると不思議 (ゆっくりとした大きな歩調にあわせて歩きながら、隣から見上げてくすくすと笑う)
        私も、女にしては大きいと思っていたけれど 私の倍はあるかしら? (少し大げさに言って、槍を立てて計る)
        槍でも足りないくらい -- バルフレア 2011-06-27 (月) 22:12:42
      • 慣れ親しんでるほど気がつかねえもんだよ。不思議ってのァ、その辺りにかかることだと思ったが……(歩く速度が一致する。大きな体のゆっくりとした、しかし歩幅もある歩み。それがちょうどいい)
        実際に比べれば倍までァ行かねえと思うんだが、体感でぁそれくらいになんだろ。お前の身長で扱う槍の大体の長さを考えるに……まあそうなるな。俺が槍を使おうとしたら、それこそ本当に、お前の倍の長さになるだろ。 -- クラッツ 2011-06-27 (月) 22:18:02
      • ええ、そういう意味で不思議 はじめてあった時にはあんなに驚いたのに、今では気にならなくなっていたもの
        (首を傾げて) この間、貴方達に助けてもらった時ね 改めて大きさを感じたのは ほら、よろけた私を受け支えてくれたでしょう?
        …貴方が槍に習熟したら、誰にも止められないでしょうね 私も、ロンドと一緒でもどうなることか
        (なんだか悔しいわ、と子供っぽく唇を尖らせて、ごつごつしたクラッツの甲殻を撫でる) -- バルフレア 2011-06-27 (月) 22:21:46
      • やっぱりな。それだけ互いの距離も縮まってるってこった。あそこで卓を囲んでりゃ、ならないはずもないとぁ思うが。
        槍に関してぁ、使えないわけでもねえ。もちろんでかくなるだろうがよ……あの時か。そりゃまた割と最近で、前の話になる。へへっ、やぱり直接触れ合ったりすると意識が変わるもんらしい。
        今もどうだい? なかなか、感じ入るものがあったりするか? -- クラッツ 2011-06-27 (月) 22:28:54
      • もう9年の付き合いだものね、うっかり忘れるのも仕方がないけれど …そうね、しっかり抱きとめてくれたから、ちょっと見直したわ
        (意識が変わったわ、と素直に頷いて、それから少し恥ずかしそうに笑った) 種族は違うけれど、男の人にあんなふうに支えてもらったのは初めてだったもの
        ええ、そうね… こう、悔しさもふつふつと (そんなことを言ってから爪先立ちになって、手を伸ばしてみる) 頭に届かないわクラッツ -- バルフレア 2011-06-27 (月) 23:17:40
      • 9年か……数字で見ると、どうしても長く感じちまう。考えないで過ごしてると、ただ一緒にいることだけが念頭に出てくるところだが……
        はっははっ、見直したってか。一体どういうふうにみられてたもんだか。んまあ……あまりにも頼りなげで、見てられなかったんだよ。転んだりしてあれ以上になって欲しくもなかったしな……んまあああ言うのぁ、かえってない方がいいくらいだろうけどよ。そりゃ、光栄だ。
        だけど感じるのが悔しさと来たか。(顔の方に伸びてくる。しかしまだ遠い指先を見)っと、おしいな。(少し頭を下げ)こうすりゃ届くだろうが。 -- クラッツ 2011-06-27 (月) 23:25:21
      • 頼りなげだなんて こんな立派な騎士を捕まえて (腰に手を当ててちょっと意地を張ってみせる しかし、すぐに笑って) でも、確かにぼろぼろだったものね
        あのまま皆が助けてくれなかったらー… (そこでしゃがまれて、クラッツの頭に届く手 目を瞬かせて、とりあえず何度か撫でてみて…なんだか酷く恥ずかしくなって赤くなり、手を離す)
        ほ、ほら、クラッツ 街の人に見られたら笑われるわ 立って頂戴な 行きましょう? (歩調を速めて歩き出すのだ) -- バルフレア 2011-06-27 (月) 23:38:32
      • あの時ァな。今ァ誰が見ても、間違いなく立派な騎士だとも。それに、手を出したほうが、触れていたほうが俺も安心できたし……とはいえ、下げときながらなでられるのァ気恥ずかしいもんがあるぜ。
        (手が離れると同時に、苦笑いを浮かべながら体を起こした)
        ああ! そうだな……じゃあ、行くか。(その足取りに遅れないよう、少し早めていくのだった) -- クラッツ 2011-06-27 (月) 23:41:30
      • ふ、触れていた方が安心だなんて… (頬を片手で押さえた 酷く照れくさい) 撫でるのも気恥ずかしいわ…
        でも、また触ってみたいかも… (独特の手触りを思い出し、ちょっと呟いてから、クラッツに聞こえてなかったかと振り返れもせず、仕事に集中することでごまかしたのだった) -- バルフレア 2011-06-27 (月) 23:49:51
  • どうやら来月は同行のようだ、よろしく頼む……が、初めて見るタイプだな
    前衛は任せる……私は氷をぶつけたりしないように気をつけるぞ、何となく冷えは苦手そうだからな! -- フィナンシェ 2011-06-17 (金) 02:03:40
    • おう、こちらこそ頼む……その辺りァ充分に留意してくれ、頼んだぜ! -- クラッツ 2011-06-17 (金) 19:52:13
  • …2ヶ月、お疲れ様。それとレイピアありがとう…じゃ -- オプスキュリア 2011-06-05 (日) 16:58:32
    • お疲れさん……なに、いいってことよ。俺じゃあレイピアを折りかねねえからな。ほんじゃ、またそのうちうにでも。 -- クラッツ 2011-06-05 (日) 19:26:24
      • 再利用。今月もお疲れ様… -- オプスキュリア 2011-06-14 (火) 22:22:24
      • おう、お疲れさん! 最近あまり確認してねえからなあ……また確認するようにしてみっかね。 -- クラッツ 2011-06-14 (火) 22:31:47
  • (留守中に訪れたのか、扉の前に果物や塩漬け肉が詰められた大ぶりなバスケットが残されている、大食漢と言えど数回分の食事くらいは賄えるであろう量だ)
    (一輪の白百合と共に添えられたカードにはサインに並び「再起に激励を、とは言え先ずは身を酷使などせぬように、老婆心ながら深く憂慮申し上げる」の一文) -- 見舞い篭 2011-06-01 (水) 06:27:00
    • んむ……?(ずいぶんと大量の食べ物に不審なものを覚えたが、添えられた百合とカードに正体を見た。となれば安心していただくことが出来るというものである)
      ……素直にお礼申し上げるぜ。あまり心配かけねえようにするさ。
      (バスケットを手に取り、扉の向こうへと入っていった) -- クラッツ 2011-06-01 (水) 19:25:31
  •   -- 2011-02-03 (木) 18:32:25
  •   -- 2011-02-03 (木) 18:32:25
  •   -- 2011-02-03 (木) 18:32:25
  •   -- 2011-02-03 (木) 18:32:25
  •   -- 2011-02-03 (木) 18:32:25
  • 「今月は罠が多くて大変でしたね。 お疲れ様です。」
    「戦闘中は剣を持つため殆ど意思疎通が取れないので心配でした。 でも上手くいってよかったです。」 -- イルルナ 2010-12-08 (水) 23:58:06
    • それでもまあ、なんとかぁなったがな。あいても、それで何とかできたんだからたいしたことァ無かったんだろう。
      また機械があったら、その時にもよろしく頼む。 -- クラッツ 2010-12-09 (木) 00:15:26
  • 依頼、お疲れさまでした。お嬢様に変わってご挨拶させてただきます
    こちらはつまらないものですがお近づきの印にと……(抹茶カステラ詰め合わせを渡す) -- ビスダ? 2010-11-30 (火) 16:08:40
    • おうさ、お疲れさん。ははっ、こりゃあいいものをもらっちまったな……ありがとよ。美味しくいただかせてもらう。 -- クラッツ 2010-11-30 (火) 19:43:06
      • おおう……(眼を丸くして)意外とフランクな方なのですね……いえ、失礼しました
        またご同行された時は宜しくお願いしますね(一礼した後去っていく従者) -- ビスダ? 2010-11-30 (火) 21:04:42
      • そんな驚くことかい? へへっ、どう見えたかぁともかく、嬉しいのぁ間違いない。
        ほんじゃあよ、またな! -- クラッツ 2010-11-30 (火) 21:05:51
  •   -- 2010-11-24 (水) 20:39:18
  •   -- 2010-11-24 (水) 20:39:18
  •   -- 2010-11-24 (水) 20:39:18
  • そんなわけでお疲れさん。熟練クラスが出てくるとか、結構面白い依頼だったな -- ツンデレ 2010-11-09 (火) 17:49:05
    • おうお疲れさん。なかなかにな、楽しめるもんだった。まいどこれくらいだったら嬉しいんだが。 -- クラッツ 2010-11-09 (火) 17:50:25
      • よう、また同行することになったぜ。 前に受けた胡散臭い洞窟は下っ端クラスが出てガチでやる気なくなったが… 今回はどうなるかね -- ツンデレ 2010-11-14 (日) 19:23:32
      • こっちも確認した。んーむ、前回のぁ何かの間違いだったんだろうさ。きっと、いいのが来るだろうと……と思いたい。 -- クラッツ 2010-11-14 (日) 19:42:32
      • のっけからウーズでオラワクワクしてきたぞ状態だったけどなんか普通に終わったな… ま、次も頼むぜ -- ツンデレ 2010-11-15 (月) 17:44:03
      • そういう事もある……俺らぁ無事だったから、それくらいのもんだがな。こっちこそ、よろしくな! -- クラッツ 2010-11-15 (月) 19:14:38
      • (体育座り) ほとんど居るだけだったな… オレら…… -- ツンデレ 2010-11-16 (火) 18:57:49
      • こんなこともある……まあ次があるなら、その時にぁいいもんだといいな。 -- クラッツ 2010-11-16 (火) 20:03:57
  •   -- 2010-11-07 (日) 20:52:13
  •   -- 2010-11-07 (日) 20:52:13
  •   -- 2010-11-07 (日) 20:52:13
  •   -- 2010-11-07 (日) 20:52:12
  • クラッツさん、今月ぼ冒険もよろしくお願いしますね。今回は私も皆さんのお力になれるよう戦いますよっ -- ヒョウナ 2010-11-06 (土) 10:24:23
    • つうわけで、お疲れさんだったな。んでまだまだご一緒させてもらうってわけで。キバってこうぜ。 -- クラッツ 2010-11-06 (土) 18:59:09
  • よっ こないだはお疲れさん。しかし楽な依頼だったな…(蛇の蒲焼きをプレゼントしながら) -- ファリド 2010-11-04 (木) 11:53:05
    • おう、お疲れさん! そういうこともあらあな。んで、これが……蛇か。ありがたく頂いとくかね。 -- クラッツ 2010-11-04 (木) 12:37:53
  •   -- 2010-10-19 (火) 19:08:18
    • (塒に戻れば簡素な封書にしたためられた手紙が届いていた、流麗な文字と古風な文章)
      (内容を要約すれば度々同行しているが今度の依頼においても宜しく頼む…との旨が長々と回りくどく書かれている) -- 手紙の主? 2010-11-04 (木) 00:10:48
      • (更に所在が変わった事を知らせる同じ筆跡の手紙が届いていた) -- 2010-11-04 (木) 00:15:27
      • んん?(部屋に戻ってみれば、手紙が2通。開いて読むに)
        ははあ……あいつか。おうさ、ガンバロウや! -- クラッツ 2010-11-04 (木) 00:15:44
  •   -- 2010-10-19 (火) 19:08:14
  •   -- 2010-10-19 (火) 19:08:13
  • (酒場のマスターに依頼終了を報告した後……)
    (空中をフワフワと漂う15cmサイズ神姫。クラッツのその巨体の周囲をくるくると数回回ると、ペコリとお辞儀をして主の元へと帰って行く) -- シルク 2010-10-02 (土) 17:23:04
    • いよう……お疲れさんだったな。またご一緒することがあったら、よろしく頼むぜ。 -- クラッツ 2010-10-02 (土) 17:33:20
  • おおークラッツはまだ順調そうだにゃー(ぺっちぺっち) -- リラ 2010-09-22 (水) 01:02:33
    • こりゃまた。誰かと思ったらお前か。(訪ね人は何者ぞ。出てみれば、自身に触れる姿。表情を緩められるよく知った相手だった)
      どうしたよ、珍しい。お前の方から来るなんてな。 -- クラッツ 2010-09-22 (水) 01:06:41
      • ツリー再利用にゃごにゃご!ここで落ちて再登録すればまたクラッツと一緒になるかにゃーと思ってたらクビ(引退)になったにゃ…
        びっくりすることばかりにゃごー…怪我はどうにゃー?生きてるかにゃ?(つんつん) -- リラ 2010-10-17 (日) 19:24:12
      • そっちぁ引退かよ……お久だな。俺ぁこのとおり、お元気なもんさ。 -- クラッツ 2010-10-17 (日) 19:27:06
      • ちゃんと調整してたんだけど、どうにもこうにもで…にゃーん…久しぶりにゃ!
        元気なら何よりにゃー僕再登録してきたからまたいっしょになれるといーにゃー…あ、しばらくはお休みにゃ? -- リラ 2010-10-17 (日) 19:46:07
      • んーや、そうそう長くは休んでるつもりもねえさ。いい機会だ、今日辺りにでも再登録しておこうかね。
        まだまだ気力ぁ付きてねえし、頑丈さにぁ自身があるからよ。動かねえと体もなまるってもんだ。 -- クラッツ 2010-10-17 (日) 19:48:01
      • 一ヶ月だらーんってしてるだけでだいぶぐにょぐにょになるからにゃ!えへへ、今日だったらきっと一緒になれるにゃー
        僕ももーちょっと頑張るつもり!またよろしくにゃー!んじゃかえるー
        (ぺっちぺっち腕を叩いた後帰ろうとして)…あ!これ、お見舞いのりんごにゃーもってかえるとこだったにゃ…(恥ずかしそうに布のかかった籠を置く)んじゃ!(照れながらだばだばはしって帰った) -- リラ 2010-10-17 (日) 19:57:34
      • 動かねえと、生き物ってのぁ簡単にだめになるもんだ……世知辛いもんだぜまったくよ。ともかく、俺も楽しみにしてるぜ。
        (くっくと、小さく体を揺らし)おっと、こりゃありがてえな……あとでいただかせてもらう。それじゃ、またよ! -- クラッツ 2010-10-17 (日) 19:59:12
  •   -- 2010-09-12 (日) 22:01:28
  •   -- 2010-09-12 (日) 22:01:28
  •   -- 2010-09-12 (日) 22:01:28
  •   -- 2010-09-12 (日) 22:01:28
  • 挨拶返し〜、なんだか他にも見た顔がいたような気がしたけど気のせいだったかもしれないね!
    うむ、恐竜は男の子の夢である…(ぺたぺた触ろうとしながら) -- ランラン? 2010-09-03 (金) 23:56:28
    • さてどうだったかね。けっこういただろうってのぁ、記憶にあるようなところだが……
      触りてえかい? だったら遠慮無く触っていくといい。(腰に腕を当てながら) -- クラッツ 2010-09-03 (金) 23:58:05
      • リラにゃ〜とかそういう感じの子とかー、うむ!!(ペタペタ)
        すげえ!ガッチガチやー!天然の盾だねえ…羨ましいような羨ましくないような…(ぺたしぺたし)
        …巨大化とかしないのん? -- ランラン? 2010-09-03 (金) 23:59:58
      • そうそう、その辺りだ……うっはっはっ! なんつっても鎧竜なんて呼ばれてるくらいだからな。その中でも俺ぁ完全防備に固めてる。戦車なんてのも、自分でうそぶいたりするもんだが……
        巨大化ぁさすがにねえが、巨大ロボならあるいぁある、かも。 -- クラッツ 2010-09-04 (土) 00:01:56
      • 生半可な剣だと太刀打ちできなそうだなあ…こう、隙間を狙えば…(ブツブツ…)
        あるの!?(かも、は聞き流した)今度同行したら見せてよ巨大化!!すっげー! -- ランラン? 2010-09-04 (土) 00:08:30
      • あるかもってだけであるかはわからねえよ! うちの同僚が俺のロボット作ってるから、もしかしたらってだけだ……とりあえずしねえから。
        なんにせよ、生半可な攻撃ぁ通さねえのは確かだな。 -- クラッツ 2010-09-04 (土) 00:10:24
      • なんだないのか…(ガッカリ…)…ロボットだとう!?(ガタンッ)つくづく男の子の心をくすぐるな君は!何なの!
        じゃあ今度同行したらロボで来てよロボで!そんじゃまたねー!!(最初から最後まで人の話をちゃんと聞かずに手を振りながら帰っていった) -- ランラン? 2010-09-04 (土) 00:21:56
      • 本人に効かねえとわからねえが……俺と等身大なら見たことがあるな。確か。
        そして無茶言うんじゃねえ! んーむ、ファニーの奴に相談するべきか……とりあえず、又の機会に。な。 -- クラッツ 2010-09-04 (土) 00:25:59
  •   -- 2010-08-19 (木) 17:38:22
  •   -- 2010-08-19 (木) 17:38:22
  •   -- 2010-08-19 (木) 17:38:21
  •   -- 2010-08-19 (木) 17:38:21
  • これと言って問題もなし、と、お疲れ様!
    またうちの子がお世話になったらよろしくね♪ -- ハロン 2010-08-13 (金) 21:00:36
    • おう! お疲れさん。まあ平和なのぁ良い事さ。それじゃ、こっちこそその時にァよろしく頼むぜ。 -- クラッツ 2010-08-13 (金) 21:02:05
  •   -- 2010-08-08 (日) 20:43:48
  •   -- 2010-08-08 (日) 20:43:48
  •   -- 2010-08-08 (日) 20:43:47
  •   -- 2010-08-08 (日) 20:43:47
  •   -- 2010-08-08 (日) 20:43:47
  • (市井や冒険者であふれる夕時の街角。クラッツの姿をメガネの奥から見つめる制服姿の少女) -- リナリア 2010-08-07 (土) 22:36:02
    • (雪もやみ、積もった白を踏みしめ固めれば、その後は堅く。要塞の如き恐竜は、寒さに軽く身体を震わせながら街を行く
      少女の姿には気がついていないのか、ちょうど視界の外にいるのか、警邏の仕事に集中しているようだ) -- クラッツ 2010-08-07 (土) 22:38:14
      • あ… (人ごみの中に居すぎたか。自分には気付かなかったと気づくとクラッツに駆け寄っていく。手首に付けた鈴がリズムよく鳴る)
        (クラッツの横から彼を見上げるように覗き込み、メガネをずらした。 その下にある赫い瞳と、顔に刻まれた紋様) -- リナリア 2010-08-07 (土) 22:41:04
      • (聞こえてくる鈴の音。近頃、鈴の音が関わる事件に携わっていることもあってか、その音には敏感な反応を示した。更に、それがすぐ横で自分を覗いているともなれば……)
        って……なにしてるんだお前。(女子の格好。しかし顔の文様と、眼。恐竜はすぐさまそう判断を下した) -- クラッツ 2010-08-07 (土) 22:46:16
      • …あ、やっと気づいてもらえました。(小さく笑みを見せる)
        えーと…友達から制服を借りて…密偵(アンダーカヴァー)? ですかね。 -- エンリケ 2010-08-07 (土) 22:47:27
      • もしかして見える範囲にいたのか……そりゃ悪かったな。その格好だったら、お前なら遠目にまぎれそうなもんだが。線も細いしよ。骨格は隠せねえが……
        で、密偵? ほう……密偵か。感心なことをしてるな。変装も……まあ、上等だ。本気でやるなら、白粉でも塗るべきだろうが。(くっくっと、肩を揺らし) -- クラッツ 2010-08-07 (土) 22:50:56
      • …それが。 会う人会う人に…すぐ見破られているんですよね…化粧とかしたほうがいいですよね…
        …私の今の名前はリナリア・ザナルディ。 「治安維持者」の一員です。
        例の資料の調査でこの姿をしているのですが… 隙がなくて…掴み所がありませんね… -- リナリア 2010-08-07 (土) 22:53:26
      • そうかい? うっはは、そりゃ俺が恐竜だからなのかもな。やっぱり、人間とかその辺りと、恐竜じゃ美的感覚とかが違ってくるもんだろうよ。んで、今はそういう名前か……
        報告書に描いてあったのお前だったんだな、何者かと思ってたぜ……で、相手が……なるほど。さすがに一筋縄じゃあ行かねえわけだ。 -- クラッツ 2010-08-07 (土) 22:57:50
      • はい。 ヴェールさんにお願いして…私の情報を流してもらいました。
        私が最初に立てた仮説は…エンリケの部屋に「彼女」が来た夜…そこに現れた二人目が持っていた資料。
        ですから…「彼女」と「断罪の剣」につながりがある…と思っていたのですが… 違いました。
        恐らく…断罪の剣は、単に事件の調査の為に資料を横流ししているのだと思います。 …それは事件解決によって得られる名誉などの為なのか…そこまではまだですが。 -- リナリア 2010-08-07 (土) 23:05:52
      • どうやら効果ァ抜群だ。俺にぁ抜群だったよ。
        しかし、資料の横流しか……それが本当にあるとしたら、ある程度ぁあっちの手元にあったのもうなずけなくァない。
        資料を持ってるのぁ限られるだけにと思ってたが、それが事実なら色々と候補ァ増えてくるが……ふむ。 -- クラッツ 2010-08-07 (土) 23:10:25
      • 断罪の剣のメンバーにも接触したのですが… この件に関して大きく動こうとしているのは… 恐らく「一人」だけのようです。
        そして… 「彼女」と「矛盾の魔王」の接点…全て━僕の中では━繋がりました。(メガネを外してポケットにしまった)
        …本来、会議でこれは話すべき事なのですが… 一つ、みんなに言えないことがありまして… 今日はこうして。 -- エンリケ 2010-08-07 (土) 23:19:20
      • ひとりだけ……なるほど。(自分にもそれが覚えはある。いや、自身の予測とそれがあっているかはわからないが……恐らくそうなのではないか、と)
        どうやら、いい感じに蹴りが付いてきたようだな。それで……こうしてまでこそこそろするような、その一つ、っていうのが……。 -- クラッツ 2010-08-07 (土) 23:24:24
      • えーと… どこから話せばいいでしょうか… 先月、レイドさんに、僕の手についていた「矛盾の因子」を除去してもらい…魔王についてまたお話を聞きました。
        …それで、翌日… 「矛盾の魔宮」に行き…「矛盾の魔王」に会ってきました。 -- エンリケ 2010-08-07 (土) 23:30:39
      • なに……(眦の片方が、驚きに釣り上がる)そりゃ、驚いたな。直接行ってきたとぁ……そこまでやるとぁ正直思わなかったがよ。
        それで……どうだったんだ。直接行けば、って思えるだけのことがあったんだろう。 -- クラッツ 2010-08-07 (土) 23:34:32
      • …はい。 さっき、この格好で学園に行って…レイドさんにも話したのですが。 たくさん怒られました。
        「旋風」━ヴィルヴェルヴェント━は、「矛盾の力」を得た後…主にスラムで現れ、殺戮を繰り返し…最後は討たれた…
        それから半世紀が経ち…「旋風」と似た能力を持つ「鈴の音の妖魔」が今出現している…そしてナナシさんも「矛盾の魔王」について興味を持っていたという…
        …以前、円卓で僕は…「歴史は繰り返すのか」と言いましたが… どうやらその通りのようです。 しかも…50年を経て…「同じ」人物によって。 -- エンリケ 2010-08-07 (土) 23:40:30
      • 「名無し」は「旋風」だった、ってわけかい。そりゃまた、驚きの話だ……随分と昔の奴が出張ってきやがる。亡霊が……長く居座るってのは珍しからぬこととぁ言え。
        まるっきり、繰り返すなんてことになるとはよ。 -- クラッツ 2010-08-07 (土) 23:45:20
      • 過去の騎士団の記録にあった、「『旋風』に対しては武力をもって行使する騎士団の手法は通じない」という部分…それが「妖魔」にも共通する部分ですね…
        それで…あの… 「矛盾の魔王」に話を聞いた際に…「代価」を払ったのですが…それが…
        (白の手袋を外す。両手の平には、「妖魔」に染められたものとは明らかに違う、新しい「矛盾の因子」が刻まれている) -- エンリケ 2010-08-07 (土) 23:52:48
      • これで、一応方策を立てるめどが立ってきたわけだ。
        しかし、代価……ってそりゃあお前……むう。そこまでやっちまったのか。
        (具体的に眼にしたものがどれだけのものであるか。恐竜にはわかり用もないが、なんとなくは分かりもする。随分なことになったものだと) -- クラッツ 2010-08-07 (土) 23:56:04
      • …僕が払った代価は、「武器が持てない身体になる」。 この手で武器を握れば…体中を切り裂く感覚が襲う…という事のようです。
        …これで。 僕は前線には立てなくなってしまいました。(手袋をはめなおすと、何も言わずに申し訳なさそうに頭を下げ、被っているナースキャップを手で抑えてうつむく) -- エンリケ 2010-08-08 (日) 00:01:31
      • それでも、ものが持てねえよりかあいい……重大なことだが。(ぽん、と頭に大きな手を、包み込むようにおいて)
        そう落ち込むなっても無理な話だろうが、まあ、沈んでばかりもいられねえ。なんとなれば、武器をもたねえ戦い方だってあるもんだ。
        それに……いろいろ情報を得てきたことァ、間違いなく手柄だよ。よくやったな。 -- クラッツ 2010-08-08 (日) 00:06:49
      • …はい、ありがとうございます… そしてすいません…(頭に手を置かれ、声をつまらせながら答える。 瞳から淡い緑の粒子━エンリケにとっての涙━がこぼれた)
        それで…「矛盾の魔王」から…代価に見合うものとして…「魔力の結晶」をもらいました。
        レイドさん曰く、「これがあれば何でも、武器の代わりにも、例え死者蘇生だろうとも出来る。 しかしその分精神を侵す危険がある」ということで…
        本当の最後の最後、…「彼女」と対峙する時だけ…それを使おうと思っています。 …それを使った時、僕がどうなるのかは…全く予測がつきませんが… -- エンリケ 2010-08-08 (日) 00:12:23
      • (泣かれては、それ以上掛ける言葉もない。泣いた物をあやすのは、子供達との付き合いで知っているとは言え、自然に泣き止むのも待つのがいい時があることも知っている)
        涙か……お前がもらったっていうそれも、今のお前を見ているとますます危険な代物に見えてきやがるぜ。
        できる事なら、それを使わねえやり方を見出そう。今のお前になら……その副作用ぁ昔のお前より遥かに効きそうだ。 -- クラッツ 2010-08-08 (日) 00:16:36
      • (自分の瞳からこぼれたものを指ですくって見つめ、驚きの声を小さく上げる。 彼自身にも初めての経験だったようだ)
        はい… なるべく使わずに…出来れば、いいのですが。   ━僕が冒険者を辞めた理由は… 戦うこと、剣を握ること以外の生きる道を探そうと思ったから、なのです。
        ですから… 僕がこの代価を選んだのも…一つはそれがありまして。  …騎士団のあり方に疑問があるわけではありません。 ただ…「平和」というのは…力だけでなくとも保てる…理想、幻想かも知れませんが。 それを目指したいのです。 -- エンリケ 2010-08-08 (日) 00:29:33
      • なるほどな……(浮かべられた驚きに微笑を)
        うまい具合に当てはまって、それを代価にすることにできたわけか。いや……そういう考え方も俺ァ否定しねえさ。
        そうやってえられるものがあったってきっと悪くァねえ。長く重ねられた歴史の中じゃあそういうのだってあったはずだ……やってみろ。 -- クラッツ 2010-08-08 (日) 00:33:12
      • はい… これから僕が目指そうとする所は…とても険しいものだと…それは覚悟しています。
        …ですので、団になるべく迷惑をかけないつもりでいます━既に彼女を引き寄せてしまった事自体でもうかけているので━。 (そう言うとメガネをかけなおしてキャップを直す)
        …それでは私はここで。 また、エンリケとして…円卓で会いましょう。(深く頭を下げるとクラッツに背中を向け、また鈴の音を響かせながら喧騒の中に消えていった) -- リナリア 2010-08-08 (日) 00:40:58
      • ……それでも、遠慮することぁねえ。俺ぁお前をかけがえねえと思ってるよ。それじゃ……またな。 -- クラッツ 2010-08-08 (日) 00:45:23
  •   -- 2010-07-29 (木) 21:47:00
  •   -- 2010-07-29 (木) 21:46:52
  •   -- 2010-07-29 (木) 21:46:52
  • (円卓での会議が終わり、解散の流れになった時…誰にも見られないように、クラッツに目配せをした、抱えた資料を小さく指さしながら) -- エンリケ 2010-07-28 (水) 00:12:33
    • (席を立ち、戻ろうとした間際、エンリケの視線に気がつく。指さした先に視線だけを促せば、うなだれるような形で頷きを見せた) -- クラッツ 2010-07-28 (水) 00:14:49
      • (クラッツの目を見ながら彼に背中を向け…ごく自然に円卓を出る。 その時に一瞬だけクラッツの方を向き、「むこうへ」と声に出さずに伝え…円卓を出てすぐ、人目につかない廊下の角へ向かった) -- エンリケ 2010-07-28 (水) 00:17:29
      • (周囲に少しだけ目配せをすれば円卓の椅子を片付け、人の目が少なくなってからエンリケのあとを追った。意識は周囲に注ぎ、気配を見ながらにエンリケの場所へ)
        ……よし。誰もいねえはずだ。(大きな身体を隠しきれるよう、廊下の角を大きく曲がり、収まるように) -- クラッツ 2010-07-28 (水) 00:20:03
      • (クラッツが角を曲がったとき、エンリケは廊下の行き止まり、灯が当たらず暗がりになった場所にいた)
        すいません… もう遅いので、お時間は取らせません… ただ、ひとつ…伝えたくて。
        (そう言って自分の部屋で撒かれた資料を指差す) …これ、どう…思いますか。 -- エンリケ 2010-07-28 (水) 00:21:44
      • いや、構わねえよ……で……それをどう思うか、か。
        既に型遅れになった資料とぁ云えども、うちじゃあそうそう廃棄したりァしねえはず。きちんと保管されてるのがこうなってるとなると……
        っていうことなら、空恐ろしいもんだ。
        だが話の中から考えれば、その中に分かっているというだけのものがある……というふうにも聞こえるな……どっちだ? -- クラッツ 2010-07-28 (水) 00:27:33
      • えぇ… 前者、ですね… 今の会議では…実は、事実を話しましたが… すべてを話しませんでした…
        (昨年12月、「彼女」が来た時の事を会議の時よりも事細かに伝える。 資料を部屋の床に落としたのは…件の「彼女」ではなく…突如現れた「2人目の女」であった、と) -- エンリケ 2010-07-28 (水) 00:30:33
      • 前者か……二人目の女、だと? 二人目の女……「ナナシ」と一緒に、もう一人、ってことか。
        複数犯……元は一緒の可能性もあるが……むう。複数犯の可能性もあるとなると……
        聞いた限りどちらも超常的だが、入ってこれるだけのものがあり、そして資料の場所に覚えがある……。 -- クラッツ 2010-07-28 (水) 00:34:14
      • えぇ…資料が落とされた瞬間には…2人目の姿は消え… 「彼女」は静かに部屋を出ていきました。
        「色々収穫があったから帰ろうかしら。 愉しかったわ」と「彼女」は去り際に言いました… 収穫、と…この資料…そして…この…著者… -- エンリケ 2010-07-28 (水) 00:37:12
      • 著者……あいつがか? しかしあいつがそういうことをしてなにがある……
        (著者まで出したふくみ……あるものかないものか、それを捉えて顔をしかめると)
        確かに一番持ち出しやすいのはそうなんだが……。 -- クラッツ 2010-07-28 (水) 00:47:33
      • はい…もちろん、「彼女」と「著者」の接点や関連は…状況だけでは…ゼロです。
        ですから…これからは…「彼女」と「著者」…二つの側面から…調査をしていく必要があると思います。
        騎士団ともう一つの自治組織…その二つに属する…そして、(資料を抱きしめたまま、本文の一部を暗唱する)
        「職質をかけたがのらりくらりと回避…『クダン』の偽名を名乗る? 情報元…『断罪の剣』…」
        …僕がクラッツさんにだけ、伝えたかったのは以上です─本当は、クラッツさんとメイルさんだけであればあの場で話したのですが─。 それでは…僕はここで…
        ありがとうございました…(深く頭をさげると角から廊下を覗き、誰にも見られないように騎士団本部を出て行った) -- エンリケ 2010-07-28 (水) 00:53:59
      • ……わかった。今日ぁ、これでな。
        ……断罪の剣、か。確かにあいつァあっちにも居るって話だがよ。むう……(自身もまた、帰途についた) -- クラッツ 2010-07-28 (水) 00:57:01
  •   -- 2010-07-20 (火) 22:07:39
  •   -- 2010-07-20 (火) 22:07:38
  •   -- 2010-07-20 (火) 22:07:38
  • 今月はお疲れ様。……もっとも、私にもあなたにも今一だったようだけど
    それにしても随分魔法の扱いに慣れているのね?見かけで判断していたから最初驚いてしまったわ -- リルテュール 2010-07-18 (日) 23:09:31
    • ああ……おまえさんかい。こちらこそお疲れさんだぜ。さすがにまあ、あれくらいでってのぁ確かにあったな……
      魔術についてァな、俺も驚いてるよ。意外と、やれば出来るもんだってね。そう言うのが使える波が来てるのかも知れねえな……。 -- クラッツ 2010-07-18 (日) 23:15:10
      • あら、妙な言い回しね。……今回が初めてではないの?二回以上冒険に出ている者は少なくないようだし…… -- リルテュール 2010-07-18 (日) 23:21:42
      • あいにくとな。何回かやられては、その都度やり直しを繰り返してる身でねえ……お察しのとおりだよ。
        普段ぁ、でけえ剣ぶん回してるんだが、今回見てぇなのもありなのさ。 -- クラッツ 2010-07-18 (日) 23:24:19
      • ……見た目通り頑丈なのねー。引退の方も考えてはいたんだけど……
        でしょうね。力任せの方がらしいもの。……ただ、魔法に転科して大成したらそれはそれで複雑そうだわね? -- リルテュール 2010-07-18 (日) 23:33:37
      • まあしばらくぁ……引退もねえだろうな。頑丈な分だけ体ももつだろうし……意思も未だある。
        なぁに、魔法で大成したらその時ぁ戦車が砲台になるだけって話だ。弓でも同じことァ言えるな。ものぁやりよう考えよう。どうにかなるってよ。 -- クラッツ 2010-07-18 (日) 23:36:22
      • そう。……あ、いえ。引退したけど改めて、という流れだったのかしら、ともね?頑丈さにかまけて意志の続く限り冒険者なのも良いでしょうし
        なるほど。それもそうか……頭は柔らかいのねー(感心するエルフ)
        さて、それじゃ今日はこの辺で。また組む事があったらその時はよろしくね? -- リルテュール 2010-07-18 (日) 23:48:13
      • ああ、そういう事な……引退……これまでにあっただろうか。一応騎士団で背景になってた事ァあったといえ……。
        ん、もう行くか。こちらこそ、また機会があったら宜しく頼む。ほんじゃあな! -- クラッツ 2010-07-18 (日) 23:53:04
  • さてと、とりあえずこれが最終出荷となる(何度目になるか。恐竜騎士を呼び止める鎧工)
    売り場での反応は「でもお高いんでしょう?→ほらやっぱりね」という感じだが、財布(キャパ)の状態次第で
    考えてみようという向きも見られた。いくつか問い合わせもあったし、もうちょいといったところだと思う -- 2010-07-15 (木) 22:49:01
    • む……ああ。(なれたものなのか、みえた姿に、箱の中身を検めにかかった。なれた手つき。)ほう……これがとりあえず最終出荷、な。
      しかしそうか、そういう声が……そりゃあありがたい話だぜ。ほんで、今回のはスリムなタイプと……なるほど、特に問題はないようだ。 -- クラッツ 2010-07-15 (木) 22:52:21
      • 結構。なんだかんだで手間を取らせてしまったな、とりあえず今回は打ち止めだがまた品物が溜まったらってことで
        そうそう、協力への感謝のしるしとしてこんなものを用意した。鎧竜にはどう見ても必要のないものだが、
        このまま置物にして飾っておくなり、あんたが気に入った人間に与えるなり、好きに使ってくれ -- 2010-07-15 (木) 22:56:47
      • なぁに、俺としても楽しい時間だったともよ。何れにそう言うのがそろったらまた店に来てくれればいいが……
        へぇ!? こりゃあ……はっはっはっ! いやまあ仰る通り、俺にぁいらねえが……いいのがいたらこえかけてみるかね。それまでぁ部屋の賑やかしにさせてもらおうか。 -- クラッツ 2010-07-15 (木) 22:58:36
      • 少し前までは呼吸するようにパーツが組みあがったものだが、今はまあ…やってみたらこんなものだ
        (楽しげな声にこちらも笑みまじりに)俺のほとんど唯一の芸当でね、喜んでくれたならこちらも嬉しい
        それじゃ、次に会うときははじめましてからだな。その時にはよろしく頼む(サイカニアアーマーを残して立ち去った) -- 2010-07-15 (木) 23:05:09
      • へっへっ、そりゃあ羨ましい芸当だな……今は、なんて言うがよ……
        ありがたい限りさ。それじゃあ、また初めましてからか……わかった。
        じゃあよ! また、会おうぜ!(見送ったあと、鎧をしかるべき場所へと運んでいった) -- クラッツ 2010-07-15 (木) 23:07:51
  •   -- 2010-07-13 (火) 19:36:09
  •   -- 2010-07-13 (火) 19:36:09
  •   -- 2010-07-13 (火) 19:36:09
  • (翌月晩く。道端で木箱に座って煙草を吹かしている鎧工)
    格好良い形、格好好い姿。ひと月程度頭をめぐらせた程度ではやはりわかるものでもないか -- 2010-07-12 (月) 02:53:25
    • ふぅむ……さて、そうだな。お前らしさが出てるとァ、間違いない。やっぱりなまじっか迎合するよりかぁ、自分のを貫き通すって手もあるが。
      結局、好きにやってりゃいいとしか言えねえのが俺の悲しさだ。 -- クラッツ 2010-07-12 (月) 02:58:11
      • まったくだ。絵に描くのも言葉に表すのも、結局自分の中にある部品をなんとか組み合わせて形にするほかにないんだろう
        あと、騎士団の口利きをこうして頼んでいるには商店への便宜のほかにも理由があってな?(前回どおり鎧の部品をならべながら) -- 2010-07-12 (月) 03:03:58
      • 下手に他へなろうとするよりも……自分の部品でどうにかしてみせるのが上等なやり方ってもんかもな……
        他にも理由が。 へえ? そりゃあ、なんだい。 -- クラッツ 2010-07-12 (月) 03:05:01
      • 信用よ。騎士団はもっとも歴史があり、さまざまな切磋琢磨を経ているからな
        そこに入るような筋金入りのやつになら、この甲冑を任せられる。
        というわけで、少なくとも俺はこの紹介状を重過ぎると思っちゃいないよ(用意の書面を振ってみせた) -- 2010-07-12 (月) 03:10:47
      • なるほどね。そりゃあ納得行った。ひとつの甲冑を任せるにせよ、それが渡るのならとぁ、職人として考えずにァ居られねえわけだ。
        俺も期待してるぜ。誰か引きとって入ってくる奴が居ることをよ……ともあれ、今回のもOKだ。今日のところ、俺ァそろそろ寝ることにするぜ。 -- クラッツ 2010-07-12 (月) 03:14:08
      • それにだ、俺たちが何かの理由でここから離れるとしても、誰かに何かを残せるというのは悪い気分じゃないだろうさ
        ああ、お疲れさんだ。俺はこれからが本番だな…(去っていく木箱の背中) -- 2010-07-12 (月) 03:17:47
      • 確かにな……それじゃあよ、おやすみ。また会おうぜ。 -- クラッツ 2010-07-12 (月) 03:19:02
  • 調子はどうだ、鎧竜の。たびたびのことですまないが、品物の検分を頼めるか
    (木箱を開け藁束の緩衝材を取り除けると、前回よりもいくらか細身のが姿を現す) -- 2010-07-10 (土) 01:01:43
    • ぅぅん? ああ……お前か。久しぶりだな……この間のァ確かに確認したぜ……
      で、今回もそれだな、どれどれ……へぇ。
      (覗き込んで眼にした鎧は、これまでになく細身に見受けられた)今までにないタイプだな……細めで。でも、いいんじゃねえか。俺ぁ問題ねえよ。 -- クラッツ 2010-07-10 (土) 01:03:39
      • ああ、この時点で変な仕掛けがないことだけ確認してくれりゃそれで十分だ。なにか仕込むなら買った者がやるだろうしな
        とはいえ、未だ注文は無しのつぶてか。工房でも少々デザインが尖り過ぎたかと反省しているところだ -- 2010-07-10 (土) 01:14:53
      • おうよ、わかった。まあ大丈夫だろう……(甲冑に触れ、一部持ち上げて見ながらの確認を。細かく一つ一つ確認を重ねれば)
        どうやらそうらしいな……玄人好みはしそうなきもするんだが……今回のはその反省が生かされてるって感じがするよ。幅広い層に受けがよさそうだ。 -- クラッツ 2010-07-10 (土) 01:17:50
      • 騎士団は古い組織なだけに、店のほうにも信頼されててな。そういった点では助かっているよ
        こちらはこちらで、手癖だけで鉄を打っ叩くのではなく…もっと市場の需要に目を向けてみるとしよう
        没落貴族の出戻りとか、そのへんが買い手のねらい目だと思っている。それじゃな(木箱を背負い上げ、くだけた敬礼を送った) -- 2010-07-10 (土) 01:30:43
      • 歴史あることのよさだな、まったく。お前の味が出てる奴ぁ俺の好みなんだが、世うけしなけりゃあ辛いところもあるか……
        ああよ! それじゃあな。またいつでも来るといい。 -- クラッツ 2010-07-10 (土) 01:33:24
  •   -- 2010-07-07 (水) 19:44:44
  •   -- 2010-07-07 (水) 19:44:43
  •   -- 2010-07-07 (水) 19:44:43
  • 残念、次も一緒かと思ったら分かれちゃったねー -- リラ 2010-07-06 (火) 16:35:42
    • そうみてえだなあ……っても、一度ああしてなんどもなったんだ、またごいっしょなんてことぁ十分にあるだろうよ。 -- クラッツ 2010-07-06 (火) 16:37:19
      • うん!おっきいのいなくなるとちょっとふあんだにゃー…そだ、今度一緒になったら故郷の話でも聞かせてにゃー竜がいっぱい居る所とか興味がありますにゃ!(ぺちぺち) -- リラ 2010-07-06 (火) 17:08:01
      • ははっ、どうやら頼られてるようで……悪い気分じゃねえな。いいとも! その時にぁうちの国の話をしてやるさ。それに俺の故郷の話も。
        竜の話ぁ色々あるから聞いててきっと楽しいぜ。 -- クラッツ 2010-07-06 (火) 17:19:56
      • やーにめーとるの盾があるとないとでは大きな違…ゴフンゴフン(せきでごまかしながら冗談っぽく)
        えへへ、じゃあ約束にゃ!それまで頑張って生きてるのにゃんよー?ゆびきりー(おっきい手、小指に自分の小指をくっつけて)…おっきくてできない…ま、いいか!ゆびきりげんまん!
        んじゃまたにゃっ!(ぱっと手をはなしてにゃーにゃー賑やかに帰っていった) -- リラ 2010-07-06 (火) 17:31:11
      • ガッハッハッハッ! 正直なのぁいいことさ。おれだって、自分の役割くらいわかってるよ。それが一番俺が活躍できるところだからな。
        (自身の小指に重なるそれは、さすがに大きさのこともあって難しい。さらに鎧われ厳つければなおのこと)よし……なあに、これで十分だ。ほんじゃ! 又の機会を楽しみにしてる。
        元気でいろよ!(大きく太い腕を振り、その姿を見送った) -- クラッツ 2010-07-06 (火) 17:38:31
  • 鎧竜の騎士さんよ、一寸頼みがあるんだが聞いて貰えるか
    (クラッツを呼び止める、どこか見覚えのあるようなないような甲冑の男。足元には木箱がふたつ) -- 2010-07-03 (土) 19:14:50
    • (ぴたりと、その足が止まった。2m50cmの巨体はゆっくりと振り返って、その姿を確認する。妙な格好をしている男だと、軽く驚きを見せながらも、それ以上はお首にも出さず)
      ……俺に頼み? なんだい、事と次第に寄るぜ。 -- クラッツ 2010-07-03 (土) 19:17:22
      • そう込み入った話でもない。こんど鎧を?で売り出そうと思っているんだが、騎士団の口利きがほしいんだ
        (//具体的には、斡旋所に『黄金騎士団への加入必須』という条件を付けて登録しようと思っているが、差しさわりがないかどうかを伺いたく) -- 2010-07-03 (土) 19:21:29
      • ……この鎧ァ……。(示された鎧と、目の前の甲冑の様式。なるほどと、合点が行く)ふむ、どこかで見たような鎧だと思ったが……
        ああ、いいぜ。こっちとしちゃあ構わねえ。
        //こちらとしては問題ないですね -- クラッツ 2010-07-03 (土) 19:24:47
      • おっと(手を挙げてさえぎる)今は昔のこととは無関係だと思ってくれ。このためだけに冒険者登録するのも何だったんでね
        品物はきれいな鉄を打っ叩いてつくったまっとうな品物だ。それじゃ、騎士団の繁栄を祈ってるぜ
        (//集客にお役に立てたら幸いです。のちほど登録しておきます) -- 2010-07-03 (土) 19:31:23
      • ……そうかい、わぁったよ。(両手を軽く上げて、了解のいを伝えれば)なるほど、そりゃあありがたい限りだ……騎士団のことを思ってくれてよ。
        こっちも、力のかぎりもり立てていくさ。ありがとよ。
        //ご厚意に感謝します……嬉しいですねえ -- クラッツ 2010-07-03 (土) 19:38:04
  •   -- 2010-06-07 (月) 18:56:12
  •   -- 2010-06-07 (月) 18:56:12
  •   -- 2010-06-07 (月) 18:56:12
  • (風が一陣吹くと空からふわりと降りてくる)ええと…まずは謝らせて貰おうかな、本当に申し訳無かった(キチッと90度の角度で頭を下げて)
    そして無事で何よりです、正確には何事も無かった…という訳でもありませんが生きていて下さり -- ロンズ? 2010-06-05 (土) 20:08:21
    • おお……今回ご一緒だった。ははっ! いやあ、やられちまったな。でもこの通り、大丈夫だったよ。わざわざ来てくれて……ありがとう。
      まあ俺ぁ丈夫さがとりえだからな! -- クラッツ 2010-06-05 (土) 20:36:35
      • いえ、今回の件はこちらに非がありますからね(探偵事務所と書かれた名刺を差し出す)
        何かご入用がありましたらご連絡下さい、この借りの分は無償で働かせて頂きますよ。私としてもあまりに申し訳ない(表情は変わらないが声には申し訳無さそうな雰囲気がある) -- ロンズ? 2010-06-05 (土) 20:49:42
      • そうかい? まあ、その気持ちあありがてえな……ん。(差し出された名刺を受け取ると)
        探偵……へえ。そうしう仕事もしてたのか……わかった。なにかあったら頼らせてもらうぜ。今回のことも、その時に返させてもらうさ。 -- クラッツ 2010-06-05 (土) 20:56:13
      • (肩を竦めて苦笑して)仕事は全く来ませんがね(指をパチリと鳴らすと手の上に洋菓子店のクリームワッフルが入った紙袋が現れ)
        あまり怪我人を前に長居も悪い…それでは私はこれで、養生して下さい(紙袋をクラッツの前に置くと踵を返した)それではまた -- ロンズ? 2010-06-05 (土) 21:02:33
      • おおっ……手品まで得意とァな。それなりに耳にも通りそうだが……そういうもんかい。
        んじゃあ、ありがたくいただいとくぜ。(紙袋を持ち上げて)それじゃあな! また会おう。 -- クラッツ 2010-06-05 (土) 21:09:02
  •   -- 2010-06-03 (木) 19:12:02
  •   -- 2010-06-03 (木) 19:12:02
  •   -- 2010-06-03 (木) 19:12:02
  •   -- 2010-06-03 (木) 19:12:02
  • こ、こんにちはクラッツさん、今月もお疲れ様でした「おーつかれーい」 -- シンディ 2010-05-30 (日) 19:09:22
    • んお? おお! シンディか。はっはっ、お疲れさん。先月ぁ報告書に依頼書の封が固くて読む気にならなかったが……一緒だったなあ。 -- クラッツ 2010-05-30 (日) 19:10:42
      • えぇ・・・あんまり固いものだから何かあるんじゃないかって少しびくびくしてしまいました・・・「次回は違うみたいにゃけど次の次はまた組むかもにゃ、よろしくにゃーね〜」
        (それではーと去っていった) -- シンディ 2010-05-30 (日) 19:13:42
      • そっちも困っただろう……まあ特に怖いことも無かったわけだが。今月ァ普通だしな。
        こっちもまたご一緒する時を楽しみにしてるぜ! またな! -- クラッツ 2010-05-30 (日) 19:16:06
  • (クラッツ宛に女から手紙が届いている、そこには急に旅立たなくてはならずろくな挨拶もできなかった事への謝罪と
    騎士団の事をよろしく頼むという事と、最後に共に団員として過ごせた事を誇りに思うという
    内容が書かれていた) -- ミネルヴァ&ミゲル 2010-05-30 (日) 17:14:54
    • (部屋に届いていた一通の便箋。大きくごつい手で、起用に開いて目を通せば、些か寂しげな笑顔と小さなため息を吹きかけて)
      もういっちまったのか……お疲れ様でしたミネルヴァ卿。それでも同じ空の下、過ごしてぁ居るんだ。また会いましょう、何れの時にか。 -- クラッツ 2010-05-30 (日) 19:01:07
  • おー…凄い久しぶりになってしまったが…なんだかんだでクラッツも健在だったか
    というかそれどころかまだ今もなお現役か!やるもんだなー…俺みたいな楽隠居とは大違いだ(笑って言いながら)
    あぁ俺のほうは街移転で妻の実家に引っ越すから…ここでお別れってところだな -- リュッケ 2010-05-24 (月) 20:09:45
    • よう! はっはっ、今更誰が俺のところを尋ねてきたかと思えば……お前だったか、久しぶりだな!
      んまっ、一刻ぁ殆ど隠居見てえなことしてたんだが、一念発起してな。今また現役してるってわけだが……
      ふむ、そうか。流石に長く合ってねえとずいぶん生活も変わってくる……向こうでも、元気で暮らせよ? -- クラッツ 2010-05-24 (月) 20:12:05
      • クラッツの即反応だったせいで見逃してた、相変わらず反応早いな!?最新で確認タイプには辛い!
        なるほどなー…まぁそれもお前さんの人生だ、騎士団って居場所もあるんだし現役も悪くないだろうさ
        おぅ、そりゃもちろんだ!…元気すぎて子供の数が2倍以上になる可能性はあるがな!
        そういう意味ではトーネの資産頼りになりそうなのはちょい心苦しいものもあるがなー(流石に苦笑しながら) -- リュッケ 2010-05-24 (月) 21:04:31
      • 目にも留まらぬ速さとはこういう事だ……俺ぁ一斉更新で確認するから、っていうか俺も細心で確認だったのがそういうこと多かっただけにそういう風にするようなったんだがね。
        とりあえず、騎士団がつづいている以上もうしばらくぁ現役だろう……お前こそ、随分元気じゃねえか! 子供そんな増やそうなんて。
        そういや、奥さんが大したもんだってのぁ噂に聞いてるぜ。男としちゃあ、複雑か。 -- クラッツ 2010-05-24 (月) 21:07:18
      • あー、なるほどなー…俺も気をつけてはいるんだがな、定期的に見るようにはしてたりとか
        ハッハッハ、今で7人だからなー…まぁかみさんが4人もいれば当然数も増えるし
        トーネか?暗黒の王であり行ける伝説だからな…複雑じゃないといったら嘘だが、それも許容してこそ男ってもんだろ?(ニヤリと笑って) -- リュッケ 2010-05-24 (月) 21:11:05
      • 見落としているとなにかと辛いからな、自分の心とかいろいろと。
        しかし現状7人……この辺りって一夫多妻制だったか……? だった気もする。昔から嫁が多いのぁ至って聞いてるだけに、なるほど。それならそれだけ出来るだろうってのも納得だ。
        へへっ! 男としちゃあ冥利につきるだろう。女4人に子供うませてって。ともあれ、そういう生活を送るにしたってお前なら大丈夫そうだな! -- クラッツ 2010-05-24 (月) 21:15:46
      • 全くだ、俺の場合自分のコメントとか見落としがちだから困る。あったらその日は反省会ってところだ…
        一応はその制度はあるんだが風当たりは強くてなー…未婚も多いんだし、本人たちがいいならいい気もするんだがなー
        おぅ、これ以上ないってくらいだが…あと1〜2人増えても…とはいえ、流石に俺の体がもたんか…まぁ4人全員幸せにしてやる覚悟…いや絶対にし続けてやるぞ(笑顔で断言しながら) -- リュッケ 2010-05-24 (月) 21:24:00
      • どうにか、気を付けていきたいもんだ。
        一応あるにぁあるが……あまり浸透ァしてねえわけだな。一夫一婦文化圏の出身おおいってことなのか、頑張れ!
        っても引っ越すんだよな。あっちだと快く迎えられりゃあいいが……エンジョイしてるのぁわかって安心した。 -- クラッツ 2010-05-24 (月) 21:29:01
      • なあに、むしろその土地の風土を変える勢いでいけばいいと思うぞ!なんたって生ける伝説に英雄級の夫もいるんだしな!(笑って言いながら)
        まぁクラッツも小さなちびっ子たちってあれはもう大きくなってるだろうが騎士団のこともあるしな…無理はするなよ?
        んじゃ、これで最後だが…元気でやってけよ?あぁこれは最後の餞別だ、俺のお勧めの銘柄だ(コーヒーの小瓶を投げ渡して)
        そんじゃ、また会えたらお茶でも飲もうなー(そのまま振り返らずに帰って) -- リュッケ 2010-05-24 (月) 21:35:13
      • はははははっ……! いい度胸だ。郷に入っては郷に従えというものの、そういう考え方も悪くねえ。やってみやがれ!
        とりあえず預かってたガキどもぁすっかりでかくなって独り立ちしちまったよ。寂しいやら嬉しいやら……ま、そうさせてもらうさ。いずれにせよ。
        そっちこそ、げんきでな。それから、ありがとよ。(ぱし、と、しっかり揺るぎなく受け止めると)
        こっちからもよろしく頼む! じゃあよ!(見えなくなるまでその姿を見送った) -- クラッツ 2010-05-24 (月) 21:39:39
  •   -- 2010-04-30 (金) 19:15:23
  •   -- 2010-04-30 (金) 19:15:09
  •   -- 2010-04-30 (金) 19:15:02
  • 無記名の無愛想な手紙が届けられた
    「元気でいるならば何よりだ、死ぬまで生きろ」 -- 2010-04-15 (木) 00:51:44
    • (届けられた手紙。簡素で、名前もなく、味も素っ気もない、とは正直な感想。開けてみれば内容もまた同じく)
      こいつぁ……(目を通すとしばし沈黙した後、そっと引き出しへとしまい込んだ) -- クラッツ 2010-04-15 (木) 00:55:41
  • 「…んー、何というか、ガッカリな依頼だったね…ま、まあ死ぬ様な依頼よかマシって考えるべきかな?
    また一緒の時は宜しくね、グラッヅさん!」(意図せず名前を間違うポニテ あの咆哮が聞こえてきそうだ…) -- マリル 2010-03-24 (水) 22:50:14
    • おっと……よう、今回同行させてもらったマリルだったな。まあなあ……そうした考えの方が何かといいだろ。精神衛生云々かんぬん。
      こちらこそ……ってえ! むうう、ファニーにも、いや、メイルがいたからそのつながりか……そのなまえをきくとぁな! -- クラッツ 2010-03-24 (水) 22:52:27
  • どうにも眠気に負けるわね…(眠そうな顔で)お疲れ様…来月は別のようね、まあそれが当たり前かしら…
    どうにも思考が纏まらないわね…それじゃ(欠伸をして異空間を作り出すと消えていった) -- ベアトリーチェ? 2010-03-16 (火) 01:26:56
    • 生き物の持つ大きな欲求の人つだ、無理もねえ、そのなか来てくれた事ぁ、なかなかぐっとくるもんもあるな……
      ともあれお疲れさん。別れ別れなのぁそういうもんだろう。ともあれ、元気にいろよ。また会おうぜ。 -- クラッツ 2010-03-16 (火) 03:01:05
  •   -- 2009-09-21 (月) 21:25:48
  •   -- 2009-09-21 (月) 21:25:46
  •   -- 2009-09-21 (月) 21:25:44
  • 駄目でした…(がっくりと膝をついて項垂れる女、包みに入ったチョコは去年よりはまともな形をしてるが)
    (どこをどう間違ったのか目にしみるような香辛料の香りがする…) -- ミネルヴァ 2009-08-13 (木) 22:11:42
    • 駄目でしたか……(遺憾の意を表明する面持ちで目を伏せる恐竜。片膝をついて高さをあわせた)&br:……しかしまあ、ここからでもこの……辛そうなにおいがするってのぁ、一種の才能かと……。 -- クラッツ 2009-08-13 (木) 22:13:11
      • その、世の中には…辛いチョコがあると聞いたので、これならいけるのではと…作ってみたら…
        ちなみに、ミゲル君は…食べた瞬間、台所へ水を求めて、走っていきました…
        (そもそも実力に合わないものを作った事が悪い事に気づかない女) -- ミネルヴァ 2009-08-13 (木) 22:18:08
      • ミゲル……(熱くなった目頭を指で押さえつつ)ちっとばかり、飛びすぎたってところでしょうか……。
        むう、辛いチョコ……俺も、話だけなら、聞いた事ぁありますが……。 -- クラッツ 2009-08-13 (木) 22:20:18
      • とりあえず、置いておきますので…気が向いたら試しに一口、食べて見て下さい…
        それでは、私はこれで…また、来月…
        (罰ゲームにでも食べさせられそうなチョコを置いて帰る女、貴方は食べてもいいし他人に素知らぬ顔で食わせてもいい) -- ミネルヴァ 2009-08-13 (木) 22:26:56
      • ううむ……わかりました。でぁ、これで……(ミネルヴァが去っていくのを見送ると、一口食べてみた) -- クラッツ 2009-08-13 (木) 22:32:26
      • (クラッツが口に入れた瞬間、一瞬カッ、と口の中が熱くなる、次いで来るのはまさに暴力とでもいうような怒涛の辛味
        絶え間なく続く舌への刺激がクラッツを容赦なく襲う!) -- 2009-08-13 (木) 22:38:45
      • ぐほぁっ!?(たまらずえづく恐竜)こりゃあ……俺でこれなら……ミゲルっ! 骨は拾ってやるぞ……。(水を飲みに行った) -- クラッツ 2009-08-13 (木) 22:41:46
  • 今晩は、クラッツさん。何だか、先程円卓で、あったばかりだから…改めてここで話すと、いうのも…
    何だか不思議な感じが、しますね… -- ミネルヴァ 2009-08-10 (月) 22:33:41
    • 今さっきのことでしたからねえ……ようこそ、ミネルヴァ卿。まあ俺としちゃあ、大歓迎なんですが。どうぞ、あがってください。 -- クラッツ 2009-08-10 (月) 22:35:20
      • お邪魔します…その、孤児院での生活には…もう、すっかり慣れたようですね…。
        後は、あの子達が成長するのを、見守るだけでしょうか?…クラッツさんは、子供達が無事、成人したら…
        今後は、どうされるおつもり、なのでしょうか? -- ミネルヴァ 2009-08-10 (月) 22:37:39
      • ここでの暮らしも結構長くなりましたし、すっかり身について……そうですね、あとは、あの時小さい連中が大きくなるのを見て。
        もう何人かぁ自立してるくらいですし。そう遠くねえと思いますが……。
        へへっこれが……いまいち決まってないんですよねぇ。 -- クラッツ 2009-08-10 (月) 22:40:30
      • クラッツさんなら、力もあるし…細かい作業も、得意なようなので…どんな事をやるにしても、何とかなりそうですね…
        いっその事、ここで暮らすというのも…選択肢としては、ありなのかも、しれませんが…
        (来る途中に見えた孤児院を思い返し) -- ミネルヴァ 2009-08-10 (月) 22:45:46
      • つぶしがきく、か。考えてみりゃあそうですね。今ぁこうして、忙しく、仕事しながら暮らしてると気がつきませんが。
        そういうことを考えると、俺ぁ、結構つぶしきくんだなあ……。
        さて、先のことぁ分かりません。騎士団も、まだまだ仕事抜けるつもりぁありませんしね……。 -- クラッツ 2009-08-10 (月) 22:48:53
      • ふふ、帰還までの円卓の管理、いつも感謝しています。何人か、残るとはいえ…
        いるのは騎士以外の、方々ですし…今まではどうしても、警備が手薄になってしまいましたから…
        昔は、盗られる様な物も、なかったのでしょうが…今は、装備品などが、ありますからね… -- ミネルヴァ 2009-08-10 (月) 23:01:40
      • 俺が居る分ぁ、きちんと管理も行き届かせておきますよ。これまでどおりにね。俺もこの生活ぁ楽しいですし。
        ああ、装備品を武器庫へ放り込んだわけですしね。そのぶんぁ、ちっと取られるのぁ辛いものがある。いや、他の書類ナンヤラもあれですが……
        ふむ……俺ぁそんな感じですけれど……ミネルヴァ卿ぁ、いかがですか? まだまだ、道を行くって感じぁしますが……本当のところ。 -- クラッツ 2009-08-10 (月) 23:04:48
      • そう、ですね…私は…もう少しだけ、続けようかなと思っています。後二つ…やる事が残っていますので…
        それが終わったら…故郷へ、帰ろうかなと…。色々あって、飛び出してから…一度も、戻ってないのですが…冒険中に、見られたのか
        この間、手紙が来まして… -- ミネルヴァ 2009-08-10 (月) 23:22:37
      • やることが終わったら、故郷へですか……それぁ、寂しくなっちまいます。その、したいことってのぁ……
        へぇ? 手紙が? なるほど、居るところには居るもので……。ええ、それで。 -- クラッツ 2009-08-10 (月) 23:25:55
      • ええ、一つは…近い内に、出来そうなのですが、もう一つは…正直、未定としか…。
        ただ、それが終わっても、すぐに帰る事は…ないと思いますので…どうかご安心を。
        さて、長く、居過ぎましたね…今日は、とりとめもないお話しに付き合い頂き、ありがとうございました。
        それでは…(一礼し、孤児院を出て行く) -- ミネルヴァ 2009-08-10 (月) 23:51:27
      • 未定、ですか……なるほど、ミネルヴァ卿本人にも……わかりました、どっしりと、構えさせていただきましょう。
        いえ、来ていただいて有難うございました。俺も、楽しい時間が過ごせましたし……でぁ、これで。いつでも来てください。 -- クラッツ 2009-08-10 (月) 23:52:53
  • 今晩は…先月は、申し訳ありませんでした…。その、今更ですが…バレンタインの
    お返しを、持ってきました…よければ、どうぞ食べて見て下さい…
    時間が開いてしまった分、ましなものが作れてる…筈…です…
    (包みの中には歪な形のチョコが入っている。見た目以外は普通だが…) -- ミネルヴァ 2009-08-03 (月) 22:40:04
    • ハッハッ、4月になっちまいましたねえ……けど、来ていただいてありがたいこってす。丁重に頂きます……。
      それにしてもそりゃあ楽しみだな……ちょっといただいてもいいですかい? -- クラッツ 2009-08-03 (月) 22:44:00
      • ええ、どうぞ食べて見て、下さい…(歪なチョコをやや恥ずかしがりながら差し出す)
        (ビターチョコ…にしてはややカカオの香りが強過ぎる気もする。貴方はこれを食べてもいいし、遠慮してもよい) -- ミネルヴァ 2009-08-03 (月) 23:15:59
  • (孤児院を望む通りをそぞろ歩く三位一体の甲冑男。塀を越えてそびえるクラッツの巨体を認めて足を止める)
    (かつて群がる盗賊を打ちのめした無数のスパイクが、子供達による『クラッツ山』登頂のための手がかりになっているさまを見ると、何か満足したようにその場を離れた) -- ケイオスウェイスト 2009-07-31 (金) 02:22:02
    • (いつものように、子供たちの相手をしていれば、おろそかになる部分もある。例えば、外のこと)
      (気がついた時には、もうその背が見えるばかりだった。だけど、恐竜は微笑んで。心の中、楽しく思うだのった) -- クラッツ 2009-07-31 (金) 02:35:04
  • 思えば、こちらへ来るのは本当に久しぶりの様な…今晩は、お元気でしょうか?クラッツさん。
    「う〜ん…顔を合わせる事があっても、喋る事は本当に少なくなってしまっていました…今晩はー」
    (珍しく二人組で訪ねてくる) -- ミネルヴァ 2009-07-28 (火) 22:05:42
    • (ガチャリと、孤児院の一室。部屋の扉が開かれて)おお、ミネルヴァ卿にミゲル。はっはっ、ようこそいらっしゃいました。
      ここまで足を運んでもらえるたぁ、嬉しい限りで。俺ぁこの通り、元気にしていますぜ。
      さっ、とりあえず中へどうぞ。 -- クラッツ 2009-07-28 (火) 22:15:55
      • お邪魔します…(部屋を見回しながら)ここへ来るのも…本当に久しぶりですね。
        昔、2,3度…来た事があるぐらいだったでしょうか?アレから、色々ありましたね…
        「うわー…何だか剣も盾も、皆お店で見るのよりサイズがふたまわり位違う…」(クラッツのサイズに合わせた剣を見て) -- ミネルヴァ 2009-07-28 (火) 22:23:34
      • 多分、それくらいでしょう。内装ぁ兵舎にいた頃とそう変わりねえ風にぁしてますから、馴染みもあるでしょうがね。今ぁ、あいつらぁあいつらの部屋があるし。
        ……ええ、色々ありましたね。(目を閉じれば、瞼の裏を書ける様々の思い出に一つ息をついて)
        はっはぁ! 驚いたか? 勿論家具も俺に合わせた仕様だ。でねえと、普通に暮らすこともままならねえ。 -- クラッツ 2009-07-28 (火) 22:27:05
      • 色々な人達が、騎士団の門を叩き、仲間が増え、時には去り…時には死に別れ…
        でも、そのどれもが…私にとっては、大事な思い出です…。勿論、クラッツさんと、出会った事も…
        ふふ、普通のサイズでは…クラッツさんには、小さすぎますから、ね…(ミゲルの驚く様子に微笑んで答える) -- ミネルヴァ 2009-07-28 (火) 22:38:30
      • 俺ぁ、ミネルヴァ卿のいた時間にぁ遠く及びませんけれど……それでも、多くのものを見てきました。
        俺も、ミネルヴァ卿と出会えたことぁ、大切なことです。同期の連中、先輩方、それらもまたひっくるめて。
        (へへっ、と肩を揺らして)つっても、来客用の椅子ぁありますよ。テーブルがでかいからちっと手間でしょうが……どうぞ。(2人の椅子を引いた) -- クラッツ 2009-07-28 (火) 22:41:30
      • ありがとうございます…しかし、本当に…何もかも、サイズが大きくて…何だか、自分が小さく
        なったように…錯覚して、しまいますね…
        「そう言えば、クラッツさんは冒険者をやめてからは、この孤児院で働いてるんですか?」
        (気になったのか、訪ねてみる従者の少年) -- ミネルヴァ 2009-07-28 (火) 22:54:50
      • 別段、巨人ほどに離れてるわけでもねえですけど、それでも其れなりの差だ。俺ぁ横にも其れなりの門ですし、その辺りもあるとぁ思いますが……俺ぁその逆を行くわけだ。
        普段が、小さい世界。こっちに来て間もないころぁ、自分がでかくなったような気分でしたよ。
        ん? ああ、そうだな……一応ぁ、お守ぁそれなりにやってるよ。まぁやっぱりな、騎士団の仕事に重きぃ置いてるが。 -- クラッツ 2009-07-28 (火) 22:58:51
      • ふふ、クラッツさんにとって、ここは…ガリバーの、小人の世界のように、映っていたみたい、ですね…(やや大げさな表現をする女、珍しくからかってるのかもしれない)
        「今は大分慣れましたか?僕がここに来てすぐの頃は…機械や宇宙人、更には悪魔や天使まで見かけて
        凄い街だなあ、っていうのが第一印象でした」 -- ミネルヴァ 2009-07-28 (火) 23:31:23
      • くははっ! 流石にそこまでぁどうかとぁ思いますが、難儀したのぁ本当ですね。俺でこれなら、ガリバークラスどころじゃあなかったでしょう。俺ぁ原典、読んだことありませんが。
        んん? ああ! そりゃあ慣れたぜ。俺も来たばっかりのころぁ、ミゲルと同じ風に思ったなあ。まあ他の連中からしてみりゃ、俺もその一部だったのかも知れねえが。 -- クラッツ 2009-07-28 (火) 23:35:34
      • ふふ、確かに…少し、言い過ぎました…。でも、この街に来ると、本当に、自分の知らない事、ばかりで…
        毎日、驚かされてばかりですね…。
        「最初は鉄の馬が走ってるとか、凄い事の様に思いましたけど…今じゃもうすっかり見慣れちゃいましたし
        偶にここ以外の街に入っても、余程の事がない限り驚かなくなっちゃいましたね〜…」 -- ミネルヴァ 2009-07-28 (火) 23:42:01
      • 普通ぁ、不思議にぁこっちから愛に以下ねえとお目にかかれねえのが……ここぁ向こうから歩いてくる。
        ともなりゃ、ミゲルみてえになっちまうのも無理ぁありませんね。かく言う俺もそういうことになってますし。
        いやぁ、贅沢な町ですよ、ここぁ。普通に暮らしていたって、そうそう退屈することぁない。まあ、ここで育った連中ぁ、後々退屈するかもしれませんが。 -- クラッツ 2009-07-28 (火) 23:47:13
      • 確かに、この街で育った人は…外の世界は、少々普通すぎるかも、しれませんね…
        「多分よほどの事がないと驚かないでしょうね…僕ももう殆どそうなってますけど」
        とはいえ、世の中には、まだ知られていない…秘密が、たくさんあります。なまじ、こうした場所で…育った人程
        そうした刺激を求めて、冒険者になるのかも、しれませんね… -- ミネルヴァ 2009-07-28 (火) 23:57:01
      • 逆に、外が平坦すぎてかえって驚いちまうか……? それでも、よほどのことがねえと驚かねえのぁ変わらねえでしょうが。
        ふむ、ミゲルの言うとおりでもあるし、ミネルヴァ卿の仰るとおりでもあるんでしょう。やっぱぁ、求めちまうもんだけに。上ってのぁ見ればきりがない以上、そしていくらか高いことが日常であれば……ますます求めちまうでしょうね。多分。 -- クラッツ 2009-07-29 (水) 00:01:16
      • …何となく、この街冒険者が多いのが、少しわかった様な、気がします…
        さて、それでは…私はそろそろこれで。また、お会いしましょう…
        「さようならー」 -- ミネルヴァ 2009-07-29 (水) 00:09:06
      • ええ、有意義なお話でした。それでぁこれで。茶も出せずにすいませんで。それでぁまた。ミゲルもな! -- クラッツ 2009-07-29 (水) 00:11:26
  • …まさか子供を残して死ぬ奴ではないと思うが…(心配して見に来て) -- リュッケ 2009-07-25 (土) 19:14:19
    • よう!(ぼろっちくも元気良く出迎える恐竜) -- クラッツ 2009-07-25 (土) 19:15:50
      • よー!…じゃねぇっつーの!(指先から電気を軽く浴びせながら)
        全く、そんなに元気なのなら負けるなって話だ -- リュッケ 2009-07-25 (土) 19:17:57
      • ぐおぁ!(そっち方面の防御は割りと薄い鎧竜)ふっ……情けねえ限りだな。相手が悪いとぁ言わねえよ。
        だがまあ、やられちまったもんぁ仕方ねえさ。あいつらに心配かけんのもなんだし、前にやられた時決めたこともあるし、俺の冒険ぁこれで仕舞いだぜ。 -- クラッツ 2009-07-25 (土) 19:20:11
      • そうか…まあお前なら肉体労働系なら働き口もあるだろうし、冒険以外でも生計立てていけるだろ
        クラッツがそういうなら…俺は笑顔で送り出すぞ!コーヒー仲間が減るのはちょい寂しいがな! -- リュッケ 2009-07-25 (土) 19:25:11
      • まずここいらに留まるだろうってぇのぁあるから、送り出そうって言うのぁ似合わねえぜ。単に冒険へ行かなくなるだけだろうよ。
        それだけでも、目だたねえのが尚更目立たなくなるだろうから、あんまり変わらねえだろうがな。くっはっはっ……。 -- クラッツ 2009-07-25 (土) 19:29:26
      • まあほかの街だと偏見だのくだらない事もあるだろうしなー…この街で働くのがいいだろうな
        まあそれならいいが…確かにそこらへんと人と混じってしまいそうだなー
        まあ今度来るときはどんな時かは分からんが、また顔出すかもしれんからそん時はとびっきりのコーヒーでも出してくれ!
        あ、子供無事に生まれてるからな。それでまた見せにくるかもなー -- リュッケ 2009-07-25 (土) 19:37:13
      • なぁに、裏方もやってみりゃあわるいもんでもねえだろう。そもそもひっそりやってたんだ、構うことぁねえ。
        ああ! もし会うときぁご馳走してやるよ……それと。おめでとう! そっちも楽しみにしてるぜ。 -- クラッツ 2009-07-25 (土) 19:40:14
  • ずいぶんと遅くなっちゃって…ぐぬぬ… もうしわけないので、そーっと…(玄関のドアにたんまりとチョコがはいった紙袋をつるして)
    「ハッピーバレンタインおめでとうございます!であります! みんなも元気で健やかに育ってねであります!」 -- レオナ 2009-07-21 (火) 07:36:51
    • レオナ……! おお……痕跡を見るのすら久しぶりな気がするな。(扉にかけられた袋をみれば、驚きを隠さず)
      へっへっ、律儀なやつめ……ありがとよ。 -- クラッツ 2009-07-21 (火) 09:32:29
  • 孤児院に騎乗兼荷役用の草食恐竜が寄付された。他の恐竜人が手放したものか、人間にも慣れているようだ -- 2009-07-16 (木) 03:59:30
    • んおっ!? おお……(孤児院に帰ってみれば、ある種見慣れた。自分にとっても親しいものの姿に一瞬見慣れた。この辺りではあまり見かけるものでないだけに)
      こいつぁまた……大したもんをくれる奴がいたもんだ。が! 助かることに変わりぁねえ! へへっ、感謝しねえとな。 -- クラッツ 2009-07-16 (木) 19:06:11
  • 随分と久しぶりになったが…一応は元気そうだな(子供に囲まれたクラッツを見て笑いながら)
    よー、クラッツ。今日は久しぶりに顔を見に来たのと…ちょっと報告したいことがあってな
    あとは、コーヒーを飲みにきた。飲ませてくれ(子供のことは気にせずに適当な場所に座って) -- リュッケ 2009-07-08 (水) 19:00:44
    • そうだなあ、俺もお前ぇの顔見るのぁ随分と久しぶりだ。(子供たちを見ながらに、笑みを返した)
      報告したいこと? ふぅん……わかった。じゃあまずぁコーヒーだな。ちょっとまってろ。ほれ、お前ぇらもな。
      (子供たちをなだめれば、一時席を立った。やや時間が経って、戻ってくる) -- クラッツ 2009-07-08 (水) 19:41:48
      • おっとすまん、見逃してた…前のコメントと違ってたんだなー、うっかりしてた
        (その間に子供たちと遊んでやりながら、コーヒーが来るのを待って)
        おぅ、すまんな…まあ単刀直入に言うと…来月にでも俺の子供が生まれるんだ(コーヒーをすすりながらさらりと) -- リュッケ 2009-07-08 (水) 21:59:00
      • こいつらが来てから看板変えたんだよ。いい機会だったし、どうせ体を現す名にする方針だし……。
        (各々の前にコーヒーをおき、自身もまた人すすりして)それで……ほう……へえ! はあ!
        はっはー……(驚いた様子で口を開いたまま)お前ならそういうことも十分ありそうとぁ思ったが……来月か。そりゃ驚いた。 -- クラッツ 2009-07-08 (水) 22:02:57
      • ふむ、あれからか…なるほどなー、まあ確かに今の方が今に合っているな
        ハッハッハ、まあ振りまく行為をあれだけしてたからな…もちろん合意の上だぞ?
        結婚も考えていたんだが…まだいいそうだ、すぐに俺を束縛する気にはないみたいだなー(もう一口飲んで)
        俺には過ぎた嫁だよ…ああ、もうちょい早く来るべきだったか? -- リュッケ 2009-07-08 (水) 22:06:18
      • 子連れ恐竜……いいネーミングだろ。自分でいうのぁなんだけどよ。
        (鼻で息をつけば、もう一度コーヒーを口にして)合意の上でってんなら……俺から言うことぁなにもねえ。
        いい女房じゃねえか。まだ女房じゃあねえ見てえだけどよ。お前の言うとおりそうだ。
        ん? ああ、気にすんな。細けぇことだ。俺もお前ぇのところぁいってねえことだし。 -- クラッツ 2009-07-08 (水) 22:15:20
      • 俺はどうもネーミングセンスがないからなー、そのセンスが羨ましい限りだ
        ハッハッハ、逆に羨ましがってくれてもいいぞ。写真とかあればもっと驚くんだろうけどなー
        すまんなー…でもクラッツ、お前は本当に動かないなー。ここに来るときもあまりの人気のなさに引っ越したのかと思ったぞ? -- リュッケ 2009-07-08 (水) 22:19:02
      • 羨ましがるねえ。へへっ、そうだな。そういう風に感じるもんだろう。
        俺ぁ……ま、忙しいんだよ。警邏もあるし、こいつらのこともある。更にどっかへ行こうってほども、余裕ぁねえのさ。
        そもそも遊び歩くような性格でねえのぁ自覚してるし。気にしたことぁねえんだけどよ。 -- クラッツ 2009-07-08 (水) 22:23:39
      • なるほどなー…まあそれなら仕方ないか、ただでさえ大変な子育てがこれほどの数だからな
        まあそれじゃあ、子供の顔はこっちから…またいずれ見せにくるか。子供の顔は見飽きてるだろうけどな
        んじゃ、この子たちのためにも冒険頑張れよ、また来るからなー -- リュッケ 2009-07-08 (水) 22:38:14
      • 俺ぁもうなれたけどな。それに、案外楽しいもんだぜ? もっとも……生まれたてからってのぁねえから、わからねえが。
        おうさ、それじゃあな。たのしみにしてるよ。俺も……取り巻くいろいろのためにがんばるさ。またな! -- クラッツ 2009-07-08 (水) 22:40:24
  • 《 先日はお世話様でした、クラッツ あれから少々、私なりにあなたの種族について調べてみたのです 》
    《 堅牢な硬質の鱗甲板、ええ、この特徴からすぐに情報が得られました ずばり、あなたは哺乳綱異節上目被甲目…アルマジロですね? 》 -- フィエル 2009-06-28 (日) 21:04:20
    • お前ぇぁ確かこないだに同行した……フィエルだったな。へぇ? なんでぇ、俺たちに興味でも湧いたかい?
      (という具合で、その講釈に耳を傾けてみる。極めて特徴的な自身の外見に導き出された答え……)ああ、アルマジロな。(やや沈黙。後の返答)
      まあ似てるよな何となく。たまーに自分でもおもうことぁあるぜ。でも違ぇ! -- クラッツ 2009-06-28 (日) 21:09:37
      • 《 違いましたか ではあなたは球状にはなれないのですね、クラッツ 》(そこはかとなく落胆を漂わせ)
        (近くの壁に向けて蒸気映像(キノトロープ)を投射する フィエルが左眼を瞬くたびアルマジロの断片的な映像が切り替わっていく)
        《 似ていませんか? 多くの外見的要素が一致しています、やはりあなたはアルマジロなのでは? 》 -- フィエル 2009-06-28 (日) 21:16:51
      • 腹までこの通り。(ばしと、自分の腹を叩いて見せて)装甲されてっからな、んな器用なことぁ到底無理だ……残念がるなよ。
        (遠い目をしたが、新しい動きを見せたのでそれに注目。見えてくるアルマジロ。やっぱりそこはかとなく似てるよなあ……と思ったりもする)
        いやまあ、似てるのは認めるけどよ。違ぇ! 俺ぁ恐竜だ恐竜! 鎧竜のサイカニア! -- クラッツ 2009-06-28 (日) 21:19:56
      • 《 恐竜…陸の巨獣(ランド・レヴィアタン)の末裔ですか 》(思わず眼球の投影機を光らせたまま振り向いてしまい、すぐに目をそらす)
        《 失礼、しかし興味深いです アルマジロなどより、よほど 》 -- フィエル 2009-06-28 (日) 21:27:56
      • うおっ、眩しっ!(目の高さに手をかざし、体表面にアルマジロの姿を映しつつ)
        ああ、そうだよ。そういう言い方もあったなあ、そういや。(目を逸らしてくれたので、体勢を戻し)
        そうかい。かもな。今じゃあマイナー種族だが、かつてぁ世界を支配したなんてぇいうくれえだ。ご先祖が、だけどな。 -- クラッツ 2009-06-28 (日) 21:34:34
      • 《 なるほど リザードマンとは根本的な相違がある様ですね 驚かざるをえません、私の出身地では恐竜といえば化石、でしたので 》
        《 さて、私はそろそろお暇を乞いましょう また何かの形であなたと共闘できるのを楽しみにしています ごきげんよう 》 -- フィエル 2009-06-28 (日) 21:45:42
      • だろうな。近ぇようにも見えるが……むしろ、連中の根本が俺らなのかも知れねえさ。ははっ! かつての支配者も、今じゃあ生息域ぁ随分せめえよ……生きてるのぁ、な。
        おうさ、それじゃあな。こっちこそそういう機会を楽しみしてんぜ。じゃあな、あぁばよ。 -- クラッツ 2009-06-28 (日) 21:48:44
  • こんにちは〜! 一緒のお家に住んでるのに挨拶に来るのがこんなに遅くなっちゃってごめんね〜…
    お詫びに……(大きな籠に溢れんばかりのお菓子を詰めて持っている) いっぱいお菓子を持ってきたの、皆で食べてね〜 -- ラゼンシア? 2009-06-27 (土) 20:13:57
    • よう、よく来てくれたな。わざわざ来てくれるたあ素直に嬉しいね。色々と忙しいだろうによ。
      お? おお! はっはぁ(立ち上がればよっていって、籠を手に取った)こいつぁ助かる。本当な。おれ自身甘ぇのぁ好きなんだ。ともども、楽しませてもらわぁな。 -- クラッツ 2009-06-27 (土) 20:16:04
      • クラッツさんも甘いものが好きなんだ? それはよかった〜 私達仲良くなれそうだね
        これからももっさりとお菓子を持ってくるよ〜! んゆ、クラッツさんって…騎士団の人なの? -- ラゼンシア? 2009-06-27 (土) 20:29:24
      • まぁな。たまにゃあ自分で菓子作ったりして食ってることもある。それくらいにぁ、甘いのぁ好きだよ。間違いねえさ、仲良くいけるだろ。
        とりあえず! 持って来てくれんなら嬉しいね。俺のもいつか振舞いてえもんだ。ん? ああ、そうだぜ。それがどうかしたか? -- クラッツ 2009-06-27 (土) 20:32:34
      • んふー、じゃあクラッツさんがお菓子作ってくれるのを楽しみにしてる〜♪
        騎士団の人と今まであんまり話したことがなかったから…騎士団ってどんなかんじなのかな〜って一度聞いてみたかったんだ、どんな感じなの〜? -- ラゼンシア? 2009-06-27 (土) 20:41:02
      • そうかい? んなら腕によりをかけねぇといけねぇなあ。
        はっはぁなるほど……そういう興味があるってぇわけか。そうだなあ、まあ楽しいとこだよ。案外気風ぁ軽いもんさ。昔がどうだったかぁ、しらねえがな。
        それでもやっぱぁ、誇りとかもあったりするもんさ。先輩方ぁ見れば、よくわかる。 -- クラッツ 2009-06-27 (土) 20:46:10
      • ほえ〜…軽い感じ…?でも誇りはもってるんだ…?
        ふぅーむ……私はどうしても魔術師よりだから、騎士団ってナゾな感じがしてたんだけど…ふみゅ〜……(わかったようなわからないような顔で) -- ラゼンシア? 2009-06-27 (土) 21:08:44
      • とりあえず俺が感じてる分にぁ、そんな重苦しいもんでもねえ。だが確かに、騎士団であることぁ、先輩方にそういうもんを感じるよ。俺も、その精神ぁ好ましく思ってる。
        わかんねえなら体当たりだ! 円卓の間にでも、兵舎にでも、みに来る価値ぁあるし、遠慮もいらねえさ。興味があるんなら二の足は無用! -- クラッツ 2009-06-27 (土) 21:13:25
      • あはは、きっと重苦しくてガッチガチで、自分の理想を貫く人ばっかりなんだろうな〜ってずっと思ってたよ
        今はいちおうこんなんでも剣の名手だし、今度覗いてみようかな? ……というか、いままで勝手に入ったらダメなんだとばっかり思ってたよ! -- ラゼンシア? 2009-06-27 (土) 21:17:45
      • 騎士団て言う字面からすりゃあそう連想しちまうよなあ。俺も入った頃ぁそんなもんだった。今の面子がそうさせてんのかも知れねえけどよ。
        来てくれるんなら歓迎するぜ? 別に閉鎖的なことしてるわけでもなし、興味があるなら訪問上等だ。 -- クラッツ 2009-06-27 (土) 21:24:44
      • そっか〜…じゃ、新しい見聞を広げるためにも今度見に行ってみようかな〜
        それじゃあそろそろ私は帰るね〜 またね、クラッツさん! -- ラゼンシア? 2009-06-27 (土) 21:32:21
      • 楽しみにしてらぁ! そんじゃあこれでな。そのうち、菓子ぁご馳走するよ! またいつでも来るといい。あぁばよ!(見送った) -- クラッツ 2009-06-27 (土) 21:38:52
  • 危険な目に会った、と聞いていましたが…そろそろ落ち着きましたか お加減はいかがです? -- イクス 2009-06-24 (水) 23:05:38
    • もう、体のほうぁ問題ねえさ。あいつらの相手をしてるうちに、いやでも元気になっちまったよ、でねえと、もたねからな。
      そっちぁどうなんだ? 病気になったりとかしてねえか。 -- クラッツ 2009-06-24 (水) 23:07:22
      • そうですか、それなら良いのですけど…あいつらとは?
        ええ、こちらはなんともありません 病気みたいな顔をしているのは生まれ付きですしね -- イクス 2009-06-24 (水) 23:08:43
      • ちょっとな、潰れた孤児院の連中を引き取ることになってよ……今ぁ、それで孤児院暮らしって訳さ。
        ん、ならよかった。ははっ! 自分でそう思ってるのか。なんと言ったらいいのかねえ……良くわかってる、かな? -- クラッツ 2009-06-24 (水) 23:11:43
      • そうでしたか…大変でしょうけど、やりがいはありそうですね きっとその子達が可愛くて仕方ないでしょう?ふふ、不良に育てないようにしてあげてくださいね
        これはまぁ、昔から言われている事ですから…嫌でも分かってしまうというか、ですね
        さて、お元気そうなので良かったです 子供たちとも仲良くしてくださいね?それではまた、お気をつけて -- イクス 2009-06-24 (水) 23:17:17
      • はははっ……言うとおりだ。これまで子供の相手ぇしたことぁねえが、中々どうしてな。懐かれてるし……。
        そっちのほうにぁいかねえように、頑張るよ。
        ああ! もちろん。お前ぇも、これから崩すことのねえようにな。あぁばよ。 -- クラッツ 2009-06-24 (水) 23:21:11
  • やーどーも、大分遅れた気がするけど挨拶にきたよ!お近づきの印にシュークリーム持ってきたけど……甘いの大丈夫かな
    そういえば騎士団の人だったんだね。魔術師協会でやった懇親会やった時に見かけた気がするよ -- アレッサ 2009-06-24 (水) 23:00:13
    • よう! アレッサ。くっはっは! 今ぁ一つ屋根の下暮らしてるしな、個人としての挨拶ぁ、どうしてもそうなるか。おっと! 俺ぁ甘いの大好きだぜ。ありがとよ。
      そうだ、俺ぁ騎士団だよ。俺もなんか見たような……気はするな。あん時ぁ、俺ぁ静かにしてたが。 -- クラッツ 2009-06-24 (水) 23:03:49
      • まあそうだね、ホントはもっとポンポンいくべきなんだろうね お、そりゃよかった
        あたしも料理で裏方に回ってたから微妙に前に出て無かった感じだしね、仕方ないか -- アレッサ 2009-06-24 (水) 23:10:58
      • 俺からもそうだな、気が向いたんなら一人一人見て回ることにすんさぁ。
        それぞれ色々とある以上ぁ、後に回るものの一つ二つもある、ってな。 -- クラッツ 2009-06-24 (水) 23:12:46
      • 気が向いてるときに一気にやるって方が一番いいかなー
        そうだねぇ、あの場は大分忙しかったし…… -- アレッサ 2009-06-24 (水) 23:26:19
      • 義務でやることじゃねえのさ。自分がそういう思いを持ったときにやりゃあいい。
        でねえと、自分も苦しいもんだろう。(交流会のことを思い出して)俺も、パーティーだと静かになっちまう性質だしな。忙しさもある。お前さんのそれも。そういう流れだったんだろうよ。 -- クラッツ 2009-06-24 (水) 23:28:55
      • そうだね、無理はしない方向で。 なかなか動きづらかったら無理はしない方がいいかな
        まあ今日はこの辺で帰るよ、そんじゃーねー(手を振って) -- アレッサ 2009-06-24 (水) 23:40:09
      • ああ、ほんじゃあな、マイペースで頑張れよー。(手を振り、見送った) -- クラッツ 2009-06-25 (木) 00:02:43
  • クラッツが子供たちも寝静まった夜に散歩をしていると背筋に冷たいものを感じる
    騎士団員としてそれを確認するのも良いし、気のせいだと流しても良い
    (//確認に行くと戦闘RPになります お時間ありましたらお付き合いをお願い出来ませんか?) -- 2009-06-20 (土) 22:00:15
    • (長く見回るものとして夜闇を歩くうちに、そういった感覚にも鋭くなってきた。それは、役目だ。どこから来るものか、探し始める)
      //OKでーす。ふふふ、こういうのがくるのは初めてだ。 -- クラッツ 2009-06-20 (土) 22:03:26
      • クラッツが気配を辿ると暗い路地からその気配は発せられていた
        ひょい、と覗き込むと頬を掠めるように白刃が闇から飛び出した -- 2009-06-20 (土) 22:06:44
      • (目の下、顔の装甲を、鋭い刃が舐めていった。小さな傷がついたそれを目はついと負って、それから、闇の中へと目を凝らす。血は流れない。そこまでの傷を負ったわけではない。手が伸びるはすぐに間近。掠めた白刃を持つ手と、柄) -- クラッツ 2009-06-20 (土) 22:09:28
      • クラッツが掴んだ刃は鋭い、常人がそれを握れば指が落ちてしまうほどに
        そうならなかったのはその頑強な装甲のお陰であろう しかし、剣からは異様な気配が発する―瘴気
        いかに厚い装甲を持っているとはいえそれを長く浴び続ければ気が確かでいられないだろう
        そしてその剣の主は右手で剣を握ったまますでにクラッツの懐に潜り込んでいる! -- 2009-06-20 (土) 22:23:40
      • (自分の顔を狙ってきた。ということは、自身と近い身長を持つものか。さもなくば、下から、上から? 刃をつかめども、傷はつかないが)
        ただの剣じゃねえ……!?
        (それは良く分かる。よく分かるほどに、発しているからだ。一瞬思考は鈍るが、剣の角度は教えてくれる。懐にいる)
        んなぁ、らっ!
        (この時であれば、この手をとる。相手が構えを整えるよりも早く。猛烈な力で抱きしめる。ベアハッグ。巨体からくりだされる力でもって、装甲にて押しつぶさんと) -- クラッツ 2009-06-20 (土) 22:28:45
      • みしり、と軋む音がする たしかにクラッツはその相手を捕まえた
        それは鎧だった 瘴気を撒き散らす―否、瘴気そのもので出来た黒い鎧
        鎧はぎりぎりと締め付けるベアハッグに抵抗する気配もない このまま終わるかとクラッツが思った瞬間、しゃこん、という音と共に上半身からトゲが生える
        【装備特性:ガードスパイク】

        勿論、クラッツに傷などつかない しかし、その堅牢さが仇となる
        鎧は屈むことでトゲによって押し広げられ、緩んだハグからするりと抜け出した
        鎧はクラッツから距離を取り、そこでようやく構えを取る -- 2009-06-20 (土) 22:40:47
      • (棘と装甲のこすれあう音が、鈍く夜の世界に響いていく。路地の闇。果ては知れども、果て知れず。抜け出されれば、舌打ちを一つ)
        鎧も、普通じゃあねえってか……。
        (手に武器を。重板金剣。幅広く、長大な剣を片手にもって、相対するものを見つめた。顔の正面に剣を構え、攻撃的な構え) -- クラッツ 2009-06-20 (土) 22:45:06
      • 鎧は剣を右手で下段に持ち、半身で構える
        地面を裂くように剣を振り上げるとその軌道と同じように離れたクラッツの位置に瘴気の斬撃が生まれる -- 2009-06-20 (土) 22:58:10
      • (未だにどちらも射程の外。その状態からの斬撃になにごとか、とまず疑問が先に立った。次いで、ただの行為ではない、とも)
        ……!?
        (回避する予備動作の瞬間に、その正体を見た。瘴気の斬撃。身を翻せば、非物質的な一撃に装甲へ傷が走る)
        ちぃ……
        (相手は路地。こちらは通り。その境を元にして、向かい合っている。こちらから踏み込むのは得策ではない。路地では十分にその力を発揮しかねる)
        (だから、まず、1歩引いた。相手の攻撃の射程も探らなくてはならないし、誘いに乗ってくるのなら、上々) -- クラッツ 2009-06-20 (土) 23:04:21
      • 「・・・・・・」
        鎧は一言も発しないが少し思案する素振りを見せた
        そうした後にクラッツへと歩みを進め、通りに出る
        明るい場に出てみればその鎧がただの黒い鎧でないことはよく分かる
        見つめていれば気が触れてしまいそうな混沌
        中に人がいるのか、それとも鎧そのものが意思を持っているのかは定かでない
        が、ただ一つ言えるのは鎧はクラッツとの戦いを欲しているということ
        今度は逆袈裟に切り上げる動作 先程と変わらない密度の瘴気の斬撃 -- 2009-06-20 (土) 23:20:56
      • (とことんまでに不気味な相手だった。夜闇に紛れていさせた方が、まだましだったかもしれないと、そう思えるほどに)
        (そこに生気があるのかどうかも曖昧な、つかみかねる雲の如き存在。確かにあれども、あるのか? 疑問は尽きぬ)
        ……っつ!
        (今は、様子を見ることこそ目的。回避の構えを取っていればこそ、またその一撃を避け、装甲に傷をつける)
        (とはいえ、それでは埒が明かない。状況はそれでは打破し得ない。剣を横に構え、大きく振りかぶる。次の瞬間、大振りの横薙ぎを繰り出した。効き手は右手。クラッツから見て、右から左へ) -- クラッツ 2009-06-20 (土) 23:29:19
      • 「・・・・・・!」
        切り上げにより空いた胴をクラッツの横薙ぎが強かに打ち付ける
        クラッツの打撃が当たる瞬間、瘴気で作ったバネ状の緩衝材を差し込むも衝撃でクラッツの右に吹き飛び壁に叩きつけられた
        「・・・・・・」
        それでも尚鎧は立ち上がる
        クラッツが瞬きした一瞬、鎧は消えた そしてクラッツの横を風が通る
        背後に悪寒 振り向けば瘴気を右腕に纏わせ拳を引いている鎧
        恐るべき拳速で瘴気と鎧の中にいる人物が練り上げた気を背後からクラッツに叩き込む
        【スキル:瘴気パンチ+波動撃】 -- 2009-06-20 (土) 23:42:06
      • (命中した。確かな手ごたえがある。しかし、有効な攻撃であるかといえば、疑問の残るところではあった。感触がおかしい)
        (しかし確かに相手は吹き飛び、落ち、立ち上がった――が)
        !?
        (後ろの悪寒。振り向く。体ごと。その尾が影を巻き込んでいく。骨鎚のついた太い尾を強かに打ちつけた。わき腹に、拳が入り) -- クラッツ 2009-06-20 (土) 23:47:03
      • 拳が入った瞬間に尾を打ち付けられまたも吹き飛ぶ
        今度は全く予期していなかったのかバネを差し込む暇もなかった
        鎧は宙を舞うように吹き飛び
        「・・・・・・」
        笑った―かのように見えた
        そして屋根に着地し、今の攻撃はクラッツにどれほどダメージを与えたかを観察する
        数秒後、それを確認すると夜天の闇を引きずり出しマントのように翻してその場から忽然と消え去った -- 2009-06-21 (日) 00:00:44
      • (脇に入った拳。瘴気から沁みる痛みに、軽く顔をしかめた。今度こそ、手ごたえは確かだ。尾の一撃。しっかりとぶつかった感触がある)
        (その行き先を追いかければ屋根の上。ふと見えた気がした笑みに、一層顔をしかめる)
        ……消えたか。
        (それが何であったのかは計りかねる。だが体に刻まれた様々が、夢でない事は物語ってくれた)
        (今は、探りようもない。そう結論付けると、再び警邏の道程を歩み始めるのだった) -- クラッツ 2009-06-21 (日) 00:04:29
      • 遠く離れた場でそれを見ていたことをクラッツが知ることもない
        (//レス遅くてすみませんでした・・・) -- 黒甲冑? 2009-06-21 (日) 00:08:59
      • //いえいえ。それにしてもやはり……予想通りか。 -- クラッツ 2009-06-21 (日) 00:13:18
  • これでよし。 -- クラッツ 2009-06-20 (土) 20:44:21

Last-modified: 2013-02-28 Thu 18:18:05 JST (2766d)