Edit

COMMAND
SETTING
exp027315.png
COMMENT
PERSONA
SOUND
STATUS
COMMU
SYSTEM
 PLV 17  諏訪里 守形                
        LV 17  ハンプティ・ダンプティ         
            ●  運命  ●           

現在 Edit

  • 表向きには、冒険中での不慮の事故で死亡とされている。
    • だが、生徒では閲覧の難しい公的な記録では、
      詩潟 士時の受け持つ特殊教科訓練中に死亡と記されている。
  • 黄金暦271年 2月14日未明 死亡が確認される。
    • 遺体は遺族である父親の諏訪里 御縋(ミスガ)に引き取られた。
      • 生徒へは月末辺りに告知があるでしょう。あったと思います。

Edit



誰もいない部屋。誰かがいた部屋。 Edit

諏訪里 守形>名簿/508293 &color(#8B1A1A){};
&size(6){♪};♪&size(10){♪}; ''―場所―'' [[&color(red){&size(8){''BGM♪''};};>つべ:]] &br;''>地の文を入力してください。''&br;&br;

ペルソナラジオ Edit

編集

お名前:
  • ― ペルソナラジオ『ぺるらじ』 最終回 ― BGM♪ -- 2014-03-16 (日) 20:18:04
    • ガッチャ!! というわけで、なんか懐かしいなおい。四ヶ月ぶりか?
      ということで始まりました今夜もぺるらじ、って、おい、最終回か。マジか。打ち切り? 白斗さん何か聞いてる?
      -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 20:19:44
      • そうですね。一通もお便りが来なかったのが原因ですかね。あ、こういうの大人の事情って言うんでしたっけ、失礼、かみました。 -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 20:23:11
      • あまりにも悲しい大人の事情を垣間見て、ゲストのたくさん来る理想の姿を鏡の向こうに見そうだ。
        加えてもう一つ大人の事情があってだな。20:18、つまりラジオ開始と同時に急に腹痛が走って、今薬飲んできた。
        急に音通不審になったら何か壮大な事件に巻き込まれたと思って先に進めてくれ……相棒……。

        はい、じゃあ一応はじめますぺるらじ。司会進行の諏訪里守形役の諏訪里守形です。
        -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 20:32:44
      • 2割引の豚肉を買うことがそんなに罪なことなのだろうか……。美味しかったのに、この仕打ち……! -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 20:37:20
      • かみまみた☆ はぁーい、ということで、相棒が死んでるけどまた死にかけてるという異常事態に見舞われながらのラジオとなりました。気楽に喋ってるだけの方、白斗鏡役の白斗鏡でお送りします。

        おい!おい!相棒!やっていけるのかよ最終回だぞ!?どんな放送事故だよ!!まぁやることは決まってるから俺だけでも何とかなる、といえばなるしな……いざとなれば代打で霞華美でも呼ぶか……
        -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 20:39:18
      • 深刻な方の腹痛ではなく、少し恥ずかしい方の腹痛であるので大丈夫だ。そして第二波が訪れる気配はない……。……やったか!?
        まあでは最終回ということでですね、一応前回からの引き続きではないですが、初期プロットの何かがあれば見せてもらいたいんですが。
        前回は人物だったんですけれど、ペルソナの方があるんですよね白斗さん。ビオフェルミン、頼む……効いてくれ……。
        -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 20:47:24
      • あぁー、はいはい、マジでトイレこもっててくださいよ。多分それ、突然いい物食べたから胃がびっくりしてるんですよ相棒……
        あぁー、ペルソナのほうね、はっきりいって、人物のラフとか綺麗だったから!全然恥ずかしくないしな!!あんなんどこでもお出しできますよ……
        俺が見せてやりますよ、本当の恥ずかしいラフというやつを……
        -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 20:51:43
      • ☆ペルソナ・ラフ -- 2014-03-16 (日) 20:55:22

      • はい、本当にざっくりです。これ以上ないくらい。
        -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 20:56:11
      • (ちょっとした聖杯戦争を終えてくる)……もしかして普段絶対に食べないポップコーンを食べたせいで食物繊維が要らぬ世話を焼いた結果かこれ……。(げっそり)
        あー、それこそ細部は変わってますけど、結構テーマは一貫してますよね。
        何より、『ニヴェンス』(左上)とか、ぱっと見で主人公のペルソナって分かるのが中々凄いなと思いました。
        逆に言えばオレのハンプティ・ダンプティなんか見た瞬間脇役の味があるペルソナって分かるわけじゃないですか。
        -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 21:02:30
      • そういえば質問にも来てますけど、少し先に聞いておきたいのが、元々鏡の中をテーマにしたり、
        鏡の国のアリスを題材にしたのって白斗じゃないですか。何で鏡の国のアリスモチーフだったんです?
        -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 21:03:57
      • お前、本当胃が弱いな。山根くんかよ。正露丸もいっとく?
        主人公っぽさは目指してみましたね、アリスは最初発展型みたいなデザインにしようと思ったんですけどね、現在のタナトスっぽい感じのに変えました。
        あとは女性らしさを強調させて、可愛らしさと、怖さを同時に表現したいな、と。メガテンやペルソナシリーズでもアリスは人気ですからね。
        パッと見て、それだ、とわかるようには気をつけてます。

        あと何故鏡だったのか、というと。学園モノで鏡といえば、ホラーですよね。しかも深夜0時。最初はそういう発想から、じゃあそれっぽいモチーフなんだろう、と考えてアリス、となったわけです。
        -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 21:10:44
      • おっと、バカにしないでいただきたい。オレが弱いのは腸だ。(穿孔経験済み)
        成る程、納得しました。確かにペルソナ原作でも夜時間っていう不気味さありましたしね。
        実際鏡の国のアリスのストーリーってかなり荒唐無稽で、アリスやマーチヘア(三月兎)程度は知名度あるでしょうけど、
        トゥイードル・ディーとトゥイードル・ダムとか、ライオンとユニコーンとかはオレも調べるまで知らんかったな。
        一応ディズニーのアリスにダム&ディーは出てたのは覚えてたが。あとジャバウォックって聞くとどうしてもARMS思い出すしな……。
        実はハンプティ・ダンプティと同じくらいオレ、ニヴェンスのデザイン好きなんだよ。中央の時計のとことか。
        本当に昔からペルソナ描くの好きでないとここまですんなり出てこないだろうなとは思った。
        -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 21:17:50
      • おい、俺がペルソナ書いてみたのはこれが初だぞ。お前が企画に乗ってくれてシナリオ考えなかったら書き出すことなんて無かったからな。
        あぁでもまぁニヴェンスのデザインは確かに、自分でもしっくりきたな。時計をそのまま使うのは運命のノルンから持ってきたんだったと思うんだが
        体のないニヴェンスに対して、偽りの人形でも体を持っているマーチへア。心と身体という対比になってるわけです。

        ちなみにダンプティは卵から連想して、エコーズがモチーフ。ダムディーはなんかこんな怪獣いたよな、って思いながら書いた気がします。
        -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 21:42:28
      • ☆ペルソナラフ2 -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 21:44:01
      • こっちは更にざっくりと。ていうか結構変えたなぁ。ジャバウォックはほとんど変わってないですね。 -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 21:45:21
      • そうなのか? なんか昔から無機物のデザイン良くしてたイメージあるけどな? 叙事詩の頃にネーナちゃんでやってなかったっけ?
        元々凄い古い話になって申し訳ないが、オレはジョイメカファイトが好きでな……こういう空中に浮かんだロボみたいなの好きなんだわ……。
        その辺も結構対比として使ってましたね。シナリオ作る上で「触れないけど粋なこと」としての色の対比なんかは上手く使ってたなって。

        ああ、ベムラーか。オレはダムディーのデザイン見るとFF7の神羅屋敷にこういうのいたなって思い出す。
        あとハンプティ・ダンプティ見るとなにか思い出すんだけどなんだ……ちょっと記憶を探っておくから先に進めてくれ。
        -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 21:47:21
      • 士時の黒幕臭と、霞華美の対臭は、結構頑張ったけど絶対に消せないものとして諦めてましたよ。
        それでも士時では怪しい動き絶対にギリギリまでさせないように頑張ってはいましたけど。
        後者はもう開き直ってましたけどね。絶対こいつ望月綾時だって分かるのはペルソナを題材にした時点で確定ですし……。
        -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 21:52:06
      • あぁ、そういえばデザインはしてたか…あっちはあっちで設定消化不良で出せなかったけどな。
        俺は、ガンダムエックスのコルレルとかブラックロックシューターのストレングスとかちょっと腕が長かったり大きかったりするデザインに弱いようでな。
        若干そういうのがペルソナデザインした時に紛れてるかもしれないな。
        まぁそれはしょうがない。士時先生も霞華美もそういう役割として生まれたキャラだったんだからな。
        俺としてはお前が死亡します臭を出さずに学園生活楽しく送ってくれてたのがなにより嬉しかったよ。終盤は割と死にそう感あったけどまぁ仕方がないさ。
        -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 22:05:32
      • FESでイベント全くなくプレイアブルキャラで選べると面白そうですねネーナちゃん。CV-で。
        ああ、それはとても良く分かる……。いいですよね手甲キャラ。あと下半身が覚束なそうなデザインとかもちょっと滾る。
        ユニコーンレオンのバランスとかそれに近いですね。
        まあそうだな、完璧にシナリオを完遂するなら徹底しないといけないと思ってたからな。
        それにそれは皆のお陰でもあるし、オレに他のキャラとの差別化としての「ヘタレ」っていう属性をくれたのは、
        周囲の皆だったからな。キャラ立ててくれたことには感謝してるよ。

        さて、そろそろ、〆ようか、白斗。どうだった?って今更聞いてももうだいぶ言い尽くした感あるだろうな。
        少なくともオレは今まで一人遊びで出来なかった絵つきのシナリオや、二人遊びっていう分野を新しく開拓できたのが楽しかったよ。
        白斗のラストの問答なんかは、白斗は白斗で交流やってないと出来ないことだったからな。
        -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 22:10:25
      • どっちかというとマヨナカアリーナのほうで出そうだな、ネーナは……ペルソナはセドナだったか。
        おまえ、ヘタレって属性は与えられるものではなく、自ら醸し出していくものだぞ。
        でも、醸し出すためにもやはり周囲と絡んでないと中々でないものか。ひとり遊びでこれはこういうキャラですと固定してしまうのは簡単だが
        折角のWIKIだからな。ほかの人と関わって、自分や、設定なんかに何らかの変化を加えていくのも楽しみの一つ、というかWIKIの醍醐味だと思っている。
        最後のは結構考えたな……個人個人には絡み不足だった感否めない中、ひねり出したというか……ごめんな……俺に力が足りなかった、あと時間も……。
        でも綺麗にまとめてもらえて本当に良かったよ。俺自身飽きっぽいほうだから、キャラをきちんと締めること事態がほとんどなかったというのに、こんなにも綺麗に終わることが出来た。
        ……本当、ありがとな、相棒。スケジュールいっぱいいっぱいだったけど、楽しかったよ。全力で遊べたと思う学園生活だった。 お前のお陰だ。
        -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 22:25:43
      • そうだな。ヘタレっていうのは他者との関係があってこそだからな。
        それでも良くやってたと思うよ。でなけりゃ最後の戦いがああいう形には収まりきらなかった。
        まあある程度今までやってきたことの集大成として形にしようとはしてたからな。
        企画と平行してやる一人遊びっていう形態の、自分に出来るハイエンドがここかなとは思ってる。
        また別の遊び方が思いついた時はその時皆にも協力してもらうかもしれないけどな。
        きっとあとで読み返しても楽しいものになるだろうな。遊びの醍醐味かもしれない。

        じゃあ名残惜しいけどそろそろジングル行くか。
        個人的に絡んだ人、そして絡めなかったけど物語を読ませてくれた人、
        そしてこれから読む可能性がある全ての話を紡いでくれた人に感謝を。
        あとまあ、今回話を持ってきてくれた鏡と、こっちが用意した救いのない終わり方を力技でひっくり返した白斗自身の『我』に感謝するよ。
        ありがとな、楽しかった。そして嬉しかった。
        -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 22:31:10
      • そうだな、今回は読み物として見れるようなものを作ろう、というコンセプトもあったからな。楽しんでくれた人がいるなら、演じてきた俺も、シナリオを考え抜いてくれた相棒も、何よりも、嬉しい。
        そして、見てくれた人の中になんらかのインスピレーションが湧いて、また何か新しい楽しいことを始めてくれる切っ掛けにでもなればそれ以上のことはないだろうな。

        そんなわけで、急遽始まったペルソナラジオ。今日で終わりです。聞くだけの人も書き込んでくれた人も、ちらっと覗いてくれた人も。全ての人に感謝しつつ――

        締めの諏訪里守形の爆笑トーク。おなしゃぁーす。1分間程度で纏めて、オナシャース。
        -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 22:43:45
      • もし贅沢を言えるのであれば、ここで得た良さや気づきを、今後の自分たちが作るものにも反映させていけるようになれば、
        更なる意味も付随出来て楽しいし、オレとしても嬉しいと思う。
        この人とならこれが出来るっていう一つの指標にもなると思うしな。

        あー。
        あーーーーーーー。
        えー、あー、最近GJ部の部長の絵を見るとロティア先生に見えてきて二倍も三倍も興ふ 楽しい気分になるようになりました!!(爆笑トーク)
        はい無理ー!!! お前の無茶ぶり無理ーーーっ!!!!

        はい〆るぞ!! ではぺるらじ、そして空中学園の白斗鏡と諏訪里守形の物語は、これで修了、お疲れ様でした!
        お相手は諏訪里守形と――?
        -- 諏訪里 守形 2014-03-16 (日) 22:50:33
      • ――白斗鏡で。お送りしました!皆、本当にありがとう!それじゃあ、またいつかどこかで。 ペルソナッ!

        (徐々にBGMが絞られていき、そしてラジオはおしまい。ありがとうございました!)
        -- 白斗 鏡 2014-03-16 (日) 22:59:29

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • ゲスト出演希望者・観覧席 -- 2014-03-16 (日) 20:18:26
    • ついに最終回か……。 -- 2014-03-16 (日) 20:19:29
      • 長かったね…思えば放送中は色んなことがあった… -- リシア 2014-03-16 (日) 20:21:29
      • 噛み・・・噛み? -- フミ 2014-03-16 (日) 20:30:45
      • トイレはちゃんといくでちよ -- ねぎま 2014-03-16 (日) 20:37:16
      • ゲスト良いな、と思う事は有っても一回二回の濃さを見るとなかなか・・・ -- フミ 2014-03-16 (日) 20:39:24
      • 寝ろ -- ロティア 2014-03-16 (日) 20:39:41
      • 今寝たら逆に大変なことになる予感が…ッ! -- リシア 2014-03-16 (日) 20:41:49
      • フミちゃんさんいってきたらどうでちか(邪悪な笑み) -- ねぎま 2014-03-16 (日) 20:46:54
      • (こっそり毎回楽しみにしてるゆっくり) -- ショーン 2014-03-16 (日) 20:51:40
      • 本筋への関わり皆無だから! -- フミ 2014-03-16 (日) 20:55:14
      • 本筋に介入してたのロティア=センセイだけでちねタブン -- ねぎま 2014-03-16 (日) 20:57:51
      • 先生に至ってはロティア先生と話した位でこの中の誰とも会話も接点もないぞ! -- ショーン 2014-03-16 (日) 21:00:07
      • 私は諏訪里君に食券貰ったぐらいだし。あ、でも最近公式で白斗君と同行してる。って言うか来月もだこれ -- リシア 2014-03-16 (日) 21:04:59
      • 詩潟がジャバウォックな時点で「あ、こいつ裏切りそうだな…」的な感じは少しあった -- ロティア 2014-03-16 (日) 21:20:01
      • 名前が出た時は何か嬉しかったのは秘密なのだ -- フミ 2014-03-16 (日) 22:26:40
      • 目を覚ませ -- ロティア 2014-03-16 (日) 22:55:49
      • ラジオもイベントも楽しく拝見させていただきました、お疲れ様です! -- フミ 2014-03-16 (日) 23:11:47
      • お疲れ様、本編じゃ微塵も絡まなかったけど物語は存分に楽しまさせてもらったぜ -- ショーン 2014-03-16 (日) 23:14:51
      • お疲れ様でしたお疲れ様でした、コミュの中に入れてなんだか嬉しかった悪魔でした(ぱちぱち) -- ティポ 2014-03-17 (月) 00:11:38
      • (スッ)おもしろかったです! お疲れ様! キョウくんともっと絡みたかった!!(スッ)(引っ込む) -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 00:23:44
    • ふつおた係 鏡の国のアリス以外にモチーフにしようか、なんて思っていた題材はありますか?  RN,天才 -- 2014-03-16 (日) 20:57:43
お名前:

編集

お名前:
  • ―三年目 秋 諏訪里 守形の部屋― BGM♪ -- 2014-02-21 (金) 22:00:06

    • >もう、誰も使っていない、誰も帰ってくることのない部屋。
       白斗 鏡が、一人。まだ散らかったままの部屋を少しずつ、片付けている・・・


      -- 2014-02-21 (金) 22:01:39

      • >――こんこん。と。控えめな音でドアが鳴った。

        -- 2014-02-21 (金) 22:05:27
      • ……鍵は、空いてるよ。
        (一言だけ、返す。部屋に入るかどうかは、誰が決めるものではない。持ち主は、もういないのだから)
        -- 白斗 鏡 2014-02-21 (金) 22:08:28
      • (俯いたまま、ドアを開けた)
        (顔を上げると、その部屋には諏訪里守形という一人の人間の痕跡があちこちに残っていて、それが心を締め付ける)
        ……白斗、さん。(少しだけ視線を落とし、だが決意した目で言う)
        ……手伝わせて、ください。……いえ。……手伝います。
        -- 鹿場 映理 2014-02-21 (金) 22:11:40
      • (振り返り、目を逸らさず合わせる)……そうか。

        じゃあ、そこの衣装棚の整理を頼む。……俺は、机の荷物を片付けているから。
        ……今度は、ちゃんと、整理が着きそうか……?
        -- 白斗 鏡 2014-02-21 (金) 22:21:55
      • (赤くなった目をこすり、はい、と返事をすると棚を片付け始める)
        ……わかりません。……でも、着けたい、んだと、思って、ます。
        ……映理も、無駄には、無駄にしたいわけじゃ、ない、ですから……。
        ………。
        白斗さん、ありがとう、ございました。(何に、とは言わず、今度は謝罪ではなく感謝の意を伝えた)
        -- 鹿場 映理 2014-02-21 (金) 22:32:01
      • ……いや、いい。俺も、最近まで、自分の気持ちに向き合えてなかった身だからな……。

        ここから先は、守形はいない。お前が自分で歩んで決めていかなければいけない。
        でも、な。そんなお前を支えてくれる仲間がいる。友達がいる。いつも、お前のことを見守ってくれていたのは守形だけじゃない、だろ。
        ……勿論、俺だってそうだ。俺たちはこれから、一緒に歩いて行くんだ。同じスタートから、目指さなければいけないゴールへと向かって。
        ここから先、誰ひとりだって、欠けさせない。みんな揃って、迷宮の謎を解いて、卒業するんだ。
        (す、と拳を差し出してみる。諏訪里と、合わせていた時のように。映理に向かって)
        -- 白斗 鏡 2014-02-21 (金) 22:39:58
      • (大きく息を吸い、吐く。目尻に浮かんだ涙を指で拭いて)
        ……分かりました。
        もう、一人で膝を抱えているのは、やめます……。
        苦しいし、辛いし、今にも泣きたいですけど……それでも、映理がずっと見てきた……。
        映理がずっと憧れていた守形さんが、守ってくれた物を……無駄には、したくないですから。
        (ぎこちない形であったが、笑みを作ってみせる)
        ……きっと、そんなに、すぐには変われないと思い、ますけど。それでも、進みます。
        自分で選んだ、自分で選ぶしかない、その先へ。
        今は、皆さんと、一緒に……。
        (小さな拳を丸めて、白斗の拳にぶつけた。初めての経験だったので、すぐに手を引っ込めると、その引っ込めた手が棚にぶつかった)
        (棚が少しだけ揺れて、掛けてあったゴーグルが地面に落ちて、音を立てた)
        -- 鹿場 映理 2014-02-21 (金) 22:47:19
      • 十分だよ。(微笑む、ぎこちなくとも、きっと、彼が守りたかったものは、この笑顔に繋がっていたんだと思えたから)
        (落ちたゴーグルを拾い、手に取る。)これは……。こいつは、お前が持っていてくれないか、鹿場。

        ……そのほうが、あいつも喜ぶ、と思うんだ。……どうだろうか。
        (手にしていたゴーグルを映理へと渡す)
        きっと、あいつだって、お前が独り立ちして歩んでいく姿を、見守っていきたいんだと、そう思うんだよ。一番の傍で、一緒にな……。
        -- 白斗 鏡 2014-02-21 (金) 22:56:04
      • 一番……傍で……(ゴーグルを受け取り、そのゴーグルに視線を落とす)
        (ずっと、守形さんの額に収まっていたそれは、手にしてみるととても大きかった)

        (髪留めを外し、そのゴーグルを額に掛ける)
        (かつての守形さんがそうしていたように)
        (同じように、迷宮探索の際に使用していた棒を手に取った。或いはこれも、自分の使っていたナイフと組み合わせて、槍として使えるかもしれない)

        (姿鏡の前まで行き、自分の姿を鏡に映す)
        (そこには、守形の所持していた物で守られているような、自分の姿があった)
        ……白斗、さん。
        いつか……このゴーグル越しに、守形さんが見ていたものを。
        白斗さんと同じように……映理にも、見ることが……出来ますか……?
        (その声は、微かに震えている)
        -- 鹿場 映理 2014-02-21 (金) 23:02:06
      • ……さぁ、俺にはわからない。
        俺は、俺の目でしか、ものを見れていなかったからな。
        アイツにはあいつの、意見があって、視点があって、生き方があった。
        だから、見れるかは、わからない。でも。

        そのゴーグルから見えていた世界は、紛れもなくアイツが見ていた世界だから。
        一緒に歩んでいけば、いつかきっと、見ることができるんじゃないかって、俺は、そう思うよ。お前なら、な、映理。
        (ゴーグルを付けた映理の姿に、どこか親友の面影を感じる。安心して、背中を任せることができるような、強い、気持ちを。)
        -- 白斗 鏡 2014-02-21 (金) 23:26:51
      • ……はい。……ど、どれだけ掛かっても、映理は、それを、見たい、ですっ……。

        (ぼろ、ぼろと涙が溢れる。堪えようと思っても堪え切れない)
        今はっ、まだっ……きっとっ……弱くてっ……。
        怖くてっ……仕方っ……仕方ないっ……ですっ、けど……。

        exp027859.png


        exp027858.png

        ――いつか。
        いつか映理が憧れた、守形さんみたいに。

        映理も、誰かの背中を守れるような。
        ……そんな人間に、なりますからっ……!!

        (失った物や、居なくなった者は戻らない。だから、新しく何かを手に入れなければいけない)
        (苦しくても、辛くても、それでも前に進んで、積み重ねていくことが)

        (弱く不器用な自分たちに出来る、唯一の贖罪であると、そう思うから)
        -- 鹿場 映理 2014-02-21 (金) 23:46:44

      • >――諏訪里との絆の力で。
        ユニコーンレオン』の更なる力が解放された……!


        -- 2014-02-21 (金) 23:51:33

      • 今度は映理を……見ててくださいっ……守形さんっ……!
        -- 鹿場 映理 2014-02-21 (金) 23:52:18
  •  
  •  

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

個人イベント用 Edit

編集

お名前:
  • ― ??? 果てのない光 苦しみの最中 ― BGM♪ -- 2014-03-09 (日) 02:18:54

    • >声がする。
       名前を呼ぶ声が聴こえる。
       その名前を、誰かが呼んでくれている。

       幾つもあった絆は、外側からそれを形作る。
       自らが見えている事と、自らが見られている事は表裏。
       ――静かに、【世界】は拓けていく。


      -- 2014-03-09 (日) 02:21:43
      • (視界に飛び込んできたのは、ボロボロの泣き顔。顔をぐしゃぐしゃにして泣いたような誰かの顔)
        ひ、ぐっ……う、うああああああああっっっ……!!
        (誰何する前に、その顔が痛む身体に向けて手加減なしに押し付けられて、大声で泣き喚いた)
        -- 姫宮 未来 2014-03-09 (日) 02:25:19
      • (意識が、急速に覚醒する。いつの間にか、地面に倒れていたようだ。冷たい『鏡迷宮』の床/天井に横たわっている)
        (顔を押し付けて泣いている未来の頭を支えながら上半身を起こすと、同じように涙でぐちゃぐちゃになった顔のみなもと)
        (顔を両手で覆ったまま静かに涙をこぼす先輩の姿が見えた)

        ……皆。……俺は、どう、なって。
        (湧いてくる疑問と不安に後押しされて、疑問が口に出る)
        -- 白斗 鏡 2014-03-09 (日) 02:28:26
      • (よく見れば、白斗の周囲のメンバーは、服や武器も壊れ、何かと戦っていたような跡がある)
        (鹿場は目尻の涙を拭いながらも、それでも他の三人よりははっきりとした声色で)
        ……あれから、白斗さんが、深月さんと闇に呑まれた後……。シャドウがたくさん出てきて……。
        ずっと、戦ってたんですけど、いつの間にか全てのシャドウが動かなくなってて。

        気づいたら、白斗さんが……倒れてたんです。良かった……本当に、無事で……!
        -- 鹿場 映理 2014-03-09 (日) 02:33:38
      • 全然無事じゃないよ!!……心臓とか、動かなくて、絶対死んだと思ったよ!!
        もう、ほんとやめてよ……!! もう、わたし、怖くて怖くて……・。
        (ぼろぼろ涙をこぼしながらそれを両手で拭う)
        -- 鳴子 みなも 2014-03-09 (日) 02:35:56
      • 何度も、何度も回復の魔法も掛けたんです……でも、傷もないのにそんなことをしても、意味もないし……。
        も、もう、私、本当に、気がどうにかなりそうだったのよ……白斗くん……。
        (顔を覆った指の隙間からぽたぽた涙がこぼれ落ちている)
        -- 妹野 リリィ 2014-03-09 (日) 02:39:55
      • うぁあああぁあああぁ……!!バカ、バカ、バァカ!!
        あんた、ほんとにもう、本気でバカッ……!! 死んじゃったら、もう、本当に許さなかったんだからっ……!!
        ひ、ひぐっ、ひ、ぐぅぅぅぅ……!!(顔を胸に押し付けたまま泣く)
        -- 姫宮 未来 2014-03-09 (日) 02:42:53
      • ……俺にも、状況が……。
        いや……何で……。それは……。(頭の中で、闇の中でした霞華美との会話が急速に蘇ってくる)
        (自分は、確かにただ一体の『シャドウ』として死んだはずだ。なのに、なぜ今生きている)
        (それに、霞華美の姿が、どこにもない。全てが夢だったというわけでもなく、あれはやはり現実だったのだ)
        (だったら、この状況は……)
        -- 白斗 鏡 2014-03-09 (日) 02:45:57

      • (――ふと、胸の中心に、痛みを覚えた)
        (怪我でもしているのかと、触ってみたが、痛みはもっと内部から来るもののようだった)
        (違和感のような、その疼きに少しだけ表情を歪める)
        (痛いような、痒いような、狂おしい、抗いがたい……そんな痛みだった)

        (ただ、その痛みを覚えた胸は、仄かに温かかった)
        (温かく、心地良くもあった。何かにようやく巡り会えたような、そんな充足感があった)

        ………。

        (俺は)
        (考えるまでもなく、その痛みの正体に、気づいてしまった)
        -- 白斗 鏡 2014-03-09 (日) 02:50:21

      • >アルカナが、その絆が、白斗に力を与える ――汝 死神 なり -- 2014-03-09 (日) 02:51:02

      • (全ての絆が揃い、自分が完全に形作られたことを感じた)
        (『自己』を『他人』として切り離したことで、それは絆となり、最後の1ピースとして綺麗にそこに収まった)

        (胸に残った痛みが強くなる)
        (苦しく、愛おしいその痛みが、胸を灼熱の炎で焦がす)
        (本当に、本当に趣味の悪い罰があったものだと、俺は小さく笑った)
        (それこそが、彼女が……俺自身のシャドウであった深月霞華美が残していったもので)
        (彼女という存在が人間として生まれた時の産声であり)
        (ようやく、最後に抱いた恋心の残滓であり)

        (諏訪里が俺に向けた感情と同じ、背中を押すための、彼女が最後に残した、精一杯の『頑張れ』であった)
        -- 白斗 鏡 2014-03-09 (日) 02:55:44

      • exp028071.png -- 2014-03-09 (日) 02:57:30

      • (その胸の痛みが強ければ強いほど)
        (霞華美が最後にどんな気持ちで自分を助けようとしたかが伝わってきて)
        (俺はたまらず手のひらで顔を押さえた)

        俺は――。
        そんなつもりで、お前にそれを教えたんじゃ、なかったのにな。

        (涙は、止める事が出来ない)
        (自分の弱さが生み出した彼女という存在が)

        (今は恥ずかしそうに自分の恋心をきちんと伝えられたことを喜び)
        (見る者全てが恋に落ちてしまいそうな笑顔で、しっかりと笑っているのが感じられてしまったから)

        (最初から好きを伝えてきたはずなのに)
        (最後の最後で小さな華となった、不器用で幼い恋心は)
        (今は俺の胸の中で初恋の高鳴りとして――しっかりと息づいていた)
        -- 白斗 鏡 2014-03-09 (日) 03:02:37

      • >最後は、皆泣き顔だった。
         全部が思い通りに行くほど器用じゃない俺たちにとっては。
         ――きっと、ふさわしい結末なんじゃないかって、そう思った。


        -- 2014-03-09 (日) 03:07:40

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照



Edit

  • 企画/空中学園都市
  • エリュシオン生まれエリュシオン育ち。
  • エリュシオンの飛行機能を維持する技師家系に生まれる。
    • 代々、かなりのブラックボックスとされているエリュシオン自体の飛行機能を可能な限り維持・促進する職種に就いている。
      • 家業についてはそれほど快く思っておらず、
        父は父、自分は自分と切り分けている部分がある。
        また、卒業後はエリュシオンを降りる気でいる。
  • 運動はそこそここなすが勉強はからっきし、容姿は人懐っこい。
    • 特に瞬発力に優れるのは筋肉の質のせい。
  • 性格は朗らか、人付き合いはそこそこに上手い方。
    • ただ、性格的に上手に嘘が吐けず、本気で語り合ってしまうことが多い。
      理性よりも感情で会話をするタイプ。
      • そのため撥条王のことについてはあまり語りたがらないし、それだけは自分の中の不文律として絶対にバレないように全力で嘘を吐く。
      • また、いざというとき、ここぞというときにに踏み込めないヘタレでもある。
        本心では状況を変化させないことに安定を感じるタイプ。
  • 額のゴーグルは学園都市で飛行士を志していた先輩の別れ形見。
  • ペルソナと呼ばれる能力を所持しているが、関係者にしか見ることも理解することも出来ず
    誰かにこれを打ち明けるということはない。
    • 鏡より先、中学三年の時点で高校教師である『詩潟 士時』(うたかた しとき)によってペルソナの才能を見出されている。
      • ペルソナは現実世界では見えず、今のところ鏡世界でのみ影響を及ぼす。
    • 戦闘時はリーチの長い棒を使用(打属性)。
  • ミラーラビリンスに於けるパーティの中ではリーダーである『姫宮 未来』(ひめみや みらい)を補佐する参謀役。
    • 現在は新リーダーである白斗 鏡の良き相棒である。
      タイプは違うが波長は合うのか、非常に仲がいい。
  • パーティの一人、『鹿場 映理』(しかば うつり)とは幼なじみ。
    • 幼少時より何かと頼りなかった映理の世話を焼いていた。
      そのため、映理からは兄のように、それ以上に慕われている。
  • CV:浪川大輔

ペルソナ Edit

PERSONA
                  
exp027294.png
22I          
18I        
22I          
17I       
8I    
                 LV 17  ハンプティ・ダンプティ                 
                       ●  運命  ●                         
突撃ハマ
タルンダソニックパンチ
アギハマオン
斬撃耐性 

 コメンタウ Edit


Last-modified: 2014-02-13 Thu 01:33:19 JST (2617d)