トレジャーハンターその正体は Edit

exp037734.jpg名前リーヴ
性別
年齢17歳
出身地旧バーレント男爵領
種族ヒューマン
学籍斥候科3年
RP傾向出たとこ勝負
好き寿司、歴史、お宝
嫌い特になし
企画帝国学園ロートガルデ

三行 Edit

  • 金髪碧眼・眼帯・顔は貴公子面だが言葉遣いが雑な不良
  • トレジャーハンター
  • 依頼承ります。



どーも、なんか用か? http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst070556.png Edit

edit/refer
トレジャーハント依頼について
あなたが指定した物を探してきます。期間は難易度次第…?(行間でもOK) 細かく指定がある場合はメタ相談欄にお越しください。
なんでもいいやの精神ならいきなり頼んでたアレくれよ!アレアレ! でもいいよ!(返信に時間がかかっても笑って許してくれる人向け)
文通大歓迎。
+  ロケーション表。自由選択大歓迎

修正

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

  • リーヴ様、少しお願いと…幾つかお聞きしたい事があるのですがよろしいですか?(と、メイドがある時やってくる)
    まず、お願いの方ですが、リーヴ様、例のガントレットを何やら魔道具らしき所から取り出していますよね。あれ、似たようなモノは手に入りませんか?
    (と問う。少女曰く、聞けば例の竜骨戦斧を初め武器が増えてきたので持ち歩くに欲しいのだとか) -- ネル 2024-05-24 (金) 21:05:13 New
    • おう、ネルよく来たないいぞいいぞ……ああ、マジックバッグか(いつも携帯しているマジックバッグを見せて)
      高いぞ(非情な宣告) 滅茶苦茶高い。俺も買ったんじゃなくてたまたま遺跡で見つけたモンだ。逆にいうと金の都合がつくなら手に入る。
      しかし……空間制限もあれば重量制限もあるんだよ。あのクソデカ斧が入るのは……うん、人脈使って安く手に入れた方がいいんじゃねえか。プレスティア商会(ココナ)とか天の川(アシェ)に頼むとか
      遺跡に潜って探しに行ってもいいが……その場合は情報収集からだな
      -- 2024-05-24 (金) 21:15:07 New
      • 高いですか(真顔。ちょっとは覚悟していたが、彼をして言うのであれば相当なのだろうと)
        ですよねぇ…となるともしかするとリーヴ様のものよりも高く…私の身売り先が増えませんかねそれ(すごくとおいめ)
        まあそれであれば、まずはアシェ様に相談してみますか。聞きたい事もあることですし(と今だ捉えきれていないだろう戦竜の事を思い出し)
        ああ、それでそれにも関連しますが…あの竜骨の持ち主…というか古龍の方の事をもう少し伺いたいのですよ。…武器にしておいて、名前も知らぬでは不敬ですから。
        (その辺りについて余り細かい事を聞いていなかったな、と。今更ではあるが、術師であるソフィに習い敬意は持っておきたい) -- ネル 2024-05-24 (金) 21:27:25 New
      • 左様(一言で答えて頷いた) なんかもうご無体しなそうなメルスの所でメイドとしてバイトして稼いだら?(すごい適当な解決策提示!!)
        うん、あと大事なんだがマジックバッグの流通品は…この中に武器詰め込んで運べる関係上、一定以上のランクのマジックバッグ買うためには身分保証がいる。冒険者として相当上位とか、お貴族様の保証があるとか(シビアな現実をガンガン積んでいく)
        あ、でもネルの場合はメリアが保証すりゃいいのか…? まあその辺は上手い事やってくれ。俺も一応情報収集しておくから安く手に入りそうなら連絡入れるわ
        うん? 名前、名前か……プレシュイーズって記録にはあった。結晶竜って種類なんだが……黒十字の術者に操られてたみたいで理性はなかったんだよなあ。だから会話はしてねぇ。だから後は戦い方とかしかわからねえなあ
        -- 2024-05-24 (金) 21:43:25 New
      • メルス様の所はスーパー執事がいらっしゃるようなので私の出る幕などありませんでしょう(と苦笑を浮かべつつも)
        …思ったよりも敷居が高いですね!?いや確かに使いようによっては危険ですし納得ですが…。ああ、でも確かに位だけはお持ちなので、そこはメリア様にお手伝い頂けますね(ちょっとホッとしつつも)
        プレシュイーズ様、ですか…(ふむ、とその名を覚えつつも)ああ、恐らくですがその辺りは少し察しがついています。あの斧には魂の紐付けをして頂き、力を引き出せるのですが、
        金属のような結晶を生成する力を持っていることは確かめられていますね。あの斧の刃は、その結晶でできています。が…。
        黒十字?(声を潜めて)…それ、異端の結社ですよね。私の師のような方から聞いたことがあります。何故そんな事に…?(訝しむように問う) -- ネル 2024-05-24 (金) 21:58:04 New
      • メルスのお屋敷、皇族だけあってクソでかい屋敷だからメイドの募集はありそうだが……ああうん。あの執事さんはやべーな。
        安もんなら割と気軽に買えるんだけどな…凄いのは危険な魔道具もポンポン入るし、最上級だと小さいのなら攻城兵器が入るからよお(数少ない最上級品は軍で運用されているだろうと)
        位だけ…?(首を傾げつつ) へぇーー。魂の紐づけとかできるのかすごいなソフィ。そうそう、そんな感じで結晶弾が無数に飛んできて……ミオがいなかったらやばかったわアレ
        そう、その黒十字。結晶竜の居た遺跡では偶発戦闘だったんだが……黒十字はもともと俺が追っている仇敵でな。例のナイトフォールって名乗ってるのもあいつらを追うための姿だ。まあ全部あいつらにやられたせいであの鎧になれるわけだが…おっと話を戻すと、結晶竜自体はずいぶん前にミオの親が先に殺してた。死体を利用したのが黒十字、って話になる
        -- 2024-05-24 (金) 22:19:12 New
      • (結晶の弾と聞けばほう、と声が出る)なるほどなるほど…、プレシュイーズ様の力はそのようなことも(今度訓練してみるか、と思いつつも)ミオソティス様でもそれは難儀したでしょうね。
        ……今聞き捨てならないことを仰りませんでしたか?黒十字に?あの鎧の姿にされた、と?(自らの師とも言える流れのエルフから黒十字についての概要程度は聞き及んでいる)
        (目を丸くした。どんな邪道な術も駆使し、人理にもとる方法を取ろうとも強き人間を生み出す事を最上とする組織。そんな組織に?彼が?)
        リーヴ様が時折見せる憎悪、どんな縁によって生まれ、なぜ燃え上がるのか気にはなっていましたが…そのせいでしたか…(その身から溢れんような激情を思い出し、瞳を伏せ)
        ならば、プレシュイーズ様を利用したというのも納得できます。…しかし古龍までもを我が物にするような相手…そんな組織を追うなど、危険ではありませんか?(瞳を上げ…彼を、心配するように見て) -- ネル 2024-05-24 (金) 22:35:28 New
      • 後はすっげえ細かい霧状の結晶をブレスにして吹き付けてきた。たぶん鎧が物理的には無効化されるタイプのブレス。古竜はどいつもこいつも規格外だわ…
        秘密にしといてくれよな? 要するに俺は実験台とか被検体とかそういうもんだ。ガキの頃に誘拐されて儀式に使われてそうなった
        (おおよそ、調べれば非人道的な実験を繰り返している危険な集団だとわかるものだ。直接資料を見ないでも、である)
        黒十字と竜以外には八つ当たりに近いが、俺は怒りとか一度抱くとああなるんだ。敵視しちまうとどうしてもな。なに、仲間に向ける事は決してないさ(深刻な顔をするネルの気を紛らわすようにそういって)
        一人で追う時代はまあ大変だったしロクに手掛かりがない時もあったが……ありがたい事にこの国の皇子様がバックについてくれてな? おかげさまで順調に追えてる……最近妙に途絶えてるんだがな
        (心配そうにしてくれるネルに感謝しているのか。最後の一言がぽろっとでた。件の遺跡での遭遇依頼、黒十字の拠点が見つかっていないのである)
        -- 2024-05-24 (金) 22:49:20 New
      • ふむ…ああ、つまり一つ一つはかすり傷を負わせるようなものでも、それが無尽蔵に集まれば物体を削り切ってしまうような?
        (鋼鉄製の鎧があったとしても、そこに針一本を投げつければ僅かな傷が出来るだろう。それを何万、何億と、しかも一度に行うような行為。改めて竜という存在の埒外を感じる)
        (無論、口外などするものか、という表情をしながらこくりと頷いていれば)……それは、リーヴ様の責任ではありません。むしろ…。
        よく普段、御しているものだと思います。流石ですね、リーヴ様は(つまりは外付けの憎悪、外付けの怒り。よくも手綱を引き続けられるものだと思う)
        え、皇子が、ですか(思ったよりもすごいバックが出てきたな、とは思いつつも)一人でないならばよかったですが…。芳しくはなさそうですね。
        さしもの結社も、大人しくなる気になったのでしょうか…更に地下に潜ったのならば、厄介ではありますが…(むう、と一つ呻くも)
        ……リーヴ様、もし何か問題があるのであれば…ご用命くださいませ(彼を見る。その、憎悪宿す瞳ではない、彼自身の青い瞳を)
        私は、貴方様に貸しがありますこと、お忘れなきよう。…身売りをするよりは、マシですし、ね(結びの言葉は冗談めいて。微笑みを浮かべながら) -- ネル 2024-05-24 (金) 23:11:10 New
      • ネル頭いいな! それだよそれ! そういうの!
        (ネルの推測通りの効果が齎される。斧の力を万全に引き出せば似たようなことはできるかもしれない。相応にマナを消費したりするかもしれないが)
        御さないと普通に暮らせないしな。アシェとかミオくらいのレベルの奴といると殺せ殺せって声がな。頭痛するくらいでなんとか収まるけどよ
        そんなに褒められるほどすごいのか……わからんがまあ素直に受け取っておくか
        バルター殿下だな。メルスの兄貴。まあ出会った経緯は色々あったし、なんか黒十字と関係ない仕事も振られるがおおむねいい取引をしてくれてるよ
        俺も仕事がてら遺跡の調査をしてるけどさっぱりでな……まあじっくり探すしかないさ
        ん?(ネルを見返す。青い瞳は静謐だが奥に炎が宿っている。しかしそれはこの場では出るはずもなく)
        ……そうか。そうだったな、ああ。ネルが味方ならだいぶ楽できそうだ、身売りはしなくていいが体を張ってもらう機会はあると思う……その時はよろしくな?(にやりと、信頼と共に笑いを返した)
        -- 2024-05-24 (金) 23:40:44 New
      • ふふ、凄いですよリーヴ様は。ご謙遜なさらずとも(戦いの時に垣間見えていた憎悪、あれを常に身に宿しているのならば)
        (頭痛という実害も出たままに日々を過ごしている。それも一つの、掛け替えのない彼の戦いであると思う)
        バルター殿下…あー……あの才気煥発で知られる…。確かにそれならば、安心して動けるでしょうね。何せあの方の辣腕は、遠き我が故郷の
        ヴェルハイムにさえ話が届くものでしたから。学生の身にして、数々の偉業も成し遂げられたとか(充分すぎるバックアップだ、と頷きつつも)
        (彼の瞳の奥の静かな炎までは、見えない。しかし彼のほくそ笑むような笑みに、思う。悪辣なる者共にその身を苛まれていたのだとしても、彼は自分の知る彼であると)
        では、私そろそろ失礼させて頂きますが…余り根を詰めすぎませんように(彼程の者に余計な心配かもしれないが…得物は、追い込んでいる時が一番危ないものだ、と一言を残し、カーテシーを贈ってその場を辞した) -- ネル 2024-05-24 (金) 23:53:03 New
      • 才気煥発。なんかそんな感じだよな。本人、目立たないようにしてるつもりっぽいがたぶん上手く行かないと思う。少なくとも見る目があるやつからは。
        (まあ一般人向けに擬態できればいいと割り切っている可能性が高い。)
        ヴェルハイム……ネルの故郷だっけ? だいぶ東の方の。まあ皇族なら田舎まで名前が伝わっててもおかしくないな
        大丈夫だ、根を詰めないでやっていくさ。今は待ちのターンだし俺以外の問題もなんかまだまだあるからな…(去っていくネルを見送って)…いざとなれば助けを求めるか。戦力的に(とか呟いていた)
        -- 2024-05-25 (土) 20:48:23 New
  • (ある日の事、街中で見慣れた奇っ怪な髪色をリーヴは眼にする事になる…が、何故か妙にふらふらと歩いている)
    (良く見れば少女は目を瞑った状態で竜の角が生えた状態で歩いているのだ、けれども町行く人々とぶつかる事は無い…まるで目が見えていないかのように事前回避が出来ている)
    (そうしてふらふらと歩いていた少女が…突如ぐりん、とリーヴに顔を向けたのだ。)
    (眼が見開かれれば一瞬異質な戦意がリーヴへと向けられる、殺意だけで喉元を食い千切らんかのような濃密で情の欠片も無い戦闘に特化した存在のソレ)
    (ただお目当ての相手ではなかったのか向けられた敵意はすぐさま解かれた、やー!と無邪気に手を上げて挨拶)ごめん間違えた! -- ミオソティス 2024-05-26 (日) 23:01:23 New
    • …ん?(気配でも、髪の色でも、はたまた頭痛でも分かる。ミオソティスである。ふらついているが。)
      (よう、と手を挙げて様子を聞こうとした所で……ふらついていたミオソティスがこちらに気付いた。)
      !?(しかし、来たるは猛烈な殺意、戦意である。街中でなければ、相応の場面であれば即座に反撃していたほどの。)
      おいおい……(周囲を見る……どうやら指向性が強すぎて自分にしか伝わっていないようだ。そうでなければ大パニックである)
      ごめんじゃねーよびっくりさせんな!(ガチで怒ってはいないが一言言っておくのである) ったく……あれか、戦竜でも探してたか?

      //文通でお願いします! じっくり遊んでいってね!! -- 2024-05-26 (日) 23:17:41 New
      • //了解致した! -- ミオソティス 2024-05-26 (日) 23:33:47 New
      • やー!若干申し訳ない!(言葉では軽い様子だが実際悪いと思っているのかえへへーと苦笑しながら頭を掻いて)
        ご明察!それにキミのお相手もね、ただどっちも隠蔽が随分しっかりしてるから普段の状態だと中々探せなくてさー
        感覚を最大領域にしつつ精度も最大にして探してたんだー、流石のボクもそのままだと負荷が大きいからアバウトに反応した相手の所に行くようにしたらこんな事に
        そろそろ我慢の効かなくなる頃合いかなーと思って(と空を指差す)命である限り開かれた空気、自由には抗えないから
        特に隠蔽をしてるのならその辺りは反発するように膨らむかと思ったんだー(意外と冷静に、冷酷な理由で探していたらしい) -- ミオソティス 2024-05-26 (日) 23:43:49 New
      • 若干かい!(一応突っ込んでおく。悪気がないのは明らかなのだがとりあえずやるのである)
        ああー……それはいい事だがあれだな。その様子だとアシェとかにも絡んでいかねえか大丈夫か?
        行動自体はだいぶアバウトなのに狙いは正確無比なのがなんつーからしいなミオ。確かにしびれを切らすくらいには動いてないな、黒十字も戦竜も。
        戦竜は外で瘴気食って回ってるらしいからそっちの可能性もあるが。そういえばミオ、お前さん医学知識とか魔術知識もいける口だよな? 手伝ってほしい事があるんだが……
        (まだそのパトロールするのか? と聞きたい顔)
        -- 2024-05-27 (月) 20:34:15 New!
      • その点はだいじょーぶ!アシェが寮に居るのを見計らって出たからね!とはいえアシェが用事で出かけたら当然同じ事になる!(腕を組んでうむうむと頷いている)
        たださっきもやったみたいにまずはわざと強烈に殺意を飛ばして反応を見るから事故はそうそう起きないと思うんだ
        それでも見つからない辺り何か準備の期間なのかなー?戦竜の方はボクが動く前に外の回収に出られたら探せないし…(むむーと首を傾げる)
        (一方手伝いがあると言われればいいよーと)元々軽めに圧を掛けて回れればいいと思ってたからさ -- ミオソティス 2024-05-27 (月) 20:56:30 New!
      • まあアシェにやっちまったら甘いもんでも奢ってやれよな。俺はいらん、別にいい。スシなら貰う。
        いいかミオ……知り合いにいきなり殺気ぶつけられるのは事故に近いからな! 俺は全然いいが繊細なやつは傷つくぞ〜?
        クライアントの第五皇子殿下が仰るに国内の地上で見つからんとか言ってたから最悪他の国に活動拠点移してる可能性が……さすがにしんどいからそうじゃないといいんだが
        サンキュ、じゃあついてきてくれ(案内するのは帝都の、ココナの別邸である。歩きながら人が減ってきた辺りで口を開く)
        (語るのはバルターから「黒十字」の実験の被検体を治療・元に戻す術式のヒントを与えられた事。実際に直せるというワンドももらった事)
        (ココナとミオソティスと、そして必要なら他の色々な人にも協力してもらいそれを完成させたいと話し)
        ……ここまでで質問ある?
        -- 2024-05-27 (月) 21:04:58 New!
      • わはははは!竜にとって殺意は挨拶のよーなもの!うんやっちゃったら甘いのたっぷり奢ります、キミにはゼイムトラウトでいい?(原材料)
        とはいえメルスも竜を混じった以上国家権力に中指を立てる自体にもなりかねないので…国家対ボク…
        (何か竜としてロマンを感じているのかまんざらでもない様子だがリーヴが今まで見た通りでは少女は案外理性的だ、実際にやる事は無いだろう)
        (一方で活動拠点を移した可能性が示されれば厄介な奴らだな〜と呟きつつも)ボクとしても友達が転校するのは嬉しくないなぁ
        (そんな事を語った後に戻す方法があると聞けば先ほどまでの軽い様子から神剣な顔で話を聞いている)
        携わる神格の種類や術式の種類なんかが知りたい、解析出来てればだけど。…それと本当に治せたかも、その感じ何度も使えるモノじゃないんだよね -- ミオソティス 2024-05-27 (月) 21:12:58 New!
      • ルネリンデとネーヴェを見るにそれ天竜みたいな古竜の挨拶だよな??? いや原材料じゃねーか、喜んで貰うから寮の部屋に頼む。あ、前に食ったシチュー美味かったし調理済みのなんかでも歓迎だ(とにかく、飯が欲しい)
        学園のメルスならギリ許して貰える可能性があるけど街中のメルスはやべえ、絶対にやべえ。やめろよ国家権力との対決。第三皇子殿下とかが竜になってきたら竜対決じゃねーか帝都滅ぶわ。
        (ロマンがあるのは全く否定しなかった! やってみたくはなるよな。という顔である。リーヴさん頭竜に浸食されてませんか?)
        転校するとしたら広くてでかいアルミネラになるなー。ま、とりあえずはゼイムを探しつくしてからになるさ
        神格の力を借りている節はないぜ……いや、あのワンド(全く新しい生物系統・アルベルティーナ製)はそういう系のアーティファクトかもしれないけど鑑定できてねえんだ
        あくまで魔術の術式として書かれてた、詳しくは資料を見てほしい(資料把握は行間でオッケー!) そうか、実物で試したかどうかまでは聞いてなかったな、確認しておく。バルター殿下曰く「可能な限り汎用的な術式に落とし込み、治療を広げられるように」だとさ
        黒十字のアジトがまだあるなら、そこに非検体にされた人らもまだまだいるだろうし……俺もそうできりゃいいとは思っているが……(難易度が高すぎないか? という顔である)
        -- 2024-05-27 (月) 21:29:54 New!
      • うむ、ボクもその辺ゼイムに来てあっ彼の竜に関する教育ちょっと古い奴だな?と思っているよ、初顔の竜相手に全力で名乗らないんだとかね!
        りょーかい、丸々一匹スシにしたら絶対飽きるからセットでマリネとかフライも付けたげる
        (などと日常的な事から頭竜な事まで笑いながら語り合う…その時点でリーヴの脳は最早竜に汚染されていると言っていいだろう、若しくは単なる男の子かだ)
        なるべく虱潰しでお願いね、とはいえあれだけの事出来る辺りそれこそ各国にバイパスはあるだろうなぁ…
        それってつまり…(言おうとした事をリーヴ…いやそれを伝えたバルターに言われた事で随分先の事を考えているな、と思いつつ)
        うんそーする、正直な所バルターが渡してきたそれは混ぜ合わされたミルクコーヒーをミルクとコーヒーに分ける様な術式だからね
        ボク達にとってそれは出来るから出来る事、だけど説明を求められると凄く難しいからやってる事はとんでもない事だよ
        (魔術と竜の権能の違いを語りつつも…)やるしかないよ、…ボクは人は嫌いだけど救われない人は救いたいんだ。
        ボクはあの時混ぜ合わされた彼らを焼くしか無かった…でも手段はあったはずなんだ、ボクはあの瞬間諦めちゃいけない事を諦めた、だから今度は絶対に諦めない!
        (まっすぐにリーヴを見詰めて語る、それはあの日救われなかった自分を重ね合わせたのかも知れない、…もしくはもっと高潔な祈りを少女が持っているのかも) -- ミオソティス 2024-05-27 (月) 21:44:58 New!
      • (マージで楽しみだ。フライまであるとは……!! 思いのほかにミオソティスの料理の味は気に入っていたらしく。喜んでそれを受け取る気満々だった)
        転身して走り回っても広いからなゼイム……移動用に飛竜が欲しくなるわ。乗れないけど。当分かかる予定だよ
        ミルクコーヒーを分離させるって言われるととんでもなさが分かり易いな……ココナも相当頑張ってたが中々進まねえわけだ
        (難しさを把握し、ミオソティスの言葉には頷いた) そうだ。やれるんなら救わないと、だ(ミオソティスに頷く)
        俺もそうだ。むしろ、俺は今まで……ずっと俺と同じ境遇の奴を敵だと割り切って殺してきた。そうする理由があるって言い聞かせて迷ってすらいなかった……何をいまさらだって言われたら否定できねえ(でも。と続け)
        変わってもいいんだって思い直した、怒りを言い訳に変わらないでいるよりも、今からでも救えるものは救うべきなんだって思えた。お前らが一緒に戦ってくれたからだ。
        俺は魔術とかじゃ何もできないかもしれんが……出来る事は全部やる。諦めないで、やり抜こう。
        (ミオソティスの眼を見つめ返して、しかと頷くのだ)
        -- 2024-05-27 (月) 22:01:03 New!
      • ん?走れば良いんじゃないの?だってほらあの鎧の姿ならボク達にも負けない速度で走れるよねリーヴ?
        (赤黒い風の様なものとなって走り回れる、と…無論立ち止まれば怪しいどころの話ではないが)
        何の意味も無く殺せば魂が穢れる、天竜がある女剣士に言われた言葉なんだって
        その女剣士に拳を当てる事が一度も出来なかった竜はなるほどそういう事もあるのだろうって無意味には殺さなくなったらしいよ
        そういう意味だとキミは穢れてるかな?ボクはそう思わない、それに迷っていなかったとも思わない
        意味はあるんだと自分に言い聞かせないと殺せなかったんだよキミは、そうして背負ってきたから変わろうと思える強さを得られたんだ
        (無論それは殺しを肯定する言葉ではない、殺しを重みと捉えて背負い続けたからだと少女は言っているのだ)
        (子どもとは思えない程に大人びた事を口にする…あの日混ぜられた人間を滅ぼしてからずっと考えてきた事なのだろう)
        それでーココナの別邸に現物はあるの?それとも書類だけ?ボクの目ならまた別の目線で見れるけど -- ミオソティス 2024-05-27 (月) 22:16:22 New!
      • 出来る、出来るが……燃費が最悪なんだよ(深刻な顔) なんかスシだと栄養効率が凄いから走りながら食ったりしてゼイムを回ってる。
        本能ではなんとなくわかるな。食う分以上に殺すのは生き物としてはダメだって奴だろ。女剣士ねぇ……
        天竜から一発も当てられないって雷の速度を凌駕する必要があるよな? やべえレベルの剣士だな……!
        迷っていたのか……俺は……(確信が持てない。持てないが今は仲間の言葉を信じていいと思える)
        変わろうと思える強さか……ああ。そうかもな(それをくれたものは周囲の言葉や思いなのだと思い、しかし口にはしなかった)
        書類も、アーティファクトみたいなワンドも現物がある。自由に見ていってくれ、ココナにいっとけば別邸の合鍵もくれるだろ
        (別邸の前まで案内してそういった。研究進捗は随時リーヴが走り回って情報を共有するだろう)
        -- 2024-05-27 (月) 22:32:13 New!
      • そうだったのか…!キミも苦労が多いんだねえ………そうなると…キミを襲うのなら…只管眷属を襲わせ続ければ…?(唐突に邪悪な事を宣いだす)
        やー一応人の状態で殴りかかったらしいよ、とはいえ人の状態でも彼はすっごい鍛えてるし竜の目もあるからその人が凄いんだけどね
        人の技を無意味だと思ってた彼がボクに技術を教えた理由なんだって、相手の意識から抜け出す瞬歩はボクも使えるよー
        (それは更に驚くべき事だろう、自身を超越種と宣う竜が人の技を認めたのだから。同時にそれだけ人間を解析しようとするゾッとする話でもあるが)
        迷っていたんだよ、そういう事にしとくんだ。そう思えばいつか自分が奪ってしまった命と向き合えるから
        (それは妥協とも言えるが…竜の合理的な思考回路もあるのだろう、強さも。今までに奪った全ての命を覚えるという人ならざる脳を持つ者の言葉)
        良かったー、正直な所術式解読は専門家のココナの助けになれないので実物があるのは助かる!
        (そう言って少女も調査に入ったという、取り返せるとは思っていない…けれどあの時奪った弱き命に少しでも報いる為に) -- ミオソティス 2024-05-27 (月) 22:51:13 New!
      • 持久戦に持ち込むのやめてくんない??? 瞬発力は自信があるがあの状態は燃費が悪くてなあ……
        人型限定とな。それにしたって十分凄そうだが……
        ああ。あの歩法……竜が認めるって事は人族としては最高峰の技術も叩き込まれてるのか。隙がねえなあお前(どれほどの執念で天竜は彼女を創り上げたのか、感嘆する)
        (そうしておくんだ。と言われればひとまずそうするしかないかと頷いた。全てを記憶できない。それなりのやり方でいくために。人である事を否定しないで)
        よろしく頼む。実物を見て分かれば……何とかなると思いたいね。ひとまず俺は小間使いをしながら道を考えるか
        (この「宿題」は必ず完成させたい。その想いを強くして走り回る事になる)
        -- 2024-05-27 (月) 23:17:40 New!
  • あ、先輩。(食事に来た彼の前に申し訳無さそうに白い竜鱗を出して)ナインザーガーとの戦いで壊れちゃった。
    無事に返すつもりだったんだけど……ごめんなさい! リミテッドカルネージだっけ、16連閃の致命傷防いで傷だらけになっちゃった。
    (たはーという顔で)これがなかったらだいぶ危なかったんだけどねぇ。 -- フィーネ 2024-05-27 (月) 21:08:36 New!
    • うお、だいぶ壊れてんな……(渡された白い竜鱗をまじまじと見る)……(顔を上げてフィーネを見る)
      渡しといてよかったわ!(断言!) こいつ1枚であれが防げたんなら十分だわな……
      まあ竜相手だしそんなもんよ。さて、こんままフィーネにあげてもいいんだが……あれだな。恋人以外の男からもらったお守りは回収しとくべきだな?
      (そういう約束だったし、とからかうように言うのである)
      -- 2024-05-27 (月) 21:14:45 New!
      • そうだね、死ぬところだったね……(深刻な顔)アシェの神秘を見事に悪用されちゃったねえ。
        のぎゃあ。(変な声を上げながらハンバーグカレーを出して)もう周知の事実になってるう。
        リーヴ先輩だってほらー、アレじゃないですかアレー。ダンスと研修旅行でアレー。 -- フィーネ 2024-05-27 (月) 21:17:29 New!
      • 心強い味方の技がこっちに向くっていうのはぞっとしねえよな。アレはだいぶやばかった
        肝練り、偉大でしたね……(頂きまーすとハンバーグカレーを食べる。うまし! うまし! みたいな勢いで食べる)
        アレとはなんだアレとは。ココナの事だとは思うが一緒に遊んでただけだぞ?(あれで? あの雰囲気で? そういう自己認識)
        -- 2024-05-27 (月) 21:32:01 New!
      • バルカンフレアとか、禁呪でも到達しない威力と範囲だったし。やっぱり竜は強いねえ。
        肝練りでだいぶやらかしたという自覚はあるーッ。(トーストに分厚いベーコンを切って出される、猫獣人たちの早業だ)
        あ……(その時、フィーネのごま豆腐色の白子と呼ばれた脳が激しく働いた!!)そうでしたか、すいません。
        (ここで周囲が騒ぎ立てるとかえって色恋沙汰から遠ざかるかもしれない!!)そう考えたのだッ。(途中から声に出てる) -- フィーネ 2024-05-27 (月) 21:40:30 New!
      • たまにもうアシェとミオの火力だけでいいんじゃないかなって思う時はある。あるが友を見捨ててはいけないので俺達は最後まで共に戦い抜くだろう(何その口調)
        シュエはイベント盛り上げ勲章とかもらうといいと思った肝練り。サンキュー2匹とも、分かってるな……俺の好みが……!(猫獣人にお礼を言いつつ……ムシャムシャ)
        ? ? 何を考えたのだッ! まああれよ、ココナにも聞いてみろって(無自覚奴) ちなみに……貴族の嫁になる気まんまんなやつ? お前の酒場は長続きしてほしいもんだが……(貴族のお嫁さんはなんかパーティとかで忙しそうだという庶民イメージ)
        -- 2024-05-27 (月) 21:46:39 New!
      • それはわかる。アシェとミオだけに任せきりにして、ボクたちだけ安全な場所にいるなんて友達のやることじゃないからね。
        シュエ先輩ほんとすごかったね……盛り上げ上手。(猫獣人たちがウニャアと言ってハイタッチした)姉妹で仲がいいなぁ。
        わかった!(本当に聞いてみる奴)ぬあー。(真っ赤になって頭を抱えて)嫁て……
        エーミルには生き物と関わる職業っていう将来の夢が、ボクにはル・コンセルトを笑顔で溢れる店にするって夢があって両立可能ですぅー。 -- フィーネ 2024-05-27 (月) 21:55:18 New!
      • うむうむ。フィーネもだいぶ魔術すげえ事になってるしな……ロボアーチャー時代が懐かしいぜ
        姉妹…だったのか…! 姉妹…だったのか…! 猫獣人かわいいよな(対応は変わらなかった)
        逃がすつもりねーんだろ? いつそうなるかだけじゃねーか(デリカシー/ゼロ)
        ほっほー……コレフヴォーリって滅茶苦茶いい所だけど本当に二人とも夢の通りに生きられるといいな。火力が必要なら呼べよな。駆け落ち援護とか(駆け落ちしたらダメだろ)
        -- 2024-05-27 (月) 22:07:50 New!
      • ロボアーチャーだった頃はだいぶ地味だったけど今は派手だよね。もう少し小回りの効いた術も覚えたあい。
        かわいいよね。(キンチャクと右手でハイタッチ、左手でハイタッチ、くるりと回って両手を銃の形にしてポーズ)
        (頭から蒸気が出る、いよいよもって限界のようだ……)
        コレフヴォーリ!?(大きな声に周囲がざわついて)そうだったんだ……全然知らなかったよう…! -- フィーネ 2024-05-27 (月) 22:13:50 New!
      • 魔術でこれ(スリケ……スローイングスターを見せながら)みたいな礫を作ってばらまくと、小回り効いていいんじゃね?
        (ヒューヒュー、と口笛を吹いてから拍手するのである。お金は投げない。そこまで酔っぱらってないからね!)
        (オーバーヒートさせない慈悲がリーヴにもあった。あるかな?)
        そこはよく話しとけよ〜。まあエーミルの奴はしっかりしてるしなんか考えてるだろ。二人で相談しろ、そして手がいるなら呼べ。それで解決だよ。(不安にさせないように味方はいるぜと示すのである)
        あ、キンチャク、エールお代わり
        -- 2024-05-27 (月) 22:18:59 New!
      • なるほど、魔力で固定した形を……(ぶつぶつ考える、なんか覚えそう)
        うー、エーミルと別れたくないよー。(ぐすぐす)相談するう……
        (キンチャクがエールのおかわりを持ってくる)にゃあにゃあ、ぶにぃ、なんなんなーん。(猫獣人語で労っておいた) -- フィーネ 2024-05-27 (月) 22:34:09 New!
      • お守り扱いにならないだろうから1個やるよ。イメージの参考にしな(スリケンをテーブルに1個置いていく)
        大丈夫だ知り合いだけでも天竜の娘も大商会の娘も果てには立派な皇子までいるんだ。お前の仲間は強い…!(そういう問題かなぁ?)
        サンキュー!(エールを飲み) 労わりを感じる…やさしみ…従業員にも恵まれてるじゃねえかフィーネ
        -- 2024-05-27 (月) 22:39:18 New!
      • ありがとう、先輩。(スローイングスターを見て)これをあんな速度で投げつけたらそりゃ魔族も怯むよねー。
        エーミルとまず相談するべきなのかもしれないぃ……(ぐすぐす)
        キンチャクとトウフは優しいからね。二人に夏のボーナス出すためにも、店を盛り上げるぞー!
        (そうしてあれこれ話しながら感情豊かな店の一角の会話は流れていったのだった) -- フィーネ 2024-05-27 (月) 22:49:55 New!
      • ドワーフ製の業物だからな……物理で傷がつくやつならだいたい倒せる逸品よ
        それはそう。ゆっくり話しな、お前ら1年なんだから学生生活まだまだあるしよ
        店の盛り上がりは大事だな。売り上げの貢献は出来るから頑張れよ〜
        (今日も楽しく過ごせた。この酒場が長く続くことを願って止まない。後にも今にもそう思っているリーヴだったという)
        -- 2024-05-27 (月) 23:03:22 New!
お名前:

かんたん設定 http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst070556.png Edit

  • 学園ロートガルデの3年生。貴公子然とした金髪碧眼の少年だが見た目はともかく振る舞いは粗野である。好奇心旺盛なのか珍しいものにはよく食いつく。
  • 身長180前後、体重70前後。引き締まった格闘家の肉体。水泳が苦手そうな筋肉の付き方をしている。
  • トレジャーハントに役立つからと斥候科を選んでいる。能力や実技テストの成績は優秀だが授業のサボリが多いため成績は中くらい。
  • 学業ははっきり苦手だが考古学のみ成績が良い。実益につながるので真面目に習得した模様。
  • 学生寮住まいだが帰っていない事も多々ある。寮以外にもセーフハウス的なものを用意しているらしい。
  • 冒険者・トレジャーハンターとしては7年前から活動している。高位の貴族から指名依頼が来る程度には優秀かつ名が売れている。
  • 眼帯に触れようとしてくる手は自動的に弾く。居眠り中に他の生徒から悪戯で眼帯に伸ばされた手を掴んでへし折ろうとした話は有名。

細かい設定 Edit

来歴 Edit

  • 故郷は旧バーレント男爵領と呼ばれていた地域の街のスラム。
  • 10歳より前の記憶は乏しく、何をしていたかあまり思い出せない。
  • 冒険者歴は7年 食い扶持を得るために始めた。現在は遺跡探索が主な収入源。魔物退治は暇か知り合いの手伝いなら行くくらい。
  • 心得があるなら仕草の端々に高度な教育の名残を感じ取れるだろう。本人は意識していないが。

特殊能力 Edit

  • 「悪食」
    • 腐ったものくらいなら余裕でいける。毒にも滅法強い。腹を壊した記憶はない。
  • 「快癒」
    • 傷の治りが速い。ただしカロリーを相応に消費するため回復には大食がいる。好物なら少な目でもいいらしい(経験則)
  • 「怪力」
    • ただの人間にしては筋力が非常に強い。見た目の筋肉以上の強さを感じる。
  • 「第六感」
    • 直感力に優れる。主に危機回避。

技能 Edit

  • 斥候技能
    • 冒険者としてのスキル。鍵開けから罠感知・解除、聞き耳、忍び足etc...登攀や報酬の交渉スキルも含む。
  • 武器戦闘
    • ショートソードやショートボウ、スローイングスターなど軽い武器を好んで使用する。遺跡探索においては避けられる敵は避けていくスタイル。
  • 犯罪・スラム街知識
    • 幼い頃に取った杵柄とかそういうもの。
  • 鑑定技能
    • トレジャーハンターとして培ってきた知識。来歴や歴史の解説よりは性能を見抜く力。
  • 炎魔術適正A+ 他魔術適正皆無
    • どうやろうと魔力を練れば炎魔術に変換されてしまう。
      • 魔術の勉強はほぼ0で4工程の最初の段階ができましたくらいの技量。つまり魔術はほぼ使えない はずだが…?

装備 Edit

  • 頑丈なショートソード
    • 冒険用。切れ味より頑丈さに重きが置かれている。
  • ショートボウ・矢
    • バッグに収納してある。高品質な性能。
  • スローイングスター
    • 星形の投擲武器。沢山ある。極めて精巧な性能。
  • フック付きのロープ
    • 特注でドワーフ製の頑丈なもの。冒険においても戦闘においても活躍する。複数所持。
  • 冒険用のトレンチコート
    • いろいろと冒険用の道具を入れたトレンチコート。戦闘にも耐える頑丈なもの。
  • マジックバッグ
    • 空間魔法で内部が多少拡張された袋。チート装備ではないので無限に入ったりはしない。重さと容量の限界がちゃんとある。

旧バーレント男爵領 Edit

帝国の東方の小さな領地。田舎。白の森に近い領地で白の森を管理する大貴族から森林の管理の一部を請け負っていた。
領主は竜騎兵であったが、領主一家が消息不明になる事態となったため後任が決まるまでの間は森林を統括する大貴族が代理統治している。
特にこれといった産業はないが統治はゆるやかだったのか住民は豊かではないものの評判は悪くなかった。木材の出荷なども行っているそうな。

隠し事 Edit

  • 魔族に対しての認識能力が壊れており人族にできるはずの識別ができなくなっている。魔族に対する本能的な嫌悪や憎悪は有さない。
    • 魔族に対して何らかの思い入れがあるわけではない。敵なら殺す。人族の能力としての識別能力を喪失しているだけである。
  • 夜はほとんどの場合学生寮に居ない。外出している。
  • かつては記憶を喪失していたが今ではほぼ記憶を取り戻している。
  • 武器を使わない格闘戦に非常に長けている。なるべく使用しないように注意しているが他の武術の達人から見ればわかるかもしれない。
    • ケンカが強いとは認識されている。ぶっきらぼうに投げたりする。

眼帯の奥に潜むもの Edit

  • 竜の存在に反応しリーヴにその殺意を押し付けてくる。
    • 対価として竜の時代に荒れ狂った古竜とこれまでに竜に殺された存在から、竜とその能力に関する知識を引き出せる。
      • リーヴはこれらの存在をひっくるめて「ダイン」と呼んでいる。魂同士で会話している事がある。
  • 眼帯を外すとまぶたはなく、古火竜の目が埋まっている。
    • 元は飛竜の目であったが戦いを経て進化、肥大化しており頭痛の要因の一つでもある。

来客名鑑 Edit

名前詳細第六感DKK
ジン歴戦に思えるが戦闘経験5年の先生。俺かなりに厳しい。ナンデ? 他の生徒にも厳しいが生きる術を与えるためだな追儺0
ココナプレスティア商会のお嬢様。依頼主でもある。払いはいいが要求もきっちりしてる。固有空間持ちである。探求0
ポテチ新聞部の後輩。1年の時からクオリティの高い新聞を出してたし今も変わらずやってるえらい奴。話しやすいのもいい所だ。陰陽0
ミオソティス三色カラフルドラゴンまな板娘。天竜の娘らしい。なんだそれ。天真爛漫さと超然とした二面性がある。注目株。黄金律3
メルス帝国の第八皇子様。割と気さくであとかなりのブラコン。ただ王者の風格的な片鱗は感じるんだよな。成長もこれからだろ展望1
フィーネロボ子。エクスマキナ希少種という、特殊な動力がないと生きていけないがその割にカラッと生きててえらい。内面は複雑だろうが。天命0
エーミル生物部部長のガキ。まだガキなんだよなあ…頑張ってても。動物会話とかそういうのが出来る上に通訳もできる。応援しよう。対話0
アシェ頭痛を催す人竜。人竜ってなんだ。竜に育てられると竜っぽくなるのか。謎が多いが色々器用なやつだ。精錬6
ネル鉄拳メイド。誰に対しても敬語のデキる奴。格闘術と掃除だのなんだのの技術は目を見張るものがある。操守0
カーツクン族という珍しい種族の留学生。価値観が違う所もあるが普通にいい奴だ、頼れる。やや頭痛がするのでドラゴンに関連してるようだが……見た目か?篤信2
グオカ同級生だが年下の生徒会長。何だその属性過多は。生徒会活動を頑張っているゴーレム使い。フットワーク軽くて人助けして回ってる貴族らしからぬいい奴だ庇護0
寧依平和枠の美少女枠の様々な枠を持つねいちゃん。嘘をつくと相手に知らせる謎の能力がある。いわゆる日常の象徴枠でもあり人気沸騰間違いなし。買い。長閑0

関係者(サブキャラ) Edit

ラーセリア・トル・アーテリア Edit

+  詳細

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp037828.png スシ相談所 http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp037829.png http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp037854.gif Edit

修正ですぜ

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

  • 🍣🍣
  • ココナ=サンとミオソティス=サン向け。バルター君の「宿題」についてはココナさん部分、ミオソティスさん部分に分けて解決してもらって合わせて宿題終わり! は一人遊びでまとめようかと思います。
    双方次の訪問で片づけたい(あくまで希望) 細かく詰める前に振って申し訳ない……明日に備えて就寝重点!
    -- 2024-05-27 (月) 23:20:14 New!
    • 了解致した!いやされや〜〜〜(邪悪なフートン掛け) -- ミオソティス 2024-05-27 (月) 23:21:09 New!
お名前:

眼帯を外す Edit


Last-modified: 2024-05-27 Mon 23:17:45 JST (4h)