MQ/斑の迷宮・最深層

  • 斑の迷宮・最深層
    斑に染まる偽りの天球の元、君たちは最後の敵と対峙する……
    (このツリーにて、診断結果の貼り付けが可能です) -- 2020-02-22 (土) 22:11:10
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてアネモネ達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ―― 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! アネモネの敵の踵を狙った陽動攻撃!  虚ろなる天の女神に手傷を負わせた。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!天球が停止し、止まった時間の中で女神だけが自在に攻撃を放つ! アネモネは致命傷を負ってしまった! アネモネの敵の腕を狙った近接攻撃!  虚ろなる天の女神に手傷を負わせた。 虚ろなる天の女神はアネモネを星々の世界に打ち放った!無限の色彩を持つ星虹の煌めきがアネモネの肉体を蝕む……!! アネモネは大きな傷を負った! 戦いの果て、アネモネ達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてアネモネは、 およそ死にかけながらも(D)、 僅かな手傷を負わせるに留まった(E)! -- アネモネ 2020-02-22 (土) 22:12:19
      • (身構える間もなくはじまった女神討伐戦)
        (まずはバックパックから取り出した聖水をその場に撒く。それは聖別…)
        (この場を別の神、この場合は唯一神だ、の領域へと塗り替える簡易の儀式)
        (これで女神がこの場に及ぼす力を弱め…)て、どうしましょう。まあ、これしかありませんねぇ。
        (聖性を喪った自分にできる事は迷宮で獲得した火器を撃つ事くらいだ。ロケラン2門を撃ちまくり、女神の僅かな火傷を負わせる。それが精一杯だった)
        神代にはない武器とは言え、こんな物質的な攻撃ではあまり効果はありませんねぇ…。
        (あとはひたすら女神の人智を超えた攻撃を喰らい、死に掛けながらも、自分の命の維持に努めたのだった)
        流石はイスナ様の回復術。これがなければ死んでいましたねぇ…。 -- アネモネ 2020-02-22 (土) 22:17:44
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてスヴェン達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ―― 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! スヴェンの敵の首を狙った陽動攻撃!スヴェンはフィルマリアの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に致命傷を与えた。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!飛来する彗星が凶運を齎す……!! スヴェンは大きな傷を負った! スヴェンの敵の踵を狙った遠隔攻撃!スヴェンはラエリエルの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に痛烈な一撃を見舞った。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!飛来する彗星が凶運を齎す……!! スヴェンは致命傷を負ってしまった! 戦いの果て、スヴェン達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてスヴェンは、 およそ死にかけながらも(D)、 最大級の活躍をした(AAA)! -- スヴェン 2020-02-22 (土) 22:13:51
      • 何が女神だ(光輝の刀を打ち振るい、天の女神へと果敢に立ち向かっていく)
        何が御子だ(斬撃が女神の首を切り裂く。致命傷のはずだが、堪えた様子もない)
        (運命を操る女神の権能が、アダマンタイトの鎧を無視して肉体を蝕む。しかし、怯むことは無く)
        俺は……俺だッ!!(切り返す斬撃が再び、女神を切り裂いて)
        (二つ目の彗星がもたらす死の運命に抗う。紛れもない己の、人の意思で) -- スヴェン 2020-02-22 (土) 22:22:02
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてエメス達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ―― 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! エメスの敵の目を狙った陽動攻撃!エメスはナー・フナーの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に手傷を負わせた。 虚ろなる天の女神は女神の権能を発動した!凄絶な死の運命がエメスに這い寄ってゆく…… エメスは重傷を負ってしまった! エメスの敵の胴を狙った近接攻撃!  虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。 虚ろなる天の女神はエメスを陽光司る右手で薙ぎ払った! エメスはかすり傷を負った! 戦いの果て、エメス達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてエメスは、 重傷を負いながらも(A)、 地味ながら有効な戦果を挙げた(D)! -- エメス 2020-02-22 (土) 22:14:02
      • (ひと目見て、直感した。頭の中で警鐘がかき鳴らされる。玉座の間に連れ込んだゴーレム達を下げさせる)
        …こいつは…本格的に、ヤバいね…!(その威圧感は、今まで感じた全てを合わせてもまだ足りぬ)
        こうなったら…もう、とびっきりやるしか無い…私が、私でなくなっても…!
        (祈るように、両手を合わせ、魔力を高めれば、首元の珠の色が、白へと代わり、更に魔力を高め)
        (少女の珠の色が、白から、更に変わる。それは徐々に桃色となり、ついには鮮血のような朱に染まる)
        (それと同時に、少女の身から今までの比ではない抑えきれぬ莫大な魔力が放出され始める)
        (無色のそれは、魔力を感じとれぬものでさえ見て取れる程に、蜃気楼のように少女の姿を歪める)
        (そうして、揺らめく少女の顔から、表情が消える)
        『……過負荷増大。表層人格停止。内的知識階層参照。…稼働躯体、全機更に後退せよ』
        (淡々とした感情の無い声。その表情は仮面のように情動の色が無く、見れば思ったかもしれない。人形のようだ、と)
        (少女の命令に従い、展開していたゴーレム達が下がり、少女の元へ集っていく。そして、少女に触れ…次々と崩れる)
        『第二番躯体、解体。第四番躯体、解体。継続し第七から第一九躯体までの解体を実行。成功』
        (崩れていったゴーレムの素材は、果たして消滅しない。土が、水が、鉱物が、金属が、少女の周囲の魔力に取り込まれるかのように浮かぶ)
        『全素材回収。製造シークエンスに移行。実行中……完了まで614000マイクロセカンド』
        (そうして、各種の素材が瞬間的に爆発的に膨れ上がる。複製魔術で加速度的に複製されているのだ)
        (続くように少女の体が、手足から解れるように崩れ宙に浮いた素材と混ざり合い、再構成されていく)
        『……製造完了。チェックシークエンス。…チェック完了。起動……ゴーレム・ホムンクルス』
        (そして生まれたのは、巨人。アダマンタイトの骨格を形成し、様々な木と鉱石を肉として、魔法金属と龍鱗にて鎧われ、酸と水と雷光の衣纏い)
        (その手には巨大な魔剣。深淵の魔神の持つ破滅の魔力を帯びたあらゆるを滅ぼす魔剣が、握られている)
        (女性的なフォルムのそれは、どこか少女を思わせる姿を見せ、首元には血のように輝く小さな紅い珠。その姿がゆっくりと踏み出し)
        『目標…女神。撃滅を、実行、します』
        (巨人が開いた手を振り上げれば指鉄砲を形取った人差し指から、泉の妖精ナハの力で圧縮された水塊が生まれ撃ち出され弾ける)
        (それは、空中で拡散し凍りつき鋭き氷の刃になって、ペリドットの風の力と合わさり真空と氷刃を荒れ狂わせる氷嵐となる)
        (氷嵐が吹き荒れた結果を確認しないままに、前へと巨人が走り込んだ。そうして、鋭い蹴りを繰り出す)
        (丸太のようなそれは受けようともそれごとなぎ倒すような一撃。陰ながらナーフナーの支援を受けて、それを当て)
        (繰り出した蹴りの勢いのままに女神の頭部へ向けて破滅の魔剣を薙ぎ振るう。もはや破壊と同義の崩壊の巨刃は、確かに打撃を与えた)
        (だが、嫌な予感がした。女神が、動く。何をしたか分からない。しかし、女神が何かをしたことだけは分かった)
        『異常検出。…左腕、脱落』(突然、巨人の左腕がぼろり、と崩れ落ちた。龍鱗も、魔法金属も、鉱石も、アダマンタイトの骨も)
        (何もかもがまるで無かったかのように、突然、術式が消え失せ、どずん、と巨人の腕が落ちる)
        (まるで運命を直接操ったかのようなそれに、神々の権能への戦慄が走った)
        (そして目標が今だ健在であることを確認し、感情の無くなった思考がそれでも焦燥を告げた。このままでは、負ける。終わる。終わってしまう、と)
        『炉心励起加速実行。残魔力を全て供給。セーフティロック解除。内部搭乗者への要請を実行』
        (もう後のことは考えない。異形の巨人たる姿となってなお少女の内に存在する精霊に呼びかけ、ありったけの魔力を都合するように願う)
        (そして、今まで蓄えた全ての魔力を叩き込んで、疑似賢者の石となった己の核へと叩き込み極大の魔力を引き出さんとする)
        (紅き輝きを放つ珠…久遠の種が激しく輝く。それはまるで夜空に輝く赤色の星のように。偽りの天球に一つ、現れた新たなる星)
        (そうして、膨れ上がっていく莫大な魔力と共に、引き換えになるように巨人の末端が、僅かずつ崩壊していく)
        『魔力生成、限界値突破。身体損壊率32%超過、なお増大。励起加速実行、実行、実行』
        (ぶわり、と巨人の全身から赤い光が吹き出す。凝縮され、圧縮され、それでもなお溢れ出る余波が形を見せる)
        『……開放。神の時は、もはや、過ぎ去ったのです』
        (破滅の魔剣が魔力に当てられてふわりと浮かぶ。その切っ先は、ぴたりと目標を捕らえて)
        (手を突き出すように魔剣の柄へ添えた。そうして、魔剣を中心として…)
        (土が、木々が、石が、水が、火が、万溶の王酸が、撃滅の雷光が、白銀の魔鏃が、龍炎の業火が)
        (己が持つ、あらゆる力を増幅し複製し製造し、創り上げ)
        『造られし大いなる御業』(マキナ・アルス・マグナ)
        (振りかざした。小さな一つの世界を混ぜ込んだような、複雑な光と色をした"それ"は薙ぎ払うように女神へ突き進み)
        (光り輝く太陽が形となったような女神の右手がそれに応じてあらゆるを光へ返さんと振り払われ)
        (神と、造られたモノが、激しくぶつかりあった) -- エメス 2020-02-22 (土) 22:49:58
    • 虚ろなる天の女神との戦闘を開始!
      幼精さんの敵の頭を狙った陽動攻撃!幼精さんはアレグリアの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。
      虚ろなる天の女神は幼精さんを侵透する夜の暗黒で飲み込んだ! 幼精さんは大きな傷を負った!
      幼精さんの敵の脚部を狙った遠隔攻撃!  虚ろなる天の女神に痛烈な一撃を見舞った。
      虚ろなる天の女神は女神の権能を発動した!凄絶な死の運命が幼精さんに這い寄ってゆく…… 幼精さんは大きな傷を負った!
      戦いの果て、幼精さん達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいて幼精さんは、 大きな傷は受けたが(AA)、 有効な活躍をした(B)! -- 2020-02-22 (土) 22:15:39
      • (アレグリアの支援を受け 幼精さんを基点とした転移・入れ替え魔法)
        (幼精は巨大な竜の姿へと変わる)

        『子は』
        『既に母の手から放れたのだ』

        (侵透する夜の暗黒を 凄絶な死の運命を 半身を削る事で弾き)
        『さらば』
        『今は名も無き母よ』

        (女神の足元を凍らス極限魔法 幾多の太陽の光を集め夜側の片脚を焼く) -- 水底の竜 2020-02-22 (土) 22:26:46
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてアレグリア達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ―― 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! アレグリアの敵の踵を狙った近接攻撃!アレグリアはソーディア・ドミナの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に致命傷を与えた。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!天球が停止し、止まった時間の中で女神だけが自在に攻撃を放つ! アレグリアは重傷を負ってしまった! アレグリアの敵の目を狙った陽動攻撃!アレグリアはアレグリアの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。 虚ろなる天の女神はアレグリアを星々の世界に打ち放った!無限の色彩を持つ星虹の煌めきがアレグリアの肉体を蝕む……!! アレグリアは重傷を負ってしまった! 戦いの果て、アレグリア達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてアレグリアは、 幾度も重傷を負いながらも(B)、 優れた活躍をした(AA)! -- アレグリア 2020-02-22 (土) 22:15:42
      • うーん、これは……どー見てもヤバイ相手なの。名前を忘れられ、自我もすり減って、ただ神の力を振るうだけの装置…アバドンよりよっぽどヤバイの!あのぼんくら魔神には頼れないのよ!
        そうなるとあーちゃんにできることはいつもの自然魔術……通用するビジョンが見えないのね!?(くさでどうにかなるように見えない!)
        『ンモー、自分の限界を低く見積もってすぐあきらめるの、あーちゃんの悪いクセなのよ』……こ、この声は……あーちゃん!?(この局面で!?)
        『はぁいあーちゃん、元気してる?』うん!今からすっごく元気じゃなくなる予定なの!
        『んひひひ!そーだろーと思ってあーちゃんのためにあーちゃんが駆けつけたの!王様も言ってたでしょ?あーちゃんはダンジョンアタックしてる子たちの中でも、あーちゃんが特別気に入ってるのよ』まぁ言ってたけど…ほんとなんであーちゃんなの?
        『さぁ?推しを推すようになったきっかけなんてどうでもいいもの。ただ「推したい!」って気持ちだけ……あーちゃんはそういう存在だからの。ドワーフやサイクロ達も同じなのね』推される方の気持ちも少しは考えて欲しいの…
        『んひひひ、あーちゃんにあーちゃんの推しポイントとっくと語ってあげてもいいんだけど…状況が許さないのね』あっそうだった、女神さんすっごいこっち見てるの
        『なのねー…あーちゃん、詠唱。生やすのは榴弾砲戦花で』えー…女神さんに効くかなぁ『いいから。あーちゃんを信じて、あーちゃん!』う、うん!わかったの!
        IDPNMHAQMSEBYD QSPFLZFE『……ほんと、みんな見てて飽きなかったの。千年の無聊が覚める思いだったのよ』
        OLWJU XJAZX VSDII FBTXN NQZKX『一番ちょろい精神してたから化けるのに選んだだけなんだけど……我ながらここまで肩入れしちゃうとはのー。変身元の精神性が伝播したのかしら?』(本物アレグリアが杖を構えて呪を紡ぐ中、軽やかな足取りで女神に迫るにせアレグリア)
        UYOJCHJR JF HGFBADUV……『元気でね、あーちゃん。あーちゃんもししょー達、歴代の飛蝗の魔女と一緒に見守ってるの』(無限の色彩を持つ星虹の煌めきに身を焼かれ、ぼろぼろになりながらも女神に肉薄して)
        JWSCWRLPFXXEUC!!!『んひひひひ!あーちゃんと地獄に付き合ってもらうのよ、女神様!!』(詠唱が完了すると、にせアレグリアの体中から一目して人間界のそれではないとわかる奇妙な植物が生え出し)
        \カッ/(閃光と共に大爆発を起こした!)
        あ、あーちゃあぁぁぁぁぁん!!(策って自爆かよ!と思いつつも叫ばずにいられない!) -- アレグリア 2020-02-22 (土) 22:55:40
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてアズレート達は最後の敵と対峙する。白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。
      頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。
      古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。
      秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ――
      虚ろなる天の女神との戦闘を開始!アズレートの敵の脚部を狙った必殺攻撃!アズレートはメロリータの支援を受けた!虚ろなる天の女神に重傷を負わせた。
      虚ろなる天の女神はアズレートを侵透する夜の暗黒で飲み込んだ!アズレートは軽傷を負った!アズレートの敵の目を狙った近接攻撃! 虚ろなる天の女神に手傷を負わせた。
      虚ろなる天の女神はアズレートを星々の世界に打ち放った!無限の色彩を持つ星虹の煌めきがアズレートの肉体を蝕む……!!アズレートは軽傷を負った!
      戦いの果て、アズレート達は虚ろなる天の女神を打倒した!この戦いにおいてアズレートは、軽傷しか受けずに(AAA)、標準的な戦果を挙げた(C)! -- アズレート 2020-02-22 (土) 22:16:00
      • ………綺麗…だな。(どこか不自然さを感じはしても、様々な天候が入り混じる空にそう感じて)……さあ、来いよ…。
        (強靭な銃を構え、足を執拗に狙っての銃撃 前には出ずに弾切れまで撃ち続け)…メロやん、ありがと…… コイツの足…止めよう…
        (次いで豪奢な拳銃を右手に、ボウイナイフを左手に構え)ッ……攻撃の… 手段が……なんだ、これ……(モルヒネのお陰で痛みは少ないが、どれだけ無理が続くものか)
        ……ここで、終われる…か……(闇をナイフで切り裂き、肉薄!目を狙って1発の銃弾を放ち)…僕は…… ラスカと…世界を… 見に行くんだ…ッ!!
        ……はぁッ…… だから…ここで…… お前とは…さよならだ…(前回の負傷を引き摺っての無理な回避は、相当に体を痛めつけた もはや立つこともままならず…膝をついているのが精一杯) -- アズレート 2020-02-22 (土) 22:29:38
    • 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! イリスの敵の脚部を狙った遠隔攻撃!イリスはエメスの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。 虚ろなる天の女神はイリスを陽光司る右手で薙ぎ払った! イリスは大きな傷を負った! イリスの敵の踵を狙った陽動攻撃!  虚ろなる天の女神に手傷を負わせた。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!見る間に星辰が整い、溢れ出す膨大な魔力の奔流が嵐の如き破壊を齎す! イリスは大きな傷を負った! 戦いの果て、イリス達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてイリスは、 大きな傷は受けたが(AA)、 地味ながら有効な戦果を挙げた(D)! -- イリス 2020-02-22 (土) 22:17:05
      • 幻想も神秘も肯定派なのでこう相対してしまうのは悲しいものがありますが… …………いえ、ここでは…そうですね………
        (ほぼ防戦に回り、女神が、幻想が、神秘が ヒトの手で打ち倒されていくのを眺めていた) -- イリス 2020-02-22 (土) 22:34:39
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてルーシェ達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ―― 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! ルーシェの敵の腕を狙った陽動攻撃!ルーシェはアネモネの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に致命傷を与えた。 虚ろなる天の女神は女神の権能を発動した!凄絶な死の運命がルーシェに這い寄ってゆく…… ルーシェは致命傷を負ってしまった! ルーシェの敵の胴を狙った必殺攻撃!ルーシェはノイの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に重傷を負わせた。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!天球が高速で巡り、場の時間が加速する……!!女神の放つ全ての攻撃が高速化した! ルーシェは軽傷を負った! 戦いの果て、ルーシェ達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてルーシェは、 致命傷を負いながらも(C)、 最大級の活躍をした(AAA)! -- ルーシェ 2020-02-22 (土) 22:18:26
      • 色々訊きそびれましたけど……まあ、大したことではありませんとも、ええ(手元のタブレットでログを流し見。最後の最後、種々の記憶を取り戻した今、隠す必要もあるまい)
        ──さて、行きますよ……!(既に召喚リソースは選択済みだ。ミスリルゴーレムの欠片、雷のスクロール、正体不明の刀、使わなかった諸々の魂核(ソウルコア)
        (召喚を実行すれば、魔法陣は足元に開いた)……我が声に応え、今ここへ来たれ!我が半身──ロストワン!
        (魔法陣から溢れ出る灰銀の輝きが少年の身を包み、曲線を主体とした甲冑のような姿へと変えていく)
        (光はやがて甲冑へと飲み込まれ、全身の輪郭がはっきりとする。消えゆく魔法陣、その中央に立っていたのは青の色彩を加えた灰銀に身を固めた騎士の姿)
        サイズは違いますが、やはりしっくり来ますね……!(騎士は青い雷鳴を纏い飛び上がると、アネモネの支援を受けつつ高速で飛び回り腕に斬りつける)
        (この世界の理の外にある力が女神の力を削いでいく)……意外と、効いてるみたいですね……!
        (しかし次の刹那。死を具現化した鎌が銀の騎士を捉え、切り裂いた!)……っぐぁ!!(地に叩きつけられ、しかしすぐに立ち上がる)
        この世界の死は、僕には通用しない……!!(そして再び飛翔すると、全身から溢れる青い雷光を手にした刀に纏わせる)
        (天の運行さえも支配する女神の攻撃が、目に見えぬほどに加速する。だが、そのどれもが稲妻の如く翔び征くロストワンを捉えられず掠めて過ぎていく)
        伊達に!速度と精密カンストしてませんから……ね!!(光速に迫る速度ですれ違いざまに、プラズマを纏った長大な刀身を女神の胴へと叩き込んだ) -- ルーシェ 2020-02-22 (土) 22:41:28
      • (諸々の必殺攻撃を受け、滅びゆく女神を背にして、着地した灰銀の騎士は静かに残心。と思いきや支援してくれたノイに小さく手を降ったりした) -- ルーシェ 2020-02-22 (土) 22:44:39
    • 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! ベイセルの敵の腕を狙った近接攻撃!  虚ろなる天の女神に手傷を負わせた。 虚ろなる天の女神はベイセルを侵透する夜の暗黒で飲み込んだ! ベイセルは致命傷を負ってしまった! ベイセルの敵の目を狙った必殺攻撃!ベイセルは幼精さんの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に手傷を負わせた。 虚ろなる天の女神はベイセルを星々の世界に打ち放った!無限の色彩を持つ星虹の煌めきがベイセルの肉体を蝕む……!! ベイセルは軽傷を負った! 戦いの果て、ベイセル達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてベイセルは、 致命傷を負いながらも(C)、 僅かな手傷を負わせるに留まった(E)! -- ベイセル 2020-02-22 (土) 22:18:36
      • (輝く盾も法則の変化までは弾けずに翻弄され、思わぬ致命傷を負う)
        (結局、剣は使わず仕舞いになり遠距離戦をこなしていたが手傷も与えられず)
        せめて囮くらいにはなったかのう…だが集団としては勝ちじゃな
        (治療薬を口に含んだまま仰向けに倒れた) -- ベイセル 2020-02-22 (土) 22:35:25
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてラスカ達は最後の敵と対峙する。
      白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。
      古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ――
      虚ろなる天の女神との戦闘を開始!ラスカの敵の首を狙った近接攻撃!ラスカはイスナの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に致命傷を与えた。
      虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!天球が高速で巡り、場の時間が加速する……!!女神の放つ全ての攻撃が高速化した!ラスカは大きな傷を負った!
      ラスカの敵の腕を狙った遠隔攻撃!ラスカはラスカの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。
      虚ろなる天の女神はラスカを夜闇司る左手で薙ぎ払った!ラスカは致命傷を負ってしまった!
      戦いの果て、ラスカ達は虚ろなる天の女神を打倒した!この戦いにおいてラスカは、およそ死にかけながらも(D)、 優れた活躍をした(AA)! -- ラスカ 2020-02-22 (土) 22:18:45
      • …出し惜しみは、無しで行くよ…ッ!(漆黒の魔導銃に装填するのはイリスのくれた魔法弾)
        (引き金を引けば、凍てつく冷気の暴風が女神の視界を奪う。イスナの援護で回復した脚は、いつも以上の機動力を見せ、一気に女神との距離を詰めた) せやぁっ!(魔導銃の銃口に生じさせた光の穂先。すれ違いざまに女神の首筋を狙う)
        …う、ぁ…!時間まで操るの!? く、ぅ…!(メガネを額におし上げて視線魔術を用い、攻撃の軌道を見切ろうとするが、見えるのと避けられるのとは別問題だ。戦闘不能になるのを避ける程度にしかならない)
        なら…っ、シャドウサーバント!(白銀の闇の魔道銃、そこから放たれた闇は人の形をとり、自分そっくりな分身を作り出す)
        もう一発…!(2発目の魔法弾を装填する。燃え盛る流星の魔力を込められたそれを撃ち込み、腰の後ろに挿したレーザーガンを抜く) これでっ…!
        (しかし女神の攻撃の方が早かった。闇の左腕が眼前に迫り、レーザーはその腕の破壊力を軽減するために撃たざるを得ない) あぐっ…! かは…っ…
        (みしみしと胸の深くで生木のへし折れるような音。その威力を減じてもなお、人体を軋ませるその一撃を受け、大きく吹き飛ばされた) -- ラスカ 2020-02-22 (土) 22:32:56
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてヴィオラ達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ――虚ろなる天の女神との戦闘を開始!ヴィオラの敵の頭を狙った遠隔攻撃!  虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!天球が高速で巡り、場の時間が加速する……!!女神の放つ全ての攻撃が高速化した!ヴィオラはかすり傷を負った!ヴィオラの敵の腕を狙った近接攻撃!  虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!見る間に星辰が整い、溢れ出す膨大な魔力の奔流が嵐の如き破壊を齎す!ヴィオラは軽傷を負った! 戦いの果て、ヴィオラ達は虚ろなる天の女神を打倒した!この戦いにおいてヴィオラは、 軽傷しか受けずに(AAA)、 地味ながら有効な戦果を挙げた(D)! -- ヴィオラ 2020-02-22 (土) 22:25:40
      • 待ちたまえ美しき人!神としてではなく何万年もこの世に在り続けた者として言葉を掛けよう!
        やめとけやめとけ!今更千年周期の運行なんて繰り返した所でつまらんぞ!天に在りし君ならば分かる筈だ!宙には遥かな時がある事を!
        そしていつか人は空に満ち君達すら知らぬ頂きをも超えていく事だろう!そこにあるのは今までに無い喜びの筈だ!
        見続けたのならばそれが分からん事も無いだろう?つまりだ、考古学は何時でも億年単位で働ける美人を求めています!
        良し!一先ず伝えたい事は伝えたので女神の円環へのやる気を削ぐとしよう!
        (男はその両手首を合わせれば竜のブレスにも似た強烈な熱量の炎の奔流を放つ)
        ………あっ駄目だ頭狙ったのにてんで効いてない!はい手持ちで最強の術が駄目でしたよ!これだから神性は!!!
        (即座の女神の反撃は時間を加速させての超高速の連撃だが…一つ一つ見てその手で弾いていく)
        あっこれ魔神でやった所だ!ジュテーム!それとも私に絆されたかね!美人は歓迎だ!
        (鞭で攻撃動作に入る女神の腕を弾こうとする、ある程度傷が付いたようにも見えるが…)止まらんわなー!
        あっあっあっ!(天の星々が術式を描く膨大な魔力が全てを破壊し尽くしてくれば…奔流の間に魔力のバリアを差し込んで波乗り)
        あっこれも竜姫の所でやった所だ!サンキューガーフジー!黒焦げにされたお陰さ!全治2週間だったぞ!!!!
        良し!力はとんでもないが碑文の通りかなり優しいぞこの女神は!見習いたまえよ世の邪神共!! -- ヴィオラ 2020-02-22 (土) 22:26:24
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてラエリエル・グローレル達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ―― 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! ラエリエル・グローレルの敵の脚部を狙った遠隔攻撃!ラエリエル・グローレルはノイの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に痛烈な一撃を見舞った。 虚ろなる天の女神はラエリエル・グローレルを星々の世界に打ち放った!無限の色彩を持つ星虹の煌めきがラエリエル・グローレルの肉体を蝕む……!! ラエリエル・グローレルは軽傷を負った! ラエリエル・グローレルの敵の腕を狙った遠隔攻撃!ラエリエル・グローレルはラエリエルの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。 虚ろなる天の女神はラエリエル・グローレルを星々の世界に打ち放った!無限の色彩を持つ星虹の煌めきがラエリエル・グローレルの肉体を蝕む……!! ラエリエル・グローレルは重傷を負ってしまった! 戦いの果て、ラエリエル・グローレル達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてラエリエル・グローレルは、 重傷を負いながらも(A)、 有効な活躍をした(B)! -- ラエリエル 2020-02-22 (土) 22:39:09
      • あーあ……ただ森を守りに来ただけだと言うのに、遂に本物の神とまで退治する羽目になるなんて、私は運気があるのかないのか、分かりませんわね(先の魔神までは恐怖こそあれ、乗り越えられるという気概はあった しかしこれはもはや諦めの境地)
        (かと言って何もせずに投げ出したりはしない 自らの顔を張り気合を入れ直し)私達の森に手ぇ出そうってんなら、ケツから指突っ込んで奥歯ガタガタ言わせますわよッ!!!害悪(Toxic)女神がッッッッッ!!!1!いつもの調子(ブチギレモード)で神にすら居直る これでもはや、死んだとしてもそれは結果だ)
        (もはや出し惜しむ必要は一切ない エメスのクレイゴーレムを起点に樹々を生成する 決戦用に持ち込まれたゴーレムが次々に土壌を形成し、木は林に、林は森に、森は樹海にへと変貌していく)
        これが私、これがエルフ、これが森に生きるもの、ですわっ!!(女神の如き強大なる物に、無数の命の集合体たる森から一つの命を探すなど砂山から砂金の粒を探すようなもの ここに来てもゲリラ殺法は健在)
        (星の光が更に伸びゆく樹々を打ち払うがラエリエルには届かない その隙を縫い)足元がお留守ですわよッ!!(サリオンの真銀の矢を複数番え、一気に放つ 数少ない手持ちも尽きた だが構わない)
        (果たして真銀の矢は女神の御足を貫き天から引きずり降ろさんとする しかしまだまだそれには足りぬ)
        (矢の一撃に反応したのか、女神の意識は森へ強く向く 放たれた星の光が森ごとラエリエルを貫くが、傷は浅い だが森の樹々は大きく薙ぎ払われた)次は持ちませんわね、これ(大きく息を吐く それでも森の守りが生きている なら出来ることはいくらでも)
        (更に光を堕とさんとする女神の腕めがけ)密林の地獄、味わっていくと良いですわ!!(強くしならせた竹を放つ その先には鋭く切った竹の棘を固めたパンジのペンデュラム おまけに様々なキノコの毒を塗りつけたゲリラ殺法の極み)
        (当たりは浅く、毒を僅かに含ませるのが限度だった そして振り下ろされる腕から放たれる再度の光の雨)ぐ、うぅぅぅぅぅっ!!!(森の守りは剥がれ、毒の害は薄い ――それでも全てを尽くした甲斐あってか、神域の奇跡を前に命を保った)
        私達は、もはや神の庇護など不要なのですわ……!!(決別の意を口にした 神話は終わり、伝説は過ぎ、今あるのはヒトの意思の世界) -- ラエリエル 2020-02-22 (土) 23:09:12
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてセピア白備え達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ―― 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! セピア白備えの敵の踵を狙った遠隔攻撃!  虚ろなる天の女神に手傷を負わせた。 虚ろなる天の女神はセピア白備えを陽光司る右手で薙ぎ払った! セピア白備えは重傷を負ってしまった! セピア白備えの敵の踵を狙った遠隔攻撃!セピア白備えはセピア白備えの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!飛来する彗星が凶運を齎す……!! セピア白備えは軽傷を負った! 戦いの果て、セピア白備え達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてセピア白備えは、 重傷を負いながらも(A)、 地味ながら有効な戦果を挙げた(D)! -- 白剣士 2020-02-22 (土) 22:49:59
      • セピア白備えはセピア白備えの支援を受けた!
        一瞬、私がもう1人いた気がする。これが噂の斑の迷宮名物Doppelgängerか! -- 白剣士 2020-02-22 (土) 22:53:08
      • (彗星攻撃に対して数体がかりで結界を張りダメージを軽減したり、牽制の攻撃咒文を放ったり。2人の歪のサポートに徹する) -- 白いローブを着た怪人たち 2020-02-22 (土) 23:57:06
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてノイ達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ―― 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! ノイの敵の脚部を狙った必殺攻撃!ノイはイスナの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。 虚ろなる天の女神はノイを夜闇司る左手で薙ぎ払った! ノイは大きな傷を負った! ノイの敵の首を狙った陽動攻撃!ノイはアズレートの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に軽傷を負わせた。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!天球が停止し、止まった時間の中で女神だけが自在に攻撃を放つ! ノイは重傷を負ってしまった! 戦いの果て、ノイ達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてノイは、 幾度も重傷を負いながらも(B)、 地味ながら有効な戦果を挙げた(D)! -- ノイ 2020-02-22 (土) 22:50:30
      • 伝説の『時間停止(ストップ)』が遣えるなんて!!っていうか、停められた間に攻撃とか躱しようがないよっ!?
        よく生き残れたなー…… -- ノイ 2020-02-22 (土) 22:55:49
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてメロリータ達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ―― 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! メロリータの敵の腕を狙った陽動攻撃!  虚ろなる天の女神に重傷を負わせた。 虚ろなる天の女神はメロリータを陽光司る右手で薙ぎ払った! メロリータは重傷を負ってしまった! メロリータの敵の腕を狙った近接攻撃!  虚ろなる天の女神に痛烈な一撃を見舞った。 虚ろなる天の女神は天の運行を支配した!天球が高速で巡り、場の時間が加速する……!!女神の放つ全ての攻撃が高速化した! メロリータは致命傷を負ってしまった! 戦いの果て、メロリータ達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてメロリータは、 およそ死にかけながらも(D)、 優れた活躍をした(A)! -- メロリータ 2020-02-22 (土) 22:57:49
      • 最後の最後でメロのお肌にあとが残るほどの傷をつけるなんてメロまじ鬼になりそうなんですけどー!
        げっほっ!しぬ!死んじゃうんですけどー!誰か蘇生魔法!蘇生してー!…あ、メロできんじゃーん!死ななきゃ安いけど痛いのはもう嫌だし!これで最後にするんですけどー! -- メロリータ 2020-02-22 (土) 23:07:41
    • 数多の色彩が織りなす迷宮の最奥、王居ます玉座の間にてソーディア・ドミナ達は最後の敵と対峙する。 白き玉座の間が、無数の色彩に照らされている。 頭上を見上げれば、太陽輝く青空が、暮れなずむ夕日が、夜闇の星空が、燃えるような朝焼けが――偽りの天球を斑に染めあげている。 古の天の女神は、名を抹消され、権能を摺り減らされてなお、強大な力と執念を以て秘宝に迫る。 秘宝の奪還を、神による支配の再来を許してはならない。今ここで彼女を止めることが出来るのは、君たちだけだ―― 虚ろなる天の女神との戦闘を開始! ソーディア・ドミナの敵の首を狙った必殺攻撃!ソーディア・ドミナは幼精さんの支援を受けた! 虚ろなる天の女神に致命傷を与えた。 虚ろなる天の女神は女神の権能を発動した!凄絶な死の運命がソーディア・ドミナに這い寄ってゆく…… ソーディア・ドミナは大きな傷を負った! ソーディア・ドミナの敵の腕を狙った遠隔攻撃!  虚ろなる天の女神に致命傷を与えた。 虚ろなる天の女神はソーディア・ドミナを陽光司る右手で薙ぎ払った! ソーディア・ドミナは大きな傷を負った! 戦いの果て、ソーディア・ドミナ達は虚ろなる天の女神を打倒した! この戦いにおいてソーディア・ドミナは、 大きな傷は受けたが(AA)、 空前絶後の活躍をした(S)! -- 2020-02-23 (日) 02:30:53

Last-modified: 2020-02-23 Sun 02:30:53 JST (34d)