名簿/457707

  • (語る言葉は無い。ただ、空っぽの墓前で火の点いていない煙草を咥えて、呆然と)
    (どれだけそうしていただろうか。ふと我に返ったように拳を握りしめ、声を出す)
    ……マイルズに、よろしくな
    (搾り出すように言った言葉は、思った以上に掠れていて) -- 春真 2011-10-28 (金) 18:43:40
  • 一度見てみたかったわ・・・とかそういうお話をする場所でもないわよね。
    お兄さんにもよろしく、ね。(今年の分のバレンタインチョコを置いていった) -- ディータ 2011-10-26 (水) 18:13:58
  • ……マティアス、あんたも馬鹿だよね大概…空っぽのお墓増やして何が楽しいのよ。墓掃除、飽きちゃったの…?
    (2人の墓に菊の花を供えて線香をあげる) 生憎と東洋式しか知らないけど、ちゃんとお墓参り…したからね
    ねぇ、マイルズには会えたのかな? 今どんな話、してるのかな……(墓の前で手を合わせ、暫し沈黙)
    御免、馴染みにバレると不味いからあんまり長居できない…またね (雪風に紛れ、墓地を後にした) -- ミコト 2011-10-26 (水) 18:08:01
  • (墓を前に両膝をつく。覚悟して抱えてきたはずの花束を捧げるだけの気力も、今はもう無かった)
    …………(声は、出せなかった。出してしまえば、そこから堤防が決壊するように感情の嵐が止まらなくなりそうで)
    (彼は…愛する兄には逢えたのだろうか。最期の瞬間は幸せで居られただろうか。その答えを聞くことはもう出来ない)
    ……おやすみなさい、マティアス…(さよならは言えなかった。そして、口を開いてしまえば瞼から涙が溢れ出し…しばらくそのまま、墓の前で声を押し殺して泣いていた) -- セラフィーナ 2011-10-26 (水) 17:59:08
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 今月はお疲れ様でありました。また戦場を共にする事があらばよろしくお願いしますでありますよー。
    (同行者に敬礼を送り、礼とする兵士であった) -- ? 2011-10-19 (水) 17:40:29
    • あ、お疲れ様…だよ 無事に、成功して…よかったぁ。 しばらく、方針は…弄らないから
      たぶん、また 組めるかも……次があったら、よろしくね…?(敬礼は慣れていないので、普通にぺこりと頭を下げた)
      -- 2011-10-19 (水) 21:02:05
  • 久しぶりだけど、元気にしてた?(お土産代わりのチリドッグを差し入れしながら)
    もう4年になるけど…どう? 強くなった自分、実感出来てるかしら? -- セラフィーナ 2011-10-17 (月) 20:51:45
    • (出会った瞬間、気まずそうな顔をしながらチリドッグを受け取り、無造作に口に運ぶ)…わりと、普通 だったよ。
      すこし…難しい 依頼も、こなせるように なってきたし…強くは なれてるのかなぁ…?
      -- 2011-10-17 (月) 21:00:44
      • そう、それは何よりだけど…(マティアスのその表情の変化が、少し引っかかる)……どうかした?
        命のやり取りをしながら4年よ? 冒険者としては普通かもしれないけど、並大抵の人間じゃ体力も気力も持たないわ。 きっと、強くなってるのよ、貴方は。 -- セラフィーナ 2011-10-17 (月) 21:04:25
      • う、うぅん…なんでも、ない(無意識だったのだろう、指摘されると慌てて笑って)…ちょっと、辛口 だね…これ。
        …わかってる、並大抵の人間だから ぼくは……生き残るために、そうなるしか なかった… のかなって、最近…思う。
        -- 2011-10-17 (月) 21:09:53
      • ええ、辛いの好きだったから丁度いいかと思って。 …でもそう言われるとますます気になっちゃうじゃないの、何か悩み事? アタシでよければ相談に乗るわよー?(頬をぷにぷにつついてみる)
        …理由はどうあれ、貴方はもう立派な冒険者よ。 そこは胸を張って良いと思うわ。 -- セラフィーナ 2011-10-17 (月) 21:23:37
      • 最近ね、辛いの…あんまり 食べてなかったから…うん、美味しい(口の周りについたチリソースを舌でぺろりと)
        …やめて!(頬へ伸ばされた手を払い、はっとして)…ご、ごめん…セラ姉っ あの……もう、大丈夫だから 気に…しないで。
        うん…気が付いたら、兄さんより 長く冒険者…やってた。 こんなつもりじゃ、なかったのに ね…(自嘲気味に笑って)
        -- 2011-10-17 (月) 21:31:48
      • ………!(普段意志薄弱に見える少年が見せた、明確な拒絶の意思。目を丸くしてしばし固まる)…あ、あまり大丈夫には見えないけど…?
        (独白のようなマティアスの言葉に、更に不安が募る)……なんていうか…うん、なにがどう、とは言えないけれど、何かあったの?マティアス?
        (ともすればこのままふっと消えてしまいそうなその様子に、真剣に心配するような眼差しを向ける) -- セラフィーナ 2011-10-17 (月) 21:43:29
      • ……。(何でこんな事をしたんだろう、と俯き)うぅん、ぼくが……いけないの。
        …どうしても、言わなきゃ 駄目? できれば…言いたくない 言わずに……このまま過ごして、いきたい。
        -- 2011-10-17 (月) 21:52:20
      • ……無理に、とは言わないわ。でも…話してくれた方がアタシは嬉しい。
        貴方も何か辛いことがあったんでしょうけど…そんな貴方を見てるのも…辛いもの。 -- セラフィーナ 2011-10-17 (月) 22:26:37
      • 辛いこと、なんて……もう、冒険を始める もっと前から、だよ。(事の発端は、両親との死別にまで遡る)ずーっとね、それから 逃げ続けて、きた…
        逃げて、逃げて もう、だいじょぶかなって…思ったら…。 やっぱり、そろそろ 向き合わないと…ダメ、だよね
        (少しだけ顔を上げ、ちらりとセラフィーナを見る)ぼくが…兄さんのこと 好きだったのは 知ってる、よね…?
        -- 2011-10-17 (月) 22:34:01
      • …逃げるのも勇気、向き合うのも勇気よ。 無かった事にしてそのままにしておくのが一番悪い事。
        (マティアスを眺めるその顔はあくまでも優しく、穏やかに)…ええ、いつもべったりだったものね。 どこにあるかも分からない遺体を探したい…って程なんだから、凄く好きだったんでしょう?
        (聞いた以上の事はまだ分からない。それを今から話すつもりだろう事を悟り、真剣に聞き入る) -- セラフィーナ 2011-10-17 (月) 22:44:50
      • うん、とっても……多分、セラ姉の言う「好き」とは 違った意味で…。 …って言ったら、引かれる かな(それでも構わない、といった風に)
        ぼくにとって、兄さんが 全てだった、よ…… それが、急に いなくなっちゃって…心が、空っぽに なったような…気がしてね
        …その、誰かのことを かわりに、好きになったら 忘れられるかなって。…今思うと、ずるい考えだった(既に一度、幼馴染に話した内容だけに 順序だてて語ることに苦労はなかった)
        けどね、その人が……ぼくに向けてくれた気持ちは セラ姉の言うような「好き」だった。 当然、だろうけど…さ
        それで、その気持ちを向けた 相手が…目の前にいて。 「何かあったの?」だもん……辛い、よ。
        -- 2011-10-17 (月) 22:54:59
      • (目を瞬かせる。確かにいつも一緒に居たが…そういう事だったとは。ただ、少し驚きはしたが、その気持ちを異常だとは感じなかった)
        いえ、アタシも…兄弟では無いけれど、女の子とそういう関係だった事もあったもの。 同性愛だってこの街じゃありふれてるし…
        そう、だから別の誰かを……って。 え…?(続いた言葉を噛み砕き、理解するのに数秒。今度こそ、本当に驚いた)
        それって…アタシの事を、好きだった…って、事?(弟のように見ていた相手からの告白。予想していなかった答えに言葉が詰まる)
        そう…だったのね、ごめんなさい、気付いてあげられなくて… -- セラフィーナ 2011-10-17 (月) 23:07:23
      • さすがに、血が繋がってたから …誰にもいえなかった。 これ言うのは、セラ姉がはじめて…だよ
        ……うん。 セラ姉、優しかったから…甘えてたのかも、ね。 言おうか、どうしようか…迷ってるうちに セラ姉にも、恋人が できて
        でも、結果的に これでよかった…っておもう ぼくも、自分の 間違いに気づけた…… セラ姉、謝らないで?
        ぼくだって 気付かれたくなかったし、言わないでおこうって 考えてた…お墓の中まで、持っていこうと 思ってた、2つの秘密。
        (ぐったりと壁に凭れ、天井を見上げる)……嗚呼。 けど、言ったら……とっても、楽になった…よ
        -- 2011-10-17 (月) 23:15:03
      • アタシは一人っ子だったけど…きっと兄が居たりしたら、そうなってた可能性は大いにあるもの。(摘まみからエスカレート的な意味で)
        (じっとマティアスの話を聞く。聞き終えるとマティアスの頭にそっと手を置いた)……正直に話してくれてありがと、マティアス。
        その気持ちには応えられないけれど…そういう気持ちを向けてくれてた事は凄く嬉しい。 勇気を出して言ってくれた事もね。
        …すっきりしたのなら良かったわ。 曇ったままの貴方の顔…見てられなかったもの。 それがアタシのせいでもあったって事なら尚更よ。
        …恋人にはなれないけれど、甘えたり頼ったりしてくれるのはいつでも平気よ?貴方の姉貴分としてね。 今ならちょっと怖い兄貴分もついてきちゃうけど。(冗談めかした口調ではあったが、目は真剣にマティアスを見つめ…そっと、優しく抱きしめた) -- セラフィーナ 2011-10-17 (月) 23:40:22
      • (今度は手を振り払うこともなく そのまま受け入れた)うぅん、ぼくが…勝手に、思い悩んで 勝手に答えを出した…それだけ、だよ
        も、もちろん…応えられちゃ 困る、よ… セラ姉には、せっかくだから 幸せに…なってもらわなくちゃ だもん
        甘えるの、とかは…暫く 距離感に、戸惑いそう… でも、よかった。今の関係が、壊れないで…済んで…  それが、一番怖くて…逃げてた
        (おずおずと、遠慮がちに抱き返し)怖い、なんて 言っちゃ…だめだよ  セラ姉が、選んだひと でしょ…? 信じて、あげなきゃ(冗談めかすように、笑って)
        -- 2011-10-17 (月) 23:45:51
      • …ふふ、ちゃんと強くなれてるじゃない。 そういう風に言えるんだから。(拒絶の意志が消えた少年の頭を撫で、微笑む)
        …ええ、幸せになるわ。必ずね。 そうして…貴方が幸せになるところも、しっかり見させてもらうから。
        何年の付き合いだと思ってるの? 小さい頃と、この4年…積み重ねてきたものは、その程度で壊れるくらい薄っぺらなものじゃないでしょう?
        だから…今まで通りでいいのよ。何もかも今まで通りとは行かないかもしれないけど、貴方には可愛い弟分で居て欲しい。 ふふ、その怖さも良さの内よ。だけど…事と次第によっては、ジュロウと競り合うマティアスが見れたりしたのかしらね?
        (そんな事を言い合いながら、しばらくそうして家族のような時間を過ごしていくエルフだった) -- セラフィーナ 2011-10-18 (火) 00:15:01
      • やっぱり、そうならなきゃ…ここまで 生きてこれなかったから…なのかなって、思う けどね…
        うん……ぼくの、幸せは 兄さんを見つけてあげてから、かな。 気持ちに、区切りをつけられたら…その時は。
        あ……(付き合った年数 何故そんなことも忘れていたのだろう、と)…そういえば そうだった…だいぶ、長い もんね
        落ち着くには、も少し…時間が ほしいけど、これからも 今までどおりで…居られる、と思う。 怖いのが、いいの…? よく、わかんない……
        うーん、ぼくとしては そうなるのは…ヤだなぁ(無い無い、と首を振りながら とりとめのない話で、開いてしまった溝を少しずつ埋めていったそうな)
        -- 2011-10-18 (火) 00:23:59
  • よーお疲れさん!んで、シチュー……っていう雰囲気でもないな今月は(ドロッドロの衣服で苦笑い)
    じゃあアタシからはニンジン、ジャガイモ、タマネギをプレゼントだ(わざわざカバンに入れてた女)そんじゃ来月もよろしく! -- ドロップ? 2011-10-16 (日) 21:57:46
    • 久々の、同行だったね…しかも 連続。 うーん、食事は…次の機会 かな…!?
      ありがと、カレーにも 使えそうだね……もしかして、冒険中も 持ってたり…?(早速鞄から出てくる様子に)この調子、なら また同行…できるかも だね
      -- 2011-10-17 (月) 20:45:01
  • (セーフ、ギリギリセーフと冷や汗だらだらでトリュフチョコを持ってくる)
    (今年はノーマル・ホワイト・ストロベリー・抹茶と色とりどり) -- アリサ 2011-10-15 (土) 13:19:01
    • だ、だいじょぶ アリサ姉…!? いつも、大変そう……あんまり、無理そうなら 遅れても 全然OK だよ…?
      わぁ、カラフル…… 抹茶味って、食べたこと ないんだよね…どうも、ありがと(とりあえずはノーマルから食べるタイプだ)
      -- 2011-10-15 (土) 21:27:07
  • マティー、お前菓子好きだったよなー?
    ってわけでスコーンでも買って来たから紅茶のお供に食べてくれ…他に紅茶にあいそうな菓子が俺にはわからねぇ、すまんね -- クルツ 2011-10-14 (金) 21:12:10
    • ありがと、実は ぼくも…スコーンぐらいしか 思いつかない… あとは、えっと  …クッキーとか?
      この時期に ナチュラルに、混ざってる クルツ兄に……ちょっとびっくり。(ティータイムにスコーンを暖めて食べるのだった)
      -- 2011-10-15 (土) 21:24:49
  • 差出人、風間命と書いてある手紙と共に黒蜜わらびもちが届けられた!
    手紙内容:「今年はもう面倒なんで漢字攻めはやめた! ハピバレ〜」 -- ミコト 2011-10-14 (金) 20:12:12
    • うわ、ミコト姉らしい……とっても、正直な 文章…(わらびもちを食しつつ) でも、だいじょぶなのかな……
      (虫の知らせというか、どうにも嫌な予感が拭えないのだった)
      -- 2011-10-15 (土) 21:22:36
  • (ビターなハート型チョコの上に「G.E.200」の文字を象った極甘のミルクチョコを一文字ずつキャラメルクリームで貼りつけてある)
    マティアス…ん、いつもと変わりない?バレンタインのチョコレートを持ってきたの、世紀末すぺしゃる。(こくこく頷く)
    -- セイ 2011-10-14 (金) 18:33:00
    • もう、200年 かぁ……なんだか 歴史的な、感じがしつつ いつもと何も変わらない気も、するんだよね…複雑。
      な、なんかその 響きは…モヒカンと、トゲトゲを組み合わせた まったく新しいチョコ、みたいだよ…!? あ、ありがとう…セイ姉
      (食べてみたら文字部分がびっくりするほど甘かったそうな)
      -- 2011-10-15 (土) 21:20:58
  • (Viiiiiiiiiiiiii.....と排気音を響かせて、銀のネイキッドスタイルの魔導二輪が行く。と、ライダーはマティアスの姿を認めるとブレーキをかけ、停止して)
    よう。マティアスちゃん調子どうだ? -- 春真 2011-10-13 (木) 22:08:10
    • (声をかけられるまで、心ここにあらずといった感じでぼんやり歩いていた)……あ、ハル兄…久しぶり、だね。
      ぼくの方は、べつに……。 それより、どしたの…その、バイク 借り物…?(自分の顔が映り込みそうな銀色のボディに、目を丸くした)
      -- 2011-10-13 (木) 22:14:41
      • (ヘルメットを脱ぎ、長く伸びた赤髪を鬱陶しそうに振る)……別に何だ? 冒険者なったばっかりの頃みてーなツラしやがって
        (まぁいいや、と嘆息し)買った。少なくとも金の問題は片付いた。
        (少し考え、テイルに引っ掛けた予備のヘルメットを差し出して)乗るか? -- 春真 2011-10-13 (木) 22:18:01
      • …これといって、変わったことも ないから。 ぼく、そんな顔…してた?(はっとして、首を傾げた)
        わ……ハル兄の、だったんだ… 転ばないように、ね? す、すごいや……じゃあ、ハル兄は もう…冒険しなくても、だいじょぶ なの?
        ふぇ、いいの…? ぼく、乗ったこと…ないけど(ヘルメットを両手で受け取り、被ってみる 以前ならガバガバだっただろうが、今は少し余裕があるといった程度だ)
        -- 2011-10-13 (木) 22:24:52
      • 転ばねえよ!? 俺そんな不器用そうに見えるのかよ……Shock……
        んーあー、冒険はまだ続ける。実入りいいし、まぁ、悪くねぇかな、てな
        おう、流石にいきなり運転させるのは怖ェからタンデムでな(そう言って、タンデムシートを叩き)……結構大きくなったなァ、当たり前か…… -- 春真 2011-10-13 (木) 22:29:24
      • …ごめん、ぼくの 感覚で、言っちゃった …けど、10円キズとか つけられないように…ね
        今後の、貯えに…回すのも、いいかも …ハル兄の 問題が…一つ、片付いたなら よかった。
        (のそのそと後席について、春真の腰あたりに手を回す)こ、こんな かんじ? …少しは、背……伸びたでしょ…?
        -- 2011-10-13 (木) 22:34:05
      • はは、軍用モデルだぜ? 10円傷くれーなんぼのもんじゃい
        (その言葉にはヘルメットを被り、表情を隠して)…あー、まぁな。あんがと
        おう、男らしくなってきたじゃん? んじゃしっかりつかまっとけよ……!
        ヴォン!とマフラーが力強い咆哮をあげ、次の瞬間には加速感を感じる。あっという間に大通りを突っ切り、街を出て山道へと続く道へ) -- 春真 2011-10-13 (木) 22:41:42
      • 軍用…! サイドカーに、機関銃とか…つけたら かっこいいかも…
        ……?(違和感のある反応を気にしつつも)あ、はーい……わ、わぁっ!?(強烈に後ろへと引っ張られるような感覚 慌てて掴む力を強め)
        は、はやっ……加速…凄い…(耳から聞こえるのは風の音とエンジン音 流れる景色を見る余裕はかろうじてあった)
        -- 2011-10-13 (木) 22:49:00
      • (的確な体重移動と常より抑えたスピードで、それでも風を切り裂いて山道を走る。あまり手入れのされていない道だというのに、驚くほどの安定性を保っていた)
        っははは!! ビビってる!?(スピードでハイになりながら、ぐねぐねと曲がる道を登っていき)

        さて、どんなもんよ?(街全体が見渡せる展望台で、車体を止める。ヘルメットを脱いで振り向いた) -- 春真 2011-10-13 (木) 22:54:13
      • ど…どこまで、行っちゃうの?これ…(揺れたり跳ねたりといった事が一切起きず、内心驚きながら)
        だ、だって! こんな速いし……ほんとに、だいじょぶなの!?(結局殆どの間、歯を食いしばっていたとか)
        ふぇー………寿命が 縮まった…よぅ(へなへなと力が抜け、情けない顔で見上げる)…ハル兄、運転が得意だったなんて 知らなかったなぁ…
        -- 2011-10-13 (木) 22:59:06
      • (ハードポイントに設けられたドリンクケースから紅茶の入った水筒を取り出し、手渡して)元々器用な方だしな……っつっても安定してたのは殆どコイツのお陰だけどな
        (ぽんぽん、とシートを叩き、自分は煙草を咥えて)……何かお前さ
        (少し遠く見える街を眺めながら煙を吐き出し)やけにぼーっとして見えた。今にも後追いそうっつーかな -- 春真 2011-10-13 (木) 23:06:00
      • ん、ありがと…(水筒受け取り、中身はなんだろうと開けてみる)軍用って、言ってたから…不整地走るの 前提なのかな…やっぱり
        (手を離すと、横向きに座りなおして紅茶を一口)……皆ね、前に…進めてるのに ぼくだけ、足踏みしてるせい かな。
        ヴィータ姉は、「年が違うんだから仕方ない」って 言ってたけど……そうじゃないんだ、って 気付いちゃったから。
        -- 2011-10-13 (木) 23:10:10
      • そうみてーだなぁ。モジュール装甲つけ放題だし。(煙を吐き出してため息を一つ)
        ……何だかね。5年目入ると結構皆、自分の今居る位置に迷うもんなのか。
        俺なんて未だに足止めてグダってんのに。焦りすぎんなよ……(魔導二輪から降りるとマティアスに向き直り)
        気付いたって何に。 -- 春真 2011-10-13 (木) 23:13:37
      • 装甲って……べつに、撃たれたりは しないよね…!? かっこよさそう、だけど…
        ハル兄は、ちゃんと…お金の問題、片付けた… でも、ぼくは…兄さんのこと、結局見つけられて ない…。
        …ぼくは、まだ  諦められなくて、死んだなんて…認められなくて… 今でもっ…兄さんが……大好き なんだ…(今にも泣きそうな顔で、水筒をぐっと握り締める)
        -- 2011-10-13 (木) 23:19:37
      • ははは、砲撃受けても走ってられるらしいぜ? ……バイク本体は。
        ……俺だって自分で片付けた訳じゃねぇよ。だから、足踏みだ
        (泣きそうなマティアスの頭にぽん、と手を乗せて)泣けよ。今までが無理し過ぎなんだよ、お前
        認められなくて当然じゃねぇか。誰よりも好きな兄貴だったんだろ。まだ悲しいんだろ。だったらお前は泣いていいだろうが
        (言って、煙草を吐き捨てる。何処かその言葉には、苛立ちが混じっていた) -- 春真 2011-10-13 (木) 23:25:58
      • ……(乗ってる人死んでるよね、それ という顔)ハル兄も、だったんだ……ごめん。(察することができずに、と)
        だって……泣いたら… 泣いたら……(今まで自分を誤魔化し続けて、前に進んだ気になっていたことさえ 否定することになるんだ)
        う、く……うぁぁぁぁぁ!!(声を上げて泣いた。5年前、泣き虫マティアスと呼ばれた時のように)
        -- 2011-10-13 (木) 23:38:42
      • (煙草を投げ捨て、マティアスの頭をただ撫でる)
        ……誤魔化してんじゃねぇよ。お前、そんな器用じゃねぇだろ
        (胸の内で何かを呪う。具体的な何かなんて知らない。ただ、理不尽な死と、残される者のどうしようもない気持ちへの怒りがあった) -- 春真 2011-10-13 (木) 23:46:11
      • (さんざん泣いた それから暫くして、鼻を啜り 袖で涙を拭い)
        ……誰かを好きになれば、忘れられる 変わることが…できるんじゃ ないかって、思ってた。
        でも、さ……好きになった、ひとは…他の人のこと、好きで すっごく、幸せそう…だった
        こんな…ぼくじゃ、誰も 振り向いてくれないって…最近、気付いた よ… 辛いこと、忘れるため…なんて ずるいもんね……
        -- 2011-10-13 (木) 23:55:48
      • ……。(静かに、涙混じりの声を聞く。苦いものが口の中に広がったような思い)
        馬鹿。辛いことをいつまでも抱えてる方が良くねえっつーの。
        ……、(言葉を探しながら煙草に火を点けて)……俺もな、2年くらい前か。フラれちまってさ
        ぶっちゃけ今も引きずってる。けど、段々薄れても来てる。色々、忘れて行ってんだろうな。寂しいとは思うよ(けどな、と否定を置いて)
        進もうと思うなら、辛いと思う事は置いて行ってもいい。ただ、その気持ちが大事だった、って事は忘れなきゃいいんじゃねぇの。立ち止まって、自分の立ち位置を確認するためにもさ -- 春真 2011-10-14 (金) 00:03:14
      • やっぱり……ハル兄は、立ち止まってなんか ない…2年も前に、ぼくの 通ったとこ…すでに、歩いてた
        うん…置いてくのが、うまく できなかった…… でも、ちょっとだけ 気持ちが…楽に、なった よ…。
        自分の立ってる、とこ…かぁ  いっつも、先に行ってるみんなの 位置ばっかり、見てた(後ろを振り返ったことが、少なかった気がした)
        -- 2011-10-14 (金) 00:13:36
      • 馬ッ鹿野郎、お前が色々思い悩んでるであろう青い春は既に14の頃に通過している。(冗談めかして返し)
        それでいんだよ。泣きたい時に泣けねえのは辛いだろ。余裕持って生きりゃいいんだよ、まだお前15とかだろ?
        (もっと頼れよ、そう言って、ハーフヘルメットをマティアスに被せる)帰ろうぜ -- 春真 2011-10-14 (金) 00:21:00
      • なんか……ちょっと、ハル兄のこと 見直した… あ、これ…ありがと…。(飲み終えた水筒を返し)
        …うん、帰ろう。 泣いちゃダメ、なんてこと…ないんだもん ね…(勝手に自分でルールを作って、縛ってきたことに気付いた 瞼を腫らし目も真っ赤だが、気分だけは少し晴れ晴れ)
        -- 2011-10-14 (金) 00:29:09
  •  
  •  
  •  
  •  
  • (手にした鑢で45オート弾の先端を削っていく 平らになるまでゴリゴリと。既に出来上がったものが、箱に戻され列を作る)
    綺麗に、やっとかないと……精度に バラつきが、でちゃうもんね…(弾頭表面は鉛が全て露出した、所謂ダムダム弾)
    やっぱりね、誰にも 言うべきじゃ……なかったんだと 思うんだ…。(兄が自分との関係を、ついに墓場まで持っていったように。 出来上がった弾を、半月状のクリップに3発ずつ パチンパチンと組み込んでいく)
    -- 2011-10-07 (金) 21:31:45
    • あとは……練習できる、場所。(3発ごとのセットになったクリップを2つ、スイングアウトしたシリンダーに収める)…だいじょぶ、ぼく一人でも できる。
      (シリンダーを戻し、ホルスターへ銃を突っ込むと 上着に袖を通し)…誰とも、鉢合わせない そういう場所…(テーブルに地図を広げ、暫く考え)…やっぱり、近所じゃ 駄目。
      この季節、あっついけど……山の中でも、ないと。(鞄に弾丸を収め、玄関を施錠 出かけていった)
      -- 2011-10-07 (金) 21:44:31
  • うごあぁ……なんか遊びに来るのが随分遅れちゃったよマティ坊〜…(だらーんとしつつようやく遊びに来れたみこちん) -- ミコト 2011-10-05 (水) 19:30:09
    • ミコト姉…確かあれ、1年前の話だよ…… ホワイトデーで、お返し いった時だったし…。
      でも、きっちり 覚えててくれたの、嬉しいなぁ…… あ、遊べる状態に見えないけど、だいじょぶ…!?
      -- 2011-10-05 (水) 19:37:41
      • そう!そうなのだ!!でも覚えてたの、ミコトちゃん記憶力には自信のある女……!
        大丈夫大丈夫、自責の念でだらんってなってただけだからね……(だらーん…) つーわけで今日は適当にマティ坊を質問攻めしちゃうよ!
        その蝶ネクタイ面して首にある錠前は何っ!? マティ坊のハート、アンロック☆とか希望? -- ミコト 2011-10-05 (水) 20:12:37
      • 忙しかったりとか、色々…事情も あるだろうし……そんなに、気にしなくて いいよ…!?
        これは、ダメっ!! 開けちゃだめ…(ふるふる)ぼくの、お守り だから……兄さんが、使ってたやつ だから。
        -- 2011-10-05 (水) 20:21:31
      • え、むしろ開けたら何かあるの…? ヤバイ、俄然興味が湧いてきたんだけど……!!(むずむず)
        ああ、そういえばお兄さんの件は残念だったね……いいお兄さんだったのに、マイルズ兄さん…(自分の日記にもそう書いてあった)
        私もお墓参りとかした方がいいかな? 今日は花も何も持ってきてないけどさ -- ミコト 2011-10-05 (水) 20:30:22
      • な、なんにも…ないよ。 ぼくには、意味があるけど……ミコト姉には、なにも。
        んと、もし…気が向いたら、行ってくれるんでも いいし… 今から、一緒に 行く?(上着を手に取り、首を傾げる)
        -- 2011-10-05 (水) 20:34:41
      • 開けると、マティ坊がマティ嬢になる…! うん、これは無いな……まぁ気が向いたら開錠にチャレンジするわ、今度!
        あー…そうだね、折角だからお兄さんのお墓参りしつつお話しよっか -- ミコト 2011-10-05 (水) 20:38:13
      • だ、だからっ そういう事は、何も起きないよ…!? できれば、これには…触らないで、ほしい な……(錠前をガードするように隠し)
        お供え、なくても 毎月、いってるから……こっち、だよ?(家を出ると、上着に袖を通して歩き出す)ミコト姉、この辺は…よく通る?(長く住んでいる街だが、郊外ゆえに迷うのではと、問い)
        -- 2011-10-05 (水) 20:44:57
      • えー?何か起きて欲しいのになぁ… (でも、お兄さんの形見なら大事だもんね。可哀想だしスルーしてやるか)
        (そんな事を思いつつ、マティアスの案内のままに歩く) うーん…いや、この辺はあんまり歩かないし覚えてもいないなぁ
        私一人だったらまず迷ってたね…… -- ミコト 2011-10-05 (水) 20:53:51
      • そっか……お墓には、あんまり 用とか、なさそうだもんね……(あまり民家のない道を、暫く歩くと 道の先に墓地の門が見えてくる)
        夜だとここ、すっごく 怖いんだ……昼でも、ちょっと 不気味だけど。 あ、ミコト姉って…幽霊とか 信じる方…?
        -- 2011-10-05 (水) 21:00:09
      • (……うら寂しい通りね) まぁね、私は長い間ここを離れてたし…祖父祖母の墓は故郷の東洋にあるからね
        へぇ、夜だとすっごく怖――!? あははは、そっ…そりゃそうだよ!お墓だもんね?うんうん……幽霊?な、何を急に!
        私はマティ坊よりもお姉さんなのよ? ゆっゆゆゆ幽霊なんているわけないじゃない!?(※明らかな動揺) -- ミコト 2011-10-05 (水) 21:08:09
      • ぼくも、たまーに…街で迷子に なりかけるよ…普段行かないとこって、覚えにくくて。 お墓参りとかに、帰るのも…一苦労、だね…それ
        だいじょぶ、今は夜じゃ ないし……ミコト姉も、いてくれる。 うん、そう…だよね、幽霊なんて…いないよね…
        (動揺にあまり気づくそぶりもなく、慣れた足取りでずんずん進んでいく)でも、時々…居てくれたらなって、思うことが あるんだ…… もっかい、話せたらなぁ…って。
        -- 2011-10-05 (水) 21:14:35
      • そ、そうよっ 私がついてるし大丈夫だ、問題ない! (よっしゃ、気にされてない!ミコトちゃんナイス演技力……!)
        ……それは、お兄さんのことだよね。マティ…やっぱり寂しいのかな? お墓参りも毎月行くって言ってたし…
        (マティアスはまだ幼い。頼れる兄が他界したことは相当にショックなのだとミコトにも理解できた) -- ミコト 2011-10-05 (水) 21:23:05
      • い、いちばんいいのを 頼む…?(そんな演技で大丈夫か、とは言わず)
        うん……兄さん以外にも、母さんとか、父さんも… 寂しくないって言ったら、嘘に なるかな…… 前ほどじゃ、ないけど。
        ついた…ここ、だよ。(墓地内を暫く歩いた先、比較的新しい「Miles Rochefort」と碑銘にある墓にたどり着く)兄さん…今日は、ミコト姉が きてくれたよ…?
        -- 2011-10-05 (水) 21:29:15
      • そうだよね、マティは今独りぼっちだもんね…… ん。(そして墓地に着いた。不思議と心が沈静する領域…)
        ええっと……お、お久し振り!マイルズ兄さん…? 私、帰ってきたよー……みたいな挨拶でいいのかな?あはは…
        まったく、こんな可愛い弟を残してどうして死んじゃったんだか……(お墓の前で手を合わせる東洋人) -- ミコト 2011-10-05 (水) 21:37:18
      • 家族っていう、意味でなら…一人だけど。 ほら…こうやって ミコト姉みたく、声をかけてくれる 人…いるから。(一人じゃない、と笑って)
        (手を合わせる様子を、珍しそうに見ている)…ミコト姉、それって 東洋の、お祈り…?
        -- 2011-10-05 (水) 21:41:49
      • ん……? あ、そうそう。これは東洋式のお祈りっていうか、お参りっていうか……こっちの人は十字を切るのが多いんだっけ?
        ふふっ……それにしても、マティ坊ったら「ミコト姉さん達がいるから僕は独りじゃないよ!」だなんて可愛いこと言いやがって〜♪
        このっこの〜っ!(マティほっぺを指でつついてからかう) -- ミコト 2011-10-05 (水) 21:49:47
      • うん、宗教にも よるけど…そんな感じ。(ためしに真似して手を合わせてみる)…こ、こうかなぁ。
        うぇ!? だって、ほんと……みんなが、いなかったら 今のぼくは…居ないかもだし…(ぷにぷにと凹むほっぺた)
        …よかった、ミコト姉 さっきみたく…緊張してない。
        -- 2011-10-05 (水) 21:53:07
      • へっ? あ……べっ、別に緊張なんて最初からしてないっての!(年下の男の子に、何だか隙を突かれた形になり…心がはっとした)
        ああでも、私達幼馴染はみんな友達だからね。マイルズ兄さんの代わりにはなれないけど、それでもマティを支えたいと思うのは当然
        これからも、寂しくなったら誰かに甘えたりしなさいよ? ま、まぁ私もちょっとは優しくしてあげるし……(微デレッ) -- ミコト 2011-10-05 (水) 22:05:58
      • そ、そう…? あ、あんなとこに…人魂!(何もなさそうなトコ指差す もちろん嘘だ)
        ありがと……今は、甘えすぎちゃうと いけないから 気持ちだけ、受け取っておくね…?
        どうしても、耐えられなくなる までは…がんばって、みたい。 …それじゃ、そろそろ 帰る?
        -- 2011-10-05 (水) 22:11:51
      • ひゃうっ!?(※裏返った声をあげてマティに抱きつく) ……ハッ!? だ、騙したな〜!!(怒涛のでこぴんを食らわせていく!)
        うん、私はそろそろ帰るよ。ホントはお墓の掃除とかもついでにしていった方がいいんだろうけど……それは次回ってことで
        それじゃ、立派な男としてこれからも頑張れよマティ坊! じゃーねー? -- ミコト 2011-10-05 (水) 22:18:34
      • うわ、そんなに…驚かなくても…!(予想以上の反応に) はうっ…!! の、脳が 揺れる…(額を押さえて涙目)
        そのへんは、ぼくも 定期的に…やってるから、だいじょぶ。 それじゃあ、またね…ミコト姉?
        ………帰り道、だいじょぶかな…?(ふと、そんな心配をしつつ背を見送る)
        -- 2011-10-05 (水) 22:24:14
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 発情薬が振り撒かれた -- 2011-10-04 (火) 16:31:05
    • わぁぁっ!? ぷはっ、なに……これぇ
      (中略)
      あふ……なんで、こんなの 出るように…なっちゃったの かな…(あれこれした結果、ティッシュで拭き拭き)ひゃうっ…! びくって、するし…
      …あ、でも これで……兄さんと、おそろい また一つ、ふえた…(余韻に浸りつつ兄のベッドで悶えるの図)
      -- 2011-10-04 (火) 21:42:12
  • よー、マティ、甘いものたんまり食べさしてもらえたか?俺からはそろそろ、苦いものでも欲しいんじゃないかと思って
    口休めがわりに…詳しくないからお店でオススメって言ってもらってきたコーヒーをプレゼントするぞー
    (お店の名前の刻まれた紙袋を手にしながら) -- クルツ 2011-10-03 (月) 21:25:41
    • クルツ兄…それがね、年々… もらえるチョコの数、減ってきてる気が するんだ…。
      あ、ありがとう…急に どしたの…? 普段、紅茶派だけど…コーヒーも、いいよね 砂糖とミルク、たっぷりにすると…美味しい。
      -- 2011-10-03 (月) 21:33:36
      • ん、あぁ…皆本命を固めてきてるのさ、つまり少なくなってきてる数に不安を覚えてる俺とお前は仲間という事に…
        いや、この話はやめよう、俺の精神的ダメージがハンパねぇ
        え?いや、別にたまには良いんじゃねーの、と思ったんだけど…ああ、もしかしてこの種類のマメは飲めぬ!とかあったりしたか? -- クルツ 2011-10-03 (月) 21:35:35
      • うーん、そういうのじゃ なくって…義理でも、いいんだけど…(要はお菓子が貰えればいいと思ってる子供)
        もともと、ぼくは……皆から、そういう目では 見られて、なさそうだもん(ぽんぽん、クルツの肩を叩き)
        クルツ兄が、ピーマン以外に 何かくれるの、久しぶり…だったから。 うぅん、特に 好き嫌いはないから…嬉しい。
        -- 2011-10-03 (月) 21:48:23
      • まぁ、そうだな…やっぱり数が少ないと寂しいもんな(男として、とある意味まったく逆方向の勘違いで納得しかける)
        え。ちょ、ちょっとまって、じゃあ俺一人、俺孤独なの…寂しさだけで俺死んじゃうって!
        はぅっ、まだピーマンネタを…ぐぐっ、しかし俺はコレしかもって着てないから、貰ったお菓子を茶請けにのんびりやるなり、少し気分を変えたいときに一杯やってくれ -- クルツ 2011-10-03 (月) 21:50:39
      • えっ…や、あの クルツ兄……人間関係って、恋人だけが 全てじゃないよ……?
        でも、みんな ぼくのしらないとこで、付き合うように なってるのかな… ちょっと、みんなが…遠く行っちゃったみたいで、寂しい。
        えへへ、冗談 だよ。 うん……ちょうどいい、味を探すのは コーヒーでも、紅茶でも、楽しいよね…。
        -- 2011-10-03 (月) 21:55:26
      • ああ、そりゃわかってるけど…実質くっついちゃうと大体渡さなくなってくるし
        恋人とか考えてたら、わざわざコーヒーとか持ってきてないって…!
        冗談か、本当に冗談だな?次に来てまたピーマンって単語が出てきたら、次の次に家に大量のピーマンが並ぶぞ、いいのかー?
        んー?そうか…俺は不精もんだからいつもティーパックで…やっぱりマティはお茶の葉を蒸らしてカップを暖めて、とか丁寧な事するんだ? -- クルツ 2011-10-03 (月) 21:58:04
      • なんだか、チョコに埋もれて ホワイトデーのお返し、持ってくのも 一苦労だったのが…急に、懐かしく思えて きちゃう。
        うん、それだけ…時間に 余裕が、できちゃったっていう ことだよね…(3月は忙しかったと、以前を振り返り)
        えぇっ!? ……それは、やだ…。(処理しきれない、と)カップは、暖めないよ…猫舌、だから。
        ティーポットから、淹れたのを ちょっとだけ、氷とか 水で薄めて…アイスで 飲むの。
        -- 2011-10-03 (月) 22:03:02
      • それはそれで凄いな…それだけのお返しを買うとなると、もういっそ自分で好きなお菓子買いあさりとかしてもいいんじゃないか?
        ああ・・・時間に余裕ができると何やろうか迷うなぁ…散歩も定期コース決まっちまったし・・・(しみじみ、とした吐息をつきながら)
        だろう、そうだろう、イヤだろう?そしたら食べきらせる為にまたジュースだぞ、いいのかー?
        (光景を想像したのか思わず納得)…似合ってる -- クルツ 2011-10-03 (月) 22:05:46
      • しかも、お返し もってった先も、すごいことに なってるんだよ…?(山のように積みあがるのを思い出し)
        クルツ兄、散歩してたんだ……なにか、趣味を 見つけてみるとか…?
        でも、それやると…ヴィータ姉に、蹴られるよ…? こないだ、ピーマンの話したら 怒ってたもん。 ちょっと、濃い目に出して…薄めるのが、ミソ。
        -- 2011-10-03 (月) 22:13:01
      • クンネとセイにミコト辺り、毎年ひどかったな……今年はクンネとミコトが来ないから、余計に寂しい限りだ
        趣味ねぇ……あ、あー、結構前から剣を手に入れて持ち替えてるんだけど、槍との間合いの差とか色々考えて動くのって楽しいよなー………コレ趣味でいいのかか?
        ほわい?何故にヴィータ…いやだって、実際に俺はピーマンジュース飲ませてなかったのに……!!俺詳しくねーけど、ポットに直接氷とかじゃやっぱ駄目なん? -- クルツ 2011-10-03 (月) 22:16:38
      • そういえば、今年はその2人から 貰ってないね……えーと、趣味と 実益を兼ねた…?(なぜか疑問系)
        うん、なぜかクルツ兄だけ… それすると、お茶がしっかり出るまで 時間かかっちゃうよ…?(お湯だから短時間で淹れられる、と)
        -- 2011-10-03 (月) 22:21:40
      • ああ、ちょっと楽しみにしてたんだけどな…ま、ミコトにはよこせって行ってやったぜ、わははー(ちょっと誇らしそうに胸に手をあてながら笑いつつ)
        そ、そうだよなぁ…こう、出来ない事が出来た、超楽しい!とか思ってたら…マティ、普通の趣味って一体なんだ?
        …あんまりだ(額を手で抑えて俯きながら)ふーんなるほど…じゃあ、水出しってのは時間がかかる作り方だったんだな、初めて知ったよ -- クルツ 2011-10-03 (月) 22:32:00
      • クルツ兄、さすがに それは、ちょっと……(自分から要求するのは、いかがなものか という顔)
        無難なとこだと、読書とか 音楽鑑賞とか…? でも、無難すぎて…かえって、不自然。(履歴書っぽい、と)やっぱり、ほんとに好きなこと…見つけないと、だよね。
        うん…大体、丸一日は 置いとかないと…飲めないよ。 飲みたい時に、飲めないのは…ちょっと 悲しい。
        -- 2011-10-03 (月) 22:41:11
      • え、えぇ…駄目だった…?ちょ、やめてマティ、そんな目で俺を見ないで…!!
        うーん、なんか無理やり趣味の欄を埋めてる感じ…って、やっぱそうだよな、そう思っちゃうよなぁ
        げ、ちょっとめんどくさいそれ…やっぱお湯で出しての方が絶対いいんだな
        よし…じゃあ俺はそろそろ行くからコーヒー、楽しんで飲んでくれ、俺は俺なりに本当に好きなことないかなーって、探してみるよ、じゃあなー? -- クルツ 2011-10-03 (月) 22:45:31
      • そ、そういうのが 冗談で通じる仲なら、いいけど… 普通は、恥ずかしいことだから 気をつけてね…?(ガチで心配している目だ)
        面接で、答えに 困っちゃうもん… 好きなもの、探すために 色々やってみるの…いいかもだよ?
        うんっ、どうもありがと… クルツ兄も、紅茶とか コーヒーとか、味を追求してみるの いいかも…またね?(早速コーヒーを淹れてみることにしつつ)
        -- 2011-10-03 (月) 22:57:58
  • ……ちょっと遅れたけど、貴方には直接渡しておきたくて。 お世話にもなってるしね。
    というわけでハッピーバレンタインよ、マティアス。(カップケーキを詰めた箱を差し出しながら) -- セラフィーナ 2011-10-03 (月) 21:03:34
    • ふぇ? あ、セラ姉……どうもありがとう、お世話に だなんて……ぼくの方が、じゃない かな…?
      じゃあ、せっかく だから……お返しも、この場で。(バッグをごそごそ 表情が青ざめる)……人数分しか、お返し…買ってなかった……。
      -- 2011-10-03 (月) 21:11:51
      • あら、貴方とこうして話してるだけでも結構癒されたりしてるのよ?
        いいのよお返しなんて…って、ふふ…遅れたから仕方がないわね。気持ちだけ受け取っておく事にするわ。(にこにこしながら頭を撫でる) -- セラフィーナ 2011-10-03 (月) 21:19:42
      • 癒し……? セラ姉、女の子と一緒に話す方がリラックスしてそうな イメージだった…
        うー……じゃあ、おやつ用に とっといた、プリン…あげる。 なんにも、お返しできないの やだ…。
        -- 2011-10-03 (月) 21:24:44
      • んー、そういう部分もあるにはあるけど、貴方みたいに弟みたいな相手と話すのも好きよ。
        え…?でも何だかそれは悪い気がするわ… 本当に貰っていいの? -- セラフィーナ 2011-10-03 (月) 21:36:36
      • そっか……セラ姉って、ぼくの 同年代の子とは、あんまり 接点ないのかな…?
        …いいっ。 いいよ…(例のポーズ)この季節、ちょっと 冷たいのは…きついかも、だけど(冷蔵庫からプリンののった皿を出し、スプーンと共にテーブルに)
        -- 2011-10-03 (月) 21:44:57
      • そうねぇ…貴方と同年代くらいになると、4,5歳の頃にアタシが街を離れてるから、覚えててくれる子も少なかったりするのよね。 少し上の…2,3歳下の子とは良く話すけど。
        それじゃ…折角のマティアスの気持ちだし、ありがたくいただくわね。 最近は少し暖かくなって来てるし、大丈夫よ。
        (言いながら早速プリンを一口。幸せそうに目を細めて実に美味しそうに食べるエルフ) -- セラフィーナ 2011-10-03 (月) 21:51:16
      • あ、そういえば……そうだよね。 なんで、あの時…街を出たのか 聞いてみても……?
        一応、ストックも あるから…遠慮なく。 やっと、雪も降らなくなって きたね…(窓の外を見ながら)
        -- 2011-10-03 (月) 21:58:09
      • んー、町を出たというか、実際のところ連れ戻されたって感じかしら。母さんが貴族の出身で、平民の父さんと駆け落ちして生まれたのがアタシでね。
        …ええ、過ごしやすくなるのはいいことだけど、雪のロマンチックな儚さもしばらく見納めね。
        (窓の外を一緒に眺めながらふと何かを思いつき)…それじゃ、マティアスにもお裾分け… はい、あーん。(プリンを掬って差し出す) -- セラフィーナ 2011-10-03 (月) 22:07:40
      • 離れたくて、離れたわけじゃ なかったんだね……でも、戻ってきてくれて よかった…。
        みんな、公園で 雪合戦とか…楽しみに、してそうだもんね。 ぼくは…お墓参りが、寒くて 大変。
        へ? …あ、あーん。(瞬きしてから、躊躇いがちに口を開け)
        -- 2011-10-03 (月) 22:15:38
      • 抜け出して戻ってくるまで6年かかっちゃったけどね。 やっぱり貴族暮らしは窮屈で。
        アタシは降る雪とか雪景色とかを眺めるのも好きだけど…そうね、出かけるのには苦労するかも。
        (そんな事を話しながら口をあけたマティアスにプリンを食べさせる)折角だから半分こよ。(にこにこと微笑みながら自分もまたプリンを口へ運ぶ) -- セラフィーナ 2011-10-03 (月) 22:30:04
      • あ……戻っていいとか、言われたんじゃ なかったんだ…?
        雪とか雨って、なんだか 寂しいような、悲しいような……そんな気に、ならない…?
        あ、うん……ありがとう。(気恥ずかしそうな顔で、もぐもぐ)…セラ姉にあげたのに、ぼくが 減らしちゃ、だめな気も するよ…
        -- 2011-10-03 (月) 22:33:37
      • お許しが出るのを待ってたら、きっと一生戻って来れなかったでしょうね。それくらいの場所よ。
        …そうね、少し寂しくて…憂鬱な気分にもなるわね。でも、降ってる間しか見られない景色もあるわ。特に雪なんかはね。積もった雪が晴れ間に照らされるのとか…綺麗よ?
        ふふ、いいのよ。アタシがこうしたくてしてるんだから。 はい、あーん。(またひと掬い、マティアスに差し出す。結局本当に半分ずつ食べる事になったそうな) -- セラフィーナ 2011-10-03 (月) 22:41:47
      • うぅ、やっぱり…何から、何まで 違うのかな…普通の暮らしとは。(どれほどのものだろう、と思いを巡らし)
        あ、雪の後の晴れの日は すき… すっごく眩しくて、日焼けしちゃう らしいけど…。
        う、うーん せめて、別のスプーンでなら いいんだけどっ…(そんなこんなでプリンを半分こしつつ、のんびりとした時間が過ぎていった)
        -- 2011-10-03 (月) 22:48:15
  • (今年は忘れない、ときっちり持ってくる 可愛らしい小袋に入った手作りのトリュフチョコ) -- アリサ 2011-10-03 (月) 00:04:30
    • よかった、忘れられて…ない(受け取りながら、中身を確認)トリュフだ……って、アリサ姉 最近は チョコ投げて、こないんだ ね…? -- 2011-10-03 (月) 00:09:54
  • マティアス君にもハッピーバレンタイン♡(チョコを渡して)この前はごめんなさいねぇ、ビックリしちゃったでしょ? -- ディータ 2011-10-02 (日) 23:30:38
    • わーい、ありがと…!(受け取る様子からは以前のような警戒はない)う、うぅん そんなに、気にしないでも だいじょぶだよ…?
      何気に、ディータ姉から チョコもらったの、はじめて……かな?
      -- 2011-10-02 (日) 23:33:42
      • そういえばそうかしらね?ふふ、それじゃ初回サービスつけちゃいましょうか?(どこからかもう1個チョコをだして胸に挟む)
        はい、とって♡ -- ディータ 2011-10-02 (日) 23:39:37
      • ふぇ!? ど、どこに入れてんの ディータ姉ーっ…!!?(谷間を凝視するわけにもいかず、赤くなる)
        と、取ったら 触っちゃうよ……! そんな…(中途半端な位置に手を伸ばしたまま)
        -- 2011-10-02 (日) 23:42:42
      • あらら、刺激が強かったかしら。ふふ、それじゃはい、オマケのもう1個どうぞ♡(取り出して改めて渡す。ちょっと暖かい) -- ディータ 2011-10-02 (日) 23:50:30
      • だ、だって……それ、ディータ姉は嫌じゃ ないの…? 胸、触られちゃうなんて…(どきどき)
        はふ……あ、ありがとう(手で受け取り、口に運ぶ 溶けかけのような体温の名残が、余計に恥ずかしかった)
        -- 2011-10-02 (日) 23:57:38
      • 別に減るものじゃないし、気になったらいつでもいいわよ♡
        ふふ、よーく味わってねぇ。それじゃ♡ -- ディータ 2011-10-03 (月) 00:05:13
      • うわぁん、こ、これが 大人の余裕っていう、やつ……!?(なんだか人生経験の差が露骨に出た気がしてショック)
        う、うん……またね、ディータ姉…っ!(口の中でチョコ溶かしながら)
        -- 2011-10-03 (月) 00:07:59
  • マティ 居るかー? (ノックノック、する女の姿 ブラウスにロングスカートといった、女らしい格好だ) -- ヴィータ 2011-10-02 (日) 19:46:27
    • はーい…今、あける よ…!(なぜか後ろから現れる ちょうど帰宅したところなのか、鞄を肩から提げ)…ヴィータ姉、すっかり イメチェン、しちゃって…見違えちゃった ね…!? -- 2011-10-02 (日) 20:04:59
      • うん? お、お帰りマティ (咥え煙草を離し、形態灰皿に捨てる 驚いた顔を見れば、にや、といつもの意地悪な笑み)
        おう、惚れたかマティ? なんてな 最近は、こういう格好も良いかなっておもってさ (軽く笑ってハンチングを取る 柔らかな色のポニーテール) 似合うか? -- ヴィータ 2011-10-02 (日) 20:16:15
      • ちょっと、出かけて たんだ…銀行まで。(鍵を開けると、扉を開け どうぞ、と)
        惚れるっていうの、どんな感じなのか…わかんない。 でもっ、綺麗になったと おもうよ…3年前と、比べると 別人みたい…。
        -- 2011-10-02 (日) 20:27:06
      • 馬鹿なチンピラにカツアゲされて無いか? (冗談を言うチンピラさん 招かれれば家に入り)
        冗談だよ、真面目に返すなって (眉を上げて笑ってから、別人みたい、と言われて嬉しそうに笑う) 頑張ってるからな ありがと、マティ (頭を撫でる) -- ヴィータ 2011-10-02 (日) 20:38:53
      • あはは、お金…下ろしてきたんじゃ、ないから 平気…。 危なそうな、道は 歩かないよ…(ごとり、テーブルに鞄を置いて)
        えぇっ……冗談? でも、ほんと……変わった、よね…(アップルティーの入ったカップを差し出しながら)
        (撫でられても嫌がりはしないが、リアクションは薄い)みんな…どんどん、変わってっちゃって なんだか、置いてかれちゃいそう…だよ。
        -- 2011-10-02 (日) 20:45:26
      • なら良いけど …ちなみに、何してきたんだ? 銀行で金下ろす以外だとー…まさか、融資の相談でもないだろ? (首をかしげ)
        変わるさ そうなるように頑張ってるんだから (アイラインを引いた目を細める 表情も、昔と比べて随分と穏やかだ 紅茶を一口 美味いな、と微笑んだ)
        置いてかれる? はは、馬鹿言え お前だって随分と変わったぜ? (あっさりと思った事を言って) 身長とかは伸びたか? -- ヴィータ 2011-10-02 (日) 20:50:07
      • ん……貸金庫から、荷物 回収してきた… 多分、兄さんの。(ぽん、と鞄を叩き)
        ヴィータ姉、フレーバードティーとか 苦手じゃないなら、よかった… 頑張りが、たりないのかなぁ ぼくの…場合。
        ……いや、え… どこが…?(瞬きを繰り返し)きちんと、測定は してないけど……3年で、6cmぐらいは 伸びた…はず。
        -- 2011-10-02 (日) 20:54:38
      • へぇ…? …今になって、色々出てきたか …もう4年か? (早いな、と喧嘩友達を懐かしむように言葉を切り)
        自分じゃ淹れないから、、珍しくて好きだぜ (頷きながらカップを置いて) …マティ、そんな焦るなって お前まだ14だろ? 俺がお前のときは、まだガキ大将だ
        男はこれからだよ、あっという間ににょきにょき伸びてくんだから 15、6からさ (幼馴染の男の名前を数人挙げる 今では長身の人ばかりだ)
        どこがって? 全部言ったら、褒め殺しになってマティが真っ赤になるから言わない (にや、と笑った それから) ほれ、バレンタイン (お菓子の袋を手渡す) -- ヴィータ 2011-10-02 (日) 21:11:47
      • 鍵が…送られてきたんだ、兄さん宛に… たぶん、兄さんがいないの 知らなかったんじゃ、ないかなぁ…。 そんなに、経つんだね…
        あ、うん……そう、なんだけど…。 ぼくが、見てるのは… だいぶ上、なのかな……(同年代が少ないゆえか、自然と年上ばかりを基準に見ていた)
        そん なに(自分では変化の実感はわかないもので、納得いかない様子)…っと、ありがとう… 前と比べたら、これも 進化…だね。(口にチョコを入れられた時を思い出し)
        -- 2011-10-02 (日) 21:15:11
      • まだ、中身見てないのか? …一人で見るのが怖かったら、一緒に居てやるぜ? 俺も、あいつが何を預けてたのか気になるし (無理にとは言わないけど、と)
        そう言う事、だ 14で20そこらの奴等を見ても、勝てるわけ無いだろ? 良いんだよマティアスは、お前のペースがあるんだから 14のころの俺よりは立派だぜ?
        (それは自慢にならんか、と明るく笑って) ああ、こうやって、いじめっ子だった俺と一緒に居ても大丈夫になった、それも成長さ (ウィンク一つ、お茶をすすった) -- ヴィータ 2011-10-02 (日) 21:23:12
      • ……あんまり、いいものじゃ なかったよ。(見ない方がいい、と)…見る?
        焦っても、しょうがないの……理屈では、わかってるのに ね…。 何度も、同じこと 言わせちゃって…ごめん
        なんだかんだで、一歩前進な ヴィータ姉は…ちょっと、羨ましいけど、ね。 今でも、こわい人は…いるよ?(相手による、とばかりに)
        -- 2011-10-02 (日) 21:31:08
      • そっか …一応、見せてもらおうかな (眉を寄せる)
        良いさ、何度でも言ってやるよ 子分の面倒を見るのがガキ大将の役目だからな (胸を張ってそう言えば、軽く笑った)
        怖い奴なんて俺でも居るさ (あっさりと言えば) お前だって、一歩ずつ動けてるさ 自分じゃわからないか (俺もそうだし、と首を傾げた) -- ヴィータ 2011-10-02 (日) 21:44:29
      • ……処分してもいい、って 手紙に 書いてあったから…兄さんのじゃ、ないかもだけど。(鞄の中身は銀色のリボルバー 革製のショルダーホルスターに収まり、紙箱には弾丸がたっぷり入っていた)
        う、うん…? まだ、ぼく…子分なの!? …気にかけて、くれるのは 嬉しいけど…その辺は、変わらず なんだね…。
        …ヴィータ姉が、怖がるとこ 想像できないんだ、けど!(そんな相手がいるのか!と驚き混じり)なんか 立ち止まって、足踏み…してる気がする。
        -- 2011-10-02 (日) 21:50:50
      • こりゃあ… まぁ、アイツ、何やってたんだか (嫌な物を見る、と言うよりも、呆れたような顔で) …弾だけは処分した方が良いかもな?
        はは、其処はしばらく変わらないさ お前が立派な男になって、おどおどしなくなったら、だな …今日だって、元気が無いし (銃を見て、仕方ないかも知れんが、と頷いて)
        人様にゃ言え無いけどな そりゃ居るさ 俺だってまだまだ弱っちい (肩を竦めてから) 足踏み、なぁ…
        (それ以上は励まさず、しかし、にや、とわらって背を叩く) 自信を持って『俺は成長してる!』って言える位を目指すこったな! -- ヴィータ 2011-10-02 (日) 22:09:02
      • うーん、ずっと前に 一度だけ…その筋の人っぽいのが、うちに 来たことは…あったけど。 ハル兄なら、こういうの…詳しいかな?
        うぐぐ、少しは…少しぐらいは 変わったと、おもうんだ…足が竦むのは もう、戦いの前ぐらい だし…(言葉の割には自信なさげだが)
        なんか、ちょっと 安心…しちゃった。 ヴィータ姉って、怖いものなし っていうイメージだったから…… 自信、かぁ。そこまでいくと、油断しちゃいそう…だけど
        そんな風に、なれたら いいなとは…ぼくも、思う。(うん、と深く頷き)
        -- 2011-10-02 (日) 22:18:08
      • んー、そうだな 春真辺りなら… ジュロだと、お前、絶対怖がって話しかけられそうにないし ま、餅は餅屋 危険物はチンピラにだ
        ん? (マティの言葉に目を瞬かせれば、) そこだよ ほれ、やっぱり成長してる (自分のことのように嬉しそうに笑った)
        怖いものなし、の振りをしてただけさ (苦笑いをして、) でも、お前にはそれ位の強気が必要だな
        よし、俺は帰る また今度、ピーマン食わしに来るからがんばれよ? (にや、と笑って帽子をかぶりなおし、家を出た) -- ヴィータ 2011-10-02 (日) 22:26:44
      • うん……無理。(即答)じゃあ、今度…ハル兄に聞いて どうするか、決めるね…
        むー、ぼくも 怖いものがない、フリを…してみれば 少しはマシになる、かな?(ヴィータの指摘で、ようやく 変わったかな?程度の認識に)
        うぇ!? できれば、今度はピーマン以外のが……ま、またねっ!(玄関まで見送りつつ)
        -- 2011-10-02 (日) 22:36:03
  • (☆や◇と言った図形型のチョコレートを沢山袋に詰めてラッピングした物を差し出す)
    マティアスこれ、バレンタインチョコレート。ボク学校のことがあって公園にいられなかったけど、元気そうでよかった。
    -- セイ 2011-10-02 (日) 18:45:57
    • セイ姉は、皆勤賞だね…いつも、ありがとう。(袋を受け取り、けっこう入ってそうな重さに驚く)今年は、いっぱい…?
      んー、ぼくも あんまり、公園に行けて ないから…おあいこ。 そっか、セイ姉…学校いってるんだ……?
      -- 2011-10-02 (日) 20:02:56
  • むー……落ちてる、よね…?(複雑な表情で下着を干す昼下がり)
    (洗濯物を干し終わると、ポストの中に封筒が入っているのに気づく 宛名はマイルズに、差出人は聞いたこともない名だ)
    ……兄さんに、今頃 誰だろう……?(封筒を振ってみると、中で揺れる金属的な重さの何か)…開けて、みるべき かな。
    -- 2011-09-30 (金) 20:14:31
    • (部屋に戻り、テーブル上の封筒とにらめっこすること10分強)……なんか、重要な お知らせだったら 困るよね…。(悩んだ末、封を開けた)
      …う、ん?(コロンと落ちてくる鍵が一つ 便箋には簡素な文で「引き取り手が居なくなった 処分するなり何なり自由に 418415」とあった)
      ……なにこれ。(何の事だか分からず、鍵をしげしげと眺めるばかり)
      -- 2011-09-30 (金) 20:27:07
      • …これも、違う(玄関の鍵)……これでも、ない(物置の鍵)…ここも ダメ(兄の机の引き出し)
        ………んー…?(一番身近な、首元の錠前 当然鍵が合うはずもなく)…分かってた、けど。 うん、つい……(誰も居ないのだが言い訳をして)
        うちにある 鍵は、関係ない…のかな ……いけない、雨…降ってきちゃった…!(カゴを手に一目散に洗濯物を回収しに出る)
        -- 2011-09-30 (金) 20:48:10
  • (街中の、露天の並ぶ商店街 人ごみの中に混じる大きな獣人の姿がある) -- ヴィシュヌ 2011-09-29 (木) 22:32:08
    • (買い物中に見かけた大きな後姿 よく見知った、しかし今はもう居ない馴染みの獣人に、その姿が重なって見えた)
      ジーク兄……っ!(思わずかけた声、しかし同時にそれは人違いだと気づいてしまった)あ……
      -- 2011-09-29 (木) 22:39:48
      • ?(ふさふさの、金のピアスをつけた耳がヒクヒクと動き 次いで大きな獣の頭が少年の方を向いた)
        人違いだぞ小僧 ………またずいぶんと小さいな -- ヴィシュヌ 2011-09-29 (木) 22:52:16
      • はわっ…ご、ごめん なさいっ…!(顔を引きつらせながら、もはや条件反射といった風に謝る)
        知ってるひとに、似てた から……(近くで見ると、思った以上に身長差があり 圧倒されながら見上げる)
        -- 2011-09-29 (木) 22:58:38
      • ほう、俺の他にもガラムが居たのか?(顔を近づける 普通の人の三倍くらいはある毛深く、彫りの深い顔) -- ヴィシュヌ 2011-09-29 (木) 23:01:10
      • がらむ……?(種族の事だろうか、と思いつつも 猛獣の顔を目の前にしているようで、足の竦む思いだ)
        ……んと、ね… お兄さん、みたく ライオンぽくて、もふもふで…… あ、でも…ツノは なかったよ…
        -- 2011-09-29 (木) 23:08:51
      • ツノが無い? ではガラムとは違う種だな お前の仲間だったのか、子供? -- ヴィシュヌ 2011-09-29 (木) 23:17:27
      • (質問には小さく頷いてから)小さい頃から、知ってた… 見た目は、強そうなのに 気が優しくて…。
        ほんとは、とっても強いのに 冒険から、帰って こなくなっちゃったんだ……(寂しそうな顔で、過去を思い出しながら)
        -- 2011-09-29 (木) 23:21:35
      • ふんっ 生き物はみな死ぬ それだけだ 人間は皆死ぬのを恐れるな…… 俺達ガラムにとって、死は望むものだ
        美しく死ぬこと それが我ら戦士ののぞみよ -- ヴィシュヌ 2011-09-29 (木) 23:41:14
      • 大抵の、生き物は……死ぬの、嫌がると思うんだ…。 たぶん、人間だけじゃ ないと思うよ…?
        かっこいい、死に様…みたいなの かなぁ…… 死に方が、大事 っていうこと…?(文化そのものが違うのを感じつつ、そう尋ね)
        -- 2011-09-29 (木) 23:48:16
      • そうだ、子供よ お前も男ならば考える事は無いのか?いかに戦い、そして死ぬかを
        俺は…俺達ガラムの戦士は常にその事を想っている 我らの生きる価値… それは戦いの中にこそあるのだ -- ヴィシュヌ 2011-09-29 (木) 23:52:34
      • いつか死ぬ、っていうのは……分かってる、よ。 けど、できるだけ 考えないように…してる…。
        どうすれば、戦わないで済んで……どうすれば、死なないで済むか… ぼくには、そっちのが 大事…(目の前の戦士とは全く逆の思考だった)
        -- 2011-09-29 (木) 23:59:03
      • 安寧を望むか子供 ならば武器を捨て隷奴のように生きるのだな 誰か大きな者に仕えている方がいいだろう
        俺達ガラムは雇われる事はあっても仕えるという事は決してない 俺達は自由な者だからだ -- ヴィシュヌ 2011-09-30 (金) 00:03:41
      • それも、いいかも しれない…って、ちょっと 思う。 …少なくとも、目的を 果たしたら…もう、武器は捨てる つもり。
        じゃあ……死ぬことだけじゃなく、どうやって 生きるのかも…考えてみても、いいんじゃ ないかな…死ぬこと、ばっかりじゃ なくて…(自由な者、との言葉に)
        -- 2011-09-30 (金) 00:09:15
      • 生きる事を考えるのは死ぬ事を想うのと変わらぬよ「禅問答」というやつだ まったく 意味がない(口の端がめくれ牙が見える どうやら笑っているようだ)
        目的……(少年の顔を覗き込み、瞳を見据える)そうか、お前の目には「ソレ」がある……  -- ヴィシュヌ 2011-09-30 (金) 00:16:12
      • 一緒、なのかな… 難しいし、答えが 出なさそうな気は、するけど…(首を捻る)
        それだけの、ために……武器を持った、だけだよ… やっぱり、ぼくは 戦士には、なれないや…(心構えが違う、と)
        -- 2011-09-30 (金) 00:22:32
      • なんだ、お前の目的とやらはその程度のものか? ならば今すぐに武器を置け でなくばお前は無様に死ぬ
        醜く、無意味な死だ 武器をとると言うことはそういうことだ 美しく死ぬか、無意味に死ぬか どちらかだ
        本当に、お前はそれでいいのか? -- ヴィシュヌ 2011-09-30 (金) 00:27:22
      • (ややむっとした表情で)目的のために、武器をとるだけの…覚悟は してるって、考えて欲しかった よ…。
        なんだか、お兄さんとは 話していても、ずっと平行線 みたい…… 武器を持ったら、皆 戦士っていうわけじゃ、ないよ。(首を横に振って、雑踏の中に消えていった)
        -- 2011-09-30 (金) 00:36:30
  • というわけでお疲れ様♡前にも聞いたけど冷えない?その、脚とか(じー) -- ディータ 2011-09-29 (木) 17:42:31
    • お疲れ様、ディータ姉…うまくいって、よかったよ。 ほんとの、ところ…ちょっと さむいんだ…。
      冬は、特に……だから、そろそろ 長ズボンの、喪服を…調達してみようかな、なんて…。
      夏は夏で……蚊にさされたり、するし…(寒いので膝あたりを摩りつつ)
      -- 2011-09-29 (木) 20:41:29
      • まぁ・・・そうよね。若いからじゃなくて若いからこそそういうのは気を遣わないと。
        あらあら、そんな寒そうに・・・  ・・・温めてあげようか? -- ディータ 2011-09-29 (木) 21:05:55
      • 冒険の時、以外は……冬物の服も、あるから 家では、だいじょぶなんだけど…
        温めるって……ディータ姉、魔法とか 使えたっけ…?(きょとーん)
        -- 2011-09-29 (木) 21:10:03
      • 依頼となると部屋着ってわけにもいかないものねぇ。
        え?まさか。 こうするのよー♡(脚に抱きつく) -- ディータ 2011-09-29 (木) 21:15:45
      • うん……兄さん、連れて帰るまでは この服で、って……決めた、から。
        ちょっ…わぁぁ!?(足にかかる体重に、転びそうになりながら)でぃ、ディータ姉 あのねっ……暖かいには、暖かいんだ けど……けどっ!(柔らかな感触に困惑気味)
        -- 2011-09-29 (木) 21:22:09
      • 見つかるといいわね。服も、お兄様も。
        やーん、マティアス君の脚すべすべ♡(タイツ越しにすりすり)ふふ、暖まるでしょ?あ、こういうのは嫌いかしら? -- ディータ 2011-09-29 (木) 21:31:08
      • そうじゃないと、ぼく…ずっと 冒険者で、食べていかなきゃ いけなくなっちゃう、ね…
        あ、わわ……嫌いじゃ、ないけど… ちょっと、恥ずかしい…こんなこと、してくる人 いなかったから…(くすぐったいのか、少し笑いそうになりながら)
        -- 2011-09-29 (木) 21:34:46
      • うふふ、皆マティアス君が可愛いから手を出しづらかったのかもね♡しかし私はそのタブーを破る!
        ほらほら、もっとぎゅーしたげるわね♡(さらに強く身体を押し付ける) -- ディータ 2011-09-29 (木) 21:42:37
      • う、うん…? どっちかって、言うと… そういう目で、見られてないだけに 思えたんだけど…。
        って、待って! ディータ姉、待って!ま、まずは 落ち着いて……あの、こ、こういうのって いけないこと、なんじゃ…ないかな!?(足がホールドされているので逃げ出すわけにもいかず赤くなる)
        -- 2011-09-29 (木) 21:47:50
      • あら、つれないわね・・・でも確かに潮時かしら(パッと身体を離す)うふふ、よかったでしょ。暖まった? -- ディータ 2011-09-29 (木) 21:58:42
      • だ、だってぇ……ぼく、ディータ姉のこと あんまり、知らないし… もっと、よく知ってからなら……嫌じゃ、ないよ
        と、とにかく…あ、ありがとう?(混乱しながらも)なんだか、足だけじゃなくて 顔まで、ぽかぽか……なんだけどっ…
        -- 2011-09-29 (木) 22:03:26
      • ・・・それもそうよね。んふふ、効果テキメンだったようね♡
        ふふ、それじゃこの先もっと仲良くなれるようにしないと♡ビックリさせちゃったのはごめんなさい・・・それじゃ、またね♡ -- ディータ 2011-09-29 (木) 22:09:49
      • う、うん…みんなと、もっと話して 色んな部分を、知っていきたいなぁ… だいじょぶ、びっくりはしたけど…気にしないで?(呼吸を落ち着かせながら、見送る)
        ………柔らかかった、なー…(膝の辺りに手で触れ、はっとする)…うぅ、何 かんがえてるの…ぼく(ぶんぶん、首を横に振り)
        -- 2011-09-29 (木) 22:14:41
  •  
  •  
  •  
  •  
  • よう、元気にしてるか?……なんか寒そうだな、鼻水でてるぞ? -- ドロップ? 2011-09-27 (火) 22:56:21
    • え…あ、ほんとだっ(慌ててティッシュでぐしぐし)ちょっと 外の風に、当たりすぎちゃった… 久しぶり、だね ドロップ姉…! -- 2011-09-27 (火) 23:00:23
      • ああ久しぶり、ってあれから結構時間たってたんだなそういや
        さっきくしゃみしてたろ?見かけたから声かけようと思ったんだけどさ、ほれ、これやるよ
        (ヒョイとちっこい巾着袋をマティアスに向けて抛る) -- ドロップ? 2011-09-27 (火) 23:04:31
      • 前に、あったときは もっと…久しぶり、だったかも。 でも、お互い…無事なようで、よかったぁ
        ちょうど、引き上げて…きちゃったから タイミング、あわなかったみたい…っと(ぱしっ 何とか巾着をキャッチして)
        ドロップ姉、これ…なーに?(中身はなんだろう、と開けてみながら)
        -- 2011-09-27 (火) 23:08:27
      • ナイスキャッチ、それの中身は火成岩だ、まだ火の精霊がひっついてる状態のな
        ま、単なるカイロなんだけど、三日くらいは持つだろ胸ポケにでも入れとけ
        そんじゃあな、風邪ひくなよ〜(ヒラリと一度手を振り去っていった) -- ドロップ? 2011-09-27 (火) 23:15:53
      • 何か、投げてよこすの…アリサ姉のおかげで、少し慣れた かも。 うわっ、開けないで…おこうっと(うっかり指を突っ込んだら火傷しそうだと思い)
        これも、マジックアイテムの 一種なのかな…あったかい。(上着の内ポケットにそっとしまい)
        あ、あのっ……どうも、ありがと… ドロップ姉も、体調には 気をつけてね…!(嬉しそうに手を振り返す 暖まったのは体だけではなかったようだ)
        -- 2011-09-27 (火) 23:20:26
  • マティは…うん、そこそこ元気、なのかな
    相変わらず見たいダシ変わりないのが一番だよな、はは・・ -- クルツ 2011-09-26 (月) 02:38:06
    • ぼくは、前よりは 元気かも……(基準:冒険開始当時)クルツ兄は、だいじょぶ…? 最近、いろいろ あるみたいだけど…
      でもっ、ピーマンは少しだけ 平気になった…よ…!(ぐ。)
      -- 2011-09-26 (月) 21:20:30
      • 前より、前よりってつまるところどれ位前なんだろう…お前も結構落ち込むようなところありそうだしなぁ
        …うぐっ、あの時イケニエにしたのをまだ根に持っているのか…!わ、わるかったよぉぅ… -- クルツ 2011-09-27 (火) 01:06:52
      • (暫く考え)かれこれ…3年ぐらい 前。 今は…ちょっとだけ、前向き…
        あの味は、忘れないけど…もう そんなに気にしては、いないよー だいじょぶ。
        -- 2011-09-27 (火) 20:44:01
      • お前そんんなに…まぁ色々あるだろうけど、回復?傾向ならいいことだ
        って、わるかった、わるかったよー…ほんと?マジで気にしてない?指きりできるか? -- クルツ 2011-09-28 (水) 00:18:23
      • うじうじ悩んでも…兄さん、帰ってこないし…きっと 喜ばないから、ね…。 みんなの、おかげ。(にっこり笑って)
        だいじょぶ、だよ クルツ兄の家に ピーマン大量に届けたり、しないから…! うんっ、それじゃ…(小指を差し出し)
        -- 2011-09-28 (水) 00:30:03
      • そうだなぁ…思い出はココに、ってやつだな…(にぃぃっと笑うとマティの胸を指さして見せる)
        おいまて、やっぱ恨んでるだろ、さらっとそういう仕返し思いつく辺りやっぱ恨んでるだろお前!?!?お、おう…ゆびきりげんまんうそついたら針千本使って苛め抜く、ゆびきったぁ! -- クルツ 2011-09-28 (水) 00:34:01
      • んー、どっちかというと こっち…かな(自分の頭を指差し)ちょっとずつ、前に 進んでみる…こわいけど。
        みんなに、どんな仕打ちを 受けたかは、忘れられない…だけだよ、うん。(少しだけ黒い表情)ゆびきったー… 男との約束は、破っちゃ ダメなんだよね…兄さんが、いってた。
        -- 2011-09-28 (水) 00:45:08
      • (マティが指差した頭を、少し乱暴にわしゃわしゃと撫で回し)ばっきゃろーう、このクルツさんがいいこといったんだから、そうだねって頷いておくのがスジだろうがー、ちょっと滑った感じして恥ずかしいぞ、おらーー!!
        は、はいごめんなさい……う、うん、そうだな…コレでオレ安全系? -- クルツ 2011-09-28 (水) 00:48:40
      • うゃー!? そんなに、ぐしゃぐしゃ しないでよ…髪、絡まっちゃう…!(じたばた)
        むー、クルツ兄は ぼくが、昔されたことの恨みで 月の無い夜に、背後からハンマーのようなもので 襲撃するような人間に、おもえるの…?(頬を膨らませ)
        やり返したりとかは、よっぽど ひどいこと…されない限り しないよ。 やられる側の気持ち、知ってるし…。
        -- 2011-09-28 (水) 00:56:45
      • わっはー、これはオレを滑らせ恥ずかしい思いをさせたバツと思えー!
        (満足したのか手を離してから、少し居心地悪そうに頬をかいて)
        う、うー…だってほら、なんか…マティの言葉の節々から、実は少し気にしてる感じがして、うん…悪かったよ、俺も次から気をつけるから…ごめん…! -- クルツ 2011-09-28 (水) 01:02:20
      • うー……べつに、滑っては いなかったと、思うよ…?(手櫛で髪を整えつつ)
        …ぼくなりの 冗談の、つもり だったんだ…やっぱり、合わないかなぁ。(こっちも少しばつが悪そうに)ほんとに 気にしてたら…もっと、態度に 出ちゃうよ…
        結果的に、だけど……ピーマン嫌いも 克服、できそうだし そんなに、気に病まないで…?(背伸びして、クルツの頭をなでなで)
        -- 2011-09-28 (水) 01:06:30
      • そうかぁ、いいこと言ったつもりだったけど、即座に違う場所を言われると中々恥ずかしかったぜ…
        っておいい!!謀ったなマティ!マティーー!…根が真面目だから冗談を言わないだろうと思ってたら、とんだ攻撃を仕掛けられた気分だ…
        (ごくりと、顎元を流れる汗を拭きながら)ああ、サンきゅ…でも、覚えておいてくれ、俺はジュースまではだしていないってことを…(撫でられて落ち着きながら、真摯な瞳で言いながら) -- クルツ 2011-09-28 (水) 01:10:30
      • 滑るっていうのは、その… もっとこう、相手が「やだ、何いってるの この人…」みたいな顔 するときだと、思う……
        あ、はは…ごめんね…?(少なくとも、冗談を言えるぐらいには 皆との距離が縮まってきたということなのだろう)
        うん、ジュースに したのは…アスカ姉だもんね…。
        -- 2011-09-28 (水) 01:14:12
      • (顔を手で覆い隠すと、しくしくと悲しんでいるような声を口でわざとらしくもらし)
        やだ、オレ常にそんな風な目を向けられてる…自分に自信なくなりそうだワ…!!
        あぁ、大丈夫だ茶目っ気だと思って許すが…その代わり、本当に恨むならアスカにしてくれ、んじゃ、俺は行くよ/・・・次からは、もうちょっと手優しい冗談にしてくれよー? -- クルツ 2011-09-28 (水) 01:16:10
      • え、えぇっ…!? 思った以上に、クルツ兄の 扱いが、ひどい…っ(がーん)
        もー、大丈夫だよ……うらんだり、しないもん。 それじゃあ、またね…?(手を振って見送る)
        -- 2011-09-28 (水) 01:18:15
  • ピーマンは良いぞ! 肉詰めにしてよし、チンジャオロースにしてもよし、焼いて醤油をかけてもよし!
    と言う訳で、マティの苦手を克服しようのコーナーです (良い笑顔でかご一杯のピーマンを持ってくる) -- ヴィータ 2011-09-25 (日) 17:41:49
    • ミキサーにかけて、ジュースにする選択肢… は、やっぱりない よね…(バーベキューを思い出してレイプ目になる)
      いらないっ、いらないよ…そんなに! ヴィータ姉は、ピーマン平気 なの…!?(テーブルの下でガタガタ)
      -- 2011-09-25 (日) 18:38:42
      • ピーマン平気って言うか、好物だ! (ばぁーんっ) って、おい、そんな逃げんなって 俺もピーマンも噛み付きやしねえって
        んー… (様子を暫く眺め、傷が薄くなった頬を指で掻く それから) マティ、お前、夕飯は食ったか? -- ヴィータ 2011-09-25 (日) 22:21:11
      • ………!!(好物と言われ、信じられないものを見たような顔)ピーマンが噛み付いてきたら もっとこわい…
        え、これから だけど……(テーブルを挟んで反対側に抜け出しながら)あ、そだ… ヴィータ姉…これ、あげる。
        (引き出しをがさごそすると、1枚の絵を差し出し)
        -- 2011-09-25 (日) 22:26:06
      • でも、お前が食べないと、「変わりに食ってやるー!」って襲ってくるかもなー…?! (がおー、と子供を脅かす仕草をして)
        うん? (渡されたそれを眺めれば目を瞬かせ、それから、照れ臭そうに笑った) これ、俺か? こんな格好いいかなぁ…
        …へへ (暫く眺めてから、照れ臭そうに微笑み、マティアスの頭を撫でる) 有難うな、大事にする (パーカーのチャックを下ろし、胸のポケットにそれを納める)
        そっか、そんじゃー… こんな良いもの貰ったし、御礼でもしようかね (首をかしげ) 俺も飯まだなんだ 買い物帰り (籠以外の手荷物を見せ) 夕飯、作ってやろうか -- ヴィータ 2011-09-25 (日) 22:31:44
      • ひっ…! でも、怪物と そんな…変わらないかも…(冒険の時を思い出すと、似たような経験だらけだった)
        あ、あんまり 似せられなくて…ごめんね …けっこう、かっこいいイメージだけど ヴィータ姉って…(他人を描くのは苦手、と呟き)
        んぅ……(撫でられると、困ったような恥ずかしいような顔)ふぇ、ヴィータ姉の作る夕食? どんなのだろ…食べてみたい。
        あ、うちにある 食材も…好きに使って、いいよ?(割と整頓されたキッチン 普段から使ってはいるらしく、使用頻度の高いものは手近な場所に置いてある)
        -- 2011-09-25 (日) 22:37:58
      • マモノガ大丈夫で、ピーマンが怖いってのも変な話だな、ええ、マティ? (からかうように笑って)
        十分似てるし、謝る必要が無いくらい良い出来だと思うぜ? …まぁ、出来に納得が行かないなら、何度でも書き直してくれて良いぜ? なんてな
        へぇ、あれ、マティも自炊してんのか? 偉いじゃん (キッチンに入りパーカーを脱ぐ 腰に袖で結び付けてから) エプロン借りて良い? -- ヴィータ 2011-09-25 (日) 23:01:33
      • 怪物は…憎い。 けど、ピーマンは…苦くて、まずい……。(ふるふる)
        んー、他のひとも 描いてみたいから…余裕が、できたら… その時にでも。
        父さんと、母さん…死んじゃってからは、ぼくが 兄さんの分も作ってたんだよ? えっ、あ…うん……いい、けど…(なんとも歯切れの悪い返答 愛用のエプロンは…ピンクのうさぎさん柄だった)
        -- 2011-09-25 (日) 23:07:10
      • 痛覚より味覚か…ま、判る気はするけどな …ん、冗談だぜ? まぁでも、描いたら色々見せてくれよ お前の絵、可愛くて好きだぜ、俺ァ
        へぇー、意外な特技だな (眉を上げて、偉いな、と一言褒めてから) …こりゃあー… ははっ、可愛らしいな (思わず笑うが、すぐに、馬鹿にしたわけじゃないぜ、とフォローして)
        (帽子を取ってテーブルに置く こぼれた長い金髪を、髪留めで一つにくくるポニーテール エプロンをつけて手を洗えば、料理のしたく)
        とりあえず、俺の買ってきた材料とー…えー… 材料はー、と …マティ ハンバーグ、好きか? -- ヴィータ 2011-09-25 (日) 23:11:31
      • ヴィータ姉も、ピーマン100%ジュースを 飲んでみると、考えが 変わるかも…だよ(死んだような目で)あ、ありがと…がんばって、みる…!
        む、昔から使ってる やつだからっ……どうせ、誰も見ないと 思って 買い換えて…なかったの…。
        …ヴィータ姉が、帽子とるの 初めてみたかも……。(意外と長い髪なんだなぁ、と思いつつ眺め)うん、ハンバーグは すき…ちょうど、ヒュー兄に 肉食べろって いわれてたし…いいかも。
        -- 2011-09-25 (日) 23:16:41
      • それはその、まず、素材の味がどうのとか言う前に…美味い物を不味く食べてるんだから、嫌いになるのは仕方ねえやな…
        ぷっはは、いや、別に責めちゃいねえよ 可愛いのも良いんじゃねえの、マティなら似合うし とは言えー…俺には、ちょいと似合わんかな? (胸に押し上げられた柄を指でなぞり、少し笑って)
        ああ、初めて見せるな …最近は、ちょいと心境の変化があってね (少し照れ臭そうに笑ってから、よっしゃ、と頷いて) メインはハンバーグだな キッチン借りるぜ
        (すぐ出来るよ、と声をかけてから、手際よく料理を始める 野菜を洗い、刻み、肉を潰し、混ぜる 種を作れば塩コショウを振り、混ぜる…)
        なぁ、マティ お前、今年で何歳になるっけ? どうだ、冒険にはなれたか? -- ヴィータ 2011-09-25 (日) 23:31:44
      • ぼくの、知る限り…最悪の、食べ方 だったと思う……(げっそり)ヴィータ姉のが、似合うと思うけど…女の子だし… 今の髪型なら、いけるよ…!
        心境の、変化……? 帽子は、ハゲやすい とか、誰かに言われた…とか…?(以前、兄がヴィータの帽子はハゲを隠しているからだ、と大嘘ついて殴られたのを思い出した)
        えっと、今年で… 13、だよ?  いちおう、槌の使い方も…わかって、きた…。
        -- 2011-09-25 (日) 23:39:18
      • 誰だそんな、食い物粗末にする奴は… って、マティから女の子扱いされるとは思わなかったな (顔を上げ、からかうような目) いっちょまえ、生意気ィ
        ハゲは関係ねーだろハゲはよーっ …違うよ、ま、ちょいとな (包丁の柄でこめかみを掻き、照れ臭そうに笑って見せる 化粧もしているのか、表情がどこか柔らかく見えた)
        13か、伸び盛りだな …アレだよな、お前、似合わない武器使ってるよなぁ 二年も三年も使ってりゃ、筋力も付いて来たろ -- ヴィータ 2011-09-25 (日) 23:43:23
      • クルツ兄と、アスカ姉…だよ、うん。 えぇっ、だって…ぼくも みんなから男扱い、されてないし……。(割と気にしてたとか)
        特に、夏は…蒸れやすいから 頭皮に、よくないよ……って、違うんだ…。(イメチェンだろうか?と横顔を見つつ)
        少しは、背も 伸びたし…前よりは 筋肉ついた、かな…? ぼくに、似合う武器って…むしろ なに…?(自分でも想像つかないのだ)
        -- 2011-09-25 (日) 23:51:47
      • クルツ兄は後で蹴っておく (野菜を刻みながら眉を寄せ、またあの馬鹿兄が、と) 食べ物を粗末にする奴はいかんな
        男扱いって言うか、ほら、マティはまだ子供だしな まだ暫くはそうだろうけど、その内背も伸びて、一人前の扱いもされるさ
        俺よりも背が高くなって、俺よりも力も強くなって、な (少し眉を下げて笑う) 俺はもう、背は止まっちまったし、未来があるお前が羨ましいよ
        んー、まず、マティに武器は似合わないけどな しいて言うなら、剣とか? (首を傾げながら、) あ、ごめん、テーブルの用意頼むわ (ハンバーグの種を手で叩きながら) -- ヴィータ 2011-09-26 (月) 00:00:52
      • や、ぼくが 全部飲んだから…いいよっ!? なんか最近、クルツ兄 扱いが、かわいそうだし…。
        …うん、分かっては いるんだけど。 それが、なんか最近……やなんだ。 兄さんみたいになれば、そうなれるかなって…思ったけど、それも違くて…。
        ヴィータ姉……(垣間見えた本音に、どう声をかければいいのか迷い)…心境の変化って、それのこと なのかな…?
        兄さんの使ってた剣、あったら 持っていきたかったけど…今頃、どっかで 錆びちゃってるとおもう…(テーブルに食器類を並べながら)
        -- 2011-09-26 (月) 00:07:06
      • ま、お調子者だからな、クルツ兄は まだマティの方が落ち着いてら …あれさえなきゃ、良い奴なんだけどな、クルツ兄
        …へえ (兄さんみたいに、と兄を無条件で目標にしてた少年からの言葉に、少し目を瞬かせて それから、微笑む) 成長してるな、やっぱり
        お前はマイルズじゃない あいつを目指しても、大人にゃなれんさ …違う、と思う負けん気は、良い事だと思うぜ
        んー…まぁ、な (少し笑う テーブルの用意をするマティを眺めながら、ハンバーグにタネを練りこみ) 身体も俺はもう女だし、男の真似ばっかしててもな、ってさ
        そっか …ま、今使ってるのが手に馴染んでるなら、似合うに合わないは後から付いて来るかね (フライパンに脂を敷き、ハンバーグを焼き始める 焦げ目をつけたら水を入れ、蓋をした) -- ヴィータ 2011-09-26 (月) 00:15:08
      • ぼくも、同感……変ないたずら、しなければ いい人なのに…ちょっと 勿体無いかも。
        セラ姉にも言われたんだ もっと、自分らしくした方が…いいんじゃないか、って。 考えてみてはいるけど、答えが でなくって…なんか、くやしい。
        もし、ヴィータ姉が それでいいなら…けっこう、似合ってると 思うよ、女の子らしく、するのも。 …そういうのが、自分らしさ なのかな?(首をかしげ)
        ……美味しそうなにおいが、してきた…(コップに水を入れ、フォークとか用意しつつ)
        -- 2011-09-26 (月) 00:22:11
      • アレで、彼女居ないこと悩んでるってんだからー…なんと言うか、まだまだガキだよな、クルツ兄 (年上の幼馴染ノ顔を思い出し、小さく笑う)
        答えなんかでやしねえさ、そう簡単にはな …自分らしさ、なんて、俺も今探してる真っ最中だ (笑いかけ、首を傾げる 長い髪が柔らかく揺れた)
        ん、ありがと、マティ (女らしい姿を褒められれば、少し頬を染める 年下には、あまり見せない照れた顔) 俺もマティと同じ 手探りだよ
        マティは目玉焼き好きか? ハンバーグに乗せてやるぞ (サラダを作りながら声をかける 先にサラダやパンをテーブルに持ってくる) -- ヴィータ 2011-09-26 (月) 00:29:57
      • そ、そんな悩みが あったんだ……意外と、簡単に 解決しそうなのに…ね。
        んー、ヴィータ姉が 今悩んでること、ぼくの歳で 考えても、難しいの…当然かな。 でも、考えるのは 諦めたくない…
        ぜんぜん、共通点なんて ないって…思ってたけど、変なとこで 似てるんだね、ヴィータ姉と……って、いったら 怒られるかな
        わ、月見ハンバーグ…? 自分では、作ったことないから…楽しみ。(わくわくしながら椅子に座り)
        -- 2011-09-26 (月) 21:15:07
      • 持ってる奴ってのは、それに気づかないもんさ 羨ましいね (肩を竦める スープをどうしようか悩み、今日は省略することにした)
        それで良いと思うぜ 俺も見つかってない身分で偉そうにゃ言え無いが、それ以外に見つける方法は無いだろうよ
        (キッチンの方から視線を投げ、軽く笑う) 先に見つけたら、俺にも教えてくれ
        はは、生意気言ってらぁ (怒らずに微笑む女の横顔は、どこか楽しげ 流行の歌を口ずさみながら料理する姿は、喧嘩の時とは違う表情)
        よーし、出来たぞ (フライパンの蓋を開ければ湯気が昇る 遅れて、マティの鼻をくすぐる肉のよい香り 先にそれを皿に盛ってマティの前に置き)
        (もう少しだけキッチンに篭り、フライパンごと持って来れば) ほら、オマケだ (フライ返しに乗せて、ハンバーグの上に盛る ぷるぷるの目玉焼き!) 出来上がり、ってな -- ヴィータ 2011-09-26 (月) 21:40:53
      • なんて、いうか……その、自分のことって 自分がいちばん、よく分からないのかも……?
        うん、それまでは… がんばって、悩んでいこう…? …なんか変な表現 だけど(つられて笑い、頷いた)
        だ、だって…今まで見てきた ヴィータ姉って、ぼくと 正反対みたいな、存在だったし…(そもそも一緒に食事をする機会も、一生ないだろうと思っていたのだった)
        わぁ、すごいや……ヴィータ姉も、自炊するようになって 長いの…?(見事な出来栄えに感心しつつ、フォークを手にとる)じゃあ、じゃあ…はやく たべよっ!
        -- 2011-09-26 (月) 21:48:37
      • そう言うもんかね 確かに (何か思い出したかのように料理の手を止め、斜め上を眺める それから、少しだけ口元に苦い笑み)
        はは、ああ、そだな 悩んでいこうぜ、マティ (二人とも昔よりも少し大人になっていた その事で、距離は少し縮まっていた)
        正反対なぁ…はは、ガキ大将といじめられっこ? 前のままなら、こうやって家に来る事も、飯作ってやる事も無かったな そう考えると、変な感じだ
        ああ、そだな、親父が死ぬ前から一応作ってはいたしー…5,6年か? ま、こり始めたのはここ一年だけど 目玉焼きは昔から得意だぜ (向かいの席に座り、フォークを取る)
        そんな慌てないでも逃げやしないって、マティ ああ、召し上がれ (優しく微笑み、ハンバーグにナイフ 肉汁が染み出て、皿を汚す) 火の通りも丁度いいかな? -- ヴィータ 2011-09-26 (月) 22:06:37
      • ……だいじょぶ、ヴィータ姉…?(何かまずい部分を突いてしまったかと、不安げな顔になる)
        ただ、悩みすぎると 頭がつかれちゃうから……ほどほどに、だね… たまに、思うよ……これって、全部 夢なんじゃないかなって…。(兄の死に始まり、日常からかけ離れた事が多すぎた)
        うぅっ……自炊歴は、ヴィータ姉のが 上だった…(どうりで、と納得しながら)逃げるハンバーグに、噛み付くピーマン…やっぱり、怖い。 …いただきまぁす。
        (はむ 一口サイズに切り分けて口に運ぶ)……うん、ぼくがやると 固めになっちゃうとこが ちょうどよく、柔らかくて…ソースの味付けも、ちがうね…?(適度な弾力に、口元が緩む)
        -- 2011-09-26 (月) 22:16:46
      • ん、ああ、大丈夫 ごめん、気にすんなよマティ (慌てて目を瞬かせれば、軽く笑ってエプロンを脱いだ)
        おいおい、そうなると、俺の今のこの手料理も夢って事になるぜ? 鼻でも抓んで痛いかどうか試してみようか (重くなるマティに軽く言って笑って見せる)
        年がまず上だしな 実際始めたのはマティ位の時だし、俺位になった時は、今の俺より上手いさ (髪を纏めていたゴムをとき、邪魔にならないように軽く編んで背に流した)
        コツは、弱火でじっくりってのと、水を入れて蓋をするところかな ただ焼くよりも水を吸うけど、その分ジューシーで柔らかい ソースには隠し味で、ちょいとな (秘密だ、と笑いながらサラダを口に運ぶ)
        どうだ、美味いか? (少し首をかしげ、マティを眺める 表情を見れば、こちらも優しく笑った) -- ヴィータ 2011-09-26 (月) 22:47:27
      • や、やめてよ…そういう時、普通は ほっぺただよ…!? …そっか、現実 なんだ……。(目を伏せ、小さく呟いた)
        ぼく、ヴィータ姉は ずっと外食で済ませてるイメージ だった……皆の、知らない部分 沢山あるなぁ…(髪の長さも含めて)
        水の量が、少なかったのかな それとも、蓋かな……ぼくも、研究 してみる…。 ソースの、味は 人それぞれで、違うよね…好みとかも。
        うん、ありきたりな 言葉になっちゃうけど…美味しい。 外食以外で、誰かの料理を食べたの 久しぶりで… なんだか、新鮮なかんじ。 目玉焼きも、合うし…(もぐもぐ)
        -- 2011-09-26 (月) 22:57:10
      • 現実だよ …辛いのも、楽しいのもな (笑ったような表情でそう言った) だから、そんな顔すんな
        今だったらそうできるかも知れねえけど、冒険はじめは金も無かったしな 親父が生きてる時は、そんな無駄するなら親父の酒代に回してたし …お前も、俺が知らない所はあるだろ? そういうもんさ
        ああ、研究してみろ んで、俺にご馳走して (パンをちぎって食べれば、上等上等、と笑った) 俺も、最近、人が作った飯って食べてないし
        (美味しいと言われれば、お粗末様、なんて返して) じゃあ、こうやって誰かと家で食べるのも? …なんか、俺で良かったのかって心配になるな -- ヴィータ 2011-09-26 (月) 23:18:41
      • なんか、ね……ぼくが、現実だって認めちゃったら 兄さんが…本当に死んじゃった ことまで、認めるみたいで……やだったの。 でも、今は…うん、だいじょぶ……。
        みんなと、話すようになって そういう知らなかった部分…いっぱい見えてきて。 辛いの、自分だけじゃない…って、気づいた よ。
        じゃあ、今度は…ぼくが ご馳走する番、だね。 フェノせんせに、ご馳走する 約束してたんだけど……もう、無理 かな…。(少しさびしそうな顔をして、サラダにありつく)
        うん、大抵…ひとりでご飯、だから。 だめな、理由…あるの?(きょとん)今度、セラ姉も ご馳走してくれるし……一緒にごはん、楽しいよ?
        -- 2011-09-26 (月) 23:28:40
      • (大丈夫、と頷く少年を見る目は優しく そして、少しだけ笑って) 強くなったな、マティ (手を伸ばし、その頭をわしわしと撫でた)
        フタ姉は産休だしな また戻ってくる頃には、ちっこいの連れてるだろうさ その時は、おちびさんにも一緒にご馳走してやればいい
        んー? …いや、なんかこう、な 昔ほれ、いじめてた身分だし (頭を掻いて苦笑して、良いなら良いんだ、と そして、二人が食べ終わる頃には、沸いたお湯でお茶を入れて出す女)
        ハンバーグ、美味かったか? (首を傾げて尋ねてから、机の上に一つ置いたもの ピーマン一つ) さて問題 これはどこに使われてたでしょう -- ヴィータ 2011-09-26 (月) 23:46:16
      • そうでなきゃ、兄さんが…安心してくれない もんね……って、そんなに 撫でないでよー…(くしゃくしゃになりつつ)
        そ、そうだ よね……。(彼女の腹に触れてみたことがあるが、かなりの月数だったのに 動く気配もなかったことは、言い出せなかった)
        …んー、じゃあ いじめられた分、ぼくが 殴れば…チャラになる?(少し冗談めかして)…こうやって、普通に 接してくれるのが、いちばん…埋め合わせになってると 思うよ…?
        うんっ、美味しかっ……えぇぇ!!?  なな、な…なんでピーマン……? えと、えー……サラダ?
        -- 2011-09-26 (月) 23:54:38
      • そう言う事 生きてるお前がしっかりしないと、心残りで生まれ変われないぜ? はは、良いじゃん、褒めてんだぜ (くしゃくしゃぽんぽん)
        そうさ (こちらは少し膨らみかけ程度だったので、異常には気付かないで楽天的に構えていた 本当に異常があったのかも、判らないまま)
        そんな勇気はまだ無いだろ? 殴れる位気が強くなるのを楽しみにしてるさ (にや、と笑い返して) そっか なら、またこうやって作りに来てやるよ
        …んー、違う、違うなぁ (ニヤニヤと意地悪く笑いながら、人形遊びのようにテーブルの上、ピーマンを進める それは、ハンバーグの皿の横) これが答えさ 気付かなかったろ -- ヴィータ 2011-09-27 (火) 00:15:59
      • げ、げんこつよりは いいけど……こういうの、恥ずかしいし…。
        う……確かに、ないけど 女の子に手を上げるのも、やっぱり アウトだよ…(首を横に振る)ん、楽しみに してるね…?
        って、いうことは… ハンバーグの、中?(そんな味がしただろうか、と思い返すも 心当たりはない)……ほ、ほんとにほんと…!?
        -- 2011-09-27 (火) 00:22:48
      • あっはっは、だろうな 俺もやられたら恥かしい (でももう一度撫でて、手を離す) ま、年下は大人しく撫でられれ
        へぇ、生意気にいっちょまえなオトコノコな事言って (だが、それで良い、と笑った)
        こんな嘘はつかないさ 細かく切って、ソースと一緒に煮込んで柔らかくして それからしっかり練りこむ 大体それに一個分は入ってるんじゃないかな? もうちょい少ないかも
        これ、親父にも食わせたんだ 親父もピーマン苦手だったけど、美味い美味いって二つも三つも食ってさ マティも、気付かなかったみたいだな (どやぁ)
        それが食えたんだし、食えないわけじゃない これからじっくり練習、だな -- ヴィータ 2011-09-27 (火) 00:36:25
      • むー… ずるい。(いまいち納得できない理屈に頬を膨らませ)1個はいってたら、流石に 気づく…と思う… 全然、わかんなかった…
        わかりやすい形で、食べるのは できなくっても…こういう形でなら もう何ともない…?(お茶を啜りながら)
        -- 2011-09-27 (火) 20:40:03
      • でも、怖くは無くなったろ? ピーマンも今じゃお前のお腹の中さ (俺の方にちょっと多く入ったかな、とか、自分のお腹を撫で)
        まずはそっからさ 次は細切り、最後は肉詰め 結構美味いもんだぞ、ピーマン 大人になれば判る!
        よし、そんじゃ、今日はそろそろ帰るぜ 今度は、お前の手料理が食いたいな、マティ? (ちゃんと食器を洗うところまでやって帰った) -- ヴィータ 2011-09-28 (水) 00:27:00
      • で、できるかな…肉詰めまで ぼくが、食べられるように なるのかな…?(それは、冒険において巨大怪物を討伐するのにも似た感覚であった)
        こんな、しっかりした 料理…出されてからじゃ、自信ないけど… そのうち、ごちそうするね…?
        って、洗うのは いいよっ ぼくが、やるから……!(久々に家事から解放され、かえって落ち着かない様子だったとか)
        -- 2011-09-28 (水) 00:40:11
    • ハァイマティアス、ピーマンは縦に切ると青臭さと苦味が出るけれど、横に切るとそんなに苦くならないのよ。
      でもシャキシャキ感が出るのは縦切りだから用途に応じて使い分けるのが吉ね。 -- セラフィーナ 2011-09-25 (日) 23:33:30
      • (変なところに枝を生やしてしまって焦りつつもこれも美味しいかもと思ってそのままにしておくエルフ) -- セラフィーナ 2011-09-25 (日) 23:34:42
      • セラ姉、なんでそんな 唐突なとこに…!? 切り方しだいで、味も 変わるんだ……?
        今度、試してみようかな…… と、そうだ…この前のコチュジャン 今度すこし、分けてもらえる かな…?
        -- 2011-09-25 (日) 23:41:18
      • (気まずそうな表情)…うん、気にしないで。例えばチンジャオロースーの場合なんかは食感重視で縦切りよね。シャキシャキで苦いわよね?
        でもミックスピザに乗ってる輪切りピーマンってほとんど味がしないでしょう?
        ああ、アレね? いいわよ、大き目の甕で買ってあるからいつでも取りに来なさいな。辛党仲間が見つかってアタシも嬉しいわ。 -- セラフィーナ 2011-09-25 (日) 23:47:26
      • ご、ごめんね…(気まずそうな表情を見て)あぁ、いわれてみれば…! ピザのピーマンは、平気…(ぽん、と両手を叩き)
        けど、セラ姉のつくってた タレは…辛すぎるよぅ 真っ赤だった……(思い出して苦笑い)
        -- 2011-09-25 (日) 23:54:14
      • い、いいのよ、アタシが原因だし…  …でしょう?調理法次第で苦手なものでも食べられるものよ。
        ふふ…あれくらい辛い方がアタシは好みなのよ。でも、そうね…少々抑えた程度でいいなら…いつでもご馳走するわよ、辛めの料理。(そう言ってにっこり微笑む) -- セラフィーナ 2011-09-26 (月) 00:03:53
      • も、もしかして ぼく…今、弱点を 克服しちゃったの、かな……!?(テンションあがってくるちっこいの)
        あのコチュジャンの味は、好き…あそこまで、辛くなければ…。 わぁ、セラ姉の料理も食べられるんだ…!ほんとに、いいの…!?
        -- 2011-09-26 (月) 00:09:28
      • ふふ、そうかもしれないわね? そうやって徐々に慣らしていって、苦いのもちゃんと食べられるようになれば完璧よ。(なでなで)
        食べた後は歯を磨かないとニンニク臭いけれどね? ええ、いつでもいいわよ、食べに来るといいわ。
        それじゃ…変なところで長話もなんだし、アタシはこれで。 美味しいメニュー、考えておくわね。(もう一度頭を撫でてから帰っていった) -- セラフィーナ 2011-09-26 (月) 00:30:19
      • (今気付いて、そっと中田笑い) -- ヴィータ 2011-09-26 (月) 00:30:46
      • まずは、輪切りピーマンで 少しずつ…慣らしていく、つもり…(撫でる手に、安心感を覚えつつも それが気恥ずかしく思う自分がいて、複雑な心境)
        うー…歯磨きセット持参で、いくことにするよ… 息臭いの、迷惑に なっちゃうもんね。 それじゃあ、またね…セラ姉
        -- 2011-09-26 (月) 21:18:52
  • (兄とのあれこれを思い出してもぞもぞ -- 2011-09-24 (土) 21:14:53
    • んぅ…汗、かいちゃった…。 お風呂、はいってこよ……(ふらふら) -- 2011-09-24 (土) 22:32:25
      • (湯上りほかほかで就寝) -- 2011-09-24 (土) 23:40:41
  • …ふぅ、お掃除 おしまい。 -- 2011-09-22 (木) 20:05:37
    • フェノせんせ…いなくなっちゃった…(くすん) -- 2011-09-22 (木) 21:07:49
  •  
  •  
  •  
  •  
  • (今更配ってなかったことに気が付き頭を下げてトリュフチョコを持ってくる) -- アリサ 2011-09-21 (水) 23:30:12
    • き、気にしないで…! 人数、多いし…みんなに配るの、大変なのは わかるから…
      アリサ姉も、あんまり 無理しないようにね…? チョコ、ありがとう…
      -- 2011-09-21 (水) 23:36:07
  • つかれたぁ……お返しは、来月で いいよね……>http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst074817.png -- 2011-09-21 (水) 21:12:36
    • お疲れさん……所で今更なんだけどその首の錠前ナニ? ファッション? -- 春真 2011-09-21 (水) 21:14:20
      • ハル兄がはじめてだよ、これ 聞いたの… これはね…(ぼくが)兄さんのもの(所有物的な意味で)、だから。 つけてるの… -- 2011-09-21 (水) 21:16:46
      • なんか違和感無くて聞くタイミングを逸したというか……似合ってると言うk は?
        (超思考停止)にいさんのもの? -- 春真 2011-09-21 (水) 21:18:34
      • 一応、首を狙われたとき 防具にも、なるよ… う、うん、お守り代わり…(さらっと秘密を喋りそうになったので慌てて誤魔化す) -- 2011-09-21 (水) 21:21:00
      • あ、あーあーあー。形見とかそういう。ごめん何か変な事想像したわ(スゲェ安心した表情) -- 春真 2011-09-21 (水) 21:21:47
      • 変なって、ど…どんな…?(表情引きつらせながら) -- 2011-09-21 (水) 21:24:57
      • え、あ、その……お前がにいさ、マイルズの所有物だったのかな、的な……? -- 春真 2011-09-21 (水) 22:59:24
      • っ……!!(いろいろ思い出して真っ赤になる)…は、ハル兄 ぼくは、物じゃないよ……!(ぶんぶん首振って) -- 2011-09-21 (水) 23:04:41
      • わ、わーってるわーってる! だから変な想像だっつったろ!? ごめんって!?
        いや、まぁそりゃ怒るか……ごめんな?(長身を折って頭を下げた) -- 春真 2011-09-21 (水) 23:05:42
      • …ハル兄のえっち。(むすー)でも、怒ってないから そんなに、気にしないで…?(図星だし、というのは言わないでおく) -- 2011-09-21 (水) 23:14:02
      • 何か最近さぁ……俺は男をそういう目で見る生き物なんじゃねぇのかって思えてきて辛いんよ……(げっそり) -- 春真 2011-09-21 (水) 23:16:39
      • (割と深刻そうな様子に気づき)んと、みんなが そうやって、からかうから…そう思っちゃうだけ、なんじゃないかな…
        ぼく、そうやって…人に、レッテル貼りして 楽しむの…好きじゃ、ないよ。
        もし、その……だれかを、ほんとに好きになったら そういう目で、見ちゃうかもだけど 性別だけで、区切ってるなら…たぶん、気のせい
        -- 2011-09-21 (水) 23:21:14
      • ……マティアスは本当にイイ奴だなぁ!!(思わず抱擁に走る俺) -- 春真 2011-09-21 (水) 23:22:25
      • ひゃぁぁ!?(あれこれ思い出した後なので妙に恥ずかしがりつつ)…ぼくも、泣き虫だの 弱虫だの、さんざん 言われたし…。
        そういうこと、されると どんな気持ちかは、わかる…つもり。 でもね、ハル兄……こういうのが、誤解を生む原因じゃ ないかな…!?
        -- 2011-09-21 (水) 23:27:31
      • おっと(身体を離して)…でも今はンな事言う奴いねえだろ? ヴィータだってお前の事褒めてたぜ?
        ……はい。注意します…… -- 春真 2011-09-21 (水) 23:29:08
      • うーん…面と向かって、言うひとは いないけど… えぇっ!?ヴィータ姉の評価が ぼくには、わかんない…(なぜそんな事に!?と)
        でも、ぼくは…誰かにぎゅーって してもらうの、好き。 一人じゃないって、実感 できるもん…
        -- 2011-09-21 (水) 23:34:30
      • まだガキなのに兄貴の仇討ちしようと冒険者ンなるなんて、大した奴だ、ってさ。俺も同感。ただ無理だけはすんなよ?
        ……成長後とんだスケコマシになりそうな気がしてきたがまぁ、うん。抱き合うってのはいいな。体温伝え合うって事だしな。さって、んじゃ俺はこの辺で。またなマティアス -- 春真 2011-09-21 (水) 23:39:46
      • だって…兄さんだけ、遠くにいったまま 父さんや母さんのそばに居られないなんて、かわいそうだよ…。 あ、ありがとう…気をつけて、みるね
        すけこま…何?(きょとーん)暑い季節は、やだけど こうやって寒いと…ちょっと嬉しい、よね。 うん、またね…ハル兄。
        -- 2011-09-21 (水) 23:46:08
  • (綺麗なお姉さんがポストにチョコレートケーキとメッセージカードを突っ込んで去る)
    (カードには少しは背が伸びた?と書かれてある) -- 2011-09-21 (水) 00:40:18
    • ん……誰だろ、あのひと…?(首を傾げつつ、メッセージカードの内容から 知った顔なのだろうとは推測できた)
      ちょ、ちょっとは伸びてるはず……だよね…。(1センチくらいは伸びたかも、しれない)
      -- 2011-09-21 (水) 21:03:28
  • (黒と白、二つの箱を持ってくる 下一桁が奇数なら黒のローゼ手作りのモザイクがかかって見るからにヤバそうなチョコ、偶数なら白の箱 ミスティ手作りの絶品フォンダンショコラ
    0かぞろ目なら両方だが、ローゼの手作りが ホットチョコレートなので無害……かもしれない -- ローテローゼ 2011-09-21 (水) 00:23:43
    • んと、どっちなのかな…貰えるのって… -- 2011-09-21 (水) 20:59:49
      • ………。(黒い箱の中身を見て血の気が引いていくの図)あ、えと……その、どうもありがとう ローゼ姉…。
        あ、あとで 食べ……た、たべてみるねっ 今、ちょっとおなかいっぱいで…!
        -- 2011-09-21 (水) 21:01:51
  • お疲れ。…………うん、まあ次があるさ。もっと良い物が手に入るだろうから、そう気を落とすな。な? -- ガジェニ 2011-09-20 (火) 23:49:51
    • なんだか、ガジェ兄と同行した時って 鈍器が出る率、たかいよ… もらえない率も、たかいけど…(ずーん)
      でも、でもっ 斧はこないだ、もらえたから…諦めなければ そのうち…。
      -- 2011-09-21 (水) 20:58:23
  • しばらく一緒になったかと思えばここのところはくまなくなったなぁ、去年は多分一番同行したと思うんじゃが。年が開けて何か変わったのかのう
    ところで例の草貰ったはいいがどう使えばよいかなかなか思いつかんなアレ…あちらの地方の薬を作ったところで仕方がないしのう。(ナッツチョコ渡しつつ) -- クンネ 2011-09-20 (火) 21:57:30
    • クン姉とはよく、同行してたよね… 一緒なら、怪我も心配いらない…って、思ってたのに。
      方針…ぼくはまったく弄って、ないよ…? あ、うぅ…やっぱり、ダメだったかな…石ころと調合して、素材玉に とか…。
      次からは、普通なのを持ってくようにするね… ありがと、冒険中のおやつにするよ(チョコを受け取りながら)
      -- 2011-09-21 (水) 20:56:28
  • どこに行くにも久々が付いて回って、どうもにっちもさっちも行かない感じだよ…(ぶつぶつ)
    ああ、マティアスちょうどいいところに。ハッピーバレンタインって奴だよ、どーぞ。(ラムが香るクッキーの包みを手渡す) -- スアラ 2011-09-20 (火) 21:03:03
    • ぼくみたいに、ずっと…街に居た人のが、少ないみたい… だね。
      どうも、ありがと…スアラ姉も、暫く街 離れてたのかな…? いい匂い…(袋から漏れる香りに、鼻を近づけ)
      -- 2011-09-21 (水) 20:52:47
  • バレンタインの贈物が届いた!何やら黒いお菓子が3本入った袋に手紙が添えられており、手紙の内容はわざとこてこての東洋風に書いてあった
    謹賀幕恋多印。之即ち薩摩国にて流行し黒棒なり。尚、此れは義理に候…悪しからず
    そう言えばマティの家には遊びに行った事ないね。今度行っていいかな?     風間命」
    -- ミコト 2011-09-20 (火) 20:43:17
    • むぅ、幕恋多印…聞いたことが ある…(知っているのか雷電 と誰も言わないので民明書房におけるバレンタインの起源は語られることはなかった)
      変わったお菓子…だね、チョコじゃないみたい だけど…?(もぐもぐ)…んん、ミコト姉も…直接持ってきて、いいのに…。
      今度、お返しもってく時に 来ていいよって、言ってみよう…
      -- 2011-09-20 (火) 20:49:50
  • (シロップで戻したドライフルーツ入りの一口チョコを沢山詰めた袋を、少女らしくリボンとラメでラッピングしてある)
    マティアス、これ。バレンタイン…これからも、公園であったらよろしく。
    -- セイ 2011-09-20 (火) 17:57:16
    • わぁ、ありがと…セイ姉 これ、すっごく美味しそう……(中身入りチョコは好物の類なのだ)
      今、少ししか 出歩けなくて…公園、全然いけてないけど 復帰したら…また、遊びにいってみるね…?
      -- 2011-09-20 (火) 19:09:23
  • 「親方!空から男の子が!」(空に開いた穴から落下してくるラウリィ) -- ラウリィ 2011-09-20 (火) 16:52:17
    • あぁっ、ラウ兄が……飛行石でも身につけてそうな 感じに…!?(とりあえずキャッチできるかどうか試みる) -- 2011-09-20 (火) 19:07:48
      • ズドーン(思いのほか速く落ちてきていたようだ、地面に人型の穴が開く) -- ラウリィ 2011-09-20 (火) 19:11:07
      • (差し伸べた手は虚しく空を切り…)………あ。(どの道受け止めようとしても大惨事だったのはさておき)
        ラウ兄ー!! えっと、えっと…こういうときは……!(するすると人型の穴へロープを下ろす、端は近くの木の幹に結んでおいた)い、いきてるー…?
        -- 2011-09-20 (火) 19:14:17
      • (穴の中から出てくる女神らしき人、ぐったりしたラウリィと金色に光る玉をそれぞれの手に持っている)
        あなたが落としたのはこの人物ですか、それともこの金の玉ですか? -- 2011-09-20 (火) 19:19:06
      • も、もしや あなたは……!(ゾロ…と言い掛けて口をつぐむ)……よかった、金と銀と普通のラウ兄が出てくるんじゃなくて…(ほっ)
        はーい、落としたのは そっちのラウ兄です… ぼくが落としたことに、なるのかな これって…?(なんだか混乱しつつも童話の通り、正直に答える)
        -- 2011-09-20 (火) 19:21:45
      • こちらの人物ですか…重いわ!(ラウリィを投げつけてくる女神らしきひと)
        全く変な玉は落ちてきて頭は痛いわおまけに人まで降って来て潰されるわ…(ぶつぶつ言いながら穴に戻って行った) -- 2011-09-20 (火) 19:47:25
      • うん…ぼくも、よく片手で支えられるなって思…むぎゅ!(投げつけられた挙句下敷きになるの図)
        な、なんの女神様だったのかなぁ…… ラウ兄ー…だいじょぶ…? というか、重い……(じたばた)
        -- 2011-09-20 (火) 19:50:20
      • うぐぁ!(ドサッ)ううう…な、なんとか大丈夫さ…ちょっと体の前半分の骨が複雑骨折してるくらいで… -- ラウリィ 2011-09-20 (火) 19:55:15
      • それ、だいじょぶじゃ ないよね…!? フェノせんせに、診てもらわなきゃ……(ずりすり、這い出そうとしながら) -- 2011-09-20 (火) 19:59:35
      • 大丈夫だいじょう…ぶ…(うごかなくなる)
        (どんどん体温が下がっていく) -- ラウリィ 2011-09-20 (火) 20:01:56
      • だめーっ! 寝たら死ぬ、よ…!?(べちべち ビンタしつつ)うわ、わ…どうすればいいの!?
        (とりあえず上着を脱いでラウリィにかけ)こ、こういうときは…やっぱり 助けを呼びに…?
        -- 2011-09-20 (火) 20:06:45
      • (背後よりマティアスの肩に添えられる手、ラウリィが死んだので担当の戦乙女がやってきた…ある程度の魔力など特別な力があれば姿を見ることが出来る)
        (説明するでもなくマティアスをどかすとラウリィの体に剣を突き立てる、するとあれよあれよと言う間にその肉体はチリよりも小さく分解されて) -- 戦乙女 2011-09-20 (火) 20:10:14
      • (これといって特殊な能力もなければ魔力もないので、何が起きているやらサッパリわからず)
        ラウ兄が、消えちゃった……(唖然とするしかなかった)
        -- 2011-09-20 (火) 20:12:52
      • (背後で足元から徐々に再生しているラウリィ)…あぁ、よく死んだ…まさかナル姉の頭からこんな所に放り出されるなんて… -- ラウリィ 2011-09-20 (火) 20:15:08
      • (ぞく…)……な、なななな…… ラウ兄っ…?(背筋が凍るような感覚、しかし聞こえる声に振り返らずにはいられない)
        ご、ごめんラウ兄…! 助けられなかったけど、う…恨まないで 化けて出ないで…!!(槌を構えてガタガタ震えつつ)
        -- 2011-09-20 (火) 20:18:53
      • (手を垂れ下がらせた幽霊ポーズで)う〜ら〜めしや〜
        って違うよ、生き返っただけだよ、はて…マティは俺が復活する所を見るのは初めてだったかな? -- ラウリィ 2011-09-20 (火) 20:22:36
      • わぁぁぁぁぁぁ!!?(逃げ出そうとして足がもつれてすってんころり)
        …え。 生き返ったって……ど、どういうこと…? ラウ兄、人って死んでも…そんな風に、生き返れるもの なの…!?(なんだか妙に希望に満ちた視線だ)
        -- 2011-09-20 (火) 20:26:20
      • うーん…みんながみんな生き返るかどうかは分からないなぁ
        俺の場合母さんが片方神族だった事もあってこんな風になってるんじゃないかな? -- ラウリィ 2011-09-20 (火) 20:29:08
      • そっか……兄さんも、生き返ってくれたら いいのに…(ぽつり、そんなことを呟いて)
        ラウ兄の血筋が、思った以上に すごいんで…驚いちゃった… とにかく、生きてるんなら よかったよ…(上着を拾って、着なおしつつ)
        -- 2011-09-20 (火) 20:35:28
      • なぁに先に死んだって言うならいつか会えるさ、100年もしたら嫌でも会うことになるって!だから今度会うときに恥ずかしくないように生きないとな
        そのおかげか最近は犬になれるようになって…まあ人生いろいろあるってことよー -- ラウリィ 2011-09-20 (火) 20:39:44
      • できれば、もっと早く……会いたいな…。 でも、今会ったら…怒られるよね…(しょぼーん)
        い、犬って……波乱の人生っていう 言葉が、ぴったりだよぉ…
        -- 2011-09-20 (火) 20:43:22
      • 今会いに行く事もできるけど…自分から会いに行ったら会えるか分からないなぁ
        お兄さんが天国に行ったとしよう、自殺したら確定地獄なのでもう二度と会えないのだ!
        いや犬生かもしれん…犬だし -- ラウリィ 2011-09-20 (火) 20:45:18
      • 天国も、地獄も あるのかどうか…ぼくには、わかんないから やっぱり、試してみるわけに…いかないよね。
        ラウ兄、人であることまで 捨て去っちゃ、だめだよ…… でも、犬の姿になったとこは そのうち見てみたいかも
        -- 2011-09-20 (火) 20:52:11
      • 少なくとも俺が行った所にはあったなぁ…天国に行こうとしたら来るなって蹴り落とされて地上に戻ったりとか
        んー…今すぐなるのはちょっと難しいかな…あと2,3時間位したら大丈夫だと思うけど -- ラウリィ 2011-09-20 (火) 20:53:51
  • (忙しそうなので、すれ違い様に頭をぽんと撫でていった 無理はすんなよ、と) -- ヴィータ 2011-09-19 (月) 19:57:54
    • (以前なら身構えるところだが、少し驚くだけにとどまり 小さく笑って頷く)
      もうちょっとの 辛抱…そしたら、いっぱい 遊ぶんだ……
      -- 2011-09-19 (月) 20:01:53
  • うほーい、なんか近所のオジさんみたいな感じで心配する事にしてみた
    マティ、元気かちゃんとご飯食べてるか、仕事で怪我してないか、学校は楽しいか…? -- クルツ 2011-09-18 (日) 19:16:53
    • クルツ兄、そこは…おじさんじゃなく、お兄さんで いいと思うよ…?
      ごはんは、きちんと三食たべてる…みんなのとこ、あんまり 遊びにいけないのが寂しい…。
      え、あれ…学校、ぼく行ってないよ……?(首を傾げ)
      -- 2011-09-19 (月) 19:10:53
      • おお…お…おお…お兄さんって行ってくれるような素直なのはマティ、お前くらいだよ…!
        (なんか感動したみたいでちょっとウルっとしながら)
        あぁ、別に良いさソレはそのうち俺と一緒に遊びにいこうぜー、ははっ
        言葉のアヤみたいなもんだよ、俺もお前位の頃にオヤジが凄い複雑そうな目で俺と一緒に飯食いながら、学校はどうだ…とか、ぼそっと聞いてきたから真似してみた! -- クルツ 2011-09-19 (月) 22:16:46
      • (感動されてこっちも驚き)クルツ兄…何があったのかは、しらないけど 強く生きてね…?(割と本気で心配するの図)
        あ、ほんとに老けちゃったわけじゃ ないんだね…(ほっ)うん、遊びにいくのは 大歓迎…なにして遊ぶのかなぁ?
        お父さんて、なんとなく 話しかけづらいから…会話の糸口を、そうやって探してるの かな…?
        -- 2011-09-20 (火) 07:52:20
      • 大丈夫だよマティ…お前に心配されたお陰で少し生きる希望がわいてきた、お前はやっぱり可愛い奴だなぁ
        何か…俺らだったら悪戯とか変な事しても良いんだけどマティは純情だからなぁ…何か一緒に騒げること…食べ歩き?
        多分そうなんだろうなぁ…今思うと複雑な気分だぜ、っと、まぁお前が元気なら俺はソレでいいんだ、んじゃあまた遊びに来るから行くぜー? -- クルツ 2011-09-20 (火) 20:38:07
  • (花束を手に墓地を訪れる 落ち葉だらけになった周囲を綺麗に片付けてから、花を供え)
    ちょっと…ごたごたしてて、来れなかったけど ぼくは元気だよ…… ごめんね…兄さんは、寂しかった…?
    …一緒にいたころは、どこに居るか すぐわかったのに…… 今は、何にも感じない…わかんないよ…。
    -- 2011-09-18 (日) 07:56:18
    • でも、きっと探してあげる…から 待ってて…。(墓石を撫でるように触れて)
      わかんなくなったこと、だけじゃなくて…わかるように、なってきたことも あるんだ…
      みんなのこと。今まで、話す時は兄さんと 一緒だったけど、ぼく一人で話すと… 違った部分が、みえてくるんだ…。
      -- 2011-09-18 (日) 08:00:21
      • たぶん、その人のいい部分も、わるい部分も… 兄さんは、こういう世界を みてたのかな…?って、最近思う…
        ちょっとだけど、兄さんに近づけた気がして 嬉しかった…… できるなら、また一緒に居たいけれど…無理、だよね…。
        (人前では見せなくなった涙をぽろぽろ零し、暫くそこに留まっていた…)
        -- 2011-09-18 (日) 08:06:13
  • また一緒になるようじゃなマティアス、今度もよろしく頼むぞ。(なでりなでり)
    それと、何時も野菜を貰っておるしの、こっちは茸を採ってきたんで食うと良い…しかし主の畑、例の実とかもなるような畑だったんじゃな… -- クンネ 2011-09-16 (金) 23:20:32
    • クン姉とは、よく一緒に なるみたいだね…来月も、だよ?(目を細めつつ)
      わぁ、もらって いいの…? 種が風で飛んで…きたみたい… そのうち、龍殺しの実とかも…できるかも…?
      -- 2011-09-18 (日) 07:08:33
  • 狼退治お疲れさまでしたマティアス様、また御同行する機会がありましたならよろしくお願いいたします(泡の中で頭を下げる) -- ラララ 2011-09-16 (金) 08:08:26
    • あ、うん…お疲れ様、でした…(つい口調につられて丁寧語になりつつ頭を下げる)…そ、そんな様づけなんて…されたのはじめて。
      しばらくは、方針このまま…だから また、組めるかも……次があったら、よろしくね…?
      -- 2011-09-16 (金) 19:19:51
  • はー、まーちん可愛い可愛いですよー?(出会い頭にハグ) -- 子子子 2011-09-12 (月) 20:58:40
    • ひゃわぁっ!? ど、どしたのネネ姉…っ(じたばた暴れるが、かえってあれこれ触ってしまいそうなのですぐ大人しくなりながら) -- 2011-09-13 (火) 07:25:09
      • えーとー…あ、そうそう一緒の冒険いくですよー?(こくこく)
        あとバレンタインチョコを持ってきたんですよー?(と言いつつも渡そうともせずにほっぺすりすり) -- 子子子 2011-09-13 (火) 21:06:33
      • あ、ほんとだ…がんばろうね…? というか、がんばるね…主にぼくが…
        チョコ、くれるの? そ、それは嬉しいけどぉ……うぅ、こういうのは 恥ずかしいよっ…(過剰なスキンシップに明らかに耐性なさげな様子)
        -- 2011-09-14 (水) 07:33:22
      • ぜんぜん恥ずかしいことはないんですよー?恥ずかしいって言うのはこういうことですよー?(と抱き閉めたまま太股をさわさわーと撫でたところでクンネに手を摘ままれる)
        じゃ、じゃー三人でがんばろーですよー?うぇへへー(ぱっと離れてばいばーいして帰ってく) -- 子子子 2011-09-14 (水) 07:58:31
      • ネネ姉には、そうかもだけど……ぼく、こういうのは…ふぁっ!?(びくぅ 慌てて足を閉じるのだ)
        もぉ…クン姉がいてくれて、よかった…。 うん、それじゃあ…またあとで、ね…?(兄を失って以来ご無沙汰だったあれやこれを思い出してしまい、暫し自室に篭るのだった)
        -- 2011-09-14 (水) 08:07:28
    • うむ、マティアスが可愛いのは確かじゃのう(後ろから頭撫でつつ)
      まぁ要件がほぼ一緒なのでな、次の仕事はよろしく頼むぞ -- クンネ 2011-09-13 (火) 22:37:45
      • クン姉まで、そんなこと…(なにこの状況!?とばかりに動揺して赤面)あ、先月も 一緒だった…よね。
        おつかれさま、だよ…今度は3人だから、きっと成功させられる…よね…?
        -- 2011-09-14 (水) 07:36:16
  • ……まぁその、なんだ。……後でもっと良いの拾うだろうし大丈夫だ、うん(気不味いのか若干目を逸らし気味) -- ガジェニ 2011-09-12 (月) 17:51:41
    • 世の中って、思い通りにいかないこと…だらけだよね… 最近、ひしひし思うよぅ(メイスをすごくうらやましそうな目で見た)
      うぅ、ぼくの魔法書と交換できたなら ガジェ兄も幸せになれるかもなのにね……(しょぼーん)
      -- 2011-09-13 (火) 07:23:02
  • とりあえず、大変そうだけどコレやるよ 勝手に描いたが良いよな? (YESと言え!) -- ヴィータ 2011-09-11 (日) 23:02:56
    • うわぁい、ありがと…! も、もちろん 描くのに許可なんて…必要 ないよ?(絶対にノゥ!などとは言わずに受け取りつつ)
      はぁ、みんな可愛くなっちゃって…これなら、こわくない かも……
      -- 2011-09-13 (火) 07:21:34
  • しばらくぶりでちょっと分からなかったけどマティアス君なのよねぇ・・・
    色々な意味で見違えちゃったわ。3月、4月とお世話になるわね、よろしく♡ -- ディータ 2011-09-10 (土) 18:06:27
    • よかった、気づいてもらえた…… でも、ディータ姉も、昔とは変わったなぁって おもうよ…?
      あ、今月もなんだね…お疲れ様と、よろしくね…? 邪魔しないように、がんばって みるよ…(ぐ。)
      -- 2011-09-11 (日) 08:03:23
  • アスくんにもバレンタインですよー(ハンマー型チョコを頭上に掲げる) -- ナル 2011-09-09 (金) 11:16:36
    • わぁ、すごいや ナル姉…ハンマーの形した、チョコ…? 食べきれる、かな それ…どうもありがとうね? -- 2011-09-11 (日) 08:01:21
  • 様子見ついでに…どうじゃ、冒険者には慣れたか?…まぁ同期の儂に聞かれるのもどうかとは思うがの
    何や大変な状況のようじゃが、マイペースにな(薬草入り餡の酒饅頭を置いていく) -- クンネ 2011-09-09 (金) 09:54:05
    • んと…少しだけ、かな。他のみんながやられたりしてるのに、ぼくが…無事なのが、不思議なくらいだよ…
      うん、動ける時になんとか 動いてみるよ…ありがと、クン姉 そのうち、薬草とか 分けてもらいに行くよ…(酒饅頭の手触りが面白いのか、むにむにしてから頂くのだった)
      -- 2011-09-11 (日) 07:59:44
  • 先日の差し入れのお返しにきたぞ(だからホワイトデーは気にしないでくれ、と前置きし) ごくありふれた板チョコだが冒険先ででも食べるといいぞ
    チョコはゆっくり溶かして食べるとよりよく吸収されるそうだ ……噛み砕いてしまうよな?ふふっ -- フタレイン? 2011-09-09 (金) 00:38:23
    • あ、フェノせんせ…この間は、ごめんね? なんだか、ふわーっとした後 よく覚えてなくって…
      冒険中、お菓子が恋しくなること 多いんだ… あ、でもぼくも噛んじゃう…飴とかも、バリバリって… 早速持っていくね、ありがとう…(冒険用のバッグに板チョコを忍ばせる)
      -- 2011-09-11 (日) 07:57:08
  • ほぼ一年ぶりね…この季節くらいしかあんまり出歩いてない気がしてきたミモザよ(そぉーいっとチョコの入った小箱を渡しつつ) -- ミモザ 2011-09-09 (金) 00:18:40
    • うぅん、気にしないで…ミモザ姉 ぼくも、全く出歩けて なくって…
      それでも こうやって、来てくれるの 嬉しいんだよ…? どうも、ありがとう…(小箱を受け取り、中身のチョコを口に運ぶ)
      -- 2011-09-11 (日) 07:54:41
  • 御機嫌よう、マティアス……今年はバレンタイン+私の闇の指輪ゲット記念と合わせまして黒薔薇のチョコレートクッキーですわ -- ローテローゼ 2011-09-08 (木) 22:15:44
    • ローゼ姉…こないだの水着、すごかったね…か、風邪とか引かなかった……?
      武器、もらえたんだね…おめでとう。 それと、どうもありがと…って、クッキーなんだこれ…?(まじまじとチョコクッキーを見る)…すごい、手が込んでる……
      -- 2011-09-08 (木) 22:19:31
      • 個人的には普通の水着ですと被ってしまう可能性があるから、いっそインパクトのある方にしようと思っただけなのですけれどね……ええ、夏ですし 見た目があんなですけれど普通の水着ですもの
        そうなんですの、嬉しくって……ありがとう。 ええ、そうなの 闇の黒とチョコレートを合わせて、私は薔薇が好きですから……
        (そういえば、ローテローゼが手作り出来るなんて話を、今まで聞いたことない事を 幼馴染故にわかるかもしれない) -- ローテローゼ 2011-09-08 (木) 22:56:36
      • 女の人は、水着に気を使うから…大変だよね…。 インパクトっていうか、コンパクトっていうか…(布地の面積的な意味で)
        ぼくも、新しいハンマーほしいなぁ… バラの花は、なんとなくローゼ姉のイメージに、あってるよね…名前からして…
        (ひょっとしてアクアアビスで売ってるやつなのかな?と思いつつ クッキーを齧る)……ん、甘ぁい
        -- 2011-09-08 (木) 23:02:16
      • そうなのよね……どれを着ようか迷うのも楽しいのですけれど…… コンパクトなのは、私の胸のせいかもしれませんわ……(身体の割合からしても、大きめ と言うよりは大きすぎるから布の面積を感じるのかもしれない)
        運よく巡ってくる事を祈りますわ……ふふ、ありがとう 薔薇が似合うって言われると嬉しいですわね
        (アクアアビスの物と比べると味は劣る素人作だが 味は美味しい)……実はこれ、妹の手作りですの -- ローテローゼ 2011-09-09 (金) 00:13:55
      • うん、胸が…どうしても、強調された感じになっちゃうよね…ローゼ姉だと…(思い出してみると赤面し)
        あ、妹さんの作った やつだったんだ…この形にするのも大変そうなのに しかも、美味しいよ…?(もぐもぐ)
        -- 2011-09-11 (日) 07:52:58
  • マティアス君ボウケンの方は順調かな?と…ちょっと忙しそうね(そういって手作りチョコを邪魔にならない所に置く)
    疲れた体には甘いものがいいからこれ食べて元気になってね。同い年のお友達少ないから身体には気をつけてね!それじゃあ失礼します(優雅にスカートを摘んでのお辞儀をした後帰っていった)
    //ゴルロアはじめてからのPC故障は経験あるので無理にならないよう頑張ってください -- レン 2011-09-08 (木) 22:04:46
    • なぜか、弱そうなぼくが一度も落ちずに残ってるよ… ん、今日はまだ 忙しくないから…だいじょぶだよ、レンちゃん
      どうも、ありがとう…レンちゃんとこのお菓子、ほんと美味しいから 好物なんだ…(お辞儀にあわせるように、こちらも一礼して見送る)
      //ありがとうございます… こちらはゴルロア始めてから最初の故障です、明日修理に出してきますー
      -- 2011-09-08 (木) 22:08:27
  • …貴方が冒険者って聞いたときは心配したけれど…頑張ってるみたいね、マティアス。(少しホッとした表情で)
    そんなマティアスにバレンタインのプレゼントよ。(チョコボールを差し出す。受け取り時の秒数が奇数でピーナッツ、偶数でキャラメル、ぞろ目で激辛) -- セラフィーナ 2011-09-08 (木) 21:07:52
    • なんとか……生き残ってるよ、セラ姉もあれからは無事…かな?(先日のこともあってか、さほど警戒はせず)
      わ、どうもありがと……中身は、なにかな…?(チョコボールが何かを連想させ、少し青ざめながら口に入れ)
      -- 2011-09-08 (木) 21:14:52
      • …ん、キャラメル味。 やっぱり、チョコボールは…キャラメルだよね…(もぐもぐ) -- 2011-09-08 (木) 21:16:45
      • ええ、アタシも無事よ。お互い、この調子で行けるといいわね。(優しく微笑みかけながら)
        …ちょっと安心したわ。貴方が当たりを引いたらちょっとかわいそうな気もするもの…(当たりの中身が何、とは言わずに)
        あ、それと…一つお願いしていいかしら? -- セラフィーナ 2011-09-08 (木) 21:20:33
      • うん…あんまり、みんなを心配させたくないし… 危ないことは、控えめに…。
        ……えと、これはハズレ…?(内心ほっとしながら)セラ姉がお願い…珍しいね… なぁに?
        -- 2011-09-08 (木) 21:24:16
      • …ハズレね。 まぁそうそう当たるものでも無いけれど。
        ん、そんなに難しい事じゃないわ。…これ。(白百合の花束と、もう一人分のチョコボールを取り出し)マイルズの部屋に置いといてくれないかしら。 お墓…空っぽなんでしょう? -- セラフィーナ 2011-09-08 (木) 21:29:59
      • 当たりって一体……(内容的に当たりのがハズレっぽいのは想像できた)あ……(一瞬複雑そうな表情をしたが、すぐに笑顔で受け取り)
        ありがとう…兄さんのこと覚えてくれる人がいれば きっと兄さんも、喜ぶよね…(ぺこり、頭を下げた)
        -- 2011-09-08 (木) 21:36:23
      • 強いて言うなら翌朝お尻が切なくなる程度、かしら…
        身体も無く石に文字を刻んだだけの場所と、生まれ育った場所…故人にはどちらかと言えば後者の方が馴染み深い気がしたから。…ありがとう。(ふっ、と少し寂しげな表情で手渡す)
        それじゃ…またね、マティアス。 色々あるだろうけれど、頑張るのよ? -- セラフィーナ 2011-09-08 (木) 21:44:37
      • さらっと言われたけど…なに、それ……(何か誤解をしたらしく赤くなりながら)うん…ぼくも、どっちに兄さんがいるのか ちょっと悩んでたよ…
        だいじょぶ…兄さんを取り返すまで、ぼくは…がんばるつもり(こくん、と小さく頷き)またね…セラ姉…。
        -- 2011-09-08 (木) 21:51:35
      • (冒険に出ていったきり、戻らなかった日からそのまま 時間が止まったかのような兄の部屋。)
        (机に花瓶を置き、花束をそこに挿し チョコを供える)……ほんとに、ぼくに できるかな…兄さん。(微かに故人の匂いを残すベッドに突っ伏すと、少しだけ泣いた)
        -- 2011-09-08 (木) 22:00:37
  • (しばらく会いに来てなかった、と反省しつつチロルチョコの詰め合わせを投げて渡す) -- アリサ 2011-09-08 (木) 20:34:54
    • うぅん、ぼくの方も…出歩けてなくて なんだかごめんね…? そこだっ! …あたっ(キャッチするつもりが空を掴み、チョコが頭に当たる)
      ありがと、アリサ姉… チロルじゃなければ即死だった…よ(個包装されてるので落ちてもセーフ!と)
      -- 2011-09-08 (木) 21:05:31
  • (音符状のチョコが何個も入った、名前の飾りシールの貼ってある透明な袋を差し出す)マティアス、チョコ持ってきた。もらって。 -- セイ 2011-09-08 (木) 19:19:55
    • あ、そうか…今月は… ありがとう、セイ姉っ(袋を受け取り、中身を覗き込む)音符の形してる……なんか面白いなぁ、これ -- 2011-09-08 (木) 21:02:37
  • (バレンタインデーなので白いタイツを置いていくヘルメットさん) -- ヘルメットさん 2011-09-08 (木) 19:16:58
    • ………う、うん? え、えーとこれは…あの、ちょっとー…?(何故タイツ…何故ヘルメット…と何度も頭の中で繰り返すが、答えは出なかった) -- 2011-09-08 (木) 21:00:52
  • マティ 目を閉じろ 歯を食いしばれ ああいや、違うわ、口開けろ (マフラーと帽子の隙間から目だけをのぞかせたような少女が突然に) -- ヴィータ 2011-09-08 (木) 17:42:09
    • ひぃっ、ぼく何かした…!?(思わず身構えた体勢で、口を開け) -- 2011-09-08 (木) 20:58:56
      • (怯える口に、ほろ苦い物が飛び込んだ 舌に転がればたっぷりと甘い チョコレートだ) -- ヴィータ 2011-09-08 (木) 21:53:35
      • んあ……あえ? ひょこれーほ……?(訳:あれ?チョコレート…?)
        うわぁん、チョコなら目をつぶれとか 言わないでよ…すごく、びっくりした…(全身の緊張が抜けきったように、へなへなと)…でも、ありがと ヴィータ姉…
        -- 2011-09-08 (木) 21:56:08
      • だって、別に綺麗にラッピングしてたりするわけじゃねえからさ (ちょっと恥かしいのか、視線を外してそんな事を言って)
        おう、まぁ、最近頑張ってるみたいだからな ご褒美だ (へなへななってるマティの頭を撫でてやる 相変わらず子ども扱いだ) -- ヴィータ 2011-09-08 (木) 22:09:39
      • だいじょぶ、ラッピングは…食べられないし 肝心なのは、チョコだって おもうよ…(もぐもぐ)
        ん、ありがとう……こういうご褒美なら、何度もらっても うれしいや…。(今までの扱いに比べれば格段に良くなったので、気にせず受け入れている様子)
        -- 2011-09-08 (木) 22:27:22
      • 泣き虫マティウスに戻らなけりゃ、来年もやるよ (ちょっとからかってから目を細め、マフラーの隙間から白い息を漏らし) よし、そんじゃ帰る またなマティ -- ヴィータ 2011-09-08 (木) 22:38:47
      • うーん、あんまり変わってないような気もするんだけど…がんばる。 それじゃ、またね…? -- 2011-09-08 (木) 22:44:42
  • はは、マッツィー、こんばんわ、クルツお兄さんだよ
    世間一般ではボクのことを指してワカメと呼び出す輩も出てきたけどマッツィーは違うと信じたいね
    ほら、違うといわないと今度の冒険で視線で嬲っちゃうぞ、ははは -- クルツ 2011-09-07 (水) 23:44:23
    • わぁ、ついにクルツ兄と一緒の依頼だ……ぼくはそんなこと、言わないよっ!?(後が怖いし…とぼそぼそ)
      だめだよっ……そんな事したら、結局クルツ兄が あらぬ疑いをかけられちゃうし…。
      これで、打たれ強さの秘訣が 解明できるといいなぁ…来月は がんばろうね…?(妙な部分にやる気を見出すのだった)
      -- 2011-09-07 (水) 23:50:25
      • はは、お前くらいだよ……ツバキですら俺の頭を見て何か微笑むんだ、ボクもう疲れたよマティらっしゅ…
        (ぐったりしつつ、なんか言われたと視線を向ける)いい、いいんだ・・・もういまさらなんだぜ・・・ふっ
        っておいこら、マティってなんか凄い俺の防御力っていうか生命力を過大評価してない? -- クルツ 2011-09-07 (水) 23:54:10
      • 一体クルツ兄に何が起きたの…ぼく、公園とか行ってないから すっかり置いてかれちゃってるかも…(クルダーあなた疲れてるのよ、と)
        あ、諦めかけてる…! このままじゃクルツ兄がぼくみたいなマイナス思考人間に…ど、どうしよう…
        …えっ 海での頑丈さは、すごいなぁと思ってたのに…(ちがうの!?といった風に)
        -- 2011-09-08 (木) 06:42:28
  • よ、お疲れマティアス。ゼリーが二体も湧いた時はどうしようかと思ったが、なんとかなって良かったよ
    やはり出落ちて無い奴は安定感が違うと言う事かな?(出落ち経験者は頷き語る) -- ガジェニ 2011-09-07 (水) 21:20:13
    • ガジェ兄も、おつかれさま…ほんとは、前衛のぼくが もっとしっかりしないと…なんだけど…。
      一応、打たれ強くは なってきてるのかな…みんなに、鍛えられてたし…ね(いじめられっこゆえの特性、といった感じに)
      -- 2011-09-07 (水) 21:24:37
      • なに、二ヵ月先輩のお前が役立たずの木偶の筈も無い。俺からみればお前はちゃんとやってたさ(何の気無しに頭をぽんぽんと軽く叩き)
        なってるんじゃないか? 前に出て殴られてれば……おいおい。まぁしかし、ちゃんと続けられてるんだ。マイルズも今の所は安心してるんじゃないか? -- ガジェニ 2011-09-07 (水) 21:34:07
      • ガジェ兄がそう言ってくれるなら…ちょっと、安心…。(見上げるばかりの身長差 「背が高い=大人=強い」 という認識なのだ)
        うー、でも痛いのはあんまり……。 ぼくには、早く見つけてくれって…兄さんが言ってるような気がして…
        -- 2011-09-07 (水) 21:40:13
      • お前はもーちょっとでも自分に自信持った方がいいんだけどなー……ジークフリートの奴もそうだが(腰に手をあて、見下ろしつつ苦笑し)
        その辺は前衛の宿命だから諦めるんだ(微笑み) ……むぅ。まぁ、冒険者続けていればその内仇も見つかるさ -- ガジェニ 2011-09-07 (水) 21:49:34
      • そ、それなら…もっと強くならないと あ、ジーク兄は、ほんとは強いよね……(一緒に冒険して見てた!と)
        やっぱり…そうなんだ(がく) うん…それまでは、どんどん強くなって みんなの足引っ張らないように…しないと。
        -- 2011-09-07 (水) 21:58:37
      • まぁ今が充分とは言わんがー……。うん。あいつはというかあいつもそうだが、お前も今や弱いなんて事は無いんだからな? 大体マティアスが弱いなら二ヵ月落ちやらかした俺はどうなるって話でもあるし
        お前あんまり器用じゃないし魔法もダメだからなあ……。……ああ、その意気だ。熟練や練達と目指す先はキリがないからな
        (そうして、頑張れよと背を叩いて帰って行きました) -- ガジェニ 2011-09-07 (水) 22:03:43
      • ぼくは…腕っ節がどうこう、じゃなくて…武器のおかげだよ…!? あと、出落ちは運しだいだから…気にしちゃ、だめだよぅ
        もらった魔法書、ガジェ兄にあげたいぐらい…。 でも、でもっ…目標はほんとは一つなんだ…(それさえ達すれば、冒険を続ける理由さえも無い と)
        また、組んだら……次も成功させようね… またね?
        -- 2011-09-07 (水) 22:13:15
  • よう ちょっとは筋肉ついたか、マティ? (喧嘩帰りなのか、破れたパーカーと痣のある顔 しかし上機嫌そうにマティアスの頭を撫でた 酒臭い) -- ヴィータ 2011-09-07 (水) 20:53:52
    • ど、どうしたのヴィータ姉…その、格好…(酒臭さと何か関連ありそうな気がしたが、聞くよりも先に軽く腕まくり)
      んと…こんな、感じ。 むんっ…!(ぐっと腕に力を入れる ぽっこり、見ればわからないでもないレベルの筋肉)ふー… …ほんとに、ちょっとかも
      -- 2011-09-07 (水) 20:59:35
      • ん、まぁ、ちょいとな …お? (腰に手を当てて眺めれば、頑張って力を込める少年の様子を眺める)
        (前より、本当に少しだけれど) はは、成長していやがる (目を細める しかし、いつもの明るい笑みではなく、どこか羨ましそうな眩しそうな目)
        頑張ってるんだな 上等だマティ (小さくしゃっくりをする酔っ払い ぽん、と優しく頭を叩いてやる) -- ヴィータ 2011-09-07 (水) 21:09:16
      • あんまり、危ないこと…しない方が…。 ハル兄みたいに、喧嘩は逃げちゃった方が…かしこいと思う…
        成長、してるかな…? まだ、冒険から帰ると…筋肉痛だらけ。(今まで見たことのないような表情に気づき)
        あ、ありがと… でも、ヴィータ姉…ほんとに 大丈夫? フェノせんせのとこで、怪我診てもらった方が…
        -- 2011-09-07 (水) 21:15:47
      • そんな事出来るかよ 俺が負けると思うか? そんで、勝てる相手から逃げる奴がどこに居るさ
        (どこか痛むような笑い方をして、) それで良いのさ、筋肉痛繰り返してりゃ、その内身体も慣れてくる (マティアスの頭から手を下ろしてポケットに突っ込んだ)
        男の子、だからな マティも …きっとすぐに、お前も俺を追い抜かすんだろうな (先程と同じ目をして笑ってから、踵を返して歩き出す) 良いよ、これ位寝ときゃ治る -- ヴィータ 2011-09-07 (水) 21:24:21
      • 昨日、聞いたよ…喧嘩で、金属バット持ち出す人まで居るって。 そんな中でも…勝てるって、思えるの…?(自分だったら無理だ、と思いつつ)
        筋肉痛は、お風呂で…よく揉み解せ って、兄さんもいってた… えぇっ!?ヴィータ姉を追い抜く……(とても現実味のわかない言葉に、どんな気持ちが篭っていたか察するのにはもう少し、時間が必要だった)
        うーん、じゃあ いっぱい食べて…ぐっすり寝て… はやく、治してね…?
        -- 2011-09-07 (水) 21:32:16
      • 角材には勝てたさ (あっさりと言ってのけ、兄さんも、と言う言葉に少し笑う) お前はその内、その兄さんも追い越して強くなるぜ
        (心配する少年の言葉に、振り返りもせず片手を上げて返す 煙草に火をつける 煙を残して帰っていった) -- ヴィータ 2011-09-07 (水) 21:38:51
      • 勝ったの…!? て、そうじゃなくって……いつか大怪我しそうで こわいよそれ…
        またね、ヴィータ姉… 兄さんよりも、かぁ……なれたら、いいな…。(小さくつぶやいて、その背を見送った)
        -- 2011-09-07 (水) 21:55:53
  • たぁ〜る、たぁ〜る♪ うにー!
    依頼の品が出来たから持ってきたよ
    どうぞ〜(小さな樽と中くらいの樽 この二つはとても出来が良い 残りの火薬はまあまあ) -- ミューリィ 2011-09-06 (火) 22:27:01
    • うにー! …あれ、どうみてもいがぐりd…うぅん、なんでもないっ(ふるふる)
      わ、ミュー姉…ありがとう! すごい…こんなにきちんとした樽、爆弾にするのもったいないかも…
      あ、そうだ……ミュー姉、この本って 魔法か何かの…なのかな?(闇と氷、二冊の魔法書を見せ)
      -- 2011-09-06 (火) 22:32:56
      • わう? うにだよ??(うにうに)
        調合したアイテムは使ってもらってこそ役に立つ! 遠慮しちゃだめだよ〜
        (少し中身を見てみて)うん、そうみたい -- ミューリィ 2011-09-06 (火) 22:38:27
      • うぅっ…うん、うに…だよね(雰囲気に押し切られた)了解、だよ… がんばって、タル爆弾にしてみるね?
        やっぱり…そうなんだ。 こういうのって、わかる人が持ってた方がいいとおもうんだけど……(アイテム受け渡しができないので残念そうだ)
        …とと、そうだった 全部で、おいくら…ですか(財布をごそごそ取り出しながら)
        -- 2011-09-06 (火) 22:42:39
      • 途中で火傷しないように気をつけてね? 私は…ほら(腕のやけど跡を見せる)
        ミューリィさんは魔法が得意では… ううん、習ったことがないからよくわからない
        お値段… お値段(考える) 言い値…っていうのはだめかなぁ? -- ミューリィ 2011-09-06 (火) 23:45:54
      • だいじょぶ…調合失敗しても、もえないゴミができるから… って、も、もしかしてこれ作るために…? ご、ごめん…っ(おろおろ)
        あ、あれ!? 錬金術専門だったんだ…魔法もできるのかなって 勘違いしてた……
        う…いいよ? で、でも今のぼくに払える範囲じゃないと…待ってもらうことに…なっちゃう
        -- 2011-09-07 (水) 05:35:59
  • まってぃあすちゃーん。今月はおつかれーい(肩を組んでくるチンピラ)
    っつーか来月も同行じゃん。けっこー良く組むな? -- 春真 2011-09-05 (月) 22:19:45
    • お疲れさま、ハル兄…これで、3回目ぐらい だったよね? 前よりは、役に立ててる…かな?
      ハル兄も、武器もらえたみたいでよかった… ぼくのは、へんな本だけど…
      -- 2011-09-06 (火) 21:33:12
      • 充分充分、っつーか無茶すんなよまだタッパも足りないんだからさ
        ヘンな本て。魔道書じゃねぇのそれ? -- 春真 2011-09-06 (火) 21:34:14
      • あ、ありがとう… とりあえず、ハル兄を巻き込まないようには注意してる…
        んっとね…氷と、闇だって。(古びた本を2冊並べて)こういうの、ぼくじゃよくわかんないんだ…魔法の本なの?
        -- 2011-09-06 (火) 21:40:23
      • …うん、ハンマーはな。巻き込まれたら骨折必至だしな…
        ……ワリ、俺もそっちはサッパリだわ……使えるのかどうかすら分かんね…… -- 春真 2011-09-06 (火) 21:54:35
      • そのかわり、ぼくでも…怪物の頭をグシャーって できるよ… や、やっぱり?ミュー姉あたりに聞いてみようかな…
        そういえば、ハル兄の武器ってさ すごいよね…2つ持ったら、かっこよさそう…!(きらきらー 目を輝かせ)
        -- 2011-09-06 (火) 22:01:43
      • メイス持ってグシャーはちょっと楽しいとか思ったが俺は暴力的ではないと信じてる
        んぁ? 冒険で使ってるのっつーとMAC10とサーベル? それともこれ?(バタフライナイフをくるくる回す) -- 春真 2011-09-06 (火) 22:07:50
      • えーっとね…骨が砕ける感じとか、手に伝わってきて きもちわるいとおもうよ……(思い出して目のハイライト消えながら)
        MAC10ってやつ!マシンガンだよね、それ… あ、ナイフ2本持つのも、それっぽいかも…
        -- 2011-09-06 (火) 22:18:40
      • たまーに路地裏の喧嘩でさぁ、金属バットで頭ぶん殴るヤツとか居たけどモンスター相手でも結構キッツい感触だわな……
        俺が持ってんのは密造品……っつーかパーツ集めてデッチ上げたヤツなんだけどな。ホレ(腰の後ろのホルスターからマシンガンを取り出して手渡す。マガジンは抜いてある) -- 春真 2011-09-06 (火) 22:39:16
      • うわわ、喧嘩でそんなの 持ち出したら……(想像したらとんでもない事になって青ざめる)
        ちゃんとしたの買ったら、高いのかなぁ…ほわっ、いいの!?(おそるおそる手に取る)…ずっしり、ひんやり…。(それでもビビって引き金に指はかけない)
        -- 2011-09-06 (火) 22:45:31
      • 一番コワイのはそーゆー加減効かねーヤツだよなぁ。っつーてもまぁマティアスには関わり合い無い世界だから話半分位でいんじゃね?
        正規の銃器なー……冒険で稼いだ金がちゃんと使えんなら多分買えるんだろーけどなぁ……っつーかマティアスも男の子なのね、やっぱ銃とか興味あんだな -- 春真 2011-09-06 (火) 22:52:46
      • うん……喧嘩はすきじゃないし…。 って、ハル兄もよく喧嘩とかしてるのかな…
        かっこいいなーって、思うけど…ぼくが持っても 使えないし、買えないや…(手が小さく、うまく握れなかったらしい)…ありがと、ハル兄(銃を返しながら)
        -- 2011-09-06 (火) 22:57:25
      • 俺?(少し考えこむような素振りで)逃げ専? 平和主義者ですしーっつーか何人も相手出来るほどケンカ強くねーし
        あー。(細い指が頼りなげにグリップを保持しているのを見て納得)……まぁさ、レディース用のとか無いことも無いらしいし、稼げたらその内護身用に一丁ってのもアリじゃねぇ? -- 春真 2011-09-06 (火) 23:00:58
      • そうだったんだ…よかった、優しいハル兄が 喧嘩になると凶悪な人格が覚醒して…とかじゃなくて…(ほっとしつつ)
        んー、きっとたくさん練習しなきゃいけないだろうし…しばらくは ハンマー一筋で がんばってみる…(ぐ。)
        冒険者やるのは、兄さんみつけるまでの間…だし。
        -- 2011-09-06 (火) 23:05:12
      • いや……優しくは無ぇ気がするけど……(自分に対する評価に戸惑うチンピラ)…まぁあんまケンカとかしてるとこは見せたくねーけど
        そっか。決心固いなら、ハンマー道極めるの頑張れよー。地割れとか起こせるようになれよー。そんじゃ次組む時もヨロシク頼むぜー(相変わらずの軽い態度で帰っていった) -- 春真 2011-09-06 (火) 23:13:11
      • そう…? ぼくのこと、いじめないし……兄さんとも仲良くしてくれたから…(評価基準はそんな感じだったらしい)
        うーん……でも、モンスターのめまい値を増加させるぐらいは できるようになるかも… またね…?(手をふりふり、見送る)
        -- 2011-09-06 (火) 23:15:09
  • 海でちらりと見かけたがその後調子はどうだい? マティアスがまだまだ小さい子のイメージのままでな どうにも気になってしまうよ -- フタレイン? 2011-09-05 (月) 19:20:07
    • 海では、少し痛い思いをしたけど…ぼくは元気。 フェノせんせから見たら、それはしょうがないのかな…
      でもね、一応みんなと一緒に 依頼こなせてるよ…? やっぱり、怪我も多いけど…(まだまだ冒険では足手まといのようだ)
      -- 2011-09-05 (月) 20:18:30
      • たぶん大きくなっても保護者の目でみてしまうんだろうなぁ(いじめられっこ体質が逆に庇護欲をそそるのだろう) 私の職業病かもしれん
        小さな怪我でも気軽に私のところに来い 積み重なると危険だからな それから……夜はちゃんと眠るんだぞ 睡眠不足は頭を鈍らせるからな(それにこういう顔にもなる、と自身の目の下をさして)
        それではな 頼もしく活躍するところを期待してるよ -- フタレイン? 2011-09-06 (火) 01:33:40
      • 年、離れてるし…お医者さんだと なおさら…なのかな? うん、混んでないときに…行くよ 今度はお菓子もって
        寝る子は育つーって いうから、いっぱい寝てるよ? フェノせんせは、睡眠不足なのかな…せんせも、気をつけてね…?
        -- 2011-09-06 (火) 21:29:38
  • お疲れさん、いつの間にかしっかり戦えるようになっちゃってこの〜(肘でソフトにマティアスの二の腕をツンツンしつつ)
    そんじゃあな、また一緒の依頼になれることを楽しみにしてるぜー -- ドロップ? 2011-09-03 (土) 22:54:16
    • あ、ドロップ姉…そ、そんなこと…ないよ まだ、皆に頼ってばっかりで…(褒められるのは悪い気がしなかったが、自信はなかった)
      うん、ぼくも……もっと、足を引っ張らないように がんばってみるよ…こわいけど。
      -- 2011-09-03 (土) 23:00:16
  • あら……そこにいるのはマティアスかしら? -- ソフィア 2011-09-03 (土) 21:52:05
    • こんにちは ゆうしゃ さん  やどやに とまると たいりょくがかいふくしますよ(例のウィンドウに表示される台詞) -- 2011-09-03 (土) 22:38:57
  • ……はっ、夢…?(ずきんと下腹部に走る鈍痛)…夢じゃない。(なんだか嫌な寝覚めだった) -- 2011-09-03 (土) 19:34:45
  •  
  •  
  •  
  •  
  • (帰りに買ってきた水着を店の袋から出してみる)…浮き輪は、なくてもいいよね
    あとは、サイズだけあってれば…だいじょぶかな(他に誰もいない自宅ゆえ、気に留めることもなく服を脱ぎ始める)
    -- 2011-09-01 (木) 21:14:46
    • (さっさと裸になると、地味な紺色の水着をはいてみる)…あ、紐縛らなくても 平気かな…?(割とピッタリサイズだ)
      当日は、下に穿いてっちゃお……着替え時間が 短縮できるね
      -- 2011-09-01 (木) 21:21:49
      • …あとは、ビニールシートと…お昼ご飯と、それを入れる鞄かなぁ。
        (脱いだ服をまとめて掴み、洗濯カゴに放ると 水着も脱いでそのままお風呂へ直行するのだった)
        -- 2011-09-01 (木) 21:32:56
  • マティアスって、やっぱりあのマティアスだよねえ……。(探してきょろきょろ) -- ジーク 2011-08-31 (水) 23:41:08
    • (探されてる…思いっきり探されてる!と思いながら)ジーク兄… な、なにか探し物…してるの?
      (そーっと物陰から半身だけ覗かせ、声をかけた)
      -- 2011-08-31 (水) 23:44:37
      • ん、マティアス。(発見してのそのそ近づき、かがんで視線を合わせる)この依頼書のマティアスって、やっぱりマティアス?(首を傾げる) -- ジーク 2011-08-31 (水) 23:50:01
      • ほわぁ……(温厚な性格と知ってはいても、アップで見ると迫力があるのでちょっとビビる)あ…ら、来月の…。
        うんっ、ぼくだよ… ジーク兄とサイ兄と一緒なんだね…あんまり、役には立てないかもだけど…が、がんばるよ。(うんうん、頷き)
        -- 2011-08-31 (水) 23:53:48
      • そっかあ。(若いのに大変だなあ、と思う。マイルズさんのこともあるのだろう)
        あと、ジョシュも一緒。役に立たないのはお互い様だよ。みんなで、がんばろう(頷いて)
        (おもむろに立ち上がって)それじゃあ、またね、マティアス。 -- ジーク 2011-08-31 (水) 23:59:09
      • そういえば、ジョシュ兄とも最近会ってないや…元気にしてるかなぁ。 えぇっ、ジーク兄見るからに強そうなのに…(どうやら喧嘩の現場は見た事ないようだ)
        ん…みんなで協力すれば、なんとかなるよね…。 うん、来月…また。(去っていく背、揺れる尻尾に目を奪われつつ)
        -- 2011-09-01 (木) 00:03:54
  • マティいるかな、あんまり街から出たことないみたいだけど…8月にはみんなで海に行くらしいんだ
    せっかくの機会だから一緒に街の外を見に行くのはどうかな! -- ラウリィ 2011-08-31 (水) 22:34:50
    • あ…ラウ兄、久しぶり…。 うん、冒険でやっと…いろいろ見るようになって 世界って広いなぁって…。
      海……えっと、泳ぐの? 水着…あったかなぁ…(画像は兄に着せられていた女物水着以外のありかを必死に記憶の中から探している時のぼくの表情)
      -- 2011-08-31 (水) 22:39:54
      • そう言えば冒険も外に行くっけ、馬車に酔う俺としては大変な目にあってるからなぁ…
        水着なければ8月までまだあるし、それまでに用意しておけばいいと思うぞ!
        それじゃ俺はまだ伝える人がいるから、確かに伝えたぞー -- ラウリィ 2011-08-31 (水) 22:44:25
      • 徒歩でついてくのも、疲れちゃうけど 酔っちゃったら…もう外の景色見る余裕も、なくなっちゃう…
        今の内に、買っておけば何とか…なるよね。(やっぱりまともなの買おうと決意しつつ)
        わ、大変そう…だけど頑張ってね…ラウ兄。(カレンダーの8月のとこに、「海行く」と書き加えておいた)
        -- 2011-08-31 (水) 22:48:26
  • あれ?この依頼書のマティアスって……マティアス!やっぱりキミだったのか!?
    キミは……(まだ冒険者になれるような歳じゃないのでは、と言おうとしたが、何か事情があるのだろうと察し、言葉を飲み込む)
    ……ボクが街を出たのはキミがまだ6歳になるかどうかの頃だったから、ボクのこと覚えてるかわからないけど……
    サイプレスだよ。久しぶりだね。 次回の依頼で一緒なんで、よろしく頼むよ。……ああ、その、キミはあまり無理しなくていいからね?(歳のことを案じて一言付け加えた) -- サイプレス? 2011-08-31 (水) 17:33:02
    • へ…? お姉さん誰…(と言いそうになったところで自分の名前が出て、外見から知人情報を脳内で検索…ヒットしませんでした状態)
      え、え、えぇっ!? サイ兄…ど、どうしちゃったの!?(名乗ってもらってやっと気付くありさま 会わなくなって久しいが、兄との会話で度々名は出ていたのだった)
      そんな…一緒なんだし、ぼくも頑張るよ… 足を引っ張らない、ぐらいには…
      -- 2011-08-31 (水) 21:01:03
  • おつかれさま。 少しはなれた? -- モミ(イーヴル) 2011-08-30 (火) 20:16:33
    • す、少しぐらいは…(露出高めな衣装から目を逸らす)すごく、びっくりしたよ… -- 2011-08-30 (火) 20:53:09
      • そう? それならこんな姿になった甲斐も少しはあったかしら(悪い笑み) -- モミ(イーヴル) 2011-08-30 (火) 23:03:17
      • その姿に慣れた…っていう意味じゃ、なかったの…!?(がーん)
        いったい、どうしちゃったのモミ姉… ぼくのせい、とかじゃないよね…!?
        -- 2011-08-30 (火) 23:11:15
      • 冒険のことを聞いたけど、それならそれでそっちの意味でもいいわ?スケベ
        パパがキメラだからもともとこういう血は引いてたのよ、ずーっと思うように出来なかったけど
        最近ようやく言うこと聞くようになったの (戻り方が解らないのは内緒の悪魔) -- モミ(イーヴル) 2011-08-30 (火) 23:18:50
      • えぇっ… そんな格好するのもどうかと思うよ…ちゃんとした服、着ようよ…
        っていうことは、今のが 本来の姿……す、すごい… ちょっと悪役っぽいけど、変身できるなんて
        -- 2011-08-30 (火) 23:24:51
      • どうかしら、どれが本当の姿なのかわからないし変身がこれだけとはかぎらないし…
        まだまだ自分を研究しなくちゃならないのよ、わたしも(羽を畳んで黒いローブに替える) -- モミ(イーヴル) 2011-08-30 (火) 23:35:09
      • (「私はまだ変身をあと○○回残している この意味がわかるな?」と言われた時のような表情)
        自分でも、完全に分かりきったわけじゃないんだ…あ、でもちゃんと服にできるんだね…(ローブ姿にほっと一安心するのだった)
        -- 2011-08-31 (水) 20:56:47
  • お久しぶりの人もそうでない人もおはよーさん 下積み10年を経てついに診療所を任されたよ(ちらしを渡して)
    疾病にはまだ十分な対応はできないけど小さな怪我ならワンコイン 気軽に寄っていってね 
    (法医陣診療所のちらしには先代が海港支部設立のため異動になったとこ、フタレインがゴルロア支部を引き継いだことが追記されていた) --フタレイン?
    • へ…? フェノ姉、とうとうほんとにお医者さんになったの…わ、おめでとう…(チラシを受け取りながら)
      じゃあ、これからはフェノせんせ…だね。 小さな怪我…小さな……(深々と食い込んだのは「小さな」の範囲に入らない…と勘定し)
      幾らぐらいかかるか、わかんないけど…あとで診てもらえると、いいなぁ…
      -- 2011-08-29 (月) 17:43:18
  • (未だにマティアスとどのように接したらよいのか分からない 本当に仲のよかった兄弟に見えたから)
    マティアス君……も、冒険者になったんだね …皆でがんばろうねっ(あえて明るく振舞った) -- ミューリィ 2011-08-29 (月) 12:00:28
    • ミュー姉まで、冒険者になってるなんて 思わなかったよ…今月、お疲れ様… それと、次も一緒みたい…。
      来月までに、怪我治さないと…これじゃ、ミュー姉の足まで 引っ張っちゃうよね…。
      -- 2011-08-29 (月) 17:37:23
      • そんなことよりもなによりも……怪我、大丈夫? 次を気にする前に今は怪我を治さないとっ
        お医者さんいけるかな? 一緒に行こうか? -- ミューリィ 2011-08-30 (火) 09:19:14
      • あ、もうだいじょぶだよ…フェノせんせに、治してもらえたから…ほら、ね?(包帯のなくなった手足を動かして見せ)
        心配してくれて、ありがと…やっぱりミュー姉は、優しい… 今度はこうならないように、気をつけるね。(ぐっ)
        -- 2011-08-30 (火) 11:17:58
  • えーっとー…確か来月一緒のマティアスってマイルズの弟だったよねー。僕のこと覚えてるかなぁ -- アル 2011-08-29 (月) 00:04:16
    • ちゃんと覚えてるよ…?アル兄、今月はお疲れ様…… かっこわるいとこ、見せちゃった(危うく死ぬとこだったとか)
      今度組むこと、あったら…あんな風にはならないようにしたいよ…
      -- 2011-08-29 (月) 17:35:09
  • (マイルズの墓に花を捧げ、しばしの間黙祷する)…死ぬの早すぎんよなぁ。かわいい弟放ったらかしにして何やってんだか。 -- ヒュー 2011-08-28 (日) 19:44:08
    • (星空をバックにドヤ顔で映るマイルズの顔…ということもなく)……あ。
      (先客がいた事に驚き足を止める 手には花屋で買ってきた花束)ヒュー兄……
      -- 2011-08-28 (日) 19:50:52
      • (マティアスには気付かないままマイルズの墓に向かって微笑みかける)お前から借りてた金はそっち行った時に返すからさ、今は安らかに眠っとき…ナムナム。
        …ふぅ、柄にもない事すると腹減るわ〜。どっかお供え物とか置いてないかね(キョロキョロと周囲の墓を見回す) -- ヒュー 2011-08-28 (日) 19:58:30
      • (そこまでお金に困ってたんだヒュー兄……という表情 流石に声をかけづらくなったのも束の間)
        ちょ、ちょっと それはまずいよヒュー兄… これあげるから、犯罪には走らないで…!(咄嗟に出てきて干し肉を差し出し)
        -- 2011-08-28 (日) 20:01:49
      • お、マティ子ちゃんじゃん。今キミの兄さんに挨拶し終わったとこよ(マティアスに気付いてミッコリ笑う)
        へ? 犯罪? そんな悪い事した覚えないけどねぇ。まぁいいや、くれるってのならもらっとくわ(嬉しそうに干し肉を受け取り口に入れる) -- ヒュー 2011-08-28 (日) 20:07:42
      • 来てくれて、ありがとう… お花、供えてくれたんだね…(嬉しそうに、自分も花束を墓前に供え)
        う、うん…未遂だからセーフ…! ぼくはなにも見ていないよ……ヒュー兄、見るたびにお腹空かせてるんだね…
        -- 2011-08-28 (日) 20:15:24
      • どういたしまして。食い物の方が喜びそうだけど、それだと俺がここに来るまでに食っちゃうからねぇ、ハハハハ!
        そう? そんなに俺ハラペコキャラしてる? 俺、小動物系キャラだから燃費が悪いんだろうなぁ。うん。
        (不意にアホ笑いを止めて真面目な表情になる)…とまぁ、それは置いといてさ、マティアス、兄ちゃんいなくて大丈夫? -- ヒュー 2011-08-28 (日) 20:22:28
      • ぼくも、食べ物を持ってこうとしたことあるけど 途中で野良犬に強奪されちゃってから、花にしてるよ…
        なんていうか、軽く心配になるぐらいには…。(急に真面目モードになったことに面食らいつつも)大丈夫ってことは、ないよ…。 ぼくには選べないことだし…
        でもね、兄さんはここに居てくれる気がするし…(墓を見ながら)連れて帰ってあげられれば、ちゃんとここに居るって 実感できるよ
        -- 2011-08-28 (日) 20:30:22
      • (頼りない様子ながらも目にしっかりと力強い光が宿ってるのを確認すると、大きく頷いて相好を崩す)
        そかそか、まぁ何かあったら俺に声かけてよ。兄ちゃんの代わりにはなれないけど、一緒にメシ食ったりバカやったりはできるからさ。
        (そこまで言ってニッコリ笑い、突然マティアスの頭をぐしゃぐしゃとかき混ぜるように撫でまわす)それにしても立派になったなぁ。アホ兄貴の後ろでおもらしばっかしてたのが嘘みたいだわ〜 -- ヒュー 2011-08-28 (日) 20:38:11
      • どうもありがとう…ヒュー兄も、もしお腹空いてたら たまにはご飯食べにきていいよ?(自炊はできるようになったらしい)
        わあぁっ!?(ふんわり髪が軽くボサボサになった)嘘みたいっていうか、嘘だよねそれ…!? おもらしとかっ…
        嘘だとおもう……(以前会ったのがあまりに前なだけに、嘘と断言する自信がなくなりつつ)
        -- 2011-08-28 (日) 20:43:42
      • んははは、あんがと。言われなくても行くから覚悟しといてねん(気持ち悪い口調とウィンクで応える)
        さぁ〜、どうだろうねぇ。自分で言うのもなんだけど俺の記憶力ってアテにならんからさ(クックックと意地悪そうに笑う)
        さてと、あんまりここでイチャイチャしてるとアイツに祟られそうだからそろそろ行くわ。マティ子ちゃんも体冷え切らない内に早く帰れよ〜
        (未だ冷たい風が吹き荒ぶ中、コートのポケットに手を突っ込んで帰って行った) -- ヒュー 2011-08-28 (日) 20:50:38
      • お、お手柔らかに…ね?(とっても大食いだったらどうしよう、と想定していなかったので焦り)
        それなら、ますます怪しいこと言わないでよぉ、誰も聞いてなかっただろうから いいけど……
        兄さんはそんな事しないよ!? とと、そうだね…またねヒュー兄…!(それから数分だけ、墓前に報告をして 家に戻ったのだった)
        -- 2011-08-28 (日) 20:55:55
  • アニキの敵討ちか。見上げた奴だ、見直した。でもお前までヤられんなよ -- 2011-08-28 (日) 10:12:07
    • (びくぅ)うぁ、ウルシ姉…びっくりしたぁ ぼくもそこは一番心配だよ…
      なんとか二ヶ月目は乗り越えたけど…(背ぇ高いなぁ、と見上げながら)
      -- 2011-08-28 (日) 19:01:44
      • (中腰になって目線合わせる。顔も近い。熱を持った息が当たる)初めて1年は危険だって聞いた。お互い気をつけような -- 2011-08-28 (日) 20:43:31
      • うぅっ…(あまり近すぎるとプレッシャーを感じて、少しだけ後ずさる)
        1年は、ちょっと長いなぁ…って、ちょっと待って。 今、お互いって…ウルシ姉も冒険者に!?
        -- 2011-08-28 (日) 20:52:18
      • あ、こら。逃げることないじゃない(冗談めかして舌をシャッ、と出す。舌は鮮やかな青)
        (頷く)だって稼げるし。思いっきり腕ふるえるし、良いこと尽くめ。やらなきゃ損よ。損 -- 2011-08-28 (日) 20:55:23
      • だ、だって近いよ… ひっ、毒はやめて毒はやめて!(青い舌を見れば、反射的に飛び出す言葉)
        ウルシ姉なら強いから…その考え方も納得かも 趣味と実益を兼ねた…っていうのかな?
        -- 2011-08-28 (日) 21:09:21
      • (彼の仕草にゾクゾクと妙な恍惚感が込み上げてくる蜥蜴女)
        強いって言っても、井の中の蛙ってやつよ。だからあたしは戦うの
        マイルズ見つけたらアンタに真っ先に教えるわ。それじゃまたね -- 2011-08-28 (日) 21:32:14
      • (正反対に 過去の経験から、恐怖心しか湧いてこないのだった)
        外の世界って、広いよね…ウルシ姉よりもっともっと強い人が、沢山いるのかなぁ…(自分で想像して怖くなった)
        教えてくれたら嬉しいなぁ、ありがと…それじゃあ、またね…?
        -- 2011-08-28 (日) 21:35:47
  • んぅ?おぉ、マティアス…じゃったのぅ、あの小さい坊が大きくなったのぅ。四年ぶりじゃが覚えておるか?(にこりと笑って)
    ほれ、お主にもこれを。薬草入のチョコじゃ、甘いやつにしとこうのぅ。(赤い包み渡して)…時にマイルズはどうしたんじゃ?何時も一緒におったじゃろ、お主ら。 -- クンネ 2011-08-28 (日) 00:04:12
    • ひょっとして、クン姉…なの!? 忘れて、ないよ…兄さんの友達は、大抵覚えてるつもり(というより、彼にとっての知人はそれが全てだった)
      ありがとう、体によさそうなチョコだ…(両手で包みをそっと受け取り)んと、それがねクン姉…
      半年ぐらい前に、冒険に出たっきり…帰ってこないよ(小さく、首を横に振って答えた)
      -- 2011-08-28 (日) 05:58:19
      • うむうむ、儂じゃよ。よう覚えてくれておったわ、気持ち的にはこーんな小さかったような気がしておったんじゃがのぅ(赤子サイズくらいの勢いで手を下の方に置いて振り)
        疲れた時に食うとええ、疲労回復効果があるでな。…んむ?(話を聞いて、面持ちを少ししかめる)
        …そう、か。顔を見んと思うたら、そういうことじゃったか…ふむ。(暫し腕を組んで考えこむような様子を見せ)…死んだと決まった訳ではあるまいが…何かあれば力になる、一人で抱え込むでないぞ、マティアス -- クンネ 2011-08-28 (日) 09:32:23
      • そんなに小さくはないよー…? 4年でそこからここまで伸びたら凄いかも
        じゃあ、冒険の時にでもとっとこうかな…一番疲れるから。(包みを大事そうにポーチへしまった)
        この6ヶ月は、そんな感じだったけど…なんとかなりそう。 ありがと、クン姉…ちょっと元気でてきたよ
        -- 2011-08-28 (日) 09:41:35
      • 正直に言えばあの頃の主は影が薄かったからのぅ…印象が薄うてな。あの頃から比べて独り立ち出来るようになったのじゃ、十分それくらい成長したと言えるわい
        んむ、儂としてはそれが推奨じゃな。気に入ったらまた作ってやるからのぅ。
        んむ、ならば良い。一人じゃあ無いとだけ心に刻んでおくようにの。それじゃあ今日はこれでな、またのぅ! -- クンネ 2011-08-28 (日) 09:54:18
      • うぐ…兄さんのが、存在感あったから…(ぐさりと突き刺さる言葉は図星)できてるの、かなぁ(半ば強制的に環境に変えられたような状況に)
        え、バレンタインじゃなくても…いいの? じゃあ、早速今月試してみるね ポケットの中で溶かさないように気をつけるよ…
        けっこうみんな、声をかけてくれるから…もしかすると、昔よりずっと。 うん、またね…?
        -- 2011-08-28 (日) 18:58:47
  • あっれ。(それなりに仲の良かったマイルズの弟を酒場で目にし)マァティアスちゃーん。でいんだっけ?
    俺覚えてる? 兄ちゃんとけっこー遊んでた春真くんですけどもー。マティアスちゃんも冒険者? っつーかマイルズどうしたん最近見ねーけど -- 春真 2011-08-27 (土) 22:50:17
    • うん…? えっと…(呼び止められて振り返る、青年の顔には見覚えがあった)あっ、ハル兄……! うん、ぼくも…今は冒険者。
      (少なくとも半年以上はマイルズの姿を見てはいないだろう)兄さんはね、その…冒険で死んじゃった…。
      //ごめんなさい、眠気が限界なので文通でお願いします…!
      -- 2011-08-27 (土) 23:08:32
      • っへー。(にあわねー、と思ったし続けようと思ったが次の言葉でそんな考えは吹き飛ばされた)……マッジかよ
        死んだの? アイツ? ……んじゃマティアスちゃんが冒険者ンなったのってさァ……(流石に動揺は隠せず、戸惑ったような視線で少年を見る)
        //了解ですー。おやすみなさい! -- 春真 2011-08-27 (土) 23:11:17
      • も、もし信じられなかったら…死亡通知も、お墓もあるけど……(いずれも確実な証拠とはいえないものだが)
        やっつけたい…んだ、兄さんにひどいことした怪物…。 それに、今お墓…空っぽだから、連れて帰りたい…。
        (への字に結んだ口、悔しさと悲しさとが混ざった表情は泣き出す前に必ず見せた仕草。だが今は涙を零さず)
        -- 2011-08-28 (日) 05:52:24
      • いやいや、信じない訳じゃねぇよ。……っつーか引っ込み思案オブジイヤーなマティアスが冒険者なんてなってんだからさぁ、信じねぇ訳にいかねーわ……(やれやれ、とやり切れない感じに首を振り)
        ……まー、気張り過ぎんなよ。お前になんかあったらよー、兄貴もあの世で悲しむだろうしな(ぽんぽんと頭を軽く叩くチンピラ) -- 春真 2011-08-28 (日) 18:56:30
      • ま、待ってハル兄…オブジイヤーって、そんなトップ狙えるほど凄くないし、狙いたくもないよ…!?
        うーん、また兄さんに会えるのは嬉しい…けど、すっごい怒られそうだよね こわい……(前半部分がわりと本気で言っているように聞こえるかもしれない)
        -- 2011-08-28 (日) 19:04:29
      • いやー。頼まれたら断れない系の匂いさせまくりで、そのケがあれば思わず食っちまいそうな位オブジイヤーだろ。俺にその趣味が無くて良かったな少年…!(冗談めかして言う)
        (「もう一度会えるのは嬉しい」という部分の雰囲気にうわちょっとヤベェな好きすぎだろ、と若干引きつつ)ま、まーまー! 無事目的果たす事考えりゃいいんだよ。前向きにいこーぜ、うん? -- 春真 2011-08-28 (日) 19:07:26
      • こ、こう見えて守れない約束はしないよっ!? だって、破ったらもっと怒られるし…… いまのぼくには、ハル兄がなにをいっているのかよくわからないよ…(目のハイライトが消えながら)
        そう、だね……あ、ハル兄もさ 冒険者になったの? もし一緒に冒険とかだったら、心強いのに
        -- 2011-08-28 (日) 19:12:36
      • じょーだんじょーだん。(ひらひら手を上下させて)ん? まーな。英雄目指して頑張るとか俺のガラじゃなさすぎてウケる。お金ほしいです
        まっ俺なんて小物だしさぁ、いざ同行してもヤバくなったらマジ逃げすっから頼りにすんなよー? っと。引き止めちまったなごめーん!
        そんじゃ頑張りたまえよしょうねーん(へらへら笑いつつ、酒場から出て行ったという) -- 春真 2011-08-28 (日) 19:18:35
      • うーん、ヒュー兄といい…お金に困って冒険者になるひと、多いのかな…(あまり景気のいい話は聞かない、と)
        えぇっ!? お、置いてかないでよ…それならぼくも一緒に逃げるよっ… ハル兄が勝てない相手に、ぼくが勝てるわけ…っ
        あ、うん…ハル兄も死んじゃだめだよ? またね…(飲み残しのジュースを飲んでから、自身も酒場を後にした)
        -- 2011-08-28 (日) 19:23:24
  • …おい (冒険で一緒になった昔のいじめっ子が、近寄ってこなかった相手に話しかけたのは、冒険が終わった数日後)
    お前ー…兄貴、どうした 一人でこんなで歩くなんて…らしくねえな -- ヴィータ 2011-08-27 (土) 21:35:05
    • (冒険中もできるだけ目を合わせないようにしていたが、流石に話しかけられてシカトもできず)
      に、兄さんは……半年前に、冒険にいったきりだよ… ギルドから、死亡通知が来て…。(それでも目を合わせづらく、視線が泳ぐのは長年の経験のせいだ)
      -- 2011-08-27 (土) 21:39:01
      • ああ? (相手の言葉に眉を寄せて声を返す 怒った訳じゃなくて驚いたのだが、悪い目つきは睨んでるようにも見える)
        そうか、マイルズが…見ねえとは思ってたけど…そっか (思い出でも探っているのか、遠い目をして煙草に火をつけて…そこで、目が泳いでる相手に気付いて)
        ん、あー、あー… (帽子の上から頭を掻いて) 悪いな、聞いちまって …しかしアレだな マイルズの尻に引っ付いて回ってたお前が一人でなんてな 驚いたぜ -- ヴィータ 2011-08-27 (土) 21:46:56
      • うぁ…!(思わず身構える …が、何も起きないのでハラハラしつつ)
        う……うぅん、いいよ…。 だって、ごたごたしてて…言えなかった人も、多いから…。(予想外の返答に、ほんの少しだけ警戒心が緩んだ)
        できれば、兄さん…ちゃんと、埋葬したいから…… でなきゃ、こんな事…やだよ。
        -- 2011-08-27 (土) 21:50:39
      • 男がビクビクすんなっ (何も怒らないけど、ハラハラしてるので喝を入れる)
        埋葬? …ああ、成る程な お前ー…そっか (内面は変わらないままの様だが、) お前、頑張るって決めたか そっか (少し優しく笑う)
        弱虫マティいじめてりゃ、アイツがすぐに飛んできてたな よく殴りあったっけ (肩を揺らして笑い) その兄貴の為に、か -- ヴィータ 2011-08-27 (土) 21:57:26
      • ごっ、ごめん…なさい…(びくぅ)それにっ、もしかしたら…生きてるかもしれないし…
        (初めて見たヴィータの穏やかな表情に、呆気にとられる こんな一面があったのか、と)でも、いっつも…最後は なんだかんだで…仲よさそうに見えたよ…
        なんて、いうか……どうしていいか、わかんない。けど…こうしないと、前に進めない気がして…。
        -- 2011-08-27 (土) 22:02:59
      • ったく、少しは背も伸びたかって思や… (短く煙草をふかしてから 生きてるかも、との呟きに) … (どうだろうな、と言いかけて、自分の口を煙草で塞いだ)
        んだよ …仲良く? っは、やめてくれ、アイツとは最後までそりが合わなかったよ (吐き捨てる言葉 しかし、それを言う口元は軽い笑み)
        …そうかよ (意思を口に出す相手を、煙草を吸ったまま暫く眺め そして、不意に相手の頭に手を伸ばした)
        (しかし、昔みたいに殴るのではなく) なんかあったら言いな アイツの代わりにゃならねえけど、たまには守ってやるよ マティ (弱虫、をつけずに呼んで 頭を撫でた) -- ヴィータ 2011-08-27 (土) 22:11:49
      • ちょ、ちょっとは伸びたよ…ちょっとだけ…。 そ、そっか……でも、もし…気が向いたら 会ってあげて…?(当然、墓参り的な意味だが)
        あ、わわっ…(このパターンは髪を引っ張られるか、拳骨が落ちるかの二択だ と思った)……へ…?(気の抜けた声)
        ……あ、ありがとう ヴィータ姉…そんな風に言ってくれるなんて、思ってなかった…(緊張が一気にほぐれて、へたり込みそうになりながら)
        -- 2011-08-27 (土) 22:17:59
      • 会う為にも、見つけて埋めてやらねえとな? (煙草を咥えたまま笑い、撫でる手を離す 帽子を押さえて深く被りなおし)
        へっ、俺は腰抜けが嫌いなだけだ (踵を返して歩き出して、一度振り返り) 今回の冒険、結構上等だったぜ、お前
        (また歩き出し、振り向きもしないで片手を上げて見せ、去った) -- ヴィータ 2011-08-27 (土) 22:27:48
      • うん……そうだった、ね…(こくん、と頷き)じゃあ、やっぱり今までのって……うぅ(遠まわしに腰抜けと言われて悲しくなりながら)
        ふぇ!? あ、あれが……?(少なくとも、記憶にある限り褒められたのは初めてだ)…あっ、ありがと!またね……?(驚き混じりのまま、手を振って見送る)
        -- 2011-08-27 (土) 22:34:44
  • へーぇ、この街の子だったのあなた。 今日はおつかれさま -- モミ 2011-08-27 (土) 18:18:48
    • あ、一緒の冒険だったお姉さん… おつかれさま、何事もなくてよかったよ…
      あんまり、出歩く方じゃないから…その、見かけなかったかな ぼくは、マティアスだよ…よ、よろしくね?(今日が初対面のせいか、少しぎこちない)
      -- 2011-08-27 (土) 18:38:55
      • わたしも小さい頃はずっと学校の寮で生活していてね。あまり街を出向くことはなかったの
        もうっ あなたってそんなビクビクしてるのでよく冒険のお仕事なんてやる気になったのね 男の子なんでしょぉ? -- モミ 2011-08-27 (土) 18:48:03
      • 寮って、消灯時間とか…いろいろ厳しそうなイメージあるけど、どうなのかな…?
        えぇっ…そ、それは……そうだけど…。 冒険がしたいとか、そういう理由じゃなくって…
        -- 2011-08-27 (土) 18:52:26
      • わたしがいたところは基本的には自由だったわよ? 自由すぎて問題だらけだったわ…
        好きとか興味でもないのに始めたの? かわってるのね。  -- モミ 2011-08-27 (土) 19:00:00
      • 規則がないから荒れ放題とか、だったり…?(世紀末な感じの学生寮を思い浮かべ)
        やっぱり、そう思われるんだ…… ほんとはね、兄さんをちゃんと埋葬してあげたいから…始めたんだ
        兄さんも、冒険者で……でもまだ、帰ってこなくって…お墓は、空っぽで…(ぽつぽつと、事情を説明する)
        -- 2011-08-27 (土) 19:03:50
      • こ、肯定したくないけど、遠からずだから違うともいえないわ…
        (予想外に重い話を聞いて面食らう) …わ、わるかったわよ、馬鹿にして。 見つかるといいね -- モミ 2011-08-27 (土) 19:22:08
      • ……大変な環境で育ったんだね…でも、カツアゲとかされなかったし、モミ姉はいい人だよ!…と思う。
        だいじょぶ、事情知らないと…普通は変に思うよね ありがとう、必ず見つけて…そしたらこんな危ない仕事、引退するよっ
        -- 2011-08-27 (土) 19:28:00
  • …あっー久しぶりねマティアスくん。…だったかな?マイルズくんはいるかな?3年ぶりにこっち帰ってきたから(あ、よかったら貴方もどーぞとチョコの入った小箱を手渡す) -- ミモザ 2011-08-27 (土) 18:08:48
    • ミモザ姉…元気だった?ぼくは、マティアスであってるよ… あ、えっとその…(チョコを受け取りながら口ごもり)
      兄さんはね、半年前に…死んじゃったんだ。 みんなよりちょっと先に、冒険者になって…
      -- 2011-08-27 (土) 18:36:20
      • …あっ…ごめんなさい(亡くなったと聞いて)知らなかったの…そう…(表情暗く)…マイルズくんの分ももってきたのだけど…お墓とか…あるかしら?お供えというのもあれだけど…ね -- ミモザ 2011-08-27 (土) 18:44:36
      • う、うぅん…だいぶ長いこと、会ってなかったし…しょうがないよ 久しぶりに戻ってきた人も、多いし…
        どうも、ありがとう…兄さんもきっと喜んでくれるって思うよ… えと、今から行く…?
        それとも、地図を書いたほうがいいのかな…うちからは遠くないけど…(墓地の方角に視線を向けつつ)
        -- 2011-08-27 (土) 18:47:43
      • …んっ地図を貰えるかしら?わざわざついてきてもらうのもね…ほらなんとなくね?(気まずいからと苦笑いしつつ)
        貴方も気をつけてね…私も、気を付けないと…(地図を受け取ると。既に死んだ馴染みがいることに少し落ち込んだような背中で墓地のほうへと去っていった) -- ミモザ 2011-08-27 (土) 18:53:55
      • うん、わかった…迷わないように気をつけてね?(地図を書いて渡しながら)
        えっ、それってどういう…… ミモザ姉も、冒険者に…なっちゃったのかなぁ…(小さく、またねと背に声をかけながら)
        -- 2011-08-27 (土) 19:00:11
  • (人気のない墓地に入ると、迷わず兄の墓の前へ)今日も、いい朝だね…兄さん…ちょっと寒いかな…?
    街のみんな、冒険に出るみたいだよ 兄さんの知ってるひとも、きっと一緒だったり…
    -- 2011-08-27 (土) 09:13:34
    • もう、ジェース兄は来てくれた…? ぼく、お土産貰ったんだけど…家がどこだかわかんなくって、どうしよう…。
      トリムは元気そうだったよ、色んな人を撮ってて忙しそうだけど…結婚式なんて、ずっと先の話をするんだ。面白いよね…ふふ。
      -- 2011-08-27 (土) 09:21:34
      • (ひとしきり喋り終えたあと、座り込み…墓石に寄りかかるように)いよいよ、今月から冒険だよ
        まだ、考えると怖くて…足が竦んじゃうよ 家に兄さんの剣、残ってればよかったのに…そしたら、借りてってもいいよね…?
        -- 2011-08-27 (土) 09:37:39
      • 武器になりそうなのが、ハンマーとスコップとバールのようなものしかなかったよ…
        でも…でも、兄さんはちゃんと見つけてあげるからっ…! そろそろ行くね…(立ち上がり、一礼すると墓地を後にした)
        -- 2011-08-27 (土) 09:49:02
  • これが恋の始まりなのでしょうか……(顔を出して覗いてる羽虫) -- トリム 2011-08-26 (金) 18:21:04
    • ううん、それは恋じゃないよ…どっちかっていうと変っていうか…(隠れることが多かった身だけに、視線に気付き)
      えっと その声、トリム…だよね? -- マティアス 2011-08-26 (金) 19:13:19
      • 結婚式には是非今の映像を……違うんですか?
        はいー、毎度お馴染みトリムちゃんでーす -- トリム 2011-08-26 (金) 19:40:41
      • 「二人の出会いは…」とか司会のトリムに紹介されちゃうんだ… 全然ちがうよ、っていうか…結婚できないよまず…
        最近気付いたんだけど、トリムには誤解されそうなシーンばっかり撮られてる気がするんだ…気のせいかなぁ -- マティアス 2011-08-26 (金) 19:44:36
      • この街には男同士の盛大な結婚式が行われた記録が残ってます。大丈夫だ、問題ない
        気のせいですよ。誤解じゃなく事実ですから……加工してませんし -- トリム 2011-08-26 (金) 19:48:00
      • 都市伝説じゃなかったんだ…それって。 一番いい式を頼…まないよ、頼まないからね?(ぶんぶん)
        加工はしてないけど、紛らわしいシーンばっかりじゃないかなぁ…
        とりあえず、付き合ってもいないし結婚もないよ…ジェース兄の名誉のためにも、言わせてもらうけど… -- マティアス 2011-08-26 (金) 19:51:48
      • ざんねん……でも式には呼んで下さいね?
        もし撮っていたとしたら、それは紛らわしいことをしたのがいけないのですよ……
        はぁーい。ドラマチックな再会だったのに、もったいないです(微妙に残念そうにふよふよ飛んで行った) -- トリム 2011-08-26 (金) 19:58:51
      • 将来、もしそんな事があったらね もちろん呼ぶよっ!(うんうん、と頷き)ぼ、ぼくがいけなかったなんて…!(ショックを受ける)
        最近、街に戻ってるひと…多いみたいだから、感動の再会は 色んなとこで見れるとおもうよ…?
        だ、だからさっきの録画は消しt……あぁ、行っちゃった…(がくり) -- マティアス 2011-08-26 (金) 20:04:27
  • レイプされて心が崩壊、レイプしている汚いオッサンの顔が兄の顔に見えてきてレイプ目のまま悦んで腰振っちゃうックス! -- 2011-08-26 (金) 17:00:20
    • いきなりバッドエンド直行ルートなんてそんな…だ、誰も喜ばないよ…(ふるふる) -- マティアス 2011-08-26 (金) 17:02:28
      • そうか…マティーはそんな辛い人生を…ウウッ -- ジェース? 2011-08-26 (金) 17:09:29
      • あっ、わ…いま、今の…聞いてたの…!?(うろたえた様子で)ちがうの、ジェース兄…その…誤解で… -- マティアス 2011-08-26 (金) 17:11:45
      • オイオイ、んな慌てんなよ…冗談だ冗談。(ぐしぐしと頭を撫でて) 久しぶりだがあんまり変わってねえなマティー。 -- ジェース? 2011-08-26 (金) 17:14:41
      • は、畑で取れた忍耐の種あげるから今のは内緒に…へ、冗談…?(まだ飲み込めないのか、きょとんとして)
        せっかく久しぶりに会ったのに、なんかこんな事に… ジェース兄は…げ、元気だった…? -- マティアス 2011-08-26 (金) 17:19:16
      • …へっ、3年も経ったら幾分成長したかと思ってたが…(やや感慨深げに笑ってみせ) この街じゃあの手のからかいは日常茶飯事だろ? お前をからかう口実にしたまでさ。
        あぁまぁ、見ての通りピンピンしてらあな。…ちっとばかし傷だらけになっちまったが(土産の干菓子を渡して) -- ジェース? 2011-08-26 (金) 17:26:32
      • もう、そんなに経ったんだ……うぅ、いつだってそうだよ こやすはそうやってぼくをからかうんだ…
        傷って…うぁっ、その目…!(お土産を受け取ると同時、右目の様子に気付き)だ、だだだ大丈夫なの…!? -- マティアス 2011-08-26 (金) 17:30:56
      • お前は見た目からしていじりやすいからな、仕方あんめえ。いつまでたってもシャイというかウブというか、ともかくあんまり気にすんなよ。
        ……いや、いちいちいいリアクションしてくれるなあ本当に。(くつくつ笑い)大丈夫だよ、元の目は潰れちまったが物は見える。お前のかわいい顔もまるっとお見通し、ってな(ズイと顔を寄せて) -- ジェース? 2011-08-26 (金) 17:37:05
      • そんな…これでも、兄さんにはあんまり頼らなくはなったと思うのに… う、うん…そうする。
        それって、すんごく痛いことじゃな…いっ!?(急に顔が近くなり、びっくりした顔のまま固まる)みえて、るんだ…… -- マティアス 2011-08-26 (金) 17:43:16
      • おう、そうしろ。お前は真面目すぎんだよ、まだガキなんだから楽しくやんな(撫でた手を最後にぽんと軽く乗せて) ん? ああ、義眼に視神経を通して見えるようにしてあんだ。かっけえだろ。
        …さてと、面見せも済んだことだし俺ぁ帰る。……マイルズの奴の墓参りも済んでねえしよ。(ポツリとつぶやいて、来たときと同じような唐突さで帰っていった) -- ジェース? 2011-08-26 (金) 18:09:14
      • 楽しく…なれるかな? なれるよね…(頭の上の手の感触に、少しだけ懐かしいものを感じ)すごいけど…痛そうな話だよぅ!(無駄に想像力を働かせて自滅する)
        無事な顔、見せてあげたらきっと兄さんも喜ぶよ…あ、えと!お土産ありがとうっ…それから、おかえりなs… あ、行っちゃった…。 -- マティアス 2011-08-26 (金) 18:15:09
  • 今、登録してきたよ もうちょっとだから、待ってて…兄さん。 -- マティアス 2011-08-26 (金) 16:54:22

Last-modified: 2011-10-28 Fri 18:43:40 JST (3417d)