《 叙 事 詩 》
─── Epic poetry ───
─大爛帝国─
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp021695.jpg


其の者──
大爛帝国第十皇子、轟爛
その名は様々な意味を含んでいる
残忍 悪辣 冷酷 暴虐 死…
蟲毒の渦中である帝国にあって、最も邪悪な男
そう、おそらくは──
父である皇帝よりも

ID:485624
名前:
出身家:
年齢:23
性別:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit


企画/叙事詩 Edit

轟爛>名簿/485624 COLOR(#B22222){}

編集

お名前:
  • (先日の轟爛の活躍に寄り、漁夫の利を得つつも栄樂軍の援護をした形になった六稜軍は規模を拡大)
    (栄樂軍ほどではないとはいえ、それでも以前よりははるかに位階を近づけて再び文を送りつけてきた)
    (今度の文はゾドへの援軍要請の文であった)
    (出来る事なら本国に増援の手配もして欲しいという懇願である。近々、ゾドは包囲され、おそらく篭城を余儀なくされる)
    (そうなれば中央からの増援がなんとしても必要となる。増援到着までの時間をすこしでも早めるためには……位階の高い皇子である轟爛に頼むのが一番てっとり早い)
    (前線で収奪した金品をいくらか贈りつけつつ、宗爛は再びそう文を轟爛へとしたためていた) -- 宗爛 2012-08-24 (金) 07:30:11
  • (前線で活躍を続ける轟爛へ、宗爛から激励の文と物資が届いた)
    (率いる軍勢がそれぞれ違うせいか、前線であまりお互いに出会うことはない。此処の所はもっぱらこのような文でのみ交流している)
    (しかし、物資が届いたのは初めてのことである。それもそのはずだ。六稜軍と栄樂軍では規模も位階も全く異なる。どちらかといえば、格下の六稜軍に対して栄樂軍が援助の為に物資を送っていることのほうが今までは多かった)
    (しかし、今回は六稜軍からの物資援助である。無論、それが含む意味が何もないわけではない)
    (宗爛は暗に兄に頼んでいるのである)
    (更に苛烈に、更に熾烈に……略奪のために進軍してほしいと)
    (言うまでもないことではあるが、それをわざわざ強調したのである) -- 宗爛 2012-08-07 (火) 10:29:06
    • ふん、宗め(書簡に目を通すと、片頬を吊り上げるいつもの笑いをみせた)
      この俺に糧をよこすとは、俺に暴れろと言っているのか。この俺に (ふふふと含み笑うと、手の内で書簡をぐしゃりと潰す)
      (宗のあの赤い目が思い浮かぶ 下級皇族にありがちの服従と諦観の淀みの奥にある鋭い輝き)
      いいぞ、もっと俺を楽しませろ 貴様がこの血塗れた乱世をどうあがいていくのか俺に見せてみろ
      面白ければよし。つまらぬものであれば…(喰らい潰すまでよと、言葉の続きを口の中で呟いて、高らかに哄笑した)
      -- 轟爛 2012-08-07 (火) 22:52:45

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

寝所(共有コメント)
お名前:

コメントはありません。 艶蕾宮室?


Edit

大爛帝国第十皇子
190センチを越える身の丈、鋼の如き肉体
相手を射竦める恐ろしいほど冷たい瞳に、嘲笑を浮かべる唇、心の芯を揺さぶる声
帝国無双と謡われる圧倒的な武技と、奸智に長けた怜悧な頭脳をもつ
悪として生まれつき、悪を振るう為に生きている
世界が燃えるのを見て笑う者

Edit

轟爛は最低限の防具しか身につけない
自分が死なないと信じているからである

轟爛は常に誰よりも先に敵陣へと躍り込む
より多くの命を奪うためである

轟爛は強者とまみえるのを望んでいる
命を奪った時の悦楽をより高めるためである

生を受けて一度たりとも、誰かから傷を負わされたことは無い

超硬質、超重量の黒骨大剣を軽々と振るい、猪と狼に似た巨大な魔獣「牙王」に跨り戦場を駆け抜ける

赤死隊と呼ばれる血色の旗と甲冑に身を包んだ大隊を従える
その誰もが一騎当千のつわものであり、怖れを知らない忠実な部下である
赤死隊が通った場所はすべてが滅ぼされ、全てが奪われる

Edit

帝国中央に位置する広大な大地、栄樂を治める
肥沃な大地と河川に恵まれ、騎獣の一大産地として名高い
特に永樂の馬は名馬として知れ、中でも黒毛の馬は「栄黒馬」として非常に重宝されている
轟爛の私兵である赤死隊の騎馬隊も、すべてこの永樂の馬で構成されている
広大な面積のため食庫も膨大な量を誇る

Edit

大火が起きた騒乱の夜、母の胎に20ヶ月留まり続けた轟爛は生まれた
髪が生え、目も見開き、歯も生えていた鬼子であった
難産であったために、母は死んだ
生まれて初めて殺した相手は母だった


五歳の頃、父よりかねてからねだっていた極楽鳥の雌を貰った
誕生日の贈り物だった
次の日、侍女が首をもがれた極楽鳥を見つけた
傍らにいた轟爛は、血塗れの顔で笑った
「黄金の羽を持つ鳥でも、血は赤いのだな」


服に汁を零した配給係を一家もろとも火刑に処した

妾にと口説いた侍女を次の日には牛裂きにした

乞食に金を与え、貴族に仕立て上げたかと思うと、物取りの罪で斬首した

皇族を幾人も暗に抹殺し、今も殺し続けている

意味などない 楽しいからだ

見据えているのは玉座のその先

この世のすべて

相談場所 Edit

  • やりたい事
    • 戦争とか戦闘とか決闘とか乱闘とか虐殺とか轢殺とかの戦闘劇
    • 帝国内での諸々のドロドロしたような政治劇
    • 女の人を攫って妾とか愛人とか命を狙われたりする愛憎劇
      お名前:
      • お、おじゃまします…企画終了には間に合いませんでしたが、完成したのでご報告ですー ※音が出るFLASHです
        イオニカさんについてはデータは準備したのですが、叙事詩名鑑に名前が無く名簿も削除されていたので、悩んだ末に非表示にしました…
        もしこのメッセージを確認できましたらご連絡ください。イオニカさんも表示する様にしたいと思います -- 記者 2012-09-30 (日) 08:27:18

      最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2012-07-16 Mon 11:07:58 JST (3356d)