見上げた空に、一番星輝く

  • -- 2017-05-29 (月) 21:39:30
  • -- 2017-05-29 (月) 21:39:21
  • -- 2017-05-29 (月) 21:39:08
  • (陽子さんはどうしてるのかなと上空からふよふよ浮いて観察) -- シィホ 2017-05-08 (月) 08:55:59
    • (境内にていつものようにほうきを手にして掃き掃除をするその背中が見えるかもしれない、何かため息をついているようにも) -- 2017-05-08 (月) 19:09:08
      • (ぶわーっと降りてきて)陽子さん……? どうかしたのですか、なんだか元気が無いように見えましたが……
        っと……お久しぶりです……! おまんじゅう……セイちゃんから貰いましたよっ! -- シィホ 2017-05-08 (月) 19:11:57
      • 親方ァ!空から女の子がぁ!!(降りて来る女の子を見たらそう叫ばなければならない、そういつだって!)
        いろんな動物が見れるってところをサガくんといっしょに回ってきて…おいしかった?(おみやげチョイスとしてはふつーだったかな?なんて)
        …実はまあいろいろとね…立て込んでて(女の子なら気になるところの左手の薬指に鎮座してる指輪は緑色のイモいジャージ姿の女には不釣り合いもいいところで…おそらくはため息の原因もそこにあるのだろう)
        -- 2017-05-08 (月) 19:36:49
      • リアクションがすごい……!?
        いえいえ、すっごく美味しかったですよ……まるで完全栄養食のような……!
        ふむふむ……! (指輪を見て思わずにっこり)ふふ……お悩みなら話だけでも……お聞きしますよ(優しく手を取って) -- シィホ 2017-05-08 (月) 21:16:59
      • こういうシチュのときはばっちり言っておきたいし…!(かわいい女の子が降りて来る状況がはたしていくらあるのかということを考えれば言える時に言うのがベストという考えである)
        でしょ!きっと遭難してもあのまんじゅうがあれば永住できるくらいの島だったよ…(島まるごと遊園地みたいな…そんなどうぶつえん?だったという)
        まあうn…その…お願いします…(一応しあわせであることには間違いないのだが、漠然とした不安に包まれているという状態…もしかしたらこれは全部夢かもしれない?などと…肝心のダンナになる人にそんな事を話すってわけにもいかないような気が…というマリッジなんたらである)
        -- 2017-05-08 (月) 21:32:38
      • なるほど……わかりますよ……! 幸せすぎる事に不安を覚える……多分わたしもそうですから
        多分……ですけど自分に自信がなくて、わたしなんかが幸せになっていて良いのか、とか……この幸せがなくなってしまったらどうしようとか……
        色々不安なんですね……! でもそれって陽子さんがしっかりしてて、真面目に向き合おうとしてるから……!
        わたしだったら……甘えちゃいますよ! 不安だったら側に居たいし、遠慮する必要も無いと思いますし……!
        紗牙さんならきっとどーんと受け止めてくれるはず……! 体当たりですよ! (ぐっとガッツポーズ) -- シィホ 2017-05-08 (月) 21:37:46
      • くっ!さりげなくのろけてきたわ…!(げるにことおしあわせに…!というさすしぃをしておく)
        そばに…いていいのかな?なんて思っちゃうんだよね、どうしても…(宗家の当主なんて立場もそうだけど世界中闘いっぱなしでいったりきたり…でもちゃーんと帰って来て…そのまんま修行しにいったり…ソレが終わったらまたどっかに出動しにいって…)
        あれ?なんであたしあんなヤツとこんな関係になったんだろ?(好きなとこでもあるけど、あまりにもこっちのことに無頓着じゃないのか?なんて疑念が鎌首をもたげて…なにやら怒りにも似た感情?が湧き起こされる!)
        -- 2017-05-08 (月) 21:51:36
      • ふぇぇ……ご、ごめんなさい……! のろけるつもりではなかったのですが……!(さすしぃされてたじたじ)
        あっ……! (余計なことを言ってしまったって表情)え、えっと……まぁ……忙しいのは仕方ないですし……!
        お、怒らないでくださいね……どうどう……どうどう……(背中をぽんぽんさすさすさす陽……) -- シィホ 2017-05-08 (月) 22:39:42
      • ふっふっふ…その情報はすでにイザヨイから入手済み…!(さすしぃ…さすしぃ…!とポイントを貯める!)
        いいのよぉ…べつにぃ…アイツがああいうやつだって知ってて?こういうふうになったのは?あたしだし?(恋する乙女48の殺人技のひとつ、満面の笑みで殺意を滾らせるを使う…!)
        それに最初っからお互い無理してるっていうのもね…(性格の不一致だの、価値観の違いだの、夫婦の破局の形はいろいろあるが無理に関係を続けようとするから出るもので…最初から理想と現実を知っておけばそういうことにもならないかな?という消極的なような積極的なような考え)
        そういうとこあるっていうもん、男の人って。(センセからも男は朴念仁だといろいろツラいとこがあるぞと聞いているし、お師匠の奥さんからも女の味を覚えた男はやきもきする、なんて聞いているし…)
        なによりバカ正直に結婚前にアリーちゃんと…その…ごにょごにょした…とか…言ってきたし…(なんということだろう、結婚前に浮気?の告白もされようものならいい加減怒りとかそういう境地でもないという顔、悟りである)
        -- 2017-05-08 (月) 22:51:19
      • ぬわぁー…………(じたばた……大ダメージ!)
        う、器が違いすぎる……!! 陽子さん……見ない間に本当に大人に……!
        でも……もし何かあって疲れちゃったら……いつでも相談に乗りますからね。セイちゃんの愚痴でも良いですよ
        そしてお返しにお菓子を持ってきたので……お菓子……お惣菜ですねこれは……!
        (手作りカレーパン甘口を置いて、頑張ってねと肩をぽんぽんしてから飛んで帰っていきました) -- シィホ 2017-05-08 (月) 22:55:46
      • 経験値はためといて損はないしね!(やけくそなような成長したような笑いをうかべて…でもイヤになってないからこういう関係なわけで…と指輪を見る)
        あっそれは今すぐにでも(イザヨイへの愚痴は結婚を前にサガの先祖ディスりなんかも含めてストックがたっぷり…と今にも話しだそうという勢い)
        あたしこういうの好き!(バァァァンとカレーパンを頬張って一発引き運の強い子でもこさえたろかい!と覚悟を決めつつしぃほさんを見送り…)
        早く帰って来なさいよ、ばか。(なかなか帰ってこないダンナ候補生にぼそりと一言つぶやいた)
        -- 2017-05-08 (月) 23:05:06
  • よういいもん持ってきたぞ(クーラーボックスを頭の上に載せてやってくる)
    (クーラーボックスからは目に見えて魔力が迸っている)でかいエビなんだがアレルギーとかねえよな? -- ももんじ屋の店主 2017-05-04 (木) 19:57:04
    • やった!ありがとうおっちゃん渡りに船だよぉ!(もちろんその手のアレルギーとは無縁の身体、慶事があるらしく縁起物のエビに喜んでおっちゃんに頬ずりしてみたり) -- 2017-05-04 (木) 20:32:25
      • (夏毛なので若干普段より硬めの触感を陽子に与えつつ)あん?なんかあんのか?
        (中身はこれなと銀白色と玉色の輝きを同時に甲殻から放つゴージャスで巨大なエビが三尾入っている事を示しつつ何があったのか尋ねる) -- ももんじ屋の店主 2017-05-04 (木) 20:51:18
      • (おひさまのにおい…などとひとしきり堪能しておっちゃんから離れてエビを確認ついでにつんつんつついてみたり)
        なんかといえばなんかといいますか…ええとですね…(ちらちらと左手の薬指に貧乏くさい女には不釣り合いな金剛石付きの指輪がハマっていることに気付くかもしれない)
        -- 2017-05-04 (木) 21:15:47
      • (既に〆てあるようで突いてもエビは動かない、ただ今まで色々目利きしてきた陽子の指先はこの甲殻から高い魔力と強度を伝えた)
        茹でれば殻は柔らかくなるんで基本茹でな、刺し身も美味いんだが生のまま剥くんならイザヨイ辺りに頼んだ方がいいぜ、特に尻尾が物凄い硬いからな
        (指輪を見ればうおっと呻いて)いっいつの間に…最近妙にもぞもぞしてんなとは思ってたが…という事は辞めんのか?うちは産休と保育所には対応してるが -- ももんじ屋の店主 2017-05-04 (木) 21:29:24
      • ほほう…こいつぁ…(ミソごとエビチリなんかにしたらすっげえウマそう…なんてだらしなーくよだれを垂らしたり…)
        包丁と刀を同じような使い方するんもイザヨイやと思います(おっちゃんの説明を聞きつつ飼育員の人みたいな返事をしたり)
        も…もぞもぞってそんなおっちゃん…(照れて頬真っ赤)
        んー…正直まだ実感がないというか…これからちょっと結婚前に旅行に行ったり?とかもしようかって…(まだこれから先のことに見通しは立ってないけど、あっちの実家ぐらしになったら辞めることになるのかも?と)
        -- 2017-05-04 (木) 21:35:36
      • そうかいそうかい、まだまだ惚れた腫れたの真っ最中でやるこた沢山あるって訳だな
        そんなら一つ一つきちんとこなして後腐れを残さんようにしっかりな、こっちに関しちゃ代々一人でやってきたんだから気にすんな
        (短い腕を組んで何度もなるほどねえと感心したような様子を見せる)お相手はどんなのよ、神社の娘が実家に行かなきゃならんって事は色々ありそうだが -- ももんじ屋の店主 2017-05-04 (木) 21:44:12
      • だーっ!!(やるこた沢山だなんて言われたら思春期…ではないにせよいい歳の女としてはさすがに照れが出て手を振り)
        うん…おっちゃんにはお世話になりっぱなしで…(と、頭を下げるものの…マリッジなんたらなせいかいまいち浮かない顔)
        えっ!?相手…ってうn…おっちゃんも見たことあるかもしれないけど…(この神社に居候していた赤髪のゴリラめいた巨体の男子…紗牙であると耳打ち)
        (あっちの実家というか親戚連中は分家でなくよそから嫁を迎えるのに否定的なせいか相当にピリピリした様子であるのもブルーの一因…などとぽつぽつ)
        -- 2017-05-04 (木) 21:52:03
      • おうさ俺が言ってんのはそういう面倒臭い事も含めて沢山って事よ、そういうのを乗り越えてこそ一人前ってな
        勿論アッチの方の薬なんかが必要なら取り寄せるが(ぐわっぐわっと笑って若いから必要ねえかと下品なジョークを飛ばす)
        なるほどねえ…地上の結婚ってなしがらみが多いぜ、こっちじゃあ取り敢えず父親と殴り合って勝てばオールオッケーなんだがな…
        どうしても嫌だったらな、自由に生きろよ陽子(そう言って背伸びをして肩を叩いて元気付けると帰っていった) -- ももんじ屋の店主 2017-05-04 (木) 22:06:16
      • まにあってますっ!……いやそういう意味じゃなくって!(まにあってるってことは若さが迸ったって事になっちゃうじゃねーか!とテンパり…)
        それはそれでハードじゃない!?(殴り合うおっちゃん族のクロスカウンター的な場面が想像され…)
        …そうする!(結婚して奥さんになって…ずっと考えてもなかった事態になったせいか自分を見失っていたのをかもしれない)
        (元来自分はずうずうしくてのんべんだらりとした…自由っぷりなら誰にも負けないタイプではないか…なんて思いつつおっちゃんを見送り…)
        (エビはイザヨイシェフによって美味しく調理されてエビづくしフルコースとなりましたとさ)
        -- 2017-05-04 (木) 22:17:13
  • -- 2016-12-19 (月) 01:18:33
  • -- 2016-12-19 (月) 01:18:24
  • -- 2016-12-19 (月) 01:18:13
    • (グラサンをかけて気分はゴルゴ) -- 2016-12-19 (月) 01:18:54
      • (お賽銭仕分け作業!) -- 2017-01-01 (日) 00:19:41
  • 紗牙!いるなら居るって返事をしな! -- 2016-12-10 (土) 14:18:04
    • …ぬぅっ!?(神社の裏山で例によって滝行を行っていたところ響く始祖の声、かっと目を見開くとその声の主を探す) -- 2016-12-10 (土) 14:34:06
      • ぬぅっじゃないっての。まったくさ
        やぁ紗牙、また馬鹿みたいに修行してたのかい? -- 2016-12-10 (土) 14:42:06
      • ああっ!こんなところに!!(探していて振り返ったら目の前にいる!というホラーのお決まりに後ずさり…)
        いかにも!始祖よりの課題…すでに8割がた完成したところナリ!(一発の必殺技をスタミナを切らさずに連発できるようになった…と、ムキムキ半裸の身体を唸らせて拳を見せる)
        -- 2016-12-10 (土) 14:45:09
      • そうですか。(課題は出したが、この修行馬鹿振りが息子や孫のクソジジイ共とダブっていやな顔をする)
        人生はそう長くないんだぜ?もっと楽しまなきゃ損だよ紗牙。 -- 2016-12-10 (土) 14:55:50
      • なぜに!?(課題をきっちりこなすことでいやーな顔…複雑な乙女心という奴か!?と困惑中)
        ワガハイはこの試行錯誤こそが楽しいかと…(男の子な思考なせいか、修行が楽しいなんて言い出す脳筋)
        -- 2016-12-10 (土) 15:00:34
      • はぁ…(深い溜息をつき)
        あのな紗牙、お前ってなんか、欲しい物とかないのかい?
        金とか、女とかでも良いからさ。そういうの。 -- 2016-12-10 (土) 16:09:50
      • おんっ…(絶句し、顔を赤らめ…)いや…ワガハイにはまだそういう事は早いのでは…?と…
        (一発で童貞だと解るリアクションで返す、金は実家に有り余っている若社長だが女性経験はなく…周囲からはその立場からいつ身を固めて子を作るのかと突き上げを喰らっている立場)
        (しかし両親は恋愛結婚だったせいか、お見合いにも消極的で、良い人はそのうちどこかで出会えるくらいの心持ちでいる真性童貞である)
        (紗牙の先祖のことを知っているユエにとっては血の繋がりを疑わんばかりのウブっぷりであった)
        -- 2016-12-10 (土) 16:17:39
      • …お前は多少遊んだほうが強くなれるよ。
        まったく…まあ、それは今度教えてやるとして、お前彫刻とかに興味ないかいっ? -- 2016-12-10 (土) 16:42:42
      • 遊び…(以前なら、修行中に遊ぶなど言語道断などと頭の固い所を見せただろうが)
        (オウガとの修行や敵との戦いを経て『遊び心』が強さにつながる事もあることを学んでからはそういった余裕を持つことにも理解が…)
        是非!(そして始祖の遊びを教えてもらえば自分ももっと強くなるのでは?と思いよい返事をする)彫刻…ナリか?(器用ではないほうなので絵画や彫刻などの美術関連にはとんと疎く、まったくの素人であると言う)
        -- 2016-12-10 (土) 16:49:41
      • ああ、ボクの趣味でね。ほら、此処の森は木々が育つのも早いから、木材の有効活用の一つでもしてやらなきゃ、可愛そうだろ?(そこまで言うと手頃な薪を紗牙に渡して)
        そうだねぇ…まずは木彫りの梟なんて彫って見ないかい? -- 2016-12-10 (土) 17:03:32
      • なるほど…(このあたり一帯は神社からの神気の余波で成長が早い…というのは本当なのかと感心したような顔、この環境で修行をしていると実感できる)
        心得たナリ!(薪を手にすれば素手の手刀でえぐりとるような動きで梟?のようなものを作ろうとするのだが…当然いびつな形状に…)
        -- 2016-12-10 (土) 17:11:03
      • (不器用ながらそれっぽいのを彫る紗牙に感心する様に頷き)梟ってのは森の守り神って言われる位ありがたーい生き物なのさ。だから木彫りの梟は福を招くと言ってとても縁起が良い物なんだ。(言いながら自分も器用に丸太を削れば、見事な梟の彫像を彫って)
        ふぅ…なあ、紗牙。お前はもっとゆとりを持ってみなさい。さっきも言ったけれど…こういう寄り道が、修行って奴には必要なんだよ。(にししと笑って見せ) -- 2016-12-11 (日) 17:57:21
      • オォォオ!?(自分の何かUMAチックな物体と梟の像を見比べて驚愕、一瞬で何かが出来上がっている?!とどうやったのか確かめるように)
        …ふむ…(前に比べればだいぶマシにはなったものの、まだまだ堅いところがあると指摘されれば唸り…)
        しかしワガハイにもできそうなゆとりの形とはいったい…?(不器用であり、大して頭脳派というわけでもない自分にとって身体を鍛える事以外となると…?と最初の、そして一番大きな問題にブチ当たる…はたして何をするべきなのか?と)
        -- 2016-12-11 (日) 19:10:40
      • ははは、なんだ紗牙、じゃあお前は最初からこんな滝行なんて出来たのかい?確かに体には随分恵まれたようだけれど…今のお前があるのは、お前に今までがあったからだろう?
        そうさ、当たり前の事だ。やれば出来るし、やらなきゃ出来ん…
        まあ、あれよ。なんか趣味を持てと言う事だよ。因みにボクの趣味はこれだが…茶道、花道、弓道、舞踊、一通り出来るぞ -- 2016-12-11 (日) 22:26:11
      • はっ…!?(言われてみればそうである、自分ひとりで育って生きているわけでもなし、周囲の協力や自身の研鑽もあって今の自分がある…当たり前の事ゆえに言われてはっとする事というのはあることで…)
        はっ…?(一方、こちらはさきほどの発見の意味の『はっ!?』ではなく…始祖のイメージからおよそかけ離れた大和撫子的なことで…つい口を突いて出た意外の意の『はっ?』である)
        こ、こほん…こ…こういうことは趣味と言えるかは解らない事ナリが…(気を取り直しておずおずと自身の興味について口を開く)
        女性とのお付き合いの仕方について学びたいと思っているナリ!(紗牙の先祖からの悪癖がついにその片鱗を覗かせたと警戒するかもしれない)
        -- 2016-12-11 (日) 22:56:03
      • 女との付き合い方ぁ?…ふぅん…お前もそういうのに興味ある年頃かい?(紗牙の台詞に頷いて)
        じゃあそうだな。ボクの千里眼でお前の修行相手にぴったりの子を見つけてやろう。(むむむ〜と技とらしく唸って見せれば、暫くしてぴーんっと耳と尻尾が勃ち、実に胡散臭い顔で)
        そうだね、此処にいる女の子に弟子入りすればお前の捜し求める答えが見つかると思うよ? -- 2016-12-13 (火) 15:36:07
      • たしかそれなるはアリーくんでは…(以前に何度か見たことがある女子の映像を見て)
        なるほど!女子の気持ちを知るには女子に弟子入りするのが一番というわけナリな!(と、納得した風な顔だが…ナチュラルに目の前の始祖も、陽子も、イザヨイも女子だと思っていないという旨の発言をする)
        -- 2016-12-13 (火) 16:17:44
      • …(紗牙の様子に渋い顔をしつつ、ああ、随分昔もこんな事があったな、何て思いつつ)
        まあ、そういうことさ。良いかい紗牙…女子に弟子入りすると言う事は、相手の事を第一に考えねばならん。
        お前が今までどう過ごしてきたか…それは良いし、それは否定される物では消して無い。寧ろそれがお前をお前たらしめるものだろうね。だけど
        それは相手も同じさ。相手にも、同じ様に生活があり、人生や今までがあって、今そこにいるんだ。その事を良く考えて、相手の事を真剣に見て、思うと良い
        …少し難しいかい? -- 2016-12-13 (火) 23:05:01
      • ふむ…(始祖の言う事、そして女性を敬うということを合わせて考え…)
        つまり相手の事を慮るということナリな!(その慮りが、はたして相手にとって好ましいことなのか?ということはともかく、一般的によいとされることはガンガンして行こうなどと考えている様子である…)
        -- 2016-12-13 (火) 23:51:13
  • (境内の茂みに隠れて様子をうかがう)
    皆さんお元気でしょうか……? -- シィホ 2016-12-07 (水) 09:48:58
    • 境内に人がいないことはいつものことだが、掃き掃除をしているJKだった女の姿はなく外出しているのかもしれない
      しかし依然として厳かな空気が漂っているので何かが「いる」ことは間違いないだろう -- 2016-12-07 (水) 11:01:19
      • わたしの気配を察して予め隠れていると……! さす陽……(居ないところでも稼いでいくスタイル)
        でもセイちゃ……じゃなかったイザヨイさんは居るみたいですね…… -- シィホ 2016-12-07 (水) 16:15:06
      • 『そういうわけではないのでは…』(働きに出ている間にまさかさす陽されているとは思うまい…と目を細めて姿を現す)
        『…ご無事でしたか』(本名を呼ばれる前に話を切り出すことで本名呼びを避けようとする…のもあるが、まずはシィホさんの元気な姿を見て一安心である)
        -- 2016-12-07 (水) 16:24:15
      • (一応視えては居るが姿がはっきりとしてくれば懐かしさと共に涙も出てきて)セイちゃ……ん……ひさっ……久しぶり……です……(目元をぐしぐし)
        あ、あの……勝手に連絡が途絶えたこと……怒ってはいませんか……? (恐る恐る) -- シィホ 2016-12-08 (木) 09:14:29
      • 『イザヨイです』(と、通常通りのやり取りをすることで緊張をほぐすうんぬん…といった気づかいかもしれない)
        『結果オーライは僕の主義に反するところです。』(と、遠回しに生還したという結果には満足しているが、その過程というかそうなるにいたった経緯には不満があるという嫌味を垂れ…)
        『お帰りなさい』(形式上のお小言を垂れ終わったのちにやっとこの一言である)
        -- 2016-12-08 (木) 10:54:24
      • うぅ……ご、ごめんなさい……(しょんぼりとしなるアホ毛)
        でも……こうして謝ることが出来て……セイちゃ……イザヨイさんの顔をもう一度見れて……良かったです…… -- シィホ 2016-12-08 (木) 11:01:39
      • 『謝るくらいなら、やらないことです』(と、トゲのある言い方も相変わらずだが、これは距離感が縮まったと感じた相手に出る愛情表現だというのは陽子とのやりとりを見ていれば解るかもしれない)
        『まるで、また死にに行くかのようですね?』(と、心配しているのか怒っているのか表情の伺えないバイザーの奥の眼差しはそちらを見る)
        -- 2016-12-08 (木) 11:09:10
      • ううぅぅ……(完全に向こうの言い分が正しいので言い返せずもじもじするばかりで)
        わたしは……もうそんな事はしません。命をかけて守りたいほど大切なものはあります
        だけど、その為に生命を無責任に投げうる程、もう子供じゃありません……!
        今日来たのは陽子さん達に会いに来たわけで……別にお別れしに来たわけじゃないです
        だからその……えっと……ただいま……(手を広げて抱っこしてくださいのポーズ) -- シィホ 2016-12-08 (木) 11:13:50
      • 『……』(コレ以上突っ込むようでは単なる意地悪、それに…本人がそれを自覚したのなら以前のような危うい状態には戻ることもないだろうと)
        『…甘えん坊なところも、あるんですね』(抱っこをせがまれれば、そのままに抱きしめて受け入れる)
        (その身体には確かにそこにある暖かさ、『焔』とも呼ぶべき生命の熱を感じることができる)
        -- 2016-12-08 (木) 11:49:32
      • (きゅっと抱き締めてその熱を少しだけ貰い)こんな身体になってわかったこともあります
        イザヨイさんは口では厳しいですけれど……心……魂は暖かくて……優しくて……気持ちがいいです……
        もう少しだけ……こうしてても良いですか……? -- シィホ 2016-12-08 (木) 14:50:31
      • 『ええ、もちろん…』(少しだけ素直に人に甘えるようになった事はよい傾向だと、娘に接するような抱擁は続く)
        うーすただい…まぁっ!?(バイトを終えて帰宅したらなにやらイザヨイと…しぃほさんがハグしてる?!と何が起こったのか理解できない様子で混乱!) -- 2016-12-08 (木) 15:59:45
      • あっ、おかえりなさい陽子さん(抱きついたまま)
        陽子さんもどうですかご一緒に……! 皆でくっつけば暖かいですよ……(微笑む) -- シィホ 2016-12-08 (木) 19:50:18
      • いいえ私は遠慮しておきますよ(メガネキャラならば言っておきたいセリフを吐く)…っていうかしぃほさん生きてたん?!(生きとったんかワレ!!といった具合で喜び勇んで結局ハグしにいく)
        『なんだかおしくらまんじゅうみたいになってきましたね…』(団子になる)
        何やら騒がしいナ…うぉぉぉ!!しぃほ君!!(無事だったのか!!と後から後から湧いて出て来る住民) -- 2016-12-08 (木) 20:14:49
      • わーわー! (三人くっついて勢いで回り始める)はい、ただいま、です。ふふふ……(ぐるぐるぐーる)
        (数分後)……と、止まらないんですかこれ……(目が回ってくる)
        うおおぉぉーっ!? とめてぇーっ! あっ、紗牙さんお久しぶ……うぉぉぉ〜(高速回転を始める) -- シィホ 2016-12-08 (木) 20:20:04
      • ぐえーーーっ!!(ぐるりぐるりと回転をかけられ三半規管が大ピンチ!)
        『二人ともしっかりしてください…』(二人を腕にしたよくばりキャッツ!のポーズをキメる)
        オオ!おさまったナリ!!(ぴたっと止まるそのさまはフィギュアスケート的な…イザヨイオン境内) -- 2016-12-08 (木) 20:24:12
      • ふにゃぁ……(くたくたぴよぴよ)陽子さん……メガネなのに三半規管弱いんですか……(謎の理論)
        (腕に掴まれたまま挨拶)皆さん……お久しぶりです。ご心配をおかけしましたね……(照れながら) -- シィホ 2016-12-08 (木) 20:27:42
      • メガネはかんけーねえでしょう!?(…うっ…とまだ三半規管ダメージがひどくつわったようなムーブのジャージ女)
        無事であればそれがなによりナリ!結果…
        『オーライでは困る。とさっき話していたところだ』(まあこの赤いのなら結果オーライと言うだろうなんて目で)
        いーじゃん生きてたんだから!!おかえりしーほさん…(と言いつつ、まだ三半規管がやられたぐで陽子のまま) -- 2016-12-08 (木) 20:37:34
      • うぐぐ……申し訳ないです……その……皆さんの顔が見たかったのと……えっとそれじゃあお詫びに何か致しますので……!
        どうかお許しを……(がくがく) -- シィホ 2016-12-08 (木) 20:40:03
      • えぇ〜〜!!そんなお詫びなんてわるいよぉ!!(と言いつつ、焼き肉食い放題とかそういうの行きたい!と目で訴えかけるような下心を丸出しに)
        センパイ!!(それは人としてあかんやつですよ!!と羽交い絞めにして止める)
        『何を仰るのです、許すも許さないもありませんよ。』(また調子に乗った陽子はスルーして特にそういった気づかいをすることはないと言う) -- 2016-12-08 (木) 20:43:38
      • そ、そうですか……(そっとポッケからだした白紙の小切手をしまう)
        えーっと……じゃあお茶を淹れましょう……! お台所をお借りしても宜しいでしょうか?
        皆さんの飲みたい物を用意させていただきますので……せめてものお礼なので……! -- シィホ 2016-12-09 (金) 09:24:14
      • あっついお茶!(しぶい緑茶一択の緑ジャージ女)
        一択ナリな!(右に同じと張り切る赤)
        『それでは、ご厚意に甘えるとしましょうか…』(全員緑茶一択なあたり仲はいいのかもしれない…小切手はみないフリをする) -- 2016-12-09 (金) 18:24:01
      • かしこまりました(にっこり)では最高級の玉露を……!
        (台所に向かって暫くして戻ってくる、まるで茶道でもやってきたかのような抹茶で)はっ、普通の煎茶の方が良かったでしょうか……!? (きっと苦い) -- シィホ 2016-12-09 (金) 22:57:36
      • 何ィ!?(お茶の間で待機していたらなんかめっちゃ本格的なやつ出てきた!!と吹いて)
        『結構なお手前で…』(お抹茶を味わい中)
        いやそうじゃなくってさ!!(うちにあんなの作れる道具とかあったっけ!?!?と当然のようにお抹茶を楽しむメガネを見て)
        一流のバリスタともなれば限られた道具と材料でも最高の一杯を用意できるという…アレナリな!!(お抹茶をたのしむ)
        つ…つまりさすしぃ…!!(さすしいという結論に至ってお抹茶をいただく) -- 2016-12-10 (土) 09:56:27
      • (スッ……と栗羊羹も出てくる)何かさすられた様な気がしないでもないですが……!
        三人の姿を見ることが出来て良かったです(穏やかに微笑んで)
        それじゃあ、今日はこれにて失礼します。ふふ……これからもよろしくお願いしますね? -- シィホ 2016-12-11 (日) 18:07:10
      • 10さすしぃ!!(お茶に合わせたお菓子のコンボ!これはポイントが加算されます!!の意味であつかましくも頂く)
        オオ!コンゴトモヨロシクというやつナリな!(おなじく栗ようかんをおいしく頂く)
        『ふたりとも食うか喋るかどっちかになさい。』(いつもの仏頂面でぴしゃりと叱りつけつつも、シィホさんへはふっと笑顔を向けて見送る) -- 2016-12-11 (日) 19:13:40
  • ここに来たのは久々だが…随分と食えるモン増えてんだな
    (そう呟きながら訪れたのはこの魔物が度々口にしていた商人ギルド用の広い休憩所だ)
    (遺跡内部とは到底思えない青空広がる活気ある都市の中金色の羊の看板を掲げた石造りの建物の中にそれは在った)
    (全体的に木目調のシックな部屋の中壁際のテーブルに複数並べられた大皿の中にフライドポテトや謎の白身魚の揚げ物)
    (エスニックな香り漂う温野菜や切り分けていない焼肉の塊等が熱々な状態で取り皿と様々なソースが添えられて置かれていた)
    おっあったあった、あれな(指差した先にはアメリカンな外見のチーズ&ケチャップ掛け装置)
    んでコップと飲み物はあそこ(ボタンを押せば液体が出る、それが感覚的に分かる機械を指差す) -- ももんじ屋の店主 2016-10-24 (月) 23:39:36
    • めっちゃハイカラな…(いわゆるファーストフード店とか、レストランみたいな内装を見まわしてみる…)
      これってもしかしてアレ?たべほうだいだったりするヤツ…?(ドリンクバーっぽいやつをまずは確保して、おっちゃんのぶんも飲み物を作ろうとコップをふたつ用意しながら聞く)
      -- 2016-10-24 (月) 23:52:00
      • おうその通り、前に渡したメダルを持ってりゃあ金を払う必要は無いから気にすんな
        (店内には多種多様な魔物達が各々和気藹々と語り合い食事を摘んでいる、そして多くが陽子の身に着けているメダルに似た物をどこかしらに下げていた)
        俺は冷たい茶でいい、適当なの選んどいてくれ
        (ドリンクバーには炭酸ジュースや果汁ジュース、冷たいお茶から温かいお茶まで様々に用意されている)
        ここぁ元々は若手の情報交換の場でな(メモが多数貼り付けられた掲示板を示して)食うに困ってる程度の稼ぎの連中も多いわけだ、で、こういうのが始まった -- ももんじ屋の店主 2016-10-25 (火) 00:18:21
      • なるへそそんな効果も…(メダルを手にしてむにゅむにゅ祈るようなポーズの神社の娘)
        じゃああたしこのパチパチするやーつ!(ファーストフードと合わせるならコレが鉄板じゃい!と甘くてシュワシュワする黒い液体をコップになみなみ…おっちゃんにはウーロン茶)
        じゃあ外の世界の酒場みたいなモンなんだね…(掲示板には人間の自分にもできそうな、それこそただのおつかいもあれば遺跡の奥底あたりにあるようなモノを取ってくるとかおいおいおい死ぬわといったものまで千差万別に見える…)
        …ん?やったっ!お肉の塊〜(そんな掲示板の情報も目の前の食べ放題の魅力には勝てず…取り皿からはみ出すような分量の肉の塊と、揚げ物と、大量のポテトをどっさり盛ってお茶待ちのおっちゃんのところへ向かう…)
        若手ってことは…おっちゃんも昔はこういうところで探してみたりしたの?いろいろー(と、聞いているのか食っているのかどっちだというペースで肉にかぶりつきつつ)
        -- 2016-10-25 (火) 00:40:09
      • おっそうだドクロマークが入ってる奴は飲むなよアンデッド族用のだ、大体毒(ドリンクバーの近くに置かれている禍々しいオーラの機器を示して)
        ゆっくり食えよ、あー…まあそうだな、俺も一通り親父から教わった後暫くの間はここで仕事探しなんかもした
        俺はご覧の通りの弱さなんで基本は薬草摘みやら鑑定やらで物の流れやら目利きを鍛えてってな
        暫く芋ばっか食ってたせいで毛皮の色が芋色になったがまあ随分昔の話だ、んで一人前になったら皆こっから巣立って行商人になってく
        (そして目指すは自分の店を得る事等々語りながら器用にウーロン茶を飲む)まあうちは先祖代々の店があるんでそこはすっ飛ばしたがな
        いい思い出たぁ言いにくいがいい経験よ、野菜も食えよ -- ももんじ屋の店主 2016-10-25 (火) 01:04:02
      • だーっ!…そ、そういうのは早くね…(大丈夫だよな?だよな…?と液体と毒機器を見比べつつ)
        …(イモ色のおっちゃんがほかほかになったさまを想像…ちょっと旨そうとおもったのは内緒)
        そっか…(行商人、というので旅に出た親友のことを思い出す…いまでも元気に酒びたっているだろうか…)
        く、食うよ!イモも野菜…(穀物だろそれ?というツッコミを甘んじて受けるポーズでもしゃもしゃと着実に消化中)
        ……あ!この薬草拾いとかできそう…(比較的浅くて危険も少なそうなところから薬草を拾って来いっていうおつかい依頼を見てみたりしつつ肉は手放さない)
        -- 2016-10-25 (火) 18:54:39
      • 俺が言ってんのは青とか赤とか黄色とか緑とかピンクとかの野菜よ
        (あれ食えあれと鶏肉とパプリカ各種を塩ダレで炒めた皿を指差す)
        興味があるんなら受けてみな?薬草採取なんかは出てきても俺の同族ぐらいだからメダルがありゃ安全だ
        まあそういうのは報酬もほれ(隣に立って控えめな値段を指差す)
        比較的安全で割がいいのは鉱石掘りなんだが逆三角形とか憧れてるか?(新しく薬草茶を取りに行く)
        (懐かしそうにチーズ&ケチャップかけ機を見る) -- ももんじ屋の店主 2016-10-25 (火) 21:19:03
      • ピンク!?ピンクってどうなんだろう…(赤緑黄色まではわかるけど…ピンク?!と二度見)
        ちょっと通りますよーってなくらいのモンだよね!メダルさまさま…(マルチパース!と印籠を出すようなポーズでメダルをかざしてみたり)
        うっ…(お金であることに変わりはないが、やっぱりお使い程度だとお駄賃程度のモンか…と桁数を確認し渋い顔…確認ついでにちゃっかりパプリカいためも皿に盛る)
        あたし…そういうお肉はつかないタチだから…(やってもあんま鍛えられないだろうな…なんて曇りつつ…そのくせ食う量は多い)
        -- 2016-10-25 (火) 21:50:49
      • ま、中にはメダルを持ってても襲ってくる気合の入ったのか頭のネジが外れてるのもいるっちゃいるが…
        そういうのは余程深いところじゃないと出てこないからこの掲示板にあるようなのはどれ取っても問題無いぜ
        (お茶を飲み飲み)こういうのは小金を貰いながら薬草に出せる金額を知ったり実物の目利きを鍛えるもんだと思いな
        そうか…陽子・ザ・グレートみたいにゃなれねえか…まあ掘る機械借りりゃいいだけなんだが
        (そんな事を言いつつ暫しこの休憩所での豆知識やらこの商人ギルドの構造について語ったという) -- ももんじ屋の店主 2016-10-25 (火) 22:12:36
  • 陽子ちゃん!! お久しぶりですが、早速!えーっと、何か、好きな楽器。とか、弾きたい楽器!とか、ありますか!(ぴょんぴょんがたんごとんする植木鉢) -- 植木鉢 2016-09-28 (水) 22:36:24
    • 急だね!?いったいどうしたのさ…(ただごとではない様子に面食らって植木鉢くんを持ちあげてみる)
      っていうかあたしリズム感とかゼロだし…おんちだし…(できそうな感じがしな……と、周囲を見回してみて…)
      …太鼓、とか…(バチでもってどんがどんがするヤツなら比較的簡単そう…と神社の備品を見て思い付く素人考え)
      -- 2016-09-28 (水) 22:44:21
      • いえー。別に、急ぎの用、とかでは、ないのですがー。(抱っこされる植木鉢 それなりにずっしり感じる)
        大丈夫です!人前で演奏して下さい、ってのではないので。同じことを、言ってた方も、今では楽しく、ちんちん(トライアングル)してます。
        なので、弾きたい楽器、弾いてみたい楽器!っていうのでも、いいのですよ。太鼓、ふむー。イザヨイちゃんと、二人で…ふむー…(難しい顔で想像する植木鉢) -- 植木鉢 2016-09-28 (水) 22:56:44
      • ちん…!?(いったいなにごと!?とますます混乱中、しかし取り落としたりはしないのであんしん)
        ………あ、じゃあアレならできるかも(ブラインドタッチ程度ならできるメガネは、そのものずばりキーボードという鍵盤楽器を思い付く)
        -- 2016-09-28 (水) 23:00:22
      • ちんちん(トライアングル)です!陽子ちゃんも、ちんちん(トライアングル)、します?楽しそう、でしたよ?
        なるほどキーボード!ふむふむ……ちょっと、形を変えてみても、面白そうですね。こう……デュエルディスクみたいに…… -- 植木鉢 2016-09-28 (水) 23:10:31
      • ちんちんするってそんなふきんしんなこと…(ダメだ!そっちの意味に取れてしまって集中できない!)
        デュエリストはだいたいなんでもアリだからね…(わたしはいいと思う…などと遠い目になる、アリだといわれればだいたいがアリになるなんでもありさ加減である)
        -- 2016-09-28 (水) 23:20:32
      • やろうぜ!(トライアングルを)んー、でもどうしてか、恥ずかしいって、思う方も、いるみたいですねぇ…
        ふむふむふむ……わっかりました!それじゃあ、また後日、お届けに、参ります!(それではーと頭を下げてかえる植木鉢) -- 植木鉢 2016-09-28 (水) 23:29:40
      • 言葉の響きの問題じゃないかな…チンタマケのうた的な…(内容は知らない)
        気を付けて転ばないようにねー!(はやてのように現れて、はやてのように去っていく植木鉢くんを見送る)
        -- 2016-09-28 (水) 23:43:25
      • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp032067.jpg 
        (ちびっこ向けアニメのグッズ的な、一応音は出るというだけで全く実用性のないおもちゃを目指しました!) -- 植木鉢 2016-09-29 (木) 14:38:19
      • あたしもうくじけそうかもしれん!!(見栄を張ってなんかスゴげなものをチョイスしたらごらんのありさまだよ!!と焦りつつ必死に使おうとしたという…)
        //JKでなくなっても制服!そして…キッズアニメとかでよくある謎のグッズを装着!これはポイントが高くなってきましたよ植木鉢くん…!!
        -- 2016-09-29 (木) 20:36:10
  • 前から俺は思ってたんだがな…世の中の階段は高さがもう半分になるべきじゃねえか?
    (階段を登るにはあまりに短い足で神社の階段を登りきると一息つくように最上部で座り風景を楽しむ) -- ももんじ屋の店主 2016-09-28 (水) 00:37:21
    • おっちゃん謙虚だね…あたしだったら全部エスカレーターかエレベーターになれくらいふっかけてみるよ…(七つのタマから出て来るドラゴンに願うとしたらってことだよね?とおっちゃんにお茶のペットボトル手渡しつつ出て来るメガネ) -- 2016-09-28 (水) 18:22:56
      • そこまで便利になっちまうとそれはそれで足腰が弱っちまうからな、何事も程々ってのが一番うま(ウェイ)なのさ
        (ペットボトルを受け取ると蓋を開けてくちばしで器用に飲む)そういやかぼちゃの方はどうだ?そろそろ弦も育ってくる頃合いだが -- ももんじ屋の店主 2016-09-28 (水) 22:06:43
      • おっちゃんおっとなー(ラクをしたがる若者は関心したふうにおっちゃんを見て…)
        かぼちゃ?さっそくいただいてますよ…(オヤツにぴったしジャストサイズ!なんてガマンできないっぷりを見せるイマドキ女子、育てているのは居候の青年だという)
        -- 2016-09-28 (水) 22:36:13
      • その様子なら特に言う事もねえか…いや間引きとか色々気になってな
        この時期は特に美味いだろ?ありゃ熱々で喰うのが美味い奴だからな
        その分カロリーなんかも凄いんだが…まあ若いしなんとかなるだろ -- ももんじ屋の店主 2016-09-28 (水) 22:45:32
      • 全部食べちゃえばムダもないよね!みたいな…(ほら、ふぁいとけみかる?とか流行ってるし…などと言う食欲の塊)
        はっはっは!胸に行かないってことはどう食っても肉が付かないってことだからね…(言ってて自分でツラくなってくるやせ型の女である、ちなみに身長は165程度と地味にデかい)
        -- 2016-09-28 (水) 22:57:30
      • 皆が皆お前さんみたいなら…ああいやそうなると値段を高く出来ねえからやっぱ商売上がったりだな
        ま、全体が太るよかあいいだろ?俺なんかは全体的に横に広がってくからな(一方全高130cmほどと地味に大きいか小さいか悩むサイズの魔物)
        まあ俺の種族なんかはとことん食いまくればそれはそれで進化出来るんだが…何処からともなく王冠が手に入ってな、ビッグももんじゃって名乗れるようになる -- ももんじ屋の店主 2016-09-28 (水) 23:10:19
      • 世の中うまくできてるね…(サイダーはおいしいのに?!くらいの雑な理解)
        それはそれで…(だっこしたら気持ちいいかも…とそんな様子を想像中)
        わりとアバウトだね!?進化…(じゃあ今はでっかいおっちゃんになる進化を残してる状態なのか…と某宇宙の帝王の進化前を見るようなビクついた目になる)
        -- 2016-09-28 (水) 23:18:42
      • おいおい勘弁してくれ、ただでさえ階段を登る時にジャンプか思いっきり足上げなきゃならんのに登れなくなる
        (空っぽになったペットボトルをゴミ箱に捨てて)俺からすりゃあ上級の魔物やらお前さん等人間が複雑すぎるぐらいだぜ?
        あとまあなんだ…そんな強くもない(余程愛あるブリーダーと出会わない限り限界値は限りなく低い悲しい種族)
        うっし、んじゃかぼちゃの様子見も終わったから今日の勉強会と行きますか(そう言って暫し教育していったという) -- ももんじ屋の店主 2016-09-28 (水) 23:29:19
      • そういうもんなんだ…(自分らほどふつーな種族もねーと思ってたけど、世の中広いや…と遠い目)
        あ、おねがいしまーす(地道に地道にネタを集めて商人スキルをアップ…なんて思いつつノートを取り出したという)
        -- 2016-09-28 (水) 23:41:46
  • っつーわけで、コレがあれば食料問題とかいろいろ解決なんじゃないかな(おっちゃんからもらった果実を一つ頬張りつつ、そんな事を言うメガネ)
    これを食べる生物を食べる生物…といった具合にどんどん大きくなっていくわけですから、そうはなりませんよ
    (などと言いつつこちらもひとつ、大きなザクロの実を頬張る…童心に帰るようなほっとする味…)
    -- 2016-09-17 (土) 22:23:36
  • (場所は氷の洞窟内、冒険者などが通れない区画にある貯蔵庫)
    (店頭に並べる珍しめの食料品を地上へ運ぶ為に箱を抱えて)やっぱこう…あれだな
    毛がねえってのは大変だな、平気か?(極寒の地での作業の為防寒具を陽子に渡しての作業だ) -- ももんじ屋の店主 2016-09-16 (金) 23:08:02
    • あばばば…(例によって凍える人間のテンプレートな行動、震えと鼻水とガチガチ言う歯でまともな言葉が返せない!)
      …あったかい…(おっちゃんで暖をとって小休止…という役立たずぶり)
      -- 2016-09-16 (金) 23:24:01
      • 俺も夏が得意な訳じゃないがそこまで苦労はしねえなあ(一応素足は危ない為靴の様な物は履いている)
        (夏毛のお陰で触ると放射される熱で陽子を温めつつ)けどそんだけ地上が住みやすいって事かね?
        かく言う俺も別に暑かろう寒かろうな土地出身じゃねえけど…(以前何かで身の上を話したかもしれない、草原出身の普通の魔物だ) -- ももんじ屋の店主 2016-09-16 (金) 23:37:32
      • にんげんってほんとふべんね…(対応できる異常環境なんて無いと言っていい貧弱な生き物で、こんな世界でいままでよく生きてこれたななんて思うのである)
        いいよね…着替え要らずで年中快適…(衣替えが毛の生え代わりで済むのも高ポイントだし、なにより雑多ななかから服を探す必要もないっていうことにあこがれを…)
        そうよ!あたしモフモフしたかったのよ、モフモフ…(おっちゃんのようにモフモフした身体…以前ケモケモしててモフモフしてる人を見て自分もそうなりたいなんて考えたことがあったのだと話す)
        -- 2016-09-17 (土) 00:00:59
      • いやあ快適って程じゃねえけどな?特に夏よ夏、店じゃあの辺り冷やしてるが届け物が億劫でなあ
        まあけど便利っちゃあ便利よ、でもお洒落って点だと服を着る文化ってのは魅力的だぜ
        (時折視界の端に映る氷の結晶を巨大化したかのような無害な氷の精霊を見つつ)んで今はどうなんだ? -- ももんじ屋の店主 2016-09-17 (土) 00:29:17
      • そう思うんだ…(服を着る必要がない種族の場合はいろいろ服を着たいって思ったりもするんだ…なんてままならなさを感じる)
        と、とりあえずさむくなければいいかなって…(もふもふでも防寒具でもいいから、早くあったかくなりた…なにあれ!?とでーんと大きい氷の結晶に見えるソレを視界にとらえたりしつつ…)
        -- 2016-09-17 (土) 11:00:40
      • 中にはまあチョッキやらベストなんかを着てる奴なんかもいるんだけどな、けど基本は帽子とかそんなんばっかさ
        何でかって言うと…まあなんだ、毛の上から着るとなんか肌がごわごわしてな(よほどの洒落者でないと辛い感覚なのだという)
        (今度来る時はもっとグレードの高い防寒具にしようと考えつつ)ありゃ氷の精霊だ、この辺りのは大人しいが触ると普通に痛いんで近づくなよ
        (出口もそろそろという頃になり)あーそうだ、そういやお前さんとかあの狐のお嬢ちゃんはザクロ味好きか? -- ももんじ屋の店主 2016-09-17 (土) 20:59:40
      • けっこう個性出るよね…(釣り人のような帽子とか、麦わら帽子とかでもわりと区別できそうな…あ、真っ赤なスカーフとかもいいかも…なんておっちゃんシリーズを駄コラのように想像中)
        厚着してるようなモンだもんなんだ…(厚着って感じのイメージをしてみて納得した感じのメガネ、現にいまこの防寒具で着ぶくれて動きづらい…)
        いけっていわれてもいきたくないよ…!(自分じゃ凍り付いて即死もいいとこだわい!と身震い)
        …えっ?食べ物の好き嫌いなんて無いと思うけど…(でも、やたら漬物とか発酵食品とか好んで食ったり作ったりして…朝飯はいっつも納豆と沢庵漬けとご飯…なんてババ臭い食生活を伝える)
        -- 2016-09-17 (土) 21:23:08
      • 危機管理能力がしっかりしてて何よりだぜ…偶にいるんだよわぁーきれいーとか言って触るのが
        おうそんなら何よりだ、好き嫌いが無いってのはいい事だ。発酵食品多めに食ってるのも体にいい
        (やっと辿り着いた石の扉を潜る、すると辺りは一変して見慣れた風景…遺跡の前だ)
        (運んできた箱の中から食料品を取り出すと屋台用の冷蔵ボックスへと移し替えて)んで臨時ボーナスな、偶にはお洒落な食い物もいいと思うぜ?
        (そう言って差し出したのはまるで巨大なルビーにも見える拳大の美しい真紅の実だ、ザクロの実を知っているのならあの小さな一粒が超巨大化した物だと気付くだろう)
        一応食ってみ苦手かも知れんし(齧ってみればザクロ特有の花のような芳香とサクッとした歯触りと共に甘酸っぱい果汁が口いっぱいに広がる) -- ももんじ屋の店主 2016-09-17 (土) 21:37:03
      • そりゃあまあ…『死ぬなよ』って言われ続けて育ったわけで…(危機管理うんぬんでトラウマが刺激されたらしく幼少時のアレコレを思い出す…命がいくつあっても足りない状況)
        飯をおいしく食えてるうちは死なないって思うよ…(ごはんがおいしい、それだけで生きていける…なんて思ってたら)
        でっか!?なにこれどこでひろっ…ジューシー!(一個すすめられた巨大なタマ型の果実をかじると…例のイメージを出しつつそのジューシーさに酔いしれる)
        -- 2016-09-17 (土) 21:57:50
      • あーお前さんに暇潰しがてらに話した事あったよな(行間で)ビッグフットサインってえ場所
        住んでる生物が何もかも超でかい土地、あそこで採れる(つまりこれは本当にざくろの実なのだ…あの無数に詰まった内の一粒)
        よしよしヒーローを見た子供みたいに喜んでくれりゃあ問題ねえな、魔物の口からヒーローって単語もどうかだが
        (そう言うと実を4つ袋に包んで陽子に差し出す)んっあの狐のお嬢ちゃんと一緒に楽しみな!美容にもいいらしいぞ!
        (そう言って仕事の終わりにお土産として持たせたという) -- ももんじ屋の店主 2016-09-17 (土) 22:10:59
  • -- 2016-09-15 (木) 21:43:47
  • -- 2016-09-15 (木) 21:43:39
  • -- 2016-09-15 (木) 21:43:21
    • -- 2016-09-15 (木) 21:44:02
      • マネすんなよ! -- 2016-09-15 (木) 21:44:17
  • 確か滝に打たれてどうこうって言ってたから…こっちだとは思うんだけど…(山の奥まで入り込むのは初めて、だいたいの場合イザヨイに連れ戻されるので小さいころにもこの近くには寄り付かなかったと陽子は言う)
    (うっそうとした森を抜けるとそこには開けた場所、滝の周囲の岩場は清浄な空気に満ちている…)
    (その滝のど真ん中には半裸で滝に打たれる紅髪の青年の姿があった…目を閉じ集中しているようだ)
    -- 2016-09-11 (日) 21:53:31
    • (滝の音以外に全ての音が消えているような、そんな錯覚を覚えるほど荘厳な雰囲気が漂っていた)
      (ワイヤーを降ろして二人で近くの大きめの岩に降り立つ)ええっと……話しかけても良いのでしょうかね……
      (あまりに絵になる光景、かつ集中しているようなので邪魔して良いのかためらう) -- シィホ 2016-09-11 (日) 22:07:09
      • (滝の轟音のみが支配する空間、閉じられた青年の眼が見開かれると…)
        だぁぁぁぁっ!!
        (電光石火の勢いで抜き放たれた刃は一瞬だが…『滝を横一文字に裂いた』ように見えたかもしれない…)
        (抜き放たれた刃を鞘に戻し、残心…を取ったところでそちらに気が付き、振り返る…)
        センパイと、しぃほ君ナリか!?(およそ女子が来るようなオシャレなスポットではないので意外そうな顔、さっきまでとは別人である…)

        …しばらく見ない間にずいぶんと、その…(また非常識なことやってるわ…という目でそちらを見る)
        ほら、しぃほさん、一緒にさ…(けいこの話をしにきたんだろう?としほさんを促す)
        -- 2016-09-11 (日) 22:36:14
      • ぴっ!? (あまりの気迫に思わず驚いて陽子さんの影に隠れて)
        そ、その……い、一緒にその……あぅ……(陽子さんの背中を盾にもじもじ) -- シィホ 2016-09-11 (日) 22:57:39
      • どうされたナリか?(もじもじした様子のしぃほ君を見て首をかしげる)
        えっあたし!?…あ、あのさ…しほさんがそのさ…(寒がりなシィホさんに滝に打たれて未開の山に籠って修行なんてできるワケがないという半ばあきらめムードを漂わせつつ)
        あっ!さては道に迷われたナリか!?いつもはイザヨイ殿が迷子をこの修行場に近づけぬように見張ってくれているナリが…(どうしたんだろう?と首をかしげる鈍感)
        『修行をしたいという方を修行場に案内するのは当然のことだ』
        (と、青年の疑問に答えるようにして姿を現したのはイザヨイ…修行をしに来た事情を知っているということは…)

        見てたなら最初から出て来いよ!(さっきのあれやこれやもシィホさんがワイヤーを使わなくてもなんとかできたんじゃねえかとイザヨイを追及するメガネ)
        なんと修行を!?……しかし…(華奢でかつ繊細で…悪い言い方をすれば虚弱にも思える彼女にこの環境での修行など可能なのか?という疑問と戸惑いを抱くものの…)
        いや!こういう事は当人のやる気…言わば努力と根性と気合いがモノを言うことナリ!なればさっそくのこと素振りを…(この竹刀を使うとよいと稽古用の竹刀を荷物から取り出しがてら滝から出て来る…その身体は筋骨隆々を絵に描いたようなゴリラっぷりである)
        -- 2016-09-11 (日) 23:08:45
      • (水は多少は大丈夫だけれど滝ともあればやっぱり及び腰になって)
        そ、そうなんです修行を……(びくびく)紗牙さんなりの稽古のやり方でお願いします……! (ぐっ)
        (うわ、すごいたくましい……! と思いつつ竹刀を受け取れば素振りを始める)はっ! えいっ!
        (以前よりは力を増したので手からすっぽ抜けることはなくなったが……)はっ! せいやっ! (隣の滝が気になるらしい) -- シィホ 2016-09-11 (日) 23:14:08
      • (…相変わらず基本に忠実で美しいフォーム…そして着実に力をつけてきているのか竹刀が飛ぶ気配もない)
        (それはいい、ただ鍛錬をしたいというのならそれでいいはずなのだが…)
        しぃほ君、君は…
        (滝に気を取られていることもそうだが、この鍛錬を行うこと自体が目的ではない…何か明確な…言ってみれば倒すべき敵のようなモノがある)
        (そのためにがむしゃらに修行を行っている……ように見えたのでさりげなく声をかける)
        -- 2016-09-11 (日) 23:23:33
      • (一心不乱に竹刀を振り続ける、次第に周りが気にならなくなって滝への恐怖も薄れて)
        (気づけば隣で話しかけられたことに気づき)えっ!? あっ、はい……何か……? やっぱり駄目でしたか……? -- シィホ 2016-09-11 (日) 23:31:37
      • ああいや、そういうことではなく…(集中力を発揮して余計な情報をシャットアウトするというのも重要なことだが、一つのことに集中して周囲を見れなくなるという事とも紙一重であり…)
        …しぃほ君、何と戦うにせよ…きみは決して一人で戦っているわけではないということを忘れないでいて欲しいナリな
        (それはもちろん、その場で戦いに加勢するといった意味ではなく…ひとりひとりが力となって困難に立ち向かうという事である)

        なんだかサガくんが難しい事言ってる…(ガラにもなく頭使ってしゃべってるように見える彼をジト目で見つつ)
        『…とはいえ、精神論だけではわざわざここまで来て修行をするにあたってのやる気にも関わってくるでしょう』
        (などと話を切り出してシィホさんにはっきりさせておきたい事を聞く)
        『倒さなければならない相手に対して傾向と対策を立てる…というのはどうでしょう』
        (闇雲に鍛えるよりは相手の情報を知り、それを潰すように立ち回ることができれば…などとスポ根と真逆の方法論を提案)
        -- 2016-09-11 (日) 23:56:44
      • 一人じゃない……そう、そうですよね……! 忘れないでおきます……
        ええ、確かに……セイちゃんの言う通りですね。ではわたしが倒すべき相手の情報を教えましょう
        相手は炎龍、それも巨大なものです。皮膚の表面には高熱の炎製のシールドのようなものが張り巡らされて
        巨大なバリスタで鋼鉄の矢というか柱くらいのものを打ち込みましたが一瞬で蒸発しました
        まずはあの結界をどうにかしなければ傷一つすら与えられそうにないです
        幸いわたしは熱と炎を吸収することが出来て相手のブレスや炎は効きません
        恐らくわたしがどうにかしてその結界を破るしか無いみたいです -- シィホ 2016-09-12 (月) 00:02:47
      • きっとそれが、君の力になるナリな(そうして互いに力を補い合えば結果はついてくるものだと励まし…)
        なんと!?

        そんなのと戦うつもりだったの!?
        『穏やかではありませんね…』 
        と、三者三様の反応を返すも…
        『聞く限りでは、フィジカルよりはメンタル…そのシィホさんの体質を伸ばす方向で考えたほうがよさそうですね』}:
        伸ばすったってメンタル鍛えるのにどーすりゃいいのよ!?
        なればこの滝行なども効果的ナリ!(ここにきて最初の話とたつながった
        だ、そうだけど…(修行を続ける?と不安げにしぃほさんを見る -- &new{2016-09-12 (月) 00:32:29
      • た……き……(戦慄する炎翼)そ、そうですよね……こ、ここっこっっっここに来たらそうなりますよね……(膝ガクガク)
        し、死ぬかもしれないな……(ぽつり)わ、わかりました……や、やります…… -- シィホ 2016-09-12 (月) 00:35:11
      • 『骨は拾ってあげましょう。』(修行に関してはドSであるのでさらりとそんなことをいう
        -- 2016-09-12 (月) 11:22:43
      • 死して倒れるときも前のめり…これぞ炎の魂ナリ!(覚悟を決めたのなら自分は応援するのみ!と見守るかまえ) -- 2016-09-12 (月) 11:24:45
      • いじめか!!(そんな二人にドン引きしつつ)
        ほんとやめときなって!無理だって!(特に寒がりというわけでもない自分でもあんなもん食らったら死ぬわ!という勢いの滝を見て制止する)
        -- 2016-09-12 (月) 11:27:29
      • (多数決……女神:陽子さん以外誰も止めてくれない……! 死んだ表情のままとりあえず手袋を脱いで)
        (両手で水を掬ってぱしゃっと胸元にかけてみる)……ぴっ!?
        さ、さささささささぶぶぶぶぶぶぶぶ(震えだして、歯を鳴らして)さぶぶぶぶぶぶ……
        (しゃがみ込んだままこてりとそのまま横に倒れた) -- シィホ 2016-09-13 (火) 02:03:06
      • いわんこっちゃねえわ!(ばったり倒れるしぃほさんを助けおこしつつ)
        すぐに治療をせねば!(陽子とならんで助けおこしつつ)
        『苦手はそう簡単に克服できるものでもない、か』(そんな様子を見て全員を神社へワープさせるのだった) -- 2016-09-13 (火) 09:10:17
  • 紗牙さん……! 稽古をお願いしたいのですが…… -- シィホ 2016-09-08 (木) 09:34:53
    • あれ?しいほさん…サガくんを探してるの?(境内の掃除中の緑ジャージの女が応対)
      いまはええと…山の中、かな(かなり山の中の神社だが、さらに奥の奥は遭難者が出るレベルのうっそうとした森のある山となっている…そこに籠って修行をしているのだ)
      -- 2016-09-08 (木) 09:39:17
      • 陽子さんおはようございます(ぺこり)巫女力が高い……!
        もしかして紗牙さんも修行でしょうか。なればご一緒したいのですが……
        わたしは強くならないといけない。だから考え得る手は全て試してみたいのです -- シィホ 2016-09-08 (木) 09:52:27
      • そ、そうかな…(てれり)
        急だね!?修行っていったいぜんたいなんで…(ぶっちゃけあんな未開のジャングルの中に行くのなんて自殺行為に思えたので確認するように)
        -- 2016-09-08 (木) 11:22:54
      • 陽子さんもこの一年で大分成長されましたよね……精神的にも
        倒さなければならない相手が居て……それには今のままでは駄目なので……
        陽子さんからも紗牙さんにお願いしてもらえるよう取り合っていただけませんか? -- シィホ 2016-09-08 (木) 11:30:48
      • あたしだめになっちゃう!(イザヨイからのディスもなく素直にほめられてしまえばごろごろ転がって)
        それは…(しいほさん自身の体質であったりあいつのからだのことであったり、なんとかしないといけない問題を解決するために強くなる…ってことなんだと思えば)
        解った!あたしも行く…けど、その(道中守ってもらってもいいすか…と山道ジャングルに不安をのぞかせる)
        -- 2016-09-08 (木) 12:06:57
      • 就職の為に色々努力なさってると伺っています。思えば陽子さんはわたしより年上のお姉さん……! さすがです!
        お任せ下さい。この翼と炎翼の誇りにかけてお守りいたしましょう
        それに陽子さんの行く手を遮るものなら焼き尽くせば良いのです。森ごと……
        (あっ久々に炎翼っぽい物騒なセリフ言えたなってしんみり) -- シィホ 2016-09-08 (木) 12:11:36
      • ももんじ屋さんで、だんだんとね…(資格をとって、徐々にアイテムの扱いを…などと言っていたらさす陽を膝に受けてしまってなになる)
        ちょっと待てよ!(山のなかの森のなかにある神社なんだから家ごと燃えちゃうよ!?と物騒発言に吹く、バイオレンスしほさん)
        われわれ探検隊は未開の裏山に潜む謎のゴリラを探しにむかっ…(などとナレーションをしていたら始まって3分もたたんうちに木の根に足をとられて転ぶ)
        -- 2016-09-08 (木) 12:20:37
      • 確かアキベドル様の遺跡のお店の店主さんのところですよね……陽子さん顔広いですね……!
        た、たまにはわたしだってひ弱じゃないところを見せないと……!
        陽子さんー!? あっ、見えない。陽子さんが見えない……! (緑のジャージが周囲に溶け込んでしまっている) -- シィホ 2016-09-08 (木) 12:26:57
      • ここ!ここにいます!ここ!(ネイチャー陽子になりつつのっそり立ち上がる…)
        (山の中は木々が生い茂り昼なお暗い…一歩進むごとに獣の気配がそこかしこに…というわかりやすいジャングル状態だ!)
        …ぎゃーーーーし!!(そしてあっさり獣とエンカウント!イノシシだ!!よせばいいのにまっすぐ逃げる)
        -- 2016-09-08 (木) 16:38:15
      • い、いた! 陽子さんのジャージが馴染みすぎて……!
        わわわ、危ないですよ陽子さん……あっ行ってしまった……!
        仕方ないですね(これだけ沢山の木々があればワイヤーを駆使し駆けることは容易かった)
        (とりあえず放ったワイヤーが陽子さんの襟を引っ掛けて空を舞う、陽子さんごと)
        (幹を蹴り飛び上がり宙に浮いた陽子さんを抱えて)大丈夫ですか? (近くにあった枝に引っかかって二人で抱き合って宙吊り) -- シィホ 2016-09-09 (金) 10:08:58
      • こ、これは…!(ときめくなあたしの心と言われても無理だろうというスペクタクルムーブ!あたししほさんと空飛んでる!なんて乙女体験)
        ごめんなさい…(そしていきなりこんなことになってしまい謝罪である、まだまだ山の道のりはこれから…)
        あぶねー…!(こうしてワイヤーでつられることにより不意の落石なども回避できるのだと真下のイノシシが岩の直撃をくらってそのまま巻き込まれていったのをみる)
        -- 2016-09-09 (金) 11:12:55
      • うぐぐ……(抱きとめている腕がめっちゃぷるぷるしている、重みのせいで……しかしこれは陽子さんが重いわけでは決して無くシィホが非力なだけなのである)
        で、出来ればわたしにしがみついていて下さい。このまま上から行ったほうが早い気がしますので……! -- シィホ 2016-09-09 (金) 11:20:46
      • りょ、りょうかい…(これはどうもシャレにならないピンチな状態だなと表情から察して、しいほさんに思いっきりへばりつく恰好に!)
        (もともとやせなせいかしっかとしがみつかれれば負担はそれほどでもないかもしれない、もともとやせなせいか!)
        (注意深く観察すると、木々の枝のひとつひとつになにやら『足跡』のような痕跡が遺されているのが解るかもしれない、そしてそれをたどると…この近辺の水源になっている湧き水…というか滝に近づいていく)
        -- 2016-09-09 (金) 18:44:19
      • (やせてるからセーフ! しがみつけば色々と最近変わった柔らかあじを感じることだろう)
        (ぶら下がりつつ遠心力を利用してワイヤーを引っ掛けつつ前に進み)む……これは……
        (痕跡を辿りつつ見えてきた水源、その瑞々しい空気を感じて)陽子さん、ここの方角であっていますか? -- シィホ 2016-09-11 (日) 21:31:25
  • イザヨイーいるー?(タケルを引き連れ現れて) -- カレリア 2016-09-08 (木) 00:45:55
    • あいつなら珍しく外出中だよー(のっそり出て来るメガネ)
      ……だれ?(カレリアさんの彼氏?なんて冗談めかしてタケルを見るメガネ)
      -- 2016-09-08 (木) 07:27:28
      • そのまさかナリ!ワガハイおねーさんのカレシナリな(などと視線に応えて適当をこく) -- タケル? 2016-09-08 (木) 07:28:02
      • ふふっ・・私の彼になるならその下品な処を直してもらわないと困るわ、あと面白みのない嘘をつく子もダメね(彼氏うんぬんよりさっきのすっとぼけについてだ)
        タケルよ、この神社を探してたそうで案内してきたの・・・実に1000年ぶりの帰郷よ、よろしくしてあげて -- カレリア 2016-09-08 (木) 10:23:08
      • タケル…?(こっちも彼氏云々はすぐにわかったが、その名前には聞き覚えがあって)
        あんたイザヨイのお兄さん!?(顔はよく見たら眉間にシワがよってないのと眉毛が濃いめなのを除けばほぼイザヨイであることを見れば確信に…)
        -- 2016-09-08 (木) 11:25:34
      • イザヨイ?誰ナリかソイツ…(そんなやつ知らないと心当たりがなさそうな顔をして…首をかしげた瞬間)
        (その体は光輝いて衝撃波とともにこつぜんと消えた!) -- タケル? 2016-09-08 (木) 11:28:00
      • まぁっじゃあ陽子は聞いているのね?
        (でも肝心のタケルの方は知らないようで)千年と一言で言っても微妙に世代がちがうのかしらね?
        (何て言っていたら不意にタケルが弾けて消えて)…あら?(はてと小首をかしぐ) -- カレリア 2016-09-08 (木) 11:43:06
      • たしかイザヨイの本当の名前がセイっていって、そのお兄さんの名前が、タケル…(と、言ってる間に姿が消え失せていて)
        なにいまの!?(誰かわかるように説明してくれ!と混乱中)
        -- 2016-09-08 (木) 12:09:04
      • セイ…?ふぅん?何で名前変えたのかしらね
        (陽子も理解できないならしょうがない)ちょっとイザヨイー?いるんでしょー?(とりあえず知ってそうなのに聞いてみる) -- カレリア 2016-09-08 (木) 14:09:36
      • 『…どうされましたか?』
        (呼ぶ声にこたえて姿を現すも…その表情は晴れない、直接顔を合わせなくても間違えるはずのない気配を感じたからだ)
        -- 2016-09-08 (木) 16:39:40
      • なにつまんなそうな顔してるのよ、仲悪いの?タケルと
        そうそう、タケルがここに来たいっていうから案内したら消えちゃったんだけと…貴女の仕業? -- カレリア 2016-09-08 (木) 17:38:47
      • 『正直な話、アレと仲良くできる時点で神だ菩薩だ仏だというレベルを超えていると思いますよ』(神になった後でも無理だった経験を思えば、よほど心が広くなければ無理だといつもより眉間のシワが増える)
        『いいえ、強いて言うなら歴史の修正力というヤツの働きではないでしょうか』(持って回った言い回しだが要は…)
        『直接的にヤツの未来を知っている僕と接触することはつまり、ヤツが未来を自覚することになり、結果として過去が改変される恐れが出て来るわけで…』(もっとも平行宇宙論によれば、そういった分岐が生まれた時点で新たな宇宙が生まれるだけでありこちらの宇宙には何も関係はないともいうなどと…タケルから話をそらしたいようだ)
        -- 2016-09-08 (木) 18:11:36
      • つまり嫌いなのね…兄妹なんだから仲良くすればいいのに
        つまりあのタケルは過去のタケルなのね…千年って言うには子供っぽかったのはそれね
        …それならこの時代のタケルは今何してるの? -- カレリア 2016-09-08 (木) 18:19:12
      • 『仮に、カレリアさんと同じ顔をして中身が正反対の相手がいたとして仲良くできますか?』(似ているからこそ、肉親だからこそ我慢できない一線はあると頑なである)
        『…いまここにあいつはいない、そういうことです』(陽子の件でのごたごたにも関わることだが、『いまのタケル』はいないと手短に語る)
        -- 2016-09-08 (木) 18:40:14
      • ・・私が私なのは何も顔が私だからってだけじゃないもの(うんうん)・・でもこればかりはなってみないと分からないわね(正反対ってどんな性格かしらと考える)
        ・・・そう・・(いないと聞けば肩を落として)・・来たってことはまた来るかもしれないわ・・・何か伝えたいことはある?(また消えるかもしれないが、試す価値はあるだろう) -- カレリア 2016-09-08 (木) 21:50:42
      • 『…子孫に恥じないように真っ当に生きろ。とでも…』(タケルがやらかせばやらかすほど、自分はもとよりその子孫のサガたちにも汚名を着せられるのだと、極めて事務的に応対する) -- 2016-09-08 (木) 23:43:32
      • ふふっそんなのでいいの?でもらしいわ(そう頷くとそれじゃぁこれでと帰って行った) -- カレリア 2016-09-09 (金) 07:29:21
    • (そんな様子を眺めながら、屋根の上で禅を組んでいた狐)タケル…なんだ、随分と懐かしいな…まったく、お前が居なくなってからもう900年以上経つよ、タケル -- 2016-09-08 (木) 14:04:47
      • センセー!そんなとこでやってたらあぶないよー?(と、陽子は陽子でセンセに声をかけた) -- 2016-09-08 (木) 16:40:29
      • あはは、ほら、良く、馬鹿と御上は高い所が好きと言うじゃないか?陽子も登ってみるかい、此処は昔から良い景色でねぇ… -- 2016-09-08 (木) 23:00:46
      • んもー!センセったらー(まあ山の中の神社の屋根の上からなら、町のほうもよく見渡せるだろうと思いハシゴをかけて登り始める…) -- 2016-09-08 (木) 23:50:19
  • 豊乳薬の効果が切れそうになった頃、ゲルニコはやっと外出の決心がついたのだった)
    ふぅ……こんにちはヨーコ氏、今日は何だかあっついですねぇ……(これ見よがしに襟をパタパタさせながら) -- ゲルニコ 2016-09-07 (水) 22:23:58
    • …どちらさまですか?(来るなりいきなり襟をパタパタさせて脂肪の塊をアピールしている女のひとを初めて見たわ…という目で見るイモい緑ジャージのメガネ女) -- 2016-09-07 (水) 22:42:28
      • おやおや、ヨーコ氏……私の顔をお忘れですか?
        ふふふ、無理もありませんね……こんなに成長してしまったのですから……
        変化の見られないヨーコ氏と違ってこんなに成長してしまったのですから……(ドヤ顔) -- ゲルニコ 2016-09-07 (水) 22:52:54
      • はい、ところでどなたさまですか…?(わからない…ほんとうにわからないんだ…という濁った眼で壊れた機械のように繰り返す)
        『ところで、どうされましたか?』(ラチのあかない陽子は放っておいて、何かしらのドーピングを真っ先に疑うきつねが姿を現す) -- 2016-09-07 (水) 22:57:19
      • うぅっ……私達の絆は……友情はそんなものだったんですかっ……!(泣き崩れる)
        ……あ、イザヨイさん 聞いてくださいよ、せっかく胸が大きくなったのでヨーコ氏に見せつけようと思ったのですが
        全然気づかなくって……本当に忘れちゃったんですか……あの激しい一夜をっ…!(夜通しカードゲーム対戦してただけです) -- ゲルニコ 2016-09-07 (水) 23:12:32
      • 忘れちまったぜ…満足なんて言葉…(あの頃のお前はもっと輝いてたぞ!というげるにこにどっかから聞こえるハーモニカの旋律…リアルでめっちゃ吹いてる)
        『なるほど豊胸剤ですか……』(一方のイザヨイ、ホルモンバランスの乱れからくる体調の変化を心配したが…本人は元気そうなのでそこらへんはつっこまない) -- 2016-09-07 (水) 23:24:26
      • あっ、あっ…思いっきりバレてます……で、でも大きくなった理由なんてこの際いいんです、見せつけておかねば……
        私の胸が持ってくれているうちに…!(音の女神のカードを取り出し、陽子の目の前へ)
        (持って行こうとしたのだが、その瞬間…しゅしゅしゅーっと縮んでいく胸)……あっ…(そこにはいつもの姿のゲルニコが佇んでいて) -- ゲルニコ 2016-09-07 (水) 23:54:47
      • あれ?げるにこじゃんどうしたの…?(にっこりと微笑んでげるにこを迎えるジャージ女、げるにこだと認識できたらしい)
        『すべてはなるようになる…か』(自然の摂理をねじまげるような方向へは体は働かないのだなどと解ったように頷く) -- 2016-09-08 (木) 00:03:52
      • 戻った瞬間この態度の変わり様…!(がーん)
        ……うぅぅ……よ、ヨーコ氏のばかぁ〜〜めくら〜〜貧乳〜〜!!(散々暴言を吐きながら帰っていった) -- ゲルニコ 2016-09-08 (木) 01:06:07
      • 美乳といえ美乳と!!(巨や爆や奇がなんじゃい!!と乳の話題になると吼える)
        『…』(これはどうやらフォローが必要なアレかもしれない…と背中を見送った) -- 2016-09-08 (木) 07:29:36
  • ほいこれ(そう言って渡したのは一枚のメダルだ、紐が通されており首から下げられる様になっている)
    (メダルには光の文字が浮いており地上の言葉ではないが何故か陽子でも読めるだろう)
    (「商工ギルド会員付き」と書かれている) -- ももんじ屋の店主 2016-09-04 (日) 22:27:40
    • これはいったい…(さっそくメガネで調べてみたところ、ギルド会員…?)
      もしかしてコレであたしもいっぱしのあきない人に?!(などとイモいジャージとよく店員さんが着るエプロンを身に付けた女が言う)
      -- 2016-09-04 (日) 22:43:04
      • いんや?商工ギルド会員(自分を指差し)付き(陽子を指差す)
        これ単品じゃあ遺跡内で独り立ちとかは出来ねえぜ、ただし安全に遺跡内に入る事は出来る
        都市部やら村々やらで買い出しやら引取やらそういうのが安全に行えるってこったな、本当はもっと早く発行出来るんだがお前さんヒトなんで時間掛かったぜ -- ももんじ屋の店主 2016-09-04 (日) 22:54:39
      • そ、そースか…(お付きとか、助手とか、そういう意味だとわかればぐったり、ですよねー…)
        ここでも足を引っ張るのか!ニンゲン!(人間であることがデメリットにしかなってねーぞあたし!と吠えるも…)ありがとうね、おっちゃん…(そんな苦労をおかけしたので労いのハグ)
        -- 2016-09-04 (日) 23:13:26
      • そりゃまあ此処じゃ7割くらいの連中には飯認定される種族だからな?その分地上に生きる場所があるからいいじゃねえの
        (相変わらず毛量が多いのでさらさらふわふわした触感を返しつつ)それにそいつ等から狙われなくなるんだから上等上等
        あとギルド行けばフライドポテトとポテト用チーズとケチャップ食べ放題で珈琲とジュースも飲み放題だぜ
        おっそうだ、材料は読み解くなよ?負荷でかいぞ -- ももんじ屋の店主 2016-09-04 (日) 23:21:51
      • ぷるぷる、ぼくわるいにんげんじゃないよ。っていう奴なんだこれ…(とりあえず味方だよという印なのだと分かればひとまず安心…?なのかもとバッジを見て)
        いきます(食べ盛りの新卒社会人は金よりも腹が満たされることを最優先し……)
        なに!?何が使われてるの原材料!(んな負荷がかかるような何かが使われてるの!?と知らない方がいいというヤマトの真田さんの言葉を聞いたような気分になる)
        -- 2016-09-04 (日) 23:32:32
      • まあ人食いの魔物にとっちゃ悪人と善人はご馳走なんだが…普通に生きてても食われるってのは内緒な(人間は食べない系魔物)
        若いねえ…比較的安く飯を食えるとこもあるぞ、あとはまあ専門的な図書館とかそんなとこぐらいだ
        カレンジュラ様っていう魔王様がいるんだが今回のメダル諸々の発行も担当しててな、んで外殻が黒い金属で出来てるんだが…
        (その場で自分の外殻を加工してメダルにして渡すのだという、つまり襲われないというのは仮にこのメダル持ちを襲えば魔王の一人に喧嘩を売るという事なのだ) -- ももんじ屋の店主 2016-09-04 (日) 23:50:01
      • 全部食いにいってるじゃないですかー!やだー!!(頼むぜバッジサマとバッジに手を当て)
        何はなくともおなかは減るからね…(現世利益一番はやっぱり食べ物だと言う)図書館かあ…(知り合いの図書館のようにほぼゴラク施設…なんてことはないかななんてぼんやりイメージ)
        ……(人間で言うと生爪はがすみたいな状況なのかもとぶるると身震い、痛そう!)
        まあふつう、そういう事しないよね…(自分の狭い交友関係でも、そんな事を率先してやりそうな人はまあ一人しか思いつかないし…それだけの後ろ盾を自分は得たのだというイメージもしやすかった)
        -- 2016-09-04 (日) 23:59:35
      • (何となしにその図書館が何処かは分かるので手を横に振り)商売関係の本ばっかだぜ
        んーどうだろうなあ…あの御方の外殻は他の甲殻系の魔物と比べると随分と違うし、まっいつか会う機会もあるだろ
        (一応そういう事を一切考えない頭のネジが無い魔物もいる事はいるので注意だけは忘れないようにと伝えつつ)
        んじゃま用事も済ませたし仕事に戻ろうぜ(そう言って今日の仕事を続けたという) -- ももんじ屋の店主 2016-09-05 (月) 00:20:41
  • -- 2016-09-03 (土) 10:22:27
  • -- 2016-09-03 (土) 10:22:14
  • -- 2016-09-03 (土) 10:21:57
    • -- 2016-09-03 (土) 10:22:36
      • 陰陽大戦記が! -- 2016-09-03 (土) 10:22:54
      • ピッツァではないさーーーーん!!! -- 2016-09-03 (土) 12:51:36
  • -- 2016-08-26 (金) 17:42:40
  • -- 2016-08-26 (金) 17:42:33
  • -- 2016-08-26 (金) 17:42:25
    • JK! -- 2016-08-26 (金) 17:42:48
      • よろしく社会人… -- 2016-08-26 (金) 17:43:01
      • 資格判定! -- 2016-08-26 (金) 17:43:12
      • (危険物丙取り扱いの合格率が今年は54.0なのでおおむね2D6の最大値の半分満たせたら合格というような目安を思いつく) -- 2016-08-26 (金) 17:47:53
    • 来た!合否の通知だ!(いざ判定) -- 2016-08-26 (金) 17:48:17
      • 2D6=【5】+【3】で8で6以上
        よっしゃあーっ!!アイテム鑑定士3級じゃーい!! -- 2016-08-26 (金) 17:49:31
      • 第4類危険アイテムのうち、特定の危険アイテムについてのみ取扱いができます。立会いはできません。また、危険アイテム保安監督者にはなれません。
        (くどくどと陽子に資格の注意の文言を垂れる)
        -- 2016-08-26 (金) 17:51:08
      • おまえさあ…ほんとさあ…(喜びに水を差すのだけは上手いね…というジト目)
        まあなにはともあれこれで手に職がつきそうだわ…
        -- 2016-08-26 (金) 17:53:08
  • -- 2016-08-19 (金) 19:14:30
    • ンゴンギギンギンゴマンっと(そう言ってクーラーボックスを抱えて神社にやってくる)
      おうっ礼に来たぞ陽子、お望み通りの品とあと珍品を幾つかな -- ももんじ屋の店主 2016-08-23 (火) 22:32:30
      • それなんかゴルゴムっぽくなってない?!(ひょっこり顔を出す、卒業シーズンだがいまだに制服のまま…)
        やったー!おっちゃんありがとう…(まんがにく…とよだれをたらしつつおっちゃんをもふる)ちんぴん?(もしや山海の珍味とかそういうやつかなーと期待が高まる)
        -- 2016-08-23 (火) 22:36:11
      • (こういうものは4月から着替えるものなのだろうと思っているので特に言及せず)
        (もふられれば若干以前よりも固めの触感、春の陽気に対応した毛へと変わりつつあるのだ)
        まあまずはこれだよな(クーラーボックスから非常に分かりやすい骨付き肉を取り出す、味は牛とも豚とも取れぬ不思議な味)
        んで俺達の憧れのしもふりにく(紙で丁寧に梱包された分厚い肉を見せる)あの狐のお嬢ちゃんと楽しむといい
        そんで珍品がこちら…(真っ白な脂肪の塊に見える物とピンク色の透明なゼリー)
        片方は乳牛のおっぱいでもう片方はミートキューブっていう魔物の欠片だ、苔を食って肉味のゼリーを増やしてく魔物 -- ももんじ屋の店主 2016-08-23 (火) 22:43:28
      • おっちゃんも衣替えを…!?(ヤバい…!と事ここに至ってピンチを感じる着たきり勢)
        そうそれ!(抱えるほどでっかいアレ!くるくる回して焼くアレをすでにスタンバイしていたのであとはおいしく焼くだけ!)
        しもふり…?いましもふりって言った!?(こりゃあ今日は飲めや歌えのどんちゃん騒ぎだわ!と目が輝く、イザヨイに食わすは惜しい!)
        ……ミルクゼリーは解らんでもないけど…肉あじのゼリー…(これは噂に聞く『肉ガム』みたいなヤツなのかとツバを飲みミートキューブを見つめる)
        -- 2016-08-23 (火) 22:54:16
      • 衣替えというかそりゃあ季節が移り変われば毛も生え変わるぜ、夏毛に(鳥類のようで鳥類じゃないちょっと獣類なので普通に生え変わる)
        おうよしもふりにくだ、霜降り肉じゃなくしもふりにくなのはそれだけ魔物にとって拘りの逸品ってところでな
        まあ実の所この骨付き肉と動物は一緒なんだが…値段はグラム辺り10倍近く違うな
        (骨付き肉は見た目通りの食べ応えを、しもふりにくは飽きが来ないさらりとした甘い脂が堪能できる事だろう)
        ミートキューブは一応焼くと成形肉みたいな食感にはなるんだが…味はまあ安い、シチューに入れるととろっとして美味いけどな -- ももんじ屋の店主 2016-08-23 (火) 23:11:24
      • ひらがななのがポイントなのね…(ほねつきにくよりも上等なモノというイメージをする)
        オイシクヤケマシター!(このテーマに合わせて入念にイメトレを行っていたためこんがりおいしく焼けあがったほねつきにくを天にかざす!)おっちゃんも一口どう?(などとがじりと頬張ったあとで突き出す)
        ……さっそく試してみよう!イザヨイ!イザヨーい!!

        しもふりにくの時はお呼びがかからなかったようですが?(安いモノをうまい事調理させようという魂胆が見え見えの陽子の態度にジト目をくれつつ…店主に会釈) -- 2016-08-23 (火) 23:25:34
      • いいや俺ぁいい、ここ最近は肉食いっぱなしなんで暫くは魚と野菜だけで過ごすさ
        (陽子へのお返しに遺跡内の様々な肉を食し冷静に考えたらかなりのキワモノばかりな事に気付きオーソドックスな物を選んだ事を語る)
        (そもそも見た目からして魚などの方が相性がいい魔物ではあるが)
        (こちらもイザヨイに会釈を返して)王道を行く高級品なんかだとドラゴンステーキもあるんだけどな、俺はやっぱりうしどりの肉が色んな奴に馴染むと思ってる
        悪かないだろ?(それはつまり陽子が今食べている物がそうだと、味は牛と鳥の良いとこ取りだ) -- ももんじ屋の店主 2016-08-23 (火) 23:34:51
      • じゃあ遠慮なく!(ずーずーしいのでひとつまるまる完食という暴挙に出る)
        …あたしそういうのも案外イケるけど…(小っちゃいころは『おじさん』とサバイバル食ばかりしてたせいか肉なら虫とかもイケる口…女子としてはどうかというのはある)
        悪かないどころかあたしの中のグルメ細胞(そんなものはない)が唸ってるよ!(キワモノが食えるといっても、やはり王道の味に勝るものはないという正直な反応)

        ドラゴンステーキ…なんとも…(遠い昔に何度か食べたっきりのソレを思い出ししんみり、思い出の味である) -- 2016-08-23 (火) 23:49:36
      • 食獣植物特有の野菜の味しかしないのに食感は肉とかそういうのも持ってくりゃ良かったか…
        まっとりあえずそれを気に入ってもらえたんなら持ってきた甲斐がある
        言ってくれりゃあ用意はするぜ?仕入れ値は貰うけどな(イザヨイにそう伝えると空のクーラーボックスを持って)
        そんじゃあこれでな、しもふりにくはちゃんと皆で食えよ?(そう告げるととことこと歩いて帰っていった) -- ももんじ屋の店主 2016-08-24 (水) 00:11:32
      • 肉モドキ!肉モドキじゃないか!(精進料理の中に入ってる豆腐とかでできたアレみたいなモノという理解)
        ぐぬぬ…おっちゃん商売うまいわね…(食べたいという興味を持たせておいて…というやつか!と唸る、食欲と言うのは恐ろしいものでそれだけのためにちょっと遺跡掘りというのも悪くないかもなどと…)

        陽子(そんな考えを見透かしてくぎを刺し…)
        もちろんです、そんなことはさせませんよ…(しもふり肉独占を阻止すべくさっそく調理に入った)

        あたしのしもふりにく…!(いじきたないので惜しくなりつつも、自分が調理するよりはイザヨイに任せたほうがいいという打算も脳裏をよぎりつつ…)
        おっちゃんありがとー!(まずはお肉をもらったお礼をしたのだった)
        -- 2016-08-24 (水) 06:08:09
  • -- 2016-08-19 (金) 19:14:22
  • -- 2016-08-19 (金) 19:14:12
    • ちゃんぷる…(作る) -- 2016-08-19 (金) 19:15:19
  • (初詣でお賽銭をシュート、次いでおみくじを引いていく) -- ティア 2016-08-14 (日) 13:44:22
    • 末吉かー……うん、がんばろう。(とりあえず長細く折り畳んで結び処へ) -- ティア 2016-08-14 (日) 13:50:30
      • (この時季がやはり掻き入れ時なのかと思いつつ……ともあれ帰りに団子屋で甘酒と決め、参道を引き返す) -- ティア 2016-08-14 (日) 14:00:09
      • あれ?誰か来て……(オンシーズンでもわりとヒマなのでサボって映画見に行っていた人です…) -- 2016-08-14 (日) 15:15:17
  • つぶしの効く資格なあ…(神社に来る途中で詰んできた雑草をモシャモシャと食べながら)
    んーどうだ陽子、鑑定関係の資格でも取っとくか?オススメは宝石と付呪、遺跡の在る土地だと食いっぱぐれないぜ -- ももんじ屋の店主 2016-08-14 (日) 00:33:24
    • 免許は持ってて損ってこたないからね…(マヨ使う?と勧めて見たりする)
      おっちゃんにも教えてもらえるし!(なんせ資格もちが強力サポートってんならあとは…)あたししだいかあ…(なんせメガネに頼り切りな点で理屈や理論は伴ってないため…ペーパーテストで便利な道具を使うわけにもいかないと考えている)
      -- 2016-08-14 (日) 07:59:29
      • (脂が乗るから要らんと断る)一応うちで働き続ければまっさらに受けるよりかは半分ぐらいは楽出来るが実技諸々はお前さん次第だな
        まっ実際一番の問題はペーパーテストだな、実技なんかは今の時代道具を使ってもいいとこも増えてきてる -- ももんじ屋の店主 2016-08-14 (日) 21:09:48
      • ああ…脂がのるってそういう…(と、おいしそうなイメージをうかべ…)
        自慢じゃないけどあたしゃペーパーで100点ってヤツを取ったことがない人種だからね!(本当にエバることではない)
        ……まあアレだね!実技ができればモーマンタイだよね(そうだ、実技でなら普段やるように鑑定を行える…と少しほっとしたように)
        -- 2016-08-14 (日) 22:03:09
      • おうっマジでそういう意味だ、鳥に近いようで近くないようで近い気もする種族だから多分美味いんじゃねえか俺ら
        その点に関しちゃあ俺だって100点取った記憶ねえしな。一回資格取りに行った時こいつは行ける!って内容で1問間違えた、文法がよぉ…滅茶苦茶で…読み取る能力を試す問題とか要らないんじゃねえかな…
        (経験から来る地味なうめきを上げつつ)そういうこったな、ただ俺みてえに個人でやってくならむしろそっからがスタートだぜ
        相場やらなんやらきちんと調べないと駄目だからな。そういうのが面倒だったら誰かの下に付くのが楽よ(神社に雑草ある?と聞きつつ) -- ももんじ屋の店主 2016-08-14 (日) 22:19:42
      • …(じゅるりと生唾を飲む音、ゴックンボディってそういう…)
        それってもしかして例の古文書ってヤツ?(よくわかんないことが書いてあるけど実物は誰も見たことがないッつーアレのことかな?なんて)
        うへえ…なんだか大変そう…(常に相場とにらめっこのシビアなロスカットロスカットここでロスカット!なイメージをすればついていけなさそうで)
        草ならそのへんにいっぱい生えて…あっ、もしかしたら薬草とかも生えてるかも(神社のまわりは山の中、うっそーとした森であるので雑草取り放題食い放題…それとなんだか神社パワーで草の育ちがいい気がする)
        -- 2016-08-14 (日) 22:31:47
      • 囲んで棒で叩くぞ(この一族秘伝の必勝法である、縦縞の商人であろうとも開幕3匹スライムに囲まれれば死ぬ)
        いんや普通の危険遺物取り扱い免許、そういう何処でも使える資格は自分とこの言語の文法が完璧かって試す問題あるんだよ
        (そういうのじゃねえぞと手を横に振り)時期によっちゃあ宝石なんかは相場が変動するからな、儲ける為の調査さ
        (あると言われれば普通に雑草を食べ始める、一応の目利きもしつつ)穢れが無いからか確かに薬草がちらほらあるな
        この辺りは薬屋に持っていけば小遣い稼ぎ程度にはなるぜ(そう言って薬草を束ねて投げ渡す) -- ももんじ屋の店主 2016-08-14 (日) 22:49:35
      • メガトロンさまやめておねがい!(許しを請うポーズと鈴置声になる)
        えーっ!そういうのってこう…おもわせぶりにだいたい書いてあるしそういうモンじゃ……ああ、だからか。
        (大体の危険な異物にはやったら死ぬぞ!みたいな脅し文句がセットになってるが、これまただいたい抽象的でわかりづらく解釈の違いでかえって取り扱いを間違う…なんて事案が多発しているからせめて今からでもきちんと危険なモノの情報を伝達できるようにしておこうというアレかと思い至り…)
        お野菜の育ちもいいんだってさ、太陽のパワーってすげー!(などと言いつつ薬草を受け取り…)薬屋か…(遠くへ行った友達のことを思い出し少ししょんぼり)
        -- 2016-08-14 (日) 22:56:27
      • そういうこった、殆ど似た文法の問題が3つぐらいあったりするのよ…内1つはかなり滅茶苦茶だったり
        ただまあお前さんの想像通りそういう事が稀にあるからな、というか世の中には中に気化する毒ありって書いてあって開ける奴も居る
        (実際にそういう事をやらかした上で多分大丈夫だと思って…などという答えが帰ってきた記憶を思い出し呻く)
        色々あったみてえだな…ま、けどそうやって友達の事で悩めるのはいい事だ
        その想いが大きい程再会した時の喜びは大きいんだからな(そんな事を言いつつ神社の雑草を粗方食べて帰っていった) -- ももんじ屋の店主 2016-08-14 (日) 23:22:18
  • ひゃー……これはまた……おかしみのある……ひゃー……(興味深そうにきょろきょろしながら神社をあちこち見て回る植木鉢) -- 植木鉢 2016-08-11 (木) 19:12:16
    • ようきたのう!ゲーメスト!(と、境内のそうじをしていたメガネが顔を出す) -- 2016-08-11 (木) 19:26:15
      • ひゃー……ひゃー!!あ、こんにちは……ゲーメスト??(ぺっこりお辞儀する植木鉢)
        ここ、すごいですね。何といいますか……いやー...(静かな神社の雰囲気が気に入ったようでまだきょろきょろと) -- 植木鉢 2016-08-11 (木) 19:33:50
      • あたしもくわしくはしらない…(インド人を右に置くポーズ)
        1000年前からある神社なんだってさ、ちょっとした遺跡だよ遺跡!(どうやら気に入っている様子なので神社の説明を触り程度に)
        …まああんまり人は来ないんだけど…(山の奥の奥のほうなので静かというか不気味というか…という雰囲気がするかもしれない)
        -- 2016-08-11 (木) 19:38:15
      • (ぶつかりそうになる) 1000年!すごい、ほぉー……納得のそんざいかんというか、いあつかんというか……
        あー。確かに、来るのたいへんでした。へー…… …え、ここに、おひとりで? -- 植木鉢 2016-08-11 (木) 19:43:20
      • バスも電車もないからね…よく歩いてきたね…(労をねぎらうように湧き水を汲んでくる)
        ニンゲンって意味ならあたしだけかな…あとは山ごもりしてたり遊びに行ってたり…あ、あと一人ソコにいるよ

        (陽子が指さす先には一見なんにもいないように見えるが、霊感の類があればきつねめいた女が一人神社の中で座禅を組んでるのが解るかもしれない) -- 2016-08-11 (木) 19:53:57
      • はい、山は……あーっと……し、親切な人に、運んでもらいました!(人型でずりずり登ってきたとは言えずに)
        えっ? えっ?? に、ニンゲン以外が???(指をさされた方を見るけど何にも見当たらず、しかし言われて見れば何らかの気配を感じる気がしてぞわぞわ)
        ……お、おっかない、方ですか……?(小さな声で) -- 植木鉢 2016-08-11 (木) 20:03:02
      • 足があるって案外便利なのかもね…(運んでもらわんと辛いところがあるんだろうななんて植木鉢くんを見る、疑ってはいない)
        おっかないっていうか、めんどくさいっていうか…(お小言がひでえんだと耳打ち)

        『…これはまた、珍しい…』(一方、ふわりと風が吹き抜けたのち二人の目の前に姿を現す…植木鉢をしげしげと見つめる)
        『ようこそフシミ神社へ、天狐のイザヨイと申します』(そして自己紹介、見た感じ態度は柔和そうにも見えるかもしれない)
        -- 2016-08-11 (木) 20:14:45
      • そうですよー。寒くなると、地面はひーんやりしますしね…ふむふむ、め、めんどくさい……(ひそひそ話をしているうちに)
        っぴゃー!!?(突如そこに現れたヒトにびっくり、ひっくり返りそうにのけぞり)あ、あ、ドーモ…植木鉢です……(ぺこり、と頭を下げ)
        ……はー… ひょっとして、あの、かみさまですか。(圧倒的な存在感にすっかり気圧されている植木鉢) -- 植木鉢 2016-08-11 (木) 20:27:58
      • 『この神社の留守番を務めさせて頂いています』(遠まわしにカミサマです、と答えて…)
        『きょうはどういったご用で?』(珍しい、というのはお客が珍しいということでもあるが植木鉢くんの生態なども込みでのこと…それとなく素性を聞いてみたり)

        冬の間過ごすところを探してるんじゃなかったっけ?(などとこの前のことを思い出して聞いてみたりするメガネ) -- 2016-08-11 (木) 20:58:08
      • ははー、お留守番を……あ、えっと、特別用事は、ないのですが、何となく遊びに来ただけと、いいますか、はい。(かしこまり)
        あ、おうちはですね、団子屋さんが(犬小屋を)用意して、くれました。どうにか、冬を越せそうです。 -- 植木鉢 2016-08-12 (金) 08:38:28
      • なるへそ…団子屋住民がまた増えたのね…(ウィンチェスターハウスもびっくりの団子スターハウス…と思いながら)
        『なんとなく…ですか』(それもまたいいだろうと責めるでもなく、わざわざ山の中の神社に足を向ける感性に意外そうな反応)  -- 2016-08-12 (金) 19:51:37
      • あ、いえ、お団子屋さんに、住んでるわけでは、なく。(いつもの広場の近くに小さな家を作ってもらったと説明する植木鉢)
        はい、何となくで…あ!お参りとか、した方が、いいんでしょうか!! -- 植木鉢 2016-08-12 (金) 21:03:51
      • よかった…際限なくひろがってやがて地図なしでは迷うほど広大になる団子屋はなかったんだ…
        えっお参り!?お賽銭とか!おみくじとか!どれでもよりどりみどりだよ!(お参りと聞けばとたんにいろめきたつ)

        陽子』(そんなさまを見て一言)
        『たとえ願掛けをしたとしても、あなたの努力次第で結果は如何様にも変わるものです』(神様のくせに神頼みはよくないというような事を言う)
          -- 2016-08-12 (金) 21:46:59
      • 努力次第……なるほど……わかりました!がんばります!!ありがとうございました、イザヨイさん!と……えー……ありがとうございました!
        (二人に頭を下げて、またがったんごっとん帰っていく植木鉢 いいお言葉に感動はしたものの何を頑張るのかは特に考えていなかった) -- 植木鉢 2016-08-12 (金) 21:51:03
    • 豚足メイツが増えたよ…!やったね…(努力!それはすなわち口だけで豚足を喰らえるようアレこれ工夫…といった理解をするメガネである) -- 2016-08-13 (土) 22:28:50
  • (つかつかとイザヨイの前まで歩いてきて両手を握り)セイ……今日も綺麗だね、可愛いよ……(爽やかに微笑みつつ) -- シィホ 2016-08-11 (木) 10:53:11
    • 『気温的に一番弱まる時期だとは思いますが、いよいよ意識が危うく?』
      (俗にいう阿頼耶識かなにかやつておられる?といった反応をしてシィホさんの体調を心配する)
      (気温が下がった影響で幻を見ているのかもしれないとも)
      -- 2016-08-11 (木) 16:28:08
      • (あっれー!? 予定だと『シィホさんかっこいいです……一生の忠誠を誓います』ってなるところだったのになー! って笑顔のまま焦りまくる)
        そんなことないですよ……ふふ、わたしのペット……じゃなくて召使になる件は考えていただけましたか……? (顎くいってやりつつ精一杯のイケメンスマイルで) -- シィホ 2016-08-12 (金) 02:13:28
      • 『…』(顎に手をやられて少し思案するような表情になったのち…)
        『いいですよ?マスター』(と、わざとらしくマスターなどと呼んでみたりする…はたして反応やいかに)
        (こういった冗談にノる程度のノりの良さはあるらしい)
        -- 2016-08-12 (金) 08:26:47
      • ひゃわぁー!? (赤くなってあたふた)マ、マスター……!
        ……セイ? ……セイ……セイ(マスターともう一回読んで欲しくて何度か呼びかけてみる) -- シィホ 2016-08-12 (金) 09:47:35
      • 『聞こえていますよ、マスター』(何度も本名を連呼されればそう答え…)
        『…ご命令は?』(と、連呼されるばかりなのでそう聞いてみたり)

        あたしのときと全然態度ちげえ…!(一方の陽子、そんな様子を見て渋い顔) -- 2016-08-12 (金) 19:54:11
      • (後ろ手に持っていたメイド服をそっとしまい……ごめんね陽子さんな表情で訴えかける)
        そ、そうですね……これからもずっと生きて、友達として側に居てくれたら……良いな……
        じゃなくて、命令でしたね。ずっとわたしの友達でいなさい……(照れながら) -- シィホ 2016-08-13 (土) 01:13:50
      • 『なかなか残酷なことを仰いますね』(ずっと生きて友達で居続けろとはなんとも…と、1000年生きてきた中で失ってきたモノを思いしばし目を細め…)
        『…その命令、聞き届けました』(しかし、それを望むという願いならば…自分もそれを聞くことを恐れはしないという反応である)
         
        それを!それをいまこそ使うべきときだったんじゃないのっ…!(しまわれてしまったメイド服を見てがっくし、辱め計画が…!) -- 2016-08-13 (土) 01:46:36
      • えへっへ……セイちゃん、セイちゃん! (ぎゅーってして頬ずり) -- シィホ 2016-08-13 (土) 01:53:45
      • 『おやおや…甘えん坊さんですね?マスター…』(と、それを嫌がるでもなく受け止めて見たり…) -- 2016-08-13 (土) 02:14:57
      • (近寄って耳打ち)実は……近いうちに少し危険な冒険をしないといけなくて
        もしかしたら帰ってこられないかもしれないです。暫くたってもわたしの姿が無ければそういう事だと思ってください
        まぁ……勿論わたしも自信がないわけじゃないですからね。だからその……
        また会えるように……約束してください(きゅっと胸元に抱きつく) -- シィホ 2016-08-13 (土) 21:56:16
      • 『…それが貴女の決めたことであるなら』(自分に耳打ちをしたという事は、陽子に知らせれば止めようとするだろう事が解っていたから)
        (ならば止めるわけにはいかない、出しゃばりをすることは自分の…カミサマの仕事ではない…)
        『再三繰り返しになりますが、神頼みも願掛けも結局は本人の努力次第です』
        (そういったものは気休めに過ぎない、どんな結果であれ目的を達するまでは自分の力のみが頼りであると)
        『それに、僕としてもアンフェアな状態では寝覚めが悪いです』(暗に、生きて帰ってこれたら本名をこっそり教えてくれと本名バレを根に持っているようにわざとらしくいじけ…)
        『良い知らせを待っていますよ。』(そっと耳元でささやく)
        -- 2016-08-13 (土) 22:14:57
      • ええっ、名前……のこと……! で、でも……(掟を破れば、死で償うことが決まっているらしく明らかに動揺して)
        う、うぐぐ……考えておきますよ……でもセイちゃん、もうちょっとだけ……(最後に一度だけ強く抱きしめて、その温もりを貰い)
        ……では戻りますね。さようなら(少し淋しげに微笑んでから飛んでいった) -- シィホ 2016-08-13 (土) 22:21:08
      • 『冗談ですよ、マスター』(と、そういった姿を見るや苦笑交じりにそう言い)
        『……』(ぬくもりを貰う…文字通りの意味にしては穏やかでない何かの気配が感じられて…)
        (それに、『さようなら』…嫌な予感は絶えなかった)
        -- 2016-08-13 (土) 22:27:46
  • -- 2016-08-04 (木) 20:03:11
  • -- 2016-08-04 (木) 20:03:03
  • -- 2016-08-04 (木) 20:02:52
    • 陽子、ウチでクリスマスパーティを開いてるのだけど…よかったらどう?気分転換にでも
      お肉は無いけれどね -- ビエネッタ 2016-08-11 (木) 16:40:26
      • >肉はない
        じゃあいいや…(クリスマスは暗くしめきった部屋で豚足をむさぼり食うイベントのはず…?と首を傾げ)
        -- 2016-08-11 (木) 16:43:18
      • 豆とフルーツとサラダならあるわよ? -- ビエネッタ 2016-08-11 (木) 17:17:47
      • あたしは家で豚足を貪り食いながらポエム読むノルマがあるから…(モチャ…ニチャ…) -- 2016-08-11 (木) 17:19:30
      • そう、なら無理強いはしないわ。12月一杯はしているつもりだから、気が向いたら来るといいわ。(やんわりと微笑むと、そのまま闇に溶ける様に消えていった) -- ビエネッタ 2016-08-11 (木) 17:49:59
  • -- 2016-08-04 (木) 20:02:43
  • (後日三人分の焼肉店無料招待券が配られてきた) -- シィホ 2016-08-03 (水) 23:26:03
    • 儲け!!
      陽子(なにやらかしたお前。という目で見とがめられてめっちゃ説教された) -- 2016-08-03 (水) 23:33:21
  • -- 2016-08-02 (火) 18:23:06
  • -- 2016-08-02 (火) 18:22:59
    • 味噌汁……! -- シィホ 2016-08-02 (火) 21:35:18
      • ということ(?)で陽子さんを今日は労いに来ました。いつもご苦労さまです
        何か食べたいものとかしてほしいこととかありますか? -- シィホ 2016-08-02 (火) 21:36:07
      • エア味噌汁…(ちゃぶだいを用意)
        たべもの、食べ物…こんがり肉…(こんがり肉食べたい!と肉食っぷりをアピール)
        ってかあたしそんな労われるほど働いてたっけ…(自分でも疑問)
        -- 2016-08-02 (火) 21:44:49
      • (ベーコンエッグにさんまの塩焼きにわかめの味噌汁に山盛りのキャベツ……ごきげんな朝飯を用意する)
        肉食系ですね……! ではサーロインステーキを後日お届けしましょう……(行間で二日後に2ポンドのステーキが届く)
        良いんですよ……ボケとかツッコミとかでお忙しそうですし……! -- シィホ 2016-08-02 (火) 21:57:17
      • ゴキゲンだわ…(食うのは大好き、げるにこのごときバキューム)
        どーしたの!?しぃほさんいつも優しいけど今日はどうかしてるよ!?(いたれりつくせりなのに恐怖を感じ始め…)
        どこ!?カメラどこなの!?(ドッキリを疑う)
        -- 2016-08-02 (火) 22:38:45
      • 陽子さん……(ホロリ)にわかに人を信じられなくなったのも育った環境のせいなのでは……!
        後でセイちゃんにお説教しておこう……! そしてドッキリではないのです現実です
        たまには息抜きして甘えてくださっても良いのですよ?
        肩とか凝ってませんか? 肩たたきしますか? -- シィホ 2016-08-02 (火) 22:43:45
      • もう罰ゲームとしてシィホさんに一日預けるが現実味おびてきたわアイツ…(かわいい!で殺されるイザヨイ)
        いやああああ!いやあああ!こんなに優しい世界おかしい!あたしは異空間に迷い込んであわわ…(SAN値チェック失敗!危険な状態だ!!)
        -- 2016-08-02 (火) 22:48:50
      • お、落ち着いてください陽子さん! 落ち着いて……(陽子さんの背中をさする、略してさす陽でノルマ達成しつつ)
        うちのホテルのスイーツバイキングの無料券も差し上げますから……(握らせて) -- シィホ 2016-08-02 (火) 22:54:44
      • はっ?!前にもこんなことが…(さす陽を感知してSAN値が回復)
        ……できればこう、もっと肉多めのほうを…(なんというあつかましさ!スイーツより肉がいいなどと言いだすあたり調子が出てきた)
        -- 2016-08-02 (火) 23:04:55
      • 肉バイキングですか……!? ええーっと……それでは繁華街にあるJOJO苑の無料招待券を……(差し出す) -- シィホ 2016-08-02 (火) 23:13:05
      • 言ってみるモンだわ…?!(まさかと思っていたらそのまさかで吹く、シィホさんのポケットにはいったいどれくらいの優待券やタダ券が…?とゴクリ)
        …せっかくだから一緒に食べにいかない?(オゴっておいてもらっておいて一緒に食べに行こうぜ!というツラの皮の厚さを発揮する眼鏡)
        -- 2016-08-02 (火) 23:18:43
      • 構いませんけれどわたしは野菜とか漬物とか冷麺しか食べませんよ……! (肉は無理系女子)
        (そう言って二人で繁華街に赴くのでした……) -- シィホ 2016-08-02 (火) 23:21:26
  • -- 2016-08-02 (火) 18:22:51
  • -- 2016-08-02 (火) 18:22:41
    • ってなんじゃらほい(首を傾げ) -- 2016-08-02 (火) 18:23:51
      • しらんかったのか、ユエが目を閉じてるのは両方とも目玉がなくなっていたからなのじゃ… (怪談を始める) -- オウガ 2016-08-02 (火) 20:07:54
      • えー…?(めっちゃセンセ見えてるよね?と信じてない顔) -- 2016-08-02 (火) 20:32:06
  • (背中に紙袋を載せた状態で地面に若干柔らかい嘴を押し付けてもそもそと何かを探る)
    大体この辺りか(そう言うとイザヨイがいる辺りにベイクドチーズケーキの入った紙袋を差し出す)
    神仙の類はあんま物食いしないだろうが一応な、ちゃんと挨拶した事無かったし -- ももんじ屋の店主 2016-07-31 (日) 23:25:20
    • 『…お見事』(店主の前に姿を現すと紙袋を受け取り…とてもそうは見えないムッツリ顔だが喜んでいる、らしい)
      『こちらこそ、いつも陽子がお世話に…』(改めて挨拶に来たと言われれば居住スペースの居間に案内し…)
      『……このような事を聞くのは失礼かもしれませんが』(と、前置きをして…)
      『そちらの遺跡では、魔獣のスカウト等はしているのですか?』(と、遠まわしに聞いてみる)
      -- 2016-07-31 (日) 23:45:18
      • (商売人として相手の感情の機微には大変目ざといので喜んで貰えたようで一安心する)
        いやいやお嬢ちゃんはよくやってくれてるぜ、勉強熱心で特に読み取りが上手い…ありゃ血だな
        (足を綺麗に拭うと居間にもふっと座る、夏毛なのでそよそよと吹く風でもさらさらと動く)
        ん?ああやってるぜ?俺ぁそういうの担当じゃねえがな、遺跡に住んでる連中は自分から住み着いた奴とスカウトした連中だ
        例えば俺なんかも千数百年前にスカウトされた一族だ、魔獣魔獣(自分を指差す、イザヨイの意図している魔獣の格とは文字通り格が何十個も違うが) -- ももんじ屋の店主 2016-07-31 (日) 23:54:26
      • 『…そうなのかも、しれません』(陽子の眼の事に関して、気が付いているようだがそれを本人に伝えるようなタイプでもない…と『血』だと言う店主を見た)
        『そうでしたか…』(多種多様な方面からのスカウトをしているのだとその様子を見れば失礼にも納得したような顔、単に戦闘力だけの問題では測れないのだと)
        『……カレリアという魔女の方が子連れで近々引っ越しを検討されているのですが…なにぶんその連れている子供が問題でしてね』
        (一般にゴーレムと呼ばれる巨大な鉄の化け物を我が子のように可愛がっている…と言う)
        -- 2016-08-01 (月) 00:01:47
      • (陽子に流れる血は呪いを含む、それはこの魔物の目をも誤魔化す物だが…)
        (この魔物の商売道具には呪い弾きの品もある、それが真実に目を向けさせたがこの魔物もやはり問うつもりは無いようだ)
        んー…俺ぁスカウト関係の知識はあんまり無いんで確かな事は言えねえがどんな奴だろうと問題無かろうぜ
        例えば王様が東国でスカウトしてきた鬼の娘なんか街一個潰したような奴だしな、他にも脛に傷というか脛で人間界蹴り飛ばした様な奴はゴロゴロいる
        逆に俺みてえな最初の村付近に住んでるタイプだってやっていけてる、土地に依らァな -- ももんじ屋の店主 2016-08-01 (月) 00:14:05
      • (陽子の眼に関しては、カレリアの誘導と本人の思い込みがマイナスに作用している間は特に問題はないだろう…と考えているのでいまは置いておくとして)
        『なるほど…』(陽子の言う『おじさん』もおそらくはそこにいることを考えれば、大魔王はむしろそういった問題児を好んで集めているのでは?という読みは当たっていたが…)
        (逆に、ゼロスが捕食される側になるという懸念はカレリアの抱いていたものが的中した格好になり…ままならぬものだと)
        『問題は最適な土地を遺跡の内部で見つけることができるか、ということですね』(有り体に言って子供を抱えて引っ越しするシングルマザーという恰好になるので、それこそ『地母神』のような存在でもいればいいのにと)
        -- 2016-08-01 (月) 17:32:35
      • そうだなあ、食料単体の問題で言えば暴食界…話した事あるっけか?王級の化物が大量に闊歩してる世界がある
        (そこじゃあダメなんだよなと短い腕を組んで考えて)他には巨大な植物や生物が住んでるビッグフットサインがあるな、巨人の街なんかがある
        後は無尽蔵に食料が湧いて住まいも自動で生まれる怠惰界…ここは安全だが教育に悪い
        んー…(他にも幾つか候補を上げていく、どうしてもゼロスかカレリアに問題がある世界が多い)
        おっ地母神みたいなってのなら心当たりあるぜ、あのお方なら確かに土地の確保も適度な生物も生み出せるだろうな
        ただ王様に話通さないとダメだろうな…『大母』リリスって魔王様がいるんだが物凄い人間寄りなんだよ、因みに淫魔 -- ももんじ屋の店主 2016-08-01 (月) 20:23:34
      • 『…』(唯一の心当たりといえど、そう都合よくぴったりの物件が出て来るワケもないとは思っていたが…事情通の店主でもなかなか心当たりがないのではもはやこれまでかとあきらめかけたその時)
        『そんな方が…』(既存の階層に適当なモノがないのならば作ればいい…それを可能にし、母親の気持ちも解るだろうという『大母』なる存在はまさにうってつけに思えたが…)
        『……まあ、人それぞれですからね』(淫魔と聞いてもさほどショックはない、仮にも魔王であるなら相応の品格や風格と言ったものがあるのだろう、たぶん…)
        『なんにせよ、詳しい条件はカレリアさんご本人と相談してより煮詰めたほうがよいでしょう』(あとは本人たちしだいのはず…と、店主に緑茶を淹れて勧める)
        -- 2016-08-01 (月) 20:38:35
      • んだな、それに地上にだって生きていける土地なんてのもあるかも知れねえ
        (そう言って出された緑茶を嘴で器用に啜る)ただまあ…遺跡には地上に住める場所が無くなった連中は沢山いるからな
        (便利な素材として種がほぼ狩られた者、自然環境が合わなくなった者、危険だとして排除されかけた者…)
        理解ってのは得られるだろうさ(そう言うとありふれた茶飲み話をしていったという) -- ももんじ屋の店主 2016-08-01 (月) 20:53:17
    • ふむふむ・・・程よく住みやすく食べ物に困らない・・・上手い土地を見つけられればいいのだけれどね(中に住んだら客足は確実に遠のくなと遠い目) -- カレリア 2016-08-01 (月) 18:51:56
      • 『…両方の折衷案もあるには、あります』(しかしそれも土地を確保し、かつある人の協力を得なければ…と思案顔) -- 2016-08-01 (月) 19:11:34
      • 遺跡の外に居を構えたらとは思うのだけれどね・・・それはそれで不誠実のように思えるのよ -- カレリア 2016-08-01 (月) 19:35:16
      • 『僕が言えた義理でもありませんが、いささかゼロスに対して過保護なのでは?』
        (会って間もないゼロスに…いや、『子供』を放っては置けないという心理は人道に基づくものではあるが…いささか強すぎるように感じて、探りを入れるように聞く)
        (子供に関する何かを心に抱いているのか?と)
        -- 2016-08-01 (月) 19:38:40
      • 私もそう思うわ・・・でも・・それならあの子になんて言ってお別れすればいいのかしら・・・それに、「ここまですればもう大丈夫」そう思える要素があの子にはないのよ(そんなの放ってはおけないでしょう?と)
        ・・・子供にある種の強すぎる関心がある事は・・認めざるを得ないわ・・・あの子の危なっかしさがそれを掻き立てる事もね・・・(それ以上は言えないと首をふる) -- カレリア 2016-08-01 (月) 20:09:08
      • 『それは…』(放っては置けない、そう思う事自体はおかしなことではない…だが、ゼロスは見ての通り人間でもなければ無害でもない危険極まりないモノ…)
        (すぐさま逃げるなり、見捨てるなりするのが自然である…いや…自分が考えたように破壊するなり封印するなりが妥当とする者もいるだろう)
        (そんな存在をも『子供』であるから見捨てられない…今は言えないというその事柄にカレリアの執着の理由があるのだろうか?)
        (一方、そんな会話がされているとはつゆ知らず…のんきに寝息を立てて寝ているゼロスである)
        -- 2016-08-01 (月) 20:26:10
      • でしょう?(言葉に詰まるイザヨイに納得してもらえたとうなずいている・・・その様子は無機物に対して人と同じくらい気持ちを寄せている状況にまるで疑問を抱いていない)
        (カレリアはゴーレム使いだ・・・そのソフトウェアの作り方は自分の中に別の精神を作り出し、現実に顕現させる・・・それは宛ら子を産み育むかのようで・・・つまるところ彼女にとって意志ある無機物に同情するのは人に対するそれと同じ事なのだ・・・)
        (加えて、これは慢心でもなんでもなく彼女は強く、ゼロスがカレリアを慕っている事もあって彼を脅威として認識できていない・・・これらの要因が前述の「子供好き」と相まって今の奇妙な、しかして彼女にとってはとても自然な現象が起きている) -- カレリア 2016-08-01 (月) 20:54:10
      • 『…』(強迫観念という表現も生ぬるい、鬼気迫る表情に見えるそれはもはや本人の意志なのかと疑わしいほどで…普段の飄々とした魔女の顔には見えない)
        『……本来、この問題は僕がケリを付けるべき問題でもあって…』
        (ゼロスを含む五体の『龍機』は自分の一族、サガとも共通の祖先が率いた組織が生み出したもの…カーネルの言う製造物責任は本来その末裔である自分にある)
        (その自分が行おうとしたのは『ゼロスの破壊、もしくは封印』…それに代わる対応をカレリアに丸投げしたことについて申し訳なく思っていると…そう言う)
        -- 2016-08-01 (月) 21:48:17
      • ・・・(なんかじーっとみてるイザヨイをちょんとつついて)ちょっと、なんか考えすぎてない?口に出さないと何考えてるか判んないわよ?(自分としては変な顔をしていた覚えはないのでイザヨイの思い込みもいいところだというスタンス)
        あらら・・そうなの?・・・でも末裔って言ったって何代も前の事なのでしょう?相続してない上に何年もほったらかして今更責任も何もないんじゃない?
        それとも・・・今からでもこの子を預かってちゃんとどうにかする?できれば人道的なやり方をお願いしたいけれど・・・(元をたどればそのつもりでこの神社へとゼロスを導いたのだった・・・陽子が嫌がったので頓挫したが、イザヨイが責任を取りたいのなら話は別だという風に) -- カレリア 2016-08-01 (月) 22:09:58
      • 『仰る通り、僕には相続『できなかった』ものですから…』(それを言われれば、また俯いて…前述の通り『龍機が主を選ぶ』ということにかかるらしくどんよりとして)
        『それこそ『人道的』ではないでしょう、ゼロスには子供なりの『意志』があるのですから…』(モノとして自分たちの間でゼロスをやりとりすることもまた、カレリアの意志に反することでもあるし…『龍機』シアンの友であった自分の双子の兄の意志にも反する…そう考えていると)
        -- 2016-08-01 (月) 22:17:33
      • わからないわね・・・私は「したいかしたくないか」って聞いているのに、貴女は「できるできない」の話をしているわ・・・
        物としてやり取りする気なんてないわよ、いうなれば里子?迷子?・・・拾った子供の親族を名乗る人が出てきたんだから、じゃぁ預かる?って話よ・・・
        そりゃゼロスにも意思はあるけど・・・大事なのは何がゼロスにとっていい結果になるかということで・・こればかりは今の段階じゃわからないわ・・・だから私たちの意思も大事なの -- カレリア 2016-08-01 (月) 22:58:25
      • 『…どうも、ね…』(人の事は言えない、自分も『可能かどうか』にばかり目が行く悪癖があると言われればふっと息を吐いて)
        『しかし、ゼロスが貴女を選んでいる以上は貴女から無理に引きはがすことも得策とは思えないのです』
        (勘違いしないでほしいが、これは自分の感情であり…『可能であること』の両方を満たすことであると言う)
        -- 2016-08-01 (月) 23:19:50
      • ・・・覚えておきなさい・・仮に運命というものがあるとするなら、それは意志によってベクトルの定まる力よ・・・実利にばかり目を向けていると、この力の流れに抗うすべを失うわよ
        ・・・わかった・・私にもひそかに思い描いてる夢はあったけど・・・しばらくこの子に付き合ってみるのもいいかもしれないわね(そういうと肩をすくめてまたよしよしと寝ているゼロスの頭を撫でるのだった)リリスか・・ -- カレリア 2016-08-01 (月) 23:31:16
  • (ゼロスを連れてくる)やっほー(手を振る) -- カレリア 2016-07-31 (日) 19:25:34
    • 俺ゼロス、あたりとくいものこうかんしにきた!
      (カレリアを肩に乗せ、神社の境内に着陸…当然石畳はめくれ上がり地響きが) -- ゼロス 2016-07-31 (日) 19:29:22
      • …ウワァァァァァァ!!出たぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(いざ再会してみるとやっぱり怖い、小動物と人間くらいの体格差があるわけなので本能的な恐怖だろう)
        『…驚きましたね…』(一方、その存在を直に見るまでは信じられなかったとゼロスを見上げる…)
        (1000年以上前の遺物が稼働状態で…というかすでに稼働した上に魔女に従っている状況を)
        -- 2016-07-31 (日) 19:32:00
      • あらあら・・・陽子が怖がっているわよゼロス(ぽんぽんと硬い肌を撫でてあげ)
        (ちょっと待っててね〜と呼びかけてからふわっと降り立つ)偶然出会っちゃってね?・・・大丈夫よ陽子、話せば判る子よ?(上に乗ってみる?と手を差し出して) -- カレリア 2016-07-31 (日) 19:49:08
      • 話なんてデキんの?アレ…(ジト目で見上げ…)ってか、かれりあさんだから言う事聞いてるだけなんじゃ…
        『『龍機』は自らの主を選びます。』(融通の利かない面のあるモノであると知っているかのような物言いをする)
        じゃあますますダメじゃねーか!(いまカレリアさんになついてるってことは、自分が言ったらアウトだこれという) -- 2016-07-31 (日) 19:56:43
      • くいものどうした!俺ゼロスおなかへった!!
        (ここに来たらアタリと食い物を交換できると聞いていたのに、一向に食い物が出てこないのでイライラしてきたらしく声を荒げる) -- 2016-07-31 (日) 19:58:04
      • まだおなか減っているの?・・さっきクジラ食べたばっかりじゃないの・・・(拙いわねとうなり)ねぇ陽子、龍涎香あげるから何か食べ物持ってない?できれば沢山(無理だろうなぁと思いつつ)
        結構簡単に主人を変えちゃうみたいなんだけれどね?・・・森とか食べるかしらこの子・・(山を見つめる) -- カレリア 2016-07-31 (日) 20:14:06
      • クジラ?!ほんとにまるまる食ったの!?(仕留めて食ったと言わんばかりなので吹く、クジラと格闘したの…?とぶるぶる)
        食べ物…ええと、サガくんちから腐るほど持ってきたバナナがあるけど…(神社の裏のほうにあるコンテナはほぼほぼバナナが詰まってる)

        『記録によれば、『龍機』の一体『Dゼロス』は教育プログラム実行中の事故で人間の5歳児程度の知能と精神年齢になったとか…』
        『おそらくは、その年ごろの子供が一番求めるモノを欲しての事でしょう』(主人がポンポン代わるというより、自分が一番求める『母性』を持っている相手のいう事を聞いているに過ぎないと分析)
        『…無機物有機物問わず、栄養にできるモノはなんでも消化できると聞いています』(おそらくはやろうとすれば可能だろうと)

        バナナーッ!バナナ食えバナナーっ!!(なんでも食えると聞けば血相かえて神社の裏にあるバナナを食えと叫ぶ) -- 2016-07-31 (日) 20:48:25
      • 俺ゼロスわかった!バナナ食う…
        (知能は五歳児なみだが、その索敵探知機能は1000年前のオーバーテクノロジー)
        (バナナが何かを解っていれば、レーダーやスキャナー等を用いてバナナ入りのコンテナを感知して駆け寄り…コンテナごと食い始めた) -- 2016-07-31 (日) 20:55:45
      • ほんとにまるまる食ったわ(この目でしかと見たと頷く)格闘したかはわからないけれど・・・まぁ屍骸を抱えてたって事はそうなのでしょうね
        そう・・・なんだか可哀そうね・・(これは本当にプログラムの書き換えが必要になるかしらと唸りつつゼロスを見上げる・・・残念ながら彼を養う力は自分にはなさそうだ)・・・っというかどうしましょう・・懐かれちゃってるわ・・・
        ほーらゼロス〜陽子がバナナくれるって?お礼は? -- カレリア 2016-07-31 (日) 20:56:29
      • ・・・まさにまるごとバナナ・・ -- カレリア 2016-07-31 (日) 20:57:08
      • かれりあさんの言う事なら聞くっつっても…(まるまる食われてくバナナを見るに、燃費だってバカにならないだろうと)
        『…最悪の場合、破壊か封印といった処理を施さなければ』(被害を出す前に手を打つということも視野に入れなければとドライな発言を…) -- 2016-07-31 (日) 21:03:15
      • 俺ゼロス、バナナうまい…
        (一方のデカブツ、コンテナを2〜3個噛み砕いて満足したのか仰向けに寝転がって寝息を立て始める)
        (明確な敵意や害意こそないがそれゆえに厄介というタイプである) -- ゼロス 2016-07-31 (日) 21:04:43
      • スペースの問題もあるわ・・・広い所に引っ越さないといけないし・・・
        ・・・思いつくのはプログラムを書き換えて大人にするか・・別の小さい体に精神を移すか・・・(どちらもある意味破壊と封印に相当する・・・残念そうだ)
        ・・・(寝てるゼロスをよしよしと撫でてどうするべきか考えてる) -- カレリア 2016-07-31 (日) 21:44:03
      • 要はさ、ゼロスくらいでっかくってバリバリいろんなもの食べるやつが暴れまわっても問題ないくらい広くって頑丈なところがあればいいんだよね?
        (いまのままのゼロスを維持するなら、そんなめちゃくちゃ破格な物件と広大な土地と豊富な食料がある条件を満たさなければならないわけで…

        『……ひとつだけ、手があるかもしれません』(それを満たす場所があるとしたら、おそらくこの世にただ一つ…)
        『カレリアさん、貴方は大魔王が管理している遺跡をご存知ですか?』
        -- 2016-07-31 (日) 21:49:04
      • そうね・・・(うなずき)
        アキベドルのところ?・・・確かにアルボレウスなんかと相性がいいかもしれないけれど・・(それってつまりこの子を一人であそこに置いておくという事になるわと若干の子離れできてない感じになる) -- カレリア 2016-07-31 (日) 22:07:59
      • たしかにあそこなら安全かもしれないけど…(逆に、コイツが食われたり殺されたりする心配があるんじゃないの?と考えてる…ももんじ屋でバイトするにあたって死亡事例リストが何冊もあったのを見たからだ)
        『かわいい子には旅をさせろとも言います』(修行に出すのだと思えばそれほどつらくはないなどと…それっぽい事を言う)
        『問題は、受け入れてくれるかどうかという方だと思いますよ』(凶暴な魔獣が渦巻くという遺跡であるのでゼロスの危険性については問題なくとも、『託児所』として扱うのははたして…と思案)
        -- 2016-07-31 (日) 22:20:25
      • そうよ、魔王様のところは弱肉強食・・・負けたら食べられちゃうわ・・・(不安げ)
        うぅん・・・そう、そうなのかしらね・・・(現状それしかないかと)魔王様は懐深いし大丈夫だとは思うけれど・・・交渉は必要ね・・
        ・・・この子が起きるのを待って、それからにしましょう(とりあえず今日はここまでにしておく魔女だ) -- カレリア 2016-07-31 (日) 22:37:00
  • うわ、こりゃまた古…いや雰囲気のある神社だな…(何時もと違うランニングコースを走ってきたところ足を止める)
    それでも異貌寺に比べたら大分普通か…? -- ドロッセル 2016-07-30 (土) 19:42:31
    • (いまどきバスも電車も通っていない郊外の山奥には、1000年前からあるなんて言われるフシミ神社があった)
      あっ!ご新規さん?いらっしゃいませー…きょうはご参拝?それともおみくじ…(境内ではこれまたフツーな女子高生がほうきで掃除をしていた) -- 2016-07-30 (土) 20:04:36
      • はじめまして、我は通りすがりのランナー…っておぬし、何処かで見かけたような…(ちょっと前に通りすがりのJKを見た気がする!)
        いや、大分風情のある場所だなと思って足を向けただけなのだ、言うなればパワースポットじみておるというか・・・神聖な場所であったのなら詫びさせてもらおう
        はて、オミクジとは…?(意外と知らない文化圏の人だった) -- ドロッセル 2016-07-30 (土) 20:20:37
      • …あっ!あのときのウデシル(腕にシルバー巻くとかさ!の略)の人!(かなりの小柄な少年は逆に印象に残っていた)
        え?そんなー…カタッ苦しいとこじゃないから大丈夫ですだよ…?(と、そんなに礼を重んじる系のとこじゃないからいいんだアピールをする)

        (そんなふつーのJKの後ろのほうには、きつねじみた女が見えるかもしれない…霊感があれば)
        ええとですね、ここの箱にコインを入れて、一個くじを引くと今日の運勢とかがわかりますよっていうアレですねー(おみくじ箱を指さす…ようは営業活動である) -- 2016-07-30 (土) 20:34:45
      • ウデシルはしてないからな!?というかお主はいつぞやの通りすがりのJK!名はヨウコといって居ったか!なんだ、お主此処に住んで居るのか?(言われて此方も思い出した。尚目線は明らかに陽子を見ている、背後の存在に気づく力は持っていないようだ)
        ふぅむ?言わば運試しと占いの間の子みたいなものか。……よし、試しに一回くじを引いてみるか!此処にコインを入れればよいのだな(そしておもむろにコインいっこいれる。はてさて引いた吉凶は如何に) -- ドロッセル 2016-07-30 (土) 20:46:34
      • その通り!あたしが陽子よ!…そういうきみは!(まだ名前を聞いていなかったね…といった具合に聞いてみる)
        そうだよ、ここはあたしの家だからね…(ここの子というわけではないが、ここで暮らしているという孤児だと軽く説明)
        えーと…34番、小吉だね……小型高性能化の時代、小柄なあなたに小さな幸せがあるでしょうだって(まるで彼のことを言ってるかのような、うさんくさい内容である)
        -- 2016-07-30 (土) 20:55:33
      • 申し遅れた、我が名はドロッセル。見ての通り鼠人だ(腰に手を当てると胸を張る。小さい)以後お見知り置きを
        こんな山ん中で神職(?)一人暮らしとは、お主も若いのに大変よなあ…(そう言っているが早いが、おみくじの結果が!)
        むっ…なんだこ、この結果は…我の時代が来る―ッ!?(驚愕の表情に変化する。普通に信じた) -- ドロッセル 2016-07-30 (土) 21:08:47
      • ねずみびと…?(たんに小柄な少年かと思っていたようで…あっ!よく見たらお耳が!と思わず頭に手を伸ばして撫でそうなかまえの身長160センチ)
        あはは…ひとりではないんだけどね(自分のほかにも何人かいるんだと説明)
        ……なんかうn…このおみくじでそんなに喜んでる人はじめて見たかも…これもご利益ってやつだね!(と、いい話でまとめようとしたところ…)

        『ただし、おみくじの内容はあくまで目安であるので…実現するかどうかは本人の努力次第です』(と、話に水を差すのはきつねめいた姿の一人の女、気配を隠した状態から姿を現した…) -- 2016-07-30 (土) 21:29:53
      • 左様。あ、言っておくがこんな背丈だが我は多分お主と同じぐらいの齢だからなー?フフフ…同級生を撫でたりしたどうなるか…分かるな?(何やら意味深気な笑みを浮かべる)
        あっ、これは失礼。それなら寂しくもないな、ウムウム。ああ…目安なのか…って――!!?
        (びっくりしたねこみたいに後ろに大きく飛び跳ねる)お、お主何処から現れた!?(知覚機能が優れている分見えないモノには弱い!めっちゃびびってるぞ!) -- ドロッセル 2016-07-30 (土) 21:40:57
      • ……えっ?(てっきり10歳かそこらくらいだと思っていたので一瞬考え…)はっはっは!ないすじょ……えっ?ほんとに?(もしかして、見た目は若いが年を取ってらっしゃる系の人?という目にだんだんなった)
        『ほう…』(身長に対してその倍近く跳躍したように見えるが、若干ぎこちなさがある。おそらく脚部に錘の類を仕込んでいるのか…?と、顎に手を当ててその様子を観察)
        『…僕は天狐のイザヨイ、どこからと言われれば…最初からここにいましたよ』(驚くドロッセルに一つずつ説明していく、普段は姿を隠していること、本来の主に代わってこの神社の留守を預かっていること…)
        『しかし、あまり関心しませんね』(錘で負荷をかけることは用法容量を守らなければかえって逆効果である…と、そんな事を言う)
        -- 2016-07-30 (土) 21:49:45
      • あっ微妙に半信半疑って顔しておる。悪いが我は17歳だからな!というかこういう種族なんだこういう!証明方法がないのがもどかしい…!
        つ、つまりお主が今の此処を預かっている神格のようなものなのか…そういう存在に遭遇するのは初めて…ではないが、驚いた…!(とても不思議そうにイザヨイを上から下まで見渡す。あ、美人さんですね)
        (しかし錘に関して口を出されるとちょっとムッとしたような顔に)ご忠告は感謝する…が、ちゃんと己の体が何処まで耐えられるか、期を見ながら量を調節しておる。心配には及ばぬさ(なお師の言いつけも有ることは伏せた) -- ドロッセル 2016-07-30 (土) 22:01:07
      • じゅうななさい…(微妙に信じられないけど、たぶん本当なんだろうなというその通りの半信半疑といった顔)
        『この町では『神』さえありふれている…黄金歴ではよくあることだったそうです。』(それがまたこうして、ドロッセルが言うように初めてではないほどの頻度で目撃されるようになっている…目を細めた)
        『…年を取るとどうしても余計なお世話をしたがるものでね』(ドロッセルや陽子よりも幼かったころ、自分も錘を用いたりがむしゃらなトレーニングに明け暮れていたことを思えばその頃にも思いを馳せ)
        -- 2016-07-30 (土) 22:10:29
      • (130cmて言ったら人間で言えば小3の平均身長レベルだからね、仕方ないね)
        そ、そんなにありふれておるのか…この街にくるまでそのような体験は無かった故、矢張り遺跡の多さと良い此処は不思議な何かが有る、そう思わずにいられぬな…(そう、イザヨイを前につぶやかざるを得なかった)
        ふふ、此方も若者故試したいものは何でもやりたがるものでな。…まあ…その、先達の忠告には違いない。先の言葉、有りがたく頂いておく(何かイザヨイの様子に感じるところが有ったのか、それとも流石にそう言われて無碍には出来無かったのか) -- ドロッセル 2016-07-30 (土) 22:20:27
      • 『もっとも、僕の生まれたころはもはやそういった存在が姿を消して久しいころでしたが…』(ちょうど黄昏のはじまりのころに生まれたのだという、それが本当なら1000歳前後だという事になる)
        『あなたは、見た目におりこうさんのようですからね』(師がいるとして、それに盲目的に従うでもなく自分で考えられるタイプである…そう分析した)

        ね、ねえ…どうしてもダメかな…(一方、やっぱりナデナデしたいかな…という目でそちらを見てしまう) -- 2016-07-30 (土) 22:34:59
      • …アニーの言って居った、「Vの時代」ってやつが終わる頃か…え、それって…(指折り数える)…すごい。(1000歳超え遭遇するのはまだ二人目)
        や、やめないかそんなくすぐったい言い回しをするのは…。利口かと言われるとそうでもないのだぞ(そう言われるとちょっと恥ずかしげに返したのだった)
        えー……まあ多少なら(女性の頼みとあれば不承不承ながらもOK出しちゃうあたりが男の子だ) -- ドロッセル 2016-07-30 (土) 22:46:08
      • 『ああ…彼女ともお知り合いでしたか』(ちょうどその頃のことを彼女に話したこともあったな、なんて共通の知り合いの事を話す)
        『素直が一番成長する。という格言もありますからね』(誰に対しても素直であれというわけではない、自分が必要だと思った情報を貪欲に吸収する素直さが寛容ということを解っている……といった、小難しいことを抜きにしても素直でかわいらしい様子を見て微笑んだ…のかもしれない)

        じゃあちょっとだけ…(おっかなびっくり、ふんわりした手触りに思える毛並みや耳まわりを堪能中…ほっこり) -- 2016-07-30 (土) 22:55:32
      • なんかアニーが言ってた話って聞いておるとお主の話が発端なんかなあ・・・なんて思ったり。世の中広いようで狭いな!
        \んなぁー/(なんて声を上げながら撫でられている。この日はひとしきり気が済むまで撫でられてから帰ったそうな) -- ドロッセル 2016-07-30 (土) 23:18:41
    • くくっ、素振りの100回でバテてたお前が…立派に成ったもんだよ(笑いながらセイをからかう狐) -- 2016-07-31 (日) 20:35:09
      • 『センセ、からかわれては困ります…』(自分でもらしくない、子供を愛でるような感覚を覚えていたところにセンセからの言葉を受ければまたいつもの仏頂面に戻る) -- 2016-07-31 (日) 20:57:08
      • いや、褒めてるんだよ、これでもさ(尻尾を大きく振って)
        懐かしいねぇ…あんな時代があったものさと、子供達を見てると思うものよ -- 2016-07-31 (日) 22:52:14
      • 『みな巡り、消えて…また戻ってくる…あのときのセンセの悲しみが理解できて…いまは喜びも理解できます』
        (タケルと自分とを弟子にとり鍛えていたころのセンセの悲しみ…それは黄昏以前の黄金期を知っていたからこそ…)
        (そして、黄金歴の輝きを徐々に取り戻しつつある町を見れば喜びもひとしおなのだと自分も実感していた)
        -- 2016-07-31 (日) 23:05:22
  • ・・・飛んでたの?ここが?(くじを引きつつ驚いた顔で) -- カレリア 2016-07-29 (金) 20:47:53
    • 吉か…普通ね -- カレリア 2016-07-29 (金) 20:48:19
      • あのあたりとか、飛びそうな形してない?(建物の角っこが羽っぽい形してる…といった具合に指さしてみる、実際飛んだ身としてはこうふんぎみ) -- 2016-07-29 (金) 21:00:31
      • してる(こくこく)・・・じゃぁ本当に?・・なんで今は飛んでないのかしら・・・ -- カレリア 2016-07-29 (金) 21:02:37
      • 『お答えしましょう』(解説のおばさんおねえさんとして生えて来る)
        『このフシミ神社の地下中枢部には『神気エンジン』という動力機関が内蔵されており…そのエンジンに神気を流すことで浮遊するのです』(エンジニア気質のある者ならば食いつく話題かもしれないが…すでに陽子は首をかしげている)
        -- 2016-07-29 (金) 21:07:36
      • ・・・にゅっと来たわね(目を向けて)
        ・・・すごくざっくりしてるわね・・(首をかしげてる陽子を撫でつつ)神気ってなぁに? -- カレリア 2016-07-29 (金) 21:16:47
      • 『…ざっくり言えば、神の神たる所以といいますか…』(触れるだけで傷を癒す、花や樹を育てるなど、生命の持つエネルギーを活性化させる事が出来る…と、一通り説明)
        『センセのそれは文字通り規格外なのでね…』(神社を浮かすくらいワケはないと…ざっくり説明)
        -- 2016-07-29 (金) 21:21:26
      • ふむ・・・つまりはセンセの力で浮いてたのね(ざっくりだ)今は飛んでないという事はセンセとやらはいないか、常時飛んでられるものじゃないか・・・そもそも飛ぶ必要がないかという所ね・・・
        ふふっ空なんて飛んでどこに行ってたの?(楽しかった?と陽子に尋ね) -- カレリア 2016-07-29 (金) 22:23:46
      • だっていつも飛んでたら飽きるし不便だし…(たまに飛ぶからかっこいーんじゃない?なんて言う)
        まーリゾートついでにサガくんの実家に行ってきたといいますか(南国のリゾートをひと月満喫して、夏休みのアレコレで一気に現実に引き戻されて、新学期で死んだ目になってる←イマココ といった具合である)
        -- 2016-07-29 (金) 22:44:48
      • ふふっそれもそうね?
        へぇリゾートに、サガの実家か・・・楽しんできたんじゃないの、自宅に居ながらリゾート気分だなんて最高よ
        ふふ・・・いつも飛んでたら飽きるのなら、普段の日常もきちんと受け入れないとね?(死んだ目の陽子をぽんぽん撫でてから帰って行った)またねー -- カレリア 2016-07-29 (金) 23:00:48
      • あたし旅行らしい旅行したの初めてかもしれん…(命の危険のない旅って初めてだった…と遠い目)
        …いやってほど食ってもうおなか一杯って感じだよ…(死んだ目になりつつ撫でられたという…)
        -- 2016-07-29 (金) 23:10:37
  • よ、ようやく見付けました…。ここがあの女のハウスね…。
    (境内へ続く石段を登り、緑豊かな境内の様子をぐるりと一望)東洋の社、ですか…。本当いろいろありますね、この街は。
    (呟いた後、社へと歩き)ここに住んでるのでしょうかね。ごめんくださーい! -- テラリア 2016-07-29 (金) 17:01:03
    • (時期は9月、8月に空を飛んだという神社はいまはすっかり元通り)
      はいはーい参拝ですか?おみくじでs……あっ!あなたはたしか…マインクラフトさん?(首をかしげててらりあを迎える眼鏡の冴えない女)
      -- 2016-07-29 (金) 17:28:05
      • (声を掛けられどうも、と会釈する)誰がマイクラですか。この境内を松明まみれにされたいならそう呼んでくださっても構いませんが!
        …にしても参拝、なるほどやはりここには神が奉られているのですね。でも…(ふと社に目を戻す。そこに燦然と輝き目を惹くものは)
        デカすぎじゃないですかね…ギンガマン…。 -- テラリア 2016-07-29 (金) 17:33:38
      • 緑の匠を呼ばれてTNTだらけにされないだけ有情だと思うねあたしは!(やさしい…という目でてらりあを見て)
        なんたって銀河を貫く伝説の刃だからね…森の守護神だからね…(ギンガマンは3000年の昔より森につたわる伝説の戦士であるのでエルフなら知っててもおかしくないのだ。という理解)
        『…』(やはり何を祀っているのか解らない。という常識的なツッコミをする参拝客もいるのだ…と驚いたような様子でそちらを見る気配、テラリアに霊感の類があるのならきつねじみた女がいるのが解るかもしれない) -- 2016-07-29 (金) 18:25:01
      • そもそも私はマイクラではなくテラリアですので!(くるり、と振り返って言う。その瞬間、視界の端に狐の様な何かを捕らえた様な気がしたが…)
        (…山であれば動物の霊か精霊もいるだろう、とアバウトに受け止めた)ギンガマンはともかく、先日はどうも。あらためまして、私はテラリア。魔剣士をしています!…貴方は? -- テラリア 2016-07-29 (金) 18:29:34
      • …てらりあはさあ…変わり者ってよく言われない?(視線の動きでイザヨイが見えてることが解ったが、それをあえてガン無視でこっちのこと聞いてくるのに驚いてつい質問に質問で返す格好)
        まあ悪い気はしない!(イザヨイよりあたしのほうに興味があるのだと分かれば勝った!第三部完!といったふうに調子に乗り…)
        あたしは郷須陽子、ここに住んでるふつーのJKだよ(どっからどう見ても普通、むしろスキだらけですらある)
        ここにきたってことはてらりあもカレーを食いに来たの?(今日は趣を変えてキーマカレーをこさえてあるんだよなどと話し…)
        -- 2016-07-29 (金) 19:04:00
      • フフフ、変わり者とはすなわち凡俗とは異なるということ!もちろん、よく言われますとも!(胸を張っていばる)
        (何せ精霊魔法使いの目だ。意識しさえすれば、この境内だけでも土に木に風、古い建物に宿る精霊などなどいろいろ見える。しかし…)
        ふ、ふぇ!?ななな何だかわからないけですけど、悪くないのであればそれはそれで!?(…言葉の意味はわからないのだった)
        それでは陽子さん、急に来てしまったと言うか来るのが遅くなりましたのでカレーはまたいずれとして…
        貴方、先日私の部屋にいらした際にカーネル…あ、あの白ダークエルフの名を口になさいましたけど…。
        えーと、率直に聞きますね。貴方とアイツはどのようなご関係でしょうか…? -- テラリア 2016-07-29 (金) 19:11:06
      • あたしが認めるよ…アレより!(イザヨイを指さし)あたし!!(自分を指さす)変わり者に違いねえじゃねーか!(ブロッケン顔になる)
        『…』(ここで違うのだ!と言ったら負けな気がしてそちらの様子を伺ったままである)
        あたしゃ気分がいい!なんだったら福神漬けにラッキョウを食い放題盛り放題でも…(皿にカレーライスドカ盛りしつつ)…食べないの!?(がっくり)
        …ああ、カーネルのこと?(そーいえばカーネルのこと嫌いなんだっけ?とそっちを見て)
        どうったって…あっちがどー思ってるかはしらないけど…とりあえず殺し合いしてるような仲ではないとおもうよ?(死んでも友達なんて言わないようなタイプだと思ってるので、そんな事を言いつつカレーを食う)
        -- 2016-07-29 (金) 19:18:10
      • 違うの…だ…?(陽子が宙を指差したので改めて観る。…いた、狐のような姿の霊的存在)
        (陽子の認知する存在の様なので軽く手を振って挨拶しておき)え、あ…あるのですかカレー。では、すこしだ…け!?(でーん、とドカ盛りがお出しされた)
        こ、これはまた…。い、いただきます!(スプーンを手にカレーを一口)おお…これは、よく煮込まれてお肉のうま味がルーに溶け出してますね!
        (陽子の言い方ではあまり仲が良いわけではなさそうだ、と思える。ならば話の切り出し方は…)
        では陽子さん、こんなお話をご存知ですか?あの白んぼダークったら、もうすぐ死んでしまうって話ですよ!(信頼度:◎◎◎◎○) -- テラリア 2016-07-29 (金) 19:31:02
      • わかるのか!わかるのだろう…肉汁のあたたか味(あじ)が!!(ぴゅっぴゅっはしないので安心してほしい)
        …だろーね…(すでにそのことについては知ってたらしく、やっぱりなんだ…と遠い目)
        -- 2016-07-29 (金) 19:37:44
      • もちろんですよ。カレーのお肉はあくまで出汁。そのうま味とスパイスの刺激があればライスもぱっくぱくです!
        …て、ご、ご存知でしたか(ふむぅ、と唸って数秒黙る。意外。しかしカーネルが自分以外に語っているのであれば、これは彼女なりの…あるいは無意識化のSOSと捉えるのが妥当か)
        (ならば次に打っておくべき一手は…)ま、まあ私としては不本意なところではあるのですがー…この噂が広まれば
        あの白ダークを助けようとする流れに発展すると思えますね。…ほんっと、困ったものですよ!
        (やや大げさな演技。そして、じ…と観察する様な目で見つめる。陽子と、その後ろにいる力あるものを) -- テラリア 2016-07-29 (金) 19:45:51
      • 前に一度ここに来たときがあってね…(黒水連、そいつが身体を蝕んで…無理に引きはがせば死ぬし、ほっといても死ぬ、本人もほっとけというのなら間違いなく死ぬ。ということを『おじさん』なる人に聞いたのだと陽子は言う)
        前にもさ、こういう事があったんだよ…(友達、その子はねぼすけさんで1000年くらい寝なきゃ起きないようなことがあって…本人もそれを望んでて…まあ中略すればやっぱりやめた!となって戻ってきたのだが)
        結局、心の底からカーネルが生きたいって願わなきゃそれは意味がないことなんだ(ゆるやかに死ぬことを望む意志をなんとかして変えてやらなきゃ回りが何をしても死ぬ…東洋の伝説の医師いわく…『おこがましい事』なのだと)

        『…』(いつも通りならば、ぶん殴ってでも生かそうとするタイプであるのでそれをたしなめるために自分の出番かと思ったが…少しは成長したのかと)
        だいたいさ…勝手なんだよ、生きる気はないけど死ぬ気もないなんて…そんなの生きてもないし死んでもないんだ(だんだん雲行きが怪しくなり…)
        あーーーーっ!!なんだか腹立ってきた!!(やはりモヤモヤは溜まってるらしくそんな感情がだんだんあらわに…)
        -- 2016-07-29 (金) 19:53:49
      • お、おおう…。(思いのほか知らなかった情報がぽんぽこ出て来て目を丸くした)なるほど、本人にその気がなければ治らない…まるで病気ですね。
        アイツはダークエル…スヴァルトアールヴとしての生き方しかなく、それ以外の事に価値を認めていませんから、それも困難でしょうねー。
        て!ちょ、ちょっと陽子さん!?(しまった!カーネルの周囲の人間までが直情タイプだ、という可能性はまったく考えていなかった!)あわわわ…!? -- テラリア 2016-07-29 (金) 20:00:15
      • 生きる気もないけどいますぐ死ぬ気もないなんて…ワガママもそこまでいけば大したもんだよ!!(暗に生きる気がないならいますぐ死ねくらいの極論にまで達しかねなくなったところで)
        『陽子』(さすがに見ていられなくなったのか姿を現し、陽子にそれいじょういけないするきつね)
        だってさ…月並みかもしんないけど、生きたくてもいきられなかった人もいてさ…みんなを活かすために何かが食べられてさ…なんつーかさ!自分の命が自分だけのモンだって勘違いしてるからそーなるんだよ!!(生まれて間もなく肉親を亡くした身としては、生きてるくせに死にたいんだなどと抜かすヤツには同情よりも怒りがこみ上げるようだ)
        で!いつカチコミかけんの!!(やはりカチコミか、私も同行しよう…と花京院になりつつてらりあを見る、カーネルと仲が悪いってことは絶対に死なせてなんかやんねー!!!クソして寝ろ!!!!!くらいのスタンスなのだろうとてらりあを見る)
        -- 2016-07-29 (金) 20:18:54
      • そ、そうでもない…かもしれませんよ。少なくともあの白ダークには自分よりも大事なものがある…ような気もしますし。
        まあその大事なものと、スヴァルトアールヴの誇りとやらを天秤に掛けた時、どっちを選ぶかは――――…うぇ!?
        まままま待ってください陽子さん!!(どうどう!と暴れ馬を鎮める様なオーズ)アイツと私は今、互いに手を出せないような状況下にありまして!
        そ、それにほら、怒鳴り込んだところでアイツは余計にヘソを曲げるだけですよ!
        …でもまあ打開策は見えてるんじゃないですか(カランとスプーンを置く。カレーはどうにか完食した)う…おなかく、くるしい…。
        も、もし、アイツを救うというお、愚かな選択をするのなら、生の衝動を高めてやる事ですね。
        尤も、私はアイツの早急な死を願う立場なので、何も手伝ったりはしま…う、喉まできてます…しませんけどね!(食べ過ぎの青い顔で宣言し)
        か、カレーごちそうさまで、でした…っ!(そして大変なことになる前にヨタヨタと神社から歩み去って行くのでした) -- テラリア 2016-07-29 (金) 20:30:51
      • そーいうのがカッコいいのなんて男の子の世界だけだよ!(大切なモノのために命を投げすてればカッコいいだなんてますます気に入らない、自分は満足でいいかもしれないが他の連中の後味の悪さったらない)
        『……』(そういった理屈で死んだヤツのことを思えば口をはさみそうになったが…死ぬために死ぬというのと、活かすために死ぬというのとでは違う、こちらはそれを判断できる程度に頭は冷えている)
        そんなの解ってるよ!言ったら言ったで絶対意地でもこっちのいう事なんか聞かない…そういう友達がいのないやつだって解ってるからいやなんじゃないか…(打っても響かない、自分のやりたいようにやる、言われなくても死にますよでは自分のいる意味なんてないことくらい解ってると)
        オイィィィィ!あんたのほうが死にかけてんじゃねーの!?(この分量多かったかしら?とす○屋の牛丼キング相当の分量の皿を見て)
        ……おのれカーネル!!(そしてひん死のてらりあはカーネルのせいだという論理の飛躍を起こしたのだった)
        -- 2016-07-29 (金) 20:39:57
      • なんだい?友達の話しかい。…長生きすれば良いと言う物でも、ないけどねえ… -- 2016-07-29 (金) 21:59:36
      • だったらこうセンセ!カーネルをちょっと死ぬ寸前の9割殺しくらいにしてみてよ!!(死ぬ間際になったら生きたくなるかもしれない!なんてむちゃくちゃ言う) -- 2016-07-29 (金) 22:42:44
      • こらこら、陽子や。そんな乱暴な言葉を使うもんじゃないよ。ふふ…いや…陽子も、今来た子も、そのカーネルとやらも…皆素直じゃないな、とおもってね。
        ただ、少しだけの勇気と、まっすぐな思いだけあれば、案外簡単に良いほうに転ぶかもしれんのに、皆その一歩を踏み出せん(苦笑しながら) -- 2016-07-29 (金) 22:56:31
      • じゃーどーすればいいのさ!死のうとしてる奴をブン殴って止める以外のことがなんかあるっていうの!?(言ってもダメ実力行使もダメならどうすりゃいいのだと地団太ふんで) -- 2016-07-29 (金) 23:01:37
      • 死に行く者に生きる意志を見せ付けてやれるのは、今生きている奴等だけだ、と言う事さ。…ふっ、やめやめ、ボクは神様なんて柄じゃないんだ。人に助言出来る様な生き方はしてこなかったからさ(苦笑して、それ以上は語らないと言った風に) -- 2016-07-29 (金) 23:16:45
      • んもーっ!もっと解るように話してよ!(さっぱりワケがわからねえ!といった具合にセンセを見て)
        『光の巨人のジレンマというヤツです』(とある事故で矮小な生き物を殺した神にも等しい光の巨人は、人間の感覚でいえばセミ程度の寿命の生き物であるニンゲンにその命を分け与え死ぬ覚悟だったという)
        (命の価値など多分に主観的であり外野のいう事ではないとおおまかそういった意味だとイザヨイは捉えた)
        -- 2016-07-29 (金) 23:37:12
      • …陽子は、運命と言う物を信じるかい? -- 2016-07-29 (金) 23:49:33
      • あたし大予言とかあの手のアレはネタだから面白いと思う方だから…(要は信じない。そんなことを言う)
        なんもかんも決まってて変えられないなら、生きてる意味だってないし…(ンなモンを信じたら自分は親を殺された挙句、ワケのわからんモンの生贄になって死ぬために生まれたことになる 死んでもゴメンだという反骨心を剥き出しにするあたり『おじさん』と似たもの同士なのかもしれない)
        -- 2016-07-29 (金) 23:56:12
      • 神様っていうのはさ。運命は変えられないんだ。変えちゃ行けないんだよ(苦笑してそんな事を言い)
        死ぬことは終わりではなく、始まりであり、救いだ。神様って言うのはさ。人に運命を課すが、それを解決してはならないんだよ。
        なら、人の運命を変えられるのは、誰なんだろうね?
        運命を信じない、明日を信じる者達が…明日を作っていくんだろ?(今そこに居るセイも、陽子も…今此処に居ない、1000年前の馬鹿弟子も…皆)
        今この世に生きる生物に、一人で生きてる奴なんか居ないのさ。皆、誰かの礎の上に成り立っている。ならば…陽子はカーネルとやらの、明日のための礎となってやれば良い。 -- 2016-07-30 (土) 00:39:19
      • …あたし確かめて来る、ここでああだこうだ言ったって一歩だって進まないし(とどのつまりカーネルに確かめなきゃなんも解らない、死にたいのか生きたいのか…自分で死ぬ気はないが生きる気もないなんて抜かしたらブン殴ってやると…)
        どうしても死ぬってんなら何も言わないよ、どこかで野垂れて苗床にでもなんでもなりゃいいんだ
        (要はどっちつかずではっきりしないのが嫌なのだ、死ぬならいますぐ死ねばいいし、生きるならドブ水啜ろうがプライド捨てようが生きればいい…どっちだろうがカーネルが決めたことなら好きにすればいい、あたしは何も言わんと)
        おかしいよね、あいつからは友達だなんて思われてもないのに(こういうモヤモヤも結局はカーネルからなんとも思われてないことの裏返し、どうでもいいヤツ相手にどうでもいい態度を取られてるだけだと言えばそれまでだと思えばふっと冷静になって…へたり込む)
        -- 2016-07-30 (土) 01:01:18
      • 陽子や、人は誰しもは主人公(ヒーロー)にはなれん。だが、主人公はそんな、なんでもない奴等の積み重ねの上に存在するのさ。
        そんな、なんでもない陽子だって…この物語の一つだと、考えてみなさいな
        友達ではない、必要とされていない…だから、何だという?必要とされなければ、陽子は存在してはいけないのかい?…そうでは無いだろう。今此処に居る自分に、自信を持ちなさい。
        人は誰しもが主人公にはなれない…だが、人は誰だって、誰かの主人公にはなれる。それが、自分か、相手の違いだけさ
        陽子、漫画とかアニメが好きなんだろ?…ボクはそういうのに疎いから、詳しくはわからんのだけれども…ハッピーエンドが好きだよ、ボクはね -- 2016-07-30 (土) 10:50:03
      • …こうもストレートに『おまえは空気だ!』って言われるといっそすがすがしいや!
        (ヘタにフォローされるよりお前くらいダメなヤツは一周回ってもやっぱりダメじゃん?みたいに言われるほうが気が楽になるのはやはり本人の図太さとイザヨイの徹底ディスり教育、そしてそれをよく知っていたセンセならではの賜物だろうか、グッドコミュニケーションである)
        あたしが気にしてもしょーもないことだし…でもなんかモヤモヤ吐き出してスッキリしたよ(理屈で解っていて、何もできないのだからしないのがベストだという状況でもやはり不満は募るのでそれを吐き出す機会に恵まれただけマシとうんうん頷く)
        -- 2016-07-30 (土) 12:03:52
  • 何か悔しいので次はキャンプだわ・・・イザヨイさんと遭難して雨に降られて山小屋に逃げたりするイベント発生させるわオレ! -- 四季 2016-07-29 (金) 09:48:53
    • せっかくだからサンライズ島でもしたらいーんじゃね?(思いつき)
      『なぜ僕なのかということもそうですが…』(なぜそんなイベントをする必要が?と…サンライズ島はやりませんのかまえ) -- 2016-07-29 (金) 10:51:29
      • 陽子さん!胸小さい!イザヨイさん!美人!おういぇい!
        (ビシビシガッグッの構えを取りながら、色々ごめんなさいと思いつつ)
        え、やらねぇの…? -- 四季 2016-07-29 (金) 11:35:16
      • 童貞みたいなこと言いやがってッ!!(グッグの指を逆に曲げるパワープレイをしにいく)
        『僕と四季くんとの接点というものがあまり…』(作接無なのでは…?という目、そういうのは恋人だとかがやるものという認識だった) -- 2016-07-29 (金) 16:37:27
      • やめろよぉ!?(慌てて指を引っ込めようとして折られまいと抵抗して)
        まじで!それは!本当にやば、おれ、折れるぅー!?
        いや、やらないんだけど…陽子さんはオレと一緒でちんちく…いえなんでもないです、指だけは勘弁してください…! -- 四季 2016-07-29 (金) 21:36:36
      • いいや慈悲深いぜ…!(指を斬り落とさなかったんだからなというときの承りみたいな顔になる)
        腹立つ!!(そりゃあ四季くんは男の子としちゃ小っちゃいけど、あたしゃ女の子としちゃふつーだい!!とチクチンちんちくりん呼ばわりに怒る)

        『なるほど、背を伸ばしたいと?』(とそちらを見て…納得したような顔、四季くんは背を伸ばしたいのかもしれないと思春期の少年を見て) -- 2016-07-29 (金) 21:40:52
      • くっ……!(折れてないけど、折れたときみたいに指を包帯でぐるぐる巻きしながら)
        (ちらりと、え、コレオレコイン分割したほうが良いの?マジで?という視線を向けつつ)
        イザヨイさんにも言われた…なぁ陽子さん、オレってそんなに背伸びしたがってるように思えんのかなぁ…? -- 四季 2016-07-30 (土) 10:34:00
      • オトナって感じでは断じてないのだけは解るね!(へそを曲げつつ)
        『格好をつけたがる時期は誰にでもあるものです』(形から入ってだんだんと中身を作っていくでもいい、そういう暖かい雰囲気を作り出していくことで穏便に済ませようとする) -- 2016-07-30 (土) 11:58:15
      • そ、そうか…やっぱり背伸びか…
        うう、ちんしくりんのオレが卒業なんて無理だったんだー! -- 四季 2016-07-30 (土) 13:10:44
      • ああ…卒業ってそういう…(童貞の話題のあとにそんな事を言われれば後ずさり)
        『…捨てたいだけならば、心当たりはありますが…』(しかし深刻な悩みならば、そういった商売をしている人もいるし…という顔) -- 2016-07-30 (土) 13:28:43
      • なっ・・・!?違うぜ、誤解だー!
        えぇっとほらあれよ、最近妙にちんちくりーんとか、背伸びしてるーっとか言われちゃってさ
        ここらで一つカッコイイ男を目指したかったって訳で、決してそういう言う意味じゃ…って言うかやめろ、オレをそんな眼で見るな!? -- 四季 2016-07-30 (土) 20:08:55
      • あたしは今のままの四季くんを大事にしてもらいたいと思う…(カッコいい大人になっちゃったらそれは四季くんじゃない気がする…と言う目)
        『時間が解決するということもあります、1000年後のあなたはどうなっていましたか?』(そうして大人になりたいと強く意識するということは、未来の自分を見たのでは?と推測してそう聞く) -- 2016-07-30 (土) 20:17:58
      • おおっ、なんだかとてもカッコイイ事言われた気がする
        うん、そうなんだよね…未来の自分に会えたから、早く追いついておきたいなぁ、とか思ってたんだけど
        って、待って陽子さん、オレちゃんと大きくかっこよくなるからね!期待してろよな! -- 四季 2016-07-30 (土) 21:21:47
      • カッコイイはしーほさんの担当だから!(そのカッコいいをしーほさんへ…とカウンターを滑るバーボン入りのショットグラスのような感じを出す)
        まー四季くんが大人になるころにはあたしとっくにくたばってるからなー…見たかったなーっ かーっ(信じてないふうな調子)

        『具体的なビジョンが見えたのなら、あとはやるだけですからね』(一方のイザヨイ、陽子が何を言おうが未来を見たのならそれを目標にすべきと励ます…) -- 2016-07-30 (土) 21:42:17
      • はい、頑張ります…!(そう言って陽子さんが滑らせたショットグラスを横から受け取って、く一と煽る仕草の後で)
        っていうか、この場にいないのに登場人物増えてるじゃん、もー!
        ま、なぁにいつか大人になったオレをみせてやるさ…それじゃあ、またね陽子さーん! -- 四季 2016-07-30 (土) 21:47:39
      • しーほさんはかわ……もといかっこいい子だよ…(おっと、いけないいけない…と口をふさいで)
        『だそうですよ?』(そこまでして陽子に大人になった自分を見せたい、やはり男の子の意地なのだろうか?と)
        まー…あたしがおばあちゃんになるころには見せてよねー?(すごい時間がかかるものという認識でそんな事を言いつつ見送った) -- 2016-07-30 (土) 21:53:15
  • 夏がおわって…ああ…今年も陽子ちゃんのラバー水着が見れなかったの -- クレア 2016-07-28 (木) 23:31:23
    • そんなものはない(と、思わずヒゲっぽくなりつつ出迎える神社in南国…いつものように制服で汗だくである) -- 2016-07-28 (木) 23:34:29
      • なんでー? 1000年前の伝説の海女さんがラバー水着を流行らそうとしてたのに? -- クレア 2016-07-28 (木) 23:39:44
      • でも今流行ってないじゃんッ!!(1000年前はどーだったかしらないが今は流行ってない…そういうことだろ?と)
        ってか暑くないの…?(酒場の町の比ではない直射日光が襲うのにラバーって…という目)
        -- 2016-07-28 (木) 23:43:01
      • 陽子ちゃん、いい? (いつになく真面目な表情)
        信念は信ずる一念と書くの。苦難苦境があろうと心にそうと決めたならばやり遂げる心掛け
        ラバーを愛すると決めたならば暑さにまいったとは言えないの。…そうでしょ、信念ってものは -- クレア 2016-07-28 (木) 23:53:53
      • うn…それがラバーじゃなかったらもっとカッコよく見えたんだけどね…(変態と言う名の紳士だよ!みたいな理屈に聞こえてジト目になりつつ、水分とらないと死ぬよと缶ジュースを一本…ご当地限定のめっちゃ甘いチョコバナナミルクである) -- 2016-07-28 (木) 23:56:28
      • ありがとっ。んー、やっぱり暑いときには…ぶふー! あまぁー!? なにこれ、あまぁー!?
        こういうときは冷えた水とかじゃないの…? -- クレア 2016-07-28 (木) 23:58:52
      • ここはだいたいバナナ関連の食い物と飲み物だよ…(冷えたバナナ茶とか、コーヒーバナナオレとか…バナナが入ってる飲み物ばっかり…) -- 2016-07-29 (金) 00:03:26
      • 頭、どうかしていらっしゃる? (そんなばなーなー) -- クレア 2016-07-29 (金) 00:03:53
      • たぶんだけど、地元の人たちもアンタにゃ言われたくねえんじゃねえかな…(炎天下にラバーって自殺行為を見ながら)
        あ、コレお酒だ…(ぶどうしゅが売ってる…と思いながら)
        -- 2016-07-29 (金) 00:12:06
      • バナナってここに来るまで食べたことなかったんだけど
        …不思議なものね。だってこれ、種ないわよね? 果物なのに -- クレア 2016-07-29 (金) 00:20:01
      • なんかサガくんの話だと無尽蔵に『生えて来る』んだってさ…(バイバイン的なSAN値下がってくる系の増え方なのだが、それをかたっぱしから刈り取って売り払うため…世界の食糧問題これひとつで解決できね?みたいな期待が寄せられてる眉唾モンの増殖スピード、らしい) -- 2016-07-29 (金) 00:27:50
      • なにそれ怖い。やっぱ陽子ちゃんちは変態だらけー! (きゃー!といって逃げた) -- クレア 2016-07-29 (金) 00:32:14
      • ラバーに変態って言われたくねーよ!?(おまえんちおっばけやーしきー的なアレをされたのでバナナの皮投げつつ) -- 2016-07-29 (金) 00:35:36
  • さす陽、セイかわ(セイちゃんかわいいよぉセイちゃん♥)に続く紗牙さん向けの挨拶を考えようと思うのですが -- シィホ 2016-07-28 (木) 09:55:45
    • たぶん語尾に『ホ!』って付ければそれっぽくなるんじゃねえかな…(鬼だし…とそれっぽいことを考えてはみるも…しーほさんが『ホ!』って言ってるのを見てみたいだけかもしれない)
      『ですからその、あまり本名は…』(本名がモロバレなことに危機感を覚えつつ姿を現す、今現在神社は夏のリゾート地に移動中であるので神社の跡地に井桁ゲートで町との連絡を作っている状態である…) -- 2016-07-28 (木) 10:12:15
      • 通りで神社の場所に何もなかったのですね……! (しらじらしいです、わたし)
        それ他の方にも言われましたけど……言いませんホ! 名前だけで決めつけてません!?
        セイかわ(セイかわ)……可愛いことには否定しないなんてやはりセイかわ……
        紗牙さんは今はどうしているのでしょう、そちらに居るのですか? -- シィホ 2016-07-28 (木) 10:15:18
      • なんか飛びそうな形してる基地ってよくアニメとか特撮とかであるじゃん?うちもそうだったよ…(飛んで移動するんだ神社…となんで無くなってるのか説明)
        言ってるホ!流行ってるホ!!(かわホ!(かわいいシィホさんの略)

        『それは言葉のアヤというやつで…』(セイかわをジャストガードでカタコンといった具合のブレイバー居合スタイル)
        こっちはサガくんの地元で…いま妹ちゃんといっしょにいるよ(ゲートを通して見える砂浜のあたりで釣りを楽しむ兄弟の姿が!ゲートは人も通れるので直接声をかけてもよい) -- 2016-07-28 (木) 10:19:40
      • まさか変形したり発進したり合体したりしませんよね……神社。
        許されざるよ……(傾く)かわホはダメですけれどかこホ(かっこいいシイホさん)なら許しますホ!
        出来ることならセイちゃんを拘束して一時間ぐらいずっとセイかわと囁き続けたいのですがさすがに可哀想なのでやめておきますね……
        紗牙さん妹さんがいらしたのですね……! しかし、兄妹水入らずのところをお邪魔するわけにも……(チラチラ覗く) -- シィホ 2016-07-28 (木) 10:25:49
      • たぶんあるよ!合体して変形!(んなわけねーだろというイザヨイの視線を受けつつ期待を高める)
        じゃあかこほ!(かっこかわいいしーほさん)

        『いったいシィホさんの中で僕はどんなことに…』(そんなことをされたら心が壊れてしまう、イザヨイは戦慄した)
        『問題ありませんよ、お人好しですからね』(なんだったら兄弟ふたりがかりでシィホさんを歓迎することだろうと言う)
        -- 2016-07-28 (木) 11:35:37
      • 変形して人型になる神社のお賽銭箱ックピットに乗り込む陽子さんの姿まで見えました
        セイちゃんはその……こう、めちゃめちゃ可愛がりたいというか恥ずかしがる所をずっと眺めていたいというか……良いよね……セイちゃん……
        ふふ、これでわたし→セイちゃん→陽子さん→わたしの三すくみ状態になればいいかなって……(陽子さんの立場を上げるために)
        それじゃあちょっとおじゃましようかな……(ゲートを潜ろうと) -- シィホ 2016-07-28 (木) 11:40:53
      • あっかわいいは絶対に許さないです(傾く、あくまでかっこいい系を目指すのである) -- シィホ 2016-07-28 (木) 11:42:44
      • あたしの定位置そこなの!?(ロボはほしいかもだけど自分で動かすのは苦手なのでおろおろ)
        『…』(いままで生きてきて遭遇したことがないタイプなので、船堀のような顔にっていく…)
        -- 2016-07-28 (木) 12:03:40
      • なんか孔明みたいな…(てんかさんぶんのけい)
        (ゲートはそこを抜けるときに衝撃だとか、光に包まれるであるとかはないようで、潜ろうとすればするりとぬけられるだろう)
        ん?シィホくんもこちらにいらっしゃったナリか!(妹ともどもそちらに気がつくと、手をふってみたり) -- 2016-07-28 (木) 12:07:58
      • 陽子さん以外に誰が操縦するのですか……世界の運命は今、貴女の双肩にかかっている……!
        ふふ、セイかわ……セイちゃん……いつでも可愛が……じゃなくて養ってあげますからね……(と言いつつ向かった先で)
        紗牙さん! お久しぶりです。ええと、妹さんでしたね(二人に手を振ってからぺこりとお辞儀) -- シィホ 2016-07-28 (木) 16:28:29
      • こういうのってもっとこう…ヒロイン的な人がいるほうがロボのやる気もアップするんじゃないの?(しぃほさんを引きずり込む構え…道連れだ!!)
        (大魔王が『余の理解を超えている』と言ったときの気持ちってたぶんこういうのなんだろうな…のちにイザヨイはそう語っている)
        そう、ワガハイの妹の紗羅と…こんにちわ!では今度こそ貴女がアニサマの婚約…紗羅!(口をふさぐ)
        ははは…いやそのこれは…(いちおう党首であるので、さっさと嫁を見つけろというのは実家の最大の関心事であるということは実家が金持ちであるシィホくんにはよく解るかもしれない)
        こちらは暖かいナリからして、シィホくんでも過ごしやすいかと思うナリな!(酒場の町よりも南に位置するため、夏ともなればもっと気温が高まる…正直暑すぎるほどに)
        -- 2016-07-28 (木) 17:00:42
      • 陽子さんがヒロインと言う可能性も十分に存在すると思いますが!? (避ける構え)
        紗羅さんですね、よろしくお願いしま……婚約!? (赤くなって)
        め、滅相も無い……わたしなんて……ええ、理解しては居ますけれどちょっと恥ずかしかったですね……
        釣りですか、釣果はどうです? 確かに……ここは暖かくていいですね……紗牙さんの故郷でしたっけ -- シィホ 2016-07-28 (木) 22:10:26
      • あたしなんかたぶん初期に出てきたっけ?くらいのモブで十分だよ…(どうぞどうぞと押し付け合い)
        先ほどもセンパイやイザヨイ殿に同じことを…(女性と一緒にいるとこを見るたび同じことを聞く悪癖がある妹に困り顔)
        アニサマは現在の地流の宗家…はやく子を成して頂かなければこまるのですナリ!(長老連中のお小言がうつったかのような物言いの妹)
        紗羅!(顔を合わせるたびそれでは困る!と強めに叱り…)そう、この出日諸島はワガハイらの故郷…1000年の昔、イザヨイ殿らもここで生を受けたとか(自分の先祖と、イザヨイとでは血縁があるのだとかいつまんで説明)
        おっと…立ち話もナンナリしお茶でもいかがナリか?(名物のバナナ茶にバナナケーキ…と、バナナづくしなのはバナナ農園があるからだという)
        -- 2016-07-28 (木) 22:22:58
      • そうなんだ……眼鏡だから博士! 新装備の開発はまだですか!? とか言われたりはしないんですね……!
        紗羅さんのお気持ちもわかりますから……まぁ、穏便に……
        も、もしかしてみなさん遠い血縁だったりするんです……!? てっきり仲良しグループなのかと……
        ええ、お邪魔します……(バナナ茶って初めてだな……! って顔) -- シィホ 2016-07-28 (木) 22:26:41
      • 眼鏡キャラならみんな頭いいなんてこたーないわよ!(赤点ギリギリの身としてはそれはムジュンしているよ!と言わざるを得ない)
        『あなたはもう少し努力しようという気はないのですか』(自分も眼鏡キャラであるので眼鏡のツラ汚しよ…という目で陽子を見つめ)
        だいたいアニサマは自覚が足りないのです!地流の宗家ということはすなわち出日コンツェルンの総帥でもあるというのに実務をほとんど長老のかたがたに…(くどくどと言うものの穏便にと言われればむくれる妹)
        (怒られてデカいガタイとしょんぼりさせる情けない兄)
        たぶん、こいつらと血縁あったらもーちょっとなんかこう…スーパーパワーとか使えると思う…(びっくりするくらいただの人間はそう言う)
        『認めたくはありませんが、サガの先祖は僕の双子の兄であるので…』(一方、血縁があるので渋い顔をするイザヨイ)
        (神社の係留地ちかくにある趣のある海上の木造ロッジにシィホくんを招待すれば、直立二足歩行、ほぼネコソノモノな猫獣人メイドさん方がお茶の用意…金持ちというのは本当らしい)
        バナナ茶は美容にもよい(要出展)であるとかダイエットにも有用である(要出展)であるとか…女性向けに売り出しているものナリ(と、ここぞとばかりに売りを語るが…)
        はっはっは!バナナが大量に採れるナリからして自然とこういったものが…(バナナケーキにバナナチップス、バナナクッキーといったバナナ茶のお茶請けもバナナ尽くしである)
        -- 2016-07-28 (木) 22:44:34
      • 眼鏡=インテリの概念を破りニュージェネレーションな眼鏡をくりえいとする……さす陽……さす陽……
        紗牙さんも色々大変なんだな、ということはわかりました。もちろん紗羅さんの苦労もわかりますよ?(と、フォローしつつ)
        何だかこの神社の相関図が色々わからなくなってきました……! でも仲が良いのがいいことかと……
        バナナは即効性のエネルギー食でバランスも良く、3つの成分が時間差で作用してエネルギー補充に効果があるのです……
        わたしはダイエットの必要はないですけれど美容に良いのでしたらちょっと一応わたしもこんな見た目ですが女性ですし気になりますね
        バナナ農園……まさにこの気候を活かした産業と言えるでしょう。業績は順調なのでしょうか -- シィホ 2016-07-28 (木) 22:50:52
      • それちょっと無理なくない!?(フイのさす陽がクリーンヒットしてあたふた)
        『正直、僕も困惑してはいます…』(サガと知り合ったのはつい最近、1000年前にケンカ別れしてそれっきりの兄の子孫との接し方はよくわからなかったが…仲が良いふうに見えているのだろうか?と)
        なにをおっしゃいます!貴女は十分かわいらしいではありませんか!(予想外のさす陽の次は予想外の方向からかわホが飛んできた)
        その通り!女性の美しさもまた一つではないナリ!(かわホの援護射撃を飛ばし…)
        もちろんのこと!業界のトップシェア維持はバナナひとすじ1000年以上の老舗としてのメンツもかかっているナリからして!(『バナナなら陽昇甘蕉農園、おかげさまで1000年。』なんて広告を見たことがあるかもしれない)

        『その他のことに節操なく手を出していますがね』(バナナがメインなのはその通りだが、鉄道等の節操のない業種があれやこれやと増えていき…いまの出日コンツェルンになった。ということを皮肉り…)
        なんだかお金持ちワールドだわ…(そう、しぃほさんもお金持ちで…ひとりだけ一般人という疎外感を感じつつバナナケーキを手づかみで行く) -- 2016-07-28 (木) 23:08:22
      • セイちゃんも知らなかったということは偶然知り合ったのですか……おぉ、これが運命というか絆というやつなのでは……?
        何故急にこちらに攻撃を仕掛けたのです!? ぐふっ(胸を抑えて)
        お世辞でもわたしのことはかっこいいとおっしゃってください……かわいいでは決して無いので……
        資金源がバナナというだけで多角的に経営してそれらを成功させているのはそれこそ経営者としての手腕かと
        普通は一つ業種を失敗すれば会社が傾くレベルですからね……ご立派だと思いますよ
        ふふ……陽子さんは経営者としての素質があると思うのですけれどね……(斬新な物の見方をしてくれるという意味で) -- シィホ 2016-07-28 (木) 23:17:20
      • 『名前!』(きっ!とそちらを見て…)『失礼』(コホンと軽く咳払いをしてごまかす…運命とか絆だとか言われるのが恥ずかしいのを込みである
        かわいらしいと言われるのはお嫌いナリか…?(一方の妹、かわいいポイントが足りてない男の子じみた子であるので首を傾げ)
        乙女心…まこと複雑な…(妹と一緒になって首を傾げ)お褒めに預かり光栄ナリが…まだまだワガハイだけでは回らぬ面もあり…
        (さっき紗羅が言っていたことにかかるのだが、総帥としてはまだまだひよっこであり実権は長老たちにある…といった状況は内部に要らぬいさかいを生んでいるらしく渋い顔である)

        『…しっかりしてくださいシィホさん、陽子ですよ?』(それを聞けば信じられぬものを見た顔になる)
        当たってるだけに腹立つんですけど!!(確かに自分でも向いてないと思うけどお前が言うなや!と食いかけのバナナケーキのカスが口から飛び出しつつ…)
        いや…サプライズ人事というのもカンフル剤として有効と聞くナリ!(さすホにもっていく…シィホ君のアドリブ力に目を見張った)
        お前も乗るんじゃないよっ!(赤いのの頭をハリセンでドツき…)
        貴女!アニサマの頭になんてことをするナリ!(初期ファミコンばりに記憶が飛びやすいんだぞ!!と妹がぎゃあぎゃあ)
        『……この状況でも対応できている貴女も、十分経営者向きだと思いますよ…』(自分はめまいがする…と惨状から目をそらし、しぃほさんに一言) -- 2016-07-28 (木) 23:29:48
      • めまぐるしく繰り広げられるコントじみた会話に翻弄されているのですが……!
        これは律儀に順を置いてツッコミせざるを得ないかなって思い……
        セイかわ! セイかわ! 成り行きは何にせよ血縁の方同士巡り会えたのは喜ばしいことかと
        (紗羅さんの方に向いて)どう見てもわたし、可愛くないですし、それ以前にかっこいい系じゃないですか……自分で言ってて死にたくなりますけれど
        ワンマン経営は長続きしないのでそれでいいかと、定例会議なども必要ですし
        組織は個からなるが個だけでは組織は成り立ちません。そのことだけ覚えて慢心せずに努力すればいいかと
        陽子さんはちょっと自己評価が低い感がありますからね……何事もやってみなければわかりませんし
        支店の雇われ店長くらいのポストはあっても良いかもしれませんよ……!
        紗牙さんそんなに容量少ないんです……!? 昨日の晩ごはん何食べたか覚えてます……?
        ふぅ、ツッコミ疲れました。セイちゃん、肩揉んでください…… -- シィホ 2016-07-29 (金) 15:34:47
      • 『呪いじみていると思いますがね、僕は』(陽子を見ていればわかるように距離感が近ければ近いほど辛辣な物言いになるのであるので、悪からず思っているのでしょうという反応を返す)
        …力を得たいという気持ちならばよく解るナリな!(自分も兄のように力強くなりたいという気持ちがないでもない妹はそういうものだと理解した)そういうときは牛乳を…(背を伸ばすのにはこれがいいのです!という身長140センチ)
        おお…!(なんだか表情や雰囲気が変わったかのように見えるシィホくんにリーダーの素質を見てさすホが二重の極みになる)
        ちょっと待ってよ!あたしお店でバイトやってるくらいがちょうどいいポジションだよ!?(まがりなりにもリーダーとか責任者とか泣いて嫌がるタイプであるのでおろおろ)
        えっ!我が家の夕飯はほぼバナナカレーで固定ナリが!(実家に帰ってきてからというもの三食バナナとカレーが固定になっているというバナナづくし環境)
        ほら!ご指名だよ!!(なんか疲れたしぃほさんに南国風のうちわで風を仰ぐ召使になりながら)
        『なぜ僕が…?』(これは僕のイメージじゃあない…こういうのはポルナレフの役回りのはず…というブ男の気持ちになりつつとりあえず肩を揉むことに -- 2016-07-29 (金) 16:49:58
      • ふふ、わかりますよ紗羅さん……身長、欲しいですね……(遠い目をしながら)
        さすシィはもう良いので! かこシィをお願いします……!
        (肩を揉まれて)あぁぅ……(気持ちよさそうにして)
        ふふふ……こうしてみれば陽子さんとセイちゃんを従えている気分になってきますね……(何だかごめんねと謝りつつ)
        急におじゃまして申し訳ありませんでした紗牙さん。後は家族で水入らずで……
        (あっどうやって帰ろうかなって顔) -- シィホ 2016-07-29 (金) 17:02:04
      • (欲し)いい…(並んで遠い目)
        ならば一つ!\かこシィ/(かこシィポイントがアップした)
        『従うだけの価値のある方になら、従うのも善哉…』(ちらりと陽子を見たのはディスったからである)

        どーせあたしゃあんたに釣り合ってませんよーだ(曲りなりにもイザヨイと契約した以上はイザヨイを従えている立場である、渋い顔)
        『急ぐのであれば、僕が送り届けますが』(神もどしは距離と時間に制約されないワープである)
        ナンであれば一泊というのも…(せっかく来たのだからゆっくりしていってくださいという構えである) -- 2016-07-29 (金) 18:22:07
      • ふふん(かっこいいと言われて得意げ)
        大丈夫ですよ……いざとなれば陽子さんもセイちゃんも養ってあげますから……
        だから仲良くしてくださいね……? (おろおろ)
        そうですね、せっかくのご厚意ですし今日は泊まって行きましょうか
        (お言葉に甘えつつ一日そこで過ごすのでした……) -- シィホ 2016-07-29 (金) 21:05:16
  • -- 2016-07-25 (月) 16:19:07
  • -- 2016-07-25 (月) 16:18:59
  • -- 2016-07-25 (月) 16:18:44
  • -- 2016-07-25 (月) 16:18:35
    • 久し振りに…飛ばすか(思いついたように、唐突に) -- 2016-07-26 (火) 21:27:25
      • 飛ばすって?(四季くんとサガくんはいまだにボロボロ…まあ死んではないみたいだけれどと看病がひと段落してそっちを見る)
        『旅行ですか?』(一方、詳細を知っているイザヨイはといえば、二人が壊した神社の修理を完了してひと段落中) -- 2016-07-26 (火) 21:31:33
      • ふっふ…まあ二人なら大丈夫だよ、男の子は、多少やんちゃなくらいが丁度いいって物さ
        そう言えば陽子はまだ知らなかったね、此処が1000年前…なんて呼ばれていたか…
        そう、ボクの…天の社…!そう呼ばれていたのだーっ!(ばーんっと片手を振ってポーズをとる狐)
        と言う事で、二人の慰安旅行とかも兼ねてさ。夏だし?ちょっと旅行でもいくか?と思ってさ -- 2016-07-26 (火) 23:11:23
      • たしかに殺して死ぬようなタイプには見えないけど…(どっちも、と寝てるのを見ながら)
        てんのもり…?(そういえばイザヨイは『天流』なんて名乗ったくらいだから天に関係があるってことなのかな?なんて首を傾げ)

        『きっと驚きますよ』(と、そう呼ばれる由来になった事を知っている側からはそんな事を言う)
        『僕は構いません』(本来の神社の主がそう言うなら、自分には異論はないと)

        やったーっ!旅行旅行ーっ!!……だれもいないとことかないかな…(夏にカップルを見るとなんだかこう心がザラザラしてくるよね!と黒陽子になる) -- 2016-07-26 (火) 23:20:49
      • 天の…やしろだ!ボクの神社は、天に在りて…神の居よ…!(はっはっはと笑って見せれば、久々に飛ばすか!なんて意気込み)
        陽子、誰か連れて行く子は居ないのかい?ボクは何時でも良いぞー?(くくくと、意味深に笑ってみせる) -- 2016-07-27 (水) 00:04:25
      • 飛ばすって…神社を!?(何言ってんの?!とあたふた…センセのパワーでタオパイパイ式飛行でもすんのかとひやひや…イザヨイの言うとおり確かに驚いてる)
        はっはっは!センセ!いまが夏だってことを忘れてるわよ!(こんな時期にヒマなヤツなんているわけがない、そういう事にしておかないと心が壊れるほどにほらあいつには友達がいない…というヤツであった)
        まあうn…夏真っ最中でも暇人ならひとりだけ心当たりがあるんだけども…(なんて、そんなことを言いつつちょっと誘ってみるかな…なんてそわそわ)
        -- 2016-07-27 (水) 00:11:13
      • ふふふっ、なら…声でもかけて見ると良いんじゃないか?陽子の準備が出来たら、「出航」させよう -- 2016-07-27 (水) 00:14:17
      • いこう…(紐でぐるぐる巻きになりつつ出港しようという) -- 2016-07-27 (水) 07:52:56
      • おや、いいのかい?…じゃあ、起動させるよ!和室で座れば、胡坐を組み、禅をする様に目を閉じれば)
        (ふわっと全身が金色に輝き…背には金の後輪を出現させる)
        (それと同時に、ごごごと地面が、周りの鎮守の森ごと浮かび上がる様にして地響きが起こったかと思えば…地中から現れるのはとてつもなく巨大な舟であり)
        (狐の持つ神気を神社の地下、心臓部の神気エンジンにまで通せば…1000年前の遺物と言うのに相応しい、巨大なスケール感を持つ船は、神社ごと宙に浮かび…)
        ふーっ、久々に飛ばすけれど…まだまだ健在みたいだね -- 2016-07-27 (水) 13:07:14
      • …なにこれ!?地震!?(柱につかまって揺れに怯える…神社の敷地が浮くのにあわせて陽子の身体もふわりと浮く…)
        ……なんか飛びそうな形してる拠点だったんだ…うち!!(アニメや漫画でよくある、『飛びそうな形してる基地』の一つだったんだとはしゃぐ…)
        で?どこ行くの!?夏休みのバカンス!(さながら夏休みにどこにも連れて行ってもらえないのでドラちゃんに泣きついた眼鏡のごとくはしゃぐ)
        -- 2016-07-27 (水) 19:34:15
      • おーおー。最近のアニメと言うのはそういうのもあるのかい?陽子は物知りなー。(けらけらと笑いつつ)
        何処にだっていけるさ。ウチはその昔、空を走る都市にだって行けたんだ。懐かしい話さ
        …ま、でもいくなら…さしずめ南の国のバナナ園があるリゾート地といった所か…今でもあるかはわからないけれど。あ、それと食料は現地調達が主になるからなー、陽子も釣の一つでも覚えなさいな?(そう言えば、大体雲の高度まで上がったと思えば、神社ごと南国へ向かい)
        (神気の結界で守られた船は、酸素が薄くなる事も、突風に晒される事もなく、悠々と目的地のリゾート地まで飛び行く) -- 2016-07-27 (水) 19:44:46
      • 天空のなんたら…本当にあるんだ…(イメージがすっかり龍の巣のなかにあるアレコレになってうきうき…いまから冒険の旅に出るのだこのフシミ神社…いや)
        アメノトリフネ…(いつかどこかの本で見た、天を駆ける船の名前をつけてロマンチックに…)
        えっ
        (なるヒマもなく『現地調達』と言われれば一気に現実に引き戻されたような感覚に…)

        おお…!これが伝説に聞いた天の社…!(その、バナナ農園出身者がむくりと体を起こし…)
        ご心配なく!われら地流は1000年…かの地を治めてきたゆえ…(現在も健在である!と始祖に報告するのである)

        『かの地…か』(イザヨイにとっても思い出深い…故郷と言ってよい地へ向かうことに思う事があるらしく遠い目をする) -- 2016-07-27 (水) 19:54:48
      • それじゃ、飛ばすぜーっ!(ハンドルを握るとハイになるあれ名感じで速度をどんどんと上げていけば)
        (行間)
        (あっという間に景色は南国に!) -- 2016-07-27 (水) 20:33:42
      • (例のテーマ)
        なんかアレだね…一気に海が綺麗になった気がする!(サンゴ礁の海ってかんじの南国の島々を上から見下ろす…カミサマ気分!)
        ようこそ出日諸島へ!歓迎するナリな(故郷に帰りつけばそんな事を言う、この辺の島は文字通り出日コンツェルンの私有地であり城下町というわけである…)
        『『係留地』は使えるようにしてあるんだな?』
        無論の事!1000年の昔にこの神社が降り立った地はいまもそのままナリ…(神社用の係留地はいまだに確保されているらしい、着水するならそこだとナビ) -- 2016-07-27 (水) 20:52:52
      • おーおー。懐かしいわなー。青い海、青い空…そして(紗牙を見れば)
        暑苦しいがまだ青二才の弟子、なんてな、はっはっは
        陽子は旅行とか始めてかい?ここら一帯はプライベートビーチで使えるとかだったと思ったけど…8月一杯、ゆっくりしようぜ(がらーっと神社のふすまを全部開ければ、綺麗なオーシャンビューで) -- 2016-07-27 (水) 21:02:55
      • (とりあえずよくわからないけど、気絶というか殆ど寝てる) -- 四季 2016-07-27 (水) 21:13:04
      • ぐぬぬ…(四季くんとの手合わせのことを言っているのかと渋い顔、たしかに勝つことはできなかった…)
        (だが、始祖が自分と『哮鬼権現』を重ねて見ていることには思い至らず…)

        まあね!(旅行と言うにはあんまりにもあんまりだったおじさんと世界中回ってた生活をノーカンにすれば旅行は初めて…心躍る)
        『とりあえず、当面の食料の調達…を?』(釣竿を片手に釣りでもしようか、そう思っていたところ係留地近くに子供がいるのを見つけ…)
        紗羅!紗羅ナリなっ!(子供の姿を見れば、知り合いらしく駆けだしていく赤いの)
        ……アニサマ!アニサマだーっ!!(降臨した神社を見上げていた子供は、紗牙に抱き着いて喜びを表す…どうやら兄弟らしい) -- 2016-07-27 (水) 21:13:04
      • 四季は何時までねてるんだろうねぇ…お、そう言えば…紗牙は此処の現頭首だったか。大統領、ねぇ…
        ははは、セイー、釣は大丈夫なのかい?(昔の男を思い出したりしないか?なんてからかい)
        陽子は少しのんびりするといいさ。海でも見て、ゆっくりなー -- 2016-07-27 (水) 21:25:57
      • ははは…(紗羅を肩車したまま、照れて頭をかく…この青年がこの島国一帯の大統領でもあるとは思えないかもしれない)
        …あっ!あなたがもしかして始祖さまナリか?(始祖のことを見ればするりと肩車から降りて頭を下げ…)出日紗羅と申しますナリな!(どうぞよろしくと頭を下げ…)
        似てるんだか似てねえんだか…(パッと見兄弟に見えないが、並ぶとやっぱ似てるような気がする兄弟を見て…)
        じゃあせんせもいっしょにだらだらしよーっ(縁側で海を見てのんびり…その横ではイザヨイが入れ食いといった感じでヒョイヒョイ魚を釣り上げていく…)
        -- 2016-07-27 (水) 21:36:07
  • -- 2016-07-23 (土) 07:20:49
    • うわあああ!!アクション罠だああああ!!! -- 2016-07-24 (日) 17:41:49
      • おい、デュエルしろよ -- 2016-07-24 (日) 17:44:01
      • 社長はほんとに仕事させたら全部終わるわ… -- 2016-07-24 (日) 17:45:58
      • ソードフィッシュやばすぎるわ… -- 2016-07-24 (日) 17:52:22
  • -- 2016-07-23 (土) 07:20:34
  • -- 2016-07-23 (土) 07:20:24

    • -- 2016-07-23 (土) 07:21:04
      • ! -- 2016-07-23 (土) 07:21:13
      • ! -- 2016-07-23 (土) 07:21:13
      • 卑劣な攻撃をするのね・・・ -- カレリア 2016-07-24 (日) 18:13:31
      • ウン代目ウンたらのひれつなうんたら……あ!かれりあさん!!いいところに!(スキップして卑雷神斬りのポーズする) -- 2016-07-24 (日) 19:30:41
      • 良い所にいるわよ〜ぐわー!(やられたフリをする、ノリはいいぞ) -- カレリア 2016-07-24 (日) 19:34:36
      • …卑雷神斬り!(おいうちをすることで卑劣感をアップさせる)
        って違う!そうじゃなくってー…ねえかれりあさん!時代はロボだよ!!(いまだにロボが欲しい熱が覚めやらない陽子は、ゴーレムもロボも同じよ!!といった理屈でカレリアさんに相談を持ち掛ける)
        -- 2016-07-24 (日) 19:41:00
      • ぐえー!(追い打ちにもしっかり反応し)えぇロボね(すっと立ち直る同好会員)・・・ロボと言ったら機械墓場だけれど・・・あそこに取りに行くのは危ない物ね・・・
        それで・・ロボっぽいゴーレムが欲しいって相談かしら? -- カレリア 2016-07-24 (日) 19:46:08
      • じつはもうそこに行ってきてね…(黒くてデカいヤツに襲われた!と話す、人型で自分の意志があって…しゃべるヤツだったと)
        だから勝手に動いたり喋ったりするやつは怖いかなー…なんて(だったらゴーレムなんてもってのほかなんじゃないかという事を言い出すものの…)あ、でも百の手くんはやさしいからな…(例外もいるのでなやむ)
        -- 2016-07-24 (日) 19:56:58
      • あら危ない事して(めっ!として)そうね・・・ゴーレムには意思があるわ・・・そもそもゴーレムの起源は神が人間を作った儀式の模倣だから・・いうなれば魔導人造人間ね・・・自我があって当然よ・・・
        特に私のはそれを売りにしている所があるから・・・逆に、リュカ製のはそういう自我みたいのは持たせない様にしているみたいね・・・四季のは特別みたいだけれど(どうする?と) -- カレリア 2016-07-24 (日) 20:06:30
      • どーみてもニンゲンにゃ見えなかったけどね…(手足があって顔もある、『ヒトガタ』ではあったけど尻尾も羽も牙も…それを鎧のような鋼鉄で全身を覆う…ニンゲンではないと陽子は思った)
        どーするって言われても…(それを言われてしまうと悩む、本来意志があって当然なモノから意志を奪うっていいのか?などともおもうし、でもひゃくのてくんにはある程度意志みたいなものもあったし…それにこのほうきもカンタンなゴーレムではあるのかも?と以前かれりあさんが細工したほうきを見たり)

        『悩むくらいならおやめなさい』(意志があるにせよ無いにせよ、それを扱うモノに迷いがあればそれは危険極まりない暴走の危険を孕む…そういうものだと言いつつ姿を現し)
        『それに、陽子…僕もそれで痛い目を見ました』(また失敗話を話し出すパターンだ)
        -- 2016-07-24 (日) 20:13:56
      • 変に思い悩まないの、どういう物が欲しいのかという事だけよ・・・意思があるのはヤダっていうならリュカに頼めばいいのを作ってくれるかもしれないし
        意思があってもいい、その子と仲良くなってロボの相棒が欲しいっていうのなら私が作ってあげる
        (箒を示し)勿論その子にだって意思はあるわよ・・・ちゃんと可愛がってあげれば、それだけこの子も元気になるわ
        ほぉらいつまでも悩んでるからお母さんが出てきたわよ(なんてくすくす笑って)・・・なにが怖い?相手が勝手に動く事?・・何を考えているか分からない事?それとも他の何か? -- カレリア 2016-07-24 (日) 20:29:59
      • ……あたし、この子がいい(普段は動かないけど、ずっと使ってるならこの箒にも愛着が出て来るもので…それにサボるという目的はこの子が果たしてくれてる分で十分ともいえる)
        『…』(ないものねだりをする、自分の失敗を繰り返すような事にはならなくてほっとしたような顔…このお母さんにも陽子のように分不相応な何かを求めていたことがあるという事が伺えるのかもしれない) -- 2016-07-24 (日) 20:34:02
      • ・・・(取りあえず箒を嫌っていない様で良かったとほっとする)ちゃんと絆を結べているようね・・・
        ちなみにその子、お掃除しか教えてないけど、コアを移せばお掃除以外も覚える事は出来るわよ(何が言いたいかわかる?と)
        ・・・なによ安心しきった顔して・・何か思い出しちゃう?(とイザヨイをつんつん) -- カレリア 2016-07-24 (日) 20:51:27
      • えへへ…(褒められればいざってときの木刀がわりにもなる!みたいなそんな…さっきのポーズにもなくてはならない)
        んー…じゃあこう、もしでっかいヒトガタがあればロボになったりするってこと?(おおまかにいってああいうことかという理解)

        『また…』(させないぞ。という目で陽子を見る、まあ…くだんの黒いゴーレムでそういう事には懲りているだろうからそれ以上は言わない)
        『僕にもそういう時期があったというだけのことです』(ロボットが欲しかった…しかしそれはかなわなかった…ロボットの側から拒否されたのだと語る)

        へー?(そんな失敗してたんだ?とイザヨイを見てニヤニヤした) -- 2016-07-24 (日) 20:59:53
      • あー・・・そうだわメダルがコアになるのかしらね?(こくこく)・・・ただいきなり体が変わる子の気持ちにもなって、ちょっとずつ慣らしてあげる事も大事だからね?(まぁまぁとイザヨイを宥めて)
        ふぅん・・・フラれちゃったのね・・(ほろりと) -- カレリア 2016-07-24 (日) 21:10:30
      • 俺はコーエーテクモだ!!って人をむりやりSEGAにしちゃうみたいなモンだからね…(そりゃあ困るだろうと思い…ほうき君はほうき君として扱おうと決める)
        『それだけならまだしも、僕の代わりに選ばれたのはあのバカと思えば余計に…』(なんだかだんだん腹が立ってきたぞ。と髪の毛が逆立つような雰囲気)
        『ゴルド、シアン、ヴァイス、グレン、そしてゼロス…みな今頃何をしているのやら』

        ぜろす…?(はて?どっかで聞いたような…と首を傾げ…)あの黒いのじゃねーか!!(まさかの、またイザヨイの知り合いだったパターンであることを知って吹く) -- 2016-07-24 (日) 21:15:47
      • そうね・・それがいいのかも・・・SEGAは銀行にダメよって言われちゃうもの・・・
        ふふ・・複雑な感情なのね・・・金、水色、白…色にまつわるのかしら…ふふっ世の中は狭いって事ね?
        まぁロボについてはおいおい考えていきなさいな(またねーっと手を振って帰った) -- カレリア 2016-07-24 (日) 22:01:56
      • う、うn…それじゃあまた…(手を振り見送るも…)……あのときかなーり遠くまでブッ飛ばしちゃったけどどこまで飛んでったんだろ…(どっかにおっこちて暴れ出したりしたら…知り合いだったと解ればなんだか不安になってきたらしくおろおろ) -- 2016-07-24 (日) 22:07:25
  • セイちゃーん、がんばれ、がんばれ(くひひひと笑いながら屋根の上から高みの見物でごろ寝してた狐) -- 2016-07-22 (金) 23:49:25
    • せんせーっ!!大変!大変よ!!(あたしもやるハメになった!?とおしゃれをしなきゃならんことになって慌てる)
      『僕はやりましたからね…』(逃がすものかと陽子を道連れのかまえ) -- 2016-07-22 (金) 23:56:16
      • ふふ、陽子は何を着ても似合うと思うよ?まあまあ、修行馬鹿は紗牙だけで十分…普通の女の子らしくしてみるのも良いんじゃない? -- 2016-07-23 (土) 08:01:52
      • そ、そうかな…(赤いジャケットを取り出して)
        『ソレはやめておきなさい。』(ぴしゃり)
        『さしあたって、暖色、強調したい部分を見せるというやつで…僕の真逆だから…明るい色のフリルつきワンピースが最適解と分析しました』(傾向と対策は完全だ!といった顔)

        それを着るのがあたしってことを除けばね!!(血反吐吹く) -- 2016-07-23 (土) 08:14:20
      • ボクもイメージ更新したぞー! -- 2016-07-24 (日) 17:25:13
      • センセが夏着に!!『ぬう…!』(オシャレ度数高い…!と戦慄) -- 2016-07-24 (日) 17:29:21
      • ま、何時もの格好だけどね。ふふふ、所で…紗牙は居るかい? -- 2016-07-24 (日) 17:57:58
      • サガくん?どこだったっけ…
        『まあ、死んでいなければ飯どきには帰ってくるでしょう』(ひややか)
        おお…ワガハイのことを呼んだナリか!(山の中から戻ってくる影の薄い赤いの、ちょうどメシ時) -- 2016-07-24 (日) 18:02:24
      • 山篭りなんて今時はやらないよ紗牙。そんなことよりだな…お前ボクの弟には興味ないか? -- 2016-07-24 (日) 18:17:19
      • 流行り廃りといったものでは…(ないのでは?とひょっとしたら自分より感性が若いようである始祖を見て)
        始祖の弟…例の四季くんナリか?(興味と言われても…と頬を染め)

        ホモよ!!
        『そういう意味ではないことくらい解るでしょう』(と、ひややかなツッコミ) -- 2016-07-24 (日) 19:23:55
      • おや、もう知ってるのかい?…ふふ、いやね。この前弟と手合わせしたら、見事に負けちゃってさ?(そう言って着物をはだけて見せれば胴には深い斬り傷が付いており)
        半人前のお前が、と言うのはおかしな話かもしれないけれど…やりたくないか?(にっと笑って紗牙を焚き付ける様に) -- 2016-07-24 (日) 19:49:26
      • なんと!?(それはこの赤いのにとってショックであった)……是非に!(ぜひやりたい!と身を乗り出し…)
        ホモよ!!
        『陽子、ステイ』(いまマジメな話をしてるところだ。と陽子をはがいじめ) -- 2016-07-24 (日) 19:58:55
      • くふふっ…四季は強いぞ、気合を入れてかからんと手痛い目に合うぞ?
        陽子は同性愛に興味を持つ年頃なのかい?(うむうむと頷く) -- 2016-07-24 (日) 21:04:29
      • もとよりそのつもりナリ!(やってやれないことはない!とやる気をたぎらせる)
        ホ…え?いや…なんとなくそう叫ばなきゃいけない気がして…
        『何を言っているんだか…』(呆れた。と陽子を見た) -- 2016-07-24 (日) 21:07:45
  • 陽子さん、つかぬことをお聞きしますがイザヨイさんに制服をお貸ししたことは……?
    あ、あとイザヨイさんのフルネームってもしや東国っぽい感じです……? -- シィホ 2016-07-22 (金) 21:02:39
    • だってアレ以外に服ないっていうしさ…(いまはセンセの和服を何着か貰ったっていうけど…と渋い顔)
      …あたしも詳しいこた知らないけども、センセはイザヨイのこと…『セイ』って呼んでた…(そういえばイザヨイの昔の名前なんて知らない…と首をかしげる)
      って…なんでしぃほさんそんなことを?(アイツの名前になんて興味あるの?なんて)
      -- 2016-07-22 (金) 21:45:50
      • ふふ、親しくなれば下の名前で呼びたくなってくるじゃないですか……!
        その点陽子さんは最初から陽子さんであって、距離感を詰めやすくてさすがと言わざるを得ないですね(さす陽ノルマ達成)
        この間街でお見かけしまして、何かすごく悩んでいたご様子(本人の意思を尊重して内容までは告げず)
        セイさん、今はお元気になられたのでしょうか? -- シィホ 2016-07-22 (金) 21:48:37
      • アレに親しみを覚えるってたぶん菩薩かなんかじゃないかな…(さすしぃカウンター)
        それ喜んでいいのかしらね!?(複雑!!とさす陽を喰らって)
        あー…あれっしょ?センセに怒られて月イチでオシャレしなきゃならなくなったやつ!(筒抜けプラスデリカシーゼロのコンボ!)
        まー通常運行かな…?(なにかにつけくよくよするけどその分回復も早い?みたいなんて)

        『ずいぶん好き勝手言ってくれますね』(と、姿を現したイザヨイことセイはまたいつも通りの恰好に戻っていた) -- 2016-07-22 (金) 21:54:08
      • (なぜこんな殴り合いが始まったのだろう、不毛だ……とよろめきつつ)
        陽子さんとの会話はまるで実家のような安心感で……あ、わたしはあんまり実家は好きではないのですけれど
        (言っちゃったよコレ!って思いつつ)そ、そうです。そのことでもしかして悩んでるのでは……
        ……と思ったけれど大丈夫そうですね。こんにちは、えっと……セイちゃん(かわいらしい感じに試しに呼んでみて) -- シィホ 2016-07-22 (金) 22:00:56
      • なんだこれ…なんだこれ…!(ぐらり)
        実家のような何かだからね、ここ…(自分にとっても実家というわけではない…ここはそういう不思議な空間なんだと神社を見上げ)

        『要は、傾向と対策をして月一回ノルマをこなせば…』(あとはイレギュラーがなければ…というヤツになる)
        『……!?』(ずさっ!と後ずさり)『……なぜ?その名を?』(誰に聞いた?と言いたげにそっちをバイザー越しの視線で見る)
          -- 2016-07-22 (金) 22:21:30
      • おちつく神社……! 他国の宗教に関しては詳しくありませんがそんな雰囲気がここにはあるなって
        (これはもしや久しぶりに他者に対して優位に立てるのでは……!?)
        ふふ、セイちゃん……セイちゃん……(ゆらゆら歩いて距離を詰めていく) -- シィホ 2016-07-22 (金) 22:26:32
      • おちつくのを通り越してだらけきった感じにもなるよ…(ぐでーんとながいきつねのごとき伸び)
        『…うぅ…およしなさい…僕はイザヨイ…!イザヨイです!』(狼狽して後ずさり…)
        セイ!セイ!(尻馬にのっかってそんなことを言う)
        『陽子…!』(おそらくセイの名を教えたのも陽子、ジト目である) -- 2016-07-22 (金) 22:39:56
      • (陽子さんに目くばせして手を繋いで二人で追い詰める)セイちゃん! セイちゃ……セイ!
        セイヤ!セイヤ!(ぐるぐる回る) -- シィホ 2016-07-22 (金) 22:44:06
      • せーい!せーい!(調子に乗ってあれこれ)
        『いい加減になさい!!…怒りますよ?』(と、声を荒げてから冷静をよそおいつつ) -- 2016-07-22 (金) 22:59:41
      • (三人でスクラムを組んでるように抱き合って)良かった……いつものセイちゃんですね……
        ファッションは難しいものですけれど、きっとセイちゃんなら乗りこなしてくれると、そう思っていますよ……(何だろうこの光景……) -- シィホ 2016-07-22 (金) 23:03:16
      • だってさ!がんばろーぜセイちゃん!
        『それはあなたもやるんですよ、陽子…』(いつのまにかスクラム組まされていて納得いかない…という顔である) -- 2016-07-22 (金) 23:42:54
      • 可愛いからついセイちゃんって言ってしまいましたが陽子さんにはさん付けですしやっぱりセイさんとお呼びしますね……
        陽子さんもやるのですよ……頑張るのですよ……(ふよーっと飛んで帰っていきました) -- シィホ 2016-07-22 (金) 23:46:27
      • はーっはっはっは!……えーっ!?(イザヨイ相手にかったつもりでいたのに自分にも襲い掛かるファッションの波…)
        『なるべく、その名で呼ぶのは避けていただきたいのですが…』(カミサマとしてのメンツの問題が…と渋い顔をしつつ見送り) -- 2016-07-22 (金) 23:59:30
  • 黄昏歴時点でのまとめ作ったから教えとくね -- ベヘモト 2016-07-22 (金) 08:54:36
    • アタイのいないあいだにそんなことになってたメポーっ!(ふむふむ) -- ゲま 2016-07-22 (金) 16:10:25
  • ああー…いいなあ此処は、青い空に広い雲、文化的な香りは置いといて山の香りもしっかりする
    (階段に座り魔法瓶とカップを手にコーヒーを啜っている、陽子の教育に訪れがてらの休憩時間だ)
    そういやあお前さん小さい頃にここに預けられたんだよな?一緒に住んでる人とかいるのかい?
    //(文通スイッチを押しておく) -- ももんじ屋の店主 2016-07-22 (金) 00:23:15
    • そういうもんかねー(ナウい若者の感性だとバスもねえ!電車もねえ!みたいな山奥って感じ方をするんだってさーと他人事のように)
      いる…っていうか、いまもそのへんにいるんだけども…(よーく目を凝らせば魔物の感とかでカミサマ気取りの例のあの人が見える…かもしれない)
      -- 2016-07-22 (金) 07:46:51
      • 『無双の腕輪』っていうの貰ってきたけどコレどんくらいのお値段になるかな… -- 2016-07-22 (金) 20:18:28
      • そういうもんだ、特に遺跡前の霧が晴れない場所で店番してると夏の香りが心地好くて仕方ねえ
        (陽子にそう言われれば何となしにそんな気もするが中々見えないので陽子周りの匂いを嗅ぐ)
        んーっとちょっと待て…(腕輪を見せられれば鑑定を始める)能力は身体能力と熟練度上昇ってとこか
        こういうのは皆欲しがる分似た装備は多いんだが需要は常に上回ってるからそこそこいい値段になるぜ、買い取るかい? -- ももんじ屋の店主 2016-07-22 (金) 21:16:28
      • な、なに…?おっちゃんも臭いとか言うクチ?(匂いに敏感な人に匂いをかがれるとびびる、肉くせえ!!とか言われるのだろうか…)
        マジか!そんなに…?(売る売るめっちゃ売る!と乗り気、目が金貨になっちゃう系)

        (匂いを嗅がれれば、神社のどこかにいる様子ではあるが姿は見えない…) -- 2016-07-22 (金) 21:42:59
      • (売ると言われれば忘れないようにメモっておく)今日は手持ちが無いんでまた遺跡でな、一応試しに着けとけ売るよか役立つかもだ
        (嘴で地面をなぞりながら匂いをかぎ続ければ納得の顔)確かに誰か居るな…前に妙な気配したのはそういう事か
        あとお前さんちゃんと風呂入ってんだろ?前にも言ったが目で分からないなら鼻で嗅ぐって奴だ
        魔物の鼻ってのは魔力やら神気やらの香りってのもある程度は分かるもんだからな -- ももんじ屋の店主 2016-07-22 (金) 22:21:07
      • あたしが付けても役にたつってこたないと思うよ…(木の棒を持ってどうこうなんてレベルの自分が持っててもダメだろ…というあきらめの目、それよりもお金だお金!という思考)
        『妙。と言われるとあまりいい気分はしませんが…それはお互いさまでしょうね』(なにしろ自分は姿を隠しているのだ、と店主の目の前に現れ…陽子がお世話になっていますと頭を下げ)
        じゃあやっぱ臭ってる!?あたし臭い?!(肉大好き女子としてはやっぱりそういうのが気になり…かといって肉をやめるという選択肢は絶対にないのであたふた) -- 2016-07-22 (金) 22:34:18
      • そりゃあなあ、俺は魔物でお前さんは…なんだろう、うちの遺跡であんま見ないタイプのキラキラした…
        (こちらこそと頭を下げる)自己紹介をする必要もねえだろうがももんじ屋ってな店をやってるももんじゃだ
        あーん?いやあ臭ってるたぁ思わんが、っていうか風呂入ってねえのか?
        (基本的に劣悪な匂いの魔物も多い土地なので他者の臭いはそこまで気にしないおひさまの香りがどことなく香る魔物) -- ももんじ屋の店主 2016-07-22 (金) 23:03:21
      • キラキラ…ねえ?(キラキラってそれいい意味なのかな?と魔物のおっちゃんの表現に首を傾げ)中)
        『僕は天狐のイザヨイ、よろしく…』(そのキラキラ加減を振りまきつつ、そんな事を言い挨拶とする)

        は、入ってるよ!めっちゃひのきの香りだよ!(ちゃんと入ってるアピール)
        -- 2016-07-22 (金) 23:54:42
      • そりゃあなんだ、こう…善玉と悪玉で言ったら善玉の方みてえな?
        (上手く説明しようとして出来ず手をワキワキさせて悩む)あれだよ拝むとご利益あるタイプ
        そんなら気にするこたぁねえよ陽子、喰ったもんの匂いってのは俺ぐらいの歳になると出てくるもんだ
        うし、そんじゃいい時間休憩したし今日は薬草の種類行ってみっか(そうして暫し教えていったという) -- ももんじ屋の店主 2016-07-23 (土) 00:01:11
      • 『…ご利益に関しては、本人の努力であると言わざるを得ません…』(願えばかなうといったたぐいの力は……ほぼないと言う)
        そこはウソでも叶うって言えよ!っていつも思うよあたしゃ…(正直すぎんのも考えモンだとイザヨイをジト目)
        それ加齢臭ってことじゃないですかーっ!!(やだーーーーっ!!という悲鳴が神社にこだまし…匂い取りの薬草のことをめっちゃ覚えた) -- 2016-07-23 (土) 00:14:26
  • もうちょっと、もうちょっと頑張れば出来そうなのにねえ… -- クレア 2016-07-21 (木) 22:30:49
    • デキるって何が?(デキる高校生スタイルはとうにあきらめた降参こと高校三年生) -- 2016-07-21 (木) 22:42:51
      • とある体験版遊んでるんだけどぐるぐる眼鏡がないからいまいち陽子ちゃんに似ない
        光沢感あふれるセーラーにできるのに…おのる! -- 冒険者/5656 2016-07-21 (木) 22:54:13
      • 大いなる意志的なもの働いたな…(メガネは再現不能、よくできている…と目を細めた) -- 2016-07-21 (木) 22:57:41
      • イライラするからこの陽子ちゃんにエナメルセーラー着せる (ぐいぐい) -- 冒険者/5656 2016-07-21 (木) 22:58:45
      • きねーよっ!!(ぐいぐい) -- 2016-07-21 (木) 23:11:25
      • いつかはい用意したー!って着せてみせるからねー! (遁走) -- クレア 2016-07-21 (木) 23:19:55
      • まずい…はやいとこラバー以外の服を見つけないと… -- 2016-07-21 (木) 23:38:45
  • なあセイ。ボクは思うんだけどさ?(弟に斬りつけられた傷の療養の為ごろごろしながら、ふと) -- 2016-07-21 (木) 13:58:17
    • 『はい?』(クサイハナをいあいぎりしつつ、そちらに振り向く) -- 2016-07-21 (木) 14:23:30
      • お前、着物きればいいんじゃない?ほら。ボクの着物だけど…結構あるよ?(基本派手好きで) -- 2016-07-21 (木) 14:33:38
      • 『お気持ちは嬉しいのですが…』(胸のサイズが…などと思うが、和服なら大丈夫だろうか) -- 2016-07-21 (木) 14:36:51
      • (むっとする顔)セイーっ!ボクだって無い訳じゃないっ!!(胸を張る。まあ、無い訳では無いが、普通という感じ)
        大体、着物はそういうのに強くできてんのよ。だから大丈夫だろ -- 2016-07-21 (木) 14:41:14
      • 『そういうことでしたら…』(お願いしますと頭を下げる、陽子に説教をするにも自分がノーオシャレでは説得力がないと) -- 2016-07-21 (木) 15:54:52
      • じゃあ、黒地に金の刺繍で月が刺繍してあるのと…朱色に白での刺繍の奴とー。この若草色のと、あとこっちの白と金のと…こっちの青いのもあげる。つーかあんたセイ。カミサマやるのは良いけど、ちゃんと服装くらいには気をつけなさいよ?金はあるだろー。(ごろごろ) -- 2016-07-21 (木) 16:21:04
      • 『その中ですと、青ですね』(好みの色は青である)
        『お金の問題では…』(失恋してからというもの、しゃれっけかわいげは以前よりなくなっていた)
        -- 2016-07-21 (木) 16:57:14
      • 全部やる。気分によって着替えるといいよ?全く…大体何年引きずってるのさ?もう、居ない男の事なんて忘れるのが一番だよ。過去より明日を見ろってよく言うじゃん?
        それが毎日楽しく生きる秘訣さ。よしセイ、お前は一人前になったとおもったけど、ボクから新しい課題をだそう!
        毎月一着は新しい服を自分で選んで買うこと!一年間やってみな -- 2016-07-21 (木) 18:27:21
      • 『解ってはいても、どうしても…ね』(それが簡単にできないのが初恋の呪いというやつで…遠い目)
        『なんと!?』(それはイザヨイに対しては一番難しい課題、毎月最低一着は服を選んで着飾れ…絶望的な表情)
        -- 2016-07-21 (木) 19:49:22
      • 大体セイ、アンタが無頓着なのは陽子の教育に悪いんじゃないの?別に陽子は、着飾ったりしなくても可愛い可愛い陽子だけれどさ。それと周りの目は違うという話だし…何より陽子にはもっと女の子らしく育って欲しいと思うだろー?
        いやま、教育に失敗したかなーなんて、ボクも思うからさ。あんまつよくいえんのだけども…(息子や孫を見れば、修行馬鹿ばかりだ。夫も含めてウチの男共は等と溜息をつき)
        もっとさ!修行とか!強さとかー!そんな事より、普通の女の子っぽい人生を歩ませてやりたいだろっ?なっ? -- 2016-07-21 (木) 20:00:10
      • 『わ…わかりました…わかりましたから…』(教育に失敗したグループに入れられるのだけは避けたい…その点サガも期待はできない…)
        『僕でできることであるなら…相談するアテもありますし…』(死んだ目でアテの人物に向かうのである…)

        …なんかわからないけど勝った気分!(いい気味!とイザヨイを見る) -- 2016-07-21 (木) 20:24:47
  • ポケモンGOがリリースされたら フシミ神社の家の周りには クサイハナが大量に出現するでしょう
    ぐえーっ!! -- 2016-07-21 (木) 10:50:52
    • 国内版でも私有地にポケモン撒くのだろうか…トラブルの種としか思えんのだが -- ワクラバ 2016-07-21 (木) 10:53:12
      • いまのうちにゴールドスプレーまいとかないと…(よりつかなくなるやつ)
        あっ!参拝ですか?それともおみくじ?(参拝客のひとに食いつく)
        -- 2016-07-21 (木) 10:56:28
      • いやメタい話題に飛びついただけの通りすがりだ。邪魔をしたな(植物を生い茂らせる魔剣で境内にクサイハナを生やして帰る) -- ワクラバ 2016-07-21 (木) 11:00:05
      • (臭くてしぬ) -- 2016-07-21 (木) 11:11:21
  • 陽子さん……もしかしてオシャレに悩んでいるのですか……?
    (イザヨイさんのスーツおしゃれだなーって思いつつ) -- シィホ 2016-07-20 (水) 21:07:14
    • 何を悩んでいるかと言えば…オシャレをする必要に迫られつつおることに悩んでいるかなっ……うわぁぁぁぁあぁ!!(しぃほさんがまた一段とかわいくなってる!?とまぶしさで溶けるイメージ)
      『さすがにずっとこれを着ているわけではありませんよ?』(陽子じゃあるまいし。と暗に言う) -- 2016-07-20 (水) 21:09:39
      • 何故……!? これを機にどんどん色んな服を着てみてもいいのでは……! (でも陽子さんジャージとか似合いそうだなって)
        (赤くなって)か、かわ……かっこいいと言ってください!! (かっこいいポーズで)
        イザヨイさんの……私服……!? どんなのを着ているのでしょうか……(めっちゃ気になるって顔) -- シィホ 2016-07-20 (水) 21:14:14
      • …とりあえず赤ジャケットに白衣は試してみたいんだけどね…(メガネなら一度はあこがれるファッション、しぃほさんなら笑わないだろうからそういった願望を話す)
        『ええと…なんと申しますか…陽子の制服です』(1000年この恰好だっただけあって、二人そろってノーオシャレだった) -- 2016-07-20 (水) 21:19:52
      • (ミラクルかっこいいぜ……と推しつつ)とりあえずは己の完成の赴くままに色々着て見ると良いですよ
        それでおしゃれの楽しさに目覚めて貰えばいいかなーって……
        イザヨイさんの制服(ごくり)……(これ以上は何も言えなかった)
        う、うん……とりあえずお二人は明日から持っている服とは別の服を着なければいけないとなったら何を着ますか……? -- シィホ 2016-07-20 (水) 21:28:56
      • でもとりあえず靴下だけははいておこうと思うよ…(同じ靴下はいてない眼鏡でも最近だとこうなってしまう…)
        じつはもう…(目に痛い真っ赤なジャケットだけ買ってたりする、ジャケットだけ)

        『…昔は上着にネクタイ半ズボン、といった格好を…』
        (おおむね http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp029882.png こんな感じと幼少のころの姿を象ったフィギュアを取り出し…)

        やっぱりこう…制服でもないのにスカートってなんか落ち着かないからジーパンでも…(ミラクルカッコいい私服計画)
        『とりあえず極端に露出が低いでなければなんでも構いません』(陽子のノーオシャレっぷりはおそらくイザヨイからだということが察せるかもしれない) -- 2016-07-20 (水) 21:40:28
      • (赤い眼鏡はオシャレなのでは……と思いつつノーソックスは確かにいけませんね……と思うのであった)
        ハイセンス……!! まぁわたしも赤いセーターに赤いネックウォーマーなので色自体に意見はありませんけれど……
        アドバイスとして大事なのは配色とだけ言っておきます……そのジャケットを生かすには……? (と前振りしておいたところでどんどんミラクルかっこいい人の方面に進んでいるのを心配する)
        ふむふむ、なかなかボーイッシュで可愛いですけれど……たまには女の子らしい格好をしてみてもいいのでは……?
        保護者の問題がまたここでも……!? ミニスカートにしろとは言いませんがフレアスカートとかはこれからの季節でも行けると思いますよ? -- シィホ 2016-07-20 (水) 21:45:28
      • ふ、ふれあすかーと…?(フレアって炎のことで、炎みたいなギラッとしたスカートのこと…?などと言葉だけで想像できることから無い知恵を絞って想像中)
        『ひざ丈ほどの長さのスカートのことですよ』(無論着た事はないが知識としてなら知っている)
        『……たしかに、ミニスカートはもう二度と…』(ミニスカートをはいたことがあるらしく言葉を濁した、この前の初恋関連のことだろう);
        ……オェェェェェッ!!(陽子は想像して吐いた、だってこの前の裏声使うようなぶりっこキャラのミニスカートならたしかにどこにだっている)
        (問題は目の前のイザヨイがそれをやった前科があるということで…親の情事を目撃してしまったかのような気持ち悪さが陽子を襲ったのだ!)
        -- &new{2016-07-20 (水) 21:57:21
      • 何か物凄い悲しみがお二人を襲っている気がするんですけど!?
        落ち着いてください……イザヨイさんは可愛いですからミニスカートでもきっとお似合いでしょうし
        (背中をさすりさすり、さす陽)陽子さんだって制服だと履いてましたもんね
        だからそこまで嫌悪しなくてもいいのでは……!? (ちょっと勘違いしている) -- シィホ 2016-07-20 (水) 22:02:42
      • 『思えばあの時、あの恰好で裏声のぶりっこをやった時の教諭の反応は『その瞬間吹くのをぐっと堪えた俺を褒めたい』でしたから…』
        (なんということだろうか!陽子のネガ思考もイザヨイからのものだったのかもしれない 1000年前の失恋のことをフラッシュバックして小刻みに痙攣しはじめた 黒歴史に触れてしまったのだ…)

        はっ!?いまさす陽ポイントがたまった気配が…(一方こちらは意識を取り戻すも…)
        やべーぞ!イザヨイが新兵がよくかかる病気モードに!!(イザヨイのメンタルは自分以上にめんどくさいことを知っていたのでしぃほさんも一緒に背中撫でてあげて!!と促す、とりあえず殺し合い始めるほど憎み合ってはいないと安心できるかもしれない)

        これぞ美しい親子愛というやつナリな!(いい話になった!ような雰囲気を出す影の薄い赤いの) -- 2016-07-20 (水) 22:12:19
      • イザヨイさんー!? お、落ち着いて……落ち着いて……(抱きしめて背中ぽんぽんして)
        何があったのかまでは存じ上げませんが、わたしはイザヨイさんの事好きですし応援していますから……
        気を取り直してくださいね……あと紗牙さんが来ると上手くまとまった気がして安心しますね……!
        あ、あの……場を引っ掻き回しちゃってお邪魔しちゃってすみませんでした(ぺこりとお辞儀して帰っていく) -- シィホ 2016-07-20 (水) 22:19:25
      • そうだよ!1000年前に終わった痛い初恋の話とかどーでもいいから!!(ワードが飛び出すたび喀血するイザヨイを見てザマミロな気分になりつつ、看病だけはしておく…)
        『どうも、お見苦しいところを…』(このときイザヨイはしぃほさん宅の食客になることを真剣に検討していた)
        終わり良ければ総て良し…そういうものナリな!(事態を把握していない赤いのは能天気に笑いつつ見送ったのだ) -- 2016-07-20 (水) 22:26:43
  • 塩焼きおいしいです…(カサゴの塩焼きをオヤツに喰らう) -- 2016-07-20 (水) 19:18:11
  • 団子屋のきなこモチがご家庭で!(きなこモチをおいしくいただく) -- 2016-07-19 (火) 20:51:51
    • (横取りきなこ餅をする)さっき言い損ねたので言いに来てあげたわよーもっちもっち -- リルノラ 2016-07-19 (火) 22:22:56
      • おのーれ!!(ついた、こねた、食ったのはリルノラ!陽子は突然キレた)
        おいしそうにもっちもっちして…(残りをとられないようにしつつ自分ももっちもっち…)…えっ?なんかあった…?(言い損ねた?と首を傾げ)
        -- 2016-07-19 (火) 22:28:42
      • (もっちもっち飲み込む)アンタみたいな非リア充にはかんけーないかもだケドー?カレシー連れて?花火祭り?的な?イベント?に行けばいいんじゃなーい? -- リルノラ 2016-07-19 (火) 22:41:28
      • ウォェェェェェェ…!(夏祭り!彼氏連れ!ひと夏の思い出!パワーワードのジェットストリームアタックを受けて陽子のストマックは大破!デビルリバース!蒙古覇極道!!パート2!)
        あ、あ…あーたまさか…!(連れのアテがある…と…?と異次元の戦闘力をカミングアウトしたフリーザ様を見るかのような眼でリルノラを見る)
        -- 2016-07-19 (火) 22:52:03
      • ままま、まあ…アタシぐらいのリア充道を極めし者になると男の…64人から128人ぐらいはを後ろに控えさせて…祭りを練り歩くぐらいは……できる…ハズよ……?(ヨーコに放ったハズのブーメランは自分にも突き刺さり貫通してそのまま再び帰ってきたブーメランにトドメを刺される)
        悪かったわね!!えーえ!どうせアタシはボッチ&ボッチよ!ハッチボッチステーションよ?!何か文句ある?!いねーよ、カレシー↑みたいなヤツ!(辞世の句?を神社の中心で叫ぶ褐色娘) -- リルノラ 2016-07-19 (火) 23:00:27
      • りるのら…(怖がらなくて、いいんだ…と同じ苦しみを味わったものにしか出せない雰囲気を出してGN空間を展開するような笑顔)
        あたしー↑もカレシー↑いないけど…ナシナシー↑どうしー↑でならこわくないー↑みたいなー?↓(地獄で会おうぜ!という雰囲気を出す、道連れは多いほうが心強い)
        -- 2016-07-19 (火) 23:03:34
      • アンタがそういう言葉遣いだとJK感マシマシね…(恐るべし現役…)
        ま、認めたくないケド↑アンタと同じ穴のムジナみたいだしぃー↑一緒にぃ↑行ってあげてもぉ↓いいケドー?↑↑↑(地獄片道キップ!そんなものを手渡した気分でその日はトボトボ帰るのだった…) -- リルノラ 2016-07-19 (火) 23:16:23
      • とりまー↑ぐらまー↑えらすとまー↑(JKっぽい三弾活用をしてみるが意味はよく分かってない)
        あたしたちは死なねー!死なねーんだわーっ!!(バーコフ分隊のごとく自分に言い聞かせるようにしてリルノラとふたり生き残るつもりでいつつ、とぼとぼするリルノラを心配げに見た)
        -- 2016-07-19 (火) 23:42:13
  • -- 2016-07-19 (火) 08:06:48
  • -- 2016-07-19 (火) 08:06:40
  • -- 2016-07-19 (火) 08:06:30
    • -- 2016-07-19 (火) 08:06:58
      • とはいったい… -- 2016-07-19 (火) 08:07:12
  • よーっす今をときめくJK姉ちゃん、そろそろお仕事決まったか?
    イザヨイさんに隠れて探してると絶対ケンカになっから注意しろよー? -- 四季 2016-07-18 (月) 22:22:24
    • びえねったのとこのほかには、ももんじ屋さんで雇ってもらえるようになったよ!(裏を返せば町中駈けずりまわって二件のみという驚異的な数値、いかに役に立たたずかがお分かりいただけるだろう)
      むしろ驚いてたよ…(陽子を雇おうだなんて神か仏か菩薩のような人なのだろうという反応を育ての親にされては立つ瀬がなかった)
      -- 2016-07-18 (月) 22:26:25
      • ももんじ…まぁ、とにかく仕事が見つかったみたいで何より
        コレで大学に向けての充実したライフの足がかりは出来たってわけだな!
        (おめでとう、といいながら軽く拍手を送り、驚いていたと聞けば)……っ!(目を逸らしてしまう) -- 四季 2016-07-18 (月) 22:28:43
      • がふっ!!(大学、充実、その2HITコンボは陽子に精神的喀血を起こすのに十分だった)
        あたしはもうダメだ…(考えただけでつらい…こんなに苦しいのなら…リア充などいらぬ!!と脳内を邪魔するぜラオウ!!と飛んできた聖帝が飛び回る悪夢を見る)
        -- 2016-07-18 (月) 22:32:53
      • ああ!陽子さんしっかりしろ、傷は浅いぞ…チクショウ、誰がこんな事を
        何処から狙撃しやがった!?
        (悪夢にうなされる相手を見て、忙しい人だなーと思いながら、とりあえず心配しつつ)
        …お、おおい、ほんとに大丈夫かよー? -- 四季 2016-07-18 (月) 22:37:14
      • おめーだよ!(目の前真正面からネオアームストロングネオサイクロンなんちゃら砲級のダメージをぶちかましてきた四季くんにツッコみをいれつつ)
        うー…!うー…!!(キラキラに満たされた未来をひた進むリア充たちに満たされた空間で失敗した森ガールみたいな恰好しつつ人目を避けるように便所か屋上でロンリー飯…ゆでたまごが妙にしょっぱいのは塩かけたからだけじゃないというその塩味まで想像できてしまいアリババくんみたいになる)
        -- 2016-07-18 (月) 22:42:04
      • オレだと…オレが、陽子さんを…そ、そんな…!(オレはそんなつもりじゃ…と、空ろな瞳でおろおろしつつ)
        落ち着け、落ち着くんだ陽子さん大丈夫…充実してる連中の半分以上は充実していると思い込みたい系なだけの連中だからな、よしよし……って言うか、何かすっげーダメージ受けてるな!? -- 四季 2016-07-18 (月) 22:46:07
      • いいんだ…四季くんはこれから1000年リア充になればいい…なれなかったあたしのかわりに…(眼帯を用意して兄ールごっこするあたり余裕が出てきてる)
        むしろきみはなんでそんな手放しで未来に希望を持てるの!キボウノヒカリなの!みんな!!!するホープなの!(そして逆ギレ)
        -- 2016-07-18 (月) 22:58:36
      • わかっている陽子さん…オレは…オレ自身をリア充にさせる……
        (何か重たい過去を持っているような感じで決意を決めたふりをしつつ)
        いやだって、むしろ良いじゃん!バイト先で友達が出来て一緒に休日遊びに行って、この夏の新作の服とか見てきゃ〜っ♡ってやるような努力を出来る立場になったんだぜ陽子さんは!? -- 四季 2016-07-18 (月) 23:04:17
      • (フワァ…とGN成仏したふうな照明をずっと浴びてると汗がすごい…ので中止!)
        ゲボォ!(さっきくったウサギ汁をデビルリバース!覇極道!!しばらくおまちくださいイチゴ味という映像がしばし挟まり…)
        そんな新作の服だなんて…こちとら青き衣を纏って金色のニノお前消えるのか…くらいしか知らないよ!?古代人だよ!?(意訳:何着ても見劣りするなかそんな服着てって死にに行くようなモンなんじゃねえの!?というやつ)
        ましてや来年からあたしを6年間も守ってくれた制服バリアーも使えなくなる…(ハード通り越したインフェルノモードが始まるんだよ!!と制服依存症であることを語る)
        -- 2016-07-18 (月) 23:33:23
      • (陽子さんが赤い色した粒子に汚されかけてる…!)
        (オレは、あっちを、向いておるよ)
        ばっきゃろー!そしたら大学デビューじゃねぇか、素直にシャレオツな格好して町を練り歩けばいいんだよー! -- 四季 2016-07-18 (月) 23:37:08
      • やめてくれないか!人間の内容物は無尽蔵じゃないんだよ!(さっきからストマックを抉るワードばかり飛び出す四季くんの口をきゅっとつまむ、これ以上吐いたら胃液すらなくなるわい!)
        だいたいあたしまだ高校三年生だよ…?大学にイケるなんてまだ決まってもないんだよ…?(そう、万が一そんなリア充ライフをしたいと望んだとして…陽子の学力ではリア充できそうなレベルの大学など夢のまた夢なのだ)
        -- 2016-07-18 (月) 23:44:38
      • むぐー!むぐぐぐー!!(なにをするはなせー!!とバタつく)
        恥を知りなさい!今が一番大事な時期だというのに大学に入れるかって言う心配をしなくてはいけないなどと!
        ビエ姉の所で学力を向上して帰って来るのですね!!
        (四季は突然キレた!!) -- 四季 2016-07-18 (月) 23:46:59
      • 判事を回ったわ…!(判事を見かけたときはそういうのが流儀ィーッ!!)
        しかしまあね、学力じたいは図書館にいってちっとは上がったっちゃ上がったんだよね…(もちろん超天才グリムロックのごとくいきなりコンピューティコンみたいなもんこさえるほどの劇的な変化ではないが…本人は満足している)
        -- 2016-07-18 (月) 23:57:22
      • ふぅん、、、あがったなら良いじゃんっその調子で頑張れば陽子さんなら大学くらい楽勝でねーかなぁ…
        …まぁあれだぜ、大学!仕事くだらないぜあたしは冒険者になるー!っていうならオレも力を貸すから、その時は相談してくれよな、って事でじゃあなーっ!
        (ぽんぽん、と肩をたたいて慰めてから手を振って帰る) -- 四季 2016-07-18 (月) 23:59:18
      • あたしが一番に嫌いなことばは努力で!その次はガンバルなんだぜーっ!?(何かやりたい事があるときになんかヤれちゃうアレは断じて努力なんかじゃないし頑張ってるわけでもない、そんな考えの陽子であった…) -- 2016-07-19 (火) 00:15:37
  • 陽子さん、ちょっと自分が想像でき売る最大の可愛いポーズを取ってもらっていいですか? -- シィホ 2016-07-18 (月) 21:35:40
    • えっ…じゃあさしあたって五個くらい…(ムダにキレのいい動きで例のポーズを取り始める) -- 2016-07-18 (月) 21:43:39
      • (シシレンジャーのポーズかっこいいなって思いつつ椅子に腰かける)はぁー……
        陽子さんはさぁ……かっこいいと可愛いポーズのつかない人、です? -- シィホ 2016-07-18 (月) 21:48:23
      • キリンレンジャーのポーズで足がもつれないのがちょっとした自慢のひとです…(アレすごいむずかしいんだよ…?と申し訳しつつ正座)
        お、おしえてください!かわいいポーズを!!(あたしにはまったく思いつかねえ!と師に教えを乞うような雰囲気)
        -- 2016-07-18 (月) 21:52:09
      • はっ……そう言えばわたしもそこまで可愛さに詳しくない……!! かっこいいなら得意ですけれど
        しかし、可愛さのプロならしっていますよ、今度教わりに行くといいでしょう
        陽子さんは磨けば光る逸材……そんな気がしたのです! ねぇ、イザヨイさん! -- シィホ 2016-07-18 (月) 21:56:18
      • ね?やっぱそうだよね!!(部屋には少年誌のたぐいはあってもレディコミも少女漫画も一切ない…)
        なんだってそれはほんとうかい!(お手本のようななそ本をキメる、はたしてどうなる…)

        『それを僕の口から言えと仰るのですか…』(なんて残酷な人だ…!としぃほさんを戦慄したような眼で見る)
        あたしさ、あんたと一緒に暮らしてて一番よかったって思うのはよそさまに何言われてもイザヨイほどボロクソに言われてないなって思えることだと思う(素でお互いにそう思ってる、らしい) -- 2016-07-18 (月) 22:02:48
      • イザヨイさんどんだけ厳しいんですかー!? 陽子さんだって良いところは沢山あるんですよ!
        風の噂で聞きました。友人の為に料理の研究をしたりしてるって……友達想いな所もある良い人なんですよ!
        (イザヨイさんの陽子さんに対する態度がこれで和らいでくれれば……と思い説得中)
        あ、あと素顔も可愛いですし、陽子さん。でもわたしは眼鏡つけてた方が好きなので悩むんですよね…… -- シィホ 2016-07-18 (月) 22:08:23
      • まあその当の友人が引くわーって目で見て来るのがちょっとツラいけどね…
        (カレーの見た目といい味といいお前それ控えめに行ってう●…みたいな反応であるのは無理からぬことだと思う…と弱気に)

        『まあ、有難迷惑だけであればまだマシですが…よからぬ事も考えているようですし』(そう、偏食のカーネルが無理なく食えるカレーとなればそのレシピはきっとデカいシノギとなる…題して『さわやか!春風のエルフカレー』なんて名前で売り出そうなどと言うのだろうとイヤに具体的にディスる)
        ……!!(そこで違うと言い出せず、むしろなんでわかったの…?と言いたげにイザヨイを見る陽子はヘル兄顔負けのゲスさを内面に持っている…『ブスは中身もブス』を地で行くタイプであることをイザヨイに見抜かれていた)
        えっ…えっ!?あたししぃほさんの前で眼鏡外したことあったっけ…?(思わずきさま見ているなッ!!のポーズをとるが、イザヨイの追及の目を逃れるための助け舟と眼鏡の話題に食いつく…さすしぃポイントが上がりました) -- 2016-07-18 (月) 22:18:16
      • (もうお分かりなようなので名前を出しつつ)カーネルさんはここの食文化にはまだ慣れていませんからね……
        でもその努力は買いたいと思っていますし、何かあればわたしも協力しましょう
        よからぬ事……? (などと言っている間に話題が変わり、さすしぃポイントは0で良いので!)
        外さなくてもチラ見えするのでわかるのですよ……じゃあとりあえず試しに外してみます? (にじりにじり) -- シィホ 2016-07-18 (月) 22:24:32
      • ではさっそく質問!エルフといえば!(自分では思いつくにも限界があるだろうと思いエルフのイメージを聞く、連想ゲーム)
        えっと…その、なんというか…見ても引いたりしない?(メガネの奥底は視力の悪さも相まって、なんか人殺してそうな目つきのしかめっつらなのだと本人は語る)
        -- 2016-07-18 (月) 22:31:27
      • 枝を折ったら骨を折る! それくらい森に関して慈愛と侵入者に対して厳しいと言うイメージですね
        そんなまさか、陽子さんが可愛いのは知っていますから。さす陽させてくださいね……(このままいけばちょっとだけ眼鏡が外されちゃうでしょう) -- シィホ 2016-07-18 (月) 22:35:37
      • ……つまりコレは正解だった…!?(ウサギの骨を叩き折って作ったウサギ汁!をしぃほさんにもふるまいながら…骨を折るという発想、肉でなく海鮮スープならイケんのか?!という明後日の方向)
        (少しだけ眼鏡が外されてくが視聴者からはちょうど真後ろであるので見えない…べつにフェイスフラッシュも何もしないがそれはしぃほさんの反応だけでどんなもんか察してくださいというヤツだ)
        -- 2016-07-18 (月) 22:38:34
      • う、ウサギ汁!? そ、その……わたしはおにくは苦手なので……ちょっと……(せっかくなのですが遠慮しておきますと言って)
        (まじましと陽子さんの顔を見つめて)……確かに表情は怖いですけど……可愛いです(頬を撫でて)
        イザヨイさん! なぜ陽子さんをもっと女性らしく磨き上げないのですか……! (珍しく保護者にお説教) -- シィホ 2016-07-18 (月) 22:45:30
      • そうか…!肉を目の前にしても即食いつくようでは女子力が…!(さすしぃプラス10ポイントくらい追加、肉?毒がないなら食べますよ!というタイプの陽子にはそう見えた)
        …そう…(そこで心にもないカワイイーと女子特有のアレをされたら何が可笑しい!!と宇水さんになる自分を抑えきれなかっただろうからそこは感謝である)

        『一言でいうなら、本人がそれを望んでいないからでしょうか』(なにかにつけイジイジと…構ってほしいだけだと一刀のもとに切り捨てる)
        うるせーっ!じゃあおめーはカワイイってなんだか解ってるのかよ!(かわいげのなさなら自分とどっこいであるイザヨイにキレる)
        えっとぉ、イザヨイはぁ…タカマガハラからやってきたカミサマでぇ〜〜……どうしました陽子、まだジャブですよ』(無表情かつ抑揚がない声と、媚びた笑顔と裏声とを多重人格のように使い分けて見せた) -- 2016-07-18 (月) 22:55:17
      • 陽子さんは自虐的なところを除いてもっと自信を持てばきっと……(と思ったけれど自分にもブーメランだったので黙った)
        イザヨイさんかわいい……(イザヨイさん可愛い)やっぱりうちで養いたいですイザヨイさん
        二人とも見た目は(も)可愛いのですから……可愛さ激戦区で戦っていくには磨き上げが必要ですよ……! -- シィホ 2016-07-18 (月) 23:00:25
      • しかし…!(それを抜いたらソレははたしてあたしと言えるのか!?陽子は訝しんだ)
        『とまあ、そういったちっぽけな自分を脱却したいと思わせるだけの出会いがまだ陽子にはないということです』(ようは恋をしたことがないのだと言う)
        なんだよ!じゃあ自分にはあるって……(そこまで言って陽子は気が付いた、さっきのぶりっこ演技はまさか…)
        『ええ、そのまさかです』(さっきの裏声は『恋』の相手に振り向いてほしくて覚えたのだと言う)
        『結論から申し上げれば、全てムダだったというわけですが』(手は尽くしたが、そういう対象として見られなかった→ゆえに自分に魅力はない→QED というわけだとシィホさんに語る)

        恋、怖ぇぇぇぇぇ…!(それを引きずって1000年そんなんなってんの?引くわーと自分を棚に上げて見る)…でもなんかアレよりはマシだって思うとやる気出てきたよ!
        『…養っていただく件、前向きに検討したいのですが…』(自分が痛い話をしたら調子こいた陽子にメンチを切ってしぃほさん宅に再就職をマジメに検討する) -- 2016-07-18 (月) 23:28:22
      • イザヨイさんの恋バナ……!? すごく興味があるのですけれど……(でも何か可哀想な気がして引き下がる)
        やっぱり止めておきましょうか……お二人の名コンビっぷりを引き裂くのは気が引けます……
        まぁでももし何かあればうちでかくまってあげますからね……イザヨイさんとはもっとお話ししたいですし……
        あ、陽子さんの味方でもありますから……あの、中立国と言う立場でその……(気まずそうに言って去っていく、イザヨイさん元気出してねと伝えて) -- シィホ 2016-07-18 (月) 23:33:21
      • あたしも聞きたーい(こっちは真逆、弱みを握ってイジる材料にしたいという内面からにじみ出るゲスさが笑顔にも見える)
        『神としての僕はここを離れることはできません、が…』(そんな陽子をスルーしつつ、しぃほさんの背中を見てつぶやく…)  -- 2016-07-18 (月) 23:41:04
  • でっっっかいぃぃぃいいいいいのよぉぉおおおお!!!!なにあれ!!!(ガンガンギギンギンガマンを指差しながら) -- リルノラ 2016-07-18 (月) 20:56:03
    • わからんのか!ポスターだよ!!(かけじくひっかけるスペースを占領するポスターを指さし) -- 2016-07-18 (月) 20:58:58
      • わからないわよ!アンタの田舎じゃ掛け軸引っ掛けるトコはガンガンギギンギンガマンのポスター貼るっていうの?!ばっかじゃないの?! -- リルノラ 2016-07-18 (月) 21:03:05
      • でもこれすっげー落ち着くんだよ!3000年くらいは伝統あるんだよ!(伝統いいよね…する) -- 2016-07-18 (月) 21:06:28
      • よくない!!!!!111こんなもんに歴史があってたまるかーい!!(引き剥がさんとポスターに掴みかかりながら) -- リルノラ 2016-07-18 (月) 21:07:59
      • よせーっ!やめるんだ!!(うぉぉぉ!!と取っ組み合い開始) -- 2016-07-18 (月) 21:23:15
      • (そのままどったんばったん床を転がり、色んな物をなぎ倒したりしてキャッキャウフフ)
        アンタ!目を覚ますのよ!!こんなガンガンギギンギンガマンなんかに騙されやがって!!うぉぉおおおお!!!(とノリに乗ってたとこでふと停止)……このままやってたらまたよくわからない人に宙吊りにされるわよね…? -- リルノラ 2016-07-18 (月) 21:34:23
      • (ピンク玉スーパーデラックスの記録はまたもやトびましたが無害です)
        いいだろ…?だってガンガンギギンでギンガマンなんだぜ…?(謎のパワーワードである)
        ……そうかも…(障子の裏側になんかいる気配を感じて正座…)
        あ、ウサギ汁食べない?(とれたての現代的なウサギ肉で作った奴!とおすすめ)
        -- 2016-07-18 (月) 21:41:39
      • (0%0%0%)ドン!!
        (こちらも正座で待機。いつになくお行儀がいい)…う、兎汁…?そ、そうね…アフタヌーンティーにはちょうどいいわ…オホホホ…
        (チラチラと障子に気を配りながら)すばらしいガンガンギギンギンガマンですこと!オホホ!!!…………はやく!持って来なさいよウサギ汁!!何事もなかったことをアピールするのよ!! -- リルノラ 2016-07-18 (月) 22:02:15
      • しょうがないわねえ!!!!(またとりあえず春風とともに銀河にねがいしてグルメしてトレジャーハントの一連の流れ)
        ま、まかされてリルノラさん…あっつい番茶におやつのウサギ汁…最高に女子力高まってきたわよ!ええ!(ネギとにんじんと豆腐というごりふれた素材の中にビビッドな存在感を醸し出すUSAGIスープ!!…これこそ女子!女子力!!)
        ずびびびびびび(そして豪快にすするその姿は淑女以外の何物でもない!はず)
        -- 2016-07-18 (月) 22:10:40
      • (合間合間にポップスターを割って和みながら)
        おほほほ!あたくし!うさぎじるっててっきりお茶なのかと思ってましてよ!!(全身から溢れ出る女子力はお椀すらティーカップを持っているかのように錯覚させる)
        ずずず…ぶはぁへぇ!!!………(美味しそうに一啜り、しかし難しい顔でヨーコをみる、無言で見つめる) -- リルノラ 2016-07-18 (月) 22:23:33
      • ンなワケねーじゃん!ウサギ汁はバニースープ!ミソ風味だよ(念入りに砕いた骨からしみ出すお出汁は野性味さえ感じさせる…)
        ちょっ…なになになんなの!?(吹かれて濡れつつもまったくサービスシーンにならない!何か言いたげなリルノラにどうしたのと聞いてみたり)
        -- 2016-07-18 (月) 22:29:14
      • (無言で全部すすると立ち上がり)……はん!アンタに女子力で負けを認める日が来るなんてね……
        (お椀を突き出し手渡す)……覚えてなさい、次はアタシのあつあつのミソスープ、喉が焼きただれるぐらい飲ませてやるんだから……(うさぎじる美味しかったので、次はこちらがごちそうしたいです、一緒にお料理作っては食べさせ合いっこしましょうね!の意。殺気に満ちたままその場を後にするのだった) -- リルノラ 2016-07-18 (月) 22:55:17
      • 望むところよ!…むしろウェルカムよ!!(飯を食わせてくれるというのなら受けて立つ!とよだれをたらし…)
        リルノラ…恐ろしいヤツだったわ…(ゴクリ…好敵手の気配におもわず生唾をのんだ)
        -- 2016-07-18 (月) 23:21:00
  • えーと…ウサギはまず骨ごとハンマーで砕いてから食うと…(鈍い音が台所から響く) -- 2016-07-18 (月) 20:17:17
    • ひとくち大に切って、30分くらい煮てアクをとって…(鍋で煮る) -- 2016-07-18 (月) 20:18:41
      • ニンジン入れて…ミソ入れて…(しばらく煮込み)
        いい感じだわ!(きょうはウサギ汁だ!!)
        -- 2016-07-18 (月) 20:21:42
      • ネギと豆腐もいれとこう…(ミソ汁っぽくした) -- 2016-07-18 (月) 20:22:14
  • カニおいしいです…
    『炒飯いいですね…』
    いい…ナリ -- 2016-07-18 (月) 16:20:17
  • にゃーん -- ハンゾウ 2016-07-17 (日) 22:49:15
    • 『ダメですよ』
      まだなんも言ってねえ!…かわいい…(もふもふ) -- 2016-07-18 (月) 07:13:14
  • サイレントヒルGOとか、サイレンGOとか、いいですよね… -- 2016-07-17 (日) 19:06:35
  • 船DEKEEEEEE!! -- 2016-07-17 (日) 17:30:42
    • >闇に輝く超銀河

      オイオイオイ死ぬわデニス
      -- 2016-07-17 (日) 17:31:32
      • うわあああああ!!RUMだああああ!!!!!! -- 2016-07-17 (日) 17:49:58
      • ワンパン即死きたわ… -- 2016-07-17 (日) 17:52:04
      • ほんとに死んだわ!? -- 2016-07-17 (日) 17:54:40
      • うわあああああああああ!!!セレナ生きてたああああ!!!!! -- 2016-07-17 (日) 17:55:05
      • ごーかいなやつらだぞ!!! -- 2016-07-17 (日) 17:58:39
  • -- 2016-07-17 (日) 07:07:58
  • -- 2016-07-17 (日) 07:07:49
  • -- 2016-07-17 (日) 07:07:39
    • -- 2016-07-17 (日) 07:08:15
      • -- 2016-07-17 (日) 07:08:25
      • モブのみなさん、地下労働施設行き!(地獄!!地獄!!)
        ペリカを貯めに行かされたナリな!! -- 2016-07-17 (日) 07:38:21
  • うちではまだ雇う必要性がありませんが、こう言うのもあるようですよ(求人誌を渡しに来た) -- セレイン 2016-07-16 (土) 20:32:34
    • じつはもう…(図書館でカレーつくるバイトするのと、ももんじ屋さんでバイトのかけもちをしているという) -- 2016-07-16 (土) 20:41:23
      • なるほど、見つかったんですね、それならよかった、流石にうちでは雇っても専門知識なしだと辛いですからねぇ(商品案内だけで電話帳ぐらいある目録の記憶が必要になる) -- セレイン 2016-07-16 (土) 20:50:41
      • やっぱどうぐやさんだと必要になるんだね…(ももんじ屋さんから渡されたカタログを取り出してみたり) -- 2016-07-16 (土) 21:05:51
      • 商品があるのにわかりませんでは話しになりませんからねぇ……商売をするなら最低限覚えないといけないことが多すぎます -- セレイン 2016-07-16 (土) 21:43:53
      • あれPCいじって在庫管理とかそういうの!アレならできそうあたし…(文明の利器の扱いはまあ人並みには…程度) -- 2016-07-16 (土) 21:55:08
      • そう言うのは半オートでやってしまってますからねぇ、あとは商品整理ですが、これもそれほど必要ない状況ですし(一定以下になった商品が自動で発注される仕組みになっている) -- セレイン 2016-07-16 (土) 22:04:02
      • なんつーかさ…(それってバイトどころか店員も必要なくない…?ペッパーくんじゃない…?そう思わなくもない陽子である)
        まあアレよ、そんなデジタルばっかりだとアナログが恋しくなったりしない?しますよね?(おみくじひいて運試しやろうぜ!と言う)
        -- 2016-07-16 (土) 22:16:40
      • 店員の仕事はお客様の要望にあった商品の紹介がメインですから(だからこそ商品の性能把握などは必須)
        とりあえずおみくじぐらいはしてみましょうか -- セレイン 2016-07-16 (土) 22:21:47
      • 中吉、まあほどほどですね -- セレイン 2016-07-16 (土) 22:22:11
      • そーいうもんか…(結局最後んとこは人力、まあそうなるかなんて…)
        可も不可もないってことはやりがいだけはあるってことじゃないかな、たぶん…(プラマイゼロならどっちに転ぶも自由みたいな…)
        -- 2016-07-16 (土) 22:35:38
      • 必要以上に人員を割けないと言う実情もありますから、祖国は規模的には小国なので
        まあ自分次第、と言うことですね、それでは(また先祖に会えなくて残念そうな狐だった) -- セレイン 2016-07-16 (土) 22:51:07
      • センセ、ほんと気まぐれだからね…(これはたぶん入れ違いでまた会えないパターンだった…なんて思いつつ見送り…おみくじ代でほっくほく) -- 2016-07-16 (土) 22:55:42
  • またフェアリルマージが敗北者オーラを出してる…(曇る) -- 2016-07-16 (土) 10:07:16
    • そんなさらっと重い設定を!?(きんぎょ先生は禁断の恋をした結果その罰で子供の姿になる呪いをかけられたのかもしれないね!!) -- 2016-07-16 (土) 10:26:43
  • よかった……ここが危険生物に溢れてしまったらヨーコ氏にお別れを告げなくてはいけない所でした……
    (下のシィホとのやり取りを覗きながら) -- ゲルニコ 2016-07-15 (金) 21:49:16
    • ぬこが『危険』?だれかねそんな無知な事を言うのは…ぬこはこんなにもかわいいというのに…(貴重なカワイイグッズのぬこぬいぐるみを抱きしめながら) -- 2016-07-15 (金) 22:13:24
      • \うぁああああああ?!/(バシィと反射的にはたき落とそうとしながら)
        ……な、なんだぬいぐるみですか……お、脅かさないでくださいよ……?(ドキドキが落ち着いてないのかキョロキョロと辺りを見回し挙動不審) -- ゲルニコ 2016-07-15 (金) 22:16:52
      • なんなの…げるにこもぬこが怖くて怖くてたまらないクチなの…(大きな声にびびる)
        そんなことよりカレー甘いか辛いか総選挙みたいなものって需要あるかな(甘口辛口どっちが好き?と聞きながら)
        -- 2016-07-15 (金) 22:18:50
      • い、いえ……見た目は可愛いと思うんですけどもね、ダメなんですよ……まず襲ってくるものという認識がありますからね、無意識に体が反応してしまってですね……(ぶるぶる)
        ……あっ、辛口!断然辛口ですね…!辛いの好きなので……なぜ今、そんな話を?(首かしげる) -- ゲルニコ 2016-07-15 (金) 22:25:55
      • 背中からなんか生えてる人ってぬこに好かれるタチなのかな?(しぃほさんもそうだったし、げるにこもなのか…と『だいたいあのへんの生えてる人』のくくりに二人が纏められました)
        ん?お金をウン十億くらい使ってもいいからカレーを作ってみな!っていう雇い主さんがいてさ…(その雇い主さんは甘口が好きだったけど、他の味付けのを作ってみるのも悪くないかという趣味らしい)
        -- 2016-07-15 (金) 22:28:54
      • 好かれるというか狩られるというか……と、とにかく、街では猫とクソガキ、この二つは注意しとかないと歩けたもんじゃないですね…!
        (話を聞くと見る見る青ざめる顔)………よ、ヨーコ氏大丈夫ですか……変な宗教とか薦められたりしてませんか?そいつ絶対まともな思考回路してませんよ、気が狂ってますよ…!(肩掴んでゆっさゆっさ) -- ゲルニコ 2016-07-15 (金) 22:33:53
      • 言葉遣いが汚くってよげるにこさん…(やだわクソガキだなんて…と女子力を上げる構えをする姑息な陽子)
        あの割れたメガネくらい狂ってるヤツなんてそうそういないし…(あれのほうがよっぽど恐怖体験だったよ…とあの頃を思い出して鬱る…揺られる)
        びえねったって言ってね、図書館の管理人さんの代理してる子なんだ(ポンとウン十億入りの通帳を渡してくる豪気な子だよと話し)
        -- 2016-07-15 (金) 22:40:41
      • クソガキはクソガキだからしょーがないんです、故郷じゃクソジジイもよく使ってましたね……
        どんだけトラウマになってるんですか割メガネ……ははーん、ボンボンに見せかけた新手の詐欺商法の類ですね?
        気をつけてくださいヨーコ氏、その通帳のお金……使ったら難癖つけられて賠償請求されるヤツですよ、一生かけて償う羽目になるヤツですよ…!(こくこく) -- ゲルニコ 2016-07-15 (金) 22:56:55
      • クソガキとクソジジィに満ちた故郷…(世紀末ワールドの覇者、ゲルニコ!!といった具合の想像中)
        やめやめ!この話はやめ!(これは噂してると復活するというモンスター映画のアレだよ!と首を振り)
        まるでやられたことあるみたいな事を言うね!?(なそにん)でもびえねったはそういうことする子に見えないっつーか…なんつーか金にもニンゲンにもメシにもスイーツにも大して興味ない感じなのよね…(なんせカレーを今の今まで食ったことがないし、あまりモノを食うってことをしてこなかったなんていう話をし)
        -- 2016-07-15 (金) 23:04:15
      • 流石にやられた事はありませんが……でもこんなの基礎知識ですよ、知らないんですか?(※かなり偏った知識です)
        なんなんですか…何も興味無いからってカレーに10億とかかけようがないじゃないですか…まず教育から始めた方がいいんじゃないですか……
        ……勝手に他の事に使ってもバレないんじゃないです? この際、料理取材という名目で美味しいもの食べにいっちゃうってのはどうですか?(ここぞとばかりに働く悪知恵) -- ゲルニコ 2016-07-15 (金) 23:09:53
      • まっさかー!考えすぎだってー(危険地帯の冒険者の町やその他の地域をぶらり旅してきた経験から、『死ななければだいたいセーフ』みたいなマヒの仕方をしつつあった…)
        狂気の沙汰ほど面白い…!っていうやつなんじゃないかな(金持て余してるっぽかったし…カレーに66兆2000億!なんて左京さんみたいなことをしても…なんて考え)
        げるにこ!!(バシィ!!!)こういうのはね…めっちゃケチケチしてて何かっちゃあダメですしか言わないドケチのクソババァ相手にやるから意味があるんだよ!!!!(特定の一個人をディスる物言い)

        『めっちゃケチケチしてて何かっちゃあダメですしか言わないドケチのクソババァ相手にそういう事をまだやる気でいるんですね』(聞こえてるぞ、と姿を現すめっちゃケチケチしてて何かっちゃあダメですしか言わないドケチのクソババァ) -- 2016-07-15 (金) 23:19:09
      • いたぁ!?(バシィされてほっぺ抑えながら)……ぶ、ぶちましたね、ササキさんにもぶたれたことないのに!?
        あ……今日はなんだかよく見えますねクソババァさん、最近魔力が上がって来てますからね、その影響でしょうか……クソババァさんの名前ってドケチさんでしたっけ?(イザヨイの姿見ながら首かしげて)
        あ、そうそう、そのカレーですけども………完成したら私にもこっそり分けてくださいね…!(さぞ美味しいカレーが出来上がるんでしょうね…等と勝手に期待して帰って行った) -- ゲルニコ 2016-07-15 (金) 23:27:17
      • だよね…なんかこう…ブルーレイのデジタルリマスターなんちゃらもびっくりなくらい今日はくっきり見える気がする…(その後めっちゃケチケチしてて何かっちゃあダメですしか言わないドケチのクソババァさん相手にネチネチと正座で夜明けまでめちゃくちゃ説教された) -- 2016-07-15 (金) 23:32:40
  • オイ、オイお嬢ちゃん。ようやく値段表出来たから暇な時に読んだり買い取りの時に役立てな
    (そう言って差し出されたのは分厚いカタログ、値段だけでなく魔物の素材から秘宝に関してまで写真と共に簡単な説明付いているそれは図鑑としての価値もありそうだ)
    まー殆どあそこの中にある商工ギルドの本をこっちの言葉に翻訳しただけだけどな
    (神社に普通に魔物がいるという事に関しては全く気にしていない) -- ももんじ屋の店主 2016-07-14 (木) 23:22:32
    • これ自体武器になるとかそういうアイテムじゃない?これ…(両手で持ってもかなりずっしりとしていて…ヘタな辞書よりみっちりしているカタログを開いてみつつ)
      これっておっちゃんが自分で?(微に入り細に入り…見た目に反してこまやかなサービスのおっちゃんはこういうとこマメであるので夜なべしてやってくれました!的なものかと)

      『これはまた…』(珍客、陽子と世間話をする様子を観察中ではあるものの危害を加える様子はないイザヨイ)
      (不可視の術がかかっているがそれを視る術や気配を感じる術があればイザヨイの存在を察知できるかもしれない)
      -- 2016-07-14 (木) 23:33:33
      • そうだけど?まーこういう本は今後何かの役に立つかもだしな、刷っといて損は無いさ
        装備についてる魔法に関しての値段設定は追々別のとこで教えてかなきゃだけどなあ、商人ってのは覚える事が多いぜ
        (商人的センスが新たな顧客の香りを感じ取るがあくまでか弱い魔物でしかないため感じ取るだけ)
        (一方イザヨイが魔物の強さを感じ取れるならばこう感じるだろう、こいつは木の棒を持った陽子とかなりの良い勝負をする存在だ…と)
        おうそういやあ気になってたんだがな、お前さんの鑑定ってなあれなんか負担とかあるのか? -- ももんじ屋の店主 2016-07-14 (木) 23:57:00
      • すげえ…!(第ウン版…これってこまめに改訂してあるってことだ!と記録を見ていて気付く)
        『使える呪いとその強弱』…かあ(腹が減りやすいけどその分強力な装備などの一例などを視つつ)

        (おおまかに感じる気としては、先日の大魔王のように強力すぎて神社に侵入しても意に介さないケースとは対極…ほぼ無害であるので神社のような環境でも影響を受けづらい…そういった理解をする)
        負担?…ちょっと使いはじめにぴりっとか、ちくっとしたアレがあるけど…まあ眼鏡の機嫌しだいだね!(陽子自身は鑑定を眼鏡の効果によるものと思っているようだ) -- 2016-07-15 (金) 00:06:33
      • ま、ゆっくり覚えていけばいいさ…俺だって親父から教わって物にするまでに何年も掛かったしな
        (更に魔族としてはほぼ完全に普通の生物であるという点もこの神社への侵入を助けていた、あくまで魔界に住む一種族なのだ)
        んーそうか…少し違和感があるような感じだったが軽いもんなら気にするもんでもないか
        (実際の所陽子の眼鏡にそういった力が無い事は既に気付いてるが周囲の者が何も言わないのなら問題は無いのだろう、と判断した)
        んで実際のとこどうなんだい、まさか本当に女子力云々のみでバイトを? -- ももんじ屋の店主 2016-07-15 (金) 00:24:21
      • おっちゃんのお父さん…(おっちゃんに立派なヒゲが生えてるというロビン王朝的な想像をする)
        まー…アレだね、学校卒業してからのあとの事を考えての事と言うか…(どこかに働けるツテであるとか、最悪ここで働いてました!という経験というか…が欲しいという)
        -- 2016-07-15 (金) 16:05:50
      • (大体その想像通りなのに何も加えない付け足さない魔物)んーそうかそういう現実的なのもあったのか
        いや安心したぜ、最近の若いもんはなんかよく分からん理由で働いてるんじゃないかと思ってな
        出来るだけ表の世界で働けるよう頑張んな、俺も色んな事教えるからよ(そう言うと階段をジャンプしながら降りて帰っていった) -- ももんじ屋の店主 2016-07-15 (金) 22:42:34
      • 進学なんてできそーもないからさ…(成績は中の中くらい、でもこの町って頭のほうでも天才みたいなのがいっぱい…なので)
        おっちゃん…(そういえば、おっちゃんはなんだってこういうお店をやろうと思ったんだろう?と疑問に思うものの…すでにその姿は離れていった)
        -- 2016-07-15 (金) 22:50:56
  • -- 2016-07-14 (木) 19:11:01
    • レー皿を持って現れる私) -- エルオ 2016-07-14 (木) 20:24:03
      • 今日は神社でカレーの配給ですかっ? -- 冒険者/0018 2016-07-14 (木) 20:35:46
      • こんど図書館でカレー作ることになって…(ただし出て来るのは甘いやつ…しかもバナナとかパイナップルとか入ってる南国風のアレ) -- 2016-07-14 (木) 20:37:03
      • あ、甘くないカレーなんてカレーじゃないです……っ!(もきゅ)……でもおいちい、カレーと思わなければ!
        どこからからんちゃんの声が? -- エルオ 2016-07-14 (木) 20:38:42
      • 甘くないからカレーという固定観念をブチ壊す!…概念の破壊者!!(ちゅうにびょう)
        どこからだろう?(きょろきょろ)
        -- 2016-07-14 (木) 20:40:35
      • おのれフルーツカレー、この世界のカレーの概念も破壊されえてしまった!どこでしょう、気のせい、かな?
        それはそうと、どうです?成長の方は……(すっと視線を下げて -- エルオ 2016-07-14 (木) 20:43:17
      • えるおさんがおのっている…(やっぱり辛いカレーも研究しようか…そう思う陽子である)
        あたしの口からそれを言わせようというのか!!(四月の健康診断がてら身体測定もついでに…めをそらした)
        -- 2016-07-14 (木) 20:45:11
      • ここですよー、あ、よーこねーも身体測定あったですかっ?わたし気になりますっ(あまーい、おいしーいとはしゃいでいる) -- 冒険者/0018 2016-07-14 (木) 20:47:02
      • 小さくなってるんじゃねーの!!(びびる) -- 2016-07-14 (木) 20:48:12
      • あのスパイシーで辛いのがいいんです……甘いのはカレーと思わなければいけます!(もぐもぐ
        ……ですよね、やっぱり一朝一夕にはいきませんよね……あ、いた!何このちっこいらんちゃん(スプーンに載せながら) -- エルオ 2016-07-14 (木) 20:49:41
      • どうせ辛くするなら極限までいっときたいよね!!(リーウン十倍とかアレ系)
        あたし成長しなかったけどらんちゃんにいたっては小さく…?
        -- 2016-07-14 (木) 20:53:28
      • カレーは甘いのが好きです、ジャワは甘口でもからいのでにがてです
        んーこれは私の小さなホログラムということにしておきましょう、多分近くから操ってます -- 冒険者/0018 2016-07-14 (木) 20:53:35
      • 私は竜人だから辛いのOKですよ!体内火属性は伊達じゃありません!
        ホログラムなら潰したりしないからあんしん、陽子さんも小さくなってまた成長すればワンチャンス……? -- エルオ 2016-07-14 (木) 21:03:00
      • (おかわりーと出てくる本体)よーこねーを赤ちゃんに戻して育てなおすんですか? -- らん 2016-07-14 (木) 21:05:40
      • そんなインド人だから火吹くくらい辛くても平気みたいな理屈!(ヨガのポーズでテレポートするのを想像中)
        生まれ変わらないと成長は絶望的って言われたーっ!!(ショック)
        -- 2016-07-14 (木) 21:07:05
      • よーこねーは一応育ちきってしまってるみたいなので…でも今から子どもに戻るという事は
        また歯の生え変わりを味わうのです…よく考えて戻るのですよ(12歳臼歯が生えそうで奥歯がむずむず) -- らん 2016-07-14 (木) 21:12:20
      • 前歯全部へし折ってやる!!ってわけにもいかないもんね…(またあれこれやり直し…今のままでいいや、そういう結論に至った) -- 2016-07-14 (木) 21:19:25
      • (もきゅもきゅ)陽子さんの問題は一時的にでも体型を変える薬系すら利かない、という事なの……
        成長しないというよりは、なんかそう言う呪いみたいな、事象レベルの操作が入ってるような……
        抜けた歯はちゃんと取っておこうね(歯ケースを渡す) -- エルオ 2016-07-14 (木) 21:21:51
      • それはたぶん、何より一番自分自身がそれを信じてないからかなって…(胸の大きいあたしというのが想像すら…でき、ない…)
        そういえば抜けた歯は屋根の上に投げたり埋めたりしてたな…(歯は丈夫になったけど、風が吹けば桶屋がなんとかっていうし…それがいけなかったのかな?と自分の乳を見る)
        -- 2016-07-14 (木) 21:33:00
      • はーい…抜けてしまったら生えるまでライブはお休みですね(ごちそうさまでした)
        おお、よーこねー無効系女子なのですかっ?今を生きてますねっ! -- らん 2016-07-14 (木) 21:33:13
      • そういう体質になった心当たりはあるっちゃあるかもしれないけど…(るうじーの薬局で知らんうちにいろいろ鍛えられてた説…) -- 2016-07-14 (木) 21:40:13
      • 最近だと抜けた歯を投げるのは少ないみたいですね、マンション住まいが多いとかそう言う理由もあるみたいですけれど
        は、つまり逆転の発想で、ルウジーさん家でついた耐性より強力な膨乳薬を使えば効果があるのでは……!
        歯抜けの笑顔はちょっと、だもんね…… -- エルオ 2016-07-14 (木) 21:50:34
      • エルオさんさらっと今すごいこと言ったね!?(毒で毒を毒し!毒かーっ!!みたいな理屈に吹く)
        しかし歯抜けのプレミアム感もあるのでは…(わたしはいいとおも…いややっぱりないか…とあやつになりそこねる)
        -- 2016-07-14 (木) 21:52:33
      • 陽子さんがどうしても、と言われるのであれば……それなりの強硬手段も辞さない覚悟です!(ぐっ)
        後は物理的に手術ですけれど、これはこれで色々問題ありなので(お勧めはしないの……と目をそらす)子役ならありかな歯抜け…… -- エルオ 2016-07-14 (木) 22:04:35
      • たいへんだエルオさんがバグりましたっ
        ちょっぴり歯抜けは恥ずかしいのです…よーこねーは喜んでくれるっぽい?ですけど…ファンのみんなのイメージを崩さないためにもここは辛抱です -- らん 2016-07-14 (木) 22:10:54
      • スクラッチ治った!(おちけつ!!)…強硬手段…?(陽子は身構えた!)
        とりあえず歯が全部生えそろうまでは時間かかるからね…しかたないね…(親知らず)
        -- 2016-07-14 (木) 22:14:21
      • 私のところに相談に来る人の要望は出来るだけ叶えたいの……!でも強硬手段はよくないねやっぱり、ちゃんと実績のある治療法じゃないと
        よし、じゃあ今度はそれを考えてこようっと、らんちゃんも考える事!(と勝手に宿題を出す姉)じゃあそう言うわけで今日はこれで
        (カレーとは思いたくないので)フルーツスパイス煮込み美味しかったです、ではまた陽子さん -- エルオ 2016-07-14 (木) 22:32:39
      • そこまでしないと改善しないあたしの身体のほうが申し訳ない気がしてきたよ…!?(気にしてたのかな…と申し訳ない気持ち)
        フルーツのスパイス煮込み…たしかにコレはそうかもしれない…(言われてみるとそういうものに思えてきて…やっぱりカレーは辛くなければ!!と辛めの材料調達を考える)
        -- 2016-07-14 (木) 22:36:51
  • -- 2016-07-14 (木) 19:10:53
  • -- 2016-07-14 (木) 19:10:42
    • いいよね… -- 2016-07-14 (木) 19:11:13
  • そういえばルウジーが旅立ってから結構経つけれど、今はバイトとかどうしているのかしら? -- カレリア 2016-07-13 (水) 19:58:32
    • ええと…例のおじいちゃんの遺跡でももんじ屋さんのバイト、この前はしぃほさんをぬこから護衛する依頼、んでもって図書館でカレー作ったりしたね…(指折り数えつつ居間に案内) -- 2016-07-13 (水) 19:59:57
      • (案内されつつふむふむと指折り・・・)・・・多いわね、そんなに掛け持ちして大丈夫?やりすぎはかえって良くないわよ? -- カレリア 2016-07-13 (水) 20:01:42
      • ・・・ってか猫から護衛って・・なに?(え?なに?って顔) -- カレリア 2016-07-13 (水) 20:02:24
      • 町中かけずりまわってやっと定期バイト2つだもん、むしろ自信なくすよ…(つまりそれだけ不採用のほうが多かったというわけで…と、そっちのほうが辛いという)
        そのまんまの意味だよ?(しいほさんはぬこに好かれる。と簡単に説明)
        -- 2016-07-13 (水) 20:09:39
      • それだけ新しく何かを始めるというのは大変なのよ・・・それにしてもそう・・そんなに・・・(頑張ったわねとよしよしして)
        好かれてるのに護衛が必要なの・・・なんだか複雑なのね?(はてと小首を傾げて) -- カレリア 2016-07-13 (水) 20:17:19
      • だからとりあえずまた頑張ってみるよ…(サガくんちから届いたバナナ銘菓なんかをお茶請けに出しつつよしよしされる)
        なんせこう…来る量が桁違いでね…(ぬこが山になる勢いで…ぬこの毛布になってたよと当時の様子を語る)
        あんだけいっぱいのぬこだから、ここで飼ったら人寄せになるんじゃない?っていま交渉中なんだけど…(イザヨイの答えは…まあ想像にお任せします)
        -- 2016-07-13 (水) 20:21:55
      • そうね・・・(お菓子を頂きつつ話を聞いて)・・・これサガの実家の物なの?・・なんだか意外ね?(普通というかとうむうむ)
        山に・・・それってどんだけよ・・・(それだけでもうあの子暖まるんじゃ・・とか考えてたり)
        その子達はシィホに懐いているのでしょう?・・・なら此処に留めようと思ったらあの子を此処に呼ばないとダメよ・・・それに飼うって簡単に言うけど大変よ?(反対されてるだろうなぁと思いつつ) -- カレリア 2016-07-13 (水) 20:27:55
      • ここでも畑いじりしてるみたいなんだけど、実家はバナナ農園を何個か持ってるんですって(たしか『出日コンツェルン』だとかいうとこの現当主だとかなんとか…と、他人事のように話す)
        (世界情勢に明るければワールド長者番付でもトップクラスの金持ちであることを知るかもしれない)
        やっぱそう思うよね…(ぬこを集める才能とぬこの暖房っぷりを合わせれば暖房いらずなのでは?陽子は訝しんだ)
        それもそっか…(ぬこマグネットパワーもちがここにいないことにはぬこファーム計画は頓挫せざるをえないのかもしれない…)
        ここって山の中だから、そのへんで虫とか取って食ったり…(おまけにこれぐらいの甘い見通しである)
        -- 2016-07-13 (水) 20:38:22
      • あら、それ凄いじゃないの?(すごく大きい所よそれと頷きつつ)そんな所のお坊ちゃんがねぇ・・・(いいのかしらと考え込んだりするすごく明るいというほどでもない知識)
        後はシィホ自身がどの程度猫が好きかよね・・・(アレルギーとかだったら最悪だと)
        それだと猫は個々の縄張りを山に持って、此処を集会場にしてもらう形になるけど・・・上手くそうなってくれる保証はないし、トイレの匂いとか大変よ?(結構凄いわよ?と) -- カレリア 2016-07-13 (水) 21:00:50
      • まーいいじゃん、サガくんはサガくんだよ(雑にまとめる)
        そういうのはないみたいなんだけど、めっちゃ怖がってて…(ぬこをギャングと称してたくらいだから…と曇る)
        ……やっぱダメかぁーっ!!(ムツゴロウ動物王国的な夢は断たれた!!)
        -- 2016-07-13 (水) 21:07:08
      • まぁそれもそうね(うんうんと)
        トラウマになっちゃってるのね・・好きになれないと辛いわね・・・(うぅんと考え込んで)
        逆に言えば、シィホを此処に招いて集会場化させて、きちんと清掃をすれば大丈夫よ・・・山の生態系はどうなるか分からないけれど・・・ -- カレリア 2016-07-13 (水) 21:17:26
      • あたしもちょっと恐怖を感じたからね…(窒息しそうな量のぬこが津波のように…それが毎回だとそりゃあ怖いだろうと)
        …ますますイザヨイがゴネそう…(せいたいけい?とかくずれるんですけど!!と怒るのが目に見えた)
        -- 2016-07-13 (水) 21:22:28
      • そんなに・・・
        ふふっエサが尽きれば猫も自然と離れるし、そうしたらまた虫も増えるから大丈夫よ(たぶんねーと根拠はない)まぁ本気でやろうと思ったらそこから切り崩さないとね?(それじゃ、そろそろと帰っていく) -- カレリア 2016-07-13 (水) 21:37:16
  • ダメです。
    まだなんも言ってねーだろ!!(押し問答スタート) -- 2016-07-13 (水) 18:10:18
    • (//ここでいいのでしょうか……!?)
      イザヨイさん……助けて……(ハイライトの消えた瞳でねこの山から顔だけ出ている) -- シィホ 2016-07-14 (木) 03:47:22
      • ひとだすけだよ!!(前後の説明を一切省いていくスタイル)
        『これはまた…』(直に目の前で起こるとすさまじい現象だな…という目) -- 2016-07-14 (木) 05:16:02
      • ううぅ……わたしとしては今この現状を解決してくれればなにも望みません……
        か、噛むのだけはやめてぇ……(どんどんしおれていくアホ毛) -- シィホ 2016-07-14 (木) 05:26:54
      • 『…』(とりあえず、しぃほさんの危機を放っておくのもアレなので、井桁ゲートでぬこだけをもといた場所に送り返しておく…神戻しである)
        ああっ!ぬこーっ!!(送り返されるぬこに手を伸ばすも時すでに遅し…) -- 2016-07-14 (木) 05:58:26
      • しくしく……(色々肌蹴てさめざめと泣いている) -- シィホ 2016-07-14 (木) 06:01:39
      • わーお!(セクシーショットなんじゃねえの!?と驚きつつ、毛布をかぶせ…)
        『どうやら、シィホさんの体質をなんとかしないことには解決はできなさそうですね…』
        (寒がりに加えて、ぬこに好かれるがプラスされ…問題が増えた)
        -- 2016-07-14 (木) 12:01:32
      • また……服オーダーメイドしなきゃな……(びろーんって伸びてるセーターの胸元を隠しつつ)
        (体温が高いのでこたつ代わりに襲われるのも理由のひとつかもしれない……)
        とりあえずこの毛布お借りしますね……後できちんと返しますので……(とぼとぼ帰っていった) -- シィホ 2016-07-14 (木) 12:16:08
      • コスパで服を!?(オーダーメイドという言葉を聞けばそんな言葉が口をついて出て…)
        『フザけている場合ではないでしょう…』(どうにか体質改善をしなければ彼女は…などと、おせっかいな事を考え始めるのだった) -- 2016-07-14 (木) 12:22:51
  • 友達が仕事を探してるって聞いてきたの。私と契約して一緒にラバー売りになってみない!? -- クレア 2016-07-12 (火) 23:02:18
    • たぶんタッキー連れてこないと帰ってブラジル水着着ようぜーー!!って小学生にイジめられるのがオチじゃねえかな…(あくむ) -- 2016-07-12 (火) 23:11:41
      • 邪悪な子供たちを浄化するにはラバーを、生産が追い付かなくなったラバーを増産するしかないの…!
        ていうかお金欲しいなら本当に私と一緒に行商すればいいじゃない。ラバーは、パツパツでピカピカのラバーはいりませんかー! はい! -- クレア 2016-07-12 (火) 23:27:38
      • いや…カレーつくって億単位のお金好きにしていいっていうバイトがあったからいいかなって…(あたしはカレーを作っておるよ…する) -- 2016-07-12 (火) 23:31:29
      • なそ
        にん

        っていうかカレー作って億単位ってなに。シンデレラ?ミスユニバース? -- クレア 2016-07-12 (火) 23:43:56
      • 図書館でおそうじとか洗濯とか、あと料理作ればそれでいいって言われて…断る理由もなかったから。(あとはももんじ屋でバイトと…などと現在かけもち中) -- 2016-07-12 (火) 23:48:32
      • 変われ〜、今すぐ私と変わるのよ〜〜〜 (おどろおどろラバー)
        え、もんちゃんのところでも働くの? なら私とも会うかもね -- クレア 2016-07-13 (水) 00:04:31
      • 絶対やだね!!(断固として断った)
        そうなんだ…まあアレだね、死なない程度にね…(遺跡にラバー侵略を仕掛けているという認識)
        -- 2016-07-13 (水) 01:19:34
      • もんちゃんのところで遺跡で荒稼ぎした素材とかアイテム卸してるから、そのときはよろしく〜 (すたすた) -- クレア 2016-07-13 (水) 20:20:59
      • ああ…SOZAIってそういう…(遺跡でもラバーで大暴れしてるんだワ…という理解をした) -- 2016-07-13 (水) 20:42:40
  • ダメだ…!バイト先がまったく見つからねえ…!! -- 2016-07-11 (月) 23:32:42
    • え…ここの土地があるのにバイトするの?
      巫女さんやればいいんじゃね…? -- 四季 2016-07-12 (火) 09:35:55
      • わからんかね四季くん!外貨獲得だよ!(イザヨイにあれこれ言われたくないともいう) -- 2016-07-12 (火) 09:46:44
      • 外貨……ううん、よくわからないけどお金はお金だと思うんだぜ…?
        ほれほれ、どうした、何か理由があるんなら力にはならないけど聞いてやるぜー? -- 四季 2016-07-12 (火) 09:49:25
      • じゃあ話す意味ねーじゃん!(ならないんだったら言うなや!とキレ気味)
        バイトの一つや二つや三つ掛け持ちするくらいしねーとJK力というか、女子力がさ…メンツの問題なのよ!
        -- 2016-07-12 (火) 15:04:20
      • ア、駄目だ!これ割と本気で焦ってる奴だ!?
        (どうどうどう、と相手をなだめるようにポンポンして)
        …いや三つも二つも掛け持ちする女子は珍しいと思おうぜ?
        女子力…そっか、遂に陽子さんも女子力を気にするお年頃かぁ… -- 四季 2016-07-12 (火) 18:36:11
      • ぶっちゃけ進学するよか手に職つけたいというかね…方々に顔を売っておくとか…(のこり1年JKの必死さ)
        大学だとか専門学校だとかどう考えても充実してる人たちの集まりだろうしさ!!(まぶしすぎて何もできねえというアレ)
        -- 2016-07-12 (火) 18:38:30
      • コネ作りってやつだろ、なんとなくわかるんだけど…あー、ほら、バイトなら団子屋さんのところとか…駄目だ、真っ先に当たってそうだ
        って言うか何その割とリアルな悩み!?リア充デビュー!?陽子さんリア充デビューしたいの!? -- 四季 2016-07-12 (火) 18:56:57
      • 団子屋さんはもうすでにかわいい看板娘がいて…(比較は必至、精神が耐えられない、ので真っ先にやめておいたという乙女心)
        したいわけないよ!でもこう…どうして君はこのシーズンイベントに乗って幸せにならないの?とか休みなのにゲーム?とかいった視線に耐えられないというか…(できないのではない、やらないのだというポーズだけでも取りたい!という乙女ごころを理解しろとは言わない)
        -- 2016-07-12 (火) 19:01:44
      • ああ、なるほど…となるとほかにバイトできそうな所か…いや、コネつくりたいならバイトでなくてもよくね…?
        ぐわぁー!?なんだその悪魔のような視線は…女子高生はそんな視線と戦って生きるのか…いいじゃないか、家でのんびりしてる休みが続いたって…!
        …なるほど、何となくわかったよ陽子さん…でもバイト先ってのは厳しいなぁ…この街割と冒険してるほうが多いし… -- 四季 2016-07-12 (火) 19:04:50
      • アレだよ!なんかすごい人においサル!とか言われたらめっけもんなんでしょう?(コネつくって立身出世)
        ふつうのJKはそういったイベントに欠かさず出席して獲物を狙うハンターなんだってさ…(マジうけるといった例のテーマ)
        そうでもないよ、さっき図書館いったらりゅかおんさんの妹さんからウン十億でカレー作ってって言われた!(金の感覚がマヒってるのはセンセのおかげなので無害です)
        -- 2016-07-12 (火) 19:35:39
      • 陽子さんの出世観なんか間違ってねぇ!?言われたいの…サルtって…!
        獲物とか何とか難しい事わからないよ…でも俺も、狙われるようになりたいなぁ、とか少し思います!
        …ソレ受けたりしてないよね、流石にそれ受けちゃ駄目だよ…? -- 四季 2016-07-12 (火) 19:42:13
      • ぞうりを懐に入れたり!一夜で城たてたり!成り上がりの象徴だよサルは!!(この際サルでもチンパンでもゴリラでも構わん!と開き直る)
        …(多くは語らず、四季君の肩をやさしく叩いてやさしい目)
        受けたよ!いままさにおつかいの真っ最中だよ!!(金貨でパンパンになったお財布を見せて)
        -- 2016-07-12 (火) 19:46:45
      • そこまでして……なり上がりたいのか…一体何をすれば陽子さんは目標を達成できるのか難しいぞ…!
        って、何だよその目!やめろ…最近割と気にし始めてるんだからやめろよぉ!!
        …受けたんだ、陽子さんビエ姉は世間知らずなんだから、あんまりお金を騙し取るような事はしちゃ駄目だよ…? -- 四季 2016-07-12 (火) 19:52:26
      • だいじょうぶ…1000年もたてばきっと四季君も…(いけるよ…という目)
        しっけいな!これはカレーの材料買うぶんと手数料だよ!(根が小市民なのでちょろまかすという発想に至らない様子、イザヨイのケチケチ教育は実を結んでいた)
        -- 2016-07-12 (火) 19:56:37
      • おうおうネーちゃんサイフパンパンにして景気よさそうじゃのう!!(アヤをつけにくる) -- ゲま子(夏着) 2016-07-12 (火) 19:57:18
      • ごるせーっ!!(邪魔者を陽子ナックルでブン殴っておく)…今のうちよ!!(スーパーにダッシュ) -- 2016-07-12 (火) 20:06:30
      • (何この展開酷い、と見守りながら)
        お、おう!取り合えずあんまりカレーつくりで大金を持ってちゃ危ないぜ、気をつけろよー! -- 四季 2016-07-12 (火) 20:16:47
  • -- 2016-07-10 (日) 18:55:48
    • 陽子の適正バイト討論会ー (どんどんぱふぱふー、する子犬師匠) -- オウガ 2016-07-12 (火) 17:39:53
      • 現在ホームセンターとトムラ水産で不採用、図書館のおさんどん、シイホさんの護衛、ももんじ屋で採用か?といった具合です(選挙よろしくホワイトボードを用意しうまいこと採用されそうなところに花をつけていく弟子) -- 2016-07-12 (火) 18:17:20
      • 護衛…護衛? (陽子が?って顔を隠そうともせず) -- オウガ 2016-07-12 (火) 18:25:58
      • 闘技大会で優勝するとかは! -- 2016-07-12 (火) 18:26:02
      • 『護衛で1000G、即決だったようです』(千里眼でその様子を確認)
        ……センセ、正気ですか?(思わず銀マン顔になりつつ、人間に戻っておく)
        -- 2016-07-12 (火) 18:27:24
      • ユエが陽子コスで闘技場ですって!? …おいバアサン、歳考えろ -- オウガ 2016-07-12 (火) 18:32:43
      • まあ、着れないことはないでしょう(現在の自分も陽子の替えの制服を着用している、若干胸がキツいが) -- 2016-07-12 (火) 18:39:29
      • 可か不可かって話じゃなく、倫理観の問題かな… セイは胸の大きさって意味でだが… -- オウガ 2016-07-12 (火) 18:40:33
      • お師匠、陽子のバイトの話だったはずでは…(いつの間にやらセンセのイメクラプレイのありやなしやの話に…と思いつつ、自分はすっかり制服を着こなす) -- 2016-07-12 (火) 18:47:47
      • すまないセイ…貧乳ぺったんな筋肉婆さんの制服姿って言うとんでもない単語にうっかり… あ、セイは似合ってるから良し …でもサイズ感がなー… -- オウガ 2016-07-12 (火) 18:52:46
      • 僕も婆さん…ではあるのですけどね(年齢は1000オーバーですよ、と笑って)
        ……どうやら、カレーの材料を買いに行くのに億単位の金を手渡されたようです。(大丈夫か?と千里眼を働かせて)
        -- 2016-07-12 (火) 18:58:14
      • なにそれこわい …え、こわい (思わず真顔) -- オウガ 2016-07-12 (火) 19:24:34
      • あ、いま銀行でとりあえず金貨を30枚ほど下ろしたようです(パンパンになる財布) -- 2016-07-12 (火) 19:36:34
      • BGM:初めてのお使い… -- オウガ 2016-07-12 (火) 19:37:05
      • どうやら、おつかいの途中で四季くんとおしゃべりをしているようです(まあ大丈夫でしょうという目をしつつ千里眼実況) -- 2016-07-12 (火) 19:47:42
      • 番組とかなら、お喋りしてる間に荷物を置いちゃって、お喋り後に忘れて歩き出すとかね… …無いよな、流石に -- オウガ 2016-07-12 (火) 19:56:53
      • どうやら、もっとタチの悪いものが来たようです(邪魔をしにきたゲまを見ながら) -- 2016-07-12 (火) 19:58:12
      • アイツなんで下着であるいてんの -- オウガ 2016-07-12 (火) 20:00:58
      • あ、突破したようです -- 2016-07-12 (火) 20:11:27
      • 陽子…強くなって… (涙を堪えつつ、お茶を二人分入れつつ) -- オウガ 2016-07-12 (火) 21:24:23
      • (ぐすん) -- ゲま子(夏着) 2016-07-12 (火) 21:54:24
      • 無事に買い物を終えて調理に取り掛かったようですね…(ここからが心配、と思いつつお茶をいただく) -- 2016-07-12 (火) 21:54:58
      • (普通にゲま子を膝枕して慰めつつ) しかし、あんな大金でカレーって…至高のメニューでも作るのか…? -- オウガ 2016-07-13 (水) 09:13:34
      • いえ、単なる市販品のルーとスーパーで揃えた食材を用いたごりふれたチキンカレーのようです…(観察中) -- 2016-07-13 (水) 09:52:48
  • -- 2016-07-10 (日) 18:55:40
  • -- 2016-07-10 (日) 18:55:23
    • って呼ばれてないよな…(あたしは訝しんだ) -- 2016-07-10 (日) 18:56:07
      • 真竜皇もっとふえろー(ふえろー) -- らん 2016-07-10 (日) 19:36:24
      • しかし限界を感じる。(アレキサンドライトからこんにちわ) -- 2016-07-10 (日) 19:42:03
  • うわああああ!!闇よりも暗い人だああああああ!!!(ホモよ!!) -- 2016-07-10 (日) 17:34:29
    • 何も言い返せねえ…(じゃあくなえくしーずどらごん) -- 2016-07-10 (日) 17:37:38
      • わはははあはははあははは!!!!(レベルがゼロ!!つまり攻撃力もゼロ!!)
        『相当に根に持っていたようですね…』 -- 2016-07-10 (日) 17:41:10
      • あたしも誰かと河原ですれ違ったあの日から闇よりも暗い人とか来たらはぁ?なんだこいつってなりそうだわ… -- 2016-07-10 (日) 17:51:39
  • アンタ…料理はできるのかしら…?(鳥居の前でお掃除してるヨーコへ呼びかける) -- リルノラ 2016-07-09 (土) 23:30:38
    • ありもの適当に切って炒めてみたり、味噌汁つくったりはするよ…(やぶからぼうな質問にも、一応答えてみる…) -- 2016-07-09 (土) 23:34:04
      • はあああああ?!!アンタ絶対に料理とかしないでコンビニ飯かスナック菓子しか食べないだらけにだらけた不健康な人間だと思ってたのに!!!うそなんでしょ!!(鳥居からは入ってこない褐色娘) -- リルノラ 2016-07-09 (土) 23:37:41
      • あんたコンビニ飯とお菓子がどんだけ高いか知ってんの!?ありもので量作ったほうがやっすいのよ!!(神社の裏のほうにはサガが手入れしてる畑があるので、そこから野菜を調達したりもしているのだ!…女子力というより主婦力かもしれない)
        まあふだんはイザヨイが作ってくれるからなんもしないっちゃしないね…(自分より料理はじめ家事全般できる)
        -- 2016-07-09 (土) 23:46:06
      • アンタより、この間の宙ぶらりんにしてくれたヤツが優秀なのね、あとノータリンの男。
        ここでお料理教室してるからアンタもどうかなーって思ったケド必要なさそうねー。いいわね、家政婦がいて!家政婦は見た!されるけど -- リルノラ 2016-07-09 (土) 23:50:27
      • あ、あたしだってやればできるはずだし…!(たぶん大丈夫 なはず)
        家政婦っていうか、おかんっていうか…(家の事をだいたいやって口うるさい…まあおかんである)
        ああでもこれは…(食べたい!なんて思ったので…)作った奴もってきてよ!(陽子ちゃんずーずーしーし!をする)
        -- 2016-07-10 (日) 00:05:24
      • それだけよ!!じゃあね!(ピュンと石段を駆け下りていく褐色娘) -- リルノラ 2016-07-10 (日) 00:05:32
      • おのーれ!ぬかったわ!!(行っちゃったリルノラの料理…できるのかな?に興味がわいたので近いうち食わせてもらいにいくかもしれない) -- 2016-07-10 (日) 00:07:59
      • (捨て台詞が一足遅れて焦った顔で)
        アンタが自分で作るのよ!!!独り立ちしたときどうするのよ!オカンはそこまでみてくれないのよ!!(遠くから聞こえる声。しばらくすると聞こえなくなった) -- リルノラ 2016-07-10 (日) 00:08:11
  • 結婚式の招待状が届いた)

    拝啓 立春の候、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
    このたび 桐生 山茶花桐生 英龍ファウスト・ペレグリーニレイチェル・ペレグリーニの2組の結婚式を挙げることとなりました。
    つきましては、日頃お世話になっております皆様に感謝の気持ちを込めて、ささやかな小宴を催したく存じます。ご多用中誠に恐縮でございますが、ぜひご出席賜りますようお願い申し上げます。
    敬 具 -- 2016-07-09 (土) 20:46:47
    • くっ!今夜もきたな…!(恐怖新聞を受け取るような顔をしつつ…)ご祝儀どれくらい包もう…(ブーケの前にまずはそこを…と考えた) -- 2016-07-09 (土) 20:48:05
  • よっしゃ!掃除かんりょう! -- 2016-07-09 (土) 19:50:16
    • そこで早速舞い降りるわたしです(ふわーっと着陸)
      きれいに掃除できていますね……さすが陽子さん……(さす陽さす陽) -- シィホ 2016-07-09 (土) 19:51:56
      • ビュビューン!俺は風…誰よりもフィールドを早く駆け抜ける…疾風のゼロ!(なんてほうきを構えていたらさす陽されていてこれは…不可避…) -- 2016-07-09 (土) 19:57:12
      • これは……! (おもわずくすぐられるちゅうにごころ)
        (近くにあった木の枝を二本拾って構え)我が双剣は漆黒を塗りつぶす黒の魔剣……! -- シィホ 2016-07-09 (土) 19:59:48
      • (例の表情) -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:02:50
      • (瞳からハイライトが消える) -- シィホ 2016-07-09 (土) 20:04:30
      • い、今の俺はなにいろでもない…(壁際によりかかってつよそうなオーラを出すことにした、流れに身を任せる…) -- 2016-07-09 (土) 20:04:45
      • (レイプ目その2) -- 2016-07-09 (土) 20:05:06
      • 陽子さん……もうやめておきましょうか……しらたまくんも含めてお久しぶりです二人とも -- シィホ 2016-07-09 (土) 20:05:56
      • (ス…と境内に座り込み)
        どうした つづけてもよいぞ -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:08:19
      • (表情まで死ぬ) -- シィホ 2016-07-09 (土) 20:09:55
      • おまえ…おまえーっ!!(ひとのこころを殺すようなことを!!陽子はいきどおった) -- 2016-07-09 (土) 20:11:39
      • あっ ごーめーん しらたまのじょうだんなので… ごめんにぇ?(ニヨニヨ) -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:15:45
      • こう……あるじゃないですか、ちょっとテンション上がっちゃうって言うの
        たまたまですよ……たまたま……(遠い目) -- シィホ 2016-07-09 (土) 20:19:30
      • しらたまくんだってそういうのがないとは言わさないよ…(こうなったらふたりで挟んで裏返す作戦に…しぃほさんとマグネットパワーしてマスクをはがす構え) -- 2016-07-09 (土) 20:20:14
      • やめ… やーめーてー しらたまそんなのないのでー ちいさいころにそつぎょうしたのでー… -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:22:16
      • (このまま押しても余計な火傷を負うだけなのでは…しぃほは訝しんだ) -- シィホ 2016-07-09 (土) 20:25:26
      • (ふっふっふ・・・これは3人とも痛みを共有すれば世界が平和になるのサインだよ…する) -- 2016-07-09 (土) 20:28:30
      • \くずりゅーせん/(シュババババ) -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:30:33
      • !?
        (そわそわ) -- シィホ 2016-07-09 (土) 20:32:49
      • はぁ…はぁ… もうだめ… だめなので… -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:33:16
      • \りゅーしょーせん/(シュバーーーッ) -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:35:24
      • おろろー かんべんしてほしいでござるよー -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:36:03
      • どりゅうせん! (枝で地面ぺちーん) -- シィホ 2016-07-09 (土) 20:37:04
      • \あまかけるりゅうのひらめきー/(学校の怪談でもおなじみの傘でマネするアレ…アバンストラッシュじゃないぶん若い!若いです!!) -- 2016-07-09 (土) 20:38:01
      • (ヨウコ…ヨウコ… 今はもう卍解すら古いのですよ…)
        (アテナめいてよびかける) -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:39:02
      • なん…だと…?(オサレは流行の最先端であるはず…!?陽子は耳を疑った) -- 2016-07-09 (土) 20:41:47
      • そこらへんに生えてる木っぽい形をしているだろ……(改変セリフを言おうと思ったけど至って普通のコメントになって) -- シィホ 2016-07-09 (土) 20:43:32
      • もういい!もうたくさんよ!(お互いに痛みを噛みしめあったしもういいはずだ!と泣く) -- 2016-07-09 (土) 20:48:46
      • じゃあ次はおひるのてらこやほうそうですきなおうたをながそうねぇ… -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:50:43
      • 流したことはないですが聞いた事なら何度もあってなんでしょう……胸が痛い…… -- シィホ 2016-07-09 (土) 20:51:30
      • おなじく…(やっちまった…!と思うこと多数なれど実行したことはなく…) -- 2016-07-09 (土) 20:52:19
      • えー…じゃあ… 今からヨウコのウチのものおきからヨウコの昔のノートとかさがすぅー…? -- しらたま 2016-07-09 (土) 20:56:06
      • しらたまくん、これ以上はいけない -- シィホ 2016-07-09 (土) 20:56:42
      • どうしてきみはそんなあくまのような所業をつぎつぎと…!(マッドギアへの怒りを燃やすハガーのような顔) -- 2016-07-09 (土) 21:08:57
      • おもえばここはヨウコのじっか。となると、小さいヨウコが書いたお社のらくがきとか、さがしたくなりますので。(きょろきょろ) -- しらたま 2016-07-09 (土) 21:13:09
      • 柱に身長の成長が刻まれてたりするんですよね。陽子さんの子供の頃とかってちょっと気になっちゃいます -- シィホ 2016-07-09 (土) 21:14:05
      • 『ああ、それでしたら…』(神社の柱のすみっこに『それいけ!最強銀河究極ヨーコ』なんて書いてある千社札が貼られていますよ。とさらっと言うイザヨイ)
        ちがう…それはその…わかげのいたりで…(小学生くらいのとき千社札メーカーで作ったバカバカしいやつ) -- 2016-07-09 (土) 21:15:49
      • あたしのちっちゃいころか…そうだなあ…(まだメガネはかけていなかったころはいまより髪も短く…ぶっちゃけ男の子みたいなファッションだったと言う) -- 2016-07-09 (土) 21:17:17
      • アアー祭神さまのおつげがー… …うん。ヨウコのかんせいはさっぱりかわってない。(こくこく) -- しらたま 2016-07-09 (土) 21:21:57
      • イザヨイさんはさらっと恐ろしいことを言いますね……! 陽子さんは結構活発な子供時代を過ごしていたと……
        それで今は眼鏡なのはちょっとギャップを感じますね -- シィホ 2016-07-09 (土) 21:25:35
      • あたしのなにをしってるっていうんだよぉ!(いまもどっちかといえば少年漫画だとかばかり見てる…このころから女子力は足りてなかった)
        これでもだいぶ女の子になったんだから…(『おじさん』に育てられてたせいか今でもときどき混じる汚い言葉遣いであるとか態度の悪さであるとか…黒歴史である)
        -- 2016-07-09 (土) 21:31:20
      • 陽子さんは立派に女性ですよ……!? 運動系からインテリ系になったのかなって思いまして……
        女子力……ま、まぁあれはふわっとしたよくわからない数値ですからあまりお気になさらず…… -- シィホ 2016-07-09 (土) 21:33:58
      • はー。この中じゃしらたまがじょしちからいちばんたかいですけどー?
        はたらかざるままのヨウコはもうせいするべきなのですけどー? -- しらたま 2016-07-09 (土) 21:35:32
      • インテリも…たりている…とは…(いえない…偏差値ふつーのふつーの高校でもギリギリ進級というお世辞にも頭いい枠とは言えない…)
        そう…それを上げるためにもブーケトスをレシーブしてスパイクしてやるくらいしてやるわ!!(回転レシーブ!!とその場で回り始まる!)
        -- 2016-07-09 (土) 21:37:01
      • 男子が上げても意味ないでしょ!死にステでしょ!!(余ってるなら女子力くれよ!と献血ならぬ献女子力を迫る)
        …バイト先、見つけないと…(そう、ファーストバイト先は閉店したので目下バイト探し中である…)
        -- 2016-07-09 (土) 21:38:45
      • しらたまのなけなしのじょしちから。ヨウコにそそぐくらいならしほおぜうにそそぎこむ。(ミミミミミミ)
        ほーら りょうりがうまく おそうじしたく おせんたくがだいすきに なーる -- しらたま 2016-07-09 (土) 21:40:18
      • 何故わたしに……!? ぐえーっ(みょみょみょみょ)
        ……料理は元々好きですが。お掃除お洗濯は家政婦にやらせていました……(虚ろな瞳でぶつぶつ呟く)
        おそうじおせんたく……しなきゃ……! (そのまま勢いよく飛んでいきました) -- シィホ 2016-07-09 (土) 21:42:29
      • (まさか本当に効くとは思わなかったと言いたげな顔で見送っている) -- しらたま 2016-07-09 (土) 21:43:22
      • えっマジ!?(お嬢様であるしぃほさんが家事に手を出す…これは女子力プラスあざと案件ですよ!!!!!とすさまじい効きようを見ながら)
        ……(寝技仕掛けるイノキばりのばっちこいよ!!でしらたまくんを見る)
        -- 2016-07-09 (土) 21:47:44
      • ……。
        ……。(いつものジト目)
        ……しほおぜうもかえったし、しらたまもかえるね…。 -- しらたま 2016-07-09 (土) 21:51:34
      • えっ!ちょっまっ…えーっ!?(カモン!してたのに…という目をして見送る…) -- 2016-07-09 (土) 21:58:36

Last-modified: 2017-05-29 Mon 21:39:30 JST (1948d)