空中学園都市/学園第二天文台

お名前:
  • exp028208.jpg -- 2014-03-17 (月) 23:12:34
    • (そして) -- 2014-03-17 (月) 23:13:07
      • (最期の役目を終えた第二天文台は) -- 2014-03-17 (月) 23:13:31
      • (夜空を色取り取りに染めながら) -- 2014-03-17 (月) 23:14:02
      • (ずっと望んでいた空へのぼり、星のひとつになった) -- 2014-03-17 (月) 23:14:38
      • ありがとう……第二天文台……!! -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 23:15:28
      • ……さよなら……ありがと -- さら 2014-03-17 (月) 23:17:10
      • ありがとう、お疲れさん! -- エイベル 2014-03-17 (月) 23:20:15
      • これも卒業式、かな。 -- イザヴェル 2014-03-17 (月) 23:22:24
      • (黒焦げになって落ちてくる)おつかれ。皆もそれぞれの道で精進を続けるようにな、先生の様になるなよ -- メイクレア 2014-03-17 (月) 23:31:55
      • 先生残ってたんですか!? -- ユヅル 2014-03-17 (月) 23:36:02
      • 私が動くわけないだろう? -- メイクレア 2014-03-17 (月) 23:41:28
      • だからといってこの状況でも動かずにいたことに素直な尊敬を送らざるをえないのである。 -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 23:44:02
      • ……その姿勢……さらも、見習うところ、ある…… -- さら 2014-03-17 (月) 23:46:17
      • 私はいつだって命を賭けて頑張らないのさ。みんなも頑張るんだぞ -- メイクレア 2014-03-17 (月) 23:47:39
      • 諸行無常って奴かね、形あるものは無くなっても俺等があそこで過ごした時間は無くなりゃしない、と。お疲れさん、第二天文台。過ごしやすい場所だったぞ -- ロア 2014-03-18 (火) 14:05:11

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • exp028208.jpg -- 2014-03-17 (月) 23:12:34
    • (そして) -- 2014-03-17 (月) 23:13:07
      • (最期の役目を終えた第二天文台は) -- 2014-03-17 (月) 23:13:31
      • (夜空を色取り取りに染めながら) -- 2014-03-17 (月) 23:14:02
      • (ずっと望んでいた空へのぼり、星のひとつになった) -- 2014-03-17 (月) 23:14:38
      • ありがとう……第二天文台……!! -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 23:15:28
      • ……さよなら……ありがと -- さら 2014-03-17 (月) 23:17:10
      • ありがとう、お疲れさん! -- エイベル 2014-03-17 (月) 23:20:15
      • これも卒業式、かな。 -- イザヴェル 2014-03-17 (月) 23:22:24
      • (黒焦げになって落ちてくる)おつかれ。皆もそれぞれの道で精進を続けるようにな、先生の様になるなよ -- メイクレア 2014-03-17 (月) 23:31:55
      • 先生残ってたんですか!? -- ユヅル 2014-03-17 (月) 23:36:02
      • 私が動くわけないだろう? -- メイクレア 2014-03-17 (月) 23:41:28
      • だからといってこの状況でも動かずにいたことに素直な尊敬を送らざるをえないのである。 -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 23:44:02
      • ……その姿勢……さらも、見習うところ、ある…… -- さら 2014-03-17 (月) 23:46:17
      • 私はいつだって命を賭けて頑張らないのさ。みんなも頑張るんだぞ -- メイクレア 2014-03-17 (月) 23:47:39
      • 諸行無常って奴かね、形あるものは無くなっても俺等があそこで過ごした時間は無くなりゃしない、と。お疲れさん、第二天文台。過ごしやすい場所だったぞ -- ロア 2014-03-18 (火) 14:05:11
  • 魔法研究会 卒業式の日の夜 今日の天文現象:超新星爆発、あるいは流れ星 -- 2014-03-17 (月) 22:26:28
    • そう、私だ。 -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 22:26:40
      • 諸々の事情を鑑みるに、ここを爆破するタイミングは今しかないと思った。(ごそごそ) -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 22:27:47
      • ちなみに、花火打ち上げ後にログ取りを済ませてコメントページ共々爆破します。 -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 22:29:06
      • 瓦礫城が地上に出現してみんな沸いている今ならばきっと、花火の一つぐらい打ち上がっても自然ありましょう。(第二天文台底部に打ち上げ装置を設置する) -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 22:31:18
      • (時代錯誤の観測器具などは、一緒に爆破するのも勿体無いが、しかし学園側も必要としないものである。第一天文台には豊富な観測器具が揃っている)
        (実験器具、装置なども同様。なので、それらのものは搬出して貧民街に寄付しておいた。叩き売るにも憚られる年代物であるし、良いように使ってくれればいい) -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 22:35:20
      • ……ん……まって、た……てゆか、あれの、続きで……やるのか、と…… -- さら 2014-03-17 (月) 22:35:44
      • (備え付けの机。椅子なども老朽化が進んでいる。四つの足の高さが合わず座ればガタガタするし、そもそも一本の足が折れてすっ転ぶ事態が多発したのだ)
        (どうせだし、それらのものは第二天文台と運命を共にして貰う。“夜食チェスト”は空っぽだ。これも、打ち上げてしまおう。最後に、夜空で金米糖を腹いっぱいに詰め込むがよい) -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 22:37:57
      • (時間軸的に続きであることをアピールするため枝を書き換えておく)
        さらではないか。折りを見てやるつもりだったのだが、のびのびになってついにこんな時間にまでなったのである……。そういえばもう、細かいこと考えずに↓のツリーのラストに付け加えて爆破すれば良かったな!? -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 22:40:46
      • 始めます? 始めます?(わくわく) -- ユヅル 2014-03-17 (月) 22:43:25
      • (了解とこくこく)
        ……ん……打ち上げの準備……いろいろあった、という意味で……植え替えたという……解釈 -- さら 2014-03-17 (月) 22:43:53
      • あ、ユヅルも来た。いざとなればメタ上一人で爆発四散することも辞さない構えであったが、思いの外来てくれてて私嬉しい。 -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 22:46:29
      • 俺がまだいるタイミングで本当によかった。 -- エイベル 2014-03-17 (月) 22:47:40
      • ……このイベント……ぶちょーひとりに、やらせは、しない……(部室の周りに術式描いてく) -- さら 2014-03-17 (月) 22:51:05
      • エイベル……! 本当に良かった。(第二天文台内部に火薬的なものを設置)私は恵まれている!
        よし、第二天文台に別れを惜しんだりしたりしたし、あらかた設置も終わった……。やるか。 -- ルィンディ 2014-03-17 (月) 22:56:22
      • 俺はロアくんの用意した諸々に素材提供した感じで貢献した(説明ゼリフ)
        忘れ物してないかきちんと確認しよう(机の中など確認)よし! -- エイベル 2014-03-17 (月) 22:58:44
      • ……片付けると……ちょー……広い、ね……部室……
        ……ん……やりますか -- さら 2014-03-17 (月) 22:59:52
      • やりましょう。(魔力を帯びやすい鉱石を核に、色とりどりの光を込めていく) -- ユヅル 2014-03-17 (月) 23:02:41
  • 魔法研究会 卒業式直後
    • 全て終わったか……もう終わりだというのに、自然に足を運んでしまうものだな。 -- 2014-03-09 (日) 20:30:09
      • 卒業にあたり、ルィンディが現れ次第解決しておきたい問題がある。
        魔法研究会は4年生のみで構成されている故に、私たちが卒業した場合お家取り壊しの憂き目にあってしまう。
        これについてルィンディから部長としての意見を賜りたい。 -- イザヴェル 2014-03-09 (日) 22:02:22
      • 私がいるから大丈夫じゃないかい?
        そうでもないか(だらり) -- メイクレア 2014-03-09 (日) 22:09:15
      • 部員がいなければ存続できないでしょう、先生……!? -- 2014-03-09 (日) 22:11:43
      • 新学期開始から多少の猶予期間が与えられるだけだと思います先生。
        各自が成果品を残しでもすれば活動が認められて延命するかもしれませんが、それも生徒が入らない場合は難しいでしょう。 -- イザヴェル 2014-03-09 (日) 22:14:06
      • 私のパーソナル怠け部屋が取り壊されるくらいなら、全体の空間相をずらして裏世界に退避させる事も辞さないぞ
        まあ魔法研究会は存在しなくなるか。駄目だろうか駄目だろうね、ふあーあ -- メイクレア 2014-03-09 (日) 22:16:44
      • そういや結局俺等の代以外の部員は出てこなかったんだっけか。まぁ…俺が言うのもなんだが癖の強い奴ばっかだから入りづらかったのかもしれんが。 -- ロア 2014-03-09 (日) 22:52:21
      • ……ロア……ダミー部員……作れない? -- さら 2014-03-09 (日) 22:53:26
      • ミントじゃないんだぞ! -- 2014-03-09 (日) 22:54:56
      • 人型二足歩行魔法科学人形は完成してるが部員の如く振る舞うとなると難しいな…それならアグリにでも頼んだ方が早いだろう -- ロア 2014-03-09 (日) 22:56:43
      • 私だ!(バァーン) -- ルィンディ 2014-03-09 (日) 23:41:10
      • あ、部長きた。 -- ユヅル 2014-03-09 (日) 23:42:23
      • ↑のような意見が出ていますが部長としての見解、加えて卒業するにあたって何かどうぞ。 -- イザヴェル 2014-03-09 (日) 23:42:52
      • (露骨に気まずい) -- 2014-03-09 (日) 23:43:14
      • それより部長副部長の結婚報告が先では…? -- ロア 2014-03-09 (日) 23:44:17
      • どうした、義兄さん……顔色が悪いぞ……?
        -- ルィンディ 2014-03-09 (日) 23:44:19
      • (結婚指輪作ってあげといてなんだけど、やっぱりやっぱり結婚したんだ……) -- エイベル 2014-03-09 (日) 23:45:44
      • 結婚? -- ユヅル 2014-03-09 (日) 23:46:23
      • (※紛らわしいけど鳶とルィンディ姉のほう) -- エイベル 2014-03-09 (日) 23:46:30
      • 義兄さん呼ばわりでいいのか……!? 名前で、名前でお願いします……気持ち悪いぞこれ! -- 2014-03-09 (日) 23:46:54
      • ……主役、きた……これで、勝つる -- さら 2014-03-09 (日) 23:47:04
      • 本題にいこう、本題に。 -- 2014-03-09 (日) 23:47:31
      • はーい。 -- ユヅル 2014-03-09 (日) 23:47:45
      • ……そうであるな。魔法研究会の部員がいなくなるとあらば、クローン部員やロボット部員で形骸だけ残し存続させるよりも、有終の美を飾りたく思う。
        第二天文台も、私のわがままで四年間存続してきたようなものである。ここは、物置に使うのも不便であるし、このまま残しておいても“景観を損なう”などとよく言われていた。
        でも、壊されて消えてなくなるのって、ちょっとシャクであるよね。ここはひとつ、第二天文台を花火にでもして盛大に打ち上げ、卒業する空学生徒への贐にでもしようか? -- ルィンディ 2014-03-09 (日) 23:48:47
      • やるの? ……やるなら一応職員室で許可取って来るけど。 -- イザヴェル 2014-03-09 (日) 23:49:46
      • ……ぶちょー……派手 -- さら 2014-03-09 (日) 23:50:39
      • 打ちあがるのか、ここ……? (そういえば、やってやれないこともないメンツだったなあと思い出す) -- 2014-03-09 (日) 23:51:24
      • あー、でもイザヴェルと私の入籍とかはまだであるからして。イザヴェルは大学へ進学するようであるし、私は治癒師としてここにとどまり、世界中をめぐって人々に癒しを、と考えているのである。そのうち、エリュシオンの住民台帳にでも改めて提出を……。
        あっうん。それは置いといて。(置いといて、というジェスチャー)
        誰かの手にかかる、というのもやっぱり気に食わん。……べつに、最後に盛大な実験をやると言えば許可ぐらいとってこれよう? ……やる? -- ルィンディ 2014-03-09 (日) 23:52:31
      • ……なるほど……2人は、最終的に、ここで、暮らす、と……
        ……どうせ壊される、なら……やっちゃう……(こくこく) -- さら 2014-03-09 (日) 23:55:41
      • 私のぐーたら部屋をふっ飛ばしたいんだね君たちは。全くイチャイチャばかりかと思ったら大規模破壊の計画とは…
        まあいい、一緒に打ち上がるとするさ(ごろり) -- メイクレア 2014-03-09 (日) 23:56:17
      • やるに一票。折角だ、こいつも星にしてしまえ。 -- 2014-03-09 (日) 23:57:50
      • 花火はどんな色がいいかな。炎色反応ならなんでもござれだが(当然のようにやる気だ) -- エイベル 2014-03-09 (日) 23:58:36
      • 光の魔導器は手に入れました。どんな色の光もお任せください。(にっこり) -- ユヅル 2014-03-09 (日) 23:59:20
      • こないだは交際関係じゃないって言ってたのにこれだからなこいつら…(イキイキとした顔をして既に準備に取り掛かっている天才)
        それぞれ色言ってくれ、自分のパーソナルカラー的なものでもいい。それに合わせた色の火が散るようにすっから -- ロア 2014-03-09 (日) 23:59:30
      • 随分住み心地が良かったであるが、第二天文台は役割を果たしたのである。きっと -- ルィンディ 2014-03-10 (月) 00:02:24
      • 俺最後の冒険でよりによって闇の指輪拾ったんだけど。
        閑話休題、俺は紫で頼む。 -- エイベル 2014-03-10 (月) 00:04:07
      • (噛んだ)きっと、何十年来の寿命を迎えたであるよ。私の氏族では、死んだ者は空にのぼって星になるというのであるし、こいつも星にしたげればよい。
        ここに集まってる面子がいれば、なんでもできそうであるしなー。材料から理論から技術まで揃っている。あ、ロア。私は白でお願いするであるよ。 -- ルィンディ 2014-03-10 (月) 00:05:09
      • ……白が、かぶる……(白って言おうとして) -- さら 2014-03-10 (月) 00:06:06
      • 適当に色合いを変えればいいだろう。青みがかったイメージだよ、さらのは。
        俺はなんだ……? 黄色? 緑? 青なのか……? これが迷走というやつなのか……? -- 2014-03-10 (月) 00:08:38
      • じゃあ黒で。キシィが現れるといいけど。 -- イザヴェル 2014-03-10 (月) 00:09:52
      • ……ん……じゃ、それで……鳶は……さら的に……緑……? -- さら 2014-03-10 (月) 00:10:04
      • じゃあ僕は紫にしましょう。 -- ユヅル 2014-03-10 (月) 00:11:10
      • 俺から見ても鳶は緑だな。気持ち黄緑寄りの。
        オイユヅル俺とかぶったぞ -- エイベル 2014-03-10 (月) 00:11:51
      • 灰色、というのができるのならば灰色にしたくあるが。可能なんであろうか、その場合……? -- ルィンディ 2014-03-10 (月) 00:12:05
      • ……キシィは、赤……?
        ……わかってた、けど……ちょー、偏るね、色…… -- さら 2014-03-10 (月) 00:12:45
      • これで打ちあがったときに濁ってたら大笑いだな! -- 2014-03-10 (月) 00:14:12
      • パーソナルカラーかぶりすぎ問題!! もっと言うと黒とかやりたいけど、黒い光、黒い光ってなんだ。
        鳶は私も緑……というか、黄緑? 鳶なんて名前なのにうぐいす色のイメージがあるのである。髪色のせいであろうか。 -- ルィンディ 2014-03-10 (月) 00:14:23
      • 俺を、俺達を誰だと思ってる。俺とエイベルとユヅルの力を結集して出来ない事なんてなかろう、この天才と愉快な仲間たちに不可能はない…!
        …っていうか俺こそカラー何だよ全然俺自身の色にイメージねえよ -- ロア 2014-03-10 (月) 00:15:34
      • ……濁ったとき、は……ロアに、あやまって、もらう -- さら 2014-03-10 (月) 00:15:45
      • ……魔導器、なら……さら、炎も、光も、雷も、ある -- さら 2014-03-10 (月) 00:16:39
      • 黄色黄色黄色って、カレーキャラ押されてるみたいで複雑だな……。
        ロアはほら ほら、ええと。 なんだ……? ほら。 な。 -- 2014-03-10 (月) 00:17:38
      • (許可証貰ってきた)銀色でいいんじゃない。メカだし。 -- イザヴェル 2014-03-10 (月) 00:18:45
      • ロアは……焦げ茶色……?? 強いていうなら???
        おう、じゃあ私は灰色で……。黒でもない白でもないっていうのが、いまの私の心境にベストマッチしててすてき。 -- ルィンディ 2014-03-10 (月) 00:19:40
      • ……許可……場所が変わっただけ、で……身内…… -- さら 2014-03-10 (月) 00:20:14
      • じゃあ僕赤で……キシィさんとかぶりますね!? -- ユヅル 2014-03-10 (月) 00:20:40
      • 僕青や緑ってガラじゃありませんし……うーn。(悩む) -- ユヅル 2014-03-10 (月) 00:22:11
      • ユヅルが赤紫、俺が青紫でどうだ。 -- エイベル 2014-03-10 (月) 00:22:15
      • いまのところ、白、灰色、黒、赤紫、青紫、赤(暫定)、緑か黄色……?? メイクレア先生は水色のイメージ。あっちで不貞腐れているが勝手に混ぜちゃうである。
        なんだか意外とカラフルに纏まりそうな感じが……!! -- ルィンディ 2014-03-10 (月) 00:26:20
      • びっくりするほど俺の色のイメージ無くて笑うわ。いいよもう茶色で。銀だとルィンの灰色と被るし若干。光沢再現は流石に無理があるしな… -- ロア 2014-03-10 (月) 00:26:30
  • 魔法研究会 1月
  • 魔法研究会
    • 今何月なのか時間の感覚がなかった。
      おかしいな、毎日研究していたはずなんだけどな……ウラシマ効果か……? -- 2014-03-02 (日) 22:35:10
      • まだなんか3年の冬みたいな気分なのに気がついたら4年の春とか笑っちゃうである!(死んだ目で辞書を捲る部長)
        ほんとおかしいよな……なんでだろう。毎日座ってるはずのこの椅子がひどく懐かしい。 -- ルィンディ 2014-03-02 (日) 22:41:27
      • もっと使ってやれよ! 研究職だろ!? いや……待て、俺たちは毎日ここを利用していた。そうだな。
        今なら誰と会っても懐かしいとか口走りそうだが、なんだどういうことだ……。 -- 2014-03-02 (日) 22:43:13
      • ……あまりに、日常……すぎ、て……わすれてる……(隅ちょで読書) -- さら 2014-03-02 (日) 22:45:19
      • いま四年の春と言いましたが訂正します。夏です。8月です。 -- ルィンディ 2014-03-02 (日) 22:45:54
      • 真夏じゃないか!! ばか!!! -- 2014-03-02 (日) 22:47:30
      • さら、さらだ! 久しぶりに見た気がするぞ。昨日も一緒にゲームをしたような気がするんだけどな。無茶苦茶強かった気がするんだけどな。
        ジェラードとかいうキャラでのわからん殺しがな、技が多すぎるせいでまったく対応しきれなくてな……。
        たしかそういう日々だった。(きっと) -- 2014-03-02 (日) 22:48:59
      • あとエイベルはおっぱいを追っかけていた。(きっと) -- 2014-03-02 (日) 22:49:20
      • そうであるよな……さらとも毎日ぐらい顔を合わせてたはずだもんな。そんな幸せな日常が当たり前すぎて、ふと、不安になってしまったのであるな。
        やめてください。冒険で拾った武器と学園ダンジョンで拾った道具を積み重ねていった結果武装がわけわからんことになったキャラの話は……!!(悶絶) -- ルィンディ 2014-03-02 (日) 22:58:16
      • 仁義という剣士さんがね、三刀流の剣士と決戦しててね。それはそれは楽しかったんですよ。 -- ユヅル 2014-03-02 (日) 22:59:37
      • 学者系魔法キャラかと思ってpickしたのに、何しても何されてもゲロ吐いてやられるキャラなんて考慮しとらん……。
        あと何のキャラがいたかな。いいゲームだった。今度暇なときにまたやろう。(妄想を) -- 2014-03-02 (日) 23:02:41
      • 変な眼鏡したカーってキャラが俺好みのテクニカルな感じで面白かったな。設置技ばっかだけど無闇にでけえからリーチ長いし -- ロア 2014-03-02 (日) 23:03:57
      • ……今までのこと、思い出す会、に……なってる……
        ……ええと……鼠、は……どうなったん、だっけ…… -- さら 2014-03-02 (日) 23:03:58
      • レッドとかいうキャラ、(夜勤)って書いてあってpickできなかったんだけど隠しキャラだった? -- 2014-03-02 (日) 23:05:52
      • 鼠……? ああなんかいた気がする……。なんだっけあの……。 -- 2014-03-02 (日) 23:06:17
      • このダークブリンガーとかいうの使うキャラなんだけど、闇傑って結局なんて読むの? -- エイベル 2014-03-02 (日) 23:13:13
      • やめろ! それは危険だ!! -- 2014-03-02 (日) 23:16:07
      • ……(夜勤)、は……やめたげてよぉ…… -- さら 2014-03-02 (日) 23:17:52
      • そのキャラスピードばっかで攻撃力対してねえ糞キャラだから使わない方がいいわ… -- ロア 2014-03-02 (日) 23:19:04
      • そのスピード挨拶まわりぐらいでしか生かしてなかったのでは。 -- 2014-03-02 (日) 23:20:08
      • はいはいやめやめ! この話はもう終わり! 店じまいだよ!!!!!! -- 2014-03-02 (日) 23:20:25
      • 何のテンションだよ。 -- 2014-03-02 (日) 23:20:37
      • すごい痛みが私の中に去来してきてるである。たぶんあんけつじゃない? あとそのキャラ最後ソードマスターヤマト展開するからシナリオモードには手を出さないほうがいいであるよ。
        何のテンションだったのであるかこれは!! もういい、私は研究に戻らせて貰う! -- ルィンディ 2014-03-02 (日) 23:32:20
      • 研究してたんだ……。 -- ユヅル 2014-03-02 (日) 23:40:45
      • お前何の部だと思ってたんだ!? -- 2014-03-02 (日) 23:42:22
      • ……ルィンディさん弄り倒し部? -- ユヅル 2014-03-02 (日) 23:45:35
      • 今だから言える…俺、ルィンディの白魔術…研究させてもらおうと思って何時行こう何時行こうって思ってたんだけどさ…
        こいつ常に忙しそうで…その、行く機会が…無くて… -- ロア 2014-03-02 (日) 23:46:53
      • 俺たち超マブだからお互いに研究とかし合う仲だし。おかげで宿敵倒せたし。行間で。
        そんなものでいいんだ。 -- 2014-03-02 (日) 23:50:25
  • 魔法研究会 2月
    • (ガラッ)
      聞きたいことがある。誰かいるか? -- アルベルト 2014-02-24 (月) 21:46:46
      • はい、どうしましたアルベルトさん? -- ユヅル 2014-02-24 (月) 21:50:51
      • うむ。こいつ(頭の上のヒナを指差し)の正体だ。先日召喚したものの結局正体がさっぱりでな・・・(頭の上のヒヨコは先日よりも結構でかくなっている) -- アルベルト 2014-02-24 (月) 21:52:38
      • ああ、僕がモーラットを召喚した時の。……普通、この世界のものではないとするなら召喚媒体ないし召喚師本人に縁のあるものが召喚されるものですが…… -- ユヅル 2014-02-24 (月) 21:59:34
      • 縁がある、というのは鳥つながりなのだろう・・・媒介は羽を使ったしな。
        しかしヒナにしては成長速度が速すぎる・・・この前まで手乗りサイズだったのが今じゃちょっとしたボールくらいあるぞ。 -- アルベルト 2014-02-24 (月) 22:01:04
      • まあ、僕なんかはナノナノならまだしもモーラットが出てきましたからねえ
        ……成長速度に関してはそういう生き物なんでしょう。呼ばれてもその生物はその生物のままですからね。……ひょっとして鳥類ではなく幻獣のたぐいかも? -- ユヅル 2014-02-24 (月) 22:05:04
      • 幻獣なのか?(ヒナに問うがヒナはそ知らぬ様子で寝ている)
        ・・・一応言葉は理解できてるようだからそこらの鳥、というわけじゃなさそうだ。
        ヒナのクセにえさをやたら食うから最近食費がバカにならないで困ってる・・・。 -- アルベルト 2014-02-24 (月) 22:08:27
      • (スッ)成長速度的に巨大化すると考えればロック鳥とかが思い当たるが。
        俺たちよりもロティア先生のほうが詳しい気はするな。専門だし。 -- エイベル 2014-02-24 (月) 22:09:53
      • ロック鳥?でっかくなるのか?(エイベルにすばやくアイサツをする)
        ふーむ、確かにここは魔物に詳しい、といった人物の話は聞かないな。 -- アルベルト 2014-02-24 (月) 22:11:43
      • 成長速度的には有り得ない話ではないですが……送還はしないんですか? -- ユヅル 2014-02-24 (月) 22:14:26
      • ドーモ(奥ゆかしいオジギ)象とか捕まえて飛ぶって話だぞ。 -- エイベル 2014-02-24 (月) 22:15:54
      • 厳重であれなんであれ生き物には変わらんだろう。・・・すっかり懐かれてしまったし情も移るというもの。
        まぁ何とか育ててみるさ。 -- アルベルト 2014-02-24 (月) 22:16:55
      • ・・・ぞうを?ずいぶんでかいな・・・?(おのれの頭の上で幸せそうに寝ている雛を見て) -- アルベルト 2014-02-24 (月) 22:17:59
      • デカイ鳥でパッと思いついたのがそれだったって話で、俺はぜんぜん詳しくないからな。アテにならんぞ。
        何かわかってねえと病気したときとか困んだろうし、専門家に聞いてハッキリさせたほうがいいとは思う。 -- エイベル 2014-02-24 (月) 22:23:27
      • まぁなんにせよ正体をはっきりさせないといろいろ面倒だからな、アドバイスありがとう二人とも(オジギして礼を述べる)
        ではセンセイのところにいって聞いてくるか。邪魔したな。(ピシャッ) -- アルベルト 2014-02-24 (月) 22:25:26
      • お疲れさん。何か分かったら教えてくれよな(見送った) -- エイベル 2014-02-24 (月) 22:26:27
      • 天才は遅れて登場するもの、と思ったら既に話が終わっていた時の天才の表情。 -- ロア 2014-02-24 (月) 22:33:06
      • (優しい笑みでロアの肩をぽむ) -- ユヅル 2014-02-24 (月) 22:35:36
      • 別に寂しくなんてねーし、天才だし -- ロア 2014-02-24 (月) 22:43:15
      • 豆食べる? -- エイベル 2014-02-24 (月) 22:45:04
      • 食うわ…めっちゃ食うわ…天才だわ…(ボリボリ) -- ロア 2014-02-24 (月) 22:49:50
  • 魔法研究会 6月
    • おーっす -- ショウコ 2014-02-16 (日) 23:45:04
      • (読んでいた本から顔を上げる)要件があれば聞く。 -- イザヴェル 2014-02-16 (日) 23:50:56
      • ……(隅ちょで本よんでた)おいすー…… -- さら 2014-02-16 (日) 23:51:36
      • どいつもこいつもインドア派だな。ちゃんと太陽浴びてんのか (ピシャンとドアを締めれば天文台には珍しい騒々しさで)
        ここってあれだろ? 魔術とかの研究してるって場所、ちょっと教えてくれよ -- ショウコ 2014-02-16 (日) 23:56:51
      • (さらの方を見る。視線で「説明どうぞ」と促して) -- イザヴェル 2014-02-17 (月) 00:00:09
      • ……まほけん、は……キン肉部と対をなす、存在(今考えた)……インドア、しゃーなし
        ……何、知りたい……魔術師の、弱点、とか……? -- さら 2014-02-17 (月) 00:02:09
      • (奥でごっつい篭手っぽいものの調整をしてた、顔をだす)…すんげえ珍しい顔来たな -- ロア 2014-02-17 (月) 00:03:28
      • 誰がキン肉部だ。別に脳筋って訳じゃねえよ
        いやそうじゃなくてな。誰かバトルトーナメントのときのオレとルィンディの試合を見てたら助かるんだが、
        あいつが使った…えっと。ブリンクだったか? ハンカチを増やした手品みたいな奴なんだけどよ
        あれって幻惑のはずなのになぜか手ごたえあったんだよな。どういうことだったんだ? -- ショウコ 2014-02-17 (月) 00:05:40
      • さらさん。それだと兼部してる僕の立場がないんですが。(苦笑い) -- ユヅル 2014-02-17 (月) 00:05:55
      • ……ノー筋肉、いえすキン肉……オルガ、部長……だし……
        ……手応え……?……ブリンク……本物以外、幻の、はず……(で、あってるよね?と、体験済みのユヅルにきく)
        ……ぶちょーの、魔術……古代の、もの……さら達の、とは……規格、ちがう……不明な点、多い……けど…… -- さら 2014-02-17 (月) 00:09:37
      • ルィンディの術ならルィンディ本人に説明してもらうことが一番であると思う。
        (とりあえず一旦読んでいた本を閉じる)
        手品は種が分かると脆い。同時に魔術師も自らの術の正体を明かすことは、基本的にタブーとされている。
        教えてもらえるかは別として、勝手に憶測を立てさせてもらえば。
        単なる幻覚として魔術を使ったのか、魔力を媒介にして複製したのか変わってくる。 -- イザヴェル 2014-02-17 (月) 00:09:37
      • (あ……めっちゃ言っちゃった……ってかお) -- さら 2014-02-17 (月) 00:10:22
      • あー。無理無理、オレ行くとアイツ奇声あげて気絶すんだよ
        よっぽど女の体にトラウマあるみたいだな。ひでえ話だ (腕を組めば胸を揺らして) -- ショウコ 2014-02-17 (月) 00:11:25
      • 2つの反発する属性をその身に宿す、とか言うとちょっと厨二っぽいぞ良かったなユヅル
        あいつの魔法についてはあいつ自身が語るのが一番だが…というかあいつの使う白魔法って奴は今となっちゃあかなり古い部類に入る魔法でな。しかも奴のところは特殊な進化をしてるっぽいから詳しい説明は出来んが
        要は本来ならば幻影にしか過ぎない虚像に、魔力でもって質量を持たせた。というのが一番簡単に出来る予想だな -- ロア 2014-02-17 (月) 00:12:19
      • 似たような事を三人がかりで言ってるうえに俺めっちゃ遅いっていう。 -- ロア 2014-02-17 (月) 00:12:46
      • ……ぶちょー、ピュアな、だけ……トラウマ、三角締め……さらにも、させて、くれない……
        (浮いてからロアに肩ぽむ) -- さら 2014-02-17 (月) 00:13:17
      • 今日もおひさまぽかぽかで、気持ちがいいであるよー! 6月なのに! エリュシオンの気候操作は天下一品であr
        ld¥¥¥¥ぐげぇあ!!(ショウコを見て腰を抜かす)や、やめてくれ……やめてくれ……その技は私に効く……。 -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 00:16:43
      • ♪(ロアの言葉がちょっと嬉しそう)
        もう少し違う切り口でいってしまえば……気のせいという身も蓋もない説もありますよ。(さすがに4人がかりではあれなので違う説を唱える) -- ユヅル 2014-02-17 (月) 00:16:54
      • よっわー……。 -- イザヴェル 2014-02-17 (月) 00:17:37
      • (ルィンディの惨状にどうしよう、と困り顔) -- ユヅル 2014-02-17 (月) 00:18:27
      • ……ぶちょ…………やっぱり、荒治療する必要……あると、思う…… -- さら 2014-02-17 (月) 00:18:52
      • あ。本人来たから尋問始めるわ、みんないるなら発狂しても戻せるだろうし (腰ぬかしたルィンディの足をがしっと掴んでずるずる引きずる) -- ショウコ 2014-02-17 (月) 00:19:11
      • 落ち込んでないし…(肩ぽむされて震えながら)ユヅル、抱きしめてやれ(野良猫が発情しているさまを見るような目でルィンディ見る) -- ロア 2014-02-17 (月) 00:19:29
      • やべーぞ!! -- ロア 2014-02-17 (月) 00:19:46
      • 私が悪かった……私が……。私がいけないんだ……。(乳揺れが観測されたので、机の下に潜り込んで防御姿勢をとる)
        や、やめろおぉ……。(引きずり出される)鬼である。鬼がいるである。尋問!? なんの!!? -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 00:20:08
      • ……さら、は……後ろを向いて、おる、よ……(くるぅり) -- さら 2014-02-17 (月) 00:21:21
      • かくかくしかじか(現状の説明) -- ロア 2014-02-17 (月) 00:21:36
      • オマエの全てを洗いざらい吐いて貰うんだよ。魔術論から性癖までな (逃げられないように椅子へと座らせて) -- ショウコ 2014-02-17 (月) 00:21:40
      • 声も有害になるかもしれんからヘッドホンしておこうな…(さらの耳にヘッドホンかける) -- ロア 2014-02-17 (月) 00:22:14
      • (とりあえずルィンディを後ろからホールド)
        ほーらルィンディさん僕ですよ、ユヅルですよー。肉ないですよー、男ですよー、怖くない怖くない。 -- ユヅル 2014-02-17 (月) 00:22:31
      • ……ヒリベルトから、きいた……グンパt…… -- さら 2014-02-17 (月) 00:23:04
      • やめい!(ユヅルを振りほどく)毒をもって毒を制すなんてものが罷り通るのは言葉遊びの上だけである!
        えっ、ちょっとまって。私がここに入る前に話してたことと違くない? どうする副部長。私処される? 処される? -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 00:24:42
      • 副部長……? -- イザヴェル 2014-02-17 (月) 00:25:19
      • ……さらも、まほけん部員……(ヘッドホン外そうとする)……てゆか……ショウコ……なんで、ぶちょーのこと……知りたい……? -- さら 2014-02-17 (月) 00:25:50
      • あっ、今気付いたけどキシィも入部してる…(俺達は何も見ていないよ、という優しさアピール) -- ロア 2014-02-17 (月) 00:25:57
      • (「えっ、違うの?」という目) -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 00:26:04
      • (イザヴェルみる) -- さら 2014-02-17 (月) 00:26:57
      • (イザヴェル見る) -- ロア 2014-02-17 (月) 00:27:21
      • それであのときは幻覚に見えるようにしたのか触媒を複製して増やしたのか
        ロアの言うように特殊な魔法使ってるから真似がしにくいのかどうか、教えて貰おうか (肩に手を置いて顔を近付けると、少女の芳香が) -- ショウコ 2014-02-17 (月) 00:27:51
      • こいつがオレの胸見て奇声あげるから10歳未満の少女しか愛せない性癖なのかと思って -- ショウコ 2014-02-17 (月) 00:28:46
      • ルィンディさんロリコンだったんだ……道理で(なっとく) -- ユヅル 2014-02-17 (月) 00:30:15
      • 実は数ヶ月前から参加表明はしてたんですよね!と言う事で何か事件のようですね!(名前の綴りを考えてなくて数ヶ月部員一覧に書いてなかった挙句の果てなんですよ!というサムズアップ) -- キシィ 2014-02-17 (月) 00:31:07
      • 裁判を続ける。被告人ルィンディはそのまま回答を続けるように。 -- イザヴェル 2014-02-17 (月) 00:31:37
      • (キシィ……ミイラにハイエースされたのがそんなに……ってかおで名簿見てる) -- さら 2014-02-17 (月) 00:32:28
      • ……あれ……群発は…… -- さら 2014-02-17 (月) 00:33:56
      • ぎいやあああぁぁぁぁ…………!!(炎天下に2時間晒され続けたミミズのような動き)
        そ、それでは説明しよう。“ブリンク”は、光を使った幻惑魔法である。そして、増えた像はまるでそれそのものが複製されたような動きをする。ブリンクで増やしたハンカチはそれぞれが別々の挙動をとっていたであろ。
        あれは催眠魔法の一種みたいなもので、「そう動いているかのように見せかけている」だけなのである。幻惑魔法を見破れる者が見れば、単なる光の塊に見えるであろうな。
        触れば当然、触られたように動く。まるで実体があるかのようにだ。つまり、ショウコのそれは、手応えが感じられるかのように感じられただけなのである。 -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 00:35:10
      • 女体が苦手なだけなのである……。だが、このショウコが先月来て首をホールドしてきたものだからトラウマが三角絞めから上書きをされて! -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 00:36:37
      • え、まさかの僕正解ですか? -- ユヅル 2014-02-17 (月) 00:37:13
      • うわっルィンディキモい動きしないで。そういうの嫌い。 -- イザヴェル 2014-02-17 (月) 00:38:20
      • なんだかさらちゃんにすごい誤解を受けてる気がするんですけど!……察するにルィンディ君を女の子に慣れさせてるところです? -- キシィ 2014-02-17 (月) 00:38:28
      • 魔術研究会にも女子部員がいるだろうが。ナマ言ってんじゃねえよ (後ろから肩を組めば背中に胸を押し当てて)
        あのとき振り抜けようとしてオレの腕にはハンカチの感触があったのはそれかあ…
        だけど当事者からすれば本物にしか見えないんだよな。実像を作ってないとすればオレが考えてるのは難しいかね -- ショウコ 2014-02-17 (月) 00:39:14
      • ……想像より、複雑な、術だっ、た……現代魔術、だと……デュアルキャスト、相当…… -- さら 2014-02-17 (月) 00:39:48
      • ……きのせい……キシィも、やっちゃう……?(ショウコに押し付けられてるぶちょー見ながら)
        ……ショウコ……なにか、やりたいこと、ある……? -- さら 2014-02-17 (月) 00:42:16
      • 大まかに言えば気のせい、であるな。炎を複製したって熱いような感じがするだけで、触ろうが何しようがなんともならないのである。
        だ、だってそんなこと言われ゜ (「やわらかっ……」「ああああなんか駄目!駄目である!!やめてえええ!!」組み伏せられて乳を押し付けられる彼の姿は、さながら焼き鏝を当てられる罪人のようだ)
        ……いちおう、スペルエンハンスの強化で、一体に集中すれば限りなく実体を持った状態に近いものをブリンクすることは可能なのである。効果時間はそんなに長くはないであろうが……。何を考えている? -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 00:44:25
      • き、気のせいなんですかね……どうすればいいんです?ルィンディ君に近づいちゃうんです? -- キシィ 2014-02-17 (月) 00:46:07
      • ……押し付けちゃうん、です……但し、尋問……出来る、程度、で……
        ……単純な、分身、なら……現代魔術、でも……できそう、だけ、ど…… -- さら 2014-02-17 (月) 00:49:10
      • ユヅルやオマエと再戦するとき、今度は小手先で凌ぐよりも正面から倒してやりてえだろ? その為の下調べってところだな
        (以前ならば再戦相手の前で相談など考えられず、また正面からという発想も誰に影響されたものやら)
        魔術論とかは生憎わかんねえけど、発想だけでも貰えないもんかなって思ったんだ
        …おいもう一度聞くぞ。女アレルギーで男しか愛せないとかじゃねえよな (あまりの悲鳴にプライドが傷つけられたので、胸ならず太股でも挟んでがっちり関節技決める) -- ショウコ 2014-02-17 (月) 00:49:40
      • あんな状況に押し付けに行ったら完全に巻き込まれそうなんですけど!またの機会にしときます! -- キシィ 2014-02-17 (月) 00:55:35
      • ……これは、次の戦い、たのしみ…………ぶちょーが、コレ、克服できていれ、ば…… -- さら 2014-02-17 (月) 00:59:47
      • 成程。百戦危うからず、の格言の前に来るものであるね。対策を練るのは大事なことであるし、そこから学ぶのもまたよいものである。
        違う! 違う! 言うなれば、薬も過ぎれば毒となるというものである!! もっと薄めて!! ソフトな感じで来ないと私には劇薬であr
        あ↑あ↓あ↑あ↑あ↑あ♭……!! く、くるし、やわっ、気、やめやめろ……!(肉体的にも精神的にも追い詰められている) -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 01:00:54
      • 十分ソフトだろうが。…私はオマエから精気吸ってもいいんだぞ? (男勝りから一転、瞳が細まると妖艶な口調を耳元で囁けばそれだけで男としての心をくすぐる)
        (キシィの方を見ればその雰囲気も元にもどってにやりと笑い、) 正面空けといてやるからオマエも触ってみろよ。本当に女体が苦手か確かめてみようぜ -- ショウコ 2014-02-17 (月) 01:05:15
      • どれどれ。(ルィンディの頬を軽く触る) -- イザヴェル 2014-02-17 (月) 01:09:05
      • じゃ、じゃあお言葉に甘えて試しに……(ルィンディの額にぺたっと手のひらを押し付ける) -- キシィ 2014-02-17 (月) 01:11:46
      • ひぐわぁあああ!!(囁かれると耳から硫酸を流し込まれたかのように悶えた。刺激が強すぎるのだ。甘みが、痛みになるほどに……)
        あっちょっと待ってやめてやめて。部長であるよ。部長。やめrああああぁぁぁぁ…………。(小さく柔らかな女性の手に触れられると、震えながら脱力する) -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 01:15:59
      • ダメだこの男……。(最後に一度、ペシリ頬を叩いた) -- イザヴェル 2014-02-17 (月) 01:18:15
      • …女子部員さんよ、こいつは本当に女がダメみたいだぞこれ (どうしようと視線を投げて) -- ショウコ 2014-02-17 (月) 01:18:51
      • (後ろからルィンディの首筋と鎖骨に指先をすっとなぞる) -- ユヅル 2014-02-17 (月) 01:18:55
      • 駄目って言われたのである!!(ちょっと痛い。心はもっと痛い)だいいち、私と同じ状況に置かれたらどんな男でも多かれ少なかれ動揺はするのであるよ絶対!
        オトナノヨユーなんてかましていられないのである!! あ゛ぁあ゛ぁ……。(限界) -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 01:20:10
      • 冷たっ!? ユズルであるな貴様! ええい、見てないで助けろであるー! このままでは! このままでは!! -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 01:21:37
      • このままではどうなるんです。その結果次第で考慮します。(くすくす) -- ユヅル 2014-02-17 (月) 01:25:09
      • そのの意見を尊重しとこう。あ、もう一つここでユヅルの体の方も見てやっといてくれよな
        (ぎちぎちと締め上げる関節技からわざと縛りを緩め、遊びの空間を作るともがけばもがくほどに胸や太股に当たって堪能してしまう自発性To Loveる技を仕掛けておいた) -- ショウコ 2014-02-17 (月) 01:29:23
      • ふむ、ユヅルの。確かに、先程の指先はそこまで冷たくもなかったような。常識的な冷たさであったような?
        (「拘束が緩んだ……!!」彼は刹那の隙を見極めて、ショウコの技から脱出せしめ)(ふにょん むにっ)
        (自らの身体の動きで“それ”に触れたので、彼は頭に血を騰らせ耳をクリムゾンレッドにした)……!!
        「魔法研究会はなんの研究をしているんだ」って言われてしまうのであるこのままでは!! やめて!! よして!! お願いだから!! -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 01:34:05
      • ……
        イザヴェル裁判長。被告人はこう言っていますがどうします? -- ユヅル 2014-02-17 (月) 01:36:18
      • (んん、と甘い声をわざと漏らせば胸を押さえながら立ち上がる。もちろんわざとだ)
        ユヅルの不調の原因もここなら探れそうだからな。部員ならちゃんと面倒は見てやれよ?
        (ルィンディを含めた部員たちに相談に乗ってくれてありがとうよといえば掌をふって魔術研究会を後にする) -- ショウコ 2014-02-17 (月) 01:37:24
      • (そして彼の屍だけが残った) -- ルィンディ 2014-02-17 (月) 01:38:20
  • 魔法研究会 5月
  • 魔法研究会 2月
    • (自給できるよう菓子を作ったら分量を間違えてだだあまりになったため、チョコレートケーキを夜食チェストにぶっこんでおく)
      (「男女隔てなく全員で分けるように」というメッセージカードを添えて) -- イザヴェル 2014-02-12 (水) 23:47:59
  • 魔法研究会 1月
    • たのもー?なんですけど!以前ヴェルちゃんに誘われてたので、遅ればせながら見学に来たんですけど! -- キシィ 2014-02-11 (火) 22:42:57
      • (机からむくりと顔を起こして)いらっしゃいなんですけど!……当のイザヴェル今いんのかアイツ -- エイベル 2014-02-11 (火) 22:52:33
      • 来ちゃった……なんですけど!エイベル君ってなんとなくまほけんって言うより超人レスリング部って感じなので意外だったですけど! -- キシィ 2014-02-11 (火) 22:54:56
      • 超レは入部届はもらったが結局入ってないな……。
        体育祭で俺の試合に来ていたような覚えがあるから見てたと思うが、武器出してたアレは魔術だからな。勉強もするし研究もする。 -- エイベル 2014-02-11 (火) 22:58:42
      • よく来た、歓迎する。部室自体はどこにでもある普通の部室だと思うので、過度な派手さは期待しないで欲しい。 -- イザヴェル 2014-02-11 (火) 23:00:42
      • (「どこにでもあるふつうの……?」観測器具の手入れをしていた彼は、小窓越しにエリュシオン全体を展望できる景色を見た。「普通の……?」) -- ルィンディ 2014-02-11 (火) 23:04:46
      • まぁ魔法っぽいですよね、手品とかだったら寧ろエイベル君に弟子入りしたいくらいでした!
        こんにちはヴェルちゃん、魔導器ももらったし来てみました!……そうですね、もっと薄暗くて魔法陣と数式でいっぱい!みたいなのを想像してました -- キシィ 2014-02-11 (火) 23:04:50
      • 手品の研究でもするか……。 -- エイベル 2014-02-11 (火) 23:05:44
      • エイベル。自分を見失わないで。 -- ルィンディ 2014-02-11 (火) 23:08:38
      • ルィンディ君の試合も見ましたよ!あの詠唱ってかっこいいですよね……自分で考えたんですか?(割と本気でそう思ってる表情)
        ま、魔法ならそれでいいんですよエイベル君!今からジャンルを変えなくても! -- キシィ 2014-02-11 (火) 23:10:25
      • (顧問部屋から湧いてくる)君たちにお年玉をあげよう(丸いお餅を配る)食べると魔力が+1だぞ
        そういえば体育祭とやらはどうだったんだい -- メイクレア 2014-02-11 (火) 23:11:43
      • 鳩をどうやって出したものかもよくわからないしな……。やめよう。
        わあい先生ありがとう。……二人揃って準決勝敗退ですが……? -- エイベル 2014-02-11 (火) 23:13:58
      • ああ、そういった複雑なのが見たかったのなら俺のノートでも見るか? 多分何が書いてあるのかサッパリわからんぞ。 たまに自分でもわからん。
        (鳶のノートには適当に描き殴っただけのイラスト数点と、本人すらも読めないというぐちゃぐちゃした数式と文字がびっちりと書き込まれている)
        人体に影響を及ぼす寄生体を、人体になるべく害を与えず寄生体だけ殺すには、どうするべきか……という研究なんだ。
        科学的アプローチと魔術的アプローチの二点を同時に進行しているんだが、これがどうにも難敵で困っている。 -- 2014-02-11 (火) 23:14:38
      • (そういえばこいつら研究してるの? 彼はそんな顔をしていた) -- 2014-02-11 (火) 23:15:20
      • あれはもともと部族の言葉で織られている成句を翻訳したまでであるよー。(窓を拭き拭き)ふぅ。(口元を拭う)(「これは……血……?」「私の流したものではない。次元の外の誰かの血であろうか……」)
        えっ、体育祭。(顔が一瞬曇り、エイベルと顔を突き合わせる)めちゃくちゃ楽しかったであるなぁ! お餅ありがとうである! 伸びるもちって大好きであるね! -- ルィンディ 2014-02-11 (火) 23:15:33
      • ほら窯とか蛙の干物とかないし。
        ここは基本的に各々が見識を深めたい事柄について勝手に研究をしている。
        各々に聞けば専門的な話をしてくれるはず、たぶん。
        キシィは今魔法について興味を持っていることは? -- イザヴェル 2014-02-11 (火) 23:18:07
      • (白魔法の研究をしているが、古語で書かれた羊皮紙の魔導写本を解読する作業をずっとしてるため非常に地味) -- ルィンディ 2014-02-11 (火) 23:18:49
      • 文献渉猟の段階からそろそろデータ取りに入らんとしているが、機材がな。
        借りに行こうかとも思っている(空中学園都市には複数の学園がある。魔術師の学園ならあるのでは的な考え) -- エイベル 2014-02-11 (火) 23:19:17
      • せんせぇ!私部員じゃないですけど食べていいですかせんせぇ!
        ……トビ君!これすごいですよトビ君!さっぱりわかりません!でもその研究テーマは面白そうですね、寄生虫だけ呪い殺したいっていうのをどっかでききました! -- キシィ 2014-02-11 (火) 23:19:20
      • ……ちゃんと、研究、してるので、ある……(隅ちょに座って魔導書ぱらぱらみてる) -- さら 2014-02-11 (火) 23:20:11
      • さらっと流しているようだが本当に魔力が底上げされるからな、その餅
        魔法研究会からベスト4に二人も行ったというのは凄いんじゃないのかい?しかも魔術祭でなく体育祭なんだろう? -- メイクレア 2014-02-11 (火) 23:20:32
      • ちなみにこの寄生体、無理に取り出そうとすると宿主を殺して自害する。 おかげさまでサッパリだ。 -- 2014-02-11 (火) 23:20:44
      • なるほどー、結構めるひぇん?な部族の方なんですね!私としては今は戦うのに役立つ魔法に興味があります、具体的にはどれだけ早く魔法を発動するかみたいな
        あとは実家に伝わる術をちょっとですね、強くしたいです! -- キシィ 2014-02-11 (火) 23:21:32
      • ……さら、も……餅を、所望、する……(魔力底上げと聞いて) -- さら 2014-02-11 (火) 23:21:40
      • なんだ、エイベル。 遠出するなら是非俺の分も頼む。 密教の呪(まじな)いあたりでひとつ。 -- 2014-02-11 (火) 23:22:14
      • 実家に伝わる術か。 面白いね、是非聞いてみたい。 どういう術なんだ? -- 2014-02-11 (火) 23:23:01
      • 頼まれてやらんでもないがもう少し具体的にいってくれ。どんなまじないがいいんだ
        即時発動なら俺の研究してるヤツが一応そうだが、大雑把にいって一つの魔術しか使えなくなっちまうからな。別のアプローチがオススメだ -- エイベル 2014-02-11 (火) 23:24:32
      • マジで……。(びろーん)あ、なんか心持ち精神のキャパシティが増えたような。……実質魔法研究会が3位というわけであるが。全力で戦ったのに負けて悔しいって気持ちはあるであるよー……。
        その寄生体なぁ。宿主の抵抗力を上げて、内側の抗体などに任せて徐々に殺すことはできないだろうか。 -- ルィンディ 2014-02-11 (火) 23:25:19
      • 早く魔法を発動するにはな。まず、早口言葉の練習をするである……。 -- ルィンディ 2014-02-11 (火) 23:26:09
      • 『呪術師手術中』(自分で言わない、合成音声をスマホで再生)……を、100回……噛まずに言う、練習…… -- さら 2014-02-11 (火) 23:27:36
      • ほうなんれふへー、ほれはやっはいれふへー(寄生虫の話に返答しながらお餅もっちもっち)
        そうですねぇ、二つあるんですけど今の所は音波の術ですね!声がすごく高くなります!(それだけではないけど)一つしか使えないと不便そうですね、もう時間がかかるものと割り切ってスタイルを変えるのがいいかもです -- キシィ 2014-02-11 (火) 23:28:22
      • 餅はいくつかあるからみんなで食べていいぞ。ただし魔力アップは最初の一回だけだけどな
        若いってのはまぶしいねぇ……全力なんて全力で出したくないな、先生は -- メイクレア 2014-02-11 (火) 23:29:23
      • 特定対象のみを滅ぼすものがいい。 細胞でも存在でも構わない。 もしくは、特定対象を変化させるものか。
        理論上はそれで寄生体を無害化することも、体内で吸収されるようにすることもできるはずだ。 -- 2014-02-11 (火) 23:29:58
      • じゅじゅちゅちしゅじつちゅう。 -- エイベル 2014-02-11 (火) 23:30:09
      • じゅじゅつししゅじゅつちゅう じゅじゅつししゅじゅつちゅう……(端っこで100回繰り返している) -- ルィンディ 2014-02-11 (火) 23:30:10
      • じゅじゅちゅちしゅじゅじゅちゅー! -- キシィ 2014-02-11 (火) 23:30:50
      • 宿主自体の抵抗力を上げた場合、寄生体との根競べになってしまい宿主そのものへの負担が心配だ。
        よってその案は一時保留にしてある。 -- 2014-02-11 (火) 23:31:47
      • こういう様を見ると音声や詠唱がを起動条件になる魔術師の苦労が偲ばれる。 -- イザヴェル 2014-02-11 (火) 23:33:06
      • 女ウケを狙っている奴がいる。それも二人もだ! お前たち、そこまでして来月に甘味を食べたいか……?
        それほどの覚悟があるのなら、俺はもう何も言わない……。 -- 2014-02-11 (火) 23:33:18
      • きせいたい?と仲良く暮らすのは無理なんです?その影響っていうのを抑えちゃえば元気に暮らしていけないでしょうか、ちょうないさいきん?みたいに! -- キシィ 2014-02-11 (火) 23:34:02
      • 害虫駆除にその害虫にだけ感染するウィルスを撒くというのを聞いたことがある。体の中に応用できるかは知らん。 -- エイベル 2014-02-11 (火) 23:34:08
      • 何せ発見されてからそう年月が経ってないらしいからな、難しいところだよ。
        出た案はまた改めて考察してみる。ありがとう皆。 -- 2014-02-11 (火) 23:35:32
      • ……寄生体、相手は……さらは、専門外……正確な位置、特定……できれば……ピンポイントで、魔術による……破壊……?
        ……ちなみに、さら、は……無詠唱型……早口は、いらない……(呪術師の時点で噛む) -- さら 2014-02-11 (火) 23:35:43
      • 詠唱くらいなら事前に済ませておく魔法使いも多いよ。私は自作のアーティファクトに殆ど任せているパターンだね -- メイクレア 2014-02-11 (火) 23:36:23
      • 私は魔法陣描いたりするので動きも早くしないと……あ、もしかして前もって体に描いておけば! -- キシィ 2014-02-11 (火) 23:39:09
      • じゅじゅつししゅじゅつちゅう、じゅじゅつししゅじゅつちゅう、じゅじゅつししゅ(中略)つちゅう、じゅじゅつししゅじゅつちゅう、じゅじゅつししゅじゅつちゅう、(隅っこのほうでひたすら明瞭かつぼそぼそと) -- ユヅル 2014-02-11 (火) 23:39:23
      • 電力を媒体に呪印をオートで刻む機構をつくって刀に搭載してみたが、破壊力が一辺倒すぎて実用化を取りやめたことがある。
        吊るした冷凍肉で試し切りしたら、ミンチめいて粉みじんと化した。加減の出来ない道具は駄目だ。 -- 2014-02-11 (火) 23:39:47
      • そのボディペイント、犯罪の臭いが凄まじいんだが……? (お昼時に放送できるやつ?) -- 2014-02-11 (火) 23:40:33
      • タトゥーシールが思い浮かんだ俺は健全だったようだ。紙とかでもいいんじゃないか。 -- エイベル 2014-02-11 (火) 23:41:40
      • その刀、特許取れば工事道具として売れそう。 -- イザヴェル 2014-02-11 (火) 23:41:50
      • 世に出すには危険すぎるのと、大量生産できないから無理だな。残念ながら。 -- 2014-02-11 (火) 23:42:58
      • なんだい、撃墜マークとか猥褻な単語でもペイントする気かね。別にかまわないが -- メイクレア 2014-02-11 (火) 23:43:33
      • ……キシィは、下腹部に、書くと……破壊力、ちょー、上がる……けど、リスク、高い、から……オススメ、しない……
        ……ミンチで、済んだら……別の使い道……あった、のに…… -- さら 2014-02-11 (火) 23:44:20
      • 先生、ここは健全な部活です! 正の字なんてありはしませんよ!! -- 2014-02-11 (火) 23:46:45
      • 犯罪とかじゃないので!ほら、これもそういうのなので!ごうほう?なんですけど!(頬のシールを指して)
        げ、げきついまーく?お腹にかけばいいんです? -- キシィ 2014-02-11 (火) 23:47:00
      • 正の字を書くと不健全になるんですか、鳶さん?(ボギッと首を傾げて) -- ユヅル 2014-02-11 (火) 23:47:58
      • 魔法研究会は極めて健全であり猥褻が一切ない。いいね。 -- イザヴェル 2014-02-11 (火) 23:48:11
      • このままでは魔法研究会が性魔術を研究しているカルトな団体と認識されてしまうのである!
        ここは間をとって、白い薄手の水着をまず着てもらい、そこに7色の水性マジックで本人に好きに落書きをして貰う感じで。 -- ルィンディ 2014-02-11 (火) 23:48:56
      • アッハイ。……自分がサキュバスであることを自分も忘れそうになるよ、健全すぎて -- メイクレア 2014-02-11 (火) 23:49:21
      • ……真面目に、描くとしたら……頭に近い、顔、か……打ち出す箇所、最も近い、手……または、腕、が……一般的……
        ……広い面積、必要で、体に描く、場合もある…… -- さら 2014-02-11 (火) 23:49:54
      • このひとたちのいうことをまにうけてはいけない。いいね。 -- エイベル 2014-02-11 (火) 23:50:07
      • さらさん、呪紋でしたら慎三の上、というパターンもアリでは? -- ユヅル 2014-02-11 (火) 23:51:35
      • あとこんな状況で言うのもなんであるが、入部希望の気持ちがこんな状況でも萎えていないのであれば、空いた時間にでも向こう(↓)にある名簿に名前と必須要項を書いて欲しいのであるよ。 -- ルィンディ 2014-02-11 (火) 23:51:58
      • 顔だとしたらシールの下ですかねぇ……広くなると背中ですか?誰かに描いてもらわないとですねぇ
        自分ではよく分からないので、調べるか描いてもらうかしたいですね!誰か体に紋章とか書いてる人がいたら教えて欲しいです! -- キシィ 2014-02-11 (火) 23:53:25
      • じゃあ猥褻から離れた話をこころがけよう…術式や魔法陣を描くなら、体の中だと見た目が変わらなくてお勧めだぞ。ここにその設備があるかはしらないが -- メイクレア 2014-02-11 (火) 23:53:58
      • 私は背中に入墨があるであるなぁ。蛇の。これが、詠唱を翻訳……みたいなことをしてくれているである。 -- ルィンディ 2014-02-11 (火) 23:56:29
      • ……脱がないように。 -- イザヴェル 2014-02-11 (火) 23:59:36
      • ……誰……ってすこし、なやんだ……
        ……さら、は……脳内、で……術式構築、展開……数学、得意じゃない、と……オススメ、できない…… -- さら 2014-02-12 (水) 00:00:09
      • 数式が苦手なら印術がオススメできる。あれは記号の集合体だから、人によっては文字よりも楽だな。
        ただし数式と違って他人と共有し辛いという点もある。 -- 2014-02-12 (水) 00:03:14
      • 脱がないであるよ!? 貴様、私をなんだと思っているである! そんなスパイシーじゃあるまいし! 裸マフラーをユニフォームにしたりしないのである! -- ルィンディ 2014-02-12 (水) 00:04:18
      • そうですね、そろそろ部活も何かって思ってましたし!後で書いておきます、入部届け!
        か、体の中って言うのはまたなんだか痛そうですね……刺青もですけど!針を刺して色付けとか!かと言って数式もさらちゃんみたくは行かないですし……やっぱり魔法陣っていうかその記号を描いておくのがいいのかもですね、私の場合 -- キシィ 2014-02-12 (水) 00:06:17
      • 術式の文様を簡略化して、掌にでも書いておけば見栄え的にも問題はないかと思われる。 -- イザヴェル 2014-02-12 (水) 00:09:55
      • 手のひらっていいですね、なんとなく手から出そうですし魔法って!手汗さえなんとかできれば……!(戦闘中は緊張して杖を握り締めるタイプ) -- キシィ 2014-02-12 (水) 00:14:25
      • やり方にもよるが手術みたいなものだから痛くはないさ。呪術師手術中(早口)君たちは心臓に術式描いたりしないんだな -- メイクレア 2014-02-12 (水) 00:17:00
      • 門外漢ですからね、俺は。 知り合いには結構いましたが……効率化するために全身を機械に置き換えたり、別の生き物からパーツを移植したり。 -- 2014-02-12 (水) 00:19:25
      • せ、先生は描いてるんですか?心臓に……見たいような絶対に見たくないような! -- キシィ 2014-02-12 (水) 00:21:54
      • 凄いことやってるであるな。入墨ぐらいぜんぜん普通であるな。 -- ルィンディ 2014-02-12 (水) 00:25:17
      • いや、私はそんな事しなくてもいいタイプと流派だったから……発動の簡略化は得意な知り合いがいたがなあ、残念ながら酒場の街にいる人だ -- メイクレア 2014-02-12 (水) 00:28:03
      • 刺青とか心臓とか、移植とか機械とかは怖いです……やっぱり描くかシールか、にしておきます!あとはどこに描くかだけですね……! -- キシィ 2014-02-12 (水) 00:45:07
  • 魔法研究会 12月
  • 魔法研究会 11月
  • 魔法研究会 10月 部長とエイベル一回戦突破おめでとう会
    • 俺も突破したんですけど!! -- エイベル 2014-02-09 (日) 01:28:13
      • おめー(棒読み) -- ロア 2014-02-09 (日) 01:29:09
      • ふあはははは! これで我が魔法研究会の部員がベスト3に入ることは確定である! 覇権握る日も近いね! -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 01:29:20
      • (人数分のコップにコーラ注いでる) -- さら 2014-02-09 (日) 01:31:04
      • なにその気のないお褒めの言葉!文字もちっちゃいんだけど!! -- エイベル 2014-02-09 (日) 01:31:24
      • 時に先程観客席で魔法ないし魔法研究会に興味持ってる生徒が何人かいたので勧誘は今だと思われる部長。
        勧誘とまではいかなくても魔法理論的な講義をするだけで十分アピールになると思う部長。 -- イザヴェル 2014-02-09 (日) 01:31:41
      • だってオラ…駆けつけた時にはエイベルの試合…終わっててルィンとユヅルの試合しか見てないから… -- ロア 2014-02-09 (日) 01:32:31
      • おう……なんとサイズ6で書かれているのである。普段お目にかかれない大きさであるね。おおさら、気が利くのである。(炭酸抜きでないコーラを飲む) -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 01:32:40
      • ……エイベルも、おめでと……(飴ちゃんあげる)
        ……ん、今回で、まほ研……随分名前、売れたと、思う…… -- さら 2014-02-09 (日) 01:33:55
      • うんごめんな……。そういうこともあるよな……。
        これは実際マーケティング的にも正解ですよ!(コーラ飲みながら)サンキュー -- エイベル 2014-02-09 (日) 01:34:05
      • 重ねてサンキュー(飴ちゃん転がす) -- エイベル 2014-02-09 (日) 01:34:42
      • 橿原弓弦、橿原弓弦? 死んでる……。 -- イザヴェル 2014-02-09 (日) 01:35:05
      • ゾンビパワーが切れたのではないか。 -- エイベル 2014-02-09 (日) 01:37:03
      • ……ゾンビの死、とは…… -- さら 2014-02-09 (日) 01:37:04
      • あいつ、試合の後なのに私に魔力分けたりするから……。 -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 01:39:21
      • 天に帰ったか、ユヅル。(遠い空へ黙祷を捧げる)
        しかし思いの外動けるという事に驚いたぞルィン。鍛えているようだな… -- ロア 2014-02-09 (日) 01:41:07
      • ……さら、は……同行したとき、ちょと、見てた……だから、ユヅルが動けてた方が、少し、びっくり…… -- さら 2014-02-09 (日) 01:42:57
      • ともあれ、魔法研究会の名前も響いたであろ。勧誘、勧誘かぁー。(とおいめ)講義……私、人前で話すの意外にも苦手なのである。
        そりゃあ、そうであるよ。なにしろ、私は攻撃魔法を使えないのである……。杖での打撃がなければ、ダメージソースがないのであるよ……。杖術は部族の嗜みでもあったのである。
        まあ、本職の戦士には劣るであるけどねー。たぶん、純粋な身体能力でみたらエイベルよりかなり落ちるぐらいだと思うのであるよ。 -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 01:44:32
      • あんなにガリガリなのにガシガシ近接戦闘するもんな。でも俺はルィンディの杖術のほうが興味ある -- エイベル 2014-02-09 (日) 01:44:50
      • (人前で話すの苦手、に)……しってる……特に、女子……
        ……でも、ルィンディの戦い方、ちょー、おもしろかっ、た……勉強になること、たくさん…… -- さら 2014-02-09 (日) 01:51:49
      • (俺も勿論喋るのダメだぞアピール)でも背丈とウェイトが上っぽいからどうだろうな。至近距離でガッチリ組み合ったらマズいかもしれない -- エイベル 2014-02-09 (日) 01:51:55
      • 私も驚いたのである。いままで見てきた様子から、遠距離から何かをする術師だとばかり思っていたのである。対応できてなかったら最初の一撃で決まってたである。恐ろしい。
        ……あんま、面白いことなんてないであるよ? 基本は普通の杖術である。使いようによって、棍棒のようにもクォータースタッフのようにも振るえるようなものである。
        エイベルが剣か何か、私が杖で、互いに魔法の使用なしでやったらたぶん私が負けると思うであるよ。魔法込みならわからんであるがな! -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 01:52:47
      • ふあーあ……(顧問部屋から出てきてトイレに入って出てきた)…何かイベントしてたのかい -- メイクレア 2014-02-09 (日) 01:53:14
      • そうであるかー? なんだか照れるであるなー! 思い切り戦うのなんて久々であるから。私もやってて楽しかったである。 -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 01:53:41
      • 体育祭であるよ。結果はしっかり残したである! (「ああそうか」「確か、体育祭は超レス部主催で、先生サイドはあまり関与していないのだったな……」) -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 01:58:22
      • (今日の戦いぶりを思い返しながらうんうんとイメージ)面白そうだ。そのうちやろうぜ、魔術アリで
        あっ先生。体育祭のトーナメントで、ごらんの通り。(おめでとう会ののぼりを指さす) -- エイベル 2014-02-09 (日) 01:59:14
      • ……さらも、遠距離系だと、思ってた……だから、ルィンディの初手、反射だったん、じゃ……?
        ……ルィンディと、エイベル、勝った……まほ研、世界征服の、第一歩…… -- さら 2014-02-09 (日) 02:01:14
      • 基本的に運動が嫌いなうえに自前だと魔力の貯蔵量もそれ程多くない俺にとって実戦とは…
        軽い集団模擬戦とかやっても面白そうだな部員で。 -- ロア 2014-02-09 (日) 02:01:27
      • ……さらも、ロアに、同じ……でも、足りない運動量……飛行石で、かばー……(但し学園都市内) -- さら 2014-02-09 (日) 02:03:09
      • 魔法研究部で体育祭?……疲れることしてるんだねぇ。ま、おめでとう。お祝いにステーキでも食べるかい(指を鳴らすと床から豪華なテーブルと食器セットがはえてくる) -- メイクレア 2014-02-09 (日) 02:05:55
      • うむ、そのさいはマーキスんとこのリングでも借りるであるかな……。(「……相性は結構悪そうな感じがするである」ちょっと不安)
        そうである……リフレクトを貼り続けて、隙を伺えば危なげなく戦えるものだとばかり思ってたのである。 -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 02:06:15
      • こんなんだから戦闘部やレスリング部より危険だって悪評が立つ。 -- イザヴェル 2014-02-09 (日) 02:06:16
      • うああああああああああああ肉だああああああああああああ -- エイベル 2014-02-09 (日) 02:07:22
      • エリュシオンで最も血の気の多い集団、魔法研究会とか言われちゃうな…研究会なのにな -- ロア 2014-02-09 (日) 02:07:43
      • 実戦は、考えるだけでは見えてないものが見えてくるであるよ? ……だから、血気盛んなのではない。これもまた、知識欲を高め合うための儀式のようなものなのである。
        肉だあああぁぁぁぁ……ぁぁぁ。付け合せのじゃがいもと甘いにんじんがうまい! -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 02:09:29
      • ……なにその噂……さら、そんなステマはして、ない…… -- さら 2014-02-09 (日) 02:09:30
      • ……いつの世も、肉の力、は……偉大……(パンもそもそ食べてる) -- さら 2014-02-09 (日) 02:12:10
      • なんだか呼ばれてた気がします。(特技:気配レスでロアの後ろに現れる) -- ユヅル 2014-02-09 (日) 02:13:40
      • お前ら肉食えよ!! -- エイベル 2014-02-09 (日) 02:13:41
      • ほーらどっちが縦だか横だかわからないステーキだぞ(天井から降りてきた鉄板には分厚いステーキが)…とりあえず今はレアだから、焼き加減は各自見るように -- メイクレア 2014-02-09 (日) 02:14:34
      • ……人間の脳、ブドウ糖さえ、あれば……機能する……食パンがカロリー、コスパ共に……さいきょう……
        ……は、ともかく……あんまり量、たべない、から……さらの分の、肉……たべるひとー -- さら 2014-02-09 (日) 02:16:10
      • 脳味噌を支えるべきもろもろが不調になるんじゃねえの!?(即挙手) -- エイベル 2014-02-09 (日) 02:17:36
      • 私のぶん肉たべるひとー。いやあ、にんじんマジ美味しいであるな……いやマジ……。 -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 02:18:14
      • お前らこういうところは魔法研っぽいのな!(ルィンディの分ももらう) -- エイベル 2014-02-09 (日) 02:19:55
      • (ふたりぶんのお肉をいただいていったエイベルに「あっ」て顔 ) -- ユヅル 2014-02-09 (日) 02:21:17
      • あんまり肉肉してるとちょっとだめなのである。実は、焼き肉で喜んだりしてたけど特に肉は食っていなかったのである。
        卵とか、干し肉とか、カレーに入っている肉とかそぼろとか調理済みならいけるんであるけどな……。 -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 02:21:52
      • 何かねユヅルくん(ゾンビ的には肉とか好きだよな……って顔でもぐもぐ)
        なんかあれだな。白魔導士っぽいな。 -- エイベル 2014-02-09 (日) 02:25:14
      • まーね、私も程よい量なら好きなんだがあまりごついと疲れるよ。先生はホルモンでも食べるかな(端っこでハチノスとミノサンドを焼き始める) -- メイクレア 2014-02-09 (日) 02:26:00
      • 僕もお肉ほしいです。(出遅れた……!? みたいな雰囲気) -- ユヅル 2014-02-09 (日) 02:27:05
      • ……ハンバーガーとかなら、ともかく……この位のステーキと、なると……あご、つかれる……途中から、何食べてるのか、わかんなく、なる…… -- さら 2014-02-09 (日) 02:27:34
      • 白魔道士っぽいじゃなくて白魔道士なのであるが。……まぁでも、べつに戒律が何かあるとかそういうわけでもないである。生きるために動物を食べるのは自然であり、罪ではないのである。
        ユヅル……なぜそれだけ肉を食えるのにいっこうに体格が改善しないのだろう。どこに消えているのだ……? -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 02:29:51
      • 疲れるとこまで含めて肉食ってる!って感じじゃん。ウマイ。 -- エイベル 2014-02-09 (日) 02:30:12
      • どこへって……普通に栄養になってますよ?改善しないのはたぶんこれが普通の痩せではないからでしょう。(もぐもぐごくん) -- ユヅル 2014-02-09 (日) 02:31:47
      • 深夜にうごいてるとこあると勝手に湧き出るのが私ですが。
        流れを組むとパストラミハムとサニーレタスとトマトの組み合わせを、むしゃむしゃやりたい肉食系集団って認識でいいかな
        あ、差し入れです つ(パストラミ、サニーレタス、トマト) -- アトイ 2014-02-09 (日) 02:31:55
      • 生きる為に精液食べるのも自然で罪がなかったら良かったんだが(シマチョウ焼いてハチノス食べつつ日本酒をくいっと) -- メイクレア 2014-02-09 (日) 02:32:28
      • (そしてフレームアウト) -- アトイ 2014-02-09 (日) 02:32:56
      • あ、メイクレア先生ギアラあります? -- ユヅル 2014-02-09 (日) 02:33:24
      • ありがとうアトイさん! アトイさんはいつだって私を助けてくれるのである!(かなり肉食系な感じでトマトをむさぼる)もうなんていうか顔だけ知ってるほかの生徒とかより仲いいである! -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 02:33:25
      • ……攻撃手段が、物理な、あたり……白魔、てゆか……プリースト…… -- さら 2014-02-09 (日) 02:33:51
      • さようならアトイさん。いつだってアトイさんはすぐさま去っていく。そこらへんが渋くて素敵。 -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 02:34:03
      • 俺も固形肉の大きいのはあんまり好きじゃないな。栄養摂取として効率があんまり良いとも思えねえし。まぁ顎は大事だし食わない訳じゃあないが
        ところでログ取りで霊圧消してた俺の背中にタイミング悪く隠れたユヅルもお疲れさん。その顔色で強キャラだったんだなお前… -- ロア 2014-02-09 (日) 02:34:49
      • 化け物じみたやつほどってやつだろう。 -- 2014-02-09 (日) 02:35:45
      • ……ぬ……!
        …………ねむい(床にころがる) -- さら 2014-02-09 (日) 02:36:17
      • ありがとうアトイさん、野菜類が口直しに助かるよ
        ギアラ…赤センマイだね?あるけど、ステーキだけでは物足りないのかい(冷蔵庫から出してギアラも焼き始める) -- メイクレア 2014-02-09 (日) 02:36:50
      • そんな改めて言うほど眠いならもっと早く寝ろ……! -- 2014-02-09 (日) 02:37:33
      • 一応信仰する神みたいなものも……あったであるけどな。そんな、神職みたいなもんじゃないであるよ。メインは物理であるが!
        あっ、さらが転がったである。誰か毛布かけてやるである。たぶん、自然と丸まっていい感じに落ち着くである。 -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 02:38:24
      • 俺が肉に夢中になってる間になんか増えたり減ったりしてる!(完食)
        そして俺も食ったら眠い(椅子並べて転がり霊圧フェードアウト) -- エイベル 2014-02-09 (日) 02:38:36
      • もうここに男女別で仮眠室でも作ればいいんじゃないかと思ったが男はそこらで雑魚寝すりゃいいさな -- ロア 2014-02-09 (日) 02:41:37
      • パストラミというか、鶏肉はけっこう好き。部長である。(食ってる)
        私も眠くある……。さすがに気張ったぶん疲れるである。ふっ、しかし私はここでの雑魚寝の心得を知っている!
        詠唱略。レビテイト(フワ……)(空中で毛布にくるまって寝た) -- ルィンディ 2014-02-09 (日) 02:45:25
      • (この後滅茶苦茶片付けした) -- イザヴェル 2014-02-09 (日) 02:54:07
      • (片付け手伝った)浮いて寝てるやつ超じゃまくせえ!!!! -- ロア 2014-02-09 (日) 02:54:43
      • 故郷でも割と戦いに明け暮れてましたからね。(おかたづけのおてつだい) -- ユヅル 2014-02-09 (日) 02:58:38
      • そもそも顧問部屋なら綺麗な畳もあるんだし、布団を敷けば寝られるんだがね。今度何組か布団を用意しておくかな……(一人残って酒を飲んでいた) -- メイクレア 2014-02-09 (日) 03:05:58
  • 魔法研究会 9月 今月の星 フォーマルハウト -- 2014-02-07 (金) 21:25:55
    • (ぽへー……と椅子に座って天井付近を眺めてる) -- さら 2014-02-07 (金) 23:36:30
      • (視線の先には円の形、等間隔にならんだ氷の粒がくるくる回ってる) -- さら 2014-02-08 (土) 00:03:41
      • ……今日は、みんな、おやすみ……(親指を弾いて氷の粒を打ち出す 上の氷の円の中央に飛んでいくと、回っていた粒が飛んできた粒に向かい、衝突 冷気を残して全て消える) -- さら 2014-02-08 (土) 00:15:24
  • 魔法研究会 8月
  • どうやらトーナメントの組み合わせが決まったようだな。 -- 2014-02-06 (木) 21:38:03
    • ……いきなり……まほ研同士……? -- さら 2014-02-06 (木) 22:30:51
    • 正直なところ、どちらも日常生活でしか知らないんだ。どうなるかはなんとも言えん。
      護符だかが支給されるのだから、どちらもケガはないとは思うが。 君はどちらが勝つと思う? -- 2014-02-06 (木) 22:41:21
    • ……ユヅルは、半分死んでる……から、ぶちょーが、勝つ……(まぁそれは置いといて、のジェスチャ)
      ……さらも、ちょっとしか、見たこと……ない、けど……序盤は、間合いでユヅル……でも、ぶちょーは絡め手が豊富……きっと、懐……潜り込む…… -- さら 2014-02-06 (木) 22:53:28
    • 本人がいたら直接インタビューなんだけどな。当日までひっそりと英気を養っているんだろうか。
      部にハクが付くから部長には是非とも頑張ってほしいのだが。……必勝アイテムでもこしらえてみるか。
      体躯が3倍近く膨れ上がる丸薬とか。眼からビームが出るようになる眼帯(ジークとお揃い)とか。 -- 2014-02-06 (木) 23:01:31
    • ……授業、でてたかも……
      どうせ、なら……バラけてた、ほう、が……よかった……ん……?鳶、も……もの作り、系……?
      ……ロア、が……夜勤じゃ、なかったら……びっくりどっきりメカ、対決…… -- さら 2014-02-06 (木) 23:12:07
    • なんだ、知らなかったのか。方向性はあいつと似たようなもんだ。ただしあいつの場合、たまにわけわからんものを造るが。というかたまにではないが。
      まあそれでも多分、真面目に打ち込んだらあいつの方が優れているんだろう。何せ自他共に認める天才であるのだから。変人であるとは認めようともしないのがあれだが……。
      さて、部長も来ないようなので少し散歩をしてくる。またね。 -- 2014-02-06 (木) 23:16:08
    • ……注文、すれば……ちゃんとしたの、作る……お金、かかる……けど(毎月分割の支払いで、ロアに金渡してる一見危ない光景を見ることができる)
      ……今は、マッドさが、たりない、って……なやんでた……さら……ロアの魔術回路は、面白くて、すき……
      ……ん……さら、は、もすこし、だらだらしてる……じゃね -- さら 2014-02-06 (木) 23:22:40
  • 少し遅い時間になってしまったけれど…誰か、いないかしらね(ふわりと研究会の窓のそばに舞い降りてきた。) -- ピリエス 2014-02-06 (木) 23:56:47
    • ……いない(スマホいじり) -- さら 2014-02-06 (木) 23:59:49
    • いないな(モルモット観察) -- エイベル 2014-02-07 (金) 00:00:19
    • いない(冷やし中華食べる) -- メイクレア 2014-02-07 (金) 00:06:11
    • ……(無言で窓の隙間から、サラに一度使ったくしゃみが出てしまう毒粉を散布してみる妖怪。) -- ピリエス 2014-02-07 (金) 00:07:42
    • 縁日でたこ焼き売ってたぞ。なんか微妙にあんまり美味しくなさそうなやつ。(謎の魅力に負けて買ってきた) -- 2014-02-07 (金) 00:09:46
    • いないであるよ。(ほこりを眺めている) -- ルィンディ 2014-02-07 (金) 00:09:46
    • ……聖闘士に、同じわざ、通用、しない……(マスク) -- さら 2014-02-07 (金) 00:10:31
    • ぶえーっくし! ぶえーっくし! なんであるか!? なんであるか!?  白魔法! キュア・ポイズン(収まる)(再発)えーっきし! -- ルィンディ 2014-02-07 (金) 00:10:40
    • さっそくたべようぃっきし!俺にもマスクほしぶぃっきし!! -- エイベル 2014-02-07 (金) 00:11:48
    • ……ブタクサの、季節である……(もごもご) -- さら 2014-02-07 (金) 00:11:51
    • …分かってるじゃないの、私がいることを…ほら、開けなさいよ…あのことを言い触らすわよ?(とりあえず気付いてるサラに向かって言った。) -- ピリエス 2014-02-07 (金) 00:12:27
    • (スーパー空気清浄マシンオン)冷やし中華も食べるかい -- メイクレア 2014-02-07 (金) 00:13:52
    • ……悪いなエイベル……これ、ひとりよう……
      (勘気もかねて窓あける)……あのこと……ハイエースに、乗せられた、時、の……? -- さら 2014-02-07 (金) 00:14:12
    • マスクなんてコストのかかるものに頼るのはやめたまえ。そう、この機械の身体なら、そんなものに頼らなくても大丈夫だ!(毒への耐性が当然のようにある。涼しい顔であった)
      だからまず、な? いいだろ?(まずは腕の一本ぐらいから) -- 2014-02-07 (金) 00:14:20
    • 先生といると衣食住に困らなくていいですね。確実に堕落してしまう自信がありますよ。 -- 2014-02-07 (金) 00:15:17
    • 俺は外部の機械に頼る!!(空気清浄マシンの傍へ)……ってかサイボーグだったの 仲間を増やそうとしてたの -- エイベル 2014-02-07 (金) 00:16:10
    • ……鳶……アンドロメダ星雲の、出身……だった……(ふるふるふる)
      ……センセ、毎回……夜中に食べ物ネタ……ずるい -- さら 2014-02-07 (金) 00:18:23
    • …あら、もう切り替わったの?ふぅん、流石は魔法を研究しているだけは……あれは機械なきがするのは気のせいかしら?
      サラ、何か人聞きが悪いような言い方じゃないかしらね?…あぁ、それは後ででいいわ。とりあえず本題話さないと進みそうにないもの。
      ここのイザヴェルに勧誘されてきたのだけれど…その本人だけ、いない感じかしら? -- ピリエス 2014-02-07 (金) 00:18:24
    • 俺のは耐性。 (未来の)お前のは性能。この差は大事。おすすめです。 -- 2014-02-07 (金) 00:18:53
    • 人も多いし流し冷やし中華にするか(天井から降りてくるミニ四駆公式サーキットのように大きな流しそうめんマシン) -- メイクレア 2014-02-07 (金) 00:18:57
    • だから俺は機械じゃないって! ロボってないから! -- 2014-02-07 (金) 00:19:20
    • 性能って言葉にロマンを感じちゃうお年ごろなんだからな!変な誘惑やめろよな!! -- エイベル 2014-02-07 (金) 00:20:35
    • ……イザヴェル……いない、ね……部長、入部、なのである……
      ……コースは、マンハッタンエクスプレスか……ウルトラマッハサーキット3、で…… -- さら 2014-02-07 (金) 00:25:48
    • 先生、マヨネーズはありますか。 -- 2014-02-07 (金) 00:27:41
    • いえ、私は入部…と言うより、どうやら観測対象として、らしいのだけれどね…。
      にしても、マイペースねここは…あぁ、私の分はハムなしがいいわ…(何故か食べる気のようだ。) -- ピリエス 2014-02-07 (金) 00:29:39
    • ひねりと宙返りは加えておこう(写真を見ながら操作するとレーンが変化)マヨネーズなら冷蔵庫にあるぞ
      具もまとめて流れているから自分で取って食べるといいさ(川のように勢いよく流れる水にのって麺や具が流れ出す) -- メイクレア 2014-02-07 (金) 00:31:16
    • 観測対象は部員というより備品みたいなものだが、それでいいのか……? そいつら(モルモット2匹)と変わらんぞ。公的な扱いは。 -- 2014-02-07 (金) 00:33:29
    • ……ゴエティアとスタナー(モルモットの名前)の枠、奪いにきた……?(麺だけちるちる食らう) -- さら 2014-02-07 (金) 00:34:10
    • …それは流石に嫌ね…じゃあ、準部員とかそういうのはないかしら…(とりあえず正式な部員は嫌なようだ。)
      …麺はともかく、タレは重要よね冷し中華は…(程よくタレをかけて食べる。) -- ピリエス 2014-02-07 (金) 00:38:06
    • タレは醤油とゴマと塩の三つを置いておくからなー(醤油にレモンを少し絞っていただく) -- メイクレア 2014-02-07 (金) 00:40:25
    • 何も部員じゃなくてもいいんじゃないか、それだと。よくわからないが、あいつの協力者みたいなものだろう。 -- 2014-02-07 (金) 00:42:46
    • 塩、想像できない……塩ラーメンみたいなものか……? しかしこいつはどう見ても冷たいぞ……?? -- 2014-02-07 (金) 00:43:27
    • 冷たい塩ラーメンてあるだろう、あれだ。さっぱりして野菜に合う -- メイクレア 2014-02-07 (金) 00:46:01
    • …そう?なら、誘われた手前来てみたけれど…なら、入る必要もなさそうね…。
      私は普通に醤油かしらね…多少ごま油くらいは欲しいけれど…。 -- ピリエス 2014-02-07 (金) 00:46:57
    • ……鳶のに、さんせー……気が向いたら、入れば……いい
      ……ごま油と、塩胡椒、レモン汁……みたいなのかと、おもった…… -- さら 2014-02-07 (金) 00:48:26
    • それはそれで…部外者があまり顔を出すのもなんでしょうから…あまり来ないとは思うけれどね?
      まぁ、とりあえず御馳走になったわね…このお礼、という訳ではないけれど…お返しの方はまた後日…それでは失礼するわ(来た時と同様に窓から帰って行った。) -- ピリエス 2014-02-07 (金) 01:14:36
  • 魔法研究会 7月
    • (隅の机に二個の金属製ケージが置かれてある)
      (それぞれのケージには乾いた木製の床材が敷き詰められ、白い体毛のモルモットが1匹ずつ飼育されている)
      (また両方に、『名前を募集しています』と書かれたプレートが吊るされていた) -- 2014-02-05 (水) 21:17:05
      • ……なにこの……誰の……?(じぃ、とモルモット見てる)……名前……? -- さら 2014-02-05 (水) 23:44:53
      • 私の。実験の経過観察のためにしばらくここで飼育させてもらうことにした。
        便宜上名前があった方が記録する中でも判別しやすい。体色が異なる個体を選べばよかったか。 -- イザヴェル 2014-02-05 (水) 23:48:41
      • ……いかにもな、実験体……この子、たち……何する、の……? -- さら 2014-02-05 (水) 23:57:59
      • 片方に定期的に魔力の負荷を与え、それにより体質がどう推移するか観察する。
        もう片方は比較対象として、通常の環境で生活してもらう。 -- イザヴェル 2014-02-06 (木) 00:00:32
      • ……魔術、か……それに近い何か、の修得……または、進化、の……可能性……みたい、な……? -- さら 2014-02-06 (木) 00:05:37
      • 概ね正解。事の発端として5月辺りに冗談か本気か分からない会話が残っているので参照して欲しい。
        ところで名前、どうしよう。 -- イザヴェル 2014-02-06 (木) 00:09:01
      • ……ん……後で、記録確認……しとく……
        ……適当で、いいなら……ゴエティアと、スタナー……とか…… -- さら 2014-02-06 (木) 00:17:09
      • ロースとボンレスはどうだい(後ろを通り過ぎざまに一言言い残していく教師) -- メイクレア 2014-02-06 (木) 00:19:30
      • ……ハムい…… -- さら 2014-02-06 (木) 00:20:29
      • 採用。(プレートの名前を「ゴエティア」「スタナー」に書き換えて)
        こちらに入れよう。(宝石にも似た、半透明な石の塊を「ゴエティア」の側のケージに投入する)
        今の鉱石は魔力結晶、魔力を帯びた石。微弱な魔力だから、モルモットの健康を阻害するまでには至らないはず。 -- イザヴェル 2014-02-06 (木) 00:23:23
      • ……おなか、すいてきた……ハムの、せい……
        ……って……言ってる、間に……採用、されて、た……
        ……負荷を……どう、克服するの、か……さら達の、魔術、にも……応用できる……かも……? -- さら 2014-02-06 (木) 00:30:29
      • お、まさか本当に始めるとはな。突然変異で怪物化しないことを祈るばかりだな。 -- 2014-02-06 (木) 00:42:59
      • ……あ、フラグ…… -- さら 2014-02-06 (木) 00:44:04
      • やめよう縁起でもないの! きっとこいつはすくすく育って、二代目のエイベルとして部を背負って立つ者となるんだ。 -- 2014-02-06 (木) 01:04:02
      • モルモットに背負える俺のポジションって何!? -- エイベル 2014-02-06 (木) 01:05:57
      • いやだってお前、今度の体育祭トーナメントで散る運命だろう……? -- 2014-02-06 (木) 01:08:01
      • というか、モルモットに部を背負って立たれるとルィンディさんこそ何、ってなりません?(メギッと首をかしげ) -- ユヅル 2014-02-06 (木) 01:08:33
      • いや、部長も散るしお前も散るだろう……? -- 2014-02-06 (木) 01:10:12
      • 散らないし……たとえ散るとしてもかっこよく散るし……バシッと活躍してモテモテだし? -- エイベル 2014-02-06 (木) 01:11:07
      • 魔法研究会が半壊してしまうのであるが!? -- ルィンディ 2014-02-06 (木) 01:11:10
      • やあ部長(故)。今のうちにできることはしておいた方がいいぞ。人間は儚いものであるからな……。 -- 2014-02-06 (木) 01:13:14
      • っていうかバトル系2部をさしおいて魔法研から3人エントリーしてるってどうなの。魔法研究会の魔導書でぶったたく方なの -- エイベル 2014-02-06 (木) 01:14:36
      • く、くそぅ、甘くみられたもんである! できることがあるとするなら、来るべき決戦ヘ向けての特訓あるのみなのである! こちとら伊達に白魔道士じゃないである!
        さあ……。なぜであろうな。でも、戦闘という土俵において魔法は無視できぬ存在である。我々だって冒険者なのであるからして、資格十分であるよ。きっと。 -- ルィンディ 2014-02-06 (木) 01:16:11
      • まあ、言っても内一人は元より向こうの部員だからな。あまり不思議でもないだろう。それにエイベル、お前だって似たようなものだろう?
        常日頃ストリートファイトに明け暮れているんだから。むしろこの部活にいること自体が驚かれる側だ。
        部長はまあ……。ほら。思い出って大事だよな。……会場の砂持って帰ろう? -- 2014-02-06 (木) 01:18:09
      • 会場の砂っていっても普通の学校の運動場ですけどね -- ユヅル 2014-02-06 (木) 01:20:12
      • なんであるかその目は! こうなったらどうしても優勝をかっさらって来てやるである! 見ていろ、体育祭終了の暁にはとろひーがここに鎮座するであるよ!(チェストの上を掃除) -- ルィンディ 2014-02-06 (木) 01:21:50
      • そういわれてみればそうだった。(そうはいっても魔術理論の勉強は四分冊の教科書の四冊目、それも佳境に差し掛かっていた。意外と真面目にやってる)
        でも刻まれてる名前はお前のじゃないかもしれないぜ。 -- エイベル 2014-02-06 (木) 01:24:45
      • ……ふと思ったんですが、そこからいくと僕が優勝した場合、どっちの部にトロフィーをおけばいいんでしょう? -- ユヅル 2014-02-06 (木) 01:25:35
      • 割ろう。 -- エイベル 2014-02-06 (木) 01:28:15
      • えっ -- ユヅル 2014-02-06 (木) 01:28:26
      • エイベルもいいところまで進んでいるである。実力を披露できる場があるというのは良いことである。
        ……ユヅルはまぁ、優勝したときに決めれば良いのではないのであるか。取らぬ狸の皮算用はよくないことなのである。正しく諺を使えた! -- ルィンディ 2014-02-06 (木) 01:28:44
      • (その手があったか!という顔をして膝を打つ) -- ルィンディ 2014-02-06 (木) 01:29:10
      • 話は纏まったな!結果が出るのを楽しみにしてるぜ(デスクでお勉強に戻り霊圧喪失) -- エイベル 2014-02-06 (木) 01:35:09
      • ルィンディさん乗り気!? -- ユヅル 2014-02-06 (木) 01:35:43
      • まぁ冗談である。んなこたぁ後で考えて、私はひさびさに白魔法の洗いなおしでもするであるよー。(エイベルと同じく机へ向かう。机へ向かい部と化した魔法研究会であった) -- ルィンディ 2014-02-06 (木) 01:37:04
  • 魔法研究会 6月
  • (深夜。第二天文台をすっかり、「魔術のレポートの手伝いをしてくれる連中がいる施設」とインプットした俺は、追試やら追加レポートがあると何かにつけて此処に顔を出すようになっていた)
    (といっても、くるのはだいたいド深夜である。なぜかといえば、もう間に合うか間に合わないかのギリギリになってからくるからだ)
    (悠々間にあうレポートが1つもなく、常に締め切りギリギリのレポートを抱えているせいである)
    (そんなわけでド深夜、レポートを例の如くルィンディなどに手伝って貰いながら、ふと夜空を見上げて問いかける)
    そういえば……ここってどんな研究してんだ?
    魔法の研究っていうけど、あんまりピンとこねぇんだよな俺 -- アウラ 2014-02-05 (水) 00:42:28
    • 私は仕事から逃げてくる場所として最大限活用している(風呂場から上がってきて顧問部屋に入り冷えたグレープフルーツジュースをキュッと飲む顧問) -- メイクレア 2014-02-05 (水) 00:45:40
    • 貴様もっと自分で理解する努力を見せるである! もしかして、頭に大鋸屑でも詰まってて、それを保持するために包帯を巻いているであるかーっ!?(シャーッ)
      (二年次ともなり、個人的に遅々として進まない“白魔法”の研究に根を詰め、徹夜を続けた。月夜の下、睡魔の狂気に片足踏み入れた彼は、アウラに対して慟哭した)
      どんな研究か? ……個人が好きに研究しているである。魔法生物だとかー、魔法工学だとか。多種多様である。……。(顧問を眺める)……。女体の研究はしてないであるよ……?(SHIDORO-MODORO) -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 00:50:22
    • メイクレア先生マジぶれないっすね……!
      あ、俺にもジュースくださいッス
      って、ルィンディてめぇなんて酷い事を!!! 俺は必死に努力してるんだよ! 俺なりに!!!
      そして努力した結果、ここに頼るのが一番効率的で手っ取り早く、尚且つレポートの完成度が高くなると俺は学習したのだ……
      (実際、ここで手伝ってもらったレポートは落とされた事がない。今後も贔屓にしたいものである。当人達の意志に関わらず)
      女体の研究についてはあとで個人的に話があるんで二人きりの時にでも詳らかに教えてもらいたいもんだが……そういえば、ルィンディは白魔法だっけか
      で、白魔法って何?
      (俺は未だに、魔法に付いての知識は無いも同然であった) -- アウラ 2014-02-05 (水) 01:04:19
    • (「やさしいほのおまじゅつ」的な本を読みながら魔力を集中中) -- ユヅル 2014-02-05 (水) 01:08:10
    • ああ、飲め飲め(壁から伸びたマジックハンドがジュース缶を運ぶ)そろそろ冷やし中華の時期だろうか -- メイクレア 2014-02-05 (水) 01:11:38
    • 第二天文台に足繁く通って学んだものがそれであるか。……ほんとに脳みそ鍛えてるである? 階段で脚しか鍛えられていないのではないか?
      (しかしたまに差し入れとかしてくるので無碍にはできない。「でもそういう、抜け目のない奴は嫌いである!」多分この先も入り浸りだろう)
      白魔法。知らぬであるか。同じ名前の類似した魔法が、世界各所に点在しているであるから、大まかな概要ぐらいは把握されてると思っていたである。
      生命魔法の一種であるよ。私のは、古代魔法に分類されるやつである。人を癒したりできるである。 -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 01:17:34
    • すでに顧問部屋にはゲートを設置してあるので、階段をえっちら登っているのは君たち生徒だけなのだ。若いとはいいな
      私が知る白魔法はぶん殴って治してくる奴だな。確かに世界各地に色々流派がある -- メイクレア 2014-02-05 (水) 01:22:48
    • 冷やし中華とは良いであるな。暑くなったらさっぱりと頂きたいものである。錦糸卵って素敵であるよね……。(夢想して涎を湧かせている)
      ゲー……ト……? そんなものが存在したのであるか。私なんてレビテイトで外周部からショートカットしてくるのが最短だと思ってたである。 -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 01:26:42
    • 今日の所はじめっとした日にも食べやすいつけ麺だが。つけめん大王系でよければ君たちも食べていくといいぞ
      いちいち飛んだり歩いたりめんどくさかろう……学園の主要な場所にはあらかじめ設置しておいたんだ -- メイクレア 2014-02-05 (水) 01:32:56
    • 先生ジュースありがとうございます! ってゲートとかあるんすか? 今度俺もつかおう、つかわせて先生!
      (抜け目無くもってきた差し入れの菓子などをお返しにマジックハンドに持たせつつ、ジュースをのむ。うまい)
      生憎と、藁だの大鋸屑だの詰まった頭なおかげで魔法についちゃ全般的に明るくねぇんだよ
      自慢じゃないが、まともにこういうのに触れたのも空に上がってからが初めてだったからな、はははは!
      (ルィンディの皮肉に減らず口で返しつつ、説明を聞く)
      (流石に俺の魔術に対する理解度をある意味誰よりも理解しているルィンディは、俺にもわかりやすく酷く簡単に説明してくれた)
      へぇ、癒しの魔法なのか
      ってことは今度から保健室来るよりもこっち来た方がよさそうだな
      ルィンディは便利だなぁ -- アウラ 2014-02-05 (水) 01:34:36
    • 私がもっているアイテムでゲートを開くのにどうやって君が使うんだい?歩きたまえ、階段を(つけめん食べてる。お菓子は受け取ってちゃぶ台に置いておいた) -- メイクレア 2014-02-05 (水) 01:39:49
    • わーいつけめーん!(喜ぶ)……存在すら知らなかったである。しかしデスクワークばかりの魔法研究会ではいい運動になっているのだと前向きに考えよう。
      (「今どき魔法に触れたことがない?」工学的に発達した所から来たのか、よっぽどの未開地から来たか。まぁ、詮無きことだ)
      貴様、全自動レポート作成機が傷の治療できるなんてすげーな、みたいな感じに思ってないであるか……?(ビキィ)
      ……だいいち、そんな生傷が絶えんような生活を見直すほうが先だと思うのである。治さんでもないが、癒してもキリないなら放っておくであるよ、私は。 -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 01:42:07
    • 何だ、また来てたのかアウラ。相変わらずの課題戦士か。今年こそは進級も危いな……。 -- 2014-02-05 (水) 01:45:43
    • (自動調理されたつけめんをテーブルに並べる)怪しい液体が満たされた透明カプセルにぼちゃんと浸かると傷が治る装置を作るのはどうだい。ただし全裸で浸かる -- メイクレア 2014-02-05 (水) 01:48:33
    • それで彼の物覚えの悪さも治りますか? -- 2014-02-05 (水) 01:55:39
    • 脳をいじればあるいは -- メイクレア 2014-02-05 (水) 01:56:48
    • ツケメーン。(幸せそうに啜っている。つけ麺て歯応えが大事だと思うのである)……それ、魔法っていうかSFな感じである。頭まで癒るんなら、今からアウラを浸けて来年の春あたりに取り出すであるがな。 -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 01:57:05
    • そ、そんなことねぇよ……俺はルィンディとの友情は素晴らしいなぁって再確認しただけで……あ、ほら、すき焼きたべる? 今度おごるよ?
      (つい目を泳がせてしまう俺。こいつとの関係が断絶するといよいよ進級が危ういので、なんとしても繋ぎとめる必要がある)
      怪我はしょうがねぇだろ、なんか怪我しやすいんだよ、特に実習いくとさ
      (俺がいく実習が主に空中都市での荒事というせいもあるんだろうが、こればっかりは地上に降りられない俺では仕方がないことだ)
      いや、まてよ鳶、それに先生、そんな俺を実験動物みたいに……あ、ちょっとまてルィンディまで俺を妙な薬漬けにする事を肯定するな!
      (まずい、このままだと本当に脳改造された上で妙な薬に漬けられかねん)
      ええい、今日のところは戦略的撤退だ、また来るからな、覚えておけ!
      次にさしいてして欲しいモンいえオラ! またな! -- アウラ 2014-02-05 (水) 02:06:00
    • 魔法文明でもよくあるさ。さらわれた幼馴染が魔法カプセル内で怪物を産む母体にされててトラウマを植えつけたりもするぞ…フッフッフ
      次回はお茶うけにいい菓子か漬物でも頼む -- メイクレア 2014-02-05 (水) 02:09:06
    • “便利”にそんな意味合いがあるとは知らなかったのである。共通語って難しいであるなー。つーん。(そっぽを向く)
      (すき焼きと聞いて)どうした親友。貴様が困ったときに、助けられないのは私にとって心苦しい。それは、すき焼きの締めにうどんが入るぐらい当然のことである。(チョロる)
      (「妙な事情があるらしいであるが」怪我を作るのはいただけない)……脳漿ぶちまけたりはせんといて欲しいである。そうなったら癒せんからな。
      あっ、逃げたである。袋ラーメンを頼むである。あれ、カップ麺とはまた違う味わいがあるのであるよなぁ……。(見送った) -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 02:16:43
    • (「……なんかメイクレア先生が酷いこと言ってるけど、聴かなかったことにしておくのである!」) -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 02:17:12
    • 袋ラーメンを具も入れずに小さな鍋で作って直食いするのは微妙にハードボイルドを感じさせる -- メイクレア 2014-02-05 (水) 02:21:55
    • 先生はそういうタイプの男はどうですか? -- 2014-02-05 (水) 02:25:02
    • それがハードボイルドなら毎日がハードボイルドであるよ、私。ハードボイルドって、もっと指についたグレービーソースを舐めなきゃいけないもんだと思ってたである。 -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 02:26:23
    • めんどくさいからパス
      じゃあルィンディ君は今日からハードボイルドだ。よかったな、この溶けきっていない粉のインスタントコーヒーを飲みたまえ -- メイクレア 2014-02-05 (水) 02:37:57
    • (起き抜けに泥のようなインスタントコーヒーを飲む。連日の徹夜で鈍りに鈍った頭は、苦味の刺激すら受け取らない。今なら胸を銃で貫かれても、平気で新聞を拡げて三面を読むだろう)
      (飲み干したカップの底に、黒い固まりがこびり着いていた。「まるで俺のようだな」と冷笑的な笑い声を漏らし、水でそれを流してやった)
      よし……。 -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 02:42:13
    • ううーむ自分自身を冷笑するのはハードボイルドだろうか。どうかね解説の鳶君(つけめんのスープにそば湯を足して飲む) -- メイクレア 2014-02-05 (水) 02:52:06
    • 駄目であるか、シニカル……? ハードボイルドなるものがよう分からんであるが、きっと大人の男にならないとそういうものは滲み出ないである。
      ラーメンとインスタントコーヒーは友達なのであるがな。単にだらしないだけになってしまうであるな。(固茹で卵をつけ麺のたれにつけて食べてる) -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 03:05:35
    • 世の中半熟の方がうまく立ち回れる場合もあるがね。半熟卵とオクラ納豆山芋まぐろ辺りをごはんにのせて食べるのもいい…たれはだし醤油が欲しいな
      ……私が来ると顧問部屋でだらける部活になってしまっているな。私自身は全くかまわないが -- メイクレア 2014-02-05 (水) 03:14:07
    • 卵は固茹で派である。でも、そんなこと言われたら半熟も良いように思えてしまうである。粘ものは意外と好きなのであるよー。
      んー、でもこんな時間に真面目な研究議論なんてやりたくないであるし。部長の発言とは思えない! こんなのも息抜きになっていいと思うである。 -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 03:23:04
    • 私は半熟や温泉卵のだらけた感じがとても好きだよ(風呂場で作った温泉卵にめんつゆをかけてお出しする)
      まぁな。私は種族的にも割と深夜活動組だが……あえてなにか言うとすれば、あれだ。白魔法なら体を超鍛えたらどうだ -- メイクレア 2014-02-05 (水) 03:34:12
    • 有り難いである。歯応えがきちんと伝わってくるものでないと、どうにも食った気がせんである。でも、半熟の黄身のぐわいは好きである。(掬って食べてる)
      身体を……超鍛える? それは一体……。一応、杖を使った体術などは身につけているであるが。 -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 03:49:29
    • 白魔法と言うとあれだ、体内の気と魔力を循環させて螺旋がどうとか練り上げてなんたらとか、生命力を変換してこーたらとかして、徹拳全快!とかやるものだろう?
      人を癒すにはまず自分から!健全な肉体に白魔は宿る!……私派そう聞いた。違う? -- メイクレア 2014-02-05 (水) 03:55:42
    • ところどころ合ってはいるであるけど……。私の白魔法でできるのは、ワンアクション限定の速度強化ぐらいである。
      もしかしたら、キュアの応用でそういうことができるのであろうか? できるならまぁ確かに頼もしいであるな。 -- ルィンディ 2014-02-05 (水) 04:01:29
    • できるできる、極めればビルを蹴り飛ばしたりできるさ。私は白魔法はそんなに詳しくないが(温泉卵をつるりとひとのみ)
      どっちにしても体を鍛えておくのはいいことだぞ(だらけ筆頭の教師は語る) -- メイクレア 2014-02-05 (水) 04:06:07
  • 魔法研究会 5月 今月の曲線 春の大曲線
  • ツリーだけでも植え変えてたら暇してる部員が入り易くなるかなって。 -- イザヴェル 2014-02-03 (月) 23:28:42
    • 今月の曲線 春の大曲線 -- ルィンディ 2014-02-03 (月) 23:32:58
    • よし……。(やり遂げた顔) -- ルィンディ 2014-02-03 (月) 23:33:10
    • ならばよし。 -- イザヴェル 2014-02-03 (月) 23:34:13
    • なにがよしなのか良く分からんが。 -- ロア 2014-02-04 (火) 00:05:00
    • (私は今から駄文を書きます、の構え) -- イザヴェル 2014-02-04 (火) 00:28:19
    • 『体内に散在する魔力を集め、放つ。
       あらゆる魔法を実行するまでの動作は至極単純である。人間、それに準ずる知能を持つ生物ならば。
       魔力は人の体内の五臓六腑に染み渡っている。
       可視できないため自覚が薄いが、我々が呼吸している間にも魔力は産まれ、そして消えていく』 -- イザヴェル 2014-02-04 (火) 00:28:54
    • 『魔力は通常、人間の体内中に自由な状態で循環している。
       その魔力を一点に集め凝縮し、様々な手段を起動スイッチとして外部へ出力することが、魔法の発現。
       集中、印、祝詞、歌。術者によってスイッチは千差万別だ。
       再分化された無数の手段でも、行き着く先は最終的に魔法の起動である』 -- イザヴェル 2014-02-04 (火) 00:34:18
    • (ふらりとやってきて以前やったように空間魔法でトイレと風呂を増設すると満足して顧問部屋に引っ込んだ) -- メイクレア 2014-02-04 (火) 00:38:09
    • (机仕事をしているイザヴェルをよそに、だんだん拡張されていく第二天文台を見て「住めるんじゃないか?」と思い始める部長) -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 00:42:00
    • 『ここで前項の『何故動物他は魔法を行使できないのか』という点に立ち返る。
       同じ魔力を持つならば、動物も魔法を行使できるはず。なのに何故。
       それは、動物たちが自らの体内に存在する魔力を知覚するに至っていないからだ』 -- イザヴェル 2014-02-04 (火) 00:43:34
    • 『人間は古来より奇跡の力を求めてきた。
       超常の力を用いて奇跡を起こす魔法は、人間の願いが生み出した力。
       力が欲しいと祈った。願いを叶えたいと鍛えた。研鑽の果てに、人間は己の身体に未知の力が宿っていると自覚した。
       すなわち魔力。
       始まりはほんの偶然だったのだろう。火で肉を焼いた、光で夜道を照らした、程度かもしれない。
       先駆者が出れば、後に続く人間も出る。
       親から子、子から孫。新たに産まれた技術は伝承され、やがて今日となり。
      『我々の体内には魔力があり、魔法が使える』。という一般認識を形作るに至ったのだ』 -- イザヴェル 2014-02-04 (火) 00:51:51
    • (書き物をするイザヴェルをよそにメイクレアの空間拡張の手際の良さに感心しつつ、住むなよ。お前のパンツが落ちてるような部室は御免だぞと釘を刺す) -- ロア 2014-02-04 (火) 00:51:58
    • 書き物終了。
      ここまで書いて、もし人間外の生物が魔力を自覚すれば、人間に対して大きな脅威となるのではと考えて。
      どうせそんな生物いないだろうと一笑に付します。(すごいフラグ) -- イザヴェル 2014-02-04 (火) 00:55:31
    • 自覚せずとも魔法を使えるようにするのは出来ない事は無さそうだな
      対抗魔法以外では減衰の不可能で、死なない程度の刺激を魔法によって一定間隔毎に与えられる環境に動物を放り込んでおけば幾らか世代を経た後に環境に適応する為に障壁を生み出すくらいの事はしそうな気がする -- ロア 2014-02-04 (火) 01:01:22
    • (「住まないであるけど、さすがにそこまでだらしくなくはないである」「たまに、コインランドリーの洗濯機のキャパを超えるぐらい洗濯物ためこむであるが……」話がだんだん低俗になっていく)
      ふむ? ……え、いやいや。魔法生物なんてそんな珍しくもないような……。(小声で) -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 01:02:06
    • …魔獣の類や魔法生物を例外とした所謂「動物」に関しての話じゃないのかこれ? -- ロア 2014-02-04 (火) 01:06:01
    • (やるなよ、絶対やるなよという視線でロアを見る。本当は少し興味があるのでやってもらいたい)
      人工的に作られたアレコレではなく、野生の方で。
      マンティコアとかあのあたりのレベルになると魔界生物とかそういう定義になりそうなので。 -- イザヴェル 2014-02-04 (火) 01:07:02
    • 魔法や、それに値する現象を使えるよう進化した動物を魔獣や、モンスターとして扱うのではないのである? ……。(「ややこしいのである!!」) -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 01:07:39
    • 俺は妖魔と定義付けをして区別していたが。どうも共通の定義がなさそうだな。 -- 2014-02-04 (火) 01:10:33
    • そのあたりの各々の認識に関する意見出して纏めるだけでも、自主研究として部費に色が加えられそうな気がしてきた。 -- イザヴェル 2014-02-04 (火) 01:11:57
    • 安心しろ、生物関係に関しては門外だからやろうとは思わない。臨時教師に魔法生物学が専攻の教師いた筈だしそっちに頼ってくれ
      …これはもう現在魔法を使えるが知能の低い生物がどういった進化をたどってきたのか、というのを探った方が早い気がするな -- ロア 2014-02-04 (火) 01:12:16
    • じゃあこういうのはどうだ。知能の低い動物は魔術を扱えるようになるのか、という実験は。
      猿に芸を仕込むようなものだろう? -- 2014-02-04 (火) 01:16:21
    • それいいね。 -- イザヴェル 2014-02-04 (火) 01:19:20
    • 猿回しはまだしも、精神論みたいのを仕込むことはできるんであろうか……? -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 01:19:21
    • 結局のところ俺がさっき言ったもののように必要性に駆られる、身体で覚える、ということが重要になりそうだな… -- ロア 2014-02-04 (火) 01:20:46
    • いっそのこと、魔術回路を組み込んで自動的に魔法効果が発動するように……。
      (「それって、アーティファクトと何が違うんであろう……? 同じであるよな……」) -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 01:23:08
    • それだとあくまで、その部品に魔術的要素が組み込まれているだけの話になるな。
      バナナを得るのに道具を使え、みたいな話になってきたな……。 -- 2014-02-04 (火) 01:25:32
    • 今気付いたけど部員増えてない? -- 2014-02-04 (火) 01:30:55
    • 遅っ! -- イザヴェル 2014-02-04 (火) 01:33:12
    • 貴様とエイベルが入ってきた時点から3人増えてるであるな。ユヅルも入ったけど名簿に記載がまだみたいである。 -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 01:35:28
    • いや待て、いつからだ……? 研究に没頭していたあまり記憶がない……。(日頃化け物狩りしてるし) -- 2014-02-04 (火) 01:36:15
    • ロアが入ってきたのは11月、で、さらが入ったのは恐らく2月ごろであろうか……。3ヶ月であるね。けっこう前! -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 01:40:40
    • (めっちゃ機械弄ってたわそんときって顔) -- 2014-02-04 (火) 01:42:12
    • この間誘ったんだが気付いたら入ってたな。この調子だと俺等が卒業する頃には大手部活動になってる可能性も否定出来ない -- ロア 2014-02-04 (火) 01:42:58
    • 最初、えんえんと一人で独り言を続けている私を不憫に思って誰かが話しかけてくれる部活だったとは思えないであるな。 -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 01:45:54
    • 要介護老人かお前は。 -- 2014-02-04 (火) 01:46:48
    • 寂しがりなのに人が怖い、というボケた精神状態だったので否定できないであるな……。(目をそらす) -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 01:47:56
    • 呼ばれた気がします。(気配レスでルィンディの真後ろに出現) -- ユヅル 2014-02-04 (火) 01:48:20
    • 成長したな、ルィンディ…(マザー的視線) -- ロア 2014-02-04 (火) 01:48:37
    • ああ、次の誕生日にはミニカーを買ってやらないとな……。(ファザー的視線) -- 2014-02-04 (火) 01:50:00
    • ふふふ、ユヅルだな! 気配を消して背後に現れるぐらいもう慣れたのである! ……貴様らそんな目で見るんじゃないである! なんか心が擽ったい! やめろーっ!(顔を隠す) -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 01:53:36
    • (しょんぼり) -- ユヅル 2014-02-04 (火) 01:58:52
    • もう一年であるぞ。慣れるのである、そりゃ……。 -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 02:04:41
    • でも、なんだか子供が巣立っていくようで寂しいなって…… -- ユヅル 2014-02-04 (火) 02:20:37
    • (マザーズアイ) -- ロア 2014-02-04 (火) 02:21:09
    • 貴様ら、私をなんだと思っているである! 部長であるぞ! さあ敬うがいい! -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 02:21:57
    • ぶちょーコーラ買ってきて(機材いじりながら) -- ロア 2014-02-04 (火) 02:22:36
    • 今ならなんと敬い放題! ……よし、わかった! 詠唱省略 ヘイスト(超高速で行って戻ってくる)ハァ……ハァ……
      買ってきたである……。(渡されるペプシ) -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 02:24:09
    • 俺がコーラって言ったらコークの事に決まってんだろうが!!!(プシャッ ゴクゴク)
      敬うってこれであってたっけ? -- ロア 2014-02-04 (火) 02:25:31
    • (後ろに回って部長の腰を揉む -- ユヅル 2014-02-04 (火) 02:28:10
    • (ふるふる)ちがう……。
      ぜんぜんちがう……。そう、ユヅルのような感じ。でも、いざ敬われてみると反応に困るであるな。 -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 02:33:12
    • (しゃがみこんで部長のふくらはぎを揉む -- ユヅル 2014-02-04 (火) 02:34:18
    • ここだけ切り取るとルィンとユヅルがそういう関係なのかと勘違いされるな。 -- ロア 2014-02-04 (火) 02:43:01
    • (ぽっ) -- ユヅル 2014-02-04 (火) 02:43:37
    • だいいち体育会系の部活でもないのに、なぜ揉まれているのだろう……。 -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 02:44:24
    • あと、私はこれからユヅルと距離をおこうと思う。 -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 02:45:42
    • なぜときかれると……なんとなく?(ペギッと首を傾げて) -- ユヅル 2014-02-04 (火) 02:46:58
    • (唇を尖らせる) -- ユヅル 2014-02-04 (火) 02:53:13
    • なんとなくならしかたがないが、そんな仕草したって無駄である。脚がグンバツの美女になって出なおしてくるんだな……!
      ええいこんな不毛な会話男ばかりで続けていられんのである! 部長は帰る! 帰るったら帰るのである!(帰宅) -- ルィンディ 2014-02-04 (火) 02:54:59
    • ……顔だけ、出しとこ……(隅ちょでスマホいじりはじめる -- さら 2014-02-04 (火) 06:42:17
  • 魔法研究会 4月 今月の天文現象 超新星爆発 -- 2014-02-02 (日) 20:56:47
    • ……今まで毎月誰がしかの気配を感じたので、こうして改めて静かな部室に来ると寂しく思うであるな。
      私もこの学園に馴染んでしまったである。 -- ルィンディ 2014-02-03 (月) 00:52:38
      • (時間軸としては、花見に行く前になる)

        (空間の航行手段を事前に用意するよう指示され、それ一昼夜でそう簡単に入手できるものでないとは、全ての生徒が理解している)
        (だからこそ個人でエアバイクを購入したり、何かしらの手段に頼ることが必要だった)
        (少なくとも、出発する前までには)
        ……困った。なにもない。
        (レポートの書き溜めだの、色々なことに現を抜かしていたら、こんな時期になってしまった)
        (金銭に余裕はない。頼れるものは独力のみ) -- イザヴェル 2014-02-03 (月) 00:53:39
      • (微妙なタイミングで割り込んだが私は謝らない) -- イザヴェル 2014-02-03 (月) 00:54:18
      • (「いやー珍しい事もあるであるなー……」)
        (イザヴェルの気配を感じ、なんとなく物陰へ身を隠してみる) -- ルィンディ 2014-02-03 (月) 00:55:22
      • まずは落下の重力に耐えられる最低限の耐久力……姿勢制御……本体との身体との固定……。
        接地時の摩擦で破壊されないように……風除けは身体側に任せる。必要ない。
        誘導は自然風に任せるので必要なし。下の面に機能を集中させれば。
        うん、これでいこう。 -- イザヴェル 2014-02-03 (月) 00:56:24
      • (集中しているためルィンディの存在には気付かず、どんどん作業を進めていく)
        (ノートに回路図らしきものを書き、それが気に入らなかったのか破ってはまた書き直し、床にゴミが増えてゆく) -- イザヴェル 2014-02-03 (月) 00:58:40
      • 足漕ぎ式のプロペラ飛行機(鳥人間コンテスト的なやつ)の試運転をして窓の外をふよふよと飛んでいる天才) -- ロア 2014-02-03 (月) 01:00:12
      • なにやっているである、あいつ……。(紙くずを拾い上げて、こっそり覗き見る。「……サーフボード、みたいな……?」)(窓の外を見て吹き出しかける) -- ルィンディ 2014-02-03 (月) 01:01:48
      • (これまでの努力ぶち壊しの見てはいけないものを窓の外に見てしまったので頭の中から情報を消す)
        (私は何も見ていない。知らない。よし)
        できた。(幾度かノートのページを破り捨てた後、完成したらしい表を掲げると、満足そうに)
        後はボードを買って……。(勢い良く立ち上がり、外へ向かおうとすると、身を乗り出していたルィンディと目が合って)
        忙しいので一週間ほど部活を休ませてもらう。花見には出る。
        (短く伝えて、慌てて飛び出した)

        (その結果が、空中を飛んでいたスケボーだかサーフボードだか判断に困る、魔力で動く謎の板である) -- イザヴェル 2014-02-03 (月) 01:04:26
      • (コキコキと部室前に着陸して括りつけて置くと部室内に入り)なんかイザヴェルが勢い良く飛び出していったけど何かあったのかルィンディ
        痴情のもつれはいかんぞ。 -- ロア 2014-02-03 (月) 01:09:53
      • ああ、根を詰めすぎるなよ……? である。(イザヴェルが去ったあと、暫く、散らかった紙を覗いてみた)……。
        (煩雑な回路図が、幾度も組み直されている。形状は板のようであるが、その用途が……)飛ぶ?
        あいつ、もしかして考えすぎると明後日の方向に行っちゃうタイプであるか……? 意外と……。あ、ロア。あいつは多分買い出しであるよ。まあ、一週間後が楽しみである。 -- ルィンディ 2014-02-03 (月) 01:11:46
      • (なんだそれ、とルィンディの肩越しに設計図を覗きこむ)…あぁこれを作ろうとしてるのか。
        …あいつそれ程制作関係が強そうには思えないんだがな。言えばアドバイスくらいしてやるのに。(ペンを取り出せば失敗と思われる回路図にさらさらと付け足し削除し改良を加えていく)
        まぁしかし面白い発想だわこれ。 -- ロア 2014-02-03 (月) 01:20:27
      • 理論派ではありそうなのだがなぁ。理論が先にあるから、結果がどうなろうとって感じがするである。(慣れた手つきで書き足すロアをちょっと尊敬。自分は朧げに構造が把握できたぐらいだった)
        おもしろい発想ではあるのであるな。実際に、空を飛ぶ姿を見てみたいである……。(まぁ、見ることになる。というか、なったのだが) -- ルィンディ 2014-02-03 (月) 01:23:18
      • 実際あんだけここで黙々と書き物をしてることが多いんだ、理論派ではあるだろう…専攻からしてもな。とはいえ正直それ程要領が良い方とは思えないな。
        むしろ不器用な方だろう…これも残りの時間でどうにか作れそうなもの、費用もかからないものって感じだな。
        誰かに相乗りでも頼めばこれより楽だってのに。不器用な生き方するやつだ -- ロア 2014-02-03 (月) 01:32:11
      • ……。きっと、一人で何もかもやろうとしているである。(ロアと概ね同じことを自分も思っていた。その、イザヴェルへの評価を聞いたあとそう付け加えた)
        それぞれの生き方があるのだし、暖かく見守ろうではないか。どうせ、学生なんて迷うために存在しているものである。最大効率をいつも求めなくてもよかろ。
        じゃあま、あいつがここを作業場にするかもしれないし私は帰るのであるよー。(帰った) -- ルィンディ 2014-02-03 (月) 01:35:17
      • その考え方も含めて、不器用って言葉が一番しっくりくるだろ。俺も本人の前で口出すするつもりはないしな
        しかしなんでお前あいつに大して若干ブラザー的視線で見守ってるのかが気になるが…おー、俺もテスト終わったし帰るわ(見送り)
        まぁ、不器用という点においてはお前も似たようなものだと思うが。 -- ロア 2014-02-03 (月) 01:40:10
  • 魔法研究会 3月 今月の星 スピカ -- 2014-02-01 (土) 23:00:05
    • 来月はレスリング部主導で花見か……地上へ降下するのは久方ぶりだな。(携帯端末で案内を見ながら) -- 2014-02-01 (土) 23:22:49
      • (端末を閉じて黙々と作業を開始する。台に置かれた機械の塊は、威圧的な無骨さを持ち合わせていた)
        (折り重なった合板の隙間からは、複雑な紋様を描く回路が覗く。鳶が無心に製造しているこれは、一見してただの機械部品)
        (それも人が乗るもののそれだ。しかしながらその実態は、魔術に知識を持つ者ならばおぼろげながらに理解できるだろう)
        (電力ではなく、魔力を動力源としていることに。また、考えうる限りの技術よりもさらに効率的で、小型化に成功していることに)
        (彼は今、自らが乗り回すための乗り物をつくっている。大地を踏破し、路面を噛み締め、更には大空を駆けるような乗り物を) -- 2014-02-01 (土) 23:45:52
      • 姿勢制御はどうするか……推進剤だと長時間の利用ができない……。
        精霊との契約を簡易的に行ってみるか……いや、対価をどうするかが問題だな。実に悩ましい。 -- 2014-02-01 (土) 23:47:21
      • 改めて考えると、飛行石のオーバーテクノロジーぶりが凄まじいな……。だがアレをメインとすると、ここ以外で使えなくなるな。
        そうすると件の花見にも使えまい。いっそ飛行石を改良してみるか……? -- 2014-02-02 (日) 00:13:14
      • 飛行石に与える動力源を何らかの形で保存し……云わば、魔力の貯蔵庫か。
        こうそこかしこに精霊の加護があるんだ、太陽光発電の応用でどうにかできそうだな。
        今考えているものよりも大型化しそうだが……悩ましいな。 -- 2014-02-02 (日) 00:37:18
      • ……いっそ内部に、儀式魔術の法陣を仕込んでみるか。よし、方向性は定まった!
        (図面を新たに引き直し、再び口を噤んだと思えば凄まじい集中力。まるで世界から独立したかのように作業へと打ち込んでいった) -- 2014-02-02 (日) 00:40:07
      • (レポートを纏めている。別の学園からの課題が溜まっているのとは違う。何かしら有事の際の点数稼ぎにでも使えるのではないかという、いわば保険) -- イザヴェル 2014-02-02 (日) 00:59:35
      • 『魔力とは。
         あらゆる生物が生まれながらに持つ、超常の力。
         種族・個体差はあれど植物や昆虫ですら保有している。
         何故植物や昆虫、動物は魔力を持ちながら魔法を行使できないのか。
         それは魔法というものが体系化された「技術」だからである。』 -- イザヴェル 2014-02-02 (日) 01:00:15
  • 魔法研究会 2月 今月の星座 オリオン -- 2014-01-31 (金) 20:06:44
    • (チェストの上に部員たちへの差し入れを設置すると、一つを摘まんで頬張る)
      (味は上々、というか購入品は概ね味が良い。そうでなければ商品にならない)
      (今日はバレンタインデー、またの名を男と女のラブゲーム) -- イザヴェル 2014-01-31 (金) 20:13:37
      • (ガチャ)ハロー、セイ、ハロー皆の衆! 今日はバレンタインなのであるよー!
        冬の王者として空に浮かぶオリオンのベルトは三ツ星なのである! 女の子から貰ったチョコはあまねく三ツ星! 喜ばしいことであるよね!
        ………。!?(チェストを見る イザヴェルを見る チェストを見る) -- ルィンディ 2014-01-31 (金) 20:26:57
      • (いつもにもましてテンションの高いルィンディを冷ややかな視線で迎えた後、少年漫画で用いられそうな書き文字を背負った彼の表情を涼しく受け流し)
        私ではない。どうやら普段魔法研究会に世話になっている女生徒が、バレンタインデーという行事に程遠い部員たちを儚んで手心を加えてくれたようだ。(嘘をつきました) -- イザヴェル 2014-01-31 (金) 20:30:38
      • 「ふだんまほうけんきゅうかいにせわになっているじょせいと」ぉ……? え? え……?(「新語?」)意味不明なのである。なんだろう、うちに世話になる女生徒って……。
        は、鳶か?(思い当たり、表情がすっとする)あいつなら、魔法とか言って小粋な手妻、品玉を披露しそうなのである! そうしてなんやかんや世話を焼いた結果が……。
        あれ、でもそれだとおかしい……バレンタインデーという行事に、程遠くない……。では何が……? -- ルィンディ 2014-01-31 (金) 20:45:12
      • (「私が持って来たと伝えた場合、熱でもあるのか帰って寝ろと一蹴されそうだったのでこれでいい、いい……」)
        好意は素直に受け取っておくといい。ただ量が少ない。他の部員にも分けるべき。
        私としてはルィンディが欲望に押し潰されないことを祈るばかり。 -- イザヴェル 2014-01-31 (金) 20:55:53
      • わかったのである……!(悩ましさ吹き飛び、明るく朗らかな笑顔)……お星様が、女生徒の姿になって、ここにチョコを届けてくれたであるな……。(メルヘンな方向へ逃げた)
        有難く頂こう。(ひとつつまみ上げて口へ運んだ。チョコレートの染んだスポンジは、どうしてこんなにも確かで儚い食感をしているのだろう……) -- ルィンディ 2014-01-31 (金) 21:09:53
      • (テレポートしてきた。部屋の中央に笏を立てる)……狭いな、確かに
        とりあえず私の部屋からだな(笏の上には第二天文台の立体映像が浮かんでいた。しばらく眺めた後におもむろに壁をつまんで引っ張り、こねまわして部屋を作る…同時に、リアルでも同じ場所に部屋が発生していた)
        (懐から金の小さな箱を取り出して、新しくできた部屋に投げ込む。空中でばらけた箱は質量を増して複数の家具になり、人の手でコーディネートされたように綺麗に設置された)……よし
        (最後に箱に入ったトリュフチョコをチェストの上に置いて、できたばかりの顧問部屋に引っ込む) -- メイクレア 2014-01-31 (金) 23:14:29
      • メイクレア先生!?(驚く)狭いであるよ。なんてったって、第二天文台であるから……。(遠い目)
        お? ああ、そういえば、手狭なここの空間を拡げてくれると。晴れて部活に昇格して部員も増えたであるしな、ええと? 外観図であるな。それを見てこれから施す処置の計画を……
        えっ。(壁がスライドして部屋が自然発生)えっ。(外に出る。外から見た形状は変わっていない)えっ。
        えええー……。(いつの間にか、ゆったり寛げるスペースができていた)マジで……。(トリュフをつまみながら、魔法という世界の奥深さと苦さと甘さを味わうルィンディであった) -- ルィンディ 2014-01-31 (金) 23:26:11
      • 顧問無茶苦茶だな……!? 部長、何処から突っ込んでいいのかわからないぞ! -- 2014-01-31 (金) 23:28:52
      • これが魔法なんであろうよ……! ええい、私だってわからない! 古代魔法ってったって、生命の魔法オンリーなのである! こんなのわけわかめなのであるよー! -- ルィンディ 2014-01-31 (金) 23:31:03
      • (せっかくだし、夜食チェストに『メイクレア様ヨリ』と紙を添えたチョコを複数置いておく)それはそれとしてミッションコンプリート!! -- ルィンディ 2014-01-31 (金) 23:37:51
      • 今来た。二人とも豆鳩な顔してるけど何かあった?(見つけるなり差し入れのチョコをつまみながらすごい平和感) -- エイベル 2014-01-31 (金) 23:39:40
      • 流派としては錬金魔法だな(アンティークな感じにまとめられた部屋の中、こたつに入ってみかんチョコを食べていた) -- メイクレア 2014-01-31 (金) 23:40:02
      • 天より顧問が現れ、顧問は部屋を作り上げ、顧問はチョコを置いた。
        全て魔法によるものだ。わ、わけがわからん……。 -- 2014-01-31 (金) 23:41:26
      • アンティーク調にこたつにみかん……ジャポニズムであるな。ふふ、鳶よ私はもう受け入れたのである。「そういうもの」なんて便利な言葉! 「平和」とか「うどん」と同等の素晴らしき響きである!
        (人はそれを、諦め、と言う)だいいち、鳶も部屋を作るのは無理だろうけど。どこからともなく湧いて、さらに、チョコだってどこからともなく鳶へ湧いてくるである。似たようなもんではないか。 -- ルィンディ 2014-01-31 (金) 23:44:09
      • 何その創世記的な表げんっ(部屋に気付いてむせた)安息日には蜜柑食べるんですね顧問……。 -- エイベル 2014-01-31 (金) 23:45:15
      • 俺が気取られないのは鍛錬の成果であって、チョコが集まるのは運命の類だ。流石にここへ持ってくるのは骨が折れるからな、諦めたよ……。
        甘味が欲しかったらあとで俺の部屋に来るといい。二人じゃ微塵も減らんからな……。 -- 2014-01-31 (金) 23:46:29
      • ああ……寒いしうどんはいいな。うどん食うか君たち(すでにごろつきはじめている) -- メイクレア 2014-01-31 (金) 23:47:41
      • うどんも出せるんですか!? -- 2014-01-31 (金) 23:48:30
      • 聞いたであるか。こいつ、二人がかりで消費しきれない量貰ってるである。そのうち触れるものみなチョコになる勢いである。
        うどーん! 食べるであるよー!(飛びつく部長) -- ルィンディ 2014-01-31 (金) 23:49:45
      • チョコミダス王なの……。耳ロバのやつになれ。
        食べます(着席) -- エイベル 2014-01-31 (金) 23:51:39
      • いただきます。(いつの間にか座っている) -- ユヅル 2014-01-31 (金) 23:52:06
      • 4つだな。小麦粉は入れておいたから…(空中に浮かんだ画面で何か操作している)
        (数分後、床が開いてうどんが載ったテーブルが上がってくる)…よし、ちゃんと動いているようだ -- メイクレア 2014-02-01 (土) 00:00:39
      • えっ えっ そんなギミックも!? 部長、これ男の子の味だぞ。 浪漫凄いぞ! -- 2014-02-01 (土) 00:03:00
      • わぁーい。いただきますのである。(うどんが目に入るとそれ以外の些細な物事は考えなくなった。ダシと、もっちり滑りのよい麺が美味い……)
        しかし、ここまでやっておいて小麦粉は別に入れる必要があるのであるな……。いや、そりゃそうであるよな。 -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:03:22
      • え? 何? うどんすする音に酔いしれてて聞こえなかったのである。(機械疎い系男子) -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:04:05
      • えっ何コレすごい。うちにもほしい。一家に一台ほしいよこれ!! -- エイベル 2014-02-01 (土) 00:04:05
      • 便利でおいしい。万能ですね。(ちゃんといただきますしてちゅるちゅる麺を啜っている) -- ユヅル 2014-02-01 (土) 00:06:53
      • 全部一から作ってもいいが、設計めんどくさいからな…それなら安い材料は買って倉庫にぶち込んでおいて、そのつど使う方が何かと省エネだ。私は面倒が嫌いだからな -- メイクレア 2014-02-01 (土) 00:07:23
      • ところでユヅルくんしれっと混じってるけどどうしたの。うどんに引き寄せられた? -- エイベル 2014-02-01 (土) 00:13:08
      • (「あれっ、エイベルも。どこらへんが琴線に触れる要素だったのである……? あれ、もしかして私が鈍い?」)
        うむ。(ちゅるちゅる。「怠惰のために手間を惜しまぬ人であるな……」) -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:13:11
      • なんか一人多いと思ってたである!! -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:13:30
      • いや、ちょっと用事があったので来てみたらおいしそうなにおいがしたので、つい……。 -- ユヅル 2014-02-01 (土) 00:17:18
      • 天ぷらをしてもいいが…(テーブルにペンでキュッキュと四角い枠を書くと、穴が開いて向こうに海が見える)魚介類は釣ってもらわないとな。私はめんどくさいぞ(竿を用意) -- メイクレア 2014-02-01 (土) 00:18:20
      • そうであったか。まあ細かいことは気にせんのである。して用事とは。(ズビズバー)
        ……。(穴を覘く。ざざーん)……海って、この学園艦から遥か下のほうにしか存在しないはずじゃ……。(とりあえず垂らす釣糸) -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:20:24
      • 非常識の連続で、少しずつ俺も慣れてきた。海を見るのはいつぶりかな……。今の時期って何が釣れるんだ? -- 2014-02-01 (土) 00:23:13
      • 鱈……? ところで、ここは沖なのであろうか。ともすればもしやマグロが釣れたりするかもしれぬであるな。まっさか! はっはっは! -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:26:03
      • この部屋にはゲート魔法が組み込んであるんだ。その力を線で囲んだ中で動かすように指示すればこうなるというわけだね
        (天ぷら油の鍋を用意)さ、吊り上げてダイレクトに油にシュートしたまえ -- メイクレア 2014-02-01 (土) 00:27:01
      • スーパー人外のエイベルさんなら! きっと素潜りで鰤とか捕まえられるに違いない!
        さあ、期待してるぞ。俺は待ってるから。だって普通の人だから。 -- 2014-02-01 (土) 00:30:14
      • これ、受理してくださいなルィンディさん。 (つ[入部届け])
        ああそんなダイレクトにから揚げにしたらダメです!ちゃんところも作らないと! -- ユヅル 2014-02-01 (土) 00:31:08
      • 絶対普通の人じゃないくせによく言う!(とにもかくにも釣らないと始まらないので気長に待つ。引いた。すごい横滑り)
        うおおおおおお!! うおおおおお!!(四角のワープ小窓に引きずり込まれかかっている)え!? ユヅル!? あ、わかったのである! 受理!
        それはそれとして レビテイト (釣り竿ごと浮かせて、釣り上げる。小柄であるが、確かにマグロであった。そのまま、吸い込まれるよに天ぷら鍋の中へ) -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:34:50
      • 油が飛ぶに決まっ……うわっ あっつ! あっつこれ! ばーか!! (四散する熱した油) -- 2014-02-01 (土) 00:36:45
      • あ、ちょっとルィンディさんこっち、こっち!(いつの間にかエプロン装備で卵と水をあわせてかちゃかちゃして薄力粉を軽く混ぜて衣スタンバイ) -- ユヅル 2014-02-01 (土) 00:37:39
      • 大丈夫さ、外と鍋の境界の所で衣がつくからな(指を入れてみると、その先に衣がつく)
        マグロか…大物だな(衣がついて煮えた油の鍋の中に吸い込まれていくマグロ)……私は別に大食いじゃないからな?責任を持って食べるんだよ?(釣った人に向ける視線) -- メイクレア 2014-02-01 (土) 00:38:29
      • あっ、そうかぁ。衣つけないとであrそんな次元の問題ではないのである!!!111 -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:38:43
      • おっと、衣を用意してくれたのか…悪いね、まともな魚介類を揚げてくれないか(冷蔵庫から普通にエビやイカを出した) -- メイクレア 2014-02-01 (土) 00:40:09
      • 魔法で大事に至らずに済んだ……万能だな、魔法……。 -- 2014-02-01 (土) 00:40:10
      • 食材普通にあるんじゃないですか! -- 2014-02-01 (土) 00:40:39
      • (マグロはからっと揚がった。まるごと。)……いただきますのである!!!() -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:41:17
      • 普通に天ぷらの向けの素材がある!!(口の中にマグロの旨味をジュワーッとさせながら) -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:42:02
      • ごめんうどんに夢中になってた(働かずに食うスタイル) -- エイベル 2014-02-01 (土) 00:42:28
      • 釣りたての方が美味いかと思ってなぁ(マグロの目玉の天ぷらを食う) -- メイクレア 2014-02-01 (土) 00:44:20
      • こいつも揚げよう。(エイベルを) -- 2014-02-01 (土) 00:46:37
      • ほら、エイベルも目玉のてんぷらを食うであるよ。ドコサヘキサエン酸をとって、魔術理論(I)を読破するのである……。(グロいの苦手) -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:46:49
      • うどんの追加玉もあるぞ。今度はぶっかけあつもりとかどうだい(食している生徒に) -- メイクレア 2014-02-01 (土) 00:48:32
      • ……揚げてどうするのである。(マグロは新鮮なので食い始めたら意外とイケる) -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:49:31
      • はーい(エプロン姿が妙に似合う偽ミイラ。よどみない手つきでイカを、エビを、ついでにマグロの切り身もてんぷらにしていく。さくっとからっと揚がるゾ!) -- ユヅル 2014-02-01 (土) 00:49:33
      • そうである。どうせだから私はまぐろうどんに挑戦してみるのである。なあに、ないとも言い切れまい。ツナサンドと同じ要領である。 -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:50:09
      • 死んじゃうからやめろよな!!1!1
        えっ俺が一週間かかっても読破できてないあの難物をドコサヘキサエン酸の力で!?(食べる)ううn……(たいへん微妙な表情) -- エイベル 2014-02-01 (土) 00:50:22
      • うーん美味い。君は料理の才能があるな(ざるうどんにたまねぎおろしと揚げてもらった天ぷらをのせ、熱くて濃い目のつゆをぶっかけて食べる) -- メイクレア 2014-02-01 (土) 00:52:41
      • 慣れてますから。(メイクレアににこやかな雰囲気で返して)
        あ、ルィンディさんどうせならこっちの山かけ漬けまぐろはいかがです?(漬けまぐろはしょうゆと一緒にマヨネーズを少々加えることで、短時間でも味がしみこみコクが出るのだ!) -- ユヅル 2014-02-01 (土) 00:55:48
      • あれ……? ここって学校の最果て、 -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:56:46
      • 学内廃墟の名をほしいままにする第二天文台であるよね? すごい健康的な海鮮食堂が繰り広げられているのであるけれど。いただくである、山かけまぐろ。 -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 00:57:36
      • 物流の進歩はめざましいな。(さくさくもぐもぐ) -- エイベル 2014-02-01 (土) 00:59:16
      • 私が来た以上は、少なくとも私がだらける為の環境は意地でも整えるぞ(冷蔵庫からペットの冷茶を出して並べる) -- メイクレア 2014-02-01 (土) 01:01:20
      • (山かけマグロうどんをかき混ぜて食べる。なるほどマヨネーズの油分の酸味がマグロの生臭さを包み込み、うまみを増している)
        頼もしい限りなのである。いか結構好きなのであるからして、そちらも軽くいただかせてもらうのである。(噛みごたえがグッドであった) -- ルィンディ 2014-02-01 (土) 01:06:58
      • 食べ過ぎると眠くなるから気をつけてな、まだ寝室は作っていないんだ(海鮮料理を堪能したので、横になり魔法テレビでバラエティを見ていた) -- メイクレア 2014-02-01 (土) 01:11:11
  • 魔法研究会 1月 今月の恒星 太陽 -- 2014-01-30 (木) 21:04:17
    • (第二天文台のエイベルの机には、他の部員のそれと比べていささかローレベルな書籍の数々が並んでいる)
      (西方の現代魔術に関する入門編から基本編程度の文献、及び少数の少年漫画がそれであった)
      (今現在開いているのは辛うじて前者であったが)頭が沸騰しそう。(ぐったり) -- エイベル 2014-01-30 (木) 21:48:06
      • それは大変だ! よし、今すぐにでも取り出そう! 臓器は鮮度が命なんだ、わかるだろう!? -- 2014-01-30 (木) 21:51:07
      • ♀。間違えた、メス。(手刀でエイベルにベルリンの赤い雨を食らわせつつ)やっほー。前述したとおり遊びに来たわよ。 -- オルガ 2014-01-30 (木) 21:53:12
      • 先輩、新年早々男漁りとは気が早いですね。やる気勢ですか?今ひとり候補が減りましたが。(物理的に) -- 2014-01-30 (木) 21:55:07
      • あけましておめでとうである皆の衆。きらきらの旭日も太陽という星であるが、望遠鏡で覗いてはならんのであr
        ……エイベル? ……エイベル? -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 21:56:29
      • 死んでる…いったい誰が・・ -- オルガ 2014-01-30 (木) 21:59:00
      • (めっちゃ頭から煙吹いてた)……はっ 人がいっぱいいる -- エイベル 2014-01-30 (木) 22:02:07
      • ぐえー!(時間差ダメージ) -- エイベル 2014-01-30 (木) 22:03:04
      • っ……起きたであるか、エイベル。私が、わかるであるか……?(駆け寄って顔を覗きこむ)
        お前は、10年間眠り続けていたである……鳶のサイボーグ化処置によって、命を永らえて……。 -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 22:03:24
      • そうか、俺はそんなに……。あれは16歳の冬、俺は『猿でもわかるはじめての現代魔術』を読んでいた……
        それが俺の最後の記憶だ。教えてくれルィンディ、俺にいったい何が起こったというんだ。俺をサイボーグなんかにしなければならないいったい何事が。 -- エイベル 2014-01-30 (木) 22:10:23
      • 時間差攻撃って怖いね。(うーいしょと背伸びしつつ)えーと、ここが魔法研究会ね。ごめん悪気はないけど素直に感想言うわね?目が痛い…
        ちなみにここ、普段はどんなことしてるのかしら…? -- オルガ 2014-01-30 (木) 22:11:11
      • え、オルガ先輩が手刀で首元をガッとやったのであるが、ガッと。それが原因である。 -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 22:12:04
      • こう、暗い色に白文字って目がちかちかして他のコメントページ見るときも残像が残るの…あたしだけかしら…(目がよすぎる狼属性の先輩であった 目をこしこし) -- オルガ 2014-01-30 (木) 22:12:15
      • なんでバラすかなぁルィンディ君!!!聞いているのかねルィンディ君!!!!!本当に君の名前打ちなれたわよルィンディ君!!!
        まー先月の予言通りだしー?ちゃんとエイベルに超人技仕掛けるって言ってましたしー? -- オルガ 2014-01-30 (木) 22:13:05
      • あー、ごめんね気を使わなくてもいいのよ?あたしはちょっとキツいなってだけで…あと背景色を薄くした方がいいと思うわ… -- オルガ 2014-01-30 (木) 22:13:50
      • 10年も経ったのにみんな若々しいな……。俺の体からもあんまり駆動音とかしないな……。
        改造されてなくね?(おそい) -- エイベル 2014-01-30 (木) 22:14:45
      • 新しいカラーの究明である!!(壁にある三原色スイッチを弄って部室内の色彩調整を行っている) -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 22:15:37
      • あっだいぶ優しくなったわ。ありがとう、なんかごめんね?チカチカするとうぎゃーキン肉マーン!って叫びたくなるのよね…
        …で、ワンモア。ここってどんなことする部活なのかしら…? -- オルガ 2014-01-30 (木) 22:17:14
      • コメントページにもコメント欄置いて、そっちは普通の色合いにしておいて、チカチカする人はそっちを使うヨロシ、というスタイルはどうか。
        あと超人技かけるって別なやつを宣言してませんでしたっけ。部活内容はルィンディ部長がきっと適切な説明をしてくれるって俺信じてる。 -- エイベル 2014-01-30 (木) 22:21:50
      • やはり夜っぽくしたい欲望を抑えきれないのであrうわっ見づらい。(黒地に変更)(だが戻す)色って気にし始めると止まらなくなるのである!
        (「置いといて」というジェスチャー)そうであるねー。個人で研究テーマを決めて、それについて勉強するー。みたいな。そういう感じであるかな。 -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 22:25:48
      • あたしは||で囲んで文字が小さく成ればそれでいい…。部活とかのコメントページはそこからコメントできると便利よね。うちもそうしてるわ。
        (おいといて)…へぇ、じゃあ割とそれぞれが自由に研究してるって感じなのねー。エイベル君は見た所西の魔術か…ローディアの魔術関係の歴史書とか欲しい?(あれも西だし、といいつつ)
        ルィンディ君は前も言ってた星関係だっけ?トビ君は…なんだろう。からくり?結構面白そうね…研究かぁ。 -- オルガ 2014-01-30 (木) 22:28:09
      • ローディアとかよりもっと西ですね。でも方言くらいには似てると思うのでよければください。
        研究の前に知識詰めてる段階なんで読むのはだいぶ先になりそうですけど…… -- エイベル 2014-01-30 (木) 22:36:59
      • はいな、今度部屋に遊びに来たときにあげるよ、どうせいらないものだったし。子供のころ暗記しちゃったしねー。
        フレキに聞けばローディア周辺の地方の知識はばっちりな気がしたけどエイベル君フレキと話せないもんね、しゃーなしやね(『しゃーなしやな』) -- オルガ 2014-01-30 (木) 22:39:34
      • とりあえず色についてはあとで究明するのである。コメントページとかについても同様に。
        んー、私は星関係っていうか、白魔法なんであるけどなー? 関係はあるんであるけどね。ま、自由に研究しているであるよ。魔法、妖術から超能力までである。と、先々月ぐらいに部の規定を決めたのである。 -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 22:39:51
      • しれっとスペック高いな。あとケモノ語のわかる人のが稀だと思うな!
        間口広くなったよな。そして科学系のヤツ増えたよな -- エイベル 2014-01-30 (木) 22:45:52
      • ここに来るまでのあたしは優等生だったわね。(酷くつまらなさそうな顔で)
        白魔法かー…ああ、妖術とかもこっちなんだ。なるほどなー。唐突に猛狼百歩拳を放ちに来る約束してたの思い出した。 -- オルガ 2014-01-30 (木) 22:47:51
      • その猛狼百歩拳から部室を守るのをおおせつかっていたのが俺だった。
        ルィンディくんよ、床とか抜けてもよろしい?(板張り) -- エイベル 2014-01-30 (木) 22:54:44
      • やめて(素になって阻止) -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 22:56:15
      • …はぁあああああ!!!!!(めっちゃ右手に全魔力を集中し始めるオルガ とんでもない量の魔力なのでもはや目に見えるレベル)
        ……なんちゃって(と、魔力の練りを解除して)流石に新年早々他の部活の部室壊してもね。二人には先月お世話になったことだし。
        面白そうな部活だとは思ったから、また来るわね。普通に遊びに。あたしは今日はもう眠いので寝るのです…(あくびしつつ、またねーと去って行った) -- オルガ 2014-01-30 (木) 22:57:50
      • ぬわああああ!! プロテクション! プロテクションの詠唱を!!!(わたわた)……。(がくん、と膝が抜けて地面にこけた)……驚かさないで欲しいのである!
        老朽化してるから、もう、余波だけでも大変なことになりそうだったのである! あ、はい。女性の少ない部活であるからして、歓迎するのであるよー。ではまた。 -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 22:59:52
      • はああああああああ(対抗。でも魔力量的にはあんまり及んでない)……床が助かったな。(胸なで下ろし)はいお疲れさまでしたー -- エイベル 2014-01-30 (木) 23:03:14
      • オルガ先輩が優等生というのはちょっと意外だったのである……。(NOUKINだと思ってた) -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 23:04:01
      • 誰か来ていた?
        エイベル・ターナー、今回の依頼の迅速な遂行に感謝する。 -- イザヴェル 2014-01-30 (木) 23:06:21
      • 実はインテリだった疑惑のオルガ先輩が来てたよ。ほいお疲れさん、崖から落ちた傷は平気だろうか。 -- エイベル 2014-01-30 (木) 23:12:45
      • 超レス部の部長が来てたのである。エイベルが尊い犠牲になったのであるが、最後はにこやかに締めくくられたのである。 -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 23:13:55
      • さしあたって問題はない。(別件で受けた傷も治癒したし)
        今年も一年よろしくお願いする。
        (ルィンディの発言に?マークを浮かべてすぐに取り消した。毎度のことだ) -- イザヴェル 2014-01-30 (木) 23:18:17
      • あけましておめでとう、今年も一年よろしくである。(礼)あ、そうそう。職員室で顧問について聞いたである。やっぱメイクレア先生がいいってことで、時間を見計らって訪ねるであるよ。 -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 23:27:21
      • そりゃよかった、あけおめだ。……そういや部に上がるからには顧問がいるとかそういう話だったか -- エイベル 2014-01-30 (木) 23:29:55
      • ところで。もし研究の成果品ができれば、どこかに纏めておけばいいのだろうか。
        人に披露できるような立派なものではないので、できるだけ隠匿しておきたい。 -- イザヴェル 2014-01-30 (木) 23:39:54
      • 研究成果? ……そうであるなあ、そこらへんも考えるべきなんであろうが、やはり、各自で管理するべきだと思うのである。
        書類にしろ、何らかの成果物であるにしろ、その管理方法とか、秘匿したい情報だとかは本人にしかわからないであろうし、部室に置いといてもたぶんしゃーないのである。
        みんなが見て参考になりそうなモノだったら置いとくのもアリだと思うのであるけどな。 -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 23:46:45
      • 了解いたした。
        麻薬の製法なので万人に有益な情報ではないと判断する。私が自分で管理しておく。 -- イザヴェル 2014-01-30 (木) 23:50:20
      • 異議無し。俺のも俺以外に役に立つとは思えないしな。まずは研究に入るための勉強を片付けろって?……うん。 -- エイベル 2014-01-30 (木) 23:50:38
      • ガチでお外に出しちゃいけないヤツじゃん!! -- エイベル 2014-01-30 (木) 23:51:13
      • そうであるな。そんなのがぽろぽろ知られちゃマズいなんてもんじゃないである。……ってうぇええええ!!
        一体どういう経緯でそうなってしまったのである!? と、とにかくそれは厳重にしまっておくとよいのである! -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 23:57:28
      • 何、処方さえ誤らなければ便利なものだぞ。鎮痛剤にも尋問にも使える。 -- 2014-01-30 (木) 23:59:54
      • 話せば長くなる……。
        ただ麻薬の原料は案外身近に転がっていたりするので気をつけて欲しい。
        そこ、とか。(窓際に置かれた、毒々しい赤い花の咲いた植木鉢を指し) -- イザヴェル 2014-01-31 (金) 00:01:24
      • 魔法研究会であるし、少しの向精神薬だってスパイスみたいなもんであるよね。魔力が微量ながら上昇するなんてまことしやかにささやかれてたりするであるし。であるよねー。
        (窓を見る。花びらが赤々と元気に、空を望んで咲いている)わぁっ……!(青い顔)(「もしかして、貧民街で麻薬中毒者が続出してたのって……」イザヴェルをちらっと見る) -- ルィンディ 2014-01-31 (金) 00:03:59
      • トビがしれっと出てきて尋問とかいってるこわい……
        わあこんな身近に!?……マジかよ……(引く) -- エイベル 2014-01-31 (金) 00:05:38
      • ルィンディは誤解をしている。私は止めに回った側の人間。
        学園内で麻薬が生産できるという確固たる証拠を上げるために、ほら、その、ね。
        (精一杯かわいこぶった声色と表情を作る)許して?
        なおその株以外は全て私が根絶したので安心して欲しい。 -- イザヴェル 2014-01-31 (金) 00:08:07
      • 私も男であるし、これがもっと明るい話題なら素直にきゅんときてたであるがなー……話題が話題であるからなー……。(「許すよ……」という顔)
        そうであるか、なら安心である。これでもう貧民街でキュア・ポイズンをひたすらかけつづけるお仕事からは解放されるのであるな……私……。素直にありがたいのである。
        …………。(「……あれ、なんかひっかかるのである……なんだろう、まぁ後で考えるのである」) -- ルィンディ 2014-01-31 (金) 00:14:36
  • 魔法研究会 12月 今月の星団 プレアデス -- 2014-01-29 (水) 20:47:30
    • (天文台から遥か彼方のホールからでもクリスマスパーティーの笑い声は風に乗って届いてくる)
      (特に参加する意義がない、というイザヴェルらしい真っ当すぎる理由をつけて、部室でサボりを行っていた) -- イザヴェル 2014-01-29 (水) 23:10:48
      • (席を立つと、何の気なしに名簿を捲った)
        (5人の名前が記された名簿の表紙には「祝! 部活昇格」という誰が足したか丸分かりのマジック書きが燦然と輝いている)
        (部長名のすぐ下に書かれてあるIdavoll Violetの文字を指でなぞると、ここ数ヶ月の圧縮された想い出が脳裏に描かれる)
        (実入りはあった。加えて目的も果たした。合理的に考えて、これ以上残留する理由は、ない) -- イザヴェル 2014-01-29 (水) 23:15:45
      • (部員名簿の名前欄に筆ペンで横の一本線を引こうとして) (―腕が止まる)
        (部室の四隅から見えない糸でも張られているのか、超常の力がそれ以上を阻んでくる)
        (ルィンディの執念が悪魔でも召喚してしまったのか?)
        (……という言い訳でもしておいたら、面目は立つだろうか)
        (筆ペンを長机に投げ捨てる)

        (非常に遺憾なことであるが、自分はこの空間に、言葉では説明できない何らかの価値を見出しているようだった) -- イザヴェル 2014-01-29 (水) 23:27:05
      • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst084718.png 
        Merry Christmas
        (「4人で分けて食べるように」というメッセージカードを残す) -- イザヴェル 2014-01-29 (水) 23:44:35
      • ……。ふふ、ふふふ。パーティーで忙しそうだし、職員室に顔を出すのがためらわれたのであるよ。……。部長の失意は深い。
        (月明かりに淡雪の色が浮かぶ。紅と、華やかなクリスマスカラーも)? なんであろう。
        ケーキ? ふむ? …………。
        果てが見たい 星が囁く 透き通りきった空を望む もしも覗き返されるのなら 私もあけすけに姿を見せよう
         螺旋が形を歪めても 見まごうこともない

        ルック・アヘッド (青い光が瞳に灯る。魔術的視覚は、ケーキの外側になんら処置がない……なんの変哲もない、いたって普通のケーキであることを見通す)
        (警戒の魔術を解いて、緋色の裸眼をケーキに近づける)先生か、誰かの差し入れであろうか……? 誰もいないのに、置いていくなんて。
        それに、(メッセージカードを指でつまみ上げた)これ、間違ってるのである。
        魔法研究会の部員は5人である。まったく、困ったものである。苺が6個なのもまた困ったところなのである!
        6つに切り分けて……残り1個は、新入部員のために。(一切れを皿にとる)そういうことにしておこう。
        ────詠唱省略、ステイ もとい、それを調整……ピュリファイ
        (淡く白いヴェールに包まれたケーキを夜食チェストの上に置く)これで明日までは保つのである。(もふもふ)うむ、甘い……。 -- ルィンディ 2014-01-30 (木) 05:07:39
  • 魔法研究会 11月 今月の大四角 枡形星 -- 2014-01-28 (火) 20:47:39
    • (部員が増えてもやることは変わらない。一心に自分の研究を進めるのみ)
      ……なるほど、納得できた。
      (無数の試験管と顕微鏡が並ぶ山から顔を上げる。ペンが叩きつけられたノートには「証明終了」文字が記された) -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 21:00:45
      • (しかしどうしたものか)
        (とりあえず一息はついた。原因を特定してどうなる、という話はまた違う気がする)
        (今後は生徒の自浄作用に任せるとしても、下手に騒ぎたてすれば騒動の渦中にいる張本人に逃げられてしまう可能性が非常に高い)
        (結果論だが、こうなるまで放置しておいた学園側も完全に信頼できるとは言い難いのだった)
        (一先ずの仕舞いはつけたい。誰にも迷惑が掛からない形で)
        (友人と呼べるいくらかの人物や、袖擦りあった部活の人間に、悟られないよう)

        (一人の天文台で思考は続く) -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 21:32:51
      • ここか。この俺を差置いて魔法研究をやっているという部活動の拠点は…(遠慮など一切無く、ドアを開く)
        (ずけずけと室内に入ってくれば中を見回し)…機材が古いな、これでまともな研究なんて出来るのか…あぁ、すまない邪魔したか?入部希望なんだが。 -- ロア 2014-01-28 (火) 21:48:33
      • さし当たって問題はない。
        (超然としたロアの様子にも怯む様子を見せず、無感動な表情を見せ)
        あちらに名簿がある。名簿に名前を残せば、入部が認められる(視線で名簿の方を指して)。
        そのうちに部長が現れるはず。しばらく待つといい。 -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 21:52:40
      • 現れたのである。(ズァッ) -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 21:56:05
      • おめでとう研究会脱出。 -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 22:00:29
      • あっ、そうである。そこの、ロアとやら。深い事情は聞かないのである、誰しもここには何かを抱えて来るものである。それに乱妨に触れるなんてとてもとても。
        であるからして名簿に。下の名簿に名前を。まずは形から始めるのが大切である! -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 22:06:47
      • あいよ(サラサラと名簿に名前と専攻を認めれば振り向いて)これで晴れて俺という天才もお前達の仲間入りという訳だ、喜べ。
        取り敢えず部長はえーよもう少し余韻とかそういうものに浸らせろよこの間男子寮で何か心の傷を負った事を食堂で告白してた奴じゃねえかよ大丈夫でしたかその後。 -- ロア 2014-01-28 (火) 22:11:13
      • あと名簿に書いてあった部長の名前の記述でsexって単語を幻視したって報告しとく。 -- ロア 2014-01-28 (火) 22:12:48
      • 不遜なやつであるが、頼もしい奴なのである! 喜ぶのである! ウィー!(テンション上がる部長)
        そのことについてはコメントを控えさせていただくのである。思い出すと正気度が削れてしまいそうなのである。《サニティ》だって万能じゃないのである。 -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 22:14:41
      • そんな報告いらんのである!? あれは、節に分けると sed (セッド:首長) xek(ヘク:黒)で別れるのである! ほらこうして見ればぜんぜんいやらしくない! -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 22:16:10
      • SEXっていう単語をいやらしいって思う人がいやらしいんだと思います。この部長変態だわ…トラウマを抱えた変態だわ…
        まぁ冗談はともかく、改めて自己紹介をしておこうか。ゼロアージュ・トーモス・リブソンエターナだ。ロアでいい。専攻は魔法科学、及びそれを用いた発明だ。 -- ロア 2014-01-28 (火) 22:25:53
      • この部屋に存在する女生徒が私一人で心底よかったと安堵している。
        イザヴェル・ヴィオレ。好きに呼んでくれて問題ない。現在は魔法の新定義について研究をしている。 -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 22:28:18
      • だったらわざわざ言うなである!(魔法科学、発明。そう聞いて「エイベルの改造が捗るであるな……」と密かに思ってみたりした)
        そういえば、きちんと名乗ってなかったのである。私の名前はルィンディである。“白魔法”を専攻している。まー、機材はショボいが、ひととおりできるのである。張り切って精進するがよいのである! -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 22:31:12
      • (「そういえば貴様女子だったであるな……」という顔をする) -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 22:31:42
      • 率直に言って見た目で男だと判断していた事をここに謝罪しておく、すまないイザヴェル。3回までなら殴っていいぞ。但し俺は見ての通りヒョロい系ジーニアスなので一発で倒れる -- ロア 2014-01-28 (火) 22:31:58
      • ロアとルィンディを殴ったところで事実は覆られないと判断される。殴られる暇があるならば自らの研究を進めるといい。 -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 22:34:06
      • まぁ、理解した。部活動と名乗ってはいるが専攻が違う辺り協力関係ではあるが相互関係では無い団体ってところか。
        俺にとってもその位の関係の方がやりやすい、部活選択は間違ってなかったな。多少私物を持ち込んでも構わないか? -- ロア 2014-01-28 (火) 22:38:19
      • いわば、“切磋琢磨”といった部活なのである。互いは別の原石でも、磨き合うことはできるのであるからして。
        (「怒ってるである……? イザヴェルは表情が変わらんから、何を考えているやらさっぱり……」)私物の持ち込みは歓迎である。
        あまり重くかさばるものでないこと、ほかの部員に使われたくないならその旨を明記した紙でも貼っておくのである。管理はちゃんと自分でするであるよ。 -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 22:45:38
      • 了解だ、自宅にも研究室作ったんだがそっちでも手狭でな。一部持ち込ませてもらうことにする。
        使われて困るようなもんでも無いし、勝手に使ってもらって構わんよ。消耗品以外だったらな。 -- ロア 2014-01-28 (火) 22:51:08
      • 委細了解なのである。すると、設備も潤うのであるなぁ。なんだ、急に部活らしくなってきたのである。なぁ! どうしてであろうかなぁ! 5人になったからであるかなぁ!(上がるテンション) -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 23:01:04
      • (別に怒ったわけではない。ホントだよ?)
        私が部活申請を出しておいた。来月からは部費も支給される。
        部活となった以上、活動実績の報告なども学校側から要求されるはず。
        部長として恥ずかしくない振る舞いを期待する。 -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 23:04:01
      • 部活らしくは結構だが、顧問はいるのか? 見たこともなければ聞いたこともないぞ? -- 2014-01-28 (火) 23:04:15
      • 五人いりゃあ戦隊だって組めるからな。というかここ立ち上げたのってルィンディなのか?一人でこんな寂れた場所にある部室にいた頃のルィンディの気持ちを思うと涙が零れそうでこぼれないな。
        そこで強調されるって普段の振る舞いどんなんなんだよ… -- ロア 2014-01-28 (火) 23:06:51
      • イザヴェルは本当に頼りになるのである。(イザヴェルが入部してから以降、書類仕事は負んぶに抱っこに乳母車である)……。(であるからして)
        (強調された“部長”の二文字が背に重くのしかかった)……頑張るのである。(震え声)
        って、鳶。またお前ぬっと……。え、顧問……? 顧問……? 顧問! わ、わぁ! 完璧に意識の外だったのであるー! -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 23:07:47
      • 研究会までは顧問不問だった。迂闊。 -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 23:08:29
      • いやー最初なんてひどかったであるよー。一人でひたすらペンをカリカリやってたである。今考えてみれば、勧誘とかさっさとしとけばよかったのであるな。てへへ。
        顧問……顧問、どうしよう。くそっ、いい感じの先生はおらぬか……!(名簿を読みあさる) -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 23:14:01
      • 鶸が付き合うとも思えんしな……俺を困らせるためだけに嫌がらせすらしかねない。一応話だけはしておくつもりだが……。
        他に候補がいるとすれば誰だろう? あの錬金術師の先生とかいいんじゃないか? ほら、乳のデカい。 -- 2014-01-28 (火) 23:20:55
      • 私の生き別れの兄みたいな風貌をした先生がいたのであrん? ひわ?はいいとして、メイクレア先生であるか、あの面倒ゆえに貞淑なスクブスと定評のある。いいかもである。
        なにしろ、他の先生、特に魔術系の先生はだいたい顧問にいっちまってるのである。見てると、魔法研究会がいかに出遅れているかを実感させられるのである……。(遠い目) -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 23:26:32
      • (教師の顔を殆ど記憶していない奴)まぁそこら辺は任せとくわ…新入部員だし
        っつか普通顧問って最初立ち上げる時に頼みにいくようなものじゃねえのか。 -- ロア 2014-01-28 (火) 23:29:36
      • いやー、だって、同好会脱出できるとか思わなかったであるからして……最初から顧問うんぬん、なんて話にのぼらないものだと思っていたのである。
        来月職員室に顔出しに行くであるかなー。顧問いないからすぐさま部活取り潰しなんてないであろうし、焦る必要なかったのである。 -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 23:35:33
      • 研究会の運営は生徒の自治に任されている。よって顧問は必ずしも必要ない。
        ただ、部活昇格を目指す研究会や同好会は発足時から顧問を置いていることが多い。 -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 23:35:56
      • へぇー……そうだったのであるか……。申請の書類に書いてあることすげえ面倒だったので、読み飛ばしまくってたである。 -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 23:38:52
      • (「私が入部しなければお家取り壊しだったのでは……?」とルィンディに胡乱な視線を流す) -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 23:41:00
      • もう部長イザヴェルに譲ったらいいんじゃね? -- ロア 2014-01-28 (火) 23:41:47
      • あっそんな目で見ないで欲しいのであるイザヴェル。まるで考えなしを見るような目で。痛いのである。こころの柔らかいところが痛むのである。
        部長は……私である、部長という名の責任は背負う。そして、私が足りないところは助けを借りる……それこそ、集団のあるべき姿なのである。(胸を張る) -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 23:47:25
      • ルィンディのその矜持嫌いじゃない。
        一人女生徒を勧誘しているので、もし見学に来た場合は手厚くもてなしてあげること。
        分かりましたか部員。 -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 23:59:25
      • わ、わかったのである!(背筋が伸びる)……。(「あ、あれ……? なんか予想以上に部員増えるのである。そのたびに、責任感が重くなるのである」)
        (上に立つことの大変さを噛み締め、彼は、ふと自分の父親のことを思い出していた。「こんな気持だったんであるかなぁ」) -- ルィンディ 2014-01-29 (水) 00:08:08
  • お前たちだけ横文字表記で妙に格好いいのがずるいぞ。 -- 2014-01-28 (火) 01:44:53
    • えー。でもかっこいいであるよ、KANJI。この……なに? ^ェ・|・_^ー刀……? こんなもん書けるやつの気がしれんのである。 -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 01:47:12
      • 俺からしたらお前の語調もよくわからん。異文化とはまあそんなものだな……寝よう寝よう。
        それではまた後日改めて。 -- 2014-01-28 (火) 01:49:07
      • しかもこれが三文字で、右へいくほど難しくなるのである! これ、一文字で十分なんじゃないんであろうか! -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 01:49:37
      • あっ、うん。(素で返す)それではまたー、である。適当に来るである。 -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 01:50:17
      • (窓の外を見てアンニュイ)……イザヴェルと話したことはなんだったのであろうか……? スイと二人増えてしまったのである……。(遠い目) -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 01:51:05
      • 明日は寮にきちんとした広告を貼るである。機械翻訳は使わず、実直にやるのである。あと、妖術とか超常現象もOKと書けば完璧である。
        ……。(カリカリ)(草案を練る)……あへない。(寝る) -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 02:03:40
  • 魔法研究会 10月 今月の彗星 クロンメリン -- 2014-01-27 (月) 21:00:36
    • ……よし。(男子寮に宣伝を載せてやりきった顔) -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 21:01:08
      • ちょっと雰囲気出すために難しい単語使おうとしたであるからな。あの機械翻訳機の性能に間違いがなければよいのである……。(研究へ) -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 21:02:04
      • そういえばこのけんきゅうかいはどんなことしてるんですかね?(ひょっこり顔を出す) -- スズ 2014-01-27 (月) 21:52:44
      • 教諭からの問いに関しては部長に説明を依頼する。
        (細いフラスコと顕微鏡を交互に除く。自分の方の研究で手一杯なので部長に投げる。投げた) -- イザヴェル 2014-01-27 (月) 21:54:35
      • おお、スズ先生もおいででしたか(ぬっと顔を出す生活指導担当) ちょうどいい。私だけでは聞いてもサッパリだっただろう
        私も、聞かせてもらっても構わんかね -- ムスタファ 2014-01-27 (月) 21:57:25
      • おお、スズ先生であるか。(小さな人影へ目礼)
        活動内容は、高度な柔軟性を維持しつつ、臨機応変に、それぞれ個人の求道せし魔法の研究を行うである。 -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 21:57:36
      • ムスタファせんせーも(ペコリと頭を下げる)
        きほんはこじんけんきゅうですか で、ひとにいえるものです?(興味津々) -- スズ 2014-01-27 (月) 21:59:14
      • ムスタファ先生……! どうもこんにちはである。(スズとは全く対照的。質量で言えばコップ一杯の水と湖の水ほどの違いがあろうか、大柄な人影へ目を向ける) -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 22:00:35
      • ふむふむ。部としての目標は無いのかな?相互に高めあうのはもちろん、良いことだが(特大サイズの教師、スズと並んで興味津々) -- ムスタファ 2014-01-27 (月) 22:01:19
      • (探りを入れられているようだ……黙っておこう) -- イザヴェル 2014-01-27 (月) 22:02:46
      • そうであるなぁ。(興味を湛えた視線を受けて、目線を自分の書き物机へ送る。羊皮紙が何枚か、あとはインクとペンとメモ用紙)イザヴェルは魔法の定義がなんだって研究をしてるらしいである。
        私はというと、とある古代魔法の研究をしているであるな。 -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 22:07:31
      • 部としての目標……であるか? ううん、一応、この部を立ち上げる時に必要だって言われたんで、スローガンは用意しているのである。(↓のほうにある看板を指さしつつ) -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 22:09:44
      • イザヴェルさんはむずかしいことをけんきゅうしておりますな
        わたしはかがくとのくべつもいまだにつけられませぬしなー
        ルィンディさんはこだいまほうですか きんじゅつだったりしませんよね? -- スズ 2014-01-27 (月) 22:11:07
      • …む?(長身のルィンディよりさらに目線の位置の高い大男。言われて振り向く)『魔力の研鑽』『魔術の探求』『精神の鍛錬』
        なるほど。個々の部員で、これらを実現していくということだな。…精神の鍛錬は武術系の部にも共通の課題だ。あるいは交流なども出来るかもしれん
        私としては部員同士の横の交流や連帯が前面に打ち出されているほうが好みだが、秘密もまた魔法に力を与える要素というしな。門外漢があまり無理は言えんな(食い付くスズとは反対に、一歩下がる) -- ムスタファ 2014-01-27 (月) 22:15:21
      • ……。禁術ではない、と思うのである。多分……。人を癒やす類いの魔法であるからして……。最近の魔法学事情には疎いヒトであるから、もしかしたらそう定義されているかもしれないのであるけれど……。(悩ましい顔) -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 22:16:33
      • そのような感じである。どちらも、鍛えるものの違いだけで、やることは同じだと思っているのである。(うんうんと頷き返す)
        ……部員同士の交流、交流……?(腕を組んで俯向く)……連帯……。ぶ、ぶいんふた、ふた……。(肩を震わす -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 22:24:26
      • もしきんじゅつだったとしたらわたしもごめんなさいしてあげますからごしんぱいなさらずに・・・
        れんたいについてはこれからじゃないですかね!ほら、ふたりでごはんにいくとか!ね!ムスタファせんせー! -- スズ 2014-01-27 (月) 22:26:25
      • ……研究会である以上、現在の部員数では大手を振った活動をすることが困難であると意見を述べさせてもらいます。
        成果が提出できるまで、今しばらくお待ちください。
        もしかすると、この研究会の末席から後世の歴史に名を残す魔術師が誕生するかもしれません(はったり)。 -- イザヴェル 2014-01-27 (月) 22:27:51
      • それは……理解のあることで、助かるのである。まあ、“白魔法”を論って禁術に……なんてのは、そうないことだとは思うのであるが。
        であるよねー! そ、そうなのである。イザヴェル! 今日の帰りにでもラーメン屋行くである! 味玉がめちゃ絶品である!(繊細さ ゼロ) -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 22:33:18
      • うむ。部員も増え互いに打ち解けあう時間が過ぎれば連帯も生まれようか。余計な心配をするにはまだ早かったようだな(深く頷いて)
        つまらぬものだが、頭を使ったときには甘いものがいいと聞く。合間にでも、二人で食べたまえ(糖衣をまとわせたミックスナッツの袋を差し入れして)
        では、スズ先生。私はこれで(ひと足先に天文台を出る。一気に、天文台が広くなった気がするかもしれない) -- ムスタファ 2014-01-27 (月) 22:33:58
      • ……。(「さすが! さすがである!」といった視線をイザヴェルへ) -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 22:35:01
      • (無表情でピースサイン) -- イザヴェル 2014-01-27 (月) 22:37:34
      • (あっ、なんだかんだでなかいいなこのふたり・・・!)
        まほうをつかうせいとはたくさんいますしかんゆうもがんばってくださいね
        それと、わたしもこれをあげましょう(アルフォート) ハロウィンもちかいですからな
        それではけんきゅうがんばってくださいねー -- スズ 2014-01-27 (月) 22:40:35
      • おお、かたじけない、有難くいただかせて貰うのである。ムスタファ先生。(第二天文台の端にある“夜食チェスト”に保管)
        いまはまだ、小さな光でも、そのうち全空を巻き込むような大きな光になってみせるのである。(希望的観測)それではさようなら、ムスタファ先生。
        (圧迫感が消える。まるで、第二天文台の広さが2倍になったかのような開放感が訪れる)……。(「でっかいヒトなのである……」) -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 22:41:33
      • (視察に現れた教諭二人に頭を下げて)
        微力ながら、私も女子寮の連絡板に魔法研究会部員募集の張り紙をした。
        しかし効果があるかどうか。魔法を専攻する生徒は、そう多くないように思える。 -- イザヴェル 2014-01-27 (月) 22:50:50
      • おお、スズ先生も……これも、夜食チェストへ入れてコーラと一緒に喫食するである。ありがとうございます。(ごそごそ)頑張るのである! 応援されて喜ばしく思えるのである! それでは!
        ……。(見送ったあと、上げた手がへたる)……。あー、私も募集したであるが……そうであるなあ。ざっと見ても、私のようなタイプはあんまりいないであるな……。みんな、肉体か、機械系か、そんな感じなのである。 -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 22:53:57
      • 私も別に魔術一筋というわけではない(目的のため、成り行き上寄りあっているようなもので)。
        そもそも、魔法自体が時代遅れの産物なのかもしれない。
        魔法は不完全な技術である、と私は考えている。故に他の生徒も、新時代の機械技術や、肉体の鍛練の傾倒するのかも。
        (ルィンディの様子を伺う。魔術師に対しての発言としては、いささか機嫌を損ねるもののはず) -- イザヴェル 2014-01-27 (月) 22:59:47
      • (彼はとてもとても難しく、また寂しそうな、哀しそうな顔して緩やかに深く頷いた)であるな。
        (椅子にかけると、革張りのそれはひときわ大きなきしみ声を上げた)今の時代、必要とされていないのである。わかるのである、とても。
        最新の技術は、魔法も科学も便利なのである。暮らしていて、よくわかるのである。……古式ゆかしい魔法を今さら、こんな、
        (窓の外へ視線をやると、学園艦の構造がよく見えた)技術の結晶みたいなものの上でやるのは、畑違いかもしれないのであるな……。 -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 23:18:24
      • こんな格言がある。『魔法の最大の敵は科学ではない。魔法自身である』。
        ……魔法は、人間が得た唯一無二の技術の一つ。
        科学が進歩したとして魔法で代替えすることはできないし、また現在に於いてどんな魔法体系が作られようとも、その祖には必ず原初としての魔法が存在する。
        歩みを止めれば、そこで歴史は終わる。朽ちてゆくだけ。
        (長身のルィンディの丸まった背中が、やけに小さく見えて)
        (想像以上に言葉のナイフが刺さってしまった罪滅ぼしに、気休め程度のケアをする)
        道に迷ったならば、一度立ち止まることも悪くはない。 -- イザヴェル 2014-01-27 (月) 23:36:31
      • 『魔法の最大の敵は科学ではない。魔法自身である』
        (覇気のない声が復唱した。寡黙ではないはずの彼は、明確な沈黙をもってイザヴェルの言葉に聞き入る)
        魔法の敵は、魔法自身。……わかるのである。全部……。(聞いているのか、いないのか。返事は浮ついているし、微かに震えている)
        なればこそ。滅び行くものであるからこそ……私は、立ち止まるわけにはいかないのである。全て、わからねばならぬのである。
        (掌で両目をこすった。少し赤く腫れた目は、なんのためにそうなったのか)疎まれるものであっても、“禁術”であったとしても。
        私は“この魔法”を否定しないし、諦めもしないのである。……。(イザヴェルへ投げかけた強い視線は、早々に泳ぐ)
        変なことを言ったである。……新入部員の話であったな。たぶん、この艦にモノ好きのひとりやふたり、いるはずである。
        大義名分なぞなくとも、たしなむ程度でもよいのである。学校のブカツなのであるから。それについて悲観する必要などないのである。
        (妙に饒舌に話すと、立ち上がって扉へ)飯を食ってくるのである。ちょっと、腹が減った……。(そのままイザヴェルを一瞥して去っていった) -- ルィンディ 2014-01-28 (火) 00:13:20
      • (黙ってルィンディの話に耳を傾ける)
        (強い決意。只管前のベクトルへ向けられた男の鋼鉄の探究心は、未だ健在であると再確認すると)
        (意見に相槌を打つ暇もなく、部長が消える)
        ……らしくない。
        (今は姿を消した彼にではなく、自分自身に問い掛ける。何故あんな益にもならない問答をしてしまったのか)
        意見交換は、円滑なコミュニケーションの初歩。
        (その言葉で切り捨てるには、クロンメリンの月の天文台は、少々暑すぎた) -- イザヴェル 2014-01-28 (火) 00:22:31
  • 魔法研究会 9月 今月の小惑星 グリーゼ581
    • 邪魔をする。
      (部室に一人の男子、いや男子制服を着た女生徒が姿を現す)
      (肩からは大きな鞄を下げており、持参した物品が収められているようだった)
      (物珍しそうに部室の内装を見渡すその様子は、どこにでもいる一般生徒と変わりはない)
      (先日遅くに男子寮に忍び込む胆力があると、ルィンディが知っている点を除けば) -- イザヴェル 2014-01-26 (日) 22:24:11
      • (階段を昇る足音がよく響く。この場所が死んだように静まり返っているからだ。空学の最上階ともなると、そこで活動している人間はとても少ない)
        どうぞ。(果たして、想像した通りの人物の顔がある。まだ明るい時分であるためか、先夜の姿とは印象が変わって見える)
        (凝視されても迷惑だろうと軽く視線を送る程度だったが、なるほど、改めて見ると骨格も男のものと程遠く、また少年のものとも違う)
        来たであるか。……いや、といっても一人研究会であるゆえ、歓迎の準備もなんもないのであるがな。 -- ルィンディ 2014-01-26 (日) 23:09:31
      • 問題ない。入部すればこそ、ただ施設を利用するだけで歓迎を受けるいわれはないと考える。
        (鞄を降ろすと開いている席に座った。何故こんな地上から離れた高層にあるのか理解し難いほど、登頂に骨を折ったからだ)
        研究会、と。研究会と正式な部活は待遇が違うと聞いている。
        活動費が学園から支給されないとも。
        活動費が出ないために成果が出せない。成果が出ないから、部員を呼ぶための口実にも窮する。
        部活に昇格できない研究会が立ち消えになった話は、少なくない。 (ルィンディに尋ねるうち、小さな背が、疲労の息の切れるリズムに重なり上下する)
        (もう一つ研究会があったことをイザヴェルは知っている。同じ魔法研究の名を冠していても、二つの部は大きく異なっている) -- イザヴェル 2014-01-26 (日) 23:29:05
      • (こちらも革張りの古びた椅子に座る。くすんでところどころ擦り切れているが、最低限の補修はしてある)
        うむ。(頷く)うむ……(苦い顔で頷く)うむ……。(苦しい顔で頷く)…………返す言葉もないのである。(俯いて渋い顔をした)
        確かに、風に吹かれたら飛びそうな部活であるよねー……。であるよねー。肉体系の部活は盛り上がっているようなのであるがなー……。 -- ルィンディ 2014-01-26 (日) 23:40:00
      • (凹むルィンディの面持ちに痛いところを突いたようであるも謝らない。事実は事実として受け止めるべきだ)
        (たたかわなきゃ げんじつと)
        この研究会を正式に部活に昇格させるための合議は私にとっての主旨ではないので、これ以上のコメントは控える。
        (少し休んで体力が回復した。腰を上げると、備品が詰めてあるらしき一角へ目をやる)
        設備を使用するにあたっての留意点を教えてもらいたい。
        それさえ聞ければ、後は私が必要な道具を抽出して使用させてもらう。 -- イザヴェル 2014-01-26 (日) 23:49:49
      • (立地、宣伝、人望、設備。そういう単語がいま、渦となって額の中を駆け巡っている。それは、トゲトゲしており、頭の中でぶつかってズキズキ痛い)
        そ、そうであるな。それがいいのである。(女々しいことにその言葉を救いに思った。イザヴェルの視線をたどってみると、機材が置かれている)
        (どれも損耗していて状態がいいとは言い難い)危険な真似をしてはいけない、ではアバウトすぎるであるか? それらは廃棄一歩手前のやつであるから、どこまでできるかはわからんが……。
        あっ。そうである。向こうにある名簿に名前を書いといて欲しいのである。……それとも、活動していることを知られたくないのなら、適当に誤魔化しておいたほうがいいであろうか。 -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 00:00:50
      • 研究会を部活に昇格させる第一歩として、微力ながら協力する。 (特に名を連ねることに問題があるとは考えられなかったので、名簿に記入を行った)
        (後のこの行為が魔法研究会の存続を揺るがす不吉な火種となるかどうかは、後世の人間が判断することである)
        ……その定義で返事をさせてもらえば、ルィンディ・タンバルグスに対して危害が加えられることはない。
        (早速機材の物色にあたる。フラスコ、ビーカー、試験紙、加熱用ランプ。使えそうなものを取捨選択していると、たちまち部室を埃が占拠し始める)
        構わなければ(腕をせわしなく動かしながら、尋ねる)。
        今後交流を重ねる上で、フルネームで呼ぶことが円滑な交友関係の阻害となる可能性が高い。
        よってルィンディと名前だけで呼ばせてもらう。 -- イザヴェル 2014-01-27 (月) 00:34:56
      • ……そうじゃなくて貴様が危険な真似して酷い怪我でもしてはたまらんと言ってるである……。(ズレた返答に、小声で返した)
        ケホ。……。(普段は閉じている窓を開き、埃を外へ逃がした。残暑の太陽が、流れる埃らを光らせている)ん、なんである。
        (共通語の扱いもこなれてきた。けれど、その話の意味を把握しきるまで時間がかかった。少し考えたあと、難しい顔を上げて)
        なんであるか。それだけであるか。好きにするである。私も貴様のことはイザヴェルで通すである。(その意味は単純であった)
        (蒸留器を手にするイザヴェルへ向かって近づき、手を差し出す)これからよろしく頼むのである。歓迎するのである。 -- ルィンディ 2014-01-27 (月) 00:50:58
      • (あながちルィンディの推測が当たらずとも遠からず、ということであったため、それ以上は何も言わずに)
        こちらこそ、歓迎される。受け入れてくれて、感謝する。
        (差し出された掌に、快く答える) (握手は原始的な友好を表現する行為の一つである)
        (平の手でお互いが武器を持たず、害を及ぼす気がない点を理解しあえる) (イザヴェルがどんな真意を抱いていようとも。今この瞬間だけは、二人に築かれた友情は真実だった) -- イザヴェル 2014-01-27 (月) 01:14:02
  • 魔法研究会 8月 今月の天体 -水星- -- 2014-01-25 (土) 20:40:31
    • 今日も今日とて白魔法の研究なのである。夏は夜が短いゆえ、窓から見ゆる景色もなんだか貴重なものに思えてしまうのである。
      うるむように輝く星が、なんともいえないであるなあ。(望遠鏡を覗いている) -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 20:54:59
      • (その背後から音も無く忍び寄り、カキ氷の一匙を首筋に垂らす所業を致す) -- 2014-01-25 (土) 20:58:01
      • しかしながら、そろそろ実践訓練もしたいところである。翻訳と解読作業を進めなくてhうぇあぁぁあぁぁ
        なんである!? 何か入ってきたのである!? 生き物、冷たっ!? なんであるかこれは! 霊症であるか!?(ゴロゴロどたんばたん)
        (端まで転がってストップ。鳶に気づいた)と、鳶であるか? ちょうどよかったのである。この部屋には霊が……。(かき氷にも気づいた)……。 -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 21:10:25
      • いるか、おかわり。 うまいぞ? (第二波投擲の構え) -- 2014-01-25 (土) 21:12:03
      • 私は背中からかき氷を食べる趣味はないのである!!!11(壁を背に陣取って威嚇)
        霊の正体は貴様であったのか。こんなに静かだというのに、いつ近寄ったのかぜんぜんわからなかったのである……! 恐ろしいやつである! -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 21:19:22
      • 何、癖みたいなものだ。気にするな。 悟られた方がショックがデカい。(そしらぬ顔でカキ氷を食べながら)
        それでお前は何をしているんだ? 星見か? 真夏の定番デートイベントだというのに、よく一人で敢行できるな……。
        前世は竜をも倒した偉大なる戦士なのか??(その表情はほんのりと同情の感を帯びている) -- 2014-01-25 (土) 21:23:43
      • ……。(念を送る。「コメカミに甚大な痛み走れ」という呪いである)
        ふん。放っといて欲しいのである。ていうか、さも女の子が傍にいるのが当然みたいなテイで話すのはやめるのである! 居た堪れない目で見るなである!(両手で顔を庇う)
        ……だいいち、私はここで白魔法の研究をしているである。星はもののついでなのである。 -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 21:39:46
      • それは興味深いな。何故この場が白魔法とやらに関係するんだ? 俺の知っている術ならそうだな……星を読み天運を計り、人を縛る。
        そういった魔法(忍法)ならよく知っている。いや、そもそも魔法に色の概念があるのが俺にはよくわからないな。
        良かったら教えてくれないか。お前の求める白魔法とは何なのか。 -- 2014-01-25 (土) 21:46:09
      • (望遠鏡の覘き口に手を添えた。接眼レンズから、星の微かな光が漏れ出すように感じられた。肉眼で、遠くの夜空を見つめる)
        それは、“星を落とす魔法”というのである。……内容はほとんど解読できていない。名前の意味だけしかわからないのである。
        何年かかるかも知れないが、私はこれを解読しきり、使ってみせるのである。そのためなら、小さな可能性でも、すがらなければならないのである。
        たぶんどこよりも高い場所にある学校の二番目に高い場所で、星を見ていれば、何か掴めるかもしれないのである。(望遠鏡を掴む手に力が入り、少し傾いた) -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 22:13:40
      • 途方も無い話だな。霧中で落としたカギを探すような話にも思える……だが、意気込みは確かに伝わった。
        お前がそれで何をしようとしているのかはわからないが。……まあ、そう悪いことでもないのだろう?
        ほんの短い間の付き合いだが、それぐらいは理解しているさ。叶うといいな、その思いが。

        (夏風に身を任せながら空を仰ぐ。ここから眺める景色は、星々の輪郭が裸眼にもよく見えた)
        (しばしの間。遠くにはかすかに尾を引く星流れ。故郷の話を思い出さずにはいられなかった)

        俺の住んでいたところでは、星屑が流れる間に願いを3回唱えると見事に叶うといった伝承があったよ。
        こっちでもそういうのはあるのかな。お前の故郷ではどうだった? -- 2014-01-25 (土) 22:25:15
      • (飄々として掴みどころない奴。鳶に対してはそんな印象を持っていた。今聴いた言葉は、真っ直ぐに響く。ちょっとだけ認識を改めた)
        ……ありがとう。頑張ってみるのである。どうにか、こうにか……。(気恥ずかしくて、窓の外に向けた視線を戻せない)あ……。(光の破片が、空から落ちていった)
        ……。(ようやくむずがゆい気分を収めると、何やら、興味深いことを聞いた)ほう。
        故郷、といっていいのか……うちの部族でも、それは伝わっていたのである。野営で番をする係は、空をずっと見つめて流れ星を探すである。
        3回、というのは知らんである。願いが叶うというところは同じである。興味深いであるな。 -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 22:45:22
      • 人は何処に生まれようが何処に住まおうが、結局は何かに縋ってなければ生きてゆけないのかもしれない。
        細部は違えど、求めるものは誰しも同じであるんだろう。人間だな。誰もが人間らしく生きている。
        ……さて、邪魔したな求道者。魔術の話、今度また詳しく聞かせてもらおう。
        お前の話は中々に面白いから俺は好きだぞ。じゃあ、また。 -- 2014-01-25 (土) 23:42:33
      • ……それは、そうである。ただ、自分のみにしか縋れない人生なんて……寂しすぎるのである……から。(息が詰り、けれど気をとり直す)
        それでは頑張らせていただくである。機会があったら話でもするのである。……貴様の話も、私の助けになったと思うのである。それではな。 -- ルィンディ 2014-01-26 (日) 00:11:55
    • //ツリーを部長が植え変えるまで待機させてもらうッ! -- 2014-01-26 (日) 22:05:45

  • 魔法研究会 7月 -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 01:22:10
    • 今月の星座はさそり座である。 -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 01:24:32
      • さぁて、授業には出たけど全然出歩けなかったであるなー! かあーっ! 研究しよ! -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 01:25:13
      • ふふ、ずっと部族で暮らしていたから集団生活なんてお手の物。そう思っていた時期が私にもあったのである。
        よくよく考えてみれば、部族なんてみんな親戚同士なんだから絡みやすさとかそういうのが全然違うのである。
        (書き物机に束になった羊皮紙を広げる) -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 01:29:20
      • (ルインディは、骨ばった長い指先を羊皮紙の文字に這わせ、そうしてから哀しそうな顔をした)……。
        こんなことをしている場合ではないのである。白魔法の詠唱を、共通語に翻訳せねばならないのである。(分厚い辞書ドンッ) -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 01:49:54
      • ……? 先客か? -- バジル 2014-01-25 (土) 02:11:47
      • (黙々と辞書を引いては書き引いては書き引いては書き、辞書は付箋まみれになり、ちょっと見かけが気持ち悪いことになっていく)ふぅ……。
        ってうぇ!? びっくりしたのである! 人が来たのである! -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 02:15:27
      • ふむ……(杖つき、天文台の中へ。辺りをざっと見回すと、ルィンディの姿を見なおし)
        まさかこの第二天文台に先客がいるとは……いや、噂は聞いたことが在るな。ここを使っている研究会が在るとか。それかね?
        (首を軽く傾げて尋ねた) -- バジル 2014-01-25 (土) 02:24:10
      • (よくよく、その人を観察してみる。姿勢がよく、品があり、厳格な雰囲気。記憶とそれを照らし合わせると、彼が教員であったことを思い出した)
        (確か……占星術の、)そうである。ここは、魔法研究会の部室である。持て余してたのと、私が高い場所を希望したからここになったのである。 -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 02:33:30
      • やはりか。(彼は確か、ルィンディ・某、であったはずだ。生徒ひとりひとりの動向を把握していることはないが、その一端を知ったというところだろう)
        なるほど、魔法研究会。思い出した、そういえば割り当てられたのだったな……ふむ、ここも使用中だったか。
        第一が使われていて、ここを掘り返そうと思っていたのだが。ここも使われていたのでは仕方あるまい。また後日としよう。 -- バジル 2014-01-25 (土) 02:41:02
      • 住めば都と言うように、ここもなかなかいいところなのである。なるほど、長い間星の観測のため座ってなきゃいけないのだから、居心地がよいのは道理である……。(もっともらしげに頷く)
        ? 掘り返す……。というと、なんであろうか。聞いてもよろしいである? -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 02:45:43
      • ああ、特段難しいことではない。ここは大概使っていなかったからな。今でこそ研究会の側で多少なりとも整理したようだが……
        それこそ以前は、埃なり、その他の荷物なりから、観測器具を掘り起こして使わなければならなかったはずだ。要は、ただの言い回しさ。
        そういえば、ここには古い観測器具もあったはずだが。それを捨ててはいないだろうね? -- バジル 2014-01-25 (土) 02:53:23
      • ああ……。(絨毯ほども積もった埃と、風化しかかった箱の数々。まさしくそこは腐海といった様相であって、ルィンディもそれと格闘した)よくわかるのである。
        ……どう考えても不要物なものとかは捨てて、古びてガタガタの箱は新調したのであるが、他はぜんぶ残ってるのである。勝手に望遠鏡で見たりもしているのであるが。 -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 03:09:21
      • ならばよかった。(ほほ笑みを浮かべる)天体観測は気が向いた時にでも構わないから、やってみるとイイ。
        占星術の考え方では、星辰が宇宙の大きな力の流れに関わるのだ。直接我々の住む場所へ注いでいるわけではないという説もあるが……参考にはなるだろう。
        その力の流れの具合によって、我々の使う術もいくらか左右されるはずだからね。 -- バジル 2014-01-25 (土) 03:13:47
      • (小講義といったところか。こちらの姿勢も改まる)あの星々も、環る世界の一部である。それが魔法にも伝わるというのは、なんとなくわかるのである。
        私は……ただ、“死んだ人は星になる”という、そんなことを信じて、空を見上げているだけで、それが何かとかはあまり考えなかったのである。
        これも魔術の勉強であるなら、たしなむ程度にやろうと思うのである。 -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 03:28:54
      • なるほど……(そっと、僅か見える空を眺む)一見や百聞に伝承としか思えないものも、実は礎と成るものがあったりするものだが。
        そうしてだけ見てみるのも、案外に悪いものではないかもしれないな。(踵を返す)
        そうしてみるといい。特に月などは……伝承にも知られるとおり、ダイナミックで面白いものさ。それを占星術的に考えてみるのもまた、ね。
        わたしはそろそろ行くことにする。ここが研究会の使うところとなったなら、あまりお邪魔するものでもないだろう。では、研究会の発展を願っているよ……
        (杖突き杖突き、音は遠ざかっていった) -- バジル 2014-01-25 (土) 03:36:15
      • ……。少なくとも、優しい気持ちに。なるような気がするのである。……どれが誰の星か、わかればもっと良いのであるが。(その言葉は呟くように弱々しかった)
        ふむ。確かにとっぷり暮れた夜など、月の造形が面白く見えたりしたのである。なかなかおもしろいものである……。
        ああ、さようなら。また会いましょう。ええと……バジル先生であったか。発展……が、頑張るのである。(部員一人)
        (音を見送った) -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 04:34:54
      • それにしても……。あの、襟の裾から覗いていたのは鱗であろうか。そういう血が混ざっているんであろうか。かっちょよかったのである……。(しみじみ) -- ルィンディ 2014-01-25 (土) 04:36:04
  • 部活動をできる人数に達していないから部室を借りられなかったのである……。(埃をはたきで落としている) -- ルィンディ 2014-01-23 (木) 22:36:53
    • ようやくいろいろ片付いたのでそろそろ白魔法の基礎の洗いなおしでも
      2時……? -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 01:58:39
      • 星を見るのである。(現実逃避) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 02:00:24
      • 2時だが?…え?2時? -- リン 2014-01-24 (金) 02:01:02
      • 2時であるが?(時節は6月。重たそうな灰色の雨雲が空を覆い、月の光も届かない)
        ほらあそことかもこもこしてすげぇエンターテイメントである。(望遠鏡をのぞいている) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 02:03:47
      • 雲は……天文なのかなあ。(気配レスでいつの間にかルィンディのすぐ背後にたたずんでいる) -- ユヅル 2014-01-24 (金) 02:05:42
      • なんだ…空なんか見て何がおもしれぇんだ。(のぞきこむ)
        いや、それは置いといて、勝負だ!部活破りに来てやったぜ! -- リン 2014-01-24 (金) 02:06:05
      • うぇっ!!(丑三つ刻に現れた亡霊に物凄い驚愕する)あっ、偽ゾンビの人である。驚いたのである。もっと、存在感を主張してほしいのである。
        (望遠鏡からは蠢く雲が見える。水底を見つめていたほうがまだだいぶ愉快な感じ)
        ほら、そこの人とかめっちゃ存在感あるのである。……な、なにぃー。部活破りだとぉー。こしゃくなぁー。
        ところでここは研究会なのであるが、それでもいいのであろうか……? -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 02:10:36
      • え?それなんか違うの…?(審議中)
        まぁいいや、勝負だ!(0.05秒)オレが勝ったらこの部活制覇スタンプを押させてもらう。万が一にもないだろうがオレが負けたら部員になってなにか一つ言うこと聞いてやるぜ。 -- リン 2014-01-24 (金) 02:14:29
      • ふふ、どうもこの世界では僕は気配が薄いらしくて(くすくすと笑う。うつろな表情で喉から笑い声だけが漏れてくる)
        (知り合い同士の勝負をきょろきょろ見回して) ちなみに、どんな勝負をするんだい? -- ユヅル 2014-01-24 (金) 02:16:26
      • こいつ……悩まないのである! こういう奴は強いのである。研究会なのでお目こぼしされるかと思ったがそうもいきそうにないのである。
        受けて立とうではないのであるか!? ……。(ユズルのコメントを聞いて)……なんの……勝負であろうか……?(リンの顔を覗き見る)) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 02:19:15
      • そりゃあ、おめぇ、あれよ…なんの勝負する?(基本的に内容や方法は受け身であった。眼帯の奥の目が泳ぐ。) -- リン 2014-01-24 (金) 02:21:01
      • (額の部分を軽く右手で叩いて「あっちゃー☆」という顔)そうであるなぁ。魔法が使えるならば、動的魔術戦の相手でも頼みたいところなのであるが……。
        (リンを足元から頭の頂辺まで見て、脳筋オーラを感じ取り優しい笑顔になる)何か希望がなければ、軽く模擬戦でもするであるか? -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 02:27:33
      • なんか観客席ができているのである! 今回はってことはまさか前例があるのであるか……? -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 02:28:30
      • いいのかよ。唯一の勝機を自分から捨てて、よ。(フフッと不敵に笑う)
        オレぁなんでもいいぜ!(3戦一勝一敗一引き分けである) -- リン 2014-01-24 (金) 02:31:32
      • じゃあ対戦内容は模擬戦で決まりである。模擬戦の形式は、高度に実戦的なおかつ、瞬間的な判断力を試される伝統的な決闘方式でいこうと思うのである。
        その決闘の掛け声は「SAI SHOW ARE GOO」である。その後、三通りの手を出し、勝敗を決定するのである。 -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 02:39:50
      • ふむふむ…いいだろう。じゃあ早速勝負だ!!
        SA…ふがっ…。(なれない言語に舌を噛む) -- リン 2014-01-24 (金) 02:47:02
      • それでは対戦方法の定義を行うのである。相手の出した手に負けたら負け、相手を負かしたら勝ち、それ以外は引き分けである。
        また、両手を出してはいけないのである。右利きであっても、左利きであっても右手を出して貰うのである。以上。
        「さーい、しょーは、ぐー」(前方に握った手を差し出す)「じゃーんけーん」 -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 02:51:20
      • いひゃひゃ…もう出していいのか?(出鼻をくじかれてちょっと腰が引けている。)
        (前に出されてる拳は微動だにしない。真っ向勝負のグーである。) -- リン 2014-01-24 (金) 02:55:08
      • ぽー(左手の杖を立て、頭から背を通して伝わる魔力の流動を感じる)

        青い小鳥が肩にとまる/私はそれがあなただとわかる/草の匂いを含んだ風が頬を撫でる/私はそれがあなただとわかる/口が裂け耳の尖ったゴブリンが顔を歪める/私はそれがあなただとわかる
        誰もいない風も何もない場所にいても/私はそれがあなただとわかる
        どんな姿に変わってしまおうと私の心は変わらない/私はそれがあなただとわかる/冷たい水を静かに横たえた湖に映る/そのまま姿のあなたでさえ/偽物ならほんの一瞬の光のちらつきにすぎない


        ブリンク


        (想像を絶する速度で詠唱を行うと、差し出した右手が輝き、輪郭がぶれる)
        ん。(右手の左側にグー、真ん中はチョキ、右側にパーの形の手の像が現れている) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 03:14:25
      • (ユヅルに「ニヤ……」) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 03:20:40
      • ハハッ、オレのか…
        どっちだよ!
        どれだよ!!!!!!(そのままグーでごちんといく) -- リン 2014-01-24 (金) 03:23:13
      • おやぁ、これは困ったのであるなあ! 私も貴様も、勝っており、負けており、引き分けているであるなあ。痛い痛い。(ごりごり)
        コレでは致し方なく、引き分けという形で収めるしかなさそうである。 -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 03:25:34
      • うー…なんか納得行かねぇ……。(ぐりぐり)
        (憮然とした表情を浮かべるが、では、かといって何か反論ができるほどの頭はない。) -- リン 2014-01-24 (金) 03:30:10
      • ちなみにどれか、と言われると私が出したのは全部右手である。さっき言った通り、両手を出すのは反則であるが、右手を複数出すのは反則としていないのである。
        そしてアイコは定義していなかったのである。よって、一勝一敗一分で引き分け、または勝敗がわからない“それ以外”になるので引き分け、である。(右手の像はもう消えている)
        形式をこちらに任された以上、ルールの裁定は私は決めるのである。ご納得いただきたいのである。(右手をひらひらさせている) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 03:33:45
      • ぐぬぬ…。むー…(なんだか詐欺にあったような騙されたような、かと言って文句も言えず、どかっと腰を下ろす。)
        わーったわーった……(まだ納得出来ない様子で口ごもり)
        …引き分けだよ。で、引き分けの場合オレはどうする? -- リン 2014-01-24 (金) 03:37:25
      • (憮然としたまま視線でリンの表情を窺う。納得にはほど遠く、たとえそれが真実にしても蜃気楼に触れるかのように実感がないといった様子だ)
        (しかし、釈然としないまでもこちらの言い分を聞き入れてくれた。緊張をといて一息つくが、)……そういえば、引き分けた時の設定をしていなかったであるな。
        どうする、といっても、負けてもいないし勝ってもいないわけであるからな。まー、なんもなしなんではないのである……?(首をかしげる) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 03:42:50
      • 前のときはあれよ、相手がベストじゃなかったからまた挑む!
        むぅ〜〜〜〜。じゃあ、何もなしだ。なにもないのもスッキリしねぇけど……。 -- リン 2014-01-24 (金) 03:47:21
      • ふふふ、どうしてもすっきりしないのであるか? ならば、その先の人に倣って私も再戦をお待ちしているのである。
        まあ、どうせ暇であろうしな。(一人しか名のない部員ボードを遠い目で見つつ) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 03:51:13
      • 要するにユヅルが言った感じである。(グッ) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 03:51:45
      • いいさ、わかった。じゃあ勝負は次まで預けといてやらァ。(ひょいっと軽業師のように身軽に立ち上がる)
        今度ぁオレの勝ちだかんな!三つ出すのもなしだ!(と言い残して帰った) -- リン 2014-01-24 (金) 03:56:58
      • おお……(椅子にどっかり腰掛けた状態からの動きとは思えなく、ちょっと感心)そうであるなぁ、次はじゃんけん以外でやるとよいのである。
        それではまたの機会をお待ちしているのである。(見送る) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 04:01:27
      • よし、それでは私はもう寝るのである。ユヅルものたれ死なないようにして気をつけて帰るである。さようなら、また会いましょう。(帰宅) -- ルィンディ 2014-01-24 (金) 04:04:37
    • (観客席と書かれた看板を持って座る、怒られたら出ていきますの注釈)
      さぁ始まりますルィンディ選手とリン選手の一騎打ち・・・今回はどんな戦いを繰り広げるのでしょうか -- ジョン 2014-01-24 (金) 02:25:03
      • おおっとここでルィンディ選手から模擬戦の提案だーこれにどうこたえるー?さぁさぁどうするー?
        因みにこの実況は私こと暇を持て余し過ぎて変なテンションになったジョンが突発的に始めたものであります -- ジョン 2014-01-24 (金) 02:30:46
      • 解説は偶然居合わせた僕、橿原弓弦でお送りしていきます。(いつの間にか隣に陣取っている) -- ユヅル 2014-01-24 (金) 02:32:51
      • リン選手応じたー! さぁお題目が決まりました模擬選です・・学園第一・・失礼、第二天文台の埃っぽくて狭い室内で一体どんな戦闘を繰り広げようというのかー
        さぁどう見ますか解説のユヅルさん? -- ジョン 2014-01-24 (金) 02:35:58
      • 杖からして明らかに魔術師タイプのルィンディ選手もさることながら、リン選手もパワーで押し通す戦いが得意ということはないでしょう。狭い室内を逆に生かした高度な3次元戦闘……これが重要になってくるのではないでしょうか。 -- ユヅル 2014-01-24 (金) 02:39:55
      • なるほどー如何に距離を保っての戦いになるかという事ですねー・・・
        おぉっとぉ!?ルィンディ選手からの模擬戦の形式の提案です、内容は「SAI SHOW ARE GOO」・・これは所謂・・邪拳だー!
        パワーも魔法もなーい!知識と経験、時の運・・それらすべてを総動員したとしても一瞬の判断の狂いで勝負がついてしまう事もある・・・まさに一撃必殺っ・・恐ろしい競技です・・ -- ジョン 2014-01-24 (金) 02:47:38
      • ルィンディ選手、賭けに出ましたね。手の知れない相手に長期戦に持ち込まれることは避けたい。運がすべての究極の短期決戦に持ち込んできましたよ -- ユヅル 2014-01-24 (金) 02:52:15
      • 成程っそれにしても一発勝負・・・一つ違えばスタンプと思えば・・豪胆と言わざるを得ません -- ジョン 2014-01-24 (金) 03:02:25
      • (あ、ずるっと小さくつぶやいた後)決まったー!リン選手グー!ルィンディ選手パー!勝者はルィンディ選手だー!
        リン選手!惜しくも部活破りならずー・・・!・・ざんねーん! -- ジョン 2014-01-24 (金) 03:19:02
      • いいえジョンさん。……これは引き分け、引き分けです! -- ユヅル 2014-01-24 (金) 03:19:53
      • ト……! -- ユヅル 2014-01-24 (金) 03:23:01
      • おぉっとー眠気のあまりまともに見てなかったジョンです、申し訳ない・・・でこれ引き分けだとどうなんだ? -- ジョン 2014-01-24 (金) 03:37:45
      • さあ……? -- ユヅル 2014-01-24 (金) 03:39:33
      • って仕掛けた側が考えてないよこれ!前の引き分けの時はどうだったんだ? -- ジョン 2014-01-24 (金) 03:42:14
      • ・・・・・・(ぱんっと手を打ち)はいっなんもなーしっおしまーい!おつかれっしたー!(ぺこりと頭を下げて退場していった) -- ジョン 2014-01-24 (金) 03:49:40
      • そしたら、たまに遊びにきてお互いに仲良くしてね、というのはどうかな。引き分けなのだし -- ユヅル 2014-01-24 (金) 03:50:38

Last-modified: 2014-03-18 Tue 14:05:12 JST (3241d)