アーロンデルク家出身 ティレット・ストラト 500624 Edit

qst084024.png
ID:500624
名前:ティレット・ストラト・アーロンデルク
出身家:アーロンデルク
年齢:18
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/冒険中?Edit
参加企画:http://notarejini.orz.hm/?%B4%EB%B2%E8%2F%B2%C8%C2%B2%A4%E2%A4%CE%A3%B2%B4%FC
BGM:■■■

三行 Edit

  • 召使いの遺児が
  • 家族の面倒を見ながら
  • 一角の剣士を目指す

館のどこか Edit

ティレット>名簿/500624

編集:と供述しており 差分:と供述しており

お名前:
  • <冒険を始めたい人も冒険を続けてる人も出会いは冒険者ギルド!冒険者たちよ、集え!>
    (……というチラシが届いている) -- チラシ 2013-08-07 (水) 23:57:54
  • (小さな村での夏至祭は村人の人数よりも多く人が集まって大盛況だった)
    (花輪をつけた女子供と人々が踊り、振舞い酒に沢山の屋台。最後には大きな焚き火を燃やして)
    (そんな祭りも、もうそろそろ終わり。人ももうまばらになって、焚き火の炎も月の光に負けてしまうくらいに小さくなって)
    (そのオレンジ色の明かりを背に、片づけを始めようとしている屋台を最後にまわる)

    …お祭りももう終わりですねぇ。えへへ、ちょっと飲みすぎてしまいました。
    でも皆意外とお酒弱いんですね?私より弱いなんてーまだまだですー。わたしのこきょうではーうぉっかはおみずでしたーよー♪
    (振舞い酒の飲み比べ大会で優勝してしまった酔いどれは、ティレットの作った花冠を頭に乗せて長くて白いワンピースを翻して楽しげに歩く)
    (見た目だけは森の妖精のよう。見た目だけは。そんな千鳥足の乙女は、輪投げの前で立ち止まる)
    あ……かわいい。
    (乙女の視線は一番奥の真ん中の木彫りの梟へと注がれている。りんごのような形で、真ん丸くて愛らしい)
    (ポケットごそごそして、所持金を確認すると、ため息。振舞い酒ばかり飲んであまり使っていなかったはずなのに)
    くっ……ぎりぎりたりないですねーと言うかとれるかどうかもわからないし、うぐぐ……。
    (悔しそうに、ぶつぶつ) -- イヴ 2013-07-17 (水) 22:14:34
  • (二、三日の静養を終えるとまた変わらずに館の仕事をこなす青年の姿があった)

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

  • アーロンデルク当主の「お手つき」となった召使いの母親から産まれた青年。
  • 母は熱病で既に他界、とはいえ冷遇されていた訳ではなく彼女なりに幸せな生活だったようだ。
  • 彼女の影響もあってか本来は必要ない館の家事を自分から進んで行う。
  • 口はあまり周る方ではなく、相手を射抜き通すような表情で何を考えているのか探るために黙っていることがよくある。
  • 得意なことは忍従、座右の銘は「雨垂れ岩を穿つ」。
  • だが、ひとたび限界点を越えた時のブチ切れ度合いは半端ではない。
  • ストレスを貯めこむことが多いのでいつの間にか胃薬マニアになっていた。
    大病院の処方薬から裏路地の露天まで市内で売られている胃薬で知らない物はない。

戦闘設定 Edit

  • 二本一対のロングダガーによる双剣術を自己流の修練で一通り扱える程度には鍛えている。
  • ロングダガー自体は館にあった何の変哲もないごくごく普通の物。
  • 脚を活かして走り抜けつつ斬り伏せたり、攻撃をいなしつつ手数で返していく戦法が向いていると感じている。
  • 将来的には何らかの魔力を剣に乗せたり補助的に使いたい、と考えているようだ。

その他、細かな設定 Edit

身長:181cm体重:68kg
外見:■■■座右の銘:雨垂れ岩を穿つ
趣味:木工細工特技:整理整頓

邸内 Edit

編集:アーロンデルク邸-1F-/差分:アーロンデルク邸-1F-

お名前:
  • 黄金暦254年6月  ──
    • 告知 植え替え予告等必要な場合はこちらに
    • 玄関
      • <冒険を始めたい人も冒険を続けてる人も出会いは冒険者ギルド!冒険者たちよ、集え!>
        (……というチラシが届いている) -- チラシ 2013-08-07 (水) 23:58:32
    • リビング・ダイニング
      • (リビングに使用人が集まっている。呼び出した主はシシュであり、使用人の中にはまた何か遊びにつき合わされるのではないかといううんざりした表情も見られる。)
        (そうしているうちに、リビングのドアが開き、呼び出した主…シシュがブーツの音も高く現れる。淡い金髪は背中まで伸び、ふわり、ゆれる。フリルのついた白いドレスに男勝りの剣帯。やや日に焼けた顔は、ここに来たときにはただ幼い子供のようだったが、その中にどこか大人への萌芽を思わせる雰囲気を併せ持つようになった。身体もよく見れば丸みを帯び始めている。)
        そろってるわね?それでは…。(言いかけたところに、使用人の一人が遠慮がちに家の仕事を理由に退室を希望する。むっとした表情一つ見せずそれを制し、残るように告げたのにもまた成長が見て取れた。)
        これは大事な話よ。全員ちゃんと聞くこと!(ピッと人差し指をたてた。) -- シシュ 2013-08-01 (木) 22:42:19
      • 私が、モノショー家からアーロンデルク家の次期当主へ嫁ぎ、家の再建の力になるようにパパから言われてこの家に来たのはみんなもう知ってるわね?
        この家に来て2年。この家の男たちを見てきたけれど、危機感に欠けたり、そもそも継ぐ気もないような男ばっかり。当主として…つまり、私の夫として満足できそうな男は見つからなかったわ。そこで…。
        (実家にかえるのだろうか?使用人たちの間に安堵とも寂寥とも取れぬ表情が浮かぶ。)
        私が、当主になることに、しました!(得意げな表情で、胸を張る。) -- シシュ 2013-08-01 (木) 22:47:05
      • (ざわつく使用人たちを満足げに眺め回し)
        もう、手続きは済ませてあるわよ。
        今日から私は、バルヴァー家でもモノショー家でもない、シシュ・アーロンデルクよ。
        (羊皮紙を掲げると、そこにはシシュの養子縁組と正式にアーロンデルク家の家督を継ぐ旨が記され、署名もされている。) -- シシュ 2013-08-01 (木) 22:50:55
      • 今日から私が!アーロンデルクよ。
        傾いた家もきちんと再建するから、みんな安心して私についてきなさい。(くるくると羊皮紙を丸め、ベルトに挟む。) -- シシュ 2013-08-01 (木) 22:56:30
      • (部屋の隅で小さく拍手) -- ダウトゥース 2013-08-01 (木) 23:04:23
      • (不安げな使用人の中にこっそり笑みを隠しながら混じり、新しい当主の誕生を祝う)
        おじい様は結局あの子を選んだのね。ちょっとまだ若すぎるけど…でもそこがいいのかも。
        新しい風の象徴みたいな子。……うん、いいんじゃないかしら。
        (まだ子供と言える小さな少女の姿を見て、拍手の中嬉しそうに呟く)
        ……さて、私はそろそろおじいさまに挨拶してくるか…帰らなきゃ、ね。
        (最後の一言はとても小さく。賑やかなリビングからそっと出て行くのだった) -- イヴ 2013-08-02 (金) 04:06:20
    • 書庫

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

編集:アーロンデルク邸-2F-/差分:アーロンデルク邸-2F-

お名前:

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

名簿録 Edit

ダウトゥース前は手酷くやり込められていたが、帰ってきてからはそのような素振りを見せていない。
心を入れ替えて人当たりよく振る舞うようになっただけならいいのだが。
ノーリ美しく立派な淑女に育った同い年の少女。
あの笑顔を向けられるとどうしても頼みを断れなくなってしまう。
ゲン・ヒナタビ二ヶ月目の冒険に同行した際、守り切ることができなかった子。
遠い東の国から一人でやって来た彼女を命の危機に晒した自分の未熟さを痛感する。
エリザベス病がちな体と正反するように気が強く芯のしっかりした子。
その威勢のいったいどこまでが本当の心の強さで、どこまでが一人で戦うための気勢なのだろうか。
フミコ動揺しやすい年上の女性。その心にあるのは他人への拒絶だけなのだろうか。フォルミアック館にいる年長格に等しい男性。
分からない、本当にあの人の思考はどこへ向かって志向しているのか俺には伺うことさえ難しい。
アリステア執事長を務める青年。俺よりも生まれはしっかりとしているはずだが、相続権は放棄している?
知る限りでは誰にでも噛み付き頭を振って引き裂くような振る舞いだったのだが…何があったのだろう。
[[>名簿/]]

コメントアウト Edit


Last-modified: 2013-07-13 Sat 16:03:50 JST (3239d)