ミハイロフ家出身 キリル・トラフキン 479955 Edit

この名簿は個人企画/聖杯戦争のマスターとしての名簿です。娼婦としてのキリルの名簿はこっち
+  ステ


http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst079876.gif 

キリルは日常へ戻った。

改装の終わった娼館で相変わらず娼婦と歌手を続けている。
小さな妹は側にはいないけれど、必ずまた会えると信じて待っていた。


だって、彼は約束を守る。


……それからしばらくして、ヴィヴィアンが妊娠したという話を聞く。
そして数ヵ月後、右手に紅い痣を持った女の子が生まれる事になる。

その痣は


太陽
十字になった槍


qst079955.jpg


……こうして、約束は果たされたのだった。

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst079861.gif 


お願い!ミハイロフ相談室 Edit

※めたなお話はこちらへどうぞ!

+  http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp020625.jpg   

聖杯なう(企画連絡欄) Edit

+   http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp020943.jpg

参加者一覧&メモ Edit

セイバー那智 Edit

アーチャーエリーゼ Edit

ライダーシルキィ Edit

キャスターシャンゴ Edit

バーサーカーアイリス Edit

アサシンエスリー Edit

廃棄物479413号さんの設定 Edit

北の雪国で行われている、人工的に「鬼」を作り出す実験で生まれたホムンクルス。
魔力が中途半端な強さだったので廃棄が保留されて、実験用に生かされ続けた。
そして実験に耐え続けたために今では貴重な個体扱い。

たまたま視察に来ていたリラに助けられて、能力実験の名目で冒険者になり、街の娼館に行くこととなった。

聖杯戦争に参加することになった今も、なるべくかわらない暮らしをと心がけて今までどおりに振舞っている。

外見・性格とか Edit

  • 外見
    • 鮮やかな赤毛にターコイズブルーの瞳。すらりとした手足に豊かな胸。服はゆったりとした体をすっぽり包むものを好んで着る。脱いだときエロくて良いだろう?
    • 見た目の印象よりも結構低い声。低い歌声。
  • 性格とか
    • 明るい気まぐれ気質。大勢の中にいるよりも誰かと二人でマイペースな感じが好き。賑やかなのも嫌いじゃないけど。煙管ぷかぷかしたりも好き。
    • 唇からかける魔法を使って堅物を獣のようにさせるプレイが好き。
    • 妹を何よりも大事に思っていて、幸せになって欲しいと願っている。シスコン。妹が自分の全てだ。
      • 姉妹で毎日交換日記をつけていて、娼館のホールの隅でニヤニヤしながら何か書いてたら大体それ。
    • 一人称は「あたし」

キリルの歌 Edit

  • ステージの上で歌うようなものではなく、バーカウンター横のピアノの隣で静かに歌うようなのが好き。
  • セイレーンの血も入っているので小さく歌っていても不思議と遠くまで歌が聞こえる。

主にされてた実験内容 Edit

  • 「痛みに対する耐性実験」
    • 実験の繰り返しにより体の痛みに鈍い。怪我をしたり具合が悪くてもなかなか気づけない。
    • かと思えば小さな傷で涙が出てしまったり、不安定な時もある。
  • 「感覚制御・強化」
    • 痛いとか気持ちいいとか、自分でコントロールできます(魔力消費)たまに自分で制御できなくて困る。特に好意をもった人相手の情事とか。たいへん。
    • 口付けした状態なら相手の感覚も自由に操作できます。
  • 「魔物との合成による魔力強化」
    • 翼が生えたり。大きな魔獣に変身できたりする。変身中は魔力を消費し続けるので、魔力が切れたら気絶と共に人の姿に戻る。
    • その体の中の魔物のせいなのか、人の血の味が大好き。客にお願いして吸わせてもらったりする。
    • 本人いわく種族によって味が違うらしい。肉もきっと美味しいに違いないけど食べたことない。
    • この実験を続けたために魔力は鬼に匹敵するほど強くなった。使う才能がほぼないのが悲劇。
  • 「視察に来る王族・貴族や魔術師の接待」
    • 身の回りの世話から夜のお相手まで。料理などは上手くなかったのでメインは夜のお相手だった。


「他にもいろいろあったけど、覚えてないや」と本人談。まだ他にも能力があるかもしれない。

人には言わないこと Edit

  • 紅蓮の魔獣との合成実験中、魔術の暴走で妹のマルチナと体が一つになってしまった。
    • 昼は妹のマルチナが体を使い、夜はキリルが体を使っている。日の出、日没が来ると強制的に入れ替わってしまう。
    • 娼婦の自分の体と妹の体が同じだと言うと妹が変な目で見られるかもしれないと思っているのでキリルは誰にも言わない。
    • 冒険者の街で知っているのはリラと娼館のマダムとオーナー。
  • 耐用年数はとうに過ぎているため、いつ機能停止してもおかしくない。
  • キリルだけができること
    • 妹(マルチナ)は姉(キリル)でいる時の記憶はないが、キリルは妹の姿のときの記憶も全て持っている。
    • その気になれば1日中キリルの姿でいられるけれれど、なるべくやらない。
    • マルチナの姿のまま意識はキリルという状態もできる。
  • マルチナだけができること
    • キリルに自分の意思で体を渡す事。

ミハイロフ家出身 マルチナ・トラフキン Edit

妹

キリルと同時に作られた子供型のホムンクルス。いつも二人一緒に同じ実験に使われていた。
施設で姉妹扱いをされていたのと、本人達もそれが気に入っているので人には姉妹だと言う事にしている。

外見・性格とか Edit

  • 外見
    • キリルと同じ赤い髪にターコイズブルーの瞳。スモックのようなワンピースを着ている。
    • 鍵のついた赤い日記帳を肌身離さずに持ち歩いている。姉との交換日記らしい。
  • 性格とか
    • 元気いっぱい。大人っぽく振舞いたいけどまだまだ子供。面倒見がよくて計算が得意ではにばにの経営を教わっている。
    • お料理大好き。でもまだ覚え初めで上手くいかないときもある。自分の料理を美味しいと食べてくれる人が大好き。
    • キリル姉様大好き!
      • 同化してしまってから交換日記でしかお話できなくてとても寂しい。
    • 体が弱く学校に行けない。なので昔教師もしていたリラに勉強を教わって、はにばにの雇われマダムに経営も仕込まれている。
    • 一人称は「わたし」敬語です。

彼女だけの特性 Edit

味覚がほぼない。感覚操作実験で失ってしまった。甘いとか辛いとか苦いは感じられるけれど、美味い不味いはよくわからない。

マルチナが人に言う事 Edit

※行間で知ってる事にしてもいいです。知り合って聞かれたら話している身の上。

  • お姉さんは昼間は部屋で寝ていて、起こすととても怖いので家に来ては駄目。
  • 自分は夜は家の事をしてすぐ寝てしまうので夕方には絶対に家に帰る。

トラフキン姉妹の肖像 Edit

ロダ3:019662.jpg ロダ:079472.jpg ロダ3:019882.jpg ロダ3:019883.jpg ロダ3:020613.jpg
ロダ3:019898.jpg ロダ3:019893.jpg ロダ3:019824.jpg ロダ3:019644.jpg

個人企画聖杯Q&A Edit

その他のこと
冒険には出てるの?出てますよめっちゃ出てますよ!こちらの名簿をご参照ください!
企画外のキャラが絡んでも……?一応切り離しができる構造にしてありますのこちら名簿で今まで通りどうぞ。
聖杯に絡むお話にも参加していただけたら嬉しいですが
いないっていうのはわかってますので はい!
どうも、敵マスターです。ひどいことしない?相手次第です!仲良くしていただけるのならそれはそれで!
苦しみながら戦うのが聖杯の醍醐味だと勝手に思ってます!
どうも、敵サーヴァントです。ひどいことしない?マスターへの対応と同じ!
聖杯戦争にはどういうスタンスで挑むの?汚いことは嫌いです。真っ向勝負です!という姉妹です。
キリルは妹を生かすためなら手段は…と思っていますが、
マルチナはそこまでして生き残るくらいだったら死にます!
でも生きたい。と言う感じです。どっちだ。
聖杯戦争終わったらどうするの?元の生活に戻りたいです!!
戦闘RPはするの?サーヴァントにお任せしますよ!
負けたいの? 勝ちたいの?勝ちたいですよ!
ただなかの人のしめきりがげつまつなのでやべぇんだ。

こめあう Edit

設定/北の雪国


Last-modified: 2012-06-07 Thu 13:42:36 JST (3640d)