冒険者/0002

  • かれりあさん、ところでこの前トリの人を遺跡から持ち帰ってたけど…(まさかその…食べたの?という疑問を抱いているらしくそんなことを聞く、遺跡から獲物を持ち帰ってあれこれするということの一環かと) -- 陽子 2016-07-14 (木) 21:46:22
    • えぇそのまま丸々煮えた油でこんがりね?・・・ってなんでよ(ツッコミ)
      レクトールに頼まれていたのよ、危ないかもしれないから回収してくれって・・・ふふっ遺跡から持ち帰ったものは全部食べると思ったの?
      -- 2016-07-14 (木) 22:05:04
      • えっ…知り合いだったんだ(そのれくとーるという人とは面識がないので、てっきり遺跡から持ち帰った獲物だとばかり…)
        ……そういうことしてる人が、いたから…(苦い顔、『仕留めた獲物を食うのは当たり前』という考えを幼いころの陽子に刷り込んだ誰かがいる…のかもしれない) -- 陽子 2016-07-14 (木) 22:11:15
      • あぁそっか面識なかったのね・・・この街の冒険者の一人よ本人の言うには結構なお歳みたい?
        ・・・まぁそういう考えを持つ人もいるものね・・ファウストもそうだったし・・・(苦い顔によしよしと撫でて)・・・そういう事について、あんまりいい思い出はない?
        -- 2016-07-14 (木) 22:28:18
      • つまりスープにするといいダシが…いやなんでもないです(年を取った鳥はスープにする。みたいな話を連想して首を振った)
        ……いっつも勝手なんだ、『死ぬなよ』って言っておけば死なないとでも思ってるのかしら…
        (なでなでされれば愚痴をこぼし始める、陽子いわく『まだ5歳にもなってない自分に死なないように頑張れと言って自分は大暴れする』そんな配慮に欠けるおじさんとしばらく世界を放浪してた時期があった話) -- 陽子 2016-07-14 (木) 22:34:14
      • ふふっあれ出汁とれるのかしら・・・(くすくす笑って)
        それはまたワイルドな幼少期ね・・(可哀そうにと首を振って)・・・でも今は神社に住んでいるわよね・・どこかで別れたのよね?(はてと)
        -- 2016-07-14 (木) 23:02:02
      • そのへんで仕留めた肉とか、そのへんで取ってきた草とか…そんなのばっかり食べてた気がする…(それが普通だと思ってた時期と今とではやっぱり今のほうがいいとしみじみ)
        うん、5歳くらいのときに神社に預けられて…それっきり10年以上ほったらかし!(連絡一つもよこさねえ!と)
        まあ最近戻ってきたと思ったらまたどっかに…(話を聞く限りでは相当勝手な『おじさん』であることと、最近再会したことが解ることだろう) -- 陽子 2016-07-14 (木) 23:07:33
      • ひどい話ね・・・(発育不良の原因はその辺もあるのではとうぅむと唸る)
        ふふ・・(ぶつくさ言いながらもその方向性が心配である辺りなんとなく微笑ましくなって)憧れなのね・・そのおじさんが・・
        一度は戻って来たのなら、(彼基準では)近くにいるのよ・・きっと見守ってくれているのよ(もっかいよしよしとして)
        -- 2016-07-14 (木) 23:26:54
      • でもさ…おじさんに拾われてなかったらあたし…死んでたかもしれないし(両親は死んだ、おじさんに拾われなければそれこそどこぞで野垂れてたかもしれない…よくある話だ)
        は!?よ、よしてよそんな…(確かに面倒見てもらった恩はあるけど…ああいう風になっちゃダメだっていうのも解る人なのであたふた)
        そうかしら?この前だって電話かけたら『いまアナグラの奥のほうでデカブツとヤりあってて手が離せない』なんて抜かしやがってたし…(よしよしと撫でられつつその時のことを話す、まさかその穴倉っていうのがその遺跡だとはまだ気が付いていない様子) -- 陽子 2016-07-14 (木) 23:39:01
      • (かばおうとする様をみればまた微笑まし気)えぇ・・そうね・・・ちゃんと感謝しないとダメだったわね
        (照れない照れないと笑いつつ)そうよ、そりゃ四六時中見ているって訳じゃないでしょうし?・・ちょっと間が悪かったのよ
        ・・・それに、本当に手が離せなかったのなら応答なんてしないでしょう?(忙しくても貴女の為に時間を割いたのよと笑って)
        -- 2016-07-14 (木) 23:46:21
      • 素直に感謝したくてもできないっていうか…かわいくないのよ!あのおっさん!!(憎まれ口にかわいくない態度は日常茶飯事!と愚痴を言うも心の底から憎んでるというわけでもない…イザヨイとのそれと似た距離感)
        まあ、そうだけど…(こっちから連絡したら返事を返せとケータイを渡して、少しは話ができるようになった…まああっちからは連絡が来ないが)
        はあ…今頃何してるんだか……あっ!ごめんね!?なんだかこんなこと…(なんだかんだで愚痴を聞かせてしまったのでぺこぺこ頭を下げて帰っていく…) -- 陽子 2016-07-15 (金) 00:11:42
  • (酒場に行けば会えるだろう、そう思って酒場に顔をだす。ウロウロしているとお目当ての人物を発見、お酒を呑んでいるのか、テーブル席に一人のようだ。そっと近寄り)
    ……ココ空いてる?(答えを聞く前に着席。そのままじっとカレリアの顔を見ている) -- リルノラ 2016-07-13 (水) 20:17:19
    • んふふ〜(なんか妙にご機嫌な様子で甘いカクテルをちびちびしてる、声を掛けられるとにこーっとした笑顔を向けて)
      あらリルノラ?体調はもういいの?(空いてる空いてる、どうぞどうぞーと進めて)・・・んー?なぁに人の顔じっと見て?(恥ずかしいわーとしなをつくったり)
      -- 2016-07-13 (水) 20:21:36
      • このあいだは…あり…あり…が……うん?(じっとみてれば何だかほろよいのご様子。ついつい減らず口が出てしまう)
        はあ…アンタもしかして酔ってんのー?いい御身分ねー?依頼でも成功させたのかしら…じゃあジュースぐらい奢ってよ! -- リルノラ 2016-07-13 (水) 20:31:03
      • んふふ〜っいいでしょ〜?(にこにこにこしながら皮肉もさらりと流して)
        えぇ勿論、今日は奢りよ?(カクテルでいいわよね?と飲ませる気満々でウェイトレスに声を掛けてる)
        -- 2016-07-13 (水) 20:35:24
      • いやいや!!待ってよ!?アタシお酒は飲んだこと!!(この、酔っぱらいめー!とカレリアを睨み)
        いいわ、飲んでやるんだから!!(やってきたウェイトレスに)カクテル!カクテル頂戴!!……コレで満足かしら…!? -- リルノラ 2016-07-13 (水) 20:39:43
      • あによぅ・・私のお酒が飲めないっていうの?(机をばんばん、絡み始めた!うっとうしいぞ)
        ふふっそうよそれでいいの(あまいのねーっとお願いすればジュースみたいに口当たりのいい物を出してもらう)まんぞくよー(ほらほらかんぱーいとグラスを揺らして)
        -- 2016-07-13 (水) 21:07:43
      • (そう言って出てきたお酒に難しい顔をする。一方、カレリアはすっかり上機嫌。覚悟を決めグラスをカチンと鳴らし)……かんぱい……
        (一口飲めばジュースみたい、そんな感想がでてくる)…ふうん、いがいと美味しいわねー。ジュースみたいだわー……アンタいつもココで呑んでるの?意外と呑兵衛ねえ… -- リルノラ 2016-07-13 (水) 21:20:40
      • はいかんぱーいっ・・・ふふっでしょう?・・ひょっとしてあんまり飲んだ事なかった?(不思議そうにする様子は相手が未成年だって事を完ぺきに忘れてる)・・・偶にね〜美味しいもの(うんうんとまたちびり)
        んふふ〜♪(すごく楽しそうに飲む様子はすっかり出来上がっているのだが・・・一緒に飲んでいると気づく筈だ、ペースがすんごい遅い・・・酔ってるのは間違いないのに全然飲んでない)
        -- 2016-07-13 (水) 21:28:37
      • (飲みやすいため初めてのお酒でもすっかりグラスは空っぽ、ウェイトレスにお代わりを頼む、奢りだしね!)
        …アンタもお代わりはー…?ううん?あんまり減ってない…ちょっと!飲ませておいて全然飲んでないってどういうことなのよ!! -- リルノラ 2016-07-13 (水) 21:34:01
      • (ちびちび)ん〜?飲んでるわよ〜(ほらこんなに減ってると指して)
        ふふっリルノラのペースが早いのよ〜・・・貴女結構強い?(そんなにむりむりと手を振って、ふらふら)
        -- 2016-07-13 (水) 21:46:33
      • ええ?!アタシ早いの?!(初めて飲んだお酒、ペースなんか掴めるはずもなく、次のグラスが運ばれてくる)
        (それはそれとしていつもと違うカレリアの雰囲気に思わずたじろぐ)あ、アンタいつもの嫌味ったらしいニコニコ顔はどこいったのよ!!完全にヘラヘラ顔じゃないのよ!!(いつもの調子を織り交ぜつつも何だか心配な様子。でもこんなときどうすればいいのか分からないのかオロオロするばかり)) -- リルノラ 2016-07-13 (水) 21:53:03
      • ふふふっはやいはやい〜(にこにこにことしていたが)
        えー・・私っていつもそんなに嫌味ったらしい?(そんな気ないんだけどなぁとへらへら顔から一気にしゅんとする・・・感情の起伏が激しいぞ)私はリルノラを優しく見守っていたいだけなのにそんな風に思われてたのね・・(テーブルに突っ伏してうだうだくすん・・)
        -- 2016-07-13 (水) 22:01:33
      • わー!!!どうしたー!!かれりあー!!!(突っ伏したカレリアに思わず駆け寄り、恐る恐る肩に手を乗せ揺さぶったり、叩いてみたり)
        あ、アタシが悪かったわよ!!!そんなこと思ってないわよ!いつもならヒラリと流すのにー………ご、ごめん、いいすぎたわ…ほ、ほんとごめん… -- リルノラ 2016-07-13 (水) 22:08:13
      • (揺さぶられたり叩かれたりしてもされるがまま、ふらふら)ホント?・・本当に?(ぐすぐすとしながら何度も確認して)
        ふへへ〜んもぅ冗談がキツイわよ〜♪(きゃーっと嬉しそうに抱き着いてすりすりする)
        よし!飲もう!今日はもうがんがん飲みましょう!(いやな空気を吹き飛ばすのだーと残りのカクテルを一気に煽っていく)
        -- 2016-07-13 (水) 22:15:02
      • (ハイテンションで抱きつかれる。もう何がなんだかー!!と周りのお客や店員に助けを求める視線を送るが、いつもこんなだよ諦めて!みたいな表情が返ってくる)
        うぇええ…どうしよう……!めっちゃ呑んでるしー…酔っぱらいこぇえ……か、かれりあ…?そろそろお家かえろ…?飲み過ぎよ、アンタ…(これ以上飲ますのアタシが絡まれる!やばい!そんなことを考えた末の提案だった) -- リルノラ 2016-07-13 (水) 22:25:20
      • んへへ〜・・・えーもう帰るのぉ?いいじゃないのー(すりすりすんすん)・・・ふふふーリルノラ柔らかくていいにおーい(あぶない方向に進み始めた所で)
        ふにゅ・・・(一気に煽ったせいで一気に酔いが回ってぐったりしてくる)・・・うーんー・・・・はこんでー・・
        -- 2016-07-13 (水) 22:37:17
      • はぁぁぁあぁああ…(深い深いため息。でもなんだか楽しそうに)…まっったくしょーがないわねー!!!この間の借り、これでチャラなんだからね!!まったく!しょうがないわねー!!(るんるん気分でカレリアに肩を貸し)
        マスター!今日はツケよ!あとでカレリアが払いにくるわ!じゃ!!(そういうと、そそくさと酒場を後にするのだった…)
        (そしてその帰り道…)……この間はありがとね、たすかったわ、アンタがいなかったらどうなってたか……(酔っぱらいに向かって言いたかったコトを言う、相手が聞いてようが聞いてまいが関係ない。言うことが大事!そんなこんなで家まで送っていったそうだ) -- リルノラ 2016-07-13 (水) 22:46:15
  • ・・・しらたまが壊れちゃったわ・・ -- 2016-07-12 (火) 21:14:54
    • こわれてないよ。だいじょうぶ。しらたま、げんきなので。ぴーす。(ぐにゃあ…) -- しらたま 2016-07-12 (火) 21:24:58
      • 待ってしらたま、本当に貴方大丈夫?(ぐにゃぁしてるのを直そうとして) -- 2016-07-12 (火) 21:30:04
      • うふふ うふふふふふふ だいじょうぶ たたらおねえ、だいすきだよ -- しらたま 2016-07-12 (火) 21:31:05
      • 大丈夫じゃないわこれ・・・そうね、しらたまはタタラが大好きだものね・・・タタラの所に行きましょうね?(連れて行ってあげようと抱え上げて) -- 2016-07-12 (火) 21:33:43
      • たたらねえ、だいすき。だいすき。ずっといっしょにいて。いてくれなきゃやだ。(ぎゅー) -- しらたま 2016-07-12 (火) 21:35:24
      • よしよし・・・(ぽんぽん)本当に怖かったのねぇ・・・(タタラの所へ) -- 2016-07-12 (火) 21:36:23
  • 今日はシードル、りんご酒を土産に持ってきたぜぃ姉御? この間はつつかれたり色々されたからその礼さ〜 -- レクトール 2016-07-11 (月) 22:23:04
    • あらレクトール、戻ってたのね?(まぁ♡と嬉しそうにお酒を受け取り)
      ふふっお互いからかいあっただけなのに・・(まぁいいわ頂きましょうっとグラスを出してくる)
      -- 2016-07-11 (月) 22:26:33
      • 戻ってたというか暫く宿に帰ってないっていうか…?(酒瓶の栓を抜きながら、まるで遊び歩いてるかのように言う)
        ええー?からかってたのか〜ぃ?(※マス○さん風) 姉御なりの親愛の証というかボディランゲージっつーの?
        てっきりそういうもんだと思ってたよぃ。からかうのが親愛の証と言われたらそれまでだがな〜…(グラスに注ぐ) -- レクトール 2016-07-11 (月) 22:31:05
      • そうなの?・・・なぁになんだか不穏よ?・・・ちゃんとベッドで寝ないと疲れが取れないんだから(グラスを2人分並べ)
        からかうのが親愛の証よ(くすくすと笑ってきっぱり答え、グラスに受ける)
        -- 2016-07-11 (月) 22:36:49
      • 俺ぁ長いこと旅してっし、それに案外星空の下で寝袋に包まれるのも悪ぃ気分じゃあないぜぃ?(野宿の素晴らしさを説く)
        やっぱり? 俺もリカルドをからかうのは親愛の証だからな…仕方ないな……軽口を言い合えることほどかけがえの無いことは無ぇもんさ
        と、姉御理論にどっかり便乗したところで乾杯!(グラスで触れ合う。それにしてもカレリアにこうも易々と飲ませるのは珍しい鳥だ) -- レクトール 2016-07-11 (月) 22:45:58
      • んもぅ・・・そんなんだからいつも服が汚れちゃうのよ・・・まぁでも・・貴方らしいのかしらね・・・
        でしょう?仕方ないのよ(そういって笑って)えぇ乾杯・・・(りんと鳴らしてちびりと一口)・・・ふふふっ・・それにしても何かしら・・・貴方がお酒を持ってきてくれるなんて珍しい気がするわ・・・
        -- 2016-07-11 (月) 22:49:58
      • 吹雪の中歩くと服の耐久度が減るしな…(※どこのカナダの話なのか…) 確かに珍しいと自分でも思う。酒飲むとすぐでろんでろんになる姉御に酒を勧めるなんて…
        自覚は無いが、俺も狂い始めてるのか……? なんて、冗談さ。その酒はアルコールに弱い女性にも人気のやつでね
        まぁ姉御でも1時間程度なら大丈夫だろう……多分……恐らく……きっと……(自信が無くなっていき目を逸らす鳥) -- レクトール 2016-07-11 (月) 22:54:45
      • もう春よ、吹雪はないわ・・・ふふっお酒持ってきたくらいで何が狂うというのよ・・・俺「も」?(はてと小首をかしいで)
        大丈夫、いくら私でもそんな直ぐに前後不覚になったりはしないわよ(ペースも考えているしねと本当に舐める様に)うんっ美味しい・・・(安心させるように目を逸らす鳥に向けた笑顔はしっかりしたもので)
        -- 2016-07-11 (月) 23:09:06
      • というかこの辺はそこまで吹雪かんしな…… いや、もしかしたら俺も更年期障害というか「ボケ」が始まって姉御に酒を持ってきたのかなっていう年寄りネタよ
        …ふむ、大丈夫そうだな? どうやらまだ俺もボケてねーし、姉御の酒の弱さも致命的とまではいっていないようだ。はははっ!
        姉御は冒険者仲間の中でも重要な「母親」ポジションだからなぁ……俺も色々と若い奴等の面倒は見ているつもりだが
        もし俺がいなくなっても姉御がその調子ならまだなんとか大丈夫だろう……(と、安心した様子でりんご酒を飲む) -- レクトール 2016-07-11 (月) 23:23:11
      • (あぁそういう事?とくすくす楽しそうに笑って)まだボケるには早いでしょうに・・いや・・・鳥人の若さは判りづらいわね(毛の艶で判るかしらともふもふ)
        あら私が?・・母親?(そう思う?と嬉しそうに、でもちょっと照れくさそうに微笑んで)
        んもぅ・・なぁにそのいいかた?・・どこかに行っちゃうつもり?・・・若い奴等の面倒、見ているんでしょう?(ダメよとウィンクして)
        -- 2016-07-11 (月) 23:32:12
      • 何度も触ってるから知ってるとは思うが、俺っちの羽のツヤの無さはちょっと凄いぜぃ?(ガサガサと潤いの無い羽ー!)
        んー? まぁ俺の目的が果たされればいずれは出て行くのは仕方ない。ウインクされてもそれは変わらん…俺ぁクールな男だからな!
        …え?クールな割に若者の面倒見過ぎ? は、反論できません…(※先に自分から白状して謝るスタイル)
        しかしそれが一段落したのも事実。最近宿に帰ってないのも、色々と準備してたからでね……そろそろ自分の目的を優先する頃かな、と -- レクトール 2016-07-11 (月) 23:45:47
      • うわ・・そういえばそうだったわ・・・(若くないわねぇとからから)
        ちぇー・・冷たいのね・・・(ぶーたれつつ)ふふっクールに振る舞っても情の深さは隠しきれない?(お互いさまなのかしらと)
        ふぅん・・?・・・で?さっきからもったいぶってるその目的って何なのよ?
        -- 2016-07-11 (月) 23:52:52
      • 「うわ」ってなんだよ!ちょっと傷ついた……泣いちゃう。コケコッコー…(鳴き違いである)
        姉御って割と子供っぽいアクションもするよな。見てて飽きねぇわ(カラカラ笑いつつ) 俺ぁ実際若者に甘いところあるからな…なんつーか、趣味に近いものがある
        若者を正しく導くとか、色々教えてやるとか見守るとか、そういうの楽しいのよな。それこそギャンブルやら料理並に好きかもしれん…
        それで、俺の目的だったか? ……不死鳥を殺せる何かを探すこと…って言ったらどう思う? -- レクトール 2016-07-11 (月) 23:58:37
      • (んもぅごめんなさいーとつんつく)
        んっふっふっふ〜でしょう?(そういう所も魅力になるのよとくすくす楽しそう)
        ・・・そっちの方がギャンブルより何倍も健全で素敵よ・・・でもなんでかしらね・・ギャンブルを放棄して育成と料理に専念している貴方を想像すると・・あんまり魅力がないわ(困った様に笑う)
        ふしちょうをころせるなにか・・・(反芻するようにつぶやいて)・・え?なに貴方死にたいの?(最近そんなのばっかりだわ嫌だわーって顔で)
        -- 2016-07-12 (火) 00:05:58
      • 姉御って何言っても褒め言葉はちゃんと褒め言葉として受け取ってくれて楽だ……セクハラとか絶対言い出さないし…(※この鳥、過去に何があった…)
        へへっ、賭博は賭博で楽しいからな? 心配せずとも絶対にやめるこたぁ無ぇぜ。あと酒もやめることは無いな(グビグビ)
        あ、やっぱりそう誤解しちゃうよなぁ……されちゃうよなぁ…? 違うんだ。俺ぁ確かに一時期死にたいと思ってたが、最近はその願望はほぼ諦めた
        それはそれとして、不死鳥を殺せるモノは必要なのよ……どうしても殺してやりたい奴がいるんでね?
        (その不穏な言葉はしかし、決して復讐を考えている声色ではなかった。どうも彼の目的は一筋縄ではないようだが…) -- レクトール 2016-07-12 (火) 00:13:36
      • ふふっ貴方そうとう気難しい子に弄られてたのかしら?(くすりと肩を揺らして)
        なんでかしらねぇ・・・そういう欠点も含めて愛嬌という事なのね(うんうんと)
        誤解しちゃう(うんうん)されちゃう(うんうんうん)・・・そういう事・・殺して「やりたい」ね・・・(それはなんとなく、怒りより慈悲からくる感情の様に思えた)・・その目的を果たしたら・・貴方もこの街を去ってしまうのね・・・(寂し気に、でも仕方がないと受け入れる様に)・・それで?その目途は立ちそうなの?
        -- 2016-07-12 (火) 00:28:12
      • 最近の若い子は気難しいのよ……(2杯目のグラスを呷りながら) そして欠点扱いとは…姉御も手厳しいぜ全く
        (めっちゃ頷いてるな姉御…) まぁ、そうなるな……とは言え、ようやく不死鳥を殺せるモノが見つかって手に入れるか〜って段階だからな
        残念ながその目処は立っちまったワケだが…霧の森の遺跡、全てはそこで上手くいくかどうかだ
        準備も整えてきたことだし、そうだな……姉御が酔い潰れたら出発しようかね? -- レクトール 2016-07-12 (火) 01:01:07
      • あら?見つかって、後は手に入れるだけと・・・ふふっ順調じゃないの・・・(しかして最後の一言を聞けばピタリと止まり、少し静かになってから)
        ・・・ふ・・・ふふっ・・ふふふふっ(肩を揺らして大笑いし始める・・・ひとしきり笑えば観念したように)
        ・・・・・・・・・レクトール・・貴方酷い人よ・・・(ぐすっと・・静かにすする)本当にひどい・・・最初から、何も告げずに取りに行けばいいじゃないの・・・いいえ話すにしても、貴方の信念による物だから一人でやりたいって、そういえばいいじゃないの(ぽろりぽろりと涙をこぼす)
        そうまでして私に無力感を付きつけて、貴方は何がしたいのよ・・・
        -- 2016-07-12 (火) 01:17:14
      • まぁ手に入れられればなー? (と、軽いノリで言いつつガブガブ酒を飲んでいたが……)
        えっ、ちょ……カレリアさん泣いてる…? もしかして泣き上戸だったとか!? ……いやスマン。無力感とかそういう深い事考えて言ったワケじゃないんだ、ホント
        あー……(困ったように後頭部をぽりぽり掻きながら) 行けねぇよ。何も言わずになんて……姉御には世話になってるし、美味い酒も飲ませたかったしな
        だが本当にスマン。姉御も「女」ってのは俺自身が言ったことなのになぁ……いやはや、失態だぁねホント…(カレリアの隣まで歩み寄り、ハンカチを渡す)
        ぶっちゃけて言えば、別に姉御を連れて行ってもいい。ただし、もし俺がくたばった時に骨を拾ってもらうくらいしか姉御に仕事はない気がする
        まぁ死ぬ気は毛頭無ぇからそれも皮算用か……しかし変に話しちまった俺にも落ち度はある。姉御が望むなら…酔い潰れた後、追いかけてきてくれても構わねぇ
        (そこが妥協点だと思った。相手は恐らく相当強い…誰かを連れて行くのは正直考えていなかった。だが来るなと強く拒否する気も実はそんなに無い) -- レクトール 2016-07-12 (火) 01:38:06
      • (ひっくと)普段は笑うばかりよ・・・感情が極端になるのかしら・・・(くすん)
        ・・いやよ・・貴方の骨を拾うなんて・・・不死身なら自力で戻ってきなさいよ・・・(そういって泣きながらハンカチを受け取ると・・カレリアの服からしゅるりと落ちたリボンが一つ、レクトールに纏わりつく・・・その端には「אמת」とはいっていた)
        ぐすっ・・・かかったわね・・それがあれば、どこにいても分かるから・・・後で絶対追いついてやるんだから・・(本気で泣きながら、これは姦計だといわんばかりに主張して)
        -- 2016-07-12 (火) 01:51:12
      • ……つまり、もう相当酔ってるってーことだな(改めて酒の弱さに驚く) 俺もそうは思うが、何せ不死鳥殺しのアイテム盗りに行くわけで…
        (最悪それが自分に向けられる可能性もある。負けるつもりは無くとも、最悪を常に想定するのは性分か)
        まぁどうせなら骨だけじゃなくしっかりフライドチキン部分も欲しいよなぁ――って、おわぁ!? なんか纏わりついてきやがった…
        まったく…どこでそんな凄味のあるストーカー台詞覚えてきたんだか。これだから女ってーのはおっかねぇぜ?
        (「その涙は本物の癖によ」とは心の中だけに留めて…その後はカレリアを宥めながら彼女が酔い潰れる様を見届けてから、出て行った…) -- レクトール 2016-07-12 (火) 02:01:46
    • //息巻いてますが時間が時間なのでこれで寝るのです、すまぬ・・・ -- 2016-07-12 (火) 01:53:36
      • //丁度〆るところでしたぞ。まさか泣かれるとは……やりおるわこの魔女! -- レクトール 2016-07-12 (火) 02:05:18
      • //魔女ですから。は、冗談として
        //ちょうど前回強いの弱いのーって話をしたからね、てっきり妙なはめ方をしてくるんじゃと中野人が過剰に警戒した結果だね、ごめんね
        -- 2016-07-12 (火) 14:07:26
      • //そんな女性キャラをハメるなんて不謹慎なこと……(※下品) メタ的に言えばキーアイテム入手後が本番であり、まだまだ鳥は続くからご安心あれ〜 -- レクトール 2016-07-12 (火) 21:40:03
      • //まぁお下品(くすくす)うん、だから気にする事もないのだけれどね?ついね? -- 2016-07-12 (火) 21:41:52
      • //今回のやり取りで気付いたけど、カレリアさんはお酒を飲ませた方が可愛い説が出てきた!(と脱線したところで帰る) -- レクトール 2016-07-12 (火) 21:49:54
      • //そりゃぁ私は可愛い系のキャラじゃないもの(タフな女よっとえっへん) -- 2016-07-12 (火) 21:52:23
  • 年月とは移ろいゆくもの…春が来て…夏が来て…秋が来て…冬が来て…そしてまた、春が来たでござる
    さすれば次には当然夏が来る…また…海がやってくるやも…? -- ササキ@お品書き 2016-07-11 (月) 18:32:29
    • (模様替えし忘れてた、変えた)
      えぇそうね・・・ふふっなぁに海に行きたいの?
      -- 2016-07-11 (月) 18:34:05
      • (いいんだ…なお仕しタイムは画像OFFで見れない!)
        行きたい…と言う訳ではなく、もしまた行くとなったら…やはり泳げぬのは満喫できぬなあと…
        カレリア殿はどうでござる?1年の歳月を経て…スイミング力は上がったりしたでござるかな -- ササキ@お品書き 2016-07-11 (月) 18:40:11
      • exp027227.png
        (ほほうじゃぁ私が今どんな画像を張っているかも分からないのね?)
        あぁそういう事ね?(ふふんと得意げに笑って)勿論泳げないわ!(どやっ)
        前回別に泳げなくても困らなかったじゃない?・・・特に私はフロートや船出したし・・
        -- 2016-07-11 (月) 18:46:31
      • (見えぬ、見えぬのだ…!随分古いファイルナンバーだな…とはメモ帳に持って行った時に「exp027227.png」と表示されたので分かる)
        もしや克服したのかと思えば…何故泳げぬ事にそんなドヤ顔を!?
        前回はずっと海の家にいたでござるからなあ…まあ、今回もあったとして同じ事をするならいいのでござろうか…
        ぬっ、船は印象深いでござるがフロートとは把握し取らんでござるなあ…浮き輪みたいなもんでござろうか -- ササキ@お品書き 2016-07-11 (月) 18:51:49
      • (ふふふ・・・見える様になった時のコメントが楽しみよ・・・昔から自分の名簿でちょくちょく使ってる画像だから古いのよ)
        意味はないわね(うむうむ)
        常にいる所が分かっているってそれはそれで安心感につながるかもしれないわ・・去年も海より海の家の方が人が盛況だった気もするわ
        こう・・寝そべれる感じの長方形型の浮きってあるじゃない?ああいうのよ(イメぐぐるを張れないのでなんとか口頭で説明)
        -- 2016-07-11 (月) 19:02:54
      • (一体何を貼ったのでござろう…!使い回せるものだからカレリア殿専用のナニカでは無さそうでござるが…)
        ないんかーい!(ずこーっ!)
        安心感…そんなもんでござろうか、あんまり他ゾーン見て無かったでござるからな…結局ミスコンもほとんど見てござらなかった…せいぜいボートレースを…始まりと終盤をちょっとづつでござるな
        あー、何となくわかったでござる!空気を入れるタイプでござろうか、それともビート板の長くて広い奴でござるかな…
        ビート板の大きいのは何となく別の名称がありそうでござるが -- ササキ@お品書き 2016-07-11 (月) 19:12:49
      • (ずこーする様をみてくすくすと楽しそうに笑って)そうねぇ・・・色んな場所を見て回れないのはデメリットではあるかもしれないわ・・・
        (首輪を指さして)ソウルの中にないの?こう・・・泳ぎや水中呼吸に応用できそうなものって
        そうそうそれそれ、空気を入れるタイプね(こくこくと)・・・私の場合それで問題なく浮けるから気にしなくていいのよ・・ビート板の大きいのはちょっとわかんないわね・・
        -- 2016-07-11 (月) 19:23:45
      • ここにも小悪魔が居るでござる…いや、魔女でござったか…(ぐぬぬ)
        でござるなあ、ある程度は見て回りたく…水中呼吸は出来るかどうかわからんでござるが、泳げる事はまあ…泳げるようなのはあるんでござるよ
        ただしガチ泳ぎしてないと沈むので、こう…ものすごい勢いでバタフライし続けるとかそんな状態になるでござる(その場でちゃぷちゃぷ浮かぶような器用な事はまだ出来ないようだ)
        空気を入れるタイプは友人やら恋人やらにいたずらでひっくり返されるあれでござるな!カナヅチでそれをやられると死活問題でござろうが…
        本当にビート板の素材みたいなので出来た…畳くらいあるマットでござるよ、案の定歯型が付く運命にあるでござる -- ササキ@お品書き 2016-07-11 (月) 19:31:11
      • ふふっ・・えぇ魔女よ・・・「ここにも」だなんて、他にも誰かに遊ばれているの?
        まぁそれはよかったじゃないの・・・ふむ・・(少し考え)立ち泳ぎという手法があるらしいわ・・・効果があるかは分からないけど試してみる価値はあるんじゃないかしら?・・・私としては、バタフライし続ける貴方も見てみたいけれどね?(くすくすと)
        ふふっそれならそれで何とかなるわよ、少なくとも去年はひっくり返されなかったしね?
        (あーとなんとなく想像できたように)・・なんで噛むのかしらね?(不思議そう)
        -- 2016-07-11 (月) 19:45:28
      • うぬぅー…カレリア殿とはタイプが違うでござるが…悪魔っ娘のハミルと言う者が居て…
        まあ文字どおり小悪魔なんでござるよ、悪魔と言う者はみんなあんなに大胆なんでござるかなあ…
        立ち泳ぎ!ふうむ、そこは考えて無かったでござるな…体を水平にすることで浮きやすくしてござったがさて垂直は…まあ、後は実験あるのみでござるかな…
        何とかなる?どんな感じでござろう…まさかゴーレムフロート…!どう操るのかはよくわからんでござるが
        …さあ…?こう…鉛筆を噛む人もいるし、クセの一種でござるかなあ -- ササキ@お品書き 2016-07-11 (月) 19:50:08
      • ふぅん?・・・弄ばれちゃっているのね?・・・ササキはからかい甲斐があるものねぇ
        まぁやるならどこかプールとかで試してからね・・・向こうに行ってから上手くいきませんでしたじゃ笑えないもの
        ゴーレム化しちゃってもいいけれど・・・そもそも足の届かない所にはいかないし、誰かにひっくり返されるって事は、溺れても誰かは近くにいるって事でしょう?(だから何とかなるのよと)
        -- 2016-07-11 (月) 20:07:54
      • く、くう…ぐうの音も出ぬ…!からかいがいがあるってそれは喜んでいいんでござろうか…うぬー
        プールだとそこまで出来るでござるかな…む、むう…(ちょっと考えている)サンディーア殿のところでちょっと試してみるでござるかなあ…
        なるほど深い所に行かなければ平気でござるなあ…あっ、そうか!それもそうでござるなあ、いくらなんでもひっくり返すと言う事はそこに居る…泳げると言う事でござろうし
        拙者にはその優雅なフロート生活は出来そうにないでござるが、夏までにプールで実験しておくでござるよ…さて、それでは拙者はプランを立てるのでこれにて! -- ササキ@お品書き 2016-07-11 (月) 20:18:31
      • 勿論っ喜んでいいのよ?(くすくす楽しそうに)
        下手に魔法が使える者は、魔法以外の手段を忘れてしまう物よ・・・(そこからの脱出が難しいのよねと)
        えぇ、頑張ってみて・・応援してるから(またねと手を振って見送って)
        -- 2016-07-11 (月) 20:26:28
  • 結婚式の招待状が届いた)
    魔女の世界にも色々あって、先輩と後輩みたいな付き合いがある。この街に来て俺が学んだことのひとつだ。
    カヴァリエーレの卵は男の方が多かったけど、俺にも姐さんみたいな先輩がいて、困った時には相談しにいったりして、力になってもらってたんだ。
    やがて俺にも後輩ができた。そのとき俺は、先輩から受け取ったものを返そうとした。もしかしたら俺の先輩もそうだったのかもしれない。
    きっと、どんな世界にもそういう関係はあるんだと思う。いつも頼れる存在であり続けることがどんなに大変か、少しはわかってるつもりだった。
    姐さんには謝らないといけないことがある。物乞いに間違われて、ご同業にリンチに遭いそうになったところを助けられた日のことだ。
    俺は自分のことしか見えなくて、同じように心を痛めてる姐さんの好意にすがった。甘えることしかできなかった。
    逆境に晒されて、それでも変わらずにいることがどんなに凄いことか。姐さんのいつも通りの冷静さにどれほど勇気づけられたことか。
    その結果は姐さん自身が見届けてくれた通りだ。レイチェルともども危なっかしい後輩だけど、いつか姐さんみたいに強く優しく心正しく、誰かの力になれたらと思う。
    式の日取りは4月2週目(7月10日日曜日)だ。来てくれると嬉しい。衣装もちな姐さんのとっておきの晴れ姿、楽しみにしてるから。

    ファウスト・ペレグリーニより -- 封蝋つきの手紙 2016-07-09 (土) 22:41:14
    • 3通目ね・・・まったく正直しつこいわよ
      ・・・・・・そうね・・それが私だった・・少し見つめなおさないとね(まぁ衣装はないんだけれども)
      -- 2016-07-09 (土) 23:11:06
  • 挨拶返しをしたい
    • されるまえにする、これが戦いの鉄則です…!
      (トレンチコートにトレンチハット、サングラスという不審者変装セットに身を包み、道行くカレリアの後をこそこそと尾行中)
      フフフ、すなわち弱みを握られそうならば先に握るッ!そして有利な状況を作りだすのです!
      我ながら完全完璧ですね!…さて、魔女のいい感じの弱点を掴まねば…(こそりこそり) -- テラリア 2016-07-09 (土) 12:31:05
      • (ヒールを打ち鳴らし、肩で風を切るように堂々と歩く・・・こそこそとついてくる影には気づかず・・というより気にも留めていない様子)
        あら?これいいわねぇ・・・(なんて衣類を見て回ったり、花屋で苗を買ったりとウィンドウショッピングとしゃれ込んでいる)
        (今のところ普通で弱点と呼べるほどの弱点は見当たらないかもしれない)
        -- 2016-07-09 (土) 13:36:49
      • 気付いてない、まったく気付いてませんねカレリアさん!
        フフッ、このテラリアの目で何気ない仕草の中から貴方の弱点を見抜いてあげますよ!
        (カレリアの立ち寄る店の、ゴミを捨てるポリバケツの脇に屈みこんで様子を伺いながらほくそ笑む)
        …っても普通に買い物してますねー。魔女ならもすこしこう、イモリとか変な香草とかそういうのをですねー…(ブツクサ言いながらとりあえず観察を続行) -- テラリア 2016-07-09 (土) 13:43:39
      • (ゴミを捨てようとして邪魔そうな顔をむける店員)
        (こそこそしてるテラリアを気にする様子を見せる店員をわざわざ選ぶように声をかけ商品の説明をさせたりしている)
        (ごく普通の買い物ばかりしている事は普通ではない買い物をしない、しても使いこなせない、魔女らしいクリエイティブな製薬ができない事の示唆かもしれない)
        (そんなこんなでごく普通の買い物を済ませて歩いていると、やはりテラリアの様子が気になりよそ見をしていた子供とぶつかり、その子が持っていたアイスが服についてしまうハプニング)
        あらあら大丈夫?(ドレスにシミが残るであろう事を気にも留めず子供を助けけがなどないか心配をしている)
        (その顔は心の底から心配している者のそれで、しょんぼりしている子に新しいアイスを買ってあげている姿は本当にうれしそうで、子供に弱い事がうかがえるだろう)
        -- 2016-07-09 (土) 14:32:30
      • うーむ、普通、普通すぎます。これでは魔女の悪事を暴いて社会的に抹殺する計画が…!
        (しかし、そこで発想を逆転するのよテラ歩堂くん!という声が聞こえた気がした。もちろんサイコ特有の幻聴だが)
        待て、待てよ私。これは普通なことをしているのではなく、普通なことしか出来ないのでは!
        すなわちカレリアさんはゴーレム専門の魔女であり、ゴーレムを纏っていない時は常人以下…!
        (そんな甘い見立てをしていると、折りしも子供がカレリアに衝突する様を目にして)子供すら避けれない!これは予測が正しいようですね…!
        (弱点見たり!と信じたテラリアは)いよっしゃあぁぁぁー!!!やりましたー!!!
        (両腕を振り上げながら快哉を叫び、立ち上がる。振り上げた腕がポリバケツを直撃してひっくり返した)
        …あ。す、すみません、すみません。あとで片づけておきますから…(んで店の人に怒らている) -- テラリア 2016-07-09 (土) 14:39:29
      • (イヨッシャー状態のテラリアを気にしている風な子供に見ちゃいけませんと正面を向けさせて)
        (子供と別れてからポケットティッシュで軽く汚れを拭ったりしつつまた歩き出しおしゃれな感じのカフェテリアへ)
        (店員に「2人、1人は後からくるわ」と告げてオープンテラスの席に・・・座ってテラリアの方を見たまま静かに待ちわびる姿勢だ)
        -- 2016-07-09 (土) 14:47:16
      • (ゴミ箱の片付けを終え、張り込み刑事…だと思い込んだ不審者…スタイルのまま尾行を続行する)
        今度はオシャレなカフェテリアですか。何とも暇そうですね、あの魔女は…(もちろん自分の事は棚上げだ)
        まぁいいでしょう。情報は仕入れましたし、そろそろ……んぅ?(カレリアの視線がこちらにあるのに気付いた)
        き、気付かれた!?いえ、この変装は完璧なはず。…であれば単純に私ではない物として接触すればいいはず…よし!
        (一度、屈みこんで自分会議。結論が出たのでスッと立ち上がり、カレリアの脇まで歩く)
        フフンフーン(鼻歌)おやこれはお美しいお嬢さん、貴方のような方にこのような所でお会いできるとはこれは運命の女神のお導きでしょうな。
        ど、どうでしょう、共にお茶など? -- テラリア 2016-07-09 (土) 14:55:26
      • (わざとらしい挨拶にくすくすと笑って)貴女を待っていたのよ探偵さん?(向かいの席を進めたり)
        ・・・それで?何かわかったかしら
        -- 2016-07-09 (土) 20:42:31
      • まま待っていた!?しかしノット探偵イエス刑事、わ、わかったとか何のことか見当付きませんね!
        (テーブルを挟んで向かいの席へと移動し、しかし椅子には座らず)しかしまあこのテ…私の卓越した観察眼は
        今ここで一目見ただけで貴方の弱点を看破しましたよお嬢さん(ニタリ、と勝ちを確信した者の笑みを浮かべながら言い放った) -- テラリア 2016-07-10 (日) 12:29:26
      • あらそう?なら警察手帳を見せていただいてもいいかしら・・・求められて提示しない事・・警察を騙る事は罪になりますわよ?(適当)
        ・・・座らないと一緒にお茶もできませんわよ?(店員を呼びつつ)
        まぁそうなの?・・・ふふっどんな弱点か、一つ聞いてみたいわ(対してこちらは余裕の態度を崩さない)
        -- 2016-07-10 (日) 14:52:40
      • フフフ、こんな街に警察も手帳もあったものですか!(あるにはある事をまだ知らない)
        (やや警戒しながらも椅子を引いて脚を組んで座り)聞きたい、聞きたいですか貴方の弱点を。どうしましょうかねー。教えてしまってはもとも子もないですし!
        でもまぁこの私の存在に気付いた事へのご褒美として、ヒントだけ、差し上げましょう!
        (テーブルに設えられたシュガーポット、その中から角砂糖をいっこ摘まみだして)
        これが、貴方の弱点ですよ!(ゴーレムを纏わず、無防備な状態…と思っている…カレリアに向けて、ぴっ!と指先だけで放る) -- テラリア 2016-07-10 (日) 17:40:34
      • ふふっ刑事なのにこの街に警察がある事を知らないの?・・・探偵だと言っておけばすんなり通ったのに、『また』変な意地を張るから・・・
        (ぴっと放られた角砂糖を見ると流れる様な所作でカップを構える・・・髪がしゅるんと伸びてスプーンをとると、きんっと砂糖を弾いてカップの中へ)うん♪ナイスコントロール、ありがとアレックス・・(軽くかき回して一口)
        甘い物は好きだけれど・・・たしかに、あんまりとると気になっちゃうわね・・・でもこれって弱点?(不思議そうに首をかしげて)
        -- 2016-07-10 (日) 17:54:47
      • へ?あるんです…?えーと…アレです、所轄が違うのですよ!?
        て…うぇぇぇ!?かかか髪が!!スタンド!スタンド使いです!ってあれ?スタンドが見えるってことは私もスタンド使いに…?
        じゃなくて何ですか今のはー!?お、おのれ、よく分からない伏兵を忍ばせていたとは…!(ギギギと歯噛みし、ガタッと音を立てて立ちあがり)
        フ…フン、今のはほんの小手調べですし!私のつつかんだ情報はこ、こんなものではないですからね!!か、覚悟を決めておくとよいですよー!!
        (このままではヤバい。とにかくこの場は退却の一手。お茶を運んでくるウェイトレスにぶつかりそうになりながら、ばたばたとその場から逃げていった) -- テラリア 2016-07-10 (日) 18:03:15
      • ・・・ふぅん?まぁいいわ・・・
        ふふっラブデラックスは物に取り付いたスタンドだからスタンド使い以外も見れるんじゃないかしら・・
        あら逃げちゃった・・・しょうがないわね・・(さてどうしようかと考えていた)
        -- 2016-07-10 (日) 18:49:18
  • あきらめんなでござるよ!やる前からどうして諦めるでござるか!
    もっと…やって、やってみて、それでもどうしてもだめだったら諦める事を考えるでござるよ
    今度は考える時にお米食べるでござる、お腹がすいてちゃいい考えも出んでござる
    考えたら、今度はもう一度挑戦するでござるよ!ネバーギブアップ!

    (置いといて)
    ようやく時が過ぎて元に戻ればすぐに結婚式…と、サザンカ殿とエイル殿は聞いてござったがレイレイ殿とファウスト殿とはなあ
    カレリア殿も行かれると思うでござるが…衣装って拘るべきでござるかな… -- ササキ@お品書き 2016-07-09 (土) 15:37:43
    • 少し黙ってくれないかしら変態さん(冷たい)

      行く事決まってるのね・・(はふぅと息をついて)いいんじゃないの?友達同士なんだし、それなりにフォーマルであれば
      -- 2016-07-09 (土) 20:50:13
      • 来てよねと言われてござるからなあ…なんか嫌われてるようでござるし拙者は帰るでござるよ…(とぼとぼ帰って行った) -- ササキ@お品書き 2016-07-09 (土) 20:52:27
      • (ぐわし捕まえて)悪かったわよ、少しイラッとしただけだからそんなに気にしないで・・・ -- 2016-07-09 (土) 20:59:31
  • 名簿を作り直したい
  • ネタを直したい
    • 結婚式の招待状が届いた)

      拝啓 立春の候、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
      このたび 桐生 山茶花桐生 英龍ファウスト・ペレグリーニレイチェル・ペレグリーニの2組の結婚式を挙げることとなりました。
      つきましては、日頃お世話になっております皆様に感謝の気持ちを込めて、ささやかな小宴を催したく存じます。ご多用中誠に恐縮でございますが、ぜひご出席賜りますようお願い申し上げます。
      敬 具 -- 2016-07-09 (土) 20:19:08
      • (ツリーが流れそうだったのでこっちに投函していく)時間が会えばよろしくね! -- サザンカ 2016-07-09 (土) 20:19:28
      • また来た・・えぇ行かせてもらうわ -- 2016-07-09 (土) 20:46:34
  • やるきがでないぞ
    • 一人遊びもしたいがあったわ・・・ -- 2016-07-08 (金) 23:29:16
  • 結婚式の招待状が届いた)
    カレリアさんカレリアさん、私結婚することになりました。
    というわけで4月2週目(7月10日 日曜日)に教会に来てください。来てくれなかったら泣きます。
    カースゴーレム戦の時のカレリアさん、とっても頼りになりました。いつかカレリアさんみたいな立派な魔女になりたいです。
    改めてお礼を言わせてください。ありがとうございました、カレリアさん。これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
    レイチェル・ペレグリーニより。 -- 手紙 2016-07-08 (金) 23:09:56
    • ・・・泣いちゃうかぁ・・それじゃぁ仕方ないわね -- 2016-07-08 (金) 23:25:31
  • カレリアさん…カレリアさんって植物のことって詳しい?(いきなり話を切り出す眼鏡) -- 陽子 2016-07-08 (金) 19:44:49
    • んー・・・あんまり、軽くかじった程度よ(困った様に笑って)・・・どうして? -- 2016-07-08 (金) 20:02:22
      • つい最近知り合ったあーるぶ…ああエルフのことね、の子が目から草生やしてるから…もしかして身体によくないものだったりするのかな…って(寄生植物じゃないかと疑ってるらしい) -- 陽子 2016-07-08 (金) 20:10:02
      • 目に草の生えたエルフ・・・カーネルね?(すぐに思い当たった)・・・あれ、正直良いとは言えないと思うわ・・・
        あれは花の形をしたとんでもない量のマナの塊で、一応ちゃんとコントロール出来てて、直ちにどうこうなる様な物じゃないって話だけれど・・・(それっていつかはどうにかなっちゃうって事よねと頷く)
        -- 2016-07-08 (金) 20:19:29
      • なんだカーネルのこと知ってたの?(世間って狭いわ…と思いつつ)
        ……やっぱり…だからおじさんあの時…(あの時デリカシーのないおじさんが突っ込んだのはそこだったのだ、とカレリアの話に頷く) -- 陽子 2016-07-08 (金) 20:45:13
      • あんな目立つ子そう相違ないわ(くすくす笑って)
        「おじさん」?・・やっぱりって誰かが何か言っていたの?(知らない存在を匂わされ、不思議そうに首を傾げたり)
        -- 2016-07-08 (金) 20:48:54
      • なんかアレだよね、しゃべり方とかまるでお姫様みたいで…(偉そうなんだけど、それが違和感なくハマってる感じ…気品っていうのかな?があるなという印象)
        うn…それが…(初対面のカーネルにいきなり、『黒水蓮』…どうやら生えてる花の名前らしい。なんて言い出して、ほっといていいのかそれ?なんて聞いたマダオであると告げる) -- 陽子 2016-07-08 (金) 20:51:55
      • 乳母役がいたらしいわよ?良い所の子なのって聞いたら明らかに動揺してたから、あまり言ってあげない方がいいかしらね?(愉しむようにうんうん頷いて)
        ・・・伝え聞く感じだと別にそれ自体はおかしくない質問だと思うけど・・(よっぽど聞き方が悪かったのかしらと)それで?あの子はなんて答えたのよ?
        -- 2016-07-08 (金) 21:01:11
      • なんだ隠れお嬢様だったんだ…(めっちゃ頑張って肉臭い自分と握手したっていうのはカーネルなりの譲歩って視方はまちがってなかったんだと)
        答えても得にならない。って(金的蹴りのおまけつきで…自分が蹴られてしまったと語る)
        なんだかフクザツなんだな… -- 陽子 2016-07-08 (金) 21:36:37
      • ふふっそれを鼻にかけないのがあの子の魅力でしょう?・・・それに、あくまで推測だからね・・・?
        なんだかかみ合わない感じねぇ・・・それでなんで陽子が蹴られるのよ(ひどいわとふんす)
        そうかしら?・・・まぁ、人間・・エルフだけど・・・長く生きていれば相応にという事なのでしょうね
        -- 2016-07-08 (金) 22:12:58
      • んじゃあ聞いてみよう!…ってなわけにもいかないよね…(聞いたらまた怒りそう、鈍い陽子にもそれくらい察しがついた)
        カーネルってよく目が見えてないみたいで…おじさんを蹴ろうとしてあたしのほうを蹴っちゃったみたい
        でもさ、命にかかわることだもん…(カーネルは自分の身体に生えてる花のことを知ってるっぽかった、ほっといたらどうなるかも…直接聞けないのなら)
        調べてみるだけだよね…んじゃまた!(図書館でいろいろと調べようとカレリアの部屋を後にする…) -- 陽子 2016-07-08 (金) 22:24:39
      • あら?聞いたら怒られそうだからこっそり調べようってそれこそ嫌われるわ・・本人に聞いて、嫌だって言ったらそこまでにするとか、その程度でいいのよ
        そういうこと・・そういえばじろじろ見られたわね・・・ふふっ陽子はいい子ね・・えぇそれじゃぁまたね?
        -- 2016-07-08 (金) 22:56:58
  • わわ、カレリアさんがいかにもな魔女さんの格好をしています、これはどういった心境の変化でしょうか -- らん 2016-07-07 (木) 19:36:32
    • ふふっまってそれは心外よ、3月は季節の変わり目で服装に迷っただけよ・・・それでもそろそろ春服でよさそうね
      (くるり回って)一応これが魔女としての基本になるわ・・季節服の時期が長いからあんまり基本って感じがしないでしょうけれど
      -- 2016-07-07 (木) 19:46:26
      • なんとなく、カレリアさんて明るい格好をしてるイメージでしたので、ほわわ、怪しげな雰囲気が漂いますね
        それととってもいい匂いがします…(回った後から香る優しい匂いにふらふらと近寄っていく) -- らん 2016-07-07 (木) 20:14:47
      • 言われてみれば確かに・・・魔女の格好は好きだけれど陰気と言われたらいやだからちょっと明るめのコーディネートを意識しているってのはあるわ(こくこく)
        ふふっそう?(ふらりと寄ってくるらんを抱き留めれば陽だまりの様な温もりが二人を包んで)
        -- 2016-07-07 (木) 20:40:40
      • なるほど、でも黒はカレリアさんの大人な雰囲気とあってて、とってもミステリアスでいいと思いますです
        あ、じんわりと暖かい…今ほんの少しだけ春の香りを感じました
        もしかしたらカレリアさんが春を連れてきてくれたのでしょうか(抱きとめてもらい嬉しそうに頬をくっつける)
        ほんの数週間前まであんなに寒かったのに、春はもう近そうですね -- らん 2016-07-07 (木) 21:00:55
      • ふふっ・・ありがとっ・・・うんっそんな所ね(よしよしと頭を撫でる手は暖かで)
        まぁ種を明かすと私の魔力なんだけれど・・・その表現の方が素敵ね?(そっちにしましょうとぎゅーっとして)
        そうねぇもうすぐ春・・・またお花見の季節ね?(うむうむ)
        -- 2016-07-07 (木) 21:14:40
      • 春は大好きです、果物に新しい一年の始まりを感じさせてくれますから
        あのね、お家の畑にイチゴが植えてあってねそれが大きくなるのが楽しみなんだ
        はわわ…お花見というと私の本格的なライブの始まった時ですね…(拙いライブだけど楽しかったんだ、と振り返って謙遜気味に) -- らん 2016-07-07 (木) 21:24:07
      • 花の咲き誇る時期でもある物ね・・・(いいわぁと)
        ふふっ家庭菜園かぁ・・・いいわねそれ・・・私もやってみようかしら・・(でも仮部屋じゃなぁと)
        そんなに拙かったかしら・・・(よしよし撫でて)あの頃から考えてどう?・・・成長した実感あるかしら?
        -- 2016-07-07 (木) 21:37:02
      • ちょっとした出し物としてのライブだったり?それまでは路上や広場がおもなステージ
        だったんだけどこれに満足しないように時々映像を見て思い返しているのです はい、背も伸びたしまた一歩大人の人に歩み寄れたのです -- らん 2016-07-07 (木) 21:53:32
      • その経験から積み重ねてのカウントダウンライブなのだから感慨深いわ・・
        ふふっちゃんと初心に帰っているのね(えらいえらいと撫でて)うん?そうなの(そのまま身長を図る様にしたりして)
        -- 2016-07-07 (木) 22:10:37
      • んふふ、そして毎回カレリアさんには元気に送り出してもらえてて
        いつも胸がいっぱいなのです、できればライブ以外でも応援されたいなって思うくらいに
        去年から1センチ伸びたんだよー?んっくすぐった心地いいです… -- らん 2016-07-08 (金) 03:20:40
      • ふふっライブ以外だとどんな事で応援したらいいのかしら?(んーと考え)
        まぁそうなの?(うりうりなでなで)成長期はもうちょっと先かしらねぇ
        -- 2016-07-08 (金) 06:58:55
      • そうですねー応援したくなること…お勉…いえ、やっぱりライブで大丈夫です!
        んん、頭頂部がぽかぽかします…えー、そろそろ大きくなりたいです
        そしたらもっとカレリアさんの妹っぽくなるもん、今のままだとなんだかおかーさんみたいで -- らん 2016-07-08 (金) 20:16:28
      • んー?お勉・・・なにかしらねぇ(にやにや笑ってつつく)お勉強はあまり得意じゃないのかしらぁ?(ダメよと)
        ふふ、これくらいにしておかないと頭が蕩けちゃうかしら?
        私としてはそれでもいいんだけどなぁ?(なんてふざけつつ)でもそうね・・小さならんもいいけれど、貴女が大きくなっていくのも楽しみ・・・好き嫌いしないで沢山食べて、沢山運動して、いっぱいお日様を浴びるのよ?(うんうんと)
        -- 2016-07-08 (金) 20:33:46
      • あはは…それでも前よりは良くなったんだけどね? はい、そうでないとこのままカレリアさんのおうちに
        お泊まりすることになっちゃいますので…うん、魔法とかお薬で大人に簡単になれるみたいだけど、今のわたしは今の私だからねっ
        また甘え…遊びに来ますっ -- らん 2016-07-08 (金) 21:21:38
      • ダメよ?おバカだと可愛げがあるのかもしれないけれど、レディには教養も必要よ?・・・(私の妹分になりたいなら猶更ねとウィンク)
        あら?じゃぁこのまま蕩かせばお泊りさせられるのかしら(わぁいと撫でり)えぇそれはダメよ・・自然な成長がキモなんだからっ
        ・・うんっいつでも来て・・(ぱっと離れてあげる)
        -- 2016-07-08 (金) 21:33:55
  • 魔女といえば、人目を忍ぶよう人里離れた山奥に小さな一軒家を立てて住んでいるものである
    ………というイメージばかりあったが普通に部屋を借りているんだな -- カーネル 2016-07-06 (水) 23:40:05
    • それも考えたけれどね?私の場合、冒険者としての側面もあるし・・何より寂しいじゃない?人里離れてだなんて
      (招き入れ優雅にティータイムと洒落込みながら)
      -- 2016-07-06 (水) 23:57:37
      • 利便性という点では…確かに、けれど何とも浪漫の無い話じゃないか(勧められた席に座りつつもどこか落ち着かない様子、おぼろげにしか映らない瞳を彷徨わせて部屋の様子を伺う)
        魔女と言えばほら…こういう…(飲み終えたカップに指を入れクルクルとかき混ぜる仕草)…そう、大鍋。≪魔女の窯≫だったか?…で怪しい液体を絶やさず煮詰めていたり
        壁いっぱい並ぶ、謎の液体に浸かった見たことも無い不思議な生き物の標本や雑多な薬草棚等々… -- カーネル 2016-07-07 (木) 00:18:48
      • (見渡す部屋には本(娯楽)とか花(観賞用)とか薬品棚(主に傷薬)とか怪しげな彫刻類(ただのインテリア)とかとか)なぁにきょろきょろして?・・・落ち着かない?
        あー・・・(うんうんと頷き)ああいうのってどうにも苦手だったのよね・・・性に合わないっていうの?(はふぅと溜息、隣の部屋にはひとりでに動いて部屋を掃除している箒がいて、そこが魔女らしいと言えば魔女らしいポイントか)
        -- 2016-07-07 (木) 00:31:29
      • 遥か昔…まだ私が≪苗木≫と呼ばれるような年だった頃に読んだ本…寝付けぬ夜に乳母役が枕元で語った物語。それらに登場する魔女達はみなそんな風だったが…
        (身を乗り出すと顔を近づけてカレリアの顔をじっと眺めると)性に合わないのも当然か…お前の顔は枯れ木と間違えるような鷲鼻の老婆には見えん
        -- カーネル 2016-07-07 (木) 00:47:50
      • 「乳母役」ね?・・・普通の家庭にそんな人はいないわよねぇ・・貴女って結構良い所の子?
        うん?(近づいてくるその顔をじっと見返して)あら目がいいのね?(くすくす笑って肯定し)その左目の花・・変わってると思ったけれど貴女から直接生えているのね・・大丈夫なの?
        -- 2016-07-07 (木) 01:06:54
      • ………ああいや、アールヴの里では子供は宝なんだ
        だから親だけでなく氏族全員で育てる、乳母とはそういう意味で…(どこか誤魔化すようにカップを傾けて、中身が無いことを思い出しそそくさと置きなおす)
        (左目の花にそっと触れ)やはり気になるか?大丈夫、別に今すぐどうこうなるようなものではない -- カーネル 2016-07-07 (木) 01:25:26
      • (//文通スイッチぽちり) -- カーネル 2016-07-07 (木) 01:42:02
      • なんだそうなの?ふふっ変異勘ぐっちゃった・・・ん〜・・何動揺してるのかしら?(一瞬誤魔化されつつもからのカップから飲もうとする仕草から感じ取って・・・とりあえずお代わりを注いで)
        (そりゃぁ気になるわと頷いて)それって、暫くすると何かあるって聞こえるんだけど?(//勝手に寝ちまってすみませぬのだ・・・)
        -- 2016-07-07 (木) 06:33:15
      • (//いいんだ…というか私も眠かった)
        別に動揺など………(目を伏せ注がれる薄紅色の水面を眺めながら、何度か口を開こうとしては噤み…結局そのままカップの中身と一緒に飲み下してしまう)
        ぁつっ…まあ先の事など誰にも分からんよ、神代に在った運命を紡ぐ三柱すら自らの運命を視ることは出来なかったんだからな(代わりに出たのは答えにもならない例え話、その場を取り作るように)
        …大体興味を向けるなら方向が違うだろ、お前も術師の端くれなら「これ」が欲しくなったりはしないのか(言う間でもなく左目に咲くそれのこと) -- カーネル 2016-07-07 (木) 10:00:19
      • 一気にのむからよ(くすくす笑って)そうね・・・自分が明日滅ぶだろうだなんて、誰だって本気で思っちゃいない・・・いいのよ、言いたくないならそう言ってくれれば
        うん?・・・悪いけれど、私にはそれはまだ人に寄生している不気味な花にしか見えないわ(あまりそういう目のいい方ではないのと)それに、私が学んだ魔女のあるべき姿は、術より人を大事にしていたの(うんうんと)で・・なんなのよそれ?
        -- 2016-07-07 (木) 18:31:45
      • 臆病、なのかもしれないな…私は
        お前とこうして仲良く席を共にしておきながら、底では本当に信用できるのかと疑っている(せめてもの譲歩なのか正直に心情を吐露して)
        (逆に質問されるとは思っても居なかったのか、右目をぱちくりとしばたたかせて)…何と言われても
        (とはいえ自分から聞いたのだから黙っているわけにもいかず)黒水連は…要するに花の形をしたマナの塊だ、媒介に用いれば駆け出し術師でも山一つ消し飛ばす魔法を使えるくらいのな
        当然そんじょそこらに生えてるものではない貴重品だから、欲深な人間なら欲しがるかなと…その…そういう訳だ
        (「何でその人間にこんなこと説明してるんだ私は、かまかけるんじゃなかった」と眉間を抑えながら説明する) -- カーネル 2016-07-07 (木) 20:01:34
      • そうかしら、そうやって気持ちを吐露できるのは強さの一つよ・・・
        少なくとも私は初めて見たわ・・ふぅん・・・そんな物なの・・・(凄いわと頷きながら一口飲んで)
        でも使いづらそうねそれ・・・スコップでパフェを食べようとする感じというか・・・(眉間を抑える様にくすくす笑って)そんな物を常備してるのに繊細にコントロールが出来ているのね(この前ブドウの木を生えさせたのを思い出して)
        -- 2016-07-07 (木) 20:38:41
      • (『魔女であるカレリアが知らないのならこの心配も杞憂なのではないだろうか、変わり者だらけのこの街なら自分は普通に暮らしていいのかもしれない』…ふとそんな思いが浮かび)
        ふっ…そこはまあ自分の体から生えてるものだからな、コントロールできなくてどうする(クスクスと笑うカレリアと一緒に笑った)
        (和やかになった雰囲気に包まれたその時…ガタンッ不意に隣の部屋から物音がして…)
        (『ギャア!ギャア!』動く箒に追いかけられる極彩色の毛玉…いや、極楽鳥が飛び出してくる。どうやらその長い尻尾が糸くずか何かに間違われたようだ) -- カーネル 2016-07-07 (木) 21:36:59
      • それは確かに・・・(うんうんと笑いあってから)
        ・・・うん?・・あらあら・・(待ちなさいと箒を宥めて極楽鳥を招いて)大丈夫?ふふっごめんなさいね・・・(よしよし撫でる)今日は姿が見えないと思ったらそんな所にいたのね?
        -- 2016-07-07 (木) 21:48:47
      • (『キュウ…』哀れな声をあげながらカレリアの足元に縋り付く極楽鳥)
        やけに静かだと思ったら…帰ったら洗濯か、これは(よく見れば極彩色の羽毛は埃まみれで、長い時間箒に小突きまわされていたらしいことが分かる)
        (溜息を一つ、ぼろ雑巾のようになった鳥を嫌そうに掴み上げて)…すまないがそろそろ帰ることにする、こいつを洗わなければならないしな
        (暇を告げ立ち去るエルフは扉の前で一度振り返り)その…つまらん愚痴に付き合わせたようで悪かったな、少し気が楽になった
        (少し気恥ずかしそうに礼を述べて去っていった) -- カーネル 2016-07-07 (木) 22:22:57
      • 可哀そうに・・・(ほこりまみれでも躊躇う事なく撫でつけて)
        ふふっ嫌がる割には面倒見いいのね貴女・・・・・いいのよ、人間偶には愚痴らって発散させないとね・・(それじゃと手を振って見送った)
        -- 2016-07-07 (木) 22:33:56
  • ……聞いたぞ、カレリア。だいぶ無茶したそうじゃないか。(何か包みを持ってふらっと現れ) -- キョーレン 2016-07-05 (火) 23:40:32
    • むちゃ・・・無茶?・・・どの無茶の事かしら(うぅん?と首をひねっている)
      あら?なぁにそれ(包みを見ながら)
      -- 2016-07-05 (火) 23:41:54
      • そこで心当たりがありすぎて困るあたりが無茶だというんだ。ちなみに俺が言ってるのは自分のゴーレムに自分を殴らせたやつ。
        そんな無茶するきかん坊に見舞いだ。……多分一か月近く遅いけども。(しゅん) -- キョーレン 2016-07-05 (火) 23:44:33
      • あらやだ・・・その話誰から聞いたの?(くすくすわらう、あれが自分のゴーレムだとばれたら八百長だとばれてしまうのだ)
        まぁっそれは嬉しいわ(何かしらとしげしげ眺め)・・・ふふっあの傷も同行のマルウナッテのおかげですぐ治っちゃったわ・・あの子凄いのよ(うむうむ)
        ふふっそういえば今度蜥蜴で同行ね?雑兵とはいえ強敵よ・・・油断しないで行きましょう
        -- 2016-07-05 (火) 23:51:16
      • どっかの企業の目は誤魔化せても俺の目は誤魔化せん。外装を取り繕ってもあれがカレリアのゴーレムなくらいは見れば分かる。(かくいう俺もあの依頼を蹴ったクチでな、と肩を竦めて)
        なら良かった。ひょっとしてまだケガが残ってたらいかんなあと思ったんだが、取り越し苦労だったな。
        ああ。だが如何せん現状だと物量が足りない可能性があるな……まだ2週間くらいあるし、集まってくれるのを期待するか……。 -- キョーレン 2016-07-05 (火) 23:59:52
      • あら貴方もだったの?・・・それはご愁傷さま(くすくすと)あの依頼人さんもねぇ・・・ああなる前に何か手を打っておけばまだ結果も違っていたでしょうに・・・
        いいのよ、その気持ちが嬉しいのだし(なんだろう?と受け取って開いてみたり)・・・ふふっそれに・・・私のゴーレムだと見ればわかるだなんて・・・(その事もまた嬉しいのだという様にうきうきした様子で)
        そうね・・・今のままじゃちょっとね・・・そういえば私の魔法は大味だから多数相手の方が絶対に向いていると雑兵相手を選んだけれど・・・貴方もなの?・・・術で複数相手に出来ても基本が抜刀術と考えると基本的に単体相手が向いていそうだけれど
        -- 2016-07-06 (水) 00:14:57
      • 抜刀術で単体相手にも強いし雑兵を薙ぎ倒すのもいけるのでほぼそのふたつに差はない、というのがひとつ。
        まだ期日までに間があるのと難易度が高そうなのでしり込みするとそれが雰囲気として伝播して人数割れの陥りかねないと危惧したのがもうひとつ。
        で、あのタイミングでならタイマン相手が得意な奴が集まりそうだと思ったのが最後の理由。こう見えて俺もそこそこ色々考えてるんだぞ?(ニイ、と笑って見せる。ちなみに中身は滋養の在って日持ちのする食材詰め合わせ) -- キョーレン 2016-07-06 (水) 00:20:22
      • ふふ・・そんな事考えていたのね・・・(ニイと笑う様に頼もし気に頷いて)
        まぁっ♡・・ふふっこれは色々、元気になっちゃいそうね・・・(どう?今夜、食事していく?なんてからかう様に笑って)
        -- 2016-07-06 (水) 00:33:17
      • それはありがたい申し出だが……。(何故か浮かぶカレリアが自分を足蹴にしているイメージ)
        あっいや、断るつもりではなくてだな、そのー……お手柔らかに頼むぞ?
        // -- キョーレン 2016-07-06 (水) 00:40:00
      • ふふっなに怖がってるのよ・・これは使っても、そんな変な調理の仕方はしないわよ(くすくすと、別に断っても気にしなかったという風で)
        ・・・そういえばキョーレンって何か嫌いだったりダメだったりする食べ物ってある?(食べ物の好みとかは聞いた事がなかったかなと思って)
        -- 2016-07-06 (水) 00:47:22
      • // -- 2016-07-06 (水) 00:47:45
      • いや料理の腕を信用しないわけではなくてだな、なんだろう今すごいこう、変なイメージが頭をチラついて……。(無意識にこびりついているらしい)
        嫌いな食べ物なあ……しいて言うなら、加熱した柑橘類の皮かな。マーマレードとか。(やたら限定されたのを出してくる) -- キョーレン 2016-07-06 (水) 08:13:32
      • 変なイメージ?・・・ふふっなぁに大鍋でもかき回すと思った?・・・そういうのは得意な方ではなかったわね・・・(こちらはすっかりあの時の事は忘れているようだ)
        ふふっ変なのを上げるのね・・・でも確かに、食材としてみると微妙かも・・・(アクセントとしてはいいんだけれどねと笑って)
        -- 2016-07-06 (水) 18:02:48
      • 逆に言うとわざわざそんなものを上げるくらいしか好き嫌いがないということでもある。何しろ旅人だからな。好き嫌いなどしておってはやっておれん。
        まあ、そういうわけだ。概ねなんでも食べられるので、遠慮はいらない。 -- キョーレン 2016-07-07 (木) 00:41:33
      • なるほどそれは確かに・・・(うむうむと頷きながら食材を確認し)すっぽんなんてどう料理するのかしら・・・んー・・・(考え)困った時は纏めて煮込んじゃえばいいわね、根菜やネギもあるし(適当だ)
        (だったら少しかかるから、今のうちにやっておかないととキッチンに入っていく)ちょっと待っててね?(腕前はごく一般的な家庭料理クラスの魔女だ、相応に食べられる物を出したとか)
        -- 2016-07-07 (木) 00:58:58
  • フリフリな白の服もかわいかったけど、黒のシックな魔女らしい装いもステキねえカレリアちゃん。 -- 死茨の魔王 2016-07-05 (火) 23:25:17
    • あらこんにちはソーン、ふふっあれは冬服でね?・・これは魔女としての基本服になるわ・・・
      この位の時期ってちょっと迷うのよねぇ・・冬って感じじゃないし、春物にはちょっと早いしで・・
      -- 2016-07-05 (火) 23:28:02
      • えぇ、こんにちは〜。(微笑んで、ひらひらと片手を振って挨拶。相変わらずというか、魔王(自称)にしては軽く緩い雰囲気である)
        新芽の萌え始めるこの季節、繁りだす草木とは逆に、厚い衣を少しずつ脱いで行く、って感じかしらぁ。
        そういえば、カレリアちゃんはもっと肌の露出が多い服を着たりしないの? 私の時代は魔術師と言えばビキニアーマーみたいなのが普通だったけどぉ。(※そんな時代は ない) -- 死茨の魔王 2016-07-05 (火) 23:47:58
      • (親しみやすいわぁとにこにこしつつ)
        そんな感じね・・・うん?ふふっ着ないわよそんなの、品のない格好は嫌いなの(ばっさりである)
        それに、肌の露出は少ないほど、それを露わにした時の衝撃が増すのよ・・・(くすくすと笑って)
        -- 2016-07-05 (火) 23:55:51
      • うぅ……品のない格好……そう、そうよねぇ。あはは……(若い頃はそんな格好をしてたので、グサッと刺さる言葉の刃!)
        でも、普段は落ち着いた装いであるほど、肌を見せたときより魅力的になる、ってのはわかるわぁ。
        ……夏のカレリアちゃんが楽しみかもぉ。(こちらも、くすりと笑う) -- 死茨の魔王 2016-07-06 (水) 00:04:08
      • 何よ取り繕うみたいな顔して・・・ぁー・・・(なんか納得したように見る生暖かい目)
        ふふっでしょう?隠すのもまた大事なの・・・それに、脱ぐことでしか魅力を発揮できない女にはなりたくないもの(くすくす笑って)
        夏服ねぇ?・・ふふっあまりご期待には添えないかも・・(可愛い目ではあるわと自画自賛しつつ)
        -- 2016-07-06 (水) 00:18:58
      • やめてぇ……その視線は邪眼よりも何よりも魔王(自称)に効いちゃう……効いちゃうぅ……(顔を覆ってやんやんやん)
        (でもまあ、気を取り直して) 肌を見せるのはあくまでファッションの一つ。それが目的になっちゃったら、主客転倒かもねぇ。(うんうん、と納得)
        セクシーというより、清楚なかわいらしさ、ってところかしら? ふふっ、夏を待つ楽しみが一つ増えた気がするわぁ。
        じゃあ、今度は夏……より前に会うとは思うけど、それじゃあ、またね〜。(それはそれとして、いつかカレリアにも際どい衣装を着せよう、と思った魔王(自称)であった……) -- 死茨の魔王 2016-07-06 (水) 00:53:27
      • ふふっ若気の至りという奴かしらね?(見てみたいわぁとくすくす)
        (そういう事ねと頷いて)残念と言われないよう努力するわ・・・えぇ春や梅雨時にも変わるから・・その時にでもね?(なんか企んでるなぁとか考えつつ見送ったとか)
        -- 2016-07-07 (木) 00:11:24
  • (酒場でカレリアを見つけおずおずと近寄ってきた)アンタ…えっとカレリアって言ったわね…
    この間は…悪かったわ…(バツの悪そうに褐色娘が口をひらく) -- リルノラ 2016-07-05 (火) 20:09:06
    • あらリルノラ?この前・・・あぁっ・・いいのよ結果オーライだし、ちゃんとハイリエについて突出しなかったものね?
      ・・・失敗は誰にでもあるもの・・貴女はちゃんとカバーして貰えるように立ち回っていたし、反省点が見えていれば次に生かせるでしょう?(にこにこと)
      -- 2016-07-05 (火) 20:27:33
      • へ…?(ずっこけたことを思い出し赤面しながらいつもの調子に戻り喚く)ち、ちがうわよ!!いえ…そっちもだケド…あれはちょっと調子が出なかったのよ…!!
        アタシが言いたかったのはこの間の…言い過ぎた…って思ったから謝りに来ただけよ!わるい?!(ふんっと鼻を鳴らし、ソッポを向く。決して謝りに来たようにはみえないだろう) -- リルノラ 2016-07-05 (火) 20:35:42
      • あら、この間の事・・気にしていたの?(意外に繊細なのねとくすくす)
        いいえ悪くなんてないわ?(いいのよと笑って返し)ふふっ貴女っていつもそんな調子なの?・・疲れない?
        -- 2016-07-05 (火) 20:40:34
      • 別に疲れないわよ?アタシは言いたいこと言ってるダケだし?思ったこと口に出しちゃうタイプだし?そのせいで言い過ぎて反省するコトがあるのが…あ、今のナシ!忘れて!!
        あ、アンタだって、いつもにこにこにこにこ!腹の中にどす黒いもの持ってるんじゃないの?!……うっ……(治らない悪い癖に口ごもる。そして申し訳なさそうに頭を垂れる) -- リルノラ 2016-07-05 (火) 20:50:11
      • ふふっ貴女って面白いわ(ころころ笑って)
        (うなだれる様を見て)他者は自らを移す鏡よ・・・貴女が私の中に黒い物があると疑うのは、貴女の中に後ろ暗い物があるから・・・常に他者に攻撃的なのにそれを悔いるような様を見せるのは何かしらね?・・常に何かに抗おうとして付いた癖を、望まぬ相手に向けてしまったからかしら・・・
        ・・・何か悩みでもある?(優しく、受け止める様に微笑んで)
        -- 2016-07-05 (火) 21:12:40
      • …鏡…他の人が…?(カレリアの言葉にハッと顔をあげ見上げる、そこには変わらず笑顔であるが何か見透かしているカレリアの姿が)
        (全てを打ち明けてしまいたい衝動に駆られる)じ、実は…アタシ…心の中に…悪魔を…(ここまで言いかけ首を横に振り)
        (言いたかったセリフを飲み込み、その代わり別の悩み事が口からでてくる)そ、そうよ!悪魔のような性格のせいで友達が出来ないのよ!…って、これも他人にいうことじゃないや… -- リルノラ 2016-07-05 (火) 21:29:31
      • ・・・うん?(あっさり弱々しさを見せるリルノラに意外そうな顔で・・同時にこれは本当に何か、精神的な物とは違う理由がありそうだと思う)悪魔・・
        ・・あらあら、また隠れちゃったわ(くすりと笑って、ならば今はそれでいいと)ならそうねぇ・・悪魔の如き性格でも、魔女なら友達になれるわ・・・お友達になってくれないかしら、リルノラ?(手を差し出して)
        -- 2016-07-05 (火) 21:49:15
      • え?!うううん?!ふぇええ?!?!(すっかりしおらしくなっていた褐色娘はカレリアの申し出に素っ頓狂な声をあげ、後ずさる)
        そ、そんな、アンタ…ついこの間会ったばっかりなのに…?(ついつい口に出してしまったコトが意外な展開を迎えどうしていいかわからず)
        しょ、しょーがないわねー!!そんなにアタシと友達になりたいなら…ならないでもないわ…よ…魔女サン?!(強がったセリフを吐きながらも、おそるおそる手を出しで…引っ込めて…を繰り返し、どうしていいのか自分でも分からない様子) -- リルノラ 2016-07-05 (火) 22:00:02
      • ふふっなに驚いているのよ・・・出会ったその日にもっと親密な関係になる事だってあるわ・・それを思えば友達位どうってことないわ
        (強がりを見せればくすりと笑って・・・躊躇う様に手を引っ込めれば追い掛ける様にその手を取る)よろしくね悪魔サン?(にぎにぎして)
        -- 2016-07-05 (火) 22:43:23
      • もっと…!!親密に……?!(目を白黒させ、知らない世界を思うと気が遠くなる)
        (そうこうしている内に手を握られる。無意識からかその手を強く、離すまいと握り返す。にぎにぎ)ふ、ふん!…こちらこそ、よろしく…………してあげなくもないんだから!!
        (再びどうしていいか分からず手を振り払い、顔をみせずに駆け出す、酒場を後にするのであった。) -- リルノラ 2016-07-05 (火) 22:50:22
      • ぷっ・・ふふっなにを想像したのかしらこの子は(目を白黒させる様に肩を揺らして笑って見せて)
        ・・・ふふっありがとうね?(くすくす笑って、振り払われても特に気にした様子もなく見送る)・・・縋るみたいに握るのね・・(なんだか気になってしまって仕方がない魔女だった)
        -- 2016-07-05 (火) 23:15:04
  • (羽織袴の少年が訪ねて来て、上質なワインを風呂敷で綺麗に包んでお渡しした) あけましておめでとうございます、カレリアさんっ 今年もよろしくお願いしますっ -- 虎彦 2016-06-29 (水) 00:19:20
    • まぁっ(嬉しそうにワインを受け取って)これはご丁寧に…あけましておめでとう坊や、今年も宜しくね?…お年玉いる?(なんてからかうように聞いて) -- 2016-06-29 (水) 03:30:05
      • 頂けるものなら喜んで! でも、お金はまあ自分で稼げておりますから… さて、どんなお年玉を下さいますか?
        (に、と生意気に笑って見せる少年 出会ったころは言わなかったような、軽い冗談) -- 虎彦 2016-06-29 (水) 21:29:31
      • (普通にお金のつもりだったからきょとんとする魔女だ)ふふ・・・生意気言う子にはあげないわ(ぺちっとでこぴん)
        ちょっと見ない内に言うようになったわね?流石に一本取られたわ(くすくす笑う・・・//つヴぁいへんだーでダメだった)
        -- 2016-06-29 (水) 21:34:29
      • あはは、残念です でも、カレリアさんから取れた一本が十分なお年玉ですよ? (デコピンされながら笑って、) 僕も子供のままじゃないって事ですよ 身長だってほら、もう165cm、あと10cmくらいですかね? (抜かすまで、と背伸びをして見せる) -- 虎彦 2016-06-29 (水) 22:41:13
      • ふふっ一本取ったくらいで何調子に乗っているのよ・・・そうね・・気づけばもうそんなに・・・成長期かしらね?(ヒールの分があるから数値程ではないが、見えてきたといった所だ)
        体も心も立派に大人に近づいているとして・・・技の方はどう?暫く身が入っていなかったようだけれど・・流石にもう感を取り戻せているかしら
        -- 2016-06-29 (水) 23:09:55
      • 前の僕は消極的に過ぎたので、ちょっと調子に乗る位も良いかなって思いまして (ちょっと生意気な事を言いつつ)
        はい、成長期ですっ 目指すは185cmですっ! 達成できたら、ヒールを佩いたカレリアさんよりも身長は上ですよ (ふんすっ)
        技はー…磨きなおしていますよ 今と前、どっちが強いかはわかりませんけど、新しい僕です 昔の僕を思い出しましたから …二月には、師匠と本気でやりあう約束をしましたしね! -- 虎彦 2016-06-29 (水) 23:14:27
      • それは頼もしいわね?・・私もちょっと調子に乗ってみようかしら・・・(なんて挑発的に微笑みながら頬を突いて)
        そうねぇ・・・ふふ、185・・・随分と具体的な数値ね?・・何か目標でもいるのかしら?(「ある」ではなく「いる」と聞いて)
        今の方が強いわよ(それだけは核心をもって告げる)心構えが違うもの、一本取られた私が言うんだから間違いないわ・・・(うんうんと)・・それで?そっちはもう、使う気になれたの?(みずちを示して)
        -- 2016-06-29 (水) 23:26:09
      • カレリアさんは居るも落ち着いてるから、調子に乗るところが想像できませんね… んむ (頬をつつかれてちょっと笑って)
        あ、えーっと… …えーっと、は、はい (しかし、そこを取り上げられればじわっと赤くなって) まあ、ええと、そうですね 居ます …でも、あと20cmと思うとちょっと心が折れますね…っ
        … (確信する魔女の言葉に目を瞬かせ、それから、ぱあっと明るく笑い) 気持ちが落ち着きました、前よりも、強いって思えるかもしれません
        はい、太刀も腰に佩くだけじゃなくて、抜けるように 冒険者として生きる覚悟は、決まりました -- 虎彦 2016-06-29 (水) 23:42:10
      • ふふっ私これでもしょっちゅう調子に乗っているのよ?(今みたいにねとなでなで)
        まぁ赤くなっちゃって・・(くすくすと楽しそうに笑って)相手より大きくありたい・・・女はあまりそういう事は気にしないのだけれど・・それでも、男の子のそういう気持ちって好きよ?・・・それにしても随分大きな子なのね・・・(わたしより大きいわと唸る)
        ふふ・・「思えるかも」はちょっと頼りないわね?・・期待しているわ・・・
        ふぅん・・・(覚悟を決めたと聞けば頷いて)・・・それで・・どうする?(尋ねたのは以前の、魔導を教えるかという件だ)
        -- 2016-06-30 (木) 10:16:45
      • 意外です、どんな時でも自分のペースを守ってそうなイメージでしたっ んん、撫でるにしても、もう子供じゃあないですよー… (でもいい気分なので大人しく撫でられて)
        女性が気にしなくても、こう、男はやっぱり、頼りがいある感じになりたいって思うものなんですっ …って、あ、あんまり触られるとどんな顔をして良いやら…ええと、はい (深呼吸してから、真っ直ぐ見つめ) 魔法の修練を教えてください -- 虎彦 2016-07-01 (金) 01:41:43
      • まだまだ子供よ、勝手に大人になられたんじゃ堪らないわ(ふんすと勝手な事を言ってなでなで)
        ・・・(はいと頷けば静かに離れる)そう・・・わかった・・じゃぁまず、今それをどの程度扱える?・・本当にただの剣としか使えないのか・・・はたまたじゃじゃ馬の様に暴れまわるのか・・どう?
        -- 2016-07-01 (金) 01:54:51
      • そんな事言ってる間に、ぐんぐん少年から青年になっていくんですよ、男の子ってのは (そう言ってちょっと生意気に笑って見せて)
        みずちはー…まだ、僕にはただの剣です でも、握っていると不思議と手に添う様な…優しい感じがするんです (言いながら、一声断ってからゆっくりと太刀を抜く)
        (少年の身長に対しては少し長めの刀身だけれど、するりと音もなく抜き払われたそれは、玉散る氷の刃) -- 虎彦 2016-07-01 (金) 23:01:38
      • そういうのは青年になってから言いなさい(ぴしゃりと言ってもっかいぺちり)
        そう・・・大人しい・・いえ・・優しい子なのね(剣を人の様に語る)
        (剣を眺めながら)教えるのは魔法と言う話だったけれど・・・あくまでその剣を使いこなす事に重点を置いたものにするわ・・・(導入としてはその方がいいものと頷き)
        坊やは今まで魔法その物を使った事が無くて、魔力がどうのと言っても多分よくわからないと思うわ・・・だから、私が指定するのは一つ・・・剣と対話をしなさい?という事よ(なんか痛い事いいだした)
        -- 2016-07-02 (土) 01:56:12
      • あたっ …はは、でもほら、背伸びが出来るのは、追い越したい人達より背が低いうちだけでしょう? 生意気言わせてください (子供と大人の境目の少年は、そう言って微笑んだ)
        人の優しさから生まれた刀ですから (目の前刃を上に水平構え、とろりと流れる刃紋は深い河を思わせる形をしていた)
        そうですね、自在に魔法を操るのは憧れますけど、僕はそこまで器用じゃないので、全ての中心は、刀と身体で …そうですね、あんまり判らないです、マナとか、魔力とか…
        …対話を? って、よく本とかでは表現にありますけど… (首を傾げる、当然の不安) -- 虎彦 2016-07-02 (土) 22:14:00
      • ふふっ口ばっかり上手くなってちゃ肝心の身が育たないわよ
        比喩でもなんでもなくそのままズバリよ…まぁ正確には、剣にあった人格を空想し投影して、それを通してお互いの理解を深めるの…
        何の力もない器物であればともかく、みずちは力ある剣よ、貴方の語りかける声を聴く内その人格を通して貴方にこたえてくる筈
        (ちょっと実践してみましょうか?と剣を貸してと手をさし出して)
        -- 2016-07-02 (土) 22:27:34
      • それは困るので、そろそろ慣れない言葉はしまっておきます (口を押さえて肩を竦めて見せる)
        剣にあった人格… みずちの中の人格ですか… (じぃ、と自分の太刀を眺め、それから、そっと柄をカレリアに向けて差し出す) -- 虎彦 2016-07-02 (土) 22:58:28
      • (太刀を受けとる…その手付きは道具を持つものではあるが刀を持つものではない)
        (刀身にそっと額を寄せて目をつむると)こんにちは…えぇそう…ふふっそんなに怖がらないで…
        (それは虎彦に話しかけているのではない、剣を通して頭の中のお友達と話しているのだ)
        (それだけだとただの怪しい光景だが、魔力が無理でも雰囲気とか空気とか気配…そういった感覚を通して見ると、一言二言と交わす度に剣とカレリア、両者が徐々に同調し親しんでいくような気がする事だろう)
        (そしてそれがある一定のラインを超える前に止める)こんな感じね…(そう言って目を開け刀を返すしぐさは、つい先程迄とは明らかに違う、さっきまでは剣とカレリアは完全に別々の存在だったのに、今は少し慣れ親しんだ用な、そんな間柄だ)
        こうやって剣との同調を高めるの…初めは語りかけた言葉の返事を頭で考えて…ってなるけど、段々いしきしないでも会話が続いて、気づけば向こうから話しかけて来るくらいになるわ…そうしたら、後はお願いするだけ
        -- 2016-07-03 (日) 00:10:40
  • 少々お尋ねしたいことが…知識豊富なカレリア様なら…知ってるかもしれないので…
    本などを見ても少し…わからないことがありまして…(とカレリアの部屋を訪ねつつ) -- セラフィータ 2016-06-28 (火) 23:26:28
    • あらセラじゃないの・・・ふふ、なぁに?本に載ってない事なんて、私にわかるかしら・・・ -- 2016-06-28 (火) 23:32:27
      • はい…えっとですね…「月が綺麗ですね」(カレリアに向かって、そう呟いてみる) -- セラフィータ 2016-06-28 (火) 23:40:48
      • (呟かれれば一瞬きょとんと、然る後に笑いだして)どこでそんな雅な台詞を覚えたのかしら…
        えぇいいわよ…少し、一緒に夜の散歩と洒落混みましょうか(誘い、手を差し出して)
        -- 2016-06-29 (水) 03:22:53
      • えっえっえっと(いいわよと言われて首をかしげて)…えっとですね…聞きたいことというのが…「月が綺麗ですね」の…意味でして…
        (カレリアの反応から、少しだけ、なんとなく、どういう方向の言葉なのかはちょっとだけ察しつつも)
        …この言葉の隠れた意味を調べておきなさいって言われまして… -- セラフィータ 2016-06-29 (水) 20:45:17
      • (手をとり、引き寄せ)返し方としてはそうね・・・「あの日見初めた時から、月を美しいと思っておりました」・・かしらね(頤を上げさせながらくすっと笑って・・・ぱっと離れる)
        ふふっもう意味をあらかた察しているみたいだけれど・・・こんなクサい台詞どこの誰に言われたのかしら?・・・ハイリエのセンスじゃないわね・・・ってなると(にやにや)
        -- 2016-06-29 (水) 20:54:10
      • …なお私は「はい、綺麗ですね」とすごく普通の意味合いだと思って答えました…そしたら意味しらない?っと言われまして…
        …えーっと…つまるところ…そういう意味なんですか…?(でも具体的にどうなのかと聞きたいようで)
        …えーっと…たぶん、ご想像の通りかと…な、なるほど…そ、それだと…私の反応はすごくガッカリされたのかもしれませんね…(本当に知らなかったから素だったらしい) -- セラフィータ 2016-06-29 (水) 20:57:05
      • ふふ・・・無粋ねぇ・・相手がその意味を知らないとすれば、そのままにしておくのが懐の深い男という物よ(くすくす)
        ・・・愛しています・・・そういう意味だとされているわ・・・「月が美しい」=「愛しています」なのか「月」=「貴女」「綺麗」=「好き」って意味なのかまでは知らないけれど・・・ふふ、もし後者ならば「月は貴方だけを照らしていたいと思うております」・・なんて返しも素敵かしら?(くすりと)
        (ぱたぱた手を振って)いいのいいの、勝手に分かりづらい表現をしておいて通じなかったからとへそを曲げる方がどうかしているわ・・・で?貴女はどうなの?(にこにこと)
        -- 2016-06-29 (水) 21:09:22
      • なるほど…やはりカレリア様は知識が豊富ですね…(わかりやすい説明と…当時の状況を思い出して赤くなる)
        へ、へそを曲げていたというわけではなく…たぶん、素っ頓狂な顔をして、全然気づいてない私が逆に面白かったのかもしれません…
        うーっ…そ、それを今ききますか?カレリア様も…良い笑顔でいじわるなことをききます… -- セラフィータ 2016-06-29 (水) 21:39:05
      • ふふっこんなのただの雑学よ褒められるような物じゃないわ・・(赤くなった頬をかわいいっとつっついて)
        そう・・ふふ・・向こうはそれで本当に通じると思っていたのね・・(そんなに分かるネタかしらと首をかしぐ)
        それを、今、聞くわ(にっこり)だぁって質問に答えたのだから何かあってもいいんじゃなくて?(にやにや)
        -- 2016-06-29 (水) 21:52:45
      • (ぷにっぷにっと頬を突かれて空気が抜ける)月と星のお話をして…そこからでしたね…気づけなくて恥ずかしい限りです…
        うー…ど、どう答えていいか…正直に申しますと、お相手にまだ言ってないのに他の人に伝えるのは…(申し訳無さそうにしつつも)
        …た、ただ相手が誰かだけはお教えしますね…(他の人にきこえないように耳元で…ウーティス様です…と囁く) -- セラフィータ 2016-06-29 (水) 22:04:17
      • そのノリだと冗談とも受け取られかねないわね・・・まぁ今も言った通り分かりづらいから・・・なんでも相当シャイなお国柄の人達が考えた表現らしいわ
        ・・・ふむ‥それもそうね・・・ふむふむ・・・あぁあの調査員さん・・・へぇぇ?(まぁっと楽しそうに笑って)男にするか女にするか・・・爛れているわねぇ(くすくす)
        -- 2016-06-29 (水) 22:34:04
      • …結構真面目な雰囲気だったので…まったく気づいてない様子だった私が悪いのです…(ウーティス様ああみえてシャイというか本心は隠すタイプですしねと…)
        た、爛れているでしょうか……うぅ…やはり私はふしだらなのかもしれません(反省するような、恥ずかしいような顔が真っ赤で) -- セラフィータ 2016-06-29 (水) 22:58:20
      • 彼としては真面目なつもりで言ったのかもしれないわね・・何せ愛のささやきですもの
        ふふ・・ふしだらなのは嫌かしら?・・・(くすくすと肩を揺らし)・・そういえばタタラはどう?今はあの子の所でしょう?・・・ふふっ貴女、タタラのお気に入りみたいよ?
        -- 2016-06-29 (水) 23:12:35
      • 真の愛とふしだらさは…なんとなく相反するような気もして…うぐぐ…悩ましい毎日です…
        そしてタタラ様にも…ずっと一緒にいたい、大事にする、お姫様みたいに扱うから…と、突然言われて本当にびっくりしました… -- セラフィータ 2016-06-29 (水) 23:20:38
      • ふむ・・・そも、真の愛って何なのかしらね?・・・なにをもって愛を真と偽に分けるのかしら・・・そして・・どうして真である事に、そんなにこだわるの?
        ふふっ・・出会う物を魅了する魔性の女といった所かしら?(くすくす)なんでも貴女、色がぽんぽん変わるみたいね・・それで気に入られたのだとか・・・
        -- 2016-06-29 (水) 23:40:45
      • …そこも含めて…まだわからないので…探して、知りたいのです…なかなかわかりません…一年やそこらで、わかるものではないのかもしれませんね…
        …あっそこは…私の一族は…感情とかで…生えてくる髪の毛の色が変わるので…それが影響しているのかと…(上のほうは桃色だけど…下のほうは、青色な髪の毛を見せて)
        地上に来る前は…下のほうは緑色だったんですよ…? -- セラフィータ 2016-06-29 (水) 23:46:26
      • (くすっと笑って)・・・だから直感に従いなさいと言ったのよ・・思うに、貴女は「真の愛」って言葉に踊らされているのよ(幻想を抱いていると言ってもいいわねと頷く)
        ふぅん?・・・その時抱いていた感情で・・・あの子の言う色って魂の色だと思ってたわ・・・・ちなみに、ピンクはどんな気持ちを抱いていたらなるのかしら?(なんとなく予想を立てて微笑みながら)
        -- 2016-06-30 (木) 10:28:01
  • そういえばちょちょい、かおをあわせる気がするがちゃんと、話をしたことはなかったなと思って。(すっ) -- イェチン 2016-06-28 (火) 23:06:18
    • あらイェチン・・だったかしら・・・ふふ、そういえばそうね?(よろしくねと微笑んで) -- 2016-06-28 (火) 23:08:55
      • うむ、あらためて申さば私はこのより東の北山にて修行をつみ、羽化昇天を果たした者。
        名を青葉という。この町で武術を教える道場をお越し、弟子たちとともになお技の研鑽の日々よ。
        というわけで、よろしくたのむ。ほうぼうでみればうぬも、かなりの使い手と判る。 -- イェチン 2016-06-28 (火) 23:19:02
      • うかしょーてん・・・人を超えた的な?(はてと)
        ふふ、使い手ね・・・そういわれると悪い気はしないけれど・・(肩をすくめて)力を振り回しているだけで大したものじゃないわよ
        貴女こそ・・・人は師の力ではなく人となりを学ぶものよ・・・弟子の多さは、そのまま貴女の人となりを表しているわ
        -- 2016-06-28 (火) 23:31:53
      • 孔子曰く、人を見るときはまずその友を見ろというな。はははは、私の弟子たちはよい子たちばかりじゃろー?ははははは!(弟子馬鹿
        ま、それを言うならお前の方こそ、慕うものも多いのではないか?まだ若いのに、やり手じゃなー(ぐいぐいと腰のあたりを肘で押し) -- イェチン 2016-06-28 (火) 23:42:03
      • そうね、全員は知らないけれど皆いい子だって事はわかるわ(自慢げな様子にくすくすと笑って)
        (つつかれて揺れつつ)私なんて大した事はしていないわよ、ただ話をしているだけ、それで何かを学びとり慕ってくれるのなら、それはそれだけあの子達がいい子だって事よ
        ふふっお互い周りに恵まれたということかしらね?(なんて笑って)
        -- 2016-06-29 (水) 03:15:49
  • カレリアさん。遅くなりました、が…バレンタイン、です。(クッキーを綺麗な包みに入れてそっと置いていく) -- アリー 2016-07-04 (月) 23:00:41
    • ふふっ私も今年は殆ど配ってなかったわ・・・(正確には千年樹だけ)
      ありがとうアリー?・・・これ、私からね?(チョコクッキーを差し出して)
      -- 2016-07-05 (火) 01:28:24
  • こんばんわー!意味もなく遊びに来ましたカレリアさん!
    取り合えず、ゴーレムとの対話とか、意識とかああいうのは何となくわかるようになってきたぜー!
    -- 四季 2016-07-03 (日) 00:06:01
    • はぁい四季・・まぁっそれはよかったわ・・・ふふ・・それで?百の手は貴方に何か言ってきた? -- 2016-07-03 (日) 01:14:54
      • まぁそこは企業秘密って事で、ただ…こう知り合いの子とよく一緒に殴ってくるのやめろー!って言ったら
        何かオレよりアイツのほうがよっぽど紳士的でした……あ、そういえばカレリアさんはゴーレムの手入れとかどうやるか知ってる?
        自己修復とか出来るようなメンテナンスフリーばっかりってわけじゃないですよねっ -- 四季 2016-07-03 (日) 21:25:07
      • ふふっ残念だわぁ(でも仕方ない事だとうなずいて)ふふっ殴ってくるのに紳士的なの?(面白いわと興味深げにして)
        そうね…使うほどに痛んでくるのはもう仕方のないことよ…だいたいは(箒のゴーレムをみて)痛んで来たらボディを交換する(鞄型に折りたたまれた鎧ゴーレムを見て)鍛冶屋さんみたいなメンテナンスできる人に頼む(ペンゴーレムを見て)最初からメンテナンスしやすい形に設計する…あとは壊れずらいボディを選ぶことだけれど‥これは質問の趣旨に反するわね
        -- 2016-07-03 (日) 22:29:19
      • (そして今の答えも質問の回答として適切じゃなかったなと反省するチラ見状態) -- 2016-07-03 (日) 22:31:33
      • そうだよ、知り合いの女の子とオレがちょっとからかうと二人してバシバシやってくるんだ
        あんまりだろ、酷い謀反だと思ってたらなんかこいつのほうが言ってること正しい気がしないでもないような気がして…
        なるほどなぁ…ボディの交換…より、オレのならメンテナンスできる人に頼んだほうが良い感じか…うん、うん、それなら知り合いにいるし、大丈夫頼んでみるよ
        ちょっと前から不調なところが目立ってきてて、無理させすぎたかなーって反省しててさーっ -- 四季 2016-07-03 (日) 22:44:46
      • (くすくす笑って)一つだけ・・・百の手の声が深層意識からの声だとして・・それに耳を傾けるのは大事だけれど、従うかどうかは貴方次第よ・・・
        正しい事、本当に思っている事を言われたとしても、それでもやり通したい事があるのなら・・時には逆らう事も大事・・・(今はそのときじゃないみたいだけれどと笑って)
        えぇ・・リュカのゴーレムならば彼に頼むのがいいのかしらね・・・あるいはやり方を教えてもらうか・・・
        不調・・・なぁに関節がガタついているとか?(どんなのだろうと純粋に気になって)
        -- 2016-07-04 (月) 01:25:10
      • そ、そんなのありかよ、それじゃあやっぱり、自立した意識みたいなもんじゃねぇか
        って言うか、ああいう時に限って俺に従わないでアイツにばっかり従って、そりゃ無いぜ百の手……
        (ぶつぶつ、と不満を口にしながらも)
        いやまあ、じゃれてる程度の感じなのかもしれないんですけどね……何だかやっぱり、意識を持つってやりにくいぜぇ……
        うん、時々ギギギギギッーっていやな音がしたり、ちょっと動きが止まったり
        前に、オレとオレが戦った時に少しだけ無茶をさせちゃって、そのせいだと思うんだけど、兄さんには中々切り出しにくくって… -- 四季 2016-07-04 (月) 02:03:47
      • ありよ、感情を理性で抑え込んだりするのと同じ、魂からの声に対してどんな決断を下すのか・・・そこに貴方の人間性が表れるのだから
        ふふっ・・きっとその子の事が好きなのよ(なんて言って笑って)
        最初はそうでしょうね・・・でもそれでもちゃんと対話して、きちんとした信頼関係が結べれば、むしろ今までよりもいい動きが期待できると思うわ
        ・・・(不調の内容を聞けば流石に苦い顔)あまりいい状態じゃなさそうね・・・貴方と貴方・・?そういえば時代を超えてきたとか前に行っていたわね・・・会ったの?今の貴方と・・・(心配そうに)
        まぁ・・それは兎も角として、不調であるならちゃんと相談しないとダメよ・・・それとも・・私にメンテして欲しいとか?(できるかなぁと考えて)
        -- 2016-07-04 (月) 02:14:31
      • ・・・ないわー?(何ていってカラカラッと笑った後)
        いやまぁ、弱いし引きこもりだし助けてあげたい気持はあるけどね、何だかんだいって俺の姉さんの関係者でもあるし
        そういうのもあって、助けてあげろ、見たいな所が反映されたといわれれば、そうなのかなとも
        …深層に踏み込むゴーレムッテ難しいなぁ、モー!
        (うだー!とその場に転がって、ごろんごろんっ、と頭を抱えたりしつつ)
        ああ、会ったよ、今の時代のオレと。凄く、すごく楽しい時間だった…むふーっ!
        (思い出すだけで口元がにやけ、頬は緩む、そんな自分との楽しい命を賭けた時間を思い出しつつ)
        …でも、それにこいつを巻き込んだ事は、オレはちょっと悪いかな、って思ってるし
        …そんな理由で不調になりました、って兄さんに恥ずかしくていえなくてさ……出来る人がいたら何でも頼みたいんだけど、同時に
        どうせなら、自分で素材を取ってきて、ソレを使ってアップグレードしてやる!って思いもある、この気持はカレリアさんならわかってくれるよなっ! -- 四季 2016-07-04 (月) 02:19:52
      • ふふ・・・青春ねぇ(ころころと笑ってゴロンゴロンする様をほんわか眺めて)
        ・・・そう・・でも、できればもう会わない方がいいわ(楽しそうにするさまに水を差す様で心苦しい、そんな顔で)
        ・・・・・・貴方の見栄に付き合う気はないんだけれど・・なによ恥ずかしいって(ジト目できっぱり言う、酷いぞ)
        (それでも楽しそうに意気込むさまを見れば断れないという風に)いいわよ、何処まで出来るかは分からないけれど協力してあげる・・・どんなアップグレードをしてみたいの?
        -- 2016-07-04 (月) 02:26:57
      • ううん、青春にしてもオレは駄目っていうか色々にぶチンというか、駄目っぽいですカレリアさん
        (うぅっ、とその場に突っ伏し、過去の記憶とかにさいなまれて足をバタバタバタバタ動かしてみせ)
        …兄さんも、カレリアさんも言うけど、多分大丈夫だぜ、オレは「今の時代は、千年前の若い頃に、未来のオレとあった記憶がある」
        だから大丈夫って考えて動くんだ、まぁ…ほら、オレだからさ、何となくオレの事はわかるんだよ、だって、オレだし?
        (自分に対する絶対的自信、刃を交えた上で、自分だからこそ、そんなことをしたのだという、安心から、にへぇーっと緩んだ顔で微笑んで見せて)
        ひ、ひどい!だって、兄さんに作ってもらったし、普段かっこつけてるのに、いざ壊れかけてますなんて言えないし、そりゃ壊れたら頼るのは兄さんだけど、その前に当たれる人は当たりたいというか、うん、うん、ありがとうカレリアさん大好き!
        …そうだな、取り合えず素材をランクアップさせたい、魔法と物理に強い金属とかにして、アタッチメントを増やして、百の手に恥じない姿にしてやりたいなーって! -- 四季 2016-07-04 (月) 02:36:22
      • 何事も経験よ、恥かいたりしながら、それでも恋さずにはいられないから強くなれるのよ(バタバタする様を見てにこにこ)
        ・・・そうじゃないのよ・・・これで貴方は千年後も生きている事が分かったけれど、それは千年先の貴方が既に確定したという事なの・・・貴方はもう、貴方が観測した以上の存在になれない可能性があるわ・・・(楽観的な様子に首を振って)・・まぁいいわ・・貴方が大丈夫だと直感するのなら、それに賭けてみましょう
        んもぅ・・現金なんだから・・・(とか言いつつ大好きと言われると悪い気はしなくて)百の手に恥じない姿、という事は手の数を増やしたいといった所かしら・・・いいんじゃない?素材を用意して、加工して形を作ったらコアを移植するのがいいかしら・・・
        ・・・ただ私、素材をゴーレム化する事は出来ても加工したりするのって苦手よ?(鍛冶屋とかにたのんだら?と)
        -- 2016-07-04 (月) 02:49:35
      • ・・・カレリアさん、その・・・一つだけ、死ぬほど、情け無いこと言って良いですか
        …女の子にすきだーっていって、断られた時を考えると怖くて死にそうです
        (思春期のときなら、誰だって思うであろうそんな思いをぼそり、と呟いて、自分の腕に顔を埋めて、うあー、うあーー!!!!!!と)
        (この世の終わりとも思える声を発しながら)
        …ないな、っていうかカレリアさん、オレが見たオレは、オレが思ってる以上に可能性を秘めた、そうだな…全力の欠片も見せないオレだったぜ、正直、目指す目標の一番高い所に一つ追加された気分で、今から楽しみでしょうがない
        オレは、あの、オレに恥じないオレになりたい
        (曇りの無い、きらきらとした、少年特有のまっすぐな眼差しで相手を見上げると、にぃっと勝気で不敵で自信と万能感に溢れた笑顔を見せて)
        やった!…うぅん、百の手は何ていうか、オレの好きな物語から取った名前でさ、その物語だと百の手は、無数の手を自由自在に組みかえるんだ、
        こう…遠くはなれた相手も自分のたくさんの腕をこう、作り変えて一本の指にして、相手の頭をグサー!って貫いたり
        一人で手と手で相手を拘束して、物理的に引きちぎって、すごいかっこいいんだぜ!?
        うん…取り合えず、じゃあ、オレが素材を手に入れるまで、少しだけ、そうだな…持たせるメンテでお願いします
        オレが強くなるように、こいつも強くなっていくんです、オレと、一緒に! -- 四季 2016-07-04 (月) 02:59:46
      • (うんうんとすごくうれしそうに頷いている)いいんじゃない?玉砕するのもまた一つの青春よ・・・というか、もやもやしたものを抱えたままでいるのも辛いのではなくて?向こうは待ってて、いつまでも踏み込んでこない事に焦れているかもしれないのよ?・・・ふふっそんな時に他の男に好きと言われでもしたら・・私ならコロッと行っちゃうかもしれないわ(しれっと煽る)
        そう・・・(実力の片りんも見せていない・・観測していない部分があると分かっているのは幸運だ、そこにはまだ可能性が遺されている)ふふ・・・本当に、いい方向に働いたようね(確かな目標として定まったのならそれはそれでいいのだ)
        ・・・なんかキモ怖いわね(メタルギアシリーズのフンコロガシみたいなのを思い浮かべる魔女だ)持たせるメンテ・・っていってもねぇ・・・(取りあえず百の手に向き直る・・そっと触れて)ねぇ貴方・・どこが不調でどうして欲しいか・・自分で判る?(問診から開始する・・ただの問診ではなく会話を通してゴーレムとの同調を高めてなんとなくどの辺が悪いか感じ取ろうとしているのだ)
        -- 2016-07-04 (月) 03:22:00
      • や、やだぁー!正直ソレが怖くて怖くて踏み出せないって言うか怖いって言うか…気になる子はいるんだけど、怖いって言うか、意やもう素直に怖い!
        …今のなしで、聞かなかった事にしてください、ふー…ふーっ!!
        (深呼吸、吐いて、吸って、吐いて、吸ってを繰り返した後)
        はい!…今の時代のオレが、どれだけ秘めてるか知らないけど、手加減に手加減を重ねてたあのオレに、今のオレの刃が届いた、それだけで、この先千年、オレはやっていける、楽しくてしょうがないんだぜ、ふははー!
        ひでぇ!?(そう言いながらカレリアさんに触れられたゴーレムは、腕が痛い、けどまだやれる、むしろまだやりたい、と主人に似た交戦的な一面を、断片的に返していく) -- 四季 2016-07-04 (月) 03:30:06
      • ふふふっ無・理♡(忘れられないわぁと嬉しそうに笑ってウィンク)そこが男の子の勇気の見せどころよっ応援しているわ・・大丈夫、万が一ダメでも慰めてあげるから(くすくすと)
        (意気込みたっぷりな四季を微笑まし気に見てから百の手に集中する)・・・そう、腕が・・・ふふっ意気込むのはいいけれど、傷を癒すのだって大事よ・・・これからもまだまだやりたいと思うのならね?
        それで?・・腕ってどの辺りかしら・・ふふっ貴方体の大半が腕だから・・・(と触診し、温もりを帯びた魔力を流しながらどこかに物理的な破損とか魔術的な損壊とかそういうのがないか見ていく)
        -- 2016-07-04 (月) 03:40:51
      • 忘れてよぉ…だって、ほら、こんなの情け無いだろ、好きです、って一言も言えない俺が…
        うおお、何か色々考えると辛く…じゃあ、アレか、アレだぞー!
        古から伝わる、じゅーはっきんまんがによると、カレリアさんが好きですー!って場面だぞ良いのかこら!いやいわないけど
        (うーうーうーーーー!!!と思春期らしい悩みとか、興奮とかで、泣きそうになりならば、足も手もばたばたばたばた)
        くふー…ふー!ふー!…うん…でも癒すより戦いたい、アレ以来ずっと血が、父さんの血が疼くんだ、戦え、自分を試せーって、て
        (そう言って、髪の毛の白とも銀とも区別のつかない部分を指に絡めて弄び)
        (コアには見えないながらも小さなヒビが走り)
        (掌全体にも金属疲労の色が見え始める)
        (鋼鉄の無色で出来たゴーレムの限界を伝えながら、それでも、しっかりと)
        (それでも戦いたい、と主人とゴーレム、お互いに一致した答えを返したりする) -- 四季 2016-07-04 (月) 03:47:51
      • いいえ?とても人間らしくて輝いている・・・魅力的よ?(くすくすと笑って)
        あらそれはダメよ?貴方まだまだ坊やだもの(ぴしゃりと言い放つにべもない、フラれ×1だ)
        そう・・血がね・・・(しょうがないのかしらと肩をすくめて)・・・ちょっと・・コアに傷が入っているじゃないの(これは致命的だという様に)・・・早急に新しい体を用意してあげなさい・・このままじゃ戦うどころじゃないわよ
        油を指すとかその程度ならともかく、金属疲労や罅なんかは私にできる限度を超えているわ・・新しい体を用意するまでの仮の体ならあげられるけれど・・・どうする?(そういいながら既に金属のプレートを持ってきてガリガリ削り始めている)
        -- 2016-07-04 (月) 04:04:12
      • お、オレが人間的だって…!?そ、そうか、まぁカレリアさんならわかるだろうけど、オレはほら…リュカ兄さんと同じで人間じゃないから、そういわれると嬉しくもあ…
        ぐえー!(撃墜カウント1に、わかっていても思わず涙目でもだえて頭を抱えて、全てを拒否し始める)
        (大丈夫だ、やれる、やりたい、オレはオレのままで、主と一緒にやりたい)
        (そんな感じの声を響かせながら、ガリガリっとした即席のメンテナンスを受ければ)
        (ぎゃー!痛いー!みたいな悲鳴を返しつつ素直に従うゴーレム)
        (その声は誰にも聞こえていないが確かにその場にいる二人には届いているはずで)
        …あはは、まぁ、そいつも頑固だからさ…今の自分が駄目になるまで戦いたいって思ってるらしいんだ、だからその頼んだぜカレリアさん
        壊れた時はオレが命を賭してでも、必ず助けるから、今はそいつの願いを叶えてやっててくれ
        …整備が長引きそうな感じなんで、ちょっとだけ、ここを借りるぜー!
        (そう言って、ごろんっ、とその場に寝転ぶと、目を閉じて)
        あぁ…何か傍に誰もいない夜って久しぶりだなぁ……百の手、終焉世界でグレイグーと戦い続けた勇敢なゴーレムの名前を関したオレだけの相棒、カレリアさんにちゃんときれいにしてもらえ…むにゃぁ……
        (そう言って、魔女への信頼感を露にしながら寝息を立て始めた) -- 四季 2016-07-04 (月) 04:17:17
      • ふふふっほら一回フラれたんだから、二回目は余裕でしょ?(もう怖くない怖くないとなでなでして)
        ・・死んだらおしまいだけれど、きちんと生かせばいつまでも戦えるのよ?(それでもいいの?と問いつつ出来上がったコアを張り付けて一時的に百の手の精神を避難させ)
        (抜け殻となったボディをパーツ毎に加熱して細かな傷を溶かし合わせる)・・・これで治るといいけれど・・・それでもコアばかりはどうにも手を出せないわね・・・
        って・・人が頑張ってる時に何寝てるのこの子は・・・(流石にちょっとむかっとした魔女だが、なんか安らかな感じの寝息に溜息をついて毛布を掛けておくのだった)
        -- 2016-07-04 (月) 14:06:08
  • 魔力をびんびんに感じるあやしいお屋敷があると思ったら、なるほどここがカレリアさんのお住まいでしたかー!
    丁度いいので、まずは先日の依頼…お疲れ様です! -- テラリア 2016-07-01 (金) 14:52:35
    • //(めっちゃお昼寝してた)
      (ちょっと上質気味な感じの所で部屋を借りている魔女だ)あらテラリア、いらっしゃい
      ふふ、お疲れさま・・・まさか当たりがないだなんて思わなかったわね(くすくす笑って)
      -- 2016-07-01 (金) 15:35:42
      • (//おはようござります。なぜか館的なところというイメージを持ってた!)
        まったくですよ!しかも、もし本物の魔剣だったとしても形はあのままなのでしょう?
        1000年前の人間達はいったい何を考えて武器を作っていたのやら…理解に苦しみますね! -- テラリア 2016-07-01 (金) 15:46:09
      • (//前も勘違いされた・・引っ越すべきか)
        文化的にみてあの手の形状にする目的なんて子孫繁栄くらいしかないわね・・・戦う為じゃなくて儀式用の道具だったんじゃないかしら(うむうむ頷き)
        そういえばあのレプリカ・・・・ふふ、持って帰った後どうしているの?(しっかり見ていたわよとにやり)
        -- 2016-07-01 (金) 15:49:31
      • うーん、むしろそれを阻害する道具という気もしないでもないです。て、あんなのを使う儀式っていったい…。
        (互いにバイブレイドでしばきあう儀式を想像して頭を抱えた)…う、お気づきでしたか…。
        でも、どうもこうもないですよ!遺物は遺物ですので換金しようと思いましたけど、
        よく考えたらアレは売りに行くのすら恥ずかしくて…。結局、仕舞い込むしかなくなってます…(はへ、と肩を落とした) -- テラリア 2016-07-01 (金) 15:55:19
      • あら?あれで気分を盛り上げてとすればそこまでおかしくはないのではなくて?
        儀式としてはそうね、そのままずばり子宝を願うのがひとつ、種を巻き実らせるという意味で豊穣の祈願にリンクさせられるのがひとつかしらね
        ふふっあんな後ろめたそうにしていたらね?(くすくす笑って)
        使うにしてもちょっと衛生面で不安だものね…(いやだわぁとため息)…いっそ処分しちゃうのも手よ?
        -- 2016-07-01 (金) 18:27:41
      • 流石に大きすぎますし、その、あんなの見たって恥ずかしくなって…盛り上がるというわけには…。
        豊穣祈願のせ、性器崇拝なんて1000年前の方々は古代人ですか!まあ今もそういう宗教はあるかもですけど。
        (顔を赤くして)ううー…。使いません、使いませんからね清潔でもー!?まぁアレはいずれ…
        そうですね、気にくわない人の持ち物にでもこっそり加えてやりますよ! -- テラリア 2016-07-02 (土) 01:49:19
      • あら、文化に貴賤はなくてよ?信仰ならば猶更ね・・人が群れて、狩りをし、栽培し、自然に触れて、男女が愛し合う限りその振る舞いは常に似通ってくる物よ(それが文化人類学だと)
        ・・・ふぅん?ふふっ赤くなっちゃってかわいいんだから〜(くすくす笑ってからかう様に頬を突いたり)
        そういう事すると案外ばれちゃって、かえって恥をかく結果になるわよ?・・ふふ・・・それでもいいなら止めないけれど・・
        -- 2016-07-02 (土) 02:04:17
      • ま、まぁこの辺りは猥褻なことにあまり抵抗がないようですしね。文明・文化自体も入り乱れていますし。
        (頬をぷにっとつつかれ)ぬあああああ!何をするんですか!バカにしないでください、あああ赤くなってなってませんからー!
        むぅ、たしかにやるならバレない方向でやらないとダメですね。でもこの私ですから、きっと上手くやってみせますよ!
        ところで…カレリアさんはゴーレムをお使いになるようですが、ゴーレムというのはどの程度の事ができるのでしょう?具体的には家事…とか。 -- テラリア 2016-07-02 (土) 02:09:38
      • 人にもよるわね・・・貴女みたいに面白い反応をする子も多いわよ?(くすくすと)
        ふふふっ馬鹿になんてしてないわよぅ(ほらほらと更につつく)
        (あ、ダメだなこれはと思いつつ)ん?えぇできるわよ?(ほらっと隣の部屋を示すと箒が自動で動いてお掃除している)あんな感じで、道具をゴーレム化すると勝手に色々覚えて掃除してくれるわ(欲しい?と小首を傾げて)
        -- 2016-07-02 (土) 02:18:03
      • そういうカレリアさんは全然平気そうですね…。そのへん流石は魔女といったところですか。
        て!や、やめ、やめてくださいってば!?(慌てて指の届かないくらいに身を離して)
        おお、なんともメルヘンですねあの箒。…で、では…その、料理をしてくれるゴーレムというのは可能でしょうか!? -- テラリア 2016-07-02 (土) 02:23:42
      • そんな事でいちいちきゃーきゃー言えるほど初心でもないのよ(くつくつ笑って暗にからかう、離れられれば残念と肩をすくめる)
        できるわよ?・・・(んーと考え)勿論いくらか料理を教える必要があるけれど・・・デザインとしてはそうねぇ・・・包丁にヘラにお鍋にフライパンにって一つずつゴーレムにしてたらキリがないし・・普通に人型の子を作ってその子に覚えさせるのがいいかしら・・・(普段彼女自身が料理しているからか、作り方について初めて思案するようだ)
        ふふっなぁに?料理もできないの?一人暮らしだと苦労するわよ?
        -- 2016-07-02 (土) 02:31:50
      • …うぐ!べ、別に私だって全然ちっとも何ともないですよ!?男なんて千切っては投げ千切っては投げですから!
        (出来ると言われると目を輝かせ)おお、料理という複雑なものまで!なるほど、ゴーレムのシェフという感じですか…
        (ほうほうと感心したところで意図を見抜かれ)わ、私くらい高貴な身分の者になると自分で家事などしないのですー!(でも既に苦労してるのだった)うー…。 -- テラリア 2016-07-02 (土) 02:38:31
      • ふふふっまぁすごいわぁ・・私もそこまでじゃないもの(首を振って)・・・で?女は?(誘う様に流し目を向けて)
        今貴女が言った通り、料理は複雑だから手探りで覚えてとはいかないから、シェフと言えるようになるまではだいぶかかると思うわ(最初の内はまずくても文句言わないでよ?と)
        高貴・・・貴族様か何かかしら・・・いずれにせよそんな子がお供も連れずになんでこんな所に・・・?(はてと小首を傾げつつ、兎も角)それで・・?作って欲しい?・・だとしたらガワは其方で用意して欲しいのだけれど・・(マネキンみたいなのがいいわと頷き)
        -- 2016-07-02 (土) 02:48:39
      • そうでしょうそうでしょう、まぁ長く生きればそういう事も多々……へ?それってどういう…
        (目ぱちくり。しかし直ぐに意味に気付き))んな…!?いいいいえ!わた私はあの普通のシュミの人ですのでー!!
        そこまで行くといっそもう家事全般OKのメイドゴーレムが欲しくなってしまいますね。もしくは執事ゴーレム。
        えと、ま、まぁその辺はいろいろありまして…(自分が街に来た理由を思い出して目を逸らす)おお!作っていただけますか!
        まずは人の形を模したものですね。わかりました、手に入れてみせましょう!…あ、製作費などはどのくらいに…?}; -- テラリア 2016-07-02 (土) 02:57:37
      • ふふぅん?・・・ふふふっ本当に面白い反応をするのね?(冗談よと笑って)
        ・・・それは今説明していて思ったわね・・料理と同じように掃除や洗濯なんかを覚えられそうって・・・
        ふぅん?色々ね?(気になるわと笑い・・・製作費と聞けばきょとんと)・・・そうねぇ・・まずお金はいらないわ・・もう十分稼いでいるし、新米さんから巻き上げるのもあれだしね
        今回作る子は私にとっても初めての試みになるし・・・成長の経過について時々報告してもらおうかしら?(うんそれがいいわと頷く)
        -- 2016-07-02 (土) 03:16:27
      • じょ、冗談に見えませんでしたからね!?(しかし冗談と聞いて調子を取り戻し)
        そうですね、カレリアさんも同じ結論に至ったのでしたら、この際家事全般こなせるゴーレムにして頂きましょう!
        う、た、たしかにこの街では新米ですが…(そして懐事情は苦しいのでそれ以上は強気に出れず)おお、つまりテスターと言うことですか!
        そういう事なら喜んでその申し出を受けさせてもらいますね!それでは、まずは素体となる人の形をした何かを探してみることにします。
        ありがとうカレリアさん、何か進展があったらまた来ますねー!(やった!と小さくガッツポーズをすると、意気揚々と帰っていくのだった) -- テラリア 2016-07-02 (土) 03:24:17
      • 冗談でないにしろこの位はさらりと受け流して貰えないと困るわ(くすくすと)
        裁縫、躾、炊事、洗濯、掃除・・・この辺は一通り仕込んでおこうかしらね・・・結構難しいかしら・・
        そうなるわね・・・(そこまで言ってふと報酬の生じない仕事はどうしてもおざなりになるという話を思い出して「しまった」と思うも、そこは自分の心構えの問題かと気を引き締める)
        相応に丈夫で、見目の良い物を選びなさいね?長く一緒にいる事になるんだから
        えぇそれじゃぁまた・・・(ばいばいと手を振って見送った)・・・今のうちに大雑把な仕事を覚えておきましょうか・・・魂も新造しないとダメかしら・・いえ、今までのバージョンアップで行けるかしら・・・
        -- 2016-07-02 (土) 03:35:44
  • こんにちは、です…こないだ、相談した事なのですけど…無事、成功した、ですよ(嬉しそうに報告する。)
    ただ、気づいたのは…事が始まってから、しばらくしてからで…結局、最後しか…お手伝い、出来なかった…ですけど。
    …後は、その…あまり、良くないですけど…有効な、能力の使い方も…分かった、ですよ? -- クィール 2016-06-28 (火) 22:53:03
    • そうっよかったわぁ(がんばったわねとよしよし)間に合った事が大事なのよ・・・(うぅんと首を振る)魔法で大事なのは心だとは・・・前に言ったかしら?・・・貴女の力が届いたという事は、心を伝えられたという事でもあるのよ(うんうん)
      ・・・?有効な力の使い方が分かったのに、良くない・・・どういう事かしら・・(少し考え)・・・攻撃的なの?(そういうのを嫌う子だったと)
      -- 2016-06-28 (火) 23:04:41
      • ん…はい…もう、間に合わないのは…嫌、でしたから…(くすぐったそうに、しかし嬉しそうに目を細め撫でられる。)
        …はい、説得は…私じゃない、他の人がしたみたいですけど…最後でも、役に立てて良かった、です。
        …それは、その…相手が、友達をずっと、苦しめてきた…そんな相手だと思ったら…自然と…。
        (敵意などで鮮明ではないが、数百m先から数十倍の重力で相手を潰そうとしてしまったようだ。)
        …元々、この影は…そういう傾向を押さえるために、封印状態…では、あるのですけど…(解放して、より強く出たらしい。) -- クィール 2016-06-28 (火) 23:11:57
      • 「もう」・・・ね・・(それが誰の事を指しているかは分からないけれど、そうねと頷いてよしよしと)
        それは仕方ないわ、向き不向き、星のめぐり・・そういった物はあるもの・・・(くすっと笑って)これはちょっとした雑談だけれど・・・私、運命って力だと思うの・・意志によってベクトルの定まる力・・・だから貴女が「そうしたい」と強く願えば、必ずしもその場にいなくても誰かの心を動かす・・それが大きな流れになるんだって・・・(だから、この結果は貴女の意志による物でもあるのと)
        そう・・・(そっと頭を撫でる)・・・憎かったのね・・そしてそういう感情に・・貴女の力は強く反応する・・・
        ・・で・・・それについて・・・クィールはどう思うの?(糾弾ではなく純粋にその気持ちを問う様に)
        -- 2016-06-28 (火) 23:27:44
      • いえ、不満はない…少しは、ありますけど…でも、説得できる自信はあまり、なかったですから…(なので、少しの嫉妬と、大きな感謝がある。)
        …運命が力、ですか?……そういう、ものなんでしょうか…(まだ、よく分からない。しかし、言いたい事はなんとなく、分かった気はする。)
        …はい、ずっと、友達を苦しめてきたのも…その時、友達が苦しんでたのも…あれのせいだ、と思ったら…(今でも、少しだけ瞳が紅くなる。)
        …出来るだけ、出したくはないです…ただ、依頼をしていく上で…必要とも、思うんです…けど…。
        …でも、その…相手を重力で潰す時…喜びを感じてしまったのが…怖かったんです…。 -- クィール 2016-06-28 (火) 23:43:26
      • ・・・好きなのね・・その子の事(なんとなく、それが素直な感想だった)
        ふふっそれに関しては本当にただの雑談だから、気にしないで(そう言って笑って)
        (その紅い瞳を見れば目を細め)クィール…まず大事なのは、周りにとってどうかじゃなくて、貴女にとってどうかだって事を、忘れないで…
        私の見解だけど、多分それは、貴女の中の魔性が…何て言うのかしら…覚醒とか肥大とか、そういう風になって、貴女の表層意識に干渉しているんだと思う…(それが喜びという形で現れたのではと)
        これに対する対処を私は二つしか思い浮かばない…(すなわち)封印するか、飼い慣らすかよ…そして前者のやり方までは分からないの…(つまり立ち向かうしかないということだ)
        -- 2016-06-29 (水) 02:41:26
      • はい、私の大事な…始めてのお友達、ですから(まだ恋と言うには疎いのだろう、友情と思っている。)
        …うぅ、それがよく分かるようになれば…良かったのですけど(まだまだ自分が未熟で幼いと実感する。)
        …周りが、ではなく…私にとって、ですか……はい…そう、かもしれません…。
        飼いならす、ですか……飼いならせる、のでしょうか…でも(そうしなければ、きっと今後、あのような時にまた困る事になる。)
        色々と、有難うございます…いつも、助言してくださって…お陰でまた、前に進めそう、です(深々とお辞儀して帰っていった。) -- クィール 2016-07-01 (金) 21:54:38
      • そう・・・(色恋にまでいかなくても、この子にそういう相手がいる事を嬉しく思った)
        できるわ・・その子だって貴女の一部なのだから、きちんと向き合って話をする事ね・・・やり方は・・入口までなら案内できる・・と言った程度ね・・・(結局は貴女次第なのだと)
        えぇそれじゃぁまた・・無理をしたらダメよ?やる時はちゃんと間を置いて、万全な体調で臨みなさいね?(心配そうに手を振って見送る)
        -- 2016-07-02 (土) 02:07:52
  •  
  •  
  • (カレリアさんのところに遊びに来て…ふと。先客のニンジャさんの会話が耳に入る)………降霊術…?
    (理論は知ってる、理屈は知ってる。だが今まで全く考えたこともなかったが…)…………(そのまま部屋の前で、何となく盗み聞くような形になる 気配も消す) -- サザンカ 2016-06-30 (木) 20:59:18
    • (すんすん・・すんと帽子が動く・・・わふっと鳴き声)・・あらどうしたのアレックス・・・お客さん?(近づいて行って扉を開ける) -- 2016-06-30 (木) 21:04:44
      • …あ。(気づかれたようだ。…盗み聞くような形になっていたので若干恥ずかしがりつつ)ど、どもー。遊びに来たんですけどね…(部屋にお邪魔した)
        さっきニンジャさんと何やら話してたみたいだけれど…降霊術の話?カレリアさん、ネクロマンシーになるの? -- サザンカ 2016-06-30 (木) 21:06:10
      • あらサザンカじゃないの・・ふふっ趣味が悪いわね(くすくす笑って)
        ならないわ、私はゴーレム使いの魔女だもの・・・ササキがね?どうも降霊術に興味があるみたいだから・・こうすればいいんじゃないー?って話していただけよ
        -- 2016-06-30 (木) 21:15:58
      • そうだよねー…ササキさんの考えることは時々わからない…(首を捻る)…いや、ネクロマンシーになったら教会の墓とかやめてねって言わなきゃと思ったりして。
        あともう一つ…盗み聞きして悪かったけどさ。その人の事を強くイメージすれば、死者の魂…は、呼び出せる、みたいな話してた?魔術の才能が無くても…? -- サザンカ 2016-06-30 (木) 21:22:52
      • ふふっ死者の尊厳は守るわ・・そういう意味でなら・・降霊術を教える事自体間違っていたかしら(やっべって顔)
        ・・・話したわね、魔術の才能もいらないと言ったわ・・・そも、私自身「生まれつき魔法を使える才」は兎も角「魔法の才」自体は誰にでもあると思っているもの(聞かれたからには認めて)
        ・・・神父様に未練があるの?(同情よりもどこか冷たさを孕んだ目だ)
        -- 2016-06-30 (木) 21:33:56
      • ササキさんの良心に賭けるしかあるまい…!!(大丈夫かな…ヤバそうだな…って顔で)
        魔法の才能、ね…(それを否定するような存在が自分ではあるが…まぁ今日の論点はそこではない。次にまさしく指摘されたところで)……やっぱり鋭いよね、カレリアさんは(所在なさげに髪房を弄りながら)
        違うんだ、カレリアさんが今考えてるかもしれないような…神父様が生きていればな、とか神父様を生き返らせたい、ってのはないよ。死んだら死ぬんだ、それは摂理だ。…神父様もそう言ってた、し。俺がそれを望んだら、今度はシスターを否定することになるからね。
        それとは別…ずっと蘇らせるとかそういうんじゃなく。もし魂と会話ができるのなら、近況を報告したかったんだよ。全部解決したこととか、結婚することとか、色々ね。そういう意味。…だからそんな眼で見ないでよ(少し目を逸らす…咎められている気分になる) -- サザンカ 2016-06-30 (木) 21:39:48
      • ササキの・・良心・・・(ある筈、ある筈なのだが妙にタガが外れやすいポイントがある気がする)
        ・・・そう・・疑ってごめんなさい(ふぅと息をついて目頭をもみもみ)そう・・・そういう事なら、お墓を投影物にするのがいいわ・・プライベートに近い所からはなるべく離した方がいいから
        できればアルテアも一緒に・・ね?
        -- 2016-06-30 (木) 21:50:36
      • まぁ…なんだかんだ言って人の嫌がることはしないだろう…(そう信じるしか今は無かった…)
        いや、いいんだ。寂しがり屋なところ俺あるしね。…でも、死を否定するほど傲慢になれるわけでもないし、少し魂と喋れれば、ってね。お墓の前で、今度シスターとやってみるよ。
        一応術理とかは学んでるから…シスターがやれば普通に降霊術、できるのかもね。俺もシスターも、報告することがいっぱいあるから…(目を伏せて)
        …ちなみに、降霊術をするにあたり気を付けておくこととかある? -- サザンカ 2016-06-30 (木) 22:00:09
      • (そうするといいと頷いて)
        注意点ね・・・まず何より相手が人間であることを忘れない事ね・・何せ目に見える訳ではないもの・・中途半端にしない事よ・・・そして終わる時はきちんとお別れする事・・・そうしないと、向こうも戸惑ってしまうもの(付きまとわれちゃうわよと・・・それがニンジャに伝えた「きちんと「こうすれば帰ってもらえる」という手順を考えておいてから呼び出す事」につながる)
        繰り返しになるけれど、大事なのは理屈じゃなくて心よ・・・本気で向き合わないと向こうも応える事は出来ないわ
        -- 2016-06-30 (木) 22:14:26
      • …見えないの?(MAZIDE、って顔)…結構幽霊とか神様の知り合いもいるから、法力を目に集中すれば見れると思ったけど…頑張れば、かなぁ(うーん、と)
        終わる時の別れっていう部分については間違いなく(そこは不安を感じさせな声色で)…そして、戸惑ってしまうという話だけど…多分、神父様が本当に降りてくれば、それはないかな。あの人、こういう事にも詳しかったしね(そこで見せるのは信頼だ。かつて自分を育てた男への)
        …ま、油断はしないけどさ。きっと俺らの報告を聞いて、心残りがなくなればしっかり帰るだろうし。心、っていう点なら…心配ないよ。俺もシスターも、神父様に…ビリー神父に向き合おうって気持ちは、マジだからね。(頷く)
        アドバイスありがとう、カレリアさん。ちょっと頑張ってみるよ(そしてその日は礼を言って帰っていった) -- サザンカ 2016-06-30 (木) 22:21:55
      • ・・・・訂正するわ、目に見える様にするのは難しいけれど可能よ?・・そして会話できればいいのだから必ずしも見えている必要はないの・・・(まぁやり方次第ねと)
        (戸惑わないという言には)それでもよ・・・「さようなら」「またね」はちゃんと言いなさい(別れを言わなければ自分の脳で区切りをつけられなくなる、どこかで不意に現れてしまう・・・結局は妄想を核にしているという事か)
        貴方は少し自信と信頼が過剰な所があるわ・・・それを暴走させない様に注意なさい・・(頷き、見送った)
        -- 2016-06-30 (木) 22:37:19
  • カレリア殿、ちょっとお尋ねしてもよろしいか?(街でカレリアが借りてる部屋を訪ねてくるニンジャ) -- ニンジャ 2016-06-30 (木) 20:10:48
    • (お茶とお菓子でもてなしながら)ふふ?なぁに聞きたい事って -- 2016-06-30 (木) 20:12:14
      • 魔術の話を少々・・・これはかたじけない。(ドーモ、とオジギしてチャを頂く)
        実はな、降霊術についてでござるが・・・カレリア殿、そちら方面は明るい方面でござる? -- ニンジャ 2016-06-30 (木) 20:14:15
      • 降霊術・・・(んーと頭をひねる)まったく、全然ダメって訳じゃないけれど・・・明るいとはいえないわね・・私に聞くよりはシトーみたいな専門家に聞いた方が有益な物が得られると思うわ・・・
        ふふっでもどうしてそんな事を聞くの?・・会いたい人でもいる?
        -- 2016-06-30 (木) 20:22:01
      • ふむ・・・そうか。拙者シトー殿には海でちらりと見た程度でなー、ネクロマンサーというのは知ってるが・・・紹介状を一筆書いてもらう、というのもありでござるなカレリア殿に
        いやいや、拙者は会いたい人間など居らぬよ・・・ササキがまた妙なことを考えてな、頼まれれば調べるというわけでござる -- ニンジャ 2016-06-30 (木) 20:27:48
      • ふふ、それくらいならいつでも書いてあげる・・・と言っても、私も最近あの子と話してなかったわね・・・
        ササキがねぇ・・(暫し考えて)まず、霊というのは非常に不確かな存在よ・・・それこそ、本当に呼び出したのか自分の妄想かの区別がつかない程にね・・・同時に、そのくらいでも十分だという意味でもあるわ・・・
        私のやり方は、その人の遺品とか魂が籠っている物を用意して、その人の事を思いながら語り掛ける事で呼び出すという物よ・・・本当に呼び出したのか、ただの妄想かは分からないのだけれど、呼び出した本人にとって信じられる結果であればどちらでも構わないと言った感じね
        -- 2016-06-30 (木) 20:43:01
      • アヤツが何を考えてるのか拙者もたまにわからなくなる(遠い目)
        ふぅむ、なるほど・・・ま、実際ほかの人が観測できなければ妄想と断じられても仕方がないかも知れぬ(メモを取りつつ)
        信ずるものは救われる、といった具合でござるな・・・それは魔術の才がなくとも可能でござろうか? -- ニンジャ 2016-06-30 (木) 20:46:42
      • 変わった事を考えるわよねホント(くすくす笑って)
        そういう事ね・・・この手順自体は、私流の魔法の習得法や、ゴーレムの魂の作り方、魔法武器の使いこなし方に通じているけれど・・・いずれにしても魔法の才能は求められないわ・・その人の事をキチンと形作られる脳があればいいと言った所かしら(要はイマジナリーフレンドなのよと笑って)
        -- 2016-06-30 (木) 20:51:55
      • 振り回されるのは大体周囲の人間だ・・・(ため息を吐くがどこか楽しそうでもある)
        ふーむ、ようはイメージが明確に出力できる精神性が重要と・・・(メモメモ)
        トレーニングを積めばある程度はできそうだが、習得にはそれなりにかかりそうでござるな?
        //若干の離席でござる -- ニンジャ 2016-06-30 (木) 20:56:39
      • ふふ、自分でやればいいのにね?・・でも貴方の仕事を踏まえて頼んだのであれば・・・あれはあれで人を使う術にたけていると言えるのかしら・・・
        (上手くかみ砕いた表現に満足気に頷いて)そういう事ね・・・初めてなら相応に時間が掛かるわ・・・語り掛けて、返事を考えて・・それを繰り返す・・自然と会話が続いて、気づけば向こうから話しかけて来るくらいになれば完璧ね・・・降霊術としてはそうね・・・「噂をすれば影」って奴になるのかしら?
        あ、あとそれと・・いつまでも付きまとわれたら敵わないわ・・・きちんと「こうすれば帰ってもらえる」という手順を考えておいてから呼び出す事ね
        -- 2016-06-30 (木) 21:02:05
      • それが本物の霊なのか、はたまた妄想の産物かはともかく・・・面白い話が聞けたでござる
        でも何かに似てるな、と思ったら東の国にも伝わる「こっくりさん」と似た原理でござるな。
        ・・・あとはアヤツが習得できるか、という問題でござるがそれは拙者の知るところではない。
        大変参考になった、どうもありがとうでござる -- ニンジャ 2016-06-30 (木) 21:25:45
      • ウィジャボードね・・・確かに考え方としては似ているかも・・・えぇどういたしまして・・・
        ・・・ニンジャ・・(しかしと言う様に呼び止めて)・・仮に妄想だとしても・・・呼び出したのは既に眠りについた命よ・・・それを弄ぶのは、あまり褒められた事ではない・・それはちゃんと伝えてね?
        -- 2016-06-30 (木) 21:41:02
      • ・・・確かにそうでござるな。(カレリアの言葉をニンジャは胸に刻んだ)
        なんだかあわただしくてすまないでござる。今度はゆっくり楽しい話をしたいもんでござるなぁ。
        では拙者これにて!(シュバッっと消える) -- ニンジャ 2016-06-30 (木) 21:44:09
      • ふふ・・そうね偶にはそういうね?(それじゃと手をふり見送る)・・・扉から出ていけばいいのに・・(そこまでぼやいてから・・・上に続く) -- 2016-06-30 (木) 21:51:59
  • チラシ流しやすいとこに小さく宣伝しとく私だよ
    【安心・安全な指定優良店】※衛生基準チェッククリア店!
    【性別・種族を限らないサービス】※どんな方にも幅広くご利用いただけます!行間のみも可!
    【リーズナブルな価格設定】※10,000円からのご利用可能!(指名料部屋代別)
    【匿名可】※女の子によります。名前だけ伏せてのご利用も可!
    【ロリからロボまで幅広いラインナップ】※ロリ巨乳からロボジョックスまで多彩な女の子がお待ちしています!
    【女性スタッフ随時募集中】※基本給保証制度アリ、高待遇、空いた時間でできるお仕事です!
     -- ソニア
    • ・・・・・男の子はいないの?(眺めながら呟いたとか) -- 2016-06-29 (水) 09:54:31
  • どうやら余への用向きを以って遺跡に訪れたようだな…
    ふむ、やはり看板の一つは設置しておくべきか…商人めに説明を命じてはいるがままに入る者が多いからな -- 老いた魔物 2016-06-27 (月) 23:37:18
    • ふふっいいのよ魔王様、特に要はなく遊びに行っただけだもの・・・
      そうやって迷い込むのもまた一興よ・・・あ、そうそうレイレイのカースゴーレムの件、見事な〆だったわ(カッコよかったわとウィンク)
      -- 2016-06-27 (月) 23:49:42
      • そうか、ならば良し…魔龍めよりそなたの名が出た時はそなたの魔力を即座に探したぞ
        (一つ皮肉げな笑みで返し)レイチェルを見ていればどういった手合かは予想がつく、なれば相手が最も望まぬ言葉を吐いただけの事
        ただ余は己が言葉を守る、宣言通り約定が解けたその日にアルボレウスの一柱でも彼の地に顕れよう -- 老いた魔物 2016-06-28 (火) 00:02:32
      • あら、心配してくださったの?(ありがとうと微笑んで)でも大丈夫よ、アルボレウスはあれで結構気のいい子だったわ
        それでも流石よ、私には約束をたがえれば即座に(首を切る動作)する以外に手はなかったもの
        そういえば何か言ってたわね・・・4000年間すべき事があるから貴方に備えろだったかしら・・・ふふ、なぁに侵攻でもするの?宣戦布告にしては気が早くなくて?
        -- 2016-06-28 (火) 02:55:40
      • そうであろうな、だがあれは見知らぬ者を時に何の前触れもなく噛み砕く事がある
        退屈をしている時などな、最近は退屈しのぎの相手も出来落ち着いてはいるが…
        アレでレインを初めとするレイネスの系譜に携わった魔術師だ、ただくびり殺すよりは恐怖を与えておいた方が何かを成すかも知れん
        何よりそう示しておけばレイン達も溜飲を下げられよう…中々見応えのある戦いへの余なりの礼だ
        (ただしこの老魔はレイチェルの父が逃げ出したり満足の行かない結果のみであれば四千年後本当に暴食の龍を差し向けるだろう) -- 老いた魔物 2016-06-28 (火) 14:40:22
      • まぁそうなの?1ホールケーキには感謝しないとね(あの時あったケーキのおかげだろうと)
        確か言っていたわね・・・えぇっとディーブレイク・・とかなんとか・・・
        レイネスねぇ・・・昔から懇意にしていたの?・・ふふっなんとなくそんな言い方よ・・・・・・レインは・・まだ出てこれないみたいだけれども(なるほどと頷いて)
        -- カレリア 2016-06-28 (火) 18:31:37
      • そうディーブレイクだ、武者修行にと余の遺跡に長期間潜り続けていた折に縁が出来たようだな
        何せ余の遺跡は血に飢えた者が多い…命を掛けた修行を願う者には丁度いいのだろう
        面識自体は無いがな、余がこの世界に訪れた時には既にこの世を去っていたが…その才覚は後の世にも記されていた
        頃合いであろうよ(レインの事情は知っているので平然と)余としてはこの世に未練が在れば余の配下にと考えていたのだが -- 老いた魔物 2016-06-28 (火) 21:44:31
      • 武者修行に・・・ふふっ男の子ねぇ(くすくす笑って)でも確かに、相当広そうな雰囲気だったけれど・・魔王様としてはいいの?自分の土地で命の取り合いなんてされちゃって・・
        ふぅん・・・話した感じは普通の子だったけれどね・・・ちょっと色々気にしすぎてるきらいはあったけれど
        そういうのはなさそうだったものね・・・配下にならず、役目を終えたのなら・・確かに良い引き時なのかしら(それでももうちょっと話しておきたかったわと笑って)ふふ、それにしても相当買っていたのね・・後々まで語り継がれる程の者なら当然かしら
        -- 2016-06-28 (火) 22:05:35
      • 無論だ、弱肉強食こそが余の唯一絶対とする理だからな。何よりそういった強き欲を喰らう事であの遺跡は成長していく。
        流石に魔物が全滅しては後々手間が多少増えるのでな…完全に滅する事が無いようにはしてあるが。
        余にとっては強者こそが正義であり得るべきモノ、それはそなたもまた当て嵌まっている
        人に依り続ける以上はそうはならぬだろうが、な。人間の絶望をした時にでも一考しておく事だ…。
        ではさらばだ(そう言うと踵を返す、ぐにゃりと老魔の周囲の空間が歪むとその姿は消えていた) -- 老いた魔物 2016-06-28 (火) 22:19:44
      • まぁ怖い理屈・・・(ふふっと笑って)・・・私も?
        (くすっと笑って)私は人間よ・・・それが人間に絶望するだなんて傲慢も良い所だわ・・あるいはその時は・・私自身に絶望する時かしら?(そこまで言ってからないわーと笑う)
        えぇそれじゃぁまたね魔王様・・・本当、偶には歩いて帰ればいいのに・・・今度お散歩にでも誘ってみようかしら
        -- 2016-06-28 (火) 23:08:08
  • カレリアさん、少し聞きたいことがあるのですがよろしいですか? -- シィホ 2016-06-27 (月) 20:45:21
    • あらシィホ・・どうかしたの?(はてと小首を傾げて) -- 2016-06-27 (月) 20:50:48
      • カレリアさんみたいな大人の女性になるにはどうしたらいいか……って冗談ですけど
        わたしは魔術の適性が無くて……初歩的な炎魔術を勉強していたのですが成果が全くなく
        そういう人間ってやっぱりいるんですかね? -- シィホ 2016-06-27 (月) 20:53:37
      • 心に余裕を持つ事かしらね?(くすくすと)
        ・・・いるわね(うんと頷く)ただ諦めるにはまだ早いとも思うわ・・・貴女、まだまだ若いんだから(これからよこれからと)
        本当に適性がないのか・・扱い方を知らないだけなのか・・・そこがまだ分からないもの
        -- 2016-06-27 (月) 20:58:00
      • 余裕……ないですね。少しずつ怒りっぽい癖を治してはいるのですが……ううぅ……
        わたしはこの翼の炎を燃やして火と成す術なら使えるのですが
        炎魔術は無から魔力などを媒介して火を出すじゃないですか。それができなくて……
        入門書はたくさん読みましたし、自力ですが練習もしました。それでもだめだったので…… -- シィホ 2016-06-27 (月) 21:00:37
      • ふふっゆっくり改善していけばいいのよ、そうすれば10年もすれば立派なレディよ(焦らなくていいのとなでなで、手があったかい)
        ・・・・・・・・・・・・・・・んー・・・まず、私が思う魔術というのは魔性の術・・魔性とは混沌、何でもありの世界よ・・・なんでもありすぎて、肉を持ち物理の世界に生きる我々には理解しきれるものじゃないから、人は自分の中で魔法を扱う為のルールを決めて、その中で力を運用している・・・
        私の目から見れば・・・(翼を指す)・・・そこから炎を抽出する術は、炎魔術と何ら変わりはないわ・・・そういうルールで扱われる魔法ってだけ
        変に別のルールを持ち込むより、今ある術を極める事を学ぶべきよ?
        -- 2016-06-27 (月) 21:09:36
      • うぅ……やはり子ども扱いされている気が……まぁ事実なのですが……(大人しく撫でられて)
        そう、ですか……(どこか落胆した様子で)炎魔術を識ることが真の焔につながると思っていたのですが……
        わたしの術は翼火の術と言います。それなら扱いは得意ですが……極めるとなるとまた別の問題ですね -- シィホ 2016-06-27 (月) 21:35:13
      • ・・・そういう顔をしないで?・・(バツの悪そうに頭を掻いて)そうねぇ・・貴女がそういう風に思ったのなら・・そこにヒントがあると思っていいでしょうね・・・現に真の焔は貴女の中に無くて、それは炎魔術も一緒なのだから
        (うぅんと少し考える)そうね・・・じゃぁまず、その翼火の術と炎魔術がどう違うのかから擦り合わせていくべきかしら・・・貴女のそれはどういう原理で炎をだしているの?
        -- 2016-06-27 (月) 21:56:13
      • 原理……原理……考えたことがありませんでした……
        そこにあるものなので。当たり前に使えて、気持ちで火力が変わったりして……
        (うーんと唸りまくって)や、やっぱりわかりません……使おうと思うから使えるとしか……! -- シィホ 2016-06-27 (月) 21:59:09
      • そこにある物、手足の様に?当たり前に使えて、貴女の精神力に依存している
        そしてなにより、使おうと思うから使える物・・・それがその力なのね?(くすっと笑って)難しく考えなくていいのよ、その力に一番長く触れてきた貴女がそういう印象を抱いたのなら、それこそが貴女にとっての真実よ
        でも・・そうね・・・そこから更に魔術を取り入れる事を望むのならまずはその翼に対する理解を深めて、翼を「杖」として翼火の術で炎魔術を再現していく・・・のがいいのかしら・・・
        ・・・ふふっそういえば此処まで、一度も貴女の術を見ていなかったわね・・どんな事が出来るのかしら・・火を出すだけ?飛ばしたり操ったりできるの?
        -- 2016-06-27 (月) 22:29:47
      • 翼を杖として使う……なるほど、そんな発想もあるのですね……
        ええと……どれもできますけど……(しばしお待ちを、と翼をばさーっと広げて)
        こうしたり(大きくして○のポーズ)こうしたり(弾のように火を出して翼で受け取ったり)
        こうしたり(うにょうにょ伸びて椅子のようになったりしてそこに座ったり)できます -- シィホ 2016-06-27 (月) 22:34:24
      • 杖って言うのはあくまで表現ね・・・魔法を扱う為の道具とか器官と言えばわかりやすいと思うわ
        ・・・・・自在じゃないの・・なる程・・それだけ自在に扱えていて、慣れ親しんだ物だから逆に逸脱出来ない・・・それで足りないという感覚が分からない・・・ゆえに今まで慣れ親しまなかった魔術に光明を見出す・・・そんな所かしら
        -- 2016-06-27 (月) 23:37:17
      • 完全に分析通りで言葉もないです……(たじたじ)
        もしかしたらわたしの勉強の仕方が間違っていたのかもしれません
        鍛冶が落ち着いたらもう一度魔術について勉強してみようと思います
        それではお邪魔いたしました。質問に答えてくださってありがとうございます(ぺこりとお辞儀して帰っていった) -- シィホ 2016-06-27 (月) 23:41:01
      • ふふ、そんなたじろぐ事はないのに・・・でもそう、そういう事なら確かに貴女の発想した通り羽からは切り離して考えた方がいいかも
        私なりの方法でよければ、杖さえあれば私なりの魔法の習得法を教えられるわ・・考えておいて(またねと手を振り見送った)
        -- 2016-06-28 (火) 03:10:16
  •  
  •  
  •  
  •  
  • このインテリアの石も思い出の一品になったのでござるなあ…(しみじみ) -- ササキ@お品書き 2016-06-25 (土) 16:05:07
    • そうね・・・正直お別れになるとは思いもしなかったわ(つんと石を小突く) -- 2016-06-25 (土) 16:16:45
      • あの破天荒なまぜまぜ品が今後も量産されると思ってござったのだが残念…
        ふうむ…今更でござるが予備体を1つ2つ貰っておけばよかったでござるかなあ -- ササキ@お品書き 2016-06-25 (土) 16:20:07
      • 予備体って・・・ひょっとしてあの子の?・・・貴方のウチ、あんなに若い子囲っているのにまだ足りないの?
        (何をする気よっと訝し気な目で見る)
        -- カレリア 2016-06-25 (土) 16:22:51
      • 囲うって何でござるか囲うって!若い子って言うでござるがカレリア殿もぴちぴちぎゃるでござるよ?年齢は知らぬが、少なくともまあ外見は
        何ってカレリア殿の術でゴーレムになったら便利なお手伝いさんでも出来ぬか…?と -- ササキ@お品書き 2016-06-25 (土) 16:24:21
      • 囲ってるじゃないの・・最近もまた新人をお菓子で釣って誘い込んだと聞いたわ(うんうん)あらありがとっでも女の年齢について触れそうになるのはNGね(くすくす)
        あの子の死体が綺麗に残った時そうしてみる?ってシュネーに聞いた事はあったわ・・・えっちな事に使うなとも言ってたわね(だからダメよと)
        -- 2016-06-25 (土) 16:31:58
      • 囲うって言うか拾ってるだけでござるよ!?こいつは手厳しいでござるなあ!
        …そんな発想が出てくる方がエッチマンだと拙者は思うでござるよ(純粋に労働力として便利そうと思ったボーイ) -- ササキ@お品書き 2016-06-25 (土) 16:38:41
      • 言い方がちょっと変えてるだけじゃないそれ?(笑って)そういえばササキって若く見えるけど年齢としては結構いっているのよね?それでも鬼としてはまだまだ若い方だったりするのかしら
        貴方自身は純粋に普通の労働力として扱うでしょうねぇ・・・でも怪しい男とかハイリエとかに目をつけられるとするでしょ?真正面から交渉されたら最終的にオッケー出しそうな雰囲気があるのよ(偏見だ!)
        -- 2016-06-25 (土) 16:57:20
      • その可能性は…否定できんでござるなあ(頭をかいて)ううん?拙者は300歳と言った所で…まあ1000年以上生きてる母も姿は変わらんでござるからまだまだだと思うでござるが…
        ああ…(ハイリエの名前が出た瞬間諦めた、それだけ説得力を感じたのである!) -- ササキ@お品書き 2016-06-25 (土) 16:59:10
      • まぁとはいっても、若い女の子の一人暮らしなんて見ていて心配だし?貴方やニンジャの元にいるのなら安心なのかしら・・
        そう・・・その調子じゃお母様以外の鬼は知らないと言った感じね・・・まぁ見た目も反応も若々しいし、若いでいいのよね(うんうん)
        ・・・・自分が言いくるめられるって話なのに納得しちゃうのね?(くすくす笑って)まったく、しっかりしてくれないと困るわよ?
        -- 2016-06-25 (土) 17:07:55
      • 1人暮らしの中でも野宿やら生活が特に危ぶまれる連中でござるな!拙者やニンジャは手出しする度胸は…(ヘタレヘタレアンドヘタレ)
        緋乃殿と言う鬼も居るようでござるが憑りついてるだけのようでござるし…ひゃっほう!拙者がオッサン扱いされなかったでござる!虎彦殿などにはお父さん扱いされたりしたでござるのに!
        なあにあくまで想像の話でござるよ、もう…しばらく会うことは無いでござろうからなあシュネーどのには -- ササキ@お品書き 2016-06-25 (土) 17:10:46
      • 度胸の有無の問題なの?(それはそれでどうなのよと怒り眉)
        おっさんとかお父さんというにはちょっと・・・(落ち着きがねぇと頷く)
        そうねぇ・・・下手をしたら私が生きている間には遭えないかも・・・ま、その時はササキがちゃんと出迎えてあげてね?(うんうんと)
        -- 2016-06-25 (土) 17:22:34
      • 一つの基準と言う所でござるなあ、なんと言うか…うーん?家族と言うか、兄弟姉妹…とも違えば…なんでござろうね(上手い例えは思いつかなかった)
        多分それはカレリア殿がギャルだからでござろう、拙者はこう…猫をかぶると言うかええかっこしいになるでござるから…そしてそれは大概から回ると
        1000年前にはこの街に居たというでござるし、まあ…それくらいだったら、ただ拙者がこの街に居るかはわからんでござるがなあ、はっはっは -- ササキ@お品書き 2016-06-25 (土) 17:28:25
      • 家族と言っておきなさいな(便利な言葉だよ!)
        ギャルって・・・さっきも思ったけど何よそれ・・・(おじさんくさいわよとジト目)ふふっそれなら私の前でもいいカッコして欲しい物ね(なる程それが空回りかと)
        んもぅ・・頼りになんないわね・・・ま、それならそれで何とかしておくわ・・(うんうん)
        -- 2016-06-25 (土) 17:50:14
      • 家族でいいでござるか…いやあ、なんだかこう…気恥ずかしいというか…(照れている)
        若い娘を指す言葉で他にいい言葉を知らんのでござるよ、ギャル以外に何と呼べば…ぬ、ぬう…してるつもりなんでござるがなあ?(首をかしげる)
        いったい何とかとは何が起きるんでござろう!?ま、まあいいでござる…ともあれちょっと思い出してしんみりしたので…拙者はこれにて(カラオケ…着てもいいんだぜ…!) -- ササキ@お品書き 2016-06-25 (土) 17:52:17
      • なぁに照れているのよ、兄弟姉妹は照れくさくないの?(突いて)恥ずかしがらずに堂々と言い切ってやればいいのよ
        女とか女性とか普通にあるじゃないの・・・(むにむに頬をひっぱり)全然ねぇ・・
        ふふ、なんて事の無い置手紙よ・・・えぇそれじゃぁまたね(カラオケはゴーレム退治の合間には厳しそうだ)
        -- 2016-06-25 (土) 18:08:40
  • ゴーレム使いのおねーさーん!ちょっと相談がー!(まだ治ってない肉ウサギ、と背中に張り付いてるちびうさぎ) -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 03:08:59
    • はぁい?(たしか会った時からこの異様だった気もする)
      ふふっなぁに相談って(ちびうさぎを指でちょいちょいとあやしつつ)
      -- 2016-06-25 (土) 03:12:48
      • 自動甲冑がなかなか修理できないけど緊急で使うかもしれないので見てもらおうかと!(手を振ると空間から傷だらけの青い騎士甲冑が出現する)
        どーにもこーにも起動すらできません!(一部の傷が内部にまで達し内側のフレーム、本来稼動させるべき骨格や魔術回路にも損傷があるのが見える)
        みゃうみゃう(ごろごろじゃれ付くちびうさぎ) -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 03:21:51
      • ふむ・・・結構大きいわね(出てきた自動甲冑をじろじろ眺める・・・コツコツ叩いたり)ちょっとごめんなさいね?(開いて中までまじまじ観察したり)
        うん‥‥(閉じて・・・またちびうさぎにじゃれつく)・・・ぶっちゃけこれ作り直した方が早いわよ
        -- カレリア 2016-06-25 (土) 03:42:50
      • あ、必要ならばらしても大丈夫です!(内部はデッサン人形のようなのっぺりした基礎骨格が収まっている)
        うぐぐ、やっぱり修理は厳しいですか……このクラスは高いから中々手が出ません!(あくまでこれは拾い物なので修理したかった様子)
        みゃー(じゃれながら甘えるちびウサギ)//そしてぶんつうすいっちおn……ねむかった…… -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 03:53:50
      • (傷を指さし)装甲を直し、フレームを直して、骨格全体のバランスをとって、術式も組みなおす・・・これはもうほとんど一から作るのに近い作業よ・・いえ、古い規格に合わせて作るから無駄に苦労するわね
        ・・魔術回路なんて私分からないし、ゴーレム技術と合わせてもいいなら取りあえず動く様には出来るけど・・・(また傷だらけの装甲を指して)外装部分はそっちで何とかしてもらうしかないわね
        (甘えてくるのにほっこりしながらわしわし撫でて)//あーいおやすみです!
        -- 2016-06-25 (土) 04:08:00
      • なるほどー、ゴーレムとは微妙に違うんですねー
        とりあえずで動くならそれで応急処置してしまうのもありかもしれませんねぇ、あ、外装に使えそうな素材はそれなりにありますねー
        もけけけけ(変な笑い方するが上機嫌のちびうさぎ) -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 16:01:00
      • そう?じゃぁ外装はいいとして・・・(かんかんと傷ついてるフレームを突く)最大の問題は、こういう内側の部分ね・・・見てくれ良くしてシステムを直しても、こういう芯の所がぼっきり逝ったらそれまでよ?・・これだけは本当に、キチンと直さないと着る人間の命にかかわるわよ?
        (まぁいいかと頷くとそれっぽい魔術回路に向き直る)・・・さっぱりね・・回路っていうからには魔力を電気みたいに例えて・・効果に反映する杖と捕えていいのかしら?ならこの辺りは損傷で使えないと見ていいわね・・・うれ!(がりがりと割と容赦ない感じで回路部分に「אמת」と彫り込んでいく)
        よし・・・アレックス!(そして彫り込んだ文字に何かを押し込む様な仕草でバシッと叩くと自動甲冑が意思を持ったように反応を示す)
        ゴーレム化して、システムの制御系を担わせてみたわ・・・駆動やエネルギー供給は以前の物を流用してるから大きな祖語はないと思う・・・ただ、ゴーレム自身がこのシステムを理解するのに時間が掛かるから、何度か乗って扱いに慣れさせてあげる事ね(変な笑いをするうさぎをあやして)
        -- 2016-06-25 (土) 16:15:47
      • 残ってたデータからすると自動甲冑、半自律で動く追従型のゴーレムみたいではあるのですがー
        (システムに割り込む形で新しい回路が増設、起動指示が入力されると既存の回路と器用に結び合い、ぎしりと身を軋ませて首を持ち上げる)
        おぉぉ!動きました!すごい!(今まで何をやっても動かなかったので感動してる)
        ぱちぱちぱち(拍手しながらあやされてるちびうさぎ) -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 16:33:50
      • えぇ、私の鎧ゴーレムと基本的なコンセプトは一致してるから大丈夫だとは思ったけれど・・・うん、上手くいったようね
        (ふぃーと息をついて)取りあえず、この子に扱い方を学ばせる意味でも、ちょっと乗ってみなさい?(どうぞどうぞと示して)
        -- 2016-06-25 (土) 16:42:06
      • (機能把握にしばらく動かなくなり、一部損壊している部分から魔力光がうっすら漏れている以外は問題なく動く様子で甲冑が立ち上がる)
        おー、なるほど、助かりました!何かお礼ができればいいんですがー
        (何故かちびウサギが胸部装甲を開いて入り込む)何故にしゃおつーが入りますか!? -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 16:46:35
      • ・・・インストール?に暫くかかるかな?・・・ふふっそうねぇ・・ま、思いつかないから暫くはいいわ
        あらあら・・・「ゴーレムに」って意味だったのだけれど・・勘違いさせちゃったかしら・・(動かせる?手とか届く?と首をかしげて見守る)
        -- 2016-06-25 (土) 16:59:25
      • はーい、薬とかはそれなりに作れるので気軽に注文してください!(とりあえず、とムチムチになる薬と頭髪以外がもっさもさになる育毛剤をサンプルとして差し出す)
        うー!(全力で魔力を甲冑に満たし無理やり動作させるちびうさぎ、1分でダウンして出てくるちびうさぎ)流石に無理ですよねー -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 17:15:17
      • 薬かぁ・・こういう系ね(役に立つのそれ?と育毛剤を見て笑って)
        ふふ・・・それはちょっと早いわよぉ(出てくるウサギを抱えてよしよしと撫でてあげて)じゃ、本格的に試運転ね?(貴女も乗ってごらんなさい?と)
        -- 2016-06-25 (土) 17:25:06
      • 大昔の冒険者が使ったものだそうです!頭髪だけは絶対生えませんが!
        はーい(ゴーレムに合わせ、更に外した甲冑も戻し)んー、見た目以上に損傷してるみたいですねー…… -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 17:37:29
      • ひどいわねそれ(くすくす)ま、そういう事なら何か頼むかもしれないわ・・・変な副作用が無ければね?
        でしょう?・・特にフレームに着いた奴はよく直しておきなさい?戦闘中にぼっきり逝かれたらアウトよ
        (ふむと考え)外骨格の上から更に外骨格を重ねて補強する方法もあるかしら・・・(大げさになるかなと)
        -- 2016-06-25 (土) 17:55:40
      • へんな副作用はあまりない、と思いたいところですが検証しないとわからないですからねー
        んー、色々補強するか作り直して接続するか、どっちも大変そうです、でも動くようになってよかったです!ありがとうございました!
        ました!(一緒に頭さげるちびうさぎ) -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 18:11:02
      • えぇ・・力になれてよかった・・・(どういたしましてと頷いて)作り直した際はコア回路を移植しなおすだけでいいわ、ちょっとすれば覚えて対応してくれると思う
        ふふっ(一緒になって頭を下げるウサギは撫でる)
        -- 2016-06-25 (土) 18:16:13
      • 融通が利くシステムでよかったです、んー、しゃおつーはおねーさんがお気に入りですね
        って今更自己紹介してないの気付きました!アリス・レイレナードです!こっちはしゃおつー
        もけけけ(撫でられて手に頭を擦り付けてるちびうさぎ) -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 18:19:35
      • ふふっ気に入られちゃったわね・・・
        あらそうだったかしら?・・ふふ、よろしくアリス、しゃおつー・・・カレリア=ティーナ・ハミルトンよ・・・
        (擦りつくちびを見てると慈愛の籠った目を細めて)
        -- 2016-06-25 (土) 18:36:05
      • カレリアおねーさんですね、ありがとうございましたー、はい帰りますよー
        うにゃぁぁぁ!(渋るちびうさぎを引きずって帰っていく) -- アリス&(・x・) 2016-06-25 (土) 18:40:11
      • ふふっまたねぇ(ぱたぱたと手を振って見送る) -- 2016-06-25 (土) 18:49:32
  • 浄化されたんです?(第一声がこれであった)…それより姐さん、やったぜ!! もう大丈夫だ! -- ファウスト 2016-06-23 (木) 21:24:49
    • 漂白?(くすくす笑って)えぇその様ね・・やってくれると信じていたわ(レイレイにはもうあった様で)
      しかも・・・ふふっあの子ったら自分から、協力してくれなんて言ったのよ(すごくうれしそうだ)
      -- 2016-06-23 (木) 21:33:23
      • 姐さんは髪が長くてきれいだから、白いのもいいな! 似合ってるぜ あいつがまだ無理そうなら代わりにって思ってたんだけど、その必要はなかったみたいだ
        みんなでやっつけようって言ってたからな!! 頼られるのが嬉しいってのもよくわかるよ(こちらもくすぐったそうに笑って)ほかに何か言ってたか? -- ファウスト 2016-06-23 (木) 21:44:35
      • ふふっありがとう?(くるんと回って)レイネスの魔女じゃなくていいなんて・・・ようやく重い物を下ろしてくれたみたいよ・・・もう「レイレイ」じゃない方がいいかしらね?
        ふぅん・・・他には?それなりには話したからどんな事を期待してるのかは分からないけれど・・・・・・レインは彼女を助けた後、まだ出てきてないらしいわ・・・それだけの余力が無いのではと言っていたけれど・・・どんな事をしたの?
        私としては、あなたの事も気になるわ・・・舌、そろそろ何か感じ取れてきたのではなくて?
        -- 2016-06-23 (木) 22:00:10
      • あいつが自分で考えて決めたことだ どっかのお節介なやつから押し付けられたんじゃなしに…それが一番いいことだよな
        レイン・レイネスにはバックアップに回ってもらった…予備の魔力タンクと時間の観測、あと俺の調理魔術が制御を失った場合の安全装置だとか、いろいろだ
        レイチェルが目を覚まして、気づいた時にはいつものネネに戻ってた 俺の舌は…まだどうにも! ところでゴーレムって食えるのかな…(わりと真剣な様子で) -- ファウスト 2016-06-23 (木) 22:13:02
      • えぇ、全くその通り・・・話していてはっきり、今までのあの子と違うと分かったわ・・
        そう・・・レイレイと一緒に、千年経ってしまったのかしらね・・・(時間を観測するとはつまりそういう事か・・・やはり千年は厳しかったのか)
        そうなの?(少し時間が必要なのか・・「やってしまった事」は取り返せないのか・・・はたまた全然別の原因なのか・・・と考える)ふふ・・さぁ?‥その辺は材質次第でしょうけれど・・肉のゴーレムがそんな長い事生きられるとは思わないわ・・・(つまりおそらく食べられない)・・どうして?
        -- 2016-06-23 (木) 22:32:26
      • あくまでバックアップとしての観測だ だったら術者の俺ももっと老けてるはずだぜ レイチェルの身体を治すのはレインの役目だった…1000年分の負担はあっただろうな
        呪いの人形が恨み辛みの塊なら、そいつを食っちまうまで憎しみの連鎖は終わらない 食うってことは、ほかの命を受け入れることだ
        レイネスの一族を呪うために遥かな月日を過ごしてきたやつを、拒んで滅ぼして、それで綺麗に片がつくのか? 俺にはそうは思えない 受け入れないといけないんだよ ゴーレムはもう一人のあいつだからな -- ファウスト 2016-06-23 (木) 22:40:04
      • ・・・それは少し一方的すぎないかしら・・復讐鬼を殺すのではなく食い殺したとして、その様を知った遺族が納得するとは私には思えないわ
        思うに、その理屈において食べるというのはあくまで命を受け入れる手段の一つなのではなくて?(此処まで断じてから)
        ・・・貴方はどうするべきだと思っているの?どうすれば、食べる事の出来ないゴーレムの命を受け入れられると思う?(この一連の運命力の流れはあくまでファウストとレイレイを中心に渦巻いている・・だから彼の意見はむげにはできない)・・・あと・・ゴーレムはゴーレム、レイレイはレイレイでしょう?(そこについても、なぜそう思うのかを聞いておきたかった)
        -- 2016-06-23 (木) 23:04:15
      • 納得ずくで食われるやつなんかどこにもいないさ 他の手段があるならそれでもいい 恨んで恨まれて、恨み返してのドロドロの円環を断ち切れるなら何でもいい
        結局のところ、こんなことになるはずじゃなかったと誰もが口を揃えるはずだ 犬も食わないような話だ
        人を恨む使命だけ与えられて、1000年生かされ続けたやつの気持ちを俺は知らない…どんなに深い悲しみを抱いて永らえてきたのかも 今さら分かり合えるかどうかも…
        レイレイはカースゴーレムだったかもしれない カースゴーレムはレイレイだったかもしれない そう思っちまっただけだ 姐さん、人を恨むってのは辛いもんだぜ -- ファウスト 2016-06-23 (木) 23:35:56
      • まず・・恨みと呪いは別けなさい・・・命と憎しみもね・・・ゴーレムの気持ちは分からないけれど・・その恨みは必ずしもレイネスに向けられているとは限らないわ・・・レイネスを呪った制作者や自分を縛り続ける世界その物・・ひょっとしたらとても純粋で、誰も恨んでなんかいないかもしれない・・・
        でもね・・・彼を生かしていたら、カースゴーレムの呪いは確実にレイレイを殺すわ・・あの子が守りたかった赤ん坊もね?そしてすべての元凶たる夫婦は、次のレイレイを作ってゴーレムに対抗するでしょうね
        カースゴーレムは自分で止まる事ができない・・・そういう風に作られたのだから今日まで呪いを振りまいていたのでしょうし、1000年もその為に生きてきたのなら猶更後戻りはできない・・・断ち切るというのなら、彼を殺す事はそうなのではなくて?
        (そこまで言ってから息をついて)・・・・・・・彼を殺したら、その墓を作りましょう・・命を踏み躙るのではなくて、敬意をもってきちんと弔うの・・・(それじゃぁダメ?と)
        -- 2016-06-23 (木) 23:56:59
      • きれいさっぱり終わらせたい ゴーレムを倒すことには変わりないけど、もう誰も悲しまなくていいような結末を迎えたい…俺の望みはそれだけだ
        そのための弔いか 俺たち料理人は食われるものに敬意と感謝を捧げてる もっと素直なやり方があるなら、そうだな……それがいいと思う
        ありがとう姐さん もう迷いはない…俺からも頼むよ、一緒に終わらせよう やってやろうぜ!(感謝のしるしに店で一番のワインを置いて、帰っていった) -- ファウスト 2016-06-24 (金) 00:24:07
      • 物事ってのは出来る限りシンプルにまとめるべきよ・・・弔いたいなら、回りくどい事しないでストレートにってね
        いいけど、当日はちゃんとスコップ持ってきなさいよね?(それじゃと見送って)わぁお♡(ワインを嬉しそうに見る)
        -- 2016-06-24 (金) 22:09:17
  • きゃーっカレリアさんが白いお洋服に身を包んでいてとっても麗しいですわーっ(柄にも無い口調で褒めちぎるらん
    実際に落ち着いた物腰に目立つ白いドレスはとてもインパクトがあるようだ) -- らん 2016-06-23 (木) 18:41:34
    • ふふっなぁにそのお嬢様って感じの喋り方?(くすくすと笑って)
      これまでが暗めの色合いだから冬服が凄く目立つのよ(うむうむ)
      -- 2016-06-23 (木) 18:43:19
      • お姉さんって言うよりカレリアお姉さまって呼びたいくらいなのです、応援する時は
        お頑張りあそばせ〜♪って 私は真っ白なドレスはスイーツが零れるのを気にして着られない気がしますので
        カレリアお姉さまを眺めて満足しようかな(イスにちょこんと座り、くりくりとした瞳でちらちらと覗き見ている) -- らん 2016-06-23 (木) 18:48:00
      • ふふっ・・良いわよ?お姉さまでも・・・それはそれで可愛いもの・・(うんうんと)
        そこは女としての嗜みね・・簡単にこぼしたりはしないものよ(うむうむ)・・・ふふっなぁにそれ?あんまり見られると恥ずかしいわよ(くるくると)
        そういえば・・今度の年末にまたライブをするのだったかしら?・・がんばってねっ
        -- 2016-06-23 (木) 19:07:07
      • んふふ、わたしね姉妹も兄弟いないからこの町でいっぱいそれっぽい人と出会えてとっても嬉しいんだー
        家族ってほら一緒にいる理由とか考えなくても一緒ですから(華麗にターンをする姿に見とれてうっとり)
        はぁー…私もお姉さまみたいな美人さんに…えっ、あわわっそうでしたそうでしたっ
        来年はとってもキリのいい数字みたいなのでカウントダウンライブで皆と同じ時間を共有できたらなって思ってますっ -- らん 2016-06-23 (木) 19:16:05
      • ふふ・・・らんは可愛いから・・みんなの妹みたいになっているのかしら?(よしよしと撫でたり)
        (なる程と頷いて)なれるわよ・・可愛いし、頑張り屋さんだし・・・なにより私の妹分なのならね?(くすくすと笑ってウィンク)
        何せ1000年だもの、999年も良い数字ではあるけれどね?ふふっ頑張って、応援してるから(うむうむ)
        -- 2016-06-23 (木) 19:37:25
      • そうかも、お姉さんになれる相手は見たことないので…じゃあみんなの妹系アイドル何かも狙っちゃいましょうか…
        今日もだけどね、楽屋まで応援しに来てくれてありがとうございます…いつもステージに立つ前の最後の一押しだと思ってまして
        非常にやる気が出てくるのです(今度も皆とノリノリのライブするよっと息巻いている) -- らん 2016-06-23 (木) 19:59:36
      • ふふ・・・いいじゃない?妹系メカクレアイドルっすごくいいわよそれ(うむうむ)
        今日も?・・・ふふどういたしまして・・・なんというかね・・こう、行ってらっしゃい!って背中を押したくなっちゃうのよ・・・迷惑に思われてたりしないでよかったわ(うんうんと)
        -- 2016-06-23 (木) 20:27:40
      • ではではここで最近不足気味のメカクレ感を出してみましょう…カレリアお姉様…(顔を少しだけ傾け愛おしそうな瞳を前髪から覗かせてみる)
        …どうでしょうか…迷惑だなんてとんでもないです、自分のお姉ちゃんに激励をしてもらえたみたいですっごく嬉しいんですよっ -- らん 2016-06-23 (木) 20:58:17
      • ふふっいいチラ見せね?(kawaii!とぎゅーっとして)・・・・・・・ねぇ?お姉ちゃんじゃダメ?・・お母さんでもいいわよ(ちょい興奮気味)
        よかったぁ・・・ふふっじゃぁまた、応援に行っちゃうからね(よしよし頷いて)
        -- 2016-06-23 (木) 21:29:52
      • カレリアおねえちゃんっ(まるで大好きな姉を呼ぶ妹のように元気にとん、とかかとを揃えて)
        おかあさんはちょっと恥ずかしいです…今でも時々間違えて呼んじゃう事があるので…
        はい、私も精一杯のライブでお迎えしますのでご期待くださいっ -- らん 2016-06-24 (金) 19:53:55
      • はぁい?(きゃーっと嬉しそうにぎゅっとしてぐるぐる回る)ふふふっやっぱりこの位フランクな呼び方がいいわ・・・
        えーダメ?・・・まぁそこは本当のお母さんに譲らないとね・・(うんと諦める様に)
        ふふっ期待してるわ・・・(下ろしてもう一回なでる、なでなで)
        -- 2016-06-24 (金) 22:04:13
  • (カレリアの部屋をノックする、相手を驚かせてやろうと思って無言で) -- レイチェル 2016-06-22 (水) 21:02:25
    • はぁいどなた?(戸を開けて)・・・あらレイレイ?目が覚めたのね?(よかったぁとハグ) -- 2016-06-22 (水) 21:06:52
      • えっ……あっ…(真っ赤になって抱きついて)その……あんまり驚かないんですね……?
        わ、私は……逆に驚かされたじゃないですか…(涙がぽろぽろとこぼれて)あ、あれ。おかしいな、嬉しいのに。こんな。 -- レイチェル 2016-06-22 (水) 21:08:57
      • 驚きよりも喜びが大きいのよっ(そのまま抱き上げてくるくる回る)ファウストが起こしてくれるのは判っていたもの・・・
        ふふ・・何泣いているのよ・・・(ハンカチでぽろぽろこぼれる涙をそっと拭いて)・・・それで、驚く驚かされるだのの前に、言う事はないの?(危うく今生の別れになる所だったのだ)
        -- 2016-06-22 (水) 21:16:20
      • (少女を抱き上げて魔女が回ると、涙が散って煌いた)ファウストさんが……そうですか…思ったより、大きな話になってたんですね…
        え、ええと。(涙を拭われると顔を上げて)あ、ありがとうございます。ごめんなさい。それと、季節が変わって衣装を変えたんですね、似合ってます。
        あと……あと…(胸が詰まって言葉が出てこない、もっと色んなことを話したかったはずなのに) -- レイチェル 2016-06-22 (水) 21:22:03
      • そりゃぁそうよ・・・貴女は自分の存在の大きさをもうちょっと考えるべきだわ(うむうむと)
        (うん・・うん・・・と頷いて)ふふっなぁにそれ・・ありがとう・・・
        ・・・(言葉が出てこない様を見れば息をついて・・・ぎゅぅっとまた深く抱きしめて)おはよう・・お寝坊さんよ全く・・・・・・それで・・レインは・・・?(場合によっては彼女の意識は消えてしまっている筈だ)
        -- 2016-06-22 (水) 21:31:00
      • だって……私がみんなを頼ったらお父さんとお母さんが…(顔を左右に振って)ううん、もうお父さんもお母さんも関係ない。私は私の人生を生きる。
        (抱きしめられると、目を細めて)レインさんはあれから出てきません。私を助けるために力を使って、意識を表出させるだけの余力もないのかも。
        ……カレリアさん。我侭を言ってもいいですか……?(相手から離れて、真っ直ぐにカレリアの目を見る) -- レイチェル 2016-06-22 (水) 21:35:31
      • ・・・1,000年寝て漸く素直になったみたいね・・(うんと頷く)
        そう・・・(あの日、最後に立って礼をした姿を思い出す・・・)いつかまた、話ができるといいわ・・
        (下ろすと改めて向き直る)えぇ・・勿論(なぁにとしっかりと目を合わせて)
        -- 2016-06-22 (水) 21:42:23
      • 私は今、困っています。カースゴーレムと言う、レイネス一族に短命の呪いをかけ続ける存在のせいで。
        私は長生きしたいので、カースゴーレムを倒すのを手伝ってください。(ぺこりと頭を下げて)
        ……めちゃくちゃに強かったです。一人じゃ勝てなかった。 -- レイチェル 2016-06-22 (水) 21:44:58
      • よし来た、お姉さんに任せておきなさい?(二つ返事で頷いた)
        ポンコツにはいい加減退場してもらうわ・・・千年かかっても女の子一人倒せない様な奴、私達なら余裕よ
        -- 2016-06-22 (水) 21:50:31
      • …はい!(相手の快諾に、笑顔で頷いて)色んな人に声をかけます。レイネス一族の沽券を潰してやりましょう。
        私はもう、レイネスの魔女じゃなくていい。そう考えると、しなくていい無理をしてたな…って思うんですよ。 -- レイチェル 2016-06-22 (水) 21:55:04
      • ・・・漸く荷物を下ろしたわね・・・ふふっそれなら、いつか新しい名前がいるかもしれないわね?・・ペレグリーニとか?(からかう様に)
        とにかくこれで判りやすくなったわ・・いつ頃になりそう?
        -- 2016-06-22 (水) 22:14:51
      • えっ………(真っ赤になって)ファウストさんとは、その……違うんですよ………っ(あわあわ)
        はい、12月の三週目くらいに戦って、遺恨なく新世紀を迎えようと思います。全ての決着を呪いの平原でつけます。
        それでは今日はこれで。決戦の日までに、色々と準備をしておきますね。では。 -- レイチェル 2016-06-22 (水) 22:21:38
      • あら違うの?・・・中々可愛い坊やだからいらないなら貰っちゃうわよ?(なんて適当な事言って)
        いいタイミングね・・大掃除は今年の内に済ませる物だもの・・・えぇ、それじゃぁまた・・(ばいばいと見送った)
        -- 2016-06-22 (水) 22:26:35
  • カレリア殿急に白くなったでござるなあ…雪がモチーフだったりするんでござろうか -- ササキ@お品書き 2016-06-22 (水) 20:20:23
    • 冬と来たらやっぱりってね?(その通りよと頷く)春は花、梅雨はしっとりとした感じに、夏は涼し気に、秋はハロウィンと紅葉とそれぞれ意識しているわ -- 2016-06-22 (水) 21:04:37
      • オシャレを色々と考えてるんでござるなあ…女の子と言うのは大変そうでござる
        拙者などはコレ…と同じものが量産されているだけで季節を通して変わらんでござるよわっはっは -- ササキ@お品書き 2016-06-22 (水) 21:07:27
      • ふふ・・でもいつも同じ格好だなんて飽きない?
        おしゃれと言うには少し過激なこれが精々なのかしらね?(とハートの首輪を突いたり)
        -- 2016-06-22 (水) 21:13:01
      • 飽きるも何もないでござるからなあ、多少…V系の化粧とやらに興味はありごあるが…
        んぐふっ(少しサイズが小さめなのだろう、喉を圧迫して)…これは貰い物でござるからなあ、はっはっは -- ササキ@お品書き 2016-06-22 (水) 21:17:48
      • V系・・・なんだかササキの印象と合わない・・いや意外と合うのかしら?・・でもなんでまた?
        ・・なんでそんなきつくしてるのよ・・・貰い物じゃぁある程度は仕方ないでしょうけれど
        -- 2016-06-22 (水) 21:24:00
      • 容姿だけならまあ…何処で言われたかもう忘れてしまったでござるが、それっぽいと言われたので似合うだろうかと…まあ女装でなければよいでござるよ
        なぜって…鋼鉄製でござるからサイズを変えようもないでござるし、鍵がないと外れる構造になってないんでござるなあこれ -- ササキ@お品書き 2016-06-22 (水) 21:31:11
      • ふふ・・人に言われて興味を持ったクチね・・・・(想像してみて)・・・うん、アリね・・(うんうんと)
        ・・・なんだかこう・・聞けば聞くほど怪しい関係性を疑ってしまうのだけれど・・・ご主人様でもいるの貴方?
        -- 2016-06-22 (水) 21:39:35
      • なんとなく気にはなってござるが今一つ踏ん切りがつかぬ程度で…ありでござろうか?
        怪しい関係って…カレリア殿疑い過ぎでござるよ、もしご主人様で御座ったら鎖やリード線がついてるでござろー?(やだなあ、と笑って見せる) -- ササキ@お品書き 2016-06-22 (水) 21:47:20
      • カッコいいと思うわよ?たぶんね?(確証はない)
        えーそうなの?・・精神的な縛りがあればそんなのいらないと思うけれど(くすくすと)
        -- 2016-06-22 (水) 22:11:01
      • 問題は拙者の外見に伴った行動がとれるか…はて、V系とはどういう存在なのでござろう…歌うだけ…?
        精神的な縛りって何でござる!?くっ…カレリア殿は女王様気質なのを忘れてござった…! -- ササキ@お品書き 2016-06-22 (水) 22:17:10
      • (うぅんと考え)何かこう・・格好つけの極地みたいな?(よくわかんない)
        ほら?その首輪を意識する度に誰かの言葉を思い出すとか?・・・犬なんかもね?きちんと躾けるとリードとかは必要なく指定した地域から離れなくなるのよ・・離れられなくなるというのが正しいかしら?(くすくすと)
        -- 2016-06-22 (水) 22:23:33
      • 格好つけでござるかー…(しゅばっとそれらしいポーズをとってみる)じゅてーむ(だめそうだ)
        言葉と言うより姿を思い出すでござるが…へええ、指定した地域から離れない?…な、なんかカレリア殿の笑みが怖いんでござるが、経験者は語る…? -- ササキ@お品書き 2016-06-22 (水) 22:41:00
      • ふふっそうそうその調子(のせる、ダメなパターンだ)
        経験者は語るよ(うんうんと)姿がねぇ・・ふふ・・まさにパブロフの犬ね・・・(たいへんねぇと笑って)
        -- 2016-06-22 (水) 22:44:31
      • (腕を頭の後ろで組んで)…だんでぃ…(もうV系とはかけ離れたイメージセリフである)
        ひいっ!?首輪すらなく、服従状態にされそうでござるなカレリア殿相手だと…せ、拙者はこれで…(そそくさと帰って行くのだった) -- ササキ@お品書き 2016-06-22 (水) 22:51:24
      • きゃーササキー(ぱちぱち手を叩いて)
        ふふっでも調教をしやすくなる道具として首輪は有効だと思うわ・・・それじゃまたね?
        -- 2016-06-22 (水) 22:53:27
  • あら? ハロウィンファッションやめちゃったか……結構好きだったんだけども -- レクトール 2016-06-21 (火) 21:55:46
    • もう11月も半ばを過ぎたしね・・・ふふっ実をいうと私もアレ、お気に入りの一つなのよ(お着換えの披露としては〆に回ってよかったと頷く) -- 2016-06-21 (火) 22:14:26
      • オレンジ色のカボチャがいい味出してたなぁ…ハロウィンって1年で一番オレンジ色が活躍する時期だよな
        あ、土産持ってきたから台所貸してくれねぇかい姉御? -- レクトール 2016-06-21 (火) 22:19:03
      • ふふっ紫と赤のコントラストも良かったと思うのよ・・・赤と橙は秋の色だし(うんうんと)
        お土産?・・・えぇいいわよ?(何をするのかしらとわくわくしながら待ってみて)
        -- 2016-06-21 (火) 22:25:46
      • リンゴと葡萄の色かね? 何を隠そう、土産も果物なんだが……(言いつつ台所で俎板の上に置いたのは「柿」。果物ナイフを手に、慣れた様子でカットしていく…)
        知り合いの東洋人からの頂き物でね。味もだけど、俺ってばこの夕焼け色が好きなのよな…ほい出来上がり
        最近姉御ってばお疲れじゃない? 柿は疲労回復にいいんだ……嫌いでなければどうぞ -- レクトール 2016-06-21 (火) 22:37:20
      • 紫は私の色よ・・まぁブドウもいいけれどね(くすくす)
        まぁっ柿なんて中々食べられる物じゃないもの・・嬉しいわ・・・(ちょっときょとんとして)そんなつもりではなかったのだけれど・・自分でも気づかない内に疲れているのかしらね・・・(頂きますともぐもぐ)うんっ・・いけるわ・・・
        -- 2016-06-21 (火) 22:47:53
      • なるほど、そりゃあ灯台下暗しのデモクラシーだったなぁ?はっはっは… まぁ姉御ってば結構忙しい日々ほど充実してると思うタイプだろうからね
        余計なお節介なのかもしんねぇな…その上で、押し付けていくがねぃ!(イケるだろう?と何故か自慢げな態度)
        ……ところでこれは風の噂なんだが、魔女のアンタなら同じ魔女のことは多分詳しいだろう。今眠っている魔女が居ることを…
        ああ、何も言わんでいい。俺も「黒猫」に助太刀を頼まれた……言葉は不要さ? (不敵に笑う) -- レクトール 2016-06-21 (火) 22:56:37
      • んもぅにぶいんだから(くすくすと)それはあるかも・・来客が絶えないのは嬉しい事よ・・
        そんな事はないわ(うんうんいけると)ふふっ貴方も一口くらい食べなさいな(あーんと差し出す)
        えぇ知ってるわよ(さして深刻そうな様子もなくしれっと頷く)ふふっ・・・貴方もなのね・・私にキョーレン落蘇アニーにレクトール・・・サザンカや魔王様も入るかしら?・・・いよいよもって敵が哀れになってきたわ(くすくす)
        -- 2016-06-21 (火) 23:19:14
      • 鈍いたぁ聞き捨てならん。ちゃんと姉御が秋の似合ういい女ってーのは分かってるつもりだよぃ? 口に出すのも野暮ってもんさ〜
        あーん(好物なので反射的に食べる) ……ハッ!? 姉御のために持ってきたってーのに俺が食っちゃ意味ねーぜ!(モシャモシャ)
        おお怖い怖い。魔女が笑う夜は気をつけろってな諺を思い出すぜぃ……だがまぁ、精々ゴーレムさんを歓迎してやろう。盛大にな?
        ……ところで質問だが、姉御の魔術ってエレメント的には一応土属性ってことになんのかねぇ? -- レクトール 2016-06-21 (火) 23:25:41
      • ふふ・・その褒め言葉・・・今までで一番うれしいかも・・(いや一番は他にもあったかしらとちょっと考えたり)
        食べてるじゃない?・・私がいいと言ったの・・よりおいしく食べる為の投資とでも考えて?(くすくすと笑ってまた一口)
        えぇ勿論千年頑張った引退の花道よ・・・うん?・・・(んーっと考え・・ネックレスを示す)土のエレメントと結びつける魔導器は持っているけれど・・・私自身は・・(ゴーレムの操作・・・温もりの属性・・その性質を踏まえれば)・・・『命』・・・かしらね?(そんなエレメントがあるかわからないけれどと)
        -- 2016-06-21 (火) 23:32:43
      • ……マジで? あー、ええと……まぁ嬉しかったならいいか (変に女性を褒めてセクハラになるのを恐れていたが、カレリアが満更でないならそれで良しとしておく)
        う、流石にもう一口は遠慮しとくぜぃ。カッコ悪ぃからな? おっさんにも守りたいラインはあるんだ…うんうん
        え、「命」? そんな属性は聞いたことねーな…いや、不死鳥の俺ぁ「命」属性なのか? ゴーレム使いだしやっぱ土が無難か……(ぶつぶつ)
        そうさな、それじゃあ琥珀(アンバー)なんかは姉御の魔術と相性いいかね? 地であり、木であり…命っぽさもあるような無いような… -- レクトール 2016-06-21 (火) 23:46:11
      • 今思えば、情が深いと言われた事も嬉しい事だったわ・・(今回のとどっちがいいか迷うわーと)
        (もぐもぐ食べつつ)そう?・・・ふふっでも本当に美味しい・・ありがとうね?
        私も聞いた事ないわ・・でも私の能力全体を鑑みて形容するならそれが一番相応しいかなーって?
        琥珀か・・・確かに、何か器物で私と絡ませるなら琥珀が適切かもしれないわね・・・(魔術と絡ませたことはないらしい)・・・それがどうかしたの?
        -- 2016-06-22 (水) 00:06:28
      • はは〜ん……さては姉御、からかってるねぃ? 言っておくが、俺ぁお世辞は下手だよ。喜ばせたいわけじゃなく事実を言っただけさ (と本人は無自覚にサラっと言う)
        ん? いや突然すまんね、姉御と相性のいい宝石を知っていれば戦闘で色々と協力が出来るもんでな俺の場合
        俺が風の魔術を使えるのは前に言ったっけな…それと、不死鳥関連で炎魔術の増幅手段も持っている
        だが生憎と、これまで他人の属性を気にしたことはなかったんでね。ちょいと姉御のも聞いておこうと思ってさ
        まぁこれもカースゴーレム戦を考えての「事前準備」の一つと思ってくれぃ -- レクトール 2016-06-22 (水) 00:16:00
      • ふふっ・・取りあえずはそう思っておきなさいな(くすくす)
        そういう事ね・・・土のエレメントを私のゴーレムに打ち込んでくれたら多分強度が上がるわ・・・ふふっ自分の生存率を高めるのを人に頼むなんて・・・なんだか慣れない感覚ね・・・
        -- 2016-06-22 (水) 00:34:35
      • これ絶対からかってるわー…(肩を竦めつつも、最早毎度のことなので慣れたもの。やれやれといった具合に笑う)
        まぁ打ち込むなんざぁ手荒な手法じゃあないけどな…俺の魔術増幅は空気中に散布するタイプだ。今回のような戦いでは使いやすい
        …姉御の生存率は皆の生存率に繋がる。それに俺が勝手にやることだ、なんなら当日忘れててもいい
        (どうせ効果は普段より調子がいいかな、程度のものだろうと付け加える) -- レクトール 2016-06-22 (水) 00:43:46
      • あー・・・(少し考え)・・それってカースゴーレムまで強化したりしないわよね?(でもバフを全員にかければ結局こちらの火力が上回るのかと)
        ふふっ分かったわ・・操作性が変わらなければこちらは問題ないわよ(うんうんと)
        -- 2016-06-22 (水) 00:55:07
      • それは知らん。カースゴーレムを「視て」から考えるよぃ (そう、レクトールに相手の魔力を視るという判別手段があった)
        まぁでもぶっつけ本番ってワケでもねぇ。自分の属性強化は何度もやってるからな…多分イケるだろう
        んじゃ俺ぁこの辺で……姉御もしっかり養生しときな? 俺も決行日が近くなれば酒を控える!(と宣言して帰っていく) -- レクトール 2016-06-22 (水) 00:59:59
      • へぇ?貴方そういう見る能力もあるのね?
        えぇ期待しているわ・・・えぇ!?(レクトールが断酒・・・と目を丸くして見送るのだった・・)
        -- 2016-06-22 (水) 06:24:34
  • カレリアさんちょっと色々聞いてもいいかな?……レイレイさん絡みのこともあってね(キョーレンから話を聞いてきたのだろう いつになく真剣な眼差し) -- アニー 2016-06-21 (火) 20:38:04
    • あらアニー?・・・レイレイの・・・なに?(こちらは向き直って真直ぐに) -- カレリア 2016-06-21 (火) 20:42:13
      • レイレイさんが眠りについたことに関して、キョーレンさんとカレリアさんがそれに関わった化け物退治を計画してるとか言うのを聞いてね(ざっくりとした話を聞いただけだったため端折られた説明)
        それに私も噛ませてもらえないかなっていうのが一つ。もう一つは、それに噛みたい理由でもあるんだけど……(腰から下げた刀を外して)
        聞きたいことから先に言うと、自分の技の反動から身を守るための防御法が知りたいんだ。……レイレイさんの遺してくれた魔導刀が、何かのレプリカじゃないオリジナルだって証明するために -- アニー 2016-06-21 (火) 20:52:12
      • ふふっあの子も人望があるわね・・・えぇ勿論・・と言っても・・それを表明する相手は私じゃないわよ?(レインかファウストねと頷く)
        レイレイの作った剣なのね・・・それで?反動っていうけど・・どういう反動なの?(それ次第よと)
        -- 2016-06-21 (火) 20:59:30
      • ん、そっか……じゃああの黒猫の人にちゃんと言っておいた方が良さそうか。その前にこの刀を少しでも扱えるようにしないと
        簡単にいうと技の威力が高すぎて巻き込まれる恐れ、かな。この刀、魔術師の杖みたいに魔力を増幅する力があるんだけど、その力がケタ違いで
        刀の中にレイレイさんの術式が残ってたから、そこから術を再現しようと思ったんだけど……そのまま使ったら私が木端微塵になると思うんだ、うん(青い顔で) -- アニー 2016-06-21 (火) 21:09:05
      • ふぅん・・・(とんとんと考える様に)
        1.鍛えて耐える 2.巻き込まれない様に刀を投げて魔法を使う 3.威力を抑える 4.破壊に指向性を持たせて自分に向かない様にする・・・ざっと思い浮かぶ対処はそんなところねぇ(どれがいい?っと)
        魔法は使う人間の心が大事よ・・アニー自身がどうするべき、どうしたいと思うか・・・その直感を大事にね?
        -- 2016-06-21 (火) 21:18:59
      • ふむ……(やはり他の人の意見は貰うものである、と改めて 視点を変えることで見えてくることもある)
        威力に関してはもうどれだけ絞っても制御の限界に達するからどうしようもないけど、指向性を持たせればなんとかなると思う……!
        なんか度々お世話になってる気がする。ありがとねカレリアさん!お礼も色々考えておかないとだ 何がいいんだろう -- アニー 2016-06-21 (火) 21:28:51
      • (今更ながらに防御魔法を展開するが思いついたが自分の攻撃の防御にリソースを割くなんて無駄じゃね?とおもい言わない魔女だ)
        ならその方向ね・・刃物という形とも会っていると思うわ(うんうん)あら?今のアドバイスだけでいいの?・・自分の魔法をちゃんと物に出来ているのね・・・
        (お礼と言われれば)ふふ、そうねぇまた何か面白そうな発掘があったら、そこに一枚かませて貰おうかしら(それだけで十分だと)
        -- 2016-06-21 (火) 21:36:14
      • (実は防御魔術に関してはキョーレンに聞いていたので特に異論はなかった考古学者だ)
        いくつも手段はあると思うけど、出来る限りのことは試してみようと思ってる。いろんな人に聞くのも重要なこと、ってね
        それでいいんだ?だったら多分インテリジェンスソードを中心に調査中だから、後々お願いすることになるかもねー
        うん、そうしたら今日はこの辺で!決戦の場で披露できるかもしれないし出来ないかもしれないけど、頑張ってみるよー!(大きく手を振り、刀を大切に抱えて去っていった) -- アニー 2016-06-21 (火) 21:49:05
      • 勿論よ、貴女の依頼は楽しかったもの・・
        えぇそれじゃぁまた・・上手くいくことを祈っているわ
        -- 2016-06-21 (火) 22:23:33
  • たーのもー!カレリアさんという方のお宅はこちらですかー! -- 四季 2016-06-20 (月) 00:44:14
    • はーい?(出迎えて)
      あら貴方・・・リュカ・・じゃないわよね?(首をかしげる)//すみませぬ文通で!
      -- 2016-06-20 (月) 00:52:43
      • …オイオイ、オレと兄さんじゃあ色々違うと思うんだけどな、でもやっぱり兄さんの知り合いだったか
        始めましてカレリアさん、フェ…んんっ、リュカの弟で四季と申します、今日は兄とは無関係でやってきましたっ! -- 四季 2016-06-20 (月) 00:54:26
      • えぇそうなのだけれど・・・何かしら・・画風?よく似ているなって(うんうん)
        えぇ初めまして四季・・・それで?その口ぶりだと私に何か用みたいだけれど・・・
        -- 2016-06-20 (月) 06:24:43
      • おぉっと、そこは言わないお約束で…ほら、オレと兄さんは兄弟だから似るのも当然って奴さ
        でもまぁ、よく視たらほら…オレのほうが少しだけイケメンだったりしないか?ほら?
        (と、自信たっぷりに自らを指差してキメ顔をして見せながら)
        えー、うーん…確かに用事なんだけど、色んな魔法に詳しいと聞いたので、つい色々教わりたいなーって思いまして! -- 四季 2016-06-20 (月) 11:32:06
      • そうねぇ・・・(よく見て、見比べるように)確かに・・どっちもかわいい顔をしているけど貴方の方が?(すごくあいまい)
        魔法を・・・ねぇ・・(とりあえず上がってと部屋に招きいれ、お茶でも入れて)ふふ、だいぶ大ざっぱなお願いだとどうしていいか困るわ・・まずそうね・・・貴方にとって魔法ってどういうもので、どのようになりたいか見たいな展望ってある?
        -- 2016-06-20 (月) 12:41:04
      • ま、待ってくれカレリアさん…言葉をごまかされた気がしないでもないんだぜ、兄さんはアレで可愛いから、男前度ではオレのほうだろ…そ、そうだよな?
        (あいまいに言葉を濁す相手に、思わず困ったように食い下がりながら)
        (招き入れられた先でお茶を受け取り、ふーっ…ふーっ、と一生懸命息を吹きかけ冷ましてる間に)
        えぇっと…魔力を基点にさまざまな現象を引き起こす万能の力で
        ついでに言うと地脈とか、マナとか、そういったものが複雑に絡み合った、無限の可能性、かなぁ……
        はい、色んな魔法をバンバン使いこなせるようになりたい!
        (まずはそれっ、と力いっぱい頷いたあとで、そういえばと思い出したように)
        あ、そうだ…クィー…クィールから、いずれ食べさせたい相手だとか言えば悪いようにはされないぜーって、紹介してくれた人に言われたんだけどさ
        ……食べさせるって何のこと? -- 四季 2016-06-20 (月) 12:55:26
      • ふふっちょっと言葉足らずだったわ・・貴方の方がちょっと勝気気味な顔つきでカッコいいかも?(息で頑張って冷ましてる様を見ればやっぱり可愛いと頷き)
        まぁクィールから?(その名を聞けば嬉しそうに声を上げて)ふふっそうなの貴方が・・・(そういうと改めてじろじろと四季を見て)
        ふふっ・・・本当に分からない?・・・クィールは年頃の、立派な女の子よ?・・・それが男の子に「食べさせたい」物なんて・・ふふっ一つしかないじゃない?(と思わせぶりに妖しく微笑んでみせる)

        ふむ‥そういう方向ね・・・(考え込む様に)無限の可能性を秘めた万能の力・・・その論理が真に貴方に染みついているのなら、貴方はそれこそどんな事でもできる筈よ・・・でも私に聞きに来たという事はそうじゃないのね・・・
        ・・・貴方には二つの道を提示できるわ、一つは貴方の魔法についてじっくり考えて、貴方本来の魔法を追及させる方向と・・・もう一つは、単にサンプル的に私の魔法を説明してみせて、後は貴方が自分で考えてね?って方向・・・
        -- 2016-06-20 (月) 19:56:06
      • だろ、流石見る目があるじゃん!
        (ふふんっ、と笑うとずずずずっ、と音を立ててお茶を啜り、まだ暑かったのか更に冷やし始める)
        …はっ!女の子が振舞ってくれるもの、手料理かぁ…オレ、ぶにょぶにょしてるトマト苦手だから、トマト入れる時は、是非美味いのにしてくれ、って言ってくれよな!
        ……あとお肉が好きです、うん!

        …魔法自体は、その、兄さんからの受け売りだったりあれだったりで、確固たるモノがあるわけじゃないんだ
        だからこそ可能性を追求したいというか、いやほら、オレ剣士なんですけど、魔法も使えるから、ソレで強くなりたいって思ってて
        …動機、不純かなぁ……だから、どっちが良いか、両方見てみたい、んだけ、ど…
        (段々自信が無くなって相手を伺うようにちらちらと) -- 四季 2016-06-21 (火) 00:11:56
      • ・・・・・・貴方鈍いけど鋭いわね・・・天然かしら(つまんなーいという様に口を尖らせて)わかった、肉が嫌いでぶにょぶにょになったトマトが特に大好きだって伝えとくわ(しれっと)
        そう・・・自分のはっきりとした形が見つかる前に完成した形を見せられちゃったのね・・・(これは自分の教え方じゃ難しいかもなぁと唸って)
        ふふ、いいのよ・・・それで自分が一番燃えるのなら、その動機が一番純粋な気持ちだもの・・・(ちらちら伺う様子には)私も、人に物を教えるのはあんまり得意じゃなくてね?ちょっと回りくどくなっちゃったけど・・許してね?
        じゃぁそうね・・・まずは私が扱える魔法だけれど・・・
        (そう言って手を掲げる・・・その手は仄かな光と共に熱を放っていて)一つめ・・・私の魔力には生来こういった形がある・・・光ってあったかくて、癒しの力を持っている・・・私はこれを「温もり」の属性と呼んで、それを人に注ぐことで治癒をしたりしているわ
        (握りこぶしを作って)二つめ・・・私が魔法を習った所で教えていた護身術、魔女空手(マジカルアーツ)ね・・・祈祷の踊りとかあるでしょう?祈りの形は言葉や文字だけじゃない、肉体の動作によっても気持ちを表現できる・・・これを極限まで、純粋な「拒絶」の一単語にまで切り詰めた・・・要するに「殴るという動作そのものを詠唱とした破壊魔術」よ
        そして三つめ・・・ゴーレム操作・・・自分の中で作り上げた仮想人格、仮の魂を、真理を意味する文字を依代に器物に込めて操る術よ
        -- 2016-06-21 (火) 00:47:12
      • ま、まてぇい!何その反応あ、あれだって、どう視たって料理の話だったじゃん、それ意外に何かあ…あー……ぁー?
        (その可能性、というものに気がついたのか言葉をやめ、視線を泳がせ、顔を赤くしたあと)
        …いや、クィーに限ってそりゃねーわ、あったら嬉しいけど、そうなると今度、オレ以外にもってなるから、それはアレだしさ?
        かも、しれない…割とオレに教えてくれる人たちって規格外というか、凄いの教えたりしてくるから、何ていうかこう
        自分だけの形が…どうなんだろうって、いや、勿論兄さん達の勉強はすごいぜ、アレを極めれば多分何だって出来ると思うんだけどさ
        あ、うん、その癒しのはやめとくよ、ヘタに自分に使うとどうなるかわからないし、こう種族的にな!
        (ぞぞっ、としたものを背筋に走らせ申し訳無さそうに首を振ると)
        二つ目と三つ目は結構面白いかもしれない、オレもゴーレムを扱ったりするところ結構あるしな! -- 四季 2016-06-21 (火) 01:07:07
      • ・・・にぶちん(今更ながらに赤くするさまにジト目で呟いて)オトコノコとオンナノコの淡い青春を後押しする作戦が台無しよ・・・
        でも「クィールに限ってない」は少しひどくはないかしら?・・貴方以外にも食べさせたいとそう言っていたの?

        自分本来の形を見失いかけているのね・・・(少し考える様に)更に混乱させる可能性があるけど、私の認識を言うわ・・・魔法とは魔性の法よ・・・魔性とはすなわち混沌・・・文字通りの「なんでもあり」・・
        「なんでもあり」すぎて、こうして体をもって物理の常識の中で生きる私たちには到底全容を理解しえない世界・・・だからあえて自分なりのルールを定めて「なんでもあり」に制限を加えて理解できる形に落とし込む・・・ルールがある事もまた「なんでもあり」だから
        生まれてから今に至るまでの人生の中で、貴方の中には貴方のルールが構築されている筈なの・・・もしそれを見失いかけていて、取り戻したいのなら・・・もっと外より内に目を向ける事よ・・・(それが最初に言った「貴方本来の魔法を追及させる方向」と)

        ふふ、当然よ・・・この癒しは行ってみればただ力を注いでいるだけだもの・・・(んーと考え)貴方ってなにか魔物の種族的な?
        ふふっ魔女空手は結構興味を示す人が多いわね・・・練習法は難しいけどシンプルよ・・1.口頭での詠唱を覚える、理屈より気持ちで訴えるスタイルでね?・・・2.ひたすらダンス・・肉体で自分の気持ちを表現する練習・・・3.踊りで詠唱をしてみて・・・4.よりシンプルに、扱いやすく切り詰める・・・よ
        ゴーレム・・・そういえばいつぞやの対外試合の観客席で観た気がするわね
        -- 2016-06-21 (火) 01:30:18
      • い、いやだって待てよ流石にその言いようはねーぜ!普通に考えるわけないだろ、そっちをさー!
        (も、もー!と自らの膝を叩いて抗議の声をあげると)
        …だって、そうだろ、クィーは何かほかに好きな人居そうな感じだし、あー…いや、そうじゃない……食べさせたい人のひとり、とか言ってたし、な?
        (参ったな、と頭をがりがりと掻いてから、困った風に俯いて)
        いやほら、だから奥手だし、そういうのクィーはしないだろうなって思ったわけで、悪意はないんだぜ?
        ……何でもあり、何でもあり……オレのルールで何でもありを…カレリアさん、ソレってつまり、想いが魔法を作るってこと、なのかな…
        (ゴメン、オレ馬鹿だからさぁ、と頬をかいて困った風に言いながら、視線を泳がせ始める)
        な、あはは、いや別にそういうわけじゃないんだけど、まぁ兄さん共々回復があんまり効き難いらしい、ぜ?
        (はい、そこ終わり終わり、やめー!と首を振り、さめ始めたお茶を一気に飲み干すと)
        おっと、そういうわかりやすいのはいいな。何なら詠唱の代わりに歌でも歌えばもっと威力が上がったりしてなんてな、ははっ!
        おーっ!オレのゴーレムは兄さんの特製でさ、また頼りになる相棒なんだよ、これがっ -- 四季 2016-06-21 (火) 01:46:28
      • ふむ・・・ちょっと意味深な感じが足りなかったようね・・(難しいわと唸る)
        あらそうなの?・・(貴方じゃないのかぁとそれはそれで残念そうに)ふふ、ちょっとした言葉の綾だから、あまり思い悩まないでね?(ごめんなさいねっとウィンク)

        ・・そうよ?魔法はね・・・私は・・料理や歌なんかと同じだと思っている・・ベースとして理屈やルールがあるけれど、それを表現するのに一番大事なのは使う人間の想いだって
        ゆえに・・事魔法に関しては、馬鹿も秀才もないの・・・直感、それが大事よ・・貴方が思い描いて、貴方の言葉で表した事こそが、確かな事実になるのよ

        (そう?っと頷きそういうならばそれでと治癒は切り上げる)
        「そうなる気がする」という感覚は大事よ?現に私が習っていた所では奏楽・舞踊詠唱なんて言っていたけれど・・歌や踊りを詠唱に組み込んでいたの・・・私は好きじゃなかったんだけどね?
        そう・・相棒・・・いいわねそういうの・・・あの子、名前はなんていうの?
        -- 2016-06-21 (火) 02:20:41
      • //またまたぶんつう! -- 2016-06-21 (火) 02:21:02
      • ふふ、俺を驚かせるには足りなかったみたいだな!・・・あとちょっと、直接的だったら、いや…クィーが、食べさせたい人のひとり、何ていわなかったらやばかった!
        (真っ赤な顔でテーブルに頭を突っ伏して深呼吸)
        …俺じゃないよ、そうだよ、俺じゃない…きっと俺じゃない
        (それでも、食べさせられる、の色んな意味を考えて、机に突っ伏したまま、ぐおー!と唸り声をあげると)
        やっぱり?何か馴染みがある、っていうか…カレリアさん、怒らないで聞いてください
        魔女空手なんていってるけど、カレリアさんの魔法の使い方、オレ…すごいロマンチックだと思う
        (素敵です、と薄く笑みを浮かべながら相手の言葉に微笑んだあと、えー?と雰囲気を台無しにするように首をかしげ)
        な、なんで良いじゃん!歌とか踊りとか、皆で踊って魔法を一つにする、ってすごい夢があると思うのに!?
        ……百の手、えぇっと、子供の頃読んだお話に出てくる、すごい勇敢なゴーレムの名前から、とって、百の手って呼んでます、まだ1年も一緒に居ないけど、百の手とオレは、相棒です! -- 四季 2016-06-21 (火) 02:32:34
      • ふふっその割には随分顔を真っ赤にしちゃって・・・でもどうしてそんなに頑なに自分じゃないって思うの?(唸る様にニコニコと)

        (ありがとうと微笑み)だぁって、敵は殴って倒すものだもの(あっけらかんと)
        ・・・でもそうね・・方向性が見えてきたかもしれないわ・・歌に踊り・・何より、「皆で踊って魔法を一つにする」・・それが貴方の奥義ね?
        (となれば後は実践かしらと軽く伸びをして)・・・幽界に入ってみる?

        貴方の憧れの形ね・・・名前を呼んで、相棒だと親しくしていれば、百の手も必ず貴方に応えてくれるわ(それもまた想いの力だと頷いて)
        -- 2016-06-21 (火) 06:59:38
      • ま、待つんだぜ…何だかどうしてそういう話になる、おかしい…オレはただ、魔法の話をしにきただけなのに!?
        はいもう終わり終わり!(ぶんぶんと軽く手を振り回し視線をそむけてそう言い切る逃げの姿勢を見せながら)
        んんっ…ソレが俺の形かどうかわからないけど、ソレだと個人の実力じゃなくなっちゃうからなぁ
        兄さんの所でそんな方法の魔法の記述は見た事があるんだけど…幽界?

        うん、ありがとう…まぁ、たまにコイツオレのこと無視したり、酷い扱いに怒ったりするんだよ、酷いよなぁ…自立意識は無いはず、なのにさっ -- 四季 2016-06-22 (水) 00:22:52
      • あっ逃げた・・・(しょうがないわねぇとむくれつつ)
        個人の力である必要があるの?・・それに、それは一つの極地と言うだけで歌や踊りというコンセプト自体は悪くないと思うけれど・・・
        んー・・・(ちょっと考え)異様にリアルな夢の世界・・・精神世界とか魂だけになった世界とか・・表現方法は色々だけど・・・イメージがダイレクトに反映される上に周りに被害が出ないから、魔法の練習にはもってこいなのよ

        自立した意識を設定していないのに、そのように振る舞うの?・・・(少し考え)・・ひょっとして、「そうあって欲しいな」とか考えて使ってない?
        -- 2016-06-22 (水) 00:45:46
      • 確かにオレはこの時代にお嫁さんが居れば良いなぁ、とか思って居るかも知れないけど、他にもやる事が多すぎて難しいんだぜコレが!
        (こんちくしょーとやけくそ気味に言った後で、おぉっ、と目を丸くする)
        何そのすごい空間…要するに魔法撃ち放題でイメージつかめるって、何かすごい…最高の環境な気がするんだけど……何か、危なかったりするんだよな、多分…?
        (恐る恐る伺うような視線を向ける)

        そうなったら良いな、か…確かに百の手は相棒だし、一緒に居るからそう思う事は結構ある、かも……ちょっと前にさ
        オレの深層心理を読み取って嫌な事をする、って言う訓練をしてみたんだ…その影響とかあったりするのかなぁ -- 四季 2016-06-22 (水) 00:52:40
      • ・・・・・・・・この時代?(はてと不思議そうに)
        勿論危ないわ・・貴方が何かしら・・・コンプレックスとかトラウマとか・・そういう物を抱えていたら、一回二回ならともかく何度も入るうちに無視する事ができなくなるわ・・・(だから普通はもうちょっと幼いうちにやるのだけれどと頷いて)・・指導する関係で私も入るしね・・・考えてみたら不躾だったわ(やっぱりやめておきましょうと頷く)

        貴方の願いが反映されて仮想的な人格を植え付けたというのはありそうな話ね(更に深層心理と繋がれば)
        あー・・それは影響していそうね・・・幽界での訓練以外に、自分の深層心理と繋がった仮想人格を組んで、それに魔法を指導してもらうという手法があるのだけれど・・・それに近い事が起きているのかもしれないわね
        -- 2016-06-22 (水) 01:06:21
      • まぁちょいと色々あって…リュカ兄さんの魔法で時代を飛び越えたりしててね…複雑な事情って奴さ
        (ふっ、とちょっとニヒルに笑って見せると、あまりにあってない顔を見せたまま、頷く相手に首をかしげ)
        …ふーん、カレリアさんがそういうなら構わないけど、オレは別に問題ないんだけどなぁ…一体、どんな事があるんだか……?
        (イマイチイメージがつかめないのか、んーっ、とか、んーっーー!!!って感じで唸り続け)

        うっ…じゃあそのせいで自我の欠片みたいなのが芽生えちゃってるのかもしれないのか
        嬉しいけど複雑でもあるなぁ…この先アイツどうなっちゃうんだろ……
        (ふぅ、とため息を一つつくと立ち上がり)
        よし、カレリアさん今日はどうもありがとうございました、ちょっと名残惜しいけど今日はお暇します…もし何かいい訓練方法があったら教えてください! -- 四季 2016-06-22 (水) 01:14:20
      • 時代を・・・(さらっと時間を飛び越えおる・・・)
        貴方の心にじかに触れる事になる物・・良いならいいのだけれど・・・不安とか・・・ないの?(ほぼ初対面に近いのよ?私たちと)

        どうもこうもないわよ、貴方の鏡でもある訳だから、それこそ心がけ次第ね
        百の手に話しかけてみなさい?・・・そして最初は手動でいいから返事をさせるの・・・段々貴方が操っているのか、百の手が自分から話しかけてきているのかあいまいになって、向こうから自然と話しかけてくるくらいになったら・・魔法について聞いてごらんなさい?(それがもう一つの手法であると頷いて見送った)
        -- 2016-06-22 (水) 01:23:32
  • (それはカレリアの瞬きかそれとも部屋を照らす灯りが瞬間瞬いたのか)
    (刹那生まれた暗闇が晴れればそこには暗闇と同じモノが立っていた)
    さて、扉を叩くべきかとも思ったがな…同じ魔の好だ、此度は無粋に現れさせて貰ったぞ魔女よ -- 老いた魔物 2016-06-20 (月) 23:35:02
    • (今日こそ、今日こそはと思いつつ中々会いに行けなかった人が来た!)
      (お茶を飲んでいたら不意に現れる老人・・・その前後で姿勢を乱さず)あらお爺さん?ここは貴方のお家でなくてよ?(なんて迷い込んだご老人に対するような軽口で迎える)
      (くすくすと笑いながら立ち上がるとキッチンにお茶を入れにいく)来る側はそうでも、迎える側にはやはり相応の礼儀が求められるもの・・・そのように現れられると扉も立つ瀬がありませんわ
      -- 2016-06-20 (月) 23:59:35
      • フ…瞳を瞑れば広がるソレを戸がどう阻むと言うのだ、幽界持つ者なれば瞳の内にさえも戸を立てる事も出来ようが
        どうやらそなたと縁が出来ているようなのでな…訪れた次第だ、タタラが献上した林檎に細工をしたのはそなただな
        中々愉快であったぞ(別段腹を立てて現れた訳ではない事を伝えて)…薬は別の魔女の物のようだがな -- 老いた魔物 2016-06-21 (火) 00:08:28
      • 目を開ければ見えるでしょう?(あっけらかんと)闇に親しむのもいいけれど、肉の軛も楽しむべきよ(はいっとお茶を出す)
        (くすっと笑って)あぁあれ?・・・じゃぁ貴方が件の魔王様ね?ふふっお会いできて光栄だわ・・・でも薬が効いていないと聞いた時はちょっと残念(肩をすくめる)
        えぇそうよ、私はああいうの作れないから・・・薬はレイレイ・・レイチェル・レイネスの手による物よ
        -- 2016-06-21 (火) 00:21:53
      • さて、余にとって愉しみに値するモノというのは中々に少なくてな…幸いこれはその内に入るが
        (そう言って茶を受け取れば厳かにティータイムを始める)ただの魔王なれば効く薬も在ろうがな、大魔王ともなれば極めつけ…付ける薬は無いものだ
        (冗談を言いつつもレイチェルの名が出れば納得している様子で)やはり魔というのは縁があるものだな、そうであろうとは思っていた
        他にも薬に携わる者はあれどこの時代に於いても中々の質を誇っていたからな -- 老いた魔物 2016-06-21 (火) 00:32:27
      • あらそれは良くないわ、魔王と言えど楽しめるものが少ないと呆けちゃうかもしれないもの・・・ちなみに他にはどんな楽しみがあるの?
        ・・大魔王・・・どんな物でも度を超すと良くないのかしらね(はふぅと溜息)
        お互い魔女を名乗っていれば自然と気になる・・・それどんな物かと逢いに行けば交流も生まれる・・・それこそが縁であると言えば確かにそうなのかしらね
        そして、という事は、レイレイは魔王様ともご縁があったのね・・・薬を作るのが好きだと言っていただけあって、どれもいい物ばかりよ(うんうんと)
        -- 2016-06-21 (火) 01:05:00
      • 主な愉しみは闘争と蹂躙だ、軍を率いたモノには軍を率いたなりの…個々での戦いでは個々なりの愉しみというものがある
        ヒトにとっては幸いなるかな暫くは余がそういった行いに出る事は無い、他にはそうさな…恨み辛みを喰らうのも好みだが
        (こちらに関しては全く冗談ではないのか先ほどの冗談めいた軽い口調ではなく趣味を語る方での軽い口調だ)
        惜しむらくはレイチェルが人に寄った性根であった事か、余に与するならば対価として願いを叶えたのだが
        (そんな事を語りながら暫し茶を楽しんでいった)//遅くに申し訳ない! -- 老いた魔物 2016-06-21 (火) 01:19:09
      • 楽しみなのにやる気がないだなんて・・・それもう別の趣味を探した方がいいわよ?チェスとか(うんうん頷き)
        ふふ・・そりゃそうよ・・・彼女は人よ・・人が人の為を思うのは当然の事・・・と言うか、魔女自体本来人の為の存在なのよ・・・
        //いえいえ、こっちこそどうにも返事が遅くなってしまう
        -- 2016-06-21 (火) 01:52:44
  • (カレリアお姉様、カレリアお姉様、私の声が聞こえますか……)
    (セラはとても寂しがり屋なので事あるごとに抱きしめてあげるといいですよ……)
    (あとお風呂の時には尾の辺りを丁寧に尚且つ激しく洗ってあげるととても喜びますよ……) -- ??? 2016-06-20 (月) 20:30:07
    • まじで!?・・・そう、そうだったのね・・・ふふっ大人だと思っていたけれど、結構ホームシックになっていたりするのかしら(ぶつぶつ)
      ・・・そういえばお風呂は別々に入っていたけれど・・・一緒に入った方がいいのかしら・・(戸惑う)
      -- 2016-06-20 (月) 21:02:38
      • (そうですよ、一緒に入った方がよろしいですよ絶対に……!)
        (そうすれば毎日背中流してくれるし、洗いっこもできますし豊満なおっぱいも見放題触りたい放題ですよ…) -- ??? 2016-06-20 (月) 21:08:15
      • ほうほう・・・・・・いや、別にそんな事したい訳じゃないんだけど・・・で・・なにをさせたいのよハイリエは?(ちょっと素に戻って) -- 2016-06-20 (月) 21:27:30
      • あ、バレました…?(ちょっと隠れて囁いてたハイリエさん)
        いやー、セラとカレリアお姉様が仲良くなってムフフと笑ったり、カレセラキテル…とか思ったりしたくなりまして! -- ハイリエ 2016-06-20 (月) 21:43:42
      • 貴女自分が関わらなくてもいけるタイプだったのね(くすくす)
        ふふっ今の所は友情の範囲を出ていないわ・・・あまり期待しない方がいいわよ?
        -- 2016-06-20 (月) 22:08:50
      • ええそれはもう女の子同士がイチャイチャしてるだけでイケます!!
        …冗談はさておきセラをよろしくお願いしますね!冗談じゃなくてもいいんですけど! -- ハイリエ 2016-06-20 (月) 22:31:22
      • 節操ないわねぇ(くすくすと)・・ふふっ親か何かじゃないんだから・・・まぁでも、えぇしっかり任されたわ・・ -- 2016-06-20 (月) 22:46:01
  • どうですかね。セラさんとの共同性活(誤字にあらず)は。カレリアさんも実は寂しがり屋なところあるしけっこう楽しんでそうだけど。 -- サザンカ 2016-06-20 (月) 19:57:14
    • あとこの間は依頼お疲れさま。…色々、本当にありがとね(笑顔を見せた) -- サザンカ 2016-06-20 (月) 19:57:51
      • ふふっなぁに?それ、私は寂しがり屋なんかじゃないわよ(くすくすと)
        えぇお疲れさまサザンカ・・・(そっと髪を撫でて)・・もう、大丈夫なのね?
        -- 2016-06-20 (月) 20:09:02
      • 時々カレリアさんがそう見えることがある…のは、俺の気のせいかな。まぁその様子だと、だいぶ楽しんではおられるようで。
        …ああ、俺の過去の清算は全部終わった(深くうなづいて)これからはシスターと一緒に、この街で楽しく過ごせるよ。
        …つってもそのために、もう2人くらいケツを叩かなきゃいけないやつがいるんだけどね。主に俺のダチで。女装男子仲間で。あいつら何やってんだか… -- サザンカ 2016-06-20 (月) 20:13:58
      • ふふ・・・・・実は寂しいって言ったら慰めてくれる?(なんてちょっとしおらし気な顔をして見せたり)ふふっなんて・・・まだ始まったばかりだけれどね?楽しめているわよ
        そう・・・それなら後はこれからの事ね・・・
        二人?ふふ、虎彦とファウストかしら?・・・ファウストの方は多分大丈夫よ・・・どうすればいいかは示したから
        -- 2016-06-20 (月) 20:23:37
      • 吝かじゃないね(カレリアのその様子に、肩を竦めて笑みを見せる…前の事件で、だいぶ彼の精神的な部分は成長したようで)それはよかった。セラさん美人だからね…。…決してうちに来てほしくて羨ましいとか思ってないよ?
        正解。ファウストは俺も平気だと思ってる、こないだ教会に来た時にシスターが優しく諭して元気出してたからな。あとは後ろから後押しするだけだ。
        問題はトラだ。…あいつの態度見てるとどうも意地焼けるんだよね。蹴り飛ばしてやるか…顔面を…(物騒なことを言い出す) -- サザンカ 2016-06-20 (月) 20:28:46
      • そう?なら少し甘えてみようかしら・・・(そう言うとほらほらとソファに座る様に促したり)
        ふふっ思っているくせにこの子は(つんつく)
        ・・どうかしら・・貴方はね・・あの子が欲しくてたまらなかった物を持っているのよ・・・貴方の生まれがどうであれ・・家族のいる幸福な人生ではあったでしょう?・・・多分あの子は貴方に嫉妬しているわ・・・
        -- 2016-06-20 (月) 21:00:41
      • …(よいしょ、と隣に座り)……よしよし(頭をなでなで)羨ましくなんてないですし。俺にはシスターがいるし(つんつんされてもなでなで)
        …カレリアさんの言ってることはわかるよ。でも、俺が生まれついて持ってないものをあいつだって持ってたんだ。…それが今あいつを苦しめているとしても…
        ……いや、よくないな。あいつの生まれや今の状況を頭ごなしに否定するわけじゃないさ。ただ、あいつの闇の部分も受け止めてやろうかなってだけ。友達だからね。全部吐き出させて嫌われてもそれは喜ばしいことじゃねーかな。吐き出してくれんなら。
        …親がいなくても。家族ってのは自分の努力と想い次第で作れるもんだと俺は思う…し、実践してるわけで。その辺しっかりと伝えておこうと思って。 -- サザンカ 2016-06-20 (月) 21:06:05
      • (帽子を脱いで膝枕でごろごろと)ふふっ偶にはこういうのもいいわね・・・(はふっと一息ついて)・・・あらセラフィータお帰りー(なんて嘘の呼びかけ)
        そうよ・・・私が持っている物、サザンカが持っている物、虎彦が持っている物・・・全部違うわ・・・人間なんだもの、当然よ・・・でも・・そんな当たり前の事を受け止められないのも人間なのよ・・
        ・・・結局、正しい事なんてない問題よ・・・・だから、貴方に賭けてみるわ・・・あの子の嫉妬を全部暴いて、むき出しの心で向き合って・・・真っ新にしてあげなさい・・・(頼んだわよと)
        -- 2016-06-20 (月) 21:25:25
      • (膝枕をされることは多いけどするのはほとんど初体験なので…それでもしばらくは態度も保っていたが)うえっ!?セラさんこれは違っ(と慌ててしまうあたり。これがサザンカ君の今の限界である)…カレリアさん!(ぷくー)
        ……受け止め切れないのは、弱さだよ。でも、その弱さを、他の人に頼って補える強さも、人は同時に持ってるはずなんだ。俺はそう思う。
        でもトラは頼ってない。甘えてるだけだ。だから…そうさ、カレリアさんの言う通り。あいつの嫉妬、全部受け止めてやるつもりだ。そんくらいは軽いさ。もう既に、半分くらい別の人の心を背負ってるからね。
        …結果、トラがどうなろうとも知らないし…トラなら、どうにかなるって信じてもいるから。近々、ヤキ入れて来るよ。強烈な奴でね(くすっと、悪戯をする子供のように笑った) -- サザンカ 2016-06-20 (月) 21:30:09
      • ふふっ・・・ふふふっやーい引っかかった〜(くすくすくすと子供じみた笑い・・むくれた頬をしたからちょんと突いて)はぁ・・やっぱり貴方面白いわぁ♡(きゃっきゃと笑いながら膝枕にすりすりと)
        ・・・自分の弱みを認められないからこそ、かたくなに人に頼る事を拒むのよ・・・しっかり支えて、弱さを許してあげるのが大事なのだと、私は思うわ(でもそれが出来なかったと悔やむ)
        ふふ・・「知らない」だなんて・・・本当に大事なのは真っ新にした後よ・・・貴方ならちゃんと支えてくれるって信じているからね
        -- 2016-06-20 (月) 22:02:20
      • ぐぬぬ…(やっぱりカレリアさんにはかなわないか、とため息)5歳児に大人びた振る舞いは無理だったよ…(カレリアの髪を指で梳きつつ)
        自分ができることとできないことを受け入れる事が出来なけりゃ…人として駄目さ。弱さから目を逸らしてるやつには、ちゃんと正対させてやんねーとな。
        どうかな?俺は男の世話に興味何てねーから、そここそ俺以外のトラの周りの人が支えるところだと思うけどね。…具体的には師匠二人。あの二人大人なのに役に立たねぇ!
        ま、でもカレリアさんと話してより明確に俺がどうすべきかイメージできたよ(そっとカレリアの頭を膝から下ろし…ふっと笑みを見せて)行ってくる。(迷いのない顔で、その場を立ち去る…行き先は一つだ) -- サザンカ 2016-06-20 (月) 22:07:36
      • 5歳で坊や呼びを卒業出来たのだから大したものよ(くすくす)
        その言葉・・とても残酷よ・・・弱さと向き合えなかった頃の自分に、同じことを言えるの?
        ふふっそれはよかった・・・いい大人はね?時に子供のなすがままに任せるのよ・・自分がかつてそうだったみたいにね
        サザンカ・・貴方にその気が無くても・・・戦いの果てに必ず貴方はあの坊やの支えに、その一端になるわ・・・人と人の繋がりってそういう物だから・・(見送りながら天井に向かってそう言って)
        -- 2016-06-21 (火) 00:11:32
  • ――カレリア、お前は魔女だよな?(すがたを見せるなり開口一番これである) -- キョーレン 2016-06-19 (日) 22:35:34
    • えぇ魔女よ?それがどうかして?(はてと首をかしいで) -- 2016-06-19 (日) 23:13:23
      • 単刀直入に聞くが……魔法薬の類は扱っているだろうか。あるいは扱っているところを知らないか?
        欲しいのは……一時的な魔力のブースト薬だ。 -- キョーレン 2016-06-19 (日) 23:15:31
      • あー・・昔持ってたわねぇそれ・・・使わないからエンドゥにあげちゃったけど・・・(あの時の薬草依頼、キョーレンも受けていたわよねと頷いて)
        それ以外となると・・(レイレイもルウジーも今は閉店中・・)・・・心当たりとして挙げられるのは・・リュカアールの所かしら・・・でもどうして急に?
        -- 2016-06-19 (日) 23:25:33
      • リュカとアール、なるほど、やはりカレリアは頼りになるな。(笑みを見せてありがとう、と頭を下げた)
        近々なかなかデカい討伐案件が入りそうでな。なにしろそのままだったら1000年眠ってる化け物をわざわざ叩き起こすんだ。備えは多いに越したことはない。 -- キョーレン 2016-06-19 (日) 23:36:02
      • その二人が持ってるって確証がないのがネックね・・・いや、アールなら確実にもってそうね
        あら奇遇ね?その案件、私も乗るかもしれないわ・・・というか、最近私の周り、その話題で持ち切りな気がするのよ(くすくすと笑って)
        -- 2016-06-19 (日) 23:41:56
      • それでも十分だ。俺ではみちしるべもなかったところだからな
        カレリアもか……。そいつは頼りになりそうだ。というか、あれだな。俺が乗るというか気づくのが遅かったんだな。……当事者の一人はミスコンで採点したくらいの縁しかないんだが、アレだよ
        ファウストの料理が食べられないのは俺には死活問題だし、それ以上にダチがあんな顔をしているのを放っておけるものか。 -- キョーレン 2016-06-19 (日) 23:54:38
      • でも気をつけなさい?急激に着けた力に戸惑っている内にやられましたなんて私はいやよ?
        あら貴方ミスコンの審査をしていたの?ふふっ可愛い子ばかりだったみたいね?
        ・・・私はどちらかと言うとレイレイの方の縁ね・・・私は勝手に妹分の様に思っていたから・・あんな風にした全部をぶっ飛ばさずにはいられなくってね(てへっと笑って)
        -- 2016-06-20 (月) 00:03:24
      • なあにそんな無様は晒さんよ。俺は自分が何のためにその戦場に立つのか、きちんと弁えているつもりだ。
        都合がつくならあの手の催しには可能な限り参加する主義でな。楽しかったぞ。カレリアも出場すればよかったのに。
        尊い心意気だ。その心意気がいくつも集まって、二人の助けになる。カレリアは何度も一緒に冒険に出てたんだ。俺の戦力は分かってくれるはずだ。頼りにしてくれていいぞ? -- キョーレン 2016-06-20 (月) 00:20:44
      • んーアピールって私のキャラじゃないのよね?・・・まぁ単純にこれっていうのが思いつかなかったんだけれど
        ふふっそうねそうだった・・・(香辛料魔術の件、戦いの後最後まで警戒を怠らなかった姿を思い出す)・・・戦力としてだけじゃない、貴方は自分の為すべき事が分かっている、頼りになる人だったわ・・・だから今回もね(うんと頷いて)
        -- 2016-06-20 (月) 00:33:41
      • なんでか分からんが、カレリアはこう、傅かせる系のアピールが似合うと思うんだよなあ……。(以前発情薬の時の記憶が自覚できない程度にあるらしい)
        …自分で言っておいて相当なんだが、カレリアから言われると照れるな……、(ちょっと目を逸らしながら頬をかく) -- キョーレン 2016-06-20 (月) 00:39:08
      • (まぁ♡と笑って)ふふ・・そういうのって難しいのよ?加減を謝るとただの暴力だから・・(うんうんと頷いて否定はしない)
        ふふっ照れちゃって可愛い(くすくす笑いつつ突っつく)・・・でも嘘は言っていないわ・・ふふ、今回も脇役だけれど・・・やってやりましょうね
        -- 2016-06-20 (月) 00:49:45
      • 否定しないんだ……。(つっつかれる。別にほっぺは柔らかくない)
        ああ。俺たちには俺たちの時代の業がある。古い呪いなぞ物の数ではないと、昔の高慢な魔術師どもに思い知らせてやろう。それじゃあ、また近いうちに来るよ。(ありがとう、と片手を挙げて、また街へと戻っていった) -- キョーレン 2016-06-20 (月) 00:57:23
      • 否定しない(てへっと笑って)
        そういう事ね・・・えぇ、それではまた(しかと手を振り見送った)
        -- 2016-06-20 (月) 07:17:14
  • よう!助けてくれてありがとうな(依頼の件だ) 持つべきものは冒険仲間!あと、コレ返すの忘れてた(悪い。と言いながら日傘を返す) -- エール・バスペイル 2016-06-19 (日) 21:09:48
    • あらエールふふっ大層拝まれていたわね『救世の光』さん?(くすくすと笑いながら受け取って)
      あれってどういうカラクリ?
      -- 2016-06-19 (日) 21:19:46
      • こう、背負うように持てばホトケとやらに見えるかな?(日傘を開き柄を肩に背負えば傘の描く円が仏像の光背のように)
        日光の精霊に武器になってもらった。そのために日中に日光の精霊と仲良くなって夜まで地上に残ってもらう必要が有ったんだが、夜の世界は日光の精霊にとっても息を止めて潜る水中みたいなもんでな。身を潜め、息継ぎをするための依り代が必要だった。日光と馴染み深く名前にも日の文字が入る日傘は適任だったんだ -- エール・バスペイル 2016-06-19 (日) 21:24:57
      • ふふっ後光が差しているわ(くすくす)
        なるほど・・・精霊を留める依代・・・(日傘を触媒にしたかと頷いて)呪物をキチンと揃えればとても応用の効きそうな力・・・・ふふっごめんなさいね、ちょっと見た目によらずとか思っちゃった
        -- 2016-06-19 (日) 21:35:00
      • 実際、開くと陽光が溢れる傘になっちまってたんだが… それだと本来の用途に使えないからな。精霊は解放してある(はい。と傘を閉じて渡す)
        使い方次第、だな(漏れた笑みに片頬で微笑み) 精霊魔法あってのエルフ抜刀術だ。魔法一本でやってるやつには敵わんが、剣士も全員それなりの使い手なんだぜ? -- エール・バスペイル 2016-06-19 (日) 21:42:47
      • ふふっ助かるわ・・・光ったんじゃ日傘とは使えないもの
        エルフ抜刀術・・・(なんだか自分の魔女空手に通じる素敵語感だ)貴方の体格なら、並の魔法使いどころか剣士でも歯が立たなそうね?(なんだかすごそうだと笑って)
        -- 2016-06-19 (日) 22:21:09
      • さしてると日焼けする傘じゃなぁ(光の精霊でなく陽光の精霊なので紫外線もバッチリ)
        先達に言わせりゃ、エルフ抜刀術に体格膂力は関係ないらしいが… 俺はいまのとこそれ頼りだな。いつか、そうした高みに上り詰めたいもんだ -- エール・バスペイル 2016-06-19 (日) 22:55:28
      • でしょう?(わらいながら)あぁでも何かに使えそうな感じはするわね?光る傘って
        そうなの?・・・込めた精霊にゆだねる感じかしら・・・聞きそびれる所だった、ちなみに、エルフ抜刀術ってどんな術なの?
        -- 2016-06-19 (日) 23:12:50
      • 威力を増すために精霊の力を借りることも多いが、放たれる一閃を必殺のものに高めるため精霊の力を借りるなら…それは何であれ「エルフ抜刀術」と言えるな
        用途を限定した精霊魔法と人より鋭い耳目に裏打ちされ磨かれた抜刀術とのミキシングというか…なんかそんなのだ -- 2016-06-19 (日) 23:36:16
      • ふぅん・・・精霊との交渉の結果得られる力が、抜刀術の威力にそのまま反映されるのなら、確かにその奥義は膂力によらない所にあるわね(うんうんと頷き)
        ふふ、絆の深さが力になるという意味でなら、私のゴーレム術にも通じる物があるわね・・・
        -- 2016-06-19 (日) 23:55:18
      • 一刀を必殺に高めるのは何も剣そのものの威力だけじゃないさ。たとえば素早い相手の足を封じる、硬い装甲を剥ぐ、目を晦ませる…
        『必殺たりえる時と場所に切っ先を導く』そのために精霊の力さえ借りるのがエルフ抜刀術の真髄。…なんて先人は言うけどな。俺はまだその域には達していないな
        おっと、ニンジャやしらたまにも礼を言いに行くんだった(思い出した。と) すまん。ゴーレム術とやらは気になるんで今度ぜひ話を聞かせてくれ(じゃあな。と言い残してばたばた帰っていくのだった) -- エール・バスペイル 2016-06-20 (月) 00:07:56
      • 精霊の力を、ではなく精霊の力さえも、なのね・・派手な所に目を向けていたら足元をすくわれそうな雰囲気があるわ
        ばくだんゴーレムの件ね・・あれもなかなか楽しかったわ・・・えぇ、それじゃぁまたね?(手を振って見送った)
        -- 2016-06-20 (月) 00:36:37
  • カレリア様…カレリア様…いらっしゃいますか?(コンコンとノックして) -- セラフィータ 2016-06-19 (日) 20:09:14
    • あらセラフィータ? -- カレリア 2016-06-19 (日) 20:25:34
      • (めっちゃ焦って適当に打ち込んだのだった・・・戸を開けて出迎える)どうかした? -- 2016-06-19 (日) 20:26:21
      • はい…えっとその…カレリア様ならご説明の手間はさほどかからないと思いますがその…
        今月の居候を…お願いできないかと思いまして…! -- セラフィータ 2016-06-19 (日) 20:32:38
      • おっけー!(二つ返事のウィンクだ)ふふっ私の所に来てくれるなんて嬉しいわ・・・なにか必要な物はあったりする? -- 2016-06-19 (日) 20:42:34
      • 30分で帰るというので急いでお返事してくださったカレリア様の優しさと2つ返事でOKしてくださる優しさ…(少しほろりとする)
        あ、えっと必要なものなどはありませんが…今月はすでに1日たっていて…普段より少し短いことになりますが…
        (毎日コメント欄に訪れる方式と、同居欄を設置する方式のどちらかを選んでいただければ…) -- セラフィータ 2016-06-19 (日) 20:45:24
      • 逃がすまいと焦っただけよ!(えっへん)
        なぁに、今話しているからその分も含めれば対して変わらないわ・・・それに昨日だったら多分反応できなかったしね?(幸運と言っていいわと笑って)
        (同居欄追加にしようかなー)
        -- 2016-06-19 (日) 20:59:14
      • でしたか…では…それでは早速…すぐ、用意して戻ってきますね!…では…11月の間…
        よろしくおねがいしますねカレリア様…(一旦戻りますーっと帰っていく) -- セラフィータ 2016-06-19 (日) 21:03:33
  • 今日は、いつぞやの魔女さん 景気はどうだい? -- 落蘇 2016-06-19 (日) 18:24:33
    • あら落蘇、うーん・・まぁまぁね?私に関しては良くもなく悪くもなくといった所よ -- 2016-06-19 (日) 18:33:12
      • 無難が一番だねぇ まあ世間話は置いといて…(少し神妙な目つきになり)
        あんたは結構交流広いみたいだね 俺の知り合いの所でもよく見かけたよ レクトールのおっさんと…レイレイさん所だ
        結構な力のあるあんたの見立てではどうだ? あれはどうにかなるようなもんなのかね? -- 落蘇 2016-06-19 (日) 19:30:52
      • ・・・正直、自分が目のいい方じゃないのがこれほど悔しい事はないわ・・・
        レクトールが何を抱えているのか・・・それはまだ分からないからここではおいておくけれど(この質問はむしろレイレイに向けられた物か)
        ・・・対処を考える時はまず現状の把握からね・・・今のレイレイは脳が損傷した上に1,000年後までは絶対に目覚めない・・・1,000年後にはカースゴーレムも目覚める・・・レイレイの両親はカースゴーレムを倒す為にレイレイを作ったから、彼女がその任を放棄する事を許さないであろうという事
        ・・・私としては、レイレイには起きて、この時代で生きて欲しい・・カースゴーレムなんて旧時代の老害にはとっとと退場して欲しい、レイレイの両親はぶちのめす・・が理想・・・その上でどうするかね・・
        1つ、彼女の治癒方法を見つける・・・2つ、彼女とゴーレムの抱えた1000年って時間をどうにか誤魔化す方法を考える・・・3つ、レイレイが従わされている原因であるレイシーの子供と父親を保護する・・・4つ、ゴーレムをリンチできる戦力をそろえる・・・こんな所かしら
        ・・・で、残念だけれど・・現状ではどうしたらいいかは分からないわ・・・腕っぷしだけで片が付く3と4は楽なのだけれど(そう結論付ける)
        -- 2016-06-19 (日) 20:01:30
      • 彼女はそのゴーレムと戦う為に生まれたとは聞いた …本人の意思は知らんが
        んじゃそのゴーレムを倒したらいい 根本はそのゴーレムを退治することなんだろ? 倒すために眠りについたのならそいつが倒れれば自動的に眼が覚めるとか都合のいいことは起きないもんかな -- 落蘇 2016-06-19 (日) 20:49:58
      • 私もその結論よ、立ちふさがるものは全部叩きのめす・・・問題は奴をどうやって舞台に引きずり戻すかなのよ・・・
        話ではどうも次元の牢屋だかに入れられて千年時間が止まるのだったかしら?(うろ覚え)
        牢屋なら鍵があるわ・・・脱獄させる手段もある筈・・・そしてその牢屋の構造について、いまこの街で一番詳しいのは・・・ネネ・・・レイン・レイネスね・・・
        ‥‥とは言っても、ゴーレムの目覚めにレイレイが反応するかは正直分からないわね・・・牢屋を使った代償として1,000年分の自分の可能性を使ったのなら、それらを全部返上しないといけないもの・・・起きてしまった事を返上するってそれはそれでエネルギーがいる事よ?
        -- 2016-06-19 (日) 21:07:21
      • 敵を引きずり出すには高い代償が必要か…それであの店主さんがちゃんと目覚めたり納得できたりするのも疑わしい と
        別次元とか来られたらもう俺はお手上げだな その牢屋の時間だけ進ませたりするような術なんてありゃいいんだが…時間などに精通してるようなモンは俺は知らんな
        自分としちゃそういうのは無理…やはり本人に起きてもらうのが一番か そのゴーレムが目覚めたら店主さんも目覚めるんだろ? なら脳に何かの信号が送られるんじゃないのか?
        それと似たような信号を作る…とかは難しいかな むしろ似たような厄介なもん出現させてもそれはそれで問題か -- 落蘇 2016-06-19 (日) 21:12:47
      • ・・・面白い発想ね・・・てっきり目覚ましの時間を揃えて寝ただけ位の感覚だったのだけれど・・・(そういう仕掛けなのかしらんと小首をかしぐ)
        ・・・なにを実行するにしろ、レイレイの脳を直しているのがレインで、あるかもしれない信号の詳細を知っているのも彼女なら、彼女から聞き出さない事には進められないわね・・・(うぅんとうなる)
        -- 2016-06-19 (日) 21:26:42
      • うぅんそうか ゴーレムが目覚めのスイッチみたいな役割で、それらの気を感じとり目覚めるのかと思ったんだがね
        …そうだな やはりここであれこれ考えても詮無いことか いやはや眠りに囚われた姫を目覚めさせるなんて、本来王子様の役割だろうに
        俺は店主さんの私生活まで聞いたことないから知らんが、あんたはどうだい魔女さん それらしい人物知らないかい? -- 落蘇 2016-06-19 (日) 21:30:07
      • (うんうんと頷いてから楽しむ様に笑って)いるわよぉ・・あの子もなかなか、隅に置けなくてね?
        ファウスト・・・料理屋の若いコックといい雰囲気だったし・・・私も、貴方と同じような事を思ってその子を使おうと思っていたのだけれど・・・(肩を落とす)結局は上手くいかずにレイレイはああなったわ・・・人を使うのは難しいわね・・
        でもああなった遠因があの坊やなら、それを解決する遠因となるのもあの坊やの筈・・私はそう信じているわ
        -- 2016-06-19 (日) 21:50:42
      • お、マジかい 冗談半分で言ってみたがなるほど確かに隅には置けんな しかもあのコックか(あいつかーと以前食べたティラミスを思い出す)
        しかしそうか…そいつが遠因か そりゃお互い気の毒にな(少し視線を落とし)深く関わった分、影響は格段に大きかったんだろう
        おれもそうなってくれると喜ばしい 現状どうにもならんしね あのコックさんには一つ頑張って貰おうか その方が目覚めた時の喜びも大きいだろう まさに物語のようなハッピーエンドだ
        じゃあそろそろ俺は帰るよ 何か経過があったら教えてくれ それじゃあね(袖をヒラヒラと振って帰っていった) -- 落蘇 2016-06-19 (日) 22:01:12
      • ふふっ・・レイレイは自罰意識が強すぎてああなった所があるわ・・縛るのが人の心なのであれば、それを紐解くのも人の心、冗談ではなく、愛の力ってのはある物なのよ
        やるわよあの子は・・・やってくれないと困る・・・上手くこの物語の鍵になってくれれば・・・後は悪い奴を全部倒してスタッフロールよ(にっと)
        えぇそれじゃぁね・・・経過は割と早くわかるかも・・・
        -- 2016-06-19 (日) 22:33:25
  • (うらぶれた場末の路地裏に日陰者たちの人だかりが出来ていた 怒りと絶望に歪んだ幾多の顔の渦の真ん中には薄汚れた少年の姿がある)
    (代わる代わる降りそそぐ拳に殴打され、そのたびに野卑な喝采を耳にする 唾を吐きかけられ、襟首を締め上げられて、尚もなすがままになって) -- ファウスト 2016-06-18 (土) 21:50:38
    • (少し冷めた目でその光景を見る・・外した矢弾の末路などこんなものかと・・・だがそれは自分が放った矢でもある・・・責任は自分にもあった)
      (衛兵を呼び、日陰者たちを蹴散らさせ、混乱に乗じて少年を掻っ攫った、お姫様抱っこと飛蝗のごとき跳躍力で空を駆ける)・・・しっかりしなさいな
      -- 2016-06-18 (土) 22:47:53
      • (何度目かの殴打 眩んだ視界に星が散って、受け身さえとらずにしたたかに背中を打つ その後に浮遊感があって、頬に冷たい風を感じた)
        ………ぅ……(身体じゅうが痛みを訴えていた 風切音に混じって聞こえた声は凛として涼しく、薄く目を開ける)………姐さん…… -- ファウスト 2016-06-18 (土) 23:01:37
      • (さてさてどんな風に苛めてやろうか)・・・なんて顔しているのよ・・(そんな考えは長くは続かない・・最近、自分が優しさを通り越して甘くなっているような気がする)
        (そんな風に考えながらベランダにふわりと降り立ち、自室に入る)ほら・・シャワーかしてあげるから、まずはその情けない顔を洗ってきなさい(ぺいっと男物のシャツを投げ渡して)
        -- 2016-06-19 (日) 01:35:59
      • …………ここ……は………(魔女カレリアが根城にしている仮の宿か何かだ 現実感がないまま立ち尽くしていると、まっさらなシャツが顔にかぶさる)
        (どうしてこんなものが、と不思議に思いながらシャワールームへと追い立てられる ほどなく水の音がして、おさげの三つ編みを解いた金の髪の少年が出てきた)
        ……………………(打ち身になった場所が赤く腫れ、口の端の切り傷から赤い血潮が滲んでいる どす黒く濁った瞳を伏せ、軽く頭を下げてそのまま出て行こうとする) -- ファウスト 2016-06-19 (日) 18:29:46
      • (彼がシャワーを浴びている間に治療の準備をして)・・ちょっと、ちょっとどこ行く気よ!(ぎゅるんと触手の様に伸びた髪がファウストを絡めとって引き寄せる)
        そんな恰好で出て行ったら風邪ひくわよ・・服は洗っておいてあげるから今日は泊まって行きなさい(怪我の治療をしようとしながら)
        ・・・それで?・・貴方には頼んだことがあったわよね?・・・報告がまだなんだけど?
        -- 2016-06-19 (日) 18:45:24
      • (糸の絡まった操り人形みたいに引きずられていく)………っ…なんだよ! ほっといてくれよ……あんたには―――(関係のないことだろうか)
        (かつてのレイチェル・レイネスが頼りにしていたこの魔女は全てを知らなければならないのではないか 顔に迷いが表れて、逃げ出す算段を一旦捨てることにする)
        失敗した 喧嘩して、あいつは遠くに行っちまった(抑揚のない声で淡々と、破滅的な結末を語る)俺は…モノの味がわからなくなった 料理人も廃業だ ペレグリーニは俺の代で終わる -- ファウスト 2016-06-19 (日) 19:01:41
      • (こりゃ重症だわと思いつつ)漸く意思のありそうな事を言い出したわね・・(関係あるかないかには取り合わず)
        (治療を終えるとコーヒーを入れる、インスタントだがかき混ぜながらほんのり魔力をこめる・・・飲むと芯まで暖まる温もりの魔力だ)
        ・・・その説明では不十分ね・・・どうして喧嘩したの、何を言ったの・・・そして彼女が戦ってる間、どこにいたの・・・この件と貴方の舌の問題には何か関りがあるの?
        -- 2016-06-19 (日) 19:20:29
      • (味覚をなくしたこの身にとって、その一杯は香りのついたどす黒い熱湯にすぎない けれど、温もりは身体に染みて)あいつの決意を変えたくて、痛いところを突いてみることにした
        すぐに怒りだしたよ うまく行ってると思ってた…理由をつけて取り繕ったりしない本当の声を……聞けた気がした、手応えがあったんだ!
        俺はあいつの両親を詰った それでもあいつは親をかばった 信じられないだろ…? ……それで、言っちまったんだよ 娘に指図して、人殺しまでさせたって…
        ……その一言がとどめになった たぶん、それからすぐのことだ…いつ戦ってたのかさえ知らなかった(小さく首を振る)味覚のことは俺ひとりの問題だ 誰も関係ない…誰のせいでもない -- ファウスト 2016-06-19 (日) 19:37:19
      • ・・・(ふぅと溜息をつく)・・・貴方を信用して、託したと思っていたけれど・・・・・・本当は、何もかも押し付けてしまっていたのね・・(それは子供には荷が重すぎたかと悔いるもの・・・そして)
        ・・・そして見誤ったわ・・そう、そうよね・・・魔女とはいえ、まだ16の子供だもの・・・人殺しを気にしていない筈がなかったんだわ・・・(それなりに長く冒険者をしていた自分の倫理観とのずれに気づかなかった事を悔いるものだ)
        ・・・私と話していた時は、両親への義理よりレイシーの子供を案じていたけれど・・・・心というのは一枚岩じゃない物ね・・どれだけ最低だと分かっていても、愛してしまうのかもしれない(首を振り・・・少し考えるように)
        (舌の方は、時期の一致具合からなんとなく察する物があった)でもファウスト・・・分からないのは貴方の事よ・・・どうしてレイレイが遠くに行ってしまっただなんていうの?・・あの子は今もあの店にいるのよ?
        -- 2016-06-19 (日) 20:16:44
      • どうかな…俺はあいつを信じなかったし、あいつは俺を信じなかった 全部ぶちまけさせればどうにかなると思ってた……それも甘かった
        俺だってこの世界をはるばる半周してくる間、誰ひとりとして傷つけなかった訳じゃない とはいえ、カヴァリエーレは殺しはしない…人殺しをどう思うかってのは、生まれや育ちも関係するもんだ
        あいつは逃れられない罪があることを気づかされた様な顔をした こんな結末にさえならなければ……それだってどうにかなったさ いずれ向き合うことになったんだからな
        ……わからないか? 簡単なことだ 俺は物事を好き勝手に捻じ曲げられる様なまじない師じゃない だから100年足らずでくたばっちまうだろう どんなに歩き続けたって、俺は……その場所にたどり着けない -- ファウスト 2016-06-19 (日) 20:37:58
      • ・・・それは高潔です事・・(その高潔さが彼女を傷つける一端だったのではないか・・・)
        ・・前から思ってたんだけど・・・・・・・・貴方って情熱的だけれど・・結構自分本位な所あるわよね(押しつけがましい説得、オブラートに包まない言動、精神的ショックからであろう味覚の消失に自罰行為染みた喧嘩)
        (立ち上がる、肩をしっかりと掴み覗き込む様に)貴方こそ分からないの?・・・あの子は1000年止まるけど、貴方には数十年かの時間があるのよ?・・・どうして魔法を得ようとしないの?・・どうして何とかできる人を探そうとしないの?・・・この時代に呼び戻す術が本当にないのか一生かけてでも探す気概はないの?
        ・・・・・・今の状況に、本当に酔っているのは誰なの?
        -- 2016-06-19 (日) 20:57:00
      • 俺たちは毎日何かを食って生きている…食うために殺しをやってる 殺したものは残さずに食わなきゃならない それが道理だ 潔癖だからそうしてるわけじゃない…
        ……姐さんが言うことなら間違いない その通りだ、返す言葉もない……(彼女の破滅を招いた致命的な原因のひとつでもある その事実は数えきれない煩悶を生んでいた)
        飯を作ることが喜びだった! 誰かを幸せな気分にさせられたら、それ以上の喜びはなかった…料理は俺の全てだった 俺だけはいつまでも変わらずにいられると一度は信じた、でも!!
        ………魔法……俺にできるのは飯を作るための魔術だけだ 使い道は限られて―――(言いかけて、少し奇妙な顔をして考え込む) -- ファウスト 2016-06-19 (日) 21:24:33
      • レイレイの殺しはその道理にそっていた?・・・私はそうは思わない・・・・・そんな子にかける言葉として、適切だったかしら・・・
        ・・・話が逸れているわよ・・貴方のこれまでの事なんて聞いてないのよ・・・これからどうするかで、その為に貴方は(またあの店にと続けようとした所で異変に気付く)
        ・・・どうしたのよ?急に考え込んで・・
        -- 2016-06-19 (日) 21:44:24
      • まる二日かかる煮込みを数秒で終わらせるやつがある 鍋の中だけ、単純計算で時間を100000倍に早められる 当然、その逆もあるんだ どこまで早められるか試した事もないけど
        調理魔術の中でも、ペレグリーニの料理人が先祖代々得意にしてきたやつだ カヴァリエーレの中には全く使えないやつもいるけど、俺たち以上に適性のある一族はいなかった
        たとえば、二日の煮込みの術式をさらに四倍早めたらどうなる? 計算上……1000年の月日をたった一日に縮められるんじゃないか 四十倍で数時間、四百倍でいくつだ…?
        でも、あんな状態で本当に1000年持つのか? あいつはただ眠ってるだけにも見えた…外傷もなかったしさ そのへん、何か知らないか… -- ファウスト 2016-06-19 (日) 22:06:37
      • 10万・・・?(桁違いの単位に目を丸くする・・・いた・・いたのだ、こんな所にネックとなる時間の解決者が)
        持つ・・・レイレイが千年分の可能性を使い切って、その為に眠りについたのなら、逆に言えば千年は確実に持つわ・・・
        少なくともネネ・・あれに残された、監視者とは別の存在・・・レイン・レイネスなら、確実に持たせてくれる筈よ・・・詳しい事はあの子に聞いてごらんなさい?多分だけど、今なら監視者の心配もないわ・・
        -- 2016-06-19 (日) 22:16:46
      • いつも使ってるのは、ほんの数秒の間だけだ…いつも疲れを感じることさえないくらい早く終わってる 連続使用の限界がどこにあるかもわからない
        大鍋よりでっかい対象に使ったこともない…けど、レイレイならだいたい同じサイズか? 1000年経ったあとで魔女のばあさんみたいになったりしないだろうな…
        レイン・レイネスは悪魔の親玉だろ 事の発端になった魔女だ 信用していいのか?……いや、聞き方が違うな 姐さんははどうして信用したんだ? -- ファウスト 2016-06-19 (日) 22:31:33
      • それでも、可能性があるのなら無駄にはしない事よ・・・
        本当に悪いのは彼女の子孫でレイレイの両親よ・・レインは子供の育て方を間違っただけ・・・
        ・・・どうしてか・・か・・・一つは、疑いだすとキリがない事ね・・・嘘に嘘を重ねれば確実にほころびが生まれる・・・そういうほころびを、彼女の説明から感じなかった・・アレが全部私を嵌める嘘だっていうなら相当の策士よ・・・そして策に嵌るまいと頑なになればなるほど何もできなくなる・・どこかで踏ん切りをつけて信じるしかないのよ
        二つ目は勘よ・・あの時あった監視者やレイレイの話に出てくる両親は、有利な立場から人を見下す事はあっても、糾弾の場に現れて下手に出るなんて事は絶対にしない・・そういう気位の高さがあったのに・・レインにはそれが無いのよ・・・
        三つめは・・何より、レイレイがああなってからもうひと月以上も経つのに、いまだにあの場所にとどまっている事よ・・・本当に私たちを諦めさせたいのならまどろっこしい事はしないであの子の死体を用意するとか・・・すべては解決して実家に帰ったとか適当な事を言って姿をくらませてしまえばいいし説明役なんて必要ないのよ・・・情報を与えなきゃ探す事も出来ないんだから
        なのにしっかりあの場に残して、状況まで説明している・・・少なくとも、私たちが敵と見据えるレイネスとは別の意志が介在している・・・そう考えるべきよ
        -- 2016-06-19 (日) 23:03:58
      • レイネスの魔術師どもにとって俺たちは路傍の小石以下の存在だ ミスリードさせる意味すらないってのはたしかに…
        けど、当たりは相当きつかったぜ 俺には何もできないと断言されたし、追い払われてそれっきりだ 状況の説明はあったけど、あいつがどうしてたとか…そんな話はしてくれなかった
        理由はたぶん……俺がとどめになったからじゃねーかな(真っ先に浮かぶ心当たりを挙げて)それでも店にとどまってるのは…レイン・レイネスも丸く収まるのを望んでるってことか
        もう一度会いに行く必要がありそうだ Grazie、シニョリーナ・カレリア 少なくとも次にすべき事は見つかった 世の中じゃそれを「希望」って呼んでるんだぜ
        ………ところで……ちょっと休んでも…?(気持ちの整理がつくと泥のような疲労感に襲われ、備え付けの長椅子にのびてすぐに眠りに落ちた) -- ファウスト 2016-06-19 (日) 23:39:57
      • それでも・・飛んでくる石に当たればただじゃ済まないこともある・・それを奴らに知らしめるチャンスよ
        分かってるじゃない・・今は猫だけど・・・あの子だって人間よ・・酷い事を言われれば傷つく・・・それをちゃんとわかって、誠意をもって話すことね・・
        良かったわ、少なくとも折れてはいなかったようで(完全に調子の戻っていそうな姿にホッとして・・・えぇどうぞと言う間もなく伸びてぐっすりする様には)・・・もう・・(仕方がないなと微笑みそっと髪を撫でたのだとか)

        ・・・あぁいけないいけない、洗濯しとかないと・・・(綺麗にしておきました、明日の朝には着れるでしょう)
        -- 2016-06-19 (日) 23:47:26
  • 喜びロダ:086703.mp3 -- メイ 2016-06-18 (土) 23:54:35
    • お疲れさま、響きとしてはポセイドンよりウンディーネの方が好きね・・・響きに雅やかさがあるわ(うんうんと)
      その様ね・・・ふふっなんだか唯の魔法剣とは違った趣を感じるわ・・・何かしらの伝説でも持った武器なのかしら・・
      -- 2016-06-19 (日) 01:46:57
      • 疑問ロダ:086720.mp3 -- メイ 2016-06-19 (日) 16:41:35
      • ウンディーネが3体でポセイドンか・・ふふ、なかなか大きく出たわね
        研究の対象だったのか研究によって生まれた物なのか・・・何にせよ貴女にあっているようだし、いい拾い物をしたわね
        -- 2016-06-19 (日) 16:57:27
      • 控えめ挨拶ロダ:086722.mp3 -- メイ 2016-06-19 (日) 18:18:43
      • 3倍じゃないの?(顕在できる威力には限度があるのか・・・はたまた単純に技術力の問題か・・)
        ふふ、えぇそれじゃぁまた・・・(見送った)
        -- 2016-06-19 (日) 18:32:08
  • お疲れ様です!依頼惜しかったですねー(なんとなく帰り道に声かけるうさぎ)
    (切り裂いたイノシシ肉を焼いたの食べてるちびうさぎ) -- アリス&(・x・) 2016-06-18 (土) 22:55:24
    • 本当よ、いい具合に決まっててあとちょっとだったのに(ぶつくさ・・ふと目に入るイノシシ肉)・・おいしい?それ(欲しそうな顔) -- 2016-06-18 (土) 22:57:41
      • かなりいい感じに切り裂いたんですけどねー、まあ傷が深いので暫くは大丈夫でしょう!
        ん(食べさしじゃない肉を差し出す、塩コショウで焼いただけのシンプルな肉) -- アリス&(・x・) 2016-06-18 (土) 23:02:05
      • 負傷した事で更に狂暴化してないといいけれど・・・次は確実に仕留めないと
        (うけとり、もぐもぐ)あら美味しい・・・歯ごたえあるわね・・・(ねーっとちびうさぎにも笑いかけて)この子達って、貴女の何なの?(はてと)
        -- 2016-06-19 (日) 01:40:50
      • その可能性は考えてませんでした!でも結構深く抉ったので大丈夫かなと
        んふー(満足そうなちびうさぎ)これは一応妹分?ですね、海で日焼けして綺麗に脱皮できたのでその皮膚のリサイクルです!(さらっと酷いことを言う)
        まあ作ったのは私じゃなくおねえちゃんですが! -- アリス&(・x・) 2016-06-19 (日) 01:45:51
      • まぁ今回の傷が元でぽっくり逝ってくれるのが一番いいんだけれどね?(その方が可能性的には高いかしらと)
        「一応」?(なにそれって顔)まって・・・ねぇ待って・・・脱皮をする人はまぁ稀にいるとして・・普通の人はその皮をリサイクルして別の生命を生み出したりはしないわ・・・貴女のお姉さんってどんな人なのよ
        -- 2016-06-19 (日) 01:53:50
      • あのサイズを維持する食料を考えるとそのまま死ぬ可能性もあるかもですねぇ
        おねえちゃんは、んー?海賊?ですかねぇ?割となんでもできちゃう人ですが、私自身半分魔法生物みたいなものなのであまり差はありません
        (いつの間にか肉を食べつくしてる小さい兎) -- アリス&(・x・) 2016-06-19 (日) 01:57:17
      • そうだといいけれど・・・(あの巨体だからこそ多少食わずとも生きながらえるのでは・・・だがこの思考はいくら重ねても栓の無い事だ)まぁ出てきたら叩くという事で(うんうん)
        海賊?・・・あー・・なるほど貴女からして普通じゃなくて、それが分裂しているのね・・・(ファジーねぇと笑いつつしっかり食べつくしてるちびうさぎには微笑まし気に)
        成長期かしら?(食べる?と携帯食料を渡したり)
        -- 2016-06-19 (日) 02:16:04
      • ですねー、また出たらその時に対処する!それしかないですからー
        そんな感じです、一応パパが作った最新作、となってるのが私です
        みゃうみゃう(お辞儀してから受け取ってばくばく食べ始める)んー、成長するかどうかも怪しいんですが…… -- アリス&(・x・) 2016-06-19 (日) 02:21:26
      • ふぅん・・お父様にお姉さんに・・・なんだか兄弟が沢山いそうな雰囲気を感じるわ(うんうん)
        妖しいの?食べた分だけ大きくなるかと思ったのだけれど・・(ある程度固定化されているのねと感心したように)
        -- 2016-06-19 (日) 02:33:39
      • 家族は多いです!おねえちゃんおにいちゃんだけで両手で足りないぐらいに!まあ滅多に会えないですが
        リサイクルですしねー、かなり食べるけど燃費もあまりよくないかもです(あっという間に食べ終えて満足そうなちびうさぎ) -- アリス&(・x・) 2016-06-19 (日) 02:40:20
      • めったに会えなくても、偶には会えるのでしょう?・・ふふっどんな子がいるのかしら
        あくまで副産物的な物という事かしら・・・それはそれで物悲しいわね・・(はや!?って顔で見てる)//寝落ちました・・すみませぬぶんつうで!
        -- 2016-06-19 (日) 04:02:07
      • 海賊だったり女医?だったり色々ですね、パパは、多分研究者?です?(把握し切れてない様子)
        勿体無かったので、と言えばそうですが、こんな風に気にした様子もないですから大丈夫です(全く能天気な顔で欠伸してるちびうさぎ)//いいんですよ、わたしもねてました -- アリス&(・x・) 2016-06-19 (日) 08:14:28
      • 海賊に女医に・・・なんかすごいわね・・ふふっ気づかない間に遭遇してたりしない?・・・(巨大イノシシだったりとかと冗談めかして笑って)
        なんだか不思議な感性ねぇ・・・まぁ本人たちがいいならいいのかしら?(なんて首をかしげてたり)
        -- 2016-06-19 (日) 11:09:34
      • 可能性は否定できません!ああいうの作ったりする人も居ますからー、元が食用だったりすると可能性大ですね(肉の大型化とかやってたらしい)
        世間一般とか大分ずれてるのは最近自覚しました!(最近まで自覚してなかった) -- アリス&(・x・) 2016-06-19 (日) 13:36:59
      • 否定できないのね・・・(ほろり)ブタも野生化するとあっというまにイノシシに戻るというしね・・・
        色々作りはしてもアフターケアが不十分なのではなくてそれ(くすくすと)お父様は研究者というけれど、どのような方なのかしら
        -- 2016-06-19 (日) 14:22:09
      • すぐに牙が生えてくるとか、野生すごいです
        パパです?うーん、特に何をしてるかと言われたらわからないですね、時間制御とか魂のあり方とか世界の移動方法とかは研究してるみたいですが(割と手広くなんでもしてると答え) -- アリス&(・x・) 2016-06-19 (日) 15:07:52
      • 時間制御・・・魂の在り方・・・世界の移動方法・・・ふふ・・それら、言うほどバラバラではないかもしれないわよ?・・(さみだれとかスピサーとか戦国妖狐って単語が浮かんだとかなんとか) -- 2016-06-19 (日) 15:39:00
      • あとは錬金術や機械工作や神秘学とかいろいろですね、手広くやってます!
        あ、おねーさんのゴーレムに興味があるというか自動甲冑修理中なので今度アドバイスもらいにくるかもです、それじゃ先に帰ります!またー!(ちび兎肩車して帰った) -- アリス&(・x・) 2016-06-19 (日) 18:55:18
      • うぅん手広いわね・・・
        うん?自動甲冑?(なんか似た物の気配を感じる)えぇそれじゃぁまたね・・・と言っても帰る道すがらなんだけど(くすくすと先行く兎たちを見送った)
        -- 2016-06-19 (日) 19:21:45
  • …(カレリアの様子を見に来た)……カレリア。あの時は…本当にお世話になりました…いえ、迷惑をかけてごめんなさい、ですね(スケッチブックではない。生の肉声によるものだ)
    (酷く幼いその声で)……私が言えた義理ではないですが。体の方とかは、大丈夫でしょうか?…それと、ゴーレムの使役にかかった負荷なども。何か償えることがあれば、私は… -- アルテア 2016-06-18 (土) 19:32:57
    • 喉を使ってこなかった・・・そんな声ね・・・でも自分の声が聞こえていないのにちゃんと発音できているのはすごいわ
      ふふっ駄々っ子に殴られた程度でへこむ様なヤワな鍛え方はしていないわよ(ゴーレム使役はいつもの程度だ)
      と言いたい所だけれど・・さすがに情けないってんで今はちょっと鍛えなおさせられている所よ(そちらの方がキツイわと苦笑して)
      -- 2016-06-18 (土) 19:57:58
      • …これは…(自分の喉元を撫でて)…ビリーに、教わりました。かつていた神父様に。…私が殺した人、ですが。(目を伏せる…過去を振り返るように)
        …それはよかった、って、あら…(あらまぁと言った顔)…鍛え直させられている。カレリアにも、師匠のような存在が?
        …では、鍛え直すというそこで、私が手伝るようなことは?前の様に闘う…模擬戦のそれなどもできますが…(物騒なことを言い始める) -- アルテア 2016-06-18 (土) 20:06:57
      • そう・・・(この問題はきっとこの先彼女に着いて回るだろう・・周りがいくら何と言おうと、実行したのは彼女なのだから・・・どんな責任をとるかは彼女がだすしかない)
        (秘密の事だったのかうっかり滑らせた口元を覆う・・やがてあきらめたように肩をすくめて)・・・誰にでも師はいるわ・・現実にも心にも・・・今鍛えて貰っているのは頭の中(こっち)の方ね(とこめかみをつつく)
        その師匠は今ちょっと悪堕ちしてて、言うのよ、貴女を斃して力を示せって・・・きっと今戦うと楽しくない事になる・・下手を打てば乗っ取られる・・・だからお断りよ(と笑って)・・・というか、貴女結構好戦的なのね?
        -- 2016-06-18 (土) 20:28:24
      • …失礼ながら、魔術にはサザンカほど詳しくはないもので、どういった経緯なのかはわかりませんが…(困ったような顔を見せて)
        カレリアと殺し合いは、私も二度と御免被りますので。ご辞退させていただきたく思います(くすり、と笑い返して)…どうでしょう?サザンカの影響かもしれませんね。
        あの子は、誰かと命の奪い合いではない戦いを通じて絆を広げているようなので…憧れている部分が、私にもあるのかもしれません。 -- アルテア 2016-06-18 (土) 20:30:22
      • 魔術として見ようとするとたぶんわからないかもね・・・魔術でも物理でもない、スピリチュアルな領域だもの(近いのは心理学かしらと)
        (そうしてとウンザリした様子でうなずき・・続く言葉には)・・・ふふ・・それはつまり、私にではなく貴女が、やってみたいのね?模擬戦
        -- 2016-06-18 (土) 21:10:11
      • そういった部分こそ…心理的な部分こそ。私が今まで閉ざしてきて、これから学ぶべき部分でございますから。今後は、ぜひ色々とご教授願えればと。(頭を下げた)
        ……少し語弊があります。私は、強くなりたいとか、人と戦いたい、といった部分の想いは、きっととても弱い。
        でも、今私が持っている力で、誰かに戦いの術を教えることが出来たら…と、そのような。…リカルドの様になりたいのかもしれませんね、私は(人を教える立場…とは、また別の想いの気もするが) -- アルテア 2016-06-18 (土) 21:12:54
      • ふふっ私の教え方は、カウンセリングとかじゃないから・・・ちょっときついかもしれないわよ?(トラウマを抱えていると猶更ねと)
        (きょとんと、それから話を聞き反芻するように)思えば貴女とはあまり話をしてこなかったわね・・・(彼女に対する理解の浅さを思い知るように)リカルドの事は・・・虎彦の坊やからくらいしか聞いていないけれど(でもそうねと)
        師には強さよりも相性が求められるわ・・人は力にではなく心に師事するのだから・・・(いい相手が見つかるといいわねと)
        -- 2016-06-18 (土) 21:32:28
      • だからこそ意味があるのだと思います。お手柔らかに、とは言いません…し、私も折れない覚悟はとうに(意志の籠った瞳。サザンカに似たその眼を見れば、やる気があるのはわかるだろう)
        ええ、主に私のせいではございますが…表立って、人と話すことを避けていた面もございますので。…リカルドは、中々面白い人です。一度会ってみてもいいかもしれませんね。
        そうですね…でも、できれば。固定の弟子というよりも、皆様に強くなってもらえれば、と思う部分もございます。…私よりも冒険者の皆様が強くなれば、冒険も捗るでしょうから。
        …また今度、色々と…特に、心理面。お話を、お聞かせください、カレリア。今日はこれで…(他にも迷惑をかけた方々に会いに行くので、と言い残し。その日は去っていった) -- アルテア 2016-06-18 (土) 21:37:19
      • ・・・仕方ないわね・・・案内できるのは入り口までよ・・・
        ふふ・・これからはもっと貴女の事を教えて・・(リカルドについては気が向いたらねと)
        ふふっそういう物言いは好かれないわよ?・・・えぇそれじゃぁまたね・・・さて、人に幽界への出入りを教えるね・・・(なんの事はない、自分が習った時と同じだ・・・寝かせて、声で誘導して・・・)・・・ん?・・・(アルテアは聾唖だ)・・・・・・どうしよう・・(地味な所で躓く魔女だった)
        -- 2016-06-19 (日) 13:34:20
  • ちゅん、ちゅん。真っ赤な小鳥があなたの肩に止まります。その小鳥はおしゃれな小鳥で、首に緑色のマフラーをつけていました。 -- 2016-06-18 (土) 00:40:39
    • あらこんにちは?(肩に乗ってくる鳥に挨拶・・不自然な光景・・・・)
      (赤い鳥、首回りは緑・・・その姿には思い至るものがあって)・・・そういえば・・全然本を出せてないわね(流石に申し訳ない気持ちになる)
      -- 2016-06-18 (土) 01:57:26
      • 「そうですよぜんぜんだしてないですよどうなってるんですか?」なんと小鳥が舌っ足らずな声で喋り始めました。
        関係はありませんが「小鳥」は「あとり」とも読めます。 -- 2016-06-18 (土) 02:02:02
      • いやいやホント、ごめんなさいね?(くすくすと笑って)
        それでアトリア?その姿は何かしら?
        -- 2016-06-18 (土) 02:06:59
      • 「というかカレリアさんだけじゃないんですよ……あれからちょっとふえたんですけど、どのヒトももってこないんです。ゆうきはこのセカイからきえてしまったのですか……?」
        およよ、と泣く姿も小動物なのでとってもカワイイ!
        「ええ。……まあ、ちょっとおもうところありまして。ずっとおうちにひきこもってるのも、ね。こーしてタマにはヒトにあいにいこうかな、と」
        「でも、アトはあそこからはなれられないので……かりそめのすがたをとばしている、ってカンジです」 -- 2016-06-18 (土) 02:32:04
      • 私みたいに大人になっちゃうと中々勇気ってね?(一通りの覚悟は決まっちゃうのよとくすくす)でもそうね・・・思い返したら色々それっぽい事もあったかもしれないわ(うんうんと)
        (よしよしと擽る様にあやして)ふふ、いい傾向ね?多少は自分の宣伝をしないと・・・でも・・あそこから離れられないってどうして?・・・縛られでもしているの?
        -- 2016-06-18 (土) 02:45:42
      • 「なーにがオトナですか、まったく……いいですか、「勇気」はヒトがもつチカラのなかでもっともとーといものなのです」
        「だからこそアトがもとめ、おいかけるのです。……まあ、べつに「英雄譚」がなくともあそびにくるぐらいはしたいですけど」
        「いえ、あそこがアトのいえなので。あそこにアトがいないと、アトの「友達」たちがさみしがりますから。アトは、とまりぎなんです」
        小鳥は妙なことを言い出しました。 -- 2016-06-18 (土) 02:52:01
      • 愛も良い物ではなくて?(くすりと微笑み)
        アトリアは勇気が貴いから、求めているの?
        ・・・?私みたいな子達が来た時に困るという事・・・といったニュアンスじゃないわね?・・・ふふっどんなお友達なの?
        -- 2016-06-18 (土) 03:15:44
      • 「アイはゆうきとセットなもんですよ。たとえば、ゆうきをふりしぼってこくはくしたら、たぶん、「英雄譚」でますよ。そういうものです」
        「…ええ、そうですよ。ゆうきは、とうとい。そのとうとさは、アトにとってだいじなものなんです。ゆうしゃは、ひつようなんですよ。すくなくともアトにとっては」
        「ことばではいいつくせないですね。えっちなカッコしてるくせにてんねんでアホなコ、りちてきだけどからかってみるとかわいいコ、アホでバカだとおもってたけどシンはあるコ……」
        「そういうコたちが、うまれかわって、またアトのもとにきたとき……おかえり、っていってあげるのが、アトのやくめなんです」 -- 朽ちぬ仔龍 2016-06-18 (土) 03:23:31
      • で、それを貴女に読ませるの?・・・(それはいやよぉと笑って)
        ふぅん?・・・勇者がねぇ・・・なんかいまいちピンと来ないわ・・・なんで必要なのか・・・
        ふふ・・・沢山いるのね・・・・・・そう・・・そういう事・・・(うんと頷き)・・ふふ、やっぱりアトリアは可愛いわ・・・(くすくすと)
        -- 2016-06-18 (土) 03:40:12
      • 「またまた。カレリアさん、そんなアイなんてかんじるヒトいるんですか? そこまで「密接」にかかわろうとするヒトがいると?」
        「まあ、これはおしえたらいけないことですからね。これいじょうはいいませんが……アトはよくもわるくも、どうわのそんざいなんですよ」
        「そうですか? まあ、かわいいといわれるのはワルいきがしませんが……あなたも、アトのたちばになってみると、いずれわかるとおもいますよ」 -- 2016-06-18 (土) 04:16:54
      • ふふっ勿論よ?女は愛が無いと生きてはいけないもの・・・ただ私のいま感じている愛は・・今上げたのとは少し違う形かも
        童話で龍で勇者と来ればパターンは一つか二つくらいしかないんだけど?・・・あんまり物騒なのは嫌だからね?(つんつく突いて)
        そうよぉ・・いつまでも弱々しく過去を見ている・・・龍と言うのはもっとタフな生き物だと思っていたけれど・・時の長さはそれすらも疲弊させてしまうのかしら(私はそこまで長生きしないわと笑って)
        -- 2016-06-18 (土) 04:27:53
      • //ぶんつうスイッチオンです! -- 2016-06-18 (土) 04:44:13
      • 「どっちのアイ? ラブ? それともライク? それとも、ぜんぜんちがうアイかしら」
        「さあて、それはモノガタリしだいですよ。ゆうしゃがモノガタリをおこすのです。アトは、まつだけ」くすぐったそうに囀ります。
        「カコであり、ミライなんですよ。そしてイマでもある。だって、ルテンしたトモダチはむかしのトモダチそのままではないんですもの。」
        //わたしはねおちました -- 2016-06-18 (土) 20:12:39
      • さて・・・本来はラブだけれど・・本来あるべき対象がいない、はけ口を探してさまよう一方的な物である以上、ライクなのかもしれないわ(難しいわと肩をすくめて)
        そうやってしたり顔でどっしり構えるから人が来ないのよ(うりうり弄る)
        それなら猶更、流転した魂に友達を見出すのは不毛よ、もうちょっと前を見なさい前を(ふんすと)
        -- 2016-06-18 (土) 20:56:54
      • 「では、そのライクがラブにかわった、いえ、かえられたとき、もしかしたら「英雄譚」がでてきてくれるかもしれませんね」
        「もう、すぐそうやっていじわるいうんですから。マジョはこれだからあつかいにくいんですよ……」ちゅん、ちゅんちゅん!と抗議します
        「それはきけない、ですかね。アトみたいなふるいのがこーやってココにのこってるイミでもあるんですから。というか、うしろむきなわけじゃないですってば。」
        「とにかく、たまにはカオみせにきてくださいよね。かってにしんじゃだめですよ」そうとだけ言うと、パタパタと飛び去っていきました。 -- 2016-06-18 (土) 23:26:30
      • 自分の母性を満たそうとする英雄なんていやよ(くすくすと)
        本当の事よ、まぁそうして出歩けばまた変わるかもね
        分かった、偶にはね・・・(ばいばいと手を振り見送って)
        -- 2016-06-19 (日) 13:29:30
  • 姉様… 姉様… カレリア姉様は… こういうので毒林檎作れるタイプの魔女ですか?(普通の林檎3個くらい持参して) -- タタラ 2016-06-17 (金) 00:19:40
    • あらタタラ・・・ふぅん・・・毒林檎ねぇ・・・(ナイフを手に一つ掴んで)
      (ジャック・オー・ランタンみたいな口と目を掘り、最後に背中に「אמת」と刻めば)

      \オ前自分デ眩シクネーノ?/
      (毒(を吐く)林檎が出来た!) -- 2016-06-17 (金) 01:40:36
      • おおすごい(つんつくつん) ちなみにこれは食べられる? ほんとの毒入ってる? -- タタラ 2016-06-17 (金) 01:49:19
      • \野蛮人ダナテメー!/
        食べられるし腐りもするわ、動いてるけどリンゴはリンゴだもの・・・(注射器を出して)後はそうね・・・これでぷすぷす毒を注入するとか?
        -- 2016-06-17 (金) 01:52:23
      • わーい現実的ー あんまり魔女っぽくはない方法だけど姉様は毒 お持ちです? -- タタラ 2016-06-17 (金) 01:55:35
      • もうちょっと手を加えれば腐らないファンタジックな仕様にもできるわよ?(やる?っと)
        んー・・・持ってないわね・・・毒じゃないけど貰ったっきり使ってない猫化薬なら?
        -- 2016-06-17 (金) 01:58:50
      • おおそれは良い 是非是非 魔王様に効くか試したいですね (わくわく)
        ファンタジックな猫化毒林檎 お喜びかもしれません -- タタラ 2016-06-17 (金) 02:03:18
      • //寝落ちました
        \ナニスンダコラー/(よいせっと喋るリンゴを手にもう一度字をなぞって念を込め直す)これでいいわ
        猫化薬は・・・これを貰った人から扱いは慎重にと言われているのだけれど・・・魔王様って?何に使う気よ?(猫化薬を出しながらとりあえず話を聞く)
        -- 2016-06-17 (金) 11:16:57
      • ちょっと魔王様と知り合いになりまして 林檎を献上することになったのですが
        せっかくなのでドッキリアイテムとして毒林檎を混ぜようかと -- タタラ 2016-06-17 (金) 11:34:08
      • ・・・献上品にそんな細工して怒られないの?・・・いやもうやっちゃった後なんだけれどね?(リンゴを見ながら)
        それにこんなからさまに妖しいリンゴを食べるかしら?(注入しちゃって本当にいい?っと)
        -- 2016-06-17 (金) 11:48:01
      • それは魔王様の度量次第です よ! まぁ大丈夫ですたぶん効きませんし
        ちゃんと毒林檎だって言って渡しますし 責任は私が持ちますGOです姉様 -- タタラ 2016-06-17 (金) 11:53:10
      • ふむ・・・(ぷすぷすちゅーっと入れる)
        \何スンダニャー!/
        猫化薬は一定時間経過か名前を呼ばれる事で戻るわ・・・戻った時には素っ裸だから注意してね? -- カレリア 2016-06-17 (金) 11:56:22
      • 承知つかまつりっ ありがとうございます ふふふ これで準備はあと少しですね
        あ 一応あと2、3個くらいは作れますか姉様 -- タタラ 2016-06-17 (金) 12:03:08
      • 問題はないわよ、薬もまだあるしね?・・・(喋るついでに跳ね動く仕様に改造しつつ実行すれば)
        \ヒャッハー/\ハハッハー/\眩シイヨテメー/(ぴょんこぴょんこ跳ねて叫ぶ)
        後少しって・・どんな事するの? -- 2016-06-17 (金) 12:09:37
      • 後は普通に調理か飾り斬りくらいですよ 毒林檎がスパイスくらいでそんなに面白い事はしませんね
        それではー(騒がしい毒林檎たちを回収 箱にギュッと押し詰め) ありがとうございます姉様
        あ このお礼に姉様は私に頼みたい事とかあります? -- タタラ 2016-06-17 (金) 12:21:37
      • あらそうなの・・・ふふっ一体どんな面白ネタを仕込み続けるのかと思っちゃったわ
        (えぇどういたしましてと頷いて)そうねぇ・・・その魔王様ってどんな人なのかー今の貴女の色は何処から吸ったのかーリンゴのその後を聞かせてほしい―とか・・・聞きたい事なら沢山あるわね?
        -- 2016-06-17 (金) 12:26:33
      • わかりました 次はそれをお土産話に色々話しましょう
        それでは 一発魔王様の唇を狙ってきますね…(チャンスとタイミングがあればっ) ご機嫌よー姉様(帰りまーす) -- タタラ 2016-06-17 (金) 12:36:06
      • ふふっそれが目的なの貴女?えぇ上手くいくことを願ってるわ(みおくる) -- 2016-06-17 (金) 12:57:10
  • カレリアさん、その…先日の約束通り、ためしに来ました…です(手にはお料理の具材らしきもの。)
    どうせ、ですから…先日、失敗してしまった…サンドイッチの、リベンジを…したいなと、思いまして…(パンに卵、ハムにレタスやキュウリなどの野菜が入っているようだ。) -- クィール 2016-06-15 (水) 00:45:57
    • いらっしゃいクィール、えぇこっちよ(キッチンに案内して)
      そう、サンドイッチね?卵にハムに・・・(と具材を確認し)・・・確認だけれど、料理を通して魔法を表現するのは本当に思い付き・・・それはつまり一回や二回失敗して当然という事よ・・(覚悟していきましょうと)
      -- 2016-06-15 (水) 00:55:05
      • はい…分かりました…もちろん、大丈夫です…負けずに、頑張ります、ですよ(コクコクと頷く。)
        …では、その…まずは普通に、作ってみます、ですよ?(カレリアにどんな風になるのか、まず見て貰おうと思ったようだ。)
        (そして始まるクッキング、あまり慣れてなさそうな手つきで卵を割ってかき混ぜたり、パンやハムなどを食べやすいサイズに切り分けたりと、いたって普通。)
        (ただ、それらを積み合わせ、パンで閉じるその瞬間、魔力が込められて…特製サンドイッチ(パン生地に雷属性付与、ピリピリと痺れる。具には防御力低下、食感がほぼなくなった。) -- クィール 2016-06-15 (水) 01:02:08
      • そうね・・・現状の確認は大事・・・(見守る構えで)
        ・・・・・・ふぅん?・・・途中までは普通・・最後の一押しで籠ったわね・・(うんうんと頷く、どんなものかと切り分け、口にしてみる・・・しびれる・・・おまけに流動食みたいだ・・・)・・・うん・・なうほろ・・・(痺れた口を抑えて頷く・・・これに方向性を示さないといけない)
        (彼女の分を渡しつつ)直感でいいわ・・・クィールはどういう料理を作りたいと思う?・・食べて貰った人に・・・どう感じてほしい?
        -- 2016-06-15 (水) 01:25:36
      • はい…何か問題は起きたときは…最初から振り返った方がいい、と教わりました、です。
        …あぅ、やっぱり…何か、魔力が込められましたか…?(無意識のうちにしてるので、気づいてなかったようだ。)
        あ、で、でもあまり食べない方が…うぅ、だ、大丈夫、ですか?(心配そうに見守る。)
        …あぅ、私も…あむ…ん…ビリビリして、ぐにゅっとしてます…です…(渡されたので涙目で食べている。)
        …どういう料理、ですか?…えと、おいしく食べて貰ったら…それで…あ、でも…ご老人にも、食べやすいようにとか…(故郷の祖母とかを思い浮かべてたのかもしれない。) -- クィール 2016-06-15 (水) 01:47:43
      • (そうねと頷き)・・・食べないと分からない事はあるもの・・・(うぅんと難しい顔をしながら痺れが取れるのを待って)
        ・・・今回だけかもしれないけれど・・分かったのは・・・どれだけ触感が変わっても味はそのままという事ね・・・
        老人でも食べやすい様に・・・か・・それが方向性に繋がったのかしら・・・幾つかの属性がかかったけれど、方向性を示されなかった雷が痺れとして残った?(ふぅんと考え)
        じゃぁ次ね・・・仮想でいいから、食べる人の事を強く思いましょう・・・美味しく食べて欲しいとか元気になって欲しいとかリラックスして欲しいとか・・・そういう思いを、しっかりと込めて作るの・・
        下地として理屈はあっても大事なのは心・・・料理と魔法はそういう点で似ているのかもしれないわ・・・
        -- 2016-06-15 (水) 02:02:20
      • …あぅ…でも、先日の…サザンカさんのより…マシ、かもです…(それも一応、味見してみたようだ。)
        はい…付与してる、だけですから…味や栄養自体は…変わってない、みたいです…。
        …食べる人の事、ですか?…想いを、しっかりと込める…(胸の中に刻み込めるように呟いて、もう一度作ってみる。)
        (思い浮かべるは、目の前の女性。カレリア…この人みたいに、綺麗で優しくて…そんな人に、美味しく食べてほしい…そう願いを込めてパンを閉じる。)
        (パン生地に光属性付与、パン生地が綺麗に光ってる。具は、見た目食感ともに普通、ただ若干濃度が高まってるのか小さくなってる。) -- クィール 2016-06-15 (水) 02:17:14
      • そう・・・(それはつまり味見した物を渡したという事か・・・いや深くはふれまい)
        (うんと頷き工程を見守る・・・そしてパンが閉じられると同時に光を放ちだすサンドイッチ)今度は光ね・・・
        ふふっきれいね・・(早速と切り分け)・・少し・・小さくなった?圧縮されたのかしら・・・(口にする)うんうん・・・あ、普通によくできているわっ(良しっと頷く)
        -- 2016-06-15 (水) 02:28:27
      • …サザンカさんに渡して帰ってから、あったのを食べて…あれは、辛かった、です…口の中がぐちゅぐちゅの、ざりざりでした…。
        …えと、その…すみません…(普通のサンドイッチではありえない発光体にしょんぼりする。)
        ……え、そ、そうなんですか?…あ、本当、です…ちょっと味が、濃いです…けど(それでも、光る以外は普通のサンドイッチとそう変わらなかった。) -- クィール 2016-06-16 (木) 00:16:41
      • あ、あぁそういう事なのね・・・(早とちりしちゃったわとぼそり)
        でしょう?うん美味しくできている・・・これなら誰に出したって胸を張れるわ・・・
        凄いわクィール、2回目にして早くも光明が見えた感じよ(文字通り光ってるしと軽口)・・それで?どういう願いを込めたの?(仮想とはいえ「誰に」は恥ずかしいだろうと思いそこに込めた願いだけを聞いてみる)
        -- 2016-06-16 (木) 01:26:12
      • …そ、そう、ですか?…ちょっと光ってるのが、気になります…けど…(喜んでくれる、だろうかと少し不安にはなる。)
        あぅ…でも、確かに…今まで無秩序で…何個も作って、一番いいのを持って行ってましたけど…これなら、まだ…いいのが、渡せそう、です!
        …あ、それは、その…カレリアさんに、美味しく…食べてほしいと…多分、綺麗だから…光ったのかも、です(ただ、どう願ったかを聞かれたので、そのまま答える子だった。)
        (その後、そのサンドイッチを食べ、今後も頑張っていく旨を笑顔で伝えるクィールだった。) -- クィール 2016-06-17 (金) 00:27:02
      • そこはほら・・・愛嬌よ(うんうん)それに美味しければ光も有難みになるってもんよ、男の子は何より味と量で胃袋掴めばいい所あるし
        そう、あっという間に此処まで成功出来たんだから・・無意識に魔力が籠っていたのは寧ろ天啓だったと、もっと自信をもっていいわ
        ・・ふふ・・ありがとう・・・(素直に応えられればこちらも素直に応じる・・嬉しさ余ってそのままなでなでしたりして)
        (もう数回練習をさせ、これなら誰にあげても大丈夫とお墨付きを与えたとか)
        -- 2016-06-17 (金) 01:48:55
  • (カレリア・・・カレリア・・・私の声が聞こえますか・・・)
    (今あなたのヒールを片方だけ3ミリほど削っています・・・)
    (たしかあなたは晩御飯の内容で悩んでいましたよね・・・慈悲深い女神はとっておきの案を持ってきましたよ・・・)
    (最近冒険者が討伐に成功したという超巨大蛾のくし焼き、超巨大蛾の炒め物、超巨大蛾の煮込みスープでどうですか・・・?)
    (というわけで女神パワーで女神直々に用意してさしあげましたよ・・・遠慮することなくしっかり食べてくださいね・・・)
    (なおこの語りかけは女神の言葉が終わると同時に自動的に終了します・・・) -- 女神 2016-06-14 (火) 21:15:28
    • (貴女は私のヒールを削っていると思っているようだけれど、本当は私のヒール以外のすべての物を大きくしているのよ)(とか思考して返す)
      (いいわねっ素敵よ・・ちゃんと食べるからその感想を貴女の思考にダイレクトに返してあげるから、ほら逃げないの)
      -- 2016-06-14 (火) 22:12:27
  • (カレリアが街を歩いていると、奇っ怪な生き物が視界に入る。中央(・・)にいるのは見知った少女だ。ただし、両の脚を分厚いギブスが覆っている)
    (彼女を中心に蔓が無数に絡みつき、まるで蜘蛛のように街道をわしゃわしゃと行進しているのだ) -- グリューエル 2016-06-14 (火) 19:57:26
    • ・・・・・・・・・・あんな感じの何処かで観たわ・・・そう、ミストのラストの方で主人公たちが車に乗って逃走した時に背景でゆっくり動いてるあれよ・・・宇宙戦争で人々を攫ってるロボット的なのもあんな感じね・・
      はぁいグリューエル・・貴女それ如何したの?
      -- 2016-06-14 (火) 22:09:29
      • どちらかというともののけ姫の乙事主というイメージなんですけどね
        あら、カレリアさん。お久しぶりです……ああいえ、ちょっと冒険でドジっちゃいまして。動けないので、超能力で歩いてます。結構鍛錬になるんですよこれ -- グリューエル 2016-06-14 (火) 23:11:42
      • あー混沌の娘クラーグな感じね(うんうん)
        えぇ久しぶり・・・ふぅん?まぁ練習にはなるでしょうけれど・・仰々しいわね・・・それ、いつ頃外れるの?(ギプスを指して)
        -- 2016-06-14 (火) 23:15:25
      • あー近い近い、混沌の炎の代わりに花粉吐きますね……
        来月には。ただまあ、暫くリハビリでしょうから……初代校長も超能力で浮いて移動していたといいますし、もう少しスマートにできたら別にこれでもいいかなと思ってしまいますね -- グリューエル 2016-06-14 (火) 23:24:03
      • ふふっそれは怖い・・・
        ならもう少しね・・・ふむ、スマートに・・・ギプスごと植物で作ればもうちょっとすっきりするかしらね?いっそ私みたいに身に纏っちゃうとか?
        -- 2016-06-15 (水) 00:14:12
      • 花粉症じゃない人でも一発で花粉症になるという罪深いデバフ技です……
        ギプスを植物で……? 考えたことがなかったですね、それは……ただ、耐久性に難がありそうな……
        え、カレリアさんって服以外何か纏ってるんですか、炎とか? -- グリューエル 2016-06-15 (水) 00:28:35
      • 一定量を超えたらなるのよね・・・ってやめてよ私にするの?(防御の構え)
        蔦じゃ限度があるでしょうけれど・・・木の幹なら強度としては相応にあると思うのだけれど
        アレックス・・(そう呼びかけると服がうねり、帽子のかぼちゃが動いて「わふっ」っと鳴くのが下手くそな犬みたいな声を発する)ゴーレムよ、この服自体がね?戦う時はこの上に更に鎧のゴーレムを着たりするわ
        -- 2016-06-15 (水) 00:36:15
      • しませんしません、敵にしかしません。それにそれぐらいならあなたなら防ぎようがあるのでは?
        うーん、そうなんですけど……正直、開けるのが怖いというか。結構手ひどくやられちゃったんで、グロい事になってたらやだな〜なんて思ってまして
        (突如響くイヌの出来損ないみたいな声にびくりと震える)お、おお……服がゴーレム……つまり服を買わなくともいいという……?
        デザインは誰がやっているんですか? -- グリューエル 2016-06-15 (水) 00:49:14
      • (ほっとする)ふふ、そうかもしれないけれどね?
        そうなの・・・(うぅんとギプスの足を見る)まぁもう少しで外れるのなら今回はこのままでいいでしょうし・・・そうでなくてもギプスで固定したという事は見た目的にはそんなにえぐい事にはなってないんじゃないかしら
        (ふるふる首を振る)買い替えはするわよ、買った服をゴーレムにして動くようにしているだけでもの・・・(多少デザインを変えられはするけれどと頷き)私・・・あるいは普通にお店で買ったり・・まちまちね(うんうん)
        -- 2016-06-15 (水) 01:07:35
      • と言うか的にするにしてもとてつもなく遠回しな技でお蔵入り感半端ないですね……
        脚がちぎれるんじゃないかと思うぐらい痛かったですから、どうなっていることやら……深い傷跡とか残ってたらどうしましょう……
        ……驚きました、ゴーレムを服にしているのではなく、服をゴーレムにしているのですか。ゴーレムって、歩く岩の塊というイメージが有りますけど、ほんとにそれはゴーレムというのですか……? -- グリューエル 2016-06-15 (水) 01:22:19
      • そんなに・・・一体何があったの?(流石に心配そうにする、傷なんてあったら一大事だ)
        ゴーレムよ(うんと頷く)泥を素材にすればマッドゴーレム、鉄を素材にすればアイアンゴーレム・・・基本的に何を素材にしているかと言うだけで技術的な根本は変わらないわ・・・
        だったら、鎧をゴーレムにして身に纏って見ようというのがこのシステムを思いついた最初だったのよ・・・結果的にそれが上手くいって、服に応用したのだけれど・・・
        ただゴーレムの術の根本が神が人を作った業の模倣だという事を思えば・・・かなり異端な運用方法ではあるわね
        -- 2016-06-15 (水) 01:33:48
      • いやあ、ゾンビ討伐任務に赴いたら、突如地中より超巨大モグラが現れて、足をえぐられかけたんですよね……パーティーの一人が帰還呪文を唱えてくれなかったら、どうなっていたことやら……
        な、なるほど……あくまで無機物を素材にすればゴーレムを作成できるというわけですね……いわば、命のある物質、ということでしょうか
        ゴーレムの出典はよくわかりませんが、たしかにその業は神のソレに似ているような気もします。だから、魔の法なんですね -- グリューエル 2016-06-15 (水) 01:47:57
      • //すいませんさきにおやすみさせていただきます……! -- 2016-06-15 (水) 02:00:21
      • うわ・・・それは痛そうね・・・(でもそんな依頼あったかしらと小首をかしいで)
        仮想した魂を憑依させる感覚だから・・命ある物質と言うのは言いえて妙ね・・・(うんうんと)
        ふふ・・そうなるわね・・・(此処でふと思いついたように)貴女も・・植物を自在に操れるのなら仮想人格を投影すれば自動で動かしたりできるのかしら?
        //あーい、遅くなってもうしわけない
        -- 2016-06-15 (水) 02:07:29
      • いやあ本当に……死って身近にあるんだな、って初めて感じました。……慢心してたところがあったみたいですね(少し声のトーンを落とす。なお、依頼についてはあそこ以外にもいっぱい他に出ているという方向だ)
        魂を仮想というのが、次元の違いを感じますよ。……わたしの超能力はあくまで力で曲げているもの。意思を与えることは出来ません
        生きているように動かせはしても、それは人形遊びしているのと同じでしょう。もっとも、そこまで高度な制御そう長いこと出来ないでしょうけど -- グリューエル 2016-06-15 (水) 21:36:00
      • 力あるものが常に勝つほど世の中簡単にはできてないという事かしらね(トーンを落とす様子によしよしと撫でて)
        あら?イマジナリーフレンドという言葉を聞いたことはない?人の頭はね、想像で複数人の人格を作れるのよ・・・
        確かに一見するとお人形遊びをしている様だけれど、制御のレベルとしては一段階深い所になるわ・・・意識的に動かしていた物を無意識のレベルにまで落とし込むのだから
        -- 2016-06-15 (水) 22:17:21
      • わたしの脳力は視界内のものにしか使えないので、地中の敵は対処できなかったんです……(項垂れながら)
        聞いたことはありますが……ふうむ、イマジナリーフレンドが頭のなかで生まれているのだとしたら、超能力にも応用が……?
        ……すこし、頑張ってみます。今日はありがとうございました、なんだか新しい力に目覚めそうです。では、わたしは定期検診があるのでこれで(ペコリと頭を下げて、ずぞずぞ去っていった) -- グリューエル 2016-06-16 (木) 00:03:21
      • ふぅん?・・・なんで視界内じゃないとダメなのかしらね・・・能力の本質が脳の・・仮に視力に相当する分野に関わっているとしても訓練次第で関連付ける事はできるかもしれないわよ?
        ふふっ色々やってごらんなさい?挑戦する事は進化の第一歩となりうるのだから・・・えぇ、それじゃ、お大事にね?(ぱたり手を振り見送った)
        -- 2016-06-16 (木) 01:45:06
  • (まだ暑さ残る正午、涼やかな風が頬を撫で、無数の花弁が擽った。かぼちゃの帽子を揺らして戯れているかのようでもあるそれは、姿なき花の龍)
    (古いお伽話だ。誰にも見てもらえなかった風が、七色という身体を得たお話)
    (揺らめくようにカレリアの足元に散る紅葉を拾い集めて、秋天に去って行った) -- 花龍 2016-06-14 (火) 01:33:01
    • ん・・・(ふわりと風が揺れる・・アレックスが何かと戯れる様に帽子を揺らして)
      (それはともすれば見逃してしまいそうな・・・それでいて雅やかな光景・・・一陣の風となって舞い上がっていく木の葉の連なりを見ながら)・・・アーランシャフト・・ふふ・・何かいいことがあるかもね
      -- 2016-06-14 (火) 10:49:35
  • ファッションショーの時間でござるな…やはり魔女とカボチャは切っても切れない関係なんでござろうか
    そう言えばシンデレラの馬車もカボチャでござったなあ -- ササキ@お品書き 2016-06-13 (月) 21:28:19
    • ふふっ秋の装いね・・当然よぉハロウィンが近いもの(これで事前に用意したのは全部になる魔女だ)
      かぼちゃは品種によってはすごく大きくなるし・・文化的にも身近で利用しやすい材料なのかもね(しらない)
      -- 2016-06-13 (月) 21:46:50
      • ハロウィン…は何でござったかな、西洋のお盆の筈が子供がお化けの恰好をしてトリックアンドトリート、お菓子を貰い歩くイベントにと言う印象でござる
        西洋のお盆が本式であっても和式のお盆とは異なるでござろうが…
        巨大なカボチャは食用ではないと聞いたでござるが…本当なんでござろうか -- ササキ@お品書き 2016-06-13 (月) 21:49:15
      • 収穫のお祭りね・・・夏が終わり冬が始まる・・・元々はその部族の大みそかの時期に行われたお盆の儀式ね(凄い例えだと自分でも思う)
        まぁあまり深く考えずに楽しんでおけばいいのよ(うんうん頷きよもぎ餡団子をもぐもぐ)
        観賞用に品種改良したものというしね?味が二の次三の次になっているらしいわ(食べた事が無いのでよくわからない魔女だ)
        -- 2016-06-13 (月) 21:55:37
      • 何故でござろう、ヒャッハー!収穫だー!と言う姿が思い浮かんだのは…部族だのと言う事だったからでござろうか?
        左様でござるなあ、バレンタインデーなども本来の内容から外れているようでござるし、ここらではさてどういうハロウィンになりそうでござるかな…うちはトリートで団子を差し出すでござるか…
        品種もいろいろあるでござるなあ本当に、拙者の中でかぼちゃと言うと強度のある緑色の表面の物でござったから茶色い表面のものは未熟なものだとばかり思っていたこともあるでござるよ -- ササキ@お品書き 2016-06-13 (月) 21:58:55
      • ・・・それは狩猟採集のノリじゃないかしら?(くすくす笑って)
        そもそもやらないかもしれないわねぇ・・・ふふっその時は貰いにいこうかしら?(なんて笑う大人だ)
        初めてデカい茶色いのを見た時はそれは驚いたわ・・・(デカくなり過ぎよねぇとうんうん)
        -- 2016-06-13 (月) 22:09:18
      • 紅葉狩りともいうし間違いきってはござらぬのでは…(ハロウィンに狩り要素は無い)
        ふうむ、10月…でござったっけ?10月の間は仮装した女子供にはハロウインサービスをするのもいいかもしれんでござるなあ…ああ!カレリア殿はもともと魔女ルックでござった!
        人間より大きかったりと…まあその代わり美味しくない用でござるが、ああいうのもやはり硬いんでござろうかな? -- ササキ@お品書き 2016-06-13 (月) 22:14:09
      • ・・・確かに・・トリックオアトリートも見方によってはお菓子狩りかもしれないわね(狩り要素あった!)
        十月の末ね、だからこの格好は少し早かったのよ(避けた方が良かったかしらん?とくるり回って)ふふっ得しちゃうかも?
        どうかしら・・・大きくなった分案外脆かったり?・・・ほら、硬いとそれだけ成長を阻害しそうだし?
        -- 2016-06-13 (月) 22:40:09
      • お菓子狩り…少年少女略奪軍が襲い掛かる…!?(なんてこった、慈悲もない!)
        (末と言うがまあカウントの仕方的に10月であればいつでもいいよねのスタンス)
        まあ可愛ければよいのではござらぬかな…カレリア殿は可愛い、と言われても大丈夫でござるかな?そんな子供っぽくは無い、と言う所もあるかなと…
        (美しいと言った方がいいのだろうか、しかししぐさと言いカワイイに分類してしまったのだしなあ…と内心思って)
        言われてみればそうでござるな、やはり小型の緑のカボチャが最強の硬さを…!包丁がまともに通らぬらしいでござるね -- ササキ@お品書き 2016-06-13 (月) 22:54:56
      • ふふっモヒカンの少年少女なんて嫌ね?
        (いいのよとサムズアップ)
        ふふっ可愛いと言われて喜ばない女はいないわ・・・まぁ逆に、何処までしても可愛いと言えるのか気になるところだけれど・・・(そう言って妖しく微笑むと袖から覗かせた指先でササキの顎をなぞる様にしたり)
        カボチャばさみなんて物が必要になる位には硬いわよね・・・(ふと)カボチャを使ったお団子とかってアリかしらね?
        -- カレリア 2016-06-13 (月) 23:06:11
      • 少女はわからんでござるが少年はターバンにござろうな…(的確に同じところを攻撃しそうなターバンのガキを思い浮かべて)
        左様でござるか、それは良かった…何処までしてもとはいったいどのような…えぅっ!?(撫でられて身体をこわばらせる…なお、背丈はカレリアの方が5+ヒール分大きいのだ)
        そんなものがあるでござるか…うむ、カボチャを餡にして…と言う案もあったのでござるが、こちらの作り方がわからず今回入ってないんでござるなあ -- ササキ@お品書き 2016-06-13 (月) 23:12:06
      • ふふ・・・なぁに緊張しているのよっ(なんてからかう様に笑ってちょんと突いて離れる)・・・期待した?(なんてにやりと)
        私も分からないわね・・・すりつぶして暗に混ぜ込めばいいのかしら?(残念っと溜息)
        -- 2016-06-13 (月) 23:28:09
      • いや、緊張と言うか…(よくわからない硬直の後)ふぅ…カレリア殿もひとが悪い(どうやら属性が違うのかもしれない)
        まあ秋の新作として5種類追加してござるし、翌年の秋にでも…または突発で増える事もござるかもしれんなあ
        もし増えたらその時は食べてみるとよいでござるよ、それでは拙者はこれにて… -- ササキ@お品書き 2016-06-13 (月) 23:33:39
      • ふふっ魔女ですものっ(ウィンク)
        翌年かぁ・・大分先ねぇ・・・えぇ、楽しみにしてるわ・・それじゃぁね?(ばいばーいとして)
        -- 2016-06-13 (月) 23:44:27
  • それでもカレリアくんならわかってくれるはずだ。なまえにカレーってはいってるし(カレーを手に) -- (・w| 2016-06-13 (月) 20:45:10
    • 何を分かるというのかみさま?(はてと小首を傾げる Autumn leaves=枯葉≒カレリア・ミルトンだったりする) -- 2016-06-13 (月) 21:04:43
      • やあカレリアくんこんばんわ?とりあえずカレーかけていいですか。おっぱいに(しらそん) -- (・ワ| 2016-06-13 (月) 21:06:04
      • こんばんはかみさま、ふふっだ・め・よ♡(ちょんと鼻先を突いてひらり離れる ムーディでいい曲) -- 2016-06-13 (月) 21:07:59
      • えー、そんなこといわずにそこをなんとか -- (・ワ| 2016-06-13 (月) 21:24:35
      • だって熱そうじゃない?匂いもつくし・・・っていうかそもそもどうしてそんなのかけないといけないのよ(ふんす) -- 2016-06-13 (月) 21:42:15
      • さましてあるからだいじょうぶですよ…そもそもこのかみさまがおっぱいにあくえいきょうのあるようなことをするわけがないでしょう?
        なぜかといわれたら…なぜでしょうか?まあじんせいそんなものです(煙に巻いた) -- (・w| 2016-06-13 (月) 21:44:41
      • おっぱいに悪影響が無くてもその持ち主には影響がありそうだもの
        ふふっ分からないのに来たの?・・そもそもどういう流れでカレーをかけるなんて話になったのよ(くすくすと笑って煙を散らす)
        -- 2016-06-13 (月) 21:50:06
      • カレーおきらいですか?(ご飯を盛ってカレーをかけてお出しする)
        まあそのへんはさかばのながれですかねー -- (・w| 2016-06-13 (月) 21:54:42
      • 食べる分にはいいのよ食べる分には(受け取ってもぐもぐ、おいしい!)
        また変な流れになっていたようねぇ・・・本当に依頼出しているし・・・
        -- 2016-06-13 (月) 21:59:37
  • かれりあさんかれりあさん!なんかあたしのメガネパワーアップ?したみたい!(メガネをクイクイ動かすことでメガネアピールである) -- 陽子 2016-06-12 (日) 23:57:50
    • あら陽子・・・そうなの?それはよかったじゃない(力が馴染んできたのかしらと微笑まし気に頷いて)
      それで?どういう風にパワーアップしたのかしら
      -- 2016-06-13 (月) 09:45:22
      • アレだよ!なんかゲームとかで敵のステータスとか弱点とか見えたりするやつあるじゃない?
        (陽子が言うには、相手のHPだの、弱点属性だの、具体的にどこを攻撃すればいいだのが見えるようになってきたという) -- 陽子 2016-06-13 (月) 09:57:04
      • ・・・うんうん(ゲーム?と首を傾げつつも微笑みながら話を聞く)・・・相手の状態が視覚化されたのね?(面白い変化だ)
        (以前聞いた感じを総合すれば・・・今までは例えば距離感で表すなら「手を伸ばせば届く」とか「この位の力でボールを放ればぴったり届く」位の認識だった筈だ)
        (だが今回ならそれが具体的な「メートル」とか「何歩分」みたいな感覚で判った事になる・・・これはつまり陽子の尺度に合わせて能力側からのアプローチがあったと考えていいのか)
        凄い進歩よ・・それだけ具体的に分かるのなら・・・もう貴女、間違いなく足手まといなんかじゃない確かな戦力と言えるわ(うんうんとやや興奮気味に頷いて)
        -- 2016-06-13 (月) 10:10:08
      • あとね、なんかイザヨイの視てるものが視えるようになったり…(距離にして1~2キロいくかいかないか…水中にいたイザヨイの視点が波打ち際にいる自分の瞼の奥に見ることができたとも言う)
        そ、そうかな…そろそろイザヨイたちに言っても大丈夫かな…(じつはあたしにはこんな能力があるのだ!なんてことはまだ具体的に話してはいない) -- 陽子 2016-06-13 (月) 10:16:33
      • 視覚の共有・・・(恐らく陽子とイザヨイ、二人の繋がりを利用したものだ・・・それが具体的にどんなラインかは分からないが、距離も隔たりも気にならない物であるようだ)ふふっ中々サービスのいいメガネじゃない?
        勿論よ・・・勇気を出して言ってごらんなさい(イザヨイと共有し、水中にいる彼女に指示したのなら、おそらくイザヨイ自身実感として陽子の能力に気づいている筈だ・・・)
        (勿論あの素直じゃない女の事だ、説明した所で突っぱねるのは目に見えているので)・・・説明するときは紗牙も含めてみんなの前でよ?聞いた限り、その力はみんなの協力が必要不可欠だから(あの青年なら使いこなせる有用な技なら味方するだろう・・・あとは多数決だ)
        -- 2016-06-13 (月) 10:37:24
      • だよねーっ!たぶんそのうちメガネからビーム出たりするんじゃない?ビーム(おぷてぃっくなんたら!!といった具合にポーズを取ったり…)
        (いままで何の能力もないと思い込んでいたJKにとってこれはその力に酔うのに十分な経験だったらしく…危うさを感じさせるかもしれない)
        もちろんだよ!みんなに話したくってウズウズ…してる…(しかしいけない。これは自分の力でなくメガネの…ひいては両親の想いが起こしているパワーなのだ…というこの前の思い込みが自制に繋がったらしくそこは表情を引き締め) -- 陽子 2016-06-13 (月) 10:50:20
      • んー?(微笑みながらもどこかたしなめるような視線・・・そして彼女が自分で自覚しなおせば)そうよ?ちゃんと自分で気付けたわね?(よしよしと撫でる)
        これは、貴女を想う人たちの、貴女を・・ひいては貴女の大事な人達を守る力・・・あの日私に言ってくれた言葉・・・それを貴女が忘れる事はないと、信じているわ
        (目線を合わせ、しかと言い聞かせる様に告げた)・・・あぁあと、説明しても能力に納得して貰えないかもしれない・・遠慮なく私の名前を出していいわ?(不躾に能力の本質を見抜かれ修正されたら堪らない)
        -- 2016-06-13 (月) 11:16:38
      • 気づく…?(どういうことだろう?と本人が自覚していない領域で『あくどい事ができない』ようにイザヨイに育てられている証拠だ)
        …うん…(お母さんってきっとこんな感じなのかな?と…ガミガミガミガミうるさいイザヨイと違った母性を感じて目を細める…)
        うん…?(それはいいけれど…?といまだにメガネのことについて気が付いていない…)なんだったらかれりあさんがいっしょに来てくれてもいいかなって…(自分だとうまく説明できるか不安…なんて) -- 陽子 2016-06-13 (月) 11:59:46
      • 調子に乗らないで初心に帰れたという事よ・・・(目を細める様にほんわかした気持ちが胸を満たす)
        それもそうね・・・というか、多少なりとも指導した手前、私が説明しないといけない所もあるのよね(うんうんと頷き、「じゃぁ行きましょうか?」と背を押して)
        -- カレリア 2016-06-13 (月) 12:06:47
  • ([『蘇りし太古の災厄討伐依頼』の報酬として、魔法の札が届きました) -- 2016-06-12 (日) 23:16:58
    • わぁおっそういえばそういう報酬もあったわね・・・(受け取り忘れてた魔女だ)
      ふんふん・・・そうね‥鈍重じゃぁないわよね(目をそらしつつ)
      -- 2016-06-12 (日) 23:31:56
  • 久しくカレリアさんのところに顔を出してなかったなって。この間の蛾退治、お疲れ様ー!なんだか最後凄いの出してたけど、あれはゴーレムか何かだったのかな
    そういえばカレリアさんって結構おしゃれだよね。季節ごとに結構着替えてて……私とかいつも似たような服で、うん -- アニー 2016-06-12 (日) 21:57:52
    • お疲れさまアニー、毒は中々に厄介だったわね(うんうんと頷いて)
      (くすりと)あぁあれ?えぇあれもゴーレムよ・・・鎧として身にまとう、というより搭乗するといった方が近いものだけれど・・・アニーこそ、香辛料魔術、かなり物にしていたじゃない?(ああいう風に使う物なのねと頷いて)
      ふふっでしょう?(くるくる回って嬉しそう)アニーも衣替えすればいいのに・・・女の子なんだからおしゃれしないとダメよ?
      -- 2016-06-12 (日) 22:11:17
      • なるほどあれで格闘とか出来るんだね。自分で動かせるゴーレムって便利そうだね ん、そうそう 私は雷以外の術はさほどでもないから、触媒を通す術でフォローしてる感じなんだ
        水着はなんとか頑張ったんだけどね。研究と修行に時間とってるとどうしてもね…… -- アニー 2016-06-12 (日) 22:25:27
      • 魔法使いにとっていかに自分を守るかは重要な課題だもの・・・(ふふっと思い出すように笑って)地元じゃ、そんな事をするくらいなら隠れてゴーレムだけで戦わせろと教えられたけれど
        そうなの?(考えて)まぁでもなんにでも触媒となる物はある物よ、使いこなしてさえいれば関係ないわ・・・人間は道具を使う生き物だもの
        もぅ‥研究熱心なのは結構だけれどね(くすくすと笑って)・・・因みに、今はどんな研究に手をだしているの?
        -- 2016-06-12 (日) 22:39:16
      • 私はカレリアさんの理屈の方に分があると思うな 何もなくなった時に頼れるのは自分だし、自分で身を守れるならゴーレムすらなくなってもちょっとは頑張れそうだし!(やはり脳筋であった)
        触媒無しで炎や光を扱うのはまだまだ先になりそうなんだよねぇ……知らない魔術に手を出すのも楽じゃない!
        今は香辛料魔術の発展が中心かな。文献集めとしてはインテリジェンスソードとかのも初めてるけど、ちょっと芳しくない感じ -- アニー 2016-06-12 (日) 22:50:16
      • そうよねぇ?中で揺れてシェイクされるくらいで音を上げるなんてダメダメなのよあの引き籠り達は(ふんすと)・・ふふっそれはそれで凄いわね(ゴーレムどころか魔女空手もなくなったら何処まで戦えるだろうなんて思いつつ)
        火ねぇ・・そういえば・・東洋の神に火雷神なんてのもいたわね・・・(なんて唐突に思い出す)「雷によって引き起こされる火災」を象徴した概念らしいけれど‥他にも雷光もあるし、そういう雷の発展という方向じゃダメなのかしら?
        インテリジェンスソードかぁ‥ふふっそれは楽しそうね・・・あぁそういえば・・・(なんて何か思い出したように机にペーパーナイフとして置かれた短剣を手に取る・・・鞘から抜き)

        「私を、よりにもよって紙を切る為だけに使うとはなにご──」
        (また収める)この前の海水浴の時に拾ったのよね・・・煩くて殆ど使ってないけれど -- 2016-06-12 (日) 23:02:16
      • まぁ、冒険者やるなら魔術師も基礎体力を問われる時代なんだろうね…… 山越え谷越えはいつものことだし
        イメージの問題はそこそこ解消できてきた感じなんだ 後はそれをどうやって定着出来るか、なんだけども 練習しかないんだよねぇ・・・
        あ、インテリジェンス……ダガー? え、紙切るのにそんなの使ってるの!?(流石にそういう使い方をしていれば衝撃も走り) -- アニー 2016-06-12 (日) 23:15:50
      • 何を武器にしていようと体が資本というのは変わらないのよね・・・だから鍛えて損はないの(うんうんと同意して)
        結局、反復練習が何よりの近道なのよね・・・手順をゆっくり踏みながら、それを段々早めて・・・(格闘技の型と同じねと)
        だぁっていらないんですもの(ふりふりとダガーを振る)・・・売ろうにも気位が高くて買い手が嫌がるのよねぇ・・・(レフィ辺りなら買ってくれるかしらと悩んで)
        -- 2016-06-12 (日) 23:30:36
      • ホントいうなら研究者も体力勝負に違いないからトレーニングとまではいかないけど運動の1つ2つはしっかりやっておくべきなんだけどねー 怠る人は多い うん
        習得効率が悪い人間は本当に繰り返す以外の手が取れないから……私はもう本当に繰り返して覚えるしかなくて
        勿体無いなぁ……といって私があっさり買い取っていいほどの品でもなさそうで。そのままの意味で使い手を選ぶ武器っていうのは大変だ 引き取ってくれそうなのはレフィさんぐらいか…… -- アニー 2016-06-12 (日) 23:38:05
      • うぅん・・・確かに、より効率の良い習得方法というのはあるけれど・・・目的が戦いに用いる事で、反射的に使う必要が求められるのなら反復練習は何よりも大事だと私は思うわ・・・(だから自信をもっていいのよと)
        (おぉっと頷き)アニーになら売ってもいいわよ?(当然安くはないけれどと笑い)コミュニケーションは大事だという事ね・・もう少し調教して、素直にしてあげたらいいのかしら?(なんて妖し気に笑ったり)
        -- 2016-06-12 (日) 23:49:20
      • //文通でー -- 2016-06-12 (日) 23:50:44
      • 残念ながらそれに相応な額を支払ったら研究費がカツカツになっちゃうと思うので…… うわぁ、カレリアさんドS!でもある意味主従関係を正してるってことかもしれない
        っと、ちょっと長居だったかな?それじゃ、またねー どこか冒険で会ったりするかもね!(最後に手を振って去っていった) -- アニー 2016-06-13 (月) 00:02:43
      • ふふっまぁ暫くは持っている事にするわ・・・ふふっ私に拾われたのがこの子の運の尽きね(つつりと鞘をなぞって)
        そう?気にしなくていいのに・・・えぇそれじゃぁまたね?(ばいばいと手を振って見送った)
        -- 2016-06-13 (月) 09:49:57
  • (くるり回って衣替え)ふふん?こんなものね -- 2016-06-12 (日) 18:08:22
    • おー…紫…大人の女性って感じだ…(いい…しながら)
      先週はお疲れさまねカレリアさん。虫、なんとか撃退できてよかったねー。報酬もかなり貰えたし。 -- サザンカ 2016-06-12 (日) 18:23:43
      • ふふっアリガトっ(伸ばしたおさげを揺らして)
        えぇ坊やもお疲れさま、おかげでかなり潤ったわね・・・・随分派手な攻撃をしたけれど‥大丈夫だった?
        -- 2016-06-12 (日) 18:25:56
      • 衣替えという概念が存在しない俺から見たらカレリアさんおしゃれだよね…俺もなんかおしゃれをするべきか…(服には無頓着な少年である)
        教会の仕事がバリバリできてこれは有難い…。ああ、俺の方は大丈夫。怒りとか諸々込めて、法力で全身ガードしたからね。(ピンピンしているようだ…)
        今夜は対外試合もあるし、あれくらいでへばってちゃ話にならないからね。四季との戦い楽しみだなー(わくわくして髪房がぴこぴこ跳ねている) -- サザンカ 2016-06-12 (日) 18:32:27
      • そりゃするべきよぉ服を変えれば気分もリフレッシュ、新たな気持ちで臨めるという物よ、お掃除も兼ねるから部屋の模様替えも大事ね?
        ふふっそういいながら見た目には分からないダメージが〜なんてやめてよね?(ないと思うけれどとくすくす)
        そういえば試合、あるのだったわね(先週は見に行くだけ行って霊圧が確保できなかった魔女だ)ふふっ頑張ってね?(前から思ってたけどこの髪はなぜ動くのかとぴこぴこ跳ねる房を撫でて)
        -- 2016-06-12 (日) 18:38:33
      • ふむ…そうかな(髪房ぴこぴこ)しかし常に外套を上に羽織る以上中々難しいものがあって…掃除は割とこまめにやる方だけどね。主にシャノル姉さんが勝手に部屋に入ってくるからという理由で。
        大丈夫、そんなダメージがあってもエルオさんに治してもらうし!対外試合で大きな怪我はしないようにしなくちゃな…また心配される(うーん、と悩む)
        ああ、弟子カッコカリなんで気軽な身分だけど、それでも勝ちにはいくよ。カレリアさんが応援してくれればやる気も出るし!(髪房を撫でればそれに反応するようにぴょんぴょん…謎だ)
        そーいえばカレリアさん、前の冒険の時空飛んでたけど…あれは魔術の一環なの?空飛ぶ魔術って結構高度だって聞いたけど…? -- サザンカ 2016-06-12 (日) 18:44:54
      • 脱いじゃえばいいのに・・・あるいは通気性のいい別のデザインのにするとか?・・・ふぅん?(勝手に入ってくるお姉さんの存在に意味ありげな目を向けて)
        ・・・それならいいけれど・・大けがをして心配するのは診療所や教会の人だけじゃないんだからね?
        (謎だ・・・と唸りながら)ふふ、殆ど反応できないかもしれないけれどね・・・それにしても借りの弟子だなんて、人数に大分差があるのかしら?
        (くすりと微笑み)あぁあれ?・・・あれは・・多分坊やが飛んでいたのと同じ仕組みよ・・・普段攻撃に使う魔女空手を剛とするのなら、柔のイメージで吹かす事で体を浮かせているのよ(うんうんと頷き)・・・坊やこそ・・あれだけ欲しがってたイヤリングをぱっぱと手放しちゃったけれど・・・(にやりと)なにかあるでしょ?
        -- 2016-06-12 (日) 18:56:29
      • 神父様の形見の品ですので…90kgの重りにもなってますので外すのはちょっと。通気性は結構グンバツですよ?夏に着てても走り回らなけりゃ暑くないし(最新鋭技術の塊でもある外套をひらひら)
        わかってる…つもりではあるけど。無茶をしちゃうのが男の子の特権だからね。しょうがないね(苦笑して)リカルドのおっさんは2人、イェチンさんは4人?かな、おっさん側が足りないんで懇意の俺が呼ばれたってわけ。
        ……えっ。(心外だという顔)俺、単純に足で遠当て打ってその反動で飛んでるから物理的なもんだけど…?体が落ちる前に反作用で上に飛ばしてるようなイメージ(力技であった)
        …あ、ばれた?へへ、実は今自分で同じ機能の物作ってるんだ。受信するのを魔力を通しての信号じゃなくて電気…電波で同じの作れないかなって思って。鋭意製作中(ふふんと胸を張る)
        だいぶ枠組みはできてきたから、イヤリングほどのサイズにはならないけど、ポケットに入るくらいのサイズにはできると思うんだ。できたらカレリアさんにも見せてあげるねー(機械工学にかなり明るいようである) -- サザンカ 2016-06-12 (日) 19:01:00
      • 形見の品に重りなんて付けちゃってしかも着たきりスズメだなんて・・・ふふ、ぼろぼろになっちゃっても知らないわよ?(嘘、直すき満々である、ほつれとかないか見てる)
        んもう・・・(しょうがないなと苦笑して、なるほどと頷く)
        言い方の違いよ、それが何であれ放出する感じの遠距離攻撃を下に噴出して反動で飛ぶなら、同じよ(凄い乱暴だ)
        ふふ、やっぱり・・・見るからに貴重品といった感じなのに、それを分解もせず見ただけで仕組みが分かって、再現できちゃうのね?(あら楽しみっと微笑みつつ目元をなぞる様に擽り)・・どこで習ったのかしら?
        -- 2016-06-12 (日) 19:16:17
      • 多少のほつれはシスターが定期的に縫い直してくれるから大丈夫…全体に金糸が編み込まれてるから頑丈だしね。……なんかすごい、目線が気になるんだけど…?(なお現在、脇腹のあたりがだいぶ解れてる。闘技場の戦闘で剣を受けたためだ)
        すごい乱暴な理論を聞きました。でもまぁ確かにそうか…俺は俺で法力使って脚力増強してるところあるしな。ん、つまり足から法力を放ち続ければ飛べる…?(ぴこーん)
        どこで習った…と言われても…(所在なさげに頭をかいて)教会の書庫で一通り、いろんな学術書は読んだことあるし。じっと見れば、こう。設計図とか思いつかない?(明らかに異常なセンスであった) -- サザンカ 2016-06-12 (日) 19:20:38
      • (くすくす)シスターも大変ね?定期的に縫い直しても追いつかないみたい?(脇の解れをしてきして)ほら脱ぎなさい、直してあげるから(針と糸を取り出しながら)
        勢いを出すために線で、安定させる為に面で、バランスよく放出する事ね‥まぁ坊やの呑み込みの良さならいけるでしょう
        うぅん?普通はそんなの思いつかないわ・・・「知ってる」と「出来る」には本来もっと大きな隔たりがあるのよ・・・高い熱意と効率的な考え方でもってトライアンドエラーを繰り返して・・そうしてようやく下地となるデータベースを自分の頭の中に作り上げる事が出来るの
        ・・・もしそれを知識とイマジネーションだけで補えるのだとしたら・・・普通では考えられないとんでもない才能よ?(嫉妬しちゃう位にねと微笑む)
        -- 2016-06-12 (日) 19:52:14
      • え?あ、ここ解れてたか…!こないだローザと戦った時だな。…ん、いいの?それじゃお言葉に甘えて…(脱ぎ脱ぎ)…重いよ?(と言いつつ90kgの外套をそっと手渡す)
        面と線…面かー…(足の遠当て、今のところは線でしか放てていない。面に放てるようになろう)…うん、頑張るよ。次はもっと華麗に空を飛んで見せるっ!(大変自信満々だ)
        ……隔たり…んー(そうは言われても、理解できてしまうものはできてしまうのだ。たとえ知らない機械であっても、中を見れば構造が読み取れてしまう)…才能、なのかな?
        そうだとしたら、俺はこの才能を生かさないとね?まずは通信機の開発からかな(と言って屈託なく笑う。内心、何か空恐ろしいものを感じながら)
        (…自分のこの力は普通じゃない。改めて指摘され、考えてしまう。前にカレリアに言われた「精巧なゴーレムは人間と区別がつかない」。…俺の存在は、作られたものじゃないのか?)
        (そして、そんな思考をおくびにも表には出さない。そう、サザンカは努めて笑顔を作った)カレリアさんに嫉妬されるのは悪くないね。是非してほしいくらい? -- サザンカ 2016-06-12 (日) 20:04:56
      • (受け取る、めっちゃ重いっ!即座にアレックスがパワーアシストを起動して見た目は普通に)・・・こんなの着てたら背が伸びなくなるわよ?・・いえそれどころか体壊しちゃうかも・・・(合う色の糸を見繕い、チクチクと縫い合わせていく)
        (精進なさいと頷き)そうよ?・・・私はそういう物、否定派だったんだけどね・・・こうして実物を見てしまえば認めざるを得ないわね
        そうね・・・才能の事をギフト、なんても言うけれどそれを天から賜るという事は、それを周りに還元しなさいという事でもあるのよ・・・ただ生かすのではなく・・・天からの贈り物を、皆と分け合うの
        (繕いながらそう言っていると・・返ってくる言葉が不自然に明るい気がして、改めて見つめる・・・以前話された彼の不安を想えば・・少し不用意な発言だったかもしれない)・・・不安?(優しく問い掛けて)
        -- 2016-06-12 (日) 20:17:19
      • 言わないでください。気にしてるんです。…こないだ指摘されて気づいた。俺この服着てから身長伸びてない…(髪房へにょ)…形見なんで脱ぐつもりはないけど…。
        ……天才、ギフトか…(褒め言葉のはずなのだが。どうしても素直に受け取り切れない。感情の部分で、飽和する)…もちろん、独り占めしてマッドなサイエンティストになるつもりはないけどね?
        (だから努めて明るく振舞った。つもりだったのだが、やはりこの女性にはわかってしまうものなのか。不安か、と問いを受ければ押し黙り)……まぁ、少しは。(素直な感情を吐露する)
        でもね、カレリアさん。これも俺の本心なんだけど。(と、前置きし)…俺、結構町のみんなと仲良くやれてるじゃん?だから、今の俺がどんな存在でも…俺は、それでいいと思ってる。
        このまま、町のみんなと仲良く過ごして…シスターや、大切な人たちと一生を過ごせれば。俺はそれでいいんだ。だから、不安だけど…大丈夫だよ。辛かったら、みんながいてくれるからね?(今度こそ。心からの笑顔を見せた) -- サザンカ 2016-06-12 (日) 20:28:15
      • ふふっ形見を大事して貰えるのは嬉しい事だけれど・・・それ以上に、子供が健やかに成長する事を望むのが親というものよ・・・(へにょった頭をなでなでして)
        そう・・・(素直な吐露を聞けば優しく同情を寄せる様に・・・しかし続く言葉には)そうよ・・それよ、それが大事なのよっ(よくぞ行き着いたとばかりに嬉しそうな笑顔を浮かべる)
        自分の正体が何かなんて重要じゃないの・・・そんなの、私にだって自分の事は分からないもの・・・大事なのは「どうありたいか」よ(ぎゅーっと強く抱きしめてよしよしと撫でる)・・・成長したわね‥サザンカ・・・(はいっと繕い終わった神父服を渡して)
        -- 2016-06-12 (日) 20:39:59
      • (優しく抱き留められる。母の記憶は自分には一切ないが…もしいたら、これくらい温かく接してくれたのだろうか?思わず、涙がにじんだ)……あ、うん…(目を閉じると、一筋零れた)
        (それでも、自分の思いを肯定されて。サザンカもまた、自分の中ではっきりと整理することができた。そう、自分は今は一人じゃないし、家族がいる。それでいいんだと)…有難う、カレリアさん(撫でられて、恥ずかしそうに…しかし、はにかむような笑顔を見せた)
        (――修繕のお礼を言って神父服を受け取り、上に羽織りながら)…そういえば、今カレリアさん、俺の事名前で呼んでくれたね?いつも「坊や」だったのに。(にっ、と笑って)
        認められたみたいで、なんかすごいうれしかったよ。それじゃ、本当にいろいろどうもね、カレリアさん。(丁寧にお礼を言って、お辞儀をして部屋を後にした) -- サザンカ 2016-06-12 (日) 20:44:40
      • (まるで晴れ姿を見守る様に服を整え、ハンカチで涙を拭ってあげる)ふふっ・・・貴方はちゃんと大事な事に気づいたもの・・・
        今の貴方なら、この先何があってもちゃんと立ち向かえる・・そういう男だとこの私が認めたのよ?(挫折したら許さないんだからとウィンクして)
        えぇ、それじゃあまた・・・(ばいばいと手を振って見送ると)・・・ふふっ(嬉しそうに微笑んだ)
        -- カレリア 2016-06-12 (日) 20:53:08
  • 「もう予め植えておかないと先送りになりすぎると思った」っていう名前の木の苗だそうです。(植林) -- ソニア 2016-06-12 (日) 02:46:28
    • ふふっこの名前を考えた人は随分忘れっぽい人だったのかしら(なんて言いながら苗をつついて) -- 2016-06-12 (日) 03:11:33
      • あるいは、大変スケジュール管理が下手な人だった可能性…。
        ところでおねーさんゴーレムくわしいんだよね!(話は急展開した!) -- ソニア 2016-06-12 (日) 03:23:02
      • ふふっこういうのは基本的にノリでいいのにね
        うん?えぇまぁそれを専門的にしている程度にはね?・・・・どうして?(先を促すように小首を傾いで)
        -- 2016-06-12 (日) 03:27:28
      • じつは最近こういう場所の噂を聞いて…調べてみようかなとか思ったんだけど。お姉さん何か知ってるかなって。
        (中身が違うだけで、大体機械もゴーレムも似たようなもんだというのが彼女の認識であった。おもに、サイズの問題で) -- ソニア 2016-06-12 (日) 03:33:47
      • ふぅん?(軽く目を通して)・・・ジープのカテゴリーとしては此方の方がゴーレムより近そうね・・・
        (くすりと微笑み)前に、収斂進化と評したけれどロボットとゴーレムは最終的な扱われ方が同じでも技術としての流れが大きく異なるから注意が必要よ
        -- 2016-06-12 (日) 03:47:18
      • おー、やっぱりジープのに近いんだ…。あの遺跡の中の…機械鉱山かな…。
        (ふむ、と頷く)
        んーやっぱり違うものかぁ。ゴーレムは自動で直るいうのも多いって聞いたから。ジープにもそれ使えないかなって思ったんだけど。 -- ソニア 2016-06-12 (日) 04:06:38
      • (うぅんと考える)私のゴーレムの場合、かなりファジーな存在だから、欠損しても適当に土とかで埋めれば作り直せるけれど
        見たところジープは一つ一つのパーツがかなりハッキリわかれているわ・・・パーツはちゃんとあったものを選んであげるべきだと思う・・・
        (ただと付け加えて)あの子、お腹にある修復機能が動かないとも言っていたわ・・ここの廃材からお腹部分に集中して直してあげたら、もしかしたらジープ自身の機能が回復するかもしれない
        -- 2016-06-12 (日) 04:33:17
      • マジで!?あっ…そういえば昔ジープがそんなこと言ってたような…。
        (かなりファジーな整備してたようだ)
        たしかに土とか入れてもジープは直せないし…。わかった、やっぱり遺跡をなんとか調べてみるね。ありがとおねーさん。
        (いい笑顔で、2〜3度跳ねると、走ってった) -- ソニア 2016-06-12 (日) 04:38:25
      • ・・たぶん、ジープの事を一番よくわかっているのはジープ自身よ?貴女はジープの言葉が分かるんだから、ちゃんとあの子の言葉を聞いて直さないとダメよ?
        (またねと手を振って見送って)・・・大丈夫かしら・・・ふむ・・遺跡ねぇ・・
        -- 2016-06-12 (日) 04:41:48
    • ・・・ -- 2016-06-11 (土) 10:37:49
      • 移動力*攪乱 2人
        移動力 1人
        回避術*錯乱・・・錯乱? 1人
        回避術*解毒薬 1人
        記載なし 1人
        -- 2016-06-11 (土) 10:40:53
      • まぁ群像劇でこんなことを気にしてもしょうがないのだけれどね・・・妄想するだけならただという事で
        ・・・解毒薬が一人というのが気になるところね‥2人いれば二班に分かれて両側から攻撃しつつ誘導と行けたのだけれど
        -- 2016-06-11 (土) 10:46:47
      • 攪乱役と解毒役に分かれて、攪乱が飛び回り誘導して、毒を受けたら一歩引いた位置にいた解毒役の所に戻ってと繰り返すのがいいのかしら?
        ・・・どの道現場の詳しい状況が分かれば変わるでしょうし・・向こうから指示があるかもしれないのよね(ホントに意味ないなぁこれと思い始める)
        -- 2016-06-11 (土) 10:55:02
      • ・・・まぁこの前みたいに最初の段階で自分がどういう事が出来てどういう風にしたいかって言っておけば自然と連携っぽい事ができるでしょうそうでしょう(此処までの流れをポイしてごろん) -- 2016-06-11 (土) 10:56:20
      • お姉様がんばれ、超がんばれ! -- ハイリエ 2016-06-11 (土) 12:50:01
      • (むくりなう)ハイリエが来てた気配がするわ・・・
        予定より睡眠時間が短いのでこれは夜間眠くなるフラグね
        -- 2016-06-11 (土) 17:37:38
      • ぬくもり… -- ハイリエ 2016-06-11 (土) 19:37:34
      • ・・・(よしよしと撫でる、まだまだ残暑があるので温もりは控えめに) -- 2016-06-11 (土) 19:39:33
    • 姉御お疲れ様ー。色々計算してたから疲れさせちゃったかねぃ…?(毛布をかけたりかけなかったり…シュレディンガーの毛布) -- レクトール 2016-06-12 (日) 01:01:40
      • はぁいレクトール(甘えるように毛布にくるまりながら)
        電卓叩くだけだもの大したことはないわ・・・むしろ全員分の処理をしていた貴方こそお疲れ様よ
        -- 2016-06-12 (日) 01:28:09
  • (何やら怪しいブツを抱えて持ってくる)カレリア殿ー、ちょっといいでござるかな? -- ササキ 2016-06-10 (金) 01:51:22
    • あらササキ、どうしたの?・・・(ブツを見て、示す)・・なにそれ? -- 2016-06-10 (金) 01:53:42
      • ううむ、こう言う者はカレリア殿に見て貰うのがいい、と拙者の知る範囲の魔女事情でござるよ
        こう言うものなんでござるが…(ゴロンと出てくる『穢れた魔女の肉』 )うちにあるだけで呪われそうで、しかしながら捨てたら捨てたで厄介な事になりそうで…どうしたもんでござろうかね?と相談に -- ササキ 2016-06-10 (金) 01:58:14
      • ・・・・・・・・・・・・なにこれ・・(流石に閉口する)ねぇなにこれ?(もう一回聞く)
        悪い事は言わないから、こういった物は元あった場所に返して供養するのが一番よ?
        -- 2016-06-10 (金) 02:02:20
      • これは『穢れた魔女の肉』と言って羊の神の祭壇から受け取ったもので…神の啓示で受け取ってしまったんでござるよ
        なんだかヤバい雰囲気がプンプンしてござる! -- ササキ 2016-06-10 (金) 02:04:43
      • (あそこかぁと唸って)・・・また捧げなおせばいいじゃないの・・・そうやってる人を見た事ある気がするわ
        私はこういう感知系が得意じゃない方なんだけど・・・それでも何かひしひしと呪いじみた物を感じるわ・・・あまり持ち歩かない方がいいわよ?
        後はそうね・・・穢れなのであれば・・・何かに移すか‥清めるかするのが対策のベーシックになるけれど・・・
        -- 2016-06-10 (金) 02:14:42
      • やっぱりぃでござる?それも考えたでござるけどおどろおどろしくて逆にアリでござるな…!と思ったでござるよ
        しかしこうしているとなんだか怖い気がしてきて…どうしよう?となったでござる
        魔女の肉らしいのでカレリア殿なら…と、肉をゴーレムにして邪悪な意志が生まれたりするかもと思ったでござるが…
        移したり清めたり…そうすると今度はただのフレッシュミートになりそうでござるなあ -- ササキ 2016-06-10 (金) 02:18:43
      • そんな深夜のテンションで作った物を翌朝見て覚めるみたいな・・・
        そりゃフレッシュミートにするための方法だもの・・・呪われそうっていうから呪いを薄める方法を考えたんだから・・・
        ・・・生んでほしいわけ?邪悪な意思・・・やってやれない事はないけれど・・・ササキが責任をもって管理してよ?(ふんすと腕をくんで)
        -- 2016-06-10 (金) 02:22:47
      • 大体あってるから困るでござるな!
        なるほど…ただのフレッシュミートになったら人肉…?牛肉の方が良いでござるなあ…
        マジでござるか!?あ、やめとくでござる、大人しく捧げなおしてきます…(行く) -- ササキ 2016-06-10 (金) 02:24:24
      • ただいまー(『愛くるしいアセロラ』を持って帰って来た) -- ササキ 2016-06-10 (金) 02:25:36
      • はい、そうしなさい(ぱたぱた手を振って見送る)・・・私ってそんなマッドなキャラかしら?(ちょっと不安になったとかなんとか) -- 2016-06-10 (金) 02:28:53
      • はやっ!?(おどろく)あら、可愛いのになったわね?(嬉しそうに頷いて)捧げなおして正解だったわね? -- 2016-06-10 (金) 02:29:45
      • (驚いた表情を見たことで少し得意げ)
        フフフ、可愛い事は可愛いでござるが食品には違いなく…ギャルにプレゼントするもの…?ならばちょうど良し、とこうして持ってきたのでござるよ -- ササキ 2016-06-10 (金) 02:31:30
      • (むっ)なによその顔・・気に入らないわ(ちょんと突いて)
        そう・・・なら私にくれるのかしら?(一つ抓んでみたりして)
        -- 2016-06-10 (金) 02:34:26
      • あぅふ(すぐにへにょる)い、いやたまには良いでござろう!?
        左様…貢物?にござりますぞ(跪いて恭しくアセロラを献上する) -- ササキ 2016-06-10 (金) 02:37:16
      • ふふっ(すぐへにょればまんぞくげ)良いかもしれないけれど私は良しとしないわ(えっへんと威張る、どっちだ)
        あらぁ♪頂くわ(恭しく捧げられれば改めて受け取って一口)うんっすっぱい♡・・・ありがとうササキ?(跪いて下がった頭をよしよしと撫でる)
        -- 2016-06-10 (金) 02:44:59
      • うぬぅー…これは敵わんでござるなあ(正解がどちらなのかわからない、もう…わからないんだ…)
        ははぁー…カレリア殿は女王様にござるか…? -- ササキ 2016-06-10 (金) 02:47:23
      • ふふっ・・なって欲しい?女王様♪(しゅるりと乗馬鞭を抜いて微笑む) -- 2016-06-10 (金) 02:51:41
      • …一つお聞きして良いでござるか?それは…常備してござって…? -- ササキ 2016-06-10 (金) 02:53:39
      • (くるりと返す、柄頭に睡蓮の花の意匠がある)ロータスワンド・・・鞭みたいだけれど、これは魔女の杖なのよ(yes♡と頷く) -- 2016-06-10 (金) 02:57:13
      • 鞭かと思えば杖でござったか!ふぅ…流石に鞭を常備しているのかと思えば…杖であれば納得でござるなあ、はっはっは
        …鞭としても使えると…? -- ササキ 2016-06-10 (金) 02:58:18
      • (くるりと返して鞭部分をひゅんと風鳴らす)鞭としてもつかえると♪(うんうんと頷く) -- 2016-06-10 (金) 03:01:45
      • (ごくり)この上なく似合ってやがるでござる…!まさにハマり役、素手で殴ったりとかばかりではなかったんでござるね… -- ササキ 2016-06-10 (金) 03:03:02
      • これを使うと魔女空手の効果も随分上がるわ(禁鞭みたいな範囲の打神鞭みたいになる)
        ふふ・・・(そのままとんとんと、優しく、でも叩かれているという実感は覚える程度の強さでササキの頬に当てて)
        -- 2016-06-10 (金) 03:08:40
      • 空手の効果が上がる鞭ってどういう事でござる!?ああいや杖でござるか…装備すると筋力アップする類でござろうか…(めっちゃつえーでござる!?)
        アヒィッ!?(なぜかはわからないが、痛みは無いものの頬への圧迫感にひれ伏さざるを得なかった)ははぁー… -- ササキ 2016-06-10 (金) 03:13:57
      • 「空手」なんてただの名前で、実際は攻撃範囲の拡張と威力アップですもの・・・杖をもって本格的に魔法として機能させれば強くもなるわ
        ふふふっいい子ねササキ・・(なんてくすくす笑いながらめくるめく妖し気な世界に入っていく・・・つづかない)
        -- 2016-06-10 (金) 03:19:36
  • (バーン!と現れる人影。逆光で誰だかわからない…いや、わかるシルエットで)どなたかおられるかー!!! -- ルウジー 2016-06-08 (水) 21:14:15
    • いるわ!(どーんと正面から待ち受ける)・・どうかした?ルウジー? -- 2016-06-08 (水) 21:27:53
      • 目の前でしたか!(Ouch!と尻もちをつき)ササキ号のことでお話があるでござるよ…じゃない、あるんですけど…あれは夢…?それとも君がみた幻…? -- ルウジー 2016-06-08 (水) 21:34:10
      • うん?海でのあとそのまま渡したと思ったけれど・・・何か不具合でもあったかしら?(夢でも幻でもない実物だ) -- 2016-06-08 (水) 21:44:50
      • いいんですか!あれ貰ってもいいんですか!!やったー!!!(具体的には名簿に飾ったりコメント欄で乗り回したり妙な事しても大丈夫かな的な…) -- ルウジー 2016-06-08 (水) 21:50:36
      • いいのよ、大事に使ってあげてね?(じゃんじゃん張り出してがんがん乗り回してみんなの声援を受けていいんだ) -- 2016-06-08 (水) 21:54:19
      • qst086446.png: -- 2016-06-08 (水) 21:58:14
      • 憧れのマイカーが私のものに…!いがいとでかいですね… -- ルウジー 2016-06-08 (水) 21:59:25
      • さすがに大きさは自重するべきではないかしら?(自分は慣れてる、切り貼りしまくって何度も見てきて耐性が出来ているぞ・・・下のアリーが心配だけど) -- 2016-06-08 (水) 21:59:57
      • 500*500だからね・・・何なら小さく作り直すわよ?150*150くらい? -- 2016-06-08 (水) 22:01:12
      • ああ!ごめんなさい!!!ちいさくしました!もうしわけない! -- ルウジー 2016-06-08 (水) 22:03:24
      • ふふっいいの、作った私が言うような事じゃなかったもの、謝らなくていいわ(寧ろ気を使わせちゃってごめんなさいねとなでなで) -- 2016-06-08 (水) 22:04:50
      • だ、だいじょうぶです…!せっかく譲り受けたのにそこまでしてもらっては面目たちません! -- ルウジー 2016-06-08 (水) 22:04:57
      • ふふ‥じゃぁこのままでという事で・・・頑張ってササキ号の魅力を普及するのよ(ぎゅっと手を握って) -- 2016-06-08 (水) 22:11:58
      • ありがとうございます…!大事に育てます…(手を握り返し)また今度改めてまじめに伺います…(ササキ号に乗り込むとペコリと頭を下げ発進するのだった) -- ルウジー 2016-06-08 (水) 22:24:48
      • 陸の上でもゆうゆうと乗り回すとは・・・やるわねルウジーっ(見送った) -- 2016-06-08 (水) 22:45:42
    • (新しいシールが含まれたVer2にならなかったことをほっとする) -- ササキ 2016-06-08 (水) 23:50:02
      • (探した・・・新しいシールあった!・・・盛り込んでほしい?) -- 2016-06-09 (木) 00:08:15
      • (それはルウジー殿に聞くべきでは…?) -- ササキ 2016-06-09 (木) 00:10:08
      • (それもそうだ・・・がちょっと今は気力ないからいいや・・・後の扱いはルウジーに任せちゃおう・・(無責任)) -- 2016-06-09 (木) 00:23:35
      • (よしよし…して帰る) -- ササキ 2016-06-09 (木) 00:25:07
  • う、んー…(少し考え事をしながら足を進めている) -- アリー 2016-06-08 (水) 19:53:03
    • あら?アリーじゃないの・・・はぁい?(歩み寄って声をかける) -- 2016-06-08 (水) 20:02:50
      • あ、カレリアさん。(声をかけられて立ち止まりお辞儀をして)
        ちょっと気になる事があって、どうした物かと考えてて…丁度カレリアさんの事を探してたんです。今お時間大丈夫ですか…? -- アリー 2016-06-08 (水) 20:05:00
      • ふふ、こんにちは(合わせて礼をして)
        うん?気になる事・・えぇ、大丈夫だけれど・・・私にわかる事かしら?(なぁにと小首をかしいで)
        -- 2016-06-08 (水) 20:26:15
      • ええと…前に教えて頂いた、リュカさんとアトリアさんについて…でして。
        あ、もちろん頂くつもりではないのですが…どういった方なのかというのを、先にお聞きしとこうかなと思いまして(とはいえリュカさんの方には既にお話を伺いに行ったのですが…と、続けてから)
        …アトリアさん、とは…どういう方なのでしょう、か? -- アリー 2016-06-08 (水) 20:32:06
      • (頂くつもりではないと聞けば快く・・とはいっても)うーん先入観を与えるより実際に会ってみるのが早いのだけれど・・・
        ドラゴンよ、ただし女の子の姿をしたね?(と100cmくらいの高さを示す)背はこの位だったかしら?
        姿は自由に変えられるみたいだけど、多分早々別の姿をとる事はないんじゃないかしら?
        後は・・1,000年って単位を軽く言ってのける辺りかなり長い事生きているみたいね・・・でもそれを鼻にかけるような子じゃないわ
        最初にあった時はなんか荘厳っぽい雰囲気を出していたけれど・・・ちょっと話したらすぐに砕けた調子になったしね?(あれはキャラ作ってるわねとこくこく)
        -- 2016-06-08 (水) 20:42:05
      • ええ、と…先にリュカさんにお会いしたのですが…(あ、とても優しい方でしたねと言いつつ)
        ドラゴン…っ!?え、え?女の子の姿をした…です、か(そうして背を示されて、自分よりも小さな高さを示されて)
        …世の中広いとは思ってました、が…そんな方が近くにいらっしゃるとは…(と、素直に驚きながら)
        なるほど…それなら、会いに行っても安心です、ね。あ、ちなみに何か好きな物とかってあるのでしょうか…?…後、よくよく考えたらその見た目なら、あちらは元より母乳も難しそうでしょうか…ね? -- アリー 2016-06-08 (水) 21:29:51
      • えぇ、リュカは可愛い子よね?・・・女性が苦手みたいなこと言っていたけれど・・(様子を見るにいい印象なようで安心する)
        まぁある種の変化なのでしょうね・・・見た目はそうでも経験は豊富って感じよ
        好きな物・・・女の子が好きね‥(性的な目で見られた事を思い出す)・・・アリーなら可愛いから、すぐに気に入ってもらえるんじゃないかしら?(うんうんと頷く)・・後は・・・「人が勇気を示した物語」を収取していたわ・・・あれは退屈しのぎみたいな物かしらね
        さてね・・・その辺りは本人のみぞ知るといった所でしょう・・・聞いてみるのが速いでしょうけれど・・・(またちょっと心配そうな目で見て)
        -- 2016-06-08 (水) 21:43:17
      • 女性が苦手…です、か(その割に私は特に何も言われませんでした、ね…と。…もしかして女性に見られて無かったのでしょう、か?)
        …見た目は子供、頭脳は…大人…?(そんなカレリアさんの言葉から連想された物をぽつりと呟き)
        逆に女の子が好きなのですか…えっと、ちなみに聞きますけれど……嗜好的な意味ででしょうか、それとも食欲的な意味で…?(多分後者は無いとは思うが、何せ相手はドラゴンという話…用心だけはしといた方がと思い)
        …勇気を示した物語、ですか…私は、ちょっと無縁そうですね(と、苦笑して見せて)
        で、ですがお話を聞く限り怖い方ではなさそうですしきっと何も無いです、よ。…無いですよ、ね…?(心配そうに見られてる内に少し不安になりながら) -- アリー 2016-06-08 (水) 22:06:38
      • あー・・・私が突いた時にそういったから・・触れられない限りは大丈夫なのかもね?
        ・・・メガネはかけてなかったわ(きっぱり)・・嗜好的な意味・・・だとは思うわ?私の胸を見ながら言ったし、何より食べられた訳じゃないもの(くすくす)
        ふふ‥私も無縁だと思っていたけれどね・・・よくよく考えてみれば勇気って何も戦いの中だけで示されるものじゃないから・・・
        ・・えぇ、凄く優しい子よ?不安がらなくて大丈夫・・・だと思うわ?(確証はない)・・・むしろあそこまで行くのが大変かしら・・・(街の微妙に外なのよと頷く)
        -- 2016-06-08 (水) 22:18:18
      • スキンシップが苦手なだけかも、しれませんね…?(そういう方もいらっしゃいますからと頷き)
        そうです、か(カレリアさんの眼鏡は良い文明。例の眼鏡は悪い文明)…カレリアさんのお胸…を、です?(見つめてから、自分の身体を見下ろして…少しだけ気にする様に胸に手をあてて隠す素振り)
        …そういえば、この街に来た時も…最初は本当に勇気を振り絞って来た物です。…アレ以上の勇気は、中々…(と、やっぱり少し乏しい様な気もしながら)
        …こ、これでも毎日こう…身体とか鍛えてます、から?なので、歩いて行く位なら大丈夫…だと、思います(それに優しいのなら安心ですねと口にして。…そんな様子が妙に不安を煽ったりする、フラグ的な意味で) -- アリー 2016-06-08 (水) 22:30:59
      • (何か思い至っている様子のアリーに小首を傾げつつ)ふふ‥心配しなくても、あんな小さな子に化けてるんだもの・・・小さい子も好きな筈よ(偏見だ!)アリーの可愛さは私が保証する、きっといい関係が築けるわ(優しく撫でて)
        勇気なんて相対的な物よ・・・周りから見て、じゃなくて自分から見てどうなのかが重要なのだもの・・・そういえば・・・アリーがどうしてこの街を選んで来たのか、聞いてなかった気がするわ
        (うーんと悩まし気に)・・・送り迎えならするわよ(行間でもRPでも)・・モンスターだって出るかもしれないし・・・(それだけではない何かこう、危険な気配も感じて心配そうに)
        -- 2016-06-08 (水) 22:45:06
      • な、なるほど…確かにそうかもしれません(それをすんなり信じて、撫でられてくすぐったくも心地良さそうに目を細めて)
        私が来た理由です、か?…大して面白い話題ではないのですが…えっと、幼い頃に両親を亡くしてまして……それで、親戚で、吸血鬼としての親に当たる方の家に引き取られたのですが…少しゴタゴタがあって、15歳の誕生日に家を出る事を決意したんです。それで…選別代わりに頂いたのが、あの館でした(と、今住んでる館を示して。)
        …確かに出たら、対応しきれない気がしますね…では、あの…お願い出来ます、か?その…護衛という形で。(きっと到着すれば安全ですよと、フラグ立てには余念がない) -- アリー 2016-06-08 (水) 23:47:06
      • ふふっ(そうそうと微笑みながらぐりぐりぐりーっと撫でまくって)
        うんうん・・(吸血鬼になった経緯までは何処かで聞いた気がする・・で、そこからだ)ゴタゴタ・・・ね・・血が飲めない事?・・・そう、あの館はそういう事・・・(考えてみれば少女が館を手に入れるなんてそうそうある話ではないのだ・・引っ越さないのも納得がいく)それでもあの広いお屋敷に一人・・・寂しくない?
        えぇ引き受けたわ(快く承諾して・・・)・・・もし変な事されそうになったら嫌っていうのよ?‥そういうの無視するような子じゃないと思うから(変な事とは何か・・・いやいやまさかそんな・・とか考えては妙な考えを振り払っている)
        -- 2016-06-09 (木) 00:06:20
      • わ、わわ…っ(と撫でられ撫でられ、少し髪型が乱れたりしながらも嬉しそうに)
        …引き取ってくださった方は優しくして下さったんですが、その…一部の方との折り合いが上手くいかず、ご迷惑をかけてしまってるのを知って…決めたんです。(元々使ってないところでしたし、権利書まで頂いてしまいましたから…(なので、手を加え…住みやすくしてるんですよと)……寝てる時は寂しくないですし、夜は…街に出てますから。皆さん優しくして下さるので……思った以上に寂しくはないです。(ただ、たまにそんな日もありますけれど…と呟いて)
        …はい、お願いします、ね?…は、はあ分かりました…(そんなに心配する様なことなのでしょう、か…?と思いつつ、後日準備ができたらお願いに参りますのでと言って)今日はありがとうございました、それでは。(と、一度お辞儀をして館のある方へと歩いていって) -- アリー 2016-06-09 (木) 00:54:54
      • あらあら、可愛いのを台無しにしちゃったわ(ごめんごめんと笑って撫でつけ直して)
        そう・・・じゃぁあの館は完全に貴女の物なのね・・・(「そんな日もある」には悲し気に閉口し)
        うん、じゃぁ決まりっまたね?(手を振って見送って)・・・流石に心配し過ぎかしら?
        -- 2016-06-09 (木) 18:55:16
  • カレリアの姐さーーーーーん!! おーーーいちょっと待ったーーーーー!!!(姿を見つけるなり呼び止めて駆け寄る) -- ファウスト 2016-06-07 (火) 22:42:44
    • うん?(はてと振り返ると見知った少年)あら貴方・・ファウスト、だったかしら?(そういえば全然お店に行ってなかったなぁと思いつつ)
      ふふっこんにちは、男の子に戻れたのね?
      -- 2016-06-07 (火) 22:54:20
      • いざ見つけ出そうとなったらこんな大変だとは思わなかったよ…魔女ってまじで神出鬼没なのな!!(あちこち探し回ってたらしい)ああ、そっちはどうにか…レイレイのおかげでね
        姐さん、今ちょっと話せるか? 大事な用事だ あんたなら何か知ってるかもしれない…(近場のカフェテリアに誘う) -- ファウスト 2016-06-07 (火) 23:25:37
      • ふふっ見つかっちゃうなんて私もまだまだね?・・・でもそう、治ったの‥(虎彦の坊やも治せるかしらなんて思いつつ)
        うん?ふふ‥なぁに改まっちゃって?(誘われるままについていく)・・・レイチェルの事?
        -- 2016-06-07 (火) 23:35:12
      • 時間が許せばこのままどっか遊びにいきたいくらいだけど、今日は真面目な話だ(共有の友人で真っ先に思い浮かぶのは彼女のことだ 問いかけにうなずいて)
        あんたも気付いてたと思うけど、夏に入る前くらいからだんだん様子がおかしくなってる…それで、本人に直接当たってみたんだ(メニューを向けて、自分はカプチーノをオーダーする)
        何かあることはわかったけど、それが何かはわからなかった…今のところ、そいつを止めるつもりもないらしい それで、姐さんに聞きたいことがひとつだけある… -- ファウスト 2016-06-07 (火) 23:49:06
      • ふふっ残念・・・夏に入る前から・・・(6月は忙しかったし7月は海に出っ放し・・・そういえば最近遊びに行っていなかったなと思う)海では普通だったけれど・・・
        (うーんと困った様に笑って)なぁに?力になれるか不安になってきたわ
        -- 2016-06-07 (火) 23:54:10
      • あいつは良心の呵責に苛まれてた よりにもよって、あんなふわふわしたグルグルメガネがさ、自分自身のしでかしたことに慄いてたんだ おかしいだろ! だから聞きたい…レイチェル・レイネスは何をした?
        魔女のことは魔女に聞くのが一番だ 姐さんなら何か心当たりがあるんじゃないかと思ってな(真相に近づくことだけを望み、年上の魔女をまっすぐ見つめて) -- ファウスト 2016-06-08 (水) 00:00:58
      • レイチェルが・・・良心の?(考える・・・夏の前・・あれか?やっぱり気にしていた?)・・・それを知ったとして・・・坊やはどうするのかしら? -- 2016-06-08 (水) 00:17:01
      • あいつを縛る何かがあるなら、そいつを叩いて刻んでイヴォルティーニの具にしてやりたい…騎士の剣の誉れにかけて あとは知ってから考える! やっぱり何か知ってるのか?(カプチーノに口をつけて) -- ファウスト 2016-06-08 (水) 00:38:09
      • 貴方は料理人でしょう?誇りがあるのならその心は皿で表現なさい(にべもなく言い放つ)
        えぇ心当たりはある・・・けど当たっているかは分からないし・・・勘だけどあれはただのきっかけで、貴方の言う問題の本質じゃない気がしてならないのよ・・・(頭をかいて)何より、べらべら人に言いふらすような内容じゃないわ・・たとえあの子と親しくしている人間でもね?
        「そういう事」をしてしまったのよ彼女は、親しい男の子にこそ打ち明けられない様な事を・・・貴方は今それを暴こうとしているのよ?・・・行動するよりまず今自分が成すべき事をよく考えなさい
        -- 2016-06-08 (水) 00:56:17
      • 違う、俺は《犬と料理人の騎士団》の遍歴騎士(カヴァリエーレ)だ どこかの誰かが果たせなかった夢を継ぎ、失われた願いを貫くために剣をとった料理人だ
        問題の本質じゃない?……その「何か」は手段であって目的じゃないってことか 本当の目的は別にあって、あんたが知ってるのも過程にすぎない…
        シニョリーナ・カレリア、だったらどうしろってんだ! いつか取り返しのつかない事になる…その「いつか」は今日かもしれない どうしてあいつが泣かなきゃならなかったんだよ!! -- ファウスト 2016-06-08 (水) 01:24:08
      • 随分抽象的だけれど・・・その失われた願いというのは剣を持たないとダメなのかしら・・・(随分物騒な誰かだったのねと)
        だから分からないのよ(ぱたぱたと手を振り)元々抱えている何かがそれを機に出たんじゃないかって、そんな気がするだけ・・・というか、私に万能を求めないで頂戴、私は貴方とレイチェルの会話に立ち会ったわけじゃないのよ?
        それが分かっていながらどうして貴方はここにいるの?どうしてあの子の傍にいてあげないの?今のと同じ言葉をあの子にかけてあげたの?・・・・女の涙を剣で拭うべきではないわ騎士様、必要なのは愛だけよ
        -- 2016-06-08 (水) 01:43:10
      • そっちの仕事は発掘調査と文献集めがほとんどだ フィールドワークは危険がいっぱいでね 空飛ぶ本に食われそうになったこともある…それはともかく
        かけたさ! 思ってたことだって、全部ぶつけたよ!! それでもあいつは話さなかった 最後はいつもどおりの自分に戻ることを選んだんだ
        話はそこで打ち切りだ……それ以上何も聞けなかった(カップをあけ、ソーサーに置いて)姐さんの優しさはいつも切れ味抜群で…すこし誤解されやすいかもしれないな
        俺のことが信じられないから秘密を守ったわけじゃない…多分、これがあんたの考える最善だったんだ 付きあってくれてありがとう どうも道草食ってる暇はなさそうだ…行かないと、またどこかで!(支払いを済ませて店を出ていった) -- ファウスト 2016-06-08 (水) 02:28:23
      • ならそういう事よ、貴方に意志がある様に、あの子にも意思がある・・・それが気に入らないというのなら根気が必要よ(やめろとは言わない)
        タイムリミットがいつになるか分からないのならそれこそ無駄にする事は出来ない・・・けど変な探りを入れてあの子の心を抉るのは得策とは思えないのよ(私が優しいかは兎も角と)
        えぇそれじゃね・・・(そう言って見送る・・・なにも注文してないので居心地は悪い)・・・(続いて自分も出る)
        -- 2016-06-08 (水) 09:08:55
  • リア姉リア姉、図書館とか色々教えてもらったお陰であたしもちょっと魔法とか使えるようになってきた!ありがとね!
    ちなみになんだけど、リア姉の攻撃の魔法じゃないほう…まぁ格闘技の方なんだけど、あれはどこで習ったん?魔女教育の一環? -- オカリナ 2016-06-07 (火) 21:49:42
    • そうそう、ちょっと見ない内に貴女魔法使える様になってたのね、驚いたわ
      (んーと考え)まぁ基本的な動き・・・と言うか拳の握り方や殴り方を教わったのはそうね・・・そこからの技術は故郷の衛兵の人達から教えて貰ったわ・・ふふ、特別な物でも何でもないのよ
      -- 2016-06-07 (火) 21:57:08
      • まぁ何か遺跡で見つけた物のお陰だけどね、結果的に使えてるしいいかなって!
        へー、じゃあ軍隊仕込な感じなんかな?実戦的なんだろーなぁ…あたしは拳法始めたんだ、やっぱ冒険者にはそう言うのの練習って大事だよね!
        あたしもお礼って言うかそんな感じでリア姉に教えて上げられることがあったらいいんだけどなぁ -- オカリナ 2016-06-07 (火) 22:03:07
      • その意気よっ(用は使えりゃいいんだはこの魔女とて同じである)「使える様になってきた」という事はまだまだ練習中くらいかしら?
        拳法ねぇ‥ふふ、いいんじゃないかしら?貴女の武器は格闘とも相性よさそうだし・・・きっと合うわ
        ‥オカリナが私に?ふぅん?(くすくすと微笑まし気に)じゃぁ‥魔法って具体的にどんな事が出来るようになったのかしら・・?
        -- 2016-06-07 (火) 22:12:03
      • うん、練習中!まだまだ実戦で使えるほどじゃないかも、集中とかいるし…前にリア姉が言ってた事を考えると歌や音楽に乗せて魔法を使うことも出来るのかな?そっちなら得意分野なんだけど
        結構あってる気がするんだよね今の所、鍛錬も楽しいし!
        うん、ほら…もしかしたらそう言うジャンルもあるかもじゃん?魔法についてはあたしが教えるとか無理だけど…そうだなぁ、氷を出したりその辺を冷やしたり出来るよ!ちょっとなら -- オカリナ 2016-06-07 (火) 22:17:03
      • 一つ・・・魔法を使う上で大事なことがあるとするなら・・・「出来ると思えば大体出来る、出来ないと思えば絶対に出来ない」よ・・魔法の形は人によって違うけれど‥貴女の魂がそういう魔法も「あり」だと思えれば、自然と使える様になるわ(試しに練習してごらんなさいなと)
        そう、楽しいと思えるのなら続けて損はないわね(うんうんと頷いたり)・・ちなみに拳法ってどんな事をしてるの?
        ふふ、そうね・・・なにかあるかも・・・(何ができるか聞けばよかった)そう・・氷の魔法が主体なのね・・・ふふっまだちょっとかぁ‥将来的にはどう伸ばしたいのか・・そういう目標も大事ね
        -- 2016-06-07 (火) 22:39:37
      • イメージの話もそうなんだけど魔法って結構ファジーって言うか…あれだな、てきとーだな!でもそれはすっごいヒントになった気がする、一番しっくり来たのがあたしの魔法なんだなぁ
        どんな事って言うと…殴り方や蹴り方かな?いやそう言う事じゃないか?型って言うのかな、動き方を覚えたりさ(実際にパンチのコンビネーション的な型を一通りやって見せた)
        リア姉みたいにどかーん!見たいなのはまだちょっと…あたしはあんまり規模が大きくなくてもいいんだぁ、戦う時も一人一人確実にやっつけていければいいし、普段でもジュースをぱっと冷やせれば…とかね、そんな風に思っちゃうな -- オカリナ 2016-06-07 (火) 22:46:22
      • ファジーというより・・・混沌その物なのよ・・・「なんでもあり」すぎて、ルールを決めて扱わないとまともに理解もできない(そうよとうんうんと頷いて)
        型・・・(ほほうと見て・・)頭で覚えた一連の動きを、反射的にこなせるよう体にしみ込ませる・・といった所かしら・・・
        ふふ、大体どうありたいかは見えているのね?(良い傾向よと頷く)ただ・・小さなお椀と大きなお椀、同じ量の水を入れた時、後者の方がより自在に水を転がす事が出来る・・・貴女自身の力を伸ばせば、自然と出来る事の幅も広がる・・・
        目標に沿った技の練習をしつつ、基礎的な力もしっかりと伸ばしていくのよ?
        -- 2016-06-07 (火) 23:09:10
      • 晩御飯は何でもいいよって言われたら困っちゃうのと同じだな…ちょっと違う?とにかくあたしのイメージが大事ってことだよね!
        うん、その通り!頭で考えることが減ったらその分素早く動ける、見たいな事言われたなぁ…でもやっぱり時々変わったことしたくなっちゃうよね
        んー…とにかく強くなれって事かな?基礎っていうと体鍛えたりイメージ力つけてみたり…って感じ?とにかく分かった!教えられることがあればとか言っておいて教えてもらってばっかだったけど、いい事聞いたから気にしないことにする!
        よーし、じゃあ修行するぞ!そんじゃねリア姉、次会う時はもっと強くなってるから! -- オカリナ 2016-06-07 (火) 23:18:39
      • ふふっユニークな例えね?(それでいいのよと頷いて)
        (肩をすくめて苦笑して)端的に言うとそうなるわね‥なんだか「鍛えろ」ばっかりになるのは物寂しいわ・・
        でも氷みたいに物を作れる属性は、そのまま武器にしたり盾や足場にしたりと発想次第でいくらでも強くなれるのよ・・・そしてその為には地力が必要になるの
        えぇそれじゃぁまたね?楽しみにしているわ(ばいばーいと見送って)
        -- 2016-06-07 (火) 23:39:43
  • 誘惑に負けて1.2したんでござるね… -- ササキ 2016-06-06 (月) 22:47:26
    • 負けたわ・・・昨日の「明日からはー」は撤回されたわ・・・ -- 2016-06-06 (月) 22:48:35
      • オラッ!この誘惑に弱い魔女め、オラッ!(くすぐる) -- ササキ 2016-06-06 (月) 22:49:08
      • あんっ♡‥ふふっごめんなさいってばぁ(きゃっきゃ) -- 2016-06-06 (月) 22:53:09
      • (ずざっと離れて)ちょっと色っぽい声を出さんで欲しいのでござるよ!? -- ササキ 2016-06-06 (月) 22:54:28
      • あら?先に擽ってきたのはササキじゃないの?(くすくすと笑って突き返したり) -- 2016-06-06 (月) 22:56:49
      • うう…ぐぬぬ…そうではござるがー…いかん、オラッ!と攻め込もうとしたらすでに攻守が逆転してござる!
        このままでは分が悪いでござる、戦術的撤退!(とうそう) -- ササキ 2016-06-06 (月) 23:03:09
      • ふふっササキはちょろいわね・・・ダメよそんなんじゃ・・・
        えぇまた・・あぁ、あのササキ号はルウジーに上げたから、行けばいつでも見れるわよー(嬉しくない情報だ)
        -- 2016-06-06 (月) 23:36:03
  • スコッ!!(札が投げ込まれた!ご協力ありがとうございました!) -- 2016-06-06 (月) 22:18:04
    • まぁありがとう!えっと・・・(読む)えっと・・・(考える)えーっと・・・ゴーレムを召喚するのね! -- 2016-06-06 (月) 22:34:12
  • いやーこの前の冒険での活躍凄かったよ。カッコイイねぇ〜人の盾!光ってた!(頷き) -- グレイ 2016-06-06 (月) 22:05:48
    • ふふ、序盤は滅茶苦茶だったけれどね?・・・ポジション確認しておくだけで大分動きが変わったわね -- 2016-06-06 (月) 22:07:06
      • 凄かった、真面目に。吃驚の予想外だったね!
        まさかあそこまで変わると思っていなかったので…
        俺は見てたね!カレリアさんが果敢に敵の攻撃を受けている隙に
        キョーレンさんが流れるように攻撃していく様を…(思い出し笑顔に)
        言葉で表現すると陳腐になるけど…流麗で美しいコンビネーションでした -- グレイ 2016-06-06 (月) 22:13:07
      • あら、私とキョーレンだけじゃなかったわよ、皆いい動きをしていたと思うわ・・・グレイは・・・バランサーだったのかしらね?(後ろの方過ぎるとあまり見ていなかった魔女だ)
        ふふ‥途端に饒舌になって・・・貴方の小説のネタの足しにはなったみたい?
        -- 2016-06-06 (月) 22:33:20
      • あの戦いぶりじゃ見てなくても仕方がないよ。それに俺は大した事してないしね(手を振って苦笑して)
        大分ね。本当に助かりました、いいネタになったよ。次回もよろしくね!それじゃ今日はこれにて!(手を挙げて帰っていった) -- グレイ 2016-06-06 (月) 22:35:40
      • タンカーは一番的に肉薄するから全体を見る余裕がないのよね・・・
        ふふっそれはよかった・・えぇ、それじゃあね?
        -- 2016-06-06 (月) 23:34:53
  • カレリア殿の印象…この夏で随分変わり申した(ガンガンギギンと言い、シール船といい) -- ササキ 2016-06-06 (月) 00:09:09
    • ふふっ夏は女を開放的にするのよ?・・・は兎も角・・本当にごめんなさいササキ・・ -- カレリア(水着) 2016-06-06 (月) 00:15:50
      • いや…拙者は謝られるようなことは無いでござるよ
        むしろカレリア殿の愉快な一面を見れたのと、拙者に対する愛を感じたでござるからなあ…多少歪んでござったが(どうやら怒ってはいないらしい、むしろ笑っている) -- ササキ 2016-06-06 (月) 00:17:12
      • ・・・(ほぅっと息を付く)ありがとう・・・昼にあの三つが並んだ時に何かこう・・じわじわっと来たのよね・・・レースのsozaiも、この旬を逃しちゃいけないと思ったの・・・
        今回のレース、狙われてない感じがしたのは確かなのよ・・・ギリギリまでトップに立ってなかったのもあるのでしょうけれど、貴方が守ってくれたんだと思うわ(うんうんと)
        -- カレリア(水着) 2016-06-06 (月) 00:31:04
      • そこでクリエイトに走るとは…カレリア殿不在中にキラシールが生まれてマを白熊からキラに置き換えられたりしてもうだめでござった…
        ゴールの瞬間は見られなかったでござるが、拙者の勝利を願う念が届いたならよかったでござるよ、惜しくも…2位だったようでござるが -- ササキ 2016-06-06 (月) 00:32:52
      • キラシールを見つけた時にはもう完成していてね・・・作り直すのがちょっと手間だったのよ・・・あ、ちなみにササキ号にもしろくまが使われているのよ?(突っ込まれなくて寂しかったわぁと笑う)
        ふふっあれねぇ・・・時計を見ながらだったから00秒も狙えたのよ・・・でも同着なら早い方が優先されるって知らなかったの・・・ルールをしっかり把握していたシトーの勝利ね(悔しいわと首をふる)
        -- カレリア(水着) 2016-06-06 (月) 00:36:34
      • しろくまは気が付きはしたでござるが拙者の方に拙者は食い付いたのでござるなあ…細かいこだわりには感心するでござるが!
        ほう、そう言うギリギリのせめぎ合いで一歩負けたと言う事でござったか…ルールの把握も大事でござるなあ… -- ササキ 2016-06-06 (月) 00:39:25
      • あの見切れ具合が最高だったのよ!(力説)・・ただアレがあるから背景をマケドニアにできなかったのは残念なポイントね(分かりづらくなる)
        まさに、ねあの子が01秒で私が02秒だったから・・・そう、そこだったのよねぇ結局は(ざんねんっと楽しそうに笑って)
        -- カレリア(水着) 2016-06-06 (月) 00:44:22
      • 変なこだわり持ってるでござるゥー!?やはり…カレリア殿は開放的になってござる…なりすぎてござる?
        なるほどその僅かの差が勝敗を分けたんでござるなあ…(よしよし、と撫でて) -- ササキ 2016-06-06 (月) 00:46:13
      • こだわるわよぉ・・・あそこがまさにチャームポイントだったんだから(くすくす)開放しすぎて中の方まで見えちゃってる?(ふふっと)明日から少し自重するわ
        (よしよし撫でられ目を細める)ふふ・・・こんな風にされるのはあまり慣れてないわね
        -- カレリア(水着) 2016-06-06 (月) 00:54:27
      • そうだったでござるか…拙者としてはもう拙者としか受け取れんかったでござるからなあ、他の部品もシール使われたりしてる!と言うくらいでござった(笑ったからいいんでござるよ)いやいや…そう言うカレリア殿も面白くて好きでござるからそのままでいて欲しいでござるな
        ふむ、まあ…どちらかと言えば撫でる側、でござるかな? -- ササキ 2016-06-06 (月) 00:56:06
      • 船本体の所は結構頑張ったわ・・・慣れている人からすれば大した事はないのでしょうけれど・・・(あの二人とはほぼ面識ないのよねぇとどちらかというとそっちが心配)・・あらそう?ふふ、でもこんなノリはそうそう出てこないわよ・・・sozaiを見つけない限りね(悪戯っぽく微笑んで)
        そうねぇ・・・この界隈にはからかうと可愛い反応する子が多いから・・・ちなみにササキもその一人よ?(にこっと笑って・・ほらほらもっと撫でてと帽子を取って頭を傾ける)
        -- カレリア(水着) 2016-06-06 (月) 01:05:37
      • 本体の方が注力してたんでござるな…変な形になるでござるからなあ…(オランジーナさんはいじられキャラになってるな…あの流れでのゴリラさんの方のチョイスはわからない…)
        逆に言うとsozaiあれば…しらたま殿に要注意でござるなあはっはっは
        ええ…拙者も子扱いでござるか!?う、うぅ…むむむ…(受け側に回ると弱いらしく、言葉を詰まらせつつ頭を撫でる) -- ササキ 2016-06-06 (月) 01:08:47
      • こう・・・木材を張り合わせてる感じがだせたらなぁって・・ふふ、愉快な事になっちゃってたけど(あれは本当になんでだろう・・・?)
        ふふ、あの子は何をしてくるかわからない魅力があるわ・・・(次のイベントはクリスマスかハロウィンかと考えてる)
        ふふっほらほら、子供かどうかより、そういう所が可愛いのよ(撫でて貰いながら甘えて)
        -- カレリア(水着) 2016-06-06 (月) 01:13:47
      • あの段々になっていたのはそう言う事だったのでござるなあ(ゴリラさんと白玉殿の接点をよく知らないでござる…!)
        まあ…何をするかわからんと言うのは凄くわかるでござるが…(またよからぬことを考えているのか、普通の事なのかな…と)
        ぬうう…(たじろぎつつも撫でている、あっ、いい匂い) -- ササキ 2016-06-06 (月) 01:16:41
      • いっその事そういう線を描いてしまっても良かったかも?ふふ‥やだわぁもう済んだ事なのに手直ししたくなっちゃう・・
        ふふ‥いいじゃない・・・ああいうのに振り回されるのも・・楽しそうよ(よしよしと労わる様に撫で返したり)
        (十分堪能したという様に離れると)はい、そこまで(またスチャリと帽子を被ってしまう)
        -- カレリア(水着) 2016-06-06 (月) 01:24:52
      • 妙な所に完璧を求めるでござるなあ…次の獲物(被害者)を探した方がいいんでないでござる?
        まあ…まあ楽しくはござるが、居候同志でもワチャワチャと仲は良いようでござるしなあ
        (肩をすくめて)こりゃ手厳しいでござるや -- ササキ 2016-06-06 (月) 01:29:50
      • ふふっそんな簡単に見つかるかしら・・・(仲良くやってるならいいのよと頷き)悪ふざけはしても悪いようにはしない・・でしょう?
        (くすくすとわらって)そうよぉ?簡単には触れさせないのが女から男への付き合い方なんだから(さっき思いっきり撫でさせてた事は棚に上げる)
        -- 2016-06-06 (月) 01:50:34
      • 悪いようにはしていないと思うでござるが…被害でも訴えられたら何とかするしかないでござるが
        そいつは残念でござるな、これ以上カレリア殿に触れること敵わず…今日は失意のままにお暇するでござるかなあ、それでは拙者はこれで
        (去りゆく背中、ほどなくしてサムズアップが…「いいコラだったぜ…ドタバタしていてあまり見れていなかったけれど…!」と言っているかのようであった) -- ササキ 2016-06-06 (月) 01:53:34
      • やっちゃったらごめんなさいすればいいのよ(しれっと)きっと許してくれるわ、今みたいにね?(ウィンク)
        ふふっそうやって簡単に諦められると切ないわぁ(またねーと手を振って見送った)(ありがとう!)
        -- カレリア(水着) 2016-06-06 (月) 07:28:56
  • カレリアさんも水着を着ていらっしゃるんですね。夏はどうですか? -- シィホ 2016-06-05 (日) 19:38:58
    • あらシィホ、うんっバッチリ満喫よ(くるりパレオをたなびかせ)
      貴女は?・・・夏真っ盛りでもやっぱり寒い?
      -- カレリア(水着) 2016-06-05 (日) 20:06:59
      • (帽子は脱がないんだ……アイデンティティなのかな)そうですね、水着は寒かったので早々にやめました
        あと海も怖いですし……お似合いですよねカレリアさんは。それだとナンパ? とかされちゃうんじゃ…… -- シィホ 2016-06-05 (日) 20:08:48
      • (視線に気づけば)あぁこれ?‥ふふっ思いっきり水に浸かったりしないし・・危ないかなーって時は取るけど・・・基本は魔女としての拘りね(うんうんと頷く)
        寒いっていう事は体温が高いのかしら・・・(手を取ってみたり)それともその翼の影響?(海が怖いのは水だからかしらとくすくす)
        ふふっありがとう・・・でも全然、この辺の男はダメねぇ(誘われないと悲し気に首を振る)
        -- カレリア(水着) 2016-06-05 (日) 20:22:43
      • (ほんのり暖かい指先)どっちなんでしょうね……う、海は翼をつけると危ないので怖いです……
        そうなんだ……でもそれくらい素敵だとお伝えしたかっただけで悪気は……す、すみません(手を取られたままでおどおど) -- シィホ 2016-06-05 (日) 20:25:13
      • ・・・夏が寒く思えるほどの体温じゃないわね・・・じゃぁやっぱり翼の影響と考えるのが妥当ね・・・(なにせ火だものとこくこく)
        ふふ、やっぱり火だからね・・・もし消えてしまうとどうなるの?
        ふふっいいのよ、貴女が気にする問題じゃないもの(ぱっと手を離して)海に入るのはダメでも、浜辺で遊ぶ分にはいいのでしょう?なら泳げないから水に入らない私と大して変わらないわ(こくこく)
        -- 2016-06-05 (日) 20:34:43
      • 消えてしまうということは死ということになりますね。これはわたし達の命の火でもあるんです
        そうですねぇ。浜辺くらいなら多少は…… -- シィホ 2016-06-05 (日) 20:40:16
      • やっぱり・・・そうなると海は本当に怖いわね、雨の日とかも大変でしょうに・・・
        ふふっそれなら・・・ちょっと怖いかもしれないけれど楽しめるわね、きっと友達も沢山できるわよ
        -- 2016-06-05 (日) 20:45:31
      • 雨の日は基本的には外に出ません。無理すれば可能ですがそもそもめっちゃ寒いので……
        友達……そうですね。友達ですか。あまり考えたことなかったですね……
        それじゃあ旅館に戻ります。なかなか庶民的な旅館も楽しいものですね(とことこ歩いて行った) -- シィホ 2016-06-05 (日) 20:48:33
      • ふふっそれもそうねぇ・・・なんだか色々苦労しそうだわ・・・
        そう?楽しいわよ、せっかく皆が集まってるんですものっ行かなきゃ損よ・・・・・・庶民的?(はてと小首を傾げて見送った)
        -- 2016-06-06 (月) 00:15:09
  • 姉御ってたまに面白いよなぁ、ちょっと前の葡萄酒輸送護衛とか…(思い出してニヤける) -- レクトール 2016-06-05 (日) 18:02:21
    • あら?たまにってなによ、私はいつだって皆の笑顔を大事にしているわ(えっへん)
      ちょっとぉ何思い出してるのよ?(やめてよねぇと突っつき)貴方は飲めなくて残念だったわね?あれすっっっっっっっっっっごく美味しかったのになぁ(にやにや)
      -- 2016-06-05 (日) 18:06:41
      • いやいや、俺が今言ってる「面白い」ってのは「天然」とか「隙がある」的な面白さでな…(逆に言えば普段はしっかり者の印象を抱いている)
        そら羨ましいこって。俺ぁ普段安酒をちびちび飲んでるからなぁ、貧乏舌にゃあさぞ刺激が強かったろうなぁ…(棒読み) -- レクトール 2016-06-05 (日) 18:14:06
      • ・・・女は愛嬌なのよ・・・って言いたい所だけれど、私そんな天然なんかじゃないわよ?(そこに美味しいお酒があったんだものと頷く)
        そんな事思ってないって顔してる(むーっと)・・・ひょっとしてもっと上等なワインを飲んだことがあったり?
        -- 2016-06-05 (日) 18:21:48
      • ははっ…いいじゃねーか天然。男ウケいいよそういうの?(ちょっと不機嫌になる様子も含め、可愛げがあって好ましいと思う鳥)
        んー……「大昔」に飲んだことあるかも? あとはこないだ美味い猿酒も飲んだっけな…まぁでも、つまみも大事だし…(安酒を美味しく飲む手段を知り尽くしている)
        俺ってば結構料理にも拘るんでな〜。今日はほれ、アップルパイを土産に持ってきたから。美味いぞ〜? -- レクトール 2016-06-05 (日) 18:37:26
      • (まったくもうとため息ついて)ふぅん?大昔ねぇ・・それってどれくらい?(ちょっとくらい踏み込んで聞いてみたくなって)
        ・・・そうそう、そういえば貴方そんな依頼も出していたわね・・それがあったからあまり執着しなかったのかしら?(わざと見つかってたでしょう?と)
        (つまみの件には)・・ま・・それもそうね・・・ふふっその辺りの楽しみ方は貴方に勝てる気がしないわ・・・あら?いいわねぇちょっと季節外れだけれど・・・ひょっとしてこの前の魔女の農園のという奴かしら?
        -- 2016-06-05 (日) 18:46:30
      • ……兵士やってた頃、かねぇ。まだ若かったからあんまり味覚えてねーけど(具体的な年数は出なかったが、「若かった」という程度には昔のようだ)
        まぁそういう理由もあるかねぇ…あとは元々、葡萄酒よりも麦酒派っていうのもあったり。姉御も今後「酒は飲んでも呑まれるな」の精神を大事にするといいさ〜
        (この前の依頼かと問われれば肯定し、紙箱を開けてアップルパイを見せる。季節外れのリンゴがシナモンと砂糖でしっかり甘くなり、ツヤツヤの光沢を纏っていた)
        昔のダチがこれ好きでなぁ。甘味を作る趣味はなかったが今では手馴れたもんよ -- レクトール 2016-06-05 (日) 18:58:56
      • へぇ?・・・それは残念・・ね?あれだって売り物ではあるもの・・きっとそのうち買う事が出来るわ(そうしたら乾杯しましょうと頷き)
        ふふっ飲まれてないわよぉあれくらいじゃ(飲まれてた)
        わぁお・・いい香り・・・私甘い物って好きなのよっ(さぁ一緒に食べましょうよとお茶を入れて)じゃぁレクトールがこれを?・・・すごいわ・・ふふっ人は見かけによらないのね?(くすくすと)
        -- 2016-06-05 (日) 20:05:45
      • あれくらい…? (意外とめげないな姉御…そこが天然たる所以なんだが……意外なチャームポイントなんで放置しとこう!)
        甘い物が好きなら良かった。女性にシカ肉の燻製持ってくるのはちぃとばっかし博打だからなぁ…あ、よく言われる。料理上手そうに見えないっしょ俺っち?
        長いこと独りで旅してるし、酒のつまみは欲しいし…そんなこんなで色々作れるようになったのよな〜…あ、お茶どうも -- レクトール 2016-06-05 (日) 20:56:31
      • あれくらい(うんうん、あくまで強気だ!)
        ふふ、それはそれで好きよ?良い出汁が取れそうだもの・・・
        それにしたってパイは意外だわ・・意外にこういうのもお酒に合うのかしら?(切り分け、渡し、自分の分をさくりと食べて)ん・・うんっ・・・・・・っ・・いけるわ(ぐーよと微笑んで)
        -- 2016-06-06 (月) 00:11:46
      • ダチが甘味……というかそのアップルパイ好きだったんだよ。サザンカ少年んとこの教会あるっしょ? あそこにいた神父、ビリーがな
        (言いながら自分はお茶だけを啜り、カレリアの食べる様子を眺めている。自分の料理を人が食べてる様子というのは何となく満たされる)
        ところで姉御。姉御ってパフォーマーの仕事もやってるんだよなぁ? -- レクトール 2016-06-06 (月) 00:20:07
      • あら?・・・サザンカの坊やの・・?お知り合いだったのね・・・・・・(知らない人だが、知りたいと思う人だ)・・ねぇ‥貴方から見て、ビリー神父ってどんな方だったの?
        (貴方も食べればいいのにとかれに切り分けた分を示したり)えぇ、たまにね?・・・ふふ、なぁに?やってみたい?
        -- 2016-06-06 (月) 00:33:37
      • (全てを把握しているわけではない故)詳しくは少年から直接聞いてくんな〜。ヤツと俺の関係はまぁ…「悪友」?みたいなもんだと思う
        ああいや、俺ぁいいんだよ…味見は十分したしな。んで大道芸がやってみたいワケでもない……いや、少し近いのか?
        闘技場で姉御と見世物を重視したバトルをやってみてぇなー……っていう密かな目論見? -- レクトール 2016-06-06 (月) 00:39:44
      • それもそうね・・・・・・悪友・・ふふっそういうのっていいわね
        見世物を重視した・・バトル?(よく分からないといった風に小首をかしぐ)ロープの上で勝負するとか?
        -- 2016-06-06 (月) 00:46:36
      • 姉御も俺の悪友になりつつあるのかもしれない…いや、「悪」なのは俺っちの方かね?(冗談っぽく笑う)
        ロープの上は多分俺が無理かな! 別にルール自体は普通というか、ギミックの上でやりたいワケじゃあないねぇ…そうだな、例えば
        俺っちがいつものように銃を撃つ! だが出てくるのは造花とか、クラッカーみたいな紙とか……客が見てて楽しいようなバトル?
        どういう趣向を凝らすかはそれぞれ自由で、勝ち負けに拘らないショーを兎に角やってみてーのさ -- レクトール 2016-06-06 (月) 00:52:59
      • ふふっありがとう・・・あら?貴方はいい人よ・・半年ほどの付き合いだけでもそれは判る
        (肩をすくめて)私だって無理よ、踏ん張りが全然効かないもの・・・
        (うぅんと考える)・・まず・・・戦闘に関してはグレイとの先約があるの・・・準備が出来てないと言ってあるけれど‥どちらかと言うと私の心構えね・・・私どうも、人と戦うのはダメみたい・・(首を振る)
        そういう意味では貴方の提案はとても魅力的・・・興味があるけど‥これと言ってアイデアが浮かばないわ(困った様に笑う)
        -- 2016-06-06 (月) 01:00:32
      • あのポーカーで荒稼ぎした夜を踏まえても「いい人」でいられるならそりゃあ光栄だねぇ?はっはっは〜
        おろ、先約があったのか……まぁ急ぐ話でもないんでテキトーに受け止めておいてくんな? (と軽いノリで返しつつカレリアの言葉を考える…)
        ……姉御ってさぁ、前から思ってたけど情が深い女だよなぁ (突然しみじみと呟く) -- レクトール 2016-06-06 (月) 01:09:15
      • あぁっそんな事もあったわねぇ(すっとぼける様にころころと笑って)
        えぇ・・ごめんなさいね・・・(うんと頷き・・続く言葉には)・・・(一瞬きょとんとして・・)ふふ・・そう?自分じゃあんまりそう思った事はないわ(取り繕う様に微笑む)
        -- 2016-06-06 (月) 01:17:52
      • 自覚は無ぇのか? ま、そんなもんかもな……アンタは情が深くていい女だよぃ。一見するとただ己に自信を持っている自立した女に見えるが
        子供を護衛する依頼では一心不乱に世話してたし、俺の例え話の中の女にさえ同情してくれた……カレリアさんはそういう優しい女だ
        しっかり者に見えるのはその母性ゆえに他人を放っておけず、自分から率先して行動するから――という印象を俺は勝手に抱いている
        そりゃあ姉御は人との戦いを愉しむタイプじゃあないわな……まぁ俺もその気持ち分かるけどねぃ (意外にも「戦い」について共感する鳥) -- レクトール 2016-06-06 (月) 01:27:47
      • ・・・(ぽかんとあっけにとられた様に・・・その後擽ったそうに頭を掻いて)嫌だわ・・やめてよね・・・(居心地悪そうに視線を逸らす)
        私は・・・もっと、そう・・自立した女でありたいのよ・・・情に流されない強い信念を持った女に・・・でも‥貴方の話を聞いていると価値観が変わってしまいそうだわ・・・(苦笑してメガネを弄る・・・あまりに核心を、思ってもみない付き方をされたから自分を取り戻すのに時間が掛かる)
        そう、貴方もなの・・・(「やっぱり」といった思いと・・少しの安堵を自覚しながら頷いて)
        -- 2016-06-06 (月) 01:43:31
      • (頭を掻きながらばつが悪そうに目を背け) 悪ぃね…普段オブラートを何重にも重ねてる分、たまに剥ぐとペロンといっちまうのさ。舌の根もペロンってな
        まぁ……なんだ、カレリアさんはカレリアさんらしく居るのがいいんじゃねーかな? (と、曖昧に締めてお茶を飲むのは普段のこの男の誤魔化す姿だった)
        姉御の「優しさ」とは違うが…俺ぁこう見えて自分の銃の技をだと思ってる。所詮人殺しの技ってな
        (それがこの男の戦いを嫌う理由の一端なのだろうか……) -- レクトール 2016-06-06 (月) 01:57:29
      • ふふっ見事にぺろりとされちゃった気分よ(敵わないわと笑って)
        そうね‥私らしく(くいっとメガネを正せばまたいつもの勝気な感じに)
        比較的近接戦を挑みに行く印象があるのはその為かしら?・・・でも、それを言ったら私の魔法だってそうよ?・・・いえ?癒しの属性と自衛の力を殺しに用いたのならもっと性質が悪いわ(くすりと)
        闘技場の事はともかく・・・冒険では貴方の銃には何度も助けられている・・恥じる事なんてないわ
        -- 2016-06-06 (月) 07:26:28
      • 姉御の魔術はちゃんと人を守れるじゃあないかぃ? 俺の技は「殺して」守るしかねぇ。それを「恥じる事はない」と言ってくれるのはありがたいがね
        ……要するに俺の技はラッパから屁を吹いて他人様にケツ穴を空ける技なワケよ (汚い言葉だが、それだけ己の技を卑下しているのか)
        だが俺ぁこの技で食うしかなかった。だから依頼で仲間や誰かの助けになっていたとしても、そりゃ自分が飲み食いする為としか思わん
        しかしな、それが唯一…この技が唯一他人様の楽しみになんのよ闘技場は。闘技場ならいくら戦っても後ろめたさが無ぇのさ
        ……と、俺は思ってんだが…それが好戦的なイメージになってたりしてな〜。やれやれ(肩を竦めてアップルパイをようやく齧る) -- レクトール 2016-06-06 (月) 18:08:46
      • んもぅ、お下品よ・・・そんなに卑しいものかしら?遠距離攻撃だから?純粋に殺すための物だから?・・・それなら弓や剣もそうよ
        ・・・そういう風に言われたらどうしていいか分からないわ・・・・・・ある種の、生き甲斐みたいな物なのかしら・・とにかく闘技場の存在に救われたって事は判ったわ・・・
        (お茶を一口)・・・それにしても、見世物的にねぇ・・・とりあえずこちらも一つは今思いついたわ・・・(こくこく)
        -- 2016-06-06 (月) 18:28:17
      • ……さてね、色々殺した割には「本当に殺したかった」奴は殺せなかった…ってのもあるかもな? と、意味深に(チャカ)の話を茶化す!なんつってな〜
        ああいや、結局俺が言いたかったのはまぁ…あれ?何だっけな……そうそう、俺も人と戦うのは楽しまない。あくまで観客の為に戦ってるってトコだな?
        だから姉御ももし闘技場で戦うなら、そういう視点に切り替えたら楽になるんじゃあねーかなー……って話よ。うんうん
        その上で、俺っちともやってくれるっつーならそんな嬉しい話はないねぃ……さて、途中折角のアップルパイが不味くなるような話挟んで悪かったが
        そろそろお暇させてもらおうかね? (席を立ち、あとは帰るだけの立ち姿勢で) -- レクトール 2016-06-06 (月) 18:41:06
      • もう・・・人がせっかく真面目に聞いていたのにそれはないわ(くすっと笑って)
        観客の為ね・・・そういう見方をした事はなかったわ・・・ふふ、面白い事を考えるのね?
        うん‥ちょっと考えておくわ?(そんな事はないと首を振り・・立ち上がって見送る姿勢)えぇ・・ありがとうね、レクトール
        -- 2016-06-06 (月) 18:54:21
      • 詰まらない人生、面白い事考えてなきゃな?駄洒落とかダジャレとか親父ギャグとか… ああ、気が向かなかったら今回の誘いは無かったことでいいから
        (ドアノブに手をかけ帰るために扉を開く…最後に、ありがとうと告げるカレリアを後目に見て)
        ……そういう「しおらしさ」も、「カレリアさんらしくて」ぇ嫌いじゃねーぜ? フフッ(少しからかうような言葉を残して扉は閉まった) -- レクトール 2016-06-06 (月) 19:15:58
      • ふふ、それもそうね‥(分かったと頷く)
        ・・・(くすっと笑って)なぁに?引き留めて欲しかったの?‥‥今日はちょっとその元気がなかったわ・・(またねと手を振って)・・・はぁ‥(ちょっとぐったりしてた)
        -- 2016-06-06 (月) 19:29:58
  • (おはぎを持ってくる) -- ササキ 2016-06-03 (金) 23:41:52
    • (たべる)うんっおいしっ・・・所で今日は何かの日だったかしら?(なんでおはぎ?と首を傾げ) -- 2016-06-03 (金) 23:53:48
      • お米食べろよ!と言いたい所でござったが拙者の所にはご飯は無いので、米を使ったおはぎを…と言う事でござる
        ネバーギブアップ! -- ササキ 2016-06-03 (金) 23:59:28
      • ・・・?(一瞬何の話かと首をかしげて)あぁっ(ぽん手)
        水着なんだけど‥デザインがいいんだけど色がね?いまいちどれにするか決まらなくて・・・(あとちょっとなのよと頷く)・・・折角だからササキに決めてもらおうかしら?
        -- 2016-06-04 (土) 00:05:57
      • ほう…拙者が決めても良いのでござるか、さすれば一足早くカレリア殿の水着姿を拝見させていただくとするでござるかなあ、ウッシッシ(古い) -- ササキ 2016-06-04 (土) 00:06:50
      • 本当に大した差じゃないんだけどね(これとこれとこれとーっと着替えていく)
        一応一度はEって決めたんだけど・・・いざ見比べるとAやBも捨てがたいのよ・・・でもそうすると仕掛け的にワンピースも凝らないといけなくてね
        -- 2016-06-04 (土) 00:16:47
      • (鼻の下を伸ばしつつ)水着自身は決定なんでござるなあ、拙者としてはAが好みか…
        カレリア殿、仕掛けもおおよそ予想がついたでござるが世の中にはリバーシブルと言う裏地は色や模様の違うものがござろう…? -- ササキ 2016-06-04 (土) 00:25:14
      • そうっあとパレオと帽子だけなのよっ(どんどん)
        あるわね・・・え?なに迷ったら両方ってする気?
        -- 2016-06-04 (土) 00:27:30
      • そしてA・・・そうAかぁ・・・(ほぼ未加工・・頑張り損にぐでり) -- 2016-06-04 (土) 00:29:26
      • しまった!拙者の予想大外れでござる!(ワンピースを分離してパレオに変身!みたいな想像していた)
        色合いの仕掛けであればリバーシブルを活用する事で表の色などどうとでもなると… -- ササキ 2016-06-04 (土) 00:29:54
      • (すまぬ…すまぬ…)いやあ…場面が海…と考えれば、明るい色の方が良い気がしたのでござって… -- ササキ 2016-06-04 (土) 00:33:21
      • ワンピースをゴーレム化する事でパレオに早変わり―ってするから似たような物ね(こくこく)
        まぁそれもそうねぇ・・・折角みんくろなんだからいくらでも変えちゃえばいいとはおもうんだけどねぇ・・・うん、やっぱりAでいこうかしら・・・
        -- 2016-06-04 (土) 00:33:45
      • いいのよ・・そうね・・・紫は私のカラーだからと思ったけどそこに拘る事はないものね -- 2016-06-04 (土) 00:34:58
      • ゴーレム化!?カレリア殿ならではの発想でござるな、拙者としてはパレオの中のおみ足をも…と思ったりでござるが(3段階目)
        水着自身が黒でござるしなあ、全部紫系ならいっそコーディネイトとしてよかったやもでござるが -- ササキ 2016-06-04 (土) 00:39:10
      • あら?それはダメよ(ちらりとはするがしっかり隠す)
        なるほど・・・全部紫も考えたんだけどね・・なんというかね・・・(被るのよと過去キャラの思い返すのだ)・・・とりあえずAで行くわ・・・相談に乗ってくれてありがとうね?
        -- 2016-06-04 (土) 00:42:43
      • むぅ…じらし上手でござるなあ
        (趣味が変わらねば似た様な者になるのは仕方なく…)いやいや、海辺ではない場所で見る水着も…新鮮なものでござったなあ -- ササキ 2016-06-04 (土) 00:44:00
      • (消す、消した)
        何でもあけっぴろげにする物じゃないもの・・・(でもゴーレムという事は何かで使っている時は無防備にはなる、なるのだ)
        ふふっ今回だけの特別よ?(しーっと指を立ててウィンク)
        -- 2016-06-04 (土) 00:50:09
      • (水着姿は脳裏に刻み込まれた)
        ふうむ…チラリズムと言う奴でござろうか、見えぬからこそ何かを掻き立てられると…
        了解いたした!このことは他言無用で行くでござるよ…(指でOK!と返して) -- ササキ 2016-06-04 (土) 00:57:03
      • それもあるけど、ある程度来ていた方が良さが引き立つと私は思うのよ(うんうんと頷いて)
        ふふっどうせ海では晒す事になるのだから、あまりかわらないけれどね?
        -- 2016-06-04 (土) 01:13:42
      • あけっぴろげなオープンよりも、衣装が体を引き立てることも…でござるか、オシャレをするようなのもそのためでござるかなあ…
        むっ!海へ行くことの楽しみがまた一つ増えたようでござるよ -- ササキ 2016-06-04 (土) 01:21:54
      • 何せ脱いじゃったらみんな同じだしねぇ・・・来ている服にはその人の精神性が表れるのよ・・(そういう面でも 面白いわと頷いて)
        ふふっまた鼻の下伸ばしてこの子は(ちょんちょんササキを突っついたりした)
        -- 2016-06-04 (土) 01:29:03
      • ふうむ…(自分の格好を見て)精神性にあふれてござるな…(和の心…キモノレプリカである)
        おっと!いやあはっはっは…海が楽しみでござるなー!(誤魔化したとかなんとか) -- ササキ 2016-06-04 (土) 01:32:11
  • ぐるりぐるりと円を描き、異形のもーのはどこかいなっと
    (街の、どこか開けた場所。チョークを先にくくりつけた木の棒を地面に向け、なにやらガリガリと描いている) -- タビビト 2016-06-03 (金) 20:16:37
    • ・・・なにを描いているのかしら?(横にしゃがみ込んで眺める) -- 2016-06-03 (金) 20:20:59
      • おーっと魔女っ子さん、こんにちは。いやねぇ、ちょっと召喚術の練習……いや、復習? しててね
        久しぶりにちょっとなにか出してみようと思って描いてたんだよ、ここ人居ないし
        (そういって「できた」と棒を地面から離すと、円タイプの魔方陣が出来上がり)
        ずいぶん久しぶりでも、描き方なんかは案外体が覚えてるもんだね。あ、ちょっと離れててね
        (と、左手で陣から離れててのジェスチャー) -- タビビト 2016-06-03 (金) 20:24:34
      • 復習?・・・なぁに?思わせぶりね(くすりと笑う)
        魔法陣・・・召喚術は完全に専門外ね(はいはーいと笑って促されるままに離れて・・・)
        -- 2016-06-03 (金) 20:32:49
      • 昔……って言っても、もうずーっと前だけどさ。ちょっとこれだけは習ってたんだよね
        もしかしたら近々使うかもしれないからその練習……さて(カレリアが離れたのを確認すると、改めて杖代わりの枝を構え)
        (杖の先を陣へと向けて、しばらく静止する……すると、ぽつり、ぽつりと黒いものが表れ始めれば、ふとカレリアの方を向いて)
        そういえば魔女っ子さん、魔女っ子さんは……虫退治、得意かな
        (そう言った瞬間、うぞうぞうぞと魔方陣から黒い甲虫が次々とあふれてくる) -- タビビト 2016-06-03 (金) 20:40:02
      • ふぅん?(そんな風に話すさまをじーっと見つめたり)使う?召喚術を・・なぁにいやに物騒じゃないの?(にやにやと)
        (ぽつぽつと出てくるのをみる)こういうのって、呼び出された方はどんな気分なのかしら・・・虫?
        (うぞぞっとあふれた瞬間思わず立ち上がりうぇえって顔をする)ダメって事はないけど・・・なぁに貴方に協力的なわけじゃないの!?召喚術なのに?(鞭を抜いて構える)
        -- 2016-06-03 (金) 20:48:57
      • いやーわるいね、虫退治に関しては協力的に行きたいんだけどさ。この虫はノイズなんだよ
        (そう話している間にも、虫達は出現を止めない。だが男も、召喚を止める気配は無く)
        呼び出したいものを飛び出す途中、なぜか僕がやるとこうしてその途中に黒い虫が湧き続けるんだ
        だから僕は召喚が成功するまでこのまま動けないし、虫が出続けてしまう。これらは害意は無いけど、ひとつの場所に
        虫が増え続けるのはあまりよくないからさ、いつもまわりに居る人に虫退治を手伝ってもらっているんだ
        (虫の動きに敵意は感じられない、それでも説明中に今にも散り散りに動き出し始め、もちろんそれはカレリアにも向かってくる) -- タビビト 2016-06-03 (金) 20:55:50
      • そう・・・じゃぁアレは・・「客人を招き入れる時に一緒に入ってきた羽虫」・・くらいに捉えていいのかしら?(敵意を感じない様にそういう印象を受ける)
        まったく・・私がいなかったらどうする気だったの?(呆れた様に言うと鞭を・・・振り上げる)
        (直後、辺り一面に衝撃の嵐が駆け抜け、周囲の虫を潰し、弾き、跳ね上げ、蹴散らしていく)
        -- 2016-06-03 (金) 21:18:49
      • そうだねぇ、一緒に入ってきたにしては少し多すぎるけど(と笑い)
        居なかったら居なかったでただの異常発生と見るつもりで居たよ、でも今回はちゃんと居た
        (そうして虫が蹴散らされていく中、なにか手ごたえを感じたように)
        ん……来たぞ、きたきた……どっこいっ……(枝を持つ手に力を入れ)
        しょっ!(という掛け声と共に、ポンッと、虫以外の何かが出て)どっこいしょ!(すぐさま足で陣を消すと、虫の出現はぴたりと止まる) -- タビビト 2016-06-03 (金) 21:31:30
      • そうとう虫の多い所なんでしょう(呆れた様に肩をすくめる)
        まぁひどい・・あれって咬まれたりしたら結構大変そうよ?・・・ま、信頼してくれたって思っておくわ
        (蹴散らす衝撃波でついでにあちこちに「אמת」を刻む・・・攻撃からゴーレム大量召喚に連鎖するカレリアの得意技だが・・・今回は披露する必要はなさそうだ)
        あら・・もう終わりかしら?(ふぉんっと振るって最後の虫を仕留めると・・・召喚された者を見やる)
        -- 2016-06-03 (金) 21:57:33
      • 今回はあまり大きなものは呼んでないからね。いやでももう何年前になるかな、昔3メートルほどの奴を呼ぼうとしたとき
        アレはひどかった、そこらじゅういったいの空が虫に覆われて出す前に世界の終わりが来るんじゃないかってほどだったなぁ! はっはっは!
        (なんて笑いながら、出てきたソレをカレリアに見せる。姿かたちは一言で言えば「30cmほどの珊瑚で出来た木彫り人形」であり)
        (顔のように見える穴からは淡い光が漏れ、その目でじつとカレリアを見ている)
        そしてこれが今回出したやつ、幸運を運ぶ妖精さんさ -- タビビト 2016-06-03 (金) 22:05:06
      • 呼び出す大きさと被害が割に合ってないわよそれ(くすくすと)なら、大きさより質で召喚しないとね
        あら、なかなか綺麗で可愛い子じゃないの?(こんにちはっと笑いかけて)
        幸運を呼ぶ妖精・・・?ふふ、呼び方はおどろおどろしいのに出てくる子はファンシーじゃない?(でも良いセンスだわとまた妖精と視線を合わせる)
        -- 2016-06-03 (金) 22:11:27
      • あの時はそうだな…(なんと言おうか、少し考え)空よりも、もっと上より来る大きな岩を押し返すために呼んだものなんだ
        だから力もすごい、呼び出す手間もすごい!
        (そんな事を話している横で、妖精は挨拶されれば無表情ながらも「こっちに呼ばれたかったなぁ」みたいな雰囲気をカレリアに出す)
        ……ごほん! さて、しかし魔女っ子さんには少し手間をかけてしまったね。お詫びに、この妖精の祝福を少し分けてあげようじゃないか
        と言っても、これの祝福を受ける時は少し……ファンタジックで恥ずかしいかも知れないが、魔女っ子さん
        そこにたって、胸の前で手を組んで。目を閉じて自分が楽しいと思うことを思い浮かべてみてくれないかい -- タビビト 2016-06-03 (金) 22:16:54
      • 空より上?・・・(隕石?と不思議そうに空を見上げる)・・ふふ、たった3メートルで?‥本当なら凄い力よ?
        ふふっなぁに複雑そうな顔をして・・・(うん?とタビビトの言葉を聞けば)あらうれしいっ謹んで頂戴するわ・・・
        (肩を揺らして笑いながら)妖精さんだもの、そりゃぁファンタジックよ・・・ふぅん?・・・楽しいと思う事ね?
        (少し考え・・・「じゃぁこれね」とうなずくと言われた通りに胸の前で手を組み、目を閉じる・・・幼少の頃ともに遊んだ犬の事を想って)
        -- 2016-06-03 (金) 22:29:50
      • ん、よし……(カレリアが目を閉じ、幸福をその頭に浮かべるのを確認すると、妖精と顔を合わせ)
        暖かい風を運ぶ妖精よ、ささやかな幸福の担い手よ……この世を小さく這うように生きるこの者達の思いを見たなら
        出来れば、この者達が一度だけ……その身に降りかかる災いを跳ね除けられるよう、その身に祝福を与えたまえ
        (左手で枝を掲げ、妖精がカレリアの頭の上に浮かぶと。妖精の体から光の粒がカレリアの体を包む)
        (呪文と共に放たれる言葉の揺れるような声は、カレリアにかすかな催眠作用を与え。やがて彼女を暖かい空気が包む)
        (すると、ふと彼女の嗅覚は、そのかつて共に遊んだ犬の匂いがするだろう)
        ……さて、これで祝福完了。どうだった?
        (しかしソレは長くは続かない、やがてその匂いは暖かな空気と共に、どこかに流れていくよう去りはじめると。男の声を皮切りに、ぽっとなくなってしまった) -- タビビト 2016-06-03 (金) 22:37:37
      • ・・・(かかる声、頭上で動く気配がなんだかこそばゆい・・・そして)・・・ぁ・・
        (思わず声をあげる・・静かに全身を包む温もりと・・懐かしいにおい・・・)・・・ぁ・・(それが風と共にさりゆけば・・・なつかしさと切なさはらりと涙がこぼれていた)
        (ぐすっ)・・・うん・・・うん‥(こくりこくりと頷く・・・立ち直るのに少し時間が掛かって)・・ありがとう・・タビビトさん(漸く、安らいだような顔を上げて)
        -- 2016-06-03 (金) 23:01:37
      • ……ん! 効果はばつぐんだ(涙をこぼす相手を見て、枝を肩に担ぎながら満足げに言う)
        まぁ、それで1度ぐらいは悪い事から守ってくれると思うからさ。1度だけはどんどんデンジャーな事してみるといいよ
        その思い出を振り返って、寂しいと言う気持ちに打ち勝ててしまうほど強くなるデンジャーな事にね、どういたしまして
        さて……それじゃあそろそろ帰るね。召喚手伝ってくれてありがとう、それじゃあまたどこかでね
        (そういってカレリアに背を向け歩き出す、もちろんソレを妖精も追うのだが、妖精は浮かびながら、名残惜しそうにカレリアを見ながら浮いて移動していた) -- タビビト 2016-06-03 (金) 23:07:02
      • んもぅ・・・女を泣かせて喜ぶなんてひどい趣味だわ(くすくすと楽しげに笑って)
        ふふっデンジャーな事ねぇいいわどんどん行っちゃうんだからっ
        えぇそれじゃぁまた・・・ふふっあなたも、ありがとうね〜(妖精にはちゅっと投げキッスをしてあげたりして見送る)・・・召喚術って終わったら返すのだと思っていたわ・・・(しっぱなしなのねぇと頷いてた)
        -- 2016-06-03 (金) 23:27:15
  • かれりあさん、あたし…なんだかわかってきた気がするよ!(と、言いつつ杖ぽい棒を振り回してみるも当然何も出ない…ということを何回か繰り返しつつ) -- 陽子 2016-06-03 (金) 14:16:47
    • ふふっまだ何も教えてないのに分かっちゃったの?(とくすくす笑って)・・・それが貴女の「魔法の杖」?(棒を見てみて) -- カレリア 2016-06-03 (金) 14:23:53
      • (棒…というより土産物屋で売ってる木刀に『レマン湖』と彫ってあるだけの代物だった)
        や、やっぱりアレじゃない?イメージ…というか…(集中…!と目に気合いを入れるように手をやってみたり…中学二年生が発病するあれがいまごろになって来た らしい) -- 陽子 2016-06-03 (金) 14:33:14
      • ・・・(なんとなくわかる、「箔」が圧倒的に足りない・・・それでも大丈夫ではあるのだ、陽子自身が「使える」という強い確信があるのならば・・・あるのならば)
        (じーっと解説する様を見て)うーん・・・そうねぇ・・・貴女が本当にそれで使えると思うのならいいんだけれど
        (それよりとちょっと置いておいて)やるのならまず先に確認しておきたい事があるわ・・・陽子、貴女・・目に何かない?
        -- 2016-06-03 (金) 14:49:34
      • ……でないかな?(周りにああいう…かれりあも知っているメンツがいる以上イメージは湧くのだが、『自分が』使えるイメージに関してはまったく…ない)
        ……えっ?(もしかして、この前のアレのこと…かれりあさんには解るのだろうか?しばらく考え……)
        気のせいかも、なんだけどさ…(そこにあるはずのものでない、そこにあるものの『正体』というか…もっとつっこんだところが視えるようになったのかもしれない…などと、推測を交えて話す) -- 陽子 2016-06-03 (金) 19:59:00
      • 難しいわね・・・何より貴女が「これなら!」って思えないと
        ・・・やっぱり(心当たりがあるのねと頷く)・・・(物の本質を見抜く力?妖精眼に近い物かしらと推測する)それが見えるのは・・どんな時?・・・見えた後何か副作用の様な物はない?
        -- 2016-06-03 (金) 20:04:20
      • だよね…(剣も体術もダメ、体力人並み、魔法も出せそうにない、銃?肩外すのがオチだ)
        (育ての親の影響か、なにかにつけ自己否定から入るそれは『反動』となってある現象を引き起こしたのかもしれない)
        『視えた』のは…一回きり(どんな状況だったか?詳しくは伏す)
        目にズキッとした痛みがあって…ぜんぜん違うふうに見えたの、いろいろ…(しかし気が付いたらいつも通りに見えるようになったし、それっきり見えるようになる気配もないという) -- 陽子 2016-06-03 (金) 20:21:41
      • その否定から入るのがまずね・・・(よしよしと撫でて)それだとってだけよ・・・それに体を鍛えてもいるのでしょう?続けていればきちんと身になる、身になれば自信につながるわよ
        そう・・・(教えてくれない部分があるのは寂しく思うが・・・それは今はいい・・・)
        (聞いた感じだとかなり波があるし、痛みを感じたというのも気になるところだ・・・)
        陽子・・・ちょっとこっちを見て(レフィの店から買った「普段見えないものが色々と見えるようになるらしいメガネ」に架け替え、陽子の頬を抑えて目を合わせ・・・・・・よく見えない)・・・今更だけど貴女随分分厚いメガネをしてるのね?
        -- 2016-06-03 (金) 20:30:56
      • だと…いいな(スランプなんて上等なものなのかはわからないが、走り込みや筋トレなんかも成果がわかりづらくなる時期らしく…声は落ち込む)
        えっ?(なんかいきなり話が変わった!?とマメが鳩鉄砲くらったような顔になり…)
        これね、お父さんが使ってたメガネなんだって…(『おじさん』に聞いただけなんだけど…と、人づてに渡された親の形見なのだと語る) -- 陽子 2016-06-03 (金) 20:42:29
      • どんな物でも、ある程度以上は伸びづらく感じるものよ・・・大丈夫、辛くてもそこを乗り切ればまたよくなるわ(よしよしとぽんぽん撫でて)
        (思索に耽け過ぎたか・・・彼女を置いて行ってしまった様だ)ごめんなさいね?貴女の目をちょっとよく見てみたくて・・?お父様が・・・そう・・(経緯を聞けば少しシュンとなる)
        (先ほど軽く診た感じだと、どうも目に関する超常がある様だが・・・詳しい事は分からない・・下手に自覚させて目に焦点を当てすぎて「タガ」が外れてしまえば、感じているという痛みがどう作用するか分からない・・・ならば)
        ・・・それよ、貴女の杖(眼鏡を指す)・・・よく言うでしょう?長く使った器物には魂が宿るとか・・・その眼鏡には陽子のお父様の想いが宿っている・・・きっとそれが、貴女に生き残るための何かを見せてくれたのね
        (信じる事で箔をつける、確信は魔導を扱う上での基本だ・・・焦点を(ほんしつ)から逸らした事で出力は落ちるかもしれないが、それは負荷の軽減につながるし、確信が加わる分制御しづらいという事もないだろう・・・そして「これがあればできる、これが無いとダメ」という擦りこみは一時的だが彼女が力の扱いに慣れるまでの安全策になる筈だ・・・)
        なんだ私に習う事はなかったかもね?・・・これがあればできる・・・これが守ってくれる・・・そう思って、使えた時感覚を反芻するの、何度もね?
        -- 2016-06-03 (金) 21:10:54
      • お父さんが…(顔も思い出せない父母、そんな人たちが自分に力を貸してくれている…?それは『力』を信じさせるのに十分な『祈り』である)
        そっか…(あんなタイミングで、何か超常的なことが起こった事に関して『自分の力の目覚め』という突拍子もないことを信じろというよりは)
        ……これ、どうやって使うんだろう?(力を信じることができたのなら、その力を何かに役立てたいと思うのも自然の流れなのかもしれない……というところに)
        使った時の感覚…(確かあの時、怖くて怖くてたまらなかったけど…勇気を出して…お前なんか怖くないって、独りじゃないって思いながら睨み付けたら…)
        ふぐぐぐぐぐ…(おもいっきり目の前を睨み付けてみるが、当然何も起こらない) -- 陽子 2016-06-03 (金) 21:30:13
      • (とっかかりが見えた、上手く嵌った・・・いま彼女が感じている「納得」を逃してはならない)
        ふふっ気負い過ぎよ(ちょっと待ってというと窓に戸を立てて部屋を暗くしていく)
        (ろうそくに火をともし、アロマを使って集中できそうな空間を演出すれば)いい・・まずは座って・・・リラックスして・・集中できる環境にするの(彼女が一人でも訓練できるように教える)
        (拠り所が父の幻影ならば人格の投影は難しい・・・だがその想いは・・言い方は悪いが利用できる)眼鏡に触れて・・・深呼吸して・・・お父さんの事をまず想いなさい?‥集中するのはそれから
        -- 2016-06-03 (金) 21:48:23
      • お父さん…お母さん…(どんな人だったんだろう?あたしみたいにメガネだったのはともかく、優しい人だったのかな?どんなことをしてて…どんなふうに暮らしてて…どんなふうに出会って…)
        (何も知らないというのは救いだった、想像はよい方向に膨らむものの…一向に何かが起こる気配はない)
        (リラックスこそできたがそこまでで、陽子の言葉を信じれば強い緊張が必要…なのかもしれない) -- 陽子 2016-06-03 (金) 22:10:02
      • (十分にリラックスしたのを見計らう)さぁ陽子・・・これからよ(人形サイズのゴーレムを取り出すと彼女の前に置く・・胸にコアがあり、これによって動いている事が分かれば合格だ)
        (雑念はなるべく排除したい・・自分は彼女の後ろに回って声だけをかける)ゆっくりと、また、使う事の出来た時を思い出して・・その時の緊張を・・・危機感を・・何に立ち向かいたいと思ったのか・・・大丈夫よ、貴女には付いている人たちがいる、一人じゃないわ
        -- 2016-06-03 (金) 22:16:56
      • (何に…立ち向かう…?そう考えると一転、父母の命は奪われ…家も何もかも…周りの人ごとすべて殺されて焼かれた)
        (それに対する憎しみ、理不尽、それに立ち向かえという『おじさん』の言葉が怒りと共に目に集中していくような……)
        ……あっ……(しかし、その集中が止む、『独りではない』そう言葉をかける彼女はもちろん、自分について回るカミサマや友達になれた人々…そんな平和なイメージが怒りと憎しみを散らし…それと同時に集中も失われたようだ) -- 陽子 2016-06-03 (金) 22:28:19
      • (「あっ」その言葉で集中が途切れてしまったのを感じる・・・背中越しにもびりびり感じた怒りが消えていっている)
        ・・・少し休んだ方がいいわね?ふふっ大丈夫、一発で使いこなせる人なんていないわ(気にするなと言う風に可能な限り明るく声をかけ、そっと撫でる)
        (気持ちを切り替える為にまた部屋を明るくしながら)それで?どうしてうまくいかなかったと思う?・・・直感でいいわ
        -- 2016-06-03 (金) 22:44:50
      • どうして。って…そりゃあ…(以前なら『自分に才能がないから』と即答するところだが)
        ……一人じゃないってことが、うれしくって…かな?(さっきにしたってかれりあさんがついていてくれて言葉をかけてくれたから)
        (『おじさん』とイザヨイとセンセと…ここで出会った人たちと…常にひとりぼっちじゃなかったことが…怒りよりも勝ったせいだとそう言う) -- 陽子 2016-06-03 (金) 22:51:44
      • (よしと頷く・・・それは彼女が手ごたえを感じていた証拠だ、力が発動する感覚を得ていた証拠・・・これなら思っていた以上に早く身につくはずだ)
        そう・・・誰かと一緒にいる事が嬉しくて・・怒るに怒れなかったのね?(それだけで彼女の怒り慣れていないやさしさがわかる)
        でも・・・初めて使えた時はきちんと怒れた・・・多分だけどそれって・・(誰かと一緒にいる事が嬉しくなっちゃう子が抱える怒り・・・それはつまり)
        誰かが傷ついていたから・・失ってしまいそうだったからじゃない?(家族や友人たちへの想いと、原動力たりえる怒り(強い感情)を結びつけて)
        -- 2016-06-03 (金) 23:09:52
      • ……!(ピタリと言い当てられてしまえば絶句、沈黙は肯定として何よりも雄弁に語る)
        ……巻き込みたく、なくって…(こうして詳しい事情を伏せているのも『お前が来ないなら周りの連中を痛めつける』という脅しからで)
        (思えばそんな怒りから初めてイザヨイを神社の外で実体化…『降神』させることができたのだと自身の感情を整理しつつ吐き出す)
        だからもっと、何か役に立てないかって思ってて…これがかれりあさんが言ってた『よく見ろ』って事なのかって…
        (魔女からしてみれば、巡り巡って自分の言葉がいまの陽子に起こった現象の原因になっていると明かされているようなもので) -- 陽子 2016-06-03 (金) 23:34:52
      • 気負う事はないのよ・・・大事なのはそれを自覚して、イメージに役立てる事で・・・・・?(どうも続く言葉は違う様で)
        ・・・そう・・・私の言葉が・・貴女のトリガーになっていたのね(いつだったか、タビビトに問うたことがある・・・「どんな時に勇気を示したと思うか」・・・彼の答えは「誰かとの縁を持って、いろんな可能性を作り出してしまった時」これがまさにそうだ・・だが、怖いとは思わなかった・・・感じるのは責任より)嬉しいわ
        (そっと手を伸ばし、陽子の頭をなでる)・・・私も、誰かの役に立てる・・貴女の力の・・・貴女が誰かを守ろうとする力の一因になれたのね・・・
        -- 2016-06-03 (金) 23:52:47
      • えっ?(自分は、喜ばれるような事をしたのだろうか?いまこうして、視る力を上手く使うことができずに迷惑をかけていたのでは?と思えば茫然)
        あたし…(この力は父の形見に籠った『祈り』、魔女の『祈り』が…自分の『願い』に応えて起こったモノ)
        (そう意識することで自然と『怒りに任せて扱ってはいけない』『悪用してはいけない』『誰かのために使う』…といった能力を持つ者の責任というか倫理観というか…が、刷り込まれていく)
        あたしさ、このメガネの力…絶対いいことに使うよ(『祈り』『願い』と来ればあとは『誓い』…3つの柱があれば能力に振り回されることもないだろう…) -- 陽子 2016-06-04 (土) 00:05:05
      • ・・・(決意の籠っていく様を見る・・・彼女の中に責任感とか倫理観とかそういった物が形成されていくのが分かる・・・それは時に足かせになるかもしれないが・・・逆に大きな力、気高い精神ともなりうるものだ)
        そう・・・その心が大事よ・・(マインド・ナレッジ・スキルだったか・・・知識や技術よりずっと大事な物が形成されたのを感じる)
        この先・・・きっと色々な事があるわ・・ここではぱっと思いつかないくらい色んな事が貴女を待ち受けている・・・でも、今のその気持ちを忘れなければきっと大丈夫、貴女は強くなれるわ・・・(腕っぷしのいみじゃないわよ?っと笑いつつ)・・さて、どうする?もうちょっとやってく?初日であまり無理する物でもないけど
        -- 2016-06-04 (土) 00:14:04
      • 大丈夫!まだまだいけるよ!(などと鼻息荒く望んだものの…リラックス状態から一気にいきむ!という感覚を掴むのは相当難しい上に結構な疲労を伴うらしく、何セットか行ううちに寝息を立ててたって話だ) -- 陽子 2016-06-04 (土) 00:18:37
      • (今は慣れてないから一度気を落ち着けているが‥慣れてくればこの段階は踏まなくてよくなるはずだ)
        さて、何週間くらいかなー(この年頃の子は呑み込みが早い、感覚を掴めばある程度まではすぐ行ける・・・そう見積もりながら寝息を立てる少女をそっと撫でていた)
        -- 2016-06-04 (土) 00:22:41
  • 7月2週目(6月4日)19:00から海水浴場で海開き!!
    大人数が遊べる砂浜から、大部屋宿泊無料の旅館、ミスコンの開催も予定されています!!
    楽しみたいあなた、モテたいあなた。この夏は海へ急げっ!!

    (…というチラシが配られている 質問等は相談所まで、と末尾には載っている) -- 2016-06-02 (木) 18:11:30
    • (くるり回って衣替え)いけないわ・・まだ水着の準備ができてないのに・・・ -- 2016-06-03 (金) 03:03:43
      • 女子は衣装など悩みが多いでござるなあ -- ササキ 2016-06-03 (金) 03:45:13
      • なにいってるの、ササキだって悩みが多いじゃないの?(くすくすと)
        ・・・そういえば・・泳ぐのはもうあきらめてお店に専念する感じなのかしら?
        -- 2016-06-03 (金) 03:46:31
      • 拙者の悩み…悩み?…泳ぐなどもう悩みにはござらぬよ、諦めれば万事解決
        左様、店の周りに多く居続ける事になるでござろうなあ -- ササキ 2016-06-03 (金) 03:47:42
      • (ダメだったかぁとくすくす)まぁ無理に泳ぐ必要もないしね?やる事があるなら猶更よ
        その分ならお店の準備も順調といった所かしら?(なら本当に悩みどころはない感じねぇと頷いて)
        -- 2016-06-03 (金) 03:54:15
      • なるべく海には…水には近寄らず…でござるよ、やれやれ
        順調…そうでござるなあ、看板娘も折り食材の準備も滞りなく…あとは当日を迎えるのみでござるよ
        カレリア殿は水着さえ用意出来れば一通りは? -- ササキ 2016-06-03 (金) 04:03:04
      • ふふっそんなに怖がることもないでしょうに、水に一歩でも踏み入れたら溺れるって訳でもなし、腰が浸かる程度の範囲なら問題ないんじゃない?
        私も浜辺とか波打ち際辺りで楽しむつもりだから、お店にも顔を出させてもらうわ(うんうんと頷く)そうねぇ・・・何か特別な事をするわけでなし、本当に水着だけね
        -- 2016-06-03 (金) 04:15:05
      • それはまあそうでござるが…腰だとちょっときついでござるなあ、海の底はずぶっと沈むでござる、拙者にとっては底なし沼で…
        波打ち際のカレリさんを楽しみにしておくでござるかなあ…特に、その水着姿でござるな
        さてやそろそろそちらの都合悪そうでござるし、拙者はこれにて…またいずれ -- ササキ 2016-06-03 (金) 04:19:30
      • となると足首まで・・かしらね?500kgともなると如何するべきか想像するのが難しいわ(くすくす)
        ふふっド定番に追いかけっこでもしてみましょうか?
        それ程でもないのだけれど・・・えぇ、それじゃあまたね
        -- 2016-06-03 (金) 04:24:12
  • 4時間目のベルがなり終わるときが合図っお目当ては十個限定のメロンパン♪走れ購買、進め勾配、スカート翻し教室を飛び出せっ♪
    (公園の外周を走りながら歌い上げ体力をつけている) -- らん 2016-05-31 (火) 20:04:00
    • ふふっ元気な曲ね?・・・って‥凄い・・・走りながら歌ってる・・・(何が凄いって息の乱れが声まで出ていない事、相当に余裕を持たせた走り方だ)
      (感心しながら眺めて)
      -- 2016-06-01 (水) 02:02:41
      • 見慣れたはずの君の顔が今日はやけに大人びて見えるっ、先に大人になっちゃダメだからねわたしたちいつも一緒だしっ♪
        走れ♪走れ♪階段を駆け上が…わわっ(足のリボンがもつれて歩調が乱れ、おっとっととバランスを崩すけれども華麗な足捌きで立ち直って見せた)はふ…危なかったー
        (足を止めて一息ついてようやく周りの景色が目に入る、視線の先にはカレリアぴんと背筋を張ってお辞儀をする) -- らん 2016-06-01 (水) 05:02:55
      • (眺め・・・転びかければ思わず駆け寄りそうになり、立て直してほっとする・・・そんな様がちょうど目に入るだろう)
        (ぱたぱたと手を振り近づいて)ふふっなぁに畏まっちゃって・・・凄いわね、走りながら歌えるなんて・・・でも考えてみればライブだと踊りながら歌うのよね・・・
        -- 2016-06-01 (水) 10:23:25
      • 仲良くても礼節これ大事だよっ、美味しいスイーツさんだからって限定品を独り占めしちゃうのはなんか違うよねっ
        ええっとつまり…どういえばいいんだっけ…(覚えたての言葉が使いたかったのもあったみたいでばつが悪そうに笑って)
        それにもうすぐ夏の海水浴シーズンでまたお祭りがありそうなのでっ、今度は3曲くらいやれたらなと思います! -- らん 2016-06-01 (水) 12:32:10
      • それもそうね?(えらいえらいと撫でる)
        うん?(なんだろうとこちらも首を傾げ、一緒になって笑いあう)
        まぁ3曲も?ふふ‥じゃぁ大忙しね・・・こういった物は準備が8割なんて言ったりもするわ、しっかりね?
        -- 2016-06-01 (水) 12:45:04
      • わわっ、そういうのじゃないんだよっ?ちゃんと分かってると…思うから?(徐々に自信がなくなって尻すぼみな語尾)
        おまかせくださいっ、前回のライブを受けて改善点をどうにかしようと奮闘中ですのでっ!
        でもって海水浴場でミスコンがあるからその準備もです、カレリアさんは海とか泳ぐのって好きですかっ? -- らん 2016-06-01 (水) 18:10:36
      • ふふ、大丈夫・・・親しき仲にも礼儀あり・・・私の方が足りなかったかしら
        まぁすごい・・・失敗から学べる人は多いわ・・・でも成功した事でもちゃんと反省点を探して、改善できる人は少ない・・・らんは大事な事が分かっているのね
        ミスコンも?ふふっ大忙しじゃない・・・(振るり首を振って)私泳ぎはダメなの、浜辺でのんびりするか・・・まぁ浮き輪でもあれば海に出るかも?と言ったところね
        -- 2016-06-01 (水) 18:59:18
      • 私の場合はんふふっ、ファンの人とのコミュニケーションでもあるからね、熱が自然と入っちゃうよっ
        それは意外です運動もなんでもやれちゃうイメージだったので…そしたら浜辺のパラソルの下で一緒にうたた寝しましょうっ
        アイドルさんも日焼けのしすぎは気をつけないといけないのでっ -- らん 2016-06-01 (水) 21:48:02
      • ふふっそうね・・・そうかも(うんうんと頷き)たのもしいわね
        あら?らんも泳がないの?・・・ふふ、日焼けは怖い・・この前みたいな衣装だったら跡が目立っちゃうものね
        -- 2016-06-02 (木) 01:36:07
      • 泳ぐよー?でもずっとは遊べないから休憩中はお昼寝しようかなって!
        それに波打ち際で足をを砂が撫でるのって気持ちいいよっ! -- らん 2016-06-03 (金) 05:12:15
      • なるほどっ・・・泳いだ後ってすごく疲れるっていう物ね
        ふふっそうなの?・・・泳げなくても水に浸かる位問題ないし・・・やってみようかしら?(くすくすと)そういえばまだ水着が用意できてないのよね・・・急がないと
        -- 2016-06-03 (金) 05:23:16
      • それはぜひっ波打ち際できゃっきゃってするのって遊ぶ側も見てる側も楽しくなるからねっ
        カレリアさんはどんな水着を着るのか楽しみですっ、私は泳ぐのはいつものレジャー用水着として、ミスコンとライブ用に水着を用意しようと思ってるよっ -- らん 2016-06-03 (金) 05:43:14
      • ふふ、見てる側もだなんて子供らしくない楽しみ方をするのね?
        別に大したものじゃないわよ(くすくす笑い)ミスコンはともかくライブでも水着を?・・ふふ、まぁ折角の海だもんね?でも三種類だなんて大変・・本当に大忙しだ(労う様にナデナデ)
        -- 2016-06-03 (金) 05:47:34
      • そうかなーずっと遊ぶのも楽しいけどつかれて日陰でスイーツさんを食べるのもいいよねってことだよっ
        カキ氷にスイカに…意外なところではトマトさんも夏はスイーツ級なのです…さすがに3着は無理なのでライブ兼ミスコン衣装って感じかなっ!
        あわわ…きょうしゅくです(撫でられてやる気を少し貰ったようだ) -- らん 2016-06-03 (金) 18:23:45
      • なるほどそういう事ねっ(ほほえみ)トマトも美味しい物ね・・・ふふっ食べる物がいっぱいねぇ
        あ、なるほどイベント用と普通用ね・・・(スケジュールを見直してよしよしと頷き)ライブは三日目ね・・・必ず行くわ(こくこく)
        -- 2016-06-03 (金) 19:10:58
  • カレリアー。あれから手の具合はどうだ? -- キョーレン 2016-05-30 (月) 19:27:25
    • (いつものドレス・・・に深いスリットが入り胸の谷間が強調され少し締まってボディラインが強調されている)あぁらぁキョーレン♡
      (嬉しそうに微笑みヒールを鳴らして近づく)・・・ふふ‥ほら・・もう大丈夫よ?(綺麗に治った手を見せつけながらキョーレンの顎を撫でる様にして擽る)
      • (//せっかくなのでこっちに)
        ……衣替えでもしたのか? だいぶ大胆な衣装になって……って、くすぐい。待て、顎はやめれ。というかなんか雰囲気違わないかカレリア!? -- キョーレン 2016-05-31 (火) 08:09:34
      • ふふっ(近づけばわかるほんのり熱っぽく上気した顔・・・それを胡乱気な笑みの上に彩る・・・やめれと言われればゆっくりと離れ・・そのまま襟首をがしっと掴むと)昂っちゃってるの‥(足を払い引きずり下ろす)
        (半ば無理矢理跪かせ、睥睨しながらしゅるりと鞭を抜いていく)ねぇ・・・少し苛めてもいい?(ぺろりと舌なめずりをする・・・ダメだと思ったら即座に逃げよう)
        -- 2016-05-31 (火) 09:48:27
      • 昂ぶっ、おま、さてはカレリアのところにも変なものが……っ!?(カレリアの魔女空手には覚えがあったが、平時でいきなり襲い掛かられるとは露ほども思わず……がくんと膝が落ちてカレリアの顔を見上げる)
        し、しょうが、ないな……少しだけだぞ。(これは発散しないとどうにもならないかも、と。目線の高低差のせいで自然と上目づかいになる) -- キョーレン 2016-05-31 (火) 10:41:31
      • しょうがない・・・すこしだけ・・・?(かくりと首をかしぐと鞭がぱぁんと激しく空気を打ち鳴らす、音だけだ、何も叩いてはいない)
        違うでしょう?そうじゃぁないわよねぇ?(顔を近づけ・・・ゆっくり、教え込む様に囁きながらてしってしっと鞭の先端を痛くない程度に当てる・・・痛みを与える事が重要なのではない、理不尽に叩かれているという実感が重要なのだ)
        -- 2016-05-31 (火) 10:57:02
      • っ(風を切り空気の弾ける鞭の音は意思とは無関係のところで身を竦ませる。今のように仮初とはいえ上下関係ができてしまっていてはなおさらのこと)
        か、カレリア、さま……ど、どうか、キョーレン、を、いじめて、くだ、さい……。(こういうセリフを言うのは間違っても慣れてはいない。声が震えて、たどたどしい) -- キョーレン 2016-05-31 (火) 11:34:39
      • はぁ・・・ふふふっ(屈辱にまみれ慣れないながらも口にする様にぞくぞくと体が震える)
        そう・・そうよいいわぁキョーレン・・・(コツ・・コツ・・・とヒールを鳴らして歩きながら考える・・・上下を刻み付けたのなら次はお仕置きだ・・・ネタはぶっちゃけなんでもいい・・・)
        ねぇ・・・キョーレン?(耳元に、熱っぽく囁く様に)今、えっちな薬で町中が大変なことになってる‥貴方、それが分かっていてここに来たわよね・・・どうして?
        -- 2016-05-31 (火) 11:56:36
      • 待、ちょ、耳は……っ!(囁かれた息が当たってぶるりと身体が震える)
        そ、それは、その……俺のところのは効き目なんて無きに等しかったし、そう大した薬ではないとばかり……(目をそらしてほそぼそと) -- キョーレン 2016-05-31 (火) 14:28:37
      • んー?(くすくすと、愉しむように弄ぶように息を吹きかける)
        (目を逸らすキョーレンの顎に鞭が当てられ、そのままくぃっと女の方へと向けさせられる)違うでしょう?(妖しく、微笑みながらその目をじっとみる・・・言い聞かせる様に、擦りこむ様に)貴方は期待していたのよ
        発情した私とえっちな事がしたいって‥あわよくば組み伏せて、その醜い欲望を存分に吐き出してしまいたいって・・・貴方はそんな期待をして私の所に来たのよ(実際は違うのかもしれない、本当に大した事が無いと思って、本当に手の怪我を心配してきてくれたのかもしれない・・よしんば事実としてもそういう純粋な気持ちだって間違いなくあっただろう・・・だがそれを否定する)
        (尊厳に傷を与え、恐怖を与えて優位な立場から精神的なプレッシャーを与える・・・そしてそこに単純明快な答えを擦りこむ‥マインドコントロールの基本だ)・・・認めなさい?(耳元に、キスでもしそうな位に近づき囁く)
        -- 2016-05-31 (火) 14:48:32
      • ち、違っ!? お、俺は本当に、本当に、本当、は……(まさに蛇に睨まれた蛙。カレリアと視線があうごとに反論の言葉が力を失って瞳に魅入られていってしまい、とどめの囁きに震えながら目をぎゅっとつぶった)
        ほ、本当は、期待してた……! 発情したカレリアに襲われるのを期待してお見舞いのふりしてた……!! -- キョーレン 2016-05-31 (火) 21:57:07
      • (妖しく、射貫く様に、冷酷に睥睨するように見つめて)ふ・・・ふふふっ!そう・・・そうよぉ・・そうなの(笑いが止まらないという様に声を上げる・・絶頂しそうな程の恍惚感に震えて)
        貴方は、私に襲い掛かりたかったんじゃぁない・・私に襲われたかった・・・ふふふっ・・・男としてそれはどうなのかしらぁ?
        (正面に立つ・・ゆらりと掲げた足をキョーレンの肩に乗せ・・深く入ったスリットからほんのり濡れた太ももと・・その奥の黒い下着をちらりと伺わせながら)いま、どんな気分かしら?思い描いた事が叶って・・どんな気分なのかしら?(しゅるりと伸ばした鞭の先端を男の足の間に這わせてみたり)
        -- 2016-06-01 (水) 02:02:29
      • そ、それはっ、うう……!(カレリアが無意識の欲望の発露を見逃してくれるはずもない。肩を踏まれ、うつむきがちに目をつぶる。カレリアのいい匂いと今の状況に反応して、コートの下で肉棒が硬く震えているのが鞭越しに知れた)
        カレリアがこ、怖い、けど、きれい……! -- キョーレン 2016-06-01 (水) 12:12:24
      • ふふ‥(捲れた裾から女の芳香が漂う・・)人と話す時は、ちゃんと目を見て話しなさいな?(柔らかくも張りのある乗馬鞭が硬い感触を伝えてきて・・・ほくそ笑む)
        (硬くなっているのを指摘するように、気付いているぞと認識させるように、とん・・とんっと・・・優しく叩く)・・それからぁ?(それだけじゃないでしょう?と問い掛ける)
        -- 2016-06-01 (水) 12:30:58
      • っ。(言葉に詰まる。目線を合わせないのはせめても自分を守るため、しかし目の前の公主はそれすら許してはくれないようで、つまりすべて曝け出さざるを得ない)
        それ、から……カ、カレリアに、されるのが、気持ち、いい……(硬い鞭の先で何度となく小突かれ、それでさえも勃起の度を増していってしまうのはカレリアには手に取るように分かるだろう) -- キョーレン 2016-06-01 (水) 22:00:09
      • ふふふ・・そうなのぉ・・・(全てを曝け出すように告げる様がたまらない・・・鞭に伝わる硬さが徐々に増すのを感じながら)
        (だが・・・そうじゃない・・質問の方向性を修正する)それでぇ?・・・怖くて綺麗な私にされるのが気持ちいいキョーレンは・・・(とん・・とん・・)どうしたいのかしら?・・・どうしてほしいのかしら?
        -- 2016-06-02 (木) 01:46:49
      • う、それ、は、う……。(耳まで首まで真っ赤に染まる。ここに至ってもやはりそれを言うのは恥ずかしいらしい。が、視線を逸らすことも許されず内と外から責めたてられれば結局決壊は時間の問題で)
        か、カレリア、さま、に、もっと、い、い、いじめて、もらいたい、です……! -- キョーレン 2016-06-02 (木) 21:46:44
      • (羞恥に打ち震える様を溜らない思いで見つめて・・・そして)あははははっいいわぁよく言えたわね!
        (今この男は自ら殻を破ったのだ・・・その勢いを、今の気の昂りを逃してはならない)ほぅら?・・・(掛けた足でぐいと押して、跪いた姿勢から身を起させる)
        (とんとんと鞭で股間を小突き)その惨めにおっ勃てたおちんちんを出して、しごきなさい?一人で慰める情けない姿・・・見ててあげるから(はぁ‥っと興奮しきった目で睥睨しながら自慰を強要して)
        -- 2016-06-03 (金) 03:02:46
      • わかっ……わか、りまし、た。(手が震えているのが羞恥のせいなのかそれとも興奮なのか自分でも分からない。何度か失敗してからようやくベルトを外してガチガチに勃起して震える肉棒を取り出して、ゆっくりとしごきだす。すべてカレリアの視界に晒しながら)
        つ、次は、どうすれば……? -- キョーレン 2016-06-03 (金) 14:28:34
      • あはっ♪本当に出したぁ(くすくすと更に羞恥を煽る様に言う)そうよぉそれでいいの‥ほらほらっもっと扱いて?いつも貴方がオナニーする時みたいによっ(てしてしと扇動するように叩き)
        (はぁっと興奮を紛らわす様に自らの乳房を揉みしだく)くふっ・・男のくせに情けなく女に屈しながら・・惨めったらしく精を吐き出すのよ!・・ほら・・ほらぁ!
        -- 2016-06-03 (金) 14:38:12
      • あ、は、ぅ……っ!(思考が半ば停止したまま、煽られるままに肉棒をしごく動きが激しくなっていく)
        (その内に……鈴口から滲んだ先走りの珠がしごく手の動きに巻き込まれて潰れて広がり、ぐちぐちと粘ついた水音を立てるようになっていく) -- キョーレン 2016-06-03 (金) 21:22:13
      • はっ・・ぁあっ!(思わずといった風に胸からスリットの内側へ手を移す・・・くちゅりと卑猥な音が男の耳まで届くだろう)
        いいわぁキョーレンっ私の言う通りにする、身も心も捧げるっそこに貴方は快感を感じているのよ・・その手を汚している欲望の先走りが何よりの証拠・・・ふふっほらほら・・どんどん、せりあがって来たんじゃなぁい?(鞭の先端で、袋を擽る様に刺激して)
        -- 2016-06-03 (金) 21:39:45
      • きっ気持ち、いい……捧げるの、気持ちいい…っ!(袋をつつかれた突然の刺激にぴくんっと肉棒もろとも反応して、どろついた先走りが白く濁っていくのがカレリアにも見てとれる)
        きたっ、のぼってきて、るっ、イ、イかせて、カレリア、さま、お願い、出させて、くださっ……! -- キョーレン 2016-06-03 (金) 22:16:25
      • んぅっ・・・ふぅ‥そうっ!そのまま・・・その気持ちのまま、全部吐き出してしまいなさい・・・(秘所に這わせた指先が走る・・びくっびくっとこちらもまた激しく快感が駆け巡って・・)
        ほ・・・ほらっさぁイきなさい!?私の事を想って何もかも捧げてしまう喜びと共にっ(射精の瞬間、とんと先端で軽く小突く・・・それは条件反射の擦りこみの様に、「叩かれたから射精した」という錯覚すら抱かせるもので)
        -- 2016-06-03 (金) 22:24:34
      • うぁ、あああぁぁぁ出る、も、だ……っ!!(叩かれて屈服する歪んだ悦びを覚えてしまいながら、握りしめた肉棒の先からびちゃびちゃと精液を吐き出しては全身ごと震えて)
        は、あっ、はあ……っ!(そのまましばらく震えながら射精を続けて……収まると、ぐったりと体から力が抜けた) -- キョーレン 2016-06-03 (金) 23:09:30
      • はぁっ・・・!・・・っ!(音を立てて精を吐き出すさまを見ながらこちらも快感に打ち震える・・・鼻腔を刺激する雄臭さが絶頂に導いていた)
        ・・っは・・ふ・・・ふふ・・・よくできたわキョーレン・・・いい子ね?(鞭を持つ手でぐったりしている男をそっと撫でる)
        (絶頂した事で自分の中で渦巻いていた行き場のない興奮がこなれてきたのを感じる・・・同時に自分のやっていた事も・・・何やってたのかも冷静に見つめられる)‥‥
        (優しく撫でるうちに理性的な側面も出てきて)疲れたでしょう?・・・今はこのまま、おやすみなさい?静かに、ゆっくりと呼吸して・・・夢の中に(掌から陽だまりの様な温もりを発し、達したばかりの男の思考に擦りこんでいく・・・今覚醒なんかされたら気まずすぎる)
        -- 2016-06-03 (金) 23:19:21
      • ん、ぅ……。(疲弊した心と体にカレリアの温かく優しい光が染み込んで、そのまま優しく意識を絡め取っていく。抵抗する気はないのだが、それでも少し言わないといけないことがあるような気がして目が細く空いている)
        カレ、リア……? 俺は、大丈夫、だぞ……。(そこが限界。ついに目が完全に閉じられて静かに寝息をたてはじめた) -- キョーレン 2016-06-03 (金) 23:29:03
      • (「大丈夫」そう声をかけられればきょとんとして)・・・んもう・・・焦ったこっちがバカみたいじゃない・・・(そういって微笑むと寝息を立て始めた男の頬、気持ち唇よりの所にキスをする)

        (次にキョーレンが目覚めた時、部屋は綺麗に掃除され、匂いもなく服装の乱れも綺麗に整えられて痕跡などまるでなく)
        あらキョーレン?ふふっごめんなさいね?(薬で昂り、転ばせてしまい、気を失っていたので寝かしてたと説明したとかなんとか)
        -- 2016-06-03 (金) 23:38:13
  • ためらいのないまきものがカレリアくんをおそう!(発情薬を振り撒く) -- (・ワ| 2016-05-30 (月) 15:33:41
    • かみさま?うっけほっけほっ・・・んぅ・・なによぉこれぇ・・・(なんだか熱いわっと手で仰ぎながらベッドに横になる)
      (ふはははーざんねん!見事にかかったがこれからお出かけなのだ!)
      -- 2016-05-30 (月) 15:50:22
      • (正座して待機) -- (・w| 2016-05-30 (月) 15:51:57
      • (はぁ‥ふう・・・んぅっと暑苦しそうにしながら寝乱れて・・・)
        ・・・(やがて落ち着いたのかむくりとする)あらぁ?かみさま、ずっとそこにいたの?
        -- 2016-05-31 (火) 01:52:06
      • ハイ -- (・w| 2016-05-31 (火) 10:01:52
      • ふふ・・・(寝乱れた衣服がしゅるりと蠢き直っていく・・・否、胸の谷間を強調するように・・・体のラインを見せつける様にデザインが少し変わっている)
        (深くスリットが入り、ギリギリまで見える様になった足を組みながら・・・手にした鞭を口元に当てて思案する)良い子ね‥とてもいい子よ(ダメだと思ったら逃げて下さい)
        -- 2016-05-31 (火) 10:10:26
      • かみさまいいこにしてたのでごほうびください -- (・w| 2016-05-31 (火) 10:47:10
      • ごほうび・・?(組んだ足をかみさまの肩に乗せると・・・そのままぐいっと引くように跪かせる)
        ねぇちょっと・・・勘違いしてないかしら?(神とカレリアの立場は大きくかけ離れているのに・・そんな事は物ともしないという様に偉ぶる)
        いい?一回だけ教えてあげる・・・ご褒美はね‥私があげる物・・・貴女がねだる物じゃないわぁ(肩の上で素足をぐりぐりと押し付ける様にして)
        -- 2016-05-31 (火) 11:03:24
      • はいぢょうおうさま(空気を読んでグリグリされる) -- (・w| 2016-05-31 (火) 11:06:49
      • そうよ、それでいいの(足を離し、素足をかみさまの目の前でくいくい揺らし)靴・・履かせなさい?(ヒールはすぐ近くにある) -- 2016-05-31 (火) 11:12:49
      • ははぁー!あっ、おみあしによごれが(舌で舐める) -- (・ワ| 2016-05-31 (火) 11:58:33
      • (ぺしっと鞭がうねり頬をはたく・・・絶妙なコントロールによって痛みはない、叩かれたという実感だけを強烈に心に響かせる)今・・誰の許可を得て舐めたの?(その目は冷たい)
        ねぇかみさま?・・・貴女ちょっと独断が過ぎるのではないかしら?・・・いくら働き者でもこうも愚かじゃぁちょっとお仕置きが必要よ(てん・・てん・・・てんと叩きながら、丁寧に丁寧に擦りこむ様に囁く)
        -- 2016-05-31 (火) 12:06:32
      • ははぁーすみませんでした!(床に埋まる土下座) -- (・w| 2016-05-31 (火) 12:25:38
      • ふふ・・・反省なんて口だけならいくらでもできるわぁ(足の指先で顎を撫で、器用にくいと持ち上げさせる)
        さぁて・・どうしてくれようかしら・・・(鞭の先端で腹を胸を頬をなぞっていく)ふふ・・・生意気なおっぱいしちゃって?(てしっと叩く)
        -- 2016-05-31 (火) 12:34:45
      • はぁはぁ…ひゃぁ(ぶるんと揺れる) -- (・w| 2016-05-31 (火) 13:04:51
      • ふふふっ可愛い声をあげるのねぇ‥(ぷるんぷるんと揺らしながら)
        ねぇどんな気持ちかしら・・?私にこんな薬を浴びせて、えっちな事をするつもりだったのでしょう?(くすくすと嘲笑う)
        でも今こうして私に弄ばれている・・・ふふふっとても滑稽よぉ貴女(ぺちぺち)
        -- 2016-05-31 (火) 13:26:19
      • はい、かみさまちょっときたいしてました…でもやっぱうけにまわるとだめだな!
        げこくじょうじゃぁー!(がばぁっとカレリアに襲い掛かる!) -- (・w| 2016-05-31 (火) 13:41:35
      • (ぱぁん!と炸裂音、足を刈り取る様に生じた衝撃波によりかみさまを転倒させる、同時、両の太ももで絡み取る様に顔を挟み取る、下着まではあと少し届かない距離)
        ・・・・・・本当に悪い子ね‥えぇ貴女は悪い子よかみさま?(冷たいまなざしを向けたままぎゅーってする、容赦がない)
        -- 2016-05-31 (火) 13:58:39
      • わぁー(ひっくり返る)むぎゅう…おのれめのまえにみえるのに(ふとももぺろぺろ)
        かみさまわるいこだからいいこにかわりますね…(ぼふんっと煙が上がる)…なんですこれ、どうなってるんです? -- アール 2016-05-31 (火) 14:33:34
      • 本当にめげない子・・・
        (っとぼふん)・・・・・・ッチ・・逃げたわね・・・(どうやら記憶もないようなので放してあげる・・・そっと金髪に指を絡めて撫でつけながら)
        ごめんなさいねアール?‥ちょっと昂っちゃってたの‥(ふふふっとにっこりほほ笑む)
        -- 2016-05-31 (火) 14:51:22
      • いえいえ、良いんですよこのくらい。いつも自分がやってる事ですしねぇ
        それはそれとして…実はこれ自分で自分の所にも撒いてるんですよねぇ(ニコリと危険な笑顔) -- アール 2016-05-31 (火) 15:06:58
      • ふぅん?・・・(こちらもまた妖しく微笑んで)それで?‥どうするつもりなのかしら? -- 2016-05-31 (火) 15:30:49
  • \のんだ?/ (稀少ワインを) -- しらたま 2016-05-30 (月) 08:49:57
    • \のんだ!/(わよね?いっしょに?とハイタッチ) -- 2016-05-30 (月) 09:05:34
      • \おいしかった/ (イェーイイェーイ) -- しらたま 2016-05-30 (月) 09:14:09
      • \よね/(イェーイ)
        (ハグしつつ)よかったわぁ一緒に呑んでくれた子がいて・・・あんな体験もう二度と出来ないもの・・・でもダメよ?子供が飲酒だなんて
        -- 2016-05-30 (月) 09:19:32
      • (ポンポンポン)いやーじゃっかんもうしわけない。ちょっとくらいならだいじょうぶだと思ったので。
        しらたまくらいのとしのころでも、飲みすぎなければ大丈夫でして。(のみすぎた) -- しらたま 2016-05-30 (月) 10:07:29
      • ねーちょっとくらいいいのにねぇ(けちくさいわぁと頷いて)
        んで、飲み過ぎた訳ね?(柔らかなほっぺをムニムニ弄びつつ)もぅ‥ダメって言っても聞かないのなら、せめて加減は見極めないとダメよ?‥私が言えた事じゃないけれど
        -- 2016-05-30 (月) 11:49:52
      • ではねーさんは!のんでもいいといわれて目の前にぶら下げられたごちそうをがまんできるのですか!
        ちょちくが消し飛んだけどおいしかったからいいです。いやよくないです。おかし断ちするしかない…。 -- しらたま 2016-05-30 (月) 20:24:57
      • 勿論できる訳ないわ?これは大人の特権ね?(大人はずるいのよ?っとふふり)
        私は一応まだ余裕があるけれど・・・それでも失った信用を取り戻すのは大変ね・・・・・・ふふっそれは可哀そうに(ちゃりんとお小遣いを渡す)無駄遣いしちゃダメよ?(しーっと人差し指立てる)
        -- 2016-05-31 (火) 02:02:06
      • まー… しばらくしょうにんくみあい?みたいなところからのいらいは受けられないですえ…。
        いざとなったら。このしらたまとて、『まあまあ子供のやることだしそのへんで』という切り札をつかわざるをえない… えっ いいのです…?(しらたまはふつうにお金をわたされるととまどうぞ!) -- しらたま 2016-05-31 (火) 02:35:43
      • そうねぇ・・・意識して避けていかないと・・・
        あっずるい!これだから子供はずるいわ!(ぷんすこ)・・・ ふふっ坊やが可愛いからお小遣いよ?それで何かお菓子でも買いなさいな(いらないなら、いいけど?と小首を傾げ)
        -- 2016-05-31 (火) 02:43:05
      • いるので。(しっかり!と!にぎる!) -- しらたま 2016-05-31 (火) 02:46:50
      • はいよろしい(にこにこ)ほら、何か適当に買ってきなさいな(ぽんと背中を押す) -- 2016-05-31 (火) 02:48:14
      • やった。(やった) おことばにあまえて。今日は自分へのごほうびめいて、ようがしをいただくことにするのです。(と言いつつガマグチ・コインケースにしまうのだ!)
        明日からはー…ふさいの分も、きちんとはたらくのでー…。 今日くらいは、ゆるしてほしいのでしてー…(ぽよ ぽよ) -- しらたま 2016-05-31 (火) 03:06:46
      • ふふ、お財布まで可愛いんだからっ・・・ま、一緒に盗み飲んだよしみと思ってくれてもいいわ(盗酒の友ねと笑って)
        そうね・・・差し当たっては採掘依頼ね・・・頑張りましょう(まだそのくらいの時期の会話である)
        -- 2016-05-31 (火) 03:13:10
      • …さいくつ、ですか。火山のどうくつで。つるはし片手に。
        明らかに、たいへんなので… 欲は言わないので、ぶじに帰れればそれで良いのですけれど…(皆川フェード) -- しらたま 2016-05-31 (火) 03:15:46
      • 欲張らないとダメよ、成功しないとお金ははいらないんだから!(結果成功した) -- 2016-05-31 (火) 03:30:59
      • (皆川フェードキャンセルされあうあうしつつ) さ、さいぜんはつくします…。
        まずはぼんやりして火竜のえじきにならないように…何か食べる…! (そういうことで、備えに帰っていった) -- しらたま 2016-05-31 (火) 04:20:43
      • (皆川フェードに対する正しい返しを知らなかった・・・あれで〆たと思っていた・・・)
        えぇ、それじゃぁまたね?(手をふって見送る)
        -- 2016-05-31 (火) 04:22:36
  • ファッションショーでござるかな?(鑑賞タイム) -- ササキ 2016-05-30 (月) 01:49:21
    • ふふ(回って、そのまま優雅にカーテシー)似合うかしら? -- 2016-05-30 (月) 01:57:32
      • ヒューゥ(ピー、とならされる指笛)
        いかにも魔法を使うぞ…という格好でござるなあ、似合ってござるよ(うんうんと頷く) -- ササキ 2016-05-30 (月) 01:58:47
      • ふふっよかったわぁこれは特に今までと大きく印象が変わるから・・・ちょっと不安もあったのよ
        そうそう、そろそろ夏が近いわね・・・かき氷屋さんの準備は順調かしら?
        -- 2016-05-30 (月) 02:07:12
      • 印象は変わってもまあ…衣替えの一種でござるからなあ、使う魔法が変わったりしなければカレリア殿はカレリア殿でござろう
        かき氷屋ってそこ限定でござる!?あれは氷とガリガリする装置、シロップがあれば問題ないでござるよ、抹茶蜜などを途中のあんみつなどで作るのでその辺りも用意でござるかなあ…
        カレリア殿はいかなる味が良いでござるかな? -- ササキ 2016-05-30 (月) 02:10:37
      • そうっそうなのよ(あとこれねとメガネをくぃっと)
        あら?海水浴で泳げないからかき氷屋でもしようかみたいな話を・・・しなかったかしら・・してないわね・・・(あっれーおかしいなぁとログをあさって・・ログがない・・・自分の記憶力に不安を覚える魔女)
        あんみつはいいわねぇ・・あんまり食べた事が無いのだけれど涼し気できらめいて綺麗な印象があるわ
        そうねえ・・せっかくなら食べた事の無い味がいいわ・・普通のシロップばかりだから、宇治金時?というのが気になるかしら
        -- 2016-05-30 (月) 02:29:17
      • メガネはカレリア殿のチャームポイントなんでござるな…
        ああいやかき氷はやるにしても、拙者団子屋でござるしそこはもうちょっと団子とかも触れて欲しいで御座ってなあ
        最近人魚の方が来られたので寒天を無事ゲットしたでござる、抹茶寒天…6月試作予定にござるよ(ニコッ)
        その辺りは用意されること…間違いなしにござるな!とはいえ個別名称ではなく、トッピングでになると思うでござるが… -- ササキ 2016-05-30 (月) 02:34:12
      • ふふっその通りよ?服も髪型も変えるけれどここだけはね?
        あぁそういう事ね?(くすくすと)あんみつならトッピングにお団子・・・あれは白玉だったかしら?が入ってたわよね(活かせる活かせると頷いて)
        人魚・・・セラフィータかしら・・・ふふっそれは楽しみね?つまりもうすぐという事でしょう?(絶対食べに行くとこくこく)
        ふふっ楽しみにしているわ・・・
        -- 2016-05-30 (月) 02:46:10
      • まあ視力が悪ければどうしようもないでござるからなあ…矯正器具は大事でござる
        左様…白玉団子の場合もあれば求肥の場合もあり…うちは白玉団子を入れ…さらに!求肥で包んだ抹茶アイスをドン、と乗せられるようにする予定でござるよ
        おやっ、セラフィータどのを知っていたでござるか、彼女から天草を頂いて…今月中に開発でござるなあ
        はっはっは、その時はぜひ食べに来て下され!しかしながら…水着になるのであればゆめゆめ油断なされぬよう… -- ササキ 2016-05-30 (月) 02:50:17
      • あら?せっかくかけるのならデザインにも拘りたい・・拘ればそこに愛着も生まれる・・私にとって眼鏡は単純な矯正器具ではないわ
        うんっ美味しそうねそれ・・たのしみねぇ・・・(ふふっとわらって)
        天草?‥あの子に頼んだという事は、寒天って海藻だったのね
        (そうすると頷いて)・・・あら?それはどうして?
        -- 2016-05-30 (月) 02:57:15
      • 左様でござるか…眼鏡のデザイン、拙者はただの矯正器具だと思ってござったからなあ
        あんみつは海でやるかは微妙にござるな、海はかき氷限定の予定でござるからそちらは店で…となるわけでござるよ
        寒天の元になる天草は海底国にありふれているそうでござる、海苔は海面でなければだめなのでどうしようもないでござるがなあ…
        うぬ?食べ過ぎてふっくらすると、水着が着られなくなる恐れも…しかし、拙者的にはそっちの方が好みにござるが -- ササキ 2016-05-30 (月) 03:00:21
      • 物の役割は必ずしも一つではないという事ね・・・物にどの様な意味を見出すかも、その人の見方一つにかかっているわ
        (うん?っと考え)じゃぁやっぱり最初の認識は間違ってなかったのね(良かったと胸をなでおろす)
        ふふ‥お団子屋さんを経営するのも大変ね?‥いつもそうやって、いろんな人から協力してもらっているのね・・・
        ぷっ・・ふふふっそんなの貴方が気にする問題じゃないわよ、私のプロポーションはいつだって完璧なんだから(ウィンク)
        -- 2016-05-30 (月) 03:12:58
      • 何やら深いでござるなあ…拙者のように特に考えず物を扱うのとは大違いでござる
        大体認識はあってるでござるが…こう、かき氷屋のように扱われると拙者は良くても拙者の中の団子が怒るでござるよー?
        1人と懇意にして団子を…もいいでござるが、そればかりでは…と言う事で各方面から協力やらを…としているのでござるよ
        ぬう…プロポーションの見えぬその衣装、それだけに想像を掻き立てられると言う事でござるか…!
        3時も過ぎていい時間でござるし拙者は帰るとするでござるよ、それではまた -- ササキ 2016-05-30 (月) 03:18:01
      • 勿体ない事をしているわ・・・でもそれは余裕のある生き方なのかもしれないわね
        (くすくすと笑って)まぁこわい?でもそんな心配しなくても、貴方の事はちゃんとお団子屋さんとして認識しているわ・・・向上心があるのも含めて素敵だと思ってる
        ふふ?見せたりしないわよぉ(なんて笑いつつ)えぇ、それじゃぁね・・・
        -- 2016-05-30 (月) 03:26:28
  • ヒラヒラとか許さない… (ゴゴゴゴ) -- クレア 2016-05-30 (月) 01:46:12
    • ふわりひらひらは優雅さを表すと思うのよ(くるりくるり) -- カレリア 2016-05-30 (月) 01:48:24
      • しゃ〜〜〜!! ならぴっちりはスマートさ、しなやかさよ!! -- クレア 2016-05-30 (月) 01:49:03
      • 貴女の格好でスマートしなやかっていうとこう猫っぽく動いている様を想像してしまうわ・・・(クリップ止めのつけしっぽをくっつけようとしながら) -- 2016-05-30 (月) 01:56:23
      • キャットスーツという言葉もあるし。…でも言うほど軽快には動けないのよ
        100mも14秒台ぐらいでしか走れないし -- クレア 2016-05-30 (月) 02:12:48
      • 普通ね・・・(コメントしづらい数値にこくこく頷いて・・でもくっつける)
        しなやかさの方はどうなの?(前屈させようとする)
        -- 2016-05-30 (月) 02:19:45
      • (ごく普通、つま先に指は付くけどそれ以上はいかないというレスのしづらさ)
        …何。言いたいことがあるなら言っていいから -- クレア 2016-05-30 (月) 02:27:13
      • ・・・普通ね(言いたい事を言う)
        何かこう普通じゃないポイントが無いと生き残れない・・・ラバーがあったわね(頷きながらねこみみつけさせる)
        -- 2016-05-30 (月) 02:36:33
      • やめてくれない、人をラバーしか取柄がないように言うのは!
        …ネコミミモード? (ノリでにゃーんと腕をこまねいた) -- クレア 2016-05-30 (月) 03:01:57
      • ふふっごめんなさい・・それじゃぁ・・・どんな取り柄があるのかしら?
        うんっかわいい(こくこく)
        -- 2016-05-30 (月) 03:14:04
      • な、ないわぁーーーー!? (突きつけられた現実、私の心は硝子だゾ!なので泣きながら帰った) -- クレア 2016-05-30 (月) 03:48:11
      • ないの?(それはそれで拙いわよと苦笑して見送った) -- 2016-05-30 (月) 09:48:40
  • (くるりまわって衣替え)・・・どっちかっていうと夜って感じね・・・失敗したかしら? -- 2016-05-30 (月) 00:12:03
  • 疑問ロダ:086270.mp3 -- メイ 2016-05-29 (日) 22:37:46
    • お疲れさま、貴女も飲めばよかったのに〜(くすくす笑って)
      大丈夫ではないわね・・・おかげで結構な出費よ、まぁ常識的な範囲の額でよかったけれど・・・問題は信用がガタ落ちした事ね、暫くは自重しないと
      -- 2016-05-29 (日) 22:46:23
      • 普通ロダ:086273.mp3 -- メイ 2016-05-29 (日) 22:54:39
      • 飲めないなら仕方ないわね・・・ふふ、いつか飲めるようになったらきっと私の気持ちもわかるわ
        そうねぇ刺し当たって・・・採掘の依頼でも受けようかしら・・・(酒場のリストを見ながら)
        -- 2016-05-29 (日) 23:14:00
      • 疑問ロダ:086277.mp3 -- メイ 2016-05-29 (日) 23:21:38
      • ふふっそれはなってみないと分からない事よ?(くすくす笑って)
        ふむ・・・マジックアイテムねぇ・・基本は自分で魔法を習得するか、そういうのを売っていそうなお店を当たるか・・・奇抜な所なら、魔法生物からそれっぽい部分をはぎ取って武器に塗りつけるとかかしら?(想像するとちょっとグロかった・・うっぷ)
        -- 2016-05-29 (日) 23:40:50
      • 元気挨拶ロダ:086280.mp3 -- メイ 2016-05-29 (日) 23:49:05
      • そうね、それに普通の金属の剣でも相手を仕留められないなんて事はない筈よ・・・
        暫くはそれで腕を磨いて、手に入ったらその時はその時って事で
        えぇそれじゃぁまた、次は今回みたいに格好悪い所は見せないんだからっ
        -- 2016-05-30 (月) 00:02:45
  • や、これはカレリア殿。散歩でござるか?(公園近くの道すがらでばったり出会う) -- ニンジャ 2016-05-29 (日) 22:33:06
    • あらニンジャさん・・・(別の眼鏡から普段の眼鏡にかけなおす)そんな所ね?貴方も? -- 2016-05-29 (日) 22:41:21
      • 今なんでメガネチェンジしたでござるか!?する必要あったんでござるか!?
        まぁ拙者仕事の帰りでござる。ついでに街のロードマップを頭に作ってるところでござるな。仕事上大事でござる -- ニンジャ 2016-05-29 (日) 22:47:23
      • 散歩ついでに探し物をしていたからね‥(レフィの店で買った「普段見えない物を見える様にするメガネ」だ)
        仕事・・・助っ人的な事をしているのだったかしら?ふふ、オフの時も仕事に沿った事をするなんてすごいわね
        -- 2016-05-29 (日) 23:10:58
      • 探し物?なにを探してるでござる?良ければ拙者手伝うが?
        起きてる間はずっと仕事でござるよ。拙者の休業日は寝てる間くらいでござるな -- ニンジャ 2016-05-29 (日) 23:14:57
      • ソルルって単眼の女の子よ・・・正確には彼女の魂ね?・・・彼女の体に憑りついた神様から話を聞いて、まぁ折角だからってね
        ふふっじゃぁ今私と話しているのもお仕事なのね?(寂しいわぁと大仰な仕草)
        -- 2016-05-29 (日) 23:27:41
      • あーっと目に見えないのは拙者には無理でござるな、まことにあいすまぬ!
        世間話も仕事のうち、だってそれがニンジャの定めだからでござる。
        ま、冗談はともかくとして知人が何かしてれば声をかけるのは普通でござるよ -- ニンジャ 2016-05-29 (日) 23:36:23
      • ふふっ私だって見えないわ、その為のメガネチェンジよ(それならそれでいいと笑って)
        ニンジャって大変なのね・・・(ふと気づいた様に)そうか‥だからニンジャとしかなのらないのね?貴方自身とニンジャは一体だから(それって寂しくないと小首をかしぐ)
        それもそうね(くすくすと笑い)ところで、今日はどんなお仕事をしてきたの?
        -- 2016-05-30 (月) 00:00:06
      • 拙者がニンジャとしか名乗らないのも仕事のうち、でござる。拙者自身のパーソナルは助っ人屋の仕事に際して大した問題じゃないでござるからなー
        今日の仕事でござるか?今日はご近所の奥様に頼まれた子供の世話、猫探し、あとは団子屋の買出しの手伝いでござるなぁ。
        ま、いつもと変わらんというわけでござるね!(サムズアップ) -- ニンジャ 2016-05-30 (月) 00:49:39
      • えぇ?それって寂しいわぁ・・・そしてお上手ね‥もっと貴方の事が知りたくなっちゃった(かりかりとメンポを引っ張って)
        ふふっ猫は見つかったのかしら・・・色々忙しいわね?(微笑んで)
        -- 2016-05-30 (月) 00:55:50
      • メンポはダメでござる!これもニンジャのひみつでござる!(イヤイヤと首を振る)
        猫探しのタツジンともなれば余裕でござる。基本的な行動範囲さえ割り出せればたいていは見つかるでござるな。
        拙者に興味がある?やめとくでござる、ヤケドしても知らないでござるよ?(などとふざけつつ) -- ニンジャ 2016-05-30 (月) 01:10:51
      • あんもう意地悪ぅいいじゃないの〜(イヤイヤされるとくすくす笑いながら突いたり)
        達人だったのね・・・・達人になる位いなくなる猫も猫だけど、達人になる位頼まれるのも大変ね(くすくす)縄張りがあるっていうしね・・・でも猫は人が通れない所も平気で通るでしょう?
        まぁ?そんな事言われたらますます燃えてきちゃうじゃないの(ふざけて返しながら食事でもどう?と誘ってみたりして)
        -- 2016-05-30 (月) 01:22:55
      • 猫はそれこそ気ままな生き物でござるからなーあと猫の誘拐なんてケースも結構あるでござる。そうなると結構大掛かりになるでござるよ。
        おや、デートのお誘いでござる?美人の頼みとあらば断らないでござる(即答)
        まぁ今日は道すがらだし後日どこかでということにしておくでござる。では拙者そろそろ店に戻って風呂焚きでござる。(ドーモ、とオジギし歩いていく) -- ニンジャ 2016-05-30 (月) 01:26:58
      • 誘拐?‥それは怖いわね‥(うんうん)
        そう、忙しいのね?えぇそれじゃぁまた(行間で済ますつもりだったからあまり深く考えてなかったりする)
        -- 2016-05-30 (月) 01:37:13
  • 先日はグール退治してくださってありがとうございました。あと依頼でも一度ご一緒しましたよね、その時もお世話になりました
    あの、カレリアさんって魔女の方ですよね? 武闘家ではなく? (独特の戦闘スタイルが気になっているようだ) -- シトー 2016-05-29 (日) 21:10:05
    • あらシトー?いいのよ、一番小さい群れっぽかったし・・あれからどう?
      えぇそう、魔女よ?(えっへんと胸を張る)魔女が武闘家みたいなことをしちゃいけないって事はないでしょう?
      -- 2016-05-29 (日) 21:50:43
      • 残りの二カ所はゾンビアタック(二重の意味で)の繰り返しでなんとか制圧できました……正直一か所は依頼を出そうか迷いました
        いえ、もちろんそうなんですけどどうしても魔女って言うと箒にまたがったり大釜をかき回してるイメージがですね、我ながらテンプレートすぎるとは思いますけど
        それにしてもすごいですね、打ち込むたびに魔術が発動して……あれって詠唱のタイミングを打撃に合わせてるんですか? -- シトー 2016-05-29 (日) 22:02:28
      • 大変だったでしょう・・依頼出しても良かったのに(そういう前提の設定だったろうに申し訳ない・・)
        ふふふっいいのよ、実際習った所はそんな雰囲気の所ではあったから・・・私がそういうのダメだっただけね
        うぅん?あれはああいう詠唱よ・・・ほら、何もしてないのに突然ぶん殴られたら普通はいい気分がしない物でしょう?・・相手を殴る事そのものに拒絶の意思があると定義して、それ自体を詠唱にしているのよ
        -- 2016-05-29 (日) 22:13:25
      • ほうっておく訳にはいかなかったからですね、依頼もちょっと間に合わなさそうでしたし(あれは完全に流れで生えた状況なのでむしろそれを自分が活かしそこなっただけなのです)
        あ、やっぱりそういう魔女の方もいるんですね。箒で飛ぶのってちょっとこう、いいですよね、憧れます!
        な、なるほど。普通の魔術も攻撃的な意志に魔力を乗せる感じですもんね、行動が詠唱になるとそこで魔術が完成するんだ……納得しました! -- シトー 2016-05-29 (日) 22:30:36
      • ふふ、それにしてもゾンビアタック何て仕掛けられている辺り、本当にどうしようもなく言う事聞いてくれないって訳じゃないのね?
        ふふ、そうねぇ・・・ただあれちょっと慣れてないと痛いのよ・・・(やってみる?と故郷から持ってきてた箒を出す・・・埃を払って磨く・・・差し出す)
        ま、手話とまではいかない、ジェスチャーみたいな物ね?意味が単純な分効果も単純で、乱暴な分ロスも大きいけれど・・使い慣れると便利なのよ
        -- 2016-05-29 (日) 22:40:02
      • きちんと全員確実に復元することを書面にさせられたりしましたけどね……元々痛覚はないですから結局全身リフレッシュみたいな結果です。わたしはしんどかったですけど!
        い、痛いって……確かに普通に考えたら乗り心地は考えられてないですからね、でもせっかくですしお言葉に甘えてやらさせていただきます!(箒を受け取った)
        なるほど、でも魔術に加えて格闘のセンスが要求されるとなるとやっぱり大変そうで……よっと!(箒にまたがった)
        え、えーっとこれからどうすればいいんでしょう? 魔術の要領で魔力を通せば飛べるんですか? それともこれはただの箒で飛行は別のコツがいるとか……? -- シトー 2016-05-29 (日) 22:56:01
      • ふふ、貴女だけが損したみたいになったのね‥復元ってそういう魔法でするの?・・・まさか手作業で直すわけじゃない・・わよね?(だったら本当に大変だと)
        元々自衛用として教えられてた技だから、センスが必要なくらい専門的に使う方が珍しいのよ
        飛行用と考えればサドル位付けてもいいのかもしれないわね・・・(笑いつつ見守って)ふふ・・・取り敢えずは直感で使ってみなさいな?・・・どうすればいいかは貴女の魔法が教えてくれるわ
        -- 2016-05-29 (日) 23:07:59
      • 今回は最初からゾンビアタックなのはわかってましたから再生術式を組み込んだゾンビにお願いしました、その都度魔力持ってかれる疲れるタイプですね。一応帰ってから微調整というか処置の補完はしましたけど
        なるほど、魔女の世界も色々ですねー……じ、自己流でですか?
        よし、それじゃあ……飛っ、ぶのはいきなりだと怖いから浮けっ!(そう言って魔力をこめるとよたよたと浮きだした)
        おおっ。お、おおおおこれはイケてますよカレリアさん浮いてまあ痛ぁ!?(少し浮いたところで箒を支点に体が逆さに回転して頭を打った) -- シトー 2016-05-29 (日) 23:25:34
      • ふふ、それは中々・・楽だけどキツイわね・・・そのゾンビって時々無茶して勝手に怪我したりしない?自動修復にかこつけてリフレッシュしてたりしないかしら・・・
        その方がいいのよ、貴女は既に魔法を扱えているんだから、私が下手に手を加えるよりそれに沿った方がいいわ
        ・・・ぷっふふふっそうなるわよね最初は(ころころ笑う)箒と一体になるイメージを持つか、技術でバランスをとるか‥そこは貴女次第ね?・・・よければそれ上げるわ、私使わないもの
        -- 2016-05-29 (日) 23:46:57
      • それはな、ない……あれ? そういえばちょくちょく怪我してますねあの子……ちょっと後で取り調べます!
        わ、笑わないでくださいよもう、いったぁ〜……ここまで見事にころんだのは子供の頃以来ですよ
        そっか、魔術で安定させてもいいんですね。わたし正直運動オンチなんで自分でバランス取るのは難しいかな……えっ、い、いいんですか!?
        それは正直すごくうれしい、というかれ、練習しないと……あ、あの、ありがとうございました! 必ず後日お礼に伺います! その、失礼します!(テンション上って興奮したまま帰って行った) -- シトー 2016-05-30 (月) 00:08:12
      • ふふっその方がいいわ、きっと何かあるから(くすくす)
        ほらほら、大丈夫?(打った所をなでなでして)
        「箒で飛ぶ」・・・じゃなくて「箒と飛ぶ」ってイメージね
        えぇもちろん、そんなに喜んでもらえれば、その箒もきっと満足よ(またねーっと手を振って)
        -- 2016-05-30 (月) 00:15:18
  • ありがとうございましたカレリアさーん
    それと食事シーンですー -- 2016-05-29 (日) 17:47:19
    • あらあら、このスカートちょっと短すぎたかしら?(くすくす)レイチェルは後ろ姿だけなのね、でも嬉しいわぁ
      わぁお、アレックスも描いて貰えてる!ありがとうっ(しまった乗馬鞭と言い忘れた・・)
      -- 2016-05-29 (日) 21:54:44
      • 装備のバリエーションと思ってください、とメッセージをお伝えしますー。 -- 2016-05-29 (日) 22:05:10
      • そうするわ、ありがとうね〜 -- 2016-05-29 (日) 22:06:15
  • (琴を練習していると噂に聞いて聞きに来た 正座して待機)東国の方の楽器だよね。どこで買ったのカレリアさん、それ。 -- サザンカ 2016-05-28 (土) 18:28:59
    • えぇそうよ?(べょ〜んと鳴らす・・・明らかに違う、こんな変な音じゃない筈だ)
      レイチェルの店よ、人生には楽しみが必要なのよ(べょょょょ〜ん)
      -- 2016-05-28 (土) 18:34:58
      • (……こんな音色なのかこの楽器は?サザンカは訝しんだ)レイレイさんの店か…何でもあるから逆に目につかなかったな。いい買い物したね。
        ……にしても……(べょょょょ〜ん)……独特の音と言いますか。その、カレリアさん琴の腕は、失礼だけどどんな…? -- サザンカ 2016-05-28 (土) 18:41:39
      • えぇ色々な発見があって楽しいわよね?・・・むっ何よその含みのある問い方は?これでも結構練習して上手くなっているのよ?(また気の抜ける音)
        ほらやってごらんなさい?結構難しいんだから(押し付ける、簡単に綺麗な音がでるだろう)
        -- 2016-05-28 (土) 19:05:26
      • え、いや…なんか音がすごい不気味だったから…?(怪訝な顔で)あ、いいの?それじゃ早速…(弾く。べよぃぃん)………(真剣な顔)
        …(じっとあらゆる角度から琴を観察して)…これさ、弦が微妙に緩くない?(これだな、と弦の張りを弄り。適切なそれに簡単に合わせて)
        よし…と(再度、チャレンジ ポロロン、と綺麗な音が鳴った)……ほら!(調子に乗って指を動かす……あれなにサザンカ君プロなの?ってくらい達者に演奏する) -- サザンカ 2016-05-28 (土) 19:10:20
      • ほら難しいでしょう?(えっへん)
        え?そう・・?(戸惑う内に調整されて、綺麗な音が鳴りだせば)ちょ・・ちょっと待ちなさいっ(後ろから回り込む様に寄り添って琴に手をかけて・・・べよ〜ん)・・・・・・・むぅ
        -- 2016-05-28 (土) 19:15:44
      • (完全に耳コピで、聖歌などを演奏したりしていると…)…ん?って、カレリアさん?(後ろに回り込まれて少しびっくり)
        ああ、でも弦を張りなおしたから(べよ〜ん)……えぇ…?カレリアさん、なんで…?(と振り向こうとして気づく)
        (少しでも振り向いたり後ろに体を傾けたら、俺はカレリアさんの胸に飛び込むような形になるのでは?サザンカは硬直した)……ぬぬぬぬぅ…(ポロン。綺麗な音を鳴らす) -- サザンカ 2016-05-28 (土) 19:20:42
      • (すごい・・え、何この子?神童?とめっちゃ戸惑う)・・・なんでそんなに上手いのよ・・(ビックリしてるのも構わずぶつくさと)
        (琴に夢中だからかそもそもそんなに気にしてないのか、手を重ねる様に)普通に弾いているだけよ?(ポロン。に対してぺよ〜ん)どうなっているのよ(ずるいっと少年の頬をツンツン)
        -- 2016-05-28 (土) 19:44:27
      • …え?いや、だってここを抑えてこれを弾けば(ポロロン)…この音が出るから、それに合わせて周りの弦をはじけばいいだけじゃない…?(鬼のような器用さであった)
        あと教会じゃたまにパイプオルガン弾いたりしてるし、まぁその関係?…ん、っと…(手を重ねられれば、カレリアの指の動きを見て)……(苦笑を零した)
        (頬をぷにぷにされる。しらたまほどではないが柔らかい)やーめーてー…!カレリアさんは押さえすぎなんだよきっと。こう、糸を弾く…というか、滑らせるように…(カレリアの手に自分の手を重ね返し、実演。ポロン、と綺麗に鳴った)…ね?(と笑顔を見せる) -- サザンカ 2016-05-28 (土) 19:51:39
      • 此処を抑えて・・・これを(ぴよん)・・この音が出るから・・・それに合わせて(みよんみょん)・・・(くすん)
        理不尽よこんなことってないわ(まったくもうとぷんすこすればますます力んで)
        押さえ過ぎ・・・こう?(重ねて貰って実演していく)こんなに弱くして音なんて(ポロン)・・・本当だ・・わぁ凄いっ凄いわ(心の底から楽しそうに微笑んで返す)
        -- 2016-05-28 (土) 20:21:48
      • 力みを抜かないと…さっき俺のほっぺたを押したときくらいの力だよ、そう、そんくらい…(カレリアの指先を導いて)
        (そして綺麗な音が出て、喜んでる様子により笑みを深めつつ苦笑し)カレリアさんにも苦手なことがあるんだね…可愛らしい一面が見れて俺も得した。
        (その後、しばらく琴の練習を二人でして。そこそこ上達したのを見れば、満足して帰っていった)//そろそろイベントですもんね!今日はこの辺でー楽しんできてね! -- サザンカ 2016-05-28 (土) 20:25:14
      • あのくらいね・・そう・・・こんな感じで
        なぁによそれっ私にだって出来ない事はあるわ・・・可愛いは余計よ(なまいきっとちょんと突いて)
        (その後、練習の甲斐あって少しは評判が良くなったとかなんとか)//すまぬ・・すまぬー
        -- 2016-05-28 (土) 20:28:38
  • … (酒場で見かけたので、一緒に早めの夕飯を食べているところ じっと視線が魔女の帽子に向けられて)
    カレリアさん、その帽子や服の花って、生きてるんですか? (造花にしては綺麗だなあ、なんて思っていたらしい 焼き魚を自分の箸で解しつつ) -- 虎彦 2016-05-28 (土) 17:12:22
    • うん?・・ふふっ流石に造花よ・・・毎回交換するのは大変だもの(帽子を取って良く見せてみる)
      よくできているから分かりづらいのだけれど・・ふふ、見かけた時一目で惚れちゃってこれだーって買っちゃったのよ(リゾットもぐもぐ)
      -- 2016-05-28 (土) 17:24:03
      • (一旦皿を避けてから両手で受け取る帽子 まじまじと見れば) 本当だ、造花だ あんまりにも綺麗だから、本物かと思ってました
        (お礼を言って返し、魚を口に運んでから首を傾げ、飲み込んでから) それに、魔女さんだし、そう言う魔法も使えそうだなと
        (魔法=何でもできるイメージらしい) って、普通に売ってるものなんですねっ 女性のお店入った事が無いから、そう言うのも知らなかったなあ
        (もっぱら武具屋や運動用品店ばかりで、と笑って) -- 虎彦 2016-05-28 (土) 17:28:33
      • ふふっでしょう?(返してもらって、座席にかけながら)
        花の鮮度を保つ魔法ね・・・使えない訳じゃないわ、でもそれにいちいちリソースを割くのもなんだし、結局限度はあるし・・何より花粉が目立つのよ(黒いからと困った様に笑って)
        (装飾用の造花だからこの帽子とセットだったわけじゃないけどね?と微笑み)ふふっ坊やらしいわ・・でもちょっとくらいファッションに気を使わないと・・・武具に運動用品・・・どんな物を買っているの?(そんな頻繁に行くかしらん?と小首をかしぐ)
        -- 2016-05-28 (土) 17:52:37
      • 魔法使いさんの生活も、結構現実的なんですね (挙げられる理由は、成程、納得できる事ばかりで ちょっと驚いたように目を瞬かせる)
        ファッションに、ですか…精々、替えの着物や袴が何着かある位ですね (自分の着物を見下ろす 何色か変えているのを見かけるが、デザインは質素で実用的な物ばかりで)
        ファッション様に小物を組み合わせたり…? お洒落って大変なんですね (感心しきり、と言った様子で首を傾げ) あ、えっと、運動用のシューズやジャージ、武具屋では買い物と言うか、良い物を見る目を養うというか…
        ああ、でも、あとは不動産屋も最近は回ってますね (首を傾げて) 宿から家に移ろうと思ってまして …そうしたら収納も増えるし、服も買ってそろえられるかな (そこに繋がった) -- 虎彦 2016-05-28 (土) 17:58:44
      • そうよ・・・魔法は本来なんでもありだけれど、私たち人間は現実的な世界に生きている・・・私が生きるのに必要な「常識」が、使える魔法を制限してしまうの・・だから選択も現実的になる、で挑戦しなければ結局魔法は成長しない(儘らないわねと笑ってもぐもぐ)
        ふふ、坊やの着物だって綺麗だけれどね?(時には違う服もいいと笑って)
        そうよぉ色々大変なの・・・目を養う・・(ふむと考え)ふふっ場所が違うだけね?ごめんなさい、私も坊やも、やっている事は同じみたいだわ
        不動産・・・持ち家を買うの?大胆な選択をするのね?
        -- 2016-05-28 (土) 18:23:52
      • 常識が足かせ… その常識を飛び越える何かを掴むのが大変そうですね 発想力ですか… (とか悩んでしまう時点で、常識的な凡人なのだとも気づかずに)
        やっぱり僕には魔法は当分縁がなさそうです 目に見えている手足だって、まだ満足できる動きが出来ていないのに、ましてや目に見えない力なんてっ (大袈裟に首を竦めた)
        あはは、有難う御座います 見た目だけじゃなくて、ゆったりして動きやすいんですよコレ …カレリアさんも似合いそう (合わせるならやっぱり黒かなあ、とか想像しつつ)
        あはは、そう考えると一緒ですねっ でも、洋服も着てみようかなって、最近思ってます 流石に着物も草臥れてきましたが、こっちだと一着が高くて… (現実的な悩みで)
        買いませんよ、借りるだけ でも、宿だとこう、色々不便で…と言うか (汚い話ですけど、と前置きしてから) 手洗いとお風呂は、自分用のが欲しいなって思うわけですっ -- 虎彦 2016-05-28 (土) 18:32:00
      • そうよぉ、だから大抵は最初に自分の無意識が設定した魔法のルールを逸脱できないの・・・で、私のルールで生きた花を永続的に保存する事は出来ないの・・・ふふ・・そんなに難しく考える必要はないのよ、ルールの中で工夫すればいいし、無理に魔法に拘る必要もないのよ(何事も柔軟によとウィンク)
        諦めたらそこまでなんだけどなぁ・・・(くすくすと楽しそうに)ルールは本来誰にでもあるけどそこに「自分には使えない」が入っちゃうともうダメなのよねぇ・・・(うりうりと眉間をつつく)
        そう?和装ねぇ・・・面白いかもしれないわね?・・三角帽子と合えばいいけれど(くすくす笑い)私が和装、貴方が洋装・・・逆になるのね?
        ふふ・・・その気持ちはよくわかるわ・・私も一番に気にする所だもの(うんうん頷いて)それだけまとまったお金が入ったって事ね・・・順調な様でよかったわ
        -- 2016-05-28 (土) 19:00:27
      • ルールの中で工夫を… ふむむ (綺麗に骨だけになった皿の魚をとりあえず睨みつけてみる) 浮かべー…って、これはなんか違う気がするっ (首を傾げた)
        (そんな少年の眉間を突く細い指 顔を上げれば、) 確かに、門すら開けずに去るようなものですもんね 僕にも使える、僕にも使えるー…っ (むむむ、と自分に念を込めてみる 素直なのだ)
        三角帽子に…合うかなあ? (首を傾げて笑い、でも、と言葉を続けて) カレリアさんは綺麗だから、きっと似合いますよ 和装 着物なら見立てて差し上げますよっ
        はい、毎月の冒険と、細々とした依頼を受けて、小金が貯まったのでっ お蔭さまです (にっこり笑って返し)
        と言う所で、ちょっと質問なんですけど… …カレリアさん、この辺りでおすすめの場所とかありますか? -- 虎彦 2016-05-28 (土) 19:11:06
      • ふふ・・・本気でやりたいなら何かとっかかりが必要ね?それと、こんな喧騒の中じゃ難しいかも・・・(試してみる?と微笑みかけて)
        まぁお上手・・・(くすくす)あら、いいの?・・確かに慣れないうちは変になっちゃいそうね・・・着付けも分からないし(教えてね?っと笑う)
        倹約上手ね・・・そうねぇ・・うーん・・・(考え、考え・・・)取りあえず私の住んでる辺りは上等で治安もいいわよ?・・・相応に高いけれどね?
        -- 2016-05-28 (土) 19:38:30
      • とっかかり、ですか…って、え? (試してみる?と言われれば目を輝かせて) 良いんですかっ? え、えっと、じゃあ、今度その、良かったら、静かな所でっ
        本当ですよ? (お世辞は言いません、とちょっと照れながらも言えるようになった) はい、喜んで …って、着付け… …あー、うー… (ちょっと恥ずかしそうに視線を逸らした)
        カレリアさんの住む辺り… 確かに、前にお邪魔した時に歩きましたけど、閑静ですよね でも、流石にまだそこまではお金が無いかな…っ ちょっと中心街から離れた、街の外れとかが良いんですかね? -- 虎彦 2016-05-28 (土) 19:45:39
      • そうとっかかり・・・貴方が言った、「常識を飛び越える何か」の一つよ・・・端的に言えば「魔法の杖」よ(分かるわよねと前置き)私としては、あの太刀がまさにそれだと思うのだけれど・・・(使わないのよねぇと困った様に)
        んー?まさかそんな複雑な服を渡しておいて何も教えないの?(意外にいじわるね?とくすくす笑ってつつく)
        そうねぇ中心から離れれば確かに安くなるし土地にも余裕は出来るけれど・・・(んーあの辺りとあの辺りとかーと適当に候補を上げている)
        -- 2016-05-28 (土) 20:17:34
      • 魔法の、杖… (自分が杖を持ってる想像 何故か衣装がカレリアと一緒だった 慌てて頭を振って想像をかき消した) って、あの太刀が、ですか…ふむむ
        (首を傾げて悩みつつも、) え、あっ、いやっ、そのっ、カレリアさんが別に、良いって仰るなら、僕は、良い、です、ケド… (つつかれつつ、ごにょごにょ言って)
        (そして、例で挙がる場所をナフキンにメモして懐に入れつつ) 今日はそのあたりを見て回ってみましょうかね -- 虎彦 2016-05-28 (土) 20:27:50
      • そう、刃物は集中力を高めるというし、使い慣れている分坊や自身との相性もいい・・・そして小太刀だとチョットばかり「箔」が足りないのよ・・・もちろん柄とかにそういう曰くのある物をつければいけるだろうけれど・・・そこは貴方の選択次第ね(のんびり待つわと笑って)
        ふふっ恥ずかしがっちゃってぇ・・・私はいいんだけどなぁ‥坊やが嫌だっていうなら自分で何とかするわ(変な着付けになっちゃったらどうしましょうとわざとらしく)
        えぇ、あんまり力になれなくて悪いわね・・・なんなら一緒に回ってみる?
        -- 2016-05-28 (土) 20:37:01
      • 成程…それは確かに… … …はい、まだ、暫くお待たせします、けど …その選択肢は、いつか選びたいですっ (目を輝かせて頷いた)
        ハ、恥ずかしがりますよ、そりゃあ、その、下着姿ですし… …って、良いんですか? …もー、分かりましたっ その時にはその、お手伝い、します…っ (真っ赤になりながら、負けん気を見せて頷いた)
        その時には、恥ずかしがっても遅いんですからね (ちょっと唇を尖らせた それから、カレリアの申し出に) もしお時間あるなら、嬉しいですっ (素直に頷いて、食事の後は一緒に物件探しに行ったのだとか) -- 虎彦 2016-05-28 (土) 20:46:31
      • (楽しみにしていると頷いて)ふふ、勿論よ・・大丈夫、ちゃんと隠す所は隠してあげるから(くすくす)
        じゃぁ決まりね・・・(行きましょうと連れ立って出て行ったとか)
        -- 2016-05-30 (月) 14:56:22
  • まぁあれはカレリア様…(街中で見知った顔を見かけて近づいていく)カレリア様ーカレリア様ー(よく通る声で後ろから声かけて) -- セラフィータ 2016-05-27 (金) 19:31:32
    • うん?(声をかけられ振り返り)あらセラフィータ奇遇ね、元気にしていたからしら?
      ふふ・・・ホームステイの最初の家はどう?良くしてくれている?
      -- 2016-05-27 (金) 19:39:31
      • はい!ハイリエ様もよくしてくださって…色々お店につれていってくれたりも(すっかり街に慣れた様子で)
        少し前ではスライム討伐でもご一緒させていただきまして…(その節はありがとうございましたと) -- セラフィータ 2016-05-27 (金) 19:49:33
      • そう、もうすっかり慣れたみたいでよかったわ(にこにこと)・・でもハイリエは・・ちょっと元気過ぎる所があるし、貴女は大人しそうだから少し心配していたのだけれど・・杞憂だったみたいね
        えぇあの時ね・・・ふふ、同行者の中に貴女の姿を見た時は驚いたわ・・・結構腕もたつのね?
        -- 2016-05-27 (金) 19:58:09
      • 少々ボディタッチは多い方ですけど…悪い人ではなくて…ちょっとさみしがり屋さんなだけなんだと思います…
        筋力はありませんが…魔術はそれなりに…姉妹の中では一番魔力が強いものでしたから(一番上の姉などは剣が得意で勇ましかったんですよ?とか話しつつ) -- セラフィータ 2016-05-27 (金) 20:00:34
      • そうね・・・ふふ、せっかくのホームステイですもの・・・二人が仲良くしてくれていると、私も嬉しいわ
        そうだったの・・・ふふ、剣を使う人魚ってちょっと珍しいかも・・・姉妹が多いの?兄弟とかは?
        -- 2016-05-27 (金) 20:16:12
      • でも日にちがすぎるのははやいもので…来週には1ヶ月で…楽しい時間はすぐ過ぎてしまいますね…
        いえ、3人姉妹ですの人魚はどうしても女が生まれやすいようでして…父も7人で唯一男の人魚だったようですし… -- セラフィータ 2016-05-27 (金) 20:25:20
      • ふふ、何言っているの永遠のお別れって訳でもなし、また会いに行けばいいのよそれに、お別れはまた新しい出会いの始まりでもあるわ(そうでしょ?っと笑って)
        そう・・お父様の頃は大家族だったのね?まぁ3人でも多いと思うけれど・・・でも確かに、言われてみれば人魚と言えば女性ってイメージがあるわ(そういう事だったのねぇと頷き)ふふ、貴女は魔力が強くて、一番上のお姉さんは剣技・・・真ん中のお姉さんはどんな方なのかしら?
        -- 2016-05-27 (金) 20:38:14
      • …ですね、今からお別れが少し寂しいです…(この様子から本当に心配ないくらいよくはしてもらっているようで)
        真ん中の姉はおっとりとしていて既に婚約なされて…一人目から男子の人魚を産みましたから…今のところは次世代の王は大丈夫そう…という感じでしょうか? -- セラフィータ 2016-05-27 (金) 20:44:46
      • んもぅ・・・本当に、良くしてもらってるのね(よしよしと慰める様に撫でて)
        うん?・・・(少し考え)へぇ・・じゃぁ貴女王族だったのね?・・それなら確かに男児は重要な問題ね・・・貴女としてはプレッシャーもなく悠々自適といった感じなのかしら?
        -- 2016-05-27 (金) 20:55:07
      • …あっ(隠していたつもりが、聞かれたらついつい答えてしまって口を抑えて)
        …えっえーっと…ひ、秘密ですよ?(周りにあまり人がいなくてよかったと、カレリアの耳元で小声で)
        …えっとその…それは置いといても…18になったなら婚約相手を云々父が…(ゴニョゴニョと)…それが嫌で…説得して国を出てきた感じでしょうか… -- セラフィータ 2016-05-27 (金) 20:57:08
      • ・・?ふふっダメよ秘密ならそんな簡単にボロをだしちゃ(口を抑えるさまを見てくすくす笑い)
        うん・・ふふっなるほどそういう事・・・そうよね女の子だもの・・・結婚するならちゃんと恋をして・・・って思うわよね?
        世継ぎもいて平和だから猶更ね・・・でも貴女を心配するお父様の気持ちも、あんまり無下にしたらダメよ?
        -- 2016-05-27 (金) 21:14:34
      • はい…父上は優しいお方ですから…良かれと思って縁談を用意してくださったものですから…(なので説得にも渋々だが、許可をくれて)
        恋…できればよいのですけど…(ちょっとだけ恥ずかしそうにしながらも)…っとお出かけ中に足止めしてしまい申し訳ございません
        私もそろそろいきますね…それではまたカレリア様! -- セラフィータ 2016-05-27 (金) 21:24:53
      • ふふ・・・良いお父様なのね・・・
        あらあら、なに赤くなってるの?(まだまだ恋に恋するって感じねぇと笑って)構わないわ・・えぇそれじゃぁね・・・ふふ、次はどんな人の所に行くのかしらね?
        -- 2016-05-27 (金) 21:48:07
  • (カレリアの頭上の空間が突然歪み、穴が開いたかと思うと青い魔女が降ってくる) -- シュネー 2016-05-26 (木) 23:11:05
    • ん・・・わぁぉっ!?(ビックリしたように飛びのいて・・逆にドレスの裾がぎゅるりと伸びて落ちてくるシュネーを受け止める)
      シュネーじゃないの・・大丈夫?いったい何が・・・(上の空間を眺めて・・・なんとなく察する)あー・・・
      -- 2016-05-26 (木) 23:23:45
      • え。ここ天井ですの!?ちょ、ちょっとカレリア、受け止め――――
        (言い終わる前に頭を下に落下したが、頭を床に打ち付ける前に受け止められ)
        ――――ど、どうもお届けものですの。私が。 -- シュネー 2016-05-26 (木) 23:29:21
      • あの子ったら・・随分乱暴な届け方をするのね?怪我はないようだけれどこれは減点対象よ?(ぷんすこ)
        (くすくすと笑って)はぁい、サインは何処に書いたらいいかしら?(ここ?っと頭をなでなでして)
        それで?どうだったのアールにお届けされた感想は
        -- 2016-05-26 (木) 23:37:51
      • まあこの程度は細かい事ですの。空間を好きに渡れる事に比べれば…んしょ。
        (カレリアの腕から降り、ふぅ、と一息吐いて)て!撫でるな、撫でるなですの!子供じゃあるまいし…と言っても…
        あの店主の前では赤子も同然でしたわね。ありゃ予想以上の化け物ですのよ。 -- シュネー 2016-05-26 (木) 23:43:52
      • あれ?ちょっと間違えちゃったかな?(自分は事も無げにストっと降りてくる)
        減点は酷いですねぇ、本来なら死んでる所をなかったことにして連れて来たんですよ?あ、死んだのは私のせいじゃないですからね!? -- アール(青年) 2016-05-27 (金) 10:04:08
      • ふふっごめんなさいね?心配だったからつい(くすくすと笑って)それでも・・・得る物も大きかったのではなくて?
        (現れたアールの方を向いて)あらいい男♡ そっちの姿の方が素敵よ?(微笑みかけて)
        私が言っているのは配送の方法よ・・・いくら丁寧に梱包したと主張しても「割れ物注意」を投げ渡されていい思いをする人はいないわ(力ではなくケアの問題ねと頷いている)
        -- 2016-05-27 (金) 10:24:54
      • カレリア、ツッコミどころは配送方法ではなく、この店主の背格好だと思いますの!
        (ショタから青年へと変貌を遂げたままのアールを指差して言い)得たもの…は…そうですわね、自分の未熟さをあらためて知った。そんなところですの。
        それと、この世界には相変わらずおかしな存在がいる…という事が判った事ですの。 -- シュネー 2016-05-27 (金) 12:26:22
      • そぉ?・・・服のセンスも良いしいい男だし・・・私はいいと思うけれど?(なんて笑って)あぁでも小さかった頃の方が可愛いから、迷うわね(なんてボケ倒して)
        いつの世にも上には上がいる・・・そういう事ね(頷き)
        ・・・・・・シュネー貴女それって・・・一度別の世界に行って、それから帰ってきたみたいに聞こえるんだけど?
        -- 2016-05-27 (金) 17:49:20
      • そういう意味で言うなら私は今の方がいいですの。年下シュミではありませんもの。
        (最後の質問には、あ。と言う顔をした後でてへへと笑い)まあその通りですの。
        より高度な魔術が存在する世界を求めて、幾つもの世界を渡り歩いているんですの。
        で、久々にこの世界に戻ったら1000年近い時が経っていて、ナニコレ?ってなったんですの。
        ――で、この店主もまた果たしてこの世のものかどうか、という感じですのよ。
        (その辺どうなのかしら?と、アールの方をじ、と見る魔女) -- シュネー 2016-05-27 (金) 18:07:31
      • ふふ、シュネーの基準は厳しいわね
        へぇ・・・それは面白い事を聞いたわ、ひょっとしてあのPODも異世界由来も物なのかしら?・・・今度どんな世界があったのかも聞いてみたいわね
        (驚いたでしょう?っとくすくす笑いながら)・・・でぇ?その辺どうなのかしら?(なんてこちらもアールを見たり)
        -- 2016-05-27 (金) 18:22:12
      • 綺麗なお姉さん方に人気なのは嬉しいですねぇ。え?そっちじゃない?
        私ですか?私は1000年以上前からここに居る者ですよ。確かに元は異世界から来ましたし今でもあちこちに出向きますが -- アール(青年) 2016-05-27 (金) 23:28:28
      • (へぇっと驚いた様に)じゃぁ黄金歴時代か・・下手をするともっと前からいたのね?・・・「相変わらずおかしな存在がいる」んじゃなくて、「未だにおかしな存在が残ってる」が正しかったと
        ふふっでもそれなら以前のシュネーとも会った事があったかもしれないわよ?(くすっと笑う)何しろ、どんなカラクリかは分からないにしろ姿が変わるんですもの・・
        -- 2016-05-27 (金) 23:40:07
      • 異世界から。そう、貴方も世界を渡っているんですのね。
        (アールの言葉はアールがこの世界の創造者とは異なると言う事を示していた。はふぅ、と息を吐く。それはは落胆か安堵か…)
        うーん、私の記憶にこの様な背格好の男はいませんですの。尤も、この店主の場合性別も変えられるのでしょうけどね…。
        まあそれはともかく、これでカレリアの注文は達成された、というわけですのね。 -- シュネー 2016-05-28 (土) 02:28:54
      • ふふっ何やら複雑な心境といった様子ねぇシュネー?・・彼に何か期待していたことがあったのかしら?
        そうねぇ・・確かに、それにああは言ったけれど無傷で連れてきた訳だし?(そう微笑むとアールに料金の詰まった袋を手渡す、事前に見積もりを取っておいたので既に準備済みだ)
        それとこれは、その追加報酬よ(ちゅっと頬にキスをする)
        -- 2016-05-28 (土) 10:14:16
      • カレリアには前にも話しましたけれど、私の目標は創世。ゆえに私はこの世界の創造者を探しているんですの。
        もちろん、その創造者をふん捕まえて私にまぜまぜするために…………って…な…
        (追加報酬のキスを見て、目を丸くして言葉を詰まらせる)な、なんかエッチいですの…。 -- シュネー 2016-05-28 (土) 10:29:52
      • ふふ、私だったら杖にでも創生者を混ぜちゃう所ね・・・道具として別けていないと自分が保てなさそうで怖いわ・・・
        でもそれなら、アールに負けている間は難しいかもしれないわよ?(くすくす笑っていると目を丸くしているシュネーに首をかしぐ)・・・ふふっやっぱり貴女可愛いわね
        -- 2016-05-28 (土) 10:44:14
      • 残念ながら私はここの創造主ではありませんねぇ。だからこそ揮える力もこの程度に抑えられてしまっている訳ですが。(頬にキスされ)やあ、これは嬉しい追加報酬ですね…っと
        (ポンッと煙を立て姿が変わる)あら、ふういんがとけてしまいましたね。こんにちは、かみさまです -- (・w| 2016-05-28 (土) 10:49:12
      • まぜまぜはベースになる個体は選べるとは言え、規格外の存在となると何がどうなるかは予想は付かないですの。
        それにまあ、正面から掛かって駄目なら姦計を用いるまで。例えはこの店主をまぜまぜ素材にするなら「この店主の店で、この店主を注文する」とかどうかしら?
        …って、なにその展開!?貴方、かみさまだったですのね!ああまあ確かに居ましたわね1000年前も!
        (もう直前のやりとりも忘れてツッコむしかなかった) -- シュネー 2016-05-28 (土) 10:55:15
      • (動く顔文字めいた何かになれば流石にびっくり)・・・むしろ封印された様にすら見えるわ・・・大丈夫なの?
        あぁそしてやっぱり知り合いだったわね?(くすくすと笑って)
        -- 2016-05-28 (土) 11:00:47
      • ためしにまぜまぜしてみます?シュネーちゃんとがったい(違)できるならかみさまはいいのよ?(2人に増える)
        かおもじじゃないし!びしょうじょだし! -- (・w| 2016-05-28 (土) 11:25:07
      • なるほど、やはり複製という手段を取りますのね。でもいらねぇですのオラッ!(増えた方のかみさまは窓から投げ捨てる)
        まあ紹介しておくと、このかみさまはおっぱい好きを司るかみさまで、おっぱい好きのあまり自分もおっぱい女性の姿ですの。
        しかしカレリアの順応力も大したものですの…。 -- シュネー 2016-05-28 (土) 11:31:45
      • あらごめんなさいね?なんででしょう・・・そういうイメージが染みついてしまって・・・
        (シュネーの説明を聞けば)そう・・・アールの姿の時のミステリアスな雰囲気が取れて本音が出てきた感じかしら?(くすくすと)
        驚く事は驚いているわよ?貴女が落ちてきたときは流石にビックリしたけれど・・・アールは何というか・・元々得体のしれない感じが強かったからかしらね?
        -- 2016-05-28 (土) 17:10:12
      • まあ、ぶっちゃけ私としてもかみさまは顔文字のイメージのほうが強いのですの…。
        さて店主の正体も判明したことですし、私はそろそろお暇しますのよ。これでまた創造者探しは振り出しに戻ったけれど…
        まあ今更急ぐこともなし、のんびりと探すとしますの。でも何か情報があったら知らせてくださいましね…それでは、ごきげんようですの。
        (ふたりに軽く頭を下げ、魔女はふわりと宙に身を浮かせると館から飛び去って行った) -- シュネー 2016-05-28 (土) 19:05:58
      • えぇそれじゃぁまた・・・ふふっそんな情報簡単に集まるかしら・・・えぇそれじゃぁね・・・(見送る・・・本格的に館に引っ越すべきだろうかとちょっと考えてたとかなんとか) -- 2016-05-30 (月) 14:58:38
  • ……なあカレリア。俺は気づいてしまった。(何度目か一緒になった依頼のあと、なにやら深刻な顔をして訪れる) -- キョーレン 2016-05-26 (木) 15:40:58
    • なぁにキョーレン深刻な顔して?セクシーポーズで目覚めちゃった?(くすくすと) -- 2016-05-26 (木) 18:31:26
      • いやあ……俺のセクシーポーズとか正直誰得だよ、とは思うぞ。真面目に。
        まあ真面目な話。色々イベントとか酒場とかで顔あわせたり、そもそも2番目くらいに来てくれたお客だというのに俺のほうからカレリアの家に遊びにいけていないじゃないか! とな。 -- キョーレン 2016-05-26 (木) 20:25:54
      • ふふっでも面白かったわよ?(完全にネタとして見てる)
        えぇそうね、こっちはいつ来るかな〜ってワクワクしながら待っていたわ(くすくす笑って)あんまり話しかける切っ掛けが無かったかしら・・・(とっつきやすそうな部分を「ネタ」としてまとめてあるんだけどなぁと上を見て)
        -- 2016-05-26 (木) 20:31:39
      • ぅぐっ。(ざくってなる)
        きっかけというかなんというか……いや何言っても言い訳にしかならんのでほんとごめん……。 -- キョーレン 2016-05-26 (木) 20:42:00
      • うりうりー(ざくってなってる胸をちょんちょん突っついたりして・・・程よく切り上げてなでなでしておく)まぁちゃんとチェックしてもなっちゃう時があるみたいだし、ああいう場面じゃどうしても緊張するしね
        いいのよ、そんな深く考えなくても来たい時にくれば、私は急にいなくなったりしないもの
        -- 2016-05-26 (木) 20:53:32
      • あぅん。(くすぐったいらしい)
        そう言ってくれるとありがたい……。 -- キョーレン 2016-05-26 (木) 20:55:50
      • ふふ・・・キョーレン貴方・・・意外とかわいいわ?(よしよし、くすぐったい?なんて微笑みかけながらさらになでなで)
        そういえば貴方長期の迷宮探索なんかも受けていたわね・・・ふふ、どうだった?何か面白いものでもあったかしら
        -- 2016-05-26 (木) 21:07:53
      • いやいやいやいや。可愛くはないだろう可愛くは。あとくすぐいけど何故撫でる。(色々と納得がいかない模様で頭の上で動く手を見やる)
        面白いものか……なんというか、俺にはあんまり学術的知見とかそういうのがないからなあ。たまに武具の類が見つかってもつついただけで崩れるようなのばっかだったし。 -- キョーレン 2016-05-26 (木) 21:17:52
      • 可愛いわよ、私がそう思ったからそうなの(にこーっと笑って)嫌なら離れればいいのに(乱れた髪を治して)
        私も、まぁだから受けなかったのだけれど・・・超古代文明の遺産ーって言ったら今でも稼働しそうな機械とかありそうな物だけれど・・空想の様にはいかないのね(くすくすと笑って)
        -- 2016-05-26 (木) 21:30:34
      • いや別に嫌だというわけではないのだが……なんというか、こう。不慣れでな。(直され直され)
        超古代の機械兵器とかそういうアレならそれこそ別の依頼でなかったっけ。幸い誰も犠牲は出なかったというはなしだが……。 -- キョーレン 2016-05-26 (木) 21:41:04
      • ふふ、私でよければいつでもいいわよ?(甘えにいらっしゃいとおどけてみせて)
        あったわね、一応やられた子は何人かいたけど死人は出ていないわ・・・っていうか私も行ったんだったわ(殴ってとどめを刺した覚えが)あれでそういうイメージがついたとも言えるわね
        -- 2016-05-26 (木) 22:18:52
      • どっちかというと俺はアレだな。甘えてほしいほうだからなあ……。
        死人が出なければなによりだよ。俺の時には超巨大ムカデとかいう化け物に……。(その時のことを思い出して少し顔が暗くなった) -- キョーレン 2016-05-26 (木) 22:39:56
      • ふふっだったら、今の状況は好ましくなかったけれど・・・貴方撫でられっぱなしだったわよ?(本当はどうなのかしらとからかう様に)
        酷い依頼だったらしいわね・・・他の依頼が入っていなかったら私も参加していたのだけれど・・・大丈夫?顔が青いわよ?(心配そうに覗き込んで)
        -- 2016-05-26 (木) 23:19:03
      • 別に嫌と言うわけではない。俺の一番好きな果物は西瓜だが、だからと言って梨が嫌いなわけではない。(分かるような分からないような。)
        ……ああ、いや、大丈夫だ。心配いらない。(軽く頭を振って笑みを見せる)正直受けなくて正解だったかもしれないぞ。あれを駆除していたという黄金歴の冒険者はいったいどんなバケモノぞろいだったんだか。 -- キョーレン 2016-05-26 (木) 23:46:34
      • あら?じゃぁ撫でていても良かったのね?(よかったわぁと微笑んで)
        長い時の中であれも進化したらしいし、必ずしもかつての人間が凄かったとは限らないわ・・・それに・・ふふっ貴方の顔を見ていたら、益々燃えてきちゃうわ・・(くすくすと)
        -- 2016-05-27 (金) 10:16:40
      • 謎は残るが嫌かどうかは別問題、というやつでな。
        燃えてきた? あれか、いつかあのムカデを討ち倒してやる、とかそういう方面か?(笑みを浮かべるカレリアに首をかしげて) -- キョーレン 2016-05-27 (金) 12:36:35
      • (嫌じゃなきゃいいのよと頷く)
        燃えてきた、そういう方面よ(くすくす笑い)だってそうでしょう?冒険者が頑張っても歯が立たない・・そんな危ないのがいまだにのさばっているのよ?放置は出来ないじゃない?
        -- 2016-05-27 (金) 17:56:27
      • (カレリアの屈託のない言葉を受けて、目を瞬かせる)
        そうだな……確かにカレリアの言う通りだ。一度負けたからといって弱気になって逃げていたのでは旅をしている甲斐がない。……なんか恥ずかしいところを見せてしまったきがする。 -- キョーレン 2016-05-27 (金) 20:45:23
      • ふふ、そうよその意気・・・ムカデからすればたまった物じゃないでしょうけれど、いちいち向こうの都合何て考えてはいられないわ・・・
        いいのよ、人間だれだって弱気になる時はあるし・・・脅威を避けたいと思うのはそれだけ現実が見えているって事だもの・・・だから間違っていないわ(頷いて)
        -- 2016-05-27 (金) 21:19:38
      • まったくだ。危機を見据えて対処を編むからこそ、俺たちは進んでいくことができるんだものな。
        ……しかしなんだな。カレリアに限らないが、やっぱり違うところで育った人と話すと色々実りがある。……ありがとうな。(俺のほうが多少は年上だと思うんだがなあと苦笑い) -- キョーレン 2016-05-28 (土) 09:23:34
      • ふふっそうね・・・違う価値観・・違う考え方を取り入れれば視野も広がる・・・旅の醍醐味かもしれないわ
        (うぅんと首を振り)ふふっ今度は貴方の頼もしい所が見たいわね?キョーレンお兄さん?(くすっと笑う)
        -- 2016-05-28 (土) 10:15:55
      • そうそうそれで思い出した。今度はアニーの遺跡捜索依頼で一緒だったな。
        頼れるところは多分早くに見せられると思うぞ。(ムカデみたいな例外はともかくとして、切ったはったはキョーレンの本来の身上である。) -- キョーレン 2016-05-28 (土) 14:28:30
      • えぇそうだったわね?ふふっよろしくね?お互いの良い所を出していけるといいわ・・・(期待していると頷いて)
        香辛料を用いた古代の魔術・・・ふふっどんな物だったのか楽しみねぇ
        -- カレリア 2016-05-28 (土) 17:13:22
  • カレリアはどこかしら、目撃情報だとこの辺りに居ると聞いたんだけど(ぶつぶつ言いながら辺りを見回して) -- ミラ 2016-05-26 (木) 10:13:30
    • (ミラが見渡した広場の一角に人だかりが出来ている・・・その中心、二本の木の間に渡したロープの上に彼女が探す魔女の姿があった)
      (動きやすさと見栄えを意識した衣装にシルクハット姿で一本のロープの上を、まるで地上の様に悠々と歩き、ジャグリングまでして見せている)
      -- 2016-05-26 (木) 10:45:01
      • うごご……魔女とはいったい。いやまぁ、凄いんだけどね。お金取れるレベルなんだけどね!
        ほぇー……(芸の素晴らしさにぽけーっと見とれています) -- ミラ 2016-05-26 (木) 10:48:39
      • 本当になんでこんな設定入れちゃったんだろうね、話しかけられやすいとでも思ったのかな?
        (踊る様にステップを刻み、最後にくるっと回って飛んで降り立ってフィニッシュ・・・にこやかに観客に礼をしておひねりを貰ったりしていた)
        (興行が終わって片付け中・・ミラを手招き)ふふ、見られちゃったわね?
        -- 2016-05-26 (木) 10:59:06
      • 凄い儲かってる! (※見るとこそこかよ)
        えっと……あんた魔女よね? 曲芸師じゃないわよね? -- ミラ 2016-05-26 (木) 11:04:04
      • 今日は稼ぎがよかったわ・・・普段はこの半分も行かないもの(じゃりじゃりしまって)
        えぇそうよ?ふふ、なぁに?魔女なら引き籠って鍋でもかき回してろって言いたいのかしら?
        -- 2016-05-26 (木) 11:19:31
      • ご、ごめんなさい……確かに偏見だったわね。ただ普段のあんたからは想像できない感じだったなーって -- ミラ 2016-05-26 (木) 11:21:31
      • ふふっいいのよ、間違いじゃないもの・・・(人がいなくなったのを見計らい帽子をちょんと突くと、ふわりと衣装が広がりドレスと三角帽子に変化する)
        私は普段討伐冒険者をしているのだけれど・・ああいう仕事ばかりしているとね、忘れちゃうのよ(「笑顔を」っと両人差し指で口角を上げてスマイル)これは趣味だけれど・・・そういう意味ではちょっとはっちゃける事で本来の自分を取り戻している・・と言えるかしら?
        -- 2016-05-26 (木) 11:32:02
      • 笑顔、ねぇ……あたしから見ればあんたは良く笑ってるように見えるけど……それとまた違うのかしらね
        でも趣味を持つのは良い事ね! それにしても上手だったわさっきの!
        ……カレリアがそういうのを練習してるシーンを想像すると中々シュールと言うかかわいいというか……
        えっと確か今日はあんたが本当に魔女なのか確かめに来たのよ! といっても裁判とかをするわけじゃなくて
        何か証拠になりそうなものある? -- ミラ 2016-05-26 (木) 11:36:07
      • ありがと♡・・・でもそうねぇ・・一応この趣味が利いているって思っておくことにするわ
        ふふっ練習姿は見せられないわね?でもどれもこの趣味だけのものじゃない・・・バランス感覚に集中力・・・意外とどれも格闘戦で重要な物なのよ?
        証拠?・・・(ふむっと考えて)ないわね?(さらっと言い放つ)
        元々魔女の家で修行を積んでいたけれど、陰気なのが嫌ですっぽかしちゃったし・・・魔法は使うけれど魔術師とどう違うのかと言われると困るわ・・・製薬とかは苦手分野だしね?・・それでも私は自分を魔女だと定義しているわ(そこだけははっきり言う)
        -- 2016-05-26 (木) 11:48:16
      • そもそも魔法を使える女性の事を魔女って言っていいらしいんだけどそれも差別っぽいわね
        看護婦が看護師になったりスチュワーデスがキャビンアテンダントになったりとか
        そんな時代の片鱗を感じるわ……この場合は魔術師と言った方が良いかしら
        (見つめて)……あんたってホント謎多き女性って感じよね
        あたしみたいに隠し事の一つや二つあったりして…… -- ミラ 2016-05-26 (木) 11:52:59
      • ふふ・・・そうね・・でもここは「では何をもって自分を魔女と定義づけているのか」と聞いてほしかったわ?(なんて楽しそうにウィンクして)
        (くすくすと)まぁね?秘密は女を美しく見せるもの・・・でも全部を隠したらダメ・・・それを暴きたいと思わせる程度には見せないと(加減が難しいわと笑う)それはそうとミラ?一つや二つ、という事は貴女まだ何か隠し事があったりして?
        -- 2016-05-26 (木) 12:08:42
      • ぐわーっ、ここでもあたしのデビル空気の読めなさが発動してしまったのねー!? (※反省)
        やはりミステリアス……えっ、なんでここであたしに振るの!?
        違うでしょ! ここはあたしが聞きに行くターンなの! あたしのことはいいのよ! (目が泳ぐ) -- ミラ 2016-05-26 (木) 17:19:20
      • ふふ・・貴女可愛いわやっぱり(反省している背中をぽんぽん)
        ふふっだぁって私ばっかりなんて寂しいもの・・(こつりこつりと歩み寄り)ほぉら・・何を隠しているのかしら?(指先で顎をつつりと撫でて言ってごらんなさいと)
        -- 2016-05-26 (木) 18:35:28
      • なぁんでこうなっちゃうのよぉ〜! (びくびく)
        あたしは何も隠してないわよぅ……悪魔ってことも言ったし、もうじき消えちゃうかもってことも言ったでしょぉ(顎を触られて目を閉じてぷるぷる) -- ミラ 2016-05-26 (木) 22:49:31
      • ふふっなぁんでかしらねぇ(びくびくしてるのを見てもう笑いが止まらないといった様子)
        あぁっ消えちゃうっていうのもそうだったのね?・・・でも私が信仰するっていったでしょう?・・それじゃぁ全然足りないかしら?(やだこの子されるがままだわっとドキドキしちゃう)
        -- 2016-05-26 (木) 23:22:16
      • わ、わからないわ……あたしはこの世界の人間じゃないからそのつながりが薄くなってるとかかも……
        でもあんたの信仰は確かに受け取ったわ。ありがとうってのも伝えに来たのよ! -- ミラ 2016-05-26 (木) 23:28:29
      • そう・・・つまり信仰心という貴女に向けられた想いを鎖にしてこの世にとどめている・・・そう考えると良さそうね
        ふふ、どういたしまして・・・私が魔女である理由だけれど・・「An it harm none, do what ye will(誰も傷つけない限り、汝の意志する事を為せ)」この魔女の信条に感銘を受けて、実践したいと思っているからなのだけれど・・・
        今もう一つ増やせそう・・・悪魔である貴女への信仰の証が何かあれば・・・それもまた魔女の証になりうるわね
        -- 2016-05-26 (木) 23:34:30
      • ふーん、やっぱり魔女にも信条とかあるのね。なんかちょっとかっこいいじゃない!
        そうねぇ……入信してくれた人に配ってる教典ならあるけど、いる? (普段持ってるやつ)
        あっ、でも本当に入信してくれるわけじゃないのよね? ただあたしに同情してちょっとだけ力をくれた感じよね……? -- ミラ 2016-05-27 (金) 09:40:49
      • ふふっでしょう?・・・まぁ討伐なんてやってる時点で前半部がまるで満たせてないのだけれど・・・
        そうねぇ折角だし(と受け取ろうとした所で)・・・んー・・貴女に同情したというのは事実よ・・・でも「ちょっとだけ」というのはどうかしら・・・
        貴女の教えに感銘を受けて力を渡すのと、貴女を守りたくて力を渡すのとで、想いの力がそんなに変わるものなのかしら?
        -- 2016-05-27 (金) 10:13:35
      • えっとね、あたし一応悪魔だし、悪魔の教えに入信するってことは結構なんというかアレよ、アレなのよ!
        魔女だから平気かもしれないけど世間から見ればあんたはどうなるかしらね……
        ほら、この教典も「ばいぶるおぶごえてぃあ」って書いてあるし! あ、あたしの直筆だけど -- ミラ 2016-05-27 (金) 10:16:31
      • (アレなのね?とくすくす笑いながら頷いて)
        そうよ、入信してもしなくても私は魔女・・・いいえ?自称だったのからちょっと拍が付いた感じかしら?
        (教典を眺めれば)ぷ・・ふふっ・・・貴女、字下手ねぇ・・・(もうちょっと練習しなさいなところころ)友達直筆の同人誌を持つ感じかしら・・・(酷い)
        とにかく・・私のスタンスは示したわ・・・後は貴女が受け入れるかどうかだけ(さぁどうするの?と挑発的に見つめて)
        -- 2016-05-27 (金) 10:33:34
      • ええっ!? ここであたしに決断を迫るの!? あ、悪魔ねあんた……
        う……ううぅ……うううぅ(大いに悩んで)やっぱりやめておくわ……
        せっかくできた友人にそんなこと出来ないわ……変な話してごめんね(教典を持ったままとぼとぼ帰っていくシスター) -- ミラ 2016-05-27 (金) 10:38:10
      • 魔女よ(きっぱり)私がどうありたいかは私が決める・・そして貴女もそうある筈よ?だからこれは私たち二人の同意の上でないと意味がないの
        (そして悩んだ末の結論を聞くと)そう・・・いいわ、ちゃんと悩んだうえでの結論だもの、その気持ちはちゃんと受け取っておく(少し寂し気に頷いて)
        いいのよ、あんまり深く思い悩んじゃダメよ?・・・それと・・消えたら嫌よ?(それだけちゃんと告げて見送った)
        -- 2016-05-27 (金) 10:42:20
  • ……この前はありがと……おかげで路銀を稼げた…よ
    (アンデッド狩り募集をしていたPT主があいさつにきたようだ) -- ナサ 2016-05-25 (水) 23:46:01
    • (早速ですが文通です)えぇ、こっちもあの家からの依頼は初めてだったから、少しでも知っている人がいてよかったわ
      ・・・それより貴女大丈夫?なんだか元気がないわよ?(支える様に背に手を回す、陽だまりの様な温もりが少女を包み、弱いながらも治癒が掛かって)
      -- 2016-05-25 (水) 23:53:18
  • Ja. おつかれさまですカレリアさん、やはり不定形の怪物はやっかいだったのです
    (スライム討伐の参加者に以前温泉で見かけた顔があったので声をかけてみた) -- 氷雨 2016-05-25 (水) 22:09:51
    • はぁい氷雨、えぇそれでもみんなちゃんと対処出来ていてよかったわ・・・
      貴女も面白い魔法を使うのね?その衣装は流派の物かしら?
      -- 2016-05-25 (水) 22:19:20
      • スライムの知名度のお陰かも、やはり先人の知恵は今の時代でも役に立つのです
        (スライムは危険な魔物、犠牲者が多い分対処法に関する情報も多かった。魔法や炎が有効もその一つなのだろう)
        これは流派と言うより…制服なのです。でも学園で学ぶから…流派とも言えるのかな? -- 氷雨 2016-05-25 (水) 22:33:36
      • そうねぇ対処法なんかがキチンと継承されてきたからこそ・・・この手の知識はそれこそ黄金歴時代からの物みたいだけれど・・・よく残っていた物だわ
        制服・・・(もう一度眺めて)制服・・・随分その、攻めているのね?(うぅむと唸り)魔法学校、というより魔法も教えている学校かしら?・・ふふ、どんな所なのかしら・・・
        -- 2016-05-25 (水) 22:37:50
      • それだけ被害が尽きぬと言う事なのかも?今回は誰の犠牲も無く無事に終わってよかったのです(こくこく)
        えーっと、はい制服です、まぁ、この辺りでは珍しいかもですね……え、Ja!魔法以外にもいろいろと科があります
        文学や理系工学…色々、衰退した学問や文化を少しでも復興させる様な、そんな事が目的の学校です
        (当初は普通の学園であったが、長い年月の間にそう言う目的も追加された) -- 氷雨 2016-05-25 (水) 22:50:16
      • ハイリエ辺りが手こずっていたけどね・・・あの子ったら何をよそ見していたのかしら?
        かつての技術を保管して、継承しているのね。素敵・・・それで、貴女はそんな学校から何を目的にこの街に来たのかしら・・・制服を着ていることからするに実習?
        -- 2016-05-25 (水) 23:02:47
      • ハイリエ…あ、あの眼鏡の方ですね。何か集中力が散っていたみたいですが…ふーむ?(視線には気付いてない)
        Ja. そんな感じです。私ですか?自分のルーツの源を捜したくなって、この街に来ました
        氷雨のご先祖様がこの街にいた…らしいので(語尾から察するにまだ曖昧な状況なのだろう) -- 氷雨 2016-05-25 (水) 23:10:59
      • (まぁいいわと首を振り)
        ルーツを追って?・・じゃぁ学校の事とは関りないのね?(大丈夫なの?と小首をかしげ)
        そう・・その様子だとまだ不明瞭な部分が多そうね?・・ふふ、それなら書庫とかがいいかもしれないわ・・・かつての冒険者の伝記なんかもあるみたいだし
        -- 2016-05-25 (水) 23:24:06
      • 大丈夫です休学してきました、氷雨は学業優秀ですから(えへんと胸を張る。むしろ別の意味で心配になるかもしれない)
        書庫…こんな所があったのですね……(うなずきながら書庫の名を記憶しておく)
        想像した以上に情報のアーカイブが少なくて、少々行き詰っていたところなのです……
        (千年と言う時間は長く。かつて賑わった施設の多くは朽ちるに任せた物も多く) -- 氷雨 2016-05-25 (水) 23:33:39
      • まぁそうなの?ふふっそれなら気楽にできるわね・・・でも羽目を外し過ぎて怪我でもしたら大変よ?(冒険もほどほどにねっとウィンク)
        えぇ、一応公開されてはいるみたいなのだけれど、私も紹介されるまでは分からなかったわ・・・後は貴女自身ね・・・お父様やお母様からルーツについては・・・この街以外には聞いていないの?
        -- 2016-05-25 (水) 23:43:22
      • (//文通すいっちONです) -- 2016-05-25 (水) 23:43:56
      • Ja. 気をつけるのです。冒険もしっかり選んで受けないとですね(うなずきつつ、ウィンクに笑みを返し)
        んー意外と知られていないスポットなのですね…ん、親に聞いたと言うより学園にあった資料を調べた結果なのです
        ある程度は調べる事は出来たのだけど…それ以上はどうしても資料がみつからなくて
        それで、資料に良く名前の出るこの街に……(この街が可能性の有力候補であった様だ)
        (//文通スイッチ了解です。遅くまでありがとございます) -- 氷雨 2016-05-25 (水) 23:50:54
      • そうそう、私なんて軽い気持ちで行った場所にドラゴンが住んでいたことがあってね?(くすくすと)我ながらよく生きて帰れたものだわ
        あら?自分のルーツの事なのに、家族ではなく学校の資料から追ったのね?1000年も前のことが乗ってるという事は・・・ひょっとしてかなり有名な人なのかしら?(わぁおと楽しそうに)
        -- 2016-05-26 (木) 10:49:29
      • ドラゴン!?そんなのと戦った事があるのですね……(笑い話で済ますカレリアに尊敬の瞳)
        氷雨の暮らしていた場所では学園が行政やそう言った物も管理しているので…学園都市と言えばわかりますでしょうか?
        そこの資料に度々この街の名があるのです。有名人かはわからないけど…変わった人であったのは確かな様です
        (言って苦笑を浮かべる)
        (実際、古い時代には変人奇人揃いだったこの街がその様に伝わるのも不思議な事ではないのだろう) -- 氷雨 2016-05-26 (木) 20:41:00
      • ぼっこぼこにやられたけどね?(ころころ笑って)・・・そういえばまだあのお礼参りをしていなかったわね・・・今度出してみようかしら・・・
        あぁ・・かなり大規模な学園ね・・・古い時代には数都市存在したらしいけれど・・・今もまだあったのね
        資料にあったという事はその都市自体がこの街由来の物か・・無視できないくらい大きなものだったのか・・・(どちらでもいいわねと首を振り)ふふ・・・それでぇ?どんな事まで分かっているの?(聞かせて聞かせてっと)
        -- 2016-05-26 (木) 20:48:35
      • あー…やはりドラゴンは強敵でしたか。お礼回りなのです?もし参加出来そうならお手伝いします
        Ja. でも古くなりすぎて、修復や改装も大変みたいです。だから復興に力を入れるのかもです……
        この街から学園に…と言うのがまずわかっているところです。ただ、その人が街の住人だったのか……
        住人の子孫だったのか…その辺りはまだ曖昧なのです
        後は不思議な力が使えたらしい事くらい?氷雨の魔法資質もご先祖様の影響っぽいです -- 氷雨 2016-05-26 (木) 21:04:36
      • ふふ、中々の強敵よ?大儀もないしね・・・嬉しいけどお勧めはしないわ
        培った技術を還元して・・・巡り巡って自分たちに戻してほしいのね・・・
        それって随分長い事学園都市で生きてきた事になるのね・・・ふふ・・・大丈夫、それだけの世代にわたってハッキリと分かる位受け継がれる資質何てそうそうないわ・・・たぶんだけどそうとう力のある魔法使いよその人(だからきっと見つかると元気づける様に)
        -- 2016-05-26 (木) 21:21:37
      • むぅ…では人員割れをした時にお手伝いすると言う事で……
        (魔法資質はあってもまだまだ学生の域を出ないので、強くは言えない)
        Ja. 還元し発展し、また発展する…色々と大変な時代だけど、そう考えるとがんばれます
        長く…Ja. おばあちゃんよりずっと前の代から『降りる』事無くそのまま暮らしていたとか聞きました
        ありがとうございます、いずれ辿りつけると信じて…調査を続けます!それではおつかれさまです!
        (胸の前で小さくガッツポーズした後、手を振りながら帰って行った) -- 氷雨 2016-05-26 (木) 21:32:48
      • ふふ・・・嬉しいのは本当よ?(ありがとうっとなでなでして)
        貴女達からそういう連なりが広がって・・この時代がより良くなるのを願っているわ
        そして何より・・・貴女のルーツが見つかる事もね?・・・えぇ、それじゃぁまたね(ぐっとガッツポーズを返すと見送って)
        -- 2016-05-26 (木) 21:42:09
  • かれりあさん…かれりあさんって男の人と付き合った事、ある?(いきなりお宅に押しかけて一方的に悩みをぶちまけるパターン!というやつでまたもやお悩みの様子のJK) -- 陽子 2016-05-25 (水) 21:03:56
    • んー?・・・(ちょっと懐かしむ様に遠くをみて)・・・秘密♡(微笑む)
      ふふっそれにしてもなぁに突然そんな事聞いて?好きな人でも出来たのかしら?(教えなさいよーとうりうり撫でて)
      -- 2016-05-25 (水) 21:16:36
      • いや…生まれて初めて男の人があたしの部屋におしかけた挙句下着物色して持ち去ってったからさ…(これって好意ってやつなの?と聞きたくなった、らしい) -- 陽子 2016-05-25 (水) 21:20:00
      • ・・・控えめに見てそれは窃盗よ?強盗と言うべきかしら・・・(怖かったでしょう?となでなで)
        性的な目で見られてなくても、若い女の下着なら何でもいいって奴はいるわ、哀れな奴だけど、そういうのを許しちゃダメよ?(どんな奴だったかわかる?と)
        -- 2016-05-25 (水) 21:26:06
      • 怖いッつうか理解できないっつうか…(わしは心底ブルったよ…という目)
        やはりJKはパワー…!(10代!)どうって…一言でいえば暗黒神父ですよ…(エロい変態神父。という理解) -- 陽子 2016-05-25 (水) 21:29:44
      • (怖いものは怖いでいいのよと抱きしめなでなで)
        そうね、ただそのパワーは周りに搾取されるパワーよ・・・気をつけなさい?
        暗黒神父・・・(心当たりはあった)アイツね(ゴゴゴゴゴ・・・っと闘気的なオーラを放ちつつ)
        -- 2016-05-25 (水) 21:43:55
      • ああいや…ええと…なんていうかさ、怖いしムカつくけどなんかこう…さ…(憎めないというか、嫌いになりきれないというか、そんな感じ。らしい)
        でも一発ガツーンやったらなとも思うのよ(そこだけは変わらないが) -- 陽子 2016-05-25 (水) 21:49:22
      • ・・複雑なのね・・・(一種のストックホルム症候群かしらと心配げ)
        そうよ、一発がつーんとやってやりなさいっ・・・(となるとこれは彼女が自分でやった方がいいのだろうかと考えて)・・・とりあえず拳の打ち方だけでも教えましょうか?
        -- 2016-05-25 (水) 22:03:29
      • そーなのよ…(恋とか愛とかでは断じてないことだけは解るけど、なんつうか友達のような?)
        いいの?それじゃあ教わっちゃおうかな…(イザヨイには教わりたくないし、センセももう弟子は取りたくないっていうし、ということでおそわってみることになったという…) -- 陽子 2016-05-25 (水) 22:22:36
      • でもいい、戸惑いそうになっても自分を見失っちゃダメ・・・女は流されちゃダメなのよ(見当はずれ)
        うんもちろんっじゃぁまずは正拳突きからね・・・いい?拳の握り方は・・・腕じゃなくて体全体で・・・(割としっかりしたモーションを教えていったそうな)
        -- 2016-05-25 (水) 22:27:06
  • ねーちゃん、こないだは引率お疲れな!子供嫌い嫌いって散々言ってたけどめっちゃ面倒見いいんな、と言うか最後篭絡してたじゃんな
    そーいや何もなかったから何も見れなかったんだけど、その格好はあれなん?所謂魔女とかそう言うのなの? -- オカリナ 2016-05-25 (水) 12:49:39
    • お疲れさまオカリナ。あれは仕事だからああしたのよ、子供なんて言う事聞かないわ勝手にふらふら歩き回るわこっちの心配なんて気にも留めないで好き勝手するんだもの、見ていてひやひやしてしょうがないのよ(まったくもうとぷんすこ)
      ・・・大体、貴女だってあの子たちと比べたら年上だけどまだ子供じゃないの(くすっと笑って)尻尾、大丈夫だった?
      えぇ魔女よ、ただ今は冒険者といった方が正しい立ち位置かしら
      -- 2016-05-25 (水) 12:58:28
      • そうは見えなかったけど、まぁそう言う事にしとくか…心配してやってんだから噂のつんでれって奴だな!
        あたしの国じゃもう大人なの!大体もっと小さい子が冒険してたりもするし…あんまり大丈夫じゃなかったよ、何度ほっぺた引っ張ってやった事か(要するに同レベルでじゃれあってたのだった)
        魔女の冒険者ってところか、じゃあ軽くでいいから魔法が見たい!あたしも興味あるんだ、魔法…正直使ってみたいなって -- オカリナ 2016-05-25 (水) 13:05:40
      • そういうくくりは好きじゃないけど・・まぁいいわ、子供は嫌いだけど、子供が危ない目に合うのはもっと嫌だもの
        私の常識じゃまだまだ子供・・・と言いたい所だけれど、最近そういう子が多すぎて困るわ(はぁと溜息)んもぅ、同じ目線でやりあってたらダメじゃないの(くすくす笑って労わる様になでなで)
        ふふっ興味があるのはいい事よ、ただ私のはぶっ壊す様な物ばかりだから、街中じゃ大した物は出せないわよ?(軽く手で扇ぐような仕草をすると二人の間をほんのり強めの風が通り抜ける)これを何倍にも高めてぶつけるのが私の攻撃魔法ね
        -- 2016-05-25 (水) 13:23:09
      • 好きじゃないなら今後は言わないけど、まぁ方向性?見たいなのを表現しただけで…その気持ちは分かるしね
        やっぱねーちゃんからは子供扱いか…(撫でられながらはぁ、とこちらもため息をつく 猫耳もちょっとへにゃっとさせながら)でもあと何年かしたら文句なしの大人になるし!
        おぉ、こっちの魔法も風かぁ(サイドの髪がさらさら揺れて人間の耳がちらちら見える)呪文とかそう言うのは無かった気がするけど、どうやって出してるの?でろーって考えたら出る感じ? -- オカリナ 2016-05-25 (水) 13:28:29
      • ふふっそりゃそうよ、どう見ても子供だもの・・・成長が楽しみね(ほら垂れさせないのと耳を立てさせて)
        (撫でた時に違和感、で今ので確信して)あら?貴女耳が四つあるのね?・・どういう風に聞こえているのかしら・・・
        弱すぎて風にしか感じないけれど・・・極々単純で純粋な破壊なのよ(くすくすと)詠唱は必ずしも「声」でなければならない訳ではないの、魔法の拠り所となる意思の表現さえあれば文字でも図形でも(手を掲げ、拳を作り・・ウィンク)動作でもね?
        -- 2016-05-25 (水) 13:42:00
      • 5年…いや3年後見てろよな!どう見ても大人って感じになってるから!(立たされた耳をぱたぱたと羽ばたかせる様子は気合を入れている表れである)
        んー、どっちかを塞いだ時に比べると音の方向が良く分かる、かな?耳より前にあれば大体音源が分かる!まぁうるさい時は不便だけどね、腕は4本無いし
        動作でも…これだ、こう言うのかも!あたしにあいそうなやつ!簡単に言うとパンチ力アップ!見たいなのだよね?あたしにも使えるかなぁ、そんな感じの! -- オカリナ 2016-05-25 (水) 13:49:51
      • ふふっそれは楽しみね?(やだもぅかわいいーとパタパタする耳を眺めてほっこり)
        人間の耳は手で塞いで、そっちの耳は伏せさせるしかないわね・・ふふ、上手く使わないと・・便利だけど厄介でもあるわねぇ
        動作による破壊の拡大だけれど・・パンチ力アップ・・まぁ大雑把に言うとそうね(こくり)・・・魔女空手を習いたいの?(うぅんと考え)結構大変よ?口頭詠唱で魔法を使う感覚を覚えて、動作で自分の気持ちを表現する感覚を養って・・・それから合わせるからね?・・・でも単純な自己強化系ならこの街にも使える人は多いわ(サザンカやアニーなんかがそうねと両隣を指して)
        -- 2016-05-25 (水) 14:01:33
      • …あまり期待されていない気がする!(何かと耳は良く動くので感情はモロバレであった)
        耳力だけじゃぴったり塞げないし、上の耳の方が感度いいしで音にはほんとに弱いんだよね、いつか進化しないとなぁ…
        ま、魔女空手?結構ストレートなネーミングだなぁ…わ、色々学ぶ事あるんだな
        とりあえず魔法って物自体を使えるようにならないとやっぱ話にならないか…基本だけでもどっかで習わなくちゃ(腕組みして悩む 猫耳はあっち向いたりこっち向いたりして)こないだアニーのは見たけどあれはあれで根本が分からなかったんだよな、本でも読んで勉強するかぁ
        でも参考になったよ、ありがとね!そろそろ帰るよ、そんじゃまた冒険で一緒になったらよろしく!(といいつつも何をどう学ぶか悩みながら帰っていったのだった) -- オカリナ 2016-05-25 (水) 14:10:42
      • あら、期待はしているわ(それは本当よと頷いて)ふふっでも可愛いっていうのはそれとは別の問題だもの
        ふふっ一代でそんなサクッと進化出来たら苦労しないわよ
        多分いい名前が無かったのね・・・1000年前につけられて以降改名されてない辺り、私の流派内でもあんまり本腰を入れられてなかったのよ
        生まれつき魔法を使う感覚が身についていないのなら、最初の門を開くのはとても苦労するわ・・・誰かに師事する事をお勧めするわよ(結果的にそれは魔法の固有性、自在性を失う事になるが・・・使えないよりはずっとマシな筈だ)
        えぇそれではまたね、ふふ、楽しみにしているわ・・・あっ本なら図書館に行ってみるのもいいわよー(見送った)
        -- 2016-05-25 (水) 14:27:57
  • ここが魔女の住処、だね。(役に立ちそうな薬的なものがないか、あたりを見渡してから)
    今日は冒険の依頼窓口の宣伝依頼できた…。
    なにか…ほしい宝物とかあるなら…こことかで誰かに頼めばいいと思う
    それじゃ…… -- ナサ 2016-05-25 (水) 02:58:35
    • (なんて事の無い、ただの女の部屋だ)何かお探しかしら?
      あぁあそこね・・・もっぱらよろず酒場の方で受けてるからあちらのシステムはよくわからないのよね・・・
      ・・?えぇ・・・お茶位飲んでいかない?
      -- 2016-05-25 (水) 08:57:07
  • 書いたー。素晴らしきは先輩魔女。 -- 2016-05-24 (火) 01:04:04
    • ふふっ出番が多くて嬉しいわぁ・・・でもやっぱり貴女がちょっと心配・・・殺してしまった事じゃないわ、ああいう手段をとった事が・・・ね -- 2016-05-24 (火) 02:00:31
      • (ふと)そういえばこのSSの内容はこの世界線と同一なのかしら、具体的には今後の会話に普通に盛り込んでいいのかしら・・・
        まぁといっても何かあるわけじゃないんだけど
        -- 2016-05-24 (火) 02:15:30
      • 世界線は同一ですー。ルート分岐がどうこうというのは猫がそれっぽいことを言っているだけです。
        盛り込んでもおっけーですよ、せっかくですし。ではおやすみなさい。 -- レイレイ 2016-05-25 (水) 00:25:06
      • ふふ、わざわざありがとう・・・まぁ話していた流れで使えそうだったら・・という事でね?
        えぇそれじゃぁお休みなさい、レイチェル
        -- 2016-05-25 (水) 00:27:41
      • 何かこう・・ここぞ!って場面で背中を押す時にでも「レイチェル」から「レイレイ」に呼び方を変えたいわ・・・と妄想しつつ流すわ -- 2016-05-25 (水) 00:28:46
  • カレリア殿ー!拙者に化粧を施して下されー!!(半ば自暴自棄気味に飛び込んできたミニスカ少年) -- 虎彦 2016-05-21 (土) 21:53:42
    • ・・・違うわ、そうじゃないの・・・そうじゃないのよ坊や・・・(悲し気に見る)坊やは坊やとして可愛くあって欲しいの私は(うるうるしつつも普通になでなでする)
      まぁそれはそれとして・・ふふっ可愛い服ね虎ちゃん?(くすくす)えぇいいわよ・・どんな風にしてほしいのかしら?
      -- 2016-05-21 (土) 21:59:04
      • そんな目で見ないでくださいっ ええとですね (かくかくしかじかで、アルテアがわざわざ作ってくれたし、花見会場で悪戯したいって言う目論見を話し)
        (なでなでされてちょっと恥ずかしそうにしつつも、) 有難うございます、…採寸されてないのに、肩幅や腰回りもピッタリでびっくりしましたけど… あ、どんな風に…
        …どんな風にが良いんでしょうね? (首を傾げる 化粧した方がばれにくいかなって事しか考えてなかったと話す少年だ) -- 虎彦 2016-05-21 (土) 22:03:46
      • アルテアが・・・?あの子そんな趣味があったの・・・それに見合う技能もあるみたい・・・(どうにも決定的な所で趣味が合わない様ねとスチャリと眼鏡を直して)
        悪戯したい・・ねぇ?・・・悪戯されたいの間違いじゃないかしら(にやにやしながらつんつんして)
        (ふぅむと唸る)素材がいいのよねぇ貴方・・・肌も艶があるし・・下手に手を加えるよりワンポイント程度に収めるのがいいでしょう(そういうと化粧道具を持ってくる)
        (取り出すのは口紅・・・幾つか色を比べて)なるべく自然に収まるのがいいわ・・派手な色は貴方の魅力に対して逆効果だから・・・(薄い桃色の物を渡すと鏡の前へ)ほら・・やってごらんなさい?(ぽんと肩に手をのせる)
        -- 2016-05-21 (土) 22:29:49
      • はいっ …誰かに服を仕立てて貰うなんて初めてだから、嬉しくて (豪が深いシスターと魔女の確執にも気づかずに、素直に笑って)
        悪戯…僕に? 男ですよ? (不思議そうに首を傾げてから、頬を突かれてくすぐったそうに片目を閉じて) 素材、ですか? 普通だと思いますけど…
        自然にですね、ふむふむ…って、え? (鏡台の前に座らされて、口紅を手にして) え、でも、こう、これって、カレリアさんの口紅で… (それを塗るってなると…と頬を染め) -- 虎彦 2016-05-21 (土) 22:51:54
      • ・・・(それでも女物の服でと思うが、ぐっと飲み込んで)まぁ・・坊やがそう思うならね・・・
        (そうねぇ男なのにねぇと笑って流しつつ)目だって悪い所が無いというのはそれだけ整っているって事になるのよ
        そうよ?貸してあげる(くすりと微笑む)初めてだから戸惑ってる?(何て囁きかけつつ口紅を持つ手にこちらの手を重ねて誘導していく)いい?塗りすぎたらだめ・・あくまで薄く、少しだけね
        -- 2016-05-21 (土) 23:15:15
      • なんだろう、カレリアさんの中で凄い葛藤があった気がする…っ まあ、明日のお祭りが終わったら仕舞いますから
        そう言うもんですか? (笑って流されて首を傾げつつ) 不細工って言われないなら嬉しいですけど 自分の顔形なんて気にした事なかったので…っ
        い、いや、初めてだからって言うか、カレリアさんの唇に当てた物を、僕が塗るってなると、その、間接…ん (手を取られ、誘導されれば、恥ずかしそうに視線を落としつつも、唇に乗せられる紅 魔女の手のままに彩られる唇) -- 虎彦 2016-05-21 (土) 23:19:45
      • ・・・・・いえ・・せっかく貰った物を少ししか着ないというのも、どうなのかしら(いざ仕舞うと言われるとそれはそれで葛藤が生じる魔女だ)
        そういう所も魅力になるのよ・・
        しっ(慌てて何か言いつのろうとするのを静かに制する・・・視線を落とせば動きを緩め)ダメよ・・・ちゃんと前を見て・・(ぴしゃりと言って再び彼が自分自身を見るのを待ってゆっくりとまたなぞりゆく、教え込む様に、変わっていく自分を認識させるように)・・・どう?
        -- 2016-05-21 (土) 23:57:41
      • でも、流石に僕も、この服を普段使いにするのはおかしいってのは分かりますよ…っ?! って、、なんか、カレリアさんは僕をほめちぎり過ぎだと思いますっ
        (恥ずかしそうに笑ってから、制する声に口を薄く開けたまま止まって) …えっと、は、はい…っ (真剣な声に、頷かないまま答え)
        (唇を滑る紅の感触がくすぐったい 自分に重なる手が細くて柔らかくて、恥ずかしさとは違うドキドキで身体がソワソワした)
        (そして、) どう、といわれると、その… …ん (不思議な感触の残った唇を小さくすりあわせてから) 口紅一つ是、随分顔が変わった気がします -- 虎彦 2016-05-22 (日) 00:20:01
      • ・・・ッチ・・・・・あら?貶される方が坊やのお好み?その歳でその性癖は苦労するわよ?(くすくす)
        そうよ・・・引いたのは紅だけ・・でもそれだけで大きく変わる・・・自分の顔をキャンパスにして絵を描くんじゃない・・自分の魅力をより強く引き出すの
        (化粧落としを渡して)もう少し練習していきなさい?・・・それとも、当日もまた私にしてもらう?(どちらでもいいという様に)
        -- 2016-05-22 (日) 00:36:44
      • チッて言ったねカレリア山 へ、変な性癖とかありませんからっ (笑われて唇を尖らせる 紅を塗って艶やか)
        ふむふむ…奥が深いんですね、化粧って… ん、でも、なんか唇がぺたぺたして変な感じです (むぐむぐ唇をすり合わせて) …練習して上手くなっても、今後使う機会はないと思いますっ
        …と言うか、カレリアさん…男に、自分の口紅塗る事に抵抗ないんですか? (ちょっと赤くなりながら、化粧落としの使い方を読んで、その通りに使いつつ) -- 虎彦 2016-05-22 (日) 08:17:54
      • ふふふっ(気のせいよっと笑って尖った唇をちょんと突く)
        そうやって馴染ませていけばそのうち慣れるわよ(練習しないという選択に)じゃぁ決まりねっ(またいらっしゃい?とウィンク)
        んー?・・ふふっ・・・不思議ねぇ・・どうして気にしていないって・・・思うのかしら?(化粧を落としてる少年の後ろから耳元に囁きかける様に)
        -- 2016-05-22 (日) 19:02:44
      • 気のせいですかあ…? んむっ (とがった唇を突かれ、恥ずかしそうに顎を引いて見上げた)
        慣れて良いのか分からないですけど、ええと、はい、よろしくお願いしますっ (ウィンクにちょっとこちらも真似して見せて)
        不思議です 僕だって男なのにー… …ひゃうっ?! (鏡越しにカレリアを見て頷いた後、耳元の優しい声に声を上げてしまって)
        だ、だって、ほら、カレリアさん、いつも冷静ですし… 化粧とか頼みに来た僕が言うのもなんだけど、もっとこうー… (じわじわ赤くなって、柔らかな声でドキドキする) -- 虎彦 2016-05-22 (日) 19:39:26
      • ふふ・・・少なくとも、その恰好をしている間はね?(ウィンクを返されると一瞬きょとんとして)下手っぴ♪(嬉しそうにする)
        (声を上げる様子にくすくすと微笑んで)もっとこう、何かしら?(鏡越しにこちらを見れば、帽子で顔が半分隠れた事で殊更唇が強調されていて)・・・意識してるって言ったら?
        -- 2016-05-22 (日) 21:23:24
      • じゃあ、いつもの格好になったら、もうちょっと違いますか? (じ、と不満げな顔で見つめ ウィンクをからかわれれば、ちょっと恥ずかしそうに視線を逸らす)
        意識、してる、って言ったら…? (鏡の向こうのカレリアの唇 艶やかで柔らかそうなそれに目を奪われ、耳元の声に鼓動が早まる)
        (悪戯の準備でこんな服装をしているが、中身は思春期の少年らしく 耳まで赤くして) その、…唇が触れても、良いかなって、思ってる、とか…? -- 虎彦 2016-05-22 (日) 21:58:05
      • いつもの格好ならそりゃ口紅はいらないものね(慣れる慣れないのはなしのつもりだったので不満気な顔にはごめんねっと笑って)ふふ、鏡を見て練習するといいわよ?(ウィンクは)
        (目を奪われ、赤くなっている様子の少年をじぃっと見つめて)・・・ぷ・・ふふっ子供が生意気いうものじゃないの(ちょんと突いて離れてしまう)
        (帽子を深くかぶりなおしながら背をむけて)それはあげるわ、殆ど使ってない物だから・・・その服と一緒にでもしておきなさい
        -- 2016-05-22 (日) 22:25:59
      • 練習かあ…お祭りの時以外で使うかなあ…? って、あ、わ、笑わないでくださいっ もーっ (つつかれて口紅を貰えば、背を向けるカレリアに)
        先月も、2cm身の丈伸びてるんですから、すーぐ追い越しちゃうんですからねっ …男なんですから (その背中にそう言ってから)
        …いつか、はっとするぐらい良い男になって、カレリアさんを恥ずかしがらせちゃうんですからねっ (そう言ってちょっと恥ずかしそうに笑い、お礼を言って今日は帰った) -- 虎彦 2016-05-22 (日) 22:36:00
      • ふふっどうかしらねぇ(構わずくすくす笑いながら)
        そう・・成長期なのね・・・(背後から聞こえる声に熱くなった頬をこっそり冷ましながら応え)
        あらまた生意気いって・・・ふふ、その時を楽しみにしているわ?(軽く振り返りつつちょんっと立てた指を唇に当てつつウィンク、で見送った)
        -- 2016-05-22 (日) 22:50:06
  • 魔女っ子さーん、春だよ春
    頭のちょっとアレな人がたくさん出る春だよ(ヴァージョンアップした自転車に乗ってやってくる)
    魔女ってなんか春らしい魔法かけないの? 春を呼ぶ魔法とかさ -- タビビト 2016-05-21 (土) 22:43:35
    • 暖かくなってくるとそういう人も出てくるらしいわね(タビビトさんを見ながら、他意はない)
      ふふ、どうしたのその自転車、確か借り物だと聞いた気がするのだけれど
      春らしい魔法ねぇ・・・花を健やかに成長させる魔法なんてそれっぽいかしら?(いきなり咲かせるとかそういうレベルではない)
      -- 2016-05-21 (土) 22:47:20
      • ちなみに僕の頭の中には何にも入ってないからおかしいもないもないけどさー(笑う)
        これの持ち主が技師やっててさー、ちょっと別の知り合いから貰った動力見せたら。それを元に水蒸気エンジンつけてくれたんだよね
        で、ちょっと乗るのにコツがいるからもういっそくれたわけ……ふふふ、水蒸気自転車でデートでもどうだい、お嬢さん!(かっこつけて後ろを親指でさす)
        いーねぇ、いかにも春の訪れを告げるって感じのまほうじゃない。そういう穏やかな魔法も使えたんだ -- タビビト 2016-05-21 (土) 22:54:24
      • ・・・そこは否定するべき所よタビビトさん(むーっとむくれて)
        (自転車からバイクにフルモデルチェンジしたのを見ながら)それはまた・・凄いわね蒸気機関はサイズ辺りのパワーが出ないと聞いたけれど・・・技術のなせる力なのかしら
        (ふぅん?と考える仕草をしてから)良いわね?乗せて下さる?(了解する)
        少しだけね・・・一応素養としてはそちらの方があるみたいなんだけれど・・・あまり伸ばす気にもなれなくて
        -- 2016-05-21 (土) 23:20:33
      • えぇー、なんでそこで魔女っ子さんが膨れるかなー(それを見てさらに呑気に笑う)
        さーねぇ。あんまりそこらへん詳しくないけど。知り合いは元々精霊医術専門で今は精霊と機械の融合化を勉強してるんだよね
        だからそこらへんの技術もあるかもねー(と、相手が了解すれば一度エンジンを切り、完全に停止して)はーい、じゃあ後ろに座ってねー
        座ったら肩にでもつかまってくれればいいかな。そんなにスピード出ないから
        伸ばしたくないんだ、良いと思うんだけどなぁそういう魔法。やっぱつまんないからとk? -- タビビト 2016-05-21 (土) 23:29:06
      • 貴方が怒らないからよ(ふんす)
        ふぅん?・・・なんだか難しい話ね(くすっと微笑み、示されるがままにバイクに横ずわりして腰に手をまわす・・・この状態でバランスは崩さず髪も服も巻き込ませない汚さないのが魔女流だ)
        つまんないからよ・・・それと、似合わないでしょう?(肩をすくめて笑って)
        -- 2016-05-22 (日) 00:00:36
      • 可愛い理由で怒るなぁ……はっはっは。へっへっへ、ご乗車ありがとうございます
        お客様はこれで後部座席二人目のお客様となりまーす、それでは出発ー
        (地面から足を離すと、エンジンをかけて走り出す。とはいえ街の中を軽く回る程度だが、カタカタと振動が体に伝わり始める)
        つまんないからかー、まぁ魔女っ子さん前来てたときもなんか好戦的なしたからなぁ
        似合わないなんて事ないよー、そりゃあ性格はちょっとあれだけど。見た目知的美人って感じなんだから
        なんていうの? そういう魔法似合ってると思うけどなぁ、それに花を咲かすなんてかっこいいじゃん -- タビビト 2016-05-22 (日) 00:05:47
      • あら、それは嬉しくない情報ね?いったい何処の女狐を私の先に乗せたのかしら?(からかい愉しむ様に言って)
        ふふ、結構揺れるのね・・・でもちょっと不思議で、楽しいわ(振動を感じながら、滑る様に静かに風を感じるのは面白い)
        「見た目」は余計よっ(ちょんと突き)‥‥‥ありがとう・・本当は・・・そういう事をする自分に引け目を感じていたのかもね・・・似合わない、らしくないって・・・(かっこいいかぁと呟いて)
        -- 2016-05-22 (日) 00:19:29
      • そうだねぇ……若くて、純粋で。今はただ自分が好きなものにまっすぐな女狐かなぁ
        ちなみに年齢は11歳だってさー(「そんな少女を女狐扱いするわけー?」とからかうように笑い)
        似合わないことをするのにもいろいろあってさ、そりゃあ良いことばっかりじゃないけど。でも意外性があるのって良いと思うよ&br;と言うか得意なものを避けてたなら聞きたいんだけどさ。普段はどういう魔法をよく使ったりしてるんだい?
        こう、1番才能がある分野じゃなくても、よく使う好きな魔法ならあるんだろうー?(やがて自転車は商店街に差し掛かる、喧騒でも聞こえるよう少し大きめな声になっていく) -- タビビト 2016-05-22 (日) 00:23:36
      • あら?いくつであれ女はみんなライバルよ?(くすくすと笑って)
        得意じゃないわ、素質があったってだけ・・・気持ちの面でこの二つは大きく違う・・・
        一番好きで、一番得意なのは・・・殴る魔法よ・・・もやもやした気持ちも、面倒な物も、全部殴って壊しちゃう・・そんなのを夢中になって覚えた・・・(だから余計にそう思っちゃったのねと)
        いい機械ね・・・景色がどんどん変わっていく・・・・・・意外性ね・・本当に、そういうのもいいかも
        -- 2016-05-22 (日) 00:48:02
      • (軽口を叩くでもなく、相手の話を黙って聞く。景色は変わり、そこを通る人も代わる)
        (人間も居れば亜人。時折冒険者の依頼として討伐しているような種族も見かけるだろう)
        (だがこの街は種族の坩堝、意外性が入り混じりそんな中走る機械は映写機のようにその場面を切り替え続けるのだ)
        ……意外性、そう意外性……ちなみに今乗ってるこれも意外なことに……
        (徐々に速度が遅くなり。音を立てていたエンジンもその音を次第に小さくしていく)
        割と燃費が悪いのさ(完全に停車した)
        だから……いいんだ! 意外性なんて最後の最後で! 壊す魔法が好きなら、壊したいものを全部壊して
        そしたら、次は作る魔法を使い出せば良い。だって嫌なもの全部壊したら、次は好きなものだけ作れば良いんだからさ!
        そう! この自転車をこぐように! こぐよう……ニッ!
        (エンジンの燃料が切れれば、ペダルに足をかけ。一気に力を要れ人力で動かしだす) -- タビビト 2016-05-22 (日) 00:54:19
      • ・・・(話終えればなんとなくこちらも黙り、後は静かに流れる景色を見つめる)
        (なんとなく、本当になんとなくその背にこてんと頭を預けて・・・・・・・見た所でぷすんと力をなくすエンジン)・・・っぷ・・ふふっふふふっ締まらないわねタビビトさん?(ころころと笑って)
        ほら頑張って(合いの手を入れつつでも降りたりはしない・・しないが・・・こっそりと座席の裏に指で「אמת」となぞって「アレックス」と囁く)
        (自転車がゴーレム化し、タビビトが漕ぐ力をアシストしてすいすい進めるようになる、あくまでアシストするだけなのがちょっと酷い)まぁ凄い、ちょっと速くなってきたわ
        -- 2016-05-22 (日) 01:14:24
      • まったく、人生は締まらないことばかりだ、最後に必ず失敗する!
        最後に穴に落ちたり、最後に言葉を噛んだり。いろいろ、いろいろあるんんんぬううううおおおお!!!
        (予想以上に二人乗りをこぐと言うのは重い! あまり整地されてない道もあってかなりの苦戦だ)
        おっ……おっ、お!? おおおおおおお!?!?
        (しかし、カレリアが少し細工をすれば自転車は勢いを増す、自分の力と勘違いした哀れなタビビトは調子に乗ってこぎ続けるのだ)

        (やがて、一通り街中を走れば、そのままもとの場所へと戻ってくる。一度自分が降りてから、自転車のスタンドを立てて固定すると)
        (どうぞ、とカレリアをおろし。再び自分は自転車にまたがる)
        ふう……しかし驚いた、まさか自分にあそこまで自転車をこぐ力があるとはね!
        ふふふ、今日は付き合ってくれて感謝するよカレリア穣。それでは私は愛馬の点検があるのでね、これで失礼させてもらうよ……さればd……噛んだわ
        (最後の最後に、噛んだ恥ずかしさをかみ締めながら帰っていった) -- タビビト 2016-05-22 (日) 01:20:19
      • うおおおおお!!!!(そういえばお返しを忘れていた!と一度戻ってきてサカナ飴をおいて帰った) -- タビビト 2016-05-22 (日) 01:29:09
      • (例えば電動アシスト付き自転車はアシスト機能自体が抵抗になる為電源が切れていると普通の自転車より重くなる、それと同じような物だろう)
        (さらに言えばエンジン自体の重さも忘れてはならない・・・単純な二人乗り以上の負荷がかかると見ていいだろう)
        (勢いの増した自転車を漕ぐタビビトを楽しそうに眺めながら再び風を切って進んで)
        ありがとっ(彼に手を取って貰って降り立つ、さりげなくすっと撫でてゴーレムにお役御免を告げる事も忘れない)
        えぇそれじゃぁね(噛む様子にくすくすと)
        ・・・あら?・・・ふふっありがとうね?(今度こそばいばーいと手を振って見送る)
        -- 2016-05-22 (日) 19:36:47
  • (カレリアと日常の会話の途中で、夕方になった頃に話しを切り出した)
    そろそろ夕飯の時間ですね……あの、カレリアさん。一緒にトラットリア『ロッシーニ』でご飯食べませんか。
    ……その、店員の方と最近トラブって顔を合わせづらいのでー。なんかこう、一緒に来てくれたらありがたい的なー?
    い、いいから行きましょう。行きましょうよー。(強引に引っ張っていった) -- レイレイ 2016-05-21 (土) 21:25:10
    • (気付くのに遅れ、貴重な時間をつぶしたって話だ)
      あら?いいわね・・・行ったことのないお店なのだけれど・・・
      なぁにトラブルって・・(変な事に巻き込まないでよ?っと軽口を叩きながらついていく)
      -- 2016-05-21 (土) 21:47:43
  • カレリア殿ー!拙者を泳げるようにして下されー!(半ば自暴自棄気味に飛び込んできた) -- ササキ 2016-05-21 (土) 19:23:48
    • あらササキ・・・ふふ、なぁに貴方泳げないの?
      そうねぇ・・一にも二にもまず水になれる事から始めるべきなのではないかしら?・・・あるいはそもそも泳がないかね、私みたいに(新情報が追加されました)
      -- 2016-05-21 (土) 19:31:35
      • (言葉を聞いて固まる)
        もしや…もしやカレリア殿も泳ぐことが…出来なかったでござるか…!(同志を見つけた!という喜びが口元に出る)
        いやまあ、水になれるのは問題ないでござるが…拙者はこう、浮かんのでござるよ…重くて -- ササキ 2016-05-21 (土) 19:34:42
      • なぁに?にやにやして(くすくす笑いつつその頬をちょんと突く)
        体質で浮かないのなら泳ぐのは絶望的ではないかしら?それでも泳ぎたいのであれば・・・(そうねぇと考える)
        例えば浮きを付けるとか・・・(浮輪、フロート・・・なんか空気で膨らむ感じの魔法薬を誰かに作ってもらう)大きな推進力を得るとか・・・(浮力に逆らう脚力、なんか超技術的な装備)いっその事水中で呼吸する方法を模索するとかかしらね?
        -- 2016-05-21 (土) 19:43:18
      • ふぐぅ…(恥ずかしそうに小さくなりつつ)
        何…と言われれば、レイレイ殿が泳ぎの練習をして泳げるようになってきたと聞いて危機感を覚えてござってなあ…
        うむ、このままでは絶望的なのでなんとかこう…体を浮かせる術を探しているのでござるよ、それこそ魔女の薬に頼ってでも…と
        …ちなみに、カレリア殿はそれらの技術を持っていたりは…?(期待半分、方向性違いそうで無理かなと言う気持ち半分に) -- ササキ 2016-05-21 (土) 19:47:00
      • ふふ、貴方意外に可愛い・・・
        レイチェルが?・・そう・・・(満喫しているようねぇと満足げに)なぜ泳ぐ練習が最初に来ないのよ・・・筋肉量が多いから浮かないとかそういうレベルの問題じゃないってこと?
        (考えた事もないといった風に)んー・・・魔女空手で水ごと吹き飛ばすのは周りに迷惑よね・・・浮輪やフロートをゴーレム化して万が一が無い様にするのが妥当って所かしら・・・後はそもそも沖まで出ない事ね(策がない訳ではない様で)
        -- 2016-05-21 (土) 19:56:15
      • 可愛いと言われるとは何やら心外な…これが大人の女性の余裕でござろうか…
        筋肉量、と言うより密度にござろうか?せっしゃは人のそれよりも金属のそれに近い密度でござるから…鉄の塊を浮かせるようなものでござるなあ
        魔女…空手!?なんでそんなに肉体派なんでござるか、魔女ってそういうもんでござる…?
        浮き輪でござるか…500キロぐらいあるでござるがどれくらいの浮き輪があれば浮くでござろう? -- ササキ 2016-05-21 (土) 20:02:48
      • だぁってそう思っちゃったんだもの、しょうがないわ(くすくすっと笑いながら)
        魔女なら腕っぷし位鍛えておかないとダメなのよ(もちろんそんな事はない)(ぱしっと手に拳を当てると「パァン」と魔法によって炸裂様な音が響く)水を蹴散らして反動で体を持ち上げればいけるわ、飛ぶより楽ね
        まさに筋金入り・・500キロって・・・貴方そんなの重いの?(考える)・・・船は鉄でできていても浮くわ・・要するに体重が何キロあろうと比重が水より軽くなれば浮くのよ・・・それだけの数の浮きをつければいいんだけど・・・こればかりはプールで実際に身に着けてみないと分からないわ
        -- 2016-05-21 (土) 20:26:27
      • ぐぬぬ…これは…勝てぬでござるなあ…
        ええっ、そう言うものだったのでござる!?魔女はもっと…大きな釜の前で「イィ〜ヒッヒッヒッヒ!」と言いつつ中身を混ぜたり、箒にまたがって空を飛ぶものかと思ってござった
        んむっ…(炸裂音に少し耳鳴りがしつつも)水を蹴散らす…蹴散らすとは何やらものすごい表現でござるが速度が必要そうでござるなあ
        左様、なので魔法か何かで期間限定でも1/10に出来ぬかと思ってござったよ…船でござるか!
        ふうむ…大量に浮きを用意して浮かぼうと…全身浮きで出来たような水着が良いのでござろうかなあ…? -- ササキ 2016-05-21 (土) 20:32:22
      • そういう魔女らしい魔女は他の子に任せておけばいいのよ、私は私の道を行くの(えっへん)・・・というより、誰かの為に何かを作るって道には進めなかったのよ
        速度よりは魔力ね・・・この術はロスが大きいから、それをそれを真正面から跳ねのけるような潤沢な魔力が必要なのよ
        薬系はレイチェルかルウジーに・・・(と此処でふと思い至ったように・・・)いえ・・・なんでも屋さんなんていいんじゃないかしら・・・文字通り頼めばどんな物でも揃えてくれるそうよ?
        ・・500キロは尋常な重さじゃないわ・・ちょっと水着を工夫したくらいじゃダメ・・もっと劇的な物が必要ね
        -- 2016-05-21 (土) 20:50:22
      • オリジナリティ溢れる魔女なのでござるな…ほう、自分のための道を歩んだと…
        魔力でござるかぁー!かぁーっ!拙者魔力ないでござるからなぁー!(魔力はゼロである、秘めた魔力がすごくて計測できないからゼロになっていると言う事は無く単に素質がない、脳筋である)
        その二人にも尋ねたでござるが残念ながら…いや、ルウジー殿にカラダカルクナールを求めたところ似た様なものはあったでござるよ、カラダカルクナールケドシヌと言う…副作用がすごすぎでござる…
        何でも屋…でござるかふうむ、おいているでござろうかなあ…(悩む)
        劇的な物…ビート板にござろうか… -- ササキ 2016-05-21 (土) 20:59:45
      • 「何かを作る」が出来ないだけよ、でなければ冒険者なんてしてないわ
        魔法とは魔性の法よ、技術うんぬんではなく出来ないと思ったら絶対にできないわ・・
        ふふっいいじゃないの?一回くらい死んでみれば人生観が変わるかもしれないわよ?(なんて冗談をいって)
        体が重くても泳げるようになる物・・・そういえば何かしら用意してくれると思うわ(あそこは多分そういう所なのよと頷いて)
        ‥‥劇的ではあるわね(成人男性には似合わない的な意味で)
        -- 2016-05-21 (土) 21:18:20
      • 作り出すことが出来ない…でござるか、魔力の性質か何かでござろうかなあ
        拙者自分で出来るイメージが全く浮かばんでござるからなあ…クィール殿に教えて貰った魔法?の使い方も何か上手く行かなかったでござるし
        えぇー…(流石は魔女…コワイ!)一度死ぬ…でござるか、拙者が死んだらどうなるのでござろうなあ…地獄で獄卒でござろうか
        //(あまりにジョーカー過ぎてそこへ行けばすべて終わってしまいそうで行くに行けないジレンマがここにある)
        やはり拙者は砂浜で何かこう…山を作っているのが合うのでござるかなあ…海で団子と言うのも変でござるし
        まあ…また何か考えてみるでござるよ、お邪魔したでござる…(ぼんやりしつつ帰って行ったようだ) -- ササキ 2016-05-21 (土) 21:23:45
      • 私の性格の問題ね・・・あと、「出来ないと思ったら絶対にできない」のよ
        あら?クィールから魔法を?あの魔法は私も興味があるわぁ
        閻魔を打ちのめして帰ってくるくらいの根性が男には必要って事よ(//まぁ最後の手段という事で)
        ふふ、私も一緒に作ってあげるわよ、ビーチでお団子もそんなに悪くないかもしれないしね?
        それじゃぁね、私も何か考えておくわ
        -- 2016-05-21 (土) 21:46:01
  • |ワ・)ノ ≡ヘイ!(何かが来て何かを投げ込んでいった) -- 2016-05-21 (土) 14:52:28
    • \ババア無理すんな!/
      まぁっ!?ふふふっありがと〜、偶にはこういう服もいいわね
      -- 2016-05-21 (土) 19:29:14
  • おつかれおつかれ。ゾンビの群れなんとかし隊のご挨拶ね(軽い感じのエスキモーが仕事あけに笑顔でやってきた)
    いやぁたくさんいたのに割と余裕でよかったよ -- フィルメリオ 2016-05-21 (土) 00:05:16
    • (無双ゲーみたいにゾンビをふっ飛ばしてたそうだ)ふふ、お疲れさま・・・貴女も大活躍だったじゃない、素敵な氷魔法だったわ
      それにしてもその恰好・・・これからの時期暑くないの?
      -- 2016-05-21 (土) 19:27:02
      • 魔法じゃないよ、呪文とか唱えてないっしょ。古より一族に備わる不思議パワーってとこかな
        超暑いよ!かといって全裸になる訳にはいかない……僕の命を救う依頼を出さなきゃ…… -- フィルメリオ 2016-05-21 (土) 19:38:42
      • 魔法と一言に言っても色々あるから、分からないわ(くすくす)そう・・・そんな物もあるのね
        大げさよ、人間寒ければ着込むし暑ければ薄着になるわ、暑いのなら暑いなりの格好をすればいいのよ・・・なにかその服でなければならない理由でもあるの?
        -- 2016-05-21 (土) 19:47:17
      • 確かに僕も魔法にどんなものがあるかなんて知らない……だが!長老達も「これは魔法じゃ」とは言わなかったし、魔法っぽいちゃんとした仕組みもなかったので……多分違う!
        寒い方が好きで、寒いとこの服を着るって理由くらいだろうか…暑い時の服装なんてなかったんだよね……四季のある世界のファッションを学ばないと -- フィルメリオ 2016-05-21 (土) 19:54:34
      • ふふ・・何にせよ、術者の貴女が違うという以上それは違うのね・・・(うんと納得し)
        それはまた・・・随分寒い所から来たのね?ふふ、なら今度の報酬で春や夏向けの服を買いなさいな(ファッションなんて失敗しながら学ぶものよとこくこく)
        -- 2016-05-21 (土) 20:10:20
      • まあ魔法の定義自体僕は知らないけどさ。世界的にこういうのが魔法だ!って決まってるんだろうか
        普通に息したら死ぬ程度の所から。なるほど……これが貨幣流通の仕組み!報酬をちらつかせて店員に夏に着るものを持ってこなければ金を置いていくぞ、と脅すという…
        わかった、早速下調べしてくるよ!ありがとねー(手を振って商店街の方に去っていった) -- フィルメリオ 2016-05-21 (土) 20:17:14
      • さぁ?だから言ったでしょう?「貴女が違うというのなら違う」って(くすくす)
        まぁそれはまた寒い所から・・・ふふ、それじゃぁ服屋はぼろもうけになっちゃうわよ(ころころと笑って)
        えぇ、どんな服を買うのか楽しみにしているわ、またねフィルメリオ
        -- 2016-05-22 (日) 19:30:59
  • // -- 2016-05-20 (金) 23:49:40
    • // -- 2016-05-21 (土) 19:22:48
  • カレリアさん!バレンタインのお返し持ってきた!(と頭に包帯を巻いたサザンカがやってきた 手には小包)
    シスターに教わって初めて料理してみたけど…えーと、どうぞ(差し出す包みの中には形の不揃いなクッキーが入っている 味はふつーといった感じだ) -- サザンカ 2016-05-20 (金) 23:09:11
    • あら坊や、ふふっありがとうね?(ぜひ戴くわと受け取り、早速一口)うん、これで本当に初めて?上手じゃないの(にこにこと)
      それで?その包帯はどうしたのかしら?(そっと包帯の上から額を撫でる・・・その手は陽だまりの様な温もりを帯びていて・・浸透するようにサザンカに伝わっていく)
      -- 2016-05-20 (金) 23:24:54
      • 女性からのプレゼントには必ずお返ししろと教わったので。シスターの言う通りに作っただけなんだけど…美味しかったならよかったよ(ほぉー、と安堵のため息)
        ああ、うん。また冒険に失敗しちゃってね、ちょっと切り傷。ヒーリングで痛みはないんだけど……と、お、おお?(カレリアの力に驚いて)
        …あ、そうかこれが前にカレリアさんが入院してた時に自分にかけてたやつか!あー…俺のとはタイプが違うけど…(痛みを消す色の効果が強い自分のヒーリングとは質が違う、ことを感じ取り)
        …なんだか温かいね。ありがと、カレリアさん(静かに目を閉じてそれを受け入れる) -- サザンカ 2016-05-20 (金) 23:33:37
      • ふふっあの子も良い事言うわ(立派な紳士になるのよとなでなでり)
        あらそうなの?あんまり無茶しちゃダメよ?(自分の事はしれっと棚に上げて癒し続ける)
        傷を治す力も、痛みを消す力もいまいちなのよね・・ウチの流派じゃこういうストレートな治癒術は教えてなかったし・・・完全な我流よ(何て笑いながらも、ゆっくりと撫でて)
        ・・・そういえば、この前エルにあったわ・・貴方の紹介だっていうゴーレム使いの子・・・ふふ、中々面白い子ね?
        -- 2016-05-20 (金) 23:45:50
      • (本当はアルテアではなく神父様に教わったんだけどな…あの人女性に甘かったからな…と頭の中で思ったが。口には出さず撫でられておいた)…(髪房が嬉しそうにぴょこぴょこ跳ねた)
        うん、そこはね。最近冒険失敗ばかりで流石に、ってなってきたから難易度下げようかなって…。我流でもすごいよ、俺ヒーリング覚えるのに指導付きで3年もかかったんだから!
        …ああ、エルに?(にぃ、と笑い)あいつ早口だったでしょ!俺にもそうなんだけど、綺麗な人に会うとすっげぇ早口になるんだよね!シスターの前とか。子供だよなー(気を許している様子がわかる)
        そう、前に話したときにゴーレムについて興味があるって言うからカレリアさん紹介したんだけど…迷惑じゃなかったかな? -- サザンカ 2016-05-20 (金) 23:51:14
      • //お疲れのご様子!無理しないでーおやすみなさいー(ぶんつうすいっちぽちり) -- サザンカ 2016-05-20 (金) 23:52:00
      • (「一体どうなっているのかしら」と感情に合わせてぴょこぴょこ動く髪房をもみもみしたり)
        そうしてくれるとあの子も・・・私も安心よ‥‥ふふっありがと?でも三年は長いわ・・・本当に頑張ったのね?
        ふふっそうなのよ、ゴーレムの事になると特に・・・(楽しそうに話す様子にくすっと微笑み)そうかしら?・・私には単純に人付き合いが苦手に見えたけれど・・何にせよ楽しい時間だったわ、迷惑なんてとんでもない
        (//お待たせいたした)
        -- 2016-05-21 (土) 19:20:59
      • (もふもふされた)法力は体に長い事なじませないと外に放てないんだよー…結構長い事修行したからね、へへ。
        人付き合いが苦手なんじゃなくて、テンパると早口になるだけなような気もするけど。そういってくれりゃ俺も進めた甲斐があったよ。よろしくしてやってね。
        (そしてこの後に待つ女装イベントに備えるために死んだ目で去っていった) -- サザンカ 2016-05-21 (土) 21:57:16
      • (もふもふ)それはヒーリングよりそれを使う為の下積みが長かったという事ではないかしら?それも含めたら私だって時間が掛かったわ
        違いが分かりづらいわね(くすりと笑って)えぇ・・・それじゃぁね坊や・・・・・・なんだか変な目をしていたわね?(きょとんと)
        -- 2016-05-22 (日) 19:28:10
  • …かれりあさん…(と、なにやら思い詰めたような顔で魔女に声をかけるメガネ)
    着替えなくてもいい服ってない?(さんざん悩んだ末に衣装持ちの魔女に振る話題がこれである、何かあったらしい) -- 陽子 2016-05-20 (金) 21:24:34
    • (うん、なぁに?と優し気に応え・・・)着替えないだなんてとんでもないわっ!(がっしと肩を掴んで揺する)
      女の子なんだからいろんな服で着飾らないともったいないわよ?・・・・・それで・・なにかあったの?
      -- 2016-05-20 (金) 21:27:49
      • わかりましたからおおおおちちち…(言い終わる前にガンガン揺られてじゃっかん脳震盪ぎみ)
        べ、べつにどうもしないけど…なんかずっと制服だけっつーのもさすがにどーかなとは思ったんだけど、何着ていいか解んないし、むしろ制服着てるほうが一周回っていいっていうかどこでも着てける学生のフォーマルっていうか?
        (要約すればどの場面で着ててもおかしくないTPO最強な服が欲しいのだが、制服でいいんじゃね?という自己矛盾を抱えてしまったようだ) -- 陽子 2016-05-20 (金) 21:37:59
      • (ふぅ・・と落ち着いた・・・落ち着いた?)
        まぁ学生が着る服としては一番無難だものね・・・でもね陽子?服なんてTPOに合わせて着替えるのが普通なのよ?真面目な場面には真面目な服、デートの時には可愛い服、運動するときには動きやすい服ってね?
        それでも何か一着で済ませたいと思ったら・・・貴女の思う通り制服でいるしかないわ・・・(でもそれは嫌になってきたのでしょう?と尋ねて)
        -- 2016-05-20 (金) 21:54:23
      • そのくくりでいくと 
        真面目な場面 制服 
        デートの時 相手がいないので必要ない 
        運動するとき 学校のジャージ
        かなぁ…(時空を超えて何度我々の前に立ちはだかるのだ!ノストラダムス!ってな気分で選択肢に必ず交じるジャージと制服をうらめしく)
        しょうじきあたしは…(常に制服を着たきり雀で必要に応じてジャージやら、パジャマやらで必要なものしか着てないので他に着るものってなんだっけ…?状態である) -- 陽子 2016-05-20 (金) 22:00:35
      • ・・・貴女ついさっき「なんかずっと制服だけっつーのもさすがにどーかなとは思ったんだけど、何着ていいか解んない」・・って言ったばかりよ?(じとーっと)
        理屈をこねくり回して結局動かない言い訳を探すのなんて馬鹿みたいよ、偶には最初のインスピレーションに従って取敢えず動いてみなさい?(むにーっと陽子の両頬をひっぱったりぎゅっと挟んだり)
        まずはそうね・・学校から帰ったら服を着替える・・バイト先には私服で行く・・・そういう習慣をつけてみたら?服自体は本当に安い普通のでいいの・・・そうして行く内に、自分がどんな服を欲しているのか・・どういう服が可愛いと思えるのか・・そういう感性が磨かれていくのよ?
        -- 2016-05-20 (金) 22:29:43
      • それはそーなんだけどもー(自己矛盾中のメガネはまたもや頭から煙!のびるほっぺた)
        ……あれとか、かわいいかも…(そこはかわいらしい服が揃う街!あれとやらにかわいいものがあるのかも…と、思わせておいて目の前にはギリ―スーツ!根っからの背景らしい)
        あのもっさり感とかいいかなって…(もふもふとは違うが、似たような感触?のじゃらじゃらしたスーツを見つつ) -- 陽子 2016-05-20 (金) 23:07:53
      • んー?どんなの?(示されるままにその方向を見て)‥‥ねぇ?本当に?本当にあのモリゾーがいいの?陽子は(割と本気で心配する目だ)
        あんなの来て街中歩いていたらただの変な人よ・・・もっと普通の・・・シャツとかスカートとか・・あるでしょう?
        -- 2016-05-20 (金) 23:22:10
      • モリゾーってよりはええと…もっさり?もっふり?…ああ…そうか!(ゲッターとは!宇宙とは!!なんて思い至った顔)
        あたしは毛皮がほしかったんだ!!(と、気づいたにしてもアレなセリフをエウレーカと叫んで全裸で練り歩いたという賢者のごとき心境で叫ぶ)
        具体的にいうとさんでぃおねーさんみたいな…もふもふ?(自分にないモノを人は求めるというが、人としてというかホモサピエンスとして物理的に備わっていない毛皮分を潜在的に求めていたのでは?という考えに至ったメガネ) -- 陽子 2016-05-20 (金) 23:46:09
      • ね、ねぇちょっと大丈夫?(なんかトランス気味の陽子に呼びかけ・・・)け・・けがわ?
        毛皮・・・いやそう思うのなら毛皮のついた服を着れば良いのだけれど・・・これからの時期、そんなの絶対暑いわよ?冬までとっておきなさいな・・・
        ・・・とりあえず、つけ尻尾とかにしておく?クリップで止める感じの(妥協案を模索する感じで普通の服に目を向ける方向へ誘導を図る)
        -- 2016-05-21 (土) 19:20:43
      • ちがうよ!毛皮を着るんじゃなくって…モフモフが欲しいの!(俺はゲッコウガになる!みたいな理屈をこねる、理屈にもなっていないが女の子ってそういうものだよね!)
        でも付けシッポはいいかな…(付け耳尻尾だとなんかカブるし…と背後の気配をチラ見る)
        というわけで保留!保留です!!…お話聞いてくれてありがとう…(なんだか打ち明けたらすっきりしたよ!と本人は大満足な様子で神社に帰っていく) -- 陽子 2016-05-21 (土) 19:33:25
      • ・・・同化の欲求の発露としての衣服っていうのもあるけれど・・・(コスプレ)・・・また変な形にこじれたわね
        それでスッキリしたの?・・・うぅん・・良かったのかしら・・・(頭を悩ませながら見送って)
        -- 2016-05-22 (日) 19:08:44
  • こんちわ、カレリアさん生きてる?この前さ、チョコ貰ったし、クッキー持って来たよ、クッキー
    (女性へのお返しにクッキー、平凡かな、等とも思ったけど、だって俺平凡だし、普通でいいよな、そんな事を思いながらも、コンコンとノックをしよう) -- エンドゥ? 2016-05-19 (木) 20:41:21
    • はぁい、死にやしないわよ(戸を開けて出迎える)ふふっお返しだなんて嬉しいわ・・・実は今年はまだ全然貰えてないの・・・ -- 2016-05-19 (木) 20:55:10
      • そう?なんか冒険行も落ち着いてきた頃合だし、皆疲れてんのかな、美人のおねーさんをほっとくとか、勿体無いね
        (どうぞ、と包みを差し出した、まあ,大したものじゃない、値段も、値段の事は良いんだ、要は気持ちだって言うし、上げる側が言う事じゃないか、なんて思いながら、まあこの人も、誰にでも愛想巻くような人じゃないだろうし、世のイベントなんてそんなものなんだろうか) -- エンドゥ? 2016-05-19 (木) 21:16:46
      • まぁ、お上手ね?(くすくすと、はしりと受け取って)ありがとっ
        ふふ・・・エンドゥ貴方・・なにやらもやもや考えてる様子だけれど・・・なにかあった?(相談があったら乗るわよと笑って)・・・あ、そうそう・・・この間渡した薬だけれど・・どうだった?まだ使ってみてはいないかしら?
        -- 2016-05-19 (木) 21:38:53
      • ああ、うん、あれね、一応ランタンの中に吸わせてみたよ、一応…ただなんだろうな…まだレベルが足りないみたい
        形もなんだか怪しいし…あれって本当に魔力挙げる薬?(そうだ、そういえば聞こうと思ってたんだ、とランタンを掲げる、一応、まだ中にドロップ品として納まっていた、開放はしていない、別にね、疑ってる訳じゃない、一応、念の為だ) -- エンドゥ? 2016-05-19 (木) 22:19:41
      • ふむ・・・レベルに応じて適用が変わるのかしら・・・
        説明した通り一回分しかなかったから分からないというのが本音ね・・・報酬として受け取ったし、依頼者も魔術師協会だから信用していたのだけれど・・・(もし違ったら大問題になる)
        どうしましょう・・・また取り出せるのなら私の方で使って調べてみるけれど・・・(流石に無責任な事をしたと真剣に悩みだす)
        -- 2016-05-19 (木) 22:35:39
      • うん…もうちょっとで使えそうなんだよな、レベル、30ぐらい…ってわかんないか、そうだな、使えるようになったら報告しようと、でも、気になっちゃうよね、こういうのって
        (効果のわからないアイテムは使ってみたい、それは仕方ない事だ、ただ、保証が無いだけで、ポン、とランタンの中から小瓶が飛び出した)
        うん…この前倒した敵の素材で、同じものが一個だけ作れたみたい、なんだけど…やっぱりわかんないんだよな、どうする?
        (自分で使うって、怖くないのだろうか、これはレプリカ、効果が全く同じとは限らない、でも、成分は99%以上は同じに近付けた、ピンク色の瓶、差し出してみて) -- エンドゥ? 2016-05-19 (木) 23:13:19
      • レベル・・・強さを一定の基準ごとにランク付けしているの?機械的に基準を設けるなら理に適っているのかしら・・・
        あら、複製したの?凄いわね・・・(自分はそういうのは出来ないので素直に感心しながら)・・・作れた「みたい」ってのが少し気になるところだけど♪(んー?と探る様な目を向けて)
        ・・・でもそうね、貴方に預けた以上、私もこの効果を身をもって証明する必要があるのかも・・・(こんな色だったかとピンク色の瓶を眺めると・・躊躇いなく一気に煽る)
        -- カレリア 2016-05-19 (木) 23:33:00
      • まあなんていうか、一種の計測魔法、的な?や、おれにもあんまりわかんないけどさ
        (強さを数値化する魔法がある、なんて、どういう原理?って聞かれたら、答えられない、少なくとも火の魔法にも火の元素を使うっていう理論があるわけで、俺は勿論、そんなの知らないのだ、ふるふると首を振る)
        いや、別にそんな責任感じるような事でも、吸わせるだけなら毒物でも、おれには害が無いしって一気に行った!?
        (一気に煽る姿にたじろいだ、いや、べつに一口とか、舌先にたらしてみるとか、ネズミを捕まえて飲ませるとか、方法はあったと思うけど、男らしいな、男らしいけど大丈夫だろうか、一応、毒消しの薬はあるけど…具合を確かめるように顔色を見て) -- エンドゥ? 2016-05-19 (木) 23:38:31
      • 貴方にとっては持たされた物だもの・・魔法についても専門で無いのなら分からなくて当然よ・・・むしろ魔法を技術ではなく純粋な道具として扱えるそのランタンが凄いのよ
        (ぺろり)あぁそういう手もあったわね?ふふっどうにも手っ取り早かったからついね?(罠があるところとか平気でずかずか進むタイプだ)
        ふぅん?・・どうにも・・変わった印象は受けないわ・・・・・・・・・・・(手をみる・・なんか煌々と輝いている)・・・あー・・これダメな奴だわ・・・(なんかじりじりとした熱気がエンドゥの所まで届く)・・失礼・・・ベランダの窓を開けて下さらないかしら?(部屋の中を示して)
        -- カレリア 2016-05-20 (金) 00:00:33
      • うーん、理論とか勉強して打つ物なんだろうけど、俺のは単純にMPを消費して打つ、ってシステムだからな、使いすぎると、そりゃ疲れるけど
        (案外、俺は楽をしてるのかもしれない、自分が強いとか、選ばれた人間だと思った事は無いけど、支えられてるものがあるのは事実、って言うか大丈夫か?悠長に会話してる場合じゃないような気もする)
        やっぱりか?毒だったらどうするんだ、無茶をするなって…(カラ、と窓を軽く開けると、ぱたぱたと駆け寄っては)
        えーと…とりあえず水だな、飲むか?なんか手が光ってるけど…薬の効果じゃないよな(熱とかは…と、その額に手を伸ばし、触れようとする) -- エンドゥ? 2016-05-20 (金) 00:22:32
      • 技術、という物はね・・・誰でもその恩恵を得られるようにより広く、一般に開放されていく物なのよ・・・そういう意味で非常に優れているわ・・・でもたとえ道具化しても技術がいらなくなる訳じゃない・・貴方には貴方の苦労があるのだから、そんなに思いつめる事はないわよ(苦労があるのに思いつめるなと変な事を言って笑う)
        あー涼しくしたいとかそういう意味じゃないの・・これは間違いなく薬の効果よ・・・戦闘中だったらよかったのだけれど・・・近づいちゃダメ(あまり強くはないがぴしゃりと言い放つ・・・強く言うとそれだけで魔女空手として発動してしまうからだ・・・触れるとすごく熱い)
        (そして開け放たれた窓からベランダに出ると)はぁああぁああ!!(思いっきり両手を空に向かって振る・・・閃光と焦熱を伴う破壊的な衝撃波が空めがけて放たれ、雲を二つに割り辺りの建物を激震させる)
        ・・・あー・・すっきりしたわ・・(くしゃみが出そうで耐えてたけどようやくすっきりしたーって感じの顔)
        -- 2016-05-20 (金) 00:47:48
      • いや、思いつめるってほど大げさじゃないけど、なんか良いのかなって、苦労を飛ばして使ってるし、怒られそう、まあ、怒られて、だから何、としか言いようが無いけどさ
        あ、ああうん…で、どうなったの?魔力が上がるとか言ってたけど…(ごく、と唾を飲んだ、暑いんじゃないなら、どうなるんだろう、吐き気でも催したのか、と見守っていると)
        え、ええー…?(なにあれ…なんかでたらめなのが飛んで行った、なんとか波、みたいな、コミックスで見た事ある奴だ、それにかなり似てる、ああ、あれって現実で見るとこんな感じなんだなあ、俺はしみじみとそう思うばかりだ)
        -- エンドゥ? 2016-05-20 (金) 01:08:14
      • (くすくすと笑って)なぁに?そんな事で負い目を感じていたの貴方?・・スポーツしている訳じゃないんだから使える物は使っちゃえばいいのよ
        (「おいなんだ今のー」とか「またかっ」とか騒がしい外をサラリと流して)結論からいうといい具合に魔力が膨れ上がったわ・・・能力の拡張というよりエネルギー量の増加ね・・・対大型モンスター用に練り上げる位の量が一気に増えたから少し持て余したわ・・
        うん・・・効果に個人差がある事を踏まえても・・・確かに相応の実力がついてからじゃないと危ないわね
        -- 2016-05-20 (金) 01:20:39
  • チラシが投げ込まれた!
    花見?のお知らせ!
    きたる4月(22日/日曜日)19:00より桜華祭りが開催されます
    美味しいお団子、お酒、リストランテの料理などが食べ放題飲み放題!
    花見温泉でゆるり普段の疲れを癒やすもよし!飲めや歌えやどんちゃん騒ぎもよし!
    ふるってご参加ください! -- 2016-05-20 (金) 20:58:56
    • (チラシを読んで)ふふっもちろん行くわ、楽しみにしているからっ -- 2016-05-20 (金) 21:01:26
  • ほう、それが春の装いってぇやつかい? 相変わらずシャレオツだねぃカレリアの姐さんは……
    (次回の依頼の挨拶がてら訪ねてみれば、以前とは違う服装だったのでそんな話になる) -- レクトール 2016-05-19 (木) 23:08:02
    • ふふ、ありがとうレクトール・・・(似合っているかしら?とくるり回ってみせて)貴方も折角暖かくなってきたのだから服くらい新調したらいいのに…(ぼろぼろよそれ・・と31/100なのを見る)
      それとごめんなさい・・先月は色々忙しくて・・・貴方用に用意したチョコレート、渡せずじまいだったわ・・・
      -- カレリア 2016-05-19 (木) 23:26:04
      • あー……(コメントに困っている様子) ぷ、プランターみてーだな!花飾りがぷらぷら〜…ってな? はははっ…
        男の装いは「ダメージ」が重要なんでぃ。使い古され身体にフィットすんのが心地いいのさ……(まぁ言うほど拘りねぇけども)
        チョコレート? ええと、バレンタインとかいう黄金歴時代の祭りか。別に気にすんなぃ、チョコ一つで変わる仲じゃあるめーし -- レクトール 2016-05-19 (木) 23:32:49
      • ・・・あまり似合っていなかったのかしら・・(普通にショックを受けた様に帽子をとる・・くすん)
        でもほら・・所々ほつれているわよ?・・・貸しなさいな、ちょっと繕うから(針と糸をもってきて)
        ふふっそうね・・それもそうなんだけど、でもやっぱり日ごろの感謝の気持ちを形として表すのは大事なのよ、チョコはただその形というだけ
        -- 2016-05-19 (木) 23:38:04
      • そりゃあ早合点だ。俺が女を褒める言葉を知らんだけさ……な、泣くなよ?(恐る恐る)
        いや待て、そういう世話焼きはだなぁ……むぅ (ショックを与えた直後もあって断り辛い。押し切られるのであった…)
        形ねぃ……どちらにせよ食ったらなくなるのに、一度でも形を作りたがるのは感情の不思議なところだなぁ -- レクトール 2016-05-19 (木) 23:44:41
      • ・・本当?本当に変じゃないかしら・・・(ちょっとおろおろした感じで改めて被りなおす)・・ダメね・・・よしっ(うんと気を取り直す、立ち直りは早い)
        なら私が勝手に直した事にしなさいな・・・(色の合う糸を探して、ちくちくとして)裸で出歩くのが嫌なら、着ている服にも感謝しないとダメよ
        でも形があれば渡す事が出来る・・・それに、食べてなくなる訳じゃないわ、その人の中にちゃんと残るのよ?・・・なんて言ったらちょっと重いわね?(くすくす)
        -- 2016-05-20 (金) 00:09:00
      • (立ち直ってくれたか…) 裸かぁ……そういや俺ぁ羽毛で覆われてるし、別に裸でも問題ないんだよなぁ…夏はそういうスタイルもアリか!
        (くすくす笑うカレリア。対してレクトールは「人の中にちゃんと残る」という言葉で真剣な面持ちになっていた…) 俺ん中にも残ってんのかねぃ…
        重くなんてぇ無いんじゃないかぃ? ただ姐さんがちょっぴり詩人なだけだ。多分な? -- レクトール 2016-05-20 (金) 00:16:37
      • やめて頂戴(じとーっと見たり)まぁでも夏は服が無くても暑そうではあるわね・・・ちゃんと生え変わるのかしら・・
        ・・・ん?なぁに深刻な顔して・・改めてボロボロだったのを自覚した?(よしっとある程度直した服を掲げて)まぁ・・流石に全部は無理ね・・・
        まぁっありがとう(くすっと)・・・・・・・・・・貴方がどこで何をしていて何を見てきたのかは知らないけれど・・・でも必ず残っているわ、悪いものだけじゃない良いものもね?
        -- 2016-05-20 (金) 00:35:37
      • (やっぱ裸は駄目か…!と思う鳥。なお、換羽期はある模様) あ、いや……まぁボロボロなのかもな……
        必ず残ってる、ね……じゃあそいつからは一生逃げられねぇワケか。そりゃそうだな…観念はしてるつもりなんだが…
        (頭をぽりぽりと掻いてからカレリアの方を見て) なぁ姐さん、姐さんほどの女ならはしたことあるよなぁ? -- レクトール 2016-05-20 (金) 00:42:05
      • そうねぇ・・・それこそ、なにも知らないまっさらな子供に戻りでもしない限り・・・でもそれもまた年輪の魅力なのではなくて?
        (あらあら何から逃げているのかしら?と笑いつつ)うん?・・・ふふ、まぁそりゃぁね?(教えないわよ?っとピッと指を立て)
        -- 2016-05-20 (金) 01:05:20
      • 年齢の魅力なぁ……そんな魅力にまみれたかぁなかったんだがねぇどうも。俺からすりゃあ無駄毛みてーな感覚だ…
        ああいやいや、別に姐さんの恋バナを根掘り葉掘りしたいとかは考えちゃあいねーよ? ただ、異性の意見をちぃと聞いてみたくてな〜
        例えば……姐さんがやんごとなき立場の女だったとして、日常がすんごおく不自由で、すんごおく辛かったとする
        でも大怪我を負って何らかの障害を持つようになればその生活から抜けられる。そんな時…好きな男に自分を傷つけさせるものかね? -- レクトール 2016-05-20 (金) 01:18:02
      • ぷっ・・・ふふっ貴方が言うと面白いわその例え(無駄なのと有用なの区別付くの?と)
        えぇ違うの?(むすーと・・でもすぐに黙って)・・・私だったらすべてを蹴っ飛ばして男を攫って逃げるわ・・そしてこう囁くの「もう逃がさないわハニー?」ってね?(軽口は一回だけ)
        それももし叶わないくらいか弱いのなら・・・えぇ、その女の気持ちはわかるわ・・・(ゆっくりと歩み寄る)・・傷は絆よ、これは呪術的な見方だけれど・・傷つけあった者同士の間には特別な関係性が生じるの・・普通は恨みなのだけれど・・・必ずしもそうじゃない・・・(その胸をぎゅっと掴む)後戻りの利かない罪悪感が・・男の心を縛って逃がさない鎖になるの・・・弱さは時に武器になるのよ
        ‥‥‥その子は頭がいいわ・・頭がよくて、残酷で・・・怖くて不安だったのね・・・何もかも失って、その上貴方まで失ったらと(掴む手を和らげ、優しくなでる・・・癒すような温もりがその手から広がる)
        -- 2016-05-20 (金) 01:39:44
      • うむ。自分でもやや面白いかもって実は思ったぜぃ…… (軽口を聞くと笑い)ははっ、確かに姐さんならやりかねねーな……おっそろしい
        (そして真面目な方の応えも噛み締めるように聞く…) そう、か…気持ちは分かるのかぃ。傷は絆……言葉遊びでありながら、しっかり的は射てやがる
        んで、罪悪感で鎖で…おっかねぇなぁ女ってぇのは……いや、俺の話じゃねーんだが (そう言いつつも、受け入れるかのように掴む手はそのまま)
        ……ありがとよ、参考になったわ。俺の話じゃあねーけどな……俺の場合はもっと重い女だったかも?へへへっ
        (撫でられるのもそのままに、軽口を叩き肩を竦めて笑う。カレリアが例え話の中の女を理解し、同情してくれたことがほんの少し嬉しかった)
        ……なんか悪かったなぁ、変な話しちまってさ? 姐さん以外にこういう大人な会話できる人材そうそういねーからよ -- レクトール 2016-05-20 (金) 01:52:37
      • ふふ・・・そうよぉ女は怖いの・・・(いえ・・と首を振り)弱さよ・・・本当に怖いのは、弱さを武器にした者なの・・・今の例みたいにね
        あら残念?貴方の話じゃぁなかったのね?(ざんねんだわーほんとざんねーんと笑ってそっと離れる)
        いいのよ、私と貴方の仲じゃない(くすっと)その男の人に、伝えられるなら伝えたいわ・・・呪いを解くのは難しい・・でも呪い(のろい)呪い(まじない)は表裏一体だから、付き合い方を変える事は出来る・・・辛いだけじゃない幸福な事もあった筈よ・・・その事をちゃんと思い出して「ありがとう」と・・・言ってごらんなさいな・・・ってね?(おどける様にウィンク)
        -- 2016-05-20 (金) 02:12:14
      • 確かに、腹を括って開き直った弱者ってーのは大概厄介だわな そそっ、俺の話じゃあないのさ。あくまで例え話…フフッ
        ふむ…付き合い方を変える、ね。分かった…今度会ったら伝えておくぜぃ? じゃ、今日はこの辺で……後日また依頼で会おう -- レクトール 2016-05-20 (金) 02:17:54
      • そうよぉ・・まぁだからと言って強い子が脅威じゃないかと言われればもちろんそんな訳はないのだけれど(くすくすと)
        えぇ、それじゃぁまた・・・(見送って)・・分かった風なことを言うなと、罵られないだけよかったのかしらね・・・
        -- 2016-05-20 (金) 02:25:56
  • ふふふ、ここはもともと自動で掃除をするゴーレムが居ることですし…
    (自律的に館を掃除しているホウキやハタキの中に変な生き物を合流させ)
    これで良しですの。こうして、まぜこんでおけばバレませんのきっと、多分。
    exp030591.png <<この風…この肌触りこそ掃除場よ!>>
    (まぜこまれた生き物は意気揚々と掃除をはじめた) -- シュネー 2016-05-18 (水) 12:12:56
    • (一年戦争まで大した争いもなかったろうにこの歴戦の猛者の雰囲気である)
      (そんな事はさておきカレリアのお掃除ゴーレム達はすべて既製品とはいえカレリア自身の手でゴーレム化した者たちである・・・そんな中にあからさまなおっさんが混じれば当然目立つ・・気づかれるのは時間の問題だろう)
      あら貴方・・・ふふっ顔が汚れているわよ?お掃除用具が汚れていてどうするの(くすくす笑って拭ってあげる)
      (・・・・・・・・・・・・・時間の問題である)
      -- 2016-05-18 (水) 21:20:02
      • (そんな様子を柱の陰からこそこそと覗く青い魔女)気付いてない、気付いてないですの。
        流石はゲリラ掃除機、潜入もお手のものですのー。
        しかしこうなると声を掛けづらいと言うか、完全に依頼のお礼を言うタイミングを逃してますの…。うーん…。
        (その場で腕を組み、どうしたものかと思案している) -- シュネー 2016-05-18 (水) 21:37:39
      • (ぽんぽんとルンバ・ラルを撫でつつ)そういえば・・・シュネーったら依頼の報酬をもってくる〜って言いながらいつまでも持ってこないわねぇ
        忘れているのかしら?・・ふふっ案外上手くできずに困っていたりしてね?(何て話しかけている)あとで抗議しないと
        -- 2016-05-18 (水) 22:05:58
      • そ、そうですの、また今度にしましょうですの。あらためて菓子折りでも持ってお礼に――…
        (そんな事を言って出直そうとすると、ルンバ・ラルが鞭を振り振り口を開く)
        <<今度こそという言葉は…あまり使いたくないものだな!>>
        ぐぬっ!!余計なお世話ですわよー!!(それを聞いて、思わず大声を上げてしまう) -- シュネー 2016-05-18 (水) 22:10:37
      • (上がる声には肩を思いっきり揺らしてお腹を抱える)ふ・・・ふふふっダメっもうダメだわっ(口に手を当てころころと笑って)
        そんな所にいないでこっちに来なさいなシュネー?よくできているわこの子(お茶を入れて)
        -- 2016-05-18 (水) 22:14:17
      • …!?くっ、だ、騙しましたのね!おのれ、おのれ…
        (悔しそうに歯噛みするも、まあ、それはそうかとため息を吐いて)
        まあそんな訳で、その掃除機をお届けに参りましたの。
        まずは依頼への参加と達成、ありがとうございましたですの。
        (言って頭を下げ、それから手近なテーブルへと向かう) -- シュネー 2016-05-18 (水) 22:17:46
      • ふふっこんな素敵なおじさまが部屋にいるのに気づくなという方が無理よ
        えぇ・・・それにしてもこんなものが掃除機だなんて信じられないわ・・・いえちゃんと動いているからそうなのでしょうけれど
        よろこんで貰えてよかったわ・・・それにしても、手に入れた物を報酬に使ってしまって・・・貴女の使う分は残っていたの?(お茶菓子にクッキーなんかもだしつつ)
        -- 2016-05-18 (水) 22:26:55
      • あら、思いのほかすんなり受け入れますのね。8割くらいは不評でしたのに。
        (椅子に腰をおろして出されたお茶をひと啜りし)1000年前の黄金歴最盛期に販売された自動掃除機――――
        そういう事になってますけど、元を辿れば異世界で創られた製品を複製したものですの。
        (最後の質問には軽く頷いて)頂いた品物から魔獣を創り、それを人数分培養複製しましたの。
        まあ私の分はもう動かしてないですけど…うるさいので。 -- シュネー 2016-05-18 (水) 22:31:19
      • (//ここから文通でおねがします。霊圧都合つかなくてすまない…) -- シュネー 2016-05-18 (水) 22:43:25
      • そうなの?・・ふふ、みんな真面目にとらえ過ぎよ・・・
        あれ自体複製品だったのね・・・異世界の技術と言われているものって結構ある気がするわ・・・
        半分機会なのに培養なんてできるのね・・・(便利だわと呟き)・・・ふふっさっきもツッコんでたものね・・・それにしても、あの掃除機と組み合わされたこのおじさまは何処から仕入れてきたの?
        (//はーい)
        -- 2016-05-18 (水) 23:00:14
      • まあ、皆が皆、こういう広い家に住んでるわけではないってのを失念してましたの。
        そうですわね、技術はもちろん、文明、文化、芸術、生物、そして人そのものまで様々な物がこの界隈に流入してますの。
        そして複製については突き詰めてしまえば有機も無機も同じこと。結局は原子の組み合わせですの。…尤も、複製の失敗なども起こり得るけれど。
        (そこまで言ってクッキーをひと摘み)ん、旨し。このラル大尉なら、街のよろず屋…金髪の男の子が経営してる店で入荷して頂きましたの。
        あそこの店主、相当の使い手のようですのよ。 -- シュネー 2016-05-18 (水) 23:07:33
      • (部屋を借りていた筈がいつの間にか広い館に住んでいた魔女である)
        その理屈だとつまり組み合わせのマップさえ保持していればいつでも複製できる事になるわね・・・あのまぜまぜするマグ、そんな事まで出来たのね
        あぁ前にチラシの入っていた・・・あのお店本当に何でもあるのね・・・(話を聞く限り確かに凄腕だわと頷いて)
        -- 2016-05-18 (水) 23:30:49
      • 中に原子分解機が付いていて自動的に内容物をまぜまぜしてくれる便利魔導器「SELF STIRRING POD」と
        複製のための施設は別ですの。(後者はシュネー自身の疑似不死に関わるものなので、それ以上は述べずに)
        そうそうそれですの。物は試しとお店に行ってみたら人身売買までやってのけてくれましたの。
        あの店主も含めて、まだまだこの界隈も優れた魔術の使い手がいっぱいいるのですわ。 -- シュネー 2016-05-18 (水) 23:47:40
      • あら?そうだったのね・・・私ったらてっきりあれだけだと勘違いしちゃってたわ(いやだわとくすくす)
        合成(ある物を合わせる)複製(ある物を増やす)と来たら・・・後は創造かしら(0から作る)
        うぅん・・・凄いけれどちょっと怖いわ・・・知り合いの名前なんか出したらその人を取ってくるのかしら・・・
        ふふ・・・その言い方・・・「まだまだ」となる前のこの界隈を知っているのかしら?
        -- 2016-05-19 (木) 00:32:57
      • ……そこに至る道は遠いですの。しかも私には創造の才能もあまり無いようで。
        (カップの中で揺れるお茶へと目線を落としてぼやき、続く言葉にはまったく逆の反応を示す)
        自分が注文されたらどの様に捕獲しに来るのか、ちょっと興味ありますの。
        …って、あ…そ、そうですの。知ってはいますの。…当時…この黄金歴の最盛期と言われる頃…この近隣には冒険者達の住み着いた街があり
        その中に魔術を教える学校といったものまであったんですのよ。 -- シュネー 2016-05-19 (木) 00:57:09
      • あら、ふふっ貴女がそんな事言うなんて意外ね?・・・才能の壁なんて全部蹴散らしちゃいそうなのに(ボヤキにはくすくすと笑って)
        ふふふ・・・じゃぁ今度、私が行って貴女を注文しましょうか?・・・私は交渉によって貴女がここに来るよう誘導されるとみているわ
        (「なに慌ててるのよ」と笑いながら)魔術を教える学校・・・幾つか大きな学校があるとは聞いていたけれど・・それは中々興味深い話ね・・・一応私もそういう所の出身だけれど
        -- 2016-05-19 (木) 06:53:36
      • これでも何十回と挫折し、何百回と屠られ、何千回と敗北を重ねた身。嫌になることもありますの。
        でも個人の限界を力尽くで超越するためのSELF STIRRING POD、自力で得られない才能は外部から持ってくればいいんですの。
        (カレリアに合わせてくふふと笑った。僅かに狂気を孕んだ歪んだ笑みで)
        私が注文される…なかなかに魅惑的な申し出ですの。まあ私が発注したラル大尉は物理的に捕縛されて来たのですけどね…。
        あら、こんな寂れた世の中になっても魔術の学び舎はあるんですのね。まあ世俗に左右されて滅んだらそれこそ魔術師の名折れか…。
        (なるほどなーと頷いて、お茶のカップをテーブルに戻すと、ゆっくりと椅子から腰を上げる) -- シュネー 2016-05-19 (木) 10:18:30
      • ・・・・・・(んー・・とぽりぽり頬をかき)優れた術師程この論理に陥りやすいというか・・・ウチの流派なんてまさにそれなのだけれど・・・なんでも自前の魔法だけで解決しようとするのよね
        魚をさばけと言われて刃物を持たない人はいないわ・・・字を書くときにはペンを使うし出歩く為に靴を履く・・・用途に合わせた道具を使うなんて当たり前のことじゃないの(狂気を孕んでそうなのをぷにぷに突いて)
        要は何処まで「自分の力」と区切るかなのよ、仮にあのPODを私に預けられてもちゃんと扱えるとは思えないわ・・でも貴女はちゃんと構造が分かって、目的の為に使いこなしている・・あれだって間違いなく貴女の力よ・・・創造の力も、同じ理屈で求めればいいじゃない(もっと気楽にいきなさいよと肩をすくめて)
        ふふ、ホントにやってみましょうか?一応「無傷で」って条件で頼めば酷い事にはならないでしょうけれど
        何かを作ったり守ったりするのに秀でた流派でね・・・町一個丸々囲う事で守ってもらってたのだそうで・・・(一緒に立ち上がる)寂れた世の中、ねぇ・・・かつての栄華を知らない私にはむしろこれが普通なのだけれど・・・そんなに良かったのかしらね?(にやにやと)
        -- 2016-05-19 (木) 20:50:42
      • 自前……(数秒、言葉に詰まるも頬を突かれ)な、なにをなさいますの、なにをなさいますの!?
        (慌てて頬を手で押さえて、すこし赤くなって剥れ)揶揄わないでくださいまし。…でもまあ貴方の言う事も一理ありますわね。
        その出自はともあれ、既に入手した力は私の力ですの…と言う前提であれば、いつか創造の力も手にいれてみせますの。
        別に「生死は問わず」という条件でも構いませんのよ。むしろ、あの店主がどこまでやるのかを見るなら生死問わずの方が。
        守ること…。守るものがあると言うのは枷だけれど、守られる側との利害が一致すればそれは大きな利となりますのね。
        (最後の言葉にはちょっと困った様な笑みを浮かべ)良かったかどうかは何とも言えないところですけど、少なくとも今の数倍は賑やかでしたの。
        さて今日はそろそろお暇しますの。お茶とお菓子、美味しかったですのよ。
        それではまた、そのうち。また依頼を出した時にはよろしくですのー(頭を下げ、魔女は魔女の館を後にした) -- シュネー 2016-05-19 (木) 21:05:56
      • ふふふっ可愛いんだからっ・・・そうよ、人間は物を作り、使いこなし、さらに優れた道具を作る事で文明を築いてきた・・・魔術師になろうとそのことに変わりはない筈なのよ
        あら私は嫌よ?友達が傷つくなんて・・・でも貴女がそういうのなら・・ね?無理しちゃいやよ?
        (そうと頷き)守る力を発揮するには、守る対象が必要だったのかもね?ふふ・・・詰まる所、社会に自分たちの存在意義を求めたのよ・・
        そう・・・(やっぱりそうなのねと肩をすくめて)長生きねぇ
        えぇそれじゃぁまた・・・ふふふ・・さてどうなるか
        -- 2016-05-19 (木) 21:31:07
  • いや、マジですごかったよカレリアの戦い方…ビックリ。魔法使いなのに…何アレ -- グレイ 2016-05-15 (日) 22:53:27
    • (ガレキを蹴って払い、生い茂る植物を壁ごとぶち抜き、衝撃で崩れてくる天井を殴って飛ばしたとかなんとか・・・ちなみに肝心の捜索には全く役立ってなかったって話だ)ふふ、そう?ありがとう・・
      あれは魔女空手ね・・・殴っている様に見えたかもしれないけど・・・実際殴ってるんだけど・・・あの動作自体が魔法の詠唱なのよ
      -- 2016-05-16 (月) 01:44:58
      • 動きが魔法の詠唱…新しいねそれ
        そのうち戦いたいな〜面白そうだ -- グレイ 2016-05-16 (月) 20:25:38
      • ふふっでも実は基礎理論は1000年以上も前に出来た物なのよ・・・流派自体マイナーだから知られてないのね
        私もそう思うけど・・・やるとなったら貴方真剣でしょう?・・・こっちもそれなりに準備しないと怖いわぁ(肩をすくめて全然そんな事思ってそうにない感じで笑う)
        あ、そうそう忘れないうちに・・・(ハート型の箱を差し出す、中にはトリュフチョコがごろごろと)今月中は忙しくてね・・渡せるときに渡せないと時期が過ぎちゃうわ
        -- 2016-05-17 (火) 01:47:04
      • では準備が整ったらいつでも声かけてくれ(笑い返し)
        あぁ、バレンタインだったっけ、そういえば。ありがとうございます(受け取りさっそく中身を食べる)
        あ、美味しいです。あまり馴染みがない習慣だけど甘味がいただけるのはありがたいな(笑顔) -- グレイ 2016-05-17 (火) 17:57:26
      • そうする(戦闘設定修正するまで)少しだけ待っててね?・・・・・それにしてもグレイ・・貴方本当に戦いに関しての方が魅力的な顔をするのね?・・そちらの方が天職なのかしら・・・(ほんのり寂し気に)
        (えぇどうぞと感想を聞いて)ふふ、こちらとしては日ごろの感謝を伝える切っ掛けの様な物ね・・・喜んでもらえてよかったわ(釣られる様にニコニコして)
        -- 2016-05-18 (水) 01:49:37
      • 戦うって相手を知るって事なんだぞ。知ってた?
        本気で殺し合いをするわけでもなし、軽いコミュニケーションのつもりなんだけどな…ずれてるのかな俺
        まー兎も角。楽しみにしてるよ、それではまた(手を挙げて出て行った) -- グレイ 2016-05-18 (水) 20:08:50
      • 戦いを通して知る事もあれば、そうでない事もあるわ・・・
        そうね・・私結構対人戦ってダメなのかも・・・えぇ、それじゃぁまた(ぱたぱた手を振って見送った)
        -- 2016-05-18 (水) 21:11:56
  • …あ、カレリアさん……(散歩の途中、逆にこちらがカレリアを先に見つけて、声をかけようとして思いとどまる。)
    (前回は追いかけられたので、今回はこっそりと追いかけて見ようと思ったらしく、そのままふわふわと無音で追跡する。)
    (ただし、追跡技術は習得してないため、色々と鋭いのならすぐにバレる程度の追跡。) -- クィール 2016-05-15 (日) 01:03:28
    • (カッカッとヒールを鳴らして颯爽と歩いている・・・彼女自身は特に気づく様子はないが)ん?なぁにアレックス?・・・ふふ、誰かいるのね?(何て呟く)
      (角を曲がり、くるりと振り返って)あら?クィールじゃない、ふふ、こんにちは?(仁王立ちで待ち受けている)
      -- 2016-05-15 (日) 01:55:53
      • …ふえ?…あ、あの…な、何で、分かったんです?(追跡のプロではないにしろ、すぐ見つかったことに驚いてしまう。)
        あ、その、こんにちは、です…ごめんなさい、つける真似…してしまって…(何故したかを言う前にまず謝る。)
        それと、依頼のお話も、したいなって…あの時は、お疲れ様、でした…。 -- クィール 2016-05-15 (日) 22:17:24
      • ふふ、女は後ろにも目をつけておかないとね?(ちょんちょんと帽子を突くと、そこに口の様な亀裂が入って「ばふっ」とまるで鳴くのが下手な犬みたいな声が出る)なんてね?・・貴女だとは気づかなかったわ
        (くすっと)謝る様な事はないわ、これでおあいこよ(そういえば自分は謝ったっけとちょっと真剣に思い出そうとする魔女だ)
        そうそう、お疲れさまよクィール・・・ふふ、私ったら偉そうなことを言って全然役に立ってなかったわ
        -- 2016-05-16 (月) 01:41:06
      • え?…あ、そんな事が…出来るんですか?(帽子を見て、普通に驚く。)
        …でも、気づけただけ、凄いです…冒険も、役立ちそうで…依頼中も、すごく倒してました。
        …い、いえ…私も、やっぱり言う程じゃなかった、ですから…(特に戦闘は相手の動き止めたりと、補助的な魔法が多かった。) -- クィール 2016-05-16 (月) 22:35:44
      • ふふっありがと?私のはゴーレムだけれど、使い魔とか持てばこういう風に教えてくれるわよ?
        退治は私の本領だからね?その分野では負けてらんないわ(ふふんと胸をはり)・・・まぁそういう事もあるわよ?(気にするなという様に手を振り)
        相手を軽くして妨害するなんて面白い戦い方だわ・・必ずしも殺す必要はない、目標さえ達成すればこちらの勝利なんだから(肩をすくめて)・・・誰かを傷つけるのは怖い?
        -- 2016-05-17 (火) 01:58:45
      • つ、使い魔、ですか…確かにいれば、便利そう…です…ね、猫とかも、素敵そうです。
        次一緒のときは、お役に立てるよう…頑張りたい、です…あ、それは…その…少し、だけ。
        そんな事言ってる場合では、ないとは思いますけど…(無力化で済ませれるならそれがいいと思ってる節はある。) -- クィール 2016-05-18 (水) 22:46:40
      • ふふ・・猫は定番よねぇカラスとかも?・・・そういえばレイチェルも猫を使い魔にしていたわね‥
        ・・・そうね・・・冒険者として続けていくのなら、いつかは克服しないといけない事だけど・・(彼女が手を下さなくても、結局誰かがやるのだ)
        逆に言えば、各人が自分にできる事をしていけばいいのよ・・・捜索とか、妨害とかね?
        -- 2016-05-18 (水) 23:13:44
      • カラスも、確かに聞きます…(コクコク頷く。) …レイチェルさん、です?(知らない人の名前なので首を傾げる。)
        …はい、あまり自分の勝手で、周りの人に迷惑かける訳には…いきませんから…(杖をぎゅっと強く握る。)
        …わ、私が出来ること、ですか?…捜索…はそれほど、ですけど…妨害、支援からは…出来そう、です。 -- クィール 2016-05-18 (水) 23:40:12
      • レイレイと名乗ってもいたわね・・・面白いお店をやっている・・魔女の子よ・・私は使い魔についてはそれほど詳しくはないし・・興味があったら聞いてみるのもいいかもしれないわね
        ・・・あんまり気張っちゃダメよ?もっと気楽にいかないと持たないわ(ぎゅっとしている様に肩をすくめてぽんぽんと頭に手をやる)
        そうよ・・・自分に何が出来て、なにが出来ないのか・・・それをキチンと把握して割り切るのは重要よ‥‥急造とはいえ冒険はチームでするんだから苦手な事は任せちゃえばいいのよ妨害に支援ね・・・妨害はこの前みたいに浮かすとして・・支援ってどんな事するのかしら?
        -- 2016-05-19 (木) 00:19:51
      • レイレイ、さんです?…分かりました、今度覗いてみます…猫さん、興味あります…よく、噛まれますけど(人魚だけに噛まれやすい。)
        …でも…いえ、はい…気をつけます…(遊びじゃなく、命がかかってる、と思うものの、言うことは最もなので理解はしてる。)
        妨害は、浮かせるのと…重くするのと、多少水と風で…相手にぶつけれたりは、します(浮遊してる時に使う風補助と、水はメイン魔法。)
        支援は…水魔法で、多少の傷でしたら…消毒、痛み止め…みたいな水を出したり、とか…他の人を浮かして、冒険の補助、とかです…。 -- クィール 2016-05-19 (木) 00:42:57
      • ふふ、きっと友達になれるわ・・・あら、そうなの?・・ふふ、美味しいのかしらね?(何て冗談を言って)
        (でも、いえ、はいと二転三転する感じにくすくす笑って)後はもっと堂々としないとね?
        ふふ・・・クィール貴女・・・結構多才なのね?特に治療は重要・・・それだけできる事があれば自然と活躍の幅は増える筈よ(ぽんと肩を叩いて)
        -- 2016-05-19 (木) 01:02:39
      • だと、いいなぁ……あ、いえ、おいしくない、です。全然、ないです(フルフルフルといつもより強めに首を振って否定する。)
        …あぅ…そ、それだけは…なかなか、難しいかも、です…(堂々、というのはある意味想像もつかないくらいだった。)
        そう、でしょうか…私は、まだまだ、だと思います…でも、お役に立てるよう…頑張りたい、です(肩に手を置かれつつコクリと頷く。)
        あ、それでは…そろそろ、失礼します。また、相談させて下さい、です…(ペコリと頭を下げると、ふわふわと帰っていった。) -- クィール 2016-05-19 (木) 01:09:58
      • えー?そーおー?(強く否定する様がおかしくてそのままからかう様に)
        できるわよきっと・・(頑張りたいにはうんと頷いて)えぇ・・それじゃぁまたね・・・あらあら、相談なんて私大丈夫かしら(くすくす笑いながら見送った)
        -- 2016-05-19 (木) 06:57:30
  • (身長2mを越す大男のような何者かが、カレリアの借りた部屋の前で佇んでいる。魔術的素養のある者が一目見れば、それは大男では無く──大きくはあるが男では無く、そもそも人間ですらないことに気付くだろう) -- ギアゴーレム? 2016-05-15 (日) 02:25:03
    • (それは慣れ親しんだ気配だ)あら・・いつぞやの、今日は違うタイプなのね(こんこんとゴーレムを突いて)
      どいて下さらない?(買い物袋を手に肩をすくめて)
      -- 2016-05-15 (日) 02:35:36
      • (ゴーレムが被っていた帽子を取り礼をする。頭部に相当する部分は凹んでおり、そこにはすっぽりとカエルらしき形状をした人形が腰を落ち着けていた)
        (ぞんざいな造りをしたカエルの人形がぱくぱくと口を動かす)『お初にお目にかかる、この場合のお初というのはこのゴーレムについてもそうだし僕についてもそうだ。僕は人形越しに話しかけているのだから正確には会っていないということになるのだがまあそんなことはこの際どうでもよく──これは失敬。図体が大きいと移動に時間が掛からないのは利点だがこういう時には不便だな。それこそ前に君と同行したアレであれば体を削ればサイズをこの場で縮めることだって出来たのだが──』(止め処なく成人男性の声のように聞こえるその音は、酒場にてゴーレムが取り出したレコーダーから流れてきたものと同一のように聴こえるだろう) -- エル? 2016-05-15 (日) 02:41:58
      • そうね、だから貴方との挨拶はまだよ(ぽんぽんとギアゴーレムをいたわる様に撫でて・・荷物を部屋に放ると改めて向き直る)
        私はね?人と顔を付き合わせて話したいの、そして自分だけ安全な所にいるヤツを男とは認めないわ・・何か事情でもあるのなら話は別だけど?(その顔は相手を小ばかにする物ではなく、あくまで会話自体を楽しんでいる者のそれで)
        -- 2016-05-15 (日) 02:55:44
      • (部屋の入口に待機したまま入ることはせず)『挨拶と言えば名前を名乗っていなかったか、これは重ね重ね失礼なことをしてしまったようだ。僕の名前はエル・ダイク、見ての通り魔術師──というか、ゴーレム使いだ。そして人形遣いでもあるし、古書店の店主でもある。好きに認識して貰えると助かる』(わざとらしいまでに恭しく、カエルの人形が頭を下げる)
        (笑うようにカエルが振動し)『ハハハ、これは手厳しい。男だと認めて貰えずとも僕は一切構わないのだが、一応事情らしきものを告げさせて頂くとすれば僕は引き篭もりなんだ。別に今この瞬間に限らず僕はずっと家から出ない、ただそれだけのことだ──まあ、理由が出なければこういう形ですら外に出ることは稀なんだが。今日は君に用があって来たんだ──いや、貴女、の方が良かったかな?それとももっと親密そうに──カレリア、と、お名前をお呼びした方が宜しかったかな、レディ?』(カエルの人形、そしてギアゴーレムが、やはりわざとらしくおどけた様子で大きく手を開げる) -- エル? 2016-05-15 (日) 03:03:29
      • 呼び方は好きに決めていいわよ引きこもりのおぼっちゃん?(好きに認識した性格悪い女だ)・・・ただ気をつけなさい?・・そこに、貴方が私にどう思われたいかが表れるのだから
        それで・・・そんな子が頑張ってお外に出てまで私にどんな用があるのかしら?(戸に背を預けたままくすくすと笑って問うて)
        -- 2016-05-15 (日) 03:33:40
      • 『なるほどそういう感じか。それならば僕は引き篭もりのおぼっちゃん然とした立ち振る舞いを──頑張って演じたとしても得は無さそうなので止めておくとしよう。別に君と敵対したいわけじゃあ無いし、君の予想の通り僕は君よりも年下であるのでそういう立ち振る舞いのされ方を望むのであれば僕はそういう立場を演じよう。
        再度になるが別に敵対したい訳じゃないので君の名前を事前に知っていた理由について告げておくと、君の名や存在について僕に教えてくれたのはサザンカ君だ。僕と彼は旧知の仲でね、彼は若干情報リテラシーの意識が低い所はあるがとてもいい奴だ──恐らくは君も知っての通りに。だから彼を責めるような真似はしないで頂けると助かる。友人の友人はまた友人とまでは初対面の相手に厚かましいことを言うつもりも無いのだが、一応そういう縁ある立場としてお願いはさせて頂こう。
        ありがたい、早速本題に──と行きたい所だが、僕は今若干不安を抱いてはいるんだ。君に対しては……ひとまず、本当にひとまず置いておくとして、近隣住民の方々等々に威圧感を与えていないか僕は今心配でならなくてね。君も知っての通り僕は安全を重視するタイプで、だからこそ無闇矢鱈に波風を立てるような真似はしたくない。いやこれは本当だ、嘘じゃない。さっきまでからかうようなことを言っていたのも、正確には言っているのではなく僕の意思を代弁させていた訳ではあるが、ともかくそういうことをしたのも半ば冗談であり無礼であったなら謝る。とりあえず、声量はこの程度で良いだろうか。この場合の声量というのは声の大きさもなのだが言葉そのものの量についても指している──あと、通行の邪魔になるので出来れば部屋に招いて頂けると助かる。恐らくは、お互いに』 -- エル? 2016-05-15 (日) 03:39:37
      • (口数の多さは往々にして自信の無さを表す、焦るほどに増えるのがそれを裏付ける。また複雑なセリフの羅列は自分を大きく見せたい人間の特徴でもある・・ただ語彙の多さは教養の深さを示してもいる)
        (使者として遣わしたゴーレムが無駄に大きい・・・造りから技術の高さがうかがえ、目立つ事を嫌うのならもっと普通の大きさにも作れた筈だ、すなわち同上と共に体の大きさに対してコンプレックスが伺える)
        (追加情報・・・どうやら本当に年下であるらしい・・・(彼女は相手が年上でも子ども扱いするときはする))

        そう?私は周りなんて気にしないわ?それに、人に物を頼む時は「お願いします」よ坊や?(くすっと笑い)冗談よ、からかってごめんなさい(さぁどうぞと戸を開けて招き入れる)
        (座れるかしらとソファをお勧めして、こちらは向かいに座る)それで・・サザンカの坊やの紹介という話だけれど・・・ふふ、あの子からなんて聞いてきたの?
        -- 2016-05-15 (日) 04:14:41
      • (実際の所、カレリアの分析はかなり正答に近いものであった。彼女が知り及ぶ所では無いものの、カエルの人形の向こうにいるのはただ魔術的な才能があるだけのひねた13歳の子供である)
        『……いや、確かにそうだ。お願いします(Please)、という言葉が足りなかったのは完全に僕の落ち度だ、申し訳無い。実際の所、話には聞いていたが僕の想像以上に貴女が美人だったもので少し焦ってしまったと言うか……』(完全に本音なのだが、カレリアにどう伝わるかは解らない)
        (お邪魔します、とばかりに頭を下げ、ギアゴーレムは部屋の隅に、カエルの人形がてこてこと歩いていって示されたソファに座り)……ゴーレムを使役する魔女であり、大人の女性であり、魅力的であり、魔術の知識に詳しく──あと、彼のことをよく子供扱いしてからかっている、と。一応訊ねられたので包み隠さず伝えたが、一部微妙な内容もあるので内密にして頂けると助かる──いや、“お願いします”か』 -- エル? 2016-05-15 (日) 04:32:07
      • (将来性あり・・・)・・・まぁ意外とお上手・・その言葉に免じて・・・とりあえず今は、それでいいわ(微笑みウィンクして)
        貴方も座ればいいのに(ギアゴーレムを見ながら呟き)ふふ、了解したわ・・・ただそうね・・・実はそろそろ子ども扱いは辞めようかとも考えているの(これは別に伝えてもいいわよ?と笑って)
        -- 2016-05-15 (日) 04:48:06
      • (カエルの人形が今度はごく自然に、恭しくお辞儀をして)『これで全てが帳消しになったとまでは思わないまでも、ある程度はお互いにちゃんとした立ち位置で話が出来るようになった──そう、認識させて貰うよ』
        (待機状態に入っているゴーレムの方を見てカレリアが呟く姿を眺め、人形の動きが一瞬止まる。ただ、呼びかけには即座に反応し)『ふむ…………いや、理由について気にはなるものの訊くことでは無いな。これは貴女とサザンカ君の問題だ。差し当たり、僕はまだ自分の用件すら果たせていない訳だし……』(そう言うと、人形は数秒の間完全に沈黙して)
        『……カレリアさん。ゴーレム技師である──あえて“技師”という呼称を使わせて貰うが、その貴女に対して同じ技術者の身である僕から、質問をさせて頂いてもいいだろうか?恐らくは、一つか二つ』 -- エル? 2016-05-15 (日) 04:54:24
      • (「認識させてもらう」に頷いて応え)ふふ、それもそうね・・・貴方、結構義理堅いのね?(理由を聞かない様子にくすくすと笑う)
        構わないわよ・・・ただ・・技師なんて言われると緊張するわね?・・そんな風に認識したことはなかったから・・・(それで、なぁに?と先を促す)
        -- 2016-05-15 (日) 10:03:00
      • 『…………職業柄──古書店主、の方、ですが。個人情報の取り扱いにある程度気をつけているので。口は堅い方だと自認しているものの、知り及ばないことであれば漏れることもありませんから』(数秒の沈黙の後、完全に畏まった口調になり“年上の女性”に対する態度へと切り替わって)
        『僕は魔術師を科学者のようなものだと思っていて、だからある意味イコールでは無いもののほぼ同等のものだと──いや、また話が逸れてしまうな。やはり緊張しているようだ……ともかく。カレリアさんは、“ゴーレムに意思は宿る”と思いますか?それこそ科学的にいえばクオリアであったり、神仏論的に言えば魂であったり……そういうモノが、あの我々に創造され動作命令を受けて活動するてい(・・)の良い下僕たる存在に芽生えたりすることは──あると、思いますか?』(それは人形越しの声、もといただ人形が発している音であるものの、その速度等から真剣そうな様子が伝わるかも知れない) -- エル? 2016-05-15 (日) 11:29:30
      • (ふんふんと頷く・・実験を通して事実を重ねて法則を見出すのが科学だ・・故に魔法と科学は消して交わらない物ではない、彼の認識は正しいと彼女自身思う)
        思うわ(即答する)少なくとも私はあると信じて彼らと向き合っている・・・
        ・・・そうね・・・まず坊やの人形たちが本当にゴーレムなのであれば・・・そのルーツを考える事よ・・・すなわち神が人を作った儀式・・その模倣こそがゴーレムの根本にある・・・
        坊やがもし、自分に意思が、精神が、魂があると思うのなら・・・彼らのそれも認めなければならないわ
        -- 2016-05-15 (日) 11:42:47
      • 『そう、ですか……いや失礼ながら、先程からの貴女の立ち振る舞いを見るとそのように考えていらっしゃるということについては推測はついたのですが、推測では無く事実として、意思では無く言葉として、深層では無く表層として、確認をさせて頂きたかったものですから』(カエルの人形が頭を下げ)
        『……流石に、お話が早くて助かります。神は泥を捏ねて最初の男を作り、男の肋骨から女を作って──云々、という話ですね。半ば余談なんですが、僕はアレがどうにも好きではなくて──いかにも男尊女卑的と言うか。雄雌で性差は存在するものの、生物としての能力を総合的に見れば男性であろうと女性であろうと同等のモノだと思っていますので。
        僕は、ID論──“神が人を作った”とかいう類の話を信じてはいません。ただ……』(そこまで言って、人形の動きがまた止まった) -- エル? 2016-05-15 (日) 11:56:31
      • 言われてみればそうね・・・(端のギアゴーレムを見る・・・あれも、このカエルも、『乗り物』だ)
        そう?私は気にしていないけどね?あのお話が作られた頃にはああいうのが自然だったわけだし・・むしろ文化や価値観をよく表しているんじゃないかしら(神の儀式の模倣を行いながら純粋な文献として捉えている)
        ‥‥‥ただ?(考えている・・否、迷っているような様子を楽しむ様に先を促して)
        -- 2016-05-15 (日) 12:03:01
      • (カレリアの視線にはあえて触れることをせず、返答を傾聴して)
        『……ただ、魂の実在については認めていますし、ひいては神なる存在の実在についてもかなり本気で信じています。それは僕自身がその存在を体感として、経験として実感しているからです。
        僕は人形やゴーレムだけでは無くアンデッドを操る魔術についても多少なら行使することが出来るんですが、例えば呪術によって動く動死体、ゾンビやスケルトンの類であれば、その辺にいる適当な霊──魂の残滓とも呼べる存在を魂縛して死体という名称で呼称される“人型をした人形”とも呼ぶべきモノに無理やり定着させているだけです。これは、魂をゼロから生み出している訳では無い……そうですよね?』(先程とは違った理由で早口になりつつあり、若干思考を暴走させているようにも感じられるだろう。必要であれば、止めた方が良いかも知れない) -- エル? 2016-05-15 (日) 12:13:10
      • (神の実在を体感したという彼については特にいう事はない神の位を持つ者は実際に多くいるし、概念としての神でも彼が「いた」というのであればいたのだ)
        へぇ?死霊術は専門外なのだけれど・・・(シトーを思い出す・・・アレックスもまた、死した者の魂の流用だ)確かにそうね・・・ふふ、少し落ち着きなさい(興奮している様子に優しい口調で諫めて)
        -- 2016-05-15 (日) 12:33:07
      • 『そうでしたか、それは残念です。僕の知っている術式がそうというだけで他の流派については知りませんから──』(諌められると、人形の動きはぴたり、と止まる)
        『──すみません。そもそも貴女の返答に対して、僕はまだ返答していませんでした。先程、“実感”と言いましたが──それは今この瞬間においても変わらず感じているもので、恐らくは貴女も実感していることだと思うんですが。我々には意思が、精神が、魂がある。それらを我々に与えた存在というのが“神”であると、僕は認識しています』
        (まるで深呼吸をするかのように間がおかれた後)『……僕は神じゃなく、人間です。だから、少なくとも……少なくとも、僕が作り出したゴーレムや操る人形には、意思も魂も存在しない──少なくとも。少なくとも、僕はそう考えています。今は、まだ』 -- エル? 2016-05-15 (日) 12:43:36
      • 人の魂を使って、人の死体を動かしたという事がないの・・・大雑把な理屈は判るからやろうと思えばできるのかもしれないけれど・・・ね?
        (ふんふんと頷く)そう・・・坊やはそう考えているのね?神ではなく人間だから、作り上げた物に魂は宿らない・・今はまだ‥‥ふふっふふふっ(くすくすと肩を揺らして)魂を定義できるのは神だけ?・・・坊やは神になりたいの?(何て軽口をいって)
        冗談よっいい?魔性には「確信」が必要よ・・出来ると思えばできる・・出来ないと思えば決してできない・・・そういう意味では「今はまだ」・・・その向上心は大事になさい?
        -- 2016-05-15 (日) 12:53:52
      • 『僕も実際にはあまり使っていませんが。何となく気持ちのいいものでも無いな、という実感があって……別に死霊術師の方々を馬鹿にする訳でも無いですが、“道具”として使う以上は制御しやすいゴーレムの類の方が手軽だと思っているので』
        (冗談っぽく笑うカレリアに対して、人形越しではあるもののあくまでも真剣な様子で)『はい。魔術師は──いえ、“学者”は、真理を追究することによって神の座を目指すものだ、というのが僕の持論なので。持論であり自論でもあるんですが、これを言葉として表出したのは今が初めてですし、この真意を伝えたのは貴女が初めてです──』
        (人形の動きがまた止まる。恐らくは考えを整理する時の癖なのであろう)『──その、長々とお付き合い頂いた、せめてもの誠意として。ありがとうございます。“確信”──はい、大事にします。迷惑を掛けない程度に、節度を守れるかどうかは……若干、不安ですがね。何といっても“今はまだ”僕は子供なので!』(カエルの人形が大きく腕を開くようにして、高らかに仰々しくのたまう) -- エル? 2016-05-15 (日) 13:05:26
      • 生きた魂は扱いが難しいもの・・・生前によほどの信頼関係を結んでいないと特にね
        光栄ね・・・ふふ、会ったばかり、顔も知らない人からそんな事を打ち明けられたのは初めてよ・・・(だが不快な気分はなく、むしろ心地の良いくすぐったさがある)
        ふふ・・どういたしまして?(大きく腕を開く人形を優しく捧げ持ち、抱いて)そう、子供の内は多少無茶をしちゃったっていいのよそうやって大きくなるんだから
        (そのままゆっくりと歩いてギアゴーレムへと渡し)貴方は頭のいい子よ・・・会っていないけどそれは判る・・・自身の使役に振り回されないだけの強さがあって・・高い野望を持ちながら狂気に陥る前に踏みとどまっている・・・私がこの街に来てから出会ったどの子とも違う・・・きっと良い術者になれるわ(カエルの頬を撫でる)
        -- 2016-05-15 (日) 13:23:14
      • 『僕の知っている術式では、本体との定着率と言うか同調率を上げるためには生来そのものが持っていた躯を利用するのが一番だとは聞きます。叛逆の可能性を考えるならば、確かに信頼関係が必要だという話になるんでしょうね……』
        (そのまま無抵抗に、くったりとした人形は抱きしめられて)『……いえ、恐らくですが──狂気には、陥っていますよ。他の方々──あなたであったり、サザンカ君であったり、他の知り合った人々に正気に戻して貰っているだけです。なので……ある種自戒のようなものとして、その言葉を受け取らせて頂きます』
        (そのまましばらく後、ほんの少し人形が身を捩るようにして)『その……すみません、下ろして頂いてほっとしたと言うか……色々と、慣れていないもので……』 -- エル? 2016-05-15 (日) 13:31:47
      • そうね・・・(言われてみれば自分も自然に飼い犬の遺灰ダイヤをゴーレムの器にしていた・・・なんだかんだで思想は似る物だ)
        あらそうなの?・・・なら余計に、サザンカの坊やには感謝なさい?・・・ふふっ恥ずかしくなっちゃった?(からかう様にくすくすと笑うと、またちょんと突いて)古書店・・・そういったわね?(この女はいつか乗り込むつもりだ)
        -- 2016-05-15 (日) 13:43:19
      • 『もちろん、感謝はしていますよ──ただ、どうにも気恥ずかしくて。表層に出すべきではあるんですが……』(再び、人形の体は少し身を捩る)
        『はい、古書店です──と言っても看板を出したりはしていないんですが。住所は例のゴーレムに刻印されていた場所です。必要であれば、今ここで確認して頂いても構いませんよ』(ゴーレムを示し、製造者タグのようなものが刻印されているのを見せるようにして)
        (ギアゴーレムから輪転音らしきものが鳴り出し、程無くして立ち上がって)『……では、僕はこれで。その……僕がさっきお話したような考えに至った理由みたいなものはそれこそ近隣住民の方々の、ひいては貴女の迷惑になってしまうくらい色々とあるんですが。それについてはいつか──いつか、生身で会う時にでも。僕は生身の時でも人形越しでしか喋らないので、それでも構わなければですが。紅茶くらいならお出し出来ますから』(お辞儀をしてから帽子を被らせ、一見巨大な成人男性のようにも見える姿となって、ギアゴーレムと人形は静かに帰って行った) -- エル? 2016-05-15 (日) 13:53:24
      • 恥ずかしくてもよ・・・それをキチンと相手に伝えるのはとても大事な事なの、大丈夫、私に言えたのならきっと友達にも言えるわ
        えぇ覚えてる・・・また、その時にね?(手を振り見送る)
        第一印象はダメだと思ったのだけれど・・・男の子って本当、あっという間に変わっちゃうんだから(くすくすと楽しそうに笑うと席に戻って紅茶を一口、息を付いた)
        -- 2016-05-15 (日) 14:13:19
    • // -- 2016-05-15 (日) 03:46:51
      • // -- 2016-05-15 (日) 13:37:01
  • ドラゴンが出たんだってな、大丈夫か?お見舞いにフルーツ持ってきたけど…
    (生きてるか?と、リンゴとかの入ったバスケットを持って覗きにくる影が一つ) -- エンドゥ? 2016-05-12 (木) 23:30:46
    • (覗きに来た扉の内側には『もうこれが最後ですからね?絶対安静ですっ!』と張り紙がされているが)
      余裕よ、あんなトカゲに後れを取るなんてどうかしていたわ(病室のカーテンの向こうからごそごそ音がする・・・)
      (シャッとカーテンが開かれればいつものドレスと三角帽子)これから退院するところ、ギリギリセーフだったわね、エンドゥ?(ウィンク)
      -- 2016-05-13 (金) 10:31:49
      • そのさ、「あんなトカゲ」は、おれみたいな木っ端冒険者が10人ぐらいで挑んで何人生き残れるかってレベルなんだよな…
        (うーん…とその悪びれのないというか、ある意味元気な返事に僅かに苦笑してしまう)
        いや…それ自主退院じゃないよな?自主退院じゃないよな?アンタさ、無茶したい盛りの少年じゃないんだから、女の子…女性なんだから、無理しちゃ駄目だと思うよ
        (女の子…女の子じゃないな、コホン…みたいな、とりあえずフルーツを近くの机に置いておきました) -- エンドゥ? 2016-05-14 (土) 02:07:27
      • 当然よ、小さな物を倒したいと思えばまとめて潰すのが効率的・・・デカいトカゲに纏まって挑めばまとめて潰されるのは目に見えているもの(まるで通らない理屈を堂々と話して)
        私がどこにいるかは私が決めるのよ(とえっへん)・・あらぁ♪女の子なんて嬉しいわ?(言い直したのをわざわざ拾いながら近づきフルーツをごそごそ・・リンゴをしゃくり)
        -- 2016-05-14 (土) 02:24:13
      • だから、当然とか、当然じゃないとかじゃなくて、無茶は止めた方が良いよって話で…
        うーん、なんだろうな…でも、アンタ怪我したんだろ、それで病院に居るんだ、ヒマだからって勝手に出て、そりゃ自分は良いかもしんないけど、そりゃ居るべき所に居ないのは、周りは心配さ
        少なくとも…おれはそっちの、心配する方だと思うよ、勝手な話かもしんないけど、だからさ、もうちょい寝てなって、ほら、クロスワードパズルとかやってさ(人生に疲れたOLが主な購買層と評判のクロスワードパズルの雑誌を置いときますね、良いか、安静にしてるんだぞって念押したい) -- エンドゥ? 2016-05-14 (土) 08:19:26
      • ・・・(耳の痛そうなうんざり顔で話を聞く)エンドゥ・・貴方結構・・・お節介ねぇ・・・そこまで真直ぐ心配だなんて言われたら断れないわ(ぶーっと口をとがらせて)
        ん?(クロスワードパズルを受け取り眺め)・・・ふぅん?・・偶にはこういうのもいいかしら・・・・・判った、貴方に免じて、今日は大人しくしてる(結構いろんな人に心配されちゃったしねと肩をすくめるとまたベッドの方へ)
        ありがとね?(振り返りながらちゅっとパズルにキスをしてウィンク)
        -- 2016-05-14 (土) 09:43:41
  • 退院……退院? 短期間でよくもここまでー……とにかく退院おめでとうございます、カレリアさんー。(タイミングがズレズレの果物入り籠を差し出す) -- レイレイ 2016-05-13 (金) 22:29:03
    • あらレイチェル・・ふふっありがとう?(逃亡退院後の病院前で受け取って)ふふ、いつまでも寝て過ごすなんてやってられないもの -- 2016-05-13 (金) 22:40:57
      • そうですねー、私も骨折した経験がありますがー。病院って退屈なんですよねー……
        ……あとは歩きながら話しましょうかー。(何か病院が騒がしいので) -- レイレイ 2016-05-13 (金) 22:56:43
      • あら、意外ね?・・・ふふ、骨折だなんて、いったい何をしたの?
        そうね?(「カレリアさーん?どちらにー」「あの人また逃げたよ!」「もう絶対治療しねぇ!」とか騒がしいのをしれっと受け流し連れ立って歩く)
        -- 2016-05-13 (金) 23:05:36
      • 両親の意向で戦闘訓練や魔術の教練をたくさんこなしたのでー……その時に怪我したこともあったんですよ。
        あわわわわわ……(おろおろしながら歩いていく)冒険者ー……危険な職業ですよねー…
        でも黄昏の世界で減ってしまったけれど、黄金の時代にはたくさんの数の冒険者がいたそうですねー。なんだか想像できません。 -- レイレイ 2016-05-13 (金) 23:09:33
      • へぇ?・・・じゃぁ代々魔女の家系なのね・・(大変だったでしょうと笑って)
        〜♪(鼻歌交じりにしれっと歩く)慣れよ、魔物退治の延長みたいな感覚だしね
        そうらしいわね・・・なんだかんだで今と変わらないんじゃないかなって私なんかは思うのだけれど・・・(そういえばとふと思って)ふふ・・魔術にかかわる家系なら・・・案外レイチェルのお家も昔は冒険者だったりして?
        -- 2016-05-13 (金) 23:45:07
      • そうですねー、レイネス一族の始祖レイン・レイネスという女性がすごい魔女? 冒険者? とかそういうのだったらしくー。
        慣れ、ですか。でもちょっと憧れちゃいますねー……
        今と変わらないのなら、きっとあの時代にもみんなの笑顔が咲いていたんでしょう。(ええと、と帽子のつばに手を当てて)
        私の遠いご先祖様のエスターク・レイネスが暗黒の女王と呼ばれたすごい冒険者だったらしいです。魔物をとにかく殺した、とか。 -- レイレイ 2016-05-13 (金) 23:50:27
      • ふふ、やってみる?冒険・・・捜索系の依頼ならそれほど苦労しないわよ?
        そうねぇきっと・・・(ふと)・・・そういえばタビビトさんは心が荒んだ人が増えたような事を言っていたわね・・・今よりもっとおおらかだったのかしら(どんだけ?っと眉根をひそめ)
        暗黒の・・・女王・・・(なにそれすごい・・・って顔)凄いわね・・その人もだけれど・・・始祖とか先祖とか・・・そういう人たちの記録、貴女の家はちゃんと守ってきたのね(大事な事よと頷いて)
        -- 2016-05-14 (土) 00:07:59
      • う、うーん……(迷った末に)私が冒険して足手まといにならないなら、一度はやってみたいですねー。
        今よりおおらかな時代……佳き時代(ベル・エポック)、黄金暦。今ではどんな文化だったのか私は知らないけど、優しい時代だったらいいなぁ。
        そう、ですね。両親が家の誇りとか、一族繁栄とか。そういうのに熱心な人たちなのでー。(ふぇへへと笑って歩き続ける) -- レイレイ 2016-05-14 (土) 00:15:07
      • レイチェルが行くなら私も・・・出来る限り一緒に行くわ・・大丈夫、足手まといなんかにはさせないわ(寧ろこの女は捜索で足手まといになる)
        古き良き・・何てよく言うけれど・・・私は今を気に入っているから正直よくわからないのよね・・・でもそう・・・きっとそうよ?(かつてに思いを馳せる少女に希望を示すように微笑んで)
        まぁっそれじゃぁエリートだったのね?・・・ふむ・・・でも・・だとしたらどうして、レイチェルはこの街でお店を開いているのかしら?修行の一環?
        -- 2016-05-14 (土) 00:30:07
      • そ、そうですかー? ええと……それじゃ、カレリアさん。冒険に行く前に今度二人でご飯食べに行きませんかー?
        美味しい店を見つけたのでー。人を誘わなかったのか、って店員の…ファウストさんに言われたので。その時に冒険の話をまた。
        ふぇへへ、気を使わせてしまってすいませんー。(笑いながら帽子を被り直して)
        近くに親戚の方が多いのでー。それと、思い出作り……でしょうか。(あ、と間抜けな声を出して)
        しまったー、服のほつれを修理に出してたの、受け取り日が今日でしたー。取りに行きます、道はこっちなので。それではまた! -- レイレイ 2016-05-14 (土) 00:35:50
      • あら?いいわねそれファウスト・・・最近聞いた名前ね・・・サザンカの坊やからだったかしら?えぇその時にまた・・
        あら?気を使ったってバレちゃった?(ちろっと舌を出して笑って)思い出・・・そうね・・沢山作りなさいそれが・・・・・・?(急に上がる頓狂な声に首をかしげて)
        ふふ、それは大変・・・行ってらっしゃいな・・でも服のほつれ位、自分で直してみせないとだめよ(またねーと手を振って見送った・・・そしてフルーツを一口)うん♪
        -- 2016-05-14 (土) 00:42:50
  • うおーい!!(大丈夫なの?!と顔を見にきて大声を出すものだから、看護師さんやそのほかの入院患者のみなさんにものっそいメンチを切られるのも無理からぬことでしょう、委縮するメガネである) -- 陽子 2016-05-13 (金) 18:39:50
    • あら陽子?(扉を開けた直後、真正面に立っているドレスに三角帽子の女)
      (ベッド脇には脱ぎ捨てられた病衣と包帯、ギプスなんかが転がってる)お見舞いに来てくれたの?ありがとう?(にこっと)
      -- 2016-05-13 (金) 18:50:09
      • あふっ!(正面衝突!頭ひとつぶん背丈が違うのだから魔女のエアバッグで怪我はないことでしょう)
        ありがとう?って…(この前の神社での一件もそうだし、今回の怪我もそうだし…どうしてそんなケロっとしてられるの…?と聞きタゲにしげしげと見つめるが…答えは出ない) -- 陽子 2016-05-13 (金) 19:39:05
      • んぐっ・・・‥‥‥(腹に力を込めて痛みに耐える・・・根性だ)
        んー・・・何か聞きたそうな顔ね?(戸惑う様にしげしげと見つめてくるのでかがむ様に視線を合わせて)
        -- 2016-05-13 (金) 19:55:21
      • やっぱり大丈夫じゃっ… ないんじゃない…(また大声を張り上げそうになるも口に手を当て、小声で)
        なにかどころじゃないわ、ドレスが元に戻ってみたり髪の毛が伸びたり縮んだり、怪我したと思ったらすぐに治ったり、それでこの怪我も…(思いつく限りの疑問点を最初から述べていくものだから話にとりとめがない、要点をまとめるのは苦手かもしれない) -- 陽子 2016-05-13 (金) 20:20:15
      • 大丈夫・・・大丈夫よ(ぱたぱた手を振り・・はふぅと息を整える)・・・よし
        あぁあれ?・・・魔女だから・・・じゃダメよね?(くすくすと)じゃあ順番に・・・
        ドレスは直ってないわ、(両手を合わせてみせて)無理矢理くっつけただけ・・・後で繕ったの・・・あの場で請求するなんて格好悪いじゃない?
        髪と・・服は私のゴーレムになっているの・・形も長さも変幻自在・・・貴女を守れたのはそういう事よ
        怪我・・・そんなもの、治癒の魔法と、後は気合い・・・いい?女は見栄を張ってなんぼよ?(にっと笑って)
        -- 2016-05-13 (金) 20:36:26
      • あ、うー…(疑問点に頭からだんだんと答えられてしまい、最後にオロオロせんと見栄をはったらんかい!といった言葉をかけられればなんだかオロオロ動揺してばっかりの自分じゃダメだなんて思うのである)
        とりあえず怪我はなくてよかった…け…ど?(と、いつになく激しく揺れてスカートがまくり上がりそうになるのだからあわてて隠す!)
        ……イザヨイが、話したいって…(ちょうど電話の受話器をそちらに渡すようにスカートから取り出されたのは何かのおもちゃのように見えるもの) -- 陽子 2016-05-13 (金) 20:48:16
      • ふふふっなに呆けているのっ(あーうーしてる陽子を突いて)
        ・・・?(不意にはためきだすスカートを見ながらきょとんと)・・・イザヨイが?(うーん・・と少し嫌そうな顔)どんなお説教が待っているのかしら・・・なに?それ(オモチャを見ながら)
        -- 2016-05-13 (金) 20:58:43
      • ええと…契約?だっけ…をイザヨイとして、それであたしとつながってるっていうか…(自分も詳しい事は知らない、だが常に肌身離さず持ってろとイザヨイに言われてハンカチティッシュに神操機と指示されているのだ)
        『……聞こえるでしょうか』(そのおもちゃに見えるものからかすかにイザヨイの声が聞こえる…通信機か何かなのかもしれない) -- 陽子 2016-05-13 (金) 21:06:24
      • ふぅん?・・・神との交信に必要な儀式をユニット化した・・って考えていいのかしらね?・・さながら通神機といった所ね?
        (貸してとお借りしながら)はいはい聞こえるわよイザヨイ・・なぁに?話したい事って、お小言なら簡便よ?(軽口と共に応える)
        -- 2016-05-13 (金) 21:10:56
      • 神操機(ドライブ)とかなんとか…(しかしコレでイザヨイを操るどころか、コレからの指示で操られてる気がしないでもないメガネである)
        『単刀直入に言います、ありがとうございました。』
        (この前の一件、陽子をかばってくれたことの礼を言いたかったらしい…そっけない一言である) -- 陽子 2016-05-13 (金) 21:30:30
      • 便利だけど・・なんだか縛られてるみたいねぇ(ころころ笑って)
        ・・・ふふ・・どういたしまして♪(くすっと微笑むと神操機を陽子に返す)
        -- 2016-05-13 (金) 21:36:08
      • 便利に使われてるのはあたしゃだけどね!『ほう、満足に使えた事は一度もありませんが』(などと神操機を返されれば当人たちの間で再開する漫才、霊感のないものにとっては陽子の独り相撲だ)
        かれりあさんそれだけでいいの?もっとこう…あいつにトイチで貸しつけたりとかしてもいいんだよ?(自分もイザヨイもそれだけ感謝しているということだ)
        …それじゃ!……またこんど(これ以上大声でしゃべってたら放り出されるな…なんて思いつつそろそろ退散なのである) -- 陽子 2016-05-13 (金) 21:41:54
      • ふふっ操作性は悪いみたいね?(独り相撲に笑って肩をすくめて)
        ふふっ十分よ・・いい?いつまでも過去の事を引きずらないのが女の友情を長引かせるコツよ?それに、格好悪い事はしないの
        えぇそれじゃ、またねぇ(ぱたりと手を振り見送って)・・・さて・・私もそろそろお暇しないとね
        -- カレリア 2016-05-13 (金) 21:53:27
  • (病室のベッドの上、何となしに手を掲げる・・・そこに嵌められた指輪から本は現れなかった・・)
    (ドラゴンがいると分かった時、逃げる事もできたはずだ・・挑むにしても普段なら何か作戦を立てて臨んだはずだ・・・でも本を手に入れたいと逸る気持ちが判断を鈍らせた)
    ・・・勇気と無謀は違うだなんてド定番も良い所よまったく
    -- 2016-05-12 (木) 22:38:38
    • お邪魔ー(がらり。見舞に来た少年だ)………無事でまずはなにより。体の調子はどうだい?カレリアさん(お見舞いのリンゴを置いて) -- サザンカ 2016-05-12 (木) 22:56:42
      • あら?お見舞いに来てくれたの坊や?(足のギプスを剥がしながら声をかける)
        (病衣に包帯まみれ、腕にはギプスの痕があり足と同じように剥がした事が伺える)ありがと?もう余裕よ?
        -- 2016-05-12 (木) 23:14:16
      • うん、この病院にはよく来るんだけど…カレリアさんが入院したって聞いたからね。元気そうでなお、何よりだよ。…無理はしないでね?
        (そうとう無茶してるな…とも思いつつ、無理はしない人だから大丈夫だろう、とも)必要ならヒーリングするけど。教会の仕事でもあるしね…重病者へのヒーリングは。 -- サザンカ 2016-05-12 (木) 23:17:47
      • 無理なんてしてなんぼよ、限界は超える為にあるの(軽い調子で答え、剥がしたギプスを放って)・・・(いたい・・・のを根性で抑え込む)
        あらそう?じゃぁちょっとだけお願いしようかしら?(ヒーリングという物に興味があって、お願いしてみる)
        -- 2016-05-12 (木) 23:41:09
      • ……(その様子に苦笑して)わかったよ、力抜いてね(自分の手をもみもみすれば、ぽわ、と手に光が灯る)
        (それを患部、今回は足に、そっと労わる様に撫でれば)………んー(熱を持ったサザンカの手がそこに触れるたび、まず痛みが和らいだ)
        (続いて細胞が活性化したのか、手が足を滑る様に動いても、触れられた部分は温かいままで。痛みが消えた次に、少しずつ回復していくようだ)…どーだろ。痛くない? -- サザンカ 2016-05-12 (木) 23:45:32
      • えぇ・・分かったわ(ベッドに浅く腰を預けて足を差し出す・・・全身を全力で駆け巡らせていた治癒の魔力をそこだけ解除する)っ・・・!・・・・・(それによる痛みは一瞬だけ・・すぐにサザンカのヒーリングが効き始めて)
        (足から広がる温もりと、癒しの気配に安らいでいく)えぇ・・本当に痛くなくなったわ・・・神の子は他者を癒す奇跡を用いたというけれど・・・ふふ、坊やの力はさながらその再現かしら・・
        -- 2016-05-13 (金) 10:40:25
      • (ヒーリングをかけ終えて、ふぅ、と一息つきつつ手を離した)痛みを和らげるのがまず最初の効果で、その後肉体を活性化して治癒を促す…って感じ。あんまり動かしちゃだめだよ。
        神の子なんて言いすぎだよ、治癒魔術使える人だって多いし、俺のだって神父様から教わったものだからね。まだまだ発展途上だし(神父様はもっと強かったよー、などと)
        この病院には寄付金を修めたり、病気の人にヒーリングかけたりしに良く来るんだ。ヒメコさん元気してるかなー(顔なじみの少女を思い出して) -- サザンカ 2016-05-13 (金) 18:35:09
      • 良いわね、まず痛みが和らぐというのが嬉しいわ・・・私の治癒よりずっと丁寧・・
        技術の問題じゃないのよ(くすくす)ねぇ?坊やはなんでわざわざ他人にヒーリングをかけて回っているのかしら?
        あら?ヒメコとも知り合いなのね?・・・ふふ、可愛い子よね?
        -- 2016-05-13 (金) 18:45:22
      • カレリアさんの治癒魔法もなかなかだと…思ったけど。でもギプスを自分で剥がすのはやりすぎだと俺思うよ…?(本当に動かしちゃだめだよ、と)
        ん?なんでって、まぁまず一応仕事だから(と前置きし)それに、俺が頑張ればみんなのけがや病気が治るんだったら、頑張らない理由はないだろ?(と、至極当然といった風に)
        ヒメコさんにも前にここで会ってね、今はよく話す仲だよ。かわいいよね、無事に病気治るといいんだけどねー…ヒーリングも中々効かなくて…(心底心配そうである) -- サザンカ 2016-05-13 (金) 19:13:01
      • 私のは技術とは言えないもの(ふぅんと考え・・・)それはそうなのだけれどねぇ・・・
        (仕事だからには「違うでしょぅ?」とそして続く言葉には)・・・そうよ、技術の問題じゃない、貴方にとっては当たり前なのかもしれないけど、それを当たり前の事と思えているのがなによりも大事なのよ・・
        きっとあの子自身・・あまり強くないのね・・・癒そうと思えば多分、すごく時間がかかる・・・根気が必要よ
        -- 2016-05-13 (金) 19:37:35
      • (違う、と言われれば肩を竦めて、そしてその後に続く言葉には)…そうかな?(と首を捻り)みんなそうだと思うけど…(と、少年らしい感想を持ったのであった)
        …どうかな(強くない、と言われれば)でも、ヒメコさんはあきらめてない。だから俺もあきらめず、癒せるだけ癒してやるんだ。んで、いつか一緒にファウストん処の飯を食いに行くのさ!(と希望にあふれた笑みで)
        カレリアさんもヒメコさんに会ったら、今度またサザンカが遊びに行くからって伝えておいてね!(その後、リンゴを向いて食べさせてあげたりしつつ。面会時間が終わる前に病室を後にした) -- サザンカ 2016-05-13 (金) 19:43:00
      • そうよ?少なくとも私はそんな事しないもの・・神父様は貴方に・・・本当に大事な事を教えたのね?
        ・・・そう・・応援しているわ(希望にあふれた笑みにニコッと笑って)
        えぇ伝えておくわ・・・(しゃくしゃくとリンゴを頂き、お礼を言って見送った・・・逃げるタイミングを逸したのでまたベッドに縛り付けられたって話だ)・・・そろそろ坊やじゃ失礼かしらね?
        -- 2016-05-13 (金) 20:01:50
  • (夜も更けた頃、街中を歩く黒衣を纏う少女が紙袋を片手に歩いている)
    (そんな折に見覚えのある人物の姿を見つけ小走りに駆け寄り近づいてくる) -- アリー 2016-05-12 (木) 01:59:44
    • (小さくテンポのいい足音、擦れる紙袋の音・・・この時間に似合わない可愛らしい接近の気配に振り返って)
      あら、こんばんはアリー、ふふ、何かいい事でもあった?
      -- 2016-05-12 (木) 09:57:09
      • (駆け足でカレリアの元にやってきて、立ち止まれば…あまり体力は無いのか少しだけ息を切らして)
        こ、こんばんは…です。えと、カレリアさんを、お見かけしたので…それが、でしょうか(と、何がいいことにあたるのかを答えながら) -- アリー 2016-05-12 (木) 14:11:05
      • ふふ、大丈夫?息が上がってるわよ(くすくすと嬉しそうにして息が整うのを待つ)
        あら、嬉しい事を言ってくれるのね?・・・(はてと小首を傾げて紙袋を見ながら)今日は・・・ふふ、なにを持っているのかしら?
        -- 2016-05-12 (木) 17:52:54
      • え、ええ…ちょっとだけ頑張ってみました…(と、どちらかと言えば体力は無い方であるのを表している。そうして落ち着いてくれば)
        こちらの事ですか?(紙袋の中身を問われれば、軽く口を開けて布類を見せて)こちらは、今作ってる物に使う予定なんです(と、少し声を弾ませて。どうやら自分の好きな何かを作っていると感じさせ) -- アリー 2016-05-13 (金) 03:38:36
      • ふふ・・・(可愛いんだからとは口には出さず、微笑みながらその頭を撫でて)
        (覗き込めば見えるのは布類・・そこに「作っている」という要素が加われば)お裁縫・・かしら?ふふ、素敵な趣味ね?(楽しそうな様子にこちらまで嬉しくなって)
        -- 2016-05-13 (金) 10:45:14
      • あ、ぅ…(撫でられて少しくすぐったそうにしながらも目を細めて撫でられるがまま)
        (当たらずとも遠からず、と言った具合の様子で)また、完成したらお見せしますね?なので…怪我なんかには、気をつけて下さい(と、少しだけ心配する様に口にしてから、それではまたとお辞儀をして帰っていく) -- アリー 2016-05-13 (金) 12:46:58
      • えぇ、楽しみにしているわ・・・ふふ、大丈夫、いい女はそうそうやられたりしない物よ?(ありがとうねとウィンクして見送った)
        (退院を焦ったのは見栄も大いにあるがこの時の会話も影響していたって話だ)
        -- 2016-05-13 (金) 12:58:18
  •  
  • ゴーレム、ゴーレム。さあ、どんなすんごいゴーレムをお造りになっているのか
    (どばーん!と勢いよく館の玄関を開いて)この私が拝見しに来ましたのー!! -- シュネー 2016-05-12 (木) 18:06:19
    • 来たわね・・ほら、お出迎えしてアレックス?(がちゃりと扉を開ける金属の全身鎧・・・ひとりでに動いているが芯が入っていないためかなんか微妙にグネグネしてる)
      はぁいシュネー・・ふふ、不格好でごめんなさいね?その子一人で動く事は想定してないから、ちょっと変なの
      -- 2016-05-12 (木) 18:20:06
      • ごきげんようカレリア、それに…アレックス。ふぅん、まずは生ける鎧、お約束ですわね。
        …てあれ?な、なんかラバーメン的な動きをしてますの!!これは柔らか関節のせいかしら…。
        (言いながら動く鎧の周りをうろうろと回り、しげしげと眺め)一人で動かないゴーレム?
        つまり、この鎧を別のゴーレムに着せたりするんですの? -- シュネー 2016-05-12 (木) 18:46:47
      • (呼びかけられると「ばふっ」と鳴くのが下手な犬みたいな音を出す鎧)当然コアは内側にあるから、外からじゃ簡単にはやられないわ
        冒険者をしているというのは前に言ったわよね?・・・その時に私が着るのよ、着用者を守りつつパワーアシストをする・・・索敵の補助もね?・・・ゴーレムの兵隊をぞろぞろ連れて歩くよりはこっちの方がずっと身軽なの
        アレックス、休ませなさい(親し気に・・ネックレスに呼びかけると鎧はがちゃがちゃがちゃっと細かく折り畳まれアタッシュケースみたいな形になる)こうすれば持ち歩くのも楽だしね
        一般的な大きくて鈍重なゴーレムなんかは大体その場で作って・・・その時はこの上から更に着る、なんて事もするわね?
        -- 2016-05-12 (木) 18:58:57
      • ただ作動するのみならず意識もちゃんとあるんですのね。でも何か駄犬の魂とか入ってそうですの…。
        (内側と聞いて面の中を覗きこもうとしつつ)自分で装着、その発想はありませんでしたの。
        普通、生ける鎧の装着と言えばその鎧に身体の自由を奪われるとか、食われるとか、中に触手とかそういうトラップですもの。
        (色々まさぐろうとしていた所で変形がはじまり、慌てて手を引っ込め)なるほど、便利なものですの。
        それにしても、アシスト機能があるとは言え魔術師が全身金属鎧とはまた大胆ですの。
        冒険者と言うことは戦う事も多いでしょうけど、魔術の行使の邪魔にはなりませんの? -- シュネー 2016-05-12 (木) 19:06:24
      • (ケースを拾っておかたずけ)ふふふこの子自身の意識はかなり希薄ね?多分単独じゃパワーアシストだけがせいぜいよ・・でもいい勘をしているわ・・・ウチの子達のリーダーには犬の魂を使っているの
        ふふ、実際その手の生きた鎧を見て思いついた面が大きいわ・・・ゴーレムなら生みの親に逆らう事はまずないしね?単純に大規模な魔法、というのはいくらでもあるけれど戦いになるのならいかに自分を守るかはとても重要なの・・・
        ふふ、それも大丈夫・・・杖はいつでも触れられる所に装備しているし・・・なにより私、口頭での詠唱はあまりしないの(そういって掌に拳を当てると ぱんっ と弾ける音と共に開け放たれていた玄関が・・まるで何かにはたかれたかのように閉じる・・(というかばーん!と開けられたのにお出迎えしてたよ、よく読んでないね))
        あらゆる動作には・・・それが極端で暴力的であるほど・・・ある種の決まった意味を持つわ・・私・・というか私が習った流派ではその意味自体を詠唱とした護身術を教えているのよ
        -- 2016-05-12 (木) 19:24:31
      • …え。マジでわんこ魂が入ってますの!?まあ人間の魂は複雑で使役するのは面倒ですものね…。
        (玄関ロビーをつかつかと歩き回り、館の作りだの調度品だのを眺めつつ)自分の身を守る、確かにそれは魔術師にとって大きな問題ですの…
        まあ単独行動でもない限りは肉壁頼りでOKって場合が多いですけど、防御魔術なり何なりはないと…
        (コマンドもなくドアが閉じたのを見て、おお、と呟き)まるで肉体言語…いやこれは別の意味になっちゃいますの。えーと…
        全身で魔力の流れをコントロールするかの様な技術、ですのね? -- シュネー 2016-05-12 (木) 19:36:03
      • マジでわんこよ(くすくす)・・というより、元々親しかった子の魂を使えば信頼関係の構築は殆どしなくていいでしょう?犬は群れを率いるのが上手いし、上下関係にも素直だしね?
        人間みたいに自我が強い者を使えば今度は「ゴーレムである自分」を受け入れるのにも時間が掛かる・・・だったらそれらすべてを魔術的に抑え込んだら・・と思うかもしれないけれど・・そんな事をしたらそれだけでリソースを食うし、その魂が本来持ってる持ち味も寿命も削れちゃうわ(勿体ないじゃない?と笑って)
        それになにより・・・私この子が好きだったのよ(くすくすと困った様に笑ってネックレスを擽る)
        (調度品を眺めるシュネーに)ふふ・・他の子も気になるかしら?・・・動いて便利に扱えるって子は意外に少ないのよね?大抵おバカだし(例えばあれ・・と隣の部屋を示すとハタキが一人でにぽんぽん動いてお掃除している)偶に同じところぐるぐる回るのよあの子(其処が可愛いのだけれどとくすくすと笑ったり)
        人に頼るのは好きじゃないの・・ゴーレムは私の力だもの(ふふっと)
        そのままの意味の肉体言語なのだけれど・・ふふ、その表現はとてもきれいなオブラートに包まれていて素敵よ・・・(その通りと頷いて)
        -- 2016-05-12 (木) 19:59:37
      • もともと親しいもの…(自分に該当する存在はなく、ちょっと肩を落とすも直ぐにまあいいかと思い直し)動物の命は儚いですものね…
        たしかに従わせるなら猫より犬。人間に至っては自我が残っている限り暴走・反抗の可能性は付き物。
        まあ逆にその魂の自我に沿ったボディを与える、という懐柔のし方もある事はあるけれど…。
        (カレリアの弄るネックレスへ目を向ける。そこに込められた魔力を感じてか長い前髪が僅かに動いた)
        まあゴーレムにせよ使い魔にせよ、あまり複雑な事は出来ないし専門化するのが一番ですの。
        護衛用、駆逐用、作業用、掃除用…あのハタキはこれですわね…出来る事が少ないほど、その分野では力を発揮しますの。
        …て、そのままの意味ですの!?まあ護身術と言うからにはきっと体術も絡んでますのね。 -- シュネー 2016-05-12 (木) 20:12:25
      • (ふるふると気を取り直すように首を振る)
        いやよ、それこそ一苦労じゃない(くすくすと)でもそうねぇ・・その発想はなかったわ・・ふふ、シュネーは中々にマッドね?・・そうねぇそれも一つの手かもしれないわ・・・ゴーレムの造形にもっと凝って、より強く、繊細で、美しく・・・元の肉体なんてかすむようなデザイン‥‥(想像し)・・ダメね、やっぱり私作り手としては三流みたい?(技術不足もだが面倒くささが先だった)
        ・・・ふふ、ちょっと弄りすぎたわね・・紹介するわ・・・この子が、アレックスよ(ネックレスを示す)此処にいるゴーレムたちのリーダー・・他のは人造のおバカな魂だけどこの子だけは天然、手塩にかけた特別製よ
        そうねぇ掃除用に自動筆記用、お花の水やり用と単純な程に力を発揮するわ・・・(これいる?と「人の話を聞いて勝手に書き取りをするゴーレムペン」を渡して)たまに聞き間違えるけどいい子よ
        魔女空手・・何て無粋な名前で呼ばれているわね?・・・習うのは基本的な動作による詠唱だけであとはお任せって感じだけれど、私は積極的に取り入れているわ
        -- 2016-05-12 (木) 20:42:03
      • 例えば、大量殺人鬼の魂にキラーマシンのボディを与える。これなら本人も納得ですの。
        (酷く物騒な例えをしながら微笑み)私にもデザイン力なんてありませんの。まあでも性能が良ければそれで良しですのよ。
        あら、アレックスは先ほどの鎧――…なるほど、管制官ゴーレムという感じですのね。いろいろ考えてますのね…
        (指揮官。これは使えますわねと呟いた後、ペンを受け取る)これは助かりますの。まあ誤字脱字には目を瞑りますわ。
        ……ま、マジョカラテ。直球と言うか何と言うか、まあ打撃系なのは判りますの。
        (そのネーミングにちょっと戸惑った後、気を取り直し)さて、お土産も頂いた事ですしそろそろお暇しますの。お邪魔いたしま――
        (踵を返し、玄関のドアを今度は普通に開いたところで言葉と足を止めて振り返り)
        そうそう、魔術師に出会った時はこれを聞く事にしてるのを忘れてましたの。カレリア、貴方は――
        魔術師として…何を、あるいは何処を目指していますの? -- シュネー 2016-05-12 (木) 20:53:35
      • それ、私が危なそうなんだけれど?(物騒な例えに肩をすくめて笑って)あら?機能美、とも言うわ・・真に最高の機能を持つ者には自然と美しさが伴うのよ
        そう・・・一匹一匹に指示を下していたら疲れるし・・だからと言って全部に注力してたらコストがかかりすぎるわ
        (ゴーレムペンを示し)インクは市販の物でいいわ、一番ありふれているのを使っているからそうそう手に入らなくなる事はないわ・・・この子なりに学習するから、付き合いが長くなるほどミスも減る筈よ
        (くすくすと笑い、お見送りの姿勢で)・・・私は、魔女としては落第生よ・・・でも、魔女としての生き方を選んでいる・・・(あえて魔術師、ではなく魔女と呼んだ)
        すなわち「誰も傷つけない限り、汝の意志する事を為せ」よ・・・何処を目指すかと言われればそうね・・・もっと、「気持ちのいい方」よ(殊勝で高尚な目標なんて物はない・・・最近それが少しだけ寂しい)・・・で?貴女は?
        -- 2016-05-12 (木) 21:11:07
      • (返答を聞くと、むむぅと唸り)合格も落第もありませんの。まあ成否を規定するのが自分なら仕方ないけれど。
        しかし「誰も傷付けずに」「気持のいいことをする」…その両立は中々に困難と思えますの。
        己が快楽、あるいは欲望を満たさんとする者は…きっと何かを代償に、犠牲にするのだから。
        けれど、不可能を可能たらしめんとするのもまた魔の道ですの。頑張ってくださいましね。
        (言って、あらためて玄関の外へと歩み)私の目標は創世。思いのままの世界をこの手で創りあげれる存在となることですの…。
        (その言葉と共に、館の外へと姿を消した) -- シュネー 2016-05-12 (木) 21:20:10
      • ふふ、そうね?元いた所で認められなかったからと言って、それで自分がどうあるべきか決まるわけじゃないわね(これは私が悪いと肩をすくめて)
        実際、今の所全く守れていないわ(悪びれもせずにしれっと言い放つ酷い奴だ)えぇありがと
        また大きく出たわね?・・・それって楽しいの?(その点において価値観は違う・・・だがそれもまた一興である)またね、シュネー
        -- 2016-05-12 (木) 21:29:37
  • 公共施設/よろず酒場 -- 2016-05-11 (水) 21:53:41
    • 依頼・・・依頼ねぇ・・・私自身が討伐対象になれば勇気を試せる場面も現れるかしら?(なんてねと肩をすくめて)
      流石にそこまで命知らずじゃぁないわ
      -- 2016-05-11 (水) 22:12:49
  • へーい、まーじょっこさん
    (カレリアが街の街道を歩いていると、後ろから某魔女アニメの眼鏡少年のごとく)
    (自転車に乗りながら声をかける) -- タビビト 2016-05-11 (水) 19:28:52
    • あら、釣り堀の管理人さん・・お散歩かしら?(魔女っ子何て言うほど子供じゃないわよと笑って)
      ふふ、あそこで話している分には気にならなかったのだけれど・・いざ他の所で遭うと貴方の名前が気になってしまうわ(教えて下さらない?と小首をかしいで)
      -- 2016-05-11 (水) 19:42:13
      • 知り合いから自転車を預かっちゃってね、ちょっと試運転をね(自転車をバシンバシン叩き)
        名前? そういえば言ってなかったっけ……タビビトだよ、旅人のタビビト
        しかしこの街に来てからちょくちょく人に名前を尋ねられるけど、皆そんなに名前が気になるものなのかい -- タビビト 2016-05-11 (水) 19:47:10
      • まぁそうなの?ふふ、楽しそうじゃない?
        ・・・それ本当に名前なの?(ジト目でにらむ様に)まいいわ・・・気になる・・というより何て呼ぶべきか迷うのよ、この間みたいにお風呂であった時「管理人さん」だとどっちの意味なのか分からなくなるじゃない?(私はそういう理由と肩をすくめて)
        他にも名前に特別な思い入れを持っている人なんかもいるかもしれないけれど・・・でも多分そうね、名前を聞かれるというのは、それだけみんな貴方の事をもっとよく知りたいと思っているのよ(勿論私もね?とウィンク)
        -- 2016-05-11 (水) 19:57:24
      • ……もちろん、本当の名前さ(ジト目で睨まれれば少し間をおいたものの、それをかわすよう言い放ち)
        なるほど、確かにそういった理由があれば名前を聞くのも仕方の無いことか……旅人をしていると
        名前というものにあまり価値を感じなくなってしまって仕方ない。おや、こんなボロコートに興味を持つのかい?
        それじゃあこちらも、可愛らしい魔女っ子さんの事をいろいろ教えてもらおうかな……その指にしてる指輪とかね(と右手の薬指を指さし) -- タビビト 2016-05-11 (水) 20:05:27
      • うそつき♪(交わすような言い方に楽しそうに笑いながら・・でもそれ以上は追求しない)
        寂しい話ねぇ?旅先で親しくなる人とかいなかったの?
        んもうやめてちょうだいっ私これでもこの辺りじゃいい感じのお姉さんで通っているのよ?(ほんのり擽ったそうに、口ぶり程嫌がっていない風で)あらこれ?・・気になる?(くすりと指輪を示して)
        色っぽい話じゃぁないのよ・・この前古い龍の仔にあってね?なんだか寂しそうにしてたから誓約という物を結んでみたのよ・・・これはその証ね
        -- 2016-05-11 (水) 20:30:08
      • 旅ってのは基本一期一会でね、殆どがあったその日が最後って事が多いんだ
        それになんだ、こうも世界が衰退しちゃうと心が荒む奴が増えるだろ、仲良くなってもあまり良い事が無くてね(かすれたように笑い)
        またまたー、魔女っ子さんは顔可愛いんだから年上からもモテるでしょう。この年上キラーめ、憎いね(と小突くようなジェスチャー、実際には小突いていない)
        そうそうそれ、やっぱ女性が指輪してると世の男は気になるもんさ……仔龍? 龍って言うとあの龍か……
        またすごいものと契約したもんだ……契約する際、なにか捧げたりしたのかい? -- タビビト 2016-05-11 (水) 20:40:26
      • そうなの?・・じゃぁ何度か遭遇している私は運がいいのね?(やったぁとおどけてみせて)
        生まれた時からこういう環境だとあまり感じた事はないけれど・・・貴方から見るとそうなのかしら(少し同情するように)
        んふ・・・いやだわもう・・・(くすくすと少しくねる様に)
        あら、枯れ気味かと思っていたけれど、そういう所はしっかりと男なのね?(楽しそうに笑って)・・あら知り合いなの?・・・他にも知っている子もいたし・・・本当に有名人なのねあの子・・・ふふ・・知りたい?・・タビビトさんになら教えてあげてもいいわよ?(そういって立てた指先をちょんと唇に当てる仕草)
        -- 2016-05-11 (水) 20:59:09
      • ふふふ、枯れ気味だからこそ、こういうのを気軽に聞けるところもあるものさ……
        あぁ、実際にはその仔龍ってのと話した事は無いんだ、ただ昔から存在を噂には聞いていてね。もしかしたらそれかも……って思ったんだよ
        有名である事には変わりないけれども……、おや、これは所謂女の秘密と言う奴か(その仕草に微笑ましさを感じ)
        僕になら、と言われれば気になるところだが今はやめておこう。女性が焦らす秘密を安易に知れば後戻りができなくなりそうだ(と軽く笑う)
        それじゃあ、そろそろ僕は行くよ。あんまり放置すると愛馬(自転車バシィッ!)が拗ねそうだ!
        それでは魔女っ子さん! また会おう! ハッー! ハイヨー!(颯爽と自転車に座りなおすと、勢い良く漕いで行き……少し先で壁にぶつかっていた) -- タビビト 2016-05-11 (水) 21:06:31
      • んもう、そういう事あっさり認めちゃうから枯れ気味なのよ
        そう・・旧知の人がいるならあの子も少しは・・・なんて思ったのだけれど・・・あらそぉ?残念ね?(少しもそんなことを思ってなさそうに笑いつつ)
        ふふ、そうやって借り物を乱暴に扱うものじゃないわよ・・・えぇそれじゃぁまたね、タビビトさ・・・大丈夫?
        -- 2016-05-11 (水) 21:24:21
  • 試供品が配られた) -- 2016-05-11 (水) 14:02:11
    • あらなぁにぃ?これ・・・試供品?・・ふむ(ぱくり) -- 2016-05-11 (水) 19:14:56
      • っ!?・・ぐ・・・ん・・・なによこれっ・・・(スチレン・ブタジエンゴムは自動車のタイヤなどに用いられる合成ゴムだ!)
        本当に食べ物なのかしら・・・(水を飲んで口直ししながら)
        -- 2016-05-11 (水) 19:17:34
      • (みょうちきりんなビーンズの恨みはコボルトへと向けられた哀れコボルトは爆発四散)
        ふふっ楽勝よ!(三人中二人成功なら確定だろう)
        -- 2016-05-11 (水) 19:21:27
  •   -- 2016-05-11 (水) 10:47:58
    • (虎彦との戦いの後現れた「英雄譚」を読む)・・・つまり魔法使いの私があえて遠距離攻撃を捨てて迎え撃った辺りが評価された?
      いやよこんなの、子供に勝った事が勇気だなんて私のプライドが許さないわ(これは捧げに行かない事にした)
      -- 2016-05-11 (水) 19:51:49
  •   -- 2016-05-11 (水) 10:47:55
  •   -- 2016-05-11 (水) 10:47:52
  • やぁカレリア。その後どうだい。うちで買い取れるような品は何か見つかったかな? -- レフィ 2016-05-10 (火) 21:29:30
    • はぁいレフィ・・・うぅん・・適当に探してみてはいるのだけれど・・・(遺跡で見つけたよく分からないレリーフや人形っぽい物を出して)ダメねぇそれがどれくらい古い物かなんてわからないもの(古い名簿を巡ってそれっぽいアイテムを集めるといいのだろうかと考えてるとかいないとか) -- 2016-05-10 (火) 21:43:26
      • ふぅむ…確かに黄金歴の物も交じってはいるね。これなんか多分そうだよ(ん、とレリーフの一つを指さして)
        ただ…黄金歴の物、といっただけだね。特別な効果や謂れは無いっぽいかな(残念、と付け足して苦笑)
        良い値はつけられないけど、一応黄金歴の物ではあるし買い取ることはできるけど…どうする? -- レフィ 2016-05-10 (火) 21:48:19
      • (ほっと息を付き)あぁよかった・・全部ガラクタだなんて言われたら困ってしまっていたわ
        それは残念ねぇ・・(こちらもまた苦笑で応えて)買い取ってもらえるかしら・・・置いておいてもただの飾りにしかならないし・・・
        ・・・というか・・ふふ、貴女出張の買い取りなんて事もするのね?・・・ふふ、仕事熱心なのね?
        -- 2016-05-10 (火) 21:55:52
      • OK、それじゃこのレリーフは一つ180Gで買い取ろう。アンティーク好きなら伝手はあるし買い手はつくだろうしね
        (毎度あり、と先に懐から買い取り額の金貨を手渡して)仕事熱心、というか…そうでもしないとなかなか商品が集まってこなくてね?
        あまり店が知られていないというのもあるんだろうけど…ここ最近、買い物客は多いんだけども、買い取り希望のお客さんがすくなくてね。こうでもしないと在庫が切れちゃうんだよ -- レフィ 2016-05-10 (火) 22:14:07
      • まぁよかった♡(ポンとてを合わせて喜んでお金を受け取って)
        持って帰るのは手間だものね・・・乱暴に扱ったら壊れてしまう物もあるし・・・うぅん・・・もう古い物を色々帰るお店として紹介したりしちゃったわ・・・(悩ましいわねと眉根を揉む様にして)
        -- 2016-05-10 (火) 22:39:37
      • あぁ、宣伝してもらえるのは大歓迎さ。そもそものお客さんもそんなに居るものではないからね
        買いに来てくれるお客さんには逐一買い取りもやっていることは伝えているし…後は実績だね
        一度それなりの値段で買い取れば、あとは自分から足を運んでくれるものなんだが…なかなか上手くいかないものだ
        (ふぅ、とため息交じりに苦笑して)ともあれ、良い取引だった。また何かあれば持ち込んでよね。それじゃ、また(ぺこり、と軽く頭を下げて去っていくのだった) -- レフィ 2016-05-10 (火) 23:02:32
      • ふふ・・無用な心配だったわね?
        何にせよ物が確保できないと話にならないものね・・・えぇ、それじゃ、またねぇレフィ(ぱたぱた手を振って見送った)
        -- 2016-05-10 (火) 23:39:47
  • カレリアさん、こないだトラと戦ったらしいじゃん?どーだった、あいつ?強い?まだ俺戦ってる姿見たことないんだよねー
    (新年のあいさつにワインを差し入れに来た少年 トラとは虎彦の事だろう)いずれ戦う前に情報を集めておこうと思って。まあカレリアさんが勝ったんだろうけど…(なんとなくそう察した) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 19:37:48
    • はぁい坊や・・・トラ・・あぁあの子ね?えぇ中々・・・もっと体が出来上がっていたら危なかったかしら(勝った事を認める)
      ふふ、気になるなら戦ってみればいいのに・・・同じ相手と何度も戦って得る物もある筈よ?・・・で、も・・(差し入れのワインを受け取ると、それにキスをして)殊勝な心掛けの少年にはご褒美が必要ね?(おいでと部屋にお招き、早速新年の祝いのワインを開けて)
      今回は木刀だったけれど小さめの刀を使っていたわ・・・賭けとはいえ私の魔法の本質を捕らえる眼も、ラッシュに耐える粘り強い精神力もあったわ・・・後、意外だったのは最後の最後でフェイントを織り交ぜてきた事・・・あの子の年齢と性格を思うとそこは驚いたわね
      -- カレリア 2016-05-10 (火) 19:52:14
      • そートラ、虎彦。俺に似てるやつ(自分の髪、ポニーにしている房をひらひら弄って)…ほお。そこまで言わせるとは…(やるな、と美味しい料理を前にしたような気分になりつつ)
        間違いなくいずれやると思うけどね、お互い強くなりたいわけだし。同じ相手ならエイルがそれかもだけど…(おおぅ、とセクシーな仕草にちょっと赤面しつつ。部屋に招かれる)
        あいつ脇差しか持ってないと思ったら木刀もなのか…。…目と、粘りか。フェイントも…ふむ…(闘いの話になるとこの少年は真剣だ 頭の中で自分が戦うならどうするか考えているのだろう)
        カレリアさんは…前にやってたゴーレムのそれで戦ったんだろ?徒手だったの?その、素手で刃物と戦うときってどんなことを気を付ければいいと思う?(自分以外の人の考えはすべて教師である。素直に教えを乞うた) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 19:57:00
      • あら?そんなに似ているかしら?(ハスキーとコーギーみたいな違いを感じる・・・いやちょっと違うかな?と小首をかしぐ)
        坊やも新年ならちょっとくらい飲まないとね(一口分の小さなグラスを二つ用意して注ぐと差し出して)ハッピーニューイヤー♪(乾杯の仕草でウィンク)
        そりゃ模擬戦で真剣なんか使われたらたまらないわ・・・その場合こちらも容赦できないけれど(ふふっと怪しく笑う・・・そして真剣な表情で考える少年を見ればその成長を見守る様な視線で)
        ゴーレムは服装を変えただけ、素手でやったわ・・・これは私が自分で決めたルールみたいな物ね?・・・今回私は鎧を纏ってなかったしあの子は木刀だった・・・だからある程度攻撃を受け止めた上で立ち向かったけれど・・・
        まず一つは、刃物ばかり意識しない事ね・・・格闘戦でも同じことが言えるけれど、相手が武器を持っていると自然と意識がそこに向かってしまうわ・・・それで視野が狭まるとフェイントや思わぬ攻撃を受けたり、相手の挙動が読めなくなるの・・・それは絶対ダメ
        次は相手の間合いで戦わない事・・・そして素手の利点で勝負する事よ、相手は脇差?だから距離を取っての蹴りは少し厳しいわね・・・坊やに組みつきができるのならきっと有効な手段になるわ
        -- カレリア 2016-05-10 (火) 20:27:04
      • 髪型は少なくとも似てると俺は思ったけど。俺の方が若干長いけどな(お互い後ろで青髪を纏めているので)
        ん、お誘いされちゃあしょうがないね。ワインは神の血だからね(注がれたグラスを受け取って)乾杯。今年もよろしくね、カレリアさん(にこりと笑い)
        …そうかなぁ(エイルによく苦無でぶすぶすされるのを思い出し)ああ、やっぱり素手で。カレリアさんはそっちも強いんだね(大道芸がすごいし当然か、と腑に落ちて)
        …なるほど、そういやこないだグレイさんとやった時はまさしく俺、そんな感じだったな…(相手の刀にしか考えが行かず、組打ちで危なかったことを説明して)…はい、反省します(髪の房がへにょ、と落ちる)
        ああ、そこは大丈夫…間合いなら俺の方が上だから(と、そこは秘策があるのか自信ありげに)とはいえ奥の手だから、それを出す時は絶対当たるって思った時だけどね。
        組打ち術もそこそこできるけど、重い時じゃないと中々威力が乗らないんだよね。うーん…(ワインを味わうようにちびちび)…そういやトラともワイン呑んだなー…(不良少年たちであった) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 20:41:01
      • あー・・確かに(うんうんと頷く、見た目の方は抜けていたらしい)ふふ、そうそう神の血神の血、えぇよろしくね?(少しずつ口にして)
        ふふ、これは私のルールだから、坊やがそれじゃ堪らないと思うのならガンガン対策していいのよ(刺されたらいやだものねと笑い)
        あらグレイと?・・・ふふ、そうだったの・・(見たかったわぁと残念そうに)で?どっちが勝ったの?
        へぇ?・・・なにか秘策があるのね?・・・でも気をつけなさい?勝機は危機の中にある・・・坊やが何をするかは知らないけれど、勝てると思った瞬間こそ相手にとっての最大のチャンスともなりうるわ
        だったら重く構えてしまうのも手よ?素手の利点で勝負するとは言ったけれどあれはつまり彼我の実力差を見極めて、自分の強みで相手の弱みを突くという意味でもあるわ・・・あの子はまだ体が出来上がっていないから、振り込む刀の芯さえ外せば重く硬く防御を固めて無理矢理押し込むのも有効な手段になる筈よ?
        (くすくすと)まぁ何て悪い子達かしら?ふふ・・・でも大丈夫よ、新年くらい神様もお目こぼししてくれるわきっと(こちらもまたちびちびやりながらウィンク・・・ほんのり頬が赤い)
        -- 2016-05-10 (火) 21:08:03
      • (ちぴちぴと飲む少年の顔は中々色が変わらない…が、酔いは確実に回っている)…そーだね。基本、いつも組手する子が武器だから…んー(酔うと言葉が減り頭が回るタイプ)
        グレイさんとは…俺が勝ったよ。リングアウトルールに守られて、だけどね(顛末を伝える)…多分、ルールがなけりゃ…(反撃で俺が負けてたよ、と頭で考えて口にしない)
        ……覚えておくよ(肩を竦める ニヒルな口調になるのは育て親の神父の影響か。グレイと言っていることが真逆なあたり新鮮だ、そう頭の中で思いつつ)
        ……確かに、そうかも…(考える。俺の服なら刀は通さない、芯を外して距離を縮めて打撃、相手が慌てて距離を離せば遠当て…行けそうだ。満足いく思考となり、笑みを浮かべた)
        神様は意外と頭が柔らかいのさ。こうして美人と酒を飲ませてくれるんだからね(年に似合わぬ恥ずかしいセリフを返しつつ。ウインクには笑顔で返した) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 21:22:41
      • まぁっ(半分は驚き半分は喜びの声だ)いいのよ、ルール無用の勝負なんてただの殺し合いだもの・・まずは勝った事、勝ちの感触をしっかりと覚えなさい・・・でも課題が見えたのなら、そこはしっかりと対策しておくのよ?そこにこそ成長の種があるのだもの
        (ニヒルな笑み、来る戦いへと備える瞳、そして歳に似合わぬ口説き文句と来たもんだそこに可愛い笑顔がプラスされれば)あら・・・坊や・・貴方、お酒が入っている時の方がずっと素敵になるのね?(机に肘を付き、少しとろんとした目で見つめて)
        -- 2016-05-10 (火) 21:36:21
      • まだカレリアさんに見せてない…技もあるしね…(ワインをゆらゆら)……勝ちの感触は、まだ持てたことはないね。少なくとも、人相手には…(精神的には負け続きだ)
        (……ふ、とまた笑う)よしてくれ…カレリアさんにそんなことを言われると。シスターに怒られる(誰がどうなることで結果的に怒られるのか。そこを少年は説明せず)
        酔うといつもこうなんだ(静かになり、頭が回るだけで言葉が出なくなるんだ…、と、言葉に出さず自嘲気味に)トラは…あいつは酔うと、面白いよ。訛りが出てくるからな… -- サザンカ 2016-05-10 (火) 21:56:01
      • 芸達者なのね・・・謙虚なのはいい事よ・・・ただ精神的な負けというのは後々響くわ・・・負けてもいいけど負け癖はつけちゃダメよ?
        まぁ酷い・・・こういう時に他の女の話題を出すものじゃないわよ(ちょんと突いて・・そのままつつりと顎を擽る)それとも私の嫉妬を買いたいのかしら・・?
        ふふっ言葉が出ない人のセリフじゃぁないわよ?・・・んもぅ・・また他の子の・・男の子だけど・・・話題を出すのね?(雰囲気台無しよとぱっと離れ、窓を開けて外気で酔いを醒ます)それにしても・・そう?あの子訛りなんてあるの?(くすくすと秘密を共有する子供の様な笑み)
        -- 2016-05-10 (火) 22:07:20
      • (最近は新しい歩法も覚えたんだけど…いつか手合わせするときに見せよう。そう思った)…負け癖はやだねぇ。俺は勝ちたいよ…強くなるんだ
        からかいも程々に、だぜ(喉元を撫でられれば、ぴこんと髪房が跳ねる)買える物なら買ってみたいけどね…(そういうんじゃない。そう、俺はわかってるんだ)
        ならカレリアさんの話にしようか。綺麗だよ、染まった頬がひどく魅力的でまるで女神アテナのようだ(口説き文句がおっさんくさいのも神父の影響か…悲しい酒癖を背負ったものである)ああ、可愛らしいのがね。今度酔わせてみるといい…(友人の貞操を少しも心配しないで)
        …(しかし、回る頭も少し回りが鈍くなってきた さすがに飲み過ぎだろうか)…ダメだよ、カレリアさん(そろそろ飲むのはやめるよ、とでも言うようにグラスを置いた)…子供だからね。まだ。 -- サザンカ 2016-05-10 (火) 22:15:49
      • そうよ・・・強くなりなさい・・・貴方にはその可能性があるもの
        あん・・・一気に大人っぽくなっちゃって・・・普段からこうならいいのに・・・(くすくすと中々悪くない口説き文句に微笑んで)えぇ・・機会があったらね?
        そうしましょう?(お互い小さなグラスの一杯目なのだが・・・流石に弱すぎるし、自分も少しは鍛えないとと思いつつ)・・・それにしても・・どうしてアルテアが怒るのかしら?(醒めてくれば頭も働いてきて、はてと小首をかしぐ)
        -- 2016-05-10 (火) 22:51:53
      • …勘弁してくれ(肩を竦める 子供扱いされている時よりもくすぐったい…)大人の真似事をしてるだけ…(まだ大人にはなれない…時間が必要だ。そしてその時間を生き残るための強さも)
        ……それは(酔いを少し覚まして)俺が本気になるから(と、告げて立ち上がった 足どりは問題なく、法力もしっかりと体内を巡っている 帰れそうだ)
        カレリアさんが意外に酒に弱いってことを知れてよかった、かな。次はもっと弱い酒を用意しておくよ(最後に、いつもやられてる意趣返しか、ウインクを返して)またね、カレリアさん(去っていった) -- サザンカ 2016-05-10 (火) 22:56:31
      • 本気?(なぁに?普段は手を抜いてるの?とからかうような調子も今は少し控えめに)・・・ねぇ坊や・・貴方・・・一体・・(それ以上の言葉が浮かばない「何なの?」なんて聞けなかった)
        ・・・ふふ、気なんか使わなくていいわよ、加減は自分で見極めるもの・・・(似合わないウィンクに肩をすくめて)ばぁい?(手を振って見送った)
        ・・・おかしい・・・やっぱり何かがおかしいわ・・・(今の少年の雰囲気も、強者の雰囲気を感じさせつつもそれを隠しているようなシスターもだ)・・・
        -- 2016-05-10 (火) 23:32:45
  • (『お探しのあんな品からこんな一品まで、お求めはよろず屋「」(無銘)までどうぞ!品物以外に失せ物探し人などよろず事引き受けます!』と書かれたチラシが置いてある) -- 2016-05-10 (火) 19:04:56
    • (チラシを手に取る)ふぅん?無銘だなんて、随分味気ないのね?
      ふふ、いいわ面白そう・・・後で行きましょうか
      -- 2016-05-10 (火) 19:11:35
  • ふふふ…わたしやったよ…(バイト採用決定!なんてことを報告しにくるわけだが…どこのモノ好きが雇ったのか気になるかもしれない) -- 陽子 2016-05-10 (火) 18:55:22
    • あらそうなの?よかったわね(手を合わせてニコニコと)それで・・どこに決まったのかしら? -- 2016-05-10 (火) 19:10:02
      • ほら、神社のちかくにドラッグストアがあったでしょう?あそこ(店主のルウジーのことを知っているなら、若干の…いや、かなりの不安があるかもしれない) -- 陽子 2016-05-10 (火) 20:28:57
      • あぁっルウジーの?(ポンと手を叩いて)あの子面白いわよね?・・ほらこれ見て?あの子の所で買った「ネズミにしか効かない毒薬」よ(となんだか楽しそうに掲げる)
        ネズミ以外にもしっかり効くのよこれ?(くすくすと)・・・少し抜けてる所があるみたいだったけれど、二人なら安心かしら?・・・
        -- 2016-05-10 (火) 20:39:57
      • ちょっと待てよ!?(ねずみ以外にも効いたら完璧アウトですよね!?と聞きたげな視線のメガネ)
        あたしがしっかりせねば…(なんということでしょう、心配な人間にさらに心配な人間をぶつけることでどっちかは自分が何とかしなければという意識が芽生えるという1:1交換が成立したのかもしれない) -- 陽子 2016-05-10 (火) 20:55:13
      • そう、そうなのよ!あの子にクレーム入れないとね?(何て言ってやろうかしらとうきうき)ふふ、大丈夫よ、まだ食べたのは虫とかだから
        えぇそうよ・・貴女がしっかり支えてあげてね?(良い傾向だと微笑ましく見守る・・・自発的な意識改善は根強くこの子の実になる筈だ)
        -- 2016-05-10 (火) 21:12:28
      • え?ああ…そうですよね(ネズミ以外にも効くって解っちゃったってことはなんか別のモノで…?と思ってたらしく虫だけにしか食わせてないと聞いてほっとする)
        そうよね…!まってろあたしのバイト代ーっ!(めざせダンゴ屋のツケ返済!などと叫びつつ、早朝ランニングで鍛えられたそこそこの足でバイト先にむかうのだった) -- 陽子 2016-05-10 (火) 21:24:23
      • えぇ・・すっっごくでっかいムカデよ?・・大鼠用に準備したんだけど食べられちゃってね?(びっくりしたわぁとコロコロ笑って)
        あら意外と足早いのね?・・・ふふ、励みなさいな〜(ぱたぱたと手を振って見送った)
        -- 2016-05-10 (火) 21:39:50
  • おなかすいた ごはんください -- 2016-05-10 (火) 17:47:25
    • まぁ♡・・これ私の肖像画?ふふありがとう・・・えぇいいわよ?こんな素敵な物を貰っちゃったんですもの、奮発してあげる(いらっしゃいと招いて) -- 2016-05-10 (火) 19:08:35
  • 「失礼……冒険者の、カレリア殿は此方に居られるだろうか。義勇兵に関心を持って居られると伺ったのだが…」
    (壮年の、見知らぬ男がアナタを訪ねて来た…色は違うが、装束はどこかの少年のものと似た作りで見覚えがあるかもしれない)*1 -- _ 2016-05-09 (月) 00:15:19
    • はあい?(戸を開けて出迎える)あら♡・・・素敵なおじさま・・義勇兵の方ね?・・・・・その服って制服だったのかしら? -- 2016-05-09 (月) 00:20:38
      • 「お初にお目にかかる、私はメンター。関係はあるが、義勇兵…というよりは、その後援団体の者になるか。」
        (何処かの少年とは対照的に大柄で、巌のように堅そうな印象を受ける男はそう名乗って)
        (ティアも自分と同じ所属であり、兵団の制服ではないので安心してもらいたい…と意外に穏やかな笑みを見せた) -- 壮年の男 2016-05-09 (月) 01:06:31
      • (メンターと名乗った男を招き、お茶なんかを出しながら)
        そう・・後援団体・・・という事はあの宿舎の管理何かもしていたりするのね?
        ふふ・・別に制服ならそれはそれでいいのよ(ふむふむと頷き)それで・・わざわざ私の所に来て下さったのは面接の為と思っていいのかしら?
        -- 2016-05-09 (月) 01:23:29
      • …ありがとう。面接と言う程でもなく…顔繋ぎと、意思確認と思ってくれていい。
        (あとは私的な頼み事をするかもしれないが、そちらは後回しにしよう…とお茶とともにひと息ついて)
        …人員を置いているし、あの宿舎に関しては我々も関わっているのは確かだ。 -- メンター 2016-05-09 (月) 22:07:50
      • そう・・・まず、私は自分の寝室を飛び回る蚊を許せる性質じゃないの・・・街に魔物が出て、それを殺すきちんとした組織があるのなら、その方針にはある程度従う意思があるわ(戦う意思がある事を告げて)
        そう・・・早速で悪いけれど・・あの宿舎はいささか年季が入りすぎじゃないかしら・・・あれでは休まるものも休まらないのではなくて?
        -- 2016-05-09 (月) 22:52:58
      • カレリア殿…心強い言葉と、我々の趣旨へ一定の理解を示してもらえた事に感謝したい。
        (厳つい男が深く頭を下げて礼を述べて)
        ああ、報告も受けている…確かに義勇兵たちの生活基盤としては心もとないか。
        (なるべく早い段階で働き掛けが必要である事を認めて) -- メンター 2016-05-09 (月) 23:25:35
      • よして、わざわざ頭まで下げられる程の物ではないわ
        衣食住が落ち着かないと人の心は摩耗する物よ・・・動物みたいだけれど、残念ながらこれが真実、資金繰りが厳しいのでしょうけれどもね?
        -- 2016-05-09 (月) 23:47:18
      • // -- 2016-05-09 (月) 23:50:55
      • 金銭もまた、縁の切れぬ命題よな…この先継続する事でもある。
        …ともあれ、近く他団体との会合で掛け合ってみよう。本気を示するべき時であるのは事実だ……
        (これからも忌憚ない考えを聞かせて欲しい…と告げて立ち上がり、見かけ通りの大きな手を差し出して。) -- メンター 2016-05-10 (火) 21:32:04
      • えぇ・・若輩者が生意気な口を聞いちゃったわ・・・(それでもよろしくね?っとおどけてみせて)
        (大きく積み重ねた年輪を感じさせる手を、こちらは優雅に取り、にぎにぎと)契約成立ね?・・何かあったらすぐに呼んで、応えられる限りを尽くすわ
        -- 2016-05-10 (火) 21:52:48
    • // -- 2016-05-10 (火) 00:17:56
      • // -- 2016-05-10 (火) 14:21:30
  • あ、カレリアさんっ (ギルドで魔女を見つけた少年が、子犬のように駆け寄った)
    こんばんはカレリアさんっ これから冒険ですかっ? (こちらは戻った所なのか、ちょっと汚れた姿で) -- 虎彦 2016-05-09 (月) 19:25:47
    • こんばんわ・・こちらも終えた所よ?(席に着き優雅な感じにお茶を飲みつつ子犬の様な雰囲気に思わず嬉しそうにして)
      ・・・ちょっと坊や・・少し汚れているわよ?どこ行ってきたの?(ハンカチを出すとほら来なさいと頬を拭おうとして)
      -- 2016-05-09 (月) 20:04:18
      • 終わったところ、ですか? (キョトンとしてから、砂に汚れた顔に笑顔) 気乱れもないから、これからかと思いましたっ
        やっぱりカレリアさんはお強いですねっ (この間の同行を思い出して、何度か深く頷いて そこに、カレリアのハンカチ)
        んむっ ん… (子供のように無防備に頬を拭ってもらい、キョトンとしてから頬を染め、)
        あ、有難うございます…っ で、でも子供じゃないから、大丈夫ですよっ (年頃らしい強がりを見せて、) 汚れちゃったし、洗って返しますよっ -- 虎彦 2016-05-09 (月) 20:12:48
      • ふふ、女は身だしなみにも気を使う物よ・・・いえ、立派な男でもそうね
        坊やだってすぐに強くなるわ、今は成長期ですもの(ささっと拭い)そうやってすぐ強がるんだから、いいわよそんな気を使わなくて(くすりと笑って赤くなった頬をちょんとつっつく)
        -- 2016-05-09 (月) 20:29:14
      • あはは…僕はまだ、どうにも、服を汚しちゃって…っ まだまだ修行が足りないですねっ (一歩離れてから、ぱっぱと軽く服の汚れを払って照れ臭そうに)
        ん、もっと強くなりたいですけどー…っ あ、あのっ、坊やじゃなくって、虎彦です…っ (最後の方は、恥ずかしそうに小さな声で、でも歯切れ良く主張して)
        (頬を突かれれば、気恥ずかしさでもう少し頬を赤くして でも、それ以上の子供っぽい負けん気で、ちょっと頬を膨らませた) 一応、故郷では成人してるんですからねっ -- 虎彦 2016-05-09 (月) 21:24:39
      • そうよ粗野なのが男らしいだなんて嘘・・男だって身ぎれいにしないと女が寄り付かないわ
        あぁらごめんなさいね坊や?(膨らんだ頬を更に突っついてからかう)・・・坊やが一人前の男になったと認めたら、名前で呼んであげる・・・
        (それから少し考えるように指輪を弄り・・)ねぇ坊や・・・坊やが、「自分の勇気を示した」と思う瞬間って・・どんな時?
        -- 2016-05-09 (月) 21:43:15
      • 女性が寄り付かない…ん、むむっ (ちょっと気にしたように汚れた自分の袴を摘まんで見下ろす 意外と、思春期らしい所もある)
        もー、また坊やってっ …でも、確かにカレリアさんから見たら子供かなあ… (小さく首を振って頬をつつく指から逃げつつ、唇を尖らせて渋々納得)
        …自分の勇気を、ですかっ? (不意の問いに目を瞬かせ、照れた顔から一転して真剣に悩む様子) … (そんな時は、子供っぽさよりも一端の男らしさが勝る)
        自分が臆病だって、気づいたとき、ですっ (そう答えた少年の目は強く輝いて) 怖くて、逃げたくなった時に、その上で、しっかり前を向ける気持ちが、勇気ですっ
        (言い切ってから、ほにゃ、とまた子供のように笑って) …って、小さいとき、魔物の群れから僕を助けてくれた冒険者さんが、言ってたんです 僕の心の芯になった言葉ですっ まだ、受け売りだけど -- 虎彦 2016-05-09 (月) 21:52:21
      • (気にする様子にくすくす笑って)ふふ、一丁前に気になるのね?(渋々納得する様にもにっこり)聞きつつも素直に納得はしない・・・ふふっ坊やは見込みがあるわ
        (少し雰囲気の変わった少年に「へぇ?」と呟きながら)自分が・・?そう・・・・・(怖くて逃げたくなった時・・と反芻する様に呟いている)
        (少しぼぅっとしていたから、彼のほにゃっとした笑顔に反応するのが遅れたり、でもすぐにいつもの調子を戻して)・・ふふそうなの?その人に感謝しないとね?(思わずといった風に少年の頭を撫でる、その手は陽だまりの様な温もりを帯びていた)
        -- 2016-05-09 (月) 22:13:36
      • べ、別に、ただその、みっともない格好は失礼かなって思っただけで…っ (ごにょごにょっ、思春期だっ) 見込みって何ですかあ…っ (なんか恥ずかしかった)
        はい、お蔭で今こうして、旅をしてカレリアさんや新しい友達に会えましたからっ 冒険をしようと思ったきっかけなんですっ …んっ
        (頭を撫でられ、またちょっと言い返そうと思ったけど その手の温かさに思わず口を閉じ、知らず、心地よさそうに目を細めてしまう)
        …って、あ、の、そのー…なんか、やっぱり恥ずかしいです、カレリアさん…っ (ギルドの中でのそんな様子を、にやにやと眺める冒険者たちの目に気付いて、マフラーに赤い顔を沈めた) -- 虎彦 2016-05-09 (月) 22:24:12
      • いい男になる素質があるといったのよ(ウィンクと共におどけてみせて)
        その人にもっと話を聞いてみたかったわね・・・自分を臆病だなんて思った事はなかったから(困ったわと肩をすくめる)
        ふふっ照れなくていいのに・・・ま、男の子にこれ以上恥をかかせるのも良くないかしら?(手を放し、マフラーの位置を直したり身だしなみと整えてあげたりする)
        -- 2016-05-09 (月) 22:58:40
      • んぐっ …あ、ありがとう、ございます…っ (大人の人にはかなわない、と思い知りながら、赤い顔を持て余す)
        臆病さを受け入れた上で立てるのが、本当の勇気だっ、て言ってました (懐かしむように目を細める 小さいころから自分の心の中にあり続けるヒーローだ)
        てれてないですしー…っ (でも、撫でる手を追い払う事も出来ず、犬が飼い主に甘えるように目を閉じて) …ん、こ、子供じゃないですから、自分で直せますようっ
        (マフラーや髪を直されれば、少し慌てて自分で直して、慌ててるのでもっと変になりながら) っと、 (そこで、受付からの声)
        報酬計算が終わったみたいです カレリアさん、今日はこれでっ (照れてても、おじぎはきちんと) また今度、ですっ (でもちょっと視線を外して恥ずかしそうにしつつ、受付に走って行ったのだった) -- 虎彦 2016-05-09 (月) 23:11:39
      • ふふ(赤い顔にニコニコとしながら)・・・そう・・・臆病さを受け入れた上で・・・ねぇ・・・
        (こういう所が可愛いのよねぇと口には出さずに直して)あらそう?・・・変わったセンスねぇ(変になっていく様にくすくすと肩を揺らして)
        えぇ・・それじゃぁまたね?(ぱたりと手を振って見送り、またお茶を一口飲む)

        ・・・・・・困ったわ・・怖いだなんて、思った事ないもの・・(それが押さえつけられた物だと気づくのはまだ先の様だ)
        -- 2016-05-09 (月) 23:26:01
  • 恋したそのセツナはじまる〜運命のビートに導かれて〜♪(聞き覚えあるだろう声が聞こえてくる) -- らん 2016-05-09 (月) 17:54:50
    • あら?今日は恋の歌かしら?(何て微笑みながら声の聞こえる方に歩いて行って) -- 2016-05-09 (月) 20:01:15
      • run!run!胸弾ませ奏でるよラブリズム♪カレリアさんいぇーいっ!ファンが増えて新しい曲を手に入れたんだっ
        だから嬉しくて練習を兼ねて歌いながら歩いていたんだーっ -- らん 2016-05-09 (月) 21:23:42
      • はぁい(ぱたりと手をふり挨拶)・・あら?・・・ファンが増えると新しい曲が増えるの?(どういうからくりかしらと笑って)
        そうなの・・ふふ、よかったわね?(といいつつふぅん・・・?とらんの姿をしたから上まで見つめる・・・)可愛らしい格好だと思っていたけれど・・目は出した方がいいんじゃない?(目に悪いわよ?とかき上げる様に撫でて)
        -- 2016-05-09 (月) 21:37:45
      • それもまたよくわからないんだー、ですろ…えっとそれでね!このうた歌詞にrunって単語が入ってて気に入ってるの
        (どうやら彼女の魔法の真相を知るものはいるが、それは彼女が隠す必要がある事情も孕んでいるらしい)
        髪はですねっ、すごいお恥ずかしい理由なのです、人前で歌うと目線がどうしても気になって緊張するからなんだ(パチパチとまばたく瞳は綺麗な黄金色) -- らん 2016-05-09 (月) 22:00:40
      • ・・・ですろ?・・・ふふっなぁに?女の子の秘密かしら?(何かを隠す様子に頬を突きつつも気にした様子はなく)そう・・ふふ貴女のお名前だものね?・・・すこしおませだけれど、貴女の歌ね?
        そうなの・・綺麗な目をしてるのに・・なんだか勿体ないわ・・・そうよ、歌っていない時くらいは髪を上げたら?きっと段々と人の目にも慣れてくるわよ(メカクレいらねぇんじゃねぇかなぁする、酷いぞ)
        -- 2016-05-09 (月) 22:45:51
      • うん、女の子は秘密が多いほうがいいって占いの本にもあったよっ、そうそう、そうなんだよっ
        なんだか自分のことみたいで…ふえ?そ、そんなんじゃないよっ
        うーん…でもこれはアイドルとしてのチャームポイントに良いかなって最近は思ってるよっ、いままでメカクレアイドルっていないもん、成功したら私が一番だって思うとね、頑張れると思うの -- らん 2016-05-09 (月) 22:53:03
      • そうよ・・・秘密は女を美しくするわ?大事になさい?(くすっと微笑みかけて)
        (慌てる様に更にニヤニヤして)あらなに照れているの?ふふ、気になる男の子でもいるのかしら?・・恋の歌だものね?
        そう・・メカクレ?(はてと小首を傾げつつ)チャームポイントじゃ仕方ないわねぇ・・・私はその目も綺麗だと思うのだけれど・・・いえ・・綺麗だからこそ隠すのね?(なるほどと納得いったように頷いて)
        -- 2016-05-09 (月) 23:02:15
      • 好きな人はいっぱいいるよっでもラブかというとライクかな?いつか会えると良いなっ
        これぞ瞳のチラリズムっ!なんだよ 何気ないものも隠してみるといざ見つけたときに喜びがうまれるんだよっ
        (そう言って前髪を戻す、時々のぞく瞳はとても楽しげに笑っていた) -- らん 2016-05-09 (月) 23:19:02
      • あら、それは残念ねぇ・・そうね、いつか・・ね?
        随分大人びた言葉を知ってるのね(ふふふと微笑まし気に)・・自分の魅力を知った女は無敵よ?励みなさいな?(楽し気な瞳にこちらまで笑顔になって)
        -- 2016-05-09 (月) 23:36:51
      • はいっ!これからも魅力いっぱい皆を笑顔にしちゃうんだからっ(大きく手を突き上げ)
        カレリアさん、またねっ…っていってもすぐ会うんだろうなっ、色んな歌聴いて欲しいもんっ(またね、と手を振って) -- らん 2016-05-10 (火) 00:03:11
  • (大道芸に集まった観客の中にバゲットを3本抱えて立っていた。見る見るうちにかじっていた一本が腹に消える)
    はぁー……あんな風に芸と一緒に宣伝とかすりゃ効果あるんかなあ……いやいっそロビーの中で…? -- ヴェスビオ 2016-05-08 (日) 23:27:57
    • (ボールのジャグリングをしながらステップを刻んで観客を楽しませている・・そして一度それを終えると)
      (不意にヴェスビオの前に近づいてくるとその足元を示す・・・カレリアを中心に広場に円が引かれており、その内側に足が入っているからどけろと身振りで示される・・・どうも声を出したらいけないお約束があるらしい)
      -- 2016-05-08 (日) 23:54:15
      • ……?......ひえっ!?(自分の足元を注意されたと気がついて、くわっと目を見開いた恐怖と驚愕の表情のまま文字通り真後ろにスライドした)
        (そのまま止まらず観客の輪を抜けてさらに2mほど離れてようやく止まった)ガクガクもしゃもしゃ(残ったバゲット二本が腹の中に消える) -- ヴェスビオ 2016-05-09 (月) 00:03:45
      • (ヴェスビオが離れたのち、円にぴったりと沿う様に一輪車で進みながらジャグリングを披露する・・円の上に足を置いていたらそのまま踏まれていただろう)
        (そんなこんなで興行が終わり、帽子にお金を集めてもらうとなんかガクガクしている女の前に近づいていく)
        貴女、大丈夫?・・・ごめんなさいね?そんなに怖がるとは思わなかったの(くすくすと笑いながら)
        -- 2016-05-09 (月) 00:17:26
      • ひぇっ!なんぞ粗相しちまって申し訳ねぇだ!((めっちゃバックスライドで離れる)
        こんだけ観客が集まるなら宣伝したら広まんねぇかと、ボーっと考え事しちまってただ。許してくんろ -- ヴェスビオ 2016-05-09 (月) 00:25:03
      • (ふぅと溜息を一つ)粗相も何も、貴女は私の興行になんの関係もないじゃないの、それについて謝られても困るわ(さっさと後片付けをして)
        宣伝?・・・宣伝ってなんの?(道具を鞄に入れて担ぎながらまた近づいて)
        -- 2016-05-09 (月) 00:40:39
      • こりゃ失礼しましただ、私は近所で風呂屋をやっとるヴェスビオと言うもんだで......
        宣伝つうのはその風呂屋んことだべ。まあ、私は字が書けんでチラシとか配れんでなぁ -- ヴェスビオ 2016-05-09 (月) 00:49:18
      • お風呂屋さん?・・・それで人を集めて、宣伝をしようって?(関連性が無さすぎない?と肩をすくめる)
        案としてはいいけれど、興行の人を雇う余裕があったら絵が書ける人を雇ってチラシを作らせる方がきっと現実的よ?(字ではなく絵だと強調する)
        -- 2016-05-09 (月) 00:55:34
      • へえ、まあ......風呂屋はこの辺にあるべやって歌って回るとか......できねぇ想像だべな...
        誰かになぁ......絵が描ける人とチラシが作れる人をさがさねぇとなんねかな......ひぃぃ(ぶるぶる震える)
        あ、お客さんも、でかい風呂に入る気分だって時はうちの風呂屋をよろしくお願いしますだ(小さくなったまま去って行く) -- ヴェスビオ 2016-05-09 (月) 01:10:33
      • 吟遊詩人じゃないしねぇ私は・・・・そういえば歌の得意な子がいたわね・・?
        原版作ってしまえば後は刷り放題配り放題と思えば個人の技能に縛られない分効果は高いわ・・・ってぇなんでまたショック受けているのよ
        ・・えぇ考えておくわ・・・(お大事にと見送る)・・・お風呂ねぇ
        -- 2016-05-09 (月) 01:31:33
  • (街を歩いている、いつもの魔女ルックで)
    (その時、隣を歩いていた黒猫が走り出してしまう)
    あ、ネネ! 待って……どこいくのー…(慌てて走って追いかける)
    (するとそこには広場が)あ、あれ……カレリアさん?(ちょっと前に店に来た彼女を見かけて声をかける) -- レイレイ 2016-05-08 (日) 19:26:44
    • (レイチェルが声をかけた先、街路樹と街灯との間にロープが張られ、その上にカレリアは立っている、動きやすそうなスーツ姿、小銭収集用のシルクハットが下に置かれている)
      (そしてロープの上でステップを刻み、くるりくるりと回ってバランス感覚をアピールする・・残念ながら観客はまばらだが女はそんな事など気にも留めずににこやかに笑顔を作って礼をする)
      (そしてレイチェルの声が掛かればウィンクと共に唇に人差し指をたてて「今はダメ」と示すのだ・・・演技は終盤、とんとんと歩き、跳ね、くるりと飛んで降り立ち改めて礼をするとこれを終えて)

      (後片付けをしながらレイチェルに手招きをする)はぁい?見られちゃったわね?
      -- 2016-05-08 (日) 19:48:11
      • (信じられないものを見たという表情、ちょっと眼鏡がずれる)
        (慌てて両手で眼鏡の位置を直して大道芸を見守る)
        (そしてこっちに今はダメという感じのジェスチャーを向けられるとすごい余裕だと感心しながら芸を見守ったのだった)

        (拍手をしながら近づいて)すごいですよー。まさかカレリアさんにこんな一面があったなんて。 -- レイレイ 2016-05-08 (日) 19:53:40
      • (ぱたぱたと鞄に入れながら)ふふっ意外だったかしら?偶にやっているのよ(ネネにもはぁいとぱたぱた手を振って)
        あぁそうそう、この前戴いた薬はよく効いたわ、また買いにいくわね?
        -- 2016-05-08 (日) 20:12:02
      • へええ。魔女というだけでなく、大道芸人としても頑張っているんですねー。
        (ネネは手を振られると尻尾をゆらりと二回振って、ぶなーと低い声で鳴いた)
        あ、効いたんですか。よかったー、お薬の調合だけは自信があるんですよ。
        ところでカレリアさんは何か得意な魔法とかあるんですか? -- レイレイ 2016-05-08 (日) 20:17:38
      • こっちは趣味よ、そして本業は冒険者なの・・・そういう意味では私は職業としての魔女ではないわね
        あら、ようやくお返事が聞けたわね?(低い返事に嬉しそうに笑って)あ、そうだ・・食べる?(猫用ジャーキーを見せる・・・この女、持ち歩いていたのだ)
        得意な事、好きだと思う事はどんどん伸ばしなさいな・・・私?私は・・・・・
        (一通り荷物をまとめた荷物を持つ、そして人の目が一瞬外れた瞬間)アレックス(声をかけるとふわりと波打つように服がスーツからドレスと三角帽子に変化する)ゴーレムの作り方と扱い、それを主に学んでいたわ
        -- 2016-05-08 (日) 20:46:05
      • 職業魔女ではなく、本業は冒険者と……な、なるほど…冒険者って勇気がないとできませんからね。すごいです。
        わわ、ネネが人前で鳴き声を出すなんて珍しい。(そのまま黒猫は相手の足元に擦りより、頭を足にこすり付けた)
        はい、これからも人を治すお薬をどんどん調合していけたらいいなって。
        わ、わわ……(姿が変わると眼鏡を指で直しながら見る)ゴーレム。
        ……その、今後ゴーレムと戦うかも知れないんですよ。なので、ゴーレムの基本について教えていただけたらありがたいなぁと。 -- レイレイ 2016-05-08 (日) 20:52:03
      • 勇気なんてたいそうな物じゃないわよ、この仕事が性に合っているだけ・・貴女が好きで製薬したりあのお店を持っているのと同じよ
        ふふふ・・可愛い子ねぇ・・・次に飼うなら猫かしら・・・(しゃがんでジャーキーを与えつつなでなでして)
        あら?貴女戦いなんてするの?悪いけれどあまり向いているとは思えないわ?(魔女としての優秀さと戦士としてのそれはイコールでないと苦言を呈す・・・それでも)
        ・・・特別よ?普通は自分の術法なんて教えないんだから・・・ゴーレムの本質や成り立ち何て専門的な事は省くわ、私その辺りの講義は寝ていたから
        ゴーレムは大きく体とコアに大別できるわ・・体については土くれの人型って基本はあれどもどんな物でもいいのよ、技術があれば今みたいな服でもね?
        問題はコアよ(ぴっと紙を取り出し「אמת」と「emeth」と記入する)これには何の念も込めてないから起動しないけれど・・それがどういった形であれゴーレムである以上はこういった文字が刻まれているわ・・・言語圏の違いで二種類あるけれど・・ひょっとしたらもっと多いかも・・・とにかく、この文字を見つけたら「א」か「e」を消しなさい・・・文字の意味が「真理」から「死」に代わって自壊するはずよ
        -- 2016-05-08 (日) 21:12:31
      • 性に合ってるから、ですか。確かに、好きこそ物の上手なれ、って言葉もありますからね。
        ネネが懐く人は、魂の匂いが良い感じの人らしいです。魂が良い匂いの人。
        そう、なんですけど……運命、なので……(言いよどむ、説明のしづらいことだ)
        真理……一文字、消す…つまり、それができればゴーレムは倒せる………
        ……すいません、無理を言って…でも、どうしてもあるゴーレムを倒さなくちゃいけなくて……本当に助かりました。
        (眼鏡が一瞬、光の加減で透けて金眼が見える)…戦う勇気を持たないといけないんです。 -- レイレイ 2016-05-08 (日) 21:28:24
      • (くすっと笑い)それもあるけれど・・・私は職業としての魔女じゃないといったわよね?・・・魔女の信条にこういう一文があるの・・・「An it harm none, do what ye will」・・・「誰も傷つけない限り、汝の意志する事を為せ」・・私は魔女という生き方を選んだの(結局魔物を傷つけているけどねっとおどけて)
        運命・・・(運命を見る力は自分にはない・・だが運命によって導かれる物がある事は知っている)そうなの・・・辛いわね(そっと頬を包み、撫でる・・・そしてぐっと顔をこちらに向けさせ言い聞かせる様に)
        倒せる・・じゃないわ、殺すのよ・・・ゴーレムは作られた魔法の人形だけれど・・まがい物でも命なの・・・それは忘れないで(それだけ言ってぱっと離れる)
        勇気ね・・そういえば最近もそんな話を聞いたわね(右手の薬指に嵌った指輪を見る)・・・ねぇレイチェル?貴女アトリアという名前に聞き覚えはある?
        -- 2016-05-08 (日) 21:54:28
      • …………。(相手の言葉を聞いて首を左右に振る)魔物は人間を傷つける。傷つけるよりたくさんの命を守っているんですよ、きっと。
        (俯いていたが頬に手を当てられて顔を上げる)は、はい……殺す覚悟を持たないと、いけないんですよね…
        アトリア? あのエンシェントドラゴンの一種、ベールトドラゴンの個体名ですか?
        佳き時代(ベル・エポック)の頃に存在していたらしいですが、何故、そんな話を? -- レイレイ 2016-05-08 (日) 22:15:55
      • ・・そうね・・・兎に角、殺ると決めたのなら迷わず殺りなさい・・そうしないといけないのなら猶更・・・そして目を逸らさずしっかりと受け止めるの・・私はそうしてきたわ
        知っているの?私は知らなかったわ・・(知識も磨かないとダメねこれはと唸り)ん?ふふ、大した事じゃないのよ
        (指輪の嵌った手を掲げる)其処の森でこの前会ってね?誓約という物を結んでみたの・・・なんでも勇気を示す行動をとるとプレゼントがもらえるらしいわよ?
        -- 2016-05-08 (日) 22:27:57
      • ……わかりました。自分の……自分なりの答えを出して…ゴーレムと戦おうと思います……
        えっ……!? ベ、ベールトドラゴンと会ったんですか!?(珍しく声を上げる、そして往来であったことを思い出して口を噤む)
        ……伝説じゃないですか…すごいですね、しかもあのドラゴンと誓約まで……… -- レイレイ 2016-05-08 (日) 22:37:38
      • 普通だったら絶対止めるか、代理に立っていた所よ・・・運命ってずるい言葉ね?
        (しーっと唇に人差し指を当てる・・別に騒いでも問題はないのだが)えぇほとんど偶然みたいな物だったけれどね?・・だから大した事じゃなかったわ・・多分貴女でも行けば会えるわよ?(そういって場所と会い方を告げて)
        -- 2016-05-08 (日) 22:53:40
      • ふぇへへ………こればかりは、人に任せるわけにはいかないですからねぇ。
        あ……(あれだけ求めていた力、でも)…ごめんなさい、私は今、誓約している相手がいるので。
        二重契約は、やっぱりまずいですよ。それでは今日はこれで。ありがとうございました、カレリアさん。 -- レイレイ 2016-05-08 (日) 23:04:19
      • あら?向こうはそんな事気にしていないと思うけどね?お互いの契りというより、私からあの子にした誓いですもの、多重にはならない筈よ
        ま、貴女がそれでいいと思うのならその心に従いなさい?それはきっと正しい事よ(ばぁいと手を振って見送って)
        ・・・(ふぅと一息、ああは言ってくれたが、やはり自分は薬で誰かを癒す事のできる彼女を尊敬せずにはいられない・・・それだけにその選択は悲しく思う)メガネで気付かなかったけれど・・綺麗な目ね・・・
        -- 2016-05-08 (日) 23:11:02
  • あー……カレリア、魔女かぁ……どこにいんのかねぇ (広場を歩きながら依頼書を見て頭をぽりぽり掻く) -- レクトール 2016-05-08 (日) 13:32:36
    • あら?私の名前を呼ぶ鳥さんはどなた?(折よくすれ違ったスーツにシルクハットの興行帰り風の女・・・くるりと振り返った時にはローブに三角帽子になっている) -- 2016-05-08 (日) 13:44:09
      • ぬおっ?(擦れ違った女の早着替えに少々驚く) イリュージョンかね、俺の眼でもよく見えないたぁやるねぇ姉さん…(羽っぽい手で拍手する)
        しかしバッタリ会えるたぁ今日は風向きがいい。俺はレクトール、流れの冒険者だ。アンタこの依頼受けてるだろ?
        (そう言って持っていた依頼書を見せる。カレリアが受けた魔物狩り依頼の筈だと説明する鳥男) -- レクトール 2016-05-08 (日) 13:52:23
      • ふふっ魔女ですもの(優雅にそっと手を取って)よろしくレクトール
        (くぃっとメガネを直して依頼書を眺めて)えぇそうね・・・それを持っているという事は・・貴方が今回のパートナーかしら?
        -- 2016-05-08 (日) 13:56:12
      • ……魔女だから、って便利だな……お、おう。よろしく頼まぁ (躊躇いなく手を取られると僅かに動揺しつつ応える)
        ああ。察しがいいな……本当はジョン・スミスって剣士が受ける予定だったが食中毒にかかったらしくてなぁ。俺がヘルプで入った
        ……街を適当に歩けば見つかると言われたが、本当に見つかるとは驚き桃の木だぜぃ -- レクトール 2016-05-08 (日) 14:05:15
      • (拍手が握手に見えたのは秘密だ、メガネを直してどやっと誤魔化すぞ)
        あら?今はそういう季節でもないのに気の毒な話・・貴方にも予定があったでしょうに大変ね
        ぶらりと歩いていたらいきなり声が掛かったんですもの、こちらこそ驚く山椒の木よ
        -- 2016-05-08 (日) 14:17:55
      • (美人の眼鏡クイッは画になるので誤魔化されることにする中の人)
        んあ? いや俺ぁ常にお仕事募集中だからいいのさ、サルモネラ菌に感謝すら覚える。この街に来たばかりでお得意様もないしな〜
        はははっ、すまねぇ。まさかこんな広場に魔女さんがいるとは思ってなかったもんでね?
        ここはそういう街っての失念してて失礼しちまったかな -- レクトール 2016-05-08 (日) 14:28:16
      • まぁ怖い、悪い卵が出回っているのかしら・・・(お得意様がいなかった所に折よくライバルのいなくなった鳥男を意味ありげな視線で見たり見なかったり)
        失礼な事なんて何もないわ、この辺はよく歩き回るのよ、暇だし、面白いものも多いしね・・・言われてみればこの街はそういう街でもあるのよね、変な格好の人ばかり・・
        -- 2016-05-08 (日) 14:49:22
      • ハッ 卵ってそういう……いやいや、雄は産まないから。俺っちツッコミは苦手だけどこんな感じでどうよ?(彼なりにベストを尽くした)
        寛容なお嬢さんで助かったぜ。…な〜るほど、カレリアさんは割とアウトドアな魔女でいらっしゃるようで
        格好も俺の知ってる陰気な魔女とは大違いだ…っと、変って意味じゃあねぇぜ? シャレオツだって褒めてんのさ〜 -- レクトール 2016-05-08 (日) 14:59:35
      • イイ感じよ♪(ウィンクして)・・・意外かしら?・・引き籠って研究ばかりする様な教えには馴染めなくてね?気づいたら荒っぽい事ばかりしていたわ
        ふふっありがとっ(踊る様にくるりと回って)貴方も・・・もう少し綺麗な格好をしてもいいと思うわ?鳥は大体おしゃれ好きでしょう?
        -- 2016-05-08 (日) 15:29:29
      • んー…どうかね。魔女と言えばインドアってイメージはあるが、アンタはエレファント…じゃねーや、エレガントなタイプかね見たところ
        …え、俺が? あー…鳥がお洒落好きってのも先入観な可能性ない? 何にせよ俺っちは遠慮したいかな
        派手なのはどうも性に合わねぇ(仕事柄、目立つのは避けたいしな…) 依頼でも地味ぃ〜に援護させてもらいますぜ姉さん -- レクトール 2016-05-08 (日) 15:47:17
      • まぁっ酷い言い間違え(くすくすと笑いながら弄るが、その例えはある意味言いえて妙かもしれない)
        あるわ、鳥のオスはおしゃれできれい好きで、女に対してとても真摯だっていうね?(それは残念っとあまり気にしていない様子で肩をすくめて)
        地味でも堅実ないい仕事をしてくれる事、期待しているわ・・・私、割と前に出るタイプだから(よろしくねっと)
        -- 2016-05-08 (日) 16:02:44
      • ハハハ……生憎と俺ぁ女性の扱いはとんと駄目でね。手加減していただけるとありがてぇ…かな?(押しに弱そうな中年感)
        その代わりに戦闘で何とか埋め合わせるしかねぇかなこりゃ……じゃ、また後ほど依頼で会いましょうや
        (そして依頼当日、本当に前に出る魔女を見て驚きつつも燻し銀な援護に徹したという…) -- レクトール 2016-05-08 (日) 16:11:22
      • あらダメよ?男はもうちょっと強気じゃないと(楽しそうに笑いながらそれじゃぁねと別れた・・・その後はレクトールの見たとおりである) -- 2016-05-08 (日) 16:27:31
  • うーん…(あの魔女?さんどこに住んでるんだろう?と出没情報のある場所を探してみるもなかなか見つからない)
    (こういった契約の類は『アフターケア』が重要であるというのはイザヨイの言葉であるが、賽銭放ってご利益頼むことが契約であるかは陽子には疑問であった) -- 陽子 2016-05-08 (日) 08:41:37
    • あぁら、いつぞやのお嬢ちゃんじゃないの?(ヒールを鳴らして横合いに立つ魔女)
      学校の帰りか何か?
      -- 2016-05-08 (日) 09:19:24
      • えっ?まあそんなとこ…かな?(下校途中であることに変わりはないのでそういうことにする、した)
        でー…どう?ですか(『どう?』と言うのは非常にあいまいで話を切り出すのに便利な言葉である、切り出された側がいま感じている問題などを自分で判断して喋ってくれるからだ) -- 陽子 2016-05-08 (日) 10:27:33
      • 「どう?」だけだと随分曖昧な表現ねぇ・・・聞きたい事があるのならもうちょっとはっきり言ってくれないと(あの時何かしてもらったかしら?と思案して)
        お嬢ちゃんのほうはどうなの?(くすっと楽しそうにそのまま聞き返す)
        -- 2016-05-08 (日) 10:35:52
      • だからその…冒険のこと?とか?(ご利益の不履行なんてことになったら信用問題だ、などといったことを心配している らしい)
        あたし?あたしは…期末テストが前より手ごたえありそうだーとか…遅刻癖がなおらねーなーとか…お金欲しいなーとか…(仮にも思春期である、いろいろお悩みはあるらしい) -- 陽子 2016-05-08 (日) 10:43:18
      • あぁその事?(なんかちょっとわざとらし気に)順調よ、悪い事が無かった辺りご利益でもあったのかしらね?(安心させるように笑って)
        らしい悩みねぇ・・・普通だったらバイトでもしてお金溜めたら?って思うんだけれど・・神社があの寂れ具合じゃぁ放っておく訳にも行かないわよねぇ
        -- 2016-05-08 (日) 10:53:30
      • あーうn…それなら、よし…(とりあえず満足はしてるみたい…しすぎでもこまるけど…と)
        うっ…(バイトの話題をふられると渋い顔、高校生になってからというもの1週間もったバイトはひとつもないくらいの役立たず)
        …そ、そう…あたしがしっかりしないとね…(助け舟だろうか?家の手伝いしてるということにしておくことにした) -- 陽子 2016-05-08 (日) 11:03:50
      • ふふ、心配してくれたの?後の事もちゃんと考えられるのは大事な事よ(ありがとうと告げて)
        ・・・?(まさか働いても持たないだなんて思いもよらず)ふふ、だったらあまりサボらない様にしないとダメよ?・・・ねえ、神社のお手伝いってどんなことをしているの?
        -- 2016-05-08 (日) 11:12:30
      • ま…まーね…(あいつ、ソトヅラはいいからあたしもこうやって褒めてもらえるわけだけど…なんかフクザツ…と渋い顔)
        えーと…掃除とか…お賽銭数えたりとか…(それくらいである、その他の一切はイザヨイが取り仕切っているらしく詳しくは知らない) -- 陽子 2016-05-08 (日) 11:25:29
      • ・・・なんだか歯切れが悪いわね・・大丈夫?(さっきから渋い顔が多いので不思議そうに)
        ・・・それだけ?・・あまり大変じゃぁなさそうね・・・サクッと終わらせて時間を作っちゃえばいいじゃないの
        -- 2016-05-08 (日) 11:47:24
      • だだだ…だーじょぶ!ぜっこうちょうだよ!(もともとハキハキ喋るほうではないが、キョドりつつ答える)
        サクっと…おわんねーし…(神社はああ見えてわりと広い、独りだといっぱいいっぱいなところもあるが何しろこのメガネは要領が悪く作業が遅い)
        じゃああたし、こっちだから…(これから家に帰ったらまた神社のそうじが待っている、という事実も手伝って欝々としたオーラを出しつつ家路に戻った) -- 陽子 2016-05-08 (日) 12:11:19
      • (愚痴を垂れて去りゆく少女を見てふぅっと息を付き)待ちなさいっ(呼び止める)
        (カードを取り出し「אמת」と記入して投げ渡す)それを箒に括り付けてみなさい、きっといいことがあるわ
        (それはゴーレムのコア・・・付けられた箒は自動で自動で動き回って掃除をしてくれる事だろう・・・掃き掃除だけだが)それじゃあね?
        -- 2016-05-08 (日) 12:18:07
  • (肉まんを買食いしている時に、純白のドレスに身を包んだ女性が目に入って)うっわあすごいセンス……あの裾なんか地面についてるけど大丈夫なんですかね……(と、おもわずジロジロ見てしまう) -- グリューエル 2016-05-07 (土) 20:51:10
    • (心配そうに見つめられているが、そこは女としてのテクニックがなせる技か、ギリギリのところで擦らない・・・ちょっと擦る)
      ちょっと失敗だったかしらね?・・・あら?(足元を見て、それから顔を上げると肉まん咥えた少女と目が合って)あら、こんにちはお嬢ちゃん
      -- 2016-05-07 (土) 21:01:01
      • え。……ああ、すいませんじろじろ見てしまって(無意識だったようだ、声をかけられるとは思ってもいず)
        ……普段から、そういう格好を?(聞きにくいことを聞く少女だった) -- グリューエル 2016-05-07 (土) 21:09:43
      • いいのよ・・・ちょっと派手過ぎたかしら?(どう修正した物かと唸る)
        偶に気が向いた時にね?(気はよく向く)まぁ普段も似たような恰好ではあるけれど
        -- 2016-05-07 (土) 21:21:52
      • ええ、相当……結婚式でもあげているのかと思いました。その割にはお相手がいませんし。
        そうですか……(そういう人もいるんだなあ、という認識)しかし、その三角帽……色はあれですが、まるで魔法使いみたいですね -- グリューエル 2016-05-07 (土) 21:25:56
      • その勘違いは嫌ねぇ・・・それにしても貴女、結構歯に衣着せぬ物言いをするのね?(そういうの嫌いじゃないわとワラって)
        「みたい」ではないわ、魔女よ・・・普段はもうちょっと黒めの格好をしているわね
        -- 2016-05-07 (土) 21:45:00
      • ああ、すいません……よく言われます。直そうとは思うのですが、どうにも。(その割に悪びれた様子は全く無い)
        魔女。なるほど、ようやくこの街に来て魔女らしい魔女に出会いました。実は生まれてこの方魔女を見たことなかったもので、なるほど……
        ……そうだ、申し遅れました。わたしはグリューエル。魔法ではなく超能力を使う、サイキッカーと呼ばれる存在です -- グリューエル 2016-05-07 (土) 21:49:47
      • ホントにぃ?・・・まぁいいわ(肩をすくめる)
        そう?私もここにきてまだ日が浅いけれど、魔女らしい魔女ならもう二人くらい見たわ(そのうち会えるかもねと)
        サイキッカー・・・ふふ、ひょっとしたらそちらの方が珍しいのではなくて?それこそこっちにとって見たのは初めてよ
        -- 2016-05-07 (土) 22:05:06
      • 口のおかげで面倒な諍いが起きるので、まあまあ本気で直そうとは思ってますよ。ところで、思考と行動って必ずしも一致するではありませんよね
        本当ですか? それは、是非お会いしていところですね。実際の魔法がどの程度のものなのか、見てみたいですので。
        どうなんでしょう、わたしは生まれた時からサイキッカーに囲まれて生活していましたから。それに、わたしの学校の創設者もサイキッカーだったのですが、ここの出と聞いていますよ。……1000年も前の話ですが。 -- グリューエル 2016-05-07 (土) 22:12:39
      • だぁってそれは思考であって気持ちではないもの(くすりと微笑む)真に心の内で想っている事が行動に現れるのよ・・・貴女、見聞が狭いとか言われた事ないかしら?
        今まであった子たちは製薬とか合成の傾向が見られたわね?中々面白い子たちだったわ
        千年も前の話じゃぁね・・・魔女だって千年前にもいたし・・私が魔法を学んだ所にもゴロゴロいたわこれはもう地方によって違うと思うしかなさそう
        ・・・所でサイキッカーの学校というのは面白いわね?・・どんなことを学んでいたのか聞いてみてもいいかしら?
        -- 2016-05-07 (土) 22:33:09
      • よく言われます。こっちに出てきたのだって、見聞を広めてきなさいっていう理由もありますし。そう言われても……って感じは正直しますけど
        なんだか魔女というより薬師という感じですね。まあ魔女も釜のなかで薬を作っているイメージが確かにありますが、あなたはそういうのはしないんですか?
        単純にわたしが殆ど学外に出なかったというのもあるでしょうけど。そうですねえ、学ぶ、というより能力を高めるという感じでしょうか。
        超能力は知識がどうのという力ではなく精神力を作用させるものですから、瞑想ですとか、力の反復練習などのトレーニング主体で、あとは自分の属性の力はどういう出力ができるか各自研究、といったところでしょうか。
        一般教養なども授業にありますので、超能力の学校!ということですごい想像をしていると肩透かしを食らうかもしれませんね -- グリューエル 2016-05-07 (土) 22:42:54
      • 実感が湧かないのね(そりゃそうよねと肩をすくめる)
        薬師は魔女の一面でもあるわ、私はやらない・・・というか下手だったけれど(くすくすと)ゴーレムの作り方だけは真面目にやったけれど・・基本的に何かを作るより壊す方が性に合っていたのよ
        基礎トレーニングと個人トレーニングね・・・あくまで「超能力もカリキュラムに取り入れた」学校といった雰囲気ね
        それにしても・・個人の属性ね・・・貴女はどんなのだったの?
        -- 2016-05-07 (土) 23:14:57
      • 何をすれば良いのかもわかりませんしね。旅をさせただけで子供が成長すると思ったら大間違いだと思うんですが、難しいところです
        ああそれはわかります。そっちのほうがわかりやすく結果が伴うので、判断が楽なんですよね。
        ええ。それでも1000年続いた理由は……まあ、異端の力は敵視されやすいということでしょうか(要するに、超能力者の避難場所としての機能も果たしていたようで)
        わたしは植物を操るのが得意です。中には火をだしたりワープしたり、いろんな人がいますから。その人に合わせたカリキュラムでないと意味が無いことが多いのですよ -- グリューエル 2016-05-07 (土) 23:27:29
      • 簡単よ、何をするか言われてないのなら自分で決めればいいんだから、向こうが学ばせたい事が何かなんてどうでもいい事よ
        ふふっなんだか初めてシンパシーを感じた気がするわ・・・(こまごまするよりぶっ壊した方が分かりやすくて楽よねーっと脳筋思考)
        敵視されやすいのに総本山が1000年も残れた事が素晴らしいわ、きっと歴代の方が努力為されたのね
        ふぅん・・・(そういう物なのねと頷きつつ)植物を・・素敵な力じゃないの、花とかは好きよ
        -- 2016-05-07 (土) 23:50:20
      • なるほど。そういう捉え方も出来ますね。いっその事、ひねくれた方向に成長してみるのも面白いかもしれません。
        わたしも能力的には治癒とかも出来るらしいんですけど、性格にあってないのでもっぱら破壊活動しかしていませんね。そういうのはそういうことが好きな人に任せればいいと思います。
        別に隠しはいないんですが、学校には超能力で出来たバリアーが張られていまして、それが良からぬ賊を追い払うのだとか。……過去には数度襲撃を受けたそうですよ
        わたし自身も使い回しもいいので気に入っています。この辺りは緑が多いので、戦いやすいですね。
        っと、随分話し込んでしまいました。次会うときはもう少しゆっくり話しましょう、あなたがどんな魔法を使うのかも知りたいですし。それでは。(ペコリと頭を下げてその場を去った) -- グリューエル 2016-05-08 (日) 00:01:48
      • ふふ・・本当に「ひねくれた」・・なのかしらね?(それこそがむしろこの旅の本質ではなかろうか)
        なぁに政治的に立場を保ったんじゃなくてそれも力づくなの?(大丈夫かしらその学校?と少し不安になりつつ)
        えぇそれではまた・・・(そしてふと自分は名乗ってないじゃんと気づいて)カレリアよ、よろしくねグリューエル(見送った)
        -- 2016-05-08 (日) 12:59:54
  • と、いう訳で改めてやってきた(ノックノック)
    この前はすまなかったな、ちょっと所要を思い出してね
    差し支えなかったら取材の続きでも -- グレイ 2016-05-07 (土) 18:55:33
    • はぁいグレイ・・いいのよ、お仕事が忙しいのはよい事よ(居間に招いてこの前と同じ構図に)
      それで、名前の次は?
      -- 2016-05-07 (土) 19:00:13
      • その前に(手で制し)…服のイメージを変えたか?良く似合っている(余り表情を変えずに賛辞を贈った後に手帳を取り出した)
        では…なぜ冒険者に?何か理由があってなったのか? -- グレイ 2016-05-07 (土) 19:21:39
      • まぁありがと、でも賛辞を贈る時は笑顔位作ったら?(じーっと見つめて)
        冒険者になった理由ね・・・(指して悩まずに)魔物や害獣を調伏ふる・・・そんな仕事が性に合っていたからかしらね?幸い私には技術もあったし・・・自然な成り行きといえるわ
        -- 2016-05-07 (土) 19:32:27
      • いや、あまり得意じゃないんだよ、笑うの(ぎこちなく笑い)
        なるほど、どこ似たようなものだな…(メモを取り)
        (ペンを回し)ふむ…もともとこの街の出身だったか?余り見覚えがないんだが -- グレイ 2016-05-07 (土) 19:35:20
      • (ぷっと吹き出し)下手ねぇ笑うの・・・そう、仕事についてなら・・仕事とは言えないけれど・・・大道芸の様な事をたまにしているわ
        いくら性に合っているからとは言っても血なまぐさい事ばかりしていると笑顔を忘れちゃうの・・貴方もやってみたら?
        いいえ?元々はこことは全然違う街の生まれよ、そこで魔女としての素質を見出されて、途中ですっぽかして、冒険者として働くうちにこの街にたどり着いたの
        ・・・ねぇ・・私からもまた一ついい?(腰の物を指さし)その刀・・どうしてないとそんなに不安になるの?
        -- 2016-05-07 (土) 19:45:56
      • すまんね、褒めてるのは本当なんだ(苦笑して返し)
        大道芸…ジャグリングとかか?余りそういう風には見えんが(首をかしげつつ眺めてみる)
        …今度気が向いた時にでもやってみよう(その気が有るのか無いのかわからない表情で返答し)
        なるほど、流れ着いたのか。俺が知らない理由もわかったよ、それで(メモを取り)
        …?(傍らに置かれた刀を指摘され)…あぁ、言ってなかったか?
        俺も冒険者だからな、それに副業で便利屋をやっててね。無いと色々困るんだよ
        カレリアも身近にそういうものを置いておかないと嫌じゃないか? -- グレイ 2016-05-07 (土) 19:53:36
      • そう、綱渡りとかね?・・・こちらは正直最初は性に合っていなかったわ、でも大事な事だから続けていたの(お勧めするわと笑って)
        まぁっ・・・インテリにしては逞しいと思っていたけれど・・・小説家で・・冒険者で・・・便利屋さん・・・そう、多芸なのね?(納得したという様に頷く)でも客商売をするならなおさら笑顔は大事よ?印象が良くないとお客を取られてしまうわ
        そうね・・・(そっとネックレスを弄り)確かにあるわ、そういう物は・・・武器ではないけれど
        -- 2016-05-07 (土) 20:04:53
      • ははぁ…綱渡り…(足元を見て)その服装だといろいろ大変そうだな(と呟く)
        本当は小説一本に絞りたいがこれが中々…(困った表情で)
        客商売か…便利屋の話なら荒事の方が多いんでね、不愛想なぐらいでちょうどいいんだよ(ニコリともせずに返す)
        だろう?だからお互いそういう事は言わない事にしないか?
        と、言っても武器は近くに持たれたら物騒だから遠ざけたいというのは当然の事だと思うけどな(苦笑) -- グレイ 2016-05-07 (土) 20:13:02
      • ふふ、流石にそれ用の服に着替えるわ(用意するのはすっかり忘れていた)
        売れてないのねぇ・・・ちなみにグレイというのはペンネーム?本名?貴方の本を買う時に名前が違ったら困るわ
        おしゃべりだから嫌われるというのは確かにあるかもしれないわね・・・・文章の中ではユーモアにあふれていて欲しいけれど
        (そうねと頷き)ふふ、そういう普通の感覚って大事なのよ、物騒な世界に身を置けば置くほど平穏な物から離れてしまうから
        -- 2016-05-07 (土) 20:30:03
      • あぁ、なんだ。なるほど…(僅かに残念そうな表情を浮かべ)
        ぐっ…それは言わない約束です(売れていないの一言に苦い顔)
        少なくとも本を探すのならこの名前で大丈夫だよ(それ以上は触れずに)
        口は語らずともペンは雄弁に語る。ってなれたらいいんだけどなぁ…(嘆息)
        だから置かせてくれて感謝はしているさ(刀の鞘を撫で)
        では次の質問…と、行きたいがそろそろ時間かな。続きはまた今度でいいか?(立ち上がる) -- グレイ 2016-05-07 (土) 20:35:36
      • ふふふっもう少し上手くなれば、こういう格好でするのもショーになるのだけれど
        (苦い顔にニヤニヤと笑って)いいじゃない、好きな事をやるのが一番よ、売れる様に私もお布施してあげる・・・(ため息にはダメねぇとまた笑う)
        ふふ、忙しいのね?・・・また会いましょう?(ぱたりと手を振って見送り)
        -- 2016-05-07 (土) 20:41:26
  • カレリアさん、って方はこの住所であってるのかな……?(住所録をもう一度見返して扉の前に立ち)
    ごめんくださーい(静かめにノック 同じ冒険者としての挨拶は欠かせぬとのあいさつ回りである) -- アニー 2016-05-06 (金) 23:31:51
    • (気付かなくてごめんなさいのポーズ)
      はぁい(ノックに応え戸を開ける、そしてアニーを見ながら小首をかしいで)・・・あら?どちら様かしら
      -- 2016-05-06 (金) 23:53:33
      • (いいのよ、という微笑み)あ、どうも。実は冒険者の方に挨拶周りをと いつかお世話になるかもなので
        申し遅れました 私はアニー。アニー・ゲットーバード よろしくお願いします(陽気に握手の手を差し出して)
        ところで貴女は……魔女なのかな、わかりやすい格好だけど(逆に違ったらどうしようとかドギマギと) -- アニー 2016-05-06 (金) 23:59:23
      • あら、同業なのね?(差し出された手を取る)カレリア・ティーナ・ハミルトンよ・・・よろしくアニー
        (立ち話も何だからと居間に移ってお茶でも出しながら)えぇ、魔女よ・・・といっても大した事は出来ないのだけれど・・・そういう貴女も魔術師ね?それもどちらかというと戦士に近い方の・・
        -- 2016-05-07 (土) 00:11:23
      • 冒険者兼考古学者です。遺跡発掘なんかの時はよろしく(にっこり微笑んで握り返して)
        (誘われるままに居間へ)あ、わかるんだ。魔力とかそういうのが見えるのかな とは行っても、私は何でも取り入れるタイプの人間だから魔術師なのか戦士なのかって言ったら微妙なんだけど
        簡単に言うなら黄金歴に名を残す技や魔法を追っかけて覚えていったら出来上がった……的な?(やや説明に窮する感じで茶を静かに飲んで) -- アニー 2016-05-07 (土) 00:18:11
      • あら、学者様だったの?私は魔物退治が主だから・・合う時は少ないかもしれないわね
        (ふるりと首を振る)残念ながらあまり目のいい方ではないの・・・でも同業者だという前提で貴女の身のこなしを見れば鍛えている事も、純粋な近接とも少し違う事もなんとなくわかるのよ・・・つまりは勘ね
        (ふむふむと頷き)現場主義が高じたのね?・・・まさに考古学者ね‥‥ね?差支えなければ、今までどんな技術を再生したのか聞いてもいいかしら?
        -- 2016-05-07 (土) 00:29:03
      • 学者というほど偉くないけどね。見習いだから 遺跡を荒らしてる魔物相手だったら会うこともあるかも?
        な、なるほど、魔女ともなると推測の範囲が凄い(感心せざるを得なかった)
        うーん、そこは逆かな。武術の歴史を追ってる内に黄金歴時代に興味を持っちゃって 再生……って言うと少し大げさになるかもだけど(スッと立ち上がって)
        実はこの魔導拳術、今時だとスポーツの支え程度で教えられたりしてるんだけど……(呪文を口ずさみ、身体から小さな稲妻を走らせだす)
        (そのまま軽いステップを踏めば、雷光の残像を残しながらテーブルの周りを瞬く間に一周してみせ)こんな感じかな あ、結構響く……(まだまだ未熟な証か席に戻り座るまでにややあって) -- アニー 2016-05-07 (土) 00:43:19
      • 学者にも色々あるのね・・・(コクリと頷く)そういう事ね・・私はそういうのを気にした事はないから、資料ごと壊してしまったらごめんなさいね?
        所詮は勘ぐりよ(肩をすくめて)今みたいに外すこともあるもの(私じゃ出てこない方向性ねと頷いて)
        (そして披露される魔導拳術、その俊足に目を丸くして)速いわね(物凄く端的な感想)ふふ・・少しばかりリスクが大きいようね?・・どこか痛むの?
        -- 2016-05-07 (土) 01:00:08
      • 出来れば形だけ残るようにお願いしたい……か、形さえ残ってれば買い取るから!(切実な願いであった)
        それもそっか、大人の経験というところなのかな(まだまだ自分は青い、と恥じ入るように)
        戦闘に使えるレベルまで持って行けたんだけどね うーん、衝撃を逃しきれなくて。膝が少し(苦笑いで誤魔化すように) -- アニー 2016-05-07 (土) 01:06:34
      • そうねぇ古代の人たちに言っておいて貰えないかしら?重要なら色分けしておいてって(くすくすと軽口をたたいて)
        (物はいいようねと肩をすくめて)見せてもらったのだから、今度はこちらが見せる番ね(そういうとそっとアニーの膝に手を当てる)
        いたいのいたいのーとんでけー(詠唱としてはふざけているにも程があるが、手の当たった所が柔らかな温もりに包まれ、痛みが引いていくのが分かるだろう)
        -- 2016-05-07 (土) 01:13:04
      • うわぁん、やっぱりどうしてもって資料は自分でなんとかしなきゃダメか……(無理強いも出来ない、と溜息)
        んっ……(響く痛みがゆっくりと消えていく 治りきる頃には表情には感謝とともに好奇心が)あ、ありがとー!これ治癒魔術か何か?
        良かったらちょっとだけ教えてもらってもいい?(古いものに限らずとも、様々な物に興味を持つ質である メモを取り出す) -- アニー 2016-05-07 (土) 01:21:59
      • どんな情報が大事かも私には分からない物・・でもそうね・・・それっぽい物を見つけたら持って帰ってみるわ(何処まで役立つかは分からないけれどと付け加えて)
        治癒魔術・・治癒魔術ねぇ・・・(困った様に)子供の頃からできた、一種の才能よ
        貴女にもできるわ、自分生来の属性を込めた魔力を相手に注ぐだけ、火なら燃えるし、水なら濡れる・・・癒しに類するなら、今みたいな効果が得られるわ
        -- 2016-05-07 (土) 01:31:06
      • 手がかり一つでも助かる事は多いからね ムリにとは言わないけど、何かあったらお願いね(手を合わせ拝むように)
        むむ、ということはカレリアさんは癒しとかそういう系統のが得意なのかな(さらさらとメモを取りつつ 概念は理解できる)
        あ、割と軽い挨拶のつもりだったけど長居しすぎちゃった?今日はこの辺で帰るね。お茶ありがとー またね!(立ち上がり一礼の後帰っていった) -- アニー 2016-05-07 (土) 01:42:32
      • あんまり期待されても困るわ(まぁ適当にねと軽くあしらい)
        得意というより素質があったというべきね・・・結局学んだものはまるで系統の違う魔術だから
        構わないわよ、えぇそれではまたねアニー
        -- 2016-05-07 (土) 01:47:23
  • SeeeeeeeeeeeeX!!!!! -- 2016-05-06 (金) 20:08:56
    • あぁら♪・・随分と激しい言葉を使うのね?(くすくす) -- 2016-05-06 (金) 20:33:47
  • ……おおー(広場。ジャグリングをしているカレリアを見つけ、歩みを止めて見入っている少年の姿があった)すげー。器用だなあのねーちゃん…
    (うわー、と拍手を送りつつ。芸が終われば話しかけてみる)上手だねお姉さん、魅入っちまったよ。大道芸人さんかな? -- サザンカ 2016-05-06 (金) 18:15:34
    • (ぱっぱっぱと器用に棒を投げては取り投げては取り、最後にすべてをキャッチして観衆へと晴れやかな笑顔と共に礼をする・・・)
      (演目が終わり片づけをしているとかかる声)あら?ありがとう・・可愛い神父様ね?・・・いいえ?これはただの趣味みたいな物よ(荷物をそろえると適当な所に腰を下ろして)本当は冒険者なの
      -- 2016-05-06 (金) 18:31:32
      • どーも、とはいえ実はこの服は神父のお下がりで、俺自身は冒険やってるだけだったりするんだけどね…(とこちらが言葉を零したあたりで、相手も冒険者であると聞いて)
        …マジか!うお、このタイミングで俺も冒険者なんだよとか言うとナンパしてるみたいだ!でもホントだぞ、ほら(と懐からつい昨日達成した冒険依頼の報酬書を見せつつ)といっても、始めたのは最近だけどな。
        お姉さんも…あー(名前知らないな、と思い)俺はサザンカ。町はずれの教会でシスターと一緒に暮らしてる。…えっと、名前を聞いても? -- サザンカ 2016-05-06 (金) 18:40:19
      • (口に手を当てくすくすと笑い)私を誘おうだなんて10年は早いわよ坊や
        でもそう・・貴方も・・・(少し心配そうに改めて少年を見る)大変ね・・・その歳で冒険をするのは大変でしょう?
        カレリアよ、カレリア・ティーナ・ハミルトン・・・よろしく坊や
        -- 2016-05-06 (金) 18:48:24
      • 子供扱いされるのは慣れてるよ…(へにょ、と耳の横の髪房がへにょる 子供扱いに若干落ち込んでる様子)
        ん、まー…ね。一応武術は身に着けてるし、鍛えてる方だとも思うけど。でもシスターを養うためには頑張らないと、だからね。うちのシスター聾唖なんで。
        カレリア…カレリアさんか、綺麗な名前だ。うんどーもよろしく(会釈を送る。握手はたぶんしてくれなさそうな気がしたので)
        で、カレリアさんはなんで冒険者に?言っちゃなんだが芸で十分食えて行けると思うけど。…人目を惹ける外見も込みで。やってる俺が言うのもなんだけど危険な仕事だからなぁ(心配してるようだ) -- サザンカ 2016-05-06 (金) 18:51:54
      • (へにょる様子を見ても悪びる様子もなく寧ろどこか愉しそうで)
        まぁそうなの・・・(そういえば手話なんて知らないなと考えたり)でも、あまりそういう事を言いふらすのはよくないわよ?貴方が留守にしている間は、その子は一人なのではなくて?
        残念ながら芸の世界はそう生易しくはないのよ、そして女が生きるには何かとお金が必要なの(ちゃりりと小銭を鳴らして肩をすくめる)子供に心配される程柔じゃないわよ、なによりこの仕事は私の性にあってるの(そういって不敵に笑う)
        -- 2016-05-06 (金) 19:04:52
      • ………確かにそうだな(カレリアの言う事に納得する)今まで人もほとんど来なかったけど最近人増えてるみたいだし、気を付けないといけないな。気づいてなかった、有難う(笑顔を見せつつ)
        シビアな話が聞こえた気がする。大人の世界だ…あんまり口を出しても余計なお節介だね(不敵な笑みにこちらは無垢な笑みを返せば)
        …でも、そうなるとカレリアさんは魔術で戦うのかな?(ちら、と視線を水平に、カレリアの胸元に注いで)…なんだっけ。ゴーレム?(と呟いた) -- サザンカ 2016-05-06 (金) 19:13:37
      • ・・・どうしても困った時は信頼できる人を探しなさいな(笑顔を見せればうんと頷いて)
        アタリ、でもここでは内緒にしてね?(芸の世界は厳しいのだ、特に魔法使いには)
        (胸元に視線が注がれるとからかうような視線を向けたり)あら?判るの?(意図していたのと違う言葉に意外そうな声を上げて)初見でアレックスが分かる人は珍しいわ・・・貴方いい目をしてるのね?
        -- 2016-05-06 (金) 19:25:12
      • うん、そうする。冒険者も増えてるってことだし、金に余裕が出来たら俺が冒険に行ってる間に護衛を頼んでみるかな。シスターもしっかりしてるからあまり心配してもあれかもだけど…
        りょーかい(口元に指を当てて秘密、のサインを送りつつ そしてその後の指摘には)ん、詳しくはないけどね。前に神父から借りて読んだ魔術書に、そんな形の紋が書かれてたから。
        カレリアさんに褒められると妙に照れくさいのはなぜだろう…(年上に弱い)アレックス、っていうのかい、その…ゴーレム?綺麗なネックレスだけど。強いの?(ストレートな表現で聞く) -- サザンカ 2016-05-06 (金) 19:29:44
      • ・・・・・・・・・(鈍いわねと少しジト目、いやいやいくら話を聞いたからと首を突っ込む事はないのよカレリアと思いなおす)
        そう・・・知識はバッチリなのね?(その分だと実技も期待できそうと笑い)
        この子一人ではそれ程でもないわ、この子は「頭」だから(そういって立ち上がると「アレックス」と声をかける・・・人々の目のない一瞬の間に(今しがたまではぴちっとした服にシルクハットだったが)ふわりと服が姿を変えて黒いドレスに三角帽子の魔女姿に変わる)
        全ては言えないけれど、私の意図を汲み、複数のゴーレムに指示を下す司令塔・・・それがアレックスよ
        -- 2016-05-06 (金) 19:42:10
      • 知識はね。とはいえ魔術より法力のほうに傾注して教えられたもんで、ゴーレムの使役の仕方は教えてもらったことはないけど。
        …頭?(と訝しんでいると、名前をカレリアが読んだ瞬間、見た目が変わって驚く)…お、おお!すげー!憑依してるようなもんなのか…?(興味深げにじろじろ眺める)
        …つまりは他の何かを媒介にして強い力を奮えるって感じ?なのかな?(自分なりに噛み砕いて理解しつつ)…しかしすごい。一瞬で服が変わるとは…こりゃ魔女だわ(ひどく稚拙な感想も漏らしつつ)
        ゴーレムっていうから、なんか独立して動く石っぽいモンスターを想像したけど、全然違ったなー…魔法は奥が深い… -- サザンカ 2016-05-06 (金) 19:48:35
      • 武術と言っていたけれど法力も・・・?まさにモンクね?・・・(ふと)まって・・その教えてくれたっていう神父様というのは?(頼れる大人じゃないのと聞いてから察してちょっと後悔する)
        大したことじゃないわよ、形が服なだけ、この子もゴーレムなんだから・・・犬の群れを想像してみなさい、一匹一匹に指示を下すのと、リーダーを決めて、その子に指示を下すのとではどちらが楽なのか(「全ては言えない」とか言ってたくせにボロボロ説明しだす)
        -- 2016-05-06 (金) 19:58:37
      • モンク…確かに俺ってモンクだな。ん、神父?(ああ、とあまり気にしてない風で)半年前に流行り病でね。なんで俺が稼ぐために冒険してるのさ(肩を竦める…悲痛な色は見えないが)
        ああ、その形自体がゴーレムなのか、斬新な発想だ!(なるほどなーすげーって顔で)ふむふむ…使役する全部に魔力を通すより、使役できる存在にしっかり魔力を通した方がいいって感じか。天才だなカレリアさん!(すげぇ!と目を輝かせる)
        魔法って奥が深いなー…俺も覚えてみようかなぁ。一朝一夕で身につかない感じがぷんぷんだけど。難しいかな?やっぱり。 -- サザンカ 2016-05-06 (金) 20:05:38
      • そう・・・(気にしていない様子がまた掻き立てるというか・・)・・・何かあったら遠慮なく私にいいなさい、出来うる限り助けるから(悩まし気に眉根を揉みつつ)
        ・・・褒めたって何にも出ないわよ、私の術だって基本的な構造は師匠から学んだものなんだから
        難しいわね(其処ははっきりと告げる)術師としてじゃなくて戦士としての問題よ・・・新しい技術を覚えると大抵動きが硬くなるわ、覚えた事を使いたくなるから・・・そうなるとやられやすい・・・今は神父様に教わった事に注力して自分の「勝ちの形」を確立する事をお勧めするわ
        -- 2016-05-06 (金) 20:32:54
      • …(逆に気を使われたな、と思いつつ)…ああ、すげぇ助かるよ。カレリアさん頼りになりそうだから、何かあったらお願いするよ(と笑顔を作っておいた)
        珍しいものが見れたから充分かな、個人的には(見た目も魔法も、という意味で。そして難しいと言われればまたへにょる)そっかー…難しいかー…
        でも確かに、今の肉弾戦に法力載せるってスタイルの方が性に合ってると言えばそうかも。今のままで頑張って鍛えてより強きを目指そう。アドバイスありがと、カレリアさん!
        とはいえ俺は自分ではそこそこ強いと自負しているので!いずれ俺の戦いを見て驚かせてやるんだからな!(と、その辺は子供らしい感情で訴えつつ)ん、それじゃあ珍しいものを二つも見せてくれてありがとね、カレリアさん。
        (大道芸にゴーレム、貴重なものが二つも見れた 美人とも知り合えたし今日はいい日だと満足げな顔で)それじゃ、またね(と去っていった) -- サザンカ 2016-05-06 (金) 20:41:23
      • (子供に作り笑顔をさせる事ほどやるせない事はない物だ)
        ふふっそう?最近始めたばかりだっていうのに随分な自信ね?(その時を楽しみにしているわと見送って)
        ・・・・・・あんな話を聞かされた後じゃ気になって仕事が手につかないわ・・これだから子供は嫌なのよ・・・(むすっとひとりごちた)
        -- 2016-05-06 (金) 20:45:40
  • 突撃!と言ってる割に突撃してねぇじゃないか
    ・・・などという無粋な突込みは置いておいて。今晩は「突撃!隣の小説家です」
    今夜はこちら!なにやら怪しい雰囲気漂うこちらのお宅(ノックノック) -- グレイ 2016-05-06 (金) 17:58:39
    • はぁい(扉を開けてお出迎えする魔女姿、ふぅん?と男のいでたちを眺めた後)
      どちら様かしら?小説家・・・と聞こえたのだけれど・・・
      -- 2016-05-06 (金) 18:12:04
      • はぁい(笑って返し手を振る)
        はい、小説家。取材をしに貴女の前へ
        冒険者登録されてるそうで少々話を伺いたく来たのだけど…(大丈夫かな?と付け加える) -- グレイ 2016-05-06 (金) 18:14:36
      • 取材・・・(少し考え)いいわよ、ただ・・・
        (男の腰の物を指して)無粋な物は玄関に置いておいていただけるかしら?(それを条件にと居間へ招く)
        -- 2016-05-06 (金) 18:21:15
      • あ、これ?(刀をみやり手に取るとコートの中へ)
        はい、消えます(マジシャンよろしく両手を広げアピール)
        これじゃダメかな?割と大事な物なんだけど(曖昧に笑って返す) -- グレイ 2016-05-06 (金) 18:34:02
      • (くすっと笑って)ダメよ(でもきっぱり言う)ペンは剣より強しとは行かないのかしら
        まぁいいわ(大した事ではないと肩をすくめると)さぁどうぞ(改めて招いてお茶を出す)それで・・・どんな事を聞きたいの?
        -- 2016-05-06 (金) 18:40:43
      • 駄目ですよね〜(苦笑いしつつ刀を出そうとするが)
        あ、良いんだ?助かるよ、無いと不安になる部類の人間なんで(言いつつ付いていく)
        (茶に口を付けてから)そうだね…生い立ちや、冒険者になろうと思った理由や、今後の目標や目的
        聞きたい事は沢山あるけど、何はともあれまずはこれかな
        俺の名前はグレイ・アッシュフォード(自身の胸に手を当て名乗り)
        君の名前は?(その手を相手に向ける) -- グレイ 2016-05-06 (金) 18:46:14
      • まるでライナスの毛布ね?・・少しばかり硬いようだけれど
        (話を聞きながら相槌をうっている)カレリアよ・・カレリア・ティーナ・ハミルトン(向けられた手をそっと取って軽い握手)
        グレイ・・私からも幾つか質問をしたいわ(フェアじゃないものと笑い)どんな小説を書いているの?
        -- 2016-05-06 (金) 18:54:40
      • ライナスの…?そうそうそれそれ!(分かっていない)
        (握手を交わすと手帳を取り出し)カレリア・ティーナ・ハミルトン(名前を書き込む)
        あ、あ〜…様々な冒険者が出てくる群像劇調の冒険譚って所かな(笑って返し)
        っと、そろそろ時間が押してきたな…取り敢えず今日はここまで(立ち上がって)
        続きはまた今度。で、いいかなカレリア(言い残して出て行った) -- グレイ 2016-05-06 (金) 19:02:16
      • (にこにこしながら)分かってないわね?
        つまりこのインタビューの結果私がモデルになるかもしれないのね?(ちょっと恥ずかしいわねと肩をすくめて)
        (思わずきょとんとする)・・すこしのんびりしすぎたわね・・・えぇ、それではまた
        -- 2016-05-06 (金) 19:09:07
  • 取りあえずこれでいいわね、今日はおしまい -- 2016-05-06 (金) 00:12:36
  • (ベッドに横になる)
    (寝る訳じゃない、意識を保ったまま可能な限り脱力する)
    (指、腕、足、背中、腹、首、顔、歯、舌・・・頭にも力みはある・・・全身から力を抜いて、されど意識だけは保ち集中する・・・)
    -- 2016-06-16 (木) 11:25:24
    • (そして十分に脱力したのなら、体のどこにも力を入れることなく起き上がる・・・想像だけで起き上がる・・・さすればそこは・・・)
      ・・・・・・(幽界・・内にも外にも、どこにでも繋がる世界だ)
      -- 2016-06-16 (木) 11:25:59
      • いつもの場所・・(想い唱えれば光景は寝室から草原に)アレックス達と共に・・・(想い唱えれば傍らにはゴールデンレトリーバーと、沢山の影の様に黒い犬達・・・ゴーレムの仮想人格だ)
        (アレックス以外の者にはあまりはっきりした形は与えていない・・でなければいざという時に憐れみを覚えてしまうから・・・アレックスの影という分け身の形だけで十分役割は果たす)
        -- 2016-06-16 (木) 11:28:31
      • (ボールを取って来させ、共に駆け、声をかけ、寄り添って休む・・・私は毎夜ここで遊ぶ)
        (ゴーレムたちと戯れ交流を通して絆を深める・・・それがそのまま、現実世界のゴーレムの強さになるのだ)
        -- 2016-06-16 (木) 11:30:13
      • (魔女空手もゴーレム生成も大道芸の訓練までもここで行う・・・幽界での破壊や怪我は現実に影響を与えないからだ・・・初めてここへの出入りを習った日から、訓練は毎日欠かしたことはない)
        (でも・・・今日はそれだけじゃない・・・一つ息を付いたら振り返り)・・・ティーナ・・(呼びかける)
        -- 2016-06-16 (木) 11:32:59
      • 「はい・・・」
        (応える声、魔女姿の女・・・伝承の通りに白い肌じゃちょっと辛気臭いから血色は良くしている・・・彼女は私が最初に作った仮想人格だ)
        (泥の魔女の徒弟は皆最初に彼女を魔法の師として作る・・・生まれつき魔法が使えるかどうかに関わらず必ずだ)
        (皆大抵彼女を神か精霊のような人格として想像するが・・・私が考える彼女は・・・もっとこう、普通に笑ったり泣いたり恋をしたり・・・(生涯独身だったというから失恋だろう)・・感情豊かな等身大の女の子だ)
        (彼女の人格はとうの昔に私に統合されたが・・・今でも時折こうして呼び出す)・・・さて・・何から考えようかしら
        -- 2016-06-16 (木) 11:52:39
    • ・・・まぁ、まずはレイレイよね・・やっぱり -- 2016-06-16 (木) 12:22:15
      • 「宿命を果たして眠りについた方ですね」
        まだ何も果たしちゃいないわ・・・問題を先送りにしただけ、・・呪いは何とかなったかもしれないけれど・・・
        -- 2016-06-16 (木) 12:24:13
      • 少し一から整理しましょうか・・・
        (中空に浮かぶ「エスターク」と「セルマ」の二文字)彼女の先祖の2人が恨みを買った
        (「人&魔物」と書かれた文字が浮かび、先の二文字と矢印で結ばれる)恨んだ者たちはカースゴーレムを作って呪いを振りまき、レイネス一族に短命の呪いをかけた(黒い丸を浮かべて悪そうなオーラを出させる)
        「エスターク」「セルマ」の両親はこの呪いに対抗する手段として「レイレイ」を作り、彼女に対処させる事にした・・・
        -- 2016-06-16 (木) 14:02:47
      • 「どうして、ご両親は自分たちの力でゴーレムを破壊しなかったのでしょう?」
        魔術師にとって、そもそも自分自身が強くある必要がないのよ・・・分厚いカボチャを切る為に分厚い刃物を用意するように、脅威を排除する為に「排除できる者」を作る・・考え方は筋が通っているわ
        問題は、その「排除できる者」に自由意志があってしまった事で、私たちはたまたま其方と関係性を深めてしまったという事
        -- 2016-06-16 (木) 14:07:44
      • 「・・・そして知ってしまったからには、もう放っては置けないという事?」
        そうよ・・ゴーレムを千年封印する為に使った技と薬であの子は眠りについた・・・起きたらまた戦わないといけない
        「戦えばまた封印する事になるでしょうね」
        これを最初から狙っていたのなら大した奴らよ・・・見事な舵きりと言えるわ・・・失敗する事は考えなかったのかしら?
        -- 2016-06-16 (木) 14:44:59
      • 「バックアップくらいは用意しているんじゃないですか?・・・でも、彼女はおそらくそれと交代する事は」
        望むわけがないわね・・・(ばふっと隣にアレックスが座る・・・結局この子は最期まで鳴くのが下手だった)・・・そうね・・本題からそれてる・・・問題はこれからどうするかよ
        1000年待てないのなら時間の方をゆがめてはとカレリアは言いましたけれど・・・そんな事出来るのですか?
        私には出来ない・・・でもできそうな者には心当たりがある・・・協力してもらえるかは分からないけれど・・・
        -- 2016-06-16 (木) 14:50:08
      • 「・・・一つ、いいですか?」
        なによ?
        「彼女がかかった術に、現状最も詳しいのはネネさんに残ったレイン・レイネス氏でしょう?」
        「不確かな手段を講じるより、彼女の協力を取り付けてそちらの側面から解く事を考えた方が現実的なのでは?・・・どの道協力は不可欠ですし」

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(目を逸らす)気づいてたわよ?うん・・そりゃそうよ・・・うん
        「それに、貴女の矢弾が成功していない時点で何もこの時代に拘る必要はないかもしれません」
        貴女までそれを言う気?‥‥私のタルパなのに・・・・(はぁと溜息をつく)・・・1000年、私が生きられる方法は?
        -- 2016-06-16 (木) 14:55:46
      • 「ふふ・・・私が言うという事は、貴女自身薄々勘づいているという事ですよ?」
        「・・・いつも言っているじゃないですか・・・」

        ・・・「自分がゴーレムではないと証明できるか」・・・しっかりとした素材を選んで、私自身に限りなく近い人格を投影する・・・レイレイの目覚めるタイミングで起きられる様セットして・・・それから向こうで改めて新しい体を用意する・・・
        「そうすれば、今度こそ彼女を説得してともに戦うチャンスを得られます・・・どうです?」
        (腕を組み、暫しうぅんと唸る・・・思考のめぐりを表すように周囲の光景が街、空、海、昼、夜と目まぐるしく変化する・・・最後にまた平原に戻り)・・・あくまで最後の手段よ、でも準備だけはして置く・・この件はひとまず此処まで
        -- 2016-06-16 (木) 15:04:39
  • 流す
  • (そしてまた幽界へ・・・) -- 2016-06-17 (金) 14:47:21
    • クライベイビー事件ねぇ・・・ -- 2016-06-17 (金) 14:47:55
      • ・・今回の件、貴女は殆どサザンカさんの事を心配していませんでしたね・・・シスターも含めて懇意にしていらしたのでは?
        (ティーナが尋ねる・・・白々しいと笑ってしまう) -- 2016-06-17 (金) 14:49:41
      • ふふっだぁって・・・サザンカは私が認めた男よ?家族がちょっとどうなったか位で心折られる程、弱い子じゃないわ(だからもう「坊や」ではないのだ)
        (それはそれでちょっと薄情ですよとティーナは笑う・・・が)「・・・ですが・・」
        ・・・?(突然変わる雰囲気に訝しむ・・こういう時は・・・)
        -- 2016-06-17 (金) 14:57:10
      • 「カレリア貴女・・・」(・・・少し彼女の体が大きくなった気がする・・威圧する時の合図だ)
        「少し、弱くなったんじゃないですか?・・・さしもの暴力の権化も、歳には叶いませんか?」

        アルテアは強かったわよ、本当にね?・・・「殺し」の場面では勝ち目がなかった・・・だから場を「戦い」に切り替えたのよ・・・
        それだけじゃないわ・・・サザンカ、アルテアはレイレイ虎彦陽子レクトールと並ぶ運命強者だもの・・・勝ちたいと思えば、戦力を集めて多くの注目を向けて、その上で同じ運命力の強者をぶつけるという彼女の運命力を納得させられるだけの劇的な舞台を用意する必要があった・・・私はライターじゃないし終始シナリオの外ではあったけれど、勝ち馬には乗れたじゃないの
        -- 2016-06-17 (金) 15:11:26
      • 「私はそれでは納得しないのです」(ティーナがテーブルをべしべし叩く、子供か!・・子供だった)
        「歩めば地震、駆ければ彗星、揮えば嵐、吼える姿は魔王の如くと噂された貴女は・・・「魔力は魔性の力、それをたかが一次元的な大小のみで語ろうなどという輩とは次元が違う」・・そう豪語して館を飛び出すような中二病で尖りまくった頼もしい貴女はどこに行ったのですか」
        ・・・何年前の話をしているのよ恥ずかしい・・・(いつの間にか平原に出来たテーブル席に座っている・・・不味い、理屈ではない単純なパワーで主導権を握られつつある)
        「それにいくら落ちこぼれとはいえ仮にも泥の魔女の徒弟を名乗る物が、守りで不覚を取るなどあってはならない事・・・普段の訓練では少々甘いようなので、久しぶりに厳しくいきます」
        ・・・まじで?
        「まじです」(こくこく)
        -- 2016-06-17 (金) 15:33:00
      • ・・・(起きる・・・外はもう朝だ、幽界での訓練のあとそのまま寝てしまったらしい・・・わかる、彼女が怒っているという事はその憤りの元は自分の無意識から生じているという事・・・弱さを許すというのはあきらめるのとは違う・・そしてそれだけ難しい・・・とりあえず今は)
        しんどい・・・(もうちょっと休みたい)
        -- 2016-06-17 (金) 15:35:46
  • 流す -- 2016-06-17 (金) 15:35:55

*1 ちょっと文通になりそうでゴメンなさい…来客多そうなら流してもらえれば。

Last-modified: 2016-07-17 Sun 01:35:03 JST (1245d)