名簿/335855

  • (何も言わず、ただパサリと花束を投げて立ち去った) -- レオノーラ? 2009-08-14 (金) 12:43:18
  • 大 -- 2009-08-12 (水) 21:16:50
  • 判 -- 2009-08-12 (水) 21:16:39
  • 焼 -- 2009-08-12 (水) 21:16:26
  • …そういえば機械だったなら見るまでもなく元気よね、故障でもしない限り。元気そうなら安心したわ( -- レオノーラ? 2009-08-04 (火) 00:20:08
    • うん 状況 も 様々 に 動いた けど 僕 は 元気 です 戦闘参加 も 最近 は 少ない -- ジロー 2009-08-04 (火) 00:21:58
      • 見る限り外部損傷系もなさげね…まぁ私は機械の医者ではないんだけど(苦笑しながら)
        …あら、そういえば何時も一緒にいた、あの変にテンション高いのに礼儀正しい眼帯つけた男とかはどうしたのかしら。 -- レオノーラ? 2009-08-04 (火) 00:27:45
      • 強力 な 敵 サーヴァント と 相討ち に なった よ 有効 な 散り方 だった(極めて冷徹に返す) -- ジロー 2009-08-04 (火) 00:31:47
      • …そう、それは惜しい相方をなくしたわね〜…英霊だと死ってよりなんなのかわかんないけど。
        それじゃぁあなたも今は聖杯は…諦めたの? -- レオノーラ? 2009-08-04 (火) 00:47:18
      • 諦め は しない さ 存在理由 でも ある 約束 も ある
        まだ 手札 も ある 勝負 は これから と 言う の だろう?(不敵に笑った…ような気がした) -- ジロー 2009-08-04 (火) 00:54:44
      • …ふぅん、そこまで腑抜けてるわけでもないってことね、安心したわ(髪をかきあげ)
        ま、今日はその確認と元気かどうかの様子見だけよ、あぁ…長いこと留守にしてごめんなさいね?じゃ、今日は帰るわ。 -- レオノーラ? 2009-08-04 (火) 01:03:06
      • いっそ地球をまっまっまっまっまっぷたつー、とかどうでやんす(機械の柱をいくつも立てながら) -- ラック? 2009-08-04 (火) 02:05:07
      • 「物騒な話をしているな。ここが実は惑星エデンとかエンドレスイリュージョンとかカラミティゴーダースとかだったら地球は犬死にじゃないか」
        「(ラックを見て)レースクイーンにしてはすこしばかりスレンダーか。ジローのピットクルーと見たが」「差し支えなければ、次もよろしくとジローに伝えてほしい」
        (発言のたびにみっつの頭が120°回転、ギミックを再現する奇怪な甲冑) -- ケイオスウェイスト 2009-08-04 (火) 04:13:29
      • この場合我々の星の仮称=地球ってことで!や、実際そんなことしないのでやんすけどね
        機械油臭いしダボダボ服にベルトまみれで、あたしがレースクイーンになるにはちと華が無さすぎでやんすね、あは
        はい、承ったでやんす。……なんだか面白い動きをする鎧でやんすね… -- ラック? 2009-08-04 (火) 04:19:42
  • (依頼からの帰途、分離した状態で)酒場界隈にも、むかしはボーパルバニーが何匹かいたそうだが。今ではとんと見ないな
    ところで俺は換えのきくパーツに過ぎないが、ジローは1点もののようだ(普通は逆だ、なにか諧謔を感じたのかフッと笑みの気配が漏れる)
    同時に倒れたらどうしようもないが、もし俺だけが生き延びた場合、なにかできることがあれば聞いておこう -- ケイオスウェイスト 2009-08-02 (日) 00:12:11
    • うん 僕 の 総体 と して は ひとつ しか ない が 部分 の 交換 は きく が(がしょんがしょん、鉄の足音が二人分)
      きっと バニー も 替え が きかない の だ(一人納得する)
      じゃあ その 時 は 機能停止 した 僕 に 変形コード を 発令/移動 して ほしい ラック の 元 に 戻れば 再起動 が 可能 だ と 思う から
      臨時 管理者権限 を 作成 する 登録名 は? -- ジロー 2009-08-02 (日) 10:20:05
      • 了解した。まあ、狙って同行できるわけでもないから願掛け程度に考えてくれ。ラック(整備用の棚、と誤認したようだ)に戻るにはラック(幸運)が必要ということで
        では、登録名はウェイストとしておこう。無駄とか浪費とかいう意味で、いまのところ最も俺を正確に形容している単語だ -- ケイオスウェイスト 2009-08-03 (月) 04:22:01
      • 理解 する ウェイスト は 費用対効果 が 悪い の か(音声による簡易登録が済む 緊急時には変形コードの発令および搭乗が可能になった、貴方に「騎乗」スキルが有れば操作も可能だ)
        ラック ラック ?言葉 の 繰り返し に 韻 を 踏む と 洒落 に なる と いう もの だ な(洒落が通じないのはそのまま機能的な不備が大きいためだ、貴方の言葉から学習し似た単語を関連付ける) -- ジロー 2009-08-03 (月) 06:51:11
  • (他の世界から漂着したものか? 斜面をからからと転がる円盤状の記録媒体と、それを追って転落してくる異形の甲冑。途中で合体機構のロックが解けて分解する)
    「おっと、ついついがらくた漁りに夢中になってしまった」「このあたりは、こないだゴル教TVでやってた『ドキュメント・聖杯戦争』のロケ地だな」
    「俺たちのような危険依頼専門の出オチ設定冒険者と同行するからには、さぞやキマったやつか自殺志願者だろうが…さて(ディスクを拾い上げてあたりを見渡す)」 -- ケイオスウェイスト 2009-07-30 (木) 02:52:50
    • LA 〜 LA 〜 RA RA ♪(貴方が転げた丘を二つ越えた上で足をぶらぶらさせつつ歌って?いる機械歩兵)
      あ いらっしゃい ここ は がらくた山 です(幾らかがらくたを崩した足音に反応してか首を回して貴方を見つける 世が世なら物語の始まりを告げる出会いの場面だが残念ながら対象は少女ではない)
      三頭重歩兵 と 推察 さっき 来た 甲冑の人 と は また 違う ?(しげしげと眺めている) -- ジロー 2009-07-30 (木) 21:23:50
      • (唄う機械人を一瞥、特に敵意なしと踏んで三人に分割された体の再結合にとりかかる。瞬間分離と異なり時間がいるようだ)
        「このあたりの住人か、ジロー・データという者を探してるんだ」「たぶん無鉄砲な若い男だと思うが知らないか」
        「(ぶっちがいにブーツを履くようにして三人分の下半身をロック。三面六臂の中間形態で丘を登り出す)」 -- ケイオスウェイスト 2009-07-30 (木) 22:27:17
      • ジロー ジロー は 僕 の 名 だ 対象 を 多可動肢懸架砲台相当品(アーマゲドン形態) と 見識修正
        確か に 鉄砲 は 無いし 若い な(上から覗き込むようにその動きを観察 自分以外に「変形」するモノを見たの初めてなのだ、興味深い) -- ジロー 2009-07-30 (木) 22:34:59
      • 「機械の冒険者か? 最近はとんと見なかったが(超小型のデバステーターのように這いつくばって丘を登りきると、腕四本を畳んで人心地をつける)」
        「俺は人間の冒険者でケイオスウェイストと呼ばれてる。変形がめずらしいのかな? ではこれを進呈しよう(先ほどの円盤を手渡す、ジローの種族と異なる系統樹をたどった鉄の鳥のダンス)」
        「今月、巨大トカゲに襲われたろう? お前さんにとっては移動中の障害物を除去しただけのことかも知れないが、どうも俺もすぐ近くで戦っていたようなのだ。それで挨拶に来た」 -- ケイオスウェイスト 2009-07-30 (木) 23:22:05
      • 人間 人間 に も 変形 できる 者 が …… ?(爛々と輝くフォグランプ 自己と望む自己の共通性、それは大きな道しるべだ)
        うん 機械 で 人間 に なりたい ジロー だ(光/磁気記録媒体であろうか?「再生」「投射」は出来ずとも「読み取り」は出来る 側頭部から走査線が波に走って内容を「鑑賞」 超時空の果ての記録映像を垣間見る)
        貰って いい の か ?!遺跡分類・「グラゥセヴェスト」 で 該当 する 記録 に 近しい もの を 見たこと が ある(大まかにはラブストーリーと言われるらしい映像群の中にはその変形機構を持つ機体も舞っていた)
        あ うん 結構 でっかかった から 大変 だった けど 君 が 減らして おいて くれた の か ありがとう(依頼書を確認、確かに名前がある相手にがしょんと腰?を折り挨拶 人型の怪物とは見てもらえそうに無い異形二人) -- ジロー 2009-07-30 (木) 23:44:32
      • 「俺たちは人間の限界を超えたいと望み、機械のお前さんは脆く儚い人間になりたいと望む。これは両想いか、すれ違いかな?」
        「このあたりには、その映像みたいに高く速く飛ぶものはそんなに多くは見られないようだが…しばらく前、この山のあたりでそれはみごとな飛行機雲を見たな。何があったのやら」
        「ああ、それでは俺はこのへんで。運があればまた組むかも知れんが、それまでに人間のことをもっとわかるようになれるといいな//」 -- ケイオスウェイスト 2009-07-31 (金) 00:12:07
      • 人 に は それぞれ 違う 望み が ある と 聞いた 別個体 なら 競合 も 対立 も 有り得る と(首?を折り応える、詩的な表現には疎い) -- ジロー 2009-07-31 (金) 00:20:48
      • …… 高く 飛ぶ の は 気持ち が 良い と 僕 の 友 も 言っていた から
        それ を 夢 に する 人 も 居る の かな(独り言のように呟いて)
        うん 人 に なる ため に は 望む だけ で なく 望み を 知る こと も 重要 と 学んだ またね ケイオスウェイスト(がしょがしょ手を振っていた) -- ジロー 2009-07-31 (金) 00:24:42
  • (他マスターの気配を感じて瘴気をまとったそれが現れる) -- 災厄騎士 2009-07-29 (水) 12:46:53
    • おや どなた です か ?(サーヴァントの存在は感じられない、間違いなく一人?だ)
      えっと ここ は がらくた山 です(瘴気を検値してはいるがその正体は掴めない…まずは挨拶から入る礼儀正しい機械歩兵)// -- ジロー 2009-07-29 (水) 13:06:35
      • (がらんどうの眼窩に深紅の眼光が灯り、それを見つめる) -- 災厄騎士 2009-07-29 (水) 13:27:39
      • あ はい はじめまして(頭部?フォグランプを緑に光らせて返礼 光通信だ!)
        むう …… ラック ラック の お知りあい か も ……?(きょろきょろと探す) -- ジロー 2009-07-29 (水) 13:30:43
      • (相手が機会の身体ゆえか、屠るべき相手かどうか測りかねているようだ。剣呑な雰囲気を漂わせたまま様子を見ている) -- 災厄騎士 2009-07-29 (水) 13:39:52
      • 居ない …… 僕 ジロー あなた は 誰 ですか(もう一度聞く、敵意は感じられないが 不要として排出される魔力は膨れ上がる) -- ジロー 2009-07-29 (水) 13:48:52
      • (すでに理性などないそれは応えず、ただそれを見つめ続ける)
        (だが、その膨れ上がる魔力を感知し、強者であると判断したのか、深紅の眼光にわずかばかりの狂喜と殺意の光が宿る) -- 災厄騎士 2009-07-29 (水) 13:52:45
      • 誰か へ の 客 でも ない 呼びかけ に も 答えず(呼応する、がらくたの山は敵意…他者を切り「捨てる」意思に敏感だ ざわざわと蠢く)
        と なると 敵対者 か ?(静かに構える 高台から空いたドラム缶の落下音 それが合図だった) -- ジロー 2009-07-29 (水) 14:24:26
      • おおおおおおおおおおおおおお!
        (狂喜を孕んだ雄叫びを上げ、それは疾駆する。僅かの間もなく距離はつまり、長剣の煌きが横薙ぎにジローへと迫る) -- 災厄騎士 2009-07-29 (水) 14:30:46
      • 戦闘 行動 を 確認(システム切替、敵対者は近接格闘術に長けた剣士!しかし現在こちらに取れる手段は一つ)
        フェイズ0-6-4 エンカウント(いびつな人型が徒手空拳の最大効率を図る 正味重量120tのボディを支える、陸鳥の脚が変じた腕部が刃を立たせまいと打点をズラしつつ刀身と十字に交差する)
        迎撃 開始(防御の成否その如何に関わらず、もう一方の腕が襟首に迫る)// -- ジロー 2009-07-29 (水) 16:28:47
      • (受けられたと見るや否やすぐさまバックステップで身を引き、距離をとる。相手の高い防御力を本能的に察知し、インレンジでの戦闘は不利と判断したのだろう)
        ……くくく、ふは、フハハハハハハ!(哄笑をあげて実体化を解き、消えた。とりあえず、敵としてジローを認識したようだ) -- 災厄騎士 2009-07-29 (水) 17:55:27
      • 検知 err 26 ……(四本爪が虚空を掴み、霞のように消えた騎士をその特性から「サーヴァント」或いは「レイス」類と推測する 一切の物理的干渉と引き換えに霊圧も消せるのであれば前者だろうとアタリをつけて)
        走査(一帯を見回し行方を追う、笑い声が木霊す産廃の山 一見して「生き残りの人類を潰して回る無人兵器」のような趣がある 尤もここに生者など居はしないが) -- ジロー 2009-07-29 (水) 18:17:29
  • 試供品」と記された輪が届いた
    空間転移ゲートの一種らしく危険はなさそうだ、魔術に明るくなくても簡単に起動できるだろう -- 2009-07-29 (水) 02:54:56
    • わー(テキトーに操作してゲートを抜けるマシンソルジャー) -- ジロー 2009-07-29 (水) 18:55:02
      • わー ? (ゲートを抜けたら我が家だったマシンソルジャー) -- ジロー 2009-07-29 (水) 18:56:26
  • (性別変換薬が撒かれた!) -- 2009-07-27 (月) 19:11:51
    • //鉄、鉄の性別ってなんだ ああ性名詞(辞書を引く中野さん)…中性じゃねえかクソァ! -- 2009-07-27 (月) 19:25:38
  • 大 -- 2009-07-24 (金) 22:35:34
  • 空 -- 2009-07-24 (金) 22:35:23
  • 寺 -- 2009-07-24 (金) 22:35:13
  • ザビーネさんいるー?(一通りがらくたを漁ったあと声をかける) -- ミリー 2009-07-16 (木) 21:11:37
    • ん?呼んだかね?(拠点の入り口を開けて出てくる)ミリーか、最近は死の商人として頑張っていると聞いたが元気かね? -- ザビーネ 2009-07-16 (木) 21:35:56
      • な、誰がそんなことを!? 冗談きっついよザビーネさん。安全のために作ってるだけだし、だけだし。
        そうそう、実戦で使ったならあの弾の感想聞きたかったんだケド。 -- ミリー 2009-07-16 (木) 21:45:33
      • メガフラムは安全の為に…とは言えん破壊力な気がするが私の気のせいかね?ドラゴンでも倒すつもりか?
        ああ、悪くは無い…火炎弾は想像通り直接打ち込んでも殺傷力としては期待は出来ないが障害の排除などに関してはかなりの効果があった
        氷結、電気の方はまだ使ってはいないが試し撃ちの結果を見る限りではそう問題も無いだろう
        ところで…弾の量産などは頼めんかな?出来れば100発ずつ -- ザビーネ 2009-07-16 (木) 21:51:47
      • ほ、ほら……あれは鉱山とかで使ってもらったりとか……あと魔力である程度威力調節も出来るし……。(目を逸らす)
        近くの山に火竜がいたら素材欲しいんだケドネェ。舌とか牙とか鱗とか。ん、まぁ効果は上々と。
        あぁ、いいヨォ。ちょうど引っ越して庭に精錬所つくってもらってさ、薬莢も自分で作れるようになったんだよネ。 -- ミリー 2009-07-16 (木) 22:00:35
      • ダイナマイトは元々鉱山での発掘を助ける為の道具だったか…ああいや他意はある、まあ売る相手は選ぶといい
        生憎とドラゴンが居る山は片道20年で人間が一撃で即死する強さだからな…、うむ期待通りには働いてくれた
        ほほうそれはいい、流石は錬金術師…では頼んだ、御代の方はどうすればいい?購入の時に払えば良いのかな? -- ザビーネ 2009-07-16 (木) 22:16:10
      • そうだね、一応売る相手は見て売ってるつもり。爆弾は取り扱いが難しいしネェ……。
        エイプリルとフールさんはいったいいくつだったんだろう……。
        実際大量生産は初めてだから良い経験にもなるしネ。そうだね、持ってきた時に引きかえって形で。 -- ミリー 2009-07-16 (木) 22:25:07
      • 更にはただのフラムではないからな、うっかりで何かあったらミリーとしても信用問題になってしまう
        さてな…まああちらに付いた時には最低でも35歳だが…英雄だったらそれこそヨボヨボ状態で辿り着いたのかも知れない
        ふー…これで弾の出し惜しみをせんで済むな、さて弾の件については済んだと思うが…そういえばミリーは弾以外に何を売っているのかね?メガフラム等もあるとは聞いたが -- ザビーネ 2009-07-16 (木) 22:36:00
      • そゆことだネ。一応身元のしっかりした炭鉱経営者とかには売ったりしてるケド基本は自分で使ってるなァ。
        他にというと傷薬とか護符とか食品とかかな……。あとは魔力の結晶とか大気中の魔力の取り込み出来るようになる装置とかかな。 -- ミリー 2009-07-16 (木) 22:56:05
      • (恐ろしいモノを見る顔で)自分で使ってるのはきっとテラフラムとかなんだわ…鉱脈探索でうっかり洞窟を吹き飛ばしちゃって無かったとか報告するんだわ…
        ふむ…正直に言うと魔力云々に関しては疎いのでな、食品に関して興味がある
        あれかね、やはり鍋で煮込んで何故かチーズケーキが出来たりするのか? -- ザビーネ 2009-07-16 (木) 23:06:16
      • テラフラムはまだ作ってないから大丈夫! 大丈夫! ギガフラムも理論上はなだけだから!
        いいえ、普通にチーズケーキを作ります。錬金術とか関係なしにネェ。
        店には並べてないケド言われれば作るよ。 -- ミリー 2009-07-16 (木) 23:36:33
      • 科学者とかは理論上出来ると分かったら作ると聞いた!まあ調合失敗だけはせんようにな?野宿は辛いぞ
        む、そうか…錬金術で作るものとばかり思っていたから少し期待していたのだが…食べられるのならそれでいいか、では食べたいと思ったら頼みに行こう
        傷薬にも少々心揺れるが私の体に傷薬は効くのだろうか、魔力の結晶とやらは人間が食べれたりはするのかね? -- ザビーネ 2009-07-16 (木) 23:42:07
      • いやー……作らない作らない、危ないし。(目を逸らす)
        鍋でチーズケーキが出来るだなんてそんな最先端は無いわ。あたしの後輩ぐらいから出来る人はいるかもしれないケド。(中の人はマリーしかやってません!)
        どうだろう? 普通の人なら効くんじゃないかな? 魔力の結晶は外部充電というか……。
        魔力が足りなくなった時の緊急回復用かな。食べたりはしません。 -- ミリー 2009-07-16 (木) 23:51:39
      • (疑惑しか篭ってないウサ美ちゃんのような目でミリーを見つめる)
        ふーむ、古いタイプだと牛乳から油は絞れてもケーキは無理だったか(頷くマナケミア及びアルトネリコも網羅している頭のおかしな眼帯男)
        ぬう、普通ならか…昔は普通だったのだが今はちと違うらしくて魔力で体が出来ているらしくてな、では傷薬は諦めて魔力の結晶を今度買いに行こう
        食べない?ではどうやって体内に入れて充電す…尻か…尻から出る魔法があると聞いたがまさか尻から魔力を補充するとは…! -- ザビーネ 2009-07-16 (木) 23:56:53
      • あたしも錬金術に踊らされた被害者の1人ってことさ……。(ファンファンファン)
        だネェ。遠心分離機でぐるんぐるんまわして油とったりはするケド。
        お尻から入れたいなら別に止めないよ。ザビーネさんってたしかお腹ゆるいんでしょ? 栓になるんじゃないかな。
        ……我ながら危ない発言だわ。まぁ使い方は買いに来てくれたときに話すよ。
        弾の話も聞けたし帰るネェ。ばいばーい。(箒に跨りすぽぽぽぽと音を立てながら飛んでいった) -- ミリー 2009-07-17 (金) 00:03:51
      • ん?尻からではないのか?因みに細いと多分栓をしても…もしかして大きいのか…らめええ
        そうだな、買いに行った時に説明を聞くとしようか 他の商品も興味があるし近々行かせて貰おう
        これからも宜しく頼む、ではなミリー…本当に調合は気をつけるように(多分店を吹き飛ばすのだろうなと思いながら飛んでいくミリーを見送った) -- ザビーネ 2009-07-17 (金) 00:11:38
  • ぐー…(何事も無かったようにそばで眠る僕)
    (依頼で死に掛けて魔力がごっそり減ってるのは見ればすぐわかるかもしれない) -- ライダー 2009-07-15 (水) 19:26:31
    • ラズ君 …… 大変 だった の だろう か ?(作り置きのサンドイッチで腹部観念的実存率燃焼機関・無限動輪が一回転)
      危ない こと は しない と 言って いた の に(発生した魔力は貴方に流れ込み、存在を補強する 何事があったにせよ、今此処に無事で居るならそれが一番良い 隣に座り込み、皆が来るのを待った) -- ジロー 2009-07-15 (水) 19:40:03
      • (かなり汗を掻いている様子で部屋に入ってくる)む…母上が大変だと聞いたので全力で帰ってきたのだが…
        大丈夫…なのか?(そのままだと風邪を引くのでタオルを濡らして自分の体を拭き始める) -- ザビーネ 2009-07-15 (水) 21:01:31
      • うん 多分 大丈夫 安定 してる(頭を上げると顔のランプが緑に光る)
        眠る の に も 体力 が 必要 と 聞いた から -- ジロー 2009-07-15 (水) 21:24:39
      • ん…おはようー……ありがとじろー…(目を擦りつつおきる僕)
        失敗しちゃった…えへへ…あうあうー寝たらおなかすいた!おにくたべたいおにく!! -- ライダー 2009-07-16 (木) 15:17:43
      • ぬおっ!?母上が真・母上になった!?ああこれならば違和感が無い…
        では…ふむ…大量の豚のソーキと400gステーキでも回復祝いに作るとするかな(巨大な鍋を用意して準備を始めだす) -- ザビーネ 2009-07-16 (木) 21:05:07
      • おはよう ラズ君 ザビーネ も 帰って きて いる よ(グポーンと目を光らせて鍋を注視する)
        あう あう 言って いる 言語 意図 不明 お腹 が すく と あう あう な の か ? -- ジロー 2009-07-16 (木) 21:13:13
  • ……あ、この間の人間になりたかったのー!(ジローの姿を見つけてぱたぱた走り寄る)
    こんなガラクタの山の中で何をしているの? -- ブランシュ 2009-07-15 (水) 00:37:57
    • あ 文士 ジャナイ さん だ また 会った(手に持っているのは操り人形、がらくたの山から拾ったらしく薄汚れている)
      えっと ね 今 は 探し物 を して いた よ
      でも 違う もの を 見つけて 考えて いた(まじまじと人形を見つめた後、貴方にも見えるよう差し出してみる)
      // -- ジロー 2009-07-15 (水) 01:03:26
      • ……ああ、そういえば名前教えてなかったのよね 私の名前はブランシュネージュね……(よろしく、と綺麗な仕草でお辞儀をして 顔を上げると操り人形に気がついて)
        ……あら、お人形?(じーっと見つめながら) 探し物……ね 何を探してたの?手伝ってあげてもいいわ
        ……ふぅん、そうなの……何を考えていたの?(興味深そうに人形を見ながら聞いて)
        //ごめんなさーい どの//かわからなくて……申し訳ないです -- ブランシュ 2009-07-16 (木) 00:17:44
      • ブランシュネージュ 記録 する(機械兵士のデータベースにあなたの情報が記録される…これからは名前つきで)
        僕 は ジロー と いう 名前 です 探して いた の は Te-ssH鋼 の 20 ミリ 角片(修理に使うものだ、本当に大したものでは無いらしく興味は人形に移っている)
        (人形の両手を持ち広げさせてみる)この 者 も 多分 人 に 作られた でも 形 が 人 な だけ で 喋らない -- ジロー 2009-07-16 (木) 00:31:36
      • //平たく言うとこの辺からスーパー睡眠タイムです、文通になりもうしわけない -- 2009-07-16 (木) 00:47:49
  • 気がつけば夏だというのにタイツ(ストッキング)を穿いていた(要らないなら脱いでね) -- 2009-07-14 (火) 17:12:52
    • サーニャ? -- ザビーネ 2009-07-14 (火) 17:14:43
      • サニャ…… -- ジロー 2009-07-14 (火) 19:52:18
  • (血塗れになった衣服をゴミ袋に入れて捨てるとシャワーを浴びて体を綺麗にする、多くの傷はあるものの何故か大分治っている)
    (新しい黒のジャージを着て冷蔵庫に入れておいたビールを飲めば一息付いてソファーに座る)…そろそろ休むか、色々あったしな… -- ライダー 2009-07-14 (火) 01:46:45
    • (限界だったのだろう、度重なるスキル使用により腹部観念的実存率燃焼機関・無限動輪が停止し待機形態へ移行している) -- ジロー(格納) 2009-07-14 (火) 01:54:29
      • …苦労をかけたな(最後の力を振り絞って沢山の色々な具の入ったおにぎりをジローの前に大きな皿で置いて)
        お休みジロー、さて私も…ぐふう…(ゾンビの様にのろのろと寝室へ行き倒れこむように寝込んだ) -- ザビーネ 2009-07-14 (火) 01:57:23
      • ………………(何故かシルエットで現れている)
        (床を足でタンタン鳴らすと、どこからともなく出現した無数のアームが待機形態のジローを掴み、ぽっかりと開いた闇の中へ引き込んだ)
        (自分も何時の間にか消える)
        (暫くして、新品同様に修理された待機形態ジローが元あった場所に戻された)
        …………はぁ〜あ、でやんす(普通に現れて、おにぎりが乾かないよう丁寧にラップしてから戻っていった) -- ラック? 2009-07-14 (火) 03:11:55
      • 毎度毎度迷惑をかける…(綺麗になったジローを満足げに見ながら) -- ザビーネ 2009-07-14 (火) 16:08:29
      • むう ピカピカ …… でも ラック 元気 ない か ?(目を覚ましおにぎりを抉り削りながら自らの体の調子を確かめている) -- ジロー 2009-07-14 (火) 19:53:52
  • ………(クチャ、クチャとガムを噛みながら、ビルの上からそこを眺める)
    アレか。フゥ、ン………(べたり、と顔に肌色のメイクを塗りたくれば、精悍な顔つきに変化する)

    どうも………ジロー、さんはどちらに?(ごく自然に近寄ってくる) -- アーチャー 2009-07-13 (月) 22:27:52
    • \そっち の 隔壁 を 入って 降りて 右 です/
      (瓦礫の下から響く声 がらくたの山は雑然と貴方を迎え入れる) -- ジロー 2009-07-13 (月) 22:34:22
      • ………懐かしいなあこのガラクタの山。(ニ、と少し笑うが、直ぐに顔を戻し山の中に入り込む) -- アーチャー 2009-07-13 (月) 22:40:05
      • あれ そういえば どなた です か ?(貴方が足を踏み入れた先、電燈が途切れ途切れに灯いては消える薄暗い廊下にそれは居た)
        御用件 は なん です か ?(黒く焦げたボディ、頭部と思しき部位に被さった半透明カバーは割れ曲がり白濁している 火薬の知識があれば大規模な爆発を受けたものと判るかもしれない) -- ジロー 2009-07-13 (月) 22:48:17
      • ………?手負い………ですなあ。大丈夫かな?(つかつかと歩み寄り、しげしげとそのボディを眺める)
        おれ、ですか。おれは、ええと………先日、貴方様とお会いした、ミサキ・アレントの………
        アレの、婚約者です。ガルドと呼んでください、フフ……… -- アーチャー 2009-07-13 (月) 22:53:33
      • (最下層にてマンゴーを手馴れた手付きで実を取りマンゴープリンの元として仕上げている最中、ふと出口の方向を振り向く)
        んん…邪気?いや違うな…似ている、似ているぞ…これは狂気か(エプロンを椅子へと投げ捨てると仮面を手に取り顔に着け駆け出す)
        …確か入り口にはジローがうろうろしていたか! -- ライダー 2009-07-13 (月) 22:56:26
      • わ 家族 だ 家族 だ 買い物 帰り の ミサキ の 婚約者 ガルド 記録した(他人のものでも「家族」というファクターは重要だ、特にタグを入念につける)
        うん でも 修理 すれば 治る から 心配 いらない です(がしょんと首を捻る 現在霊圧感知は機能不全、貴方の正体には気付かない) -- ジロー 2009-07-13 (月) 23:01:11
      • フゥン………治るのかぁ。これは大変そうだ、おれにお手伝いさせていただけますか?ン?
        (身体に近づき、頭部らしき場所にそっと触れる)おれは、こう見えて機械に詳しくてね……… -- アーチャー 2009-07-13 (月) 23:05:23
      • 僕 は 僕 の 操作権限者 に しか 修理 を 許さない(触れられると嫌がるように頭を振る)
        それ より 家族 の 話 を 聞かせて くれ ません か ?(ふるふる振っていた首、そのメインカメラを貴方へ向けるように) -- ジロー 2009-07-13 (月) 23:15:21
      • 何故気付かん…!気付けジロー…!気付け…!(全速力で駆けているもののまだジロー達の下へは遠く、焦りを込めた顔で)
        …ええい!間に合え!(ショットランサーを具現化させて完全な戦闘態勢に入り) -- ライダー 2009-07-13 (月) 23:16:32
      • (嫌がられ、おとなしく手を引く)………家族ですか。そうですね………おれには、妹が一人いて………
        これが、傑作なんですよ。フ、フフ………なんでもおれを追いかけて此方に来たんだそうですが、何がどう間違ったか………
        風の噂でね、クッ、ククク………なんでも、通り魔の痴女になりさがったとかで!!
        ヒ、ヒッヒャハハハハハハハ!!!わら、笑えるでしょう!!!ヒヒャ、ヒヒャハハハハハハ!!!
        (堪え切れなかった………そう言わんばかりに狂ったように笑い始める ぴきぴきと顔にヒビが入る) -- アーチャー 2009-07-13 (月) 23:18:44
      • …… ? 喜劇 より は 悲劇 に 分類 される こと だ
        (急に笑い出した貴方にきょとんとする 剥がれ落ちるメイク、自分の顔面以外にそんなものを見たのは始めてだ 動きが止まる) -- ジロー 2009-07-13 (月) 23:25:40
      • ホワッヒャッヒャッヒャッヒャァァァァッヒャッハァァァ!!!(笑えば笑うほどに、肌色のメイクの下、醜悪な笑顔が姿を現す)
        我慢できないお仕事だな。(ぴたりと笑いをやめた、それと同時に―――機械の頭に突きつけられたのはショットガンだった) -- アーチャー 2009-07-13 (月) 23:31:39
      • (速度を落とさないままに眼前の扉をショットランサーを射出し粉砕、一気にアーチャーとジローの居る廊下へと現れる)
        何をしているジロー!そいつは…!そいつはサーヴァント!早く引け!…それもただのサーヴァントではない…!
        私と同種だ!クラスではなくな…!(そのままショットランサーをレイズへと向けマシンキャノンを撃とうとする) -- ライダー 2009-07-13 (月) 23:31:12
      • 理解 する 敵性 サーヴァント と 判断(警告はショットガンの出現と同時、凍り付く世界 その砲身を握り潰さんと戦闘機動に入った右腕が―) -- ジロー 2009-07-13 (月) 23:36:14
      • (ショットガンの引き金を引き、銃弾が発射されたかどうかも確認せぬまま、すぐさまショットガンから手を離す そのまま流れる動きでコートの中から両手に取り出したのは、またもショットガン)
        (この動作に、まばたき一回分の時間がかかったかどうか―――それぞれの銃を機械の頭と乱入した男のキャノンに向け、引き金を再度引く)
        敵性?おれが?いやいや、おれは―――どっちでもないぜ。ン? -- アーチャー 2009-07-13 (月) 23:42:44
      • 敵対 行動 と 認――(そこで発声機構が打ち抜かれた、散弾とは言え至近距離、加えて装甲が先日の爆発で大分破壊されている!)
        (無言で掴んだ銃身は既に敵の手から離された後だしかし掴んだまま大振りに殴り付けたところで追撃の発砲が来る 今度はフォグランプと映像検出器が割れ機能不全に 熱赤外線探知に切り替わる視界 細かい動作を追うのは厳しい) -- ジロー 2009-07-13 (月) 23:49:39
      • (刹那の時間の中の相手の行動に驚愕をしつつも冷静にマシンキャノン以外のトリガーを引く、貫通性が高いそれをショットガンの弾を弾き飛ばす為に、武器を落とされない為に発射し…僅かに掠った弾を気にもせずに再度ショットランサーを発射する、狙うはレイズの頭の上の脆い天井)
        確かに無かろうな…何せ誰もかも始末する対象でしか無い!(一瞬レイズの様な笑顔を仮面の下で見せた) -- ライダー 2009-07-13 (月) 23:49:55
      • ほう、おれをご理解いただけるとは随分ご真っ当(・・・・)な頭をお持ちだな、ンン?
        その通り、おれは何事にも平等で、中庸さ。だが、そうだな。しいて言うなら。ええと………
        (ショットランサーの一発目が散弾を弾き、こちらに向かってくるのを、人ごみを避けるようにひょい、と肩をずらして避ける)アレだ。
        国一つ燃え上がるのが好きな、そう言う感じの男だよ。(二発目が頭上の天井を破壊する―――あたりで、ぽい、とコートから何の気なしにジローに何かを投げた 着弾式の手榴弾だ)
        ………ク、クク。生き埋めってのは地味で嫌いナンだよなァ、リアクションが見れない。(そのまま、瓦礫と土煙に埋もれて姿が消える) -- アーチャー 2009-07-14 (火) 00:03:24
      • (一本目のショットガンは空振りしたらしい 榴弾を迎撃、拳を振りぬき天井へ跳ね上げるベクトルへ転化される爆発)
        (薄暗い廊下へ円形に差し込む光 被害程度は小爆発によるものが多少増え、頭部機能が幾らか 加えて脱出に使われたであろう竪穴が一つだ)
        (ザビーネのほうを向き、新たな敵の出現へ意見を求めるように首を傾げる) -- ジロー 2009-07-14 (火) 00:08:44
      • そっくりそのまま…ついでに人生楽しそうで何よりと言って置こう!(狂気を抱える頭だからこそ理解する相手の混沌、確かに中庸とすら言えると思い)
        チッ早いな…!(二発目の意図すら気付かれているであろう事を知ると舌打ち)そしてこういう場合は…我が友もやってきたな!
        (半ば予想通りの手榴弾、しかしジローの行動に満足げに頷き)ジロー!こちらに飛べ!…途中私を巻き込むぐらいの勢いでだ!(このままでは手榴弾が来ると判断して) -- ライダー 2009-07-14 (火) 00:11:36
      • (ごろんごろんと前転でザビーネの方へ移動、センサーがだいぶやられているためかなり大雑把な動きだ) -- ジロー 2009-07-14 (火) 00:16:29
      • (………瓦礫の中からは何ら反応が無い 既にその身は消えうせているようだ―――と、その瓦礫の下から笑い声がする)
        HA HA HA HA HA HA HA HA HA HA HA HA HA HA HA HA
        (無機質な、録音音声だ………どうやら、笑い袋だけを残して行ったらしい) -- 2009-07-14 (火) 00:20:09
      • (ジローのその行動に若干噴出した後土煙を暫し見つめて)…退散したか、…!?(笑い声に反応しそこにマシンキャノンを撃って)チッ!玩具か!
        道化師、いやあれは…面倒な相手が出たな、損も得も脊髄反射で判断し何もかもを平等に破壊する花火好きが
        …大丈夫かねジロー?もう敵は居らんが…調子は如何かな?(食欲はあるかと自分のお気に入りのチョコバーを差し出す) -- ライダー 2009-07-14 (火) 00:24:20
      • (がぅんと消える菓子、注がれる魔力 根幹部分は機能しているようだが会話は難しいようだ 身振り手振りでラックを探す旨伝える、頑張って)
        (また知り合いなのか、更には厄介な相手かと質問攻めになるのはまた後の事になりそうだ…) -- ジロー 2009-07-14 (火) 00:27:12
      • (ジローを見て苦笑しながらぽんと手を乗せて思っている事を理解する)承知した、まずは話せるようにラックだな…
        質問の方は話せるようになってからの方が良かろう?今度はキチンと居住区に居る事!良いな!(そのままラックを探しに歩いて行った) -- ライダー 2009-07-14 (火) 00:36:31
      • (怒られてしゅんとするとその後ろをふらふら着いて行った 道中、壁と床に多少の被害が出たとか) -- ジロー 2009-07-14 (火) 00:38:33
  • (がらくた山に移動砲台がやって来た)
    ええっと…誰か居ますかね? -- ウェッジ・ワンド 2009-07-13 (月) 21:24:06
    • はい 何か 御用 です か?(がしょがしょ歩いて出て来る) -- ジロー 2009-07-13 (月) 21:32:45
      • ん?おお確か…ガンタンクだったか?元気にしているかね?(ゴミ山の中に爆弾諸々を埋めつつ) -- ライダー 2009-07-13 (月) 21:32:50
      • どうも ご無沙汰しております
        スラムでの件以来 ご挨拶しようと思ってたのですが なかなか機会が無くて…
        それで今日は季節の挨拶も兼ねてお邪魔させていただきました
        (そういうと移動砲台は綺麗に包装された箱を取り出し ジローたちへ渡す 中身は完熟マンゴー) -- ウェッジ・ワンド 2009-07-13 (月) 21:36:31
      • おや ライダーさん お久しぶりで あと自分はガンタンクじゃありません
        むしろザメルの方が近いです -- ウェッジ・ワンド 2009-07-13 (月) 21:40:57
      • おやこれはご丁寧に、こちらも運んで貰っておきながら後日の礼を忘れていてすまなかった(深々と頭を下げて)
        しかし…貴様等はなんだ?これはただの殺し合いではないのかね、第三者が居るなどと -- ライダー 2009-07-13 (月) 21:41:01
      • そうなのかね、外見を見る限りではガンタンク凝な装備と見受けたが -- ライダー 2009-07-13 (月) 21:42:12
      • 最初 は 違った ここ で 会った だけ だ よ
        季節 は 夏 か ? 暑中 見舞い 申し あげ ます(ザビーネに続いてお辞儀) -- ジロー 2009-07-13 (月) 21:43:16
      • こちらこそ色々と失礼を… えっ? 自分達ですか?
        何だと言われても説明に困りますね…強いて言えば傍観者でしょうか…?
        聖杯戦争には興味があるものの 積極的に手にしようとする気もないという所です -- ウェッジ・ワンド 2009-07-13 (月) 21:43:53
      • ええ 最初に出会ったのもこの辺りでしたね…
        ええ 暑中見舞い申し上げます (挨拶を返した所でジローの損傷に気付く)
        …激しい戦いを繰り返されてるご様子ですね -- ウェッジ・ワンド 2009-07-13 (月) 21:46:42
      • 興味があるだけ…よく分からん連中だな…まあ助けられた手前これ以上聞くつもりも無いが、とりあえず巻き込まれて死んだりはせんようにな
        それにしてもマンゴーとはまた贅沢な土産を、ありがたく頂こう(箱を受け取って礼) -- ライダー 2009-07-13 (月) 21:49:08
      • まあ 分かってくれとは言えた立場じゃありません
        少なくともあなた方の敵ではない…それだけでも十分でしょう
        そこはご心配なく これでも冒険者生活は長いので腕前と逃げ足には多少自信はあるんですよ
        この季節 マンゴーは美味しいですからね レモンをかけてお召し上がりください -- ウェッジ・ワンド 2009-07-13 (月) 21:52:37
      • 興味 関心 戦争 に は 常 に 取り 巻く 者 の 視線 が ある ほぼ 敵 だ -- ジロー 2009-07-13 (月) 21:52:39
      • ええ 戦争には常に様々な者の視線が絡む物です
        それを敵とするか味方とするか…それが戦略というものでしょう
        戦争には戦略が付き物… 違いますでしょうか? -- ウェッジ・ワンド 2009-07-13 (月) 21:55:11
      • そうでもないぞジロー、戦場に居た者としての言葉だが…興味を持っての傍観者というのは中々に利用価値があるものなのだよ
        おっと本人の前で言ってしまった、うーむ…そのままもいいが…これだけ良いマンゴーならマンゴープリンも良いな、安物では仕上がらん味になる -- ライダー 2009-07-13 (月) 21:56:00
      • いえいえ お気になさらず 互いに利害を読み合いながら付き合うのも また戦略です
        まあ…あまりお役に立てるかは分かりませんが
        そうですね マンゴープリンも美味しいですね どうぞ 食べ方はご自由に -- ウェッジ・ワンド 2009-07-13 (月) 21:58:55
      • では 君 は 戦略 を 持って 臨んで いる の か ?中長期的計画 に 沿い 周辺 を うろつく か ?
        ザビーネ 僕 は 利用 する より も 叩き 潰す か 仲間 と したい 浮ついた 者 は 嫌い だ -- ジロー 2009-07-13 (月) 22:02:00
      • ふーむ、ジローも対人に対してはそれなりに学んできたがこういった面ではまだまだ子供か
        0と1だけで世界は成り立ってはおらんよジロー、人となろうとするのならばそこも理解出来るようにならんとな
        では私はこれを冷やしてくる、ついでにマンゴープリンの前準備をしたいしな(マンゴーの入った箱を抱えて降りていった) -- ライダー 2009-07-13 (月) 22:05:59
      • 自分は参加者ではなく傍観者ですからね…
        それに自分の戦略を正直に話す者など あまり居ないのではないでしょうか?
        そうですか… 浮ついてる…確かにそう言われても仕方は無いかもしれませんね -- ウェッジ・ワンド 2009-07-13 (月) 22:07:21
      • 子供 では ない 僕 に 年齢 に よる 分類 は 存在 しない(ぷんすか顔のランプを点滅させながらザビーネの後を追いかけていく 心なしか背も低く見える) -- ジロー 2009-07-13 (月) 22:08:04
      • (階下に下りてゆく二人の背中を見下ろしつつ)
        おや…行ってしまわれましたか
        確かに拒絶されても仕方ない立場ですからね…
        それではまた… 生きていれば また会う事もあるでしょう (そう呟き去って行く) -- ウェッジ・ワンド 2009-07-13 (月) 22:14:14
  • (手を数度叩き、慣句をぶつ講釈師のようにゆったりと歩み寄る赤いドレスの女)
    やぁ……お初にお目にかかる。君を破壊しに来た者だ。 -- セイバー 2009-07-12 (日) 21:10:36
    • まーた物騒なことを……強ち間違っちゃあいねえか。(壁に落書きしながら) -- ファング 2009-07-12 (日) 21:16:23
      • いらっしゃいませ 御代 は 貴方 の 命 です …… だっけ ?(がしょんと首を傾げ「殴り込みをかけた相手」への対応を試みる がらくたの山に立てかけられただけの不安定さを侮ったラクガキ魔に容赦なく倒れこんで来る壁) -- ジロー 2009-07-12 (日) 21:19:20
      • 君に刃以外の何かを与えるつもりはないし命以外に奪うものはない。(腰の長剣を抜き)安心しろとは言えないね。
        ……! 避けろ、ファング!(左手でマスターを突き飛ばし、自身も大きく後ろへ跳ぶ) -- セイバー 2009-07-12 (日) 21:25:00
      • う わ ぁ ! …………なーんちゃって。 (雪崩れ込んだゴミの山は、モーフィング映像のように姿を変える)
        錬成陣も大分描き慣れてきたな……よし。(両手を叩き乾いた音を響かせれば、ジローの前に立ち塞がる鉄巨人)
        さあさ、頼みのサーヴァントはどうした? -- ファング 2009-07-12 (日) 21:28:35
      • 敵対 行動 を 確認 戦闘 管理 権限者 不在 拳技適正 T,D,L,V(貴方たちの行動はそう判断するに充分、速やかに移行する戦技頭脳)
        双手掌(本来であれば脚部、現在は身長に比して余りにも長い碗部と化している二本の鉄棍を垂直に二本 合わせ重ねて突き出すように 張り出す足場を蹴って跳び、巨人の胸に掌底二発!だが重ねた音は一つに聞こえて―) -- ジロー 2009-07-12 (日) 21:38:25
      • ……!? あの機械、武術を扱えるのか! マスタリープログラム……ッ -- セイバー 2009-07-12 (日) 21:45:30
      • ガキィッ!! (胸部装甲はひび割れて、火花と共に破片を散らす。まるで気の早い花火のように)
        バカ力が……何喰って動いてんだよ。 オラッ! 仕返ししてやんなぁっ!(号令に合わせ、紅光を湛える眼部、伸びる腕)
        (ジローの腕に掴み掛かると、掲げた右腕をそのまま振り被り……)セイバー、下がってろ!
        行っけえ! (勢い任せ、側面より叩き付けられる豪腕。さながら暴風) -- ファング 2009-07-12 (日) 21:52:41
      • 憐憫 貴君 埋葬 否定 反魂(端的な言葉、接続詞を全て省いた 「戦闘予測の余力のみで向けられる同情」 物言わぬ機械にそんな感情を抱くこと自体、彼が狂っている証なのかもしれない 重力加速度から更に加速、叩き付けられるままに鋼鉄の山へ埋まり)
        慈悲再殺(その桁外れの重量は運動エネルギーへと変わり爆裂するかのように山を崩す 貴方たちに襲い掛かる飛礫 その中心では腕をしっかりと掴まれたまま大地に足を根付かせる正味重量120tの鉄騎兵!)
        猛虎硬把山(そのまま腕を引き掴み返し重戦車の如き体当たりを見舞う!) -- ジロー 2009-07-12 (日) 22:03:10
      • く……頼むぞ、ファング。(言われるがままに距離を取り)
        ファングのゴーレムは決して弱くなんかない。魔力は潤沢、隅々まで行き渡る力をファングの理知によって振るわれている。
        しかし……相手の使う技は…(飛礫を全て切り払い、舌打ち)大陸拳法……! -- セイバー 2009-07-12 (日) 22:08:11
      • おいおい、カンフーマスターかよありゃあ……。(砲弾の如き突撃で、鉄巨人は無残にもスクラップと化す)
        (元の瓦礫と見紛うほどに、木っ端微塵に山へと降り注いだ 土埃が天高く舞い上がる)
        (辺りは白闇となって、視界をゆっくりと奪い去ってゆく……)
        ……お褒めの言葉ありがとよ。 単純に規格外ってヤツだわ。つええつええ。(振り返って軽く苦笑い)
        なあセイバー、3分でいい。時間を稼げるか? -- ファング 2009-07-12 (日) 22:16:36
      • 重量を効率よく伝えるため、バイオリズムに基づいた重心移動を行う大陸拳法…
        あの重量で使いこなされては歯が立たないだろう。(額を伝う汗を隠さず剣を振り)
        私も一撃浴びれば危ない……(左手をひらひらと振り返し)三分だな。任されたぞ。
        (剣を鞘に戻すと両手両足に赤紫の光芒が集い、漆黒の雷を散らすと破壊の意思に満ちた小手と具足が現れる)
        血肉求め顕現す妖貴の御手、玉響に命踏み砕きし悪夢の脚甲……行くぞ!
        (具足により地面を蹴り、直線状に跳びまわりながら機体を翻弄するように多角形を描いて周囲を動き) -- セイバー 2009-07-12 (日) 22:25:02
      • 還元 微砕 再見(その手の先、少しだけ残った腕の形を投げ捨てるとゆっくり貴方たちへ向く顔…顔?ともかくフォグランプは燃えるような赤)
        反応 検知 照合 SLPM-87375 妖気(検索の間にも跳び回る対手を追うべく踏み出す しかし後手、その速度を捉え切れては居ない!) -- ジロー 2009-07-12 (日) 22:35:58
      • 機械は苦手だよ、視線も感覚もまるで人とは違う……(一人で二つの宝具の魔力を消費し、命を燃やし尽くすように動き続け)
        何より…吸い上げる生命もありはしないッ!(小手を纏う両手を防御に割り切り、低い姿勢から機体へ真っ直ぐ跳ぶ)
        食らえ!!(左手を小手ごと床に刺し入れるとそこを基点に回り、足元へ鋭く水面蹴りを繰り出す) -- セイバー 2009-07-12 (日) 22:45:56
      • 人間 人間 …… 人間 !(貴方の言葉に燃え盛る心 そう、人間ではない その意味を受け止めて、何を思うか?)
        転…(紫電が走る 突き込みの速度に加え、単純に反射が上回り軸足を取る妖魔の重脚 その場で真横に一回転する質量の暴力…しかし)
        跳蹴(主翼が変化したけして長いとは言えない脚が、その一転の間に広がり地に楔を打った貴方へ雪崩れ込むように降り掛かる!) -- ジロー 2009-07-12 (日) 23:01:44
      • 黙れ! お前は人間じゃない!(さらに燃え上がらせるため、さらに強く宝具を振るうため…激情に心を委ね)
        お前も……私も…「似せただけ」だろう…形だけだ、人間じゃないッ!!
        とった!(蹴り足から着地し、相手のダメージを確認しようと顔を向け)な……!?
        (迫る機械――金属製の脚。咄嗟に小手で防御するも大きく吹き飛ばされる)
        が…ッ!?(がらくたに背中側から叩き付けられ、彼女にはどの機械のどの部品かも理解できない尖った金属の棒に串刺しになる)
        ま…ったく……機械、は…(千切れたパイプと思われるソレを強引に胸元から手前に引き抜き)痛みも…恐怖もない……
        があぁぁぁ!!(獣のような叫び、吹き上がる紫の穢れた血)次は…こいつだッ!
        (赤いドレスの女はしっかりとした足取りで掴み出したパイプを槍のように投擲する) -- セイバー 2009-07-12 (日) 23:12:56
      • 即… … 因 … … 実現 偽贋 還 真(夢を見ているかのように言葉を繋げ、反意とする 人ではない、ならば人になるのだ 青々と燃える瞳)
        敵 遠退 確認 追撃(無理な駆動に立ち上がりが遅れる、ぎしぎしと関節を軋ませながら手を付いたところで)
        痛痒 精神(がぃん、と腹部観念的実存率燃焼機関・無限動輪に投げ込まれ巻き込まれる鉄パイプ ギャリギャリと削り、削る だがその分の時間僅かに足は鈍り) -- ジロー 2009-07-12 (日) 23:24:30
      • さっきから何を言っている……(自嘲的な笑みを浮かべ)それは私もか…
        ここで行動をするのは負担が大きいようだな、機械兵士。(既に消えた宝具、剣を抜こうとし)
        ……右手が動かない、さっきの蹴りで骨をいくつかやられたか…ファング! まだか!?
        (その場から動こうとして片膝をつき)もう…持たない……… -- セイバー 2009-07-12 (日) 23:33:13
      • 当意即妙 (ばぎんと強度限界に達したパイプが折れる、極大重量を足跡に残し歩み来る鉄槌の使者 ゆっくりと、振り下ろすときを待ち形作られる拳) -- ジロー 2009-07-12 (日) 23:44:48
      • (響く地鳴り うねりを上げる瓦礫の山 それはある種、生命の躍動を感じさせるほどに生々しく)
        OKインターバル終了、第二ラウンドといこうじゃねえかロボ助! 本物の人海戦術ってやつを見せてやんよ。 さあ!
        (指先を振り上げると、辺り一面瞬く間に光りだす)
        (各所に描かれた錬成陣、それは彼らがここへ辿り付くまで刻み付けたもの)
        (浮かび上がった光芒を中心に、先程の鉄巨人が練り上げられてゆく……その数総勢132)
        (残った瓦礫を踏み締めながら、怒涛の荒波のように ジローへと襲い掛かる!) -- ファング 2009-07-12 (日) 23:50:25
      • くぅ……機械の相手がこれほどきついとは…!(歯噛みして迫る拳を見上げ)
        !! 間に合ったか、ファング!(身体を半ば転がすように捩って)
        再生するまで回避も防御もできない…こう頼むのは初めてかファング、私を助けてくれ。 -- セイバー 2009-07-12 (日) 23:56:52
      • 再度 不懲 不許 絶(大地を埋め尽くす山、山、山!目前の女との決着が着く前に大挙して押し寄せる鋼の体躯 だがそれに対する一騎の眼光は紅色の線を引き)
        (ひとつのゴーレムが先ほど女の見せた水面蹴りの要領で大地に転がされ多勢の足を止める)
        (背面から迫る二体の巨像は倒壊する地盤の揺れに跳ね上がったがらくたの山、その土砂を半身に受けた隙に腹部を蹴り抜かれ)
        (四機の鉄人が撃破された構造体の巻き添えを食いバランスを崩すと天上から降り注ぐ脚、跳ねるように四つの頭を潰しては跳ぶ影)
        (混乱―果たして統率を持つかも怪しい兵ではあるが、崩れた前線を押し戻すべく押し寄せる十六個 そこに襲い掛かる、今まさに撃破された僚機の脚!倒壊する方向、ベクトル、タイミング…有るモノを利用し、倍々に、次々と連鎖させ破壊力とする絶紹!) -- ジロー 2009-07-13 (月) 00:07:58
      • (目の前の光景が信じられず、飛び散る鉄巨人のパーツを呆然と眺め)
        これが……あいつの力………(左拳を強く握ると手の間から流れる紫の血)
        私には持ち得ない――――絶対の破壊力……! -- セイバー 2009-07-13 (月) 00:22:26
      • (嗚呼、それでも 巨人の侵攻は止まらない! 残骸と果てた同胞を踏み散らし、尚も破壊の限りを尽くすジローへと向かって往く)
        (一体、また一体と飛び上がり、雨か雪崩かと降り注ぐ巨人たち その肩部には、様々な機械が埋め込まれていた)
        (デジタル式やアナログの壁掛け式、懐中時計……時間を司るそれは、時限方式の起爆ユニット)
        (物量に任せ犇く巨人の向こうで、呼吸を荒げてよろめく操者 ガラクタへと背中を預け息を吐く)
        (膨大な魔力を用いた荒業故、燃費の悪さなどお察しというところだろうか)
        セイバー……ずらかる準備だ。(秒針やカウンター、それら全てが同時に0になり……)
        (轟音、爆炎) -- ファング 2009-07-13 (月) 00:25:53
      • ……そうか。(その言葉を聞くと疑いもせずに立ち上がり、ファングの方向へ走る)
        (背後に広がる爆発、噴煙…紛れるようにがらくたの山を駆け抜け)
        お前の力が分かっただけで十分だ、また会おう機械兵士……次はこうはいかないッ! -- セイバー 2009-07-13 (月) 00:34:53
      • (256柱 一体から始まり蹴倒し得る連鎖の果て、彼我兵数に比した最小公倍数である 中央部、円形に平らの残した上で周囲を見回す 張本人を潰し固めるため―そこで、閃光が瞬いた)
        悪手反撃(敵は、これを狙っていた!純粋火薬による爆破、何の小細工も無い運動量による攻撃 まんまとしてやられた 爆炎に紛れては追撃も容易ではない、そもそもこの強烈な破壊力に装甲が耐え得るかの問題が先に立つ 去り行く背中も見る暇は無い、最善手を尽くすのみ)





        やはり 一人 では 勝ち 抜く なんて ……(炎に蹂躙され、黒く焦げた山の上 自らの片腕を掴み、所々穴の空いたボディも黒く焼かれながら座り込むシルエット 辛うじて再起不能は防いだ機兵が、力なく呟いた) -- ジロー 2009-07-13 (月) 00:43:52
  • あなたはいつもムチャなキャラばっかだ!もっとやれ! -- 2009-07-12 (日) 20:06:29
    • また線が多いな!ほんと線が多い、いや線が多い以上に好きだという言葉を伝えたいんだけど線が多いわ!
      あんなやっつけからここまで線を多く仕上げてくれてありがとう線が多い人!尖ったキャラの作成具合で張り合おうぜ! -- 2009-07-12 (日) 20:06:10
  • (来賓が来るまでゴロゴロ) -- ザビーネ 2009-07-12 (日) 19:05:17
    • (真似してゴロゴロ 超重いので凹む床) -- ジロー 2009-07-12 (日) 19:23:39
  • うーん……(温泉上がりに、図面を広げて唸っている)手段はいくらでもあるでやんすが、何が最適なんでやんすかねえ
    ある程度すでに防衛網はあるようでやんすし……逃げる算段でも整えておくでやんすか。主に自分用に! -- ラック? 2009-07-11 (土) 01:52:40
    • ラック さっぱり した の か ?(後ろからひょいと図面を覗き込む)
       この 間 壊れた 裏口 と 搬入用 昇降機 分 の スペース が 丸々 あいて いる よ?(結構な広さだ、脱出手段も仕込み放題だろう) -- ジロー 2009-07-11 (土) 02:16:42
      • あ…いやいや、それなりのスペースと大規模な仕掛けは、別な事に使った方がいいでやんすから…
        逃げるならこう、テレポートでぱっ!といきたいでやんすね!
        後は防衛手段でやんすけど…これはザビーネさんとも相談するでやんすかね(図面を巻き巻き) -- ラック? 2009-07-11 (土) 02:24:32
      • 不思議 な こと に うち に 来る 敵 は 大体 遠回り して くる(ゴミの山は毎回その姿を変える そのせい…だけではないようだが)
        ぱっ と 消えて 消えた まま だったら すごく こわい ……(貴方の説明を聞いて体育座りで震えだした) -- ジロー 2009-07-11 (土) 02:34:30
      • い、いやいや!今のあたしの物創りじゃそんなヘマはしないでやんすよ!
        まぁ…それが個人的にはちょっと困りごとに繋がってるんでやんすが…(頭をかきながら)
        こほん……(話を戻して)あまり問答無用な防衛機能とか駄目でやんすからね。また冒険から帰ったら話をしてみるでやんす
        それじゃお休みでやんすよ、マスター -- ラック? 2009-07-11 (土) 02:50:36
      • ほんと に 大丈夫 か −?(自分の想像に自分で怖くなって座布団を被る機械歩兵)
        うん おやすみ ラック 怖い こと 言う と 夢 に 出る かも よ(今のところ自分は夢を見ないが、見るとしても悪夢はいやだなぁと思う夜更けだった) -- ジロー 2009-07-11 (土) 02:58:35
  • 此処ら、か……(ザビーネの匂いを辿ってきた黒衣の少女、辺りを見渡している) -- ニドヴォルク? 2009-07-09 (木) 20:37:49
    • 来たか…(心なしか疲れた様子で何かを焼いている)頭は冷えたかね?
      …で、情報を得たいのだったか?(ペンとメモを外套の下から出して) -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 20:43:30
      • お知り合い です か ?(ザビーネの後ろから声がとぶ) -- ジロー 2009-07-09 (木) 20:48:52
      • ……我は最初から冷静じゃが(焼いてる香りに鼻を鳴らしつつ)
        その通り、汝の知りうる限りのサーヴァントを…ん、からくりかえ?(後ろから現れた存在に) -- ニドヴォルク? 2009-07-09 (木) 20:51:13
      • この前に比べれば随分と取っ付き易い、いや普通の少女の様な感じがするがね(焚き火を突っついていた棒で即席の椅子がある事を教えつつ)
        後ろの男はジロー、私のマスターだ(焚き火に棒を突っ込んで銀紙に包まれた何かを大量に取り出す)うむ焼けたな、ジャガイモとサツマイモは好きかねニドのヴォルグだかよ -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 20:55:43
      • うん 僕 ジロー からくり と 言えなく も ない(焚き火から出てくる芋の数々に視線が行ったりきたり)
        知りたい こと が ある の か ? 君 は(ニドヴォルクの方も合間に見る 焼き芋8割、ニド2割) -- ジロー 2009-07-09 (木) 21:01:01
      • 汝等は基本的にはマスターなる存在と二人一組なのであったな…それがジローというの者か。(得ている情報、記憶を辿りつつ)
        ウルズのニドヴォルクじゃ、ザビーネ・シャルとやら…嫌いではないが肉の方が好物じゃな。
        今一度問うが…宝珠を持っているのは汝等ではないのだな?(殺気じみた威圧感が不意に漂う) -- ニドヴォルク? 2009-07-09 (木) 21:07:05
      • すまんな微妙に記憶違いをしていた、ウルズの…だったか(銀紙から出したジャガイモやサツマイモを順次持ちやすいよう銀紙を整えジローとニドヴォルグに差し出し始める)
        嫌いで無ければ食べていけ、多分誰か来る…と思って焼いていたからな、くどい…嘘を言う理由が無い(まるで威圧感を気にせずに欠伸)
        …逆に問うがその宝珠…どんな形をしているのかね?分かれば何か思い出すかも知れんぞ(自分の分のジャガイモにバターを付けて食べ始める) -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 21:11:10
      • 宝石 無くした の か ? 大事 な 物 が 無くなる と 悲しい そわそわ する(芋をがりがり削りつつ興味を示す) -- ジロー 2009-07-09 (木) 21:16:24
      • ……およそ直径400mm、球形、半透明の外殻、内殻は薄桃色、展開されていれば咒いの阻害が行われる
        我が背の君の形見じゃ……(受け取ると端的に特徴を次々と挙げていく) -- ニドヴォルク? 2009-07-09 (木) 21:20:38
      • サーヴァント の 特性 上 阻害 効果 は 数 多く 見た けど 核 に 宝珠 が 存在 する もの は 見て 居ない
        でも 半透明 の 丸く ……?(検索該当、遠目に見たのみだったがその特徴は多く合致する) -- ジロー 2009-07-09 (木) 21:28:39
      • ………ん?(メモに記した特徴を見て不思議そうにする)…見た事が無いと以前言ったが…何か引っかかるな(ほくほくのジャガイモを齧って)
        なあジロー、つい最近そんな物を持っている者を見なかったか?確かに記憶にあるのだが… -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 21:28:49
      • 闘技場にてサーヴァントと呼ばれていた連中が宝珠らしきものを持っていた、という情報から探しておる
        (二人の反応に気付いた様子もなくサーヴァントを探している状況を補足する) -- ニドヴォルク? 2009-07-09 (木) 21:34:13
      • 測定 した わけ では 無い 目視 と 比較 した のみ で 仕様 の 確定 は 出来ない が
        先日 僕ら を 追い 回した サーヴァント? の 傍ら に -- ジロー 2009-07-09 (木) 21:34:29
      • …ただ真贋確かめようと会おうと思うのなら少し覚悟を決めた方がいい、アレはバーサーカー
        こうして我等の様に話が出来るサーヴァントではない…そして凄まじく強い、負ける気はせんがね
        (ジャガイモを食べ終わるとサツマイモを割って) -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 21:38:53
      • (芋を齧りつつ両者を見て眼を鋭くし)バーサーカー…そやつが……
        立ち塞がるなら力づくで押しのけるまでじゃ……(その眼には静かな狂気) -- ニドヴォルク? 2009-07-09 (木) 21:47:30
      • (ニドヴォルグの眼を同情するような眼で見て)何時の世もどんな生き物も変わらんな…根底は何も変わらん
        愛しき者が関われば狂いもするか…まあ精々頑張るといい、貴様が彼奴を倒せれば我等としても喜ばしい事だからな
        そらサツマイモも食え(ジローとニドヴォルグに差し出す) -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 21:53:34
      • 大事 な もの は 譲れ ない 理解 する(ニドヴォルクにとって大事なもの、それは自分にとっては夢であり聖杯を得る理由となっている)
        僕 の 知る 限り 現在 の 棲家 は ここ だ(地面にがりがりと地図を書く かなりアバウト、これで辿り着けるかは五分五分だろう) -- ジロー 2009-07-09 (木) 21:55:42
      • (両者を見る、地図を一瞥し…悩むように首を傾げた)これは…此処からかえ?
        世話になった…美味い芋じゃな、腹の足しには少々難があったが -- ニドヴォルク? 2009-07-09 (木) 22:05:42
      • うん そこ の 三番目 の 山 を 越えた ところ を 右 に 行って スタート だ よ(自信満々だ!) -- ジロー 2009-07-09 (木) 22:09:19
      • 私が育てのだからな、美味で当然よ!フハハ!しかし小さい体の割には胃は大きいらしいな(少女の持つ地図を見て)ううむこれでは少し分かりづらいな…
        (同じくペンである程度書き加える、それでも6分だろう)分かり辛いが…まあこれで大体合っている、頑張れば何とか辿り着けるだろう …私だともう少し雑になるので頑張ってくれ -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 22:11:05
      • 匂いが判れば最善ではあるが…まあ、何はともあれ収穫であった。礼を言おう。さらば、じゃ……(そう言って芋を齧りながら地図を見つつ背を向けた) -- ニドヴォルク? 2009-07-09 (木) 22:22:27
      • 大事 な もの は 無くして は いけない よ !(がしょんがしょん手を振って見送った) -- ジロー 2009-07-09 (木) 22:24:04
      • (ジローと同じく手を振った後ぽんとジローの肩に手を置いて)奴ももしかすれば未来この戦争に参加するかも知れんな…それだけの望みを抱えているように見える
        さ、家に戻ってこのジャガイモで新しい料理でも食べようか -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 22:36:21
      • みんな 大切 な もの を 持って いる から なくす と 余計 つらい
        承認 する ごはん だ ごはん だ(善行を積みご機嫌な機械歩兵 戦闘による損害も最近はなく、その日も回復に努めていた) -- ジロー 2009-07-09 (木) 22:45:30
  • どうもー、持ってきたヨォ。火炎弾氷結弾電撃弾各10発ずつ。と、これは試し打ち用のおまけね。(計36発が入った箱を持ってくる)
    着弾と同時に発動するようになってるから一応確認してもらっていいかな? -- ミリー 2009-07-09 (木) 12:14:46
    • む、出来たか…ではこれを(金貨50枚を差し出して)了解、では表のガラクタで試し打ちしてみるか
      (2発ずつショットランサーに込めると表のガラクタで標的を六つ作って)さて完成品、如何な代物かな
      (単発ずつ六発的の真ん中へと命中させて) -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 12:19:16
      • (弾に刻まれた魔法式は的に当たると同時に起動し、火炎弾の命中した的は燃え盛り、氷結弾の命中した的は氷塊となり、電撃弾の命中した弾は黒焦げになった)
        ふむふむ……、こんなところかな。注意するのは魔法抵抗力が強い相手だとあまり効かないところかな。
        まぁ、魔法抵抗力高い魔物は大体物理攻撃に弱いから銃弾で大丈夫なんじゃないかとは思うケド。 -- ミリー 2009-07-09 (木) 12:29:23
      • (結果を見ると満足げに頷いて更に追加で金貨50枚を差し出す)想像以上の出来だな、金貨45枚では申し訳ない
        ふむ…効果は大きいが魔法自体はさして強力ではないのか…これを使う相手は抵抗が高ければ高い程物理的にも強いのが多くてな
        (的全てをショットランサーを射出して砕き)火炎弾と電撃弾は抵抗が低い相手に、氷結弾は高い相手に使いトドメはコレかジローで…といったところか
        だが足止め出来るというだけで光明が見えてきた、感謝するぞミリー(仮面を外すと頭を下げて) -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 12:40:07
      • いいって、これ以上ポッケが金貨でじゃらじゃらになったら箒で飛べなくなっちゃうもん。
        むぅ、厄介なの相手にしてるんだ……。役に立てたなら何よりかな。弾は予備作っておくから足りなくなったらいつでも来てネ。(下げた頭をぽんぽん)
        カッコいいのに仮面で隠して勿体ないのー。じゃ、あたし冒険行ってくるネェ。(箒に跨がりすぽぽぽぽ……と間抜けな音を立てながら飛んでいった) -- ミリー 2009-07-09 (木) 12:50:15
      • む?そうかね?(金貨を懐に仕舞って)だからこそ倒す価値はあるのだがな、ああ精々頼らせて貰おう(ぽんぽんと撫でられて微妙に顔を綻ばせながら)
        格好良すぎるから仮面で隠さんといかんのだよ、フハハ!ではなミリー、それにしても妙な音を出す箒だなあれは(見送ると自分も冒険の準備をし始める) -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 12:59:02
  • ヒュー…ズガーン!(突如飛来し、ガラクタの山に突き刺さる郵便ポスト大の箱 破損した箱の穴からは、これまたソフトボール大のアポロチョコが転がり出て来た)
    食えである!――箱に張られた紙には、丸っこい文字でそう書かれていた) -- ちびランサー? 2009-07-09 (木) 01:45:25
    • こ、これは…!HLV型チョコレート…!ではなくでっかいアポロチョコか
      うーむこの何百年生きても変わらん感じの文字はメイルだな、後で何かお礼を持っていくか -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 01:58:12
  • 霊体化してガラクタの山をうかがう。
    (この気配、あの時のライダーのものか……。さてどうしたものか)
    こちらがサーヴァントの気配に気が付くのだ、こちらの気配を気付かれてもおかしくは無い。 -- ランサー 2009-07-08 (水) 23:14:42
    • ザビーネ 霊圧 感知 した 音紋 から して 先日 の ランサー だ(どうする?と問いかけるように) -- ジロー 2009-07-08 (水) 23:25:06
      • ふむ…(仮面を着けると顎に手を当てて思案)偵察だろうか?奴はマスターを守る様に戦っている節があるので攻めに来るとは考え難いが…
        こちらから出向いてやるとしよう、こちらはホームグラウンドなのだ、直接戦闘になったとしても有利だからな -- ライダー 2009-07-08 (水) 23:30:21
      • (やれやれ、気付かれたかね……。さて、どうするか)
        実体化し姿を現す。 -- ランサー 2009-07-08 (水) 23:35:56
      • 偵察 なら 僕ら も よく やって いる 出迎えて やれば 良い(あっけらかんと言い放つ 戦闘になったとしても有利…ならば、話を聞くのも一興) -- ジロー 2009-07-08 (水) 23:38:59
      • 一応油断だけはせんようにな、一撃必殺…ランサーは特にその傾向が強い装備を持っていると聞く
        (ジローの背に手を当て駝鳥形態へと姿を変えさせると背に乗り込んでランサーの前まで歩を進めさせる)
        久しいな…如何様な用事で来たのかね、茶でも飲みに来たか?緑茶なら出すぞ -- ライダー 2009-07-08 (水) 23:45:09
      • 「なに、以前のお礼にとこちらも偵察にな」
        黄金の魔槍を肩に担ぎ、様子をうかがう。
        (さて、サーヴァントとマスターの二人組だけかと思ったがなにやらサーヴァントの気配が多い感じがする……、警戒することにこしたことは無いな) -- ランサー 2009-07-08 (水) 23:53:14
      • こんにちは 今 パスタ 気分 だ よ(補給中だったらしい 暢気なものだ) -- ジロー(駝鳥) 2009-07-08 (水) 23:58:02
      • そういう事だ、私お手製のミートソーススパでな(口元を拭いながら)
        ふむ…で、何が知りたいのかね?別に情報の出し惜しみなどはするつもりが無いので何を聞いても構わんぞ?(特に警戒するそぶりも見せない) -- ライダー 2009-07-09 (木) 00:07:35
      • 「それは自信の表れってことか?」
        (実力はまだ測りかねるがそれだけ自信ありということか……)
        「なら、ほかにもサーヴァントを保有してるのか?」
        単刀直入に。 -- ランサー 2009-07-09 (木) 00:18:19
      • うん でも 彼/彼女 ら は 戦う 気 なんて 無い よ
        居たい から 居る それ だけ だ …… もし 君 が 危害 を 加える ならば 僕 の 責任 に 於いて 処断 する(強い口調で言い切る 仮にもマスターなのだ) -- ジロー(駝鳥) 2009-07-09 (木) 00:26:23
      • 表れも何もこの戦争、我等が勝つと決めているのでな?(その声には嘘偽り無く絶対の自信が篭っている)
        ああ居るぞ、ライダーが一人にアーちゃーが一人、まあこの二人は戦う事は恐らく無いが…
        詳しい能力は…ジロー知っているか?ラックは生前の能力しか知らん(首を傾げてマスターに) -- ライダー 2009-07-09 (木) 00:27:25
      • そう いえば 僕 の スペック は 見た はず だけど 彼/彼女 ら の 力 は 聞いて いない -- ジロー(駝鳥) 2009-07-09 (木) 00:30:30
      • 「なるほどね……」
        (嘘を付いている様子はなさそうだな……。戦う気が無さそうというのも同じか……。
        さて、これ以上他に聞くことはあるかな……)
        顎に手を当てしばらく考えていたが。
        「お前達が聖杯で叶えたい願いとはなんだ?」 -- ランサー 2009-07-09 (木) 00:34:39
      • うーむ…母上は未来から、ラックは機械弄りが抜群に得意としか知らん…まあそういう事だランサー
        (度々聞かれる事なので当たり前の様に返す)地獄にて永久に縛られるこの魂を開放し天へと至り最愛の妻と再会する、それが私の願いだ
        (真っ直ぐに、ただ真っ直ぐにランサーを見る) -- ライダー 2009-07-09 (木) 00:41:13
      • 僕 は 人間 に なりたい(続けて、顔のランプを青緑に光らせる 「宣誓」の意味合いだ) -- ジロー 2009-07-09 (木) 00:48:01
      • 「……」
        (願望……、まっとうな願いとは思えるが……、それでも他の参加者の願いを潰してでも叶えたい願いか……)
        嘲笑の様な笑みを浮かべ。
        「そうか、それでもあんたらの願いは叶えさせない。悪いがそう決めたんでね」 -- ランサー 2009-07-09 (木) 00:58:52
      • ククク(左手で仮面を抑えながら盛大に笑い出す)ヒャーッハッハハハハハ!(先程とは打って変わって濁った目でランサーを見下し)
        貴様の答えなど聞いてはいない…私は、我等は願いを叶えるべくこの狂気の戦争へと足を踏み入れたのだ…
        止められると思うな?貴様はマスターを守る事も出来ん!…話す事はもう無いな? -- ライダー 2009-07-09 (木) 01:06:01
      • ちなみに(気配も魔力も全く感じさせず、唐突にランサーの後に現れた)あたしの願いは特に無いでやんす
        んー(頬に手をあてて)強いていうならこの二人の願いを叶えさせてあげたいってのが今一番強いでやんすね -- ラック? 2009-07-09 (木) 01:09:56
      • 「俺は約束したからな、だから護る。お前たちを止めるまでもなく止まらなざるをえなくなるんだからな
        話は終わりだ」
        見下しにも何も動じず。 -- ランサー 2009-07-09 (木) 01:12:44
      • …すまんな、いやこういう時はありがとうか…ありがとうラック(途端に落ち着くと手をひらひらとさせて)
        無いのならばもう帰るがいい、ホームでたった一人を甚振るのは趣味ではないのでな、構わんかなジロー? -- ライダー 2009-07-09 (木) 01:20:14
      • 「そうさせてもらうさ。俺もわざわざ不利な状況で戦うほどバカじゃない」
        実体化を解き霊体化して見えなくなる。 -- ランサー 2009-07-09 (木) 01:27:24
      • ん、気にしなくていいでやんす(手を振りかえして)
        (撤退したランサーのいた辺りを見つめて)…守りだけは用意してもいいんでやんすけどねぇ(魔力の反応もなく消えながら) -- ラック? 2009-07-09 (木) 01:38:19
      • ふむ…守りか…それはおいおい考えねばな…(同じく消えた) -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 01:55:34
  • 整備士も得た!乗り手も増えた!フハハハハハハハ!負ける道理が無いではないか!
    ところで魔力の方は大丈夫かね?たしかサーヴァントが増えればその分出力が増えると聞いたが…(ボイルトマトを煮込みながら) -- ザビーネ 2009-07-08 (水) 21:40:18
    • 二人 とも 極力 僕 から の 供給 を カット してる みたい だ(ボイルトマトを心待ちに待ちながら)
      現界(レギロス) に 必要 な 分 だけ …… 情け ない と 少し 思う -- ジロー 2009-07-08 (水) 23:19:00
      • ならば気遣いが必要無いと思う程に魔力を貯めればいいだけの話だ、違うかね?
        (煮込んだボイルトマトにひき肉を入れ味付けをしてミートソースを作るとスパゲティを茹で始める)そのためにもまずは食事とな&br;ああそうそう、小腹が空いているなら棚にバレンタイン用のガトーショコラがあるので食べるといい -- ザビーネ 2009-07-08 (水) 23:27:58
      • やった (棚へがしょがしょ歩いていって)うん 彼 彼女 たち の 気 を 煩わせない だけ 余らせれば 良い(消化すると共に発生する魔力 駆動量は三人を超えて充分、心持ちにも左右されるようで) -- ジロー 2009-07-08 (水) 23:41:32
      • 殆ど居候なあたし分の魔力は気にしなくていいでやんすよ?(さりげなく温泉を完成させてやってきた)
        自前でなんとでもできるでやんすからね…ん、いい匂いでやんす -- ラック? 2009-07-08 (水) 23:43:24
      • 魔力とは我等にとってご飯の様なものらしいぞ?ダイエットをしたいのなら節約も良いだろうが
        ラックや母上の分もあるからラックも食べてみんか?(棚の方を顎で指した後ミートソーススパを大量に完成させて)
        うむ、完成…と!(これでもかと山盛りなスパゲッティをテーブルの真ん中に置いて)各々皿を持ってきて食べる量だけ取るといい -- ザビーネ 2009-07-08 (水) 23:51:21
      • ん、いや、あたしは魔力を作る方法があるから…そういえば食事でも魔力を補えるという話でやんしたね(皿を用意して)
        なんと言うかこう…取り合いバトルを起こしたくなるような山盛りでやんす。しないでやんすが(くるくる巻いて自分の皿に並盛り)
        いただきますでやんす -- ラック? 2009-07-08 (水) 23:55:24
      • 僕 は 大 食らい だから ちょっと 待つ よ(学習の成果だ、漏られる端から球形に抉り抜かれては食欲も湧くまい) -- ジロー 2009-07-08 (水) 23:56:45
      • 何と、羨ましいな…私の場合食事かジロー頼みなので中々な
        ん?(奪い合う準備をしていたので少し残念そうにして自分の分を大盛りにする)気遣いありがとうジロー、さ、もういいぞ
        頂きます…そうそうラック、これからはジローの整備を頼めるか?一応ラックの図のお陰で修理は出来たがこれから再びジローは怪我をするだろうしな -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 00:06:10
      • ん、この前の弁当もそうでしたけど、生前から変わらず…いや、さらに美味しくなってるでやんすね(ズルズル)
        んー(頭をかきつつ)とりあえずちゃんとしたドックを創っておくでやんすね。緊急時にはあたしがいなくても最低限何とかできるような機能の奴を
        勿論。あたし自らの手で出来る時には任せて欲しいでやんす -- ラック? 2009-07-09 (木) 00:16:06
      • ラック に 心配 かけない よう に ちょっと 気 を 使う よ(がすんがすんスパゲティが消えてゆく 続けて、膨大な魔力が直結ラインを通り貴方たちの元へ)
        ザビーネ も だ ラズ君 が 悲しむ -- ジロー 2009-07-09 (木) 00:20:18
      • 英霊補正かも知れんな、地獄に居た頃も作っていたが…(モリモリ)ありがたい…それこそラックと会う前は中々修理もおぼつかなくてな
        これで全力で戦える、今までとは違いより勝利に近づけたという訳だ…本当にありがとう(深々と頭を下げた) -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 00:24:26
      • (流れ込む魔力を感じて)ん、なるほど…食事は大切でやんすね(ズルズル)
        ごちそうさまでした。いやあ、スパゲッティなんて久し振りで美味しかったでやんす
        たははっ、まああたしも居候させてもらっているようなものでやんすからね。それくらいは当然でやんす
        あたしがいるからって派手に壊れていいってことじゃないでやんすからね。お二人とも気をつけるでやんすよ -- ラック? 2009-07-09 (木) 00:35:02
      • ラックは生きていた頃から工房に引きこもって食事をしているのかといった感じだったからな?
        まあ…(食べ終えると皿を流しに置いて)少なくとも修理代分以上の味を目指して毎日料理を頑張らせて貰うので宜しく、カロリーに気をつけつつな
        (ジローとラックの言葉に頷き)勿論だとも、怪我をせんよう注意し勝ち抜いていこう、まあ見ているがいい!必ず勝つのでな!フアハハ! -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 00:44:23
      • あの頃はどうしても簡単に食べられるものを摂りがちだったでやんすから……
        あはっ、期待させてもらうでやんすね。戦いの方もできるだけ応援させてもらうでやんす(腕まくりして)
        先ずは設備を整えるでやんすよ! -- ラック? 2009-07-09 (木) 00:53:30
      • うむ、皆で頑張って行こうではないか(ジローとラックを見て)工房作りもあまり夜までやらんようになー?
        ジロー、食べ終わったら皿をこちらに頼むな(そう言って皿を洗い始めた) -- ザビーネ 2009-07-09 (木) 01:07:39
  • せっかくなのでご厄介になるでやんす(とてとてやってきた)
    ラズイダーのように殆どいるだけサーヴァントで良かったらでやんすが -- ラック? 2009-07-08 (水) 14:13:27
    • (ザビーネに修理され中、不意に訪れた貴方に驚き)やりたい こと 見つかった の か ?
      なん に せよ 居る こと に 決めた なら 協力 する よ !(頭部コンパネが開く サーヴァント登録…同時に操作権限者認証だ) -- ジロー 2009-07-08 (水) 14:35:26
      • やりたい事は前と変わらないでやんすけど、それを殺し合いしてまで成し遂げたいかって聞かれると微妙でやんすね、一度死んだ身でやんすし
        だからまあ…まさにせっかくってところでやんす。たは
        修理の必要で求められているってのも、ありがたかったでやんすしね(頭をかきながら) -- ラック? 2009-07-08 (水) 14:41:50
      • ……ごめん 僕 の 望み に 付き 合わせる こと に なる ね(人を押し退けて競争に打ち勝つ、その意味あいは穏やかなものではない)
        でも ありがとう ザビーネ から 聞いて ラック の 腕 前 なら 百人力 が 出せる と 思った(仕様、スペックが小さなモニタを流れて行って、最後に名前入力が 貴方をどう呼ぶか設定出来るようだ) -- ジロー 2009-07-08 (水) 14:50:00
      • ん、ラックでいいでやんすよ。アーチャーだと紛らわしいんで……(入力しつつ)
        ってことで、あなたがあたしのマスターでやんすね。よろしくでやんす(なでなで) -- ラック? 2009-07-08 (水) 14:56:12
      • うん ラック よろしく ね ……ありがとう(もう一度言って、嬉しそうになでられていた 顔のランプはオレンジ)// -- ジロー 2009-07-08 (水) 15:23:20
  • さてと…今日は鬼っこに偵察をされたから偵察仕返すのと古い友人に会いに行くのと?未見のマスターが居るので偵察にに行かんかね? -- ザビーネ 2009-07-07 (火) 21:20:11
    • 承認 する 膠着 状態 の 今 すべき は 情報 収集 だ -- ジロー 2009-07-07 (火) 21:29:04
      • (ラックから譲り受けた図面を元に休むジローを修理している) -- 2009-07-08 (水) 00:17:40
      • (名前入れ忘れてた私) -- ザビーネ 2009-07-08 (水) 00:18:00
  • がらくただらけですわね、機械にはお似合いの住家といったとこなのでしょうか(がらくた山まで領収書を押し付けにきた) -- シンセ 2009-07-06 (月) 22:20:19
    • ほんっとうにここに居るのかしら…なんか請求しても取れる気しなくなってきたわよ?(瓦礫蹴飛ばしつつ) -- レオノーラ? 2009-07-06 (月) 22:26:03
  • 貴方たちの目前にはがらくたの山、丘、小道にレール とにかく雑多な光景が広がっているが
    その中の一角、不自然に平らな―良く見れば、色合いもどことなく違うような部分がある 直径10数m程度の円形だ
    -- 2009-07-06 (月) 22:30:04
  • ずっとここに居るならお宝のありかの一つや二つ知っていそうですけど…
    正直望み薄ですわね…と、なんだかいかにも怪しげな場所がありますわ(円に向かって歩いていく) -- シンセ 2009-07-06 (月) 22:35:58
  • そこはすっぽりとがらくたが抜け、日差しも浴びることが出来る台風の目のような場所だ
    一休みもいいだろう、調べてみるのも良いかもしれない
    -- ジロー 2009-07-06 (月) 22:52:28
  • ……ミステリーサークル? ここだけなーんにもありませんわね(剣で地面をコンコンと叩く) -- シンセ 2009-07-06 (月) 23:07:37
  • んー…そうねぇ…アナでも空けてみるかしら?(にっこりとダイナマイトを持って) -- レオノーラ? 2009-07-06 (月) 23:08:53
  • 剣で突いた先からイイ感じに崩れ始める地面 -- 2009-07-06 (月) 23:10:00
  • どんどん崩れ始める地面 -- 2009-07-06 (月) 23:15:24
  • 何故そんなものを持って……あっ(とりあえずマスターをかばいながら落ちる) -- シンセ 2009-07-06 (月) 23:18:02
  • 罠だ!欠陥建築!……人為的な罠では無い気もするが、ずばんと抜けた床とともに落ちていく貴方たち 下のツリーへどうぞ -- 2009-07-06 (月) 23:20:24
  • …む!誰かが来た気がする…(出口への通路をカツカツと歩きながら例のNT音)ジロー、これは気のせいかね?それとも合っている? -- ザビーネ 2009-07-06 (月) 22:28:30
    • 裏口 の 方 から 二足 の 足音 が 2 あるよ お話 してる よう だ(だいたいあってる、と返す地下秘密基地でのやり取り 地上はまだ遠い) -- ジロー 2009-07-06 (月) 22:31:24
    • 話の内容は分かるかジロー?(何となく財布の中身を確認しながら)二足の二…組と考えればマスターとサーヴァントだろうな -- ザビーネ 2009-07-06 (月) 22:40:00
    • 音振再生 …… 「には……いの住家……うか」「うにこ…んか請求……」 ノイズ が 多い 足音 は 大股 で 急いで いる -- ジロー 2009-07-06 (月) 22:43:18
    • 請求…請求請求…大体相手は理解出来た、あれだ、私とジローで扉を破壊してしまったマスターとサーヴァントの居る診療所
      (恐らくそうだろうとびしっと人差し指を立てて)すっかり扉の修理代を払うのを忘れていた、裏口…確かエレベーターはジローが設置したが…迎えに行くか? -- ザビーネ 2009-07-06 (月) 22:47:01
    • ああ あの 札 の 人 か ……(微妙に良い思い出が無い)
      …… うん でも あんまり 気 が 進まない な(エレベータに向かう足取りがちょっと重くなった) -- ジロー 2009-07-06 (月) 22:55:06
    • ふむ…だが貸しを残しておくのもな…まあ相手が来るのを待つとするか -- ザビーネ 2009-07-06 (月) 23:02:34
    • あ (崩壊の音が、地下深く響いた) -- ジロー 2009-07-06 (月) 23:14:48
    • (ズズン、という音をこちらでも感じ)…いかんこれはいかんぞ!退避!部屋へ退避だジロー!
      (天井を一度見た後自分達の居住空間の方へと歩き始める) -- ザビーネ 2009-07-06 (月) 23:18:42
    • (ずどーん、とかそういう音はせずに普通に着地する)……ふう、マスターが標準的な成人女性の体重で助かりましたわ -- シンセ 2009-07-06 (月) 23:22:36
    • あ わ わ わ わ わ (わたわた部屋へ戻ろうとして、止まる振動に首を傾げる)
      …… ザビーネ エレベーター 上げた まま に してる よ ね ?(即席とはいえ結構な床面積を誇る昇降機だ 表面が抜けたものの、そこに引っかかって止まった…らしい) -- ジロー 2009-07-06 (月) 23:23:03
    • なによぅ、ちゃんと体型整えてるんだから軽いに決まってるじゃない。 -- レオノーラ? 2009-07-06 (月) 23:24:57
    • それもそうでした…というか、そもそも大した距離ではありませんでしたね
      穴自体はまだ深いようですが…どうしましょうか -- シンセ 2009-07-06 (月) 23:29:09
    • ああ…上で止めていた…が、…つまりはエレベーターで止まっていると?ならエレベーターが動けば?となるが…
      さてどうしたものかな、相手が降りてこられなければそれはそれで問題なのだが(天井を見て) -- ザビーネ 2009-07-06 (月) 23:33:11
    • ザビーネ きっと そこ に 落ちて いる 行こう 人助け に なる(がっしょがっしょと走り出し、裏口昇降機付近へ)
      おうい おうい 平気 です か ?(闖入者二人の足元…瓦礫の崩れ、所々暗闇が覗く下からマシンボイス) -- ジロー 2009-07-06 (月) 23:33:55
    • 生きてますわよー(穴の奥に向かって叫ぶ)
      この声は、例のラクダみたいな機械のようですわね…なんだか心配してくれてますけど -- シンセ 2009-07-07 (火) 00:00:24
    • そこ は 危ない から 戻った ほう が 良い よ !戻れ ない なら こっち から 行く よ  !(張り切って救助活動を始めるマシーン兵器) -- ジロー 2009-07-07 (火) 00:02:47
    • そういってもらえるなら無駄に動くよりも待ちましょう。
      ヘタに動いて会う前に崩れでもしたらしゃれにならないわ…(ダイナマイトをかばんに治して頬に手をあてうふふ) -- レオノーラ? 2009-07-07 (火) 00:06:53
    • そうですわね…跳んで戻れなくもないですけど、反動で瓦礫が落ちて埋まったら可哀想ですし
      というか何故助けようとしてくれるのでしょうか、調子の狂う相手ですわね -- シンセ 2009-07-07 (火) 00:09:12
    • さて私はどうしたものかな…と(とりあえずロープと杭を持ってジローについて行く)体重重くて床抜けたのだろうか…(せっせと移動し始める) -- ザビーネ 2009-07-07 (火) 00:09:12
    • こっち は 裏口 だから 下 を 通って 表 から 出よう(貴方たちの足が丁度見える位置までクライミング、てきぱきとラぺリングロープを…ロープを結べるような手ではなかった ザビーネに期待のまなざし) -- ジロー 2009-07-07 (火) 00:10:38
    • 好戦的な相手でもないのかしらねー?…まぁ請求書叩きつけるのに変わりはないわ。
      そいえば私はかばってもらったから平気だけど、シンセはケガなんかはしてないかしら?(遠くで聞こえる体重の声にかすかにピシっとしながら) -- レオノーラ? 2009-07-07 (火) 00:15:17
    • (ジローの期待の篭った眼で見られると苦笑してロープを結び)やれやれこんなのはパイロット研修時代依頼だ(しっかりと結ばれたロープをジローへと手渡す)
      請求書の為に来たのかね!?(レオノーラの言葉を聴いて若干驚きつつ)ええいしかし私も男だ、しっかりと返済はさせて貰う! -- ザビーネ 2009-07-07 (火) 00:19:09
    • 助け に 来た よ !(ザビーネに結んでもらったロープを巻いて、ぼこりと暗闇から頭を出す かなり不安になる音を響かせながらも貴方たちの前へ何とかは這い出ると、ロープを引きずっているのが見えるだろう)
      これ を 伝って 降りる と 良い よ(そのボディを錘に、下部通路までのロープの道が出来た) -- ジロー 2009-07-07 (火) 00:23:29
    • ええ、身のこなしは軽い方ですし…これくらいならなんともありません
      落ち着いてくださいレオノーラ、本当に崩れますわよ -- シンセ 2009-07-07 (火) 00:25:10
  • 貴方たちはロープから地下へ降り、殺風景な通路を暫く歩いた後入り口…といっても、外からはがらくた山の何処かに打ち捨てられたドアにしか見えない…まで辿り着いた
    冒険成功!
    -- 2009-07-07 (火) 00:30:44
    • (成功報酬として頭を下げながらドアの修理代を差し出す頭のおかしな眼帯男) -- ザビーネ 2009-07-07 (火) 00:32:08
    • (変わりに請求書を領収として渡してほほほほと笑う医者)
      はぁい、あらためましてこんばんわ〜♪わざわざ来た甲斐あったわね、そしてありがと。 -- レオノーラ? 2009-07-07 (火) 00:34:17
    • うん 気 を つけない と 危ない から ね 遊び で 踏み込む ところ じゃ 無いんだ(レスキュー隊員気分でアドバイスをくれる鉄騎兵 頭には道中で拾った黄色いヘルメット) -- ジロー 2009-07-07 (火) 00:36:20
    • そもそもここに何をしに来たのでしたか…(色々おかしな状態に混乱しながら冒険成功を喜ぶ) -- シンセ 2009-07-07 (火) 00:38:47
    • どう致しまして…(たっぷり用意した金貨がごっそり無くなる領収書の額にげっそりしながら)
      ジロー…額も払ったしこの領収書は食べていいぞ…私はちょっと休む(ふらふらとした足取りで居住区へと移動し始める) -- ザビーネ 2009-07-07 (火) 00:40:00
    • こりたらもう診療所の中で暴れないことね〜医療器具とか建物って高いんだから。
      あらあら、具合悪かったらいつでも診療するわよ、お大事に〜(ご機嫌に手を振って) -- レオノーラ? 2009-07-07 (火) 00:43:19
    • うん でも ザビーネ(領収書を穴だらけにしつつ消化すると)
      僕 たち が あの 人 たち の ドア を 壊した の が この お札 に なる なら(げっそりした顔で寝室へ戻るザビーネを見送りつつその背中へ問いかける)
      あの 人 たち 裏口 壊して いった よ お札 に なる の かな(昇降機は全壊 入り口のスクラップ層も壊滅だ ドア何枚分の損害に換算すべきか、機械の頭には判別が付かなかった) -- ジロー 2009-07-07 (火) 00:44:14
  • ザビーネ かくかくしかじか で マシンキャノン の テスト を 行い に  へ 行こう と 思う -- ジロー 2009-07-06 (月) 21:41:53
    • 承知した…とは言っても私のは宝具なのでテストも無いとは思うが…では行くか -- ザビーネ 2009-07-06 (月) 21:49:11
  • がっらくたー♪ がっらくたー♪ なーにかいいものあっるかなー♪(目の下にすんごいクマの出来た女ががらくた山を徘徊している) -- ミリー 2009-07-05 (日) 17:27:36
    • そっち は はぐれ 汽車 が 出る よ 気 を つけて(その頭上、くず鉄の丘からマシンボイス あなたの足元には確かにレールが二本) -- ジロー 2009-07-05 (日) 17:33:44
      • 知ってるー、ミシェルさまのお話に出てたから。ここで旦那様への贈り物を探したんだよねー。(寝不足で目付きの悪い目を声の元へ)
        ……ゴーレム? -- ミリー 2009-07-05 (日) 17:42:52
      • じゃあ ここ は お話 の 世界 なのか 確か に 少し 不思議 な ところ(かつて冒険者たちの、特に困難な試練としてあった山だとは思い至らない そのメモリーには歯抜けが多いのだ)
        僕 は ジロー だ ゴーレム で は 無い(広義にはゴーレムと言えなくもないが) -- ジロー 2009-07-05 (日) 17:50:10
      • そうだネ、あたしにとってはずーっとお話の中の世界だった。だからこの街に来たらずっと来てみたかったんだケド全然見つからなくって。
        ジローね、あたしはミリー。錬金術士見習いしてるヨ……っと。(レールから外れる)
        ジローはここに住んでるの? -- ミリー 2009-07-05 (日) 18:05:47
      • なら 今 の 僕 たち も お話 に なる の かも しれない(ぽぉう、と汽笛を鳴らし幽霊列車がレールの上を通り過ぎていく 存在が不確定なのかところどころ半透明、しかし音だけははっきりと)
        ミリー 記録 した(ミリークラスタが発生、以降貴方の情報はここに記述されていくだろう…「錬金術師見習い」「がらくた山の話」が真っ先に記録された)
        うん ここ が 僕 の マシ だから ここ に 住んで いる(ニノから教えられた表現だ) -- ジロー 2009-07-05 (日) 18:17:37
      • どうだろう、お話になるならそれを話す人がいないと。(言ったあとで汽笛に振り向き列車を眺める)
        夢の残滓……未練……どれでもないかな?
        そっかァー……一人で寂しくない? -- ミリー 2009-07-05 (日) 18:34:14
      • じゃあ 僕 が 本 を 書こう と 思う 人間 は そう する と 聞いた(通り過ぎていく車両、窓からぬいぐるみの熊が元気に手を振っている様は侘しさとは程遠い)
        一人 では ない よ ザビーネ と ラズ君 が 居る ちょっと 前 まで は アサ雷電(サンダーLOVE) も 居た(嬉しそうに顔のランプを点滅させる…と、山の一部が崩れ貴方の右手上側に金属塊が見えた 表面反射層は黒く焼しめられている…) -- ジロー 2009-07-05 (日) 18:44:40
      • あ、車掌さんだ……。(話に出てきたクマのぬいぐるみ、小さく手を振り返す)
        そっか、一人じゃないなら良かった。ジローは人間になりたいの?
        焦げた鉄……。何かあったのかな……。 -- ミリー 2009-07-05 (日) 18:57:37
      • そうだ よ 僕 は 人間 に なりたい(よく調べればわかるだろう、へマタイトとアダマンタイトの合金の表面を炭素焼結処理した「大型機械の装甲」 …そうとしか言えない、およそがらくたの山に不釣合いなモノが無造作に捨ててあった)
        そのため やれる こと は みんな やらない と ね -- ジロー 2009-07-05 (日) 19:02:08
      • ま、夢は無限大だしネ。(無機物を有機物への変換……現在の錬金術では不可能だったけれども)
        これ、削り取ってもいいかな?(それを指差し訪ねる)
        あ、ジローって鉄砲使ったりする? -- ミリー 2009-07-05 (日) 19:11:58
      • 夢 願い は 叶える ため に あるんだ(ギギギ、と顔のランプが点滅する 希望に溢れた青と緑だ)
        捨て られた モノ だから 僕 は いい と 思う よ(上に座ったまま、許可を求めたことに首を傾げ)
        鉄砲 は 無い よ 僕 に 実装 されて も いない し 持って も いない(埋まった装甲板を引き抜き、崩さないように山の丘表面に置きなおす) -- ジロー 2009-07-05 (日) 19:17:07
      • そういえばそっか。(頷くとバッグから小さな工具を取り出して金属を剥ぎ取る)
        あれま、残念。実は今鉄砲の弾作ってて、あたしは鉄砲持ってないからだれかに試してもらいたかったんだケド。
        使いそうな見た目なのになァ。 -- ミリー 2009-07-05 (日) 19:45:46
      • ふむ む (その顔?のクリアカバーには拳銃弾による破壊の痕 確かに硝煙の匂いも染み着いている、先日の大規模戦闘によるものだが銃を使うと思っても仕方ない)
        そうだ ザビーネ の 持つ ショットランサー に は マシンキャノン が ついて いる(しばらく考え、検索して反応した)
        でも 規格 が 合う か どうか は …… -- ジロー 2009-07-05 (日) 19:56:41
      • うーん、まぁ今火薬の調合してるからその規格に合わせられないこともないケド……。
        今度そのザビーネさん? 連れてうち来なよ。街の職人通りにあたしのお店あるからさ。 -- 2009-07-05 (日) 20:20:22
      • 理解 した ザビーネ に 話して おく 創造 は 人間 の 素敵 な 習性(嬉しそうに頷く…アゴがどこかは微妙だが)
        雲 が 出て きた よ ミリー そろそろ 雨 が 降る -- ジロー 2009-07-05 (日) 20:25:29
      • ん……、本当だ。降られる前に帰るネェ、ばいばいジロー。またね。(笑って手を振りながら帰っていった) -- ミリー 2009-07-05 (日) 20:36:24
      • うん また ね ミリー(フォグランプが黄色に光る、軽く手を振って別れを告げた) -- ジロー 2009-07-05 (日) 20:38:45
  • じろー!!きえるーたっけてー!!けいやくしてけいやく!!(荷物の入った鞄を持って駆け込む僕。なんかすごく透けてる) -- ライダー 2009-07-05 (日) 16:23:17
    • 理解 した 契約の証を我に(その様子を見れば事態の緊急度合いは何より優先される 超略式の儀式により、鉄のボディに更に刺青のような令呪が浮かび上がるとともに貴方へ魔力の供給ラインが出来上がる)
      //出先につき鈍くなるごめん -- ジロー 2009-07-05 (日) 16:35:33
      • わっ…(久しぶりの魔力供給。驚いている間にみるみる透けた体が元に戻っていく)
        (自分の手を明かりにかざして、確認しつつ)…ふーあぶないあぶない…ありがとうじろー!にっひっひ駆け込みサーヴァントだけどよろしくねー?
        (令呪の上にちゅー)…んむ、契約完了!新しい服縫わなくっちゃ…!
        (//ありがとー!!もうだいじょうぶじゃけーよろしくね…!) -- ライダー 2009-07-05 (日) 16:44:54
      • うん ラズ君 が 居て くれれば ザビーネ の 心配 を 減らして くれる(口づけの意味はわからない、貴方にはひんやりした感触だけが伝わった)
        よろしく ね ギリギリ は 身体 に 毒 だ(休むように、と伝えてまた待機状態に戻った) -- ジロー 2009-07-05 (日) 16:55:42
      • (無事に依頼が終わった喜びをイャンクックごっこで表している)グォカカカ
        …む!?私への供給量が微量変わった様な…ちょっと良いご飯で補うか(ドーナツを作るためにエプロンを着けて) -- ライダー 2009-07-05 (日) 17:20:10
      • (待機状態のじろーを撫でて)…ありがとう。
        グゥー?(クックの鳴きまねをしながらごく自然にドーナツ作ってるザビーネの横に行く僕)
        僕も食べる!甘いのー!粉砂糖いっぱいかけようぜ! -- ライダー 2009-07-05 (日) 19:21:59
      • え?(揚げたて熱々のドーナツを水で溶いた砂糖に漬けて直ぐ出して白くコーティングしながら)
        え?(更にその上に餡子を乗せた物も作りながら)多少の甘さでは済ませませんよ私は!フハハハハ!
        おっと忘れていた…ようこそ我等の側へ(膝を付いて恭しく頭を下げた後どんどん激甘ドーナツを量産していく) -- ライダー 2009-07-05 (日) 19:39:02
      • ようこそ ごはん へ(キュウンと低い音を立てて再起動、ドーナツを心待ちにしつつ正座) -- ジロー 2009-07-05 (日) 20:14:33
      • そら、母上の分は確保しておいたので順次食べていくといい(チョコレートコーティングなどこれでもかと甘いドーナツを量産している)
        (合間合間にドーナツを食べながら)うーむ甘い、やはりこれぐらい甘い方が魔力回復にもいいな… -- ライダー 2009-07-05 (日) 20:23:49
      • んっふっふ。息子に跪かれるってなんだかゾクゾクするね!よろしくザビーネ(手を伸ばして髪を撫でる僕)
        あ、じろーもおきたっ!ごはんごはんー♪甘いと魔力供給に良いの?いい事を聞いたの!尿に糖が出るくらいたべるぞー!(できたてをはふはふ) -- ライダー 2009-07-05 (日) 22:08:50
      • 糖 が 回った 元気 が 湧いた と いう 言葉 が ある とか ない とか(がつんがつん消し抉りながら魔力が補充されていく…) -- ジロー 2009-07-06 (月) 07:11:22
  • >じゃあ、今から可愛いと思う友達のコメントに(ちやほや)と書き込む祭り
      (ちやほや) -- 2009-07-05 (日) 10:55:07
    • (新入りちやほや) -- ライダー 2009-07-05 (日) 16:47:54
      • (ちやほやされて困惑※中野さんも) -- ジロー 2009-07-05 (日) 17:01:32
      • (ギャギィッ!) -- 2009-07-05 (日) 17:03:05
      • (可愛い成分が見あたら無すぎておろおろしている) -- ジロー 2009-07-05 (日) 20:15:05
  • ザビーネ とんでも ない 霊圧 を 検知 した(顔のランプが赤白青に激しく点滅 非常事態らしい)
    場所 は スラム だ 囮 の 可能性 より は …… 全方向 へ の 悪意 だ -- ジロー 2009-07-04 (土) 22:36:47
    • ああ、私の勘にも引っかかる程の悪意だ…気付いている(エプロンを投げ捨てるとショットランサーを具現化させて)
      …それにな、恐らくだがこの感覚…フッつくづく縁があるらしいな、行くかジロー(真摯な顔でジローを見た) -- ライダー 2009-07-04 (土) 22:42:04
      • 理解 する 雪辱 と 行こう(貴方の顔を見、察する相手は同じだ) -- ジロー 2009-07-04 (土) 22:43:19
      • …体よりも心が…疲れたな、ジローは…間逆か…(ぐったりとした顔で辿り着くと必死の思いで中までジローを運び)
        まずは私だ…(軍用の高カロリー食を摂るとそのままジローの食事を作り始める、今日はロールキャベツとシチューだ)
        (ぐったりとしながら必死に煮込むと動きの止まっているジローの元へと鍋と持って行きジローの動力源の車輪を手で回そうとする)起きろジロー…活力の元だ… -- ザビーネ 2009-07-05 (日) 03:08:05
      • ……(しばらく、そうしていただろうか 不意にシチューの中身がぽつぽつと減り始め…)
        ザビーネ 友 を 失う こと は つらい 僕 は 実感 した(全力戦闘だった リンクはより大きな―精神、感情と呼ばれるものまで―共有し、飛躍的な学習効果をもたらす)
        だから 休もう 明日 胸 を 張り 恥じない ため に(次々料理が消えてゆく…と供に、貴方にも充足されてゆく魔力) -- ジロー(格納) 2009-07-05 (日) 03:13:50
      • フハハ…!私から学んだか…友…とまでは行かんがな、だが…深く理解出来る相手ではあった、私に似ていたからな
        (魔力が点り始め体を動かすのが楽になっていくと頷いて席を立つ)勝つ…ビーストの分までな、止まる事など出来んのだ
        ジローも休め?明日山でパーツを探して応急手当をするのでな(そのまま寝室へ) -- ザビーネ 2009-07-05 (日) 03:19:32
      • 理解 する 人間 に は つらい こと も 多い でも だから ……(貴方の言葉に頷くと、ボディをハンガーに固定しまた待機モードへ 明日からの戦いはまだまだ長い……) -- ジロー 2009-07-05 (日) 03:25:36
  • (槍先も弾も無いショットランサーに魔力を込めて装填をするとふらふらと歩きながら台所へ向かう)
    ふー…仕込を済ませておいて良かった…(冷蔵庫からボウルを取り出しボウルの中の物を手に取ると丸い形へと整えていく、ハンバーグだ)
    此度の戦い、打倒に行った割には薄い結果だったが…相手の手の内は多少は見れた…今回は良しとしようか -- ライダー 2009-07-04 (土) 01:15:49
    • えらい め に あった(焦げてる、めっちゃ焦げてる はやいところ修理した方が賢明だ)
      うん あの 結界 内 に は 兵隊 と アーチャー が 居る 数 で 押す タイプ だ
      本体 と の 接触 も 無い 慎重型 だね(ハンバーグを作り始めた貴方の後ろでわくわく待機) -- ジロー 2009-07-04 (土) 01:30:26
      • 数も然る事ながらアーチャー自体の能力も随分と高い、あの数と質を潰すのなら…最初から私の宝具で挑む必要もあるかも知れんな
        または…フハハ!有り得ん事だが他のマスターと組んで戦うかだな!(愉快そうに笑いながらハンバーグを焼きケチャップ、みりん、ソース、醤油、ワイン、マヨネーズで作った濃い味のソースを仕立てあげハンバーグにかけていく)
        ん?見てて楽しいかね?(自分の分に大きめな物を一つ、ジローの分に巨大な物をこれでもかと用意しこちらはおろしダレなどの多種な味に仕上げ差し出す)
        では頂きます…(テーブルに座るとフォークとナイフで食べ始めジローを見る)ううむ…今日は私が応急処置をしよう、騎乗能力のお陰で外装程度の作りは分かっているし多少は修理出来る、早めに整備士を得なければな… -- ライダー 2009-07-04 (土) 01:38:07
      • そう アーチャー も だ 手数 で 押す 最後 に 一発 厄介 だ ね(憮然と顔のランプを赤紫に)
        期待 する(が、並べられた多種多様のハンバーグを待ちきれなかったとばかりに穴だらけにしていく)
        ラック の 協力 が 得られる よう に(祈りにも似て、夜は更けていった…) -- ジロー 2009-07-04 (土) 01:44:11
  • あ、ジローだ -- nino 2009-07-03 (金) 20:14:51
    • そう 言う 君 は ニノ だ(がらくた山の一角で座っていた) -- ジロー 2009-07-03 (金) 20:31:56
      • おう、ニノだぞ、ジローもがらくた集めか?(クズ鉄屋に売れそうなもの探しながら) -- nino 2009-07-03 (金) 20:39:29
      • 僕 は 骨 休め だ(がらくたを集めるニノを横目?に見つつ)
        応力集中 が 起きて いる(コンコン、とドアノブをハンマー代わりにフレームを叩く 歪みとりだ)本当 なら 熱処理 が 出来れば 良い の だけど -- ジロー 2009-07-03 (金) 20:48:33
      • メンテが必要なんだな、うーん私は職人じゃないからなぁ
        はーあんまいいもんねぇな・・・でもさー休むんならもちょっとマシなとこにしないのか? -- nino 2009-07-03 (金) 20:53:46
      • 色々 落ちて いて 便利 だ よ ?(座っているくず鉄…重機のエンジンカバーだ…の横から、何に使われていたのか判然としない鋼板が取り出される)
        それ に 僕 は マシ の 感覚 が わからない(鋼板は様々な小部品の形に打ち抜かれている 一見してカタヌキの化け物のような風情と化しているため元の用途がわからないのだ) -- ジロー 2009-07-03 (金) 21:01:34
      • そっかパーツ集めしてんのか(よくわからない鋼板を覗き込みながら)
        マシってほら、えーと・・・ゴミ捨て場じゃないとこ? -- nino 2009-07-03 (金) 21:10:25
      • ゴミ 捨て 場 に 住んで いる 人 たくさん 居る 彼ら に とって 住み なれた 我が家 は マシ では ない の だろう か ?
        (思索モードに入ってしまった 頭?を抱えて考えに耽っている…鋼板は投げ出されたままだ 持って行っても構わないかもしれない) -- ジロー 2009-07-03 (金) 21:16:30
      • ふつーはなーゴミ捨て場にはあんま住みたがらないんじゃないのかー?
        あーでもたまに好きで住んでる人もいるか、山ん中が苦手だってひとも居るしなー
        お、これ要らないのか? -- nino 2009-07-03 (金) 21:25:29
      • そう なのか そう で ない の か ?(貴方の言葉に翻弄されまた考え込む そっちに夢中で鋼板から興味は離れているようだ) -- ジロー 2009-07-03 (金) 21:30:10
      • (要らなさそうなので拾ってメシ代にかえることにした)
        うん、あれだな、居たいとこに居りゃいいんだよ!(脇に一緒に座りながら)
        私は山が好きだからいつも山にいるしな -- nino 2009-07-03 (金) 21:39:58
      • 理解 した マシ は その 人 に とって の モノ(貴方の言葉に閃いたのか、顔のランプが赤緑に点滅した 「共有不可」タグが付けられる)
        ニノ は 山 が 好き だ 僕 は がらくた 山 が 好き だ(大層嬉しそうに座りながら首を振っている 理解の瞬間ごとに人間に近付いている気がする) -- ジロー 2009-07-03 (金) 21:57:04
      • うん、そーいうこった!よっしゃ、だいぶ集まったからクズ屋に売ってくるよ
        さんきゅーなーメシ代が出そうだー(鋼板を袋につっこみつつもどってく) -- nino 2009-07-03 (金) 22:04:50
      • うん また ね ニノ 食事 は 嬉しい(鉄を売り、食料を得ると言った 経済の仕組みを学び始めた機械だった) -- ジロー 2009-07-03 (金) 22:12:15
  • 罠だ!落とし穴だ!気をつけなければ落ちてしまうぞ -- 2009-07-02 (木) 20:34:34
    • (さっぱり気をつけなかったのですとーんと落ちて行ったよ 行き先はここ?) -- ジロー 2009-07-02 (木) 21:16:40
  • 生きて帰ってこれたら勧誘するか…そろそろ私が最も死に易い時期に入ってきたからな…
    では冒険に行って来る、ジローもしっかりと生き残れよ -- ライダー 2009-07-02 (木) 13:16:43
    • 何事 も なく ザビーネ も 大丈夫 だ 良かった(冒険から帰ってきたが望みの依頼からは外れたのでちょっとしょんぼり)
      準備 が 整い 次第 行こう -- ジロー 2009-07-02 (木) 18:22:11
      • ジローも無事で何より、さて…それでは行くとしようか、場所は知っているかね? -- ライダー 2009-07-02 (木) 20:35:20
      • 霊圧検知 …… …… ここ? だ マスター を 失って 多少 乱れ が ある けど それ より
        何 より 油 と 鉄 の 匂い が 強い(自分に近いモノを扱うにおいだ 化学反応としての匂いを超えて響くものがあった) -- ジロー 2009-07-02 (木) 20:45:16
      • ふっ香りが分かるか…中々(感心したように頷くとジローに乗って)では行くとしようか
        ラックが何のクラスかは知らんが最長で6ヶ月、最短で3ヶ月だからな…どの様な答えでも急がねば -- ライダー 2009-07-02 (木) 20:51:48
  • 地獄 の よう に 大変 だった(鋼鉄の体をドックに横たえものっそい疲れてるロボマスター) -- ジロー 2009-07-01 (水) 22:32:46
    • お疲れ様ジロー(髪の毛が荒れに荒れて疲労困憊といった様子で箒を掃除道具入れに入れて)
      ふー………食事にするか?今は食事で栄養補給した方が良かろう -- ライダー 2009-07-01 (水) 22:42:15
      • うん 幸い に して 搬入口 は 広く とれた(鉄骨と、極簡単な…洞窟探検に使われるような竪穴エレベーターを備えた元裏口)
        ザビーネ も 疲れてる から 量 と 存在 の 大きさ で 補おう(巨大な…何かの肉の輪切り、巨大な鉄板 料理の手間でサーヴァントをこれ以上消耗させまいと用意された食材だ) -- ジロー 2009-07-01 (水) 22:48:00
      • 正に災害だな此度の件は(裏口のあまりの崩壊を思い出してため息を吐く)あれを相手にする…骨が折れそうだ
        ん?すまんな…ではジローの好意に甘えて手軽に作るとしよう、私の方は幸い魔力さえ補充出来ればそれで問題は無いがね、つまりは食事をすればいい
        (手を捏ねると鉄板を温め巨大なステーキを作り始める)ふははこれはまた!子供の頃の夢が叶いそうなぐらいに巨大な代物だな!(笑いながら手際よく仕上げていく)
        (ジローは味が分からないとは知りつつも塩コショウのみや焼肉のタレ、ガーリック、大根としそなどの細かな手間だけは忘れずに) -- ライダー 2009-07-01 (水) 22:56:10
      • 肉体 に 疲労 が 認められ ず とも 精神 の 疲労 が 蓄積 される(人間観察、いやさサーヴァント観察?ともかく余計な苦労はかけないに越した事は無い、と結論を持つ程度には学習している)
        人間 の 子供 は 大きな もの が 好き か ?(それでも目まぐるしく働く貴方の手際に、諌めるよりも興味の方が勝って聞く) -- ジロー 2009-07-01 (水) 23:00:54
      • つまりはストレス発散をさせるのも大事という訳だ、短い期間で随分と学んだな…(何処か嬉しそうに頷いて)
        そんな所だ、大きなステーキにケーキ丸ごとにやらそういったのを夢にするのが子供でな(多種多様な味を作ると自分用に多少切り分けた後それ以外を多くの皿に載せてジローに差し出した)
        出来上がりだ、鱈腹食べて回復するといい -- ライダー 2009-07-01 (水) 23:09:45
      • 日々 これ 学習(嬉しそうに顔のランプを明滅させ胸を張る)
        そう か 確か に 見た目 に 多い だけ では ない 充足 が 感じられる 気 が する ひと 繋がり だから ……?
        (いつも通りに肉の塊を消し抉りながら炉は食物の持つ意味、存在を魔力に変えていく 不思議と、炉が回る以上の感覚が芽生える気がした) -- ジロー 2009-07-01 (水) 23:19:54
      • いい事だ、死したる我々は既に学べぬ身になってはいるがジローには無限の未来があるからな
        料理というものには気持ちが篭っている、だから人はこう言う…召し上がれとな?ジローにはその気持ちが分かるのだろう、その気持ちが分かるのは…人ぐらいなものだ
        (自分の分のステーキも頬張りながら)…最悪サーヴァントの補強が必要かも知れんな、此度の破壊力…恐ろしいものがあった -- ライダー 2009-07-01 (水) 23:24:08
      • それでも ザビーネ が 褒めて くれる から 僕 は 嬉しい(ぼそりと呟く様に 照れているらしい)人 に 近付いた 実感 を 得られる
        (しばらく食事を続けると、戦争の話に移る 恐らくは偵察、あるいは挨拶代わりに陣地を半壊させられた 由々しき自体だ)
        どう だろう 今月 霊圧 が 途絶えた マスター が 居る
        撃破 された という 話 も 聞かない が …… (貴方の戦場に巻き込みたくはない、という意思はそれとなく感じているようだ) -- ジロー 2009-07-01 (水) 23:36:07
      • 母上が所属していた所か…それは私も知っているが…(私情で動いては戦争には勝てないという事は承知しているのか悩んでいる)
        消えていなければ話だけでも聞いてみるのもいいだろう、私の宝具はジローの負担が大きすぎて回数が使えんし何よりジローが止まる
        出来ればその間ジローを守れる…またはどうにか動かせるようにするサーヴァントが欲しいな -- ライダー 2009-07-01 (水) 23:40:26
      • そうか うん 人間 同士 の 対話 が 重要 だ(その視点は、「利用」だけではない サーヴァントを人間として、機械を人間として対等の立場に置く話し合いのステージだ いたく感激する)
        だから 話 を 聞いて 話 を 聞かせて 考え よう(俄然やる気が湧いてきた 交渉に行くのだ、協力を求めに 強要ではなく)
        ザビーネ 僕 は 未だ 機械 だ(厳然たる事実 しかしそれに臆することは無い)なら 機械 に 詳しい 者 の 協力 が 欲しい -- ジロー 2009-07-01 (水) 23:50:50
      • 人はパンのみにも剣のみにも生きるに非ず、言葉を神に与えられた生き物だからな
        (その事実を嫌うマスターが臆することなく話す姿を見て真摯な顔で見る)つまりは元技術職、それも機械に強いサーヴァントが欲しいと?…母上の所属していた所に同じく友人がサーヴァントになり居たが…技術職だったな
        場所は分からんが…同じく場所は知らんし既にマスターの居るサーヴァントに開発部が居た、そいつも機械には滅法強いぞ、勧誘するなら母上と同じ所属のラックというサーヴァントだが開発部も優れている、マスターが決めてくれ -- ライダー 2009-07-02 (木) 00:02:49
      • (我が意を得たり、とランプが緑青に光る)交渉 だ 当面 存在 自体 の 危険 が ある ラック を 優先 する それ に
        もう 片方 は 極めて 存在 が 希薄 だ 検知 する 度 に 予想外 の 範囲 に なる 不確定 -- ジロー 2009-07-02 (木) 00:07:31
      • 気配遮断の能力持ちという訳か、厄介だな…だがもしも会えれば寝返りを提示するのもいいだろう
        承知した、ではラックを説得できれば味方に……消えてなければ良いが、久々に話もしたい -- ライダー 2009-07-02 (木) 00:23:24
      • 承認 する でも 今日 は 遅い(この規模の災害を片付ける重労働だ、精神的にも相当な負担)
        知って いる 言葉 だけど 「病は気から」 今 やっと 実感 できた(休息が必要だ、その間に状況が変化しようとも) -- ジロー 2009-07-02 (木) 00:28:47
      • 承知した…確かに今は休みたいところだな(首をゴキゴキと鳴らして乾いた布団を抱える)
        ああそうだジロー、そうやって精神的疲労を感じるのはそれ程良くは無いが悪い事でもない
        心の成長には多少の負担も必要だ…ではお休み(人差し指を立てると寝室へと向かった) -- ライダー 2009-07-02 (木) 00:41:18
      • 麦 は 踏まれて 伸びる 試練 の 事 か ?(やはりまだ完全には理解しきっていないようだ…)
        うん おやすみ ザビーネ 良い 夢 を(そう言って高効率魔力発生器となるべく待機状態へ 一晩も「眠れば」万全の状態に回復するだろう……がらくたの山は未だ、暗い) -- ジロー 2009-07-02 (木) 00:54:07
  • (大変ご迷惑をおかけしております) -- ジロー 2009-07-01 (水) 22:29:19
  • (しばらくそのままでお待ちください) -- ジロー 2009-07-01 (水) 22:28:49
  • (ただいまジローとザビーネが半壊した居住スペースを片付けています) -- ジロー 2009-07-01 (水) 22:28:20
  • (ノックの音がする) -- 2009-07-01 (水) 20:46:59
    • がらくたの山、その一角に据え付けられたシェルター・ドア
      ノックをした貴方に応える声はなく 内部からは機械の駆動音とも獣の唸りともとれない音がする……
      -- 2009-07-01 (水) 20:53:15
      • 返事が無い。たまには前フリなしでもいいかな!
        バーサーカー、やれ(控えている、自分のサーヴァントに指示を) -- レムリア? 2009-07-01 (水) 20:58:13
      • WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY........!!!!!!
        (対城宝具を展開、強大にして巨大な数十mの氷塊がシェルターをブチ破った!) -- 青髪女? 2009-07-01 (水) 21:02:25
      • 外から見たときと大差ない景観
        ドアを破った先には、また鉄と構造物の迷路、あるいはブロックパズルの如くどこまでも灰色が続く
        凡そ人間が住まう作りではない、辛うじて成人一人分が通れる程度の換気口(?)の他に通路らしきものすら無い
        -- 2009-07-01 (水) 21:03:34
      • ……おやおや、今までは簡単にターゲットが顔を出してくれたもんだが。
        進むには少々骨だな。バーサーカー、ちょっと好きなように破壊してみろ。 -- レムリア? 2009-07-01 (水) 21:11:30
      • (一歩進むごとに地面が抉れる…真っ直ぐ一直線に、障害を断ち薙ぎ払いながらぶち壊していく) -- 青髪女? 2009-07-01 (水) 21:16:04
      • 掘っても掘っても壊したら壊した分だけ―何処からか湧いて来るように―続き続ける灰色の世界 ゴミ、ガラクタ、スクラップ もう足元が埋まろうかという際限の無さ

        ……
        ………
        同時刻 その地下、奥深くの空間にも震動が響いた
        ザビーネ 自然 災害 に して は 規模 が 不当 だ 敵 の 可能性 が 高い -- ジロー 2009-07-01 (水) 21:20:17
      • 持っててよかったダスキン。
        (トランクに収納されていた鉄器を取り出し、周辺の廃物を文字通り掃除し始める。掃除機に吸い込まれるかのように、ガラクタたちは消滅していく、が)
        ……なんか増えてね? -- レムリア? 2009-07-01 (水) 21:24:39
      • ングガガガガガガガ!(ガタガタ震えながら座布団を頭に載せている)…何!?地震ではなく攻撃だと!?迷惑な!
        しかしこれが攻撃だとしたら相当の敵だが…どんな敵か分かるかね?ついでに上に罠などはあるか? -- ライダー 2009-07-01 (水) 21:25:26
      • 砕かれ消えてゆく産業廃棄物、構造物としての体を成さなくなった姿は元より体積が増したようにも見えるがしかし
        爆発的に増えるようなことは無い 意思ある力、結合力の残滓のように、「違和感がある」程度の異変でしかない
        やがて、地表構造物は周囲の山に紛れ、同様の通風孔―程度のスキマが地面に一つ あとは先ほどまでの壁と同じような面が床として残る 同様に掘り進むことが出来るかもしれない
        -- 2009-07-01 (水) 21:32:03
      • 多分 裏口 から だ 礼儀 を 知らない(ザビーネの真似をし机の下に隠れながら)
        単純震音 から 足音 は 2 四足種 が 一頭 では なく 二足 が 二人(クソの役にも立たない情報だ)
        罠 ? どう だろう 此処 は 元 から よく わからない 構造 に なって いる
        表 は 掃除 した けど 裏 は そのまま だから ……(首をかしげた) -- ジロー 2009-07-01 (水) 21:36:42
      • バーサーカー、ストップだ。
        いい加減進んだはずだが、敵の気配は見えない。
        深奥に座しているとすれば、紛れも無くアウェーで相対することになる。
        加えて、俺たちは戦闘する以前から消耗してしまった。
        補足される前に帰るから最後に一発ブチ込んでやれ、バーサーカー。 -- レムリア? 2009-07-01 (水) 21:36:47
      • (遂には一層ブチ切れたか、跳躍でシェルターの天井中央へ降り立つと…氷塊の質量を高重力で増加させ、押し潰し始める) -- 青髪女? 2009-07-01 (水) 21:40:03
      • 二足…二人!?上はあれ程揺らす巨人は暴れられん場所だぞ!?…セイバー…バーサーカー…最悪その二体かも知れんな
        気を引き締めろジロー、恐らく…いや確実に強いぞ(一瞬振動が止まったのを不思議そうにして)…止まった? -- ライダー 2009-07-01 (水) 21:41:05
      • めきりめきりと音を立て潰れてゆく鋼鉄の床…床?その表現は適当では無い、正確に記するならばジャングルジムのような骨組みにがらくたの肉をつけた地下埋設型多目的射出ユニットの天面!
        一瞬の後、氷塊が地面に埋まった -- ジロー 2009-07-01 (水) 21:46:11
      • (始終を見届け)……一組で攻略するには難だな。帰るぞ、バーサーカー。 -- レムリア? 2009-07-01 (水) 21:49:14
      • 小型 歩兵 では なく サーヴァント に よる 無差別 攻撃 か(ザビーネの言葉に深く頷く アゴどこだろう)
        ずずん
        ぬ わ わ わ わ わ わ(大破壊の余波を受け迫り来る氷の粒から逃げ惑う) -- ジロー 2009-07-01 (水) 21:49:19
      • (巨大な振動を感じると意を決したのかショットランサーを手元へと呼び出し上を見据える)…来るか!?
        出来れば…消耗していて欲しいところだな!(上から振る瓦礫を避けながら嬉しそうに笑い) -- ライダー 2009-07-01 (水) 21:54:00
      • (主人の言葉に地団駄踏みつつも従う青いの、最後の攻勢か埋まった氷を一瞬にして液化させる)
        (溶けた氷水が隙間から流れ込む) -- 青髪女? 2009-07-01 (水) 21:59:53
      • 震源 反応 が 遠ざかった(逸る貴方を宥めるように)
        ザビーネ それ より 水 が 水 が(もう凄い勢いで逃げる、さながら迷宮からの大脱出もかくやという勢いで水から逃げる 大洪水だ!) -- ジロー 2009-07-01 (水) 22:05:44
      • …止まった?遠ざかった…という事は帰った…のか?(諌められ収まった振動に不思議そうな顔をすると上から大水)んがああああ!何だこれは!?ジロー!傘!傘!ええいとりあえずジローはテーブルを上に乗せろ!濡れるのは防げる!
        ぐうう逃げたかは知らんが味な真似を…!…だが相手のクラスは大体絞りこめたぞ!(大水から逃れようと傘を探し回っている)
        生活スペースをトンでもない状態にしおってええええええええええええ!!!! -- ライダー 2009-07-01 (水) 22:05:52
      • ちくしょう 何 の うらみ が あって(射出ユニット部は壊滅だ、緊急出動はしばらくお預けだろう)
        ああっ ザビーネ 浸水 浸水(大急ぎでテーブルを被り机を踏んでドアを閉めても天井から壁から漏って来る水 ヴェネチアンより湿っぽかった) -- ジロー 2009-07-01 (水) 22:13:43
      • 聖杯戦争だからな!恨みが無くともなのだろう!ちくそう!(ざぶざぶと沈む足を動かして必死に荷物を確保している)
        おのれ…!次はこちらから行かせて貰うぞバーサーカーのマスターめ…! -- ライダー 2009-07-01 (水) 22:16:35
  • ザビーネ ごめん 僕 が 起動 限界 だった から 無理 させた(がらくたの山の中、地下10数メートルのドックに横たわる機械兵)
    僕 の 機能 を 大半 遮断 して から ごはん 食べれば 回復 する 多分(X2改の現界(レギロス)により大量消費され、かつザビーネ自身の消耗も激しい まずは高効率なジローの炉で発生させた魔力で補うのが最優先だろう) -- ジロー 2009-06-30 (火) 06:01:35
    • ふーーー…ゴホッ(修復に魔力を回しているとはいえ重傷な状態には変わらずぐったりとして横になっている)
      いやこちらこそすまんな…奥の手を相手に見せる事になった、…悪いがジローの提案どおり回復優先で頼む(やっと脇腹の穴は塞がったがそれでも青い顔で)
      次は必ず仕留めよう、次は…ハーッハーッ…治ったら精々心を込めた料理を作ってジローの魔力も回復させようか(そう言うと回復優先の魔力温存の為に目を瞑り眠る体勢に入った) -- ライダー 2009-06-30 (火) 07:09:27
      • 承認 する 楽しみ に 待つ よ(そう言うと機能遮断、出力専用モードに切り替わり、貴方の傷が時間を巻き戻すように塞がっていく)
        (無言の一機と一人、地下秘密基地は静寂に包まれ来るべき戦いに備えていた……) -- ジロー 2009-06-30 (火) 07:25:35
      • ふううううううううううううううううううううううう…(起き上がると血に塗れた衣装を新たにして調理場へと向かう)
        (正に満干全席と言わんばかりに凄まじい数の中華料理をしっかり仕立てあげるとメモを置いていった)
        偵察に行ってくる、此処と此処と此処だ、それと私用で少し -- ライダー 2009-06-30 (火) 22:47:26
      • (充分な回復量、しかしそれでもX2召喚分には追いつかない!海の家の喧騒へ引かれふらふらと出かけていった) -- ジロー 2009-07-01 (水) 18:36:43
  • ロボと頭のおかしい眼帯男、いるんだろう?(垂れ流しの魔力を辿りここに着く) -- ニャンス? 2009-06-29 (月) 21:27:53
    • さて…どちらかな、私の正体を知っているのが実に気になる所なのだがな(いつの間にか目の前に立つと仮面をずるりと外し眼帯を着けた顔を見せる)
      ジローは…うーむ何処に居るのだろうな -- ライダー 2009-06-29 (月) 22:06:15
      • (ニャンスの後ろに立ち、見覚えのある顔を目を細めて見つめる)世界は狭いな・・・ったく -- アーチャー 2009-06-29 (月) 22:13:21
      • あちらこちらでいろいろなことをしているだろう? それに、この界隈で有名なら自然と耳に入るさ
        それに情報はボクの武器さ
        マスターがいないなら本気も出せない…か
        じゃあ、死んでもらおう アーチャー!(隠していた気配を解き放ち殺気を込めた声で自らのサーヴァントを呼び出す) -- ニャンス? 2009-06-29 (月) 22:13:42
      • (ニャンスの後ろに立つ男を見ると仮面で顔を隠し愉快気に笑い始める)確かに狭い、狭いなビースト、…同じ親として最も戦いたくない類だ
        (ニャンスの言葉を聴くと肩を竦めて苦笑しながらショットランサーを具現化させる)フッならば耳に入っているだろう?勝てる相手ではないと
        ヒャーッハッハッハッハッハッハッハ!この戦争に勝つのは誰か!この私だからな!(言葉とは裏腹に自分の不利は重々承知しているらしい、即座に終わらせようとショットランサーをニャンスへと向けマシンキャノンを放とうとする) -- ライダー 2009-06-29 (月) 22:24:08
      • はははっ! やれるならやってみろ! ボクの最強のサーヴァント相手にそれが出来るならな!
        (深紅のマントを翻すとライダーとの間に一瞬壁が出来る 次の時、その姿は完全に隠匿される) -- ニャンス? 2009-06-29 (月) 22:32:48
      • とびっきり悪趣味なジョークだなこりゃぁ・・・(ため息を漏らし両手には自動拳銃)
        お得意のシュミレーションの結果か?お前に俺が倒せるのか?勝てるもんなら勝ってみろよ!!!
        ―――IT'S CLOBBERIN' TIME!
        (ライダーが構えた瞬間、拳銃でショットランサーを払い顎に銃を付き付けた) -- アーチャー 2009-06-29 (月) 22:32:07
      • チッ気配遮断か!そいつであの偵察の時も隠れたようだな!(掠れば良しと払われる途中ショットランサーからマシンキャノンを連射し)
        ジョーク?どちらがだ?貴様と戦う事になった事、それとも私が勝てると言った事か?(顎に突きつけられれば即座に体を右に捻り仰け反らせその勢いのままに左足を蹴り上げる、狙いはアーチャーの腕)
        生憎と…譲れん理由があるのでな!シュミレーション以前の言葉よ! -- ライダー 2009-06-29 (月) 22:47:06
      • そりゃぁ、決まってるだろう。真面目な顔してアンタが武器を振り回してることがだよ
        ―――ゴッ (回避はしない、繰り出された蹴りを左腕で受ける。鋼の左腕で)
        忘れたか?俺の左腕が鉄の塊だって事を(顎に突き付けていた右腕の格闘拳銃を胴に向ける。) -- アーチャー 2009-06-29 (月) 22:58:09
      • それはお互い様だ、妻子を抱く腕を人を殺める腕として奮ってまで…理由は想像がつくがね
        (全力での蹴り、しかし英霊になろうとも覆せない相手の肉体のアドバンテージ、そしてアーチャーの鋼鉄の左腕、そこから導き出される結果を苦痛に歪んだ顔で表すが動きは止まらない)
        ハッ!忘れたな!生憎と私の腕は生身でね!(そのまま左足をくるりと回すとアーチャーの腕を爪先で全力で押しショットランサーを右に向いたまま前方に撃ち放つ、誰も居ない所へと)
        (足の力とショットランサーの推進力から生まれる反発力を使いアーチャーから見て右側へと転がり銃を避ける目算らしい) -- ライダー 2009-06-29 (月) 23:12:55
      • くっ・・・!(ニャンスの気配遮断はそれほど隠匿性が高いものではない 声を出せば居場所がバレる) -- ニャンス? 2009-06-29 (月) 23:13:02
      • ――――死んだよ、俺にはもう何も残っちゃ居ない(腹の底から抑揚のない声で言葉を吐き出した)
        (とっさの機転を利かし右側へ回避するライダーに対してすぐさま銃を向ける。)
        (並列の三連掃射六発の弾丸がライダーの動きを制限するように襲い掛かった)
        チッ(気配を断ちながら戦線離脱するわけでもなく、現物していた挙句居場所を晒すマスターを睨む)
        (三人の立ち位置は三角形を描いていた。どうする?射線に割り込んだとして間に合うか・・・!) -- アーチャー 2009-06-29 (月) 23:23:28
      • つくづく…!だから望むか!聖杯を!取り戻す為に!(同情が入り混じった様な自分へと向けたかのような声で叫ぶとそのまま転がり)
        (確かに聞いた相手マスターの声、そして割り出される位置、無理に攻撃をすれば相手の妨害無く届くかも知れない可能性を瞬時に判断すると行動を決める)
        グッ…ガア!(制限しようとする6発の内2発をその左脇腹に受けその衝撃を利用して体を強制的にニャンスの居る方向へと向けると右腕のショットランサーを前へと突き出す)
        すまなんだがな…卑怯者とでも呼ぶがいい!(そのままショットランサーを射出し続け同時にマシンキャノンも面で放つ、その衝撃の度に脇腹から危険な量の血液を撒きながら) -- ライダー 2009-06-29 (月) 23:36:53
      • ぐ・・・っ! ぁ・・・ぁぁぁあああ!(アーチャーの割り込みも間に合わずその全弾が身体に穴を開ける)
        ぁ・・・が・・・(小さな猫人の身体はそのまま吹き飛び、ずしゃりと落ちる)
        (多量の血を流し床の上でびくびくと痙攣している その先が長くないことは誰の目にも明らかだった) -- ニャンス? 2009-06-29 (月) 23:43:13
      • (冷め切った思考で敵とマスターを天秤にかける。どうせアレはもう死んだ、そう判断し容赦無くライダーに銃を向ける)
        (蛇が毒牙を剥き出しにして襲い掛かるように、拳銃を交差させ引き金を引いた)
        (何十年にも亘る戦闘経験による相手の回避運動を予測―未来位置として予測される最も確立の高い場所に三発発砲した) -- アーチャー 2009-06-29 (月) 23:53:04
      • …な…!?(確かに狙いはした、しかし自分に察された瞬間に少しでもその場から逃げていた筈と判断しての面の攻撃だったので全てが体を貫く事態に驚愕する)
        ハーッハーッ…!(脇腹に穿たれた穴を手で抑え出血を抑えながらしかし戦いが終わっていない事をアーチャーの殺気…更には宇宙に住む人間特有の独特の勘で察知し急所だけは守れるようにと垂直に立てアーチャーの方へと向く為に飛び下がった)
        (…アーチャーが予測した最も確立の高い場所にと、ランサーに弾かれる弾は当たらぬままが一発、頬を掠って一発、右太股を抉ったのが一発、それでも尚再び右腕を前に突き出し最後のショットランサーをアーチャーに向け射出する)
        もう貴様の勝利は消えた!このまま続けノスタルジーで更には聖杯への可能性を潰すかね!?(酷く荒く息を吐きながら諦めてはいない目でアーチャーを見据える、その目には何か理由があるのか敗北の色は何処にも無い) -- ライダー 2009-06-30 (火) 00:08:18
      • 俺の負け?ハッ― 笑わせるな(ライダーに銃向け、引き金に手をかける)
        マスターが死んだのなら代わりを探せばいいだろう。アーチャーとして召還されて本当に良かったと思っているよ
        俺にはまだまだ時間がある、ところがお前はどうだ?ボロボロじゃないか・・・負けたのは、お前だよ、――
        (相手の真名を呟き不可視にして不干渉の刃を突き付ける、死線は真っ直ぐにライダーの心臓を狙っている) -- アーチャー 2009-06-30 (火) 00:23:57
      • …クククッ!フハハハハ!ゴホッ!(その口元は酷く大きく歪み狂気染みた、いや狂気の笑みへと変わる)フヒャッ!ヒヒャハハハハハハハハ!ヒャーッハッハッハッハッハ!
        ビィーストォー…言ったぞ?聖杯への可能性を潰すのかと?敗北?喋る前に引き金を引けばもしかしたらだったのかもな?
        …今日の夕食は大目だジロー(狂気の抜けた真摯な顔でアーチャーを見る、そしてザビーネ・シャルの口から宝具の名が紡がれた)
        輝天裂く鉄紺の機械巨兵(クロスボーンガンダムX2改)
        (一瞬にして広範囲の地面を包み込む漆黒の円、咎人が送られる世界に繋がるその円にライダーがどぷりと水に沈みこむ様にして溶け込んだ刹那円から巨大な…)
        (あまりに巨大過ぎる紺色の鋼鉄の巨人がその姿を円より上り現した)
        …鋼鉄の腕、だったかな?では…鋼鉄の巨人の腕に敵うか試してみたまえ(巨人から響くライダーの声、鋼鉄の巨人はその手の平をただ真っ直ぐにアーチャーを押し潰すように突き出した) -- ライダー 2009-06-30 (火) 00:45:37
      • (鋼の巨人を見上げる)グハハハハハハ!大盤振る舞いだな!今夜は俺でハンバーグでも作るつもりか!!
        余裕ぶっこいてないでさっさと殺しておけば良かったぜ!グッハッハッハッハ!!(地を蹴り横っ飛びに飛び跳ねて手から逃れる、軽く地を抉り巻き上がる土砂に薄ら笑いが零れる)
        (コートの中に手を突っ込む)腕比べはお前の勝ちだよ、ザビーネ!!!つーか比べるまでもねえだろこれ!!
        だが、コイツに御自慢のガンダムは耐えられるかな・・・・!!!!(コートの中から取り出したのは二丁のRPG。側面から足首に狙いを付けて引き金を引いた!!) -- アーチャー 2009-06-30 (火) 01:02:29
      • フハハハハハハハハ!大盤振る舞いも大盤振る舞いよ!まさかまさかの…奥の手なのだからな!(高らかに賞賛の意を込めて叫び)
        直ぐに引き金を引かなかった件は一つ借りにしておいてやる、今度何かあった時助けてやろう…この場から逃れられたらだがな!
        (英霊の身となったからかまるで一体となったかのようなX2との感覚、その手の先にアーチャーが居ない事を知ると直ぐに声の先にX2の顔を向けさせ)
        クッククク!はてさてX2は120mmの砲弾も耐えるがそこに狙われたら拙いのは確かだな(そう言うと共にX2のその巨大な体がまるで人の様に軽快に沈みこませ手と足を使いその場を大きく跳躍しアーチャーの側面へと回りこもうとする)
        (しかし瞬間アーチャーの方が早くRPGは足首は外れたものの足へと当たり大きく体勢を崩しながら飛ぶ事となった)
        ハハハ楽しいな!楽しいじゃないかビースト!その旧い装備で良くもやる!(左足首付近から若干奇妙な金属の擦れる音をさせながら獣の様に四つん這いのX2がアーチャーを見据え頭部に設置された大口径のバルカンを雨霰の如く撃ち放つ)
        さあさあさあ!踊れ!そして知れ!勝てぬ事をなあ! -- ライダー 2009-06-30 (火) 01:28:23
      • (神話から抜け出したタイタンの唸り声に背筋が震える、今まで幾度と無く戦ってきたがこれほど巨大な敵を相手にした事はあっただろうか―否)
        (視界には入った瞬間全ての生命を死に至らしめる魔眼の如くバルカンが大地を蹂躙し、その視界に入らないように地を蹴り姿を隠す)
        ウチのマスターの葬式も挙げてやれないなこりゃ・・・空の棺桶ほど悲しい物は無いぜ、ったく
        アンティークを集めるのが好きでね!古い物はいいぞ!お前も赤と青と黄色に機体を塗り替えてみたらどうだ!
        (危険を犯しバルカンの射程角に入り込みスタングレネードを投げつける)
        (凄まじい閃光が巨人の視界を遮った)グハハハ!!!今日の所は俺の負けだ!新しいマスターを探して出直してくるぜザビーネ!あばよ! -- アーチャー 2009-06-30 (火) 01:44:05
      • (己の持つ最強の力を手にしたからか相手の姿を確認もせずバルカンにより地を抉り木を吹き飛ばし土煙を辺り一帯に立ち込めさせる)
        (バルカンの轟音の中でも集音マイクのお陰かアーチャーの声を拾いそれに返す)ックックク!死体も残らんではな!
        フハハ面白い!この戦争が終わり次第にX2を染め上げるのも一興かも知れんな!当然…勝利祝いだがね!
        …見つけた!(視界に入るアーチャー、その姿を逃がすまいとロックオンしカメラのその全てを向け…視界が光に包まれた)…グッ!古典的な手を…!(画面が強すぎる光によって焼け付き一時的に視界不能へと陥る)
        (視界の焼け付きが収まった頃には辺りには既にアーチャーを完全に捕捉不可能な状況へと変わっていた)
        ふん、精々良いマスターを見つけてくるのだな、その度にマスターを滅ぼし最後は私が勝利してくれるわ(静寂となると再び地面に現れる漆黒の円、そしてそれに吸い込まれる様にして消えていく藍色の巨人、後には血塗れの眼帯男だけが残った)
        っふー…さて…まずは…私が生き延びる事から始めんとな…(足を引きずり脇腹を抑え家へと向かった) -- ライダー 2009-06-30 (火) 01:58:50
  • (コツ、コツ。床を打つのは踵と杖の柄。格納庫の様な場所を物珍しげに眺めまわし乍、歩いてくる)
    今晩わ、御免くださいですのー。こちらにマスターな方はいらっしゃいますですのー?
    (開口一番、自分が聖杯戦争関係者とバレるのも厭わず、手を口元に添えて声をあげる)
    (そして、入り口を僅かに入ったその辺りに立ち、この場の主の返答を待つ) -- スノゥ? 2009-06-29 (月) 18:29:31
    • (後ろに立つため格好良く天井から飛び降りると足を挫いてその場でのた打ち回る)グアアアア!ンガアアアアアアア!(右に左にごろごろ)
      ふっふー…ふっふー…主は少しばかり席を離れている、如何様な理由で来た女?私で良ければ伝言ぐらいは出来るがね
      (特に警戒する様子も無く足をぷらぷらさせながら) -- ライダー 2009-06-29 (月) 20:36:09
      • ────はッ!?(肉体を此処に置き、自陣に戻っていた霊魂が肉体に戻った)
        ななな何ですの?何が起きてますの?(見れば、奇妙な姿の男が倒れてのたうち回っている)
        イマイチ状況は掴めないですけど、主は、と言う貴方はサーヴァントですのね。
        特別用というわけではないですの。機械のマスターが居ると聞いて興味がありますの。
        そぅ、魔術的な興味が。…本来、サーヴァントはマスターの魔力により存在するわけですけど
        (言い乍、そのサーヴァントである男をまじまじ眺め)ロボマスターに魔力はどぅ宿っているのか。
        その辺りに非常に興味を惹かれましたのー。
        (此方は熱意的に喋るものの、同じく特に警戒の様子はなく、サーヴァントの気配もない) -- スノゥ? 2009-06-29 (月) 20:55:17
      • うむ、ご推察の通りに私はライダーのサーヴァントだ(グッグッと丹念に足のストレッチをして挫いた足を解しながら)
        てっきり私は宣戦布告なりと思ったが…(思い出そうとする仕草をするが顔を横に振って)そういった質問は確かにマスターにした方がいいな
        私はマスターに関しては多少の事しか知らんからな、まあ…敵意が無ければ話もするだろう、主はそういった人間…いや機械か、そういう性格だからな
        (家の中に入るとお茶を淹れる準備を始めながら)どうするかね?待つならばお茶の一つとマドレーヌの一つも出るが -- ライダー 2009-06-29 (月) 21:03:26
      • 痛みますの?(男の前に、ひょいと屈みこんで)見たところ、脚に歪みはなく…骨は無事ですの。残念。
        宣戦布告もそれはそれでいいですけど、その前にロボマスター様の構造を見てみたいですの。
        あ、失礼しましたの。わたしはスノゥ。聖杯戦争に参戦する雪の森の魔術師ですの。…あら。
        (突然、宙を見上げる。霊体のままサーヴァントのひとりが付いて来ていた様だ)
        今の処、敵意はないと言っておきますの。尤も、どうしたところで最後は戦うしかないですけど…。
        (相手の後に付いて屋内へ歩を進め)有難う御座います。せっかくですの、今日は貴方のお話を聞かせてほしいですの。
        実はわたし、偵察中ですの。ですのでよろしくお願いしますのー(お茶を待ち乍、微笑んで──いらんこと喋った) -- スノゥ? 2009-06-29 (月) 21:10:29
      • 残念とは失礼な、いやマスターの場合はそれでいいのだろうかな(ストレッチで直ったのか普通に歩いて)
        フハハハ!勝利よりも知識を選ぶかね!生き残らなければその知識も役に立たんと言うに!だがそういう考えは嫌いではない!
        (スノゥの仕草を見て満足そうに頷いて)わざわざ自分のサーヴァントの存在を仕草で伝え敵意が無いのも分かった、それに免じて無駄な偵察にはならんようにそれなりには話そう
        (丁寧に淹れた紅茶に砂糖とミルク、手製のマドレーヌを乗せた皿にフォークを添えて持ってきてテーブルに置く)さ、どうぞ
        で、何が聞きたいのかね?先に言っておくが私に弱点は無いぞ -- ライダー 2009-06-29 (月) 21:17:14
      • うふふ、もし脚を折っていたなら、新たな脚など提供してみたかったですのー。
        (それほど傷めたわけでも無さそうな脚を見て、はふ、と溜め息を零す)わたしの目的は…神ですの。
        具体的には創造主となること。最終的にそこに辿り着けるのなら、聖杯戦争の勝利も二の次ですの。
        (そのまま、適当な場所に腰を降ろし)有り難うございます、ライダー様。それでは、貴方の生前の活躍について
        …そぅ、3行ほどでお願いしますの。 -- スノゥ? 2009-06-29 (月) 21:22:25
      • 義足は要らん…不倶戴天の敵生涯のライバルと言える男が義手だったので対になる姿になるのはな(心底嫌そうに口を尖らせて)
        神とな、目指す物は大層なのに今回手に入れようとしているのは神の息子の血が付いただけの杯かね?中々にコツコツとした…
        まあ全てを作り出した神になれれば聖杯なども必要と無くなる、むしろ何もかも不必要となるからな…(軽く拍手をして)誰よりも優れた存在たろうとする理想は素晴らしいぞ
        しかし3行とな!?嫁との出会いを語るだけでも中々に行を使うのだがな…!この段階ですら既に一行使っていて焦り始めたぞ、うむ
        うーむ…妻が出来た事子が出来た事も語りたいがそれは知りたい事ではないだろうし…生前様々な家に泊まりに行ったのもそういう意味では違うだろうしな…
        ああ、聞きたい過去と言えばかつて私はコスモバビロニア主義の下黒の部隊の隊長でありMSパイロットをしていてな、まあ存分に活躍していたのだがある任務でキンケドゥと出会ってから…ぬうもう三行 -- ライダー 2009-06-29 (月) 21:36:25
      • 義足?そんな無粋な事はいたしませんの。サーヴァントはマスターの魔力により現界してると言え
        その本質は霊体。であれば、ほかの霊的存在──天使や悪魔──の霊体を移植することも出来ますの。
        (義足ではないが、よりおぞましい事を微笑みながら言って)ん…。神様になる、と言うと語弊が少々。
        ようは全ての創造を可能とするその道の頂、あるものを無尽蔵に精製する力、がわたしの望みですの。
        勿論、この世界のすべてを意のままに創りなおすツモリですけれど、ですの(誉められると気恥ずかしげに笑み、それを長衣の袖で隠し)
        て、無茶振ったツモリが足りないですの!?中々出来ますの。惚気はともかく…。
        (3行分の話を聞いて、テキトーに頭の中でまとめ)うふふ、これで貴方の事は把握したですの!
        宇宙貴族主義を唱えるコスモバビロニアのエリートMSパイロット!宿敵との戦いのはてに妻を娶り、子をなした男!
        ……ど、どのへんが英霊ですの(ガビーン)ま、まあいいですの。詳しくは過去の記録を漁るまでですの。
        (言って、腰を上げ)お客様が来られた様ですし、わたしはそろそろお暇しますの。マスター様によろしくですの…
        そして、いずれは雌雄を決するですの。その時に、わたしのサーヴァントは紹介するですの。} -- スノゥ? 2009-06-29 (月) 21:55:24
      • そんなものを移植されても少々困るな、何せ貴族たる優れた私が天使やら悪魔やらのサラリーマンの体を移植されてもな?
        (特におぞましいとも思わずに首を横に振って)若いのに大きな夢を持っている…最近の若者は小さな夢ばかり見て駄目だ駄目だと老人の様な事を最近言っていたがこれは応援したくなるな、此度の戦争は諦めて貰わねばならんが
        フハハハハ!私は英霊ではなく地獄に落ちた悪人だがね!今回は何故か呼ばれたに過ぎんので全力で勝ちを取りに来ているだけよ
        む、そうか…では今日来た事は確かにマスターに伝えておこう、それではなスノゥ…そちらのサーヴァントがどの様な存在か楽しみにしておく
        (そう言ってスノゥが帰れるように扉を開け見送った) -- ライダー 2009-06-29 (月) 22:11:57
      • まあ!素敵な例えをしますのね。サラリーマン!(くすくすと口元を覆って笑い)
        聞けば、彼の最も美しき堕天使の治める冥府の帝国では、実際、給与が出るとか。流石、博識でいらっしゃいますの。
        はい、夢は大きく。何百年生きる事となろうと諦めませんの。貴方と敵になった運命は残念ですけれど、それもまた
        この身で越えるべき試練ならば。ふふ、対機械戦、練っておくですの。
        悪人、冥府に囚われた魂…。けれど善も悪も捉える者しだい。貴方を断罪するのは貴方の心のみですの。
        そして己を律し、己を罰する事が出来る貴方は…英霊に相応しいかもしれない、ですの。
        (開け放たれた扉の前まで歩き、静かに頭を下げ)有り難う御座いますですの。では、この次に逢う時は…
        戦場、で──(その言葉を残し、扉を閉める。そして)アーちゃん、帰りますのー。うりゃ!(言うと、手を宙へのばし…)
        (むんず、とサーヴァントの霊体を掴むとそのまま持って帰っていった) -- スノゥ? 2009-06-29 (月) 22:23:19
  • ふむ…何となしに感じるな、私用偵察?に行って来る -- ライダー 2009-06-29 (月) 13:36:02
  • …… アサ雷電(サンダーLOVE) の 霊圧 が 消えた(巨大な消費に一瞬の待機時間、しかしその意識の切れ目を外周時間に換算して120分 その間に、自らのサーヴァントの反応は途絶えた)
    敵 敵 が 居る アサ雷電(サンダーLOVE) を 破壊 する ほど の 敵 が(戦争だ、何処の相手かは知らないがそれだけの戦力にただ一人で挑んだアサ雷電(サンダーLOVE)に感情の波がさざめく) -- ジロー 2009-06-29 (月) 01:37:26
    • また 会う 日 まで(がらくたの山から掘り出した―呪言の刻まれた木片を手に黙祷を捧げる機械 それは、人間の悲しみを理解した者の行動に見えたかもしれない) -- ジロー 2009-06-29 (月) 01:40:10
      • その 時 まで に(びしり 使うことなく、しかして霧散することも無く 令呪がその形を変え機体表面を蠢く)
        僕 は 人間 に なる よ(エイリアンのタトゥー(異星生命体の刺青)の如く 外装へ広がる模様が蜘蛛の脚にも似て) -- ジロー 2009-06-29 (月) 01:56:02
  • 失礼いいたしますわ、マスターはご在宅かしら? -- 白ミリア 2009-06-28 (日) 23:42:34
    • マスター ? 僕 が マスター だよ(がっしょんがっしょん現われる、アルマーダに貰ったオイルですこぶる関節の調子はいい) -- ジロー 2009-06-28 (日) 23:44:45
      • 私はミリア、この前貴方に迷惑をかけてしまったバーサーカーのマスターよ。(優雅に一礼する)
        今回はその件でお詫びに来ましたの、うちのサーヴァントがご迷惑をお掛けしまして…(ぺこりと頭を下げる) -- 白ミリア 2009-06-28 (日) 23:51:58
      • うん 大丈夫 もう 本人 が 謝り に 来た よ(吊られて腰から折れる、お辞儀のつもりらしい)
        それに これから は 対等 な 敵 だとも(嬉しそうに顔のランプを点滅させる、緑色だ) -- ジロー 2009-06-29 (月) 00:02:58
      • お詫びにと天然オイルを持ってきたのですけれど…
        必要なかったかしら? -- 白ミリア 2009-06-29 (月) 00:04:08
      • わ 同じ 銘柄 だ 同じ(目を点滅させて喜んでいる)
        似た 者 同士 と いうんだ よね(と、尋ねる オイルに手を伸ばしたものかどうか迷っているようだ) -- ジロー 2009-06-29 (月) 00:10:04
      • そう、あの子、ちゃんと謝ってみたいでよかったわ。
        まぁ、確かにこれからは敵対する運命にあるかもしれないけど、こういうのもまた一興でしょう。
        このオイルは、私からのお詫びの気持ちよ、だから、受け取ってくださる?(スッとオイルを差し出す)
        似たもの同士…フフ、そうかもしれませんわね -- 白ミリア 2009-06-29 (月) 00:15:00
      • やった やった ありがとう ……何 と 呼べば 良い ?(機械油を受け取ると首を傾げる 「敵マスター」に該当する人物は確認できただけで5人、代名詞に使うには聊か正確性を欠く量だ) -- ジロー 2009-06-29 (月) 00:18:26
      • 普通にミリア、呼び捨てで構いませんわよ。
        まぁ、私は貴方と敵対するつもりはありませんわ、最後の二人になったら、別でしょうけど… -- 白ミリア 2009-06-29 (月) 00:28:45
      • わかった ミリア 記録 する(ミリアクラスタが新規に形成される 以降貴方の情報はここに蓄積されていくだろう…)
        理解 した ミリア 僕 には 夢 を 捨てる こと は 出来 ない から
        その 時 は 別 それまで 敵 では ない -- ジロー 2009-06-29 (月) 00:37:54
      • ええ、最後の2人になったときは争わなければいけない、それはルールだけど、
        必ず敵対しなきゃいけないってルールも無いわ。
        フフ、いい友達でいましょう? -- 白ミリア 2009-06-29 (月) 00:53:44
  • ――もはや人間ですら無いではないか -- ギル? 2009-06-28 (日) 21:47:05
    • (味付けの済んだハンバーグが乗ったフライパンと返しを持った状態で訝しげに見る)
      …金ぴか!金ぴかではないか!何十年ぶりだ貴様!?30年に久しい気がするぞ!? -- ライダー 2009-06-28 (日) 21:49:07
      • 僕 は 人間 では ない あってる(露骨にしょんぼりしながら) -- ジロー 2009-06-28 (日) 21:52:20
      • ――ん?あー…(以前の現界の記憶を辿って)
        そういえば貴様のような頭のおかしい眼帯男と面識が有った様な…まさか? -- ギル? 2009-06-28 (日) 21:56:17
      • (仮面を外して)まさかも何も私よ!フハハハハ!珍しい事もあるな貴様!
        これほど久しい出会いだと嬉しくなるな、ハンバーグ持っていくかね?(既にタッパーに詰めながら) -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 21:58:25
      • (何か親しい様子なので落ち込みつつチラチラ窺っている) -- ジロー 2009-06-28 (日) 22:02:47
      • ――何とも、奇遇なこともあるものだな(薄笑いを浮かべつつタッパーを受け取って)
        で、貴様のマスターがこれか。…意外と相性は悪くない、のか?(首を傾げる) -- ギル? 2009-06-28 (日) 22:04:08
      • (ジローを見ると頷いて)生前縁のあった男だ、何ともまあ己らしく生きるのが好きな男でな
        ああ、ライダーとして呼ばれた身故に中々相性がいい、お陰で今でも生き残れておるわ(頷くとエプロンを外して)金ぴかはどうしたのだ?サーヴァントとして呼ばれたのかね、いやそういう訳でも無さそうだな -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 22:09:10
      • ――フ、観光の様な物だ――聖杯戦争という祭りのな
        今はとりあえず、マスターと思しき連中を一通り当たっている所なのだが…これがまた想定外に多くてな。十は回ったはずだがまだそれらしい気配が残っている -- ギル? 2009-06-28 (日) 22:14:33
      • ザビーネ の 知り合い 金色 豪華 だ(顔のランプを黄色く光らせている リスペクトらしい) -- ジロー 2009-06-28 (日) 22:17:54
      • ほう…出来れば私達以外の組を減らしておいてくれると嬉しいぞ、しかし10以上か…良い情報礼を言う
        ついでに硬めに炊いて合う様にした米もつけてやろう(どこぞのおばちゃんの如くいい手際でご飯をタッパーに詰めて差し出す) -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 22:18:01
      • ――豪華で当然、王なのだからな
        悪いが今回、手出しをするつもりは無いのでな。貴様に肩入れも出来ん
        フッ、変わらんな。何を望んで現界したかは知らんが、まぁ健闘するがよい
        ではな。貴様ならきっとこの戦いを面白く彩るだろう、期待しているぞ -- ギル? 2009-06-28 (日) 22:24:06
      • ザビーネ あの 金色 の 人 ごはん と 情報 交換 しに 来た のか ?(素朴な疑問だった) -- ジロー 2009-06-28 (日) 22:26:35
      • む、そうか…貴様が共に戦ってくれれば勝利は楽に手に入ったのだが…少しぐらいはスリルが無ければ楽しめんしまあ良いか
        フハハハハ!何十年経とうとも私は変わらん、それは金ぴかも同じ事だろうに、うむ、ではいずれまた会おう…ハンバーグは冷えても美味いからな!
        (ギルガメッシュが去った後ジローと目を合わせて)ん?いや?アレは普通に良い生活をしているから違うだろう、今回は偶々だ -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 22:30:19
  • ふーんむ……親父の気配はこの辺りに……(妖怪レーダーを頼りにうろうろする狐面) -- 狐面 2009-06-28 (日) 20:59:48
    • …来たか(椅子にどかっと座った状態で娘を待ち受けている) -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 21:16:46
      • (こんこんとノック) -- 狐面 2009-06-28 (日) 21:19:29
      • 開いている、入れ(生真面目な顔でマスターを見て)ジロー、娘が謝りに来た…怒らず聞いてやってくれるか? -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 21:29:47
      • おっじゃましまーっす……(恐る恐る顔を覗かせて)
        えーとその、先日の一件について謝罪をしに参りました次第でして -- 狐面 2009-06-28 (日) 21:37:50
      • 水 は かけない か ?(微妙に逃げたそうな様子で、正座して待っている 顔のランプはオレンジ色だ) -- ジロー 2009-06-28 (日) 21:38:40
      • (じーーーーーーーーーーーっと眉間に皺を寄せて娘を見ている) -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 21:41:00
      • かけないかけない(面を外してよこあたまに掛け直し、顔を晒す)
        あー、っとだな、その……(ジローの正面にちょこんと正座しもじもじ)ば、バーサーカーやってます(まずは自己紹介) -- 狐面→バーサーカー 2009-06-28 (日) 21:46:50
      • ザビーネ の 娘 で サーヴァント 聞いた よ ?うん かけない かけない(近さにやや後退りながら正座は崩さない 顔のランプは黄色)
        僕 は ジロー ザビーネ の マスター(こちらも自己紹介) -- ジロー 2009-06-28 (日) 21:51:27
      • …自己紹介も済んだな?覚悟はしている様子…後は私は見ているだけだ -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 21:52:40
      • あ、うん、知ってる……(気まずい時間)
        その……ごめんなさいでした!(上半身を深々と床にくっつけて)ジローがそんなに水に弱いと知らず遊び半分……いや遊び全部で水をBUKKAKEてしまって
        こちら、お詫びじゃないけどメンテなどに使ったってくださいな(機械油を差し出し) -- バーサーカー 2009-06-28 (日) 22:03:08
      • ジロー は 水 に 弱い わけ では 無い(深DOGEZAにびくっとなりつつもそれが謝罪を示すものだと何とか理解して)
        かかって も 後 で 錆びる だけ(顔のランプが赤緑に)でも 錆びる と 掃除 が 大変 それ に
        …… 僕 が 人間 では ない こと を 特 に 実感 する(顔のランプが消えた…弱点を話したも同然だが、これは人間として謝りに来た相手への誠意だ)
        ありがとう 贈り 物 贈り 物(が、オイルを見ると一転して顔のランプが激しく点滅する) -- ジロー 2009-06-28 (日) 22:15:29
      • (一連を見てにこりと微笑むとジローに向かって微笑んで)という訳だ、娘も反省しているし此度の事は水に流してやってはくれんかな?
        アルマも良く勇気を出して謝りに来たな、頑張ったな…良くやった -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 22:20:57
      • ……なるほど、そういうわけでか……
        おあ!? どっどっどっどっ!!?(すわ何か気に召さなんだかとあわあわしながら親父にへるぷみーのサイン)
        マズいか! これマズいのか!(パニくりながら機械油を没収) -- バーサーカー 2009-06-28 (日) 22:22:13
      • ああっ 僕 の オイル ?!(顔のランプが消沈) -- ジロー 2009-06-28 (日) 22:23:37
      • いや気にするな、ジローは興奮するとランプが点滅するが…こういう場合は喜んでいる時だ -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 22:23:37
      • あ、そ、そうなの? よかったー……んでは(お納めくだせえと再度差し出し)
        ……んー……まぁいいか。ここだけのハナシな、アルマーダ・メルクマールって言うんだ……アタシの真名。内緒だからな?(サーヴァントにとって他者に真名を晒す事は弱点をさらけ出す事と同意だ。なればこそ、これで相手の弱点を知ってしまった事と釣り合いを取ろうとした) -- バーサーカー 2009-06-28 (日) 22:33:44
      • 君 は アルマーダ 記録 した(以降、貴方の情報はアルマーダクラスタに蓄積されていくだろう…重要タグに、「人間として扱われた」が真っ先に追加された)
        「水に流す」 ザビーネ これ は 許す と 同義 か ?(戻ってきた機械油にびっかびっか光る目)
        なら 水に流す よ もう 一度 ありがとう(体が軽くなる感覚は好きだ、総重量12t(機関相殺重力量-8tにより見かけ重量4t)のボディが人間に近付く気がする) -- ジロー 2009-06-28 (日) 22:42:53
      • ふいー……どういたまして、これでおあいこだからな! お前とアタシは対等ってことだ
        んー、まぁなんだ、これはこれで愛嬌があるように思えてきたぞ? -- アルマ 2009-06-28 (日) 22:51:03
      • (真名を自ら言った娘に若干驚きの目を向けつつ頷き満足そうに微笑んだ)
        ああ、水に流すは許すのと同義だ…これにてこの問題は解決と、ふー…やっと親としての肩の荷が降りた気がする
        (肩をごきごきと鳴らして)次からはもう少し格好のいい戦いの発端をマスターに作ってやりたまえアルマ、良いかな? -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 22:52:12
      • アルマーダ と 僕 は 対等 理解 した (穏やかに点滅する顔のランプ でも色が多い、多いよ なんか256色くらい) -- ジロー 2009-06-28 (日) 22:57:20
      • 今回のはアタシとしても全く予想外だったよ……穏やかに解決してよかったよかった
        対等だけど、逆に言ったら……(どっこいしょと立ち上がって、背を向ける)真名を教えてもこの戦い、敗けてやるつもりはさらさらねえってこと
        ヘッ……綺麗な目してるじゃねえか(いい事言ったつもりだ)じゃーな! また会おうっ!(ぴょんと窓から飛び出して行った) -- アルマ 2009-06-28 (日) 23:04:31
      • 見た事が無い目だなそれは!?…うーむ読み取れん…
        フハハそれはこちらも同じ事、精々敗北せんように戦うのだなアルマ…こら!扉から出ていかんかはしたない!全く…!
        いやすまんなマスター、アレは活発でな…悪い娘ではないんだが少しはしゃぎすぎるのだ(そう言うと愉快そうに台所へと向かった) -- ザビーネ 2009-06-28 (日) 23:10:55
      • うん 対等 なの は とても 嬉しい だから 負ける わけ には いかない よ(発光が収まる…凄く嬉しいときの光りかたらしかった); -- ジロー 2009-06-28 (日) 23:14:12
  • …むう(疲れた様子でショットランサーを仕舞うと外で買ってきたマスター用の高級チョコを置いた) -- ライダー 2009-06-28 (日) 01:33:33
    • お帰り お帰り ザビーネ 大変 か ?(結局足に使われたのみで敵には遭遇できなかった…アサ雷電(サンダーLOVE)は何処かへ偵察に行ったようだが) -- ジロー 2009-06-28 (日) 01:40:38
      • ふー…まあ、なんだ…少々問題発生で神楽と戦う事になってな、あの件…銭湯でな、水をかけたのが居たらしいな?
        あれがサーヴァント…それでいて私の娘でな…神楽は報復として襲ったのでつい娘を守ってしまった、が、言い訳を言わせてくれ
        あの件は聖杯戦争の関係無い所で起きたものだ、アルマも悪戯でやってしまったらしい、だから後日サーヴァントとしてではなく個人として謝りに来るから許してやってはくれんか
        私の方は…罰したいなら罰するといい、裏切りにも相当する真似をした事になるからな(真っ直ぐにジローを見つめて) -- ライダー 2009-06-28 (日) 01:46:29
      • ふむ(入力情報が多い、この間の怖い狐はサーヴァントでザビーネの娘 アサ雷電(サンダーLOVE)は狐から自分が受けた「水攻撃」への反撃を画策)
        正当 正当(両者とも矛盾は無い、では今回問題化したのは?「家族」だからだ)
        (貴重なケースが蓄積されていく)理解 した 人間 として 謝罪 する ならば 僕 を人間 と して 扱って くれている 嬉しい
        ザビーネ は ジロー の 敵 か ?(シンプルな問いだ) -- ジロー 2009-06-28 (日) 02:03:04
      • ハッ!それは少しばかり簡単過ぎる問いだな、当然味方だ、今回は個人の問題として扱ったので神楽と戦う事になったがな
        どちらかと言えば神楽も…個人的な問題で娘と戦っているように感じたが、少なくとも私はジローを裏切る為に戦った訳ではない
        だからこそアルマに後日ジローに謝るようにと言ったのだよ、マスターも一緒に監督不届きで謝るらしいからその時は戦争関係無く謝罪を受けてくれると助かる
        でだ…戦闘のせいで恐らく神楽も私も魔力を多少消費しただろうからこれをな…(そう言って高級チョコを差し出した)結局はジローに行き着くからな -- ライダー 2009-06-28 (日) 02:19:55
      • (その応えに満足げに顔のランプが点灯する)
        わかった 礼儀 大事 アサ雷電(サンダーLOVE) は 狐 と 仲 が 悪い か?人間  関係 は 複雑 だ でも 理解 したい
        やった おやつ 燃料 だ ザビーネ 偉い よ !(嬉々として補給を始める、トマトカレーはかなり良質の燃料だったため小競り合い程度なら問題なく賄えた様だ) -- ジロー 2009-06-28 (日) 02:27:01
      • さて詳しくは分からん、生前の問題なのだろうが私も娘は割と奔放に見守っていたからな…
        まあ突き詰めれば雷電も私の娘も単純だからな、相性が悪い…という奴だがジローにはまだ少し難しいか、学んでいけばいずれ分かるだろう
        フハハそう喜んで貰えると嬉しくなるな!手が込んだ物なので栄養補給に丁度いいだろう…さて、すまなんだが私は少し休む、妙な幻術…相手のマスターの能力らしいがそれに引っかかったのが気になるのでな
        相手マスターの能力は後々…(そう言ってソファーに横になった) -- ライダー 2009-06-28 (日) 02:36:19
  • (特攻服を着込むとショットランサーを担いで何処かへ)と歩いていった -- ライダー 2009-06-27 (土) 22:21:33
    • むぅ、ライダーは何処かへ出かけたようですねぇ。ジロー君、行き先に心当たりはありますか? -- アサ雷電(サンダーLOVE)? 2009-06-27 (土) 22:25:40
      • わからない が 家族 の 事 言って いた 時 と 霊圧 が 近い(複雑な感情は読み取れないが、この情報から類推するだけの因縁が―アサ雷電(サンダーLOVE)にはあった事を知るよしも無く) -- ジロー 2009-06-27 (土) 22:37:00
      • ふむ。彼の家族ですか、なる程、なる程、なる程ねぇ。クハハ、これはこれは面白い。
        私の推察が合っているかは分かりませんがあの狐なら……愉しい事になりそうだ。クハハハハハ!! -- アサ雷電(サンダーLOVE)? 2009-06-27 (土) 22:45:57
      • 狐 か この前 狐 に 水 を かけられ そう に なった 悪意 を 感じる 相手(ぶるぶると震え銭湯での記憶を再生する)
        錆びる と 交換 が 大変 なのに … -- 名簿/335855 2009-06-27 (土) 22:53:58
      • この映像は……ははは、間違いない!(銭湯の映像に映るタオルを注視して)
        狐、狐、二つが一つ。漁夫の利喰ろうて呪いを無くし人の身成りし彼の狐!(愉快に唄う童歌)
        そうですか。マスターに危害を加えたともなれば反撃に出るのは必然。
        例え、同胞たるライダーの家族であろうと関係ありませんよねぇ。
        まぁ理由なんてどうでも良いんですけれど、はは。またあの時のように面白く。またあの時のように素晴らしく。
        けひゃ、くひゃは、、くははははは、くははははは!!(笑い笑って地面を滑り。ライダーの後を追い、駆けた) -- アサ雷電(サンダーLOVE)? 2009-06-27 (土) 23:03:08
      • TRANSFORM(人形師の糸を媒介に、操作系統を渡し変形!敵だ、敵の元へ) -- ジロー(飛行) 2009-06-27 (土) 23:15:47
  • 懐かしい匂いをたどってきたらロボットだロボットだ(べたべた) -- ライダー 2009-06-27 (土) 11:57:40
    • ジロー は ロボット か ? ロボット は 労働 機械 僕 は 僕 の 意思 で 戦って いる(ぺたぺた触られるが鉄の肌に温もりは無い ロボット呼ばわりに微妙におかんむり) -- ジロー 2009-06-27 (土) 13:43:47
      • はあはあ…(例ののぶひこの顔で)今起きた…
        ………非常にどこかでよく見た顔ですな -- ライダー 2009-06-27 (土) 16:30:33
      • むぅ、これは噂に聞くドッペルゲンガー……。
        一匹ラズ吉を見たら30匹は居ると思えという酒場の格言は真実でしたか。 -- アサ雷電(サンダーLOVE)? 2009-06-27 (土) 20:55:12
      • んむ?こういう硬いのはロボットじゃないの?生き物なのかな…ごめんなの。はじめて見たの。じろー、ごめんね。(ぺたぺたなでなでひんやり)
        (ふいっと横を向くと、きっととてもよく知ってる男の人。いたずらっこみたいな笑みが、優しいものに変わる)
        ……おはよう、ザビーネ。僕は…さぁ、誰だろうね?敵じゃないよ。見物人なの(くすくす笑ってじろーから離れる)
        じろー、サビーネをよろしくね。僕はライダー。ラズ君でいいよー……
        (うっかり自分の名前を言って、固まる僕) -- ライダー 2009-06-27 (土) 21:04:50
      • ごきぶりじゃないよ?!あっ!ふつーになまえよんだ!!ひでー!!隠しておこうと思ったのに!!(自分ですでにいっているけど怒る僕) -- ライダー 2009-06-27 (土) 21:07:37
      • (母の言葉に苦笑すると仮面を外して)敵じゃないと仰るのならば警戒の必要も無いでしょうな、それ以前に家族に振り上げる手を持っていませんが
        アサ雷電は知っているか、警戒の必要は無いぞジロー…私の母だ、ご覧の通り大分抜けているが -- ライダー 2009-06-27 (土) 21:08:36
      • ザビーネ これ は 敵 サーヴァント らしい(碗部十六連回転動力刃を展開、ぺたぺた触られ続けながら)
        知っている のか アサ雷電(サンダーLOVE) -- ジロー 2009-06-27 (土) 21:10:11
      • 理解 した 人間 には 家族 が 居る ラズ は ザビーネ の 家族(武装を畳む、特に収納スペースなどは無いので危ないことには変わりないが) -- ジロー 2009-06-27 (土) 21:11:44
      • いやいや、申し訳ありませんねぇ。(苦笑しつつ平謝りし)
        ……ドッペルゲンガーじゃなかったんですか!?(驚愕の表情を浮かべる) -- アサ雷電(サンダーLOVE)? 2009-06-27 (土) 21:15:09
      • (仮面を外したザビーネにぴょんと抱きついて)えへへ…ザビーネ。久しぶり…こんな形で再開するとは思わなかったよ。
        しかも…なんか色々おそろいだね?(自分の仮面を指差して)僕の目、変わっちゃったからこれ、取れないんだ。ごめんなの。
        あっ!ぬけてるっていったー!!詰めが甘いとかそういう感じだよ!!
        (じろーにこくこく頷いて)うん、家族なの。男の子だけどお母さんなの。心のつながりの家族なの。よろしくね?(混乱するかなーと思いつつ言ってみる僕) -- ライダー 2009-06-27 (土) 21:20:02
      • (特に気にしてない様子でにこにこ)僕は未来から来たからドッペルさんとは少し違うの。ずーっとずーっとさきの、誰もいなくなったところからきたのだよ。恋人を探しに。
        えへへーロマンチックでしょう?…ここにももういなかったけど。 -- ライダー 2009-06-27 (土) 21:23:58
      • 人間 は 理解 し難い こと 多い 母 は 創造者 か ?僕 には 創造者 が 居る が 母 では ない(そのまま混乱するイノセントマシーン) -- ジロー 2009-06-27 (土) 21:25:57
      • 取れなくても結構、母上が母上である事は時が経とうと変わりません
        フハハ!母上は詰めが甘いよりも抜けているでしょう!しかし未来からか…妙な戦争だなこれは、現代にも母上は居るというのに
        とりあえずは戦う事にならなくて安心致しました、…ですが私はこの戦争に勝利する事を決めておりますので…もしそちらのマスターを滅ぼす事になった時はお恨み下さい、母上の怒りならば受け止めましょう -- ライダー 2009-06-27 (土) 21:28:38
      • 未来から恋人を探す為にサーヴァントに、いやいや確かにそれはロマンチックで良いですねぇ。(パチパチと手を叩き)
        家族……まぁ今のジロー君には分からないのも無理ありませんねぇ。人間になれば分かるかもですが。 -- アサ雷電(サンダーLOVE)? 2009-06-27 (土) 21:28:48
      • 親等 の 繋がり だけ では 無い という こと は 理解 した 定義更新(カタカタジーと音がしてソフトリブート 言葉の内容から意味が変わる) -- ジロー 2009-06-27 (土) 21:32:29
      • 創造者?むずかしいこといってる?!んーとね、親子も友達も似たようなもので、お互いがその関係を認めればそうなるの。うん?
        (一緒になって混乱してくる僕)…ぬー?ま、いっか!うん、僕はザビーネのお母さん、それだけ。
        ま、またぬけてるって言われたっ…!そう、まだ若い僕がここにいるのだよ。あうあう言うの。ふふっ。
        そうだなー今のマスターは気に入っているから取られたら怒るかもしれない。その時は親子対決しようね!
        えへへ、今日は顔見に来ただけだからそろそろ帰るね(拍手にちょっと照れながら)本当はラセットいないからすぐ別の時間にいこうと思ったんだけど…やっぱりもうちょっといる!またね!皆元気に戦争するんだよー! -- ライダー 2009-06-27 (土) 21:44:46
      • ああ 該当 単語 確認 した 親子喧嘩 する のか ザビーネ ?(混乱した頭だがその最後の言葉には思い当たるものがあったようだ) -- ジロー 2009-06-27 (土) 21:48:29
      • あうあう言わん母上は…!何と言えばいいのやらだがとりあえず違和感を感じるな…!未来で何かあったのだろうか
        ええそれでは、出来れば次に会う時も争う時ではない事を祈りましょう(そう言うと仮面を再び被って)という訳だ2人とも、楽しく元気に戦争でもするかね?
        …来月辺りにでもどんなマスターか顔を見に行くかジロー?母上は敵ではないがマスターは敵だからな -- ライダー 2009-06-27 (土) 21:48:51
      • 承認 する 家族 は 敵 では ない だが
        僕 の 願い を 阻む 者 は 敵 だ
        敵マスター を 屠る だけ ならば 家族 と の 戦闘 には ならない -- ジロー 2009-06-27 (土) 21:55:43
  • マスターサーヴァント共に無事で何よりと言っておこうか(カレー鍋を用意しながら)
    ところでジロー、魔力に変換しやすい、または燃費の良い食品はあったりするのかね? -- ライダー 2009-06-26 (金) 17:28:39
    • 敵 ッポイ 奴 が たくさん 居た 減らせ て ない 残念(同行者には怪しい名前がずらり、しかし特に波乱もなく)
      やった ごはん 燃料 だ(両手を上げ喜ぶ 今はラーメン屋で補給、待機設定中に増幅したエネルギーで動いている)
      食材 が 何か は 重要 では ない 変換 効率 の 基準 は カロリー で なく 手間 と 味 らしい(よくわからない、といった風に仕様を読み上げる) -- ジロー 2009-06-26 (金) 18:24:22
      • ほぅ、変換基準は手間と味、ですか(興味深そうに)
        最近は出来合いの惣菜ばかりを食べている私とは縁遠い言葉ですねぇ。
        うんうん、家族の味が恋しいですよ。(あっけらかんとした様子で)// -- アサ雷電(サンダーLOVE)? 2009-06-26 (金) 21:00:15
      • 腹部腹部観念的実存率燃焼機関・無限動輪 の TIPS を 参照 した(煮込み雑炊はその意味で腹持ちの良い燃料だったのだろう、元気な声だ)
        アサ雷電(サンダーLOVE) も 食べ に 行く と 良い かも しれない(ザビーネに着いて行ったラーメン屋?の場所を地面に指で描き示した ローテクだ) -- ジロー 2009-06-26 (金) 21:11:53
      • では少々手間がかかるがトマトを水代わりとしたイタリア風カレーにするとしよう、煮込むだけだが時間がえらくかかるし味も良い、ジローには丁度良いだろう
        (そう言って調理場へと向かった) -- ライダー 2009-06-26 (金) 21:29:20
      • 楽しみ 楽しみ 今日 の 燃料 カレー !(テンション高く、カレーを待ちきれずに調理場を覗いたりしながら過ごしていた) -- ジロー 2009-06-26 (金) 21:34:53
      • (汗だくで満タンのカレー鍋を持ってきた)ふー…相変わらず美味いカレーを作るには大きい鍋でなければならんのが大変だな…その分満足度は大きいが
        出来上がったぞジロー、雷電、一応の魔力の回復にもなるから食すといい(そう言って自分の分のカレーを用意し始めた)ジローは鍋の中身全てだ、それだけあれば腹持ちも良かろう
        でだ…食べ終わったら偵察に行こうと思うが何か当てはあるか? -- ライダー 2009-06-26 (金) 23:56:52
      • やった やった トマト 入って いる 聞いた 大変 だった ね ありがとう !(腹部の蓋を開くとぼすんぼすんと鍋の中身に穴が開くが、流動性の高いカレーはすぐにその穴を塗り潰していく 相当な量だ、すぐには食べきれない)
        近所 に  それらしき 霊圧? を 感知 した よ(鍋を抱え込むようにしつつも応える) -- ジロー 2009-06-27 (土) 00:02:22
      • ミートソースにカレールーを溶かし込んだ感じでな、普段のカレーよりも赤みが多く色鮮やかで私も好きなのだよ、苦労に見合う味でもあるしな(カレーをスプーンで美味しそうに食べながら)
        ならばそこに行くとしよう…それだけカレーを食べればもしもの時の魔力も補充できているだろうしな(善は急げと急いでカレーを食べる) -- ライダー 2009-06-27 (土) 00:07:04
      • 美味しい の か ザビーネ じゃあ 記録 する この トマトカレー は 美味しい(貴方の様子に、可能な限りの情報量で記録をする 映像、組成、もちろんそれだけで足りないにおい、雰囲気までも写し取るように懸命に)
        うん すごく 動き やすい 空 だって 飛べる はず(満足したのか顔?のランプが青緑に点滅した 食事が終われば出撃だろう…) -- ジロー 2009-06-27 (土) 00:12:54
      • (記録する様子を狂気を感じさせない穏やかな笑みで見つめながら)人になれた時意の一番にご馳走してやろう、ふっふふ貴様に美味いの一言を確実に言わせるだけの出来で作るからな
        (ジローのランプを確認して頷いた後食事が終わるのを待ち立ち上がる)さてそれでは行こうか、時間が経てば経つ程対策を相手は用意していくだろうからな
        (そう言ってマスターの背に手を当て駝鳥形態の指示を出す)ちょっとくすぐったいぞ…と、では行くか -- ライダー 2009-06-27 (土) 00:17:02
  • 次の依頼の同行者に会いに来たが……また珍妙な……まぁ、よろしく頼む(同業者(マスター)だとは気付いていないようだ) -- ドライ 2009-06-25 (木) 18:47:07
    • ジロー やっぱり 変 なんだ ……(珍妙呼ばわりに深く沈みこむ、ドライの正体とかマジ気付かないほどに)
      うん よろしく 冒険 大事 燃料 が 買える から -- ジロー 2009-06-25 (木) 19:28:01
      • いや、俺の住んでいたところは馬車ぐらいしか無くてな……
        最新鋭なら…誇ってもいいんじゃないか…?(予想外のガチ凹みっぷりにあたふたする)
        ともかく、よろしくな -- ドライ 2009-06-25 (木) 19:54:09
      • ジロー は 新しい けど 新しい より は 人間 が 良い(顔?のランプが点滅 希望に溢れている)
        あ お客 さん 来た よ (とてとてとがらくたの向こうに駆けて行った 貴方はひとつ下のツリーの様子を窺っても良い) -- ジロー 2009-06-25 (木) 20:05:52
      • ん?客か……?長話して済まなかったな。次の依頼でまた会おう。じゃあな(帰って行った、この行動は幸か不幸か…それは今はまだ誰も知らない) -- ドライ 2009-06-25 (木) 20:29:43
      • うん また ね(去り際に後ろから声がかかった)
        // -- ジロー 2009-06-25 (木) 20:36:52
  • あっはっはっは!あっはっはっは!どうもどうも私はサーヴァントをしておりますアサシンと言うものでしてねぇ!
    ここいらに聖杯戦争の参加者が居るってぇ言うじゃあないですか。はい、酒場でゾロ目を出したので契約しにきましたよ。
    さぁ、さぁ、さぁ!マスターが一体何処か答えてもらいましょうじゃあないじゃないですか!
    (流石にマスターがロボだとは思わない) -- アサシン? 2009-06-25 (木) 17:39:11
    • 僕 ジロー 僕 マスター(即答したよこの無警戒TF)
      酒場 の ゾロ 目 は 知って いる 逆ら えない
      嬉しい 嬉しい ザビーネ だけ じゃ ない 僕 の 味方(ぱきんと後頭部コンパネを開く、立ち上がる操作権限者認証追加コード!) -- ジロー 2009-06-25 (木) 19:25:56
      • ええっ!?……ふむ(流石に機械がマスターだとは思わなかった為、動揺するがすぐに落ち着きを取り戻す、表面上のみ。)
        (私には魔力の感知など出来ないのでマスターかどうか見ただけでは判断つかないのが難ですが……。)
        (しかしながら、酒場のゾロ目は絶対と言うルールを知っていると言う事は冒険者である可能性は高い。)
        (と言うか、このような機械がうちの酒場の冒険者以外の筈はありませんよねぇ。)
        (加えてザビーネと言いました。私の記憶が確かなら彼は崩御して久しい筈ですし、この機械がマスターならサーヴァントの可能性は高い)
        (……ってちょっと待て、この機械。あっさりサーヴァントの真名をバラしちゃいましたよ!?……本当に、大丈夫ですか。)
        (でも性格は素直なようなので、私が不利になるような情報を与えなければ良いように扱い易いでしょうし。)
        (どの道、ゾロ目の決定には逆らえませんからねぇ。)
        若干不安がありますが、まぁ宜しく(ぽちっと認証コードを押した) -- アサシン? 2009-06-25 (木) 19:50:48
      • 僕 ジロー・データー よろしく ね(認証画面の背景には一際目立つGRAVY-STARRIORS,ver,2.144という文字列、すぐ下にはSpare-Runnerと記されている……貴方の呼び名を入力すればその通りに呼ぶようだ) -- ジロー 2009-06-25 (木) 20:01:29
      • (マスターだけが感知出来る半透明のマナーモード状態でニヤニヤと笑いながらその光景を見ている) -- ライダー 2009-06-25 (木) 20:11:25
      • えぇ、宜しくお願いしますねぇ、くはは(軽い調子で答えながらも頭の中では策謀をめぐらす)
        (Spare-Runner…予備操縦者だとかそんな意味合いですか。とすると恐らくメインランナーはザビーネさんでしょうねぇ)
        (さてはて無論、真名を入力するのは愚の骨頂ですが、この機械の性格を考えるにクラス名を登録するだけでも危険が及ぶ可能性がありますからねぇ)
        (もう既にあちこちで名乗ってますがアサシンがアサシンと名乗るのもどうかと思いますし。)
        (となると入力するのは偽名が一番ですか。そう結論づけるとぽちぽちとボタンを押して、)
        (おもむろにアサ雷電(サンダーLOVE)と入力する。ほぅ、ルビもちゃんと振れるんですか、最近の機械は便利ですねぇ。)
        (うんうん、と満足げに頷くが。……まぁ、今のは試しに入力してみただけですからねぇ。)
        (流石に偽名でもこれはありませんよ。さてはて、キャンセルボタンは……っと) -- アサ雷電(サンダーLOVE)? 2009-06-25 (木) 20:13:50
      • (表記をうまく誤解した貴方に訂正の声を上げる者は無い 権限者入力とともに自動待機状態に入った機械人の意識は大幅に抑制されているのだ)
        sign OK(入力した途端イイ感じに流れ始める画面 キャンセルボタン?あータッチパネルだからね もう表示されてないよ)The die is cast.(システムメッセージが無常に鳴り響く、再起動がかかり顔?のランプが順に点滅すると)
        理解 した アサ雷電(サンダーLOVE) 勝利 を 我 に(台無しだった) -- ジロー 2009-06-25 (木) 20:34:15
      • ……ふっ、まぁ偽名と言う当初の目的は果たせた訳ですしこれで良いですか(遠い目をしながら)
        えぇ、勝利。勝利ですか。何をもって勝利とするかは人それぞれですがまぁ……私なりの勝利を貴方に……クハハ。 -- アサ雷電(サンダーLOVE)? 2009-06-25 (木) 21:00:41
      • 僕 は 人間 に なりたい それ が 勝利(かたかたとスペック/機能が最後に流れ、貴方が覚えきるか否かのうちにコンパネの蓋は再び閉まる)
        敵 知って いる か ?アサ雷電(サンダーLOVE)(野良であった彼のこれまでの空白期間 逆算して、戦争に有利な情報を得ている可能性は高いと判断した) -- ジロー 2009-06-25 (木) 21:10:26
      • 人間になりたい、ですか。嗚呼、懐かしい。実に実に懐かしく愚かな願いだ。そんなもの……(瞳をドロリとにごらせて)
        ああ……敵、敵ですか。そうですねぇ。マスターのいない間は何分、魔力不足でろくに動けませんでしたから。
        知っているのは二人。何のサーヴァントのマスターかは知りませんが、
        弓使い(適正武器を取られた私怨による誤情報)の女が一人
        それと我々とは別の聖杯戦争を行っている存在?……此方についてはまったくの未知数ですが。
        それから来月の同行者にもそれらしき相手がいますねぇ……まだ確認はしていませんが
        私の持っている情報はざっとこれくらいですか。アサシンは影に忍ぶクラス。情報収集ならば任せてくださいよ。クハハハハ、はっはっは。 -- [[アサ雷電(サンダーLOVE)]] 2009-06-25 (木) 21:17:35
      • アサ雷電(サンダーLOVE) 訂正 して ほしい(強い調子で)僕 は 愚か だけど 願い は 愚か では ない(感情―が乗っている 証拠に、接続され供給される魔力の色が昂ぶる 腹部観念的実存率燃焼機関・無限動輪が高効率で稼動している証左でもあるが)
        記録 した 近い の は 女 の 方(貴方の言葉に混じる棘に釣られてか、そちらに興味があるようだ 霊体のライダーを現界(レギロス)させ意見を仰ぐ) -- ジロー 2009-06-25 (木) 21:29:39
      • クッククク、どうせ全てを始末する戦いだ…始末しろと言うのならばどれでも始末しよう、その女の下へ行けば良いのだな?
        (神楽の数歩後ろの壁に寄りかかった状態で現れると神楽を見て楽しげに笑い)ようこそ同胞よ、精々この戦いを共に勝ち抜こうではないか…
        フフフハハハハ!ヒャーッハッハッハッハッハ!(仲間が出来た事を歓迎するかのように両手を上げた) -- ライダー 2009-06-25 (木) 21:39:32
      • それは、それは、失礼しました。我が主。訂正させて頂く。貴方の願いはとても尊い。
        (内面に嘲りの感情を隠しつつ平身低頭、頭を下げる)
        ほぅ、(背後に顕現したザビーネを一瞥すると振り返り。)
        これはこれは実に実に頼りになる味方だ。良いですねぇ、悪くないですねぇ。何はともあれ宜しくお願いしますよ。ワr我の勝利の為に、ねぇ?
        クックック、クハハハハハハ!(アサ雷電(サンダーLOVE)は最終的にザビーネとシンクロします。※ポーズと笑い声が。) -- アサ雷電(サンダーLOVE)? 2009-06-25 (木) 21:46:04
      • 楽しい とき 笑う 楽しく ない とき も 笑う 知って いる けど 難しい(笑い声は出せないようで、ポーズだけシンクロさせている)
        (変なテンションのままシンクロする機械と人形師と貴族 悪夢じみた喜劇の始まりに相応しい光景と言えよう―) -- ジロー 2009-06-25 (木) 21:52:13
  • ジロー、どうにも此処が匂うので偵察に行ってくる -- ライダー 2009-06-24 (水) 23:45:05
    • 行って らっしゃい ごはん 待ってる けど 危なく なった ら 呼んで(ぎしぎしと明らかに動きが鈍くなりながら 増援の期待は薄いだろう…) -- ジロー 2009-06-25 (木) 00:00:50
      • む…なるべく直ぐに帰る、危なければ直ぐ逃げるのでジローは安心して休んでいるといい
        (そう言いながらポケットから軍用非常食の高カロリーチョコバーをジローに投げ渡して)
        それを食べて休んでいろ、今日は少々ジローは消耗しすぎているから戦闘はせん
        (そう言ってふらりと家を出ていった) -- ライダー 2009-06-25 (木) 00:06:23
      • クラテール・サングリア、サーヴァントの数は最低2、恐らくはセイバーまたはバーサーカー、それとアーチャーだ
        アーチャーの方は知己だが弱点は知らん、もう片方も厄介そうだったが…
        マスターは平和主義者だが聖遺物やらと言っていたので聖杯関連のエキスパートか何からしいな
        近距離も遠距離も整っている、やる気を出したら非常に厄介な相手なのは確かだろう

        うむ、メモも書いた事だしマスターと私の分の食事の仕込みに入るか… -- ライダー 2009-06-25 (木) 01:44:47
      • 理解 した(いつの間にか待機モードになっていたらしい、目を覚ますと菓子をちびちび抉りながらメモを読む)
        詳しい 人 なら 知らない 事 を 聞ける かも(好戦的ではないならば、聖杯を得るための情報を探ることが優先される) -- ジロー 2009-06-25 (木) 11:00:29
  • (周囲にホバーの駆動音を響かせつつ 移動砲台がやって来る)
    この辺にガチ機械なロボ冒険者が居ると聞いたのですが…(周囲を見回す) -- ウェッジ・ワンド 2009-06-24 (水) 19:29:50
    • こんにちは 僕 ジロー(とてとて歩いてくる人型?機械)
      僕 機械 僕 冒険者 あってる 君 も ?(大きい砲台を見上げつつ尋ねる) -- ジロー 2009-06-24 (水) 19:41:00
      • おや 貴方ですか …なるほど 近頃珍しいガチメカぶりですね
        始めまして ジローさん 自分はウェッジワンドと申します 以後 お見知りおきを
        ええ こんなナリですが一応冒険者です この界隈では古株な方でしょうか…? -- ウェッジ・ワンド 2009-06-24 (水) 19:45:41
      • ウェッジワンド(かたかたと機械音を立て検索、該当なし 知らないモノだ) ウェッジワンド は 古株 の 冒険者(記録される、平準化され以降「ウェッジ・ワンド」クラスタに情報は追加されていくだろう) -- ジロー 2009-06-24 (水) 19:51:32
      • そういえば この街には連日 それぞれ何かを求め 冒険者を志す者が集まって来ますが
        ジローさんは 何を求め この街を訪れ 冒険者を志されたのですか? -- ウェッジ・ワンド 2009-06-24 (水) 20:03:25
      • (しばらく考えているようで動作が止まる)
        …… 僕 は 人間 に なりたい から ここ で 戦う
        (またカタカタと機械音を立て考え込むと) ウェッジ・ワンド も 志した の か? 求めて いる の か? -- ジロー 2009-06-24 (水) 20:10:32
      • なるほど…人間に… ええ 頑張ればきっと願いは叶いますよ
        というか 知り合いに一人 ロボから人間になった方がいますし
        自分…ですか? そうですねぇ…そういう命令があったから…ですかね?
        目的としては戦闘データ収集、自己研鑽…あと会社のPRでしょうか
        冒険者として名を上げれば それだけ自分と同郷の兵器の売り上げも良くなりますし -- ウェッジ・ワンド 2009-06-24 (水) 20:15:48
      • やらなければ 出来 ない(貴方の言葉を受け、不意に歩き出す)
        やる こと を やった ウェッジ・ワンド(戦争が始まる 望みを叶える為の戦争が)
        だから 僕 も やる(がしゃりがしゃり 歩いてゆく、別れも告げず しかし今日のところはお開きだ) -- ジロー 2009-06-24 (水) 20:36:05
      • ええ 願えば叶うとはいえ 行動しなければ何も始まりません 夢へ向かい歩み続ける事が重要なのです
        (ジロウの背中を見送りつつ) 貴方が夢へと近づける事を祈ってますよ…武運あらん事を!
        (軽く敬礼をすると その場で旋回し どこかへと去って行く) -- ウェッジ・ワンド 2009-06-24 (水) 20:42:09
  • はやく 人間 に なりたい な(魔術教本を広げがりがりと魔法陣を描いている…) -- ジロー 2009-06-23 (火) 07:36:42
    • 聖杯 が あれば 人間 に なれる(がらくたの山から掘り出した炊飯器を中心に設置 心なしか周囲の気温が下がった気がする…)
      えっと…其は悲しみの欠片 久遠の淵に鎖された硝子色の雪
      未知なる永劫を索す瞳さえ 曇ること免れぬ闇の彼方
      -- ジロー 2009-06-24 (水) 14:29:09
      • 力よ、力よ 未知なりて見果てぬ力の渦よ 心を流し逸れて宇宙へ
        千々に裂ける胸が器も 唯脈打つ鼓動が生きとし生ける
        -- ジロー 2009-06-24 (水) 14:34:10
      • 光巻く風を裂き届きたるは汝が聲!
        汝が存在を許さず!死者よ、死の床に臥すべし(駄目じゃないかキンケドゥ!死人は死んでなきゃぁ!)
        -- ジロー 2009-06-24 (水) 14:41:26
      • (魔方陣がざわざわと蠢き黒く塗りつぶされる召喚器(炊飯器)… 何かが現界(レギロス)しようとしていた) -- ジロー 2009-06-24 (水) 14:43:24
      • (炊飯器が完全に漆黒に染まると共に魔方陣の中心から大量に噴出す黒い奔流、その流れは呪いの言葉を大量に吐きながら噴出し続けた)
        (明らかに異常な状況の中黒い噴出の中から大きな寸胴鍋を持った黒い軍服に身を包んだ一人の男が現れる)
        ク、ックックク!面白い、地獄の底からこの私を呼び出してまで聖杯戦争に勝とうとする輩が居たか
        …ああ、こういう時は礼儀があったな、───────問おう、貴方が私のマスターか? -- ??? 2009-06-24 (水) 15:09:38
      • (貴方の目の前には直立不動、鋼鉄の人とも鳥ともつかない塊が小山のように立ちはだかっている)
        ぼく は ジロー ジロー は 君 の マスター(しっかりと問いに答えた その手に抱えた寸胴鍋の同類では無いらしい)
        ほんと に 出た ほんと に 出た(目※赤色灯 を点滅させ喜んでいる…) -- ジロー 2009-06-24 (水) 15:40:57
      • …ほう(ジローの姿を見ると一瞬面食らった顔になるが直後に大量に肉の浮かんだ寸胴鍋を置いて笑い始める)クックッククク!ヒャーッハッハッハッハッハッハッハ!!!
        まさかまさかのマスターか!クック…面白い、聖杯などという良く分からん物を渇望したのは人ともただの機械とも取れん者とはな
        良かろう…気に入った、私は騎乗兵の英霊…ライダーだ、盟約と定められた贄に従い貴様に剣を預けよう(そう言うと恭しく頭を下げた)
        ところで名を聞かせてはくれんかな?主と呼ぶのも構わんがそれだけでは味気が無い -- ライダー 2009-06-24 (水) 15:58:46
      • ライダー ?僕 が 喚んだ の は(データベースから、該当する人物を再度検索する 貴族的な風貌、特徴的な眼帯、何よりその奇矯な言動 間違いなく―しかし、その真名はまた問われる声に遮られる)
        僕 の 名前 は ジロー・データー(顔?のランプが赤青に点滅している…こちらも、厳密には本名ではない)
        ジロー と 呼んで ほしい(寸胴鍋を興味深く覗き込みつつ)ライダー は 何が ほしい ?ごはん か ?(聖杯はなんでも一つ、願いを叶えると言われている 共闘するにあたり、その望みを知りたいらしい) -- ジロー 2009-06-24 (水) 17:57:36
      • ジロー、ジロー・データー、確かに覚えた…主の望むがままに呼ぼうジロー(鍋を覗き込むジローを見て)そいつか?そいつはソーキ…豚の煮込みだ、人の食事を口に出来るのなら食うといい、丁度出来ているからな
        (望みが何かと聞かれると手をパンと叩き肩を竦めると大きく口元を歪め)願いはただ一つよ、天国へと到る!私にとってはそれだけがただ優先される事だからな!フハハハハハハ!
         ならば私からも問おう、ジローの望みは何かね?金か?名誉か?(違うのだろうなという事は分かりつつ落ち着いた顔で聞いた) -- ライダー 2009-06-24 (水) 20:24:49
      • 僕 は 人間 に なりたい(即答した、点滅は止み緑色の眼光がまっすぐ貴方を見つめ返す)
        理解 した ライダー は 天国 へ 行く それまで 一緒 に 頑張る(言葉の意味はわからずともその情熱は伝わる、天国地獄という人間的概念が存在しない故単なる土地と考えている可能性も高いが)
        …… 食べる 食べる(そこまで言って、すぐ ソーキに興味が移ったようだ 腹部観念的実存率燃焼炉の蓋を開けると鍋の中身が球状に―虫食いのように―消えていく 食事はそのまま魔力に転換される 貴方と同じように) -- ジロー 2009-06-24 (水) 20:32:58
      • 人間に?ふむ…(自分を真っ直ぐに見る瞳から嘘は無いであろう事を判断し頷く)良かろう、ならばその夢という奴を確実に叶えてやろうではないか
        ああ…一緒にな(狂気染みた笑顔を見せた後ソーキを食べる姿を愉快そうに見て)フハハ面白い食べ方だなジロー!中々豪快と言える!だが味は分かるのかね?
        ん、そう言えば私の真名を伝えていなかったな…私の名前はザビーネ・シャル、MSパイロットにして頭のおかしな眼帯男よ!安心するがいいジロー、私がサーヴァントである限り貴様の勝利は約束されたものなのだからな -- ライダー 2009-06-24 (水) 20:43:03
      • やっぱり 正解 やった やった(しばらく前に遮られていた疑問は 正答という結果を持って短絡する ザビーネ・シャル 凡そ不屈の闘志と不屈の耐久力と不屈の精神を持つ貴族主義者―冠詞に「おかしな」が付くことは避けられないが― 「諦めない」ことを何より重要なファクターとして祈れば、彼が出ることは必定だろう)
        味 味 は 人間 なら わかる 僕 は まだ 人間 では ない から……(叶えるべき夢を見据え、食事を終える どうやら今この瞬間から戦争は始まったようだ 空気が張り詰めたものに変わる 虫の知らせという奴だろうか)
        (ばしゅん 後頭部が開きモニタにジローのスペック/機能説明が表示される)
        (続いて流れる操作権限者認証画面 背景には一際目立つGRAVY-STARRIORS,ver,2.144という文字列、すぐ下にはSpare-Runnerと記されている……)
        (ジローが使う、貴方の呼称を入力しろとのことらしい 契約の〆だ)
        // -- ジロー 2009-06-24 (水) 21:01:22
      • フッ期待しておくがいい、この私を繋ぎ留め続ければ人だろうと世界の支配者にだろうとしてやろう
        ふん(機能説明を細かく見て)成程現在は他者からの制御でなければ自分の力は使えんのか…制御はやはりここか?
        (そう聞きながらも名前欄にはありのままの名前、ザビーネの名前を自信に満ちた顔で入力した)
        さあ戦争の始まりだ、その覚悟を途切れさせるなよフフフフフハハハハッハア!ヒャーッハッハハハハハハ!(久々の戦いを感じ狂喜の歓声を挙げた) -- ライダー 2009-06-24 (水) 21:17:26
      • (ぱちりと蓋を閉じて認証が終わる 対外言語機能にリブートがかかり、その名前を口にする)ザビーネ 了解 した 制御 は (マスター) の 手 に (立場がちょうど逆転しているが、制御系は認証に伴い貴方の霊体に接続された 魔力の手綱、操縦桿、鞭…どのような形でもいい、イメージされた動作に従い動くだろう もちろん貴方の「騎乗スキル」あってのものだ)
        行こう 勝利 が 待って いる -- ジロー 2009-06-24 (水) 21:28:21
      • (クラスによる補正か自分の霊体に接続されるとその操作方法を直ぐに理解する)クックク面白い、人ではないマスターどころかサーヴァントたる私にその支配権を渡すとはな
        (愉快そうに口を吊り上げながら想像した形は数十年の年月を共にした形、X2の操縦桿を頭の中で、そして手の内で作り出した)これならば間違いは無い
        フハハッハハ!分かっているではないかジロー!さあ、行くとしようか!(そう言うと飛行機型に変えて上に乗った) -- ライダー 2009-06-24 (水) 21:39:51
      • TRANSFORME(ギギゴガゴ)(容易く変形!鳥のような、無人偵察機のような形態の背にザビーネを乗せ推進する!)
        (行き先は、不穏な空気が渦巻く場所だ) -- ジロー 2009-06-24 (水) 21:47:43
  • ……な、なんだろう。大きな鳥?…おかしいなあ、ここにいるっていう冒険者にご近所挨拶にきたんだけど。 -- チェリオ 2009-06-23 (火) 17:18:45
  • 鳥 ではない(機械人が呼びかけに答えた)
    ジロー は 冒険者 正解(どうやら変形を試みていたらしくパーツ配置は鳥型に見えなくもない やはり騎乗者が居ないため失敗に終わったようだ、すぐに人型に戻る)
    君 は 誰 ? -- ジロー 2009-06-23 (火) 17:36:20
    • か、形がかわった!?(ビクッと驚いて毛を逆立てる)
      え、ええと、あたしはチェリオ。新米冒険者でご近所挨拶にきたんだけど。
      …もしかして、君がここに住んでる冒険者なの? -- チェリオ 2009-06-23 (火) 17:47:44
    • やっぱり 変 だね ジロー は 変 だ…… 悲しい(貴方の様子を見て力なく座る)
      うん 僕 は ジロー ここ に 住んでる 冒険者(座ったままやや声のトーンを落とす 実際にはそれだけではないからだ)
      挨拶 は 大事 こんにちは チェリオ -- ジロー 2009-06-23 (火) 17:57:11
    • …。(見慣れぬものを目にして逆立っていた毛が落ち着いてくる)
      変っていうか、変わってるよね。なんか本で読んだゴーレムみたいっていうか。うん、変わってる。
      …名前、ジローっていうんだ。こんにちは。(落ちた声のトーンは気にせず、握手にと手を出す) -- チェリオ 2009-06-23 (火) 18:11:51
    • ゴーレム は いいこと 無い から 人間 の ほう が 良い(ゴーレム、その指摘は当たらずとも遠からずだったのだろう 呟くように)
      うん ? 手 どうした の ?(首?を傾げ、真似するように右碗部四連回転動力刃を仕舞いもせずに突き出す 指先は鋭い金属爪だ) -- ジロー 2009-06-23 (火) 18:35:13
    • ひょわっ!?(金属爪に驚いて再び毛を逆立て、手を引っ込めてしまう)
      握手、しようと思ったんだけど…。ちょっとその手だと、危ないかなあ。…握手、知ってる? -- チェリオ 2009-06-23 (火) 18:38:49
    • あ ごめん 変 だった いつも 危ない の は 変(きりりと発条、モーター音がして刃が収納される しかし爪はそのままだ)
      握手 …… 握手(しばらく停止、記憶の索引から探り出すのに必要な時間) 知って いた 握手 もっと 嬉しい 挨拶 でも 危ない (爪を引っ込めることは出来ない、しょんぼりとした様子…手の甲側には特に危険もなさそうだが) -- ジロー 2009-06-23 (火) 18:49:31
    • ん、んー…。どうしよっか。(しばし腕を組み考え、ふと手の甲に目をやる)
      ここなら、大丈夫かな?(しゃがんで手の甲におそるおそる触れてみる) -- チェリオ 2009-06-23 (火) 19:35:43
    • ……! 握手 ? これで 握手 できた ?(ひんやりとした金属の質感 顔?のハザードランプが赤く点滅する 驚いているようだ) -- ジロー 2009-06-23 (火) 19:54:46
    • そうだね、これも握手っていうのかな…。へへ、握手握手。(ジローの手の甲を擦りつつ)
      挨拶は大事だもんね。その気持ちがもっと大事なんだよ、多分!(うんうんと一人頷き) -- チェリオ 2009-06-23 (火) 20:01:11
    • チェリオ ここ なら 握手 できる と 教えて くれた ありがとう(手の甲を向け、頭?を下げる 礼は元から知っていたようだ)
      いけない 僕 探し物 を していた んだ もう 一度 ありがとう チェリオ また ね(そこで、彼の後ろを見渡せば気付くだろう 此処は金属に埋もれ、部品に塗れたがらくたの山 分け入り探す機械人は風景に比してあまりにも小さい) -- ジロー 2009-06-23 (火) 20:08:51
    • 探し物?…こ、この中から?(がらくたの山を見上げ、目を点にする)
      あたしも、いかなきゃな…。またね、ジロー。見つかったら教えてね! -- チェリオ 2009-06-23 (火) 20:21:08
      お名前:
      • (何も言わず、ただパサリと花束を投げて立ち去った) -- レオノーラ? 2009-08-14 (金) 12:43:18

      最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

      お名前:
      • 預かった外套を返しに参ったが・・・ふぅむ・・・形見に預かっておくでござる。南無・・・ -- (バーサーカー) 2009-08-04 (火) 21:17:53

      最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

      お名前:

      コメントはありません。 仮面ライダー?

      お名前:

      コメントはありません。 コメント/名簿/336234?


Last-modified: 2009-08-14 Fri 12:43:18 JST (4183d)