▼  ガ イ ド マ ッ プ  ▼                              
 

 第一層状都市スリュヘイム

 魔術院

 
 
 
 
 

                    ●     ガ イ ド マ ッ プ 利 用 案 内     ●                    
 
 

企画/叙事詩は参加者の皆様が舞台となる西方諸国と大爛帝国の土地や組織を作り上げることができます。
参加者自らによる舞台作りが叙事詩の根幹を成す要素の一つであり、
キャラクターの設定だけでなく交流の拠点となるコメントやイベントやシナリオの基礎土台にもなることでしょう。
ですが利用していただく上で、参加者の皆様に守っていただきたい規約事項がありますので、
以下にそれら注意事項を記載しておきますのでガイドマップ利用前に一読を願います。
またガイドマップの基本構造や利用例のチュートリアルとして企画/再開発史を参照されることもお薦めいたします。
 

ガイドマップで表示されるミニアイコンは初期状態のデフォルトで設定しております。
デフォルトの画像から差し替える場合は、必ず 200x200 のサイズで画像を加工してください。
一例をあげるならば拾いものである画像を原寸のまま貼り付けると表示が大きすぎて右枠の表記が崩れたり、
ファイルサイズの大きい画像を貼りますとページの読み込みに負荷が掛かることが懸念されます。
これを防止するためにミニアイコンの規格を " 200x200 " で統一し、ページの軽量化にご協力願います。
また参加者の大多数が利用することが予想されますので、gif動作する画像の使用はなるべくですがご遠慮ください。
 

右枠には土地や組織の解説文や機能などを挟むことができます。
ですが一つだけ制限として、行数は必ず 10行の範囲内 で行ってください。
10行制限はブラウザ毎による表示差異 ( これを超えるとミニアイコンの真下に文章が差し込まれてしまうなど )
を考慮に入れた結果や、参加者間での平等を期すために10行という制限を盛り込んだことをご理解願います。
その為に詳細な設定などを載せたい場合は、新規作成したページや個人設定などに記載することをお薦めします。
ですが10行の範囲内であれば参加者の裁量で自由に解説や機能を盛り込むことができます。
最後に紹介文の最後には、必ず #clearのタグを入れてください。
回り込みであるaroundのタグを使っているので条件付けをクリアしないと他を巻き込んで崩れます。
 
 

それでは一例として、下記にガイドマップの手引きを載せます。
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 

まずはタグの説明からさせていただきます。
見だしに含まれているaname(x0){};はアンカータグ、それぞれ各ジャンルで上から " a b c d e " で分けられています。
このタグはリンクのアンカー機能として働いており、ガイドマップや他名簿からのリンクで使用することができます。
アンカーを使用した同ページ間であれば " >#x0 " で動き、
他のページならば " >( アンカータグを使用したページ名 )#x0 " で飛ぶことができます。
各コンテンツにはサンプルが置いてありますので、それに続く形でアルファベット順に、x1...x2...x3...と番号を振ってください。
wikiの編集が苦手であったり、タグを間違えて振ってしまった場合はページ担当が修正処理致しますのでご安心ください。

公式 更新状況   ( こちらは更新チェッカー、これらタグ機能なども合わせて使用するのもいいでしょう。 )

 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
首都・街・集落

 
 
 
 

exp021717.png

          ▼  第 一 層 状 都 市 ス リ ュ ヘ イ ム  ▼          
 
公領中央の水源高地。本来人が住むことなど叶わないであろう絶壁に作られた最初の都市がこの第一層状都市スリュヘイムである。現在は国名と同じになって呼称が不便であるため、単に第一層状都市とだけ呼ばれる。
上層の水源から無数の水路を降ろし、他の国では考えられないほどの急傾斜に群がるようにくらい尽いているその都市は、遠くから見れば塔のようにすら見える。
いかに首都たるこの都市でも公領の汚れた土地から逃れる事は叶わず、最下層には魔術汚染が蔓延し、中層もあまり良い生活をしているとは言い難い。
それでも、公領の中では比較的マシな都市であるこの都市には無数の人間があつまり、その少ない可住地を金で奪いあっている。
そのため、人口過密のこの第一層状都市の雑踏は常に人で溢れている。
今日も、一年中明かりの耐えない最上層の大公爵邸の光を眺めつつ、人々はアンデッドやゴーレムと共に労働に従事している。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

街道・砦・戦場

 
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 
※ ガイドマップの詳しい利用についてはこちらをご参照ください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

名所・史跡

 
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 
※ ガイドマップの詳しい利用についてはこちらをご参照ください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その他

 
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 
※ ガイドマップの詳しい利用についてはこちらをご参照ください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

組織

 
 
 

exp020668.png

          ▼  魔  術  院  ▼          
 
他国ではスリュヘイム魔術院と呼ばれる魔術研究機関。
公領内の魔術汚染に対する環境浄化計画として設立されたが、現在は学術機関として運営されている。
特に輸出品、国産品である魔石や鉱石の加工技術やゴーレム技術に力を入れた教育が行われているものの
純粋なマナの行使を学び教える魔術師や、魔術汚染研究も熱心に進められている。
上層にあり、魔術に才能ある者を上層下層関係なく呼び込んでは研究員として育て上げている。
学費に金銭は掛からないものの卒業した魔術師には公領から下される公の召集に対し応じる義務が発生する。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


Last-modified: 2012-07-16 Mon 09:47:54 JST (2817d)