冒険者/0019

  • 掃除掃除っと……
  • 最近のえっちゃん…何だか表情豊かになりましたねー…?(いつも通りにおしゃべりしていたところ、不意にそんなことを言い出す) -- ゲルニコ 2016-06-14 (火) 19:47:40
    • ふぇっ!?(唐突に指摘されて変な声が出た)そ、そうかしら…? そんなに違う…?(自覚が無いだけに自分では分かりあぐねた様子で、頬に手をあて) -- エイル 2016-06-14 (火) 20:03:23
      • うん、前より…えっと……こう……キラキラしてる? …っていうんですかね、目に見えて違いますよ?
        ……何か嬉しいことでもありました?(じとーっと勘ぐるような目線) -- ゲルニコ 2016-06-14 (火) 20:07:13
      • そんなに…!? 自分ではそこまでというか…そうね、嬉しいこと…(考えてみれば大体思い当たる事は一つ、かもしれない)
        変わった事といえば…サザンカとちょっと仲良くなった感じかしら…(どう表現したものか、少しだけ逡巡しながらそう表現した)
        -- エイル 2016-06-14 (火) 20:37:58
      • あぁ、そうですそうです、そういえばさっきそのサザンカさんのとこでシスターにカレーを奢って頂いたのですが、それがもう美味しくてですねー……えっ?
        ……あ、もしかして前の……弄ってくるって言ってた相手……サザンカさんだったんですか……はは〜…ほ〜…ふ〜ん…へぇ〜…(何やらよからぬ妄想をしているのかニヨニヨしています) -- ゲルニコ 2016-06-14 (火) 20:44:25
      • ああ…シスターのアップルパイもいいけどカレーもまた絶品よね。夏以降アニーのレシピで……ってそうよそのサザンカ。
        ……確かにそれはそうだけど…な、なんだか凄いこと考えてない…? まだ別にそこまでそんなんじゃないっていうか…今までとそんなに変わらないって言うか…そういう関係よ?
        -- エイル 2016-06-14 (火) 21:00:56
      • まぁ、そういう事にしておいてあげましょう…えっちゃんの顔に免じて…!(ぽんぽん、と肩を叩いてうんうんと頷く)
        (ふと、思い出したように)…そういえば、今日のシスターさんはいつもより人形っぽさが増してましたね…あちらも何かあったのでしょうか? -- ゲルニコ 2016-06-14 (火) 21:07:24
      • でも一緒にお風呂は入ったわね…ゲルニコの思うような事は何も無かったけど。(肩を叩かれながらぽつりとこぼす)
        ん、ゲルニコにも分かるくらいにアルテアさん…変だった? 先週くらいからなんだか様子がおかしいってサザンカも言ってたけど…
        調子が悪いとか悩み事があるとか…? 深刻なことじゃないといいんだけど…(んー、と心配そうに顎に手を当てて)
        -- エイル 2016-06-14 (火) 21:26:40
      • 一緒に…お風呂……?(流石にそこまで想像はできませんでした…まさか…そこまでとは…とみるみる顔が真っ赤に)……最近のJKは…進んでるんですね…(ぷしゅー)
        …んー、元々お人形さんみたいな人だなとは思っていたんですよ…あれだけ綺麗な顔立ちですし、物腰もお淑やかですし…
        今日はそれが一段と強くて…笑ってる姿もまるで本物のお人形さんみたいで……えっちゃんの笑顔を見ていると余計にそれを感じるといいますか……
        ……すいません、何言ってるかよく分からないですね…今日はもう帰るとしますか……そうそう…結婚式には呼んでくださいね(最後にぽそりと耳元で呟くと、ぴゅーっと逃げていきました) -- ゲルニコ 2016-06-14 (火) 21:38:32
      • ふっふっふ…流石にゲルニコには早い話題だったかしら?(といってもタオル巻きで混浴に浸かっただけだが)
        人形みたい…ね。 確かに普段からそんなところあるけど…はっきり分かるくらいっていうのは…(少し不安になる。懸念が現実になるような気がして)
        何か悪いことが起こる前兆じゃないといいんだけど…うん、気をつけてねゲルニコ…って、もう! ……まぁ、教会なんだから結婚式もしっかりやると思うけど…
        (その時は一体…どんな感じになるのだろう。不安を払うようにそんな甘い想像を巡らせながら、遠ざかるゲルニコの姿を眺めていた)
        -- エイル 2016-06-14 (火) 22:06:28
  • (草木も眠るウシミツ・アワー。今日も夜の街を巡邏するエイル、だが今夜は様子が違っていた。寝静まっているはずのよるの街、しかし確かな気配が後をつけている!) -- ?? 2016-06-14 (火) 00:49:55
    • (怪異の気配を探りつつ建物の上を渡る影。最近では隠すこともあまり意味が無いかと思い始めたが、狐狗狸仮面として一応狐面を被ったまま)
      ん…!?(しかし今夜は怪異ではなく別の気配を感じ取って足を止めた。自分に気付けども追従してくる者はあまり居ない。しかもどこか、純然なヒトとは違った匂いがする)
      -- エイル 2016-06-14 (火) 01:15:12
      • (エイルに気づかれた事を察知したか、気配は一層強くなる。すなわち、隠す事をやめたのだ。小さな人影が闇の中から現れ出る)
        ふむ、今夜は雲が朧げで、なんとも良い月が出ているな。いつもここで「月見」を? -- ?? 2016-06-14 (火) 01:26:11
      • ……!(現れた人影。面と向かって話した事は無いが、何度か顔を合わせた事はある相手。すぐに危険は無いと悟って構えを解きつつ)
        ……ええ、悪くない夜ね。 いつもというほどではないけれど…それなりには。時々いたずらっ子が出るものだから。
        -- エイル 2016-06-14 (火) 19:59:23
      • なるほどのう。まぁいまさら隠しても白々しいだけじゃからな、まぁなんとなく興味があってな。こうしてこっそり後をつけてみたのよ。(ひょいひょいと屋根を飛び越え、すぐ近くまで来る。とくに警戒しているような様子もなく。)
        いたずらっ子か…。いつも一人でそいつを懲らしめておるのか?(すっと視線を夜の街へ向ける。見下ろせば星空が逆転したかのように、小さな瞬きの無数にともる街の夜景) -- イェチン 2016-06-14 (火) 20:10:59
      • そこまで何かっていうほど何かしているわけではないんだけどね。(軽快な動きに武術家らしさを垣間見た気がして、狐面の下で薄く微笑む)
        ええ、懲らしめる…ところまで行くのは稀だけど。 人と人ならざるもの、隣接すれば互いの理がぶつかり合うもの。 お互いがお互いを駆逐してしまわないように…
        特にこういう街には必要なのよ、そういう者が。(千年以上に渡ってその折衝役を務めて来た血筋の末裔は、煉瓦造りの煙突の上に立ち、闇に目を凝らすように眼下の街を見下ろす)
        -- エイル 2016-06-14 (火) 20:31:10
      • たしかにこの街には色々居るな、驚くほどに。人というもんは勝手だからな。おっと、私も人ではなかったな、時々忘れてしまうが。
        仲間などはおらんのか、うぬの他に、こういった事をやってくれる人間は? -- イェチン 2016-06-14 (火) 20:39:37
      • ふふ、この町で人かどうかの線引きなんて凄く曖昧で意味のないものだから。(と語るその忍者にも赤柴の犬耳と尻尾が生えていた)
        今までずっと一人だったわ。 個人で活動している者も居るんでしょうけれど… 貴女はどう? 道教の道士や武術家なんかもエクソシストとしては有名だけど。
        -- エイル 2016-06-14 (火) 20:48:13
      • はははは、たしかに、まっとうな人間の方が少ないな。 ……不思議なところだな此処は。このような所は私も他に見たことは無い。
        ふむ、私はまぁ人の世からは少し離れてしまっているからなぁ。それが「悪いもの」かどうかを判断するのは難しいな。性分的に手をだしてしまうことはようあるが。
        うぬ一人だったか…ふぅむ。つまりサザンカと子供を作って後継者に?(キラーン。ロリババアは光った。) -- イェチン 2016-06-14 (火) 20:54:50
      • アタシはこの町で生まれ育ったから…あまり外の世界を知らないけど。それでもここが特殊だっていうのは良く分かるわ。
        だからこそ…なのかもしれないわね。 悪いものの見極めはアタシでも難しいわ。 人から見た悪と、相手から見た悪はまた違うから。
        ………っ!? ま、まぁその辺は…そうね、アタシの両親も二人して同じ稼業をしてたから…ゆくゆくは…(やっぱりバレてたか、と狐面を外し、苦笑を見せる)
        -- エイル 2016-06-14 (火) 21:17:58
      • ふっふっふ、仙人をなめる出ないぞ。仮面をつけて尻尾なんぞ生やしてもわかるわい。くっくっくっく、しかし大変だのぉ未来の婿殿候補があの調子ではなぁ。
        あやつときたら、あっちへ行ってはこっちへ行ってはボロボロになっているものな。(闘技場での事や先の試合で見せた、サザンカのともすれば向こう見ずな戦いのことを思い)
        ここには心配なもんばかり多すぎる。うちの道場の若いもんたちもそうだ。あいつはうちの弟子ではないから、うぬがしっかり紐をつけておくんだぞ。(べちっとエイルのお尻を叩くババア) -- イェチン 2016-06-14 (火) 21:28:41
      • 最近は…もう隠さなくても言いかなって思えてきたわ。
        本当…前途多難が目に浮かぶようよ… 無茶が出来る時しか無茶はしないって言うけど、流石に片手潰して戦ってたの見たときはハラハラしたもの…
        だからこそ、しっかり傍にいて支えながら見守ってやらないとね。ひ、きゃんっ!?(胸とは違い、たぷん、と肉感的な尻の叩き心地。犬の尻尾がぶわっと膨れた)
        -- エイル 2016-06-14 (火) 21:41:46
      • ふむ、たるんどるな。もっと鍛えなさい。(にやっと笑うと、おそらく怒られるだろうから、しゃっと天井からダイブ!夜景の光のひとつに吸い込まれるように消えていくのだった) -- イェチン 2016-06-14 (火) 21:46:49
      • む、胸の分そっちにお肉が回ってもいいじゃない!(お尻を押さえながら拳を振り上げるが、時既に遅し。夜の街明かりの中に消えた仙人の姿は既に見つからなかった)
        ……前より少し増えたかしら…?(しかしやはり気になるのか、少し心配げにお尻を確認するのであった)
        -- エイル 2016-06-14 (火) 22:19:30
  • えっちゃーん、こないだは見に来てくれてありがと!まぁあいつ見に来たついでだろうけどさー(あいつと言うのはサザンカの事であるが名前を知らないのだった)
    それはともかく、見ての通りで何かこう…上手い事気を逸らせたり出来なかったんだよね!きっと冷静さが足りなかったんだと思うけど、そう言うのを鍛えるにはニンジャはどんな事すんのかなって思って! -- オカリナ 2016-06-13 (月) 22:15:53
    • あはは…実のところ、あの師匠たちの弟子って誰が居るのかあんまり知らなかったのよね。 確かにアイツ…サザンカを見に行ったのはあるんだけど。 オカリナがいてびっくりしたわ。格闘技を教わってるってそういう事だったのね。
      うーん、冷静さ…平常心の鍛錬ね。一口で説明するのは難しいんだけど、例えば…平常心が欲しい!って思う時ってどんな時があると思う?
      -- エイル 2016-06-13 (月) 22:31:52
      • そうそう、そう言う事!まーまだあんな感じだけどさ、もっと強くなるから!
        うん、それ!平常心が欲しい時かぁ、うーん…行きなれない所で待ち合わせてるのに遅刻しそうな時とかかなぁ -- オカリナ 2016-06-13 (月) 22:45:37
      • 師匠としてはきっと凄い人だと思うから…うん、頑張って! オカリナもまだまだ荒削りだけど動きそのものは凄かったしね。
        ……そう、つまり平常心が必要なのって、焦りとか恐怖とか怒りとか、感情がマイナスに働きそうな時よね。
        平常心、精神力って言うのは逆境に負けない心の強さ。マイナスの感情が湧くような状況を、自分を信じることで撥ね退ける力。
        それじゃあ、自分を信じる…自分は出来る!って思えるようになるにはどうしたら良いと思う?
        -- エイル 2016-06-13 (月) 23:03:17
      • うん、結構凄い人!凄い人…なんだけどなぁ…ありがと、これからも頑張る!超頑張る!
        うんうん、分かる!自分を信じる、かぁ…信じる為には(これはきっと自分の今までの人生の中でもあった事、そんな時どうしたかを思い出す。ふと顔を上げて)…一杯練習する事!かな? -- オカリナ 2016-06-13 (月) 23:11:24
      • …うん、正解!(にっこりと、笑みを浮かべて頷く) つまりは、日頃の鍛錬で自分の力に自信をつけることそのものが…心の強さに繋がっていくの。
        だからといって過信は禁物よ。 慢心というのもマイナスの感情だから。
        そして、人は一人で居ると楽な方、ダメな方に流れて行くものだから。 仲間同士が触れ合って、切磋琢磨しあう環境…あの道場は凄く良い環境だと思うわよ?
        -- エイル 2016-06-13 (月) 23:25:14
      • やった!そうだよね、ダンスの発表会とかもそうだった!どっか、こっちも同じかぁ…
        そっちはちょっと自信ないから頑張ってみる、結構調子に乗っちゃうからなぁ、あたし…
        うん、それはすっごくそう思う!他の弟子達とも仲良くなんないとなぁ…えっちゃんもニンジャ修行の時はそんな感じだった? -- オカリナ 2016-06-13 (月) 23:46:28
      • 色々な練習を繰り返していれば、実戦でも「あっ、コレやったことある!」って瞬間が必ず来るはずよ。そのときに如何に練習通りに出来るか…自信が問われる大事なところね。
        武術で最大の武器は自然体で居ることだって高名な武人も言ってたくらいよ。 がんばってね!
        アタシのときは…師匠とマンツーマンだったわね。その師匠がまぁ…なんというか親しみやすい人だったから。 もちろん厳しくもあったけど。
        -- エイル 2016-06-14 (火) 00:07:20
      • とにかく練習かぁ…やっぱりそこにいくんだな、でもそれってすごくいい!心も技も一緒に鍛えられる一石二鳥!
        自然体、自然体…どう言うのが自然なのかって言う所からかな、何があたしの自然なのか…これも練習してるうちに分かるかな
        あたしはマンツーマンじゃないけど、親しみやすいって言うのは一緒かな?厳しい時もあるし…まぁ変なところも多いけど…うん、とにかく頑張って練習してみる!
        今回もアドバイスありがとねえっちゃん、今度はもっと強くなったところ見せるから!じゃあまたね! -- オカリナ 2016-06-14 (火) 00:25:28
      • 受けるか避けるか…相手の隙をいかにして見つけるか。 瞬間的な判断は練習せずに出来る物じゃないし、迷いがあると出来ないからね。
        強い心を身につければ自ずと自然体で居られるようになるはずよ。 まぁ説明した事は大体、アタシの師匠の受け売りなんだけどね!
        アタシのアドバイスが役に立ってくれると嬉しいわ。 …うん、期待してるわね! ファイト!
        -- エイル 2016-06-14 (火) 00:37:32
  • 風に揺らめくかがり火が…底なしの影仄染める、静寂乱すざわめき、祈りが無力なれば
    刃を抜き放ち掲げたるは、我の覚悟…(ととってもメタルチックな和風ソングをサビの手前まで歌い終えてエイルの顔を見上げる)
    えへへっいかがでしたでしょうか!普段のポップスとは違って今日はとっても撫子メタルで攻めて見ましたっ -- らん 2016-06-11 (土) 01:00:52
    • (普段と違った曲調の歌をじっと聞く。自然と足でリズムを取りながら)
      ……おおー…!(ぱちぱち、と思わず拍手。笑顔で軽くハイタッチ) 前に言ってたやつね!
      いつもの可愛いのも良いけれど、そういうのも良いわね! 歌いこなせるらんちゃんも凄いわ…
      -- エイル 2016-06-11 (土) 01:51:08
      • ミスコンの準優勝をきっかけに解禁されました、何となくエイルさんに歌詞を重ねてしまったので歌いながら見つめていたら何か思い浮かばないかと
        結果としてエイルおねーさんにこの曲は合うってことと、そんな歌を一緒に歌ってミスコンの記念に残したいなって思っている所存だよっ
        ふおおおおおっ、エイルおねーさんみたいなかっこ可愛い人に言われるとドキドキしますです… -- らん 2016-06-11 (土) 02:10:23
      • アタシに歌詞を…(その言葉を聞いてもう一度歌詞を反芻する)……な、なんだか照れちゃうわね。
        一緒に?アイドルと一緒に歌えるなんてなんだかワクワクしちゃうわね! 海ではミスコンにライブに…らんちゃんも凄かったわよー?
        …もう、褒めたって何も出ないわよ?(出ない代わりにぎゅっとハグする) ミスコンの時は可愛さじゃらんちゃんに勝てないと思ってああいう選曲をしたのよ、実は。
        -- エイル 2016-06-11 (土) 02:27:11
      • タイトルもズバリ「黒髪乱れし修羅となりて」といいまして、ますますお似合いなのですっ
        えへへー表彰式で冗談で2位になった4人でユニット組みますって言ったらやりたくなっちゃったんだっ
        あわわ…今日は私もぎゅってしますよっ、以前ウェディングドレスで出来なかった分もです
        実をいうと私も周りの人が皆歌をアピールしてて直前まで歌にする予定を変えたのです、おかげでライブの冒頭にコールで盛り上がれたから変えてよかったって思うけどね
        //文通スイッチおん -- らん 2016-06-11 (土) 02:37:16
      • なんだか凄くカッコ良いじゃないそれ…! ちょっと照れちゃうわね…
        よく考えてみたら、あの4人は4人ともそれぞれしっかり個性があってユニットとしては面白いかなって後から思ったわ。
        最近らんちゃんとぎゅっとしてなかったしね! まだちょっと暑いけど…(抱き締めた背中をぽふぽふと叩きながら)
        そう、後から見ると案外多かったのよ歌アピール! でもその中からアタシを評価してもらえたのは…うん、嬉しかったわ。 らんちゃんも直前で変えたのが嘘みたいにしっかり踊れてて、会場を一気にもって行った感じだったわね。
        //そして先に寝落ちてたのがアタシ! ごめんね…!
        -- エイル 2016-06-11 (土) 18:45:00
      • なのであとで歌の他にエイルおねーさんの修羅な格好も撮らせて欲しいですっ(お互いに抱き締めあって健闘を讃える、気持ちが入っているのかほんのりと体は熱く)
        思い付きでも言っておくものだねっお陰で今こうして新しいことしようって気持ちになれたしっ(と言いつつ歌詞カードを渡して)
        エイルさんはちょっぴり可愛いおねーさんのイメージだったので、でもステキな歌声でしたよっ情景が浮かぶと言いますか気持ちが込められた歌い方でっ
        はいっなのでとにかく夏を盛り上げるつもりで踊りましたっ今年の夏は思い出がいっぱいだねっ -- らん 2016-06-11 (土) 19:32:56
      • んふふ、いいわよー ポーズの指定とかあったら言ってね!
        (歌詞カードを受け取りながら) 何でもチャレンジしてみるものよね。 ミスコンのお陰でみんなの前で歌う楽しさもちょっと分かっちゃったし…
        か、可愛いなんて…(照れ隠しにらんちゃんの頭をなでつつ) 恥ずかしがったらそこから崩れるでござる!って師匠に言われたからね… 歌う事に凄く集中してたから。
        本当、色々あったわねぇ…こんなに充実した夏は初めてだったかも。
        -- エイル 2016-06-11 (土) 20:12:34
      • 真剣だったり楽しみながら歌う歌に評価をつけるのは私自身もやぼかなって思ったけどそれぞれの個性が出てて、今思えば歌いたいの歌ったほうが気持ちよかったかなと
        あ、でもそっかそのおかげでライブで思いっきり歌えたのかな?むむむ、中々に難しいことですね(結果論という言葉が出なくて悩んで)
        ではでは、その集中してる時の表情を思い出しながら出だしを軽く歌ってみるのはいかがでしょうかっ(軽く腰に帯を巻いて忍者っぽく演出しながら) -- らん 2016-06-11 (土) 20:23:20
      • そうねぇ…そのときのらんちゃんはそれが一番良いって思って判断したんだから、そのときの自分を信じてあげましょう?
        結果的にはライブも大盛況だったし、らんちゃんが納得できたならそれが一番だと思うわ!
        おっけー、それじゃやってみるわね! (鞄から赤い布を取り出してマフラーのように巻きつけ、歌詞カードを見ながら大きく息を吸い込んで)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 20:47:03
      • そうします、ではでは私はバックコーラスとコールでニャッハー♪と合いの手を入れていくので
        現役忍者女子高生さんの赤裸々な歌唱力を歌にぶつけちゃってくださいっ
        (音魔法を使い伴奏を流す、テケテンテケテンッと小気味良い鼓の音がエイルのテンションを少なからず煽っている) -- らん 2016-06-11 (土) 21:08:31
      • 便利ねその魔法! それじゃ…!(前奏に軽く足でリズムを取りつつ)

        風に揺らめく篝火が 底なしの影仄染める (最初は目を閉じ、瞑想するように)
        静寂乱すざわめき 祈りが無力なれば(ゆっくりと目を開き、すっと半身に構えて)
        刃を抜き放ち掲げたるは 我の覚悟… (すっと手を差し伸べ、流し目で前を見るアクション)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 22:25:14
      • 「高く高く舞い踊ろう 月の影を背にして 愛しい者を守る為 我は修羅となろう」
        (にゃっはー!と合いの手を入れて固定カメラの横から飛び出てくるらん
        テンションを上げてエアギターを交えつつ、エイルの歌唱に声を重ねてビブラート) -- らん 2016-06-12 (日) 05:09:10
      • (サビにあわせて邪を払うように剣印で空を切る。その動作に足を踏み変え、ステップを組み合わせれば即興の振り付けが完成した)
        (いつの間に用意したのか、最後は腰の後ろに差した忍者刀の柄に手をかけ、びしっとポーズを決めてフィニッシュ)……ふぅ。
        …なんだかテンション上がっちゃって思わず色々ノッちゃったけど…(ポーズ決めたままちょっと赤くなる) でも楽しかった…かも。
        -- エイル 2016-06-12 (日) 11:24:27
      • とってもとってもすてきでしたよっエイルおねーさん!ライブで流せば次のミスコンのトップを取れるくらいにクールでしたっ
        うーんっスタイルのいいお姉さんがうらやましいですっ(腰の辺りに手を回して抱きつくようにきゃーっと盛り上がる)
        あ、赤くなってますね踊ったのもありますがとっても暖かくていい匂いがします(さらにそのまま顔を埋めようと) -- らん 2016-06-12 (日) 11:35:33
      • あ、あははは…そう? ありがとうねらんちゃん。 お陰でなんだかすっごく…良い汗かけた気がするわ。
        らんちゃんももう少し大きくなればきっとスタイル良くて綺麗になれるわよ、きっと!(抱きついてくる小さな背中をしっかり受け止め)
        あ、ちょっ…それ汗臭いんじゃ…!? だいじょうぶ…?(少し戸惑いはするものの、良い匂いと言い出すらんちゃんにそのまま好きにさせ、頭をなでる)
        -- エイル 2016-06-12 (日) 11:58:01
      • 大丈夫だよっ、ただ本当に一緒にこうして思い出作りが出来た事が嬉しくってさっ
        この夏は日記がはかどりそうです、エイルさんありがと(ジャーンというファンファーレ、楽曲「黒髪乱れし修羅となりて」が常在曲として解禁された音)…はわわ、せっかくの雰囲気が
        でも人前で曲が解禁されたのは初めての気がします…改めて御礼を言わせてください(頬をぷにっと横っ腹にくっつけてぷにぷにと押し付ける) -- らん 2016-06-12 (日) 12:10:16
      • ん…そうね、忘れられない夏になったわね。こんなに楽しい夏は生まれて初めてかも!
        ……!?(突然鳴った何かの音に目を丸くしてきょろきょろする)…ああ、曲の解禁ってこんな風になってるの? びっくりしたぁ…
        ふふふ、どういたしまして。アタシの方こそ、らんちゃんの力になれたのなら嬉しいわ。(こそばゆさもあるが何か少し安心する。らんちゃんをしばらくしっかりと抱き締めて)
        -- エイル 2016-06-12 (日) 13:09:23
      • ファンの人が増えると突然曲が増えるのでわたしもびっくりしてます、でもこの音が鳴った後にアーカイブを開くのも楽しみでね
        んー、んー、エイルおねーさんもうちょっとだけこうさせてください、今は何だか離れたくないのです
        (いっぱいの思い出があっただけにそれが終わってしまうと思うと唐突に切なくなったみたい) -- らん 2016-06-12 (日) 13:24:28
      • ふむ…面白いシステムなのね。 きっともっともっと増やせるわよ、らんちゃんなら。
        ……ん、いいわよ。アタシでよければ… ……あったかいわね、らんちゃんは。
        (頭や背中をなでながら、しばらくそのまま抱き締める。静かな鼓動の音がらんちゃんに伝わる、束の間の時間) 
        -- エイル 2016-06-12 (日) 14:15:55
      • 新しい歌を皆に披露して楽しんでもらえる限りはもっともっと頑張ろうと思いますです
        んーっ…(危うくこみ上げたものが溢れるところだったが、静かに抱きとめられてすー、すー、と落ち着いた呼吸が聞こえてくる)エイルおねーさんは普通の女の子なのにアイドルさんよりも
        落ち着いていて、時々すごいテンションだったりして大好きだよっ…どうもありがとです…(もそっと顔を上げて前髪をふって分けて笑顔で見上げ)
        今日はお別れですけど、夏休みが終わったらまた会えるよねっ(小指を出して) -- らん 2016-06-12 (日) 14:45:35
      • ふふ、このあたりの皆はらんちゃんのこと大好きだから…きっといつでも喜んでくれるわよ。
        ほら、アタシって忍者で女子高生だから。 静かな忍者とはしゃいだ女子高生が居るのよ。(落ち着いた様子のらんちゃんの目を見つめ、笑顔で頷きながら)
        アタシもらんちゃんのこと大好きよ。 …もちろん! いつだって会えるわよ。アタシもらんちゃんにまた会いたいもの。(約束、と小指を絡めて小さく揺すり、もう一度抱き締めた)
        -- エイル 2016-06-12 (日) 14:55:43
      • んふふっ、これできっと明日はありますね(今年もほんのちょっと多めに残った宿題をやる気を貰いたかったようで、小指を結んだ後ぐっと拳を握って)
        あの、それで…はふっ…(先ほどより密に互いの体温を感じて)わわ、さっき落ち着いたはずなのにドキドキしてしまいました…でも大丈夫だよっ
        (カメラをバッグにしまいぺこりとお辞儀、彼女たちは気づいていないが最後の最後までカメラは回っていたみたい)それでは夏休み明けにまた会いましょうっです! -- らん 2016-06-12 (日) 15:02:56
      • そうね、また会うために…いろいろ頑張らないと。(こちらも高校生、夏の課題は色々ある様子)
        ふふっ、ドキドキしてるらんちゃんも可愛いわね。(にこにこと満面の笑みで、名残惜しげにそっと身体を離す)
        うん、それじゃまたねらんちゃん! また会えるのを楽しみにしてるわ!(どこまで撮影されていたのか露知らず、満面の笑みで見送るのだった)
        -- エイル 2016-06-12 (日) 15:23:11
  • (エイルの学校が午前半日で授業が終わる日。下校して校門に行くエイルの目に、人だかりが見えた)
    (正体はサザンカである。たまにこうして校門の外でエイルを待っているのだが。特に高学年女子の名物になっていた)
    や、ちょ、エイル待ってるだけなんで…(「サザンカ君だー」「今日も髪綺麗ー」「ほっぺさわっていいー?」とめっちゃ女子高生に囲まれている…) -- サザンカ 2016-06-10 (金) 22:22:15
    • (校門脇の人だかり。それだけでそこに何があるのか大体悟る)
      (例の如くお姉様方に可愛がられている姿をしばし遠巻きに眺めてから近づけば、囃すような声も聞こえる)
      相変わらずモテるわねぇ… お待たせ、サザンカ。(そんな様子に最近少しざわつくような感覚を覚える。それを呆れたような声と苦笑で隠しつつ、手を引いて人の輪から連れ出した)
      //ごめんね、暑さにやられてめっちゃ寝てた…
      -- エイル 2016-06-10 (金) 23:49:53
      • //いいんだ
        (モテる、という表現よりも小動物をめでるような扱いをされているのでサザンカ自身は若干の辟易をしてたところで)…お、エイル!待ってたぜ…っと(手を引かれて輪を抜け出した)
        (それじゃあまた、と女子高生たちに手を振るのは忘れず)…とっと、エイル、ちょっと引っ張り過ぎだって。慌てなくても俺はいなくなんねーからさ(少し早足に、足並みを揃えて)
        …でー、だ。前に約束してた、プールか温泉でもどうかなと思ってお前を待ってたんだけど…今日、都合大丈夫か?プールはなんだかそろそろ終わりそうだって聞いたんだけど… -- サザンカ 2016-06-10 (金) 23:56:43
      • (もちろん、モテているといっても単純に可愛がられているだけだというのは分かってはいるのだが…)
        だ、だって恥ずかしいじゃない…(少し離れたところで歩調を緩め、ようやく人心地ついた思いで息を吐く)
        あー、プールの方は今日は流しそうめんになってるって話だから…水着にはなれないわね。(と、少し残念そうに) 温泉の方に行っちゃう?
        -- エイル 2016-06-11 (土) 00:17:39
      • …それは考えてなかった(なるほど。確かに同じ状況になれば俺も恥ずかしいと思う…だろうか?神父に勉学を教わり、学校に通った経験のないサザンカにはいまいちピンと来なかった)
        んー、残念。まぁ今年は水着は既に堪能させてもらったから…温泉行くか。背中流してくれるって約束だったもんな(少し意地悪く笑って)
        エイルの家寄って、準備できたら混浴行こうぜ。…水着はだめだぞ?(風呂場で水着の着用は認めない派であった)エイルの成長具合を確かめないとね…幼馴染としてね… -- サザンカ 2016-06-11 (土) 00:22:47
      • ……た、多分アレじゃない? 付き合ってる…とか思われてるんじゃない? まぁ、今更だけど…
        うん、約束はちゃんと守るわよ。 それに、暑い日が続いてアタシもちょっと疲れてたところだし。(ちょうど良かったわ、と少し強がる)
        そうね、タオルと着替えは持っていかないといけないし…って、分かってるわよ… 見たいんでしょ?もう…(気恥ずかしそうな声ではあるが嫌がっている様子はない。さほど遠いわけではない自宅へ二人で向かいながら)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 00:53:59
      • …………(意識した。努めて表情には出さないようにしつつ)……それこそ今更だろ。(気にしてないという風に。少し声が震えたか?いやセーフ。だろう。)
        こう暑いとなー…流石にここ数日は俺も外套を着る気にはなれなかったぜ(今日は上着はTシャツのみの身軽な格好であった)
        …そりゃね?見たいよ、エイルなら特に(そんな台詞を吐いてから赤面したりしつつ。エイルの自宅に到着。普段通り、部屋までお邪魔)…ああ、着替えるか(しようとしたが、部屋の前で待つことにした) -- サザンカ 2016-06-11 (土) 01:02:11
      • そう思われた上で弄られてるんだからね、貴方…(少しだけ、妬く様なニュアンスが混じった)
        見た目からして暑苦しいのよアレ…こんな日に着てたら完全に不審者だわ。 そういう格好もたまには良いんじゃない?(普段より涼しげな格好に逆に新鮮味を覚え、頷いた)
        ……スケベ。(熱気のせいか照れからか、赤い顔で短くそれだけ言って、家に入る)…そうね、ちょっと待ってて。(襖を閉めて衣擦れの音。ごそごそと荷物を準備する音がしばし)
        ……お待たせ! 行きましょうか。(再び襖が開けばTシャツショートパンツ姿。着替えやタオルを詰めたバッグを片手に)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 01:33:48
      • お前。常にあれを仕事着で着続けた神父様に謝れよ。夏場汗だくだったけど神父様も…(思い返すように目を閉じて)
        (待つこと十数分。衣擦れの音には、出来る限り注意を払っておいた…幼馴染だからね)…ん。おっ…(着替えた姿に目をやった)
        いいね、活動的な感じで似合ってるぜ(本心からの言葉とともに、笑顔を返して)じゃ、行くか!(お風呂屋さんに向かいました) -- サザンカ 2016-06-11 (土) 01:39:42
      • (//時間が大丈夫そうなら混浴へと思っていますが!こちらは4時までは行ける!) -- サザンカ 2016-06-11 (土) 01:40:17
      • そりゃ、神父様は神父様って分かるから… あ、やっぱり暑いものは暑かったのね…(こちらも少し思い返す)
        ん、ふふ…ありがと。(白系の涼しげなコーディネート。小麦色に焼けた肌とのコントラストがまぶしい) うん、それにしてもあっついわねぇ…(などとこぼしながら、連れ立って歩き出すのだった)
        (//申し訳ない、明日も朝から仕事なんぬ… 良ければお風呂編は明日かそれ以降に持ち越しで…!)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 02:08:33
      • (//いいんだー無理に遅くまでつき合わせてしまってすまない!お互い余裕のある時にゆっくり入りに行きましょう) -- サザンカ 2016-06-11 (土) 02:10:21
      • (//いえいえこちらこそ…! 何ならここなりでやっても良いかもしれないですね。他の人が入りにくい状況を作るのも避けられますし…) -- エイル 2016-06-11 (土) 02:17:29
      • (//そっちのほうがいいかなと自分も思っていた部分があり。明日になったらこちらで再開しましょうか。リアル大切に!おやすみなさいー) -- サザンカ 2016-06-11 (土) 02:19:28
      • (//そうすれば多少長くなっても大丈夫ですし、他にもイロイロ都合が良いですしねー ではそのように、おやすみなさい!) -- エイル 2016-06-11 (土) 02:28:49
      • (二人で連れ添って混浴に来た。脱衣所が別々なのでサザンカはぱっぱと脱ぐものを脱ぎ、腰に大きめのタオルを巻いて隠して風呂場へ)
        ……お、ラッキー。貸し切りだ。(風呂の中は見ると人が誰もいなかった。これは有難い。エイルを他の男の目にさらさずに済む)…さて、エイルはまだかなっと。 -- サザンカ 2016-06-11 (土) 18:50:44
      • (一度別れて更衣室へ。他に人気がないのは幸いと思うべきか。手早く軽装の服を脱いで畳み、タオルを身体に巻きつけて)
        (浴室に感じる気配。幾分緊張しながら戸を開ける)……お、お待たせ。 …あら、他に誰も居ないのね?
        (タオルに巻かれた控えめな胸の隆起と水着の焼け跡の残る肩。タオル越しにも分かる肉付きの良い腰周りから、しなやかな脚線が伸びる)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 18:57:49
      • おーう……おー(一言目は挨拶。二言目は感嘆。前に水着で見た時とはまた印象が違う。特に)……またお尻が大きくなったか?(ふむふむ、とじっくり観察する)
        (水着の後の残る焼け跡がとてもなんというか。いいですね。いいです)……(顔、首元、鎖骨、胸、お腹、腰、太もも、素足。くまなく観察する様子は真剣な表情であった)……(拝みだした) -- サザンカ 2016-06-11 (土) 19:02:46
      • 何なの、お尻なの!? む、胸だって少しは育ってるし…っ!(視線から逃げるように身体を捩るが、その分余計に体のラインがタオル越しに浮き上がる)
        (じっと見られると巻いているタオルが物凄く心細く思えてきた。かろうじて出来る程度の谷間は上から覗けそうでもあるし、太腿は半分以上露出している。ふとした拍子に見えてしまいそうで…) こ、こういうとき女は損よね……って、ちょっ…何してるのよ!?
        (拝むサザンカに思わず足が出そうになる…が、この状態ではまずいと思い、足を持ち上げかけて止まる。代わりにサザンカの身体を眺め返した)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 19:13:05
      • 胸は水着の時に拝みまくったし…その時からまだ成長してるとは…(胸を見る。うん)……(拝んでおいた)
        (一瞬殺気を感じてびくっとなったが、流石に風呂場でこの状態で攻撃も難しいようで。さて、)……む(今度は自分の体を見られ始める)
        (サザンカの体は一言で表せば、無駄のない肉体。虎彦の様に筋肉を鍛え上げているわけでもなく、法力の力を主に練り上げているサザンカの体は、男にしてはかなり細身であった)
        (とはいえひょろい、と言うほどのそれではない。つくべき筋肉はきっちりとついており、腹筋もうっすらと割れている しなやかさを感じさせる肢体であった なお日焼けはしにくい体質なのかだいぶ白い)
        ………(こちらはこちらで見られれば流石に恥ずかしくなる。腰に巻いたタオルはがっちり縛っているので大丈夫だとは思うが)…っ、とりあえず汗流そうぜ?(言い逃れるようにかけ湯をして)
        …さて。そんじゃ約束通り背中を流してもらいますかね…!(と洗い場に向かい、背中を向けて座る。髪は解いており、長い髪がはらりとサザンカの背中を覆った)…その前に髪かな? -- サザンカ 2016-06-11 (土) 19:27:04
      • だから拝むの止めなさいってば!(今度は腕を振り上げる…が、大きく動けばタオルが外れそうでまた止まった)
        (必要な筋肉を、必要なだけ。その点を見ればサザンカの鍛え方は自分によく似ている。 動きを阻害しない程度に、なおかつ自分の思った通りの力を出すための鍛え方)
        ……腕、もう治ってたのね。(思わず見入ってしまった照れ隠しか、先日ボロボロになっていた腕を眺めてポツリとこぼす)
        ん、そ、そうね…それが約束だし。(と、洗い場に腰掛けたサザンカの背後につく。背中に流れる髪に手を添えて)相変わらず長いわね…手入れ、大変じゃない?
        (長さだけならば自分よりも長い。まず軽く湯をかけて湿らせ、シャンプーを泡立ててゆく。手つきは優しく、慎重に)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 20:01:09
      • ん?ああ、そりゃな。エルオさんにも治してもらったから、もう完治してるよ(懇意にしてる診療所の名前を上げて、わきわきと手を動かして完治をアピール)
        (髪にエイルの手が添えられれば、ん、と声を漏らし)そうだなー…まぁ時々面倒にはなるけど。でもシスターが梳いてくれたりするのは好きだな。神父様も似合ってるって褒めてくれたし。切る気は今のところないな
        (ばしゃー、とお湯をかけられ、目を閉じる。閉じたまま、エイルの手の動きに髪をゆだねる)……人に髪洗ってもらうの初めてだけど。なんだか安心するかも(エイルだからだろうか。とは口には出さなかった) -- サザンカ 2016-06-11 (土) 20:16:09
      • はぁ…もう、いっつも無茶するから見てるほうはヒヤヒヤするわ… 無茶できる土台があるからこその戦い方だってこと、忘れないでよ?(傷跡一つ残っていない健常な腕を眺め、安堵と呆れを入り混じらせながら)
        確かにこの見慣れた髪型が変わったら…ちょっと戸惑うかも。 なんだかんだ言って似合ってるし。(梳くような動きで、指通りも滑らかな長い後ろ髪を洗ってゆく)
        アタシも人の髪洗うのって…初めてかも。ちょっと新鮮だわ。(後ろ髪を洗いおえて頭にかかる。自分で洗う感覚を思い出しつつ、シャンプーの泡で包みながらわしわしと頭皮をマッサージするように洗ってゆく)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 20:35:18
      • 解ってるって。冒険とかの殺し合いじゃ、あそこまで踏み込まないよ。エルオさんにも同じようなこと怒られたし(闘技場だからこそできる無茶。しかしその経験がサザンカを強くしているとも言える)
        たまに髪を解いてると誰!?って言われることはあるな。んむ、お、おおー…(後ろ髪から頭へ、マッサージするように洗われれば。気持ちよさそうな表情が鏡に映る)
        (ふにゃふにゃな顔をしつつも、洗い終えて泡を流されながら)…そんなら俺も、背中流してもらったらエイルの髪、洗おうか?(嫌じゃなければ、と首だけ振り返り言った)中々気持ちいいぜ?これ。 -- サザンカ 2016-06-11 (土) 20:42:12
      • まぁ、サザンカの無茶は今に始まった事じゃないし、心配するのはアタシの役目みたいなところもあるしね。 上手い戦い方が出来るように上手に怪我しなさいよ。
        髪ほどくと結構印象変わるもの。女の子っぽく見えるし… こうして裸でいると別だけど。(と付け加えながら美容師のような手つきで頭を包み込むように洗ってゆく)
        ふふふ、そんなに良かった? そうね…お願いしようかしら。 アタシも人に髪洗ってもらうのなんて…子供の時以来だし。(と、笑顔で応えながらサザンカの髪をバレッタで簡単に纏め、背中を流しにかかる)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 21:43:04
      • 上手い怪我ねぇ…(苦笑を零す。難しい注文をするものだ)……うっ、まぁそれがたたって女装なんかしたからな…ダチを巻き込んでやったけど。巻き込んだ結果悲しいことになったけど…(言葉から悲しみがにじみ出て)
        (髪を纏め上げられれば、サザンカの背中が見える。傷跡などは特になく、白くすらっとした背中である しなやかさを感じさせるそれ)ん、よし。エイルにも天国を見せてやろう。
        (背中を洗われ始めれば……ぉー、と声を上げる。なるほど。大変悪くない)……あー…もーちょい下…そうそこ…(痒い所などこすってもらいつつ) -- サザンカ 2016-06-11 (土) 22:04:13
      • なんだかその女装男子連中、大体ミスコンで見た気がするんだけど…(遠い目)
        うわ、ものの見事にすべすべね… 世の女子連中が羨ましがるわよこれ…(と、しっかり筋肉の弾力も感じさせる背中を上から下へ丁寧に洗い流す)
        天国って…そんなに良かった? はいはい、この辺ねー?(こうして軽口を叩き合っていると、互いにタオル一枚でいることを束の間忘れそうになる。洗い終えるともう一度湯でざっと泡を流し)はい、おしまい。
        え、えーと…それじゃ今度は…アタシ…?(急に現実に引き戻されたのか、緊張した様子で腰掛けへ。前を押さえたままそっとタオルを外す)
        -- エイル 2016-06-11 (土) 23:03:23
      • 大体?全員だ。俺以外の(悲しい事実であった)すべすべなのか?自分じゃよくわからんけど…まぁあんまり日に当てたりはしてないからな(ごしごし。こうして背中を洗ってもらうと妙になんというか。落ち着いた)
        (泡を洗い流されれば)うん、すごくよかった。そんじゃ交代だな、ほら(腰を上げてエイルと位置を交換する 振り返り、そこでタオルを外すエイルの後ろに回り)
        ……(思わず生唾を飲み込みそうになった。風呂場でタオルだけと言う状況で、ここまで雰囲気が変わるのか)……よし、じゃあ、髪から…(鏡に自分のぽかんとした顔を写さない様に。エイルの髪にお湯をかけて)
        (シャンプーを手に取り、エイルの髪に馴染ませ、泡立てていく。自分よりも短い髪型のエイルだが、ポニーを解けばいつもとは違う雰囲気を感じる)……痛かったりしたら言えなー(わしゃわしゃ、と絶妙な力加減と指使いでエイルの髪を洗う)
        (普段自分の長い髪を洗っているからか、その手つきは男の物とは思えぬほど繊細に。さらに今回は奮発して指先にヒーリングも若干かけて。温かみのあるマッサージの様に、愛しいものに触れるような手つきで洗った) -- サザンカ 2016-06-11 (土) 23:15:18
      • 虎彦まで来たときは流石に目を疑ったわ… 行っちゃえって言ったのアタシだけど…(いたたまれない表情)
        う…何かすっごく視線を感じるんだけど…!(髪を解けば肩の後ろほど。背を隠すのはそこだけで、しなやかに鍛えられた肩甲骨や背筋のラインも、細身の腰のラインも、腰掛けに乗ってたわむお尻の肉もはっきりと見えてしまっている)
        う、うん、お願いね…(幾分緊張しながらもサザンカの手指に髪を委ねる。手入れの仕方を心得た手つきは心地良く、サザンカの言っていたことが理解できる気がして)
        ん、ふ……(ヒーリングまで加われば心地よさげな声が漏れた。目を閉じて感じ入るうち、思わずタオルを支えていた手が緩んだ)
        (はらりと落ちるタオル。背後にいる油断からか気付くのが遅れた。安物のあんぱん程度の厚みではあるが、裸のその胸が鏡に映りこんでいることに)
        -- エイル 2016-06-12 (日) 00:22:30
      • エイル…お前だったのか…(ウサ美ちゃんみたいな目になる)他3人は俺から出場するように言ってたけどなんでトラまで?と思ってたら身近に犯人が…!
        (うなじが、肩甲骨が、背骨のラインが、肉付きの薄い端正なウェストのラインが、そして安産型のお尻の形までばっちり見える。)……あー、うん。(感想が出ない。よすぎた。すごいの一言に尽きる)
        ……気持ちいいかー?変な声でてんぞー(と、洗い始める前は流石にドキドキしていたが、髪を洗い始めればこれはなるほど、楽しい。出来る限り優しく、しっかりと洗ってやろうと手を動かして)
        (そんなサザンカの心境がエイルにも伝わったか、油断か。はらり、とタオルが落ちて)……っ!(慌てて目を逸らす…が、間違いなく一瞬、見えた)……エイル。油断しすぎだぜ(鏡に映るサザンカの顔は目を閉じ首を横に向け。しかし真っ赤であった)…(そのまま、泡を落とすためにお湯をかける) -- サザンカ 2016-06-12 (日) 00:32:51
      • あくまでも言っただけよ言っただけ! ファウストみたいに割り切って楽しんじゃえって感じにね?
        んー、いいわねこれ…美容室とかで洗ってもらうとこんな感じなのかしら。癒されてる感じがするわ…(髪に関しては割と自分で済ませてしまうタイプである。初めての感覚にしばし身を委ねるが)
        ………!!(サザンカに指摘されてようやくタオルの状態と鏡に気付く。水着の形に白く焼け残った分、強調された部分が慌ててタオルの下に隠される。やっぱり片方隠れてなかった。隠れた)
        ………う、うん、ごめん。(数手順踏んで隠し終えると鏡に映る自分の顔は真っ赤で、なぜか謝罪の言葉が口をついて出た)
        -- エイル 2016-06-12 (日) 00:55:20
      • (首を逸らした後、タオルで隠す音がして視線を戻して……まだ隠れきれてなく、再度見えた)…(もう一度目を逸らした)……いや、謝られるような事じゃないけど。えーと…眼福でしたよ?(見えたことは素直に言おう。んで、殴られとこう。そう判断した)
        (髪の泡を流し、その後はせっかく背中も空いているので)…背中も流してやるよ。そのままな(と、スポンジを泡立ててエイルの背中を洗う 自分よりわずかに身長の低いその背中を、丁寧に)
        (こうして風呂場で洗っていると、随分と華奢な印象を受ける…服を着ていないからだろうか。いつも笑いあっている幼馴染の女の部分を見せられた気がして、少し面喰いつつも)…(しかし、サザンカは想う)
        (こうして、お互いを意識しすぎて緊張してるのは…どうも、妙な感じだ 今までずっと一緒だった相手だからだろうか?だが、嫌ではない…不思議な感覚を覚えつつも)
        ……そろそろ風呂、入ろうぜ?(背中もきっちり流し終えて。エイルの背後から言葉を紡いだ) -- サザンカ 2016-06-12 (日) 01:05:54
      • ……っ!? そ、そう…?(眼福だと素直に言われれば、何故かそれほど悪い気はしない。今まで散々胸のことをからかわれて来たからだろうか)
        う、うん…(髪から背のラインに沿って流れる湯。言葉少なに背中も洗われる。手つきから感じる優しさに鼓動が高鳴るのを抑えられない)
        (昔…サザンカの記憶が始まった頃、一緒に入ったような気もする。当時は性差を意識するような歳ではなかっただけに、今この感覚が奇妙な高ぶりにも似て心を揺さぶった)
        そ、そうね、二人揃って夏風邪なんて引いたら皆に何言われるか。(出来るだけ冗談めかして言いながら、タオルを巻きなおし、先んじて湯船へ) ん…ふぅ……(ゆっくりと湯の中に身を沈めれば、ようやく人心地ついたかのように息を吐いた)
        -- エイル 2016-06-12 (日) 01:23:05
      • (眼福と言う言葉にも特に拳は振るわれず。しおらしさを感じるが……)………んー(なんだか、違う。サザンカは思案する)
        風邪は今は引きたくないな、来週も試合が控えてるしな(先に湯船に入ったエイルのすぐ隣。自分も湯船に身を浸す)…はー…(気持ちよさそうに声を出して)
        (肩が触れ合いそうなほどの距離。他の女子ならともかく、エイルならばこの距離でも特に緊張などはしない。はずなのだが)……(タオルで隠しているとはいえ、場所は風呂。心臓の音が妙にうるさい)
        (…違うんだよな…エイルとは、こうじゃなくて…)……なぁ、エイル。緊張してる?(湯船に身を浸す、すぐ横の幼馴染に。首は向けず声だけ出して問いかけた) -- サザンカ 2016-06-12 (日) 01:29:12
      • (こちらもこちらで思案していた。何か普段の調子がでない。多少何かあったところでいつも通り殴り飛ばすか笑い飛ばせばそれで片付く)
        (それが分かっているのに、咄嗟に返す反応は自分が思っているのとは違うもの)……ふぇ!?
        (考えに没入するあまり、問いかけに返したのは奇妙な声。小さく咳払いを一つ) き、緊張ね…少しはしてるかも。 こうして一緒に入るのって…何年ぶりかしら? 久しぶりだし…
        それに…(それに。何が記憶の中と、普段と違うのか。少しだけ考える間があった)……それなりに大人になってるというか、成長してるしね。
        ……そういうサザンカはどうなのよ。 随分無口だけど。(腕や肩に湯を浴びせつつ、問う。いやむしろ、確認に近いのかもしれない)
        -- エイル 2016-06-12 (日) 01:40:09
      • …そうか。(緊張していると聞けば、やっぱりか、という思いが浮かぶ。普段通りの二人ではない、どうも…なんというか。お互いを異性として意識してしまう)
        (いや、異性として意識するのは別に悪くはない。だけど、肩ひじを張りたくはない…普段通りがいい どうすればいい?意識しないためには…)…緊張、俺もしてるよ。(まず問いには、答えを。そして自問する)
        (なんで俺はエイルを意識してるのか?そこさえすっきりすれば、たぶんこのぎくしゃくした感じは解消される。なんで、と考えて。ああ、とすぐに答えが出た)
        …例えばの話だけど、(と前置きして)他の女の子とこうやって一緒に風呂に入っても、俺は緊張すると思うんだよね。2人きりなら、特に。(今まで口数少なめだったサザンカだが。いつもの調子を取り戻したか、言葉が増える)
        (エイルの返事は待たない。自分の気持ちを口に乗せて零す)…緊張するのはしょうがないよな。そこは健全な男子だし。俺も否定しない。でも、何て言うか…エイルと一緒だったら、こういう緊張って、なんだかしたくないんだ(首まで湯につける。顔が赤いのはお湯のせいか?)
        俺がこの街に来てから、ずっと一緒にいるからさ。隣にいるのが当たり前みたいに思ってる所が俺にある。だから…(そう、だから)…この先も、ずっと一緒にいたい。
        ………エイルの事が好きだからな、俺は(目を閉じる。誰に言うでもない。自分と、隣の幼馴染に聞こえればいい)…だからさ。緊張すんのはなしだ。いつもどおり…(目を開けて)
        …二人でいるのが心地よい、っていうか。そんな時間を、エイルとは過ごしてたいな……(……だいぶ落ち着いた。落ち着いて、自分の言った内容を思い返して。……あれ?これってまさしく告白では?と思い至った)
        ……(まぁいいか。俺のことで隠し事なんてこいつの前で出来るはずもないし。そこで初めて、リラックスしたように体を湯船に預けて足を延ばした)…返事は? -- サザンカ 2016-06-12 (日) 01:56:15
      • は……ぁっ……(訥々と語られるサザンカの言葉をただ聞く。呼吸が少し詰まった。その言葉に体と心のこわばりがほぐされるような、そんな感覚)
        (恐らく、最も自分が答えやすいような言葉でこの少年は話している。それが天性のものなのか、選びに選び抜かれた言葉なのかは分からないが)
        (だからきっと、思った通りに応えれば良い。それが自分にとっても、サザンカにとっても一番なのだと、口を開く)
        ……アタシをそこで『嫌だ』なんて言う奴だなんて思ってないわよね?(言葉にする以前に、互いの心の中にそれは既にあった。信頼という形で)
        サザンカがアタシと一緒にいるんじゃなくて、アタシがサザンカと一緒にいるのよ。 目を離すとすぐ怪我して心配だし、すぐ女の子にちょっかい出すし。 でもそれは仕方なくじゃなくて…アタシが好きでやってること。
        好きじゃなかったらここまで貴方のこと心配して気にかけるわけないじゃない。(徐々にいつもの調子に戻り、湯船の縁に背を預け、笑いながら息を吐く)
        それはいつも同じ。 そうするのが好きで、そうするのが楽しくて。 だから…うん、これからもずっと一緒に居るわよ。 一緒に居たいし、居てほしい。(あらためて口にする事に少しの照れはあるが、いつもの屈託ない笑みを向けた)
        ……なんだかアレね、やっとすっきりした気分。 まぁアレよ、胸で動揺するサザンカも可愛かったけど。(最後にはいつもの軽口が戻ってきた。顔を見ずとも悪戯っぽい笑みを浮かべているのがありありと分かる声で)
        -- エイル 2016-06-12 (日) 02:26:26
      • (果たして相手から返ってきたのは、期待してた応え。それを聞いた瞬間、本当の意味で緊張が抜けた。お互いの気持ちがしっかりと、繋がっているのが理解できたのだから)
        …知ってたよ。確かに俺はほっとくと怪我してるし女の子に優しくしてしまうのはしょうがない。だからエイルに隣にいてほしいのかもな…。
        (お互い固く絡まっていた緊張の糸を解きあい。顔を向ければ、こちらも笑顔を返す)…ああ。これからも色々心配かけるだろうけど…よろしくな、エイル(それは、サザンカがよく見せる。とても明るい笑顔だった)
        はー。何を言う、動揺なんてしてませんしー。むしろエイルの方が顔真っ赤だったじゃねーか(あとはもう、いつもの雰囲気で。お互い顔は見なくとも、どんな顔をしているのかわかる。言葉に笑顔を乗せるようにして)

        (二人きりの浴室で。お互いの想いを確かめ合った二人は、その後もいつも通りに、他愛のない話で穏やかに時間を過ごしていた) -- サザンカ 2016-06-12 (日) 02:36:45
      • //こんな感じで〆て、あとはお互いの睡眠を大切にする方向でよろしいでしょうか!遅くまでお付き合いさせるのもなんですので! エイルちゃんかわいいです。今後ともよろしくです! -- サザンカ 2016-06-12 (日) 02:39:27
      • 怪我したり女の子に優しくするのが悪いとは言わないけどね。 むしろサザンカはそうでないと困るわ。そうでないと気持ち悪いくらいよ。 そんな貴方だからこそ隣に居たいんだから。
        (一度緊張が解ければ後はバネが戻るかのごとく。大きく頷いて)うん、こっちこそ…よろしくね。めいっぱい心配してあげるから。
        あ、アレはサザンカのシャンプーが気持ちよかっただけだし!サザンカのせいなのは大体同じだけど…!(ばしゃばしゃとサザンカに飛んでくる飛沫。弾む声)

        (その日から二人の何が変わったか。恐らく何も変わっていない。ただ少し、通じ合っただけ。元々あったものがはっきりとしただけ。しかしそれはやはり、大きな変化であり進歩でもあったのだろう…)
        -- エイル 2016-06-12 (日) 02:51:36
      • //(途中痩身が止まらなくて困る) 了解です、遅くまでありがとうございました! マイペースでも色々二人でやっていけたら良いですねー サザンカ君も可愛い…! こちらこそよろしくお願いします! -- エイル 2016-06-12 (日) 02:54:43
  • で、ミスコンで着る水着は準備できたのかねエイル君。運営として確認に来ましたよエイル君。(がちゃりこと部屋に乗り込む) -- サザンカ 2016-06-03 (金) 22:34:37
    • お、っと…おつかれさまねサザンカ。 …踏まないでよ?(なにやら道教や陰陽道に見られるような、図案化された漢字のようなものが書き込まれた呪符や人型が床で文字が乾くのを待っている)
      一応準備出来てるわよー(それらを少しどけて道を作ると、用意した水着を服の上から宛がって見せた)
      -- エイル 2016-06-04 (土) 01:48:54
      • おおぅ。護符とか呪符ってやつか(足元を注意しつつ部屋に入り)…あれ手作りだったのか…(使ってるのは何度か見たが。作れるもんなのかこれ、と感心)
        ………ふむ(顎に手をやりエイルの姿をイメージ ボーイッシュな感じである。水着というよりは水辺で遊ぶ外着みたいなもんか。脳内で映像が綺麗に描かれ)…うん。いいね(頷く)
        特にホットパンツがいい感じだ。自分の強みを理解しているようだなエイル…!(腰の方に目をやりつつ)審査はきっちりやるんでそこは覚悟しておけよ! -- サザンカ 2016-06-04 (土) 01:53:53
      • そ、大体は魔術用品店なんかに売ってる汎用品で済ませるんだけど、特殊効果のあるものとかになると流石に自分で作らないといけないのよ。(料理の仕込みの段階みたいなものね、と)
        着るのはミスコンだけじゃないし、あんまり大胆すぎると今度は遊ぶのに差し支えるから。 やっぱり無理するよりは自然体で勝負!って感じで。(頷くサザンカににっこり微笑んでみせる)
        露出も良いけどこういうのも良いでしょ。 コサージュとかブレスレットとか、細かい装飾も気に入ったから。(着てみてのお楽しみ、と腰を小さく揺すって) そっちこそ、アタシはアタシで色々用意してるから驚くと良いわ…!
        -- エイル 2016-06-04 (土) 02:15:01
      • まず自分で作れるというのに驚きだ。俺はそういう魔術系はとんと疎いからな…(これどんな効果の呪符なんだろ、と一枚手に取ってみたりして)
        まーそうだよな。活発に動くならそんくらいがいいよな、女物のビキニとかだと中々走り回れないだろうし…いや、エイルには無縁の話になるか…(胸を注視。零れることは無いかな…)……(肩を竦めた)
        細かい装飾がついて実際にエイルを見るのは会場でだな(楽しみにしてるわ、と)ぜひ驚かせてほしいもんだね!こないだみたいに…(と言ってから。思い出したのか若干顔が赤くなった) -- サザンカ 2016-06-04 (土) 02:18:31
      • 一応これでも退魔師の家系だから。東洋の魔術はこの辺りのとはまた系統が違うしね…(それは閃光を発するタイプの呪符よ、などと解説を入れる。一見すると描かれた呪文を他と判別する事すら難しい)
        ……うるさいわね!(サザンカの手にした符がパシッと弾ける。眼前でフラッシュを焚かれたような閃光) ……ま、そこが分かってるから水着も色々しっかり選んだわよ。 他の候補だと競技ビーチバレーやライフセーバーみたいな感じのセパレーツとか。
        ふふふ、もちろん! 驚かすのは忍者の得意技だから。 こ、こないだは…まぁ。(釣られて赤くなる) あれとはまた違った驚きになれば良いかなとは思ってるけど…
        -- エイル 2016-06-04 (土) 02:43:37
      • わからず…(他の呪符と何の違いがあるんだろう…違う墨でも使ってんのかな…)今更だけどエイルって多才だな…(料理もできるし戦闘もできるし女子高生だし)…やはり天才(忍者に贈る最大級の賛辞)
        グワーッ!(目がやられてぐおおーってなる)……はい、サザンカ失言でした…。きわどい系の水着は無いんですね…(目をしぱしぱさせる。よく見えん!)
        あれとは違った驚きってのはまた…楽しみにさせてもらうか。あんまり前に根掘り葉掘り聞いてもつまんねーしな(海の楽しみがまた一つ増えてご機嫌の様子)
        ミスコンだけじゃなくて海でもいっぱい遊ぼうなー。ちなみにウチのシスターがカレー屋台を営む予定だからそっちも宣伝しておこう。美人シスター懺悔カレーメシ…どうです? -- サザンカ 2016-06-04 (土) 02:55:04
      • (//文通スイッチぽちり 無理せず寝てくれていいんだ) -- サザンカ 2016-06-04 (土) 03:11:01
      • アタシもちゃんとしたもの作れるようになるのに随分かかったわ… サザンカが素直に褒めるとむず痒いわね。…天才って程じゃないわ。見えない部分で色々頑張ってるのよ。(でもありがとう、と微笑み返しながら)
        そういうのだと背中ががばっと開いたモノキニとかになるかしらね… ビーチバレーやライフセーバーのも上はそうでもないけど下はそれなりにきわどいし…(そっちがこぼれそうだったので流石に避けた忍者)
        そうね、アタシとしても全力で驚かしに行くわ。折角の機会だしね…(ニヤリと不敵に笑う)
        もちろん!海へ行くんだからめいっぱい遊ばないとね! アルテアさんのカレー屋さん…!? 絶対美味しいじゃないそれ! (うーわやったー!)
        -- エイル 2016-06-04 (土) 03:21:04
      • (//ごめんね今夜はねるます…) -- エイル 2016-06-04 (土) 03:21:47
      • 俺は人を褒めるときは素直に褒めるぞ。ただエイルの場合、身近にあり過ぎてそういう機会が逆に少なかったってのがあるかも。エイルはすごいよ(微笑みと共に褒めておいた)
        背中が開いてるのはすごくいい…(うんうん)………下がきわどいと怖いね。俺はホットパンツ似合ってると思うからいいんだ(意識して零れるシーンは脳裏に描かなかった)
        自信満々過ぎて何が来るのか少しドキドキしてくるんですけど!し、審査は甘くつけないからな!(不敵な笑みに若干のビビりも入りつつ)ああ、ぜひ楽しみにしてほしい。
        さらにカレーのレシピはアニーさんから貰った、例のお前も参加した依頼で手に入れた古文書のレシピだ!味?試食したけど3日くらいずっとそのカレーばっか食べてましたけど?エイルもシスターの作るカレーの味にせいぜい唸るがいい…!(謎のフェード効果を発揮しつつ)
        (その後もしばらく海の話題で盛り上がって、いつものように日常を過ごしました)//いいんだーこちらもそろそろ寝ますし!お疲れ様ですー -- サザンカ 2016-06-04 (土) 03:30:01
      • う…もう、照れるじゃない…(僅かに赤くなり) 一応、アタシなりに色々な最大公約数で選んだつもりよ。実際着れば印象も変わるでしょうから楽しみにしておくと良いわ!
        まぁうん、自分的にベストなパフォーマンスが出来るように頑張るわ。 でもそれはアタシだけじゃないと思うし、しっかり評価してあげて。
        ……あの時のカレーなの!? それは食べない手は無いじゃない…!
        (弾む会話、いつもと変わらぬノリとテンション。あらためて海への期待と決意を新たにするのであった)
        -- エイル 2016-06-04 (土) 20:33:28
  • えっちゃーん!そういやこれ渡し忘れてたー!(今回は手に赤い布を持って真正面から攻めて来たのだった)
    あのリボンのお礼のほうね!たい焼きのほうは…また今度ってトコかな? -- オカリナ 2016-06-03 (金) 21:28:41
    • ああ…! そういえばすっかり忘れてたわね!(見覚えのある赤い布に思い出したかのように)
      ありがとうオカリナ! どうやって使おうかしら…(受け取った布を手に少し思案する) たい焼きのほうは別なの?そこまでしてくれなくて良いのに…
      -- エイル 2016-06-04 (土) 01:39:51
      • えーとね、今回はノーカンって事で少し後ろに回ってもいい?それで、普段はこれで(布をリボンのように結びなおしてポニーテールみたいにする)服装によってはこう言うのとか(バンダナみたく頭全体を覆うような感じにする)ニンジャだったらこんなのとか(鉢巻風)後やっぱこれとか?(口元を多い隠すような形)
        リボンにすると大きくて派手かもしれないけど、色々使えてお得!まぁ食べ物のお礼は食べ物でって事で、今度何か奢るよ?大判焼きとか(無自覚に火種を撒いた) -- オカリナ 2016-06-04 (土) 06:52:43
      • あはは、うん、良いわよ。(笑顔で頷き、少し屈んでされるがままに布を様々に巻かれる) ……なるほど、色々使い出がありそうね。
        着物の帯飾りみたいに腰の後ろにー…とか、忍者的にはマフラーっぽく巻くのもカッコ良いわね…(受け取った布をひとまずマフラー風にしてみて) ありがと、オカリナ。
        何なら海の売店で何か…とかでも良いわね。 伝説のあんこ入り焼き菓子があるかは別だけど…(争いは回避する忍者である)
        -- エイル 2016-06-04 (土) 20:06:19
      • あ、いいねそれ!かっこいい!マフラーかぁ…何でだろう、首元に布を巻くとすごくニンジャっぽい!あたしもやろうかなぁ、ニンジャじゃないけど
        ううん、こっちのお礼だから!ああ、海の家もいいかなぁ…かき氷とか?この季節だと!オット、あたしとした事が余計な争いを生むところだった… -- オカリナ 2016-06-04 (土) 20:17:54
      • うん、アタシもよくわからないけど、ニンジャさんなんかもこんな感じよね。(謎の風になびく真っ赤な布)
        話によると凄く美味しいカレー屋が出るらしいわ…! それでもいいんじゃないかしら! フフフ…まぁアタシも大判焼きか今川焼き派なんだけどね…
        -- エイル 2016-06-04 (土) 20:50:27
      • そういえばそうだね、あの長い布…きっと何か忍術?とかに使うんだよ!それか実は武器とか便利グッズかも…(忍者と言う存在に対する謎の信頼感)
        カレー!夏に海辺でカレーか、それはそれでいいかも!暑い盛りに食べてデザートはアイスクリームっていうのがいいなぁ…あ、やっぱり?それならあたしとえっちゃんは仲間だ、安心した!
        よーし、じゃあ今年の夏は遊んじゃうぞ!海とかで会ったらまた遊ぼうね、そん時に何かあったら奢るから!それじゃねー! -- オカリナ 2016-06-04 (土) 21:29:34
      • 伝説によれば布だけで大型機械兵を破壊する拳法の達人も居るそうよ… オカリナも達人になればそのくらい出来ちゃうかも…?
        しかもサザンカのところのアルテアさんのカレーよ!あの人料理がすっごく上手だから美味しいことが保証済み! 辛くて熱い物の後にひんやり甘いもの…たまらないわね、今から楽しみだわ…!
        あのお菓子もどんなものか伝われば問題ないし味に名前は関係ないのにね… うん、それじゃまた、海で会いましょう! 今年は楽しい夏になりそうね!
        -- エイル 2016-06-04 (土) 22:56:59
  • 控えめ挨拶ロダ:086347.mp3 -- メイ 2016-06-02 (木) 23:23:26
    • メイもおつかれさま! メイのドレスもこう、カントリー調って言うのかしら、温かみのあるデザインでステキだったわ。
      ふふ、ミスコンね… 一度出てみたいって思ってたのよね。 東国系の血って言うか…お祭り好きなのよ、うん。
      -- エイル 2016-06-02 (木) 23:56:28
      • 疑問ロダ:086355.mp3 -- メイ 2016-06-03 (金) 00:16:15
      • うん、ただ豪華で派手なだけじゃなくて、落ち着いた感じっていうのかしら…良く似合ってたわよ。
        ミスコンも次があるかどうか分からないんだし、迷ってるなら思い切って出ちゃうのも良いんじゃないかしら?
        -- エイル 2016-06-03 (金) 00:52:23
      • 元気挨拶ロダ:086361.mp3 -- メイ 2016-06-03 (金) 01:15:33
      • まぁ、田舎風…って感じかしら。正確な定義はアタシもあんまり詳しくないんだけど…
        そうね、良い水着があれば… ふふ、アタシも選んでおこうかしらね、水着…
        -- エイル 2016-06-03 (金) 20:04:09
  • 7月2週目(6月4日)19:00から海水浴場で海開き!!
    大人数が遊べる砂浜から、大部屋宿泊無料の旅館、ミスコンの開催も予定されています!!
    楽しみたいあなた、モテたいあなた。この夏は海へ急げっ!!

    (…というチラシが配られている 質問等は相談所まで、と末尾には載っている) -- 2016-06-02 (木) 18:16:45
    • 来たわね海の季節! ミスコン…ミスコンね…!ふふふ…
      どんな水着がいいかしら… 悩むわねぇ……(一人でテンション上がるJKであった)
      -- エイル 2016-06-02 (木) 21:14:54
  • うわぁー!?まっーってぇー!!
    (物凄い速さで坂を転がり落ちていくメロン)
    (そしてそれを必死の形相で追いかける女性が迫る) -- ミアリス 2016-06-01 (水) 22:40:53
    • ………!(転がっていくメロンと追う女性。忍者アイは瞬時に状況を読み取り、四肢へ伝達した)
      (しゅばっと身を翻してメロンの転がる先へ回り込み、受け止めにかかる)
      -- エイル 2016-06-01 (水) 23:23:51
      • あと、もうちょっと、とりゃぁ!
        (掛け声と共に転がるメロンに跳びかかり何とかキャッチに成功)
        (したのだが勢いを止められず自身も転がってしまい、若い女性と軽くぶつかってしまった)
        あ、ああ!?ご、ごめんなさっゼーハー…ゼーハー…
        (重ね重ねペコペコ謝るとそそくさと坂を下っていった) -- ミアリス 2016-06-02 (木) 20:18:37
      • お、おっと。 大丈夫? 怪我してない?(勢い余って転がった女性、多少ぶつかられてもさほど気にせず、むしろ心配する)
        だ、大丈夫なら良いんだけど……(そのまま坂を下ってゆく様子を、心配げに眺めるのだった)
        -- エイル 2016-06-02 (木) 21:25:33
  • …………!!!(色々確認してみて何が起こったかを理解すると共に、どうやら自分はペタンに貧乳カウントされてない事に気付き、遣り遂げたロッキー・バルボアのように両腕を振り上げるJK -- エイル 2016-05-31 (火) 18:47:14
    • (世の中は甘くなかったようである) -- 2016-05-31 (火) 22:53:12
      • おのれ…おのれペタン! しかしアタシは一時とはいえ貴方達の目を誤魔化したことを忘れないわ…!(がっくりと両膝を突きながらもその目は闘志を失ってはいなかった) -- エイル 2016-05-31 (火) 23:16:08
  • (洗濯物見て)……なぁエイル、なんでパンツだけ干してあんの?漏ら(顔面に膝がめり込んだ) -- サザンカ 2016-05-30 (月) 21:44:47
    • (それはまるで重力を感じさせない、浮き上がり飛翔するような両膝蹴りであった)
      ほほ、ほんっと!デリカシーが無いわね! 女性ってのは何もしなくても汚れるものなのよ!(真っ赤になりながら腰に手を当ててサザンカを睨む)
      -- エイル 2016-05-30 (月) 22:04:20
      • (そのまま後ろに倒れて沈んだ)……………………今の発言も相当なもんだと思うんだけど…(むくり タフであった)
        まぁ俺もそれを見て察して何も言わなくらいの気遣いをするべきだったと反省している。時にエイル。お前再来週の結婚式ッポイ依頼、出るんだってな? -- サザンカ 2016-05-30 (月) 22:13:27
      • う、うるさいわね! 第一、漏らしたりしたらもっと色々干してあるでしょうが。
        まぁ…どうして洗う羽目になったのか妄想たくましくしてると良いわ。(腕組みして強がった笑み) ああ…あの伝統行事の依頼ね。 うん、登録してきたわ。
        お祭りにも興味あるし…花嫁衣裳を着てみるのも楽しそうだし。
        -- エイル 2016-05-30 (月) 22:34:39
      • 確かにそれもそうである(納得して)………(悩んでみる………なおこの時、薬を撒かれていたとは露とも知らず)……立ちショ(苦無が刺さった)ぐえー!(ビターン)
        (むくりなう)実は俺も登録してるんで、現地で会うかもな。しかしエイルが花嫁衣裳か…(うーんと思案し)…どっち着るんだ?白無垢?ドレス? -- サザンカ 2016-05-30 (月) 22:42:12
      • 何? サザンカの中でアタシそんなに尿キャラなの!?(苦無をピアノ線で回収しながら)
        あ、サザンカも? へぇ…どんな格好するのか楽しみね。 アタシはドレスの方で考えてたけど白無垢って言うのもアリね…
        どんなのが似合うか、自分じゃちょっと分からないのよね。 何せ着た事無いし。(と冗談めかして笑って見せる)
        -- エイル 2016-05-30 (月) 22:57:48
      • いや…流石にもう少し踏み込んだ答えを言うと冗談で済まなさそうだったんで…気を使って…(ぐぬぬぬ…と)
        俺はもう着る服決まってるんだけどな、シスターが準備してくれたから。ま、当日のお楽しみって事で。デザインは割と気に入ってんだよね。
        そりゃあ結婚してねーんだもん着てたらビビるわ(とこちらも笑顔で返して)まぁエイルは素材がいいから、何着ても似合うだろうけどな。どっち着るのか楽しみにしておくぜ、俺も。 -- サザンカ 2016-05-30 (月) 23:12:04
      • ……ま、まぁあながちどっちも間違ってないって言うか…(ぼそっとこぼす。連動しやすい体質…ではあるらしい) …もう!他所もだいぶやられてるみたいだからそっちで聞きなさいよ!(そしてまた真っ赤になって怒るのであった)
        アルテアさんが用意してくれたのなら間違いないわね。 楽しみにしてるわ、サザンカの花嫁姿。
        そ、そう…? まぁ服は借りる方向になると思うし、現場で試着してみて…これ!っていうのを着てみることにするわ。(素材が良いと言われれば少し嬉しげに)
        -- エイル 2016-05-30 (月) 23:38:03
      • …なぜそれを俺に話す……(どうリアクションしたらいいの?って顔で)へ?何のこと…?なんで俺怒られてるの…!?(この後説明してもらいました)
        違ぇよ!?タキシードだよ!?(と思わず服の名称まで言ってしまいつつ)人を見れば女装するとは思って欲しくないよね!?俺のダチを見ろッ!女装後は女になったりおかーさんになったりしているぞッ!俺は健全です。
        おう、色々着てみて試してみるといいさ。せっかくの機会なんだしな!(うんうんと頷いて)スレンダーな方がドレスは似合うっていうしな(一言多い)
        (その後他愛もない話を多少続けて。教会の仕事があるのでしばらくして帰っていきました) -- サザンカ 2016-05-30 (月) 23:48:32
      • うるさい!妄想たくましくしてれば良いのよ!(焦るあまりに言ってる事も怒るポイントももはや滅茶苦茶であった)
        サザンカだって何着ても似合いそうだし… なんでそもそも女装の流れになったの貴方たち…
        時期的に白無垢は暑いかしら… ……サザンカがタキシードなら、アタシもドレスで…(聞こえない程度に小声でブツブツ) そもそも花嫁衣裳って言うのはセクシーさをアピールするための服じゃないんだからスレンダーの真骨頂よ。アタシの花嫁姿にひれ伏すと良いわ…!
        (まだ少々残る余熱を押さえ込みつつ、いつものように取り留めの無い話に花を咲かせる。帰ってゆくのを見送る顔は、どこか安堵したような、少しだけ名残惜しそうな、そんな表情だった)
        -- エイル 2016-05-31 (火) 00:20:38
  • JK!JK!なさけむよう!(発情薬を振り撒いていく) -- (・ワ| 2016-05-30 (月) 15:48:20
    • ちょっ…!? これって今となっては貴重な何かしらのクスリじゃないの…!?
      ……ええいっ、ままよ!!(効果の程より忍具として確保することを優先し、口元を覆って薬靄の中に飛び込む)
      ぶほっ! ごほっ! げーっほげっほ!!(吸い込みはしたが何とか確保に成功!)
      よし、これで…! ……うぅ〜…なんか身体重い…熱い……(確保はしたがぼーっとした顔でへたり込む)
      -- エイル 2016-05-30 (月) 18:55:25
      • (ごろん、と横になりながら考える)……あー、これってそういうやつかしら…
        だとしたら安易に使うのは危険よね…… でも奥の手としてはなかなか便利かもしれないし……
        それにしても今になってどうしてこんなクスリが撒かれたのかしら…
        (続けざまにブツブツ言いながら思考を埋め尽くす事で、頭の中が桃色に染まりそうになるのに何とか耐えようとする)
        -- エイル 2016-05-30 (月) 19:03:18
      • (こっそり様子を眺める) -- (・w| 2016-05-30 (月) 19:05:59
      • うぁー…それにしても効果覿面ね…一人でこうなっても虚しいだけ…って誰かが居ても困るんだけど…
        でもずっとこうしてるわけにも行かないし…んっ……(薬の効果に押し負けて、もぞもぞと身を揺すり、腿を擦り合わせつつ奥の寝室へ這って行く)
        あとでお風呂…入らないとね……(敷かれた布団に潜り込んでしばしもぞもぞするのだった)
        -- エイル 2016-05-30 (月) 20:10:33
      • (そして数十分後、初夏の青空にはためく洗濯物!) うぁー…まだちょっと火照ってる感じですっきりしないけど…うん、これくらいまで落ち着いたら平気よね… -- エイル 2016-05-30 (月) 21:10:26
  • 先月の冒険はありがとね!いや、前にもまして厳しかったからたくさん雇って正解だった……
    所でエイルさん、忍者というかそういう類の戦闘スタイルなんだね……冒険中は集中しててあまり見れなかったけど -- アニー 2016-05-29 (日) 22:51:37
    • 雇われも雇われ、詳しい事は何も知らずに飛び込んだけど、結果的には充実した冒険になってよかったわ。こちらこそありがとう、アニー!
      ふっふっふ、いかにも忍者よ! こっちだとアサシンとかレンジャーみたいな感じになるのかしら。 元々正面から戦うタイプではないし、退魔師の家系だから呪符や式神なんかも使えるけど…
      -- エイル 2016-05-29 (日) 23:10:54
      • もうちょっと詳しいブリーフィングをすべきだと反省しました……まぁ、結果的に良かったようで何より!
        ふむむ、退魔師と忍者を合わせた全く新しい……色々技とか興味あるけど見せてもらいたい気が凄いする(眼鏡プットオンで身を乗り出し) -- アニー 2016-05-29 (日) 23:19:28
      • 反省点は次に活かして行きましょう! 何だかんだで流れ任せで行っちゃうのも悪くは無いと思うし。
        そう言われると確かに新しいけれど、魔法剣士やそういう類に近いものよ。アニーたちと似た感じ。 あはは…最近そうやってせがまれる事が多いわね。 それじゃ軽いのを…
        (懐から人の形に切り抜いた紙束を取り出して空中に放てば、ふわふわと意思を持ったように漂いだす。式神の一種だ) それじゃ、行くわよ!(屈伸をして身構える)
        -- エイル 2016-05-29 (日) 23:42:22
      • なんかそう言われると親和性があるように感じられてきた!東の方では割りとありな組み合わせなのかな
        お、これは……(宙に浮かぶ式神の姿をメモに取っていく 興味津々でエイルの動きを追う) -- アニー 2016-05-29 (日) 23:55:49
      • そもそも忍者は使える技術はフル活用するものだしね。だから…こっちの魔術と融合してた可能性も多いにあるわ。
        ふふ、見逃さないようにね!(不敵に笑うと、跳び上がる。なんでもないジャンプのようだったが、落下が始まる前に宙に浮いた式神を「蹴った」。 まるでそこに足場があるかのように空中で方向を変え、二度三度と空中を跳躍して渡ってゆく)
        ……せっ!(そのまま庭の片隅に置かれた畳の的に向かって、腕を振るう。 右、左。二回振るわれただけで、畳には5,6本の棒型手裏剣が突き刺さった。 そのうち1本に呪符が結び付けられている)
        ……発雷!! 急急如律令!(着地と同時に手を振りかざして叫べば、呪符から紫電が迸り、周囲の棒手裏剣を導雷針として電撃を拡散させ、畳の表面を爆ぜさせた)
        -- エイル 2016-05-30 (月) 00:13:37
      • あー、そういう話は聞いたことある。最新の技術でも魔術でも、何でも取り込んでいくんだねぇ
        おっ(式神を蹴っていく様を追うようにペンが走る)空中制動……やはり忍者ならでは!?(嫌が応にも期待が高まる)
        (棒手裏剣の流れるような投擲、そして雷撃の拡散に)凄い……一連の動きが流れるようで実戦でも淀みなくやってみせていたのが修練の積み上げを感じさせウェヘヘ……(ダメな方向へヒートアップしメモを取り続ける) -- アニー 2016-05-30 (月) 00:24:48
      • ふふふ、式神一つとっても色々な使い道があって…使い方によってはこうして忍者としての機動力を強化することに使えるのよ。
        訓練で出来ない事が実戦で出来るわけないから…練習だけはしっかりしてるわよ。 それにしてもそういうところは完全にマニアねぇ…(ヒートアップするアニーに苦笑を向けつつ)
        それじゃもう一つ…… 桐生退魔流・紙煉獄!!(指揮するように腕を振ると、滞空していた式神が一斉に畳へと殺到し、張り付いたかと思えば一気に燃え上がった)
        -- エイル 2016-05-30 (月) 00:42:27
      • ん、失礼しました(流石に興奮しすぎた、と大人しくなり)機動力を売りにする流派だと空中制動は持ってて当然、って感じなんだね いろんなやり方見るのは勉強になる
        お、式神が……炎を上げた!(派手に豪炎を上げる式神に見入って)空中機動に使った式神も攻撃に使えると、無駄がないね でも当たる所を想像するとなかなか怖い技だ!(燃え上がる畳に目を馳せ) -- アニー 2016-05-30 (月) 00:48:25
      • 他にも鉤縄を使ったり、色々ね。 縦方向への機動力を得られるっていうのは、戦術の幅も大きく広がると思うわ。
        式神の数をもっと増やせば、単純に振り払うだけでは防ぎようの無い剣呑な攻撃になるわね。 もちろんその分だけ精神力も使うけど…(燃え落ちた畳に水をかけて消火しながら)
        -- エイル 2016-05-30 (月) 01:09:42
      • そうだよねぇ、空飛べる翼人の人もいるわけで……何か考えてみないとなぁ、こういうのはとても捗るようふふ
        あれだけの数を単純に動かすだけでも相当な負担になりそうだね……一つ一つに細かい指示なんてやりだしたらきりがなさそうだ
        色々聞いてみてモチベーションが刺激されたよ!それじゃ今日はこの辺で。また依頼を出すことがあったらよろしくねー!(最後に大きく手を振り去っていった) -- アニー 2016-05-30 (月) 01:27:35
      • そうね…アニーも何か、上手い具合に空中での機動性を確保できれば…技の多彩さを更に活かせそうね。
        数が増えれば増えるほど、動きの制御は大雑把にならざるをえないわね。 数体単位で編隊飛行させるみたいな形に。 これももっと精進しないと…
        アタシも闘技場でアニーの技を見て刺激されることがあるから、お互い様ね。 …うん、香辛料魔術や後継者争いの顛末なんかも気になるし…機会があったらまた参加させてもらうわね!(と手を振り返し、見送るのだった)
        -- エイル 2016-05-30 (月) 01:46:49
  • (街中でばったり出会い驚愕の表情)え、えっちゃんの胸が…大…きく…!?
    …なったように見えたのですが気のせいですね(よく見ればフツーのハイスクール姿です、どうやら目の錯覚ですね…よかったよかった…本当によかった…と、胸を撫で下ろす) -- ゲルニコ 2016-05-29 (日) 16:27:15
    • 大きく…なったら良いんだけどね… …ちょっと、安心しないでよ!?(衣替えの季節、薄着になったせいであまり詰め物も使えないのが悩みどころらしい)
      どうすれば大きくなるのかしらねー… バストアップ体操とか効果あるのかしら。
      -- エイル 2016-05-29 (日) 19:58:05
      • んー…あれってお肉を寄せて寄せて集めるわけでしょう? えっちゃんはニンジャ活動で体引き締まってるでしょう? 集めるお肉そんな無いでしょう?(つまりはそういう事なのでは…という目)
        それにしても…やはりニンジャとは世を忍ぶ仮の姿を持つのが普通なのですね、ウチのニンジャときたら年中黒装束なので危うくゲシュタルトがどうにかなっちゃう所でした(制服姿を見てうんうん頷きながら) -- ゲルニコ 2016-05-29 (日) 20:28:31
      • ぐぬぬ…かといってあえて肉をつける選択はアタシには…! 胸にシャワーを当てるとかもダメかしら…
        あー、ニンジャさんたちと団子屋さんのところで同居してるんだっけ。 あのニンジャさんはなんというか…アタシとは流派が違うって言うか…
        こないだ闘技場でサザンカと戦ってるの見たけど、忍者と言うよりニンジャね…(制服姿を披露して見せるかのようにヒラヒラと左右に回ってみせる様子はちょっと得意気だ)
        -- エイル 2016-05-29 (日) 21:03:03
      • ものすごい執念ですね…男の人に揉んでもらうと大きくなるという噂は聞いたことありますが…?(じー)
        なんと、ニンジャにも流派がありましたか…えっちゃんは誰から師事をうけたので?(あ、なんかこういうのもいいなー…着てみたいな…と羨ましそうだ) -- ゲルニコ 2016-05-29 (日) 21:16:59
      • だって胸の大きさでとやかく言われるのはちょっと悔しいじゃない! 男の人に…ってそれは恋人でも出来たらでしょうけど…な、何よその目。
        流派によって使う道具なんかも少しずつ違ったりするのよ。手裏剣の形とか。 アタシは山の方に住んでるニンジャマスターに色々教わったわ… 見た目は犬の獣人っぽいんだけど、匂いや気配からすると妖怪の類ね。
        ふふ、気に入ったのなら学校と契約してる服屋さんなら扱ってると思うし、誰でも買えると思うわよー?(羨ましそうな視線ににこにこと上機嫌に)
        -- エイル 2016-05-29 (日) 22:16:04
      • まーその気持はよく分かるんですけどもね…い、いえいえ…最近の女子学生は進んでるといいますから、そういう相手もいるものなのかな…と…
        ほぇー…手裏剣って十字型しかないと思ってました…そして妖怪の…ニンジャ!むぅ、ニンジャとはとても幅広い職業なのですね…ゴウランガ!(同居人がアレなだけあってニンジャ側に染まっているのは否めない)
        えっ、ホントですか、生徒じゃないからって通報されて捕まったりしませんか…!? じゃ、じゃあ今度…行ってみますか…(場所はどの辺りになるでしょう…と聞きたいが聞けないでもじもじ) -- ゲルニコ 2016-05-29 (日) 22:29:59
      • 主にそういうイジり方をしてくるのは約一名しか居ないんだけどね…  う…まぁそのうちそういう人も出来たら良いなってくらいで…今は居ないんだけどね。 まぁうん、そのうち…(学校でも割と周囲の友人等が彼氏を作ったりして羨ましいと思ってたりする系女子)
        三方に十字に六方八方、鉛筆みたいな形の棒手裏剣なんていうのもあるわよ。 アタシのは一応、東国から伝わった鉢野流忍術っていう伝統的なスタイルよ。 ニンジャさんのは…東国の伝統的なものを格闘技として昇華させたスタイル、じゃないかしらね。
        ファッション高校生なんて見た目じゃ区別できないし、多分大丈夫よ! こんな時間に何してるの?とか聞かれるかもしれないけど… ……うちの学校が契約してるのは3番街の制服専門店よ。交差点の角にあるから見てすぐに分かると思うわ。(もじもじした様子を察して場所を伝える)
        -- エイル 2016-05-29 (日) 22:58:36
      • あ…あー…分かっちゃった…分かっちゃいましたよ私…そういうイジりしてくるってことは絶対気があるんですよ、本で見たからわかります(うんうん)
        鉛筆…それはもはやただの鉄串なのでは…? 八ノ竜忍術…いかにも強そうな名前ですね…名前通り八つの技があるに違いありませんね…(うんうん)
        む、夜中に着て歩くのだけはやめたほうが良さそうですね…ああいうのはどうにも苦手で…あ、ありがとうございます、えっちゃんは私の心が読めたのでしょうか…これも忍術…スゴイ!(それではオタッシャデー!とニンジャ式挨拶をしながら帰って行った) -- ゲルニコ 2016-05-29 (日) 23:08:39
      • え、本当…? 昔なじみだから気安いのもあって、ちょっと判断つきかねるんだけど…(むー、とほんのり照れたような顔で)
        棒手裏剣も結構侮れないのよ。投げやすいように重心が整えてあるし、普通の手裏剣と違って嵩張らないから隠しやすいし数も持てるの。 ふふ、実際は八つ以上…それこそ数え切れないくらい技があるけどね?
        学校やってる時間だとサボってると思われることもあるかもしれないから…お休みの日に着るのが良いかもしれないわね。 相手の心情を察する、というのも東国の文化で忍術の一つでもあるわ。またねー!
        -- エイル 2016-05-29 (日) 23:25:43
  • えっへへへー冒険とは違うけどエイルおねーさんも伝統行事のお手伝いモデルさんやるんだねっ
    初めての共同作業とかもあるのかなーっ?(やけにはしゃぐ、年相応に魅力的なのが伝わる) -- らん 2016-05-29 (日) 10:15:22
    • あはは…うん。らんちゃんも? 結婚前に花嫁衣裳を着ると結婚が遅くなる…とか言う迷信もあるけど、やっぱり着てみたいじゃない!(一応女子らしい憧れはあるようで)
      結婚式に似たお祭りらしいけど…どんなことするのかしらね? らんちゃんは可愛い花嫁さんになりそうねぇ…(はしゃぐ様子に、その姿を想像してみながら微笑む)
      -- エイル 2016-05-29 (日) 10:30:27
      • 私としてはウェディングドレスといってもセクシーなのもあるだろうから、そういうのが似合いそうなエイルおねーさんに期待しています
        可愛いのもいいけどやっぱり花嫁さんだから綺麗だねって言われたいところです(とはいえ褒めてもらえば嬉しそうだ)
        とっても内容は気になりますがその日までのお楽しみかなっ?やっぱりキスとかするのでしょうか -- らん 2016-05-29 (日) 10:50:53
      • セ、セクシー? セクシーなの…似合うかしら…?(ちょっと自信なさげに) でも衣装は色々貸してくれるみたいだから…似合うのを選びたいわね。
        らんちゃんはちょっと大人っぽいデザインなんかに挑戦してみても良いかも…綺麗に着こなせたらみんなきっと驚くわよー?
        指輪交換にケーキ入刀とかファーストバイトとか…キ、キスは…どうなのかしら? しちゃうのかしら…!(ちょっとドキドキする)
        -- エイル 2016-05-29 (日) 12:01:45
      • スタイルは自信をもっていいと思いますよエイルさん!キレイに見てもらうためにもそうですね
        セクシーなものにも挑戦する気持ちは持っておこうかなっ(ロマンチックなロケーションならキスもありかなと応えて)だよねっ楽しみっ
        あははっエイルさん!お顔がゆでゆでだこさんだよっー -- らん 2016-05-29 (日) 13:27:11
      • そ、そりゃまぁ、スタイルにはちょっと自信はあるけど… まぁうん、そうね…ちょっと勝負に出てみるのもいいかも…
        らんちゃんの今の衣装も結構セクシーな感じだし、きっといけるわよ! キ、キスはまぁ…スキャンダルにならない程度にね?
        う…でもそうよね、お祭りとはいえそういう格好もしてるんだし、良い雰囲気になったら…うん、良いかもしれないわね。(パタパタと顔を扇ぎつつ、照れ笑い)
        -- エイル 2016-05-29 (日) 15:39:57
      • お仕事のキスは初めてですがこれからデビューが成功した暁には映画やドラマにも
        そういうのには必ずキスシーンはあるので…きゃーっ、ではではエイルおねーさん依頼の日楽しみにしているのですっ! -- らん 2016-05-29 (日) 20:09:45
      • そっか、さすがアイドルね! 可愛いのに結構強かなのねらんちゃん…!
        いつからんちゃんのキスシーンをテレビや映画で見る日が来るのかしら… うん、アタシも楽しみにしてるわ! 楽しい依頼にしましょうね!
        -- エイル 2016-05-29 (日) 20:30:11
  • 大変遅れて申し訳ない -- 2016-05-28 (土) 21:05:14
    • 半分忘れてて本当に申し訳ない…(土下座)
      本当にありがとう!(わーいちょっと増量されてる!などと喜ぶJKである)
      -- エイル 2016-05-28 (土) 21:50:46
  • (どやっ)……エイルくn…(どやどやっ)…エイルくn。聞いているのかねエイルくn。(どやどやどやっとうざい顔で)
    サンディさんのところの君の5分間の長距離記録は…俺が抜かせてもらいましたー!!(ぱぁー、と後光がさすように法力を放ちつつ)あがめろ。ひざまづけ!(謎のテンションである) -- サザンカ 2016-05-27 (金) 20:45:12
    • あら…アレを超えてきたの? それじゃ今度1分ずつ伸ばしてみようかしら… 最終的には四半刻で十里まで伸びるわよ。頑張って。
      ……まぁそれはさておき。 うん、凄いじゃないサザンカ! 走り方の指導も受けたの?(素直に感心した様子で拍手する)
      -- エイル 2016-05-27 (金) 20:54:41
      • ……えっ(5分全速力だったのに?あの後死にそうになってたのにまだ伸びるの?と少年はとても弱弱しく微笑んだ)エイル先輩ぱねーっす。
        うん、まぁ…いや、走り方はフツーに自己流だけど?最近は脚鍛えたり、まぁ体力もついてきたんかな?法力も以前よりは強くなってる感じだしな(ぐ、と拳を握って)まーエイルにはまだ適わなさそうだけどな!(と笑顔を見せて)
        ところでエイル。今日は実は相談に来たんだけど。(と、ここで表情は真剣なものに)…エイルにしか頼めない話なんだ。 -- サザンカ 2016-05-27 (金) 20:59:17
      • 忍者にとって走るっていうのは移動術よ。 諜報なり逃走なり伝令なりのために走るのよ、ランナーと違って走るだけで力を使い切るような走り方しないわ。
        それでも5分間とはいえ鉢野流縮地法を上回ってきたんだから、それは凄い事よ。 ただし…脚に関してはサザンカには負けないつもりで居るわ。 全体的な力に関してはサザンカの方が上でしょ、きっと。(笑いながらヒラヒラと手を振る)
        んっ…な、何よ? アタシにしか…って、アタシに出来る事なんでしょうね?(にわかに真剣になったサザンカの様子に少々緊張した面持ちで問い返す)
        -- エイル 2016-05-27 (金) 21:10:40
      • ……お、おのれ!いずれはエイルよりも長く早く走れるようになるからな…!(いつ頃になるだろうな…と遠い目で)…まぁ、そう褒められると、うん(髪房ぴこぴこ 喜んでいる)
        エイルにできることと言うか、俺が知る限りエイルにしかできないことなんだ。お前をよく知る俺だからこの相談に来たわけで。……実はな、エイル…(少し間をためて)
        ……今度ニンジャさんと闘うことになったから忍術のネタを教えてくださいっ!!!(とその前までの雰囲気は何だったのかと言わんばかりに全力で土下座した)
        エイルしか頼れる人がいないんです。俺には…お前だけなんだ!!(酷い姿勢でひどい台詞を吐いた) -- サザンカ 2016-05-27 (金) 21:15:01
      • アタシの力も日進月歩よ。追いつかれただけ離して見せるから、ガンガン追いついてくると良いわ。そのほうが張り合いがあるもの。(にこにこと、良い笑顔)
        な、なんだか気持ち悪いわね…な、何よ、前置きは良いからはっきり言いなさいよ。聞いてあげようじゃない。(腕組みして極力なんでもない様子を装いながら問う…が)
        ……へっ?(身構えていた分、肩透かしを食らったような感覚に奇妙な声が漏れた) た、頼みって…そういう事? それだけ?(身構えていた事が急に恥ずかしくなって、頬がうっすら朱に染まる)
        そ、それは…まぁ、ニンジャさんがどんなタイプの忍者か知らないけど、基本的なことくらいは……(むぅ、と少し考えた様子で指を頤にあて、考え込む。サザンカの視点からすれば短いスカートが実にきわどい)
        -- エイル 2016-05-27 (金) 21:45:24
      • 俺がエイルに追いつかれないくらい抜く日が来てほしいんだけど…?そのために頑張ってるんだけど…?そう言われりゃいつでも追いついてやるけどさ(へへん、と自信ありげに)
        …えっ(頭を上げる)いや、エイルにとってはどうでもいいかもしれないが俺にとっちゃ死活問題だぞ!あのニンジャさんだぞ相手は!!あの!!(強調して…エイルの赤面には気づかない鈍感さ)
        負けたらなんていわれるかわからないそんな相手だからこそ全力でだね!こうして頭を下げて…(と、気づいた。エイルのスカートのそれがきわどい)………ぉー……(遠慮なくさらに低姿勢から覗き込もうとした) -- サザンカ 2016-05-27 (金) 21:48:17
      • そう来なくっちゃ。諦めずに挑戦してくれるからアタシもやり甲斐があるわ。
        ………確かにニンジャさんだものね。 何が飛び出してくるか未知数すぎると言うか…負けてもそれなりに美味しいんじゃない?(少しだけ頬を膨らましつつ、冗談めかして)
        正統派と言うか、こっちで言う魔術の類を抜きにした忍術を使うのなら……(気付かない様子で考え込んだ表情のまま、白い太腿を覗かせる。そのまま覗き込めば、サザンカの視界にはその付け根を覆うピンクの縞模様がチラ見えし…)
        (次の瞬間、予備動作無しの蹴りがサザンカの顎を蹴り上げる。一応十分に加減はされているが)……はい、忍術にかかったわね。 忍者が敵と相対した時、まずは相手の注意を如何にして逸らすかを考えてる…と思っておきなさい。
        -- エイル 2016-05-27 (金) 22:04:55
      • 負けても美味しいという言葉は俺にはない…!いつも勝つために戦ってるわけだしな。あとニンジャさんに負けたらなんか白い目で見られそうで…なんでか知らないけどそんな気がして…(ニンジャへの人間的評価が低い)
        魔術は使わないみたいなこと言ってた気がするかなー…苦無とか手裏剣とかそうい(見えた。ピンク…縞。目に焼き付けて、からの)んぐはっ!(顎が蹴り上げられた)
        (目の前に飛び散る星に記憶を失わない様に全力を費やしつつ)……はい。よくわかりました……(髪房へにょ)……いて。喋りながらだったから唇噛んだ(血がにじんだのを拭いつつヒーリングかける)
        えーと、とりあえず忍者と会敵するなら、不意打ちをとにかく気を付けろってのが大前提ってわけね。……ふむ(確かにエイルと闘ってるときもよく不意を突かれる。気を付けなければ…と得心した)他にはなんかある? -- サザンカ 2016-05-27 (金) 22:09:26
      • 逆に考えて見なさいよ。 あんな不審者そのものな格好と挙動の人が捕まらずに悠々と歩いてるのよ。 並大抵の腕じゃないはず。
        (革のローファーに包まれた蹴り足を軽く振り、嘆息しながらサザンカを見下ろす。頬はちょっと赤い) まったくもう…仕掛けておいてなんだけど健康的にスケベね、サザンカ。
        特にサザンカはどこ見てるか凄く分かりやすいのよ。…ス、スカートの中に限った話じゃなく。 特に闘技場みたいに相手が正面、完全に発覚している状態の場合、忍者は常に騙すつもりで動いてくる…と思っていいでしょうね。
        撹乱と欺瞞。相手の平常心をなくす事、相手の注意を散らす事、逆に相手の注意を一箇所に向けさせる事。 忍術の真髄は意識誘導にあると言っても過言じゃないわ。
        他に…ねぇ。 忍者は素早いものよ。動きを追おうとすると術中にはまるわ。 隙があっても深入りはしないほうが良いでしょうね。
        -- エイル 2016-05-27 (金) 22:31:18
      • その発想はなかったな…!確かに完全に不審者なのに街に溶け込んでるあたりやり手なのかもしれない(深くうなづいた)………まぁね。そりゃね。思春期だし。(特に悪びれる様子はない…よくやることだ。エイル相手には特に)
        俺の視線そんなにわかりやすいかな…!?肢曲覚えてからは相手の視線は意識してるけど、そうか…自分の目線も考えなきゃな…(確かに狙いバレバレでやられたことが2,3回。心に留めた)
        ……つまり気を付けていてもどうにもならないのでは?(気を張ったらそこをやられて、気を弛緩させたらやられるんじゃ…とそこで)…あ、違うか。常に平常心でいることを心がけろ、ってことか?できるかな…やんないとな…
        あー、素早さと隙については、エイルで身に染みてわかってるんで…まぁ、大丈夫だとは思う。誘いだと一瞬でも思ったら乗らないようには心がけるよ。……なんか悪いな(といきなり謝りだした)
        こうして説明してもらっててすげー有難いけど、でもこれエイルの戦術バラしてもらってるようなもんだよな。……んー(上手く謝罪の言葉が出てこない…ので)…ありがとな(感謝の言葉を送った) -- サザンカ 2016-05-27 (金) 22:40:43
      • もちろん全ての事態を予測して備えるなんてまず無理、というか予測の裏をかくのが忍術だから。
        だから咄嗟の出来事に焦らず対応する事が重要よ。 もちろん忍者はそれすら焦らせるように動くけど。(真剣に聞き、そして謝り始めるサザンカにくすり、と笑い)
        というか、今までアタシとやりあってきて気付いてなかったの? 大丈夫、気にするほどの事じゃないわ。聞いただけでその通りに実行できるかと言えばそうじゃないでしょう?
        手品にタネがあることが分かってても全部を見破れるわけじゃないのと同じ。 サザンカが機械じゃなくて感情や意思を持つ生き物である以上、忍術が付け入る隙は常にあるのよ。
        だから…うん、どういたしまして。(にっこりと、楽しげに微笑み返す) アタシが教えた事で良い勝負になれば…アタシはそれで十分。嬉しいわ。
        -- エイル 2016-05-27 (金) 23:08:17
      • いや、お前とやってるときはこう、前の動きに慣れた!いける!と思ったところをことごとくやられるような感じだったからな…(言い換えれば忍者の戦術のほとんどを経験しているわけだが、本人は気づいておらず)
        まぁ、そりゃな。でも聞けたことで焦らなくて済むかもしれねーしな、ホント助かったよ(あどけなく笑って)機械になるのは俺には無理だから、俺らしく結局はやるしかないんだけど。
        それでも少しは自信がついた…!(ぐっ、とやる気を見せる)エイルにそこまで言われちゃ勝つしかねーな!!エイルの為にも!!(いよっしゃ!と自分に喝を入れて)
        よし、次来るときは勝利報告を持ってくるぜ!楽しみに待ってろよな!(よし!と意気揚々に立ち上がり、エイルの家を去る…最後に)あ、ピンクは俺の好みだわ(と余計なことを言って。全速力で走り去っていった…) -- サザンカ 2016-05-27 (金) 23:15:17
      • そうね、サザンカがサザンカらしく全力を出して行ければ、自ずと勝機は見えてくるはずよ。
        あはは…うん、頑張って! 折角アタシがサービスしてあげたんだからね!(笑いながら親指を立てて)
        うん、いつやるのかは知らないけど…闘技場でなら応援くらいは行ってあげるから!(…と、見送るが) ちょっ…もう…!(逃げる背中に手裏剣を投げるが的は外れ、照れたような、呆れたような顔で遠ざかる背中を眺めていた)
        -- エイル 2016-05-27 (金) 23:32:29
  • あ、えっちゃんだ!えっちゃーん(温泉で一度会っただけなのにもはや友達みたいな馴れ馴れしさである)
    えっちゃんニンジャなんだよね、ニンジャは何か術を使うって言うけどどんなん?何か軽いの見てみたい!(すっごく軽い口調で無茶なことを言い出すのだった) -- オカリナ 2016-05-26 (木) 23:52:03
    • ああ、温泉の時の。 オカリナ…だったわね?(懐っこく話しかけてくる様子に少し面食らったが、すぐに笑みを向け)
      ん、んー…忍術…そうね、お話の世界で言われるほど派手な術じゃないから拍子抜けするかもしれないわよ? 何が良いかしら…(と、思い悩んだ様子で考えつつ、食べる?と抱えた袋からたい焼きを一個差し出す)
      -- エイル 2016-05-27 (金) 00:23:24
      • そうそう、覚えててくれた?んー、服着てると見違えるな…学校行ってるの?
        あ、食べる!(遠慮なく頂いて大きく頭からもふっと一口)ありがと、おいしい!それなら寧ろいいね、本物って言うのが見たいから…しゅりけん?とかそう言うのも楽しそうだよね(一口ごとに目を閉じて味わうような仕草を見せつつもどんどん食べ進んでしまい、残った尻尾の部分を咥えたままエイルのアクションを待つのだった) -- オカリナ 2016-05-27 (金) 21:27:28
      • あはは、あの時は裸だったしね…それに酔ってたし。名前覚えられてて良かったわ… そう、学校。ニンジャでも普段は学生してるのよ。
        手裏剣しゅしゅーっと投げてドロンと消える。そんな感じ…とも限らないのよこれが。(おいしそうに食べる様子をにこにこと見守っているように見えたが)
        …はい、忍術終わったわよ。(たい焼きがなくなるのと同時、そう宣言してオカリナの尻尾を指差す。 いつの間にかピンクのリボンが結ばれていた)
        -- エイル 2016-05-27 (金) 22:13:55
      • もしかしてあれ?毎日が死と隣り合わせのニンジャスクール?(何らかの作品に影響されているものと思われる)
        (答えるために尻尾をもぐもぐっと飲み込んで)そうなのかー、でもそんな感じのイメージだなぁ…えっ?何したの?(きょろきょろしたあと指差された尻尾の先端を体の前に持ってきて)あれ?こんなのつけてなかった…え?もしかしてこれ?(狐につままれたような顔でエイルを見て)…どうやったん? -- オカリナ 2016-05-27 (金) 22:22:28
      • 流石に毎日そこまで刺激的な生活はしてないわね。 テストの度に死にかけてる同級生なんかは居るけど。(成績的な意味で。冗談めかして笑って見せる)
        ふふふ、貴女がたい焼きに意識を向けた瞬間にちょっとね。 こうやって相手に隙を作ってそこに入り込むのが忍術よ。(ちょっと得意気に)
        -- エイル 2016-05-27 (金) 22:46:08
      • そっか、何かちょっと安心した!ああ、でも…テストってそう言う…(まだちょっと怪しんでいたりはした)
        いくらあたしが隙作ったからって、これは…(相当早く動かないとできまい、とそう思うのだった)でも面白い!なるほど、そう言うのもあるんだぁ…これも参考にしないと(感心したり考えたり、リボンをつけられた尻尾も左右へ動いて忙しい)
        そうだ、このリボン…返した方がいい?実はちょっと気に入っちゃったんだけど! -- オカリナ 2016-05-27 (金) 22:51:33
      • まぁ時々は命の危険のあるテストより恐ろしいものになったりはするけどね…
        人間って結構隙だらけなものよ? 意識や視線を読み取って動けば案外気付かれなかったりするの。
        あはは、良いわよ。そのリボン貴女にあげる。 結構似合ってて可愛いし。(ゆらゆら揺れる尻尾を飾るピンクのリボン。愛らしさに思わず頬を緩ませながら頷いた)
        -- エイル 2016-05-27 (金) 23:13:54
      • そんなに…学校怖いな!えっちゃんも頑張ってな…(割と真剣に心配そうだった)
        そんなさらって言うけどめっちゃ難しくないそれ…意識や視線かぁ、そう言うのを読む練習もしないとなぁ
        ほんと?いいの?(可愛いとか言われたら犬でもないのに上機嫌で尻尾を振る)じゃあ今度あたしも何か持ってくる!たい焼きとリボンのお礼!
        物もだけど色々教えてくれてありがと、参考にするから!それじゃねえっちゃん、テストには気をつけろよな! -- オカリナ 2016-05-27 (金) 23:25:21
      • 大丈夫大丈夫! アタシの成績は悪くない方だから!
        そう、難しいからこそ忍者は修行するのよ! これも厳しい修行の賜物なんだから!(と得意げに語る免許皆伝)
        と言っても安いものよそのリボン。お礼なんて要らないくらいだけど…うん、楽しみにしてるわね。(黒に映えそうなピンクを選んだのは正解だったか、と今更ながらに頷いて)
        うん、頑張って! テストなんかに絶対に負けないわよー!
        -- エイル 2016-05-27 (金) 23:45:19
  • エイルちゃん。おじさん思うんだけどさ、ダンスに重要なのは運動能力よりも柔軟性だよ。
    次回大会に向けて柔軟運動を中心に据えたトレーニングをオススメしたいんだ。
    とりあえずY字バランスから始めようか。大丈夫安心して。ちゃんと出来てるか、おじさんしっかり見てるからさ。 -- ウーティス 2016-05-26 (木) 00:21:30
    • ……アレね、清々しいまでのオープンスケベね。(じとーっとした目で睨むJK)
      忍者たる者その辺のトレーニングもしっかりしてるわよ。 生半可な体操選手には負けない自信はあるわ!
      (何だかんだ言いながらお手本のように綺麗なY字バランスを披露する。ただしランニングタイツ姿で)
      -- エイル 2016-05-26 (木) 23:41:22
      • 畢竟、男の違いはオープンかクローズかだけであり、偶々前者に生まれついた男の視線は、無防備にY字バランスを披露した少女の肢体へと吸い寄せられる。太腿から臀部まで女性特有の美を見事なまでに体現した流曲線を描くエイルの肉体は、黒い薄手の布地越しでも健康的かつ生命の根源的なエーロースを充分すぎるほど匂い立たせていた。胸はコンパクト(Bカップ程度)だがその分、尻が安産型。その風評に確かな裏づけを与える少女の瑞々しい双曲線は……あ、エイルちゃんって体重何圓世辰院 -- ウーティス 2016-05-27 (金) 00:00:48
      • ダダ漏れね!? 物凄いダダ漏れね!?(Y字バランスを保ったままツッコミを入れる) でも体型維持には自信があるわよ、鍛えてるから。
        ……女性相手にデリカシーとかそういうのはないの? 普段あんまり体重計乗らないけど…50kgくらいじゃないかしら。(体型もモデル並み…ではあるが筋肉量によるものか尻が重いのか、スーパーモデルほどは軽くない)
        -- エイル 2016-05-27 (金) 00:34:09
      • 絶妙な体勢を維持しながら叫ぶ少女の体幹に乱れは無い。所々に蠱惑的な雌の肉付けを想起させる柔らかな曲線は……コレ疲れるなあ。
        デリカシー? おじさん仕事に感情は持ち込まないからね。でも正直に50埖罎梁僚鼎鮃陲欧襯┘ぅ襪舛磴鵑砲牢尭阿靴泙靴拭50の壁を前にして、49圈棔圓覆匹閥弔擦砲覆觚翩愎擁とは一線を画すエイルちゃんの剛毅さには参るね……五大陸に響き渡るよ。 -- ウーティス 2016-05-27 (金) 23:55:50
      • なんでそんなに疲れるくらい真剣に…!? それにしてもまぁ良くそれだけすらすら出てくるわね…
        グラビアアイドルやモデルの公称値なんてスポンジか何かで出来てるのかって話よ。 一応鍛えてるし、健康体である自信はあるわ。
        -- エイル 2016-05-28 (土) 00:07:46
      • エイルちゃんのトレーニングと同じようなものだよ。積んだ努力は必ず崩れるからねえ。おじさんは元手が少ないから時々貯金しておかないと。
        (手帳にさらさらと書き込みつつ)君の様な自負があれば、数値の多寡は気にならないんだろうね。難しいもんです。
        (エイルの項目を見返す。必要分は埋まっている。不審な点も無し。綺麗な経歴といえる。が、暫し考えこみ)
        ……ところでエイルちゃんとサザンカ君って付き合ってんの? -- ウーティス 2016-05-28 (土) 00:21:33
      • んー、そういうものなの? まぁ…貯金になってるのなら良いんだけど。
        標準体重から比べたらまだまだ軽いほうだし、そこまで気にするほどでもないかなって。 気にしたところで結局数字じゃなくて見た目だし。
        ……へ!?(思いもよらない質問に目を丸くする) な、何? そんな風に見えた? 誰か噂してた? 腐れ縁なだけでアタシたちは別にそんな…
        -- エイル 2016-05-28 (土) 00:42:00
      • おじさん個々人の交友関係まではチェックしてないから、ダンス大会でサザンカくんとエイルちゃんの絡みを初めて見たのね。
        なんかケンカ友達から気づかぬうちに恋心に発展してしまう気配をビンビン感じて、おじさんの恵まれない暗い青春時代と比較して死にたくなってきたし、エイルちゃん満更でもない反応してるじゃないか! くそっ! サザンカ君の尿道破裂しろ! -- ウーティス 2016-05-28 (土) 00:49:35
      • そ、そうは言うけどアイツはアイツで顔が広いし、巨乳好きだしで、他に恋人候補なんていくらでも居るんじゃない…?
        確かに、じゃれ合える程度には距離感と言うか、そういうのは近いと思うけど… なんかそう言われると意識しちゃいそうじゃない!
        -- エイル 2016-05-28 (土) 01:01:48
      • 自分の気持ちより相手の好みや性向に言及する……それは既に意識していることに他ならないんですけど!!!
        いいかいエイルちゃん、男が公言している巨乳好きなんて、恋愛対象には関係ないんだよ。おじさんだって巨乳爆乳が主なシコシコ対象だけど、過去に好きになった人や付き合った人は別に巨乳じゃないし、むしろAカップあるのか怪しい人の方が多かった気すらするし、普段自分で口外・意識している好みのタイプなんて全くアテにならないし、恋は意識的に『する』も『しない』も困難で、ただ『おちる』だけという非常に厄介なものなんだよ!!!
        もう意識でもなんでもすればいいさ! サザンカくんがどう思ってるか分からないし、エイルちゃんのことだっておじさん良く知らないけど、若い男女の惚れた張れたはどう転んでいくか神様だって予測できないからね! おじさん君たちの若さが眩しくて死にたくなってきたから帰るね! -- ウーティス 2016-05-29 (日) 13:31:16
      • え?えっ…? そういうもの…? ………そ、そりゃー…ぜんぜん意識してないわけじゃないけど…
        やだこのおじさん全力で説明してる… でもそういうものなのね…男の人って不思議なものだわ…
        そ、そりゃまだ何も始まってない間柄だし、どうなるかなんて知らないけど…というか何かあったらすぐ調査員さんの知るところになるんじゃないの!? うー…もう、あんまりその若い者をからかわないでよね!(などと言いながら見送る)
        -- エイル 2016-05-29 (日) 15:59:12
  • はじめまして。冒険の依頼窓口の案内に…きたよ。タウンマップもあるらし…
    それじゃ……暇なら行ってみて…。以上。宣伝… -- 依頼遂行中のナサ 2016-05-25 (水) 03:49:50
    • セ、センスが独特すぎて目を通すのにちょっと時間がかかるわね… でも確かに慣れれば便利かも…
      宣伝がお仕事だったのね? おつかれさまー!
      -- エイル 2016-05-25 (水) 19:49:55
  • (眠そうだけどせっかく立ってくださったので訪ねつつ)まぁ可愛らしい服装ですね…確か…制服というものでしたでしょうか? -- セラフィータ 2016-05-25 (水) 01:32:14
    • そう、一応高校で着てる制服だけど……に、人魚さん…!?(色々インパクトのある見た目に目を丸くする) -- エイル 2016-05-25 (水) 01:38:51
      • はい、私は人魚にございますわ(目を丸くなされてるので微笑みを返し)セラフィータと申します、今日この街にきたばかりの新参ものにございますが以後よしなにしていただければ(礼儀正しく会釈をし) -- セラフィータ 2016-05-25 (水) 01:41:10
      • あ、これはどうも…ご丁寧に。 文字通りの人魚姫様なのかしら……(言葉や身振りからは気品を感じる。こちらも出来るだけ行儀良く会釈を返し)
        え、えーと…アタシはエイル、桐生英龍よ。 高校生とかニンジャとかやってるわ。 よろしくねセラフィータさん。
        -- エイル 2016-05-25 (水) 01:54:07
      • まぁ…この街にはニンジャ様が多いのでしょうか?(先ほどお団子屋さんでニンジャ様にお会いしたのですよと楽しそうに話)
        (身なりや雰囲気から王族が貴族の令嬢なりであることは確実だが)そんなたいしたものではございませんわ、今この街ではただのセラフィータにございますから(微笑み誤魔化すように) -- セラフィータ 2016-05-25 (水) 01:55:49
      • 多い…のかしら? 確かにもう一人忍者は知ってるけれど… 忍者だからどこかにたくさん隠れてるのかもしれないわね…(などと冗談めかして笑い返す)
        ふむ…(多少気にはなったが、相手が一般的な対応を望むのであればそうするのが一番か、と) セラフィータさんは…どうしてこの町へ? その身体だと、陸での生活は大変なんじゃ…?
        (ここまでやって来たのだから生活できないわけでは無いのだろうが、お世辞にも陸上生活に適しているとは考えにくい。それほどの理由があるのかとふと疑問に感じた)
        -- エイル 2016-05-25 (水) 02:08:51
      • もしかしたら沢山いるのかもしれませんわね?(まだきたばかりで二人もニンジャにであったのだからきっともっと沢山いますわと笑う)
        それは…地上に憧れておりまして…お伽話にきく地上のお話…交流はあるようですが、私国から出たことはありませんでしたから…
        身動きできず国から離れなくなる前に…一度でいいから、この目で…この身で…地上に降り立ってみたくございましたの… -- セラフィータ 2016-05-25 (水) 02:11:18
      • なるほど、そっちの国だと陸の上の方が御伽噺の世界なのね…! 環境が変わればそういう価値観も正反対になるのね。
        来たばかりで何もかも分からない事だらけ、目新しい事だらけでしょうけど…ご期待には沿えたかしら、陸の世界は。
        -- エイル 2016-05-25 (水) 02:26:27
      • はい、少しだけ…陸のお伽話とは違う所もあるようですが…とても古い話ですからね…陸の様子もお伽話以上に幻想的です
        (月がこんなに明るいこと、星がこんなに綺麗なこと、そしてその二つをかき消すほどの街のあかり…などと今日みたエイルから聞けば当たり前のことを、とてもうれしそうに語る) -- セラフィータ 2016-05-25 (水) 02:29:41
      • ふふ、良かった。期待はずれだったなんて言われなくて。
        まだ来たばかりなんだから…もっと色々、見て行くと良いわよ。 この辺の住人は親切な人も多いから…困った時は何でも頼ると良いわ。 もちろん、アタシを頼ってくれても良いわよ!(そう言って胸を張る)
        -- エイル 2016-05-25 (水) 19:42:45
  • SYU・U・GE・KI (立ったら行く、それだけのこと!) -- クレア 2016-05-25 (水) 01:25:58
    • 何か来た!? 何か来たわ!?(カランカラン鳴り響くセキュリティ鳴子) -- エイル 2016-05-25 (水) 01:32:45
      • (構わずDE・N・GE・KIで突き進むは噂の彼女、高笑いを響かせてただいま惨状!)
        ちなみに誤字じゃないわよ (体中に絡まった糸で現代アートになりながら( -- クレア 2016-05-25 (水) 01:36:43
      • いかにも怪しい格好のお姉さんが鳴子に絡まってるっていうのは想像以上にどうしようコレ感があるわね…
        解くからちょっと大人しくしててよ…?(そろそろと鳴子を外していく)
        -- エイル 2016-05-25 (水) 01:50:03
      • (大人しくほどかれてく) ふふふ…ありがとう、優しい子ね。お礼にラバースーツをプレゼントしてあげる
        貴方に似合うようなテイストのを選んであげるから… (じゅるり) -- クレア 2016-05-25 (水) 01:51:21
      • ラバースーツ!? っていうかなんかこういう気配を前にも感じたような気が…!(主に女の子大好きなおねーさんと似たようなオーラを感じて慄く)
        でも忍者の装備としては良いのかしらラバースーツ… いやそう簡単に受け入れて良いものか…
        -- エイル 2016-05-25 (水) 01:59:23
      • むしろなんでニンジャ=ぴっちりスーツと思わないのかしら (するり)
        動きを阻害しないしなやかで強靭な繊維、キャットスーツの名が冠するように身軽さは折り紙付き
        初夏のカタログはこちらになりまーす (ぱらり) -- クレア 2016-05-25 (水) 02:08:39
      • そりゃ衣擦れの音もしないし引っかかったりしないし、忍ぶには良いんでしょうけど……
        カタログまで常備してるの!? ……やっぱり概ねこういうのになるわよね…(カタログ眺めつつ)
        ニンジャとしては濃い柿渋色とか黒とかが良さそうだけど…うーん……(胸がコンパクトな事以外は割とラバー映えしそうなプロポーションではあるのだが)
        -- エイル 2016-05-25 (水) 02:16:25
      • 今年の流行は赤色よ。そう燃えるような情熱の色、アムニジア… (耳元で囁くように)
        今なら分割手数料無料。グローブやサイハイブーツもお付けしてお手頃…ヨ? -- クレア 2016-05-25 (水) 02:18:03
      • い、いや余り派手な色はちょっと…くひぅ!?(びくぅ!と硬直するJK)
        普通なら、要りません!って追い返すところなんでしょうけど、割と実用性ありそうなのが困るのよねアタシの場合… うぅーん……
        -- エイル 2016-05-25 (水) 19:11:38
  • また会ったな、ジャポネーゼ! 楽しんでるかい?(桜華祭も佳境に入り、宴もたけなわの花見会場 料理の支度の合間にみつけて、声をかける) -- ファウスト 2016-05-24 (火) 22:04:20
    • あら、ふふ…うん、お陰様で。 料理の美味しさが花を引き立ててくれてるわ。(もぐもぐとカプレーゼをつまみながら)
      あ、そうそう。 アタシは確かに東洋の血統だけどこの町育ちなのよ。 あらためて…桐生英龍、エイルよ。(名乗って片手を差し出す)
      -- エイル 2016-05-24 (火) 22:26:34
      • 俺のふるさとじゃチリエージョって名前で呼ばれてる けど、こうやって飲んで食っての大騒ぎってのはなかったなー
        愛されて100年、トラットリア《ロッシーニ》の料理番ファウスト・ペレグリーニとは俺のことさ! お見知りおきを、シニョリーナ(奇妙な既視感に襲われながら握手を交わす)
        ここの生まれってことは旧・東国街の関係者だな なら都合がいい そっち系の料理本に強い本屋を知らないか? -- ファウスト 2016-05-24 (火) 22:34:11
      • 東洋だと催し物は概ねお祭り騒ぎとして認識されるみたいだから、きっとその流れね。
        ロッシーニ…そういえば最近食べに行ってないわね… うん、よろしく、ファウスト。(しっかりと手を握り、笑みを向けて)
        ん…何か東国料理について知りたい事でもあるの? 物によってはアタシが教えられるものもあると思うけど…
        -- エイル 2016-05-24 (火) 22:48:40
      • (手帳を開いて料理の名前のリストをみせる 大魔王の書庫で見つけた古の料理本から得られたリチェッタの一覧だ)
        ああ、まだまだ謎が残ってる…(小籠包を筆頭にさまざまな点心の隣に印がついているが、ついてないものも若干残る そのひとつを指さした)
        ずっとずっと昔の話だが、この街のはずれに凄腕の料理人が暮らしてたらしい 中華の鉄人フェイフェイ・ホァンだ そいつの得意料理がこの《紅家寿桃》…「ホァンさんちの長生きの桃」って意味だそうだ
        でも、肝心のリチェッタは手に入らなかった どんな料理かもわからない! そういうわけで、俺はフェイフェイが書き残した料理本を探してる…1000年前の本なんだけどな! -- ファウスト 2016-05-24 (火) 23:00:50
      • ん、これ……どちらかというと中華…大陸風の料理ね?(リストを眺め、並ぶ料理の名前を確認して)
        長生きの桃…長生きの桃。 桃そのものじゃなくて料理なのよね。うーん…確かにこれは難題ね… アタシの師匠なら分かるかもしれないけど、なかなか捕まらないし…
        料理本みたいなものが置いてあるかどうかはわからないけれど…ビブリオヘヴンっていう大書庫があって、そこは1000年以上前の本も多く収蔵されてるって話よ。 図書館や書店じゃなく個人のコレクションらしいから、案外見つかったりするんじゃないかしら。
        -- エイル 2016-05-24 (火) 23:19:58
      • 俺はパスタの国の飯が専門だけど、ほかの料理に手を出しちゃいけないって訳でもない むしろ修行中のカヴァリエーレには奨励されてることだ
        こういうのも修行のうちってわけさ ふつうの《寿桃》は別にあるから、《紅家寿桃》にはきっと何か特別な工夫があったんだ 俺はその秘密を解き明かしたい!
        だって、わくわくしてこないか!! 料理はつまり人の歴史だ フェイフェイ・ホァンの人となりとか、家族に向けた気持ちとか、そういうのがリチェッタには眠ってるんだぜ
        でっかいコレクションかー 行ってみるよ、ありがとうシニョリーナ! 首尾よく本がみつかったらさ、あんたも作ってみないか、《紅家寿桃》! -- ファウスト 2016-05-24 (火) 23:33:00
      • へぇ…料理人の世界っていうのも色々大変そうだけど面白いのね。
        確かに、色々な料理の由来や歴史って言うのを知ったうえで料理に向き合うと、また違った感動がありそうよね。 そこまで古いレシピとなるとまた…どんな感動が隠れてるのかしら。
        歴史書や学術本以外にも黄金歴時代の小説だとか雑誌なんかもあるって噂だから…きっと見つかるわよ。 ふふふ、こう見えて料理は得意なのよ、アタシ。 プロには負けるけど…作ってみたいわね、1000年前の料理!
        -- エイル 2016-05-25 (水) 00:05:08
      • たくさんのリチェッタが生まれたってことは、それだけ腕によりをかけて美味いものを食わせたい相手がいたってことさ! 人に飯を作るのって、そういうことだからな
        旦那か親兄弟かわからないけど、フェイフェイにもいたはずだぜ 紅家の秘密はきっとそこにある…そのへんを掴むためにも本人が書き残した本を見つけ出したい!
        そうこなくっちゃな!! 作ってみようぜ、中華の鉄人の大傑作! っと、そろそろスーゴの具材を変える時間だ またどこかで!(出張《ロッシーニ》のテントへと戻っていった) -- ファウスト 2016-05-25 (水) 00:13:47
      • 料理を取り巻く想いって言うのは時代を超えるのかもしれないわね…どんなものか、アタシも是非見てみたいわ!
        美味しい…のはきっと間違いないわね。 その先にどんなものがあるのか…今から楽しみになってきたわ…! …流石に忙しいわね、料理人。 ええ、それじゃまた!(にっこりと満面の笑みを向け、まだ見ぬ料理に思いを馳せながら花見に戻るのだった)
        -- エイル 2016-05-25 (水) 00:52:54
  • -- 2016-05-23 (月) 23:13:50
  • -- 2016-05-23 (月) 23:13:40
  • -- 2016-05-23 (月) 23:13:30
  • エイルにもバレンタインのお返しをしに来たぞー(頭に包帯を巻いたサザンカ君がやってきた)
    今まで料理などしたこともない俺がクッキーを作ってあげました。…あー、前はありがとな、どーぞ(何となく気恥ずかしくなりつつもおずおずとクッキーの入った包みを渡した) -- サザンカ 2016-05-20 (金) 23:10:31
    • あら、お返しなんて…あの時貰ったアルテアさんのパイでも十分だったのに…ってサザンカの手作り!?
      頭でもぶつけたの…ってぶつけたのね…相変わらず元気ね全く。(頭の包帯を見て呆れたように)
      でも…うん、ありがと。嬉しいわ。 どれどれ…?(嬉しそうに、興味深そうに、受け取った包みの中を覗きこむ)
      -- エイル 2016-05-20 (金) 23:35:56
      • はい。シスターに後ろから口出し、いや手話出しされながら頑張って作ってみました!あ、いや、頭のは冒険でやっちゃった傷なんだけどね。もうすぐ治るからこっちはへーき(何でもなさそうに)
        (エイルが包みの中を見れば、形が不ぞろいな…しかし、しっかりと焼けているクッキーがある 味はふつーといった感じ)……自信は無いけどね。 -- サザンカ 2016-05-20 (金) 23:38:25
      • ふぅん…いいじゃない。 新しい事を覚えるって言うのは良い刺激になったんじゃない?(その光景が脳裏に浮かび、思わず笑顔になりながら)
        …大丈夫ならいいけど頭に貰うのは感心しないわね。気をつけなさいよ?もう…(などと言いながら一つ手にとってみる)
        ふふ、面白い形してるわね。(ニヤニヤしながら一口齧り)……ん、初めてにしてはしっかり焼けてるじゃない、上出来よ上出来!
        -- エイル 2016-05-20 (金) 23:52:37
      • かなり。毎日シスターにしてもらってる料理がどれだけ大変だったのかとてもためになりました。なので次の冒険は失敗しない!そろそろしっかりお金を稼がないと!(とやる気で)
        頭はね、頭突きでストーンゴーレムに立ち向かったら割れまして。俺の頭が。法力を頭に集中する練習をしようと思ったよ…(結局出血多量で撤退した、といきさつを伝えて)
        型取るの忘れてすまない…(へにょ)…あ、ほんと?それならよかった、エイルにそこまで言われりゃ味はなんとかだな!砂糖の量とか難しいって聞いたから…自分で試食して大丈夫だったけど、どうかなとびくびくしてたんだ。
        改めて、前のバレンタインはありがとな、エイル。また飲みたいくらいだよ、あの…チャイ?っての。エイルって実は料理上手なのか? -- サザンカ 2016-05-20 (金) 23:57:29
      • 料理は戦術を組み立てる練習にもなるかもしれないわね。手順を踏んでどう料理してやろうかって。
        石猿じゃあるまいし、脳挫傷起こさなかっただけでも儲けものじゃないかしらそれ…(はぁ、と深いため息を一つ)
        頑張って作った事もよく分かるし、焼き加減もバッチリよ。何よりお返しをくれたその気持ちが大事だしね。(もう一つ摘んで笑顔で頷く)
        お菓子のコツはしっかり計量してレシピ通りに作る事。目分量やアレンジなんかは素人がやると失敗する元になるわ。
        ふっふっふ、何よ、今になって気付いたの? 独立して一人暮らしだし、毎日ちゃんと自炊してたら自然と上手くなったわよ。(ちょっと得意気だ)
        -- エイル 2016-05-21 (土) 00:09:43
      • 料理は闘いだってファウストも言っていた…そういうことだったのか!(ぴこーん)今度からシスターの料理手伝おう…(深くうなづくのだった)
        自分で思ってたよりも石頭じゃなかったらしいな(肩を竦めて)………あー、うん(気心知れた仲にそう言われるとなんだか恥ずかしいのが男心である)
        シスターも同じこと言ってた。…やばい、エイルの女子力が普通に高いことに今更気づいた!!いつも喧嘩するか遊ぶかしかしてなかったからな…(じー、とエイルを眺めて)
        …器量はいいし明るいし料理もできるし腕も立つとなると…将来はいいお嫁さんになりそうだな、エイルは(冷静な分析の結果を口にした) -- サザンカ 2016-05-21 (土) 00:13:59
      • //いつでも文通にしてくれていいのよ! -- サザンカ 2016-05-21 (土) 00:14:13
      • 下ごしらえとか、調味料を入れる順番とか、知れば知るほど理に適ってることが分かるはずよ。 頑張ってね。
        何せアタシも昔はこういうクッキーよく作ったもの。しかも焼きすぎてカチカチだったりパサパサだったり… だから、頑張ったっていうのが良くわかるわ。(気恥ずかしそうなサザンカにくすくすと笑い声を上げる)
        (視線が向けばふふん、と腕を組む。若干頬が赤い) も、もちろん良いお嫁さんになる自信は有るわよ! でもね、放っておいても生きていけそうな女っていうのは、どっちかというと敬遠される傾向にあるのよね…
        //ごめんなさい、では今夜はここまでで…!
        -- エイル 2016-05-21 (土) 00:28:31
      • エイルが昔にそんなことを…(あれ、でも俺食べたことないなって顔で)そうか失敗したから俺には出さなかったんだな!くっ…俺のあずかり知らぬところでスキルを上げてたのか…!
        いや、敬遠はされないだろ(真顔で)まぁエイルは腕っぷしが強すぎるから男からしたら引いてしまうかもしれないけど。売れ残った時はもらうから心配すんな(ははは、と完全に冗談の色で軽く言って)
        まぁこれからの俺の料理の腕に期待しててくれ!もちろん戦闘の方もな!そんじゃまたな、エイル(とその日はそれで帰った…帰り道、自分の発言を顧みてめっちゃ赤面したことは秘密である)//おやすみー! -- サザンカ 2016-05-21 (土) 00:34:45
      • まぁ、10年位前の話でもあるしね。 流石に人にあげるわけにも行かなくて家族で苦笑しながら食べたわ…
        異性の好みでも聞いて回ってみると良いかもしれないわよ。大抵優しくておとなしい…ついでにスタイル良い子の名前が挙がると思うから………っっ!? い、言ったわね!? そうなったらその時はきっちり責任とってもらうから覚悟しなさいよ!(思わぬ発言に真っ赤になりながら)
        場数を踏めば自然とモノになっていくはずよ。毒見役くらいならいつでも請け負うわ。 …ま、まぁ、頑張ってね。(なんだか勢いに乗って凄い事を言われた気がするし言った気もする…しばし落ち着き無くごろごろと気恥ずかしさを紛らわすのだった)
        -- エイル 2016-05-21 (土) 19:05:34
  • チラシが投げ込まれた!
    花見?のお知らせ!
    きたる4月(22日/日曜日)19:00より桜華祭りが開催されます
    美味しいお団子、お酒、リストランテの料理などが食べ放題飲み放題!
    花見温泉でゆるり普段の疲れを癒やすもよし!飲めや歌えやどんちゃん騒ぎもよし!
    ふるってご参加ください! -- 2016-05-20 (金) 21:01:28
    • あら、お花見…! 良いじゃない、行ってみようかしら。
      折角だし、久々に野点の用意でもしておこうかしら…
      -- エイル 2016-05-20 (金) 22:07:31
  • はい、今晩は「突撃!隣の小説家」のお時間です
    今回は街はずれにあるこちらの一軒家!変わった佇まい
    異国の作りですね…と、いう訳で行ってみましょう!(ノックノック) -- グレイ 2016-05-20 (金) 20:46:37
    • (伝統的な東洋の木と土と草の建築。屋敷というよりは草庵といった趣の小さな一軒家。取り囲む垣根も萩束を使った簡素なもので、セキュリティなど有って無さそうに見える)
      はーい、今行くわー(と、ノックに応じる声。ガタガタと少々建てつけ悪く木戸が開けば、見た目の趣に似つかわしくないほどカジュアルな女子高生が顔を出した)
      ああ、前にサザンカと試合してた… どうぞどうぞ、お茶でも淹れるわ。
      -- エイル 2016-05-20 (金) 21:23:26
      • はい、左様で(愛想笑い)
        では遠慮なく入りましょう(続いて入り)
        変わった趣ですね(珍しそうに部屋の中を眺める) -- グレイ 2016-05-20 (金) 21:25:19
      • (屋内も外観同様質素で温かみのある東洋の趣。板間の居間には囲炉裏が温かに燃えている)
        この辺では珍しいみたいね、東洋のこういう建物って。(囲炉裏端の座布団を勧め、茶を淹れる)
        それで…今日はどういったご用向きで?(煎茶の注がれた湯飲みを差し出し、自分も腰を下ろした)
        -- エイル 2016-05-20 (金) 21:56:42
      • (座布団に胡坐をかいて座り)
        取材です。俺、小説家なのでネタを探しにね、差し支えなかったらお話を聞きたい
        (湯呑を持ち口を付ける)東国のグリーンティーは美味しいね -- グレイ 2016-05-20 (金) 22:15:27
      • 小説家!? 小説家が帯刀してるの…? 珍しいわね。
        えーと、アタシに答えられることなら大体何でも答えられるとは思うけど。
        アタシなんかが小説の題材になるのかしら…(お茶菓子に栗饅頭を出しつつ、小首を傾げて)
        -- エイル 2016-05-20 (金) 22:53:57
      • あぁ…冒険者もしてますから
        では、取材OKという事で?それでは改めて
        グレイ・アッシュフォード。小説家兼便利屋(胸に手を当て名乗り)
        まずは貴女の名前を教えてください(その手を差し出し) -- グレイ 2016-05-20 (金) 23:05:21
      • なるほど。 冒険しながら小説のネタ探しもしてるわけね。
        …なんだか緊張するわね。 取材を受けるなんて初めてだから…(苦笑を浮かべつつも相手の名乗りに倣って)
        アタシは桐生英龍、高校生兼忍者よ。 よろしく、グレイ。(差し出された手をしっかり握った)
        -- エイル 2016-05-20 (金) 23:32:15
      • …エイル?あぁ、サザンカ君が言ってたJKって君か(手を握り返しながらそう言った)
        緊張しないでいいよ、初めては誰にだってあるからね(手帳を開き)
        では、質問。貴女が冒険者になった経緯を教えてください -- グレイ 2016-05-20 (金) 23:43:03
      • そういう事。聞いてるなら話は早いわね。 アイツとはまぁ…腐れ縁というかなんと言うか。
        んん、それじゃ…(咳払いを一つ。自分のお茶を一口啜り) 冒険者になった理由…ね。
        色々あるけど、まずは自己鍛錬のため。実戦経験を積んで強くなりたかったから。 それと…自分の力を誰かのために役立てたかったから、かしら。
        -- エイル 2016-05-20 (金) 23:56:39
      • 仲が良いようで何よりです(硬い笑顔を浮かべ)
        へぇ…立派な志ですね(感心した様子で)
        そういう風に言った人ここ何年かで貴女だけだよ(メモを取る)
        さて、次の質問…目標は…あ、これ今言った答えと同じになる? -- グレイ 2016-05-21 (土) 00:08:42
      • そうね、ただの友達で片付く仲ではないし、そういう相手が居るのは嬉しい事だと思う。
        立派という程でもないわ。 折角身につけた自分の技能を眠らせておいたんじゃ勿体無いもの。 有効活用の道を探りたかっただけよ。
        目標…ね、確かに、強くなる事、誰かの役に立つ事…それが目標になるかしら。
        -- エイル 2016-05-21 (土) 00:18:37
      • いいですねぇ、俺にはそういう友達は居なかったよ
        技能の有効活用ね…なるほどなるほど(メモを取る)
        経緯と同じか…うん、目標がぶれないタイプ!(手帳に「一心不乱」と書き添えるとそれを閉じてコートへ)
        良し、今日はこの辺で。また次の機会によろしく。それでは(手を挙げて挨拶すると立ち去った) -- グレイ 2016-05-21 (土) 00:45:01
      • ただ、その目標を達成しようにも凄く感覚的なものになるから…終わりの無い追求になりそうだけど。
        …あら、もういいの? もっと他にも話が聞きたければいつでも歓迎するわ。
        今度は貴方の話も聞いてみたいわね…それじゃ、また。(と、手を振り返して見送った)
        -- エイル 2016-05-21 (土) 19:17:43
  • (夜の街でばったり) -- ソニア 2016-05-18 (水) 00:42:40
    • (夜回り中に感じた雑霊の気配を追いかけて繁華街の入口まで追ったは良いが、これ以上の追跡は人が多く危険と判断して、追うのを断念する)……逃がしたか。
      ………あ。(そして、近くの気配、見覚えのある顔に気付いた。狗の面をつけてはいるが、見る人が見れば丸分かりな格好であった)
      -- エイル 2016-05-18 (水) 21:03:06
      • アイエッ!?ニンジャ!?
        (ソニアは驚いて、ちょっと後ずさった。
        言ってみたかっただけなのと、中身には見覚えがあるが、服を着たところは見たことがなかったので。目の前に突然颯爽と現れた謎の女忍者を見知らぬ人だと思った) -- ソニア 2016-05-18 (水) 21:26:47
      • え、えーと……ドーモ? いかにも忍者よ。(時々こういう反応をされるがどう対応したかはあまりよく分かっていない。しかし気付いていないなら好都合、と謎の忍者になりきる)
        ……さっきそっちの繁華街に…低級の妖怪が紛れ込んだみたいよ。 憑かれて酔ったみたいに暴れる人が出る程度であんまり害は無いと思うけど…行くのなら気をつけてね?
        -- エイル 2016-05-18 (水) 21:45:37
      • えっ妖怪…?
        (きょとんとしたようにソニアは言った。察しが良ければ気づくかもしれない。この表情は、突然何言ってるんだろ
        うこの人…。あ、もしかしてそういう設定なのかな?という奴である)
        あはは、妖怪ってモンスターならともかく…居ない…よね?…ねぇ?
        (見ればすぐ分かるだろう、割りと本気でビビってる顔であった) -- ソニア 2016-05-18 (水) 22:02:07
      • そう、妖怪。 これだけ神様や魔族や魔物が居る土地に妖怪だけ居ない…なんて都合の良い話があると思う?
        (しばらくすると繁華街の中から悲鳴と怒声が上がった。一見酔っ払いに見える男が通行人を殴ったようだったが、すぐに自警団に取り押さえられて連行されていった)
        ……ね?(言ったとおりでしょう? と)
        -- エイル 2016-05-18 (水) 22:22:33
      • マジで!?ど、どれ!?…んっんん!?
        (建物の陰から身を乗り出して、声のした方を見てみるも、何かいかにも妖怪といったものは見えず)
        あっちの方って私もよく行く方なんだけど…だいじょうぶじゃろかこれ…。妖怪だけによく見えなかったり…。
        おねーさんは姿見えたりするの?
        (そろりと、エイルの方を振り返り) -- ソニア 2016-05-18 (水) 22:37:22
      • さっきの喧嘩がその霊障の一つね。 子供につく疳の虫みたいなもので、ちょっと人に取り付いて暴れさせる程度の妖怪よ。
        一応見えるけど…さっきの人が捕まって連れて行かれた時に、またどこかへ行っちゃったみたいね。 一度霊障を起こしたら、妖気が溜まるまで何も出来ないはずだから…しばらくは大丈夫なはずよ。
        -- エイル 2016-05-18 (水) 22:59:14
      • (ただの偶然をそれっぽく言ってるだけだと、思う事もできたのだが。
        奇妙な面のせいだろうかそれとも
        その下から漂う雰囲気だろうか。ともかくそういうモノが、なんとも言えずに不気味であり)
        ……ねぇねぇ。
        (逃げ出すのかとおもいきや逆にエイルに近づく奴である、そして腕組みするやつである)
        怖いからちょっとおねーさんついてきて!明るいとこまででいいから!ねぇ〜ぇ〜…?
        (突然現れた妖しい人相手に何を考えてるかまったく理解の外であるが、その甘える仕草は膝に顎を乗っ
        けて撫でろよごす、と催促する犬と同等の力を発揮) -- ソニア 2016-05-18 (水) 23:18:47
      • (一見ふざけたような面とコスプレのようないでたちではあるが、声や身振りは真剣そのものである)
        んっ…? え、ちょっ…(思いもよらない行動に固まる忍者。恐らく自分が今ここに居る中では一番の不審者である事は間違いないのだが)
        ……仕方ないわね、それで貴女が安心するのならいいわよ。
        (面の向こうから小さく嘆息する声。ソニアを伴って歩き出す。 こうした甘え方をされると弱いタチである)
        -- エイル 2016-05-18 (水) 23:50:06
      • やった!ありがと!…?なんかどっかで嗅いだような香り…ま、いっか♡こうやってくっついてれば安心だね。
        (頭ひとつ分くらいは小さな背擦り寄ると子供のようであり、腕の組み方が結構ガチで恋人っぽいやつであった。
        結局その後しばらく、結構な距離をエスコートするハメになったのだとか
        //私はこれで一旦こっち引っ込みます、ありがとねー。) -- ソニア 2016-05-19 (木) 00:06:34
      • い、一応忍者だからあんまり目立つような事は普段しないんだけどね… 匂いで分かるものなの? うーん…貴女も何か、不思議な気配がするわねぇ…
        (ほとんど経験の無い体勢、しかも同性と。更に自分の格好はかなり不審者成分が高い。 思った以上に緊張しながら繁華街の中へと踏み入ってゆく)
        (そんな不審者も許容する夜の街の寛容さと混沌ぶりに内心感謝しつつ、ソニアの目的の場所まで付き添うのだった)
        //いえいえこちらこそありがとうございましたー、霊圧低めで反応遅れがちで申し訳ない…
        -- エイル 2016-05-19 (木) 00:17:53
      • //いいのよ…JKデート風味もできたのでふへっ。 -- ソニア 2016-05-19 (木) 00:20:04
      • //そう言ってもらえるとありがたい…! またいつでも! -- エイル 2016-05-19 (木) 00:33:53
  • おや〜?おやおや〜?この前の生えてこない系女子高生ちゃんじゃない?(ジョギング中のハイリエさん、腹部を出したスポーツウェアな出で立ちだ) -- ハイリエ 2016-05-15 (日) 19:24:18
    • わあぁぁぁ!? い、いきなり何言い出すのこのお姉さん!?(以前と同じくランニングタイツにパーカー姿、ばったり出くわすなり酷いことを口走られて慌てるJK) -- エイル 2016-05-15 (日) 20:50:40
      • おおっと、デリケートな話題だったわね…でも本当にお悩みならお姉さんに見せて原因を探ってあげてもいいんですが(距離が近い) -- ハイリエ 2016-05-15 (日) 21:05:02
      • こ、こないだもそうだったけど近いってば!(やっぱり歳若い娘の匂いがする)
        な、なんで見せなきゃいけないの!? その、えーっと…見てわかるの…?(かなり気にしてはいるらしく、そんな事無いだろうとは思いつつも小声で聞く)
        -- エイル 2016-05-15 (日) 21:46:05
      • (JKの汗臭い香りを堪能しつつなんだか本気にしてしまった様を見てクスリと笑う)
        ごめん、見てもわかんない(とあっさり白状。ハイリエさんは女の子も好きだが冗談もお好きなのだった)
        でも今ちょっと本気にしたでしょ?そんなに悩んでるなら私なんかよりももっと専門的なお医者様にかかるべきね……
        私に見せても(声色を変えて)うひょーJKなのにつるつるだぜーひゃっほーいって感じで私が得するだけだしね! -- ハイリエ 2016-05-15 (日) 22:01:02
      • えぇ!?分からないの!? …よく考えたらそりゃそうよね……見て治ったらハゲの人はこの世にいないわ…(ずーん、と沈む)
        まぁ、他人に見せて自慢するところでもないし、蒸れたりしないから清潔だし…(自己肯定で現実逃避するつるつる)
        変態だーー!!! な、なんで女の子なの!? なんで見て楽しいの…!?(怯えるJK)
        -- エイル 2016-05-15 (日) 22:33:46
      • それはね…お姉さんがあなたみたいな女子高生が大好物だからでーす♪ぺろぺろ(耳をぺろぺろ) -- ハイリエ 2016-05-15 (日) 22:36:38
      • やっぱり変態だーー!!! ひにゃぁぁぁ!?(奇妙な悲鳴を上げて腰砕けになる。こうかはばつぐんだ!) -- エイル 2016-05-15 (日) 23:08:54
      • これが女子高生の味ッ!ふふふ、いい声で鳴くわねぇ〜♪ほらほら、こんな変質者が来たら反撃しないと!ほら!(ばっちこーいと言わんばかりに仁王立ち) -- ハイリエ 2016-05-15 (日) 23:23:41
      • う…へ、変態…! このぉ…っ!(反撃待ちなお姉さん、その羨ましい胸の膨らみを鷲掴む)
        ぐぬぬ…おのれ…おのれ富める者…!(なにやら怨念めいた思念が揺らめく)
        -- エイル 2016-05-16 (月) 00:09:25
      • うにゃっ!?(てっきり殴られたり蹴られたりを期待来るかと思ったが意外な攻撃に身をよじる)
        ちょっ、ちょぉっ、反則!反則よ!あっ、こらっ…(指を引き剥がしにかかる) -- ハイリエ 2016-05-16 (月) 00:23:08
      • ふふふ…卑怯も何もニンジャは不意を突くものよ…! 縮めば良いのよ…! もげれば良いのよ…!(ダークニンジャそのものな表情を浮かべつつぐにぐに)
        …………はっ!? よく考えたらこんな往来の真ん中で何やってるの…(今更のように気づいて手を離す。人気がほとんど無かったのは救いか)
        -- エイル 2016-05-16 (月) 23:00:44
      • あっ…やっだめッ……縮まないしもげもしないしぃっ!(ひとしきり揉まれてからようやく解放されて胸元を手で隠す)
        お、恐ろしい女子高生ね…なんか出てたわよオーラ的な何か…結構素質あるんじゃないかしら、往来でこんな事するなんてよっぽどモノ好きだし…(よよよ〜っと泣き崩れる) -- ハイリエ 2016-05-17 (火) 01:06:39
      • あ、あははは……ごめんごめん。 なんだかこう、積もり積もった負のオーラが不意に…
        往来でいきなり耳舐めるのも大概じゃない!? というか受身に回ると案外弱いのね…(次からこの方法で反撃してみようか、などと考える忍者である)
        -- エイル 2016-05-17 (火) 01:18:42
      • も〜〜〜、お姉さんをからかうんじゃありませーん(つんつんエイルの頬をつついて)
        まったく、お姉さんはお姉さんだからいいけどあなたは女子高生なんだから慎ましく生きるべきなのよ!ヘンタイ女子高生って思われたい!?思われたくないでしょ!?私は女子高生にヘンタイって思われるのは好きですけど!!! -- ハイリエ 2016-05-17 (火) 01:20:57
      • なんだか変態にお説教されてる… 言ってる事は凄く正しいんだけどやっぱり変態よね!?
        ……そういえばこないだも名乗ってなかった気がするわ。 アタシは桐生 英龍。 エイルで良いわ。
        -- エイル 2016-05-17 (火) 02:00:27
      • ワォ!こんな変態のお姉さんに名乗るとか……ええと、エイルちゃんね?私はハイリエさんよ、よろしくねー?
        体のお悩みとか性のお悩みとか女の子相手への恋のお悩みとかあったらいつでもこの前のアパートに来て頂戴ね?
        それじゃ、ジョギング中だったのすっかり忘れてたしそろそろ行くわね。ばいばーい♪(ひらひら手を振って去っていくハイリエさん) -- ハイリエ 2016-05-17 (火) 02:07:27
      • 変態とはいえ顔見知りの名前を知らないのはすっきりしないもの… ハイリエさんね、よろしく。
        ……全部女の子関連じゃないそれ! ま、まぁうん…何かあったら会いに行くわ…
        それにしても…インドア系に見えて案外鍛えてるのかしら。 不思議な人ね…(ひとまず手を振り返し、自分もまたジョギングに戻るのだった)
        -- エイル 2016-05-17 (火) 02:33:52
  • えいるー!えいるーっ!(何かを期待して駆けてくるメガネ、足取り軽やか) -- 陽子 2016-05-14 (土) 23:10:40
    • あら、どうしたの陽子。 なんだか随分…元気みたいだけど。(いつに無く軽快に駆けて来る姿に首を傾げて) -- エイル 2016-05-14 (土) 23:24:59
      • ほらほら、二月と言ったらさー(年に一回あるあれやこれやだよ…と、トレードに差し出すのは小中学生に人気な未開封のシール付きチョコ菓子 友チョコをもらいにきたらしい) -- 陽子 2016-05-14 (土) 23:27:01
      • ……ああ、そういう事ね。それじゃアタシからは…これを。(紙袋をごそごそっと漁って出してくるチョコ味の白いたい焼き。もちふわ生地でちょっと話題になった代物だ) -- エイル 2016-05-15 (日) 00:16:54
      • さっすがエイル!はなしがわかるーっ!(お値段的に若干得した格好になるので喜んで白たい焼きをゲット!)
        まったく期待を裏切らないよね…よはまんぞくじゃー(なんて、陽子の行動を先読みできるエイルは面倒見のよさも相まって相当に…)
        おモテになる?(なんて年頃の女子らしい話題を切り出すこともあるっちゃあるのだ) -- 陽子 2016-05-15 (日) 00:24:56
      • アタシこのウエハース結構好きなのよねー(早速開封してぱりぽりと糖分補給するJK)
        あ、キラだ……要る?(などとついてたシールを差し出したりなんかしながら)
        んー? モテ…?どうかしらねぇ。 今のところロマンチックな言葉や相手とは全くの無縁だけど。(少なくとも今のところそういう相手は居ない様子)
        -- エイル 2016-05-15 (日) 00:47:28
      • いいよね…毎日食ってても飽きないっつーか…(陽子の言う事は大げさにしても、サクサクと小気味いい食感は後を引くかもしれない)
        いるよっ!(とびつく)んー…無欲の勝利…!(シールには興味ないエイルが引けばきっとイイモノが出るのでは?なんて考えてたことがうまくいって有頂天中)
        またまたー…マジ?(言い寄ってくる子のひとりや二人いそうだけど…なんて思ったが)あたしそういうのぜんぜんだからさ、エイルは興味あったりするのかなーって…(逆に自分が気になる相手がいたりするの?とかそういう事) -- 陽子 2016-05-15 (日) 01:21:48
      • 一度に大量に…ではなくて定期的に食べたくなる味ではあるわ。(さくさくぱりぱり)
        貴女好きねぇ…そういうの。 それって貼るの? 何か遊び方とかあるの?(用途不明なシールを眺めつつチョコを完食)
        うーん…実際どうなのかしら。(時々運動部の助っ人に借り出されたりするニンジャ。本人の知らぬところでファンクラブや同盟のようなものは出来ていたりするかもしれないが)
        興味…ねぇ。 いつか良い人出来ると良いなーとは思ってるけど、今はまだ…何も無いわねぇ。(まだ自分の好きなことをやってるほうが楽しい年頃)
        -- エイル 2016-05-15 (日) 09:40:22
      • あたしもよくわからん…(あつめて満足!うしろに書いてある謎フレーバーで電波ストーリーを補完!なんてことが主な用途なのである)
        …そ、そうだよね!やっぱ、そうだよね!(自分より大人びてるエイルなら『カレシ?ああ…いま5人目』くらい言ってもおかしくないくらい思ってたが、同い年ならまだ異性に興味とかあって、そればっかりになっちゃうとかはないのかななどと思う)
        がくせいのほんぶんは勉強だもんね!…べんきょう…(前期後期ときて最後の年度末テストの壁を乗り越えれば進級できる…などと不安を隠せない様子) -- 陽子 2016-05-15 (日) 10:26:46
      • そのシールは昔から謎のままね…(レア品をコレクションする気持ちはわからなくは無いが)
        今はあんまり…そういうのってピンと来ないのよねー それにそういうのって自分でどうこう出来る話じゃないし。
        …まぁそうね、今は何より大きな壁が目の前にあるわ…(とはいえ成績が悪いというわけではない。上位に食い込めるほどでもないが)
        -- エイル 2016-05-15 (日) 10:55:51
      • そうそう!なんたって1000年くらい生きててもご縁がなかったりもするしー(タイミングとか運とか、そういうものなんだ、きっと)
        『……』(その、1000年生きてもご縁がない人であるので地味にダメージを受ける後ろの存在にエイルは気づくかもしれない)
        ちからをあわせてのりきらなきゃだよね…だから…ね?(わかんだろ…?という雰囲気であるが、授業中の居眠りなんかも常習犯なこのメガネはエイルのノートを頼りにしてたりするという定番な劣等生である) -- 陽子 2016-05-15 (日) 11:09:19
      • え、そんなに…!?(いたたまれない表情で陽子の背後霊をチラ見する)
        相変わらず貴女の体がどうなってるのか気になるレベルだわ… それじゃあとで何か奢ってよ?(やれやれといった風にノートを差し出す)
        -- エイル 2016-05-15 (日) 20:40:13
      • そうだよ!だからあたしたちまだわかい!YMCA!(サンディおねーさんも20代だし!あたしたち10代!あせることない!と言い聞かせるように)
        (一方で後ろの気配は視線に気が付くと力なく笑った…ように見えるかもしれない)
        あたし?筋肉痛ゾーン抜けたらけっこういい感じでー(走りこみは続いている、エイルや陸上部ほどではないがぐんぐん成長中?)
        へへーっ!かみさまほとけさまエイル大明神さまーっ!(このたびは知り合いに教えてもらったケーキ屋さんとか、ダンゴ屋さんとかいためし屋さんとかでオゴらせていただきますーっ!と平伏しつつノートをかりるのだった) -- 陽子 2016-05-15 (日) 22:12:51
      • // -- 2016-05-15 (日) 22:13:10
      • まぁうん、若いうちは若いうちにしか出来ない事をするべきよね…(後ろの人はそうなのか…と思いつつ)
        も少し鍛えて生活習慣を改善したら頭もしゃっきりするはずよ。アタシにばっかり頼ってないで今度は実力でも頑張ってみなさい。(などと言いながらもおごりを楽しみにするニンジャであった)
        -- エイル 2016-05-15 (日) 23:05:57
  • (すぅー…っと背後から忍び寄ろうとするこころさん) -- こころさん 2016-05-14 (土) 21:27:08
    • ……! 妖気…!?(忍者らしく気配を敏感に察知するJK。振り返りつつ距離をとって低く身構えるという、ちょっとオーバーリアクションにも見える動きを見せる) -- エイル 2016-05-14 (土) 21:38:23
      • (目の前を歩いていた少女の動きに逆にびくぅっ、とするこころさん)
        ……(しーん…と動きを見せずに固まり)
        ……にゃーん(イチかバチか鳴いてみるこころさん) -- こころさん 2016-05-14 (土) 21:56:46
      • …………なんだ、猫か。(警戒を解き、やれやれといった顔をする…が)
        いや違うわよね? 人間… 人間?よね?(少し自信なさそうに問う)
        -- エイル 2016-05-14 (土) 22:01:11
      • にゃーん(鳴きながら、張りついた笑顔でくしくし顔を洗う仕草)
        …ふ、ふ…よく、ぞ…こころさんが、猫、ではない事を…見抜いた、わね…
        こころさん、は…こころさん、よ…人ならざる、もの、よ…よろしく…こころさんをよろしく… -- こころさん 2016-05-14 (土) 22:13:17
      • ………(顎の下を撫でてみる)
        こころさん…? こころさん… そういえば最近、そんな不思議な人の噂を聞いたような…(仕事柄、怪奇現象やそれに類する噂には敏感らしい)
        貴女がそのこころさん…? 確かになんというか…独特のオーラみたいなものが…
        -- エイル 2016-05-14 (土) 22:39:43
      • ごろごろごろ…(と口で言いながら顎の下を撫でられるこころさん)
        えっ…そう、こころさんの、こころさんの噂を、聞いた、事があるの、そう…ふ、ふふ…っ(かたかた、と肩を揺らして笑う嬉しげなこころさん)
        そう、よ…こころさん、が…こころさん、よ…ふ、ふ…ついに、出会って、しまった、わね…こころさん、と…(ゆらぁ…ゆらぁ…と上半身を左右に揺らし笑うこころさん) -- こころさん 2016-05-14 (土) 22:47:43
      • あ、案外猫っぽい。(なでなで) 何でも突然現れるからびっくりするとか… 確かにアタシもびっくりしたけど。
        さて…そんなこころさんは心優しい怪異なのかしら…それとも……?(ゆらゆら揺れるこころさんに向かって問いかける)
        -- エイル 2016-05-14 (土) 23:22:23
      • そう、ね…こころさん、は…びっくり、してる姿を見る、のが…好き、だから…ね…ふ、ふふ…
        こころさん、こころさん、は…きまぐれ、だから…どっち、どっちかしら、ね…ふ、ふ…
        ……(ゆーらゆーら揺れながら、先ほどの動きを思い出し、冒険者、なの、かしら…とか思うこころさん)
        …ちなみ、に…こころさん、は…怒らせてしまう、と…その筋肉、が…100倍に膨れ上がる、とか…上がらない、とか…だか、ら、ダメ、よ、こころさんを斬っては、ダメ、よ(しゅっしゅっとボクシングのような動き) -- こころさん 2016-05-14 (土) 23:37:49
      • 人を驚かす怪異、その名はこころさん…! こうして噂が広まっていくのね…
        良いか悪いか…というより危ないか危なくないか、それが重要ね…!(ギラリ、と少しだけ鋭い目つきでこころさんを見るJK)
        …………(しばらく観察していたが、「あ、これ無害な方だ」と気付いて視線を緩める)
        恐ろしいわねこころさん…今日のところは剣を収めておくわ。 …アタシはエイル、桐生英龍よ。よろしくねこころさん。
        -- エイル 2016-05-15 (日) 00:03:23
      • ふ、ふ…危険、危険、よ…しか、も…筋肉、が…膨れ上がる、上に…
        腕、が…伸びたり、増えたり、する…から、ね…賢明、な…判断、ね…ふ、ふ…(剣を収めると聞いて、ボクシングの構えを解くこころさん)
        エイル…エイル、ね…ふ、ふ…よろしく…こころさんをよろしく…
        こころさん、の…恐ろしさ、も…分かった、みたい、だから…こころさん、は…行く、わね…
        ふ、ふ…こころさんは…いつも、見ている、わよ…あなたを…気を、つけて…(かたかた笑いながらすぅー…っと去っていくこころさん) -- こころさん 2016-05-15 (日) 00:09:30
      • ふふふ…そんな能力があるなんて侮れないわねこころさん…(ノリをあわせるJK)
        流石に一筋縄では行かない相手のようね… 流石のアタシもなかなか手が出せないわ…!
        貴女こそ気をつけるのねこころさん…風邪引いたり、辻馬車なんかに轢かれたりしないように…!(去って行くこころさんに小さく手を振るのだった)
        -- エイル 2016-05-15 (日) 00:38:57
  • エイルっ ハッピーバレンタインっ (割烹着を来た少年が布をかけた木桶を抱えてやってきた)
    (布を取れば、木桶にみつしり大福が詰まっていたっ) 大福って知ってるかな? 僕の故郷のお菓子なんだけど…何個でもどうぞっ -- 虎彦 2016-05-14 (土) 11:12:40
    • あら、虎彦? …………似合うわね割烹着。どこの女中さんかと思ったわ…(少年の姿をしげしげと眺め)
      んっ…バレンタイン? そっか、もう二月…って、どっちかと言えばアタシが渡す側じゃないかしら。
      でも、うん…大福は貰うわね!好物だし! え、えーとそれじゃ3つほど………やっぱりもう3つ…(6つ取った。意外に良く食べる)
      …それじゃアタシからも何かプレゼント…そうだ、ちょっと来て。(貰った大福を皿に一時退避させ、囲炉裏端へ誘う)
      -- エイル 2016-05-14 (土) 20:16:58
      • うん、虎彦だよっ … …女中って言われたのは初めてかなっ (思わず笑って) そ、僕と出会ってくれた人たちへ、感謝の気持ちって事で行脚中っ
        あ、好物なんだ? 良かった、うん、どんどんどうぞっ 3つに、3つに、…ついでにどうぞっ (もう3つ持たせてちょっと笑う) 明日にはちょっと硬くなるかもだけど、ちょっとあぶれば美味しいよっ
        うん? あ、うんっ (お返しなんて、と言おうと思ったが、呼ばれたのでそっちへ近づいて) なんだい? -- 虎彦 2016-05-14 (土) 20:31:08
      • いいわね…料理のできる男って。女子的にはポイント高いわよ。 虎彦の場合、結構配る先多いんじゃない?
        和菓子は大好きよ! 大福なんて糖質の塊だって良く分かってるんだけど…やっぱダメね、やめられない…!(更に三つ増えた大福に目が輝く。良く食べる割にダイエットの必要性を感じさせない体型なのは運動好きなせいだろう)
        忙しいところ引き止めて申し訳ないけど…(と、言いながら盆を持ってくる。その上には楽焼の茶碗、茶入、茶筅、茶杓と茶道具が載っている)…一服、していきなさい。 簡単にやるから身構えなくて良いわよ。
        -- エイル 2016-05-14 (土) 20:51:29
      • 故郷だと、父や兄には良い顔されなかったけどね、台所で母や姉とお菓子作ってると (思い出して苦笑しつつ、) …んー…20人、は、行ってない と、おもう… 思う… (うーん)
        冒険者や戦士は食べて食べ過ぎることはないと思うよっ それに、男からすると、一杯美味しそうに食べる子はポイント高いよ? (そんな事を言って笑った)
        ううん、もてなす心を嫌がる人はいないよっ (そして用意される茶具と言葉に目を瞬かせるが、少し笑って、割烹着を脱いできちんと畳む)
        身構えはしないけど、振舞への礼は失さないつもりだよ、エイル (袴を払ってきちんと正座をすれば、武家の育ちらしいきちんとした姿勢) -- 虎彦 2016-05-14 (土) 21:00:33
      • ああ…そうね、あっちの家だと…武家の男子はそんな感じよね。(こちらも元は東国の家柄、その辺りは実経験は無いにしろ知ってはいた) それでも結構な人数じゃない…大変ね。
        身体が資本だ!ってよく言うしね。 でも…食べるところをじっと見られるのは流石に恥ずかしい…かも。(照れ笑いを返して囲炉裏の傍に正座し、居住まいを正して)
        ま、今回は炉も釜も用意してないから…略式もいいところだけど。(鉄瓶に沸いた湯を柄杓で茶碗に取り、まずは茶筅を湿らせ、軽くかき回して器を温める)
        意外かも知れないけど、こうした芸事も忍術の一環なのよ。(一度湯を捨て、茶巾で拭き上げて、茶入から茶匙で抹茶を取る。一連の流れるような動作)
        -- エイル 2016-05-14 (土) 21:18:34
      • そんな感じです 別に、自分が好きな物や、人が喜ぶものを作るのは、男女関係なく良いことだと思うんだけどね?
        …ううん、皆が喜んでくれたから大変には思わなかったよ! エイルだってあんなにこにこしてくれたし? (くく、と年相応の悪戯な笑顔でからかって)
        あはは、ごめんごめんっ 作った側からすると、どんな顔で食べてくれるかって言うのも醍醐味でさっ (ちょっと視線を外しつつ、正座の背筋はピンと伸び)
        うん、正直意外っ (素直に言ってから、しかし直ぐに穏やかに目を細め) とっても良い意外だよ …きちんとしてる 整った手順は、見ていて心地好いね (客分としてその手筋を見つめ、邪魔にならぬように静かな声) -- 虎彦 2016-05-14 (土) 21:35:26
      • そうね…家を継ぐ、血筋を守る…って言うのも大事だけど、誰かのためになる事をする…って言うのも大事な事だと思うわ。 いずれ色々と…虎彦なりの答えを出す日が来るかもしれないわね。
        女の子に甘いものを見せるなんて、笑えって言ってるようなものじゃない。 虎彦にはいろんな人が笑顔にされてそうね…
        茶会や句会の参加者に紛れ込んで情報収集をする…なんていうのも忍者の諜報手段の一つよ。 高名な俳人や茶人には実は忍者だった…なんて噂のある人も居るわ。
        ふふふ、ありがと。(最初はゆっくりと、徐々に加速する茶筅の動き。かしゃかしゃと小気味の良い音を立てて薄茶が点てられる)
        ……さ、どうぞ。(差し出された茶碗の中に揺れる淡く美しい薄緑。ふぅ、と息をつくと自分は貰った大福に早速かぶりついた)……んん! こしあんね? おいひぃ…(ふわぁ…と幸せそうに緩む頬、細まる目)
        -- エイル 2016-05-14 (土) 21:55:46
      • 九男坊ともなると、その二つについて一族からの要望は薄くなっててね …その分…誰かの為になれば良いと、思ってるよ (人にはあまり見せない笑顔を、少しだけ覗かせる)
        あはは、今週微笑んでくれた皆の笑顔が、僕は一番のお返しだけれどね …出会ってくれた事が、最初の喜びなのだけれど エイル、君を含めね (ゆっくりと一度、しっかり頷いて)
        成程、酒の席以外も、深く心に踏み込む機会はあるんだね (忍びの手管に目を瞬かせ、感じ入ったように そして、見惚れるような手元の動きを静かに注視して)
        頂きます (一声付けて、そっと茶碗を頂き、飲み口を定めての一口) …うん、略式と言ったけれど、とても美味しい …もてなしの気持ちが籠ってる
        僕の為に入れてくれたお茶なんて、久しぶりに飲むよ (作法を外して、嬉しそうにもう一口) お茶も美味しいよ、エイル、とっても! -- 虎彦 2016-05-14 (土) 22:08:53
      • 九男…!?大家族ね… なるほど、そういう事なら…なおさら貴方自身の答えが重要になるわね。 良い道を見つけだせることを祈ってるわ。(少年の珍しい表情に、ただ静かに微笑みかけて)
        そんな事言ったって、来月にはどっとお返しが返ってきて大変になるんじゃないかしら。(にこにこと楽しそうに) 出会いは最高の宝物。大事にして行かないとね!
        忍術は他にも色々…機会があったらまたお見せするわ。(美味しい、という虎彦の言葉に少し安堵したような笑みを向け)
        普段あんまりやらないから、口にあったのなら良かったわ。 んん…この大福も本当に美味しいわ、虎彦の感謝の気持ちが伝わってくるみたい…(すっかり気に入った様子であっさり一個が胃袋に消えた。二個目に手を伸ばしている)
        -- エイル 2016-05-14 (土) 22:35:15
      • あはは、姉や弟妹も含めると倍に膨れ上がるよっ! (そんな事を言いながら、静かなエイルの微笑みを見れば、何故かそっと視線を外した いつもは、まっすぐ目を見て話すのに) …有難う、エイル
        あはは、嬉しい悲鳴なら毎月でもあげたいところだけどっ うん、大事にしたいな、皆を皆っ (目を細め、お茶を飲み干す 懐紙を取り出して飲み口を拭えば、そっと置いた)
        エイルが磨き上げた忍術、かぁ…っ いつか見れると良いなっ (目を輝かせて頷いて)
        あはは、感謝の気持ちかっ うん、それだけは、間違いなく最大限込めたよっ (しっかり頷いて笑い、立ち上がる) 美味しかった、ごちそうさま、エイル!
        一休みできたし、後半戦、どんどん配っていくことにするよ!! 有難うね、エイル! -- 虎彦 2016-05-14 (土) 22:41:46
      • 冗談じゃなくサッカーチームやラグビーチームが作れるくらいなの…!? 凄いわね、楽しそうだけど…大変そうね。(武家の家柄、それが必ずしも良いことばかりとは限らないのだろう。何となく察して小さく頷いた)
        忍術、と一口に言っても戦闘術から潜入術、こうした遊芸まで色々あるから…しっかり見ておいて。 何気ない一挙手一投足が忍術だったりするわよ?(にやり、と不敵な笑みを向け)
        …うん、お粗末様。 アタシはたっぷりと虎彦の感謝の気持ちを味わわせてもらう事にするわ! 頑張ってね!(大福を味わいつつ、今度は自分の分の茶を点てながら虎彦を見送るのだった)
        -- エイル 2016-05-14 (土) 23:07:12
  • 修行とは御精が出ますだなー。冒険者の片だべか(庭に面した道から声をかける)
    汗をかいた後は大きなお風呂でゆったりどうだべ?遺跡通りに風呂屋が開店中だべさ -- ヴェスビオ 2016-05-12 (木) 23:29:55
    • (ひゅんひゅんと音を立てて振るわれる木刀。声に気付いてそちらを振り向けば) あ、どうも。 冒険も修行の一環というか…そんな感じだけど。
      (汗を拭き拭き、相手の凄まじいボリュームに気付けば思わず目が行く) …あ、お、お風呂屋さん? そうね…うちのお風呂は釜風呂だから沸かす手間もあるし… たまには何の手間も心配も無くのんびり浸かりに行くのもいいかも…
      -- エイル 2016-05-12 (木) 23:53:53
      • お家に風呂がある方だべか。やっぱ都会は家も新しいんだなぁ、結構おられるみてぇだよ
        修行はええだな!私も体は資本だ聞いて以来仕事に負けん体にしようとちょっくら鍛えたりしとりますだ。んで、汗と土まみれになった後はでかい風呂で洗い流す!ええだよー(にこやかな宣伝) -- ヴェスビオ 2016-05-12 (木) 23:58:00
      • 東国の方でも昔は火事の元だって言って、庶民は公衆浴場を使うしかなかったみたいだけど、最近はそうでもないみたいね。 それでもうちみたいな釜風呂だと、お風呂の準備だけで1時間とかかかっちゃうから…
        貴女もトレーニングを? 本格的に鍛えるならジムもオススメね。 サンディーアさんっていう獣人のトレーナーさんが居るジムならしっかりサポートしてくれていいわよー
        そうね、たっぷり汗をかいた後のお風呂は身も心も洗われるようで凄く良いわ… …なんだか本当にお風呂入りたくなってきちゃったわね。
        -- エイル 2016-05-13 (金) 00:18:37
      • ほほう、お国事情ってやつだな。私のクニも大浴場を使われる人が殆どだったべ
        私は冒険者じゃねえだで大したもんじゃないだども。ジム……ってなんだべか…察するに体を鍛える修行場のような所だべか。なるほど……
        んだな、修行して汗かいた後に時間かけて風呂を沸かしてちゃ風邪ひくだ。うちの風呂は冒険者向けに遅くまでやっとるだで、いつでも好きな時に入りに来てくんろ
        したら、私は宣伝回りに戻りますだ。よろしくお願いしますべ -- ヴェスビオ 2016-05-13 (金) 00:26:45
      • あっちの家はこの家みたいにほとんど木と草と土で出来てるから、火事になると大変らしくて。
        そうそう、いろんなトレーニング用の機械が置いてあって、補助もしてくれるの。 普通の人よりパワーのある人でも大丈夫な機械も置いてるし…
        今の季節は早めに汗を流しちゃわないと本当に風邪引いちゃうわね…折角だし後で入りに行って見るわ。 ありがとうね。
        (というわけでお風呂に浸かりに行ったのです…という展開)
        -- エイル 2016-05-13 (金) 00:51:39
  • 公共施設/よろず酒場 -- 2016-05-11 (水) 21:56:57
    • 頼むのも受けるのも…なるほど、面白そうね。 知り合いのために力を使うのも…良いかもしれないわ。 -- エイル 2016-05-12 (木) 18:54:31
  • (夜回りの途中、町はずれの廃屋に、隠しもしない霊的な気配がある)
    (もし覗いてみたならば、そこにはだらしなく腹を出して眠るバカでかい狼が) -- コリン 2016-05-11 (水) 21:52:03
    • (いつもとは少し違った方角へ足を伸ばした夜回りの途中。妙にはっきりとした霊気を感じ取って足を止める忍者)
      う、ん…? 妖怪…ではないみたいだけど、この気配は…………狼?(ひょい、と窓から覗いてみて、狐面の向こうで目を丸くする)
      -- エイル 2016-05-11 (水) 22:50:41
      • (油断しきって寝こけていたが、ぴすぴすと鼻を動かすと、うっすらと目を開けた)
        (窓の向こうの狐面とばっちり目が合う) -- コリン 2016-05-11 (水) 22:52:53
      • (オオカミの鼻に届くのは、年若い女の匂いと、それに混じる犬と狐の匂い)
        ……あ。 えーと…貴方は…妖怪、とは違うわよね…?(あまりに邪気の感じられない寝相だった事もあったが、感じられる気配も少し違う。一応訊いてみた)
        -- エイル 2016-05-11 (水) 23:29:37
      • (二度、三度瞬きして、それからびくっと驚いた様子)
        ……びっくりした。(狼は起き直ると、少年の声で喋った)
        コリンは、狼憑き。お姉さんも、そういう人? -- コリン 2016-05-11 (水) 23:40:46
      • あ、喋れるのね。(とはいえ人外のものと会話する術も一応はあるのだが)
        オオカミ憑き…そういうのも居るのね。 見たところ…そんじょそこらの狼が憑いたのとは違う感じだけど…?
        ああ、アタシは…犬で狐。 ご先祖様にそういう人が居たみたいで。(ぴょこ、と黒髪から飛び出す銀狐の耳)
        -- エイル 2016-05-11 (水) 23:58:27
      • ん。コリンにも、よくわからない。(憑いた狼が如何なる存在かは不明ながら)
        (その存在の格は動物霊というより、精霊か、あるいはもっと。エイルの経験なら比較出来るだろう)
        コリンにもはえてる。(一度人間の姿に戻り、ぴこ、と耳を動かしてからひとつくしゃみをして、また狼に戻った)さむい。 -- コリン 2016-05-12 (木) 00:10:51
      • 珍しいわね…ここまで力のある狼が人に憑くなんて。(しばしその気配を読み、ふむ、と感心した様子で)
        人間の姿にもなれるの…!? ……世の中には色々なタイプが居るものね…
        でも、流石にこれくらいの霊なら人食いもしないでしょうし… あ、ちなみに食べ物とかどうしてるの?(ひとまず人に害が無ければそれでいい。しかし暮らしぶりが心配になって訊いてみた)
        -- エイル 2016-05-12 (木) 07:32:39
      • いつもは人。今は、さむいから。(廃屋には、火を熾した跡が無い)
        森で獲った鹿とか。獲れないときはごみをあさる。 -- コリン 2016-05-12 (木) 21:23:24
      • そりゃそれだけふかふかの毛皮があれば温かいでしょうけど… あ、でも火事になる心配が無いからいいのかしら…
        やだこの子完全に野生化してる… あんまり目立つところでゴミとか漁っちゃダメよ? 怒られるから…
        -- エイル 2016-05-12 (木) 21:33:30
      • ん。火は、あんまり好きじゃない。
        ごみあさりは、ここに来てから。(カラス程度には都会への適応がみられる様子)最近おこられた。野菜をのこすなって。 -- コリン 2016-05-12 (木) 21:41:10
      • 精神まで狼に近くなってるのかしら… それとも元々そういう生活をしている人たち…?(うーん、と首を捻る狐面)
        野菜を残すなって…? 誰かに食べさせてもらったりもしてるの? …そうね、野菜をしっかり食べるともっと身体が丈夫になるわよ?(先生かお母さんみたいなことを言う)
        -- エイル 2016-05-12 (木) 22:15:52
      • たぶん、コリンがとくべつ。(故郷に狼憑きはコリンだけで、他に炎を嫌う者はいなかった)
        あさってたら、くれた。変なあじだった。……同じこと言われた。ほんとに?おねえさんは食べてる? -- コリン 2016-05-12 (木) 22:27:19
      • もしかするとアタシと似たような感じなのかしら…
        もちろん、アタシも食べてるわよ。 お陰で風邪引いたりもしないし、元気にこうしてあちこち走り回ったりもしてるし。
        生で食べるのが苦手なら料理…料理は出来る? ダメなら誰かに美味しく料理してもらうとか…
        -- エイル 2016-05-12 (木) 23:17:01
      • コリンも、風邪はあんまりひかない。(おそらく生肉由来のビタミンと獣の免疫力のおかげ)
        くれたのが、料理したやつ。でもにがて。でもちょっとずつ食べる量増やさないともうあげないって。
        ……(食べ物の話をしていると、狼の巨体相応に腹が鳴った。のそりと起き上がって)
        コリン、ちょっと狩り。(言うなり外へ出て、森のほうへ。ふと、鼻を鳴らして)向こうの遠くから、変なにおいがする。気をつけて(去り際、伝えられた気配は、おそらく怪異のものだろうか) -- コリン 2016-05-12 (木) 23:30:02
      • 肉だけで大丈夫でも…そうね、野菜も食べられた方が色々楽しいと思うわ。 折角人間の姿にもなれるんだし。
        (言ってる間にこちらもお腹がすいてきた。しかし、告げられた気配に自らも鼻を鳴らし)
        …そうね、ありがと。 ちょっと見てくるわ。 そっちも気をつけてね?(粒状の携帯食を狐面の隙間から押し込んで、腹ごしらえの前のひと働きと気合を入れる忍者であった)
        -- エイル 2016-05-12 (木) 23:40:06
  • 試供品が配られた) -- 2016-05-11 (水) 14:05:13
    • これって…アレよね? たまにろくでもない味が入ってたりするっていう…
      怪しい…でも新製品って言うのは気になるものよ…(慎重に一つ選んでぱくり)
      -- エイル 2016-05-11 (水) 20:33:00
      • ────っっ!? な、なにこれ…にちゃにちゃする…生臭いような、しょっぱ苦いような…(泣きそうな顔になりながらザーメン味を食べるJK)
        こ、これ絶対食べ物の味じゃないわよね…! うぷっ……!(まだその味を知るような経験が無かったのは唯一の救いだったのかもしれなかった)
        -- エイル 2016-05-11 (水) 20:38:14
      • …エイルちゃん大丈夫?うちにもきてたけど……(なんだか騒がしいエイルをみて心配そうに) -- サンディーア 2016-05-11 (水) 20:39:37
      • …………!(口を押さえながら完全に涙目になってふるふる、ふるふると首を振る。吐きそうになるのを水を一気に呷って流し込んだ)
        っぶはぁ! サ、サンディさんのところにも来たの…? サンディさんのはどんな味だったか知らないけど、その色のは危険よ…すっごく…(息も絶え絶えに白っぽいマーブル色のビーンズを指差す)
        -- エイル 2016-05-11 (水) 20:51:36
      • うちのは…真っ白だったかな?…なんか、焼いてないパンみたいというか…生の小麦粉みたいな…そんな味だったわよ…(つまるところ、あまり味がしなく粉っぽい)
        …エイルちゃんのはよっぽど酷い味だったのね…?(背中をさすさすして、吐き出しちゃってもいいのにーとかいいながら) -- サンディーア 2016-05-11 (水) 20:53:16
      • 割と害が無い味だわ…! 少し羨ましくはあるけど出来れば美味しいの食べたいわよね…(味が残ってる気がしてうがいしながら)
        なんか粘っこくて生臭いようなしょっぱいような苦いような…多分食べ物の味じゃないわあれ… サンディさんも食べてみれば分かると思うけど…(お勧めはしない、と背中さすられつつ)
        すぐに吐き出したくなるほど味がハッキリしてたら良かったんだけど、噛んで溶けてから分かったから…
        -- エイル 2016-05-11 (水) 21:16:38
      • …なんだろうねそれ…生の海産物…ナマコとか…?(言われてもよくわからず…流石にその味を手に取る勇気はなくてやめとくわと苦笑いして)
        …あーそうよね…噛んで時間差で味くるわよねこれ…何かしら…罰ゲーム的なあれなのかしらね(はい、水もっと飲んで、または口ゆすいでーっと) -- サンディーア 2016-05-11 (水) 21:19:16
      • ナマコ…うーん、ナマコならまだもう少し美味しいような… 味のリストとかあったらまた確認してみるしかなさそうね…(そして後日悲鳴を上げることになるのだが)
        ちょっとしたギャンブルみたいな感覚…? 凄く美味しいのとか混じってるのなら確かにパーティ向けかも知れないわ…(ごきゅごきゅと水を飲み、ようやく落ち着いたのか一息つく)
        -- エイル 2016-05-11 (水) 21:33:07
      • でも私もナマコも食べたことないのよね(そんなこともつゆ知らずなサンディーアだったとか)
        こう…パーティとかで皆で一斉にたべたりしたら…阿鼻叫喚…じゃなくて楽しそうなことになりそうよねー(落ち着いたみたで良かったと) -- サンディーア 2016-05-11 (水) 21:40:53
      • 例えるならこう…納豆のぬるぬるだけを抜き出して変な味付けしたみたいな…?
        今度パーティーや宴会なんかする機会があったら、持ち込むだけ持ち込んで高みの見物してやろうかしら…(などと、悪いことを考える余裕も戻ってきた様子)
        そういえばサンディさん…サザンカがアタシの記録を抜こうと頑張ってるんだって?(先日得意気にやってきた馴染みの顔を思い出し)
        -- エイル 2016-05-11 (水) 21:50:03
      • …なんだか聞けばきくほど食べたくなくなるわね…残りは捨てちゃえば…?(同じ色のがいっぱいあるしと目をそらす)
        あーそうそう、それそれ、今日はその話をねー新しいランニングマシーン入ったから、今度は全力だしても壊れないわよー!って
        …サザンカくんかなり張り合ってたわよ(思い出してちょっと微笑ましくなってクスクスと笑って) -- サンディーア 2016-05-11 (水) 21:57:48
      • でもこれは…ぜひ誰かに同じ苦しみを味わわせてみたい…ふふふ…!(ダーク・ニンジャになりかけるJK)
        それだけしっかりした物を入れるのって大変だったんじゃない? ありがとねサンディさん、今度また走りに行くわね!
        一時的にアタシの記録を抜くくらいのところまでは行った…って言ってたわ。 負けん気でそこまで出来るのはちょっと凄いと思ったくらい。 アタシも負けてられないわね…(同じく、くすくすと笑い返し)
        -- エイル 2016-05-11 (水) 22:37:59
      • …それじゃいたずらしても大丈夫な、怒りつつも許してくれそうな男子に、「はい♥あーんして♥」ってやってみるとか(結構いたずらっ子なサンディーアは危険な提案をした)
        まー元々あのマシンも6年目でだいぶガタがきてたしねー…ちょうどいい感じで新製品いれれたわよ?(ついでなんでかなりいいものをオーナーに頼んでいれてもらったようだ、自分でも試して大満足である)
        あの頃の年齢の男の子って…本当、何にでも背伸びしたがって可愛いからね(女のほうが、男より先に大人になるもので) -- サンディーア 2016-05-11 (水) 22:53:49
      • ……真っ先に思いつくのはサザンカだけど、アタシが急にそんな事したら勘付きそうねアイツ… 後は、うーん…(虎彦なども思いついたがちょっと可哀想だなという気持ちもある)
        そう…それなら良かった! 楽しみね、なかなか全力の記録をとってもらえるような環境って無いから…
        アタシがマシン壊すまでの記録だって言ったらがっくり来ちゃってたけど、そんなところもまた可愛かったわー(思い出してニヤニヤ笑い)でもアイツのことだから諦めてないわよね、きっと。
        -- エイル 2016-05-11 (水) 23:18:28
      • サザンカくんだと…何かの勝負の上で負けたら食べる…みたいな感じかしらね…あの子勘はいいから…
        それじゃ、次はサザンカくんの記録をこえて…紙にでも出して自慢しちゃいましょ?そしたらきっとまた(なんてちょっとサドッ気のあるガールズトークを暫く楽しんだあと)
        ふぅ、それじゃそろそろ行くわ、またねエイルちゃん! -- サンディーア 2016-05-11 (水) 23:41:00
      • やっぱりそういう方向性が一番かな… でも負けたらアタシがもう一回アレを食べることに…(一抹の不安が脳裏をよぎる)
        ふふ、そうね! せっかくだからサザンカに新しい目標を与えてあげるとしましょうか!(などと、やる気十分な様子でしばし語らいあい)
        うん、ありがとうねサンディさん! またジムで!(と、手を振って見送った)
        -- エイル 2016-05-12 (木) 00:06:11
  • ……ニンジャだ!! ニンジャナンデ!?(東国街で仕入れたオリエンタルな食材を抱えたまま目を丸くして、白い吐息を漏らしながら夜空を仰ぐ) -- ファウスト 2016-05-10 (火) 21:03:54
    • (夜回りの途中か、忍装束姿で家屋の屋根を渡ってゆく人影。その姿はまさしく伝え聞く忍者そのもの)
      う、ん…?(視線と、犬とニンニクの匂いに気付いたか、屋根の上で足を止めて狐面が振り向いた)
      -- エイル 2016-05-10 (火) 22:12:54
      • Brava!! すっげーーー!! ニンジャは本当にいたんだ…あっそうだ、ニンジャ! 待てー! ニンジャー!!(食材を放り出して屋根の上へとよじ登っていく) -- ファウスト 2016-05-10 (火) 22:34:44
      • そう、忍者はいつも身近に潜んでいるものよ! ……って、待てって…ちょっ…!?
        (用がありげによじ登ってくるのを見れば思わず足を止める。食材は大丈夫かしら…などと少し心配しながら)
        -- エイル 2016-05-10 (火) 23:10:23
      • 動くなよー! そのまま、そのまま…っ(どうにかこうにか屋根までのぼって)…うわっ、わっ、たか、高っ!? あ、あんたをニンジャと見込んで頼みがある!
        (ぐらぐらする瓦を一枚ずつ踏みしめて危なっかしく近づいていく)ニンジャにしか頼めないことなんだ…後生だ、俺に「イチ   (古びた瓦を踏み割って足をとられた)わーーー!! -- ファウスト 2016-05-10 (火) 23:17:01
      • う、動こうにも動けないわよ!? ちょっと、気をつけて…?(登って近づいてくる様子にはらはらしながらとりあえず待つ)
        頼み…?アタシに出来ること? イチ…って、ちょぉっ!?(落っこちそうになるところへ素早く放たれる鉤縄。襟首をひっかけて何とか捕まえる)
        -- エイル 2016-05-10 (火) 23:37:29
      • 死ぬかと思った…死ぬかと思った! 助かったんだぜGrazie!!(ぶらーん)さすがのニンジャ判断力だな(ぶらーん)
        待ってろよー? 今そっち(反動をつけて屋根の縁に手をかけ、体重をかけたところでバキッと折れる)わーーーーーーー!?(バンジー的にみょいんみょいん暴れる鉤縄) -- ファウスト 2016-05-10 (火) 23:55:31
      • というかどんな算段で登ってきたのよ!? 危ないったらありゃしない…(踏ん張って重量を支える。見た目に反して力強い)
        うわ!? ちょっとおとなしくしてなさい! 降ろすから! その後アタシも降りるから!(するすると鉤縄を伸ばしてファウストを地上まで降ろし、自分は屋根から身を躍らせる)
        (美しい弧を描いて着地する忍者。足を痛めた様子もなくファウストへと向き直り)……ふぅ、それで…アタシに頼みって何だったの?
        -- エイル 2016-05-11 (水) 00:06:32
      • 求めるものが目の前にあるなら、身体を張ったっていいじゃないか 今がその時だと思っただけだ(手首を押さえ、閉じたり開いたりして無事をたしかめる)
        ありがとなーニンジャ、おかげで助かったよ あんたいいニンジャだな!(真面目な表情が笑顔に変わる 右手を差し出して)俺はファウスト・ペレグリーニ、《犬と料理人の騎士団》のカヴァリエーレだ
        世界中の料理を発掘して回ってる シニョリーナ、あんたを呼び止めたのは他でもない 「イチゴダイフク」のことを教えてくれ! サムライとかニンジャなら知ってるって聞いたんだぜ
        たとえば名前の意味とか、味とか、どんな時に振舞われる料理だとか、どこの伝統料理だとか…なんでもいいんだ -- ファウスト 2016-05-11 (水) 00:18:29
      • 似たような向こう見ずを一人知ってる気がするわ… 納得するものに命張ってるならそれでいいとは思うけど。
        でも忍者に良い悪いもあるのかしら…(差し出された手をしっかりと握る女の手。武人特有の厚みがある) アタシは…そうね、故あって本名は明かせないけど…狐狗狸仮面、とでも名乗っておきましょうか。
        (狐面の位置を直し、ファウストの話を聞く)……イチゴ大福? イチゴ大福って言うと…大福餅の中にイチゴを包んだものだけど…
        東国の料理というかお菓子の一種で、比較的新しい時代のものよ。 言うなればア・ラ・モードってところかしら…
        -- エイル 2016-05-11 (水) 00:59:19
      • 悪いニンジャは知らないけど、いいニンジャなら一人知ってるぜ(結ばれた手を軽く持ち上げ、儀礼的に洗練された仕草で手甲に口付けをする)ちゃんと存在してる、よな やっぱりニンジャは実在したんだ…
        コクリカメン? それが世を忍ぶ仮の姿…仮……どっちだ?? とにかく、エキゾチックな響きがあるな ニンジャっぽい!!(尻尾をぶんぶん振りながら)
        イチゴを使うってのはダンゴ屋の証言と同じだ(手帳に書きとめる)調理手法は近現代のものまで使ってよし で、問題はダイフクだ ダンゴ屋もダイフクって言ってたんだよな…一体どういう意味があるんだ? -- ファウスト 2016-05-11 (水) 01:27:30
      • 本来スパイやアサシンみたいなものだから…限りなく闇に近い存在ではあるけれど。(恭しい儀礼的な接吻に少しだけ気恥ずかしそうにする忍者)
        そ、そういわれると良く分からなくなるわね… こっちが本当の姿かと言われればそうでもないし、普段はこういう事してるのを隠してるわけだし… ま、まぁ忍者よ!うん!(狐面の向こうでちょっと思い悩みつつも、最終的には胸を張った)
        大福… 大福はお菓子よ。中に餡を包んだ餅…って感じかしら。餅でよかったわよね…?(何しろ作ったことがないのでイマイチ自信なさげに) なんでも、腹持ちが良くて食べるとお腹が膨れるから大きなお腹、大腹…が由来だとか聞いたことあるけど…
        -- エイル 2016-05-11 (水) 21:08:21
      • 黒っぽくて屋根の上にいて、なんか素早く動いてるのがいたらそいつはニンジャに違いないんだぜ 今度手紙に書いとくかな こっちでニンジャに会ったってさ!
        なるほど、腹持ちがいい食材か そりゃでっかいヒントだな それなら心当たりがなくもない…ああそっか、他の具材も入れなきゃならなかったんだ どおりで…いや、こっちの話なんだが
        ほかにもう一人イチゴダイフクを追っかけてるやつがいてなー 参考になったよニンジャ カタジケナイ(禅めいたジェスチャー)うまくいったら店で出すから食いに来てくれよな!
        今は《ロッシーニ》って店にいる あんたと同じ雇われの身さ っと、こうしちゃいられないぜ!! オヤカタサマによろしくなー!(食材を回収して帰っていった) -- ファウスト 2016-05-11 (水) 22:02:10
      • そのお知り合いにも一度会ってみたいわね、一体どんな人なのか…
        とりあえずその大福の中にイチゴを入れたらイチゴ大福の形にはなるけど…(本当に大丈夫だろうか、と少し心配になる忍者)
        え、ええ…まぁ試行錯誤しながらでもいいから美味しいイチゴ大福が出来るのを期待してるわ。(ひらひらと手を振りながら)
        あれ?でも…ロッシーニってイタ飯屋だったわよね…? イタ飯風イチゴ大福…? ドルチェとはちょっと趣が違うけど…ホント大丈夫かしら…(不安の色を濃くしながらその背中を見送ると、再び夜の闇の中へ消えていった)
        -- エイル 2016-05-11 (水) 23:00:44
  • (『お探しのあんな品からこんな一品まで、お求めはよろず屋「」(無銘)までどうぞ!品物以外に失せ物探し人などよろず事引き受けます!』と書かれたチラシが届いている) -- 2016-05-10 (火) 19:08:40
    • あんなものやこんなものまで…って、結構手広くなんでも扱ってる感じかしら。
      いろんな流派の手裏剣とか…あるのかしら。 今度覗いてみようっと。(少し期待する手裏剣コレクター)
      -- エイル 2016-05-10 (火) 20:40:47
  • エイルに肉まんを奢る約束をしてたんでこうして寒い中でも温かい肉まんを渡しに来る俺は控えめに見てえらいと思う
    (雪の降る日。肉まんを入れた紙袋を持ってやってきた)冷めるから早く食おーぜ。買ってきたばかりだから(湯気が立っている) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 18:17:03
    • もう…律儀なんだから。 でもサザンカのそういうところは好きよ?(東国の伝統家屋はとにかく風通しが良くて寒い。暖かく燃える囲炉裏端へと手招きしながら)
      それじゃウーロン茶が良さそうね。(湯飲みを並べ、鉄瓶から湯をとって二人分の茶を淹れる)
      -- エイル 2016-05-10 (火) 18:46:40
      • 女との約束は絶対に破るなって神父様に教わったからな。エイルとの約束ならしゃーないね(おおさむさむ、と囲炉裏に寄って)
        いいね…今日は中華で決めてくれ!(肉まんの袋を置いて。温かい茶を頂く)うんまい!(にっこり)
        しかしエイルの胸に肉まんがつくのはいつ頃だろうか…長く付き合っているのにいつまでたってもそこの大きさが変わらなくて俺は心配です…(そして下ネタをぶち込みつつ肉まんを一つ食べる) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 18:53:43
      • 神父様は偉大ね…ちょっと胡散臭い感じの人だったけど。(この忍者、茶を淹れるのは意外と上手い。芳醇な香りのウーロン茶が注がれる)
        それじゃ、いただきまーす。(肉まんを一つ手にとって、幸せそうにぱくりとかぶりつく)…んん、美味しいじゃないこれ! どこのお店の?
        ……そういうジョークも神父様譲り? 流石に5年もすればちょっとは育ってるし! い、一応Bくらいはあるし!そんなの微妙すぎとか言わない!(薄めの胸を張って抗議するJK)
        -- エイル 2016-05-10 (火) 19:18:32
      • 神父様の若いころからの知り合いの鳥人の人にこないだ会ったけど、その人もうさんくさかったな。…類友ってやつ?(彼女の茶の旨さは知っている 味わいつつ)
        ふふん、町の南東部の繁華街の裏路地にこないだいい店見つけたのさ!俺のフィールドワークの広さに感謝するんだな!(フェード効果を放ちつつ自分も肉まんもぐもぐ)
        神父様譲り。(頷く)はー?身長はずっと負けてますけど胸元の変化には全く気付けませんがー?シスターとかサンディさんを見習ってほしいんですがー?(すごく頭にくる顔で)
        そうだ、こないだサンディさんのところでお前の記録(※機械を壊すまでのそれ)ブチ抜いてやったぜ!どうだ悔しかろう!(わははは!と。それを自慢するために来たようだ) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 19:25:28
      • 若い頃から胡散臭かったのかしら… 胡散臭い人たちの寄り合い…実に胡散臭いわね…
        あんなところに中華屋さんなんてあったんだ、へぇ…! そういうところ見つけてくるのは上手いわよね。そこは素直に尊敬するわ…(もっくもっくとしっかり味わいながら)
        ぐぬぬ…!神父様も余計なスキル遺してくれたものね…! ア、アタシは忍者だし! アルテアさんやサンディさんみたいな大きさになったら絶対つっかえてめんどくさいし! それに…後ろから組み付いた相手の顔面に蹴り入れる、なんて芸当も出来て便利だし!
        んっ…!?その記録ってあっちの…全速の方? へぇ…やるじゃない。(そこだけは少し感心した様子で) …で、抜いたのはトップスピードの方? 持続時間は?(ニタァッと意地の悪い笑み)
        -- エイル 2016-05-10 (火) 19:51:50
      • 暇さえありゃ出歩いてるし…あと配給のパン配りは俺の仕事だからな。こう、いろんなところに足を運ばにゃならんわけよ!路地裏とか!(結構大変なんだぜ?と)
        忍者というとぼいんなイメージがあるのは俺だけか?エイルが立派な忍者になるのはいつ頃だろうか…サンディさんは獣人だから大きいのかもしれないけどその要素から見ても…(エイルを見る エイルのどこかに視線を集中させた ため息をついた)…でも確かに身軽な体には胸は必要ないのかもな(何回かそういった反撃でやられているので)
        全速の方?だと思うぞ、サンディさんが人間としてすさまじい方って言ってたし。当然重りを外してだけど…え、確か…(思い起こして)…持続時間だ!トップスピードは少し届かなかったって言ってた!(と伝える)
        (この少年は機械が壊れる瞬間までの記録であることを知らないのだ…少年がそのことを知るのはCMの後) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 20:01:39
      • そのお陰で随分鍛えられてるのよね、サザンカは。 アタシも今度、新たなランニングコースを開拓してみようかしら。 たまにはあちこち足を伸ばしてみるのも良いわよねー
        ピンナップなんかに毒されすぎじゃない?色仕掛けなんかを駆使するなら確かに必要かも知れないけど… というか胸で判断するのやめなさいよ!
        …まぁ、今のご時勢、誰に召し抱えられてどこの誰を諜報するのよって話にもなるし。 もちろん忍術の基幹となるものの一つではあるけれど、大事なのは応用だと思うわ。
        あー、こないだ記録したやつね。良くあのスピードですっ転ばなかったわね…(肉まんを食べ終え、お茶を啜りつつ) あの時機械を壊して途中で止めちゃったけど…アタシの全力に並ぶなんてサザンカも随分やるようになったじゃない。
        (褒めつつもそれとなく伝える。負けず嫌いなところはお互い様だ)
        -- エイル 2016-05-10 (火) 20:37:03
      • 最近は新しく来た人も多いしなー。意外な発見があると思うぞ。俺は自分を神と信じて疑わない人とかシスター以外のシスターとか初めて見たし(うんうんと)
        そうかもしれない。…くノ一と忍者は違うってやつだな。胸でお前を判断できるほど胸があるのかよ!!(この後確定で殴られました)
        (でかいたんこぶを作りつつ)ああ、なんか獣人用とか言う大きな奴で走ってたからな。とはいえ最近新しい歩法を覚えてな、それのおかげも…(と、そこでぴた、と止まり)…え?(彼はここで今エイルの記録の真実を知った)
        (5秒後。そこにはすねたようにごろごろするサザンカの姿が!)…くっそー勝てねー!エイルに勝てねー!くそぅエイルの胸縮め…尻ばっかり大きくなれ…(呪いの波動を当てる) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 20:44:44
      • 派手な格好のアイドルの子とか、生きたカラクリとか…確かに最近変わった…人?も見るようになったわね。 闘技場でも色々な武術を見るし…
        (サザンカにゲンコツを落っことした手をパンパンと払いつつ) そういえば新しい機械を入れてくれるって言ってたわねサンディさん… また今度思いっきり走ってこようかしら。(サザンカの反応をニヤニヤして眺めつつ)
        アタシだって絶えずトレーニングしてるもの。そうそう簡単に…ってちょっと!変な呪いかけないでよ!(子供っぽく指を交差させてバリアバリアするJK)
        -- エイル 2016-05-10 (火) 21:29:39
      • 人かどうか怪しいのも多いよな…。闘技場じゃあこないだはすごかったなー雷。アニーさん強いんだなって思った。
        また今度思いっきり走られたら俺の記録が抜かれてしまいます!獣人モードのエイルに体力で勝てる気がしないのでやめてください…(切ない顔で悔しそうにつぶやく)
        (くわっ)神の御名の元にサザンカ=アンデルセンが告げる、かのまな板な腹黒JKに胸が縮んで尻が大きくなる呪いを…!!(ガチで呪いはじめてまた拳骨を食らう)いたいです…(涙目)
        (そしてその後もお互いに砕けた会話を応酬しながら。最後に思い出しように)あけましておめでとう。今年もよろしくな、エイル(と言って去っていった) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 21:43:04
      • うん、魔術と武術の高次元の融合…ってところかしら。 アタシの戦い方にも応用できそうで勉強になったわ…
        アタシの力だってただ単純に受け継いだだけ…ってわけじゃないわ。それなりに苦労して色々使いこなせるようになったんだから。 サザンカにとっての法術と同じよ。(ふふん、と少し得意気に)
        本気で呪い掛けるんじゃないわよ!(飛ぶゲンコツ) 胸ばかりに気を取られてるようじゃまだまだね。 女の魅力ってのは胸だけじゃないのよ!(という事にしておく)
        (茶を飲みながらそんないつものノリでの会話をしばし。掛けられた新年の言葉に)うん、あけましておめでとう、サザンカ。 今年もいい歳にしましょう。(祈りや期待ではなく積極的努力。らしい言葉と共にサザンカを見送った) 
        -- エイル 2016-05-10 (火) 22:52:58
  • うーん、色々整えたり整頓したり(名簿弄り)し始めると夢中になっちゃうわね… -- エイル 2016-05-10 (火) 01:15:24
  • 我古来闘者
  • 悪魔不動
  • サザンカさんから紹介で来ました! 赤羽根虎彦ですっ サザンカさんより強いライバルで、珍しい武器を使われると聞きましてっ (はじめましてっ!) -- 虎彦 2016-05-08 (日) 12:49:40
    • ……あ。(やってきた少年の覗く先、道具の調整をしていたのか庭先でひゅんひゅん鉤縄を振り回す女子高生の姿が! 見た目は確かに珍しい武器を使う怪しい人である) -- エイル 2016-05-08 (日) 13:57:42
      • …鎖鎌? にしても縄だし…んんっ、忍者の使う鉤縄っ (看破…というか見たまま判断するのは和装の少年)
        (エイルがこちらに気付けば、礼儀正しく御辞儀をして) 女子高生忍者のエイルさんです、ねっ? (歳はエイルよりも若そうだ 腰には脇差し一振り) -- 虎彦 2016-05-08 (日) 14:36:45
      • ……まぁそうね、武器…とはちょっと違うけど。(照れくさそうに鉤縄を束ねて片付けながら)
        サザンカに聞いて来たの? というか相変わらず顔が広いわねアイツ…(背格好そのものは少年とあまり変わらず地味なジャージの上から覗える体型も一見細身である)
        そ、いかにもアタシが桐生英龍。 忍者って事まで伝わってるんだ…こう見えて鉢野流忍術の免許皆伝よ。(ふふん、と薄めの胸を張る)
        見たところ貴方も東洋系なのね。 それじゃ名前は…えー、虎彦…でいいの?
        -- エイル 2016-05-08 (日) 16:52:46
      • でも、その鉤爪にぶつかったら、怪我じゃすまないですから、凄い武器になりそうですっ
        (目を輝かせて、初めて見る道具に興奮する少年) サザンカさんは友人多いですよねえ…僕も何人か紹介してもらいましたっ
        (数日前に街に着いたばかりなんです、と) 桐生さんですねっ、生まれはこちらなんですか? 忍術だし、名前も僕と同じルーツみたいだしっ
        って、あ、ごめんなさい、旅先でこんな風に同郷の人と会えるなんと思わなくって… (ちょっと落ち着いて) はい、虎彦ですっ (やっぱり元気だった) -- 虎彦 2016-05-08 (日) 18:47:04
      • 飛爪…だったかしら、そんな武器もあるみたいね。 確かに武器として使えそうでもあるけど、これはあくまでも移動用だから。
        アイツの元気でフットワークが軽いところは見習いたいところね。 最近になってまた大勢知り合い増やしたみたいだし…
        アタシ自身はこの町生まれのこの町育ちよ。 先祖は東洋から移住してきたらしいから…きっと貴方と同郷ね。(ひとまず縁側に腰掛けて茶を用意し、手招きする)
        ところで、アタシの使う武器や忍術に興味があるの?さっきはそんな口ぶりだったけど…
        -- エイル 2016-05-08 (日) 19:17:07
      • 移動用…わぁっ、本当に忍者なんですねっ (憧れのヒーローでも見つけたかのように目を輝かせて)
        そうですねえ…僕も頑張らないとっ (ふんすっ、と意気込んで) あ、そうなんですね、この街にはまだ来て日が浅いので、良かったら仲良くしてくださいっ
        (誘われればきちんと御辞儀とお礼を向けてから縁側に座って) はいっ、武者修行の旅をしてましてっ (色々な武器や流派に出会いたいのだと、素直に話す) あ、お茶美味しい… (ほんわか) -- 虎彦 2016-05-08 (日) 20:18:25
      • ま、創作の中ほど派手で超人みたいな事は出来ないんだけどね。(とはいうものの少し得意気だ)
        いろんな血が混じったりはしてるみたいだけど…もう1000年以上続く家らしいわ。 うん、こっちこそ。よろしくね虎彦。(にこにこと笑みを向けながらしっかり握手する)
        そう…武器、武器ねぇ……(縁側の床板の一つをトンと叩くとそれは音もなく外れ、中には苦無や手甲鉤、分銅鎖といったニンジャアイテムが格納されていた。小さな家だが忍者屋敷のようなギミックがあちこちにあるようだ)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 20:52:42
      • でも、中々故郷では実人物として会う機会が無かったのでっ、感動ですっ (素直に喜びを見せて頷く)
        1000年…歴史ある名家ですねっ、はい、よろしくお願いしますっ (子供のような笑顔、でも、エイルが握った手は、しっかりと固く節の立った剣士の手)
        はい、武器ですー… … …っ (現れた武器にも目を奪われるがそれよりも…) 凄いしかけだぁっ! わ、わ、あのっ、桐生さんっ、他にはっ? どんでん返しってありますかっ (子供はテンションMAXだっ) -- 虎彦 2016-05-08 (日) 21:01:49
      • んふふ〜 そうでしょそうでしょ! 忍者って基本的に表には出てこないものだしねー(おだてられただけ得意気になる。割と単純だ)
        1000年続いてる…って言ってもあんまり実感できないんだけどね。 自分が分かるのは精々ひいおじいちゃんとかそのくらいの範囲までだし…(と、この女子高生の手もそれなりに経験を積んだ厚みがある。剣ダコ…とは少し感触が違うのは扱う得物の違いだろうか)
        ふふふ、エイル、って呼んでくれた方が嬉しいんだけど。(興奮する虎彦の様子に悪戯を成功させた子供のような顔)
        色々あるわよ、そこの床の間、掛け軸の裏に床下へ抜けられる抜け穴があるし… この書棚は、ほら。(一見作り付けの書棚が丸ごと戸のように横へスライドして、忍具が整然と並んだ隠し部屋が現れる)
        良かったら手にとってみてくれてもいいわよー(鎖鎌や伸縮型の槍、癇癪玉やら吹き矢やら、忍具らしい忍具に混じって、柄に革紐の巻かれた木刀と刀掛けにかけられた石目鞘の長脇差が置かれている)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 21:27:38
      • 存在すれど姿は見えず、歴史の陰に生きる闇の武芸者…っ お会いできて光栄ですっ (握り合う手と手) …良い手ですね (子供ではなく、武人らしい目の輝きを一瞬覗かせた)
        エイル、ですか? えっと、じゃあ、エイル (言葉も崩して楽させてもらうね、と、同世代らしい口調で返してから、) でも、凄いねっ 感動だよっ
        わ、本当だ、抜け穴…裏山の木のうろとかに繋がってたりするんだよねっ わ、隠戸っ (一つ一つに全部素直に喜んで声を上げて)
        手に取っても… え、えっと、それはー… 武芸者として、失礼になるのでっ (そこは一線引こうとしたが、…木刀と長脇差に目が吸い寄せられ)
        この脇差…良い物ですね (先程とは違う輝きをもってその脇差を見つめる) しっかり使い込まれてる…っ もし良ければ、刀身を見せて貰っても? -- 虎彦 2016-05-08 (日) 22:01:51
      • ん、そっちこそ…随分頑張ってる手をしてるじゃない。(ニヤリと微笑み返しながら)
        うんうん、あんまり堅苦しいのはね。 忍者である以前に女子高生だし?(冗談めかして言いながら先導して隠し部屋に入る)
        あ、お目が高いわね。 やっぱり見る人が見ると分かるんだ。(つや消しの石目鞘、漆黒の柄巻き。闇に溶けるような黒で統一された拵えの中で、目貫に吼える金の龍が目を引く)
        これは…相伝者の証しだって、師匠から賜ったものなのよ。(実用本位に仕立てられた長さ二尺半ほどの長脇差。一般に知られる忍刀とは趣を異にするそれを手に取り、鯉口を切った)
        薙刀直しの骨喰藤四郎。写しなのかどうかは知らないけど…1000年以上昔から伝わる家宝…なのは間違いないわ。
        (音も無く抜かれれば細かく乱れた直刃の刃文、鍔元には倶梨伽羅竜と火焔不動、表裏一体の彫り物が浮かぶ。 冷気を感じさせるような、磨きぬかれた刀身が露わになった)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 22:26:51
      • 武者修行は伊達じゃないからねっ (に、と明るく笑って見せて手を離す)
        じょしこうせい…学生さんで、忍者なんて、すごいなあ…僕は勉学はからきしで 読み書き位は出来るのだけれど (頭を掻いて苦笑して)
        あまり目利きが聞くわけじゃないけど…なんだか、その刀は目を惹いて… …骨喰藤四郎…名刀の名を冠した上で、皆伝の証として扱われている …真贋問わず、想いの籠った『良い』刀なんだね
        (少しだけ顔を近づけ、刃紋や刀身の冴えに目を奪われる) …異国の地で、こんな良い刀に出会えるとは 修行の旅に出た甲斐があるよ 有難う、エイル (目を瞬かせてから、目を細め) 眼福だった -- 虎彦 2016-05-08 (日) 22:35:33
      • 文武両道…って言っても少し前までは夜中に修行してたから、昼間の学校ではよく寝てたけど。(よく進学できたなと振り返って頭を掻く)
        この刀の凄いところは…刃こぼれとか実際に何かを斬ったような『業』がほとんど無い事だと思うの。 忍者が武器を使うのは、暗殺なんかもあるだろうけど、やっぱり誰かに見つかったり追われたりした時。
        つまり「交戦」した形跡が無いという事は、忍者としてどれだけ優秀か…ということよね。 それだけ喜んでもらえたのなら良かったわ。
        (抜き身の刀を静かに鞘へ戻す。あるべき場所に戻ったように音も無く鞘に収まったそれを、再び刀掛けへと掛けながら、笑みを向けた)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 22:55:06
      • つまり、寝ててもある程度の学業は収められていると…っ (駄目エピソードなのにエイルの株が上がった!)
        刃を交わすのではなく、あくまで、骨まで喰う貪欲さを持つ刀 そして、その刀に責を負わせず振るう事が出来る業…
        それを継ぐエイルの腕は如何程か、と言う事だねっ (笑みに笑みを返し、それから) もし良ければ、今度、手合わせを願いたいっ
        今日長居になるから帰るけれど、君からは学ぶことが多そうだ 迷惑でないのであれば、是非っ (そう言ってお辞儀をして帰って行った) -- 虎彦 2016-05-08 (日) 23:04:26
      • 睡眠学習…もしかして出来てたのかしら、アタシ…!(今更ながらにそんなことを考える)
        アタシの実力は…きっとまだまだよ。 皆伝を授かっても、そこからの研鑽は果てがないものだから。 でも、そうね…おいそれとこれを使うわけには行かないけど、別の武器で軽くなら…いずれは。(骨喰を撫でながら、静かに頷き)
        ただし、剣士じゃなくてあくまで忍者と戦う事、忘れないでよね。 本気になったら何が出るか分からないわよー?(含みを持たせた言葉と共に、「約束」をして虎彦を見送るのだった)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 23:20:16
  • ピギャー(朱雀の鳴きマネ)思ったよりも私の知ってる感じの建物が多いんだなぁーあっちにあったのは神社でこっちは
    中華屋さんっぽい?(中の様子を伺うべく人の気配のある庭の方へ) -- らん 2016-05-08 (日) 09:25:47
    • (大陸風、倭国風、東洋系の文化が一緒くたに混じりあったような町の一角。庵…というよりは小さな家だろうか。伝統的な田舎風の茅葺き屋根の家はそこにあった)
      (庭には垣根があるものの、西洋の建物に比べればほとんどあってないようなもの。垣根の木戸もほとんど開け放した状態なので入るのは容易い)
      (庭を覗けば手裏剣がいくつも刺さった畳が垣根に立てかけられ、近くの縁側では一人の少女がタオルを首に掛けてお茶を啜っている。丁度休憩中のようだ) …あら、お客さん? ……さっき何か変な鳴き声しなかった?
      -- エイル 2016-05-08 (日) 11:22:37
      • (どこか懐かしい中に漂う異国の香りに心躍らせて)どうもどうもっ!結構ちゃんとしたお家だから
        お店屋さんとかなのかなーって、違ったみたいだけど さっきのはー発声練習かな!(顔を出したのはサイバーな衣装に身を包んだ女の子だった) -- らん 2016-05-08 (日) 11:37:13
      • お店じゃないけれどお茶くらいなら出るわよー(見るからに邪気の無い相手だと分かると、お茶をもう一人分湯飲みに注いで手招きする)
        発声練習…っていうと、ふむ…(歌手だろうか。相手の奇抜な格好を眺め、少し納得した様子で) それにしてもその格好、寒くない?
        -- エイル 2016-05-08 (日) 12:02:30
      • わっ、いいのではでは、お言葉に甘えまして(縁側へゆっくりと庭を眺めながら向かっていく)
        お姉さんは空手とかのお稽古してたのかな…(でもなんかニンジャっぽい小道具が見えると心の中で呟き)
        そうかな?おしゃれはガマンとも言うしそれにアイドルになるなら冬でも生足!そんな気がするんだよー -- らん 2016-05-08 (日) 12:22:59
      • いいのいいの、折角来てくれたお客さんだもの。 大福もあるわよー(庭は小ぢんまりとしているが稽古などするのには十分な広さ。隅っこには物干し台のほかに畳や巻き藁のような訓練道具も置かれている)
        うん、すこし手裏剣の練習をね?(別段隠した風でもなく、懐から十字型のオーソドックスな手裏剣を取り出して畳みに描いた的に投げてみせる。 中心付近にとすっと綺麗に刺さった)
        確かにファッションは少々我慢しないといけない部分はあるけど… アブナイ人や風邪には気をつけてね?(かく言う自分も制服のスカートは少し短めなので強くはいえない)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 12:41:41
      • 手裏剣…すごいっ、すごいよ!まるでお侍さんの隠れ家にお邪魔してる気分になっちゃうね(ブーツを脱いで縁側に正座)
        おおっ、お上手過ぎて褒める言葉が見つからないですっ!(お茶をすする手を止めてパチパチと拍手)
        あうー…実は前にも悪い人には気をつけろ言われまして、そんな悪い人を見たこと無いのですが気をつけたいと思いますっ! -- らん 2016-05-08 (日) 12:56:30
      • ふふふ…何を隠そうアタシは忍者だから!(コンパクトな胸を張る。見た目は完全に女子高生なので説得力は皆無だ)
        おじょうちゃん可愛いねぇ…って感じで声かけてくるおじさんは大体変態さんだから気をつけて! 今時そこまであからさまに怪しいおじさんなんてそう居ないけど… あと可愛い女の子をさらっていく車とかもあるらしいから気をつけるのよ?
        悪い奴が居たらアタシがニンポーでやっつけてやるわ!(しゅっ、と忍者っぽいポーズをとる女子高生)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 13:54:31
      • あい分かりましたっ!そんなときは正義のニンジャヒーローさんを大声で呼ぶかもねっ!
        だってだって、さっきの腕前を見たらニンジャって本当に居るって思えるしっ -- らん 2016-05-08 (日) 16:59:46
      • うん、ドーンと任せておきなさい! きっと助けに駆けつけるから!
        ふふふ、居るかどうか気づかせないのが忍者よ! あんまり活躍するような事態にはなって欲しくないけど、その時はバシッと決めて見せるわ!
        -- エイル 2016-05-08 (日) 17:14:50
      • えへへっ、期待してるよー…むむっ、何だか今のでひらめいたよ!ニンジャっぽい曲を歌えば
        さらに人気アップしそうだーありがとうねお姉さん、いいひらめきをもらったよっ(嬉しそうに抱きつこうとしながら) -- らん 2016-05-08 (日) 17:31:51
      • 忍者っぽい曲……! 一体どんなテイストの曲になるのかしら。和ロックとか…?
        ふふ、アタシは何もしてないわよー?(抱きつく小さな身体を受け止めて、頭を撫でつつ) 衣装も忍者っぽさを取り入れたりすれば良いかも…
        あ、そういえば名前聞いてなかったわね。 アタシは桐生英龍。 エイルよ。 貴女は?
        -- エイル 2016-05-08 (日) 18:44:28
      • それは帰ってから調べるんだー、きっとあるよっ 和ロック!それもいいないいなー(ネット検索用のワードとして記憶して)
        エイルさんかぁーなんだかとっても外国の人みたいっ、私は常磐らん!そしてアイドルユニット名は「パフィオペディラム・サンデリアナム」!よろしくねっ -- らん 2016-05-08 (日) 18:52:21
      • 楽しみね…もしいい曲ができたら聞かせてね? 待ってるから。(ぽふぽふ、と頭を撫でながらにっこりと笑みを向けて)
        ご先祖は東洋の家系だったけど、今はすっかりこっちの文化にも馴染んじゃってるからね。 へぇ…本当にアイドルなんだ! 略してPPS…とかそんな感じかしら。 アタシもらんのファンの一人として応援させてもらうわよ。よろしくね!
        -- エイル 2016-05-08 (日) 19:25:07
      • そうなんだっ、なんだか歴史が詰まってて気になるけどそれはまた今度にしようっと
        わーいっありがとう!エイルおねーさんもっかいぎゅっ(PPSをロゴマークにしようと考えつつ嬉しさを体で表現するらんだった) -- らん 2016-05-08 (日) 19:37:15
      • うん、それはまた今度、ゆっくり聞かせてあげる。 また一緒にお茶とお菓子でのんびりしながら…ね?
        どういたしまして。 アタシで力になれるようなことがあったらいつでも来なさいね?(幼い妹が出来たような、悪くない気分に浸りながらしっかりと抱き返す女子高生であった)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 19:59:23
  • (今日も例によって遅刻して全力疾走、教室に突っ込むも時すでに遅し、しかもそのときスッ転んで食いかけの握り飯を口から思いっきりモブ教師のハゲ頭に噴射したことで廊下に立たされているという恒例行事をこなした昼飯どき)
    あたしはもうダメかもしれん…(と、これまたいつも通りの弱音を吐くのを同じクラスで面倒見のいいエイルは聞かされているかもしれない) -- 陽子 2016-05-08 (日) 02:53:39
    • ……貴女、妖怪か何かに因果律でも操作されてない? あそこまで芸術的にコンボが決まるのはなかなか無いわよ?
      (やれやれといった様子で陽子の隣に弁当を広げる。おにぎりとたまご焼き、おひたしといったシンプルな構成)
      それとも何か…憑かれてるのか。 とりあえず何かお腹に入れないと頭も回らないわよ?
      -- エイル 2016-05-08 (日) 03:20:51
      • そんなことばーっか上手くても…うれしくなひ…(あんなことがあっても腹は減る、JKらしいサイズでなくわりとでかい弁当箱の中には麦飯、自家製のきゅうりのぬか漬け、これでもかと詰め込まれた庶民の味方コロッケとかなりガッツリしている)
        憑かれてるっちゃ憑かれてるよ、あたし、タチのわるいのに(もっくもっくとコロッケを口いっぱいに頬張ってそんな事を言う後ろには…)
        『僕がいるおかげでこの程度で済んでいる、という思考はないのですか。』(退魔の家系に連なる者ならば、陽子の後ろに立つきつねのカミサマをそのお小言含めてばっちりと「見えている」かもしれない) -- 陽子 2016-05-08 (日) 03:28:04
      • うーん…別に食べる量が足りてないわけじゃ無い感じ?(相変わらずたっぷり入った弁当箱に視線を向けつつ、横目でちらりと「憑いてる物」の方を見る)
        でも、憑き物に運や栄養吸い取られてたりする…訳じゃないわよね。(以前から守護霊のように何かが陽子の傍に居る事には気づいていた。が、指摘したものかどうか判断できずに黙ったままにしている)
        (代わりに、傍目に分からない程度に「それ」に目配せして意思疎通を行う) 何か理由があるのかしら、貴女の運の悪さや寝起きの悪さは…
        -- エイル 2016-05-08 (日) 10:58:27
      • (エイルの視線もなんのその、年頃の娘らしいはじらいゼロの食らいっぷりでものの10分もしないうちに弁当を完食、人の倍は食うやせの大食いである)
        『そのことに関しては彼女の体質ですよ、僕は無関係です』(なぜ彼女から栄養を吸わなければならない?と、エイルの問いかけに応えるかのように独り言ともつかない言葉を吐くカミサマ)
        (見えているようなそぶりを見せつつもそれを他人に口外せず長年このメガネと付き合ってくれているエイルを『友人』として信頼しているのだろうか)
        ぜーったいそうだよ、憑かれてるせいー…(ぐぅ。と食ったあとは昼寝、寝つきのよさは人の三倍はあるだろう)
        『都合の悪いことはだいたいヒトのせい、ですからね』(そんな様子を見て後ろの気配はため息をついた) -- 陽子 2016-05-08 (日) 11:09:31
      • (自分の弁当をつつきながら、陽子のぼやきとカミサマの言葉を同時に聞く。複雑に見えて単純なような、そうでないような、微妙な関係である事は何となく分かった)
        ……まぁ、最近になって急に…ってわけではないし、生きることそのものに不都合はなさそうだし… 上手く付き合っていくしかないんじゃない?
        あと、生活習慣を少し改善すればマシになるかも…って相変わらず早いわね。(食うなり寝入った陽子に小さく嘆息し、もう一度後ろの気配に視線を向けて)
        はぁ…いろいろ大変ね、本当に。(カミサマの苦労を察して独り言のようにぼやく。空になった弁当箱を片付けながら、昼休み明けに陽子を起こすべく、文庫本を片手に待機するのであった)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 11:45:46
  • (女子高生姿の人を見かけてあの人かなーっと突然背後から)こんばんわ!(と大声で声をかける) -- 2016-05-08 (日) 00:18:15
    • (忍者という職業柄、普段ならば気配を察知するのは難しい事ではない。しかしこのときは違っていた。露天販売のたい焼きに夢中になっていたからだ)
      ……んぉっ!?(奇妙な声を上げて咥えたたい焼きを落っことしそうになり、何とかキャッチして振り向く。その先には…)
      -- エイル 2016-05-08 (日) 01:24:09
      • (名前を入れ忘れていたことに土下座をしながら)
        (振り返れば女子高生?っぽい間抜けづらの子がたっていた、年の頃16やそこら、世の中で一番頭が悪いと言われるのがぴったりな女子高生らしい表情だ) -- ライミー 2016-05-08 (日) 01:27:36
      • (い い ん だ という表情)
        ん、あれ…?(見たところ同い年くらいの同業者らしい。女子高生的な意味で。しかし自分の通うハイスクールでは見たことがない顔だった)
        こ、こんばんは。どうかしたの?(かじりかけのたい焼きを手にしたまま、ひとまずは聞いてみる)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 01:34:34
      • (たい焼きに視線が奪われながらも)…あっえっとね!フランスパンをくれた…くれた…さ…さ…さ・・・ンカ?(記憶力悪いのか名前がでてこないが、身振り手振り説明しながら神父のサザンカという少年のことだと伝える)
        があっちのほうに女子高生がいるって言っててね!会いに来たの!他の女子高生は見たことなかったから! -- ライミー 2016-05-08 (日) 01:36:30
      • ああー…サザンカのこと? 確かにいかにも私は女子高生だけど……たべる?(たい焼きに注がれる視線に気付き、紙袋から一つとって差し出す)
        見たところ貴女も女子高生みたいだけど…ん?(他の女子高生を見たことがない、という言葉に小首をかしげ) 学校には行ってないの?
        -- エイル 2016-05-08 (日) 01:47:41
      • 甘い!!(差し出された瞬間には食べていた満面の笑顔)がっこう…?(何それ、美味しいの?みたいな顔をしながら)
        うん、ライミーは他の女子高生は見たことないのこっちにきてまだ数日だから(何これ美味しい、なにこれ美味しいと夢中でたい焼き食べながら) -- ライミー 2016-05-08 (日) 01:50:58
      • 早っ!?(手まで食べられそうな勢いに慌てて手を引き) え、学校…知らないの?(予想外の答えが返ってきた。うーん、と本格的に首を捻る)
        すると…ファッション女子高生みたいな…? でもあんまり見たことない可愛い制服だからちょっと羨ましいわね…(自分が通うハイスクールの制服はごくありふれたブレザーである)
        それにしても、たい焼き一つでこんなに喜んでくれるとこっちもあげ甲斐があるわね。もう一つ食べる?(餌付けしているような気分になりながらもういっこ差し出す)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 02:02:31
      • 女子高生ファッションです!(なんか適当に答えながらもたい焼きを食べ終える…また見つめる…差し出される、喜ぶ!)
        はじめて食べたよ!甘い!美味しい!もちもち!甘い!甘い!(もぐもぐと遠慮無く2個目も食べながら。野良犬にご飯あげたらこんな感じみたいな印象を受ける) -- ライミー 2016-05-08 (日) 02:04:03
      • ファッション女子高生というか野生の女子高生というか…うん、羨ましい。(羨ましい可愛い制服をバッチリ押し上げる羨ましい膨らみを一瞥して小声でこぼす)
        喜んでもらえて何よりだけど…ちゃんと生活できてるの?なんだか色々心配になってきたんだけど。(おつむの具合といい、夢中で食べる様子といい、まず見た目相応の生活をしていない気配に心配そうに訊ねた)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 02:14:07
      • 生活…できてますよ!さっきもサザンカにフランスパン貰ったしお腹はいっぱいです(たい焼きも2個も食べれば…糖分は凄い、一日分のカロリーを摂取できると満足気)
        んんんぅー!(お腹いっぱいになったらしく、両手をあげて背筋を伸ばすと、前にはった胸がさらに強調されますが無害です) -- ライミー 2016-05-08 (日) 02:15:57
      • いや完全に施しで生きてるじゃないそれ!? ……そんな生活してる割に…くっ…!(自分に何が足りないのか自問したくなる圧倒的物量差に歯噛みする女子高生)
        ますますもって不安になってきた… ちゃんと屋根のあるところで寝てる? お風呂も入ってる?(この忍者、根はいわゆる「いいひと」である。世話焼きの気質がうずうずしてきた様子で)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 02:26:51
      • 屋根は満点の星空、お風呂は綺麗な湖、ご飯はよく貰います!生きてるって素晴らしいですね!(屈託のない笑顔でそんな食生活なのによく育った胸がゆれる)
        あ、でもお金貰ったので、お風呂やさんは行く予定です(わかりづらい地図を取り出してお風呂やさんやら色々な場所がメモされていた) -- ライミー 2016-05-08 (日) 02:32:07
      • ホームレスじゃないそれ! ホームレス女子高生じゃない! よく今まで無事に生きてこられたわね…(体系の維持も含めて半ば呆れ気味に嘆息する)
        ……そのお金を貰うに当たって何があったのかは気になるところだけど…まぁ、身奇麗にしておくのは大事よ、女の子なんだから。 ……えぇと、これがあそこの角で…?(分かりづらい地図を心配げに横から覗く)
        (しばし地図と睨めっこして大まかな位置が分かれば、カラーペンを取り出してピンクの☆を地図に追加した)……ここ、アタシの家だから。 何か困ったことがあったり、お腹がすいたりしたときは来るといいわよ。
        -- エイル 2016-05-08 (日) 02:45:24
      • ライミーは体だけは丈夫です!刺されても斬られても殴られても平気!…されたことはないけど(特に暴力的なことに巻き込まれたことはないようだ)
        (地図についたわかりやすい★マークをみて)…ここが女子高生の家?(まだ名前はしらないけど家の位置はなんとなく覚えた)
        うん!困ったら尋ねるねこれまた食べたい(さりげなくたい焼きをまたねだりに行く気満々で) -- ライミー 2016-05-08 (日) 02:47:37
      • ま、まぁ身体が健康ならそれに勝るものはないんだけど…(そこでようやくこの子は人間ではないのか、という事を悟る)
        …ああ、アタシはエイルよ。桐生英龍。 貴女は…ライミーでいいのよね?(あらためて名乗り、そして名を呼んでみる)
        もっと色々他の物だって食べさせてあげるし、一晩くらいなら泊めてあげるから。 遠慮しないで頼りに来なさい。 こっちもそのほうが安心できるわ…
        -- エイル 2016-05-08 (日) 02:55:47
      • ライミーはライミーだよ!(改めて名乗りながら)うんわかった!今度お泊りにいくね!
        (でも今日はこのあとお風呂屋さんいくのーっとそのまま、元気よく走って、去っていったのであった) -- ライミー 2016-05-08 (日) 02:58:20
      • うん、それじゃ待ってるから。 くれぐれも気をつけてね、色々と…
        (そのうちコロッと騙されて何かされそうな勢いのライミーの背中を見送ってから、ようやくかじりかけのたい焼きを再び頬張るのであった)
        -- エイル 2016-05-08 (日) 03:06:33
  • 勝負だーーー!!(バァン!と扉を蹴破らないで、そっと開けつつやってくるのは知った顔。この街で5年前から暮らしている少年だ)
    (同じく町はずれにある教会に暮らすこの少年、エイルとは顔見知りであり…速い話が喧嘩友達である)今日はとっておきの道具を手に入れたぜエイル!勝負だ!
    //とまぁ既知設定で挑んでみるけどアレだったら断ってくれていいのよ -- サザンカ 2016-05-06 (金) 20:27:33
    • (もはや声を聞く前に気配で分かる馴染みの顔。苦笑を向けつつ立ち上がる)もー、相変わらず騒々しいんだから…
      いいわよー、今度はどんな玩具を見つけてきたの?(ニヤニヤとからかうような笑みも恒例。縁側から庭に降りて手招きする)
      素手がいい?それとも…何か使う?(年のころも近いよき遊び相手、ぐるぐると肩や首を回して準備運動をしながら問う)
      //ドンと来いで! 上手くできるかは二の次で何でもやってみるもんさ!
      -- エイル 2016-05-06 (金) 20:47:35
      • ふふふ…秘密!(胸の前で腕を組んでガイナ立ちしつつも、自信満々なようだ)
        そしてわざわざ遊びに来てから言うのもなんだけどさ。こんなところできたらしいぜエイル。ここでやってみねぇ?面倒ならこのままいつもみたいにやるけど。
        こうね、新雪を踏み抜いていくのも大切だと俺は思うんですよ。どうじゃろ。(こちらも伸びをして体をほぐしつつ) -- サザンカ 2016-05-06 (金) 20:50:09
      • ふぅん…それじゃ、楽しみにしておく。(忍者という職業柄、何が出るかわからないというのも興味をそそられる部分ではあった)
        ん? へぇ…面白そうじゃない。 そこなら気にせず色々使えそうだし…行ってみよっか。
        やっぱり色々試してみてこそよね、こういうのは。(なにやらごそごそとアイテムを詰め込みつつ)
        -- エイル 2016-05-06 (金) 21:00:17
      • よし!(言質を取ったぜ!って顔で)うん、俺も早めに行ってみて使い慣れてみたいし。どんなところだろな。
        最近いろいろ新しく人が増えたり冒険してる人が増えてるって話だからな!何事も試してみるもんだ。強くなるためにも!
        道具は持ったか!行くぞォ!(ハァ ハァと謎の息切れをおこしつつ闘技場に向かうのであった) -- サザンカ 2016-05-06 (金) 21:03:19
      • //闘技場コメ欄で!のんびりゆったりお互い肩慣らしでいきましょう -- サザンカ 2016-05-06 (金) 21:05:46
      • //というわけでお疲れ様でした! 本格的な戦闘RPは久々で緊張しましたが楽しかったです、ありがとうございました! -- エイル 2016-05-06 (金) 23:18:16
      • //お疲れさまでした!いろいろ設定が思いついてこちらも大変に捗りました!またいろんな場面で遊びましょうー -- サザンカ 2016-05-06 (金) 23:32:39
  • さて、こんな感じかなーっと。 足りない分は後から何とかすればいっか。(引越しを終えてお茶で一服) -- エイル 2016-05-06 (金) 20:01:26
    • Sex!! -- 2016-05-06 (金) 20:02:25
      • Tax!! -- 2016-05-06 (金) 20:03:09
      • Fox!! -- 2016-05-06 (金) 20:04:40
      • 早速!?というか相変わらず早いわね旧き言霊!(どこからとも無く取り出した手裏剣を構えつつ) -- エイル 2016-05-06 (金) 20:09:36
      • ここは僕に任せて君たちは先に行くんだ!(身を挺して庇う冒険者の鑑) -- フィーア 2016-05-06 (金) 20:23:00
      • いや投げないけど! 投げたら壁とか畳に穴開いちゃうじゃん!(手裏剣をスッと懐へ仕舞いつつ)
        …ていうかナニコレ、ナニコレ! 喋る箱?(目を輝かせて見たことない物体の検分を始める。つついたり小突いたり)
        -- エイル 2016-05-06 (金) 20:30:27
      • ノーゥ…ハニーはそんなにノーコンなのかい?ちゃんとターゲッティングしないとダメさ!
        ンーフフフ、僕はフィーア…素敵なパンドラボックスさ(上の方をつつかれたりすると揺れはするが倒れない抜群のバランス感) -- フィーア 2016-05-06 (金) 20:37:21
      • 当たったら当たったで掃除がめんどくさいし… それに、直撃しなくても怯ませるって言うのは大きなポイントよ!忍者的に!
        中の人とか居るのかしら… 手足は分かるけど、目はこの辺?(物珍しげに画面?のような部分の前で手を振ってみる)
        -- エイル 2016-05-06 (金) 20:52:11
      • アー…、ヒューマンに当たってはそうだね、だから僕が身を挺したのさ!僕のボディなら当たっても平気だからね、ノープロブレムさ!
        ええっ?残念だけどハニー、なかに人は入っていないよ…僕は僕でオンリーワンさ(振った手に合わせて点滅する画面) -- フィーア 2016-05-06 (金) 20:55:06
      • 確かにこれは かたい!(手裏剣の角でつんつんしてみながら) きっとちょっとやそっとじゃ凹みもしないわね…
        へぇぇ…こういう形の種族なんだ。 カラクリとかそういうので合ってる? …あ、アタシはエイル。よろしくね。(にっこり笑いながら画面に手を振る)
        -- エイル 2016-05-06 (金) 21:15:42
      • 物理攻撃無効ってやつさ、オット!忍法は勘弁してくれよ、僕のピュアボディが…どうにかなってしまうかもしれないからね!
        種族?アーハー…そうだね、種族と言えば種族…かな?同型の仲間もいるようだしね、ハーフカラクリってやつかな!ううん…95%位はカラクリだね、生身のお肉は残念ながらないのさ、あるのはSOULただ一つ!
        オーケィハニーはエイルだね…僕はフィーアさ、ヨロシク! -- フィーア 2016-05-06 (金) 21:21:06
      • ニンジュツって言っても実際のところは火をつけたり水の中に逃げたりするような地味なものよ。魔法みたいな事はお話の中だけ。
        ソウル…魂はあるの? どこからどうやって生まれてきた種族なのか…ちょっと興味深いかも。 よろしくよろしくー♪(ボディをぺたぺた撫で回しながら)
        -- エイル 2016-05-06 (金) 23:28:13
      • それなら安心さ、僕のボディはアー…変な属性が乗らなければきっとノープロブレムだからね!
        イェース、僕の中に収納されているのさ…ああハニー、このまま生まれてきた訳じゃあないよ
        このボディをにSOULだけの僕が…入ったっていうのが正しいかな?憑依とかってやつさ! -- フィーア 2016-05-06 (金) 23:31:12
      • 人に害のある存在ならちょっと考えないといけないけど… 無害そうだし心配しなくても大丈夫でしょ。
        魂が…カラクリに宿る、ねぇ。 東洋では付喪神っていうのがあるけどそれの仲間みたいなもの?
        そう考えると結構身近で親しみも湧いてくるわね…(好奇心:旺盛)
        -- エイル 2016-05-07 (土) 18:41:55

Last-modified: 2016-06-14 Tue 22:19:30 JST (2864d)