▼  ガ イ ド マ ッ プ  ▼                              
 

 胎内洞窟  ゴラ  トラス

 
 
 
 
 

                    ●     ガ イ ド マ ッ プ 利 用 案 内     ●                    
 
 

企画/叙事詩は参加者の皆様が舞台となる西方諸国と大爛帝国の土地や組織を作り上げることができます。
参加者自らによる舞台作りが叙事詩の根幹を成す要素の一つであり、
キャラクターの設定だけでなく交流の拠点となるコメントやイベントやシナリオの基礎土台にもなることでしょう。
ですが利用していただく上で、参加者の皆様に守っていただきたい規約事項がありますので、
以下にそれら注意事項を記載しておきますのでガイドマップ利用前に一読を願います。
またガイドマップの基本構造や利用例のチュートリアルとして企画/再開発史を参照されることもお薦めいたします。
 

ガイドマップで表示されるミニアイコンは初期状態のデフォルトで設定しております。
デフォルトの画像から差し替える場合は、必ず 200x200 のサイズで画像を加工してください。
一例をあげるならば拾いものである画像を原寸のまま貼り付けると表示が大きすぎて右枠の表記が崩れたり、
ファイルサイズの大きい画像を貼りますとページの読み込みに負荷が掛かることが懸念されます。
これを防止するためにミニアイコンの規格を " 200x200 " で統一し、ページの軽量化にご協力願います。
また参加者の大多数が利用することが予想されますので、gif動作する画像の使用はなるべくですがご遠慮ください。
 

右枠には土地や組織の解説文や機能などを挟むことができます。
ですが一つだけ制限として、行数は必ず 10行の範囲内 で行ってください。
10行制限はブラウザ毎による表示差異 ( これを超えるとミニアイコンの真下に文章が差し込まれてしまうなど )
を考慮に入れた結果や、参加者間での平等を期すために10行という制限を盛り込んだことをご理解願います。
その為に詳細な設定などを載せたい場合は、新規作成したページや個人設定などに記載することをお薦めします。
ですが10行の範囲内であれば参加者の裁量で自由に解説や機能を盛り込むことができます。
 
 

それでは一例として、下記にガイドマップの手引きを載せます。
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 

まずはタグの説明からさせていただきます。
見だしに含まれているaname(x0){};はアンカータグ、それぞれ各ジャンルで上から " a b c d e " で分けられています。
このタグはリンクのアンカー機能として働いており、ガイドマップや他名簿からのリンクで使用することができます。
アンカーを使用した同ページ間であれば " >#x0 " で動き、
他のページならば " >( アンカータグを使用したページ名 )#x0 " で飛ぶことができます。
各コンテンツにはサンプルが置いてありますので、それに続く形でアルファベット順に、x1...x2...x3...と番号を振ってください。
wikiの編集が苦手であったり、タグを間違えて振ってしまった場合はページ担当が修正処理致しますのでご安心ください。

公式 更新状況   ( こちらは更新チェッカー、これらタグ機能なども合わせて使用するのもいいでしょう。 )

 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
首都・街・集落

 
 
 
 

exp021715.png

          ▼ 胎 内 洞 窟 ▼          
 
バルバランド中央の深い森の中、ぽっかりと開いている巨大な地下へ続く道。
その先にある地下火山の入り口にして畔こそがこの溶鉄の産地にして地下都市、胎内洞窟である。
アリの巣のように入り組んだ内部構造を理解することは最早不可能であり、現地人ですら完全把握は諦めている。彼らからすれば彼らがそれぞれ利用したい場所だけ覚えていればいいのである。
入り口は無数にあり、そこから吹きぬける風のお陰で酸欠などとは無縁の洞窟である。
現在はエルナム族といわれる製鉄に優れた部族が住み着いており、外の些事など関係なく只管に鉄を取り、鍛冶を続け、そしてそれらを彼らの好む貴金属や宝石と交換している。
故にその高い経済力の関係と、その特異な景観から観光目的で訪れる人間も多いため、暫定的な協定連盟首都として機能している。
余談だが、統一王朝が興る遙か昔の時代からここには既にエルフやドワーフ達が住んでいたらしいが、残念ながら記述は残っていない。

 
 
 
 

exp020668.png

          ▼   ゴ ラ   ▼          
 
ウラスエダール連邦との国境沿いに位置する集落の名であり、その地に住まう民族の総称でもある。
その立地からか、バルバランド協定連盟内でも、取り分け竜に対する信仰が根強い。
厳しい気候や生活水準も、竜が与えた乗り越えるべき試練だと、誰もが当たり前のように信じている。
バルバラの民の中でも珍しく、男尊女卑の文化が根付いているのも特徴的だ。
モンスターによる災害が、他の地域と比較しても非常に多い。
それらを撃退し、駆逐するのは、屈強な戦士たちの役目であり、その多くは男性である。
無事に子を成せるのも、彼らが齎す束の間の平穏があってこそなのだ。
また、リザードマンとの混血化が進んでおり、瞳孔に爬虫類のような特徴を持つ。
頭部や腕部、肌に爬虫類の特徴を持つ者も存在し、その姿は多様性に満ちている。
主な産業は傭兵や番兵、用心棒など。

 
 
 
 

exp020668.png

          ▼  ト ラ ス  ▼          
 
バルバランドの中心から外れ、ウラスエダールの国境よりの場所にある部族の都市であり民族。
中心部から離れていることで環境も良くはなく、過酷といってもいい。
古くは統一王朝の時代から存在する城を中心とする都市であり多くの部族が織り交ざって今日に至る。
先祖が暗に女尊を拒否したためか、統治のエルフがいるものの他の中心部の部族とは一歩二歩距離が置かれている。
しかしその女性だけに頼らざるとする心情から心魂は異常に強く過酷な環境で肉体と精神を常に鍛え上げている。
治めているのは戦士、鍛冶等の役職の統括長と形式上のエルフの部族長。内政以外をエルフが勤めている。
分業制の共和制国家のような体裁を持っている。
主な産業は軍事、傭兵、鍛冶に狩猟や農耕である。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

街道・砦・戦場

 
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 
※ ガイドマップの詳しい利用についてはこちらをご参照ください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

名所・史跡

 
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 
※ ガイドマップの詳しい利用についてはこちらをご参照ください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その他

 
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 
※ ガイドマップの詳しい利用についてはこちらをご参照ください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

組織

 
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 
※ ガイドマップの詳しい利用についてはこちらをご参照ください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


Last-modified: 2012-07-16 Mon 09:45:22 JST (2869d)