exp035114.png名前ラエリエル・グローレル
性別
年齢人間換算で16相当
ジョブレンジャー(と言う名のゲリラ)
理由森に囲まれたダンジョン!?守護らねば……
行動方針
RP傾向ダンジョンに出向いたり、語らったり、サヴァイブしたり
好み森・自然・優雅なお茶会・動植物の味見
苦手
企画企画/斑の迷宮
判定第一層 第二層 第三層


三行でお願いしますわ Edit

優雅な見た目の
エルフのお嬢様は
ベトコンめいた泥臭レンジャー!?

お話いたしますの? Edit

&COLOR(#2e8b57){};
edit/refer
お名前:
  • こんにちはー 最近の迷宮探索はいかがですか?
    3層でも落し物を拾ったので届けにきました(『ラエリエルのものと思しき落とし物』を差し出し) -- イリス 2020-02-16 (日) 23:18:04 New
    • 私としたことが迂闊が過ぎますわね……本当に助かりますわ(落としたのは愛用のナイフであった 最近は祝福された短剣を譲ってもらって代用にしていたので不便はしていなかったが)
      手に馴染んだ物を無くすと急に不安になりますわよね……道具としては他で代用出来たとしても(受け取って腰に戻す ホッとした表情だ)
      最近はといえば三層も大分慣れてきましたわね。敵は強靭ですがなんとかやれてますわ ……猫絡みのあれこれが多いのが何なのか、と思う次第ですが
      -- ラエリエル 2020-02-16 (日) 23:52:26 New
      • 迷宮には何か物を落とさせる幻術でもかかっているのかという疑惑もありますし…お手元に戻ったようで何よりです
        敵は確かに強くなっていますよね。 負けてしまうこともそれなりに増えてきました…が。 私の方は比較的平和で少し物足りなくも……
        猫がらみですか? 私も猫王子に出会ったり猫耳ひろったりしましたよ -- イリス 2020-02-17 (月) 00:00:27 New
      • 古代の神々にも等しき者たちを従える力を見せたかと思えば、落とし物が増える奇妙な技工もあり、更には卑猥なアイテムや罠が続出したり……本当に謎が多いですわね、この迷宮
        油断していると急に強敵が出てくることもありますわよね……とりあえず強靭になった敵とも渡り合えているのは良い傾向かと
        猫王子に三度も会いまして、加えてケモミミガスで三度も猫耳が!!何なのでしょう、私に猫になれとでも言うのかしら
        -- ラエリエル 2020-02-17 (月) 00:56:33 New
      • そうですね、手も足も出ないということもあり得ます。 渡り合えているということにまずは感謝ですね。 そして油断しないように気を付けなければです
        思った以上に猫推しでした…!! そこまで来ると何者かの意思を感じてしまいますね…
        探索者を猫にすることで足止めする罠…? それとも……? もしかしたらその猫王子に気に入られているのでは……? そして同族に変えたがっているということも…? -- イリス 2020-02-17 (月) 01:13:24 New
      • 色々話を辿っておりますが、猫王子はダーマオさんと同じ猫族の方かと。特に敵意らしい敵意も見えませんし、味方で良いかと
        ケモミミガスは……おそらくは別件ですわね きっと私の運がよろしくないばかりにネコミミガスを浴び続けたのでしょう 意図は不明ですが……
        作った魔術師の性癖嗜好とかでもある程度の仮説になってしまうんですわよね、こういった類のもの 獣性愛者(ファーリー)とか質悪すぎですわよッ!!
        -- ラエリエル 2020-02-17 (月) 01:47:37 New
  • (会いに来ればまずは土産にと中級キズぐすり詰め合わせを差し出す)手癖に悪い連中にやられたと聞いたよ、迷宮でリス…うむ理不尽で不可思議な存在だ
    あっ市販のより薬草から自分で作るタイプ?それなら珍しいハッパとかもあるけど -- ヴィオラ 2020-02-13 (木) 22:52:15 New
    • 一層の頃から長い付き合いですわね……もはや絶滅させないと気が済みませんわ(怒り心頭!!)
      手持ちも少ないしありがたく頂戴しますわ。私は植物魔術で薬草を育成出来るので材料不足に関してはご心配なく。ヴィオラさんの持ち込みだとどんな材料か興味深い反面怖くもありますけど(そのへんは冗談めかし ガーフジーがヴィオラの正体を明かしたことについて仄めかし)
      -- ラエリエル 2020-02-14 (金) 21:14:49 New
      • 待ちたまえ一応リス君は森の愉快な仲間達では!と言いつつもあんな深層に湧く以上森の仲間だと思う?(ラエリエルの怒りの火に油をちょっと注ぐ)
        ハッハッハ、ハッハッハ!(大丈夫と言おうとしてこれ仄めかしだなと気付いて顔を青くしてネクタイを締めている)
        ああだが安心していい基本的には地上の物さ、たまーに探検先の異界の物とか秘境の物もあるが、故郷の物は一つも無い(そこは念を押すように語る) -- ヴィオラ 2020-02-14 (金) 22:32:41 New
      • あれほど悪意を持って窃盗するげっ歯類が森の仲間とは到底思えませんわね。迷宮の悪意を体現する一つの要素として捉えておりますわ私は
        それなら安心ですけども。魔界系の植物は私明るくありませんのよね。なかなか手に入るものでもございませんし
        アレグリアさんなら多少の知識もあるみたいですけども。同じ植物使いでも分野の得意不得意はありますわ
        -- ラエリエル 2020-02-14 (金) 23:16:33 New
      • 実際善意を利用してくるのだからその認識で丁度良いぐらいだ、自身の危険もある中での善意というのは裏切っちゃならんものだよ
        (その辺り考古学者として意外と重要視している部分なのだろう、魔族の癖に同業者を突き放すという事をあの迷宮で全くやっていない)
        いやー実を言うと私も詳しいって程じゃなかったり、地元の薬草なんかは分かるけどね?何処そこの階層のあれですよね!って言われても浅い知識オンリーさ!
        (アレグリアの名が出ればだろうねと納得の様子だ)神秘混じりの薬学ならば彼女に任せとけば間違い無いと思うね、私?私は錬金術齧った程度だから…たまーに特殊なお香とか必要な遺跡に使ったりで -- ヴィオラ 2020-02-14 (金) 23:23:56 New
      • 全てが迷宮の意図通りだとしたらとんでもない性悪ダンジョンですわね。ただやはり、ここに至っても意図を読みきれないトラップなんかの内容もありますけども
        餅は餅屋という言葉もございますし、私も地層なんかから土地の昔の状態を読み解けなんて言われたらお手上げですわよ 掘り返した土の肥沃さを図るのがせいぜいで
        必要にかられて習得する知識にも限界がありますものね。冒険者や考古学者としては有用な草花の利用が限度というのも一個人の限界ということもありましょう(うむうむと頷いて)
        -- ラエリエル 2020-02-15 (土) 00:03:41 New
      • ああ正直ケモミミガスなどは解釈にとてつもなく困っている次第だ…これがね一層オンリーなら分かる、原始的宗教のそれだ
        二層ならば獣人種なども多かったのでそうした文化の形もあったのだろうと推測出来る、だが三層まで続くとあの遺跡を作った文明の文化としか思えん!
        ではその点は私が餅を作ろう、地質学者程ではないが考古学者にとっては地層を読むのは極めて重要な仕事の一つだ
        そそっ、今回の様な巨大迷宮に挑む際は協力し合えるのならするべきさ。感情友情も良し!ギブアンドテイクでも良し!大事なのは死なん事なのだから!
        そうそうそれで質問したい事が一つ…君、猫族の王子に会っただろう?それはダーマオ君ではなかった? -- ヴィオラ 2020-02-15 (土) 00:25:57 New
      • ケモミミガスは……何でしょうね、そういった嗜好を持った魔術師による仕業と言う可能性も考えられますが 少なくともヒトを害する意図で配置されたものではないはず
        もしやあの猫族の王子との関連も……いや犬耳が出ることもある時点で偶然ですか
        件の秘宝が土地に及ぼした影響も測れるやも知れませんわね。神の権能が土地にいかなる影響を与えるか 想像もし難いですわね それこそ異世界に匹敵する差異があったのでは?
        必要とあらばお願いしたい所ですわね。ふーむ、ダーマオさんと……同じではないはずですが。ただ異種族の容姿の差って図りづらいですわよね。変装で変えられるとしたら分かりませんが、ダーマオさんに何か得があるかと言えば……なさそうですわね?
        -- ラエリエル 2020-02-15 (土) 00:42:29 New
      • 文化ではなくラエリエル君の言う嗜好の可能性も一切否定出来る要素が無い…
        仮に古代の文明の王が獣人であるならば分からなくもない、所有する国土が広がるにつれ多様性は生まれるからね
        (言っていていやでもなあ…と悩んでいる、やはり見つかるケモ耳やガスがかなり学者的に異質らしい)
        異世界からの流出に寄る物質の組成の変化は確かにあるね、他には時間流の乱れによる植物層の変化や空間の湾曲が原因の断層の異質な崩れ等…
        まあこれらが発見された時点で少数じゃ絶対に挑んじゃ駄目な迷宮なんだけど、今の所流出は見られないのが幸いか…
        (ラエリエルの意見も汲みつつ男は納得の様子を見せている)いや事前にダーマオ君にも確認を取ったが彼も違うと
        ダーマオ君曰く猫族は気ままなので勝手に来た可能性があると言っていたがね、あの迷宮の差し金の可能性もある
        一先ず見知らぬ猫族は居る…と、ありがとうラエリエル君!さてそれでは時間だ…迷宮に行って来る!(では!と去っていった) -- ヴィオラ 2020-02-15 (土) 01:01:55 New
      • 獣人族と交わりやすいようにするためのガス……うーんそれも考えすぎのような。単なる嗜好と言う可能性が付きまとうのですわよね、この手のものは
        そもそも既にこの人数で挑むのも厳しい迷宮だと思うのですわ 皆の優秀さでなんとかなっている感がありますけど!!
        秘宝の力を受けた地層がどれほどの異変を生じているか……私には一番重い問題ですのよね 森の生態系を変えかねないとするなら
        迷宮の刺客か、単なる助力か。二層や三層のドワーフやサイクロプスの鍛冶屋もありますから、案外好意的なものと見ても良いかも知れませんわね
        ええ、詳しいことはまた後日、情報を突き合わせましょう(そしてまた猫王子とあったり猫ったりしたというそうな)
        -- ラエリエル 2020-02-16 (日) 01:14:54 New
  • 今度は服を溶かしてくるスライムと遭遇したらしいね?(新しい罠の様なモノにあったと聞いて耳聡くやってくる)
    (ただ単に冒険者達が記している記録を一つ一つ真面目に読んでいるだけだが)
    まあとは言っても樹木より服が溶ける粘液が飛び出してくるよりは制作難易度の低い存在だとは思うが、今度は何か後遺症は?前回は無かったと聞いたが -- ヴィオラ 2020-02-02 (日) 22:24:28
    • 貴方という人はデリカシーというものをお持ち合わせではございませんのね……!!(悪気がないと知っているので堪えはする)
      ですがまぁ、後遺症らしい後遺症も肌が何やら敏感になる程度。私の足にガッツリ食いつきやがられましたトラバサミに比べれば安全かと ……屈辱はこちらのほうが上ですが!!
      森の次は洞窟、ですわね。それも鉱山めいた宝石鉱床まである。森の中にある洞窟にはなかなかそういったものは見られにくいはずですが……
      -- ラエリエル 2020-02-02 (日) 22:44:01
      • フフフッこういうのは気遣って聞く方が何だか下心があるように見えてしまうものさ、無論美女がスケスケというのは大好きだ
        (真顔で平然と言う、デリカシーが無いのもあるがこれが男なりの円滑な情報収集法なのだろう)
        分かるよ、足が美味しいと寄ってくるとトラバサミが寄ってくるらしい。私も2度食い付かれている…1度は妹撃退に協力してくれたが(それでぶん殴ったらしい)
        これが鉄鉱石などの鉱床ならばまだ考えられるがああした石英類の鉱床だと上部には遥かに分厚い岩盤が無ければならないからね、移動距離に対して明らかに比例しない深い場所である事を示している
        アネモネ君が言っていた説が大当たりかも知れないな、この遺跡は別々の土地を空間を歪め強引に纏め上げている可能性がある
        事実エメス君の見つけた碑文の通りならば…あの洞窟はどうやら地の底らしいよラエリエル君、我々はそんなに歩いたかな? -- ヴィオラ 2020-02-02 (日) 22:55:11
      • 確かに下心が一切ないようには聞こえますけども!それはそれとして乙女の恥じらいってものがありましてよッ!!
        二度……それは不運なことですわね トラバサミを鈍器にするのは余り武器としてよろしくない気が致しますわ(蛮族めいた光景を幻視して)
        鉱床の知識に明るくない故助かりますわ。なるほど、確かに深すぎる鉱山に潜っているとすれば空間を歪めている可能性は高いですわね
        秘宝の力か主の力か、はまだハッキリしないにしても斑の迷宮の正体がそうした空間湾曲による代物であるというのはほぼほぼ確定ですわね
        これが迷宮の外にまで影響しだしたら、と考えると放っておけませんわね。森の守護者としても、この地に生きる一人の民としても(ぐっと拳を握り決意を新たにする)
        -- ラエリエル 2020-02-02 (日) 23:33:00
      • うむ!その恥じらいは後に甘味などで謝罪するとしよう!美味しい物を口にすれば大体の問題は解決するからね!
        ちょっと分解して構造を知りたくてね…(ありふれた構造だったらしい)そして深度に関してはエメス君が極めて興味深い碑文を発見してくれたよ
        どうやら古代の王は3人の王を支配していたという、樹海の主にして上のエルフの英傑サリオン、洞窟の貴婦人にして地の底を統べるガーフジー、そして廻廊の魔神にして魔族の覇者ドゥ・ア…
        何かピンと来るだろう?そして我々が乗り越えねばならない存在らしい、ハハハッ!スリルに胸躍る!地の底の貴婦人は炎の囁きという異名もあるそうだ、あの洞窟はマグマ多いね -- ヴィオラ 2020-02-02 (日) 23:51:20
      • そういう所したたかですわね……でもそれで許してしまう私がいるわけですけども。紅茶に合うお菓子をお願いしますわ!
        トラバサミの構造に迷宮の謎が詰まってることは流石になさそうですけども。ええ、同じ冒険に同行しておりましたので読んではおりました 考察の方はバタバタしていたのでヴィオラさんに丸投げしようという肚でしたが(本人の目の前で言う!)
        地の底の貴婦人、炎の囁き……最初がハイエルフでしたので次はドワーフか何かと踏んでおりましたが、炎の精霊の類っぽいんですのね
        そうなるとこの間炎蜥蜴から分捕った鎧が役に立ちますわね ……私、あの鎧苦手なんですけども(森とともにあるものにとって炎は天敵である)
        -- ラエリエル 2020-02-03 (月) 00:25:49
      • では物凄く甘くて物凄くどっしりしていて物凄く美味しいパイを買ってこよう!濃い紅茶を用意しておく事だ!
        (目の前で言われれば盛大に笑って)任せたまえよ!こういうのはねえ!おじさんはねえ!専門さあ!
        私もあの碑文からはそう読み取った、そして恐らくその力は一層の英傑と思しき者を超えていると見ていい
        これはあくまで推測に過ぎないがね…君が浴びたスライムは溶かす効果と敏感になる効果の複合罠で一層より難度の高い罠だ
        となればそれらの頂点に立つ門番である存在はかくあるべしだろう、苦手であろうとそれは間違いなく君の命を守る筈さ
        真銀は火に強いから幾つか一層の刺さってるのを回収するのも良いかも知れないな、あれならば君も平気だろう? -- ヴィオラ 2020-02-03 (月) 00:37:29
      • いいですわね、パイ。中身が甘すぎてもサクサクの生地がいい感じに受け止めてくれるのが食べやすくて パイは良い文明ですわ(エルフの領域では余り作らないのだろう)
        餅は餅屋ですわね。まだ一月ほどの調査でそこまで目算がついているなんて とはいえ、ダンジョンは奥に行けば行くほど困難になるのは常套ですか
        そうですわね。コレもいい機会、炎を克服するのも重要ですわね 炎を扱えるようになればユーカリを育てて大規模火災というのも……一層では絶対使えない技法ですけど!!
        真銀の矢、ですか。確かに私の腹に刺さった一本は回収しましたけど、もう数本頂いてきてもいいですわね。ただ、弓で射るのは最終手段ですわね。近接武器として使う方が主になりそうですわ 勿体ないですもの……(貴族にとっても真銀はなかなか手に入るものではない)
        -- ラエリエル 2020-02-03 (月) 01:17:14
      • いやあこれも全ては碑文を持ってきてくれたエメス君のお陰だよ、あれは私が欲していた情報が詰まりすぎていた
        お陰で古代ドスケベハイエルフ文明!淫堕の王国は存在した!という本は書けなくなったがね
        (書いたら現存するハイエルフ達が全力でダッシュして肘で殴りに来そうな題名をサラリと言う)
        ユーカリは炎属性ではあるが…!あれはあれだけを残す恐るべき種だ、マスターしたらユーカリエルフとか別の種になってそうだね(想像してちょっと笑う)
        そうなるか…今の所炎の精霊種への接近を可能とする装備はラエリエル君など少数だからな、君の負担は増すが頼もう
        では私はこれでね、次に会うのは街でか迷宮か…後者であれば共に危機を乗り越えようじゃないか!(では!と去っていった) -- ヴィオラ 2020-02-03 (月) 01:30:59
      • 流石にそんな本を出されてたら私も丸太で貴方を殴りつけるところでしたけども。貴方が捏造の類をする方でなくて良かったですわ、お互いに
        そういうやんちゃを許さず、しかしある程度の植生を許すのも森の守護者の努めですわね。炎を制御するのが森の守護者の資格に入ることになるなんて思いもしませんでしたわ
        私が矢面……炎面に立つことになるなんていくらなんでも無茶が過ぎますわ!エメスさんのゴーレムにある程度盾になってもらいませんと
        ええ、出来れば迷宮内で考察をお願いしたいところですわね、調査が進みそうですし。それでは、御機嫌よう(ニコリと笑い、見送ったという)
        -- ラエリエル 2020-02-03 (月) 02:07:18

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

設定?何のことですの Edit

金髪緑メッシュのエルフのお嬢様 160cmぐらい?おっぱいいっぱい
普段は穏やかな物腰であるが、テンパると口調が「お嬢様」と化す 教育が良くなかったのだろうか
令嬢ながらレンジャーとしての技能を身につけ、自身も弓と自然魔術を扱い冒険者となる
……が、どうやらレンジャー技術を学んだ所が良くなかったらしく、エルフらしい華々しいやり方とはかけ離れた戦法を得意とする
植物を呼ぶとなれば竹槍を作るだの、杭トラップを備えるだの、ギリースーツ(生)を着込むだのその様相はゲリラのそれである
エルフのレンジャーってもっとこう、花魔術とか使うものじゃないんですかね……

装備・特技など Edit

  • 樫の弓・鉄葉の鏃の矢
    • ごくありふれた樫の弓。高級な弓はいつか壊れてしまうので換えが効くものを使っているとのこと
    • 矢は鉄葉樹から取れる非常に硬い葉を使用したもの 鉄を苦手とするエルフの矢
    • 自然魔術で鉄葉樹を育て、矢を作ることも出来る もちろん時間はかかる!

  • ごくありふれたナイフ
    • ナイフ。鉄製だが許容範囲。何にでも使えるのでラエリエルはこの手の装備がお気に入り。

  • 祝福された短剣
    • スヴェンとの取引で譲ってもらった短剣
    • こちらもナイフ枠。異邦の太陽系の加護が掛かっているらしく、暖かな力を感じる

  • 竹槍
    • 竹を切って鋭くしたもの。竹を生やせばどこでも作れるという理由で愛用している
    • だが鉄と違い竹の生命力をブーストすれば固く鋭く出来るため案外侮れない貫通力を出せる
    • 竹槍の他、大きくしならせて鞭のように打つスネアトラップ、落とし穴などに尖った竹を仕込むパンジ・ステーク
    • 竹槍を振り子のように揺らすペンデュラムなど様々な使い道がある。ベトコンかな?

  • 自然魔術
    • エルフお得意の魔術。植物、土、風を操る自然の力を借りる術
    • ……なのだが、ラエリエルが操るのはどうも偏りがある
    • 植物を出すとなれば竹を多く用い、キノコを出して毒や幻惑に用いる 花の魔術は余り得手ではない エルフの華やかさはどこに?

冒険の結果 Edit

+  長くなるので収納

Last-modified: 2020-02-16 Sun 01:36:12 JST (2d)