FA/0031

  • さて…大体挨拶も済んだ、な…いや、済んでない相手も、いるっちゃいるが…(まぁ、一期一会、また会えるだろうと)
    …さて、まずは南方…どんな森が、待ってるのやら(普段のマントに、大きなカバンを背負い、街の門へと歩き) -- リッキー 2017-11-30 (木) 23:23:36
    • (ぱたりと手を振って見送る)お元気・・で・・・ -- リリア 2017-12-01 (金) 00:48:11
  • さて、リッキーはまだいますかねー出立したとの話は聞いていませんが(ノックノック) -- クッキー 2017-11-29 (水) 08:12:36
    • …あぁ、まだいるぞ…(ドアを開けて、中を見せればもう私物は片隅の、旅支度が済んだ荷物くらいで)
      …色々と、諦めないといけない…荷物が、多くて…知らぬ間に、根付いてたんだなと…実感させられたもんだ…(それも既に処分済みで)
      …それで、今日は…あぁ、前に言っていた、餞別の話、だろうか? -- リッキー 2017-11-29 (水) 21:48:45
      • ああ、それは確かに思うところがありますね、旅などたいていは着のみ着のままで出ますからね
        (選別と言われるとほうと嘆息)ええ話が早くて助かりますよリッキー、すったもんだの末ようやく決まったのでー
        いえーい!リキちゃんいえーい!はいあげる!(と後ろから出てきて折りたたまれたバンダナを渡す)リキちゃんいつもバンダナ?巻いてるからねぇ
        最初はピンクだの派手カラーを主張されたんですがね、さすがにそれはと思い青にしました、まぁ裏地は黄色なんですがね
        リバーシブル?って言うのだねー -- ヤヤヤとクッキー 2017-11-30 (木) 07:27:11
      • …色々と、餞別貰ったからな…まぁ、ここで鍛えられた分…増えた分くらいは、持っていけるが…
        ふむ…やはり、こういうのは…難しい、のだろうな…(顎に手を当てて)
        …おぉ、ヤヤヤもいるか…これが?…なるほど、バンダナか…いいバンダナ、だな(嬉しそうにサムズアップをして)
        …あー…それは、助かる…余り派手なのは…森では、目立つしな…さっそく、受けてみるか
        (貰ったバンダナを頭につけて縛る、元につけてたバンダナの結び目を解き引っ張って取る、微調整)…うむっ! -- リッキー 2017-11-30 (木) 23:10:43
      • //ここはロスタイム!ロスタイムなんです!と宣言しながら -- リッキー 2017-11-30 (木) 23:22:28
      • //ロスタイムありがたい……と土下座する二人
        ああいえいえ、すったもんだしたのは私とヤヤヤですよ?特に色と柄であーだこーだと言い合いましたから
        (目立つ云々でこくこく)だと思って緑か青かにしたんです、こういう事に関しては常識のないヤヤヤでは色々不味いですからね(ニタリ)
        ぶーぶー、でもでも柄は私が決めたもーん、ネコだよネコ!にゃーんこ!(似合う似合うーとリッキーの周りをちょろちょろしつつ褒める)
        (青地に目立たない色で猫柄がちりばめられているので、恥ずかしいと言う事も少ないだろう)ネコは夜目が効きますからね、ゲン担ぎみたいなものです、まー私はフクロウが良いと思ったんですがね -- ヤヤヤとクッキー 2017-11-30 (木) 23:31:07
      • …まぁ、その分ヤヤヤは…行動的で、見てて元気づけられる…そんなヤヤヤで、いてほしいもんだ…
        …ん?ネコ…あぁ、これか…(ちょっとバンダナをずらして確認して) …全く…まぁ、これくらいなら…問題はない、だろうが(ヤヤヤらしいなと笑い)
        それで、か…フクロウも、いいな…むかし、フクロウを相棒に…しようと考えた事も、あったくらいには…可愛いしな、あいつ
        あぁ…二人には…これをやろう…シードル…あの林檎で作った、お酒だ…美味しいぞ?(ひそかに作っていて) -- リッキー 2017-11-30 (木) 23:39:43
      • やった!またリキちゃんに褒められたよクッキーちゃん!
        ……まぁ認めなくもないですが、ちょっと加減して欲しい所です、もう14なんですからそろそろ落ち着きをですねー
        (ピコーン)おっとリッキーもフクロウ派ですか!?いいですよねフクロウ、今度影獣を飼うとするならフクロウタイプがいいかと思っているんですよ、って、あこら!ヤヤヤ!
        お酒だってクッキーちゃん!(既に貰った)えーいいじゃーん、こんな時くらい大目に見てもさー(ぶーぶーしつつ、二人に飲んでいい?と言う視線) -- ヤヤヤとクッキー 2017-11-30 (木) 23:59:07
      • …あぁ、それはあるな…もう少し、お淑やかにすれば…お姫様にも、見えるのにな…(肩を竦め)
        あぁ…森の夜で、あいつほど…狩人なのは、見た事がない…俺もそれで、相棒に欲しいとな…
        …まぁ、度数はそれほど、高くはない…クッキー管理、で良ければ…いいんじゃないか?(せっかくジュースのようなシードルを作ったのだし、と) -- リッキー 2017-12-01 (金) 00:02:11
      • おお、お姫様……!あ、でもねー私は勇者って呼ばれるようになりたいから、お姫様はその次だよねぇ(早速口を付けてごくごく)
        ……おいしいー!!これお酒なんだ、ジュースみたいだよぉ(もう一口と言う所で)あいたぁー!
        はー……リッキーが行った傍からこれですか、ヤヤヤにお酒はまだ早いですからね?一口だけです一口で没収ですがー
        まぁともかく、選別を渡しに来たのにお酒まで貰って申し訳ないですねリッキー
        なんだかんんだでリキちゃんは優しいからねぇ、面倒見もいいしー?
        逆さまに言うとお人よしな所が少し心配ですがー、まぁ今まで一人で暮らしてきたのですし大丈夫でしょう(こくこく)
        ……さて、ではそろそろ行きますかねヤヤヤ、また会えることを祈って
        だねぇ、じゃあねリキちゃん!今度会えたら相棒のフクロウを紹介してもらうからねぇ? -- ヤヤヤとクッキー 2017-12-01 (金) 00:27:02
  • (指を2本立て、主にピースサインみたいにしてから手の甲の部分を相手に向けて「また」という意味になり)
    (両手の人差し指を1本ずつ立て、離れていた状態から近づけると「会う」、これで「また会いましょう」になる訳だな、と)
    (あとは、「さようなら」はじつに簡単だ、手を振る、これはほぼ誰にでも伝わる手話ではあるな、と) -- リッキー 2017-11-28 (火) 21:56:38
    • (手を振るリッキーの腕に飛び込んで来るヒリ)
      (頬を寄せてすりすりと) 濡れる手に 望みを乗せて 想う重いは遠浅の底に
      ほぼほぼに 送る背の中 ちっくちゃっく -- ダイア 2017-11-28 (火) 23:21:52
      • おぉっと…ダイアじゃないか、どうしたんだ…(勢いを受け止め、少し後ずさっただけで)
        …あぁ、別れの挨拶…みたいなものか? ちゃっくちゃっくは、とても謎だがな(小さく笑い)
        あぁ、そうだ…羽のお返し、用意してたんだが…貰ってくれるか? -- リッキー 2017-11-29 (水) 00:00:50
      • 日常はふと思い出す 君の手の中に 極夜か白夜か 夜は夜です
        (にこりと笑って、あーんと口を開けるヒリ) -- ダイア 2017-11-29 (水) 00:06:16
      • ふむ…まぁ、こういうのがいって事…なんだろうな(頭をぽんぽんと叩くように撫でて)
        …いや、違う…まぁ、普段が食べ物ばかり…だったから、悪いと言えば悪いが…(苦笑いで、頭をかき)
        …メッキで、悪いとは思うが…(木彫りに金のメッキで作られた、ダイアが羽を広げた姿であろうコインを見せ) -- リッキー 2017-11-29 (水) 00:17:43
      • ぐらぐり? (じぃっとぐるぐるお目めでコインを眺めれば)
        (こくこくと頷いて) 翼翼 片翼は黒く 片翼は白い 真っすぐと飛びましょうね
        (やっぱりあーんと口を開ける) -- ダイア 2017-11-29 (水) 00:31:02
      • なんか懐かしい、タイトルが出てきたな…お、気に入って…くれた…のか?(少し不安にはなるが)
        …それで、やっぱり口に渡すのか…鎖でもつけて、首にかけてやれば…良かったかも、だな(口にコインを置き) -- リッキー 2017-11-29 (水) 00:44:23
      • (コインをはむりと口に咥えてうんうんと)
        うふふふ 君に鎖は似合いませんよ 繋ぐ積み木と細工とサイケ でりあだりあ 上げて掲げて
        また空を見てね? 明日の空にも 私は降ります 蘭と工芸 ふふにふにふに
        (羽根でリッキーの顎と首筋を撫で、腕からふわりと飛び去って行くヒリ) -- ダイア 2017-11-29 (水) 00:52:05
      • 似合わない、か…まぁな…なんか縛るようでな…まぁ、喜んでくれたのなら…万々歳、だ(嬉しそうに笑い)
        あぁ、空をみるのは俺は好きだしな…こうされるのも、しばらくお預け、だな(これで最後、とは言わずに)
        それじゃダイア、またな……あれ、最後結構普通に喋ってたな…(不思議だが、頑張ってくれたのかもな、と空をしばらく見上げ続けて) -- リッキー 2017-11-29 (水) 01:05:30
  • -- 2017-11-28 (火) 21:54:13
  • -- 2017-11-28 (火) 21:54:03
  • 旦那、いるかい? -- エビナ 2017-11-26 (日) 22:15:17
    • ん?…どうしたんだ、エビナ…何か、用か?(すっかり準備も整ってきて、出発も間近と言う段階で) -- リッキー 2017-11-26 (日) 22:55:27
      • いや、な。旅に出るんだろ?まぁ…あれよ。そんな深い仲でもねーがな…(そう言って懐から…一枚の古ぼけたコイン…古銭を取り出して)
        やるよ、餞別だ。…1000年以上も前だけどよ、ここらで使われてた金貨よ。…運命のコインっつーのは知ってるかい、旦那。(そして、ぴんっと弾けばコインはリッキーの元にとんでいく)
        そのコインにゃ…アタシの1000年が詰まってる。幾多の戦場を生き抜いてきた幸運のお守りだ…旦那がもし、旅の途中で迷ったら…コインの裏表で物事をきめるのも悪くねーぜ。…それが運命のコインさ(戦場や旅人の間で伝わる、ジンクスの様な物だ…と)
        だからきっと今は…そのコインにゃ、表がうつってるぜ?………また、どっかで会えると良いな、リッキー。(そして、二っと笑えば、最初に此処で出会った時と同じ、人差し指と親指、個指を立てるハンドサインをして) -- エビナ 2017-11-26 (日) 23:20:52
      • …驚いたな…エビナが、こういうの…くれる性格とは、思ってなかった…(余程以外だったのが目を開いて驚き)
        …あぁ、悪いって訳じゃない…くすぐったい、そんな気持ち、だな(小さく笑いながら、片手でコインを受け取り)
        …しかも、それはとても…貴重じゃない、のか?(多少の困惑と、エビナが思ってた以上にこちらを心配して、応援してくれてると分かり)
        …おっ、本当だな…あぁ、有難く…何か困れば、これに…エビナに、助けて貰うさ…(そしてそのサインを受けて、少し考えた後、あえて手話で親指と人差し指を2回合わせる動きを見せ)
        (相手が親愛の意味を込めてそうしてくれるのなら、同意を示すこれが適当で、それでいて気になるのならエビナ自身も調べるだろうと) -- リッキー 2017-11-26 (日) 23:28:33
      • エビナだって柄じゃねーって思ってるけどよ…その、なんつーかな…ガキが独り立ちするのを、見守るっつー感覚かね…(なんて言えば、自分でも苦笑してサングラスを外し、笑って)
        良いんだよ、エビナはもう戦争はしねーんだ。それに…此処に戻ってきたんだ、それで十分、そのお守りは役に立ったぜ。(そしてリッキーのそんな手話を見れば)
        はっはは、なんだいそりゃ、旦那?ったく…エビナは手話とか、ハンドサインとかそんなのには詳しくねぇんだ。わからねーな!(言いながら、自分の用は済んだと振り返り)
        じゃあな旦那、楽しんで来いよ。そしたら、もう一度それ、エビナの前でやってくれよな(くくくと、元軍人の女が笑う。戦場において手話やハンドサインはそう珍しい物では無い。その意味を知っているのかどうかは伝えぬまま、後ろ手に手を振りながら、リッキーの元を後にするのだった) -- エビナ 2017-11-27 (月) 00:06:19
  • こんにちはリッキーさん。どうやら「夜の」ボクに逆セクハラ的なことされてたんですね……ちょっと説明させてもらってもよろしいです? -- リリネ 2017-11-25 (土) 21:30:23
    • ん?…おぉ、リリネか…どうなったのか、気にはなってたんだが…ふむ、夜の…か(あの記憶も分かるようになったのかと顎に手をあて)
      …まぁ、色々とあきらかに…なったみたいだな…あぁ、是非とも…説明してくれ(まぁ、座って聞こうと椅子を用意して) -- リッキー 2017-11-25 (土) 21:37:04
      • ……そう言えば、リッキーさんとは腰を落ち着けて話すことが無かったかもしれませんね。むしろ喫茶店行きましょう…!(行った)
        というわけでボクはアイスコーヒーをブラックで頼んだところです(※説明口調) では、注文を待ちながら説明させて頂くと
        ボクは半魔でした。海魔という、海に棲む魔族の血が流れていたんです……陸で生活する海魔は、思春期を越え20歳近くなると自我が安定しなくなる
        海魔の本能が強くなり、理性を失うことがあるとかないとか……なにぶん、実例が少ないのでハッキリ言えませんがボクが実際そうなったみたいです -- リリネ 2017-11-25 (土) 21:43:51
      • …そう言われると…不思議だな、ずっと立って、話してたのか…(意外な発見に驚きながら喫茶店に入り、同じものを注文して)
        …半魔?…ふむ、そういう種族が、いた訳か…また、変わった特性があるんだな…(海にいれば、問題ないのか?と思いながら)
        …つまり、こないだ会ったリリネが…その、本能が強い方…と言うわけか…(なるほど、なんとなく分かってきたと) -- リッキー 2017-11-25 (土) 22:03:52
      • 本来は海に棲む魔族ですからね。ボクはレアケースなんです……魔女の母と、海魔の父っていう…
        (得心したという感じのリッキーの表情を見て) あれは、ボクが嫌いな自分だったんです。衝動的で、自制心がなくて、騒がしくて……あと根拠の無い自信家だったり…
        そういう面を抑え込んできた結果、海魔側の自分がああいう感じに出来上がってしまった……みたいです。本当にご迷惑をおかけしました
        それと、ありがとう御座いました。ボクのことを心配してくれていたみたいで……夢の中で声、聞こえましたよ -- リリネ 2017-11-25 (土) 22:17:50
      • 海は、全然疎いからな…しかし、魔女と海の魔族…どんな出会い、そして一緒になったんだろうな…(興味はあるが、それを聞く気はなく)
        …まぁ、でも…あれだけ動けたら…自信があっても、不思議はなかったが…(実際近接では手も足も出なかったと思い)
        …まぁ、でも…こうして記憶を得て、謝りに来た…と言う事は、不安定な状態は…解決した、とみていいんだな?
        …なに、俺は何もしてない…ちょっと声、かけただけで…いろんな人が…声をかけて、くれただろう? -- リッキー 2017-11-25 (土) 22:21:15
      • あ、何気にボクもそこは詳しく知らないなぁ……会ったら聞いておこう (両親を探す目的がまた一つ増えたのであった)
        あはは……確かにもう1人のボクは強いです。戦闘センスって言うんでしょうか? ボクは考えて動くタイプですので、彼女には学ぶところが多い…
        ええ、お陰様でバッチリです! リッキーさんの言葉もとても嬉しかったので、そう謙遜しないで下さい。今はリッキーさんにお礼を言っているんですから
        何か欲しいお返しとかありませんか? デートまでならオッケーしますよ〜♪ (という冗談が言えるくらいには、夜の成分が浸透したリリネである) -- リリネ 2017-11-25 (土) 22:34:02
      • …そうか…でも、あれだぞ…親のなれそめで、イチャイチャされると…子としては、辛い(経験者は語る的な、遠い目で)
        …次会ったときは…もう少し、いい勝負したいとも…思ってたりも、したんだが…まぁ、もう…旅に出るし、な(時間もないので何もする気はなくて)
        …そうか、それなら…何よりだ…あのまま別れるとか…気になって、仕方がなかったしな
        …いいや、遠慮しとこう…何か、上手く使われそうだ…(少し笑い) …そうだ、海の何か…アイテムのか、情報とか、ないか?…旅に出て、南の海に…行きつくかも、しれない -- リッキー 2017-11-25 (土) 22:47:13
      • ? 親が仲睦まじいのは、良いことのように思いますけどね……? (リリネもいずれリッキーの言葉が分かる時が来るのか来ないのか…今は分からない)
        ふふっ…そうですか、残念です...♪ (デートを遠慮されたくだりで一緒になって笑った) でも、リッキーさん旅に出てしまうのですか? それは、残念だなぁ
        ようやくしっかり仲良くなれた気がしていたんですが……でも、仕方ないですよね (少し名残惜しそうにコーヒーを啜っていた)
        ふむ、南の海……南国の海は珊瑚礁が豊かですよね。まぁ国によっては許可無く採取するとお縄になりますけど -- リリネ 2017-11-25 (土) 22:53:36
      • …まぁ、それはそう、なんだがな…(まぁ、ご両親が無事か、あるいは片方だけか、それは分からないが、語るなら笑い話の方がいいだろうと)
        …あぁ、少し前に決めてな…色んな人と、話をして…世界の話を聞いてたら、旅に出たくなってしまってな…
        …今までは、俺のせいで…色々と、変な調子…だったからな、済まなかった…(頭をかき)
        …ほぅ…そういうのも、あるのか…まぁ、他人の管理した森で…勝手に採るような、物と思えば…(納得だな、と考え) -- リッキー 2017-11-25 (土) 23:28:09
      • え? ああいや、もういいんですってその話は……実はボク、去年の夏頃から視力低下の症状が出ていて…
        海魔に、バケモノに近付いているって内心悩んでいて不安定でしたし(言いながらコーヒーを飲み干す)
        ふぅ……まぁ、気にしてらっしゃるなら今後会う別の女の子達に優しくするってことで…あ、南の海ってまさか水着目当て…?(※疑心)
        そうだ。リッキーさんは射手ですし、海鳥に注目するのがいいかもしれませんね もしかしたら、ロック鳥が見つかるかも…? -- リリネ 2017-11-25 (土) 23:40:30
      • …そうだったのか…もうちょっと、回りに相談しても…もしかしたら、してたかもだが…
        …何にせよ、リリネの回りには…頼れる友人が、多くいるんだ…もっと今後は、周りを頼るといい…
        …まぁ、そこは、善処しよう…いや、それはない…見たいかと言われれば、見たい、けどな(もう内心バレた後なので、肩をすくめて正直に)
        …ふむ…ロック鳥か…見つけると、何かがあるのか?(首をひねり) -- リッキー 2017-11-26 (日) 00:04:19
      • ふふっ……まぁ、確かにリッキーさんがもう少し大人の男の人だったら相談できたかもですね〜? (小悪魔チックに冗談を言う魔女である)
        ん、でもそうですね……ボクは流れ者の身なので、つい他人とは淡白な付き合いでいようとし過ぎていました。今は反省しています…
        (やっぱりムッツリなんだ…と思いつつ) ええとですね、ロック鳥は兎に角大きいです! 何せゾウを捕まえて雛のエサにするって文献にあるほどです!
        ですので、きっと貴重な素材を落としますよ。ふふっ……何にせよ、いい旅になるようボクも祈っておきます -- リリネ 2017-11-26 (日) 00:10:31
      • …そればかりはな…あと数年、後だったら…俺の中身も、もっと成熟…してたんだろうが(人と色んな事してみたい、それが多すぎて、色々と失敗もしただけに)
        …いいんだ…色々と、特殊な環境…みたいだしな…これからは、きっと…大丈夫だろうが…
        そりゃ、大きいな…面白い…炸裂弾頭、ぶち込んでみたくなる…あぁ、もし倒せたら…何かお土産に、持ってこよう
        …あぁ、リリネも元気でな…それでは、また…どこかで、会おう -- リッキー 2017-11-26 (日) 22:54:51
  • うん? おう、リッキーじゃん 今日は一人か? (酒場で見かけ、肩を叩く 『こんばんは』、と慣れてきたハンドサインで挨拶する) -- イーリアス 2017-11-22 (水) 21:12:06
    • …ん?…あぁ、イーリアスか…そうだな、今日は一人…だな(まぁ座ってくれとハンドサインで隣の席を指さし)
      …明日にでも、そっちに行こうかと…思ってたんだがな(先よこされたか、と笑い) -- リッキー 2017-11-22 (水) 21:56:06
      • 早さは力だぜリッキー、先に動いたもん勝ちだ! じゃあ今日の一杯目はリッキーの奢りな (にやりと笑って流れるように奢らせて)
        どうだい、身辺整理 (切り出す話題、そして、ちょっと笑って) 決まったんだろ、旅立つ日 -- イーリアス 2017-11-22 (水) 22:01:05
      • …ちっ…仕方がないな…一杯だけ、だからな(舌打ちももう慣れたもので、もっともイーリアスほど仲が良くないとしないのだが)
        ん…あぁ、程々、だな…ダイアから、羽飾りも…貰ったり、してな…(バンダナにダイアの羽が一枚刺さっていて)
        …7月、くらいだろうか…準備も色々と、あるからな…(物はそうでもないが、挨拶の時間が欲しくて) -- リッキー 2017-11-22 (水) 22:09:54
      • ゴチゴチ、じゃあおじさんよ、いつもの一杯 (常連二人に酒を出す動きは早い 大体二人とも、一杯目は決まっているのだ グラスを軽く打ち合わせ、一口二口)
        ダイアか、あの鳥娘は元気か、暫く姿を見て無くてな (少し知り合いの話をしてから) 7月、夏だな そうか、意外と早いな
        (もう一口酒を飲んでから、息を吐き) んじゃあ、俺からもなんか選別を渡そうかね、何が良い? -- イーリアス 2017-11-22 (水) 22:19:26
      • あぁ、つまみは…(相手に聞かずとも、お互いの好みも大体理解してるだけに注文も迷いはなく)
        俺もちょっと、久しぶりだったな…あぁ、元気だった…懐いてくれてた、とは思うな…よく顔を擦り付けてきたし…あれが怒りの仕草、な可能性も、0じゃないが…(違うといいんだがなぁと飲みながら)
        元々ふらっと、やってきたからな…ふむ、餞別か…それが、実は難しいんだよな…嵩張るもの、じゃない方がありがたいんだが… -- リッキー 2017-11-22 (水) 22:26:09
  • (いつもの物をいつも通り…もうすぐなくなる日常の一つを楽しんで)
    はは、顔は一番無防備だ それを寄せるのは、動物でも人でも心を開いてる証さ 森の動物にも詳しいリッキーだ、何となくわかるだろう?
    ああ、そう言えばそうだな…なんか、十年来位の友人に思えるよ 正直少し寂しいぜ (素直にこう言う事を言うのだ)
    かさばらないものなあ…なんなら、俺の使って多ショートボゥでも渡そうと思ったが …ああ、じゃあ、出掛ける前に俺の内に来な 武器を一つ、好きなのを選別に渡そう -- イーリアス 2017-11-22 (水) 22:39:01
  • まぁ…それは知ってはいるんだが…なまじ言葉を介するだけで、こんなにも悩まされるとは、な…(苦笑いを浮かべ)
    まぁ、でも…それなりに、友達になれたとは…俺は思ってるしな…(ダイアの羽をぴんと弾き)
    俺がここにきて…欲しかったうちの、一人だからな…飲み仲間に、親友な友…寂しい気持ちも、もちろんあるが…(これが今生の別れではない、だろう?と)
    …あぁ、ついでに…一度だけ、手合わせしてほしかったからな…道場で、頼めるか? -- リッキー 2017-11-22 (水) 22:57:36
  • ダイアのアレはなんかしらか意味はあるのかもしれんがね、馬鹿ではない目をしてるが、理解は難しいぜ 可愛いけどな (笑って返し)
    リッキーがそう思ってるなら友達だろうさ うん? はは、なんだよ改まって ああ、俺も得難い友を得たと思ってるよ 今生の別れか…
    (その言葉を繰り返してから…からかうように笑って) そんな事言って、別の国で嫁さん見つけてそっちで骨を埋める事になったりするんだぜリッキー 結婚したら手紙の一つくらいよこせよ、式には行ってやるから
    手合わせ? (しかし、その言葉を聞けば驚いたように目を瞬かせて) へえ、意外だぜ …勿論、断る口は持たんさ -- イーリアス 2017-11-23 (木) 21:09:53
  • 最後の会話も、なんとか理解できる…そんな内容だった、頑張ってそうなったのなら、嬉しい限りだな(ぐいっと飲み干し)
    (何やら引っかかるような素振りに、怪訝な顔になるが)…まぁ、その可能性も否定はしない…年頃で、巨乳な嫁さん…間違い、ない…(自分の願望を語り)
    …以外、か?…まぁ、別に戦闘が好き…と言う訳じゃないからな…ただ、そうだな…イーリアスとなら、一度してみたかった…
    (先ほどの違和感もあるが、本気を出せば、最後に何かもう一つ、友として踏み込めるのでは、という気もしていて) -- リッキー 2017-11-23 (木) 21:47:30
  • リッキーは鳥類会話の技能を手に入れた! (飲みほしたグラスに酒を注いでやりながら) ダイアには通じてるさ
    リッキー巨乳好きだよな…呑んでる時もたゆんたゆんな女の子に視線行ってたりするしな… 判る、良いよな、巨乳… 男のロマンだぜ… (しみじみ頷き)
    意外だよ、だがそうだな、リッキーも男の子って訳だ 腕比べが嫌いな男は居ない
    だが… (にやりと笑った男の口元には、獣のように歯が覗き) そう言われたなら、手加減しないぜ? -- イーリアス 2017-11-23 (木) 21:55:11
  • …いや、実の所…森の鳥に関しては、昔から…なんとなく、分かったぞ? …ダイアの場合、人の言葉でもあったからな…
    …いい…そして、視線に気づくのは…そう多くない、はずだ(レンジャースキル?で視線を誤魔化してるので、きっと大丈夫、多分)
    …あぁ、こっちも…奥の手を、披露するから…覚悟しといてくれ…(拳をぶつけるように、イーリアスに向け//明日向かいませう) -- リッキー 2017-11-24 (金) 00:00:39
  • (その幻影は突然現れた。そのシルエットは……魔女のローブを着た女性に見える。魔女の幻影はあなたに話しかけてきた)
    ……あなた、リリネのお友達よね? 良かったら協力してくれないかしら
    -- 魔女の幻影 2017-11-20 (月) 23:40:47
    • …ん?…なんだ、お前さん…(ふいに現れた存在に、警戒心を持ちながら)
      …あぁ、そのつもりだが…あっちが、どうなのか…少し、自信はないがな(何せストーカーだのと言われただけに、少し苦笑いで)
      …まぁ、リリネのことで…手助けが必要なら、するつもりでは、あるがな…(ただ、目の前のが信用出来るかは別問題だったが) -- リッキー 2017-11-20 (月) 23:44:37
      • ……あっはははは♪ 私も昔はあの子に嫌われたわねー…イタズラしてすこぶる嫌われたわ! んで、凹んでると…「落ち込むくらいなら最初からやめて」
        って正論言いつつ慰めに来るのよね。ああごめんなさい…今は思い出話よりも大事なことがあるの。聞いてくれる?
        (そして幻影は内容を語る……あなたは協力してもいいし、しなくてもいい)
        -- 魔女の幻影 2017-11-20 (月) 23:49:08
      • …ふむ、なるほど…その辺りは、理解出来なくはないな…(してしまっただけに、言い訳もなく)
        (その一方で、リリネの話した例の人物、あれはこの目の前の存在と言う事か?と悪戯などを含めて仮定しながら)
        まぁ、引き受けた…俺の言葉に、どれくらいの価値があるのかは…分からないが、な -- リッキー 2017-11-20 (月) 23:56:58
  • (街中で出会って)んん……(ホットドッグを食べながら歩いている最中で少し気まずい)
    (ホットドッグを咥えたままハンドサインで『失礼』と『こんにちは』を送った) -- ステラ 2017-11-20 (月) 22:02:32
    • …なんだ、ステラか…いや、いいんじゃないか?…そういう気楽な面は、あっていいもんだ…(小さく笑い)
      …あぁ、ちなみに…前に言ってたが…奇跡の苺、ゲット出来たぞ?…大変でも、あったが -- リッキー 2017-11-20 (月) 22:16:06
      • むぐ……(食べ終わると一息ついて)うう……女子力マイナス…(気楽とはいえ大口開けてホットドッグを頬張っている姿は友人に見られたくなかった)
        へえ、そうなの? 冒険者の協力を得られたのね。つつがなく済んだのなら何よりだわ。 -- ステラ 2017-11-20 (月) 22:18:30
      • 女子力…聞いた事は、あるが…(ステラもそういうの気にするのか、と言う点に少し驚き)
        知り合いの商人が、スポンサーになってくれたりな…お陰で冒険者を雇い、無事に成功だ…
        あぁ、そうだ…ステラも一つ、食べてみるか? -- リッキー 2017-11-20 (月) 22:50:55
      • 女子力は地を切り拓き天を制す女性特有のパワーよ。(目を瞑り人差し指を立てて)
        なるほど、そういう経緯があったのね。え、一個もらっていいのかしら?
        それなら……せっかくだし。(手のひらを振って)ありがとう、リッキー。
        //そして話しかけておいてなんですが急に出ることになりここで文通! すみません! -- ステラ 2017-11-20 (月) 23:02:39
      • …そ、そういうものか…あまり、気にしてないように見えて…他の子も、気にしてるかも、だな…
        あぁ、俺は依頼主でも、あったからな…苺を貰った数は、他より多いし…配るために、貰ったようなもんだ
        なに…是非とも、ステラにも…味わってほしい、からな(そして宿に戻り、出てきた時には皿の上に載った、20cmはあろうかというビックな苺で) -- リッキー 2017-11-21 (火) 22:28:15
      • ……そして女子力という幻想に惑わされ、多くの女の子が本質を見失うのよ。(フッと黄昏た口調で話し)
        ええええ……(でてきた苺を見て目を丸くする)これ、苺? 本当に?
        ええと……ええと…(フォークを手にどこから手をつけたら、という感じで戸惑う)大きいわ!(テンション↑) -- ステラ 2017-11-21 (火) 22:51:38
      • …恐ろしいな、女子力!…そういえば、男子力とかは…聞いた覚えが、ないな…
        あぁ、分類的に…苺に該当するか、それは分からないが…味匂い成分、どれをとっても…苺そのもの、だ
        …ステラもやっぱり、テンション上がるんだな…あぁ、齧り付く人が多いぞ? -- リッキー 2017-11-21 (火) 22:54:26
      • あるんじゃないの? 男子力。力強さとか、男らしさとか。あ、なんか幻想っぽい。
        そ、それじゃ…(かぶりついた)
        (しばらくして)ああ……なんて幸せ…濃厚な味わい、薔薇にも劣らぬ香り、そして甘味と満足感……(陶酔していたが、こほんと咳払いをして)ありがとう、リッキー。(無表情を取り繕った) -- ステラ 2017-11-21 (火) 23:02:31
      • …あぁ、男らしさ…でもそれだと、女らしさも…あるからな…い、いや…幻想では…ない、はずだが?(強くは否定できずに)
        …ふ…いい顔だ…(ステラのこういう顔を見れて良かったと、思いながら)
        …いや、そんなに喜んでもらえたんだ…俺としても、満足だぞ(小さく笑い) -- リッキー 2017-11-21 (火) 23:09:34
      • うーん……(周りにいた男性を思い浮かべる)思えば、私の周りの男性は男らしい人ばかりだわ。麻痺しているのかも。
        え、変な顔をしていたかしら。かしら。(小さな鏡を取り出して顔を見て)でも、美味しかったわ。本当に。
        リッキーってこんな貴重なものを躊躇いなくおすそ分けするのね。感心するわ。 -- ステラ 2017-11-21 (火) 23:18:54
      • …まぁ、イーリアスといい…結構そういう男は、多いはずだしな…冒険者の街は、伊達ではない
        いや、いい顔だった…普段から、そういう顔がもっと見れれば…いや、元々そうだったのかも、だが
        あぁ、もとよりお金に興味があまり、ないからな…むしろ、人に喜んで貰う…その方がずっと、俺にとっては…価値がある -- リッキー 2017-11-21 (火) 23:24:02
      • イーリアスは相当男らしいわね……っていうか、イーリアスと知り合いなのね。
        ……ふふ、女優というのはイメージ作りも仕事のうちなの。だからあんまり言いふらさないでね?
        ……リッキーって、いい人ね。(笑顔になって)そういうの、良いと思う。良いものは、滅びない。
        (それからしばらく話して、別れた。色んなことを、今まで話せなかったことを、たくさん) -- ステラ 2017-11-21 (火) 23:50:47
  • (雄牛亭の廊下、階段のところに腰掛けて季節的にもぴったりのチューリップの練習をしている音がする
    ハーモニカの音は以前に比べてはっきり、途切れないような息遣いで奏でられていて「曲」として聞こえるほどには上達していた) -- ハロリータ 2017-11-19 (日) 21:18:05
    • …ん?これは…(宿に帰ってくれば、何やらハーモニカの音が聞こえたので、音の方に向かってみれば)
      (ハロリータが一生懸命曲を演奏していて、それをしばし黙って聞き入り、そして終わればパチパチと拍手を贈り)
      …ついに、ここまで上達、したか…よくやったぞ(こちらも嬉しそうに、ハロリータの頭を撫でて褒め) -- リッキー 2017-11-19 (日) 22:40:33
      • ご清聴…ありがっと…う…リッキーちゃんと、吹けてた…?(くすぐったそうというよりは、褒めてもらった嬉しさで照れて)
        いっぱい、順番に音を出すから…最初は大変…だった、けど やってると覚えて…ん、できるようになった、…の -- ハロリータ 2017-11-20 (月) 06:34:48
      • あぁ…ハロリータは、ちゃんと練習してきたからな…よく出来ました、だ
        …他にも、いろんな技法、曲はあるが…後は、自分で練習していけば…いいだけだしな(満足そうに目を細め) -- リッキー 2017-11-20 (月) 21:59:18
      • んふ、ふ…ちゃんと吹ける様に…なって、うれしい…リッキーにね、ハーモニカを聞かせて…もらった、時みたいに
        わたしも…誰かのために吹いてあげられ、たら…うれしい…ん、まだまだ、色んな演奏できる…の? -- ハロリータ 2017-11-20 (月) 22:32:30
      • …そうだな…もっと、練習が必要だろうが…いや、今でも…近しい人に、聞いて貰っても…いいかもしれないな
        (腕前としては、まだまだお金を取るレベルではない、お遊戯と言われるかもしれないが、しかし友達ならそれを喜んで聞くだろうと考え)
        …後は…自分で、練習…頑張るんだぞ?(撫でていた手を離し) -- リッキー 2017-11-20 (月) 22:49:14
      • 友達にきいてもらって…ちゃんとまた、練習して…一番上手なのを…聞いて欲しい…
        ん、…リッキーはいっぱい練習…付き合ってくれて、る…けど…ここから、は…自分、で…する?…
        (認められたのか、何か事情があって先生役を続けられないのかと喜んで良いのか、不安になればいいのか複雑な顔で) -- ハロリータ 2017-11-20 (月) 23:24:49
      • …それがいい…俺の場合…聞いてくれる相手が、ほとんどいなかったからな…(たまに、鳥が近くにきた事もあったがあれもどういう意味だったのやらで)
        …後、もう少しなら…教える事も、出来るけどな…だが、いつまでも…一緒、と言う訳には…いかない
        …ハロリータも、一人で買い物できるのに…ずっと、着いてこられるのは…嫌だろう?(今、旅立ちの事を言うのはマズいか?と思い) -- リッキー 2017-11-20 (月) 23:41:56
      • なら、…わたしが、今までの分も…聞いて…(いや、と首を振って)聞きたい…そしたら、きっと
        好きな曲…またみつけられる、と思うの…そ、うなの、ね…わたし、一人でも出来るように、なれた……?
        (嬉しさの中に何か寂しさを感じるが、その正体がわからずに、今はただ、リッキーに上達を認めてもらったことを喜んで) -- ハロリータ 2017-11-21 (火) 21:18:25
      • …あぁ、十分だ…ハロリータは、よく出来た…教え子だったぞ…ある意味、俺の初めての…弟子、だったな(嬉しそうに笑い)
        あぁ…次会いに行くときに…一曲、お勧めの曲を吹いて見せよう…(何か、教えたい曲があるようで)
        …いい曲なんだ…ハロリータも、きっと気に入ると思うぞ… -- リッキー 2017-11-21 (火) 22:25:23
      • で、し…(どこかで聞いた事のある関係、ならば確かこう呼ぶのだと)じゃあ、あなた、は…リッキー師匠、ね…
        ふふ、楽しみ…わたしも、それまでに…チューリップ、もっと上手くなっる…(そういうと
        今日もご指導よろしくね、と伝えてまたハーモニカを吹き始める) -- ハロリータ 2017-11-21 (火) 23:00:50
      • …まさか、俺も師匠と…呼ばれるように、なるなんてな…(このくすぐったさ、イーリアスも味わってたのかな?と思いながら)
        あぁ、でも焦らなくてもいい…ハロリータは、まだまだ子供だ…ゆっくりと成長しても、いいんだ
        …よし、それじゃあ今日も…(もう宿の日常になりつつある、ハーモニカの授業が始まって) -- リッキー 2017-11-21 (火) 23:07:40
  • (右手の親指とその他の指を離した状態で伸ばし、自分の胸の前に手を下に向けて置き)
    (そのまま少し降ろしながら、親指をその他の指と合わせるようにすると「寂しい」になる)
    (こういう手話はするのも、させるのも、ないようにしたいものだな…と思いながら) -- リッキー 2017-11-16 (木) 23:02:24
    • …A.『腹が減った』で! (真面目な顔で大外れ) -- イーリアス 2017-11-19 (日) 11:05:38
      • …残念…不正解、だな…(顔を左右に振って) …答えは、寂しい、だ(先ほどと同じ動作をしながら)
        まぁ、俺が寂しがってる…と言う訳では、ないんだがな…(顎に手を当て)
        …割と最近、考えてる事は…あるな…今後の事に、ついてだが -- リッキー 2017-11-19 (日) 22:37:35
      • センチメンタルリッキーか…秋にはまだ半年ほどあるぞ、物思いに沈むにはまだ早かろうよ
        (そんな事を言ってからかいながらも) なんだ、結婚か、転職か、出国か…現状に不満でも出てきたかい (尋ねる目は穏やかで) -- イーリアス 2017-11-19 (日) 22:54:50
      • 馬鹿言え…俺とて、悩む事くらいは…結構あるもんだぞ?(苦笑しながら)
        …結婚、相手がいないな…転職、出国については…まぁ、そこらへんの悩みでも…あるな(分かるものなのか?と思い)
        …いや、現状に左程不満はない…ないからこそ、問題なのかもしれない、な… -- リッキー 2017-11-19 (日) 22:58:08
      • 男が悩むのは、女の事か、金の事か、自分の能力の事さ で、女じゃないないだろうし、金の欲は薄そうなリッキーの事だ、伸び悩んでるんだろう 前に弓の稽古の事を言ってたしな
        俺も師範代になる為の修行で、別の国に行ってみようかと本気で悩んでたこともある そんな所かと思ったのさ -- イーリアス 2017-11-19 (日) 23:35:24
      • なるほどな…イーリアスの、経験則でも、ある訳か…まぁ、伸び悩みも確かにある
        …あとは、このままだと…ここにずるずると…いや、それはそれで…悪い事じゃない、んだがな…
        街の雰囲気はいい、仲間もいい奴らだ、生活も安定してる…ただ、もっと…色んな世界も、見て見たくてな…(色んな人が集まるだけに、彼らから話を聞いて) -- リッキー 2017-11-19 (日) 23:40:06
      • 俺は結局此処に居続けたけどな きっと、死ぬまで此処に居るよ (そう言って少しだけ笑い)
        実際、そう言って街を出る奴も多い 結局戻ってくる奴も居るけどな、それはそれ、外を見たからこそ戻ってきたいとも思ったんだろう
        …リッキー、お前はまだ若い 俺よりもな だから、飛び出すのも悪い事じゃあないぜ (そう話す男は落ち着いた様子で) -- イーリアス 2017-11-20 (月) 00:03:00
      • それもまた、人生だろうしな…俺も、それもいいかもしれないと…思ってたりも、したんだが
        …南方に、面白い植物がある…森がある…東には、隠密のプロ集団がいる…そういう話とか、色々と…聞いてきた、からな…
        …あぁ、でも…きっと、戻ってくるぞ…ここは俺の、第二の故郷…だからな(その言葉に嘘はなく)…とはいえ、出立は…まだ先の、話しなんだがな -- リッキー 2017-11-20 (月) 00:09:36
      • そうしてくれると有り難いな、俺も、友人が一人減るのは寂しい 友達が少ないもんでな (そんな事を言って肩を竦めて)
        …あと一年くらいは居るんだろう? だったらまあ、出立の時までは俺も居るさ それまではゆっくりしていこうや
        (そんな事を言って笑い、肩を叩く) 呑み行くぞ、思い出は多い方が良い! ついでに夜の街で経験も積むか? 良い店紹介するぞ? -- イーリアス 2017-11-20 (月) 00:24:23
      • とてもそうには、見えないんだがな?…なに、イーリアスなら…周囲はきっと、放っておかないしな
        …いや、それは…(まだ決めかねてるが、そう遠くないうちと考えているだけに) …まぁ、決まればちゃんと、言いに行くさ
        …それに関しては、同意だな…あ、いや、それは流石に…(まだまだその辺りは及び腰だったとか) -- リッキー 2017-11-20 (月) 22:12:15
    • お前を殺す…か… -- エビナ 2017-11-19 (日) 21:25:46
      • …そんな物騒なのは、知らないな…しいて言えば、これか?(首を掻っ切るような手の動きで)
        …というか…なんだ…初対面、だよな?(見慣れぬ顔だけに) -- リッキー 2017-11-19 (日) 22:38:42
      • ああ、それだ…よーく戦場で見た奴だぜ!
        ん、そうだな?初対面だぜ…エビナちゃんは旅人をしてるもんだが、おたくが人殺しハンドサインをしてたからよ、ついな -- エビナ 2017-11-19 (日) 22:45:20
      • …戦場、か…まぁ、喧騒もあるし…ハンドサインも使いそう…ではあるな(ある意味納得しながら)
        …なるほど、初めましてか…旅人の、エビナか…ある意味、丁度いいタイミングだな(後半はボソリと呟き)
        …いやいや、それはしてなかったぞ?…あぁ、俺はリッキー…冒険者だ(こちらも名乗り) -- リッキー 2017-11-19 (日) 22:51:23
      • じゃあどんな意味だったんだ?…へえ、冒険者ねえ…。おたく、レンジャーだろ?
        知ってるぜ〜…おたくらには毎度毎度手を焼いたもんさ(ケケケと笑い)
        ああ、暫くはエビナもこの街に居るつもりだからな、宜しく頼むぜリッキーの旦那よ(サングラスをあげて、笑って見せ) -- エビナ 2017-11-19 (日) 23:05:00
      • あー…まぁ、寂しい…だな…いや、俺が寂しかった訳じゃないが…ン?よく、分かったな…
        …なるほど…まぁ、レンジャーは…小隊にいると、いないとでは…全然、違うからな…レンジャーのみも、恐ろしいが
        …ふむ…ルーキー、みたいなものか…あぁ、こちらこそ、な(戦場上がり、か?また珍しいのがきたな、と) -- リッキー 2017-11-19 (日) 23:08:36
      • 寂しい…へぇ。地味に勉強になるって奴だな。何処で使うかっつえば、むずかしいかもしんねーけど…(なるほど、と頷く)
        ああ、全く、ゲリラってのは性質が悪くて手に終えねーのよ。戦いたくは無い相手だぜ…そんな旦那も結構なやりてそうじゃねーの?(リッキーをまじまじと観察する様に見て、そんな事を言い)
        …(真似するようにハンドサインをしてみる…右手で一度グーを作り、親指と人差し指、小指を立てて見せ) -- エビナ 2017-11-19 (日) 23:25:28
      • まぁ、親しい相手しか…ほとんど使う機会は、ないだろうな…
        とくに森の中だと、撤退をお勧めする…もっとも(撤退するのも大変なタイミングで仕掛けるのが、レンジャーだろうが)
        …俺は、まだまだ未熟ものだぞ? …そして、まさか初対面で…告白されるとは、な(肩をすくめて笑い) -- リッキー 2017-11-19 (日) 23:37:05
      • エビナにゃ縁のないハンドサインだったって事な(苦笑して)
        そうも言ってらんねーのが戦場よ。ははは、手に負えねーならどうするかって?簡単だぜ!結局ぜーんぶ森を焼いちまった、なんてな(そして、はははと笑いジョークを飛ばして)
        またまた謙遜だぜ、旦那♪おっ…通じるねえ…ま、そーいう事だからよ、今後ともよろしくだぜリッキーの旦那。んじゃな、愛してるぜ〜っと(そして、そんな事を言いながら、リッキーの元を去るのであった) -- エビナ 2017-11-19 (日) 23:48:35
  • -- 2017-11-16 (木) 23:00:04
  • -- リッキー 2017-11-16 (木) 22:59:59
  • やー、おつかれおつかれー、お返し終わったーリッキー?(おつかれって言っておいて終わったか聞くスタイル) -- ビスコ 2017-11-15 (水) 19:42:23
    • あぁ…ちゃんと配り終えたぞ…茶葉のセレクトは、少しミスがあったかもだが…
      そちらは、どんなのを…配ったんだ?(悩んでたようなのでどうしたか気になり) -- リッキー 2017-11-15 (水) 23:12:24
      • おー、がんばったねー、リッキーも結構もらってたみたいだしー……茶葉ー?(何のことだろうと首を傾げて)
        ボク? ボクはねー、手作りクッキーとか手作りケーキとか、手作り親子丼とかー……まー、色々作ったよねー?(うんうん) -- ビスコ 2017-11-15 (水) 23:18:43
      • ビスコには、負けるがな?(結局何個貰えたんだ?も聞いてみて) …あぁ、言わなかったか?山や森で取れたものを…渡す予定、だと
        …稀少で、女性が好む茶葉になる…そういう植物を、取って回ったんだが…効き目はともかく、味が薄かったり…してな(頭をかき)
        …手作り尽くし、か…俺は、保存食くらいしか…そういうのは、作れないからな…(流石に燻製肉貰って嬉しい子はいないだろうな、と) -- リッキー 2017-11-15 (水) 23:31:11
      • えっと、出先で図らずも貰っちゃったのも含めるとー……じゅ、10個…?(ひそひそ声を潜めて)
        へー……でも効き目があるならいいんじゃないー? 良薬は口に逃しって言うしさー、苦くないだけまだマシだよねー(うんうん)
        あはは、ホワイトデーじゃなかったら喜んでくれそうな人は結構いるけどねー……ボクはもちろん好きだよー、お肉大好きー でも手作りし過ぎるのも良くないーって天使のおじさんに言われたっけ -- ビスコ 2017-11-15 (水) 23:38:13
      • …二桁、だと…ビスコ…恐ろしい子!(何やら表情が白目気味のあの顔に)
        …あぁ、でも…苦いのも、渡したが…気に入って貰えた、みたいだな…ビスコも、飲んでみるか?
        レンあたりは、喜んでたな…ん?…手作りしすぎると、良くないとは?(何故ダメなのか思い当たらず首をひねり) -- リッキー 2017-11-15 (水) 23:49:15
      • ま、まーでも大事なのは数じゃないと思うしねー? リッキーは本命の子とかいるのー?(うりうりーって指で脇腹つっつく)
        へー、レンが好きならボクも飲めそうな気がするなー……飲む飲むー! どんなのか気になるしねー(こくこく)
        やー、なんか勘違いさせる? とか何とか言ってたけどー……まー手作りに手作りで返しただけだし、考え過ぎじゃないかーって思うけどねー?(頭を描きながら笑って) -- ビスコ 2017-11-15 (水) 23:54:52
      • それは、確かだが… …ビスコ…本命がいるなら…俺はもっと、笑顔を浮かべてると…そう思わないか?(遠い目をしながら)
        …ん?…あぁ、それは違う…レンが喜んだのは、燻製肉…お茶に関しては…ヤヤヤの相棒の、クキが喜んだお茶だ…(まぁ欲しがるのなら、と淹れたのは劇苦で有名なマテ茶で)
        …ふむ、なるほど…分からなくは、ないが…まぁ、確かに考えすぎ、かもだな…誰か一人だけ手作り…なら、まだしも -- リッキー 2017-11-16 (木) 00:07:08
      • そ、それもそーだねー……でも満面の笑みのリッキーって想像するとちょっとー……面白いかも……(口の端がぷるぷる震えてる)
        えっ、あっ……そ、そういう事かぁー!?(出てきたマテ茶に文字通り渋い顔、でもせっかくなので我慢して飲みます)……にっ…がぁ〜〜〜……(舌を出してうへーって顔)
        だよねー、そもそもボク日頃から手作りよくしてるから特別感もそこまで無いと思うしー……(ずずーっ)……こ、このめっちゃ不味いの、どんな効果があるのー……?(眉間に皺を寄せながらも必死にお茶と格闘して) -- ビスコ 2017-11-16 (木) 00:13:39
      • …失敬な…と言いたい所だが、実際俺も…どんな顔になるか、想像がつかんな…(自分の頬に触れ)
        …おぉ、耐えられるか…まぁ、ちょっと薄めに入れたからな…(もちろん自分は飲む気はなく)
        ただ、逆に言えば…好きな相手に、特別感出すのは…大変かも、しれないがな…ん?あぁ、昔から言うだろう?…良薬口苦し、とな(頭をぽんぽんと叩き) -- リッキー 2017-11-16 (木) 00:38:48
      • いざって時の為に笑う練習とかしといた方がいいかもしれないねー? 鏡の前でにぃーってしてみたりとか?
        の、飲み物と思わなければなんとかー……いや、ご、ごめん……ちょっとー……これ以上は……(半開きになった口の端から垂れそう)
        もうちょっと飲める感じならおねーちゃん用にでも貰っていこーかと思ったけど……これはダメだなー完全罰ゲームだ……そ、それじゃーボクそろそろ帰るねー……?(ふらふらと帰っていく) -- ビスコ 2017-11-16 (木) 00:47:01
  • (街中で、アヴィスのような目隠しの布を顔に巻いたリリネがいた) あ、その背丈はリッキーさんかな? こんにちは〜
    ちなみにこの目隠しは、手話はマスターしたので点字でも勉強しようかなという……ってのは冗談なんですけど -- リリネ 2017-11-13 (月) 20:37:55
    • …何やってるんだ、リリネ…(仮装とも思えないし、前にあった違う性格のとも思えずに首をひねり)
      …なんだ、冗談なのか…一瞬、本気なのかと…あぁ、ちなみに俺は…点字は出来ないな… -- リッキー 2017-11-13 (月) 23:10:44
      • 実は今、自分の魔術を磨こうという試みの真っ最中でして……この目隠しもその一環です。視界の無い状態での感知魔術を訓練中なんです
        ほら、月の出ない夜の森とか…灯りの無いダンジョンとか…そういう状況でも、周りを軽々探知できるようにしようと思ってですね -- リリネ 2017-11-13 (月) 23:22:36
      • あぁ…なるほど…俺も小さい時、やった事があるな…魔術の訓練、ではなかったが(何やら懐かしそうに)
        …森の中、親に連れられ…目隠しをされ…そのまま、家に帰るまで…崖から落ちた時は、どうなるかと…思ったもんだ
        …しかし、感知魔法か…それだと、俺はアドバイス…出来ないな(経験者は語る、が出来なくて残念そうに) -- リッキー 2017-11-13 (月) 23:32:31
      • え? えぇー…!?(ドン引き) いや、ちょっと待って下さい…崖から落ちたんです? ヤバクないでスカ?
        ちょっと普通に興味あるので、その辺の昔話お願いしてもよろしいです…?(話題に食いついた魔女) -- リリネ 2017-11-13 (月) 23:37:03
      • 足を踏み外したら…ナイフを突き立て、かぎ爪ロープを投げ…すれば、いける…(サムズアップしながら)
        …まぁ、実際は…あの時、小さかったからな…上手くいかず、骨を数本折ったが…
        …とはいえ…参考になる、話しではないぞ?(いいのか?という顔で) -- リッキー 2017-11-13 (月) 23:43:46
      • す、しゅごい……! ボクの場合は、スピアロッドになるかな? いや、ボクもナイフくらいは持ち歩けばいいか…ロープは水魔術で代用っと
        うんうん。どういう状況があるか分かりませんからね……それに、この目隠しをしている間は読書も禁止ですので…!
        そうなると、こういう小話はむしろ大歓迎です♪ ささ、どうぞお話下さい。傾聴させていただきます(こくこく) -- リリネ 2017-11-14 (火) 00:00:30
      • なるほど…まぁ、参考になったり、するのなら…話す価値は、あるか…(顎に手を当て)
        …あぁ、個人的に…一番役立ったのは、聴覚…だな…嗅覚は、所詮人、だからな…
        一旦立ち止まり、音を聞く…それだけでも、分かる事は、意外とある…慣れも、必要だがな -- リッキー 2017-11-14 (火) 00:04:00
      • 臭覚は限界がありますからねー……リッキーさんは、聴力や視力に優れてるイメージです (多分依頼で一緒になった時のイメージだ)
        でもよかった。聴力ならボクも割と自信ありますし、なんなら聴力強化の魔術も使えますね
        (うんうんと頷きながらリッキーの話を興味深そうに聞いている。元々誰かの経験談を聞くには好きなようだった) -- リリネ 2017-11-14 (火) 00:07:06
      • あぁ…確かに、その辺りは…鍛えられた、からな…味覚も…毒とか、薬とか…そういう判断なら(ちょっと遠い目を)
        おぉ、それなら…何よりだ…だったら、自発で音を…鳴らすのも、手だな…反響も、使えそうだ
        (実際に指を大きくパチンと鳴らし、周囲に響かせるようにしてみせ) -- リッキー 2017-11-14 (火) 00:19:37
      • ど、毒…?(チョイ引き) うわぁ、何だかニンジャみたいな訓練してきたんですね……大変でしたね?(同情)
        ああなるほど。静かな場所では特に有効ですね…あとは閉所だとよく響く――ということですね?
        野外でも、「やまびこ」というのがありますし……音ってよく働きますよね(こくこく) -- リリネ 2017-11-14 (火) 00:34:33
      • でも…実際…森で暮らす上で…毒も、薬も…重要、だからな…生かすも、殺すも…(今では感謝はしてる、と)
        …ただ、敵…あるいは類するのが、いる場合は…リスクも、伴うから…要注意、だが(相手も当然こちらに気づくので)
        …まぁ、無難にやるなら…杖…あるいは、長いもの…でも随分と、違うが… -- リッキー 2017-11-14 (火) 00:42:03
      • でしょうねぇ。海専門のボクでも、クラゲの神経毒とかは身近ですし…森はもっと大変そうだから苦手意識ありますよ
        ふむ、接敵リスク……ただ、それは明かりでも同じというのを考えれば普段から考えるべき懸念かもしれません
        ……長いものなら、まさにボクはスピアロッドを持ってて最強ですよ?(※謎の最強) リッキーさんの場合は、長物はどうしますか? -- リリネ 2017-11-14 (火) 00:49:44
      • 俺は逆に…海は、苦手意識あるな…と言うか、ほとんど立ち入らない、からな…(泳げないしな、とは言わずに)
        …それはある、なので敵がいて、時間があるなら…待ち伏せが一番、なんだがな…(狩りの基本でもあるだけに)
        …それ、好きだな、リリネは…ん?…あぁ、俺は…(マントの下から警棒のようなものを取り出し、ちょっと捻れば長細い棒になり) -- リッキー 2017-11-14 (火) 00:53:12
      • ふふっ…♪ まぁ、ホームグラウンドの違いはお互い様でしょうね。うんうん…でも意外ですね? リッキーさん、水着の女性とか好きそうなのに(※突然のフック)
        うわー…何ですかその伸びる棒? マントの下にそんな便利アイテム隠し持っていたとか…なかなかやりますねリッキーさん?
        え、他にも何かあるんだろうか…!(リリネの探究心が加速し始めた) -- リリネ 2017-11-14 (火) 01:05:15
      • つまりは、そう言う事だな…ん?なにがだ?…いや、そんな事は…別にないが?(表情は変えずに、しかし一瞬目は泳ぎ)
        …冒険…いや、生死をかけた仕事…と言うのは、情報第一、その次に準備…と思ってる、からな(なので、色々と持っておくのは必要だと)
        …待て…その目は、よろしくない…(もちろんマントの下にはアイテム一杯だが、公表した事はなく) -- リッキー 2017-11-14 (火) 23:06:52
      • (……今少し動揺した。やっぱり男の人なんだなぁ…まぁそれよりも) ボク、気になりますっ
        フフフ…ボクが展開しているこのソナー魔術、今は省エネモードですが最大出力での超音波探知ならマントの中まで見通すッ!
        はぁぁぁぁ…(と、気を溜めようとしたが) ん、やっぱりやめておきましょう。人の秘密を暴くのはよくないことですからね…(※理性があって良かった)
        そんなわけで、今日はこの辺で許して(?)あげましょう。それではさようならリッキーさーん (手を振り振りして帰宅) -- リリネ 2017-11-14 (火) 23:35:16
  • (発情薬と気になる相手…または好みのタイプの下着姿写真が撒かれた!) -- 2017-11-12 (日) 11:59:18
    • おぉ…これが伝統の…薬撒きか…!(とはいえ、当たるつもりはなくササっとよけようと)
      (奇数なら命中で、偶数なら無事回避で) -- リッキー 2017-11-12 (日) 21:21:28
      • ふっ…これしき当たる訳が…あれ、当たった方が…話題になったのか?(避けてから気づき) -- リッキー 2017-11-12 (日) 21:22:34
      • ニャッスニャッス コバヤシもひどい目にあったニャッス -- 猫バヤシ 2017-11-12 (日) 21:33:20
      • …つまり、コバヤシが発情すると…猫になると!?(そんな体質だったのか!?と驚き) -- リッキー 2017-11-12 (日) 21:41:15
      • 猫じゃないから発情期とかないニャッス!あ、今は猫ぽくなってるニャスねぇ
        これはなんか別もんだと思うニャッス へぇ、兄さんもすみにおけないニャスねぇ(エロ写真見ながら) -- 猫バヤシ 2017-11-12 (日) 21:43:59
      • ん?…猫っぽい、のか?…服装だけじゃ、ないのか…まぁ、この街で起こる事、だしな(納得してしまって)
        …いや、きづいたら…撒かれてた、というか…一体何者なんだ、サンプニンサン…(黒髪巨乳黒下着の女性がそこに) -- リッキー 2017-11-12 (日) 21:48:36
      • コバヤシのところにも似たようなのが撒かれたニャッスねー(猫っぽく足下にまとわりつきながら)
        オオーッ、良い趣味してるニャッスねー やっぱりおっぱいは大きい方がいいニャス? -- 猫バヤシ 2017-11-12 (日) 21:54:54
      • なるほど…こっちは、おそらくは…発情する薬、だな…この街の伝統、と聞いてたが…実在したとは…(よしよし、と頭を撫でてやり)
        …それはまぁ、な…とはいえ、付き合う基準が胸…と言う訳では、ないんだが(はて?何故俺は女子とこんな話を?まぁコバヤシだからいいか、と) -- リッキー 2017-11-12 (日) 22:08:34
      • 発情期とかって動物だけじゃないニャッス?人間がなるとどうなるニャッス?(知識が中途半端) んんー(♥️ω♥️)  (普段は頭触られるのは嫌がるが猫化してる今は気持ちいいらしくグリグリ押し返してくる)
        ふーん、そうニャッスかー 今まで付き合った人はぁどうだったニャッス? -- 猫バヤシ 2017-11-12 (日) 22:13:32
      • そりゃ植物には、ないだろうな…だが、植物にも…花粉出す時期があるし…発情期、と言えなくも…ないかもしれないな(顎に手を当て)
        …ははは、こやつめ(動物には好かれやすい性質なので、撫でるのは得意なのでわしゃわしゃと)
        …ん?…あぁ、俺か…いないが?(ハイライトが消えた目で、正直に) -- リッキー 2017-11-12 (日) 22:15:58
      • あ、コバヤシは地雷踏んだニャス!(いいつつあまり反省の色はない けものですもの大目に見てね)
        リッキー兄さんはイケメンで格好いいと思うニャッス!あと口下手っていうかぁ、あ、いや寡黙で、クールというかぁ (精一杯のフォロー) -- 猫バヤシ 2017-11-12 (日) 22:21:44
      • …いい、本当の事だしな…それにだ、20年近く森にいた事も…割と話してるからな(つまりいない歴は当然とも言えて)
        …有難う…見え透いていても、割と嬉しくはあるな…だが、これでイーブンと言う訳は…ないよな?
        というわけで…コバヤシも…好きなタイプとか、何か一つくらい…話すべきじゃ、ないか?(撫でていた手を、逃さぬよう鷲掴みに変え) -- リッキー 2017-11-12 (日) 22:26:18
      • あ、あうあうあう……やめるニャッスー!コバヤシの秘密をあばいちゃダメニャッスー!
        ぽ、ポケットにはなんにも入ってないニャッスー!(必死にパーカーのポッケを押さえるコバヤシ 中には何故かイーリアスの貴重な入浴シーンの写真が!) -- 猫バヤシ 2017-11-12 (日) 22:33:23
      • …なんて、分かりやすい!…とはいえ、そこまで必死にされると、な…
        …何、安心してくれ…無理やり、取ったりしないぞ…(安心させるようにしゃがみ、頭をぽんと叩き)
        …そして、本職だと…このタイミングで…盗めるから、注意するんだぞ?(ポッケの中には、いつの間にか銀貨も、注意喚起も含め) -- リッキー 2017-11-12 (日) 22:53:20
      • !?無一文のコバヤシのポッケにいつのまにかお金が転送されてるニャッス!?一体なにが……
        手品?今のは手品ニャッス?コバヤシにもできるニャス? -- 猫バヤシ 2017-11-12 (日) 22:55:49
      • 簡単な、仕掛けだぞ?(試しにどうやったかを見せればしゃがみながら手をさりげなく後ろに回して財布から銀貨を取り出し)
        (さらに右手を頭の方に向けて視線を誘導しながら、銀貨を握った手を一瞬でポッケに伸ばしてすぐさま引っ込め)
        手品、みたいなものだが…手品も、盗人も…戦闘でも、視線誘導は…大事だから、な -- リッキー 2017-11-12 (日) 23:03:43
      • おおぅ、(キョロッ)おおおっ(キョロキョロ)おおー!(ΦΟΦ)手練れの技にゃっすねぇ 誰に教わったニャッス? 
        はぁー、旦那がたまに言ってたぁ、フェイントってやつニャスねぇ… それが使えるとぉ、お金が増やせるにゃっす?(やはりわかっていなかった) -- 猫バヤシ 2017-11-12 (日) 23:48:56
  • (ガチャリ、と扉の開く音が響いたかと思えば、その向こう側から姿を覗かせて)
    おっと…ここは見覚えがあるな、…確か誰かの宿だった気がするぞ? -- チーク 2017-11-07 (火) 00:58:32
    • …ん?…なんだか、デジャブが…って、お前は…確か…(短剣に手をかけかけてから気づき)
      …久しいな…元気そうで、何よりだ…また来るとは、思わなかったが(小さく笑い)
      (以前と違って口数も多く、そして表情も明らかで) -- リッキー 2017-11-07 (火) 21:12:05
      • はは、やだなぁそんな警戒しないでも、見ての通り怪しいものじゃない、っていうのは良くわかるだろう?
        (スーツの前は開けたまま、両手を軽く挙げて無害をアピールしつつ)
        俺としてはここまで出会えないとは思わなかったよ…寂しかったんだぜ、なんてね? -- チーク 2017-11-08 (水) 01:22:49
      • …いや、どこからどう見ても怪しいもんだが?とはいえ、一度は知った顔だしな
        よせ、ここら界隈じゃ…どこで誰が見てるか…分からんぞ?(苦笑いで言いながら)
        しかし…あの後も、回ってたのか?(とりあえずハーブティを入れてやり、テーブルに置き) -- リッキー 2017-11-08 (水) 23:10:47
      • おいおい、どこからどう見ても怪しくないだろ・・・ほら、ご覧の通りだ
        (挙げた手をそのまま横に広げて更に無害であるとアピールをしてみせる)
        …マジで、俺以外にそんな仕事をしてる奴が居るとは思えないんだけどなぁ、うん、色んなところを細々と、お陰でここの座標を特定しなおすのに苦労したんだぜ? -- チーク 2017-11-09 (木) 01:17:47
      • そこで、なおも主張してくるから…余計に怪しく、感じるんだがな?(肩を竦めてから笑い)
        まぁ、俺のところだ…そんな気にしてるようなのは、いないとは思うが…耳にメアリーって奴だ
        しかし、まだ続けてたとは…そもそも、目的は…何だった? -- リッキー 2017-11-09 (木) 22:45:08
      • 何をぅ、身の潔白と言うのはきちんと証明しないといけない大事な部分だと俺は声を大きくして言わせてもらおうぞ!
        (だから怪しくない、と自信たっぷりに力説した後で)
        うーん…そうだね、特に目的はないんだ、本当に不思議な事を探して回っているだけでさ? -- チーク 2017-11-10 (金) 20:27:54
      • 分からなくはないんだが、な…まぁ、こればっかりは…積み重ねて、信頼を得るしか…ないな
        ふむ…変わってるが…まぁ、この街はそういうのは…比較的多い、だろうからな…俺とかは、平凡すぎるが
        …それで、回ってきた中で…特に不思議な事は、何かあったか? -- リッキー 2017-11-10 (金) 23:19:14
      • ふ…ソレは中々難しいな、あぁそうだ…どうせなら信頼してもらう証に名刺でも一枚いかが?
        (ひらり、と薄い紙切れを取り出して指に挟んで左右に揺らしてみせた後で)
        千年と百年前の生きた情報やご近所のニュースまで何でもこざれってやつさ、あぁでも惜しむらくは女の子のデータがない事かな…ほら、お前の今の好感度はこんなもんだぜ、って観測して伝えられたらきっと便利だと思わないかい? -- チーク 2017-11-12 (日) 11:46:26
      • メイシ…俺初めて貰うな…ちょっと、感動だ(渡される事がなかっただけに、嬉しそうにもらい受け)
        …なんで、逆に女の子のデータが、ないんだ…おぉ、それは実に…有り難いな…出来るのなら、だが
        しかし、そんなこと実際問題として…無理がある気は、するがな?(苦笑いで) -- リッキー 2017-11-12 (日) 21:20:03
      • (ちゃんと貰ってもらった事に安心と感激を覚えつつ、目を伏せ、悲痛な感じで首を振り)
        残念だけどは、そういうポジションじゃないんだ…え、だって女の子のデータとか集めるの恥ずかしいじゃん、不思議な事でも何でもないし
        …いや。確かに一部の子は、えぇ?って感じの不思議な子もいるけどさ!
        …とまぁ、そういう事、コレで俺が怪しい人間じゃないってわかってもらえたのなら、何よりです
        それでは、これからも是非チークをよろしくおねがいします
        (ぺこりとその場で軽く一礼すると、少しだけ微笑んでから扉にまた入って消えていく) -- チーク 2017-11-13 (月) 20:40:55
  • -- 2017-11-09 (木) 23:46:22
    • ?…!?…!!?(予期してないあまりに、二度見、三度見してしまうほどで) -- リッキー 2017-11-09 (木) 23:56:45
      • (早速掲げてご満悦な森男がそこに!) -- リッキー 2017-11-09 (木) 23:58:16
      • うちの親友のIKEMEN度が上乗せされてる件について 来年には恋人どころか結婚まで行ってそうだな… (すごい滑らかな手話で『爆発しろ』と伝えながら…) -- イーリアス 2017-11-11 (土) 10:48:13
      • …何を言いだすんだ、お前は…(怪訝な顔で) …まだ恋人のこの字も、ないんだが?(思わずため息を)
        (森の人だって恋人くらいは欲しい、けどまだ対人さえ慣れてないのに恋人とかどうすれば出来るんだ、という状況なので、「そっちこそ、どうなんだ?」と胡乱な目をしながら返し) -- リッキー 2017-11-12 (日) 21:18:20
      • うん? 俺か? …あー、まあ、相変わらずさ どうにも、若い子ばっかりでね (少し歯切れ悪く答えてから苦笑し) -- イーリアス 2017-11-12 (日) 21:27:47
      • …ふむ…何か、あったか?…まぁ、微妙に悩んでもいそう…だな…(なんとなく察して)
        …まぁ、イーリアスも色々と…抱えてそう、だからな…でも、最近思うんだが…年齢の差は、言い訳かもしれない…と
        …うちの両親も、思い返せば…年齢差あったし、な…(それを言い訳に、自分は動いてないんじゃないかと、思う所もあるだけに) -- リッキー 2017-11-12 (日) 21:31:00
      • いや、年齢差は正直あんまり気にしてないんだよ (あっさりとそう言ってから、しかし、と眉を寄せて…)
        …14,5歳の子は流石に駄目だろ…黄金時代とか戦国時代ならまだしもさ 年齢差よりも年齢そのものが問題なんだ…! -- イーリアス 2017-11-12 (日) 21:46:28
      • …なんだ、そうだったのか?…俺の方が、年齢差…だったな(似た悩みでも違う悩みだったんだなぁと今頃気づき)
        …でも、それだと…数年後なら、いいという訳か?(年齢が問題、と言う事は、と思いながら) -- リッキー 2017-11-12 (日) 21:51:03
      • ハロリータは流石に駄目だぞリッキー… (親友の凶行を止めようと…) うん? ああ、まあ、17,8ならなあとは思うけどな
        それ以下だとほれ、俺は少年部と幼年部を教えてるだろう? 女と言うよりは庇護対象として見ちまってなあ…
        …って、え、なに、リッキーマジで誰か気になってるのか? (興味津々) -- イーリアス 2017-11-12 (日) 21:54:52
      • あぁ、それは流石に…可愛い妹分、だ…幸せになってほしい、本当にそう思う…(回りがアレなだけに、余計に)
        その気持ちは、よく分かる…リリアやトゥリパとかも、その部類になるな…(同意するように頷き)
        本気、と言う意味では…よく分からない、が本音だな…話してて楽しい、が恋と言う訳じゃ…ないんだろう?(※対人初心者です) -- リッキー 2017-11-12 (日) 22:13:32
      • ハロリータが居なければ、あそこの国の上層部は滅ぼされても良い気がするよ (結構真顔で)
        トゥリパって子は知らんが、リリアは筆頭だな 真っ直ぐ育って欲しいもんだぜ… …って、お前、そうか、お前はコミュ障だったなあ…
        …リッキーがコミュ障なんじゃなく、山で育って経験が浅いだけか にしても、そうだなあ…俺も恋を成就させたことが無いから今一人なんだし、偉そうな講釈は出来んが…
        話してて楽しい、から、もっと話したい、になって、ずっと一緒に居たい、と思えるまでになったら恋なんじゃあないか? -- イーリアス 2017-11-12 (日) 22:29:02
      • ははは…正直言うとな、あの国は…地獄すら、生ぬるい…とはいえ、ハロリータが…悲しむからな…
        全くもって…でも、悪い大人が、一杯いるからな…まぁ、それも含めても、まっすぐ育って、ほしいものだ
        …まぁ、どうしても…これでも随分、慣れた方なんだが、な…(苦笑しながら頭をかき)
        …なるほど…そういうもの、か…いずれ、出来ればいいな…お互いに、な? -- リッキー 2017-11-12 (日) 22:56:44
      • あの子は筋金入りの善人だよ (2人ならやりかねない国家転没策をそっと捨て…)
        ああ、最初は本当に、言葉を選ぶのに時間がかかってたからなあ…めっちゃ手が動いてたけど 何言ってるのか全然伝わらねーの (思い出して肩を揺らして笑い)
        お互いな まあ、正直お互い全然焦ってないのが問題なんだけどな (欲しい欲しいと言いつつ、と言って笑って 独身貴族を楽しんでる二人でした) -- イーリアス 2017-11-13 (月) 08:00:45
  • -- 2017-11-12 (日) 21:16:07
  • -- 2017-11-12 (日) 21:16:03
  • リッキー、みて、暖かいの…(帽子に手袋、ケープを装備してとても暖かそうな格好で訪ねて) -- ハロリータ 2017-11-06 (月) 20:21:48
    • おぉ…実に、暖かそうだ…それは、友達と…買ってきたのか?(自慢するかのようなハロリータを見て小さく笑い)
      これで…外で、出歩いていても…ビックリされないな -- リッキー 2017-11-06 (月) 22:14:22
      • そう、なの…手袋は…リリアとおそろ、いで…(お互いが好きな色が使われた2色の手袋、白がハロリータで桃色がリリアと嬉しそうに説明して)
        うん、それに あったか、くて…(指や手足がしもやけにならないのも嬉しいのだという) -- ハロリータ 2017-11-06 (月) 23:27:23
      • …なるほど、一緒にいったのは…リリアだったか…(リリアと二人なら、実に微笑ましい買い物シーンだったのだろうなと思いながら)
        …あとは…こういうのも、あったりするぞ?(マントの下から取り出したのはカイロで)
        (自分の頬にカイロを当て、見本を見せてから、ハロリータに渡し) -- リッキー 2017-11-06 (月) 23:40:52
      • それは、なに、リッキー…ん、あったかい…(真似るように頬に当ててうっとりと、その暖かさを堪能する)
        どうし、て…あったかい…?まほ、う?…(原理がよく分からないのか不思議そうに見つめる
        よく見ると足元には編みかごが置いてあり、中には袋に小分けにされたものがいくつかあるのに気づくだろう) -- ハロリータ 2017-11-08 (水) 21:31:53
      • …いや、魔法じゃない…これは、化学の分野…だろうな…実は、俺も詳しくは知らない(小さく笑い)
        …ただ、中の何かが…反応して、振ったり揉んだりすると…暖かくなる…いずれ、反応しなくなる…けどな(そのままハロリータに手渡し)
        …ん?…何か集めてる、のか?(色々と入ってるのを見て首をひねり) -- リッキー 2017-11-08 (水) 23:22:54
      • そうな、の…でも、熱くなくて…暖かいのは…素敵ね?(こうすれば、お互いに暖かいと、手渡された手をぎゅっと握りカイロの暖かさを共有して)
        そっだ、リッキーこ、れ…いつも、遊んでくれてありが、っとう…(袋を一つ手にしてもう片方の手に渡す、漂うチョコの香りでなんとなく分かるかも)
        今月、ね…お世話になってる人、にお礼をあげるって教えて…もらった、の だからこれ、…わたしの、きもち -- ハロリータ 2017-11-08 (水) 23:31:10
      • …あぁ、本当にな…実際、これ結構安くて…重宝するぞ…って(思わぬ行動に驚き、しかし振りほどかずにそのままで)
        …なに、俺がしたくてしてるんだ…ん?…あぁ、これは…(手を握られたままでいると、袋を差し出され)
        …そうか…なら、ありがたく…受け取ろう(嬉しそうに笑みを浮かべ、しっかりと受け取り) -- リッキー 2017-11-08 (水) 23:46:43
      • かえ、るの…?な、ら買う…近衛兵…鎧つめた、そうだから…(リッキーの手を開放して、撫でてもらうおねだりの様子)
        う、ん…ちゃんと、おいしい、チョコ…作ったの…本当、よ…?(セティが手伝ってくれたと自信たっぷりに) -- ハロリータ 2017-11-09 (木) 21:49:38
      • …そうか…ハロリータは、優しいな(おねだりがなかったとしても、その心を褒めるように頭を撫でてやり)
        それは、心配してないぞ?…しかし、セティと作ってたのか…その姿、見て見たくはあったな…
        (年の離れた姉妹のようで、気っと微笑ましい光景だったろうな、と) -- リッキー 2017-11-09 (木) 22:48:18
      • ん…人、が困ってるの…やっぱり、みたく、…ないから…(頷きながら心地よさそうに撫でられて)
        たの、しかった…刻んだり、溶かして…型にいれ、たの…(そのためのボウルやお湯を用意してくれたのだと話して)
        し、まい…?わたし、兄弟と、か 姉妹…わからな、くて…で、もこんなに、楽しいなら…ほしか、ったかも… -- ハロリータ 2017-11-09 (木) 23:22:47
      • …いい事だ…思っても、そう出来る人は…少ないからな、偉いぞ
        …あぁ、女の子は…そういうの、好きみたいだからな…(保存食作るのは好きだが、そちらの方がそうでもなく)
        …なに…今からでも、遅くはない…血の繋がりはなくとも…なれるものだぞ? -- リッキー 2017-11-10 (金) 00:09:15
      • そう、かも…お茶とお菓子…女の子は、みんな…好き、ね…(もちろん私も、と)
        そう、な…の?…どうし、たら…家族みた、いに…なる…?(以前ほかの人に相棒という存在を教えてもらったのを思い出して
        友達よりもっと深い関係になるとなれるのか、と続けて) -- ハロリータ 2017-11-10 (金) 21:59:38
      • 男も、嫌いじゃないんだがな…女性ほどじゃない、気はするな…
        …うーん…難しいな…恋人から、夫婦が…一番分かりやすいが、ハロリータにはまだ…早いだろうし…
        …そうだな、親友なら…家族に近くはなる、だろうな…俺にも、この街にきてから…出来たしな(少し嬉しそうな顔で) -- リッキー 2017-11-10 (金) 23:21:23
      • 男の人…は、お肉とおさけ、が…好きな、イメージ…(主に雄牛亭の食堂で飲み食いされているのを見てそう思ったらしい)
        親友…わた、しも…自信ないけど、親友でき、そうな…気がすっる、の…今はリッキー…羨ましい、な…
        いっぱい、お話しして少し疲れ、ちゃ、った…そろ、そろ…戻る、の…リッキー、またあお、うね? -- ハロリータ 2017-11-10 (金) 23:45:59
  • (そろそろかなーとソワソワした様子でリッキーの部屋を覗き見る) -- ヤヤヤ 2017-11-07 (火) 00:10:51
    • …(何かドアの外にいるんだが、なんだ…襲われる心当たりは…ほとんどないんだが?と首をひねり)
      (それでも一応対処出来るように、短剣に手を当てながら) -- リッキー 2017-11-07 (火) 00:22:29
      • なんでー!?(いかにも臨戦態勢なリッキーを見てえーっと声を上げるヤヤヤだ)
        違う違うよリキちゃん!ほらあれ、黄金イチゴ(ヤヤヤが勝手にそう思ってる仮称です)の事だよぉ! -- ヤヤヤ 2017-11-07 (火) 01:02:50
      • …なんだ、ヤヤヤか…急に、探るような動き…してきたから、何者かと(すぐさま手を離し)
        …黄金イチゴ…あぁ、前に言ってたあの件か…全然違う名前、なんだがな?(小さく笑い)
        …まぁ、収穫は…4月になるが…その前に、やらないといけない事…あってな(苦笑いを浮かべ) -- リッキー 2017-11-07 (火) 21:10:41
      • うん!そうだよぉ、収穫は4月だけどその前に準備があるんだよね?それまだかなーって……え……?
        ねぇねぇリキちゃん、珍しいイチゴって黄金イチゴじゃないの……?(その報告はヤヤヤにとってショックであった)
        うーうー……もうみんなに黄金イチゴってたくさん言っちゃったよー……(ごろごろ) -- ヤヤヤ 2017-11-07 (火) 23:59:05
      • …そうだな、もうじき依頼を出すつもり、だったんだが…まぁ、軽く説明すると
        …この時期になると、その植物モンスターは蔓…まぁ、ランナーと呼ばれるものを伸ばすんだが…それを切って、実に栄養を集めないと…食用にならない、という生態だ
        だから、この時期にランナーを切る仕事をして…4月に収穫、となる訳なんだが…ん?…あぁ、まぁ…正式名称は…別にないっちゃないが…
        …母親は、「奇跡の苺」と呼んでたがな…(転がるヤヤヤに苦笑しながら) -- リッキー 2017-11-08 (水) 00:07:37
      • きせきの、いちご……!すごーい!黄金イチゴより格好いいよそれ!(ばばーんと立ち上がる)
        らんなー?えーっと……それが何かよく分からないけれど、それを切るとその奇跡のイチゴ?が獲れるようになるんだねぇ
        それを切るだけなら結構簡単な依頼、でいいのかな?(実はビスコも誘うかと思ってるらしくちょっとランクを気にしている) -- ヤヤヤ 2017-11-08 (水) 00:28:24
      • 恰好よさが、重要なのか?(はしゃぐヤヤヤに笑い)
        そう言う事、だな…まぁ、ランナー伸ばしてる時は…実は、そう難しくはないんだ…多少量は多いが
        …だが、2月…それをしても、収穫は出来ない…つまり2月の依頼は…タダ働き…となるのが、問題でな(色々と考えたが名案がなく) -- リッキー 2017-11-08 (水) 00:45:56
      • 重要だよリキちゃん!だって格好いい方がやる気出るもんねぇ(意味なくくるくる回る)
        んん?……あ、そっか!成功しても収穫できないしお金が出るわけでもないんだね……私は報酬無しでもいいけれど
        依頼を出す以上はそういうわけには行かないよねー……すぽんさー?がいればいいのに -- ヤヤヤ 2017-11-08 (水) 01:08:02
      • ヤヤヤ、らしいな…しかし、分からなくもない…な(賛同するように笑って頷き)
        そう…誰しも、それでいいとは…限らないが…なるほど、スポンサーか…いや、それも流石に…探すのは、時間がないな
        しかたがない…手間ではあるが、苺は収穫したら後日…分ける方向でやれば、いけるだろうか…それで、問題ないか?(//と聞きながら明日依頼だすやぁ…) -- リッキー 2017-11-08 (水) 01:15:58
      • うん!私は問題ないよー、とのみち4月の収穫を成功させないとダメなんだからねー?
        あっ、あとね、もしかしたらすぽんさー?の候補に思い当たる子がいるかも!ちょっとその子にお話ししてみるからね!
        (依頼は後で報酬追加なら文句は出ないよねぇ、と緩く考えるヤヤヤである) -- ヤヤヤ 2017-11-08 (水) 17:59:06
      • (出てった足でそのままごろごろーんと転がり込んでくる)リキちゃーん!スポンサー見つかったよぉー!
        酒場のマスターにもお話しておいたから、これで心配することはないねぇ……失敗すること以外は! -- ヤヤヤ 2017-11-09 (木) 22:15:04
      • (こちらも出て行ったあと、さっそく依頼書を書いて登録した後でやってこられて)…早い、な!…流石はヤヤヤ、行動的だ…
        なに…いまの時期は、本体は地下で眠ってるからな…まぁ、ただ…蔓は自衛で勝手に、動いたりもするが…
        それでも、前回のリンゴよりは…難易度低いぞ?…前準備、はな(とりあえずハーブティを出してやり) -- リッキー 2017-11-09 (木) 22:51:29
      • 善は急げだよぉ?後は思い立ったら即行動!クッキーちゃんにはよくもう少し考えてから、って言われるんだけどねー
        リキちゃんがそう前置きするということはー……収穫の時は黄金リンゴより難しい?んだよねぇ……?
        (ハーブティーに口を付けつつ、お茶請けにチョコを出してやり) -- ヤヤヤ 2017-11-09 (木) 22:55:43
      • それがヤヤヤの長所、と言えるんだがな…短所でも、あるだろうし…まぁ、行動する前に…深呼吸が、お勧めだな
        …生やすモンスターは、さほどじゃないんだが…集まってくる、獣やモンスターがな…リンゴと違って、とても多い…(早速チョコを一つ摘まんで)
        …まぁ、争奪戦みたいに…なるって事だな…それで、難易度が高まる(特に蟻が多いんだよな、と思い返すように) -- リッキー 2017-11-09 (木) 23:03:46
      • あーそっか、黄金リンゴの時も周りにリンゴを狙うモンスター多かったっけ……(ふむーんと思いだしつつ)
        と言う事はぁ、集まってくるモンスターが多いから奇跡のイチゴはもっともっと美味しい!という事だよねー?
        じゃあじゃあ蟻対策をすればちょっとは楽になる?と言っても、蟻対策なんてよくわかんないや(チョコもぐもぐ) -- ヤヤヤ 2017-11-09 (木) 23:35:42
      • それはもちろん…苺の匂いからして…リンゴと、くらべものにならないくらいには…
        ただ、稀少かつ絶品で…それでいて、与太話も加味されたせいで…王族、貴族が求めるレベル、だな
        …まぁ、とりあえず倒す…くらいしか、なさそうだな…ところで、そんなに食べて、いいのか?(これバレンタインのじゃ?と思いながら) -- リッキー 2017-11-09 (木) 23:56:06
      • うん?(食べていいのか言われるとにへーと笑う)大丈夫だよ、だってたくさん持ってきたから!
        リキちゃんには黄金リンゴと伝説イチゴで色々無理を言っちゃったからねぇ、これくらいはしないとねー?
        (さらにどちゃっとチョコを出しながら、一週間はチョコだけ食べて生きて行ける量だ) -- ヤヤヤ 2017-11-10 (金) 00:24:46
      • 伝説イチゴ…じゃなく、奇跡の苺だがな…(伝説のメロンがあったりするが、それはまた別のお話し…)
        こん、なに…だが、まぁ…美味しいから、いいか…(せっかくのチョコなので、遠慮なくいただいて)
        (//4月頃になったら収穫依頼を出すのでまたよろしく!) -- リッキー 2017-11-10 (金) 00:45:14
      • あっ、そっか奇跡だったねー……でも伝説のなんとかって果物もありそうな気がするよねぇ……?(じーっと見る)
        遠慮はいらないからね?クッキーちゃんとかみんな用に作ったら作り過ぎっちゃっただけだもーん(とさらに追加をお出しする)
        (そして四月の収穫に想いを馳せ、満足したら帰ったのでした) -- ヤヤヤ 2017-11-10 (金) 23:24:09
  • (十字手裏剣型チョコ──硬くてビターな──を4発くらい投擲して帰る) -- アコヤ@ニンジャ装束 2017-11-08 (水) 02:26:33
    • おっと…っとと(身軽な動きですべてキャッチして)…また恰好からきたな…(笑いながらチョコを食べ) -- リッキー 2017-11-08 (水) 23:17:08
  • (街を歩いているとリッキーを見かけて小走りに近づくと隣を歩いて)
    偶然ね、リッキー? 最近どうしているのかしら。元気? 風邪なんかひいてない? -- ステラ 2017-11-07 (火) 21:38:18
    • ん?…あぁ、ステラか…(早々に小走りで近づく気配に気づき振り返って相手を確かめ)
      最近か?…そうだな、ヤヤヤに頼まれた…依頼で、少し…悩んでは、いるな…
      …体調に関しては、問題ない…森で一人だと、それこそ壊したら…命とり、だったからな(なので体調管理は万全で) -- リッキー 2017-11-07 (火) 23:24:54
      • ヤヤヤさんに? いや、知らない人だけれど………なんの依頼を受けたのかしら。
        へえ、体調管理をしっかりしているのね。私はダメねー、最近何かと体調を崩しがちで。
        何か健康のためにやっておきたい秘訣とかあるのかしら。 -- ステラ 2017-11-08 (水) 00:10:03
      • 苺が欲しいと、言われてな…特殊な苺は、あるにはあるんだが…モンスターが生やしてる、苺なんだ
        いまの時期、適度に刈り取り、実を熟成されると…4月には、奇跡とも称される…とびっきりの苺が、出来上がる(母親に教わった知識のようで)
        …まぁ、そういう依頼を…どう出したものか、とな…(主に今月の作業は見返りがなく、かといって自腹もきついために)
        …早寝、早起き…適度な運動、では…(ごく普通な意見を) -- リッキー 2017-11-08 (水) 00:17:18
      • ……モンスターが生やしている、イチゴ? それは一風変わった依頼ね……
        でも、そういうイチゴがあるんだったら多めに回収できればプラスになりそうよね。依頼の分を渡して、後は売ってしまえば。
        は、はやねはやおき……(目が死んだ、仕事が忙しく絶望的な分野だ)運動はしているけれど……(暗殺という過激な運動だった) -- ステラ 2017-11-08 (水) 00:22:43
      • その前は、リンゴを生やした奴の、リンゴ収穫依頼をしたな…どちらも、果物で獣を誘き寄せ…それを養分にする、そういう生態だ
        …黄金リンゴは…もう食べたが…これならまだ、あるな(黄金リンゴのジャムを取り出し、蜜が入ってるかのような甘みと絶妙な酸味のバランスで、スプーン1つでも超美味しいのを差し出し)
        …まぁ、そうなんだが…さて、1回タダ働きで…受ける人が、出るかどうか、だな…(顎に手を当て)
        …まぁ、後は…寝る前の、ストレッチだの…だな…案外馬鹿に、ならないぞ? -- リッキー 2017-11-08 (水) 00:42:58
      • ……ひょっとしてリンゴ農家とかイチゴ農家って怪物と戦ったりしているのかしら。(出身地で果実や小麦を作っていた割りに何も知らない発言)
        え、あ、でも。バレンタインとか色々スルーしている身分でこれ以上リッキーにお世話になると申し訳ないというか。(あわあわ)
        うーん、それは確かにそうね。難しい問題だわ。
        寝る前のストレッチ………それなら何とかなりそうね。職業柄、体が硬くなると困るし。 -- ステラ 2017-11-08 (水) 00:51:28
      • 違うぞ、それは…普段食べてるのは、農家の努力の結晶…俺たちが取るのは、秘境の珍味…と言えば、分かりやすいか?
        …いや、流石に全部は俺も…困るから…まぁ、スプーン一杯くらいはな…(スプーンを指してさぁどうぞ、と)
        だろう?…まぁ、ヤヤヤと話してから、決めるさ …それと、寝起き…後は、舞台の後も、しておくと…いいかも、だな(思いつき限りを教え) -- リッキー 2017-11-08 (水) 00:59:09
      • 秘境の珍味………(うーんと頷いて)なるほど、それなら納得がいくわね。
        でもスプーンいっぱいでも貴重なものじゃあ……!(そう言いながらも誘惑に一口)あ、甘い。美味しい……
        寝起き、舞台のあと。疲労を抜くためには、必要なのかも知れないわね。健康的な生活も大変そうだわ。
        あ、今日はこっちだから。ジャムありがとう、今度お礼するわね? それじゃ! -- ステラ 2017-11-08 (水) 01:11:49
  • いやー探した探したっすよー(宿の部屋をノックするコバヤシ)あーどーもー、コバヤシっすぅー
    あーそのぉ……ええと、ぷ、プレゼント?とかあるんすけどぉ -- コバヤシ 2017-11-06 (月) 23:34:14
    • おぉ…コバヤシか、そうか…猟のおとr…荷物持ちに、なりにきたか…(よし、と弓を取ろうと)
      …ん?…プレゼント、か?…もしかして(リリアの事があるだけにちょっと期待を) -- リッキー 2017-11-06 (月) 23:42:25
      • おと?お年玉?それならもうくれたじゃないすかー もちろん、バレンタインっすからね!チョコもってきたっすよ!
        コバヤシの手作り!と言いたいとこなんすけど、失敗しちまいまして……普通に売ってるやつなんすよぉ てひひひ…… なんで、湯煎して型にいれるだけなのに失敗するのかコバヤシにも不思議っすけど
        気持ちはこもってるすよ!というわけで、(ずいっと箱を渡して)また今度猟とか教えてくださいっすよ!(礼をすると逃げるように走って帰っていった) -- コバヤシ 2017-11-06 (月) 23:46:41
      • …おぉ、コバヤシは、なかなかに…マメなんだな(くれるというのが少し以外で)
        …なに、それくらいでいい…気兼ねがなく、貰えるからな…(有り難く受け取り)
        あぁ、それじゃあまたな…しかし、流し込むだけで…どこでミス、したんだ?(見送りながら首をひねり) -- リッキー 2017-11-07 (火) 00:09:31
  • (くいくいと袖を引く、こっちを向けば「こんにちは」と手話で挨拶)えへへ・・・結構・・様に・・なってます・・・か?(なんて言って笑う、ポケットには緑と茶色のリボンでラッピングされた小箱が覗いてる)
    り、リッキーさん・・は・・甘い物好きって・・・言ってました・・・よね?(ちょっともじもじしながら聞いてみて) -- リリア 2017-11-06 (月) 19:40:32
    • …ん?…あぁ、なるほど…(「よく出来ました」と手話で返してから笑い) …あぁ、上出来だ
      ん?…確かに、言ったが…(ポケットの何かには気づいたが、それが何かまでは分からずに) -- リッキー 2017-11-06 (月) 22:13:05
      • ふふっ(よく出来ましたもしっかり読み取って嬉しそうにしてから)・・・ぁ・・えっと・・・(躊躇いがちに小箱を取り出すと、差し出して)
        ば、バレンタイン・・です・・・・・・お口に・・あえばいい・・んです・・けど(と不安げにいう・・・開ければ色とりどりのチップで飾られた星とか丸とかハートとかのチョコが入ってる、甘くて柔らかなくちどけ) -- リリア 2017-11-06 (月) 22:44:28
      • …これを…俺に、くれるのか?(プレゼントされる、という習慣がないだけに、驚いた顔で)
        …あぁ…なるほど、そうか…今日か(もちろんイベントとしては知ってたが、今日だったことはすっかり忘れていただけに)
        …なに、リリアの作ったのだ…全部ちゃんと、美味しく食べるぞ…(安心させるような言葉と、頭を撫でる大きな手で) -- リッキー 2017-11-06 (月) 22:55:00
      • で‥です・・・(こくこくと頷く、いらないなんて言われたらどうしようとちょっと不安げだったが)
        ・・・(ホッとした様に胸を撫で下ろして)ぁ‥は・・はい・・・ちゃ、ちゃんとできてるって・・・自分では思ってて・・ぁぅ・・・ぇへへ・・(撫でられれば擽ったそうに笑って) -- リリア 2017-11-06 (月) 22:57:44
      • …ありがとう…生まれて、初めての…バレンタイン、チョコだな…(感慨深そうに呟き)
        それだけに、期待も大…だな(あえてそのように言いながら、今食べた方がいいのか?と気になり) -- リッキー 2017-11-06 (月) 23:20:19
      • 生まれて初めて・・・だったんですか?・・(責任重大なのでは!?とはわわと震えて)
        え、えっと・・・な、なんだか途端に・・自信がなくなって・・来ました・・(はぅぅと肩を落とす)・・・ぇ・・えっと・・(食べないのかなと思ってみていたが、自分が見てたら食べずらいのかなと思い至って、まただんだん無性に恥ずかしくもなってきて)
        えと・・・よ、よかった・・ら・・・感想を・・・聞かせてください・・ね?(そう頷くとぺこりと頭を下げて)それで・・はっ(と別れを告げた) -- リリア 2017-11-06 (月) 23:31:55
      • あぁ、そうだな…母親も、チョコくれるタイプじゃ…なかったんでな(バレンタイン?なにそれ?って人だったなぁと)
        …なに、そう心配するな…比べる対象なんて、俺にはないしな…
        …あぁ、必ず…お返しとともに、な(手を振って見送り) -- リッキー 2017-11-06 (月) 23:38:46
  • やあリッキー、元気にしてたかい? 去年は色々ありがとう、と今年もよろしくの挨拶に来たよ ここは年下の子たちが多くて大変そうだね -- リュキア 2017-11-04 (土) 19:37:25
    • …なるほど、俺の幸せは…リュキア、だったのか…(いきなり言い出すから何言ってるんだ?と思われそうな事を納得顔で)
      あぁ、そうだな…あけまして、だ…こちらこそ、今年もよろしくな…(頷いてから小さく笑みを)
      …そうなんだよな…まぁ、子供が喜ぶ姿は…いつ見ても、いいものだが -- リッキー 2017-11-04 (土) 21:59:11
      • 開口一番プロポーズ? さすが新世紀の幕開けに相応しく、今年のリッキーは大胆にいこうというわけだね でも…ごめん、君の想いには応えられない 僕にはアヴィスという人がいるんだ……
        僕のふるさとアンティリアでは、新年の挨拶のとき親戚の子たちにお菓子をあげる風習があってね(色とりどりの銀紙に包まれたウィスキーボンボンのセット一箱ご進呈)
        リッキーの歳にもなればあげる一方だろうから、遠慮せずに取っておいてほしい 何でもこの迷宮都市には「お年玉」なる恐ろしい因習が根付いてるそうじゃないか -- リュキア 2017-11-04 (土) 22:30:11
      • アヴィスか…強敵だが、俺は諦めん…と言う冗談は、さておき…酷い誤解だ…花龍が、今さっき…通り過ぎてな…
        …ふむ、ハロウィンみたいだな…あれは新年では、ないが…ん?俺に、くれるのか?(ちょっと意外そうに受け取り)
        …なるほど、それは有り難いな…あぁ、他にも…「バレンタイン」や「ホワイトデー」も、あると聞くぞ? -- リッキー 2017-11-04 (土) 22:40:12
      • 花龍って、あの花龍…? 黄金歴時代の文献にも名前が出てるから、少なくとも数千年は生きてる計算になる……昔風に言うなら、君は生ける神話に出会ったんだ
        新年早々幸先のいいスタートが切れたんじゃないかな いや本当に羨ましい…この迷宮都市の地誌学的見地から言っても計り知れない価値がある出会いだ!
        お祝いごとにはとりあえず乗っておけ、というのがアロースミスの流儀でね 今から何か用意しておいた方がいいだろうか……ところでセキエイの森の一件、何か進展はあったかい? -- リュキア 2017-11-04 (土) 22:52:23
      • あぁ、その、だ…ただ、あれを生きている…と表現、してもいいものか…まぁ、でも…神様が…たまにいる街、だしな(あれも生きてて神話の部類かも、と言われると納得を)
        それは、確かに…色々と、渡して…懐が寂しい、俺には実に、ありがたい
        バレンタインか、ホワイトデーは…準備しておく、べきだが… …あぁ、その事、なんだが(リュキアに対しての伝言をこの場で伝え) -- リッキー 2017-11-04 (土) 23:21:39
      • この都市に特有の気象現象だという人もいるね それを証明しようとした試みもあったし、過去の目撃情報を集めた反証も試みられてきた 今は最小公倍数的な定説に落ち着いているけれど
        さて、森からのお返事だけど…(事の次第を聞いた)……いつぞや、僕が「よくわからない」って答えたことを覚えてるかい? そのことで随分怒られもしたんだけど
        僕は追手の考える「罪人」の定義を知らない かといって「罪人」とは何だ?と問い返すのは、追われる者を匿っていることを白状するに等しい
        「居場所を知らないか?」と問われれば、「僕にはよくわからない」と答えるまでだ 君の答えと趣旨は同じさ ただ、その前の話がいけなかったんだと思う
        僕たち地図製作者は、地図を使う人々……読み手の善悪を問わない その原則を逸脱して、事の次第も知らないうちに非道を訴えた軽率さは叱られて当然だった 反省してるよ 同じことはもう繰り返さない -- リュキア 2017-11-04 (土) 23:42:54
      • …まぁ、な…冬のこの時期のあれは…科学だけじゃ、証明は難しい、だろうさ…(肩を竦めるように)
        …そうだな、随分と怒られてた訳だが…ふむ…なるほど、そう言う事だったのか…(顎に手を当てながら話を聞き)
        …全く…リュキアは、たまにそういう所があるな…言葉が足りないというか…まぁ、俺に言えた話じゃ、ないんだが(なにせ口下手だけに)
        …まぁ、それを理解して…どんなすれ違いがあったか…分かったのなら、後は…それを伝えるだけ、だな…
        …今から、手紙を書くか?…完成したら、俺はもっていく、が…(まだ直接対決は難しそうなので) -- リッキー 2017-11-04 (土) 23:56:23
      • 同じことが僕にも言えると思ってる レターの部分的な説明を悪く取ってしまって、見過ごせない非道が行なわれていると考えてしまった
        お互い認知に歪みがあって、相手を正しく見ていないのなら事故も起きるさ 起きてしまったことは覆せないけど、今からでも理解を深めあえたらいいと思ってる
        それから……彼らの恐怖心を和らげてあげてほしい 僕みたいにひ弱な人間に、一体どんな恐ろしい怪物を重ねていたのか…その正体は彼らの心の中に住み着いた魔物、いわゆる疑心暗鬼だ
        何千年も外界を恐れ続けたんだから無理もないけど、今は僕らが歩み寄ることを阻む障害になってしまってる あまりにも気の毒だし、痛ましいことだと心から思う
        それじゃ、僕からも年初の挨拶といこうか A HAPPY NEW YEAR!!!!って大きく書いとこう 僕の言葉を君に預ける よろしく頼むよ、リッキー(手紙を書いていきました) -- リュキア 2017-11-05 (日) 00:12:25
  • (よく晴れた日であった)
    (1月だと言うに、雲一つない青々とした空、優しく照る太陽のお陰でずいぶん暖かい昼下がり)
    (すう、と爽やかな風がリッキーの頬を撫でる)
    (その風は七色の花弁を引き連れて、青空という大海を龍のように泳ぎ、そして去っていく)
    (見れば幸せが訪れるという古いおとぎ話、花龍であった) -- 花龍 2017-11-04 (土) 01:50:52
    • …珍しいな、まだ一月…だというのに…(空を見上げ、日光浴でもしようかと考えていたら)
      …ん?(風が来るのは分かったが、それがまさか色とりどりの花びらを連れてと言うのは予想外で)
      …むぅ、もしや、あれが…(聞いた事はあるなと、と言う事は何かしら幸せが来るんだろうか、と期待して) -- リッキー 2017-11-04 (土) 21:57:16
  • 今日は、流石に遅いからな…年少組への、お年玉は…明日か、明後日…だな(ポチ袋をマントの下に戻し)
    (さてと、今回も恒例のと手をだらんと下げてから、両手を顔の前に置き、左右に広げるようにして「あけまして」)
    (そして掌を上に向け指先を蕾のように合わせ、今度は指先を広げながら手を上げると「おめでとう」という意味の手話になるぞ!と) -- リッキー 2017-11-02 (木) 23:49:34
    • (今のうちに誰に渡すか決めておくか…リリアだろ、ハロリータだろ、アコヤだろ、セティだろ、ダイアだろ)
      (あとは、アヴィス、レン、ヤヤヤ、ビスコ、トゥリパ…後は…誰がいたっけな…) -- リッキー 2017-11-03 (金) 00:02:15
      • (座して待つ…) -- イーリアス 2017-11-03 (金) 22:11:32
      • …神経毒、炸裂弾頭、魔法の矢…さぁ、どれをぶち込まれるか…好きなのを選ぶがいい…(片手に3本の矢を持ち) -- リッキー 2017-11-03 (金) 22:14:48
      • ワンチャン回復の矢だと信じて魔法の矢かな… ごめん嘘、そんな鏃刺さったら僕死んじゃう…
        (そんな事を言いつつ、まさにリッキーがやっていた仕草で新年の挨拶をする男は、調べておいたんだ、と笑って、) ほれ、今年の初瓶だ この間リッキーが旨いって言ってた蔵の一本目だぞ
        (手渡し、) 今年もよろしくしてもらうつもりなんで、覚悟してくれよ、親友 (にや、と笑ってからリッキーの胸を軽く拳で叩いた) -- イーリアス 2017-11-03 (金) 22:21:45
      • クーロ製でな…半径5mの範囲で…威力はオーガが、一発で黒コゲな…雷の矢、だそうだ
        …お…さっそく、やってきたか…(こちらもやり返して笑い) ほぅ…確かに…俺の好きなの、だな…
        …覚悟はしたくはない、が…まぁ、諦めてやるさ…(肩を竦めてからニヤリと笑い) -- リッキー 2017-11-03 (金) 22:28:18
      • リッキーは時々容赦がなくなるよね… 俺一応肉体的には普通の人間だからな!? そんなの大物討伐の時までとっておけよ!? 切り札じゃねえか!
        おうよ、ちゃんと仕込んできたぜ リッキーと話すようになってから色々覚えて来たしな (意外と知識欲は旺盛な男だ)
        おう、知り合いの若い奴等には飴玉を渡して回ってるが、リッキーにはやっぱりこれだろ (呑兵衛だと思っている!) はは、あきらめが肝心だぜ (そして、嬉しそうに笑ったのだ) -- イーリアス 2017-11-03 (金) 22:42:44
      • いや…イーリアスなら…きっと頭アフロくらいで…なんとかなりそうな、気がしてな…ちなみに、2本しかない
        まぁ、ハンドサインは…冒険などでも、活用できるしな…(決して無駄にはならないだろうと)
        …まぁ、飴よりはずっと、嬉しいな(酔わないが味は好きなので) さて、あけまして、おめでとう…改めて、よろしくだ(笑顔でそう言い) -- リッキー 2017-11-03 (金) 22:47:44
      • 俺ガチキャラだからな!? ガチ! マジ! ガチ! (主張してみる どこかでブブー!と×な効果音が聞こえて焦る)
        冒険中の声を出したら危ない場所でハンドサインで明けましておめでとうとか、こう、長閑だな… (ちょっと光景を想像して面白くなる…)
        おう、よろしく頼むぜ 新しい年が良い時間となるように (そう言って、その日は夕飯だけ一緒に食べて帰ったのだった) -- イーリアス 2017-11-03 (金) 23:02:45
  •   -- 2017-11-02 (木) 23:45:27
  •   -- リッキー 2017-11-02 (木) 23:45:23
  • ふーん・・・ふんふふーん! 今日も・・・寒いね! 毛布のおかげであったかではあるけど・・・さむみ!
    (わんこがてこてこ歩いてくる) -- レン 2017-10-31 (火) 21:29:52
    • …一気に、寒くなってきたからな…あぁ、あれか…役立ってるようで、何よりだ(小さく笑みを)
      でも…宿にも、布団くらい…あるんじゃないのか?(確かあったはずだが、と思ったり) -- リッキー 2017-10-31 (火) 23:16:58
      • あるよ! あるけどー・・・お気に入り! これがお気に入りだから! 噛む・・・のはやめたけど! 柄とか匂いが!
        そういえばー、冬のお兄さんは何してるのー? 森はー・・・ほとんど枯れちゃってるよね?? -- レン 2017-10-31 (火) 23:27:46
      • …なるほど、お気に入りか…なら、仕方がないな(嬉しくなってレンの頭をワシワシと)
        …俺とて年がら年中…森にいる訳じゃないんだぞ?(苦笑い気味に)
        それに、雪がつもらなければ…割とやる事は、まだあるけどな -- リッキー 2017-10-31 (火) 23:36:54
      • わふっ! (頭をわしわしされれば尻尾をふりふり)
        冬の森では・・・何をする? 穴掘り? 冬眠してる虫を探す!? -- レン 2017-11-01 (水) 00:03:41
      • …冬でも、動いてる動物…鳥や猪など…だな…それに、秋から冬にかけて方が肉は…美味いんだぞ?(ニヤリと笑い)
        (それも当然、冬に備えて秋に食べる動物が大変なだけに、脂が乗るものなので) -- リッキー 2017-11-01 (水) 00:15:00
      • ふんふんふん! なんか・・・冬の動物はあぶないんでしょー? ししょーが言ってたよ! お兄さんは・・・つよいから大丈夫?
        お肉がおいしい・・・! それは・・・とても、いいね! 素敵だと思う!! -- レン 2017-11-01 (水) 00:31:58
      • あぁ…冬眠あけや、途中で起きた熊はな…あれだけは、避けるべきだ…(強さもそうだが、気性も荒いので)
        俺だって、ああいうのは…出来るだけ、避けるぞ?…仕留めたところで、食べるのも…大変だからな
        …だろう?…まぁ、今度行くときは…新鮮な猪肉でも…持って行ってやろう -- リッキー 2017-11-01 (水) 22:49:13
      • なるほど・・・! イノシシのお肉はおいしい? 豚とーどっちが美味しい?? やっぱり鶏かな!? -- レン 2017-11-01 (水) 23:24:31
      • …あぁ、多少癖はあるっちゃある…だが、ぶっちゃけると…今の時期の猪はそれらよりも、上だ(きっぱりと笑顔で)
        濃厚な旨みと適度な脂身、野性味溢れる風味ときたら…欲しいか? -- リッキー 2017-11-01 (水) 23:35:14
      • おお―! それは・・・すごいね! とても・・・とても美味しそう・・・! でも、無理しないでね! お兄さんが怪我したらやだから!
        (それはそれとして、楽しみなのか尻尾は凄くふりふりしてる) -- レン 2017-11-01 (水) 23:37:59
      • …あぁ、任せておけ…こう見えても…いつも森では…猪を、狩って食べてたからな?(ニヤリと笑い)
        …あー…ところで…最近、調子はどうだ?…その、何か痛かったりとかは…ないか?(何か心配するように) -- リッキー 2017-11-01 (水) 23:57:34
      • わふっ! イノシシを狩ることに・・・いっさい妥協がない!! すぺしゃりすと!!
        んうー? 痛いのはないよ! ちょっと御飯食べる量が減って、前よりも走れなくなったくらい! 寒いからかな? -- レン 2017-11-02 (木) 00:12:12
      • おぉ、スペシャリストなんて難しい言葉よく知ってるな…えらいぞ(頭を撫でて褒め)
        …そう、か…まぁ、寒いからかも、だな…お師匠さんに、相談しておくといい…(いや、既に確認してるかもだが)
        (表情は笑みから、どこからか不安そうな、心配そうな顔で) -- リッキー 2017-11-02 (木) 00:25:12
      • うん!! (頭を撫でられれば、嬉しそうに尻尾を振り)
        お兄さんもー・・・風邪ひかないようにね! またねー! -- レン 2017-11-02 (木) 00:31:13
  • リッキー、メリークリスマス。(ちょっと覗いていくスタイル) -- ビエネッタ 2017-10-30 (月) 22:01:59
    • おっと…メリークリスマス…って、その恰好…サンタの恰好、なのか…
      …美人は何着ても…似合うのが、いい点だな…あぁ、そうだ…テレパシーの奴、使ってみたぞ… -- リッキー 2017-10-30 (月) 22:13:12
      • 勿論、サンタよ!ちゃんとプレゼントも持ってきたの(そう言ってリボンの巻かれた酒瓶を袋から取り出し、掲げて)
        あら、それは興味深いわね。どうだったかしら、ちゃんと使えた? -- ビエネッタ 2017-10-30 (月) 22:22:18
      • おぉ…普通に、まともなプレゼント…これは有り難い…酔わないが、お酒の味は…好きなんだ(純粋に喜んでプレゼントを受け取り)
        あぁ…結果としては…ストレートに、通じ合うのは…人間関係を…悪化されるのだな、と…(ちょっと遠い目で) -- リッキー 2017-10-30 (月) 22:43:04
      • なによリッキー、その言い方だと、まるでまともでは無いプレゼントを期待していた様に聞こえるわよ?他のが良いの?あるわよ。こんなのとか(スッ…と袋の中取り出す…見るからに爆発物に時計がついている何か)
        一体どんな伝え方をしたのよ…?!思った事をずけずけと伝えたのでは無いでしょうね? -- ビエネッタ 2017-10-30 (月) 23:14:51
      • …前回の、実績がな(魔道具の事で) …なぁ、ビエネッタ…何故、これを入れてるんだ?
        …触れてたらな、自然と思った事が全て相手に…(遠い目になりながら) -- リッキー 2017-10-30 (月) 23:21:33
      • サンタたる物…いつでも不測の事態に備え、爆発物を持ち歩いているのよ…(フッと笑う)
        ああ…バカ、リッキーはバカなのね?…まったく…まあ、飲みましょうか。お邪魔するわよ(ずけずけトリッキーの部屋にあがり) -- ビエネッタ 2017-10-30 (月) 23:27:33
      • …どこのスラムの、サンタなんだ…(夢ぶち壊しなサンタすぎるぞそれ、と思いながら)
        …いや、バカではないぞ?…まぁ、うん…そうだな…たまには、それもいいか…(普段男友達と飲んでばかりなので)
        …だがまぁ…何かしら、きっと役に立つ…あれ自体は…凄い道具、だからな(とりあえずワインとかグラスをテーブルに並べ) -- リッキー 2017-10-30 (月) 23:49:49
      • 他にも、プレゼント交換の時とか、クリスマスにイチャイチャしてる憎いカップル相手なんかにも使えるわよ
        テレパシーも道具の良し悪しも、使い手次第と言う事よ…ま、頑張りなさいよ。(苦笑して)
        それでリッキー貴方、クリスマス予定とかどうなのよ?まさか、浮ついた話の一つもないの?(そして流れるように出るのは下品な話題) -- ビエネッタ 2017-10-31 (火) 00:28:49
      • …そういえば、トゥリパの所…行きそびれたんだよな…って、何でそんな事を(溜息をつき)
        …まぁ、俺の使い方も…悪かったのは、間違いない…(頭をかき)
        …ぐっ…い、痛い所を…そういう、ビエネッタは、どうなんだ?(ジト目で睨むように) -- リッキー 2017-10-31 (火) 00:45:00
      • だってカップルとか爆発すれば良いって思うじゃない?ええ、そうよ!浮ついた奴等は皆ドカンよ!
        私?私はそうね。こう、こんなクリスマスの時期に、クリスマスパーティに行きそびれた口下手な男と過ごしているわよ?(からかう様に笑って、出されたワインを呷り) -- ビエネッタ 2017-10-31 (火) 01:04:24
      • …やめてくれ…知人が爆殺は…ちょっと物悲しすぎる…(そしてそれをやったのが知人と言うのも)
        …変わった趣味だな、ビエネッタも…(肩を竦めて、こちらもワインを飲み)
        …ま、それなら…とことん、付き合ってもらうか…(※全く酔わない体質ですが無害です) -- リッキー 2017-10-31 (火) 01:20:19
      • 自分で変わった趣味なんて言うのは良くないわよ。もっと自信を持ちなさい?(クククと笑い)
        寧ろ、浮ついた話の一つも出ない貴方の方が変わってるわよ。硬派なの?硬派な森ボーイなの? -- ビエネッタ 2017-10-31 (火) 01:26:00
      • …そう言われてもな…まぁ、褒めてくれる相手に…悪いのは、あるか…(頭をかき)
        …しかし、そもそもこの街で…浮いた話がある、男冒険者が…いるのだろうか?(素朴な疑問を)
        …まぁ、硬派と言うより…臆病なのは、間違いない…(つまみにジャーキーだのチーズだの武骨なのを並べ) -- リッキー 2017-10-31 (火) 23:15:54
      • そう言われると…確かにそうね。最近の男共と来たら、草食系男子って奴?(出されたジャーキーを無遠慮に齧りながら、深い溜息をつき)
        まあ、それは見てれば大体は想像がつくわ。リッキー貴方口下手そうだもの。…私に似てるわ(くすくすと笑い、苦笑して) -- ビエネッタ 2017-10-31 (火) 23:36:19
      • …まぁ、俺や師範代の場合…同年代が、少なすぎる…のがな…(大体10代か年齢不詳が多くて)
        さすがに…10前半はな…18歳以上なら…まぁ…(それくらいならいいかとは思ったりするが)
        …まぁ、な…それは自覚して…え?…え?(思わず二度見二度聞きを) -- リッキー 2017-10-31 (火) 23:46:14
      • 良いじゃない、年齢なんて気にしたら駄目よ?人間なんて、あっという間に成長するのだから、多少若くてもほんの少し待てば良いだけよ。20歳と10歳なら確かにとおもうけれど、30歳と40歳なら別に変じゃないでしょう?
        ……何よその反応。(聞き返してくるリッキーをジト目で見て) -- ビエネッタ 2017-10-31 (火) 23:59:05
      • …長命の人は、そうは言うが…だがな、普通いい子は…30歳まで独身、とか…ありえないし…(同年代にいい男子いればくっつくよなぁとは思い)
        …いや、言いたい事は、分かるんだがな…なかなか、なんとも…(そもそもどう口説けばいいかもよく分からんのだよなぁと溜息を)
        …あ、いや…すまん、だが…口下手の、イメージは…なくてな(どちらかと言うとよく話す方というイメージなので) -- リッキー 2017-11-01 (水) 00:02:44
      • そう?寧ろ男の盛りは40位からでは無いかしら…まあ、それでも小僧に毛が生えた程度だけれど…
        努力したのよ?ふふっ…100年前の私をみたら、きっとリッキーは驚くわ(チーズ片手にワインを呷り) -- ビエネッタ 2017-11-01 (水) 00:09:19
      • …ビエネッタ基準だと、そうなってしまうか…俺は40で、独身は…流石に、辛いな(苦笑いで)
        そうだった、のか…ちょっと、会ってみたい気は…するな(口下手なビエネッタが想像できないだけに)
        でも、おれも…こう見えて、来た当時よりは…話してる、方なんだがな… -- リッキー 2017-11-01 (水) 00:17:03
      • そうね…初めてみた時より、ずっと良い男になったわ、貴方は(小さく笑い)
        ふむ…(リッキーに見て見たい、なんて言われれば、興がのったのか…すっと表情が変わる。視線は冷たく、近寄り難い空気と、寄る辺を威圧し竦ませる様な圧力を出し)
        脆弱な人間風情が…クリスマスなんてくだらない。まったく、人間は騒がしくて、これだから嫌なのよ。…貴方も精々、私の前では静かにする事ね?でないと殺してしまいそうよ(勿論冗談ではあるが、昔の自分を演出してみせ) -- ビエネッタ 2017-11-01 (水) 00:34:44
      • …そうか…その言葉は、ありがたく…受け取っておくか(お世辞だろうが、嬉しいものなので照れくさそうに)
        …おぉ…なるほど、こうなるのか…(顎に手を当てて、その言葉と表情を眺め)
        でも、それでも…なんだかんだで…酒を飲み交わす、仲になった気も…するがな(先ほどの褒め言葉よりも嬉しそうに笑い) -- リッキー 2017-11-01 (水) 22:45:40
      • アハハ、ダメね、全然怖がってもらえないわ。本来ならもっと力があったのだけれど(苦笑して)
        まあ、私もまるーくなったと言う事よ。(ワインを呷り、上機嫌にして笑えば)
        さて、そろそろ帰ろうかしらね。リッキー、今日はごちそうさまよ。中々趣のあるクリスマスだったわ(なんて言って、席を立てば)
        後これ、ついでにあげるわね?それでは、また会いましょう、リッキー(袋から時限爆弾を取り出してついでに置いていくのでした) -- ビエネッタ 2017-11-01 (水) 23:18:23
  • ねーねーリッキー、クリスマスツリーに使えそうな木のありそうなとこって知らないかなー? 小さいのでいいんだけどー?(103号室をノックしながら外から声をかける) -- ビスコ 2017-10-30 (月) 20:05:57
    • …なるほど…任せろ…魔霊樹サタフィグスに、案内すれば…いいんだな?
      …超巨大サソリすら、一瞬で殺せる奴だが…ビスコなら、きっとやってくれると…俺は信じてるぞ(ドアの向こうから告げ)
      …まぁ、冗談はさておき…普通のモミの木で、いいんだな?(ガチャッとドアを開け) -- リッキー 2017-10-30 (月) 21:16:55
      • \うわーっ!?/ ま、まってまってー!? もっとふつーの、安全なのがいいんだってばー!?(ドアの前で一人おろおろ)
        ……って、なんだぁー……冗談かぁー……(ほっと胸を撫で下ろす、ドアが開けばむーっと抗議の視線を向けて)
        リッキーも結構意地悪なとこあるよねー、初めて会った時も物騒な格好してたしさー?(むすーっ) -- ビスコ 2017-10-30 (月) 21:29:00
      • なに…安心してくれ…この街から西に…20日ほど行かないと…奴の支配圏、じゃないからな…(その反応に、小さく笑い)
        …すまんな、ビスコの反応は…見てて、面白くてな(許してくれ、と頭をぽんぽんと叩き)
        …まぁ、初対面のあれは…いじわるじゃなく…誤解では、あったが -- リッキー 2017-10-30 (月) 21:33:17
      • むむむーっ(ぽんぽんされても頬を膨れさせていたが、ぷしゅーっと空気が抜けて)……今回だけはゆるすー
        まーでもあの誤解があったからリッキーと会えたわけだしー、結果オーライって感じかなー?
        こうしてモミの木を探すの手伝って貰えちゃうわけだしねー? リッキーはクリスマスどうするのー?(このくらいのが欲しいんだー、と自分の背丈くらいの高さを示して見せて) -- ビスコ 2017-10-30 (月) 21:50:14
      • …おっと、次はないか…それなら出来るだけ、気を付けよう…
        あぁ、なにが縁で…知り合うのか、世の中は全く…面白いもんだ(小さく頷いて)
        俺か…特には、決めてないな(宿で住人と過ごす、くらいか?と思いながら) まぁ、とりあえず…モミの木の…林まで、いくか? -- リッキー 2017-10-30 (月) 22:00:12
      • ふーんそうなんだー……うんー、いくいくー!(わーいと後をついて行き)
        (林まで向かう道中、鼻歌を歌いながらご機嫌で話しかける)……リッキーの住んでた森ってどの辺りなんだろー?
        この辺りだったら大変だよねー……ほら、一面雪で真っ白になっちゃうし、寒さを凌ぐのも大変だったんじゃないのー? -- ビスコ 2017-10-30 (月) 22:17:14
      • (そう離れてないので、そのままの恰好で町はずれの森の方へと)
        (えらくごきげんだなぁと思っていたら森の事を聞かれ)…ふむ、こっちから15日ほど離れた…西の森でな…魔物は少なく、豊かな森だったな…
        …あぁ、雪も降ったが…まぁ、冬でも狩りは…してたからな…(例えばこれ、とマントの下からかんじきを取り出し) -- リッキー 2017-10-30 (月) 22:20:38
      • わ、結構遠いんだねー? でも魔物が少ないのはいいなー……ボクのところはある意味魔物だらけだったからなー(仲間の事です)
        え、なにそれー……あ、わかった! 手にはめて相手を殴るんでしょー、ナックルってやつだー!(シュッシュっとシャドーボクシング) -- ビスコ 2017-10-30 (月) 22:33:06
      • それはまた…大変だな…まぁ、俺がここまできたのは…冒険者の街、だったからな…
        …こんな使いにくい、ナックルは嫌だな…違うぞ?足に履くんだ…そうすると、雪なのに…足が沈みにくくなる
        …これを改良すると…ニンジャなら、水の上すら…立って進める、そうだぞ? -- リッキー 2017-10-30 (月) 22:41:37
      • へー、もしかしてリッキーは冒険者に憧れてたのー? 冒険者って大変じゃないー?
        はぇー……(目をぱちくりしながら、貸してもらってちょっと使ってみる)……おぉー、本当だー歩きやすいー!
        えぇ…!? す、すごいなーニンジャ……そっか、水の上歩ければ泳ぎ下手でもなんとかなるもんねー?(こくこく) -- ビスコ 2017-10-30 (月) 22:53:02
      • …あぁ…聞かされて、育ったからな…(懐かしそうに振り返り)
        …それを足につけ…体には、毛皮と蓑…そして頭には、帽子を被って…雪山を歩くからな…(むしろ獲物の少なさの方が大変だったなぁと)
        …ビスコ、お前も…泳げないのか(仲間だと思いながら)…っと、ついたぞ…根ごとで、いいんだよな?(マントの下からスコップを取り出し) -- リッキー 2017-10-30 (月) 22:58:32
      • すごい格好だねー、まるで雪童子だー…… 冬は食べれる物少ないから備蓄がないとなかなかねー(わかるわかると頷いて)
        えっ、もしかしてリッキーも……?(つい握手を求めてしまう) お互い頑張ろうね…!(練習すればきっと大丈夫だよーと励ます)
        あ、うんー! 一応植木鉢も持ってきたけど、入るかなー?(鞄から取り出した鉢を抱えて駆け寄る) -- ビスコ 2017-10-30 (月) 23:13:05
      • …まぁ、俺の場合…訓練で、放り出された訳だが…(なかなかヤバかったなぁアレは、と遠い目で)
        …俺は泳ぐ気が、ないけどな(それでもしっかりと握手を)…水辺に近寄らなければ…いいんだ…
        …膨らんだ、カバンだと思っていたら…まぁ、これくらいなら…よしっと(大きめに周りを掘り進み)
        (そして根を傷つけないように周囲を掘り出すと、今度は麻布で根を丸く縛り) -- リッキー 2017-10-30 (月) 23:20:16
      • なにそれー、まるで虎が我が子を崖から突き落とすみたいなー……リッキーの両親は虎じゃないよねー?(その線もありそうだと本気で思ったり)
        うわー、逃げの発想だー……(露骨にえーって顔する少年) ていうかリッキーみたいに動ける人でも泳げないんだなー、ちょっと安心したかも
        おぉー……さすが手慣れてるねー、リッキーに頼んで良かったなー……あ、今度狩りとかもしてみたいなーって思ってるんだけど
        また教わりに来てもいいかなー?(準備ができたらすかさず植木鉢を差し出す簡単なお仕事をしながら聞いてみたり) -- ビスコ 2017-10-30 (月) 23:28:52
      • …まぁ、遠からず…な精神、だったろうな…ん?…いや、まさか…獣人な訳が、ないぞ?(ないない、と片手を横に振り)
        森で暮らして…泳ぐという発想…それこそ命とり、だからな…(裸になるのも服を着たままでも危険なだけなので)
        …俺で、良ければ…構わないが…でも、ビスコは…何が使えるんだ?(狩りがしたい、と言うのなら何かしら使えるのだろう?と)
        (よいしょっと植木鉢に入れ、その植木鉢を持ち上げ、肩に幹を当てて斜めに持つ感じで) -- リッキー 2017-10-30 (月) 23:48:06
      • お話とかであるでしょー? 野生動物に育てられた人間の少年とかさー、そういうのだったら面白いなーって思ったんだけどー?(違うよねーっとちょっぴり残念そう)
        リッキーの心はまだ森に囚われてるんだねー……せっかく出てきたんだから、もうちょっと開放的になってもいいと思うー(こくこく)
        ふふー、実を言うと武器らしい武器が何も使えません!(えへん) だから罠とか教えて貰えると嬉しいなートゥリパにも聞こうとは思ってるんだけどさー?
        おぉ、流石リッキー力持ちー! それじゃー帰ろっかー、せっかくだし、このままトゥリパのシェルターまで運んでくれると嬉しいなー!(なんて図々しいお願いをしつつ二人で森を出るのでした) -- ビスコ 2017-10-31 (火) 00:00:32
  • (何らかの事情で夜の街をリッキーが歩いていると、不意に鈴を転がしたような声で呼び止められる)
    あっは!リッキーの兄貴じゃーん? こんばんはー♪女遊びにでも行く途中???
    (妙にニコニコとしたリリネが話しかけてくる。普段落ち着いた雰囲気の彼女らしくなかった) -- リリネ? 2017-10-29 (日) 23:02:21
    • (理由としては、性病に効く薬草採取の依頼を届けに、と言う所だったのだが、まさか知人に会うとは思わず)
      …ん?…いや、俺は…依頼だったが…?(普段と違う明るさだけに、多少怪訝な顔をしながら)
      …それにだ…女遊び、するタイプに…見えるか?(若干苦笑い気味に) -- リッキー 2017-10-29 (日) 23:09:57
      • んー? なぁにそれ…カマトトぶってるの? (ニタァと、小悪魔…というよりは淫魔じみた笑顔で見透かすように)
        リッキーさんって本性はお色気に弱いタイプって結構バレバレだよん? ま、女遊び未経験と仰るならそーゆーことにしておくけっどー……
        (ひょいっと兎のように跳ねてリッキーに近付く。前髪が揺れて盲目のハズの右目があらわになった…その瞳はハッキリとリッキーを上目遣いで見詰め)
        何なら私がお世話したげよっか? にひひっ★ (84のDカップをリッキーの胸板スレスレで強調しながら挑発した) -- リリネ? 2017-10-29 (日) 23:17:47
      • …なん、だと…(カマトトぶってると言われて少しムッとなったが、バレバレと言われれば顔は驚愕の色に)
        (まずいいつばれた!?あのテレパシーの時か?いや、あの時はそんな事口に出してなかったはずだ…と内心大荒れで)
        ん…リリネ…何か、お前…変じゃ、ないか?(普段の彼女らしくない、いや、明らかに別な言動すぎて、挑発よりもそれが気になり)
        (体を離すためと同時に片足を引き、引いた方の手をマントの中に入れて止め) -- リッキー 2017-10-29 (日) 23:26:17
      • あっははは♪ 「私」はそーゆーのす〜ぐに分かっちゃうからねぇ。動物的本能…いや、女の勘? ま、兎に角そんな感じよ
        んにゃ? どしたのリッキー? この前、お互いの考えてること筒抜けにしようとしたのはそっちだったのに
        いざ私が本音爆発させたら引いちゃった? おいおーい、ピッチャーびびってるってやつかなー…あっは♪
        (リッキーでなくとも判るだろう。今のリリネは普段使わない女言葉だし、一人称も変わっていた…) -- リリネ? 2017-10-29 (日) 23:34:18
      • …なるほど、な…まぁ、リリネには…既に一度、愛想つかされたんだ…そう、怯える事もない…か…(少し苦笑いになるが)
        だが…リリネに似た、ナニカ…それがリリネの本心とは、全く思っちゃいない…のでな(既に顔は真顔で油断もなく)
        (腰も落としてすぐに動けるような姿勢のまま、マントに入れた右手は短剣に触れ)
        (とはいえいまだ攻撃に出れないのは、リリネだが性格を変えられる薬など、この街ならではの不思議な事かもしれないと思うだけに) -- リッキー 2017-10-29 (日) 23:38:46
      • ふーん…? やりゃあできんじゃん、そういう二枚目顔もさ! なぁに、ヤるの?ヤっちゃうの?!こんなか弱い女の子相手にヤる気満々!?
        (大袈裟に驚くが、また先ほどまでの緊張感のない笑顔で) 酷いなぁ、リリネに似た何か!だなんてさー? 後輩系女子として折角可愛くしてたのにぃ…
        (そこで、急に目付きが変わる。鋭い、虫を見るかのような眼光はしかし…注目を許さない
         何故ならば、瞬時にスピアロッドをリッキーの喉元へと突きつけたからだ。一瞬の槍捌きは、穂鞘を抜き取るのも含まれた手練れの所作で……)
        この間合いで、私とヤる気ってのがマジなら……壊れちゃうよお兄ちゃん? あっは♪(また最初の不自然に明るい表情に戻っていた) -- 裏リリネ 2017-10-29 (日) 23:56:03
      • …褒められても、嬉しくないものだな…(リリネに、ならまだしも、こう似た誰かであればそんな事はなく)
        …猫かぶりすぎて…悪寒を感じた、けど…なっ!?(注意深く見ていた、しかし手練れのそれに対処できるほど、近距離に強くもなく)
        (マントの下から探検を抜く事も出来ず)…なるほど…こいつは…分が悪い…(マントから手を出し、降参するかのように手を上げ)
        …それで、お前は…何がしたいんだ?(殺すのなら今出来たはずだし、かといって本気で誘ってるとも思えず) -- リッキー 2017-10-30 (月) 00:03:40
      • うん、素直でよろしいっ★ (穂先で落ちていた穂鞘を引っ掛け、槍を手元でくるっと回しながら宙に上げて装着。肩で担ぐ姿勢に戻る)
        ただにゃあ…猫も羊も被ってないのさね。今はこれがありのままの私ってだーけ♪ どぅーゆーあんだすたん?
        まっ、ホントに遊ぶ(たたかう)のも一興ではあるけどねー……この距離はフェアじゃないっしょ? 私としてもどうせなら楽しい遊びの方が好きだからねっ!
        え、何をしたいかって? (槍を腰の後ろに回して、うーん…と可愛く悩むような仕草を見せる)
        特に何をしたいって気分でもないかな? ただ、その時やりたいと思ったことをやるだけ! さっきはリッキーさんからかいたかっただけだよ♪
        あ、もしかして本気にしちゃった? ゴメンゴメン!リリネちゃんってば魔性の女過ぎたかー♪ -- 裏リリネ 2017-10-30 (月) 00:12:48
      • (イーリアスも大した腕前ではあったが、こいつは…そもそも何故リリネならこんな槍捌きが…と疑問は募り)
        …つまり、リリネには変わりなく…つまり、本性…だと?(俄かには信じがたい言葉ではあるが)
        …そう言いながら…お前さん、俺の得意の距離でも…負ける気、ないだろう?(あくまで遊び、と言う所に自信が見えて)
        …自分、奔放すぎるな…やはり、俺としては…普段のリリネの方が、接しやすいな…(目の前のは、苦手なタイプだと思い)
        …それで、今までのリリネには…いつ頃、戻るんだ?(戻る前提で聞き) -- リッキー 2017-10-30 (月) 00:30:04
      • あはっ 勝ち負けじゃないんだよーぅ、衝動をぶつけ合うその行為がエクスタシー!みたいな?
        まぁ……あんまり腑抜けなようだったら壊しちゃうかもしんないけどね。それはそれで後味悪いから勘弁なのよねぇ〜
        うふふっ…それってもしかして「ボク」への告白?っきゃあー♪ だったらぁ、2人で一夜のあ・や・ま・ち!的なことしてみるっきゃないよ!
        気怠い朝のモーニングコーヒーを淹れていると……ベットで目覚めるボクの方! シーツで身を隠し、身体を震わせながら潤んだ瞳は伏し目がちにベッドを見詰め…
        「ボク達、超えてしまったんですね……一線を……」 いやんいやん!我ながらエロすぎィ!!いかん、この妄想は危険でありますよ!?
        そんなわけで、私はこれ以上リッキー隊長の劣情を催さないよう行くであります!サー、イエッサー! ひゃっほぅ!!
        (スピアロッドを箒代わりにお尻を乗せて、水魔術のジェット噴射で夜の街の屋根上に飛び去っていく……完全にリリネのペースだった) -- 裏リリネ 2017-10-30 (月) 00:42:08
  • あー、なんかアレだな クリスマスムードが漂い始めると、年の瀬の侘しさと独り身の寂しさが染み込んでくるな… (酒場で熱々の鍋物を二人でつつきつつ)
    リッキーはどうなのよ、良さそうな相手は 女っ気が無さ過ぎて男色なんじゃないかとか酒場でうわさされてるの聞いた事あるがよ (からかう) -- イーリアス 2017-10-29 (日) 12:17:37
    • …それを、言うな…(せっかく暖かい鍋を友と一緒に食べているというのに、どこか隙間風が吹き込んだかのような寒さを感じ)
      …まぁ、冒険者は…命をかけてるだけに、恋人は作りにくい…と思うが(と言うのは少し苦しい言い訳だが)
      …女性の知人は、多いんだがな…何でそうなってるんだ…(思わず遠い目を) -- リッキー 2017-10-29 (日) 22:52:25
      • 俺も女の知り合いは多いんだが…女と言うか、女の子ばっかりでな… (流石に十代中盤とかには手は出せない…と)
        だが、冒険者の街では妊婦も冒険に出てたって言うぜ? 黄金歴はクレイジーだぜ… あ、肉入れるぞ (ひょいひょい)
        男同士で飲むのも楽しいもんだが、わびしいな… ウルガンも一人で酒飲んでたし、なんだ、草食系ばっかりなのか? 冒険者の晩婚化が社会問題だぜ…!? -- イーリアス 2017-10-29 (日) 23:05:06
      • 20前後も…多少はいる、とは思うが…まぁ…20以下が…多いよな(同じく妹を見るような目になるので)
        …実際それが、信じがたくてな…まぁ、俺の母が…そうだった、らしいが…あぁ、火も強くしとくぞ…(カチャッと火力を上げ)
        …なら、開くか?…噂に聞く…合コン、というものを!(実際聞いた事あるだけでやった事はないが) -- リッキー 2017-10-29 (日) 23:12:34
      • 多いんだよ…女盛りだが、摘んじゃあいけない花ばっかりでな (肩を竦めてそんな話をしつつ)
        リッキーの御母堂さんってあれだろ、ハンドサインを教えた人 相当肝の座った人だったんだなあ
        合コン〜? (しかし眉を寄せて) そもそも妙齢の知り合いが居ないってのに、相手側どうやって呼ぶんだよ 広場に張り紙でも出すか? …ふむ、それも面白いな (突っ込んだ割に乗り気だ) -- イーリアス 2017-10-29 (日) 23:15:54
      • 俺の知り合いでも…20以下でないのは…後はもう、年齢不詳…ばかりだ…(どうなってるんだこの街、と)
        …笑顔で、特訓しようと…森に放り投げられ…ミスると…見えない位置から、矢を打ち込まれたな…(終わった後は優しかったんだが、と遠い目で)
        …むぅ、難しいか…そもそも、恋愛したい女性…どれくらい、いるんだろうな…(知人の女性はあまりそういう風でもないので) -- リッキー 2017-10-29 (日) 23:22:15
      • 15歳位かと思ったら300歳とか言ってる弟子も居るよ… 判らない、年齢が分からないんだ… (桃李とかもそうだったなあ、とか思い出しつつ)
        なにそのこわい 俺は真正面から毎度ねじ伏せられてたなあ…槍の間合いの外から片手剣が当たるってどういう事なのか未だに分かんねえよ…
        (とんでもない先達を持つ若者同士、なんかとりあえず) …酒持ってくるわ… (外で冷やしてある瓶酒を持って戻ってきて)
        あー、そもそもだな さばさばしてるって言うか、自分の脚で立ってる子が多いしな 働く女性が増えると未婚率が増えるってのは本当だよ -- イーリアス 2017-10-29 (日) 23:28:03
      • …魔術師協会の人で…黄金歴からいる、少女みたいな人も…いたぞ(他にも少女の姿をした竜の噂とか、相変わらず恐ろしい街だと)
        …結局…最後まで、隠れた母親を…見つける事が、出来なかったな…その点、その可能性があるのが…羨ましいところ、だな(寂しさ混じりに告げ)
        (冷えた酒瓶を受け取りながら) …そうだな、だからこそ…難しいのかも、しれないな…(まずはイーリアスのコップに酒を注ぎ)
        …まぁ…お前さんと、違って…10代後半なら…俺はいける、場合もあるぞ…(まだちょっと若いし!という主張で) -- リッキー 2017-10-29 (日) 23:34:40
      • あー、アなんとかシュラさんだよな エルフじゃなくてもそうやって生きてる人が居るってなると、そりゃまあ、千年以上他国の侵攻を受けない訳だよ…この国コワイ
        居なくなった相手に勝つ事は出来ないよなあ …居ても天高すぎて顔どころか膝も見えないけどなあ…
        まあ、後5年くらい経てば、妙齢で美人の良い子そろいの時代が来る …俺アラサーとか言ってられない年齢になるけどなあ… (遠い目をして)
        あ、リッキー手前それ言っちゃう? どうせ俺の方が5歳上だよ…お前も5年後、30歳の影におびえる事になるのだ…! (酒を注いで返し、互いのグラスを打ち合わせてグイッと呷った) -- イーリアス 2017-10-29 (日) 23:42:58
      • そう、その人だ…言い知れぬ、存在感があったな… …まぁ、そもそも…モンスターだらけで、維持出来ないな…
        …まぁ、頑張れ…そういえば、あそこに…弓使いの人は、いないのか?(いたら紹介してほしいとすら思っていて)
        …それは…それに、5年待ってる間に…皆、誰かしらいるって事に…ならないか?(皆大体美人揃いなだけに)
        ぐっ…そ、それは…まぁ、まだ…先の話だし、な…(30台になるには、まだ自信も覚悟もないので目を反らし) -- リッキー 2017-10-29 (日) 23:54:22
      • うん? 弓使い…居ない事は無いが…俺以外の師範代は大体みんな国外だったり、そもそもこの世界に居なかったりするからなあ… (顎髭を撫ぜ難しい顔)
        うぐっ、まあ、それは確かに…はあ、まあ仕方ねえやなあ… …なんれ俺達は十年遅く生まれなかったのか…!! (情けない魂の叫び)
        ふっふっふ、20過ぎたら30まであっという間って聞いてたが、あれ本当だぞ…加速するぞ… (呪いのように囁きながら煮えた肉を食べる…野菜も旨い…) -- イーリアス 2017-10-30 (月) 00:07:37
      • なるほど…それは、残念だ…(実の所、弓を教える事はあっても、この街にきてまだ弓を教わるような相手に出会ってなくて)
        …そうだな…せめて、同じ十台だったらな…(溜息が出るのもやむなしで)
        やめやめろ…と言うか、それだったら…イーリアス…今後もっと、加速するんじゃ…(とお互いに傷つけ合う結果な男二人の酒盛りで) -- リッキー 2017-10-30 (月) 00:23:21
  • あー!キジーキジー!こんなところでなにしてんすかー!(後ろから声がかけられ、走ってくる足音がきこえる)
    ゲジー!………(近づいてから人違いに気づいてすっと歩き出す) -- コバヤシ 2017-10-27 (金) 22:35:11
    • (他に誰もいないし俺の事か…あぁ、あのナイスバンダナの人と間違えてるのかと振り返り)
      …はじめまして、ゲジーだ…(あえて冗談まじりにそう名乗り) -- リッキー 2017-10-28 (土) 00:18:21
      • ううっわぁー!!す、すいませんっコバヤシ人違いしたっす!(へこへこ) なんか後姿が知り合いのウジゲジ野郎に似てたからもうしわけないっす!! -- コバヤシ 2017-10-28 (土) 00:35:27
      • …まぁ、実際…似てなくも、ないからな…(キジを知ってるだけに、少し笑い)
        …しかし、そうも言われるか…(あいつも軽い男に見えたが流石にちょっと可哀想だなと思いながら)
        …あぁ、君も…新人、か?…俺はリッキー…冒険者だ(とりあえず正式な名前を名乗り) -- リッキー 2017-10-28 (土) 01:01:16
      • あ、こんにちはっす、コバヤシっす よく見ればぜんぜんあんなウジと違うっすね!バンダナも似合ってるす!
        それにめっちゃいい人そうっすし何よりカッコいいっす!
        冒険者なんすか! こ、コバヤシも!コバヤシも冒険者目指してるんす!今はその、しゅ、修行中っす! -- コバヤシ 2017-10-28 (土) 01:04:42
      • …コバヤシ…東の方の、人か…ふむ…何があったか、知らないが…あまりひどく言うのは…(感心はしないしされないなと思い)
        (ただ、褒められれば多少照れた様子になるが、一番嬉しそうだったのはバンダナという辺り少し変わっていて)
        …ふむ…なるほど…危険なんだが…それでも、なりたいのか?(他に仕事はあるだろうに、と思わなくも//スマヌ…文通…スマヌ) -- リッキー 2017-10-28 (土) 01:13:35
      • ダメキジはいくらひどく言ってもいいんす(良い) あいつは無職で寝るとこすらない上に人の寝袋を奪おうとするクソ野郎っす!
        うぅー 危険なのは覚悟してるっすよ でもコバヤシ、お金もほしいっすけど それよりも強くなりたんす! -- コバヤシ 2017-10-28 (土) 01:19:11
      • …そりゃ…うん、ダメだな…(何やってるんだあいつは、とため息をつき)
        …強くなりたい、か…まぁ、依頼掲示板の方なら…危険が少ない依頼も、結構あるが…
        …強くなりたいなら、誰かに師事を…願うというのも、ありじゃないか?(こちらには何人か心当たりがあるので良ければ紹介するつもりで) -- リッキー 2017-10-28 (土) 20:56:10
  • ちょっといいかしら。(石畳の雄牛亭で青年を待っていて)頼みたいことがあるのだけれど。
    (チラシの束を持ってきて)宿にこのチラシを置いてもらいたいのだけれど、今から共有スペースに行っていい? -- ステラ 2017-10-27 (金) 22:08:43
    • …おや…どうした、ステラ…(こうして待たれてるのは珍しいだけに、少し驚いた様子で)
      …頼みたい事…俺に出来ることなら…ん?それは…もしかして、クリスマスの、か?
      …ふむ、俺じゃなく…確認は…宿のオヤジにすべきだろうが…まぁ、一緒に行くのは…問題ない -- リッキー 2017-10-27 (金) 22:12:29
      • 宿の人、会ったことがなくてちょっと気が引けるというか。
        その点、リッキーと一緒なら心強いというか。大丈夫? じゃあ、お願い。(チラシの束を持ったまま石畳の雄牛亭へ) -- ステラ 2017-10-27 (金) 22:24:29
      • …知り合いは、結構いそうな…気はするんだがな(少なくともリリアとダーさん辺りはそうなので)
        あぁ、それなら…いくとするか(とはいえ実は、このリッキー共有にいくのはRP的には始めてだったりするが!) -- リッキー 2017-10-27 (金) 22:31:08
    • //初めてだったんだ……すいません無茶振りして……!! ありがとうございました…!! -- ステラ 2017-10-27 (金) 23:35:33
  • (両手の指先を曲げ、自分の胸板を叩いたり揺らしたり、そうすることで心配になるが)
    (最近は自分ではなく回りが心配な事ばかりでな…皆上手くいけばいいのだが、と思いながら) -- リッキー 2017-10-27 (金) 21:37:18
  •   -- 2017-10-27 (金) 21:34:44
  •   -- 2017-10-27 (金) 21:34:40
  • リーキーちゃーん、いーますかー?(とんとんとノック) -- ヤヤヤ 2017-10-26 (木) 23:11:24
    • …その呼び方は、少し照れるな…(ほどなくしてドアを開け)
      …と言うより、ノックされたの…久しぶりな、気がするな(勝手に入ってくるのが多かっただけに) -- リッキー 2017-10-26 (木) 23:12:58
      • えーかわいくていいと思うけどなぁ、うん、じゃあおじゃまします!こんにちはリキちゃん!(ぺこり)
        ノックしないで入って来られるのはつまりリキちゃんとただならぬ仲?だからじゃなーい?ほら俺とお前とーってよく言うの -- ヤヤヤ 2017-10-26 (木) 23:24:59
      • …20過ぎの男で、可愛くてもな…まぁ、好きに任せるが(苦笑いするが、止める事はせず)
        …それほどじゃ、ないとは思うが…あぁ、それで…今日は、どうしたんだ?
        (用件を聞きながら、最近気に入ってるローズマリのハーブティを入れて差し出し) -- リッキー 2017-10-26 (木) 23:45:36
      • (ありがたくハーブティーを口にするそして)あ、そうそう、リキちゃんは森に詳しいんだよね?
        それで、美味しいリンゴがどこかになってないかなーって思って、リキちゃんなら味も知ってそうだから聞いてみようって思ったんだ
        街で買ってもいいと思うんだけれども、もし取れるなら新鮮なのがいいかなーって! -- ヤヤヤ 2017-10-26 (木) 23:49:39
      • あぁ、多少はな…なんでも知ってる、と言う訳でも…ないんだが…
        …ん?…それは、自生してる、と言う事か…なるほど、そう言う事なら…ない、だろうな…(申し訳なさそうに)
        …オオズミ、という樹はあって、似てはいるが…渋くて虫食いも多い…他の果物なら、マシなのも…あるんだがな… -- リッキー 2017-10-27 (金) 00:06:28
      • (しょんぼり)そっかぁ……でもそうだよね、美味しい果物なら鳥とかに食べられちゃうよねぇ……
        えーっとね、アップルパイを作る約束をしてたからリンゴじゃないとダメなんだよー?ううん、気にしないでリキちゃん!
        もしあったらって思っただけだからねぇ、市場で買ってきて作るよぉ -- ヤヤヤ 2017-10-27 (金) 00:30:20
      • …今ある、市場の果物も…大体は、農家の努力の結晶…大したものだ(本心からそう思い)
        …なるほど、そう言う事か…栗なら、割と…自生でも、いけるんだが…
        あとは、モンスターで…黄金アップルを落とす植物系は、いるにはいるが…(自生とは違うからなぁと) -- リッキー 2017-10-27 (金) 00:34:56
      • えっ!?(そのワードがヤヤヤの面白いセンサーに触れた!)なになにそれ、黄金アップルってなにリキちゃん!
        依頼でモンスター倒すと拾えるの?なんかこう、名前が凄そうだよねぇ、黄金!美味しいのかな、それでアップルパイ作ってみたいよねー……
        (向き直る)ねぇねぇどのモンスターが持ってるの?教えてもらってもいーい?(にこにこ) -- ヤヤヤ 2017-10-27 (金) 00:40:39
      • …ん?どうし…うぉ…(急に詰め寄られて驚きながら)
        いや、依頼じゃないが…樹のモンスターで…金色のリンゴを生やしてて…寄ってくる動物やらを、倒して養分にする…そういうモンスターだ
        昔母親に、病気の時に…食べさせて貰ったが…蜜が沁み込んだようで、とても甘く…瑞々しく…実に、美味しかったな…(思い出すように)
        …しかし、それなりに強力だが…(//依頼出しちゃう?間に合わないなら取りにいった、でもいい) -- リッキー 2017-10-27 (金) 01:00:02
      • ふんふん(こくこく)なるほど!そんなモンスターがいるなんて知らなかったよぉ……そして美味しそうだねそのリンゴ(じゅる)
        あのねリキちゃん、美味しい料理を作って最高のもの?を食べてもらう、そのためならどんな苦労もいとわないのが料理人なんだよー!
        よし早速情報を集めなくちゃ!ありがとうねリキちゃん!やるぞー!(//提供する依頼ネタも不足気味ですし出しちゃっても!) -- ヤヤヤ 2017-10-27 (金) 01:18:53
      • (//では依頼だけ出して寝よう…済まない時間が…おやすみ!) -- リッキー 2017-10-27 (金) 01:22:28
      • (//依頼の提示と参加枠に気を使ってもらってありがとう!上手く収穫できるといいねー、お疲れ様だよおやすみなさい!) -- ヤヤヤ 2017-10-27 (金) 01:46:40
  • こんばんはー、私は先日から111号室に滞在しているフィルといいます!
    こんごともよろしくお願いしまーす☆(星のエフェクトが出ると丁寧にお辞儀をした) -- フィル 2017-10-25 (水) 19:56:31
    • (あぁ、新しい住人さんか…なんか明るいというかなんだ今の星は…と内心思いながら)
      …103…リッキーだ、よろしく頼む…(初対面だと若干まだまだ寡黙なので、軽く会釈とともに) -- リッキー 2017-10-25 (水) 21:11:21
  • やぁリッキー 噂で聞いたんだが、なにやら厄介ごとがあったそうじゃないか いったいどうしたんだい? -- ダー・フェンザー 2017-10-25 (水) 17:47:29
    • …相変わらず、ダーさんは…よく分からない、情報網を…持っているな(どこで知ったんだ、と苦笑いで)
      …まぁ…レンの事も、なかなかに厄介で…全く糸口が…見えなかったは、するんだが(頭をかき)
      …そっちじゃないだろうし…なぁ、ダーさんは…少女が住む森は、知ってるよな? -- リッキー 2017-10-25 (水) 21:10:04
      • ああ、だてに耳が大きくないんだ ああ、当然だ話しただろう?セキエイの森だ あそこに行ったんだろう?
        いったい何があったんだ -- ダー・フェンザー 2017-10-25 (水) 21:16:15
      • …思った以上に、不思議で…厄介そうな、森だったよ…(普通の森と違いすぎるだけに肩を竦め)
        …それに関しては、なんとも…相談したくは…あるんだが(なにせリュキアの事が絡むだけに)
        …なぁ、ダーさん…正反対の主張のものが…分かり合う方法など、あるのだろうか…(なので、そのような方向で聞き) -- リッキー 2017-10-25 (水) 21:20:00
      • 厄介だって? ふむ、なるほど君はそう感じたのか ダー・フェンザーは面白いと感じたけれど、まぁだいたい気持ちはわかるさ
        ふぅむ・・・ (男のツメサキがせわしく揺れる 何かを考えているときの彼の癖だ) 彼女と喧嘩でもしたのかい?それとも森のほうと?
        ふむ・・・ いったい何をやったんだ、リッキーらしくないね あるいは他に誰かいたのかい? -- ダー・フェンザー 2017-10-25 (水) 21:26:24
      • あぁ、確かに…面白くもある…が、森に慣れていればそれだけに…厄介とも、思ってな(ホームなのにアウェイ感が凄い的な)
        …流石はダーさん、今のだけで…そこまで、感じ取れるか…まぁ、そんなところだ(誰かまでは言う気はないが)
        …俺としては、あの子がまだどういう子か…よく知らないからな… -- リッキー 2017-10-25 (水) 21:30:51
      • ふむそうか・・・ それで何を言ったんだい? あの娘は・・・ そうだな、過保護な親に育てられたはねっかえりのお嬢様という所さ
        それにあそこに入るということは、つまり森の腹の中に入るということだ、彼女は優しいから人を傷つけたくはないんだ だけど外の世界に興味もある
        つまり、高い塔の上で兵士に守られたジュリエットなのさ -- ダー・フェンザー 2017-10-25 (水) 21:37:57
      • …まぁ、なんだ…森から連れ出してやろう…と言うのを、かなり強引に…というか、それ以前も…なかなかに…やらかしてのそれだった、みたいでな…(思い出して溜息を)
        …あぁ、なるほど…はねっかえりとは、思わなかったが…姫と騎士たち…とは思ったな(顎に手を当て)
        …そう、なんだろうな…まぁ、人が踏み入れれば…人と交われば、そうもなる…(自分がそうだっただけに) -- リッキー 2017-10-25 (水) 21:44:28
      • そんなところを急に行って無理やりに連れ出そうとすれば、兵士たちが飛んでくる そしたら君たちは傷つくんだ
        そんなことは許せなかったんだろうさ それに、そいつは結局はただのエゴの押しつけさ
        カジートは商談の時は最終的には妥協点を見つける 取引の上で当然のことさ そのときは相手が歩み寄りやすいようにレールを敷いてやるんだ
        ふむ、どうせまた森へ行くんだろう? ダー・フェンザーはあの森に入ったとき、森にきずかれなかった
        そのとき面白いことに気付いた 星座だ あの森はおそらく、上から見ると星座のように木々が配置されている 星から星へ辿れば最短距離で奥へいけるはずだ
        あるいは古い木を探してもいい 奥へ行くほど老練した木がいるようだからね -- ダー・フェンザー 2017-10-25 (水) 21:56:12
      • あぁ、その通り、だと思う…まずはゆっくりと、分かり合う…べきなのにな…(こちらも初手をミスった、まず一人で行くべきだったと思いながら)
        …歩きやすいように、レールか…やはり、まずは相手を…あの子を知る所から、だろうな…
        …あぁ、もちろん…って、あの森に…気づかれなかった、のか?(その事に驚き)
        …俺もまだまだ、だな…ほぅ、面白い事…正座?…というか、上からの視点を…どうやって?(相変わらずダーさんは不思議な事をするものだと)
        …あぁ、そっちの方が…俺向き、だろうな…(それなら、そう難しくないので) -- リッキー 2017-10-25 (水) 22:06:45
      • カジートは砂漠の民だ 砂漠では道しるべになるのは星と太陽だけなんだ だからそれはもはや体の一部になっている、それでピンときたのさ
        まぁもしまた森へ行くのなら気をつけることだね あるいは奥の手もいくつか考えられるが危険なものだ
        一つはスプリガンを使う 森のことは森に聞けだ 丁度休眠状態のスプリガンの根塊をもっている もう一つは誰でも気付かれずに森に入ることができ方法がある
        だがそのどちらもともすれば命を落とすかもしれない危険な行為だ あまりやりたくはないね -- ダー・フェンザー 2017-10-25 (水) 22:13:56
      • 森で暮らす時も…星は地味に…重要では、あったな…(方向を知るために月や太陽、そして星を見上げていたりと)
        …対話だけ、のつもりなんだが…それでも危険に、なりえるのか?(森にそれほど敵対は…されてないと信じたいが)
        すぷりがん…と言うよ妖精の一種のか?…そいつはまた、貴重なものを…他にもあるのか?
        …あぁ、そこまでする気はない…ただ、対話したい…それだけ、だからな -- リッキー 2017-10-25 (水) 22:19:53
  • 確か中距離で弓使いだったっすよね(優雅な動きで挨拶を繰り出しつつ)しかしこの宿は色んな人が長期滞在してやすなあ -- クーロ 2017-10-24 (火) 23:17:37
    • …あぁ、その通りだが(振り返って、少し驚いたように目を見開いたのは冬服仕様だったからで)
      …あ、あぁ…純粋な人は…地味に少ない、な…まぁ、人種は元々、関係ないが… -- リッキー 2017-10-24 (火) 23:22:10
      • 種族というよりなんかこう……元は冒険者向け宿屋みたいなのに凄く混沌としてるなって。この街らしいっちゃらしいすけど
        いやね、弓矢に括り付けて使うと便利そうな魔法が出来たもので……カッコイイすよ、なんと着弾地点から竜の姿をした雷撃が空へ上昇し範囲内に大打撃を与えるという!どっすかね金貨五枚(小さい瓶を手に持って) -- クーロ 2017-10-24 (火) 23:37:54
      • …なるほど、確かに…そうだな、この街らしい…俺も、気に入ってるぞ?(小さく笑い)
        …ほぅ、そいつは、どんな…(と聞いてみれば) そん、なに…範囲と、威力が…気になるな…(痺れるだけなら意味がないし、広すぎると使い道に困るし)
        …買う前に…1本試射は…ダメか?(それくらいなら安くはないのだが、効果を見ずに買うのも愚かなので) -- リッキー 2017-10-25 (水) 00:06:07
      • 2本しかないんすけど。たくさん作りましたが、その中で遠くで炸裂させた方が強そうなのはこの1種だけだったんだよねえ
        仕方ない……私は詳しくわかるので説明いたしやしょう。瓶が割れたら発動します。黒猫印のいい感じに割れやすい瓶なのでそこはご心配なく
        範囲は着弾地点から半径5m、上方向には雲の上まで。威力は……(瓶を触って)こっちは巨大ムカデが黒焦げ、こっちは平均的オーガが死ぬ程度っすね -- クーロ 2017-10-25 (水) 00:13:32
      • 貴重だな…なら、試射は無理か…(ふむ、おそらく安定性の問題だろうか?と思いながら)
        …鏃ではなく、瓶を取り付けて…か…(重量をよく考えておかないと命中率に関わりそうだとか、そういう事も考え)
        …雷だから、当然だが…高さは、凄まじいな…威力も、申し分なし…か…(なら、と金貨10枚を重ね) -- リッキー 2017-10-25 (水) 00:18:31
      • 確かに重いけど、瓶って弓矢に装着するものってイメージもありますから。何とかなると思うので弓矢の方で工夫してみて下さい
        範囲攻撃なので直撃させなくてもいい分、正確に飛ばなくても使えるとは思いやすぜ
        狙いは難しいけど飛んでるのにも当てられるかも?いやぁ、毎度ありがとうございます(瓶を渡す)割らないで下さいね?突然その場で発動しますから -- クーロ 2017-10-25 (水) 00:28:17
      • 任せてくれ…その辺りの、工夫は…こちらが、本職…だからな(実際色々と取り付けたりしてるので)
        …とはいえ、正確に狙えないようでは…必要な時に、困るからな(同じ重さのを用意して練習しとくか、と考え)
        いや、こちらこそ…また一つ、奥の手が……さっき、割れやすい…って言ってなかったか? -- リッキー 2017-10-25 (水) 00:38:42
      • いい感じに割れやすい、っすよ。冒険で持ち運ぶ時には割れず、投げると確実に割れるそんなチャンスをピンチに変えない瓶でさぁね
        範囲が広めの魔法なので、自分で投げるにはちょっと使い辛いと思ってたとこです。矢で活用できるなら良かった……冒険で同行した時に使うかもしれないし、私にとってもいい話(金を財布にしまいつつ)
        また弓矢に便利そうな魔法が出来たら持ってくるよ、お金をたんまり用意しておくように!それじゃ御機嫌よう(スカートの端を持ちあげてお辞儀してから帰っていった) -- クーロ 2017-10-25 (水) 00:52:07
  • さぁいごの一人だぁ……カニをくらぇええええ(ナチュラルにドアを開けて現れたのはカニの被り物をしたツナギの男だ)
    (手にはカニを、もう片方の手には何やら包みをもっている……カニを押し付けるように前に出ようとしてカニの被り物がドアに引っかかって沈黙した) -- アンゼルム 2017-10-24 (火) 21:14:21
    • …ふむ…なるほど…(いきなりドアを開けられ、怪しげな被り物をした男らしきものがいて)
      …強盗か、いい度胸だ…(チャキッと室内なのでナイフと鉈を左右にもって) -- リッキー 2017-10-24 (火) 21:17:33
      • うん空気一発で飲み込めないから俺の負けだわ。 やっぱこれつまんないやつが手段ないからやろうとするやつだわ(被り物を脱ごうとして諦める。 両手が塞がっているからだ)
        さて喉掻っ切られるまでされると流石に死ねるけどその前にこっちのカニのスシだけは受け取って欲しい、なんか羽の生えたおっさんと俺からの足挟まれたやつらへオゴリだ
        (諦めたように笑いながら包みが差し出される。 ちょっとやそっと刺してしまったほうが早いかもしれない) -- アンゼルム 2017-10-24 (火) 21:25:35
      • …まぁ、こっちも…面白くない、冗談だったな…(やはりノリ突っ込みは難易度高いな、とナイフと鉈をしまい)
        …しかし、カニでスシ…美味しいのか?(あと羽の生えたおっさんと聞くと、何故か食欲減退する気がするのは何故だろうとか考えたり)
        (とりあえず、危険性もなければ声に聞き覚えがあるので素直に受け取り) -- リッキー 2017-10-24 (火) 21:35:59
      • いやあせめて……せめてドアにひっかかっても止まらずになんやかんやできれば……なんとか……なればいいですね! ごめん(諦めた)
        今の今までまともな飯を食ってなかったっぽいのが二人いてな? 俺はこれ買ったとこでカニづくしになりかけたしもう一人は食って泣いた。味覚的暴力だった……
        (一方この男記憶にあるカニの味で脳みそがスパークしている。 多分帰ったら更にまたカニ食べる)
        心してかかれ。 っていっても無口な兄さんは鮮度の高そうなものを食い慣れてそうではあるが
        鮮度といえば銃はあるし今度猟でもしてみようかとは思うんだけどこの辺密漁とかになってしまうパターンかい? 動物は撃ったこと無いんだ、まだ -- アンゼルム 2017-10-24 (火) 21:47:33
      • …まぁ、そうなる時点で…色々と…(被り物とはいえ自分の状況判断が出来てないのは危険じゃなかろうか、という意味で)
        …そん、なに…まぁ、俺もカニは…ほとんど、食べた事は、ないのだが…(確かに挟まれたな、靴の上からでも痛いくらいに)
        …海の幸は、あまり…だが、山の幸なら…その通り、ではあるな…(生レバーだって可能なくらいで)
        …無届けは…まずい、だろうな…それに、講習も…出来れば、受けた方がいい…(特に素人だと、山菜取りと獣を間違えての誤射は取返しがつかないだけに) -- リッキー 2017-10-24 (火) 21:54:13
      • いつもならそもそもこんなエントリーしないけどちょっとあせってたから(死んだ目で「私は説明書を読みませんでした」の札を取り出す。 なんか花丸もついてる)
        故郷には海なんてなかったし山に獣も一切いなかったからそうなったのかもしれない。 あと虫の筋肉がカニと似たような感覚の味するらしいけど詳しくはしらない。 蚕は粉末しか食べたこと無いから似てる以前かなあ?
        となると無口な兄さんはさばく方法とかわかってる人なんだなやっぱり。 もしかしたらヘルプを出すかもしれ
        講習。 そうね人以外を撃てばなんとかなるだろじゃないのね……ワンチャンそのままお縄もありうるのね……やばかったわありがとう -- アンゼルム 2017-10-24 (火) 22:11:41
      • …虫か…虫の、種類にも…よるとは、思うぞ?(まるで食べた事があるような口ぶりだが、それを聞いてもきっと無言で)
        …あぁ、その場で処理、した方が…肉としても、いいからな…移動させる場合、鹿には…注意だ(狩りの事だけにいつもより饒舌に)
        …猪は、ダニは少ないが…鹿は…あいつは、宝庫だからな(下手に背負ってしまったが最後、そのまま帰れば酷い事になるので)
        …あぁ、気になるのなら…また聞きに、くるといい…これの、お礼だ(小さく笑い、カニのすしを持ち上げ) -- リッキー 2017-10-24 (火) 22:20:15
      • トンボだっけ? あいつらの羽の下んとこだけ集めたら歯ごたえありそうな気がするけど数が揃えられない気もするんだ。 やはり養殖……!
        慣れてる人が宝庫って何それそんなに……? 根性入れて川にでもどばしゃあした方が、いやこれ一般論再度持ち上げられないか
        うんわからないことだらけだ! 講習受けて必要なら届け出とかしたらまた来るかもしれん! ちょっと燃えてきたわいってくるありがとう!
        (なんて言うなり走り出していった。 と思ったらまたドアに被り物がひっかかって首が嫌な角度になってたとかなんとか) -- アンゼルム 2017-10-24 (火) 22:30:33
  • (部屋の隅っこで膝を抱えてヘコんでるマップメイカーがひとり) -- リュキア 2017-10-23 (月) 22:19:51
    • …まぁ、飲め…(最近知ったハーブ屋で買ったハーブティを入れ、リュキアに差し出し)
      (こちらは立ったまま飲みながら)…それで、何を反省すべきか…分かるか? -- リッキー 2017-10-23 (月) 22:24:58
      • ………ん……リッキー…(澱んだ疲労感が両肩に重くのしかかり、熱いカップを両手で危なっかしく受け止める)………なんだろうね…
        …目的を見失わないこと……我を忘れないこと………あの子の、痛みを思うこと……それから…(手のひらを熱するカップに口をつけるそぶりもなく、ぼんやりと眺める) -- リュキア 2017-10-23 (月) 22:34:50
      • (思った以上に重症だな…だが、これくらい落ち込むのであれば、逆にいいことではあるんだが…と思いながら)
        …ストップ…ストップ…いいから、飲め…(呟くように言うリュキアを止め、そう催促して)
        (今のまま考えても、おそらくは空回りするだけじゃないかと心配して) -- リッキー 2017-10-23 (月) 22:47:06
      • ………それから、君に謝らないと(まなざしを伏せる)君は頼んだ以上のことをしてくれた 君がいなかったら今度もどんなことになってたか……
        (想像するだけで気分が沈みこんでいく 無力感に首まで浸かって、このまま石になってしまいそうで)………リッキー、君がいなかったら………あぁ…
        (手詰まりだ 状況を逆転させる方法がさっぱり思いつかない 手のひらはヒリヒリと痛み出して、これが罰ならずいぶん生ぬるいなとも思いつつ)
        ……レターと僕は、顔を合わせればいつもいつもあんな調子で 酷いことばかり言いあって……うん、あれは僕が言わせてしまった………こと…だ……(目が虚ろにくすんでいく) -- リュキア 2017-10-23 (月) 22:57:46
      • …リュキア?(どんどんと陰気なオーラを醸し出してる友に、眉をひそめ)
        (あのカップじゃ手も熱いだろうに、それを良しとしてるのなら悪い意味で重症すぎるなとため息をつき)
        (あまり反応をしめさない事をいいことに、まずはカップを取り上げ)
        (そしてリュキアの頭の両端に拳をあて)は・な・し・を・き・け(グリグリと擦り、ぐらぐらと揺さぶり) -- リッキー 2017-10-23 (月) 23:11:13
      • あががががが1!!1!(気力がしぼんで油断全開だったところにしっかり拳が入って痛みに悶絶する)ご、ごめんって!! 謝ってあああああががががががが…リッキー!!!
        いだ、いだいっで1!! いだだだだだだだ!?!!?(じんじんと痛む手のひらでリッキーの腕を引き剥がそうとする 無理だった)ぐわーーーー!! -- リュキア 2017-10-23 (月) 23:18:14
      • …全く…人の話を、聞かないからだ…(ゆっくりと拳を離し、腕を組んで見下ろし)
        …集中力が高いのは、いい事だが…回りを見ない聞かないのは、まず直す事…だな…
        …立てるか?(床に座ったままのリュキアに手を差し伸べ) -- リッキー 2017-10-23 (月) 23:30:40
      • ううう頭がじんじんする…(解放されてクラクラする頭を振りながら、手をとって力をこめる 信じられないほど身体が重くて、すぐそばのベッドにぼすんと尻餅をついた)
        ……っとと、次のプランを立てないとだね 無駄にしていい時間は少しもないんだ 話は聞いてるよ、ちゃんと聞いてる 反省点を挙げてみよう 失敗は次に活かせばいい……
        ただ、問題は………もうあの子に会いたくないって、思ってしまう僕がいることだ 次に会ったら、もっと手酷く傷つけてしまう 言葉が刃にしかならないのなら、僕は…… -- リュキア 2017-10-23 (月) 23:44:53
      • …っと、大丈夫か?…すまん、やりすぎたか…(もっと手加減すればよかったか、と反省しながら)
        …そうだな…時間は有限だ…かといって、急いては仕損じる…ぞ?(あまり焦るなよ、ともう一度少し温くなったカップを差し出し)
        …それは…なんとも、言えないな…あそこまで、拗れたからな…(顎に手を当て、一緒に悩み)
        …時間は、かかるかもしれないが…文通、はどうだ?(対人経験の少ない中で思いついたのはそれしかなくて) -- リッキー 2017-10-23 (月) 23:53:33
      • 平気平気、こう見えて意外と頑丈にできてるから……ちょっとしょんぼりしてるだけで……あっ待って許さない、今のはちょっと許せないかな
        これはもう膝枕でもしてもらわないと腹の虫が収まらない アヴィスがいれば最高だったけど、この際贅沢は言ってられない…君でもかまわないからさあ膝枕してもらうか!
        ん(カップを受け取って口をつける 非日常の香りが胸の奥の傷に染み、痛みを和らげてくれるかの様で)なかなかだね、これは……なかなかだ 文通……手紙、レターだけに? -- リュキア 2017-10-24 (火) 00:15:50
      • そうか…それなら、よか…どっちなんだ…(頭をかき)
        ……待て、何で、そうなる?…それに、男の膝枕だぞ?(嬉しくないだろ?と少し戸惑った様子で聞き)
        …最近の、お気に入りでな…蜂蜜入れると、飲みやすいぞ…(硬派に見えるリッキーも割と蜂蜜派で)
        …いや、そういう気は…でもまぁ、試す手は…あるし…俺が届けても、いい…乗りかかった、船だしな?(小さく笑い) -- リッキー 2017-10-24 (火) 00:27:29
      • いや、いいよ どうせ寝れば同じだ ちょっと疲れた 身体が重たくて、へとへとのふにゃふにゃのよれよれだ(カップを置き、金の髪を縛めるリボンをしゅるりと解いて頭を振る)
        だから、僕は寝ることにする ちゃんと寝て、頭を切り替えないといけない 寝て起きたら元気になってるから…今だけちょっと寝かせてほしい(横方向に倒れて目をつむる)
        レターにレターを書いて君が届ける……それは面白そうだ 森のことを書くことは禁じられたけど、自分のことを書くぶんには自由だからね……(大きな欠伸をひとつ このまま寝る構えだ) -- リュキア 2017-10-24 (火) 00:38:55
      • …まぁ、色々とあって、疲れたんだろうが…いや、寝るのはいいんだが(本当に膝の上に頭が来るとは思ってもみなくて)
        …はぁ…まぁ、そんな長くならないのなら、な…(仕方がないと、溜息の後笑って)
        …あぁ、ちゃんと持ってくから…ゆっくりと休め…(と眠ったのを確認してから、あぁこれ俺身動きとれねぇなと苦笑いで起きるのを待つこととなって) -- リッキー 2017-10-24 (火) 00:51:27
  • リッキーみ、て…毛玉…(白いふわふわの毛玉を見せる、単調な動きしかできないが召喚獣らしい)
    これ、そばにあると…おちつく、の…(もちろんそれを見せに来ただけではなくハーモニカの練習もである
    見慣れない真新しいワンピースに身を包んでいるせいか、ちょっと落ち着きがない) -- ハロリータ 2017-10-23 (月) 21:52:39
    • …どうした…ふむ、毛玉…だな…不思議な、ものだな(今まで見た事ない生き物だけに興味津々で)
      …そうか…でも、危なくない…のか?(見た目に反して、と言うのはあるだけに、まぁ召喚獣と知らないからこその心配なのだが)
      …ん?…そういえば…その服は…(珍しいな、という顔で) -- リッキー 2017-10-23 (月) 22:00:36
      • この、こは…魔力を…かして、くれるの(いわば体力と魔力の無いハロリータの魔法の練習のための外部電源的なものらしい)
        だいじょっぶ…うごく、けど…なに、も食べない…から(大切なものを食べられてしまう心配は無いと話し)
        これ、裸じゃ…だめ、って…買ってもらった、の…(何でもいかつい男の人に心配されて一緒に買いに行ったのだと言う
        ただ、お屋敷に持って帰ると没収されそうなので、宿舎の中など、ほかの部下に見つからないところで着ているのだとか) -- ハロリータ 2017-10-23 (月) 22:12:15
      • …魔力を…貸してくれる?(お助け的な生き物なのか?そんな便利な存在が!と驚き)
        …じゃあ、どうやって…存在してるんだ?(何も食べないのでは、死んでしまうのでは?と思い)
        …ん?…もしかして…髭が、こんなのか(顎からもみ上げまで指を動かし)
        …何で没収、されるんだ?(なんか聞いてばかりだな、と思うが気になる点ばかりで) -- リッキー 2017-10-23 (月) 22:22:56
      • それ、は…全然わからん、…ない…(ただ、光源を作るような簡単な魔法じゃないと、消費が激しすぎると消えてしまうと教えてもらったと話して)
        う、ん…オレンジの髪してた…あの、ね…いつもの、格好…(全裸かあの聖衣が聖女としての正装、その理由は裸で無いと祝福の力が弱まるからだと話し)
        持ってた…前の服…みんな、捨てられた、の…(おそらくこれまでもこっそり買っては没収されていたので、今度はせめてこっそりでいいから、着ていたいらしい) -- ハロリータ 2017-10-23 (月) 22:33:13
      • …そうか…不思議な、ものだな…(まぁ、魔法生物めいたものかと思いながら)
        やっぱり、か…きにしてたが、その服…気に入ったか?(そんな話を友がしてたので、ついでに聞き)
        …そんな、理由で…か…(あまりに理不尽で、大人の身勝手な理由に、ギリィッと奥歯を食いしばり) -- リッキー 2017-10-23 (月) 22:43:18
      • さわる、とふわふわ…リッキーもさわって…(さわり心地がいいので、面倒を見なくていいペットとしても役に立っているようだ)
        う、ん…、の着る、の…久しぶり…で、慣れない…けど…(女の子なのだからおしゃれはしたいのは本能なのだろう)
        …いい、の…今、着られるだけ、でも…うれし、い…(リッキーの不穏な空気を感じ取って、それよりも服を見たり
        ほかのことをしようよ、と手をとって落ち着かせようとする) -- ハロリータ 2017-10-23 (月) 22:53:03
      • …いいのか?…なら(軽く触れ、撫でたりして、出来るだけ傷つける事ないように)
        …そうか、それなら…イーリアスも、喜んでるだろうな…(後で教えてやろうと、友の事を考え)
        (もっとまともな扱いだと思ってたが、今思えばそんな扱いならもっと違うはずだと…握りしめていた手を優しく柔らかい手で触れられ)
        …そう、だな…済まないな、せっかく…可愛い恰好、してるのにな(握りこぶしを緩め、頭を撫でてやり) -- リッキー 2017-10-23 (月) 23:07:39
      • (白い毛玉はたっぷりの毛並みでリッキーの手を受け止めてくれる、これといって反応は返ってこないが
        ハロリータのほうは毛玉の気持ちを変わって実況してくれている)リッキーの、手…おっきく、て…もっと、撫でてほしいって
        言ってる…と思う…(母国では祝福を与える物、という扱いをされていたことがここまで体も心も弱った理由の一つでもあった)
        リッキー、もとに…もどった…(嬉しいと言う感情を表すように単音だが、ハーモニカを吹いて見せて) -- ハロリータ 2017-10-23 (月) 23:19:08
      • …そう、なのか?…割と、乱暴な手だからな…(普段命を刈り取る事が多いだけに、手加減は不慣れなので)
        …優しくするのは、得意じゃないが…努力しよう(希望されたのなら、と指先で撫で続け)
        …すまんな…俺もまだまだ、未熟だ…あぁ、言い忘れてたが…(頭をかいたまま、ハロリータをもう一度見て)
        …似合ってる、可愛い…と思うぞ(小さく笑みを浮かべサムズアップをしながら) -- リッキー 2017-10-23 (月) 23:33:46
      • リッキーの…手、そ、う?…優しいと、思うよ…(これからもいっぱい撫でればもっとなれると、撫でてほしいアピール)
        あり、がっと…服着てるの…ほめられ、るの…うれし、い…(なんとも切なくなる返事だが、それだけ今こうしているのが嬉しいという証拠でもあった、) -- ハロリータ 2017-10-24 (火) 12:46:39
      • …そうか…なら、まぁ…そう思って、おくか…(半信半疑だが、この子が言うのならまぁ信じてみようと)
        …没収が嫌なら、皆に相談…するといい…俺も、少しくらいなら…預かれる、からな?(そうすれば、何着あっても心配なしだと笑い)
        …さて、それじゃあ…また練習を、するか?(今のハーモニカも、良かったぞ?とほめながら) -- リッキー 2017-10-24 (火) 21:07:30
      • ん…みんなのところ、でおしゃれ…素敵、ね…(今はここに住んでいる自分の従者の部屋にあるが、ほかのところならより安全だと話して)
        する…の、声と息…続くように、なった、ら…もっと、喋れる…(ハーモニカの練習は思わぬところにも効果を出していたようだ) -- ハロリータ 2017-10-24 (火) 21:29:23
      • …あぁ、素敵だな…(この調子で色々と女友達が増えていけば、きっともっと豊かな人生になるだろうなと思い)
        …それは、なによりだ…でも、慌てるんじゃない…ゆっくりと、基礎から…だぞ(無理をしてもいけないが、無駄に先走ってもまたいけないと)
        (それでもたまに、ゆっくりとだがいっしょの曲を吹いたりと、和やかな時を過ごして) -- リッキー 2017-10-24 (火) 21:38:27
      • うん、わかった…ビデせんせ(毛玉を召喚してくれた魔法塾の塾長のこと)も、おなじこと、いってた…
        わたし、のペースでがん、ばっる…から、リッキー、おねがい(ちょっとずつ、鳴らせる音を増やしたり
        そのたびに新しい発見があって、無理はしていないけどはしゃぎすぎて疲れるまで、リッキーとハーモニカの練習をするハロリータだった) -- ハロリータ 2017-10-24 (火) 23:20:12
  • そういやさ、リッキーってハーモニカが巧いんだって? (雨の日の酒場、客は自分達の他におらず、給仕の少年も退屈そうに欠伸をしている) 雨の日の無聊を慰める意味でもさ -- イーリアス 2017-10-22 (日) 11:10:43
    • …上手い、という程じゃないぞ…まぁ、暇つぶしとか…森でいた時は…吹いてたな(自分の宿も防音がしっかりしてるのでたまに吹いてて)
      …なんだ、吹いてほしいのか…?(まぁ、こんな雨風の時に飲みに行こうだなんて早々いないわな、と肩を竦め) -- リッキー 2017-10-22 (日) 20:23:04
      • そう言う謙遜を言う奴ほどうまいんだよな、こう言うのって …ああ、ハードル上げてるんだぜ? (ほろ酔い加減で笑って)
        ああ、聞かせて欲しいな あんまり聞けるもんでもないしな、ハーモニカの演奏は オーケストラよりも希少だ -- イーリアス 2017-10-22 (日) 23:09:12
      • …そもそも、あまり人に聞かせた事が…ないからな…(やめろし!とつまみの豆の殻を投げつけ)
        …期待外れでも、知らないからな…(溜息の後、マントの下から出したハーモニカを口に当て)
        (それは淀みもなくしっとりとした演奏で、曲も雨の日に酒を飲むにはうってつけなもので) -- リッキー 2017-10-22 (日) 23:25:15
      • 折角の音色だ、聞かせずに終わるのは勿体ないだろうよ (頬に豆を受けて笑い) ああ、その時には笑ってやるさ (憎まれ口も穏やかに)
        (そして聞くその演奏、最初は予想以上の音色に目を瞬かせていたが、目を細め、それに耳を傾ける 酒を一口、雨上がりの森の味がした)
        … おいおい、笑ってやるどころかちょっとジンときちまったぞ どうしてくれる、おかわり頼むか? (演奏が終われば、拍手して) -- イーリアス 2017-10-22 (日) 23:36:47
      • …まぁ、最近じゃ…初歩的な事、教えたりも…してはいるが…(あれも、いずれ上達すれば教える事もないだろうとも思っているが)
        (吹きおわった所で、素人の演奏なんてこんなもんだと言おうとしたら思わぬ言葉と拍手に逆に驚き)
        …そう言われてもな…親父よりは、下手だぞ…俺は(まぁ、お代わりは頼むかと注文しながら) -- リッキー 2017-10-22 (日) 23:47:54
      • うん? 誰かに教えてるのか? (弟子だな弟子、と笑い) リッキーも教える難しさに悩む時期か…楽しい悩みだぞ (うんうん)
        リッキーのオヤジさんの演奏は知らんからなぁ、比較じゃあなく、俺はリッキーの演奏が巧いと思ったんだ (酒を頼み、) 俺は音楽の才能が無くてなぁ、羨ましいぜ -- イーリアス 2017-10-22 (日) 23:53:20
      • あぁ…同じ宿の、ハロリータにな…(頑張ってるから、応援したくてな、と) …俺はどうやら…甘い先生に、なりそうだ(あの子に厳しくするの無理だわ…と言う顔で)
        …そうか…それは、ありがとう…と言っておくか(照れくさそうに笑い)
        …そう、なのか?…器用そうに、見えるんだがな(不思議そうに) -- リッキー 2017-10-23 (月) 00:07:49
      • ハロリータか…宿では服着てるか? (この間服を買って渡したんだが…と) 子供に厳しくするのは慣れが必要だぜ…だが確かに必要な時もあるから難しい
        (自分が通ってきた道に苦しむ友人の肩を叩いて励まし…) おう、また聞かせてくれよ …いや、器用なのは自負してるんだが、音楽だけはどうもな 俺は聞き専で良いよ… -- イーリアス 2017-10-23 (月) 00:17:01
      • …着てる、と思うか?(達観した目で言いながら) …なるほど、流石は…師範代…(ふむ、と顎に手を当て)
        …そういうもの、か…まぁ、店は邪魔になる…また外でなら…構わんぞ(望まれるのなら、嬉しいものだと笑い) -- リッキー 2017-10-23 (月) 21:22:12
      • (肩を竦めて話を区切り) ただ厳しくすると怖がられる、厳しくする理由が伝わる為には、信頼感だな …そこらへんは、リッキーなら大丈夫そうだがね
        おう、じゃあ今度どっかで …はは、今日は良い物が聴けたぜ (そう言って一杯奢り、穏やかな夜を過ごしたのでした) -- イーリアス 2017-10-23 (月) 22:29:18
  • はぁいリッキー、物々交換の品を取りに来たわよ。もう、誰かに試しに使ってみたかしら? -- ビエネッタ 2017-10-21 (土) 20:16:26
    • //来ておいて申し訳ありませんが文通おします…! -- 2017-10-21 (土) 21:22:26
      • //了解…のんびりでも、いいぞ! -- リッキー 2017-10-21 (土) 21:24:48
    • 早い、な!?…すまん、まだ使えて、ない…(一応目ぼしはあったが、使うような状況じゃないなこれ!と使おうにも使えずで)
      (ダイアにもつかってみたくはあったけどある意味邪道だし、さらに言うと多分あのよく分からない言語がテレパシーになるだけな気もして)
      …あぁ、とりあえず…これ、なんだが(べとべとする謎の炎の杖を、べちゃっとテーブルの上に) -- リッキー 2017-10-21 (土) 21:24:28
      • あら、まだ使ってなかったの?ならもう少しお試し期間を設けるべきね(言いながらも…とりあえず物品の物色くらいはしておこうとそれをみれば)
        ……
        …な、なにこれぇ…(すっごい嫌そうな視線をリッキーに向ける) -- ビエネッタ 2017-10-21 (土) 21:35:37
      • …それなら…もう少しだけ…貸して貰えると、ありがたい…(せめて、一度くらい誰かに試したいからなぁと)
        …本当、なんだろうな…(ちょっとハイライトが消えた目で)
        …でも、まぁ…魔道器…らしい、しな?(さぁどうぞ、と棒を使ってぬちゃりとする杖をビエネッタの方に押しやって) -- リッキー 2017-10-21 (土) 21:45:53
      • ね、ねえリッキー…なんかもっと、その。別なの無いの?これすっごい嫌なんだけどっていうか(べちょりとベトベトした謎の炎の杖を当てられれば)
        いやぁ!ベトベトするぅ!!…ごほんっ。一応、入手経緯を聞こうじゃないかしら…どうしたのこれ…(それでも一応は価値をはかって見ようと) -- ビエネッタ 2017-10-22 (日) 05:21:17
      • …本日の…お勧めだ…(目を反らしたまま、ぐいぐいと押し付け)
        …冒険で、手に入れて…仲間と、じゃんけんして…負けて…俺のものになった…(つまり罰ゲームめいたもので)
        …まぁ、駄目なら…後はこちらしか、ないな…(秘蔵の精巧な闇の指輪を見せ) -- リッキー 2017-10-22 (日) 20:21:02
      • そこじゃなくて、どんな魔物から手に入れたかを聞きたいのだけど?!
        でもリッキー、さりげなくじゃんけんで負けて押し付けられたものって言ったわね?どうしてそれを私に?!
        あ、そっちはまともそうじゃない、なによ、なんでそっちを出し惜しみしたの? -- ビエネッタ 2017-10-22 (日) 23:30:41
      • …それが…分からない、分からないんだ…(怪物討伐依頼で、よく分からない生き物を倒したらなんか見つかったのがその杖で)
        …何故、と聞かれたら…ビエネッタなら…こっちでも、有効に使えるんじゃ…と思って、な
        (出し惜しみもある!が、じっさい問題これどうするんだって品物でもなんとかしてくれるんじゃ?という期待もあって) -- リッキー 2017-10-22 (日) 23:35:23
      • 分らない魔物からでてきたわからない杖な挙句ベトベトしてるとか、確かに何かありそうなきもしてくるわね…
        それに…その、私なら何とか出来るんじゃないか?って言うのは、とても良いわよリッキー。なんだか私ってば実は凄いんじゃないかって気がしてくるの。もう一回言って? -- ビエネッタ 2017-10-22 (日) 23:46:24
      • 知り合いの…魔法使いの子に聞いても、謎だったからな…(槍はまだ説明してくれたというのに)
        …あぁ、ビエネッタなら…これを上手く、扱ってくれると…そう、信じてる…(期待してるぜ!と言わんばかりのサムズアップつきで) -- リッキー 2017-10-22 (日) 23:49:50
      • くふ…ふふっ…そうでしょう、そうでしょう。この私…そう!魔術図書館の管理人足るこの私こそが、この謎のきったないアイテムに相応しいと言う事…!
        よし、良いわリッキー。私はあんぱいのアイテム等には逃げない女…この、普通の魔術師では分らないと言うベトベトする奴でてをうとうじゃないか!(ドヤ顔をする) -- ビエネッタ 2017-10-22 (日) 23:59:52
      • …いや、実際に…本当に、楽しみにしてるぞ…(ちょっと煽てた面があるが)
        …もし、何か出来たら…是非とも、教えてほしい…(どうなるか、実に気になるだけに) -- リッキー 2017-10-23 (月) 00:11:34
      • ええ、任せておきなさい!(ぬるっと謎の炎の杖を掴み)
        じゃあ、リッキー。テレパシークリスタルの変わりに、コレを頂いていくわね?(そう言って杖を片手に)
        私の用はこれですんだから帰るわ。またあいましょうリッキー(その場を後にするのであった) -- ビエネッタ 2017-10-23 (月) 01:06:44
  • (石畳の雄牛亭の前でばったり会って)あら、またこのパターンかしら? とはいっても久しぶりになるわね。
    元気にしていたかしら、リッキー。(小さく手を上げて微笑んで) -- ステラ 2017-10-20 (金) 20:59:04
    • (最初見たとき驚いた、ステラがあの事件に関わってるというのはリッキーも詳しくがないものの知ってはいたが、あまりに前と変わらない様子だっただけに)
      (しかし、事故という話でもあるので)…そう、だな…久しぶり、だ(こちらも前と変わらずに接しようと)
      …冒険も、順調だからな……そっちは、どうだ?(少し聞きにくそうになったが) -- リッキー 2017-10-20 (金) 21:21:43
      • 冒険、順調なんだ。いいことじゃない、人に降りかかる危難を払ったり、財宝を見つけ出したりしているんでしょう?
        そういうの……(通りがかる壮年女性二人がステラを指差し『あの事件の』『殺戮の舞台女優よ』と言って好奇の視線を向けてきた)
        ……こっちはこの調子。いやになるけど、どうしようもないわね。 -- ステラ 2017-10-20 (金) 21:31:18
      • …あぁ、一度失敗して…反省して、努力してるからな…ちなみに、食関連の依頼が…地味に多いな(今月もカーツを取る依頼とかがあるなと教え)
        (無言で、噂をしてるおばさん二人の方をじっと、威圧も少し込めて、無愛想だけに迫力はあるので)
        …そうか…人の噂も3月もたぬ、とは言うが…中に、入るか?(少なくとも、ここよりは人目がマシだろうと提案して) -- リッキー 2017-10-20 (金) 21:38:46
      • …失敗って。怪我はしてないの? 食関連の依頼……カーツを…? あれって相当な荒い漁になるって本で読んだけど。
        (威圧感のある視線を受けて走り去っていく噂好きの女性二人)
        …ええ、お願い。往来があると、どうしてもああいう手合いが出るから。(宿の中に入って) -- ステラ 2017-10-20 (金) 21:41:56
      • …無論、手に深手を負ったが…まぁ、知人の治療もあって…今は、この通りだ(袖をめくれば、もう痕もなく)
        …あぁ、なかなか面白い…今年はどうするか、考え中ではあるが…(水辺苦手なんだよな、泳げないから、と思いながら)
        …共用スペース、の方がいいか…(流石に自分が泊まる部屋では、男部屋に入る訳だしまずかろうと) -- リッキー 2017-10-20 (金) 21:49:17
      • 生命力と治療次第で、深手も消えてしまうものなのね。
        私も水魔術を護身程度に学んでいるけど、泳ぎは得意なほうじゃないわね……海がない国に生まれたから。
        そうね、共用スペースで。(困ったように笑って)…街を歩かないわけにはいかないのだけれど。街を歩けば、ああだから。 -- ステラ 2017-10-20 (金) 21:53:50
      • …レンの薬と、リリアの魔法の合作、だったからな…(なかなか面白い体験でもあったと語り)
        …こっちは、20年以上…山だったからな…(むしろ泳いだ経験すらなくて、何せ泳ぐ=無防備になるだけに)
        (テーブルがいくつか並んだ場所に案内すると椅子を引き、座らせた後コーヒーを淹れながら)…難儀なものだな -- リッキー 2017-10-20 (金) 22:06:12
      • へえ、リリアって治療魔法も使えるのね。それにしても…あの子も色んなところに友達がいるものだわ。
        山暮らしだと、泳ぎはなかなか……ね。間違っても船から落ちないでよ?
        (テーブルについて溜息をつき)ええ。私たちだって、仲間を喪ったのに。まるで私が好き好んで人を二人殺したみたいに。 -- ステラ 2017-10-20 (金) 22:10:41
      • …あぁ、リリアの魔法に…薬を混ぜた感じ、だな…治療魔法も、使えるかもだが …交友の広さは、屈指の実力者、だな(小さく笑い)
        …それが怖いから、参加に悩んでるんだが?(前回などはマントの下に救命具をつけての参加で)
        …人の噂など、勝手なものだ…(ステラの前にコーヒーを置き、自分も座ってそれを飲み) -- リッキー 2017-10-20 (金) 22:14:57
      • なるほど、合わせ技で治療したわけね。(くすくすと笑って)リリアも立派な魔女ね。人と関わるだけじゃなく、魔法で手助けまで。
        そうよね。でもカーツってとっても美味しいのよね。マリネで食べたいところだわ。
        …うん。(コーヒーを前に、容器を両手で包み込んで)ありがとう。コーヒーもだけど、さっきは助けてくれて。 -- ステラ 2017-10-20 (金) 22:20:28
      • …あぁ、依頼でもミスも少なくなってる…それに何より、いい子だからな…(あれほどいい子も珍しいと)
        …ふむ、そうか…ならまだ間に合うし…受けてしまうか(その話を聞き、そう決め)
        …なに…大変な時期に、足を運べなかったんだ…(部外者が立ち寄るべきなのか?と悩んでいけなかった事を後悔していて) -- リッキー 2017-10-20 (金) 22:32:02
      • ……いい子なだけじゃないわよ、あの子。(目を細めて)自分だけの強さをしっかりと持ってる。
        受けるの? 気をつけてね、本当に危ないから。あ、でもカーツが手に入ったらサクで売ってね。(気をつけろと言いながらこれである)
        …いいのよ。こうして温かいコーヒーを出して、私を気遣ってくれてる。その気持ちだけで十分嬉しい。 -- ステラ 2017-10-20 (金) 22:41:26
      • …ん?…あぁ、なるほど…そういう意味か(その意見には納得するように頷き)
        …任せて、くれ…前回は2匹、連れたからな(今回は1匹で凹む事になるのだがまたそれは後日の話で)
        …そうか…それなら、良かった…エルも、元気だろうか?(同じく劇団なので、なかなか会いに行けなくて) -- リッキー 2017-10-20 (金) 22:55:47
      • 私ね、事件の後へこんでた時期が長くて。あの子に叱られちゃった。
        あら、頼もしい。(そう言いながらも後日しっかり脂の乗ったサクを売ってもらいました)
        ええ、エルは元気よ。最近は単独公演までこなして。色々と精力的に動いてて。
        …ちょっと無理してないか、心配になるくらい。(困ったように笑ってコーヒーを飲み)
        (それからしばらく話し込み)…ん、そろそろここも混む頃合かしら。それじゃ、私は帰るわ。今日はありがとう、またね。 -- ステラ 2017-10-20 (金) 23:10:23
  • このお宿!色々な人が住んでるね!(お店にきてくれた人とか通りすがりに声かけてくれた人が多いの!と説明しながらお部屋にあがりこんでいる) -- トゥリパ 2017-10-19 (木) 18:34:08
    • あぁ…店主の親父はともかく…なかなかに、いい宿だぞ…(ノックなしなのか、と思うがまぁ気にせずに)
      …俺も、宿の住人は…大体、顔見知りだ…(お腹が大きいだけに、座るか?と椅子を引き) -- リッキー 2017-10-19 (木) 19:16:21
      • ありがとうお兄ちゃん(ちょっと椅子が高いので、一旦ベッドにあがってから、椅子によじ登って座る)
        やっぱり冬の間とかは宿とかとるのがいいのかなー?ここってお値段いくらくらいだったのー? -- トゥリパ 2017-10-19 (木) 19:45:46
      • …っと、すまんな…気が利かなかった…(なるほど、このくらいの子だとそうなるかと頭をかき)
        …俺も最初は、短期のつもりだったが…案外、住みやすくてな…壁も厚くて、煩くもない…
        …値段か…確か1日銀貨3枚、くらいだな…(いつもまとめて数か月分金貨で払ってるだけに思い出すように) -- リッキー 2017-10-19 (木) 19:57:54
      • うん?どーしたの?(なぜ謝られたのかよくわかってないらしく、椅子にしっかりと腰をすえて足をぷーらぷらして遊んでいる)
        壁分厚いんだねー石造り?なのかなー(シンプルな感じの部屋をぐるーっと見回して)
        おにーちゃんはもう長いこと住んでるのー?(銀貨3枚かーっと少し悩みつつ) -- トゥリパ 2017-10-19 (木) 20:01:04
      • …ちゃんと台まで、用意してやるべきだった…と思ってな(あるいはベットに座らせた方がこの子には楽だったかもしれないがとは思いながら)
        …色々と、細工はしてるのだろうな…実害はないから、いいんだが(最後の方は小声で)
        …もう1年以上は、ここにいるな…トゥリパも、住みたいのか? -- リッキー 2017-10-19 (木) 20:09:15
      • だいじょうぶだよー!普段なら自前の台(木箱のこと)があるんだけどー!今日は荷物おいてきちゃったから…!
        細工〜?隠し通路とかあるのかな!(ひょいっと椅子から飛び降りて、ぺちぺち壁を叩いてみたり…音は響かないので壁ぶあつそーっと)
        もうそんなにいるんだ!すごいね!んーっと…冬になると流石に寒いからあったかいところがいいかなーって気持ちと…お金節約したいなーって気持ちのせめぎあいなの! -- トゥリパ 2017-10-19 (木) 20:14:14
      • …あぁ、自前でもあるのか…(流石に行商人、準備がいいなぁと)
        …さて、どうだろうな…(そういう仕掛けがある可能性も睨んでいるが、そう簡単に見つかるヘマはしないだろうなとも思い)
        なるほど…誰かの部屋に、入れて貰う手もあるが…泊まるのも、気兼ねなくて…悪くないぞ?(どう選択するかはトゥリパ次第だなと考え) -- リッキー 2017-10-19 (木) 20:23:54
      • それでね、それでね?リッキーおにーさん森での作業が得意かなー?って思ってね(その住むの話の延長で)
        レンちゃんともハチミツとりにいったりで慣れてそうだから、どこか、木とか手に入りやすそいうないい場所しらないかな?
        (どうやら、普段の簡易シェルターから、もう少しちゃんとした冬場でも大丈夫なシェルターを建てて見たいようなことを説明する) -- トゥリパ 2017-10-19 (木) 20:30:20
      • …ん?…あぁ、確かに、得意ではあるが…(急に話が変わったように思えて首をひねり)
        あぁ、しってるのかそれを…そうだな、それはいくつか…知ってはいるが…むっ、自作で建物を、作るのか?
        …そうすると、樵…そして大工が必要に、なりそうだが… -- リッキー 2017-10-19 (木) 20:37:27
      • 建物…まではいかないかなー?(えっとねーえっとねーっとテントみたいなシェルターの、もう少し大きい感じでーっと説明する)
        木はね?柱とか、壁の補強に使うのー!(そんなに大量は必要ではなく樵が必要なほどではないみたいで)
        加工はねーボクできるからー木材さえあったらなーって木材加工セットももってるよ! -- トゥリパ 2017-10-19 (木) 20:50:12
      • …あぁ、なるほど…確かに、それくらいなら…(それでも大工はいた方がいいとは…と思うが)
        …んじゃ、場所を教えて…俺も手伝うか…(流石に、こんな小さくてお腹の大きな子だけにさせるつもりは全くなく)
        …となると、冬までだ…すぐの方が、いいのか? -- リッキー 2017-10-19 (木) 21:03:34
      • リッキーおにーさんは加工とか得意?(もしそうなら手伝ってほしそうに見上げる)
        うん!立てるところの目星はつけてるからー!あとは材料集めなの!(なのでまずは木材からと)
        はやいほうがいいなー!たてるのもーボク一人なら一週間から二週間はかかると思うからー -- トゥリパ 2017-10-19 (木) 21:16:22
      • あぁ…色々と、加工して…罠も作るからな(矢とかも自作したりするだけに)
        …よし、それじゃあ…今から、行くか?(かばんの中にノコギリや斧やらを準備しながら)
        (後は持ち運べるように馬車とかも用意した方が楽そうだなと思いながら) -- リッキー 2017-10-19 (木) 21:28:43
      • うん!行くー!あ、リュックとか持ってきてないから、一旦とりにいってきていい?
        (森の場所だけきいて、あとで合流しようといって…1時間後くらいに色々用意をしあって合流)
        ここかー!(普段のでっかいリュックサック…だけど中身は空っぽで持ち運ぶ気満々であった!) -- トゥリパ 2017-10-19 (木) 21:31:21
      • リュックを?…まぁ、俺は問題ないが…(その間に馬車とかの手配もしとこうと思い)
        (そして一時間後知り合いから馬車を借りて、宿の前に準備して斧とかを積み込んでいると)
        …トゥリパ…お前、もしかして…(背負う気だったのか、とため息をつき) -- リッキー 2017-10-19 (木) 21:44:50
      • うん?(もしかしてっときかれれば…満面の笑顔で)うん!!(元気よく答えました)
        わーお馬さんだー馬車だー懐かしいなー!(キャラバン隊にいた頃は馬車移動してたみたいで)
        馬車あれば便利だよね、お世話大変だけど…一人ならやっぱり機械の乗り物かなー -- トゥリパ 2017-10-19 (木) 22:06:42
      • …あんまり、無理しすぎるなよ?(ここでダメだというのも何なので、好きにやらせるつもりで)
        …あぁ、この馬車は…ただで借りたから、心配しなくていい(普段薬草だのあげたりしてる相手だけに、そう言う事が出来て)
        …まぁ、生き物だし、維持管理もな…しかし、機械も高いし…保守大変じゃないか?(馬車の座席に座り、トゥリパに手を差し伸べ) -- リッキー 2017-10-19 (木) 22:09:17
      • 機械整備はねー?別の街いたときに習ったのーボク結構好きみたいでー(何か作ったりいじってるのが好き)
        でもまずはお金ためなきゃなー最終的には動物にするかー機械にするかー!というわけで、木あつめよ!
        (拾うのがいいかなー?伐採するのがいいかなー?っとリッキーおにーちゃんについていく) -- トゥリパ 2017-10-19 (木) 22:35:55
      • …出来るのか?…なるほど…そういうのが、詳しそうなのは…ティレット、なんだろうが…(知り合いの銃などを扱う少女を思い浮かべ)
        …そうだな、この街でゆっくりとしながら…溜めていくといい…(頭をぽんぽんと叩き)
        …よし、ここらへんだ…で、どれがいい?(近くの森で、建築資材に使えそうな木々が並んでいて)
        …枝などは…好き放題拾っても、いいだろうが…(柱はどれか伐採しないとな、と思い) -- リッキー 2017-10-19 (木) 22:49:52
      • じどーしゃとか、ばいくとか?弄るの手伝ってたよ!小さい子供のほうが、車体の下にもぐりこみやすいんだって!(懐かしいなー整備工場のおじさんと懐かしそうに)
        太めの枝ー枝ー(30〜50cmくらいの長くて太めの枝を何本か拾い集めて)
        できたらー丸太が2本くらいあったらーいいなーそれだけあればーシェルター支えるのにちょうどいいからー!
        おにーちゃんこれとか…切り出すのによさそう(まっすぐ気味な木を指差して…倒してから半分にきればちょうど2本になりそうな感じで) -- トゥリパ 2017-10-20 (金) 00:03:54
      • …その類は、俺も詳しくないが…それが出来るなら、大したものだな…(小さいのに凄いなぁと感心して)
        (枝を拾う際にも、無駄な枝は鉈で落としたりして、持ちやすいようにしてから鞄に入れ)
        …なるほど、これくらいなら…下がってろ(マントの下から斧を取り出すと、力が入りやすい高さに斧を打ち込み)
        (それを何度も繰り返し、時折汗を拭い、ある程度したら反対側からも斧を入れ) -- リッキー 2017-10-20 (金) 21:19:26
      • (リュックに穴が空いたりしないように、枝の片側を布切れとかで包みながら、リュックに綺麗に詰め込んでいく)
        はーい!おにーちゃんお願いします!(トゥリパが力強いとはいえ、伐採には結構時間がかかるので、ここはおまかせをして)
        すごいすごい!おにーちゃんやっぱりなれてるね!(反対側からも斧いれたら傾いて木材が倒れていくのをキャッキャとはしゃいで見つめています) -- トゥリパ 2017-10-20 (金) 22:04:00
      • …慣れてる、な…(割と穴空き易いからなぁとこちらは麻袋のようなものだけに)
        20年以上…森で生活してればな…(木を切って木材にしてしまう事もそれは何度も経験していて)
        (こちらもまた邪魔な枝葉は切り落とし、拾っておいた長くて頑丈な枝を下に引いてその上を丸太で転がして)
        (そうすることで丸太が持ち上げるよりも楽に移動させられるので、それで馬車まで運ぼうと) -- リッキー 2017-10-20 (金) 22:28:53
      • リュックに穴あいちゃうと困るからねー!(たぶん、穴あけちゃったこともあったのだと思うくらい結構使い込んだリュックで)
        おにーちゃんも慣れてるね!(手際よく枝おとしていってるので、こっちもお手伝いお手伝い)
        ころころー!ころころー!(うんしょうんしょっと押す。押す。押す。馬車まで運んで…二人で丸太を馬車にのせる)
        ふー…!これがあればーシェルターの柱、なんとかなりそー!加工とかはもどってからしよっかな! -- トゥリパ 2017-10-20 (金) 22:40:12
      • 年季入ってるな…とはいえ、馴染んだものは…買い替えにくいしな(自分も身に覚えがあるだけに)
        (こちらは長い枝を使っててこの原理の要領で、トゥリパに負担かけさせないように割と必死で)
        (そしてなんとか積み込みが終わってもう一度汗を拭い)…あぁ、それじゃ移動するか…(また二人で馬車に)
        …あぁ、着くまで寝てても…いいぞ?疲れた、だろう?(若い、とはいえ重労働なだけに) -- リッキー 2017-10-20 (金) 22:52:38
      • おにーちゃん今日はありがとうね?(流石の子供でも、かなり気を使って色々してくれてたのはわかったみたいで)
        うん!少し寝るね…今度…お礼…するから…今日は…あり………すやぁ…
        (そのまま結構熟睡をしてしまって、丸太の荷降ろしとかも任せることになってしまったとかなんとか…) -- トゥリパ 2017-10-20 (金) 23:34:22
  • こんにちはリッキーさん。こないだセティがすごいはしゃぎっぷりでボクの部屋に来ましたよ…やれやれ
    でも、魔術を使えるようになったことを本当に喜んでいたのは微笑ましかった……そんな報告です -- リリネ 2017-10-18 (水) 23:35:22
    • …そうか…見て見たくも、あったな…(まぁ想像はしやすい方ではあるが、と思いながら)
      …それで、冒険には…使えそう、なのか?(割とそこは聞いておきたくて) -- リッキー 2017-10-18 (水) 23:53:03
      • んー…それがですね? いわゆるシンプルな魔矢(ボルト)を出せなかったんですよ。普通なら最も簡単な魔術なのに
        ただ、問題はそれくらいで…結構な練習量こなしてたのに魔力が切れない程度にすごかったですねセティ…
        ボクでもとっくに倒れてるし、リッキーさんだったら3回死んでたくらいには練習してたなー…(しみじみ) -- リリネ 2017-10-19 (木) 00:03:46
      • …それは、セティの問題なのか?…それとも(魔道具の問題と言うのなら、まだ種類はあるだけに交換してもいいと考えて)
        …それは…才能、と言う奴か…羨ましいな(3回もか!と呟いた後に、苦笑いで)
        …まぁ、俺の方は…魔法は、諦めてるから…(いいんだがな、と肩を竦め) -- リッキー 2017-10-19 (木) 00:10:19
      • ボクも魔導器の専門家ではないのでそこまでは。ただ、今後も出せないようなら交換も考えさせますね
        ふふっ…リッキーさんは代わりに凄腕の弓手ですからね。それにトラップにも詳しいし…頼りになる中衛ですから
        しかし冒険で出てくるアイテムって難儀ですよね。使えない物貰ってもあんまり嬉しくないからなー… -- リリネ 2017-10-19 (木) 00:27:52
      • …あぁ、その時は…また言ってくれ(一度乗りかかった舟だし、壊れたものを渡したのはこちらとしても気になるので)
        …上には上が、いるもんだが…それでも、役立ててるなら…何よりだ(少し笑みを浮かべ)
        …全くだ…これを、見てくれ(ねばねばする炎の杖と、よく分からない槍を見せ) -- リッキー 2017-10-19 (木) 00:39:18
      • えぇー……(ドン引き) 何ですかその腐敗した食材のような粘り気のある杖は……ああでもそっちのトライデントはまだ分かりますね
        うーん……(直接触って確かめている…意外と大胆な魔女である) あー、これもしかして…… -- リリネ 2017-10-19 (木) 00:51:14
      • …いうな、捨てる事も出来ず…持ってる俺の身に、なれ…(溜息をつきながら)
        …なのに、触るのか…ん、どうした?(自分はあまり触れないようなものを触れているのを遠目に眺めていたが、何か気づいた様子に気づき) -- リッキー 2017-10-19 (木) 19:14:41
      • いや、捨てればいいのに……断捨離は大事ですよー? うんうん…(基本的に旅人生活なので荷物は少なくする主義であった)
        …これ、カルシウムの殻に包まれてる感じです。恐らく巨大生物が誤って飲み込んで…体内で長い時間を過ごしたものではないかと
        その後、巨大生物が死に…普通のモンスターの手に渡ったとか。まぁあくまで推測ですけどね… -- リリネ 2017-10-19 (木) 20:14:06
      • …仲間と手に入れた、品でもあるからな…(それだけに、捨てるに捨てられなくて)
        …ほぅ…そう、なのか?…それで、こんな外見に…(不思議に思っていたが、そんなからくりが、と驚き)
        …まぁ、どちらも俺は…使う予定はないんだが…(いるか?とべとべとした杖を指さし) -- リッキー 2017-10-19 (木) 20:32:14
      • 「いや、そっちはガチでいらねぇよ?!」 (と、荒っぽい手話の中でだけツッコミしつつ)
        せめてトライデントの方なら、カルシウムを溶かせば実用に足りたかもしれませんね……ふふっ さて、それじゃあ今日はこの辺で
        御機嫌ようリッキーさん? (笑顔で、小さく手を振り別れを告げると帰っていく…) -- リリネ 2017-10-19 (木) 20:38:57
      • (なかなか感情がよく分かるいい手話だなと、楽しそうに笑い)
        …あぁ、それではまたな…しかし、この杖本当にどうしたものか…(仕舞いながら苦笑いで) -- リッキー 2017-10-19 (木) 20:47:59
  • 雄牛亭103号室……ここですか。 思ったより大勢暮らしておられるんですね…
    失礼します、リッキーさん。(こんこん、とノックの音) -- ティレット 2017-10-17 (火) 23:01:13
    • (おや、この声は…と思ってから、あぁ完成したのか!と思い出して)
      (ドアを開けて)…入ってくれ(中に入れると自分はお茶くらい出そうとお茶の準備を)
      (部屋の中は、レンジャーや盗賊関連の道具が見受けられる以外は殺風景とも言えて) -- リッキー 2017-10-17 (火) 23:12:55
      • では、失礼します。(大きな防水布の包みを抱え、招かれるまま部屋へと入る)
        ここがリッキーさんの部屋ですか…なるほど。(レンジャーの部屋、と言われれば十人中十人が納得するであろう、そんな部屋の中に一人納得して頷く)
        大体お察しの通り…出来ましたよ、ご注文の品。(荷物を降ろし、ぽんと叩きながら笑みを見せる) -- ティレット 2017-10-17 (火) 23:20:49
      • …あぁ、好きな所に座ってくれ…(ベットも机もあるし椅子もあるが、椅子はちゃんと二つあるので)
        …殺風景、だろう?(緑があるとしたら取ってきたハーブや薬草類を干したりしてるくらいだ、と笑い)
        それが、そうか…(興味深そうに見ながら、机にお茶のカップを二つ置き、とある店で買ったローズマリーのお茶を入れ) -- リッキー 2017-10-17 (火) 23:40:29
      • はい、では…(促されるまま椅子に腰掛け、あらためて部屋を見回せば)
        もっと色々物があって…散らかってるかと思いました。(私の部屋がそうですから、と苦笑する)
        …ええ、まずこれが…矢です。取り急ぎ50本…金属芯をコーティングしたもので、矢尻もブロードヘッド…切り裂くように突き刺さるタイプです。(黒ずんだ矢の先には小型ながら刃物のような三つ葉の矢尻が装着されている)
        重量バランスも木製のものと出来るだけ変わらないように作っていますが…しなりの具合が違うと思うので何度か試射をしてみてください。(出されたお茶の香りに目を細め、いただきます、と一口) -- ティレット 2017-10-18 (水) 00:04:09
      • …そういうのは、俺も落ち着かなくてな…(親によく仕込まれた結果とも言えて)
        …逆に、意外だな…(ティレットの方が色々と整頓されてそうなイメージなだけに)
        …なるほど、これは…今まで以上に、威力がありそうだ(持って、眺め、その品質の確かさに頷き)
        …だろうな…もちろんまた後で、させてもらう…(3本を1本ずつ指の間に挟んだりして、使用感を確認しながら) -- リッキー 2017-10-18 (水) 00:15:14
      • 私は…罠の試作なんかもしますから、もっと物も多くて。 出来るだけ散らかさないようにはしてるんですけどね…
        図面は残してありますので、数が少なくなったらまた注文していただければ。(恐らくリッキーならばさほど苦も無く使いこなせるだろう。それだけ腕前を信じているからこそのギリギリの調整を行っている)
        (お茶で喉を潤して、ほっ、と息を吐き) そしてこちらが…炸裂弾頭です。(続けて、革製の箱型ポーチを出してくる)
        こちらは4発分…うち1発は試射用にと。 こちらの矢にネジで差し込んで、番えるときにこの紐の先の輪を指に引っ掛けて下さい。 発射と同時に安全装置が外れます。(柔らかな内張りで衝撃から保護する構造のポーチには、大きめの電球大の弾頭が並んでいる) -- ティレット 2017-10-18 (水) 00:36:10
      • 棚とか、使うといいぞ…なんなら、手伝ってやっても、いいぞ(最近覚えた冗談を言いながら笑い)
        …あぁ、その時は…よろしく頼む(おそらくは、何かしら使って減る事もあるだろうなと思うだけに)
        そのお茶…いいだろう?…蜂蜜とか、入れた方が…美味しいがな(テーブルに置いてあるのを指さし)
        あぁ、それが…(若干身を乗り出すようにして、説明をしっかりと聞き、忘れないようにと何度も頷き) -- リッキー 2017-10-18 (水) 00:40:21
      • ふふ…まぁ、手に負えなくなったらお願いするかもしれませんけど。(そんな風に冗談を返して)
        いいですね…特に香りが良くて。どこか、このあたりのお店で売ってるお茶なんですか?(もう一口だけ香りを楽しむように飲んでから、蜂蜜を入れて飲む。心地よい甘さが加わって頬が緩んだ)
        このピンが抜けると、こちらの底部に力が加わった瞬間に爆発します。 取り扱いには十分気をつけてくださいね。
        それにしても…これほどの装備が必要になりそうな何かがあるんですか?(そこがなんとなく気になって、訊いてみる) -- ティレット 2017-10-18 (水) 01:03:22
      • あぁ…役に立つ、つもりだぞ(良かった、これで合ってたと、まだ不慣れなだけに安堵しながら)
        あぁ…それなら(町の簡易地図を取り出すと、ハーブ屋がある場所を指し示し)
        …そうだな、自爆は…したくはないものだ(やはり爆発物だけに取り扱いは気を付けないとな、と思い)
        …巨大昆虫辺りや…あるいはトロル系、か…(あの類は矢では仕留めるのが困難で支援して出来なかっただけに)
        …支援が仕事、ではあるが…臨機応変に、対応したくてな(ハチミツを入れたハーブティを飲んでからそう呟き) -- リッキー 2017-10-18 (水) 22:04:11
      • (以前よりも雄弁でユーモアを感じるようになったリッキーに微笑ましくなりながら) こんなところにハーブ屋さんがあったんですね…今度覗いてみる事にします。
        大型の敵に関しては…そうですね、時々ライフルでも危うい相手が居ますし…(特に強固な甲殻を持つものに関しては、打撃効果を狙いにくい分近接武器より厄介だ)
        私も何か、対策を考えておくべきかもしれませんね…(と、最後に金貨袋を置く。リッキーの置いていった代金だが、半分ほどはまだ残っている)
        これは余りです。またご注文を受けたら…その都度いただきますので。(そういうポリシーなのだろう。ご馳走様でした、と空になったカップを置くと立ち上がり)
        また…不都合な点などがありましたらご連絡下さい。こうしたものはマメな調整がものを言いますから。 …では、良い夢を。(いつものようにそう言って一礼すると、帰路につく夢魔だった) -- ティレット 2017-10-18 (水) 23:58:51
  • ついに ねんがんの ショートボウを 手に入れたぞ!(言葉にするくらいにとても喜びながら) -- リッキー 2017-10-16 (月) 20:26:43
    • もうすぐ秋だ、秋と言えば狩りの季節だからね 新しい弓でたくさんとろうね -- ダー・フェンザー 2017-10-16 (月) 21:52:48
      • …冒険では、いつものを使うが…狩りなら、こっちを…(親から譲られた弓の方が質はいい、けど自分の弓と言うのが嬉しくて)
        …そういえば…ダーさんは、今も狩りは…するのか?(膝に矢をとか言ってたが、冒険もしてるだけに) -- リッキー 2017-10-16 (月) 21:58:18
      • 当然さ 旅をする者なら狩りはできて当たり前だよ ダー・フェンザーはナイフか罠を使うから楽だよ
        そのうち一緒に山に行こう 採取も今のうちにうんとしておかないと 冬をこせないからね -- ダー・フェンザー 2017-10-16 (月) 22:06:43
      • 罠か…人里近くは、気を付けないといけないのがな…(人にかかってしまわないように、色々とする必要があるのが手間なんだよなぁと)
        それは…じつに楽しそうだ、是非とも…(想像して、なかなか面白い狩りになりそうだと頷いて)
        …宿に泊まってるのに、か?(ダーさんらしい言葉に笑い) -- リッキー 2017-10-16 (月) 22:13:07
      • 冬の間も宿代も飯代もかかるんだぞ?錬金術師の仕事の大半は草刈だ その草を冬の間の分まで集めないいけない
        皮も布も集めておかないとならないし、やることは山ほどあるんだ 全く、まだまだ暖かいというのにもう冬のことを考えなくちゃならないなんてね -- ダー・フェンザー 2017-10-16 (月) 22:17:49
      • …なるほど…(錬金術の事を言われると、確かに薬草類は一気に冬では取れなくなるので納得しながら)
        …狩人も、冬場は大変だからな…(それでも冬にも狩りにいくのは、それだけ必要というのもあるのだろうが)
        …俺は、冬山も、嫌いじゃないが(あの静かで真っ白な世界は、と) -- リッキー 2017-10-16 (月) 22:21:28
      • 冬山なんて恐ろしいよ 寒くて雪に埋もれてしまうし、雪で毛はべちゃべちゃになるし
        ダー・フェンザーの知ってる北方人は凍り付くような雪山をほとんど半裸で歩き回っていたけれど、ダー・フェンザーからしたら頭がスクゥーマでやられたとしか思えないね -- ダー・フェンザー 2017-10-16 (月) 22:27:58
      • あぁ…本当に、恐ろしい…(山で冬を経験したものなら、恐ろしくないだなんて口が裂けても言えないはずで)
        (それでも、死の世界だと言われようとも、リッキー自身はあの世界が嫌いになれなくて)
        …そいつは…流石に、狂人としか…(とはいえ、あの世界でそんな真似するのは、異常だろうなぁと苦笑いで) -- リッキー 2017-10-16 (月) 22:44:30
      • そういう連中なんだ、ノルド人ってやつは 度胸試しに酒を飲んで凍った川で泳ぎまわる連中さ
        今のうちに罠と毒をうんとこさえておくんだね どっちが大物をとれるか勝負しようじゃないか -- ダー・フェンザー 2017-10-16 (月) 23:05:50
      • …恐ろしい人種も、いたもんだ…(そんなのを見たら、熊に遭遇するより怖いかもしれないと)
        …あぁ、こちらとしても…負けないつもりだ(レンジャーの誇りもあるが、ダーさんと競い合うのはとても面白いだろうなと思い) -- リッキー 2017-10-16 (月) 23:17:40
  • (両手の小指を目元にあて、広げるようにして目じりまで動かす、これは女ったらしの意味だ)
    (イーリアスやセンにやるといいな、あいつらはまだ分からないだろうからあなたの事だよ、とやっても気づかないはずだと) -- リッキー 2017-10-16 (月) 20:19:26
    • (逆に親指でやると、男たらしと言う意味らしいが…これは誰があてはまるかは俺は論じない、論じないぞ!と) -- リッキー 2017-10-16 (月) 20:22:21
  • -- 2017-10-16 (月) 20:17:55
  • -- 2017-10-16 (月) 20:17:52
  • おっ、と……。すまない。(雄牛亭の廊下。リッキーとぶつかりそうになって軽いステップでひらりと避ける)
    と、リッキー君じゃないか。(相手がリッキーであることに今気づいた模様。どうも手をうにょうにょさせる動きに集中していたらしい) -- セン 2017-10-14 (土) 12:17:07
    • (こちらも最小限の動きで音もなく、声も上げないがその代わりに頭を軽く下げ)
      (そして少し手を上げて挨拶してから、なんだその手の動きは?という感じで首をひねり) -- リッキー 2017-10-15 (日) 22:15:49
      • (視線の動きで自分の手に注目されていることに気付いて伏し目がちな照れ笑い)
        リッキー君に分かってもらえないとなると、さらに修行が足りないね……。(言われて動きをよく見ると、なるほどハンドサイン……にみえないこともない、かなあ……? 程度の) -- セン 2017-10-15 (日) 22:20:26
      • (ふむ、俺に分かってもらえない…と言う事はやはり、ハンドサインの類なんだろうなと推察して)
        …しかし、なんでまた?(普通に生きていくのならさほど重要ではない技術だけに) -- リッキー 2017-10-15 (日) 23:03:56
      • ほら、以前ダー・フェンザー君と劇場で会話していただろう?(確かシンデレラの時だったかな、と笑顔で)
        あのときにさっぱりわからなかったのが悔しくてね。それでちまちまと勉強しているのだけれど……なかなかね。 -- セン 2017-10-15 (日) 23:06:12
      • …なるほど、な(リリアと同じ理由か…以外なものだ、ああいうのを見て学ぼうと思う人がこんなにいるとは、と少し驚き)
        …相手が、いないと…そんなもんだ(肩を竦めるようにしてから慰めるように)
        あと…口パクでもいい…喋ってもいい…しながら、話す事だ(自分なりのコツを伝え、意外と耳が聞こえずとも口の動きと手の動きで理解する人も多いので) -- リッキー 2017-10-15 (日) 23:16:43
      • なるほど話しながら、か……(真剣な顔で頷いて覚え)
        それから相手が居なければ、ね。……そうだ、それならリッキー君これから時間はあるかな。相手がいたほうがいいなら、教えてもらえたら嬉しい。そうだねえ……(時計を見て)お礼と言っては何だけれど、おひるごはんは奢らせてもらうよ -- セン 2017-10-15 (日) 23:32:10
      • …あぁ(手話とともに) 問題ない(口も動かし) 奢りなら(少し笑い) 喜んで、いこう(頷いて)
        …後は、他にも…出来る人を探すのも、楽しいぞ?(自分がそうだっただけに) -- リッキー 2017-10-15 (日) 23:53:58
      • 他にできる人か……ダー・フェンザー君以外にもきっといるのだろうね。
        それじゃあそれこそ食べながら色々教わろうかな。リッキー君は何か食べたいものはあるかな……?(などと、昼食を一緒に食べながらたくさん教わったのでした。 センのハンドサイン技能が2ばかり上がった!) -- セン 2017-10-16 (月) 00:02:48
  • というわけで、毒によって狙う部位や、有効な相手に違いがでる ヒントは獲物の生態を知ることだ
    例えば毛虫が鳥に食われないように毒も持つように、なにかしら有効なものが見つかるかもしれない
    (毒学についての講義が開かれている リッキーは毒についての智識や調合方法を学んだ!) -- ダー・フェンザー 2017-10-13 (金) 23:08:58
    • …なるほど…そこは、森で生きる時も…重要な点、だな(お互い森で生きる生物同士、生態を知らなければお互いに損なだけに)
      (だから動物同士、極力縄張りには近づかなかったり、餌場には近寄らなかったりと、森の住人ならではの知識と言うのがあるので)
      …人間は、それを積み重ねて…伝えるのが、大きな点だな(動物にはそれが難しいので) -- リッキー 2017-10-13 (金) 23:16:28
      • 実は鳥や狼は知識を次の世代に伝えているそうだよ 流石に獣の言葉はわからないけれど、鳥は自分の子供に名前までつけるそうだ
        まぁ大事なのはどんなに強い力であっても使いどころさ どんなものを使った所で急所に当てなきゃ意味がないからね
        そうそう、思い付いたんだが矢に炸薬や魔石やなんかをつける方法もあるね 少し練習が必要そうだけどね -- ダー・フェンザー 2017-10-13 (金) 23:22:06
      • …あぁ、狼は…なんとなく、分かる(ライバル的な意識を持つ個体がいただけに) 鳥もだとは、思わなかったが…
        …全くだ…もしトロルなどが、知恵をつけたら…(人間は敵わないんだろうな、と思うほど力の差があるだけに)
        (ニヤリと笑い) …そっちも実は、計画中なんだ…ティレットの所で、だが -- リッキー 2017-10-13 (金) 23:25:23
      • おやなるほど もう考えていたというわけだね そうだリッキー、君はセキエイの森に言ったことはあるかい?
        なんにもない、やたらと霧の深い森だ 最近よくレンが遊びに行ってるらしいよ -- ダー・フェンザー 2017-10-13 (金) 23:27:16
      • お勧めされてな…実際、相談して良かった(実物はまだだが、きっといい仕事してくれるだろうと信頼していて)
        …セキエイ…は知らないが(もしかしてリュキアが言っていた森と同じ、なのだろうかと)
        …何もない、か…なら、いいんじゃないか?(レンはそういうの好きそうだしな、と思い) -- リッキー 2017-10-13 (金) 23:38:25
      • ふむ、そうか いや知らないならいいのさ 別に大したことじゃないよ 
        さっきなにもないと言ったけれど、少し気になることはあるんだ ただちょっとした約束でそれは話せないけどね -- ダー・フェンザー 2017-10-13 (金) 23:43:33
      • (ダーさんにしては珍しいな…余程、森に何かがあるんだろうな、こうなってくると…と顎に手をあて)
        …ただ、俺もとある事情で…近々、森を探索する予定では…あるぞ?(なので、あえてこちらからカードを切って) -- リッキー 2017-10-13 (金) 23:45:41
      • ふむ、(頬をぽりぽりとしながら思案げに)なにもない森だよ、一体何をしに? いや……そうか、誰かから何か噂でも聞いたのかい? -- ダー・フェンザー 2017-10-13 (金) 23:51:23
      • …あれ?(もしかして、違う森なのか…やばい、なんか恥ずかしいミスをした気がするぞ俺!と若干焦りながら)
        …まぁ、頼み事…なだけだがな…(表面上は、さっきと同じ流れで答え) -- リッキー 2017-10-13 (金) 23:58:24
      • そうか まぁ気を付けてくれ 妙な話に聞こえるだろうが、森と約束をしたんだ セキエイの森の事は秘密にするとね
        君もあそこに行くのなら、まぁ多分ダー・フェンザーの言ってる意味がわかるだろう まぁ君ならうまくやるだろうから心配はしてないよ -- ダー・フェンザー 2017-10-14 (土) 00:04:57
      • …むぅ…森と約束…ね(何もないとか言いつつ、どう考えてもおかしいよなそれ…と思う事が多いなと)
        …ま、敵対する気はない…何かあっても、逃げ帰るさ(逃げに徹するなら、森のレンジャーは強いだけに) -- リッキー 2017-10-14 (土) 00:12:57
      • 敵とも味方ともまた少し違うんだ、ちょっと複雑でね まぁ行けばわかるさ
        さてそれじゃぁ今日はの所はここらで帰ろうか といってもすぐ上の部屋だけどね それじゃぁまた -- ダー・フェンザー 2017-10-14 (土) 00:20:47
  • お兄さん! ハチ! ハチ持ってない!? スズメバチがいい! できれば生きてないのがいいけど、わりと活きがいいほうがいい! -- レン 2017-10-13 (金) 21:53:34
    • …いや、持ってないが…(むしろ何故俺が持ってると思ったんだ?という疑問すら沸くが)
      …まぁ、取る方法は…なくはないが…(一体何に使うんだ?と首をひねり) -- リッキー 2017-10-13 (金) 21:56:03
      • 持ってないかー・・・。 んっとね、お腹がおっきい行商人のひとも持ってなかったからー・・・手当たり次第! 行き当たりばったりかな?
        んーとね、お薬に使うの! ハチをこう・・・すりつぶして・・・! ああしてこうして、最終的にお薬になる -- レン 2017-10-13 (金) 21:59:48
      • …お腹の大きな…行商人?(頭の中で思い浮かべるのは、不思議なダンジョンに潜ってそうなおっさんの姿で)
        まぁ、それはいいが…ふむ(あれが薬になるのか、俺の知らない知識だな…ああしてこうしてがかなり不安を煽るが!と思いながら)
        …んじゃ、森の中で…探して、みるか(早速準備、網のようなものや長細いものなどを集め) -- リッキー 2017-10-13 (金) 22:05:09
      • うん! ボクかー・・・ボクよりちっちゃいくらいの女の子でー・・・お腹に赤ちゃんがいるんだって! (性知識がないのでさらりと言うわんこ)
        森! 森の中いく!? この季節はー・・・虫が多いから! 準備が大変ね! 何が要るかな!?  -- レン 2017-10-13 (金) 22:07:57
      • …は?…そいつはまた…心配、だな(生活やっていけるのか?お金余程ないのか?見かけたら買ってあげよう、と考え)
        (それをいえば、妊婦じゃないがこんな小さな子が保護者なしでぶらぶらしてるってのも心配なんだがな、と目の前のわんこを見て)
        …これ、下げとけ…においはキツイがな(何かを固めた円状のものの先に火をつけると、虫よけの匂いが漂って)
        …ま、ハチの巣は…心当たりがある(森の事をよく知ってるだけに) -- リッキー 2017-10-13 (金) 22:14:35
      • 蜂の巣!! さすがはお兄さんだ・・・! すてきな毛布のお店を知っているだけある!!
        行商人さんはー・・・・・・そうだね、心配! あんなにお腹が大きいと、たぶん足元が見えない! 転びそう・・・。(やはり性知識がないためどこかずれてる)
        これはー・・・鼻にくるね・・・・・・。 つけてないと・・・だめ? (虫よけの匂いに顔をしかめる) -- レン 2017-10-13 (金) 22:18:54
      • …関係、あるのか…?(毛布の店はまぁ、喜んでくれたからいいんだがと)
        …その子に限らず、そういう人が困ってたら…助けて、やるんだぞ?(ちゃんと心配する気持ちがあるなら大丈夫だろうとは思うが)
        …刺されたくないなら…遠くで見てるなら、まぁ左程必要もないが…(まず出発してそのまま森の中に) -- リッキー 2017-10-13 (金) 22:22:41
      • んっとねー・・・大丈夫かなー?って思いはするんだけどー、撫でられたりとかすると興奮してわかんなくなる!(森に向かいながら話して)
        できれば、この前みたいに役に立つ! そして褒められる!(ふんすふんすと鼻息を荒くするわんこ) -- レン 2017-10-13 (金) 22:25:16
      • …こっちが心配になるな…(まぁなんだかんだで優しい子だし大丈夫だろう…多分とは思いながら)
        …それなら、手伝って貰おう…(取り出したのは、先ほど渡した円状のものをより凝縮して粘土質にしたもので)
        手順を言うぞ…(まず巣を見つけたら、俺が近づき網で出口を塞ぐ、その上からレンが投げつける、最後に俺が着火すれば終了、と) -- リッキー 2017-10-13 (金) 22:35:11
      • (手順を聞き、わからないところは質問して)ふんふん・・・わかった! お兄さんの合図でコレ投げればいいんだ!
        お兄さんはー・・・だいじょうぶ? ハチにさされないでね! あ、でもいちおう解毒薬はあるから! (まだ使ったことないけど、と付け足す) -- レン 2017-10-13 (金) 22:46:24
      • あぁ…任せた、ぞ(頭をぽんぽんと叩き、粘土質の殺虫剤を渡し)
        …なに、貴重な山の甘味…何度も取ったことが…(と言いかけた所で片手をあげて、止まれの合図を)
        (およそ30m先の木の空洞部分にスズメバチが飛んでるのが見え、おそらく巣だろうと) -- リッキー 2017-10-13 (金) 22:48:39
      • ふんふん、ハチミツはおいしいものね・・・! 行商人さんも、おいしいハチミツ売ってたよ!
        (合図を見れば耳と尻尾をピクリと動かし、足を止める)・・・いた? -- レン 2017-10-13 (金) 22:56:00
      • ほぅ…いいな…後で、探してみよう…(いい蜂蜜なら、それを買うのもいいと考えながら)
        (小さく頷き、少し待ってろと呟くと、すっと何気なく歩き始めるが、一歩進めるごとに存在が少しずつ希薄になり)
        (レンから見てもどこいったか見失いそうになるほど森と一体化したような存在感で巣に近付くと)
        …今だ!こい!(俊敏に木の空洞の入り口に網をかけ、強く引っ張る事で蜂の出入りを防ぎながら叫び) -- リッキー 2017-10-13 (金) 23:07:04
      • わふっ! (耳をぴくっと動かし、ダダダっと助走をつけて殺虫剤を放り投げる!)
        投げたよー! (そこそこのコントロール! 殺虫剤がいい感じの位置に放り投げられた) -- レン 2017-10-13 (金) 23:14:52
      • …上手いじゃないか(片手でサムズアップを送ると、器用に片手で腰に付けたナイフを抜き、その柄にナイフをこすり付け)
        (ナイフに塗られた油に火花で着火すると、そのナイフを投げつけて殺虫剤に火をつけ)
        (その煙に燻され、鉢たちの動きがどんどんと鈍り、そしてしばらくして)…終わった、ぞ
        (網にはどっさりと蜂の死体や瀕死のものが、空洞にはハチの巣が手つかずで) -- リッキー 2017-10-13 (金) 23:19:51
      • おおおー! お兄さん凄いなー! とても手際がよくて・・・早い! (少し遠目の位置から声をあげるわんこ)
        匂いが凄くて近づけないから! ボクここから見てるね!! (尻尾はやや下がり気味だ) -- レン 2017-10-13 (金) 23:24:33
      • …流石に、この匂いは…きついか(まぁそうじゃないと、このスズメバチもこうはならないので通りだなと思いながら)
        (蜂を網で何重にも包んで、生きているのはナイフで殺してからレンの元へと歩いていき)
        …これで、いいか?(量としては多すぎるかもだが、まぁその場合は適当に処理してくれるだろうと) -- リッキー 2017-10-13 (金) 23:27:53
      • ありがとー! これは・・・とても多いね! お薬をいっぱいつくって・・・余るな・・・・・・。
        余ったら・・・どうしよう。 ・・・・・・あ、そうだ! 干す! 乾燥! ハチをたくさん干して・・・冬に使う!! -- レン 2017-10-13 (金) 23:47:31
      • (思ったより考えてるな!とある意味失礼な事をちょっと思ってしまったり)
        まぁ、使い方は…任せる…蜂蜜は、また今度…持っていってやる(巣を取り出し、蜜を搾り取るのは時間がかかるだけに)
        (いまここで渡す、と言う訳にもいかないので、また後日という事にして) -- リッキー 2017-10-13 (金) 23:57:09
      • ねこのおじさんがね・・・この季節にたくさんとって、干すといいって言ってた!! ねこのおじさんは・・・物知り!
        うん! それじゃー、また今度だね! ・・・・・・あ、そうだ! お薬できたら、お兄さんにも分けてあげるね! -- レン 2017-10-14 (土) 00:04:36
      • ねこの…あぁ…確かに物知りだ(きっとダーさんの事だろうと、他に見た事がないしな猫でおじさんなんて)
        了解だ…楽しみにしていよう(手を振って見送り、しかし蜂を使う薬ってなんだろうな…と思いながら) -- リッキー 2017-10-14 (土) 00:11:21
  • (酒場でリッキーが飲んでいると、後ろから) おう、リッキー 久しいな (一月ほど姿を見せていなかった男の声 振り返ると… …伸ばし放題の鬚にボロボロの旅装束と言った、酷い格好の男が居た) -- イーリアス 2017-10-13 (金) 20:40:40
    • (おや、この声は…と声だけで当然気づき、振り返ってみればなかなかに浮浪者かと思う姿に苦笑して)
      …すっかりと、恰好よくなったな?(隣は空いてるぞ、と指をさし)
      …それで、今までどうしてたんだ?(まぁおそらく修行めいた事なんだろうな、とは思っていたが) -- リッキー 2017-10-13 (金) 21:27:58
      • ダー・フェンザーにも褒められた 男は髭の魅力が分かるのかね (ふっはっは、なんて笑いつつ隣に座る)
        ああ、雷を纏った古代竜と一月タイマン張り続けて来た… …脚あるよな、俺 (自分で不安になった様子で、泥汚れたブーツをはいた脚を見た) -- イーリアス 2017-10-13 (金) 21:42:05
      • 女には、不評だがな…(ニヤリと笑いながら、酒の追加を頼むと、再開の乾杯を)
        …そいつは、尋常じゃないな(良く生きてたな…と信じられないといった顔で)
        …あまり無茶はするなよ…(お前が死ぬと泣く子もいるだろう?…多分と付け足して) -- リッキー 2017-10-13 (金) 21:50:57
      • うぐっ…まあ、良いんだ良いんだ、この年になって慌てて結婚相手を探すわけでも無し 恋人も居ないし …居ないし! 畜生、呑もうぜ!! (乾杯した)
        無茶じゃあない、とは言えないな、何度か無理矢理生き返らされたし… (そんな事を言いつつ、久々の酒を一気に飲み干しおかわりを頼み)
        泣く子なあ…まあ、幼年部のガキ共は泣くかもなあ (結構人気な先生なんだぜ俺、と笑って) -- イーリアス 2017-10-13 (金) 22:07:43
      • …だからって、慌てなさすぎも…どうかと、思うがな(自分にもあてはまるので苦笑いしながら乾杯して)
        駄目じゃないか…(蘇生する、と言う事自体がもう非常識すぎて、溜息しか出なくて)
        …一か月、放置した…先生だがな?(小さく笑い、痛いとこを突っ込み) -- リッキー 2017-10-13 (金) 22:11:34
      • その内できるさ こう見えて、10代の頃はモテてたんだぜ? (悲しい過去の栄光を語りつつ、髭についた泡を腕で拭い)
        良いんだよ、俺が居ない間は、俺の百何代も前の、初代かつ現師範の騎士さんが教えてるんだから (リッキーのつまんでた入り豆を一つ頂きつつ)
        …帰ってまた指導はじめて、「えるふせんせいのほうがよかったー」って幼年部のチビ達に言われないかだけが俺の不安事だぜ… -- イーリアス 2017-10-13 (金) 22:20:53
      • …酒場でも、色々と浮名の噂…あったな(それが本当かは知らないが、そう思わせるだけのものは持ってるしなぁと)
        …そいつはまた、豪勢な(ここのポテトサラダ絶品だぞ?と注文して渡し)
        …人気を取り返すの、大変そうだな…して、成果は?(笑ったあと、酒を飲んでから、そこまでした結果を聞き) -- リッキー 2017-10-13 (金) 22:25:35
      • なんだそれ、変な噂じゃあなきゃいいけども… ああ、豪勢も豪勢 本人は人の良いエルフのお兄ちゃんのつもりらしいが、図書館に本人の伝説が残った本があるような人だからなあ…
        ああ、人気はともかく、威厳は取り戻したいが…美味い! (ポテトサラダで涙目になる一月の山籠もり後の痩せた舌)
        うん? ああ、得たものな …はは、まあ、それはいつか、リッキーと冒険した時にまでとっておきかな (そう言って笑う顔は自信があった) -- イーリアス 2017-10-13 (金) 22:48:41
      • まぁ、変な噂が…多いしな…(自分の噂もチラっと見て絶句したのを思い出し) この街は、ビックリ箱だ(そういう伝説的な人物がたまにいるから)
        …ヒゲ剃らないと、だがな(美味しいだろう?と他にも酒のつまみになる一品料理をどんどん頼み、酒を飲んで)
        おっ…気になるが…楽しみにしてよう…こっちも、色々とあるしな(ダーさんティレットと相談をしていて) -- リッキー 2017-10-13 (金) 22:52:03
      • 酔っ払いのたわごとと思ってると、意外とそれがまことしやかに…なんてこともままあるしな… (神妙な顔…)
        いや、試しにちょっと髭を整えて遊んでみようかとも思ってるんだよなあ… んむ、ここ料理も旨いな 今度また来よう (料理を頼むリッキーに、こっちはリッキーの分の酒も頼んで 気付けば二人で大宴会だ)
        うん? なんだよ、そっちも色々隠し玉があるかんじか? この間の話、上手く行ってるみたいじゃあないか そっちも気になるなあ -- イーリアス 2017-10-13 (金) 23:10:03
      • …それは、怖いな…(お互い、そういう意味では噂通りだとろくなことにならなさそうなだけに)
        …ふむ…どうなるか、楽しみだな(ちょっと想像しにくいだけに、そして宴会は進む、ただ自分の事ながら左程酔えないのが残念でもあるが)
        …まぁ、まだ本採用…ではないんだがな(まだ依頼した段階なので、ただ次の時には見せれるだろうと) -- リッキー 2017-10-13 (金) 23:13:38
      • 怖いな… (リッキーの噂を思い出す…) 怖いな… (真顔で頷き、言葉少なに酒を飲む…)
        折角伸ばしたから、ファッションでいじってみるのも面白いもんさ …いやしかし、リッキーは酒強いな! 俺も強いつもりだったが、顔が変わらんなあ (久々の酒なのだろう、杯を重ねる内に普段よりも少し早く酔いが回ったようで)
        へえ、新兵器って奴か! こうなると、戦い方に関して俺もどんどんリッキーに叩き込まないとな… 弓弦と弓胴だけでの戦い方とか 頼れる男がもっと頼れるようになるな! 冒険に引っ張りだこのイケメンになるな! (酔っ払いは楽しそうに笑った) -- イーリアス 2017-10-14 (土) 10:28:03
  • リッキー君、いるー? -- 社長 2017-10-11 (水) 23:25:31
    • (おや、確か保険会社の…油断出来ない社長さん、か…一体何の用だろうか?と少しばかり警戒を)
      (とりあえずドアを開けて、中に案内しながら) -- リッキー 2017-10-11 (水) 23:32:48
      • 手短に済ませるつもりだが、少々お時間頂くよ。失礼 (軽く会釈をしてから無造作に中へ足を運ぶ)
        この度は我が社の『馬小屋バイバイプラン』にご加入頂きありがとう。話というのはその保険に関わることなんだけどネ。
        さて、契約書の端っこにも書いてあったけれど、我が社では保険の種類によって冒険先の動向をモニターする使い魔を同行させて頂いている。邪魔にならない範囲でネ。
        キミが加入した『馬小屋バイバイプラン』も、この使い魔同行の契約に該当する。
        マァ、冒険外で負った傷やワザと負傷して保険金をせしめようとする不心得物を防止する観点からダネ。
        ……ここまでは宜しいかな? -- 社長 2017-10-11 (水) 23:54:14
      • (椅子をすすめ、自分も椅子に座り、話を聞く姿勢で待ち)
        (話を聞けば、何やら契約の時に使い魔の同行を許すという事になっていたようで、俺は知らなかったが)
        (一瞬顔を顰めるが、しかし社長のいう不正防止と言う点はまぁ会社としては当然だろうとも思うし、邪魔にならないのなら…と納得した上で頷き) -- リッキー 2017-10-12 (木) 00:19:59
      • (椅子を勧められると礼は言うが、腰掛けず背凭れに手を置く。話はすぐに済ますという暗黙のサインだ)
        君には監視用の使い魔をつけないことにしようと思う。よろしいかな? -- 社長 2017-10-12 (木) 00:37:08
      • (ふむ、座らないか。こちらを警戒してとかじゃなく、必要はないってだけか…と思いながら)
        …それは別に、構わないが…(その理由は何でだ?と思うのは当たり前のことで) -- リッキー 2017-10-12 (木) 19:44:07
      • (本日初めて聞いた彼の声。顎鬚を撫でつけながら、続くであろう疑問を察し)
        使い魔を付ける理由は話したよね。その『必要性は無い』と私が判断したからだよ。
        維持費も馬鹿にならないからネー。ウチとしても無駄はなるべくカットしておきたいからネー。
        ではリッキー君。これからも我が社の保険をヨロシクね。他に加入したいプランがあればいつでもどうぞ。
        (椅子の背凭れから手を離し、一礼してから部屋を後にしていった) -- 社長 2017-10-12 (木) 20:31:13
      • (理由としてはまぁ納得できなくもない、それだけの信頼される理由の方が良くわからなかったが)
        …よろしく、されたくはないがな(保険にかかわる=それだけ何かあるという事なので、そこは正直に苦笑い気味で)
        (しかし…やっぱりただ者じゃないよなぁ、あの社長…と全く隙のない存在感に) -- リッキー 2017-10-12 (木) 20:44:13
  • おや、レンジャーの、仕事帰りかな?(街中で買い食いしながら遭遇する兎) -- ビデスト 2017-10-09 (月) 23:39:01
    • …まぁ、な…(無口、と言うより憮然としてるのは、掲示板の依頼でミスをしたせいか)
      (落とし穴にでもはまったか、服の一部には普通ではつかぬ汚れもあり) -- リッキー 2017-10-09 (月) 23:52:19
      • 落ち込んでいるね、まあ失敗は誰にでもあるよ、私も依頼達成に失敗したことはあったが気にしても仕方がない(食べるかね、と肉まんを1個差し出す) -- ビデスト 2017-10-10 (火) 00:01:43
      • …落ち込む、と言うよりは(情けないだろうな、これはと思いながら)
        …頂こう(とはいえ、あまり気にしても仕方がないのは確かだな、と認めるように肉まんを受け取り)
        (しかし、この時期に肉まんって珍しいな。彼の好物なのだろうかと) -- リッキー 2017-10-10 (火) 21:21:07
      • 何か事情がありそうだね?まあ、失敗はするものだ、ただ私は失敗を恐れずに、なんて言葉は嫌いだね、それは知恵無き獣と同じになってしまう
        (肉まんを差し出しながら)知恵があるから予測し失敗した場合を恐れる、当たり前の話だ、だから私は失敗は恐れる、恐れ回避しようとし、それでも失敗したなら、その時こそ諦めずに努力する、それが知恵ある者の権利だろう?(なおこの兎中華系が好みの模様) -- ビデスト 2017-10-11 (水) 00:46:27
      • …事情、という程じゃ…(「まぁ 失敗して凹んで 今色々と模索を してるところだ」とサインで)
        (その言葉には正直に頷いて)…そのために、色々と教わってるし…な
        …しかし、美味いな(一口食べ、思った以上に美味しくて軽く目を見開き) -- リッキー 2017-10-11 (水) 21:40:59
      • うむ、調子が戻ってきたようだね?(ハンドサインが増えたことで安心して)
        お気に入りだよ、まあハンバーガーも悪くは無いが、私の口だと大きい物は後ろからはみ出てね……(顎のサイズの問題でキングサイズを食べることが出来ないと悔しがる兎) -- ビデスト 2017-10-11 (水) 23:14:23
      • あぁ…ハンバーガーも、いいな…(なるほど、確かにあまり大きい口じゃないから大変そうだなと)
        …フォークやナイフで上品に、は…美味しさ半減、だしな(被りついてこそ、肉まんにしろバーガーは美味しいと思ってるだけに) -- リッキー 2017-10-11 (水) 23:20:21
      • ドーナッツもそうだが、齧りつけるのが一番の魅力だと思うね、しかしハンバーガーは時間経過と共に徐々にズレが生じて最後は悲しいことになる……
        あと店員がバイトの子だと毎回玩具付きのセットを勧めてくるのも悲しくなる(背丈が低すぎて通常のセットを頼むと色々勘違いされる) -- ビデスト 2017-10-11 (水) 23:35:18
      • …両手で食べると、防げるらしい…(ただ被りつくなら片手だよなぁとは思いながら)
        あー…(それは、しかたがないだろうなぁ…誰だってそうする俺だってそうすると思って、どちらにも同情をしながら) -- リッキー 2017-10-11 (水) 23:45:47
      • 意外な盲点だね……なるほど、確かに片手で持つ、と言う先入観があった(片手でドリンク、片手でハンバーガー、と言うスタイルだった)
        顔を覚えてもらうほど利用していないと言うのもあるが、うむ、利用するたびに説明するのが面倒になってしまって、中華系の方がわかりやすく食べやすいのが理由でもあるね(自炊できないのでだいたい買い食いになる、なお今はメイドさんが居るので買い食いしすぎると怒られる) -- ビデスト 2017-10-11 (水) 23:50:37
      • 女の子がするなら、いいんだがな…(両手で食べる女の子、それはとても良さそうだなと)
        …俺は宿の料理が、あるからな…(可愛い女の子の手料理だからな!たまに親父さんのだが、とは思いながら) -- リッキー 2017-10-12 (木) 00:17:09
      • ああ、それは、いいね(イメージしてみて頷く、人並みより薄いがその手の萌えなどにも理解はある)
        なるほど、宿なら確かに食事込みだね、ちなみにその肉まんの中華屋は料理人はおっさんばかりだね(腕は確かだ、と言うがむさ苦しいイメージは拭えない) -- ビデスト 2017-10-12 (木) 00:21:59
      • (そうだろう?と無言でサムズアップしながら)
        …まぁ、美味しければ…それで(女の子であるならそれに越したことはないが、美味しいのはよいものなので)
        …まぁ、嫁さん貰うしか…ないな(俺はいつ彼女出来るのかねぇとちょっと遠い目に) -- リッキー 2017-10-12 (木) 19:43:04
      • 確かに美味しいかどうかは重要だね、ただ私がやると一定のお嬢様方に悪影響がありそうだが……(たまに変な人と遭遇することもある兎)
        伴侶か、考えたことも無かったね、まあ悪くは無いのだろうねぇ?ああ、そう言えば自己紹介も名刺もまだだったね、ビデスト・オルスだ、知っての通り、塾の講師をしている(一応名刺を差し出す) -- ビデスト 2017-10-12 (木) 23:22:33
  • り、っきー…(107号室に住んでいる従者が出かけていて部屋の鍵が空いていなくて入れない
    時間があれば相手をして欲しい、そんなことを言いたそうな瞳で部屋のドアをてしてししている) -- ハロリータ 2017-10-08 (日) 20:55:31
    • (おや?こないだの…どうしたんだ?と気配に気づき、ドアを開けて見れば)
      …よく分からんが、入るか?(今更通報とかはないだろうと、用があるのなら招き入れ)
      (丁度趣味のハーモニカでも吹こうかと思っていたので、テーブルにはハーモニカが置いてあり) -- リッキー 2017-10-08 (日) 22:10:29
      • へや、に…かぎで…(そういえばほかの人の部屋はまだ覗いたことがなかった、少し興味を持って部屋を見回す)
        り、っき…これ、なあ、に?(ハロリータにはパスタを作る器具のパーツに見えたらしく、料理をしていたのかときいて) -- ハロリータ 2017-10-08 (日) 22:24:49
      • …あぁ、入れないのか…(あの兵士さんもダメだな!まぁそう言う事もたまにはあるんだろうが、と)
        (部屋は備え付けの家具以外はレンジャー用品や盗賊に使う道具など以外はあまりなく)
        …あぁ、これか…これはな(軽く音を鳴らしてから子供でも喜びそうな曲を一曲吹いてみせ) -- リッキー 2017-10-08 (日) 22:54:54
      • あ、そこは…(ハロリータの部屋ではなくて従者の女性が住むための場所で、ハロリータはそこへ遊びに来ていると説明)
        りっきー、冒険す、る…ひと(冒険に使う道具を何度か依頼を受けていて見たことがある彼女はなんとなくそれが分かって)
        …お、お…楽器…(軽快だけどどこか切ない音色にずーっと立って聞き入っていて、演奏が終わっても余韻で動く気配がない) -- ハロリータ 2017-10-08 (日) 23:24:28
      • (あれ?そうだったのか…なら、仕方がないな。アポなしならと納得して)
        (冒険する人と言う言葉に頷いて) …まだまだ、未熟だがな(一度失敗したりと)
        …気に入った、か?(演奏を終え、まだじっとしてるハロリータを見て) -- リッキー 2017-10-08 (日) 23:31:04
      • …うん…(ほんの少しだけ瞬きをして体勢を楽にして頷く、その目は幾ばくか子供らしい輝きを放っていた)
        しっぱい…こわ、い…?(何かかみ締めるような言葉が気になっていたのかふと口に出して、心配そうにしているようにも見える) -- ハロリータ 2017-10-09 (月) 09:53:43
      • …吹いてみるか?(今吹いた奴、ではなくて新品同様の練習用の簡単なハーモニカを鞄から取り出し)
        (そして怖いかと言う問いに対して驚き、そして少し考えたあとで) …怖いな(正直に言い)
        …森で一人より、ずっとな(森で一人なら自信もあった、危機もあったが怖さはなく、実際切り抜けてきたが)
        (仲間がいる、仲間の次に住人がいる、その事が失敗を恐れさせ、逃げにくい環境が恐怖を呼び、上手くいかない原因にもなっていて) -- リッキー 2017-10-09 (月) 21:39:12
      • ふーふー、す、るの?(新しいハーモニカの手触りや感触を一通り感じたあと、口をつけてふーっと、息を吹く
        肺活量が絶望的なのでおそらくとても細い音しか出ないだろう、そのことを不思議そうに首をかしげて、難しそうな顔をする)
        ひと、り…(ハロリータも大勢に囲まれていたがずっと一人ぼっちだった、誰もが祝福のみを求め、人として扱ってもらえないこともあった)
        わ、たしは…ひとり、は嫌…(冒険者のそれとは比べられないが、この街で友達が出来てようやく一人でいることが寂しかったことに気づいたと話す)
        リッキー、とも、だちに…なれ、る?(不安や怖いことは人に話したりして気持ちが軽くなることもある、そのために友達になろうと考えているようだ) -- ハロリータ 2017-10-09 (月) 22:21:56
      • (ハロリータが口の形も変えずに、おそらく舌も使わずに吹いたのを見て、指をちっちっと左右に振り)
        (立ち上がると、持ってきたのは水が入った2つのグラスとそこに刺したストローで、まずは自分がグラスを手に取ると、ストローを吸うのではなく息を吹き)
        (ぼこぼこと水の中で空気を出したあと、ふぁーと口を窄めて吹いて見せ)
        (そしてハーモニカの練習とは別に、ハロリータが寂しそうに一人は嫌と言ったことに、リッキーも同意するように頷いて)
        …俺も、嫌だな…一人は、寂しいもんな(おそらく本当の意味で何年も森で暮らしてきただけに、余計に)
        (安心させるように頭をぽんぽんと叩き)…俺でいいのなら、な(手を差し出し) -- リッキー 2017-10-09 (月) 22:42:38
      • くち、もと…?(吹けばなると思っていたのだが、どうやらハーモニカにはこつがあるらしいと理解して)
        ふー、ふー…リッキーも…?(ハーモニカの練習の合間にふとリッキーの言葉を聞いて、失敗が怖い原因はそこにあるのかも、と考える)
        い、い…リッキー、これで、さみし…く、ない…わたし、も(見よう見まねでもう一度ハーモニカを吹く、ぴゃーっと震えた音が少しだけ出る
        それを得意げにリッキーに聞かせるハロリータ、彼女なりのファンファーレなのだろう) -- ハロリータ 2017-10-09 (月) 23:08:27
      • …これを続ければ…もっと、いい音も…長くも、出来るぞ(頑張れ、と応援するように)
        (そして、いつでも練習に来てもいいことを告げながら、ハロリータを見守っていたら応援の音を聞き、笑みをこぼし)
        …ありがとうな、小さな友よ…(ぽふぽふと頭を撫でて、感謝を) -- リッキー 2017-10-09 (月) 23:23:49
      • ん、リッキーみたい、な音出せるよう、になっる…(しばらく感無量で動けないくらいの感動を受けただけに今はやる気十分といった様子)
        …ど、う…いたしま、…て(褒められるのに慣れていないのか段々声が小さくなっていく
        リッキーの笑顔に応えてこちらも笑顔のような表情を作って、またハーモニカの練習を始めるハロリータであった) -- ハロリータ 2017-10-09 (月) 23:46:20
  • (すばすばばばと羽根で手話を試みるヒリ)
    仁徳を積む 大鬼が崩す 笑う火の鳥 どれが好き?
    (意味はないし普通に声も出ている) -- ダイア 2017-10-08 (日) 23:01:36
    • …ん?…んん?(なんかやけに翼羽ばたかせてるが…どうしたんだ?何か伝えたいのか?と首をひねり)
      …うむ、言葉も動作も分からないな…どれが好きってのは伝えたいのっぽいんだがなぁ…
      …何かしたいのか?(とりあえず悩みながらも聞いてみて) -- リッキー 2017-10-08 (日) 23:12:37
      • (うんうんうんと頷き)
        箱を測る箱の人 二の腕に触りたい? 撫でるのは掌 -- ダイア 2017-10-08 (日) 23:23:04
      • …そのままの意味だと、ダイアの二の腕に手のひらで触れって事なんだろうが…
        (それであってるのかよくわからないが、まぁとりあえず触ってみようと二の腕?辺りに手を伸ばして) -- リッキー 2017-10-08 (日) 23:33:20
      • (人の二の腕に当たる部分は途中から無く、ふさふさの羽毛に覆われている)
        鼻毛を剃る人細い人 布にくるんで捨てませうね ステマ? してないしてないよ
        (触れられくすぐったそうにもじもじと身をよじった後)
        (リッキーの手にそっとカレーのついたスプーンを渡すヒリ) -- ダイア 2017-10-08 (日) 23:40:27
      • おぉ…ふわふわ…いいなこれ(普通に感触がよく笑顔でもふもふと)
        そしてこの言葉である…ダメだ、ダイア初級検定の俺じゃ…でもまぁ、嫌がっては…いないっぽいが
        そしてこの行動である…これはカレー、カレーだよな?(とりあえず受け取り、食べる振りをして反応を確かめ、それがダメなら差し出して食べて貰う振りをしようと) -- リッキー 2017-10-08 (日) 23:59:00
      • (にっぱり、うんうんこくこく)
        今晩は! カリー曜日! 祝祭祝祭ー
        (スプーンを置いて飛び去って行くヒリ) -- ダイア 2017-10-09 (月) 00:05:54
      • お、おぅ…おぅ?(喜んで頷くので食べてみながら、その発言にカリー曜日?え?決まってたっけ?と困惑しながら)
        …しかもこれスプーン一つだけなのか…うん、でもまぁ…喜んでたからいい、か?(スプーンを銜えたまま頭をかいて) -- リッキー 2017-10-09 (月) 00:15:09
  • 毛布! お兄さんと買った毛布! すっごく暖かくてふかふか!! お気に入りになったよ!
    ・・・お兄さんもこの手触り味わう? 味わっちゃう?? -- レン 2017-10-08 (日) 22:36:21
    • あぁ…あの(犬用の奴か…店員とともに結構引きつった顔で、喜ぶレンを眺めてたっけなと思い出しながら)
      …そんなにか?(あまりに大喜びで勧めるので、そんなにいいものだったっけな?と手を伸ばし) -- リッキー 2017-10-08 (日) 22:58:34
      • うん! これはね・・・噛み心地がとても良い!! (もう何度もかじったのか、新品だというのにところどころほつれてしまっている)
        くるまって温まってもいいし、噛み付いてもいいし、とても・・・素晴らしいよ!! 柄も・・・なんとなく好き。 -- レン 2017-10-08 (日) 23:21:13
      • …噛み心地なのか!?(思ってもみない基準に思わず声をあげ)
        …まぁでも…お気にいりなら、なによりだ…(送ったこちらとしても、嬉しいものであり)
        洗濯も、してくれてるんだろ?(毛布に触れながら聞き) -- リッキー 2017-10-08 (日) 23:29:12
      • かみごこちは・・・大事! 噛み付いたままぶんぶんするのも・・・楽しい!!(その様子はまるで犬のようだ)
        ・・・・・・洗濯? あらったら匂いがおちちゃうよ?? (不思議そうな顔) -- レン 2017-10-08 (日) 23:36:14
      • …そうか…まぁ、それなら…いいか…(次はぬいぐるみとかもありかもだな、と…そういう犬を見るだけに)
        …oh…(触れていた手をゆっくりと引っ込めて、ややテンションが下がりながら)
        …でも、たまにはな…虫とか、一杯寄ってくるぞ?(何か嫌がりそうな事をあげてみて) -- リッキー 2017-10-08 (日) 23:39:47
      • あ、服は! 服はちゃんと洗ってるよ!! ししょーがちゃんと洗いなさいって言ってたから!
        でも、毛布はー・・・やっぱり自分の匂いがすると、とても安心! (毛布に頬ずり)
        ・・・虫? 食べられる虫だったら・・・いいよね・・・! ようちゅうとか! -- レン 2017-10-08 (日) 23:51:58
      • 良かった…レンのお師匠さんが、それを教えてくれてて…(流石に洗ってない犬の匂いだと辛かったろうなと思いながら)
        …そうか…でも、たまには洗うべし…だ(びしっと指をさし)
        …そうとは限らん…小さくて痒くなる…ダニが来るぞ?(手をワキワキさせ、怖がらせる?ように) -- リッキー 2017-10-09 (月) 00:01:27
      • ダニはー・・・あの、痒いやつかな!? あ、あれはやだ・・・とても困る・・・毛布あらわないとアレがくる??
        (しっぽがしゅーんと垂れ下がる) -- レン 2017-10-09 (月) 00:09:28
      • そう…せっかくの毛布、くるまって寝てたら…朝起きたら…(一気にワキワキしてた両手を広げ)
        …なんてならないよう、たまにでいい…外に干して、たまに洗う、程度でな(元気を出すように頭をぽふぽふと) -- リッキー 2017-10-09 (月) 00:16:53
      • わ、わかった・・・洗う! 帰って洗う!! やだー! ダニきらい!! 毛布きれいにする!!
        (急いで帰っていったわんこであった) -- レン 2017-10-09 (月) 00:24:28
      • …ちと脅かしすぎか?……あ、傷薬の件、言うの忘れてた…(失敗したか?と思うがまぁ洗うのは大事だしな、と) -- リッキー 2017-10-09 (月) 00:30:45
  • 会話の練習をどうやればいいか考えたけど思いつかなかった…だから、普通に話そう、リッキー。(菓子折りをもってやってきた)
    …最近は、梅雨で、湿気があって過ごしにくいね。リッキーは怪我、治った? -- アヴィス 2017-10-08 (日) 22:27:51
    • …よくある …そうだな、気張る事も、ない…(軽く笑って菓子折りを受け取り)
      あぁ、なんとかな…(実際に傷があった場所を見せるが、もうそれらしい跡もなく)
      …リリアと…あとはレンのお陰…なのか?(疑問形なのはレンの傷薬?を使ったのもあるためで) -- リッキー 2017-10-08 (日) 22:56:56
      • うん。友達とは、お茶会をしながら会話をすることで親交を深める…と同時に、話していれば会話の勉強にもなる。一石二鳥。
        (菓子折りはクッキーだった)手作り。自信作…(ぶい)…ああ、治ったのならよかった。リリア…あの、液体の魔術かな。レンも、そういうのできるの…?(それは意外。首をかしげる)
        じゃあ、体が治ったから、また冒険を続けるのね、リッキーは。…こういうことを聞くのは、失礼かもだけど……痛い、ってどんな感じ?(と、ひどく不可思議な疑問を) -- アヴィス 2017-10-08 (日) 23:03:51
      • (なるほどなと思って話を聞いていたが)…手作りを…菓子折りに?(それを聞くと動きが止まり)
        (無言になるとアヴィスの肩を叩き)…手作りは、軽いラッピングで…それが、重要だ(普段よりもやけに強い口調で)
        …生きるため、でもあるからな …それは、つまり…痛み、感じないのか?(当然そう言う事では?と思う訳で) -- リッキー 2017-10-08 (日) 23:17:55
      • …うん、リュキアがおいしいと言ってくれるまで、試行錯誤して作った…。また、お見舞いの際は菓子折りにするのが礼儀と聞いたので、箱も作ったけれど…。…あれ、間違えた?(首をひねる)
        …うん、その通り。私はいわゆる、痛み、というものを感じたことはない…。肉体的なものは…。たまに頭痛はするけど。だから、どんな感じなのかなって…(至極当然という風に) -- アヴィス 2017-10-08 (日) 23:31:58
      • …そうか…(それならまずは何か言う前に、こういうべきだったなと思い返し) …ありがとう、な(笑みを見せ)
        …そう、だな…手作りなら、手作り感が…必要でな…(それが出来ない場合でも持っていくのが菓子折りみたいな感じだとも教え)
        (なんだ、頭痛の概念はあるのかと知り) …そうだな、頭痛の痛みが…怪我した所で、出る…痛み、集中力が減り、体力も奪われる…
        …だから、傷を負い続けると …普段の力を出せず、いずれやられる…(実際失敗した時がそうだったように) -- リッキー 2017-10-08 (日) 23:37:13
      • …うん。どういたしまして。(礼を言われたので間違えてはいなかった、と少し安心)…手作りの場合は、手作りであるアピールを袋でもするべき。うん、次はそうするね。(素直にうなづく)
        頭の奥に、針のような異物が混入したような、嫌な違和感…あれが、怪我をしたところに生じる。そのせいで集中力が落ちる…。…なるほど。(となると。私はやはり、痛みはない…)
        (先日、ちょっとした事件で大きな衝撃を受けて心配だったが…杞憂だった)…答えてくれてありがとう、リッキー。自分が、どこにも痛みを感じていないことを再確認できた。この間、ちょっと戦ったから。
        …でも、人間は傷をいやす力がある。癒せれば、また同じ力が出せる。次の冒険で、リッキーが成功してくれば、完治の証? -- アヴィス 2017-10-08 (日) 23:51:48
      • 女性でも、喜ぶ…しかし、男性なら…より、喜ぶぞ?(ワンポイントアドバイスだ!みたいな感じで)
        (針のような異物、か…やはり普通とはちょっと違う感覚だな…また今度リキュアに聞いておくべきかもな…と思いながら)
        …でも、アヴィス…痛みも、大事だぞ? …痛みがあるから、異常を知れる、限界を知れる(痛みをなくすものも人類にはある、がそれは自滅への道でもあるので)
        …そこは、安心してくれ…既に、成功済みだ(ニヤリと笑ってみせ) -- リッキー 2017-10-09 (月) 00:05:35
      • なるほど。(うなづいて)リッキーは女性からプレゼントをもらうと喜ぶ…(そう理解した!)
        ……痛みも大切。うん、それはわかる…。でも、ないものはしょうがない…(事実、痛みが感じられない以上、自分の体が壊れていないか心配だったため、そんな質問をした)…ううん。人間は便利。
        おお。(拍手)それならリッキーは完治…よかった。やっぱり、友達が怪我をするのは悲しい。うん、治ってよかったね(微笑んで)
        とはいえ…無理は禁物。リュキアも心配する…。…つまり、リッキーは怪我をしないようにもっと強くなるべき…?(首をひねる) -- アヴィス 2017-10-09 (月) 00:16:35
      • ち、違…わない、が!(おかしい、どうしてこうなった!?という愕然とした顔で)
        …なるほど、それもそうか(そう言われるとまぁない人にいっても仕方がないのかもしれないなぁと思い)
        あぁ…アヴィスにも、心配かけたな… 実際に、俺も強くなりたいが…(急に強くなる方法など知らないため、地道に戦い、鍛えるしかないだろうなぁと) -- リッキー 2017-10-09 (月) 00:24:06
      • 違わない。うん、男性は女性から好意を受けると喜ぶという一般的な解釈に基づいたもの…。(なぜリッキーが慌てているかはわからなかった)
        強くなる…強くなれるのは、人間の特権。リッキーが強くなれるように私も応援する…だけじゃなくて、手伝う。何ができるだろう…(首をひねる)
        ……(ぴこーん)弓の打ち方を教える…?風や湿度や距離の計算は得意…物理的に外すことはない…!(と自慢げに語る) -- アヴィス 2017-10-09 (月) 00:28:05
      • …そう、そうなんだが…個人名が出ると、焦る事も…ある(名指しされたようで落ち着かないと思いながら)
        …そこらへん、アヴィスは…違うのか?…アヴィスも、成長できると…思うんだがな(肉体的には不変かは知らない、しかし学習するのなら違うだろうと考え)
        …残念、完璧じゃないが…俺も出来るぞ?(特に森でなら、負けるつもりはないほどの自信があり) -- リッキー 2017-10-09 (月) 00:33:41
      • (首を横に振る)成長はしない…身長が伸びたり、体重が増えたり、力が増したりはしない。私は知識を蓄えることしかできない…。そこは、人間とは違う。
        …完璧じゃないなら、私に分がある、はず。…うん。次に来たときは、弓の狙いの付け方について自分なりの解釈を持ってくる…。弓の練習しよう…(うんうんと得心したようにうなづいて)
        とりあえず、元気そうでよかった。また来るね(その日は帰りました 後日、弓の練習でど真ん中いただきまくってその腕前をリッキーに驚かれたそうな) -- アヴィス 2017-10-09 (月) 00:39:24
  • (ノックノック)どなたかいらっしゃいますかー? -- ヤヤヤ 2017-10-07 (土) 21:10:55
    • (珍しいな、この宿で来客でしかもノックするとは…とある意味酷い事を思いながらドアを開け)
      (おや、見知らぬ少女だな…とドアの前にいた少女を見て首をひねり) -- リッキー 2017-10-07 (土) 22:36:51
      • こ、こんにちはー、この度ここに厄介になるヤヤヤだ、でーす
        今日は挨拶と言う事で、あとはこれをどうぞ(包みを差し出す、中身は東洋の蕎麦のようだ) -- ヤヤヤ 2017-10-07 (土) 22:48:17
      • (おぉ、新しい宿の住人か!…また女の子だな、しかも可愛い…あの親父さん地味に凄いなと思いながら)
        …ほぅ…これは…(受け取ってチラ見と見えた棒状の固形物を見てそれが何かを口に出し)
        …センコー…ふ、命の取り合いも辞さぬか…(もちろん知ってて悪戯めいた冗談で) -- リッキー 2017-10-07 (土) 22:55:57
      • うん?(一瞬の間を不思議に思うヤヤヤ)センコー……?センコーって何だろうねぇ……
        えっとねそれはセンコー?じゃなくてお蕎麦だよー引っ越しそばって言って、てんちゃん……天使のくうねる?から買ったんだけれど
        もしかして、嫌いだったのかな……? -- ヤヤヤ 2017-10-07 (土) 23:01:58
      • (しまった、てっきり東の文化の事を知ってる子だと思ってたらふざけてみたら知らない子だったか!と一瞬気まずそうな顔になり)
        …なるほど…そうか、感謝する…(もうその事はさておき、そういう事ならと受け取って見せ)
        (顔を左右に振り)…気持ちは、ありがたい…ただ、どうやって食べる?(いつもより口数多いのは、最初のミスもあったからでテンパってるとも) -- リッキー 2017-10-07 (土) 23:04:59
      • あ、それなら大丈夫だよ?結構お蕎麦知らない人がいたから、そういう時は作るまでやる事にしてるんだ
        えっと、キッチン借りてもいいかなぁ?作るのは煮て一緒に入ってるつゆを温めるだけだから、すぐだよぉ?
        (リッキーの事はよく知らないので口ベタくらいしか思ってないようである) -- ヤヤヤ 2017-10-07 (土) 23:12:22
      • …大変だな(親切ではあるが、それだけ作らないといけないとなると一苦労だろうなと思い)
        (借りていいか?という問いに頷いて答え、ドアを開けて中のキッチンへと案内すると、一通り揃ってるが妙な器具もあるのは保存食作りのためで)
        …好きに使ってくれ(こちらとしてはどう使っても問題ないので、少し離れて見守る事にして) -- リッキー 2017-10-07 (土) 23:18:03
      • そうかなぁ?ちょちょっとで出来るし、大変じゃないから大丈夫大丈夫っと、じゃあお邪魔しまーす
        キッチンはどの部屋も同じ作りだから助かるよねぇ(手慣れた動きでお湯を沸かしそばを茹で出し汁を作って)
        できた!お蕎麦はやっぱりシンプルにかけそばだよね、どうぞあったかいうちに召し上がれだよ -- ヤヤヤ 2017-10-07 (土) 23:28:42
      • (しかし物怖じしない子だなこの子、割と俺は寡黙だし無愛想だから、初対面だと警戒もしそうなものなんだがと)
        (そしてたしかに簡単ではあるが、手慣れた様子で作っていく姿に、あぁ良かった実は下手でひっくり返したりしないかと心配してたんだが、と安堵して)
        …それでは、頂こう…(割と箸も器用に持ち、ただすすりはせずにそばを食べ)…香りがいいな -- リッキー 2017-10-07 (土) 23:40:32
      • (リッキーは知らないが孤児院でごった煮生活をしていたので何かを借りたりは普通な認識なのであった)
        お蕎麦屋さんでいいお蕎麦を選んでもらったからねぇ、香りも味もとってもいいと思うよー?
        あ、あとねお蕎麦はずずずーって啜るとなんとなくおいしい感じ?がするんだって -- ヤヤヤ 2017-10-07 (土) 23:49:20
      • …すする、か…(知識としては知ってるがあまりなぁ…と思う反面、すすめられたし興味もあるんだよな、とも思い)
        (ずずぅ…とすすってみると、なるほど熱さも多少緩和されるし香りもより分かりやすい、気がするな!と単純思考だけに)
        (そして音を立ててすすった後に、ヤヤヤに向かって良かったという代わりのサムズアップをして) -- リッキー 2017-10-08 (日) 00:00:34
      • (にかっと笑ってサムズアップ返し)口に合ったようで何よりだねー、それじゃあご挨拶はこれでおしまいです
        ええっと……(宿帳の写しを見て)リッキーだからぁ、リキちゃんだね!よろしくねリキちゃん、またねー
        (勝手に愛称をつけるだけつけて帰ってくのでした) -- ヤヤヤ 2017-10-08 (日) 00:11:56
  • (教えて貰ったハンドサインで会話を試みるが、…うーん) むずいなこれ! 今日は止め止め!!
    でも、これ憶えてたら確かに便利そうだなあ…離れてても姿が見えれば会話できるし、討伐みたいな攻める冒険なら役に立つな -- イーリアス 2017-10-06 (金) 19:47:00
    • (それはカタコトの外国人のように、あぁこれ間違えてるが意味はなんとなく分かるなと思っていたら諦めたので軽く笑い)
      …あぁ、レンジャーや…あるいは、暗殺者や盗賊も…(こういうのは音が聞かれたらまずいので、そういう稼業も使うだろうなと)
      …しかし、何でまた?(そのどちらでもない、目指す気はなさそうなイーリアスだけに首をひねり) -- リッキー 2017-10-06 (金) 22:23:36
      • 裏稼業の知識にも足を踏み入れる訳だ… って、うん? (問われ、逆にこちらも首を傾げ)
        友達ともっと話したい、と思うのは変な事か? ハンドサインが出来ればもっと色々とリッキーと話せるだろうがよ -- イーリアス 2017-10-06 (金) 22:25:30
      • …冒険の知識も、また…(冒険で身に付く技術は、殺しの技術も含めて裏稼業の技術にも近しいものがあるからなと、父からの教えで知っていて)
        (そして今度はこちらが少し目を見開いて驚き)…そうか、その考えはなかった…(少しだけ声にも嬉しさが混ざり)
        …俺もまぁ…話すようには…(努力してるが、こちらもまだまだといった程度でしかないが) -- リッキー 2017-10-06 (金) 22:46:10
      • 言うたら、魔物の家に忍び込んで襲い掛かる襲撃者の面もあるしな ある種の裏稼業か
        リッキーが話すのと同じ位には、俺もハンドサインを覚えたくてな 今後役にも立つだろうし (よろしく、とハンドサインは覚えた様で) -- イーリアス 2017-10-07 (土) 10:35:42
      • …とはいえ、人を殺すのとは…な(殺しの技術も知らない訳ではない、が使ってみたいとは全く思っておらず)
        (なるほどなと思いながら、自分に合わせようとしてくれる友の事を嬉しくも思い、笑みを浮かべ)
        (「こちらこそ よろしくな」とサインをおくってから、改めて握手を求め) -- リッキー 2017-10-07 (土) 22:35:58
      • 変わりゃあしないさ、魔物殺すのも、人間殺すのもな (一瞬だけ、リッキーの知らない顔をして)
        おう、よろしく頼むぜ! (手を握っての笑顔はいつも通りの明るいもので その後も、変わらず酒を飲んで楽しそうにしていたのでした) -- イーリアス 2017-10-07 (土) 23:14:56
  • レンジャースキルの凄いお兄さん(一応名前は知ってはいるが) 墓地に住み着いたタヌキ、駆除する方法ないかな。できればだけど殺生しない方向で -- イタム 2017-10-02 (月) 23:08:57
    • (おや、スコップが武器の墓守君だったか?そういえば名前知らないし、伝えてもないなと気づき)
      …リッキー、だ…(と名乗ってから話を聞けば狸と言われ、あぁ面倒な奴だな…と苦笑いで)
      …何故、殺しはダメなんだ?(それが一番簡単かつ手っ取り早い解決法なだけに) -- リッキー 2017-10-03 (火) 23:15:58
      • (声を聞けば改めてニコリと笑い)僕は墓守のイタム
        …僕はいいんだけど、ウチって公共墓地で色んな宗教の人が出入りするんだよね。なかには、そういうのダメって人たちも居て、なるだけ配慮しようって話なんだ(なるだけ、ね。と繰り返す)
        //話しかけたきり会話ぶったぎりして申し訳ない… -- イタム 2017-10-05 (木) 02:03:53
      • (イタムか…まぁ墓守なのは分かっちゃいたがと思いながら手を差し出し、よろしく頼むという感じで)
        (ふむ、そういうのはまぁあるな…俺からすれば普段食べてる肉だって殺して食べてるだろうに、と思うんだがな)
        …なら、非殺傷の罠…だな(地面に木の棒で書くのは、檻のような罠や、トラバサミのような罠を) -- リッキー 2017-10-05 (木) 23:14:44
      • (無言で握手。このお兄さんの寡黙さは慣れればむしろ落ち着きがあって好感がもてそうだと思ったり)
        …面倒だよねえ(黙って考えてくれている横で、鈍いなりに何か察してか苦笑する)
        罠。そっか、素人の作る落とし穴とかでなくこういうの(檻の罠)なら… ねえ、プロの作る罠ってどこで売ってるかな? -- イタム 2017-10-06 (金) 10:44:08
      • (分かるのか?…まぁ、大体想像もつくかもだな…とこちらも苦笑い気味に頷き)
        …俺は、自作だな…(なので店は知らないと、しかしそれでは申し訳ないので、いくつかの鍛冶屋、雑貨屋の場所を地図を取り出して示し)
        …仕掛ける場合は、言ってくれ(仕掛ける場所も重要だし、その近くの動物が何いるかによって罠に仕掛ける餌も変わってくるので) -- リッキー 2017-10-06 (金) 22:21:23
      • 自作…そういうのもあるのか(ゴロー顔) でも、僕ら墓守が素人細工で作っても仕方ない。組合の経費で買うよ
        (一緒に地図を除き込み)…うん。なるほど、そこなら有りそうだね
        うん、設置こそは知恵を借りなきゃ…何匹か捕まえるたびにタヌキも慎重になっていくだろうし、きっと長期戦になるね
        墓守組合からコンサルタント料を出せるようにかけあっとく。どうか、宜しくね(さっそくとばかり罠屋を求めて旅立って行った) -- イタム 2017-10-07 (土) 00:49:37
  • リッキーさんリッキーさん、大して親交が深くないことは承知しているけど…折り入って頼みがあるんだ。聞いてくれまいか? -- リリネ 2017-10-04 (水) 23:20:03
    • (軽く手をあげて挨拶をしてから) …気にするな、タイミングが…悪いのも、ある(あの時即流されて浮上させるの躊躇うほどで)
      (それで何の頼みなんだ?という顔で首をひねり) -- リッキー 2017-10-04 (水) 23:31:21
      • (チマチマ浮上させてたけど5人の来客は荒波と言わざるを得ないね…まさに水に流されたというやつである。多分違う)
        以前、闇の魔導器を見せてくれたことは覚えているだろうか? もし他にも闇の魔導器が余っていたら譲って欲しいんです
        できれば、あまり質が高過ぎない程度のモノを…そう、タダで貰っても遠慮しないくらいの -- リリネ 2017-10-04 (水) 23:36:00
      • (いいんだ、また同じセリフで行くつもりだったからな!とメタ会話はこれくらいにして)
        (そして用件を聞くと、ふむと少し考えてから戸棚の奥にある適当に放り込まれた箱の中からいくつか取り出し)
        (ありふれた指輪、標準的な魔法書、質の悪い杖の三つをテーブルの上に並べ)…どれがいい?…もちろん、ただじゃないが(ニヤリと笑い) -- リッキー 2017-10-04 (水) 23:58:11
      • 「いいや、タダで貰う」(←手話)……あ、別に守銭奴キャラをやるつもりではないんだけど…コホン、少し説明させてもらって構わないかな?
        この雄牛亭で借金のカタに不法労働させられているセティという女の子を知っているだろうか?
        こう、とても資産の大きい子なんだけど…(胸の前で両手を動かし巨乳!のジェスチャーをする。そう、あのセティの大資産サイズのジェスチャーだッ!)
        実は彼女が魔術を習得して、冒険者に復帰したいらしくてね…… -- リリネ 2017-10-05 (木) 00:14:48
      • (タダを強調する手話に流石に顔を顰めるが、落ち着いた様子で話を聞く姿勢になり)
        (セティをしってるかという問いに関してもちろんと言うかのように頷き、その後の胸の事も大きく頷き)
        (そしてその後の渡したい理由に関しても、頷いて見せるが)…だが、ダメだ…(きっぱりと否定をするが、3つとも差し出し)
        …いつでもいい、必ず返せ…合うのも、セティ自分で選ばせろ…命を預けるものだ(いつになくはっきりと、内容が内容だけに)
        (では何故無料で渡すのはダメかと言うと、それは冒険者としてやっていくのなら、重要な点でもあるだけに) -- リッキー 2017-10-05 (木) 00:21:29
      • (胸で大きく頷く様子を少し冷めた左目でスルーしつつ) そうですか、駄目ですか……まぁそう返ってくるのも想像はしていましたが
        そうであるなら、ボクはこれ以上彼女の手助けはできませんね。庇うようで何とも未練がましいとは思いますが…彼女は事情が事情でしてね
        宿の主人が、セティが冒険で簡単に死んでしまっては借金を回収できないと考えてああして宿で働かせているワケですが
        セティさんは自分がそれなりの実力を示して安心させればそこを覆せると、そう考えたらしいです。でも、近接武器の扱いはイマイチ…なのかな?
        そこで、魔術師であるボクに相談してきました。そしてボクが見る限り…彼女の魔力保有量は常人以上で、才能はまず間違いなくあるだろうと
        魔導器があれば彼女は冒険者になれるチャンスを掴める。逆に、魔導器が無ければこのまま――ということです
        でもリッキーさんの言うように、それで彼女が救われても順序としては逆というのは確かですね。ボクも否定はしません、むしろ正論だと思います -- リリネ 2017-10-05 (木) 00:37:19
      • (あれ、無期限で貸し出すけどその代わりちゃんと返せよ?ただでやるのはある意味無責任だからなってつもりだったんだがとちょっと瞬きしてから頭を抱え)
        (「いや リリネ お前のいう事は 正しい 俺も彼女を 応援したい」と手話で詳しく説明を)
        (「だから 貸し出す ボロボロでもいい ちゃんと返す あの子ならそれを胸に 無茶をしないリミッターになるはずだ」と)
        (「そして 自分に合ったものを 自分で選んでほしいから 3つ持って行って 一つだけ選ぶ それでいい そのつもり だったんだが」と手話してから頭をかき)
        (後は、多少なりともレンタル代を取る事も考えていた、と伝え//) -- リッキー 2017-10-05 (木) 00:50:04
      • え、あれ? いや随分と真面目に語るので叱られてるのかと……(きょとんとした表情。条件が細かいのでガチの取り引きと勘違いした交渉気質の娘)
        ううん、でもやっぱりレンタル代ってのは…彼女にはそこまで言ってないので、伝えて「それは無理」って返ってきたら気まずい…
        ボクとしては、「あくまで捨て値の品だから」って言うことで彼女にプレッシャーをかけたくなかったんですけどね。どうしようかなぁ -- リリネ 2017-10-05 (木) 01:06:42
      • そりゃ、無料はな…(自分も危険の差はあれど命をかけて手に入れた品、使い道がなかろうと無料でと言うのも流石に抵抗があるだけに)
        (とはいえ、リリネが言う事も分からないでもない、セティは割とそういうの好きじゃなさそうなだけに)
        …難しいな…(もちろん手助けしてやりたい、とてもいい子と知るだけに、しかし無料で贈呈は流石に抵抗があり)
        …金でなくてもいい…何かで、返してくれればな…(正直お金が欲しい訳ではなく、対価があれば良かったのだがと悩み) -- リッキー 2017-10-05 (木) 01:15:14
      • ……うん、今日は帰ります。この話はまた後日ということで (と、笑顔で帰ろうとするが実際はキャパ的な問題でもある)
        それではまた後日、冒険で〜 -- リリネ 2017-10-05 (木) 01:29:49
  • (石畳の雄牛亭から出てきたところでばったり会って)あら、この前の。
    ええと……名前を聞きそびれたわね、とにかく燻製肉美味しかったわ。今からでもお礼をさせてもらいたいところだけど…時間は? -- ステラ 2017-10-02 (月) 21:11:51
    • (おや、こないだの…と宿を出たところで見知った子を見かけ、片手を上げて挨拶を)
      (あぁそういえばまだ名乗ってなかったかもしれないなと思い出し) …リッキー、冒険者だ(と簡潔ながら自己紹介して)
      (時間はと聞かれれば)…暇、だな(こういうのも慣れてきたと肩を竦め) -- リッキー 2017-10-02 (月) 21:24:15
      • リッキーね。あら、じゃあエルとは冒険者仲間だったの。ウルガンとも知り合い? うちの劇団の兼業冒険者なんだけど。
        とはいえ、冒険者が全員知り合いってわけでもないわね……暇なら、何か適切なお礼をさせてもらいたいわね。
        食べ物の好みは? それともポプリとか手元に残るほうが好み? 良い石鹸を売っている店も知っているわ。香油が入っているのよ。
        (お礼の例として出したのはどれも女性的なものばかりだ) -- ステラ 2017-10-02 (月) 21:28:15
      • エルとは…何度も組んでるな…(先日も怪鳥相手にともに戦った事を思い浮かべ)
        (しかしウルガンという名はあまり知らず、確か稀に依頼書で見かける程度で話したことなく、首を振り)
        (そしてお礼と言われて、ポプリや石鹸に関しては首をゆっくり振り)…匂いは、困るな(なにせレンジャーだけに逆に不自然な匂いは困るので)
        …食べ物で、いい(なにせこちらも食べ物を送っただけに、食べ物でいいと) -- リッキー 2017-10-02 (月) 22:11:33
      • それでエルと仲がいいわけね。冒険の傾向が似ているのかしら?
        あら、そう? じゃあ食べ物ね、自慢じゃないけどあまり自炊をしないから良い店を知っているわよ。
        何か食べたいものはある?(中心街に向けて隣を歩きながらぴょこ、とリッキーの顔を覗き込んで) -- ステラ 2017-10-02 (月) 22:28:04
      • (マントの下に手を入れて矢を見せ、自分が弓使い、そして彼女が銃使いと知ってれば遠距離仲間と分かると思ってのアピールで)
        …肉料理、だな…(山育ちだけに肉料理が好きで、それだけに知ってる料理はもちろん知らない料理も興味はあり)
        (しかしこの子仕草がなんというか思っていたより人懐っこいな!と覗き込むのを見て思ったり) -- リッキー 2017-10-02 (月) 22:45:22
      • へえ、なるほど。じゃあ匂いが困るっていうのは猟師か何かかしら。確かに、薔薇の香りをさせたまま山に入る狩人はいないわね。
        OK、それじゃケバブを食べに行きましょう。ヨーグルトソースかスパイシーソースかはお好みで。
        (そんな視線に気付いてか気付かずか、二人でケバブの屋台に行くまでも喋り倒していた) -- ステラ 2017-10-02 (月) 22:51:28
  • ンむ……(扉二つしか離れていないのだからばったり遭遇するのも不思議ではなかった)……貴方もこの宿に……? -- フィオメル 2017-10-01 (日) 23:09:35
    • (あぁ、そういやちらっと見かけた気はするなと、フィオメルに気づき)
      (どれくらい前からかを指先の本数で知らせながら頷き) …悪くない、宿だからな -- リッキー 2017-10-01 (日) 23:52:15
      • むぬん?…………話、できたのですね……フフフ(わずかに目を丸くして)
        そうですね……内装を大きく変えてもいい宿なんて、なかなか無いみたいですから……如何ですか、冒険の方は -- フィオメル 2017-10-01 (日) 23:55:26
      • (そりゃ言葉くらいは話すぞ?と心外そうに、首を振ってみせ)
        (今度はこちらが逆に驚き)…そんな事、していいのか(それは初めてだったようで)
        (そしてとうぜん)…どんな風に、したんだ?(という疑問も生まれるわけで) -- リッキー 2017-10-02 (月) 00:36:40
      • むう……(以前出会った時は話さなかったような……と思いつつも)ええ、僕は石造りより木張りの……質素な方が好みだったもので……
        ンむ…(すぐ近くなのでちょっと歩いて自分の部屋の扉を開けてみる。その中は日本家屋の道場の様に改装されていた) -- フィオメル 2017-10-02 (月) 00:49:31
      • (そりゃ出来るだけ話したくない頃も俺にもあった…今はマシになったからなぁと自分の進歩に内心実感しながら)
        (あぁ、これは確か文化的には)…東の国の、か?(見知ってはいるが、実物を見たのは初めてで)
        …イーリアスのと、似てるな…(そんな感想も抱きながら、興味深そうに眺め) -- リッキー 2017-10-02 (月) 21:14:39
      • ……僕の村は大陸中央……山の上にありますが……東の国の建築にも似ているようですね……(ガランとしている何もない部屋)
        荷物も少ないですし……荷物を入れる箱と……布団を敷く場所さえあれば……こういう部屋の方が落ち着くのです……フフフ
        そちらは……改装の話が初耳でしたのなら……なにも変えていないのでしょうね……案がおありでしたら、宿の主人と相談してみるとか…… -- フィオメル 2017-10-02 (月) 22:20:37
      • (大陸中央…あぁ、あのあたりなのか…あそこらへんも独特とは聞いてはいるが…と言うか何もないなここ!と思いながら)
        …しかし、もう少し…何か…(あった方がいいんじゃないだろうか?と思ってしまうくらい殺風景で)
        (そう言われて少し考えるも首を左右に振り)…今のままで(特に不便でなければしたい事もないだけに、変えるつもりはなく) -- リッキー 2017-10-03 (火) 23:14:25
      • フフフ……僕には落ち着いて瞑想ができて眠れる場所さえあればいいので……家具がたくさんあっても使わないのです……
        ンむ……最初から色々置いてありましたからね……僕は、椅子や机は使わないので外に出してしまいましたが……
        それでは、また……(合掌し礼)冒険でも…ご一緒したらよろしくお願いします…… -- フィオメル 2017-10-04 (水) 23:07:13
      • (なるほどな…そうなってくるとこういう感じになってしまうのか…流石に寂しい気もするんだが)
        (ひそかに、手乗りサイズの荒ぶる鷹の木彫りをそっと置いてみて、殺風景な部屋の景色が!…あれ合わねぇなこれ、とか思いながら)
        (おっと、あまり長居しても悪いかと、部屋を出て) …こちらこそ、近接と遠距離…連携も、出来るしな -- リッキー 2017-10-04 (水) 23:12:57
  • (コンコンっと103号室をノックする)リッキーさん、お部屋のシーツなど取り替えに参りました…
    お部屋入っても大丈夫でしょうか(定期的にベッドシーツなどを取り替えに着て、入る前にはちゃんとこうやって尋ねて) -- セティ 2017-10-01 (日) 21:27:09
    • (あぁ、もうそんな時間かと私物で仕舞えるものは仕舞い、セティの働きやすいようにしてからドアを開け)
      …出ていた方が、いいか?(テーブルには仕舞い切れなかった弓を整備する道具なのが残ったままで) -- リッキー 2017-10-01 (日) 21:35:52
      • あ、いえシーツだけなら直ぐ終わりますから…!お部屋の掃除とかはどうしますか?(なんなら細かい掃き掃除拭き掃除くらいはしますよーっとかえのシーツをもって入ってくる)
        …あら…手、どうしたんですか…?(いつも手話する手に包帯があるのは流石に気づいて) -- セティ 2017-10-01 (日) 22:00:00
      • …頼めるか?(そういや普段どういう風に掃除してるのかが気になり、あるいはエロ本を隠す時に参考になるかもと、いやエロ本はもっていないが)
        …あぁ、依頼で失敗して、な…(リリアの治療の後なので、軽い包帯ではあるが) -- リッキー 2017-10-01 (日) 22:12:22
      • はい…では…!その手だと…お片付けも大変でしょうし…(弓とか少し目に入って、やっぱり冒険者さんなんだなーっと微笑みつつも)
        (手慣れた様子で、ベッドのシーツを取り外し、掛け布団のシーツも取り外すと、ささっと新しいシーツに交換をして、前のは畳んで、カゴにいれておく)
        (さらに持ってきていた箒で…壁の隅やベッドの下などの、ホコリがとくに溜まりやすいあたりを重点的に) -- セティ 2017-10-01 (日) 22:16:59
      • …実際、そうだな(実際は怪我した手も使えなくはないのだが、あまり無理させると治療して貰ったリリアに悪いので)
        (慣れた様子でベッドメイキングや掃除をしていく姿を椅子に座りながら眺め、ふと気になり)
        …セティは、何故この宿で…働いてるんだ?(これだけ器量がよく気が付く子なら、他にもありそうだがと思い) -- リッキー 2017-10-01 (日) 22:26:23
      • (ホコリまとめると、さっと塵取りで片付けて)あっちょっとお水かりますね…?(トイレ前の洗面台の水を借りて雑巾で窓あたりを拭く)
        り、理由ですか?えっと…宿の…ロビーにあった…唯一のお高い調度品の壺…わ、わっちゃいまして…
        その…弁償で…や、宿で働いてまして…(少し口をもごもごと、言いづらそうに) -- セティ 2017-10-01 (日) 22:39:32
      • (別に確認しなくても好きにしていいんだがな、と掃除して貰う側としては思ったりしながら)
        …唯一、か…(それはちょっと怪しくないか?と思う反面宿で世話になってるだけにあまり怪しむのもなぁという気持ちもあって)
        …苦労してるな(月並みにはなるが、応援したいとは思い) -- リッキー 2017-10-01 (日) 22:51:04
      • は、はい…!で、でもまぁ…今の仕事も…嫌いじゃありませんし…冒険出てたら…もしかしたら…すぐに渡しじゃ…亡くなってたかもです…
        (でも、今のしごとだったら死ぬことはありませんしねって苦笑い)リッキーさんも…冒険で怪我することはあっても…大怪我はしないようにしてくださいね…?
        できるだけ…五体満足で…無理せずに…ですよ…? -- セティ 2017-10-01 (日) 22:56:44
      • (あぁ、セティが向いてるかどうかに関しては…まぁあまり向いてなさそうではあるもんなと少し納得を)
        …それは、気を付けよう…(もちろん自分だってしたくはないが、それ以上にいろんな人に心配されているのは理解しているので)
        …もちろんだ…セティも、無理せずに、な(頷いてから、セティに対しても) -- リッキー 2017-10-01 (日) 23:50:53
      • 私も無理はしません…た、体力だけはあるんです…(自分の耳を動かしてみて、こう見えても獣人ですからっと笑って)
        (話してる間も窓の拭き掃除とかをやりつつ、おトイレとかも綺麗にして)は、はいではお掃除は終わりましたので…
        手が不便で何かしらありましたら…遠慮なくお声かけてくださいね…?で、では失礼しました…(そういうと頭を下げて、部屋をあとにするセティなのでした) -- セティ 2017-10-01 (日) 23:57:14
  • リ、・・リッキー・・さん・・・手・・大丈夫・・ですか?(と袖をくいとつまんで呼び止める) -- リリア 2017-10-01 (日) 08:33:27
    • (この遠慮がちな声、そして引っ張る様子はあぁやはりリリアだなと)
      …不覚を取った…だがまぁ、そう深手でもない(とはいえグールにやられた傷のため、浄化つきの包帯が必要なようで) -- リッキー 2017-10-01 (日) 10:07:17
      • そ・・そう・・です・・か・・・(包帯の巻かれた手を見て心配そうに)
        あ、あの・・れ、レンちゃん・・・友達・・に・・貰った・・・お薬・・あります・・よ?(使いますか?と軟膏を取り出して) -- リリア 2017-10-01 (日) 10:18:53
      • …レンの、か…(ちょっと微妙そうな顔になってしまうのは、悪い子じゃないが抜けてたりするせいでもあり)
        …まぁ、物は試しか…(包帯を解いていこうとして、ふと手を止め)
        見るのか?(傷口はあまり見ても気持ちがいいものではないだけに、心配そうに) -- リッキー 2017-10-01 (日) 21:07:14
      • (こくこくと頷き、同時におずおずと)それでその・・・私・・の・・・魔法と・・併用・・・・できるか・・試してもいい・・でしょうか・・(なんてことも聞いてみる・・・実験台みたいで若干心苦しい話ではあるが、相性を見ておきたかった・・)
        へ・・・えっと・・見ます・・けど・・・その・・あんまり・・見られたくない・・ですか?(それならあきらめるという風に) -- リリア 2017-10-01 (日) 21:27:42
      • (リリアの魔法…あれか?とちょっと手をうねうねさせ、懐かしい動きをして笑って見せる事で気を楽にさせようと)
        …それほどじゃ、ない…(ただリリアが気持ち悪くなりそうな事が心配だったので、本人の意思もあるので包帯を解き放ち)
        (右手の前腕が露わになるとそこには、グールに引き裂かれたと思わしき4本の傷がはっきりと刻まれ、傷口は黒ずんでいて) -- リッキー 2017-10-01 (日) 21:40:11
      • ・・ふふっ・・・あれです・・(そう言って頷く)
        (グロテスクな傷口をみせられれば)・・・っ(流石にちょっと驚いている・・が自分で言い出したことでもあるので)だ・・・大丈夫・・です(こくこく)
        結構・・酷い・・です・・・ね?(そう言いながら軟膏をそっと、労わる様に塗っていく・・同時に)・・・(所謂あのうねうねが手のひらからわき出しリッキーの腕にしみわたっていく)
        (それはぬるりとぬめった感触で、同時にひと肌より少しだけ暖かく温まっている・・・包み込んだ腕に作用し、軟膏を効率的に塗り込み・・ゆっくりと圧を加えて傷口を塞ぎ、細胞を刺激して回復を促進し・・時にはちょっと強引に塞いだり健康な部分を持ってきて埋め合わせる・・それらすべてをごくごく微細なレベルで行った結果、見た目的には急速に腕が治っていく様に見える筈だ・・・あとかゆい・・結構かゆい)
        はふ・・これ・・以上は自然回復を・・待った方が・・痕が残らない・・です・・・か、掻いたら・・ダメ・・ですからね?・・まだ見た目だけ・・で・・よわい・・です・・から・・・(さっと手で防ぐように) -- リリア 2017-10-01 (日) 21:57:17
      • 奴も、必死…だったんだろう(自分を食らおうと、例え口にナイフを突き立てられようとも握りしめる手だけは緩まなかったのを思い出し)
        …うねうね、だな(やっぱり似てるよなぁ?と自分なりに思うが、それがまとわりついてくるのを不思議そうに眺め)
        (これは…暖かいな、昔母親が作った傷薬にも似てるな…あれは激痛でもあったが、と懐かしそうにしてると)
        …痒い、な(傷が治っていこうとするせいなのか、普通にかゆく、ちょっと手が伸びそうになるほどで)
        …そう、か…(しかし案の定ダメだと言われ、これを耐えるのもまた大変だなとため息を) -- リッキー 2017-10-01 (日) 22:10:30
      • ・・・みんな・・必死・・なんです・・よね・・・(だからこそ争わなければならない・・ほんのり寂しくなりながら傷を処置し)ふふ・・もううねうねで・・いい・・・です(ようやく認めた、馬鹿にされてたわけじゃないってわかったから)
        かゆいです・・・その・・痛みを・・ものすごーっく・・・細かくした結果・・・らしい・・です・・・(ぐーるぐーると少し強めに包帯を巻きなおす)
        かゆみ・・は・・・10分もあれば・・気にならなくなり・・ますから・・その後は・・・・直ぐによくなり・・ます(こくこくと頷きつつ掻かない様に手で押さえつつ監視体制だ)
        ・・そうだ・・・リッキーさん・・・お願い・・というか・・・教えてほしい・・事が・・あるんです・・けど -- リリア 2017-10-01 (日) 22:30:10
      • …生きるため…(とはいえ、あいつらは死んでるはずなんだが…まぁそこは動いてるから生きてる、でいいのか?と下らない事で悩み)
        …なるほど、それでか…(しかしこれだと薬の効果なのかうねうねの効果なのかよく分からんなとも思いながら)
        (それじゃ、耐えるしかないなと監視までいるのにちょっと僅かだが笑顔で肩を竦め、そして教えてほしいことと言われると首をひねり) -- リッキー 2017-10-01 (日) 22:48:47
      • とりあえず・・・相性は・・よさそうで安心・・です・・・(これからも使えるなとニコニコ)
        (もじもじと手指をいじりながら)えと・・・その・・・お花見の時・・ダーさんと・・リッキーさんが・・話してて・・みんな・・なんとなく・・なんて話してたのか分かってて・・・でも・・私だけ・・わからなくて
        それが・・寂しいなって・・思ってて・・・だからその・・リッキーさんに・・ハンドサイン?・・を・・教えてもらえたら・・なって・・・・・ダメ・・でしょう・・か?(不安げに小首を傾げる) -- リリア 2017-10-01 (日) 23:02:44
      • (それに関しては一つ頷き)ただ…痒くなるのは(これは難点だな、と言う感じで)
        (あぁ、そんなことあったよなと思い出していれば、そんな事を言ってくるとは思わずに一度瞬きを)
        …それくらいなら(色々と助けて貰ってるリリアだけに断る理由すらなく) よろしく、な(の手話をしながら、手を差し出し) -- リッキー 2017-10-01 (日) 23:49:00
      • ごめんなさい・・・私の・・治癒だと・・どうしても・・そうなっちゃって・・・(しゅんと肩を落とす・・・もう少し彼の事情を踏まえるべきだったと)
        よろ・・しく・・?(見よう見まねといった様子で、たどたどしくも懸命に動作をまねてから)・・・えへへ(握手)で・・できました・・か? -- リリア 2017-10-01 (日) 23:55:52
      • (あぁ、文句じゃないんだと手を振り)…俺はいい、有り難くもあった(と慰めるように左手で優しく撫で)
        大丈夫だ、問題ない…(と小さく笑顔で頷き、まずは軽い挨拶から教える事にして) -- リッキー 2017-10-02 (月) 00:35:08
      • ん・・・(慰めてもらう様に撫でられると嬉しそうに微笑む)リッキーさんの・・なでなでも・・なんだか・・ハンドサインなのかなって・・思えてきました(なんて言って笑って)
        よかった・・えっとじゃ、じゃぁ次は・・・(なんて聞きながらいくつかの単語を教えてもらうのだった) -- リリア 2017-10-02 (月) 00:43:09
  • リッキー・ジョンソン氏はご在宅カナー? -- 社長 2017-09-30 (土) 23:37:41
    • (あんまりカタギらしくない男に飛び止められ、怪訝な顔で振り返り)
      (多少警戒してるのを、隠す気もなく、しかし何の用か分からないだけに行動は移さずに) -- リッキー 2017-09-30 (土) 23:51:24
      • これは失礼。私は冒険者用の保険を扱っている会社を経営している者だよ。
        (警戒されていることを気にした風もなく懐から名刺を取り出し、リッキーに差し出す)
        (『オプス冒険保険 代表取締役:エドモンド・コーンスス』と書かれた名刺を手に、笑みを深める)
        若くして経験豊富なキミのことだ。もうお察し頂いているかもしれないが直截に要件を伝えよう。
        キミに我が社の保険を勧めにきた (色眼鏡の奥はリッキーの右手の包帯をじっと見ている) -- 社長 2017-10-01 (日) 01:04:23
      • (保険…確か聞いた事はあるが、まさか冒険者用の保険なんてものがあろうとは、と軽い驚きをもって)
        (とりあえず名刺を受け取り、それを確認するが、だからといってそれが必ずしも相手を保証するものではないというのも理解しており)
        …まだまだ、未熟だがな(それは本音でもあるが、警戒心がまだあるためにぶっきら棒に)
        なるほど…それで?(相手の視線を右手に感じ、それを分かった上で、話の続きを求め) -- リッキー 2017-10-01 (日) 10:05:40
  • やぁリッキー、お手柄じゃないか 助かったよ、あの霊草を探すのに手間取っていてね
    約束の金貨10枚だ レンにもお礼を言ってあげてほしいよ それからたくさん美味しいものを食べさせてやってくれ -- ダー・フェンザー 2017-09-30 (土) 21:42:22
    • (「あれは確かに なかなか難しいな 生えてる場所も 見つける手段も」もし情報がなければ自分も分からなかっただろうなと思いながら)
      (しかし受け取っても何か考えた様子で)…食べさせるにも、5枚はな(1回では多すぎるし、どうしたものかと) -- リッキー 2017-09-30 (土) 22:04:35
      • 随分苦労したものさ、しかし二つも見つかるなんて早々ないことだ 情報に金をかけた甲斐があったよ
        日持ちのするものを買ってもすぐに食べてしまいそうだね、あの食いしん坊は ふーむ、ダー・フェンザーはあの子に自活する術を教えてやりたいんだ
        そのうちには錬金術なんかもね、金も手にはいるし、食べ物や薬も自分で作れたら便利だ
        そのたまになにか有用なものを考えるのかよいと思うよ -- ダー・フェンザー 2017-09-30 (土) 22:09:13
      • なら、何よりだ…(もとより稼ぎ、と言うよりは友のためにしたような仕事なだけに)
        …それだ(同意するように頷き、だからどうしようかと迷っていたが)
        (なるほど、錬金術か…確かに一応出来るみたいなんだよな、ちょっとあやふやな点が多いんだがと苦笑して)
        …有用なもの…ダーさんなら、なにが欲しいんだ?(試しに聞いてみて) -- リッキー 2017-09-30 (土) 22:49:00
      • 錬金術師としてならまずレトルト(ガラス製のフラスコのようなもの)やガラス瓶はいくらでも必要だ、だけどまぁまだあの子には危ないね
        噛んで怪我してしまいそうだ ダー・フェンザーは本を与えたから 次は読み方かな
        夜でも安心なランプや工作に使うナイフ それとテーブルや物を入れるチェスト そんなところだろうか
        ダー・フェンザーが直接教えてもいいんだけど、こればかりは本人のやる気次第だからね、ダー・フェンザーは強制はしないんだ -- ダー・フェンザー 2017-09-30 (土) 22:59:27
      • (危ないというのは同意して、ただでさえ危なっかしい子だけに繊細な技術も必要な事は危険だろうと)
        …ゆっくりと、教えていこう(自分もまた、人の生活などを教えれたらなと思っていて、昔の自分のように)
        (そこらへんは基本だなと思いながら) …地味だが、実用的だ…(ダーさんらしいとも思い)
        …ダーさんも、なかなかにお人よしだからな(自分も含めて、変わったのを相手するのを) -- リッキー 2017-09-30 (土) 23:50:23
      • こればかりは性分だね カジートは子供を育てるときは家族だけじゃなく集落のみなで育てるんだ だから子供は大切にするというのが染み付いているのかもしれない
        まぁ今のところはうまくやれているようだから安心だね ところでお前はどうなんだ
        いい加減、良い相手はいないのかい? -- ダー・フェンザー 2017-10-01 (日) 00:02:50
      • (//寝てしまっていた…夜にはまた戻る!)
        (ほぅ、そうなのか…甲斐性あるんだなカジートってのは…人間もそのはず、なんだがなぁ…と苦笑いで)
        (うまくやれてるというのはまぁそうだなと同意の頷きを、少しずつ生活の基盤も出来ているので、変質者がいなければやっていけるかもしれないと思っており)
        (しかし自分の事を言われると)…(痛いところ聞かれたと)…あー…まぁ、なんだ…(つまりまだ決まってない、と言うよりどう決めるかすら分かってないとも) -- リッキー 2017-10-01 (日) 10:02:39
      • やれやれだ、君にはまだわからないかもしれないが、若いうちの時間はあっという間に過ぎてしまうよ
        やがて目も爪も弱くなって・・・ ああ、人間には爪はなかったか まぁ兎に角だ、今のうちに遊んでおいたほうがいいぞ
        今に使えるモノも使えなくなってしまうからな まぁそうなったらダー・フェンザーがいい薬を作ってあげるよ、ハハハッ! -- ダー・フェンザー 2017-10-01 (日) 12:00:10
      • (言いたい事は分かってる、分かってるんだけど…付き合うってなんだろうな?って事なんだよ!言えないけど!と心の中で葛藤しながら)
        遊ぶ…か…(それはそれで、なんか違う気がするので、ある意味恋愛面は思春期のそれな状態の23歳で)
        …それは、まだ先だと…思うが(あと最低でも20年は余裕…あれ、どうなんだろ、知らないな俺と自信はなく) -- リッキー 2017-10-01 (日) 20:56:13
      • 30過ぎると「くる」ぞ?人間の場合はね 男でも女でも、一番なんでも出きるのは今くらいの歳さ
        ま、好みというのもあるだろうからね しかし宿には美人がそろってるじゃないか・・・ うーん、しかしそういえば皆すこし若すぎるな・・・ -- ダー・フェンザー 2017-10-01 (日) 21:05:28
      • …そう、なのか…(自分の父親は多分あれ最後まで元気だっただけに、自分の知らない事実に割と驚き)
        …それもある…(妹のように見える相手が多くて、その辺りは恋愛の目で見るのはあまりなくて) -- リッキー 2017-10-01 (日) 21:11:16
      • よし、じゃぁ口下手なお前の代わりにダー・フェンザーは良い娘を探してきてあげよう 遠慮はしなくていい、もちろん無料でだ
        とびきりの娘を紹介すると約束するよ よしそうと決まればAuwe・・・ 前途多難?ああいや善は急げ?だ さっそく行ってくるよ(にやにやしつつ部屋を去っていく 普段からそうだがこういうときはとても素早い) -- ダー・フェンザー 2017-10-01 (日) 21:14:40
      • (あ、これはなんかよくない流れだ、何かこいつやらかしそうだと気づき)
        ま、まっ!(慌ててつかまえようとするがするりと手をすり抜けられ、一体どんな事になるんだと頭を抱え) -- リッキー 2017-10-01 (日) 21:27:51
  • 右手が包帯姿ですが数日中に取れます、別に厨二病にかかった訳ではない -- 2017-09-30 (土) 19:46:45
    • くっ……ついてねえぜ、こんな時に疼いちまうなんてな…お、おい落ち着けよ相棒…!(右手を押さえこむような仕草)とかやってみようか -- リュキア 2017-09-30 (土) 20:14:29
      • …ノリノリ、だな…(やらないぞ?と言うのが手話や言葉にせずとも、目と表情が訴えかけ)
        アヴィスって子、会ったぞ…いい子だ(花見、そして二人で会話した感想をまず) -- リッキー 2017-09-30 (土) 20:17:40
      • 手に大怪我をするなんて、山育ちなのに珍しい よほど危ない目にあったんだろうね 気の毒なことだ ワニにでも噛まれたかい?
        ああ、あの子に会ったんだ そりゃいい子さ けっこう気を回すタイプの子でね、相手をよく観察してから喋ってる 二人でどんな話を? -- リュキア 2017-09-30 (土) 20:24:01
      • 数が多すぎた…矢がなければ、普通以下だ(刃こぼれして途中で折れたナイフをテーブルに置き、苦笑いで)
        (ワニだったら手首ないだろ?と手首をとんと叩き)…グールだ
        (アヴィスの評に関しては全く同意見なので何度も頷き) …そいつは、秘密だな(ニヤリと笑い) -- リッキー 2017-09-30 (土) 20:41:15
      • 人の心をなくした屍肉喰らいか ああいう、人の姿を残した怪物はどうも苦手だ 夢に出そうでさ 人の姿をしているということは、僕らもどこかで道を間違えれば同じさだめをたどり得るということでもある
        会いにいくだけでも一苦労なのに、下にも置かない歓迎ぶりだったみたいだね……ということはリッキー、君もしかして冒険者やってるのかい? それならそうと言ってくれればよかったのに!
        え、何? 尋問されたいの?? しょうがないなー…気が進まないけどいいよ、やってみよう(手をわきわきさせて無慈悲なくすぐり攻撃を敢行する) -- リュキア 2017-09-30 (土) 20:47:31
      • (なるほど、そういう視点もあったな…と思いながら、リッキー自身は全く抵抗なく、倒す事が出来てしまっていて)
        …逆に、倒してほしい、がな(そう、自分がなったらと考えるならそんなままでいたくないと思うから、容赦もなく)
        …言ってなかったか?(あれ、そういえば言ってなかったか?と首をひねり)
        は?(は?と思い、口に出したあと) や、やめ!…くっ!(くすぐりに弱いのか、両手をあげて降参を、それでも声は出さぬように必死に耐え) -- リッキー 2017-09-30 (土) 20:59:48
      • そうなった自分は自分じゃない、というわけだね たしかに幸せな人生とは言いづらい状態だから、もしも理性が残っていれば終わらせてくれって言う人は少なくないと思う
        中には、そうなっても生きつづけたいと願う人もいたかもしれない 全ては過去形だ 覆りようのない話さ 深く考えるだけ時間の無駄だし、さっさと忘れた方がいい
        言ってないよ(ないない、と手を振る)山での暮らしが長すぎて大都会に戸惑ってたりするハンターの人かと思ってた……次から地図を探していきなよ それも事前の準備のうちだ
        またどっかでさ、グールにかじられちゃっても知らないよ(降参を認めず、あられもない声が出るまでくすぐり続ける)まだまだ! どうすれば楽になれると思う? 答えは君が持ってるはずだ -- リュキア 2017-09-30 (土) 21:09:22
      • …そういうのは、しぶとく…上位になるな(グールの上になると、吸血鬼に類するものになったりしていくと聞いた事があるだけに)
        (忘れた方がいいという意見に頷き、あまり考えすぎて躊躇したらそれこそ命とりなだけに)
        …大体合ってるな…(実際その通りでもあって、そして次行くときはお勧めでも紹介して貰おうと頷き)
        …わ、わか…ま、まいった!(頬がひくつき、普段出さない大きな声で) …ただ、会話してない、仲間だなと…(言いにくそうにボソリと) -- リッキー 2017-09-30 (土) 21:33:03
      • 天の時、地の利、人の和…なんて言うけれど、そのうちのひとつが下準備で押さえられるなら、戦いもずっと楽になるはずだ 事前にひと声かけてくれれば迷宮の地図、探しておくよ
        それだけ…?(矛を収める、のかどうなのか手は置いたまま)隠すようなこと全然なかったのに、わざわざ秘密だーなんて、カッコつけた? もしかしてカッコつけてたの?
        まあいいか、君はおなかの横らへんのとこが弱いことがわかったことだけでも収穫だった あんまりやっても怪我に障りそうだしね お大事に! 今度は気をつけなよ(帰っていった) -- リュキア 2017-09-30 (土) 21:41:47
  • リッキー。(こんにちは、と手話で見せる)……リュキアに(行間で)聞いた。リッキーは、手話を使う…。
    (以降、手話での会話)……でも、リッキーは、声を出せないようには見えない…耳を不自由にしているの? -- アヴィス 2017-09-30 (土) 19:44:08
    • (怪我を負った右手の包帯を片手で器用に巻きながら)…あぁ、アヴィス…か(確かそんな名前だったような?と花見を思い出し)
      (そして手話で会話しようとすることに軽く驚き、それが既にマスターされた状態な事にさらに驚き、「いいや そういう訳じゃない 少し事情があってな」と手話で返し)
      (「あぁ、この包帯が依頼の怪我で これまた話さない事とは 関係ない」と少し苦笑いで) -- リッキー 2017-09-30 (土) 19:49:20
      • (全部手話で)…怪我してる。冒険でなのね…お大事にしてね。人間の治療方法がわからなくて、力になれなくてごめんなさい。
        (正確にスムーズに手話が紡がれる)…ちなみに、どんな依頼だったの?怪物の討伐依頼とか? -- アヴィス 2017-09-30 (土) 19:52:22
      • (「分かってる 俺もまだ 死にたくはないからな いいや 気にするな この傷もまた 反省への礎になる」と手を振って笑い)
        (「いいや グールだ 俺も侮っていた 実際1体は弱い だが100 200 500 …果てには1000を超えれば どうしようもない」(肩を竦めるように)
        (「矢尽き刃折れを 実体験するとはな まぁ いい勉強になった」 今度はさらに上手く立ち回る、あるいは情報を精査しようと) -- リッキー 2017-09-30 (土) 19:58:50
      • (ふ、と微笑みを返して)「冒険者は大変なのね…でも、貴方を心配する人もいるのだから、無事に帰ってきてほしいと思うわ」
        「グール、数で攻めてくる怪物なのね…人は、闘争と逃走の選択を誤らないから繁栄している生き物よ 危なくなったら逃げないと」(目は見えないが、口元はむ、と心配そうな形を作る)
        「本当にお大事にしてね。……それはそれとして。やっぱり手話で会話するのは、耳が聞こえている以上…何か事情があるとは聞いたけれど。その事情、聴いても大丈夫?」(手話の引き出しが多い…) -- アヴィス 2017-09-30 (土) 20:02:39
      • (「死んだら リュキアにも 怒られそうだしな 気を付けよう」と頷いて答え)
        「(まぁ その選択を誤る そんな人間も多いから あんな数のグールが いる訳でもあるがな」(ゾンビもグールも元は人、つまりそれだけやられた人間が多いという事でもあって)
        (「あー まぁ 喋り慣れてないだけ なんだがな 手話の方が 慣れてるんだよ 俺は」 頭をかき、正直に) -- リッキー 2017-09-30 (土) 20:12:03
      • 「そうね、リュキアもきっとあなたを心配するはず。私を心配してくれるように…。ああ見えて、リュキアは優しい人だから。」(うなづいて返す)
        「人間は、その数の多さゆえに争いを求める、って前に書物で読んだわ。生命の個体は絶対数を超えてその総数を維持できない以上、淘汰は仕方のないことなのかも。」
        (……以外に、シンプルな理由であった。くすり、と笑い)…じゃあ、私と同じ。私も、まだ…しゃべるのに、慣れてないから。(ここで、手話から肉声に切り替えた)
        リッキーと、話したいから…手話の本、読んで、覚えたけど…。でも、喋りの、練習を、しないと…うまくは、ならない、よ。(私が、そう。とうなづく) -- アヴィス 2017-09-30 (土) 20:15:12
      • (「あぁ見えて と言うのもなんだが 実際 ああ見えて と言えるな」と悪口ではなく、もちろん冗談でニヤリと)
        (「まぁ 人類学は 詳しく分からん ただまぁ 争うのが好きな そんな動物なのは 間違いない」(程度はあれど何かしら競い合うのが好きなだけに)
        (ほぅ…そうか、この子もか…いや、年下の子と同じってのも、恥ずかしいが) …それは、確かにな(こちらも肉声で)
        …だから俺も、山から下りて…ここにいる訳だ(そして「仲間だな」とここだけ手話で) -- リッキー 2017-09-30 (土) 20:22:04
      • 「争うことで能力を高める種族は多いわ…人間が最もたるものじゃないかしら。だから、人間は原罪を背負って生きている、ということでしょうね…。…少し、羨ましい」(手話はここで終了。少女の胸中は読み取れないが)
        ……うん。人間が…人間は、ほかのだれかと、繋がることで、自分の存在を、証明する。私も、私たちもその輪の一人だから…。
        …だから、頑張って、喋る練習もしよう。リッキー。貴方がいいなら、私は、貴方と会話の練習がしたい。…いろんな人と、いっぱいお話ししたいから。 -- アヴィス 2017-09-30 (土) 20:28:47
      • (「本来は 理性を高め 獣から脱却した とか言ってるのにな まぁそれも 人の業か」と山で暮らすだけに人と少しずれた思考で)
        …アヴィスは、強い子だな(よしよしと見るからに年下である子の頭を撫で)
        (そんな子が言ってるのに逃げるのは、不慣れに喋るよりもずっと恥だろうと) …そうだな、「仲間」だしな(まずは握手をするために手を差し出し) -- リッキー 2017-09-30 (土) 20:44:02
      • ……うん。(頭を撫でられる…のは、初めてだ 握手するときよりも体温の伝播は弱いが…なぜか、とても暖かい気持ちになった)…うれしい。
        …うん、頑張ろう。よろしくね、リッキー(そして、次いで好きな握手。とてもひんやりしたアヴィスの手が、リッキーの手の熱で少しずつ温まる)……温かい。(口元に、微笑みを作り)
        それじゃあ…次会うときは、言葉だけで…何か、お話ししよう。楽しい話、何か見つけてくるね(とお辞儀をして、その日は帰るのであった) -- アヴィス 2017-09-30 (土) 20:52:24
  • (ひょっこり、と言った気軽さで青年の目の前に扉が現れると、ガチャりと開いて)
    よいしょー!…おっと…失礼、そこなお兄さん、ここはどの辺りか知りませんか? -- チーク 2017-09-29 (金) 22:49:31
    • (弓矢の手入れをしていたら、突如宿の部屋の中に扉が現れ、流石に目を見開き)
      (腰のナイフに手を当てたが、出てきたのが警戒心0の少年だけにナイフを取り出す事はせず、しかし手を外す事はなく)
      …宿屋、そして俺の部屋、だが?(怪訝な顔で正直に答え) -- リッキー 2017-09-29 (金) 22:53:28
      • ちょ、ちょっと待った!あれ部屋の中!?
        (辺りをきょろりと見渡して場所に気がつくと軽く両手を挙げて)
        ち、違うんだ!物取りとか不法侵入じゃないんだ、偶然ここにでて…し、しんじてください!
        …やっぱり部屋かぁ…いやー…ごめんごめん…あ、妖しいものではありません、俺は異端観察記録局という者でして…この世界の異端や不思議を探してる最中でしてっ -- チーク 2017-09-29 (金) 22:58:47
      • (演技、ではなさそうだし相手にとっても予想外の出来事…のようには見えるが、と未だ警戒はしながら)
        …なら、何用なんだ?(と聞けば世界の異端や不思議と言われてなんだそれ、と考え)
        …それこそ、不思議じゃないか?(と今出てきた扉を指さし) -- リッキー 2017-09-29 (金) 23:05:34
      • (警戒されているという感じを肌で理解しつつ、両手は上げたまま気まずそうにきょろきょろとして)
        まぁ一言でいうと…取材、かなぁ。こうして突撃体当たりでお話を伺いに来てるんだけど
        やー…今回はちょっとタイミングが悪かった、お邪魔して申し訳ない…あ、これは不思議に見えるけど、純然たる技術の結晶ってやつですよ! -- チーク 2017-09-29 (金) 23:08:26
      • (まぁ、いいか…おそらく「なんとかなるだろう」と考えると、手をナイフから外し、腕組みをして)
        (取材と言われて、こんなのを使ってか?と思うが、まぁそういうのもいる…か?とあまり納得はしないが)
        …ま、この街は不思議は多い…俺は、普通だがな?(他人がどう思うかは別として) -- リッキー 2017-09-29 (金) 23:29:33
      • ゆ、ゆるされた……?(手がナイフから外れたのを観ると、警戒を解いてもらえたのか思いほっと一息ついて腕を下ろし)
        ははっ、普通とか考えてる人にこそ意外な秘密や、何やらがあったりする訳だよ
        或いは、そういう出来事を知ってます、って言うのがあれば情報提供だけでもお願いしたいんだけど、心当たりありませんか? -- チーク 2017-09-29 (金) 23:38:48
      • (大した秘密もないんだがなぁ…矢筒は生命線だから言うつもりはないし)
        …不思議な奴なら…(地図を取り出すと、とある地図の場所を指さし)
        (それはリッキーがダイアを呼んでる謎の人?鳥?で、自分もまだよく分かってない、コミュニケーションが満足に取れない相手で) -- リッキー 2017-09-30 (土) 00:01:07
      • (地図を取り出す仕草に、おぉっと期待に目を輝かせて身を乗り出して覗かし)
        …なるほど、ここにいる相手が面妖で謎だらけだと、あ、意外と遠いな…
        この地区ならオニギリ屋とか言う、ライスボールの店が美味しくて日持ちして便利らしいぜー?
        (ちょうどこの辺だ、と彼が指した部分から絶妙に遠くも無く近くも無い辺りを指差しながら) -- チーク 2017-09-30 (土) 00:10:27
      • (面妖で謎だらけ、と言う言葉に二度ほど頷き、まぁあれとまともに会話できるならそれはそれで凄い事だと思いながら)
        (ほぅ、それは知らなかった。今度行ってみるか、と地図を見て顎に手を当てて考え)
        …あぁ…俺はリッキー、冒険者だ(寡黙ながらに軽い自己紹介を) -- リッキー 2017-09-30 (土) 00:29:54
      • …マジかよぉ、そこまで言われると逆に驚くぞ、あくまでも異端、神秘に対してであって変人は…うーん、余ッ者、取り合えずやってみるか!
        (ぐっ、と拳を握り闘志を高めると一度静かに頷いて)
        …俺はチーク、さっき言ったとおり、この街の神秘異端不思議を観察して記録する為に来た職員です、今後とも珍しい話がありましたら、チークをどうぞよろしくっ!
        では、俺はコレで失礼します…次は部屋の外に出てちゃんとノックするから許して欲しい、改めてプライベートな所に失礼しましたーっ! -- チーク 2017-09-30 (土) 00:39:07
  • (右手で握りこぶしを作って、左手首を2回たたくと、お疲れ様です、になるが)
    (表情でニュアンスがかわってくるので、明るい表情も大事だな…俺?…期待しないでほしいなと思いながら) -- リッキー 2017-09-26 (火) 21:43:21
    • 指示を出すならハンドサインも便利かもしれんが、心を通じ合わせるなら、表情が一番のサインだぜ、リッキー! (にかっと笑ってサムズアップ!) -- イーリアス 2017-09-28 (木) 08:18:51
      • (無言でイーリアスを見た後で、相手を指さした後自分の目の近くをとんとんと叩くようにして)
        (その後己を指さしてから、不器用な笑みを浮かべ、お前から見てこの表情を見て通じ合えると思うか?と言うアピールで) -- リッキー 2017-09-28 (木) 20:03:53
      • へったくそな笑顔だなあおい (遠慮無くそんな事を言う失礼な男だが、変わらず笑って) 良いじゃん、まずは浮かべる事だぜ
        出来ないからやらないじゃあ、剣の一本振れやしないしな 慣れてきゃ良いだけさ むっつりしてるより良いと思うぜ
        (諦めかけてる友人にそう言って、手土産の酒を揺らせば) 酒だって、ガキの頃は苦くてまずくて飲めたもんじゃあなかったが、慣れた今じゃあ美味いもんさ そういうもんだろ? -- イーリアス 2017-09-29 (金) 00:38:46
      • (失礼な奴だ、と言いたそうにしながら、別に怒ってはいないが抗議として言葉の代わりに、ポケットに入っていた桜チップを投げつけ)
        (ふむ、それはそうかもしれないな…ただ、分かっていて出来る事とやりにくい事ってのもあるんだがなぁと苦笑しながら)
        (とはいえ、それが逃げと言うのも理解しているので、苦い顔のまま、自分を指さし地面を指さし)…そのため、でもある(と答え)
        (つまりは、それを直すのもまた、ここにいる理由なのだと伝え) -- リッキー 2017-09-29 (金) 20:19:49
      • わぷっ うん? なんだこれ、木くず? …ああ、桜か、燻製でも作ってたのか? (摘み上げて匂いを嗅ぐ 独特の香りがする)
        なあに、やってりゃ出来る! …でも、リッキーが笑顔までばっちりになったらイケメン度が上がるな… よし、程々にしてくれ 酒場で女の子引っ掻けるときに俺の分が悪くなる…! (我儘)
        (そんな事を言いながら、訥々としたリッキーの言葉を聞き、ちょっと笑み) 練習になら付き合うぜ、リッキー (そう言って、今日も一緒に酒を飲むのだった) -- イーリアス 2017-09-29 (金) 22:08:46
  • つい興味本位で手話の本を読んで勉強してしまったけど…無性に試したくなってしまった…(武者震い)
    ……お、あのお兄さん今手話で誰かと会話してるね (そこまでして手話りたいのか、あんちゃんの様子を伺う) -- リリネ 2017-09-28 (木) 22:43:36
    • (知人を会話を終え、「それでは またな」と別れの手話をしてから自然に気づき)
      (ん?なんだあの子…俺を見てるようだが…まさか逆ナン?…ないな、と無表情ながらそんな事を考え) -- リッキー 2017-09-28 (木) 22:50:01
      • フフフ……ッ!! (不敵な笑みで青年の前に立った魔女っ娘風の少女は、まるで忍者が印を切るような速度で手話を披露した!)
        「こんにちは、突然失礼します。私はトリリネアー・クロムウェル、怪しい者ではありません。気安くリリネと覚えておいて下さい」
        (シュババババ…と音が聞こえるような手話を見せると満足げにドヤァ…という顔をしている…) -- リリネ 2017-09-28 (木) 23:00:32
      • (何なんだ一体…初見の子に喧嘩売られる理由なんて見当たらないんだが…と若干動揺してると)
        (高速手話に、なんとか解読しながら、同時に覚えたてのを自慢したいのだろうという事もおぼろげに理解出来て)
        (「なるほど 理解した 俺はリッキー、レンジャーみたいなものだ よろしくな」と複雑ではなく、そして分かりやすいような速度の手話で) -- リッキー 2017-09-28 (木) 23:07:53
      • (やった、通じた!といった感じの年相応の笑顔になる。リリネにしては珍しい表情だが、それを相手が知るのは今後交友を重ねた後だろう…そして)
        ――あ、自己紹介の後に何を話すか考えてなかった… (と、一瞬で冷静な頭に戻り恥ずかしそうに赤面するのであった…)
        ええと、「リッキーさん…ですね? よろしくお願いします…ボクは魔女…いや、魔女の卵? かな…?」 -- リリネ 2017-09-28 (木) 23:14:37
      • (今の時点では、なかなかいい笑顔する子だなーと普通の感想しかなく)
        (そしてはずかしそうにするのをみてちいさく笑ったあと「魔女 つまり魔法使いか 魔法に詳しいのか?」)
        (ならば、最近の悩みをちょっと聞いてみるのもありかと考え「魔道具に関して 知識はあるだろうか?」と真面目な顔で聞き) -- リッキー 2017-09-28 (木) 23:25:03
      • (質問が来ると頭にクエスチョンを浮かべながらも) 「ええ、ボクは魔術の心得があります。それなりに詳しいと思います」
        ……魔道具…モノにはよるだろうけど、割と得意分野ですね…ボクの先生がそういうの詳しかったから――って、これも手話で言い直した方がいいだろうか…? -- リリネ 2017-09-28 (木) 23:31:30
      • (「そうか それなら教えてほしいんだが」とマントの下から小さな箱を取り出し)
        (そして手話の方がいいかという問いには首を振り、「耳が聞こえない 訳じゃないから そのままでいい」と手話で回答してから箱を開け)
        (そこに入っていたのは新人ではまずお目にかかれない精巧な闇の指輪で「こいつの価値と使い方 だな」と) -- リッキー 2017-09-28 (木) 23:45:51
      • そうなんですか……ん? (じゃあなんで手話なんだろう…と疑問を抱くが、でも今はそんな事は重要じゃないとばかりにスルーして)
        これは……闇の魔導器、というやつですね? でもこれだけ精巧なのはなかなかお目にかかれませんね…ふむふむ。価値は相当ですよ、これ
        魔導器というのは黄金歴時代によく使われていた魔道具で、その特徴は魔術理論を知らずとも素質があれば魔術を行使できる点
        この地域では炎、氷、雷、光…そして闇属性の魔導器が出土すると文献で読みました。使い方は…どうかな? ちょっとお借りしていいです? -- リリネ 2017-09-28 (木) 23:57:45
      • (その辺りは鑑定書通り、そう鑑定はもうされているのだが鑑定士は使い方までは教えてくれなかったもので)
        (なので試すようで申し訳なかったが、どう評価するのかを聞けば使い方も安心できると踏んだのだが、安心出来そうだと思いながら)
        (「あぁ もちろんだ でも 壊さないでくれよ?」と小さく笑いながら、指輪を渡し)//文通おーんですまぬ -- リッキー 2017-09-29 (金) 00:19:43
      • ふふっ…すみません。ボクは本の虫なので知識を口に出しながら自分の中で整理する癖がありましてね
        (魔術に関して語るリリネは出会った直後と違い、理知的な印象で話す。本来はこういう娘なのだろう)
        ご安心を。ボクは魔術の出力は高くない方なので、全力出しても壊せる気がしませんから……では、失礼して――
        (笑顔で指輪を受け取ると、右手の人差し指に装備した。ひとけの無い方を向き、何かに当たらないようやや上方へ向けて構えた //了解ですん) -- リリネ 2017-09-29 (金) 00:26:21
      • (最初は手話を使いたくて仕方がなかった、という事だろうか?まぁそういうのってあるよな、俺もあったと思いながら)
        (「それなら期待して 見守っているとしよう」と手話で返すと、リリネの作業をじっと見守り)
        (あぁ、下手に撃つと被害が出るかもしれないからな…そりゃ正解だと思いながら同じく上を向き) -- リッキー 2017-09-29 (金) 20:16:29
      • (少し集中しているのだろう、右目を閉じて沈黙……呪文を詠唱することもなく) ――えいっ…!
        (指輪を装備した人差し指の先から、なんか丁度いいシャドーボール的な闇の弾が飛び出して空中で炸裂した!)
        おおー……やってみるものですねぇ、ボクにも出せた…案外闇属性も相性いいかなー…?
        (扱いに精通しているかのような口振りの割には、自分で成功してやや驚いてる様子だった)
        ……まぁこんな感じです。意外と気合と勢いとノリで出ますよ? (※それでいいのか案件) -- リリネ 2017-09-29 (金) 21:11:47
      • (ほぅ…本来はああいうのが出るものなのか、と言うか詠唱いらないのな、それは有り難いと思いながら)
        (あれ、でもなんか驚いてないか?しかもやってみるものって…もしかしてこの子初、なのか?と目をむけ)
        (なんか参考になるのかならんのか分からんな…まぁ闇魔法見れただけでもありがたいかと思い直し)
        …助かった、謝礼は…何がいい?(お礼の言葉くらいは、ちゃんと声を出し) -- リッキー 2017-09-29 (金) 21:18:37
      • まぁ補足するなら…魔導器は本人の資質、主に魔力量に依存する武器だと思います。普通の精神統一、集中ができれば後は慣れかと…
        小難しい術式を足せば剣とか矢に魔力を纏わせるのも出来る拡張性があるとかないとか…? (信頼度:あやふやな情報)
        ああいえ、お礼なんてそんな大したことはしていません。それより―― 「ボクの手話を優しく見守ってくれて、ありがとうございます」(と、笑顔で手話の礼をして)
        それでは、ボクはこれで……また魔導器について何かあれば遠慮なくお尋ねください (最後に一礼すると帰っていく…) -- リリネ 2017-09-29 (金) 21:34:08
  • ごはん!(すっかり味をしめたわんこが顔を出す。すでに尻尾はふりふりだ) -- レン 2017-09-28 (木) 20:03:52
    • (え?今度は欲しがってるのがきたのか?まぁ、今月の依頼で手に入れたロック鳥の焼き鳥するつもりだったが、と思いながら)
      (丁度いまから焼くところだったのか、七輪っぽいものの中には既に炭に火がついており)
      (塩を振ったロック鳥肉が串に刺さったのを置くところで) -- リッキー 2017-09-28 (木) 20:06:00
      • ・・・・・・わかった! フライドチキンだね! けんたっちーだ!!(尻尾振ってよだれたらーりフンスフンス)
        燻製のお兄さんは・・・フライドチキン好き? おいしいよね・・・肉汁が・・・えっと、肉汁が・・・・・・肉汁がおいしい! -- レン 2017-09-28 (木) 20:14:57
      • (フライドチキン…揚げ要素ないんだが、あれかチキンだからもうそういう=なのか?この子…と頬をかきながら)
        …嫌いじゃない、が…これは、「焼き鳥」だ…(百里楼豸にしかず、とにかくまずは焼き鳥の串を上に置いていき)
        (炭火によって焼かれていく肉のいい音と匂い、油が滴り落ちた時の匂いもまたいいもので) -- リッキー 2017-09-28 (木) 20:24:33
      • ・・・焼き鳥! おいしそう・・・匂いも見た目も名前も!
        (火が通っていく焼き鳥を尻尾を振りながらじっと見つめている。その目つきは真剣そのもの) -- レン 2017-09-28 (木) 20:28:13
      • (真剣そのものなレンの顔を見て、苦笑とともに美味しいのを食べて貰いたいもんだと焼き加減に気を付け)
        (油が落ちきらない、しかし焼きもしっかりと入った焼き鳥を七輪っぽいのから外すと、2本差し出し)
        …熱いからな(ちゃんとそこは注意してから、塩で味付けした焼き鳥を渡し) -- リッキー 2017-09-28 (木) 20:39:59
      • ・・・できた!? ありがとう! いただきまーす!! (はやる食欲を抑えきれず、かぶりつく!熱い!)
        あふ・・・あひゅっ! はふ、はふーっ!(熱気をはふはふ逃しながら、焼鳥の熱と真剣に格闘するわんこ)
        んんんんー! これは・・・おいしい! すごい・・・ししょーじゃこんなに、おいしくできない! -- レン 2017-09-28 (木) 20:49:34
      • …熱いと言ったろうが…(やれやれといった感じで、竹筒の水筒を差し出し)
        (どれ、俺も食べるか。さてロック鳥、巨大鳥のお味は…と食べてみると、筋肉質で弾力が強く、しかしそれでいて油もしっかりとあるのは上空高く飛ぶためか)
        (こいつは、凄いな…もっと持って帰れば良かったと後悔すら浮かんで) …そうか?(はしゃぐように言うレンに小さく笑い)
        …タレが上手に出来れば、な(一応作ったが、市販品とそう変わらぬもので、今度はタレつきを焼き始め) -- リッキー 2017-09-28 (木) 20:54:39
      • あふふふ!(水筒を受け取り口を潤し)
        ししょーは・・・シチューにブロッコリーをいれるからね・・・。たぶん、あんまり料理上手じゃない。(わんこ基準での話)
        タレ? みたらし? 甘くて・・・しょっぱいのかな!?(タレ付きを焼き始めると、再び目が釘付けになる) -- レン 2017-09-28 (木) 21:38:20
      • …入れるのは、ありでは?(なんと男も入れるのに違和感を感じないタイプで、しかし入れるタイミングは気にしたりはするが)
        …みたらしほど、甘くはないな…(味醂や砂糖が少し入った醤油が油と一緒に落ちると、先ほどより香ばしい焦げた醤油の香りが広がり)
        (そして先ほどと違って、もう一度タレをかけてから焼けばタレが沁み、そして完成した焼き鳥を2本また渡し) -- リッキー 2017-09-28 (木) 21:48:54
      • ええ・・・お兄さんも、ブロッコリーいれるの・・・? こんなに料理上手なのに・・・どうして・・・。(信じられないといった顔)
        これは・・・食欲がそそられるね! 匂いと・・・見た目と・・・音がいいよね。 ジリジリチリチリって、凄い好き。
        わあい、ありがとう!! お兄さんは・・・お肉灼くの上手だね? お肉屋さんなの?(焼き鳥をふーふーしてからかじりつき) -- レン 2017-09-28 (木) 21:55:28
      • あれは、あれだ…(ただ自分が作る定番は、鶏肉タマネギ人参ジャガイモとシンプルなものだが)
        (その発言にはとても納得できるもので、何度もうなずきながら焼き上げ)
        …森で暮らしてた、からな(だから肉の調達から調理まで自分でするからこそ、肉を焼くのもお手の物で) -- リッキー 2017-09-28 (木) 22:03:52
      • ボクもししょーと森に住んでたよ! ししょーはいろんな男の人と遊んでー、お肉とかもらってた!
        あ、でもキノコとか薬草は一緒に採ったりしてたよ! そのへんを探すのは得意! ちょっと下手になったけど、まだ得意!
        お兄さんも、薬草とか探す時はお手伝いするよ! ご飯のお礼ね! -- レン 2017-09-28 (木) 22:09:42
      • (確かそう言ってたな…しかし色んな男の人と遊ぶか…羨ましいなぁオイ!まぁ、とはいえ下心でこの子と接する気はないが)
        …そうなのか…(そして薬草探すのが得意で、手伝いもすると聞いて少し考えて)
        …それじゃ、一緒にこれ…やるか?(見せたのは冒険者ギルドの依頼掲示板に張られている「錬金術素材探索依頼」で) -- リッキー 2017-09-28 (木) 22:15:09
      • ・・・・・・? ・・・金・・・材探・・・・・・? (どうやら、読めない字があるようだ)
        これは・・・お兄さんの秘伝レシピ・・・!? そうか・・・これが味の秘訣なんだ・・・・・・。(感心して頷く) -- レン 2017-09-28 (木) 22:27:47
      • (そうか、読めない可能性があるのを失念してたな…まだ分からないかと気づき)
        (そして味の秘訣とか言い出したのを苦笑いしながら首を振り) …この薬草、見つけたら… …焼き鳥50本は、食べれるぞ(大体依頼代金を換算して)
        (そう言ったほうが、下手に金貨何枚だというよりは分かりやすいだろうと) -- リッキー 2017-09-28 (木) 22:40:14
      • !! そんな・・・そんなことが・・・! それは・・・おいしいね! 味じゃなくて、違うやつがおいしい!
        わかった! 手伝う! 今いくの?どこに探しに行く?森?土手?沼地? -- レン 2017-09-28 (木) 22:50:08
      • 落ち着け…(頭に手を置いてぽふぽふと撫で) …登録が先だ(ついてくるか?と聞き)
        (//依頼参加して貰ってもキャラ的に大丈夫なんだろうか?無理なら登録なしで手伝った!でもいい) -- リッキー 2017-09-28 (木) 22:57:41
      • んっ・・・登録? 登録って・・・なにするの? (頭を撫でられれば目を細め、落ち着いた様子で尋ねる)
        //非戦闘キャラなので・・・「お手伝いした!」というくらいでいいような気はします! -- レン 2017-09-28 (木) 23:10:53
      • まぁ、説明しながらで…いいか(と思い、道を歩きながら説明したのだが理解はあんまりされず)
        (結局は登録はせず、猟犬よろしくお供として頑張ってもらうという感じで行くことになったとか)
        (//それじゃこういう事で、依頼成功か失敗かは分からないが、その結果を持って遊びにいくつもり) -- リッキー 2017-09-28 (木) 23:22:28
  • ごはん!(シンパシーを感じるタイミングだったのでごはんを差し入れておきますやんか) -- ジャガー 2017-09-27 (水) 00:11:26
    • (え?ごはん?ごはん欲しいのかと思ったらなんか差し出されてた?…教授これは一体!と思いながら)
      (しかしよくわからないものの、とりあえず悪意はなさそうなので微妙な顔をしながら頭を下げて受け取り) -- リッキー 2017-09-27 (水) 21:24:22
  •   -- リッキー 2017-09-26 (火) 21:41:02
  •   -- リッキー 2017-09-26 (火) 21:40:55
  • (左手をグーの形にして甲を上になるようにして) -- リッキー 2017-09-25 (月) 21:16:58
  • (右手を手のひらを下にして左手の上で2回ほど円を描くように回すと) -- リッキー 2017-09-25 (月) 21:16:48
  • (「愛してる」となる…使う機会があるかは知らないが…) -- リッキー 2017-09-25 (月) 21:16:37
    • 告白の予行演習かい? 精が出るね!(いつからそこにいたのか、「応援するよ」とジェスチャーする男が突然話しかけてきた) -- ファーブル 2017-09-25 (月) 21:24:20
      • (見られていた、だと!?…と割と内心慌てながら、しかし表情は変わらずにファーブルを見て)
        (「いい人がいるなら 紹介してほしいくらいだが」と返して) -- リッキー 2017-09-25 (月) 21:26:51
      • おや、てっきり私は劇場でご一緒していた彼女に送る言葉だと思っていたのだがね?
        (じっと顔を見つめて)……表情が固いっ!(ビシッと鼻先に指をつきつけ
        そんなんじゃ気持ちが半分も伝わらないよ、もっと僕みたいに表情豊かになりたまえ! 何はともあれまずは笑顔だ、ほら、笑って笑って!(これが手本だと言わんばかりに爽やかな笑顔を浮かべながら) -- ファーブル 2017-09-25 (月) 21:33:25
      • (ん?劇場…あぁ、あの時にいた人か!と気づくが、いやいや彼女じゃない…と首と手を左右に振って)
        (そして指を突き付けられて指摘された事実に、なん…だと…と若干驚愕した表情で)
        (ふむ、笑顔か…それくらいなら、と見せた笑顔は、人慣れしてない男がやろうと思ってした笑顔など、引きつったぎこちないものでしかなく) -- リッキー 2017-09-25 (月) 21:43:45
      • ちっがーう!(投げ捨てるようなジェスチャー)
        そんな強張った笑顔じゃ相手を威圧してしまいます、鏡を見ながらゆっくりと矯正する事をオススメしますよ!
        ……ところで、劇場でもそうでしたが貴方はどうしてハンドサインで会話を?
        (手で制するようなジェスチャー)…あぁ、待ってください、言わなくても分かりますよ! 何せ私は、「名探偵」ですからね! -- ファーブル 2017-09-25 (月) 21:58:00
      • (な、何が違うんだ?とちょっと焦った顔になるが、話を聞き)
        (あれ…そうだったのか?今まで俺はそんな事を…?とちょっと凹んでいると、ハンドサインで会話を?と聞かれ)
        (こたえようとしたところで名探偵と言われたので、ほぅ…と答えは言わずに顎に手を当てたままその推理を聞く姿勢で待ち) -- リッキー 2017-09-25 (月) 22:04:34
      • ずっと不思議だったのですよ、貴方は時折ハンドサインをする前、喉を動かそうとする仕草を見せる事がある
        これは何か喋ろうとしたけれど諦めてハンドサインで意思を伝えているという事に他ならない……なぜ声を出すことを拒むのか……
        それにはきっと男としてのプライドが関わっているのでしょう……そう、貴方は「声が男にしてはあまりにも甲高いものだから声を聞かれるのが恥ずかしい」のです!
        (ビシッと指を突きつけながら自信満々で仁王立ちする探偵がそこにはあった) -- ファーブル 2017-09-25 (月) 22:18:27
      • (おぉ…そこらへんは無自覚だったりもするが、それを言い当ててくるのは流石は名探偵と言うだけあるなと驚き)
        (そして男のプライドといわれたときに…うん?いやまぁ、人慣れしてなくて喋るの恥ずかしいのもそう…なるのか?と首をひねりながら思っていたら)
        (まさかの甲高いものだと言われて、否定する前に力が抜けて項垂れてしまい) -- リッキー 2017-09-25 (月) 22:38:11
      • あっはっは! どうやら僕の推理は見事なまでに証明完了してしまったようですね!
        まぁまぁ、顔を上げてください こればっかりはどうしようも無いことですからね、むしろ開き直って生きる事をオススメしますよ!
        (あくまで自分の推理は間違ってないと思っているようで、慰めるように型をぽんぽんと叩きながらどんどん話を進めていく) -- ファーブル 2017-09-25 (月) 22:42:28
      • (駄目だこの探偵!名探偵じゃなくて迷の方じゃねぇか!?と思いながら)
        (とはいえ、開き直って生きるとすれば、それはそれで問題解決はするよなと的外れでもない助言に苦笑いで肩を竦め)
        (「そういえば 名前名乗ってなかったな リッキーだ」とハンドサインをしてからギルドカードを見せて自己紹介を) -- リッキー 2017-09-25 (月) 22:52:07
      • これはご丁寧にどうも、僕はジョシュア・ファーブ・リーズ 名探偵ファーブルの名で通っているよ(こちらも名刺を渡して)
        Mr.リッキー、コンプレックスは根深いものだからね、すぐに解消できるものでは無いかもしれない…
        それでも乗り越えようと思う心があればきっと道は開けるはずさ…それじゃあね! 告白の検討を祈るよ!(最期までズレた回答をしていた事に気づかないまま探偵は帰っていった) -- ファーブル 2017-09-25 (月) 23:06:34
      • (え?名刺?うわ名刺とか貰うの初めてだな!と内心ちょっとはしゃぎながら)
        (乗り越えようとする心…か、もうちょっとハンドサインやらに頼らずに会話するように努力はすべきなんだろうな、そう考えて)
        (的外れながら遠からずな迷探偵を、小さく自然な笑顔で手を振って見送り) -- リッキー 2017-09-25 (月) 23:11:37
  • (鮮やかな青い輝きが、穏やかな風を受けて揺蕩いながら男の周りを飛びまわる それは蝶のカタチをした何か、抽象化された幻の蝶だ) -- リュキア 2017-09-22 (金) 21:32:41
    • (最初見たときはなんだこれ!?と流石に目を軽く見開いて驚くが、それが作れた幻だと分かると魔法か?と思いながら)
      (それに手を伸ばす、なんてことは迂闊すぎるので、まずはナイフを近づけ、普通の蝶ならそこに止まるようにゆっくりと) -- リッキー 2017-09-22 (金) 21:40:00
      • (切先に羽根を休めるような素振りを見せたかと思えば止まらずに羽ばたき、付かず離れずの距離を保って蝶は誘うように飛び回る)
        (歩く様な速さで男のそばを離れると、昼間でも濃い闇の垂れ込める路地裏の方へと進んでいく) -- リュキア 2017-09-22 (金) 22:03:10
      • (ふむ、これは誘導してるのか?…さて、俺をこんな事をしてまで呼びつける相手ってのは覚えがないんだが、と少し考えるも)
        (このまま放置しても仕方がないな、とはいえ…もしもの時のためにマントの下には冒険で使うような道具で隠し持って)
        (そして何かありますよと言わんばかりな路地裏までくれば、苦笑しながらも後を追い) -- リッキー 2017-09-22 (金) 22:23:02
      • (行き着いた場所はつき当たりの袋小路、錆びの浮いた錬鉄の階段と手すりが設えられた無味乾燥な鉄扉がそこにあった)
        (表札も飾りもないドアは、割れた樹脂のカバーに雲の巣が張った、切れかけの蛍光灯にぼんやりと照らされて瞬いている)
        (蝶は扉へ向かって真っ直ぐに飛び、物理的干渉を起こさず吸い込まれるように消えてしまった ドアノブを掴み、押せば難なく開くだろう) -- リュキア 2017-09-22 (金) 22:42:29
      • (逃げ場はなし、と思いきやまぁやりようはあるなと、レンジャー&盗賊の技術から見渡して判断しながら)
        (さて、みるからに廃墟のようではあるが…このタイプの蜘蛛は人の生活圏に多いんだよな、つまり…と思いながら)
        (片手はマントの下に入れ、対応出来るようにしてからゆっくりとドアを掴んで開けはじめ) -- リッキー 2017-09-22 (金) 23:04:23
      • やあリッキー、お気に入りのバニーちゃんは見つかったかな?(薄く開いたドアの隙間から声がして、白い手とポニーテールの先がにゅっと出てきて袖を引く)
        (抵抗されなければそのまま引っ張り込むつもりだろう 行き着く先は、まだ記憶に新しい紙の匂いと店構え カルタ・ラビュリントゥスのバックヤードだ!) -- リュキア 2017-09-22 (金) 23:20:46
      • (一瞬手が伸びてきた瞬間にマントの下の手が動きかけるが、聞き覚えのある声に手が止まり)
        (引っ張られるがままに店の中に入り、頭の中の地図でここはあの店の裏、だったのか?と不思議そうに見渡し)
        (そして見知った店員を見てから、まずやるのは手の蝶の形にしてから、リキュアを指さし) -- リッキー 2017-09-22 (金) 23:23:43
      • 外出てる暇がなかったから来てもらったんだ(男の背後でドアが閉まる音がする)何か用事の最中だったらごめん、すぐ帰れるから心配しないで
        招待状、ちゃんと見てくれたみたいで何より……君を呼んだのは他でもない ちょっと相談ごとがあったんだ 実は知り合いに劇を見に来てって誘われててさ
        その子は役者じゃなくて裏方だけど、一座にお世話になってるからってお誘いがあってね 美女と野獣って知ってるかい? 知らなければそれでいいし、知ってても楽しめるストーリーさ
        開演は明日の夜だ 一人で行くのも何だし、君の予定さえ構わなければ…どうだろう、見に行かない? -- リュキア 2017-09-22 (金) 23:52:19
      • (やはりそうなのか…しかし便利なもんだと思いながら、いやいや問題ないと手を振って笑い)
        (相談事、か…なんだろうな、思い当たらないがと首をひねりながら話を聞いてみると)
        (劇…美女と野獣…もしや、知り合いのあの子が言ってた奴だろうか?と思い当たり)
        (どうせ見に行くのなら誰かと見た方が楽しめるだろうと頷いてはみたが)…俺で良かったのか?(街に暮らすなら他にいそうだが、と思ったので) -- リッキー 2017-09-23 (土) 00:10:30
      • (何か考えごとをしてそうな様子を眺めて返事を待つ 縦に頷いたのを見届けると、ぱっと表情が輝いて)僕がいいって言ってるんだから、別に構わないはずだよ
        誘ってみた理由は色々あるけど、君ならOKしてくれるかなって…こちらに来てまだ日も浅いことだし、一日中ここに籠もってばかりいるものだから、この手の人付き合いもできてない
        僕にとってはちょうどいい機会だったし、君にとってもそうあることを願っておこう じゃあ、現地集合現地解散で 劇場の場所はここだ(ポストカード大の簡単な地図を渡す)
        元いた場所はたしか……そうだ、どこか向かってる場所があったなら、近場につなげることも出来るけど どうする? -- リュキア 2017-09-23 (土) 00:54:57
      • (//やばい遅刻するところだったただいま、そして遅くなったけど返事!すまない!)
        (なるほどそういう物かもしれないなとある程度納得しながら、でも女性誘えば喜んでいきそうなんだがなぁとも思うが口に出さずに)
        (でもまぁ、せっかくなんだ。友達みたいに見に行くのは楽しそうだもんなと頷くと、地図をのぞき込んですぐさま覚えて)
        (そして繋げるということばにやはりあの入口は特殊なやり方かと思いながら、自分が今泊ってる宿の位置を地図の中に指さし) -- リッキー 2017-09-23 (土) 20:51:49
      • //すまない…こちらも遅くなってすまない……
        そこの地図は……間取りまでは存在しないか じゃあ、ここでいいかな(別の地図を出してきて何箇所か走り書きして、もと来た木の扉を指さす)
        目的地のそばに出られるはずだ 通行人がいるかもしれないから、開ける時には気をつけて 呼び止めてすまなかったね じゃあまた明日、劇場で! -- リュキア 2017-09-23 (土) 21:29:22
  • (喧騒を避けるように酒場の隅で一人、食事を取るリッキーは妙な視線に気付いた
    その視線の先には珍しいタイプの獣人の男 じっとこちらを見ているがその表情から感情を読み解くのは難しい) -- ダー・フェンザー 2017-09-22 (金) 20:50:21
    • (あー…一人で食べるの慣れてるけどやっぱり誰かと食べた方が美味しいよな…まぁほぼ喋れないんだけど…ってなんだ?と視線に気づき)
      (獣人が俺に何の用なんだ?とつまみのチーズを飲み込んでから、とりあえず相手を見たまま自分を指さして) -- リッキー 2017-09-22 (金) 21:12:22
      • (獣人の男はリッキーに向ってすっと手を上げ、そして)「向かいの11時方向のテーブルの女、あれは子持ちだから手を出さないほうがいい、4時方向にいる尻のでかい女はぼったくりの娼婦だ
        ねらい目は背後、五時方向で壁に持たれている少し器量の悪い女だ お前の方をちらちら見ている、多分ワイルドな男が好みそうだぞ」(というハンドサインを送る) -- ダー・フェンザー 2017-09-22 (金) 21:17:33
      • (まず共通のハンドサインを知ってる相手がいる事に驚き、そして即座に意味を理解して)
        (いい情報、ありがたい、特にぼったくり女性、優しくされてやばかった、恐ろしい話だとサインを送り)
        (あの女性か、確かに悪くない、でも俺も相手は選びたい…と返し、なにせ童貞だから始めての人は恋愛がいいと思ってたりして)
        (今度はこちらから、しかし何でこんなことを?理由は知りたい、とササっと送るが、割と酒場でやりあってると目立ってたりもして) -- リッキー 2017-09-22 (金) 21:22:26
      • 「全く、気位の高い色男だ 今日は男は少しで女が多い、絶好のハンティング日和だ メスのマガモを狙い打てたのに」(とやや下品なサイン)
        (そしてワインの入ったデキャンタを片手に、当然のごとくリッキーの真横に)
        「やぁ同業者の君」(ここまでハンドサイン) 今日はいい夜だね ダー・フェンザーはこんな夜が大好きだよ(ここは肉声だ) -- ダー・フェンザー 2017-09-22 (金) 21:27:38
      • (優れた猟師は、食べられる分だけ、しかも美味しい獲物だけ、そうだろう?とニッと笑って)
        (まぁ実際は童貞で人慣れしてないからなんだけどな、と内心で思うが、流石にそこまでサインで送る気はなく)
        (あぁ、同業は少ない、寂しい話だと送り) …リッキーだ(相手が名乗ってから30秒ほどでようやく名前をボソリと、これでも早く言えた方だったりするが) -- リッキー 2017-09-22 (金) 21:32:04
      • (ダー・フェンザーと名乗る猫顔の男は案外と辛抱強いようだ 沈黙の間にもじっとこちらを伺うばかりでいる)
        ふぅん、舌をどこかに落としたのかと思ったよ リッキーだね、こんにちは ああ、今同業といったが正確には元がつくね
        ダー・フェンザーは今は錬金術師で盗賊からは足を洗ったんだ 膝に矢を受けてしまってね 話すのが得意でないなら、君はサインでもかわまないよ
        君の方がどちらかというとカタギの盗賊のようだね -- ダー・フェンザー 2017-09-22 (金) 21:36:10
      • (「悪いな、山暮らしが長すぎて、喋るのが苦手なんだ」と苦笑いでしゃべれる距離なのにサインを送り)
        (ふむ、錬金術師か…と考えた後「そっちの仕事は、どうなんだ?見た事がないだけに、どんな仕事か分からなくてな」とサインで)
        (カタギだと言われればコクリと頷いて「カタギだな、父親にはやってもいいが、覚悟してやれ、と言われてな、今は無理せず、冒険のみだ」と返し) -- リッキー 2017-09-22 (金) 21:46:39
      • (うんうんと大げさに頷きを返す よくみると身振り手振りが大げさなのは人間に合わせてのことだろう)ああ、良いことだ 誠実に暮らすのが一番さ、まちがいなくね
        森の中で怪我をしたときによく効く血止めの葉やなんかを探したりするだろう?燃やすと虫除けになるキノコを知ってるはずだ ああいうのをより突き詰めたものがつまり錬金術さ
        木の葉や鉱物や塩やらをつぶして混ぜて、ぐるぐると回せば出来上がり 薬でも毒でも簡単に作れる しかもそこそこ儲かるんだ、素晴らしいだろう? -- ダー・フェンザー 2017-09-22 (金) 21:52:14
      • (「俺としても、街に近寄っただけで、襲われたくは、ないからな」と軽く笑い)
        (その話を聞き少し考えるようにした後、マントの下のポーチから、傷に当てる葉、苦みはあるが痛みを抑える実、そして何かの骨を置いてみせ)
        (それらはレンジャーの中では一部で知られた、混ぜ合わせれば傷薬のようなものだが「つまりはこれも、錬金術なのか?」とサインで) -- リッキー 2017-09-22 (金) 21:59:25
      • つまりそういうことさ、少し物知りなおばさんや森のハンターたちはみな、知らずのうちに錬金術をやっているんだ
        ダー・フェンザーはもう少し専門的な知識をもってやっているけどね 
        どうだいなかなか面白いだろう?こいつがわかるようになれば、森で生きていくのにもずいぶんと楽になるよ -- ダー・フェンザー 2017-09-22 (金) 22:13:12
      • (なるほど…もっと禍々しい事をやってるのかあるいは魔術めいた事かと思ってたがこれなら…と顎に手を当てて考えて)
        (「あぁ、面白い話だった、役に立ったよ、最初のアドバイスも、役に立ったけど」と普段なら言えないジョークもハンドサインなら出来て)
        (ただ教えて貰ったんじゃ申し訳ないなと思い「お礼に、ここの飲み代、俺が払ってもいいかい?」とサインで聞いてみて) -- リッキー 2017-09-22 (金) 22:21:00
      • 魔術というのは案外簡単なものさ 多くのものは理解する前にやめてしまうから解らないままなんだ
        この世のものはみな、魔術を行っていると言っても言い過ぎじゃないのに おや、流石色男だ、嬉しいけれどダー・フェンザーはそろそろ帰るころだ
        (飲みかけのデキャンタをリッキーのほうに置き)それにお代は先に払っていてね

        (そういって男は立ちあがり、歩いていった 帰り際、壁に持たれて飲んでいた女に耳打ちをする すると女は嬉しそうな顔で今まで獣人がいた椅子に座る)
        ねぇおごってくれるんだって?(甘い声色で女がリッキー話しかけてきたころには獣人の姿はどこにもなったのであった めでたしめでたし) -- ダー・フェンザー 2017-09-22 (金) 22:28:01
      • (「それは残念、会話しあえる相手、貴重なんだがな」と割と本音のサインの後に手を振って見送り)
        (そしてデキャンタを受け取ると、それを飲もうとしたところで声をかけられ内心動揺していると)
        (奢ってくれる、といわれ…あの獣人め、やってくれる…と外を見てから、慌ててその対応に追われる事になって) -- リッキー 2017-09-22 (金) 22:59:39
  • (見た目とても冒険者っぽい貴方に冒険帰りか冒険者ギルド帰りなのかはわからないが、町中でチラシを渡してくる)
    冒険者さんでしょうか〜…お宿…今日のお宿はお決まりですか…?(手渡されたチラシには冒険者向けの宿:石畳の雄牛亭 長期滞在者募集中!」と書かれている) -- セティ 2017-09-21 (木) 20:57:19
    • ?(なんだ宣伝か?…って胸凄い子だな!とレンジャースキルを発動して目線いってないのに胸を見ながら)
      (チラシを受け取るとすこし考えるように顎に手を当て、実際宿は決まってないからなー…実際行ってみて決めるべきではあるんだろうが) -- リッキー 2017-09-21 (木) 21:10:37
      • (胸への視線はレンジャー的な巧みさでセティに気づかれず、受け取ってくれたのでちょっと影のあるけど可愛い笑顔を向けて)
        (笑顔を向けては見るが…特に返事はないので)ど、どうですか…よ、よかったら…?(と追加で声をかけてみる) -- セティ 2017-09-21 (木) 21:34:39
      • (別に行くのはいいんだけど、とその前に聞きたい事があったので)
        (まず目の前の子を指さし、そしてチラシを指さして従業員か何かを聞こうと考えて) -- リッキー 2017-09-21 (木) 21:41:47
      • (少しだけ、間が空いてから…やっと理解する)あっ…はい!この宿で従業員をやっております…セティと申します…宿では…夕食をお部屋に運んだり…朝起こしたり…
        ご要望あればお部屋の掃除など…一通りのことはやっております……!(ハンドサインだけだけど、食いついてくれてるとはわかって、必死で呼び込もうと) -- セティ 2017-09-21 (木) 22:06:05
      • (おぉ、そうなのか…こんな子が従業員か…決めたぞ、俺ここにいく!と内心決めながら)
        (まぁ待てといわんばかりに手を前に差し出して、そしてもう夕方で日が傾いてる太陽を指さして)
        (それをぐるりと手を大きく一周回して、朝日の位置になってから止めてから、チラシをまた指さして)
        (つまりは今は夕方だからいけないが、また明日の朝にでもここにいってみると、伝えたかった訳だが) -- リッキー 2017-09-21 (木) 22:15:54
      • 夕日…?(指差した方向をちょっとだけ見たあと眩しそうに…そのあとぐるーっと回してるのを見て)
        あっ…は、はい!明日…ってことでしょうか…?ぜ、ぜひお待ちしております…!受付にいる店主か…私に声かけてくだされば…手続きもしますので…朝は…店主寝てるので私しかいない可能性高いですが…! -- セティ 2017-09-21 (木) 22:21:07
      • (通じた!とほっとしながら正解だと頷いて、店主がどんな人かは気になるが質問するのは難しくて)
        (しかし、あまり遅い時間まで出歩いてると心配だなと思い心配するも…送ろうか?なんて言える訳もなく無言で) -- リッキー 2017-09-21 (木) 22:25:29
      • ……(元々会話自体は得意ではないので、ジェスチャー相手だとどうしていいのか少し困ったように、ニヘラっと笑顔を向けたまま)
        …えっえっとそれでは…あ、明日お待ちしておりますね…?わ、私はまだチラシ配りがあるので…(というと、そのまま少し離れた場所でまたチラシ配りをしはじめる、胸元だけでなく後ろからみると背中とか、スカートもやたら短かった) -- セティ 2017-09-21 (木) 22:36:50
      • (最後はちゃんと頷いて返し、手を軽く振って見送り)
        (というかあの短さ本当に大丈夫なのか?…そういう宿、じゃないよな?とちょっと不安になったりもしたが) -- リッキー 2017-09-21 (木) 23:09:40
  • ・・・ょし(何か挑むような覚悟をもってリッキーの前に立つ)こ、こん・・・にちは・・・
    (そして頭を下げる)この・・まえは・・・・取り・・乱しちゃって・・ごめんなさい -- リリア 2017-09-21 (木) 18:43:18
    • (こないだの子が現れた!…あー、どうしよう今日は飴なんて持ってないぞ?と内心動揺しながら、挨拶には軽く手を上げて答え)
      (そして頭を下げられれば慌てて手を振る、が頭を下げているので見えてないなこれ!と気づき) …き、気にするな(今日は10秒で言えたぞ!進化だ!)
      (それにしても俺も不審者だったのに謝りにきてくれるなんて、いい子だな…とまた頭を優しくぽふぽふと) -- リッキー 2017-09-21 (木) 21:08:37
      • (ぽふぽふと撫でられるとちょっとだけホッとして顔を上げる、返答も聞けてよかったってなった)
        (そしてここからが本題だ)ぁ‥あの・・・リッキーさんは・・ひょっとして・・・声を出すの・・苦手・・・なんですか?・・・それ・・とも・・・何か理由があって・・・ホントは出したら・・いけない・・んですか? -- リリア 2017-09-21 (木) 21:15:33
      • (声出すの苦手かと聞かれれば、実に恥ずかしい話なので出来れば避けたかったが、こんな子にまで嘘をつきたいとは思わず)
        (苦笑いを浮かべながら軽く頷いてから、声をだしてはいけないという問いには手を横に振り)
        (まず最初に遠くの山々を指さし、そして指を3本立てる。そして指を一本ずつ減らし、1本だけになったところですっと降ろして自分を指さし)
        (これで山に3人でいて、一人になったから降りてきたと伝わればいいなと思うがさて…) -- リッキー 2017-09-21 (木) 21:22:29
      • (出していけない訳でなくただ苦手なだけと頷く)えっと・・・山・・3・・・1・・・・がリッキーさん・・(じゃぁ最初の3はリッキーさんともう二人で・・そういう編成には覚えがあった)
        お・・父さまと・・・お母さまの・・・二人・・ですか?(三本から一本を選んで自分を指したのではなく、一本にしてから自分を指した・・・その些細な違いにも・・・察するところがあった)・・・・・(ちょっとしゅんとする)
        ご、ご両親と・・会話は・・あまりされなかった・・・ので?・・・・・・・・(それから少し貯めて)リッキー・・さんは・・・お話・・できる様に・・・なりたい・・ですか? -- リリア 2017-09-21 (木) 21:33:30
      • (理解してくれた事に安堵と感謝を覚えながら、父親と母親かと聞かれれば普通に頷き)
        (しゅんとするのをみていい子だなぁ…と、飴はないがせめて何か…と探した結果干し肉しかなく、とりあえずそれを差し出して)
        (さてどうだったか、思い浮かべるのは修行の日々で親と言うより師匠めいた関係だったなと苦笑いを浮かべ)
        (話せるようになりたいかと聞かれれば、2度3度と頷いてみせ) -- リッキー 2017-09-21 (木) 21:40:30
      • (差し出された干し肉をみてちょっと不思議そう・・・食い気に負けて受け取ろうとしたが、何かを思い出した様に手を引っ込める)受け取れ・・ない・・・です(なぜなら)
        (話せるようになりたいと頷くリッキーを見れば)・・・わ、私・・これから・・・リッキーさんに・・・酷い事・・します・・・嫌・・なら・・・立ち去って・・大丈夫・・です・・・(そういうとはらりと大きめのハンカチを取り出す)
        (広げ、細くたたむと俯いて巻きつけて・・・)こ!・・これ・・で・・・どうだっ・・・・です!(目隠しだ!)わ、私とー・・話したければー・・・声を出すの・・です!(両手を前にだしてフラフラしてる・・躓きそうだ、躓いた) -- リリア 2017-09-21 (木) 21:53:19
      • (受け取ってくれないか…やはり女の子には甘味なのだなーと渋々引っ込めて)
        (酷い事する、だと…え?まだ会話もろくにしてないのに?…どこだ、どこで間違ったんだ俺…とかがむように凹みながら)
        (そんな風にかがんでいたら目隠しをされ) ?(な、なんだ?と思っていれば必死な声に、その意図にいたく感動して)
        …あ、ありぐふっ!(躓いたリリアの手がもろにボディにHIT!こうかはばつぐんだ) -- リッキー 2017-09-21 (木) 22:13:00
      • ぁぅっ・・・・「ぐふ」・・?・・・(ザクとは違うのかなとぶつけた鼻を抑えつつ顔を上げる・・・躓いたと思ったら何かにぶつかった・・・気圏を広げるのは今のルールに反するから手でぺたぺた触れて、目隠しをする前の状況を思い出す)
        ひょ・・ひょっとし・・て・・・リッキーさん・・・です・・か?・・・大丈夫・・ですか?(不安げにきょろきょろ) -- リリア 2017-09-21 (木) 22:23:42
      • (避けたりするから耐久は高くない、とはいえ女の子に殴られたくらいで大ダメージと言う訳でもなく)
        (大丈夫だ、心配するなと伝えるために頭を軽く叩いてあげてから、リリアの顔の斜め前でサムズアップすることで無事を知らせ) -- リッキー 2017-09-21 (木) 22:27:58
      • (ぽんぽんと触れる手付きから彼だと認識する・・・・・・いや、ちょっと不安だ・・顔の前でに何かが出てる感じがして、それにぺたぺた触れて)
        (ホッと一息)よかった・・・・ッハ!・・じゃ・・じゃない・・です・・・っ声!声を・・ださないとっ・・・私・・応えてあげないです・・・から!(めっちゃ応えながら) -- リリア 2017-09-21 (木) 22:51:17
      • (あーそういえばそういう話だったなぁと思い出して笑って)…そう、だったな…
        済まないな… …気を使わせて(まだまだぎこちないが、それでもなんとか頑張って喋って)
        (こんな風に話せているというのは、目隠しと言うよりは相手が良い子な少女と言う点が大きいが) -- リッキー 2017-09-21 (木) 23:08:45
      • (そうっそうっと頷く)その・・調子・・・ですっ・・・できる・・じゃ・・・ないです・・か(やったやったと心の底から喜んでいる)
        いいんです・・・誤解・・しちゃうような・・事になっちゃって・・・悲しかった・・から(どこにいるのか確認するように手に触れてきょろきょろと)じゃぁ・・えっと・・・リッキーさん・・山から来たって・・おっしゃってましたけど・・・どんな所・・だったんですか? -- リリア 2017-09-21 (木) 23:24:21
      • (大げさだなぁと思うが、自分の事のように喜ぶ少女に本当いい子だと思いながら)
        …こっちが悪かった、だけさ…(実際その通りだから少女が気に病むことなどなかったのだが)
        そう、だな …高く、冬には雪 木ばかり…獣ばかり…あと罠…沢山の(最後物騒な事がぽろりと) -- リッキー 2017-09-21 (木) 23:37:27
      • 高い山・・・雪に木に・・けもの・・・・・・罠?(急に物騒な話題になったりして・・でもそれは)自然が・・豊かな・・所だったんですね・・・
        あ、ひょっとして・・その罠ってご両親が・・・作ったもの・・なんです?・・・その・・そこで・・・色々・・教わった・・とか? -- リリア 2017-09-22 (金) 00:02:23
      • (自然が豊かと言われれば頷くしかなく、ある意味自然しかなかったので)
        (そして罠に関しても頷き)…あぁ…色々と、な… 色々と…(目のハイライトが消え、体は震え)
        (痛くなければ覚えませぬ、というかのような罠にかかっては痛みに苦しんで解除した思い出が蘇り) -- リッキー 2017-09-22 (金) 00:16:17
      • ・・・?(声にだんだん元気がなくなってきたような気がして、はてと首をかしげる)
        (触れている手が震えているのを感じて)リッキー・・さん?(くりくりとハンカチを解いて目隠しを解く、隠れているが)そ・・その・・大丈夫・・・ですか?(心配するようにのぞき込み、手で触れて) -- リリア 2017-09-22 (金) 00:23:09
      • (//まさかの寝落ちだったよ!すまぬ…すまぬ…)
        (手の温かさに我に返り)…だ、大丈夫、だ…(手の震えも止まり、ようやく深呼吸を一つして)
        (虐待されていた訳じゃない、ただ厳しすぎただけなんだ…それは分かっていてもやはりトラウマは存在した訳で)
        …なに、昔の事だ…(それでもこの少女に心配かけまいと、僅かな笑みを浮かべ頭を叩いてやり) -- リッキー 2017-09-22 (金) 20:46:00
      • (//いいんだ、遅くまで長々しちゃいました)
        (前髪の奥から覗く瞳が心配そうに揺れていて)全然・・大丈夫じゃ・・なさそうに・・・見えました(屈んだ事で届くようになった頭に手を置いてなでなでする)
        (と思ったら逆に撫で返されてしまって)むぅ・・・今日・・は・・・このくらいに・・しておいた方が・・・いい・・かなって・・・思います・・・ので・・・そ、その・・・お大事?に・・(ぺこりと頭を下げると別れを告げた) -- リリア 2017-09-22 (金) 20:53:27
      • (少女を見送りながら、心配かけてしまったな…今度何かお詫びでも持ってくかと考えて)
        (しかし俺はなすのより、修行のトラウマ治す方が先なのでは?と思ったりして) -- リッキー 2017-09-22 (金) 21:10:46
  • お、アリの時に同行した人だ。あのときはお疲れ様ー!洞窟でもレンジャーの技能って助かるねー(屈託ない笑顔で話しかけ) -- エル 2017-09-20 (水) 20:59:12
    • (あぁ、こないの依頼の…と気づき、お疲れ様だったという言葉に深く頷き)
      (レンジャーについて褒められれば、多少表情に緩め耳と目が命だからなと耳と目とトントンと叩き)
      (そっちの銃もなかなかだった、と主張するかのように銃を撃つ動作をしてからサムズアップして) -- リッキー 2017-09-20 (水) 21:07:50
      • (ハンドサインで帰してきたことに対し、ハンドサインで返すべきか、と手を振ろうとするがそこまで詳しくなく、何より「方言」で伝わらないかもしれない 声は通じるのでそのまま)
        や、ごめんね。つい手話のほうがいいかと思っちゃった。洞窟の中じゃ慌ただしくて気が付かなかったけど
        成程耳と目ね。ってことはもしかして喋れない、いや喋らないのはレンジャーとしての技能かな?(それは自分にも心当たりがあること 無音を良しとする修行)
        (そしてリッキーの聴力ならば、ガチャガチャなるアクセサリーの音に紛れさせて「足音がしない」ことを隠している事を見抜いたかもしれない)
        へへへ、銃は色々と鍛えられたからね。古い銃だからこそできるテクニックもあるしー(自慢げにガンスピン) -- エル 2017-09-20 (水) 21:22:21
      • (いやいや普通に喋ってくれて問題ない、と口を開けて手を添え、何かを放つような手の動きで)
        (ちょっと無言になったのはただ口下手なんだがね!と思ったが、恰好悪いので静かにうなずき)
        (そして足音がしない事には薄々気づいていたが、それだけに色々と音を鳴らす装備をしてるのが不思議だったが、この場では何もせずに)
        (うむうむ、そういうのってあるよなーと遠距離同士のシンパシーを感じたのか、マントの下から弓を見せ、おもむろに握手を求め) -- リッキー 2017-09-20 (水) 21:28:40
      • 気を使ってるのか気を使わせてるのかわかんなくなってきた!いいや、適当で!(雑である)
        お、弓だ。実はボクも弓は齧ってたりね。なかなかシンパシー感じちゃうね(ぐっと握手に応じる)
        ところでリッキーさん……でいいんだっけ。レンジャー業だけじゃなくて冒険者もするって結構大変そうだけど、冒険者始めた理由とかあるのかな? -- エル 2017-09-20 (水) 21:51:04
      • (適当で!と言われてそれでいいさ、俺も気楽だしなとようやく笑みを見せながら頷いて)
        (ほぅ…それじゃ、こんなのも興味あるだろうか?と取り出したのは20cmほどの箱のようなもので、それをテキパキと組み立てると…弓が出来上がり)
        (さらにこれまた組み立て式の矢をパーツ合わせて作ると、ものの1分で数本矢とショートボウが出来上がって)
        (そして問いかけに少し考え) …腕試し、だな(本当は人恋しかっただけなんだがな!言えるかそんなことー!) -- リッキー 2017-09-20 (水) 22:03:40
      • ほほう、これは……(組み上げ式のショートボウ 成程携帯に便利な形にしてあるものは結構ある)
        ショートボウでこうやって組み上げるのは初めて観たね。ボクは簡易に展開できるクロスボウも持ってる!今はないけどねー(なんのかんので荷物が嵩張る!)
        腕試し!なんてストイック!これでレンジャーなんて渋カッコいいよね―!(ややわざとらしく黄色い声を上げ) -- エル 2017-09-20 (水) 22:22:45
      • (まぁ携帯出来る分射程も頑丈さも威力も落ちるんだが、緊急時の武器としては悪くないので愛用していて)
        (あぁ、あれか…あれも便利だよな、重たいしかさばるから持ってないがと同意するように頷き)
        (そんなことはないよと首を振るが、ちょっと照れてる辺り対人力の低さが僅かに露呈して) -- リッキー 2017-09-20 (水) 22:29:41
      • 携帯性を考えるとどうしても強度とか使いやすさが犠牲になっちゃうね……そこら辺ギリギリを攻めた装備がなかなかない!
        へへへー、照れてるー(囃し立てる) まま、そのレンジャー能力のお陰で前回は楽できたし、今度一緒になるときはよりお世話になると思う!
        んじゃ今日はこのあたりで。またどこかの冒険なんかで会えたら!(しゅびっと手を掲げ、去って行った) -- エル 2017-09-20 (水) 22:58:04
  • (入り組んだ路地を走る音。見通しの悪い曲がり角。出会いがしらリッキーとぶつかりそうになり、辛うじて回避!!……したと思ったが、ヒールの高い靴で走り回るものじゃあない)
    (石畳の欠けた処に け躓き、すぱーん!と盛大に転ぶ。ウサギの尻尾付きの尻を突き出した格好で、イラついてる様子)
    く、く、く……痛ってーー!! 網タイツ破れてんじゃん!!! ちっくしょー……(よろよろ起き上がり) -- 目つきの悪いバニーガール 2017-09-18 (月) 00:11:23
    • (こちとら生粋のレンジャー、入り組んだ路地であろうが曲がり角で迫って来る足音などすぐにわかり、ぶつからないように立ち止まったのだが)
      (まさか向こうがあわてて回避行動取ったがためにすっころぶとは思いもせず、こちらも慌ててしまい)
      (本来は大丈夫か?と言いたいところだが無口ゆえに、とりあえず傷薬をハンカチに沁み込ませるとそれを差し出し) -- リッキー 2017-09-18 (月) 21:56:13
      • お、おお? すまねー……(血の滲む膝にハンカチを当てるとびくん!と跳ねる)……痛ぃぃった!!! 沁みるなこれ!!?
        ひぃぃ…いだいいだい。参ったなぁ……なあちょっと。にいさん。暇あるか? -- 目つきの悪いバニーガール 2017-09-18 (月) 23:16:15
      • (痛がってるのを見て不憫に思ったのか、ポケットから取り出して差し出したのはミントガムっぽいもので)
        (ミント味は強いが、ミントの薬効によって鎮痛効果や鎮静効果もあるもので)
        (そして暇あるか?と聞かれれば首をひねるが、すぐさま頷き返し) -- リッキー 2017-09-18 (月) 23:22:18
      • なんだ、無口なにーさんだな(といいつつ、素直にガムをモグモグする。モグモグ。何か大人しくなった。痛みが和らいだせいか)
        ん。ん(背負って、とのジェスチャー) -- 目つきの悪いバニーガール 2017-09-18 (月) 23:24:50
      • (無口と言われればまぁそりゃその通りだよなと、ちょっと自分の事を自分で苦笑いしながら)
        (背負って、というアピールにはちょっと焦った表情になるが…まぁいいか…人助けだな!仕方ないよな!と背中を向け) -- リッキー 2017-09-18 (月) 23:43:44
      • (むに、と柔らかく、温かな感触。背負われたのだ!)あー…楽だわこれ。ごめん、ついでに店までこのまま連れてって
        (2つの膨らみ、弾む声が青年の背中に当たる。バニーガールの言う通りに道を行けば、一軒の安酒場に辿り着く。ここで働いているらしい)
        (ささっ、とその背から降りると、お礼に、とサービス券を寄越してきた。そこには生中1杯無料。と印字されている) -- 目つきの悪いバニー 2017-09-19 (火) 01:06:18
      • (こ、これが噂に聞く…あのあててんのよ!流石は街は違うな…と高校生みたいな感想を頂きながら、しかし顔は出来るだけ表情を変えずにコクリと頷き)
        (狩りの時もこうも集中してるだろうか、と思うほど背中に神経を集中させていたが、そんな時間も瞬く間に過ぎ去り酒場の前につき)
        …なるほど、な…(ここで働いてる事も、即座にこの券を渡してくることも、やるなぁ都会の女の子!という感想からボソリと漏れつつ、しっかりと受け取り) -- リッキー 2017-09-19 (火) 21:33:31
      • アコヤだ(名乗る都会者)。背中ってか、腰に血つけちゃってたらごめんな。にしても喋んの苦手な奴見るの2人目だな……
        流行ってんのか。無口ボーイ&ガール
        んじゃあね。気が向いたら飲みに来てな。陽が落ちたら店開くから(くるりと踵を返し、若々しいお尻に付いたウサギの尻尾を揺らしつつ、まだ準備中と思しき店内に消えて行った) -- アコヤ 2017-09-19 (火) 22:02:32
  • (これでよしと…という感じで汗を拭って) -- リッキー? 2017-09-17 (日) 21:26:06
    • (名簿じゃダメだった!と焦った顔でやり直して) -- リッキー 2017-09-17 (日) 21:26:52
      • (凄いよく分かる、と同じミスをした青年がリッキーの肩を叩いてサムズアップ) -- イーリアス 2017-09-17 (日) 22:36:03
      • (お前もか同士よ、そんな目でイーリアスを見て頷き)
        (そして「あれ?アンタは一体誰なんだ?」とハンドサインで) -- リッキー 2017-09-17 (日) 22:45:38
      • (自分が誰か問いかけられたのは分かったので、身振り手振りで伝えようとして…)
        イーリアス、街の古道場の師範代さ あんたは? あー、喋れない感じか? -- イーリアス 2017-09-17 (日) 23:01:31
      • (師範代…なるほど、確かに雰囲気はあるなと納得しながら)
        (リッキーと手話を試みようとして、途中でやめ)………… …リッキー、だ(口を開いては開けを繰り返してようやくこれで)
        (無愛想と言う訳ではないのだが、喋るのは苦手なのは明白で) -- リッキー 2017-09-17 (日) 23:08:07
      • (わきわきとリッキーの手の動きを真似して、意味をなさない動きをしたあと) リッキー、宜しく頼むぜ! (肩を叩いて明るく笑う)
        今度遺跡探索の依頼で一緒みたいだからさ、レンジャーの腕、頼りにしてるぜ?
        (そして、) 俺が知ってるハンドサインってなると…これだな (そして、そんなことを言ってから、グイッとジョッキをあおる仕草) 今から一緒にどうだ? -- イーリアス 2017-09-17 (日) 23:40:19
      • (サインのようでサインじゃない素人の手の動きに苦笑した後、任せろと言いたげに胸を叩き)
        (あぁそれで声をかけてきたのかと理解してると、ぐいっとジョッキを煽る動きに目を見開き)
        …無論、だ(ニッとようやく笑みを浮かべ、初めての戦友と飲むために酒場へと繰り出して) -- リッキー 2017-09-17 (日) 23:49:29
      • (にやり、とリッキーと同じ笑みを浮かべた後、軽く互いの拳を打ち合わせて、)
        (饒舌な戦士と寡黙な盗賊は、夜明けまで飲み明かしたのだとか) -- イーリアス 2017-09-18 (月) 00:11:56

Last-modified: 2017-12-01 Fri 00:48:11 JST (719d)