冒険者/0002

  • 早くしないとと思いつつ後回しになっててお披露目が遅くなったわ…
    もう時期がすぎちゃったわね
    -- 2016-11-09 (水) 14:19:34
  • (背景との境をぼかし忘れたと思いつつ)まいっか!(くるりと新調) -- 2016-10-27 (木) 19:21:36
    • んー……惜しい!(※謎の感想  そしてイベント始まったけど別時間軸と思って欲しいという意図の自由行動) -- レクトール 2016-10-27 (木) 21:42:43
      • なにが惜しいのよ?引っかかる言い方ね?(ぷんすか) -- 2016-10-27 (木) 21:46:47
      • ははは。まぁ大したことじゃあねーさ? 髪括るならもうちょい高い位置が好みかなー……ってだけだ (ポニテ好きなのか?) -- レクトール 2016-10-27 (木) 22:16:48
      • ふふぅん?・・巫女姫様みたいに?(くすくすとからかうように)
        それだとどうにも帽子と合わないのよねぇ・・
        -- 2016-10-27 (木) 22:25:10
      • (後頭部を掻きながら苦虫を噛み潰したような顔で) アイツのポニテな……俺が自分の好みをポロッと漏らしたら、してきやがりました……(鳥の眉間に寄るシワ)
        だよなー、その三角帽だとポニテはなぁ。でもカレリアの帽子を欠かさない姿勢は好きだわ…魔女像に対して保守的で良い!
        (褒めてはいるが、女性に対するフェミニンの評価ではなく男が拘りがちなレトロ感への評価である…) -- レクトール 2016-10-27 (木) 22:40:16
      • へぇ・・?貴方の好みに合わせてたのね?・・可愛いじゃないの(もちろんコイツはそういう事はしてあげない)
        ミニハットだったら合うかもしれないけれどね?いまいち服との兼ね合いが難しいのよね・・三角帽子って感じじゃなくなるし(何度か試してはいるらしい)
        ふふっでしょう?・・(得意げに頷く辺り彼女もそう思っているようで)拘る所を一つ二つ決めたら、それ以外は全部自由にしていい・・おしゃれってそういう物だと思うわ(そういう意味ではこれがそうなのねと帽子を小突く)
        -- 2016-10-27 (木) 23:01:12
      • はぁ…まぁ…可愛い、のかもしれんが…俺にはちぃと重いかな? もっとサバサバしたサバト女子が丁度いいのかもしれん(※サバトは危険)
        おろ? やっぱり三角帽は意識的だったのか。三角帽とメガネが揃ってカレリアだもんな…うんうん(納得の表情で頷く)
        ……そう言えば俺もいつの間にか帽子は手放せなくなってたな。どうしてだっけか…ううむ、昔のことで思いだせん -- レクトール 2016-10-27 (木) 23:17:10
      • それじゃぁむしろ重くなっているわよ(くすっと)本人に直接聞く分ましよ、どこかでちょっと漏らした事を聞き集めてくる訳じゃないんだから
        もちろん意図的よ、ドレスとか来てもあくまで基本は魔女服ですもの・・そこは外せないわ(うむうむ)
        ふぅん・・・?つけ慣れてくるとないと気が済まなくなるものね・・・・・・帽子の淵で照準合わせてたりしない?(外すと当てられなくなる的なと)
        -- 2016-10-27 (木) 23:40:52
      • よっしゃ、ややウケっ …帽子の縁で照準合わせ? なんだろう、どっかの盗賊にそんなガンマンの仲間が居た気がするなぁ…!
        俺ぁそんなことはねーよ? 試しに脱いでみるか……(と、帽子を外すと…ぴょいんとフサフサの冠羽=トサカが跳ね上がる。普段は見れない鳥ヘッドだ)
        ……カレリアならまさかハゲ期待とかはしてないだろう。うん…してないよね? ハゲタカっぽい部下は昔いたけど私は豊かです -- レクトール 2016-10-27 (木) 23:57:32
      • ふふっ面白かったもの・・・いたわねぇそんなの(というかそれを意識してた)
        ふっ!(脱いでトサカがはねた直後素早く手を伸ばして触ってみたり)・・・あら、つい反射的に・・
        帽子を外さないのは私と同じだし・・ガンマンでそれならひょっとしてそうかなーって思っただけだもの
        -- 2016-10-28 (金) 00:26:56
      • ……今のは猫っぽいな姉御 (トサカを掴まれながら感想を言う。お洒落に無頓着なため、立派なトサカを触られても特に反応はない)
        あー、なんかジワっと思い出してきた。別にトサカが自慢みたいなのは無いんだが、風を受けるとこのトサカがバラけるんだよなぁ…
        そう、確か玉ねぎっぽい感じの頭に! それが流石に恥ずかしくて帽子を被り始めた気がするわ…我ながらくだらないエピソードだ -- レクトール 2016-10-28 (金) 20:18:09
      • あらそう?(つんつく触って楽しんで)
        ふふっきっかけなんてそんな物よ、いま気に入っていて、ばっちり似合っているならそれでいいのよ・・・玉ねぎみたいって・・どんなかしら?(そのまま両手でつまんで開いてみたり)
        -- 2016-10-28 (金) 22:24:15
      • 完全に遊んでらっしゃる……(←諦観の境地) 段階があってな?まずそうやって広げてるみたいにバラけた「畑に生えてる玉ねぎの葉」状態
        そこからさらに乾燥した気候では静電気により「葱坊主」状態に以降する。砂埃が引き寄せられて酷い事に……ウウッ!!
        まぁそんな感じだ。はい、カレリアちゃんもおじさんの頭で遊ぶのはやめましょうね〜?(謎の保護者キャラをしつつ帽子を被り直すのだった) -- レクトール 2016-10-28 (金) 22:44:44
      • ふむふむ(畑に生えてる)
        葱坊主・・・(葱坊主)・・うん、静電気がないと上手くいかないわね・・ちょっと出しなさいよ(無茶をおっしゃる)
        え〜・・ふふっ仕方ないわね(ぱっと手を放してあきらめる)
        -- 2016-10-28 (金) 23:06:49
      • 姉御が雷系の魔女じゃなくて本当に助かった……絶対興味本位で実践してただろうからなぁ? 無邪気というか野生的というか…
        まぁ俺の帽子エピソードはそんな感じだよぃ。カレリアの魔女ルックも、憧れの魔女とか恩師とかの影響――
        みたいなエピソード今からいくらでも盛ってくれていいぞ?(※盛る前提みたいに言う失礼鳥) -- レクトール 2016-10-29 (土) 21:55:49
      • 失礼ね、そうだとしてもちゃんと加減するわよ(実践はする)
        ふふっ盛るといってもねぇ・・・誰かに憧れて追いかけてなんて私のキャラじゃないわよ
        魔女とはそういう物だからとか・・・言ってみればそんな所よ(ぴんと帽子の淵をはじく)
        -- 2016-10-29 (土) 23:00:28
      • 「ちゃんと」のかかる場所がなぁ……(渋い顔) キャラじゃないって?そんなことはないと思うがねぇ
        というより、人生で尊敬できる大人とか理想となる大人に出会うのは割とポピュラーだからな。カレリアにそういう人がいても俺は不思議に思わんがね
        まぁ、それが服装に繋がるかは低確率だけども (自分も服装に深いエピソードは無いので、話題のベクトルはズレていく) -- レクトール 2016-10-30 (日) 00:32:21
      • だとしてもあんまりピンと来ないのよねぇ・・
        (養成所では完全に唯我独尊スタイルだったからそういうエピソードを入れられるとしたらそれより前かしらんと唸ったり)
        -- 2016-10-30 (日) 01:08:12
      • ……以前、確かにカレリアが若さ特有の万能感を持つ可愛くない少女時代を過ごしていたと窺える写真は視た(※失礼)
        けどさぁ…いくらなんでも本当に恩師的な、感謝してる大人いないってマジなの? そういうのは大人になりたてくらいの年齢の奴で――
        「クソッ!教授達は誰もボクの理論を理解しない!学会は間違っている!! ボクが正しいことを必ず認めさせてやるぞ老害共!!」
        ……みたいなキャラクターの管轄だよぃ? (胸焼けしそうな凡例キャラである) -- レクトール 2016-10-30 (日) 21:33:34
      • 見たでしょう?つまりそんな感じだったのよ(うんうん)
        んー・・まぁそりゃ勿論今となれば、当時指導してくれた講師に恩を感じてるわよ?・・あの頃はともかくね・・・そういう意味じゃ、一度国に帰るべきかしら?
        (生まれ育った所で褒められた人間性でなかったという事は今の人格が形成されたのはその後と言えるだろう)
        -- 2016-10-30 (日) 22:30:52
      • 姉御の生まれ故郷かぁ、確かに興味はあるなぁ……だがそれは今は置いておくか。つまりカレリアが故郷に居る年頃にゃあまだいい出会いはなかったわけだ
        ちなみにその後はどうだぃ? 故郷を出て、広い世界に出てみて……この街に来るまで大体10年くらいか?
        (果たしてカレリアの記憶に印象深く残る人物がいるのか、それはどんな人物なのか……純粋に興味がある鳥だ) -- レクトール 2016-10-30 (日) 22:43:07
      • ・・・・・・まぁ・・いないわけじゃないわね・・・(むすっと呟く)
        ほら、貴方の場合は惚れられちゃったからちょっと違うけど・・小さな子とかに理想の大人〜みたいに見られたら・・その通りに生きないといけないみたいに思っちゃわない?(そんな感じよと笑って)
        -- 2016-10-30 (日) 23:43:05
      • (少しばつが悪そうな様子で言うカレリアの表情に興味半分後悔半分。振られる話題にはこちらも思い当たるフシがあり…)
        あー……あるねぃ。俺も放浪生活で純粋な子に買い被られるとか、変に慕われるとか、助けたつもりは無いのに勝手に恩人扱いされたとか、憧れの対象にされるとか……
        (ま、その頃の俺ぁ荒みきってたもんでそんなガキ共は大体裏切る結果にしかならなかったがね…今言うことでもねぇか) -- レクトール 2016-10-31 (月) 00:12:11
      • その子を助けられなかった時なんて特にね・・(ふふっと笑って)天狗の鼻をへし折って、腹をくくらせるには十分と思わない?
        (憧れられて、乗せられるがままに息巻いて失敗した・・懺悔も贖罪も、するべき相手がいないのではどうしようもない・・・悩みの果てに己の弱さを認め・・同時に決めたのだ、幻想を本当にしようと)
        端から自分の限界がわかってたらひどい事にはならなかったのにね・・・(小さく息をついて首を振る)
        -- 2016-10-31 (月) 00:49:26
      • (黙ってカレリアの語りを全て聞き終えてから) ……俺がカレリアに感じる「危うさ」の正体がようやく解った気がするぜぃ
        さて、気の利いたカッコいい台詞でも言ってズキュンとさせたい気持ちもあるが……生憎と境遇に共感できるモンが多過ぎてな、今日はやめとこう
        取りあえず、頼られた相手を助けられなかったからって簡単に腹を括れるものじゃねーさ。そこは姉御の「強さ」だよぃ、間違いなく
        んで、自分の限界を定めてても酷い結末になることもある……俺の場合は「そっち側」のエピソードばっかりだ -- レクトール 2016-10-31 (月) 20:33:53
      • 自分で自分を追いつめてるみたい?・・・大丈夫よ、きっかけがなんであれこれが今の私になっちゃってるもの
        ふふっそんな言葉をかけようものなら手刀の一発も見舞ってたわよ(それでも素直にありがとうと告げて)
        そうならないように作戦も練るし仲間も募る、手を引くこともある・・・一応それだけで大きな失敗がないのは、幸いだったのかしらね
        -- 2016-11-01 (火) 00:49:52
      • はははっ まぁ実際は若い娘さんを口説こうにも、もう歳のせいでそんな台詞は出てこねぇさ。安心しな?(※信頼度:◎◎○○○)
        んー…何と言うかねえ、理想像とする人物がいる場合は「そいつならどうするか」っていうのを自分の中で考える。一応の到達点は独断なりにあるわけよ?
        姉御の場合はその「枠」が無い……(と、そこで区切って咳払いし) こっから先は俺が勝手に抱いたイメージを勝手に垂れ流すだけなんで気にしないで欲しいんだが
        助けられなかった子供……つまりカレリアの失敗、それを許してくれる誰かがいなかったワケだ。カレリアの失敗を見届け、道を示す師はいなかったワケだ
        姉御はそれでも、1人でも立ち上がったが…結局カレリアなりの独学で頼もしい姉御になったってことで……一見すると際限が無さそうな時があるのはそれか、って納得した
        …かくいう俺も1人で背負って、「自分なり」に妥協を許さない不器用な生き方をしてたんでまぁ…意外と似てる面もあんのかな? なんて…
        ただ、知っての通り俺の場合はつい先日「甘えるのを許してくれる人物」に許されたからねぃ へへっ…(不敵に笑う) -- レクトール 2016-11-01 (火) 21:51:57
      • 貴方って歳の事よく話題に出すけど、傍から見るとそんな年寄りみたいには見えないのよね・・(それを言い訳にしてる訳じゃないわよねと毛をモフって引っ張ったり)
        ・・・そうね・・そういう人はいなくて、ただ漠然としたイメージだけがあった(不敵な笑いに肩をすくめつつ)とにかく、この話はもうおしまい・・それでいいでしょ?(自分の過去であれこれ言うのは嫌なようで)
        -- 2016-11-01 (火) 22:43:41
      • いてててて、やめちくりー!(古) ホントに心は爺だよ俺っちは…昔やんちゃやってた系なんで内から出る若々しさは消せないけども!(←うざ感マシマシ)
        ああ、構わんぜ。こんな方向になるとは思わなくて酒も持ってきてねーからな…普通、こういうのは酒の席の話だし
        ただ……こんな話になったついでに、今渡しとこうかねぇ…? (ごそごそと道具入りポーチの中を漁り) -- レクトール 2016-11-01 (火) 23:00:19
      • 心はね・・・(うざそうな顔をしてぱっと手を放したり)
        (嫌な気持ちを払拭しようとするように手をぱたぱた仰がせて)ん〜?・・・なぁに改まって・・こんな空気じゃないと渡せない物なの?
        -- 2016-11-01 (火) 23:35:43
      • いんや、本当はル・クァヴィーに向かう途中にでも渡すかーって思ってた程度のもんだよ。ただの石ころ
        (そう言ってジャラジャラした弾薬の中から取り出した指輪をぽいっとカレリアに放る…アンティーク調の琥珀の指輪
         金属部の光沢は鈍く、デザインも古風で控えめ。派手さとは対極なとてもシックな指輪だった…)
        カレリアは自分の手を大事にしなさすぎる。そいつぁ俺から課す縛りプレイみてぇなもんよ? 帰るまでに指輪を壊さないように頼むぜぃ?
        ……本当にただのアンバーだからな? なんか便利な魔力が込められた宝石とかじゃねーから期待はしないよう! -- レクトール 2016-11-01 (火) 23:49:15
      • あら?(受け取った指輪を見てにこっと)なかなか気が利いているじゃない?・・・・・・でも、渡し方がなってないわ
        それだけなら私、首から下げちゃうもの(ぺいっと投げて返すと・・)・・だから・・・(くすりと笑うとまるで試すように両の手の・・・指を差し出すようにする)
        渡すなら、ちゃんと渡しなさいな?(左右のどの指に嵌めてもよい・・・因みに右の薬指には「仔龍の銀の指輪」が既に嵌っている)
        -- 2016-11-02 (水) 13:29:08
      • いや、だから気を利かせた指輪じゃあなくてだな…? って、あ―― (気付けばあれから1年近い…もうすぐカレリアの誕生日だったと素で今気付く鳥)
        ……ちゃんと渡す、ねぇ…? それこそ、もっと小綺麗なヤツでやるべき事だぁな (腕輪にしときゃあ良かった…と内心思いつつ)
        俺ぁ男だし、どの指がどういう意味か全く分からんぜぃ? ちなみに聞くが、カレリア姫からの御希望は?(無駄と知りつつ一応訊ねる) -- レクトール 2016-11-02 (水) 21:04:35
      • 便利な魔法が込められた物でないからこそ、そこには貴方の願いが繁栄されているのよ・・知らないのなら・・それこそ何を想ってそこにつけたのか知りたいわね(くすくすと)
        あら?私のスタンスはもう示したわ・・それを繋ぎ留めたいのは貴方・・・そうでしょう?(にやにや)
        -- 2016-11-02 (水) 21:50:59
      • (面倒だがカレリアがこういう意地悪モードになった時は諦めるしかない。肩を竦めつつ、顎に手=翼を当てて思案する
         視れば右の薬指には既にリングが納まっている。薬指は、指の中で最も動く機会が少なく指輪が外れ辛いのは知っている
         もう一つ知っているのは、親指に嵌めるサムリング。弓使いが指を保護する為に着用するもの……カレリアには無用だろう)
        ふぅ……願いなんて、眼に視えないもんが反映されててもな……今更文句は言うなよぃ? 俺が唯一信じる不可視のモノは――
        (山の声をホルスターから抜き、手の平でクルリと回しグリップとバレルの向きを逆にする。グリップをカレリアの指先に添えて眼を閉じる
         …口には出さないが、これは運試し。レクトールはいつも「運」に任せて修羅場を潜り抜けてきた…そして、幸運の死神はいつでもこの男に微笑む――)

        「……ここね。私も人の習慣やらは知りもしないけど…私の狙いは絶対よ……」
        (黒髪の幻影が指し示すのは、左の薬指。レクトールが向ける銃のグリップもカレリアの左薬指へと動いていた)
        む……ほう、左右対称狙いか…キッチリし過ぎかこりゃ? …姫、それでは左手に失礼してもよろしいかぃ? -- レクトール 2016-11-02 (水) 22:42:24
      • (ふっとため息をつく)呆れた、この期に及んでその子に決めさせるのね・・・(くすりと笑い仕方ないわねと肩をすくめるが)
        意味が分からなくてもいいとは言ったけれど、その指だけは「偶然」で委ねる事はできないの・・・貴方自身の意思で決めないのなら、そこは予約にとどめてもらうわ(と言って、一つずらして中指に)殴らせたくないのならここで良いでしょう?
        -- 2016-11-02 (水) 23:17:40
      • 決めさせるんじゃあない。俺は相棒(こいつ)で、相棒(こいつ)の意志は俺の意志なのよぃ……分かる? (「2人に視える」カレリアにとっては理解不能だろう…)
        …だ〜から嫌だったんだ。さっきも言ったが、俺ぁもうジジイなんで気の利いたことはできねーもんなの。まぁズラそうがなんでもいいぜ
        どの指にしようと同じさね。お前の指が傷付いてほしくないってのが渡した目的で、もうジジイだから好きになる女はお前が最後…ってのが俺の想いだ
        そんじゃあな? (面倒そうに、だが自然にそう言うと背を向けて踵を返していく…) -- レクトール 2016-11-02 (水) 23:42:37
      • 分からないわよ、ことこの事に関しては、私と貴方、その二人以外の意思はいらないの・・とにかくありがと、何はともあれ嬉しい事は確かよ
        ふふっでも私にとっては大事なことで、大事にして欲しい事よ・・・(理解できないのならそこまでなのかしらねと)
        (去っていくのをくすっと微笑みながら見て)まぁまぁ待ちなさいな・・・・(髪のゴーレムが蠢き、数本の髪が平編みになって短く切られる)ほら、左手出して(そのまま許可も得ずに親指に、羽毛に絡め埋没させるように結びつける)おまじない、目的を遂げたころに切れるわよ
        -- 2016-11-04 (金) 21:07:29
      • 「……私が思うに、カレリアは“もの”である私を気にし過ぎよ…ただの幻影なのにね…? くすくすっ……私は彼の“強運”でしかないわ…」
        (男を引き止めるカレリアを嘲笑うかのように言う死神。だがその嘲笑すらもカレリアにしか視えず、聞こえないモノだ…)

        …その指輪はただの石ころだ。その石ころをどう受け取るかはカレリアが決めればいいが、俺に「決めさせる」ことじゃあない…としか言えん。悪ぃな?
        (そう語るレクトールの声は少しの疲労感以外は平坦なもの。じゃじゃ馬な姫に期待された経験のためか、「慣れてます」という表情で
         だが、「女性に期待されるのは苦手」という自己申告も過去にしている。深い意味で受け取られれば去りたくなるのは性分か…?)
        おいおい、まーた勝手に妙なもんを……以前にもあったな。確か俺が霧の森の遺跡に行く時に…そう、確かリボンだった -- レクトール 2016-11-04 (金) 23:06:16
      • (どのみち、(それがどれだけレクトールを象徴するものであったとしても)運に任せて渡すだなんて失礼じゃない?と囁いて)
        一方的に渡していうのがそれなのね・・意気地がないんだからほんと(くすりと笑い)
        そうね・・・あの時は貴方を見つけだす為のマーキングだった・・・今回は離れ離れにはならないでしょう?・・・左の親指のリングは意思を貫き、目的を実現させる願いを込めた物よ・・・・・必ず、やり遂げましょう
        -- 2016-11-04 (金) 23:46:50
      • 「……さぁ? 私にはただの…輪に石が付いてるモノにしか見えないし……それに私は彼だけの味方よ…? ふふっ……」

        (顎に手=翼を添えて) 意気地なし……正解ではあるな。しかしそう言ってくれるってことは意気地がある、と評価してくれてたんかね? ありがたいこって♪
        (言って不敵に笑う。女性からの期待は苦手だが、期待というのは評価の裏返しとも言える…そう切り替える余裕を持つ程度のジジイだ)
        へぇ…左の親指にはそんな意味が…? 俺ぁてっきり弓使い用のやつかと……ええと、あ…ありがとう…? -- レクトール 2016-11-05 (土) 02:12:55
      • (「ありがたいこって」にはジト目で)・・・評価していた、したかったっていう方が正しいわよ(呆れたようにぱっぱと手を振り)
        ふふどういたしまして(それじゃねとぱたぱた手を振る)
        -- 2016-11-05 (土) 20:59:45
      • そりゃ最近流行りのツンデ〜レってやつだな? はっはっは
        (などとポジティブに笑って見せるが、相棒の死神はそんなレクトールを憐れみと慈しみを綯い交ぜにした表情で見詰めていた…
         何故この男が指輪を「石ころ」と強調するのか、痛いほど伝わり理解してしまっている…男に一言では表せない心情があることを感じてしまっている…)
        あいよ、じゃあ決行日に。それまでに指輪の意味でも誰かに聞いとくかね…キッカあたりにでも (今度こそ背を向けて去っていく…) -- レクトール 2016-11-05 (土) 22:33:15
      • (悲しいかな何か理由があるにしてもこの女には伝わらず、ただ心象の悪さが残ったという)
        まったく・・・(ぼやきつつ左手中指にはまったリングを見やって)より良い関係を望む・・・・うぅん・・(あんまり期待しない事にしたって話だ)
        -- 2016-11-08 (火) 15:00:26
    • wypBxMkDGovJkgMlt -- synthroid thyroid? 2016-11-01 (火) 14:02:32
      • ナニコレ -- 2016-11-01 (火) 14:09:23
      • てすとjun -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-11-01 (火) 21:25:58
  • よぉ、山の声はいい子にしてたか? これからお互い背中を預け合う事になるからな…親睦を深めるに越した事は無いだろぅ
    ……まぁただの銃なんだがな? ハッハッハ (※呪いのアイテムだとは気付いていない持ち主である) -- レクトール 2016-10-24 (月) 20:33:23
    • (会いに行くタイミングを逃してたって話だ)
      ふふっ大体できているわよ・・後は鍵になる「何か」だけね(考えてある?と笑って)
      そういう風に言ってあげるものじゃないわよ、貴方の相棒なら、ちゃんと声をかけて可愛がってあげなさいってば
      -- 2016-10-25 (火) 21:18:27
      • まぁ、一応程度に。  ふむ……軽いノリで言ってるだけなんで、そうマジに返されると困るな? 俺の相棒に少なからず愛着持ってくれたのは有り難く思う
        ただなぁ……少なくとも姉御の前で…いや、姉御に限らず他人に見せるもんじゃないんでねぇそういうエリザベート…じゃなくてプライベートは
        (遠回しではあるが口出しして欲しくない私的事だと伝えるレクトール。一方その「相棒」の方も安心して主の傍に擦り寄り)
        「うふふっ……私は十分可愛がってもらってるわよ……? カレリア、老婆心ってやつね……くすくす
         …男なんて、素直じゃないんだから……口から出る言葉に本音なんて…乗ってないのよね、平時は……」 -- レクトール 2016-10-25 (火) 22:00:47
      • そう?そんなに重たい事でもないと思ったけれど・・・ふふっ言われてみればそうかもしれないわね?
        言ったかもしれないけれど、私の魔法は基本的に対話から始まるから・・・何かに話しかけるというのが当たり前のことになっちゃってるのよ・・・いうなればその愛着が媒体になっているのね
        (肩をすくめつつブラックホークの声を聴けば「そう」と楽しそうに笑って)
        それで・・?詠唱はどうするの?
        -- 2016-10-25 (火) 23:14:45
      • ほむ……いや、初めて聞いたな。言われてみればカレリアさんの行動の節々を思い返せば、あぁ成程ってぇ感じだ
        俺も魔女やらなにやらには色々会ってきたが、姉御のそれについてはまだまだ理解が浅いようだぁな? 愛着が媒体か…ツクモガミ的なアレだな
        「…対するレクトールは、言葉ではなく専ら行動ね……私も彼によって肉付けされた…ツクモガミ的なアレなのかもね……ふふっ」
        さて、肝心の詠唱の話だったな? まぁつまらん呪文だが……こんな感じよ――

        (カレリアに詠唱を示せば、全ての準備は整った……あとはアニーとアマージを連れてル・クァヴィーに出発するだけだ)
        なんか忘れ物あったら今の内に言ってくんな〜 (※ここが出発前の最終会話の模様。まだ何かあれば会話が続いたりもする) -- レクトール 2016-10-25 (火) 23:32:12
      • 話したと思ったけど話してない、そういう事って意外と結構あるものね(いやはやと笑い)
        物に人格を仮定して、それと対話し「お願い」する・・・形に多少の違いはあっても基本の方向性はこれね・・・まぁ元から人格があったりするとよりスムーズに進むけれど(と銃にウィンク)
        ふふ・・・(二人して同じ結論に達してるのを見て面白そうに笑って)そうね・・無意識に使用者の仮想人格が投影された形がツクモガミならまさにそれね

        (詠唱を聞けばうんと頷き)それでいいわね?(とブラックホークに尋ねる、カレリアが何かするというより、彼女がそれをよしとする方が大事だったりする・・・当然OKだろう)
        そうねぇ・・・特にはないかしら、十分用意する時間はあったし・・・(いつでもと頷く)
        -- 2016-10-26 (水) 00:24:38
  • ほぅ……なんかイイ感じのに変わってるな、服の素材が (繊維の質や織り目のきめ細やかさの違いが分かる鷹の眼だ) -- レクトール 2016-10-10 (月) 20:57:38
    • (それは一個前の服だったりしたがそんなことはないとしよう)
      ふふっ分かる?(くるりと回って見せつけるように)こういう物は質も拘らないとね?
      -- 2016-10-10 (月) 21:11:03
      • 質は分かる。分かるが……服のデザインだのの良し悪しは分からないから気の利いたことは言えないことをここに宣言しよう!(胸を張って言う)
        ……まぁしかし、今度のクーデター作戦はまた長旅になるんで…汚れてもいい服の用意をオススメするぜ
        (そう話を切り出したのは例のガイドの翼人の協力を取り付けることができて、作戦の目処が立ったということだろうか) -- レクトール 2016-10-10 (月) 21:22:59
      • ふふっ知ってる・・(仕方ないわねと楽しそうに笑って)でも質の良さがわかるならそれで十分かもしれないわ・・
        そう・・・その話を切り出したって事は予定が立ったのかしら?・・・・・詳しく聞いてもいい?
        -- 2016-10-10 (月) 22:00:07
      • (知ってる、と言われれば後頭部を掻きながらおどけた様子の鳥だ) あ、さいで。ああ…その話をしに来たわけだからな。つっても、結構アバウトな作戦だぜぃ?
        ちなみに十二翼将達の詳細情報はこれな(と言って数枚の羊皮紙を渡す) …ブラハムの旦那の元副官、アマージって奴の話によると
        ル・クァヴィーは東の国境で接してる国と戦争中らしい。んで、十二翼将はそっちに5人くらい参戦してて丁度首都は手薄だ
        手薄だが……情報はそこまでだ。行ってみなけりゃどうなるかは判らん…なんとかこのアルクワリってのを首都の外に誘き出さねぇと侵入してもバレるらしい -- レクトール 2016-10-10 (月) 22:12:38
      • (受け取った紙を開いて・・文字量に目頭をもみもみしつつ)
        ・・なるほど絶好の機という訳ね・・・ふむ・・・この男の役割を見ると、そうそう簡単には出てこないわよ?・・・戦局が動くか別の騒動が起こるか・・・後者は下手をすると防備を固めちゃうかしら
        ・・・誘い出す手は考えてるの?
        -- 2016-10-10 (月) 22:59:58
      • 無い。だもんで、出たとこ勝負っつーか……そういう意味でアバウト。どうしても無理なようだったら動きを把握される前提で何とかやるか……
        ああ、全部読むの大変なようなら要対処の3人を中心に…アルクワリ、アマノなんとか、ア・セッポウだけでいいぞ
        そいつらは宮殿にいるらしいんでな、作戦の主目的であるル・クゥの拉致に一番邪魔だ。あとは……幽閉中のアル=ムミート、研究に篭もってるエイガリブ
        それと―― (そこで羊皮紙を指差しするレクトールの目線が止まる。その先にはナーゼル将軍の情報があるが…) -- レクトール 2016-10-10 (月) 23:09:02
      • ・・・ダメじゃないの・・少しは戦略を練らないと、この手の作戦はなるべく一発で成功させないとどんどんやりづらくなるのよ
        (と言いながら一通り目を通して)いいえ・・国に大事があったとなれば遠征中の将軍が取って返すのは必然・・・クーデターに失敗した上に戻ってきたアジール達と挟み撃ちに会うのが一番やったらいけないパターンよ・・・ただ見たところ、このアジール・・・味方に引き入れられる余地があるんじゃないかしら・・・
        ラビアはアジールを抱き込めばくっついてくるでしょ・・これはたぶんそういう女・・・・アルフォンスみたいなタイプは最初厄介かもしれないけれど大勢がこちらに向けば向こうから言い寄ってくるはずよ・・読めないのはアサイードね・・・(遠征組はここまでと置き)

        首都滞在側は・・・そうね・・まずエイガリブ・・この人についてはどちらにも加担しないように呼びかけるといいかも・・・クーデターの後の地位を誰かに補償してもらえば無理に敵対する理由がなくなるはずよ・・・アジールが味方に付けば彼が適任かしらね・・・
        アル=ムミートは厄介だけど素敵な立ち位置ね・・・牢を破壊すればそれだけで相応の対処をしないといけなくなるんじゃない?アジールを味方に引き入れられなかった場合、彼を使う手がいいかもね(「戦わせてあげる」って呼びかけるのよとくすくす)

        (そして三人だ)残りは全部困ったちゃんね・・・アルクワリ・・・性質的に彼が動くのは余程の窮地に立った時よ・・・.▲襦瓮爛漾璽箸鮖箸・・暗殺を仕掛ける・・H爐砲靴対処できない事・・例えば結界に魔術的な攻撃を仕掛けてそちらに注力させる・・・おすすめは△・・彼自身はそれほど強くなさそうだし(ばーんと銃を撃つしぐさ)
        阿雪峰・・・これはもう正面切ってどうにかするしかないわね・・近衛だから巫女様の説得に先に成功させちゃえば戦う理由を失うように見えるけど・・・この人、巫女様より王に忠誠を誓ってるでしょう?・・
        天岩船昌親・・・これもダメね・・たぶん命令とは関係なく自分勝手に行動するタイプだわ・・・気まぐれ一つでどうとでも動くから、ある意味一番最初に抑える必要があるかもしれないわね・・・

        で・・最後になったけれど・・・・・・・気になってる?このナーゼルって人・・・(ふふんと楽しそうに笑って)腹に何か抱えているわね、この人
        -- 2016-10-11 (火) 01:10:47
      • そりゃそうだ。ワンチャンスしかねぇし、ワンチャンスで終わらせるつもりしかねぇよ……不意打ち(アンブッシュ)の利点を生かしてやるしかねぇ。しかしな、不確定要素が多過ぎる
        そういう意味では、下手なプランを立てるより状況を見て臨機応変に策は即応でいく。そこは元将軍の俺に任せろぃ?
        ただまぁ……十二翼将達の所感については、大筋では姉御と同意だ。俺ぁこのアジールって奴に次の王様になってもらう気でいる
        ル・クゥとアジールが揃やぁ仮にアバーズ王が存命でも民意は傾くだろうからな……アジール側に付きそうな将軍も随分多い。ラビアとアサイード…
        んで、商人出身のアルフォンスは商売に支障が出る首都の混乱は避けたいと考える賢い奴だと思う。そういう奴がどっちに付くかは……明らかだぁな
        エイガリブはなぁ…そもそも出てくるか自体が不明だな。考えるだけ無駄だ…こういうのは敢えて切って考えとこう…
        ムミートも同様だ。ジョーカーには違いねぇが……それこそ場が荒れる。話が通用するなんて都合のいい認識は捨てて出来る限りスルーしたい

        セッポウとこの新参のチンピラだけは確定で処理が必要だぁな。そしてアルクワリ……さて、どうしたもんか
        んー、楽しそうに笑ってるけど俺は何か抱えてるようには思えんのだよなぁ……あ、いや分かんねーけども
        なんかこのナーゼルって奴、俺の昔のダチと同じ名前なんだよなぁ……まぁ「エイ」ナーゼルだったから正確には違うんだが
        兎に角、このナーゼルってのが遠征組と首都の連絡を取ってるみてーなのよ。まずはナーゼルを抑えるのが作戦の第一段階
        …こいつが俺の知ってる「エイナーゼル」なら遠征組への情報操作や、アルクワリを誘き出すのに協力してくれるかもしんねー。ただ、確証は無い
        ナーゼルが「どっち」なのか確定させた上で次の行動を決めるつもりだ。出たとこ勝負は主にそこなのさ… -- レクトール 2016-10-11 (火) 01:59:02
      • (そのための資料でしょうにとうなって)不確定要素があろうと、向こうがきれるカードにこっちが何の対策もしないというのが不安でならないのよ・・・
        アジールを・・・?・・武人としては優れているみたいだけれど・・なれるかしらね?「ちゃんとした王」に・・・(そこは信じましょうと)・・予め話を通してもいいし、先に姫を抑えて引くに引けない状況に追い込むのもいい・・・そのあたりはあちらの事情をもっとよく知りたいところね
        暗殺にしろ誘拐にしろ、場を荒らすことで状況を動かすというのも一つの戦い方だというのも頭に入れておいてって話よ・・・ま、それをした場合アジール側の心象が悪くなるだろうから、本当に最後の最後の手段だけれど

        このチンピラがいやな具合に乱数になってるわね・・・アルクワリと並んで最初に処理したい形になってる・・いっそどこかに誘い出せないかしらね
        ・・・そう?・・ずっとブラハムを追いかけているようでいてその実、彼に目が向いていないような・・・何か、憧れや野心とは別の目的があって不死になったような・・そんな印象を受けるのよね・・・(勘だけれどと笑う)ただただじっと、何かを待つような・・ね?
        そう・・ブラハムのじゃなくて、貴方の友達だったの・・・そうね・・彼の立ち位置的にも無視はできないわ・・・いいでしょう、私はアドバイスはするけれど、決めるのは貴方・・・任せるわ
        -- 2016-10-11 (火) 02:42:03
      • はははっ…まぁ言いたいことは分かるぜ? ただ、俺からすっと資料は資料でしかないんでな。参考以上にはしない…とは言え対策はこう見えても想定済みだぜぃ?
        例えば、魔術師のアルクワリは幻想殺し(ニュートライズ)の出来るアニー嬢ちゃんに担当してもらうとか、な……けど、何もかもが想定通りとは限らん
        アマージからのこの情報……有益だが、奴等がここに無い特技を隠し持っていることも考えられる。完璧にメタ張ったつもりのところを返されるのほどキツイことはない
        決して無策じゃあねぇ。ただ、何が飛び出てきても動じずに…ポーカーフェイスの気構えなのよ俺っちは (博徒らしい、この男らしい「策」の土台である)
        ……姉御も分かってるじゃねーの。そうだ、ジョーカーは最後の手段だ……昔の俺なら、まずムミートを開放して首都を滅茶苦茶にしてただろうなぁ
        (でも今は違う、という顔をしていた……「大切な人」を再び得たからこそ解る。ジョーカーというカードは危険が伴う
         仲間の危険は勿論、一般市民に被害が及ぶ可能性だ。人が死ぬという事は誰かが大切な人を失うということ。手段を選ばず結果を取れば官軍の資格を失う……
         そしてレクトールがその想像に及んでいるということは、「切って考える」と口で言いつつ多くの手段を既に想定してここに来ているということだろう)
        ……悪いなカレリア。今の俺は「弱さ」を受け入れちまった俺だ…そして「護りたい奴」がいる俺なんだ…ジョーカーを使う気はない
        それにな? 仲間を信頼している。カレリアっていう魔女のことも信頼している。俺にはこの手札(なかま)だけで十分なのさ

        (しかしカレリアが資料に照らし合わせて抱いたナーゼルへの印象は正しい。この点では「エイナーゼル」を知っているレクトールの先入観が強いと言える)
        ……ああくそっ、旦那がいりゃあナーゼルの話聞けるんだがなぁ……やっぱ会ってからしか判断できねーわコイツは
        姉御の言うように腹に一物抱えてる将軍ならそれを上手いこと引き出して…交渉、できりゃあ最高だが…最悪排除だけでもすりゃ作戦時間は稼げる
        兎に角大筋は 一つ、ナーゼルを抑えて遠征組が首都に戻るのを遅らせて作戦時間を稼ぐ
        二つ、アルクワリの対処。不可能でも迅速に宮殿に侵入し、ア・セッポウとアマノチンピラも対処しつつ…
        三つ、巫女ル・クゥを連れて宮殿を脱出。首都を出てアジールに巫女と新しい政権を託す…って流れだ。アジールとの交渉が上手くいくかはナーゼルの良し悪しと
        巫女様がどれだけ俺達寄りの考えでいてくれるかに懸かってるな……うん、やっぱ出たとこ勝負だわこれ (元も子も無いことを言う) -- レクトール 2016-10-11 (火) 21:44:47
      • ・・・そういえばこっちの戦力については聞いてなかったわね・・(自分とレクトール、副官さんの三人で想定してたくらいだ)
        戦い方・・・そりゃぁ、隠し玉の一つくらい持ってないとおかしいでしょうけれどね・・でも隠し玉は所詮隠し玉よ、戦況全体をひっくり返すほどの物にはならないわ・・だからそうね、繰り返しになるけれどこっちの戦力も把握しておかないと
        (全面的に信頼を寄せられればくすりと笑って)そうね・・・ジョーカーに頼らなくても、私たちはちゃんと強い・・・なれば私もそれにかけましょう

        ふむ・・・・・ふふ・・そうね・・でも・・これは勘だけど、あんまり不安がる必要はないんじゃないかしらね(彼が一体何を、誰を待っていたのか・・話していてなんとなくストンと落ちるところがあったから)
        普通の兵隊がいる事も忘れちゃダメよ・・・電撃戦になるから向こうもあまり数のそろったまとまった動きはできないでしょうけれど・・できれば落ち着いて巫女様を説得する時間がほしいわね・・・
        それに、やっぱり一人くらい先に退場しててほしいわねぇ・・・(世界最強という自称と天才の再来という評価を見比べて不安を感じながら)
        -- 2016-10-11 (火) 23:47:54
      • 霊圧の問d…… あまり大人数じゃあ今回の潜入作戦では目立ち過ぎると思ってな (という建前になった)
        戦力は俺とカレリアさん、アニー嬢ちゃん、そしてアマー…ジは戦力にはならない案内役か
        あとはキッカも後方支援火器担当として呼べるが…アイツはル・クァヴィーの戦争で儲けてる側の国の奴だしなぁ?
        (ううむ、と悩みつつ取りあえず橘香は保留で話を続ける) 取りあえず俺らの戦闘要員は3人と、ナーゼルも加わる理想パティーンなら4人だな
        ナーゼル配下の兵士もつくなら結構心強いが……やっぱまだ確定じゃあねーから期待はせずにいよう。へへっ…女の勘が当たることを俺も願ってるがね?
        姉御の勘ついでに俺の勘も伝えるが、どうもそのチンピラは俺が対峙するような気がする…! こういう嫌な予感は昔から当たるんだ…ろくでもねぇや。ハハハ…
        (翼将アルクワリはアニー。仮にレクトールの勘が当たるとするなら、翼将マサチカはレクトール。カレリアに残ったのは――左翼将、氷爪の男か) -- レクトール 2016-10-12 (水) 00:12:40
      • あらっ私も戦力に入っているのね?(守ってくれるんじゃなかったのとくすくす)
        あの子の速さは無視できないと思うけどなぁ・・・それに、弱い者が強い者を足止めするというのは、それだけで戦略的に価値があることなのよ・・・
        (対峙の予感には)・・・私もそう思う・・・だからこそよ、例えば貴方の偽の噂を流せば・・・軍はただの噂と切り捨ててもこの男個人は無視できないんじゃないかしら・・・噂を巻き、誘い出し、確認して逃げ切る・・それに向いてるのはアマージみたいな子よ・・・(ダメ?っぽそうねなんて思いつつ提案し)

        ・・・そうね一先ずはその作戦で行きましょう鎧も新調したし、私は問題ないわよ?
        -- 2016-10-12 (水) 00:44:19
      • 護るさ。だが、隣に立つ仲間として信頼もしている……もしピンチになったら風のように颯爽と俺が現れるだけさ〜?(と軽口を叩く)
        アマージに関しちゃその「信頼」が姉御やアニー嬢ちゃんに比べて薄いんでな…アマージがどれだけ頑張れるかってのも俺からすりゃあ不確定要素なんだ
        だが、足の速さはガチだと思う。それに旦那の元副官だし兵士としての心得も最低限あるだろう……それくらいの「信頼」はある
        へへっ、姉御もなかなか面白い案を持ってくるな? ふむ……(翼将マサチカの敏捷と射撃能力を踏まえつつ考える…あ、こいつ飛べるしヤバイか?等々)
        ……この先は酒でも飲みながら考えるか!んじゃま、今日はこの辺でな? 他にもカレリアさんに頼みたい事はあるが…(流石に長居か、と遠慮がちに) -- レクトール 2016-10-12 (水) 01:00:07
      • 先に行っておくけど、私こういう事には結構容赦ないわよ?(覚悟してねと笑って)
        そうね・・・いよいよとなった時にへたられたら困る物ね・・・(落とされることも視野に入れていたのだが・・やっぱりそれはよくないかと頷いて)
        えぇそれじゃ・・・・・・うん?・・何かあるの?(いいわよ?と告げて)
        -- 2016-10-12 (水) 01:14:52
      • ……最悪、カレリアさんが傷つくくらいなら宮殿が全壊しても構わんよ!もう!! (※愛なのかヤケクソなのか判らなくなってきた鳥)
        いや真面目な意見としてはこのア・セッポウとかいう左翼将も巫女の近衛なわけで…話が通じるようなら説得も考えていいのよ…? 分かった姉御?
        (と、作戦についての話は一段落ついて踵を返そうとするが……カレリアに促されると後頭部を掻きながら少し言い淀む)
        あー……そのな、魔王様んとこで手に入れた例の魔弾をな……カレリアさんに封印して欲しいのよ。いや、完全に封印するわけじゃなく…
        使う時に詠唱が必要にするって感じ? 魔女なら出来るかなー、と思ってな。俺の相棒「山の声」に直接内蔵する感じで
        (一見、意味の無さそうな頼みだ。物質として存在している弾丸を霊質化させるのは便利だが、その解放プロセスに詠唱を挟む意味は無い筈……) -- レクトール 2016-10-12 (水) 01:33:00
      • 阿雪峰を説得・・・確かに、仕えた当初は王に対する恩義を感じてたでしょうけれど・・この配置なら今はどう思っているかわからないわね?・・・義理堅そうだし無理かなと思っていたけれどやってみる価値はあるかしらね・・・(となると巫女を巻き込むような戦い方は出来なさそうだと残念そうに)
        銃に内蔵・・・それってつまり魔弾を山の声でしか撃てなくするという事?・・・魔弾を山の声に溶け込ませて、好きな時に弾丸に憑依させて打ち込むという事よね?そのカギである詠唱は貴方が持つという事で・・・
        たぶん、弾と銃、両方と交渉すればできると思うわ・・・弾は結構柔軟みたいだし・・・因みに、どういう詠唱がいいとかはあるの?
        -- 2016-10-12 (水) 06:50:43
      • (微妙に残念そうな顔をする魔女に冷や汗かきつつ) そもそも論だが、アバーズが武将を抱き込むのに恩を売るのは普通だからなー
        (しかしル・クァヴィーは「ル・クゥに従う者達」という名の国で、巫女様が本来は一番偉いのである。本来は……)

        うむ。そんな感じだ! 流石魔女。魔女らしいこともちゃんと出来るようで安心したぜ〜ぃ (そんなことを言ってカレリアを弄る鳥である)
        ん?ああ詠唱な。詠唱……「愛してるぜカレリア!」とか!なんつって、ガハハ!! (※真面目な詠唱を考えるつもりはあるが、承諾されればホントに採用されかねない) -- レクトール 2016-10-12 (水) 18:46:14
      • (くすくすと楽しそうに笑って)別にひどい事するつもりじゃぁないわよ・・・これは相手を倒す戦いじゃなくて、巫女を浚うか守るかの戦いなんだから・・・手勢を使って王手飛車取りを狙えばいいのよ・・・で、それは相手が余程の頑固な時だけにするって話よ(心配しなくていいのよと)
        (国の象徴と元首が異なるなんてそう珍しい話ではないだろうが・・・かの者がどう思っているかはわからないが)

        ・・それを敵に向けながら言うの?(じとーっとした目で見て)真面目になさい、それにたぶんその文言じゃぁその子(山の声を指さす)が拗ねるわ・・・そうね、いっそこの子に決めさせちゃうのもいいかしらね
        -- 2016-10-12 (水) 19:33:48
      • ……やっぱ駄目か? ははは、まぁジョークジョーク(…7割くらいは) 「その」子……山の声のことか? ははっ、確かにコイツも女房みてぇなもんだが
        そんな気にしなくてもいいだろぃ? 声が聞こえるわけでもなし、姿が視えるわけでもなし……(レクトールにとっては視えないゆえに、眼中に無い模様)
        ……真面目に言うとな、「繋がり」が欲しいんだよ。それに、アミールの野郎を撃った時みたいな…俺1人の独断で誰かを殺すのはなるべく減らしていきたいっつーか…
        俺が本気で誰かを殺す時、主に不死鳥の血を持つ相手だろうけど……カレリアにもそれを知っていて欲しいっつーか…
        何だろうな? 俺は今まで殺すべき相手を殺す時、その重さを無視してきた……最後にル・クゥも殺すつもりだったんだし当然だが、そういう生き方はやめたワケだよ
        その覚悟の形というか……な?分かるか? (抽象的な説明だが、その気持ちを明確な言葉に変えるのも野暮なのかもしれない…)
        つーわけで、山の声とこの弾丸は姉御に預ける (そして長年肌身離さなかった相棒を預けるこの行為は、彼の最大限の信頼の証拠でもあった) -- レクトール 2016-10-12 (水) 22:07:48
      • ダメよ・・・貴方がどう思っていたとしても、この子は確かに貴方を想っているわ・・・それは覚えておいてあげて(余計な事だったかしら?と密かに山の声にウィンクして)
        ふふっ・・だとしてもそれじゃぁまるで私に捧げるために殺すみたじゃない?・・・・でもそうね・・そういう事なら、私もちゃんと背負ってあげる(銃と弾丸を預かり)
        ・・・だって・・貴女としてはどう?(なんて友達にそうするように呼びかけて)
        -- 2016-10-12 (水) 22:33:18
      • ……俺だってコイツに感謝してもしきれねーくらい感謝してるよ。言わせんな恥ずかしい…男はそういうの内に秘めて生きてんのよ〜
        (そう言われた時点ではニヤニヤしてた黒髪の死神だが……カレリアに預けられた瞬間に「ぴ゛!?」シィホのような声になってない悲鳴をあげた…)
        「ど、どどどど……どう思うっていうか……(かれ)に返して…!!」 (※心の叫びであった)

        詠唱については1日くれ。今夜テキトーに考えて明日提出するわ、ははは んじゃ、夜更かしせずに寝ろよ〜?っと
        (今度こそ帰っていく。残されたのはカレリアと銃……に憑いている顔面蒼白の少女であった…) -- レクトール 2016-10-12 (水) 22:51:16
      • そう・・そういう事なら・・・いいのかしらね・・・あぁらかわいい声(くすくすと楽しそうに笑う、レクトールから見れば奇妙な光景)
        えぇそれじゃぁまたね?(ばいばーいと手を振って見送り)・・・さて・・ちょっと話をしましょうか・・・あと君ね?(弾丸を手に、こちらにも問いかける・・・)
        (お互いの間を取り持ち、同一の存在として同居させる・・・などとどちらにも確かな人格があるのなら普通は出来ないことだが・・この弾丸の柔軟さならば可能かもしれなかった・・それに賭ける)
        -- 2016-10-12 (水) 23:25:09
      • 「……最悪ね。彼のいない夜を過ごすだなんて……悪夢だわ……けど、私のすべきことは彼の敵を撃つだけ……
         彼が戦いのために望むなら、仕方ないことね……本当にイヤだけれど…」(本当に嫌そうな顔で言う)
        「……その子(=魔弾)に関しては、私のお腹の子にでもしようかしら…? フフッ……これまでも、彼に差し込まれた弾丸は全て我が子のように送り出したわ…
         …それに――その子は総てを殺す為に生まれた武器……敵を殺すこと以外を知らない私と、同じ穴の狢ね……」
        (レクトールに無断で勝手に子供孕むつもりになっているあたり、相当倒錯しているが……受け入れる準備は万全らしい) -- ブラックホークたん 2016-10-12 (水) 23:40:07
      • ふふっ面白い事を言うのね・・・そうね・・この弾が貴女とレクトール、二人で手に入れた物なのなら、それは確かに子供といえるのかも・・産婦人科にでも入院するつもりでいなさいな(本人が知らないからと平気で乗っかる)
        子供には名前が必要よ・・ちゃんと考えてあげなさい・・(名は力であり、そのふるまいを表し、その存在をより明確に定義する・・・)ま、そこは彼が考えてくれるかしらね?(それは詠唱と同義だ)
        -- 2016-10-12 (水) 23:53:02
      • 「……あら、それならカレリア…貴女も母親のようなものじゃなくて…? 私ほどではないけれど……今こうして、産みの儀式に関わっているワケだしね…フフッ
         まぁ貴女がどう思うかは置いといて……私はただ必要な時に撃つだけよ…名前は、レクトールと貴女が考えればいいわ……」
        (あくまでもレクトールの武器という立場に拘る彼女はそんなスタンスを取りつつ……その後はやはり主人を想う言動ばかりだったという) -- ブラックホークたん 2016-10-13 (木) 00:05:21
      • そういうのは産婆というのよ
        愛する人も自分の意思もあるのに、そういう所は線をひいちゃうのよね・・貴女って本当に素直じゃないわ・・・
        ま、今はそれでいいわ・・なんにせよ、この子はちゃんと孕んでもらうから(そうニコニコ笑って作業を進める融合は無事に進んだことだろう)
        -- 2016-10-13 (木) 00:16:12
  • (部屋の暗がりから柴犬ほどの大きさの黒い何かが現れる)
    (それは黒い鱗に身を包み金色の瞳を持ち禍々しい翼を持っていた)
    (カレリアにとっては明らかに以前見たモノとはサイズが違うが間違いなく見た事がある魔物だ、正確には魔王と呼ぶべきか) -- ??? 2016-10-06 (木) 21:14:18
    • (お風呂上りといった調子で髪を拭いてると、暗がりから現れたそれが目に入る)・・・あら?
      貴方アルボレウスよね?・・ふふっどうしたの?かわいくなっちゃって
      -- 2016-10-06 (木) 21:27:42
      • おう、話すと長くなるんだがヒトの姿になんのも面倒くせえんでこの恰好で来た
        ガタイの方は世界への影響力落とすとどうしてもな、その辺りアキが小煩えんだ
        (闇の気配は放っているが以前会った時と比べると在るだけで世の調和を乱すような危険な力の奔流はまるで無い)
        ところでなんか光の下で育ったもんねえか?野菜とか肉とか… -- アルボレウス 2016-10-06 (木) 21:42:47
      • 化けるよりそのままサイズダウンした方が楽っていう事ね(なんとなくだが分かったと頷いて)
        こっちの世はそういうのばかりよ、ちょっと待ってなさい(パジャマに着替えると台所に入る、お肉の切れ端や野菜などの余り物を出して並べながら)それにしても、変わった条件を提示するのね?何か理由があるの?
        -- 2016-10-06 (木) 22:40:54
      • おうおう悪ぃな(並べられた物を一個一個丁寧にあぐあぐと食べながら)あーやっぱ天然モンはいい
        (食べていた野菜を飲み込めば舌舐めずりをして)んーまあ天然の光を浴びたモンのが体というか心に馴染む味ってのがある
        遺跡の中でも太陽的なモンはあるんだがアキが作ったもんだからやっぱそれで育ったもん食ってて微妙に違うんだよな
        (肉の切れ端をガジガジと噛みつつ)ちょいと意味分からねえか?俺らが闇から生まれた事に由来する理由なんだけどな -- アルボレウス 2016-10-06 (木) 22:58:46
      • (ひょっとして何かに使うのかと一拍おいたのが悪かった)・・・貴方はちょっと我慢を覚えるべきだわ(調理する間もなく生のままもぐもぐされて呆れたようにいう)
        体になじむ・・・?(ふぅん?と考えて)そも闇がよくわからないのよね・・・闇という物やエネルギーがある訳ではなく、現象的には「光がない」という事よ・・・でもだからこそ・・そうね、両者は表裏一体のもの・・その本質は同じという意味で・・・純粋な光の下にある物は、純粋な闇の下にある物に通じるのかしら・・・ふふっ自分で言っててよく分からなくなっちゃった
        -- 2016-10-07 (金) 02:12:48
      • 我慢なんてなあ『暴食』の名を持ってからは忘れちまったな、それにあれだ素材本来の旨さってか?
        俺の言う闇ってのは概念的なもんよ、俺らの世界じゃ神が世界を作った時まずは無から光と闇をーって感じでな
        (大根をかじる)その闇から神が粘土捏ねるみてえに俺らを作ったのさ、でまあ細かい事はすげえ長くなるんで割愛しとくが…
        俺達以降の生き物の魂って奴を神は光で作ったんだよ、当然俺らは魂を持ってないよく分からん存在でな?
        よく分からん内に生き物の真似して光を浴びて育った植物やら生き物食ってる内に体に光が溜まって魂みたいなモンが出来た
        そん時の衝撃といったら…それからこういう光を浴びたもんを食うとなんかホッとすんのさ(大根の葉も全部食べている) -- アルボレウス 2016-10-07 (金) 21:15:32
      • 貴方のそれは「素材そのまま」よ(まぁいいわと肩を竦め)
        光の物を取り込むことで魂ができた・・・闇の中から魂を生じさせた者はいなかったという事・・?・・・魔物である貴方達と普通にコミュニケーションが取れる理由が分かった気がするわ・・・(同時に襲って食べる理由もねと)
        そうやって、中に光をどんどん充足させて行くと・・いずれどうなるのかしらね・・
        -- 2016-10-07 (金) 21:59:24
      • ついでに補足しとくと俺達の魂は光だけで出来てるって訳じゃないのがミソでな、枠が光で出来てるのさ
        だから光の中に詰まってんのは結局闇…根本的なとこで分かり合えない事があんのはそこら辺が原因よ
        (大体を平らげながら)んで光を食えば食う程俺らは理性的になると同時に力の成長が早まってく
        俺達の世界じゃ魂ってな無限の進化を約束する代物だからな、より明確な魂はより強力な力をだ
        はー美味かった、お礼になんかいるか?俺の逆鱗以外ならお宝やるぜ -- アルボレウス 2016-10-07 (金) 22:37:05
      • 芯の所で分かりあうなんて人間同士でもできる事じゃないわ・・ガワがあえばいいのよ、ガワが
        成長・・早まるのね・・・光を取り込んだ分闇が弱まったりしちゃいそうだけれど・・・無限の進化か・・
        お宝ねぇ・・・この程度の事じゃもらう気にならないけれど(んーっと考え)・・そうだ、貴方ちょっと口の中見せてごらんなさいな?
        -- 2016-10-08 (土) 02:29:45
      • ガハハッさっぱりしてんねえ!アイリスを思い出すぜ、あいつはもっとトロかったけどな
        弱え魔物や光と相性悪い奴なんかはそうなるぜ、だが夜空を眺めりゃあ分かんだろ?(闇こそ光を取り込むものだと)
        おう?虫歯はねえぞ(カレリアの足元で上を向いてあんぐりと口を開いてみせる)
        (今は小さいとはいえ暴食を名乗る竜、その力を示す口内は健康そうな未知の材質の歯とピンク色の舌)
        (ありとあらゆる物を飲み込んできたであろう綺麗な喉が見える、力を抑えているのか特に触っても問題は無さそうだ) -- アルボレウス 2016-10-08 (土) 21:13:06
      • アイリス?・・・そんな子がいたのね・・(はてと)
        単純に夜闇に対する光の強さの問題じゃない?それ・・・でもまぁ、言いたい事は分かったわ(うむうむと)
        あらほんと、もっと汚いと思ったのに(いつの間にか新品の歯ブラシを手に不満げにうなる)まぁいいわ、ほらおいで(よいせっとソファに腰掛けると膝をぽんぽん叩く)
        -- 2016-10-09 (日) 20:36:59
      • んーそうだな、何と言うか…俺達の育ての親みたいな女だな、知恵と知識をくれた女神よ
        (カレリアが歯ブラシを手に取ると意図を察してかあからさまに一歩下がる)うおっまさか…
        いやしかし…願いを叶える以上は仕方ねえか(渋々という様子でソファに登ると頭を膝の上に乗せて口を開く)
        でもなんだ、一応反物とかもあるぜ?金銀財宝だけじゃなく(小さな竜は未練がましくそんな事を言う) -- アルボレウス 2016-10-09 (日) 21:47:51
      • お母さんと・・・ふふっ女神が魔王を育てたの?・・(面白いわねと笑って)
        ふんふふ〜ん♪(なんだかすごく楽しそうに歯茎をマッサージし、牙を一本一本磨き上げていく)
        ふふ、嫌なの?・・・反物かぁ・・興味がないといえばウソじゃないけれどね?今はこっちの方が楽しそうなのよ(くすくすと笑いながら丁寧にしゃこしゃこ)
        -- 2016-10-09 (日) 22:22:47
      • その頃ぁ俺らはまだ魔物でもなんでも無かったのさ、話すとなげえんだこれが
        (時折仰向けになった前足がぴくぴくと動くが大人しく磨かれていく)
        (いくら虫歯は無いとはいえ磨く習慣が無い歯だ、象牙色が更に明るい色へと変わっていく)
        磨かれた事自体ねえし…アキ達も磨いてるがお前さんらはよくこの細かいのが歯を走るの平気だな?(まだ続くのかとちらちらカレリアを見る) -- アルボレウス 2016-10-09 (日) 22:36:47
      • ふふ・・この流れだと・・・魂をくれたとか?
        ふふっかわいい・・(前足を動かす様子に目を細めながら歯磨きを続け)
        もうちょっとよ・・・虫歯はなったら怖いんだから、ちゃんとしないとダメよ?口だって臭くなるんだから(最後に舌をこそいで綺麗にしたら)
        はい終わり、台所使っていいからゆすいできなさいな(よしよしとなでる)
        -- 2016-10-09 (日) 23:05:40
      • そうとも言えるし違うとも言える…色々貰って…恩返しも出来ねえでな
        (魔物らしくない酷く落胆した声でそう語れば口を濯ぎに向かう)
        (魔術で器用に水を操れば口内をしっかりと洗浄して)そんな時ぁ新しく歯ぁ生やすに限る、魔物ってなそこら辺融通利いてな
        んんーなんか口ん中キュッキュする(口をもごもごとさせている)
        切れ味戻った感じだな…まあ礼言っとくぜ、んじゃそろそろ帰るな(そう言うと沈み込むように暗がりへと消えていった) -- アルボレウス 2016-10-09 (日) 23:19:34
      • ふふ・・いい事教えてあげる・・返せない恩はね、別の誰かに返してあげるのよ(ぴんっと鼻先小突いてウィンクして向かった背中を見送って)
        便利な体をしてるのね・・えぇ、それじゃぁまたね?(ばいばーいと手を振って見送った)
        -- 2016-10-10 (月) 00:17:32
  • スパイダーシルク、結局冬服にしちゃった♪
    ・・・ちょっと地味だったかしら?
    -- 2016-09-29 (木) 10:42:54
    • かっこいい……!しかも、何かよくわからない、力を感じる……!(ぷるっぷるする植木鉢) -- 植木鉢 2016-09-29 (木) 13:46:44
      • ふふふっ私の真のパワーに触れているのねハチ・・・(カレリアの七華弁「光の杖」は基本光そのものになっていますが、ちょうどこんなイメージという事で) -- 2016-09-29 (木) 13:53:45
      • いつの間にか、新年でした。あけましておめでとうございます、カレリアちゃん。
        それにしても、カレリアちゃんが、かっこいい……!植木鉢も、何かそういう、ひらひら、カッコいい服を、着てみたいものです。 -- 植木鉢 2016-10-02 (日) 21:51:15
      • ふふっおめでとう(よしよしとして)
        んもぅっさっきからそればっかり・・・人の格好の時に、って話よね?ふふっいいんじゃないかしら?挑戦してみなさい(楽しみだわと頷いてる)
        -- 2016-10-02 (日) 22:48:56
      • 実際、めっちゃ、かっこいいので。 そうそう、そうです。このかっこで、服を着ても、サボテンの、植木鉢みたく、なるだけなので。
        普通の服だと、腰のお花が、邪魔になってたの、ですが。ひらひらなら、よさそう!頑張って、みます! -- 植木鉢 2016-10-02 (日) 23:06:11
      • 服らしい服は無理でもアクセサリー関係ならまだまだいけると思うのよ(後はベールやストールみたいなのとかとうんうん頷いてる)
        ・・・あの腰の奴・・服じゃなくて貴女の体の一部だったの?(ちょっとびっくり)足は根になってるからパンツルックは無理そうね・・でもできれば元の特徴を生かした服飾にしたいから、覆い隠しちゃうのは勿体ないわ・・・あとは色合いね・・(どうしたものかとうんうんうなってる)
        -- 2016-10-02 (日) 23:38:32
      • そうです。 ……あれ。じゃあ、人型の植木鉢は、全裸なのです……か……!(いまきづいた)
        覆い隠す、となると、こう、お姫様みたいなのに、なっちゃうので。色は、難しい、ですねぇ……やっぱり、似たような色が、無難だと、思いますが! -- 植木鉢 2016-10-02 (日) 23:46:42
      • 全裸ね・・・(うんうんとうなずく)・・まぁ隠すべき所はちゃんと隠せてたし?セーフなんじゃないかしら
        いいと思うけどなぁお姫様・・・・・無難だけれどそれで凝り固まったら着飾る意味もなくなっちゃわないかしら?・・さっきは勿体ないって言ったけれどね、思い切った事をするのも時には大事よ?そういうチャレンジブルな処は振舞いに現れるし、それが一つの格好良さにつながっていくと私は思うわ
        あとは髪型かしら・・・いつもツインテールじゃない?(編んだりできるかなと梳いてみて)
        -- 2016-10-03 (月) 13:22:35
      • たいへんです…人畜無害を、売りにしてた、植木鉢は、へんたいでした……(ぷるぷるする植木鉢)
        う、うううーん……!!植木鉢には、難しい……!髪型は、そうですねー。違う髪型、くらいなら、ちゃれんじしてみても、いいかもですね…(されるがまま) -- 植木鉢 2016-10-03 (月) 23:17:02
      • 下着姿みたいなものね(うむうむと神妙にうなずく)これはあれね、上に何か着ないと変態さんになっちゃうわ着ましょう、すぐ来ましょう、ワンピースとか(推す)
        ふふふっ三つ編みにしたりーカールさせてみたり?・・・切るのはダメよね?(と言いつつ櫛を出して丁寧に梳いて)
        -- 2016-10-03 (月) 23:42:45
      • ほぉぉぉ……いろいろ、考えてみて、いますが、難しいですね!うう…へんたいさんは、困る……(ぷるっぷる)
        切っても、いいですよ?意味があって、長いわけでは、ないのでー。一度、髪を下ろそうと、したことは、あったのですが、(絵がボツになって)実現しませんでしたねー(のんびり梳かれる)
        …カレリアちゃんの髪は、伸びたり、縮んだり、自由自在、なんです?? -- 植木鉢 2016-10-05 (水) 21:47:52
      • ぷるっぷるしちゃって、まぁ変態さんは困るわよね
        そっかぁ残念ね・・(そのままくりくりと三つ編みにしたり、反対側はヘアピンで纏めてアップにしたり、遊んでる)
        えぇ伸びたり…(でろろろんと長く伸びて広がったり)縮んだり(きゅっとベリショに縮んだり)自由自在ね?(また伸びてそのまま縦ロールになったり)髪そのものをゴーレムにしてるのよ、私の指示に従うの
        -- 2016-10-06 (木) 09:35:58
      • けっこう、お蔵入りに、なってますねー。 ……お、おー……(普段と違う髪の感覚にそわそわする植木鉢)
        うわー!すごい!便利ですね!髪を、ゴーレムに……はー……間違って、切りすぎたり、することもなくて、いいですね…… -- 植木鉢 2016-10-06 (木) 22:01:08
      • お蔵に入れずにちょろっと出してみたりしない?意外に良かったりするかもしれないわよ・・・ふふっくすぐったい?(みんくろ弄ろうとしたが葉っぱの耳とかハードルが高かったって話だ)
        随分助けられているわ・・・人に掛けた事はないから、お勧めは出来ないのだけれど・・・(やってみる?と小首を傾げたり)
        -- 2016-10-06 (木) 22:45:23
      • ちょろっと出すのもはか…はばら……はらか……はばかられるので!お蔵入り、するのです!(そもそも体の形から無理なのでは…と思う植木鉢)
        ふむー……い、いえ!植木鉢が、それをすると、間違いなく、うまく、使えない!ので!(ぷるぷるーと首を振る植木鉢)
        すっかり長居、してしまいました。衣装を、考えなければ……(またねー、と葉っぱ振って帰る植木鉢) -- 植木鉢 2016-10-07 (金) 19:50:43
      • (はばかられる?と楽しそうに導いて)それは残念ね・・見たかったのに(足をロングスカートで隠せばいける!と思ったらキャラの特徴ごと消してしまったという)
        そうね・・・失敗してハチの頭がつるつるになっちゃったら私も悲しいし、やめておきましょう
        そう?・・・ふふっ頑張ってね?(またーとぱたぱた見送った)
        -- 2016-10-07 (金) 22:22:48
  • カレリアちゃん!何か、好きな楽器とか、弾いてみたい楽器とか、ありますか! -- 植木鉢 2016-09-24 (土) 19:56:30
    • んー・・・(少し考え)サックスとかトロンボーンとか・・トランペットとか・・・ハーモニカもいいわね・・もちろんピアノも
      ・・・考えてみると結構やってみたい楽器って多いわね・・ふふっそれにしてもどうしたの?急に
      -- 2016-09-24 (土) 20:00:22
      • ふむー……なるほど、背が高いから、トロンボーンも、似合いますね……!ありがとうございます!
        んー?んー……えへへー、秘密、です。のんびり、待っててください! -- 植木鉢 2016-09-24 (土) 20:04:07
      • ふふっありがとう・・・貴女も何かやってみるといいかもしれないわよ?
        んー?何よ気になるじゃないの〜(つんつん突いて)
        -- 2016-09-24 (土) 20:10:54
      • ほぉぉ、ほぉぉ……(突っつかれてくすぐったそうに身をよじる植木鉢) わ、わかりました、よぅ。んーっと……この、これです。
        (どこからともなく出てくるハミルの絵か人形か何かそういう類)これで、みんなで、オーケストラ!みたいな、のを、作ろうと。思いまして。 -- 植木鉢 2016-09-24 (土) 20:13:54
      • あ。 カレリアちゃんは、衣装は、どうしましょう。どの服が、いいです?? -- 植木鉢 2016-09-24 (土) 20:14:37
      • あらら・・・(これは聞かなかった方が楽しめたかもと思いつつ聞き出したのは自分だったのだ)
        ふふっかわいいわね?私のこれを作って貰えるの?(うれしいわと)ふぅん・・エレキがあるとバンドっぽいわね?ごちゃ混ぜも面白そうだけれど
        衣装かぁ・・・いざ言われると困るわね?どれもお気に入りだから・・・(むむむっと)
        -- 2016-09-24 (土) 20:30:31
      • はい!最近、あんまりみなさんと、お話できて、いなかったので。そのお詫びも、兼ねて。です。賑やかになると、楽しいと、思います。
        そうなんです、どれも、お似合いで。 植木鉢的には、秋服が一番、見覚えある感じなのですが、多分、それを描くと、カレリアちゃんに見えなくなる…(表情曇る) -- 植木鉢 2016-09-24 (土) 20:39:22
      • ふふっそうだったかしら?よく見てる気がするのはイェチンの処でだったかしらね
        んー実を言うと秋服が個人的に一番ではあるのよ?・・でもここは貴女の好みに任せるのがいいのかしらね〜・・ふふっ大丈夫、眼鏡とホクロさえあれば私ってわかるわよ(というか共通する特徴がそれしかない)
        -- 2016-09-24 (土) 20:59:03
      • 師匠のところは、ちょっと顔出して、ふらっといなくなれるので。あと何も、考えなくていいので。素敵な、道場ですね。
        なるほど、では秋服で、進めましょう。めがねとほくろ!忘れないように、します!! -- 植木鉢 2016-09-24 (土) 21:07:13
      • 楽なのよねぇ(うんうんと)えぇ、本当に・・・
        ふふっ期待してるわ・・・でも自分のペースでいいからね?(よしよしと撫でて)
        -- 2016-09-24 (土) 21:34:56
      • はい!気長に、待っててください!ただし、あの……あんまり遊びがない、感じに、なりそう……(予防線) -- 植木鉢 2016-09-24 (土) 21:39:28
      • ふふっ遊び心は大事よ?(ちょっと引いた感じにはダメよ♡と指先で小突いて) -- 2016-09-24 (土) 21:55:12
      • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp032061.jpg 
        できました!! -- 植木鉢 2016-09-24 (土) 23:26:20
      • はやい、はやい!
        ふふっありがと〜♪(ぎゅーってしてなでなで)
        -- 2016-09-24 (土) 23:30:11
  • ……そういやぁ、先月って姉御の誕生日だったなぁ。なんかスマンね、バースデーとはかけ離れた夜長にしてしまったな先月…!
    (未だにあの夜のことはハッキリ思い出せる。冷静に考えると何故頭突きというチョイスだったのか、とか……) -- レクトール 2016-09-22 (木) 21:12:39
    • そうねぇ・・・なんだか年々誕生日ってどうでもよくなってくるのよね
      ふふっ・・でもわざわざそんな話題を出すなんて、期待してもいいのかしら?(何てからかうような調子でわらう・・・なんかこう「想いをぶつける」を物理で表すと自然に頭突きになるのだとか)
      -- 2016-09-23 (金) 02:06:29
      • おいおい、花も恥らう乙女がそんなんじゃ困るぜぃ? 俺は勿論、誕生日なんてじぇんじぇん気にして生きてないけどな!
        む……なんだぃ姉御、俺から何か欲しいのかぃ? んー……どうしよっかねぇ…まぁあげたいモノがあるよーな、無いよーな…?
        (想いというより思念をピキピキドカーン!って擬音でぶつけてそうな物理攻撃だ!?) -- レクトール 2016-09-23 (金) 02:22:50
      • いちいちそんな事気にする方がみっともないじゃない?・・・あら?そういえば貴方の誕生日って聞いてない気がするわ・・・気にしなさ過ぎて忘れてたりしないわよね?
        なによ、歯切れが悪いわね?あるならある、ないならないでしょう?(ベヨネッタの戦闘で印象的だったモーションが頭突きだったってのもある、というか割合としてはそっちのほうが大きい)
        -- 2016-09-23 (金) 02:37:58
      • みっともないと切り捨てるのはなかなか潔いな……え? ああ、俺の誕生日ね。うんうんアルヨアルヨ……(※まったくそこの設定を考えてなかった模様)
        まぁまぁ、俺の誕生日もプレゼントも今日のところはいいじゃないか? 酒でも飲もう。またリンゴ酒買ってきたしさ
        ……ちなみに、例の「作戦」については協力者の情報待ちだ。姉御ってば元副官君にめっちゃ警戒されてたわー -- レクトール 2016-09-23 (金) 02:55:04
      • うんうん・・・・・・(しばし返答を待って)目が泳いでるわよ?覚えてないんでしょう?(にやにやと)
        まぁっ・・・いいわね(頂きましょうと嬉しそうにグラスを出してきて)・・・例の、ブラハムの副官君ね・・・あら?どこかで会ったかしら(目立ちすぎたかなと)
        -- 2016-09-23 (金) 08:15:55
      • (何とか誤魔化せたか……) 相変わらず酒と聞くと食いつきがいいねぇ。まぁ酔っ払ったら介抱くらいはしてやるから安心して飲むといいさ
        (アマージから聞いた話を思い出しつつ)…ん、なんか色々聞き回ってるところを見られてたようだぞカレリアさんは。墓参り、本当に行ったらしいな?
        ……次は俺も行けるかねぇ。行けるといいんだがなぁ……(言いながら2人のグラスに琥珀色を満たして) -- レクトール 2016-09-23 (金) 20:31:36
      • (…とか考えてるんだろうなぁなんてニヤニヤしながら)ふふっ好きだもの・・・
        ふぅん・・・目を付けられる事をちょっと期待してたとはいえ目ざといわね・・・えぇ行ってくるって言ったじゃない?(なんて笑って)・・そういえば話集めてた時にガイドの子が警告してきたわね・・(やけに速かったわとこくこく)
        すぐに行くべきよ・・・と言いたいんだけれどね・・・タイミングはちゃんと計らないとね(悲しげに呟き、グラスを手にして)・・・・・・(あまり飲もうとしない)
        -- 2016-09-23 (金) 21:06:53
      • ブラハムの旦那の死を知っているのは、俺とそいつの2人の「ハズ」だからなぁ…出会ったらそりゃあ警戒するわな…!
        ふむ、ガイドか…ガイド? 足が速いとは聞いていたが、まさかガイドをやってるとはな……白髪のショタっぽい奴だよな?(多分同一人物だろう、と)
        ……まぁ、現時点じゃ俺はお尋ね者だし…政変は成功させるつもりだが、あの国を闊歩できる立場になれるかは分からんし
        (カレリアを一瞥して、グラスから一口だけ酒を飲むと席を立ってその隣へ移動しもっと傍に座る) まぁ先の話はこのくらいでいいだろう。酒が美味くなるわけでもなし
        ……どうした? 酔いたい気分じゃなかったか…? (優しく訊ねてカレリアの反応を待つ) -- レクトール 2016-09-23 (金) 21:18:54
      • ふむ・・・よくよく考えてみればそうよね・・そうそうその子よ(じゃぁあの子がねぇとぽんと手を打って)
        国に入ってさえしまえば隙を見てこっそり行くって事くらいかしらね・・・兎に角、一回くらいはいかないとダメよ
        うん?(隣に来るのを楽しそうに見て)そうじゃないんだけどね・・なんとなく進まなくて・・(ちびりと口をつけるがそれだけで)
        -- 2016-09-23 (金) 21:51:57
      • 当然行く気はあるさ。全てやり遂げたら報告したいしな……そん時は、一緒に行こう… (と、暗い表情で呟くと一杯目を早速飲み干した)
        あー、何となくってのは一番困るな? まぁそれならどうしようもねぇ。取りあえずは話題…っつーか聞こうと思ってた話でも振らせてもらおう
        なぁなぁ カレリアさんってどんな子供だったんだ? あと故郷はどんな場所? (2杯目を注ぎながら聞くのはそんな他愛も無い話だ) -- レクトール 2016-09-23 (金) 22:01:44
      • 勿論、ちゃんと報告しないと
        ふふっ私が何となく飲まないってだけでそんなに困ることはないじゃないの(くすくすと笑って)うん?私の子供の頃?・・・そうね・・私の故郷だけど・・・魔女の町だったのよ
        正確には魔女によって守られている町ね・・・大昔に流れの魔女が住み着いて、子供達に魔法を教えながら村を守るようになったのが始まり・・・
        養成所が作られて、弟子がまた弟子をとってと受け継がれ、それに守られながら大きくなっていった町・・・そこで生まれたの・・最初はただの村娘だったのよ(楽しそうに笑って)
        -- 2016-09-23 (金) 22:38:51
      • 何か理由があって酒が進まないならそれを解消すりゃあいいが、何となくってのはどうにもならないからなぁ……(ちびりちびりと飲みつつ)
        ほう、魔女の町か…面白い話あるじゃねーの? 都市から離れた場所だとそういうの意外とあるんだよな。流浪の魔女が慕われて人が集まる〜…ってやつ
        学校的なものまで作られるのはなかなか見ないけどねぃ。それで? ただの村娘じゃあ居ても立ってもいられなかったかぃ? -- レクトール 2016-09-23 (金) 22:48:26
      • ふふっまぁこういう日もあるって事でいいじゃないの(肩をすくめて)
        まぁ相当環境が良かったんでしょうね・・その辺りの詳しい事は・・・歴史の授業をちゃんと受けてなくてわかんないわ
        うんっ勿論、私はあんな所で終わる器じゃないもの(ふふんとおどけるように笑って)才覚があるってんで推薦される形で入って、数年修行したら飛び出したって感じね・・・いろんな事を習ったけど、真面目に打ち込んでたのは戦闘関連だけだったわね・・つまりはそういう子だったのよ
        -- 2016-09-23 (金) 23:43:50
      • 歴史はなぁ……若い頃ほど興味ない分野だったりするからな。俺も歴史の成績は悪かったわ…(興味はあるが聞けないものは仕方ない)
        へぇ〜、推薦されるほどの神童だったのかぃ……意外なような、そうでもないような…? 何にせよ、恵まれた環境でなかなか勿体無いことしたようだなっ
        どうして飛び出しちゃったのか。やっぱりヤンチャだったのかね姉御は……(何となく察し) -- レクトール 2016-09-24 (土) 00:00:29
      • 興味が出た頃には当時みたいに簡単には学べないのよねぇ・・ままならないわ(うんうんと同意して)
        ふふっきっと貴方の想像通り、元々ひとところに留まれない性質なのよ、きっと・・・
        力を得るほどに、それで自分にどこまで出来るか試さずにはいられなかった・・・私には自分の事しか見えてなくて、あの町は平和すぎた・・勿体なかったのは確かだけど、悔いはないわ
        -- 2016-09-24 (土) 00:46:32
      • うわー、若いなぁ〜…!(しみじみ) 一所に留まれないのは割と同じだし、共感できるけども…平和過ぎたから出て行くってヤンキーの才能あるな…!(※褒め言葉?)
        まぁしかし意外なのは……自分の事しか見えてないって点だな。今これだけ他人の世話ばかり焼くお姉様がそんな感じだとはね
        …ちなみにその頃は美少女だったのかぃ? 一番重要だよそこんところ!(ワクワク) -- レクトール 2016-09-24 (土) 01:21:20
      • 若いもの(くすくすと)まぁなんだかんだでこの街には長くいるけれどね・・・ふふっそれ褒めてるの?
        粋がってた頃もあったってだけよ・・案外、今も変わってないのかもしれないけれど
        ふふっそりゃぁそうよ?(席を立つとごそごそと一枚の写真を出してくる・・・魔女の見習いと思われる数人の少女たちと指導者っぽい中年の女性が写っている物で・・あからさまな位に異彩を放つ、というかちょっと距離を置かれる感じでど真ん中に面影のある子がいる)
        (メガネやほくろといった特徴はそのままに純粋さと今以上の自信と活気に満ち溢れていて・・・それゆえに何処か人を見下している様な気配すらあった・・少なくとも優し気という印象は抱かないだろう)飛び出す直前、14歳くらいの頃のものね・・・可愛かった自信はあるけど、多分かなり生意気な子だったわ
        -- 2016-09-24 (土) 07:40:29
      • ふぅむ……まぁ猪突猛進なところは三つ子の魂云々ってところだぁな…。っと、写真があるのか? どれどれ……
        ああ、なんか癖の強いタイプの思春期時代なのが伝わってくるわ……中二病というか、若さゆえの万能感というか…教える側からすれば問題児だったかもしれんね
        洒落っ気は今の方が圧倒的だけど、可愛いっていう基準だと確かに可愛いかもしれん。俺ってばこういう跳ねっ返りの子、嫌いじゃねーのよな〜
        手間がかかる子ほど気になるっつーかなんつーか…! (ルクと見た目が同じ年頃くらいのカレリアを見れたからか、はしゃぎ気味に失礼なことを口走っている) -- レクトール 2016-09-24 (土) 21:08:12
      • ふふっその位勢いは大事なのよ
        でしょう?ふふっ見せておいてアレだけれど、少し恥ずかしいわね(くすくすと困った様に笑って)
        そう?ふふっ出会うのがちょーっと遅かったわね・・(はしゃいじゃってと肩を揺らしながらぴんと嘴を指で弾いて)
        -- 2016-09-24 (土) 21:50:27
      • いてっ……そう言うカレリアさんだって恥ずかしいとか言ってる割に意気揚々と写真見せるよな? いつの間にかアルコール回ってるのか、はたまた羞恥プレイなのか
        ……この頃に会ってたら、まぁ可愛がりはしただろうなぁ…けど、それだけで終わったかもしれん。俺にも目的はあるわけで
        いつまでも跳ねっ返り娘に構ってなかっただろうさ……アヒル、じゃなくてニヒルだからな俺は。なんつって〜
        (ロリコン疑惑はあるが、少女時代のカレリアがレクトールにどれだけの影響を与えるかは微妙なところである…多分)
        それに、今のカレリアも別の意味で眼を離せないからなぁ……結局脳筋気味な面は現在進行形だもんよ -- レクトール 2016-09-24 (土) 22:04:23
      • ふふっそこまで恥ずかしくないと思ったんだけどいざするとねぇ・・・(羞恥プレイなのかしらと肩をすくめて、やっぱりグラスはあんまり減ってない)
        そうね・・・私もこの頃じゃぁ・・貴方を説得できた自信がないわ・・・全部ぶっ壊そうとするだけで、しようとすら思わなかったかも
        ふふ・・そこは曲げられないわ、私が私である事の証明みたいなところがあるもの
        -- 2016-09-24 (土) 22:23:52
      • …酒は減ってないし、ただの羞恥プレイですな(断定) しかし黒歴史をそこまで恥ずかしがらないタイプっぽいのは判った
        「全部ぶっ壊そうとする」って凄い響きだな…姉御らしいや。俺ぁそういうゴリ押しはまったく考えねーから…(だから惹かれるのかもしれんが)
        まだまだ酔いも浅そうだし、今夜はもっと姉御の昔話を聞いていこうかね? へっへっへ……
        (その日はそんな感じでカレリアの過去話をひたすら聞きに徹する鳥なのであった……) -- レクトール 2016-09-24 (土) 22:34:57
      • 笑い飛ばせる位には受け入れてるって事よ・・・汚点と思ってないのかしらね
        でしょう?・・私の習った魔法は当人の意識が大事だから、下手をしたら当時の方が力強かったかもしれないくらいよ
        えー・・流石に恥ずかしくなってくるわぁ(とか言いつつ写真を手にこの子に言い寄られたとかこの先生はいい人だったとかいろいろ話していく・・・結局酔うほど飲まなかったって話だ)
        -- 2016-09-24 (土) 23:18:11
  • (赤と白銀の鎧を身に着ける・・拳を振るい蹴りを放って一通りの型を試して)
    うんっ!いい感じね・・最強装備って感じだわ(うむうむと頷き)・・・間に合ってよかったわ・・
    -- 2016-09-20 (火) 01:52:18
  • (そっとカレリアの部屋のチラシ入れに鉱石関係のセールのチラシを入れる) -- ももんじ屋の店主 2016-09-10 (土) 00:59:01
    • 鉱石のセール・・?(何かあったかしらと考えて)・・まぁ偶にはいいかしら? -- 2016-09-10 (土) 18:57:37
      • (カレリアの元にかなり強力な魔力を纏った全身鎧の入った大きな木箱が魔物の手によって届く)
        (梱包材と共に丁寧に収められた鎧は以前の物と作りはあまり変わらないがその色合いは炎の様な赤銀と穏やかな白銀を放つ)
        (鎧を持とうとすれば想像以上に軽い事に気付くだろう、だが使われている金属量に偽りは無い)
        (ヒヒイロカネと共に用いたミスリルがまず極めて軽い事と重量の精微な分散がそれを成しているのだ)
        (そして鎧に残された魔力の容量はきっかりゴーレムの付呪分)
        あー、それで伝言だがゴーレムの付呪を終えた時点で基本的な魔術の攻撃にも滅法強くなるそうだ
        耐炎耐氷耐雷の力以外にも容量一杯な状態が壁になって音魔法やら精神魔法とかが通りにくくなるとか
        (ドゥエルガーから受け取った伝言を伝える白いカモノハシの様な魔物) -- ももんじ屋の店主 2016-09-18 (日) 22:23:52
      • 来たわね・・・(赤と白の鮮やかなカラーリングに)いいわねっ控えめで主張しすぎない感じがqst063718.png
        (その軽さと作り、付与の具合を確かめながら)ん?・・・ふふっやっぱり♡期待した通りね?(それはその分だけ味方の付与も受け付けなくなる事を意味するが・・・それを差し引いても余りある効果だ)
        いい仕事をしてくれたわ・・はいコレ(用意していた報酬と手間賃を渡して)ありがとうと伝えておいて(とその嘴にちょんとキスして)
        -- 2016-09-18 (日) 22:36:02
      • (アイア○マン程ではないがそれに近い派手さを持つ鎧に控えめ…?という顔をしつつ)
        後は耐性の方の解呪なんかも気にしなくていいらしいぜ、ゴーレム魔術の方は対処は出来んそうだが
        その辺りの細かい説明に関しては企業秘密らしいんで俺からはなんともだけどな
        (だがその理屈は極めて単純だ、目に見えない程細いミスリルの糸を板金に「縫い付け」古代のルーンを刻む事で常時耐性を得ている)
        (ミスリルの糸作りもドゥエルガー達の用いる古代のルーンも酷く古い技術で黄昏の内に消えてしまった技術だが)
        おうおうこりゃあ運び人なのに随分な役得貰っちまったな(キスを受ければ愉快げにしつつ代金を受け取る)お礼にいい感じの褒め言葉も付け加えておくぜ
        じゃあこれで…(人目についても問題の無いよう姿隠しの帽子を被ると帰って行った) -- ももんじ屋の店主 2016-09-18 (日) 22:51:46
      • せっかくの耐性がレジストされたら大変だものね・・・(ふむふむとよく観察し)ゴーレム文字と同じ・・言葉自体に力があるタイプね・・
        ふふっ運ん来るのも立派な仕事だもの・・・ありがとっお願いね?(とウィンク、帰っていく店主を見送って)

        よし・・・じゃ、行きましょうか(慎重にルーンの刻まれていない部分を探して・・・そこに)・・さすがにかった・・・(ちょっと苦労しつつ力を収束させて「אמת」を刻み込み、この子の為にあしらえた人格を投影する)
        さぁ・・起こして、アレックス・・・新しい仲間よ(こうして新たな鎧を手に入れた)
        -- 2016-09-18 (日) 23:04:34
  • 酒場にて、少し変わった依頼が貼り出された。「旅行者募集!」……依頼主から提供された資金で遠くの国に行くというものらしい
    興味があればもっと詳しく読むとよいだろう……(※この依頼は鳥と交友が深く、且つ霊圧がありそうな方に送られています) -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-09 (金) 22:42:13
    • (依頼書を見たとき、一文目でこれだと気づけた)
      ・・・何が「一つのことしか視れない」よ、それが目をそらしてるっていうのよ(いよいよだというのに、全然心が躍らなかった・・・気が重いというより興味が持てなかったという方が正しい・・・もう好きにすればいいんじゃないかと)
      (「もし、本当にレクトールが道を誤ろうとした時は……貴女が止めてほしい。そして出来れば彼を…少しだけでも支えてやってほしい…」)
      (それでもやると決めたのは最期に聞いた彼の言葉があったからか)・・面倒くさい・・・
      -- 2016-09-09 (金) 23:45:29
  • カレリアさん、この前はどうもありがとうございました。今はまだ戦いの前に力をつけている段階なのですがお礼に、と……
    何かして欲しい事とかはございますか? お礼になんでもしますので……! -- シィホ 2016-09-08 (木) 09:53:29
    • そう?なら一晩付き合って・・・なんてね?女の子が気軽に「なんでも」なんて言っちゃだめよ?(くすくす笑って)
      そういえばシィホに相談しようとした事があって、忘れてたわ・・・(とスパイダーシルクの反物を出してきて)前にカーネルからもらったものなんだけれど・・いざ作ろうとすると中々インスピレーションがわかなくて・・どんな服がいいかなーって
      -- 2016-09-08 (木) 10:28:00
      • 一晩……ええと、お酌とかでしょうか……! それとも魔術研究の助手とか……どちらでも構わないのですが……?
        ふむ、カーネルさんが……となると例のスパイダーシルクでしょうか。服……カレリアさんだったら三角帽子でもお似合いな気がしますけれど
        うーん……これからの季節を考えれば涼しげなワンピースでもありですが、オールシーズン着られるものというのも良いですよね
        何かご希望とかあるのでしょうか -- シィホ 2016-09-08 (木) 10:32:04
      • ふふっやめておくわ、それよりこっちね(とシルクのほうへ)
        そうそう、スパイダーシルク・・・染められるらしいけれど折角なら素材の色を生かしたいのよね
        そうねぇ・・・プレミア感を考えると一つの季節を想定したいかしら・・・あの子は冬服だったし、私は夏服かな?・・確かにワンピースはシンプルだけどいいわよね(うんうん)
        -- 2016-09-08 (木) 21:40:50
      • うぅむ……そうなってくるとワンピースか薄手のブラウスあたりが良いかもしれませんね
        あくまでシンプルにしつつ……と言っても素材が高級ですからそれだけでも高級感は出そう……
        季節……衣装の種類。要望があるのならお聞きしますよ -- シィホ 2016-09-09 (金) 10:11:26
      • そうそうっそんな感じ・・いいわね
        ふぅむ・・・夏・・ワンピース・・・定番すぎるかしら?・・露出を抑えた上品な感じが好きなのよね・・・(いざ言われると迷う・・・迷うから相談したのもあるが)
        -- 2016-09-09 (金) 19:58:19
      • 良いのではないでしょうかワンピース。カレリアさんの黒髪なら白い服にも映えると思いますし
        そして麦わら三角帽子をセットで……! -- シィホ 2016-09-11 (日) 21:28:02
      • ふふ・・そうね・・・やっぱりそれがいいかしら・・・
        (うん?と考えてみれば海の時にそんな恰好をしていた気もしたが)まっ別にいいわね・・ありがとうシィホ・・参考になったわ
        -- 2016-09-11 (日) 23:40:02
      • ええ、ある程度のデザインの希望……カレリアさんなら多分スケッチとかでもいけそうですから
        案をくださればこちらでリファインして(行間で)お作りしますので……!
        では、ええっと……お代は要りませんので。それをお礼にということ……でもないですけれど
        また何かわたしで力になれることがあればいつでも言ってくださいね、何でもするので
        (もじもじ)え、えっとその……カレリアさ……お、おねえちゃん……の為なら! (言い逃げしてぴゅーっと去っていった) -- シィホ 2016-09-11 (日) 23:44:28
      • あら本当?ふふっそれはありがたいかも(あの時はこんなの着てたわねと当時の写真を出してみたり)
        (何言ってるの?とくすくす笑って)えぇ・・そういうことで
        ・・・おねえちゃん?(あれぇそういうノリでいいの?とちょっと驚きつつも楽しむようにして見送った)
        -- 2016-09-12 (月) 00:45:00
  • 『ウォォォォォーーッ!!』
    (白昼堂々、目に痛い真紅の異形が建物の屋根を飛び回る!どこかを目指して直進し続けているようだが進行方向にたまたま魔女の姿を捉えた!) -- 紅い異形 2016-09-07 (水) 21:15:30
    • (なんか前にもこんなことあったなぁと思いつつ)・・・(トコトコと横に動いてよける感じに) -- 2016-09-07 (水) 21:24:07
      • 『そこなおねーさん!ここの近くにフシミ神社っつー古くせえ神社はねーナリか!ひっさしぶりにこの辺来て道がわかんねーナリからして、よかったら案内してほしーナリが…』
        (美人を捉える目は鋭いらしく、わざわざ横に動いた魔女の目の前で歩みを止めて道を聞くついでにナンパを開始する…) -- 紅い異形 2016-09-07 (水) 21:26:40
      • (騒がしいのに話しかけられればきょとんとして)フシミ・・・あぁ知ってるわよ?・・・ふぅん・・別にいいわよ?(ついてらっしゃいと歩き出す)
        ・・・それにしても貴方、ずいぶん変わった格好をしてるのね?・・暑くないの?
        -- 2016-09-07 (水) 22:17:39
      • 『いやあ眼福眼福…』(服の上からでも解るケツの動きに、目鼻のない顔にも関わらず鼻の下が伸びるような…という意志を感じさせるスーツアクターのような動き)
        『ワガハイの体温は気温超えがデフォナリ!…まあワケあってハンサムフェイスを隠さなきゃならんナリな』(謎を漂わせてみる、『素顔』があるとでも言わんばかりだ) -- 紅い異形 2016-09-07 (水) 22:39:29
      • (振り仰いでにこりと微笑むと・・顎に指を這わせてくいっと視線を下から顔へと向けさせる)シャキッとなさい?
        まぁふつうは気温より高いわね・・・(うんうんとうなずくと肩をすくめて)なぁに、親戚に合わせる顔がないとか?
        -- 2016-09-07 (水) 22:57:43
      • 『は〜い』(言ってることと行動が真逆 よくある よくある)
        『ワガハイに後ろめたいことなんかねーナリ!……まあアレナリ、着るモノがなくて…』(変身をとくといまは全裸になっちまうんだ…と深刻な顔をしたふうなジェスチャーである) -- 紅い異形 2016-09-07 (水) 23:05:09
      • ふふ・・(わかっていない調子も特に気にした様子もなく、視線は異に返さずむしろアクセサリーとするかのように堂々と歩く)
        今まさに後ろめたい事をしておいてよく言うわ(親戚だって事は否定しないのねぇと思いつつ)・・じゃぁどこかで服でも買っていく?・・・そのままじゃくつろげないでしょう?(どう見ても臨戦態勢だ・・そんな姿のままああいう平和な場に連れていくのはちょっと躊躇う)
        -- 2016-09-07 (水) 23:12:35
      • 『いいねェ!おねーさんに服選んでもらうってんならワガハイ大歓迎!』
        (一方の赤いの、ころころと表情(顔のパーツはないマスクだが)を変えるようなオーバーなリアクション…カレリアの心配をよそに能天気である)
        『ワガハイはタケル!おねーさん名前は!』(などとあまつさえ口説きを再開) -- 紅い異形 2016-09-07 (水) 23:26:37
      • カレリアよ、あの神社の子達とは友達なの(仲良くさせてもらっているわと肩をすくめて、そこそこ上等な服屋に入る)
        ほら、自分のサイズ位わかるでしょう?好きなの選びなさいな
        -- 2016-09-07 (水) 23:44:50
      • 『っしゃあ!ありがてえナリ!』(と、言うが早いかそのへんの服をひっぺがして試着室に入り込むと…)
        ふー…これがワガハイのハンサムフェイスナリ!(試着室から出てきたのは赤髪の少年、ジャケットを着込んだ出で立ち…その顔はカレリアの知り合い、イザヨイに瓜二つである) -- タケル 2016-09-08 (木) 00:09:22
      • (飛び込んでいく様を見ながらくすくす笑って)ふふっ・・・子供っぽいとは思ってたけど・・なるほどそんなだったのね(ふむふむとじろじろ眺める)うん、可愛い(カッコいいとは言ってあげない)
        顔つきはイザヨイによく似ているけれど・・・雰囲気は紗牙ね・・(というか口調からしてそうだから彼のほうの関係者だと思っていた)
        (お店に代金を支払うと)それじゃぁ改めて、行きましょうか(神社のほうへと指示して)それで・・久しぶりというけれど実際どのくらいぶりになるの?
        -- 2016-09-08 (木) 00:27:51
      • はっはっは!ワガハイ美少年ナリからなー(作りが似ているだけであって崩れる顔と雰囲気からはイザヨイと真逆の印象を与える少年)
        ざっと1000年経ってるはずナリな!(自分もよくわからん!などとおおいばりで胸を張る)
        しっかしこの辺もだいぶ変わってるナリなー(自分のいたころとずいぶん様変わりした街並みを見て) -- タケル 2016-09-08 (木) 00:32:35
      • 1000年?まぁほんとうに・・?(まるでパズルのピースみたいに、この少年の収まるべき立ち位置がぴたりと嵌った)ふふっそれならしっかり旧交を温めないとね?
        そりゃぁそれだけ経っていれば変わるでしょうね・・・そういう時はね、変わらないものを探して楽しむのも手かもしれないわよ(なんて笑いつつ神社へ…)
        -- 2016-09-08 (木) 00:45:12
  • カレリアは、おしゃれですね…!(見るたびに衣装が違う気がしてははーと思う植木鉢) -- 植木鉢 2016-09-07 (水) 20:31:00
    • (そしてまたチェンジだ!)ふふっそう?ありがとうっ
      ・・・貴女も変えてみてもいいかも?植木鉢の色とか?
      -- 2016-09-07 (水) 20:41:42
      • あれっ…また違う!?(催眠術だとか超スピードだとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえもっと恐ろしいものの片鱗を味わってぷるぷるする植木鉢)
        鉢を!なんか以前にも、そんな話を、したような、気がします。色を…ふむー…… 虹色とかに、塗ってみますか? -- 植木鉢 2016-09-07 (水) 20:46:27
      • ふふ・・私のスタンドの秘密を暴かない限りうかつに挑むのは危険よ〜(ちょっとそれっぽい事言ってみる)
        いわれてみれば私もそんな気が・・・?・・明るめの茶にして爽やかさを出すとか・・?デザインを細身にしてみるとか?(うぅんとうなる)
        -- 2016-09-07 (水) 21:00:46
      • 気づいたら、こっちが、着替えさせられたり、してそうですね……
        なるほど…デザインを、変える、というのは。あまり、考えたことが、ありませんでした。細身の……!バランスを、取るのが、難しそうですね… -- 植木鉢 2016-09-07 (水) 21:08:33
      • ふふ・・・それ面白そうね(できない)そこは女の意地よ、ピシッと背筋を伸ばせば結構バランスとれるものよ
        何色がいいかしらね〜・・青・・・はあまり合わないかしら・・でも大胆に変えてみたいところよね〜(なんて考えつつちょっと見に行ってみる?と誘ってみる)
        -- 2016-09-07 (水) 21:23:25
      • 女の、いじ……!なんだか、よくわかりませんが、すごい言葉だ…!!
        ふむー、確かに、オレンジとかにしても、あんまり、変わんない気は、しますね。植木鉢は、全然センス、ないので!おまかせします!(がったんごっとんついていく植木鉢) -- 植木鉢 2016-09-07 (水) 21:29:45
      • 大事な事よ、覚えておきなさい(なんてウィンクして)
        ふふっそこはやってみないとわからないわよ?(うーんうーんといろいろ駄コラ当ててみる)・・・よくベルトの色と靴の色をそろえたほうがいいなんて言うけれど・・葉の色と合わせた緑(3)がいいかしら?・・・柄物(14)もかわいいけれど(悪ノリで11を当てながら)
        -- 2016-09-07 (水) 22:12:04
      • お、おぉー!いろいろ、ありますね!!(いろいろ当てられて)ふむー…
        7番や13番みたいな、丸いのも、かわいいですね!8番のスタイリッシュな、感じも、なかなか…お、おぉ?これは…歩けるのかな…?(11番) -- 植木鉢 2016-09-08 (木) 19:14:30
      • そうっそうなのよ・・7なんて赤みが多くなりすぎるかなと思うけど形がマイルドだからかわいくまとまるのよね
        8だとだいぶ背が高くなるわね(うんうん)ふむ(11は足をぶらぶらさせる感じでついてるから窓辺に置くと腰かけているように見えるタイプだ)・・ゴーレム化すれば歩いてもらえるかもしれないけれど・・・大丈夫かしら?(主にキャラ殺し的な意味で)
        -- 2016-09-08 (木) 21:44:32
      • ゴーレム化!そういうのも、あるのか!ううむ。ただでさえ、ともすれば不気味とか、気持ち悪いとか、言われかねない、植木鉢です。ぴこぴこと、歩いてきたら、それはもう、完全に妖怪…!
        んー、んー。新しい色を、追加すると、忙しくなっちゃうし、やっぱり13番が、かわいいかなぁ…?? -- 植木鉢 2016-09-08 (木) 22:05:11
      • でしょう?今の段階でも人によっては不気味と言われそうだけれど・・拍車がかかる確信があるわ
        ふふっじゃぁ13番ね(これくださーいと店員にお願いし・・・)はいっあげる・・・大して高いものじゃないから、遠慮せずに使いなさいな(使いつぶされたほうが渡した甲斐があるし植木鉢冥利に尽きるというものだ)
        -- 2016-09-08 (木) 22:11:53
      • あっちょっ、あっあっ待っ……えー!そんな!わ、悪いですよ…(といいつつやどかりの様にすゅるんとお引越しする植木鉢)
        …おお、おー。軽い、それでいて頑丈!(ぴょんこぴょんこする植木鉢)ありがとうございます!また、大事にします! -- 植木鉢 2016-09-08 (木) 22:25:08
      • 買うためにここに来たのよ?・・(と言いつつさっさとお引越しする様にくすくす笑って)
        ふふっ形の問題かしらね?・・・えぇ、そうしてくれるとありがたいわ(よしよしと撫でる)
        -- 2016-09-08 (木) 22:36:39
      • これは、割らかさないように、しないと、いけませんね……(なでられなでられ)それでは、またー!(葉っぱ振ってお見送りする植木鉢) -- 植木鉢 2016-09-08 (木) 22:42:42
      • はーいまたね〜(割れちゃってもまた買えばいいのよと軽い調子で見送った) -- 2016-09-08 (木) 22:47:25
  • 暫くぶりですカレリアさん。あの時は馬鹿(レクトール)を助けてくれて本当にありがとうございました…(深々と頭を下げる) -- 橘香 2016-09-02 (金) 21:17:06
    • あら橘香・・・魔王様の時の事?・・・私だって前に彼に助けられたからお相子よ・・
      ふふ・・・それにしても・・貴女がお礼をいうのね?(奥さんみたいだと楽しそうに笑って)
      -- 2016-09-02 (金) 21:25:37
      • あっ、違います! ほら、あの翼人2人組の時の…ええっと、あみ…アミーゴでしたっけ? そいつをレクトールが1人で倒しに行こうとしたあの夜です
        カレリアさんも浅からぬ因縁があるとかで、あなたからすれば助けたつもりは無いかもしれないですね。で、でも別に馬鹿(レクトール)を心配したワケじゃないですから!
        部屋に荷物置いたままアイツがくたばったら片付けるの大変だし、もし討伐し損ねたら街も危ないし…? そ、そういうアレです!(※安定のツンデレ) -- 橘香 2016-09-02 (金) 21:32:27
      • あぁ・・あの時・・・正直助けたなんて気がしていないわ・・逆よ、助けられたの
        ふふっはいはいそういう事ね?(くすくすと笑って)・・・彼は、あれからどうしてる?
        -- 2016-09-02 (金) 21:51:50
      • ???(助けられた、というカレリアの言葉に対して頭に疑問符を浮かべるガンスミスだ) レクトールですか?特に、変なところはないですけど……
        強いて言うなら、微妙に元気はありませんね。それと、あの夜の事をあんまり話してくれません…聞いてものらりくらりと躱されるんですよ
        まぁ、言いたくないのを無理矢理聞くのも癪なんで気にしないようにしてましたが……何かあったんです? -- 橘香 2016-09-02 (金) 22:00:17
      • (疑問符を浮かべる顔にこちらが首をかしぐ)そう・・・
        別に大したことはないわよ、私が一人で2人組の一人と対峙して、だまし討ちされそうになった処を彼がとどめを刺した・・それだけよ
        でもそう・・元気ないのね・・・(まったくもうと唸って)・・・まぁ私も会いに行かないでいたから・・似たような感じなのかしらね(駄目ねと首を振る)
        -- 2016-09-02 (金) 22:11:11
      • えっ?! そんなことになってたんです?し、知らなかった……ああでも、助けを求めたカレリアさんが無事だったのは私としては幸いでした
        カレリアさんは悪くないですよ。それに……ブラハムのおじ様が亡くなったので、私も若干ショックではありました。アイツは尚更だと思います…
        そうそう、レクトールは少し前にブラハムさんの遺体を故郷に返すために色々やってたみたいです。詳しくは私も分からないんですけど…
        (カレリアとアミールの因縁、レクトールとの会話を聞いていない橘香は彼の落ち込んでる要因は全てブラハム関連と思っている様子だ) -- 橘香 2016-09-02 (金) 22:25:32
      • (よくよく思い出してみれば彼女に助けてと頼まれたのだったか・・橘香が礼を言いに来るのも道理というものだった)
        ・・・・(誤魔化すように眼鏡を直して)そうね・・ブラハムには・・もっと生きていて貰わないといけなかったのに・・
        レクトールが・・?・・・そうなの・・戻って大丈夫なのかしら・・・彼を狙ってたのはあの二人だけらしいけれど、下手な事をして藪蛇になったりしないかしら・・(むむっとうなる)
        -- 2016-09-02 (金) 22:44:09
      • (※実は中の人も「そういやそんな流れだったな」と思い出したので橘香が来たというメタい話である)
        ああ、やっぱりその辺心配になります? 私もそう思ったんですけど……どうも直接国に帰って持っていったとかじゃないみたいです
        ブラハムさんの私物を整理してたら遺書らしきものが見つかったらしくて、その後忙しそうにしてましたね…私も自分の仕事があるのでよく分からなかったんですけど
        他には……本当はお墓参りもしたかったみたいなことは言ってましたね -- 橘香 2016-09-02 (金) 22:54:32
      • ・・・(「やっぱりその辺心配に」・・・ということは橘香もその辺りの事情は知っているのだろう)
        遺書・・・自分が死ぬ可能性を考えていた・・・あの手をみればそうも思うわね・・
        そう・・・(それはつまりお墓参りできないような方法をとったという事か、なんにせよ詳しくは彼に聞いてみないといけない)・・・ありがとう橘香、教えてくれて・・・
        -- 2016-09-02 (金) 23:10:55
      • ……なんで男の人って妙に諦めいい時があるんでしょうね (と、少し顔を伏せるのは自分の祖父か父親にもそういう面があったのか)
        あ、いえ…私もそんなに突っ込んで聞いてないので。むしろ全部教えられなくてすみません……
        なんというか、あの馬鹿(レクトール)とはあくまで鍛冶屋と客の関係に徹してきたせいか深入りするタイミングが分からないんですよ
        アイツもあれで自分の事は饒舌じゃないですし、私も根掘り葉掘り聞く性格じゃないので……私は純粋に「ガンスミス」で在りたいんですよね
        不器用なんですかね? 自分では職人気質と気取ってるけど…カレリアさんが少しだけ羨ましいです -- 橘香 2016-09-02 (金) 23:30:35
      • まったくね?・・・保険のつもりだったのかもしれないけれど
        いいのよ、本来彼の口から聞くのが筋だもの・・あとはこっちで聞くわ
        気にしなくていいのよ、いつもの手入れのときとか、元気ないなと思ったらそう聞けば・・鍛冶屋と客が仲良くしてたらいけないなんて道理はないでしょう?・・・なにより、貴女は鍛冶屋である前に橘香なのよ?関係性なんて枠組みは気にせずもっと自然体でいなさいな
        -- 2016-09-03 (土) 00:04:56
      • うっ…!? そ、それがなんか恥ずかしくて出来ないんですよねぇ……そりゃ、仲良くしちゃいけないってルールは無いですけども
        私の理想とするガンスミスはお爺ちゃんなんです。寡黙で、ただ求められた仕事を黙ってこなし、客の要求に必要十二分の成果を出す…
        そういう、クールな姿に憧れちゃったと言いますか…中二病みたいなものですね? あ、あはは……
        今もそのスタイル自体は自分の理想ですし譲る気はないんです。だから……うん、やっぱりただのワガママですね
        これが「橘香」なんだと思います。もっと器用に誰かの心のトゲを取り除きたいけど、今は銃を磨くことで精一杯の未熟者なんです
        ……悔しいけど、確かにアイツの言う通り…まだまだ1.5流かなぁ? そろそろ帰ります。銃を磨いた上で、他のことも出来る余裕のあるいい女をせいぜい目指しますよ!
        カレリアさんも私の目標とする女性像の一つなので、参考にしますねっ♪ それでは〜っ! -- 橘香 2016-09-03 (土) 00:21:58
      • ふふ・・・ま、そうしたいと思うのなら仕方ないわね(くすくすと笑って)でも・・ふふっ貴女に寡黙はちょっと似合わないかも?(今こうしてこんなに話しているのだしとこくこく)
        えぇ、頑張って・・・わたしが?(ちょっと嬉しそうに笑うと)またね(と見送った)
        -- 2016-09-03 (土) 01:23:52
  • カレリアさん……この前は何だかごめんなさい。失礼は承知の上でお願いするのですが……わたしに魔力を与えてくれませんか?
    それが駄目なら熱でも良いので……カレリアさんの力もお借りして戦いに臨みたいのです -- シィホ 2016-08-28 (日) 20:03:05
    • 行くのね・・・(不貞腐れていいのか悲しんでいいのか、応援したい気持ちも勿論あって・・・どんな顔をしたらいいかわからない諦め交じりの複雑な笑み)
      いいわよ・・・ふふっただ、私の魔力は熱とほぼ同義よ?・・・どういう形のがいいとか、希望はある?
      -- 2016-08-28 (日) 20:20:28
      • まだ、ですけれどね……今は戦いに備えて色々と準備をしようと思いまして……
        急なお願いで申し訳ないです。でも……おねがいしたいです……
        どういったものか……と言われると悩みますね。魔術には疎いもので……魔力を分け与えるにはどういった術式が必要なのでしょう?
        最悪熱のある魔術をわたしに向かってぶつけてくれる形でも構いませんよ! -- シィホ 2016-08-28 (日) 20:25:00
      • ふふ・・分かりづらかったわね・・・この前みたいにマフラーとかに込めればいつでも補給できるし、お料理に込めれば体内から効率よく入れられるはずよ
        ・・でも貴女の場合、熱としてなら普通に吸収できるのだったかしら・・・その方が慣れてるし、いいのかしらね?
        -- 2016-08-28 (日) 20:39:45
      • そんなに応用が効くものなのです……!? 魔力を込めた料理……ちょっと気になりますけれど
        ええ、この身に触れるもので熱であれば何でも吸収できます。エネルギー体だったらそのまま消滅させることも出来ます -- シィホ 2016-08-28 (日) 20:45:58
      • 別にただの料理よ、ただ実感としてはこう、ぽかぽかする感じかしらね?(うんうん)
        中々怖い性質ね・・・半面、今は利用しやすくもあるわね・・・ま、まだるっこしい事は此処までにしましょう・・・(そっと両手を差し出して)手を出して・・重ねて・・・
        -- 2016-08-28 (日) 20:54:20
      • 文字通り身も心も温まる料理……カレリアさんにぴったりなのでは(料理屋さんやれば儲かるかもって思い)
        はい……お願いします……(そっと両手を乗せて重ねる) -- シィホ 2016-08-28 (日) 21:18:04
      • ふふっありがとっ・・・料理にどうしても魔法がかかってしまって困ってるって子の為に考えた手法だったけれど・・いつの間にか自分でも使いこなせるようになっちゃったわ・・
        じゃぁ行くわよ・・・徐々にレベルを上げていくから、無理だと思ったら手を放してね?
        (そういうと目を閉じる・・初めはゆっくりと、掌を中心に熱を帯び始める)すぅ・・・・・・ふぅー・・(それは光を帯びながら徐々に苛烈さを増していく)
        (放出したエネルギーが留めさせられるかのように渦を巻き、魔力の風となって二人を取り囲む)
        ・・・はぁぁぁぁ・・・(わずかな身じろぎ一つしても、それを詠唱に魔法となって辺りがガタガタと揺れ動く、眩い程の輝きと焼けただれそうな程の熱は、しかして二人の手のあたりで留まり他に影響を与えていない・・・それほどの高密度の魔力流だ)
        (あまりに密度が高すぎる為か、風にキラキラと結晶化した魔力その物が混ざり始める・・・そんな感じにだんだんと熱と光が増して、まだまだ上がろうとする)
        -- 2016-08-28 (日) 21:33:57
      • はいっ……! うわっ……! (辺りを渦巻く風に驚きつつ)
        (触れた手が熱を帯びていくのを感じて)ええ、もっとお願いします……! 貴女の熱をわたしに下さい……
        全て受け止めてみせます……!! (ふわりとお互いのローブやポンチョが翻る)
        (触れている手はかなりの熱だが、カレリアに触れている部分は次第に冷めていき、彼女を自分の魔力で傷つけまいとし)
        まだいけます……! お願いします……全力を……! -- シィホ 2016-08-28 (日) 21:52:19
      • ・・・■■■■■■■■■■・・(「私を気遣っているわね」そう呟いた声は、やはりその発声自体が魔女空手の詠唱になり、炸裂の魔法となってあたりに響き渡る)
        (ぽろろんっとこの場にそぐわない琴の音が響き始める・・・カレリアの琴型魔導器だ、これにより生じた青白い光の盾が二人を覆い、外への被害を失わせる・・それは同時に炉の如く熱を内側に留める仕様だ)
        (二人の頭上に白い光が降り注ぐ・・・やはりカレリアの光の杖によるものだ、これにより万一があっても怪我は癒される)
        ・・・・・・・・(準備が整えばそっと息を落ち着かせて)・・っ!(さらに魔力の放出と圧縮を一段階あげる・・・地上に太陽が生まれたと見紛うような奔流の中、山吹色の魔力の結晶がよりはっきりわかる形で表される)
        ・・(純粋な魔力の顕在化はここらが限界か、あとはここから)すぅ・・・・・・(あれほど吹き荒れていた風と閃光がぴたりと止まる)
        (代わりに重ね合わせた手の中にある熱が桁違いに膨れ上がる・・風や光という形で表れていた分を純粋な熱量に変えたのだ)・・・連れて行って・・私の力・・
        -- 2016-08-28 (日) 23:21:34
      • (山吹色の光に包まれれば瞳を閉じて彼女の握った手に意識を集中させる……)
        (目では見えなくてもはっきりとわかった。彼女の優しいいつもの表情が)
        (マフラーを作ってかけてくれたこと、温めるように抱きしめてくれたこと……そして)
        (今カレリアの力の片鱗が確かに、熱として伝わってきた、恐ろしいほどの熱量に身が焼けるほどの熱さに包まれる)
        んぐっ……(それでも彼女の思いを無駄には出来ない。必ず、全てを……力に変えて……)わかりました、受け取ります! カレリアさんの力……!
        (二人を黒い光が膜を貼るように包み込む、その正体は……腰にある翼だった)
        (翼が二人を包み込んで、次第に……触れた手の熱が消え去った、それと同時に黒い光の膜も消え)
        ……はぁぅ……(ふらり、とよろめいて倒れこんだ) -- シィホ 2016-08-28 (日) 23:31:04
      • ・・・・・・(黒い翼が触れ、顕在化していた分の魔力がすべて吸い尽くされた)・・すごい・・
        ・・?!・・・シィホ!(倒れ掛かる彼女を慌てて抱えて)無理と思ったら離せって言ったでしょう?・・この子は・・・(仕方ないわねと微笑みながらそっと撫でて)
        -- 2016-08-28 (日) 23:38:00
      • 無理なんてしてないです……(よろめきながらも起き上がって微笑み)
        確かに……カレリアさんの力、受け取りましたよ……きっと……無駄にはしませんから……
        (撫でられれば安心感からか瞼をぱちぱちさせて……瞳を閉じて、そのまま眠ってしまった) -- シィホ 2016-08-28 (日) 23:43:12
      • ・・・んもぅ・・(なんて苦笑する・・・寝入るのを優しく見守るとベッドを貸してあげて)
        ・・・ごめんなさい・・ホント言うとね・・貴女を見くびっていたわ・・私の全力を受け止めきれる子がいるだなんて思いもしなかった・・・だから本当にすごい・・
        歩めば地震、駆ければ彗星、揮えば嵐、吼えれば炸裂・・・その気になれば山だって軽く消し飛ばして見せる・・その力、存分に揮いなさい(寝ているシィホの頭を優しく撫でながら言いつけると、静かに台所へと向かっていった・・・気になるなんて言われたら用意しない訳にはいかないのだった)ミネストローネがいいかしらね?
        -- 2016-08-29 (月) 00:03:41
  • そういえば。植木鉢も、労働を、始めました。みんなには内緒で、こっそり、ですけど。(たい焼きの入った紙袋を持って(?)やってくる植木鉢) -- 植木鉢 2016-08-24 (水) 22:29:26
    • まぁっそれはいいことね?お金が貰えればできる事も増えるでしょう?・・・あら・・そのたい焼き・・貴女がつくったの?(わぁおっと嬉しそうにして)
      ・・・・・・(頭の上のつぼみっぽいのを突く)
      -- 2016-08-24 (水) 23:05:19
      • そうですね!でも、植木鉢にはまだ、返さなければいけない、借金が、たくさんあるので……(どんよりしつつも)
        …あっ!そうです!えへへ、もう二ヶ月くらい、焼いてるので、だいぶ上手になりました!どうzひゃぁん!?(つつかれてびくっとして紙袋落としそうになり)
        ………えっち(じと目で口とがらせる植木鉢) -- 植木鉢 2016-08-24 (水) 23:10:34
      • ・・なぁに借金なんてしちゃったの?まだ色々始まったばかりでしょうに・・・(呆れたように)何があったのよ?
        おっと(落としそうになった紙袋を受け取って)ふふ・・・ふぅん?(怪しげにほほ笑む)
        そんなえっちな所をさらけ出してる貴女は何なのかしらねぇ♪(なんだかやたら楽しそうに植木鉢を持ち上げると、つぼみに唇を寄せてくる、青少年のなんかがあぶない!)
        -- 2016-08-24 (水) 23:25:38
      • はい。今の植木鉢のおうちを、お団子屋さんに建ててもらったので、そのお代金を。まだまだ、しばらくかかりそうです。
        な、何をするだぁー!あわわわ…待って!まだ、できたてで、びんかんで…ほ、ほぉぉ…(ぷるぷるする植木鉢) -- 植木鉢 2016-08-24 (水) 23:31:21
      • あいつ・・こんな小さな子に借金させているの(むっっとちょと怒ったように)
        (めっちゃぷるぷるしてるつぼみにちょんっとキスをして、震えてる様を満足げに眺めてから解放する)ふふ・・かわいいんだから・・・さ、たい焼き、食べましょう?(がさごそ)
        -- 2016-08-25 (木) 00:03:58
      • む。植木鉢だって、花が咲いたら、もう大人ですよ!(小さな子、と言われて頬膨らます植木鉢)
        ひゃぃぃ……(びくっと体を震わせ、解放されるとさらに頬が膨らむ) むー!! あ、食べます!(が、すぐに笑顔に戻る) -- 植木鉢 2016-08-25 (木) 00:14:21
      • まだ咲いてないじゃないの(つんつん)・・・その花って・・植木鉢から出たあの姿の時も頭の上に咲いてるの?
        (解放されてさらに膨らます様子に「もっとされたかったの?」と楽しそうに)えぇ・・(半分こして)頭側としっぽ側どっちがいい?(なんて選択を迫る)
        -- 2016-08-25 (木) 00:21:44
      • ひゃあ!!(びくびく)きゅ、急に触るのは、ダメです!ダメ!! んっと、これ、自分では見えなくて。でも、多分、ついてると思います。
        わーい!わー……え、えっと…!頭の方が、あんこが……ん?しっぽ側かな……んん??んんん…??(うーん、考え込む植木鉢) -- 植木鉢 2016-08-25 (木) 00:25:33
      • ふふっ震えちゃってかわいいんだ〜♪(なんてからかう様に言って)見えてないって・・・鏡とか持ってないの?駄目よ女の子がそれじゃ(んーっとごそごそ探して手鏡を出す)はい、あげる
        よく言うのは頭側の方が餡子が多いという話ね・・最近はしっぽまで詰まってるって話だけど・・というか、働いているなら分かっているんじゃないの?(はい時間切れ〜っと笑って頭側を渡す)
        -- 2016-08-25 (木) 00:42:18
      • えっ、えっ。こ、これはさすがに、いただいていいもの、なのでしょうか……!(自分の顔を右から左からいろんな角度から見てみながら)
        何か、ひっかけなのかな、と思って……(渡されるとそのままぱくり、もぐもぐ)ん!やっぱりおいしい!さすが、植木鉢です!
        (その後もしばらくお話したりからかわれたりして楽しく過ごしてから帰りました) -- 植木鉢 2016-08-25 (木) 00:52:20
      • なに遠慮してるのよ(くすくす笑って)女なら鏡くらい持ちなさい・・(かわいいんだからと笑ってなでる)
        (もぐもぐ)うん、おいしっふふ・・・いい腕しているわよあなた・・(なんて笑って楽しんだとか)
        -- 2016-08-25 (木) 01:11:04
  • お茶しに来ましたぜー! -- 四季 2016-08-24 (水) 00:42:42
    • いらっしゃい四季、ふふっなんだか久しぶりに見た気がするわ
      (お招きしてお茶とクッキーを出しつつ)元気にしてた?
      -- 2016-08-24 (水) 07:36:00
      • むぐぅ、すまない…色々とこうダウン気味なんだぜ…(うぐぐぐっ、となりつつ)
        (クッキーを食べながら机に突っ伏して)うーん、そこそこ元気! -- 四季 2016-08-24 (水) 22:08:03
      • ふふっなでなでしてあげましょうか?(なんてからかうように笑って)
        元気って動作じゃないわよそれ・・・精神的な物みたいだけど、こればかりはどうにもできないわね・・・時間が解決してくれると願うしか・・・それも保証はないけど
        -- 2016-08-24 (水) 22:13:02
      • カレリアさんったらまた子ども扱いして…えぇっと、それをされて、オレにどうしろっていうのさ、本当に!
        (取り合えず身体を起こしてお茶を啜って一息ついて)まぁこういうこともあるさ、ってやつじゃねぇかなー! -- 四季 2016-08-24 (水) 22:30:45
      • 元気になればいいのよ(ひどい)そうでないなら存分に甘えていいのよ?(うんうんと)
        そうねぇ何だかんだいいつつ私もちょっとぐだり気味だしねぇ・・・ふふっでもこうしてお茶でも飲みながらのんびりするのもいいじゃない?
        -- 2016-08-24 (水) 23:03:03
      • まぁ別に何があったってわけでもないし、こういう平凡も悪くないって事で一つ
        うぅ、いけないぜカレリアさん…喜びも悲しみもいらない、ただ植物のように穏やかな人生をとか思想を持つにはお互い若すぎる! -- 四季 2016-08-24 (水) 23:10:00
      • ・・・そうね・・そう・・何があった訳でもない・・か(ふぅと息をついて)
        あら?美味しいもの、楽しいこと、そして怠惰に時間を過ごすと楽しむには事欠かないじゃない そこまで無感動の境地でもないでしょ(クスクス笑って)
        -- 2016-08-24 (水) 23:22:24
      • む、む、なんかごめん…オレ変な事言っちまった?ま、また変なところを踏み抜いてしまったかもしれない…!!
        そうだよーっ、だからこう良い事を探してるんだけど中々見つからないもんだよねカレリアさーん(足ぶらぶらーっ) -- 四季 2016-08-24 (水) 23:36:49
      • ふふ・・・ごめんなさいね?・・ちょっと思い出しちゃって・・・気にしないで?(困ったように笑う)
        んー何があるかしらね?(ほほえまし気に足ぶらぶらしてる様を見て)ふぅん・・・何か遊びでもする?カラオケとか、飲み比べとか・・・賭けとか?
        -- 2016-08-25 (木) 00:04:09
      • 何かあったのかぜ、ってこれはあんまり聞かないほうがいい感じのあれだよな、多分っ
        …ギャンブルで身を崩しまくった人たちを知っているオレとしては、それだけはやめようぜ、といわざるをえない! -- 四季 2016-08-25 (木) 00:07:18
      • んー・・ちょっとね・・・?・・あんまり楽しい話題じゃないから(うんうんと)
        それもまた一つの楽しみという話よ・・・四季は賭け事をする上での秘訣って知ってる?
        -- 2016-08-25 (木) 00:18:23
      • むぅ…そうか、ごめん…では何も聞かないでおくよ俺も…
        秘訣?えぇっと…胴元がぜったい勝つように出来てる、とかじゃなくてか? -- 四季 2016-08-25 (木) 00:53:14
      • なんの事はない、楽しむことよ・・・
        初めに持ってる事を楽しみ、増える事を楽しみ、減っていく事を楽しんで、最後に全部なくなる事を楽しむの・・・
        だから例え変な罰ゲームを設けたとしても、それを受けさせることも、受けることも楽しんでしまえば、勝ち負けなんてどうでもよくなるのよ(うんうんとうなずく)・・・これはほとんどの勝負の世界に言える事よ?
        -- 2016-08-25 (木) 01:15:05
      • じーっ・・・じー・・・じぃーっ・・・!
        ・・・つまり、カレリアさんは負けたときのあの、先生たちみたいな罰ゲームでも許容するってことか・・・?
        流石にソレはやめておいた方が良いとオレはおもいます! -- 四季 2016-08-26 (金) 19:12:32
      • ・・まぁさすがにパンツ洗ってないまで楽しめる自信がないわね・・・(しれっと)
        でも意識してかしてないか、イェチンにはそれが出来ている・・あの子はすごいわ(うんうん頷いて)
        -- 2016-08-26 (金) 21:48:24
      • 後ついでに凄い過激な格好になるのもだぜ?
        …凄いにも色々あるんだなと、今改めて実感しました! -- 四季 2016-08-26 (金) 22:27:23
      • そんな変な恰好してたかしら?・・・(変態仮面とかラバーがそうかと首を振る)うん・・・
        まぁ、それくらいの荒療治をするのも、元気になる一つの手かもしれないってだけよ・・無理だと思ったらする必要はないわけだし(よしよしと撫でて)
        -- 2016-08-26 (金) 23:33:07
      • だよね、うん、変な服装だったよな…っオレが止められていれば…くそう…!
        う、うーん…良い気もするけど。そこに至るパワーも無いと中々大変
        ってうあー、なでるなー!?(ぱったぱった) -- 四季 2016-08-27 (土) 00:28:32
      • ダメよ、止めたとして止まる人たちじゃないもの(くすくすと楽しそうに笑って)
        あら?撫でられるのは嫌?・・なら好きになるまでね!(くらえーとそのままうりうり撫でてみて)
        -- 2016-08-27 (土) 00:50:25
      • ぐ、確かにそうかも!?(なでられながらだらーんとして、なでられ続けると若干困るように手足をばたつかせていたが)
        (暫くするとされるがままになりはじめ)ふふココから先は、根気比べ、というわけ、だな・・・ふふふ
        (そういって途中でギブアップを宣言したりするだろう) -- 四季 2016-08-27 (土) 01:00:45
      • (くしゅくしゅと髪をなでて、丁寧に整えたり、悪戯するみたいに耳をくすぐったり)ふふっ・・大人しくなっちゃって
        (猫でも撫でてるような気分で頬杖つきながらにこにこなでなで・・・)ふぅん?・・ギブアップって事は、もっと可愛がってもいいって事かしら?(ふふん?と楽しそうに)
        -- 2016-08-27 (土) 12:06:02
  • (扉の隙間に、手紙を挟んで帰る。「隕石を発見しましたので、ご都合良き時に、お越しくださいませ チェル」)
    (手紙の二枚目には丁寧に自宅までの地図が描かれていた) -- チェル 2016-08-19 (金) 02:06:38
    • はや!・・・すごいわね・・隕石なんてそうそう見つかるものじゃないと思ったのだけれど・・・(とりあえず今日はダメねとうなずいて) -- 2016-08-19 (金) 02:11:09
  • よっ…そちらさんも、鳥のおっさんのせいで結構大変だったみてぇだな?
    …とはいえ、全然見た感じ支障がなさそうなのは、流石って所かねぇ…(こっちは半分白髪頭に)
    あぁ、もう知ってるとは思うが無事こっちも片づけた…今年は平和な年に…したかったんだがなぁ -- リカルド 2016-08-18 (木) 21:12:37
    • 大した事じゃないわよ(思い出してしまうのか、表情は晴れないが・・・レクトールといい巨鳥といい怪盗といい、最近そんな事ばかりだ)
      (そしてまただ)ちょっと、何よその髪?手も・・随分老け込んじゃったじゃないの・・・一体どんなやり方をしたのよ
      -- 2016-08-18 (木) 21:50:48
      • …そうかい?…まぁ、何にせよ気分のいい事じゃなかったのは確かだがな(こちらも、欠損ギリギリな一般人が多く出ただけに苦笑いで)
        …ん?あぁ、そりゃ俺の奥義はそういうもんだからな…分かりやすく言うと、寿命を使わねぇと威力が出ねぇ
        元々俺は気だの魔力だのはほとんどねぇからな…ブーストかけれるのはそこだけだった…ってとこだな(肩を竦め) -- リカルド 2016-08-18 (木) 22:10:08
      • それはまた、馬鹿な選択をしたわね?(言い方はキツくともその声に嘲りはなく、純粋に労わる者のそれで)
        そんな事して、得られるものはあったの?(ボロボロな手をそっと取って重ねる・・・その手は陽だまりの様な温もりを帯びてリカルドを包み)・・・もう長くはないわね・・(自身のヒーリングが大して役に立ってないのを感じる)
        (ふっと微笑み)・・・鳥どもと決着をつけたのは去年の末じゃない、もう無茶しないでゆっくりなさいな(そうすれば一年は持つかもしれないわよと)
        -- 2016-08-18 (木) 22:24:08
      • もっと違う選択肢もあったかもしれねぇ…しかしその時の俺にはそれしか見えず、そして今更変えるには遅すぎた…まま聞く話ではあるがな?
        ん?何にもなかったな、命を削って成し遂げたかった事もなくしちまった…あぁ、一応エルオとイェチンの治療はされちゃいるがな(見た目は普通、だが既に気はズタズタで)
        あぁ、一応は後一つ懸念が出来たのは…幸いにも、俺が無茶する必要性がねぇからな?色々と調べたりはするが、やるときは後ろから眺めさせて貰うさ(この手の男の言葉は信用できないが) -- リカルド 2016-08-18 (木) 22:44:28
      • ふふっ男の人ってなんでか皆そういう傾向がある気がするわ(嫌ねまったくと首を振る)エルオにダメなら私には手も足も出ないわね(それでも手は離さずに)
        うそつき(そう言って呆れたようにほほ笑む)どうせレクトールかお弟子さん周りの事でしょう?・・・貴方としてはたぶん次か、その次辺りが最期になる・・そんな所かしら
        -- 2016-08-18 (木) 22:53:48
      • 馬鹿な生き物だからな、男ってのは(カラカラと笑い) いわばこれは気の欠損だからな…エルオはそこまで治せねぇ訳だ
        …この事はエルオには内緒で頼むぞ?一応バレてねぇ…とは思うんだがな(気にするだろうと)
        嘘ではねぇさ(ただ、何かあれば動くつもりではあり) …不吉な予言者ってのは、嫌われちまうぞ?(否定はせずに) -- リカルド 2016-08-18 (木) 23:06:30
      • 少なくとも今の貴方を見て気づかないとは思えないわ・・・でなければ相当隠すのがうまくないとね?
        ふふ・・・やっぱり?占いは落第だったのよ・・・でも、不吉と思うのはまだその死に納得がいっていない証といえないかしら?・・より良い形に収めたいという気概がまだあるって、信じていいのよね?
        ・・・不吉ついでにもう一つ・・仮にもしこの世に運命という物があるのなら、それは意思によってベクトルの定まる力よ・・・蝋燭は最後に最も輝く、その力の使い方はよく考えるべきだわ・・・貴方にはわかりきった話かもしれないけどね?(苦笑して)
        -- 2016-08-19 (金) 01:55:51
      • …バレてっかなぁ…あんまり疑り深い性格とは思えないし、気の類読むの得意じゃなさそうなんだが…まぁ、その場合はしゃあなしだな…こればっかりは
        ふむ、なるほど。まぁ、今の件で死ぬのは後悔を残す事になるのは間違いねぇからな…あぁ、そりゃそうだ。俺だって死にざまくらいは選びてぇしな?
        …意思か…ま、最後の燃やし方については…昔よりはマシな使い方に出来るとは思ってるんだがな(カラカラと笑い) -- リカルド 2016-08-19 (金) 21:40:50
      • バレてる・・というより何とかして留めたいけどどうしようもなく止まらないと気づいてしまう・・といった所かしら・・・あの子の事は深く知らないけれど、もしそうなら、とても悩んでいるかも知れないわね・・
        時には見守る事も大事という事かしらね・・・導くだけでなく、当人たちに答えを導かせる・・・自分が手出しできない、ともすれば危険な目に合わせてしまうというのは、とても辛い事だけれど
        そう、意思のベクトル・・その集合による潮流よ・・・使うというのなら、今さら止めた所でどうにもならないのが悲しい所ね・・・貴方とはもっと早く出会っておきたかったわ・・・出来れば、取り返しがつくくらいにね
        -- 2016-08-19 (金) 22:54:40
      • そこらへんは、あんまり心配はしてねぇなぁ…あいつらなら答えに辿り着けるだろ、という感じさえする。俺は背中をちょっと押すくらいでな
        それに、多少のバカやっちまうのは…俺も人の事言えたもんじゃねぇんでな?
        …さて、あの当時の俺にあっても聞く耳があったかねぇ…なにせ、復讐しか頭になく、自分の命すら手札だったからな…失った直後で、仲間と言う存在を遠ざけてたともいうが
        ま、人間ってのはいずれ死ぬ…そう悲嘆はしてねぇよ俺は(すべてを失い、すべてに絶望し、その先に悪くない今があるだけに)
        さてと、そんじゃ鳥のおっさんの事よろしく頼むぜ?(手をひらひらと、悲壮感はなく帰り) -- リカルド 2016-08-19 (金) 23:19:00
  • カレリアお姉ちゃーん♪とってもとっても寒いので温めてくださーい
    (そういいながら歩み寄るらんの体からはほかほかと湯気が立ち上っていた、おそらくライブかレッスンの後) -- らん 2016-08-17 (水) 21:28:45
    • はぁいらん・・ふふっなんだかもう温かそうに見えるけれど?(なんて言って笑ってからベンチに座って膝の上をぽんぽん)
      今日も頑張ってたみたいね?
      -- 2016-08-17 (水) 21:31:11
      • そんなことないですよ?きっとライブ衣装を脱いだら寒さでブロイラーの気分を味わえると思います
        うんっ、ファンの人が増えて曲が増えたからさっそく練習をしてきました!(ぽよんと柔らかな重みがカレリアの膝にかかる) -- らん 2016-08-17 (水) 21:33:39
      • そう、それなら冷えちゃわない様にしないとね?
        へぇ・・どんな曲かしら?楽しみだわ(柔らかな重みにそっと抱くように手を回す・・・ぱぁっと陽だまりの様な温もりが二人を包んで)
        (赤い髪・・金の瞳・・・珍しい色合いだ、そうそうある物じゃない・・ツインテールが疑念をますます助長する)
        -- 2016-08-17 (水) 21:48:39
      • 二つ増えたけどどっちも恋愛系なのです、一つはW告白されて悩む女の子の歌で…(少し恥ずかしそうにはにかみ、ぽかぽかと照れて体を暑くする)
        今日は髪型もバッチリ決まってるからライブすればよかったかなーって思ってるんだー(大分尻尾を掴まれているものの、平然としている、悪いことをしている自覚はやはり薄いみたい) -- らん 2016-08-17 (水) 22:00:43
      • ふふ・・・なに恥ずかしがってるのよ〜・・共感しちゃうような出来事でもあったかしら?(なんて笑ってつんつん)
        そうね・・よく似合っているわよ(限りなく黒に近い白だが・・背が違う、体型が違うと頭の中であれこれ理由をつける・・・違うのだと信じたいのだ)
        -- 2016-08-17 (水) 22:11:28
      • ふぇ!?そ、そういうんじゃないよっ、でもでもアイドルをしてると男女問わずにすきって言って貰えるので
        時々そういうの(同性同士)想像したりはするけれど…
        わーい、カレリアさんがそういうなら間違いないよっ、いつもそばで見ててくれてるんだもん?(どこか心ここにあらずな様子に首を傾げて)
        カレリアさんこそお悩みを抱えてたりしませんか?私でよければ相談に乗るよっ! -- らん 2016-08-17 (水) 22:28:00
      • ふぅん?・・・それってつまりその曲って女の子同士のって話なのかしら・・(そっと、意味深に梳くように髪をなでて)
        ・・・そう・・そうね・・・ありがとうらん・・・(その言葉はうれしいけれど、どう言っていいのか迷う)
        ・・・悩みは多いわ・・今は、怪盗の事ね・・・辞めさせたいのに、どうしたらいいのかわからないの・・・(ぎゅっと抱きしめて頭に顔をうずめる)
        -- 2016-08-17 (水) 22:45:44
      • そういうわけじゃないと思いますよ?(ふふふ、とくすぐったそうに肩を竦めて)
        怪盗さんに辞めて欲しいのですか?中々難易度が高いお悩みですね…(なんて言ったら良いかなぁ…と視線を落として)
        何か目的があって盗みをしている見たいですし、目的を果たしたら怪盗をやめちゃう…とかは無さそうデスかね?
        (以前カレリアが自らを犠牲にしてでもと、しがみついてきた事が蘇る、当人はあくまでも争ったり怪我をさせるつもりが無かっただけに未だに心に残っているらしい) -- らん 2016-08-18 (木) 05:56:20
      • ・・・・・・その口調はやめなさい(きっぱりと言いながら、はっきりと確信するのを感じていた)
        そうね・・・目的を果たせば一度は止まるわ・・でもそれは、また目的が出きれば犯罪を再開するって事よ・・・怪盗にとって盗みは忌避するべきものではなく、栄光と共に休止した物になってしまうのだから
        (ぎゅぅっと抱く手を強くして)だから・・・だからね?怪盗の言う「本当の持ち主の証拠」を手に入れても、本当は完璧じゃないの、「だから盗んでもいいんだ」じゃなくて正当な権利を主張して合法的に取り返す、正しい手順を踏んで・・自分の行為は間違っていたのだと認めさせないと
        ・・・今からでも、そうする事はできない?・・らん・・・(しっかりと抱く手は逃がさないというかのようでもあって)
        -- 2016-08-18 (木) 08:11:02
      • はわっ?!(いつもと違う声のトーンにびくっと縮こまる)…確かに本当は悪いことをしてるのですからね
        あんな風にたち振る舞うのは自分勝手に見えるかもです(カレリアの抱きしめる手に手を沿えて)
        えっと…?(もしかして、私に…と自分のことを話かけるが)もし私が怪盗さんなら、とても心強い言葉だと思います
        (でも、話したら怪盗として知られてしまった幾つかのですろーに関する謎を追求されるかも
        そして何より善悪の判断が難しい年齢だからこそ、怪盗ごっこはこの事件が終わるまで、と決めてそれで大丈夫だと思っているらしい) -- らん 2016-08-18 (木) 12:46:58
      • ・・・そう・・ね・・・そうだといいわ・・
        (悲しげにそっと手を放して)ごめんなさいね?貴女のことじゃないのに(もう一回頭を撫でた)
        -- 2016-08-18 (木) 15:37:52
      • はいっ、なので元気を出してください(心の中でごめんね、とカレリアの言葉に重ねて呟いて)
        いいんだよっ、わたしも時々冒険に出ていると心配されるからそれと同じできっと、怪盗さんのことを心配しての言葉だと思うので
        (自分の中の怪盗にかけてくれた言葉に感謝をしつつ、万円の笑みで抱きつく、その笑顔にきっと嘘はない) -- らん 2016-08-18 (木) 20:36:24
      • (抱き着かれながら違うそうじゃないのだと思う、でもこの状況にどう折り合いをつけていいのかわからない・・・ただ心配をかけているとわかっていても止まらない様子がひたすらに悲しかった)
        嫌われてもいい・・・あの子がしている事は遊びで済まされないのだと伝えたいの・・・だから、次は必ず止めるわ・・
        -- 2016-08-18 (木) 21:47:19
      • (心配をよそにやる気を燃やすらん、幼い心にはいささか刺激の強い体験なので取り憑かれた様に夢中なのだ)
        そこまでですか…カレリアさん…ううん、大人の人の気持ちが時々分からないのです…(離れてぺこりとお辞儀をするとじゃあまたね、と手を振る) -- らん 2016-08-18 (木) 22:07:21
      • 貴女にも、いずれわかるわ・・・(自分と同じ年頃か、子供ができた頃には・・・その時に、悔いが無いようにと改めて決意を込めて見送る・・・いまここで捕縛するべきだったのではと何度も考えながら) -- 2016-08-18 (木) 22:13:13
  • (吐息がすっかり白くなったころ、危なっかしい手つきで二つのボールでお手玉してみせる)
    ん、やっと、できるようになった! -- イオ 2016-08-13 (土) 23:40:44
    • (ほほえまし気にお手玉する様子を見てから)
      (ぱちぱちと)ふふっおめでとうっできるようになったのねっ
      (//ぶんつうで!)
      -- 2016-08-13 (土) 23:45:27
      • (拍手してもらうとにへーっと笑う)遅く、なった。 でも、イオいっぱい練習した
        (そして約束通り、お礼の品も持ってきていて)できるようになったから、また来た。 これ、イオからのお礼。 もらって?
        (真白でふわふわなうさぎのぬいぐるみだ。 どうやってお金を稼いだのかと言うと…もしかしたらカレリアは知っているかもしれない)
        (時折川辺や噴水近くなどでイオが何気なく歌っており、多くはないがお金を置いていってくれるヒトがいる)
        (// おやすみなさいませー) -- イオ 2016-08-13 (土) 23:50:17
      • そうみたいね、手に馴染んでる・・相当触れたんだって事がわかるわ・・・
        お礼?・・・(そっとぬいぐるみを受け取って)まぁ・・・ふふ、ふわふわね?ありがとう(嬉しそうに微笑んでみせて)
        ・・・時々、貴女が歌っていたのを見たわ・・上手なのね?
        -- 2016-08-14 (日) 11:24:18
      • イオ、あんまりうまくできなかったから。 時間かかったけど。
        白い服に、似合うと思って、これにした。(こくこく) やっぱり、似合う。 真白で、綺麗。
        見てた? イオは、気づかなかった。 イオは…愛玩用、で、コウキュウヒン、だから、調整されてる。 ヒトを喜ばせるために、歌とか、楽器とか。 -- イオ 2016-08-17 (水) 21:01:10
      • でも、今はこうしてできるようになっているじゃない?それでいいのよ(よしよしと撫でる、その手は陽だまりの様な温もりを帯びてイオを包む事だろう)イオ・・・イオっていうのね?私はカレリアよ、よろしくね?
        ふふっありがとう(にこっと笑って、どうしようかと暫く考えてから帽子の上に乗せる・・・しゅるりとリボンが巻き付いて固定された)・・ふふっ帽子に乗せるにはちょっと重いかしら
        あいがん・・・高級・・・(それらの単語に表情が硬くなって)そう・・上手だったわ、すごくね(また、今度はもっと優しく労わる様な手つきだ)・・・その・・主人の方とかはいらっしゃるの?
        -- 2016-08-17 (水) 21:20:03
      • (嬉しそうに目を細める その様子はもっととねだる子供のようだ)もっとはやく、くるくるできるように…練習する。
        カレリア…? ん、名前、聞くの忘れてた。 よろしく、ね。 イオは、イオ。
        お、おー! 帽子、かわいい!(ふわっとした素材でできているため帽子を押しつぶしてしまうこともなく、ちょこんと固定された)
        ん!(褒められると嬉しい) んーん。(今度は首を横に振り)ご主人は、もういない。 おじいちゃんだから、死んじゃった。 -- イオ 2016-08-17 (水) 22:17:18
      • ふふ・・(なんだかねだられてる気がして、どんどん撫でたくなる・・なでなでなで)頑張ってね?そしたらもーっとほめてあげる(なんて言ってほほ笑む)
        でしょう?(よしよしと頷く、さすがに汚れてしまうだろうから、普段は部屋に置いておこうと決心)
        あらそうなの・・・じゃぁ今は一人なの・・・?・・大丈夫?大変じゃない?
        -- 2016-08-17 (水) 22:28:24
      • がんばる!(やる気が出たようだ)
        平気。 イオは、自由。 楽しい事、いっぱいしてる。 すごく、楽しい!(にぱっと笑った)
        川に行ったり、オモチ食べたり、ごろごろしたり、お金もらったり。 色々、色々、楽しい、ねぇ? -- イオ 2016-08-17 (水) 22:42:05
      • (やる気の出た様子にうなずき)・・・そう・・楽しいのならいいの・・(つられたようにこちらも笑って)
        ふふ、そうね行きたいところにいって食べたい物を食べて、楽しいわね?(うんうんと)・・・でももし、寂しくなったり、辛いと思う事があったのなら、いつでも私のところに来てね?・・きっと力になれるから
        -- 2016-08-17 (水) 22:55:25
      • 寂しい…? イオ、他のヒトにも、言われた。 でもきっと、アタリ。
        イオは、きっと、ずっと寂しい。 でも……いろんなヒトと、お話すると、ちょっと暖かい、ね。 それも、最近わかった。
        だから、また…お話して、ほしい。 -- イオ 2016-08-17 (水) 23:05:11
      • そう・・・そうよ、きっと・・寂しいのね・・・
        うん、勿論・・・私でよければいつでもお話しの相手になるわ(にこっと笑って頷いた)・・・その・・おじいちゃんなご主人様って・・どんな人だった?
        -- 2016-08-17 (水) 23:19:13
      • ん? ご主人? ご主人は、芸術が好きで……
        (ゆっくりと思いだすように語り始めた)
        (買ったモノに対してそれなりに優しかったこと、マナーには厳しかったこと、お金持ちだったこと)
        (そして、彼もまた、寂しかったのではないかと言う事)
        ………話すと、不思議。 今まで、わからなかったこと…考えてなかったこと、も、出てくる…気がする。 懐かしくて、暖かくて、ちょっと寂しい…思い出。 -- イオ 2016-08-17 (水) 23:33:19
      • そう・・・(とつとつと語りだす言葉を聞く)・・・いい人、だったのね・・・
        (また、労わる様に優しくなでて)それが悼むという事よ・・・なくした人との思い出を大事にするの・・
        -- 2016-08-18 (木) 00:05:26
      • いたむ…? ん、そっか。 ご主人は、……んー……多分、そんなに悪いヒトじゃない。
        だからイオは、思い出を大事にする、ね。(その後も少しだけ談話をして別れた) -- イオ 2016-08-18 (木) 22:17:26
  • えーっとメモの住所だとこの辺り……(ドアを二度ノックして)ごめんください、おいででしょうかー? -- パンツ洗ってないチェル 2016-08-16 (火) 23:39:28
    • (//気づかなかったごめん…ぶんつうで!)
      (戸を開けて)はぁい?・・・あら貴女・・(ちょくちょく見かける顔だわとうなずいて)
      -- 2016-08-16 (火) 23:50:29
      • (//了解いたしました、申し訳ない!)
        あっ突然失礼致します、こちらに魔女さんがお住まいとマ…グレイさんにお伺いしたのですが、お姉さんでお間違いないでしょうか?(にっこりと笑顔で) -- パンツ洗ってないチェル 2016-08-17 (水) 00:04:15
      • ・・・マ?・・・あぁグレイにね?(マ・・・マってなんだろう?と思案しながら)
        えぇ、たぶん私がその魔女、カレリアよ、よろしくね?(にこっと笑って部屋にお招きして)
        (席を勧めてクッキーとお茶なんかをお出ししつつ)それで・・私に何か用なのかしら?
        -- 2016-08-17 (水) 01:38:48
      • よかった…カレリアさんですね、私はチェルと申します、どうぞよしなに(スカートの両端をつまんで軽く礼をし、招かれるままに室内へ))
        はい、単刀直入に申しますと、とある鉱石…ロンズデーライト、もしくはメテオライトを探しておりまして…(頂きます、と軽く頭を下げて茶を一口)
        その入手に必要な、星を落とせる(物理)魔女を探しているのです。 -- パンツ洗ってないチェル 2016-08-17 (水) 01:55:58
      • 知らない鉱石ね・・どういうものなの?聞いた感じだと隕石に含まれていそうだけれど・・・
        星を落とせる魔女ねぇ・・・心辺りがあるとしたらなこぴーだけど・・・あの子最近姿をみないのよね・・・(むむむ?と唸って)
        -- 2016-08-17 (水) 02:26:44
      • なんでも現存鉱石で二番目に硬いとか。隕石がこの惑星に衝突時にできる鉱石なのだそうです。
        …ふふふ、私も最初その方を紹介されて、同じ団子屋さんに間借りしてるので様子見たのですけど…長いこと戻られて無いようで……(苦笑)
        やはり難しい案件……遺跡なんかを漁るほうが早いのでしょうかね…… -- パンツ洗ってないチェル 2016-08-17 (水) 02:37:17
      • 隕石の衝突時に・・・それは変わっているわね・・・そうねぇそうそう簡単に見つかるような物じゃなさそうだし
        (ふむと考えて)・・・でも、隕石の衝突って・・それだけなの?元々何かしら特別な材質とかじゃなくて?・・それなら案外、衝突と同じだけのエネルギーを生み出せばできちゃったりしてね?(なんて笑って)
        -- 2016-08-17 (水) 02:56:00
      • (笑うカレリアを見て、止まる。あの時竜の鍛冶屋は何と言っていたか、何をすればできると言っていたか)
        ……あぁぁぁあそっか、そっかそうですか!!!それですよカレリアさん!(ガタンと立ち上がって)
        そうだ最初っから降らせる必要なかったんです!鍛冶屋さんは「降らせて貰うだけではダメ。降らせて貰い、ソレを強い衝撃で砕くといい。メテオインパクトが必要」って! -- パンツ洗ってないチェル 2016-08-17 (水) 03:05:02
      • なぁに急に大きな声出して(きょとんと)
        降らせてもらい、強い衝撃で砕く・・・(脳内にピッチャーとバッターの構図が浮かんでる)それって条件キツくなってない?(くすくすと)
        なんにせよ、それなら岩塊を相応の勢いで飛ばせばいいのかしらね?・・それなら何とか出来そうよ?
        -- 2016-08-17 (水) 03:15:56
      • つまりあれですっ、既に落ちて存在してる隕石にソレを行ってもオッケーということ成らないでしょうかっ?(包帯だらけの両拳をギュッと握って)
        …ほんとですかっ、出来ますか、落ちてきてるの探してくれば大丈夫ですかっ(そわそわとしだして) -- パンツ洗ってないチェル 2016-08-17 (水) 03:26:42
      • それは確かに・・・(うん?っと考えて)落っこちたのを砕けばいいのかしら・・・てっきり迎え撃つように破壊するのだと思ったわ・・
        まぁどちらにせよ・・えぇ、たぶんできると思う・・・やったことはないけれどね?(うんうんと頷き)
        ふふっそわそわしちゃって、まだ見つかったわけじゃないのよ?・・・それにしても、なんでまたそんな物が必要になったの?
        -- 2016-08-17 (水) 03:50:15
      • ほら、落ちてきてるのは既に衝突済みなんですし…ね、いけそうですよね!……流れ星ホームランじゃなくて大丈夫、の、はず……
        (満面の笑みで)やったっ…じゃあ後は探しだすだけっ……あ、はい(姿勢を正して座り直し)
        ちょっと前の武器を力入れすぎて砕いちゃって…ソレより硬い武器が欲しいと、鍛冶屋さんに依頼したら材料にそれを提示されたのですね。 -- パンツ洗ってないチェル 2016-08-17 (水) 04:04:38
      • ホームランでなくていいのなら難易度はぐっと下がるわね
        武器を砕いたって・・・どんな力で使ったのよ(呆れたように言って)それで二番目に固いって物に手を出すことにしたのね(なるほどと唸って)・・・それで解決するといいけれど、もし上手く行かなかった場合、発想の転換が必要になるかもね
        -- 2016-08-17 (水) 04:19:48
      • それくらい固くないとまた壊れちゃうので……(苦笑しながら)
        その時はその時で、またその時に考えればいいのですよ、きっと。物は試しっていい言葉です(眉をきりりとして)
        さて…それでは私は隕石の所在を探したらまた参りますので、本日は夜更けに大変おじゃまいたしました。お茶、美味しかったです(笑顔で軽く頭を下げて)
        もし何かそれらに関する情報ありましたら…いつでもご情報お待ちしておりますので、よろしくお願いします(住所を書いたメモを残していった) -- パンツ洗ってないチェル 2016-08-17 (水) 04:27:22
      • 武器に限らずすべての道具は消耗品よ、どれだけ強固なものでも叩く程に疲労は蓄積し、いずれは破断する・・・その問題とどう向き合うか・・貴女が対処するべきなのはそこだと思うわ
        えぇ、それじゃぁまた・・・上手く行くことを祈りましょう(ぱたりと手を振って見送った)
        -- 2016-08-17 (水) 04:36:30
  • あっちでも、こっちでも、くりすます、ですが。 くりすますって、何でしょう?(首?をかしげる植木鉢) -- 植木鉢 2016-08-13 (土) 20:06:27
    • 元々はある人のお誕生日なんだけど、今となっては・・・うん、ただのお祭りね?(うんうん) -- 2016-08-13 (土) 20:12:56
      • お誕生日…お祭り…なるほど。どうりでみんな、楽しそうなのですね。(しほちゃんイェイ〜を思い出して納得する植木鉢)
        それにしても、冬は、寒いですね……ぶるる。 -- 植木鉢 2016-08-13 (土) 20:24:10
      • あれは単純にシィホの誕生日だったけれど・・・ふふっそういう事ね?
        あらあら、大丈夫?(よいせっと抱え上げると魔力で温かく包んで)火とか出せても寒いのはダメなのね・・むしろそうだからこそ、なのかしら?
        -- 2016-08-13 (土) 20:45:09
      • シィホは、かわいくて、人気者ですね!(抱っこされてぽかぽかぬくぬく、ほっこりする植木鉢)
        はい、もー、寒いと全然、元気が出ないです……レンガのおうちがなければ、危なかったかも、しれない…… -- 植木鉢 2016-08-13 (土) 21:40:55
      • (ほっこりしてる植木鉢をよしよしと撫でて)
        まぁレンガの家なんて作ったのね?・・凍ったりしないようにするのは大事ね・・・
        (んー・・と考え)普通の植木鉢とかなら屋内で育てればいいから楽なのだけれど・・・毛布とか用意してあげたらいいのかしら?自分の火で火事になっちゃったりしないかしら・・・
        -- 2016-08-13 (土) 22:01:26
      • はい、作っていただき、ました!次は、おかねをかせぐ…かせぎかたを…
        ……ありえる……(故郷の小火騒ぎを思い出して曇る植木鉢) ……だっだ、だいじょぶです!あんまり寒い日には、お外うろうろしないように、したり、とか!しますので!! -- 植木鉢 2016-08-13 (土) 22:12:58
      • お金・・・やっぱり必要なの?土と水だけじゃ生きていけないかしら・・・?(何ができるだろう?と考えている)
        んー・・・日は通しても風は通さないビニールハウスみたいなのが必要なのかしら・・・とりあえず今はこれをつける?(っとクリスマスパーティでもらった紫のマフラーを巻いてみて)
        -- 2016-08-13 (土) 22:22:15
      • お腹は空きますし、やっぱり、あれやこれや、したいと思ったら、おかねが必要で。イェチン師匠は、ろてん?てっぱんやき?がよさそう、って言ってました。
        そんなものが…お、お(マフラーを巻かれて)わ、あったか……え、え、いいのです??これ、あったかいですよ…??? -- 植木鉢 2016-08-13 (土) 22:31:26
      • ふぅん・・・?ふふっいいんじゃないかしら?鉄板焼き・・・燃料費はかからなそうだし・・・貴女に興味があるのなら、あとは元手をどうするかね?
        いいのよ、私より貴女に必要そうなものだから・・・ふふ、貰い物でよければだけれど
        -- 2016-08-13 (土) 22:55:33
      • そうなのです、ねぇ……食べるのは、好きだから、作るのも、面白そう!なのですが。まずはお勉強も兼ねて、どこかに弟子入り!でしょうか。
        ほぉぉ……ありら、ありがとうございます…(ほかほか)あのっあの!おかねが稼げるようになったら、ちゃんと、おれいをしますので!!ちゃんと!!1 -- 植木鉢 2016-08-13 (土) 23:05:08
      • お勉強かぁ・・・お料理のって事よね・・・・ふふっそれなら私にご飯を作ってみる?・・よくできたらお給料あげちゃうわよ?
        (ちょっと噛む様子をほほえまし気に見ながら)そうね、その時を楽しみにしていようかしら?・・・まぁでも、最初は焦らずゆっくりとね?
        -- 2016-08-13 (土) 23:27:35
      • お料理もそうですし、お店のこと、とかも。何の道具を使うとか、何にも知らないので。ご飯は……それからで!!
        あ、はい。焦らず、ゆっくりと。でも、植木鉢は頑張りますよ!!(ぐっと葉っぱを握り)それではまた!(葉っぱを振って、がらがらとスケボーで帰っていく植木鉢) -- 植木鉢 2016-08-13 (土) 23:40:40
  • メリークリスマスくじの結果だよ、やったね、クリスマスケーキが当選だよ、それと残念賞だね(ケーキをオレオ1個を置いて行った) -- サンタ 2016-08-13 (土) 00:06:08
    • まぁっ♡ありがとうサンタさん♪
      ね?貴女も一緒にケーキ食べていく?(切り分け)
      -- 2016-08-13 (土) 00:08:15
  • 今日は随分と奇抜な恰好だな、何かめでたい行事でもあるのか -- カーネル 2016-08-08 (月) 20:50:24
    • めでたい・・確かに10月の末ごろにはハロウィンがあったわね、この服もちょっと意識してるし
      でも秋ごろは大体こんな感じね・・・でもそろそろ冬なのよね(一番のお気に入りなので衣替えが近いとちょっぴり憂鬱)
      -- 2016-08-08 (月) 20:53:44
      • お前は随分と衣装持ちのようだな、会うたびに違う衣装を着ているような気がするし………着た切りの私とは大違いだ
        前置きはこのくらいにして………(荷物から折りたたんだ反物と糸を置く)そんなお洒落なお前のために例の布を持ってきたぞ
        注意することは依頼のとき説明したように普通の刃だと切れにくいので裁断するときは魔法の武器か呪付の刃を使うことくらいだな、他に質問は? -- カーネル 2016-08-08 (月) 21:01:32
      • せっかく女に生まれたのなら着飾らないと駄目よ、貴女もね?(なんて言ってウィンクして)・・・っていうか汚れないの?着たきりで・・・(顔を寄せてスンスンと)
        まぁっこれが件のスパイダーシルクねっ(わぁおと嬉しそうに手を合わせ、その手触りを確認する)
        そうね・・いくら頑丈でも編み物だから糸は通るとして・・染める事はできる?・・・説明を聞くと普通の染料じゃ無理そうね・・
        -- 2016-08-08 (月) 21:29:10
      • ちゃんと洗濯してるからな?毎朝沐浴に合わせて洗って乾かしているから不潔ではないはずだ………たぶん(一応念のため自分でも嗅いでみたり)
        (蜘蛛のそれとは思えない程に純白の布はシルクの如き光沢を持ち滑らかな手触りをカレリアの指先に返す、まさしくスパイダーシルクの名に相応しい)
        気に入ったようなら良かった。何だったら引っ張ってみるといいぞ、おそらくお前が全力で引き裂こうとしても力を込めても千切れないからな
        ああ、染め物か………それは大丈夫、よほど特殊なものでもなければ普通の染料も使えるはずだ
        若干普通のシルクより染まりにくいがその時は重ね染めするなり媒染の配合を変えるなり調整してみてくれ、布自体が丈夫だから何度か重ねてもそう簡単には痛まない -- カーネル 2016-08-08 (月) 21:45:09
      • ・・・匂いはないから大丈夫ね・・それにしても、そういう使い方をしても美しさを保っているあたり、相当強い布だとわかるわ
        蜘蛛の糸って感じがしないわ・・手触りも光沢も、いい布ね?・・・・・む?そういう言い方をされるとムキになっちゃいそうね(ジリっと手に魔力がこもって)・・・やめておきましょう(やめた)
        そう?・・それはよかった・・一気に使い道が広がったわ・・(うんうんと嬉しそうに)ありがとうカーネル・・・・貴女もこれで新しい服を仕立てるのかしら?
        -- 2016-08-08 (月) 22:12:25
      • (苦笑しつつ)魔力を込めたら流石に千切れるぞ、影蜘蛛の糸は魔力の通りがいいから。それゆえ呪符術や紋章術を刻みやすいのが利点でもあるんだが
        あとは火に弱い、まあ火に強い布なんて滅多にないが………対火と抗魔の印でも刺繍するなり護符を編みこむなりしておくといいかもしれない
        ああ、私はシィホに頼んで代えの服とローブを一着ずつ作ってもらっている。最初は店に注文するかと思っていたんだが聞いてみたら出来ると言われたのでな -- カーネル 2016-08-08 (月) 22:22:37
      • あ、そうなのね?でもそれならゴーレムにもよさそうかしら・・・・・・まぁ火はね・・そっちは何とかするわ(うんうんと)
        あらシィホに?・・・ふふっあの子デザイナーとかしているらしいし、いいかもしれないわね?・・・どんな服になるのか興味があるわ(楽しみそうにうなずいて)
        -- 2016-08-08 (月) 22:35:34
      • 服は今のと似たような物を………外套の方はどうなるかな、冬用の寒さをしのげるような丈の長いものを注文しておいたが
        ん?(デザイナーと聞いて首を傾げる)てっきり趣味の延長だと思っていたがそんなに上手だったのか………
        料理に裁縫にと。将来はハウスメイドにでもなるつもりなんだろうか、あいつ -- カーネル 2016-08-08 (月) 23:03:14
      • 趣味でやってたらショーの衣装を頼まれたとかなんとか・・(それってつまりデザイナーでしょうとうんうん)服に外套ね・・ふふっ楽しみだわ・・・
        んー・・・料理も裁縫も、それなりに程度なら普通の技能じゃない?・・・まぁ服を作るとか一定以上は難しいでしょうけれど、貴女だってこうしてはたを織った分けだし?
        -- 2016-08-08 (月) 23:22:18
      • ………そんなものか(もしかしてあのくらいの年頃ならみな出来て当然なんだろうかと、何もできない自分と比較して表情が曇る)
        いや、それは………(魔法を使って簡単に編んだとも言えず)まあ、そうだな………うん
        カレリアの言う通りだな、この程度は出来て当然だよな、ははは -- カーネル 2016-08-08 (月) 23:35:46
      • ・・・・・・できないのね?(確認するように)ふふ、簡単な縫い方くらいなら教えられるわよ? -- 2016-08-09 (火) 19:23:27
      • ………………簡単な物ならできる(もちろん魔法を使ってだけども)
        大体こういうことは得意な奴がやればいいんだ、『木の全ては何かの役に立つ』………適材適所、
        (うんうんと頷いて)私はそういう事が得意な星の元に生まれなかったのだから、それは仕方ないことなのだよ -- カーネル 2016-08-09 (火) 19:32:35
      • 誰だって最初は不得手でしょうに(くすくすと)まぁ困らない範囲でできるのならいいんじゃないかしら?
        ・・・・・・お料理の方はどう?さすがにこっちはできないと困るんじゃない?(しつこい)
        -- 2016-08-09 (火) 19:48:58
      • 料理なんぞ作らなくても食うには困らないし………森の恵みを貰って食べればそれで充分だし………(レパートリーは一種類)
        で、でも一応この間シィホと一緒に作ったぞ、私がメインを担当してシィホがシチューとサラダをそれぞれ作って一緒に食べた
        あいつも美味しかったと言ってくれたし、贔屓目に見た分をさし引いてもきっと味は悪くないはず………
        ………大体そういうお前はどうなんだ?人に説教できるほど料理が得意なのか?大鍋で煮込んだ薬湯を料理とか言って出すんじゃないだろうな -- カーネル 2016-08-09 (火) 20:08:12
      • やだ・・ちょっとかわいいかも(○○だし…と言い募るカーネルの頬をつんつく)
        ふふっなんだできるんじゃないの?メインって何を作ったのかしら・・・お肉はダメなのよね?たしか・・・(んー?と考えて)
        (きょとんと)からかいはしても説教してるつもりはなかったのだけど(からかってはいた)まぁお店を出せるとまでは言えないけど、普通に困らない程度にはできるつもりよ?(うんうん)それに、薬湯だってちゃんと作れば美味しいのよ?
        -- 2016-08-09 (火) 20:19:36
      • (指から逃げつつ)やめんか!と、とにかく!森の中では火を焚けないからアールヴ的にはこれでいいんだ、私が特別に劣っている訳じゃない
        ずっと昔に一度だけ作ったことのある料理があってな、人の言葉でいうなら『豆のガレット』あるいは『豆のクレープ』といったところかな
        アールヴにとって馴染み深い食材の豆類を雑穀の生地で包んで食べる料理で、月影の森では苗木から古木…子供から年寄りまで広い人気がある
        (出来ると聞けば少し打ちひしがれた様子で)………そうか、まあ出来るなら結構なことだな、うん
        不味ければ良いというものでもないが美味い薬湯と聞くと、いまいち有難味が無いと言うか………まあ美味い薬湯が作れるくらいなら腕も舌も確かなんだろ -- カーネル 2016-08-09 (火) 20:37:51
      • アールヴって火を使わないの?まったく?(ちょっと驚いたように)
        (ふむふむと話を聞いて)・・・生地って火を通してないのかしら・・(そこがちょっと気になったりもしつつ流して)郷土料理という事ね・・ふふっいいじゃないの、異文化交流って感じで素敵よ
        なんでちょっと残念そうなのよ・・一人暮らしが長ければ自然とできるようになるものよ?・・・それにしても一度しか作ったことがないって・・ご実家でお母さまから習ったりしなかったの?
        体に良いものを合わせて煮込む・・・そう考えればスープと同じだもの・・・工夫の余地はあるわよ
        -- 2016-08-09 (火) 21:34:24
      • ちょっと語弊があったな
        まったく使わない訳ではなく使うときは最小限にするという方が正しい。そんなわけで長時間火を使うような食事は炊事役が森の全員分纏めて作るんだ
        つまり炊事役がやるものなんだから私が料理をやる必要はない、とまあ………そういう理由だな、わかりにくくてすまない
        ………それはそれとして、私の普段の食事は木々から果物や木の実を貰って済ませているから別に料理する必要も無いというものあるし
        母様は常日頃から忙しい方だったから料理など習った記憶はないな、出来るかもわからん。例のガレットも乳母から教えてもらったものだ -- カーネル 2016-08-09 (火) 22:01:29
      • へぇ・・・そういえば前も全員で子供を育てるみたいな事言っていたものね(面白いわと頷いて)
        それで済ませられるのなら炊事役がちょっと病気になったりしても大丈夫そうね・・・でもそれだと栄養が偏らないかしら・・・(むむむ?と発育状態を眺める)
        そう・・・(どっちについて尋ねようかと考えて)・・・乳母さんって、どんな人なのかしら・・・(いい人そうねと笑って)
        -- 2016-08-09 (火) 22:26:58
      • (観察するような視線に気が付き)その辺りは気をつけているし、たまに街で食事もしてるから大丈夫だ
        乳母が気になるのか?ふむ(流石に随分と昔の事なので目を瞑りながら頭の中から引っ張り出す)………そう、うちの森では珍しい出戻りだったな
        月影の森は閉鎖的だが何かの用や使命を帯びて長期間外で生活する者も少数居る、乳母役も確かそんな感じの経歴の持ち主だったな
        普通のスヴァルトアールヴでは知らないようなことをいくつも知っていたし、外界での経験を直に聞けるのでよく話をねだった記憶がある
        ………そういえば、冒険者と名乗ればとりあえずの身元の保証が出来ると言っていたのもその乳母役だったような -- カーネル 2016-08-09 (火) 22:46:05
      • ・・・ずいぶん昔を思い出すように話すのね・・里を出たのはずいぶん前のことなのかしら
        ふむふむ・・そうやって外に出て行って・・・それをやり遂げて帰ってきた・・のかしらね
        ・・あら・・・じゃぁ元冒険者だったのかしら・・ふふっ優しい人だったのかなとか気になって聞いてみたけれど、そっちの面でも気になってきちゃうわね?
        -- 2016-08-09 (火) 22:58:10
      • 私にその乳母役がついていたのは数世紀前の話だぞ、いくらなんでもそんな昔のことを昨日のように思い出せる訳無いじゃないか
        (首を傾げて)む………その辺りのことは流石にわからないな、自分の事になると途端に口が固くなる奴だったから
        ことさらに優しい…と言うほどではないが、さばさばとしていて付き合いやすい奴ではあった、お互い波長が合ったのかもしれない
        役目を終えたらさっさと姿を消していずこかに行ってしまったが、今どこで何をしているのだろうな -- カーネル 2016-08-09 (火) 23:09:52
      • そう・・・貴女が成長したらまた出て行ってしまったのね・・てっきり今でも里にいるんだと思ったわ(そういう意味で言ったのだ)
        秘密が多くてさばさばして・・・なんとなく乳母と聞いてイメージしていたのとは少し違う感じね・・ふふっ似ているから波長が合ったのか・・・育てられてなついている内に似ちゃったのか・・?(どっちかしらねーと笑って)
        ・・それで・・お母様の方は?いつも忙しいなんてどんな仕事をし照らしたのかしら
        -- 2016-08-10 (水) 19:14:10
      • まあ森の外に出られるというのはそれなりに優秀な証だからな、その辺りを評価されたからこそ私の側役に抜擢されたのかもしれない
        母様は、里の調整役?ご意見番?のようなものをやっていた………かな、まあそんなわけで行事だのなんだの色々とやっていたよ
        ま、まあそれはそれとしてだ………(あまり聞かれたくないのか強引に話を切って)私もちょっと立て込んでいてな、布も配らなければいけないし
        名残惜しいがそろそろお暇させて貰う、長々と悪かった -- カーネル 2016-08-10 (水) 20:08:22
      • ふふっ優秀な証・・・側役ね?・・・・・・長の娘ともなればそれは重要よね(つまりはそういう事だろう?とあたりをつけて)
        えぇそうね、呼び止めちゃってごめんなさい?(くすくすと笑って)それじゃまたね?
        -- 2016-08-10 (水) 20:41:32
    • //文通スイッチをオンにするのです -- 2016-08-08 (月) 23:27:53
      • //了解いたした -- カーネル 2016-08-08 (月) 23:28:46
      • //今日も押すのです… -- 2016-08-09 (火) 23:20:02
      • //了解いたした…なんかだらだら長居し過ぎて申し訳ない -- カーネル 2016-08-09 (火) 23:30:45
      • //いいんだ -- 2016-08-10 (水) 19:15:20
    • なんかすげーディスられた気がする!!(大鍋で煮込んだカレーはそんなに嫌いだったかと鬱る) -- 陽子 2016-08-09 (火) 20:24:42
      • 貴女カーネルとお友達だと思っていたのだけれど・・・何かあったの?(なでる) -- 2016-08-09 (火) 20:28:13
      • どうもこうもねえよ…(カレー食ったらマズい薬を思い出したってそれだけの話だと凹む)
        あ、それよりかれりあさん、あのデカブツの問題どうにかなりそうだよ!(拳大の大きさのきらきら光る石を見せる) -- 陽子 2016-08-09 (火) 20:34:57
      • それっていったいどんなものを作ったのよ・・・(カレーをまずく作るなんて相当だとうなる)
        え?そうなの(申し訳なくも思いつつ嬉しそうに石を見て)・・・それは?
        -- 2016-08-09 (火) 20:49:36
      • 肉は絶対に食わねえって言ってたからフルーツで甘口にしてさ…(トロピカルなカレーを作ったと言う)
        召喚石っていって、これに魔力を込めておくと召喚したいものをすぐに呼び出せるんだってさ!金貨50万くらいの価値って聞いた(さらっとお値段をカミングアウトしつつ)
        コレがあればアイツをよそに置いておいてもすぐに呼んだりできるし…(離れ離れで置いておくってことにはならないし、セーフじゃねえかな!と得意満面) -- 陽子 2016-08-09 (火) 20:56:15
      • ・・・フルーツか・・うまく調理すればいけるのかしら・・まぁトロピカルはやりすぎかしらね
        んー・・・そう・・そうね・・・(提案される内容に浮かない顔だが)それしかないのかしらね・・・(納得したようにうなずく)
        ありがとう陽子(よしよしと撫で)・・でもそんなに高価な物なのに、もらっちゃっていいの?
        -- 2016-08-09 (火) 21:27:01
      • やっぱ肉入ってないカレーなんてカレーじゃないよ!(自分でもイマイチだと思ってたらしく肉食いたいアピール)
        それにさ、たぶんアレが子供だってんなら育て方しだいでちゃんとしたヤツに育つかもしれないわけだしさ…(なんか落ち込んでる風なのでなぐさめ)
        大丈夫!こういうときのために領収書があるんだって!(経費で落とした、イザヨイにも文句は言わせないしセンセも解ってくれるだろうと言う) -- 陽子 2016-08-09 (火) 21:40:24
      • そう?本場の野菜カレーとかお肉入ってないものもない?・・・野菜でもお豆でも、上手く使えばそれなりにおいしくできるのがカレーの良いところではないかしら
        そうよ・・私もそう思ってる・・・だからこそ誰かが近くにいてあげないといけないの・・・呼びかけ一つで会いに来れるなんて便利さじゃなくて・・帰る家と、家族が必要なのよ、子供には・・・(ないものねだりをしたら駄目よねと慰める風の陽子に微笑んで)
        ふふ・・・ちゃっかりしているのね?私が払うわよ・・
        -- 2016-08-09 (火) 22:12:36
      • そんな事よりあたしゃ肉が食いたいんだ!(ノーミートノーライフである、臭かろうが野蛮人だろうが知った事かと吠えた)
        家族ったって…(しょせんただのメカなのに、なんだってそんなに…と不思議そうにそっちを見る、以前殺されかけた身としては余計に)
        はらっ…50万枚だよ!?金貨でだよ!?(要はただの厄介払いの迷惑料ってだけなのに自腹まで切るなんてよっぽどかと思ったかそんな事を言い) -- 陽子 2016-08-09 (火) 22:31:27
      • はいはい(くすくすと楽しそうに笑って)・・じゃぁ今度焼肉でも食べに行きましょうか?(なんとなく餌付けしてみたくなる)
        ・・・もし、私が限りなく人間に近いロボットなのだと言ったら、同じことを言える?・・人とメカと、体を形作る物が肉か金属かというだけでそこまで言われないといけないものなのかしら・・・(とても悲しげな目を向ける)
        迷惑料は、払われる側が得をしないと意味がないわ・・・これを渡すことがそのままそっくりあの子の特になるかは・・私にはわからないの(だからよと頷いて)
        -- 2016-08-09 (火) 22:46:37
      • シィホさんもそうだったけど、肉でも食ってろって言われるのはそれはそれで辛いよ!(肉を食いたいのは本音だが肉でいいだろ!的な対応も傷つくという乙女心らしきものを匂わせ)
        だっ…そんなむずかしーことあたしに解るわきゃねーじゃん!(アレのことをなんでそんな大事にするのかは陽子の理解を超えてるらしくおろおろ)
        だってその大魔王の遺跡のなかなら好きなだけ暴れられるし動き回れるっていうし、外にいるより得なんじゃない?(なんたって遺跡の中にそれぞれの世界が広がってるってワケなんだから…黄金の終わった時代に解き放つよか同じくらい血に飢えた猛獣のいるところに放してやった方がいいんじゃないという人並みの感想を述べる) -- 陽子 2016-08-09 (火) 23:00:00
      • あら・・じゃぁいらないの・・・?(お肉位いいじゃないのと)
        じゃぁゼロスと初めて会ったとき、仮に襲ってこなかったのならお友達になれてたんじゃない?・・なれるのならメカであることじゃない、襲われたことが嫌う原因なんでしょ?・・・そこは教育で何とかなるところの筈なのよ
        ・・・彼方の環境の方があっているのは確かよ・・だからいつかは移らないといけない・・(それをとどめているのは単純に自分に踏ん切りがついてないからだ)まぁそろそろレクトールの件も一息つくしいい機会なのかしらね
        -- 2016-08-10 (水) 19:46:05
      • いる!肉はいるの!いるのよ!!(自分の感情よりは実利、肉欲しい)
        なんとか…するつもりなんだね(決意は固い様子を見てそう言う、自分にはできないがかれりあさんならできる…のかもしれない)
        引っ越し、しちゃうんだ…(そうしなくてよいための召喚石だが、そう言うのを見るとしょんぼり) -- 陽子? 2016-08-10 (水) 21:25:32
      • じゃぁいいじゃない(どっちよとふんす)
        最低限、私よりもあの子に相応しい里親が見つかるまではね・・・(しょんぼり顔にはこちらもしょんぼり)詳しい事は向こうと話してみない事には決まらないから、まだ少し先の話よ
        -- 2016-08-10 (水) 22:17:20
      • じゃあ今すぐ引っ越しってわけじゃないんだ…(ほっと胸をなでおろし)
        安心したらおなか減ってきちゃった…肉食べに行こう!肉!(なんて言い出すのだった) -- 陽子? 2016-08-10 (水) 22:58:34
      • そうね・・・その時はちゃんと伝えるわ
        えぇ行きましょう行きましょうっ(よしよしと頷き連れ立って行った)
        -- 2016-08-11 (木) 14:43:57
    • ダー…(一方のデカブツ、何を思ったか放り投げたままの特大のお手玉をいじくっては落としの繰り返しを辛抱強く続ける)
      (ただし相当イラ立っているらしく頭からは煙が漏れている) -- ゼロス 2016-08-09 (火) 23:02:29
      • ふふっ続けてみてくれたのね?うれしいわ(煙の漏れる頭をそっと撫でて)少し休憩する?上手くいかない時は気分転換も大事よ? -- 2016-08-10 (水) 20:44:00
      • 俺ゼロスこれきらい!すきじゃない!
        (いまにも癇癪を起してお手玉を握りつぶそうとするのだが…)
        でもこれやるとみんなわらう、かれりあもわらう、だから…
        (生まれてからほぼ他人から憎しみや怒り、嫌悪の感情しか向けられたことのないゼロスにとってそれは興味深いことだったらしく…かれりあのマネをすればそういった輪に入れるのでは?と考えての事だったようで)
        (そうすれば1000年前のあの居心地のいい…『家族』のようなあつまりがまたできるような、漠然とした期待を持っているようだ) -- ゼロス? 2016-08-10 (水) 21:28:53
      • ・・・(潰そうとして・・・潰さない、その様を見ればそっと撫でて)よく我慢したわね?・・・そうね、貴方だってみんなに笑ってほしいものね?
        (ジャグリングに何かの希望を見出しているさまを見て)成長した貴方とサーカスを作ってみるのも悪くはないのかもしれないわね?・・ね、それまでの間、少しお引越しでもしてみない?
        -- 2016-08-10 (水) 22:22:41
      • ダー…俺ゼロス、かいじゅうのみんなと会いたい
        (1000年前に存在していたという巨大生物、彼らと会っていたらしい)
        おひっこし?俺ゼロスどこにだってとんでける、どこいく?
        (引っ越すなら自分が役に立つと言いたげにカレリアを見て言う) -- ゼロス? 2016-08-10 (水) 22:57:28
      • 怪獣のみんな・・・・そう・・(慰めるように撫で)
        ふふ・・そうね・・・手伝ってもらうかも・・・まず行ってもいいか確認したいから、先方にご挨拶に行きましょう(そういってあっちのほうよと指し示すのだ)
        -- 2016-08-11 (木) 14:46:47
  • わぁーー……!(カレリアの大道芸を純水に楽しんで見ている)
    (口を大きく開けて驚いたり、無邪気に拍手したり)
    (ただしいつまでたってもオヒネリを投げる事はない) -- イオ 2016-08-07 (日) 20:15:45
    • (ボールを五個も六個も手にしてぽいぽいぽいと器用にジャグリングしている・・・無邪気に驚き拍手するイオに笑顔を向けたり・・・稼ぎがないなど日常茶飯事、小さな子となれば猶更で、特に気にした様子はない)
      (次は観客にボールを持たせ、お手玉をしてる最中に投げ入れさせる芸だ、投じられるボールを素早くとってジャグリングの中に追加し、数を増やしていく・・・横から順番に、一人ずつ投じて・・次はイオの番だ)
      -- 2016-08-07 (日) 20:30:45
      • (オヒネリが必要である事を知らないこともあったが、もちろん今のところノー稼ぎなのでカレリアの予想は外れていない)
        わっ わ…っ(前後のヒトのボールを投げる様を見て、真似して投げてみる)
        (初めて投げたボールはイオの狙いとは激しくずれて明後日の方向へ) あー! -- イオ 2016-08-07 (日) 20:50:40
      • (多少ズレても問題はないが激しくズレると流石に届かない、魔法がありなら芸にならないからだ・・・それでも)
        ふふっ・・(ボールは跳ねる、壁に地面に当たって・・・今回は運よく自分のほうに戻ってきた・・・ぽんぽんと跳ねてくるそれを)ほっ!(後ろに振った足でとらえ)〜♪(足元で器用に転がし)えい!(ヒールリフトの要領で跳ね上げジャグリングに加えてしまった)
        (最後にジャグリングをしばらく披露してから全てキャッチして優雅に一礼して見せる)

        (そうして演目が終わった後、片づけをしていると、またイオの事が目に入ってにこりと笑いかける)見てくれてありがとっこういうのは初めてだった?
        -- 2016-08-07 (日) 21:02:31
      • (上手に出来なかった、楽しかったことが失敗してしまいそう、そう思って目を瞑ってしまった)
        (けれど、観衆の盛大な拍手が起こり) ……(恐る恐る目を開けてみると蹴り上げられたボールがジャグリングのひとつへと加えられた)
        すごい、すごーい!!(一際盛大な拍手を送り、演目が終わった後もずっとカレリアを見ていた)
        んっ あ、あのっ こういうの…初めてみて、うん! あの、すごかった!(興奮冷めやらぬ様子ではしゃいでいる) -- イオ 2016-08-07 (日) 21:10:49
      • ふふっそんな感じの目をしていたわ(はしゃぐ様子を微笑まし気に見て)
        ちょっとやってみる?(なんて言ってボールを二つほど差し出してみる)
        -- 2016-08-07 (日) 21:19:36
      • いいのっ?!(ボールを受け取り、何も考えずに一度に二つとも投げる)
        (それぞれ別の方向へ散らばっていくボールを追いかける様はまるで子犬である)あーー!ああーーーー!! -- イオ 2016-08-07 (日) 21:31:26
      • ふふっ(その様子を見てくすくすと笑いながら)はじめは難しいわよね・・・
        最初は・・・そうね、二つじゃなくて一個にしましょうか?片手で上に投げてキャッチするだけでいいのよ、そうやって力加減をまず覚えるの(そんな感じで一歩ずつ丁寧に教えていく構えだ)
        -- 2016-08-07 (日) 21:37:54
      • ん、わかった…二つは、難しい。(ボールを追い回すことに疲れて素直に頷く)
        ひとつ・・・なげて・・・とる・・・!(不慣れかつ不器用で一つにしても明後日の方に飛んでいく。 それでも走ればなんとかキャッチできる) -- イオ 2016-08-07 (日) 21:45:58
      • 私も最初はそんなだったわ(なんて言って笑って)本格的に習うのなら、まずは絶えずボールに触れてなれる事から始めるべきなのかしらね・・・ふふっこういう時我流だと困るわ
        ・・・興味があるのならその二つあげるわ、予備は沢山あるしね?(とウィンクして)
        -- 2016-08-07 (日) 21:53:02
      • いい、の?(二つのボールを抱えて目を輝かせる)
        ありがとう! イオ、練習する! ものを、もらったら…お礼! 何か、探すね!(そう言い残すと名乗る事も、名を尋ねることもせずにどこかへと駆けていった)
        (きっと次に会うころには多少マシになっているだろう 何かしらお礼があるのかもしれない) -- イオ 2016-08-07 (日) 21:58:25
      • うんっもちろんよ、そんなに喜んでもらえたのならそのボールも本望というものよ
        イオ・・?・・・ふふっ練習して、上手になったらそれがお礼よ(あわただしく去っていく少女を見送り)元気な子ね・・
        -- 2016-08-07 (日) 22:17:13
  • 〜♪(カレリアがやるように、そのへんの岩をつかってジャグリングの真似事をはじめる…が、思いっきり上に投げ飛ばすばかりで岩が一向に落ちてこない…) -- ゼロス 2016-08-06 (土) 21:47:26
    • ふふっ高く上げすぎよ?もっと手の間を転がすようになさいな?(一緒になって落ちてこない岩を眺める) -- 2016-08-06 (土) 22:02:33
      • わかった、俺ゼロスいわをころがす…うわっ!(手の上で岩を転がそうとすると、取り落として足元にぼろぼろ落とす…)
        てのなかでいわころがらない、ぼろぼろおちるー(何度か拾っては落とし、拾っては落としの繰り返しをするうちに岩のほうが砕けて…) -- ゼロス 2016-08-06 (土) 22:06:22
      • ふふっ・・・岩じゃぁ硬すぎたかしらね?(砕けてしまうのを見てくすくすと)
        そうね・・じゃぁまずはお手玉からにしましょうか(わらわらとゴーレムを出して木を切りこそいで繊維を作って編ませて、まずは二つ作る)これなら砕けないわ
        (自分もお手玉を手にゼロスの肩に)・・・いい?最初は片手で投げてとるだけでいいわ・・・ちょうどいい投げ方を体に覚えこませて(ほらこうして・・と一緒になってやっていって)
        -- 2016-08-06 (土) 22:55:51
      • うー…木はおびえないな?(やっぱりわかんねーや、とお手玉を手にして首をかしげてそんな事を言う)
        俺ゼロスわかった!なげて…とる!
        (なげて、落ちてきたところに巨大な手が伸びると…まるっきり距離が離れているのにも関わらず「握りつぶされた」…)
        あーっ!おてだまつぶれた!俺ゼロスこれできない…
        (握りつぶされたお手玉にしょんぼりする) -- ゼロス 2016-08-06 (土) 23:01:32
      • ・・・?(離れていたのにぐっちゃりと握りつぶす様に首をかしげて)
        ふふっ一回二回できなかったくらいであきらめないの(ぺんと蹴っ飛ばしひっぱればつぶれたお手玉はもとに戻って)ところで・・さっきなんで触れずにお手玉をつぶせたの?
        -- 2016-08-06 (土) 23:31:50
      • 俺ゼロス、つぶしたりこわしたりするのとくい、だけどこういうのにがてー
        (カレリアが簡単にできていたことをマネした以上の意味はないらしく、もうお手玉に見向きもしない…子供らしく飽きっぽい)
        なんで?俺ゼロスこうやってつかんだり、ぶんなぐったりする!
        (なんで。と聞かれれば自分の得意を身振り手振りで…というより実際に『飛ぶ拳』と『見えない壁』を発生させているような空気の振動が発生している…ゼロスの腕を中心とした「斥力」の場が働いているらしい) -- ゼロス 2016-08-06 (土) 23:42:46
      • えー・・もう飽きちゃうの?(残念だわぁと一人ごちて)
        仕組みは違えど発露としては私の魔女空手に似ているわね・・・貴方はそういうのが得意なのね?(すごいわとよしよし撫でる)
        -- 2016-08-07 (日) 00:14:49
      • がうー!俺ゼロスすごい!
        (褒められれば上機嫌で飛び跳ね…るのだが地響きがひどい) -- ゼロス 2016-08-07 (日) 10:22:07
      • ふふっすごいすごい(そういって撫でるが、響き渡る地響きにいい加減何とかしないといけないと思う)
        (引っ越しは最終手段だ、できればクィールと約束したこの地は離れたくない、だがゼロスも放ってはおけない・・・何とか常識的なサイズに縮められないだろうかと・・・もう一度イザヨイと話してみるべきか)
        -- 2016-08-07 (日) 10:56:12
  • …… (カレリアが街の広場で芸を見せている様子を、遠くから無言で窺っている。今日はレクトールの護衛ではなく1人のようだ) -- ブラハム 2016-08-06 (土) 15:47:50
    • (「ここから先は入らないで」と区切った輪に沿い一輪車でぐるぐると回る、ジャグリングをしながら観客に笑顔を振りまいていて)

      はーいっありがと〜♪(演目が終わりにこにことしながらおひねりをもらって・・・)・・・はぁい?今日はレクトールは?・・・傍にいなくていいの?(一段落してから声をかける)
      -- 2016-08-06 (土) 16:02:56
      • うむ……彼は、今日はリカルド殿の所へ報告に行っている…朝まで帰らないそうだ…(※酒の可能性大)
        ……それにしても、見事だ…(自分もオヒネリを出して手渡す) -- ブラハム 2016-08-06 (土) 16:09:06
      • (くすくすと肩を揺らして)んもぅ・・狙われているってわかってるのかしらね?
        ありがとっ(ちゃりんといただき)結構体幹の訓練になるのよ・・・それで?今日はお暇なのかしら?(私たちも飲みに行く?と)
        -- 2016-08-06 (土) 16:19:57
      • ……実はな、レクトールと私で一度奴等と交戦した。向こうの出鼻を挫いたので…向こうも今は大きく動くことは少ないと思われる…
        (暇なのかという問いを言葉通りに受け取り) ああ、カレリア殿と話すために時間を作ってきた…貴女が良ければ、2人きりで話をしたい…
        (結果的に誘うカレリアの意中通りの流れになる…というか傍から見ればナンパだ。無論、ブラハムにその気はないのだが…) -- ブラハム 2016-08-06 (土) 16:27:18
      • あらそうなの?・・・そのままカタをつけられたらよかったのに・・・そうはいかなかったのね?
        まぁそうなの?ふふっそんな事を言われちゃったら応えたくなっちゃう・・・ただちょっと真面目な話って感じね?(まだ日も高いしあまり飲まないほうがいいかななんて思いつつカフェにでも誘って)
        -- 2016-08-06 (土) 16:46:19
      • そこに関しては、私の力不足だ……申し訳ない。レクトールは貴女を巻き込まないつもりでいるようだが…貴女の助力が要るかもしれぬ…
        (真面目な話かと問われれば、黙って頷く。そしてカフェの店内へ……ただ、話が長引けば十分に日は暮れそうな時間だ。季節的にも日が短くなっている)
        ……カレリア殿は、レクトールの過去を知りたいと…思っているか…? (頼んだブラックコーヒーに口をつけず、まずはその確認) -- ブラハム 2016-08-06 (土) 16:53:55
      • ふふっ真面目なんだから・・・(くすっと笑って)えぇ・・なんであれ請われれば手を貸すわ、友達だもの
        ふぅん・・(紅茶をくぴりと頂きながら少し考え)・・・・知りたいわ・・取り急ぎ必要な事はこの前聞いたけれど、納得はできてないもの・・・あそこまで頑なに殺害を主張する彼にまだ同意できないの(リカルドやゲルニコの件は同情するが、別に二人が死んだわけではないのだ、捕らえて牢に入れるでもなく殺害は行き過ぎているように思えた)
        (その上で制するように)ただ同時に、彼との交流を続ける上で、知る必要のないことだとも思っているわ・・・・誰にだって言いたくないことの一つや二つあるし、何よりこれは、その内容よりも、彼の口から語ってくれたという事実が大事なように思えるから
        -- 2016-08-06 (土) 17:13:49
      • ……それが、カレリア殿の本音か? フッ……(微かに笑う。それは信頼に足る人物だと改めて確認できた安堵だ)
        そうだな。私が語らずとも何れは彼が自身で語るだろう……だが、私はもう長くない。これは私が話したいから貴女に話すだけだ…年寄りの遺言とでも思って欲しい
        さて、どこから話すべきか……(一口だけ、ブラックコーヒーを口にする…それは苦い過去を思い出すための行為にも見えた)
        ……カレリア殿は、レクトールが「誰」を殺すために…かの遺跡で得たモノを求めたか、見当はついているか? -- ブラハム 2016-08-06 (土) 17:25:17
      • (嘘をつく理由はなかった、取り合えず今思っていたことはすべて言語化できたと思う・・・くすっとわらい)おせっかいね・・・そういうことなら・・・(うんと頷いた)
        ・・・(レクトールが誰を殺そうとしているのか「殺してやりたい」という恨みよりも慈悲のこもった言い回し、ブラハムの来るまで自分以外の不死鳥の存在を知らなかった言動・・・「レクトールが誰かを殺したがっているという事」をブラハムが知っているという事)
        このお話の登場人物がすでにできっているのなら・・・それはもう巫女姫様とやらしかいないわ・・・ただ・・(そう、それも疑問の一つだ)その動機がはっきりとしないわね
        -- 2016-08-06 (土) 17:39:12
      • ……聡い女性だ。恐らくは貴女の推測の通りだと思われる…なにぶん、私も今のレクトールから直接は聞いていないがな…
        私は…いや、「アレクトール」と「エイブラハム」はかつて不死鳥の巫女「ル・クゥ」様を護衛する近衛…その頂点である左翼将軍と右翼将軍であった
        私は当時、既に60歳を過ぎて一線を退き右翼将として……そして、アレクトールは20代中頃だったか。まだ若い身で左翼将軍の道を選んだ
        ……近衛将軍は要職ではあるが…近衛兵は本来、年老いた者が引退までを過ごす場所。若い身であれば閑職とも言える場所だ…
        当時のアレクトールは別段巫女様への忠誠心があったわけでもなく、ただ戦場から遠ざかりたい…という心根で左翼将を選んだのだと、私は思っていた…… -- ブラハム 2016-08-06 (土) 17:54:15
      • んふふっありがとっ♪・・・やっぱり、そうとしか思えないわよね・・
        近衛将軍・・・(彼は閑職と蔑んだが国益・国防に直接かかわらないポイントであっても、国家の象徴の護衛など花形中の花形、実際はそんなに甘いところではないだろう)
        ふふっそれだったら軍人自体辞めてた筈・・・そして「思っていた」という事は・・・(違ったのね?と)
        -- 2016-08-06 (土) 18:08:34
      • …ああ(短く頷く) 近衛将軍、そのトップである左翼将と右翼将の仕事は…巫女様の傍に毎日控えるというものだ (ゆえに、2人で交代しつつ行う必要がある)
        ……日がな一日を王宮内で、巫女様の一番近くで過ごす…彼女の身の回りの世話こそしないが、女官のような仕事だ
        もっとも、私はこのような調子だ…彼女に懐かれることもなく、カカシとして過ごすだけだったが……
        (ある意味、ハードな仕事ではある…直接巫女の身辺を世話するでもなく、王宮内で彼女を護衛し続ける。そして自由も無い…)
        ただ…近衛将軍となって初めて知ることもあった。国は…いや、王や大臣達は巫女様を生け花か何かとしてしか扱っていないという事実を……
        そして…それまで国の象徴として、祭典や式典で無垢なる神秘的な御姿しか拝見していなかった巫女様の…等身大のお姿を……
        彼女は歳を取らない。見た目は14歳ほどの、そして心もまた思春期の盛りといった様子のル・クゥ様を…私はそこで初めて知った
        ……同時に、自分には彼女の退屈を紛らわすことも、彼女を自由にする力も無いことを……丁度その頃だった。アレクトールが来たのは -- ブラハム 2016-08-06 (土) 18:30:33
      • なんだか暇そうね(ひどい)
        神聖視してるのは民草ばかりで、内政に携わる者たちからすれば信仰を集める為のものでしかなかったと・・・(歳が変わらないというのはわかるが心もとなると珍しい感じはして)
        (同時にその気性は、彼と合う気がした・・・というか、そんな子を前にして彼が何もしない絵がまるで浮かばなかった)・・・レクトールは・・貴方とは違ったのね?
        -- 2016-08-06 (土) 18:57:52
      • ……年老いた者が引退までを過ごすのが近衛だ。刺激のない、若者には不向きな仕事だ……そこにわざわざ来たのがアレクトールだった
        初めて彼を見た時の印象は……退屈そうな目をしている男、だな…彼にとっては世界はさぞ詰まらないものだったのだろう。私にはそう見えた
        …いや、本当にそうだったのかもしれん。先程も言ったが、戦場から遠ざかり楽をしたいという風に見えたのは実際その通りなのかもしれん…
        ……アレクトールは、彼の父親は優秀な軍人であり…私の親友だった。だが戦で早くに死に、アレクトールは母一人に育てられたと聞く
        アレクトールは父親に似て優秀だった…軍に入ればすぐに出世していった…彼からすれば、何もかも上手くいく人生だったのだろうな
        だが、母親に望まれて軍人になったらしく…彼自身が選んだ生き方ではなかったのか……「退屈な目」はそのためか…
        こればかりは本人に問わねば分からんな……(そこで一旦区切り、コーヒーで喉を潤す) -- ブラハム 2016-08-06 (土) 19:18:48
      • 父親の面影を見た母の思いに押されたのね・・・それは幸せではなかったでしょうね・・(でもそれはそれだけ母を大事にしていたということでもある)
        (こちらも紅茶をまた飲んで)それで・・?
        -- 2016-08-06 (土) 19:35:14
      • 母親の期待が重荷だったのやもしれぬな……かと言って、軍人を辞めようと思うほど自分勝手にはなれなかった…そんなところか
        だが、彼を退屈させない者がいた。ル・クゥ様だ……近衛にしては若過ぎるアレクトールの存在は、巫女様が心の底から待ち望んでいた出逢いだったのであろう
        …ル・クゥ様の世話役である巫女官達と楽しげに話すアレクトールに会えば、ル・クゥ様はよく嫉妬して喚かれた…
        アレクトール本人は、困ったような顔をしていたがな…彼にとっては本当に子守りのようなものだったのか、恨めしそうにしていた…
        しかしそれでも、私から見れば彼等は日常を楽しんでいた……退屈していた者同士が、互いを刺激として良い関係を築いているように見えた
        実際に2人の間でどういうやり取りをしていたか、直接聞いてはいない……だが傍目から見てもル・クゥ様はアレクトールに惹かれているようだった
        そして……彼女は、アレクトールに一つの願いをする。それはアレクトールからすれば、酷な願いでもあった―― -- ブラハム 2016-08-06 (土) 20:35:04
      • ふふっお姫様のご機嫌取りのお相手にされちゃったのね
        ル・クゥ様・・ね・・・想像してたのとはずいぶん違うみたい・・・(それはどちらかというとあのブラックホークの娘のような・・・)ねぇ・・・その子って髪の色赤かったりしない?(なんとなくといった風に訪ねて)
        いい具合にハートウォーミングでいい話じゃないの・・・ここまでだったら・・それで・・・その願いは・・・・・・・不死になれって?
        -- 2016-08-06 (土) 21:27:57
      • (小さく頷き)……よく分かったな…? ル・クゥ様はお姿こそ耳が小さな翼となっているだけの人間に近い容姿だが、その髪だけは燃え盛るような赤色なのだ
        ……私も、余生を仲睦まじい彼等2人を見ながら過ごしたいと思っていたが…残念ながらそうはならなかった…(右手でこめかみを押さえ、次の悲しい結末を語る――)
        「私を殺して欲しい」と、アレクトールに縋った……らしい。当時ル・クゥ様を世話する巫女官だった私の妻から聞いた話だ…
        ル・クゥ様は献上品だった珍しい発掘品の拳銃をアレクトールに持たせ、その手を掴み自分の胸に宛がったのだという……
        私も、アレクトールも、巫女達も…誰も気付いていなかったのだ。彼女が真剣に自由の無い生活に苦しんでいたことを…
        近衛将軍は不自由な仕事ではあったが、一番の不自由を強いられていたのは他ならぬ巫女様だ…彼女は、自分を救う者の到来を待ち望んでいたのだ…
        それは私でも、その前の近衛将軍でもない……アレクトールだった。彼こそが、巫女様にとっての唯一の光だったのだと、思い知らされた……
        現場となったル・クゥ様の自室は夥しい血の池となっていた…アレクトールは口から血を垂らし、茫然自失としていた…
        ……これは私と、当時巫女官であった妻の推測となるが…ル・クゥ様はアレクトールに引き金を引かせた後、彼に口付けをして血を飲ませたのだと思う
        ……最愛の男に、生きてもらいたかったのだろうな… (語る口調は重苦しく、今にも涙を流さんばかりの悲しみに満ちていた…) -- ブラハム 2016-08-06 (土) 21:54:31
      • やっぱり・・・・耳はどうだったかしらね・・ポニーテールは似合っていたけれど・・・となると一体いつ託したんだか・・
        コレクションってそういうこと・・(そりゃ興味もないわけだわと肩をすくめる)・・・弱さは時に武器になる・・か(思い出すのはかつての自分の言葉)
        たぶん彼女は・・・いえ・・(彼の中で生きたかったのだろうと思う)・・・それでもル・クゥは死ねなかった・・・不死鳥だから・・そして大罪を背負ったレクトールは20年間囚われの身となった
        -- 2016-08-06 (土) 22:41:16
      • ……こんな話をして、申し訳ない…だが知ってもらいたかった。この話を打ち明けるのは、重過ぎる…せめて、私だけでも彼と一緒に背負いたかった
        恐らくだが……ル・クゥ様自身も己の不死鳥の力がそれほどだとは思っていなかったのだろうな。いや…近くに居た者で本当に信じていた者などいなかったのかもしれん
        …国民へ向けては、不死鳥の巫女という荒唐無稽の信仰対象として見せてはいるが…本当に不死身な者などそうそう居るものではない
        その後、アレクトールは私と妻が協力して脱獄させた……彼が今も持っているあの銃は、妻がル・クゥ様に託されていた
        「私にもしものことがあった際は、この銃を回収して隠し持ち…アレクトールに渡して欲しい」……と、言われていたそうだ…その銃だけを持たせて、彼を逃がした
        ……さて、ここで問題となるのはル・クゥ様だ。彼女は生死を彷徨った後…生き返ったが、記憶を失っていた
        正確に言えば…人格がリセットされていた、と言う方が正しいだろうか…? 兎に角、別人となっていたのだ……
        当然、今の彼女はアレクトールのことなど覚えてはいない……不死鳥の血の副作用、なのだろうな…「彼女とて」例外ではなかったか…
        (それはまるで、不死鳥の血を持つ皆に副作用があるのを暗に知っているかのような口振りだ) -- ブラハム 2016-08-06 (土) 22:53:14
      • それなのに私にも話すのね(くすくすと)
        言い伝えられていただけで、何処まで事実かわからなかったと・・・現実はこうだったのだけれど(そしてかの王の興味を引いたわけか)
        記憶が・・・そう・・その事レクトールは知っているの?・・・人格がリセットしたのなら・・言っては何だけどもう死んで別人になったような物じゃない?・・・まぁ、環境が同じなら結果的に同じ結論に至るだろうけれど
        不死鳥の血の副作用ねぇ・・・やっぱりあるのねそういうの・・ねぇ・・・ちなみに貴方やレクトールにはどんな副作用があるの?
        -- 2016-08-06 (土) 23:13:37
      • すまない。だが…私も他に頼れる者が少ない…貴女は今のレクトールとも懇意だと思ったので、頼ってしまった……(真面目に謝罪する)
        レクトールは…分からぬ。しかしこうしてル・クゥ様を「もう一度」殺すため準備をしていた…恐らく、追われる身でありながらも彼女の姿を見に来たのだろう……
        「死んで別人になった」か……彼がそう思ってくれれば、どれだけ彼の人生が楽になっただろうな……己を愛してくれた女を、男はそうそう切り捨てられんものさ…
        レクトールがどう思っているかは知らぬが、彼も軽薄そうなようで実直な面もある……ということだろうな…
        (言いながら自分の右腕の包帯を解く。その下は…焼け爛れ、負傷が治っていない…不死鳥の血を持つ、ブラハムがだ) …見ての通り、私の身体は限界だ
        例えば、アブドラ。彼は傷を受ければ受けるほど自身が肥大化していく副作用を持つ……彼は元々、体躯に恵まれていなかった
        彼が巨体を望むが故に、そういう副作用になったとある者が言っていた……そして、ル・クゥ様も己の死を望むからこそ、「そういう副作用」だったという仮説もな…
        レクトールの副作用は分からない。だが…副作用には「心」が大きく絡んでいると思われる……私の副作用も――
        (言って、おもむろにサングラスを外す。その下にあった閉じた双眸がゆっくりと開かれれば……燃え尽きた灰のように濁っていた)
        私にはもう、何も見ることが出来ない……「罰」なのだろうな…いつも「見る」だけで何も行動に移さなかった私の罪によるものだ
        ……カレリア殿、すまないが…手を、くれないか…? (定まらない目線で、傷ついた手をテーブルに差し出して――) -- ブラハム 2016-08-06 (土) 23:31:15
      • ・・・記憶を失ってなお囚われの身の彼女を見て、殺して終わらせたくなったというのならわからなくもないけれど・・・それにしたって矛先を向ける相手が違うわ
        副作用とは、その「望み」の発露だっていうの?・・・(サングラスを外せば目を細める)
        (先の理屈に照らし合わせるのであれば、それは罰とは違う)・・・いいえ・・貴方は・・・もう見たくなかったのよ・・国を、姫を・・・貴方自身をね(言葉はきつくもそっと握る手は優しく、労わるようで)
        -- 2016-08-07 (日) 00:09:42
      • …不死鳥の血を研究している者は、「望み」か…逆に「大事なモノを失う」作用が出やすいと言っていたな……
        (カレリアの手に触れる。ぬくもりを感じさせる手をさらに左手も出して覆いかぶせて…)
        そう、か……見ることしか出来ない私だったが、見ることすらも望んでいなかったのだな……己自身のことに、気付けなかったか…
        貴女の事は…聡いだけではなく、強く、そして優しい女性だと分かるのだがな……そして、この手の温もり…良い、母になれる手だ……
        なるほど、レクトールが信頼するのも頷ける……先程貴女も言っていたが、そうだ。レクトールは己の罪を責めるばかりに
        殺し損ねた(すくえなかった)」ル・クゥ様をもう一度殺そうと自分を追い詰めている……彼が何百年も賭けた想いだ。その決意は固いだろう…あと10年でも早く私が再会できていれば――
        (「自分と共にアバーズ王を打倒しよう」と、レクトールを誘うことも出来たのだろうが……今となっては遅い。この老体ではレクトールの足手纏いにしかなれない)
        ……いや、後の祭りだな…所詮私では無理だったのだ。だが…カレリア殿ならば分からぬ。貴女を見込んで、託そう…!
        もし、本当にレクトールが道を誤ろうとした時は……貴女が止めてほしい。そして出来れば彼を…少しだけでも支えてやってほしい…
        彼の運命は一人で抱え込むには重過ぎる…そして、彼の敵もまた大き過ぎる…… -- ブラハム 2016-08-07 (日) 00:28:52
      • 大事なもの・・・ねぇそれ・・お姫様がレクトールの記憶を失ったのって、そっちが理由じゃないの(笑って)
        (重ね合わせた手は陽だまりのような温もりを帯びてブラハムに伝わる)考え方を変えなさい・・・「見る事しか出来ない」のは、動かない事の言い訳だったのよ・・光を失ったからこそ、貴方は今こうして純粋に自分の信念に従うことができた・・・力は貴方にとって複雑な思いの伴う物でしょうけれど、事この件に関しては感謝するべきよ
        ふふっやめて照れちゃうわ・・(母・・・それは望みではあるが・・叶わぬとあきらめたが故に光り輝く夢でもある)
        ・・・そういうこと・・言っておいてなんだけれど、姫殺しにしても国崩しにしても、私には重いんだけど?(肩をすくめて笑い)・・・(ぎゅっと強く、しかと握り返す)任せなさい
        -- 2016-08-07 (日) 00:53:04
      • ……そういう考え方も出来る。「死にたい」という望みもあったのは確かだろうが…「表裏一体」なのかもしれぬ
        (カレリアの言葉を受け、ブラハムは光を失った顔をハッとさせた。カレリアの持つ手のぬくもりだけではない…その言葉も心に沁みていく――)
        ……嗚呼、そうだとも…これは私が望んだ「力」だ…もう一度、レクトールの力になるために…不幸な少女を救うために
        妻には苦労をかけたが、彼女を待たせただけの甲斐はあった……この血はアバーズに与えられた忌まわしきモノなれど、それを呪うことは無い
        ……ただ一つ情けないのは、こうして貴女の優しさと仁義に甘えていることだな……断られても仕方ないと、思っていたが…(じわりと両手を離す)
        私の話は終わりだ。ありがとう、感謝の言葉しかない……さぁ、日も暮れたことだし……宿まで送っていこう -- ブラハム 2016-08-07 (日) 01:04:33
      • 表裏一体か・・・(愛する者との大切な記憶を失う事は、それはもう死んだといっても過言ではないのだろう・・・)
        ふふ・・・力はただ力でしかない・・だからこそ、アバーズ王に与えられた呪い(のろい)ではなく、彼を守るための呪い(まじない)になって、これもまた表裏一体よ
        いいのよ、男なんていくつになっても女に甘える生き物なんだから(自信たっぷりにウィンクすると手を放し)えぇ、折角だし、そうさせて頂こうかしら(ありがとっとエスコートを頼むように手を差し出して)
        -- 2016-08-07 (日) 01:22:44
      • ……そう言ってもらえると、こちらも助かる……フッ、私の妻も似たようなことを言っていた。良い女性とは、どの国でも同じなのだな……
        (サングラスをかけ直して席を立ち、今度はカレリアから出された手を取って店を出るのであった……) -- ブラハム 2016-08-07 (日) 01:27:34
  • いた、いた。いた。(がったん、ごっとん、植木鉢が飛び跳ねてカレリアを追いかける) -- 植木鉢 2016-08-04 (木) 20:51:34
    • んー?(何やら後ろの方からがたんごとんと聞こえて振り返り・・・)
      (投・・・・・・・・しゃがんで声をかける)あら貴女、ふふっ一人で歩いてこれるのね?(えらいえらいと撫でる)私を探していたの?
      -- 2016-08-04 (木) 21:37:08
      • (一瞬感じた不穏な気配にびくりと体を震わせつつ)ん。探しました。街、広くて(目を細めてなでられなでられ)
        先日の、ごはんの。お礼を。(言うと、ちょっと待ってて、と葉っぱを空にかざす) -- 植木鉢 2016-08-04 (木) 21:53:02
      • まぁ?そんな気にしなくていいのに・・・(そっと植木鉢を撫でて)あんまりがこがこしてると割れてしまうわよ?
        (今度新しいのを上げようかなぁなんて思いつつ)それで?何をくれるのかしら?(にこにことしながら空に葉を掲げる様を眺めて)
        -- 2016-08-04 (木) 21:58:13
      • だいじょうぶ。強い子です。んんー……んんんんー……(力んでいるようでぷるぷるしている)
        …んぬぅ……(ほどなくして、植木鉢の土から芽が出て、見る見るうちに伸び、つぼみをつくり)
        おりゃー!!(ぽん、と勢い良くコスモスの花が咲いた)  …さ、咲きました……!(ぐったり) -- 植木鉢 2016-08-04 (木) 22:13:03
      • と言っても陶器は陶器でしょうに・・・ぅん?(何をしてるのかなぁと眺め)
        ・・あら?(不意に芽が出てきて)あらあらまぁまぁ(見る見るうちに育ち、ぽんっと花が咲く)ふふっすごいわ(ぱちぱちと拍手)
        珍しいものが見れたけれど・・・すごくぐったりしちゃうのね?(よしよしと撫でてあげる、その手は陽だまりの様な温もりを帯びており、それが花全体に伝わって活力を与える事だろう)
        -- 2016-08-04 (木) 22:21:28
      • …お……おお……(ぽかぽか、体?が軽くなり)すごい。生き返ってしまいました。むしろ今まで以上に快調!(トリプルアクセル)
        (がたごとん、と着地を決めて)では、どうぞ。(コスモスを抜いてお渡しし) こっちが元気をもらってしまいました。ありがとう!(ぺこり、頭を下げてまたがったんごっとん帰っていく) -- 植木鉢 2016-08-04 (木) 22:25:55
      • ふふっほらほら、またはしゃいだらダメよ?・・うんっありがとう(コスモスを大事に受け取る)
        あぁあぁ待ちなさいな(ひょいと拾い上げ)そんながたごと言われたら不安で仕方ないもの、送っていくわ・・・(ついでに屋台でごはんを買い与えたとかなんとか)
        -- 2016-08-04 (木) 22:29:36
  • ……正直ちょっとあまり良くない感じがするのだ、カレリア。(相変わらずこの男、用件の切り出し方が唐突である。) -- キョーレン 2016-08-01 (月) 21:48:27
    • んー?唐突ねキョーレン?何の話かしら・・・ -- 2016-08-01 (月) 21:51:53
      • いやな、こう……。もうすぐ10月になるというのにほら、どうも暑いじゃないか。
        それにやられたのか何なのか知らないが、こう……俺の活動があまり活発ではなくなってきているというか、なんというか。カレリアも最近あんまり俺の顔見てないだろう? -- キョーレン 2016-08-01 (月) 21:58:35
      • あぁそういう事?(くすっと笑って)
        依頼とかじゃちょくちょく見かける気がするのだけれど・・・いわれてみればそうねぇ・・(うんうん)
        何か新しいことでも初めて見る時期なのかしらね・・・(テコ入れ)
        -- 2016-08-01 (月) 22:11:54
      • そう、それそれ。依頼に赴くのが割と精一杯な感があってなあ……。こう、友達のところにもあんまり顔を出せていないというか、鈍るとあんまり何処に言ったらいいか分からなくなるというか、そんな感じでな……。(それでこれではいかんと思ってまずカレリアのところに来てみることにしたんだ、と。)
        あたらしいことかあ……たとえば? -- キョーレン 2016-08-01 (月) 22:20:36
      • ふふっその気持ちはわかるわ・・・私も最近鈍り気味だし、よく忘れちゃうのよ・・・「まず」で私のところに来てくれたのはうれしいけれどね?(うんうんと)
        なにかしらね?(考えてなかった)・・・お店でも経営してみるとか?・・・イェチンとかに習ってみるとか、引っ越しをしてみるのもいいかしらね?
        -- 2016-08-01 (月) 22:34:32
      • 考えてないんかい!(思わずツッコミの動きが出る)
        店、イェチン、あるいは引っ越し……なんだ考えてるじゃないか。しかし、引っ越し……引っ越しか。いいかもしれないな、それも。そしたら近所にあいさつ回りってことで色々回れるしな。いいなそれ。 -- キョーレン 2016-08-01 (月) 22:40:19
      • いやんっ(きゃっきゃとわらって)
        ほとんど思い付きよ・・今ならイェチンのお友達の仙人の方も来ているみたいだし?そっちも面白いかもね?
        ふふっ採用かしら?・・・でもどんなところがいいかしら・・やっぱりササキのところ?人も多いし・・・
        -- 2016-08-01 (月) 23:01:53
      • 正直引っ越しと聞いて一番最初に思いついたのはそこなのだが……どうもこう、あすこのメンツは顔見知りが多いのでな。この際なのでちょっと探してみない顔の多いところを探してみることにするよ。 -- キョーレン 2016-08-01 (月) 23:13:47
      • (しかしてあそこ以外に男性の入れそうな集合住宅があるだろうかと思ったとか思わなかったとか)
        ふふっ顔見知りが多くてもいいと思うけどね?いい所が見つかったら教えて、遊びに行くから(うんうん)
        -- 2016-08-01 (月) 23:16:28
      • (そも集合住宅自体ほとんどないことにのちのち気づくのであった)
        まああらためて、ということはできるからな。おう、ではその時には知らせを出すのでよろしくなー? -- キョーレン 2016-08-01 (月) 23:26:27
      • えぇ、ちょっと楽しみ・・・それじゃぁまたね?(ぱたぱた手を振った) -- 2016-08-01 (月) 23:34:16
  • (秋晴れの日、街を行くカレリアに注ぐ日差しが遮られる)
    (上空に周囲の日差しを遮る何かがあり、それがカレリアのもとへ近づいてくる…かなりの大きさだ) -- 2016-07-31 (日) 10:15:39
    • んー?(急に陰った日差しに、空を見上げる)ふふ・・・なにかしら?(上空から降りてくるそれに向き合い、仁王立ちで待ち受ける) -- 2016-07-31 (日) 10:22:56
      • うー…俺ゼロスわからない、かーねるの森どこだ?おまえ知ってるか?
        (降りてきたのは人間の十倍ほどの身長、全幅はその倍になろうかという巨大なヒトガタの機械、街並みにその身体をひっかけて破壊しつつ着地…目の前のカレリアに道を尋ねる)
        (それだけならありふれているかもしれないが、その肩には食いかけのマッコウクジラが乗せられている…この機械が食ったのだろうか) -- ゼロス 2016-07-31 (日) 10:31:53
      • (あらあらと困った風に壊れた街並みを見つつ)こんにちはゼロス

        [zeros checker version-0.0.02]
        /***** check start *****/
        Name....OK
        Favorite food[Kujira]....OK

        check done

        zeros!!
        /***** check end *******/

        カーネルの森・・・えぇわかるわ、貴方あの子の知り合いなの?(紗牙でも陽子でもないのねと一人ごちる)
        ・・・案内してあげるけど、その前に・・(壊した建物を指して)「ごめんなさい」位は言っておきなさい?(それで何が変わるわけではないが)
        -- 2016-07-31 (日) 10:51:54
      • 俺ゼロス、かーねるは名前いっぱいある!あと森にいる…おまえしってるのか!
        (よく子供は本能的に近づいていい相手を見分けて接触するというが、ゼロスの場合もそうだったらしくカレリアに話しかけやすい何かを感じていたのかもしれない)
        えー?(言われて振り返れば横幅の広さゆえに薙ぎ払うような恰好で建物を破壊し…首を傾げた) -- ゼロス 2016-07-31 (日) 10:58:35
      • 名前がいっぱい?・・・(早くも何のことだかわからなくなりつつ)まぁいいわ(とりあえず流すことにした)
        あーあーストップストップ!・・・やっぱりそのままでいいわ(なだめるとふわりと飛んでゼロスの肩に乗り)
        あっちよ、また飛んでいきましょう?(いけるわよね?とカーネルの住む森を指して)
        -- 2016-07-31 (日) 11:17:22
      • わかったー!俺ゼロス飛ぶのすごく早い!
        (指示を受ければ、その巨体をふわりと浮かばせて…次の瞬間指し示された方向へ慣性を無視した急発進を行う)
        (しっかりと捕まっていなければ振り落とされてしまうことだろうが、この場合心配されるのはそれよりも急加速による衝撃波が町に与える被害だろうか) -- ゼロス 2016-07-31 (日) 11:36:13
      • ・・・(掴むしぐさをすれば体は魔力によってゼロスに固定され)
        手のかかる子ねぇ・・・(なんて独り言ちつつフリッカーのしぐさをすれば・・・地上で衝撃波が発生し、ゼロスの生み出したそれと打ち消しあう)・・・うん!さぁ行きましょう!(そして向かっていって・・・)
        -- 2016-07-31 (日) 11:40:33
    • //これこのまま向こうに行く感じかしら?(ねむい) -- 2016-07-31 (日) 11:41:29
      • //ふふふ…これはお願いしますのサインだよ… -- 2016-07-31 (日) 11:48:05
      • //ふふふ行きましょうか -- 2016-07-31 (日) 11:48:52
  • (男はふらりと現れがてら虚無を目にすると当たり前の様に手に取り齧る)んー懐かしい味がする、味ねえけど
    おうカレリア久しぶりだな、まだ誰にも喰われてねえみてえで何よりだ
    (そう言って巨躯の男は見下ろす、2mを遥かに超える身長、褐色の肌、赤色の髪…そこに生える漆黒の角、そして極めて逞しい肉体)
    (男が放つ気配はヒトの物ではなく闇の側の物だ、カレリアはその気配に覚えがあるかも知れない) -- ??? 2016-07-29 (金) 23:46:50
    • そんなの食べたらおなか壊すわよ?(なんてくすくす笑って)
      はぁい・・・貴方アルボレウスでしょ? ふふっ今の姿も素敵よ
      -- 2016-07-29 (金) 23:49:42
      • //ぶんつう! -- 2016-07-29 (金) 23:50:20
      • こんぐらいで腹ぁ壊してたら暴食のなんて名乗れねえ、胃腸が誰よりも丈夫じゃねえとな
        しかしよく一発で分かったな?今回は鱗も尻尾も出ねえように上手く行ったんだが(自分の体を見渡す)
        ま、俺もこの格好は気に入ってるがな…口が小さいんで飯をのんびり食える
        //了解! -- アルボレウス 2016-07-29 (金) 23:56:23
      • まぁ頼もしい(くすくす笑ってからいぇいっとウィンク)アタリね?
        ぶっちゃけ唯の感よ、野性的な雰囲気と虚無なんて物を平気で食べられる振る舞いが貴方のイメージにぴったりだったんだもの
        (うんうんと頷き)人化の術は特にその人の自己認識が現れると思う・・・(貴方はこういう風に見られたいのねと頷き)ふふ・・それで?わざわざ会いに来てくれたの?嬉しいわ♪
        -- 2016-07-30 (土) 05:09:15
      • グアハハハハハ!そんなもんか!おっといけねえ、なんかに使う材料だったかこりゃあ
        (齧ってからそんな事に気付けば先程より少し小さくなった虚無を見る)
        そうか?俺ぁこんな小さかねえがな、元々小せえアキと比べてでかくて黒くて…ってやってたらこうなってた
        おうそうそう蜘蛛食ってたらふっとお前さんの事思い出してよ、魔女なのに強烈に欲しそうなモンがねえのが珍しくてな
        (そして適当に抜けだしてきたらしい、幾つかの階層の主と違い特に枷を付けられている訳でもないようだ) -- アルボレウス 2016-07-30 (土) 19:46:54
      • いいわよ持て余してたし、埋めちゃおうかなって思ってたから、欲しいならあげるわ
        あら、じゃぁアキベドルってあれがそのまま本来の姿なのね・・・ふふっ人から見れば二人とも十分大きいわ・・人里に降りるにはまだちょっと不便でしょうに
        ふふっひどいわぁ私ってそんなに蜘蛛っぽい?(でも女は蜘蛛に例えられることもあるかしらと考えたり)
        欲しい物・・あるにはあるのだけどね?強烈って訳じゃないものね・・・それにしてもそんな理由で自分の持ち場からさらっと出てこれちゃうのね?
        -- 2016-07-30 (土) 20:11:01
      • ここ掘れワンワンで虚無が出たってか(盛大に笑うとそのまま虚無を食べる)
        あいつぁ造物主の似姿で人間の原型だからな、まあお前さん等と似てんのは偶々だけどよ
        (さらりと酷く重要な事を言いつつ)そこよそこ、ヒト用の扉だと体を斜めにしなきゃいけねえ
        いや?(本当に偶然思い浮かんだけらしい)ああ俺の持ち場は大体何倒してもいいモン手に入るしな、外じゃ暴れねえって約束は守るし
        (カレリアも以前から感じていたかも知れない、あの遺跡の中でもアキベドルを含めた存在は約定を破るという事を好んでいない) -- アルボレウス 2016-07-30 (土) 20:26:03
      • そうじゃないわ、「無い」があるなら中を満たせばいいのよ(単純でしょうと肩をすくめて)
        人間の原型で・・・私たちと似ているのは偶々・・・?(まるで私たちは「人間」でないようなと首を傾げ)
        貴方の持ち場に来た者は大体そういう何か「いい物」を求めて来ていたという事ね・・・ふふっ私はあの時は迷い込んだだけだし・・・約束ねぇ・・それって、誰としたものなの?アキベドル?
        -- 2016-07-30 (土) 20:41:51
      • 単純な話よ、俺らは元々この世界の存在じゃねえ…つまりお前さん等の原型じゃねえって事だ
        俺も竜種の原型だがこっちの世界にもそっくりな連中がいるんで驚いてたんだぜ?味は随分違えが
        (おうよと頷く、この魔王が支配する暴食界は手に入る素材から装備が地上から失われた類の物ばかりだ、その分危険だが)
        だな、俺はあいつとの約束は特に破らねえ。あいつはあいつでクソ頭が硬いから千年ちょっと前の約束を律儀に守ってやがるが -- アルボレウス 2016-07-30 (土) 20:59:10
      • なんだかさらっと凄いことを言われた気がするわ・・貴方達の世界の人はずいぶん大きいのね?味の違いともかかわるのかしら・・・ふふっ実はあのダンジョンの中はそちら側の世界だったりしない?
        (くすっと)貴方だって十分律儀よ・・でも暴れないのならいろいろ食べてもいいのよね?・・・ふふっ折角こうして出てきたのだし、ケーキでも食べに行きましょうか?
        あら・・じゃぁアキベドルも誰かと約束を?・・・ふふっそれって誰かいい人なのかしら?
        -- 2016-07-30 (土) 21:08:29
      • あの遺跡はこっちの世界準拠で創られた普通の異世界だぜ、俺らの故郷は…まだまだ再構築に時間が掛かる
        後なでかいのは俺らぐらいで小さい奴ぁ小さい、リリスはカレリアよか10cmぐらい小さいじゃねえか?
        (そう竜王がその名を出すとカレリアの脳裏にふと長髪の女性の姿が浮かぶ、強い力を持つ魔族特有の現象だ)
        ほおお!いいねいいね行くか!俺のとこだと一々取り寄せねえといけねえんで面倒くせえんだよ!
        (ノリノリでそんな事を言いつつ)ああこっちでのダチらしいぜ?今もよく茶ぁしばいてるな
        おうっそれより行こうぜ…菓子屋によ!(そう言って外に行こうとする) -- アルボレウス 2016-07-30 (土) 21:19:53
      • 再構築・・・そう・・つまり貴方達は亡命者なのね・・・
        あらそうなn・・・(不意に浮かぶビジョンにきょとんとして)リリス・・・誰なのかしら・・・
        じゃぁその人は今も生きているのね?(気になるわぁと笑って)・・・ふふっ浮かれちゃって、体は大きいのにかわいいんだから
        貴方大食いだから大きいのを食べたくなるでしょうけど、せっかくならいろんな種類のものをたくさんにしましょうよ?(と言ってケーキバイキングに向かったとか)
        -- 2016-07-30 (土) 21:40:39
  • お待ちどうさま、くじの結果だよ
    2D6=【4】+【2】=6:何もなし
    残念だったね、それじゃあこれは残念賞だよ(「虚無」を1つ置いて行った) -- 吉岡さん 2016-07-29 (金) 00:10:22
    • なにおっかないものしれっと置いて行っているのよ!?・・・大丈夫かしらねこれ・・(むむむっと虚無を眺めて) -- 2016-07-29 (金) 05:25:54
  • (カレリアがブラハムを連れてくるとのことだったが、セキュリティ的なことを考えて待ち合わせをすることにした。具体的にはシィホが泊まる様な高級ホテルの一室)
    部屋の中で変装する必要は無いな…(と普段着に戻りつつ) それにしてもブラハムって…エイブラハム旦那のこと、だよなぁ?
    どう考えても生きてる筈がないんだが……けど姉御は助けてもらったようだし、むぅ…? -- レクトール 2016-07-28 (木) 21:09:15
    • 随分慎重なのね・・・ふふっ秘密のお話は案外普通のカフェとかの方が意表を突けて安全なんて聞くけれど・・そんな訳ないわよね〜
      (なんて話しつつ提示された部屋にブラハムを案内して・・・ノックノックノック)
      -- 2016-07-28 (木) 21:14:51
      • ……(雑談にはあまり返事をしてくれない。愛想が無いというよりはどう返答すればいいか分からず黙ってるという感…ただし歩調はしっかり合わせて) -- ブラハム 2016-07-28 (木) 21:19:34
      • お、来たか? 合言葉……紫色は何の色?(とカレリアに尋ねる。答えればカギが開くだろう) -- レクトール 2016-07-28 (木) 21:19:42
      • ふふっそれでね?・・・(あまりかえって来ない返事にも特に気にする様子もなく楽しそうに話してたり)
        ・・・私の色(きょとんとしながら応える、合言葉ナニソレって顔だ)ちょっとー早く開けなさいよレクトール
        -- 2016-07-28 (木) 21:23:38
      • ふっ……(ちょっとだけウケた模様。もしくはレクトールの調子に何か思うことがあったのか) -- ブラハム 2016-07-28 (木) 21:29:07
      • (ガチャッとドアが開き) いやぁ、なんかこういうのやっておかないとなって…お約束的に。答えは「葡萄」かそれしかないんで分かりやすいだろぃ?
        カレリアさん、本当に怪我とか大したことないよな……?(一応自分の眼でも確認) それで、ブラハムさんってのは―― -- レクトール 2016-07-28 (木) 21:29:14
      • あっやっと笑ったわこの人
        ふふっ気持ちはわかるけれどね?(ブドウは思いつきもしなかったわと首を振る)
        見ての通りの余裕よ♪(びしっと決まった格好でウィンク、治癒して体を洗って着替えたのだから当然である)この人よ?(紹介)
        -- 2016-07-28 (木) 21:33:22
      • ……久し振りだな、アレクトール。今はレクトールと名乗っているそうだが…(悲しげな声色で) -- ブラハム 2016-07-28 (木) 21:44:29
      • 葡萄はほれ、俺が紫で思い浮かべた方だからな…(※ハロウィン後のやりとり参照である) それにしても無事でよかったぜぃ!
        (そして、ブラハムの姿を確認すれば――) エイブラハムの旦那ぁ!? サングラスなんてお洒落なもんかけてるんで一瞬分からなかった…!
        まさか本当にまだ御存命だなんて……いやぁ、懐かしいなぁ…あの頃は、ほんとクソお世話になりました!近衛やってる時もそうだし…
        (まるで実家の父親に再会したかのようにはしゃぐ珍しい鳥だ。それだけ尊敬しているということか)
        もしかして、カレリアさんのこと助けてくれたり…? 流石エイブラハムさん、ナイスタイミングッスよ〜! -- レクトール 2016-07-28 (木) 21:44:35
      • ふふっそんな事もあったわね(なんて微笑みながら二人のやり取りを見る)
        (旧交を温め合う二人を尻目に部屋に入り、勝手にソファに座ってくつろいで)ねぇお二人さん?・・・再開の喜びを分かち合うのは結構なのだけれども・・・説明していただいてもよろしいかしらレクトール?エイブラハム?(なにその名前?ってちょっと皮肉が籠った笑顔だ)
        -- 2016-07-28 (木) 21:49:46
      • ……うむ。私もこれ(=サングラス)をかけるのは最初躊躇ったものだ……なに、気にするなレクトール。私もお前に大事なことを教わった
        それと、私のことも「ブラハム」でよい。私も既に亡くした身なのでな……810年前の冬だった  -- ブラハム 2016-07-28 (木) 22:00:27
      • そうか。奥さん、亡くなったんですね…そりゃそうか、不死鳥でもあるまいし……ああ、姉御にも説明しなきゃな?
        俺達の故郷、ル・クァヴィーでは男の名前の頭文字には「A」をつけるって風習がある。んで、そこからは個人差があるんだが……
        男が「生涯で一番大切なもの」を失った時にこの「A」を名前から外す
        「A」は最初の文字だから、それが生きる者にとって一番大事なものってな考え方から来てるらしいが…由来は誰も真剣に考えん
        中には「A」を一生外さない奴とかもいる。独り身とかな? 他にも、「A」を外す前提の名付けをする親とかもいるな〜 -- レクトール 2016-07-28 (木) 22:00:36
      • ふぅん・・・そういう事・・(お悔やみをとブラハムに頭を下げる)・・・アミールは失った訳じゃなかったのね、得てもいないという事かしら(なんて少し感傷に浸る様に)
        ふふっ・・・でもそれじゃぁ貴方の国のイニシャルはAばっかりになるわね(意味がないわと笑って)
        そして・・・貴方のそういう人って・・・てっきり巫女姫様とやらだと思ってたわ・・違かったのね(意外〜っとこちらにはからかうように)
        -- 2016-07-28 (木) 22:22:45
      • (からかうカレリアを見れば、意外にもブラハムの方が手を遮るように出して) カレリア殿、やめてくれないか。彼は―― -- ブラハム 2016-07-28 (木) 22:33:04
      • いいんだブラハムの旦那。俺の説明も悪い……今のじゃ俺に「A」が無いのはまるで居もしない奥さんを失ったように聞こえるからな?
        何も伴侶を亡くすだけじゃない。例えば子供を亡くすとか、宝物を失くす、帰る場所を失くす、夢を失くす、矜持を失くす、生きる目的を失くす――
        俺の場合は持ってたもん全部だ。全部失くしたんだ……まぁだからって何百年も自暴自棄が続くワケはないんで、今はヘラヘラ生きてますけどね〜?
        (と、茶化す様子をブラハムは痛ましい想いで受け取っているのだが…サングラスの下の表情は見え辛い) -- レクトール 2016-07-28 (木) 22:33:12
      • (遮られても特に気にした風もなく、その目はレクトールに注がれる)
        (自暴自棄、そういう時期があった事は不死を殺す弾丸の時に聞いている・・・もうそんな事もないという事もだ・・・気になっているのはそこから先だが)
        全部・・ね?・・・それで?いい加減何があったのか、教えてくれてもいいんじゃないかしら?・・・(これまでの話から大雑把に理解出来てきたが・・・まだはっきりしたことを彼の口からきいていない)
        -- 2016-07-28 (木) 22:45:28
      • (一度は止めようとしたブラハムだったが、カレリアの声色が真剣だというのを察すると……黙って床に座した)
        ……参ったねどうも (レクトールの方も困ったように頭を掻きながらテーブルの椅子を引いて座る。三者三様の位置)
        すまん、あまり話したくはない……決してカレリアさんを蔑ろにしているわけじゃあない。けど……
        (レクトールの眼は迷っていた。以前ならば誤魔化していたかもしれないが、今では彼が話すのを「迷う」ところまで来ているとも取れる……) -- レクトール 2016-07-28 (木) 23:01:52
      • (だがそこでブラハムが助け舟を出す) ……カレリア殿、彼にもう少し時間を与えてはくれまいか?
        それに、現状速やかに知るべきは今の状況だ。私は君達にあの2人組の情報を伝えねばならん…そして、ル・クァヴィー国が今どうなっているか
        何故私がこの歳まで生きているのか。レクトールが国を出てから何があったのかを…… -- ブラハム 2016-07-28 (木) 23:02:05
      • ・・・・・・そう(こちらは肩をすくめる「まだ続いてるんじゃない」なんて言いそうな顔で)いいわ、それならそれで・・・・
        ・・・?生きてるのは不死鳥の血があるからじゃないかしら・・・(何やら事情があるとの事なので黙って)
        -- 2016-07-28 (木) 23:13:05
      • (ブラハムは内心で思っていた。レクトールがこれだけ心を許しているのなら時間の問題だろう、と……いずれカレリアは聞ける筈だ)
        ああ、道中でカレリア殿には話した……今、ル・クァヴィーには十二将軍という者達がいる。私もかつては列席していた
        レクトール、アバーズ王は覚えているな? 彼は不死鳥の血を得たお前の状態を記録していたらしく…それを自分でも実行した。彼は今も生きている
        そして、十二人の強者に血を分け与えて戦力とし、戦争で国力を増強しているのだ…… -- ブラハム 2016-07-28 (木) 23:19:36
      • ハァ? なんだって……!? (その情報すらレクトールにとっては初耳だった。それだけ彼は国に近付けない立場なのか…)
        アバーズ王……奴が、そんなことを。俺ぁまんまと奴に利用されたってーのかぃ旦那…? -- レクトール 2016-07-28 (木) 23:19:46
      • ・・・あ・・そういう事・・・(つまり彼が王国に在籍してた頃は王様は不死ではなかったのだ)
        「今どうなっているか」ってそういう事ね・・・(そして王が不死鳥の血を得た事をレクトールが知らなかったのなら・・・不死を殺す弾丸のターゲットは・・)・・・(一人に絞られてしまった)
        ・・・それで?アバーズ王ってどんな人なの?
        -- 2016-07-28 (木) 23:26:04
      • 気にするなレクトール。お前にはどうすることも出来なかった……全ては王の不徳を止められなかった私の責だ。ゆえに、こうして罪滅ぼしに来ている
        (カレリアの質問を受けると、順を追って話し始める。レクトールについてもこの場で言及できるラインを考えて…言葉を選んで語る)
        ……レクトールはかつて、巫女ル・クゥ様から血を受け取った。だがそれは国からすれば大罪だった…そして彼は牢獄に幽閉される。約20年ほどだったか…?
        その間に王はアバーズへと代わる。彼は不死鳥の血を得たレクトールに対し興味があったのだろう…レクトールが王から受けた責め苦は筆舌に尽くし難い……!
        その上で、現在はレクトールを英雄に仕立てた子供騙しの物語をプロパガンダとして流している。彼を苦しめたアバーズ自身がだ! 虫唾が走る……!!
        (寡黙な性格のブラハムをここまで怒らせるほどに、王がレクトールにした所業は残酷なものなのだろう…) -- ブラハム 2016-07-28 (木) 23:39:52
      • まぁまぁブラハムの旦那……でも助けてくれたじゃねースか? 旦那が俺を脱獄させてくれたお陰で、20年で済んだんだ
        ホント、感謝してるぜ……当時はそんな感謝すら浮かばないほど心が死んでたけどねぃ。今はこうして美人の魔女とも知り合えたし?
        なんつーの、生きてりゃ何だかんだイイコトあるっつーかなんつーか……うんうん -- レクトール 2016-07-28 (木) 23:39:58
      • ふぅん・・・つまり、初めに不死を受け取ったレクトールを英雄に仕立て上げる事で、本来大罪だった不死鳥の血を栄誉ある英雄の再現に変えたのね・・・完全に利用されたのね貴方?(くすくすと)
        (この話をレクトール自身がしてたら、座っている位置がもうちょっと近かったらからかい混じりに抱きしめてなでなでくらいはしてたかもしれない、そんな雰囲気で)
        ・・・それで・・その話を聞くに、王様からすればレクトールが今こうして普通に生きているのは不都合がある様に思えるのだけれど・・・
        -- 2016-07-28 (木) 23:56:54
      • ……無論、王もレクトールの存命を知っておる。彼の不死性をもっとも知り尽くしているのもまた、アバーズ王なのだからな…
        だが、王にとってレクトールの事はもう瑣末事だ……自身が不死になることと、国の支配を広げることにばかり苦心しておるゆえに…
        分かっただろうが、今回のアミールとアブドラの襲撃は彼等の独断だ。アバーズ王が国庫に封印した過去の資料を、恐らくアミールが探し当てたのだ
        アミールの、そして彼が有する情報機関の調査能力は国随一…レクトールの存在を知ることがあっても不思議ではない -- ブラハム 2016-07-29 (金) 00:07:37
      • ……なぁ〜るほろ、ようやく話が全部繋がった。確信までは得ていなかったがやっぱりそういうことかぃ
        ったく、アバーズの野郎も気が利かねーな? 俺の資料なんざ燃やしておけばいいのによ…… -- レクトール 2016-07-29 (金) 00:07:49
      • (王に目をつけられていないと知れば)そう・・・そこは不幸中の幸いなのかしらね・・・

        (・・・少し頭の中を時系列順に整理する
        1.レクトールは巫女姫から不死鳥の血をもらい不死になった
        2.1.は大罪である為にレクトールは投獄
        3.アバーズ、王になる。不死に興味があったアバーズはレクトールを拷問、『資料』を残す
        4.投獄から20年後レクトールはブラハムの手引きにより脱獄。「A」の消失はこの頃?
        5.アバーズ、レクトールをプロパガンダに利用、不死になる。ブラハム不死化はこの頃?
        6.血を濃くしたいアミール、国庫から『資料』を入手し同志アブドラと共に冒険者の街へ←イマココ)

        二人がレクトールではなく王様を狙ってクーデターでも起こしてくれたら楽なのにね(なんてとんでもない冗談を交えつつ)
        ふむ・・・気になる事が一つ、ブラハムはどうしてこの事を知ったのかしら?
        ・・貴方を信用しないと言っているのではないの、元十二将軍という事は今は軍人でないという事でしょう?その貴方がこの事態を知りえたのなら、お国の上の方はもう把握しているという事ではなくて?事態を知っていそうなのになんの手も打ってなさそうなのが気になるのよ・・・
        もう一つ、王様はもうレクトールの事を放置するにしても・・・現十二将軍であるアミールとアブドラはそうはいかないでしょう?
        独断行動をした咎が彼らにあるとはいえ、下手な事をすれば「ル・クァヴィー国として手を打たない訳にはいかない」なんて事態になりかねないわ・・・
        だからその辺りを保障してくれる人が必要になるんだけれど(と言って期待するような目をブラハムに向ける・・・)
        -- 2016-07-29 (金) 05:18:48
      • あまり笑えぬ冗談だな…(というよりも、生真面目なこの将軍は冗談全般が好きには見えない) 国を揺るがす事態は、民を守る身分としては見過ごせぬ
        …とは言え、それ以前にアバーズ王の不死性は高く暗殺が成立し辛い。加えて、他の十二将軍が敵に回る可能性がある…あの2人はそれほど愚昧ではない
        ……私の身の上の話だが、カレリア殿には一つ誤解がある。「十二将軍」とは、あくまで実力者12人を選抜した枠組だ。それ未満の将軍も当然存在するし
        十二将軍の中には武官でない者も存在する……例えば、魔術省に在籍する魔導研究者…国の衛生管理を担っている者などがいる
        アブドラなどは元々はただの山篭りしていた無頼漢だったが、ゆえあって十二将軍に抜擢された
        十二将軍になれば兵を率いる資格を与えられ、自然とそういう仕事も増えるが…十二将軍だけが軍人なのではない
        ……そして、私もそうだ。十二将軍の席からは退いたが…それは12人の席が埋まったため、最古参の私自ら幕を引いただけのこと。150年ほど前のことだったか
        …だが、「エイブラハム」としての仕事は終わっても民を護る将軍自体は続けていたのだ。「暫く」は、な…… -- ブラハム 2016-07-29 (金) 18:57:38
      • そりゃあ愛国心溢れるブラハムの旦那なら身体が動く限りは将軍として引退まで戦うわな……ちなみに姉御、男が「A」を無くすのは職を引退した時とかも含むんだよ
        ブラハムの旦那は奥さん亡くした時に「A」を取ろうとは思っただろうが、十二将軍の立場に居たころはまだ「ブラハム」になるのは許されなかったか…?
        で、肝心の将軍自体を引退したのは……アミール達の動きを知った、つい最近ってことスかね? 最近つっても、俺ぁ1000年近く逃げ回ってるんだ
        その2人だっていきなり俺の居場所が分かったわけじゃあるまいし、旦那なら尚更だ。つまり旦那は――俺を追う2人組を追って俺に辿り着いた…だな
        んで、カレリアさんが心配するその点に関しては俺が手を打った。アミールとアブドラの死が伝わらないよう、奴等が街に置いていると思われる斥候…
        そいつらは今、こっちの監視下にある。頼りになる隠密が斥候達を始末してくれりゃあ早々に報されることはない…
        そもそも「不死」なんだから、向こうも簡単に死ぬなんざぁ思ってもねー筈だしな。へへっ…んで、2人組は俺に辿り着くのに何年かかってる? -- レクトール 2016-07-29 (金) 18:58:03
      • 30年だ。私が引退したのもほぼ同時……お前に会いたかったゆえに、この機会は逃せなかった……
        十二将軍の身分でありながら、かのアミールとアブドラは活躍の場を与えられないことに不満を覚え、この30年はたまに国へ帰るだけだ
        ……アミールに関しては優秀な斥候として部下を育て、不在にも関わらず情報機関としての仕事はソツなくこなして国からすれば問題は無い
        アブドラに至っては兵を操るのは不得手であり、将兵としては使い辛いのでいなくても構わんのだろう……
        2人が殺されてアバーズ王がどうするか、それは私も判断しかねるが…レクトールの策があれば当面の心配は要らぬだろう -- ブラハム 2016-07-29 (金) 18:58:23
      • 王の不死性が高い・・ねぇ・・・(レクトールを見る)いっそあげちゃうってのは?・・・さすがに貴方でも死んじゃうかしら・・・・・悪く思わないでね?一つの手段ではあると思うから・・・
        そう・・・将軍とはいっても食客に近いものなのね・・・(だがそれは象徴・偶像・英雄としての意味合いが強いという意味でもあるように思う・・・実としての国力に影響はなくても心としての国力には深くかかわっているのではないか・・それだけだと懸念は消えなかったが)
        30年って・・・不死って気が長いのね?(それだけの期間ほとんど不在では求心力がどれほど残っているのか)斥候が死ぬなんて何かあったっていうようなものだけれどね?(それでも不死者が死ぬなんて思われていないようだから、問題はないだろう)

        (うんうんと頷き・・・それから)まって・・アミールとアブドラは殺せるの?・・というか・・・殺すの?(ちょっといやそうな顔)
        -- 2016-07-29 (金) 19:40:19
      • うむ。だがまぁ…もっと単純なものとも言えるな……「四天王」だの、「七英雄」だの、そういう民衆にも分かりやすい選ばれし者達を作りたかったのだろう
        不死の血を与えられる特別な存在……それを受け入れてしまった私も、言ってしまえば愚かな男だ
        (だが、そんな愚行を犯してでも彼はこの場に来るために長年耐えたのだ)
        ……気が長い、とは言うが…後から追ったからこそ私は言える。レクトールの足跡はとても複雑且つ、希薄で、気の遠くなる長さだった……
        アミールにはある意味感謝せねばならん。奴でなければレクトール、お前には辿り着けなんだ…… -- ブラハム 2016-07-29 (金) 21:25:03
      • おいおい姉御、本気で言ってるのかぃ…? 俺ぁ他人の輸血パックになんざなる趣味はねーぜ? あいつ等、既に色々やらかしてるしな
        それと……俺は少なくとも、自分から不死鳥の血の犠牲者を増やす気は無ぇ。そりゃあブラハムの旦那にまた会えたのは嬉しかったけど……
        旦那も、もう長くないんだろう? 人として死のうと思ってて、それでも最後に俺を助ける為に身体に鞭打ってここまで来てくれたんだろう?
        ……それでいい。命ってのは終わりがあって初めて命なんだ…俺はそう思ってるし、そう在りたい
        別にあのイカれた2人組を救おうなんざ思っちゃいねぇが、それでもこの状況は…歪な命をちゃんと終わらせてやるのが俺の役目だと感じてる
        2人の対策についても、ブラハムの旦那は教えてくれるだろうしな? 奴等は必ず殺す
        (レクトールの決意は固かった。一旦「殺す」と決めた時のレクトールは考えを変えることはなく、そして強い……
         カレリアがアミールについて思うところがあるのならば、「殺す」ことに乗った風を装うべきか) -- レクトール 2016-07-29 (金) 21:25:13
      • ・・・皮肉なものね・・ふむ?・・・ブラハム、貴方がレクトールを守るために来たのなら、アミールが此処まで辿り着けなかったらそれでよかったんじゃないの?
        貴方の口ぶりはなにか別の目的を匂わせるのだけれど、気のせいかしら?
        一つの手段だと言っているのよ、その気がないのなら仕方ないけど
        (レクトールをまっすぐ見返す・・・質問には答えてもらっていないが話し口から十分察せられる・・・血の薄い不死鳥は・・・「孫」は死ぬ、殺せるのだ・・・不死身であるか否かの差は大きい)
        「それでいい」「歪な命」「終わらせてやる」・・・ね・・不死鳥様の判断なら仕方ないわね(やだやだと首を振り)いいわよ・・・この件の中心は貴方だもの、方針は貴方が決めるべきだわ(敵は殺す・・・その考え方は自分も理解していたはずなのだから)
        -- 2016-07-29 (金) 22:10:11
      • 「ある意味」と申した筈だ……レクトールが無事なら、私は勿論それでいい。だがそもそも、私からしてもレクトールが本当に生きているのか知りたかった
        何せ1000年の時が経とうとしているのだからな……そして、その顔を見たかった……これは感傷的な、勝手な私の想いだ…… -- ブラハム 2016-07-29 (金) 22:29:54
      • おい、いくらカレリアさんでもブラハムの旦那を悪く言うのは許さねーぞ。俺はこの人以上の人格者を知らん!
        ……仕方ない、ってなんだよぃ? そもそも俺ぁ鳥だけにトサカに来てるんだ。あいつ等はリカルドを殺すところだったし、ゲルニコちゃんの羽を刈り取ったりしやがった!
        それに今回は……姉御、見た目の傷は無いようだが攻撃は受けたんだろぃ? 魔術を喰らった痕跡が視えるんだよ…
        そうだ、今回はカレリアさんも傷つけやがった! 許せるワケねーんだよ、こんなことは……って、ブラハムの旦那?どこに? -- レクトール 2016-07-29 (金) 22:30:21
      • ……いや、私は邪魔かと思ってな (変な気を遣ってそそくさと部屋を出て行こうとする) -- ブラハム 2016-07-29 (金) 22:30:43
      • ??? ……ハッ!? ちっ、違う!俺はみんなが傷つけられた事に腹を立ててるんであって……(ブラハムを追いかけて消えていく鳥) -- レクトール 2016-07-29 (金) 22:30:49
      • そういうこと・・・(ブラハムとレクトールの掛け合いを見れば二人の親しげな関係性が見て取れて)誰がいつ悪く言ったのよ・・・
        ・・・・・・(具体的な被害を聞けばさすがに口を閉ざさざるを得ない)私はいいのよ・・・あの程度でやられる程ヤワじゃないもの
        ちょっとまって・・まだ肝心の話が終わってないわよ!(具体的にどういう作戦で行くのか・・・それがまだだと呼び止めるも止まらず)・・・んもぅ!
        -- 2016-07-29 (金) 22:49:55
  • さてやカレリア殿、少々お聞きしたい事があるがよろしいでござるかな? -- ササキ 2016-07-28 (木) 10:05:54
    • あらササキ?ふふっ何かしら聞きたい事って -- 2016-07-28 (木) 10:18:25
      • うむ…ちらりと森から出る所を見かけたのでお聞きするでござるが…
        カーネル殿とお知り合いでござるかな? -- ササキ 2016-07-28 (木) 10:23:26
      • えぇ友達よ?・・・スパイダーシルクの依頼を受けそこなったのが残念だわ(はふぅと溜息) -- 2016-07-28 (木) 10:35:47
      • スパイダーシルクの依頼については拙者も相談を受けたでござるが…あれは故意に受けなかったでござるよ
        直接手渡しに行く予定のようでござるし…出来れば新しき交流の輪を広げて頂きたいものでござるからなあ、知人が増えるのはよい事でござるし、カレリア殿の分だけ他の方と知り合う機会が増えたと思えば…
        そんなカーネル殿でござるが…寿命が近い、などとは聞いてはござったか? -- ササキ 2016-07-28 (木) 10:41:32
      • あぁ、あれってそういう目的もあったのね?(そんな事をせずに会いに行けばいいのにとくすくす)でもそういう事なら、これでよかったのかしらね?
        (寿命の話題になれば少し真面目になって)えぇ・・・2〜10年ほどと聞いているわ・・・現状手段が見つからない事もね・・・それで?
        -- 2016-07-28 (木) 11:03:43
      • そう言う目的があるかはまあ…拙者の推測でござるよ、そうなれば広がるだろうと…結果オーライでござるな
        ほう…既に知っておったでござるか、なるほど誰にも伝えずにひっそりと…死を迎えようとしていた訳では無かったのでござるな
        手段が見つからぬから諦めているのでござろうか…さて、拙者の目的としてはテラリアと言う別のエルフの思惑を汲んで、どうにかしようとするモノ数名へ情報を広める事が目的
        既に知っていたとすればそれそのものは達成済み…となってしまうのでござるなあ
        やはりあの目の花が脳に根を張って…? -- ササキ 2016-07-28 (木) 11:10:02
      • あの子はそのつもりだったでしょうね?・・きっとそれを望んでる・・・私が聞き出した所があるのは否定しないわ・・・
        地元では手段が見つからなかった・・・この土地ではどうかと思っていた所はあったみたい・・・でも黄昏の世を見て、これもまた運命と悟ったみたいよ・・・(どうするべきかしらねと)
        この話にテラリアがどう絡むのかは分からないけれど・・・あの花は寄生した者の命を吸っているそうよ?・・あの子はエルフの中でも特別だけれど、それでもそのくらいになってしまうのだとか・・
        -- 2016-07-28 (木) 11:36:36
      • カーネル殿は自分の役割を種子と言ってござったが…なるほど、命を吸う花であるからこそ森を作れず、子を為す事もしないつもりだったと…
        抗うのではなく受け入れた上で、今生を満喫しようというのでござろうかなあ…
        ああ、テラリア殿もどのように聞いたかは知らぬでござるがカーネル殿から聞いたと…
        それをカーネルを大事に思ってるような奴に言うなよ、言うなよ、絶対だぞ!と…まあ素直じゃないののアレでござったのでこうして人物Bとして伝えに来たのでござるよ
        もっとも、もう知っていたようでござるが…BなのはAとしてシィホ殿に伝えたからでござるな(この後はハイリエの所にも伝えに行く事でしょう)
        しかし命を吸う花でござるか…それは何とも厄介な…まあ、本人に抗う意思が無ければどうしようもないでござろうが…
        後ほどそうした手段を探す許可は本人に得るでござるかなあ、勝手に探して押し付けても何でござるし、生きる意思があるなら…後押しせんとでござるな -- ササキ 2016-07-28 (木) 11:53:22
      • 抗おうというのなら助けるけど、受け入れるというのなら・・・正直どうしていいのか分からないわ・・・協力はするって伝えてあるけど・・あの子自身が乗り気じゃないと
        ・・・・・・・・・まって、なんだかちょっと混乱してきたわ・・・(うぅん?と首をひねって)
        テラリア:カーネルから話を聞いた、表面的には兎も角本音はどうにかしたいと思ってる
        ササキ:テラリアの思惑を汲んで話を広げている
        シィホ:ササキに話を広げられた人物A
        私:ササキに話を広げられた人物B・・・・・・・これでいいわね?
        -- 2016-07-28 (木) 12:02:48
      • あの花も植物の一種だとすると…駆除する事に乗り気じゃないかもでござるからなあ、森と共に生きるスヴァルトアールヴだけに…
        うむ?では話を纏めよう…
        テラリア殿について…それで合っているはず、本音でもバーカくたばれ!とは思っていない…と思いたい(希望的観測)
        拙者…そのつもり、あと何か出来るならしようと思っている、それはカーネルに話を聞いた後の予定
        シィホ殿について…OK!
        カレリア殿について…OK!
        でござるな -- ササキ 2016-07-28 (木) 12:13:06
      • というより駆除も摘出も手段がないという雰囲気だったわ、少なくともあの子の知る方法においては・・・
        この件で重要なのは、あの花はあの子に深く結びついているって事・・「ちょっと試したいから」であんまり酷い事はできないわ・・・
        テラリアは見栄っ張りだけど悪い子じゃないわよ、だから大丈夫(希望的観測)
        貴方に関しては・・その・・・言い広める前にカーネルに言った方が良かったって、正直思うわ・・・
        私とシィホはそれでいい・・あと、私にカーネルの不安要素を示唆したのは陽子よ?・・・あの子も何とかしたい人の一人よ
        -- 2016-07-28 (木) 12:20:34
      • ふむ…エルフの技術がどれほどのものが分からぬからなあ、少なくとも魔力においては人間界よりは高みにありそうでござるが…
        物理的に絡みついているのか魂が一体化しているのかさて…腫瘍扱いならエルオ殿の力で…ともなりそうでござるがその力を吸われる可能性もありそうでござるな
        変ないたずらはして行ったでござるがな!(水棲MSを店前に設置されたりバイブレイドを置いてかれたり)
        先に本人にでござるか、さてそうしたら今度はテラリア殿の意向を組みづらく…まあ次にカーネル殿の所に行ってその状況次第で陽子殿の所にとするでござるよ
        さて拙者はしばらく不在となるのでこれで -- ササキ 2016-07-28 (木) 12:44:25
      • 植物に関してはかなり自信があったみたいよ
        さてどうなっているのか・・・ふむ・・あの子が乗り気じゃなかったから控えてたのだけれど・・・私もまた調べてみようかしら
        ふふっ悪戯位私もするでしょう?(自分が良い側である事を疑わない)
        あの子もどうにも素直じゃないからややこしいのよね・・・それで?ササキ自身はどうしたいと思っているの?テラリアが手を引くって貴方も引くなんて事はないんでしょう?
        えぇそれじゃぁまたね・・
        -- 2016-07-28 (木) 13:46:46
  • ねえかれりあさん、ちょっと質問なんだけど…(ぼんやりうわのそらで空を眺めつつ) -- 陽子 2016-07-26 (火) 21:13:55
    • あら陽子じゃないの?ふふっどうしたのぼんやりしちゃって・・・恋でもした?(なんておどける) -- 2016-07-26 (火) 21:47:33
      • 恋のほうがまだマシかもね…(恋は不毛なモノという認識からくる言葉といっしょにため息)
        かれりあさんなら知ってるかなって…ゴーレムの好物(例のどっか飛んで行ったゴーレムを探している、らしい) -- 陽子 2016-07-26 (火) 21:52:59
      • あらあらこれは深刻かしら(むむむ?と唸り)
        ゴーレムの好物・・・物にもよるけれど、私の場合は持ち主の愛情ね?・・毎日声を掛けて撫でて、ってして絆を深める度に元気になっていくのよ?
        -- 2016-07-26 (火) 22:11:35
      • (いいなーと思った人がスケベじじいだった…はつこいなんてそれでいーんだよ)
        あいじょう……(いきなり襲い掛かられたことを思い出し…)ころされそうになってもやったほうが…(いい?という目) -- 陽子 2016-07-26 (火) 22:37:14
      • (あばたもえくぼとはいかなかったようね・・・)
        ・・・それは・・厳しいわね・・・基本は対話よ?・・・正確には対話を通して相手が好きな事を模索するの・・・その子何か言ってなかった?「ああいうのが欲しいこういうのが好き」みたいな事よ
        -- 2016-07-26 (火) 22:47:32
      • そーいえば言葉は喋ってたな(『ゼロス』って名前を知ってる理由は、自分でそう名乗ったからだ)
        …食う事が大好きで、自分が強いって思ってるタイプ…(対話なんて絶望的な性格してるらしいことが伺えるかもしれない) -- 陽子 2016-07-26 (火) 22:58:41
      • 食べるのが好き・・・自分は強い・・・
        (うぅんと考え)殴りあって仲良くなるタイプねそれ・・・食べ物あげたらいくらか柔らかくなるかしら・・・
        -- 2016-07-26 (火) 23:16:25
      • そりゃあサガくんならできるかもしれないけどさ…(あたしがどーやってゴーレムと殴り合いするんじゃい!と中止!する…)
        そうそれ!そう考えたわけ!(ゴーレムの好物でおびき寄せて捕まえる的な…食い物)
        イザヨイのやつ、『ゼロスはクジラを好んで食べます。』なんてテキトーなこと言っててさー(そんなことあるわけないじゃん。とイザヨイのいう事をハナから信じてないので、ゴーレムの好きな食べ物を聞きに来たわけだが…)
        なんかループしてる!!(そう、ゴーレムの好きなモノは愛情→ゼロスの場合は戦ってあげればいい→自分には無理→好きなモノで釣ろう→戦う …といった具合に手詰まり感がでてきたので頭を抱える) -- 陽子 2016-07-26 (火) 23:24:59
      • 見事なループねぇ(頭を抱える様にくすくす笑って)
        でもそうね、私のがそうだというだけで、他のゴーレムは違う可能性は十分にあるわ・・・試して見たらどう?クジラ(缶詰とかあるでしょう?と)
        -- 2016-07-27 (水) 00:06:55
      • どんだけ逃げても困難からはにげられないってことか…(遠い目)
        まあダメもとでやってみるよ…(イワシの頭も信心というし、やるだけやってみてダメだったらイザヨイを殴るくらいすればいいや…くらいの心持ちに落としどころを見つけたのか、缶詰を買いに行くのだった…) -- 陽子 2016-07-27 (水) 00:31:49
      • 仲良くなりたいのであれば困難は避けられない道よ・・・
        ふふっイザヨイをあんまり悪く言っちゃだめよ?(頑張ってと手を振って)
        -- 2016-07-27 (水) 00:59:43
  • //次の襲撃予定カレリアさんですが大丈夫でしょうか? という御伺いだけ残しておきますね…Zzz -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-07-26 (火) 02:35:09
    • やーんこわーい 大丈夫よ、いつ頃どんなふうに来るのかしら、楽しみね -- カレリア 2016-07-26 (火) 13:49:44
      • //可能ならば是非今日で!無理なら明日! 場所はここの個人イベ用スペースで準備しておくます。細かい相談あれば→の鳥からどうぞ -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-07-26 (火) 17:32:21
  • 遅れましたが依頼の受諾、及び成功への尽力ありがとうございました、これは個人的なお礼としての粗品ですが、どうぞ(冒険者用保存食を多数詰めた箱を差し出す) -- セレイン 2016-07-22 (金) 00:49:08
    • んー・・・あぁいつぞやの不法占拠の件ね?あそこ、あの後どうなっているのかしら?
      (贈り物を受けとって)あらま・・・ありがとう、これは助かるわ・・
      -- 2016-07-22 (金) 01:00:32
      • 無血開放して頂いたおかげで設備の一部はそのまま流用でき順調に作業が進んでいるそうです
        不法占拠していた連中は……まあ一部はまた別の場所に集まっているとか、一部はアイドルのファンクラブになったようですが
        他にも何か入用ならご注文承りますが、何か不足しているものはございますか? -- セレイン 2016-07-22 (金) 01:07:01
      • そう・・・順調なようで何より・・・不勉強なのだけれど、ナインテイルテクノロジーってこういう物(保存食)を作っていたりするの?
        ふむ・・・いざ言われるとちょっと困るわねぇ・・ひとまずは保留かしら・・
        -- 2016-07-22 (金) 01:29:48
      • 基本的になんでも作っています、人為的に妖刀を製作している部署もありますし、魔導器を生産販売もしています、勿論兵器なども、所謂マッチ棒から戦略兵器まで、ですね
        興味がございましたら店舗の方もよろしくお願いしますね(一応名刺を差し出す) -- セレイン 2016-07-22 (金) 01:41:59
      • 色々やっているのね・・・ふふ、面白そうだわ・・・
        (名刺を受け取り、目を通しながら)ちょっと興味が出てきたかも・・・よろしくね?セレイン?
        -- 2016-07-22 (金) 01:53:08
      • 素材のみの販売もしておりますのでよろしければどうぞ
        はい、よろしくお願いしますカレリア様(丁寧にお辞儀をして) -- セレイン 2016-07-22 (金) 01:55:46
      • 素材のみか・・・四季のゴーレム材料に良いのがあるかも?・・・いやでもその辺りはあの子に任せるか
        ふふっこれはこれはご丁寧に・・・そういえばまた依頼を出していたわよね・・・洋上施設の調査だとか・・・再開発でもするの?
        -- 2016-07-22 (金) 02:01:23
      • 素材は量によっては取り寄せとなるので若干の日数をいただく事になります
        可能なら、でしょうか、廃棄された理由も不明瞭な点が多く現在海洋性の魔物の住処となっているので間引きがメインになりそうですが、現段階では調査が最優先事項ですね -- セレイン 2016-07-22 (金) 02:04:09
      • ふふっそんな大量じゃないから大丈夫よ・・・まぁするかもわからないのが実情だけれど
        ふぅん?・・・少し興味が湧いてきたわ・・ちょっと受けてみようかしらね?(なんて笑って頷いて)
        -- 2016-07-22 (金) 02:15:27
      • 素材から加工するのも大変ですからねぇ……
        可能なら制圧して再開発も視野に、危険と判断したら破壊も考えております
        報酬は少々特殊ですが、受けて頂けるなら心強い限りです、それでは今日はこれで(一礼して帰っていく) -- セレイン 2016-07-22 (金) 02:21:41
      • ふふ・・まぁなる様になるわ
        あら、破壊はもったいないわぁ・・えぇ、一応当日までは様子を見させて
        -- 2016-07-22 (金) 20:56:04
  •   -- 2016-07-21 (木) 22:09:08
    • 間に合ったわね・・・早すぎたくらいだけど
      ・・・・・・・・・・やっぱりおかしいかしら?浴衣に三角帽子は・・
      -- 2016-07-22 (金) 01:38:34
  •   -- 2016-07-21 (木) 22:09:03
  •   -- 2016-07-21 (木) 22:09:00
  •   -- 2016-07-21 (木) 22:08:56
  • (緊張した面持ちでゴーレムと、それから黒い、棺のようなものを掌に載せてやってくる)
    カ、カーレリアーさーん!こんばんわー! -- 四季 2016-07-21 (木) 02:19:12
    • あら四季・・・(棺を見れば不思議そうに首をかしげて)
      なぁにそれが百の手のパワーアップ要素?
      -- カレリア 2016-07-21 (木) 02:21:13
      • あぁ、いてくれた、今晩はカレリアさん、今日もお美しいですね!
        (へっへっへ、と前に一度玉砕失敗したせいもあってか、笑顔でそんな風に言ってのけると)
        ふっふっふ、今回のコレはちょっと違いますよ、まず箱自体が純正魔法創造物(アーティファクト)です、
        そしてそこにこめられたのは、オレの母の
        シャドウという不死で魔狼で、色々規格外の女性が使う魔法をオレが全部こめて再現した物質を閉じ込めました! -- 四季 2016-07-21 (木) 02:26:18
      • えぇこんばんは・・・ふふっありがとう?(まさか本気で言っていたとは思ってなかったりした、賛辞を受け取り嬉しそうに微笑んで)
        じゅんせいまほうそうぞうぶつ・・・読んで字の如く純粋に魔法のみで作られたという事かしら・・・貴方達の母親についてはビエネッタに少しきいたわね・・
        ふぅん?・・それはまた凄そうな・・・で・・それを素材にしたいのかしら?(こつこつと棺を突いて)
        -- 2016-07-21 (木) 02:38:53
      • くぅ…オレではまだ足りない…カレリアさんに、なにいってるのよもう・・・とか言わせるような存在には!
        (げふぅ!と悔しそうに悶えた後し、深呼吸を一つ)
        はい、まず入れ物で魔法を作りました、その上でその中に入れる物質を魔法で作った
        そしてオレがオレにオレのためだけに、素材を作ってみたわけだー!
        (自信たっぷりな様子でそう言いきる、そして棺につけられた錠前を右に上に左に下に上に上に下に)
        (その後は数えるのも億劫になるほどの手順を交えて)
        あ、ビエ姉に会ったんだ……大丈夫でした、その、ごめんなさい
        (人嫌いで苦労したでしょう、と申し訳なさそうに頭を下げながら)
        (棺の中からぷるぷると震える弾力のある闇そのものを取り出して見せる) -- 四季 2016-07-21 (木) 02:45:02
      • ふふ・・冷静に考えてみなさいな四季・・・そもそも私がそんな十代の女の子みたいな反応すると思う?(くすりと微笑んで)
        随分厳重に封印しているのね・・・そんなに危ない物なの?(何やら複雑に操作しているのを見て・・・だんだん飽きてきてあくび)
        (ビエネッタ評には首をふり)初対面から気に入られてたわ・・ふふっその直後に人間嫌いというから何て言っていいかわからなかったくらい・・・
        (ヤミソノモノを見ながら)ふむ・・・結構弾力がある形をしているのね・・・触ってみても大丈夫?
        -- 2016-07-21 (木) 02:59:56
      • はいっ、そんな反応を引き出したいと想う男、月暈四季です!
        (精一杯、と言った仕草で膝をついて、相手の手を取ると、その後どうして良いのかわからず、たっぷり十数秒の硬直を挟む)
        ふぅん、ビエ姉に好かれるって多分珍しいぜあのほら…引きこもりで、世間知らずなところもおおきい姉ですが、よろしくおねがいします(ぺこり)
        (そういって、箱から握り拳二つ分サイズの闇を見せびらかすよ)
        うん、多分危険はないと想うし大丈夫だぜっ!
        (触れれば、ぷにりとした弾力のある感触、金属とも生物とも違う異質な質感を返すだろう) -- 四季 2016-07-21 (木) 03:04:09
      • あらあらっ情熱的なのね?・・・嫌いじゃないわよそういうの・・・(手を取られれば妖しく、期待の籠った眼差しで見つめ・・十秒くらいたってから)期待しているわよ?四季
        よろしくされたわ・・・リュカが戻ってきたらどこかに行っちゃうのかしら・・・
        (手に取り)ふぅん?・・・こんな感じね・・・素材に直接文字は刻めないから、コアは別に用意する必要がありそうね・・(棺をみて)これでいいかしら・・・それともこれもゴーレムにして複合型にするか・・・四季に希望はあるかしら?
        -- 2016-07-21 (木) 03:22:37
      • うぅ、うぐ、ぅー-・ぉー!
        (期待しているといわれれば半ば猪突猛進気味に、手に取った相手の手の甲に、額を唇を押し付けてから)
        は、はー!はー!…どうですか、カレリアさん!…え、うん、まぁあの人、引きこもり、だからさ…?
        うーん、難しい事は置いといて、とにかく、手としての機能を広げたい、今の相棒のできる事を増やすために指を伸ばせるようにしたり、手を大きくさせたり、とかっ! -- 四季 2016-07-21 (木) 03:29:43
      • (今すぐでなくていいのよという意味合いで言ったがどうも彼の中の何かに火をつけた様で・・・キスをされれば)うんっよくできました(くるりと手を返してその頬を優しく撫でた)
        また引き籠っちゃうって事ね・・・今のうちに会いに行っておかないとね・・・
        (そういえばそうだったなぁなんて思いつつ)よし・・それなら百の手に移植する形で行きましょうか・・・
        (おいでと百の手を招くとそのコアの辺りにやおら黒いぶよぶよを押し付け始める・・そっと「אמת」と指でなぞりながら)いい?百の手・・・これは今から貴方の一部よ?・・・(見た目的にはそうして呼びかけているだけだが、囁く度に彼女の魔力が染み入り百の手のプログラムに干渉し、闇の塊を端末としてインストールしていく)
        -- 2016-07-21 (木) 03:43:17
      • ふっ…ぉ……、は、はぃ、ぃ…(頬を撫でられると、屈辱とか嬉しさとかそういったものを混ぜ合わせて頭を下げながら)
        そうだぜー、そもそもあの姉さんが外に出てくること事態が珍しいから、今だけだぜ、ほーら、カレリアさんもビエ姉がお得になってくーる、くーるぅー
        (目の前で指をぐるぐる動かし、電波的なものを飛ばしてる様子を見せながら)
        (聞きなれない言語、一瞬だけヒュムノスか、とも思うがソレとも違う言葉に、瞳を輝かせ)
        (ちらり、とゴーレムがこちらを振り返り見たような気がすると)
        大丈夫だ、というかココに来て俺を見るなよもぉ、オレが信じられないみたいじゃんかよ!
        (そんな風に憎まれ口を叩きながら、球体のコアに人の手を取り付けたゴーレムは、素直に彼女の魔力を受け入れ、隅まで浸透させ)
        ……先生、センセイ…オレのゴーレムは、百の手は大丈夫なんですか…? -- 四季 2016-07-21 (木) 03:48:16
      • (なんだかノリがおかしくないかしら?と少し不安になりつつ、とりあえず下がった頭をなでなでしておく・・・理由?そうしたいから)
        ふふっなによお得になるって(くすくす笑ってぐるぐる指をさらっと流して)
        (一通り語り掛け終えれば手を放し)流した魔力は走査というか・・・仕組みの書き換えに使っただけだから、これが原因で百の手の動作に影響は出ない筈よ・・・
        (球体コアの周りに闇そのものがくっついているような状態で)ちょっと動かしてみて御覧なさい?・・・もう新しい手として動かせるようになっている筈だけど・・付いたばかりだから動きに慣れるまで戸惑うかも・・・
        -- 2016-07-21 (木) 04:04:05
      • ぐわぁー!(撫でられたり、渾身?の催眠術をスルーされて、悶えるオレ)
        おっとカレリアさん…オレとコイツは一心同体大丈夫だって、な?
        (動かしてみろ、という相手の目の前で人差し指だけを持ち上げて伸ばしてみる)
        (ゴーレムは、それにあわせるように、稼動部である人差し指を伸ばすが、手と主人の距離が離れすぎてて触れ合わない)
        (かと思った次の瞬間、ゴーレムの指先から闇が伸びて、その闇から出来た指先が主人の指先と触れ合うと)
        ふっふーん、まだ少し調子悪いみたいだけど、よしよし、この調子で先生もリュカ兄さんも倒していこうなーっ♡(ぎゅーっ、と闇を薄っすらと纏い、しかし普段通りの様子を見せる自分の相棒に抱きついて笑ってみせると)
        カレリアさん、次はコアと、後男前なオレをもってきますから、楽しみにしててくださいねー! -- 四季 2016-07-21 (木) 04:25:07
      • んもぅ・・貴方はどうしたいのかしら?(取りあえず可愛いのはよくわかったと笑って)
        ふむ‥だいぶ呑み込みが早いわね?この分ならすぐに使いこなせるわよ?(自転車にあっさり乗れるようになった物くらいの感覚で観てる)
        ふふっリュカを倒す事が目的なの?ぶっそうねぇ・・・えぇ、どっちも楽しみにしているわ・・・(男前、と言ってすぐに持ってくるのは難しそうだと思いつつちょっと期待して見る事にする)
        -- 2016-07-21 (木) 04:44:33
      • (どうしたいのか、と聞かれればたっぷり数分、それこそ先ほどの行為を超える時間を有した上で)
        プシュー…
        (頭から煙を吐いて頭を回してしまう、だがしかし!)
        (大人を夢見、別の意味とは言え飲み込みが速い、といわれれば、目をしっかりと見開き)
        おお、ぉぉぉ、おじょうさmさ!あわわ、わ、あわたあし、と、ここのどたび、ダンスでー!ぉーーぉぁー!?
        (素っ頓狂上ずったそんな変な代名詞を当てはめながら彼女に頭を下げて)
        リュカ兄さんもビエ姉さんも、母さんも、父さんも倒しますよ、ソレがオレの夢、ですから! -- 四季 2016-07-21 (木) 04:50:39
      • 〜♪(なんかいつまでも固まってるので机の上に用意したお茶をくぴりと口にして)
        (あたまだ続いていたのと振り返る)ふふ・・いいわよ坊や・・・(「ほら、手を出しなさい?」と手を取り抱き寄せるとステップを教える様にリードする)
        リュカだけじゃない、家族が目標なのね・・・因みに先生ってイェチンの事?
        -- 2016-07-21 (木) 10:33:44
      • ぐおおぉぉぅ…これ以上はご容赦をオ、オレには、オレにはまだ経験値が足りてなさすぎますー!
        (ぐえーっ、と突っ伏した後降参の意を示すように両手をあげる)
        あ、うん、そっか…そうなんだよオレあの人の弟子って事になってるからさ
        カレリアさんとまで知り合いとは思わなかったけどっ -- 四季 2016-07-21 (木) 17:48:27
      • ふふ・・・ダ メ よ♪(ウィンクして掲げた手を取り更に無理矢理ダンスに付き合わせる)貴方が誘ったのだもの・・簡単に音をあげたらだぁめっ(で、ぐったりさせた)
        ちょっとした顔見知り程度だけどね・・・以前の交流戦の時にいたからもしかしたらって・・・(当たりだったみたいねと笑って)
        -- 2016-07-21 (木) 19:39:14
      • そ、そんなぁ〜!はい…とりあえず勉強させてもらいます…
        (ううっ、自分に似合わない難しい、何て難しいのだと一頻り苦悶するようにダンスしつつ、ちょっとだけまんざらでもなさそう)
        あぁなるほど…さすがカレリアさん顔が広いって言うべきなのかな…とりあえずダンス終わったよね、そろそろオレが限界だからかえって枕に顔埋めて助けてー!オレには紳士は無理だったー!って嘆きに帰らせてもらいますぜー! -- 四季 2016-07-21 (木) 21:42:30
      • うんうん、よくできました(よしよし撫でて)
        ふふっダメねぇ・・・後何年かすればいい具合になってくれるのかしら・・・(またねと見送って)
        -- 2016-07-21 (木) 22:02:32
  • 超巨大トカゲか…懐かしいものだな、かつて余が冒険者を名乗っていた時代には随分と相手をしたものだ
    わざわざそれらを封印するという妙な真似をする者が居たらしいが…その封印を解く連中もいるとはな、お陰で楽しめたようだな? -- 老いた魔物 2016-07-19 (火) 21:31:28
    • あら驚き・・・魔王様は冒険者だったの?(驚いたような顔をして、それから微笑み)・・・どう?あの時から見てトカゲは、長きの封印で弱くなってた?それとも熟成されて強くなってたかしら?
      ふふっまぁね?・・ただ次する時は、もうちょっと街から離れた所でお願いしたいわ(なんて肩をすくめて)
      -- 2016-07-19 (火) 21:40:22
      • 何もかもを失い日銭を生み出す事すら出来ぬ時代もあったのだ(そう自嘲気味に語るが悪い日々ではなかったのか表情は愉快げだ)
        どうやら中々の個体を封印していたようだな…余の遺跡にも超巨大トカゲの類はいるが匹敵する個体は居らぬ
        確か…随分な数の封印が解かれていなかったはずだな(回収するつもりなのかそんな事を呟く)&br:ならば次からはあまり追い詰めぬ事だ、余裕の無い者は大抵ああする -- 老いた魔物 2016-07-19 (火) 21:49:48
      • ふふっ・・それでも楽しい日々だった?(そんな顔よと笑って)
        ならあれはかなりの物だったのね・・・まぁ閃光弾を打つトカゲなんて聞いたことがなかったものね・・・(うんうんとうなずき)
        えぇそうね封印が解かれそうになったけど魔術師さん達が何とか再封印したとかで・・・ふふっなぁに手なずける気?(怖いわぁと笑い)
        かといって黙って全部の封印を解かれたらそれこそ大惨事だわ・・・むしろ追い詰めるのならああなるよりももっと早くするべきだったのだわ(ストロングスタイル)
        -- 2016-07-19 (火) 21:59:59
      • 恐らくは当時その地域を支配していた種だろう…リザードマンが崇めている程だ
        安心せよ、手懐けるなどという考えはない…獣には相応に相応しい世界を与え弱肉強食の中進化を与えるのみ
        そなたが出会ったアルボレウスの世界もまたそうした環境の一つだからな、あの地は食欲を前提とした正に弱肉強食の世界だ
        (そのストロングスタイルには好感を持っているのか頷いて)そなた達冒険者にとっては後手に回るしかない依頼ではあったがな…既に準備を終えている相手だ -- 老いた魔物 2016-07-19 (火) 22:19:41
      • 何せ各部族に封印のアイテムが別けられていた程だもの、皆して頑張って封印したのでしょうね・・・そんなものが割拠していた時代も今は昔・・・封印されて解き放たれてタコ殴りにあったんじゃ形無しね
        あら、より強いものを知恵で従わせるのもまた一つの強さなのではなくて?・・・まぁ何を持って「強い」かを定めなければきりのない話なのだけれど(そしてその疑問の答えともいうべき所を拾って)
        へぇ・・つまり各世界ごとに「強さ」にテーマがあって、その中で競わせているのね・・・ちなみに、以前レクトールが挑んだお墓はどんなテーマなのかしら・・
        受けた時にはすでに事件が起こっているものね・・・こればかりは仕方ないわ・・・(うんと考えるように)一番最初の彼らのアジト襲撃の依頼・・・私は参加していなかったけれど、そこでもっと完膚なきまでに叩いていたらと・・・まぁとっくに過ぎた事なのだけれどね?
        -- 2016-07-19 (火) 22:42:44
      • まあ中にはその法則を適用していない世界も在るには在るが…戯れに作った猫の王国などな(そこは知恵ある猫を集めた世界なのだという)
        アタゲイレブの支配地はその法則下にあるが…あの地は単純だ、死に抗えるか否か
        あの地の秘宝である死の光を得るには死の権能を持つアタゲイレブを打倒出来ねば得られぬ、敗れれば永劫彼奴の下僕よ
        (この老魔も悪事を働く側なので色々思索を巡らせ)他にも教徒が居れば次回の行動が更に読めぬ可能性も出る…結果のみで見るべき依頼であろうな -- 老いた魔物 2016-07-19 (火) 22:57:27
      • まぁそんな世界もあるのね?(ぜひ行ってみたいわぁとにこにこ)
        死に抗えるか、死んだら下僕・・・か・・・まさに生きるか死ぬかという訳ね・・・(あの時とっさに立てていた対策だと裏目に出てたかもなぁとか考えつつ)
        残党がいたら、次は更に狡猾に狙ってくるという事ね、そして可能性を考えたらきりがないと・・・面倒な事をしてくれたわ全く・・・ふふっ流石魔王様は目の付け所が違うわ・・やっぱり自分がする時はとか考えるの?
        -- 2016-07-20 (水) 10:43:49
      • その点ではレクトールは相性が良かったと言える、不死と風による保護…アタゲイレブの術は生命無機物の区別無く滅するからな
        それでも不死でさえも直撃すれば滅びる相手だ、なるほど数百年の覚悟という物を見せてもらった(部下が倒されたにも関わらず愉快そうに)
        ただ仮に次があったとしても随分先の話となるだろう…ああいう連中は成せるとなった以上必要以上に計画に注ぐものだからな、もう立て直せぬ可能性も
        無論だ、というよりも封印を解く事に関しては前例がある…余は成し遂げたがな(僅かに自慢げに) -- 老いた魔物 2016-07-20 (水) 14:19:39
      • 風も滅せられそうだけれどね・・・地力の問題もあったのかしら
        覚悟か・・・それ程熱い物がレクトールにあったとはね・・・・・・ふふっそれにしても魔王様楽しそうね?・・・それも弱肉強食?レクトールは配下じゃないでしょう?
        あらあら(自慢げな様子にくすくすと笑って)一体どんな封印を解いたのかしら・・・
        -- 2016-07-20 (水) 14:41:15
      • アレは何より死の力を絶対とし自らの研鑽を怠っていたからな…
        風も滅する事は出来るが殺すよりも多く生み出されれば押されもする、レクトールにとっても全てを賭けた一手の様ではあったがな
        (楽しそうだと言われれば肯定するように目を細め)余は勝者を区別せぬ、あの場に於いて正しいのはレクトールであったのだ
        神界への門…遠き昔の話だ、余の復讐の一端が果たされる栄えある日…
        この件は長くなる、いずれ話すとしよう…では此度はこれで、ではなカレリア(そう言うと闇へと溶けて消えた) -- 老いた魔物 2016-07-20 (水) 22:21:51
      • もう少し鍛えていれば、滅した風を味方にしていたのかもしれないわね・・・えぇ・・彼もあれでかなり消耗していたわ・・・直るのにまだかかったいるみたい
        ふふ・・・正しいと都合の良し悪しは別でしょうに・・公平なのね
        あらま・・それはまた大層な物を・・・復讐?・・・ん・・えぇそれじゃぁまたね魔王様(またねと手を振って)
        -- 2016-07-21 (木) 02:27:58
  • そういやこないだの依頼…助かったよ、カレリアさんに回復してもらわなきゃ倒れたまんまだったし。あらためてありがとね、カレリアさん。
    無事に撃退できてよかったぜ…式の時から魔方陣が目に障ってたからね、ちっと気にしてたところもあるし。大きなケガ人もなくて何よりだったね。 -- サザンカ 2016-07-18 (月) 20:53:50
    • (「加護」ではなく「援軍」だったから亜人たちに助けてもらった体だった、亜人たち使ったの自分だけだったよ・・・)
      ふふっいいのよ、新婚早々大けがだなんて笑えないもの・・・それにお礼なら、わざわざ人の街まで救援に駆けつけてくれたあの子達に言うべきね・・・
      本当にタイミング悪かったものね・・・不吉な状況のさなかのめでたい事だったから、それはそれで清涼剤になったけれど
      -- 2016-07-18 (月) 22:29:32
      • (細かいことは気にしない方向で!)実は嫁さんも怪我しちゃったんだけど、そっちはエルオさんが何とかしてくれたようで。有難きは人の縁ですよ。ヒーリング出来ないほど俺も法力ぶちまけたからなー…
        その結果がどてっ腹に大穴(と言う名のダメージ量2位)だったんだけどね。結婚式の邪魔をする奴は俺が許さんと言う気持ちでいっぱいでした。
        ここしばらくは大きな依頼もなさそうかな…平和だね。結構色々あって落ち着いた時期ってあんまりなかったけど…いいよねこういうのも(結婚したからか、だいぶ前より落ち着きのある様子だ) -- サザンカ 2016-07-18 (月) 22:45:04
      • らしいわね・・・さすがにあれだけの混戦だと全体の状況把握もままならなかったわ・・・思えば指揮系統なしによくあそこまで立ち回れたものだわ
        ふふっサザンカとしては怪盗騒ぎはそれほどでもない類かしら?(レクトール周り機械墓場周りに怪盗騒ぎと、魔女としてはまだまだ落ち着いた感じはしなかった・・その違いはおそらく)家庭を持つと男の子は変わるというものね・・・どう?子供とかの予定は?
        -- 2016-07-18 (月) 22:56:21
      • 逆に指揮を取ろうとしたほうが混乱したかもね?なんてったって冒険者って大抵唯我独尊っつか、独自に動くのを好む傾向あるし。その辺は結果オーライって事で…。
        怪盗…の噂は聞いてるけど、だって怪盗だろ?人を殺してるなら俺も捕まえるけど、盗んでしかも盗んだの返したりしてるって話だし。実害無いから別に、かな…(レクトール周りの話はまだ耳にせず。機械墓場はいずれ行く予定と言う程度である)…もう子供じゃないよ、立場上は。
        神父として正式に仕事も始めたしねー…まぁ家庭を持つと色々背負うもんもある感じ。子供は…まだかな。エイルと話して、一応エイルが卒業するまでは、ってことにしてる。…まぁ(顔を逸らして)することはしてるけど… -- サザンカ 2016-07-18 (月) 23:10:31
      • (ぶんつーすいっちぽちり) -- サザンカ 2016-07-18 (月) 23:24:46
      • 人死にがなくて盗んだ物を返せば実害はない・・か・・・慣れって怖いわね(楽観視する様を悲し気に見て首を振る)
        そう、そういえばあの子は学生だったかしら・・卒業は来年頃?・・・(くすくす笑って)あらあらお盛んだ事?・・・若さにかまけてフライングしたりしたらダメよ?(ぱちりとウィンクして「めっ」っとして)
        -- 2016-07-19 (火) 13:53:49
      • …俺、なんかおかしなこと言ったかな?憲兵とかの仕事だとは思うんだけど…それなりに人気もあるみたいだし…うん…?(自分の発言に違和感を感じないほどには…生死のやり取りの慣れが生じている)
        高校3年生かな…あと7か月くらいだね、卒業までは。俺と戸籍上は1つ違いだから。(向こうが年上、と続けて)…フライングは、はい。気を付けてます…(こくこく)
        …俺の事もいいけど、カレリアさんはどうだい?最近は。またいろんな事件に首を突っ込んだりしてない? -- サザンカ 2016-07-19 (火) 20:00:44
      • 依頼として出された以上は冒険者の仕事よ
        あの件で問題があるとすれば・・・一つ、「盗んだ物を返す」に何の保証もない事。二つ、誰も死ななくても、結果的に返してもらえても、盗られて困る人や被害事態は存在しているという事・・・ちょうど貴方が、自分の式に水を差されたと憤るみたいにね?
        ・・・三つ目は・・・(ここまで言って少しためらいがちに)・・・とても個人的な事だけど・・・嫌なのよ・・あんな年端もいかない子があんな堂々と盗みを働くなんて・・・ただただ悲しいの・・想像してみて?「自分の娘がああいう事をしたら」って(悪い癖よと肩をすくめる)
        (くすっと笑って)してる、色々ね?・・・今言ったみたいに、誰かが何かをしてるとどうしても気になっちゃうのよ・・・最近はさすがにちょっと疲れてきたから控えめにするようにはしているけれどね
        -- 2016-07-19 (火) 21:09:42
      • …うーん。確かにそう一つずつ言葉にすると問題にはなる気もするけどね…(大事、とはやはり捉えられなかった よくある依頼の一つと言う意識は消えなかったが)
        ………ああ。(その点だけは。カレリアに言われてひどく自分の心にも染みる)それは、そうだな…孤児院のガキ達や、言う通り俺の子供がそんなことしてたら…嫌にはなるな。止めてやりたくなる……と、カレリアさんは思ってるわけだね。(カレリアさん子供好きだもんね。と笑い返して)
        カレリアさんは世話焼きでもあるからね…いい事じゃないか、人を思いやれるのは優しさだよ。そう考えると最近の俺は傲慢になっていたのかもしれない…(反省だな、と自分を窘めて)
        無理はしないでほしいけど、カレリアさんらしいなとは思うし。大変なことがあれば俺も手伝うから気軽に言ってね?(にこっと笑った)
        そんじゃこの辺で…今度のアニーさんの依頼も頑張ろうねー。あと花火大会があるらしいのでそれも宣伝しておく!(またねー、と去っていった) -- サザンカ 2016-07-19 (火) 21:16:17
      • (子供好きと言われるとどこかあきらめ気味の笑みを浮かべる、なんかこう認めるしかないといった感じの笑い方だ)
        そう・・そうかしらね・・・(少し嬉しそうにうなずき、それから頭を振って)貴方にだって幸せになる権利があるわ、それに注力するのは何も間違いじゃない
        ふふっそうね、楽器は相変わらずだけれど、がんばりましょう(それじゃねと手を振りかえして見送った)
        -- 2016-07-19 (火) 21:53:10
  • やや、夏の星の夜空のように透き通ったローブをお召しですね、何だか爽やかでいいねっ
    私のほうは去年のライブ衣装が全然余裕で入ってしまうので、作りたいけどこれも気に入ってて新しく出来ないところなのです -- らん 2016-07-18 (月) 20:17:59
    • ふふっありがと?もう夏だものね・・・
      あらそうなの?まぁかく言う私も去年の物なのだけれど・・・らんの歳でそれはちょっと心配ねぇ・・(一応1cmは伸びたという話だがとまた身長を図るようにして)ふふ・・まぁでもそれだけ去年の服が気に入ったのなら、それもいいのかしら?
      -- 2016-07-18 (月) 20:43:54
      • 一応サイズは大きめになっているのでしばらくは着られると思います、でもでも
        突然背が伸びだしたりしたら今まで来ていた服も着られなくなってしまうのです…なので今年はなるべく、今着られる服を着てライブをしていこうと思ってますっ!
        わわ、キラキラした装飾がとってもファンジックで…是非夏になったらお外で見てみたい格好です(いつもと変わらぬ様子で楽しそうに) -- らん 2016-07-18 (月) 20:49:09
      • 着られる服は着られるうちにという事ね、着られなくなった服を仕立て直すのも面白そうではあるけれど・・なんにせよ物を大事にするのはいい事よ(うんうん)
        実をいうとこれって梅雨時期限定の服だったりするのよ?(7,8月はまたちょっと別ねとくすくす)・・・でもそうね雨よりは夏の夜って雰囲気だし、こういうのもいいかも?
        -- 2016-07-18 (月) 22:29:23
      • そうなんだ、じゃあ今見られて良かったのかも?次に会うときに新しい服装を見られると思うととてもわくわくします
        えへへ、カレリアおねーちゃんが夏にこれを着ているところ一度で良いので見させてくださいなっ?それにあわせて、私も歌を披露したいとおもいますのでっ! -- らん 2016-07-18 (月) 23:18:35
      • ふふっ期待されちゃったわね?(余裕があったら新調しようかなんて思ったりしつつ)
        まぁ新曲?(ぽんっと手を叩き)それは楽しみね・・・うん・・ならもう少しだけこの格好で行こうかしら?(うむうむ頷く)
        -- 2016-07-19 (火) 13:57:26
      • もうすぐ夏ですからね、新しい夏の歌に挑戦するのもいいかもしれません
        カレリアさんと星空を眺めながら歌うんだー、きゃーっステキステキー♪ -- らん 2016-07-19 (火) 20:14:30
      • 夏の歌ねぇ・・・ちなみに漠然とでも「こういうのがいい」ってあったりするかしら?(教えてよーっとつんつん)
        いいわねそれ・・ふふっ私歌はあんまりだけれど・・・教えてもらう事になるのかしらね?
        -- 2016-07-19 (火) 21:10:00
      • 私が最近好きなのはね、「天ノ川夜曲」っていう織姫様の気持ちを今っぽく歌った曲がすきかなー?
        えへへ、難しかったらきらきら星でも大丈夫だよカレリアさんっ!ではではっその日を楽しみにしていますですっ! -- らん 2016-07-19 (火) 21:26:52
      • へぇ?現代風に解釈される伝承っていいわね・・それだけ今も愛されているという事だもの
        ふふっそうさせてもらうかもしれないわ・・えぇそれじゃぁまたね?
        -- 2016-07-19 (火) 21:54:43
  • カレリアさんお久しぶりです。今日は普通に遊びに来たのですけど……平気ですか? -- シィホ 2016-07-17 (日) 22:15:02
    • あらシィホ、うんもちろんいいわよ?(お招きしてお茶とか出しながら) -- 2016-07-17 (日) 22:41:01
      • あ、ありがとうございます……(くぴぴ)
        その、改めてマフラーのお礼に……(季節は春だと言うのに未だに厚着して、身に付けている)
        あとはカレリアさんも元気にしてるかなって心配で…… -- シィホ 2016-07-17 (日) 22:43:44
      • 使ってくれているのね・・・(それとマフラーを示して嬉しそう)
        私なら全然、元気元気、大トカゲも倒して絶好調よ(にこにこと笑って)・・・私としてはシィホが心配・・あれからどう?
        -- 2016-07-17 (日) 22:52:39
      • 良かった(ほっと胸を撫で下ろして)オオトカゲ……? 何かあったのでしょうか…・…
        ええ、わたしは平気です。その……最近分かったのですが、わたしは炎を浴びることによってその熱を吸収することができるらしくて……
        なので、少しだけ症状も和らいできました。握力だって、ほら(きゅっと手を握って、それでも細すぎる腕なので貧弱) -- シィホ 2016-07-17 (日) 22:54:54
      • ほら、結構前から空高くに魔法陣が浮かんでいたじゃない?そこからでっかいトカゲが召喚されたのよ・・・(倒せてよかったわとこくこく)
        炎を・・・それ凄く危なくないかしら・・・でも改善されているのならいいのかしらね・・(きゅっとこちらからも握り返し、試しに温もりを帯びた魔力を照射して)
        -- 2016-07-18 (月) 02:01:47
      • そういえばそんな魔法陣を見ましたね……ともあれご無事でよかった……
        熱された物体だとちょっと危険ですけど純粋な炎でしたらまったく効かないのでむしろ安全ですね……
        んんっ……(目を閉じてその優しい暖かさを感じ)ありがとうございます…… -- シィホ 2016-07-18 (月) 02:05:00
      • 炎が効かない・・・凄い特性ね・・(十分に温めれば手を離して)
        でも、これでなんとなく真の焔で貴女の体調が治るという話に納得がいった気がするわ・・・ある種の消えない炎なのではないかしら・・それを取り込めばいつまでも熱を取り込み続けられるというか
        -- 2016-07-18 (月) 02:29:58
      • なるほど……消えない炎……それがあればずっと燃やし続けることが……!
        ええっとあの……もうちょっとだけこうしていてもいいですか……す、すみません(また握り返してお願いして) -- シィホ 2016-07-18 (月) 02:32:10
      • 唯の推測だけれどね・・・でも症状と対処法から考えればありそうな話じゃない?・・・ただそんな物があるのかしら・・(そればかりは分からないと首を振って)
        (お願いされれば一瞬きょとんとしてからふわりと微笑み)えぇいいわよ?・・手だけでいいの?(それから悪戯っぽく言う)
        -- 2016-07-18 (月) 02:50:26
      • わかりません……でも少し光明が見えた気がします
        えっ!? えっと……手だけで十分ですから……うぅぅ(握ったまま俯いて) -- シィホ 2016-07-18 (月) 18:59:35
      • 光明か・・・よかった・・正直本当に、どうしたらいいのかわからなかったから・・・
        ふふっひざまくらでもなでなででもよかったんだけどなぁ(むしろしたいって顔をしつつ握り合った手に魔力を込めれば、ぱぁぁっと辺りがぬくもりで満ちて)
        -- 2016-07-18 (月) 20:41:15
      • (甘えないと心に誓ったのだけどちょっと揺らぎ)な、撫でるくらいなら良いですけれど……
        (目を閉じて)やっぱり、カレリアさんの手は暖かいです……まるで……(その心の様にと言おうと思ったけれど照れくさいのでやめて)
        お邪魔しました。何だか恥ずかしいのでそろそろ戻りますね……では(ぺこりとお辞儀して去っていきました) -- シィホ 2016-07-18 (月) 21:00:24
      • そう?なら遠慮しないんだから(くすくす笑ってなでなでして)
        ・・・(自分の力が誰かの癒しになる・・それほど嬉しい事はそうそうない・・そんなことを思いつつ)・・・まるで・・なに?(うん?っと楽しそうに尋ねたり)
        あらあら?ふふっちょっとからかいすぎたかしら?(恥ずかしがらせなきゃもうちょっと彼女を留められたかなぁなんて思いつつ見送った)
        -- 2016-07-18 (月) 22:33:16
    • 僕も汚しておくわけなのですが (太刀を手入れしつつ話すバニー) -- 狛江(バニー) 2016-07-17 (日) 02:39:30
      • どういう事なの・・・(バニーを見ながら)
        ねぇどういう事なの(思いの外立派なのを突きながら)
        -- 2016-07-17 (日) 03:03:22
      • かくかくしかじかで師匠に負けた罰ゲームで… (たっふんたふん揺れるバニー’sバスト) 似合いませんか? -- 狛江(バニー) 2016-07-17 (日) 03:04:53
      • 似合っているのがダメなのよ・・・(首を振る)
        ・・似合っているって言ったら喜びそうな雰囲気があるわよ貴方?
        -- 2016-07-17 (日) 03:13:29
      • 褒められたそのこと自体は喜びますよ、女として嬉しいと思うかは別問題ですが …と言うか、そう言う意味では喜びませんけどね
        (研ぎ上げた太刀を眼前水平に持ち上げ、刃筋を読む姿は剣客らしく) まあ、今週までですけどね、この罰ゲームも 大丈夫、次お会いする時には元の虎彦ですとも -- 狛江(バニー) 2016-07-17 (日) 03:17:02
      • 心まで女になっちゃダメよ?・・・(まったくもうと唸って)
        真剣な目つきは素敵だけれど・・・その恰好だとどうもしまらないわねぇ(くすくすわらう)
        -- 2016-07-17 (日) 11:47:25
      • なりませんよっ、やっぱりこの身体はどうにも動きにくくて… (重い胸を持て余す様に片手で押さえる)
        あはは、まあ、罰ゲームは罰ゲームなので この間、これでヤのつく自営業の事務所の護衛に行ったら、商売女と間違えられたので捻っておきました
        (物騒な世間話をしつつ、拭い、鞘に納める) まだ魔力としては扱えませんが、随分と手になじんだ気がします …声はなかなか帰ってきませんけど -- 虎彦 2016-07-17 (日) 12:10:32
      • それだけ大きいと女でも持て余すわ・・・普段が男の子なら猶更ね(持て余す様に自分の胸を押さえる様に手慣れた物を感じてふぅと残念そうな溜息)
        何も仕事中まで罰ゲーム続けることはないんじゃない?危ない目に合わなくてよかったわ・・・
        ふふ、まぁそこは根気よくいくしかないわね・・今までした事のない作業でしょうから・・・その剣を通して術を使える様になっても、それですぐ魔力を感じ取れるようになるとは限らないわ
        何度か使って行く内に、次第に「魔力とはこういう物」という感覚が無意識から表層の意識に移動する・・・剣に投影した人格は、いわば「貴方の魔法」を使う為のインストラクターなのよ
        -- 2016-07-17 (日) 12:47:18
      • 変な話ですけど、この身体になって自分の胸では興奮できないと気付いて、男に戻ってからもこの感覚が残ってたらどうしようかと戦々恐々してます… (こちらも溜息を吐いて)
        そうは言いますがねカレリアさん、日々の糧を得る為なんです こっちの都合で仕事をキャンセルしたら後々仕事が貰いにくくなるんですよ…護衛は信用商売なので (肩を落とし)
        心を通わすよりも先に、魔法が使えるようになるって事もあるんですね、逆かと思ってました (ちょっと驚いたように目を瞬かせ、首を傾げる 左手で腰の太刀を撫で)
        自分の中に師を見いだせ、と言う事ですね 焦っても仕方がないかあ…どうにも気が急いてしまって、才能が無いのかなと悩んでしまう事もありまして (始めて半年、掴めぬ魔力に悩んでいたようだ) -- 虎彦 2016-07-17 (日) 18:01:45
      • ・・・他人の胸なら興奮できそう?(大丈夫?触る?と心配そうに)
        いや逆よ逆?女の人になったからって着物が着れないわけじゃないでしょう?って
        その辺りは本当に人によってまちまちね・・・ほら、そもそも生まれつき魔法が使える子はこんな手順は踏まないわけだし(私は訓練課程で必修として行ったけどとつけたし)
        人格もおぼろげだったり、なんとなく分かる程度だったり、逆にはっきり声が聞こえたり・・・投影が上手くいきすぎてそっちに魔力を使っちゃって他人にも聞き取れてインテリジェンスソード化する例もあったわ
        (自分の中に〜にはうなずいて)そういう事ね・・・兎に角問いかけ、答えを考える・・それを繰り返すしかないわ・・・なまじ最終的に魔法を使うっていう目標が見えてしまっているから、その前段階で気がせいてしまうのは仕方ないけれど・・基本は対話だという事を忘れないで、目の前にいる相棒に集中しなさい?
        -- 2016-07-17 (日) 18:57:10
  • やぁカレリア殿、お散歩にござる?(道端でばったり)
    この前のトカゲはすごかったでござるなぁ・・・アレほとんどドラゴンだろう実際 -- ニンジャ 2016-07-17 (日) 12:39:41
    • はぁいニンジャ、そんな所ね(ぱたぱた手を振って)
      ああして見るとドラゴンとトカゲって殆ど同じような物ね・・倒せてよかったわ・・・
      所で貴方、あの時すごかったわね・・・あの閃光弾を跳ね返したりして・・・あれもカラテのなせる技かしら?
      -- 2016-07-17 (日) 12:50:50
      • 前のムカデといい今回のトカゲといい黄金暦にはあんなものが闊歩してたかと思うと恐ろしいにござるな・・・
        ああ、アレか・・・・フフフちょっとした切り札みたいなものでござるよ(もったいぶるニンジャ)
        拙者のカラテではなくあるアイテムのおかげ、というわけにござる -- ニンジャ 2016-07-17 (日) 12:53:19
      • ホントにあんなに大きかったのかしらね・・・ワニとかは際限なく大きくなるというし、1000年封じられるうちに大きくなったんじゃない?
        ふふっなぁにもったいぶって?・・・どんなアイテムよ?
        -- 2016-07-17 (日) 13:10:25
      • 前のムカデも山ほどの大きさだったし・・・何か世界に起こっている・・・?!
        いやなに冒険でスゴイアイテムを手に入れたというわけにござる・・・(腰に挿していた黒塗りの小太刀を見せる)
        こいつのおかげであの芸当ができたというわけでござるな(一見はただの小太刀にしか見えないが・・・?) -- ニンジャ 2016-07-17 (日) 13:37:45
      • 世界なんて大きなくくりにしたらいつでも何かが起きてるわよ
        ふぅん?(じーっと眺め)・・・一見すると唯の小さな刀だけれど・・・つまりはそれがあの閃光を跳ね返したのね(こくこく)
        -- 2016-07-17 (日) 13:44:38
      • そいつぁスケールのでかい話でござるな!でもなにが起こるかわからないのが世の常にござる
        実はこれ・・・聖剣と呼ばれる類のものでござるでな、実は拙者伝説の勇者だったんでござる。(ウソか本当かわからないようなことを言う)
        百聞は一見にしかずでござるがあいにくと今日は拙者急ぎゆえ、今度実験もかねてお見せしたいでござるな -- ニンジャ 2016-07-17 (日) 13:52:10
      • ふふっなら次は何が起きるとおもう?・・・ムカデ蜥蜴と来たらワイバーンかしら?
        聖剣?・・・なんだかそんな雰囲気じゃないわね・・・黒いし・・ふふっ伝説の勇者ならソーンやアトリア辺りが探していそうね?・・今度会いに行ってみるといいわ
        あら・・それは残念・・・お仕事?
        -- 2016-07-17 (日) 14:14:22
      • ワイバーンはマジでヤバイ!!
        勇者というのはさすがに冗談だが、この剣については今度ということで
        仕事というか今度祭り?をやるのでな、これのために準備や宣伝やというわけでござる。カレリア殿も是非に!(チラシを渡す)
        では拙者、ビラ配りの最中ゆえこれにてでござるー! -- ニンジャ 2016-07-17 (日) 14:18:26
      • えー?意外と今回みたいに何とかなっちゃうかもしれないわよ?
        そんなお祭りがあるのね?(チラシを眺めて)ふふ・・楽しみね・・えぇそれじゃぁまた(がんばってねと見送った)
        -- 2016-07-17 (日) 14:33:43
  • お掃除完了、結構重くなってたわね -- 2016-07-17 (日) 01:36:24
    • そしてそこを早々に汚すのが私なわけだが…
      ともあれ、ひとまず大事(巨大トカゲ)が片付いて何よりだった… お疲れ様だ、カレリア。(ひょっこりやってくる白翼人) -- アシェル 2016-07-17 (日) 01:43:00
      • あらこんにちはアシェル
        ふふっお疲れさまよ・・・貴女からすると、来て早々に大きな戦いに巻き込まれちゃった形になったのかしらね・・・
        -- 2016-07-17 (日) 01:54:51
      • ここの所、空におかしな魔方陣が浮かんでいるのは知っていたが…まさかあんな大がかりな召喚魔術とは思わなかった。
        それにしてもこの辺りの連中は強者揃いだな、数的優位の元とは言え、局地災害級の化物を殺しきるとは。(信じられん、と首を振りつつ)
        カレリア、お前もその一人だ。 見たことのない魔術だったが…アレはいったいどんなものなんだ? -- アシェル 2016-07-17 (日) 02:01:26
      • まぁねぇ・・・ホント大迷惑だったわ(ふんすと元に戻った青空を見上げて)数が多いというのはそれだけで大きな戦闘力になるのよ、今回は援軍もいたしね?(肩をすくめ)
        うん?・・んーどれの事かしら・・・多分こっち?(こつこつと帽子を突くと口の様な切れ込みが入り、「ばふっ」と鳴くのが下手な犬みたいな声を出す)ゴーレムよ・・あの時は土塊から作った大きいので私自身を包み込んで防具にしていたのね
        -- 2016-07-17 (日) 02:13:49
      • 私も微力ながら加勢させてもらった。 ようやく住み慣れ始めた街だしな。(こくこくと頷き)
        ん? おぉ!?(帽子が鳴き声をあげると視線がじっとそこへ注がれる) そうだ、それだ。土くれを集めて作ったような…
        ゴーレムを使役する魔女だったのか。 つまり巨大トカゲの時はゴーレムを着て戦っていたという事か… -- アシェル 2016-07-17 (日) 02:35:04
      • 頼もしかったわ・・・ちなみに貴女の魔法も何なのか気になるわ・・・なにか剣の様な物を飛ばしていたわよね
        そう、ゴーレムを鎧として身に纏う事で、私自身を守らせつつ私の力をアシストする・・・後はそれで思いっきりぶん殴るだけね!(うんうんと得意げ)
        -- 2016-07-17 (日) 03:02:24
      • ゴーレムの質量と力と硬さに、ヒトの思考と動作精度、即応性が加わるわけか。 事は単純だが恐ろしい魔法だ…
        私のはこれだ。 …アインハンダー(手を翳すと、魔力の青白い光を纏った片手剣が実体化する) 幻影剣という。
        魔力の剣を生み出して意思で操る。 操作範囲内であれば手を使わずに斬り結ぶ事ができる。(ふわふわと、手品師が扱う杖のようにアシェルの周囲を舞う片手剣) -- アシェル 2016-07-17 (日) 03:16:04
      • シンプルな強さというのは打倒されづらいのよ・・・防御力が高いから普段は壁役をするのだけれど、今回は難しかったわね・・(むむぅと唸る)
        へぇ・・・魔力で作られた剣なのね・・・(ふわふわ浮いている剣を突いてみたり)複数出せたりするのかしら・・・こう、びゅんびゅん飛び交わせたり束ねて盾にしたり・・・(星の杖 オルガノンみたいのを想像する魔女だ)
        -- 2016-07-17 (日) 11:24:35
      • あれだけ攻撃が乱れ飛ぶ状況では…かばい合うのはむしろ危険だったかもしれないな。 規模の割に人的被害が最小限で済んだのは僥倖だったとする他ない。
        (突けば一見浮遊しているだけに見えて、誰かがしっかり握っているような安定感) 数も大きさもある程度自由が利くが、数が多いほど、そして剣が大きいほど魔力を消費する。
        そして多くを同時に操れば個別の操作精度もその分落ちる… この辺りはゴーレムの使役にも近いのではないか?
        これのお陰で私はこの身体でも戦えている。 普段はナイフを操作して包丁代わりにしたりと何かと便利だぞ。(ちょっと得意気にアホ毛を立てながら) -- アシェル 2016-07-17 (日) 11:54:16
      • 救援の手が多かった事も助けになったわね・・・
        何かに握られたみたいにしっかりしてる・・
        (そうねぇと唸り)ゴーレムの場合ある程度自分で判断して行動するし・・・司令塔の子もいるから私自身の負担はそれ程でもないけれど・・・それでもやっぱり数が増えるとね(うんうんと)
        自由に飛び動くナイフか・・・確かに便利そうね(うんうんと頷き、跳ねるアホ毛が可愛くてついついつつく)
        -- 2016-07-17 (日) 12:13:35
      • ああ、救援隊もよくやってくれた…処置が早かったお陰で助かった命も多いだろう。
        何しろこの剣で剣戟を行うのだからな。 容易に弾かれるようでは話にならない。 その点も含めて…刃で打ち合うような状況においては1本か2本程度に集中するのが最適といえる。
        ゴーレムもゴーレムで便利そうだがな。 特に私のようなものにとっては手足の代わりにもなってくれそうで… …?(アホ毛を突かれれば、2本を交互にぴこぴこと立ててタッチ遊びのような動きをさせてみる) -- アシェル 2016-07-17 (日) 12:54:01
      • なるほど・・二刀流が一刀流より強いとは限らない理屈にも通じそうね
        (手足と言えば前テラリアにゴーレム召使を作ってあげるっていったなぁと思いつつ)ふふっ確かに便利よ?あんな感じでね・・・(隣の部屋でひとりでに動いてお掃除してるゴーレム箒を示す)一つあげましょうか?
        (ていっていっと突いて追い掛け遊んでる)
        -- 2016-07-17 (日) 13:08:32
      • 結局は己の技量次第、そこは普通の剣術と変わらない。(こくこく)
        んっ…!? あれもゴーレムの一種なのか? 貰えるなら願ってもない話だが、餌などは要らないのだろうか…(ゴーレム箒の動きを目で追いながら)
        ……なんというか、案外…その、子供っぽいんだな?(無邪気にアホ毛を追う様子を見て、苦笑めいた声を漏らす) -- アシェル 2016-07-17 (日) 15:02:47
      • ふふ・・魔法剣術かぁ・・・ちょっと新しい感じがするわ
        ゴーレムよ・・・基本は人型だけれど、コアとボディという構造を守っていればどんな形でも大丈夫
        キチンと学習させれば優秀な相棒にもなってくれるわ・・・餌?(んーと考え)主人の愛かしら?ちゃんと手入れをして撫でて、声を掛けて・・愛をもって接すれば、いつまでも動いて応えてくれるわ(金属プレートを手に取るとカリカリ削り始めて)
        (ぴょいんぴょいんと動くアホ毛がほほえましい・・・笑われればちょっとむっとして)む、いいじゃないのそれくらい・・(抓んでリボン結びにしようとしつつ)
        -- カレリア 2016-07-17 (日) 15:31:24
      • 私もいつどうやって身につけたかわからないものだが…術理そのものは身体が覚えていてくれたようだ。
        ふむ…ゴーレムと一口に言っても色々あるのだな… 食べ物が要らないだけで世話の仕方は生物と変わらないのか。見るほどに不思議なものだな…(ゴーレム箒に手など振ってみる)
        誤解するな、もっと堅物かと思っていただけだ… むっ、こら…(結局は毛なので簡単に結ばれてしまう。リボン型が二本一緒にぴこぴこ動く) -- アシェル 2016-07-17 (日) 16:23:02
      • あらそうなの?知らない間に技を身に着けるだなんて不思議・・・(ふと気づいたように)・・記憶喪失・・というやつかしら・・・
        (手を振れば柄を振るわせて応える箒、がつがつ箪笥とかにあたってる)・・・学習しても時々おまぬけをさらしたりするけどね(そこがまたかわいいのよと笑う)
        うん♪可愛くなったっ(なんて得意げに笑って)そんな印象抱かせちゃったかしら?私結構誰かをからかったりするの好きだったりするのよ?(なんて悪戯っぽくウィンクをして「ここを引けばほどけるから大丈夫」と言っておく、解きはしない)
        -- 2016-07-17 (日) 18:34:43
      • …どうやらそうらしい。 こうした戦闘技術のほかに…料理など、身体が覚えているものも多いのだが。 記憶が戻るなら戻る、戻らないなら戻らないでそれは構わないと思っている。
        …まさに動物的だな。 だがそれゆえに…うん、面白く愛らしい。(応える箒を眺めながら、頷く)
        この前うちへ来た時は…少々難しい顔をしていたように見えたからな。 だが…うん、よく分かった。(結ばれたアホ毛に触れてみながら。まんざらでもなさそうだ) -- アシェル 2016-07-17 (日) 19:18:07
      • そう・・・(少しだけ心配そうに、続く言葉には微笑んで)そうね、思い出せないのならそれはある種の天啓なのかもしれないわ・・今に目を向けなさいってね
        ふふっでしょう?(はいっと削り終わったプレートを渡す、「אמת」の文字が入っていて)ゴーレムのコアよ・・教えれば大体なんでもできるけれど、とりあえず掃除を教えてあるわ・・・適当な箒に括り付ければゴーレム化するわ
        ふふっあの時はまぁ・・ついね?貴女との距離感を図りかねていた所もあるわ(もう大丈夫とうんうん)
        -- 2016-07-17 (日) 20:54:37
      • そうだ、記憶は記憶…記憶の中の生活を取り戻せるわけではないからな。 それに、今は今で多くの友が居てくれる…寂しくは無い。
        おお、これがゴーレムのコア…つまり魂になるわけか。 帰ったら早速試してみる事にしよう。 ありがとう、カレリア。(プレートの表面を撫でて刻まれた文字を眺め、大事そうにポケットに仕舞う)
        あれから私も人馴れしたから…うん、大丈夫だ。(そっと身を寄せると、隻腕をカレリアの背に回して軽くハグする。)
        さて、では私はそろそろ戻るとしよう。 ありがとう…そしてお疲れ様だ、カレリア。(身体を離してもう一度そう言うと、結ばれたアホ毛をぴこぴこさせながら帰って行った) -- アシェル 2016-07-17 (日) 22:12:42
      • ふふっ役にたてそうで良かったわ・・・
        ん・・・ふふっそれはよかった・・(こちらからも手を回して優しくハグを返すと)
        えぇそれじゃぁまたねアシェル・・(パタパタ手を振って見送る、体が動くたびにぴこぴこ跳ねるアホ毛にニコニコしてたとか)
        -- 2016-07-18 (月) 03:01:39
  • //ちょっと眠気で集中できてないので寝るのだわ(ごろり) -- 2016-07-17 (日) 03:04:58
    • //バニー’s膝枕で寝かしつけるのだわ -- 狛江(バニー) 2016-07-17 (日) 03:06:55
      • ( ˘ω˘)スヤァ -- 2016-07-17 (日) 03:14:22
      • //二人纏めて翼毛布で包むのだわ(染み付くインコ臭) -- アシェル 2016-07-17 (日) 03:16:53
      • //(おでかけるのです) -- 2016-07-17 (日) 15:41:16
  • (朝、ベッドから身を起こす)・・・・・・(依頼であれほどショックを受けていたのに、酒を飲んで数日休んだら落ち着いてしまった)
    ・・・怒りにしろ、悲しみにしろ、あんまり長続きはしない物ね・・・
    (勿論罪の意識がなくなった訳じゃなかった・・・既に食われていたとしてもトドメを指したのは力を過信した自分なのだから)・・・・さぁ‥行きましょう(どこに?は浮かばなかった、ただそう声に出せば陰鬱とした気分に支配されずに進める気がした)
    -- 2016-08-17 (水) 21:37:22
  • //コメ裏にて相談いいでしょうかーッ -- レクトール 2016-09-15 (木) 22:07:16
    • あいよー -- 2016-09-15 (木) 22:08:26
      • //最終章用のイベページ作りました。どっちのルートに転ぶにせよここが話を進める場所になる模様です
        //カレリアさんの時間的都合が良くなり次第始めたいと思ってるのでそのタイミングでお報せくだしゃい -- レクトール 2016-09-16 (金) 21:56:14
      • //おぉう責任重大・・・なんかやるきでてきた!
        //19〜22はスーパーノラネコタイムで「朝昼〜16時前まで・2時過ぎ位〜4時位まで」の勤務時間になるのでかなりタイミングは悪いのです
        //今日から明後日までに済ますか、23日以降にするかですねー
        -- 2016-09-16 (金) 22:03:46
      • //にゃるほど。では早い方がいいので早速スタンバりまっす! 個人イベページなので文通になろうとノープロブレムですぜ姉御
        //シチュエーションとしては最初にこちらがカレリアさんを見つけて喋りだした方がいいかな? それともそちらが待ち構えて第一声がいいかな? -- レクトール 2016-09-16 (金) 22:09:07
      • //では早速という事でー・・待ち構えるのがいいかな? -- 2016-09-16 (金) 22:13:43
      • //あい。じゃあそっち案前提で取りあえず登場だけしてきまうす -- レクトール 2016-09-16 (金) 22:15:23
      • //あ、これこっちから声かけないとダメだ・・・まいったシチュエーションが分からないぞもう一人で出かけだしてるのでいいんだよね -- 2016-09-16 (金) 22:37:33
      • //完全に出かけちゃってますね(そして登場させた) このレクトールの独り言で無理な感じなら言ってくだされ〜 -- レクトール 2016-09-16 (金) 22:42:12
      • //大丈夫、行けたわ! -- 2016-09-16 (金) 22:52:20
      • //遅くなった! しかしメタ視線じゃアバーズ倒すルートが可能っての分かってるけど、レクトール本人視点じゃ戦力の計算上まだ無理だからなぁ
        //仲間を戦力に計上すれば可能だけど、それは心情的に選択肢に無いから仕方ない。ここが解決すべきポイントその二
        //そもそも仲間を巻き込むかどうかという選択肢に辿り着く前に、「巫女様を殺さない方向で救ってもいいんだよ?」
        //っていう逃げ道を自分で塞いでるのが順序的に解決すべきポイントその一。何故塞いでいるかは少し後に語られる… -- レクトール 2016-09-17 (土) 01:18:09
      • //それよ、まるで王様には敵わないから好きな人殺して満足しますって雰囲気、そこが気に入らないのよ!時間は腐るほどあっただろうに(うがー)
        //兎に角最後まで話を聞かないとね・・・
        -- 2016-09-17 (土) 01:38:49
      • //フフフ……そりゃあ王(と十二翼将)を殺すよりも、巫女様を殺す方がル・クゥの想いに応える方法だからね!ヤンデレだわ巫女様…
        //それと、実はレクトールの設定にブラフがあるというか……よくよく考えれば「あ、それもそっか」的な落とし穴がある -- レクトール 2016-09-17 (土) 02:11:54
      • //ああでも、巫女様が「この国ぶっ壊して私と愛の逃避行して!」って頼んでたらレクトール玉砕して死んでたわ…良かったヤンデレで! -- レクトール 2016-09-17 (土) 02:15:23
      • //期待されて殺して逃げての繰り返しねレクトール・・主体性のない男ってイメージがどんどん植えつけられていくわ
        //読み直してみたけどわかんないわねぇ・・・むぅ
        -- 2016-09-17 (土) 03:14:00
      • //実際この20代当時は「全て持っている」恵まれた側だったから駄目だと思う。この後地獄に叩き落とされるわけだが… -- レクトール 2016-09-17 (土) 03:30:40
      • //そして返信はまた明日……ぐぅ -- レクトール 2016-09-17 (土) 03:31:06
      • //ハングリーが足りなかったのね・・・えぇおやすみ〜 -- 2016-09-17 (土) 03:37:52
      • 一呼吸つきます。次の返信が少し遅れるかもしれないのと、このままここでメタってていいのか心配だけど大丈夫かな…? -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-17 (土) 21:35:46
      • 私がちょっと遅くなっちゃったわ・・・ふむ、そういうことならちょっと待ってね -- 2016-09-17 (土) 22:31:55
      • こっちに移れば気兼ねないってことで -- 2016-09-17 (土) 22:33:24
      • っていうか最初に座らせるべきだったなこの鳥! おお、確かにこれは気兼ねないですな…それじゃあ再開させまうす -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-17 (土) 22:45:50
      • ここで「表裏一体」を回収。昼にログ漁ってた時に気付いたけど、カレリア鳥ブラハムさんの3人会話で「アバーズ王虫唾が走るッ!」発言してたんだな…
        今考えるとすげぇ露骨にバイアスかけるブラハムさんで吹く。ちょっとホモ臭くしとこ!っていう軽い気持ちだったけど駄目だこれ! -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-17 (土) 23:08:22
      • あの話だけ聞くとアバーズ王にいい印象はもたないわねぇ・・ブラハムが信用できることはレクトールの怒りっぷりでお墨付きだし(うんうん) -- 2016-09-17 (土) 23:30:50
      • ブラハムさんは間違いなくいい人だけど、自分で反アバーズ勢力作って政権打倒はしないっていうね
        そしてレクトールを英雄にしたくてカレリアさんに無茶振りしていくっていう…鳥は気付いてないけどすごく担がれてる! -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-17 (土) 23:59:43
      • 正直地下組織というかひそかにクーデターの為の準備を進めてたりしてくれてる事を期待してたわ、いつでもレクトールを迎えて決起できる感じの
        カチャ(フフこれは「情緒たっぷりで素敵ね」のサインよ)トントン(これが「巻いて」のサインだわ)
        -- 2016-09-18 (日) 01:38:03
      • 酒を飲ませることでやっと本調子になったので許して欲しい…(酒の力は偉大) というわけで巻きが成功してここで語りは終わり
        その後の拷問だのルクを見に戻ってきただの逃亡生活だのはまぁ蛇足というか不幸自慢にしかならないのでいいでしょう!
        さぁ今回は説得される気満々なので心が揺れるぞ。説得材料も色んな方面でザクザクある…はず。ただやっぱり煽りはあまり効果が無い性格だが -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-18 (日) 02:04:31
      • んーこんな感じの返ししか思いつかなかったわ
        ここからあの子にとってのレクトになる為に解放軍の首領となるのよ!がいいかしらん?もうあきらめなさいでもyouその弾丸もっとふさわしい奴探してあげちゃいなyoでもいける?・・最後のはないわね
        -- 2016-09-18 (日) 03:15:25
      • 後者やってから前者、が一番想定路線がやりやすいパティーンかしら……ただ「レクト」には絶対なれないが。取りあえずカレリアさんの采配に任せます
        (レクトールの元々のキャラテーマは、色んなものに恵まれて全部持ってた人生イージーモードだった奴がどん底に落とされて、
         何も無い人生を受け入れて何も無いなりにケジメをつけようと走って走って、結果特に何も取り戻すことは無い…っていうものだった) -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-18 (日) 03:40:55
      • (´‐ω‐)=з(魔女の言ってることは正しいんだけどいちいちこう・・・薄っぺらいんだよなぁ)
        と妖怪アパートの住人も申しておりますが取りあえず采配してみたわ、嘴にヒットした額が痛いわ
        -- 2016-09-18 (日) 05:05:11
      • (鳥的には熱くていいと思います。姉御のそういうとこ実は好きです……という返信作業中の鳥の感想) -- レクトール 2016-09-18 (日) 05:39:52
      • はい。レクトールは一途というのはブラフの設定…実際はもう恋愛としてはどうでもいいと思ってます
        この後レクちゃんマジで撃っちゃうけど…とあるフラグが回収されてカレリアさんには被害ないのでただ通せんぼするだけでOKです
        レク山の心境にも変化が出てくるのでその後は流れで上手くいくんじゃないかな……特に心配はしてません -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-18 (日) 05:53:30
      • わぁい気づかなかったぜ
        よかったーって事で安心して煽るわ、私がいつまでも甘い顔をすると思ったら大間違いよ
        -- 2016-09-18 (日) 06:46:15
      • 変える9時半?頃まで霊圧なくなるので連絡 -- 2016-09-18 (日) 07:12:57
      • ほい。十二翼将情報編集作業してるんで寝落ちてなかったらそれ以降も反応できる、でしょう… -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-18 (日) 07:21:27
      • 十二翼将・・・もとい十翼将全部出すのかしら?・・何人か味方にならないかしら・・・(むむむ) -- 2016-09-18 (日) 10:05:10
      • 十二翼将のもっと詳しい情報は副官が持ってくるので、その時に全開示されると多分パッと見た感じ伝わると思う
        味方にならないにせよ敵に回さなくてもいい人、明らかにここで殺さないとヤバイ人、なんかどっちでもいい人、みたいな3グループに!
        そして飯と風呂行ってきますので申し訳ナスです -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-18 (日) 19:49:32
      • ふむふむ、まぁその時まで待ちねぇ(いってらっしゃい) -- 2016-09-18 (日) 20:15:39
      • まぁでもこうなったら次は作戦考えるターンなのですぐだ。十二翼将人気ランキング(謎)も解放されたし
        そして確定RPで抱き寄せてしまったが感情コントロールできてない状態だから仕方ないんだ…! し、仕方ないよね…うn(弱腰) -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-18 (日) 22:05:38
      • いいんだ、今は全部許すモードだから(さっきまで「いつまでも甘い顔を〜」と言ってました)
        なんかこう方針まで示しちゃったわ、陰から操っているわ私
        -- 2016-09-18 (日) 22:28:26
      • なんと注文の多い遠回しな告白だろう。彼は神にでもなったつもりか(棒読み)
        うん、そうなんだ。「いきなりでゴメンね?ずっと前から好きでした☆」状態の鳥なんだけど……別にあれなんだ
        カレリアさんにそういう気が無くても片想いで満足なので操ってくれるだけでも大丈夫よ!(ルクもそういう意味では正しいレク山の操縦者だった) -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-18 (日) 22:57:00
      • 守られるなんて嫌よ、止まり木にはなってあげる する、告白はスルーというよりそのまま受け取った感じね・・やばい鈍感系だわ・・・ -- 2016-09-18 (日) 23:41:54
      • いいや、護るね!っていう平行線の譲らない戦いが始まる!!で、〆 ああ、いいなぁその鈍感力…心地いい
        レクトールは告白された事はあってもしたことないんであんな感じに遠回しだから、何となくカレリアさんの傍にいったり
        逆にカレリアさんも何となくレクトールの傍に来てくれる関係が一番それっぽいと勝手にこのフワフワを楽しむ…! -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-19 (月) 00:07:22
      • あんまりまっすぐな言葉を言われると照れちゃうわ・・・
        でもこんな感じで、なあなあと言ったら聞こえは悪いけど何となく一緒にいるのは本当にらしい関係だわ・・何より気が楽!
        -- 2016-09-19 (月) 00:10:57
      • 何にせよ、待たせたり長々付き合わせたり面倒なことさせたり曇らせたり巨乳を支えたりしてゴメン。そしてありがとう
        この大人同士の、でもある意味子供っぽいフワッとした関係でもう少しだけお付き合いよろしくです -- 戦争で稼ぐ奴は悪党さ 2016-09-19 (月) 00:30:15
      • なんだかんだで気が付いたら付き合ってた感じねぇびっくりだわ(いいのよする、ただし乳は支えさせない)
        あいあい了解、こちらこそよろしくなのですー
        -- 2016-09-19 (月) 00:50:42

Last-modified: 2016-11-09 Wed 14:19:34 JST (1176d)