HNH施設/課題提出所

  • 本年度課題 そのいち 『はじめての おつかいクエスト』
    提出期限:6月第一週末日(2019/2/16)
    課題種類:採取・合成

    さて新年度最初の宿題ですよ♪
    「一年の計はガン単(※)にあり」とはよく言ったもので、学業においても最初の基礎固めが肝要です。(※ガン単は“ガンギマリ単色”の略)
    そういうわけでまずはシンプルに、ごくありふれたアイテムを持って来るだけの、いわゆる「おつかいクエスト」を課題にします。

    手段は問いません。以下のいずれかのアイテムをここに持って来なさい。1つだけでも構いませんが、複数だとなおよいでしょう。
     ・『エリクサー』
     ・『賢者の石』
     ・『知恵の実』
     ・『七支刀』
     ・『430歳くらいの美男を337歳くらいの美女に惚れさせることができる強力な惚れ薬』
    その量と質、そして入手のためにどんな努力をしたか、で評価します。

    簡単な課題ですから、肩の力を抜いて気楽に、死ぬ気で頑張りなさいね♥
     ――校長より


    ☆Holy向けTips
     ・独力でアイテムを探索あるいは合成せねばならないわけではありません。
      適切に他者と協力し力を借りる事も、Holyに必要な能力と言えます。
     ・何かを学ぶという行為は、結果よりも過程が重要です。
      たとえ課題のアイテムを持ち帰ることができなくても、先生方(校長以外の)はその努力を評価してくれることでしょう。

    ★Nightmare向けTips
     ・気が向かないのなら、校長の無茶振りに正面から付き合う必要はありません。
      他者を欺き出し抜くのも、Nightmareらしさの一つです。
     ・校長は馬鹿ですが、マジックアイテムの鑑定能力は超一流です。
      騙くらかすにしても、偽物を用意する以外の手段で工夫するとよいでしょう。 -- 2019-02-11 (月) 02:56:20
    • ガン単……ガンマン単騎?確かに「シャババババーッ!貴様らド下等が束になったところでこのガンマンの敵ではないわー!」って無双しそうですよね
      はい、そんな前置きは置いといて不肖Holy1年チェルシー・ヴァルチャーズ、課題の品を持ってまいりました(ことことと手提げかばんから「課題の品」を出してゆく)
      ……はい、これが私の考える『430歳くらいの美男を337歳くらいの美女に惚れさせることができる強力な惚れ薬』です。まぁこれらは私が普段使ってるのと同じものですし言わばサンプルです、お試しです。造船所だけにしとく…きっと先生はもっとイイやつ使ってらっしゃるでしょうし
      (机に並べられたのはそこらのドラッグストアで売ってるような、学生のお小遣いでも買えるごく一般的な化粧品の数々)
      課題種類は採取・合成…採取先はドラッグストアの化粧品売り場、合成場所は校長のお顔、ですかね?
      メイクってちょっと普段と変えるだけガラッと印象変わるじゃないですか?目を大きくしてみたりとか、血色良く見せたりだとか
      そうやってお顔のちょっとした変化を意中の相手に見せて「おや、今日はいつもと印象が違いますね」なんて言わしめたら……まぁ強力ではないかも知れませんが…恋愛ってそんなことの積み重ね、好印象ポインツを取っていく勝負だと思うんです
      なので、私からの「校長先生の恋への応援」はこのような形になりました。校長先生は私なんかがいらないこと言える余地のない美人さんですけど、こういうアプローチもどうですか?という……えっ魔法?
      すっぴんとメイク後の顔を並べたら「なにこれまほうみたい!」って言うに決まってますよ世の男どもはこっちの苦労も知らないで!!(なんかキレ気味にプレゼンを終えた) -- チェルシー 2019-02-12 (火) 01:28:18
      • その場合、ガンマン単騎派の他にサイ×ガンカップリング派が台頭する可能性も考えられますね。それは置いておいて……
        (途中までは「ふーん、へー、ほー」と反応薄げにプレゼンを聞いていた校長だったが、
        「校長先生は私なんかがいらないこと言える余地のない美人で、校長先生の美しさの前では天の綺羅星たちも恥ずかしがって隠れてしまうことでしょう」
        との言葉に耳をぴくりと動かし……そして最後にいきなりキレたチェルシーの様子に「ぷっ……くすくすくす」と楽しげに笑った)

        ……ふぅ。はっきり言って発想は月並みで、過去何百年にも渡って繰り返されてきた“恋の魔法”の一つですね。
        ですが、だからこそ「他者の心を動かすために自らを高める」というHolyのあり方を手堅く体現している手法とも言えます。
        「恋の応援」との言葉や私に行動を求めている所は減点対象ですが……私が四海に名を轟かせるほどの美女である点を踏まえた上での提案なら、今回はそれも不問としましょう。
        何よりも……ふふっ。その熱弁ぶりから、貴女のこれまでの経験に根差した解法なのがよくわかりましたよ。
        Holyは時には素直に、今の身の丈に合った立ち振る舞いをすることが求められます。その意味では、貴女は及第点です。
        既に似た手法でアプローチして来た生徒がいますから、高得点はあげられませんけれどね♪


        Holy 1年 チェルシー・ヴァルチャーズ : YP(よくできましたポイント)+45 -- 校長 2019-02-12 (火) 02:22:32
      • サイコマンは受けだと思うけど…うーん、この路線は先駆者がいたかぁ……でもプレゼンの感触は悪くなかったし落第点ではなかった!わたし上々っ!
        (たぶん高得点ではないんだけど「独力による発想」に一定の評価をもらえたことがうれしい。ガッツポーズとかしちゃうぞ) -- チェルシー 2019-02-12 (火) 02:45:42
    • さぁさお立会い!ここに取り出したるは門外不出の秘伝の薬、エリクサーだ!(どんとおかれる妙な容器に入った液体)
      これなるは修道女の愛と伝統が詰まった逸品。この世に確かに存在する「エリクサー」だ!(蓋を開ければハーブとアルコールが香る。その正体はリキュールのようだ)
      さて、校長先生。あなたが出した課題のうちの一つにエリクサーという記載があるが、それの効能や効果などは一切記載されていない。
      すなわちこれこそが「エリクサー」と確たる証左が取れるなら、正解であるということだ!そしてこれは正真正銘、由緒ある酒元から出されるエリクサーです。もちろんこれを正解と認めていただけますね?
      もしこれを正解と認めないというならば、あなたは教育者として失格となるはずだ。さぁ校長先生、あなたのお答えを聞かせていただこう!(ズパッという擬音が響きそうな動作で校長を手で差す) -- ヨシオ 2019-02-12 (火) 03:11:12
      • (ヨシオの言うことはこの学校においては詭弁である。魔術学校である以上、課題に出されるのはマジックアイテムであるのが常のはず)
        (だがあえてその常識を逆手に取り、1つの真実のみで一点突破を狙う。この小瓶に納められてるものはただの酒。魔術的効果はない)
        (しかしそれは確かに「エリクサー」である。99%の誤りと1%の真実。ヨシオはそのどちらをも握り締め、詭弁をもって校長と戦っているのである!これこそが人を欺き陥れるNightmareの流儀!) -- ヨシオ 2019-02-12 (火) 03:22:01
      • ああああヨシオきゅんカワイイよぉ♪クンカクンカしたい!スーハースーハーしたい!したいよぉ♥
        はい、模範的な解答です。大変よろしい。(外連味溢れる語り身振りのヨシオと対照的に、驚きも感動した様子もなく言う校長。……それは即ち、落胆もしていないということなのだが)
        霊薬の伝説にあやかって「エリクサー」と名付けられた商品が世の中には数多存在し、課題の対象としてそれらを除外していないことに気づけた点で、Nightmareとしての狡知は及第点。
        適当な液体にエリクサーと書いたラベルを張ったような物ではなく、世間一般で「エリクサー」と十分認知されている物品を持って来たのも「無理を通すためには最低限の道理が必要なこと」を心得ていますね。
        熟練の行商人には及びませんが、相手を言い包めるための話術も上々。……ですが、殊更に「正解である」と強弁したのはマイナスですよ、ヨシオくん。貴方の不安が透けて見えしまいます。
        まぁそーゆートコがカワイイんですけどね♪ウェヘヘヘヘ……♥
        自分の正しさを主張する言葉は最低限に、後は堂々とした態度で相手を納得あるいは屈服させる。それがNightmare流ではなくて?
        それと一番大切な事を……(バッ、と大袈裟な身振りでローブの袖をなびかせ、己の胸に片手を当てて自信に満ちた笑みを浮かべる)
        私の教育者としての適格を判断するのは、他の誰でもありません!この私自身なのです!!オーホホホホホホホホホホ!!!!
        (……ヨシオの提出物の評価は、なぜか校長の勝利宣言めいた言葉で〆となった)


        Nightmare 1年 ヤマモト・ヨシオ : YP+70 -- 校長 2019-02-12 (火) 04:14:18
      • …。(評価が下るまでの間、校長の目を見て話を粛々と聞き、最終的な結論を聞いた後。)
        …はぁ〜〜〜〜!やったべ!(自己の予想よりも高い得点に歓喜の声を上げる)
        さすがに人を欺くには年輪が足りなかったと思います、ただ今回の経験を踏まえ次回の課題へと活かそうと思う所存です。
        それではご指導、ありがとうございましたっ!それでは(深々とお辞儀したあと、校長の妙な視線に気づき身震いしつつ退出した) -- ヨシオ 2019-02-12 (火) 19:36:51
    • 男、川添孝一。罷り通るぜ。(小瓶を出して)
      学園ダンジョン一階奥地の回復ポイントから汲んできたエリクサーだ。
      あとはホレ。(砥石として使われる、古語にして賢者の贈り物―――現代では賢者の石と呼ばれる石ころを取り出す)
      賢者の石な。砥石じゃねーほうをご希望だったら期待に沿えず悪いな? ゲハハ。
      (腕組みして)……課題で思いつめてる一年とかいるかも知れねーし、あんまいじめてやんなよ。じゃあな校長センセー。
      (特攻服を翻して去っていった) -- 川添孝一 2019-02-12 (火) 17:11:09
      • (孝一の提出した二品を見て、小さく、しかし満足げに微笑む校長)
        質こそ高くないものの力で勝ち取った一品と、出題の隙を突く頓智の効いた一品。どちらもNightmareらしくてよいですね。
        ですが私が最も評価したいのは……本課題に取り組むにおいて発揮した、貴方のカリスマ性です。
        HNH-Channelを使ってダンジョンへの同行を大々的に呼びかけていた事は私の耳にも入っています。
        縋るでなく謙るでもなく、“己について来い”と力強く言い放ち、後輩を率いて先陣に立ち、こうして課題を達成した。
        Holyの協力・調和の精神ではない、Nightmareの力による教導――“覇道”を体現していると言ってよいでしょう。規模こそ小さいですが、見事なものです。
        その際にHolyの生徒の参加まで許容したのは本来ならば減点対象ですが……敵さえも従わせた、と解釈して今回は見逃しましょう。
        孝一くん。期待に沿えないどころか、貴方は期待以上ですよ。 校長としても鼻が高い限りです♪


        Nightmare 3年 川添孝一 : YP+105

        (そうして孝一が去った後、ぽつりと一言)……己の運命との対峙は、この程度の課題とは比べるべくもないほど苛烈で残酷なもの。
        ここで挫けてしまうのならば、将来、より大きな壁に押し潰されるよりも幸せな事なのではないでしょうか……?
        -- 校長 2019-02-12 (火) 21:20:26
    • 嗚呼、重くてかなわないね……(ごろごろと台車を転がしてくる。課題の品はその上に載せてある)さて、要求どおりに持ってきたよ…「ごくありふれたアイテム」をね
      (暫く台車の取っ手を握ったまま呼吸を整えていたが、梱包を解いて)まずは…七支刀だよ、調達場所は僕の祖国の博物館。提出期限のせいで、空輸の必要が出たのが辛かったね…
      校長先生ならもう分かってるかもだし先に伝えておくけど…これはオリジナルの一振りじゃなく、一般的には贋作…と称されるものだよ
      (あろうことか、最初から偽物であると明かし、敢えてそれを提出しに来たのだ。うまい具合に錆びていて、見た目はいかにもそれっぽいのだが…近年作られたものだ)
      いつどこで本物と取り違えられたのか、それは分からないけど…何十年かの間、「本物」として展示されていたものでね…修復時の検分で、レプリカと判明して展示を取りやめたものなんだ
      つまりさ…事実が判明するまでの間、皆は偽物の鉄剣を有難がって拝んでたわけだよ…ふふっ、笑えてきちゃうよね
      けど、鰯の頭も信心から…なんて言葉もあるように、その何十年か、コレは紛れも無く本物として扱われ、人々の信仰を集めてきたのも事実。それなりの力が、物には宿るかも…なんて。
      僅かな期間とはいえ、大勢の人々から本物ともてはやされた偽物と、誰の目に触れることもなくどこかでひっそり埋もれた本物…果たしてどっちが本物と呼べるだろうね?
      (だがやはり偽物は偽物、ただの美術品。世の中における真贋の価値の移ろいやすさ、定義の曖昧さを利用した変化球である) -- ムツキ 2019-02-12 (火) 20:30:37
      • ふぅ……一つ説明するだけでも一杯喋るから、喉が痛くなってしまうね…(ペットボトルのお茶を飲み、一息つく 授業中であろうとこんな調子だ)あー、あー……うん、良し。
        二つ目が430歳くらいの美男を337歳くらいの美女に惚れさせることができる強力な惚れ薬……っ、長いよ名前が!(ぜぇぜぇ)
        (緩衝材入りの木箱の中、数本の小瓶に入った澄んだ青色の薬液)こっちは素材を七支刀のついでに送ってもらって…レシピは僕が調整したものだよ。調合は実験室と寮の自室で…
        名指しではないにせよ、先生も悪い人だね…気になる相手を振り向かせるのに手段を選ばないなんてさ…(口元を邪悪そうに歪めて)
        使用方法の指定はなかったから、問題ないとは思うけど…これは校長先生自身が飲まないといけないよ 大丈夫、毒なんて入ってないから…お茶やコーヒーに数滴垂らして飲んでね
        (本来は妖狐が相手を化かす際に、補助として使う秘薬を、ムツキが要求に近づけて調整したもの 軽い幻覚作用があるが、お肌のハリと艶も少し増すかもしれない)
        (そして実際に服用したなら430歳くらいのイケメン家庭科教師が間近で愛を囁いてくれる幻が見れることだろう…10分程度しか持続しないが)
        いやぁ、これの調整にはほんと苦労したんだよ……軽く何かに目覚めそうな気分だったね…はぁ……(心なしかやつれたようにみえる表情)
        (効果を試すために何度か服用し、幻覚とはいえ430歳くらいの美男に耳元で愛を囁かれる羽目になった590歳の妖狐)
        (それでも本当に対象を惚れさせるより、あくまで校長を「化かす」方向を選んだのは妖狐としての矜持だ) -- ムツキ 2019-02-12 (火) 20:33:56
      • ……ムツキきゅん、大丈夫?無理しなくていいんですよ?私の膝の上に座ります?おっぱい飲む?
        (課題の品の提出とその説明にすら息を切らすムツキの姿を見ても、校長は手を貸す様子がない。それもまた、試験の一環だとでも言うかのように)
        (そうしてまず、七支刀を手に取って) 何をもって真とするか、真でない物をいかにして偽と断ずるかは、古来より議論、争い、そして混沌の種となってきました。
        ええ、「他の誰からも真なる物として認識されないならばそれは偽であり、偽と思えても皆が真として認識するならばそれは真である」とのある種の相対主義は、その解の一つですね。
        もっともその思想が、誰にも理解されない高度な真実を語った賢人を追放し、耳心地の良い欺瞞を語った扇動者を祀り上げたことは一度や二度ではありませんけれど……
        そんな混乱や混沌ですら飲み込み利用する。Nightmare流の“正解”に対する取り組み方としては、これも好ましいものと言えるでしょう。
        これは花マルものですわ……ムツキきゅんの身体のどこに花マルをあげましょうかねウェヘヘヘ……

        (次いで小瓶を手に取ると、わずかに目を細めて、その中の青い液体を見つめる)
        …………ほぅ。見事なものです。流石の私でも、一目では組成がわかりませんね……(その声色から察するに、お世辞でなく心底感心している様子)
        ……ふふっ。悪い人だと言いながら、それを後押ししてくれる貴方も十分悪い子ですよ、ムツキくん。Nightmareの鑑ですね♪
        効果のほどは試してみるまでわからなそうですが、貴方の尽力ぶりを聞くだけでも上質な物であると理解できます。
        これもまた、文句なしの合格点ですね。 なるほど……ターゲス先生×ムツキきゅんのカップリングもアリですわ!!見落としていましたわ!!
        次回以降もこの調子なら、一年次の遅れもすぐに取り戻せるはずです。引き続き勉学に努めてくださいね、ムツキくん。


        Nightmare 2年 臥待月ムツキ : YP+90

        (……なおその後、惚れ薬というより幻覚剤であることは校長に気付かれてしまったが、
        「これはこれで!」と服用した上に執念で改良した校長が“ターゲス先生×ムツキきゅんのいけないカンケイ”の幻覚の錬成に成功し、
         後日、ムツキくんの与り知らぬ所でYPが加点されたのだった……)


        Nightmare 2年 臥待月ムツキ : さらにYP+150 -- 校長 2019-02-12 (火) 22:37:44
    • 2年、ホーリー、テオドーラです。よろしくお願いします。(一礼し、卓上に並べる5つ…全部の課題に取り組んだようだ)
      『エリクサー』(純度85%)
      …このエリクサーは、川添先輩主催のダンジョン攻略で獲得した純度70%のポーションに、文献から紐解いて濃度を凝縮したものです。
      回復魔法を覚えていることもあり、効能についての理解はそれなりにできたと思いますが…流石に聖遺物、完全な再現には至りませんでした。死者を蘇らせるほどではないですが、致命傷くらいであれば回復するかも。
      『賢者の石?』(数多くの材質に「戻せる」鉱石)
      …万物の元となる賢者の石、その本体の作成を試みました。勿論本物には遠く及ばないわけですし、それを作れるほどの才能もありませんが…切り口は「万物になる」点ですね。
      自分の思いつくあらゆる素材に、可逆性を持たせて鉱石にする形で錬金して…同質量の物質であれば、魔術を通すことで変換できるようにしてみました。多少は本物に近づいたかと。
      『知恵の実』(黄金の林檎。食することで思考能力の向上と罪悪感を得る)
      …知恵の実は原罪とも言われ、数多の知恵を獲得する代わりに罪を背負ったと聖書にもあります。同じようなものを準備するにあたり…発想したのは、今現代で同じ性質のものは何か?です。
      服用することで頭の回転が良くなる代わりに、罪…中毒性を得る。そう、「麻薬」を切り口にしました。…ああいや実際に麻薬を仕入れてはいないですよ!?概念的な話で!!
      中毒性は流石にまずいので、麻薬という概念をスクロールに起こして簡単な概念武装として制作し、林檎に刻み込んで最後は金箔でコーティングしてみました。食べると頭がよくなりますが多分ものすごい罪悪感に追われるでしょう。危ないもの作ったなって…(目を逸らす)
      『七支刀』(形はそのまま、祝福付き)
      …これはとても悩みました。あまり東国の文化にも詳しくなく、形と儀礼剣としての性質があったものとしか文献でも紐解けなかったので…相談もしてみたんですが。
      ただ、先日ちょうど土器作りでよいかまどを先生方に準備いただいておりましたので、それを流用して実際に鉄を溶かすところから作ってみました。
      一応、作成の行程で祝詞を刻み、聖属性の付与には成功したので…悪魔とか魔物相手には特攻かも?でもこれ多分戦う用の武器じゃないですよねぇ…これはあんまり自信ないです。
      『惚れ薬を飲ませる前に 〜今日からできる社交性アップ〜』と書かれた本。定価5G
      ……聖職者が惚れ薬を作っていいわけないじゃないですか!駄目ですよ他人の気持ちを無視するような薬は!
      もちろん、惚れ薬の作る難しさ、その魔術的価値は分かりますが…信義的にNGです。というわけで、代わりにこれを。
      …惚れ薬を飲ませる努力をするより、惚れられる努力をするほうがその後のためでもあるかなと思います。誰宛に言ってるとかではないですよ?私の考え方ということで。

      …とまぁ、こんな感じで提出させていただきます。図書館や、ダンジョンで他の学生の皆さんといろいろ相談できたおかげで早く提出できました。
      …早めに提出できた分、困っている後輩や同級生がいたら、深入りしすぎない程度に、お手伝いしていきたいなと考えています。発表は以上です(一礼して) -- テオドーラ 2019-02-12 (火) 20:30:46
      • (卓上に並べられた5つの品を見て、「へぇ」と少し感心した表情を浮かべる校長)
        この短期間で課題の品すべてに挑戦したことは、それだけで評価に値しますね。単なる数合わせではなく、それぞれ真摯に取り組んだ痕跡が見られるのも好印象です。
        『エリクサー』は単なる採取で終わらずに、自身の得意分野を生かして改良を施している。マル。
        この『賢者の石』は利便性の高い合成素材として独自の価値がありそうです。◎。
        『知恵の実』は……(少し苦笑して)……「原罪」の概念に捕らわれ過ぎたきらいがあるかもしれません。
        これでは、見た目と効能で誘き寄せ食させて、苦痛を与えることが目的のアイテムになってしまって……(評価用紙に一度は×を書くが、筆を止め一瞬眉を寄せた後、二重線で消して)
        ……いいえ、知恵とはそういうもの、ですよね。〇。(どこか「心ここにあらず」という表情を浮かべたが、すぐにいつもの調子に戻る)
        『七支刀』は自己申告のとおりイマイチですけれど、自分の不得意分野を踏まえた上での工夫が見られるので、不可というほどではありません。△。
        『惚れ薬』によるアプローチそのものを拒否する態度もHolyとして至極真っ当。雉が鳴いて撃たれるような事を言わないのもよろしい。まる。
        そしてもちろん、周囲の皆と協力し、困っている者を助けるという姿勢そのものも非常にHolyらしいですね。◎。

        ……総評すると、突出して優れた物はありませんけれど、全てが及第点以上。昨年1年間の学習の成果が発揮されていますね。
        様々な事をそつなく丁寧にこなせるのがテオドーラさんの強み、といったところでしょうか。
        本年もこの調子で強みを伸ばしていけるよう頑張りなさい。


        Holy 2年 テオドーラ=シュヴァンツ : YP+85 -- 校長 2019-02-12 (火) 23:28:40
    • ホーリー3年オリヴィア 参ります
      (つ 対勇者様専用色々加護付き「七支刀」型アミュレット(自作)×999)
      足りない性能は量で補いましたわ
      内職は得意なのです
      頑張りました -- オリヴィア 2019-02-12 (火) 23:20:24
      • 量が……
        量が多い!!!!

        ……はぁ、はぁ。一瞬デュープバグかと思いましたよ。(すっごい呆れ顔)
        ええ、まあ、課題の趣旨とはぎりぎり合致。一見すると個々の質にも大きな問題はありませんし、この量は見事と言ってよいのですが……
        オリヴィアさん。一応聞きますけれど、貴女のその情熱は、勇者様やら白馬の王子様やら以外に向けては発揮されないのですか?
        ……いいえ、これは愚問でした。囚われのお姫様ですものね……しょうがありませんよね……。
        (珍しく?「さて、どうしたものでしょうか……」と思い悩む校長であった……)


        Holy 3年 オリヴィア・ウーフウーガヴヲウ・ガヴー : YP+60 -- 校長 2019-02-13 (水) 00:00:32
    • ──さて、これに取りいだしましたるは古より伝わりたる恋の妙薬(そう言って取り出したのは焦げ茶色の塊)
      なんだ、ただのこげ茶色のブロックでは無いか、そう思われるのも無理もありますまい。
      実際、このままでは力を存分に振るうには不十分。しかしながら、ごく簡単な手順を踏めばあっという間に恋の媚薬に早変わり!
      (用意していたナイフを取り出し、同じく用意していたカップへと塊を削り落としていく)──適量、削り取りましたならば……そぉれ、あじゃらかもくれん、がんがんぎぎん、ぎんがまん、てけれっつのぱー……おっと、これは命を奪う呪文でした、失敬失敬。
      では改めまして。すきとめきときす、さかさによんでもすきとめきときす……(にわかにカップから湯気が立ち上り、甘く香ばしい香りが漂い始める。中身を見せるように傾けると、焦げ茶の液体が覗く)
      これぞ秘伝──カカワトルにて御座います……まあお分かりでしょうけれども、ホットチョコレートですね早い話。とは言えバカにしたものではありませんよ?
      滋養強壮、興奮効果は言わずもがな、幸福感をもたらす成分も含まれていて二人の甘い気分を盛り上げるには十分。
      まあ、ベタ過ぎるほどベタではありますが……校長ほどの美貌を持ってすれば、ちょっともじもじしながら潤みがちの上目遣いで渡せばイチコロではないでしょうか!
      以上、Nightmare1年フラム・ローズでした。 -- フラム 2019-02-13 (水) 00:03:16
      • (フラムのプレゼンの間は普段と変わらない……尊大でどこか不機嫌そうな表情で聞いていたけれど、それが終われば「くす」と小さく笑って口を開いた)
        褐色の飲み物はしばしば恋の秘薬に喩えられ、チョコレートやコーヒーと恋心を絡めた歌は数知れず……
        貴女の言うとおりごくありふれているものですけれど、基礎的な課題への解答としては及第点ですね。なぜ恋の妙薬と言われるか、の効能分析に関しても十分です。
        私が類稀なる美貌の持ち主であるのは当然ですが、臆する所のないその態度もNightmareらしくてよろしい。
        それに(湯気の立つカップを手に取って香りを嗅いだ後、口に運ぶ)……香りと味も良い。
        これは素材の質よりも、貴女の熱量コントロール技術によるところが大きいでしょう。
        己の実力を誇示する機会を逃さないという点でも、Nightmareとして合格です。
        ただし……あまりに単純な解答すぎるがゆえに、高い点はあげられません。次は、もっと私を驚かせてみなさい?
        (そう言って、再び「くすり」と微笑む校長であった)


        Nightmare 1年 フラム・ローズ : YP+55 -- 校長 2019-02-13 (水) 00:57:52
    • 3年ナイメアぴよ林、侮れないやつぴよ林です。ぴよぴよ
      課題の品ですね、もうバッチです、ぴよぴよ
      『エリクサー』と『賢者の石』はヤンキー(川添)さん達と一緒に拾ってきました
      (大豆の空き袋に掬って入れたエリクサー、量は少な目、なんかちょっと大豆の薄皮が浮いている)
      (かつて賢者の石と呼ばれていた砥石も中には無関係の小石が混じっており、明らかに川添のものより質が悪い)
      『しししとう』も捕まりさんに一緒に作ってもらいました。友情パワーですね。
      (オリヴィアに作ってもらった小さな「七支刀」型アミュレット×1を置く、作ってもらったものだからか、小汚い机の中で小綺麗な存在感を放っている)
      『ほれ薬』もほれこの通りのぴよ林
      (学校のみんなで作った430歳くらいの美男と337歳くらいの美女が掘れさせることができる強力なれ薬を自信満々に置く、何の疑いもなくやってやったぜ感を出している)
      そして最後に『知恵の実』も購買で―…(ざらざらら、と大豆を机に撒き)…大豆って言わないと分かりづらいですよ校長先生?
      最近テレビでいってましたもんね、頭がよくなるって…美味しいけど面倒くさがらずに購買で買いましょうね?ぴよぴよ…ふーしかしやり遂げましたぴよ林、ほめてくださいぴよ林 -- ぴよ林 2019-02-13 (水) 00:14:40
      • ………………ぴよ林さん。貴女はどうして、いつも、こう…………
        (ぴよ林の説明を聞き終えて……いや、もしかしたら比較的早い段階からだったかもしれないけれど、
         己の顔に片手を当てて両のこめかみを押さえる、典型的な「あたまいたい……」のポーズになる校長)

        うん、うん。そう、そうですね……。まずは一つずつ整理していきましょうか……(校長のポーズが「まだだ、まだ慌てるような時間じゃない」に変わり)
        『エリクサー』……これはまあ、他の皆と同様にダンジョンで取ってきた物ですから、入手方法および質には最低限の保障があるわけですが……
        わぁー、大豆成分が加わってまるで豆乳ブレンド。これでより健康志向のエリクサーに……ってなワケありますかーーっ!!
        『賢者の石』も!ちゃんと選別なさい!!ニワトリだって砂肝に放り込む小石は選ぶでしょーーっ!? ……はぁ、はぁ……
        『しししとう』って、獅子唐辛子じゃないんですから!あ……でもこれはオリヴィアさん作だからまともな方ですね……。
        『ほれ薬』に至っては、持って来たのがぴよ林さんじゃなかったら恥骨を叩き割っていたところですよーーっっ!!!
        ……ぜぇ、ぜぇ……(そして、「ふーーーーっ」と深いため息)……『知恵の実』っていうか大豆も……
        それで本当に頭が良くなるんだったら、毎日食べてる貴女は今頃学内トップの成績ですよ……テレビを安易に信じちゃいけませんよ……。

        ……ええ、ええ。(小さく頭を振るとぴよ林に向き直る) けれど……ぴよ林さん。貴女が貴女なりに全ての課題をやり遂げたのは事実。
        『エリクサー』と『賢者の石』はダンジョンで戦闘要員として十分な働きをした成果ですし、『七支刀』も“囚われの姫の監視”を確りとしているからこその賜物。
        『ほれ薬』はある意味で私の鼻を明かす事に成功しました。でも『知恵の実』だけは……
        ……いいえ、貴女の存在そのものが知恵への皮肉なのかもしれませんね……。
        …………合格です。合格。Nightmareとしては許容できる振る舞いの範囲内と言えるでしょう……(そう言って再びこめかみを押さえると、また「ふーーーーーーーっ」と長いため息を吐くのだった……)


        Nightmare 3年 ぴよ林・ぴよぴよ : YP+40 -- 校長 2019-02-13 (水) 08:02:00
    • イグナです!(頭のかわいそうなイグナはいまだにホーリー・ナイトメアの区別すらわからなかった)
      ええと七支刀を作ってきたわ 一華とかみんなでやったの、イグナはテツを溶かしたりしました、すごいかしら?(金属加工・溶解:イグナ 知識協力;セセリ(および加工協力:セセリの骸骨) 鮫力注入:セイム 祝詞・祝福:一華
      剣は本当は、アムールが欲しそうにしていたからあげようかと思ったけれど、要らないって・・・にゃんこの考えることはよくわからない・・・ 
      それと、みんなでグラウンド?で作った『430歳くらいの美男と337歳くらいの美女が掘れさせることができる強力な掘れ薬』もあるわ
      イグナはこういうものの事はよくわからないけど、みんなでやったものだからきっと素敵なものだと思う!ね!? -- イグナ 2019-02-13 (水) 11:23:59
      • (「あっ……この子、今年のぴよちゃん枠かな……」ってちょっと警戒したけれど、話を聞いてみれば大分まともだったのでホッと胸を撫でおろす校長)
        うーん、そうですね。まずはわかりやすい『掘れ薬』の方から評価しましょうか。
        皆で協力して何かを成し遂げることはHolyの基本精神の一つであり、その点は好ましいと言えます。
        ですが……それだけでは正しい物が出来上がるとも限りません。これはその最たる例です。
        集団を正しい方向に導くこと、あるいは指導者の行いが正しいか判断すること。それもHolyに必要とされる技能なのですよ。
        ……簡単に言うと「『掘れ薬』と『惚れ薬』は違うよ」と「みんなでやるだけじゃ、良い物はできないよ。もうひと工夫が必要だよ」ってところかしら。
        (と、小さく苦笑して諭す。怒られなかったのは、先に同じ物を提出したぴよ林パイセンのお陰で校長も心の準備ができていたからかもしれない)

        その意味で、この『七支刀』は素晴らしいわ。無論、最高級品と言うには程遠いのですけれど、良き指導者の下に作られたのがわかります。
        東国の方式に沿った祝福がなされており、力と生命の象徴である鮫のオーラを注ぎ込んだという独自の工夫もある。
        作業にアンデッドを用いた痕跡があるのはHolyの提出物としてマイナス点ですが……
        イグナさん、貴女が鉄を浄火したお陰で瘴気の類が残るような事もなく、見事に仕上がっていますね。

        ふむ。『掘れ薬』に関しては加点も減点もなし。『七支刀』は文句なしの合格点です。
        特に、良い指導者を見つけられた事と、イグナさんの技能を存分に生かせた事。この二点が大変よろしい。
        今回の結果が単なる幸運で終わらないよう、次回も頑張るのですよ♪


        Holy 1年 イグナ : YP+70 -- 校長 2019-02-14 (木) 01:39:46
    • ヘーイ!!Nightmare二年、ベレッタ・アーマライト・ウィンチェスターだよー!!
      冬の面影もすっかり去り、風薫る季節となりました。学長に置かれましてはいかがお過ごしで……前置きウザい?ごめんなさい。
      ええまあ、そんな訳で今回ワタシ、課題について一つを除いてちゃんと考慮してみました!!すみません七支刀マジ無理です剣とか死にますぐぇぇ(くたばる)
      で、その前に今回共通のテーマがありましてね。題して「中身があってりゃガワとか適当でいんじゃね?」です。
      だってそーでしょ伝統的なポーション作るからって今どき割れやすいガラス瓶に大切なおくすり入れるとかふぁっきんぬーぶかって話ですよ!落として割ったらどーすんの!!
      今や時代はプラスチック!軽くて安価で割れにくい!!そー思いませんか!!
      おくすりを入れる容器に求められるのは「こぼれないこと・割れないこと・持ち運びやすいこと」でしょうよ!!
      つまるところ「どのような姿をしているかよりもどう使ってどう効果を発揮するか!」コレに絞ってやってみました!はいどーぞ!!

      「エリクサー」
      エリクサーってアレでしょ不死の霊薬とか言われるやつ。飲むとHPMPが完全回復するやつ!そっちではない?すみません。
      だったら瀕死の人間をピンピンにして戦場に送り返せるならそれは75%ぐらいエリクサーなんじゃないですかね!?というわけで私の答えはこれや!!(お出しされるのは注射針を射出するタイプの銃)
      そう、スティムです!!アドレナリン、メタンフェタミン、モルヒネその他諸々ぶち込んでポンコツ兵士もたちどころに起き上がらせる現代のエリクサー!!
      無論それだけじゃエリクサー感弱いと思って傷の修復も出来るポーションと混合してのお出しですよ!え?不死じゃないかのかって?モノホンだって死体に掛けて蘇るわけじゃないでしょ?ゾンビウイルスをお求めですか?
      「賢者の石&知恵の実」
      はいこっちは割と専門外だったんで悩みましたけど無事鹵獲してきましたよ!じゃん!!(お出しされるねじれたモノリス的なもの)
      はるか古代にサルに知恵を与え人にし、果てはオーバーマインドまで導くっていうモノリスさん!かっけーね!!
      人々の成長を見守る「賢者の石」でありかつ触れたものに知恵を与える「知恵の実」でもある!!一粒で二度美味しいじゃあーりませんか!!!
      やー異世界に行ってまで取ってきた甲斐があったねー これなら二倍点もらえてもいいんじゃないかナーはっはっはー……え、ねじれてるやつはモノリスじゃない?じゃあなんなのこのねじりこんにゃく?
      「430歳くらいの(以下略)惚れ薬」
      何も申されますな、ここまでは前座ですともよ。こっからは真剣と書いてガチですよ!!
      惚れ薬を必要とするってことは愛は奪い取るものと言う認識をなさっているってことですよね。力こそ正義、いい時代になったものだ!だったらより直接的にぶち込めるほうがよいでしょうよ!!
      そんな訳で惚れ薬枠として私が用意したのはジャン!「愛のクロスボウ」です!!
      あ、愛の矢の入手経緯については記録をご参照に。いやーそうとは知らず大パイセンにご迷惑お掛けしちまいました。
      当然愛の天使キューピッドから平和的交渉(ガチンコ)で貰ってきた奴ですから効果は折り紙付き、クロスボウの方にも魅了効果マシマシにしといたんで更にドンですよ!!(クロスボウの柄がショッキングピンクのハート柄であるが、それも効果を高めるためのものらしい)
      で、そしたら学長こう思われますよね。「これを当てなければいけないのなら惚れ薬には劣るのでは?」って。いやいや惚れ薬を使うんだって戦略が必要でしょう?400年生きるぐらいの人なら勘だって鋭いでしょうよ、一口含ませるのだって一苦労ですよ
      だったら直接ぶち込んだほうがまだ全然確率があるんじゃねーかなって思いますよ。いちおー追加でスモークグレネードとサーマルゴーグル付けときますね。オススメは投げ込んで突入、ゴーグルで目標確認して矢をぶち込んでの鎮圧です。
      テロハントならぬラブハント!!エンジョイアンドエキサイティング、アーンドグッドラック!!! -- ベレッタ 2019-02-14 (木) 00:32:18
      • (ベレッタのやかましさに時おり眉をひそめる事もあったけれど、その話の内容は概ね真面目に?聞いていた校長)
        ……外見や形式よりも実を重んじる。Nightmare式の物事の見方の一つとしては正しいですね。
        しかしそれも一長一短で……ええ。細かい点は、それぞれの提出物の評価と共に話すとしましょう。

        まずは『エリクサー』、というかスティム。
        向精神薬や興奮剤の類を注射しているに過ぎなかったそれを、ポーションと組み合わせて根本治療に寄せた点はよろしい。
        ですがベレッタさん。貴女はエリクサーが肉体に与える影響にばかり目を取られていますね?
        エリクサーはその神秘性、希少性ゆえに、作成に成功する事自体が名誉となり、所持している事で社会的地位の高さを示すことができる……
        換言すれば、その外面的な“らしさ”も効能の一つとして、広く影響を及ぼすのです。
        その意味で、スティムでは片手落ちですね。……まあ、「各種向精神薬がそういった精神的影響もカバーできる」という主張もあれば、また評価は違ったのですが♪
        (そう言うと、「にいっ」と意地悪な、魔女めいた笑みを浮かべる校長)

        次に『賢者の石&知恵の実』。
        ……自分が持って来た物が何なのか十分理解していないのは限りなく論外に近いのですけれど、後学のために説明してあげましょう。
        これは賢者の石でも知性のモノリスでも、ましてや知恵の実でもありません。
        ある種のフレッシュゴーレムの類を作り出す事ができますが、あくまでこの碑に記された情報の範囲のものに過ぎませんし、
        これが発する様々な波長は生命体の精神活動に重篤な影響を与えこそすれ、新たな知性を目覚めさせるわけでもありません。
        何より、それなりの技術と設計図さえあればいくらでも複製が可能です。
        これに関しては、外見どころか実すら伴っていませんよ……。(ちょっと呆れ顔)
        ……あと、貴女ぐらい魔力があれば問題ないでしょうけれども、人によっては健康に被害を受ける恐れのある物品です。
        そういった危険物の取り扱いという観点でも、マイナスの評価をせざるを得ません。
        Nightmareだからといって、無知・無計画で行動していいわけではありませんよ。
        (普段の自分を棚に上げて、こういう時だけ真面目モードだ!)

        最後に『惚れ薬』……『愛のクロスボウ』ですか。
        先人(川添孝一くん)と違ったルートでダンジョンに挑戦し、腕力……貴女の場合は(ガン)力?で勝ち取ったアイテム。
        それを自分の得意技術で改良し、(対象に効果があるかはわかりませんけど)相性のよいスモークグレネードのおまけつき。
        そして、薬ではない事に一定の理がある……なるほど、ここまでやれば、見た目より実利を取る意味がありますね。
        ほぼすべて力押しではありますけれど、それもまたNightmareとして正しい在り方です。(「ふぅん」と短く感心の声を上げた後)
        ……最初からこれだけ提出していれば、合格点をあげましたのに……。(ふたたび呆れ顔で呟く)

        総評です。『愛のクロスボウ』だけなら、合格点をあげることができたでしょう。
        しかし他の2品から「下手な鉄砲数撃ちゃ当たる」という考えが見え隠れしていた感が否めません。
        ベレッタさん。複数の課題に挑戦するのはよいのですが、それぞれにつき「この一矢に定むべし」という心がけも持つとよいかもしれませんね。


        Nightmare 2年 ベレッタ・アーマライト・ウィンチェスター : YP+35(赤点)

        ……今回の補習の方法は自由とします。いずれかの教職員から補習の結果が私に伝われば、どんな形でも構いません。
        (※行間でやったことにしても、いいんだ……) 以上。
        -- 校長 2019-02-14 (木) 03:08:42
      • ぐえー!ちっとばかしいらんことしぃが過ぎたか!!(流石にショックを禁じ得ない 愛のクロスボウの評価が上々だっただけに尚更)
        とりあえずこの忌まわしきねじれこんにゃくは元の世界にC4括り付けて返しておきまーすぅ……壊れなくてもまぁ処分にはなるでしょ
        補習課題はちゃんと校長のとこに持ってきますよ!私だって筋の一つや二つ通すってもんです(上っ面のいい加減さが余りにも目立つが、根っこの部分には確かに誠実さが通るガンマンであった) -- ベレッタ 2019-02-14 (木) 23:13:38
    • (どこか怯えた様子で入室してきて)Nightmare一年、マナです……提出物はこれです
      (そう言って差し出されたのは他の物よりひと際大きなジェムで)
      これは……賢者の石枠ということにします。結論から言うとこれは賢者の石ではありません……ごめんなさいぃ……嘘はつけないんです……罰則が怖くて……
      ですので先に言いましたがこれを賢者の石として見立てる為にいくつかのアプローチを行います……!
      1.形状、外見
      御覧の通り、色は真紅で透明な外殻から赤い流体……が透けて見える形となっております
      比較的強度の低い外殻を砕けば中の流体が取り出せ、それを口に含めば体内から魔力が作用し生命力と魔力を増幅させます
      傷口に流体をかければ、粘度のあるそれは傷口に留まり、癒し、それが終われば体になじむように溶けてなくなります
      これらの特徴について、賢者の石と呼ばれる物の霊薬として用いられたという点について酷似しており
      また流体としての特徴も賢者の石が一部では"やわらかい石"や"哲学者の水銀"などと呼称されていたことと重なる点についても共通点があるとお伝えします
      2.無機物に対しての効果
      賢者の石の大きな特徴としては卑金属を黄金に変えるというものがありますが
      これを別の観点から捉えることにします……金とは古来から価値のあるものと言った意味であり
      そしてその通電性の高さから工業用としても活用されている便利な物質です
      この石は先ほどの流体を物質にコーティングすればある種のエンチャントとして作用します…効果は術者によって変わるので割愛させていただきますが
      あとは核として複雑回路の魔導機と呼ばれるものの動力源としても使われます。わかりやすく言えばバッテリーでしょうか……
      少々効果は弱いですがこれらの作用が賢者の石の先述の効果とある程度類似していることをお伝えします
      3.噂、伝説性について
      賢者の石は時代、国によってさまざまな伝承があります。それこそ人を狂わせる悪魔の石だったり
      不老長寿をもたらす伝説の石だったり……そのロア的効果を齎す狙いを持って……
      中庭でこれを配りました……ごめんなさい……私個人としての気持ちではみんなの課題の役に立てば……と言うのが大きいですが
      これを賢者の石といって配ることによって、受け取る人……その方が感じる、考えること……それらがロアとして伝わり
      賢者の石を賢者の石足り得る存在になると思いました……
      ほとんどの方は怪しい石だと思って捨てるか拾わないでしょうが……
      ネタに困ってる方にとっては救いの手……または他者のとの交渉、交流の材料として……
      そして実際の効果を改良し、本当に賢者の石としての効果を得る……方もいるかもしれません、居たらいいな……
      つまり、一騒動起こすことによって……これが賢者の石かもしれない、というロアが起こったわけです
      ここを評価点として頂けるのは厳しいかもしれませんが一応そう言う意味で置いたということで……許してくださいぃ
      4.材料、製造工程
      先生はお見通しかもしれません……この石の材料は……人間です…………(酷く辛そうな顔をして)
      ただしくは……人間の血、ですが……そしてこの外殻はその人間の精神……ちょっと概念的なものになりますが……うーんっと魔力や精神といったもので構成されてるゆえに柔軟性を持っているのです
      製造工程はその…………詳しくはお伝え出来ません。ごめんなさい……
      ただ、それを作るのにはその人間はかなり消耗するというか……辛いというか……もちろん肉体的負担もありますが……
      何よりも…………精神、的に…………頑張ったというか…………
      この点は…………加点の為のものではなく、お伝えしないといけないかなと思ってお伝えしたので……減点してもらっても構いません……すみませんでした
      5.味について
      驚かれるかもしれませんがこれが私個人がこれを"賢者の石"として見てほしい一番のセールスポイントと言いますか……その……美味しいんですこれ……!
      魔力の多量に含まれたこれは……血液としての在り方より別のものになっているらしく……
      その人間の魔力と作用して、外殻が食感を変え、流体が望む味覚を幸福たらしめる効果があります……
      だからこそ……これが作られたわけですが…………騙されたと思って食べてみても良いかもしれませんね……えへへ……(どこか卑屈そうな苦笑をして)

      ともあれこれでプレゼンは終わります……つらつら並べましたが騒がせたこと、先生を騙したこと……許されるものではありません
      これも言ってしまえば偽物ですし……なので罰を受けても構いません。その……慣れてますから…………はは…………
      では……失礼しました(ぺこりとお辞儀をして) -- マナ 2019-02-14 (木) 09:17:29
      • ……「馬鹿正直」という言葉もあるように、正直なのはNightmareにとって美徳とは言い難いですよ?マナさん。
        それと、及び腰であることと、自虐的であることも。 貴女が罰を受けたいというのならば、それだけを理由に赤点をあげてもいいんですけれど……
        ほほほ、冗談ですよ。罰を受け慣れている相手を虐めても張り合いがありませんし、何より“貴女以外の誰か”を喜ばせることになるのは非ッ常に癪ですし?
        (嘲るような笑みを浮かべて言う。もっとも、その嘲りはマナに向けてのものではないのだけれども)

        くだらない前置きはこれぐらいにして、本題にいきましょうか。
        まずは形状と効果について。賢者の“石”と呼ばれているけれど、それが固体とは限らない点に着目しているのが大変よろしい。
        そもそも賢者の石は、時代や地域によってはエリクサーと同義に扱われていて、生物への薬効も貴女の説明とおおよそ合致しており……ええ、この辺りは改めて語るまでもありませんね。
        また、「卑金属を黄金に変える」との特性を、その文言のみに縛られることなく
        「機械における金のごとく、導魔性の高い物質」「魔導機に価値を与える動力源」として解釈している視野の広さもよいですね。
        こういった、物事を多面的に捕らえ応用的に利用する能力も、Nightmareに求められているものなのです。

        そして伝説性・神秘性を高めるために貴女が行ったこと。これも立派な加点要素です。
        もっと自信を持ちなさい? この観点がすっぽり抜け落ちていた子もいるんですから。(口元に片手を当てて「くすくす」と笑い)
        意思の力、想いの力の類は、最も原初的な魔力の根源の一つ。
        ひと騒動起こして生徒たちのそれを沸き立たせ、ある意味で操ろうとした貴女は、とってもNightmareらしいと言えますよ♪

        ……材料と製造工程に関しては……そうですねえ、マナさん。
        貴女には、私が「頑張ったね」「辛かったね」と慰めの声をかけながら誰かを優しく抱擁するような女に見えますか?
        ……ええ、ええ。それが全てです。………………ああ、でも、一つだけ。
        この『賢者の石』の最たる特徴は、その“味”ですよね?
        人の血と精神が素材だといっても、実際は単なるマナ・ストーンの一種に過ぎないこれが……口にした者に、幸福を感じるほどの美味を与えられる。
        ふふっ、面白いじゃないですか。……きっと、“素材になった子”は、食するという行為に特別な思い入れがあるのでしょう。
        それが誰か一人にでも伝わったのならば、この『賢者の石』が作られた意味はあったと言えるのかもしれませんね。

        …………少々話が逸れました。
        先ほど言ったとおり、物としてはマナ・ストーンの一種であり、とりたてて高得点をあげられるような要素はありません。
        ですがそれを賢者の石と言い張るための理屈立ては、十分評価に値するものでした。
        Nightmareとして合格です。……貴女の性格はNightmareらしくありませんけれど、そこを強く言うのも酷でしょうし、ね。


        Nightmare 1年 マナ : YP+65 -- 校長 2019-02-14 (木) 23:29:34
    • (足元がおぼつかないまま、荷台に積んできた物を用意して並べて)Nightmare1年、アンジェリカ・ルースです。課題のアイテムを用意したので提出します。
      …今回用意したのは提示された5つのアイテム全てを用意しました。ただ、広義の意味では全部含めて惚れ薬なのかもしれないです(と、疲労の色が抜けないまま説明をしだす、緊張する余裕も無いらしい)
      ◆エリクサー◆

      こちらのアロハ・エリクサー。…実際に存在するキャンドルで、肉体的にではなく精神に作用するという、特異性があります。
      使う際には自分のエネルギーを注ぎ、名前を告げて繋がりを持つところから始めます
      また、その目的用途に応じて使う物は変わってきますが今回用意した物は月の名を冠したもの…実際の月の満ち欠けに応じてその作用は変化します。私は豊かさ、成就などを願う為に満月での使用をおすすめします。

      ◆知恵の実◆

      知恵の実として伝承では幾つかの果実が諸説あり、今回は比較的題材として扱われるリンゴを絞り果汁を用いて
      イースト菌を入れて発酵させシードルにしました。私自身味見は出来ないのですが、協力者に味を見てもらい出来は悪くないと自負してます。何故この様にしたかの理由は後述します。

      ◆七支刀◆

      特徴的な刀身は主に祭事にて扱われます、ただし今回用意したものは祈りは込めたものの形状としては七振り別々の刀身として用意したものとなります。
      専用のケースに収める事で七支刀の形状を取る事は可能になりますが、一般的には包丁として用いる事を目的としたものです。この理由も後述します。
      …ちなみに儀式に関しては、専門の協力者監修の元実際に(豆もやしであるが)儀式を行いました。

      ◆賢者の石◆

      …既に提出されているものと比べて、劣る物であることは理解しています。
      ええ、先輩方が既に提出しているものと比べ物にならないほど…劣る…研者の石(砥石)、です。
      これに関しては包丁セッ…七支刀とのセットでの運用を前提としていただく様にお願いしつつ、後述の方法で使用をお願いします。

      ◆430歳くらいの美男を337歳くらいの美女に惚れさせることが出来る強力な惚れ薬◆

      正直な所、400年以上生きた場合にはそもそも相手に何を求めるのかを考えました。想像になってしまうので、断言は出来ないのですが…安らぎに近い物を求める可能性、そこに思い至りましたが…簡単に得られるものではありません。
      私が思い出したのは幼い頃、貧しくも家族で過ごした時期を僅かに思い出し家庭の味は少しだけ懐かしく…そうして至った考えが家庭の味です。
      年代はともかく、具体的な国や地域が分からないので難航しましたが世界の伝統的な家庭料理、というカテゴリのレシピ集を見つけてそれを合わせて提出しようと思います。
      …エリクサーで、自身の気持ちを高めて…知恵の実のシードルは話のきっかけ、家で呑む事を誘い文句にしてもらう。
      七支刀と賢者の石は振る舞う手料理の為、儀式に見立てて用いる事で黄金を生成する以上の感動を生み出して惚れさせる…ここまでが私の提出する課題アイテムです。
      資料としてレシピ集の料理を実際に作ったレポート、可能な限り記した内容はレシピ内の料理に対する手順を補足している物となっています。
      …実際に料理上手な子に頼んで作り方をレクチャーしてもらいながら、まとめた物なのでこの通りにやればよほどの事が無い限り失敗しない筈です。
      どこの国や地域で育ったかは知らないので実際に確認してからの必要はあるかと思いますが…(ある意味で全部含めてまるごと惚れ薬であるが)

      ここまでで私の発表を以上とさせていただきます、ご清聴ありがとうございました。…どなたが使用するかはわかりませんが、応援したく思います。(深くお辞儀をして) -- アンジェ 2019-02-14 (木) 10:03:01
      • (次々出て来る課題の品を頬杖ついて「ほへー」って表情で眺めながら、アンジェリカの説明を聞いている校長。それはまさに……深夜の通販番組を流し見しているときの顔!!)
        ……うん。うんうん。何となくわかりました。
        つまり、アロマキャンドルと、アルコール飲料と、便利な包丁七本&砥石と、家庭料理のレシピの、お客様歓待セットですねコレ!
        (言った!言ったった!!みもふたもない事言っちゃった!!!)

        けれど、まあ、◆エリクサー◆はちゃんと世間で「エリクサー」として認知されている品ですし、
        飲み過ぎてやらかすと失楽園するという点で、リンゴ酒は◆知恵の実◆の一側面を受け継いでいます。
        ◆七支刀◆風七包丁と◆賢者の砥石◆も、 それぞれ形と名の点で条件を満たしていると言えるでしょう。
        全てが「家庭料理を振る舞って、意中の人の胃袋と心を掴もう!」っていう◆惚れ薬◆のコンセプトで綺麗にまとまっていますね……。
        個々についても、アンジェリカさんがしっかり考えて作り上げた、あるいは選んだものだというのが伝わってきます。
        しかも実際に料理したレポートまでついているのが……これは……ありがたい……。(ぱらぱら捲って「あ、これ美味しそうですわね」とか呟く)

        しかし惜しむらくは……その丁寧さ、気づかい、思いやり、すべてがあまりに……あまりにHoly的ですっ。良い子過ぎます。
        多少Nightmareらしいはったりはありますが、根底に流れるはアンジェリカさんの優しさという大河……。
        これではウルトラマグナム級の赤点をつけざるを得ません……。(ヒュッカカッ(採点のペンを振るう音))


        Nightmare 1年 アンジェリカ・”ミスフォーチュン”・ルース : YP+5(赤点)

        補習の方法は特に限定しませんが……Nightmareの先輩たちに「Nightmareとは何か?」という話を聞いてみるのがいいかもしれませんね……。
        (※行間でやったことにしても、いい……いいよ……っ)
        -- 校長 2019-02-15 (金) 01:18:32
      • (何故こんな形式での課題提出に至ったか、途中まで見守ってたサラが魔導デバイスで通販番組を見始めたから。…意外と、手振りだけでも伝わるものなのだなぁ…という事を後に語っていたという)
        (必ずしも正解かは分からない、ただ出し切った筈である。が、示された結果は合格には程遠い物であり)
        ……そう、ですか。ありがとうございます(出来る事はした、ただしそれが求められてる資質と評価から剥離していた…それが今回の結果であると認識して受け止める)
        (であれば、どうすれば評価されるのか…実際に聞き回って、次へとつなげる事を決心したのである。そういうところだぞ?) -- アンジェ 2019-02-15 (金) 01:56:32
    • 言われたことすらできない無能か無能な働き者かどっちが悪いか、で悩んで提出だけはすることにしました!
      ・『エリクサー』、ポーションから順に濃縮変性で最終的に状態異常や肉体再生の効果も付与した劣化エリクサーぐらいまで目指した結果!(じゃかじゃん、とどこからか音がする)
      『リバースエリクサー』と名付けたいものになりました!本来のエリクサーが一時的な不死性の付与やあらゆる状態異常、病気、肉体の破損の修復ならこれは真逆ですね、モルモットに不死性与えてみましたがそれすら突破してありとあらゆる状態異常を付与し死に至らしめる霊液となりました!特殊コーティングした容器でなければ魔力水晶のビーカーすら溶かすので無機物にも効果ばっちりです!(見た目は澄んだ透明な液体が入った瓶)
      ;・『賢者の石』、本来起こりえない変性変質を行う触媒で、実はこれ私の持ってた機材に低品質のが入ってたのでそのまま出そうと思ってたんですが、エリクサー調合中にどんどん品質下がって元に戻そうとして見た結果!(ばばーん)
      『愚者の石』と名付けたい効果になりました!具体的には賢者の石の真逆で本来起こり得る通常の変質や変化すら起きなくなります!同じ水溶性の絵の具を混ぜようとしても気持ち悪いマーブル模様になるぐらいには混ざりません!(薄く発光する石になっている)
      『知恵の実』、まあありきたりな認識系や知覚系バフ掛けた果実を用意しようとしたんだけど、なーんでこうなったかな(ぱーっぱぱーっぱぱぱぱぱー)
      『馬鹿の実』、いやそのまんまなんですけどね、一発で頭ぱらりらぴーぽーすると思います、知能強化したモルモットに少量与えたら普通のモルモットより馬鹿になっちゃいました、多分効果は永続
      『七支刀』、所謂祭祀用の儀礼的な道具なのでとげとげしく刃物作ってエンチャントすればいいかなって思ったんですが(ドンッ)&br:『大棘の直剣』なんかとげとげがどんどん育ちました、どう考えても実用性一点張りの出血狙いの直剣ですありがとうございました!ちなみに持つところも微妙にとげとげしてて握ると痛い!(どこかの闇霊が愛用してそうな武器を取り出す)
      『以下略な惚れ薬』、いやド直球だけど素材が手に入ったから行けると思ったんですけどねー(遠い目をしてファンファーレが成る)
      『嫌われ薬』!いやまんまなんですけどねー、使用すると相手に使用者の体臭、気配、喋り方、その他いろいろありとあらゆる要素に嫌悪感を抱くようになります!でも障害を乗り越えてこそ真の愛だと思うし好きの反対は嫌いじゃなくて無関心らしいから多分これは惚れ薬の一種?(どぎついピンク色の錠剤が入った瓶を置く) -- セシリア 2019-02-14 (木) 17:17:58
      • 「どちらも無能には変わりないので等しく悪い」との考えには至らなかったのですか?
        ……冗談ですよ。少なくとも提出物を見る限り、貴女は無能からはほど遠い。(ふ、と小さく苦笑して)
        さて、“偽物、誤った物”を作るのは、「真でない」と言える要素を一つでも混ぜ込めばよいため簡単なのですが、これが“真逆の物”となるとそうはいきません。
        なぜならば、何らかの要素が逆のベクトルに振り切れていなければならないからですね。これは時に、本物を作るより大変なことです。
        その意味で、まあ、セシリアさん……貴女は見事にやってくれました。5つの課題の品全てにおいて、要求と真逆の物を持って来るとは。

        けれどそれだけで及第点をあげるほど私は甘くありませんよ。個別の評価に移りましょう。
        まず『リバースエリクサー』。それなりのスキルを持った薬師ならば「デスポーション」を調合するのは容易ですが、これはその一つ上の域に達していますね。
        ただ、エリクサーに真逆の効果を発揮させるだけならば、ルゲイエなる学者が既に「リバースガス」という手段を発明しています。
        その点で、進歩的な発明とまでは言い難いのが玉に瑕、でしょうか。
        次に『愚者の石』。魔術的に改良しやすい物質から丁寧に親和性を取り除いていけば、近しい物が量産できそうです。
        とはいえ、そういった意図的な逆工程を踏まずここまでの物ができたのは面白いですね。
        『馬鹿の実』は……神経や精神、あるいは魂に作用する破壊的な毒薬で代用できるのでは?校長は訝しみました。
        で、『大棘の直剣』……節子、これ諸刃の剣や。
        そして、ほう、『嫌われ薬』ですか……大した物ですね。狙って村八分を引き起こせる点が、政敵を追い落としたい人なんかに好まれそうです。
        あと全体として……見た目や色合いがきちんと邪悪なのが、わかりやすくてよいです。とても。(にっこり)

        曹豹総評です。「天邪鬼であること」はNightmareとして立派な態度です。
        セシリアさん。この課題において貴女はそれを貫き通しました。
        品質のむらは減点対象ですが、Nightmareとしてはおおむね合格点と言えるでしょう。
        しかし……
        なんということでしょう!セシリアさんはNightmareじゃなくてHolyだったのです!
        (校長先生すごいいい笑顔。にこにこにこに゛ごに゛ごに゛ごに゛゛ご゛に゛゛ご゛)


        Holy 1年 セシリア : YP-65(赤点にもほどがある!!)

        あ、はいはい。補習ですよ補習。いかなる機械も魔導器も使わずに、裏庭に深さ3メートルの穴を掘り、それを埋める。
        これを65回繰り返してくださいね♪ がんばれ♥がんばれ♥ (※行間でやったことにしても、無視してブッチぎっても……いい……)
        -- 校長 2019-02-15 (金) 03:01:44
      • ですよねー、まー作れなかったのは事実ですからー(副産物の神酒や生命の実や柔らかい石や螺旋の大剣の入ったジャンク箱に課題の提出物を放り込んでいく)
        3mかぁ、よし、がんばろう(後日穴掘ってる途中で崩れ埋まりかけてた狐が発見される) -- セシリア 2019-02-15 (金) 06:59:29
    • わサメは七支刀というものを用意してきフカ
      聖剣魔剣と呼べるにふさわしい力を備える為に生徒達の力を借りて、大元の金属の加工と溶解は炎の力に明るいイグナ氏の手で
      その際に必要となる知識と加工協力にセセリ氏(および骸骨)
      祝福と言葉を一華氏よりジョーズに与えていただき、仕上げにわサメからサメ力として古代シャークネードで様々な属性を操ったエレメンタルシャークの歯を七支とするフカ
      サメへの対抗兵器として名高いチェーンソーの仕組みを取り込むことで、輝くサメの歯が刀身を走りビーム・チェーンソーにも引けを取らない聖なる光を煌かせるフカ -- セイム 2019-02-14 (木) 20:27:39
      • なにその一人称と語尾!カッコカワイイ……!(きゅん)
        (説明を聞き小さく頷いて) イグナさんたちとの共作ですね。
        己のみで至らぬところは他者の助力を得た上で、自身の長所を生かして成し遂げる。Holyとして正しい姿です。
        Nightmareのセセリさん……ソレッサヴァリアさんの手を借りたのも、七支刀の魔の側面を考えてとの意図ならばよいでしょう。
        上手とジョーズをかけたジョークも添えてバランスもいい……。

        特にこの七支……あるいは七歯?これが大変よろしい。
        鮫の歯は古来よりテルビューチェとして武器に用いられていたものであり、謂れとして十分です。
        その上シャークネードの風の流法とチェーンソーの輝彩歯刀の流法が合わさって最強に見えます。
        ……無論、荘厳さや神秘性は本物の七支刀に及ぶはずもなく、
        シャークネードはシーンによって雨天だったり晴天だったり、平地は何ともないのに丘の上だけ水没していたり、
        もう本当に酷い物で決して一級とは言えないのですけれども……
        しかしこの剣は、B級としては最高級品。
        まさに『(シャ)聖剣メガロドマンサー』といったところでしょうか。


        Holy 1年 セイム・サメツ・スガメツ : YP+75 -- 校長 2019-02-16 (土) 14:11:07
    • 余も少しずつ課題を提出していかねばなりませぬな、本日持ち寄りましたは七支刀でございますっ
      捕らわれの姫たるオリヴィアどのに鋳型と鋳造をしていただき余の妖力を帯びた体毛を融かしてございますっ
      余もまさかこのような形で課題の一つをこなすとは思いも寄りませんでしたが、これも縁が結んだものにございましょう! -- こときよ 2019-02-14 (木) 20:34:16
      • はぁ!?こときよちゃんとオリヴィアちゃんのこゃんこゃんわふわふコラボレーションカーニバルとか可愛すぎるんですけど!?
        小さい子好きも大きい子好きも大満足の酒池肉林の宴の匂いがするんですけど!!? これで我が校の人気も鰻登り間違いなしですわグヘヘ……♥
        ふぅむ。オリヴィアさんの技術がベースということもありますが、綺麗にまとまっていますね。
        “縁”を大切にする心のお陰で、善性と魔性のどちらにも傾き得る貴女の妖力が善き方に流れた結果、聖剣としての水準を満たす物になっています。
        ええ、ええ。(小さく微笑んで) 形式的な協力のみならぬ内面での結びつきによって、より良き道を拓く。模範的なHolyの姿と言えるでしょう。


        Holy 1年 糸糸言心 : YP+70 -- 校長 2019-02-16 (土) 14:35:43
      • 遅くなりましたがもう一つ提出物がございますので持ってまいりました
        こちらは惚れ薬にございますっ
        (そういって取り出したのはキューピッドの矢と、チョコレートを作るための道具一式)余は考えました
        惚れ薬を使って惚れさせたとしてもそれは一時の満足に過ぎないと、ですのでこのキューピッドの矢でチョコを刻み溶かして混ぜて作った
        手作りのチョコこそが本当の意味での惚れ薬ではないかとっ、キューピッドの矢はわずかばかりのアクセントにございますっ
        良薬口に苦しといいますが、苦い思い出にはきっといい関係は生まれませんっ!甘く蕩ける恋こそ惚れ薬に求めるべきものであると余は思っておりますっ! -- こときよ 2019-02-17 (日) 00:01:03
      • 追加の提出物ですね? ほわわ……真面目でいい子です……
        ……ふむ。無理矢理奪う苦いキスよりも、想いを伝えて振り向いて貰ったときの甘いキスの方がよい、と。
        素晴らしい♪Holyとして非常に模範的な考えです。
        残念ながらチョコレートを贈る季節は過ぎているので、大きな加点はできませんけれど……
        こときよさん。貴女の実にHolyらしい思いは伝わりましたよ♪


        Holy 1年 糸糸言心 : さらにYP+5 -- 校長 2019-02-17 (日) 04:18:00
    • Holy3年、加賀智一華。よろしくお願いいたします。
      エリクサー』:学園ダンジョンでの採集物です。ランクはB-。(霊圧の都合により行間の)ソロ・アタックによる採取になりました。
      賢者の石』:同じくダンジョンでの採集物です。より深層に足を運び、アダマン・ゴーレムの炉心を拝借しました。上級の魔力触媒という点では近しいでしょう。
      知恵の実』:付近の農家で採れた林檎に、学業成就のご祈祷を施したものになります。私の能力を活かして作成可能な最大限ということで提出いたします。
      七支刀』:下級生との共作になります。下級生のため課題について考える会を開いたところ、その流れで人数分を共作することになりました。
      主な分担は以下の通り。「主にその部分を主導した」という意味で、各作業につき、適宜協力できる部分は協力して行っています。
      イグナ:金属溶解・加工、セセリ:知識提供および彼女のスケルトンによる加工協力、セイム:鮫力注入、一華:祈祷・祝福
      各人一本ずつということで、それぞれの仕上がりに個性が出ているのはご愛敬でしょう。
      私のものはごく無難な仕上がりとなっています(折り返し鍛錬による独特の刃紋と、濡れたような質感をもたらす丁寧な研ぎ上げが美しい品)。
      (前略)惚れ薬』:折角なのでちょっとした催しをと思い、グラウンドにて大型錬金窯による闇鍋……もとい錬金会を行いました。
      正直なところ、結果を求めるというより、皆で作業を共にすることの楽しさを実感、共有しよう……という狙いのイベントでした。
      結果物は『430歳くらいの美男と337歳くらいの美女が掘れさせることができる強力な掘れ薬』……まあ、字面だけは近いでしょう。主催の責任として提出いたします。 -- 一華 2019-02-14 (木) 20:43:11
      • はぅぅ……いつ見ても一華ちゃん良い子過ぎます……隙あらば戸籍を弄って私の娘にしちゃいたい……。
        (『惚れ薬』……もとい『掘れ薬』は出来るだけ見ないようにして、満足げに微笑む校長)
        5つの課題すべてに真面目に取り組んでいる点……特に、自己の才覚をひけらかすためでなく、苦手分野からも目を逸らさず己を高めんと努めた点、素晴らしいですね。
        『エリクサー』は、物自体は他の生徒が持って来た物と同じですが、独力で獲得したことを高く評価します。
        Holyの協力と調和の精神を十分理解している貴女が、あえて単独で挑戦した。それが高尚な自己鍛錬の一環であることは、言わずともわかりますよ。
        『賢者の石』。これは今回ダンジョンから持ち帰られた魔石の中で最も高品質です。申し分ありません。
        『知恵の実』も、東国の術式に沿って綺麗に、目的に見合った霊力が付与されていますね。一華さん式の知恵の実として、これも合格です。
        『七支刀』に関しては、既に貴女の教導の下作られた物が複数提出されていますよ。
        どれも悪くない出来栄えでした。貴女は「他者に道を示し、教え導く」というHolyの指導者としての役目を立派に果たしたと言えるでしょう。
        その上で……無難と謙遜しているものの、この剣も丁寧な仕事の逸品です。宝剣として十分な格が備わっています。

        で、この『惚れ薬』は……なんということでしょう!?この思わず製作者の恥骨を蹴り上げて粉砕したくなるような薬が、一華ちゃん主催で作られたものだったなんて!!
        ……うぅ〜ん……でも一華ちゃん可愛いですし、悪意があってやったとは思えませんし、一華ちゃん可愛いですし、でもでも校長として一言ぐらいビシッと指導しなきゃいけない気もしますし、
        でも一華ちゃん可愛いですし、何より一華ちゃんは真面目で可愛らしい…………よし!!恥骨を蹴られて悶える一華ちゃんを見たい気もしますが、校長権限で許し、スルーします!!!
        一華ちゃ……さん。『七支刀』においてもそうでしたが、常に皆のことを思いやり、共に楽しみ喜びを分かち合おうとするの貴女の心遣い。
        それは何よりもHoly的で、貴女の大きな魅力です。これからも、良き指導者として、先輩として、頑張ってくださいね♪(にっこり)


        Holy 3年 加賀智一華 : YP+130 -- 校長 2019-02-16 (土) 15:45:30
    • ナイトメア1年のアムール・コホールです。(見た感じは手ぶらではあるがポケットから一枚の紙を取り出す)
      今回僕が提出するのはこの『七支刀』です。(しかしどう見てもこれは『七支刀の写真』である)
      疑問に思うのは当然だと思いますがこれは間違いなく七支刀なんです。(自信有りげな態度で解説へと写っていく)
      ではなぜこの写真が七支刀であると言えるのでしょうか、それはこの写真は『七支刀を封印した写真』であるからです。
      本来であれば七支刀そのものを提出するべきなのでしょうがこうせざるをえない事情があったというわけです。
      それはもちろん七支刀の力が強すぎたためです。 あまりに強大な力はそれを手にしたものにすら害を与えるというもの。
      そこでやむを得なく魔法の知識のない俺でも扱えるような魔道具……今回は撮影したものを封印するカメラを使うことでこの七支刀を封印したわけです。
      残念ながらそのカメラは強大な七支刀の力の前に封印したところで完全大破……その身を犠牲にこの写真に七支刀を封印することが出来たという訳です。
      もちろん最後には封印を解除する予定……だったのですが、残念ながら前述した通りに俺に魔法の知識はなく封印の解除は出来ませんでした。
      以上のことより今回は七支刀を封印した写真のみを提出する事となったのです。
      もちろん校長先生であればこの封印を解き、その七支刀が本物であることを鑑定できるはずです。(最後にニッコリと笑みを浮かべ)
      ……この写真が偽物じゃないかって? そんな……俺が先生に嘘を付くような生徒だと思われていたなら……少し残念です。(悲しげに耳を伏せ、しっぽが項垂れるのであった。)

      (当然ながらこの七支刀の写真はただの写真である。 一華が主導し作られた七支刀、その一本であるイグナが所有する七支刀を写真に収めただけなのだからだ。
      ナイトメアらしくとアムールが知恵を振り絞った結果、最低最小限の労力でこの課題に挑んだのである) -- アムール 2019-02-14 (木) 21:01:04
      • なにっ!?

        えっ?なになに?なんですの?トラ耳褐色美少年が「刀を取り出す」と言ってポケットに手を突っ込みましたよ?つまりここで言う刀とは……
        これはもうあれですよね?ポケットモンスター。ポケットの中の戦争。嘘だと言ってよバーニィ。嘘じゃないよセルフバーニング。
        ソード人の本体はその剣にある。さあジーク王とバロン王の戦いですッ!視覚と聴覚を入れ替えろ!!
        あまつさえ封印されしエクゾディア。危ないところでした。児童相談所から釘を刺されてなかったら私がアムールきゅんを封印解放(レリーズ)しちゃってましたよまったく。
        絶対に許さんぞ左足。左足はすぐさま禁止にすべきです。
        カメラといえば自撮り棒。ですがその棒は本当に自撮りに使われたのでしょうか? そして刀の力で完全大破……やはり刀はメタファーですね間違いありません。
        カーメラ、カメラカーメラ求人、カーメラ、カメラアルバイトー。……ふう、落ち着きました。もう安心です。逆から読むと All in AV です。
        そしてこれはあれですよね。「それではお殿様、屏風から虎を出してください」的展開ってやつ。
        あわれ屏風は穴だらけ。私知ってますよ?これってラッキホールって言うんでしょう?ホホホホホ……
        …………は?は?なに?なんですかその可愛らしい笑顔♥ かーらーのぺたんこ耳だらーん尻尾嗜虐フェイスコンボ!!
        クッ……疼く……沈まれ……私の左腕……ッッ!! ここでアムールきゅんを■■したら校長失格でしょーーッ!!!!

        (アムールが説明を終えて数瞬の後、 ドゴォ!!!! という巨大な音と風圧。見れば、校長の左腕に右の拳が振り下ろされ、その下にあった机が粉々に粉砕されている……)
        (……そうして、校長は穏やかに微笑むと、何事もなかったかのように話し始めた……)

        嘘だと疑うも何も……ふふっ、私は写真のその七支刀を実際に手に取り確かめたことがありますから、鑑定するまでもありませんよ。
        (既にイグナの作った七支刀は課題の品として提出されており、校長が評価を終えているので、それは事実であった)
        ああ、ですが貴方が扱えないほどの魔力を帯びていたかどうかは覚えていませんね……そうです!封印した写真の方を調べればそれもわかるはず……
        (そこまで言うと、下を……机の残骸の方を見て「あら?まあまあ」と大袈裟に驚いてみせて) 先ほど“うっかり手を滑らせた”せいで、写真がどこかに行ってしまいました!
        うーん。これでは確かめようがありませんね……。 でも、素直で実直なアムール君が言うのですから、きっと確かなのでしょう♪
        というわけで、評点は写真の中の七支刀に準じたものになります。合格です。
        次回の課題でもエッチな姿を見せてくださいね♥頑張るのですよ♪


        Nightmare 1年 アムール・コホール : YP+70 -- 校長 2019-02-16 (土) 16:44:10
    • …1年、「ソレッサヴァリア・ドミナ」です。(通称の「セセリ」ではなく、学籍上の正式名で名乗り上げて)
      イグナ他、加賀智一華とセイム・サメツ・スガメツから既に課題への取り組み報告がなされていますが……寮生の協同で、私も「七支刀」の製作に専念しました。
      …また今回の材料とした鋼材類については、購買のシャオロンくn…さんからの提供がありましたので、この場で補足させていただきます。
      私の担当としては製作にあたっての技術的な情報収集から資材調達交渉、実作業での補助を行った形です。
      (高熱を伴う実作業については骸骨にイグナを手伝わせていたが…使役対象の貢献も本人の成果として報告していき)
      担当各々の提出物については同日同所にて製作を行いましたが、差異が生じています。制作過程で思い思いの手入れを施した影響に個性が出た形です。
      本提出物については全部材としては用いれなかった真鋼を予め少量芯材に含め、使役対象経由で魔力を流し込み成形に干渉。積層結晶構造にすることで鋳造品と比較して強度を確保。
      刀身表面にバナジウム溶融処理させることで靱性とウーツ鋼めいた独特の刃紋を与えています。
      課題物については以上、です……品評、よろしくお願いします。 -- セセリ 2019-02-14 (木) 23:31:53
      • 既に一華さんをはじめとした皆さんから『七支刀』の提出を受けており、おおよその経緯についても把握しています。
        (どこか冷徹さを感じさせる視線でセセリを見据える) ……ええ、まずは提出物の評価をしましょうか。
        魔力の付与の丁寧さもさることながら、共同製作した他の生徒の『七支刀』と比べ、積層構造により高い強度を持たせて実用性を高めている点が優れていますね。
        表面への加工による見た目の神秘性も十分。 「実力主義」および「実力の誇示」という、Nightmare足り得るための基本をしっかり押さえており、物としては文句の付け所がありません。

        ですが……(不機嫌そうに眉をひそめて) Holyの生徒たちと協力し、そのことを隠すどころか、丁寧に各々の名前を挙げて報告する。
        その姿勢はNightmareとしてまったくいただけません……。 ええ、ええ。NightmareとHolyが触れ合うな、と言いたいわけではありませんよ?
        しかしNightmareにはNightmareらしい他者との付き合い方があるのです。たとえば今回の課題であれば、あくまで利を得るための手段としてHolyを用いる……
        貴女が使役しているスケルトンの如く、Holyの生徒たちを手駒として扱う。それがあるべき姿だったと言えるでしょう。
        よしんば本校に入学しての日の浅さゆえにそこまの徹底は無理だったとしても、Holyの手を借りたことを誤魔化すぐらいはしなさい……。

        (「ふぅ」と短くため息をつくと、先ほどより幾分柔らかな表情になって――といっても、いつもの高慢な顔に戻っただけなのだが)
        提出物の出来の良さに免じて、今回だけは及第点をあげましょう。
        今後は優秀な先輩方を見てNightmareの何たるかを学び、精進するのですよ。


        Nightmare 1年 ソレッサヴァリア・ドミナ : YP+40 -- 校長 2019-02-16 (土) 18:03:49
    • …ベアトリス。課題の提出にきました
      私が用意したのは「知恵の実」です。どうかご賞味ください───
      (クロッシュの蓋を取ると、焼き林檎に赤色のソースが掛けられていた)
      (ひとたび口にすれば、激辛のよって喉が咽びかえり鼻の奥まで突き抜ける刺激が支配する)
      ───神は言った。人間、その傲慢こそが知恵なのだと
      知恵の実を求める不届き者には神に代わって天罰をと思い提出した
      …私からは以上、校長とて容赦はしない -- トリス 2019-02-15 (金) 20:18:16
      • なめるなっメスブタァッ!と言いたいけれど、ここは我慢、我慢です……。校長らしく、ちゃんと諭してあげなくては……。
        (提出された『知恵の実』を興味なさげに一瞥した後、校長の薄藍色の瞳がスッとベアトリスを射抜く)
        傲慢を断罪せんとしている貴女が、その実、神の意思を理解したつもりの、神の代行者を気取る傲慢な存在かもしれない……この構図は面白いですね。
        それもまたNightmareらしい、と解することもできるでしょう。 ですが……私に天罰を与える、言い換えれば私と戦うという目的においては……
        ベアトリスさん。このような稚拙なやり方では、そのスタートラインにすら立てていませんよ。

        この『知恵の実』を、そして貴女の態度を見ても、私の中には何の感情も沸き起こっていません。
        まず、貴女は“『知恵の実』の課題”という、私が用意した舞台に乗ってしまっている。根本の所では抵抗していない。その時点で既に、私に争うのに失敗していると言えます。
        それに……(光魔法でナイフを作ってスッスッと焼き林檎を切り分けると、真っ赤なソースをたっぷりと絡めてから口に運び、咀嚼し、飲み込んだ)
        ……猛毒ですらないこんなもの、アダマント鋼より丈夫な消化器官を誇る私にとっては嫌がらせにすらなりませんよ♪
        貴女は私の弱点を突くどころか、それを調べようとすらしていなかったのがよくわかります。神の教えに従い知恵を忌避したといっても、これは無知過ぎるでしょう?
        相手の弱みを知り、そこを攻める。それがNightmareの戦いの基本です。覚えておきなさい。

        さて、つまるところ、この行為はどこまでいっても貴女の自己満足。何の面白みもないし、何の意味も成していません。
        ああ、でも……肩透かしで私を落胆させた所だけは評価しましょう♪ 次回は真面目に、私を怒らせることが出来るように頑張りなさいね?


        Nightmare 2年 ベアトリス・マッケンジー : YP+50

        (怒りゆえの赤点でもなく、感銘を受けての高得点でもない。この点数こそ、校長の言わんとしていることを集約したものなのかもしれない)
        (それと校長は、このあと「鞭打を打ち込まれたけれど全身に青筋を立てて我慢している範馬勇次郎」みたいな顔でメチャクチャ水をガブ飲みした。実は激辛ソースがすっごい効いてた……!)
        -- 校長 2019-02-16 (土) 18:53:49
    • 提出提出提出でーす!
      私が持ってきたのは提出物のうちの一つ、賢者の石……を独自解釈して作った私なりの賢者の石
      ずばり「どす黒い革新的賢者の石」です! まずこれについて説明する前に、課題を手伝ってくれたイグナさん
      一緒に図書館で先生に見つかったら怒られそうな事をしてくれたソティスさんに、助言をくださった生活指導のルーベル大先生……あとこれを作る過程において使った魔力操作の基礎を教えてくれたテオドーラさんに感謝を申し上げます!

      えー……まず一般的な賢者の石の解釈ですが、文献上には不死の力を手に入れるとか…鉛を金にするとか
      いわゆる限りある10に対し、無限リソースの価値を与えるものなんだと私は思いました
      だから私が作ったのはそれを全部吹っ飛ばす事を願った力です! 鉛を無に帰し、不死者を粉々にしてこの世から消し去る力を求めた結果、私の賢者の石が完成しました!
      制作方法は私の思いつく限りの爆発性エネルギーを持つ合成物や性質を持った自然由来の物質等を凝縮し、そこに私の魔力を籠めることで
      あり得ないほどの複数の素材が混ざり合っている事にも関わらずかなりの発火性、爆発のしやすさを実現しています! ここまで来るには先ほど述べた人々の協力なくしてはたどり着けませんでした
      ちなみに不備があってはいけないということで、本提出物の重量は568グラムですが、同室の物の10グラム分を実験場で発火……爆発反応を起こさせたところ
      実験に使った打ち捨てられた納屋が吹き飛び、地面を大きく抉りました
      威力もそうですが、この携帯性……研究が進めば量産も容易になるであろうことから! これは人類にとって悪質な武器になる可能性も秘めた一品であり、人類のモラルを試すのにもホーリーな一品だと思います!
      以上で私の提出と発表は終わりです! おつかれさまでしたー! -- アケ 2019-02-15 (金) 20:36:54
      • ……元気があって大変よいですね。協力してくれた皆への感謝をちゃんと述べているところも。
        提出物は一見すると私が要求した物の真逆に思えますが……惜しい。非常に惜しいです。創造の真理、その一部に触れているのに、貴女はそれに気付いていない……!

        簡単に説明しましょう。賢者の石がリソースの漸増ではない急激な増加をもたらす物だというのは、貴女の分析のとおりです。
        そしてその急激な増加の始点として必要なものが……爆発なのです。
        巨大な爆発性エネルギーは反物質と物質の垣根すら破壊し、無から有を生み出す切欠となります。
        たとえば、人工次元を作る際の手法の一つとして次元の狭間で大爆発を起こさせるのも、これが理由です。
        つまり、既存の物質・存在を消し去るのではなく、逆の方向で爆発性エネルギーを生かすことに注力していたならば、
        貴女は賢者の石か、場合によってはそれ以上の物を作り出せていたかもしれないのです。

        ……とは言っても今回、貴女が賢者の石としてはダメのダメダメな物を作って来て、
        しかも最初の着想の段階から自分の趣味全開だったのは否定のしようがない事実!
        もっと真面目に課題に取り組みなさーい!!(……と叱るけれど、校長の表情は >< こんな感じの「ンモー」顔。そこまで怒っている様子でもない)
        (1年次のダメっぷりから諦めているのか、アケに悪意があるわけじゃないから強く言えないのか……この調子だと、アケちゃんの一年は今年もアレかもしれない。あのーアレだよ。あのアレアレ)


        Holy 2年 アケ・キラボシ : YP+30(赤点)

        ……補習や奉仕活動は去年からやり慣れてるでしょうから、今さら細かく指示する必要もありませんよね?
        突飛なことはしなくてもいいので、真面目にやるのですよ……。(「押すなよ?絶対に押すなよ?」的な意味ではないと思う。たぶん)

        (なお数日後、校長がスケジュールに「校長先生のかんしゃく玉遊び」と書き込んで数時間席を外し、その日、近所の禿山が一つ消えたことは、一部の関係者だけが知っているのだった)
        -- 校長 2019-02-16 (土) 19:44:02
    • Holy一年、ソティス・ベルティーニ 用意した物は三点です
      『エリクサー』
       まず・・・文献を紐解くとエリクサーと賢者の石は同一のものとして扱われる位には非常に近しい物の様でした
       私はこれらを、その状態や呼び方くらいの違いではないかと考えました

       (赤い泥状の物が入った瓶を取り出す)
       えっとこれは、中庭で賢者の石と称して配布されていた赤い石です
       出所が不明なので これその物を提出物にはできませんが、これを参考にする分には問題ないと考えて分析を行いました
       用務員さんからお借りした機材を用いて調べた所・・・
       1.高濃度の魔力が込められている事
       2.血液を元に作られている事
       3.毒物ではなく、過食である事
       4.摂取すると高い回復効果が認められた事
       5.・・・美味しかった事(ちょっと恥ずかしそうに顔を赤くしてる)
       ・・・が分かりました(こくこく)
       これらを自力で再現した霊薬をもって、エリクサーとしたいと思います

       (ぱらりと聖書を開き)自分の血液を媒体に約10日間、私自身の精気を使って様々な奇跡の法を込めてみました
       その・・・血を媒体にした事で薬にするには見た目が悪かったので、分離精製して赤色を抜いた所・・・
       (手の中に握りこめるくらいの小さな小瓶を取り出す・・中には光り輝く奇跡の塊めいた少量の液体がある)
       このような形となりました・・・もう少しこの方法に早く気づいて計画的に進められれば、量も濃度も、増やせたと思います・・・(残念そうに)

      『七支刀』
       (これを出すべきか少し迷ったように)・・・コホン・・行きます
       七支刀とは、神田・・・神聖な田んぼにその年初めて苗を植えるにあたって、神を降ろす際の祭具として用いられたもの・・だそうです
       この儀式の具体的な様式は・・・ごめんなさい・・わかりませんでした・・でも、苗を植える前に行った事から、豊穣を願う物であったと考えるのが自然だと思います・・・
       その様式については・・かなり想像の要素が大きいですが・・・たぶん

       (そういうと箱をおく・・・中には泥と、枝や苔で再現された草木に・・木を削って作られた人形・・そしてその他もろもろ・・・非常に簡素なジオラマだ・・・その内訳を示していく)
       1.神を降ろす場と、俗世とを隔てる結界・・(田んぼを模しているのだろう、泥で作られた平面の中央に四角く枝が立ち、それらを白いひもが繋いでいる)
       2.儀式を執り行う祭祀・・(1.の正面に木の人形が立っている・・・信者であろう、その後ろに並び控えている他の木人形より少し装飾が豪華で、作りも丁寧だ)
       3.神を降ろす依り代・・豊穣を願う物であれば、妊婦か・・子供が良いと考えました(結界の内側には他の者よりも小さな木人形が置かれている)
       こういった類の物であったと考えられます・・・そして、その中で七支刀の役割は・・・
       (すっと取り出す小さな木の七支刀・・銀色にぬられていて、このジオラマのミニチュアが持つ分にはまぁありかな程度の出来栄え・・それを、祭祀に持たせる)
       ・・・形状から言って・・植物の健やかな成長を願う物・・・植物の成長を妨げる災厄を刃をもって祓う・・・そういう物であるとするなら・・これを持つのは祭祀がふさわしいかと

       (ふぅっと息を吐いて・・・改めてジオラマの・・刃を示す)
       この・・・ジオラマというごくごく小さな世界において・・・この木片は、確かに七支刀であると・・そうは考えられないでしょうか?

      『430歳くらいの美男を337歳くらいの美女に惚れさせることができる強力な惚れ薬』
       人の心を操る惚れ薬なんて言うのは、良くないと思います・・・でも、これを得る為に多くの人に助けて貰ったので・・私にはそれを無駄にはできませんでした・・
       (粉末の入った大瓶を出す)皆と共にダンジョンに入り、キューピッド様から賜った矢を、砕いて粉末にした物です(以下『キューピッド粉末』)・・・刺された人間同士を結び付ける効果があるとされています・・・
       舐めてみるとほんのりとドキドキとするので、確かにそういう効果があると思います(気のせい?)
       ただ、これそのままの場合、『430歳くらいの美男を337歳くらいの美女に』という限定的な条件よりも広くなってしまいます
       あくまでターゲットを絞る為に少し加工を試みました
       (別の容器を取り出す)これは・・『430歳くらいの美男と337歳くらいの美女が掘れさせることができる強力な掘れ薬』(以下『掘れ薬』)です・・・
       これは皆さんと協力して作った物です・・・結果としては全然別物になってしまいましたが・・・この薬が持つ「特定の人物に対する作用」のみを上手く抽出できれば、矢の効果を限定することができると考えました
       1.『掘れ薬』を蒸留にて分離、それぞれに『キューピッド粉末』を数日間漬け込む
       2.1.を濾過してそれぞれで動物実験、「掘れ」及び「惚れ」効果が表れた物を除外(掘れ及び無差別な惚れを除外)
       3.残りの1.を紐でつるし、430歳くらいの美男と337歳くらいの美女の近くでつるして反応を見る
       4.3.の内、波打ったり揺れ動いたり、反応のあった物を改めて混合してみる
       ・・・という形で作りました・・が・・その・・・此処から先は、実際に使用してみないと本当に効果があるかは確かめようがありませんでした・・・
       (そう言いながら小瓶に入った液体をおく)
       キューピッドの矢を用いた物なので、430歳くらいの美男と337歳くらいの美女、両方に投与する必要があると思います・・・

      えと・・以上で、私の課題提出を終了しますっ(緊張の面持ち) -- ソティス 2019-02-15 (金) 21:09:14
      • まず『エリクサー』ですが……見事の一言に尽きます。これ自体の品質もそうですけれども……
        エリクサーと賢者の石の同一性に気付いたこと。先人の作である『賢者の石』を丁寧に分析し、単に模倣するに止まらぬ改良を加えたこと。
        そして結果に慢心しておらず、更なる改善の見通しを立てていること。 全て、Holyとして模範的な立ち振る舞いです。素晴らしい!

        次いで『七支刀』。ええ、これは“紛れもなく本物の七支刀である”と言えますよ。
        (校長が先ほどの『エリクサー』の蓋を開き、中身を2、3滴、祭殿のジオラマにふりかける)
        (そして短い呪文を唱えると……ジオラマを起点として、部屋中にわっと初夏の草木が生い茂った!)

        ……「似ているものは、互いに影響を及ぼし合う」。原初の魔術の根本原理の一つであり、この『七支刀』および人形一式は、それを確りと体現しています。
        百聞は一見に如かず。豊穣を成すという七支刀を用いた儀式の目的、それをこうして達成できているのですから、七支刀ではないと疑う余地がどこにあるのでしょうか?ふふっ……。

        そして『惚れ薬』。……まさかあの失敗作の『掘れ薬』を活用して魔法成分の分離・精製を行うとは、流石の私も思いつきませんでしたよ。
        あ、いえ、思いついていたけれど、実際にやって成し遂げたことに驚いているんですよ?ほんとですよ?(ちょっと慌てて見栄を張る)
        ……コホン。他の情報に惑わされず、きちんと課題どおりに「430歳くらいの美男を337歳くらいの美女に」という条件まで絞り込んだのも非常によろしい。
        この課題に挑んだ生徒のほとんどが疎かにしていた点ですからね。 効果が確かめられていないことと、両者に投与する必要があることは、欠点にも見えますが……
        ソティスさん。貴女の言うとおり、Holyにとって「人の心を操る惚れ薬はよくないもの」なのです。それを完成させなかったことこそ、この提出物の最も優れた点と言えるでしょう。

        満点です。総評を述べる必要すらないほどの満点。
        素晴らしい滑り出しです。引き続き勉学に努め、Holyとして良き道を歩むことを期待していますよ。


        Holy 1年 ソティス・ベルティーニ : YP+100 -- 校長 2019-02-16 (土) 20:45:41
      • えへへ・・エリクサーは・・これだけは将来の為に、どうしても自分の力で作りたかったので・・・
        (自信のなかったジオラマを触媒に周囲に本物が生い茂れば目を丸くして)わ・・わぁ・・・
        え?え?ひゃ・・ひゃくてん・・・?・・わ・・わっわわっやったっやったー!(ばんざーいっと両手を上げて喜ぶ・・・次のプレッシャーが増したとは考えなかった) -- ソティス 2019-02-16 (土) 20:59:24
    • 今回の…課題は、惚れ薬を、選び…ました
      より深い、調査の結果…対象は、内面を重視し、かつ、子供を逞しく…育て上げられるような、母親像を理想と、している、とのこと
      ので、私が作った…薬は、子供を逞しく…健やかに、育て上げられるような、母親となれるよう、心身を向上させられるもの、です
      (恭しく持ち上げそれは、厳重に封をした竹筒 その効能は体力・精神力・魔力など向上させる薬)
      (だがあくまで仙人用であり、並大抵の身体では強力すぎてショック症状が起こり、一般には出回りそうにないものだが校長先生だからいっかと持ってくる)
      相手を…惚れさせる、方を、私は…選び、ました お納め…下さい
      あと……子供を、ちゃんと、育て上げられる、のなら、料理や掃除といった方面は…特に重要視、していない、とのこと、です -- ミンファ 2019-02-15 (金) 22:15:09
      • ミンファちゃんのひらひらした服を見ていると、猫みたいにちょっかいを出したくなりませんか?こんにちは。ファ●クオフヘビーユーザーの校長先生です。
        相手の心を操るのではなく、自らを高めて相手を振り向かせる。これ自体は他のHoly生徒も思い付いていましたが、ふふっ……
        「430歳くらいの美男」の好みのタイプの具体的な情報と、それに沿ったアイテムがあるのが大変よろしい。
        生徒は私の子供みたいなものですし、それなら何千人も立派に育て上げてますし、料理や掃除は不得意ですし、なんやなんや、まさに私が好みのタイプってことじゃないですかドゥフフフ……
        (薬の中身が常人にとって劇薬であることは、校長の鑑定眼をもってすればすぐにわかるが……内心浮かれているからか、あるいはマジ頑丈な身体だからか、特に気にしていないようだ)
        よいでしょう。Holyとして、まったく問題なく合格点です。
        これからも耳寄りな情報を……じゃなかった、しっかり学業に励んでくださいね?


        Holy 1年 敏華 : YP+80 -- 校長 2019-02-16 (土) 21:04:38
      • ………にゃーん(ひらひらさせながら)
        おお…やった 思った以上の、合格点…ありがとう…ございます 頑張ります(校長先生も頑張って下さいとお辞儀) -- ミンファ 2019-02-16 (土) 21:46:48
    • こんにちわ、校長先生。今回は賢者の石を持って参りました…
      量は一つ、質の方は問題ないと思います
      どんな努力をしたかが評価になると伺っていましたが、私はコレに対して努力をしていません
      えぇっと、その…私は引っ込み思案で人見知りで人が怖いです
      なんで皆知らない人といきなり話せるんだろう、どうして自分は考えてる事が上手く言葉に出せないんだろう
      そんな風に考えて、もうこんな事なら課題もある程度は無視して卒業だけ最低限して家族に顔向けできる程度で良いとか考えていました
      なんですけど、これはその…お友達から貰ったもので、コレを渡せば合格はもらえるだろうって
      だからコレを本当に提出していいのかわらないんですけど、やっぱり…はい、友達が大丈夫だって言って渡してくれたものなので、私にとってはコレが今回の課題に出すべき一品だと思いました
      ですので校長先生、お受け取りください(ぺこり) -- アーヤン 2019-02-15 (金) 23:02:03
      • (やや上の空のように見える表情で聞いていた校長だったが、お辞儀を終えて顔をあげたアーヤンに一言)
        ……してるじゃないですか。努力。
        「人が怖い」って言ってる貴女が、友達を作って、その友達が課題を手助けしてくれて、
        それを天地神明すら恐れるほどの厳格な大校長である私の所に、わざわざ持って来たんでしょう?
        …………してるじゃないですか。努力。

        そのお友達にも言いましたけれど、これ自体はちょっと特殊なマナ・ストーンの一種に過ぎません。
        だから評価点も同じです。合格ですよ。(と、いつもと変わらぬ調子で言う校長だった)


        Holy 2年 アーヤン・フランセ : YP+65

        この評価に文句なり、あるいはそれ以外の感情なりがあるんだったら……私じゃなく、そのお友達に話しなさいね。以上。 -- 校長 2019-02-16 (土) 21:23:16
    • 僕からはエリクサーという事で、厨房でお手伝いをして集めた食材を使ったコンソメスープです
      本格的なつくり方で、1日以上かけてじっくりと旨味を凝縮させました。野菜の中にはポーションに使用される薬草類をふんだんに盛り込み、実際の回復効果も期待できるようにしてあります
      勿論薬草類の味でコンソメ本来の味わいが崩れない様調理してあります。濃厚だけど後味すっきりとして、これで回復するまで何杯でも飲めちゃう美味しいスープになったと思うのですが -- ユーシア 2019-02-15 (金) 23:05:58
      • 懐かしいですね。ドーピングコンソメスープ……あれ?違うんですの?
        食欲は生物の三大欲求の一つであり、生命活動の基軸と言えます。
        飢えで死にかけている者にどんな高級な薬を与えても、活力を取り戻させることはできません。
        その意味で、滋養成分が豊富で美味しい食事は、いかなる薬よりも優先されるとも言えますね。

        ええ、ええ。これもHoly式の『エリクサー』として、正しい解釈の一つです。
        ユーシアさん。生きるということに対する、貴女の向き合い方を垣間見れた気がします。面白い解答でしたよ。


        Holy 1年 ユーシア・151 : YP+72 -- 校長 2019-02-16 (土) 21:52:07
    • はいどうも、Nightmare1年クリムゾン・ブレイズです。早速始めます。
      (携えた異形の刃を掲げ)一点勝負、七支刀です。
      ──これは本来祭器として扱われていた七支刀を、実用向けにアレンジしたものです。
      (一見して分かる通り、一介の学生の制作物としてはあまりにも複雑だ。実際、懇意にしている企業との共同制作という形を取っているが、多くの工程で自身の手が入っているため、特には言及しない)
      改良点の1つ目は刀身です。鋳鉄から鍛鉄へと切り替え、切れ味、及び強度の確保に努めました(合図をすると姉のフラムが何故かバニー姿でやってきて、固定された木製バットと氷の柱と薄い鋼板、吊るした牛肉をセットする)
      (何故か愛想を振りまきながら退場する姉を尻目に、小さく咳払い)では、デモンストレーションとして、試し切りを行います(深呼吸一つ、得物を構える)
      (横に固定されたバットへ向けて、まっすぐに振り下ろす。奇怪な形状が生み出す不思議な風切り音に続いて快音。十分な強度を持ったバットがさしたる抵抗も無しに真っ二つ)
      (続いて垂直に固定された氷の柱。真一文字に一閃、すると切り口が砕ける事もなく上半分がゴトリと落ちた)
      (同じ調子で鋼板を縦に裂き、吊るした牛肉を袈裟斬り。引っ掛かりの多い形状でありながら、卓越した切れ味と強度がそれを補っている事を示す)
      (再びフラムが現れササッと手際よく片付けていく。牛肉は夕食になるだろう)……さて第二に、これは改善というより再現ですが、60余文字の漢字が刻まれていたということで代用としてルーンを刻みました。
      (刀身、芯部のデザインを軽く指で撫でる。防汚、防錆等の防護効果を持つよう配置されたルーンだ*1
      そして、最後、一番のアレンジポイントですが(一般的な剣で言う所のガードに当たる部分にあるボックスをコンコン、と軽く叩くと)『お!やっと出番かァ!?』(極力良い表現で「愛嬌のある」声が応えた)
      神を降ろす祭器であったことと清めるという行為を炎と絡めて、人造精霊による熱制御機構を搭載しました(声の正体は対話型マクスウェル式熱制御デーモン。作成にはノータッチながら、人格形成には携わったものだ)
      熱を発生させるエネルギー源は魔力弾です。こうして装填し、トリガーを引く……『行くぜェ!』(魔銃などに使われる魔力結晶の弾丸の入ったマガジンを装填、赤いトリガを引く。ルーンが赤く光り始め、刀身が赤熱していく)
      (魔力の流れを見れば一目瞭然、本人からの流れは全く無い)一回のトリガーで5分程、マガジン内には20発分入りますので連続使用で100分。刀身の熱劣化に関してはルーンによる保護が有効です。
      つまり、これ自体は誰でも簡単に扱える、というわけですね。ではもう一つデモンストレーションを(再びフラムがやってくると、持ってきたカゴに手を突っ込んで)
      (紙吹雪を撒き散らす。それに向けて一閃!紙吹雪は勢い良く燃え上がり、プレゼンテーションの終わりを派手に飾った)
      (終わっていいぞ、と小さく手元に話しかけると赤熱していた刃はあっという間に元の黒々とした物へと戻る)
      ……以上で発表を終わります。 -- ブレイズ 2019-02-15 (金) 23:29:11
      • 来た!来ましたわ!生徒の考えた“最ッ強のオリジナル・ソード”!! そうそうこういうのでいいんですよこういうので!!
        『七支刀』は“刀”の名が示すとおり、武器。ゆえにその実戦性を研き極めんと試みることは、闘争に生きるNightmareとしては好ましいことです。
        木、水、肉、あらゆる属性に対して最適にして最大の破壊効率を持つことも理解しました。実演ありがとう。(「くす」と笑って姉弟に小さく拍手)
        魔術的な面でも、ルーンによる加護がしっかりと行われていますし(その文字列を見て「高位の魔術師である私から見れば、無駄も多いのですけれど……」と小声で呟きつつ)
        魔術の才がない者でも炎魔術を発動させられる機構に、それを制御・補助する人造精霊。
        英雄を教導するインテリジェンス・ソードとしての働きにも期待ができるかもしれませんね。
        何より……(舞い散る火桜吹雪の前で校長が小さく片手を振ると、六花が混ざり美しく煌めいた)
        新世代の『七支刀』として、非常に中二心が溢れていて雅です。

        よろしい。何ら文句はありません。……ですが実戦向けの魔剣の宿命として、これが真に『七支刀』たる評価を受けられるかは、持ち手の今後の活躍にかかっていると言えます。
        その意味で今回は高得点こそあげられませんが……ふふ、焦ることはありません。今後は討伐系の課題を出そうと考えていますから。
        ブレイズくん。これからの活躍に期待していますよ♪


        Nightmare 1年 クリムゾン・ブレイズ : YP+79 -- 校長 2019-02-16 (土) 22:26:22
    • 【エリクサー】
      川添君らがダンジョンで入手してきたB-等級のエリクサー…
      これを現代科学の英知エリクサーを通す事で等級を下げる原因となる不完全な錬成物を除去し
      さらに基本性能を活性化させるという浄水&活水器機構をフルに活用し品質を向上させた霊薬さ


      【賢者の石】
      セシリア君から貰った柔らかい石…賢者の石の一つの形態とされているね、そのものなのか一つの側面だけの劣化版なのかと言う所だけど
      水に溶かせば不老不死と言う程ではないけど永く生きられる生命の水にもなるそうした性質はまさにエリクサーの材料としての姿を得ているさ
      そこにもう一つ、マナ君から貰った賢者の石(?)…賢者の石ではなくマナジェムという事らしいけれど
      これは単純に魔力が詰め込まれているようなものだとか、賢者の石と言うよりも魔石だけど…中身の液体の味が非常に良いので持ち込ませてもらったのさ!


      【七支刀】
      ボクが見た事の無い剣だったけれど幸いにしてシャオロン君が知っていてねえ、オリジナルは手に入れられない…難易度が非常に高いという事で…
      今回用意したのは一種のレプリカと言う事になるのかな、オリジナルの性能がどれほどのものかはわからないけれどこれ…七支刀真打の能力は斬撃の複製及び操作、それとサイズを自在に変えられるという力もあるんだ
      一振りで中心の剣を軸に左右3つずつの刃が相関共鳴し六の六乗…46656回分の斬撃を放てると言うものだって言うから驚くさ、攻撃力は確かに凄いけれど欠陥もあって
      肉体的なダメージフィードバックも46656回分、全力で振ったら腕がもげてしまうかもしれないねえ…だから今日はちょっと違った使い方をするのさ!


      【ジェミナ】
      こちらに取り出したるは黄金のグラス、不滅を意味し口触りに雑味を加える事の無い素敵なグラスさ!そこに…
      マナ君印のマナ・ジェムを1※中身の液体のみ
      品質向上させたエリクサーを3
      柔らかい石でオン・ザ・ロックに
      これらをグラスに注いで片手に乗るサイズにした七支刀真打でグラスを傷つけないよう丹念にステアすれば…一度で46656回分のステアが行われクリーミーな味わいに…
      永久の美しさを約束するノンアルコールカクテル…課題をお出しになられた校長から頂いて『ジェミナ』と名付けようと思うのだけれどどうかな
      品質グレードがもっと上なら個人たる『フローレ』の方を賜りたい所だけれどね


      【知恵の実】
      神様が食べるなと言っていたのに、蛇にそそのかされてアダムとイヴが口にしたせいで知恵を手に入れてしまい恥じらいを覚えた人間は楽園を追放された…
      さてもう人間は既に知恵の実を食べ、知恵を得てしまったのだから現存する人間にとっては知恵の実なんてただの木の実の一種でしかないはずさ!
      と言う解釈の元に、よく言われているリンゴ、イチジク、バナナを用意したさ!ごく普通の…黄金の果実と呼ばれる?多少黄色味かかった艶のある子達だねえ、だけどこのままじゃただの実のままだし
      『禁断の果実』としての成分を表現するためにミスカ君に料理をレクチャーして貰って…アップルパイとイチジクのタルト、そしてチョコバナナクレープとしたのさ!
      どこが禁断かって言うと…現代風に言うならそう、カロリーたっぷりの禁断さがある…と言う事さ、美味しいものはカロリーも多い…!
      さらに禁断さを上乗せするためにこれらの料理、スイーツの卵にはぴよ林君の産んだ卵を使用しているよ、うっかり割ったり破棄されるようなものだけど…
      学友、あるいは生徒の産んだ卵と言うファクターが禁断さをさらに引き上げるのに一役買うって寸法さ!気になる味としては…普通の鶏卵より濃厚でオイシイと言っておくよ
      だけど抵抗感を感じてしまうという場合に備えて禁断成分がカロリーだけの通常スイーツセットも用意してあるから安心さ!こういうセーフティを用意しておくのもホーリーとして大事だからねえ
      先の『ジェミナ』を口にする際のお茶請けとしてどうぞ、と言う事さ!


      【430歳くらいの美男を337歳くらいの美女に惚れさせることができる強力な惚れ薬】
      ターゲス先生相手にどうするか、事前に一度相談した時には方向性を間違えたので少々修正を
      惚れ薬等で一時か永続かは分からないが相手の自由意思なく心を我がものとする…これを素直に達成するのはNGとして、ではどうするか?を考えた結果…こういうものを用意することにしたよ
      (差し出されたのは一冊の写真集、表紙はターゲス先生である…背景を見れば会場は例のプールのようで)
        「序」
        椅子に座り視線を向ける男性、足を組み何かを思案しているかのようにあなたを見つめている…
        やがて男性は真剣な表情で貴女にバラの花束を差し出す、108本のバラはプロポーズの合図だ
        王に騎士が剣を捧げるが如く、男性は自分の全てを姫(貴女の事だ)に捧げるのだ

        「破」
        蜜月の時間、服を一枚脱いでいく度にその男らしい体があらわになっていく
        上半身、鍛え抜かれた体に浮かぶ傷跡は貴女を巡り、勝ち取るまでの歴史を物語る…

        「急」
        男性の最も美しい姿、それは戦う時の姿だろう
        貴女を巡り戦うために剣を振るってきた肉体は例え剣も、身にまとう鎧も、衣服さえなくとも美しい
        オスの有様として極限の美のひとつがそこにはあったのだ

        「袋とじ」
        プールサイドに寝転がりわずかばかりの戦士の休息の時間、貴女だけへと向けられるさわやかな笑顔
        しっとりと濡れた筋肉にまぶされたバラの花びらがアダルティな雰囲気を香り立たせるSexyTime…
      (と言う内容のようだ)

      この本は世界にただ一つ…そしてこれが作成時に使ったフィルムの全て…ターゲス先生の一時の時間がここに詰め込まれているのさ
      惚れ薬で一時の偽りの愛を得る…ならばこれは薬と言う過程を経てはいないけれど、一時の愛を独占する事が出来る写真集…ってね
      そしてこうやってネガも提出することで、対象は校長先生のみとなる…これをもって337歳の美女に惚れさせるを実行したと宣言するよ!



      【まとめ】
      川添君のB-エリクサー(エリクサー兇派兵糎上)
      マナ君の賢者の石(?)※マナ・ジェム
      セシリア君の柔らかい石
      シャオロン君の七支刀真打
      これらを混ぜ合わせたノンアルコールカクテル『ジェミナ』(エリクサー+賢者の石+七支刀)

      ぴよ林君の産んだ卵
      ミスカ君から学んだ調理技術
      独自解釈のフルーツ等
      これらから生み出されたスィーツ『アップルパイ』『イチジクのタルト』『チョコバナナクレープ』(ぴよ林君の卵を使っていない鶏卵番もあります)

      ご本人を撮影した『ターゲス先生のセクシーな袋とじ付き写真集』


      以上を納めさせていただくのさ

      協力してくれたみんな、ありがとう! -- マキナ 2019-02-16 (土) 03:46:28
      • (校長はいつもどおりの高慢にして不遜、そしてどこか不機嫌に見える表情でマキナの発表を聞いていたが、すべての説明が終わると「くっ、くっくっ」と笑う)
        ……マキナさん。貴方は本当に……本当に素晴らしい。すべての課題を、極めて独自の解釈で、しかし一点の曇りもなく実にHoly的にやり遂げました。
        ええ、ええ、ええ。本ッ当に、憎たらしいほどに見事です。私も、久しく忘れていた“嫉妬”という感情を思い出しそうになったほどですよ。
        (にっ、と魔女らしく笑い、「もちろん冗談ですよ。ご心配なく」と付け加えて) 折角ですから、改めてそれぞれを見ていきましょう。

        【エリクサー】はシンプルですが、ちゃんと精製を行っていて好感が持てます。
        そのために用いた器具もエリクサーの名を冠しているのは、洒落が利いていてまた小憎らしい♪
        【賢者の石】も、異なる物を二つ用意した丁寧さ、周到さがマキナさんらしいですね♪
        味の良さに着目している点も、マナさんが聞いたら喜ぶことでしょう。
        【七支刀】に関しては……マキナさん。貴方はクイジナート’という剣を知っていますか?
        地方によってはカシナートと訛って呼ばれることもありますが、ちょうどこれと同じように、何かをかき混ぜるのに適した武器なのです。
        名刀と謳われることも多い剣で、それを知ってか知らずか、ほとんど同じものを作り上げたのは高く評価します。

        そしてこれら三種の品が、各々課題の要件を満たしているだけでなく……カクテルとして調和し、新たな価値を生み出している。
        調和を重んじた上で、それによる停滞に縛られず、新たな創造を成し、明日を拓く。これはHolyとして、大変素晴らしい姿勢です。
        私の名、“フローレ”を冠するには、本質への理解がまだまだ足りていないものの……いいでしょう。【ジェミナ】と名付ける事を許します。
        (つん、と澄ました調子で言うけれど、頬の片側がわずかに上がってるあたり、内心嬉しそうである)

        さて、【ジェミナ】が……(ん、と小さく咳払い。自分で口にするには、少々気恥ずかしいところもあるらしい)
        ……先ほどのカクテルが“物”の調和だとすれば、この【知恵の実】は“生命”あるいは“人”の調和だと言えるでしょう。
        それは、これがミスカさんの知識やぴよ林さんの……ある意味で肉体の一部が組み合わさって出来ているからというだけでなく、
        調和を妨げるもの、すなわち知恵の実を特別視する考え方を捨てたからこそ辿り着いたものであり、またそのお陰で、
        私が知らなかった彼女たちの側面を知ることが出来た、という理由によります。
        こうした既存の観念の壁を打ち破るのはNightmareの方が得意だと思っていたのですけれど……マキナさん。やはり貴方は私を驚かせてくれますね。
        (感心して薄く笑み、「まったく」と小さく頭を振る)

        そして【惚れ薬】……ああーっ!ターゲス先生ターゲス先生ターゲス先生ターゲス先生ターゲス先生!!うわーーっ!!うわわわーーーっ!!!
        (校長流速読術で写真集をババババーーッと読み切って……スーッと涙を流した。まるで『将太の寿司』の審査員が感動するみてえに)
        ごめんなさい。ターゲス先生の麗しい姿の数々マキナさんの素晴らしい仕事ぶりに、思わず涙が……
        (そうしてメイクが流れないようにハンカチで丁寧に拭いてから、マキナに向き直ると)
        はい。惚れる側、惚れられる側、どちらの自由意思も傷つけず、それでいて337歳くらいの美女の独占欲を完璧に満たす。
        これも文句のつけようがない、最高の解答です。「惚れ薬はHolyの哲学に反する」という所で止まっていた生徒がほとんどだった中、よくやり遂げました……
        ありがとう……ありがとうゴルゴ13……!!

        繰り返しになりますが、マキナさん、どれも素晴らしい解答でした。
        だからこそ、あえて言いましょう。……次はこう簡単にはいきませんよ?
        (そう言って、また魔女らしく、しかしどこか柔和に笑う校長であった)


        Holy 3年 マキナ : YP+175

        (そして後日、袋とじを開いて)

        Holy 3年 マキナ : さらにYP+500 -- 校長 2019-02-16 (土) 23:39:26
    • (漆黒の瘴気が重くたちこめ、魔力濃度の急激な上昇とともに魔軍の将にして姫なるものが顕現する)我が名を唱えし者は其方か……魔将姫ヴァール、召喚により罷り越した
      歓喜せよ! 恐懼せよ! そして絶望せよ! ふははははははは!!(『今日からできる!魔将のためのハンドブック〜演出編〜』より猛る世界蛇のポーズを決める)
      此度の仕儀は他でもあるまい 其方の望みの品々をこれへ持参した とくと検分するがよい(スクールバッグをひっくり返し、参考書やゼリー飲料が出てきたのを押し戻して)

      ……ふむ、ひとつ目はこれじゃ(硝子の小瓶に入った赤い水、すなわち川添組のダンジョンアタックに同行した際に獲得した『エリクサー』を提出する)
      当地の迷宮へ参ろうという者らがおったゆえ、川添なにがしの案内(あない)に任せ同道した これなる小瓶はその成果物よ 酔い覚ましくらいにはなろうかの

      ふたつ目の品はこれじゃ(危険物質専用の特殊な小型アタッシュケースの安全装置を外し、多重のロックを解除して緑色の宝石のようなもの―――『賢者の石』を大気に露出させる)
      我が王のしろしめす魔界にあって最も旧くおぞましき禁足地のひとつ、《永久封鎖石棺パンデモニアム》666階の隔離区画より接収せし品である 錬金術の秘奥、柔らかき石そのものよ
      《石棺》に眠りし世界破滅の鍵の中でも特に古きもののひとつじゃな 其方と我が身は害せぬが、これは人体を毒するゆえ直ちに再度の封印を行なう よかろうな?(仕舞いなおした)

      つづく品は『知恵の実』じゃ(スクールバッグから何の変哲もないリンゴを取りだす ワックスもなしに艶々と輝き真っ赤に熟れて、たっぷりと蜜を含んでいそうな……しかし至って普通のリンゴだ)
      我らが魔界の友邦まで出向きし労苦も今は語るまい……かの国では幻の迷宮とも呼ばれる神造秘匿庭園《失われし楽園》の-1階に今も生い茂る原木より、この魔将姫が手ずから収穫せし品よ
      これは其方に呉れてやろうゆえ、明日の朝餉にでも食するがよい(特段の執着も見せずにデスクに置いて次にいく)して、430(中略)惚れ薬じゃが……

      ずばり本人に問うてみた 其方の心を捧げよ―――返答やいかに、とな あれの申すには、得心のゆく理由があれば番(つがい)になっても構わぬそうじゃ
      かの者は折れずたゆまず、強くあらんと願う騎士だが、有無をいわせぬ力で捻じ伏せるのは悪手であろう たとえ形の上で夫婦(めおと)になろうとも心は捧げぬと申しておった
      この魔将姫より策を授けるとするなれば………ひとつは当人が自ら願うよう仕向ける道、もうひとつは外堀を埋め、彼の者の敬愛せし王を利する縁談であると示す道じゃ
      其方のごとき魔道の大家であれば、あるいは後者の方が近道であるやもしれぬ さて、我が策にて其方の恋慕は成ったも同然……これぞ魔将姫ヴァールの『惚れ薬』よ ふははははは!!

      此度の課題はこれにて終いといたそう さらばじゃ ふははははははは!!(魔力濃度の拡散がはじまり瘴気が薄れていく)……………あっ、ちょっ!!! すとっぷすとーっぷ!
      うっかり忘れるとこでした…こちらも提出させて頂きますね(学園前のスーパー、いもげマートの野菜売り場で見つけた『ししとう』50グラムのパックをひとつ置いていった) -- ヴァール 2019-02-16 (土) 09:06:21
      • きゃーっ♪ヴァールちゃんカッコカワイイー♪すごい痴女服ー♪♪私も夏になったらあーいう服着たーい?
        うっかり学生らしい仕草しちゃうのもかーわーいーいー??

        ほほほ……魔将姫殿を我が校にお招き出来たことは、恭悦至極にございます。
        とはいえここは学び舎。貴女の師たち、その長たる者として、遠慮なく厳格なる評価をさせて頂きますわよ。
        (こちらも芝居がかった様子で(楽しげに)応えた後、提出物の評価に入る校長)

        『エリクサー』は孝一くんたちと同じものですね。
        ふふ、ヴァールさんの手元にあると、その赤色がまるで現世と幽世を分かつ大河の雫のように見えて、良く似合っていますよ。
        (続くアタッシュケースに記されたマークを見て「あっ」と気づき、手早く周囲の空間からこの部屋を断絶する魔法をかける)
        愚者が作りし最も強力で凶悪な『賢者の石』……非常にNightmareらしい品です。大変よろしい……のですが、
        核撃魔法を撃ち慣れている私はとにかく、他の皆にとっては危うい物ですからくれぐれも取り扱いに注意してくださいね?
        お家に帰るまでが遠足ですよ? 2万5千年の荒野は、この世界の生物にはいささか長いですからね?
        (「ヴァールちゃんときどきうっかりしてますから……大丈夫かな……」って顔)
        『知恵の実』も、本来足を踏み入れる事すら叶わぬ地にて実りし物、“あってはいけない”存在という意味では十分。
        ……でも、それいわゆる「エーバグ」か「エスバグ」だと思うんで、迷宮を作った神様に知らせてあげてください。
        「ワビ・ストーン」が貰えるかもしれませんよ♪
        『惚れ薬』は……えー。ターゲス先生が仕えてる王って……私、あのマッスルおじいちゃん、あんまり好みのタイプじゃ……
        はっ!?本音が漏れるところでした!あぶなーい!……ターゲス先生には言わないでくださいね☆ミ

        ふぅ。どの課題の品もNightmareらしくあり、そしてヴァールさんらしくあり、合格点というに申し分ない……えっ?
        ……っくっ!!!(総評の途中で『ししとう』をぺろーんと放り出されて、思わず口元を抑えて顔を背ける校長)
        (その間にヴァールは去って行き……)……はぁ、はぁ……危なかったです……。
        まさか、ヴァールちゃんがぴよちゃんと同じ、否、よりストレータなネタで攻めて来るとは……っっ!!私、天丼によわいのに〜〜……っ!!
        (しばらくの間、一人でごろごろ転げ回った校長であった……)


        Nightmare 1年 ヴァール : YP+95 -- 校長 2019-02-17 (日) 00:34:47
    • ナイトメア1年、ラウララ・ニミ・ピケー、です。
      その……、課題のエリクサーを作成してきました。(桜色の液体が入った小瓶を提出する)
      その……、実際のエリクサーには達していないと思われるのと、あの……どなたかはわからないのですが、教員の方?に一番重要な材料を分けていただいて作りました、ごめんなさい……。
      よ、よろしくお願いします……。 -- ラウララ 2019-02-16 (土) 14:43:16
      • (校長が両手で小瓶を包み込み、何か短く呪文を唱えると、無数の光の帯と影がその手と小瓶を取り巻いて……すぐに消えた)
        なるほど。核となる材料は他の誰かから譲られた物だということ、嘘ではないようですね。
        ……そこは嘘をついた方が、Nightmareらしいですのに。(そう言って小さく苦笑する)
        ですが謝るようなことでもありませんよ。貴女の調合の結果、素材より優れた物になっています。
        丁寧でよい仕事をしていますね。まあ、丁寧過ぎるのもNightmareとしては考え物なのですけれど……
        問題があるというほどでもありませんし。合格です。 次回は「もっと楽をする」ことを考えてみるといいかもしれませんね?


        Nightmare 1年 ラウララ・ニミ・ピケー : YP+77 -- 校長 2019-02-17 (日) 00:50:52
    • 御機嫌よう校長先生!ヌァイトメィアー2年ヒルディアよ!
      校長先生におかれましては寝る前起きた後お変わりななくお綺麗なままでオッハヨー!
      起きたら課題提出日でびっくりしちゃった!
      じゃ、まずエリクサーよね!
      エリクサーの定義をするわ、校長先生!
      不老不死の霊薬、そうよね?
      じゃあ、とても簡単よ!
      このあたし謹製の9mm呪殺氷結弾!
      これをどてっぱらにぶち込むとどうなると思いますか校長先生!
      死にます。
      ええ、綺麗な死体で死にますとも。
      アタシ、呪殺魔法も氷結魔法も得意なので間違いはないわ。
      もはや老いることも死ぬこともないし万病からも解放されるわ。
      名付けましょうエリクサーと!

      次、賢者の石!人を不老不死にする石よね!
      はい、どうぞ校長先生!硝石!
      人間の使う黒色火薬の原材料!
      はい次!

      七支刀はちょっとダサいわよね、弱そうだし!
      だからこの七支砲!
      この六本の筒すべてに魔法炸薬が入ってて、弾体をさらに加速させるの。
      校舎の壁くらいなら吹き飛ばせるわ。
      七支刀よりずっといいでしょ、校長先生!

      最後、惚れ薬?
      アタシ、正直恋だの愛だの惚れた腫れただのはよくわかんないんだけどぉ〜
      でもくっついちゃえば時間が解決すると思うんだよね!

      はい、どうぞ校長先生!
      アタシの心を込めて作った魔法拳銃!
      エリクサーとセットで使ってね!
      ちゃんとレーザーポインターつけてあるから相手の眉間狙って愛を囁くの!
      死か愛か!ロマンチック!
      死ぬと言われたらまあ撃っちゃえば綺麗なままずっと自分の物になるってことでいいんじゃないかしら?

      イェイ!寝起きでも課題バッチリ! -- ヒルディア 2019-02-16 (土) 20:08:35
      • ……なるほど。起きたらお昼だったから、ヒルディアさん……ぷ、くすっ、うふふふ……
        おはようヒルディアさん。元気があふれているのはたっぷりお眠りしたからかしら?
        まぁ私が綺麗なのは当然ですし、元気なだけではNightmareとして合格とは言えませんよ。

        そういうわけでまずは『エリクサー』から。
        「生命を、老いること・病むこと・死ぬことから解放するのがエリクサーである」という定義は、Nightmareとして正しいですね。
        その手段として強力な氷結魔法を用いるのも、理に適っています。しかし……
        私ならば対象を殺すことなく凍結し、望むときに蘇生することができますから、“死”というプロセスを挟む貴女のやり方はスマートとは思えません。
        (「ふっ」と短く笑って小さく頭を振る)
        『賢者の石』も同様に、死んだ者をもう一度殺す術は数多あるので、「一度死ねば死なない」との理屈は通りません。
        何より……爆発物というアプローチでは、同学年のHolyの子がもう少し高度な物を提出していますよ。(「赤点ですけど……」と小声で付け加え)
        『七支刀』改め『七支砲』は……あら?これはいいですね。貴女にしては珍しく、名アレンジですね♪
        『惚れ薬』に関しても、残念ながら「430歳くらいの美男」は呪殺氷結弾に怯むほどやわじゃありませんですって……。
        脅迫という着眼点はNightmareらしくてよかったのですけれども。(軽く呆れ顔)

        さて、死と破壊を主題に、貴女の得意な銃でまとめているところまではよいのですけれども……
        ……ヒルディアさん。貴女は既に1年間、本学でNightmareの何たるかを学んできているわけですから、もっと高度な答えを導き出せるはず。
        これでは及第点はあげられません。……眠っているときだけでなく、起きているときもたまには落ち着いて、しっかり思案する時間をとりなさい、ね。


        Nightmare 2年 ヒルディア・ヘク=ウルシュ : YP+30(赤点)

        補習は……罰として広場やエントランスホールでパンならぬ(ガン)を咥えて「きゃー遅刻遅刻ー」と駆けまわるの刑に処す。
        (※行間でやったことにしても、ぶっちぎっても、いい……いいよぉ……)
        -- 校長 2019-02-17 (日) 01:33:20
    • Holy1年! スピカ・プラネッタです!! よろしくお願いします!!
      僕が持ってきた…というか用意できたのはこちら、「賢者の石」です!!(手のひらに収まる程の宝石の如く虹色に輝く石。それを机の置いて)
      この石の本当の名前は「星のイシ」だけど、何故これが「賢者の石」なのか。
      それは、まさしく賢者でなければ扱えず、愚者ではその真価を発揮できない石だからです。

      願い事を叶える流れ星の残滓、がこちらの石と呼ばれています。
      これを扱う人に制限はなく、『誰であれ、どうであれ』この石の使用はできます。
      使用方法は簡単です、ただ願う。この石に触れてただ願うだけなのです。
      ですが、例えば不老不死、例えば億万長者。これらを成し遂げられる程の石ではないです。
      申し訳ないのですが、この石のサイズではそこまでの願いの許容もできないですし
      万能の願望器ではなく、これはあるいはこの課題の説明にもあった結果ではなく過程を見る。
      それを否定するのがこの石です。

      ここまで説明するとわかってしまってるのでしょうが、この石は
      人が結果的に得られるなにか、それを過程を省略して得られるようにしてしまう。
      それが、星のイシの能力です。
      ですから、たとえば僕が……その、巨乳になりたいと言ってもできませんでしたし……(虚無の目)
      自身の能力でここまでが出来る。これをしっかり見定め行使できなければ
      これは単なる石でしかないのです。ですが、これ一つでエリクサー、知恵の実、惚れ薬…?
      などの効能はその人次第ですが見込めるはず、です!!
      これをどこで取得したかと言いますと!! 僕がですね!! あいた!!?(鞄が大きく跳ねて机の角にぶつかる)
      ちょうど、この間流れ星が落ちてきたところで見つけたのです……! 街の外で!!
      調べてみると、そのようなアイテムだったので…僕には手におえないのもあって課題として提出しました!!

      というわけで、今回はホーリィとして上手く活動してない感じなのですがお願いしますです!!
      -- スピカ 2019-02-16 (土) 20:23:39
      • (スピカの説明を聞き終えると、「ふぅん」と小さく呟く校長)
        この『賢者の石』……『星のイシ』を持っていても、今の自分の実力で出来ないことは、出来ない。
        そして『星のイシ』で叶えられないことを欲するのなら、『星のイシ』に頼るのではなく、自らの能力を高めるしかない。そういうことですね?
        ……ふふっ。なんと寓話的なことでしょう。 より高みを目指すならば、『星のイシ』……道具など、あっても無くても同じだとは。
        増して賢者は、自身の力で成し遂げられる行為の繰り返しの過程からも、新たな何かを学び己を高めていく。
        『星のイシ』に頼ると、その機会も失われてしまう。……考えれば考えるほど、呪いのアイテムめいていますね。(「くす」と小さく笑う)

        ……スピカさん。「Holyとして上手く活動できていないように感じる」と貴女は言いましたが、とんでもない。
        「怠惰と停滞の淀みに囚われぬよう、常に己を鍛え、高みを目指すこと」はHolyの基本精神の一つです。
        課題への解答としてこの石を持って来た貴女は、そのことを十分知っていると言ってよいでしょう。

        この提出物そのもので、貴女は何らかの実力を示したわけではありません。
        しかし、貴女が今後、何かを成し得るであろうことを理解させるには十分でした。合格です。
        改めて、本学園へようこそ。校長として、将来有望なHolyの一人である貴女を歓迎します。


        Holy 1年 スピカ・プラネッタ : YP+90 -- 校長 2019-02-17 (日) 02:22:42
    • (壇上に提出品を抱えてあがるが、右腕が複雑骨折したかのように包帯でぐるぐる巻きで三角巾で吊られており何故か隣に保健委員を何人か引き連れている)
      うし、ナイトメアのやり方なんて知らねーけど、俺は俺の作りたいもんを作りたいように作った!
      モノづくりの人間としちゃこれで本気出さなきゃ嘘だからな!ナイトメア一年シャオロンだ!ヨロシク!

      『(前略)惚れ薬』
      …正直かなり悩んだ。薬も大陸流だが作らなくはねーんだが、今まで作ったことねーような部類のモンだしな。
      そこで一華パイセンが皆でこれを作ろうとしてたモンで渡りに船と喜んで乗らせてもらったんだが…更に悩んだ…出来たのは『掘れ薬』だったからな……。
      だが俺はそこに俺流アレンジを更に加えることによって……これを『(前略)呆け薬』に変える事に成功した!
      …効果は(前略)が対象を呆けさせることが出来る薬(気まずげにめそらし)本来の狙いとは違うだろうが呆けさせてる間に逆レイプでもなんでもしちまえ!
      その間は精神がまっさらだから洗脳もできるぞ!…あと校長なら知ってるだろうが俺の作るものには欠陥がまああってだな。
      この薬、対象を限定させるために、女側が「口移し」で男側に飲ませなきゃ効かねぇ。その代り効果は高いが…ま、まあということで惚れ薬はこれだ(割と致命的な欠陥だ…と我ながら思いつつ)

      『賢者の石』
      これについての詳細は「レポート」を見てくれ。マナの拾ってきたらしー賢者の石?を使ってる。欠陥は、宝貝の力の消費量が多い割に成功率が低いこと。
      更に対象の存在力が高ければ高いほど失敗する確立は高い。だから数打ち狙いで連打をして好きなモンを手に入れるってこたーできねぇし、純粋に運が試される。
      だが…まーだいたいなんでも"変化"はさせられるからこれも賢者の石でよくね?ダメ?

      『七支刀』
      これも詳細は「レポート」を。今回もっとも力入れて作らせてもらったわ。刀としちゃ今まで俺が作った者の中でも白眉の出来栄えのモンが出来た。
      まあその代り俺とマキナパイセンの大金は犠牲になったのだ…となったが(包帯巻きの右腕を持ち上げる。いたい。地味にそれ以外の全身もかなり痛い)
      んで俺自身が出すのはこれの影打ち。マキナパイセンに渡した真打ちと同等の防御力を誇るが…その代わり精神が46656回分のダメージを受ける。気の弱い奴が使ったら…まあ廃人一歩手前だわな。

      『エリクサー』
      そして最後にエリクサー。取得経緯は川添パイセンの「レポート」を引用させてもらう。純度が低めなエリクサーっつーことだったが…探索中に採取した薬草、
      手持ちの霊草、そして霊丹を調合し、更に道術によって高速熟成、抽出、精製を行い、宝貝化を進めた所…(とん、と二つ小瓶を置いて、左手で瓶を一つ持ち、ぐっと一息に飲み干す)
      ぷはっ…まあそのものには劣るだろーが、近いモンは出来たと思う(そうして懐から小刀を取り出して、それを口に咥え…、どすっ、と自分の左掌に突き立てた)
      くっ……この薬は一瞬で身体の隅々まで行き渡り飲んだ時点のその使用者の状態を"記録"する(流れる血、それを確認した後、小刀を引き抜けば掌には縦長の穴)
      …そして、それが"破損"することがあれば…(校長へ向けてその掌の穴を示すように突きつければ…映像を逆回しにするかのように、流れた血は穴に戻り、掌の穴はみるみる塞がった)
      とまあ、こんなとっかな。今ならどんな校長の折檻も無意味になるかもな?(くつくつと笑って、冗談めかして言い)

      っつーことで俺の発表と提出は終わりだ。ああ、エリクサーの欠陥?それは…(言いかけた瞬間…ぐらり、とバランスを崩してばたん、と横に倒れた。妙な姿勢のままで)
      …不死もどきの効果時間は凡そ30秒。たぶん不老にもなってっけどその時間じゃ分かんねーわ。そして、その30秒が切れると…記録してた身体の状態のまま、その身体を固めて当分動かなくしちまう。
      もちろんその間は不死でも不老でもなんでもねーし、力で身動きできるモンでもねー。バランスを取ることもできねーから、一人じゃどうしようもねーな!はっはっはっ!
      んじゃあばよー!(ぺこりと打ち合わせ済みの保健委員が礼をして、青年を担架に乗せて退場したとか) -- シャオロン 2019-02-16 (土) 20:37:34
      • 生傷系男子……ごくり……!(涎を飲み込む音)
        入学早々、購買部の一つを半ば乗っ取るようにして掌握した新入生の噂、私の耳にも届いていますよ。
        まさか、入学式で私の挨拶に対し面白い反応をしてくれた貴方だったとは……ふふっ。
        さて、前置きはこのくらいにして、提出物を評価しましょう。
        魔道具の扱いが得意な貴方のことです。多少厳しい目で見ても構いませんよね?(「にっ」と魔女らしく笑う)

        まずは『惚れ薬』ですが……『呆け薬』?
        致命的な失敗作が出来てしまったら改善する、という姿勢はHolyとNightmareの別なく必要ではありますけれど……(呆け薬を飲んでもいないのに呆れ顔の校長)
        ……目的を達成できていないとはいえ、Nightmareにとっては使い道のある薬ですから、無下にはしないでおきます。

        次に『賢者の石』。(これについては「へぇ」と少し感心した様子で)
        単純なマナ・ストーン……彼女はマナジェムと呼んでいましたか。とにかく比較的シンプルなそれをベースに、
        これまたシンプルな「似たものに干渉する」という原初的な魔術を加えた結果、次元の壁を越えられるほどまでに一点突破するとは。見事です。
        運不運で得られる物が変わるというのは「悪い文明」の匂いがしますけれど……悪いコトこそNightmareの華。高評価ポイントですよ♪

        『七支刀』については、マキナさんの課題報告の際にも簡単な説明を受けています。
        名刀と呼ばれるクイジナート‘、あるいはカシナートに近しい物を作り上げたことは、素晴らしいの一言に尽きますね♪
        しかし、まあ、出力と反動のどちらもが、常用するには過剰な様子……。
        「やり過ぎぐらいがちょうどいい」もNightmareの精神ですけれども、それはそれとして貴方の身体が壊れてしまっては元も子もありません。
        これは提出物の評価というよりも、貴方の健康のための話ではありますが。(包帯の理由に納得して、小さく苦笑した)

        最後は『エリクサー』ですか。採取物の精製・改良は他の生徒も行っていましたが……?
        ……おほおっ!!!セルフリョナキターーーーー!!!!!!気を抜いたら私も鼻血が出そうです♥苦痛に歪む男の子の表情……いいよぉ……♥♥
        ……なるほど。何らかの方法で肉体の状態・状況を固定できたならば、それは不老不死と言える。とてもNightmareらしい発想でこれもよろしい。
        つまり今ならシャオロンくんで無限SMが出来るということに……なりますね!!ハァハァ……ハァハァ……♥
        って、あら……?(文字通り固まって倒れたシャオロンを見て、わずかに目を見開く。……少なくとも、校長を驚かせるという目的は達成できたようだ)
        固定する情報の範囲と時間を上手く選定し切れていない、というところでしょうか。(再びの苦笑を浮かべつつ、担架で運ばれる青年を見送る)

        ……ふふ、あははっ。どれもこれも酷い欠陥だらけ。まったくなっていませんよ。
        けど、だからこそNightmareらしくて……可愛らしいですね♪(と独り言ちて、評価シートに筆を走らせるのだった)


        Nightmare 1年 暁龍 : YP+90 -- 校長 2019-02-17 (日) 03:26:05
      • (退場後の袖後ろで、固まったまま)………うしっ!狙ったとこたぁちげーがちったぁ驚かせられたか
        (笑いたいが、表情もほぼ固定され喋るだけが関の山、それでもその声は嬉しそうな声色が滲んでいて)
        …でも、なーんか後半校長の眼が変だったような…(いやいや…まさかなー、と不思議そうにしながらそのまま自宅まで運ばれたという) -- シャオロン 2019-02-17 (日) 03:53:10
    • Holy2年、ミスカ・T・ニクス、課題を提出いたしますー
      エリクサー
      こちらは川添先輩先導によるダンジョンにて採取しましたものを独自に精製して純度を高めたものですー
      元がB−等級のものなので精々B+からA−といったところ…大幅な効果増は出来ませんでしたが、それでも高品位のポーションより強力なものに仕上がっているはずですー(量:標準的なポーション瓶一瓶分)
      賢者の石
      こちらは前述の低品質エリクサーから抽出を試みたものでしてー… 流石に元が元だけに、こちらも品質は高くありませんー
      大きな結晶体としてまとめることが出来ませんでしたので、ダスト、とでも申しましょうかー これは今後の課題となりますねぇ…(ポーション用の小瓶の中で不定形に揺らめく赤い粒子)
      知恵の実
      こちらはマキナ部長と同じものですー 伝承の中で語られるものはリンゴ、イチジク、バナナ…
      それらに祝福を与えて「黄金の果実」としたものに、ぴよ林さん…人型鳥類の卵と言う生命の源であり、危うい倫理観の上の禁断の味を加えたアップルパイ、イチジクパイ、バナナクレープになりますー
      『430歳くらいの美男を337歳くらいの美女に惚れさせることができる強力な惚れ薬』
      こちらはグラウンドで生成された『430歳くらいの美男と337歳くらいの美女が掘れさせることができる強力な掘れ薬』を元に、ベレッタさん主導で入手したキューピッドの矢を触媒にして再精製したものですー
      元より効果が怪しい物ですので、保障は出来ませんが… キューピッドの矢の効果が多少はある…と思いますー -- ミスカ 2019-02-16 (土) 21:27:45
      • ママ……ママ……
        ミスカさんの提出物は、他の生徒との共同作業が絡んだものがほとんどなので安心できますね……。
        他者を助けるというHolyの基本精神にもしっかり沿っていて、大変好ましい事です。
        さて、『エリクサー』の精製とそこからの『賢者の石』の抽出は、2年生らしい安定感があって非常によろしい。
        『賢者の石』の質とサイズは貴女の言うとおり決して高いものではありませんけれど、それでもエリクサーと賢者の石の近似性を証明できている時点で十分ですよ。
        『知恵の実』も、Holyの調和の精神の現れとして素晴らしい物です。ミスカさんは料理もとっても上手なのですね♪ ママ……ママぁ……♥
        『惚れ薬』だけは、ベースがベースなだけに私も使用をためらってしまいますが……もとよりHolyのあり方からすれば好ましからざるもの。
        未完成のこの状態の方が、Holyとしては正しいと言えるでしょう。

        ええ、ええ。Holyとしてはどれも問題ない、優れた製作物です。
        この調子で、2年次も引き続き勉学に努めてくださいね♪


        Holy 2年 ミスカ・T・ニクス : YP+85 -- 校長 2019-02-17 (日) 03:48:46
    • ホーリー1年、スナドラ。賢者の石?を提出します。錬金術に使える石だとか何とか……
      最初、文献読んで知恵の実はバナナかイチジクかも?っていうから買ってきてて、
      エリクサーと同名商品の化粧品を持って来ようと思ったのですが
      同じ部の仲間とか、先輩とか、いろんな人に助けてもらって中庭に賢者の石ッポイのがあるよって聞いて、安直かもしれないけど
      手に入れられたから、これの方が本物に近いかな〜って。だってどれも激レアなアイテムでしょう!? わたしみたいな子供が簡単に手に入れられる物じゃなさそうだし
      だったらわたしひとりの力で探せる範囲なんてたかが知れてるんだから、みんなの力を借りた方が〜みたいな、ですね!? -- スナドラ 2019-02-16 (土) 21:51:23
      • (スナドラの説明を聞き終えると、「くす」と小さく微笑んで)
        貴女自身が、皆と共に、調べ、学び、考え、試行し、そして最終的に選んだのがこの石なのだとしたら……
        ええ、これは間違いなく賢者の石ですよ。 ……賢者への第一歩は、己の無知と無力の自覚から始まります。
        今日までの貴女は子供だったかもしれません。私からの今の評価も、それ相応のものです。
        しかし貴女はこの課題を通じて自分の今の力量を知り、賢者への道を歩み出しました。
        いかなる形にしろ、この先には、Holyとしての輝ける未来が広がっていることでしょう。
        ……スナドラさん。改めて、我が学園へようこそ。 これから目いっぱい、よく学び、そして楽しんでくださいね。


        Holy 1年 スナドラ : YP+60 -- 校長 2019-02-17 (日) 04:06:45

*1 見えている文面はdeluxe god shichishitou ultimate mode

Last-modified: 2019-02-17 Sun 18:13:23 JST (184d)