▼  ガ イ ド マ ッ プ  ▼                              
 

 ゾド  貿易都市 トラバ

 古代都市

 ロータートイフェル商会 東ローディア支店  ダブルリー

 異族

 
 
 
 
 

                    ●     ガ イ ド マ ッ プ 利 用 案 内     ●                    
 
 

企画/叙事詩は参加者の皆様が舞台となる西方諸国と大爛帝国の土地や組織を作り上げることができます。
参加者自らによる舞台作りが叙事詩の根幹を成す要素の一つであり、
キャラクターの設定だけでなく交流の拠点となるコメントやイベントやシナリオの基礎土台にもなることでしょう。
ですが利用していただく上で、参加者の皆様に守っていただきたい規約事項がありますので、
以下にそれら注意事項を記載しておきますのでガイドマップ利用前に一読を願います。
またガイドマップの基本構造や利用例のチュートリアルとして企画/再開発史を参照されることもお薦めいたします。
 

ガイドマップで表示されるミニアイコンは初期状態のデフォルトで設定しております。
デフォルトの画像から差し替える場合は、必ず 200x200 のサイズで画像を加工してください。
一例をあげるならば拾いものである画像を原寸のまま貼り付けると表示が大きすぎて右枠の表記が崩れたり、
ファイルサイズの大きい画像を貼りますとページの読み込みに負荷が掛かることが懸念されます。
これを防止するためにミニアイコンの規格を " 200x200 " で統一し、ページの軽量化にご協力願います。
また参加者の大多数が利用することが予想されますので、gif動作する画像の使用はなるべくですがご遠慮ください。
 

右枠には土地や組織の解説文や機能などを挟むことができます。
ですが一つだけ制限として、行数は必ず 10行の範囲内 で行ってください。
10行制限はブラウザ毎による表示差異 ( これを超えるとミニアイコンの真下に文章が差し込まれてしまうなど )
を考慮に入れた結果や、参加者間での平等を期すために10行という制限を盛り込んだことをご理解願います。
その為に詳細な設定などを載せたい場合は、新規作成したページや個人設定などに記載することをお薦めします。
ですが10行の範囲内であれば参加者の裁量で自由に解説や機能を盛り込むことができます。
最後に紹介文の最後には、必ず #clearのタグを入れてください。
回り込みであるaroundのタグを使っているので条件付けをクリアしないと他を巻き込んで崩れます。
 
 

それでは一例として、下記にガイドマップの手引きを載せます。
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 

まずはタグの説明からさせていただきます。
見だしに含まれているaname(x0){};はアンカータグ、それぞれ各ジャンルで上から " a b c d e " で分けられています。
このタグはリンクのアンカー機能として働いており、ガイドマップや他名簿からのリンクで使用することができます。
アンカーを使用した同ページ間であれば " >#x0 " で動き、
他のページならば " >( アンカータグを使用したページ名 )#x0 " で飛ぶことができます。
各コンテンツにはサンプルが置いてありますので、それに続く形でアルファベット順に、x1...x2...x3...と番号を振ってください。
wikiの編集が苦手であったり、タグを間違えて振ってしまった場合はページ担当が修正処理致しますのでご安心ください。

公式 更新状況   ( こちらは更新チェッカー、これらタグ機能なども合わせて使用するのもいいでしょう。 )

 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
首都・街・集落

 
 
 
 

exp021713.png

          ▼  ゾ ド  ▼          
 
東ローディア中央山脈北側に位置している都市であり、首都。
元々は街ではなく、かつてこの地を統一王朝が平定するために無数に設えた要塞の一つである。
砂嵐や雨風を避けるため、その巨大な要塞を囲むように人が集り、道が出来、市が立つようになり……
最後にその利潤を吸い上げるために権力者がパトロンとして現れ、ついには街となった。
砂嵐に守られ、更に山岳の傾斜や川などを堀として利用して作られたゾドは難攻不落の天然要塞であり、城壁内は安全地帯である。
そのため、東では珍しい非常に治安が良い都市でもある。
また、かつての統一王朝が作った街道や山道も多くつながっていたため、交通の便もよく、現在も東西経済流通の要として機能している。

 
 
 
 

exp021698.jpg

          ▼  貿 易 都 市  ト ラ バ  ▼          
 
首都ゾドから南方、河川流域に寄り添うように構築された商業都市である。
東には大爛帝国との国交路である山脈路、西には陸路を結ぶ旧王朝時代の街道、
そして南にはアルメナと国交を結ぶ河川の運輸路を設けた交易の要所として知られている。
 
商人同盟の重鎮である " ダブルリー " を筆頭に複数の有力商人がこの地を治めており、
市場主義を掲げることで各国の商人たちが集まり、この地に拠点や支店を多く構えている。
交易と共に東西の文化の集まるこの地では建築・治水技術なども発展しており、
東西の民族文化が一度に見られるとして、近頃では観光事業にも力を入れることで人と金をより集めることを目指している。

 

nolink

          ▼  商業都市レムザ  ▼          
東ローディアの商業都市
元々東西の交易中継点として栄えていた街だったが、長年続いた杜撰な土地管理と強欲な貴族による行政の私物化により、衰退
一時は総人口が1000人を切ることすらあったという
しかし、223年の帝国侵攻により征服されてからは帝国式農法と交易路の整備によってかつての栄華を取り戻し、一大交易拠点として復活を果たした
それ故、以後この街は親帝国都市として生まれ変わり、西爛戦争後の粛清までそれが変わることはなかった
これといった特産品はないが、帝国本土の品と西方由来の品々が交わり、尚且つ帝国軍の拠点としても機能している
帝国統治時代の総督は第72皇子・宗爛が勤め、長らくかの皇子の前線拠点として知られていた
 

 
 

nolink

          ▼  ゴーント  ▼          

元々は異族の都市部への侵入を防ぐために作られた城塞都市
223年の帝国侵攻の際、守備隊全滅の後に全面降伏し、帝国領となった
特に生産面ではこれといった特徴の無い街だが、堅牢な城塞都市であるこの町は防衛拠点としては優秀であり、長らく帝国軍の宿駅として利用された
帝国軍の交易路整備により街自体も豊かになり、224年には完全和解
他都市と同様、親帝国都市として粛清されるまで栄えた
 

 
 

qst080724.png

          ▼  アトル・イッツァ  ▼          
 大陸中央山脈を挟んで大爛の華桌(カタクァ)の大体反対側にある街。
山脈の麓にある街で、地下水が豊富なため南部東ローディアにしては
なかなか快適。山を飛び越えることの出来るシャツァルに乗ってくる
カタクァ人とは古くから交流があり、特に数十年前からは大爛由来の
農業畜産技術によって食料の増産を可能とし、また逆に鉄鉱石の輸出
によって辺境地にありながら大きく発展した。カタクァ人の職人も多く
移り住み、近年急速に金属加工産業を発達させている。
 またアトル・イッツァの高層な建築物は伝統的な技を守る優れた石工
職人達の手によって作られたものである。
カタクァの反乱の際独立を宣言し、反乱軍の拠点となった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

街道・砦・戦場

 
 
 
 

exp020668.png

          ▼  サ ン プ ル  ▼          
 
※ ガイドマップの詳しい利用についてはこちらをご参照ください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

名所・史跡

 
 
 
 

一夜の幻の都の伝説は帝国西域、東ローディアに共通する類話が見られる

          ▼  古代都市  ▼          

砂嵐に巻き込まれ、方向を見失った旅人が星を頼りに足を進めていくと地平にひときわ輝く黄金の都がある。

命拾いしたと、たどり着くとそこは栄華と繁栄を極めたかつての古代都市の如く、いや正にそのもの。

楽土を想わせる香、豊かな食事、たゆたうような楽器の音と美酒、町の人々は男女問わず豪奢で官能的な装い。

天の美禄をあおりいつしか眠りに落ちた旅人は翌朝、とうに滅んだ遺跡の街で目覚めるのだという。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その他

 
 
 
 

exp021700.jpg

          ▼  ロ ー タ ー ト イ フ ェ ル 商 会  東 ロ ー デ ィ ア 支 店  ▼          
 
ロータートイフェル商会が事業拡大の為に用意したのが、この東ローディア支店である。
貿易都市トラバに拠点を構えることは、商会にとって悲願であり商人同盟へと斬り込む足がかりでもあった。
 
しかしながらこの支店を預かる責任者に問題があり、
営業を名目に支店を何ヶ月も空けて旅へと出てしまう放浪癖があった。
このため支店には本社との連絡員が数名詰めているだけで、
支店というよりも商会の倉庫としてのみ機能しているのが現状である。

 
 
 
 

exp021701.jpg

          ▼  ダ ブ ル リ ー  ▼          
 
貿易都市トラバを預かる市長、東ローディア商人同盟の古参株。
裸一文から富と名声を築きあげた豪傑であり、商人同盟の中でも大きな発言力を持つ。
 
叩き上げの商人として利益追従を主義として掲げ、利潤をもたらすならばどんな決断も下す。
後に起きる帝国との戦争においては商人同盟に与して東ローディアを見限り、
帝国側へと付くことで貿易都市トラバの安寧と帝国との貿易権利を得る。
 
ローディア人と東側の部族とのハーフであることも知られており、彼にとっては東と西の国は些細な違いでしかない。
ダブルリーは通称の字名であり、本名は " リチャード・李 "である。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

組織

 
 
 
 

exp021688.png

          ▼  異 族  ▼          

山岳民族の総称。

もとは点在するオアシスの民であったが戦乱のおりに山岳へ追いやられたと考えられる。

人種系統は混血化した東ローディアや帝国西域と異なり、より古い西ローディア人の特徴をもつ。

つまり東ローディア成立以前に、拡散していった先住民族である。

荒地で細々と農耕や牧畜を行なっており、薬草や茶の栽培に長けている。天を奉り、星辰に詳しい。

各地の族長達はシャーマンであり千里眼の力を持つという。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


Last-modified: 2012-08-11 Sat 00:17:14 JST (2791d)